したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

乗合自動車(バス)総合スレ

1 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:31:23
Airline & Airportスレに続き、今更ながらバス関係ネタを鉄道総合スレから独立させることに。
高速バスの路線開設や増便・廃止、路線バスの改廃や経営問題などなどバス全般の情報を纏めます。
空港アクセスのバスネタはAirline & Airportスレの方が相応しそうだし、交通局ネタだと地下鉄とバスが被っていたりと、鉄道総合スレの方が貼りやすいネタもありそうだが…。
過去の鉄道総合スレのネタはとりあえず北から地域ごとに分類してみた。けっこう骨の折れる作業であった。

尚、仙台関係のバスネタは個人的に纏めたいので「仙台・宮城・陸奥スレ」に貼り付けることにした。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1212635128/l50

(社)日本バス協会
http://www.bus.or.jp/

(社)日本バス協会 リンク集
http://www.bus.or.jp/buslife/link.html

バス事業者・メーカーのリンク
http://www.luv-lines.com/omnibus/bus.htm

JRバス資料館
http://www.inv.co.jp/~fumo/jrbuslib.html

東名急行バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/642

2 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:32:35
【北海道地方】
市営バス民営化から1週間 乗客確保に各社熱戦(札幌)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/528

中央バス、ETC導入−道内初 352台に来月にも
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/828

札幌−新千歳高速バス 北都交通が8年ぶり値上げへ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/909

“バス存続”へ乗客維持必須(ふるさと銀河線)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1436

帯広−新千歳空港直通バス 北都交通と帯運観光が4月から運行へ 1日2往復
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2335

中央バスの札幌−厚田路線 4月から3便削減 通勤通学への支障懸念
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2367

中央バス、札幌市内9路線廃止 12月末 白石、厚別の480便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2546

大谷地バスターミナル事業 札幌市、民間譲渡へ 来年度実施
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2547

北海道中央バス:路線廃止問題で札幌市に質問書/北海道
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2598

北海道中央バス:路線運行継続 補てん方法で平行線 社長と札幌市長が会談/北海道
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2600

JR白石駅前 陸橋完成でルート変更 バス利用客とばっちり(10/29 13:38)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2692

3 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:33:26
【東北地方】
山形―福島間高速バス運行 12日から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/57

信号操作し渋滞緩和 福島でバス優先システム
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/163

福島空港リムジンバス 存続の危機 利用減り赤字拡大
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/174

「自立」の時代/減り続ける村民の足(秋田)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/222

JRバス東北、来月から山形―東京線を新設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/288

盛岡駅―秋田空港リムジンバス 試験運行打ち切りへ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/426

青森―秋田間の高速バスを廃止 来月・弘南バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/463

JRバス東北の遠野本線廃止 代替バス運行開始
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/520

「41」路線廃止 悲痛の高齢者(いわき)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/763

八戸市バス改革の徹底を
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/854

桜交通、郡山―会津若松間の高速バスを減便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1021

路線バス大幅縮小へ(会津)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1075

時間のある方どうぞ 青森―上野間初の昼行バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1091

福島→保原に深夜バス 福島交通が週末に試験運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1093

福島駅―福島空港連絡バス 利用者低迷、休止へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1097

福島交通:買い物客、高齢者向けに定期券 来月1日から導入へ/福島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1168

ニュースBOX:過疎地のバス、相次ぎ廃止へ 乗り合いタクシーに期待/福島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1179

国事業空回り 福島─栃木の高速バス ほぼ乗客ゼロ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1207

八戸市内循環バス、路線変更実る
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1356

夜行高速バス、青函フェリー接続
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1569

宮交バス廃止問題 本吉町が代替運行 三陸線一部区間
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1634

山交バス運賃値上げ 原油高騰で9月に5%
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1657

「南軽号」が土日祝・期間運行に
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1677

新常磐交通
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1748

青森市営バス:経営努力続け、4年連続で経常収支黒字 安全運転、満足度向上/青森
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1787

山形市役所の東向かいバス停にベンチを再設置
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1800

バス運賃一律100円に 野田村が5月から(岩手)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2314

福島交通が更生法申請 運行は現情維持
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2384

福島交通 補助金頼み 限界
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2397

国交省が山交バスに行政処分 認可なく路線変更、事故で発覚
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2621

高速バス、会津若松―東京便が盛況 片道で最安2000円前後
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2628

さよなら車掌さん きょう東北の路線バス最後の乗務
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2634

4 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:34:15
【関東地方】
◆石岡市本年度実現へ名乗り 常磐道内に高速バス停
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/50

<高速バス>うっかり三鷹を通過、引き返す JRバス関東 (毎日新聞)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/284

横浜市バス民営化着手 答申
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/384

高速バスが値下げ競争、期間限定で3―4割引きなど
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/393

TX開業へ対抗策(つくば号)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/422

バスナビ 全路線拡大へ(高崎)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/517

水戸〜東京 高速バス往復券廃止 バス3社
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/697

路線、運賃見直し必至 高速バス(つくば)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/903

茨城交通など3社 水戸−横浜間高速バス運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1293

間引き運転、月8百本 関東バス、一部運行停止に
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1307

夜行高速バス 東京〜大阪間に輸送能力倍の2階建て運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1541

東京―つくば間の高速バス、夕方の下り便を3割増発
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1585

横浜市営バス:40系統全廃へ 赤字脱却に苦肉の策 市民の足に影響大/神奈川
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1685

地域の足、どう確保 日立・坂下で公共交通“空白”懇話会
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1757

銀河鉄道:バス会社の山本社長、念願の定期路線 あす「小平学校線」運行/東京
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2377

首都高が八潮PAで実験、渋滞なら高速バスから鉄道へ乗り継ぎ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2532

深夜バス4路線を 金曜のみ試験運行(高崎)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2641

5 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:35:27
【甲信越地方】

<新潟>
新潟―富山線で高速バス運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/77

高速バスの新潟―郡山線、運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/359

北陸信越運輸局、空港バス運行円滑化へ実証実験
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/394

新潟―郡山間で高速バス運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/473

新潟交通高速バス、東京線増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/629

新潟交通など、新潟−東京間の高速バス1日12往復に増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/845

新潟―東京往復格安バス登場
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/951

新潟―長野間の高速バス増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1025

新潟―名古屋間に高速バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1152

新潟と大阪の間の高速バス増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1155

新潟―東京線高速バスに新規参入
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1469

新潟交通:路線バス、9年ぶり値上げへ 原油価格高騰など受け/新潟
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1676

新潟市で基幹バスが運行開始
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2240

中之口線バスの減便実施凍結
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2411

県内高速バス 中之口線(新飯田〜新潟駅)の減便について
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2437

空港バス導入に向け意見募集(新潟)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2515

6 名無しさん :2008/11/09(日) 03:37:00
>>5 
【甲信越地方】

<その他地域>
パークアンドライド専用駐車場を拡充 松本市
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/410

山梨交通、高速バス「甲府―名古屋線」運賃を1000円割引き
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/844

市町村合併:新「山梨市」各地域、循環バスを試験−−来月下旬から運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/940

バス:民間委託で運行 便数増え、負担金抑制−−下伊那郡西部の5村/長野
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/967

再編進む高速バス 長野−甲府新路線 低迷路線は減便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1415

格安高速バス好調 長野−名古屋「半額以下」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1531

料金1→2割値引きへ 松本、上田両市結ぶ路線バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2007

直営路線バス、信南交通が撤退へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2259

路線バス直営撤退、信南交通年明けから自治体に説明
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2260

豊科に22日から新規停車 高速バス名古屋線
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2264

越後交通が長岡・大阪間運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2310

シャトルバス運行休止 松本空港−市中心部、利用客減で
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2337

アルピコ 赤字路線廃止や値上げ 自治体に協議要請へ(松本)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2389

積極的な乗車呼び掛け 「ごんべえ号」期待の出発式
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2443

松本電鉄の路線バス、市負担で存続へ 5路線、1日1−2往復
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2620

7 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:37:55
【北陸地方】
JRバス名金線が廃止
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/16

高速バス2路線新設 富山と泊、富山と城端結ぶ 富山地鉄が6月20日から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/55

西日本ジェイアールバス、北陸3県と大阪間の高速バス申請
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/136

北陸鉄道、金沢と富山・大阪を結ぶ高速バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/360

富山―金沢に高速バス 富山地方鉄道、路線申請 3月に運行開始予定/富山
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/361

今秋導入のICカードバス 入金するたび10%のプレミア 30分内の乗り継ぎで30円割引(金沢)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/471

金沢に「連節バス」お目見え 車体2台分、教習始まる 13日から県など交通実験
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/838

午後11時“ご帰宅”バス 来月から富山地鉄、最終を延長
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1154

富山駅北にバス路線集積 富山市がライトレール開業機に 機能を強化へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1546

特急バスで快適通勤 パーク・アンド・ライド、試験運行始まる(金沢)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1892

◎「ちょいのり」運賃100円 金沢市、1日からの環状バス実験 利用客掘り起こし
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2239

◎「ちょいのり」」実験開始 金沢市の循環バス 駅西口―平和町 4区間100円
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2241

◎半額バスにぎわう 金沢市でノーマイカーデー 「ふらっと」無料でほぼ満員
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2249

◎まちなかシャトル10年度運行 新幹線開業へ新システム 金沢駅東口から中心市街、百円
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2308

◎きょうから100円 JRバス、東金沢駅周辺で
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2414

特急バス「松本金沢線」を廃止、北陸鉄道など08年度
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2429
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2439

◎100円まちバス絶好調 金沢中心部―金沢駅
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2442

◎金沢中心部のバス停集約 北鉄、27日にダイヤ改正
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2446

◎北鉄も100円バス運行 7月5日から、金沢駅と市中心部結ぶ 「まちバス」に追随
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2533

◎相乗効果で満員御礼 週末100円バス、2社体制スタート
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2561

◎2日間で乗客5千人超 金沢、先週末の「まちバス」 一斉バーゲン効果大きく
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2566

8 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:45:11
【東海地方】

<名古屋>
全国初、中央を快走 名古屋の「基幹バス」バスレーン
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/76

名古屋市バス、最大級の路線見直し−−地下鉄開業などで /愛知
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/224

名古屋の市バス再編、過去最大の削減へ 年18億円の収支改善図る
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/226

名鉄バス、新名古屋駅―豊田市駅路線を新設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/847

ガイドウェイバス、開業5周年 続く赤字
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1336

市バス、来月末からダイヤ改正 利便性向上、利用者増加を狙う
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1462

9月末で中部空港路線を廃止 JR東海バス、名鉄の利便性に勝てず
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1654

無料循環の「ちょい乗りバス」、名古屋で運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1779

ピーチバス増発 桃花台→小牧駅 12月11日にダイヤ改正
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1908

三重交通:高速バス・名古屋上野線を名張市まで延長/三重
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1946

半田〜東京に高速バス 来月15日から1日2往復
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2083

三重交通が割安高速バスを拡大 桑名−中部空港にも
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2427

三重交通:名古屋で運行へ 1営業所16路線、市から受託/三重
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2647

9 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:46:25
>>8
【東海地方】

<その他地域>
深夜急行バスを再開 24日からしずてつジャストライン
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/95

岐阜市交通社会実験のバス優先レーン 初日、一部渋滞も混乱なく
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/204

<JR東海バス>東名逆走で特別監査 中部運輸局 (毎日新聞)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/258

静岡県内の鉄道・バス会社、年末に深夜便を運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/317

県東部と成田空港 直行バスが好評 富士急シティバス(静岡県)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/427

名鉄3線「維持」、市民の半数どまり 岐阜市が交通社会実験の速報(バスへシフト)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/468

津の循環バス、利用好調
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/493

豊鉄が2系統の廃止申し出 県バス対策協で来年10月から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/677

遠鉄分譲住宅に静鉄乗り入れ 入居好調 路線認知
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/713

下呂ー新宿の高速バス、来月14日から1日2便運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/715

豊田市、IMTS導入に前向き 市内公共交通にトヨタ開発の自動無人バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/810

岐阜市路面電車廃止 乗合自動車、代替バス運行へ−−通学の利便性はかる/岐阜
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/812

100円循環バスがピンチ 3路線とも赤字、値上げも検討−−沼津/静岡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/814

名鉄3線の代替バス路線固まる 対策協が岐阜乗合の提案了承
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/824

9・8平方キロを交通特区に 岐阜市、マイカー流入抑制
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/892

遠州鉄道、中部空港直行バスを増便へ・9月から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1065

大野バスセンター設置 名鉄揖斐線の代替路線など発着
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1119

名鉄3線廃止バス、利用者春休みで混乱なし
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1120

岐阜の路面電車代替バス 新学期にも混乱なし
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1121

70路線で終点前に運行終了 静岡のバス会社が調査
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1181

待望のバス路線 掛川市合併1年 旧市町間を結ぶ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1383

路線バス:豊橋鉄道の5系統、「廃止やむなし」−−県バス対策協/愛知
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1648

浜松から新宿直行便 JR東海バスが新設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1784

郊外大型店にターミナル 浜松市がパーク&バスライド実験
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1905

津、四日市と京都結ぶ高速バス 新名神使い3社が共同運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2410

京都直通の高速バス開設 便利な2路線(四日市)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2428

京成バス、成田―静岡高速バスを1日2便に 9月から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2674

10 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:47:16
【近畿地方】
近鉄バスと阪急バスに委託 京都市バス洛西営業所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/122

不採算路線に不安の声 京都交通に更生法
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/376

はくろタクシー、深夜急行バス路線を大阪―姫路間に開設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/408

「市民組織」バス、16日に発車 醍醐地区 きめ細かく、定着願う
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/413

運行維持に険しい壁 京都交通の再建スタート
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/414

発車した「醍醐コミュニティバス」 本紙記者の同乗体験ルポ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/449

バス増便と路線拡充、停留所も新設 今津町で出発式
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/565

近江八幡駅−湖南市甲西町三雲間 コミュニティーバスを導入
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/762

京都交通が日本交通へ営業譲渡へ 府北部の路線バス事業で
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/775

路線バス107路線を36路線に 再建中の京都交通が再編案提示
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/869

地下鉄、JRのアクセス強化 京都市バス、系統一部変更
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/879

府北部バス路線運行拠点 本格整備へ 日本交通、舞鶴市と土地売買契約に調印
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/883

新しい市民の足、コミュニティバス運行へ 八幡市・精華町
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/884

京都駅から東山七条間のバス路線
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/979

京都バスファンサイト
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1055

京阪電鉄グループの路線バス3社、来年4月合併
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1193

新バスの高校間路線 8月にも運行 城陽市、沿線自治会とおおむね合意
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1361

国際会館駅−京産大を直結 京都バス、6月から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1538

奈交バス:赤字の22路線撤退 「10月から」関係自治体に打診/奈良
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1567

バス8路線休廃止へ/奈良交通
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1631

奈良交通:8路線、一部が休廃止に−−10月1日から/奈良
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1649

「あやバス」愛されて利用好調 綾部市・目標大きくクリア
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1678

京の街に真っ赤なレトロバス 19日から運行 障子張りの内窓も
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1684

京都交通
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1747

マイカー通勤減らそう 企業共同でバス運行 久世工業団地 府が交通実験
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1751

多可町コミュニティーバス 3区結ぶルート開通(兵庫県)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1776

三宮バスターミナル:あす全面オープン 利便性アップへ37路線集約/兵庫
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1845

年末年始は市バス定期で割安  京都市交通局、制度「利用して」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1943

住民の足確保に1500万円超 串本町の予算(和歌山)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2029

南丹に新バス路線認可 近畿運輸局 通院に配慮
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2107

住民期待も試算赤字1億 西宮南北バス試験運行1カ月
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2127

住民悲痛、通院・通学に大影響 全但バス路線縮小問題
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2216

11 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:53:40
【中国地方】

<岡山>
下津井電鉄:あすから新路線バス運行/岡山
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/970

謎のラインはバス優先 県道路面にレーン新設 岡山市内
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1023

動き始めた乗り場再編 岡山駅前バスターミナル 方面別に集約合意 検討委が来月、報告書 利用者本位の視点不可欠
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1457

パーク・アンド・バスライド 赤磐路線 25日導入 北東部対象初 穂崎に駐車場、バス停新設(岡山)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1731

福山から岡山空港へ連絡バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1761

岡山空港⇔JR福山駅高速バス運行スタート 両備など3社共同
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1884

奪えるか 広島空港の利用客(岡山空港⇔JR福山駅高速バス)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1912

岡山市内のバス路線再編合意
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1913

岡山駅東口バスターミナル 方面別再編 行方見えず 運行数減り減収懸念事業者の利害衝突
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2142

福山駅―岡山の高速バス減便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2143

乗車ICカード 明 暗 JR西日本イコカ 県内バス3社ハレカ(岡山)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2234

補助変更でバス路線に影響(岡山)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2290

中鉄バスと岡電、岡山市で路線バスを共同運行・乗り場も統一
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2358

岡山駅バスターミナル 東口を方面別化 空港、高速は西口 考える会が部会案了承 再編議論加速へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2424

12 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:54:56
>>11
【中国地方】

<その他地域>
バス運賃、競争時代に 広島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/43

広島県大朝町にバス駅完成 9路線が本格発着'03/5/1
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/45

可部線代替交通確保調整協議会、代替バスの拡充を決定
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/135

広島呉道路経由バス、平日増便 11日から '03/9/3 中国新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/157

渋滞緩和へ 3月から「バス青信号」 '04/2/28 中国新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/474

バス優先システム発進 広島県警導入2例目 '04/3/16 中国新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/506

100円バス、乗客数押し上げ 岩国市交通局 '04/9/14 中国新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/719

新世紀の山陰像を求めて 自立への道標(しるべ) 「聖域あり」/生活守る「安全網」必要
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/779

中国JRバスが川本線の減便を申請
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/780

<中国JRバス>
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/781
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/782

島根−広島の2路線お別れ運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1157

高速バス客に駐車場開放 岩国
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1247

バス路線廃止で代替案 笠岡市 '06/2/15
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1350

島根県内市町村の生活バス収支
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1357

中国バス事業譲渡へ 両備バスに '06/6/28
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1560

広域バス路線継続補助へ 7路線は廃止<鳥取県>
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1667

一畑バスが松江市内バス7路線廃止届け出
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1788

境港市と松江を結ぶバス運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1854

大田−広島間高速バス運行開始式
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2010

井原―倉敷の路線バス廃止へ '07/4/26
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2028

蒲刈―広島線バス1往復減便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2075

広島空港のアクセス駅整備へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2090

中国バスが横浜線単独運行へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2196

電飾丘陵公園へ深夜バス(庄原)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2252

「パスピー」サービス発進(広島県)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2341

福山がオムニバスタウン指定
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2347

「リードライナー」経路縮小(広島)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2431

備後―神戸バスのダイヤ改善
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2509

13 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:56:06
【四国地方】
バス優先に信号を制御(徳島)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/320

JR四国、往路・復路が違っても高速バスに往復割引
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/395

路線バス、優先システム運用を開始(高松)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/445

変わる我が町 村営バス、合併の谷間(久万高原町)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/515

PTPS導入で路線バス運行時間短縮(高松)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/553

鹿角線延長11便増−コトデンバス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/722

琴電仏生山駅で「バス・アンド・ライド」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/833

新宿と広島に路線開設へ−JR四国バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/835

大川バスなどが高松―徳島4往復増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1098

尾道―今治高速バス 20日で廃止
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1143

伊予鉄道など、高速バスの松山−徳島線を増便
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1236

市バス事業を早期見直し 鳴門市、来年度前半に基本計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1354

高松中央インターバスターミナル 拡張、7月1日使用開始
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1593

県内−神戸間の高速バス、4往復増に(香川)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1732

四国地整局が高速バス停新設−来年1月末完成
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1885

廃止せず規模縮小へ 鳴門市営バス、1日の運行72便減
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1945

JR高松駅―八幡浜間の高速バス運行開始
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2277

合併町赤字バス、路線見直しも乗客増えず-高松市
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2432

コミュニティバスの路線図・時刻表
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2433

赤字コミュニティーバスの路線見直し−高松市
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2434

高松市のコミュニティーバス、8割が存続を希望
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2435

14 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:58:53
【北部九州地方】
荒尾市のバス事業 熊北産交に移譲へ 路線、運賃など当面維持
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/229

赤字対策 電話予約バス 前原市、来月から6路線 高齢者の利便図る
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/516

下関―福岡 利便性アップ サンデン交通高速バス ダイヤ改正、停留所増
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/628

「中間―福岡線」正式路線格上げ 西鉄バス北九州
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/669

ワンコインバス“黄信号” 利用増もバス会社減収 新規顧客伸び悩む(大分)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/766

昭和自動車 福岡―呼子 ノンストップ新設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/831

天神―福大間最大6分短縮 西鉄が通学急行バス導入 地下鉄に対抗
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/907

七隈線開業1カ月、西鉄バスと客奪い合い 乗客、目標の5割減  西鉄バスも1割減
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/927

九州の乗合バス利用、23年ぶり減少に歯止め・2003年度
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/944

大分バス、廃止区間提示
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1036

バス運転手採用凍結 西鉄、地下鉄七隈線で痛手 減収年間20億円予想
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1081

共同予約システム 九州の高速バス11事業者が導入 3月運用開始
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1084

新鳥栖駅前にバス発着広場 九州新幹線と高速インター“連結”
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1115

“イカす直行便”快走 地元結束、周遊バスも運行 唐津市呼子―福岡高速バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1128

県に出資を要請/大分バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1135

西鉄バス 乗客1日3万人減 地下鉄七隈線影響 年20億円減収に
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1145

前原市:バス循環線を廃止へ 6生活路線、平均50%減便/福岡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1342

JR九州バス:臼三線、廃止へ 他会社へ移行打診の方針−−不採算で来春/大分
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1343

県営バス:来年度末、島原半島路線を廃止−−島鉄移譲を検討へ/長崎
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1344

コミュニティバス:開業8年、利用者250万人−−太宰府市/福岡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1348

(長崎)県営バス経営健全化へ 6億6000万円の収支改善対策 人件費削減や路線廃止
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1396

福岡県/九州道上下線1.6キロ離れた「直方」「鞍手」 不便なバス停解消 来月供用開始 近接地へ移転完了
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1470

大分県/大分空港―JR中津駅のリムジンバス 1便平均 乗車は2.5人 宇佐市で利用促進連絡会
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1471

七隈線集客へ官民連携 バス停新設で便利に 列車に車体広告導入
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1838

一部廃止の西鉄・宮地岳線、バス増発で代替決定
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1977

代替バス計画案を提示 島鉄南線廃止で対策会議
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2161

佐々バスセンター完成 1日から長崎駅前、空港線新設
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2167

筑前前原駅−伊都キャンパス 路線バス「九大線」新設 利用者増見据え 4月から運行
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2311

島鉄一部廃線 代替バス4月から運行 「平日46便」で決着
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2339

高速バス、小倉‐佐世保線を廃止
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2447

15 荷主研究者 :2008/11/09(日) 04:04:57
【南部九州・沖縄地方】
<熊本>
県・熊本市が都市圏バス網再編へ 競合路線見直し
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/128

高速バス 九州新幹線・新八代駅〜熊本空港間の運行を計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/195

高速バス路線 熊本〜鹿児島線を来年3月廃止へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/334

高速バス 八代市内―熊本空港に九州産交も参入へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/467

平日運行中止 熊本市の都心循環バス、利用者数低迷で6月から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/599

都市圏バス網再編 熊本市、川尻市道線の一部を民間2社に移譲
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/600

社説 バス路線再編 将来見据えた大胆さ必要(熊本)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/612

運行休止 八代〜熊本空港間の高速バス 9月1日から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/671

九州産交支援 再春館製薬所が名乗り 初のスポンサー候補
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/679

熊本市営バス 3路線を九産交へ年度内にも移譲 幸山市長方針
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/947

JRバス山鹿線 来年2月末で全線廃止 利用低迷で赤字続き
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1026

熊本市営バス 民間と競合の3路線から撤退 4月九州産交に移譲
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1031

都心循環バス 熊本市が運行中止へ 利用者回復見込めず
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1094

九州産業交通:スポンサー、HISに決まる
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1101

バス接近表示システム 停留所に設置、3月末に本格稼働 熊本市
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1112

新幹線開業時の熊本駅前は不便!? バス停4カ所分散 周辺整備
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1129

山鹿バスの駅 国道3号沿いに完成 県北内陸部の拠点に
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1492

市営バス路線移譲:民間3社、熊本市に申し入れ/熊本
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1660

新たなバス拠点、熊本市西部に着工
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1924

熊本交通センターなど高層化
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1925

魅力アップへ抜本策急務 試験運行の高速バス「福岡‐山鹿・菊池線」 1便平均利用者8.7人
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2084

3ルートで試験運行 空港リムジンバス(熊本)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2144

社長に山内氏内定 共同運行バス会社(熊本)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2190

高速バスの運行終了へ 福岡〜山鹿・菊池間
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2197

市バス9路線移譲へ 民間3社の新会社に(熊本)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2230

熊本駅〜空港バス、新ルートで8分短縮
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2266

「空港バス」発着を西部車庫に 九州産交
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2296
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2343

肥後大津−空港間にシャトルバス導入へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2624

16 荷主研究者 :2008/11/09(日) 04:06:42
>>15
【南部九州・沖縄地方】

<その他地域>
南九州高速バスが清算へ 新幹線開業で客増見込めず
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/417

ゆいレール乗り継ぎで50円引き 首里駅で実験
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/859

新婚旅行ブームの火付け役、宮崎交通が機構活用検討
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/860

奄美大島で代替バス運行の岩崎バス、社名を「道の島交通」に/鹿児島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/866

琉球バス、国の支援制度を断念
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/870

どうなる宮交再生/サボテンハーブ園撤退
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/873-875

宮交再生:不採算路線の見直し必至 「実態見て」利用者に不安も /宮崎
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/878

どうなる宮交再生 宮交シティの行方は
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/928

宮交のスポンサー、地元企業連合に正式決定
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1038

宮崎−長崎間に高速バス 宮崎交通と長崎県営バス 5時間余で結ぶ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1082

日向市に2便乗り入れ 延岡―大分線特急バス 21日から宮崎交通
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1083

宮崎―鹿児島線を増便 宮崎交通 高速バス路線強化
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1126

いわさきグループ:鹿児島中央駅東口広場ターミナルに乗り入れ−−来月1日/鹿児島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1283

宮崎交通:大分線の平日便廃止 4月から特急バス4便/宮崎
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1351

前原市:バス循環線を廃止へ 6生活路線、平均50%減便/福岡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1362

鹿児島中央駅バスターミナル 来月乗り入れ開始 市「利便性が向上」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1375

赤字バス路線廃止問題 存続の要望相次ぐ 県と会社に市町長ら 路線ごと対策課題(鹿児島)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1425

琉球バス、営業譲渡固める 売却先と詰めの交渉
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1428

提訴相次ぎ営業譲渡へ/琉球バス再生手続き
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1434

沖バスが交渉断念、沖東を軸に 琉球バス譲渡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1482

赤字バス路線 岩崎、8日に廃止届
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1499

バス廃止問題で川西薩地区 代替手段7月までに決定 3市1町など申し合わせ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1507

琉バス問題/「第一」譲渡で最終調整
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1525

県営バス撤退問題 島鉄が引き受け計画案 廃止代替で43本増 現行の6割は維持
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1579

岩崎グループ路線バス廃止問題:「存続」希望は130系統 /鹿児島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1610

鹿県内空港バス集約 川辺、知覧直通なし 岩崎路線廃止、各市町が方針
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1619

琉球バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1746

岩崎バス廃止 今日から代替運行 県補助65、市町が55系統
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1775

コミュニティーバス:都城市議の研究会、導入を提言/宮崎
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1855

JR宮崎駅前 16階建てターミナルビル建設へ 商工会議所など
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/2159

17 荷主研究者 :2008/11/09(日) 04:07:51
その他のネタ。

【現存するJR路線バス1】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1033

【現存するJR路線バス2】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1034

【行政】
国交省が地方バス補助 香川は4社に7600万円
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/543

路線バスに監視カメラ 渋滞解消へ国交省が計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/716

国交省 バスにカメラ、違法駐車一掃 ナンバー撮影、警告
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1136

18 とはずがたり :2008/11/09(日) 04:22:37
>>1-17
新スレ乙ヽ(´ー`)/
鉄スレからバス引っ越しなど可能とは思えなかったけえがまあまあ。

【番外篇】
阿波池田―川之江バス時刻表(S52及びH14)
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/kawaike.html
むつ営業所・大畑─大間バス時刻表(S52)
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/ohma-hakodate.html

19 荷主研究者 :2008/11/09(日) 22:31:44

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080829/CK2008082902000045.html
2008年8月29日 中日新聞
JR路線バス撤退 瀬戸に大影響 通院、通学どうすれば

瀬戸北線「品野」停留所を発車する路線バス=瀬戸市で

 ジェイアール東海バス(名古屋市)が全面撤退の方針を打ち出した路線バス事業。瀬戸市、尾張旭市の路線も来年9月末までに廃止する方針で、影響が大きい瀬戸市では28日、市民から「意見交換の場を」「お年寄りはどうすれば」など、困惑の声が上がった。市も対応に頭を痛めている。

 瀬戸市内を走るのは、愛知環状鉄道瀬戸市駅と上品野を結ぶ瀬戸北線、瀬戸市駅や瀬戸追分から北部と西部をそれぞれ循環する瀬戸循環線(水野、やまて)、小幡緑地線の4路線。同社は「瀬戸以外も含め、廃止する路線全体でここ5年間の赤字は約6億円。採算性などを考え、やむを得ないと判断した」とする。

 市内では路線バスの廃止が相次いでいる。同社は2002年から5路線を廃止し、名鉄バス(名古屋市)も05年に1路線を廃止。尾張瀬戸駅−赤津方面の2路線については廃止を申し出たが、住民らとの協議で当面の存続が決まっている。

 今回の廃止について、沿線の住民からは「唯一の公共交通機関なのに」と悲痛の声が上がる。瀬戸北線が走る品野地区の品野連合自治会長、河村貞夫さん(73)は「利用者が減っており、いつかこうなるとうわさは出ていた。しかし、廃止だけは避けたい」と話す。副会長の川本攻さん(67)は「年配の人が病院に通ったり、高校生が通学するのに使っている。場合によっては署名活動も考えないと」と語気を強める。

 市の担当者は「非常に困る」と話し、市コミュニティバスでの対応についても「通勤・通学の時間帯に対応していないため、代替交通とはなりにくい」と漏らす。

 一方、尾張旭市の担当者は「路線は北部の一部だけで、沿線に住宅地もない。市税を投入してまで存続させるべきなのか、これから検討する」と話す。瀬戸市は9月、尾張旭市は来年1、2月ごろに地域公共交通会議を開いて対応を協議し、いずれも来年8月に県バス対策協議会へ報告する方針だ。

 (今村節、松本浩司)

21 荷主研究者 :2008/11/09(日) 22:54:35

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/44958?c=250
2008年9月2日 01:23 西日本新聞
玖珠‐福岡 高速バス運行 試験的に1日4往復 1時間半で結ぶ

 玖珠町中心部と福岡市・天神を結ぶ高速バス「はねやま号」が1日、運行を開始した。約1時間半で結び、1日4往復する。1年間の試験運行だが、九州一の都市と直結により、両地区間の交流促進が期待されている。

 運行は、大分交通グループの玖珠観光バス(玖珠町)。これまで玖珠町から天神へ高速バスで行くには大分、別府、湯布院発の便に、大分自動車道・玖珠インターのバス停から乗るしかなかった。はねやま号は、塚脇、春日町、森駅前、ふれあい広場、玖珠インターの同町内5カ所に停車するため、利便性が向上した。

 運行のきっかけは、同社が実施した県内の大分自動車道沿いバス停の乗降客数調査で、玖珠インターが最も多かったこと。試験の結果次第では、常時運行や西鉄との共同運行もあり得るという。

 1日の就航式で、玖珠観光バスの玉井邦雄社長は「福岡市への商用、買い物が便利になるだけでなく、玖珠への観光客誘致にも貢献できる」と述べた。

 料金は玖珠町内‐天神間が片道2450円、往復4400円。4枚つづり回数券は6400円。玖珠観光バス=0973(72)1131。

=2008/09/02付 西日本新聞朝刊=

22 荷主研究者 :2008/11/09(日) 23:13:29

http://kumanichi.com/news/local/main/20080912008.shtml
2008年09月12日 熊本日日新聞
熊本〜鹿児島の高速バス、4年半ぶり再開へ

 九州産交バス(熊本市)は十二日、熊本〜鹿児島間で高速バスの運行を約四年半ぶりに再開させる計画を明らかにした。九州運輸局に認可申請しており、認められれば十月十日に運行を始める。

 同路線は旧九州産業交通と鹿児島市のバス会社が一九九〇年から共同運行していたが、二〇〇四年三月の九州新幹線の部分開業(新八代〜鹿児島中央)に伴い廃止した。

 しかし、割安な運賃や乗り換えがいらない利便性などから再開を求める声が多く寄せられ、再検討したところ帰省や観光客の利用が見込めると判断した。

 再開後、来年三月までは試行期間として九州産交バスが単独で一日三往復を走らせる。四月からの本格運行では鹿児島のバス会社との共同運行とし、便数も増やす計画。

 熊本発の経路は熊本交通センター〜九州自動車道〜新八代駅〜同自動車道を経て、鹿児島市の中心市街地に乗り入れる。運行時間は約三時間半。運賃は片道三千六百円、往復六千円。

 鹿児島線の再開に伴い九州産交バス、産交バスなどが運行する人吉〜鹿児島空港線、熊本〜人吉線は減便する。(中原功一朗)

九州産業交通(2005年7月25日)1942年に熊本県のバス、トラック業者が統合して設立された県内最大のバス会社。バブル期の不動産投資で過剰債務を抱え業績が悪化。2003年8月にダイア建設、うすい百貨店(福島県郡山市)とともに産業再生機構の第一陣となる支援を受けた。元グループ会社の九州産交運輸は昨年、運送会社のフットワークエクスプレス(大阪市)が再生機構から買い取った。

23 荷主研究者 :2008/11/10(月) 03:19:06

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20080921/CK2008092102000033.html
2008年9月21日 中日新聞
岐阜バス路線再編スタート 「幹線」と「支線」に

設置された乗り継ぎ地点。屋根やベンチもある=岐阜市の岐阜大学付属病院バス停留所で

◆本紙記者が同乗
 岐阜市と岐阜乗合自動車などは20日、岐阜バスの路線再編を同市北西部でスタートさせた。岐阜大学付属病院を乗り継ぎ拠点とし、路線を「幹線」と「支線」に分ける新方式。定時運行しやすいなどのメリットはあるが、乗り継ぎをしなければならないなどの面倒も生まれる。新路線に早速、記者が乗車して再編の“行き先”を探った。

 午前10時、岐阜大学バス停であった出発式。岐阜乗合自動車の川口興二郎社長は「今回の再編が成功すれば、新しいモデルとして他の路線に広げる。社の浮沈がかかっている」と意気込みを述べた。

 今回の再編では、名鉄岐阜駅・JR岐阜駅から岐阜大病院までの「幹線」と、岐阜大から伊自良、掛洞、本巣の各方面への「支線」に分け、岐阜大病院で乗り継ぎをする。これまで各方面に直接向かっていたが、岐阜大病院を境に別の路線に分けて運行するため、1路線の距離が短くなる分、定時運行しやすくなる。再編を機に本数は幹線が約5%、支線も10%増やした。

 岐阜市交通総合政策課は「公共交通の利用は温暖化対策になる。定時運行を確保できることも大きい」と話す。岐阜乗合自動車総務部も「3方面とも最初は幹線に乗ればよく、利用者に分かりやすい」と利点を強調する。

 実際に記者も乗ってみた。岐阜大病院の乗り継ぎ地点で降りると、そこに支線のバスが5分ほどで到着。岐阜駅周辺のような混雑はなく、ベンチや屋根もある。市によると、乗り継ぎはおおむね10分以内という。

 利用者の反応はどうか。乗り継ぎ地点で聞いてみた。本巣方面のバスによく乗るという70代女性は「乗り継ぎは面倒だけどすぐに次のバスが来るならいいし、定時運行に近づくのは歓迎」と肯定的。一方で別の70代女性は「やっぱり面倒。もっと支線の本数を増やしてほしい」と不満も口にした。

 市などは利用者のアンケートで改善点を探るという。確かに、再編によるメリットは感じられる。だが、高齢者にとって乗り継ぎが大きな負担になるのは事実。今回の再編を検証し、より利用しやすい路線編成につなげられるかが鍵になる。

 (青山直樹)

24 小説吉田学校読者 :2008/11/12(水) 07:07:30
茨城交通、ついに墜落。どこが受け皿になるのやら。

茨城交通が民事再生手続きを申し立て
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/081112/ibr0811120236000-n1.htm

 茨城交通(本社・水戸市、竹内順一社長)は11日、水戸地裁に民事再生手続きの開始を申し立て、受理された。利用客の減少に燃料費の高騰も重なり経営が悪化。8月末での負債総額は66億円に上っていた。同日の取締役会で、自力再建を断念し、法的措置をとることを議決。今後、再生計画を最長4カ月以内に作成、スポンサー支援を軸に再建への道を探ることになるが、市民生活への影響が懸念されている。
 同社は平成17年6月に事業再生計画を策定し、経営改善を図ってきた。今年4月には、鉄道事業部をひたちなか海浜鉄道に分社化、ゴルフ場も売却するなど両部門から撤退した。
 ただ、バス利用人口の減少、地域経済の悪化、また燃料費の高騰といったコスト高などもあって収益状況は改善せず、利用人口も平成19年は約740万人と、元年の3分の1以下に落ち込んでいた。
 同社の説明では現在、スポンサー候補企業との間で取引条件面などの協議を行っているという。また、正社員、パート社員を含めた従業員536人の雇用は当面、維持していく考え。
 同社は現在、県央、県北を中心に393系統の路線、高速バスを運行。今後もダイヤ変更や路線縮小などは行わず、これまで通り運行を続けると説明している。定期券や回数券もこれまで同様に使える。同社は「抜本的な再建策を講じ、債権者にはできる限りの債務弁済ができるよう努力したい」としている。
 ただ、「地域の足」の危機に、地元からは心配の声があがっている。
 水戸市の加藤浩一市長は「地域生活に密着した公共交通機関として重要な役割を果たしており、再建に向かうことを切に願うばかり」とコメント。
 JR水戸駅で働くサービス業の女性(51)は「休日もかなり本数が減り不便を感じていた。もしますます減ってしまったら、自転車を買った方が便利かも」と困惑。栄養士の女性(23)も「これから毎日通勤で使おうと思っていたのに。朝、夜の便が減ったりなくなったりしなければいいのですが」と心配そうに話していた。

25 とはずがたり :2008/11/12(水) 16:39:52
タクシーも此処で良いよね。
実際継続して運営してゆくのは難しいよなぁ。。

ベロタクシー事業継続断念 運営のNPO解散へ
2008年11月12日
ttp://kumanichi.com/news/local/main/20081112001.shtml

 熊本市のNPO法人「熊本ホスピタリティネットワーク」が同市中心部で運行してきたベロタクシー(屋根付き三輪自転車)が事業継続を断念、同法人も近く解散することが十一日分かった。規模を縮小して継続を模索する動きもあったが、新たな運行体制を構築できなかった。

 同法人は同市の新町・古町一帯の住民やまちづくり活動にかかわった学生らで組織。二〇〇六年五月に運行を始めた。〇六、〇七年度はイベント収入などもあり、黒字を確保。しかし、本年度に入って広告収入がゼロとなり、上半期は百万円を超す赤字に陥った。

 このため十月上旬と下旬の二回にわたり、臨時総会を開催。事業廃止か継続かを審議したが結論は出ず、今後の扱いは理事に一任されていた。

 理事の一人は「(ドライバーや事務など)学生理事らに任せっきりだったことがこうした状況を招いた」と反省。今後の運行について「皆で支えようという応援団は多いが、理事に就いて率先してやろうとする人はいなかった」と唇をかむ。

 近く同法人の解散手続きを済ませ、所有する三台の車両も売却する。(前田克)

26 とはずがたり :2008/11/13(木) 00:45:32
【関東地方】
>>4

廃線跡をバス専用道に 新空港アクセスのため 茨城
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1177946351/

27 とはずがたり :2008/11/13(木) 17:17:43

山間路線の廃止検討 茨城交通
2008年11月13日
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000811130001

 民事再生法の適用を申請した茨城交通が、県北の山間地域など採算が取れていないバス系統の一部廃止を検討していることが12日わかった。同社は今後、廃止の必要がある系統について自治体側とも話し合い、補助を受けてバスの運行は継続させる考えだ。

 同社の豊田文男総務部長は12日、朝日新聞の取材に、「利用者を不安にさせないよう、今すぐバスの路線・系統を廃止することはない」と説明。536人の従業員は「原則、全員維持」のため、経営立て直しには、県北などの不採算系統の廃止や、運行本数の見直しが必要な状況を明らかにした。ただ、合理化が必要な系統については、コミュニティーバスなどの形でバスの運行を残せるよう、自治体に補助金の要請をするという。

 県交通対策室によると、バス事業者は路線廃止について、県バス対策地域協議会に廃止の1年以上前に申し出る必要がある。廃止を申し出た場合、同協議会は補助金による路線継続や廃線の許可を決めるため、経営失敗ですぐに赤字路線が止まることはないという。

 茨城交通は現在、県内で約400系統の路線バスを走らせている。年2回、バスの利用者数や乗降の多い時間帯などを調べ、山間地域など利用が少ない系統は自治体と協議してきた。

 06年度は15系統を廃止する一方で、自治体からの補助でコミュニティーバスなどを設置し、25系統を増設。07年度は「赤字系統」のうち、水戸駅―笠松運動公園間など4系統について国と県から計1200万円の補助金を受けた。笠間、常陸太田、那珂、ひたちなかの4市と大洗町では補助金を受けてコミュニティーバスなどを運行させている。

 常陸太田市は07年度、市内を走る茨城交通の19系統に約2500万円の補助金を出し、通勤・通学などの生活路線を維持してきたという。

 また、民事再生法の申請から一夜明け、茨城交通バスの車内などには、破綻の経緯や「定期券・回数券などもこれまで同様に使えます」との説明が記された文書が掲示された。

茨城交通が再生法申請、利用減・燃料高で
2008年11月12日
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000811120005

 バス事業で県内2位の茨城交通(本社・水戸市)は11日、民事再生法の適用を水戸地裁に申請し、経営破綻(は・たん)した。負債総額は65億9500万円。多角化した事業を整理し、バス事業に専念しようとしたが、利用者数は伸び悩み、そこへ燃料費の高騰が押し寄せた。同社はバス事業を継続させ、早急にスポンサー候補との合意を詰めるとしている。
 茨城交通は44年に設立。水戸市やその周辺などに乗り合いバスや高速バス、タクシーのほか、不動産や旅行事業などを展開してきた。しかし、バス事業以外は不採算がかさみ、05年6月に事業再生計画を策定。金融機関から90億円規模の債権放棄を受けた。08年3月期の売り上げは47億円で、帝国データバンクによると、ピークの92年3月期の半分以下になっていた。
 再生計画に沿いバス事業に集中したが、つくばエクスプレス(TX)の開業に触発されたJR東日本が、常磐線水戸―上野間を増発させるなどサービスを強化。そのあおりを受け、茨城交通が「ドル箱」と位置づけていた水戸―東京間の高速バス事業の採算が悪化した。
 路線バスの利用客も年々減少した。県企画課交通対策室によると、07年度の同社路線バスの利用者は740万人と、5年前から500万人も落ち込んだという。
 赤字路線に対しては国と県から支援を受け、07年度は大宮―水戸駅や水戸駅―笠松運動公園など4系統で計1200万円の補助金を受けていた。また、鉄道事業でも、茨城交通湊線(勝田―阿字ケ浦)を分社化した際、ひたちなか市から新会社に9千万円の出資を仰いでいた。
 経営再建中に追い打ちをかけたのは、原油高騰による燃料費負担の増大だ。同社の08年3月期決算によると、高速バスは好調だったが、路線バスの営業利益は前期比63%減の6600万円と、「事業再生計画に遠く及ばなかった」(同社)。
 同社は民事再生法を適用申請しても、パートを含めた社員536人の雇用を原則維持する、と説明している。

28 とはずがたり :2008/11/13(木) 17:35:14
>>24 >>27-28 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1177946351/348-349
どっちのスレで記事集めるか迷うけど,一応バススレで。
イバコーは530人の従業員で動かしていたんですねぇ。
県南は関鉄が占めているので水戸以北が中心だったかと思いますが日立の方は日立電鉄っすかね?

「バス事業以外は不採算がかさみ」との事で,補助金受けたバス事業は兎も角それ以外の不動産とか旅行業に失敗したって事でしょうか。

地方のバス会社の(唯一の)収益源の高速バスだが茨城交通のバス網
http://www.ibako.co.jp/bus/hwbus/hwbus.htm
路線バス網は載ってないのか?

JRの対TXの競争強化で苦況と有るが現在
東京駅八重洲口⇔水戸駅北口 2080円 下り1:45 22本 上り2:38(平日・浅草/上野経由) 2:08(休日・直通) 21本 30〜60分毎 運行会社 JR東日本・関鉄・茨交
新宿駅南口・東京駅八重洲口⇔水戸駅南口 2080 下り2:26 9本 上り3:19(平日・浅草/上野経由) 2:48(休日・直通) 9本 運行会社 同上

TX快速と連携した高速バス走らせられないのかと思うが高速道路とTXの接続地点があんま巧くないから難しいか。
桜土浦IC⇔つくば駅,谷田部IC⇔みどりの駅,谷和原IC⇔守谷駅のどれもそれなりに遠いかも。

29 荷主研究者 :2008/11/17(月) 00:04:17

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/09/27/2008092700323283001.html
2008年9月27日 山陽新聞
パーク&バスライド駐車場拡充 赤磐 県内最大146台分 

高架下に増設したパーク・アンド・バスライド駐車場=赤磐市穂崎

 赤磐市と宇野自動車(岡山市表町)は、赤磐市穂崎、山陽自動車道高架下の「パーク・アンド・バスライド」駐車場を県内最大のスペースに拡充、27日から使用を開始する。原油高などで需要が増加しているためで、従来の約2・5倍の計146台分を確保している。

 駐車場は2006年に同市が独立行政法人「日本高速道路保有・債務返済機構」(東京)から無償で土地を借り受け、同社と共同で整備。事前に申し込みをすれば無料で駐車できる手軽さから、近隣の和気町や備前市などからも利用者が集まっている。6月以降はガソリン価格の高騰もあり、月間利用台数が1500台を超え、連日満車状態が続いていた。

 拡充を求める声を受け、赤磐市が同機構に用地拡大を申請。これまでの58台から88台分広げた。

 バスは、JR岡山駅経由で岡山市表町の同社バスターミナルと赤磐市を結ぶ路線(平日1日65往復)。駐車場は午前6時から翌日午前零時半まで利用できる。

30 荷主研究者 :2008/11/17(月) 00:04:55

http://kumanichi.com/news/local/main/20080927005.shtml
2008年09月27日 熊本日日新聞
バス23系統廃止へ 熊本電鉄が赤字圧縮で

 経営再建中の熊本電気鉄道(熊本市)は二十六日、利用が低迷する県北行きなどのバス十一路線二十三系統の運行を十月六日と十四日に休止し、来年三月末で廃止することを明らかにした。菊池市など四市二町の沿線自治体とも合意しており、赤字を圧縮して経営建て直しにつなげる。

 十月六日から休止するのは四方寄線(交通センター〜四方寄)の三系統、三里木線(同〜泗水)の二系統など九路線十四系統。十四日からは、旭志線(御代志〜小川など)の七系統、津留線(御代志〜津留など)の二系統も休止。その後、来年三月末で廃止する。菊池市の旭志地域などでは、路線バスの運行がなくなる可能性もあるという。

 廃止する系統の運行本数は、全二十四路線百三十六系統の運行本数の約一割を占める。

 同社によると、廃止系統の本数は一日に一〜六本。乗客が増えず年間赤字は合計約三千万円と年々増加していた。同社は「燃料費高騰で赤字はさらに膨らむ。経営への影響は大きく、廃止はやむを得ない」と説明する。

 菊池、山鹿、熊本、合志の四市、菊陽、大津の二町とバス事業者などでつくるバス対策のブロック協議会が七月から話し合い、八月に路線の休廃止を認めた。自治体から補助金による運行支援の申し出はなかったという。

 熊本電鉄は「路線の廃止だけでなく、利便性を高める路線新設や増便も検討する」としている。(中原功一朗)

31 荷主研究者 :2008/11/17(月) 00:07:46

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20080926/CK2008092602000012.html
2008年9月26日 中日新聞
高速バス「伊勢―京都」運行開始 来月25日から3社共同で

 三重交通(津市)近鉄バス(大阪府東大阪市)京阪バス(京都市)の3社は10月25日から、新名神高速道路を通って伊勢市と京都市を結ぶ高速バスを運行する。新名神経由で県内と京都を結ぶ共同運行は、3月開始の津、四日市に続き3路線目。

 トイレ付き大型バスで1日4往復し、運賃は大人片道3000円、往復5000円。小学生以下は半額。片道約160キロで所要時間は2時間40分余。10月1日から電話、インターネット、コンビニエンスストアで予約受け付けを始める。

 伊勢発は朝の2便が三交伊勢営業所、夕方の2便が内宮前を出発し、京都駅八条口着。京都発は同駅から同営業所までで、夕方の2便は内宮前を経由しない。途中停車は伊勢市駅前など最多5カ所で、同営業所にはマイカー用の駐車場15台分を設ける。

 三交は年間4万3000人の利用を見込み、担当者は「2つの観光地が結ばれ、相乗効果が生まれる」と期待する。

 両市間は近鉄特急だと片道3520円、所要時間2時間7分。

 (久下悠一郎)

33 荷主研究者 :2008/11/17(月) 00:40:40

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081004/CK2008100402000042.html
2008年10月4日 中日新聞
名古屋市営バス、25系統が黒字 07年度、累積赤字は542億円

 161系統で運行している名古屋市営バスのうち、2007年度に黒字を計上したのは25系統で、06年度より7系統増えたことが3日、明らかになった。100円稼ぐために必要な経費を示す営業係数は平均119で、06年度の124より改善したとはいえ、大きな赤字を抱える系統も依然多い。

 市交通局が市議会土木交通委員会に報告した。営業成績が最も良かったのは「幹藤丘1」系統(藤が丘−本地住宅)で営業係数は57。06年度よりさらに3ポイント改善した。交通局は「すべての系統で06年度より営業成績がアップした」と胸を張る。

 とはいえ、残り136系統は赤字。ワーストは南陽巡回(春田駅−春田駅)で営業係数は642。06年度より21ポイント良くなっているとはいえ、黒字には程遠い。

 南陽巡回など、ワースト10に8系統入っている「地域巡回バス」は病院や区役所など、市内の公共施設を巡回するため、現在22系統で運行。午前9時−午後4時台に1時間1本の割合で走る。

 平均の営業係数は235だが、この赤字分は一般会計から補てんしている。07年度は5億4500万円にのぼる。

 交通局は「地元のイベントで案内するなどPRに努めている」と強調するが、なかなか利用者は増えない。「なくすと不便になる人も多いので減らすことは考えていない」という。

 バス事業全体では、07年度は236億円の経常収入に対し、経常支出は227億円。経常損益は9億円の黒字だが、累積赤字は542億円に膨らんでいる。

 (伊東誠)

34 荷主研究者 :2008/11/17(月) 00:57:05

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/51089
2008年10月2日 01:21 西日本新聞
県境越えた交通網強化 高千穂−熊本空港 バス実証運行開始 両町で出発式、成功祈願

 実証運行の成功を願いテープカットする関係者 宮崎、熊本両県の6町1村などでつくる「西臼杵地域公共交通活性化協議会」が高千穂町と熊本空港(熊本県益城町)の間で実証運行するシャトルバスの出発式が1日、両町であった。県境を越えた交通ネットワーク強化により、観光を軸とした地域の活性化に取り組む事業で、関係者が運行の成功を祈願した。

 同協議会は、宮崎県西臼杵地域の3町(高千穂、五ケ瀬、日之影)と熊本県側3町1村のほか、自治会組織やバス、タクシー会社などが参加して今年7月に発足した。

 シャトルバスは、協議会メンバーの宮崎交通と九州産交バスが1日4便(往復)を共同運行する。高千穂‐熊本空港間は現在、両社が特急バス(JR熊本駅‐JR延岡駅)を計3便走らせており、実証運行開始で同区間のバスは計7便に拡充される。

 1日に高千穂町のバスセンターであった式典には、宮崎県側の3町やバス、タクシー会社の代表約10人が出席。高千穂町の内倉信吾町長が「2011年に九州新幹線が全線開業すると人の動きも大きく変わる。地域住民の暮らし、観光客増加に貢献できる事業に育てたい」とあいさつした後、テープカットをして第1便の出発を見送った。

 実証運行は半年間実施。採算性などを検証したうえで、本運行の開始時期などを協議していく。また同協議会はシャトルバスに連動し、高千穂町内の観光地を結ぶ予約制乗り合いタクシーの試験運行も同日、スタートさせた。

=2008/10/02付 西日本新聞朝刊=

36 千葉9区 :2008/11/20(木) 21:18:19
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20081120/CK2008112002000128.html
旧石岡−四箇村を先行 鹿島鉄道跡地バス専用化 県と石岡、小美玉市が合意
2008年11月20日


 廃線となった鹿島鉄道の線路跡をバス専用の市道として整備し、民間バスを運行させる「バス高速輸送システム(BRT)」の事業化を目指している県と石岡、小美玉の両市は、具体的な整備方針で合意した。公設民営方式によるBRTは全国で初のケース。年内に法定協議会を設立し、協議の内容を踏まえて事業実施に向けた詳細な検討に入る。来年度内の着工を予定している。 (塙幸雄)

 合意によると、整備区間は旧石岡駅−旧常陸小川駅間の約七・一キロが基本。当面は運行効果が大きい旧石岡駅−旧四箇村駅間の五・一キロを先行して整備する。残る旧常陸小川駅までの二キロは実施内容を精査した上で着手する、としている。

 事業化に向けて、これまで「かしてつ跡地バス専用道化検討委員会」(委員長・石田東生筑波大大学院教授)が検討を重ね、計画案をまとめた。これによると、利用者を一日当たり千六百人と想定。旧石岡駅−旧常陸小川駅間は現状ではバスで二十−二十五分かかるが、十六−二十分に短縮されるという。

 近く設立される法定協議会のメンバーは、検討委の委員に沿線の住民代表などを加えて構成され、バスの運行方法などを協議する。

 このほか、事業化で難題とされてきた用地問題については、軌道敷は無償で提供を受け、旧石岡駅跡地の一部を石岡市が買い取ることで鹿島鉄道の親会社である関東鉄道と交渉を進めており、本年度内には結論が出る見込みとしている。

37 荷主研究者 :2008/11/23(日) 23:13:53

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081010/CK2008101002000040.html
2008年10月10日 中日新聞
来月からバス試験運行 岡崎、新路線の持続可能性探る

エコマンダーの絵が配されたおかざきエクスプレスの車体イメージ

 岡崎市、名鉄バスなどが参加する岡崎市交通政策会議は11月1日から市内の主要施設や鉄道駅を結ぶ路線バスの試験的運行を始める。2010年3月末までにアンケートなどを行い、採算や利用者数を調べて持続可能な公共交通機関のあり方を探る。

 運行路線は、同会議が名鉄バスに委託する3路線31・8キロと、名鉄バス自体が事業主体となる2路線33・3キロの計65・1キロ。国の地域公共交通活性化法に基づいた事業で、委託路線の運行には年間約1億2000万円が必要。国と市が折半する予定。

 委託路線のメーンは快速バスの「おかざきエクスプレス」。11月1日開館予定の市図書館交流プラザ(愛称・りぶら、康生通西)や岡崎げんき館(若宮町)を巡りながら、JR岡崎駅と高隆寺町の市民病院などの主要施設を31分で結ぶ。

 既存路線と重複する区間だが、主要施設以外の停留場は止まらず、1時間間隔で運行する。遠くからでも分かるよう車体を赤色にラッピングし、環境行政をPRするご当地ヒーロー「未来環境創造戦士エコマンダー」の図柄を配す。

 市は、既存の名鉄バスの赤字14路線に1億円超の補助金を投入して存続している。市政策推進課は「中心市街地から放射状に延びる公共交通は赤字でも責任を持って維持したい。期間中に、ふさわしい手段を見極めたい」としている。

 (中野祐紀)

38 荷主研究者 :2008/11/23(日) 23:50:55

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200810160072.html
'08/10/16 中国新聞
高速バス、一部自由乗降OK
--------------------------------------------------------------------------------
 中国バス(福山市)は今月から、府中・福山と大阪、神戸、高知を結ぶ都市間高速バスの空席を活用して、府中営業所―福山駅前間の停留所を路線バスと同じ料金で自由に乗り降りできるようにした。平日の同区間は路線バス42往復に、高速バスの8往復が加わる。利便性を高めて利用増を狙う。

 自由に乗降できる高速バス停留所は、府中市役所前、新市駅前、福戸橋、駅家町西、駅家町、平成大学、千田入り口。これまで上りは乗車、下りは降車しかできなかった。高速バスの府中営業所―福山駅前間の所要時間は50分で路線バスより10分短い。料金は路線バスと同じ530円。

39 荷主研究者 :2008/11/24(月) 00:04:22

http://kumanichi.com/news/local/main/20081021004.shtml
2008年10月21日 熊本日日新聞
大津駅〜空港のシャトルバス試験開始

JR肥後大津駅発の空港シャトルバスの第1便に乗り込む利用者=21日午前、大津町

 熊本空港(阿蘇くまもと空港)とJR豊肥線肥後大津駅を結ぶシャトルバスの試験走行が二十一日、始まった。県が十一月十七日まで実施し、九州新幹線開業を見据えた同空港へのアクセス強化の可能性を探る。

 県は昨年十月、空港とJR光の森駅、肥後大津駅を結ぶ二ルートで走行試験を実施。肥後大津駅発着の方が利用者が多く、朝夕の渋滞の影響も少なかったことから本格運行の実現性が高いと判断し、需要や採算性を本格的に調べることにした。

 シャトルバスは一日五往復で所要時間十五分、片道運賃二百八十円。熊本駅から豊肥線乗り継ぎの利用なら所要時間は約五十五分、運賃七百三十円。熊本駅〜空港間のリムジンバス運賃は六百七十円だが、JR利用は定時性が高い利点がある。

 東京出張で同駅発の第一便を利用した菊陽町の会社員酒井博さん(58)は「妻がインターネットで調べてくれた。便利になるのでぜひ本格運行してほしい」と話していた。(田川里美)

40 とはずがたり :2008/11/29(土) 18:36:32
表題は認可営業区域外営業のニュースとなってるが本当に深刻なのは拘束上限時間超過の方じゃないか。

石川中央交通:認可外、関西などで営業 運輸局が処分、バス4台使用停止 /石川
11月26日15時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000173-mailo-l17

 北陸信越運輸局は25日、貸し切りバス会社「石川中央交通」(白山市)が、道路運送法に違反して認可区域外でバスを走らせたなどとして、4台を各45日間の使用停止処分にしたと発表した。
 同局によると、今年7月に監査を実施。同社は石川、富山両県を営業区域として認可されていたが、運行記録などから、関西国際空港(大阪府)で客を乗せ、関西方面を観光した後で中部国際空港(愛知県)に送るなどの区域外営業が確認された。
 また、運転手の1日拘束時間が16時間を超えるなどの法令違反もあった。【野上哲】

11月26日朝刊

最終更新:11月26日15時1分

41 とはずがたり :2008/12/02(火) 23:41:16
商業スレかな・・

鷹巣郊外の大型店にバス停留所 秋北バスが2路線延伸
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20081202i
新設されたイオンタウンたかのすのバス停留所


 秋北バス(本社・大館市)は今月1日から、JR鷹ノ巣駅発着の2路線を延伸し、旧鷹巣町郊外の北秋田市栄地区にある「イオンタウンたかのす」と「たかのすモール」の両大型商業施設を運行ルートに加えた。同タウン内に設けたバス停留所を新たな発着点にし、駅と両施設の間を路線バスが平日は7便、休日は5、6便往復する。

 両施設は、中心市街地から東に約1・5キロ離れた国道105号沿いにあり、周辺にバス停留所がなかった。不便を訴える地域の要望を受け、市が秋北バスや両施設と協議。先月上旬にバス路線の延長が秋田運輸支局から認可され、両施設敷地内の一角にバス停留所が設置された。

 市総合政策課は「大型店へのアクセス向上とともに、中心市街地の商店街にも人の流れが生まれることを期待したい」としている。
(2008/12/02 11:14 更新)

42 とはずがたり :2008/12/03(水) 12:28:28
共同事業運行社が謀議かどうかは兎も角事前に便数や価格を協議して決定しないでどうやって運行計画建てるのか?独禁法当局の姿勢は理解に苦しむ。例えば東京─つくば便は綺麗に関鉄とJRで別の時間に運行してるけど事前協議してこの時間はJRこの時間は関鉄と調整してるんだよねぇ?割引切符も共同で使えるのも偶々とかありえないし。。
まぁ富士バスも此を機に共同運行会社に入れてくれと云う話しだし何処迄本気で競争を考えているのかは微妙だが。結局後身の帝産冨士交通は事業廃止。。

高速バス共同運行 独禁法違反なし 仙台―山形、福島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/893
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/1019

競合する既存事業者の宮城交通とJRバス東北(ともに仙台市)、山交バス(山形市)、福島交通(福島市)の4社が運賃の一斉値下げや増便で新規参入を阻害したと指摘。
 共同運行する各社が運賃や便数などを協議し決定するのは、独禁法の「私的独占の禁止」に抵触するとの疑いが持たれていた。
 公取委は今回の審査で、各社が事前協議した証拠が得られず、違反事実を認定できなかったとした。

帝産富士交通 事業廃止へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1212635128/143

43 千葉9区 :2008/12/06(土) 10:33:40
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2008120602000126.html
タクシー減車 制度化 国交省、自由化路線を転換
2008年12月6日 朝刊

 国土交通省は五日、タクシー台数が多すぎると判断した地域で、関係者が話し合いで減車できる制度を創設するなどとした方針を、交通政策審議会(国土交通相の諮問機関)の作業部会に示した。年内に開く審議会で正式決定する。

 国交省は減車について独占禁止法への抵触を避けるため、新法制定か道路運送車両法を改正する方向で検討しており、年明けの通常国会に法案提出を目指す。

 タクシーは二〇〇二年に新規参入や増車を自由化してから、六年余りで規制路線へ戻る。国交省は運転手の待遇改善などにつなげたい考えだが、サービス競争が行われなくなって消費者に不利益となる可能性もある。

 新しい制度では、国交省がタクシー台数が多すぎて過当競争に陥っている地域を「特定地域」に指定。地域ごとに設けるタクシー事業者や自治体関係者による協議会で、減車の可否を決められるようにする。新規参入と増車の審査も厳格化する。

 悪質事業者の排除や、遠距離と近距離の乗り場を分離するなど、利用者の立場に立った施策も進めるとしている。

44 千葉9区 :2008/12/18(木) 22:43:43
先週の土曜日、終電逃してタクシーを使ったけれども
12月とは思えないくらい行列が短かったです。
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000812170005
【視界不良】歳末タクシー悲哀
2008年12月17日

〈新潟 夜の繁華街〉


 県内最大の繁華街、新潟市の古町。「これじゃどうしようもない。流すよ」。15日午後9時すぎ、大手タクシー会社の運転手斎藤弘さん(仮名・58)は、古町を後にした。客待ちのタクシーが通りを埋め尽くすようにならんでいた。


 市役所近くの医学町通に移り、客を狙った。「古町まで」と、サラリーマン4人組が乗り込んできた。1次会から2次会への移動だ。売り上げは、640円。


 次の客もサラリーマン。すでに酔っているようだ。古町から自宅まで、ワンメーターで560円。


 川端町のホテルオークラ新潟前では、老夫婦を乗せた。「学校町の自宅まで」。880円。



   ◇


○「客待ちよりも…」


 「ずっと客待ちしているより、近距離をたくさん乗せた方が仕事になる」と斎藤さん。この夜の一番の売り上げは、古町から西区の自宅まで帰る客を送り届けた3120円だった。


 「お店はこんでました?」。どの客もきまって「すいてたね。このご時世だからかな」と答えた。


 16日午前零時すぎ、古町はすっかり人通りが無くなったが、タクシーは50台以上もならぶ。しばらくその中にいた斎藤さん。「ホステスが帰っていくのが見えた。早めに引き上げよう」


 午前7時半からの勤務で30回、客を乗せた。売り上げは3万5千円ほど。「去年なら1日40回、
5万円前後だった」。客を乗せて走った距離を走行距離で割った「実車率」も、去年までは
35〜45%だったが、今年は25%近くまで落ち込んでいるという。


   ◇


○15年前は取り合い


 転職でタクシー運転手となって15年。「15年前は客がタクシーを取り合っていた。今より5割増しぐらいの売り上げはあった」と懐かしそうに話す。


 82歳の父親と2人暮らし。父親の年金と斎藤さんの稼ぎで生活する。「繁忙期」の12月だが、月給は手取りで2万円ほど減りそうだ。斎藤さんは「私だって、飲みに行かないし、食費も節約している」。


 運転席の脇に、新幹線の時刻表が置いてあった。「到着すると、一気に客が乗る」。到着時間は、もう覚えている。最終電車は何時か、最終バスは何時か。客をつかまえることに結びつく情報は何でも頭に入れる。


   ◇

45 千葉9区 :2008/12/18(木) 22:44:18
○「雪降れば終わり」


 今週末は、忘年会のピークだ。「客待ちしないような状況にならないと困るな。でも雪が降ったら終わり。いくら客がいても走れないから」。斎藤さんは、戻った営業所内で、心配そうにカレンダーを見つめた。(柄谷雅紀)



   ◆◆◆


〈際だつ需要の減少〉


 老舗(しにせ)のタクシー会社2社が相次いで破綻(はたん)した新潟市。規制緩和後のタクシー需要の減少は全国的に見ても際立っている。売り上げの減少は歩合制で働く運転手の懐を直撃。打つ手はあるのか――。(伊沢友之、奈良部健)


   ◇


○総実車キロ数急落 運賃競争も多様化


 県内には経営破綻した2社があった新潟交通圏(旧新潟、亀田、豊栄3市町と聖籠町)など46の営業区域がある。運賃は新潟交通圏と、県内の他地域に分かれる。


 個人タクシーが営業できるのは、国土交通省北陸信越運輸局が「流し営業が成り立つ」と判断した地域に限られ、県内は新潟交通圏だけだ。ハイヤー業者は県内にはない。


 タクシー事業は02年2月の規制緩和で、要件を満たせば、新規参入が基本的に自由になった。新潟交通圏でも異業種からの参入があり、法人数は微増。年度末の車両数は、緩和前の01年度から06年度で約60台増えた。


 だが、「実は車両数の増加よりも、需要の落ち込み幅が大きいのが新潟の特徴なんです」。同運輸局の担当者は明かす。


 実際、同運輸局に登録されている年間の延べ車両数は06年度で47万3895台と01年度と比べ、1万台も減った。事故時の予備車両などを除き、街に出ている実働ベースでは、98年度を
100とすると06年度の水準は90という。


 一方で、客を乗せて走った年間の総実車キロ数は、同じ98年度と比較すると、06年度は71と
約3割減。全国平均の91より20ポイント下げ幅が大きかった。


 これだけ需要が落ち込んだ原因は何なのか――。


 「飲みに行く機会が減ったなど一般的に考えられるもの以外分からない」。担当者も首をかしげる。


 年々、縮む一方の「パイ」を巡り、運賃競争も多様化している。今年7月に9・61%値上げした運賃改定で実際に値上げしたのは、破綻した2社を含めて10社。残る17社は改定を申請せず、うち7社は旧運賃の下限で営業を続けている。


   ◇

46 千葉9区 :2008/12/18(木) 22:44:33
○売り上げ減は収入減


 「どの業界でもいいから潤って飲みに出てくれないと……。うちらが潤うのは一番最後ですから」。クリスマスソングが街に流れる中、まばゆい電飾を横目に、タクシー運転手がつぶやいた。


 厚生労働省の07年の統計によると、県内の男性タクシー運転手約4100人の平均年収
(55・5歳)は約255万円。男性労働者全体の平均やバス運転手と比べ、約200万円少ない。歩合制を部分的に採り入れている会社が大半で、売り上げの減少が運転手の収入減に直結しているからだ。


 7月の運賃改定は労働条件の改善が最大の目的で一定の改善が図られる見通しだ。タクシー運賃はガソリン代や車両費などの原価に利潤を積んだ構図で、この改定によって、経費に占める人件費の割合は約63・5%から約70・3%に引き上げられる。


 ただ、長野県では126社のうち26社で運賃値上げ後に運転手の賃金が減っており、同運輸局が一部の業者に年末までに改善するよう指導している。


 同運輸局は新潟県ハイヤー・タクシー協会にも、改善結果を自主的に公表するよう求めている。


   ◇


○事前チェックの強化など答申へ 国交省審議会


 国土交通省は今年2月に、大臣の諮問機関「交通政策審議会」の中に作業部会を設け、運賃や新規参入ルールなどタクシーをめぐる問題について議論している。今月5日には、答申案が議論されており、年内にもまとまる予定だ。


 問題の原因として、車両数の増加や過度な運賃競争、歩合制主体の賃金体系などを列挙。悪質な業者への対策として、新規参入や増車の際の行政の事前チェックの強化などを打ち出している。


 同省は答申を受け、来年の通常国会で法改正を目指している。


   ◆◆◆


●運賃システムの変更に展望


 落ち込む一方のタクシー業界。どうすれば展望は開けるのか――。


 「タクシー業界は制度疲労を起こしている。需要を喚起するためには、運賃システムを変えるしかない」


 時間と距離を組み合わせる独自の運賃システムを、全国で初めて実施する「遠賀タクシー」(福岡県遠賀町)の木原圭介社長は、そう力を込める。「ZOC」と呼ばれ、05年の申請時は「原価割れになる」と却下された。しかし今年3月、九州運輸局から認可され、現在は専用メーターの認可待ち。早ければ来年2月にも走り出す予定だ。


 新運賃は初乗り800円で、最長5キロまで15分の範囲内で行ける。その後は6キロ走るか、
15分たつごとに800円加算。短距離は割高だが、2キロ超の中長距離で最大5割程度、現行より割安になる。流し営業はせず、電話予約中心に切り替えた。


 同社は約40台保有。02年の規制緩和で、他社の台数が増えたこともあり、売り上げは約3割落ちた。そんな逆境に対し、値段で競うしかないと決断。「病院通いの人や公共交通機関が不便な人など、タクシーを使いたい人は多いはずだ」。新たな顧客を掘り起こし、女性や高齢者など長距離の利用者が増えたという。


  北陸信越運輸局も「割引運賃の導入などどんどん考えて欲しい」と期待する。京都市では着物の客は1割引き。香川県ではさぬきうどん店巡り、福岡県ではラーメン店巡りでそれぞれ1割、3割安くなるサービスもお目見えした。


 長岡交通圏ではNHK大河ドラマ「天地人」の放映に合わせ、主人公の直江兼続関連の観光施設を巡るタクシー周遊観光事業がスタート。4人まで乗れ、2時間6千円。予約も不要という。

47 千葉9区 :2008/12/19(金) 23:03:58
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000812190005
凍る景気 忘年会直撃
2008年12月19日


忘年会帰りの客を待つタクシーの列。終電がなくなる時間になっても動きが鈍い=神戸・三宮

 世界的な金融危機は、師走恒例の「忘年会」にも影響を与えている。業績が悪化した県内企業関係者の財布のひもは固く、週末の予約が埋まらない店も。2次会を開かず、1軒で3〜4時間粘るグループもあるという。「このままでは越年できない」。神戸のネオン街は厳しい年の瀬を迎えている。(住田康人)
 「あてが外れた」。JR三ノ宮駅近くのオフィス街にある居酒屋の男性店長(28)は、客席が思うように埋まらない店内を見てつぶやいた。日本経済が急激に冷え込んだ今秋以降、客足は価格帯が安い居酒屋に向くと考えていた。ところが、売り上げはさほど上がらない。
 12月に入ってもこの傾向は続き、忘年会を開くグループの客単価は昨年より約500円低い1人3500円程度。さらに、飲み放題サービスがつく2時間制限のコースメニュー(4千円前後)は敬遠され、会費を抑えるために単品で注文する客も少なくないという。店長は「2次会を開かず、うちで3〜4時間過ごしてお開きにするお客さんも増えてきています」と話す。
 三宮センター街3丁目の神戸牛料理店「赤のれん」。1906年創業の同店の人気メニューは6千〜7千円のすき焼きコースだが、「もう少し安くして」という客には赤字覚悟で5千円の料理を出すこともある。畑中三正社長(63)は「それでも今月中旬以降の週末は予約が埋まっていない」と肩を落とす。
 繁華街で客待ちするタクシーにも影響が出ている。主に神戸市内を走る男性運転手(55)は「電車がなくなった午前1時ごろには客足がぱったりと途絶える。料金が5千円を超える客はほとんどいなくなった」と表情は暗い。
 こうした中、忙しい業態もある。店を利用せずに終業後の社内で忘年会を開く会社向けに、ファミリーレストラン大手「すかいらーく」は宅配メニューを強化。11月下旬から、2680円のピザとおつまみセット(3〜4人分)を2千円で販売したところ、注文が相次いでいるという。
 オフィス街に近い「すかいらーく三ノ宮店」では、これまで通常1人だった配達員を2人に増員。忘年会用として2万〜3万円相当を注文する会社も多い。同店は「お酒を自分たちで持ち寄れば、1人2千円以内で済むという手頃感が受けているのではないでしょうか」と話している。

48 とはずがたり :2008/12/20(土) 16:50:15

福島交通が更生計画提出 経営共創基盤と支援契約
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/12/20081220t63037.htm

 会社更生法の適用を受けて経営再建中の福島交通(福島市)は19日、支援に名乗りを上げた経営共創基盤(東京)とスポンサー契約を結び、更生計画案を東京地裁に提出したと発表した。共創基盤は「当面は路線を維持するが、赤字路線の改廃も考えざるを得ない」との考えを示した。

 計画案では、福交の全株式を減資し、共創基盤とその子会社が増資を引き受ける。増資額は公表していない。基本的に全従業員の雇用を継続する。これまで確定した弁済額は十数億円で、一括返済する。更生債権の弁済率は100万円以下は全額だが、100万円以上は1%と厳しく設定した。早急に債権者の同意を得て、東京地裁から計画認可を得たいとしている。

 福島県庁で19日に記者会見した共創基盤の松本順取締役は「路線バス事業では真に必要とされるネットワークを構築したい」と意欲を見せる一方、「赤字路線を自治体の補助金で維持するのが公共の便益にかなうのか。今後は路線改廃も検討せざるを得ない」と話した。

 松本取締役はまた、古くて燃費効率が悪いバスを新型に更新するのに多くの資金を割く方針も示した。各自治体が路線バスから自営のデマンド型タクシーに転換している現状についても「同様のサービスに福交も参入できればいい」と語った。観光事業などバス以外の事業にも注力し、今後5年で黒字転換を目指す考えを示した。飯坂線の鉄道事業も維持するという。

 同席した小林信明管財人は「弁済率はかなり厳しいものになったが、今の会社の実力、財務状況を反映している」と理解を求めた。子会社の福交整備も同日、共創基盤をスポンサーとする計画案を提出した。

 福交再建では、旧産業再生機構の幹部らが設立した経営共創基盤が早くから支援に名乗りを上げた。同社の中心メンバーは産業再生機構時代に地方バス会社の再生を手掛けている。

 福交は路線バスや貸し切りバスの収益悪化から経営が行き詰まり、4月月11日に会社更生法適用を申請。同月25日に更生手続き開始決定を受けた。
2008年12月20日土曜日

50 とはずがたり :2008/12/27(土) 13:04:32
年末年始に高速バスて,遅延10時間とかあるんちゃうの??

「ウォン安」で韓国大人気 年末年始25%アップ
2008.12.27 09:46
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081227/trd0812270947004-n1.htm

 年末の出国ラッシュと帰省ラッシュが27日、始まった。深刻な不況を反映して海外旅行客は昨冬より減る見通しだが、円高を背景に韓国などアジア諸国には人気が集まる。国内は航空が振るわない一方、JRや高速バスの予約が堅調。生活不安が募る中で「お金をかけず、実家や近場で手軽に過ごす」という流れがくっきり表れた。

 JTBによると、23日から1月3日にかけての海外旅行者(推計)は前年より4・6%少ない58万人。ただ、通貨ウォンの大幅な下落で日本人客に「お得感」が出ている韓国は、9万1000人と24・7%の大幅増となっている。

 国内線の予約客は約256万8000人で前年より4・0%減った。一方でJRの新幹線や特急の指定席予約は3・8%増加。最近人気が高まっている高速バスも「東京から東北や関西に向かう路線は、年内はほぼ満席」(JRバス関東)という。

51 荷主研究者 :2008/12/28(日) 23:20:26

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200811140012.html
'08/11/14 中国新聞
豊島大橋の新バス路線運行へ
--------------------------------------------------------------------------------
 呉市の上蒲刈島と豊島を結ぶ豊島大橋を通る新たなバス路線の運行について、中国運輸局が路線の新設や延長を申請していた民間の2事業者に許可を出した。橋開通翌日の19日から運行が始まる。

 瀬戸内産交(蒲刈町)と、さんようバス(大崎上島町)。あらたに豊町沖友を起点に豊浜、蒲刈、下蒲刈の各町を経て広地区の中国労災病院周辺まで一日15往復を運行する。うち4往復は広島市の広島バスセンターまでを結ぶ。

 沖友から労災病院まで約1時間45分、バスセンターまでは約2時間半かかる。運賃は乗り場によってフェリー利用時よりも50―100円高くなるという。一方、呉市の敬老優待証の利用で、70歳以上の市民は市内であれば島外との行き来が1回100円でできる。

52 荷主研究者 :2008/12/29(月) 01:19:49

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200811190075.html
'08/11/19 中国新聞
芸陽バスが6路線を来年廃止
--------------------------------------------------------------------------------
 芸陽バス(東広島市)は来年3月末で、東広島、三次、竹原、呉の4市と広島県世羅町を運行エリアとするバス6路線の13系統(計93.6キロ)を廃止する。少子高齢化などで乗客が減ったのが理由。同社の総運行距離の12%を占め、設立77年の歴史で最大規模の廃止となる。

 廃止路線は、東広島市豊栄町―三次市三和町と豊栄町―世羅町▽三次市内▽世羅町内▽世羅町―三次市中心部▽竹原市中心部―同市小梨▽呉市安浦町―東広島市安芸津町。

 各路線は一日1―4往復。一便当たりの乗客数は平均0.8―3.7人で、採算ラインとする10人を大きく割り込んでいる。国や県などから、赤字相当額の補助金を年間約2280万円(昨年度実績)受けているが、同社は「運転手の確保が難しい現状で、需要がある路線の開拓ができない」との理由で廃止を決めた。

【写真説明】三次市や世羅町への路線が廃止される芸陽バスの豊栄営業所(東広島市豊栄町)

54 荷主研究者 :2008/12/30(火) 02:00:45

http://kumanichi.com/news/local/main/20081129002.shtml
2008年11月29日 熊本日日新聞
熊本市、赤字のバス事業を廃止含め検討へ

 熊本市は二十八日、大幅な赤字を抱える市交通局が運営するバス事業について、廃止を含めた見直しの検討に入る考えを明らかにした。民間三社との競合問題も含めて見直しが懸案だったが、市が廃止に踏み込んで言及したのは初めて。

 交通局は、本年度一部施行された自治体財政健全化法が示した経営健全度基準を下回ったため、二〇〇九年度中の経営健全化計画策定が義務付けられている。来年度の早い時期に計画素案をまとめることにしており、バス事業存廃の結論も素案策定時に合わせる。

 二十八日あった「バス交通のあり方検討協議会」(会長・坂本正熊本学園大学長)で森田弘昭副市長が明らかにした。同副市長は、市電を含めた交通局の〇七年度決算の累積赤字が四十六億五千万円に上ったことを挙げ、「交通局の経営は危機的。経営改善の方策が見つからず、市バスは廃止を含めた方向性を検討する必要がある」と述べた。

 その上で、バス事業から撤退する場合は、路線を民間事業者に移譲し、存続できるよう支援策を講じる考えを示した。

 市バス事業は一九二七年十一月に開始、現在二十八路線を運行している。十一月一日現在の職員数(嘱託含み)は二百三十五人。(渡辺直樹)

55 荷主研究者 :2008/12/31(水) 21:35:57

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081205/CK2008120502000038.html
2008年12月5日 中日新聞
飛島村の公共交通新設相次ぐ 大幅に利便性向上へ

 飛島村で来年度、バス路線の改善やコミュニティバスの新設など公共交通が大幅に見直される。村内を走るコミュニティバスと弥富市の海南病院に向かう乗合タクシーを新設し、これまで乗り継ぎできなかった既存のバス路線を接続する計画。鉄道が走っていない村で、バスやタクシーを活用して“住民の足”の利便性向上を図る。

 村長や議会、関係機関の担当者でつくる協議会が4日、計画を了承した。

 現在、主に村で利用されているバスは村中央部と蟹江町の近鉄蟹江駅を結ぶ路線(三重交通が運行)と、企業が集まる村臨海部と名古屋市港区を結ぶ路線(村と立地企業の協議会が運行)。東部と西部にはバスが走っていない地域もある。臨海部の企業からは、通勤に便利な近鉄蟹江駅へのアクセス向上を求める声があるという。

 計画では、村中央部と近鉄蟹江駅を結んでいる路線を村臨海部まで延伸し、臨海部と名古屋市港区を結ぶ路線とつなげる。両路線とも「飛島公共交通バス」という名称で、村などでつくる協議会が運営することになる。

 これまでバスが走っていなかった地域や、村中心部ではコミュニティバスを運行し、海南病院に向かう予約制の乗合タクシーも走らせる。

 路線バスの接続とコミュニティバスは来年4月から、海南病院へのタクシーは来年10月からそれぞれ試験運行し、2012年度から正式に走らせる予定。

 久野時男村長は「住民も村の在勤者も利用しやすいようにまとめたので、積極的に活用してバスを盛り上げてほしい」と話している。

 (吉光慶太)

56 荷主研究者 :2008/12/31(水) 21:38:12

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/63118
2008年12月2日 14:08 西日本新聞
人工島−JR・西鉄千早駅 シャトルバス試験運行 1月から福岡市 利便性向上図る

 福岡市は2日、同市東区の人工島と、JR鹿児島線、西鉄貝塚線の千早駅を結ぶシャトルバスを来年1月末から1年間試験運行すると発表した。人工島で暮らす住民(現在約2500人)が増え、5年後の新こども病院開院など今後、医療や商業施設の整備が進むことを見据え、交通の利便性アップを図る。

 市によると、シャトルバスは人工島と千早駅を約20分で結ぶ。1日14往復し、運賃は190‐230円。人工島を開発する同市の第三セクター・博多港開発や進出企業など計6社が出資母体となり、西鉄に運行を委託する。運行費は年間約2400万円。

 同市によると、島から天神方面にはバスが1日50‐60便あるが、東区の香椎、和白方面やJR博多駅への交通網は十分ではない。市はシャトルバス運行で全体的な乗客利用を把握し、人工島を含めた東区の交通網体系を見直す方針という。

 吉田宏市長は2日の定例会見で「新こども病院の整備も視野に、人工島の公共交通の需要を把握したい」と語った。

=2008/12/02付 西日本新聞夕刊=

57 荷主研究者 :2008/12/31(水) 21:43:19

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/63472
2008年12月4日 01:34 西日本新聞
宮崎交通 路線バス10‐30円値上げ 12年ぶり改定 年度内に実施へ

 宮崎交通(宮崎市、塩見修社長)は3日、約350本の全路線バスの運賃を10‐30円引き上げるなどの運賃改定を国土交通省九州運輸局に申請した。国の認可が得られれば、年度内に実施する。宮交の運賃改定は1997年4月以来約12年ぶりで、同社は「経営環境が厳しく収支改善と、利用者へのサービス向上のため」としている。

 主な改定内容は、普通運賃が、現行の140‐200円区間が10円増(宮交シティ‐デパート前など)▽210‐300円区間が20円増(都城駅‐蓑原など)▽310円以上区間が30円増(延岡駅前‐一ケ岡など)。

 定期運賃は、通勤や通学定期など現在の3‐4割引きを各5%拡大。一部地域の中学生に限定している「キャンパスミニ定期券」は、県内全域の中学生に適用を広げる。

 また、長距離通勤定期の1カ月券の上限額を2万8860円の打ち切り設定とした。現行より最大1万3140円安くなる。逆に、もともとの割引率が高い通学定期は、運賃増加により1カ月の定期券代が数百円高くなる利用客が多くなる。精神障害者割引も新設する。

 同社は、これらの運賃改定で年間1億円の増収を見込む。

 同社の路線バス利用者は、69年のピーク時の約7800万人に比べ、昨年は約1090万人と7分の1に激減。原油高騰に伴う燃油高が続いたことから、燃料代も前回改定の97年と比べて現在は5割増加。利益の内部補てんがあった高速バス部門も競争が激化したことなどから、「自助努力では限界を超えた」として改定に踏み切った。顧客向けには、低床式バスを増やすとしている。

 会見した宮崎交通の原茂夫取締役は「運賃値上げは、利用者に迷惑を掛けない範囲で抑えた」と理解を求めた。

=2008/12/04付 西日本新聞朝刊=

58 荷主研究者 :2008/12/31(水) 22:32:45

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20081209/CK2008120902000009.html
2008年12月9日 中日新聞
「ごんべえ号」存続危機 伊那−木曽バス、利用客伸びず

伊那、木曽両地域間の交流が活発になることを期待し、4月試行運行が始まった「ごんべえ号」だったが…=伊那市で

 国道361号の権兵衛トンネル開通後、伊那、木曽両地域間交流を狙いに、今年4月に試行運行を始めた伊那木曽連絡バス「ごんべえ号」が、利用客伸び悩みから存続の危機に陥っている。バスを運行する「伊那市地域公共交通協議会」は16日開き、厳しい現状を報告、今後の運行について検討するが、路線廃止の方針が打ち出される可能性もありそうだ。

 事務局によると、バスは1日4往復(8便)運行している。運行経費は年間2600万円。当初は国の補助を受けて木曽町が300万円、市が900万円を負担、運賃収入900万円を見込んでいた。1便当たり乗客10人で、補助なしでも経費がまかなえる計画だった。

 しかし、11月末現在の総利用者数は4238人。平均で1日17・4人、1便2・2人。JR木曽福島駅で特急列車への接続利便を図るなどダイヤ改正もしたが、観光客が主で、病院通いやビジネスマンの利用は少なく、利用者増にはつながっていない。

 現状のままでは、本年度の市負担は1000万円を超える見込み。木曽町から来年度以降は負担金支出は難しいとの打診も受けており、「市民サービス(市民の足)を確保する事業であればだが、乗客の主は観光客。1000万円以上の財源を持ち出した運行は、市民の理解が得られるだろうか」と事務局は頭を悩ませている。同協議会長の小坂樫男市長は「実情を報告し、委員の意見を聞いた上で、最終的な判断をしたい」と話している。

59 荷主研究者 :2008/12/31(水) 22:35:32

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/12/20081220t63012.htm
2008年12月20日土曜日 河北新報
福交の再生前途多難 市町村、自前交通に転換

 会社更生計画案を東京地裁に19日、提出した福島交通(福島市)の再建では主力の路線バス事業の立て直しが鍵となるが、前途は多難だ。赤字路線を自治体などが補助金を出して維持してきたが、市町村が多額の赤字を垂れ流すバス会社を見捨て、デマンド型タクシーなど自前の公共交通に転換する例が増えているからだ。福交は「補助金に頼り、工夫なく空気を運んできた」との批判も受けており、路線ごとに赤字を減らす努力が求められる。

<118路線が廃止>
 河北新報社が福島県内市町村の現状を調べた結果、4分の1の市町村が既に路線バスを全面廃止し、新交通システムに転換していることが分かった。

 本宮市は来年4月、福交への補助を打ち切り、市営バスとデマンド型タクシーなどを組み合わせた交通網に切り替える。市は「利用されない路線バスへの補助を続けるより、ニーズに応えた公共交通を提供する方が効率的だ」と説明する。

 市町村営への転換が増えたのは、2002年の法改正でバス・タクシー事業への参入が容易になったことが大きい。赤字路線の廃止が進み、県内では今年10月までに、1部区間も含め118路線がなくなった。

 02年に西会津町と楢葉町から路線バスが消え、町営バスが走り始めた。同年に大熊町、04年に新地町、05年に矢吹町と白沢村(現本宮市)、06年に泉崎村と葛尾村、07年に只見町が路線バスを全面廃止し、新交通網に切り替えた。

 当初は事業者の撤退が多かったが、近年は補助金や委託金の負担に耐えかねた市町村が廃止を言い出す例が増えた。県生活交通課の小林昭夫課長は「財政が苦しい市町村は何か工夫できないか考え始めた」と分析する。

<「バス朝夕のみ」>
 広域路線は維持しつつも、地元ではデマンド型タクシーを導入する例も多い。小高町(現南相馬市)では01年、買い物客を取り戻そうと、商工会が町の委託を受け、全国で初めてデマンド型タクシーの運行を始めた。同型タクシーは12市町村が運行し、金山町なども来春始める。

 県によると、昨年9月時点で福交が走らせる219路線のうち黒字は49路線だけ。福交は、鉄道の運行時間に合わせたり最終便を遅らせたりといった工夫を怠ったとの批判を受ける。

 交通体系の見直しを進める川俣町は「路線バスは朝夕だけで事足りる。朝夕のみの運行ができないなら、福交の路線は廃止するしかない」と話す。浅川町では今年9月、約300万円の補助金を出している実態を知った住民の反対で、福交の路線1本が廃止された。

 規制緩和で低料金を売りにする新規参入会社が増えている貸し切りバス事業でも福交は苦戦する。ある旅行代理店は「料金が高い上に考え方が古い。今のままでは生き残れない」と指摘する。

60 荷主研究者 :2008/12/31(水) 22:39:35

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20081217/CK2008121702000005.html
2008年12月17日 中日新聞
松本電鉄バス5路線、減便で維持 来年度末まで公費負担

旧立田線の一部区間を路線変更した「梓川線」を走るバス=JR一日市場駅前で

 松本電鉄(松本市)の路線バスのダイヤが16日から大幅に改変された。同市や山形、朝日村の負担により、同社が廃止する意向を示していたアルプス公園線、梓川線(旧立田線の一部区間を路線変更)など5路線が、便数は減るものの維持される。

 同社は経営立て直しの一環として、採算が著しく厳しい路線の廃止を打ち出した。だが同市などは、他に公共交通機関がない路線住民の足を確保するため、公費負担で路線を維持する。

 アルプス公園線は全線が市の負担により1日2往復が維持される。立田線は、JR大糸線並行区間が廃線となり、一日市場駅と八景山を結ぶ梓川線として衣替え。平日のみ、4往復と一日市場−立田の片道1便が確保される。

 朝日線は松本BT(バスターミナル)−上今井の便が、内田線も松本BT−倉村の便がそれぞれ確保される。山形線は朝日、山形村の負担で、松本BT−塩尻駅の便が残る。

 松本市は、公費負担による路線維持を来年度末まで続け、利用状況を見て見直す。赤字補てんのための補助金として本年度末までの3カ月半で740万円を見込み、12月補正予算案に計上した。

 公費負担によるバス路線維持は地域住民にも歓迎されている。新需要も見込んで一日市場駅に接続した梓川線を利用した同市杏の岩原豊子さん(80)は「松本で買い物をしてきました。これからも使わせてもらいたい」と喜んだ。同市梓川の60代主婦は「車の運転ができないので、今までは自転車を使っていたが、これからは買い物などで使うと思います」と語った。

 (坪井千隼)

61 荷主研究者 :2008/12/31(水) 22:40:03
>>58

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20081217/CK2008121702000002.html
2008年12月17日 中日新聞
「ごんべえ号」3月で廃止 伊那木曽連絡バス、乗客数伸びず

 伊那、木曽両市町やバス事業者などでつくる「伊那市地域公共交通会議」は16日、伊那木曽連絡バス「ごんべえ号」を、来年3月末で路線廃止することを決めた。ダイヤ改正など利便を図ったが乗客数は伸び悩み。厳しい財政下で、より住民性の高い施策に予算を使うことを選択、試行運行開始からわずか1年間で廃止となった。

 バスは伊那、木曽両地域間交流を図る目的で、今年4月に試験運行を開始。国補助と両市町が経費を負担し、バス事業者に運行を委託、国道361号権兵衛トンネルを抜けて1日8便(4往復)両地域を結んでいる。

 事務局によると、1便10人の乗客で経費がまかなえる計画だったが、実績(9月末現在)は総乗車数2977人、1便あたり2人(同)。7月のダイヤ改正後も1便あたり2・4人と低調だった。事務局は「減便や曜日指定の運行なども考えたが、これ以上の伸びは考えづらい」と、廃止を提案した。

 委員からは公共交通として乗客を増やす方法の検討、減便による継続を求める声も。しかし「両地域は自家用車依存の距離。期待が利用に結び付かなかった」「乗車率から事業者が運行することも難しい」など意見があり「廃止はやむを得ない」との結論を出した。

 会議後、会長の小坂樫男市長は「続けたい気持ちもあったが残念。年間2600万円の経費が掛かり、補助ももらっている。(費用を)もっと地域住民に還元した方が良いという判断になった」と話した。

 (林康雄)

62 荷主研究者 :2008/12/31(水) 22:41:46

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20081223105.htm
2008年12月23日03時24分 北國新聞■石川のニュース
◎100円バス、来年度も運行 金大周辺 11月末時点で24万人乗車 目標上回る

 金沢市旭町周辺―金大角間キャンパス間を運行する「百円バス」が二十二日までに、来年度も継続されることが決まった。今年度の利用者が十一月末時点で年間の目標利用者を上回る二十四万六千三百七十二人に達したためで、四年目に入る。
 百円バスは金大と北陸鉄道が、金沢市の仲介で締結した「金沢バストリガー協定」に基づく。従来の運賃が百七十円または二百円だった区間を百円で乗車でき、二〇〇五(平成十七)年度の運賃収入を上回るよう算出された年間の目標利用者(二十二万千六百八十七人)を超えると、次年度も継続される仕組みとなっている。

 今年度の十一月末時点の利用実績は、〇七年度比で二万三千五百六十六人増(10・6%増)、導入初年度の〇六年度と比べると、六万三千九百五十五人増(35・1%増)となっている。百円バスは市にとって、歩行者と公共交通を優先するまちづくりの推進につながっている。

 市は利用者の増加要因として、協定締結以降、大学側の広報周知活動などにより、百円バスの取り組みが浸透したことや、低料金で気軽に乗れることなどを挙げている。

63 荷主研究者 :2008/12/31(水) 23:05:37

http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/200812/20081211000096.htm
2008/12/11 09:30 四国新聞
琴参バス、大川バスに事業譲渡/路線は現状維持

メールで記事を紹介 印刷する 一覧へ
 琴平参宮電鉄(香川県丸亀市)が乗り合いバス・貸し切りバス事業を大川自動車(大川バス)=香川県さぬき市=に譲渡することが10日分かった。丸亀市や琴平町など3市2町で運行中の10のバス路線を大川自動車は現状のまま維持し、従業員約130人も原則全員引き継ぐ。琴参は乗客の減少と借入金負担で赤字が続き、さらに不動産賃貸部門で大型テナントが10月末に退去。事業継続の見通しが立たず、譲渡先を探していたが、大川自動車の支援により路線が維持されることになった。

 琴参は近く新たな子会社「琴参バス」(香川県丸亀市)を設立、乗り合いバス・貸し切りバス事業を承継させたうえで、大川自動車に譲渡する。譲渡は来年3月31日の予定。譲渡後は大川自動車の経営陣が琴参バスの社長に就く。譲渡価格は非公表としている。

 琴参は中讃を基盤に乗り合いバスと観光用貸し切りバスを営業。乗用車の普及による路線バスの利用客の低迷に加えて、観光バスも競争が激化し、バス事業は毎年6000万―7000万円の赤字が続いている。さらに、大規模な不動産開発などに伴う金融機関からの借入金が約50億円に上り、金利負担が重荷になっていた。

 今年4月には、丸亀市内の所有ビルに入居する大手スーパーが撤退を決定し、新規のテナントも誘致できなかった。年間約1億9000万円の賃貸収入がなくなるため、自力での事業継続は困難と判断。支援企業を探し、大川自動車にバス事業の譲渡を申し入れた。

 大川自動車は琴参が経営破たんすれば、中讃の住民の足や雇用に与える影響が大きいと判断。また、受け皿にならない場合、香川県外のバス事業者が参入することを警戒した。貸し切りバス事業では、既存の営業基盤の東讃に加えて、観光地の多い西讃との一体的な営業により需要の掘り起こしが可能とみている。佐藤敬一郎会長は「景気後退の影響で、バス事業も業況の悪化が懸念されるが、地域の足の維持が重要と決断した。中讃地域の住民の利便性とサービス向上に努めたい」と話している

 琴参は1911年に讃岐電気軌道として創立、63年に電車全線を廃止した。2007年度の路線バスの利用客は約88万人。08年3月期の業績(連結)は売上高20億3400万円、経常損失は1億4700万円。大川自動車は41年創業。高松―引田の路線バスなどを運行し、従業員は約130人。グループの売上高は約35億円(08年3月期)。

64 とはずがたり :2009/01/01(木) 00:36:28
>>63
名門琴参電鉄が・゚・(ノД`)・゚・。
鞆鉄道やサンデン交通等鉄道系社名のバス会社(一括りに無理有るなぁw)は大丈夫かいな??

65 とはずがたり :2009/01/01(木) 00:43:54
>>54
もっと有った気がして成る可く調べてみた>鉄道系社名のバス会社
井笠鉄道,船木鉄道,東濃鉄道
未だ忘れてるのありそうだ。。

で,寧ろ琴平急行電鉄線ってのが琴平参宮電鉄とは別にあって俺の思ってるのは違う会社だった可能性もある。。

66 千葉9区 :2009/01/04(日) 21:58:55
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2009010300021&genre=K1&area=K00
困った、客待ちタクシー
JR京都駅前、交差点まであふれ

 JR京都駅(京都市下京区)前に客待ちのタクシーが集中し、日中には乗り場に並ぶ長蛇の車列が近くの交差点まであふれている。緊急車両の通行に支障を来たし、乗り場に並ばない違法客待ちも横行している。府警は取り締まり強化だけでは限界があるとして、行政や業界団体と連携した総合的な対策に取り組み始めた。

 烏丸口のタクシー乗り場は進入路を含めて約100台が並べる。利用者が少ない昼間などは回転が悪く、入りきれないタクシー数台が烏丸塩小路交差点まであふれ出す。救急車や市バスが迂回(うかい)して通過したり歩行者がタクシーの間を縫って進む事態になっている。

 乗り場を利用するタクシー運転手(60)は「この不況で1時間流しても客が付かないこともしばしばだが、ここなら3、40分あれば確実にお客さんが付く」と無理にでも交差点に入る理由を話す。

 数分で客を得られるため、交差点の駐停車禁止場所でドアを開けて客待ちするタクシーも跡を絶たない。

 七条署も違法客待ちをしているタクシーに警告を発したり、違反切符を切るなどしているが、効果は一時的だという。府警は2008年7月、京都運輸支局などの行政機関、乗り場を管理するJR西日本やタクシーの業界団体などでつくる協議会を立ち上げ、対策に乗り出した。

 現在、それぞれの立場で可能な取り組みを持ち寄り、違法客待ちのタクシーには乗らないように呼び掛ける看板を設置する▽許可シールのないタクシーの乗り場への進入を管理する▽観光客などにタクシー乗り場が分かりやすいように案内表示を増やす−などの取り組みを検討している。

 府警は「当事者や関係機関と一体となって、京都の玄関口である京都駅前の無秩序な状態を改善したい」としている。

67 千葉9区 :2009/01/16(金) 00:03:25
安いなあ・・・
アジア諸国みたいにタクシーをもっと気楽に使えるようにしないと・・・
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/01/20090114t12031.htm
センバ流通も初乗り340円 仙台市内最安値、3社目
 仙台市のタクシー会社センバ流通(宮城野区)は、小型車の初乗り運賃を2月末をめどに現行の650円から340円に引き下げる。同市内では、63社中の53社が初乗り運賃を650円としている。340円は、同市最安値で同社が3社目。

 仙台市では昨年12月にも、みやこ交通(泉区)が初乗り運賃を580円に引き下げており、しばらく動きが止まっていた運賃引き下げがここにきて相次いでいる。

 センバは、初乗り距離も現行の1700メートルから950メートルに短縮して新運賃にする。1700メートルまでは250メートルごとに80円ずつ加算し、1700メートル走った場合でも現行より70円安くなる。1700メートル超は、運賃(80円)を加算する走行距離を現行の290メートルから327メートルに延ばす。

 センバは小型車58台を保有する中規模の会社。初乗り運賃引き下げは東北運輸局から昨年12月に認可を受けた。

 仙台市内で初乗り340円を実施している会社はほかに、ミナトタクシーを運営するミナト高橋新蔵商店(太白区)と、マイタクシーを運営する若柳中央タクシー(同)。
2009年01月14日水曜日

68 千葉9区 :2009/01/17(土) 10:11:57
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20090117-OYT8T00074.htm
タクシーに仕切り板を
強盗多発で府警、団体、国交省 合同会議

 タクシー運転手を狙った強盗事件が相次いだことを受け、府警とタクシー業界の12団体、国土交通省が16日、大阪市中央区で合同会議を開き、タクシーへの仕切り板や防犯カメラの設置を進めることや、犯人逮捕に向けて連携を強化することなどを確認した。

 会議では、大阪タクシー協会の坂本克己会長が「事件には心の底から憤りを感じる。乗務員の命を守ることは最大の務め」とあいさつ。2007年は19件だったタクシー強盗が08年は26件(速報値)に増え、年末年始に東大阪、松原両市でタクシー運転手が相次いで襲われた強盗殺人・同未遂事件が発生するなど、府内の現状を府警が報告した。

 全国乗用自動車連合会のまとめで、府内のタクシーへの仕切り板の設置率は、昨年3月末現在で16%と低迷。井谷隆雄・府警生活安全対策室長は「仕切り板は乗務員の体と命を守る」と訴え、設置率を100%にするよう要望した。

(2009年1月17日 読売新聞)

69 千葉9区 :2009/01/18(日) 17:27:17
具体案があるわけじゃないけど・・・
規制強化なんて小手先の手段ではなく、タクシー業は抜本的な改善が必要だと思う
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009011801000236.html
タクシー増車に認可制復活 国交省が再規制法案
2009年1月18日 16時31分

 タクシーの過剰な供給を解消するため、国土交通省が今国会に提出する新法案の全容が18日、明らかになった。国への届け出制となっている増車を地域限定で規制緩和以前の認可制に戻すほか、事業者が協議して一斉に車両を減らすことができる制度を創設し、営業台数の削減を進める。

 新法案の名称は「タクシー事業適正化・活性化特別措置法案」。2月上旬に閣議決定し、今国会で成立すれば今年秋にも施行する。

 新法案では、タクシーの台数が特に過剰な営業区域を国交相が「特定地域」に指定。域内では、2002年の規制緩和で簡便な事前届け出制となった増車を国交相の認可制に見直すほか、新規参入の審査も厳格化する。特定地域の指定基準は、同法成立後に政省令で定める。

 特定地域では国交省の地方運輸局長、地方自治体の首長、タクシー事業者、住民らが協議会を組織し、タクシー事業の適正化や活性化に向けた「地域計画」を作成する。

 これを受けて業者間で相互に減車の目標数などを示した「特定事業計画」を国交相が認定すれば、自由競争の制限を禁じた独占禁止法の特例措置として、一斉に減車できる。

(共同)

70 千葉9区 :2009/01/24(土) 19:50:36
>>24>>27-28
>福島交通と車両整備などでの協力も示唆
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20090124ddlk08020110000c.html
茨城交通:経営共創に事業譲渡 不採算路線も継続へ /茨城
 民事再生手続き中の茨城交通(水戸市、竹内順一社長)は23日、事業継続のための支援先として、事業再生支援会社の経営共創基盤(東京都千代田区)と合意したと発表した。茨交が設立する100%子会社に全事業を移行し、新会社が保有する全株式を経営共創に譲渡する。経営共創傘下での再スタートは7月下旬以降となる見通し。新会社は過疎地の不採算バス路線も運行を継続する方針だ。

 同日の臨時取締役会で決定した。経営共創は、ダイエーやカネボウを再建した「産業再生機構」の元幹部らが07年に設立。会社更生法が適用された福島交通(福島市)の再生も手がけている。

 茨城交通の支援先には、バス事業県内最大手の関東鉄道(土浦市)も名乗りを上げていた。県庁で記者会見した竹内社長によると、従業員の雇用や給与水準の維持、路線の継続などを前提条件に、今月9日に支援先の入札を実施。合意に至った理由として「(譲渡)金額が一番高く、経済的合理性を重視した」と説明した。

 新会社には、湊線を運行する第三セクターのひたちなか海浜鉄道の株式を含む、すべての子会社の株式を譲渡する。バス事業に茨城交通の名前は残す予定だ。現経営陣は新会社の経営に関与しない。

 会見に同席した経営共創の松本順取締役は「公共交通機関の存在意義は今まで以上に高まっている」と強調。新車両導入などの具体的な計画を列挙し、バス事業の収益性を高めることに自信をみせた。また、福島交通と車両整備などでの協力も示唆。路線バス以外の不動産事業などについても「企画、営業活動に注力することで成長が期待できる」とした。

 竹内社長は経営責任について「スムーズに新会社に事業を移していくことが一番の責務だ」と述べた。【八田浩輔】

毎日新聞 2009年1月24日 地方版

71 名無しさん :2009/01/27(火) 22:08:09
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009012702000113.html
客待ちタクシー行列ダメ 銀座の渋滞 解消作戦
2009年1月27日 朝刊

 東京都は二十六日、東京・銀座で深夜に常態化している客待ちタクシーの渋滞を解消する実証実験を始めた。約一・五キロ離れた場所にある駐車場をタクシーの待機所として確保し、客待ちタクシーの行列を短くする。全国でも初の取り組み。実験は二月十三日まで続け、効果を検証し本格導入を検討する。

 銀座地区では平日午後十時から翌午前一時までは、指定された十四カ所の乗り場以外ではタクシーに乗車できない。

 このうち首都高の土橋入り口に近い「銀座一号乗り場」は長距離客狙いの行列が連なり、ピーク時には約八百メートル(約百五十台)にも。二重に列ができて「緊急車両の通行に支障が出るほど」(都都市整備局)という。

 実験は、この「一号乗り場」で実施。行列を約百八十メートルまでに制限し、あふれたタクシーは約一・五キロ先の築地川第一駐車場で待機。乗り場の係員から連絡があると、順次、列の最後尾に移動する。

72 千葉9区 :2009/01/29(木) 21:58:36
うーん・・・
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009012900927
タクシー供給過剰で議員立法提出へ=「同一地域同一運賃」原則に−民主
 民主党は29日、タクシーの供給過剰解消に向けた「タクシー改革ビジョン」の中間報告をまとめた。過度な運賃競争を防ぐため、「同一地域同一運賃」を原則とした制度の創設などが柱。増車も国の認可制とし、規制を強化する。同党はビジョンを踏まえ、今国会での議員立法による道路運送法改正を目指す。
 タクシーの供給過剰問題をめぐっては、国土交通省が、問題が深刻な地域を指定し、地域内の話し合いで台数を抑制する制度を盛り込んだ新たな法案の今国会提出を予定している。(了)
(2009/01/29-19:48)

73 千葉9区 :2009/02/01(日) 01:21:43
>>70
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000901240004
出直し茨交(上) 確執揺れた判断
2009年01月24日

 「力添えがあり、事業継続できることはうれしいが……」
 23日夕、茨城交通の竹内順一社長(51)は県庁での記者会見で悔しさをにじませた。スポンサーに決まった経営共創基盤の取締役が、真横で再生ビジョンを歯切れよく語るのとは対照的に、終始うつむいていた。
       ◇
 「我々が引き受けるのが一番、自然でしょう」
 昨年11月の破綻(は・たん)直後、茨交の事業継承に自信を見せたのは、ライバルの関東鉄道だった。地元経済界も「関鉄救済」との見方で落ち着いていた。その半年ほど前、常陽銀行などは内々に、関鉄に茨交救済を打診していた。雇用も維持、両社のバス事業は統合という既定路線ができつつあった。
 そんな関鉄の楽観ムードが一変したのは、茨交が民事再生法による手続きを始めて、間もなくだった。
 伊藤忠商事、オリックス、三井住友銀行……。日本経済の中枢を担う企業を株主にそろえ、豊富な資金力を背景にした経営共創基盤が、茨城交通の資産を詳細に調べ出した。
 日立や水戸の企業なども受け皿候補になるとの憶測が広がる中、経営共創は「段違いに有力な候補」(茨交幹部)に見えた。
       ◇
 前身の「水浜電車」創業以降、茨交は80年余りにわたり、県都・水戸の交通を担ってきた。一方、関鉄は京成電鉄の子会社として、県南に営業網を広げてきた。売上高が逆転すると、茨交は関鉄に猛烈な対抗心を抱くようになった。関鉄が路線バスの営業所で「たい焼き」を販売し出すと、茨交はたい焼きに加えて「うどん」も販売した。
 「県内随一の会社として、運転士たちのプライドもあり、関鉄の下でやるのは不満が残る。それは経営陣も同じだろう」。スポンサー決定の背景に、「アンチ関鉄」の感情があったと解説する茨交関係者は少なくない。
 実際、交渉の舞台裏では、関鉄と茨交の確執も見え隠れした。スポンサーになりたいと言いながら、関鉄側が競合するタクシー事業の継続に難色を示せば、当初は関鉄に理解を示していた茨交も、路線や雇用維持といった売却条件に加え、譲渡金額にこだわるようになったという。
 入札開始から約1週間。茨交から経営共創に支援を依頼する連絡があった。にもかかわらず、正式契約までにはさらに1週間ほどを要した。
 長年の確執はあるが、地元を安心させる選択肢は「関鉄」。合理化で絞られそうでも、再生事業経験のある「経営共創」。揺れ動いた茨交は、「最後は金額が一番」(竹内社長)との判断に頼るしかなかった。

74 千葉9区 :2009/02/01(日) 01:23:18
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000901250005
不動産事業、深い傷/出直し茨交
2009年01月25日

 茨城交通が社運をかけた戸建て分譲住宅地「フローレスタ須和間」は、JR東海駅のほど近くにある。偕楽園のほぼ倍の28・8ヘクタールに709区画を設け、01年に売り出した。06年に断念し、県北の不動産開発業者に転売されたが、今も大半は売れ残ったままだ。
 「まさか茨交さんが、つぶれるなんて……」
 分譲地に住む30代の女性は顔を曇らせる。「大規模な団地なら、子どもを遊ばせる同年代の子たちが大勢いる」。そう見込んで、夫と子ども2人と移り住んだ。だが、いつまでたっても閑散とし、人が行き交うのはごく一部だ。
      ◇
 ♯恵み豊かな土地に建つ 明日の夢のある住居(す・まい)
 日立市出身の吉田正が作曲した茨交の社歌だ。1番で交通が歌われた後、2番で不動産の事業理念が歌われている。その順番通り、県北、県央地域の鉄道、バスに始まった事業は、やがて不動産へと拡大していった。
 60年代以降、同業他社と同様に経営の多角化を目指し、最盛期、茨交グループは18社まで膨らんだ。スーパーやゴルフ練習場などを展開する中、不動産事業では、廃線後の遊休地などを利用した団地が、売り出し初日に完売したこともあった。
 その集大成とも言える「フローレスタ須和間」に、茨交は数十億円をつぎ込んだ。
 だが、バブル崩壊に伴う不動産不況に加え、販売開始直前の99年、わずか3キロ先の核燃料加工会社JCOで臨界事故が起きた。茨交は風評被害を恐れたが、強気の価格設定で売り出した。結局、5年余りで売れた区画は、わずか1割ほどだった。
 常陽銀行をメーンとする銀行団は対策を急いだ。茨交は05年当時、売り上げが62億円しかないのに、借入金175億円、金利の支払いだけで3億円近かった。銀行団は06年3月、このうち92億円分の債権を放棄。代わりに、堅実に収益を上げていたゴルフ練習場やホテルの売却を迫った。
       ◇
 しかし、負債の圧縮は進まなかった。信用は失墜し、新たな借り入れ先も見あたらない。本業の路線バスに集中したところで、苦戦は明らかだった。
 「破綻(は・たん)原因を作ったのは(父親の)前会長が手がけた不動産事業だ。道義的にも法律的にも、現社長には責任はない」。茨交側の弁護士は23日の記者会見で、05年6月に常務から昇格した竹内順一社長(51)をかばい続けた。
 「再建計画通りの返済が難しいことは、うすうす分かっていた」。竹内社長は会見後、そう告白した。会社再建の3年半は、あきらめ半分だったのか。その間、銀行の債権放棄のほか、湊線の救済などには公的資金が投入されている。創業家の直系として、傷口を広げた責任は軽くない。

75 荷主研究者 :2009/02/08(日) 21:38:58

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=3&newsNo=156505
2009年1月9日 新潟日報
路線バスの一律助成見直しへ

 県内の路線バスを利用する近年の乗客数が、ピーク時の40年前に比べ5分の1に激減していることが8日、北陸信越運輸局などのまとめで分かった。路線維持に補助金を出す県は、効率性と同時に利用者の利便性を高める形に助成制度を見直すため、来週から有識者らによる研究会をスタートさせる。

 同運輸局によると、県内路線バスの利用は、高度経済成長に伴い通勤、通学客で急伸、ピークの1969年は年間2億3726万人に上った。しかし、経済成長に合わせて自家用車を所有する世帯が増えたことで、バス利用は同年以降はほぼ右肩下がりに減少、93年には1億人の大台を割り込んだ。

 その後、利用者減少を理由にバスが減便され、さらに利用者が減るという「負の連鎖」が続いた。近年も同様の傾向で推移し、2005年は過去最低の4572万人となった。

 県によると、県内のバス路線は約千路線で、半数以上の路線が行政支援を受けている。本来は採算面から事業者が廃止とする路線もあり、市町村と県(補助率50−35%)が赤字を補てんして維持する準幹線赤字路線は約200を数える。

 現行の県の支援制度では、路線の収支率と市町村の財政力指数によって「ほぼ一律」に補助率が決まっていた。県はこれを見直し「利便性を高め利用者を増やす工夫をする路線に対しては、補助率を高くできる柔軟な制度に変えたい」として研究会を設け、議論を深めることにした。

 念頭にある具体策は、お年寄りらの予約や要望に応じてバス停以外の場所でも乗降できる「デマンドバス」や、学生の通学時間に合わせて学校と地域を結ぶ「通学ライナーバス」などだ。

 県交通政策課は「昨年のガソリン価格高騰もあって、環境に優しい交通機関が見直されている。高齢者ら交通弱者が増える中、バスの重要性はもっと高まるはずだ。利便性向上につながる助成制度の在り方を論議してほしい」としている。

76 千葉9区 :2009/02/11(水) 21:44:43
>>24>>27-28>>70とか
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/02/20090211t62013.htm
福島交通、茨城交通と提携へ 高速バスや旅行事業で
 経営再建中の福島交通(福島市)と茨城交通(水戸市)の再建支援企業となった経営共創基盤(東京)が、高速バス事業や旅行事業などで両社の連携を図り再建を進める方針を決めたことが10日、分かった。営業活動や運行管理で、両社の利点を相互導入する。再生を目指すバス会社同士の県境を越えた連携は異例。

 共創基盤は3月までに福交への出資を完了する予定で、茨城交通に出資する夏以降に連携を本格化させる。高速バス事業では福島、茨城両県の主要都市を常磐自動車道や東北道で結ぶ路線開設を目指す。利用者数見込みなど市場調査も近く実施する予定だ。

 旅行事業では互いの県の観光地を訪れる日帰りや1泊のバスツアーを共同で企画、販売していく。茨城から会津や裏磐梯などを訪れたり、福島から偕楽園(水戸市)などを訪れたりするコースを想定している。

 バスの車両整備でも連携を見込む。福交のバスは現在、三菱ふそう社製が大半。今後は他社製の車両も購入する予定で、他社車両を保有する茨城交通の整備ノウハウを活用する。

 会社更生法の適用を申請した福交は昨年12月、共創基盤とスポンサー契約を結び、1月31日に東京地裁から更生計画案の認可決定を受けた。共創基盤は1月、民事再生手続き中の茨城交通とも再生支援で基本合意している。
2009年02月11日水曜日

77 とはずがたり :2009/02/13(金) 21:38:11
小型電気バス試作へ みやぎ工業会有志が年内に法人
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1063434930/1085

78 とはずがたり :2009/02/14(土) 07:49:28
>>77とか

前原市:エコなバイオバス導入 給食廃油など利用、市民に協力呼びかけ /福岡
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1227192268/24

79 とは :2009/02/25(水) 18:23:34
高速バスで東京へ向かいちう。この曜日、時間帯のせいか三郷jctも小菅も堀切もでらい順調なり。待ち合わせは8時に秋葉原なのにでらい時間あまりそうや…

80 とはずがたり :2009/02/28(土) 19:02:20

タクシーも此処でやんぞ〜>にぬけん

タクシー運賃 宮城の郡部値上げ 12年ぶり
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/02/20090228t12013.htm

 東北運輸局は27日、宮城県内のうち仙台市を除く全域(郡部)のタクシー運賃について、一定の範囲内で値上げを認める自動認可運賃を公示した。運転手の労働条件改善が狙いで、小型初乗りは運賃を上限650円とし、600円から引き上げた。運賃引き上げは12年ぶり。同日から、各社の運賃改定申請を受け付け、3月13日に認可。同20日に新運賃をスタートさせる。

 初乗りの距離も現行の1.7キロから短縮され1.5キロとなる。基準となる走行距離に応じて追加される加算運賃は90円で変わらないが、基準距離を短縮。上限運賃の場合、348メートルごととし、現行の366メートルから短くした。

 タクシーの自動認可運賃の引き上げ手続きは、法人タクシーのうち値上げ申請の累計台数が全体の70%を超えたときに行われる。今回は石巻市の鮎川観光タクシーが昨年7月に最初の申請を提出。10月までに86%の申請があった。
2009年02月28日土曜日

81 とはずがたり :2009/03/03(火) 01:58:08
にぬけんよ,なかなか面白いじゃないだかやぁ,これ?

幹線快速バス:相模原市が導入 路線バスの1.6倍速く 16年開業を予定 /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090301-00000089-mailo-l14
3月1日13時1分配信 毎日新聞

 ◇小田急・相模大野←→JR・原当麻間
 相模原市は、小田急相模大野駅―JR相模線原当麻駅間(約8キロ)に専用レーンを設けて、乗り合いバスを走行させる国内初の「幹線快速バス」(BRT)を導入する。総事業費約285億円をかけて既存道路を拡幅整備し、2016年に開業する見通し。市が開会中の市議会に基本計画案を示した。【高橋和夫】
 ◇専用レーンや優先信号、ハイブリッド連節車も
 BRTのルートは、相模大野駅北口―相模女子大―北里大学―女子美大―原当麻駅。500メートルから1キロ間隔で10カ所の「駅」を設置する。相模大野駅から北里大学までの区間は専用レーンを走行。原当麻駅までは優先信号を備えた一般道路を走る。
 バスはCO2(二酸化炭素)の排出抑制を図ってハイブリッド車両を使用。1便あたりの大量輸送が可能な連節バスを導入する。停車時間を含めた平均速度は、大都市の路線バスの約1・6倍に相当する時速20〜30キロ。相模大野駅―北里大学間の路線バスは朝夕のラッシュ時で約35分かかるが、BRTは約13分で走る。
 さがみ縦貫道の開通に伴う周辺道路の交通渋滞の緩和と、工業団地の建設などが計画される麻溝台、新磯野、当麻地域の新たな街づくりに備えた交通アクセス向上を図ってBRTを導入することになった。専用レーンを設けた場所から段階的に運行し、開業当初は1日あたり約1万6600人の利用を見込んでいる。
 専用レーンなど施設の整備は市が、運行主体は交通事業者が担う。交通事業者は初期投資や事業リスクが軽減され、安定的な輸送サービスができる。市は、BRTの導入で交通不便地区の解消、炭酸ガスの排出量削減、目的地までの所要時間短縮、沿線の街づくり整備が図られるとしている。
………………………………………………………………………………………………………
 ■ことば
 ◇BRT
 路線での高速バス交通を意味する「Bus Rapid Transit」の略。フランスやドイツ、ブラジルなどで運行されている。信号統御や交差点を改良した専用レーンを優先走行。交通渋滞の影響を受けない速達性、定時性を備えた公共交通システムで、通常の路線バスより高速に運行する。モノレールより建設コストが低い。

3月1日朝刊
最終更新:3月1日13時1分

82 とはずがたり :2009/03/03(火) 01:58:57
「住民の足」確保へ 過疎地の交通対策支援
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000001-agara-l30
2月28日17時6分配信 紀伊民報

 和歌山県は新年度、過疎地で「住民の足」を確保するため、路線バスが走っていない公共交通空白地帯に新たな交通手段を導入する市町村などを支援する。県は「交通の確保は集落維持の重要施策。住民の声を聞きながら、地域に合った取り組みを進めてもらいたい」と話している。
 県が過疎・山村地域のある18市町村193集落を調査した結果、商店のない集落が50%あり、医療施設までの平均距離が7・6キロあるにもかかわらず、45%に公共交通機関がなかった。
 補助対象は、これらの地域で、市町村やNPOらが導入するコミュニティーバスなど新たな交通システム。車両購入など初期投資の半額(上限150万円)を県が負担する。
 国や県が補助している生活交通路線が廃止となった場合の代替システム導入や、バス路線の再生に取り組む地域の法定協議会に、国が初期費用や最長3年の運行費を2分の1補助する事業がある。県はこの事業に対しても4分の1を補助する。
 県内のバス利用者は1971年の7136万人をピークに下降し、2006年は1508万人と8割近く減少した。バス会社の経営悪化、路線縮小や廃止で利用が減少する悪循環に陥っている。
 自家用車の交通機関分担率は約66%で、公共交通約32%に大きく差をつけている。このため、過疎地では運転免許を持たない高齢者や遠距離通学の児童・生徒など移動制約者が増加。車が手放せないことで、高齢運転者の事故の増加も指摘されている。
 公共交通空白地域は、いずれも採算性が厳しく、導入したコミュニティーバスが市町村の新たな負担となる例も全国である。県交通政策課は「路線や運行時間帯の見直し、デマンド方式(利用者の要望に応じた運行)の検討など、地域の声を聞いて実態に合った方策を導入すれば、負担は軽減できるはず」と話している。

最終更新:2月28日17時6分

83 とはずがたり :2009/03/03(火) 02:02:10
ひでぇ。

勝手に臨時バス83本 神戸市営業所、超過勤務手当も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000156-san-soci
2月28日17時28分配信 産経新聞

 神戸市交通局の市バス石屋川営業所(灘区)が昨年10〜12月、要請もないのに勝手に隣接する営業所が管轄する路線に臨時バス計83本を運行し、運転手らに総額約27万円の超過勤務手当が支払われていたことが28日、分かった。

 市は内規違反として石屋川営業所長ら4人を減給などの懲戒処分とし、同局自動車部長を訓戒処分とした。

 市交通局によると、無断運行していたのは魚崎営業所(東灘区)が管轄する阪神御影駅と六甲ケーブル下駅を結ぶ路線。途中に神戸大学があり、乗客が多いとの情報を聞いた石屋川営業所の配車係が夕方を中心に1日1〜3本の臨時バスを走らせたという。増発分の運転手には超過勤務手当が1回約3000円が支払われていた。

 内規では担当外の路線で臨時バスを運行するには運輸サービス課や担当営業所からの応援要請が必要と定めており、同局は「現場の判断だけで漫然と増発を続けたのは問題だ」としている。

最終更新:2月28日19時25分

<神戸市バス>無断で臨時バス運行 手当狙い?営業所が横車−−市交通局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000018-maiall-soci
2月28日20時50分配信 毎日新聞

 神戸市交通局の市バス石屋川営業所(灘区)が、別の営業所路線に無断で臨時バスを計83本運行させ、約50人の運転手が総額約27万円の超過勤務手当を受け取っていたことが分かった。市は27日、監督責任を問い営業所長(53)を減給とするなど4人を懲戒処分にし、交通局自動車部長(56)を訓戒とした。

 市交通局によると、臨時バスは昨年10月1日から12月10日まで、魚崎営業所(東灘区)の阪神御影駅−六甲ケーブル下で運行。1日2〜3本、時刻表の合間をぬって走らせていた。

 別の営業所エリアで臨時バスを走らせる場合は応援依頼が必要。今回のケースは、魚崎営業所からの応援依頼もないのに、勝手に臨時バスを運行していたという。

 市の調査に対し、石屋川営業所の運行管理者は「客の積み残しがあると聞いて応援に出したことが(無断運行の)きっかけだった」と話しているという。超過勤務手当は、給与に手当として上積みされた。【川上晃弘】

最終更新:2月28日20時50分

84 とはずがたり :2009/03/03(火) 03:52:54
小田急箱根高速バスと東海自動車、伊豆-新宿を定期路線化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000005-rps-soci
2月25日12時41分配信 レスポンス
東海自動車と小田急箱根高速バスは、3月1日から新宿駅と伊豆長岡・修善寺方面を結ぶ乗合高速路線バス「伊豆=新宿ライナー」の運行を開始する。

このライナーは2006年11月から共催で運行している現行の会員募集型ツアーバスを本格路線バス化するもので、新宿駅西口35番バス停(小田急ハルク前)から、三島・伊豆長岡地区・伊豆大仁地区・伊豆修善寺地区を乗り換えなしでダイレクトに結ぶ便利な路線。

運賃は片道2500円で、三島地区までは2000円と低価格に設定する。
 
小田急バスでは、この高速バスの運行により、伊豆への来遊客数の向上を図る。

《レスポンス 編集部》
最終更新:2月25日12時41分

85 とはずがたり :2009/03/03(火) 03:53:49
面白い試みだがどうせなら西鉄やJRでもやって欲しい。。

専用駐車場:基山に高速バス利用者用 48時間200円 /佐賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000182-mailo-l41
2月24日16時1分配信 毎日新聞

 高速バス利用者の専用駐車場が23日、基山町けやき台の九州自動車道高速基山バス停近くで開業した。
 バス停まで車で来られる便利さを高速バスの新たな魅力にしようと、西日本鉄道(本社・福岡市)と町が整備した。専用駐車場は上り線側のバス停から徒歩3分。収容台数は101台。
 24時間利用でき、料金は48時間までが200円。超過料金は24時間ごとに300円。精算には高速バスの乗務員が配るサービス券が必要。

2月24日朝刊
最終更新:2月24日16時1分

高速バスにパーク&ライド 佐賀・基山で駐車場開業 西鉄「環境保護に貢献」
2009年2月23日 14:13
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/78994

101台が駐車できる西鉄のパークアンドライド駐車場=23日午前9時半ごろ、佐賀県基山町

 西日本鉄道(福岡市)は23日、佐賀県基山町の九州自動車道基山バス停近くで、高速バス利用者専用のパークアンドライド駐車場(101台収容)の営業を開始した。同社は「高速バスの利用促進と、周辺の違法駐車解消につなげたい」としている。九州運輸局によると、高速道路の大規模なパークアンドライド専用駐車場は九州では初めて。

 ●CO2削減 乗車促進

 パークアンドライドはマイカーを駐車場に置いて、そこから目的地までバスや電車などの公共交通機関を利用する取り組み。二酸化炭素の排出削減や渋滞解消につながり、国内でも導入する自治体が増えている。

 西鉄の駐車場は無人式で基山バス停から徒歩約3分にある町有地(約2500平方メートル)を借り受けて整備。利用は高速バスの乗客に限り、1日24時間出入り可能。料金は48時間以内なら200円、以降は24時間ごとに300円加算される。駐車場利用者は、基山で降車する際に乗務員に申し出て、駐車場のサービス券を受け取る。

 基山バス停には19ある同社の路線高速バスが停車。基山から天神・博多駅へ向かうバスが平日の午前7時台に9本出ており、駐車場は福岡都市圏への通勤客の利用を見込んでいる。

 この日は午前10時から現地で記念式典があり、同社の中尾和毅常務執行役員が「高速バス利用者の利便性を高め、環境保護にも貢献できる。九州各地にこうした駐車場を増やしていきたい」と述べた。
=2009/02/23付 西日本新聞夕刊=

86 とはずがたり :2009/03/03(火) 14:00:29

4,5日の営業停止ばかで反省し・再発防止に努められるんかね。

仙台の永楽交通全車両を使用停止 東北運輸局処分
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/03/20090303t13022.htm

 東北運輸局は2日、道路運送法などに違反したとして、仙台市太白区のタクシー会社永楽交通に対し、全車両(小型50台)を4日から5日間、使用停止とし、統括運行管理者を警告とする行政処分をしたと発表した。タクシー会社が全車両の使用停止処分を受けるのは、東北では2006年の剣吉タクシー(青森市)以来、2件目。

 運輸局によると昨年11月27日、同社の運転手が酒を飲んで営業車を運転し、バイクと衝突する事故を起こした。運輸局が同12月、特別監査を実施した結果、最大拘束時間を超えて運転手を働かせたり、運行管理者が道交法順守を適切に指導監督していなかったりしたことが判明した。

 東北運輸局は、事故を起こした運転手についても、タクシー業務適正化特別措置法に基づき、運転手登録を取り消し、再登録を2年間禁止する処分をした。仙台市は昨年6月、同法の対象地域に指定されており、登録の取り消しは初めて。
2009年03月03日火曜日

87 とはずがたり :2009/03/10(火) 22:25:24

つくば⇔東京の高速バス車内に東京⇔鹿島の高速バスのビラが置いてあった(最後の一枚であった)。
つくば⇔東京も毎時20〜30分毎のなかなかの本数であるけど鹿島⇔東京線も可成りの本数である。
単純な運行経路のつくば線に対して鹿島線は上りに限り1日7本の途中ノンストップの30分早着の便があったり,途中の鹿島セントラルホテル始発があったり10〜20分毎の運行である。運行会社もJRB関東と関鉄に加えて京成も運行している。
またサッカースタジアム・鹿島神宮駅・鹿島セントラルホテル・水郷潮来にそれそれ100台,170台,500台,230台の駐車場を確保しP&Rも完璧である。
いずれもつくば線を上回る陣容である。

JR東はちんたら特急だか普通だか判らない様な〔あやめ〕なんか走らせてないで,新快速を30分おきに走らせるぐらいのことしたらどうか。高速バスは上り2:10,下り2:00の表定所要時間である。成田線+総武本線経由でどんなもんかねぇ。

88 千葉9区 :2009/03/10(火) 23:40:44
千葉のJRは壊滅的ですからね。
1動労千葉の存在
2成田空港アクセス(NEX)の優先のダイヤ編成
3総武本線・成田線・内房線・外房線と、ほぼ同格の線路がたくさんあり、細分化されてしまう。
このみっつが絡んで「どうにかしようにもどうにもならない」奇妙な高速バス優位体制が出来ていますね。(御殿場なんかも、東海道線の支線扱いのため鉄道冷遇→高速バス優位体制だと思います。)

89 千葉9区 :2009/03/15(日) 10:23:47
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090308-OYT8T00880.htm
コミュニティバス休日減便・運休も
 さぬき市は、5路線で運行しているコミュニティバスについて、休日(土日・祝日)に減便か運休する検討を始めた。年間の赤字額が約6000万円に上るなど財政難が理由で、市民やバス会社などでつくる市地域公共交通会議で協議し、秋以降の実施を見込んでいる。

 2002年の合併で、旧志度、津田両町の路線を市が引き継ぎ、現在は平日60便、休日26便を運行。5路線の赤字額は03年度6800万円で、06、07年度はともに6000万円。

 07年度は約15万6000人が利用したが、08年度に運賃を100円から200円に値上げしたため、12万人程度に減少し、赤字額も4700万円になる見込み。利用客が平日の3割弱にとどまる休日の運行を見直すことにした。

 新年度の一般会計当初予算案に、停留所の時刻表を書き換える費用など約110万円を計上しており、市都市計画課は「交通会議などで慎重に議論を進めたい」としている。

(2009年3月9日 読売新聞)

90 とはずがたり :2009/03/15(日) 14:17:09
>>88
解説感謝っす。そっか動労千葉がありましたよねー。なんとかならないのでしょうかね。

今手許に新しい時刻表が無くて2002年の奴ですけど直通の快速が4往復2時間20分1,890円,あやめが1往復所用が上り1時間45分下り2時間料金が2790円と競争を抛棄してる様な印象ですねぇ。
料金・運賃・本数のどれでも勝ててない印象だ。。
成田新高速鉄道が出来てNEXの需要が減ったら鹿島神宮発の特急を併結したり,土屋に新駅設置して特急停めて鹿島・佐原・銚子方面のリレー号運転したりすれば少しは現況の利用のアンバランス解消できるかな。。

御殿場線はそこそこ頑張ってる様なイメージもありますけど(東ではなく小田急が,ですけど),バス需要に較べて鉄道が頑張ってないとすればあの辺が俺の印象以上に発展していると云う事で喜ばしいですし,JRにも奮起を促したいところ。
御殿場線はJR東海だからと云う分割の影もあるのかもしれません。。嘗ては東京行きの急行ごてんばが国府津から急行東海に併結されて運転されてたみたいに特急踊り子に併結して特急ごてんばでも運転できないかな。

91 とはずがたり :2009/03/15(日) 17:54:40
そんなにガラガラなのか?しかしデラックスシートが100円で利用できるようなものやね。

100円追加で「隣席キープ」 神戸−高松間の高速バス
03/15 16:28
http://www.shizushin.com/news/culture/topix/2009031501000288.htm

 隣席を気にせず、ゆったりバスの旅を−。神戸−高松間の高速バスを運行する神戸フェリーバス(神戸市中央区)が、100円の追加料金で隣を空席にしたまま2席分の予約ができるサービスを4月から始める。
 女性客の利用が多く「隣に知らない男性が座ると落ち着かない」との声もあることなどから導入。同社によると、こうした「隣席キープ」は全国初という。
 同社は高松エクスプレス(高松市)と共同で1日6往復の高速バスを運行しており、神戸三宮−高松駅は約2時間40分で運賃が片道3600円。神戸での買い物を目的に利用する女性客が目立ち、予約時に「隣は空席か」との問い合わせが多いという。
 新サービスは乗客数が少ない月−木曜日限定で、4月7日からスタート。現在、6歳未満の幼児はひざの上に乗せることになっているが、隣席に座らせることができるようになる。
 神戸フェリーバスは「女性をはじめ、小さい子どもを連れた方や大きな荷物を持った方など、幅広く利用してほしい」とアピールしている。

92 荷主研究者 :2009/03/16(月) 01:31:10

http://www.hokkoku.co.jp/_keizai/K20090203302.htm
2009年2月3日03時33分 北國新聞■北陸の経済ニュース
◎能登から初の東京直行便 丸一観光バス 20日開始、片道5500円から

 丸一観光バス(七尾市)は二十日から、七尾駅前を発着点とする東京行きの深夜高速バスを運行する。能登地区から首都圏に直行するバスは初めて。片道五千五百−六千円の低価格で乗り換えなしの移動が可能となり、観光客を中心とした需要を見込む。

 運行期間は四月四日までで週末のみ。金曜夜に七尾駅を出発し、金沢、新宿、東京を経由して土曜朝に東京ディズニーリゾートに到着。帰りは同日夜に同所を出発し、日曜日の午前に七尾駅に戻る。

 バスは四十人乗りで、座席の前後間隔をゆったりと設けたタイプを使用。販売は国内大手の旅行サイト「楽天トラベル」が担当しており、既にインターネットで予約を受け付けている。

 丸一観光バスは「直行バスを能登−首都圏の流動人口増加につなげたい」としており、四月四日以降については、利用状況を見て継続や増便を検討するという。

93 荷主研究者 :2009/03/16(月) 01:40:24

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/74439
2009年1月31日 10:26 西日本新聞
人工島−JR・西鉄千早駅 シャトルバス運行開始 福岡市

出発式でシャトルバスに乗り込む利用者 福岡市東区の人工島(アイランドシティ)と、JR・西鉄千早駅を結ぶシャトルバスの運行が30日始まった。人工島の交通利便性アップを目指し、人工島の開発主体で市の第三セクター・博多港開発と立地企業の計6社が出資し、西鉄に運行を委託した。同日、現地のバス停「香椎照葉3丁目」で出発式があった。

 1年間の試験運行。人工島と千早駅間の1日14往復で、運賃は160‐230円。JR博多駅方面や東区の香椎、和白方面への交通網が強化された。運営側は「1年間の需要を見るが、路線バスとしての定着を目指したい」としている。

 出発式では、安全運行祈願の神事の後、関係者がテープカット。出席者の拍手の中、バスが出発した。照葉まちづくり協会の岡本桂香会長は「着々と街らしくなっている。地元の約2600人の住民は本格運行やバスの増便を期待しています」と話していた。

=2009/01/31付 西日本新聞朝刊=

95 とはずがたり :2009/03/18(水) 13:04:08

去年の5月にも同型の大型バスが同様に発火しておりこのスレよりも自動車スレか重工スレが適切か?車体の欠陥の可能性が高い。

電気系統が故障か 東名バス火災
03/18 08:08
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20090318000000000030.htm

 牧之原市静谷の東名高速道路上り線牧之原サービスエリアで16日午前、発生した高速バスの車両火災で、ジェイアールバス関東は17日、「電気系統が故障した可能性がある」とする見方を示した。滋賀県内で昨年5月、西日本ジェイアールバスが所有する同型バスが火災を起こした際、調査に立ち会ったジェイアールバス関東整備部門の専門家が「(昨年のバス火災は)電気系統のトラブルが考えられる」との見解を示していて、同社は今回も原因が同じ可能性があるとみている。
 県警高速隊などの実況見分では、バスは車体後部にあるエンジン付近が特に激しく燃えていたことが分かった。昨年の火災も後部エンジンルームが火元とみられる。同社は7月下旬、不要配線の撤去や配線被覆劣化に起因するショート防止措置、ヒューズの追加などの対策を講じていた。
 いずれもドイツ・ネオプラン社製のバス。国土交通省安全政策課は輸入代理店に対して原因究明を指示した。調査結果の報告を受け次第、再発防止を求める方針。
 県バス協会は18日、県内の会員各社に火災の防止を周知する。

96 荷主研究者 :2009/03/23(月) 01:54:09

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200902110028.html
'09/2/11 中国新聞
大竹新バス路線の大枠固まる
--------------------------------------------------------------------------------
 大竹市は、人口の9割が集中する沿岸部の高齢化などに対応するため、JR大竹―玖波駅間で主要施設を結ぶコミュニティーバス導入に向けた基本方針をまとめた。10月からの試験運行に向け、バス停の位置など詳細計画を今後、策定する。

 両駅を発着し、JR山陽線沿いの市道を主要路線に約7キロを往復する。運行は午前8時―午後6時を基本とし、片道30分が目安。利用者の増減に合わせ1時間当たり上下1、2本を走らせる。

 運賃は200円以下を想定。バス停の候補地には総合市民会館や市役所、ゆめタウン大竹、国立病院機構広島西医療センターなど、市民からの要望が強い10カ所程度を選ぶ。地元タクシー会社に委託して小型バス2台を運行。当面、2013年度まで継続の方針だ。

 市は住民代表らとつくる市地域公共交通活性化協議会で3月中に基本計画をまとめ、初年度の試験運行費約1500万円の半額補助を国に申請する。

98 荷主研究者 :2009/03/25(水) 00:23:29

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200902210015.html
'09/2/21 中国新聞
岩国市交通局が新会社再提案
--------------------------------------------------------------------------------
 岩国市交通局は、今夏に全額出資の新会社を設立し、市内路線や高速バス事業を移管する方針を決めた。2010年4月の運行開始を目指す。新会社設立に関する議案は07年に市議会で2度否決されたが、人件費抑制などによる経営改善は避けられないと判断した。市は、資本金9000万円を含む09年度市交通事業会計予算案を、26日開会の市議会定例会に提案する。

 計画によると、設立時期は7―9月で、同市日の出町の交通局内に本社を置く。社長は民間公募する予定。社員は約60人とし、交通局の職員約120人のうち臨時嘱託の約50人と、同時に廃止する交通局サービス公社の職員8人も移す。将来的に正社員化を進める。

 事業は、岩国と広島市を結ぶ高速バスと市内1路線を移管。他の路線と市中心部を巡回する「100円バス」の運行は委託する。交通局には貸し切りバスと一部路線を残すが、職員減と併せ縮小する。

99 荷主研究者 :2009/03/25(水) 00:24:21

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200902220016.html
'09/2/22 中国新聞
循環バス「まわローズ」発車
--------------------------------------------------------------------------------
 JR福山駅周辺と内港地区を循環する福山市中心部の新路線バス「まわローズ」の運行が21日、始まった。バスを活用したまちづくりに取り組むオムニバスタウン事業の一環。市は中心部での利用促進で渋滞解消や地域活性化を目指す。

 運行に先駆けて同市入船町の内港バスセンターで出発式があり、羽田皓市長が「市民に愛されるバス路線に育ってほしい」とあいさつ。バス事業者ら約300人と一緒に、黄の車体のバスを拍手で送り出した。

 路線は1周約7キロ。運賃は一律大人150円、子ども80円。バスセンターを発着点に午前9時―午後6時の間、20分間隔でばら公園やまなびの館ローズコムなどを巡る。

【写真説明】市中心部を巡回する「まわローズ」に乗り込む参加者たち

100 千葉9区 :2009/03/25(水) 21:50:25
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/railway/list/200903/CK2009032402100003.html
名鉄、タクシー再編検討 新3カ年経営計画を発表
2009年3月24日

 名古屋鉄道は23日、タクシーや不動産などの関連事業を含む名鉄グループの新3カ年経営計画(2009−11年度)を発表した。10年度中に鉄道と名鉄バスで使用できる電子マネー機能付きICカード乗車券を名古屋市営地下鉄、市バスと共同で導入することや名古屋地区に複数あるタクシー会社の再編の検討などが柱。

 名鉄本社のグループ統括機能の強化により、11年度の連結純利益を08年度末の見込みより40億円多い150億円に増やすことを目指す。有利子負債は、08年度末の見込みより400億円少ない6800億円にする目標を掲げた。

 記者会見で経営計画策定の責任者の山本亜土副社長は「グループ各社の社員採用手法の見直しや合同の入社説明会も検討したい」などと述べ、経営体制の一段の効率化を目指す考えを示した。

 電子マネーは駅構内の売店や沿線の商業施設で使えるようにし、将来は名鉄沿線の駅近くにある子会社が経営する駐車場やグループのタクシーでも使用できるようにすることを目指す。IC乗車券は少なくとも導入当初はJR東海との相互利用はできない見通し。

 このほか、レジャー施設のリトルワールド(愛知県犬山市)に11年にトルコのイスタンブールをテーマにしたコーナーを新設。10年に南知多ビーチランド(同県美浜町)のイルカスタジアムを観客とイルカが触れ合えるような形態に改修する。

 名古屋地区には名鉄交通(約900台)、愛電交通(約200台)など複数のタクシー会社があるが経営効率を高めるため、持ち株会社を設立するなどの再編を検討する。

101 千葉9区 :2009/04/03(金) 23:24:23
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090403-00000593-yom-soci
格安高速バスが崖っぷち、2度の炎上事故で運行休止へ
4月3日14時35分配信 読売新聞


 JR系列2社が東京−大阪間で運行している大型高速バス「青春メガドリーム号」が、18日から運行を休止する。

 使用しているドイツ製車両が昨年5月と今年3月、走行中にエンジン付近から出火し炎上する事故を起こし、今も原因が究明できないためだ。4300円という格安運賃が人気で、就職活動の学生の足も支えていたバスは、このまま姿を消す可能性が強い。

 ドイツ・ネオプラン社製の2階建てバスで国内に4台導入され、ジェイアールバス関東(東京)と西日本ジェイアールバス(大阪市)が2台ずつ所有。2006年に共同運行を始めた。通常のバス2台分に相当する77〜80人が乗れるため運賃は他の高速バスのほぼ半額で、乗車率8割を誇る両社の「ドル箱」だった。

 しかし、国土交通省は3月の事故を受け、「2度も炎上事故を起こした事実は重い」として、残る2台の運行中止を両社に求めた。

 現在、青春メガドリーム号は通常のバス2台を連ねて運行しているが、2台運行の場合は運転手が4人必要なため、2社は「運賃を据え置いたまま、高コスト運行を続けるのは困難」としている。

 就職活動で頻繁に利用するという関西大4年の男子学生(21)は「面接や説明会で東京に行かなければならず、低運賃のバスは絶対に必要。安全を確保したうえで路線を守ってほしい」と話している。

最終更新:4月3日14時35分

102 千葉9区 :2009/04/03(金) 23:25:15
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090403-OYT1T00988.htm
「青春メガドリーム号」、別車両で18日以降も隔日運行
 東京―大阪間を低価格で運行する大型高速バス「青春メガドリーム号」について、西日本ジェイアールバス(大阪市)とジェイアールバス関東(東京)は3日、隔日で運行を続けると発表した。


 青春メガドリーム号は使用していたドイツ製車両が炎上事故を起こしたため、18日以降は運行が休止される見通しだったが、西日本が所有する日本製の2階建て車両(56席)を使って運行を継続することにした。運賃は片道4300円で据え置く。18日以降分の乗車券発売日は未定。同社は「他社への対抗もあり、運行を継続する」としている。

(2009年4月3日22時10分 読売新聞)

103 千葉9区 :2009/04/06(月) 22:22:00
http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000000904020003
戸惑いの発車
2009年04月02日


山形空港ライナーに乗り込む乗客。9人乗りのジャンボタクシーで高速道路を通ってJR山形駅に向かった=東根市の山形空港

 ∞空港路線バス廃止→予約制乗り合いタクシーに


 え、バスないの?――。山形空港で1日、利用客にそんな戸惑いが広がった。空港と山形駅を結ぶ路線バスが3月末で廃止となり、1日から山交ハイヤーによる予約制乗り合いタクシー「山形空港ライナー」に代わったからだ。運行初日、同乗してみた。


 午後2時10分、到着ロビー出口前のバス乗り場。スーツケースを片手に大阪府豊中市の会社員貝坂高志さん(37)が看板を眺めた。「びっくりしました。予約制なんて知りませんでした」


 山形空港へのアクセスは、山交バスが定員45人のバスで運行していた。天童経由で山形駅まで約45分、860円。1便利用者は平均5人と少なく廃止になった。そこで、山形空港利用拡大推進協議会が山交ハイヤーに委託し空港ライナーを始めた。


 午後2時15分。「Airport Liner」と書かれた9人乗りのジャンボタクシーが到着した。乗り場にいた十数人のうち予約をしていたのは5人足らず。東京都大田区の女性(52)は「出発前にインターネットで確認したらバスが廃止と知り、急いで電話しました」。予約していない人は先着順となり、4人が残った。乗務員はあわてて増発便を手配。予定時間を5分ほど遅れて出発した。増発便に乗るために記者も残った。


 東京から観光で来た主婦浦睦世さん(37)は山形は初めて。はしゃぐ長男巧君(3)を見守りながら「事前の調査不足だったなぁ」。増発便を待つ間に2時50分発の便が到着。直後、増発便が到着して5人は乗り込んだ。


 1200円の料金を徴収し、2時50分に出発。東根インターから東北中央道に乗り、山形中央インターを経て約25分で山形駅に到着した。発着便にあわせ1日7往復、希望すれば市中心部の目的地まで送ってくれるため、県外の人も活用次第でとても便利な交通手段になりそうだ。


 ただ、空港は県の「玄関口」。空港に案内を張るだけでなく、航空券を予約する際に周知するなど、改善の余地は多いと感じた。(南日慶子)

104 荷主研究者 :2009/04/08(水) 23:45:32

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20090307103.htm
2009年3月7日04時12分 北國新聞■石川のニュース
◎運賃100円でも「まちバス」黒字 金沢市と商店街、損失補填取りやめ

今年度の損益が黒字となる見通しになったまちバス=金沢市内

 JR金沢駅と金沢市内中心商店街を結ぶ「まちバス」の今年度の損益が、黒字になることが六日までに確定した。運賃を百円に設定し、当初は採算確保は難しいとみて、市と商店街が分担して損失補填(ほてん)することを決めていたが、取りやめる。北陸鉄道が同様のルートで百円バスを運行した七月以降も利用は堅調に推移しており、最終的に運賃百円でも十分にもうけが出ることになった。

 まちバスは金沢商業活性化センター(TMO)が運行主体となり、西日本ジェイアールバスに運行委託して昨年四月五日から土日祝日に運行されている。

 TMOによると、今月一日時点の乗客数は二十二万三千人となり、同二十九日までの今年度の運行で二十三万人を突破することが確実となった。当初の見通しでは乗客数を十五万人としており、千五百万円と見込んでいた運賃収入も二千三百万円程度になる。広告協賛金も収入増に貢献した。

 支出は運行経費や広告事業、イベント情報を盛り込んだ「まちバスノート」発行といった企画費などで、新年度の運行準備経費などを差し引いても百―二百万円の黒字を確保する。今年度の黒字分については、新年度のまちバス運行に充当するという。

 当初の計画では、市と商店街で七百五十万円の損失補填を想定していた。市は今年度三月補正予算案で、市の補填分五百万円を減額している。

 今月一日時点では、一便当たりの平均乗客数は六二・〇九人で、無料運行された昨年度の六二・〇人とほぼ同水準となっている。今年度から運行時間を夜間にも延長しており、「夜間の利用は比較的少なく、昼間の利用だけでは昨年度を上回っている」(TMO)という。

 四―六月の一日当たりの乗客数は二千二百―二千三百人台で推移し、北鉄が市中心部で運賃百円の「兼六園シャトル」運行を開始した七月以降も千八百―二千二百人台と大幅に落ち込まなかった。

 北鉄の場合、通常の路線バスが市中心部を運賃二百円で運行しており、百円バス運行がかえって収益低下につながる可能性もあるが、TMOは「バスから遠ざかっていた市民らの足を再びバスに向け、中心部のにぎわい創出にもつながった」としている。

107 荷主研究者 :2009/04/09(木) 00:22:04

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/78994
高速バスにパーク&ライド 佐賀・基山で駐車場開業 西鉄「環境保護に貢献」
2009年2月23日 14:13 西日本新聞

101台が駐車できる西鉄のパークアンドライド駐車場=23日午前9時半ごろ、佐賀県基山町 西日本鉄道(福岡市)は23日、佐賀県基山町の九州自動車道基山バス停近くで、高速バス利用者専用のパークアンドライド駐車場(101台収容)の営業を開始した。同社は「高速バスの利用促進と、周辺の違法駐車解消につなげたい」としている。九州運輸局によると、高速道路の大規模なパークアンドライド専用駐車場は九州では初めて。

 ●CO2削減 乗車促進

 パークアンドライドはマイカーを駐車場に置いて、そこから目的地までバスや電車などの公共交通機関を利用する取り組み。二酸化炭素の排出削減や渋滞解消につながり、国内でも導入する自治体が増えている。

 西鉄の駐車場は無人式で基山バス停から徒歩約3分にある町有地(約2500平方メートル)を借り受けて整備。利用は高速バスの乗客に限り、1日24時間出入り可能。料金は48時間以内なら200円、以降は24時間ごとに300円加算される。駐車場利用者は、基山で降車する際に乗務員に申し出て、駐車場のサービス券を受け取る。

 基山バス停には19ある同社の路線高速バスが停車。基山から天神・博多駅へ向かうバスが平日の午前7時台に9本出ており、駐車場は福岡都市圏への通勤客の利用を見込んでいる。

 この日は午前10時から現地で記念式典があり、同社の中尾和毅常務執行役員が「高速バス利用者の利便性を高め、環境保護にも貢献できる。九州各地にこうした駐車場を増やしていきたい」と述べた。

=2009/02/23付 西日本新聞夕刊=

109 荷主研究者 :2009/04/13(月) 02:30:52

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090318/CK2009031802000023.html
新年度に計画策定へ 高山市、バスの運行体系見直し
2009年3月18日 中日新聞

旧高山市域を走っている市運行のバス=高山市昭和町で

 高山市は新年度、バスの運行体系を見直す計画を作る。周辺9町村との合併から5年目に入るが、独自運行バスや民営の路線バスが混在し、市中心部と旧町村部をつなぐ路線の弱さによる過疎化といった問題も浮き彫りになっている。市民ニーズを探りながら進め、早ければ2010年度にも実施に移したい考えだ。

 市内では、通院を主な目的とした合併前の旧7町村のエリアを巡回する独自運行の地域福祉バス▽旧清見村と丹生川村時代の濃飛バス委託運行を引き継いだバス▽同バス委託で旧高山市域を巡るバス▽市中心部と旧町村部などを結ぶ濃飛バス−の4形態がある。

 市中心部と旧町村部を結ぶのは、旧清見と丹生川時代を引き継いだバスの各1路線以外は濃飛バスが運行するが、赤字路線が目立ち、市が補助して維持している路線もある。同様のケースは今後増えると市はみている。

 また、旧高山市域を巡るバスは利用者が減少。旧町村部の地域福祉バスも、利用者数にばらつきがある。

 計画策定には、地域の公共交通活性化や再生を目指す国の補助事業を導入。市は今月13日、路線バス事業者や住民代表者、学識者などによる市公共交通活性化協議会を発足させた。

 新年度は協議会を中心に、市民の利用実態やニーズ調査をして計画を仕上げる。市企画課の担当者は「合併前と比べて住民のニーズは変化している。予約制の導入や有料化なども含めて幅広く検討したい」としている。

 (南拡大朗)

110 荷主研究者 :2009/04/13(月) 02:32:02

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090311/CK2009031102000015.html
年々増加バス通学 三重交通、定期割引率アップで
2009年3月11日 中日新聞

バス通学の料金が大きく割引となる年間通学定期券=津市で

 三重交通(津市)のバス利用者が横ばいを続ける中、バス通学する学生や生徒らが増えている。5年前、延べ約375万人だった通学定期券の利用者が年々増加、2008年度は約590万人に達する勢いだ。

 同社の担当者は、05年に通学定期の割引率をアップしたのが原因とみている。

 「年間通学定期券」が好評。月に20日間現金乗車で往復する場合と比べ、58%以上の割引になり、受け付けは継続購入の場合、今月18日から、新規は25日から、いずれも4月末まで限定販売する。同社の各営業所などで取り扱い、価格は区間に応じて3万2000−12万円。三重交通は「遠距離通学なら値ごろ感がある。不景気な今こそバス通学を見直してほしい」と話している。問い合わせは同社乗合営業部=電059(229)5533=へ。

 (木下大資)

111 とはずがたり :2009/04/13(月) 20:17:23
>>109

高山市中心部バス路線図
http://www.rosenzu.com/brgi/brg61.html

それにしても凄いウェブサイトだ。
東海3県のみの様だが拡大に期待♪

112 千葉9区 :2009/04/17(金) 20:56:55
なんつー需要予測の外しっぷり
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1236224.article.html
“過疎”バス4カ月で休止 利用者想定の1割満たず

 バス路線から外れるなど公共交通の“過疎”地域対策として、佐賀県がモデル事業に採択した佐賀市大和町川上校区の巡回バスが、実証実験開始からう4カ月で運行を中止した。利用者が想定の一割にも満たず、継続できなかった。需要予測のあり方のほか、目的地まで時間がかかる「巡回方式」の問題点など、同様の事業に生かすべき課題も浮き彫りになった。
 巡回バスは昨年10月、自治会長会が主体となって貸し切りバスを運行する方式で始めた。日曜を除く週6日の午前8時−午後4時に1日6便(3往復)、地区内を片道1時間−1時間半かけて巡回する「定時定路線」方式で運行した。運賃は250円。

 利用者は当初から伸び悩み、12月からは事前予約型の週2日運行に変更。それでも採算ラインには届かず、1月末で運行を中止した。運営費全額の200万円を補助した県空港・交通課は運行休止に至った要因として、需要予測の甘さやルート設定の難しさなどを挙げる。

 需要を予測するための自治会長会の事前アンケートでは、校区内人口の1割に当たる600人が利用すると回答。その住民が月に2往復(4回)利用すれば、採算ラインの1日100人の利用は可能と予想した。実際は定時運行で1日平均8・5人、予約型も同9・0人の利用にとどまり、採算ラインの1割に届かなかった。

 同課は「需要はあるので運行すれば利用されるという認識が甘かった」と分析。事後アンケートで「巡回型は目的地まで時間がかかる」「予約してまで乗るのに抵抗がある」などの意見が出たことから「事前調査などで需要の中身まで調べ、ルートや運行時間などに反映させる必要がある」と話す。

 県のモデル事業では、08年度に川上校区のほか、玄海町社会福祉協議会(11月末から)と伊万里市東山代町地区(09年4月から)を採択。本年度も新たに3件程度を選ぶ方針。大和町の事例を参考に、実現性と持続性の高い計画策定が必要になっている。

【写真】県のモデル事業としてスタートした佐賀市大和町川上校区の巡回バス。地域の足として期待されたが、利用者数低迷で休止に追い込まれた

2009年04月17日更新

113 とはずがたり :2009/04/23(木) 15:02:43

「ベロタクシー」が25日、公道デビュー 秋田市
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090422z

 秋田市の「わらしべ貯金箱実行委員会」(武内伸文代表)が購入した自転車タクシー「ベロタクシー」が25日、公道デビューする。秋田市保戸野通町の金子地所前から通町を周遊する1キロ程度のコースで、料金は大人1人300円。小学校低学年の児童と65歳以上は1人200円。

 予約は必要なく、希望者は当日、金子地所前に集まれば順番に乗ることができる。ドライバー数人が交替で運転する。26日には桜の名所である太平川ほとりでの運行を予定している。

 わらしべ貯金箱は、不用品を持ち寄り、引き取りや交換を希望する人に小額を寄付してもらうチャリティーフリーマーケットの一種。ベロタクシーは、この貯金で購入したドイツ製の中古車で、運転手と大人2人が乗れる。
(2009/04/22 14:13 更新)

115 荷主研究者 :2009/05/04(月) 02:12:17

http://kumanichi.com/news/local/main/20090401007.shtml
2009年04月01日 熊本日日新聞
熊本都市バス運行開始、市営の7路線引き継ぐ

テープカットをし、熊本都市バスの出発を祝う関係者。中央が山内清宏社長=1日午前(野田徹)

 熊本都市圏の路線バス網再編を目的に九州産交バス、熊本電気鉄道、熊本バスが設立した熊本都市バス(山内清宏社長)が一日、運行をスタート。熊本市桜町の熊本交通センターで出発式があった。

 市交通局の複数路線を一括で民間が引き継ぐ「面的移譲」の第一弾。市営バス上熊本営業所本山車庫の管轄七路線を運行する。

 式では、山内社長が「利用者サービスはもちろん路線網再編の起爆剤になるよう努力したい」とあいさつ。幸山政史市長が「身近な移動手段であるバス路線のさらなる充実を願う」と祝った。

 運賃、運行本数は従来通りで、同社と市営バスで利用できる共通乗り継ぎ定期も取り扱う。車両は順次、市木イチョウの黄色と地下水をイメージした青色をポイントにした都市バス仕様に変更する。

 運行路線は▽第一環状線▽流通団地線▽中央環状線▽長溝団地線▽八王寺環状線▽本山車庫線▽アクアドーム線。同社TEL096(312)5077。(前田克)

116 荷主研究者 :2009/05/04(月) 02:14:44

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/04/02/2009040211293871024.html
2009年4月2日 山陽新聞
阪神方面の高速バス運行開始 丸亀・観音寺発着

阪神方面に向けて観音寺駅前を出発する高速バス

 丸亀・観音寺と阪神方面を直結する高速バス路線が1日、運行を開始した。善通寺と坂出のインターチェンジ近くにマイカーを乗り付けることができるバスターミナルも新設され、西讃地域からの利便性が大幅に向上した。

 新設されたのは、観音寺―新神戸線(1日3往復、所要時間3時間10分)▽丸亀―新神戸線(同、3時間46分)▽観音寺―大阪線(1日4往復、3時間48分)▽丸亀―大阪線(同、4時間15分)の4路線。JR四国バス(高松市)、四国高速バス(同)など県内外の5社が共同運行する。

 いずれの路線も善通寺インター、坂出インター近くのバスターミナルに停車した後、阪神方面へ直行する。

 これまでの便は、丸亀駅から一般道を通り、坂出・高松駅を経由していた。丸亀―新神戸・大阪間の所要時間は約50分短縮される。

 この日、JR観音寺駅前で出発式が行われ、十川道信JR四国バス社長、中桐宏樹四国運輸局次長、白川晴司観音寺市長らがテープカット。乗客へ記念品を贈呈し、運行開始を祝った。

 十川社長は「四国から京阪神に向かう半数は高速バスを利用している。利便性の向上により、四国と阪神地域の交流人口の拡大に寄与したい」と話していた。

117 荷主研究者 :2009/05/04(月) 02:35:41
筑豊烏尾トンネル
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=33.63912864&lon=130.75206247&sc=7&mode=map&pointer=on&home=on&hlat=33.60212306&hlon=130.66953611

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/86968
筑豊烏尾トンネル利用 福岡市・天神‐田川市・県立大 特急バス運行開始
2009年4月2日 06:52 西日本新聞

 田川市の西鉄バス筑豊田川支社は1日、天神(福岡市)‐県立大(田川市)間の特急バスの運行を始めた。先月開通した国道201号の「筑豊烏尾(からすお)トンネル」を使った新路線で、平日は9.5往復、土日祝日は7往復する。

 新路線は天神から八木山バイパスを抜けて、同トンネルがある飯塚庄内田川バイパスを利用。飯塚バスセンター(飯塚市)を経由せずに、後藤寺バスセンター(田川市)に直行、同大まで向かう。同バイパス上に鶴三緒橋、下三緒、庄内工業団地、関の台団地の4停留所を新設。後藤寺バスセンター以降は田川市役所、日の出町口、伊田本町口、伊田駅の4停留所に止まる。所用時間は約1時間20分、運賃は1450円。

 新路線開設を契機に、同トンネルと烏尾峠の分岐点になる既存の関の山バス停近くに、特急バス利用者の駐車場(面積約1万平方メートル)の整備が計画されている。これまでの天神から飯塚バスセンター、烏尾峠経由の後藤寺バスセンター行の特急バスも運行する。

 同大がある田川市伊田地区はこれまで特急バスの乗り入れがなかったが、今回の延伸で同地区住民や県立大生の利便性が高まることが期待され、同支社は「利用者の状況を調べて、将来的には増便も検討したい」と話している。

=2009/04/02付 西日本新聞朝刊=

118 千葉9区 :2009/05/05(火) 10:36:49
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000905020003
路線バス維持 険しい道
2009年05月02日
  「路線バスの減便や廃止が続いています。今後高齢化が進み車の運転ができない人も増えると思います。過疎地には年金も少なく、買い物や通院にたびたびタクシーを使えない人も多いのです。どんな対策がとられていますか」。平生町の無職男性(77)から、朝日新聞山口総局にこんな手紙が寄せられた。早速、暮らしを守るための工夫と苦悩が続く現場を訪ねてみた。
(青山直篤、清水謙司)


  ◆ 地域の足 自治体支援は限界


  周南市の北部にある鹿野地区(旧鹿野町)。島根県と県境を接する農村地帯でワサビや豚肉加工品が特産品だ。人口は65年に比べて半分近く減り4千人ほど。うち4割を65歳以上のお年寄りが占める。


  地区では中心部を起点として七つの「運行エリア」を、事前予約型の乗り合いタクシー「ふれあい号」が決まった時間帯に往復する。市が防長交通(周南市)に補助金を出して走らせていた路線バスを廃止し、07年9月から地区の「冨士タクシー」に委託して始めた。


  路線バスも走っていなかった山間部や、通常の料金体系なら3千円以上の運賃がかかる地域もエリアに含まれる。運賃は片道一律300円で、好きな場所で乗り降りできる。「一人暮らしの年寄りばかりだから、みんな本当に助かっている」。買い物帰りに利用していた原田チエ子さん(78)が話した。


  ふれあい号はバスと違い、当日朝までに予約がないと走らず、行き先や利用客数に応じて小型とジャンボ車両を使い分ける。市の委託費は1154万円(08年度)で、06年10月〜07年9月の路線バスへの補助金1580万円より426万円安くすんだ。


  冨士タクシーは地区唯一のタクシー会社。藤井茂男専務は「利益だけを考えれば、バスも公共の乗り合いタクシー制度もないのが一番いいが、地域への感謝から、利益はなくてもふれあい号の仕事を引き受けた」という。乗り合いタクシーの維持は、事業者の自発的な協力が頼りという面もある。


  ◇ 利用者減の悪循環


  地方の路線バスは、自家用車の普及に伴い、利用が低迷した。中国運輸局山口運輸支局によると、県内のバス輸送人員は65年度に約1億5546万人でピークを迎えたが、07年度には約3094万人になった。一方、普通車の数は、同じ時期に約1万7千台から約48万6千台に増えた。さらに県内では人口が85年から減り続け、05年には58年ぶりに150万人を割った。


  利用者が減る→便数を減らす→さらに利用者が減る。バス会社の多くがこんな悪循環から逃れられず、赤字路線に見切りをつける。「小泉改革」で02年に赤字路線からの撤退が自由になったのも影響した。防長交通は02〜07年度、鹿野地区を含む12路線を廃止。佐々木亮輔運輸部長は「人口減とマイカー社会は歴然。車ありきの世の中で新たにバスに乗る人はほとんどいない」と言う。

119 千葉9区 :2009/05/05(火) 10:37:11
   ◇ 国補助金 全国2位


  山口運輸支局によると、県内は中山間地域を走る赤字路線が他県に比べて多い。こうした赤字の路線バスを、国、県、市町が補助金を出し合って支えてきた。08年度に出した補助金は国が約3億9500万円、県が約5億8800万円。国の補助金額は北海道に次ぐ全国2位だ。しかし、財政難で国も地方自治体も身動きがとれなくなった今、補助金をつぎ込んで路線バスを守る従来の手法は、大幅な見直しを迫られている。


  長門市も、ブルーライン交通(下関市)に委託して油谷地区で運行していた路線バスを3月でやめた。07年度は運行経費に約1千万円かかったが、客は病院に行くお年寄りら1日数人で、運賃収入はわずか84万6千円。その差額を補助金で穴埋めしてきたが、「市の財政規模に対してあまりに大きい」(市商工観光課)と白旗をあげた。4月からは、市が委託した乗り合いタクシーが地域の足を担う。


  国は07年、地域公共交通活性化・再生法を施行。地域での話し合いを通じて路線バスに代わる新しい交通手段を残す取り組みを支援する。鹿野地区や長門市の乗り合いタクシーは、こうした流れの中で生まれた。山口、萩市などでは、自治体が運行主体になり、安い運賃で地域を循環する「コミュニティーバス」を走らせる。防府市は今秋、「公共交通週間」を設けて、路線バスの運賃を割り引くなどして利用を促すという。


  ◇ 地元もアイデアを


  名古屋大の加藤博和准教授(交通・環境計画)は「国民に最低限の移動手段を保障するため、赤字路線への補助金には一定の理解が必要。ただ地域社会も権利を主張するだけでなく、スーパーや病院に協賛金を求めたり、町内会でお金を出したりするなど、様々なアイデアを出していくことで道が開ける」と話す。


  ● ○ ● ○ ●  


  地方の路線バスは、「空気を運んでいる」と揶揄(やゆ)されることもある。都市圏のように鉄道が充実していない県内では、車に乗れない人にとって不可欠な交通機関だ。県はお年寄りに免許証の自主返納を呼びかけており、財源不足の中でも地域の足を確保する政策は一層大切になる。県も旗振り役を務めているが、県庁付近の道路が朝夕、職員の車であふれるのを見るにつけ、山口の車社会ぶりに複雑な思いがする。
(清水)

120 荷主研究者 :2009/05/13(水) 23:53:21

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/86931
西鉄バスカード廃止 来年3月末 事実上の値上げ ニモカに全面移行
2009年4月2日 01:14 西日本新聞

 西日本鉄道(福岡市)は1日、路線バスと高速バスの一部に導入しているプリペイド式磁気カード「バスカード」を来年3月末で廃止すると発表した。販売は9月末で終了する。また西鉄バス、電車と福岡市営地下鉄で使えるプリペイド式磁気カード「よかネットカード」のバスでの利用も来年3月末で終了する。電車では従来通り利用できる。

 西鉄の竹島和幸社長は「来春からは、福岡市営地下鉄やJR九州などとの相互利用が始まるICカード『nimoca(ニモカ)』利用をお願いしたい」としている。ただ、ニモカでバスを利用した場合の割引率は、バスカードに比べ低いため、バスでしかニモカを利用しない人にとっては事実上の値上げになる。

 西鉄によるとバスカードは1992年に導入された。3000円券で3400円分利用できるなど、高い割り引きが人気を集め、2007年度の販売枚数は約485万枚で販売額は約120億円。西鉄のバス収入の30%を占めている。

 ニモカの場合は、3000円分乗車してもポイント付与額(割引額)は110円にとどまる。

 西鉄はバスカード廃止の理由を、(1)使い捨ての磁気カードは繰り返し使えるICカードより環境負荷が大きい(2)カード読み取り機器が耐用年数(10年)を過ぎ、部品や周辺機器の入手が困難‐などと説明。バス全車両へのニモカ導入が本年度上期に完了することから、廃止を決めたという。

 バスカードは廃止後5年間、払い戻しに応じる。

=2009/04/02付 西日本新聞朝刊=

121 荷主研究者 :2009/05/13(水) 23:56:58

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/85929
西鉄バス 大学病院線など増便 久留米地区 4月から新ダイヤ
2009年3月28日 02:35 西日本新聞

 西日本鉄道(福岡市)は4月1日から、久留米地区の路線バスのダイヤ改正を行う。青峰団地などから西鉄久留米駅を経由して大学病院に向かう乗り換えなしの路線を新設するほか、浮羽、吉井方面から大学病院へ向かう便を増やす。同社は「以前から要望が多かったため」としている。

 改正内容は、(1)国分線に青峰団地‐西鉄久留米‐久留米市役所‐大学病院のルート(平日=19.5往復、土曜・日祝日=10往復)を新設(2)市内線に竹の子発の同ルート(平日・土曜=11往復、日祝日=9往復)を新設(3)吉井線に浮羽発着所、吉井営業所発の同ルートを6往復増便‐など。

 草野線には「スパリゾートホテル久留米」(同市山本町)の玄関前にバス停を設け、新たに毎日10往復乗り入れる。

 新ダイヤは、にしてつグループホームページで紹介している。西鉄お客さまセンター=0570(00)1010。

=2009/03/28付 西日本新聞朝刊=

122 荷主研究者 :2009/05/14(木) 00:26:02

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090401/CK2009040102000010.html
2009年4月1日 中日新聞
高速バス「キャンペーン運賃」延長 四日市〜中部空港、利用者増加で

運賃割引が1年延長される中部国際空港行き高速バス=近鉄四日市駅で

 三重交通(津市)は、四日市市と中部国際空港を結ぶ高速バスの片道運賃を1000円とする「キャンペーン運賃」を、来年3月末まで1年間延長する。4日市港からの海上アクセス便が廃止となった昨年10月以降、利用者が増加しているためだ。

 高速バスは、空港が開港した2005年2月に片道運賃2000円で運行を開始した。06年4月に就航した海上アクセス便に対抗するため、07年4月から片道運賃を1000円とするキャンペーンを期間限定で実施している。運行回数は1日9往復。

 07年度の利用者数は1便当たり15・6人だったが、海上アクセス便が廃止された昨年10月は25・1人に急増した。以後も前年同月比で4−6割増を保ち、1台のバスに乗りきれない場合はさらに1台を追加して走らせている。このため同社は、08年度平均では24・4人、利用者総数では13万1940人を見込んでいる。

 同社乗合営業部は「運賃を開始当初の半額にしているため、これでもぎりぎり採算に合う程度だが、鉄道などと比べて安さが強みになっている」と説明。「今後の需要をもとに、より利用しやすいダイヤへの改善も検討したい」としている。

 友人と2人で韓国を旅行するため、近鉄四日市駅から31日午前11時発の便を利用した市内の主婦(46)は「高速バスは運賃が安いのがメリット」とする一方、「海上アクセスの方が所要時間が短く、乗り場に無料駐車場もあった。利用者がどちらを使うか選べるといいのに」と話した。

 (大森準)

123 千葉9区 :2009/05/16(土) 02:39:47
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000000905150005
県北バス 再生手続き開始申請
2009年05月15日
 バス事業で売上高県内2位の岩手県北自動車(県北バス。本社・盛岡市、三船博敏社長)は14日、東京地裁に民事再生手続き開始を申し立てた。負債総額は約92億円。経営多角化の失敗などで負債を抱えた上、人口減などでバス利用者が伸び悩み、燃料費の高騰なども重なって経営が悪化した。事業は今後も継続し、バス路線と雇用は当面、維持される。福島交通などの事業再生を手がけてきたコンサルタント会社が支援し、再建を目指す方針だ。


    ◇


<バス路線・雇用は当面維持>


 併せて宮古市で観光ホテルを経営する関連会社「浄土ケ浜パークホテル」(宮古市、三船博敏社長)も民事再生手続き開始を申し立てた。負債総額は約28億円。同社も営業を継続するという。


 県北バスは43年に設立。県北部や沿岸部を中心に路線を展開するほか、盛岡と青森、弘前、仙台などを結ぶ高速バスも運行している。


 地域の人口減やバス離れ、景気の悪化に燃料費の高騰、昨年の2度の地震などが重なり、03年度に36億円だった売り上げは、08年度には25億円まで落ち込み、県などからバス路線維持のため受ける補助金で収支の帳尻を合わせる状態が続いていた。


 バブル期前後の観光事業などへの投資に失敗して負債を抱え、八幡平スキー場などを運営していた関連会社「八幡平観光」(2月に破産手続き開始)の負債も肩代わりすることとなり、09年3月期決算は約3億8千万円の最終損失となったという。


 14日に取締役会を開き最終的な方針を決めたという。三船社長は記者会見で、民事再生手続きを「事業の継続のため苦渋の決断だ」と話した。


 県北バスを巡っては、福島交通(昨年4月に会社更生法適用申請)や茨城交通(昨年11月に民事再生法申請)の事業再生を手がける「経営共創基盤」(本社・東京、冨山和彦社長)が14日、再生支援の基本合意契約を結んだ。民事再生手続きが順調に進めば、経営共創基盤が県北バスの事業を引き継ぐ予定だ。


 会見した経営共創基盤の松本順取締役は、乗り合いバスの路線と雇用は基本的に守る考えを示した。一方、高速バスや観光船のうち赤字事業は減便、撤退も検討するという。松本氏は「傘下に置く福島交通、茨城交通と管理部門を共通化するなど、効率的な経営を進めたい」と話した。


    ◇


<「地域の足」の行く末 自治体や住民に不安>


 「地域の足」の行く末に、自治体や住民からは不安や驚きの声が上がった。


 盛岡駅からの急行バスや浄土ケ浜パークホテルがある宮古市の熊坂義裕市長は「運行も営業も今まで通りということなので一安心している。今後は観光振興や利用促進など側面から再建支援していきたい」と話した。


 一方、八幡平市の小野寺光正企画総務部長は「赤字路線が廃止にならないか不安だ。通院、通学などに影響が出ないことを願っている」と話す。九戸村の滝谷博・総務企画課長も「住民の足になっている旅客部門は継続されるようなのでほっとしたが、経営悪化の影響が広がらないか心配だ」と話した。


 県は県北バスに対し、路線運営のための補助金として計26路線で約8千万円(08年度)を拠出している。達増拓也知事は「県民の足を確保するため、支援を継続していきたい」とコメントを出した。県地域企画室の平野直・交通課長は「バス事業の運営環境が厳しい中、会社の体力を強化し経営改善を図る動きは望ましいことだ」と評価している。


 利用者からは、路線の維持を訴える声が相次いだ。


 盛岡市の高校3年生、泉川美里さん(17)は「学校方面へは県北バスしかないので路線は残してほしい」。八幡平市の会社員女性(35)も「いつも通勤で使っているのでなくなると困る」と不安をのぞかせた。


 滝沢村の無職男性は「情けない。県交通におされたのではないか」と同社のこれまでの経営を批判。八幡平市の会社員男性(56)は「経営はしっかりしていると思っていたので意外だ」と驚いた。

124 千葉9区 :2009/05/18(月) 22:21:35
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090517-OYT8T00902.htm
<ファイル広島>客待ちタクシー 交通妨害 広島中心部 苦情相次ぐ<58>
警察 クリーンロード作戦


横断歩道手前に停車し、取り締まりを受けるタクシー。路線バスは車線を変えた(広島市中区の交差点で)  広島市中心部の路上で客待ちをするタクシーへの苦情を訴える110番が相次いでいる。車線をふさいで停車するタクシーが渋滞の原因になったり、横断歩道の上に停車したりと、交通ルールを守らないケースが多発しているといい、広島市の繁華街を管轄する広島中央署は、4月下旬から重点的に取り締まる「クリーンロード作戦」に乗り出した。(杉山弥生子)

 4月28日午後5時半、クリーンロード作戦の初日。中区の紙屋町交差点近くの国道では、片側3車線のうち、歩道よりの1車線に約10台のタクシーがズラリと並んでいた。バス停の前にもタクシーが停車しており、よけるためにバスが車線変更しなければならない場面も多くみられた。

 広島中央署員が停車時間を確認し、「ここに止めてはいけませんよ」などと運転手に声を掛けると、「そんなに長い時間待っていない」と怒り出し、急発車しようとする一幕さえあった。同署はこの日、1時間半で9台のタクシーに駐車違反の反則切符を切った。その後、5月13日までに16件の反則切符を切ったという。

 同署管内では、今年1、2月、駐車苦情の110番が約350件あった。中でもタクシーに関係する苦情が約100件。後藤憲一交通1課長は「夕方、1車線がふさがれると渋滞がひどくなる。厳しく取り締まっていくが、警察官の姿が見えなくなるとまた集まってきてしまう」と語る。

 「違法とは分かっているけど、流して走るより、繁華街で待つほうがお客さんに当たることが多いので、やめられない」。駐停車禁止の場所で客待ちをしていた個人タクシーの男性運転手(61)は言った。

 県西部のタクシー会社でつくる県タクシー協会広島支部には、5年ほど前から客待ちのタクシーの苦情が寄せられるケースが増えた。一般のドライバーやバス会社から「道をふさいで走りにくい」などという電話が多い日は十数件あるという。

 同協会では、平日の正午から午後5時まで、中区基町のタクシー乗り場に街頭指導員2人を配置。停車スペースの外で客待ちしようとするタクシーに注意するなど、自主的な取り組みを進める。今後は、タクシー乗り場を増やすことなどを市に求めていくという。

 同協会の松田弘生事務局長は「不景気で利用客が減り、少しでも人のいるところへと、タクシーが集中した結果だと思うが、道路交通法違反をする言い訳にはできない。業界全体で取り組みたい」と話している。

(2009年5月18日 読売新聞)

125 とはずがたり :2009/05/22(金) 18:41:31
浜松バス事業撤退へ 遠鉄も6路線廃止 県に申し出 
2009/05/22
http://www.shizushin.com/news/local/west/20090522000000000043.htm

 浜松バス(浜松市浜北区http://www.hamabus.co.jp/)と遠州鉄道(同市中区)が、市内で運行する路線バス計8路線を来年3月末で廃止する意向を県に申し出ていたことが21日までに分かった。申し出が認められた場合、2007年3月に路線バス事業に参入した浜松バスは、わずか3年で撤退することになる。
 同市浜北区で同日開かれた浜北区協議会で市が報告した。
 浜松バスの路線バス1便当たりの利用者数は07年が3・48人、08年が4・25人と低迷。採算ラインの「10―15人」(市交通政策課)を大幅に下回っていた。
 浜松バスはバス事業が免許制となった1951年以降、県内初の新規参入事業者として路線バスの運行を開始。約7カ月後には路線を拡充したが利用者数が十分伸びず、ことし4月15日付で廃止を申し出た。
 対象となるのは浜松バスの「浜北中南部循環線」「染地台・あらたまの湯線」の2路線と、遠鉄バスの「医大じゅんかん線」など六路線。県から報告を受け、市は「地元住民の聞き取りなど進め、9月をめどに県への答申をまとめる」としている。
 ほかに廃止が検討されている路線は次の通り。
 ▽遠鉄バス「旭ケ丘線」「白州線」「小沢渡線」「浅田米津線」「三島江之島線」

「自主運行で穴埋めを」 浜北区 協議会委員が要望
 浜松バス(浜松市浜北区内野)が来年3月で路線バスを廃止する意向を申し出たことが報告された21日の浜北区協議会では、委員から市のコミュニティバス(自主運行バス)による路線の穴埋めを求める声が相次いだ。
 男性委員の1人は「コミュニティバスは自動車を使えない人のための“福祉バス”。民間が無理なら市でやるべき」と述べた。市は昨年9月、浜松バスの路線と重複するコミュニティバスの路線を変更していて、別の男性委員は「廃止の場合は市が路線を復活してほしい」と要望した。
 一方で「いくら市の運営としても需要に応じた路線整備でよいのでは」との意見もあった。鈴木日出男会長は市が9月に答申を作成するとしたことに触れて「あと4カ月で十分できるのか」と疑問を投げ掛け、市側は「9月はあくまでめど。コミュニティバスは存続も含めて今後の検討課題とする」と答えるにとどめた。

浜松バスの路線
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/hamamatsu-bus00.jpg

126 千葉9区 :2009/05/23(土) 13:31:18
http://www.asahi.com/business/update/0523/TKY200905220366.html
「高速千円」バスに打撃 乗客減少、大渋滞で延着も
2009年5月23日7時0分

 地方の高速道路の大幅値下げの影響で高速バスの利用客が減っていることが、日本バス協会の調べでわかった。渋滞のあおりで大幅な到着遅れも報告された。協会は「想像以上の影響。高速バスは収益力が比較的高く、一般道の路線バスを補う側面もあるだけに痛い」としている。

 協会がJRバス関東や名鉄バス、神姫バスなど大手5社から大型連休を挟む11日間の状況を聞き取ったところ、運行回数あたりの輸送人数は前年同期比で10%減。マイカーが「上限千円」となった土日祝日の7日間は同12%減で、平日4日間の同6%減に比べて落ち込み幅は2倍だった。

 到着遅れも各地で相次いだ模様だ。名鉄バスによると、ゴールデンウイーク中の同社の到着遅れの幅はおおむね例年の2倍に達し、定刻なら約6時間20分で結ぶ名古屋―香川・丸亀では最大で4時間遅れた。「リピーターが離れないか心配」という。

 国土交通省は「景気後退だけでなく、高速値下げも影響したことがうかがえる」(自動車交通局)と副作用を認める。(山本精作)

127 とはずがたり :2009/05/25(月) 00:35:03
6時から東京で飲み会があったので4時発の東京行き常磐高速バスに乗車。常磐新線編成延長東京延伸委員会の委員長を私称する私であるので最近は努めてTXに乗るようにしてる(そもそもダラダラしてる内に時間が無くなるのだけど…)ので,休日即ち上野・浅草通過の便への乗車は初めてである。

首都高三郷料金所を過ぎるともう渋滞している。此処から小菅迄これか!?と思ったら車内放送に拠るとどうやら加平迄との事。うとうとしてたのでどの位か判らないが気がつくと加平手前800mの看板付近で乗用車3台に拠る事故。警察も未だだったので事故った直後っぽく,渋滞がこいつのせいなのかどうかは微妙であるが此を過ぎると道はがら空きになった。道路には迂回路の存在が必須であるねぇ。
小菅・堀切は拍子抜けする程のがら空き具合でそのまま向島線を進む。
小松川線との合流の両国Jct手前で合流の為1車線になるがそこから混み出す。更にその渋滞の侭深川線と合流の箱崎Jctへ。小松川線は混んでいるものの深川線はあんま混んでる感じではない。江戸橋Jct付近で執着のチャイムが鳴って,未だ渋滞はしているものの,もうすぐ終点の様である。

此処の隘路を解消するのが俺の持論であるが先ず3車線にするなら両国Jct→箱崎Jct迄か,まあ箱崎から江戸橋迄混んじゃうので同じだけどその前はマシになるかも。。
向島線→上野線迄一方通行で首都高の支線造れば閑古鳥の上野線の有効活用にも成るし,両国〜江戸橋の救済にもなる決定策だと思われるが江戸橋の処理能力が追っつかないのでしょうかねぇ?ほんま内環状線が有れば良いのにねぇ。次世代環状道は内環と核幹道(核都市広域連絡道路)や(`・ω・´)

日本橋道路元標の看板を見て呉服橋ランプとなる。東京駅は直ぐ其処。呉服橋交叉点は普段(平日便で)通って居るので土地勘ある。此処にでるのかあ,と思う。
17:33頃着。15分程遅れたとアナウンス有り。まあこんなものか。

秋葉原迄歩く。上野線の下をくぐる歩道橋を間違って渡ってしまうがクルマの気配が全くない。やはり有効活用せねば勿体ないと云えよう。

128 千葉9区 :2009/05/31(日) 20:09:28
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/98228
西鉄社長 1000円高速に怒り バス乗客減、4時間遅れも
2009年5月27日 00:28 カテゴリー:九州・山口 > 福岡 経済
 西日本鉄道(福岡市)の竹島和幸社長は26日の定例会見で、自動料金収受システム(ETC)利用による高速道路料金割引について言及。大型連休中に九州の高速バス乗客数が約12%減少したうえ、渋滞により到着が4時間以上遅れる便もあったとして、怒りをにじませながら「1000円高速」施策を批判した。

 国土交通省がお盆期間など平日の割引実施を検討していることに対し、現行の土日祝日以外への適用拡充をしないよう、九州の82社が加盟する九州バス協会会長として、同省に要請していることも明らかにした。

 竹島社長によると、西鉄高速バスの4月24‐5月6日の乗客数と収入を前年と比較したところ、乗客は約3万6000人、収入は約5400万円減った。また福岡‐鹿児島線では、渋滞に巻き込まれ、通常の倍となる8時間以上かかった便もあった。「尋常でない遅延で、こういう状況が続けば客離れにつながる」と強い危機感を示した。

 九州の他のバス事業者も同様で、乗客が平均12.3%減少。中には20%を超す減少率だったところもあったという。

 お盆のほか正月期間の割引適用拡大については「(西鉄の)減収が2億円くらいになるのではないか。赤字路線は見直しを考えざるをえないかもしれない」と指摘。「環境問題の観点からも、おかしいのではないか」と不満をあらわにした。

 高速バス対象の割引もあるものの「十分ではない」として、九州のバス業界を代表して22日、国交省に(1)上限1000円施策の拡充防止(2)高速道渋滞緩和策の検討(3)バス事業に対する支援措置‐を求める要請書を提出。6月中に具体的な改善策を提示する考えを示した。

=2009/05/27付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/98434
「1000円高速」広げないで 九州のバス業界が要望
2009年5月27日 18:32 カテゴリー:経済
 九州バス協会(会長・竹島和幸西日本鉄道社長)は27日、マイカーなどを対象にした「高速道路1000円乗り放題」の影響で高速バス利用者が激減した上、渋滞が増えて運行に支障が出ているとして、政府が検討する割引拡充に反対する要望書を国土交通省などに提出したと明らかにした。

 同協会は九州の約80のバス会社で構成。今後は全国団体の日本バス協会にも共同歩調を取るよう働き掛ける予定。麻生政権が景気浮揚策の目玉として打ち出した高速道路料金の大幅割引だが、その“副作用”が運輸業界を悩ませている。

 政府は土日祝日だけを対象としている高速道路料金の大幅割引を、8月のお盆と年末年始の平日にも拡充することを検討中。九州バス協会によると大型連休期間中の高速バス利用者は、前年比約12%減と「経験したことのない落ち込み」(竹島会長)を記録した。中でも福岡−鹿児島線は、20%以上乗客が減った上に、大渋滞で通常約4時間の所要時間が倍以上かかったという。

129 千葉9区 :2009/06/01(月) 22:38:01
http://www.asahi.com/international/update/0601/TKY200906010376.html
ソウルのタクシー、4年ぶり値上げ 初乗り180円に
2009年6月1日21時29分

 【ソウル=稲田清英】日本人観光客の利用も多いソウル市の一般タクシーの基本料金(初乗り2キロ)が1日、1900ウォン(約140円)から2400ウォン(約180円)に値上げされた。値上げは05年6月以来4年ぶり。走行距離と時間に応じた加算料金は据え置きとなったほか、ソウル市外に行く場合の割増料金(20%増し)は、隣接市までに限り廃止された。

130 千葉9区 :2009/06/03(水) 20:40:05
http://www.asahi.com/business/update/0603/SEB200906030016.html
バス協会「高速千円」拡大に反対 渋滞激しく利用急減
2009年6月3日19時20分


 全国のバス事業者でつくる日本バス協会(会長・堀内光一郎富士急行社長)が3日、国土交通省が検討している高速道路料金「上限1千円」の割引拡大に反対する方針を決めた。ゴールデンウイークに高速バスが渋滞に巻き込まれて大幅な遅延が相次ぎ、利用客が激減したためだ。

 協会は2280事業者が加盟。3日開いた高速バス委員会で決めた。近く、高速道路割引の拡充中止と渋滞緩和策の検討を求める要望書を同省に提出する。協会によると、今年4月24日〜5月6日の主要路線の高速バス利用者数は前年比で平均6〜7%減少。渋滞では所要時間が2倍以上になる例や到着が10時間遅れた例もある。

 協会は「公共交通の機能がマヒし、経営努力の及ばないところで利用者の利便性を損ねている。環境保護にも反する」と訴えている。

 土日祝日にETC車の高速料金を上限千円にする割引は、政府の景気対策の目玉の一つ。金子国交相は「経済効果が出ている」として、お盆や年末年始の平日への拡大を検討している。(渡辺淳基)

131 とはずがたり :2009/06/05(金) 01:01:27

秋田中央交通、7月から運賃値上げ 国交省認可、初乗り20円増
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090604m

 国土交通省は4日、秋田中央交通(秋田市、渡邉靖彦社長)の路線バスの運賃改定を認可した。初乗り運賃を現行より20円増の160円とするほか、1キロ当たりの運賃の基準となる基準賃率を3円40銭上げて42円80銭とする。値上げは消費税率アップを受けて行った1997年以来12年ぶり。7月1日から実施する。

 大人の初乗り運賃は20円増の160円、子どもは10円増の80円となる。例えば、秋田駅西口から秋田市御野場の御野場団地入り口までは現行の340円から30円増の370円となる。一方、通学定期券の割引率は現行の4割から4・5割に拡大する。通勤定期券の割引率は現行どおり3割とする。

 値上げの理由について、同社営業部は「少子高齢化などでバスの利用者は年々減少しており、大幅な経常損失を計上するなど経営が危機的状況にある。昨年の原油高騰も大きな打撃となった」としている。
(2009/06/04 22:41 更新)

132 とはずがたり :2009/06/06(土) 00:24:36
南国日生ビル:バスセンター閉鎖 43年の歴史に幕 /鹿児島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000212-mailo-l46
6月5日15時1分配信 毎日新聞

 ◇12年春までに建て替えターミナル整備
 JR鹿児島中央駅前の「南国日生ビル」(鹿児島市中央町)の建て替えに伴い1階バスセンターが5月31日、閉鎖された。空港バスなど鹿児島の玄関口として活躍した43年間の歴史に幕を下ろした。空港バスは駅東口バスターミナル▽高速バスは南国センタービル隣りの新バスセンター−−にそれぞれ移転した。
 31日夕、バスセンターでセレモニーがあり、市立中洲小児童が金管バンドの演奏を披露。バス乗務員に花束が贈られた。16年間、バスセンターで警備員を務めた浜田義弘さん(58)は「昔は、近くの朝市の人通りがすごくて、バスを誘導するのが大変でした」と感慨深げだった。
 南国交通によると、「南国日生ビル」は66年、完成。地上10階は当時鹿児島一の高さで、桜島を一望したという。バスセンターは当初、市内路線バスのみだったが、九州自動車道の延伸などで、90年3月から高速バスも乗り入れた。ビルは12年春までに建て替えられ、1階にバスターミナルが整備される。【村尾哲】

6月5日朝刊

133 千葉9区 :2009/06/06(土) 09:01:00
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20090606-OYT8T00115.htm
熊本市営バス民間へ全面移譲…市長「2016年4月までに」
 深刻な赤字経営が続く熊本市営バスについて、幸山政史市長は5日、2016年4月までに民間バス事業者に全面移譲する方針を表明した。民間事業者3社が共同で設立し、4月から市営バス路線の一部移譲を受けて運行している「熊本都市バス」(山内清宏社長)に段階的に移譲していく考え。同日開かれた市議会議会運営委員会で明らかにした。

 市の交通事業は、累積赤字が約47億円に上り、バス事業への補助金は年間10億円を超える。地方財政健全化法に基づき、市は今年度中に経営健全化計画の策定を義務づけられており、民間への全面移譲をこの計画に盛り込む。

 幸山市長は、議運後の記者会見で、「利便性の低下につながらないように、公共的な役割をしっかりと認識したうえでスムーズに移譲が進むように最大限の努力をしないといけない」と語った。

 市営バスは1927年に運行開始、4月までに15路線を民間に移譲し、現在、17路線を運行中。交通局の担当職員192人は、局内で配置換えしたり、市長事務部局へ異動させるという。

 市営バスを巡っては、市長の諮問機関が5月、全線の民間移譲を柱とする意見をまとめ、答申していた。

(2009年6月6日 読売新聞)

134 とはずがたり :2009/06/09(火) 17:27:41
先日新宿で日本中央バスなる見慣れぬバス会社を見た。
群馬を地盤としている高速バス会社のようだったが,路線バスも走らせているみたいだ。
http://www.ncbbus.co.jp/route/index.htm
http://www.ncbbus.co.jp/route/map.htm

日本中央バス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本中央バス株式会社(にっぽんちゅうおうバス)は、群馬県を中心に貸切バス・路線バス事業を行う会社である。

沿革
1953年(昭和28年)- 日本中央グループのルーツとなる上電タクシー株式会社創業。
1988年(昭和63年)- 「日本中央自動車」設立。
1994年(平成6年)- 館林合同タクシーの貸切バス部門の営業譲受により「日本中央交通」発足。
1995年(平成7年)- 上毛電気鉄道の貸切及び乗合バス部門を引き継ぎ「日本中央バス」発足。

概説
一般路線バスに於いては貸切許可による21条バス・廃止代替バスが多く、道路運送法4条に基づく一般乗合路線免許による路線は、1997年取得の奥多野線が初である(他の21条バスも2006年10月の法改正により一般乗合旅客自動車運送事業(通常の路線バス)の許可形態に移行した)。前橋・高崎地域のバスで利用できる群馬県共通バスカードぐんネット加盟事業者。群馬県内発着、東京・さいたま発着の高速バスも開業している。

135 とはずがたり :2009/06/12(金) 01:04:24
便利だし,免許取って,クルマ買って維持するよりは安上がりかもしれぬ。

こんなアイディアサービスも面白いかもね。
>JR仙台駅に送り届けた乗客に帰りの時刻を専用カードに記入してもらい、駅に迎えに行くサービスを始めた。5月は100回近い利用があり、1月の約3倍に増えた。

客確保あの手この手 過当競争続く仙台のタクシー業界
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/06/20090611t12046.htm

 規制緩和の影響で過当競争が続く仙台市のタクシー業界で、アイデアを生かしたサービス合戦が展開されている。黒塗りの車で「お迎え」の気分を味わってもらったり、子どもや妊婦の料金を割り引いたりと、他社との差別化を図る。顧客の心を徐々につかんでいるようで、各社は「固定客の確保につながった」と手応えを感じている。

 仙都タクシー(宮城野区)は昨年11月、黒塗りの小型タクシーを投入した。通常料金で「高級感」を味わってもらうのが狙い。乗務員約150人のうち、講習を受けた21人だけがハンドルを握る。専用の制服に身を包んだ乗務員がドアの脇でお迎えし、自己紹介するなどあいさつにも気を配る。

 企業の接待やホテルの送迎などで引き合いが増え、黒塗りを当初の2台から10台に増やした。最近は1日に10―15件、黒塗りの配車依頼がある。

 山下晴也社長は「工夫して付加価値を高め、お客さまに喜ばれている。乗務員を選抜することで、社員の意欲向上にもつながっている」と強調する。

 フタバタクシー(宮城野区)は、子どもだけや子連れの客が安心して乗れる「子育てタクシー」を走らせる。同社が運営する会員組織「子育てタクシークラブ」に加入してもらう仕組みだ。

 昨年12月には、小学生などの子どもや妊婦の運賃を10%引くサービスを始めた。子どもはクラブの会員証、妊婦は母子健康手帳を提示する。

 割引サービスの利用数は順調に伸び、5月は80回に上った。及川孝社長は「2、3度と繰り返し利用してもらい、固定客の確保につながってきた」と話す。

 平和交通(青葉区)は昨年12月、JR仙台駅に送り届けた乗客に帰りの時刻を専用カードに記入してもらい、駅に迎えに行くサービスを始めた。5月は100回近い利用があり、1月の約3倍に増えた。

 出張帰りの会社員、旅行帰りの夫婦など客層はさまざまで、林信宜営業係長は「固定客をつかむ狙いと、帰りもすぐにタクシーを確保したいという需要がマッチしたようだ」と分析している。


2009年06月11日木曜日

136 とはずがたり :2009/06/12(金) 21:01:16

(#2) 赤字バス  山村を守る道は険しく
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1240552224/557
2008年10月16日 10:16

 甘木鉄道は、なだらかな平野部を走る。運転士の斉藤拓由(ひろよし)(34)は、変化に乏しい鉄路が少し寂しい。
 斉藤は宮崎県の第三セクター高千穂鉄道の運転士だった。転職して3カ月になる。2005年に台風で鉄橋などが流され、運休したままだ。沿線は過疎が進み、以前から廃止がささやかれていた。復旧には26億円かかる。再開は絶望的だ。
 (高鉄を)運転中、バックミラーには、4人掛けの席に集まって談笑するお年寄りの姿が映った。持ち寄った煮しめのにおいも運転席に届いた。無人駅のホームに山菜が入ったかごが置いてあった。近所のおばあちゃんの、いつもの差し入れだった。
 鉄道はいわば、移動する「公民館」だった。
   ◇    ◇   
 宮崎県諸塚村は、村の95%を山林が占める。山道を行く地域バスは、カーブのたびに車体を左右に傾ける。役場がある中心部から終点の飯干集落まで約20キロ。平日午前の便の乗客は、病院帰りのお年寄り2人だけ。運転手の吉田格(いたる)(43)は「お大事に」と、その背中を見送った。
 地域バスは地元の諸塚交通が運行している。運転手は7人。以前は小さなタクシー会社だった。宮崎交通が赤字路線から撤退した5年前、村の4路線を引き継いだ。
   ◇    ◇   
 飯干集落でただ1人の中学生、山本久留実(14)は、村唯一の諸塚中学に地域バスで通っている。
 諸塚交通は、部活動で帰りが遅くなる生徒たちのため、臨時便を走らせている。冬場を除き、通常より2時間遅い午後6時50分、中学前を出る。吹奏楽部に入っていた山本も、練習に打ち込むことができた。
 とはいえ、もともと赤字路線。村と県が年間1300万円を補助しても採算は取れない。臨時便を出せば赤字はさらにかさむ。社長の黒木重人(55)は、損得には目をつぶった。村の子どもたちのためにと、生徒や保護者の願いに応えた。
 その吹奏楽部は8月末に廃部になった。3年生11人が引退。2年生1人だけとなり、34年の歴史に幕を下ろした。

 諸塚村の人口は2000人を切った。バスの乗客増も望めない。燃料の高騰も経営を圧迫している。「山の暮らしを守るために」と、社長の黒木もハンドルを握る。霧雨に煙る山肌の険しい坂道を、バスは進む。 (敬称略)

=2008/09/30付 西日本新聞朝刊=

137 とはずがたり :2009/06/13(土) 23:20:18
京都駅⇔京都女子大を結ぶ路線に新規参入したプリンセスラインバス。京急なんて名前にしてたのかw

京都の「京急バス」、東京の京急が待った 社名再変更へ
http://www.asahi.com/national/update/0613/TKY200906130131.html
2009年6月13日17時50分

 京都市で営業する路線バス会社(大阪府寝屋川市)が今年4月に「京急(けいきゅう)バス」に社名を変えたところ、関東の大手私鉄、京浜急行電鉄(東京都港区)が待ったをかけた。同電鉄は60年以上「京急」の愛称で親しまれ、商標登録もしている。京急バスは抗議を受け入れ、近く社名を変更する。

 京急バスは05年から、京都市内の3路線でバスを運行する。女子大生が多く利用することなどから「プリンセスラインバス」が愛称で、赤い車体がトレードマーク。路線バスを始めるまでは貸し切りバスが中心だった。イメージ一新を狙って4月6日に社名を「セレモニー観光」から「京急バス」に変えた。「京都急行バス」を短縮したという。

 ところが5月末、京急電鉄から抗議の通知が届いた。

 京急電鉄によると、同社はすでに「京急」を商標として登録。京急バスが車体に社名を入れたり、社名入りのグッズを作ったりすれば、商標権の侵害に当たる可能性が高いという。京急電鉄は「両社が混同される恐れもあり、『京急』ブランドを維持するためにも社名の変更を求めた」と説明する。

 京急バスの本田充成社長は「東京の京急の存在は知っていたが、営業地域が違うので社名に『京急』を使っても大丈夫と思っていた。商標登録までしているとは知らなかった」。新社名は「京都急行バス」で調整中という。(峯俊一平)

138 荷主研究者 :2009/06/14(日) 17:17:52

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/hatena/CK2007031402100822.html
路線バス 横浜新道 すいすい
2006年9月1日 東京新聞

今井町のバス停では長い列ができることも多い=横浜市保土ケ谷区で

 「この行列は何だろう?」。横浜中心部と藤沢方面を結ぶ「横浜新道」を車で走っていると、見慣れない光景に出くわす。有料道路なのに停留所があり、多くの人がバスを待っている。空港や地方都市に向かう「高速バス」なら分かるが、ここを走っているのは、つり革やシルバーシートがある普通の路線バス。「通行料金は払うの?」などと興味に駆られ、調べた。

 横浜新道にバス停があるのは、保土ケ谷区の「藤塚町」「今井町」「横浜ゴルフ場下」、戸塚区の「品濃町」の四カ所。相鉄バスの「横浜新道経由−東戸塚駅西口行き」が走っている。

 東戸塚駅を出発後、近くの川上インターから横浜新道に入り三キロほど走行。いったん一般道へ降り、再び横浜新道を使って同駅に戻ってくる。

 高速バス以外の路線バスが有料道路に止まるケースは、よくあるのか。横浜新道などを管理する「東日本高速道路」に聞くと「地方には、ちらほらありますが首都圏では、まれ」。県内では、ほかに「真鶴道路」の例があるぐらいだ。

 「有料道路の停留所なんて珍しいですね」。今井町のバス停にいたお年寄りの男性に話し掛けると、男性は「このバスなら東戸塚まで十分以内で行っちゃうから便利だよ。近所のバス停に保土ケ谷駅に行くのもあるけど、そっちは一般道を通る。三十分ぐらいかかるんだ」と重宝している様子だ。

 それにしても横浜新道は一般有料道路のため、普通車で二百円、路線バスは大型車料金の三百五十円がかかる。バスの乗客に通行料金の上乗せなどないのか?

 相鉄に聞くと「いただいてません。運賃の百七十−二百七十円だけです」と言う。

 同社によると、横浜新道を活用してきた歴史は古く、一九六二年に「横浜新道経由・横浜駅西口−戸塚駅」の運行がスタート。その後、八〇年に両駅間に東戸塚駅が設置されたのを受け、同駅を起点とする横浜新道ルートが設定された。

 大きな転機が訪れたのは二〇〇一年。五九年の横浜新道開通以来、無料で使えたインターに料金所が設けられたのだ。

 それまで横浜新道は、終点に近い戸塚料金所でのみ通行料金を徴収していた。途中には、いくつも料金を払わずに乗り降りできるインターがあった。東戸塚駅に近い川上インターもその一つだったが、ここに料金所が設けられ、相鉄も通行料を払うことになったという。

 事業者にとっては思わぬ負担増だが、値上げも難しかったという。相鉄によると「バスの運賃は一キロ当たりの距離換算で申請しており、有料になったからという理由の値上げは運輸局に認められにくい」。このため、運賃は完全に有料道路化された後も変わらない。

 ちなみに、この路線は平日で約六十五便を運行しているが、一カ月当たりの利用者数は約十一万一千人だそうだ。

 さて、経緯が分かったところでバスに乗ってみた。すると普通の路線バスが料金所のETCを通過したり、バス停に止まった後、低速ギアで懸命に、六、七十キロで飛ばしている走行車線に合流する瞬間が何とも斬新だ。

 「路線バスって、こんなに速かったの?」。快走するバスに揺られながら、そんな驚きも走る。 (井上靖史)

■速度出て渋滞少ないメリット
普通の路線バスが有料道路を運行するケースについて、横浜国立大学大学院の中村文彦教授(都市交通計画)は「首都圏では珍しい事例だがメリットは多い。もっと活用が検討されてよい」と指摘する。「有料道路は、ある程度、速度が出る上、渋滞も少ない。バスの利便性が高ければ、通行料金を上回る運賃収入を期待することもできるだろう。実際、名古屋や福岡で中心部の高速道路を走っている短距離路線バスの中には、利用者が多い事例がある」と話す。

139 荷主研究者 :2009/06/14(日) 17:19:02

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/hatena/CK2008091802000196.html
街なかでバス わずか2便 川崎・旧東海道行く『川01系統』
2008年9月18日 東京新聞

旧東海道を1日2往復だけ走る川崎鶴見臨港バスの路線バス=いずれも川崎市川崎区で

 JR川崎駅からすぐ南側にある旧東海道を歩いていて、バス停に目を疑った。市内きっての繁華街を通るバスの時刻表が「ほぼ空白」。正確には、早朝と夕方の2往復しか走っていなかった。過疎地でもないのに、この少なさはなぜ? (堀祐太郎)

 その路線は、京浜急行電鉄のグループ企業である川崎鶴見臨港バス(川崎市川崎区日進町)が運行する「川01系統」。川崎駅前のバスターミナルを出発し、市役所通り、旧東海道を抜けて国道409号を走り、殿町停留所(同区殿町)が終点。その後、往路をたどり川崎駅へ戻る。平日のみの運行で、旧東海道約五百メートルを含む約四キロを二十分程度で結ぶ。

 実際に夕方、川崎駅まで残り一キロほどの旧東海道にある本町二丁目停留所地点から乗ってみる。すると、お客さんは皆無。運転手も「往路は二人ぐらい乗っていたんですけどね」と苦笑い。歴史ある街道を貸し切り状態のバスで往来すると、偉そうに言えば、かごに乗る殿様の気分だ。

 しかし、これでは赤字は必至。同社に問い合わせてみると、一日の同路線の利用者は二往復合わせても十人にも満たないという。

 バス会社にとっての“お荷物”にみえる「川01系統」だが、その歴史は古い。同社によると、一九五三年ごろに現在とほぼ同じルートで運行を開始。沿道には食品工場や自動車工場が立ち並び、工場労働者の足として重宝された。一日に二十四往復半もする人気路線だったという。

 しかし、高度経済成長で自動車の往来が激しくなり渋滞が頻発。遅延の少ない京急大師線に利用者が流れ、本数も目減りした。二〇〇五年に殿町停留所に面したいすゞ自動車川崎工場が、生産効率化で閉鎖されたのに伴い、現在の二往復運行となった。

 寂しい客入りとなったが、同社は「廃止は考えていない」という。「公共交通機関だから、客が落ち込んでいるからといって廃止はできない」と説明する。路線廃止には地元住民や企業への配慮も求められる。“市民の足”の存廃は運行会社の判断だけでは決められないのだ。

 一方で、同社は伝統の路線が秘める可能性にも期待を込めている。「今後の臨海部の再開発次第では需要が再び伸びるかもしれない」

 江戸時代の交通を支えた旧東海道を走り、戦後は京浜工業地帯の労働者の足となった「川01系統」。その車窓から、川崎の歴史が見えてくるかもしれない。

140 荷主研究者 :2009/06/14(日) 17:35:43

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200905130003.html
'09/5/13 中国新聞
より便利なバスへ実態調査
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県府中町は、町内で運行するコミュニティーバス「つばきバス」について、乗客を対象にした実態調査を初めて実施する。町民の利用ニーズを把握し、効率的で利便性の高い運行に向け、ダイヤや運行ルートの見直しを検討する。

 調査は6月8―14日、乗客3000人を対象に実施する。町の臨時職員がバス車内で、乗客から乗降地点を聞き取り、49カ所ある停留所ごとの利用者数を集計する。

 6月末までに調査データを集計。利用の多い区間や停留所を把握し、路線延長や変更、バス停の拡充などの検討材料とする。

 町は2003年10月、町の南北を結ぶ公共交通として、つばきバスの運行を始めた。現在、イオンモール広島府中ソレイユを発着点に町内を8の字で巡る。

 08年度の利用者数は約19万9000人と、04年度の約15万人に比べ3割以上増えている。町総務課は「ソレイユのオープンもあって乗客が増えた。調査を踏まえ、より便利な運行形態を探りたい」としている。

【写真説明】広島県府中町が利用実態調査を進める「つばきバス」

143 千葉9区 :2009/06/20(土) 10:00:52
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/103542
東国原知事に出馬依頼? 入閣打診? 古賀選対委員長 23日に宮崎入り
2009年6月20日 05:25
 次期衆院選出馬か‐。自民党の古賀誠選対委員長は23日、宮崎県庁を訪れ、東国原英夫知事に次期衆院選などでの自民党応援を要請する。麻生太郎内閣の支持率が低迷し、起死回生策を模索する自民党は、次期衆院選で東国原知事を担ぎ出したい意向で、出馬要請のほか、総務相就任の打診をするのではとの憶測も呼んでいる。

 古賀氏は例年、日本遺族会会長として沖縄戦の「慰霊の日」の23日は沖縄入りしていたが、今回はその日程をキャンセルしてまで宮崎を訪問。古賀氏は知事の担ぎ出しに意欲的とされ、会談で出馬要請するのではないかという見方がある。また、支持率低迷の打開策として、最大派閥・町村派などが求めている内閣改造での、総務相就任を働き掛ける可能性も取りざたされている。

 昨年秋に浮上した東国原知事の「国政転身」話は、県民の反発もあって終息。しかしその後もくすぶり続け、開会中の宮崎県議会一般質問でも「衆院選に出馬されるか否かを明言していただきたい」とただされ、「今のところ考えていない」と繰り返し答弁している。

 自民党宮崎県連幹部の県議は「国政に行きたいという気持ちはあると思う。次期衆院選で自民党が勝てそうなら知事も出るだろうが、厳しい状況。出馬はないのではないか」。東国原知事は19日、取材に対し、古賀氏との23日の会談について、「分かりません」と言葉を濁した。

=2009/06/20付 西日本新聞朝刊=

144 千葉9区 :2009/06/20(土) 10:01:22
↑まちがえた・・・

145 千葉9区 :2009/06/21(日) 17:48:18
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090621ddlk40070302000c.html
なるほドリ:福岡市街、なぜバスが多いの? /福岡
 ◆福岡市街、なぜバスが多いの?

 ◇路面電車と入れ替わり 市内全域を1日に1200台、京都市の稼働台数の倍
 なるほドリ 福岡市の天神で買い物、ヤフードームで野球観戦と、どこに行く時も路線バスは便利だね。それにしても街中にバスが多いと思うのは気のせいかな。

 記者 福岡の路線バスと言えば西鉄バス。1日約1200台が市内全域を走っています。大型バスは全長約11メートルあります。天神と博多にはバスセンターがあり発着が集中するため、特に多い印象を受けるようです。

 Q それって他の街と比べてどうなの?

 A 例えば同じ政令市で、人口も140万人超とほぼ同規模の京都市と比べてみると、シェアの85%を占める市交通局の路線バスの1日当たりの稼働台数は約670台。西鉄バスの約半数です。京都市の面積が福岡市の2・4倍あることを考えると、やはり福岡のバスは多いですね。

 Q なぜ、そうなったの?

 A シーサイドももち(早良区)や人工島(東区)といった鉄道沿線でない場所で臨海再開発が進んだ影響もあるそうです。鉄道に比べ都市高速が充実しているため、これらの地域の人口増に応えて、天神や博多とつなぐ路線バスが増えていきました。

 Q 福岡では昔からバスが市民の足だったんだよね。

 A いいえ、かつては西鉄の路面電車が市内を縦横に網羅していました。でも、モータリゼーションの波に押されて79年に全線廃止になりました。今も道路の通称で残る城南線は、75年に廃止された路線です。路面電車と入れ替わる形でバス網が発達しました。

 Q 東京や他の都市はいろいろな会社や公営のバスが走っているよね。

 A 西鉄は第二次大戦中の42年、国の方針で私鉄5社が合併して誕生し、終戦までに県内のバス事業者43社も統合しました。戦後も分割されず、日本有数の私鉄に成長しました。現在、県内では西鉄グループ以外に4事業者が路線バスを運行していますが、郊外中心で路線数も限られています。一方、東京でも戦中は私鉄が統合されましたが、戦後に分離しています。

 Q 道理でバス停もたくさんあると思ったよ。

 A 市内に約900カ所あります。バス停には名前と次の停留所が書いてあり、当たり前ですが一つ一つ違うので、すべて専門の会社が作っています。丸い金属板のバス停は職人さんによる手書きも多いそうですよ。バスを待ってる間に確かめて見て下さい。【回答・門田陽介】

==============

 ◇身近な質問をお寄せください
 〒810−8551(住所不要)毎日新聞「なるほドリ福岡」係(fuku‐shakaibu@mbx.mainichi.co.jp)

〔福岡都市圏版〕

148 千葉9区 :2009/06/23(火) 21:44:54
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20090623/CK2009062302000108.html?ref=rank
新宿 伊勢崎 高速バス運行 来月17日から1日10往復予定 新たな需要開拓へ
2009年6月23日


 ジェイアールバス関東(東京都)は7月17日から、伊勢崎市中心部と東京・新宿を結ぶ高速バス新路線の運行を開始する。運行本数は1日10往復を予定する。同社は「東京への移動が不便な地域に新路線を設定することで、ビジネス客や買い物客などの新たな需要を開拓したい」と意気込んでいる。  (中根政人)

 運行区間は、伊勢崎市の伊勢崎西部公園から伊勢崎市中心部を経由し、埼玉県から関越自動車道へ入り、JR新宿駅新南口に至る約百キロ。停留所のうち、伊勢崎西部公園と伊勢崎市役所、伊勢崎市民プラザには専用の無料駐車場を確保。自家用車からバスへの乗り継ぎを円滑にする「パークアンドライド」による利用促進を図る。

 利用料金は片道二千円だが、高速バスネットで購入すると5%引きの千九百円となる。運行開始日の七月十七日から三十一日までは、開業キャンペーンの特別運賃として、片道千五百円(高速バスネット購入は千四百三十円)で利用できる。

 同社は「開業当初から運行本数を多く設定するのは極めて珍しいケース。東京と群馬を結ぶ新たな交通機関として、幅広い目的で利用してほしい」と期待を込める。

149 とはずがたり :2009/06/23(火) 22:06:20
>>139
亀レスだがこんなの赤字に成らない方が可怪しい。
なんか利権でもあるんちゃうか。
10人の為に地元企業や住民への配慮など不要ではないか。

150 千葉9区 :2009/06/23(火) 22:40:59
>>149
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%8D%E8%A8%B1%E7%B6%AD%E6%8C%81%E8%B7%AF%E7%B7%9A
免許維持路線

これに違いますやろか?

151 とはずがたり :2009/06/23(火) 22:44:19
それそれ,それっす。そんな奴イメージしてました。
いつかも書いたけど近鉄が京都〜奈良の24号線上(たしか近鉄京都線ではなくJR奈良線沿い)を一日1往復路線バス走らせてるバス停に邂逅した時の驚きは忘れられないっす。

153 千葉9区 :2009/06/28(日) 15:24:23
http://www.asahi.com/business/update/0625/SEB200906250012.html
当たり出たら、タクシー初乗りタダ 同業者の反発で中止
2009年6月27日19時31分
 タクシー大手の第一交通産業(北九州市)が領収証の裏に「当たり」が出たら、次回の初乗り料金650円分を無料にするキャンペーンを始めようとしたところ、地元のタクシー業者の猛反発にあい、取りやめることになった。

 キャンペーンは7月から2カ月間の予定で、宣伝のチラシも準備していた。北九州市や福岡県行橋市、苅田町の約600台で始め、効果があれば他地域にも広げる予定だった。はずれの領収証を5枚集めて郵送しても抽選で商品券などが当たる仕組みだった。

 だが、地元業者から「大手が事実上の値引きに走ると困る」という声があがった。田中亮一郎社長が北九州地区と福岡県のタクシー協会長を兼務していることもあり、地元の声に配慮したという。田中社長は25日の会見で「判断が甘かった」と話した。

 第一交通グループはタクシー約6700台を持ち、保有台数では国内最大手。過去にも「シール」を集めると抽選で商品が当たるなどのキャンペーンをしたことがある。

154 荷主研究者 :2009/06/28(日) 19:12:07
>〇七年度の都市圏バス利用者は三千五百六十万人で、二十年前からほぼ半減
1日当たり約9万8千人の利用者があるわけか。都心部に位置する熊本交通センターは、高速バスと路線バスを合わせた発着便数が日本一を誇っているし、熊本都市圏はバス輸送への依存が高そうだ。JRや熊本電鉄が都心の外延部を走り不便なため、バスや路面電車の利用が多くなるのだろう。

http://kumanichi.com/news/local/main/20090520007.shtml
2009年05月20日 熊本日日新聞
熊本市営バス「民間へ全面移譲」 検討協答申案

 熊本都市圏バス網の今後を考える熊本市の「バス交通のあり方検討協議会」(会長・坂本正熊本学園大学長)は二十日午前、市国際交流会館で第五回会合を開き、「市営バス事業の民間事業者への全面移譲」を盛り込んだ中間答申案を了承した。厳しい環境にある路線バス事業改革は長年の懸案だったが、その方策として市営バスの全面移譲が打ち出されたのは初めて。

 協議会は幸山政史市長の諮問を受けて、バス事業の運行体制の在り方などについて本年度末に最終答申をまとめる予定。ただ大幅赤字を抱える市交通局が、本年度中に自治体財政健全化法に基づく経営健全化計画を策定しなければならないため、市営バスに関して前倒しで方向性を示した。

 答申案は「厳しい経営環境の中、競合路線では利用者の利便性より収益増の観点で運行ダイヤが組まれ、運行間隔が不均等など利用しやすい環境になっていない」と指摘。民間事業者の体力強化や市交通局の経営健全化などにつながる方策として、民間への市営バス路線の全面移譲を挙げた。

 ただ「各事業者が独自に運行する現状ではサービス向上などの目的達成は難しい」とも強調。民間側に対しても、九州産交バスと熊本電気鉄道、熊本バスの三社が市営からの移譲路線の受け皿として共同出資で設立した「熊本都市バス」が中心的役割を果たして運行体制の再編を図ることが重要、と求めている。

 市営バスについて、幸山市長は昨年十二月市議会で「経営の健全化が喫緊の課題」として同協議会や市議会の議論を踏まえ、廃止を含めた方向性を二〇〇九年度中の早い段階に示すと明言している。

 坂本会長は近く幸山市長に中間答申書を提出予定。市は早ければ六月定例市議会(十二日開会)の会期中にも最終判断を示す可能性がある。

 〇七年度の都市圏バス利用者は三千五百六十万人で、二十年前からほぼ半減。十年前の四千八百万人と比べても三割近く落ち込んでいる。(前田克)

155 荷主研究者 :2009/06/28(日) 19:29:23

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/164092_all.html
2009年05/10 08:14 北海道新聞
中古車両で経費節減 北海道中央バス 年間30−40台導入

 北海道中央バス(小樽)が、中古車両の導入に乗り出した。今年一月から購入を開始してすでに約四十台を調達。利用減と燃料費の高止まりなどで業界全体が苦戦する中、道内最大手の同社も車両更新のための経費の大幅な圧縮を図る。

 同社は路線バス用に約九百台の車両を保有し、例年六十台程度の新車を購入しながら更新を進めてきた。

 しかし、昨年度は新車を三十台程度にとどめ、中古車を初めて本格的に採用。今後も年間で三十−四十台程度の導入を予定している。

 同社によると、新車は一台約二千万円するが、中古は外装の変更や暖房設備の増強などを含めても四百万円程度。このためジェイ・アール北海道バスや、じょうてつなど同業他社は以前から中古車を取り入れている。

 初年度の償却費で比べても、新車が約一千万円なのに対し、中古は二百万円程度と当面のコスト削減効果が大きい。

 経営環境が厳しさを増す中、中央バスでも従来の新車による更新では融雪剤で腐食が進んだ車両の早期更新が難しくなりつつある。さらに、昨年の札幌の路線バス存廃問題を受け、一層のコスト圧縮を図る必要性があると判断した。

 ただ現在、市場に中古車両が多く流通しているのは、二〇〇三年に首都圏を中心に排ガス規制が強化され、東京などで使用できなくなったバスが出回っているため。

 同社は「大量に流通するのもあと三年程度」とみており、数年後には再び車両更新が必要となるため、引き続き新たなコスト削減策を迫られることになりそうだ。

157 荷主研究者 :2009/07/12(日) 00:26:03

http://kumanichi.com/news/local/main/20090605005.shtml
2009年06月05日 熊本日日新聞
熊本市営バス「民間に全面移譲」へ 市長表明

熊本市役所前を走る熊本市営バス=5日午前(横井誠)

 幸山政史熊本市長は5日、赤字運行を続ける市営バスを2016年4月までに民間バス事業者に全面移譲する方針を表明した。具体的な移譲先としては、民間事業者3社が共同出資して設立、今年4月に運行開始した「熊本都市バス」(熊本市、山内清宏社長)への移譲を念頭に置いていると説明した。

 本年度策定する7カ年の交通事業経営健全化計画に盛り込む。

 市交通局の累積赤字(07年度)は利用者の減少などで約46億円。公営企業の経営健全度指標である「資金不足比率」は158%と、国の基準の20%未満を大きく超過。自治体財政健全化法に基づき、市は本年度中の健全化計画策定を義務付けられている。

 幸山市長は同日午前の市議会議会運営委員会で、「将来にわたって利便性の高いバス交通サービスを提供するため、官民一体の協力体制の下で全面移譲を進める」などと説明した。

 一方、市電については定時性の高さや観光資源、環境面への配慮などから「魅力アップに努める」と述べ、引き続き市内交通の基軸と位置付けた。

 議運委後の会見で、幸山市長は段階的に移譲を進める考えを示し、「利便性低下につながらないよう、市は公共的役割を十分認識しながら移譲を進める」と強調した。

 市営バスは1927年に運行開始。17路線を運行中で、累積赤字は10億3000万円(07年度決算)。職員の退職金補助や生活路線維持などの名目で、市が毎年10億円超を一般会計から繰り出している。

 市営バスをめぐっては熊本都市圏のバス交通のあり方を考える検討協議会が民間への全面移譲を盛り込んだ意見書を5月下旬、同市長に提出していた。(前田克)

158 荷主研究者 :2009/07/12(日) 19:02:28

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/100725
交通量多い国道 70センチの歩道に客 危ないバス停移設 飯塚市の「笠松陸橋」
2009年6月7日 01:26 西日本新聞

駐車場スペースに移設されたバス停「笠松陸橋」 交通量が多い国道脇にあった飯塚市立岩のバス停「笠松陸橋」が、近くの駐車場の一角に移設された。国道脇の歩道はガードレールまで約70センチ。それまで、危険と隣り合わせでバスを待つしかなかった。近くの飯塚署に3月赴任し、移設を発案した東高幸副署長(55)は「これで乗客は安心できるでしょう」と胸をなで下ろしている。

■近くの駐車場の一角に

 以前のバス停は、国道201号の「立岩」交差点から約100メートル東に位置し、標識はガードレールのすぐ外側にあった。飯塚市と田川市を結ぶ国道は大型トラックも頻繁に走り、国交省北九州国道事務所によると、平日午前7時−午後7時の交通量は約1万7000台に達している。

 西鉄バス筑豊(飯塚市)によると、設置の経緯は不明だが、少なくとも7年以上前からあったという。1日の乗降客は2、3人。このほど、バス停が移設された駐車場で待つこともあり、運転手も駐車場前でバスを止め乗降させていた。

 だが、東副署長は4月上旬、通勤途中に、バス停前の歩道でお年寄りがバスを待っている場面を目撃。同署は会社に移設を要望した。約14メートル離れた駐車場の理容室オーナーも利用を快諾、5月下旬に移設された。

 東副署長は「足腰の弱いお年寄りが車道側に倒れたらと思うとぞっとした。危険を放っておけなかった」と話している。

=2009/06/07付 西日本新聞朝刊=

161 荷主研究者 :2009/07/12(日) 20:38:43

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906120042.html
'09/6/12 中国新聞
福山市がバスの乗り継ぎ拠点
-------------------------------------------------------------------------------
 福山市は11日、市東部の8住宅団地とJR福山駅を結ぶバス路線の中継拠点「東部地域乗り継ぎターミナル」を来秋から運用する方針を示した。市内では北部、南部、西部に続き4カ所目。地域ごとに中継拠点を構え、住民ニーズに沿って路線を見直す市のゾーンバスシステム計画が最終段階に入った。

 市によると、福山駅から約8キロ東の伊勢丘3丁目バス停を拡張整備し、ターミナルとする。駅と幕山台、青葉台など8団地を結ぶ約30路線を再編した上で、駅―ターミナル間は15分間隔でバスを発着させ、団地内はできるだけ奥の方まで巡回させたい考え。運行する車両の規模やダイヤなどをバス事業者2社と調整している。市役所で同日開いた市生活バス交通利用促進計画推進委員会で報告した。

162 千葉9区 :2009/07/27(月) 20:06:18
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090727dde041040042000c.html
東京バス協会の自民入党あっせん:あっせん取りやめ、協会が決定
 国土交通省関東運輸局所管の公益法人・東京バス協会(村上伸夫理事長)の総務部長が、会員のバス会社に対し社員らの自民入党や党費納入をあっせんしていた問題で、同協会は27日、あっせんを取りやめることを決めた。協会は東京都から年約150億円の補助金を受けており、「政治的中立性を求められる中で誤解を招いた」と説明している。

 総務部長は、毎年11月下旬、バス協会名義の文書で各社に継続党員の党費納入を求め、新規党員も募っていた。

 あっせんは10年以上前から行われていたとみられ、昨年は10社余りから40人ほどの党費支払いを受けていた。【長谷川豊】

毎日新聞 2009年7月27日 東京夕刊

163 荷主研究者 :2009/07/27(月) 23:33:56

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20090626/CK2009062602000017.html
2009年6月26日 中日新聞
伊那−新宿線の高速バス廃止 運行3社が来月末で 市は継続要望へ

7月末で廃止となる南アルプス号。高遠駅からこの便には2人が乗り込んだ=伊那市高遠町で

 伊那市高遠町、長谷と東京・新宿を結ぶ高速バス「伊那里・高遠−新宿線(南アルプス号)」を運行するジェイアールバス関東など3社が、同路線を7月末で廃止することが分かった。同市は3社に継続を求める意向。

 同路線は高遠さくらホテルか長谷の伊那里と新宿駅を結び、南アルプス登山口や高遠町中心部などを経由する。同社が1日2往復の定期運行を2001年に始め、05年には伊那バス、京王電鉄バスと共同で1日4往復に。07年3月に1日3往復に減便した。

 ジェ社中央道統括支店(伊那市)によると、今年5月の乗客は1便平均10人だが、採算が取れるのは20人。同社だけで年間約3000万円の赤字が出ており「観光ツアーを組むなど利用増に努めたが、(廃止は)やむを得ない」と説明する。

 廃止に伴い、中央高速バス(新宿−駒ケ根など)から伊那−高遠、長谷を走る路線バスへと乗り継ぐ場合の割引や、乗り換えのモデルとなるダイヤの設置などを3社で検討していくという。実施の時期は「法律上の制限もあり、7月末には間に合わないかもしれない」とした。

 廃止の報告を受け、高遠町地域協議会は今後、委員の意見を集約し市に提出する予定。路線の継続を求めるとともに、不可能な場合でも桜や紅葉の時期などの季節運行などを求める方針。

 (荒井隆宏)

164 荷主研究者 :2009/07/28(火) 00:10:21

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907070257.html
'09/7/7 中国新聞
可部線の代替バスを減便へ
-------------------------------------------------------------------------------
 広島県安芸太田町は6日、JR可部線の可部―三段峡間の廃止に伴う代替路線バス「急行便」について、1日3・5往復から1・5往復に減便する方針を明らかにした。10月にも実施し、運行補助経費を年1千万円以上圧縮する。

 この日の町地域公共交通会議で了承された。

 上りは、三段峡発の1日4便を2便に、下りの可部発は3便を1便に減らす。

 三段峡―広島バスセンター間を走る「在来便」(1日7・5往復)のダイヤを見直し、急行便が減便する時間帯をカバー。在来便と同じくすべてのバス停で乗降できるようにする。

 町によると、急行便の運行に伴う補助金の支給額は2008年度で2400万円だった。町は「経費面から急行便の減便は急務。利用実態に合った運行方法にする」としている。

165 荷主研究者 :2009/07/28(火) 00:11:44

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907110059.html
'09/7/11 中国新聞
高速道1000円にバス会社苦慮
--------------------------------------------------------------------------------
 高速道路の通行料大幅割引に伴いゴールデンウイーク(GW)に発生した山陽自動車道の渋滞で、広島市内と広島空港(三原市)間約50キロを結ぶリムジンバスが、6日間に181便も欠便していたことが11日、分かった。8月のお盆時期を控え、バス各社は「また大渋滞が予想されるが、打つ手がない」と頭を抱えている。

 欠便は、土日祝日は千円で乗り放題の「休日割引制度」が導入され、初めて迎えたGWで相次いだ。対象は4月29日と5月2〜6日。事故の影響も加わり、山陽道の広島県内区間は、連日15キロを超す大渋滞が発生した。

 このため、リムジンバスを運行する5社は激しい渋滞時に運行を断念した。欠便が最も多かったのは5月4日の44便で、1日の運行便数約170便の約4分の1。発着場の一つJR広島駅北口(広島市南区)では、幹事会社の広島電鉄(広島市中区)の担当者たちが利用者に対し、山陽線で空港最寄りの白市駅まで行き、空港連絡バスに乗り換えるよう誘導した。

 お盆期間中の渋滞対策として、国土交通省は8月6、7、13、14日の木、金曜日の平日についても、上限千円の割引を実施することを決めた。有料道路課は「今後もできるだけ交通量が集中しないよう対策を取る」との方針だ。

【写真説明】広島市内と広島空港を結ぶリムジンバスが欠便するなど高速バスの運行に支障が出た山陽自動車道の渋滞(上が広島市方面)=5月2日午前11時10分、東広島市の志和インター付近(撮影・浜岡学)

166 荷主研究者 :2009/07/28(火) 00:12:11

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907110017.html
'09/7/11 中国新聞
甲奴―三次バスの利用低調
-------------------------------------------------------------------------------
 三次市が4月から6カ月間の試験運行をしている甲奴町と市中心部を結ぶ直通バスの利用が伸び悩んでいる。折り返しとなる3カ月間の平均乗車密度(暫定値)は0・8人に満たず、本格運行への目安の2・0人以上を下回る。市はJRと比べて割高な運賃が原因とみて、住民ニーズに対応したダイヤ変更も検討している。

 試験運行は4月6日から始め、9月末まで。1日2往復でJR甲奴駅とJR三次駅や市立三次中央病院など市中心部を結ぶ。三次高に通学する生徒の利便性やJR福塩線の時刻などを配慮し、ダイヤを設定したが、利用を見込んだ生徒や通院の高齢者などが少なく、同密度は4月0・76人、5月0・79人、6月0・76人にとどまる。

 市は、甲奴駅―三次駅の運賃がJRの570円に対し、バスは950円と380円割高で、定期もあるがJRに比べて高く、毎日の通学には負担が大きいのが要因とみる。

【写真説明】利用が伸び悩んでいる、甲奴町と市中心部の直通バス

167 とはずがたり :2009/07/28(火) 00:37:18
>>164 >>166
厳しいねぇ。。

168 千葉9区 :2009/07/29(水) 22:19:16
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/syuin/08/News/hiroshima/Sh09072901.html

緩和か強化か 規制迷走、タクシー困惑 '09/7/29

--------------------------------------------------------------------------------


 ▽乗務員「生活に不安」 参入業者「努力が無に」

 平日午後、JR広島駅(広島市南区)北口のタクシー待機場に客待ちの車がぎっしり並ぶ。小型車42台分の停車スペースから、数台がはみ出して止まる。

 「今日はまだまし。多い時は市道に100メートル以上の列ができる」。市内のタクシー会社の男性運転手(47)はあきれたように話す。「客が乗るまで1時間待つこともざら。以前はそんなことは少なかった」

 早朝から未明まで20時間近く働く。手取りは月14万円。息子2人が大学、高校受験を控え、共働きの妻の給与を合わせても「将来に不安を感じる」という。

 「競争原理なじまぬ」

 乗務を始めた12年前、手取りは25万円あった。新規参入や増車、運賃設定の規制が緩和された2002年以降、収入は下降線をたどる。昨秋からの不況も追い打ちを掛けた。「自由化で市場が広がるわけじゃない。業界に競争原理はなじまない」

 小泉内閣の構造改革路線の下、02年の道路運送法改正でタクシー業界の競争は激化した。新規参入組を交え、各社が増車や運賃値下げに走った。中国地方でも車両が10%余り増加。一方、客数、輸送収入は5%以上減った。乗務員の賃金低下、長時間労働に加え、客待ちの違法停車などが問題になった。

 「過当競争でやっていけない」。業界の訴えを受け、国は規制強化に乗り出す。10月に新法を施行し、供給過剰の地域では各社が協調して適正な台数を決め、減車に取り組むのを認める。低運賃への審査も厳しくなる。

 増車抑制「意欲そぐ」

 規制強化には批判の声も上がる。「一律の増車規制は経営努力を無にする」。04年に参入した日の丸交通(広島市安佐南区)の松岡貴博社長(28)は憤る。

 同社は、広島地区で最も安い初乗り(1・5キロ)520円の運賃設定に加え、素早い配車などで顧客を広げてきた。当初10台の車両数は22台に増加。松岡社長は「増車ができなくなれば、やる気のある業者の意欲をそぐ」と疑問を投げ掛ける。

 広島市中区の病院でタクシーを待っていた東広島市の無職女性(86)は、見舞いのため週1回、JR広島駅との往復に利用する。「安い運賃はうれしい。でも道に詳しい運転手さんをそろえるなどサービスも充実を」と望む。

 揺れ続けるタクシー規制。今回の再強化で課題は解決するのか―。先は見通せない。(畑山尚史)

 ●クリック タクシー規制の変遷

 サービス向上を目的に2002年2月、需給調整に基づく免許制から、原則自由に新規参入、増車ができる許可制に移行した。中国運輸局によると08年度末の中国5県のタクシーは計1万4717台で、規制緩和前の01年度末から10・6%増加。輸送人員は8・5%減、輸送収入は9・4%減った。

 国は規制緩和を見直し今年6月、タクシー事業適正化・活性化特別措置法が成立。10月に施行されると、国土交通相が供給過剰と認める地域は、業者が協調して減車しても一定の条件を満たせば独禁法違反にならない。

【写真説明】JR広島駅前で客待ちをする男性運転手。1時間待つこともあるという=広島市南区(撮影・高橋洋史)

169 千葉9区 :2009/08/02(日) 02:02:09
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/detail/20090801-OYS1T00351.htm
西鉄高速バス減便へ、1000円高速 影響ずしり
 西日本鉄道は31日、自動料金収受システム(ETC)割引による高速道路のマイカー利用増加で収益が悪化したとして、高速バス全体(輸送量ベース)の4%を9月1日までに減便すると発表した。竹島和幸社長は「路線網を維持するには経費を削減する必要がある」と述べ、路線バスなどを中心に今後もさらなる減便を検討する考えを示した。

 福岡空港発着の4路線(荒尾、小倉、久留米、佐賀)は、4〜6月の輸送人員が前年同期より1割強減った。このため、平日で計14往復、土・日・祝日で16往復減らす。平日の小倉線は27往復から22往復になる。

 福岡―小倉、福岡―直方、北九州―長崎、福岡―宮崎(夜行便)、福岡―熊本の5路線も平日で計11往復、土・日・祝日で14往復減らす。

 今回の減便によって、年間約6000万〜7000万円の経費削減になる。人員削減は検討しないという。

 JR九州はお盆予約2割減
 JRと航空各社は31日、お盆期間中の予約状況を発表した。自動料金収受システム(ETC)を使うと高速道路を1000円で利用できる割引制度や不況の影響で、予約は前年より大幅に落ち込んだ。

 JR九州の8月7〜18日の指定席予約数(7月30日現在)は、九州新幹線、在来線合わせて23・1万席で、前年比約2割減。

 予約率は九州新幹線が24・1%(前年比8・8ポイント減)、在来線が39・6%(同9・5ポイント減)で全体的に低迷している。

 ピークは下りが8月12、13日、上りが16日。

 一方、山陽新幹線は予約率45%(同12・4ポイント減)で、ピークは下りが12日、上りが16日になる見通し。

 航空各社の福岡発着便の予約(7〜16日)は、全日空の13路線が前年比4・7%減の18万4000人(予約率63・1%)、日本航空の16路線が1・9%減の17万2000人(68・0%)にとどまっている。

(2009年8月1日 読売新聞)

170 とはずがたり :2009/08/04(火) 12:15:42
高速バス王国九州はピンチなんですねぇー。
鳥栖〜福岡〜北九州は無料化対象から外してもええんちゃうか。

「1000円高速」広げないで 九州のバス業界が要望
2009.5.27 19:32
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090527/sty0905271934004-n1.htm

 九州バス協会(会長・竹島和幸西日本鉄道社長)は27日、マイカーなどを対象にした「高速道路1000円乗り放題」の影響で高速バス利用者が激減した上、渋滞が増えて運行に支障が出ているとして、政府が検討する割引拡充に反対する要望書を国土交通省などに提出したと明らかにした。

 政府は土日祝日だけを対象としている高速道路料金の大幅割引を、8月のお盆と年末年始の平日にも拡充することを検討中。同協会によると大型連休期間中の高速バス利用者は、前年比約12%減と「経験したことのない落ち込み」(竹島会長)を記録した。

 同協会は「このまま利用者が減り続ければ、大幅な減便や路線廃止に踏み切る業者も出てくるだろう」と危機感を募らせている。

171 千葉9区 :2009/08/04(火) 21:46:28
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000908040001
茨城交通が新体制 路線・高速バス柱に
2009年08月04日

 経営破綻(は・たん)した茨城交通は3日、新たな経営体制を発表した。新社長には再生を手がけてきた「経営共創基盤」(東京都)の松本順取締役(47)が同日付で就任した。松本氏は「これまで以上に地域の公共交通発展のために努力をしていく」と語った。


 茨城交通は経営共創の完全子会社「みちのりホールディングス(HD)」から4億5千万円の出資を受け、今後、設備投資などをして事業展開していく。みちのりHDは福島交通にも出資しており、松本氏が社長を務めている。


 松本氏は今後の経営について、収入の柱には路線バスを中心とした「乗り合いバス」と、「高速バス」を中心にするとの方針を示した。相対的に「貸し切りバス」の比重は小さくなるとみられる。


 乗り合いバスでは、車両の更新を課題に掲げたほか、路線やダイヤごとに収入を把握するシステムを導入して、採算性の向上につなげる考えを示した。高速バスでは、新規ルートの開拓や新車の導入などにより、安定的な収益確保を目指すという。


 赤字路線について、松本氏は「廃止を検討する前に、乗る人を増やせないかを検討する。廃止する場合には地域と協議する」とし、経営母体の変化による急激な事業見直しはないことを強調。人員削減もしない方針だという。

172 とはずがたり :2009/08/07(金) 23:03:46
659 名前:永江聡[] 投稿日:2009/08/07(金) 23:00:21
JR深名線の路線バス廃止

173 荷主研究者 :2009/08/09(日) 22:42:57

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/07/20090712t72030.htm
2009年07月12日日曜日 河北新報
高速バス、東北乗り放題 「3日間パス」12月から3カ月

 東北6県の高速バスの各路線が3日間乗り放題になる共通パスが、12月から3カ月間の期間限定で登場する見通しとなった。国内外からの観光誘客の拡大やバス事業の活性化につなげようと、東北観光推進機構や東北運輸局などが実証実験を呼び掛け、各県のバス会社も大筋で参加の意思を示した。本格的な事業化は実験結果を踏まえて検討される見通しだが、東北の広域観光を後押しする強力な「武器」として注目されそうだ。

 実験案によると、共通パスは名称が「東北オクトパス(仮称)」。仙台を中心に、各拠点都市からたこ(英語でオクトパス)足状に路線が延びる東北の高速バス網をイメージした。

 高速バスのほぼ全路線と、幹線道路を使う一部の都市間バスをカバーする方向で最終調整している。

 価格は、大人9000円を予定。11月ごろからバス会社の窓口や旅行会社で販売することを想定している。需要が急増する年末年始は実験期間から除かれる見通しだ。

 広大な面積に見どころが点在する東北の広域観光は、駅や空港と観光地、観光地と観光地を結ぶ「2次交通」の整備が課題とされる。「国内だけでなく海外からの旅行形態も団体から個人へと移りつつあり、使い勝手がよい仕組みづくりが急務」(東北観光推進機構)となっていた。

 東北運輸局が1月、東北の高速バス利用者約730人を対象に行ったアンケートでは、乗り放題パスがあれば使うという回答が60%以上を占めた。三大都市圏の住民を含めたインターネット調査でも設定価格次第ではニーズが高いことが判明。運輸局などは「新規需要の開拓が見込める」と判断した。

 東北の一般路線バスの利用者は減少傾向が続いているが、高速バスの利用者は年々増加している。ただ、ここにきて、高速道路の自動料金収受システム(ETC)利用車を対象にした高速料金の休日割引制度の影響で伸びが鈍化。バス業界にも新たな利用促進策を求める機運が高まったとみられる。

174 荷主研究者 :2009/08/09(日) 22:47:48

http://kumanichi.com/news/local/main/20090713008.shtml
2009年07月13日 熊本日日新聞
バス4社と熊本市交通局、IC乗車券の導入検討

 県バス協会は13日、県内の民間バス4社と熊本市交通局でのICカード型乗車券の導入に向け、検討を始めたことを明らかにした。対象路線や導入時期、ICカードの機能を運賃支払いに限るか、小売店などでも使える電子マネー機能を付加するか−などについて協議を進める。

 熊本市内を走る路線バスと熊本市電は1997年から順次、計4億9400万円を投じて磁気式の共通プリペイドカード「TO熊[ゆう]カード」を取り入れた。2007年度の同カード利用額は計30億8千万円で、対象路線・市電の運賃収入の41・6%を占めるという。

 車両に設置された読み取り機が5年後に更新時期を迎えることから、ICカードへの切り替えを検討することにした。

 県バス協会などによると、ICカード型乗車券は乗降時に機器にかざすだけで運賃が決済される。定期券も発行できるという。熊本電気鉄道は鉄道、市交通局は路面電車への導入も想定している。

 ICカード導入には「億円単位の費用が必要」(同協会)となるため、国の補助制度を活用する方針。電子マネー機能付きICカードの運用を始めた西日本鉄道(福岡市)などのシステムを共同利用することも検討する。

 九州では運賃決済に限定したICカードを北九州市と長崎、宮崎、鹿児島県内の事業者が導入している。県バス協会の新居唯一専務理事は「磁気式カードの更新では時代に対応できない。利便性向上にはICカードが不可欠」と話している。(中原功一朗)

175 荷主研究者 :2009/08/09(日) 23:29:32

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/107585
2009年7月9日 00:27 西日本新聞
1000円高速に対抗 高速バスも1000円 福岡─山口・光

 福岡市と山口県光市を結ぶ高速バスを共同運行するジェイアール九州バス(福岡市)など3社は8日、同路線を片道1000円で乗車できる早期購入割引を8月10日から9月末まで実施すると発表した。お盆期間の平日にも適用が拡大となる、乗用車対象の「1000円高速」で乗客減の懸念が強まっており、その対抗策として企画した。

 同社によると、割引対象となるのは「福岡・周南ライナー」で、福岡市と山口県光市間を1日6往復している。福岡‐光の通常運賃は片道3500円で、回数券を利用すれば片道2500円。

 同ライナーは景気低迷に加え、3月末から始まった「1000円高速」により、乗客は、土日・祝日は2割程度減少。バス1便当たり(定員約40人)の搭乗が10人前後に落ち込んでいる。

 さらに、「1000円高速」が8月のお盆前の平日にも4日間、拡大されることから「高速バス利用者が乗用車に流れないよう試行することにした」(運輸部)という。

 利用する便を指定したうえで、乗車の1週間前までに乗車券を予約、購入することが条件。1便につき10席限定とする。他の路線への「1000円バス」割引についても、今回の結果を見て検討する。

 問い合わせはJR九州バス高速予約センター=092(643)8541。

=2009/07/09付 西日本新聞朝刊=

177 荷主研究者 :2009/08/12(水) 18:50:56

http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/200907/20090718000103.htm
2009/07/18 09:33 四国新聞
ハローブリッジ号「2階建て」導入/四国高速バス

四国高速バスがハローブリッジ号に導入した2階建てバス

 四国高速バス(香川県高松市)は17日、香川―首都圏を結ぶ夜間高速バス「ハローブリッジ号」に2階建てバスを導入した。初日の香川発便は満席となっており、同社は「2階席からの景色を堪能してもらい、ひと味違う旅を楽しんでほしい」と話している。

 「ハロー―」はJR丸亀駅―東京・京王八王子駅間を高松、横浜、新宿などを経由して運行する夜行バス。導入する2階建てバス1台は、従来型より約40センチ高い全高3・79メートル、全幅2・49メートル、全長11・99メートル。9席増の計38席(1階8席、2階30席)には、一部を除いて仕切りカーテンを備えている。乗降口近くには車いすを固定できるスペースを確保した。購入額は約8千万円。

 同社と西東京バス(八王子市)の共同運行で、同社の運行便のみ2階建てバスとなる。料金の改定はなく、高松〜横浜が大人7930円〜9500円、高松〜新宿・八王子間が大人8330円〜1万円。

178 荷主研究者 :2009/08/17(月) 22:49:05

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20090816304.htm
2009年8月16日02時38分 北國新聞
まちバス利用、4割が県外客 金沢TMO調査 富山は6割が買い物目的

 JR金沢駅と金沢市中心商業地を結ぶ100円バス「まちバス」の利用者の約4割が県外客で、このうち富山からの乗客の6割が買い物目的、福井の乗客の2割が飲食目的で利用していることが、事業者の調査で分かった。外国人の利用は2%にとどまっている。

 調査は、まちバスを運行する金沢商業活性化センター(TMO)が今年4〜6月、乗客にアンケート形式で実施、525人の回答を基にまとめた。

 利用者の比率は、石川県外者が37・5%と最も大きく、金沢市内在住者33・0%、金沢市外の県内者27・4%と続いた。外国人は2・1%だった。県外者の内訳は、富山が12・2%、福井が6・3%、両県以外が19・0%となった。

 県外者の利用動機は、富山の乗客は59%が買い物、11%が飲食だったのに対し、福井は買い物が52%、飲食が20%で、富山に比べ飲食目的が多かった。乗客の年齢構成は、富山は10〜20代が76%を占め、福井は30〜40代が28%と比較的高かった。両県以外の県外者は観光目的が66%と最も多かった。

 TMOでは、有料運行2年目のまちバスが、県外客に浸透してきたことを裏付ける結果と受け止め、「金沢中心部の活性化のため、今後は県外利用者の50%超えを目標に一層のPRを図りたい」(加納明彦社長)としている。

180 千葉9区 :2009/08/26(水) 20:27:03
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090826/fnc0908261242022-n1.htm
国際自動車が大手初の“免停”へ 2年間、約900台が事業停止
2009.8.26 12:41

 大手タクシー会社「国際自動車」(東京都港区)が運転手に超過勤務を強いるなど道路運送法上の違反があった問題で、関東運輸局は事業許可を取り消す方向で最終調整に入った。早ければ今月末にも処分する。取り消されると最低2年間、同社は所有するタクシーとハイヤー約910台を稼働させられなくなる。

 関東運輸局のこれまでの調べで、業務日誌などから違法な超過勤務が判明するなど複数の違反が発覚。道路運送法では3年間で累積違反が80点以上になると、事業認可が取り消されるという。国際自動車は5月の時点で47点で、今回の違反が認定されると、「80点を超えるのは確実」と関東運輸局は説明する。このため、国際自動車は7月に開かれた聴聞で、業務改善内容を提示するなどし、取り消し回避を訴えていた。

 大手タクシー会社の事業認可取り消しは初めて。ただ、グループ子会社や提携会社の約2400台は対象ではなく、これまで通りの営業を続ける。

181 とはずがたり :2009/08/26(水) 20:28:41
>>180
やっとかい。
こういうの積み重ねていかないと,超過労働もタクシーの過剰も無くならない。

182 荷主研究者 :2009/08/30(日) 18:12:12

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/117442
2009年8月26日 09:09 西日本新聞
ニモカ 全路線バスへの導入完了へ 30日、西鉄グループ

 西日本鉄道(福岡市)は25日、バス、鉄道の乗車券として利用できるICカード「nimoca(ニモカ)」について、西鉄グループが運行するすべての一般路線バス約210路線、約2400台への導入が、30日に完了すると発表した。

 未導入だったのは、福岡県大牟田市など筑後地方や佐賀県鳥栖市などを走る路線。福岡‐小倉など福岡、北九州両市を起点とする近距離の高速、特急バス計17路線への導入も同日までに終える。

 西鉄は来春までに鉄道の貝塚線にも導入、他のバス事業者と共同運行している高速バスへの導入推進も検討する。ニモカの発行枚数は24日現在、約37万枚。

=2009/08/26付 西日本新聞朝刊=

183 荷主研究者 :2009/08/30(日) 18:14:42

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/116714
2009年8月22日 05:33 西日本新聞
伊万里バスセンター 月内閉鎖 西肥自動車 乗降客減や老朽化進み

8月末で閉鎖される「伊万里バスセンター」のビル

 西肥自動車(長崎県佐世保市)は21日、伊万里市唯一のバスターミナル「伊万里バスセンター」(同市新天町)を8月いっぱいで閉鎖すると明らかにした。翌日の9月1日から近くの伊万里駅前に停留所を設け減便などの影響はないというが、市民から「伊万里の交通を長年支えてきた施設がなくなるのは寂しい」との声が上がっている。

 同社によると、2002年5月にダイエーが撤退して以来、ほぼ空きビルとなっているターミナルビル(5階建て)の売却に備えた措置。売却先は未定だが、乗降客数が減少し施設の老朽化が進んでいることもあり、1階にあるバスセンターの閉鎖を決めたという。

 バスセンターは1974年4月、ビルの完成とともに開業。現在、佐世保、長崎県松浦市方面の路線バスや、昭和自動車(唐津市)が運行する福岡市方面への高速バスなどが、平日で計154便発着している。

 バスセンターをよく利用したという市内の主婦(29)は「閉鎖は残念だが、ビルが市街地の活性化につながるような施設に生まれ変わってほしい」と話していた。

=2009/08/22付 西日本新聞朝刊=

184 荷主研究者 :2009/08/30(日) 18:15:43

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/117720
2009年8月27日 01:01 西日本新聞
熊本市内の総合4病院結ぶ 国道57号に新バス路線 熊本市検討協 5事業者が9月から

 熊本市と民間バス事業者などでつくる「バス交通のあり方検討協議会」(座長=坂本正熊本学園大学長)は、9月1日から国道57号(通称東バイパス)を東西に走り、同市内の総合病院を結ぶ「東バイパスライナー」の実証実験を始める。11月30日まで。

 現在、交通センター(熊本市)に一極集中しているバス網を、8つの幹線と環状線などに再編する計画が背景にあり、今回の実験は環状線への乗り換え需要調査が目的。

 市交通計画課によると、「ライナー」は市交通局のほか、九州産交バス、熊本電鉄バス、熊本バス、熊本都市バスの5事業者が協同で運行。西部車庫(上代)と長嶺団地(長嶺南)を結ぶ。平日のみ、午前7時15分から30分間隔で1日24往復する。

 ほかのバス路線や市電と「ライナー」を乗り換え、乗り継ぐ際は「ライナー」の料金が半額になる。

 経由する病院は、済生会病院(近見)、熊本中央病院(田井島)、市民病院(湖東)、熊本赤十字病院(長嶺南)の4つ。

 同課は「早朝から運行しているので、通勤や通学にも利用して、環状線の便利さを実感してほしい」としている。

=2009/08/27付 西日本新聞朝刊=

189 チバQ :2009/08/31(月) 20:24:34
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090831/biz0908311947020-n1.htm
バス大戦争 三菱ふそう・日産ディvs日野・いすゞ連合が激突
2009.8.31 19:47
 三菱ふそうトラック・バスと日産ディーゼル工業は31日、平成23年1月をめどに、それぞれのバス事業を分離して合弁会社を設立し、統合すると発表した。両社の大型・中型バスの販売台数はここ数年で2〜3割も低下しており、統合によって開発や生産の効率化を図る。新会社のシェアは首位の日野自動車を抜いてトップになる見込みだ。

 バス業界ではすでに、いすゞ自動車と日野自動車が、バスの製造部門だけを統合し、合弁会社を設立している。バス市場が実質的に2陣営態勢に集約されることで、シェア競争が一段と激化するのは必至だ。

 両社は31日、統合交渉を進めることなどを盛り込んだ覚書を締結し、合弁会社設立のための協議を正式にスタートした。合弁会社への出資比率や資本金、従業員数、年間生産計画などはこれから決めるとしている。

 新会社は、両社の国内向けバスの開発から設計、製造、販売までを一貫しててがける予定。両社のブランドをそのまま残すのか、新ブランドに統合するのかは今後、検討する。

 両社はこれまでもバス事業で協力しており、18年7月からは、相互にOEM(相手先ブランドによる生産)供給を実施。三菱ふそうが日産ディーゼルに対して、大型観光バスと大型路線バス(ワンステップとツーステップ)を供給。日産ディーゼルは三菱ふそうに、中型路線バスと大型路線バス(ノンステップ)を供給してきた。

 19年の大型・中型バスの販売実績は、三菱ふそうが1370台でシェアは約26%の3位。日産ディーゼルは670台で約13%の4位だった。両社合わせたシェアは約40%に達する。

 バス市場では14年に、首位の日野と2位のいすゞが50%ずつ出資してバス事業の合弁会社「ジェイ・バス」を石川県に設立。国内向けバスの開発・設計、製造を手掛け、日野といすゞに供給している。製造部門の統合以降、効率化による競争力の強化で販売を伸ばし、シェアを拡大。三菱ふそうと日産ディは、苦戦を強いられ、シェアを落としていた。

 このため、両社では、日野・いすゞ連合に対抗するには、事業統合により、規模拡大と効率化を急ぐことが急務と判断したとみられる。日野といすゞは、販売はそれぞれ個別に行っているが、バス市場は実質的に2陣営態勢となり、少ないパイを激しく奪い合うことになりそうだ。

192 荷主研究者 :2009/09/06(日) 21:35:33

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090826/CK2009082602000190.html
2009年8月26日 中日新聞
連結バスの輸送力期待 10月、浜松市内の主要路線で実証実験

実証実験で乗り心地を試す連結バス=神奈川県内で

 浜松市は10月、連結バスの運行を主要路線で実証実験する。通勤・通学時間帯の輸送力アップを期待し、実際に市内を走らせて課題を探る。25日の市議会建設委員会で説明した。

 実証実験に使う連結バスは、独メルセデス・ベンツ製の定員約130人。通常のバス車両2台をつなぎ、18メートル近い長さが特徴だ。神奈川中央交通(神奈川県平塚市)から車両を借りる。市によると、ほかに国内で運行しているバス事業者は京成バス(東京)のみ。

 期間は10月10〜12日の3日間。10日はJR浜松駅前から中心街を循環し、市民も試乗できるようにする。11日は浜松モザイカルチャー世界博(浜名湖立体花博)の会場と駐車場を結ぶシャトルバスとして運行する。

 11日と12日は、舘山寺線、志都呂宇布見線、山の手医大線など5路線で、バス事業者、国や県の担当者らが試乗する。

 市が検討している将来公共交通ネットワークでは、既存のバス網を再編し、基幹路線と支線などに機能分担する方向にある。基幹路線では急行バスを走らせるほか、需要増加時に連結バスを導入する案が浮上している。このため、交差点やカーブなどでスムーズに運行できるかを見極めることにした。

 初日の一般試乗は、9月20日発行の市広報で募集する。 (後藤隆行)

193 荷主研究者 :2009/09/06(日) 21:38:15

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909010280.html
'09/9/1 中国新聞
高速バスを大分まで延伸
--------------------------------------------------------------------------------
 広交観光(広島市西区)は、広島市と大分県別府市を結ぶ高速バスを10月1日から大分市まで延伸する。現路線の乗客で別府から大分に向かうケースが目立つため。さらに、大分県内の停留所を増やし、沿線の観光地向け需要も掘り起こす。

 広島―別府間が大人片道5500円は現行通り、広島―大分間は同片道5700円。周南市から大分県竹田津港までフェリーを利用しており、竹田津港と大分市間に昭和のまちづくりを進める豊後高田市など7停留所を新設。便数は1日2往復を1往復にする。

 中国ジェイアールバス(広島市南区)は10月1日から、高速バス広島―名古屋線に停留所「不動院」(東区)を新設。出雲―名古屋線には女性専用の3席を設ける。

 また、西日本ジェイアールバス(大阪市)と共同運行の倉敷・岡山―大阪線に両備ホールディングス(岡山市北区)が参加。1日7往復から11往復に増える。

194 荷主研究者 :2009/09/06(日) 21:42:34

http://www.jomo-news.co.jp/news/a/05/news02.htm
2009年9月5日(土) AM07:11 上毛新聞
●敷島公園活用で県、バスターミナル新設

 県は、スポーツ観戦や観光などで多くの県民が訪れる前橋市の敷島公園に、路線バスが発着するバスターミナルを新設してアクセス性を向上する。現在、グリーンドーム前橋までで止まっている1日80便のバス路線を、同公園まで北に1・5キロほど延伸する方向で各バス会社などと協議を進める。

 県都市計画課によると、正田醤油スタジアム群馬南側の緑地帯を舗装してバスの進入路や待機場、利用客の待合所、運転手用休憩所などを建設する。延伸について各バス会社などに意見を求めたところ、前向きな回答が寄せられたという。

 本年度9月補正予算案に約5400万円を盛り込む方針。バス会社などとダイヤ改正などに関する協議を本格化し、来年4月からの供用開始を目指す。

 敷島公園は中学総体や高校総体の開会式などに使われる正田醤油スタジアム群馬や上毛新聞敷島球場、県営プール、バラ園など各種施設が集中し、ザスパ草津、群馬ダイヤモンドペガサスなどプロ競技の開催が増えている。

 一方で周辺に路線バスが少なく、自動車が運転できない高齢者や中高校生、サポーターらのアクセス改善が課題だった。

 路線バスの多くは前橋駅を経由しており、県外観光客の利便性も向上することから、同課は「2年後に本県を対象に行われる国内最大規模の観光PR行事『デスティネーションキャンペーン』にも役立てたい」と話している。

195 荷主研究者 :2009/09/06(日) 21:43:22

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly30.htm
鹿島鉄道 線路跡、寄付申し入れ
2009/09/01(火)茨木新聞 朝刊 県内総合 A版 24頁

石岡市、BRT事業で利用

 鹿島鉄道の線路跡を利用するバス高速輸送システム(BRT)の整備事業で、石岡市は31日、鹿島鉄道から市に線路跡の寄付の申し込みがあったことを明らかにした。定例市議会一般質問で、徳増千尋氏の「石岡駅周辺整備」の質問に関連して答えた。市は近く鹿鉄側の寄付を受け入れる予定だ。

 線路跡については、これまで市と鉄道側が無償譲渡の方向で協議。7月中にも覚書を取り交わす段取りだったが、鹿島鉄道は8月28日、横田凱夫市長あてに「寄付の申込書」を提出。新たに寄付の形で線路跡の譲渡を申し入れた。

 寄付による譲渡は、地域公共交通の利便性向上をはじめ、市のまちづくり事業に幅広く寄与することが目的。同様の申込書は同月25日、小美玉市にも提出され、同市でも受け入れる方向で検討している。

 区間は、BRT事業用地の鹿島鉄道旧石岡駅の軌道敷き起点から旧常陸小川駅までの約7・1キロ。市は開会中の定例市議会に提出した補正予算にバス専用道の整備費などを計上、可決されれば10月末に着工する予定。それまでに寄付を正式に受けるため現在、線路跡の境界線のつき合わせ作業を急いでいる。

196 チバQ :2009/09/13(日) 17:24:07
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000035-san-soci
夜行バスも女性専用 “深夜の密室”怖くない
9月13日7時56分配信 産経新聞

 安価で人気の高速夜行バスで、女性専用車を運行する試みが広がっている。“深夜の密室”ともなる車内では、過去に大阪大准教授や社会保険庁職員の男が女性の体を触って逮捕されるといった事件が発覚しており、「痴漢が怖い」「男性に寝顔を見られたくない」などと不安を抱く女性客のニーズを取り込んでいる形だ。一方、マイカー利用の拡大が予想される高速道路無料化が現実味を帯びる中、業界側も新たな市場の「将来性」に期待している。(宮原啓彰)

 先月から運行を開始した東京と神戸を結ぶ女性専用の高速夜行バス「プルメリア」。運行会社の「平成エンタープライズ」(埼玉県富士見市)は「調査で乗客の半分を女性が占めていることが分かり、女性向けのサービスを考えた」と説明する。

 中心的な女性客の年齢層は20〜30代。プルメリアは低反発素材のシートを採用し、140度まで倒せるよう前後に余裕を持たせた。隣席とはレースのカーテンで仕切ることができる。

 使い捨ての化粧水や乳液を配布するほか、室内着や毛布も無料で貸し出す。乗車料金は6千円からと、バスならではの安さだ。

 プルメリアの乗車率は70〜80%。「他の夜行バスに比べ1〜2割多く、週末は予約でほぼ満席の状態。9月の連休の予約も好調」(同社)という。現在は上下線ともに1日1便の運行だが、「便数を増やしてほしい」との要望も寄せられている。

 女性専用の高速バスは、JRバスが平成15年に東京と大阪間で「レディースドリーム号」の運行を始め、現在も人気を集める。

 また、アップオン(大阪市)は、東京ディズニーランドと神戸の間を運行する2階建てバスの2階すべてを女性専用フロア(4200円から)にした。時折、高速バスを利用している東京都の女性会社員(29)は「男女一緒だと女性はトイレに入りづらいし、痴漢などのニュースを聞くたび不安だった。女性専用は助かる」と歓迎する。

 アップオンは「女性への特化で需要の半分を失うことになるが、今は何か特徴がないと生き残れない時代だ」と説明。平成エンタープライズも「高速料金の値下げで業界全体が落ち込む中、他社と差別化を図りたい」と意気込んでいる。

197 荷主研究者 :2009/09/17(木) 22:10:01
>>99
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909090038.html
'09/9/9 中国新聞
循環バス、採算届かず 福山
--------------------------------------------------------------------------------
 福山市は8日、市中心部の循環バスまわローズの8月の平均乗客数が周回当たり5・6人と公表した。当初1カ月の3・9人からやや改善したものの、採算ラインの目安である10人に届いていない。市はさらなる利用増に向け運行ルートの検証などを進める。

 市議会定例会で羽田皓市長が示した。8月の総乗客数は約1万200人。2月下旬から1カ月間の7850人を上回ったが、運行する3社が見込む採算ラインにはさらに月間7千人以上の利用増が必要になる。

 市は今後、まわローズのPRを一層強める。また、利用者アンケートや実態調査をした上で、専門家を交えた委員会で運行ルートが適当か否かなどを協議していく。

 市都市交通課は「イベント時に増便するなど、使いやすさをアピールしていきたい」としている。

【写真説明】市が利用者増に向けた方策を練る「まわローズ」

198 荷主研究者 :2009/09/17(木) 22:33:30

http://kumanichi.com/news/local/main/20090917001.shtml
2009年09月17日 熊本日日新聞
運転免許返納者の運賃半額に 産交バスが新制度

 産交バスは10月から、天草地域のローカル路線全線で、運転免許証を自主返納した高齢者のバス運賃を半額とする割引制度を始める。高齢者の交通事故防止とバス利用者の増加の“一石二鳥”をめざす県内初の試み。

 天草、上天草、苓北の2市1町に住む65歳以上の人で、運転免許証の代わりに運転経歴証明書を取得した人が対象。産交バスの本渡バスセンターか牛深営業所で写真付きの割引乗車証を発行する。利用者がバス降車時に割引乗車証を提示すると、運賃が半額となる。

 熊本〜本渡間を結ぶ快速バス「あまくさ号」なども、乗降場所が天草地域ならば割引の対象。定期券や身体障害者割引などとの重複利用はできない。

 産交バスは、マイカーからバスへの転換は地球温暖化対策にもつながると指摘。「運賃割引で高齢者の外出する機会が増え、地域活性化にも貢献できればうれしい」(天草営業部)としている。乗車証発行などの問い合わせは天草営業所TEL0969(22)5238。(花立剛)

199 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:25:31
>>141
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1242973150
2009年05月22日15時19分 千葉日報
パーク・ライド制を導入 マイタウン高速バス第2弾
「千葉北IC−東京駅」線運行開始

運行を始めた「千葉北IC−東京駅」線の車両

 京成バスは、高速バス「千葉北IC(インターチェンジ)周辺地区−東京駅・潮見駅」線の運行を始めた。バス出発地近くの駐車場にマイカーで来てもらう「パーク・アンド・ライド」制度を同社で初めて導入する。

 県内住宅地とJR東京駅を結ぶ高速バス「マイタウン・ダイレクトバス」の第二弾。乗り換えの必要がなく、定員制で乗客全員が座れる快適性をアピールし、「路線バス+電車」で東京方面へと毎日向かう県内に住む通勤客を取り込みたい狙い。

 新路線は、電話予約制(長沼営業所(電話)043−257−3333)の無料駐車場十五台分を同営業所の草野車庫に用意。バスは同車庫も含めて千葉北IC周辺の住宅地を回った後、東関東自動車道に乗り東京方面に向かう。一日往復十二便。草野車庫−東京駅間の所用時間は約一時間。

 路線バスで草野車庫からJR稲毛駅に行き、総武線快速電車で東京駅まで行くと八百五十円がかかる。一方、同高速バスの運賃は大人千円と「路線バス+電車」の運賃よりも若干高い程度に抑えた。さらに交通ICカード「PASMO」「Suica」利用で五十円引きされる。

200 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:37:26

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20090916/CK2009091602000030.html
2009年9月16日 中日新聞
豊鉄バス乗降者数がピーク時の8割減 26日にイベントで利用PR

乗客数の落ち込みが深刻になっている豊鉄バスの路線バス=豊橋市の豊橋駅前で

 豊橋市を中心に東三河で路線バスを運行する豊鉄バスの乗降者数が、1968(昭和43)年度のピーク時と比べて8割落ち込み、現在も毎年のように減少していることが分かった。豊橋市やバス事業者などは26日に豊橋公園で「バスの日」(9月20日)にちなんだイベントを開き、バスの利用をアピールする。

 市などによると、68年に2715万人がバスを利用したが、自動車の普及で下降し続けた。最近でも2004年度が643万人だったが、毎年10万〜30万人減少し、昨年度は571万人だった。少子化や、バスが発着する市中心部の衰退が影響しているとみられる。

 利用者減に伴い路線の消滅も相次いでおり、豊鉄バスの「三本木」の西高師〜野依が10月から廃止することが決まっている。

 「バスの日」のイベントでは豊橋駅前−伊良湖岬(田原市)を運行するバスに絵を描くコーナーや、燃料電池バスの試乗、ボンネットバスの展示などがあり、“市民の足”の大切さを理解してもらう考えだ。市は「親子連れらに来場してもらい、バスの将来を考えてほしい」と話している。問い合わせはイベント実行委の同市都市計画課=電0532(51)2620=へ。

 (安田功)

201 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:41:10

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20090916/CK2009091602000009.html
2009年9月16日 中日新聞
コミバスに一本化、料金一律200円 敦賀市内路線バス

12月からコミュニティーバスに一本化される見通しの敦賀市のバス路線=JR敦賀駅前で

 敦賀市は12月1日から市内の路線バスを市のコミュニティーバスに一本化し、料金を一律200円にする方針を決めた。民間バスを統合して全体の運行状況を見直し、利便性の向上を図るのが狙い。2011年4月末まで試行した後、完全実施に移す予定。

 現在同市ではコミュニティーバス5路線と観光周遊バス1路線、福井鉄道のバス8路線の計14路線が運行。一部でコミュニティーバスと福鉄のバス路線が重複しているほか、料金体系も違うため、市民から改善を求める声が出ていた。

 また、バス利用者は年々減少しており、市は08年度に、14路線で計1億680万円の赤字を補てんしている。こうした状況を受け、市が改善計画をまとめた。

 計画では、路線を1つ増やして15路線にし、便数も14路線の計167便から180便に増便。重複路線の解消や乗り継ぎの利便を向上させる。乗り継ぎは1回までは無料にする方針。このため一本化や試行に必要な事業費計約6470万円を補正予算案に盛り込み、開会中の定例会に提出した。

 コミュニティーバスも周遊バスも現在、民間業者に運行を委託しているが、市は予算案可決後、あらためて委託業者を入札で決める方針。

 担当の市政策推進課は「試行期間中に利用状況を把握し、完全実施までにさらに計画を改善していきたい」としている。

 (立石智保)

202 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:43:34

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/120403
2009年9月8日 05:02 西日本新聞
西鉄子会社 派遣213人雇い止めへ バス製造事業 来夏大幅縮小 業界再編で苦境に

 西日本鉄道(福岡市)の子会社でバス組み立てメーカーの西日本車体工業(北九州市)は7日、11月末で切れる派遣社員213人の契約を更新せず、雇い止めにする方針を明らかにした。業界再編の影響で、年間約900台を生産しているバス製造事業が来夏以降に大幅に縮小されるため。正社員約300人についても大幅な削減が避けられない見通しで、来春までに削減案をまとめる。

 西日本車体にバス製造を委託している日産ディーゼル工業(日産ディ社、埼玉県上尾市)が8月31日、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)との間でバス事業の統合を発表。2011年1月に発足する合弁会社がバス製造を担い、西日本車体への委託を打ち切る方針を決めた。

 西日本車体は、エンジンや車台の供給を受けてバスを組み立てており、日産ディ社からの受注が生産の9割超を占める。大型バスについては来年8月で打ち切りが予定されており、中型バスの発注量が増える見通しだった。しかし、日産ディ社の合弁会社設立に伴い「中型バスの発注もなくなると連絡があった」(西日本車体)という。

 削減される派遣社員は、11月末で3年間の契約期間満了を迎える。西日本車体は「直接雇用は無理だが、来年8月までは仕事があるので、短期アルバイトの形で雇用を継続できるか検討中」としている。正社員については、西鉄グループ各社や、日産ディ社側に再就職を依頼するなどして可能な限り、失業にならないよう手だてを講じる。

 西日本車体は1946年設立で、西鉄グループの全額出資子会社。年間売上高は100億円(09年3月期)。

=2009/09/08付 西日本新聞朝刊=

203 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:44:13

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/118964
2009年9月1日 13:20 西日本新聞
「希みが丘線」西鉄バス廃止 高速も減便

 西日本鉄道(福岡市)は1日、福岡県内の西鉄三国が丘駅(小郡市)と同筑紫駅(筑紫野市)を結ぶ、西鉄グループの路線バス「希(のぞ)みが丘線」を廃止した。また高速バス路線のうち、福岡‐小倉など計8路線で、毎日計23−28往復減便するダイヤ改正も行った。

 高速道路料金の「1000円高速」割引の影響で、赤字の路線バス事業を支える格好となっている、黒字の高速バス事業の収支が悪化。このため西鉄は「希みが丘線」のような赤字路線の運行見直しを急ぐ。9月中にも路線バスを減便する新ダイヤを策定する方針で、日常生活への影響は必至だ。

=2009/09/01付 西日本新聞夕刊=

204 荷主研究者 :2009/09/22(火) 21:44:49

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/119148
2009年9月2日 06:56 西日本新聞
西鉄バス33路線減便 「千円高速」の影響理由に 月内にも福岡市内

 西日本鉄道(福岡市)は1日、赤字が続くバス事業の合理化策として、福岡市内を走る計33路線を対象に減便する方針を明らかにした。運行本数の多い路線が中心で、都心部を循環する「100円バス」や市内の観光地を周遊する「ぐりーん」が含まれる。現在減便数を詰めており、9月下旬にもダイヤを改正する。

 西鉄は、景気低迷や乗用車対象の「千円高速」割引の影響を受け、路線バスの赤字を補てんしていた高速バスの黒字が激減。赤字路線の維持が困難な状況に陥っている。新たに発足する民主党中心の政権は高速道路の無料化を打ち出しており、西鉄は「バス離れがさらに加速する」(幹部)と懸念している。

 西鉄によると、減便は福岡市内と郊外を結ぶ路線を含む約100路線のうち、運行本数の多い33路線で実施。乗客の少ない早朝や昼間の便について、5分間隔を6分間隔にするなどして減らす。1日に勤務する運転手の数を減らし、人件費など年間数千万円の経費削減を図る。営業所の統廃合も視野に入れている。

 また路線の廃止についても検討中。路線ごとの収支状況を精査しており、年内に具体的な路線を固め、来春地元に申し入れて来秋にも実施したい考え。検討対象には福岡市都心部を走る路線も入っているという。

=2009/09/02付 西日本新聞朝刊=

205 ももだぬき :2009/09/23(水) 07:55:15
かつて福島県のコマーシャルではマイカー利用をやめてチャリに変えるシーンがありました。さらに発展させてマイカー利用を鉄道やバスに乗っているシーンを映すべきです。

206 ももだぬき :2009/09/23(水) 08:03:46
電気バスの普及が必要だし、ノンステバス導入を急速に進めるべきです。

207 荷主研究者 :2009/09/27(日) 23:12:26

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090925/CK2009092502000011.html
2009年9月25日 中日新聞
岐阜バスが市内ループ線を増便 来月からダイヤ改正

 岐阜バス(岐阜市)は24日、10月1日からダイヤを改正すると発表した。岐阜市中心部の主要スポットを結ぶ「市内ループ線」を平日で計35本増便するほか、三田洞、曽我屋、岩戸入舟、岐南町、黒野の5路線でルート変更がある。

 改正により、市内ループ線の平日の運行は、20分から15分間隔に短縮される。三田洞、曽我屋、岩戸入舟の3路線はこれまで、駅前区間の上りと下りで停車するバス停が違ったが、金華橋通りを直進するルートに一本化。ルートを分かりやすくするとともに、渋滞緩和を目指す。

 また改正日から、普通通勤定期券を持っている人が、土日祝日に家族と一緒に定期の区間を乗車する場合、家族の運賃を大人100円、子ども50円に割り引く「エコ家族割」を導入する。支払いは現金のみ。同社は「休日に家族で出掛ける際に利用してほしい」としている。問い合わせは岐阜バスターミナル=電058(266)8822=へ。

 (森村陽子)

208 荷主研究者 :2009/10/04(日) 03:52:34

http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009100209594523/
2009年10/2 9:59 山陽新聞
倉敷IC近くに高速バス停留所 岡山―大阪線 無料駐車場併設

倉敷インター近くのパークアンドバスライド型停留所新設をテープカットで祝う関係者ら

 両備ホールディングス(岡山市北区錦町)は1日から、岡山と大阪を結ぶ高速バスの共同運行を始め、経由地として倉敷市西坂の山陽道倉敷インター付近に新設した同市内初のパークアンドバスライド型高速バス専用停留所の利用を開始した。

 同社と中国ジェイアールバス(広島市)、西日本ジェイアールバス(大阪市)で重複していたダイヤを効率化。利用促進を狙いに、同インター北約50メートルに無料駐車場併設の停留所を設けた。

 同停留所での開設記念式には、両備ホールディングスの小嶋光信社長や伊東香織倉敷市長ら約40人が出席。小嶋社長が「マイカーとバスを有効に使い分けてほしい。今後も利便性を向上させ、地域発展に努力したい」とあいさつし、テープカット。利用者10人を乗せたバスが大阪に向け出発した。

210 荷主研究者 :2009/10/10(土) 17:20:05

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909290258.html
'09/9/29 中国新聞
広島市中心部で休日循環バス
--------------------------------------------------------------------------------
 広島市や広島県バス協会などでつくる「ノーマイカーデーひろしま実行委員会」は10月3日から土、日曜と祝日に、市中心部に循環バスを走らせる。マイカー乗り入れの抑制効果などを検証する社会実験。料金は大人1回100円に設定し、12月23日まで続ける。

 1周約8キロの循環ルートを右回り、左回りとも一日31便(午前10時〜午後8時台)を約20分間隔で運行する。

 南区の「広島駅」「段原中央」、中区の「平和記念公園」「紙屋町」など右回り10カ所、左回り9カ所で停車する。広島電鉄(中区)に委託し、73人乗りのバスを使用する。

 バス停に掲示するQRコードを携帯電話で読み取れば、バスの到着時刻が分かるサービスも提供する。1日何回でも乗り降り可能な乗車券(300円)も販売し、購入者には市現代美術館や広島城など5施設の観覧料割引などの特典も付ける。

211 荷主研究者 :2009/10/10(土) 17:33:36

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20091001/CK2009100102000029.html
2009年10月1日 中日新聞
発祥地・瀬戸で幕 ジェイアール東海バスの一般路線

 ジェイアール東海バスが30日、瀬戸市や春日井市など5路線13系統の運行を終え、一般路線バスから撤退した。

 前身の省営バス(後に国鉄バス)が1930(昭和5)年、鉄道省が全国で初めて岡崎〜多治見間、瀬戸記念橋〜高蔵寺間の2路線で運行を開始。発祥の地の瀬戸市では、79年の幕を閉じることとなり、30日は通勤・通学者のほか、最後の姿を撮る愛好家の姿が見られた。名古屋市守山区の公務員男性(52)は「日本初の国営バスは、瀬戸の誇りだった。満席だった時代もあった」と懐かしんでいた。

 同社企画部は「収支改善に取り組んだが、高速バスの収益で路線バスの赤字を埋めていた状態。廃止はやむを得なかった」。10月から、多くを名鉄バスが代替運行する。

 名古屋大大学院環境学研究科の加藤博和准教授(交通・環境計画)は「営業地域が分散してそれぞれ狭く、経営効率が悪かった。瀬戸の路線は沿線人口が多く、条件は悪くない。地域が危機感を持って利用すれば、バスは残せる」と指摘した。

212 荷主研究者 :2009/10/10(土) 17:47:13

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/125685
2009年10月2日 02:06 西日本新聞
路線バス 鳥栖市など3者で運行 鳥栖駅‐弥生が丘間 ルート統合1日26便

路線バスの運行開始セレモニーでテープカットする橋本康志市長(左から2人目)と関係者

乗り合いタクシー(春日線)の出発式でテープカットする古賀副市長(右)ら

 鳥栖市、同市弥生が丘に流通センターを置く「シーエックスカーゴ」(埼玉県桶川市)、西鉄バス佐賀(佐賀市)の3者による共同路線バスの運行開始式が1日、鳥栖市元町の西鉄バス佐賀鳥栖支社であった。

 路線バスは、JR鳥栖駅から弥生が丘間を循環する。これまで市から赤字補てんを受けながら西鉄バス佐賀が運行していたが、同区間利用者は減少。シーエックスカーゴはほぼ同じルートを走る従業員用の送迎バスを西鉄バス佐賀に委託していたため、一本化してコスト削減を図った。2路線は統合され、新たに1日26便となった。

 実証期間は2011年度まで。橋本康志市長は「鳥栖市がさきがけとなり、全国から注目されている試みを発信したい。住民や事業所の皆さんには、日常生活の足として利用してほしい」と話した。

 また、この日は市内2路線を巡回する市のミニバスの出発式も、鳥栖市本鳥栖町の大型商業施設「ジョイフルタウン」であった。

=2009/10/02付 西日本新聞朝刊=

213 荷主研究者 :2009/10/10(土) 17:48:00

http://www.shimotsuke.co.jp/biz/economics/business/news/20090913/204990
2009年9月13日 05:00 下野新聞
佐野ー新宿間高速バスさらに増便 JRバス関東

 【佐野】JRバス関東は9月から、佐野新都市バスターミナルと東京駅、新宿駅を結ぶ高速バスを増便した。2004年の乗り入れ開始以来利用客が増え、増便を重ねている。11月には同ターミナル横に建設中の新バス基地の運用が始まる。市にとって公共交通の要として高速バスの重要性が増している。

 これまでは新宿、東京行き合わせて平日25往復、土日28往復だったが、9月から32往復に増えた。

 始発の東京行き午前5時、新宿行き同6時の便のほか、新宿発同7時40分、東京発同8時10分など、朝方の時間帯を中心に増便した。

 片道1300円の料金に加え、鉄道だと乗り換える必要があるが、バスは東京駅に1時間半、新宿駅に1時間40分で直通で行ける便利さがある。

 これが受け、ビジネスや観光で東京に向かう市民と佐野プレミアム・アウトレットなどを目的に市を訪れる人のいずれの利用も伸びている。

 2004年の佐野への乗り入れ開始時は新宿線のみ1日7往復でスタート。その後増便を重ね、今回で4倍以上になった。

 JRバス関東によると土日には1日1千人が利用する。ターミナルに隣接する市営駐車場(1日500円)も週末は満車状態だ。

 鉄骨4階建てのバス基地は、同社の東北自動車道の高速バス拠点として活用される。

 同社は「利用者が増えればさらに増便も検討する」としており、市は「観光は市政の大きな柱。高速バスはハード面の重要な役割を持つ」と期待を寄せている。

214 荷主研究者 :2009/10/10(土) 17:49:10

http://www.shimotsuke.co.jp/biz/economics/prefecture/news/20090929/212231
2009年9月29日 05:00 下野新聞
戦前からの地域の足、東野交通「杉山線」廃止

 【高根沢・市貝】市貝町杉山と東武宇都宮百貨店西側の宇都宮東武を結ぶ東野交通の路線バス「杉山線」が30日で廃止される。戦前から地域の"足"として親しまれ、最盛期は臨時便が出るほど利用されたが、自家用車の普及に伴って効率的運行が困難になった。10月1日から、高根沢町によって実験運行されるデマンド交通システム(乗り合いワゴン)が代替手段となる。

 廃止されるのは、宇都宮東武−宝積寺−杉山、宇都宮東武−元気あっぷむら−杉山の2系統。高根沢町がデマンド交通を導入するのに伴い、市貝町、那須烏山市、高根沢町、宇都宮市、県と東野交通の6者で存廃を協議し、廃止が決まった。

 関係者によると、杉山線は戦前から個人営業で運行されていたが、1952年に東野交通が路線免許を取得し引き継いだ。ピーク時の1960年代後半は十数往復運行され、通勤通学時は臨時便が出たという。現在は4往復で、1便当たりの乗車密度が2人前後だ。

 杉山線の運転手を36年間務めた小原沢忠義さん(82)=市貝町杉山=は「朝一番のバスはぎゅうぎゅう詰め。途中から計4台で宇都宮に向かった」。高根沢町下柏崎から宇都宮市の旧制中学に通った高橋茂雄さん(83)=同町上高根沢=は「戦争時はガソリンから木炭車に代わった。上り坂は乗客がバスを押した」と懐かしむ。

 宇都宮市交通政策課は「市内の杉山線分は他系統で補える」としている。高根沢町のデマンド交通は、市貝町内も杉山線停留所単位で利用できる。

215 チバQ :2009/10/13(火) 21:39:03
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000910110002
大阪市が赤バスの全廃めぐりアンケート
2009年10月11日


全廃方針にゆれる赤バス=大阪市提供

 大阪市が赤字を理由に廃止を打ち出している市営バス路線のうち、一般路線の半額(100円)で乗れる「赤バス」の全廃について、市のアンケートで7割超の市民が廃止に理解を示した。


 赤バスはノンステップの小型バス。地域密着型の路線として02年から本格導入され、民間バスが運行しないような狭い道や不採算路線を走り、地元の要望に応じて路線を拡大した。その結果、ほとんどが既存のバスや地下鉄路線と重複し、1台あたりの平均乗客数が4人と利用が低迷。営業係数(100円の収入を得るためにかかる費用)が800を超える路線もある。


 アンケートは8月、無作為抽出した2万人の市民を対象に実施し、4139人から回答を得た。回答者は60代以上が多く、バスの利用者は4割超だった。


 赤バスについて「廃止もやむを得ない」が45%と最多。次いで「廃止すべき」が29%。「赤字分を利用者が負担し、維持・継続すべき」は14%、「赤字分を市民の税金で負担し、維持・継続すべき」は4%にとどまった。


 一方、市はアンケートとは別に、7、8月に市民の意見を募ったところ、赤バスについて意見を寄せた472人のうち、「高齢者や障害者が移動に困る」など廃止反対が200人。「利用者が少なく、いつも空で走っている」などとして廃止に賛成したのは79人だった。


 市担当者は「アンケートでも2割の市民が赤バスの維持を望んでいることも受け止め、慎重に判断したい」。9月末までに廃止対象路線の利用者1万3千人にアンケートを渡しており、この調査結果も踏まえて今年度中に改革計画の決定を目指す。

216 とはずがたり :2009/10/16(金) 01:46:28
日立電鉄バス:運賃値上げへ 国に申請、早ければ来年から /茨城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000125-mailo-l08
10月14日13時0分配信 毎日新聞

 日立電鉄交通サービス(本社・日立市、土屋静治社長)は13日、国土交通相に対し、乗り合いバスの運賃改定を申請したと発表した。乗り合いバス利用者の減少などから営業損益が毎年赤字となっており、現状のままでは事業継続も困難と判断した。認可が得られれば12年ぶりの運賃改定となる。
 9日付で提出した申請によると、現行の初乗り160円(高萩・北茨城地区は150円)を180円に、小学生以下は現在の80円を90円に引き上げる。引き上げ率は平均10%。また、特別定期券の通学全線定期券や、どこからでも乗れる65歳以上の「にこにこ定期券」、近距離格安通学定期券は現行のままという。
 乗り合いバス事業は、乗用車の普及や少子化、人口減少などから年々利用者が減少し収支が悪化。同社の営業損益は07年度が1億3000万円、08年度は1億6000万円。このため、赤字路線については日立、高萩市などから補助を受ける一方、経費削減策として不採算路線の整理や運行回数の見直しなどに取り組んでいるが、依然として厳しい状況が続いている。
 認可の手続きは一般的に3カ月程度かかるとされ、運賃改定は早くても来年初めになる見通し。【臼井真】

10月14日朝刊

217 荷主研究者 :2009/10/18(日) 02:34:28

http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/200909/20090929000309.htm
2009/09/29 16:12 四国新聞
高松経由廃止へ/観音寺・丸亀発着の高速バス

 4月に開設した観音寺・丸亀―神戸・大阪間の高速バスを運行している各社は10月1日から、JR高松駅を経由する便を廃止して阪神方面への直行便に統一する。これに伴い、大阪、神戸方面の各路線ともに1日1〜2往復の減便となる。

 ジェイアール四国バスと西日本ジェイアールバスによる観音寺エクスプレス大阪号と同神戸号は、どちらもJR高松駅経由便を含めて5往復ずつ運行しているが、ダイヤ改正後は大阪号が4往復、神戸号が3往復になる。

 四国高速バスと阪急バスのさぬきエクスプレス大阪号と同神戸号も、JR高松駅経由を含めて各5往復運行しているが、大阪号は4往復、神戸号は3往復に減少する。

 ダイヤ改正による減便について、ジェイアール四国バスは「高速道路の大幅割引の影響を含め、春以降の利用が想定を下回ったため」としている。

218 荷主研究者 :2009/10/18(日) 03:06:58

http://www.shinmai.co.jp/news/20091016/k-5.htm
2009年10月16日(金) 信濃毎日新聞
JRバスが小諸−新宿間運行へ

 ジェイアールバス関東は15日、小諸・佐久地区と東京の新宿駅を結ぶ路線バスを30日から運行すると発表した。小諸駅からは他社の運行する池袋駅行きのバスがあるが、新宿駅行きの路線は初。同社は「不景気の中、低価格で都内に行きたい人もいる」として、ビジネスや観光での利用を見込む。

 バスが停まるのは小諸駅、県厚生連小諸厚生総合病院、岩村田駅、佐久インター東側の県道沿いの停留所、練馬区役所、新宿駅新南口。

219 荷主研究者 :2009/10/18(日) 03:08:02

http://www.shinmai.co.jp/news/20090925/a-9.htm
2009年9月25日(金)信濃毎日新聞
高速バス松本−大阪線のダイヤ変更

 休日を中心とするETC車対象の料金値下げで高速道が混雑し、遅れるバスが出てきたとして、松本電鉄(松本市)は10月19日、阪急バス(大阪府)と共同運行する高速バス松本−大阪線で、所要時間(現行片道5時間半)を15分延ばすダイヤ改正。新ダイヤでは、松本発大阪行き(2便)は松本バスターミナルを午前7時半と午後3時に発車。大阪発松本行き(同)は到着時刻が変わる。

220 荷主研究者 :2009/10/19(月) 01:52:34

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910140124.html
'09/10/14 中国新聞
通院バスを一般利用に再編
--------------------------------------------------------------------------------
 岩国市は、玖北、玖西地域の旧5町村で運行している通院バス計26路線を、一般利用できる生活交通バスとして再編し、運賃も有料に統一する見直し案をまとめた。19日〜11月に各地域で説明会を開いた上、市全体の地域公共交通総合連携計画に盛り込む。実施は来年度中を目指す。

 市によると、病院や診療所と山間集落を結ぶ通院バスの路線数は美和10、錦8、美川5、本郷2、周東1。運行は週1〜3日で1〜2往復している。運賃は、周東が距離制で福祉優待制度(70歳以上は一律100円)を適用し、美川が一律100円、他3地域は無料となっている。

 2008年度の延べ利用者数は計約1万3千600人。市は、運賃収入を除く経費約2600万円を全額負担している。

 見直し案では、地域間のサービス体系をそろえるとして、(1)運賃を距離制に統一し、福祉優待制度を適用する(2)利用目的から通院限定を外す(3)利用可能な停留所を増やす―を検討。地域によっては路線改廃やダイヤを変更し、先行して再編した生活交通バスと重複する路線の整理も進める。

221 カレンちゃん :2009/10/19(月) 16:29:18
ここって私しか知らないのかな?
↓    ↓    ↓
ttp://magiclien.com/?sk4

知ってる人が居れば情報ください!

222 とはずがたり :2009/10/27(火) 19:06:40
>>211

名鉄バスなどに 路線継承を認可
ジェイアール撤退で
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_k/ckei090926_4.htm

 国土交通省中部運輸局は25日、ジェイアール東海バスが今月末で一般路線バス事業から撤退する愛知県内の5つの路線で、10月から名古屋市交通局と名鉄バスが新たに運行することを認可したと発表した。

 5路線を巡っては赤字運行が続いていたため、昨年8月にジェイアール東海バスが撤退する方針を表明した。ただ、各地域にとって重要な交通手段が失われるおそれがあるため、関係者の間で約1年間かけて路線の存廃問題について協議を続けてきた。

 最終的に名古屋市交通局と名鉄バスが運行を継承することになり、利用客が極めて少ない一部区間を除いて、ジェイアール東海バスの撤退後もほぼ従来通りの運行が確保できることになった。

(2009年9月26日 読売新聞)

223 荷主研究者 :2009/10/31(土) 17:05:13

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20091026/225702
2009年10月27日 05:00 下野新聞
JRバス関東支店が完成 観光、都心往復の拠点に 佐野

 【佐野】JRバス関東が越名町の佐野新都市バスターミナル東側に建設していた佐野支店社屋が完成し26日、関係者約50人が出席して竣工式が行われた。

 社屋は鉄骨造4階建て。1、2階は車両整備工場で3、4階が事務室や運転士の休憩室などとなっている。

 県内3カ所目となる同支店は11月1日から営業を開始する予定で、社員は約50人。同社は9月から、同ターミナルと東京および新宿間の高速バスを1日32往復に増便しており、同支店はこれらのバスの運行や整備などを担当する。

 支店新設に伴い、東北自動車道における同社高速バスの運行の集中管理が可能になるほか、東京に一極集中している車両整備の2大整備体制が確立するなどの効果が期待できるという。

 万代典彦同社長は「支店をターミナル隣接地に構えることで、躍進目覚ましい高速バス佐野線の繁忙期における柔軟な臨時便運行や、効率的な増便も可能になる」とあいさつ。岡部正英市長は「高速バスは市が進める観光立市の大きな柱になる。支店開設は地域経済の発展に寄与する」と期待を寄せた。

224 荷主研究者 :2009/10/31(土) 17:07:23

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091029t62035.htm
2009年10月29日木曜日 河北新報
郡山で循環バス試験運行へ 福島

 福島県郡山市は11月1〜14日、JR郡山駅を中心に東西にわたる中心市街地に、無料の循環バスを運行する。乗降客の動向などを分析し、策定中の「市総合都市交通戦略」に反映させるほか、採算面などで可能であれば、新しい公共交通として検討する。

 郡山駅の西側を中心に商業施設が集積してきた郡山だが、近年は東側にも大型ショッピングセンターができるなど商圏は拡大。しかし、東西を循環する公共交通がなく、買い物客の流れはできていなかった。

 循環バスは、福島交通に運行を委託。35人乗りの2台で、東西の拠点商業施設など9カ所を循環する。午前10時〜午後7時、30分おきに19便運行する。

 市は本年度、市街地の南北をつなぐ幹線バスなども運行し、交通実証実験に取り組む予定。

225 荷主研究者 :2009/10/31(土) 17:35:13

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910300004/
2009年10月30日 神奈川新聞
富士急湘南バスが一部路線の減便実施へ/小田原など

 富士急湘南バス(松田町松田惣領)は12月1日から、足柄上地域と小田原市の19系統で減便と廃止、統合を行う。乗客が少なく大半の路線が採算割れになっているためで、今年4月から県、地元自治体などと協議してきた。また、「新松田駅―向原―山北駅」系統は来年2月1日から山北町が循環バスで一部便の代行運行を行うことで、ほぼ現状維持となる。

 対象となるのは、同社が2市4町で運行する39系統のうち19系統。同社の調査では、1便当たりの平均乗客数は0・7〜7・2人だったという。

 減便は「下曽我駅―千代―小田原駅」「新松田駅―宇津茂―寄(やどりき)」など14系統。系統廃止は「山北駅―新大口橋―富士フイルム」「山北駅―アサヒビール―富士フイルム」「新松田駅―大井高校―栢山駅」の3系統。「新松田駅―大口―アサヒビール」と「大雄山―アサヒビール」の2系統は統合する。

 「新松田駅―向原―山北駅」系統は、山北町が平日12便のうち8便、土曜日は5便のうち3便、日曜日は6便のうち4便の運行を、循環バスを使ってそれぞれ代行する。土曜日午前8時に山北駅を出発する1便は減らす。

 循環バスは同町が同社に運行委託しているもので、路線バスと運行できるように車両を改造するため、同町は940万円を支出する。同町は代行運行経費はまだ計算していないという。

226 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:17:53
touristスレかな。。

パークアンドライドでバス定時運行   「平城遷都祭」前に木津川―奈良間
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091031-00000024-kyt-l26
10月31日11時39分配信 京都新聞
木津川市中央体育館駐車場を利用して行われた「パークアンドバスライド」の交通社会実験

 来年開催される「平城遷都1300年祭」を前に、このほど京都府木津川市と奈良県庁を結ぶ「パークアンドバスライド」の交通社会実験が行われた。奈良県がまとめた速報によると2日間で約350台が利用。県は「渋滞も予想より少なく、定時運行できた」と手応えを感じており、本番で関連イベントを計画する木津川市も「市の魅力発信につながれば」と期待している。
 実験は、渋滞状況や、PR効果などをテストしようと24、25日の2日間行われた。木津川市中央体育館駐車場に約400台の駐車スペースを確保し、マイカーで訪れた観光客らがバスに乗り換えて奈良と行き来した。バスは約10分間隔で運行され、計348台、860人が利用した。
 同県などは、「遷都1300年祭」本番の来年は、春、夏、秋のフェア開催中に奈良市内の渋滞を緩和するため、京都、大阪、奈良南部方面と平城宮跡会場を結ぶ3路線でパークアンドバスライドを実施する予定。木津川市は同中央体育駐車場を提供する。木津川市には、聖武天皇が遷都した恭仁宮跡(加茂町例幣)などがあり、市は「平城京ゆかりの地として、特産品や観光をPRできる場にしたい」と意気込んでいる。


最終更新:10月31日11時39分

227 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:18:58
高速バス:東京行き、発着地点を延伸−−来月から /徳島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000307-mailo-l36
10月29日18時1分配信 毎日新聞

 ◇徳島バス橘営業所(阿南市)と吉野川市役所の川島庁舎まで
 徳島バスと京急バスが共同で運行する東京行き高速バスの県内発着地点が11月1日から、これまでの徳島駅前から、徳島バス橘営業所(阿南市)と吉野川市役所の川島庁舎まで延伸される。
 徳島バスによると、県南部や県央部を発着地とするよう要望が強かったため京急バスと協議。四国運輸局に申請していたが、9月29日付で運輸局から許可を得たという。
 橘営業所発着のバスは途中、阿南駅、旧那賀川町内、小松島市内、徳島市の「徳島文理大西口」に、川島発着のバスも徳島バス鴨島営業所、石井町内、徳島市加茂名地区に停留所を設ける。一部、石井町内に新たな免許区間を得たほかは既免許路線を利用する予定。
 延伸後の時刻表や料金など詳細については徳島バス予約センター(088・622・1826)まで。【深尾昭寛】

10月29日朝刊

228 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:19:52

まめバス:草津で運行実験始まる 不便な地域の足確保、来年1月までに7路線 /滋賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000202-mailo-l25
10月29日16時1分配信 毎日新聞

 草津市は28日、公共交通機関の不便な地域の足を確保する小型乗り合いバス「まめバス」の運行実験を始めた。当初はJR草津〜南草津間の中心街を結ぶ1路線(バス停は33カ所)で運行し、来年1月までに郊外を含む7路線(同210カ所)に拡大する予定。実験期間は11年度末まで。市は利用状況をみて運行を続けるか検討する。
 旧宿場町の草津市中心街は大型バスが通れない狭い道路が多く、近くにバス停がない地域が多いことが課題になっていた。
 今回、市はバス会社と協力し、雇用対策事業として運転手らを雇用。中心街では午前6時〜午後10時15分、今後拡大する郊外路線は午前8時半〜午後4時半まで運行する。料金は商店街を循環する系統が1回100円、他は200円。いずれも運行開始から当面は無料にする。年明けには狭い道も走れる11人乗りのワンボックス車を投入する予定。
 同市交通政策課は「まめバスのキャラクターやテーマソングも作った。市民に親しんでもらえれば」と話している。【稲生陽】

10月29日朝刊
最終更新:10月29日16時1分

229 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:21:18

11月から乗り合いタクシーの実証運行、市内では3ルート目/秦野
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000026-kana-l14
10月28日22時15分配信 カナロコ

 公共交通空白・不便地域対策として秦野市は11月から、市内栃窪地区で地域限定の乗り合いタクシーの実証運行を開始する。市内では昨年10月末から、他地区の2ルートで路線固定型乗り合いタクシーの実証運行を実施している。

 11月から実証運行されるのは、小田急線渋沢駅南口周辺―同市栃窪地区。利用者は事前登録を行い、事業委託のタクシー会社に予約、同駅南口周辺と栃窪地区の決められた場所から乗降する。途中下車はできない。距離は約2キロで料金は1人350円。便数は午前2便、午後2便を予定している。

 同市によると、栃窪地区にはバス路線がなく、最も近いバス停は約500メートル離れおり、運行本数も1時間に1本程度。同地区の世帯数は142世帯で、高齢化率は約27%のため、地域からは公共交通を求める声が寄せられていた。

 市は、買い物や通院などのため最低限の足の確保を探るため実証運行を決めた。1回3人の利用があれば、運行のめどが付くとみている。また、地域の意見を聞いた上、料金補助なども考えていきたいとしている。実証運行は11月16日から来年3月末までを予定している。

 国の「地域公共交通活性化・再生総合事業計画」認定事業として、市内ではすでに昨年10月から「渋沢駅―秦野赤十字病院」と「おおね台」ルートで、往復や循環運行する路線固定型乗り合いタクシーの実証運行を行っている。

 同市では、同タクシーの利用状況の調査を2009年度(4〜8月)と08年度(10月末〜3月)にそれぞれ行った。それによると、渋沢駅・秦野赤十字病院ルートでは、09年度の運行日数は104日(08年度98日)で延べ利用人数は、1万2906人(同8593人)、便数は4702便(同4442便)、1便当たり2・74人(同1・93人)。

 おおね台ルートも運行日数は同じ。09年度の延べ利用人数は9349人(同7455人)、便数は2796便(同2957便)で、1便当たり3・34人(同2・54人)となっている。 

最終更新:10月28日22時15分

230 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:24:01

交通不便地区対策で乗合タクシーの実証運行/相模原市
2009年10月1日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910010016/

 相模原市は1日、交通不便地区対策として、相模湖町内郷地区で、事前予約制乗合タクシーの実証運行を始めた。市によると、事前予約制の運行は県内初で、期間は1年。期間中は、正式運行に向けて採算性などを検証する。

 同事業は、半径約5キロの集落内で、7人乗りワゴン車を1日最大11便運行する。運行は平日のみ。午前8時台の始発便のみは前日予約で、以降は利用の1時間前の予約が必要となる。

 内郷地区は、最寄りのJR中央線相模湖駅から3キロ以上離れた人口約1400人の集落で、集落の縁を通る国道にはバスが運行。山坂が多いため、市によると、バス停まで徒歩で数十分かかったケースもあったといい、市内のモデルケースとして実証運行が決まった。住民が検討委員会のメンバーとして参加し、運営に携わっている。

 初日は、午後1時ごろに第1便が出発。利用者の1人は「病院通いや買い物に使いたい」と笑顔。検討委員会の石井孝之委員長(65)は「住民が熱望し、市の協力もあって実現した。正式運行に向けては利用者確保が必要で、一人暮らしのお年寄りらマイカー利用が難しい人などに利用を呼びかけたい」と話している。

 運賃は中学生以上の大人が300円、小学生が100円。山口自動車(相模原市)が運行し、市が赤字分を補てんする。

231 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:24:58

コミュニティーバス「もくせい号」が本運行/寒川
2009年10月6日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910060038/

 寒川町がコミュニティーバスの本運行を開始した。これまで国の補助金を活用して試験的に運行してきたが、町単独事業としてルートなどを見直すなどした上で実施する。

 コミュニティーバスは神奈川中央交通のバス(乗車定員34人)を5台リースし、運行委託契約も締結。2009年度当初予算に事業費として約5千万円を計上した。

 ルートの起点・終点はJR相模線寒川駅。ルートは北部文化福祉会館前や倉見駅、宮山駅を回る北ルートと、ふれあいセンター前やこすもすの郷前を通る東ルートに加え、試験運行ではなかった南部文化福祉会館前や田端宿、上河原などを巡る南ルートを新設した。運行日は月〜金曜日(年末年始期間を除く)。運行本数は北と東ルートが1日10便、南ルートが6便で、運賃は従来通り小学生以上が1回100円。愛称は公募の結果、「もくせい号」に決まった。

 コミョニティーバスは、神奈川中央交通が採算性を理由に一部の路線を残して町北部から撤退したことを受け、03年1月から試験運行。まちづくり交付金などを活用し、3期にわたって実施してきた。同町企画政策部は「今後、1〜2年単位で利用者数などの推移を見ながら、ルートや便数などを検討したい」と話している。

232 とはずがたり :2009/10/31(土) 20:26:24
京急線六浦駅を起点とする循環バス路線が開通へ/横浜
2009年9月6日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/09090615/

 横浜市金沢区六浦地区で7日、京急逗子線六浦駅を起点とする循環バス路線が開通する。坂道の上にある六浦台団地などに住む高齢者らの要望を受け、市の「地域交通サポート事業」として実現。6日に行われた開通式には地元住民や来賓ら約200人が念願だった開通を祝った。

 京浜急行バス(東京都)が小型バスを運行し、六浦駅からエステシティ壱番館までの団地が立ち並ぶ地区内を約17分で周回する。平日のラッシュ時は1時間当たり6本、日中は1時間当たり3本を運行し、土日・祝日も運行する。大人170円、子ども90円。

 六浦台団地自治会など四つの自治会町内会で構成する六浦地域交通対策連絡会が昨年1月に設立され、地元住民の合意形成やバス待機所の整備など開通に向けた準備を行ってきた。

 同連絡会の会長(75)は「高齢化が進む住民にとって外出しやすくなった。住民の足として根付くことを心から願っている」と話していた。

233 チバQ :2009/10/31(土) 20:51:35
北陸旅行した際に高岡でも降りましたが、
行ったのは中央図書館のドラえもん文庫だけだったなあ
ほかにめぼしい観光名所ないし。

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20091031411.htm
「利長くんバス」苦戦 高岡・1日平均で十数人

利用者が伸び悩む利長くんバス=高岡市内
 高岡市内の観光名所を巡る「利長くんバス」の利用が低迷しており、市が対応に苦慮している。利長くんバスは、開町400年に合わせて観光客の回遊性向上を図るため、6月に運行が始まったが、1日平均の利用者は十数人にとどまっている。市はPRを強化し、利用者増につなげたい考えだ。
 利長くんバスは来年3月28日までの予定で土日祝日に運行され、料金は中学生以上が300円、小学生が100円で、1日に何度でも乗降できる。30分間隔で1日14便が運行され、国宝瑞龍寺や山町筋、高岡古城公園などを回っている。

 利用者が伸びない理由について、市は、高岡が観光地として定着していないことが一因とみている。買い物のついでに利長くんバスを利用し、散策を楽しむ利用者も見られるが、高岡を訪れる観光客は乗用車や観光バスが中心で、街なかを巡り歩く人が少ないことが背景にあるという。

 高岡の文化遺産を巡るバスは、世界文化遺産登録運動の盛り上げを目的に2007年度から2年間、運行された経緯があり、開町400年に合わせ、利長くんバスとして継続される形になっていた。

 また、今年度から3年間、国の緊急雇用創出事業の一環として、ふるさと雇用再生特別交付金を活用し、5人の運転手を雇っているが、1年ごとの更新のため、来年度に利長くんバスが継続運行されなければ、雇用も不透明となる。

 市は今後、市内の自治会の回覧板にチラシを添付するなどして利長くんバスの周知を図る予定で、「バスの待ち時間に街なかを巡ることもでき、多くの人に利用を呼び掛けたい」(観光戦略室)としている。

234 ももだぬき :2009/11/01(日) 15:16:28
北関東3県のSuicaやパスモの導入がなかなか進みません。南関東ではたいてい導入されている感じがしますが…。でも、足立区のコミュニティーバスはSuicaやパスモ使えません。都の担当者は敬老パスにパスモの機能を付けて配布すべき。乗車人員が少しでも把握できるはずです。

235 とはずがたり :2009/11/01(日) 17:43:12
高速道路料金土日のみ1000円化みたいな中途半端な事するから渋滞するのであって,終日無料化すればそんなに渋滞せんやろ。
まずその辺を社会実験によって明らかにして行く必要があろう。まずは九州や北海道からってのも良さそう。
社内の赤字路線の補填論は本来可怪しな話しで,本来もっと安い料金で高速バスに乗れる乗客に過疎地域の赤字分の過剰な上乗せを負担させていると云う事でもあるし。

追跡京都2009:高速料金値下げ、苦境の長距離バス /京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/archive/news/2009/11/01/20091101ddlk26040302000c.html
 ◇「無料化」反対、見送りを 利用者減、不採算の路線維持できない
 ◇温室効果ガス削減「逆効果では」

 「土曜・休日は1000円で走り放題」を売り物にした高速道路料金の引き下げ。近畿地方発着の高速バスも、利用者数や収入の大きな落ち込みをはじめとする「三重苦」に頭を悩ませている。与党・民主党は高速道路無料化を掲げており、事態は更に悪化する恐れも。かつてない苦境にある長距離バス事業の現場を取材した。【広瀬登】

 ◆2割の利用者減も

 「1000円高速」導入を受け、国土交通省近畿運輸局はゴールデンウイークとお盆期間中、近畿大手5社の高速バス利用者数を緊急調査。ゴールデンウイークは08年の18万7914人から17万6952人へ約6%減、お盆期間中は19万9646人から17万5030人へと約12%も減った。日本バス協会(東京都千代田区)が行った大手14社を対象にした調査によると、お盆期間中の高速バス利用者数は全国平均でも約11%減だった。

 特に四国・九州地域では19%もの減少。京阪バス(京都市南区)では8月、京都と四国を結ぶ路線で、前年比15〜20%の大幅な収入減があったという。西日本JRバス(大阪市此花区)でも大阪と徳島を結ぶ路線で2割前後減った。

 京阪バスの担当者は「マイカーで本四連絡橋を格段に安く渡れるようになった影響が大きい」と話す。神戸淡路鳴門自動車道の本州側の垂水インターチェンジ(IC)と四国側の鳴門IC間の通常料金(普通車)は5200円。今回の値下げは、フェリーだけでなく、高速バスをも直撃したことが浮き彫りになった。

 ◆三重苦

 高速料金値下げは、バスの到着遅延も招いた。高速道路各社のまとめでは、お盆期間中の交通量は前年比14%増、30キロ以上の渋滞は2倍超。西日本JRバスは大阪−東京間で最大5時間の遅れがあった。同社の担当者は「(遠距離の)東京方面では利用者減はほとんどなかったが、渋滞で遅れが恒常化すれば敬遠されるのでは」と心配する。

 「渋滞を避けるため、高速を降りて一般道を走りたいぐらいだが、認可を受けた路線しか走れない。渋滞の中を我慢して走るしかない」と嘆くのは阪急バス(大阪府豊中市)の担当者。大幅に遅れれば、折り返しの発車時間に間に合わないため、バスを余計に用意する必要が出てくる。当然運転士も確保せねばならない。

 業界ではこの悪循環を「三重苦」と呼ぶ。全国のバス協会でつくる社団法人「日本バス協会」(東京都千代田区)の船戸裕司理事は「高速料金の値下げ以降、バス業界は▽客が減る▽バスが遅れる▽人件費がかさむ−−の三重苦に悩まされています」と訴える。

 ◆対策を模索

 バス事業者は対策を模索中だ。西日本JRバスは四国方面の路線について、一部路線を廃止する代わりに別の路線を延伸し、ダイヤを見直した。京阪バスも「運賃を下げてお客様が増えても、収入全体は上がらない。減便も含めダイヤを考え直さなければいけない」とする。だが「高速道路無料化が不透明なので、対策も立てにくい」(阪急バス)という声もある。

 日本バス協会は10月19日、前原誠司国土交通相に「高速道路料金施策の見直しに関するお願い」を提出。「(無料化に)絶対反対や見送りを求める悲痛な声が全国のバス事業者から寄せられている」とし、強く反対の意向を伝えた。

 協会によると、高速バスの黒字で、過疎地域を走る路線バスの赤字を埋めている事業者もある。高速バスの利用者減で、不採算の路線バスが維持できない所まできているのだという。

 船戸理事は「高速料金無料化はバス事業全体に与える打撃が大きい。バスは自家用車より、環境にも優しい。鳩山由紀夫首相が掲げる温室効果ガスの削減には全面的に協力したいが、無料化は逆効果ではないか」と話している。


毎日新聞 2009年11月1日 地方版

236 とはずがたり :2009/11/06(金) 16:42:01
タクシー会社も自分の仕事にしがみついてないで好調の代行業に乗り換えたりすればええねん。

2009年11月06日(金)
タクシー業界募る危機感
不況で利用減、運転代行台頭→減車の可能性
県内  年収、全職種平均の半分
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/11/06/2.html

乗客を待つタクシー。法改正で減車の可能性が出てくる中、運転手は「仕事がなくなる」と先行きを心配する=JR甲府駅南口

 甲府市などのタクシー事業者が、10月に施行された新法を受け、収益アップに向けた対策を協議することになった。車社会の県内では、不況による節約志向に加えて運転代行業の台頭で、タクシー業界の営業収入が低迷している。運転手の平均年収が全職種平均の半分程度で、全国平均を上回るペースで高齢化が進む中、今後の対策としてタクシー台数そのものを減らす可能性が出ていて、運転手からは「こんな景気で職を失ってしまったら…」と危機感を強める。業界活性化を目指した規制緩和から一転、規制を強める方向にかじを切った国に対する不満も出ている。
 乗客を待つタクシーが並ぶJR甲府駅南口。甲府市内のタクシー会社に勤める50代の男性運転手は「週5日働いても月収は手取りで15万円前後。3人の家族を養っていくにはとても十分とは言えない」と切ない状況を打ち明ける。
 県タクシー協会によると、同協会に登録しているタクシー台数は1126台(10月1日現在)で、新規参入自由化が始まった7年前(1193台)とほぼ変わらない。しかし1台の1日当たりの平均売り上げは約2万2千円(昨年)で、この10年で約1割減少した。
 売り上げが減少している背景には、運転代行業の進出がある。複数の運転手は「代行サービスの料金はタクシーより安く、車社会の山梨では酒席に出掛けるときはマイカー、帰りは代行という流れができている」と嘆く。
 売り上げの減少が収入減を招き、厚生労働省の調査によると、昨年の運転手の平均年収は258万円で、全国平均の326万円を大きく下回り、県内男性の全職種平均(509万円)の半分になった。運転手の高齢化も深刻で、協会登録者約1700人の平均年齢は60・1歳、全国平均(56・8歳)を上回る。
 新法は10月に施行されたタクシー事業適正化・活性化特別措置法。2002年の新規参入自由化以降、大都市を中心に台数が増えて運転手の減収につながったため、再び規制強化に転じる内容。県内では昨年のタクシー1台当たりの1日の売り上げが過去5年間の平均を1割下回ったことなどから、甲府交通圏(甲府市、甲斐市、中央市、昭和町)が特定地域になった。同地域になると、協議会を立ち上げるなどして収益改善に向けた計画を策定することになっていて、台数の削減も手段の一つとされている。
 先月、タクシー事業者や関東運輸局、関係自治体などは「甲府交通圏タクシー特定地域協議会」を発足させた。具体的な対策は今後決めていくが、関係者は「台数を削減する可能性がある」といい、男性運転手は「不況下、この年で仕事を探すのは厳しい」と、減車で仕事がなくなることを心配する。
 業界からは、国の方針転換に対する反発も。甲府市内の経営者は「規制緩和は、実施前から事業者の経営悪化につながると反対してきた。業界は国策に振り回されている。台数を減らすことは、運転手をリストラすることになり、なかなかできない」と、国への憤り、先行きへの不安を口にする。

237 チバQ :2009/11/07(土) 20:30:08
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/11/20091107t13016.htm
課題は渋滞緩和策 JR仙台駅西口バスプール拡張構想
 仙台市はJR仙台駅西口周辺のバスプールを拡張する構想に基づき、7月に実施した渋滞実験の結果をまとめた。拡張に伴い、渋滞が最大680メートルに及んだ日もあり、混雑緩和が課題として浮き彫りになった。

 混雑が最も激しかったのは愛宕上杉通と青葉通の交差点。愛宕上杉通を北進して交差点に入る車線で、通常の6倍を超す680メートルの渋滞になった。青葉通を西進して交差点に入る車線でも70メートルの渋滞が起きた。

 原因として(1)交差点の歩行者が多く、右左折車が流れなかった(2)トラックの荷さばきとタクシーの駐停車で交通が停滞した―などを挙げた。

 アンケートでは、バス乗客の41%、バス運転手の14%が「実験前と状況が変わらない」などと回答。「改善された」との答えは乗客25%、運転手22%にとどまった。

 バスプールの拡張、バス停留所の集約化には約6割の人が「良いと思う」と理解を示した。

 市都市整備局は「利便性向上を期待する市民の声に応えられるよう早急に渋滞緩和策を検討したい」と話している。

 仙台駅西口のバス乗降場は分散して利便性が低い。市は乗降場を集約化するため、バスプールを拡張する構想を持っている。実験は拡張がどの程度の渋滞を引き起こすかを探るために行った。

 7月4〜10日、駅西口につながる南町通約180メートルをバスとタクシーの待機場所として利用。終日、南町通への一般車の進入を禁止し、周辺道路の混雑状況を調べた。


2009年11月07日土曜日

238 チバQ :2009/11/08(日) 21:50:52
http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000911080001
小豆島の新バス会社、設立総会開かれる
2009年11月08日

 撤退方針を打ち出した小豆島バス(本社・土庄町)の路線バス事業を引き継ぐ、島の住民らでつくる「小豆島オリーブバス株式会社」の設立総会が7日、土庄町役場であった。
 発起人13人のほか、一般公募した株主ら約20人が参加した。総会では、会社の定款や取締役などが決まった。設立時代表取締役にいずれも発起人の谷久泰司さん、森福守さんが決まった。今月30日には、資金面について話し合う臨時総会が開かれる。今後、小豆島バスと具体的な事業引き継ぎについての協議を進めていくという。
 発起人代表の谷久さんは「いよいよ実務に入り、引き締まる思いだ。これからはいかにバスの乗車率を上げるかを考えたい。みんなに愛されるオリーブバスづくりをしていきたい」と話した。

240 荷主研究者 :2009/11/15(日) 23:02:18

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911110091.html
'09/11/11 中国新聞
循環バスの利便性向上探る
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県安芸郡4町は、それぞれの町内で走らせる循環バスについて、運行形態の見直しを進めている。利用者の利便性向上策を探る一方、厳しい財政事情を受けて経費節減も進める。

 府中町は今月下旬、コミュニティーバス「つばきバス」の乗客3千人を対象にした調査を初めて実施する。調査員がバスに乗り込み、利用時間や目的などを尋ねたはがきを乗客に配布。返送された回答を集計し、運行ルートの見直し作業に反映させる。

 海田町は7月、コミュニティーバス「ふれあいバス」の利便性向上について検討する委員会を設けた。町民代表や学識経験者、バス事業者が加わり、来年3月までに活性化計画を策定する。

 また、熊野町は4月から、無料バス「ふでりん号」を試験的に運行している。主に観光客向けで、土・日曜日と祝日に限定運行。筆の里工房や町郷土館など主要施設8カ所を巡回する。

 坂町は来年4月、町内を巡回する路線バスに、新型車両を導入する。現在の2台から3台体制で運行する。町は「車両更新や部品交換時期を延長でき、長期的にみれば経費節減につながる」と強調している。

【写真説明】利用実態調査を初めて実施する府中町の「つばきバス」(町役場前)

241 荷主研究者 :2009/11/15(日) 23:04:24

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911140022.html
'09/11/14 中国新聞
廿日市全市域でバス路線再編
--------------------------------------------------------------------------------
 廿日市市は、バス再編計画を策定する。市内を走るコミュニティーバスや路線バスは利用者が低迷し赤字運行を続けている。住民の聞き取り調査をもとに、利便性の向上策を探り、全市域で路線網の見直しを検討。2010年度中にも新たな地域公共交通のあり方をまとめる。

 市は現在、廿日市、吉和、大野3地域で、コミュニティーバス「さくらバス」を自主運行。佐伯地域では、旧佐伯町から引き継いだ「自主運行バス」の運行を地元事業者に委託している。加えて、広島電鉄の4路線(高速バス除く)がある。

 市は合併から4年を経過したのを機に、旧市町村単位で運行している既設のバス路線網を見直す必要があると判断。新市域全体をカバーする再編計画を策定し、市民生活にとって利便性の高いバス交通のあり方を探ることにした。

【写真説明】バス停ですれ違うさくらバスと広電バス。市は全市域で路線を見直し、利便性の向上を図る(廿日市市新宮)

242 荷主研究者 :2009/11/15(日) 23:07:38

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/131422
2009年10月30日 04:33 西日本新聞
長崎−鹿児島 高速バス運行 県営バス11月から

長崎−鹿児島間で11月から運行する高速バス

 長崎県営バスは11月1日から、長崎‐鹿児島間で高速バスを運行する。1日2往復で、ダイヤは長崎駅前発、鹿児島中央駅発ともに午前7時20分と午後4時。所要時間は約5時間半で、運賃は大人片道6500円、往復割引1万1千円。

 オリエンタルエアブリッジ(ORC)が11月から航空便の長崎‐鹿児島間を夜間の1日1往復に減便するため、補完のバス路線開設を決めた。

 県営バスは、航空便とバスを片道ずつ組み合わせたセット商品も販売する。「鹿児島まで日帰りで往復可能」という。価格は1万5千円。空港内のレストランで使える千円の食事券付きで、通常運賃の3割引き。セット商品の発売は長崎県営バス観光=095(825)0505。

=2009/10/30付 西日本新聞朝刊=

243 チバQ :2009/11/18(水) 19:51:52
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20091117-OYT8T01381.htm
茨交再建 動き本格化路線バス・旅行事業に力
経営破綻から1年


要望書を任田副社長に手渡す阿久津町長(左)=今月13日、城里町役場  昨年11月に経営破綻(はたん)した茨城交通の再建の動きが本格化している。今年8月に支援企業の経営共創基盤(東京都千代田区)から新経営陣が就任。低迷していた路線バスや旅行事業などのてこ入れを進めている。公共交通の担い手として、安定して収益を上げられる経営体質へ生まれ変わることができるか、沿線自治体も注視している。

 茨城交通の任田正史副社長は今月13日、城里町役場を訪ね、阿久津藤男町長から路線バスの利用促進に向けた要望書を受け取った。阿久津町長は「便数が少なくなって乗る人が減り、料金の値上げや便数のさらなる減少につながる悪循環に陥っている」と述べ、〈1〉利用しやすい運賃の検討〈2〉町民の要望に沿ったバスダイヤの検討など4項目を要望した。

 城里町にとって、水戸方面へ向かうバス路線は茨城交通の運行路線のみ。ただ、町内から水戸駅までの運賃は片道750円と、定期券を使っても通学や通院などで利用する町民にとって負担は小さくない。任田副社長は「運賃施策はすぐに検討に着手する。利用者が少しでも増えれば、増便や運賃の値下げにつなげられる。いい循環に変えていかなければならない」と応じた。

 旧茨城交通の路線バス事業は、2008年度までの5年間、売上高が年平均3・2%減少する厳しい状況が続いていた。ただ、新茨城交通は、その路線バス事業を再建のカギと位置づける。自治体や企業などが環境対策を強化する中、バスなど「公共交通への回帰」が今後強まると見ているためだ。

 利用者増に向け、新経営陣はすでに新施策に着手している。バス路線ごとに管轄の営業所の管理職や乗務員などでプロジェクトチームを作り、沿線の学校の終業や部活動の終了時間に合わせたダイヤ編成を進めているほか、沿線の商業施設や病院、飲食施設などのマップを作って沿線の住宅に配ることも検討。バス路線のダイヤや乗り継ぎなどを携帯サイトで検索できるシステムや、プリペイド式のICカードの導入準備も進めている。

 8月以降の業績は、「予想していたレベルより若干良くなっている」(任田副社長)という。入社37年のバス乗務員の男性(58)は「どこまで業績が上がるか不安もある。しかし、結局は第一線に立つ我々の努力次第」と話している。

(2009年11月18日 読売新聞)

247 荷主研究者 :2009/11/29(日) 22:24:54

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/199979_all.html
2009年11/14 13:36 北海道新聞
道南バスがハイブリッド車導入 室蘭−札幌間

道南バスが導入したハイブリッドバス

 道南バスは13日、室蘭−札幌間を運行する都市間バス用にハイブリッドバス1台を初めて導入した。エンジンと電気モーターを組み合わせて走行するため、従来のディーゼル車より騒音や振動が少なく、二酸化炭素の排出を20〜40%抑制。室蘭市内で試運転を行い、往復7便のうちの1便で15日にも運用を始める。

 北海道バス協会(札幌)によると、9月末現在で道内のバス会社が導入したハイブリッド車は37台だが、道南バスは「都市間バスで導入するのは道内で初めて」という。

 バスは、日野自動車製で、従来のディーゼル車と同型で45人乗り。

 走行中はディーゼルエンジンとモーターを併用し、下り坂時などにバッテリーに充電する。モーターを使うことで燃費は向上し、二酸化炭素の排出も抑えられる。

 同社は今後、運用しながらディーゼル車との比較を行う。

 車両価格は公表していないが、ディーゼル車より割高という。車体は、側面に大地をイメージした黄緑色をバックに地球をデザインし、環境に優しい車を表現した。

 高速道路の自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象とした割引制度の影響で、自家用車の利用が増え、都市間バスの利用は低迷。同社でも、休日は以前の2〜3割程度少ないこともあり、ハイブリッド車導入で利用増に期待を寄せている。(徳永仁)

248 荷主研究者 :2009/11/29(日) 22:34:02

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/136576
2009年11月25日 01:33 西日本新聞
小郡市内 西鉄子会社撤退 民間路線バス消えた 住民「通院できない」 市運行バス ダイヤ見直し課題

西鉄のバス停に張られている廃止を知らせる張り紙 この秋、小郡市内から民間の路線バスがすべて消えた。運行していた西日本鉄道(福岡市)の子会社が不採算を理由に撤退したためだが、“足”をなくして困り果てる市民は多い。市が運行するコミュニティーバスに代役を求める声も上がっているが、同バスも赤字運営のため簡単には対応できず。「千円高速」のあおりで高速バスの収支が悪化した民間バス会社の合理化の余波に、住民も市も頭を抱えている。

■約3千人署名

 「病院に通えなくなった、というお年寄りもいる」

 24日朝、約5千人が住む新興住宅地「希みが丘」の大淵泰範区長は、市役所を訪れ平安正知市長に訴えた。手には住民3017人分の署名。路線バスの廃線部分を補うため、コミュニティーバスの路線延長を求めた。

 希みが丘に隣接し、同じように署名運動が行われている新興住宅地「美鈴が丘」の秋田宏司区長も同行。一緒に路線延長を訴えた。

 両区内と、最寄りのJR原田駅(筑紫野市)とを結ぶ西鉄の路線バスが廃止になったのは9月1日。1日16往復(平日)の便がいきなりゼロになった。「駅までバスに乗り、福岡市などに通勤通学する住民も多かった。公共交通機関があると聞いて家を買った人も多いのに…」と秋田区長は憤る。

 さらに10月1日、小郡市と佐賀県鳥栖市を結ぶ路線も廃止となり、市を走る路線バスは完全に姿を消した。

■「赤字が膨らむ」

 市のコミュニティーバスは、西鉄バス佐賀(佐賀市)に委託して、市内を100円均一運賃で運行する。希みが丘・美鈴が丘両区内も巡回しているが、筑紫野市内には乗り入れていないため、JR原田駅に行くには使えない。

 コミュニティーバスの路線延長を陳情された平安市長だが、「特定の地区住民の要望だけを聞き入れるのは、他地区との公平性に欠ける」と表情は渋い。

 理由はそれだけではない。コミュニティーバスの利用者は当初の見込みを下回っており、市商工・企業立地課によると年間赤字は平均約3千万円にも上るためだ。

 同バスは3台をやりくりして6路線を走っているが、「路線延長すれば、運行時間が延び、乗務員の増員も必要になる」(同課)。さらに、通勤通学時間帯の午前6−7時台の便を増やせば、財政負担も年間約300万円増えるという。

 同課は「民間で採算がとれない路線を引き継げば、さらに赤字が膨らむ」と打ち明ける。

■対策協発足へ

 もともと、同市のコミュニティーバスは2004年、福祉バスとして導入された。

 温泉やスポーツ施設があり、健診なども行われる市総合保健福祉センター(同市二森)が発着点になっているのが特徴で、ダイヤも通勤通学向けにはつくられていない。始発は早い便でも午前7時45分で、運行が終わるのは午後6時台。便数も限られ、一部住民からは「空っぽのまま走っている」と皮肉の声も上がっていた。

 市は現状改善のため、年度内にもバス対策協議会を立ち上げる方針。学識経験者や住民をメンバーに、コミュニティーバスのあり方を考える。

 国の施策である「千円高速」の思わぬツケが、住民や自治体に回ってきた格好だが、美鈴が丘の秋田区長は「使い勝手が悪いといわれるコミュニティーバスのあり方を見直すチャンスでもある」と住民も巻き込んでの改善策を訴えている。

=2009/11/25付 西日本新聞朝刊=

249 荷主研究者 :2009/11/29(日) 22:38:16

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/136187
2009年11月23日 00:47 西日本新聞
産交バス 熊本駅前発着に変更 宮崎線、長崎線 12月1日から 新幹線開業に備え

 九州産交バス(熊本市)は、熊本交通センター(同市桜町)から発着している熊本‐宮崎線「なんぷう号」と、熊本‐長崎線「りんどう号」の2路線を、12月1日からJR熊本駅前(同市春日)発着に変更する。

 熊本交通センターとJR熊本駅は、約2・3キロ離れており、これまで2路線とJR線の利用者は路線バスの乗り継ぎをしていた。1年半後に九州新幹線鹿児島ルートの全線開通を控え、熊本駅から乗り継ぎなしで、2路線を利用できるようにする。

 発着点以外にダイヤの変更はなく、熊本交通センターにも停車する。JR熊本駅前からの運賃は熊本交通センターと同額で、大人1人の場合、熊本駅前‐宮崎駅前は4500円、熊本駅前‐長崎駅前が3600円。2路線とも座席指定となる。

=2009/11/23付 西日本新聞朝刊=

250 とはずがたり :2009/12/01(火) 19:27:52
発祥地・瀬戸市には最後まで...JR東海路線バス撤退(1)
http://toppy.net/nagoyanow/090921.html
国鉄岡多線の未成区間を行く-JR東海路線バス撤退(2)
http://toppy.net/nagoyanow/090922.html
実は地元は歓迎ムード?−JR東海路線バス撤退(3)
http://toppy.net/nagoyanow/090923.html

251 チバQ :2009/12/06(日) 21:08:50
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1490066.article.html
便利で懐にやさしい 金曜の深夜バス発進

 佐賀市交通局は4日、市中心街を午後11時に出発する路線バス3便を走らせた。忘年会シーズンが本番を迎えた金曜の夜、「この時間帯にあれば非常にありがたい」と、2次会帰りの客がバスに乗り込んだ。
 飲酒運転の撲滅と、市営バスの利用客増を目的に18日までの毎週金曜夜に限り運行する。佐大医学部、金立・大和町、諸富・早津江方面の3路線で、通常の最終便より1時間ほど遅い午後11時に飲食店街に近い佐賀玉屋前の「中の小路」バス停を出発する。

 友人たちと久々の飲み会で、2次会まで存分に楽しめたと話す大和町の男性(62)は「きょうは奥さんにこのバスで帰ってくるように言われていた。タクシーを使えば3千円以上かかるが、バスだと便利だし、懐にもやさしいですね」と笑顔を見せた。

【写真】午後11時に出発する深夜バスに乗り込む乗客=佐賀市の中の小路バス停

252 荷主研究者 :2009/12/07(月) 00:54:33

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/12/20091202t72016.htm
2009年12月02日水曜日 河北新報
東北の高速バス「3日間乗り放題」 3ヵ月かけ需要調査

 東北の高速バスが9000円で3日間乗り放題となる共通パス「東北おトクパス」の実証実験が1日、スタートした。来年2月末まで需要動向を調べるとともに、利用者アンケートの結果などを踏まえ、本格導入するかどうかを判断する。

 乗り放題の対象は、6県の都市を発着する高速バスや一部の都市間バスの計74路線。バス会社18社が参加する。利用客が増加する年末年始の21日〜来年1月10日は除かれる。

 仙台市青葉区の宮交仙台高速バスセンターで、午前9時10分発八戸行きのバスに乗った若林区の会社員女性(24)は、おトクパスを使って1泊2日で青森県内を旅行するという。「おトクパスで浮いたお金で、海産物をぜいたくに食べたい。高速バスを使う機会が増えそう」と話した。

 東北6県のバス協会でつくる東北バス協議会、東北運輸局などの4団体が実験の実施主体。協議会の北村治専務理事は「おトクパスを契機に利用者が増えてほしい」と期待している。

253 荷主研究者 :2009/12/10(木) 23:37:43

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20091202/CK2009120202000007.html
2009年12月2日 中日新聞
自治体運営のコミバス依存度、中部でトップ 純民間路線は福井市内のみ

地域に定着しつつある福井市のコミュニティーバス「すまいる」=福井市の中心市街地で

 中部運輸局が発表した地域バス交通の調査結果によると、バス利用者に占めるコミュニティーバス(コミバス)の割合は福井県が15%となり、同局管内の福井、愛知、岐阜、三重、静岡の5県でトップだった。自治体が企画運営に携わるコミバスの増加には、バス会社が不採算路線を維持しきれないとの背景もあるようだ。

 「昨年からやや減少に転じたが、それまで右肩上がりで利用が増えてきた」。福井市の委託を受け、コミバス「すまいる」の企画運営を手掛けるまちづくり福井の宮川雅敏社長が状況を説明した。

 無料乗車券配布による商店街との連携などを実施。運行時間延長なども検討しており、宮川社長は「気軽な買い物用の交通手段としてだいぶ認知されたと思う。観光面などでの活用も目指したい」と話す。

 県交通まちづくり課によると、県内コミバス路線は10月1日現在で166あり、増加が続く。バス会社が過疎地などの路線を維持する余力がなくなり、市町が前面に出るコミバスに移行している。

 補助金なしで自主運行できる民間路線バスも毎年減少しており、12月からは京福バスが運行する福井市以外ではなくなる。

 コミバスでの輸送割合が4%と管内最低の静岡県では、遠州鉄道などが小売りや不動産といった事業を幅広く手掛けて経営体力があり、路線を維持できる側面があるという。

 同課の担当者はコミバスの増加を「市町の努力の結果という側面が強く、高齢化社会を迎えて必要な措置」と説明している。

 (渥美龍太)

254 荷主研究者 :2009/12/10(木) 23:40:13

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200912040056.html
'09/12/4 中国新聞
広島市バスカード助成見直し
--------------------------------------------------------------------------------
 路面電車やバスなどの運賃支払い磁気カード(通称バスカード)の廃止予定を受け、広島市が、主にバスカードで高齢者に支給している交通費助成の代替策に頭を痛めている。交通事業者が切り替えを進める共通ICカード「PASPY(パスピー)」での個人支給が、困難なのが理由。制度自体を見直す方向で検討している。

 助成制度はお年寄りの外出機会を増やすのが狙い。70歳以上を対象に1993年度から年1回、1人当たり6千円相当を磁気カード、JR回数券の引換券、タクシーチケットなど8種類から選んでもらう方法で支給している。

 ただ、実際はバス、路面電車、アストラムラインで使えるバスカードでの支給希望が大半。昨年度は助成対象10万5500人の約7割に当たる7万4600千人がバスカードを利用した。

 「カードが届くのを楽しみにしているお年寄りは多い」と市高齢福祉課。パスピーを導入する交通事業者と協議したが、現金などで入金するパスピーを毎年個人支給することは「技術的にも、事務的にも困難」との結論になった。健康づくり事業に高齢者が参加した場合に助成する新たな制度などを検討している。

255 荷主研究者 :2009/12/11(金) 00:03:56
コミュニティバスが高速道路を経由するのは珍しい!

http://www.shizushin.com/news/local/east/20091202000000000029.htm
2009/12/02 静岡新聞
富士市で「Cバス」実証運行開始 渋滞避け時間短縮

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/cbus091202.jpg

 東名高速を利用する全国でも珍しいコミュニティーバスの実証運行が1日、富士市内でスタートした。旧富士川町地区の富士川楽座と市役所など市中心部を結ぶ一周約21キロのうち、往復約12キロは東名上を走る。1日6便。1年間実証・検証して本格運行を目指す。

 旧富士川町地区は昨秋の合併で市域に加わったが、市役所周辺部と乗り換えなしにつながる公共交通はなく、高齢化が進む地区内からバスルート新設の要望が出ていた。ただ、両地区の間には富士川が横たわり、渋滞ポイントの県道富士川橋がルート設定の課題だった。

 そこで、市を横断する東名の活用を発想した。スマートインターを備える富士川サービスエリア(SA)―富士インター間を含むルートを考えた。

 「Cバス」と名付けた新バスは乗客19人乗りで、市立中央病院や吉原地区のバスターミナルも巡り一周47分。東名の高速・定時性を生かし、富士川SA―市役所間を、一般道利用時より時間帯によって10〜20分以上短い24分前後でつなぐ。

 一乗車300円(子ども150円)で、本年度は経済危機緊急対策臨時交付金900万円(うち運行委託費350万円)を事業費に充て、市内バス会社に運行委託した。

 富士川SAの富士川楽座での出発式では鈴木尚市長や地元住民がテープカット。出勤客5人が乗り込んだ始発便を拍手で見送った。

256 とは :2009/12/11(金) 15:22:46
掛川市民病院から掛川駅迄バスに乗る。15:13発
時間の問題か日時の問題か無人のバスがやって来て客は最後迄俺一人。
運賃は初乗り160円で初乗り運賃であった。

こんな惨状で地域経済がどうやって回っていってるのかほぼ理解不能である。

257 荷主研究者 :2009/12/15(火) 00:06:18
>>239
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/138791
2009年12月5日 00:16 西日本新聞
福岡−佐伯高速バス 「くろしお号」 試験運行開始 西鉄など

報道陣が見守る中、福岡発「くろしお号」に乗り込む乗客=4日午前7時半ごろ、福岡市・天神

 福岡市と大分県佐伯市を結ぶ高速バス「日豊海岸 くろしお号」の運行が4日、始まった。西日本鉄道の子会社・西鉄高速バス(福岡市)と、大分バス(大分市)が共同で開設した新規路線で、来年5月30日まで試験的に走らせ、需要が見込めれば本格運行する。

 くろしお号は、金−日曜と祝日のほか、年末年始とゴールデンウイークも運行。途中、大分県の臼杵市と津久見市にも停車する。所要時間は、最も需要が多いとみられる西鉄天神バスセンター(福岡市)‐大手前(佐伯市)間で約3時間40分。1日2往復で、運賃は3800−3300円。

 佐伯市では、昨年6月に東九州自動車道・佐伯インターチェンジの供用が始まり、同市も観光客誘致に力を入れている。

 西鉄高速バスは4日、西鉄天神バスセンターで出発式を開催。同社の久池井隆営業部長は「『千円高速』の影響で高速バスは厳しい状況にあり、少しでも需要が見込めれば攻めていこうと判断した」と話した。

=2009/12/05付 西日本新聞朝刊=

258 チバQ :2009/12/19(土) 20:19:29
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009121902000243.html
減らぬタクシー事故 強引な客奪い合い原因?
2009年12月19日 夕刊

事故多発を受け、タクシーを止めて注意を呼びかける警察官ら=東京都渋谷区で(戸上航一撮影)


 交通事故が減少傾向をたどる中で、タクシー(ハイヤーを含む)の事故がなかなか減らない。規制緩和でタクシーが増えたのに、不況で客が減り、客の争奪戦が激化しているのが背景にあるようだ。東京都内の警察署管内別で昨年、タクシーが絡む人身事故が最多だった渋谷署は、二年連続のワーストを回避しようと、タクシーだけに絞った検問「タクシーストップ作戦」を展開している。 (社会部・伊東浩一)

 十四日夕、雑踏が激しいJR渋谷駅前で、渋谷署はストップ作戦を実施。タクシーを一台ずつ止め、危険な運転を慎むよう呼び掛けた。同署によると、タクシー事故は(1)道路脇で手を挙げた客を拾うため急ブレーキをかける(2)急な進路変更(3)急にドアを開ける−が原因の衝突が多い。

 「不況でお客は減ってるのに、タクシーばかりが増えており、運転していても焦りがある」。駅前で客待ちしていたタクシーの運転手(64)は苦り切った表情で話し、別の運転手(61)も「稼げないから強引に客を奪い合っている」と打ち明けた。

 都内の人身事故は二〇〇〇年の九万千三百八十件から、昨年は32・6%減り六万千五百二十五件。今年も十一月末現在、五万千二百十六件で前年同期より8・6%減っている。

 これに対し、タクシー事故は、二〇〇〇年の一万二千二百三十四件から、〇七年は八千三百七十二件と31・5%減ったが、昨年は九千三百十六件と増加に転じた。今年も同0・1%減と、ほぼ横ばいで推移している。

 国土交通省安全政策課によると、〇二年の規制緩和で各地域のタクシー台数枠が撤廃され、タクシーは都内で約四千台増えた。担当者は「激しい客の奪い合いで注意散漫な運転が増えた上、台数増加で不慣れな運転手も増えていると推測される」と指摘する。

 「流しのタクシーが繁華街に集中するのも最近の特徴」と渋谷署幹部。同署はストップ作戦に加え、取り締まりの強化、事故が多かった十社のドライバーを対象にした安全講習などに力を入れる。

259 とはずがたり :2009/12/23(水) 14:29:24
500円タクシー業界が乗務距離で質問状 近畿運輸局に
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200912220055.html
2009年12月22日

 「初乗り500円」のタクシー会社16社でつくるワンコインタクシー協会(大阪市城東区)は22日、毎日乗務する「日勤勤務」の運転手の走行距離の上限を1日250キロとする新基準を公示した近畿運輸局に、質問状を提出した。

 質問状は、実車距離が制限されれば歩合制を採用する会社の乗務員の手取りが減り、基本的人権や生存権が脅かされる恐れがあることや、他の地域と比べ大阪の上限が低くされている根拠など、6項目に答えるよう求めている。

タクシーの250キロ上限規制、エムケイも運輸局に抗議
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200912230029.html
2009年12月23日

 割安運賃のタクシーを展開するエムケイ(京都市)の青木信明社長は22日、近畿運輸局を訪れ、近畿地方で毎日乗務する「日勤勤務」のタクシー運転手が1日に走れる距離の上限を来年1月から250キロとする新基準に抗議した。

 青木社長によると、運輸局に対し、走行距離と事故発生の関係について説明が足りない点や、新基準の導入で運転手が大きな不利益を被ることなどを指摘したという。

 近畿地方の250キロは、全国的には北陸信越と並んで最短。違反すれば車両の使用停止などの行政処分が出される可能性がある。青木社長は「制度には承服できない。訴訟などによる対抗策もあり得るかもしれない」と語った。

260 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:02:21

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20091218/254470
2009年12月19日 05:00 下野新聞
宇都宮と成田結び20年 関東自動車のマロニエ号

 関東自動車(宇都宮市駅前通り3丁目、手塚基文社長、028・634・8131)が運行する定期高速バス「マロニエ号」宇都宮−成田空港線が22日、1989年の運行開始から20周年を迎える。利用者は延べ約193万人(概数)で、来年度には200万人台に達する見込み。公共交通機関では宇都宮から唯一の成田直通便で、県民の海外への「足」として定着している。

 マロニエ号は千葉交通(千葉県成田市)との共同運行。当初は4往復で、2000年から10往復に増便した。

 乗り場もJR宇都宮駅西口に宇都宮市の柳田大橋西と鹿沼市のインター入り口が加わり、3カ所に増えた。所要時間はJR宇都宮駅西口から約2時間50分で、片道4070円。

 本県からの出国者数は年平均約20万人で、マロニエ号の利用客は同9・7万人に上る。10往復となって以降、08年度まで9年連続で10万人台をキープ。新型肺炎(SARS)の流行やイラク戦争のあった03年度にやや落ち込んだが、04年度からは4年連続で13万人を記録した。

 ただ、昨秋以降は世界的不況や新型インフルエンザの流行などもあって伸び悩んでいる。「約1割の減少。海外出張の利用者が目立って減っている」(同社)という。

 JR宇都宮駅西口乗り場で17日、北京に向かう宇都宮市内の60代の夫婦は「開通当初からマロニエ号を使っている。荷物を降ろしてすぐ空港というのがいい」。居住先の米国に帰る40代の女性は「鉄道で成田に行くのは大変。乗り換え無しで便利」と話していた。

 関東自動車の石原玲一執行役員は「引き続き強化部門として運行していく。圏央道が全線開通すれば、さらに時間短縮も考えられる」としている。

 20周年を記念して、22日から宇都宮発の利用客先着2千人にエアー枕をプレゼント。抽選で20人にマロニエ号の80分の1模型が当たる。応募は、はがきかメールで。締め切りは31日。

261 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:05:40

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200912140194.html
'09/12/14 中国新聞
中国JRバスが格安高速便
--------------------------------------------------------------------------------
 中国ジェイアールバス(広島市南区)は、広島、岡山市などと東京を結ぶ高速バスで、18日から来年1月11日の間、通常運賃より最大で40%強、割安な特別便を運行する。

 1日各1便運行する。広島―東京間は片道6500円で通常より最大44%引き、岡山―東京間は6千円で最大41%引きとする。40席中12席分を女性専用エリアとする。

 7〜10月の乗客数は前年同期に比べ広島―東京間が約15%減、岡山―東京間が3%減となっており、景気低迷や高速道の通行料引き下げによるマイカーへのシフトなどが影響したとみられる。特別便の運行で利用増につなげる。

262 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:10:18

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200912170043.html
'09/12/17 中国新聞
バス路線の利用状況公表 呉
--------------------------------------------------------------------------------
 呉市は16日、市交通局のバス路線再編の基礎資料とするため、市長部局として初めて実施した利用状況調査の結果を公表した。利用者減などで事業の抜本的見直しが必要と指摘。来年度から路線や経営形態を検討し、2011年度に実行に移す方針とした。市議会合同審査会で報告した。

 調査は7月の平日3日間に全20路線で実施。1日当たりの利用者は約3万7千人で、交通局が前年度に郊外線を除いて実施した調査の約3万8千人に比べ1千人減った。

 支払い方法別の利用者数も算出。全利用者の57%が通勤・通学定期、敬老優待証、心身障害者優待証を使用した乗車と分かった。

 調査で、路線別の1日当たりの利用が最多だったのは天応川尻線の7785人。最少は大広白岳線の57人だった。

263 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:16:24

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20091216/CK2009121602000009.html
2009年12月16日 中日新聞
濃飛バスセンターを一新 外国人観光客の対応充実

新高山濃飛バスセンターの完成予想図(濃飛バス提供)

 濃飛バス(高山市)は、同市の高山濃飛バスセンターを一新。雪が多い土地柄に配慮した構造にし、外国人観光客対応の設備を充実させるなど利便性を向上させ、28日から利用を始める。

 バスセンターはJR高山駅前にある。市の道路拡張工事で立ち退き区域内に入っていたことから、やや西側に移動。従来の木造2階の建物を取り壊し、今年5月から建て替えの工事を進めてきた。

 新しい建物は鉄筋コンクリート2階建て延べ約920平方メートルで、総工費約3億円。2階は事務所、1階はバスの発着場と用途は従来と変わらないが、1階部分では待合室を10倍の広さを確保。屋外にあった乗車券売り場を待合室内に設置し、冬場の快適さを高めた。

 増加する外国人観光客のために、案内看板の英語表記も充実。また、今年4月に旅行・ドライブイン事業の濃飛観光を吸収合併したことから、バス予約と旅行関係の予約カウンターを隣接した造りにした。

 「バリアフリー設備も整え、建物の面積は変わらないが、ゆったりと使える空間になった」と担当者。最終的な工事が急ピッチで進められており、25日には竣工(しゅんこう)式を行う。

 同バスセンターには高速バスや定期観光バスを含め1日に約350便が発着し、約5000人の利用がある。

 (並木智子)

264 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:26:12

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20091219/CK2009121902000002.html
2009年12月19日 中日新聞
松本電鉄、バス2路線の廃止検討

 松本市は18日、現在市が運行補助をしている松本電鉄の路線バス5路線のうち、利用者が極端に少なく赤字額が大きい梓川、会田の2路線を、来年度中に廃止する方向で検討していることを明らかにした。廃止については地元と協議して決定し、代替交通手段を検討するという。

 同日の市議会総務委員協議会で示した。5路線は、経営再建中のアルピコグループが昨年、松本電鉄の不採算路線廃止を市に申し入れ、市が一部公費負担で運行を維持した路線。

 だが、市の調査ではいずれも利用者が少なく、梓川、会田の2路線と内田線は、平均乗車密度(乗客数の平均値)が1人以下と極端に少なかった。

 さらに梓川、会田の2路線は、車両の運用面などで経費がかさむことから、年間の推計赤字額がともに1000万円以上に上り、市は公費負担の重さから路線の廃止方針を固めた。

 ただ、小中学生の通学などにも使われていることから、コミュニティバスなどの代替手段を地元と協議する。

 内田、空港・朝日、アルプス公園の3路線は現状通り来年度も運行を継続する。年間赤字推計額は内田線が40万円、空港・朝日線が170万円、アルプス公園線が150万円だった。

 (坪井千隼)

265 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:27:32

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/204747_all.html
2009年12/10 14:13 北海道新聞
あいの里駅から当別の停留所 深夜バス無料…ただし割引券必要 利用増へキャンペーン

初の割引キャンペーンが行われる「すいすいふれバ」

 【当別】石狩管内当別町や民間企業などでつくる当別町地域公共交通活性化協議会は予約型深夜バス「SuiSui(すいすい)ふれバ(ふれあいバス)」の利用促進を図ろうと、12月限定で初の割引キャンペーンを展開している。2回目の乗車が無料になるもので、忘年会帰りの酔客らに乗ってもらい、利用者増を図りたい考えだ。(荻野貴生)

 「すいすいふれバ」は昨年4月に運転をスタートした。JR学園都市線の石狩当別行き最終列車が午後11時7分札幌発と早いため、同11時59分札幌発あいの里公園行きに合わせて、あいの里公園駅から、利用者が希望する町内の停留所に向けて運転されている。金曜日と土曜日の限定運転で、料金は1000円。当日午後8時までの予約が必要。

 町民は夜遅くなった場合、あいの里公園駅からタクシーに乗ったり、家族に迎えに来てもらう人が多く、一定の需要はあるとみられていたが、1年半を経過しても1日平均3・2人の利用しかなかった。

 周知不足もあるとみられ、初のキャンペーンで、利用促進を図ることにした。乗車の際、2枚組みの割引券を配布。次回乗車の際、1枚使えば500円、2枚使えば無料となる。応援券(全線乗り放題の定期券)利用者は1枚で250円、2枚で無料。割引券の有効期限は来年3月末まで。

 同協議会事務局は「深夜バスを知らない人も多い。ぜひこの機会に利用して」と呼びかけている。

 バスの予約は下段モータース(電)0133・23・2630へ。

266 とはずがたり :2009/12/30(水) 00:33:45
>>264
ひでぇなぁ。。
>梓川、会田の2路線と内田線は、平均乗車密度(乗客数の平均値)が1人以下と極端に少なかった。

この前も無人のバスに乗車した>>256がバスの大きさは普通の一番大きい奴だった。
通学時間帯は客が多くて小さい車輌は使えないとかあるんかねぇ。。

267 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:38:58

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/141652
2009年12月19日 00:11 西日本新聞
福岡−東京夜行高速バス 新はかた号ゆったり

福岡と東京を結ぶ夜行高速バス「はかた号」の新車両=18日、福岡市早良区

新車両のプレミアムシートの座り心地を楽しむ田村さん親子

 西日本鉄道(福岡市)は18日、福岡と東京を結ぶ夜行高速バス「はかた号」として、22日の福岡発の便から投入する新車両を公開した。2階建てで、座席を大きくした「プレミアムシート」や低価格の「エコノミーシート」を新設した。

 はかた号は、約1140キロを約14時間20分で結び、1990年から運行。1日1往復で、福岡からは西鉄天神バスセンターを午後7時に出発し、翌日午前9時25分に新宿駅西口に到着する。

 新車両は、現行より7席多い35席。1階に座席幅44センチの「エコノミーシート」10席、2階に従来とほぼ同じ同51センチの「ビジネスシート」21席と、グレードを高めた同70センチの「プレミアムシート」4席を設けた。

 プレミアムシートは2階前方にあり、地上デジタル放送対応の専用モニターなどを装備。運賃(片道)はプレミアム1万9千円、ビジネス1万5千円。エコノミーは通常期8千円、繁忙期(年末年始など)1万2千円。

 新車両のデザインは、福岡の県花「梅」と東京の都花「桜」をあしらった福岡県太宰府市の主婦、田村めぐみさん(30)の作品を採用。この日の試乗会に家族3人で参加した田村さんは「(プレミアムシートは)幅が広く、眺めも最高。これなら14時間の旅も楽しいはず」と話していた。

=2009/12/19付 西日本新聞朝刊=

268 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:39:40

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/140529
2009年12月14日 11:02 西日本新聞
CO2削減、バスで実験 飯塚市内で九工大 渋滞情報を発信、迂回促す

 渋滞回避で二酸化炭素(CO2)を削減へ−福岡県や九州工業大情報工学部(同県飯塚市)などは14日から5日間、無線高速データ通信機器を搭載した路線バスから渋滞情報を発信して後続車に迂回(うかい)を促し、車が排出するCO2の削減につなげる社会実験を飯塚市で行う。

 実験区間は、国道201号を中心とするJR新飯塚駅―九工大情報工学部一帯の約5キロ。朝夕の混雑時に路線バス(1日14台)の車載器から、受信機を装備した後続の車(1日8台走行)と道路わきに設置された基地局(市内11カ所)に、無線LANを通じて渋滞の有無を送信する。

 バスから送られた渋滞情報は、車に取り付けたモニター画面に迂回路とともに表示されるほか、基地局の近くを通った車に送信される仕組み。車は渋滞ルートを避けて目的地まで向かうことができるため、CO2削減に加え、交通量の分散によるバスの定時発着につながることも期待される。

 実験は、今年2月に経済産業省が採択した「地域発新社会システム実証プロジェクト」の一環。バスを運行する西日本鉄道や、交通システムの研究・開発を続ける九工大の学生などが参加する。県や九工大は、全国のバス会社にシステム普及を目指す。

=2009/12/14 西日本新聞=

269 荷主研究者 :2009/12/30(水) 00:44:23
>>252
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/12/20091222t72026.htm
2009年12月22日火曜日 河北新報
「高速バス乗り放題パス」体験記 東北周遊難しいかも

運転手にパスを見せ、高速バスに乗り込む記者=仙台市青葉区の宮交仙台高速バスセンター

 東北のバス会社18社が共通パスを発行し、高速バスを中心に74路線が9000円で3日間乗り放題となる「東北おトクパス」の実証実験が今月、始まった。東北運輸局のモニター約20人のうちの1人として、パスを使い、青森方面に2泊3日の旅に出掛けた。交通費は通常運賃と比べ6000円安く済んだ。しかし、高速バスと接続する2次交通や乗り継ぎに難があるため、コース設定がかなり限定され、東北を高速バスで巡る課題を実感した。(報道部・吉江圭介)

 初日の12日午前8時50分、仙台市を高速バスで出発。青森市のJR青森駅周辺で観光施設を回り、八甲田山系の酸ケ湯温泉に泊まった。2日目は十和田湖で遊覧船に乗った後、八戸市へ。最終日は途中で盛岡市内を散策し、午後4時10分仙台着の便で帰った。盛岡発は午後7時の便もあり、もっとゆっくりできるはずだったが、仕事があるため早めに戻った。

 青森駅前から酸ケ湯までは午後7時発の温泉旅館の送迎バスを利用した。路線バスは午後1時が最終で、高速バスを降りた後の交通手段が不便だと感じた。

 酸ケ湯―十和田湖、十和田湖―八戸の路線バスはいずれも1日2本。八戸行きの乗客は記者1人で、バスの運転手は「冬はこんなもの。東北の良さを伝えてよ」。この路線でパスは使えたが、利用可能な路線バスは少なく、増えれば使いやすくなる。

 3日間でバスに揺られた時間は16時間弱。酸ケ湯の「ヒバ千人風呂」、十和田湖の冬景色、八戸のイカと「せんべい汁」、盛岡の「じゃじゃ麺(めん)」―。北東北の魅力を駆け足で味わった。

 旅行日程づくりは苦労し、窮屈さを感じた。八戸発盛岡行きの高速バスは午前10時が最終便と、かなり早い。青森県内と秋田市を直接結ぶバスがないなど、東北を周遊する移動が難しい。縦と横の路線が交わる地点で乗り換えができる「結節点」が、仙台のほかにもあれば使い勝手が良くなると感じた。

 実証実験は2月末まで(年末年始を除く)。バス各社は、利用者アンケートなどを踏まえ、本格導入を判断する。「高速バスで東北を巡るモデルコースが必要だ」(山交バス)などの意見があり、どう改善されるか期待したい。

◎先行例は九州乗り継ぎなど改善利用者増やす

 九州では、高速バスの共通パス「SUNQ(サンキュー)パス」が2006年度に本格導入された。大半のバス会社52社が参加し、乗り継ぎや2次交通の改善を進め、利用者を増やしている。

 SUNQパスは、九州の高速バスや路線バスなど最大計約2400路線を利用できる。パスは九州3日間(1万円)、4日間(1万4000円)、鹿児島と宮崎の両県を除く北部九州3日間(8000円)の3種類で、いずれも下関を含む。

 08年度には約4万4000枚を売り上げ、韓国などの海外向けが約8400枚に上った。初年度と比べ、販売枚数は約1.5倍に増えた。

 参加各社は、観光客が九州を周遊しやすい仕組みになるように知恵を絞った。07年7月、九州の高速道路が十字に交わる基山PA(福岡・佐賀県)バス停を乗り継ぎ拠点と位置付け、バスの停車本数を大幅に増やした。

 2次交通の手段として、今年7月、パス利用者へのレンタカー割引も始めている。

 高速バスの共通パスの利用促進について、九州運輸局は「低価格だけでなく、パス利用者の利便性を高める必要がある」と指摘する。

270 荷主研究者 :2009/12/30(水) 19:14:26
>>262
'09/12/17 中国新聞
バス路線の利用状況公表 呉

貼り忘れ↓
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20091217004301.jpg

271 荷主研究者 :2009/12/30(水) 20:19:30

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20091222/CK2009122202000002.html
2009年12月22日 中日新聞
ひとりだけシート販売 中央高速バスの新宿−伊那・飯田線

 伊那バス(伊那市)や信南交通(飯田市)などは、共同運行する中央高速バス「新宿−伊那・飯田線」の通常料金に1000円の追加で、隣り合った2席分の座席が確保できる「ひとりだけシート」を試験販売している。

 隣の人を気にすることなくゆったりと乗車してもらうのが狙いで、29〜31日を除く平日の上下各4便が対象。ビジネス利用を踏まえて専用テーブルやコンセントを装備し、パソコンなどが利用できるようにした(2号車使用などで装備がない場合もある)。

 予約は、高速バス伊那予約センター=電0265(78)0007、同飯田予約センター=電0265(24)0007=など4カ所の電話予約センター限定。各バスターミナルなどの運行会社窓口やバス車内で販売する。

 ◇対象便【上り】伊那系統 駒ケ根車庫前4・22発新宿行、同後1・52発同▽飯田系統飯田前5発同、同後2発同【下り】伊那系統 新宿前6・50発駒ケ根車庫行、後0・30発同▽飯田系統 同前7発飯田行、同後2発同

272 荷主研究者 :2009/12/30(水) 20:21:25

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1260769845
2009年12月14日14時50分 千葉日報
深夜路線の日中運行開始 市原・大網と都心を直結 平和交通

市原・大網地域と都心を直結するビィー・トランセグループの高速バス

 千葉市内を拠点に路線バスを運行するビィー・トランセグループの平和交通(千葉市稲毛区)は今月から、市原市や千葉市緑区、大網白里町と都心を直結する深夜高速バス「マイタウンライナー」の日中運行を始めた。

 平日午前0時前後に都内の主要駅を出発する深夜路線は、県内から都心へ遠距離通勤するサラリーマンらの帰宅の足として月間約3千人を乗せているが、通勤や買い物で朝昼の上り路線を望む声もあった。

 早朝から夕方までの間に京成ちはら台駅(市原市)を出発し、住宅街のおゆみ野(千葉市緑区)などを経由するちはら・おゆみ−東京・銀座線が平日6便、休日5便。JR外房線大網駅(大網白里町)を午前6時に出発しあすみが丘(同区)などを経由する大網・土気−東京・銀座線を平日に限り1便運行し始めた。運賃は1300〜1500円。

 同グループのあすか交通(同市美浜区)も今月から、平日に幕張新都心から外房沿線へ向かう深夜急行路線で新都心内の主要6企業前に停留所を新設した上、経由地のそごう千葉店前とJR千葉駅、蘇我駅での途中下車(運賃500円)を可能にした。これにより市中心街への終電後のアクセスが向上する。

273 荷主研究者 :2009/12/30(水) 20:23:07

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1259732564
2009年12月02日14時42分 千葉日報
2路線で深夜増便 千葉中央バス

 京成グループの千葉中央バス(千葉市緑区)は1日から、JR千葉駅発の深夜バスを増便した。星久喜台経由JR鎌取駅行きと東金街道経由大宮市民の森行きの2路線で計3便増やし、終電後の帰宅需要を取り込む。

 大宮市民の森行きは午前0時25分発を追加、鎌取駅行きは午後11時50分発と午前0時50分発を増やす。いずれも千葉駅着の終電後の午前0時50分が最終便で、午後11時50分以降3便ずつ運行する。

 運行は平日のみ。運賃は深夜料金として通常の2倍となる。

274 荷主研究者 :2009/12/30(水) 20:30:36

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912160026/
2009年12月16日 神奈川新聞
導入予定の快速バスシステム、ルート見直しへ/相模原

 相模原市が導入を検討している「幹線快速バスシステム」(BRT)について、加山俊夫市長は16日、基本計画案の想定ルートの一部区間について「見直しを行う」と表明した。BRT導入計画をめぐっては、ルート沿線住民を中心に「良好な住環境を破壊する」との反対意見が上がっており、市は「想定ルートの早期導入は困難」と判断した。ルートの一部見直しに言及するのは初めて。今後、さらに地域住民と議論を重ね、別ルートを検討していく方針だ。

 市議会12月定例会の本会議で、大槻和弘市議(創史会)の一般質問に答えた。

 加山市長はBRT計画案について、「中心市街地や新たな都市づくりの拠点間を連携する基幹的な公共交通」と述べ、計画の重要性を強調。その上で「相模大野駅への導入については、ルートや幅員、沿線環境への影響などで検討すべき課題がある。市が示した想定ルートの早期導入は困難」との認識を示した。

 今年2月に市が示した基本計画案は、小田急相模大野駅〜JR相模線原当麻駅間(約8キロ)で、2016年開業を目指し、相模大野駅〜北里大学間は既存道路を拡幅するなどして専用レーンを整備する内容。しかし、拡幅予定地などルート上は住宅密集地がある。

 計画案をめぐっては、6月末までに募集した市民意見で約9300件が集まり、「沿線の良好な住環境を破壊する」など反対意見が多数を占めた。

 こうした経緯を踏まえ、市は、関係地域との意見交換を第一に考え「将来的な相模大野駅への導入は見据えつつも、時間をかけて別ルートなどを検討していきたい」(市幹部)としている。具体的には、来年4月の政令指定都市移行後に設置予定の「区民会議」や「まちづくり会議」で地域住民と議論を重ねて導入ルートを見直していく方針だという。

275 荷主研究者 :2009/12/30(水) 20:31:33

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912080015/
2009年12月8日 神奈川新聞
相鉄がバス事業再編を本格化、赤字体質脱却に注力

 相模鉄道グループはバス事業の再編を本格化させる。持ち株会社の相鉄ホールディングスに残しているバス事業のうち、不採算の2路線を子会社の相鉄バスへ年度内に移譲。別の6路線も移譲の方向で検討を進めており、運行効率の改善で事業の赤字体質脱却に力を入れる。

 相鉄グループは持ち株会社体制への移行を目指しており、9月に鉄道事業を分社している。ただバス事業の大半は本体に残っており、現在78路線の運行事業は相鉄ホールディングス本体が担っている。

 今回の事業再編に先行して2001年には綾瀬営業所(綾瀬市)を分社して相鉄バスを設立。現在、綾瀬と二俣川(横浜市旭区)の2営業所を拠点に35路線(コミュニティーバス、深夜急行バス含む)を運行している。

 バス事業部門の売上高はグループ全体の2%程度だが、1970年度から赤字が続く。グループは将来的にバスの分社化も目指しているが「現状では営業赤字を放置できない状況」(相鉄ホールディングス)として、不採算路線の子会社への移譲を先行させてきた。

276 荷主研究者 :2009/12/31(木) 12:43:44

http://www.shizushin.com/news/local/west/20091225000000000026.htm
2009/12/25 静岡新聞
浜松バス、4月から1路線4系統に 浜北区協で報告

 第9回浜松市浜北区協議会が24日、浜北区役所で開かれ、路線再編を検討していた「浜松バス」(浜北区内野)の新路線が報告された。
 浜松バスは現在、「染地台・あらたまの湯線」と「浜北中南部線」の2路線を運行しているが、来年4月から浜北中南部線を染地台・あらたまの湯線に一部編入した新路線1路線4系統で運行を開始する。1日当たりの便数は計18〜20便。遠州鉄道の線路から東側での運行はなくなる。
 浜松バスはことし4月に路線バス事業からの撤退を申し入れたが、再検討の結果、路線再編での事業継続を決めていた。
 新東名浜松浜北サービスエリア(仮称)へのスマートインターチェンジの整備計画の概要についても報告された。
 計画によると、1日1500〜2000台の利用を見込み、新東名と同時期の2013年に供用を開始する。市は本年度中の事業許可取得を目指している。

277 とはずがたり :2010/01/11(月) 14:06:46

観光バス運転手からアルコール検出 路線バスと接触
http://www.asahi.com/national/update/0110/SEB201001100027.html
2010年1月10日21時50分

 10日午前8時50分ごろ、北九州市八幡西区陣原2丁目の国道3号で、新北九州観光バス(福岡県岡垣町)の観光バスが停車していた路線バスに接触、観光バスの男性運転手(49)から呼気1リットルあたり0.1ミリグラムのアルコール分が検出された。酒気帯び運転の水準(0.15ミリグラム以上)を下回るが、安全運転の義務を怠った疑いがあるとして、県警折尾署は運転手を道交法違反容疑で近く書類送検する方針。運転手は「前の晩にチューハイを飲んだ」と話しているという。

 同署によると、現場は片側2車線の直線。バス停で客を降ろしていた路線バスを、観光バスが右車線に出て追い越そうとした際、左前のミラーが路線バスの後部に接触したという。運転手や路線バスの乗客約20人にけがはなかった。観光バスは送迎先に向かう途中だった。

 新北九州観光バスによると、乗務前の運転手には市販の検知器による飲酒検査を義務付け、10日朝にはこの運転手も検査したが異常はなかったという。副田日出雄社長は「乗務前には酒を飲まないことを徹底していただけに利用者に申し訳ない」と話した。

278 荷主研究者 :2010/01/12(火) 23:01:40

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001090024.html
'10/1/9 中国新聞
食事券と高速バスをセットに
--------------------------------------------------------------------------------
 不況や高速道路料金割引の逆風対策として、備北交通(庄原市)が、食事券などと高速バス乗車券をセットにしたパック商品の販売に力を入れている。わずかな追加料金で特典が得られる「お得感」を売りに、多彩なメニューを展開している。

 主力の庄原・三次〜広島の高速バス利用者が2008年秋以降、前年比1割減となっている状況打開へ、同年11月から広島市内の飲食店や映画館と連携したパック商品の販売を本格的に始めた。

 特に好調なのは、09年5月から販売している「グルメタウンパック」。庄原・三次〜広島の高速バス往復乗車券に80円追加すると、アクア広島センター街グルメタウン(広島市中区)で使える千円分の食事券が付いてくる。6月以降、毎月100枚以上売れている。

 広島市内の映画館やホテルと提携した「映画観賞券付き」(現在休止中)や「宿泊券付き」なども販売。今後はプレゼントと交換できるポイント制を導入し、リピーター確保にも取り組む。

 松栄秀登業務課長は「今後も付加価値のあるお得なパック商品を提供し、利用者増につなげたい」と話している。バスパックは庄原と三次のバスセンターで売っている。備北交通=電話0824(72)2122。

【写真説明】食事券とセットになった高速バス乗車券を販売する備北交通の社員(庄原バスセンター)

279 荷主研究者 :2010/01/12(火) 23:05:23

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001100001.html
'10/1/10 中国新聞
瀬戸田港―尾道駅バスを申請

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100110000101.jpg
--------------------------------------------------------------------------------
 尾道市が出資する第三セクターおのみちバスは、瀬戸田港〜JR尾道駅間を乗り継ぎなしで往復する定期路線バス「瀬戸田線」の運行計画をまとめ、中国運輸局に認可申請した。途中にある市立市民病院(新高山)の外来時間や尾道学園(向島町)の登下校に配慮したダイヤを編成、4月の運行開始を目指す。

 おのみちバスによると、別のバス会社が生口島北部の県道沿いに設置している瀬戸田港▽耕三寺▽サンプラザ前▽瀬戸田診療所―の4バス停を活用。瀬戸内しまなみ海道の因島重井バスストップ(BS)、向島BS、尾道学園前、二番潟、市民病院を経由し、約50分〜1時間で尾道駅前に到着するという。

280 ももだぬき :2010/01/18(月) 23:45:40
読売新聞によると、北陸電力が富山地鉄の電気バスの運行を2月中旬から開始と発表されました。

281 とはずがたり :2010/01/19(火) 12:58:45
アクアラインこんなにバス走ってんのか。
数え上げたのが500本弱だから控えめに600本として往復300往復。思い切って1台1両として6両編成として50往復か。朝6時から夜中12時迄の18時間に50往復だとすると1時間に2.77本。20分毎運転ぐらいか。

15 名前:R774[] 投稿日:2009/08/28(金) 00:28:29 ID:PQVEdbh3
国道1号なんかも神奈川、静岡、三重、滋賀あたりにロクな政治家がいないから
他の一桁国道と比べて整備が遅れてる。
アクアラインやしまなみ海道など不要な道路が作られる一方で。

16 名前:R774[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 01:10:27 ID:zr4TlRNP
アクアラインは不要じゃねーよw
1日何万台も交通量あるんだぞ
まぁ建設費が高かったかもしれんがね

17 名前:R774[] 投稿日:2009/08/28(金) 01:53:47 ID:rwE6uJ2B
今や、高速バスが1日1000本走ってるからな、アクアライン。

21 名前:R774[] 投稿日:2009/08/28(金) 09:06:29 ID:SysD82lq
>>17
1000本は言い過ぎw
100の間違いでは

22 名前:R774[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 10:45:37 ID:zr4TlRNP
東京(潮見)〜木更津線だけで1日50本あるんだが
木更津〜川崎線が1日70本、木更津〜品川線が90本、
木更津〜横浜線が40本、木更津〜羽田線が72本、
君津駅〜東京線が88本ある。
羽田空港〜蘇我駅が22本、羽田空港〜東金駅線が46本
これだけで計471本

まだまだ調べ切れてない路線もあるから上下合計1000本ぐらいあると思うよ

282 とはずがたり :2010/01/20(水) 08:40:49

西鉄、バス114路線を廃止・減便 3月から
2010年01月19日
ttp://kumanichi.com/news/local/main/20100119011.shtml

バス事業の大幅な合理化を発表する中尾常務=福岡市の西鉄本社

 西日本鉄道(福岡市)は19日、福岡県を中心に九州内外で運行している一般・高速バスの114路線を対象に、3月から廃止や減便に踏み切ると発表した。対象は全路線の半数近くに上り、過去最大の合理化策となる。

 地方路線の赤字拡大に加え、1000円高速の影響で収益源の高速バスの収支が急速に悪化したため。同社はバス路線の見直しによって今後3年間で30億円の経費節減を図る。

 計画によると、廃止するのは乗務員や燃料費を賄えない赤字路線で、一般路線(一部区間廃止含む)が54、高速バスは3路線。減便は一般、高速合わせて57路線。3月1日の高速バスを皮切りに順次実施する。

 具体的な廃止路線や減便数などは今後、社内での詰めや地元自治体との協議などを経て正式に決定次第、公表するとしている。

 今回の合理化で約2000人の乗務員のうち約1割が余剰となるが、雇用は維持する。

 西鉄のバス事業は燃料が高騰した2007年度から赤字幅が拡大し、10年3月期は連結で29億円の赤字が見込まれる。

 同日会見した中尾和毅常務は「路線維持に努めてきたが、このままではバス事業の存続やグループ全体の経営にかかわる」と説明。「今後、高速道路の料金値下げなどの状況によっては追加的なリストラもあり得る」と語った。(毛利聖一)

283 荷主研究者 :2010/01/20(水) 23:06:18

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001150046.html
'10/1/15 中国新聞
バスの利便性向上へ検討会
--------------------------------------------------------------------------------
 中国運輸局は、広島都市圏のバスの利便性向上を目的とした検討会を19日、立ち上げる。バス会社の垣根を越えて効率的なネットワークを構築し、利用者増を目指す。

 運輸局によると、広島市を中心にした広島都市圏では8社が路線バスを展開している。検討会には、バス各社や広島県バス協会、広島市などが参加。通勤通学時間帯の効率的な運行など、利用者にとって便利なダイヤ編成▽利用者が使いやすいバス停の在り方を踏まえた一部再編の必要性▽携帯電話で使えるバス路線検索システムの導入▽全社共通のバスマップ作製―などについて話し合う。

 検討会は今年3月末までに3回程度実施する。検討結果は、バス各社が2010年度からは具体的な取り組みに移す予定。

284 荷主研究者 :2010/01/20(水) 23:13:43

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001170029.html
'10/1/17 中国新聞
甲奴―三次中心部のバス継続

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100117002901.jpg
--------------------------------------------------------------------------------
 三次市甲奴町と市中心部を結んで市が試験運行している直通バスが、4月以降も継続運行されることが決まった。市地域公共交通会議で市が継続方針を示し、了承された。

 試験運行は中国バス(福山市)に委託し、昨年4月から始めた。当初は三次高生徒の通学向けダイヤを組んでいたが、割高な料金のために生徒の利用はほとんどなく、10月からは中心市街地への通院や買い物に利用する高齢者向けに変更した。併せて、沿線の吉舎、三良坂町の住民も利用しやすいよう、住宅や商店の多い旧道を通る経路にした。

 その結果、平均乗車密度(運送収入を基に計算した始発から終着までの1便当たりの乗客数)は4〜9月に0・79人だったのが、変更後の10〜12月は1・05人に増加した。

 市は利用が増加傾向にあるとして、4月以降も中国バスに委託し、変更後のダイヤで運行を継続する。

285 荷主研究者 :2010/01/20(水) 23:16:03

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100115/CK2010011502000028.html
2010年1月15日 中日新聞
空港乗り入れ後利用客3割超増 常滑の「とことこバス」

 常滑市の観光スポットを土、日曜と祝日に巡る「とことこバス」の利用客が、中部国際空港へ乗り入れが始まった昨年7月以降、前年比3割以上増えたことが分かった。14日に常滑商工会議所であった、運行主体の「常滑まちなかバス事業推進協議会」総会で報告され、2010年度も同様の運行を続ける方針を確認した。

 バスは06年2月、まちづくりの一環として観光客に対応して運行を開始。1日7便が常滑駅とやきもの散歩道、セラモールなどを巡回。国土交通省の補助対象となった昨年7月から、空港が運行ルートに加わった。

 協議会によると、08年7〜12月の乗客は延べ3224人。09年は4340人と34・6%増えた。割安な1日乗車券(500円)利用者も2・5倍ほどに。

 ただ、報告では1日当たりの運賃収入が1万4400円にとどまり、想定を3500円ほど下回った。運行に伴う経費は同4万8000円かかっており、自立運営には現在の3・3倍の利用が必要。

 10年度は地域の足として利用を促すためPR活動や、バスを扱ったオリジナル商品の開発などを通じ、利用者増を図りたい考え。協議会長でもある杉江省一郎・同商議所会頭は「収支を改善できるよう、一層の努力をしたい」と強調した。 

 (福本雅則)

286 荷主研究者 :2010/01/20(水) 23:22:37

http://www.jomo-news.co.jp/news/a/15/news03.htm
2010年1月15日(金)AM 07:11 上毛新聞
●高崎市バス「ぐるりん」路線再編 放射状から地域循環型へ

 高崎市は14日、市内循環バス「ぐるりん」の利便性向上による利用者増を目的に、合併地域への放射状路線から地域循環型路線への転換を柱とした路線見直し案を市議会総合交通対策特別委員会に報告した。合併後、運行するバス会社への補助金が年間約3億円に上り、負担圧縮が課題となっていた。「都心循環線」を新設し、中心市街地の活性化も狙う。早ければ来夏から新路線となる。

 ぐるりんは1997年に4路線31便でスタートしたが、合併を経て現在は11路線176便に増加。市街地から倉渕や箕郷、新町など合併地域への放射状路線は運行時間が長く、JR高崎駅など目的地への定時性を確保できなかった。

 路線や便数の増加とともに運行経費も増加。2008年度の総利用者数約60万人、運行収入約1億円に対し、経費は約4億4千万円に上った。赤字の大きな要因が合併地域への路線拡大。迂(う)回路も多く、1日の乗客が2人未満の停留所が全体の約6割を占めている。

 こうした状況を踏まえ、市は旧町村の路線を、地域の病院やスーパー、駅などを結んで循環するよう見直し、「倉渕線」「榛名線」「箕輪城線」「かみつけ線」「新町線」の5路線を設定。高崎駅や市役所など市街地には、駅に向かう他のぐるりんや他の交通機関と接続するよう再編した。

 都心循環線(1周30分想定、3・2キロ)は高崎駅から市役所、高崎公園、高崎総合医療センター、高島屋などを経由して駅に戻る。中心市街地の回遊性を高め、活性化につなげる狙い。料金は100円で20分間隔で運行する。

 市は路線再編で年間経費の1割圧縮を見込んでいる。

287 荷主研究者 :2010/01/20(水) 23:50:01
>>281
東京から千葉までならともかく、木更津や君津以遠まで行く時は鉄道よりも高速バスの方が「早くて安くて便利」というのは半ば常識になっていて、私も君津方面の出張の際には東京駅の八重洲口から高速バスを利用した。
往路は京成バスで終点の「君津製鉄所」まで乗ったのだが、終着はその名の通り新日本製鐵㈱君津製鐵所の正門の目の前にバスターミナルがあって驚いた。一方、帰途はお客さんに金田バスターミナルまで送ってもらった。ここには各方面から東京行きのバスが10〜20分間隔でやってきて時刻を気にせず乗れるというわけだ。バスターミナルには広大な駐車場が備わりパーク&バスライドが定着していることが分かる。

一方、下記の記事によると袖ケ浦バスターミナルは乗車だけで年間約56万3千人の利用があるという。1日平均1,500人を超える乗車客があるということでなかなかなものであろう。
ここにも駐車場があり、パーク&バスライドが定着しているようだ。 http://www.city.sodegaura.chiba.jp/kakuka/toshi/toshiseibi/busterminal.html

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1263697243
2010年01月17日12時00分 千葉日報
路線バス乗り入れ開始 利用者増へ期待 袖ケ浦BT

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/nesp1263697243.jpg
路線バスの乗り入れが始まった袖ケ浦BT

 高速バスの発着場、袖ケ浦市の袖ケ浦バスターミナル(BT)で16日から、路線バス2路線の乗り入れが始まった。同BTへ路線バスが乗り入れるのは初めてで、車利用者以外が高速バスを利用する際の利便性向上が期待される。

 同BTは東京湾アクアラインを利用して品川や川崎、横浜などへ向かう高速バスの発着場としてにぎわい、2008年度は乗車だけで約56万3千人が利用。ただ鉄道駅から遠く、路線バスの乗り入れもなかったため、利用者のほとんどは車やタクシーで同BTまで行く必要があった。

 そうした状況に対し、車を持たない利用者から「路線バスを乗り入れてほしい」との要望が同市に寄せられたため、バス会社と協議の結果、2路線の乗り入れが実現した。

288 荷主研究者 :2010/01/24(日) 17:03:36

http://www.tomamin.co.jp/2009t/t09112101.html
2009年11/21 苫小牧民報
苫小牧市営バス60年の歴史に幕 道南バスに移譲

 2012年度に民営化される苫小牧市営バスの新しい事業者に、道南バス(本社室蘭、堀政三社長)が決まった。移譲先が決まったことで、道内唯一の公営バスが姿を消すことになった。

 20日の選定委員会(委員長、中野裕隆副市長)で道南バスを候補とし、岩倉市長も了承した。会見した中野副市長は「今のまま市営でいくより、経営努力している民間の方が市民の足を守れるということを確認できた」と述べた。

 道南バスは▽移譲後3年間の路線(11年度ベース)や運賃などの維持▽嘱託運転手の雇用▽約8億円の交通部資産の購入―などほぼ市の基本方針や条件に沿った内容の計画を提案。特に営業収支計画では移譲後3年間について、毎年一般会計から繰り出している約5億5000万円の市の負担を、10分の1(5500万円)以下に圧縮できる見通しを示した。

 中野副市長は「最大でも10分の1ということを高く評価した」と話し、市の財政支出の抑制も大きなポイントになったことを強調した。

 これを受け市は、10年1月に10〜11年度の2年間の委託契約と、移譲の基本的な柱を記す協定書を交わす予定。運転手や輸送指導員などの技能職員(31人)も、毎年組合と協議して3年間で段階的に10人ずつ配置転換する。

 また、移譲から4年以降は、基本的に事業者が路線撤廃や減便をできるが、市は「路線存廃を含み、事業者が進めようとする内容は市民や事業者と設置する運営協議会で意見交換する」(交通部)として、路線の廃止などにも一定の歯止めを掛けたい考え。

292 荷主研究者 :2010/01/24(日) 18:15:44

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001200030.html
'10/1/20 中国新聞
石見交通、15路線を廃止方針
--------------------------------------------------------------------------------
 石見交通(益田市)が来年3月末までに島根県邑南町内の川本線などローカルバス15路線を廃止する方針を決め、関係市町に通告したことが19日、分かった。同社は利用客の減少に加えて運転手の確保が難しい事情を理由に挙げ、邑南町などは廃止撤回を求めている。

 同社は対象路線を公表しておらず、関係市町によると川本線の石見川本(川本町)―三坂口(邑南町)、三瓶線の美郷町区間、浜田市関連では新広浜線、長見・弥栄線の一部、江津市は川戸線、益田市は種線、真砂線などが挙がっている。同社は1月上旬に関係市町に文書で通告済みで、9月に中国運輸局に廃止申請する考えだ。

 川本線の廃止区間は矢上高(邑南町)の通学生などで一定の利用があり、川本、邑南両町が赤字補てんして支えてきた。石橋良治町長は「事前の相談もなく、唐突すぎる。町の基幹路線であり撤回を求めていく」と話す。既に樋口忠三・川本町長と連名で撤回の要望書を出したという。

 同社は、赤字補てんを受けている路線まで廃止する理由について「運転手が集まらない中でローカル路線を維持すると、主要路線に運転手を回せなくなる。会社をスリム化したい方針もある」などと説明している。

【写真説明】高校生の通学利用などがある川本線の廃止予定区間のバス

293 荷主研究者 :2010/01/24(日) 19:08:05
日本最大のバス会社である西日本鉄道の謂わば黒子役と言うべきか、バス車体製造(コーチビルダー)の西日本車体工業。西鉄以外にも西日本を中心に多くのバス事業者にバス車体の供給を行ってきただけに衝撃のニュースだ。革新的なバスボディの開発で知られた同社の存在は西鉄本体にとっても不可欠かと思うのだが…。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100121/bsc1001212057013-n1.htm
2010.1.21 20:56 Fuji Sankei Business i.
バス製造の西日本車体工業が解散へ 西鉄子会社

 西日本鉄道の子会社でバス車体製造の西日本車体工業(北九州市、黒川学社長)は21日、8月末で会社を解散すると発表した。社員289人は、西鉄系列企業での再就職などで対応する方針。

 生産の大部分を占める大口受注先の日産ディーゼル工業(埼玉県上尾市)が、取引量の多い大型バスの発注を8月で終了するため。日産側は、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)とバス製造事業の統合を決めている。

 西日本車体は、日産ディーゼル以外のエンジンメーカーからの受注や他事業への転換を検討したが、事業の継続は困難と判断した。黒川社長は21日に記者会見し「こういう結果になり遺憾で残念で仕方がない」と述べた。

294 荷主研究者 :2010/01/24(日) 22:19:09

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20100119/270724
2010年1月19日 05:00 下野新聞
宇都宮と高崎・前橋直結 関東自動車が24日から高速バス新路線

 県内バス最大手の関東自動車(宇都宮市駅前通り3丁目、手塚基文社長)は18日、JR宇都宮駅と群馬県のJR高崎、前橋の両駅を結ぶ新たな高速バス路線「北関東ライナー 宇都宮−高崎・前橋線」を2月24日から運行すると発表した。

 JR宇都宮駅西口と同高崎駅東口間を2時間10分、同前橋駅南口までを2時間45分で結び、日本中央バス(前橋市)との共同運行で、一日4往復する。

 途中、県庁前、東武宇都宮駅西口などにも停車。運賃は大人片道1500円、子ども(小学生以下)750円の一律設定となっている。予約なしの座席定員制。

 JR宇都宮駅発の始発は午前6時20分、最終は午後8時発、群馬側の前橋バスセンターの始発は午前6時30分、最終は午後8時発となっている。

 来年中に予定される北関東道(北関)の全線開通後は、東北道鹿沼鹿沼インターチェンジ(IC)と関越道高崎IC間が高速道で直結され、所要時間も30分程度短縮される見通しという。当面は東北道佐野藤岡IC、国道50号、北関太田桐生ICなどを経由して運行する。

295 荷主研究者 :2010/01/24(日) 22:19:50
>>294
http://www.jomo-news.co.jp/news/a/20/news03.htm
2010年1月20日(水) AM 07:11 上毛新聞
●宇都宮へ高速路線・来月から日本中央バス

 日本中央バス(前橋市下佐鳥町、戸塚欣寿代表取締役)は19日、関東自動車(宇都宮市、手塚基文社長)との共同運行で、JR前橋、高崎駅と宇都宮駅を結ぶ高速バスの運行を2月24日に開始すると発表した。2011年度の北関東自動車道の全線開通をにらんだ戦略で、今春には水戸市への運行も始める。北関東3県の主要都市をつなぐ高速バス交通網を整備し、本県で同年に開催されるデスティネーションキャンペーン(DC)での集客につなげたい考えだ。

 新路線は「前橋・高崎〜宇都宮線」(愛称・北関東ライナー宇都宮号)。同社の前橋バスセンターとJR宇都宮駅西口を発着点とし、停留所は11カ所。県内は前橋駅南口、新前橋駅、Nパーキング日高、高崎バスセンター、高崎駅東口で、栃木県内は鹿沼インター入口、東武宇都宮駅西口、県庁前など。未整備区間を除いた北関東道と東北道、関越道を利用する。

 前橋発、宇都宮発ともに毎日4便。所要時間はフル区間で3時間、高崎駅〜宇都宮駅間は2時間5分を予定する。

 予約なしの座席定員制で、運賃は大人片道1500円、子供(小学生)は半額。保護者同伴の6歳未満は無料とし、座席利用の場合は子供運賃が掛かる。

 北関東3県では、群馬、栃木、茨城の商工会議所連合会が北関東道の開通を控え、産業や物流、観光などさまざまな分野で連携する動きをみせている。同社の取り組みはこうした流れにも呼応している。

 日本中央バスは前橋、高崎と水戸市を結ぶ「前橋・高崎〜水戸線」も関東運輸局の認可を受けており、今春にも運行を開始する。水戸線は当面、単独で運行する。

 同社は「DCもあり、観光客の利用が見込める。急な出張などビジネスにも活用してほしい」と期待している。

 問い合わせは日本中央高速バス予約センター(電話027・287・4000)。

296 とはずがたり :2010/01/28(木) 03:11:02

タクシー事業の適正化めざす 「山形交通圏」で協議会設立
2010年01月26日 20:50
http://yamagata-np.jp/news/201001/26/kj_2010012600444.php

 タクシーの利用者減少などで需給バランスが崩れ、事業所の経営難や労働条件の悪化に陥っている業界の適正化を図る「山形交通圏タクシー事業適正化・活性化協議会」が26日設立され、改善計画の策定に向け、公共交通機関としての需要喚起やタクシー車両の台数調整などについて意見を交わした。

 タクシー適正化の特別措置法に基づき、過剰供給などの問題を抱えている地区が特定地域に指定され、全国で協議会の設置が進んでいる。県内では山形、上山、天童、山辺の「山形交通圏」が対象となった。協議会は大泉宏山形運輸支局長を会長に、事業者、労働者、対象自治体などで構成し、来年度中の計画策定を目指す。

 山形交通圏のタクシー事業の現況では、2002年の規制緩和以降、既存事業所による増車や新規参入によりタクシー車両が増えている半面、利用者が減少していることを説明。これに伴い、法人タクシーの1日1台の収入は01年の約2万6千円に対し、08年は約2万1千円に減少していることも示した。また、東北運輸局の試算として、現在約570台あるタクシーについて適正台数を390台とする数値も示された。

 出席者からは「運転手の給与は最低賃金レベルまで低下した」「車両の削減も検討すべきだ」と過当競争を懸念する声や、「タクシーは高齢者にとって大切な足」「自治体による補助などで利活用を喚起できるはず」と台数削減には慎重な声もあった。

298 荷主研究者 :2010/02/01(月) 01:10:29
>>293
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/147672
2010年1月22日 00:03 西日本新聞
西日本車体 8月解散へ バス製造 大口受注打ち切り響く

 西日本鉄道(福岡市)子会社のバス車体メーカー、西日本車体工業(北九州市)は21日、8月31日付で会社を解散すると発表した。生産の大部分を占める日産ディーゼル工業(埼玉県上尾市)からの発注が8月で打ち切られるため、事業継続は困難と判断した。従業員289人は、西鉄グループなどへの再就職をあっせんする。

 西日本車体は、日産ディーゼルなどからエンジンや車台の供給を受け、バス車体を組み立てている。受注の約95%(2008年度)が日産ディーゼルからの受注だったが、同社は三菱ふそうトラック・バス(川崎市)との事業統合を決定。09年3月、西日本車体へ生産委託の打ち切りを通告していた。

 景気低迷や利用者のバス離れなどで、国内のバス販売台数は1991年の約9千台から最近は4千−6千台に減少している。西日本車体は、日産ディーゼル以外からの受注や部品生産などへの転換も模索したが、存続の見通しは立たなかった。

 西日本車体の黒川学社長は「ユーザーの思想を取り入れたバスづくりを続けてきた自負があり解散は残念。(委託打ち切りという)厳しい経営判断は受け入れざるを得ない」と述べた。

 同社は46年設立で、2009年3月期の売上高は100億円。下請け企業は、北九州地区を中心に99社あるという。

=2010/01/22付 西日本新聞朝刊=

299 荷主研究者 :2010/02/01(月) 22:51:28

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001270032.html
'10/1/27 中国新聞
広島空港への予約バス不調
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100127003201.jpg

 東広島市が市内の吉川、磯松工業団地と広島空港(三原市)を結ぶ2路線で昨年10〜12月に運行実験した予約制バス「テクノリムジン」の乗客が、市予測の10分の1以下の計470人だったことが分かった。ビジネスマンや大学関係者の利用を見込んで約1150万円の事業費を投じたが、運賃収入は50万円に届かなかった。

 行政やバス、タクシー事業者でつくる市地域公共交通会議で、市が26日、収支などを報告した。予約があれば、公募事業者の地元タクシー会社が29人乗りのマイクロバスを走らせる仕組みだった。

 市の報告書によると、磯松工業団地線の乗客は市の見込みで1日平均17人だったが、実際は0・5人。乗客ゼロが62日で、運行期間の3分の2を占めた。広島大を経由する吉川工業団地線も同じく57・2人の見込みに対し4・8人だった。

300 とはずがたり :2010/02/02(火) 00:40:41
>>299
ひどす。。

>ビジネスマンや大学関係者の利用を見込んで約1150万円の事業費を投じたが、運賃収入は50万円に届かなかった。

>市の報告書によると、磯松工業団地線の乗客は市の見込みで1日平均17人だったが、実際は0・5人。乗客ゼロが62日で、運行期間の3分の2を占めた。広島大を経由する吉川工業団地線も同じく57・2人の見込みに対し4・8人だった。

301 とはずがたり :2010/02/03(水) 01:06:58
新・八女市誕生 「市民の足」維持に課題 旧町村部に乗り合いタクシー 負担増反発も予想
2010年2月2日 04:20 カテゴリー:九州 > 福岡 政治
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/149984

八女市が先月始めた予約型乗り合いタクシー「デマンド交通」。利用者の多くは高齢者だ

 八女市が黒木、立花両町、星野、矢部両村を編入合併して1日、新しい八女市が誕生した。人口は7万1127人(1月1日現在)で県内11番目、面積は約482平方キロメートルと北九州市に次ぐ県内2番目の広さになる。一方で、中山間部にある旧4町村は、65歳以上の割合がいずれも30%以上と高齢化、過疎化が進む。財政負担を抑えながら、生活に欠かせない交通網の維持をどう図るか。「市民の足」確保をめぐる課題を探った。

 「細心の注意を払って運行し、利用者に喜んでほしい」。1月18日、八女市上陽町で開かれた予約型乗り合いタクシー「デマンド交通」の出発式。三田村統之市長は、新しい事業に向けた決意を述べた。

 10人乗りワゴン型タクシーが、予約に応じて利用者を出発地から目的地まで送り届ける仕組み。事前登録が必要だが、上陽地区など一定区域内であれば乗り降り自由で、料金は300円。市は“交通弱者”の高齢者らの利用を見込む。

 久間チヅミさん(80)の場合、同市上陽町の自宅から町中心部までは約8キロ。「タクシー利用が多かったので、積極的に使いたい」と歓迎した。

■福祉バスの廃止も

 新市に編入された旧4町村では、民間バス計6路線が走るが、利用者の減少が進む。旧町村は路線維持のため、運行費を助成。通学児童や患者輸送のための福祉バスも無料運行してきた。これらを含む交通対策費は、新市全体で年間約1億5千万円に上る見通しだ。

 合併に伴う財政負担を軽減するため、市は合併前の2009年3月、地域交通総合連携計画を策定した。新市誕生後の域内交通政策の中心に位置付けたのが、今月導入された乗り合いタクシー。長野県安曇野(あづみの)市などで運行されているものがモデルだ。

 国から半額補助を受け、総事業費9千万円。3年間試験運行する。10月からはタクシーを11台に増やし、運行地域を旧2町2村に広げて、それぞれ一定エリアを巡回させる。市は一方で、福祉バスなどを廃止または縮小し、交通対策費を抑制する方針だ。

■1日利用予想220人

 乗り合いタクシーの利用者は1月末現在、一日平均約29人。1日新設された市地域支援課は「昼間の利用が思ったほどではなかったが、登録者数は930人で順調に増えている」とし、運行拡大後は1日220人の利用を見込む。

 動きだした市の新たな交通政策。幅広く利用されている無料福祉バスの廃止・縮小とそれに伴う負担増には、旧町村地域から反発も予想され、市側には納得いく説明が求められる。

=2010/02/02付 西日本新聞朝刊=

304 荷主研究者 :2010/02/07(日) 16:06:05

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=517494004
'10/01/20 山陰中央新報
石見交通が16バス路線廃止方針

 島根県西部を中心にバス事業を展開する石見交通(益田市幸町、小河英樹社長)が2011年3月までに、ローカルバス路線16路線を廃止する方針を決め、関係市町に通告したことが20日までに分かった。同社では、車両更新の負担増や運転手の確保が難しいことなどを理由に挙げているが、関係市町からは「唐突だ」として廃止撤回を求める動きも出ている。

 同社によると、廃止方針路線は津和野町内線(津和野町)、種線(益田市)、浜田大谷三隅線(浜田市)、川本線のうち川本駅〜矢上〜三坂口間(川本町、邑南町)など石見部の4市4町で運行する路線。

 同社は昨年末に県公共交通確保対策協議会で方針を説明し、1月上旬に関係市町に文書で通告した。9月に中国運輸局に廃止申請する考え。

 各路線には個別に、国、県、関係市町から、赤字補てんの形で運行補助金が支出されている。

 邑南町の石橋良治町長は「唐突で、当惑している。問答無用のやり方だ」と問題視。石橋町長は既に川本町の樋口忠三町長と連名文書で廃止撤回を要望。近く同社を訪ね、存続を申し入れる。

 廃止理由について同社は、乗務員の慢性的な不足や高齢化、車両の老朽化による設備投資の増加などを挙げている。

 同社安全輸送部の梅田正美部長は「6路線については昨春から関係市町と協議し、既に一部は合意している。廃止の6カ月前に申請を出せば認められるが、市町の事情も考え早めに説明した」とし、関係市町や住民に配慮したと強調する。

 同県交通対策課では「県民の生活交通の確保に必要、という認識で支援してきた。関係市町の状況や路線ごとの収支状況を確認した上で、県としても(同社と)話し合うことになる」としている。

305 荷主研究者 :2010/02/07(日) 17:18:06

http://www.tomamin.co.jp/2010t/t10012901.html
2010年1/29 苫小牧民報
平日10、休日9の減便 苫小牧市営バス

 苫小牧市は29日、市営バスの2010年度改正ダイヤを、道運輸局室蘭支局に提出した。平日で6路線10便減便する計画だ。

 減便されるのは、澄川錦岡線、川沿ときわ線、啓北山手線、日の出町線などを対象に、平日は6路線で10便(駒沢高校―駅北口前、永福町―総合経済高校の学生便2便を含む)。土日曜・祝日は4路線9便。09年度改正に比べ減便は2.4倍という。

 減便は、通勤や通学時間帯を避けている。1便当たりの利用が10人未満の主に昼の時間帯で、影響は小さいと判断し決定した。

 増便もある。唯一黒字路線の鉄北北口線。平日と土日曜・祝日に1便とし、市民要望が強かった、いずれも駒沢大学前からの早朝便を増やす。JRとの接続に余裕を持たせる、としている。

 路線の廃止はなく、10年度の市営バス運行は23路線76系統となる。

 市交通部は「今後、地域との調整が必要な路線や、議会対応もある」として、すべての路線を明らかにしていない。「広報でも周知し、問い合わせにはこちらでしっかりと対応していく」と話している。

306 とはずがたり :2010/02/07(日) 17:33:33
先日サービスイノベーションのシンポジウムに出かけたんだけど,イーグルバスの試みが面白かった。
詳しくは面倒くさいので省くけど,イーグルバスは元々観光バスとか運行してたけど規制緩和で路線バスにも参入。大手バス会社が撤退した路線など川越やときがわに営業所置いて営業中とのこと。
黒字の都市部とどうやっても赤字の田舎部の中間の都市近郊域がグレーゾーンでやれば黒字の可能性があるんじゃないかとのことで,国交省の補助金貰ってバスの位置や乗客数をリアルタイムで計測するシステムを開発,その他アンケートなども用いてダイヤ改正などに活かしているそうな。
社長が話しに来てたけど,このホムペでもその一端が窺える。
http://www.new-wing.co.jp/group/coedosystem.html

このシステムだいたい導入に2000万程掛かったそうだけど,センサー改良したり,リアルタイムに蓄積するためにインターネットに接続したりしてるけどバスに蓄積させといて纏めて営業所着いた時に取り込む様にしたりすればもっと安く出来るそうなんで,その辺システムとして他の会社にも積極的に導入してみるのも面白い。
そもそも判りそうなものではあるけど,バス停は昔の経緯で設置されてて殆ど利用者居ないのに漫然と設置されていたり昼間の殆ど乗客の居ない区間などがはっきりと数字で表れるので制度変更や改正案に説得力が出て改廃がスピーディに出来そうである。

307 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/02/07(日) 18:32:15
>>306
自分も別のセッション覗いてましたよ(汗

308 とはずがたり :2010/02/07(日) 18:34:45
>>307
おおっ,なんとw
お茶でもすりゃあ良かったっすね。

311 荷主研究者 :2010/02/10(水) 00:04:59

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20100203/CK2010020302000010.html
2010年2月3日 中日新聞
市民バスのダイヤ見直し 4月から越前市、利便性強化

4月末から運行ルートなどが新しくなる市民バス「のろっさ」=越前市内で

 越前市は2日、市役所で市地域公共交通会議を開き、市民バス「のろっさ」の運行ダイヤとルートを見直すほか、無料対象者を「未就学児」から「小学生以下」に拡大することを決めた。利便性を高め、利用者増加を目指す。

 のろっさは2007年4月から運行を開始。1回の乗車料は100円。日曜日を除きほぼ毎日、市街地中心部や坂口地区、白山地区など旧武生市エリア8ルートと、同今立町3ルートを運行している。

 利用者は09年度の4〜12月までが、08年度同期比4%減の5万2868人。このため、市は利用者の利便性を高めるため、のろっさの運行を見直すことにした。

 料金見直しでは、無料対象者を拡大するほか、1日フリー乗車券(200円)を新たに発行する。乗車時にバスの中で購入できる。

 福井鉄道福武線やJR北陸線との乗り継ぎがしやすいように、運行ダイヤも見直す。主な見直しでは、武生新駅から市街地を循環する北ルートの始発を現在の午前8時24分から同7時37分に早める。武生エリア郊外ルートなどでは最終便を遅くする。

 このほか運行ルートを変更したり、福武線の新駅設置に合わせ、バス停を新設する。新運行ダイヤは、4月26日から。

 (砂上麻子)

312 荷主研究者 :2010/02/11(木) 00:18:19

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_124694574066.html
2009年07月07日 14:47 大分合同新聞
大分バス廃止検討 29路線中20路線存続

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/240_2009_124694573842.jpg

 大分バス(城内和敏社長)とグループ3社が廃止(一部区間を含む)を検討していた県内の乗り合いバス29路線のうち、20路線が沿線自治体の支援を受けて存続することが決まった。このほか、4路線が廃止、3路線が一部区間を廃止、1路線が休止。1路線は協議を継続している。

 同社などは昨年11月、県バス対策協議会(会長・楢本譲司県企画振興部長)に「1日の利用客が10人未満と少なく、収支の改善が見込めない」として、大分、津久見、豊後大野、佐伯、臼杵、竹田の6市で運行している29路線の廃止(今年10月から)を申し出た。

 その後、沿線の自治体と協議した結果、自治体から支援を受けることで20路線の存続が決まった。このうち16路線は、沿線自治体が赤字分を補てん(全額または一部)する。一部路線は便数を減らす可能性もある。津久見市と竹田市の4路線は、両市が「コミュニティーバス」としてバス会社に業務委託する形で住民の移動手段を維持する。

 一部区間が廃止されるのは3路線。このうち三重線(大分市―豊後大野市)は、JR三重町―犬飼駅(県立三重病院経由)の区間のみ維持される。竹田市の久住線は運行はストップ(休止)するが、路線は廃止しない。

 廃止は計4路線。佐伯市では渡町台、野崎の2路線が対象。同市企画課は「極端に利用者が少ない路線は、やむを得ない」と話した。廃止は今年10月からだが、大在線(大分市)だけは既に4月に廃止されている。

313 荷主研究者 :2010/02/11(木) 01:16:51
県庁北交差点
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=33.23874778022184&lon=131.61169896791452&z=18&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=33.174500629345&hlon=131.66150758932&layout=&ei=utf-8&p=

このようなバスレーンは全国的にも珍しいだろう。
>現場の国道は5車線あり、第1車線が大型バス専用の右折レーン。第5車線が大型バス以外の右折車線
>大型バス専用レーンは1998年、渋滞緩和を目的に整備された。従来は、路線バスが第1車線にあるバス停に停車後、県庁方面に向かう右折車線に入るのに2回の車線変更が必要

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_126483046956.html
2010年01月30日 14:44 大分合同新聞
右折に“死角” 接触事故多発

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/2010_126483046504.jpg
大型バス専用の第1車線と一般車両用の第5車線。県庁利用者が第1車線に入ろうとして、バスに気付かないケースが多い=大分市の県庁北交差点

 大分市中心部の国道197号にある「県庁北交差点」で、市役所方面から右折する路線バスと、一般車両が接触する交通事故が目立っている。路線バスが第1車線(左端車線)の大型バス専用レーンを使い、大回りで右折するのに対し、バス以外の車は3車線隔てた中央寄りの第5車線から右折するため、バスに気付かずにぶつかるなどしている。県警は、大型バス専用レーンの路面を赤く塗って一般車両に注意を促しているが、新たに第5車線の路面に別の色を塗るなど再発防止策の検討を始めた。

 現場の国道は5車線あり、第1車線が大型バス専用の右折レーン。第5車線が大型バス以外の右折車線となっている。第5車線は、県庁を利用する人たちで交通量は多い。

 県警交通規制課によると、専用レーンから右折して市道(片側2車線)に入るバスは、必ず第1車線に入らなければならない。第5車線はどちらの車線にも入れるが、「県庁利用者などはその後の左折を考え、第1車線に入るケースが多い」(担当者)という。その際、第1車線に入ってきたバスに気付かず、接触してしまう事故が起きている。

 路線バスを運行する大分バス(大分市)によると、この交差点付近で起きた路線バスが絡む事故は、2008年4月以降、5件あった。このうち、右折中のバスに直進車がぶつかった事故は2件。右折した後、市道に入った付近での事故が3件あった。

 「ヒヤリとするケースも少なくない」といい、同社は専用レーンを右折する際は周囲を確認するなど細心の注意を払うよう、運転手に指導している。

 交通規制課によると、大型バス専用レーンは1998年、渋滞緩和を目的に整備された。従来は、路線バスが第1車線にあるバス停に停車後、県庁方面に向かう右折車線に入るのに2回の車線変更が必要で、ほかの車の通行の邪魔になり、渋滞が起きていたという。

 同課は「専用レーンを廃止すれば渋滞が深刻化し、車線変更するバスとの接触事故が増える可能性がある」とし、専用レーンを存続する形で事故防止策を模索。昨年11月に専用レーンの路面を赤に塗り、一般ドライバーに注意を促しているが、今後、第5車線から右折する区間に違う色を塗り、一般車両が市道の第2車線に入るよう誘導することなどを検討しているという。

314 荷主研究者 :2010/02/11(木) 01:22:32

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20100207301.htm
2010年2月7日02時51分 北國新聞
来期の生産、150台減の3350台 ジェイ・バス 後半に「駆け込み」が収束

 ジェイ・バス(小松市)は、2011年3月期(来期)のバス生産台数を今期より150台少ない3350台とする。今期はエコカー補助金の影響でハイブリッドバスなどの生産が伸びたが、来期後半には「駆け込み需要」が収束するとみている。バス市場が縮小するなか、同社は中期経営計画でアフターサービスを柱の一つにし、経営の安定化を図る方針だ。

 ジェイ・バスによると、10年3月期(今期)のバス生産台数は3500台の見込みで、前期の3309台を上回る。当初は2650台を想定していたが、エコカー補助金が昨年6月に始まり、中小型の路線バスを中心に受注が増えたという。売上高は単価の高い大型バスが減少したため、前年度比約1・6%減の620億円となる見通しだ。

 ただ、中長期的にバス業界を取り巻く環境は厳しい。顧客となる公営バスの大半は赤字、民間の約7割も赤字という。エコカー補助金の終了と、車の排ガス規制が拡大される今年9月以降は、需要の落ち込みが想定される。柴田計社長は「駆け込み受注がなくなる今年の後半は路線バスを中心に減る」とみている。

 ジェイ・バスが策定する来期から3年間の中期経営計画は、3月末までにまとめる予定。計画の柱の一つとなるアフターサービスでは、バスの改修や部品補修などの分野を強化していく考えで、柴田社長は中期経営計画について「バス事業の将来の動向を見極めて策定したい」としている。

316 荷主研究者 :2010/02/13(土) 18:17:33
>>96
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201002080017.html
'10/2/8 中国新聞
バス試験運行1年延長 大竹
--------------------------------------------------------------------------------
 大竹市は、昨年10月から3月までの予定で実施しているコミュニティーバスの試験運行を、1年間延長する。年間を通じた利用状況を把握し、本格運行に向けた検討材料とする考えでいる。

 コミュニティーバスはJR大竹―玖波間を結び、10月26日から運行している。市沿岸部の大竹、小方、玖波3地区の連絡性アップを狙い、バス停17カ所を設置。運賃200円(小学生100円)で、1日16便を走らせている。

 運行開始から1月末までの利用実績は延べ1万4152人。1便当たりの平均乗客数は4・5人で、採算ラインとする目標の6人を下回っている。

 市はしかし、「高齢化が進む地域では利便性の高い公共交通の整備が重要」と強調。通年の利用実態や利用促進策の効果を検証するため、4月以降も試験運行を延長する方針を決めた。

 市は、年間の運行経費を約3千万円と試算。運行経費の3分の1を運賃収入でカバーし、残る赤字額を補てんする。入山欣郎市長は「市民の暮らしやすさを支える公共交通網を整備したい。路線の拡大も視野に、工夫しながら試験運行を続ける」としている。

317 荷主研究者 :2010/02/13(土) 18:21:02
路面電車も含まれるみたいだけど、一応バスに貼っておくか〜

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201002090280.html
'10/2/9 中国新聞
磁気カードは来年3月末まで
--------------------------------------------------------------------------------
 広島都市圏などでバスや路面電車を運行する8事業者は8日、運賃支払いに使う磁気カードの利用停止日を、予定していた今秋から来年3月31日に延期すると発表した。

 利用停止はICカード「PASPY(パスピー)」への切り替えに合わせた措置。一部事業者で昨秋、販売するパスピーの在庫が不足して磁気カードの販売を延長したため、利用停止日も延ばすことにした。

 磁気カードはバスカード、パセオカード、アストラムカードの3種類ある。8事業者は広島電鉄、広島バス、広島交通、芸陽バス、備北交通、中国ジェイアールバス、呉市交通局、広島高速交通。

 磁気カードの残額は発行した事業者の窓口で、手持ちのパスピーに移し替えることができる。

318 荷主研究者 :2010/02/13(土) 18:38:28

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0002704879.shtml
2010/02/11 14:30 神戸新聞
全国初「電動路線バス」実証実験 神戸のNIRO 

実証実験用の電池駆動バスと充電装置=大阪市住之江区南港東9、大阪車両工業

 新産業創造研究機構(NIRO、神戸市中央区)は10日、大型バスでは国内初となる電池駆動車両の実証実験を、大阪市内で始めたと発表した。ディーゼル車を改造し、川崎重工業(神戸市中央区)が低床路面電車用に開発した充電池を動力にする。1回約20分の充電で30キロ走行。1台あたりの二酸化炭素排出量をディーゼル車に比べ77%減らせるとし、都市部の路線バス向けに実用化を目指す。(内田尚典)

 実験車両は、全長11・5メートル。川重の大容量ニッケル水素電池「ギガセル」(重さ約240キロ、定格容量150アンペア時)を9個搭載し、モーターを回す。空調やパワーステアリングなども電池で作動させる。運転手を含め定員47人で、最高時速は76キロを見込む。

 充電には、電子機器製造のフコクインダストリー(尼崎市)が開発した装置を使い、電力の無駄や電池の劣化につながる過充電を防ぐ。

 温室効果ガスを削減する経済産業省のモデル事業に採択され、今月から公道走行試験を始めた。3月末までに排出削減効果などの実験結果をまとめる。

 NIROによると、電気自動車の開発でリチウムイオン電池が注目されるが、大型車両には耐久性などの面からギガセルが優れる。また、神戸や大阪など都市部の路線バスは大半の路線が1本30キロ以内と近距離のため、長距離バスやトラックに比べ実用化しやすいという。電池の一層の軽量化や製造コストの軽減、バリアフリー設計なども検討していく。

319 とはずがたり :2010/02/14(日) 12:33:18

2010年2月14日(日)
なぜ?同じ道順でバス運賃に差
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100214091846.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f

 同じ道順、区間なのに、違う路線のバスに乗ったら運賃が10円高い。そんな「なぜ?」が青森市営バスに存在する。全体の便数や距離など路線ごとに異なる条件が区間運賃に反映された形だが、市側は「市民に分かりやすい料金体系を目指す」として今後、全体の事業再編計画の中で運賃を改定する意向を示している。

 運賃が異なるのは「青森駅前−上古川」間。奥内・後潟線や野木和団地線だと160円だが、道順は同じなのに、新城線や浪岡線の場合は170円で10円高くなる。

 市企業局管理課によると、運賃は路線ごとに原価や便数などを考慮し決めているため、路線全体の距離などによって差異が生じる。国の認可を受けており同課は「違法性はなく、市民に不利益な状況を放置しているわけでもない」と説明する。一方で、同様のケースは「他にもあるかもしれない」という。

 駅前から乗って上古川で降りる市民は比較的、少ないとみられるが、一部の利用者からは「不公平」との声も漏れる。同課の川村敬貴副参事は「分かりやすい路線、乗りやすいバス−の理念にのっとって、今後の事業再構築の中で運賃などを整理することになる」と話した。

321 荷主研究者 :2010/02/15(月) 01:30:50

http://www.shizushin.com/news/local/east/20100210000000000038.htm
2010/02/10 静岡新聞
4年で乗客30万人 東京行き高速バス快走 沼津

 県東部で路線バスなどを運行する富士急シティバス(荻田勝雄社長)は9日、同社の東京方面行き高速バス2路線の利用者が通算30万人に達したことを受けて、沼津市のJR沼津駅北口バスロータリーで記念セレモニーを行った。

 高速バスは、いずれも沼津駅発で長泉町、裾野市を経由する「東京駅線」と「渋谷・新宿駅線」で2006年3月、7月の開業から、約4年で30万人達成となった。

 30万人目の利用者は、友人と渋谷に買い物に行くために利用したという清水町の高校生檀原優香さん(18)。くす玉を割って30万人達成を祝った後、荻田社長から記念品のホテルペア宿泊券などを贈呈された檀原さんは「割安なので定期的に利用してきた。今後も使いたい」と思わぬ幸運に驚いた様子で話した。荻田社長は「利用者のみなさんのおかげ。これからもご利用ください」とあいさつした。

 30万人目を出した「新宿行4便」の利用者約70人には、記念として3月末まで利用可能な無料券が配られた。

 同社は今月末まで、全区間片道1000円(通常最大2100円)の記念キャンペーンを実施している。

322 荷主研究者 :2010/02/15(月) 01:47:50

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/150458
2010年2月4日 01:10 西日本新聞
西鉄バス 15路線で一部含む廃止 4月1日から代替確保の自治体も

 西日本鉄道(福岡市)は、4月1日にバス路線の一部または全部を廃止する県内の対象15路線を明らかにした。同社は、昨年春に県や関係自治体に廃止を申し出ており、中には、赤字補てんによる存続やコミュニティーバス運行などの対応を検討している自治体もある。

 今回の路線廃止は、県内15市町が関係。このうち、計7路線が廃止予定の北九州市は「週末だけの運行や市営バスも走っている路線が対象で、影響は少ない」として受け入れを決めている。

 一方、住民生活への影響が大きいとして代替交通を確保する自治体も。福岡市早良区の「脇山(支線)線」が廃止予定の同市は、地元の要望を受け、ダイヤなどを見直し収支の差額を助成する形で西鉄に運行を委託する方針。筑紫野市は西鉄への補助金を増額し一部区間を存続させる。コミュニティーバスを運行する自治体のうち飯塚市は、同市が運営する既存のバスを朝1便走らせ、通勤・通学の足を確保する。

 西鉄はこのほか、県内を中心に3月27日に路線バス48路線を減便、秋以降に39路線を廃止する予定で、今後、路線名を公表する方針。

=2010/02/04付 西日本新聞朝刊=

323 荷主研究者 :2010/02/15(月) 01:49:26

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/149981
2010年2月2日 01:24 西日本新聞
ジェイアール九州バス 直方の支店、宮若市に移転 脇田温泉などPR 利用者増目指す 自社ビル建設

ジェイアール九州バスが自社ビルを建設する予定の福丸車庫場

 ジェイアール九州バス(福岡市)は、筑豊地区の拠点である直方支店(直方市須崎町)が区画整理事業で立ち退くことになったため、6月から支店機能を、宮若市福丸に移す。同社はすでに福岡都市圏住民に人気の高い宮若市の脇田温泉などを核に観光客誘致作戦を展開中。今後も積極的にイベントを企画しながら、バス利用者の増加を目指す。

 直方支店は、直方市がJR直方駅再生を目指し2007年に開始した須崎町土地区画整理事業の対象地区内に位置。また多くの路線が福丸を経由することから、移転を決めた。

 計画によると、福丸車庫場敷地内に3階建ての自社ビルを建設。1階が車庫、2階がタイヤ置き場、3階が新支店(名称は未定)事務所。直方支店の車庫場も福丸車庫場に一元化し、コスト削減を図る。運転手を含む従業員約50人はそのまま新支店に移る。

 直方支店は、JR直方駅と同博多駅、新飯塚駅などを結ぶ路線(営業距離106キロ)を統括。一日平均の乗降客は平日3千人、土曜1500−1600人、日曜800−900人で、ピーク時の約20年前の4分の1という。

 同社は約5年前から、福岡市から1時間ほどで訪れることができる脇田温泉(宮若市脇田)に着目。昨年4月のダイヤ改正で、博多駅‐脇田温泉間を7便増発。入浴券をセットにした往復乗車券を発売し、同市の特産品「追い出し猫」をデザインしたバス停を市内に設置した。5月には、温泉近くの施設など巡る第2回のウオーキング大会も計画している。

 同社の岡野裕年企画部長は「移転は社運をかけた事業。今後も、地域住民や行政と連携して地域の魅力を紹介し、赤字路線解消につなげたい」と話している。

=2010/02/02付 西日本新聞朝刊=

324 荷主研究者 :2010/02/15(月) 01:49:55

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/151157
2010年2月8日 00:49 西日本新聞
佐賀市が交通ビジョン策定へ 市営バス 現行路線は維持方針

 佐賀市は、厳しい財政状況が続く市営バスなど公共交通の将来的なあり方の基本となる「交通ビジョン」を2011年度までに策定する。検討のための地域公共交通会議を19日に立ち上げる。

 5日の市議会交通政策調査特別委員会で報告された。現在はマイカーが移動手段の中心だが、10年後には65歳以上の高齢者人口がピークとなることなどを見据え、交通体系を抜本的に見直す検討が必要として策定を決めた。

 また、市は「公共交通の中心は路線バス」として、「コストだけでなく福祉的な面を考慮する」との観点から、市営バスの現行路線を維持する方向性を示した。民間3社の路線バスについても、休廃止の申し出があった際には、代替措置を検討するとした。

 年間約2700万円(08年度)を支出して民間に運行委託するなどしている同市北部のコミュニティー路線については、利用実態や需要予測に基づいて、地域の実情に合った運行形態などを検討するとしている。

 今後、地域住民や交通事業者などをメンバーとする地域公共交通会議を年3回程度開催するという。

=2月8日西日本新聞=

325 荷主研究者 :2010/02/15(月) 01:51:53

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/01/22/new1001221102.htm
2010/01/22 デーリー東北
南部バス、4月から3路線を廃止・減便

 南部バス(八戸市)は、4月1日のダイヤ改正でバス路線の一部を再編する。「大橋循環線」「シルバー病院線」を廃止し、市営バスとともに河原木、日計両地区の路線ルートを見直す。また、「是川団地線(支所前回り)」を減便する代わりに、市内循環バス「るるっぷ八戸」の運行経路を変更する。3路線とも、2005〜06年に市営バスから移管された路線。市は沿線住民を対象に説明会を開催し、理解を求める考え。

 再編内容は乗車実績と今後の需要見込みなどを分析。公共交通の専門家の指導を受け、両バスで協議した。

 大橋循環線のルートは六日町―内舟渡―城北病院―本八戸駅―八戸営業所。再編後はこれをカバーするため市営バスの日計線(河原木団地循環)を南部バスに移管し石堂地区を循環する経路とする。

 シルバー病院線は、三日町―シルバー病院間を本八戸駅、八太郎経由で運行している。廃止後は市営バスの日計線をシルバークリニックや第1停留所などに立ち寄るルートに変更する。

 是川団地線は平日の往復13本を8本に減便。代替措置として、るるっぷ八戸を二ツ家経由から中居林、石手洗を経由するルートに変える。

 住民説明会は、25日午後6時半から是川公民館で、28日午後6時半から根岸公民館で開かれる。

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/01/26/new1001261402.htm
2010/01/26 デーリー東北
南部バス路線再編 利用性低下を不安視

 南部バス(八戸市)が4月のダイヤ改正でバス路線を一部再編するのに伴い、市は25日、減便される「是川団地線(支所前回り)」の沿線住民を対象に説明会を開催した。出席者からは利便性の低下を不安視する声が上がった。

 同線は三日町―是川団地間を是川支所前経由で結ぶ。2005年に市営バスから南部バスに移管されたが、赤字が続いていた。減便の代替手段として、南部バスは市内循環バス「るるっぷ八戸」を、二ツ家経由から中居林小学校前経由に変更する。

 是川公民館で開かれた説明会には8人が出席。市や南部バスの担当者が新ダイヤの概要などを説明した。

 住民側は厳しい同社の経営状況に一定の理解を示したが、「(病院などが多い)中心街に行くのが不便になる」「このまま路線が廃止になってしまうのではないか」などの不安の声が出た。

 市側は「交通弱者を守るため、(廃止にならないよう)行政も支えていく。皆さんも利用する努力をしてほしい」と述べ、理解を求めた。

 「シルバー病院線」「大橋循環線」の廃止に伴う説明会は28日午後6時半から根岸公民館で開催される。

326 荷主研究者 :2010/02/20(土) 19:04:06

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20100217301.htm
2010年2月17日02時58分 北國新聞
買い物バス堅調、金沢商圏下支え 来月下旬から高岡便登場

 金沢と富山、福井を結ぶ買い物客向けのバス利用が堅調だ。運賃が片道1千円以下と手ごろなため、不況下でも若者を中心に支持されている。3月下旬からは金沢−高岡間の高速バスも運行する予定だ。節約志向の広がりで地元消費が振るわない中、買い物バスによる隣県集客が金沢商圏を下支えしている。

 「金沢方面への買い物客を狙いたい」。3月下旬、高速バス「金沢−高岡線」の運行を始める北陸鉄道グループ(金沢市)の担当者が、新路線のターゲットについて話す。

 高岡線は加越能鉄道(高岡市)との共同運行で、1日6往復、片道600〜700円で走らせる計画。区間は高岡市職業安定所から金沢駅で、途中、砺波市内も回ることで富山県西部全体からの利用を見込む。

 北鉄が高岡線に期待を寄せるのは、既存の高速バス「金沢−富山線」が買い物客に支えられて好調なためだ。

 富山線は、北鉄グループの北鉄金沢中央バスが富山地方鉄道(富山市)と2004年に運行を開始。当初は1日8往復だったが、買い物目的で使う女性客らが多く、2年目は16往復に倍増した。それでも足りず、昨年7月には土日祝日のみ20往復に増やしている。

 福井向けでも同様の傾向がみられ、京福バスグループ(福井市)がツアー商品として扱う福井駅発の「金沢ライナー」も、年末年始の利用は前年並みと健闘した。

 高速バスが運ぶ隣県の買い物客は、百貨店や専門店にとって今や欠かせない存在となっている。

 「実際に買い物をしていく確率が地元のお客さんより高い」。香林坊大和(金沢市)の販促担当者は県外客の魅力をこう話す。

 隣県からバスや電車などで買い物に訪れた客は、交通費に見合うだけの買い物をしようとするため、何も買わずに帰ることは「あまりない」(担当者)。香林坊大和では富山、福井からの来店客は全体の2割弱で、売上高に占める割合はさらに高いという。

 香林坊109(同市)の来店客も、富山からが3割、福井からが1割と隣県客のウエートが高い。こうした県外需要にも支えられ、同店の1月売上高は前年同月比で、わずかながらプラスを確保した。

 買い物バスは隣県客が金沢に向かう手段として利用され、金沢から隣県への買い物で使われるケースはほとんど見られないという。金沢商圏でも、地元客が車を利用して郊外大型店に流れる傾向が強まっており、バスで来て金沢中心部を買い回りする隣県客をどう増やすかが、中心商業地の行方を左右しかねない課題となりそうだ。

328 荷主研究者 :2010/02/20(土) 20:24:20

http://www.jomo-news.co.jp/news/a/15/news01.htm
2010年2月15日(月) AM 07:11 上毛新聞
●ネットで検索 運用へ 路線バス活性化で県

 県は、インターネットの地図上で県内ほぼすべてのバス路線やバス停の位置と時刻表などを調べられる情報検索システムの運用を始める。利用が伸び悩むバス網の活性化に向けて利便性を高める。19日までに県ホームページの地図情報サイト「マッピングぐんま」内で無料で利用できるようにする。

 検索システムは市町村と民間の計65事業者が運行する264路線、バス停6144カ所を地図上に3色の線や点で表示する。パソコンのカーソルを合わせるとバス停や路線の名前が示され、クリックすると時刻表など詳細情報を見られる。

 地図上で視覚的に検索できるため、自宅や目的地との位置関係をイメージしやすいのが特徴。地名などのキーワードから路線を検索できるほか、紙の時刻表などに比べ、ダイヤ改正や路線変更に対応しやすい利点もある。

 また、JR各社などが来夏、本県を対象に行う国内最大級の観光PRイベント「デスティネーションキャンペーン」で予想される本県を訪れる観光客の増加に備え、バスの利用環境を整える。

 本県は移動手段の93%をマイカーに頼り、乗り合いバスの利用は1%に満たないとされる。だが、高齢者や中高生らマイカーを持たない人の交通手段であるバス路線の維持には一定の利用が必要なため、県は時刻表や路線図の配布などで利用促進を図っている。

 県交通政策課は「将来的にはバス停周辺の駐輪場や観光情報なども充実させていきたい」と話している。

329 荷主研究者 :2010/02/24(水) 23:15:06

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/02/16/new1002161101.htm
2010/02/16 デーリー東北
バス停名「八戸中心街ターミナル」に統一

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/img1002161101.jpg

 八戸市営バスと南部バス、十和田観光電鉄の3社は4月1日から、相互乗り入れする八戸市中心街のバス停5カ所の名称を「八戸中心街ターミナル」として統一し、同じ乗り場番号を設定する。中心街を一つのバスターミナルとして位置付け、市外からの来訪者にも分かりやすい交通サインシステムを整備。低迷するバス利用の拡大につなげたい考え。

 15日、市庁で開かれた市地域公共交通会議(会長・武山泰八戸工大教授)で、市側が報告した。

 市中心街ではこれまで、バスターミナルの建設構想が何度か持ち上がったが、一方通行の関係などから実現に至っていなかった。

 また、停留所ごとに行き先が異なり、同じバス停でも名称が違う所があるため、「乗り場や行き先が分かりにくい」との指摘が以前から寄せられていた。

 名称の統一は、公共交通や中心市街地の活性化・再生策として、市などが中心となって検討を進めた。各バス停の標柱は、乗り場番号が目立つ統一デザインを採用する予定。乗り場番号は、(1)三日町(2)八日町(3)中央通り(4)朔日町(5)六日町―とする。

 また、3事業者はバスの方向幕に方向別のアルファベットと路線番号を組み合わせた「ナンバリングシステム」を市内の路線に導入する予定。

 一方、南部バスは4月1日から、ショッピングセンターが集積する江陽・沼館地区と住宅地の河原木・石堂地区を結ぶ「お買い物ライナー・河原木団地線」(仮称)、中心街・本八戸駅からフェリー埠頭(ふとう)までの直行便「シルバーフェリーシャトルバス」を新設する。

330 荷主研究者 :2010/02/27(土) 15:40:44

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20100224202.htm
2010年2月24日01時30分 北國新聞
富山市中心部にバス優先レーン 富山県警が4月から 「専用」を見直し

 富山県警は4月、富山市内の国道41号などに設けられているバス専用レーン(総延長12・7キロ)の大半の区間について、バスの接近時以外は車両の通行を可能とする優先レーンに変更する。優先レーンの設置は県内で初めてで、円滑な交通を確保する。県警は3月中旬に標識などの変更作業を始める予定で、「優先レーンについて県民に理解を求め、渋滞緩和につなげる」(交通規制課)としている。

 県警交通規制課によると、バスレーンの見直しは36年ぶりで、優先レーンを新設するほか、バスの運行がない専用区間を廃止した。ただ、専用レーンと同様、優先レーンではバスの接近時には車線を譲らなければ、普通車で罰金6千円、反則切符1点が科される。

 バス専用レーンは、日曜と祝日を除く午前7時半から同9時の間、一般車両の通行を禁止する区間で、1974(昭和49)年から83年にかけて富山市中心部の国道41号や県道など3区間に整備された。4月からは専用、優先レーンとも土曜も規制対象となる。

 県警によると、国道41号など専用レーンの8割に当たる10・4キロを優先レーンに変更する。国道41号などの星井町―富山駅前間の1・9キロのみ専用レーンを継続し、バス運行のない県道富山立山公園線の北新町―中教院間の400メートルは廃止する。

 国道41号の蜷川―県総合運動公園入り口間の2・3キロ、県道富山立山公園線の天正寺―中教院間の2・8キロに優先レーンを新設するほか、国道41号などの富山駅前―星井町間の1・8キロを午後5時から同7時まで優先レーンとする。

 県警は、専用レーンの整備当初と比べてバスの運行台数が減る一方、自家用車が急増していることから見直しを検討してきた。

332 荷主研究者 :2010/02/28(日) 15:45:50

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/155061
2010年2月27日 00:24 西日本新聞
西鉄バス 福岡県内の50路線減便 赤字対策 筑豊(特急)福岡線も

 西日本鉄道(福岡市)は26日、春のダイヤ改正で、路線バス全217路線のうち、福岡県内を走る計50路線で減便を実施すると発表した。赤字が続くバス事業の収支改善が狙い。同県朝倉市などを走る杷木・浮羽支線の一部区間など15路線の廃止(一部廃止を含む)分を加えると、バスの台数換算で輸送力は3・4%減になるという。

 減便は、3月27日(41路線)と4月1日(9路線)に実施する。西鉄は昨年9月、福岡都市圏の31路線で減便を実施してるが、今回は福岡県内全域に拡大。飯塚(特急)小倉線や筑豊(特急)福岡線など、都市間を結ぶ路線も減便対象にした。各路線で減便数は異なるが、「便数は精査中」(広報室)としている。

 西鉄は、景気低迷や「千円高速」の影響でバス事業の収支が悪化。事業の合理化を進めており、今秋以降、新たに39路線の廃止(一部廃止を含む)を予定している。

=2010/02/27付 西日本新聞朝刊=

333 荷主研究者 :2010/02/28(日) 15:54:14

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/153399
2010年2月19日 00:42 西日本新聞
県と大分バス 到着時刻 携帯に配信 大分市内路線、5月に開始

 県は、大分バスが大分市内で運行する路線バスを対象に、現在位置から算出された到着予測時刻を携帯電話やパソコンで確認できる「バスロケーションシステム」を導入する。バスの待ち時間のストレスを解消し、利用者の増加につなげる狙いだ。4月から試験運用に入り、5月10日にサービスを開始する予定。

 県によると、バスの到着予測時刻を携帯電話やパソコンで入手できるシステムは県内で初めて。

 県が、大分バスの路線バス242台に衛星利用測位システム(GPS)車載器を設置。車載器からバスの位置情報がサーバーに送られ、バス停への到着予測時刻が割り出される仕組み。

 利用者は携帯電話やパソコンでホームページ「バスロケおおいた」に入り、利用したい区間やバス停を選択。乗車するバス停への到着予測時刻のほか、目的地までの時間も表示。バスの行き先や経由も示される。乗りたいバスを指定すると、5−30分前にメールが届くサービスもある。

 県の事業費は約5900万円で、情報通信技術の活用を図る総務省の全額補助。大分バスが県から車載器の無償貸与を受け、通信費など運営費を負担する。

 各バス停の到着時間のデータは記録され、時刻表より到着が早かったり、遅かったりしやすい区間が確認できる。このため、運行実態に合ったダイヤが編成でき、待ち時間の短縮が図れる。

 県総合交通対策課の谷口礼史課長は「到着時間が分かるから、ずっとバス停で待つ必要がなく、時間を有効に使える。『すでにバスが出発したのでは』と不安を感じずに済む」と期待している。

=2010/02/19付 西日本新聞朝刊=

334 荷主研究者 :2010/02/28(日) 15:57:53

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/216046_all.html
2010年02/17 14:45 北海道新聞
帯広市 バス利用者増加狙い路線図と時刻表作製 19日から全世帯に配布

 【帯広】帯広市は市内のバス路線を網羅したバスマップと時刻表を各8万部作製、19日から全世帯に配布を始める。主要な公共施設や病院などの最寄りのバス停を紹介しているほか、時刻表ではスクールバスや相乗りバスのダイヤも盛り込んだ。

 環境省のEST(環境的に持続可能な交通)普及推進事業の委託費約360万円を活用。転入者を含む市民が利用しやすいよう車両ごとの系統番号や経由地の見分け方、乗降の仕方などを解説した。

 バスマップはA2判1枚だが、八つ折りにすると単行本サイズ。裏表両面カラーで路線バスを運行する十勝バス、北海道拓殖バスの全44路線を色分けした。

 時刻表はA5判の2色刷り28ページの小冊子。主なバス停ごとの時刻を掲載し、スクールバスやあいのりバス(毎日交通)、あいのりタクシー(大正交通)の運行時刻も収録した。

 作製を担当した市商業まちづくり課の木川博史課長は「帯広はマイカー依存の高い地域だが、環境面からも公共交通機関の利用促進は重要。これをきっかけにバスに乗ってみようという動機付けになれば」と期待する。マップと時刻表は広報おびひろ3月号とともに配布される。(長谷川賢)

335 荷主研究者 :2010/02/28(日) 16:00:46

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly15.htm
2010年02/24(水)茨城新聞
水戸−御前山間、最大39%バス運賃下げ 茨城交通

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/20100224_03.jpg

利用促進へ城里町協力、1年実証実験

 バス事業者の茨城交通(本社水戸市)がJR水戸駅と常陸大宮市御前山地区を結ぶ野口線の路線バス運賃を最大39%引き下げることが23日、分かった。路線内にある城里町の引き下げ要望を受けたもので、1年間の実証実験として運行する。同社は同日、茨城運輸支局に運賃引き下げを届け出、4月1日から新運賃で運行を始める。城里町は唯一の公共交通の維持へ向け、同社に協力する構え。同社が大幅な運賃引き下げをするのは初めて。引き下げで利用客が増えれば、他の路線にも影響を与えそうだ。

 野口線は水戸駅から国道123号線を通って城里町中心部、同町桂地区、御前山地区へと結ぶ距離約25キロ、乗車時間は約75分。現行の運賃は水戸駅−御前山車庫間で最大1150円と高く、利用客が減少している。

 引き下げるのは水戸−城里両市町の境から終点までの間。新運賃は水戸駅を基点に、西田川−石塚上町は運賃550円(現行最大750円、引き下げ率26・7%)、上圷−沢山は600円(930円、35・5%)、上阿野沢−野口下宿は650円(千円、35・0%)、野口上町−御前山車庫は700円(1150円、39・1%)にする。

 新運賃は、停留所ごとに加算している現行運賃を四つの区間ごとに統一。利用の多い高校生ら向けに、1学期以上の通学定期券購入で現行より最大33・3%引き下げる。また、同町の石塚から成沢地区を回る路線も併せて引き下げる予定。

 運賃引き下げについて城里町の阿久津藤男町長は「利用しやすい運賃になり、バス離れに歯止めがかかると思う。町としても公共交通回帰の一助になれるよう取り組む」とコメント。駐輪場3カ所の設置や、中高生へのバス利用の呼び掛けを行う方針。

 茨城交通の任田正史副社長は「町内の中高生の保護者アンケートを基に引き下げ率を決めた。利用者増の効果が出れば、2年目以降も定着させたい」と語った。

336 荷主研究者 :2010/02/28(日) 16:05:53

http://www.shizushin.com/news/local/east/20100226000000000040.htm
2010/02/26 静岡新聞
高速バス13日から運行 三島駅―新宿駅間が2時間

 三島−新宿の直通高速路線バス「三島エクスプレス」が3月13日から運行を開始することになり、共同運行する沼津登山東海バスと小田急箱根高速バスの関係者が25日、三島市役所を訪れて小池政臣市長に報告した。1日2往復で、三島駅発着の高速バス運行をかねてら各社に要望していた小池市長は「3年越しの念願がかなった。地域活性化や利便性向上に大きなプラス」と歓迎している。

 三島駅−新宿駅西口を約2時間で結ぶ。三島駅は南口、北口の両方に発着する。三島地区の始点・終点は大平車庫(沼津市)で、オムロン前、松本、一本松にも停車する。

 ダイヤはビジネス重視の平日の場合、新宿発が午後0時35分と同8時5分、新宿行きは三島駅南口発車時刻が午前6時10分と午後5時50分。三島から首都圏への行楽や買い物に配慮した土休日は新宿発が午後7時40分と同8時40分、新宿行きの三島駅南口発車時刻が午前8時と同9時に設定した。

 運賃は片道2000円。回数券だと平日は1700円、土休日は1800円になる。新幹線の三島−東京の自由席運賃は片道3890円で、両社は「大変安価な価格設定」と強調する。大平車庫には自家用車のための無料駐車場(9台分)を用意する。

 東海自動車の椎野市郎常務は「三島地区から首都圏への移動手段の選択肢を拡大した。通学利用も視野に入れている。好評なら増便も考えている」と話した。運行の問い合わせは小田急箱根高速バス電話センター<電03(3427)3160>(午前10時〜午後7時)へ。

337 荷主研究者 :2010/02/28(日) 16:39:26

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201002250023.html
'10/2/25 中国新聞
高速バスにハイブリッド導入
--------------------------------------------------------------------------------
 備北交通(庄原市)は25日から、環境への負荷が少なく低燃費のハイブリッドバス1台を、庄原市と広島市を結ぶ高速バス路線に投入する。高速バスへのハイブリッド車導入は広島県内初。

 定員46人で日野自動車製。減速時のエネルギーを電気としてバッテリーに蓄え、発進や加速時に利用する。窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を10%以上低減でき、燃費は2〜3割アップするという。

 購入費約4千万円のうち2分の1は、広島市の「市内で低公害運送車両を導入する際の補助」を受けた。庄原―広島間を1日2往復する。

【写真説明】備北交通が庄原―広島間に導入するハイブリッドバス

338 荷主研究者 :2010/03/07(日) 14:40:42

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20100302104.htm
2010年3月2日03時27分 北國新聞
バス循環線、8の字形に 小松市、10月に試験運行

小松市が路線変更を検討している市内循環線=同市内

 小松市は10月をめどに、現行の市内循環線と市内循環B線を統合し、「8の字形」のルートを走る新路線「新循環線」を試験的に運行する。利用者が乗車してからJR小松駅に着くまでの所要時間を削減し、利便性向上を図る。新たに従来の走行経路の逆方向に動く路線も導入して乗客増につなげる考えだ。

 市によると、現行の2路線は小松駅を発着点とし、市内循環線は主にJR北陸線の海側、同B線は同山側にある円形のルートを1方向だけで巡回している。このため小松駅の次のバス停から乗車した場合、小松駅に着くまでに最大で約40分かかることがあり、住民から改善を求める声が出ていた。

 市は円形のルートをつなげて8の字形とし乗客の多くが乗降する小松駅により早く着くよう改めるほか、逆方向に走るバスも導入し、目的地までの所要時間の短いバスを選べるようにする。停車するバス停や具体的なルートは今後決めていく。

 昨年の市の調査では、末広運動公園や市民センターなどを通る市内循環線の1便当たりの平日利用者数は18・8人だったのに対し、北浅井町や第一小前を巡回する同B線は同9・7人と落ち込んでいる。

341 荷主研究者 :2010/03/07(日) 16:07:52

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002150036/
2010年2月16日 神奈川新聞
市バス「住吉線」と「西加瀬循環」を武蔵小杉新駅まで延伸/川崎

 川崎市交通局は15日、3月13日のJR横須賀線武蔵小杉新駅開業に伴い、新駅に乗り入れる市バス2路線を明らかにした。同15日に運行をスタートする。

 2路線は井田病院や元住吉駅前方面の「住吉線」と、西加瀬や三菱自動車前方面の「西加瀬循環」。現在の路線を新駅まで延伸する住吉線は、2系統合計で平日12本、土曜12本、休日6本。西加瀬循環は平日32本、土休日28本で、平日朝のラッシュ時間帯は1時間当たり3本運行する。

 新駅の横須賀線口駅前交通広場内に停留所「横須賀線小杉駅」を新設するほか、西加瀬循環の路線内に、臨港バスが使用している「石神(しゃくじ)橋」を新設する。

 市バス以外では、臨港バスが幸区の小倉地区と新駅を結ぶ路線について、国土交通省関東運輸局に認可申請している。

342 荷主研究者 :2010/03/07(日) 16:08:27

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002180029/
2010年2月18日 神奈川新聞
京急バスが横須賀西地区線を増便、「湘南佐島なぎさの丘」まで延長も

 京浜急行バスは4月1日から、中距離バス「横浜駅(YCAT)―横須賀西地区線」を増便する。併せて朝と夜の2便ずつを「湘南佐島なぎさの丘」(横須賀市佐島の丘)まで延長、同地区から横浜方面への通勤需要にも対応する。

 平日の上り下り各6便を9便、土日・祝日は同3便を6便に増やす。新設される湘南佐島なぎさの丘発は平日上りが午前6時25分と55分。下りのYCAT発が午後8時と9時。所要時間約60分。大人片道1千円。京浜急行バス衣笠営業所電話046(836)0836。

 湘南佐島なぎさの丘は開発面積約41万平方メートル、計画戸数667戸で、現在は約120世帯が入居している。問い合わせは案内センター、フリーダイヤル(0120)133402。

343 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/03/09(火) 11:21:46
新生茨交へ新手次々 運賃下げや意識改革 再建半年「長期的安定経営を」
2010年3月9日 茨城新聞

 バス事業者の茨城交通(水戸市)が民事再生法の適用を申請し、事業承継後に新しい経営体制をスタートさせて半年がたった。利用者が減少傾向の公共交通の維持と経営再建を両立させる難しいかじ取りの中、経営陣は運賃の引き下げや従業員の意識向上など次々と新手を打っている。利用客の要望を取り入れたり、サービスの改善を図ることにより、同社は「長期的な安定経営を目指す」(幹部)と、〝新生茨交〟の方向性を見据えている。

■対話重視  
 「かつては地方に縦横無尽に走っていたバスも、今は路線維持が大変な時代。住民に乗ってもらえるような施策を展開しながら進めていく」。茨城交通の任田正史副社長はこう語る。
 同社は新体制以降、①公共交通会議の開催②グループ一体経営③長期安定の利益確保−を掲げ、さまざまな改善や施策を進める。
 交通会議は、路線バスの走る自治体や住民と話し合い、バス利用者の要望を反映させるため定期的に開く。これにより、城里町では路線バスの運賃の大幅引き下げが実現。水戸市では高齢者ら向けに中心街を通る「買い物バス」も運行される見通しだ。
■路線維持  
 先月19日、同社幹部が城里町の阿久津藤男町長を訪ね、JR水戸駅から同町を通るバス路線について4月からの運賃引き下げを報告した。町からの路線維持の要望を受け、同社は最大39%の引き下げを決めた。乗客を増やし採算ベースに乗せる計画だ。
 阿久津町長は「経済情勢悪化の中で、通学生徒の家庭の負担が軽減される。町としても唯一の路線は維持させたい。成功してほしい」と期待した。
 水戸と那珂市を結ぶ路線も廃止決定していたが、地元要望を受けて維持することになった。同社は「高齢者が増える中、できるだけライフラインとしての公共交通を維持していきたい」と説明する。
■運用改善  
 同社は運用面でも改善や工夫を重ねる。親会社みちのりグループ傘下の福島交通(福島市)や岩手県北自動車(盛岡市)と車両の購入で連携を始めた。
 老朽化が著しい車両は、高速と路線バスで新車を計6台導入し、中古バスも順次入れ替えを進めている。
 また経営効率化へ向け茨城交通グループ内の子会社事業を再編。茨城交通はバス事業中心、茨城オートはタクシー事業に特化するなど統合・集約する。
 社内でも4月から人事制度を改め、従来の年功序列から若手も含めた評価制度に一部変える。社員から新経営陣へのメール窓口も開設。中堅社員の1人は「提案や企画はしやすい雰囲気になった」と前向きだ。抑制してきた高卒などの新人を今春は一気に12人採用する。
 旅行部門も充実させ、東京都内でのアート鑑賞体験など日帰りツアーを増やす。任田副社長は「サービス内容や接遇の改善で、お客さんに乗っていただくという姿勢を強めたい」と強調した。

※茨城交通の経営再建 
 過去の不動産投資の失敗で多額の負債をかかえ、昨年4月、水戸地裁から民事再生法適用の認可を受け、7月に会社を分割。8月に支援企業の経営共創基盤(東京)が設立した持ち株会社みちのりホールディングスの出資を受け、新経営陣による体制を敷いた。バス事業や全従業員は新会社の茨城交通に継承された。

344 荷主研究者 :2010/03/11(木) 23:50:57

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=518129004
'10/02/25 山陰中央新報
レインバスと深夜バス運行、4月から松江市

「レインバス」と「深夜バス」の運行が計画されている松江市営バス=同市平成町、市交通局

 松江市交通局は4月1日に予定するダイヤ改正に合わせ、前日夕の降水確率が70%を超えた場合、通学・通勤用に「レインバス」の運行を始める。さらに、酒を楽しんだり、残業で帰りが遅くなった人のため、午後11時に出発する「深夜バス」も導入。当面はそれぞれ、平日にJR松江駅発の1路線で1便を走らせる。

 レインバスは、松江地方気象台が午後5時に発表する翌日の降水確率予報を見て、運行の有無を判断する仕組み。運行を決め、市交通局のホームページで告知したら、実際に雨が降らなくても実施する。

 導入するのは、JR松江駅から県立松江南高校方面に向かう「あじさい線」で、午前7時56分に出発。ルート沿いに高校が3つあり、降雨時の定期路線への乗車率が高いことから選んだ。

 一方、深夜バスは、JR松江駅から住宅街のある山代、大庭両町方面へ向かう「川津線」に、新たに午後11時発の便を設ける。JR松江駅発のバスはこれまで、南循環線・外回りの午後10時8分発が最終だった。北循環線・内回りなど2路線の最終便も繰り下げ、午後10時10分発とする。

 同市営バスの2009年の乗客数(速報値)は約232万人で、ピークの1963年の5分の1に減少。経営は厳しく、市交通局の生和康宏総務課長は「レインバスと深夜バスを乗客増につなげたい。好評なら、増便を検討する」と話している。

345 荷主研究者 :2010/03/11(木) 23:51:40

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=518111004
'10/02/24 山陰中央新報
出雲−東京 高速ツアーバス来月から運行

ロータリーエアーサービスのグループ会社が、山陰両県と東京都を結ぶ新規路線に投入する高速ツアーバス「キラキラ号」

 旅行代理店のロータリーエアーサービス(東京都)が、3月5日に出雲−東京間で夜行高速ツアーバス(36人乗り)の運行を開始する。松江、米子、鳥取の3市を経由する1日1往復便で、片道1万円以下の低価格運賃を武器に、利用者の取り込みを図る方針。

 山陰路線は、東京都の新宿駅西口とJR出雲市駅前を発着点に、両県外では、東京駅八重洲口と横浜駅西口に停車。5日は東京発だけで、3月6日以降、東京発と出雲発の1日1往復便となり、出雲発は午後8時半に出発し、終点の新宿に翌日の午前11時ごろ到着する。

 運賃は、月〜木曜日が片道9千円で、鳥取市での乗降のみ同8千円。金〜日曜日と祝祭日は、それぞれ500円増しで、回数券を使えば、いつでも同7千円。インターネット予約を中心にする。

 今回の路線開設で、同社がグループ会社を通じ運行する路線網は本州の日本海側で、山口県以外の全府県に拡大。

 広報担当者によると、料金は「他社より約3000円安い」といい、「デフレの影響で既存路線の利用は伸びている。山陰も当初から、週末で100%近く、平日で50%の搭乗率を確保したい」と強調。同社の旅行会員に山陰観光のチラシを配布するなどし、利用を促すとした。

 一方、鳥取県や島根県東部と東京都内を結ぶ高速バス路線は、鳥取・倉吉と米子の2路線を日ノ丸自動車(鳥取市)など3社が、松江・出雲路線を一畑バス(松江市)など2社が、それぞれ1日1往復便を共同運行。

 各路線とも、現在は競合がない”無風状態”だけに、日ノ丸自動車の馬場進業務部長は「学生などが流れることが予想され、搭乗率への影響は必至。明確な対応はできず、いかんともしがたいが、安全運行を続けるだけ」とした。

346 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:04:13

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003010023.html
'10/3/1 中国新聞
バス利便性向上に協議会設立
--------------------------------------------------------------------------------
 路線バスの利便性向上を図るため、広島都市圏の路線バス会社や中国運輸局などは4月にも、公募で選考した市民をメンバーに入れた協議会を立ち上げる。利用者の視点をサービス向上に反映させる試みとなる。

 協議会は「バスを中心とした広島公共交通連携」(仮称)で、事務局は広島県バス協会が務める。都市圏で路線バスを運行する9社、鉄道会社の事業者、広島市や県警のほか、市民数人をメンバーに加える。公募時期や選考方法は早急に詰める。

 運輸局などによると、バスレーンに一般車両が入ってこない方法▽路線の方面別に停留所を色分け▽停留所の再配置▽乗り継ぎ割引―などを課題として想定。利用者の増加につながるサービスの拡充を検討する。

 バスの利便性向上策では、県バス協会や運輸局が携帯電話を使った各社共通のバス路線検索システムの検討に入っている。首都圏などで既に事業展開している企業と契約し、バス会社が最新の時刻表を提供する予定だ。

347 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:04:57

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003010036.html
'10/3/1 中国新聞
光―福岡高速バス一部半額に
--------------------------------------------------------------------------------
 防長交通(周南市)は3月20〜5月31日、中国ジェイアールバス(広島市南区)など計3社で共同運行する光―福岡間の高速バス「福岡・周南ライナー」の片道運賃を、座席数を限定し半額で売り出す。

 各便40席のうち10席程度が対象。JR博多駅までの割引後の大人片道運賃は、光市役所前からが1750円、下松東中村からが1650円、徳山駅前からが1500円となる。乗車日の5日前までに予約・購入が必要。予約は1カ月前から受け付ける。

 自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象にした高速道料金割引への対応策の一つ。予約は電話0834(32)7733。

348 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:09:05

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003030022.html
'10/3/3 中国新聞
安芸太田のバス路線一部減便
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県安芸太田町は2日、町内を走るバス5路線のうち、加計、戸河内地区を結ぶ「温井・平見谷線」の運行区間を短縮し、減便する方針を決めた。同日あった町地域公共交通会議に提案し、承認された。

 同路線は、中国自動車道の加計スマートインターチェンジ(IC)付近と、北広島町との境にある旧平見谷小を結ぶ25・9キロ。利用実態などを踏まえ、スマートICと加計地区の川・森・文化・交流センター間の9・9キロを存続させ、残り区間の運行を取り止める。さらに現在の1日6往復を3・5往復に減便する。

 運行から外れる地域は、町が走らせている予約制のデマンド型タクシー「あなたく」を増便するなどし、住民の交通手段確保を図る。5月1日実施の予定。

 町総務課は「便数は減らすが、住民のニーズや生活に即した運行形態を確保したい」としている。

【写真説明】町が路線短縮、減便する方針を固めた「温井・平見谷線」のバス

349 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:10:20
>>98
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003030013.html
'10/3/3 中国新聞
「いわくにバス」運行固まる
--------------------------------------------------------------------------------
 岩国市交通局が全額出資で設立し、バス路線の移行を進める新会社「いわくにバス」の4月からの運行体制が固まった。新会社が岩国市と広島市を結ぶ高速バスと市内3路線を自主運行するなど、採算性の高い路線を中心に同局の現行便数の約4割を受け持つ。初年度の黒字化を目指す。

 赤字経営の交通局は現在、高速1、一般44の計45路線を運行。新会社は、このうち岩国―広島の高速1路線▽JR岩国駅―錦帯橋―新岩国駅1路線▽岩国駅―梅が丘団地2路線―を自主運行の形で引き継ぐ。

 さらに、運賃一律100円のコミュニティー循環線3路線の全便と、別の2路線の一部便の運行を同局から受託。これで交通局の現行約420便のうち、約180便が新会社に移る形となる。定期券やバスカードは引き続き使用できる。

 新会社は車両16台を同局から購入。同局の臨時嘱託職員を正社員採用し、新規採用も加え約60人体制を確保する。

350 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:14:22

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003050078.html
'10/3/5 中国新聞
公共交通利用増へバスマップ
--------------------------------------------------------------------------------
 福山市は市内のバス路線を網羅した「福山バスマップ」を2万部製作した。公共交通の利便性をPRし、マイカー利用を減らすのが狙いで、本庁の市民課や各支所、分室で転入世帯を中心に無料配布している。

 縦84センチ、横60センチ。市内のバス会社4社と市中心部の循環路線「まわローズ」の経路やバス停の位置を「広域」「中心部」の2種類の地図で紹介。さらに、路線ごとの1日当たりの便数や、ルート上の主なバス停をまとめた一覧表も収めている。

 同市には毎年、1万2千人前後が転入。一年前には市役所やJR福山駅、ばら公園などを巡るまわローズが導入されているが、中心部の国道や県道では朝夕や休日の交通渋滞が絶えない。市はこのため、市全域をカバーした初のバス路線マップを作り、公共交通の利用を促すことにした。

【写真説明】福山市が転入世帯を中心に配布している福山バスマップ

351 荷主研究者 :2010/03/12(金) 00:18:47

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1267322604
2010年02月28日11時03分 千葉日報
市民の足6ルートに拡充 3月から、流山ぐりーんバス

緑色の車体が目を引く流山ぐりーんバス

 市民の身近な足として、2005年11月から運行している流山ぐりーんバスの新規路線「野々下・八木南団地循環ルート」が、あす3月1日から運行を開始する。ぐりーんバス6ルート目となる路線で、市内の住宅地と駅とを結ぶ。

 ぐりーんバスは流山市が事業主体で、運営は民間に委託。あえて大きな収益が見込めないルートを運行し公共交通網の充実を図っている。委託会社との協定に基づいて、赤字分を市が補てんする仕組み。今年1月に累計の利用者が160万人を突破した。

 「野々下・八木南団地循環ルート」は、流山おおたかの森駅西口を起点として東武野田線・豊四季駅前や八木南団地、野々下水辺公園入口などを回るルート。2駅前の買い物や都心へのアクセスが便利となる。

 運行時間は午前6時33分から午後9時15分までで、本数は1日18便。バス停は18カ所ある。運賃は中学生以上が150円。小学生が80円。

352 荷主研究者 :2010/03/14(日) 15:27:00

http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/local/CK2010022302000196.html?ref=related
2010年2月23日 中日新聞
福鉄バス 赤十字病院線を新設 福武線福井新駅間 来月下旬から運行

新設する赤十字病院線について協議する福井市地域生活交通活性化会議=福井市役所で

 福井鉄道は三月下旬、福井市の福武線福井新駅と福井赤十字病院間約九百メートルを四分間で結ぶバス路線を新設する。福武線を利用する通院患者や高齢者らの利便性を図るのが狙い。平日の午前七時ごろから午後四時ごろまで、一律料金五十円で一時間に二〜三往復させる。

 導入案によると、路線名は「赤十字病院線」。福井新駅前にバス停を新設し、十人乗りの普通ワゴン車をバスとして使用する。運行は土・日・祝日と年末年始を除く平日で、運行ダイヤは福武線の接続に考慮して決める。同社はバスの運行に合わせ、福井新駅を赤十字前駅に駅名変更する計画。

 同線の新設は、市役所で二十二日に開かれた「福井市地域生活交通活性化会議」で了承された。近く、中部運輸局の許可を得て正式決定する。バスの運行は、福武線再生に向け、国の財政支援を受けるために必要な「地域公共交通総合連携計画」に基づいた施策の一環。 (藤井雄次)

353 荷主研究者 :2010/03/14(日) 16:10:41

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20100312302.htm
2010年3月12日03時08分 北國新聞
和倉−東京間に新高速バス 丸一観光、きょうから毎日運行

 丸一観光(七尾市)は12日から、ウィラー・トラベル(東京)と提携し、七尾・和倉温泉―東京・東京ディズニーリゾート(TDR)を結ぶ新高速ツアーバスを毎日運行する。和倉では地元の観光スポットや奥能登を巡る定期観光バスと接続させるなどし、首都圏の若い女性らの誘客を狙う。

 七尾発便が和倉温泉観光会館前を午後9時15分出発、七尾駅前、金沢、新宿、品川に停車し、翌午前7時40分にTDR到着。東京発便は午後9時20分にTDRを出発し、翌午前8時に同観光会館着となる。

 価格は標準の4列シートが片道4600円から6千円で、ゆったりと座れる3列シートは2千円ほど割り増しとなる。

 同高速バスと能登空港―羽田便の利用をセットにした格安商品も企画している。

354 荷主研究者 :2010/03/14(日) 17:41:57

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/219861_all.html
2010年03/10 14:15 北海道新聞
都市間バスポテトライナー20周年 134万人超す利用

運行20周年を迎えたポテトライナー。低運賃が利用者の人気を集めている

 帯広−札幌を結ぶ都市間バス「ポテトライナー」が9日、運行開始20周年を迎えた。JRより安い運賃設定などが受け、本年度の乗客数は過去最多だった昨年度の8万2300人を上回る見込みだ。

 ポテトライナーは、北海道拓殖バス、十勝バス、北都交通、北海道中央バス、ジェイ・アール北海道バスの5社共同で、1990年3月9日から運行。当初は1日4往復で狩勝峠を経由する5時間の路線だった。

 その後、5往復に増便し、日勝峠経由に変更。高速道路の延伸に伴い所要時間は4時間に短縮し、利用者が増えた。2005年から6往復、昨年12月から7往復に拡大。20年間で計134万6500人を運んだ。

 運賃は大人片道3670円で、JRの特急指定席を利用した場合の半額程度。帯広に住む姉を訪ねるため、たびたび利用する札幌の主婦(26)は「急ぐ時はJRも使うが、運賃を考えるとバスを選んでしまう」と話す。士幌町の大学生(21)も「安いから」と低運賃の魅力を強調する。

 5社は20年間の感謝企画として9日、JR帯広駅前のバスターミナルで、乗客に記念品をプレゼントした。(長谷川賢)

355 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:01:03

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/157388
2010年3月10日 00:36 西日本新聞
諫早、大村の住宅街‐長崎市 高速バス 4月から 県営バス

 長崎県営バスは4月1日から、諫早、大村両市の住宅街と長崎市中心部を結ぶ高速シャトルバスを運行する。通勤・通学客の需要を見込んだもので、長崎自動車道、ながさき出島道路を利用することで、諫早‐長崎を約35分、大村‐長崎を約45分で結ぶ。

 諫早便は諫早駅から西諫早ニュータウンを経由。朝5便、夕5便を運行し、料金は大人片道650円。大村便は黒丸入口から富の原を経由。朝4便、夕5便で料金は同800円。いずれも通勤時間帯に合わせ、朝は15分おき、夕方は30分−1時間おきに運行する。

 県交通局によると、これまで諫早‐長崎間は長崎バイパス経由の路線があったが、長崎市内で渋滞するため50−60分かかっていたという。

 大村‐長崎間は長崎空港発着便しかなく、今回初めて住宅街を結ぶ便を設けた。利用客は、諫早便が5万7千人、大村便が2万6千人を見込んでいる。

 長崎県営バス=095(822)5141。

=2010/03/10付 西日本新聞朝刊=

356 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:04:19

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/157870
2010年3月12日 01:04 西日本新聞
路線バス試験運行開始 玉名─阿蘇ルートの旅客ニーズ探れ 菊池川流域の温泉など経由 県、新幹線にらみ企画 24日まで

JR玉名駅前で乗客を待つ「湯ぐりん」号

 玉名市と阿蘇市を結ぶ路線バス「湯ぐりん」の試験運行が11日、始まった。九州新幹線鹿児島ルートの全線開通を控え、新玉名駅から阿蘇方面に向かう路線バスの顧客ニーズを探ろうと、県が企画。24日まで、菊池川流域を走るルートを玉名、阿蘇からそれぞれ1日2便運行する。

 現在、玉名と阿蘇をつなぐ路線バスは運行されていない。菊池川流域には玉名、山鹿、菊池などの温泉街があるため、地元の観光関係者からは菊池川流域を経由して阿蘇に向かう新たな路線バスを求める声が上がっていた。

 1年後の九州新幹線全線開通を見据えて、県が同路線の試験運行を実施。乗客に利用区間や停車バス停の要望をアンケートし、同路線を定期運行する可能性を探る。バスは、県バス協会に運営を委託した。

 湯ぐりんは、温泉街を回る「湯巡り」と、阿蘇の大自然の「グリーン」にちなんで命名。現在は新玉名駅が完成していないため、JR玉名駅前から、山鹿バスセンター、菊池温泉など四つのバス停を経由し、JR阿蘇駅前に到着する。

 道中は眺めのいい菊池阿蘇スカイラインを通り、阿蘇の大観峰では20分休憩。バスガイドも同乗し、乗客に観光気分を満喫してもらう。県地域政策課は「阿蘇五岳の雄大な景色を眺め、旅の途中も楽しんでほしい」としている。

 運賃は玉名駅前‐阿蘇駅前で片道2千円。所要時間は2時間33分。運行ダイヤは玉名駅前発が午前9時50分と午後2時10分、阿蘇駅前発が午前8時55分と午後2時50分。県バス協会=096(354)4845。

=2010/03/12付 西日本新聞朝刊=

357 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:15:57

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/09090615/
2009年9月6日 神奈川新聞
京急線六浦駅を起点とする循環バス路線が開通へ/横浜

 横浜市金沢区六浦地区で7日、京急逗子線六浦駅を起点とする循環バス路線が開通する。坂道の上にある六浦台団地などに住む高齢者らの要望を受け、市の「地域交通サポート事業」として実現。6日に行われた開通式には地元住民や来賓ら約200人が念願だった開通を祝った。

 京浜急行バス(東京都)が小型バスを運行し、六浦駅からエステシティ壱番館までの団地が立ち並ぶ地区内を約17分で周回する。平日のラッシュ時は1時間当たり6本、日中は1時間当たり3本を運行し、土日・祝日も運行する。大人170円、子ども90円。

 六浦台団地自治会など四つの自治会町内会で構成する六浦地域交通対策連絡会が昨年1月に設立され、地元住民の合意形成やバス待機所の整備など開通に向けた準備を行ってきた。

 同連絡会の会長(75)は「高齢化が進む住民にとって外出しやすくなった。住民の足として根付くことを心から願っている」と話していた。

358 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:16:27

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910300004/
2009年10月30日 神奈川新聞
富士急湘南バスが一部路線の減便実施へ/小田原など

 富士急湘南バス(松田町松田惣領)は12月1日から、足柄上地域と小田原市の19系統で減便と廃止、統合を行う。乗客が少なく大半の路線が採算割れになっているためで、今年4月から県、地元自治体などと協議してきた。また、「新松田駅―向原―山北駅」系統は来年2月1日から山北町が循環バスで一部便の代行運行を行うことで、ほぼ現状維持となる。

 対象となるのは、同社が2市4町で運行する39系統のうち19系統。同社の調査では、1便当たりの平均乗客数は0・7〜7・2人だったという。

 減便は「下曽我駅―千代―小田原駅」「新松田駅―宇津茂―寄(やどりき)」など14系統。系統廃止は「山北駅―新大口橋―富士フイルム」「山北駅―アサヒビール―富士フイルム」「新松田駅―大井高校―栢山駅」の3系統。「新松田駅―大口―アサヒビール」と「大雄山―アサヒビール」の2系統は統合する。

 「新松田駅―向原―山北駅」系統は、山北町が平日12便のうち8便、土曜日は5便のうち3便、日曜日は6便のうち4便の運行を、循環バスを使ってそれぞれ代行する。土曜日午前8時に山北駅を出発する1便は減らす。

 循環バスは同町が同社に運行委託しているもので、路線バスと運行できるように車両を改造するため、同町は940万円を支出する。同町は代行運行経費はまだ計算していないという。

359 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:17:07

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912090003/
2009年12月9日 神奈川新聞
交通空白地解消へ生活支援バスが磯子区と緑区の2路線で運行開始/横浜

 バス停が遠い、高台で坂道が多い、公共施設などへのアクセスが不便―。横浜市交通局はこうした地域で新たにバスを運行し、市民の生活をサポートする生活支援バスサービス「ふれあいバス」事業を、14日から2路線で開始する。1日2便ずつのささやかな路線だが、住宅街から病院、商店街へと、走るのは住民の要望や期待をつなぐ道だ。

 ふれあいバスが走るのは、(1)磯子区の市電保存館前を始点に商店街「浜マーケット」(同区)や根岸駅前、「山元町1丁目・2丁目商店街」(中区)を通り、終点「みなと赤十字病院」(同区)に到着する路線(2)緑区の十日市場駅から十日市場商店街、中山駅、中山商店街を抜けて住宅街「上山地区」で6カ所に止まり始点に戻る循環路線―の二つ。

 どちらの路線も、地域の住民が長らくバス運行の要望を寄せていた。2005年に開院したみなと赤十字病院へは、前身の横浜赤十字病院の時代から地域住民が路線を求めていた。上山地区は、市バス停留所まで500メートル以上ある「交通空白地域」。坂が多く、高齢化が進む地域でもある。それぞれ、片道約40分と、1循環約84分。

 07年6月に策定された交通局の「市営交通5か年経営プラン」に、重点施策の一つ「地域貢献の取り組み」として盛り込まれていた。「(局が)赤字経営で、すぐに着手できず、ずっと温めてきた事業」と、路線計画課の村田守広課長は話す。09年度の予算編成で、バス事業が初の営業・経常黒字を計上したため、本年度の事業が実現した。

 経費を抑えるため、朝夕の通勤通学ラッシュ時間帯以外の、運転手やバス車両に余裕がある午前10時前後と午後2時以降に運行する。収支均衡は見込めないが、地元からは歓迎の声が上がったと、村田課長は話している。

 運賃は、市バスと同じ大人210円子ども110円。問い合わせは、路線計画課電話045(671)3194。

360 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:19:02

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912210024/
2009年12月21日 神奈川新聞
ユニークな連節バスに新路線、24日から/厚木

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/7_210244.jpg
24日から路線が拡大される厚木市内の連節バス

 神奈川中央交通が厚木市内で運行している連節バスに24日から、新しい路線が加わる。連節バスは定員131人で、通常バス(67人)の約2倍の輸送力を持ち、乗りあふれの解消などにつながるという。

 新路線は松蓮寺―厚木バスセンター間約4キロ。運行ダイヤは平日の午前7時から同8時半までの片道3便で、途中「中村入口」「本厚木駅」に停車する。神奈川中央交通や厚木市によると、この区間は通勤通学時間帯に小田急線本厚木駅に向かう人たちで混雑するが、連節バスが中村入口から本厚木駅まで「急行」となるため、途中のバス停から通常バスに乗る人が座れるなどの効果があるという。

 市内では、2008年2月から朝夕のラッシュ時に厚木バスセンター―厚木アクスト間約3・4キロで連接バスが運行されている。連節バスは独ベンツ社製で1台約7200万円。同社は4台導入し、厚木市が約6200万円を補助した。

 今回は、厚木バスセンター―厚木アクスト間で使われている車両が同社厚木営業所(及川)まで回送されていることを利用して、松蓮寺〜厚木バスセンター間の路線を新たに設けた。

361 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:19:34

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002150036/
2010年2月16日 神奈川新聞
市バス「住吉線」と「西加瀬循環」を武蔵小杉新駅まで延伸/川崎

 川崎市交通局は15日、3月13日のJR横須賀線武蔵小杉新駅開業に伴い、新駅に乗り入れる市バス2路線を明らかにした。同15日に運行をスタートする。

 2路線は井田病院や元住吉駅前方面の「住吉線」と、西加瀬や三菱自動車前方面の「西加瀬循環」。現在の路線を新駅まで延伸する住吉線は、2系統合計で平日12本、土曜12本、休日6本。西加瀬循環は平日32本、土休日28本で、平日朝のラッシュ時間帯は1時間当たり3本運行する。

 新駅の横須賀線口駅前交通広場内に停留所「横須賀線小杉駅」を新設するほか、西加瀬循環の路線内に、臨港バスが使用している「石神(しゃくじ)橋」を新設する。

 市バス以外では、臨港バスが幸区の小倉地区と新駅を結ぶ路線について、国土交通省関東運輸局に認可申請している。

362 荷主研究者 :2010/03/14(日) 18:20:18

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1003120015/
2010年3月12日 神奈川新聞
川崎鶴見臨港バスがJR横須賀線武蔵小杉駅の開業に合わせ新たに2系統運行へ/川崎

 京急グループの川崎鶴見臨港バス(川崎市川崎区)は、JR横須賀線武蔵小杉駅の開業に伴い、同駅横須賀線口に乗り入れる新たなバス2系統を15日から運行する。

 新路線は、いずれも横須賀線口駅前広場に新設される3番乗り場を発着し小倉地区(幸区)とを結ぶ。「杉51系統」は三菱自動車前などを通り、「杉52系統」は元住吉などを通る。

 運行本数は両系統合計で平日75本、土曜70本、休日66本。運賃は大人200円、子ども100円。

 同社は「今まで小倉地区は川崎駅が最寄り駅だったが、新路線の運行で、武蔵小杉駅までのアクセスが便利になる」としている。

363 荷主研究者 :2010/03/20(土) 17:56:25

http://kumanichi.com/news/local/main/20100318003.shtml
2010年03月18日 熊本日日新聞
新八代−宮崎に高速バス 新幹線の波及効果狙い

 JR九州は17日、2011年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業と同時に、子会社のジェイアール九州バスが新八代駅−宮崎駅間を結ぶ高速バスを九州産交バス(熊本市)、宮崎交通(宮崎市)と共同運行すると発表した。九州横軸の公共交通網を充実させ、全線開業効果を宮崎まで波及させるのが狙い。

 JR九州によると、九州で新幹線と連携した高速バス路線が新設されるのは初めて。

 所要時間は2時間10分程度で、1時間に上下1本をめどに運行。新幹線からスムーズに乗り継げるダイヤを組む計画。博多駅−宮崎駅間は最速3時間20分程度。高速バスより50分速くなる。

 新幹線と高速バスを組み合わせた割引乗車券も販売する。

 熊本−宮崎間の高速バスでは、九州産交バスと宮崎交通が共同運行する「なんぷう号」が08年8月から、新幹線の乗降客向けに新八代を経由。現在、1日4往復している。

 JR九州の唐池恒二社長は「新幹線波及効果を九州全域に広げたい。宮崎の人にも新幹線に期待してほしい」と話している。(井上直樹)

364 荷主研究者 :2010/03/22(月) 13:29:56

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/03/17/new1003171401.htm
2010/03/17 デーリー東北
十鉄路線バス、新幹線七戸十和田駅乗り入れ

 七戸町の東北新幹線七戸十和田駅の12月開業に合わせ、十和田観光電鉄(澤頭隆夫社長)は、路線バスの野辺地線(十和田市―野辺地町間)の一部を延伸し、新駅まで乗り入れる。また、十和田、七戸両市町のタクシー事業者が新駅と市内の宿泊施設を結ぶ乗り合いタクシーを運行する。

 16日、七戸町で開かれた新駅周辺自治体の運送事業者らで組織する「七戸十和田地域公共交通会議」の初会合で、路線延伸などを盛り込んだ公共交通総合連携計画を承認した。国の助成を受け、12月から実証運行の形でスタートさせる。

 事業は七戸十和田駅の二次交通対策の一環で、新幹線利用者や観光客の利便性向上を図るのが狙い。

 計画によると、路線バスは午前7時台から午後8時台までの現行バスダイヤを想定。下り16便、上り10便で新駅や市現代美術館、市立中央病院に乗り入れる。

 乗り合いタクシーは市内のホテルや旅館と連携した事前予約制。新幹線の始発と終発に合わせて運行する計画で、今後、タクシー事業者の参加を募る。

 会合では公共交通の利用を促進するため、七戸、十和田両地域の観光資源などを紹介するマップ作成を承認した。

365 荷主研究者 :2010/03/23(火) 22:39:41

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=5085109&newsMode=article
2010/03/13 09:41 福島民報
「まちなか循環バス」正式運行へ 福島交通が新年度から

 福島県郡山市が福島交通の協力で実証実験を行っていた「まちなか循環バス」が平成22年度から正式運行される見通しとなった。JR郡山駅を中心に駅の東西を回遊する初のルートで、市民や観光客の利便性向上、にぎわい創出が期待される。近く事業者となる福島交通が東北運輸局に事業許可を申請する。

 12日、市役所で開かれた市総合都市交通戦略協議会で承認された。協議会は申請手続きに必要な地域公共交通会議を兼ねており、申請後、約2カ月で許可される見通しだ。

 「循環バス」は駅西口を発着点とする約7キロ区間(所要時間35分)。実験の結果、利用の多かった土・日曜日・祝日に1日30便運行する。午前8時半から午後6時45分まで20分間隔で走る。運賃は百円。駅西側のうすい百貨店や大町、駅東側のイオンタウンなどを通る。

 また、同じく実験していた市内南北を縦貫する「西ノ内−安積線」も承認され、正式運行になる見通し。同路線は安積団地と太田西ノ内病院を結ぶ。市によると、駅を発着点としない路線は県内で初めてで、「必要性に応じた戦略的な運行の試み」としている。ザ・モール郡山、市役所などを経由する。毎日、午前7時10分から午後8時5分まで約1時間間隔で29便運行する。運賃は初乗り170円。

 実験はいずれも利便性や地域の実情に応じた公共交通の実現を目指す市の総合交通戦略の一環。昨年11月に実施し、利用者にアンケートを行った。

366 荷主研究者 :2010/03/23(火) 23:22:59
連節バスも素敵だが、鉄道を作っちゃってもいいんじゃない(笑)
>「追分すいすいバス線」(姫街道車庫−JR浜松駅)の急行バスを天竜浜名湖鉄道気賀駅まで延伸する検討

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20100318/CK2010031802000168.html
2010年3月18日 中日新聞
利用者多数の路線に連節バス導入へ 浜松市が11年度運行開始目指す

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010031802100080_size0.jpg
2011年度から運行を目指す連節バス(右)=昨年10月、浜松市中区旭町で

 浜松市は17日、通常の2倍の輸送力を持つ「連節バス」を路線バスの主要区間に導入する方針を明らかにした。昨年秋の実証実験結果から支障なく走行できると判断した。国土交通省の支援制度「地域公共交通活性化・再生総合事業」の計画に盛り込み、近く認定申請する。市は2011年度の運行開始を目指し、通勤・通学時間帯の大量輸送を図る。 (後藤隆行)

 再生総合事業の主体となる官民組織「浜松21世紀都市交通会議」が同日に事業計画を了承した。連節バスは通常の車両2台をつないだ構造が特徴。導入路線は「利用者が多い区間」と位置づけ、遠州鉄道や関係地域と調整して決める。

 昨年10月の実証実験報告では、主要5路線を定員131人の車両で走行した結果から、浜松医科大周辺と都心を結ぶ「山の手医大線」を「導入を考えられる」路線とした。交差点停止線などの改良が軽微なことを理由に上げている。

 「追分すいすいバス線」(姫街道車庫−JR浜松駅)の急行バスを天竜浜名湖鉄道気賀駅まで延伸する検討と併せ、連節バスの導入路線を選ぶとみられる。

 再生総合事業の計画は12年度まで3年間で、天竜区や北区の地域バス再編なども盛り込む。想定する全体事業費は9億4000万円で、国の支援額は4億4000万円。全体事業費のうち、連節バスなどの運行サービス高度化は1億5000万円。

 連節バスの国内運行事業者は、神奈川中央交通(神奈川県平塚市)など関東2社。中部地方では、岐阜市内で10年度に導入する計画がある。

367 荷主研究者 :2010/03/23(火) 23:45:52

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100317/201003170847_10211.shtml
2010年03月17日08:47 岐阜新聞
高速バス「岐阜高山線」1日1往復増便

 岐阜乗合自動車と濃飛乗合自動車は4月1日から、岐阜バスターミナル(岐阜市)と高山濃飛バスセンター(高山市)を結ぶ「高速岐阜高山線」を1日1往復(2便)増便する。

 同線は両社が昨年3月から共同で運行。1日4往復(8便)運行しており、今回の増便で1日5往復(10便)になる。

 増便に併せて高速関(関市)、名鉄岐阜ロフト前(岐阜市)の二つのバス停を新設。高速関は乗降車、名鉄岐阜ロフト前は降車を可能にして利便性を高める。

 同線は全便予約制。予約は岐阜バス観光高速予約センター、電話058(240)0489、濃飛バス予約センター、電話0577(32)1688。

368 荷主研究者 :2010/03/30(火) 23:25:46

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_126904726303.html
2010年03月20日 10:05 大分合同新聞
ICカードのバス乗車券 「ニモカ」導入

 鉄道やバスの運賃支払いに使われる非接触型ICカードの乗車券を、大分バス(大分市)、大分交通(同)、亀の井バス(別府市)の3社が路線バスに導入する。西日本鉄道(福岡市)グループが運営する「nimoca(ニモカ)」を用い、2010、11年度の2カ年でシステムを整備。10年12月ごろから利用を開始する。買い物にも使える電子マネー機能を活用し、商店街などでも利用できるよう普及を進める。

 行政やバス会社などでつくる「大分・別府都市圏公共交通活性化協議会」(事務局・県総合交通対策課)によると、システムの管理運営を受け持つ会社「大分ICカード開発」(社長・幸重綱二大分交通社長)を今月10日に新設し、国に事業申請した。

 出資はバス会社など地場企業のほか、ニモカを運営する「ニモカ」(福岡市)が加わる。事業費は2カ年で約8億円。

 県内バス3社は現在、磁気式の「大分共通バスカード」を乗車券として使用。しかし、機器の生産が中止になるなどシステムの維持が難しい状況となり、ICカードへの転換を図った。どちらのカードも使える移行期間を設けた後、磁気式を廃止する。ICカード化で、異なるバス会社間の乗り継ぎに割引料金を設けることも可能になる。

 また、料金支払いの機器(端末)を中心市街地の商店などにも配置し、利用促進とカード所有者の拡大を図る方針。カードの利用でたまる「ポイント」についても、例えば、バスに乗って買い物に来た人には通常より多くのポイントを与えるなど、相互の利用促進に生かすこともできるという。

<ポイント>
nimoca(ニモカ)
 西鉄グループが2008年に導入した、電子マネー機能を持つICカード乗車券。福岡県内を中心に、鉄道やバス、商業施設などでの支払いに使われている。今月13日から、JR九州の「SUGOCA(スゴカ)」、福岡市交通局の「はやかけん」、JR東日本の「Suica(スイカ)」との相互利用が始まった。

369 荷主研究者 :2010/03/30(火) 23:26:17

http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/201003/20100313000117.htm
2010/03/13 09:59 四国新聞
「ドリーム高松号」/来月からJR観音寺駅発着

 ジェイアール四国バス(高松市)は4月1日から、東京方面への夜行高速バス「ドリーム高松号」の発着をJR丸亀駅から同観音寺駅に変更する。同日、四国運輸局が運行計画を認可した。

 旧経路が他社と競合していたほか、すでに運行している観音寺―京阪神間の高速バス営業所を活用できることから、発着地をJR観音寺駅に変更。これに伴い同丸亀駅、同坂出駅のバス停を廃止する。

 新経路では、JR観音寺駅、ゆめタウン三豊、善通寺インターバスターミナル、坂出インターバスターミナルにバス停を新設。同観音寺駅発が午後7時40分、同高松駅発が同9時5分、東京駅着が翌日午前7時41分となる。このほか4月のダイヤ改正では、松山―東京間「ドリーム高松松山号」のJR坂出駅を坂出インターバスターミナルに変更。高松―広島間は、「高速料金割引などで休日、祝日の利用が落ち込んだ」(同社)ため、7往復を5往復に減便する。

370 チバQ :2010/04/03(土) 15:32:07
http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000001004030004
どうする県都の玄関口
2010年04月03日



 40年以上も市民に親しまれてきた福井市のバスターミナルが先月末、閉鎖された。一方、JR福井駅は高架化から今月で5周年を迎える。福井市の玄関口の様相は近年大きく姿を変えているが、移転跡の活用や市民の利便性に課題も指摘されている。


 ◇バス発着場移転◇


 長距離バス乗り場として親しまれてきた繊協ビル(福井市大手3丁目)のバスターミナルが先月末、43年の歴史に幕を下ろした。京福バスが1966年12月に開設。出発口に最大で12台のバスが並び、市外からの通勤客や買い物客のほか、空路を利用した県外の観光客の玄関口だった。


 しかし、2002年に作られたJR福井駅の周辺整備計画で、小松空港連絡バスや観光バスの発着は駅東口に、他の路線バスは西口に集約する計画が決まった。昨年5月の移転で、繊協ビルには大野市や池田町などに向かう10路線だけが残り、1日の利用客は400人まで減った。県外の利用者から「駅から遠く、わかりづらい」といった声もあり、入居契約が切れる3月末での退去が決まった。


 現在、ターミナルは電気も消え、がらんとしたターミナル建物内の歩道は通行人もまばらだった。すぐそばで17年間営業してきた衣料品店の女性店員(62)は「待ち時間にショッピングする乗客も多く、繁盛していた。急に人が消えた」と寂しがる。歩道脇の飲食店など6店は今後も営業を続ける予定だが、売り上げ減への不安も強い。同ビルを管理運営する「繊協ビル同業会」によると、ターミナル跡地の活用は未定という。


 一方、JR福井駅は、高架化から4月18日で5周年を迎える。JR西日本金沢支社によるとこの5年間、一日の乗車人数は約9900人で横ばいだが、高架化で誕生したショッピングセンター「プリズム福井」は客数が年4〜5%の伸びを見せ、一昨年秋の不景気以降は伸び悩んでいるものの、年300万人以上が利用しているという。


 繊協ビルから移転した10路線は当面、福井駅西口の中央大通り前の乗り場を使い、最終的には、駅西口広場にバスターミナルを整備する計画という。プリズム福井を運営する金沢ターミナル開発の嶋田勇支店長は「バスターミナルが駅前にできれば、もっと人が集まる」と期待を込める。


 ◇全市的な観点は◇


 では、市民の利便性はどうなるのか。交通計画が専門の川本義海・福井大学大学院准教授は「県民の大半は市中心部に住んでいない。主なバス路線は駅前行きばかりで、郊外の自宅周辺でバスを利用するには不便。駅前に交通機関が集中するのは一つの流れで仕方ない面はあるが、公共交通機関の利用を通じて地域社会の活性化を図る仕組みも今後は必要と思う」と指摘する。

371 荷主研究者 :2010/04/04(日) 00:37:50

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/03/27/new1003271401.htm
2010/03/27 デーリー東北
むつへバス路線新設/七戸十和田駅

 12月の東北新幹線全線開業に向け、七戸十和田、新青森両駅と青森県内各地をつなぐ二次交通のうち、バスと乗り合いタクシーの路線が26日、固まった。七戸十和田駅からは、むつ市、十和田湖へのバス路線が新設されるほか、既存路線の変更によって十和田市、野辺地町などとのアクセスも向上する。

 県や関係市町村、バス事業者などで構成する「新幹線二次交通等整備協議会」が青森市で第3回会合を開き、新路線案を決定した。今後はダイヤなどの詳細を詰め、開業に合わせて各事業者が路線の変更などを行う。

 七戸十和田駅からむつ市へは、乗り合いタクシーの路線も新設される。十和田湖へは、観光客を誘導するためのツアーバス。周辺市町村とは既存のバス路線を同駅経由とし、アクセスを確保する。

 新青森駅から津軽地方への二次交通は鉄道が中心となるが、弘前、五所川原両市へは乗り合いタクシー路線が新設される。

 県の石崎聖一新幹線開業調整監は「二次交通の中心はJR、青い森鉄道などの鉄路となるが、バス、タクシーなどによる補完も重要だ。今回固まった新路線によって、一定のボリュームを確保できる」と評価した。

 同協議会は昨年9月に設置され、二次交通網の在り方などを検討してきた。今後は、9月ごろに予定される新幹線のダイヤ発表に向け、バス路線などのダイヤを検討する。

 最終決定された二次交通網は、パンフレットなどでPRする。

372 荷主研究者 :2010/04/04(日) 00:38:37

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/03/27/new1003271103.htm
2010/03/27 デーリー東北
高速バス乗り場六日町に変更 来月1日から

 八戸市内を起終点に東京、仙台、盛岡、弘前の各都市を結ぶ高速バスを運行する南部バスや十和田観光電鉄などバス会社6社は4月1日から、八戸市中心街の乗車場を、「八戸中心街バスターミナル(六日町)・5番乗り場」(現在の「六日町」バス停)に変更する。

 これまでの乗車場は、以前長崎屋が入居していたビルの前にある「八日町(中央通り)」が乗車場だったが、ビルの1階部分が完全にシートで覆われ、狭い歩道でバスを待たなければならない状態が続いていた。

 また、中心街の降車場となっている「三日町(さくら野前)」は場所に変更がないものの、「八戸中心街バスターミナル(三日町)」に改称する。

373 荷主研究者 :2010/04/04(日) 00:47:41

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/03/23/new1003231102.htm
2010/03/23 デーリー東北
八戸市営、南部バスが来月1日ダイヤ改正

 八戸市内で路線バスを運行する八戸市営バスと南部バスは4月1日、大規模なダイヤ改正を実施する。路線の新設や一部再編、本数の見直し、バス停の新設などを行うほか、バスの方向幕に新たなサインシステムを導入する。両バスは「路線廃止や減便も行ったが、利便性の向上を重視した。利用者の増加につながれば」としている。ダイヤ改正のポイントを整理した。

◇20分間隔で運行  市営、南部両バスは本八戸駅―八太郎間で運行本数とダイヤを調整し、20分間隔でバスを運行する。
 同区間を経由する路線では、両バスで使える共通定期券を発行。等間隔運行は、中心街―八戸駅間に続いて2路線目。
 また、南部バスの大橋循環線とシルバー病院線の廃止に伴い、両バスは河原木、日計地区を経由するルートを見直した。

◇SC内に停留所を新設
 沼館4丁目のショッピングセンター(SC)・シンフォニープラザ沼館内にバス停を新設。市営バスは市内循環線の運行ルートに組み入れる。
 南部バスは、同SCを含む江陽・沼館地区の商業エリアと、住宅地の河原木・石堂地区を循環する「お買い物ライナー・河原木団地線」を新設。1日8便を運行する。料金は上限200円。25日に開通する沼館大橋をルートに組み入れる。
 また、中心街・本八戸駅からフェリー埠頭(ふとう)まで1日1往復の直行便「シルバーフェリーシャトルバス」の運行も始める。運賃は大人300円。

◇「るるっぷ」の経路変更
 南部バスは是川団地線(支所前回り)について、平日の往復13本を8本に減便。代替措置として、市内循環バス「るるっぷ八戸」の運行ルートを、これまでの二ツ家経由から中居林小学校経由に変更する。
 市営バスは中央市場発着便について、メディカルコート八戸西病院の利用者に配慮し、平日往復9本を20本に増便する。

◇方向別新表示システム
 「行き先が分かりにくい」との利用者の声を受け、市営バスと南部バス、十和田観光電鉄の3社は、路線番号と方向別のアルファベットを組みあわせた新表示システムをバスの方向幕に導入する。
 また、事業者ごとに名称が異なっていた、中心街にある三日町や八日町など5カ所のバス停を「八戸中心街バスターミナル」に統一。1〜5番までの乗り場番号を設定する。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/img1003231102.jpg
【写真説明】八戸市内を運行する路線バスに導入される方向別記号

374 荷主研究者 :2010/04/04(日) 01:19:56

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003270301.html
'10/3/27 中国新聞
つばきバス 3割が増便要望
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県府中町は、町内を循環するコミュニティーバス「つばきバス」の乗客を対象にしたアンケート結果をまとめた。3割が増便を要望しており、町は便数やバス停の位置の見直しを検討する。

 昨年12月、業者に委託して調べた。利用頻度や目的、自由意見など6項目のアンケートはがきを乗客に渡し、909人が回答した。

 自由意見で32%に当たる294人が増便を求めた。90分に1便の運行を「60分に1便にして」との声が目立った。夕方の増便や午前7時台の便を求める声もあった。

 つばきバスの運行は2003年10月に始まった。イオンモール広島府中ソレイユを発着点に、公共施設や住宅団地などを約15キロのルートで結ぶ。右、左回りで1日各8便運行し、運賃は100円。

【写真説明】イオンモール広島府中ソレイユに到着した「つばきバス」

375 荷主研究者 :2010/04/04(日) 01:26:14

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100324/CK2010032402000028.html
2010年3月24日 中日新聞
中宇利線など均一運賃 豊鉄バス、来月1日ダイヤ改正

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010032402100057_size0.jpg

 豊鉄バス(豊橋市)は4月1日から、新城地区と豊橋地区で運行ダイヤを改正する。新城地区の吉川市川線と中宇利線は新城市からの受託路線になり、1乗車200円の均一運賃制を導入する。これまでの運賃は初乗り160円、最大600円で、近距離を除いて安くなるという。

 路線変更では、中宇利線で「新城大谷大学正門」のバス停を廃止。同線は茶臼山方面には行かず、宗高東から新城東高校まで延長される。川路−富沢バス停間は作手線などで引き続き運行する。豊橋駅前と中部国際空港を結ぶ高速路線は利用客の減少により運休する。

 和田辻線で朝の通勤時間帯に嵩山(すせ)発豊橋駅前行きを新設。豊橋市民病院線と卸団地線では、土、日曜祝日午後2〜5時台の総合スポーツ公園発豊橋駅前行きを増設する。

 そのほかにも一部路線や区間で、時刻表の変更がある。バス停名の「一色町」は「ほいっぷ前」に、「医師会館口」は「西幸南」に変更される。 (石屋法道)

376 荷主研究者 :2010/04/04(日) 01:35:04

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20100324/CK2010032402000025.html
2010年3月24日 中日新聞
バス優先レーンを岐阜市内4カ所目導入

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010032402100068_size0.jpg

 通勤ラッシュ時にバスを円滑に運行しようと、岐阜市は23日から、忠節橋南交差点−長住町6交差点間の約1・8キロ区間に、バス優先レーンを導入した。市内では4カ所目となる。

 市交通総合政策課によると、実施時間は平日の午前7〜9時と、午後5〜7時。歩道寄りの1車線を優先レーンと位置づけ、緑色でカラー舗装し、バスを優先的に走らせる。

 対象区間では、JR岐阜駅−岐阜大学付属病院までをつなぐ路線バス「岐阜大学・病院線」が走行している。交通量が多いため、時刻表通りの運行が困難な時間帯もあった。このため、定刻通りに運行させることで、利用者の増加を図る狙いもある。

 優先レーンの導入は、バスの走行環境の改善を目指す「市総合交通戦略」の一環。市や市民、県警などが連携し、2009年度から進めている。5年計画でバスレーンやコミュニティバスを導入し、市内の交通環境を整備していく。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010032402100069_size0.jpg
新たに導入されたバスレーン=岐阜市早田で

 同戦略に先駆け、市は1988年に、バス優先レーンを岐阜中警察署前−金町8間(約1・25キロ)に導入。04年には、則武中1東−早田大通1間(約0・7キロ)、長良北町−神田町5間(約3・9キロ)にも取り入れた。

 (松山祥子)

377 荷主研究者 :2010/04/04(日) 01:38:13

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20100325/CK2010032502000021.html?ref=lcrk
2010年3月25日 中日新聞
岐阜市内に連節バス導入決定

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010032602100065_size0.jpg
岐阜市に導入される車両と同じタイプの連節バス(岐阜市役所提供)

 バス2台の連なる「連節バス」が中部地方で初めて、岐阜市内の路線バスに導入されることが24日、決まった。運行予定区間はJR岐阜駅−岐阜大・同大病院間(直線距離で約7キロ)。岐阜市は今後、県などと協議してバス会社を支援し、2010年度中の運行を目指す。

 連節バスは全長18メートル、130人乗りの特殊車両。岐阜バスは2台導入予定で、車両価格は1台8300万円。岐阜市のほか国も助成する。

◆きしみながらも“発車”
 副市長の陳謝、市長選のしこりを経て、バスが2台連なった「連節バス」の岐阜市内への導入が決まった。24日、同バスの購入補助金について審議した市議会総務委員会。前日から続く2日間にわたる協議の末、付帯意見をつけることで補助金案は可決された。今後、26日の本会議で、補助金が盛り込まれた新年度一般会計予算案が可決され、同バスは新年度中の運行に向けて走り出す。

 委員会の席上で出された付帯意見では、「協議が未成立のままで、車両購入を先行させる事業手法には大きな不安がつきまとう」と指摘。その上で、導入計画の全容を明らかにする▽道路改良の必要性が生じた場合は内容と施行者を明らかにする▽バス乗客の積み残し状況を速やかに解消する−など4点を求めた。

 連節バスについては、「県や県警との協議が不十分」「(議会の)総合交通対策特別委員会で報告や議論がなかった」など、導入手法への批判が議会の一般質問などで噴出。立命館誘致問題や市長選の対立構図を引きずったまま、市議が賛否で2つに割れていた。

 23日の総務委員会の質疑では、英直彦副市長が「説明不足を率直におわびしたい」と陳謝。事業者の岐阜乗合自動車(岐阜バス)の役員も参考人として出席し、導入の経緯や必要性を訴えたが、市長選で“反市長派”だった委員を中心に「事業計画が甘い」「安全性は大丈夫か」など厳しい意見が口々に上がった。

 この日も不満はくすぶっていたが、急先鋒(せんぽう)で批判していた委員も「このために予算案まで否決するのは考慮しなければならない」「武士の情けとして賛成する」と矛先を納め、賛成多数で原案通り可決した。前日の質疑で、「地方主権の時代に逆行する」と批判された東京事務所の新設も可決された。

 委員同士で意見を調整するため、この日の総務委員会は15分遅れで開会した。ある市議は「(市長選の)2回戦をやるのは市民の理解が得られないという雰囲気が広がっている」と“決着”の理由を話した。

 (森村陽子)

378 荷主研究者 :2010/04/04(日) 13:40:17
>>269
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100331t72008.htm
2010年03月31日水曜日 河北新報
おトクパス、70%超「満足」 高速バス3日間乗り放題

 東北運輸局は30日、東北の高速バス路線が3日間乗り放題となる共通パス「東北おトクパス」の実証実験の結果をまとめた。昨年12月1日から3カ月の期間中、販売された共通パス(1枚9000円)は494枚。運輸局は実用化に向けた課題として、乗り継ぎの改善や利用期間、地域が異なる複数のパス販売などを挙げている。

 期間中1860回の利用があり、1人当たりの平均利用路線は3.77路線。利用路線は「仙台―盛岡」が最も多く234回、「仙台―弘前」が176回で続いた。

 アンケート(回収78枚)によると、利用目的は「観光」(46%)と「出張」(32%)が多く、「帰省」「通学」は各5%。評価は「大満足」と「満足」と合わせて72%に上った。

 運輸局は「路線バスや鉄道、レンタカーなどほかの交通手段との連携を求める声があった」と説明。「北東北、南東北版に分けたり、期間もコンパクトにしたりすれば、より安い商品もできる」と話した。

 実証実験は東北6県のバス会社でつくる東北バス協議会、運輸局など4団体が実施主体。バス会社18社が参加し、74路線が対象となった。

379 荷主研究者 :2010/04/04(日) 14:01:18

http://www.kahoku.co.jp/news/2010/04/20100402t32026.htm
2010年04月02日金曜日 河北新報
民事再生中の岩手県北自 みちのりHD子会社に

 民事再生中の岩手県北自動車(盛岡市)は1日、支援企業の経営共創基盤(東京)が設立した持ち株会社「みちのりホールディングス(HD)」(東京)の完全子会社になったと発表した。新社長にみちのりHDの松本順社長が就くなど、経営陣を一新して再生に取り組む。

 みちのりHDから同日、2億2528万円の増資も受けた。県北自動車は今後、高速バス予約システムの改善などに着手。同じ傘下企業の福島交通(福島市)、茨城交通(水戸市)とグループ力を生かした効率的な経営を目指す。

 盛岡市で会見した松本社長は「車両の購入や旅行商品企画の共同化などで得られる効果を地域の顧客に還元したい」と述べた。乗り合いバスについては「利用者を増やすことが大事。廃止を予定している路線はない」と語った。

 前社長の三船博敏氏は同日退任した。債権の弁済は県北自動車から分社化した「県北管理」が引き継ぐ。同じく経営再建中の浄土ケ浜パークホテル(宮古市)は減資し、県北自動車の子会社になった。

 県北自動車は昨年5月、東京地裁に民事再生法の適用を申請。今年3月1日に会社を分割し、バス事業や旅客船事業、旅行業などの全事業とグループ3社の計約480人の従業員を新会社に承継した。

380 チバQ :2010/04/05(月) 21:31:43
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100405070.html
格安タクシー減少「ワンコイン」つぶしの声も
 全国有数のタクシー激戦区の大阪府で、初乗り2キロ500円の「ワンコインタクシー」が減っている。国が格安タクシーへの規制を強化、安全性向上を理由に乗務距離も制限したからだ。運賃が安い分、距離を稼ぐ必要があり、業界からは「ワンコインつぶし」との批判の声が上がっている。

 大阪駅に近い繁華街。2月の平日午前3時、ワンコインタクシー運転手の馬場浩さん(68)が客待ちしていた。近づいてきた男性客は「和歌山まで」。願ってもない長距離客に見えるが、馬場さんは「申し訳ありません」と乗車を拒んだ。

 国土交通省近畿運輸局は1月、管内のタクシーに毎日乗務する日勤運転手の1日当たりの乗務距離を全国最短の250キロに制限した。馬場さんの走行距離は既に200キロを超えており、60キロ以上先の和歌山は無理。「250キロなんて4〜5時間で走ってしまう距離」とため息をついた。

 距離制限について、運輸局は「タクシーの事故率は高止まりしており、過労を防ぎ、乗客の安全を守るため」と説明する。「利用客から苦情もいくつかあるが、繁華街ならほかのタクシーもある」とした。

 国交省によると、ワンコインタクシーは2002年に全国で初めて大阪に登場し、昨年9月には府内タクシーの1割の約2千台だった。しかし、乗務制限に加え、特別な審査なく営業が認められる「自動認可運賃」(2キロ640〜660円)ではないため、審査で営業継続が認められないケースが相次ぎ、今年3月半ばまでに200台以上減った。

 今年に入ってから、馬場さんの1日当たりの売り上げは昨年と比べ平均で5千円減。今年の年収は300万円台後半に落ち込む見通しだ。

 ワンコインタクシー協会(大阪)の馬場重弘副会長は「安い料金で乗車できる利用者のニーズを無視している」と反発。府内の複数の会社が、距離制限の取り消しを求め提訴した。ワンコイン継続を国に却下された業者の中には、苦肉の策で、自動認可運賃に準じて初乗りの運賃と距離を半減し、1キロ320円に変更する会社も現れた。

 だがタクシー業界も一枚岩ではない。府内の法人タクシーの7割強を傘下に収める大阪タクシー協会(大阪)の足立堅治専務理事は「行き過ぎた競争の弊害は明らか。適正な規制は必要」と国の対応を評価。ワンコイン業者とは一線を画した。

381 荷主研究者 :2010/04/10(土) 17:15:55

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/161485
2010年3月28日 00:19 西日本新聞
コンビニ併設バス停 西鉄新設 店内モニターに時刻表 久留米

コンビニエンスストア店内の待合室に設置された「にしてつバスナビ」のモニター。バスの現在位置が確認できる=27日、福岡県久留米市

 西日本鉄道(福岡市)は27日、コンビニエンスストア併設型のバス停を福岡県久留米市に新設した。バスの現在位置を表示する液晶モニターを店内に設置し、利用客は快適にバスを待つことができる。九州では異例の試みという。

 同日のダイヤ改正に合わせ、久留米‐吉井(福岡県うきは市)間にある「ローソン久留米常持(つねもち)店」前にバス停を新設。店内にある飲食スペースを待合室として活用した。室内の「にしてつバスナビ」モニターでは、バスの現在位置や時刻表を確認できる。西鉄広報室は「携帯電話を使わないお年寄りでも気軽に利用できる」とPRしている。

 店内では西鉄のICカード乗車券「nimoca(ニモカ)」のチャージ(入金)なども可能。同店オーナーの豊福寛喜さん(59)は「コンビニなら冷暖房が効いて快適。買い物客も増えるといい」と相乗効果を期待していた。

=2010/03/28付 西日本新聞朝刊=

382 荷主研究者 :2010/04/10(土) 17:27:44

http://www.nnn.co.jp/news/100305/20100305031.html
2010年03月05日 日本海新聞
鳥取自動車道 県内全線28日開通 姫路間バスが復活

 鳥取自動車道の県内区間の全線開通が28日に迫り、鉄道やバスなどの交通機関も対応に乗り出している。日ノ丸自動車(鳥取市)は開通に合わせて鳥取−兵庫県姫路市間の定期高速バスの運行を12年ぶりに復活。関西や山陽方面に特急を走らせる鉄道各社もダイヤ改正や車両のリニューアルで乗客の流出を食い止めたい考えだ。

28日に迫った鳥取自動車道の県内区間開通で、各交通機関も対応に力を入れる=鳥取市横枕

 日ノ丸自動車は29日から鳥取−姫路間の高速バスを1日4往復で運行する。出発地点の鳥取市の日ノ丸自動車本社からJR姫路駅前までの所要時間は約2時間半。片道運賃は2300円と以前の運行より割安に設定した。

 「姫路から特急料金の要らない新快速電車で関西方面を往来でき、新幹線との接続で山陽や関東方面の乗客も取り込める」と同社。予約なしの気軽さも売りで、年間利用目標3万人を掲げる。

 智頭急行(智頭町)は、鳥取自動車道対策の一環として、鳥取と京阪神を結ぶ特急スーパーはくとの内装リニューアルに着手、昨年12月に全車両の改装を終えた。開通で競合が高まることは必至だけに、担当者は「快適さと時間の正確さをPRし、マイカーや高速バスに対応したい」と話す。

 JRも13日からのダイヤ改正で特急スーパーいなば(鳥取−岡山)と東京方面を結ぶサンライズ瀬戸・出雲との接続を上郡(兵庫県)から岡山に変更、新幹線への乗り換え機会を増やす。JR米子支社は「待ち時間短縮や広島方面からの移動の利便性を考慮した」とし、鳥取での滞在時間の延長などをアピールしたい考えだ。

 このほか高速ツアーバス「キラキラ号」を運行するロータリーエアーサービス(東京)が5日から、東京と山陰各都市を結ぶ夜行便を始めており、利用客取り込みの動きが白熱してきた。

383 荷主研究者 :2010/04/10(土) 17:28:11

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201004020243.html
'10/4/2 中国新聞
瀬戸田―尾道線路線バス運行
--------------------------------------------------------------------------------
 尾道市が出資する第三セクターおのみちバスは1日、瀬戸田港(瀬戸田町)とJR尾道駅前(東御所町)を結ぶ路線バス「瀬戸田―尾道線」の運行を開始した。瀬戸田支所で開始記念式があった。

 運行距離は27・8キロ。平日は7往復、土日・祝日は4往復する。瀬戸田港、耕三寺、サンプラザ前、瀬戸田診療所で乗車し、因島重井バスストップ、向島二番潟などに停車し、50分で尾道駅前に到着する。平日の2往復は市民病院を経由する。運賃は瀬戸田港―尾道駅前で千円。

 この区間を直行する路線バスはなく、因島で乗り換えるか、船を利用するしかなかった。

【写真説明】運行開始記念式でテープカットする関係者

384 荷主研究者 :2010/04/10(土) 17:30:24

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20100401/CK2010040102000007.html
2010年4月1日 中日新聞
紀北町が路線やダイヤ改正検討 三重交通バス利用者減少で

JR紀伊長島駅に到着した三重交通のバス。利用者が次第に減少している=紀北町紀伊長島区東長島で

 紀北町は、三重交通(津市)の運行する路線バス利用者が減少していることから、2009年度に行った利用状況の調査を基に、路線の見直しやダイヤ改正の検討を始めた。

 町内で三重交通は、尾鷲長島線と島勝線、河合線の3路線を運行。3路線の輸送人員は08年10月〜09年9月で計17万人で、1台あたりの平均乗車密度は1・1〜3・2人だった。

 赤字の一部を負担する町の負担金も緩やかに増え続け、09年度は、05年度と比べ、12%増の約1億2000万円となっている。

 調査は、町民に役立つ路線や利用のあり方を探ろうと実施。バス利用者が主に高齢者ということから10月に13の老人クラブに聞き取りをした。また、11月には2000世帯から免許の保有者や自動車の台数を調査した。

 調査の結果、病院や小売店が集まるJR紀伊長島駅や町役場方面へ向かう利用者が多いことがわかった。運行本数が限られるため不便だなどの声もある一方、収支を考えると効率的な運行方法が見いだせない状況だという。

 担当の町企画課は「公共交通は地域で守る時代。バスに乗れなくなったら不安だという人のためにも、関心を持ってほしい」と町民に呼び掛けている。 (藤原啓嗣)

385 荷主研究者 :2010/04/10(土) 17:31:27

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20100331/CK2010033102000144.html
2010年3月31日 中日新聞
富山駅―奥飛騨温泉郷 3年ぶり バス復活

つかめ 韓国人観光客 1日2往復 空港から直通可能に

 富山地方鉄道は四月一日、富山駅−奥飛騨温泉郷(岐阜県高山市)を結ぶ長距離バス路線を三年ぶりに復活させる。既存の富山−高山(一日四往復)のうち二往復を振り向ける。富山空港を利用する韓国人観光客が同温泉へ行くことが多く、同社は需要の掘り起こしを狙う。(山田晃史)

 復活路線は廃止前とは違い、富山空港を経由。ソウル便到着の一時間二十分後に空港を出発し、奥飛騨温泉郷へ向かうダイヤを組んだ。帰路もソウル便出発の一時間半前に空港に到着する。これまでは空港利用者が同温泉に行くには、高山行きのバスに乗り、神岡(同県飛騨市)で乗り換える必要があったが、直通で行けるようになった。

 奥飛騨温泉郷観光協会によると、韓国人観光客は右肩上がりで増え続け二〇〇八年には一万人を突破。富山空港まで各旅館が送迎バスなどを出していた。しかし、リーマンショック以降の急激なウォン安で「〇九年は半数以下に落ちこんだ」という。韓国人旅行客のほとんどが個人旅行で、公共交通の整備で落ちこんだ観光客を戻そうと、共同運行する濃飛乗合自動車(同県高山市)と富山地鉄に働きかけた。

 同路線は富山駅前から富山空港を経て栃尾、新平湯、福地などの奥飛騨温泉郷を回り、終着の平湯バスターミナルまでの乗車時間は二時間四十分。全区間の運賃は片道二千(往復三千五百)円。出発時間は富山駅前が正午と午後四時三十五分、平湯発は午前八時十分と午後一時。

386 チバQ :2010/04/11(日) 18:50:16
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0002864357.shtml
バス業界、多角経営で生き残り 信用力武器に 

神姫バスの子会社が運営するサービスエリアの土産物売り場。品ぞろえの充実などで売り上げを伸ばす=加西市畑町、中国自動車道加西サービスエリア上り線



 路線バスの落ち込みが止まらない。自家用車の普及で全国的な利用がピークの半分を切る中、高速道路の料金値下げなどの逆風も吹く。兵庫県内の事業者も厳しい環境にさらされているが、最大手の神姫バス(姫路市)は「バスは利益が出ない。バス以外で生き残るしかない」と、小売り、不動産、農業、福祉など本業以外に力を入れる多角化で営業黒字を確保。地域で培った“信用力”を武器にグループ約千系統、5700キロという巨大運行網を維持している。(佐伯竜一)

 「岡山のきびだんご、ここにもあるやん」。日曜の夕方、にぎわう中国自動車道東行きの加西サービスエリア(SA、加西市)で、観光バスの客がほっとした顔で土産物売り場のレジの列に並んだ。

 SAの運営を受託しているのは神姫バス子会社で、県内4カ所で事業を展開。SA以外でも、カフェや食堂のフランチャイズ経営などにも積極的に進出しており、今年3月期の売上高は前期比約6・5%増を見込む。

 グループではほかにも、不動産賃貸、保険代理、レンタルビデオ、化粧品販売、広告代理、介護、保育所など多彩な事業を手掛ける。昨年は地元農家から農産物を買い取り、関連事業所で販売するなどの農業ビジネスに参入。連結売上高に占める本業以外の割合が、ほぼ半分に達した。副業に失敗する企業も少なくないが、神姫バスの担当者は「バスがもうからないから」と迷いがない。

   ◇   ◇

 日本バス協会(東京)によると、乗り合いバスの輸送人員は1968年に101億人だったが、2008年度には42億人に減った。

 02年には参入基準が緩和され、都市や長距離などの数少ない“ドル箱”路線で競争が激化。高速料金値下げで自家用車へさらに人が流れた。神姫ではSA事業が恩恵を受けたが、「本業は前期比1、2割減の打撃を受けた」という。

 県内でも民間や自治体の運営する路線バスが相次いで経営危機に陥り、路線縮小などが続く。神姫が次々と支援に乗り出しているが、その神姫もバス事業は赤字なのが実情だ。県バス協会は「バス事業だけで経営を維持するのは難しい時代になった」と嘆く。

   ◇   ◇

 阪急バス(大阪府豊中市)も売上高の約95%を占めるバス事業は赤字だが、ビル賃貸、売店業、自動車販売など、本業以外で黒字を確保している。経営危機に陥り、神姫の出資で再建を目指す全但バス(養父市)も、自治体の指定管理業務を本格化するなど多角化で利益確保を目指す。

 こうした動きについて、同協会は「バス会社は地域に根ざしており、新規事業を始める際も顧客や取引先の信用を得やすい」と説明する。神姫では、バスのIC乗車カードとグループ事業のポイントカードを兼用したり、数多いグループ関係者が固定客になるなど、事業の相乗効果もある。

 神姫の多角化を推進する永井勝浩企画部長(51)は「バス会社の存続は社会的責任。新規事業にも慎重な見極めが必要だが、多様な挑戦を続けるしかない」と話している。

(2010/04/11 18:34)

387 永江聡 :2010/04/14(水) 17:43:53
JR深名線の路線バス廃止

388 永江聡 :2010/04/14(水) 18:02:54
JR深名線の路線も廃止

389 荷主研究者 :2010/04/17(土) 18:50:04

http://www.jomo-news.co.jp/news/a/2010/04/08/news10.htm
2010年4月8日(木)AM 07:11 上毛新聞
●敷島公園内にバスターミナル完成

敷島公園内に完成したバスターミナル

 前橋市の敷島公園で整備が進められてきたバスターミナルが完成し、今月から路線バスの乗り入れが始まった。今後さらに3社の路線バスが乗り入れる計画で、公園へのアクセス向上が期待される。

 ターミナルは県が約5300万円を投じ、1月から公園の第一駐車場に隣接した場所に整備を進めてきた。路線バスがUターンできるスペースがあるほか、待機所として活用できるよう4台分のスペースも確保されている。案内板の設置も計画している。

 今月から関越交通の路線バスが利用を開始し、平日はJR前橋駅、渋川駅方面からそれぞれ16便が乗り入れている。20日からは群馬中央バス、5月からは日本中央バス、秋以降にもう1社が乗り入れる予定。

 同公園にはこれまで路線バスの停留所が設置されてなく、市外から訪れる中高生や、移動手段を持たない高齢者たちにとっては、アクセスの悪さが指摘されていた。

390 チバQ :2010/04/21(水) 21:55:28
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20100420-OYT8T01539.htm
タクシー2社減車申請

 タクシー台数が2002年の規制緩和以降、供給過剰となっている「宇都宮交通圏」(宇都宮市、鹿沼市、下野市など)で、県内最大手の関東交通と陽東タクシーが20日、タクシーの台数を減らすことを盛り込んだ事業計画を関東運輸局栃木運輸支局に申請した。同交通圏はタクシー規制を強化する「タクシー適正化・活性化法」(昨年10月施行)で、車両台数が需要に合わない「特定地域」に指定されており、同法に基づいてタクシー台数を減らす申請を行ったのは県内で初めて。

 関東交通は車両保有数の17%にあたる39台、陽東タクシーは13%にあたる2台のタクシーを減らすことを申請した。両社は「過剰なタクシーをなくすことで、余分な経営コストをカットできる」(関東交通)、「1台あたりの利益を上げ、効率を良くするため」(陽東タクシー)と理由を説明している。

 同法では、タクシーが多すぎると指定を受けた特定地域で、タクシー業者や自治体が協議会を作り、タクシーの台数を減らすなどの改善計画を作ることになっている。

 同交通圏のタクシーは3月末現在、948台。同法に基づいた「タクシー特定地域協議会」は2月、600〜700台が適正とする改善計画を策定していた。今回はこの改善計画を基に申請した。県内では、宇都宮のほか県南(小山、栃木市など)、塩那(那須塩原、矢板市など)の3交通圏がタクシーが多すぎるとして、特定地域に指定されており、いずれもタクシーを減らす必要がある。改善計画は独占禁止法の関係などから強制力はなく、車を減らすかどうかの判断は各社に任されている。

 県タクシー協会の鉢村敏雄専務理事は「公平にタクシーを減らすことができるように各事業者に働きかけ、適正な台数に近づけたい」と話している。

 タクシーを減らすことは待ち時間の増加など利用者のサービス低下につながる可能性もあるが、鉢村専務理事は「現在、3割程度のタクシーに利用者がいない状況であるため、タクシーを減らしても影響はない」という。

 宇都宮市中心部で客待ちをしていた男性タクシー運転手は「1日走らせても2人しか乗らない日もある。タクシーが減るのはありがたい」と歓迎する。別の男性運転手は「タクシーの台数を減らしても、運転手の数は変わらない。勤務する日数が少なくなり、収入に響くかもしれない」と不安を口にしている。

(2010年4月21日 読売新聞)

391 名無しさん :2010/04/21(水) 22:52:37
ここの写メコンおもしれーからマジ使ってみ
http://pcmax.jp/rm94361

392 荷主研究者 :2010/04/25(日) 03:02:38

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100415/309652
2010年4月15日 05:00 下野新聞
バス路線、10月大幅再編 小山市・公共交通計画スタート

 【小山】市の公共交通体系の主体であるバス交通について市は10月、市街地での便数増や利用客の少ない地域でのデマンドバス導入を柱とした大幅な路線再編を行う。本年度スタートした3カ年の地域公共交通総合連携計画の一環。市生活安心課は「利用者の利便性向上や空走運行の削減を図り、継続可能な地域公共交通の整備につなげたい」としている。

 市は現在、JR小山駅周辺の都市部に周回型の路線網を敷く「市街地循環バス」と、市東西の地方部を回る「地域コミュニティバス」を運行。業務を担うバス事業者への運行補助として09年度は約9800万円を支出している。

 路線再編によって市街地循環バスは、市民病院や公民館、大型スーパーなどの拠点施設と小山駅をつなぐ「往復型」に変更。1便当たりの運行時間が短縮され、各路線で1〜10便ほどの増便となる。1日約600人が利用しているが、さらなる利用者拡大と収益力向上を図る。

 一方、利用者が少なく空走運行も散見される地域コミュニティバスはデマンド化に踏み切る。市街地循環バスとの乗り継ぎ拠点を始発点とするダイヤ運行を一部残すものの、交通弱者の足としての位置付けを強化。桑・絹、間々田東部・大谷中南部、豊田・中・穂積、寒川・生井の4地区で平日のみ運行する。

 計画ではそのほか、停留所オーナー制度を導入予定。地元企業や住民との連携強化を図るとともに広告収入の獲得を見込んでいる。

393 荷主研究者 :2010/04/25(日) 03:04:55

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0002864357.shtml
2010/04/11 18:34 神戸新聞
バス業界、多角経営で生き残り 信用力武器に

神姫バスの子会社が運営するサービスエリアの土産物売り場。品ぞろえの充実などで売り上げを伸ばす=加西市畑町、中国自動車道加西サービスエリア上り線

 路線バスの落ち込みが止まらない。自家用車の普及で全国的な利用がピークの半分を切る中、高速道路の料金値下げなどの逆風も吹く。兵庫県内の事業者も厳しい環境にさらされているが、最大手の神姫バス(姫路市)は「バスは利益が出ない。バス以外で生き残るしかない」と、小売り、不動産、農業、福祉など本業以外に力を入れる多角化で営業黒字を確保。地域で培った“信用力”を武器にグループ約千系統、5700キロという巨大運行網を維持している。(佐伯竜一)

 「岡山のきびだんご、ここにもあるやん」。日曜の夕方、にぎわう中国自動車道東行きの加西サービスエリア(SA、加西市)で、観光バスの客がほっとした顔で土産物売り場のレジの列に並んだ。

 SAの運営を受託しているのは神姫バス子会社で、県内4カ所で事業を展開。SA以外でも、カフェや食堂のフランチャイズ経営などにも積極的に進出しており、今年3月期の売上高は前期比約6・5%増を見込む。

 グループではほかにも、不動産賃貸、保険代理、レンタルビデオ、化粧品販売、広告代理、介護、保育所など多彩な事業を手掛ける。昨年は地元農家から農産物を買い取り、関連事業所で販売するなどの農業ビジネスに参入。連結売上高に占める本業以外の割合が、ほぼ半分に達した。副業に失敗する企業も少なくないが、神姫バスの担当者は「バスがもうからないから」と迷いがない。

   ◇   ◇

 日本バス協会(東京)によると、乗り合いバスの輸送人員は1968年に101億人だったが、2008年度には42億人に減った。

 02年には参入基準が緩和され、都市や長距離などの数少ない“ドル箱”路線で競争が激化。高速料金値下げで自家用車へさらに人が流れた。神姫ではSA事業が恩恵を受けたが、「本業は前期比1、2割減の打撃を受けた」という。

 県内でも民間や自治体の運営する路線バスが相次いで経営危機に陥り、路線縮小などが続く。神姫が次々と支援に乗り出しているが、その神姫もバス事業は赤字なのが実情だ。県バス協会は「バス事業だけで経営を維持するのは難しい時代になった」と嘆く。

   ◇   ◇

 阪急バス(大阪府豊中市)も売上高の約95%を占めるバス事業は赤字だが、ビル賃貸、売店業、自動車販売など、本業以外で黒字を確保している。経営危機に陥り、神姫の出資で再建を目指す全但バス(養父市)も、自治体の指定管理業務を本格化するなど多角化で利益確保を目指す。

 こうした動きについて、同協会は「バス会社は地域に根ざしており、新規事業を始める際も顧客や取引先の信用を得やすい」と説明する。神姫では、バスのIC乗車カードとグループ事業のポイントカードを兼用したり、数多いグループ関係者が固定客になるなど、事業の相乗効果もある。

 神姫の多角化を推進する永井勝浩企画部長(51)は「バス会社の存続は社会的責任。新規事業にも慎重な見極めが必要だが、多様な挑戦を続けるしかない」と話している。

394 荷主研究者 :2010/04/25(日) 03:24:16

http://www.minyu-net.com/news/topic/0402/topic3.html
2010年4月2日 福島民友トピックス
「福島・飯野線」開通 住民の足確保で実証実験/福島交通

出発を前に花束を受けるバスの運転手(左)

 福島市飯野町とJR福島駅を結ぶ福島交通の路線バス「福島・飯野線」の出発式は1日、同市飯野町のいいの交流館前で行われ、関係者らが晴れの路線開通を祝った。

 同路線は、船引町と福島市を結んでいたJRバス東北の船福線が3月末で廃止となったことを受け、住民の足の確保などを目的として同市地域公共交通会議の話し合いを経て、今年1年間の実証実験として新たに運行が決まった。

 路線は、座席数13、最大乗客数38人の小型の乗り合いバスを使い、通学や通勤、通院といった用途に合わせて1日5往復する。

 出発式では、同社の武藤泰典副社長が「住民のニーズや思いを乗せた路線を担当させていただくことになった。一人でも多くの方が利用してほしい」とあいさつ。飯野地区自治振興協議会の阿曽達夫会長が「合併前からの検討事項がやっと実を結んだ。利用増進を図っていきたい」と述べた。福島市の渡辺善一交通政策課長、黒沢仁市議が祝辞を述べた。

 運転手への花束贈呈に続き、通勤などで中心市街地に向かう乗客を乗せた第1便が出発し、関係者が拍手で見送った。

395 荷主研究者 :2010/04/25(日) 03:24:44

http://www.isenp.co.jp/news/20100413/news08.htm
2010/4/13(火) 伊勢新聞
福岡線の運行申請 三交バス、7月開始へ

【津】三重交通(津市中央、森口明好社長)は十二日、同社初の九州方面への長距離高速バス「三重福岡線」(八一三・六キロ)を国土交通省に運行申請したと発表した。西鉄高速バス(福岡市中央区、田中信浩社長)との共同運行。夜行一往復二十八席で、七月中旬に運行開始の見込み。

 停留所は三重県内九カ所と福岡県内六カ所。博多駅交通センターまでの所要時間は近鉄四日市十時間、津駅前十一時間、鳥羽バスセンター十二時間三十五分。大人片道運賃は四日市・鈴鹿市内一万円、津・松阪市内一万一千円、伊勢・鳥羽市内一万二千円を予定。

 同社では「新名神が開通し、高速バス網の拡充を検討する中、九州全域の起点となる福岡を選んだ」としている。東京方面だけだった同社高速バスは新名神開通後、平成二十年三月に京都、二十一年九月に大阪への路線を開設している。

396 荷主研究者 :2010/04/27(火) 22:26:34

http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=22479
2010 03/01 06:30 南日本新聞
鹿屋−鹿児島中央直行バス3カ月 乗客1便13.1人、想定上回る

直行バスの乗り場に新設された案内板。以前より分かりやすくなった=27日、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前

 鹿屋市とJR鹿児島中央駅を約2時間で結ぶ直行バスの実証実験運行開始から、1日で3カ月が経過する。「フェリーへの乗り継ぎがなく便利」と利用者から好評で、1便当たりの乗客は13.1人(1月末現在)と当初想定の8人を上回っている。鹿屋到着後の2次アクセスも4月から改善される見込みで、約2年後の本格運行移行が現実味を帯びる。だが、運行の目的である「新幹線効果による交流人口の増加」は依然不透明なままだ。

397 荷主研究者 :2010/04/27(火) 23:19:41

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/10992.html
2010年4月24日 新潟日報
ワンコインバス、試験運行開始
新潟駅−古町

 中心市街地活性化の緊急対策として新潟市などが実施する「新潟駅―古町ワンコイン(100円)バス」運行の社会実験が24日、始まった。同市中央区のJR新潟駅前の乗り場では、古町地区へ出掛ける買い物客らが長い列をつくった。

 午前10時ごろ、同駅万代口バスターミナルの乗り場では約60人の列ができ、専用マークの付いたバスが到着すると乗客が続々と乗り込み、車内は満員となった。乗り場には案内看板が設置され、係員が利用者を誘導していた。

399 名無しさん :2010/05/02(日) 23:50:51
高速渋滞で空港バス33便運休 '10/5/3
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201005030028.html

 ゴールデンウイーク(GW)5連休2日目の2日、中国地方の高速道路は前日に続き、山陽自動車道を中心に渋滞した。山陽道の渋滞に伴い、広島市内と広島空港(三原市)を結ぶリムジンバスは午前10時台から午後1時台にかけ、約3時間にわたり運行を見合わせた。折り返しを含め、計33便が運休した。

 リムジンバスの発着場の一つJR広島駅北口(広島市南区)では、バス運行会社の係員が利用客にJRを利用するよう誘導したり、再開の見通しを説明したりしていた。

 西日本高速道路中国支社によると、山陽道志和インターチェンジ(IC)―広島ジャンクション(JC)間の上りと、福山西IC―鴨方IC間の下りで追突事故も重なり、それぞれ最大で約23・5キロ渋滞した。西条IC―沼田パーキングエリア間などの下りも最大約20キロの渋滞が起きた。

 同中国支社は、3日も山陽道や岡山自動車道で10〜20キロの渋滞が断続的に発生すると予測している。

【写真説明】のリムジンバスの運行見合わせを利用者に説明する係員(左)(2日午後1時15分、広島市南区のJR広島駅北口)

400 チバQ :2010/05/04(火) 10:10:47
かわいいっすねえ
http://www.asahi.com/national/update/0502/TKY201005020214.html
行き先は…すみません回送中です 青森の路線バス2010年5月4日5時3分
印刷
ブログに利用する


>> 利用規約 >> 使い方はこちら



 青森県八戸市を中心に路線バスを走らせる南部バスが4月から、回送中のバスに「すみません」の言葉を添えた行き先表示幕を掲げている。

 1台を様々な路線に回す効率化などでバス停前を通過してターミナルへ向かうケースが増加。「バス待ちのお客さんのがっかりした気持ちを和らげよう」と導入した。

 「回送中」だけの表示もあるが「すみません」を選ぶ運転手が多数派。安全運行のため表情は硬くても「心の底から申し訳ないと思っているんです」と担当者。

401 チバQ :2010/05/04(火) 10:15:03
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20100502/CK2010050202000080.html?ref=rank
どこでも降車 電気バス 佐倉市 ユーカリが丘で社会実験
2010年5月2日

路線のどこでも降車できる無料の電気バス=佐倉市で


 環境に優しい町づくりを目指している佐倉市ユーカリが丘で、電気バスを使い、路線のどこでも降りることができる無料の「降車オンデマンド社会実験」が始まった。

 環境に優しい車両を使い、住民のニーズに合わせたきめ細かい交通システムを構築するのが狙い。同地区を開発した「山万」(本社・東京)と、電気バスを研究する早稲田大学、昭和飛行機工業(同)が共同で実施している。

 電気バスは一台を運行し、定員は十二人。地面に設置した「送電コイル」の上にバスを駐車させるだけで充電できる「非接触充電システム」を搭載している。路線は、新交通システム「ユーカリが丘線」の中学校駅と、ユーカリが丘駅を結ぶ約七キロ。停留所は七カ所あるが、運転手にボタンで知らせると、停留所以外の場所でも降車できる。

 運行は毎日午前十時〜午後五時で、一時間に一本。毎時零分に中学校駅ロータリー前を出発する。電気バスのコストダウンなどが進めば、数年後の実用化を目指すという。担当者は「どんどん乗って、意見を聞かせてほしい」としている。 

  (平松功嗣)

402 チバQ :2010/05/08(土) 23:13:23
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000001005080003
二重苦タクシー業界
2010年05月08日


JR富山駅前には40台以上が並び、客待ちは2時間を超えることもあるという




大手2社コスト


競争・不況 労使に閉塞感



 富山市と高岡市の大手タクシー2社の運転手らが4月中旬にストライキを強行し、いまも労使間でぎりぎりの賃金交渉が続いている。背景には、規制緩和に始まる競争の激化と不況による客離れという「ダブルパンチ」に見舞われた業界の苦境がある。タクシー台数を減らそうと昨年10月に特別措置法が施行されて県内3地域が対象となったが、問題解決の糸口は見えていない。(高野遼)



 4月15日午後5時すぎ、富山市双代町にある県内最大手の富山交通本社1階応接室。


 同社労働組合の石橋剛執行委員長が、土田英喜社長と向かい合った。


 「もう、解決の糸口はないでしょうか」


 最後の希望を託したことばに、土田社長はあきらめたような表情で言った。


 「最大限の譲歩はした。最後は組合で考えて欲しい」


 1カ月以上に及ぶ交渉が決裂した瞬間だった。


 翌16日、富山交通は午前5時から24時間のストライキに突入した。


 今年の春闘で、労組側が訴えたのは、売り上げに応じた歩合制ではない定額の手当だった。


 昨年の年間の平均賃金は約350万円で、前年より70万円も下がった。乗客の減少が、そのまま給料に反映したためだ。


 一方で、会社側の経営も厳しい。昨年の売り上げは前年と比べて3億〜4億円の減少。希望退職を募って社員を410人から350人に減らす努力をしており、「会社としてつぶれる訳にはいかない」(経営幹部)と限界だった。


 労組側は同月23日にも2回目のストライキを通告したが、直前に回避。互いの合意を目指して交渉が続いている。



「小泉改革」が引き金


 近年のタクシー業界の厳しさは、2002年の「小泉改革」による規制緩和に端を発する。


 新規参入や車両台数の増強が自由になり、競争は激化。県内も02〜09年には9社が新規参入し、減少してきた車両数は増加に転じた。


 特に富山市の市街地では、タクシー会社が6社から10社に倍増。多くの会社は競争力を高めるため、歩合制賃金を採り入れた。


 しかし、景気の悪化にともない、タクシーの利用は減少の一途をたどる。県内の輸送人員は02年から減り続け、08年は約650万人。20年前から半減した。その間にタクシーの台数は1割弱しか減っておらず、運転手の賃金も下がり続けた。


 4月16日に、17年ぶりのストライキに突入した高岡交通の労働組合。ボーナス半減を提示した会社側に対し、現状維持を求めて交渉は続いている。書記長を務める今井謙治さんは「ボーナスなんてぜいたくと思われるかもしれないが、私たちにとっては生活がかかっている」とため息をつく。会社は昨年、赤字に転落しており、「交渉は、互いに閉塞(へい・そく)感に包まれている」という。



台数適正化 懐疑論も


 現状を打開しようと09年10月、タクシー適正化・活性化特別措置法が施行された。


 タクシーの台数が過剰な地域を対象に、協議会を設置して「減車」などの対策を決めるよう求める。県内では、「富山」「高岡・氷見」「砺波南部・南砺」の3地域が指定を受けた。


 例えば富山地域では3月、476台(09年9月)のタクシー台数に対して「396〜445台」が適正と判断。3年掛かりで状況の改善を目指すことになった。


 「特措法ができて1年目だからこそ、今年の春闘は重視した。賃金を求める背景には、過酷な労働環境の改善への思いがある」と石橋委員長。


 ただ、この特措法に強制力はなく、独占禁止法に触れる恐れがあるため、業者間の調整も難しい。高岡交通の幹部はこう打ち明ける。「減車といっても、従業員をクビにはできないし、結局は机上の空論。いったん新規参入をさせてしまったものは、もう元に戻せない。10年後を考えると、背筋が寒くなるよ」

403 チバQ :2010/05/08(土) 23:53:28
taxi業界は不思議なくらい「需要を増やす」ことを考えませんよね・・・
居酒屋タクシーじゃないけど、xx円以上乗ったら割引とかしてもいいと思うんだけど
あと、「呼び出し(?)料金」と「時間加算」とかもやめたら?

運ちゃんにとって、ロータリーで待つより上客なのに料金を加算する意味がわからんし
時間加算があるからタクシーって「いくらになるかわからない」怖さがある。
完全距離制になれば、いくら!ってはっきりわかって需要喚起にもなると思うんだけど。

404 チバQ :2010/05/12(水) 23:30:59
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100513k0000m040081000c.html
買い物弱者:全国600万人 路線バス廃止、相次ぐ閉店で
 高齢者を中心に食料品などの日常の買い物が困難な「買い物弱者」が全国で約600万人に上るとの推計を経済産業省がまとめた。外出が不自由な高齢者が増えていることに加え、商店街の相次ぐ閉店による「シャッター通り化」や、バスなど公共交通機関の廃止が買い物から足を遠ざけている。経産省の研究会は14日、「深刻な地域問題」と指摘して、支援例も盛り込んだ報告書を公表するが、高齢化が急ピッチで進む中、政府や自治体も本格的な対策を迫られそうだ。【立山清也】

 「1人だとキャベツ1個は食べきれないから、半分に切ってあげるね」。70歳以上が25%超を占める横浜市栄区の公田町(くでんちょう)団地に設けられた食品販売所で、NPO(特定非営利活動法人)の女性メンバーが買い物に来た高齢女性に声をかけた。販売所は住民が2年前から始めた買い物弱者対策だ。

 64年に入居が始まった団地は、丘の上に33棟・1160戸が連なる。食品販売所の敷地には90年代後半までスーパーがあったが、住民の高齢化で売り上げが少なくなり撤退。約500メートル下ると、別のスーパーがあるが、坂の上り下りがあり、不便を訴える高齢者が増え始めた。そこで50〜60代の住民が中心となってNPOを組織し、毎週火曜に買い出しした野菜やそうざいの販売を始めた。毎回80人前後が利用し、商品を自宅に運ぶサービスも行い、安否確認の場にもなっている。

 販売所を訪れた女性(90)は「荷物を持って運ぶのがきつい。ここなら近いし、運んでくれるからありがたい」と笑顔を浮かべた。別の女性(86)も「ひざが悪く買い物に行けない。顔見知りも多く、楽しい」と話した。

 NPO理事長の大野省治さん(79)は「買い物弱者は団地全体の問題。最近は行政も理解して補助金などで支えてくれるようになったが、まずは住民の力でできることをやるしかない」と語った。

 三重県四日市市の「生活バスよっかいち」。路線バス廃止に伴い、「買い物や通院ができなくなる」との声が上がり、住民で設立したNPO法人が03年から運行を開始した。地元の駅からスーパーまでの約9.5キロを結び、住宅街を縫うように走る。1日の利用者は約100人で、多くが車を持たない70歳以上の高齢者だ。

 しかし、運行には悩みも抱える。市の補助金や沿線のスーパーなどの協賛金、運賃収入で費用をまかなうが、不況のあおりで協賛企業は減り、最近は赤字が続く。NPO理事長の西脇良孝さん(69)は「行政も財政的に厳しい。今後も継続したいが、資金的に苦しいのが現状」と明かす。

 ◇高齢化、都市近郊でも増加 経産省調査
 経産省の「地域生活インフラを支える流通のあり方研究会」(座長・上原征彦明治大大学院教授)は、内閣府が60歳以上の3000人を対象にした調査で「買い物に困っている」と答えた割合をベースに「買い物弱者」を推計。14日の報告書では「買い物弱者はもともと高齢者の多い過疎地だけでなく、都市郊外の団地などでも問題化している」と問題の広がりを指摘する。

 スーパーなどはインターネットで注文を受けた生鮮食品などの宅配も展開しているが、ネットを利用できない高齢者も多い。このため、報告書は「宅配サービスの充実や移動販売車の活用、コミュニティーバスなど移動手段の確保などによる買い物支援が重要」とも指摘する。

 だが、報告書は「民間事業者や住民だけの対応では限界がある」として、自治体が補助金を出すなど官民連携の必要性を強調。具体的な先進事例として、移動販売車の購入費補助や高齢者の買い物代行への補助などを通じて支援に取り組んでいるケースを紹介する。

 こうした支援を巡って、国や自治体が法令を厳格に適用し過ぎることがないようにも求める。例えば、移動販売車に補助を出す場合、議会から「特定業者の支援に税金を使うのか」との批判が出ることもあるためだ。だが、報告書で紹介される先進事例は、全国的に見ると一部にとどまり、「住民頼み」のケースも目立つ。高齢化とともに「買い物弱者」は今後も増加するとみられ、取り組みを加速することが必要になる。このためには財政的な支援も欠かせないが、景気低迷で税収が大幅に落ち込んでおり、政府や自治体の財政は厳しく、「買い物弱者」の支援を充実させるためのハードルは高い。

405 荷主研究者 :2010/05/15(土) 15:25:08

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100502/317354
2010年5月2日 05:00 下野新聞
佐野市営バス実験運行、今年度が正念場 収支率16%

 地域公共交通の維持を目指し、2008年10月から市営バス「さーのって号」の実験運行を始めた佐野市。本年度は、国の補助が得られる最終年度になる。車両購入費などを含めた昨年度の国の補助は約5千万円(見込み)と多額。運行経費に占める運賃など収入の割合(収支比率)は16%で、補助がなければ立ちゆかない状況だ。今後もお年寄りら交通弱者の足を確保するため、本年度はデマンド運行の拡大など、知恵を絞る正念場となる。

 平日の午後3時すぎ。市民病院のバス停でお年寄りが3人、おしゃべりを楽しんでいた。「2時台のバスに乗り遅れてね」。病院帰りの主婦が笑った。

 市北部の中山間地に住むその主婦は、車が運転できない。「月に1、2回、病院や買い物でバスを利用する。なくなったら困るよ」

 赤字がかさんでいた旧田沼、葛生両町の町営バスを再編した「さーのって号」。合併を機に再編計画を練り、国の事業認定を受け08年度から3年間、持続可能な運行の在り方を模索している。

 初年度は、それまで山間部から市街地へ直通だった路線を、市街地の各拠点を巡る基幹線と、山間部と拠点を結ぶ支線に分け、乗り継ぐ方式に変更。300円の定額料金制を導入し、昨年度もダイヤの全面改正を行った。

 効果は上がっている。乗客数の数え方が再編前後で違うとはいえ、実験運行が始まった08年度下半期以降、乗客数は増加。昨年度は8万5千人を超え、右肩下がりだった客数に改善の兆しが見える。

 問題の運賃収入も向上。08年度上半期で560万円だった収入は昨年度下半期、840万円になった。

 とはいえ、1台当たりの乗客数は目標の4人を割り込む3人弱。収支率は16%だ。

 国と同様、地域交通再編を支援する県が目標とする30%の半分にしか及ばない。県は来年度から、赤字分の全額を基に計算していた補助を見直し、厳しくする。「市町村は効率的な運行を目指してほしい」と努力を促す。

 市は本年度、バスへの車体広告を募るなどの収入確保のほか、支線で下半期にも、デマンド運行を拡大する考えだ。デマンド運行は事前に乗車を電話予約する方式で、空バスの運行を防げる。ただ、予約が面倒だったり、山間部では縦横無尽なピックアップが難しいなどの課題もある。

 市交通生活課は「過疎地の高齢者が主な乗客なだけに、増やすのは難しいが、いかに経費を掛けず、利用しやすいシステムにするか。上半期はその検討を進めたい」。実験の集大成が求められている。

406 荷主研究者 :2010/05/20(木) 23:51:53

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=7281385&newsMode=article
2010/05/07 09:40 福島民報
福島交通バス新カード導入へ  運賃支払いで高い利便性目指す

 福島交通(本社・福島市)は今秋から新たにICカードによるバス運賃支払いを県内ほぼすべての路線で導入する。現在、郡山市など9市町村で実施しているICカードも切り替えて、新カードでの精算となる。同社は新ICカード導入で乗降客の利用状況や時間帯などを分析し、より利便性の高い運行スケジュールを目指す。

 同社によると、10月にも新ICカード専用の運賃箱を各路線バスに設置する。乗降時にICカードを読み取り機に接触させるだけで精算ができる。カードへの料金補充は各駅の窓口やバスの車内でもできるようにする。

 運賃箱には乗降人員データの集計機能もあり、各路線の利用状況や利用時間なども把握できる。導入後はデータを基に、より住民の生活に密着したダイヤ整備を進める考えだ。

 一方、新カード導入に伴い、回数券は来年2月28日、定期券は来年7月31日で使用中止とする方針。定期券は新たなICカードの定期を発行する予定。カードの新たな特典として乗り継ぎ割引なども検討している。

 伊達市や相馬市、棚倉町など一部市町村の路線については新ICカードの対象外で、磁気カードを導入するとしている。

407 荷主研究者 :2010/05/21(金) 00:06:06

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_127353952681.html
2010年05月11日 09:56 大分合同新聞
運用開始 バスの現在位置をアクセスし把握

時刻表のQRコードから「バスロケおおいた」に接続し、利用するバスの現在位置を調べるバス利用者=10日午後、大分市府内町

 県は10日、大分市内を発着する大分バスの路線バスの現在地や到着までの時間を、携帯電話やパソコンで検索できる「バスロケーションシステム」の運用を始めた。ホームページ(HP)「バスロケおおいた」で検索できる。

 システムは、バスの利用促進を目的に導入した。大分バスが運行する242台に衛星利用測位システム(GPS)受信機を取り付け、位置情報を把握することで、情報を提供する。

 利用するバス停や時刻をHPであらかじめ登録しておくと、バスの到着予定時刻をバス到着の5〜30分前にメールで知らせるサービスもある。

 バス停約1500カ所に張り付けたQRコードを携帯電話で読み取ればHPにアクセスできる。県と大分バスは「待ち時間のストレスを軽減できる。一度使ってみてほしい」と話している。

 バス通学をしている高野純さん(17)=大分東明高3年=は「雨の日はよくバスが遅れる。いつ到着するのか、もう出発したのではと不安だったので、使ってみたい」と話した。

 問い合わせは県総合交通対策課(TEL097・506・2153)へ。

408 とはずがたり :2010/05/23(日) 13:25:23
公共交通活性化
地域公共交通活性化・再生総合事業
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/sosei_transport_tk_000004.html

 地域公共交通は経済社会活動の基盤であり、住民の移動手段の確保、地域活性化、環境問題への対応等我が国の重要な諸課題への的確な対応のためにも、その活性化・再生は喫緊の課題となっています。

 こうした状況を踏まえ、平成19年10月に「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」が施行されたところですが、平成20年度予算において、同法律を活用し、鉄道、コミュニティバス・乗合タクシー、旅客船等の多様な事業に創意工夫をもって取り組む協議会に対し、パッケージで一括支援する新たな支援制度「地域公共交通活性化・再生総合事業」が創設されました。

地域公共交通活性化・再生総合事業費補助金の概要
補助対象事業者

地域公共交通の活性化及び再生に関する法律第6条に規定する協議会(法定協議会)
補助率等

(1)地域公共交通の活性化及び再生に関する法律第5条に規定する地域公共交通総合連携計画(法定計画)の策定調査に要する経費
  定額
(2)地域公共交通総合連携計画(法定計画)に定める事業に要する経費
 ●実証運行(運航) 1/2
 ●実証運行(運航)以外 ※ 1/2(※政令市が設置する協議会の取り組む事業 1/3)
補助対象経費〔上記(2)の事業の場合の例〕

◇鉄道、バス・乗合タクシー、旅客船の実証運行(運航)
 ・鉄道の増便・ダイヤ変更等の実証運行
 ・コミュニティバス・乗合タクシーの導入・路線バス活性化等のための実証運行
 ・旅客船の航路再編・増便・ダイヤ変更等の実証運航   等
◇車両関連施設整備等
 ・バス等車両購入費、車両・船舶関連施設整備、バス停等待合い環境整備、デマンドシステムの導入  等
◇スクールバス、福祉バス等の活用 
◇乗継円滑化等
 ・乗継情報等の情報提供、ICカード導入、P&R・C&Rの推進、ボランティアセンター設置・運営  等
◇公共交通の利用促進活動
 ・レンタサイクル、イベント、広報、乗継割引運賃・周遊切符等のシステム設計  等
◇新地域旅客運送事業の導入円滑化に係る事業  
◇その他地域の創意工夫による事業

※1 『(1)調査実施計画』及び『(2)総合事業計画』の認定申請を行うに当たっては、事前に、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律第6条に規定する協議会を設置(総合事業計画に応募する場合は、併せて地域公共交通総合連携計画(法定計画)を策定することが必要です。

※2 地域公共交通活性化・再生総合事業は、地方運輸局長等の認定を受けた『(1)調査実施計画』及び『(2)総合事業計画』に基づく事業について、予算の範囲内で補助するものです。

地域公共交通活性化・再生総合事業(パンフレット)
http://www.mlit.go.jp/common/000014612.pdf

地域公共交通活性化・再生総合事業交付要綱
http://www.mlit.go.jp/common/000016400.pdf

地域公共交通活性化・再生総合事業実施要領
http://www.mlit.go.jp/common/000016401.pdf

【お問い合わせ先】
 電話番号 03-5253-8111(代表)

[全体について]
 総合政策局交通計画課(内線24614,24619)

[鉄道関係]
 鉄道局地域鉄道対策室(内線40662)

[バス関係]
 自動車交通局総務課企画室(内線41152)
 自動車交通局旅客課(内線41251)

[旅客船関係]
 海事局内航課(内線43402)

409 とはずがたり :2010/05/23(日) 13:28:54

利用実態検証へ社会実験/高松市の都市交通協
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20100521000392
2010/05/22 09:40

 公共交通が充実した都市構造への転換を考える高松市の総合都市交通戦略検討協議会が21日、市役所であり、来年度以降に実施予定の社会実験の具体案を盛り込んだ「市交通戦略計画」の素案が公表された。

 社会実験は、LRT(次世代型路面電車)など新交通システムの導入を検討する際の参考にする。中央通りの両側1車線をバスやタクシーの専用レーンとしたり、中心部に低料金の循環バスを走らせるなどし、利用実態やニーズ、交通量の変化などを検証する。

 実験は2期に分け、1期は公共交通の充実、2期ではマイカーの流入規制に主眼を置く。1期は中心部での循環バス、琴電の郊外駅(太田、大町駅など)を利用したパークアンドライド、バスやタクシーの専用レーン設置などが柱。

 この日は、各実験ごとの料金設定や実施期間などの案を初めて公表した。循環バスの料金を一律100円とすることやルートの案、パークアンドライドで駅周辺に整備する駐車場の料金を月2千円にする構想などが盛り込まれている。

 委員からは「もっと期間を取ってじっくり実施するべき」「この実験案でLRTの必要性を判断するのは難しいのでは」などの意見が出た。市交通政策課は「年度内に実験の具体案をまとめたい」としている。

410 荷主研究者 :2010/05/27(木) 22:31:33

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100514/CK2010051402000021.html
2010年5月14日 中日新聞
割引・乗り継ぎPR、住民団体がチラシ 名鉄バス赤津線

チラシについて話し合う住民と市職員=瀬戸市の東明公民館で

 路線バスを維持するため、瀬戸市の沿線住民らが利用者を増やす活動を始めた。赤津地区と市中心部を結ぶ名鉄バス赤津線では住民団体が6月から、割引制度や時刻表などの情報を盛り込んだチラシを配る。

 同市では路線バスの廃止が相次いでおり、利用者を増やす対策が急がれている。赤津線は2007年に名鉄バス(名古屋市)が廃止を申し出たが、市が赤字補てんして存続。09年10月からは国庫補助も受け、瀬戸北線、瀬戸循環線とともに増便などサービスを向上させている。

 沿線の東明連区住民たちは3月に「赤津公共交通対策協議会」を設立。バスを利用しやすいようにと6月から、連区の約1000世帯にチラシを配る。原則として月1回、公立陶生病院への利用や名鉄瀬戸線との乗り継ぎ、利用状況などテーマを変えながら作る。

 協議会の“実動部隊”となるワーキンググループが12日夜、東明公民館で会合を開いた。5人と市生活課の職員2人が出席し「割引を知らない人もいる。もっとPRした方がいい」「地域の人がよく使う病院の基本情報があるといい」などとチラシの内容を話し合った。

 ワーキンググループ代表の柏木金蔵さん(75)は「住民側に、バスが廃止になるかもしれないという危機感がない。何とか利用者を増やしたい」と話した。

 瀬戸市では、品野、西陵地区でも協議会の設立が検討されている。

 (今村節)

411 荷主研究者 :2010/05/27(木) 22:40:09

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20100515/CK2010051502000046.html
2010年5月15日 東京新聞
首都高速道路3号 用賀PA 高速バス渋滞回避 21日から停留所

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/PK2010051502100006_size0.jpg

 首都高速道路3号の用賀パーキングエリア(PA、世田谷区)に、21日から高速バスの停留所が設けられる。都心方面に向かう時、首都高が渋滞していれば、東急田園都市線に乗り換えて行くことができる。

 国土交通省やバス各社による実証実験。バス停は降車専用とし、東名道の箱根や御殿場・静岡方面からの高速路線バスが止まる。用賀パーキングエリアから、田園都市線用賀駅までは徒歩五分。渋谷まで電車で十一分で行ける。普通は百九十円の電車代がかかるが、バスの中で百円で行ける乗り継ぎ券を発行する。

 用賀で降車せず、バスに乗り続けてもいい。夜行バスは対象外。

 国交省では「渋滞時には、用賀から霞ケ関まで一時間かかることもある。乗り継ぎによって、到着時刻が計算でき、利用者には便利になる」としている。

 高速道路の上り線渋滞は、休日の割引拡大などもあって、あまり改善されていない。実証実験は半年間をめどに続けられ、好評ならばさらに延長される。

 東京近郊での高速バスから鉄道への乗り継ぎサービスは、首都高6号の八潮パーキングエリア−つくばエクスプレス八潮駅でも行われ、効果を上げている。

412 荷主研究者 :2010/05/27(木) 22:48:31

http://kumanichi.com/news/local/main/20100517006.shtml
2010年05月17日 熊本日日新聞
ICカード導入を 熊本市「バス検討協」意見書

 熊本市の「バス交通のあり方検討協議会」(会長・坂本正熊本学園大学長)は17日、熊本都市圏のバス事業再編に関する意見書を幸山政史市長に提出。市とバス事業者が連携を取りながら路線を幹線・支線などに分ける新たな路線網の構築や、ICカード導入などの取り組みを進め、より良い公共交通網に再編していくよう求めた。

 協議会は幸山政史市長の諮問機関として2008年5月に設置。計8回の審議結果を同市長への最終答申となる意見書にまとめた。(1)路線網再編(2)バス利用促進策の推進(3)民間事業者への市営バス路線全面移譲(4)熊本都市バスを中心にした運行体制への移行(5)行政の関与−が柱で、うち市営バス路線の移譲など一部は既に昨年5月に中間答申している。

 この日は市役所に坂本会長と溝上章志副会長(熊本大教授)が幸山市長を訪ねて意見書を手渡し、「課題は多いが一つずつ解決しながら実現に向け努力してほしい」と述べた。

 これに対して幸山市長は「だれもが移動しやすい環境づくりに取り組んでいるが、現時点(の公共交通ネットワーク)は市のウイークポイントと認識している。答申を実現させることで暮らしやすさを向上させたい」と応じた。(前田克)

413 荷主研究者 :2010/05/30(日) 10:38:09

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20100519/CK2010051902000004.html
2010年5月19日 中日新聞
松本の周遊バス、市に路線見直し申し入れ 渋滞や利用要望受け

 松本市は18日、松本電鉄(同市)が運行する市街地周遊バス「タウンスニーカー」について、同社が路線の大幅見直しを市側に申し入れてきたと、明らかにした。今後地元と協議し、了承が得られれば7月16日から路線が変更される。

 路線の大幅見直しは1999年の運行開始以来初めて。同日開かれた市議会総務委員協議会に示した。JR松本駅や松本城周辺の渋滞が慢性化して定時運行が困難になったことや、利用者からの要望を受けて見直したいという。

 東西南北の4コースすべて見直す方針で、北コースは利用が見込まれる旧開智学校をルートに組み込む一方、松本城黒門〜鷹匠町間などを廃止。渋滞に巻き込まれやすい現行の時計回りを反時計回りとする。

 南コースは利用者が多い相沢病院を往復とも経由するルート。ゆめひろば庄内などのバス停を新設する。西コースは渋滞する渚3丁目交差点を回避。信濃荒井などのバス停を新設する。

 タウンスニーカー4路線は、1周約30分の片道周回路線で、運賃は現在150〜190円。観光や買い物などの足として市民に親しまれており、市は助成も行っている。

 (坪井千隼)

414 荷主研究者 :2010/05/30(日) 10:38:34

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20100521/CK2010052102000011.html
2010年5月21日 中日新聞
木曽―高山間で定期観光バス 7月から運行実証実験

 木曽町は7、8月と10、11月、同町と岐阜県高山市を結ぶ定期観光バス運行の実証実験をする。木曽、高山両地方相互の新観光ルートとして、本格運行に向け利用促進に力を入れる。

 木曽、高山とも歴史的街並みがあることなどから、外国人観光客増にも期待。木曽町が国の助成を得て、運行経費370万円を負担する。

 計画では、バスはJR木曽福島駅−高山駅間の国道361号で運行。町がおんたけ交通(木曽町)と濃飛乗合自動車(高山市)に業務委託する。7月24日〜8月29日は両社各1往復、10月9日〜11月7日はおんたけ交通が1往復する。途中、同町開田高原で停車する。所要時間は2時間30分。運賃は片道大人2000円、小学生1000円。

 木曽町は2007年度、伊那市と共同で、国道361号を通り両市町を結ぶバスを試験運行したが、利用が少なく廃止した。町産業観光課は「生活、観光のどちらを重視するかあいまいだった。今回は観光利用に絞った」と説明している。 (近藤隆尚)

415 チバQ :2010/05/30(日) 17:09:48
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001005300005
いしかわフォーカス:高速バス 競争が過熱
2010年05月30日


JR金沢駅西口のバスターミナルでは、毎晩多くの若者らがツアーバスに乗り込む=金沢市広岡1丁目

◆金沢〜東京 片道3500円も◆


金沢と東京を結ぶ高速バスの競争が過熱している。東京や大阪の大手が先鞭(せんべん)をつけた格安の「ツアーバス」に、地元金沢の業者も昨夏参入し、先月からは片道3500円という最安値を打ち出した。一方、JRなどの「路線バス」側も大幅な割引などを打ち出し、対抗色を強めている。


(生田大介)


〜*「ツアー」に「路線」側も対抗*〜


 JR金沢駅西口のバスターミナル。連日夜9〜10時ごろには5、6台のツアーバスが並び、客が続々と乗り込む。行き先はほとんどが東京。価格は曜日などで変わるが、片道4〜6千円が相場だ。


 21日夜、東京ディズニーランド(TDL)へ行くためバスに乗り込んだ金沢市の女性会社員(19)は「安いのがいい。今年はもう3、4回使っています」。東京で一日遊び、その夜には再びバスで帰って来るという。強行軍だが、ホテル代も不要で、往復1万円程度は破格だ。TDL目的の若者は多く、バスも新宿や東京駅などを経由して終点はTDL、というルートが多い。


 ただ、乗客は若者だけでなく、年齢層は幅広い。法事で東京に行くという小松市の男性(70)は「眠って行けるから時間に無駄がない。シートも結構ゆったりしていて快適です」と話す。


 ツアーバスが広まったのは、規制緩和の一環で2000年に道路運送法が改正されたのがきっかけ。それまではツアーバスの運行は免許が必要で、業者数も国が調整していた。それが法改正により、一定基準を満たす業者には許可がおりる仕組みになった。


 さらに高速道路網の整備が進んだことに加え、飛行機や新幹線に比べて安価なため、「景気低迷もあり、第3の足として定着してきた」(東京のオリオンツアー社)。


 金沢―東京間は05年ごろにツアーバスが走り始めたとされ、現在8社ほどが運行している。当初は東京や大阪などの大手が中心だったが、08年に丸一観光(七尾市)が参入。昨年7月にMKツアーランド(金沢市)が事業を始め、先月から片道3500円という最安値を掲げるなど、競争が激化している。


 これに、金沢―東京間を片道8千円程度で運行してきた「路線バス」側も抗戦。JRバスは3月から片道5千円の「青春ドリーム金沢号」の運行を開始した。寝台特急「北陸」の廃止などに伴う対応だが、JRバスは「ツアーバスへの価格的な対抗という面もある」とする。北陸鉄道も今月6日から、平日便を21日前までに購入すれば5千円程度に割引する制度を始めた。


 ただ、過度の価格競争は、安全面へしわ寄せが行きがちだ。07年には大阪府吹田市でツアーバスの乗務員1人が死亡、スキー客ら26人が負傷する事故が発生。交代要員なしで長野〜大阪間を走った運転手の居眠りが原因とされる。


〜*国交省 「安全面も含め選択を」*〜


 事故を受けて国土交通省は、運転手の乗務距離を1日670キロに限定するなどの対策をとってきた。今後、安全性の高いバス事業者には「二つ星」などを与える認定制度も始める予定だ。国交省石川運輸支局は「利用者が価格だけでなく、安全面も含めたバスの質で業者を選べるようにしていきたい」としている。



◆ツアーバスと路線バス◆


 路線バスは、国に届け出たダイヤに沿って運行し、運賃は国の認可が必要。事前に切符を買わなくても、満席でなければ当日乗車場に行けば乗れるケースが多い。切符を払い戻す際の手数料は数百円程度ですむ。


 ツアーバスは「貸し切りバス」の一種で、ダイヤや運賃の規制は緩い。事前のチケット購入が必要。ツアー旅行と同じように、「出発前日なら代金の40%」といった一定のキャンセル料がかかる。

416 荷主研究者 :2010/06/16(水) 22:27:04

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/232042_all.html
2010年05/18 14:23 北海道新聞
帯広−旭川都市間バス 4往復に減便

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/7463_1.jpg
7月から1往復減便される都市間バス「ノースライナー」の三国峠経由便=上士幌町ぬかびら源泉郷

 北海道拓殖バスと十勝バス、道北バスの3社は、共同運行中の帯広−旭川間の都市間バス「ノースライナー」について、7月1日以降、現在の1日5往復から4往復に減便する。三国峠経由は1日1往復となる。3社は5月中にも運輸局に申請する。

 減便対象は、いずれも三国峠経由の帯広駅前午前9時半発と、旭川駅前午後3時40分発の2便。拓殖バスによると、ノースライナーの利用客は減少傾向にあり、2009年度は3万4千人が乗車したものの、04年度より13%減った。このため、利用客の少ない便の廃止を決めた。狩勝峠経由の3往復は維持される。

 減便によって、三国峠経由は1日2往復から1往復になる。ぬかびら源泉郷以北では他に路線バスが運行されておらず、7月以降は帯広・ぬかびら源泉郷方面から五ノ沢・幌加温泉入り口・十勝三股までの区間はバスで日帰り往復できなくなる見込み。(星野真)

417 荷主研究者 :2010/06/16(水) 22:36:15

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005270046/
2010年5月27日 神奈川新聞
相鉄HDが乗り合いバス事業を子会社の相鉄バスに全面移譲/神奈川

 相鉄ホールディングス(横浜市西区)は27日、乗り合いバス事業を連結子会社の相鉄バス(同)に全面移譲すると発表した。10年間にわたる労働組合との交渉の末、分社化の合意に至った。

 31日の相鉄バスの臨時株主総会での決議などを経て正式に決める。事業承継させる吸収分割契約を締結し、10月1日に実施する。

 相鉄ホールディングスのバス事業部門に在籍する約350人は相鉄バスに出向する。今後10年間で約100人が定年退職を迎えるが、新規採用は相鉄バスで担当する。人件費を抑制することなどでグループ経営の体質強化を進める。

 会見で相鉄ホールディングスの鳥居真社長は「高齢化が進み、バス事業は脚光を浴びる可能性もある」とし、「限られている経営資源を有効に使う必要がある。今後は沿線価値の向上に力を入れたい」と話した。27日付で就任した菅谷雅夫相鉄バス社長は「利益を出し、運行本数の増加などで利用者に還元したい」と抱負を述べた。

 私鉄各社がバス事業の子会社化を進める中、相鉄も2000年に分社化を組合に提案。今年2月に分社化手続きの交渉に入っていた。

418 荷主研究者 :2010/06/16(水) 22:38:42

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005240015/
2010年5月24日 神奈川新聞
かわさきファズ物流センター行きの市バス路線、バス停新設し延伸/川崎

 川崎市交通局は6月1日から、川崎港東扇島(川崎区)の東扇島西公園へのアクセスを向上させるとともに、東扇島西地区への進出企業増加に対応するため、川07系統・かわさきファズ物流センター行きの市バス路線を、新設する東扇島西公園前まで延伸する。

 かわさきファズ物流センター前より先に、「川崎港コンテナターミナル入口」「東扇島七十三番地」「山九物流センター前」「東扇島西公園前」のバス停4カ所を新設する。延伸距離は約850メートル。

 また、川07系統の運行本数(片道)を最大で平日7本、土曜10本、休日11本増やす。

419 荷主研究者 :2010/06/16(水) 22:43:44

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/05/26/new1005261403.htm
2010/05/26 デーリー東北
高速バス「南軽号」 来月27日で廃止

 南部バス(八戸市)は25日、八戸―弘前間の高速バス「南軽号」の運行を6月27日で終了すると発表した。当初から赤字続きだったのに加え、2009年3月に高速道路で「ETC休日1000円割引」が導入された影響で、利用客がさらに落ち込んだことなどが要因。

 南軽号は1994年12月から運行スタート。当初は弘南バス(弘前市)と共同で1日2往復を運行していたが、02年12月にJR東日本が八戸―弘前間の特急列車「つがる」を運行開始したのを受け、利用者が半減した。

 往復割引や青森経由のルート変更、六戸と七戸に停留所を新設するなど需要開拓に努めたが、乗車率向上につながらず、05年4月には弘南バスが撤退して1日1往復体制に減った。06年10月以降は、土日祝日や弘前さくら祭りなど期間限定の運行に移行していた。現在の片道運賃は2300円。

 同社によると、09年度の路線収入は前年度比10%減だった。

 同社は「赤字続きで路線維持が厳しくなった。利用者には不便をおかけするが、理解してほしい」としている。

 廃止に伴う未使用回数券の払い戻しは、11年6月30日まで手数料無料で受け付ける。問い合わせは、南部バス高速バス予約センター=電話0178(24)1121=まで。

420 荷主研究者 :2010/06/16(水) 22:45:04

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/05/29/new1005291402.htm
2010/05/29 デーリー東北
八戸ー東京間高速バス 南部バスが来月末撤退

 南部バス(八戸市)は28日、八戸―東京間の夜行高速路線バス「シリウス号」について、6月30日の出発便を最後に撤退すると発表した。7月1日から大阪市の旅行会社と提携し、青森県南地方と東京方面を結ぶツアーバス事業を開始。東京ディズニーリゾート(TDR)など新たな乗降場を増やし、新規需要の創出を図る。シリウス号は十和田観光電鉄(十和田市)、国際興業(東京)の2社で運行を継続するが、現行の1日2往復は1往復に縮小される。

 1989年にバス会社4社で運行を開始したシリウス号は、当初順調に売り上げを伸ばした〝ドル箱路線〟だったが、2002年の東北新幹線八戸開業以降、利用者が低迷。高速道路の自動料金収受システム(ETC)割引の導入などがさらに追い打ちを掛けた。

 今回の廃止対象は、ラピアバスセンター発着の1往復。十和田市駅発着で八戸経由の1往復は維持される。

 南部バスが提携するのは、ツアーバスの企画を全国展開するウィラー・トラベル。企画旅行の乗客を募集し、貸し切りバスとして運行する。7月1日から「スターエクスプレス・フロンティア」の名称で1往復を運行。同21日にはJR三沢駅発着の「ウィラーエクスプレス」1往復も運行を開始する予定。

 新たな停留所となる八食センター、グランドサンピア八戸では、無料駐車場から乗り降りできる「パーク&ライド」を導入する。

 八戸―東京間の片道料金は通常5500円からで、シリウス号(9500円)よりも低価格となる。運行開始1カ月間は4800〜6800円のキャンペーン料金。TDRの入場券などと組み合わせた商品も用意する。

421 荷主研究者 :2010/06/20(日) 14:12:54

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_12739713373.html
2010年05月16日 09:50 大分合同新聞
日田市循環バス導入1ヵ月 苦しいスタート

空席が目立つ循環バス=日田警察署前

 4月から運行を始めた2台の日田市内循環バス「ひたはしり1号、2号」の乗客数が伸び悩んでいる。1カ月に1374人で、1日平均約46人。日によっては乗客がゼロの便もあり、市は「PR不足で空席が目立つ。便数が多く便利なので、多くの市民が利用してほしい」と呼び掛けている。

 「ひたはしり1号、2号」は25人乗りの小型低床バス。生活の足を持たない高齢者の利便性向上などを目的に導入した。購入費は約3400万円。事業主体は市で、日田バスが運行する。

 路線は日田バスセンターを発着し、市内中心部を8の字形に走る。2台が上りと下りの2コースを運行。停留所は田島町、城内団地の市役所周辺や、玉川、中ノ島町など。便数は上り、下りともに1時間につき1便。運賃は初乗り140円で上限200円に設定した。

 運行する「日田バス」のまとめでは、1日の乗客数は最多が77人、最少が30人。時間帯別では、9時と10時の便が1カ月で100人を超えた。利用者は病院や買い物に行く高齢者が大半という。

 一方で、乗客ゼロの便が1日平均で約3便あった。市によると、玉川町方面を通るコースは乗客が少ないという。ある運転手は「乗客がいない停留所がはっきりしている。コースを見直すべき」と話す。通院でよく利用する市内の女性(71)は「便数が多くて非常に助かるが、バスを知らない人が多く、まだ乗客が少ない」という。

 本年度は実証実験期間で、来年度から本格運行になる。市地域振興課は「現在の乗客数では厳しい。周知に力を入れ、本格運行につなげたい」と話している。

422 荷主研究者 :2010/06/20(日) 14:23:41
>>257
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_127485216648.html
2010年05月26日 14:35 大分合同新聞
高速バス 大分―北九州運行へ

 大分交通(大分市)と亀の井バス(別府市)、西鉄バス北九州(北九州市)は、6月11日から金、土、日曜日を中心に、大分市と北九州市を結ぶ高速バスを新たに運行する。来年3月末までの期間限定。

 大分市新川から別府市北浜などを経由し、JR小倉駅周辺を約3時間で結ぶ。1日4往復し、運賃は片道2200円(往復4千円)。

 これまで大分市と北九州市を結ぶ高速バスはなく、新規需要の開拓が目的。運行の継続が可能な1便当たりの平均利用者数12〜13人を目指す。大分交通は「観光客や週末の帰省客に需要があるのではないか。JRより時間はかかるが料金が安い点などをPRして、利用を呼び掛けたい」と話している。

佐伯―福岡「くろしお号」は3カ月期間延長

 大分バス(大分市)と西鉄高速バス(福岡市)は、昨年12月から共同で試験運行している高速バス「日豊海岸くろしお号」(佐伯―福岡)の運行期間を3カ月延長し、8月29日までとすることを決めた。

 「くろしお号」は、東九州自動車道を利用して、約3時間40分で佐伯市と福岡市を結ぶ。金、土、日曜日を中心に1日2往復運行している。当初は5月末までの予定だったが、夏季の観光需要と帰省客の利用状況を把握するため延長する。

 大分バスによると、現在1便当たりの平均利用客数は6人で、正式に路線化するには利用者の増加が必要という。「各自治体からは観光振興に弾みがつくとして、運行を求める声が強い。路線を維持したい」と同社。

423 荷主研究者 :2010/06/20(日) 14:24:53
>>422
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_127623705313.html
2010年06月11日 15:13 大分合同新聞
大分―北九州 高速バスの試験運行始まる

出発式で、花束を受け取る運転手=11日午前、大分市の大分交通新川バスセンター

 大分・別府両市と北九州市を約3時間で結ぶ高速バスの試験運行が11日、始まった。金、土、日曜日を中心に来年3月末まで運行。観光客や帰省客を中心に新規需要の開拓を目指す。

 出発式が大分市の大分交通新川バスセンターであり、関係者約20人が出席。幸重綱二・大分交通社長が「観光などで多くの人に利用してほしい」とあいさつ。運転手に花束を贈り、乗客5人を乗せたバスを見送った。

 同市王子中町の会社員安藤鈴乃(れいの)さん(32)は休暇を取って、同僚2人と初めての北九州観光に向かった。「運賃が安いので行く気になった。JR小倉駅周辺を散策し、買い物や食事を楽しみます」

 大分交通、亀の井バス、西鉄バス北九州が共同で運行。大分自動車道、宇佐別府道路などを利用して、大分市新川とJR小倉駅周辺を1日4往復する。

 運賃は片道2200円(往復4千円)。4枚つづりの回数券は7千円。予約、問い合わせは大分交通予約センター(TEL097・536・3655)などへ。

424 荷主研究者 :2010/06/20(日) 14:38:31

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010060111241350/
2010年6/1 11:24 山陽新聞
岡山駅西口で高速バス発着始まる

JR岡山駅西口広場で発着が始まった高速バス

 岡山市が再整備したJR岡山駅西口広場のバスターミナルで1日、高速バスと定期観光バスの発着が始まった。駅東口から約300メートル歩く必要があった桃太郎大通り沿いの乗り場が移り、利便性が高まった。

 バスターミナルは2層式の西口広場の1階にあり、高速、定期観光バスは9カ所ある乗り場のうち6カ所を利用。1日約200便が発着する。同日、高速バスチケットの予約、発券と定期観光バスの発券も、岡山駅西口バスセンターで始まった。

 この日早朝からビジネスマン、学生らが新ターミナルで高速バスに乗り込んだ。

 2008年に着工した西口広場は今年3月末の完成予定が遅れ、5月10日に完成。路線バスは整備中の4月24日から利用開始している。東口ターミナルにある空港リムジンバス乗り場が7月1日に移転すれば、西口広場整備に伴うバス乗り場再編は完了する。

425 荷主研究者 :2010/06/20(日) 14:55:01

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201006020318.html
'10/6/2 中国新聞
公共交通の実験運行へ 海田
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県海田町は今年秋にも、コミュニティーバス「ふれあいバス」が通らない三迫、国信地区で、代替交通の実験運行に乗り出す。

 計画は、三迫3丁目と国信2丁目を対象とする。住民や交通事業者、学識経験者でつくる地域公共交通会議を6月中に設置。住民との協議を進め、車種や便数、運賃や経路などの運行形態の素案を作成する。

 両地区は道が狭いなどの理由で、バス路線から外れている。町が昨年10月実施したアンケートに、地区住民の約7割が「自宅付近までの公共交通が必要」と回答した。中国運輸局の検討委が3月まとめた報告書も、両地区の交通利便性の向上を検討課題としている。

 町が費用を一部負担し、民間の事業者と運行契約を結ぶ。バスが転回できない個所が多く、乗用車を活用することになりそうだ。

 素案がまとまれば、事業者は9月にも中国運輸局に申請。許可が下り次第、実験運行を始める。

426 荷主研究者 :2010/06/26(土) 17:44:50

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20100601/CK2010060102000011.html
2010年6月1日 中日新聞
安曇野・乗り合いタクシー、目標大幅に下回る 「上田線」運行から1カ月

上田線の乗り合いタクシーを利用する乗客=安曇野市のJR豊科駅前で

 安曇野市内のタクシー業者でつくる安曇野タクシー運営協議会が5月、長野新幹線上田駅を結ぶ予約制乗り合いタクシー「上田線」の試験運行を始めて1カ月が過ぎた。31日までの利用者数は38人。土日祝日も運行するが、予約のない日が半数近くあり、1日平均利用者数は約2人と、当初目標の13人を大きく下回った。狙いとする東京出張のビジネス利用や北関東方面からの観光誘客には当面、PRが課題だ。

 上田線の運行は、市のデマンド型乗り合いタクシー「あづみん」について話し合う市地域公共交通協議会で決まった。長野新幹線に乗り継げば、松本駅経由の中央線特急より約30分早く東京駅に到着できることから、潜在的な需要が高いと判断した。

 市内の停留所はJR大糸線穂高、豊科、一日市場の各駅や、新田北、あづみ野産業団地など8カ所。上田駅まで1日5往復する。始発の穂高駐車場から上田駅までは約1時間かかる。

 31日早朝、海外出張するという市内の男性会社員2人が豊科駅から乗り込んだ。利用は2回目という男性(41)は「早く行けるのが便利。ゆっくりできて料金も安い」と評価した。

 協議会メンバーで南安タクシー社長の小岩井清志さん(55)は「上田線のホームページを開設し、予約を受けるなど利便性を高めたい。地域公共交通の活性化にもつながれば」という。予約や問い合わせは同協議会=電0263(72)3022=へ。

 (宿谷紀子)

427 荷主研究者 :2010/06/26(土) 17:46:06

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20100531/CK2010053102000012.html
2010年5月31日 中日新聞
乗り場とともに人移り 福井のバス、周辺商業店舗に影響

 福井市内の路線バス乗り場が県繊協ビルから中央大通りに移設したため、同ビルやその近辺の商業店舗で来客数が減少していることが、市などが出資する第3セクター「まちづくり福井」の聞き取り調査で明らかになった。一方、移った先の中央大通り付近では、商店の売り上げが増えたとの声は一部に留まっている。

 調査は、同ビルと中央大通りに面した商業施設計62店舗を対象に実施。人通りと来客数の変化について質問した。

 県繊協ビルの旧バスターミナルは「1日当たり約450人が利用していた」(まちづくり福井)だけに、同ビルとその近辺の店舗(14店)では、来客数について71・4%が「減った」「やや減った」と回答。通行人数も減少したとしたのが57・1%と半数以上に達した。

 逆に、中央大通り南側のバス乗り場に面した店舗(25店)では、通行人数が「増えた」「やや増えた」が40・0%。残る6割は「変化なし」で、減少したと答えた店舗はなかった。

 ただ、来客数が増加したとする回答は12・0%に留まった。まちづくり福井では「同ビル周辺からの人の流れはあるようだが、買い物するところまでいっていないようだ」と指摘。今後に向けて「地元商店街などに情報を提供しており、地元と協議して回遊性の向上などにつなげていきたい」としている。

 (桂知之)

428 荷主研究者 :2010/06/26(土) 17:48:08

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20100531/CK2010053102000087.html
2010年5月31日 東京新聞
都内初、町田市が来年度導入方針 連節バスで輸送力2倍

神奈川県厚木市で運行されている連節バス(神奈川中央交通提供)

 町田市は都内では初めて、普通のバスの二倍の輸送力がある「連節バス」を市内の路線バスに導入する方針を固めた。来年度の導入に向けて、本年度から路線改修や運行実施計画の策定を進める「路線バス利・活用促進事業」に取り組む。六月補正予算案に事業費として七百五十万円を計上した。 (堂畑圭吾)

 市によると、連節バスは来年度、町田バスセンター−山崎団地センター間に四台を導入する構想で、路線バス事業者に購入費を補助する。連節バスの定員は百三十一人。

 今回の事業は、多摩市方面と町田市中心市街地を結ぶ南北方向の交通軸に幹線バスの導入を図る構想の第一段階。運行系統数の多い区間に輸送力の高い連節バスを導入し、さらに日本フットボールリーグ(JFL)のFC町田ゼルビアの試合が開かれる町田市立陸上競技場へのアクセス向上も目指す。

 市は運行ルートやダイヤ、乗り継ぎ計画、バス優先レーンの整備などについて関係機関と協議し、停留所や交差点の改修設計も総合的に進める。

 また市立陸上競技場のある野津田公園への来園者の利用ニーズも調査し、交通輸送対策を練っていく。

 同市では、町田駅に連結している町田バスセンターを起点として、多くのバス路線が集中。道路網が中心市街地に向かっているため、幹線の町田街道や町田駅前通りなどで道路混雑やバスの遅延などの問題が恒常的に起きており、走行環境の改善が課題となっている。

 運行は神奈川中央交通が有力。導入するバスはメルセデス・ベンツ製(一台約八千万円)が第一候補だという。連節バスは現在、神奈川県厚木市、藤沢市、千葉市で走っており、岐阜市でも導入が決まっている。

429 荷主研究者 :2010/06/26(土) 18:00:16

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100608/bsa1006081731008-n1.htm
2010.6.8 17:27 Fuji Sankei Business i.
国産唯一の2階建てバス、生産打ち切りへ 三菱ふ、排ガス規制で

三菱ふそうが生産を終了する国産唯一の2階建てバス「エアロキング」。三菱ふそうバス製造富山工場では従業員が横断幕を掲げた=8日、富山市

 三菱ふそうトラック・バスは8日、初の国産2階建てバスとして1985年に売り出した「エアロキング」の生産を8月末で終了することを明らかにした。昨年実施された新たな排ガス規制に対応するための改良を行うと採算が合わないため、継続を断念した。エアロキングは、国産で唯一の2階建てバスだった。

 エアロキングは、これまで300台以上を販売。30人以上乗れることから、東京−大阪間の高速バスや観光バスなどに多く採用されてきた。

 2005年にいったん生産を中止したが、顧客の要望が根強く、08年に再開。年間40台程度を生産していた。しかし、新たな排ガス規制に対応するための開発費負担を考慮し、打ち切りを決めた。

 2階建てに代わる大型観光バスとしては、業界で初めて規制に対応し、燃費を向上させた新型「エアロクィーン」「エアロエース」を開発し、9月から発売する。

430 荷主研究者 :2010/06/26(土) 18:00:48

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100609/bsa1006090503002-n1.htm
2010.6.9 05:00 Fuji Sankei Business i.
三菱ふそうのバス事業 富山に集約 効率生産の第1歩

 三菱ふそうトラック・バスは8日、主力の小型バスの生産を名古屋から富山に移管し、量産を開始した。生産拠点の集約で効率的な生産を行い、競争力を高める考えだ。一方、新しい排出ガス規制に初めて対応した大型観光バスも発表するなど、商品面での見直しも進める。

 バス生産拠点の集約は昨年5月に発表した中期経営計画の柱の一つ。小型バス「ローザ」の生産を名古屋市の大江工場から、大型バスを製造している富山市の製造子会社、三菱ふそうバス製造の富山工場に移管する。

 富山工場には小型バスの新たなラインを設置し、約120人の従業員も大江工場から異動した。大型バスと合わせた生産能力は年間8500台に拡大する。

 同日、富山工場で行われた式典で、三菱ふそうバス製造の田中真二社長は「富山工場は三菱ブランドのバスをすべて生産する拠点となる。新たな一歩だ」と述べた。

 今回の生産拠点の集約で、物流費の削減や最新設備の共有などができるほか、大型バスの受注が少ない時期に小型バスに人員を振り分けるなど効率的な生産が可能になる。

 1960年に生産を開始したローザはこれまで17万台超を生産し、現在約8割が中東やアジアなどに輸出されている。一昨年以降の世界的な景気後退で販売台数が低迷している。

 三菱ふそうトラック・バスは現在、UDトラックスとバスの合弁事業の協議を進めている。自ら筋肉質の体質に生まれ変わり、ライバルの日野自動車といすゞ自動車の合弁会社であるジェイ・バスに対抗する構えだ。

 一方で、排ガス中の窒素酸化物の削減などを定めた「ポスト新長期規制」に大型観光バスとしては初めて対応した新型の「エアロクィーン」(4431万円)と「エアロエース」(3937万5000円)も9月から発売。4.5キロという低燃費を実現し、エコカー減税対象車にもなっており、年間700台の販売を目指す。

 国産初の2階建てバスとして1985年から生産している「エアロキング」は、規制に対応できなくなるため、8月に生産終了する。(田村龍彦)

431 荷主研究者 :2010/06/26(土) 18:55:15

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2010/0609/4.html
2010年6月9日(水)山口新聞
防長バス、7月21日から値上げ 県東部の路線中心

防長交通(本社・周南市、楞川幸太郎社長)は、運行する一般乗り合いバスの運賃を7月21日から値上げする。同社が国交省に申請していた上限運賃改定が8日に認可を受け、平均値上げ率は9.5%。値上げは13年ぶり。

値上げの対象は県東部を中心とした路線バスで、高速バスや観光バスは除く。初乗り運賃は10円(6.7%増)上がり160円に、1キロ当たりの基準運賃は2円(4.4%増)上がって47円20銭となる。旧山口市交通局管内の初乗り運賃は150円にとどめる(現行130円)。また、周南市中心部は特殊区間制を採用しているため、値上げ率は異なる。

実際の新運賃は上限運賃の範囲内で設定し、主要区間でみると、JR徳山駅前―周陽町中央病院入口が現行より20円アップの220円▽JR下松駅前―久保団地4丁目が同30円アップの440円▽山口市役所前―JR新山口駅が同50円アップの640円。同社は今年3月、バス離れに伴う運送収入や利用者数の減少に歯止めがかからないための措置として、上限運賃の改定を申請していた。

432 チバQ :2010/06/30(水) 23:42:58
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20100629-OYT8T00036.htm
金沢―東京バス夏の陣


金曜の夜、JR金沢駅西口には東京行きの「ツアーバス」が6、7台、立て続けに集まってきた(25日午後9時15分撮影) 夏休み期間中の需要増をにらみ、金沢と東京を結ぶ高速バス間の競争が激化している。7月2日から毎日、先着10人限定で片道2500円で乗れる超格安バスが登場する一方、既存のバス業者は「安全」「快適」「利便性」を前面に出して対抗する構えだ。“高速バス夏の陣”に迫った。(森重達裕)

 金沢と東京を8〜9時間で結ぶ高速バスは、JRバスや北陸鉄道が運行する「路線バス」と、旅行会社がバスと運転手を調達して企画運営する「ツアーバス」の2種類に分かれる。ツアーバスは2000年の道路運送法改正で免許制から許可制に切り替わったことで業者が増え、現在、金沢―東京を結ぶバスは10社近くが参入しているという。

 運賃は季節や曜日によって異なるが、路線バスの片道7000〜8000円に対し、ツアーバスは4000〜6000円と割安だ。

 さらに7月2日からは「高速バスツアーズ」(東京都新宿区)が新規参入する。4月に創業したばかりで、片道3500円を基本料金に、毎日、先着予約客10人は2500円になる特典を付けた。

 森良知代表取締役は「全席2500円ではペイしないが、10人乗せても40人乗せてもコストは同じ。乗車効率を考えて決めた」と話す。当初の料金設定はもう少し高めだったが、「他社が3500円を打ち出して来た以上、対抗しなくては」と決断したという。

 同社がライバル視したのは、これまでの最安値(片道3500円)を打ち出していた「MKツアーランド」(金沢市)だった。金曜の便は1000円程度値上げする業者が多い中、MKは「365日定額で3500円」を“売り”にする。新規参入に対し、担当者は「多少影響はあるだろうが、価格で追いかけっこをするつもりはない。(夜行列車の)北陸、能登の廃止以降は利用客はずっと伸びている」と自信を見せる。

 同社は3500円の低料金バスを続ける一方、7月2日から1人掛けで座れるゆったりタイプのバスを片道5500円で運行する。「接客や毛布などの備品も重視する。様々な選択肢を作って顧客の満足度を上げたい」としている。

 一方、路線バス側はどうか。西日本JRバス広報室は「正直、脅威だ。2500円には太刀打ちできない」と認める。同社の「青春ドリーム金沢号」は早期購入割引とネット割引を併用すれば4410円で乗ることができるが、それでも最安値とはかなり開きがある。担当者は「ツアーバスと違いキャンセル料はほとんどかからないし、運行中の音声を記録するドライブレコーダーなど安全面の機器も完備した。路線バスの安心感をアピールしたい」という。

 北陸鉄道(金沢市)の松本壮平・自動車部次長も、「確かにツアーバスよりは高いが、飛行機、鉄道よりはだいぶ安い。他の交通機関に接続しやすくしたり、車両を可能な限り最新鋭のものにしたりと、顧客に選ばれる利便性の高いサービスに磨きをかけたい」と話していた。

(2010年6月29日 読売新聞)

433 荷主研究者 :2010/07/06(火) 23:18:25

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1006110017/
2010年6月11日 神奈川新聞
バス17路線を系統別に記号化・色分け、現行表示の複雑さ解消/箱根

バス路線図の一部。表示がアルファベット表記に変わり、色分けされる

 箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏推進協議会(会長・数馬勝箱根町副町長)は15日から、箱根エリアを運行する4社計17路線のバス表示を系統別にアルファベット1字で記号化し、色分けする新表示を始める。観光圏事業の第1弾。

 箱根エリアでは、往復計約620便(休日)が運行している。各社ごとに異なる現行表示の複雑さを解消する狙いだ。増加する外国人観光客対策でもある。都心部を走る地下鉄の路線表示を参考にした。

 ターミナルや停留所に設けられる路線図で行き先を通る路線のアルファベットを確認できる。バスの発光ダイオード(LED)表示板と運転席前にアルファベットが掲示され、該当のバスをひと目で見分けられる仕組み。

 国からの補助金700万円を含む1750万円を充てる。箱根と湯河原、熱海間を結ぶ計3路線についても、アルファベット表記化を検討。箱根関所(箱根町箱根)前の停留所名は「関所跡入口」から「箱根関所跡」に変更される。

 観光圏は県西部2市8町と熱海市、民間事業者が連携して2泊3日以上の滞在型観光地を目指し、4月に国の認定を受けて誕生した。推進協は2014年度までに32事業を展開。外国人宿泊客は5年間で約3倍の年間51万2千人を目標とするなど、圏内観光客の増加を目指している。

434 荷主研究者 :2010/07/06(火) 23:24:13

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/178678
2010年6月17日 00:18 西日本新聞
「福岡−鹿児島」 バスに半額運賃 西鉄など5社

 西日本鉄道(福岡市)など5社は、共同運行する福岡‐鹿児島の高速バス「桜島号」の運行開始20年を記念して、7月21日から来年1月末まで、対象便や席数限定で、半額運賃「席割(せきわり)」を設定する。

 対象は1日23往復(夜行便は除く)のうち、昼間の混雑時間帯の5往復を除く18往復。席数は1便8席。インターネット予約は4日前まで、電話や窓口での予約は、乗車直前まで受け付ける。「席割」を指定すると、福岡‐鹿児島の大人片道普通運賃5300円が2650円になる。途中バス停からも利用できる。予約受け付けは21日から。

 福岡‐鹿児島の所要時間は3時間47分。高速道路の休日割引の影響で、利用が伸び悩んでおり、てこ入れを図る。

=2010/06/17付 西日本新聞朝刊=

435 チバQ :2010/07/06(火) 23:42:27
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20100706/CK2010070602000180.html
《経済》 「浜松駅−横浜駅」高速バスを運行 遠鉄が16日から
2010年7月6日

 遠州鉄道(浜松市中区)は16日から、浜松駅−横浜駅間の高速バス「イーライナー」の運行を始める。都内や羽田空港にもアクセスしやすく、運賃を低く抑えることで年間2万3000人以上の利用を目標とする。

 イーライナーは毎日2便を運行。静岡県内では浜松駅から磐田インター駐車場まで計6カ所に乗降場所を用意した。浜松駅からは午前6時40分と午前8時にそれぞれ出発、約4時間後の横浜駅着を予定している。往復の料金は大人が7000円、子どもが3500円。9日から予約の受け付けを開始する。

436 チバQ :2010/07/10(土) 01:32:41
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/sanin/10/News/chugoku/Sc201007090001.html
タクシー減車で歩調そろわず 昨秋、増車規制を再強化 '10/7/9

--------------------------------------------------------------------------------


 ▽「利用者無視」と反発も

 昨年10月にタクシー事業適正化・活性化特別措置法が施行され、タクシーの増車への規制が再強化された。国土交通相が供給過剰と認めた地域は、事業者が協調して減車を進める。規制緩和で増え過ぎたタクシーを減らすのが主な目的だが、中国地方では事業者の歩調が乱れている。

 「官が民を圧迫するのはおかしい。利用者を無視している」。福山市内のタクシー会社の社長は「稼働率は90%以上ある。企業努力を重ねて利用者を増やしてきた。減車には応じられない」と訴える。

 この会社には6月下旬、中国運輸局と広島県タクシー協会(広島市西区)などでつくる福山交通圏・三原市・呉市A・東広島市タクシー特定地域協議会から「福山交通圏地域計画」が届いた。「(事業者などには)自主的かつ協調的な減車や休車を推進することが期待される」と減車への理解を求める内容が記されていた。

 この会社は2002年2月の規制緩和で新規参入が免許制から許可制に移行したのを受け、03年に創業した。地域最安値の初乗り運賃を設定し、7年間で車両を5台から63台に増やした。

 運輸局によると福山交通圏(福山市と尾道市の一部)では02年度以降、14社が参入した。車両数は256台増え978台になった。特措法を受け国土交通相は昨年10月以降、福山など計20地区を供給過剰が進む「特定地域」に指定。協議会は福山地区の適正車両数を786〜884台とし、自主的に台数を約1〜2割減らす計画を作っている。

 一方、中国地方で最多の3447台のタクシーが走る広島交通圏(旧湯来町を除く広島市と廿日市市の廿日市市域、広島県安芸郡4町)。運輸局は2600〜2900台を広島交通圏の適正としているが、これまで減車か休車を届け出たのは52事業者の200台にとどまる。

 規制緩和後に参入した広島市と広島県海田町のタクシー会社7社が加盟する西日本タクシー協議会(中区)は「広島駅構内に入れないなど、既存の業者より不利な立場にある。減車をするならせめて同じ土俵に立ちたい」と減車要請への回答を留保している。

 運輸局の西田末広旅客第二課長は「運転手の労働環境の改善のためにも協力をお願いしたい」。ただ減車に強制力はなく「各事業者の自主性に委ねる」と言う。

 規制緩和では、車両が増えすぎて1台当たりの収入が大幅に減った経緯がある。広島交通圏タクシー特定地域協議会によると、広島交通圏の1台当たりの1日の営業収入は、01年度の3万3287円から08年度は2万7004円に減少した。稼働率も88・2%から78・8%に落ちた。

 02年の規制緩和から一転しての規制強化。県タクシー協会の坂内暹巧(のりよし)広島支部長(67)は「規制緩和は違法駐車の増加や労働環境の悪化を生み出した」としつつ、「今回の規制強化も、法的拘束力がない上、新規参入業者にどう理解を得ていくかが課題となっている。国の施策に翻弄(ほんろう)されている」と指摘する。(桑島美帆)

【写真説明】JR広島駅構内に入るため、駅前通りに列をつくるタクシー(広島市南区)

437 荷主研究者 :2010/07/19(月) 21:16:06

http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/201006/20100625000159.htm
2010/06/25 09:42 四国新聞
観音寺発着を減便/ジェイアール四国バスなど

 ジェイアール四国バス(高松市)と四国高速バス(同市)は7月1日から、共同運行する観音寺駅―神戸・大阪間、丸亀駅―神戸・大阪間の高速バスについて運行便数を変更し、バス停を新設する。

 運行便数は、ジェイアール四国バスが運行する観音寺駅―神戸・大阪間がこれまでの神戸行き2往復、大阪行き4往復を、全便三宮経由大阪行きにし、5往復に変更。四国高速バスが運行する丸亀駅―神戸・大阪間がこれまでの大阪直行便3往復、神戸直行便2往復、三宮経由大阪行き1往復の計6往復に、大阪直行便、神戸直行便、高松駅経由大阪行き、高松駅経由神戸行きを各1往復追加し、計10往復にする。

 また、バス停は三豊市に「ゆめタウン三豊」、坂出市に「坂出駅前」を新設。ゆめタウン三豊は観音寺駅―神戸・大阪間で、坂出駅前は丸亀駅―神戸・大阪駅間でそれぞれ停車する。

 ジェイアール四国バスは、高速道路の値下げなどで利用者の減少傾向が続いていることから、路線縮小による経費削減を進めており、観音寺駅―大阪・神戸間も便数を減らして効率化を図った。

 逆に、四国高速バスは増便に伴う利便性向上で利用客増を見込む。

438 荷主研究者 :2010/07/19(月) 21:31:08

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010070112203817/
2010年7/1 12:20 山陽新聞
空港バスも発着開始 岡山駅西口

 JR岡山駅西口広場のバスターミナルで1日、岡山空港リムジンバスの発着が始まった。これまでの東口ターミナルから移転し、同広場再整備に伴うバス乗り場の再編が完了した。

 西口バスターミナルは2層式広場の1階。岡山空港リムジンバスは9カ所ある乗り場のうち2カ所を使い、従来通りの1日50便が発着する。空港までの所要時間は変わらず30分。乗車券の自動販売機は西口バスセンターの待合室内に設けた。

 東口ターミナル内の空いたスペースは、この日から両備バスの新岡山港、玉野方面行きの乗り場になった。

 西口広場は5月10日に完成。路線バス(1日約160便)は整備中の4月24日、高速、定期観光バス(同約200便)は6月1日に乗り入れを開始している。

439 荷主研究者 :2010/07/19(月) 21:59:48

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201006290019.html
'10/6/29 中国新聞
フィーダーバスで団地と駅直結
--------------------------------------------------------------------------------
 福山市は市東部の8住宅団地とJR福山駅を結ぶ「地域フィーダー路線バス」の試験運行に向けて、バス事業者2社と最終調整に入った。1度の運行ですべての団地を経由する市の構想はニーズが見通せないことなどから現時点では実現困難な見通し。市は8月下旬に運行計画をまとめ、中国運輸局に認可申請する。

 市によると、伊勢丘3丁目バス停を「東部地域乗り継ぎターミナル」に設定。ここを発着点に団地を巡回した後、乗客を福山駅と日本鋼管福山病院(大門町)方面に送迎する。10月にも運行開始し、来年3月末まで続ける。市中心部への買い物や通院での利用を想定しており、朝夕のラッシュ時には運行しない考え。

 市が昨年6月に示した構想は、伊勢丘や幕山台など8団地を巡回する内容だった。が、すべての団地を回ると1時間近くかかる上、利用者ニーズや採算が見通せず、これまでに1事業者から提出された計画案には、半数近くの団地がルートに含まれていないという。

 市都市交通課は「事業者側のプランは定期路線化をにらんだルート設定で魅力的でもある。ルートの複線化も視野に入れつつ、住民ニーズに沿った計画をまとめたい」としている。

【写真説明】試験運行の中継拠点となる伊勢丘3丁目バス停

440 荷主研究者 :2010/07/24(土) 14:03:19
>>397
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/13351.html
2010年7月8日 新潟日報
ワンコインバス8月まで延長決定

 新潟市は8日、中心市街地活性化の緊急対策として土、日曜、祝日限定で運行している「新潟駅―古町間ワンコイン(100円)バス」の社会実験を8月22日まで延長すると発表した。帰省客など多くの利用が見込まれる夏休み期間の状況を把握する。

 当初の実験期間は今月19日までだったワンコインバス。5月末時点で1日平均約3800人、最大で約4600人が利用。満員で利用者が一度に乗り切れない便も出るなど「予測を超える利用」(篠田昭新潟市長)があり、地元商店街も期間延長を求める陳情書を提出していた。

441 荷主研究者 :2010/07/24(土) 14:22:33

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100705/346902
2010年7月6日 05:00 下野新聞
佐野市営バス、デマンド運行拡大 10月から

 【佐野】市は10月から、市営バス「さーのって号」の赤字幅を減らすため、支線のデマンド運行区間を拡大する。デマンド運行は事前に利用予約があった場合のみ運行する方式で、空バスの運行を防ぎ経費を削減できる。市は基幹線と支線合わせて昨年度下半期16・5%だった収支率(運行経費に占める運賃収入の割合)の目標を20・0%に設定して、地域公共交通として継続できる運行を目指す。

 2008年10月以降、仙波会沢線全区間と秋山線の一部区間はすでにデマンド運行を導入しているが、今年10月からは野上、飛駒の2路線も含め4路線全区間でデマンド運行にする。足利市までつながる足利線は同市と協議の上、名水赤見線は区間を検討した上でデマンド運行を追って導入する。

 市は国の補助を受け、08年10月から本年度まで、交通弱者の足として持続可能な運行を模索する実験を行っている。市街地の各拠点を巡る基幹線は昨年度下半期の収支率が28・7%で、実験開始以降順調に上昇。しかし全6支線は08年度下半期が12・0%だったのに対し昨年下半期は13・2%と微増にとどまっている。

 収支率改善には運賃増と経費削減が必要だが、市は、山間部を走る支線の大幅な乗客増は見込めないと判断。減便も乗客離れが進むとして、デマンド運行の拡大を選択した。市交通生活課は「国の補助がなくなれば市の赤字補てんは年間1億円を超える。県が赤字補てんの目安としている30%の達成は難しくても、市の持ち出しが減るよう20%を目標にする」と説明。デマンド運行拡大に先立ち、7月に計11回の地元説明会を開く。

442 荷主研究者 :2010/07/24(土) 14:24:49

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20100704000000000013.htm
2010年07/04 07:41 静岡新聞
横浜線の乗客に割引券配布 しずてつジャストライン

 しずてつジャストラインは静岡と横浜を結ぶ高速バスの横浜ライナーの乗客に、次回の乗車料金を割引する「アゲインチケット」を贈る期間限定のキャンペーンを開始した。12月31日まで。

 チケットは1枚で2人まで利用可能で、横浜ライナーの乗車券を窓口で購入する際に使うと、片道大人500円、小人(小学生)250円を割り引く。事前に往復乗車券を買う場合は割引額が2倍になる。チケットは8月1日から来年2月27日まで有効。

 横浜ライナーは新静岡駅前と横浜シティ・エア・ターミナル間を1日2往復する。通常料金(新静岡発着)は片道大人2700円、小人1350円。観光客や買い物客を中心に、昨年12月の開設以降延べ6千人以上が利用している。

443 名無しさん :2010/07/27(火) 19:53:46
MKタクシーに運賃値上げを指導
 中部運輸局は、タクシー会社の名古屋エムケイから出されていた運賃据え置きの申請に対し、これを認めず値上げを指導しました。

 名古屋エムケイは、タクシー中型車の「初乗り運賃1.3キロ400円、加算運賃197メートル50円」を据え置く内容の申請を出していましたが、中部運輸局は、過去5年間の実働率を基に「初乗り1.3キロ430円、加算188メートル50円」が適正と、値上げを指導しました。

 この結果を不服として名古屋エムケイは、28日に国を相手取り、自社の料金設定を認めるよう訴えを起こすことを明らかにしました。(27日18:31)

http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=0002C8FC

444 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:17:34

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100701/CK2010070102000023.html?ref=related
2010年7月1日 中日新聞
“走る手筒花火”出発 高速バス「豊橋京都線」

1日に運行を始める豊鉄バスの豊橋京都線=豊橋市役所で

 1日に運行を始める豊鉄バス(豊橋市植田町)の高速バス「豊橋京都線」の車両が30日、豊橋市役所の市民広場で披露された。京都や奈良方面への観光の足として期待されるほか、東三河の伝統文化の手筒花火が大きく描かれた車体で、東三河の魅力を伝える“走る広告”の役目を担う。

 使用する大型バスは赤を基調にした目をひくデザイン。豊鉄バスの村松哲二社長は「手筒花火は豊橋のシンボル。京都や沿線でPRし、豊橋に来る人を増やしたい」と意気込む。佐原光一市長も「豊橋の文化を知ってもらいたい。京都もいいところがたくさんあり、1度とは言わず、2度3度と利用して」とあいさつした。

 豊橋京都線は、往路は植田車庫前を午前6時35分発、豊橋駅前(午前7時)、豊川駅(同7時21分)などを経由し、東名本宿(同7時40分)で停車後、京都まで直通。京都深草に同10時20分、京都駅には同10時35分に着く。復路は京都駅を午後4時45分発で、豊橋駅前には同8時半着。

 料金は3100〜3500円で新幹線の約半額。8月31日までは運行開始キャンペーンで、片道1000円割引きになる。予約は乗車日の1カ月前から受け付ける。

 定員40人。既に7月上旬の土日は20〜30人の予約が入っているが、平日も含めてまだ席に余裕がある。7月全体では570人以上の予約があるという。予約、問い合わせは、高速バス専用ダイヤル=電0532(44)8412=へ。インターネットやコンビニでも予約できる。

 (石屋法道)

445 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:32:24

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201007120002.html
'10/7/12 中国新聞
海田町がバス停タクシー運行
--------------------------------------------------------------------------------
 広島県海田町は、町のコミュニティーバス「ふれあいバス」が通らない三迫、国信地区の交通利便性向上のため、両地区と最寄りのバス停を結ぶタクシーを運行する計画案をまとめた。11月にも実験運行を始める。

 三迫3丁目と2丁目の一部、国信2丁目の一部が対象。タクシーは乗車定員5人で、予約制にする。バスの時刻に合わせ運行する。運賃や経路、予約方法や便数など具体的な運行形態は、住民や交通事業者と協議しながら詰めていく。

 町は8日、有識者を含む委員14人でつくる町地域公共交通会議を開き、計画案を提示した。8月中に計画をまとめ、運行事業者を決めたうえで運行協定を締結。運行費用を一部負担する。

 町は2007年4月にふれあいバスの本格運行を始めたが、三迫と国信地区の一部は道が狭く、バス路線から外れている。交通手段の確保を求める住民の声は強く、交通利便性向上が課題となっていた。

446 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:55:27

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100722/355151
2010年7月23日 05:00 下野新聞
「高速バスは便利」が7割 市営バス・鉄道は3割どまり 佐野市調査

 【佐野】市内の公共交通のうち、高速バスについて市民の7割近くが「便利」と考えていることが、市が実施した市政アンケートから分かった。一方、鉄道や市営バスを「便利」とする人は3割強にとどまっており、公共交通の種類によって差が大きいことが浮き彫りになった。

 アンケートはまちづくりに対する市民の意見を把握するため、毎年実施している。今回は今年1〜2月、20歳以上の2千人を対象に行い、回答率は44・9%だった。

 市内の公共交通はJR、東武線の鉄道のほか、民間の高速バスと新都市循環バス、市営バス「さーのって号」がある。

 公共交通全般について、便利かという問いに「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した人の合計は44・2%だった。

 一方、高速バスは68・1%が「便利」ときわめて高い評価。新都市循環バスが43・6%と続いた。

 これに対し、鉄道は34・3%、市営バスは34・5%にとどまり、特に鉄道は「どちらかといえばそう思わない」「そう思わない」の合計が44・1%と、唯一、便利と思う人を上回った。

 東京駅や新宿駅などと往復する高速バスは、駐車場を備えた新都市バスターミナルが整備されたほか、便数も格段に増え、評価されたようだ。

 市営バスを担当する市交通生活課は「バスが走っていない区域の市民の声も入っているのを考えれば、市営バスについてはまずまずの数字」とした上で、来年度にかけて現在運行路線がない区域を含めた市民の意向調査を行い、新規路線の可能性も視野に入れたルート変更の検討を進めるとしている。

447 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:56:05

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100722/355149
2010年7月23日 05:00 下野新聞
下野市、デマンドバス導入へ 11年秋めど 市西部・東部と中心部結ぶ

 【下野】高齢者らの生活の足を確保しようと、市は2011年秋をめどに、利用者の予約に応じて運行するデマンド型バスを導入する。公共交通空白地域である市東西部などから、医療機関や店舗が多いJR宇都宮線沿線の市中央部へのアクセスを重視する考えだ。住民や道路管理者、公共交通事業者らによる市地域公共交通会議が8月、具体的な運行方法の詰めに着手する。

 市によると、市内はJR宇都宮線が縦断し3駅を抱えるものの、4路線ある民間バスは市外への移動手段が主で市内循環の役割は小さい。公共交通充実は旧3町合併時の「新市建設計画」に盛り込まれていた課題だ。

 市は09年度、公募委員らでつくる検討委員会が対応を協議し、(1)JR線から離れた空白地域である市西部、東部への対応が重要(2)JR線に近い市中央部でも石橋地区と自治医大周辺を結ぶことが求められている(3)需要密度が比較的低い中で効率的に広範囲をカバーするデマンド型バス導入が有力候補−などとする基本方針を今春、広瀬寿雄市長に答申した。

 今月11日の市長選で再選を決めた広瀬市長は、デマンド交通導入を公約に掲げていた。

 こうした経緯から市は、デマンド型バスを基本に公共交通網を整備する方針を決定。8月5日に初会合が開かれる市地域公共交通会議が本年度中に、具体的なルートやダイヤ、運賃などの計画を策定する。市は同会議の定める計画に従って、11年秋から実証運行を始め、部分的に修正を加えた上で、本運行に移行したい考えだ。

448 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:57:57

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100721/354619
2010年7月22日 05:00 下野新聞
公共交通体系再編へ 茂木町が町民アンケート

 【茂木】町は21日までに、バス交通に関する町民アンケートを町内全世帯に配布した。町民のバス利用の実態と今後の意向をつかみ効率的に再編。本年度内に乗り合いタクシー導入とスクールバス運行を中心に想定した「町地域公共交通総合連携計画」にまとめる。来年10月から実証実験に入る予定だ。

 町内を走るバスは現在、宇都宮−茂木間のJRバスと町営バス計6路線(山内、河井、大瀬、須藤、逆川、循環バス「めぐるくん」)、通院者を家庭から市街地病院に運ぶ町営患者輸送バス(無料)、そして町営スクールバスの4種類が運行されている。

 しかし町営バス6路線は、2005年に8万7808人あった年間延べ利用者数が毎年減少。2009年には7万2987人と4年間で1万5千人近く減っているのが現状だ。

 運行収入で賄えない分の赤字補てん額は05年の約2千万円から09年には2500万円に増えた(県費補助も含む)。利用者の減少で運行が危ぶまれる一方で、高齢化が進み通院や買い物など日常生活の足の確保に困る町民も増えている。

 そこで町は来年10月からの実証実験をめどに、予約制で自宅近くまで送迎してくれる地区ごとの乗り合いタクシーとスクールバスの二つを柱に想定して地域公共交通を再編することを計画。今回、同タクシー利用の意思や運賃幅、既存の町営バスや患者輸送バス、JRバスなどの在り方などについて全戸アンケートを実施することにした。

 アンケートは8月6日までに回収し集計、本年度末策定の「町地域公共交通総合連携計画」に反映させたい考え。さらに来年10月をめどに現行の町営バスから同計画に切り替える方針で、以降3年間の実証実験を経て4年目から本運行に入る予定だ。

449 荷主研究者 :2010/08/01(日) 21:58:57

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly14.htm
2010/07/21(水)茨城新聞 朝刊 経済 A版 10頁
高速バス日立−東京線 国民宿舎「鵜の岬」延伸 毎日2往復

 日立電鉄交通サービス(日立市幸町、土屋静治社長)、ジェイアールバス関東(本社・東京、万代典彦社長)の高速バス「日立−東京線」が同市川尻町の国民宿舎「鵜の岬」(大貫英一支配人)まで延伸され、20日から共同運行を始めた。高速バス利用率アップと顧客サービス向上を目指すバス会社、鵜の岬双方の考えが一致した。

 運行開始したのは「鵜の岬前(改正前は神峰営業所)−東京駅」で、毎日2往復。運行時刻は▽上り(鵜の岬前発−東京駅日本橋口着)午前9時55分〜午後1時40分、午前11時55分〜午後3時40分▽下り(東京駅八重洲口発−鵜の岬前着)午前11時40分〜午後2時35分、午後1時40分〜午後4時35分。運賃は東京駅・上野駅−鵜の岬前大人2650円、子ども1330円。

 同日、鵜の岬正面入口前でのセレモニーで、午前9時55分発の高速バスに乗る宿泊客と運転手に土屋社長、大貫支配人から花束が贈られた。土屋社長は「利用状況を見て、鵜の岬から東京までの直行便も考えたい」と話した。

450 荷主研究者 :2010/08/01(日) 22:01:27

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly01.htm
2010年07/23(金)茨城新聞
かしてつ跡BRT事業 来月30日から実証運行

定時性や採算検証

 廃線となった鹿島鉄道の線路跡(石岡−四箇村駅間5・1キロ)を利用するバス高速輸送システム(BRT)の事業化に向け、第7回「かしてつ沿線地域公共交通戦略会議」(委員長・荻沼雅光石岡市企画部長)が22日、石岡市内で開かれ、実証運行開始日を8月30日と決めた。本運行の運営体制確立に向け、2年程度かけて、定時性や速達性、利用者満足度、採算性などの検証を行っていく。

 同事業は専用道を市道として認可しバスを走らせる全国初の公設民営のBRT。地域公共交通の新しい在り方を提案するプロジェクトとして、石岡市や小美玉市などが進める。

 同会議によると、現在、事業者の関鉄グリーンバスが国土交通省に新規路線の許認可申請を出しており、許可が下りた時点で運行開始が正式発表される。

 現在、バスは専用道と並行する国道355号をルートに平日72本運行しているが、専用道では112本に増便する。これで朝の通勤通学時間帯は10分間隔となり、利用者の利便性などを検証する。

 会議では運行開始時期のほか、工事の進ちょく状況などを報告。工事は、バス専用道に入る手前の県道石岡つくば線のJR踏切付近から専用道の山王川付近を残してほぼ完了し、現在は同区間の工事と専用道への誤進入を防止する遮断機やバスシェルターなどの整備が進められている。

 開通記念式典は運行開始前日の29日にJR石岡駅西側ステーションパークで行われる。8月22日には専用道を歩くウオーキング大会を開催、開通機運を盛り上げていく。

【写真説明】バス高速輸送システムの専用道の工事が進む山王川付近=石岡市

451 荷主研究者 :2010/08/01(日) 22:02:51

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1279763589
2010年07月22日10時53分 千葉日報
千葉みなと100円バス運行 千葉駅起点に地区を循環 小湊鉄道

小湊鉄道が26日から運行する千葉みなとループバスのデザイン

 小湊鉄道(市原市、石川晋平社長)は26日から、JR千葉駅を起点に千葉市中央区の千葉みなと地区を約20分間隔で循環する路線バス「千葉みなとループバス」の運行を始める。高層マンションの立地が同地区で進み、居住人口が増えてきたことに着目した。運賃は全線100円均一と割安に設定し、住民らの利用を掘り起こす。

 バスは午前7時〜午後10時に、右回りと左回りの2系統を平日約20分間隔、土日祝日約40分間隔で運行。1日の運行本数は平日47本、土日祝日23本。千葉駅を出発し、神明町、出洲港、ポートアリーナ、問屋町、千葉みなと駅、市役所などを巡る。路線区間は約5キロ。

 同地区ではこれまで他社も含めて路線バスの運行が少なかった。同社と千葉海浜交通(千葉市美浜区)で共同運行している千葉駅と稲毛海岸駅を結ぶ路線バスが問屋町を通るが、便数は1時間に1、2本程度。「住民の多くは千葉みなと駅を利用しているが、路線バスを活用して千葉駅にアクセスする新たなニーズを掘り起こしたい」と同社は意気込む。

452 荷主研究者 :2010/08/01(日) 22:15:30

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20100722/CK2010072202000014.html
2010年7月22日 中日新聞
飯田―浜松に高速バス 遠州鉄道、11月まで週4便

岡庭村長(右)の歓迎を受ける竹山常務=阿智村の昼神温泉で

 阿智村の昼神温泉や飯田市に31日から、遠州鉄道(浜松市)が高速バスの直行便を運行する。21日には、同社の竹山英夫常務らが同温泉郷などを訪れ、岡庭一雄村長らの歓迎を受けた。前日までの予約で飯田市方面からも乗車ができる。

 南信での乗降場所は、飯田駅前と昼神温泉で、週末と月曜、火曜の4日間の運行。飯田駅前からは午後4時30分に出発する。

 11月までの期間限定だが、高速バス事業の強化を狙う同社では路線化も検討している。

 21日に昼神温泉を訪れた竹山常務は「三遠南信の交流推進を図るためにも、双方向に利用できる路線を検討していきたい」と意欲を見せた。岡庭村長は「浜松方面とは阿智や飯田はもともと縁が深い。広域での利用も考えて、人と物の交流を深めたい」と話していた。

 予約の問い合わせは同社=電0570(06)4024=へ。

453 荷主研究者 :2010/08/01(日) 22:16:31

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20100722/CK2010072202000005.html
2010年7月22日 中日新聞
敦賀市、バス利用者数減少

利用者が減少気味の敦賀市のコミュニティーバス=同市白銀町で

 敦賀市が利便性の向上などを目的に2009年12月に市のコミュニティーバスに一本化して再編した市内のバス利用者数が、再編前に比べ減少気味となっている。11年4月までは試行期間となっており、市は改善を図っていく方針だ。

 09年12月から今年5月まで、6カ月間の利用者数は16万3000人。単純に1年間に換算すると、倍の32万人程度となる。再編前の08年度は約37万3000人で、減少傾向が目につく。

 市は再編に当たり、従来コミバス、民間バスで、160〜890円だった料金を200円に均一化。重複路線を解消して路線も一つ増やして15にし、便数も1日167便から180便にした。

 しかし、利用者からは歓迎の声もあるものの、「乗り継ぎの待ち時間が長い」「路線を元に戻してほしい」などの不満が寄せられている。

 市は減少傾向について、▽再編に伴い路線や運行時間を変更したため、従来の利用者に戸惑いが出ている▽赤字圧縮を目的に全体的に路線の走行距離を減らしたことで、乗り継ぎの必要性が増えた−ことなどが原因では、と分析。

 市生活安全課の担当者は「再編の効果をさらにPRしながら、できる限り要望にきめ細かく対応して、利便性を高めていきたい」と話している。

 また、中心市街地の商店街と連携し、バスの利用者が買い物をした際の特典を設けるなど新サービスの実施も検討していく考えだ。

 (立石智保)

454 荷主研究者 :2010/08/12(木) 19:16:26

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20100728_10
2010/07/28 岩手日報
バス停車帯整備完了 盛岡の国道4号
--------------------------------------------------------------------------------
 国土交通省が整備を進めていた盛岡市の国道4号盛岡バイパスのバス停車帯が27日、4カ所すべて完成し利用が始まった。バス乗降時の安全性が高まり、交通渋滞の緩和なども期待される。

 整備個所は同市上堂3丁目地内の上堂3丁目バス停車帯上下線と同市高松2丁目地内の北大橋東バス停車帯上下線。昨年3月から順次着工し、残る北大橋東バス停車帯上り線が27日に完成した。総事業費は約4800万円。

 同市の高松2丁目・上田4丁目―上堂1・3丁目間では、バス利用の促進を図るため2003年からバスの実証運行を開始。本格運行への要望は高まり、国土交通省と盛岡市は08年11月に「国道4号バス停車帯整備のあり方懇談会」を開き、地元代表らの意見を基に停車帯整備を計画した。

 盛岡市の古山裕康交通政策課長は「本来、国道4号にバスが止まるのは危険だが、停車帯ができたことで安全性の向上が図られ、地元住民のバス利用促進にもつながるはず」と期待する。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/kokudou100728.jpg
【写真=27日から利用が始まった国道4号盛岡バイパスの北大橋東バス停車帯上り線】

455 荷主研究者 :2010/08/12(木) 21:25:54

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100728/CK2010072802000025.html
2010年7月28日 中日新聞
名古屋市バス、廃止・短縮12系統 桜通線延伸で再編素案

 名古屋市交通局は27日、地下鉄桜通線の延伸(野並−徳重)に伴うバス路線再編の素案を、市議会土木交通委員会に示した。延伸部と重複する系統の廃止や短縮が12、最寄り駅に接続するための系統新設やルート変更が14、運行回数の削減が4と計30系統に影響する。

 延伸区間には、鳴子北、相生山、神沢、徳重の4駅に加え、鳴子北バスターミナル、タクシーや一般車と共用の徳重交通広場を新設。最寄りの地下鉄駅でより早く乗り継ぎができるようにとの考え方を基本に、利便性の向上とバス事業の効率化を図る。

 ルート変更などによる停留所の新設は、荒池2丁目、荒池緑地公園、神の倉赤松、熊の前北、中平5丁目、鳴海町神ノ倉、鳴海町笹塚、平針南2丁目、みどりが丘公園会館の9カ所(いずれも仮称)。廃止は内浜町(瑞穂区塩入町)の1カ所となっている。

 市交通局によると、関係する30系統の現行の営業収支は約7億7800万円の赤字。延伸区間の開業で約4億3000万円の減収となるが、再編による効率化で赤字の拡大を約7880万円に抑えることができる。

 利用者の意見を取り入れて最終案を作るため、近日中に市のホームページで素案を公表するほか、次の3カ所で地域懇談会を開く。時間はいずれも午後6時半から。 

8月17日 緑区役所講堂

8月20日 天白区役所講堂

8月25日 緑文化小劇場

 (宮本隆彦)

456 荷主研究者 :2010/08/12(木) 21:45:55

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201007310046.html
'10/7/31 中国新聞
高速バス、斐川にも停車へ
-------------------------------------------------------------------------------
 中国ジェイアールバス(広島市南区)は30日、出雲、松江と東京、大阪などを結ぶ高速バス4路線について、9月1日から島根県斐川町に停車すると発表した。町が停留所を整備する。

 山陰自動車道斐川インターチェンジ(斐川町)の600メートル北西に新設される「斐川インター停留所」に停車する。出雲―東京、松江―福岡、出雲―神戸、出雲―大阪の各路線。中国ジェイアールバスと一畑バス(松江市)、阪急バス(大阪府豊中市)が共同運行する。

 町が停車を中国ジェイアールバスに要望していた。町は8月初旬までに待合席と駐車場を整備する。整備費は約3千万円。町土木課は「マイカーの利用が難しい高齢者の利便性を高める」としている。

457 荷主研究者 :2010/08/12(木) 21:55:14

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010080319442438/
2010年8/3 19:44 山陽新聞
高速バス割引を拡大 下電バス

 ETC(自動料金収受システム)割引の浸透などで苦戦する高速バスの利用促進を狙いに、下津井電鉄(岡山市北区大元駅前)は大阪・梅田線と東京・新宿線で割引サービスを拡大する。

 下電観光バス(同厚生町)と共同運行の倉敷・岡山―梅田間(1日8往復)は、出発5日前までの予約購入の割引率10%を15%に拡大し、学生往復割引(10%)も設けた。

 小田急シティバス(東京都)と倉敷・津山・岡山―新宿間で共同運行している夜行高速バス(1日1往復)はインターネット予約とクレジット決済を条件に、33〜10%引きになる「早期購入割引(早トク7)」を新設。出発の1カ月から7日前までに購入する。9月1日から2011年2月28日までの試行。

458 荷主研究者 :2010/08/13(金) 00:02:49
>>452
http://www.shinmai.co.jp/news/20100801/KT100731SJI090006000022.htm
2010年8月1日(日)信濃毎日新聞
静岡県西部と飯伊結ぶ直行バス、運行スタート

阿智村昼神温泉郷に到着し、記念品を受け取る直行バスの乗客(左)

 静岡県西部(遠州)と飯田下伊那地方(南信州)を結ぶ直行バスの運行が31日始まった。飯田市や下伊那郡阿智村の昼神温泉郷を訪れる観光客の利用を見込んでおり、遠州鉄道(浜松市)が11月末まで運行する。愛知県東部(東三河)を含めた「三遠南信地域」の観光交流を深める取り組みとして期待がかかる。

 静岡県の磐田市から浜松市を経て同温泉郷に到着した第1便には19人が乗車。同温泉郷の観光振興などに取り組む阿智村出資の第三セクター「昼神温泉エリアサポート」の社員や旅館関係者ら約10人が出迎え、乗客一人一人に昼神温泉の源泉を詰めた化粧水「昼神温泉みすと」を手渡した。

 長女(26)と日帰りで同温泉郷を訪れた浜松市の会社員、野末一行さん(59)は「直行バスができて、気軽に来られるようになった。今度は1泊したい」と話していた。

 三セクの木下昭彦社長(57)は「マーケットを拡大する絶好のチャンス。これをどう生かすかが、わたしたちに求められている」と話していた。

 直行バスは、遠州鉄道が「遠鉄直行バス」の名称で土曜−火曜の週4日間運行。飯田市内ではJR飯田駅前に停車した後、同温泉郷へ向かう。同温泉郷には3時間余り停車、復路は同駅前に1時間半停車する。長期の宿泊も想定して往復利用の有効期間は10日間。往復料金は中学生以上5700円、小学生5200円、幼児千円。

459 とはずがたり :2010/08/13(金) 02:59:49

柳井市:交通体系、ニーズにあった計画を−−交通活性化協議会 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20100803ddlk35010563000c.html

 柳井市は2日、利用者や地域のニーズに応じた交通体系を構築する計画を策定するため、第1回生活交通活性化協議会を開き、市民代表ら16人の委員が議論した。市では、今年度中に計画を策定することにしている。

 路線バスの利用者はマイカー利用者の増加で、年々減少。一方で高齢化の進行で、マイカーの利用困難な人が増え、公共交通の重要度が高まると予想されることから、それに対応した計画を作る。

 榊原弘之・山口大大学院准教授(土木計画学)を会長に選んだ後、市内の路線バス(10方面36路線)の現状や今後のスケジュール、15歳以上の3000人にアンケートを実施することなどを市が説明。委員からは回収率やアンケートの手法に疑問も出たが榊原会長は現状を調べるのは意味があり、負担を軽くするため設問を少なくした方がいいのでは、と指摘した。【小中真樹雄】

〔山口東版〕
毎日新聞 2010年8月3日 地方版

460 とはずがたり :2010/08/13(金) 03:00:01

周南市:県内の自治体初「事業仕分け」 街なかバスなど「不要」 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20100802ddlk35010273000c.html

 周南市は1日、県内の自治体で初となる「事業仕分け」を行い、第1弾として10事業の必要性を公開の場で議論した。学識経験者ら5人の仕分け人は、利用者が減っている「街なかふれあいバス運営事業」と老朽化した市民館など8施設を「不要」と結論づけ、その他の事業も「改善が必要」と指摘した。

 仕分けは、積極的な改善や見直し、休止・廃止の検討が必要とされる5事務事業と5施設群を対象に、1件あたり制限時間40分で実施。仕分け人が市の担当職員と質疑応答した後▽不要▽民間が実施▽市が実施(要改善)▽市が実施(現行どおり)−−の4段階で判定した。

 中心市街地活性化を目的に掲げる「街なかふれあいバス」は、「効果が不明」「事業目的が達成されているとは思えない」などとして仕分け人4人が「不要」と判断。施設の中では、市民館が「市の他の施設で代替できる」「利用率が高いのは低料金だから。多額の税金投入を忘れてはいけない」などとして、福川図書館や新南陽プール、勤労福祉センター・徳山勤労青少年ホームなど7施設とともに「不要」とされた。

 コーディネーターとして仕分けをまとめた中谷孝久・徳山大名誉教授(経済学)は「周南市には判定結果を真摯(しんし)に受け止めてもらい、できるかぎり実現を目指してほしい」と話した。

 市は10月にも第2弾の事業仕分けを実施する予定。【内田久光】

〔山口東版〕
毎日新聞 2010年8月2日 地方版

462 とはずがたり :2010/08/18(水) 04:18:22

自主運行バスに乗ろう 藤枝
http://www.digisbs.com/tv/news/movie_s/20100817000000000049.htm
[2010/08/17 11:49]

 藤枝市で自主運行バスに乗ってスイーツを当てようというキャンペーンが展開されています。
 藤枝市が今月13日から実施している自主運行バスの利用促進キャンペーンで、運転手さんも一役かっています。チラシにはくじが付いていて、当たりは500円分のスイーツ券で、市内の洋菓子店など21の店舗で使えます。
 市が自主運行するバス路線は7つありますが、いずれも乗客数は低迷しています。藤枝市ではキャンペーンを通して知名度をあげ、自主運行バスの乗客を増やしたい考えです。
 スイーツが当たるキャンペーンは今月22日まで展開されています。

463 荷主研究者 :2010/08/22(日) 14:25:21

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1281842480
2010年08月15日12時21分 千葉日報
「千葉−京都」毎日運行 千葉中央バスが夜行高速路線

千葉中央バスが運行する「千葉中央駅−京都駅八条口」線の車両

 京成電鉄グループの千葉中央バス(千葉市)は夜行高速バス「千葉中央駅−京都駅八条口」線の運行を始めた。同社が夜行高速バスを運行するのは初めて。京成バスの路線を同社が引き継ぎ、週末のみの運行を毎日に増やした。

 途中、東京ディズニーリゾート(TDR、浦安市)、西船橋駅、京成上野駅などに停車する。京都からTDRへと遊びに来る客に加え、千葉から京都に観光やビジネスで行く人にもアピールしたい考えだ。1便当たり25人の乗客目標を掲げている。

 1日1往復。往路は午後8時55分に千葉中央を出発し、午前6時40分に八条口着。復路は八条口を午後11時発、千葉中央に午前8時20分着。運賃は片道5500円、往復1万円(小児半額)。問い合わせは千葉中央バス千葉営業所、電話043(300)3611。

464 荷主研究者 :2010/08/22(日) 14:34:22

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008100052.html
'10/8/10 中国新聞
おおたけ幹線バス10月に増便
-------------------------------------------------------------------------------
 大竹市地域公共交通活性化協議会が9日、市役所であり、JR山陽線大竹駅と玖波駅の間で主要施設を結んで試験運行している「おおたけ幹線バス」の10月からのダイヤ改正を決めた。

 両駅をいずれも午前7時20分に出発する便を新たに設け、始発を午前8時からそれぞれ繰り上げる。この両便は、土日祝日は運行しない。利用者の声や事業所アンケートなどから、通勤や通院に使う場合、より早い便が必要と判断した。

 幹線バスは7月の月間利用者数が過去最高の5581人を記録。1便平均も目標の6人に近い5・6人だった。協議会は、猛暑で自転車などから乗り換えた人が多かったのでは、と分析している。

 また、協議会は、停留所に置くベンチに広告を募集することも決めた。料金は、A4判大で年間5040円に設定。ベンチ1台に4枠取れる。

【写真説明】おおたけ幹線バスのダイヤ改正などを決めた大竹市地域公共交通活性化協議会

465 荷主研究者 :2010/08/22(日) 14:34:56

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008120215.html
'10/8/12 中国新聞
高速バス、サービス強化
--------------------------------------------------------------------------------
 中国地方で高速バスを運営する事業者が、ICカード乗車券を導入したり、乗り放題の子ども向け共通券を発売したりしてサービスを強化している。高速道路の料金引き下げなどによる利用者の減少に歯止めをかけようと、利便性をアピールしている。

 石見交通(益田市)は今月、JR浜田駅―広島駅間の高速バスにICカード乗車券「PASPY(パスピー)」を導入した。広島県外に本社を置く交通機関がパスピーを利用するのは初めて。

 高速バスは中国ジェイアールバス(広島市南区)、広島電鉄(中区)との共同運行。7月に石見交通が担当したバス便の利用者数は前年同月より7%減少した。6月末に始まった浜田自動車道・江津道路の無料化実験で、利用者がマイカーに流れたことなどが要因という。

 バス事業者間が連携して利用拡大を図る動きもある。広島県でバスを運行する16事業者は7月、小学生以下を対象に夏休みの土日曜日とお盆を乗り放題とする共通切符を発売した。路線バス専用の千円券と高速バスにも使える2千円券の2種類で、今月末まで扱う。

 中国ジェイアールバスは9月から出雲、松江と東京、大阪などを結ぶ高速バス4路線で、途中の島根県斐川町に停車する。住民の交通手段を充実させたい町からの要望に応じた。

【写真説明】浜田―広島間にパスピーの読み取り機(左下)を導入した石見交通の高速バス(JR広島駅北口)

466 荷主研究者 :2010/08/22(日) 14:36:14

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008130207.html
'10/8/13 中国新聞
中国バスが事業再生報告
--------------------------------------------------------------------------------
 2006年に旧経営陣から事業譲渡を受け、両備グループとして再建を進めてきた中国バス(福山市多治米町)の小嶋光信社長が12日、福山市役所を訪れ、事業再生の完了を羽田皓市長に報告した。大幅な路線縮小をせずに経費削減を進め、補助金への依存体質を改善させた成果を強調した。

 新会社「中国バス」は06年12月、福山、三原、尾道、府中、三次、庄原の6市と広島県世羅、神石高原の2町で路線・高速バスを継承した。利用客が伸び悩む中、経費節減によって07年度から単年度黒字を続ける。06年度と比較し、赤字を補うため国県市町から受ける運行補助金を07〜09年度の3年間で計2億1600万円削減させた。

 取り組んだ経費削減策として、(1)乗務員教育と事故防止による保険料などの削減(2)整備方法の見直しによる修繕費の削減(3)車両入れ替えや安全運転による燃費向上―を挙げた。

 小嶋社長は「苦情が減り、お褒めの言葉が増えた。利用客増加と地域の活性化に努めたい」と抱負を述べた。羽田市長は「意識改革や経費削減の努力が結果に表れている」と評価した。

467 チバQ :2010/08/24(火) 12:50:38
http://www.gifu-np.co.jp/hot/20100823/201008230949_4369.shtml
利便性アップで乗客増 濃飛、岐阜バスの高山―岐阜線
2010年08月23日 09:49

利用客が増えている高山―岐阜線の高速バス=高山市花里町、高山濃飛バスセンター
 濃飛バス(高山市花里町)が岐阜バスと共同運行している高速バスの高山―岐阜線の利用客が増えている。赤字路線ではありながら、増便するという異例の対応で、利用客のニーズに応える地域密着型のサービスが功を奏している。

 同線は高山発、岐阜発ともに1日4便だったが、今年4月から濃飛バスが、高山午前9時40分発と岐阜午後4時40分発の1便ずつを増便。さらに、仕事帰りに利用しやすいよう岐阜午後5時40分発の出発時刻を1時間遅らせるなど時間を変更。バス停を高速道路上の関と名鉄岐阜ロフト前に新設した。

 こうした取り組みの結果、4〜7月の月平均の1便あたりの乗客は、昨年は7・1〜8・4人だったのに対し、今年は8・8〜9・4人と増えた。

 採算ベースにはまだ至っていないというが、同社の担当者は「お客さまの使い勝手よく改良したことで、利用は全体的に増えつつある。新しいバス停の利用も増加傾向で、便利さをさらに多くの人に知ってもらえるよう積極的にPRする」と話す。地域の役に立つ路線づくりに力を注いでいる。

468 チバQ :2010/08/24(火) 12:53:54
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20100817/CK2010081702000154.html
【三重】
福岡行き夜行バス、運行1カ月 採算ラインへ需要掘り起こせ
2010年8月17日

関係者によるテープカットが行われた三重ー福岡線の出発式=7月16日、鳥羽市の鳥羽バスセンターで


 三重交通(津市)が、県内各地と福岡市を結ぶ夜行高速バス「お伊勢さんエクスプレス福岡号」の運行を始めて、16日でちょうど1カ月となった。まだ採算ラインに達していないが「眠っている間に目的地に着ける」という利便性と低価格が売りだ。

 三重交通の担当者は三重−福岡線の利点を「低価格で乗り継ぎが不要」と強調する。運賃は、航空機や鉄道の約半分から3分の1。空港や駅に行くために、車や別の交通機関を利用する必要がない。共同運行する西鉄バス(福岡市)の担当者は「北勢方面へのビジネス、中南勢地域への観光需要がある」と集客を見込む。

 運行開始から1カ月間の平均利用者数は、定員29人に対し11・6人と、採算ラインの15〜17人を下回る。三重交通の担当者は「まだ三重−福岡線の存在を知らない人も多い。需要はあるはずなので効果的にPRしていきたい」と話している。

◆「乗り心地は?」記者が体験乗車
 県内と福岡とを結ぶ夜行高速バス。三重交通は「便利で低価格」とPRするが、肝心の乗り心地はどうだろうか。7月16日の第1便に同乗した感想を報告する。

 午後7時半、母娘や家族連れら計45人を乗せた第1便、2便が鳥羽バスセンター(鳥羽市)を出発した。県内各地を経由し、午後10時半ごろ四日市IC(インターチェンジ)から新名神に入ると、まもなく車内は消灯に。

 その後はすぐに眠ってしまい、目が覚めたのは翌日の午前6時半だった。窓の外をのぞくと「下関」の表示。熟睡している間に名神、中国道、山陽道を通過し、山口県まで来ていた。

 午前7時すぎ、本州と九州を挟む関門海峡を越えて福岡県内へ。数日前に九州地方を襲った豪雨の影響で、北九州自動車道の一部が通行止めとなったため、本来のルートを迂回(うかい)した。

 予定より1時間遅れの同9時半、福岡市中心部の西鉄天神バスセンターに到着。ほとんど寝ていたためか、約14時間もバスに乗っていたという感覚はなかった。

 友人同士で参加した松阪市嬉野森本町の中西かつみさん(57)と津市久居明神町の杉山峰子さん(52)は「これほど長時間バスに乗ったのは初めてだったけど、ゆっくり寝られた」と満足そうだった。 (古谷祥子)

469 荷主研究者 :2010/08/29(日) 12:20:44

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1007300055/
2010年7月31日 神奈川新聞
生田緑地へのアクセス向上、市バス路線を31日から試験運行/川崎

 川崎市交通局は31日から、多摩区の生田緑地へのアクセス向上に向けて、溝口駅南口と向ケ丘遊園駅東口を結ぶ市バス路線を試験運行する。

 市道向ケ丘遊園駅菅生線の開通に伴い、柿生線溝19系統(溝口駅南口〜おし沼)を延伸し、「東生田」、「生田緑地入口」のバス停を新設。おし沼〜向丘遊園駅東口間(1320メートル)を延伸する。

 向丘遊園駅東口方向が平日24本、土曜・休日21本、溝口駅南口方向は平日24本、土曜・休日20本を運行。市交通局は利用状況調査や乗客アンケートを行った上で、来年3月予定のダイヤ改正で運行本数を見直し、本格運行させる方針だ。

470 荷主研究者 :2010/08/29(日) 12:35:48

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=521066004
'10/07/27 山陰中央新報
高速バス浜田ー大阪線で夜行便運行

 高速バスを運行する中国ジェイアールバス(広島市)は、お盆の帰省時期に合わせて8月12〜18日に、昼間運行している浜田−大阪線で初めて夜行便を走らせる。

 高速バスをめぐっては、旅行商品にあたる低価格のツアーバスの参入で、客の争奪戦が激化。浜田と関西を結ぶツアーバスはまだ登場していないが、同社は客の取り込みと、夜間需要を探るため、1日1往復の夜行便を期間限定で運行することにした。

 上下便それぞれ浜田、大阪を午後10時半に出発し、翌日午前6時半に終点へ到着する。定員は34人で、運賃は昼間と同じ片道6000円、往復1万円。往復料金は昼と夜の便での組み合わせも可能にした。

 問い合わせは同社高速バス予約センター、電話0855(22)0953。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

471 荷主研究者 :2010/08/29(日) 13:29:36

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008210177.html
'10/8/21 中国新聞
7社のバス路線 携帯で検索
--------------------------------------------------------------------------------
 広島都市圏を中心とした路線バス7社の経路や所要時間、運賃が無料で検索できる携帯電話用情報サービス「バスゲート」の運用が20日、始まった。携帯電話向けの経路検索サービスなどを手掛けるジョルダン(東京)が、バス各社からの要望を受けて開発した。

 検索できるのは、広島電鉄(広島市中区)▽広島バス(同)▽広島交通(西区)▽芸陽バス(東広島市)▽備北交通(庄原市)▽中国ジェイアールバス(南区)▽エイチ・ディー西広島(西区)―の7社の計約440路線。高速バスは含まれない。

 7社間で競合路線があるため、会社ごとの検索となる。利用したいバス会社を選び、出発地と目的地のバス停名を入力すると、出発時間や到着時間、運賃などが表示される。

 検索した時刻に利用できる最も早い便のほか、到着したい時間を入力すれば最適な便も分かる。携帯サイトのアドレスはhttp://busgate.jp/

472 とはずがたり :2010/08/29(日) 22:10:00

板張り・硬い座席…「自家用」旧国鉄バス、石炭の街走る
http://www.asahi.com/national/update/0828/SEB201008280010.html
2010年8月29日17時26分

 白地にメタリックブルーとシルバーのライン、車体横に舞うツバメのエンブレム――。懐かしい「旧国鉄カラー」のバスが、福岡県直方市の街中を走っている。約5年前にいったん廃車になったが、ファンがJR九州バスから買い取って仲間と整備し、車検にも合格。今は「自家用」だが、ファンらは、ゆくゆくはまちおこしに使えないかと模索している。

 板張りの床から、ほこり止めのオイルのにおいが立ち上る。一番後ろの席のシートの端に「相合い傘」の落書きが残っていた。停車ボタンを押すとキンコンと音が鳴り、「とまります」のランプが赤くともる。

 バスが走り始めた。行く先々で注目の的だ。「正規」の路線バスとすれ違うと、運転手がこちらに敬礼した。

 父親と一緒に乗っていた福岡県水巻町の小学5年宮末定(さだむ)君(10)は「揺れが『ドカン』と大きくて、いつものバスと違う」と驚く。北九州市小倉南区の会社員寺川浩二さん(57)は「床の板や座席の硬さなどにノスタルジーを感じます」と笑みを浮かべた。

 走らせているのは「国鉄塗色バス動態保存オーナー会」のメンバーら。会の発起人、江口一紀さん(49)が代表を務める鉄道ファンの集まり「汽車倶楽部」(約50人)が、市内2カ所で展示されている蒸気機関車(SL)をボランティアで清掃する際に使っている。

 製造は国鉄の分割・民営化直前の1986(昭和61)年。全長10.48メートル、高さ3.2メートルで、定員48人。JR九州バスでは旧国鉄の装いを残す最後の路線バスだった。しかし2005年5月の車検切れを機に、廃車が決定。江口さんが「何とか残したい」と買い取った。

 江口さんは不用になった列車約10両を買い集め、自分が経営する会社の敷地に保管している。バスも置いていたが、鉄道車両より傷みが早く、修理に出すには動けるようにする必要があった。汽車倶楽部のメンバーらが時折メンテナンスのために動かしていたが、今年7月、車検に合格したという。

 メンバー約15人は保存会を立ち上げた。会費は車検や補修、保険の費用にする。運転するのは大型自動車免許を持つ江口さんら。自家用登録の「白ナンバー」のため運賃はとらない。行き先は常に「回送」だ。

 11年度に観光協会の立ち上げを目指す直方市。市内の観光スポットを改めて掘り起こそうと、部会をつくって幅広い市民の意見を集めている。江口さんも部会メンバーで、バスを使ったまちおこしを考えている。「多くの人が『あのバスがあるから直方に行こう』と思ってもらえれば」

 市側も関心を持っている。市産業振興課の森本裕次課長は「各地からの石炭が集められた直方は、石炭を運ぶ国鉄の街として栄えた。その古き良き時代の象徴である国鉄のバスが街を走れば、夢が広がる」と期待する。

 バスファンが加盟する「日本バス友の会」(東京都)の城谷邦男事務局長(67)は、「かつて路線バスとして使用された国鉄バスの車両を、そのままの色で復活させて公道を走らせるなんて聞いたことがない」という。

 江口さんは「直方にしかないこのバスで、市内に点在する観光名所を結んでいきたい。維持管理のためにも仲間をもっと増やしたい」と話す。詳しくは汽車倶楽部のホームページ(http://www.kisyaclub.gr.jp)。(中野浩至)

473 チバQ :2010/08/31(火) 23:32:40
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20100831103.htm
奥能登に周遊バス 能登空港、穴水駅を核に
 奥能登広域圏事務組合は今秋、能登空港、のと鉄道穴水駅を核とした奥能登周遊バスの運行実験を始める。2014年度の北陸新幹線金沢開業を見据え、2市2町の誘客促進へ二次交通体系を構築する狙い。奥能登の自治体間を行き来する地元住民の利便性向上にもつなげる。
 30日に輪島市役所で行われた市9月補正予算案の発表で、事務組合長の梶文秋市長が明らかにした。市の補正予算案で、公共交通運行対策費として組合への負担金49万5千円が計上された。残る3市町も補正予算案に負担金を盛り込む。

 実験は、秋の観光シーズンに合わせ10月ごろに開始する予定で、周遊ルートのほか、酒蔵めぐり、千枚田(輪島市白米町)までのシャトルバスなどを検討する。組合は県、商工会議所、北陸鉄道などと設けた奥能登地域広域公共交通活性化検討委員会で、運行ルートや本数など実験内容を詰める。実験には、過疎地域の活性化に向けた総務省の自立活性化推進交付金1千万円を活用する。

 北陸鉄道企画部によると、現在、奥能登を周遊するバス路線は、和倉温泉発着の「のとフライト号」が一日1便のみ。定期観光バスであるため、奥能登の住民が途中乗車することはできない。

 また、特急バスは、JR金沢駅を起点に能登有料道路終点の此木インターチェンジ(穴水町)を扇の要とし、輪島、珠洲両市、能登町方面に放射線状に走っている。観光客や地元住民が2市2町間を移動する際は、乗り継ぎが強いられており、奥能登広域圏事務組合は周遊バスの運行実験により、2市2町の新たな公共交通体系の在り方を探っていく。

474 チバQ :2010/08/31(火) 23:34:21
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20100830/CK2010083002000071.html
初の公設民営BRT  石岡駅で開通式 きょうから運行
2010年8月30日

かしてつBRTの開通式でテープカットする関係者=石岡市で


 廃線となったローカル線・鹿島鉄道の線路跡をバス専用道に整備した「かしてつBRT(バス高速輸送システム)」の開通式が二十九日、バス発着の起点となるJR石岡駅西口の石岡ステーションパークで開かれた。公設民営方式によるBRTは全国初で、三十日に運行を開始する。

 鹿島鉄道は乗客離れで経営難に陥り、二〇〇七年三月に廃線。以降、石岡、小美玉両市と県がBRT事業化に取り組み、石岡駅−小川駅間七・一キロのうち第一期分として石岡駅−四箇村駅間五・一キロを整備した。バスは関鉄グリーンバス(石岡市)が平日百十二便(土日・祝日は八十便)を運行する。うち茨城空港へは全日十二便。

 開通式には県と両市、国土交通省、かしてつ沿線地域交通戦略会議などの関係者約八十人が出席。石岡市の久保田健一郎市長は「全国に誇れる事業として利用促進に全力を挙げたい」とあいさつし、住民代表として、沿線の七高校の生徒で組織する「かしてつ応援団」代表の米原あみさん(18)=県立石岡商三年=もテープカットした。式後、出席者は茨城空港まで記念乗車した。 (塙幸雄)


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20100830-OYT8T00081.htm
廃線跡にバス きょう発車
石岡―四箇村間5・1キロ専用道 定時性・渋滞緩和に期待

 廃線となった鹿島鉄道の線路跡にバス専用道を整備するバス高速輸送システム(BRT)が、きょう30日から運行を開始する。開業に先立って29日、開通式典や茨城空港への記念乗車会などが行われた。

 鹿島鉄道跡の石岡駅―小川駅間(約7キロ)のうち、四箇村駅までの5・1キロをバス専用道で結ぶBRT事業は、国の補助を受け、石岡、小美玉両市と県が2008年から進めてきた。

 民間の関鉄グリーンバス(石岡市)がバスを運行し、公設民営方式のBRTは全国初。バス専用道によって、定時性の確保や国道355号線の渋滞緩和といった効果が期待されている。

 石岡駅発着便が平日で従来より40便多い112本、茨城空港への直通便も倍増の12本とするなど旧路線から大幅に増便。石岡、小美玉両市と関鉄グリーンバスでは1日平均1600人の乗車を目標に掲げており、「増便することによって利用促進につなげていきたい」としている。

 専用道の使用で営業キロが短縮されるのに伴い、運賃は石岡駅―玉里駅間が従来より30円安い220円、石岡駅―小川駅間も30円安い360円となるなど、全体的に値下げとなるほか、パソコンや携帯電話などを使ってバスの運行状況を確認できる「バスロケーションシステム」を導入するなどし、利用者の利便性の向上を図っている。

 運行はきょう30日の始発(石岡駅午前6時5分、小川駅午前5時30分)からスタート。石岡駅では当面、西口を起点とするが、将来は東口側に本格的なバスターミナルを設けることで、より円滑な運行を目指す計画となっている。

(2010年8月30日 読売新聞)

475 荷主研究者 :2010/09/04(土) 13:11:22

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly33.htm
2010年08/23(月)茨城新聞
日立・事業者と山側団地住民 バス路線維持へ連携

利便性高め利用促進

 県北臨海部の路線バス利用者数が減り続けている。県全体に比べ減り幅が大きく、事業者側は路線廃止や便数削減でしのいでいるのが現状だ。日立市は山側の斜面に住宅団地が並び、利用者減と路線廃止の悪循環が続けば、高齢化した団地住民が将来的に“交通難民化”するとの懸念が広がる。市は利用促進による公共交通維持を図る考えだ。

■団地内乗り入れ
 太平洋を見下ろして住宅が立ち並ぶ同市諏訪地区。平和台霊園に向かう坂道に沿う住宅団地の路地を小型路線バスが行き来する。
 団地内は通常なら路線バスは入らないが、地元住民組織とバス事業者が連携。市公共交通会議が主体となり、2月10日から通常ルートを一部外れて団地内に乗り入れる試験運行を実施している。
 団地内は自由乗降でき、通常ルートの停留所も増設。金曜日の最終便は1時間25分繰り下げた。路線維持には利用促進が不可欠で、試験運行は「使い勝手の良さ」が利用に結び付くかを判断するのが狙いだ。
 市によると、同地区内の利用者数は7月31日までの約5カ月半で前年同期比3・6%減少ながら、市域全体での減少率に比べれば半分程度にとどまる。試験運行は10月末まで実施される予定だ。

■日常生活に支障
 「1日1便でもいいからバス路線を死守してほしい」。同地区の高齢者から市に対し悲痛な叫び声が上がる。
 同市の山側の住宅団地は造成から30〜40年経過。住民の高齢化でマイカーを運転しない層が今後増加するとみられる。路線バスが先細りになれば、買い物や通院などの日常生活に支障が出るのは避けられない。
 だが、利用者数は減少の一途をたどる。日立、高萩、北茨城3市を中心に路線バスを運行する日立電鉄交通サービスによると、年間利用者数は1993年度に2000万人を割り込み、2009年度は400万人まで落ち込んだ。93〜07年度で県全体の減少率が54%だったのに対して77%も減っている。
 利用減は路線数と便数の削減に直結する。同社は93年度に比べ09年度までの17年間で路線数を25%、便数を49%それぞれ削減。日立市内でも路線数16%、便数41%を減らした。
 同社は「これ以上は減らせない」としつつも「今のままの利用者数では永遠に赤字」と苦しい胸の内を明かす。

■三者協働に期待
 市は、09年3月に「市公共交通計画」を策定。地域住民、事業者、行政の三者が協働で公共交通活性化を図るのが基本姿勢だ。この中で、交通難民化を防ぐ方策の一つとして、地域ぐるみの利用促進によるバス路線維持の必要性を指摘。諏訪地区での試験運行に踏み切った。
 「地域と事業者が一緒になってバスを守っていく」。市交通対策室の赤城正敏室長は強調した。
 同社の土屋静治社長は「公共交通のバスを運行するのが使命」と力を込める。その上で、三者協働への期待を語る。「バスの利用は地域としてとらえてもらわないといけない」

【写真説明】日立市諏訪地区で試験運行されている住宅街を走る小型バス=日立市諏訪町4丁目

476 荷主研究者 :2010/09/04(土) 14:37:27

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008230150.html
'10/8/23 中国新聞
路線バス実証運行へ 三原市
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100823015001.jpg

 三原市は9月から、同市大和町から久井町を経由し、本郷地区の市街地をつなぐ路線バスの実証運行を始める。市内の公共交通再編事業の一環で、利用状況を調査し2011年度からの本格運行を目指す。

 大和町和木から国道486号を通り、久井町で市道に入って本郷地区までを結ぶ。約25キロで所要時間は50分程度。運行は2系統で本郷地区のJR本郷駅前と、さらに約2・7キロ先の大型スーパー前を発着する便がある。

 1日計10便を運行し、料金は距離によって大人140〜950円になる見込み。小学生以下は半額で10円未満を切り上げる。ルート中の3区間、計約10キロではバス停以外でも乗降できる。

 本年度から大和高(大和町大具)の募集を停止したのに伴う他高校への通学、本郷地区への通院や買い物の交通手段確保が目的。市地域公共交通活性化協議会(会長・野原建一県立広島大名誉教授)が3月にまとめた交通機関の総合連携計画に盛り込み、芸陽バス(東広島市)に運行を委託する。

477 名無しさん :2010/09/12(日) 18:45:30
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100912-00000001-sh_mon-bus_all
競争激化の夜行バスに新サービス続々 豪華カプセル式シートや東京−大阪間500円も
MONEYzine 9月12日(日)13時40分配信

 ビジネスマンの出張時や、家族旅行などでも便利で安価な交通手段に夜行バスがある。通常の観光バスと同じシートタイプの4列シートがお馴染みだが、ブランケットやトイレ付き、女性専用シートなどはもはや定番となっており、最近では個性的なタイプのシートやインターネット接続が出来ることをうたったバスなど、新しいサービスが続出している。

 2001年の改正道路運送法施行により、バス事業の免許制から許可制への移行など規制緩和が行われ、貸切バス業界では、新規事業者の参入が相次いだ。これにより競争が激化し、低価格化やサービスの充実などで差別化を図る企業が増えている。

 高速バスを運行する「WILLER TRAVEL」では、独立型2列シートが7月23日から登場。座席がシェルになっており、半個室状態の空間が用意されている。価格は通常プランで東京―大阪間が9800円〜11800円。また同社では、バスを降りたらホテルに直行し、そのままチェックインできるプランも提供している。

 一方、低価格サービスとして、平成エンタープライズの「VIPライナー」では、東京−大阪間の場合、4列シートの価格帯は4000円前後だが、片道わずか500円という「限定ワンコインシート」が提供されている。1乗車日につき1人1席のみの予約で、座席、乗車日、席数などは不定期で発表される。常時ウェブサイトをチェックする必要があるが、タイミングさえ合えば、超お得な商品だ。

 眠っている時間を利用して、目的地へ到着するという効率の良さが魅力的な夜行バス。厳しい競争の時代を迎え、そのサービスは低価格と快適さの2極化を見せている。


(加藤 秀行 、 簗瀬 七海)

479 名無しさん :2010/09/12(日) 18:50:08
【東京-大阪】広さで見劣りしたコクーン
 東京―大阪間で調べたのは、JRバス関東が採用する全6種のシートと、ウィラートラベルで特徴的もしくは便数の多い8種類。シートの座り心地については、クルマのデザインなどに精通する、筑波大学人間総合科学研究科の蓮見孝教授に評価を依頼した。

 まず、今夏に投入が相次いだ高級シートから見ていきたい。実は、2階建てバスの1階部分に3席を配置するJRバスのプレミアムシートは、ウィラーがラインアップする「エグゼクティブ」(1万800円〜1万2800円)によく似ている。そこで両者を比較しながらチェックしたところ、座り心地は一長一短。シートのサイズはほぼ同等で、プレミアムシートのほうがリクライニング角度が約10度大きい。一方、エグゼクティブには「ゆりかご機能」が備わる。ゆりかご機能は、座面が傾いて後部が沈み込むもので、横になったときに体が包み込まれるような安定感が得られる。「腰の座りが良くなり、巧みな機構」と蓮見氏の評価も高く、寝心地ではエグゼクティブが一歩勝った。

 ウィラーが推すコクーンは、予想外の評価。写真などで見る印象と、実際に座った感想が大きく異なった。意外なことに広くはなく、シート幅は約47cmで一般的な4列シートとさほど変わらない。むしろ足元に余裕がなく、身長170cm程度の記者でもレッグレストを上げると、つま先がパーテーションの前部に当たってしまった。「斜めに配置されたシートは、移動を前提に考えれば体の向きが不自然。立派なパーテーションのわりにはシートや足元が狭いなど、人間工学的には細部にわたる改善が必要になる」(蓮見氏)という評価だった。プライバシーや、VODなどの装備を重視するユーザー向きだろう。

【シートチェック】東京⇔大阪
高級シートの意外な結論
4列席「リラックス」が健闘

高級シート
座り心地と寝心地で「エグゼクティブ」に軍配

 2階建て車両の1階に、3席だけを配置したJRバスのプレミアムシートとウィラーのエグゼクティブ。一方、ウィラーのコクーンは各席をパーテーションで区切った構造が特徴だ。3つを比較すると、プレミアムとエグゼクティブはシートが特大なのに対し、コクーンのシートは一般的なサイズにとどまる。一方、エグゼクティブとコクーンには座面角度が変えられるゆりかご機能が備わる。広さと寝心地が両立するエグゼクティブが優位。

480 名無しさん :2010/09/12(日) 18:51:57
【東京-大阪】ウィラーの3列シートが高評価
 一方、高級シートと同等以上に高評価だったのが、ウィラーの3列シート「ビジネスクラス」(8800〜9800円)だ。エグゼクティブほどではないが、足元やシートにゆとりがあり、ゆりかご機能も備わる。特に、料金が1000円高い独立席タイプは、テレビやカーテンが装備され、娯楽性とプライバシー性能がアップするのが魅力。

 対するJRバスのスーパーシート(7600〜8800円)にもゆりかご機能が備わり、シートの座り心地は同レベルだった。2階席で天井が低く、席数が多くて車内がやや窮屈な面で譲るが、価格を考慮すれば候補になる。

3列シート
総合力で勝る「ビジネスクラス」を「スーパーシート」が追う

 価格以上に、良しあしに差が出た。抜きんでたのがウィラーのビジネスクラス。ほかは2階建て車両で天井が低めだったり配列が窮屈だったりしたのに対し、1階建て車両で天井が高く、車内の雰囲気も良かった。またシートは大きめで、ゆりかご機能も備わる。一方、シート単体ではJRバスのスーパーシートが追随。ウィラーのバリュープライベートは足元が窮屈で、JRバスのドリーム号は機能で譲る。

【東京-大阪】4列シートは料金高めのウィラーが群抜く
 最後に、格安商品を含む4列シート。ここでは料金が高めのウィラー「リラックス」(5000〜8000円)が群を抜く結果だった。「大きなレッグレストと一体型のシートは、体がしっかり支えられる。頭部を覆うカノピーも使い勝手が良く、ある程度のプライバシーを守りつつ、シート全体で快適に寝る環境が整う」(蓮見氏)。そのほかのシートは、足元の広さ(前席との距離)に差があった。この点ではウィラーの「トイレ付きスタンダード」(4400〜6900円)がややリードする。

 高級シートから4列シートまで、総合的にはリラックスのコストパフォーマンスが高い印象を受けた。

4列シート
同等のシートが多いなか、「リラックス」の評価が突出

 シートの形状が独特で、寝心地に秀でるウィラーのリラックスが抜群の評価。ほかは似たシートが多いが、シートピッチなどに多少差があり、ウィラーの「スタンダード・トイレ付き」の足元が広めだった。「トイレなし」と同料金だが、中身に差があるので要注意だ。

481 名無しさん :2010/09/12(日) 18:52:49
【東京-名古屋】JRバスの青春ドリーム号「4列ワイド・シート」がお得
 東京―大阪間に比べ、東京―名古屋間の夜行バスはラインアップがやや絞られる。JRバスでチェックしたのはJR東海バスの3タイプ。またウィラーでは東京―大阪間でも一部使われている「プレミアム」(5000〜8000円)に加え、比較的便数の多いリラックス(3800〜6500円)を再び土俵に上げた。ほかにはバリューやバリュープライベートも1便走っている。

 高級シートとして挙げられるのは、JRバスのプレミアム・シート(7620円)だけ。約1年前に投入されたタイプで、テレビなどはないが、基本的な仕様はJRバス関東のものとほぼ変わらない。これはスーパー・シート(7020円)も同じなのに加え、「3列デラックス・シート」(3470〜6420円)も、JRバス関東のドリーム号と同等のシートになっている。

 比較の結果、コストパフォーマンスの高さが際立ったのが、JRバスの青春ドリーム号「4列ワイド・シート」(2400〜5000円)だ。同社の東京―名古屋間で最安ながら、一般的なスタンダードシートよりもホールド感が高く、大型のシートが採用されている。同じ4列シートのリラックスに座り心地では及ばないが、運賃は購入時期と乗車日によって格安になり、魅力。

 より座り心地を重視する場合も、購入したり乗ったりする時期によって、得なシートは変わってくる。選択肢になるのはJRバスのプレミアム・シートとデラックス・シート、ウィラーのリラックス。デラックス・シートやリラックスは、座り心地が一長一短で、似た料金帯。日程次第で安いほうを選びたい。また、この2つが高い場合は、プレミアム・シートが有力候補。残るウィラーのプレムアムは、料金と座り心地で、ほかに見劣りした。

【シートチェック】東京⇔名古屋
ラインアップ少なく、料金が拮抗
「4列ワイド・シート」が狙い目

 中距離区間で、高級シートのニーズが低めなこともあり、シートの種類は東京─大阪間よりも少ない。JRバスのプレミアム・シートも1日1便だけ。また購入日や乗車日によって料金の差が大きいシートもあり、状況次第で選び方は変わってくる。料金を重視するなら、JRバスの「早売21」を使えば4列ワイド・シートが格安になる。座り心地もまずまずで、コストパフォーマンスは頭一つ抜ける。

482 荷主研究者 :2010/09/19(日) 04:18:31

http://kumanichi.com/news/local/main/20100901002.shtml
2010年09月01日 熊本日日新聞
五家荘に初の路線バス、11月乗り入れ 八代市

 八代市泉町の五家荘地区に、11月から初めて路線バスが乗り入れることが決まった。地元住民は「五家荘に初めて公共交通機関が通じた」と大喜びで、「紅葉狩りなどの観光客増につながれば」と期待を寄せている。

 地元の要望を受けた同市がバス再編の一環として検討していたもので、このほど人吉市であった県バス協議会の八代・球磨の両地域ブロック合同協議会で、事業者の産交バスや国などと合意した。

 八代市によると、現在産交バスが運行している人吉市の人吉産交〜五木村の上荒地間を、泉町椎原診療所まで約6キロ延伸する。人吉産交から椎原診療所までの所要時間は1時間45分ほどで、1日3往復する予定。

 1時間以上かけて上荒地バス停まで歩いていた住民もいるという五家荘地区。同町椎原に住む中村孝一さん(78)は「これまでは人吉市に行くため、ミニバイクで五木村まで行ってバスに乗っていたが、バスが自宅近くまで来ればとても便利になる」と喜んでいる。

 五家荘地域振興会の炭尚之さん(47)は「椎原は五家荘の入り口で観光客増も期待できる。バス停から観光地や民宿までの送迎サービスなどができないか、住民で準備を進めたい」と意気込んでいる。(野田一春、長野希美)

483 荷主研究者 :2010/09/19(日) 04:23:51

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20100902203.htm
2010年9月2日03時49分 北國新聞
高岡のコミュニティーバス「こみち」が新ルート運行 市が利用増図る

新設された停留所に止まるコミュニティーバス「こみち」=高岡市内

 高岡市中心部を走るコミュニティーバス「こみち」の新ルート運行が1日、始まった。北東部を走る「ブルールート」に「ハローワーク前」や「江尻ジャスコ前」など停留所5カ所が新たに加わり、市は利用者増へつなげたい考えである。

 新設されたのはハローワーク前、江尻ジャスコ前、開発本町、木町北、木町神社前、内免神明町の5カ所で、廃止になったのは上四屋バス停、川原町バス停、御旅屋通りフリー乗降区間。便数は10便から9便に減便されたものの、運行距離が約11.3キロから約13.9キロに延びた。

 ブルールートの昨年度の平均乗車人数は6.4人にとどまっており、沿線住民による支援の会がルート見直しを市に提案した。市は平均乗車人数を8人程度に引き上げる目標を立てている。

484 荷主研究者 :2010/09/23(木) 13:01:35
>>36 >>195 >>450 >>474
http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly29.htm
2010/08/30(月)茨城新聞 朝刊 県内総合 A版 20頁
鹿島鉄道跡バス実証運行 定時性や採算検証 きょうから

石岡−四箇村駅間5.1キロ

 廃線となった鹿島鉄道跡地を利用するバス高速輸送システム(BRT)の実証運行が30日、石岡−小美玉市間で始まる。2年程度かけ、定時性や速達性、採算性などの検証を行い、本運行の運営につなげていく。

 同事業は、廃線跡を自治体がバス専用道として整備し、民間事業者がバスを運行する全国初の公設民営BRT。石岡、小美玉両市などが、鹿島鉄道廃止の2007年から進め、全体区間の石岡−小川駅間(7・1キロ)のうち、石岡−四箇村駅間(5・1キロ)が完成した。事業者は関鉄グリーンバス。

 廃線後に運行されてきた代替バスは、並行する国道355号を通り、石岡−小川駅間で平日72本だったが、専用道開通により112本に増便。朝の通勤通学時間帯には10分間隔となり利便性が向上する。30日は上下始発便から通常運行を開始する。

 29日には、開通式典が石岡駅停留所のステーションパークで行われ、久保田健一郎石岡市長、島田穣一小美玉市長ら関係者や来賓など約80人が出席。テープカットなどで祝った。両市長は「地域公共交通を考える上で指針となる事業。全国に誇れるよう利用促進を図っていきたい。ぜひ多くの人に利用してもらいたい」と話した。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/IMAG2010082994329.jpg
【写真説明】BRT開通を記念し専用道を走る「かしてつバス」=石岡市の石岡南台駅停留所付近

485 荷主研究者 :2010/09/23(木) 13:02:14

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly15.htm
2010/09/01(水)茨城新聞 朝刊 県内総合 A版 20頁
路線バス 運賃値下げに「効果」4月の通学定期20%増

茨城交通「野口線」

 山間部の路線バスが利用客の減少などにより相次ぎ縮小、廃止される中、城里町内を走る路線バスで、茨城交通(本社水戸市)が4月から運賃値下げの実証実験を行っている「野口線」(JR水戸駅−常陸大宮市御前山)に、利用客が戻りつつある。学生の通学定期券の売り上げは4月実績で、対前年比20%増。朝の一部便は満員続きで、わずか半月後に増便された。同社は、さらに高齢者の利用促進を図ろうと、9月1日から低床のノンステップバスを導入する。

 同社は今年4月、地元要望を受けて、野口線の運賃を最大39%引き下げる実証実験に踏み切った。1年の期限付きだが、町の協力や値下げ効果もあって、利用客が前年よりも増えている。

 特に学生の利用が増え、午前6〜8時の通勤・通学時間帯は、全体で対前年比25%増。9月からは、ノンステップバスの導入で、高齢者の利便性向上を図り、買い物や通院利用の乗客増を狙う。

 導入するノンステップバスは座席数33、定員79人の大型1台。床が低く、乗降口には車いす用のスロープ板も備え、お年寄りや障害者が楽に乗り降りできる仕様になっている。

 「大型」は同社でも初導入で、新たに購入した大型、中型各2台の新車のうち1台を、野口線に充てた。

 同社では、65歳以上の高齢者を対象に、月額6500円で全線乗り放題の「茨交漫遊パス」を販売するなど、高齢社会への対応を進めている。

 ノンステップバス導入に先立ち、31日、城里町の阿久津藤男町長を訪ねた任田正史社長は「野口線は、路線バスの将来を展望する重要な実験路線。できれば現本数は維持したい。公共交通の役割は、まちづくりと密接にかかわってくるので、今後も町民の皆さんの理解と協力をお願いしたい」と要請した。

【写真説明】1日から「野口線」を走る大型のノンステップバス=城里町役場

486 荷主研究者 :2010/09/23(木) 14:16:10

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009020046.html
'10/9/2 中国新聞
福山にバス新規2路線
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100902004601.jpg

 福山市東部の住宅団地と市民病院(蔵王町)、日本鋼管福山病院(大門町)などを結ぶ路線バス2路線が、11月1日から試験運行する。期間は来年3月末までの5カ月間。国道182号以東の地域と市民病院を結ぶ直行便の運行は初めて。

 新たに設置されるのは、(1)伊勢丘3丁目バス停―JR東福山駅(引野町)―市民病院間の約6キロ(2)日本鋼管福山病院―伊勢丘3丁目バス停―JR大門駅(大門町)間の約7キロ―の2路線。計画では、市がバス事業者2社に700万円で委託し、59人乗りのバスを(1)は1日9往復、(2)は1日7往復させる。

 市は伊勢丘3丁目バス停を乗り継ぎ拠点と位置付け、JR福山駅行きの11路線と結んで市中心部へのアクセスを向上させる。今月中をめどにバス停の位置や時刻表などの運行計画をまとめ、中国運輸局に認可申請する。

487 荷主研究者 :2010/09/23(木) 14:16:38

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009030057.html
'10/9/3 中国新聞
呉市営バス、民間移譲の方針
--------------------------------------------------------------------------------
 慢性的な経営難にある呉市交通局のバス事業について、市が2012年4月から民間へ移譲する方針を固めたことが2日、分かった。バス運行と関連業務を一括して、公募で選ぶ民間事業者に移譲する想定。路線や職員の処遇などは今後詰めていく。

 市は6月、交通局の抜本改革シミュレーションを公表。(1)改善型公営(2)民間委託拡大(3)第三セクターへの段階的移譲(4)一括民間移譲―の4形態を比較した。今回、市の財政負担が最も少なくサービス向上も可能な民間への一括移譲が最善と判断したとみられる。

 現行の20路線のうち13路線は赤字で、市は移譲先に補助金などを出して20路線の維持を目指す。ただ、一部廃止や生活バスへの移行などをした上で移譲する可能性もある。

 職員224人(4月現在)の移譲に伴う処遇は今後の検討課題で、ビルや土地などの資産の扱いについても慎重に判断する。

 市交通局は、敬老優待負担金などの名目で市の一般会計からの繰り入れを受け、ここ数年は年間12〜13億円に上る。08年度は経営健全化基準を満たすため、通常の支援とは別に計18億円を借り入れるなど経営が悪化している。

 市は8日、市議会協議会(全員協議会)で民間移譲の方針を正式に表明する予定にしている。

488 荷主研究者 :2010/09/23(木) 14:25:33

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/きょうの建設情報.htm
2010/09/10 建設新聞
盛岡市・盛岡まちづくり会社・盛岡バスセンター
バスセンターの再整備事業は建替えの方向で検討へ 複合施設案を白紙に 資金調達・地権者交渉など困難

 盛岡市中心市街地活性化基本計画に盛り込まれた盛岡バスセンターの再整備事業について、盛岡市、盛岡まちづくり会社、盛岡バスセンターの3者は、当初予定していた複合施設建設を白紙とし、既存施設の建て替えの方向で検討を行っている。

 同市の中心市街地活性化基本計画は、2008年7月に策定。対象区域は、盛岡城跡公園を中心に広域的交通結節点の盛岡駅および盛岡バスセンターを両軸とした約218㌶で、計画期間は12年度までの4年9ヵ月。

 盛岡市中ノ橋通1丁目地内にあるバスセンター(RC3F延べ約2520㎡)は、1960年に開業。老朽化や敷地が狭小のためバス車両増加に対応できないなどの課題を踏まえ、同基本計画には、主要事業として抜本的なリニューアルを図る予定としていた。

 当初計画では、公益施設としてのバスターミナルのほか、共同住宅、ケアマンション、店舗・飲食・クリニックなどが入居する複合施設として整備する方針としていたが、資金調達のメドが立たなかったことや地権者の交渉が難航したこと、さらに、費用対効果などの面から計画を縮小し、現在と同規模の施設に建て替える方向に変更。

 今後、具体案をまとめた後、計画の変更手続に入り事業を進める方針だ。

 また、バスセンター再整備と同様に、同計画の中心事業となっている中ノ橋1丁目プロジェクトについては、費用対効果などの調査は行われているものの、バスセンター再整備と同規模もしくはそれ以上の大規模事業となるため具体化には至っておらず、事業の進捗が図られていない状況にある。

2010/09/10付1面に掲載

489 チバQ :2010/09/26(日) 17:00:09
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20100925-OYT8T01059.ht
仙台への高速バス値下げ
 県内と仙台間で高速バスを運行しているバス会社4社は、11月から運賃を大幅に値下げする。片道は現行の5000円台から3900円とし、12月4日に全線開業する東北新幹線に対抗する。4社による運賃の値下げキャンペーンは初めて。

 弘南バスと十和田観光電鉄、JRバス東北、宮城交通の4社は、青森―仙台間を走る「ブルーシティ号」(片道5700円)を1日6往復、弘前―仙台間の「キャッスル号」(同5090円)を1日9往復、共同で運行している。

 しかし、東北新幹線の全線開業により、バスの乗客が新幹線に流れることが予想されることから、値下げキャンペーンで客離れを防ぐことにした。

 値下げする期間は、11月1日〜来年3月17日。繁忙期(12月17日〜来年1月10日)を除き、両路線とも片道運賃を原則3900円に設定する。また、開業日と前後する12月1〜10日は、3000円の特割運賃にする。期間終了後の運賃は、今後検討するという。

 一方、11月1日から「ブルーシティ号」を1日4往復、「キャッスル号」を1日6往復に減便し、運行の効率化を図る。

(2010年9月26日 読売新聞)

490 チバQ :2010/10/02(土) 11:54:10
>>484
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20101002/CK2010100202000072.html
かしてつBRT利用者、平日の平均1128人 当初目標下回る
2010年10月2日

 廃線となったローカル線・鹿島鉄道の線路跡をバス専用道に整備した「かしてつBRT(バス高速輸送システム)」の平日の利用者が平均千百二十八人と、当初目標としていた千六百人を大きく下回っていることが一日、バス会社の調査で分かった。石岡市の久保田健一郎市長は「(八月三十日の)BRT開通が住民にまだ周知されていない。出足としてはまずまずと思う」と話している。 (塙幸雄)

 バスを運行する関鉄グリーンバスが九月十一日から十七日までの乗車状況を調べた。

 平日の利用者千百二十八人は、今年四月の一般道での同ルートの運行実績(千百十人)と比較して1・6%の微増。土日は六百一人で、同29・2%増となった。

 バス発着の起点となる石岡駅の乗降者数は平日が平均七百八十三人、土日が四百七十三人だった。

 当初のBRT計画案では、利用者を一日当たり千六百人と想定。これに比べ実績はかなり下回っているが、久保田市長は「利便性を分かってもらうまで時間がかかる」。土日の乗降者について、市の担当者は「BRTに興味を持って乗車してみようと市外から訪れたり、茨城空港の利用者や見学者もいる」と説明している。

 鹿島鉄道は二〇〇七年に廃線。同BRTは全国初の公設民営方式で、石岡、小美玉両市と県が第一期分として石岡駅−四箇村駅間五・一キロを整備。平日は百十二便を運行している。

491 荷主研究者 :2010/10/03(日) 21:19:55

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20100916_13
2010/09/16 岩手日報
盛岡−十和田湖バス復活 県交通、17日から
--------------------------------------------------------------------------------
 県交通(盛岡市)は17日から秋の紅葉シーズンに合わせ、盛岡と青森・秋田県にまたがる十和田湖を結ぶ路線バス「盛岡十和田湖号」を2年ぶりに復活させる。東北新幹線の青森延伸(12月)、青森県で来年4〜6月に展開されるJRグループの大型観光キャンペーン(デスティネーションキャンペーン)に伴う観光需要を見据えた。

 東北自動車道経由で、盛岡駅西口―ホテル鹿角―大湯温泉―十和田湖を2時間15分で結び、1日1往復。盛岡駅西口は午前9時45分発、十和田湖は午後3時発。

 片道運賃は盛岡駅西口―十和田湖が2200円、盛岡駅西口―ホテル鹿角・大湯温泉は2050円、ホテル鹿角・大湯温泉―十和田湖は930円。6歳以上12歳未満は半額。

 今季は11月7日まで運行。来年度は4月中旬から運行予定。利用者には十和田湖遊覧船に100円引きで乗船できる特別割引券を贈呈する。

 盛岡―十和田湖を結ぶバスは1982年から複数のバス事業者が共同で季節運行していたが、昨年から中止となっていた。

492 荷主研究者 :2010/10/03(日) 21:23:57
>>190 >>294-295
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20100907/377736
2010年9月7日 05:00 下野新聞
佐野新都市に乗り入れ 10月から北関東ライナー 関東自

 関東自動車(宇都宮市駅前通り3丁目、手塚基文社長)は6日、JR宇都宮駅と群馬県のJR高崎、前橋の両駅を結ぶ高速バス「北関東ライナー 宇都宮−高崎・前橋線」について、10月1日から佐野新都市バスターミナルに乗り入れると発表した。

 同ターミナルは、佐野プレミアム・アウトレットに隣接。料金は宇都宮・鹿沼地区停留所〜佐野間は片道大人700円、子ども(小学生以下)350円、佐野〜高崎・前橋地区間は大人900円、子ども450円。

 宇都宮・鹿沼地区〜高崎・前橋地区間は、現行通り大人1500円、子ども750円。

 2011年4月に予定される北関東自動車道全線開通後も佐野に乗り入れるかは、利用実態を見て検討する。

493 荷主研究者 :2010/10/03(日) 21:40:08

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/196534
2010年9月10日 00:51 西日本新聞
鹿児島市交通局 経営改善計画達成できず 目標の最終09年度会計決算 経常収支 5年連続赤字

乗客数の減少が続く鹿児島市営バス

 鹿児島市交通局は、路線バスと路面電車の経営改善計画の最終年度に当たる2009年度交通事業特別会計決算をまとめた。経常収支は乗客数の減少が響いて2億4277万円の赤字となり、計画が目標に掲げた09年度の黒字転換は達成できなかった。経常収支の赤字は5年連続。

 決算書によると、乗客数は約2197万人(前年度比7・48%減)。うち市電1039万人(同4・34%減)、バス1145万人(同10・27%減)で、ともに減少した。市は新型インフルエンザや三越鹿児島店の閉店が影響したとみている。

 収益の柱の乗車料は29億5367万円(同7・70%減)で、経常収益は40億4100万円(同8・08%減)。支出全体の約6割を占める人件費や経費の節減を進め、経常支出を42億8384万円(同7・63%減)に抑えたが、収益の落ち込みをカバーできなかった。

 市が経営改善で重視するのは市営バス。全38路線あるが、市内には民間会社の路線バスも4社運行し、路線競合が乗客数減少の背景にある。

 市は現在2路線にとどまる民間会社との共同運行やバス営業所の民間委託を検討しているが、1月にいったん決まっていた民間委託契約が白紙になった影響もあり、本年度以降の新たな経営健全化計画(仮称)は策定していない。

 市交通局は「今後も乗客数は減少傾向が続くとみられる。早急に健全化計画を策定し、事業効率化と経費節減に努めたい」としている。

=2010/09/10付 西日本新聞朝刊=

494 荷主研究者 :2010/10/03(日) 21:41:00

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/196524
2010年9月10日 00:10 西日本新聞
鹿児島市への直行バス 鹿屋市、10月から増便

 九州新幹線鹿児島ルート全線開通に向けて、鹿児島県鹿屋市は10月1日から、国の補助を受けて試験的に運行中の同市−鹿児島市の直行バス(定員40人)を1日5往復から同6往復に増便する。始発と終発の時間枠を拡大し、利用客から要望が寄せられていた早朝や夜間の利用にも対応する。

 両市間の通常の公共交通機関利用は、路線バスとフェリーを乗り継ぐ必要がある上、地理に不案内の観光客が利用するには不便だった。

 一方、09年12月から試験運行中の直行バスは、バスごとフェリーに乗り込む方式。利便性は向上し、観光客も迷わなくて済むようになった。所要約2時間はほとんど変わらず、運賃も鹿屋市−鹿児島市1300円(一部1200、1400円)とほぼ同額に設定。

 これまでは日中の運行だったが、1便当たりの平均利用者は14・1人で当初想定の8人を上回ったことから、鹿屋市が増便を決めた。

 10月からは両市の始発時刻を約1時間40分早め、最終便も約3時間延長。鹿屋市発は午前5時38分−午後6時3分。鹿児島市発は午前8時38分−午後8時43分となる。

 12年度からの直行バスの民間移管を目指している鹿屋市は「市に新幹線の全線開通効果を呼び込むため、直行バスと大隅半島各地に向かう路線バスとのダイヤ調整も進めたい」としている。

=2010/09/10付 西日本新聞朝刊=

495 荷主研究者 :2010/10/03(日) 22:07:12

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=521679004
'10/09/01 山陰中央新報
斐川インター停留所が開所

開所式の出席者が迎える中、停留所に到着した高速バス

 斐川町で初の高速バス停留所「斐川インター停留所」が1日、同町直江町の山陰自動車道・斐川インターチェンジ(IC)の入り口近くに設置され、利用が始まった。34台分の無料駐車場を併設し、同町内のほか、出雲市東部などの住民の利便性向上が期待される。

 同停留所は斐川町民やバス会社の要望を受け、同町が西日本高速道路の助成金1600万円を活用し、4千万円をかけて建設。面積3600平方メートルで、待合室のほか、34台分の駐車場には身障者用2台分も備えている。

 JR出雲市駅前を発着する大阪、東京、神戸線、同松江駅前を発着する福岡線の4路線(1日28便)が乗り入れ。同停留所で乗降車した場合、片道料金はJR出雲市駅前から利用するより、大阪、東京、神戸線はそれぞれ100円安くなる。

 この日、停留所であった開所式には、関係者40人が出席。勝部勝明町長が「町民の利便性はもとより、地域の産業、観光面にも大きく貢献することを願う」とあいさつし、テープカットした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

496 荷主研究者 :2010/10/03(日) 22:15:25

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009190045.html
'10/9/19 中国新聞
広島市中心部で循環バス実験
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100919004501.jpg

 広島市中心部で土、日曜と祝日に循環バスを走らせる「100円ループバス」の社会実験が18日、始まった。マイカーからの利用転換や観光振興を目的に、広島県、市などでつくる実行委員会が昨年に続いて企画。利用しやすい時間帯に運行するなど改善し、本格導入の可能性を探る。12月5日まで。

 JR広島駅前で出発式があり「ループバス」のシールを張ったバスが登場。早速、利用客約10人が乗り込んでいた。

 バスは1周約8キロの循環ルートを20分間隔で運行し、「平和記念公園」や「紙屋町」など右回りは11カ所、左回りは10カ所で停車する。それぞれ1日26便で、料金は大人100円、子ども50円。運行時間は午前9時半〜午後6時。初めて広島を訪れた東京の会社員川田智也さん(36)は「観光地で乗降できるので助かる」と話していた。

 昨年は10〜12月に実施。1便平均14・9人、延べ2万5389人が利用したものの、夜間や12月の利用者が伸び悩んだ。今年は、運行期間や時間帯を見直し、ボランティアガイドが同乗して観光案内するサービスも一部で導入。観光客の利用増を促す。

【写真説明】18日に実験運行が始まった「100円ループバス」(広島市中区)

497 チバQ :2010/10/09(土) 20:28:28
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000001010050001
タクシー最大手 運転手7人を解雇
2010年10月05日


 ●郡山「クラブ自動車」17台減休車/4都市圏とも「過剰地域」 雇用に影響も


 タクシーの供給過剰が問題となる中、県内最大手のタクシー会社の一つ、クラブ自動車(郡山市)が8月に減車・休車を申請、9月末には売り上げが低いなどとして乗務員7人を解雇した。郡山のほか福島、いわき、会津若松の計4都市圏が国土交通省から過剰地域に指定されており、車両削減に伴って雇用への影響が懸念される。(斎藤健一郎)


 クラブ自動車は乗務員約180人、タクシー93台を抱える。8月24日、福島運輸支局に17台の減車・休車を申請。8月末ごろ、乗務員14人に文書で解雇を予告した。


 解雇予告通知書は「減車を含む新たな事業計画を実施することになった」とした上で、「指導されていたにもかかわらず業務成績の向上が見られないことから遺憾」「これらの実態は就業規則に抵触するものであることから解雇を予告します」としている。


 解雇通知を受けた男性乗務員は「成績が悪いことで指導を受けたことは一度もない。無断欠勤もない」と憤る。


 全国自動車交通労働組合連合会(全自交)クラブ分会も解雇通知に反発。白紙撤回を求めて交渉した結果、会社はタクシーが少ない早朝〜昼過ぎの新たなシフトでの勤務を受け入れれば雇用を続けると提案。解雇通知を受けた14人中4人が新シフトでの勤務に同意した。会社側は「売り上げを上げるよう努力する」といった内容の誓約書をこの4人に提出させた。残る10人中7人は9月末で解雇し、3人は依願退職した。


 県タクシー協会長も務める高橋良和社長は、朝日新聞の取材に「解雇通知は売り上げなどに問題がある従業員に出した。これらの従業員にはことあるごとに話をしていた」とした上で、「17台を減・休車する状況で人を減らさず、ワークシェアリングのようにすれば、乗務員1人当たりの賃金は減る。売り上げの低い乗務員を雇い続けることはできない」と話す。


 全自交クラブ分会の渡辺一久執行委員長は「雇用を維持しようとすれば一人ひとりの賃金水準が下がり、賃金向上を主張すれば雇用維持は難しい。矛盾するような主張で、同意はつらい決断だったが、一方的な解雇は避けられたと思っている」とした。


 ◎減休車の申請 県内全域84社


 4日までに減車や休車を福島運輸支局に申請したのは、クラブ自動車をはじめ、供給過剰の地域に指定された4交通圏のほぼすべてのタクシー会社計84社に及ぶ。


 福島では27社中26社が約100台の減車を申請。郡山では29社中28社で約135台、会津では8社中7社が約30台、いわきでは23社すべてが申請、約60台の減車を計画している。同支局は解雇や労働条件の悪化が起きないよう各社に努力を求めている。

498 チバQ :2010/10/09(土) 20:29:22
http://www.asahi.com/business/update/1003/TKY201010030232.html
タクシー1万2千台減車へ 供給過剰の解消狙い2010年10月3日22時45分

 全国のタクシー会社で減車や休車を申請する動きが相次いでおり、来年3月までに全体の4%強の1万2千台の車両が減る見通しであることがわかった。大規模なタクシーの削減は戦後初めて。車両の増加が客の奪い合いに拍車をかけ、運転手の待遇悪化を招いているとして、国土交通省は業界に対し営業車の削減を促している。サービスの低下も懸念されているが、業界にはさらなる規制強化を求める声が強い。

 国は昨年10月、タクシーが供給過剰になっているとして、「タクシー適正化・活性化特別措置法」を施行。供給過剰地域のタクシー会社に、車両の削減を申請すれば業務監査を免除するなどの特典を与えていた。

 朝日新聞が、全国10カ所の運輸局(沖縄総合事務所を含む)に現時点での申請状況を取材したところ、減車や一時的な休車の申請をした会社は40都道府県で合計1876社にのぼっていた。運輸局はほぼ申請通りに認める方針だ。

 都道府県別にみると、東京都では、全体の7割近い297社が計4136台の削減を申請。大阪府では約4割にあたる157社が計2057台、愛知県では120社が計867台、福岡県では102社が361台を減らすと申請している。タクシー業界では車両1台当たりの運転手が足りない状態で、車両の削減が雇用に与える影響は少ないとみられる。

 タクシーは、参入や増車の規制が緩和されたこともあり、バブル経済崩壊で需要が減った1990年代以降も増え続けた。大半のタクシー会社は、売り上げが減ってもそれに応じて運転手の給料を減らす「歩合制」を取っているため、会社の利益はそれほど減らず、車両の削減には消極的だった。

 そのため特措法では、タクシー事業者や自治体が参加する協議会を地域ごとに設けて削減を目指すことにした。国交省はこの協議会に対し、全国で最大4万5千台が余剰になっているとの試算結果を示していた。

 急な車両の削減は、価格やサービスの競争を損なう心配がある。ただ、業界には各社の計画通りに減車が実行されても、国交省が示した「適正台数」に達しないことを理由にさらなる規制強化を求める声が強い。また、車両数の規制だけでなく、運賃の規制を強化して割安な運賃を排除するべきだとの声も出ている。

 国交省旅客課は「まずは東京など、先行してある程度車両が減っていく地域について、運転手の給料やサービスがどうなるのか効果を見定めたい」としている。(大平要)

499 チバQ :2010/10/09(土) 20:31:25
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100919/385222
県内タクシー台数1割減へ 適正台数には及ばず
(9月20日 05:00)
 タクシーの供給過剰解消を目的としたタクシー適正化・活性化法が昨年10月1日に施行されて間もなく1年。対象となる「宇都宮」「県南」「塩那」の3交通圏の総台数が本年度中に基準台数(2008年7月現在)より1割減ることが、県タクシー協会のまとめで分かった。同法に基づく各社の自助努力による減車結果だが、適正台数には依然及ばず、渋滞緩和などの効果が現れるかは微妙な状況だ。

 3交通圏の同協会加盟社は計84社で県内全体の95%。各社は今年4〜7月、国交省に同法に基づく特定事業計画を申請し、8月までに全社が認定を受けた。

 それによると、41社が減車・休車計87台を予定。申請前の減車分と合わせ、基準の1735台より173台減少する。

 しかし、国が交通圏別に示した目標値との差は大きい。宇都宮交通圏の適正台数は600〜700台だが、計画実施後の台数は792台。県南は450〜500台に対し506台、塩那は200〜250台に対し264台となっている。

 特に過剰さが目立つ宇都宮。JR宇都宮駅西口では今年、タクシーの違反駐車対策が講じられたが、同協会などには「周辺道路にタクシーがあふれている」との苦情も寄せられるという。

 だが、同法には強制力がなく、減車は難航。ある事業者は「うちは実車率が高く、無駄な車両はない」と漏らす。別の事業者も「苦労して一台一台増やしてきた。バランスが崩れたのは規制緩和で相次いだ新規参入が大きな原因では」と話す。

 今回の結果について、国交省関東運輸局栃木運輸支局は「道半ば。(労働条件改善、交通渋滞緩和などの)効果が出るかどうかは現時点ではなんとも言えない」とする。「タクシー事業が成り立つには、個々の企業努力ではもう限界なのだが」と、あらためて減車の必要性も強調する。

 このほか、特定事業計画では「アイドリングストップの推進」(74社)、「交通安全運動時の啓発活動」(43社)、優良運転者推薦制度の促進(27社)などが認定された。

500 チバQ :2010/10/10(日) 18:57:35
レンタカーはここ?
http://mytown.asahi.com/areanews/okinawa/SEB201010080050.html
レンタカー会社、九州新幹線シフト 那覇からも「参戦」
2010年10月9日


沖縄から博多駅前に「進出」したスカイレンタカー博多営業所=福岡市博多区、吉川写す

 九州新幹線・鹿児島ルート(博多―鹿児島中央)が全線開通する来年3月をにらんで、停車駅の周辺でレンタカー会社が商戦への備えを進めている。観光や仕事の「足」が必要な人が増えると見込み、営業所をつくったり台数を増やしたりする。

 沖縄県を訪れる観光客向けを中心に事業を展開するスカイレンタカー(那覇市)。レンタカーの営業所が林立するJR博多駅周辺に今年2月に進出。ねらいは、ずばり「九州新幹線」(担当者)だ。

 地元・沖縄だけの営業から脱却を図ろうと、2007年に福岡空港周辺などに営業所をつくって九州に進出。その後、08年8月の鹿児島中央駅を皮切りに、09年には小倉、熊本の各駅周辺に営業所を開設。「新幹線シフト」を強めてきた。

 博多営業所は駅から歩いて15分かかるため予約客は無料送迎する。スカイレンタカーの担当者は「九州新幹線全線開通で、観光客や出張者も含めた大きな需要増が見込める」と期待。新鳥栖駅周辺への進出も検討中だ。

 同じく新幹線が止まる久留米駅の近くに先月、ガソリンスタンドを営業拠点に活用するニコニコレンタカー(横浜市)の店が開設された。

 関東や東海地方からインターネット予約が入るなど順調で、今月中に台数を2倍の6台に増やす予定だ。担当者は「新幹線が全線開通すれば、より需要が増える期待はある」と話す。

 オリックス自動車(東京)は、熊本駅から車で5分の場所に店はあるが、駅から歩いて行ける範囲につくることを検討中だ。広報担当者は「全線開通で需要増が見込める。より便利な場所にしたい」という。

 JR九州とJTB九州が出資する駅レンタカー九州(福岡市)も、博多や鹿児島中央など主要駅の営業所のレンタカーを1〜2割増やす検討を進めている。

 まずは全線開通後の需要を見極めようという構えの会社も。

 最大手のニッポンレンタカーサービス(東京)は「台数増などは開通後の実績をみてから」(担当者)という。マツダレンタカー(広島市)も「九州南部などの人が中国地方に来る機会が増えるのかもしれないが、まだ何とも読めない」と話す。(吉川啓一郎)

501 荷主研究者 :2010/10/11(月) 23:15:02
>>492
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100924/387479
2010年9月25日 05:00 下野新聞
目標の2ケタ届かず 1便の平均乗客数 北関東ライナー運行1年目 関東自動車

 運行開始から1年が経過した、関東自動車(宇都宮市駅前通り3丁目、手塚基文社長)の高速バス「北関東ライナー」。北関東3県の産業や観光への寄与が期待されたが、乗客数は宇都宮−水戸、宇都宮−高崎・前橋線とも、1便平均乗客数は1けた台にとどまった。同社は10月からルート変更やダイヤ改正を行い、目標だった平均2けたの実現に向け、利用者増を目指す。

 同社は北関東自動車道の開通を受け、昨年9月に水戸線、今年2月には高崎・前橋線(一部一般道)の運行を始めた。鉄道より割安で、水戸線は1便に37人(定員42人)が乗車したこともあったが、通年では振るわなかった。

 平日のビジネスマンや、車で動きやすい30〜50代の利用が思ったより伸びなかった。茨城県への海水浴客も、水戸で鉄道に乗り換える必要があるため多くはなかった。

 同社は10月から水戸線のルートを変更。茨城大生の利用が多かったため、同大前に停車場を新設し利便性向上を図る。また東武宇都宮駅を経由しJR宇都宮駅が終点になるルートを、JR利用者の時間短縮のためJR宇都宮駅に先に停車する。さらに最終便を宇都宮発で1時間、水戸発で30分繰り下げる。

 高崎・前橋線では、佐野プレミアム・アウトレットに隣接した佐野新都市バスターミナルに乗り入れ、アウトレット客を取り込む。

 利用目的としては、宇都宮で東北新幹線に、高崎で上越新幹線に乗り換える利用客が多く、栃木、群馬両県は通過点となっている現状もある。今後は観光など新たな利用目的の掘り起こしや、関連業界などとの連携も必要になる。

502 荷主研究者 :2010/10/11(月) 23:15:52

http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=12852543581725
2010年9月24日(金)茨城新聞
県内バス会社 サービス拡充続々

【写真説明】関東鉄道の水戸地区のバスに導入された新運賃箱。釣り銭を自動で支払う

県内のバス会社が路線バスなどの乗客増へ向け、サービス拡充を図っている。新型運賃箱の導入やフリー乗車券の拡販、高齢者向け車両の導入などを相次いで実施。利用客の減少から路線バスの系統(ルート)の維持は年々、厳しさを増しており、各社とも利便性を高めることで、固定客増につなげたい考えだ。

関東鉄道(土浦市)は9月中旬、水戸地区の路線バスに新型運賃箱の導入を始めた。

特徴は、乗車時にバーコードを印刷した整理券を発行、降車時に乗客が整理券を入れると自動で運賃を計算し、画面に表示する。従来の料金箱は乗客が降車前に両替機で両替し、運賃と同額を投入していたが、新型では両替なしでも料金を払えば、自動で釣り銭が戻ってくる。

同社は「両替の手間を省き、スムーズな降車ができる」とし、10月中旬までに全52台に順次導入する。

また、同社がつくば市から委託を受け、同市内で運行するコミュニティーバス「つくバス」で来春から、バス前面に自転車を搭載できる「自転車搭載ラックバス」3台を導入する予定。同バスは神奈川中央交通(神奈川県平塚市)でも09年から運行されている。

茨城交通(水戸市)は65歳以上の高齢者向けフリー乗車券「漫遊パス」の販売を9月から強化している。6月の子会社統合で水戸周辺から県北までパスを使える範囲を広げ、現在約500人が利用。費用が月6500円という利用しやすさをアピール。

チラシ1万枚を作り、高齢者が集まる施設や、地区の自治会にも配布を呼び掛け、高齢者が多い地域の住宅にも配布する。同社は「運転免許返上の代替手段としてのバス利用を高め、利用の多い高齢者に利点を訴える」としている。

同社が4月から城里町内で運行する「野口線」で運賃を最大39%引き下げ。学生の定期客が増え、同月の実績で前年比20%増となり、朝の通学時間帯に増便。同社は同線に9月から低床のノンステップバス1台を導入、漫遊パスと併せ、高齢者の利用促進を図っている。

さらに、関鉄、茨交、JRで共同運行する県内発東京行き高速バスは、9月17日にダイヤを改正。水戸発着便では土日祝日のバスを6便増便し、利便性を高めた。割引切符は6枚回数券を廃止して、好調な2枚切符(ツインチケット)に一本化し、乗客の利用頻度を高めたい考えだ。

503 とはずがたり :2010/10/14(木) 15:35:56
しずてつ高速バス・横浜ライナー 中華街、発着地に
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20101013000000000019.htm
10/13 09:02
 しずてつジャストラインは年内に、高速バス路線の静岡横浜線(横浜ライナー)を6キロ延伸し、横浜側の発着地を横浜中華街(横浜市中区)に変更する。利用客数の堅調さを受け、利便性を一層高め、商品力を強化する。
 同路線は昨年12月に開設した。新静岡とJR横浜駅に隣接するYCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)とを3時間で結ぶ。1日2往復運行し、延べ利用者数は(9月末現在)は1万2780人。
 「利用は当初の想定以上」(同社担当者)で、2月は中華街全域で春節を祝うイベントが行われたこともあり、平均を上回る1341人が乗車した。3月は最多の2175人に達した。
 7月に利用客に次回乗車料金の割引券を贈るキャンペーンを始めたところ、月200枚以上の割引券利用があり、リピーターの支持を集めていることも分かった。
 同社の調査で、乗車目的が観光中心だったため、定番の観光地である中華街まで延伸を決めた。YCATは経由地になり、人気スポットの「みなとみらい21」(横浜市西区)に最寄りのパンパシフィック横浜ベイホテル東急にも停車する。
 延伸後も乗車料金は変更しない予定。現在、国土交通省に認可を申請している。

504 とはずがたり :2010/10/14(木) 20:46:50

経営厳しいですねぇ。。

701 名前:チバQ[] 投稿日:2010/10/14(木) 20:07:19
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101008/biz1010082146017-n1.htm
苦しいバス業界 昨年度乗客1億4000万人の激減 新型インフル響く
2010.10.8 21:43
 国土交通省は8日、全国の乗り合いバス事業者の平成21年度の収支状況を発表した。燃料の軽油価格が下落し支出は抑えられたものの、新型インフルエンザの影響で乗客数が前年度から1億4800万人の大幅減となり、黒字事業者は全体の27.6%にとどまった。マイカー普及による乗客の減少傾向にも歯止めがかかっておらず、国交省は「経営環境は厳しい」と分析している。

 調査は高速・観光バスを除いて30台以上を保有する計246事業者を対象に実施。乗客数の合計は38億6600万人で、前年度から3.7%減った。特に公営は5.5%の大幅減。また東京、名古屋、大阪の三大都市圏以外での落ち込みが目立った。

 事業者全体の収入は7180億円に対し、支出は7743億円で差し引き563億円の赤字。民営は220のうち70%の154事業者が赤字、公営は26のうち24事業者が赤字だった。

505 荷主研究者 :2010/10/16(土) 13:17:44

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20101002e
2010/10/02 10:25 秋田魁新報
土崎—将軍野、循環バス運行開始 中央交通、他路線と連絡可能に

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/20101002e12.jpg
運行を開始した土崎循環線のバス

 秋田中央交通(渡邉靖彦社長)は1日、秋田市土崎、飯島、将軍野地区の停留所計34カ所を回るバス路線「土崎循環線」の運行を開始した。同社が循環バスを運行するのは初めて。バス利用客の減少に歯止めを掛けようと病院やスーパーなどが多い同市北部の土崎地区に新設した。

 同線は内回り(約7キロ)と外回り(約10キロ)の2コース。JR土崎駅発着の内回りは、平日5本、土・日曜日と祝日は各2本。秋田組合総合病院発着の外回りは平日4本、土・日曜日、祝日は各3本運行する。いずれも学校やスーパー、病院などの近くで停車する。初乗り料金は通常の路線バスと同じ160円。

 同線は金足、下新城、上新城地区を運行する「マイタウン・バス北部線」に秋田組合総合病院で乗り換えることもできるため、利用客の利便性も高まった。

 同社は今後、利用客の意見・要望を聞いた上で、運行本数やルートの変更、来春オープンする北部市民サービスセンター(仮称)への経路拡大なども検討する。

506 荷主研究者 :2010/10/16(土) 13:37:54

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20101002/CK2010100202000129.html
2010年10月2日 中日新聞
地域バス“出発” 浜松市北区、天竜区で運行始まる

北区細江町 交通空白地域を埋める

1日から運行が始まったみをつくしバス=浜松市北区細江町で

 浜松市北区細江町の公共交通空白地域を走る「みをつくしバス」の運行が1日から始まった。鈴木康友市長や地元住民らが出発式に参列し、テープカットを行うなどして“地域バス”の門出を祝った。

 出発式では、バス導入に尽力してきた細江地域交通検討会の江間敏雄会長が「これからは地域のみなさんに愛されるバスとして発展させていくのが私たちの役割」などとあいさつ。みをつくしバスが導入されるに至った経緯などが報告された。また、愛称採用者の伊藤かおりさん(同町中川)に記念品が贈られた。

 運行は遠州鉄道に委託された。車両はジャンボタクシーサイズのワゴン車1台(定員10人以下)。天竜浜名湖鉄道気賀駅−聖隷三方原病院を起終点にして、月曜日が南線(老ケ谷・油田方面)、水曜日が東線(桜ケ丘・刑部方面)、金曜日が西線(伊目・老ケ谷方面)の3路線(1日4往復)を毎週1日ずつ走る。運賃は大人200円、こども100円。

 西線が運行されたこの日は述べ34人の利用があった。

 バスは2年程度の実証運行で利用状況などをつかみ、地域で守り育てるバスとして改善点を探っていくという。 (高柳義久)

天竜区佐久間、水窪地域 ニーズに合った運行目指す

出発式でふれあいバスの運行開始を祝う関係者ら=浜松市天竜区佐久間町で

 浜松市天竜区の佐久間・水窪地域で「ふれあいバス」の運行が、1日から始まった。公共交通の継続とバス運行の効率化を図るのが主な狙い。佐久間地域の佐久間地域自治センターで、早朝の始発バスにあわせて出発式があった。 (間渕文隆)

 市では高齢者や通学児童らを中心に地域住民の足となる公共交通の在り方について検討、バス路線の再編をした。それぞれの地域に最も適したバス運行を目指そうと、天竜区では新しい地域バスの実証運行を始めた。利用状況や地域ニーズを把握しながら2年ごとに見直しを行い、事前予約制のデマンド方式導入も検討する。

 佐久間地域ではこれまで無料だった福祉バス、医療バスを有料(原則一乗車大人200円、小学生以下100円)として「佐久間ふれあいバス」に名称変更、JR飯田線中部天竜駅に乗り入れるなど住民ニーズに合わせて改善を図った。

 水窪地域では自治体バス、患者輸送バスを集約して「水窪ふれあいバス」に。路線により運行距離ごとの運賃か均一運賃(大人200円、小学生以下100円)を採用し、商店街とJR飯田線水窪駅に乗り入れるなど経路を見直して使いやすくした。

 佐久間地域自治センター駐車場での出発式で天野幸夫・区まちづくり推進課長は「市交通総合計画が今年5月に策定され、地域住民、運行事業者、行政がともに地域の公共交通を考え、守る仕組みづくりができた。地域に愛されるバスを目指していきたい」などとあいさつ。両地域ふれあいバスの運行を担う事業者の水窪タクシーの役員は、「安全運転に心がけ、地域に親しまれるバスを目指して頑張りたい」と決意を述べた。

507 荷主研究者 :2010/10/16(土) 13:42:27

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009280162.html
'10/9/28 中国新聞
三次中心部循環バス2日発車
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100928016202.jpg

 三次市は10月2日から、JR三次駅を発着し市街地を回る循環バス「くるるん」を備北交通(庄原市)に委託して運行する。現在「みよしウェーブ号」として走らせている循環路線を再編する。

 ルートは十日市地区、南畑敷町、四拾貫町、三次町などを順に巡る12・8キロ。1循環約60分。公共施設や病院、商業施設前などに34停留所を設ける。午前9時の始発から午後5時前の三次駅着まで1日8便。

 愛称と車体デザインは公募し決めた。愛称は、広島市西区の主婦矢野美奈子さん(34)の「くるるん」。循環の意味の「くるくる」、楽しさを表す「るんるん」を組み合わせている。デザインは、三次市上志和地町のイラストレーター寺河未帆さん(37)の作品。市の花サクラと、市の木モミジを擬人化し、巴橋や川など三次らしさも表現した。

 運賃は大人200円、小学生〜高校生100円。記念回数券として、割引率5割の10枚つづりを1日から、三次バスセンターなどで販売する。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100928016201.jpg
【写真説明】10月2日から運行を始める市街地循環バス「くるるん」

508 荷主研究者 :2010/10/16(土) 13:43:24

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009290052.html
'10/9/29 中国新聞
邑南町営で路線バス運行へ
--------------------------------------------------------------------------------
 石見交通(益田市)の路線バス川本線の存続問題で、島根県川本、邑南両町は、同社が示した減便を伴う存続案を断り、来春から邑南町営で運行する方針を決めた。28日、両町広域公共交通協議会で了承された。同社は30日までに、路線廃止を中国運輸局に届け出る。

 24日に提示された最終の減便案は、石見川本―矢上―三坂口間で現行17便を11便にする内容。両町は、通学生で込む時間帯のバスの減便で着席が困難になったり、通院に便利な便が廃止されたりする点を問題視した。

 減便ダイヤの合間に町営バスを走らせる案も打診したが、競合路線への参入になるとして同社が拒否。運賃補助などで2町の財政支出が計約500万円増える点を考慮しても、町営移行で現行ダイヤを維持し、利便性を確保すべきと判断した。

 石見交通が撤退すると、役場のある矢上地区と羽須美地域、広島県北広島町大朝を結ぶ路線なども設定できるようになるため、邑南町は今後、町全体の交通体系を再検討する。

509 荷主研究者 :2010/10/16(土) 13:45:52

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009300003.html
'10/9/30 中国新聞
新交通体系が来月に完全実施
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/Tn20100930000301.jpg

 デマンド型ワゴンによる乗り合い交通や朝夕に市内だけを走る路線バスなど、安芸高田市の新しい交通体系が10月1日、完全実施となる。ワゴンは甲田向原、吉田八千代の2ルートを追加して計4ルートとなり、市内全域に運行が拡大する。バスは広域路線を走る民間運行を除き、市内だけを走る5町9ルートとなる。

 新しい交通体系は(1)午前7〜8時を路線バスの「お太助バス」(2)同8〜午後3時をデマンド型の「お太助ワゴン」(3)午後3〜7時を再び「お太助バス」が受け持つ。

 お太助ワゴンは昨年10月から、市中心部の吉田と高宮甲田、美土里とを結ぶ2路線で運行開始。来月から甲田向原、吉田八千代を加え4ルートとなる。13人乗りと10人乗りの計10台を使い、登録・予約制で、平日運行。希望の場所で乗降できる。料金は高校生以上500円(同じ町内は300円)。

 バスは55人乗りと33人乗り(計6台)で、主に朝夕に小中学生や通勤者たちを運ぶ。

 吉田と広島バスセンターを結ぶ広島電鉄、三次と吉田、吉田と安佐市民病院を結ぶ備北交通、八千代町を通る北広島町営バスはこれまで通りの運行。

510 荷主研究者 :2010/10/29(金) 00:38:19

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/10/20/new1010201103.htm
2010/10/20 デーリー東北
路線バス運賃上限500円 来年10月から実験

 八戸圏域定住自立圏を構成する八戸市と周辺7町村は19日、通学や通勤など住民の生活交通手段の確保に向けた「八戸圏域公共交通計画」を決定した。メーン事業は複数の市町村にまたがるバス路線を上限500円の運賃で運行する実証実験で、2011年10月から2年間、実施する。

 同日、市公民館で開かれた同計画策定会議で、計画を了承した。同会議は今後、八戸圏域公共交通推進会議に移行し、具体的な事業を進める。

 実証実験は、遠距離移動のネックである運賃を低く抑え、圏域住民の広域的な活動を促進し、乗客の増加につなげる。

 初乗りは150円とし、距離ごとに50円ずつ上がる運賃体系に改定する。初乗り料金だけで見ると、現行130円、140円で運行されている区間は値上げとなる。

 本年度中に詳細な実施計画を決める。実験対象は、南部バスの三八線や階上庁舎線、田子線、十和田観光電鉄の八戸線など、現在運行中の17路線を中心とする予定。

 八戸市との直通路線のない田子町、新郷村とは、同市との間を上限500円で乗り継げるよう配慮した企画乗車券の発行を検討する。

 また、実験開始に伴ってバス運行に対する各自治体の財政支援体制を再構築し、上限化による運行経費の不足分は各市町村が追加補助する仕組みにする。09年度実績で試算すると、乗客が全体で7・5%以上増えれば、各市町村の負担が軽減されるという。

 11年度はこのほか、相互の距離が近く、乗り継ぎポイントとなる鉄道駅とバス停に、それぞれの案内板を整備する予定。

511 チバQ :2010/10/30(土) 00:21:41
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001010270003
供給過多 不便な路線
2010年10月27日


熊本交通センター近くの道路を走るバス。何台も列をなす、おなじみの風景だ=熊本市


熊本のバスの基点、熊本交通センター。毎日、膨大な数の車両が往来する=熊本市桜町

  5、6、7台……。専用車線にバスが列をなす。午後6時、熊本市中心部の通町筋バス停。家路を急ぐ学生や会社員が次々と乗り込むが、満員になるバスは見あたらない。車窓に広がる渋滞とは対照的に、乗客は悠々と座席を確保する。赤字体質のバス行政を象徴するかのような光景だ。


  「長年の懸案」。関係者が口をそろえる課題は明らかだ。一つは、民間3社と市交通局の競合関係。北部は熊本電鉄、南部は熊本バス、その他を九州産交と市営バスという大まかなすみ分けはあるが、中心部では路線が重なり合い、供給過多にある。


  その要因ともなる課題が、熊本交通センターを軸に放射状に伸びる路線網。開業時は「東洋一の規模」と言われた施設からの路線は枝分かれし、郊外の目的地まで長く複雑な線を描く。一方で横軸を結ぶ線は少なく、あっても便数が乏しい。「どこに行くにもセンターを経由する仕組み」。熊本バスで運行管理を経験し、交通問題に詳しい鈴木弘市議はそう指摘する。


  乗客獲得のため、過去には他社より到着時間を1分だけ早めたり、共有するバス停の少し前で客を取り込む路線を組んだりする例もあったという。使う側の利便性を無視した運営の結果、「東洋一使いにくい路線になった」(鈴木市議)。


   膨らむ税金投入


  市交通計画課によると、熊本都市圏のバス利用者は一日約9万7千人。マイカーの普及などから30年前の3分の1、20年前の半分で、この10年でも3割減った。市バス事業の累積赤字は2009年度に5億4300万円に達し、1973年度から始まった一般会計からの繰り出しも99年度から毎年10億円超に。一方、民間の倍近い給与を得る交通局員の好待遇ぶりは市議会でも取り上げられてきた。


  だが、市の対応は遅かった。各事業者のトップや行政、専門家、市民らで対策を練る「バス交通のあり方検討協議会」が設置されたのは2年半前。同課は「民間の経営に口は出しにくかった」というが、03年に表面化した九州産業交通の経営危機などもあり、結局、各事業者(市営バス含む)に対する市の補助金は年々膨らみ、2007年度に2億円を突破した。


  街づくりと関係密接


  地域ごとに設ける乗り換え拠点から、中心にも横軸にも移動しやすくする――。


  今年5月、協議会は幸山政史市長にこんな内容の答申を提出。拠点候補地や各拠点を結ぶ路線網、運行間隔などを細かく示した労作だ。4月からは西部の「西部車庫」から東部の「長嶺団地」を結ぶ路線「東バイパスライナー」の本格運行が各社共同でスタート。中間答申の提案を受け、市はバス部門を16年4月までに民間に全面移譲する方針も打ち出している。


  高齢化社会と環境問題への対応などから、バスを含めた公共交通の重要性は今後ますます高まっていく。協議会の副会長を務める熊本大の溝上章志教授(交通計画)は言う。「求められるのは、熊本をどんな街にするかという大きなビジョン。それがないと、細切れの対応になる」。中心部に人を集め、その足として公共交通機関を生かしていく、そんな将来を見据えた全体像が必要という。(外尾誠)

512 とはずがたり :2010/11/04(木) 00:04:23
八代市内とは云っても市中心市街地とは隔絶した僻地の様ですねぇ。経済的には人吉か甲佐の方が緊密?
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=32.485380927614415&lon=130.87832881694482&z=14&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=32.790175599651&hlon=130.74168636089&layout=&ei=utf-8&p=

五家荘に路線バスが初乗り入れ 八代市泉町
2010年11月01日
ttp://kumanichi.com/news/local/main/20101101006.shtml

第一便のバスをバックに記念撮影をする五家荘地区の住民ら=八代市泉町

地図
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20101101006_DAT_20101101231850002.jpg


 人吉市−五木村間で運行している産交バスの路線バスが、八代市泉町椎原まで路線を延伸。1日、運行を開始した。五家荘地区への初の路線バス乗り入れで、地元では歓迎式典があった。

 延伸されたのは、上荒地(五木村)−椎原の6・1キロ。地元の要望を受けた八代市と産交バスなどが協議し、今年8月に決定した。利用者は年間約千人と見込んでおり、赤字分は同市が補てんする。人吉産交−椎原診療所間を1日3往復する。所要時間は1時間45分ほど。

 バス停近くの椎原集会所であった歓迎式典には、福島和敏市長や五木村の和田拓也村長、地元住民ら約50人が参加。福島市長が「住民の熱い気持ちに応えることができた。この日を新たな五家荘の歴史のスタートにしたい」とあいさつした。

 産交バスの岩崎司晃[しこう]社長は「利用者のニーズに応え、喜んで乗ってもらえるのが一番。幅員が狭い道路なので、安全運転を徹底したい」と述べた。(長野希美)

513 荷主研究者 :2010/11/08(月) 22:16:43

http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=12874125946299
2010年10月19日(火)茨城新聞
ノンステップバス、県内各社が導入拡大 高齢者の利用促す

バス会社が導入しているノンステップバス。乗降口に階段がなく、車いす用のスロープもある=水戸市袴塚の茨城交通営業所

県内の乗り合いバスで、お年寄りらが乗り降りしやすいノンステップバスの導入が進んでいる。県内の導入率は2002年度は1・5%(16台)にすぎなかったが、09年度は11・47%(116台)と伸びた。バス利用が減少傾向の中、バス会社は、主な利用客である高齢者へのサービス拡充の目玉にノンステップバスを位置付ける。バリアフリー促進へ向け国がバス購入の補助金を出しており、県内各社は積極的に増やしていく構えだ。

県内最大手の関東鉄道(土浦市)は、乗り合いバス335台のうち、ノンステップ型を2割強の76台導入している。鹿島鉄道の線路跡を利用するバス高速輸送システム(BRT)でも、グループ会社が新しくノンステップ大型車両を1台導入した。

「車両更新に合わせ、毎年2台程度増やし、総合病院のある路線などに順次投入している。お年寄りの要望に応えていく」と同社自動車部は説明する。

県北が地盤の日立電鉄交通サービス(日立市)は9月、路線バスにノンステップの新車両3台を加え、ノンステップバスは計13台体制とした。

茨城交通(水戸市)は、高齢者の乗客が多い路線で9月、ノンステップバス1台を導入。全路線の約270台のうちノンステップは9台であることから、任田正史社長は「気軽に乗ってもらえる環境を整え、利用客を増やしたい」と、今後導入を進めていく考えを示した。

各社はノンステップのほか、階段が一段の低床のワンステップバスも導入し、高齢者や障害者の利用を促している。

自治体が運営する地域内巡回のコミュニティーバスでもノンステップ型は主流になっている。

つくば市では、利用者の予約を受けて走る「デマンドバス」で小型のノンステップ型20台以上を導入。日立市では商店街の循環バスにノンステップ車両(定員20人)を使っている。坂東や笠間、土浦、石岡各市などでも、車いす対応の車両を走らせ、地域内の医療・福祉施設を巡回し、市民の利便性を高めている。

514 荷主研究者 :2010/11/08(月) 22:36:49
>>464
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201010230022.html
'10/10/23 中国新聞
試験運行で目標乗客数届かず
--------------------------------------------------------------------------------
 大竹市のJR山陽線の大竹―玖波間で主要施設を結ぶコミュニティーバス「おおたけ幹線バス」が、試験運行を始めて26日で1年になる。乗客数は目標とする1便平均6人に及ばなかったものの徐々に増加。猛暑の影響で夏場に伸びた。市は来年度も試験運行を続け、生活の足として定着を目指す。26日は記念日として乗り放題にする。

 運行開始から9月末までの乗客総数は延べ5万4370人。運賃収入1015万4千円に対し、運行経費は2558万8千円で、収支率は40%だった。市はコミュニティーバスを本格運行する場合、コストの半額を運賃収入で賄いたい意向で、目標に及ばなかった。

 月別の乗客数は、スタート直後の昨年11月は3993人。1便あたり4・16人だった。その後は4千人台で推移。猛暑となった夏は7月に5581人、8月は5728人と一気に増えた。8月は1便当たり5・77人。コストの半分を賄うのに必要な6人に近付いた。

 試験運行にあたり市は、住民代表たちと市地域公共交通活性化協議会を結成。ルートやダイヤなどを論議しながら進めている。

 市は来年度も試験運行を続け、乗客数の向上策を探る。

【写真説明】間もなく運行1年を迎えるおおたけ幹線バス。乗客も徐々に増えている(大竹駅)

515 荷主研究者 :2010/11/08(月) 22:59:32

http://www.kahoku.co.jp/news/2010/10/20101027t15014.htm
2010年10月27日水曜日 河北新報
乗客の視点でバスマップ 全国の取り組みが本に

発刊された「バスマップの底力」

 全国各地の市民団体などが作成したバスマップを解説する「バスマップの底力」(全国バスマップサミット実行委員会編著)が発刊された。仙台市を含む各地のバスマップの特色を紹介し、交通政策などの専門家の論文やマップ作りのノウハウも収めた。

 バスマップは路線や停留所を示し、系統一覧や運賃、乗り方などを、初めての人でも分かるように編集する。バス事業者の路線図は不便だとして、公共交通機関を中心とした街づくりに取り組む市民団体などで、乗客の視点に立ったマップ作りが広がっている。

 「底力」はA5判、248ページ。東北関連では、仙台市のNPO法人まちづくり政策フォーラムが、市中心部を走るバスの均一料金制度「100円パッ区」の利用ガイド作成や、小学生を対象にしたバスの乗り方教室の開催といった活動を紹介している。

 執筆したフォーラムの足立千佳子理事は「マップはバスを市民に近づける。人のつながりづくりや低炭素社会にも貢献し、市民協働の街づくりを進めるきっかけになる」と強調する。

 「底力」では、市民参加型の街づくりとして、バス停を周辺の住民や企業が整備、管理するアダプト(養子縁組)制度の導入なども提言している。

 全国バスマップサミットは、2003年の岡山を皮切りに、これまで仙台や新潟など7カ所で開催。今年は30、31日に東京で開く。「底力」(税込み2940円)についての連絡先はクラッセ042(310)1552。

516 荷主研究者 :2010/11/10(水) 23:27:22

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/10/28/new1010281602.htm
2010/10/28 デーリー東北
七戸十和田駅―むつ間往復バス試験運行

 十和田観光電鉄(澤頭輶夫社長)と下北交通(白濱啓助社長)は東北新幹線全線開業の12月4日から来年3月末まで、七戸十和田駅とむつ市内を結ぶバスを共同で試験運行する。同駅発着の新幹線に合わせた二次交通として1日2往復を計画している。

 現在は国に許可申請中。両社は利用状況を見ながら、4月以降も正規の路線として運行するか判断する。

 運行区間は同駅からむつバスターミナル(むつ市)までの約81キロで、所要時間は片道約1時間50分。停留所はむつ市内の数カ所と横浜(横浜町)、野辺地中央(野辺地町)となる見込み。運賃は同駅〜むつ市内2千円、同駅〜横浜1500円、同駅〜野辺地中央500円を予定している。

 十鉄の小笠原和彦運輸事業部長は「冬の下北に観光客が来てくれるよう、利便性を高めたい」と観光振興を強調。

 また、下北交通の小原弘志むつ営業所長は「地元住民を第一に考え、新路線を作ることで新たなニーズを掘り起こしたい」と、将来の生活路線として定着することに期待感を示した。

517 荷主研究者 :2010/11/10(水) 23:40:31

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/204815
2010年10月21日 06:20 西日本新聞
新博多駅ビルとバスターミナル “空中回廊”で直結へ

 来年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開通、新博多駅ビル開業に合わせ、西日本鉄道が新駅ビルに隣接する九州最大級のバスターミナル「福岡交通センター」を全面改装し、2階部分をペデストリアンデッキ(歩行者専用回廊)で新駅ビルに直結させることが20日、分かった。鉄道とバスを乗り継ぐ乗客や買い物客の利便性が大幅に高まりそうだ。

 関係者によると、新駅ビル2階のデッキと、同センター2階に設ける出入り口を接続する通路は、公共施設として福岡市が設置する。今年11月着工し、来年2月末に完成予定。費用は受益者の西鉄やJR九州が分担する。2011年度中には、同センター北西側道路を挟んだ向かいの博多新三井ビル前歩道まで通路を延伸する計画だ。

 同センターは地下1階、地上9階建てで、バスターミナルは1−3階。1日に高速・路線バス計約2600便が発着し、約7万人が利用する。バス施設のほか、紀伊国屋書店福岡本店など約60の商業施設などが入居している。全面改修に伴い、国内外から訪れた人にも分かりやすいように、名称を「博多バスターミナル」に変更し、外国語の案内表示を充実させる。

 商業施設の入れ替えも実施。核テナントとして来年2月に低価格衣料品店「しまむら」が同社初の駅前店舗(売り場面積2千平方メートル)を出店する。100円ショップ「ダイソー」も今年11月に売り場を今より2割増やし3300平方メートルにする。

 福岡交通センターは1965年開業。西鉄が約7割を出資し、子会社が運営している。

=2010/10/21付 西日本新聞朝刊=

518 荷主研究者 :2010/11/10(水) 23:44:03

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/205231
2010年10月23日 00:42 西日本新聞
出水−蔵之元 バス運行開始 南国交通

 南国交通(鹿児島市)はJR出水駅(鹿児島県出水市)と蔵之元港(同長島町)を結ぶシャトルバスの運行を20日から始めた。1日3往復し、所要時間は片道約65分。

 バスの運行を企画したのは熊本県天草市。同市は九州新幹線の停車駅である出水駅からの交通アクセスを改善し、天草を訪れる観光客を増やすのが狙い。

 運賃は大人が片道千円、子どもが同500円。蔵之元港と天草市の牛深港間は民間のフェリーが運行しており、牛深港に最も近い出水駅からのアクセス改善を目指す。天草市は南国交通に赤字分を補てんする。バスは来年3月まで試験的に運行し、利用状況を見た上で本格実施を検討する。問い合わせは南国交通出水営業所=0996(62)1626。

=2010/10/23付 西日本新聞朝刊=

519 荷主研究者 :2010/11/10(水) 23:55:50
>>486
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201010290214.html
'10/10/29 中国新聞
バス時刻と料金決定 福山
--------------------------------------------------------------------------------
 福山市は、11月1日から市東部で試験運行するバス2路線の運行時刻と料金を決めた。

 伊勢丘3丁目から東福山駅北口(引野町)を経由して福山市民病院(蔵王町)までを運行する約6キロ区間は、始発が伊勢丘3丁目を午前8時に出発する。午後5時台までに1日9往復する。バス停は既存の14カ所を利用する。料金は150〜250円。

 大門駅北口(大門町)と鋼管病院(同)を結ぶ約7キロ区間の始発は、大門駅北口を午前8時5分に出発する。午後6時台までに1日7往復する。料金は150〜340円。バス停は既存の11カ所を利用。大門駅北口▽大門日之出ケ丘口▽幕山台6丁目▽幕山小学校下▽鳳団地―の5カ所は新設する。

 2011年3月31日まで試験運行する。国道182号以東の地域と市民病院を結ぶ路線は初めてとなる。

520 荷主研究者 :2010/11/14(日) 12:11:43

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20101105102.htm
2010年11月5日03時09分 北國新聞
特急バス路線充実へ実験 来月から奥能登広域圏

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/transit/H20101105102.jpg
金沢−珠洲、宇出津間の交通実験で活用される輪島特急=輪島市河井町の道の駅輪島「ふらっと訪夢」

 奥能登広域圏事務組合は12月下旬から3月にかけ、金沢と輪島を結ぶバス路線「輪島特急」を活用した「ふるさとバス」(仮称)の交通実験を実施する。珠洲、宇出津(能登町)でそれぞれ2便程度運行し、穴水と能登空港で輪島特急と連結させることで、2014(平成26)年度の北陸新幹線金沢開業を見据えた新たな2次交通体系を模索する。

 北陸鉄道(金沢市)の特急バス路線は、能登有料道路此木インターチェンジ(穴水町)と能登空港を経由する輪島特急が1日11往復しているのに対し、金沢−珠洲、宇出津間はそれぞれ同4往復、2往復と少ない。珠洲、宇出津から金沢に向かう利用者は日帰りしやすく、逆に金沢からの観光客が滞在するには使い勝手が悪いとの指摘がある。

 実験では、冬場の観光客や帰省客をターゲットに、週末を中心に珠洲、宇出津からそれぞれ穴水・此木、能登空港を往復するバスを運行。輪島特急のダイヤに合わせることで、金沢−珠洲、宇出津間のバス路線は実質的に増えることになる。

 実験には総務省の自立活性化推進交付金を活用する。事務組合は奥能登周遊タクシーの運行も計画しており、実験により、新幹線開業効果を奥能登に波及させる公共交通体系を探っていく。

521 荷主研究者 :2010/11/21(日) 12:43:02

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/11/09/new1011090802.htm
2010/11/09 デーリー東北
十鉄がバス2路線新設へ 七戸十和田駅発着

 十和田観光電鉄(澤頭輶夫社長)は、12月4日の東北新幹線全線開業日から、七戸町の七戸十和田駅に接続する二つのバス路線を新設する。また、同町と十和田市のタクシー事業者が同駅と同市間を結ぶ乗り合いタクシーの名称を「朝ぷらす」「夜ぷらす」とし、それぞれ朝2便、夜4便運行する。8日、同町内で開かれた七戸十和田地域公共交通会議で報告、了承された。

 十鉄が新設する路線は、七戸まかど線(七戸十和田駅―野辺地駅前―まかど温泉)と、十和田七戸線(十和田富士屋ホテル―十和田市駅―七戸十和田駅)。

 七戸まかど線は上下6便、十和田七戸線は上下3便をそれぞれ運行する。いずれも従来の路線バスでは補えない時間帯の新幹線に接続する。来年3月31日まで試験運行し、需要に応じて同4月以降の運行を検討する。

 乗り合いタクシーの名称は、路線バスを補完する意味から記号の「+(プラス)」にちなんだ。同市の宿泊施設から七戸十和田駅に向かう朝ぷらすの2便は、午前8時前に同駅を出る新幹線上下3便に対応。同駅から同市に向かう夜ぷらすの4便は、午後8時半以降に同駅に着く新幹線上下4便に接続する。

522 荷主研究者 :2010/11/21(日) 13:28:28

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20101107_9
2010/11/07 岩手日報
宮古循環バス発進 県北自動車、利用促進へ休日試行
--------------------------------------------------------------------------------
 岩手県北自動車(本社盛岡市、松本順社長)の宮古市内循環バス「宮古の休日 おさんぽバス」は6日、実証運行を開始した。

 宮古駅前広場で出発式が開かれ、同社の鈴木拓副社長、山本正徳市長らが出席。テープカットで運行開始を祝った。早速、第1便が運行され、多くの乗客らが乗り込んだ。

 おさんぽバスは、新たな運行系統開拓とバス利用促進が目的。マイカー利用抑制による二酸化炭素(Co2)削減も目指す。

 同日から来年3月13日までの土、日曜と祝日に運行。同駅と魚菜市場や長町バイパス、シートピアなあどなどを結び、市中心部を約40分で1周する。

 左回りと右回りの1日7便を運行。停車駅の録音アナウンスは、市内の子どもたちの声を吹き込んだ。鈴木副社長は「乗客の声から運行ルートを探り、平日までの本格運行につなげたい」と期待した。

 運賃は1回の乗車が中学生以上100円、小学生50円。一日乗り放題の一日乗車券は中学生以上300円、小学生150円。未就学児は無料。一日乗車券を提示すると、沿線の協賛店で商品割引などの特典が受けられる。

523 荷主研究者 :2010/11/21(日) 13:37:32

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010310018/
2010年10月31日 神奈川新聞
JR山手駅起点の市バスが3周年迎え記念式典、増便望む地域の声も確認/横浜

 JR山手駅を起点に本牧地域を走る横浜市営バス222系統が運行から3周年を迎え、記念式典が31日、上台集会所(横浜市中区)で開かれた。3周年実行委員会(金子豊会長)の主催で、町内会関係者や近隣住民など約200人が参加。増便を望む地域の声もあらためて確認した。

 222系統は、迎えの車による駅前の混雑解消などを目的に2007年10月から運行を開始。朝夕と日中で2ルートがあり、平均で1日1300人前後が利用しているという。

 式典では、増便の要望を確認。市交通局は、1日1500人以上になると増便が可能としており、金子会長は「開通直後から喜ばれ、増便を望む声があった。(1500人まで)もう少しなので、地域の乗用車として使ってもらいたい」と話した。

 式典前には、3周年を機に行った小学生の絵画コンクールの受賞者も表彰した。

524 荷主研究者 :2010/11/21(日) 14:25:40

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20101111/CK2010111102000124.html
2010年11月11日 中日新聞
桜通線延伸、名古屋市バス再編見直し案 素案から7系統変更

 名古屋市交通局は10日、地下鉄桜通線の延伸(野並−徳重)に伴うバス路線の再編で、利用者の要望を反映した見直し案を市議会土木交通委員会に示した。7月末に公開した素案と比べ、7系統で路線を変えたりバス本数を増やしたりした。中部運輸局に申請し、延伸部が開業する来年3月27日から実施する。

 地下鉄原駅を起点とする「幹原1」の一部バスで終点を相生山住宅から島田一ツ山に延ばす。「幹原1」から分割する「新瑞15」は回送バスを営業運転し、平日の運行を16回増やす。「幹鳴子1」は一部バスの終点を大清水から地下鉄徳重に変更する。素案で中京病院前の経由を示した「名港16」は生活道路での運行に支障があるとして現行ルートに戻す。

 延伸部開業の再編に関係する30系統の赤字見込み額は素案段階で年8億5600万円だったが、見直しで走行距離が延び、赤字額が450万円増える見込み。

 素案には、利用者の意見を聞く懇談会や電子メールなどで628件の要望が寄せられた。

 (宮本隆彦)

525 荷主研究者 :2010/12/02(木) 21:24:50

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20101113_11
2010/11/13 岩手日報
盛岡市のバス優待パス低調 売り上げ当初計画の半分
--------------------------------------------------------------------------------
 盛岡市が5月から70歳以上を対象に販売を始めたバス優待パス「まちなか・おでかけパス」は、9月末現在の売り上げが2583枚で当初計画の約半数にとどまっている。市は利用促進に向け、12月1日から市内の百貨店と連携し、飲食店の割引や顧客カードのポイントサービスなどの特典を用意。さらなる周知に努める。

 同パスは同市内全域が対象で、バスの利用促進と商店街の活性化を目的に市と県バス協会が連携し、第1期(5月10日〜10月29日)と第2期(11月19日〜来年4月28日)に分けて販売。

 1枚5250円で、自宅近くのバス停と中心市街地のバス停の間や、中心市街地と盛岡市立病院付近のバス停間で、6カ月間の利用が可能だ。

 市によると、利用者が最も多いのは全体の約2割を占める松園地区で、青山、緑が丘地区などが続く。利用が少ない地区には、町内会単位でチラシを回覧したり、地域の会合などで広報活動をしてきたが、伸びなかった。

 市は第2期に販売するパスの利用が始まる12月1日から、盛岡市菜園1丁目の百貨店川徳(川村宗生社長)と連携。同店1階のカードカウンターにまちなか・おでかけパスを提示すればカワトクカードに10ポイントを加算し、7階の飲食店利用が10%引きとなる。

 週に1回ほど同パスを利用して市街地を訪れる同市西松園4丁目の細田美子さん(70)は「8月に誕生日が来るのを待ってパスを買い、とても助かっている。百貨店をよく利用するので新しい特典はありがたい」と喜ぶ。

 同市交通政策課の古山裕康課長は「市街地でしか利用できないと思っている人も多いようで周知不足だった。特典をアピールして乗客を増やしていきたい」としている。

526 荷主研究者 :2010/12/02(木) 22:33:51

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20101116/CK2010111602000124.html
2010年11月16日 中日新聞
片山津線が運行開始 加賀温泉駅発着の路線バス

テープカットする寺前市長(左から3人目)ら=加賀市片山津町で

通学や観光に利用促進

 JR加賀温泉駅前を発着点に加賀市片山津地区とを結ぶ「温泉片山津線」のバス運行が十四日、始まった。同市片山津町では、寺前秀一市長や上出栄雄市議長、地元住民ら約四十人が出席して出発式が開かれ、テープカットをして運行を祝った。

 バスは加賀温泉バスが一日七便を走らせ、料金は一律で大人二百円、小学生以下百円。一便当たり六、七人の乗客で採算がとれるという。高齢者や通学の高校生、観光客らの利用を想定しており、市民と市、加賀温泉バスが協力して利用促進を図りたい考え。

 片山津地区のバス路線は利用者減少による赤字のため二〇〇八年五月に廃止された。同年十二月には住民でつくる運行協議会が主体となり、朝晩各一便の試験運行を始めたが、利用者が少ないため一〇年三月に中止していた。 (池田知之)

527 荷主研究者 :2010/12/02(木) 22:54:22

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20101126104.htm
2010年11月26日02時58分 北國新聞
門前−金沢でバス3便増 来月25日から交通実験

 奥能登と金沢を結ぶ特急バスを活用した来月からの交通実験で、奥能登広域圏事務組合は珠洲、能登に加え、門前でも「ふるさとバス」を計3便運行することを決めた。能登有料道路此木インターチェンジ(穴水町)で特急バスと連結し、門前−金沢間の利便性を向上させる。

 25日に輪島市役所で開かれた市地域公共交通会議で報告された。実験は来月25日から来年3月上旬までを予定。土日祝日と年末年始(来月29日から1月3日)に能登空港を拠点とするふるさとタクシーを「ふるさとバス」として運行する。

 珠洲市の「すずなり館」、能登町の「宇出津駅前」と能登空港、此木間を結び、輪島特急と連結させることで珠洲、能登−金沢間のバス路線を充実させる計画だが、さらに門前−此木間でも運行する。運賃はふるさとタクシーと同じく珠洲、門前が片道千円、能登が同700円となる。

 門前と金沢を結ぶ北陸鉄道(金沢市)のバス路線(計7便)は羽咋市と志賀町の下道を経由するコースで、マイカーで此木まで行き、能登有料道路を通る特急バスに乗車する市民も少なくない。所要時間は約2時間20分で、此木経由だと10分程度短縮される。

 既存路線の運行時間は門前発の最終が午後1時20分発で、午後3時55分発の「ふるさとバス」を運行。逆に金沢発は始発が午前10時10分発、最終が午後4時25分発だが、午前8時、午後5時35分発の特急バスから、此木で乗り換えることができるバスを運行する。

 実験は2014(平成26)年度末の北陸新幹線開業を見据えた2次交通体系の構築が狙い。会議で梶文秋市長(奥能登広域圏事務組合長)は「北陸新幹線は年間1200万人の輸送能力を持つ。奥能登への2次交通は、観光で生きる輪島にとって重要だ」と、実験の意義を強調した。

528 荷主研究者 :2010/12/02(木) 23:03:03

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/260670.html
2010年11/18 15:11 北海道新聞
当別ふれあいバス 来年度から本格運行 来月1日から新ダイヤ

12月からダイヤ改編など新体制になる当別ふれあいバス

 【当別】町のコミュニティーバス「当別ふれあいバス」(ふれバ)を運行する町地域公共交通活性化協議会(会長・近藤充徳副町長)は、来年4月から本格運行を始めるのを前に、運行体制を見直し、12月1日から新ダイヤをスタートさせる。本年度で打ち切られる国の補助金がなくても運行できる仕組みづくりで、1日の便数は3便減の80便に、バスの台数も現行の5台から当初の4台に戻す。(上田貴子)

 ふれバは現在、5台のバスで7路線83便運行している。乗車料金は大人1回200円。

 減便するのは金沢線の午前11時15分当別駅発医療大行きと午後3時43分医療大発当別駅行きの2便のほか、現在1日7便走らせている市街地循環バスを6便にする。また、金、土曜日の深夜に札幌−当別間を運行しているバスも廃止する。

 ふれバは2006年4月に運行開始。運行経費は毎年約5千万円かかっており、町や医療大などの参加事業者負担金と運行収入で賄えない赤字額を、国の補助金で補てんする形で実証運行していた。昨年度の赤字額は約290万円だった。

 同協議会は来年度から、参加事業者負担金3480万円と運行収入1千万円の合わせて4480万円で事業継続できるよう見直しを図り、混乱を避けるため、新体制を前倒しして12月からスタートさせる。

 来年度からは補助金に頼らず独り立ちすることになる。

 事務局の町企画課は「予約を受けて送迎する『デマンドバス』など、新しいことにも取り組みたい」としている。

529 荷主研究者 :2010/12/02(木) 23:07:21

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/261519.html
2010年11/24 06:31、11/24 07:37 北海道新聞
バス3社と市電に「サピカ」導入 札幌地下鉄のIC乗車券

 札幌市内でバスを運行する北海道中央バス(小樽)、ジェイ・アール北海道バス(札幌)、じょうてつ(同)の3社が、札幌市営地下鉄の集積回路(IC)乗車券「SAPICA(サピカ)」を、2013年度に導入する方針が固まった。札幌市側はこれに合わせ、路面電車(市電)にもサピカを導入する。

 バス3社と同市でつくる「札幌ICカード協議会」が12月10日に札幌市内で臨時総会を開き、バスにサピカを導入することで基本合意する。今後2年ほどの間に、カード利用などを記録する専用サーバーや、バスに搭載するカード用端末などを開発する計画で、実際に導入するのは13年春ごろを想定している。

 市営地下鉄、市電、バスで現在使われている共通乗車券「ウィズユーカード」は、バスへのサピカ導入に伴い廃止する。

<北海道新聞11月24日朝刊掲載>

530 荷主研究者 :2010/12/02(木) 23:13:10

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/11/23/new1011231401.htm
2010/11/23 デーリー東北
全線開業に向けバス3路線新設/十鉄

 十和田観光電鉄(本社・十和田市、澤頭�V夫社長)は22日、東北新幹線全線開業に伴う12月4日からのバスのダイヤ改正などを発表した。七戸十和田駅への乗り入れを強化し、同駅から十和田、野辺地、むつの各方面に〝直通便〟3路線を新設する。

 新路線のうち、同駅と十和田富士屋ホテルを結ぶ路線は十和田市駅のみ停車。七戸十和田駅とまかど温泉富士屋ホテルを結ぶ路線は野辺地駅にのみ停車する。同駅―むつバスターミナルの路線は下北交通との共同運行。

 3路線とも来年3月末までの期間限定運行で、4月以降も継続するかは利用状況を見て判断する。

 また、十和田市―七戸―野辺地―まかど温泉線など5路線を七戸十和田駅に全便乗り入れ。十和田市―七戸―青森線は新青森駅に全便、七戸十和田駅にも一部停車する。

 十和田市内から七戸十和田駅へ14便、同駅から同市内へは14便(日曜・祝日は13便)を運行。このほか、同市現代美術館と同市立中央病院への乗り入れも増やす。

 同社経営企画室の胗下浩部長は「新幹線をチャンスととらえ、積極的な〝攻め〟の改正とした。観光客と地元住民の双方に、1人でも多く乗ってもらいたい」と話している。

531 荷主研究者 :2010/12/05(日) 13:21:13

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1290750275
2010年11月26日14時44分 千葉日報
新高速バス「五井〜新宿線」運行 上下各約10便、最短90分で結ぶ

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/nesp1290750275.jpg
高速バス・五井〜新宿線の出発式でテープカットをする関係者=25日、市原市市民会館駐車場

 市原市内と新宿駅を最短1時間半で結ぶ、小湊鉄道(本社・市原市、石川晋平社長)、小田急シティバス(東京都、井出和郎社長)共同運行の高速バス「五井〜新宿線」の出発式が25日、同市市民会館駐車場で行われた。

 同市内発着の高速バス路線としては4路線目。平日は上り10便下り11便、土休日と年末年始は上下各10便。利便向上へ半数以上の便を市役所発着とした。バスは60人乗り。新路線へ新型車両を2台投入した。

 出発式には両社社長のほか、佐久間隆義市長ら来賓など約60人が出席。あいさつに立った石川社長は「市原から都心への足として、また、都心から市原市への観光でたくさん利用していただける路線に育ってほしい」と期待した。

532 荷主研究者 :2010/12/05(日) 14:43:46

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/210492
2010年11月18日 01:32 西日本新聞
市民のバス離れ深刻 佐賀市調査

佐賀市内の主要交通機関だった市営バスだが…

 厳しい経営状況が続く市営バスをはじめ、佐賀市内の公共交通活性化を図ろうと同市が実施したアンケートで、「過去1年間、市内で全くバスに乗らなかった」と回答した人が過半数に達していることが17日分かった。佐賀市街地の主要交通機関とされてきた路線バス。市民のバス離れが深刻な状況だ。

 調査は来年度予定する市の交通総合計画策定の参考にするため、初めて実施した。住民基本台帳から無作為抽出した市民5千人を対象に9月に調査票を郵送。2417人から回答があった。

 「最近1年間に佐賀市内でバスを利用した頻度」を尋ねたところ、51・6%が「利用していない」と回答。「年に数回程度」も33・5%に及び、「月に1−2回程度」は8・8%だった。

 移動先では高速バスの「福岡市内」が37・4%を占め、「佐賀市内」は50・1%にとどまった。一方で、自家用車の保有台数は「一家に2台」が最多の38・9%。「3台」も19・1%に達しており、自家用車の利用率が高まっているようだ。

 旧佐賀市内の26路線のうち25路線を占める市営バスを見ると、利用者数はピーク時(1968年)の約1500万人から、260万人前後に減少。累計赤字も増加傾向で、09年度は、約5億4千万円となっている。市は今年3月に経営健全化計画をまとめ、一般会計から市交通局への毎年度の繰り出しに加え、別枠で6億円を追加する方針だ。

 同市総合政策課の石井忠文課長は「利用促進を図るため、郊外に駐車して市街地にバスで向かうパークアンドライドの実証実験なども検討しなければならない」としている。

=2010/11/18付 西日本新聞朝刊=

533 荷主研究者 :2010/12/05(日) 14:44:45

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/210474
2010年11月18日 00:20 西日本新聞
新八代−宮崎に高速バス JR九州など

 JR九州は17日、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通する来年3月12日から、新幹線の新八代駅(熊本県八代市)と宮崎駅(宮崎市)を結ぶ高速バス「B&Sみやざき」を、1日16往復運行すると発表した。ジェイアール九州バス(福岡市)、九州産交バス(熊本市)、宮崎交通(宮崎市)が毎日、共同運行する。

 所要時間は新八代−宮崎が2時間10分。新幹線と乗り継げば、博多−宮崎は3時間10分になるという。運行は1時間に上下各1本。新幹線のダイヤに合わせて発着する。途中の停留所は、人吉インターチェンジ(IC)▽えびのIC(一部便停車)▽小林IC▽都城北▽宮交シティ。

 定員は1便40人で全席指定。車体は九州新幹線「つばめ」と似たデザインにする。「B&S」はバスと新幹線の頭文字。

 運賃は未定だが、JR九州の唐池恒二社長は「(福岡−宮崎の)航空機よりもはるかに安く、高速バスより少し高いくらいにしたい」としている。新幹線とのセット切符もつくる。

 福岡−宮崎間は、航空機(1日10往復)が所要45分で、片道の普通運賃は1万9700円。高速バス(同24往復)は所要3時間58分で、普通運賃は片道6千円。新幹線沿線から外れる宮崎は、新幹線と接続する交通網整備が課題となっている。

=2010/11/18付 西日本新聞朝刊=

534 荷主研究者 :2010/12/05(日) 15:13:31

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201011250057.html
'10/11/25 中国新聞
渋滞緩和へ通勤バス試験運行
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/Tn20101125005701.jpg

 福山市や国、広島県などでつくる福山都市圏交通円滑化総合計画推進委員会(委員長・井上矩之福山大教授)は来年2月、同市の東部地区と箕沖町の産業団地を結ぶ通勤専用バスを試験運行する。一帯の渋滞緩和が目的で、24日に市内で開いた会合で決定した。

 推進委によると、団地内の企業に通勤している市東部地区の市民を対象にモニター約100人を募集し、平日に連続で3日間実施する。バスは通勤、帰宅の時間帯に3便ずつ無料で運行する予定。コースや台数など詳細は調整中という。

 国道2号から入江大橋を経て、産業団地へ続くルートには定期バス路線がなく、特に入江大橋では朝夕のラッシュ時、1キロ以上の渋滞が起きている。「団地内で働く人の約4割を市東部地区の市民が占めている」との市調査もあり、公共交通の導入に伴う交通量の変化を探ることにした。

535 荷主研究者 :2010/12/13(月) 01:19:32

http://www.kahoku.co.jp/news/2010/12/20101202t62012.htm
2010年12月02日木曜日 河北新報
東京駅と飯坂温泉結ぶ高速バス 片道1900円で運行開始

1日に運行が始まった温泉ライナー

 片道1900円で飯坂温泉(福島市)と東京駅を結ぶ高速バス「温泉ライナー」が1日、運行を始めた。東北新幹線全線開業で、福島県は通過地になりかねないと危ぶむ観光関係者は「首都圏からの誘客の足掛かりになる」と期待する。

 運行するのは、主に夜間の高速バスを運営するハーヴェストホールディングス(大阪)。1日、東京と大阪から各地の温泉地13カ所への高速バス運行を始めた。東北は飯坂温泉のみ。同社は「交通手段が複雑で、温泉地へ行くことをためらっている人が気軽に行けるようにしたい」と説明する。

 毎日、東京駅を午前8時に出発、JR福島駅を経由して午後1時ごろに福島交通飯坂温泉駅に到着する。帰りは飯坂温泉駅を午後2時40分ごろ出発する。飯坂温泉ではホテル聚楽、穴原温泉吉川屋にも停車する。

 初日には、16人の乗客(定員45人)があった。夫婦で利用した千葉県習志野市の主婦新井元子さん(68)は「料金が安くてびっくり。車で来ると約5時間かかり高速代も大変だった。バスはすごく快適。気軽に飯坂温泉に来ることができる」と話していた。

 飯坂温泉観光協会の畠隆章会長は「北東北に目が向く中、直行バス運行はありがたい。集客増にもつながるのではないか」と語った。

 運行期間は来年3月までを予定。土曜の東京発と日祝日の福島発は片道2400円。12月31日から1月6日は運休。連絡先はハーヴェストホールディングス、フリーダイヤル(0800)8884895。

536 荷主研究者 :2010/12/13(月) 01:29:37

http://www.kahoku.co.jp/news/2010/12/20101203t62034.htm
2010年12月03日金曜日 河北新報
会津乗合自動車、自主再建を断念 バス運行は継続

自主再建を断念した会津乗合自動車の本社=2日、会津若松市白虎町

 福島県会津地方で路線バスやタクシーなどを運行する会津乗合自動車(会津若松市)と関連会社2社は2日、自主再建を断念し、企業再生支援機構の支援を受けると発表した。木村正晴社長ら経営陣は近く退任する。バスの運行業務は継続し、当面は路線の廃止や減便、人員削減は行わないという。

 会津乗合と機構によると、支援対象の関連会社は旅行業「会津バス観光A・T・S」(会津若松市)と車両整備の「会津バス・オートサービス」(同)。会津乗合が存続会社となり、3社分の負債などを引き受ける。

 同社は100%減資を行った上で、額面計1億円の株式を新規発行、機構がすべて引き受ける。メーンバンクの東邦銀行が設ける2億円の融資枠について、機構は50%の保証を付けるという。社長については機構が外部から招く。

 会津乗合は新経営陣の下、将来的には不採算路線の統廃合なども進める考え。2010年3月期決算は1億6500万円の経常損失だったが、14年3月期には行政からの補助金も含めて黒字転換を目指す。

 同社は現在、13億9000万円の借入金を抱え、経営の負担になっていた。収益源だった高速バス事業の収益が規制緩和によって大きく減少、路線バスの赤字を支えきれなくなった。

 不動産の売却や不採算路線の撤退などを進めたが、抜本的な経営改善につながらなかった。

[会津乗合自動車]1943年設立。従業員は426人。会津地方を中心に乗り合いバス(路線バスは約100路線、高速バスは5路線)、貸し切りバス、タクシーの各事業を展開している。保有台数はバスが199台、タクシーは125台。2010年3月期の売上高は20億4000万円。

http://www.kahoku.co.jp/news/2010/12/20101203t65008.htm
2010年12月03日金曜日 河北新報
路線縮小の懸念も 会津乗合自動車の自主再建を断念

記者会見で経営再建策を説明する木村社長(右)

 会津乗合自動車(福島県会津若松市)が企業再生支援機構(東京)の支援を受けることが2日、決まった。福島県内では2008年、福島交通(福島市)が会社更生法適用を申請し、その後、経営共創基盤(東京)の傘下に入った。地方バス会社の厳しい環境があらためて浮き彫りになった。

 会津乗合自動車は会津地方で約100の定期バス路線を持つ。地域の貴重な交通手段で、大幅に路線が削減されれば、住民生活に影響する。

 企業再生支援機構の河本茂行常務は2日の記者会見で「地元の銀行とも協力しながら、地域一体型で再生を進める」と話しながらも、「不採算路線の整理は今後、検討する」と説明した。

 具体的な不採算路線は挙げなかったが、これからさらに路線が縮小される可能性もある。会津若松商工会議所の宮森泰弘会頭は「会津乗合自動車は貴重な交通インフラを担っており、何とか現在のバス路線を守ってほしい」と話す。

 利用者が減るバス路線では、地元自治体が委託する「デマンド型乗り合いタクシー」へ移行するケースも多い。機構側は「乗り合いタクシーへの移行は選択肢」と、検討課題であることを示した。

 会津乗合自動車は全国の地方バス会社と同様、採算が合わない路線を補助金頼みで運行してきたのが実態だ。09年度は県と国などから計3億円の補助を受けた。

 木村正晴社長は会見で「地域の路線を残すには、この方法しかなかった」と支援を受けることになった経緯を話した。

537 とはずがたり :2010/12/13(月) 12:52:06
>>535
こんなに安いと使ってあげたくなるねぇ。なかなか福島方面行く機会ないけど。。

538 とはずがたり :2010/12/13(月) 14:45:25
>>533
宮崎〜鹿児島の在来線特急は120kmに2時間もかける鈍足だから十分勝機ありか・・。
鹿児島中央から宮崎迄新在直通工事したりするより効率的で時間も短くて済むねぇ。宮崎⇔博多のメインルートたりえるかな。

539 荷主研究者 :2010/12/18(土) 13:43:44

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/11/30/new1011301602.htm
2010/11/30 デーリー東北
高速バスシリウス号 七戸十和田駅に延伸

 国際興業(東京)と十和田観光電鉄(十和田市)は12月4日から、十和田、八戸両市と東京を結ぶ高速バス「シリウス号」の起終点を、現行の十和田市駅からJR七戸十和田駅に延伸し、新たな停留所を八戸駅などに開設する。

 東北新幹線全線開業に伴うダイヤ改正。運行は1日1往復で、所要時間(片道)は七戸十和田駅―東京駅間が約10時間45分、八戸駅―東京駅間は約8時間55分となる。

 新ダイヤは上りが午後7時50分に七戸十和田駅南口発、翌午前6時35分に東京駅日本橋口着。下りは午後9時50分に同駅八重洲南口発、翌午前8時40分に七戸十和田駅南口着となる。

 停留所は七戸十和田駅と七戸案内所、十和田富士屋ホテル(十和田市)、北里大学前(同)、八戸駅東口を新設。一方、百石案内所、本八戸駅、馬場(八戸市)を廃止する。

 運賃(片道)は七戸十和田駅―東京駅間が大人1万円、小学生5千円、新設の学割8千円など。

 このほか、高速バス利用者を対象に、十和田富士屋ホテルと近くのみちのく温泉を利用できる「ショートステイプラン」(3時間1500円、6時間2千円)なども発売する。

540 荷主研究者 :2010/12/18(土) 14:00:57

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20101203/423274
2010年12月3日 05:00 下野新聞
3路線新設で利用大幅増 大田原市営バス

 【大田原】市は、本年度上半期の市営バス利用状況をまとめた。全15路線の利用者数は43万6千人で、前年同期比約25%、8万5千人増と大幅に増加した。通学の利便性向上などを目的に3路線を新設したことが要因。ただ、時間帯によって利用者数の差が激しいことから、市はデマンドバスの来年度導入に向け検討を進めている。

 市は4月から、黒羽地区の4中学校統合に伴い生徒の通学利用を目的にした「片田線」「寒井・桧木沢方面線」の2路線と、国際医療福祉大と那須塩原駅を従来路線より短縮して結ぶ「急行福祉大線」の3路線を新設した。

 「急行福祉大線」の利用は3万6千人。市街地を経由する従来路線の「那須塩原駅線」は7千人減ったが、それを上回る利用となった。最も伸び率が大きかったのは、雲厳寺線で前年同期比212%増の9100人。黒羽統合中生徒の利用が押し上げた。

 総料金収入は24%増の7300万円。市総務部は「収入が増えても赤字運営。朝夕ラッシュ時と日中の利用差が激しい」と説明、デマンドバス導入を検討している。デマンドバスは、電話予約を受けて乗り合いで病院などの目的地に向かうバス。市は10人乗り程度を予定している。

541 荷主研究者 :2010/12/18(土) 16:24:42

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201012010040.html
'10/12/1 中国新聞
呉市営バス移譲先に広島電鉄
--------------------------------------------------------------------------------
 呉市営バスの2012年度からの民間移譲へ向け、市と市交通局は、移譲する事業者に広島電鉄(広島市中区)を選んだ。30日の市議会公共交通問題対策特別委員会で報告した。

 11月上旬に事業者を募り、広島電鉄と中国ジェイアールバス(南区)が応募。市幹部や学識経験者など11人の選定委員会が、書類やプレゼンテーションなどを審査した。

 特別委で市側は、安全性、利便性向上、経営安定性、交通局職員の処遇など9項目について、各委員の点数評価の合計を報告。220点満点で広島電鉄175・1点、中国ジェイアールバス151・6点となり「広島電鉄が路線維持の安定性、職員の再雇用、グループ企業による観光客誘致などの点で高く評価された」と説明した。

 選定を受け、広島電鉄は「呉市民の交通手段を守る社会的責任を痛感している。具体的な課題は今後、市と十分に協議していく」と説明している。

542 荷主研究者 :2010/12/18(土) 16:27:51

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20101204/CK2010120402000067.html
2010年12月4日 東京新聞
新宿駅周辺巡回「WEバス」 起死回生、ルート変更へ

ルートを変更予定のWEバス=新宿区で

 新宿駅周辺の巡回バス・新宿WEバスの利用者が伸び悩んでいるため、新宿区は来年二月に運行ルートを変更する。人通りの多い新宿通りを走り、新宿御苑までルート延長する。知名度アップと観光拠点への利便性向上で、起死回生を図る。 (松村裕子)

 WEバスは、区が京王バス東(府中市)を運行業者に選び、昨年九月にスタート。百円の料金で、新宿駅周辺の約五キロのコースを、十数分間隔で走る。買い物客らの利用をあてこんでいたが、認知度が低く、利用は一日平均で、約二百人にとどまっている。想定の約九百人を大幅に下回っている。

 新ルートは、新宿駅西口を起点に、駅東西を八の字に回る。一周約五・四キロに延長し、明治通りで折り返していた駅東口のルートを、新宿御苑まで延ばす。西口に集中するホテルと新宿御苑を直結させることで、道に不案内な外国人や、駅の階段の上り下りが大変な高齢者ら、観光客の利用拡大を狙う。

 これまで、バスは靖国通りを走っていたが、車線が多く歌舞伎町の派手な看板もあり、WEバスは走っていても目立たなかった。新宿通りは、靖国通りより人通りがあるうえに道幅が狭いため、区では「人目につきやすく、認知度を高められる」と期待している。新しいバス停の位置や名称は、今月中に決めるという。

543 荷主研究者 :2010/12/18(土) 16:47:32

http://kumanichi.com/news/local/main/20101207001.shtml
2010年12月07日 熊本日日新聞
JR熊本駅前のバス停一新 8日から供用

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20101207001_36001.jpg
JR熊本駅の東口駅前広場北側(ホテルニューオータニ南側)に設けられ、8日から供用される熊本駅前バス停。右奥が現駅ビル「フレスタ」=熊本市春日

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20101207001_36002.jpg

バス乗り場と行き先
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20101207001_36003.jpg

 九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に合わせて県が整備したJR熊本駅前のバス停が8日から供用される。ただ、市中心部から北東方面に向かう路線の停留所は2カ所に分散。利用者が混乱する可能性があるため、県は1週間程度、周辺に誘導員を配置するなどして周知に努める。

 現在、同駅前のバス停は▽市中心部から北部・東部方面と県外行き長距離=市電電停近く▽市南西部方面と天草方面=県道熊本高森線向かいの北九州予備校前−の2カ所。

 このうち8日からは、市電電停近くのバス停機能を2カ所に分散。県庁や木山、小峯行きなど、主に交通センターを経由する路線や空港リムジンバス、熊本城周遊バス(しろめぐりん)などが、ホテルニューオータニ南側に設ける乗り場に移動。

 一方、大学病院方面回りの第一環状線など県道熊本停車場線を通る路線と、県外行きは、JR九州ホテルそばに新設する乗り場に移る。新たにつくる乗り場はいずれも駅ビル出入り口(市電の大屋根そば)から最短で約120メートルの距離。北九州予備校前のバス停機能はそのまま。

 市中心部・北東方面が二つの乗り場に分かれる理由について、県新幹線・熊本駅周辺整備事務所は(1)ホテルニューオータニ南側の乗り場だと、熊本停車場線を通るバスにとって進行方向と逆になる(2)長距離路線が時間調整のため路上待機すると周辺交通に影響を与える−などと説明、理解を求めている。(前田克)

544 チバQ :2010/12/18(土) 20:45:26
>>542
使ってみようとは思うんですけど、意外と使う機会ないんすよね。
丸ノ内 日本橋は無料なのに、有料ってのもイヤですね

545 チバQ :2010/12/23(木) 22:11:07
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001012220005
もう客を乗せられぬ/残業禁止のタクシー
2010年12月22日


「空車」から「回送」に表示が変わり、屋根の明かりが消えた。客を求める他のタクシーが脇を走り抜ける=横浜市南区

 深夜0時半、草水教行さん(48)が運転するタクシーで電子音が鳴り、「空車」の表示が「回送」に変わる。かき入れ時なのに、もう、客は乗せられない。裁判で会社と争う運転手限定の「営業制限装置」が、勤務時間16時間15分を超えて作動したのだ。


 横浜市南区の京急井土ケ谷駅近く。路肩に車を止め1日の売り上げを確かめた。午前8時15分に営業所を出て3万2590円。「やっぱり師走ですね。年内に用事を済ませようと、病院や買い物に急ぐ人が多かった。冷え込んで小雨が降ったこともあるし」


 最近では多い方だというが表情はさえない。あと2時間あれば関内の繁華街に行って一仕事できた。「せめて4万円はいってほしいが……」


 駅前で午後11時半からの1時間に4組の客を乗せた。タクシー乗り場ではまだ、何人も待っている。空車のタクシーがアクセルをふかして脇を通り過ぎていった。


 運転手になった2003年ごろ、1日の売り上げは時に6万円に達し、多い月は手取り21万円ほどあった。売り上げは年々減り、昨年3月には基本給が減額されて手取りは14万円ほどに落ち込んだ。


 「生活ができない」と草水さんが所属する労組は1月、「飛鳥交通神奈川」(本社・横浜市)を相手どって、所定労働時間を超えた分の残業手当を支払うよう求める訴訟を起こした。収入を基本給削減前の水準に戻す狙いだった。


 すると、会社側は8月、裁判の原告となった運転手に残業禁止を通告。所定労働時間限りでメーターを止める装置を取り付けた。草水さんの手取りは約7万円に急減した。


 残業禁止は「裁判をやめれば解除」との条件つき。兵糧攻めは効果を発揮し、約130人いた組合員の半分が、組合を脱退して裁判をやめた。


 組合員の待遇を差別するのは、労働組合法が禁じた不当労働行為にあたるとされる。県労働委員会は残業制限の中止を勧告し、横浜地裁も「不当労働行為」と判断した。


 しかし、会社側は残業制限を撤回していない。「裁判で係争中のため答えられない」と取材には応じなかった。


 年内に解決すると思っていた争議は越年する見通しだ。「負けたくない。裁判をやめても、経営者に都合のいいようにされるだけですから」


 妻も働き、高校生の長男と3人暮らしの家計を支える。それでも、年が明けて事態が変わらなければ、転職を考えざるをえない。


 「妻と子どもに言ったら、『応援してる』って言ってくれたんです。励まされますよ」。初めて、表情が和らいだ。


(太田泉生)
.

546 チバQ :2010/12/26(日) 20:39:57
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20101225-OYT8T00836.htm
進まぬタクシー減車
違法客待ち 温床にも

 2002年の規制緩和で増加したタクシー台数を抑制する動きが、県内で出始めている。業者間の競争激化で、繁華街に違法な客待ちタクシーがあふれる一方、運転手の収入は減少し、労働環境は悪化している。ただ、台数削減は事業者の自主性に委ねられ、国が示す適正台数に届いていない。タクシー業界の現状を探った。(児玉圭太)

 「収入は10年前と比べて3分の2に減った。台数が多すぎて3〜4時間待っても客が来ないこともある」。広島市内のタクシー乗り場で客待ちする男性運転手(58)は嘆いた。

 国土交通省中国運輸局などによると、県内のタクシー台数は規制緩和前の01年度は約6730台だったが、09年度は約7560台に増加した。一方、運転手の平均賃金は01年325万円から09年257万円と2割減となり、全産業平均485万円の半分程度にとどまっている。

 国交省は昨年10月、新規参入や増車規制を強化する「タクシー適正化・活性化特別措置法」を施行。台数過剰な地域を「特定地域」に指定し、事業者や自治体でつくる協議会が地域事情を考慮し、「減車が適当」となれば国交省が容認する仕組みだ。

 県内では福山や呉など6交通圏を特定地域に指定。広島交通圏では協議会が事業者に自主的な減車を呼びかけ、運転手2人が1台のタクシーを使う「一車二人制」などの取り組みで、今年12月までに199台を減らし、約3260台となった。しかし、同運輸局が示す適正台数2600〜2900台には及ばない。

 県タクシー協会の笹倉賢治専務理事は「各事業者とも減車の必要性は理解しているが、競合している中で率先して減らすことには抵抗感がある。措置法には強制力がないので、どのようにして事業者の理解を得るかが課題だ」と指摘する。

    ◇

 広島市中区の繁華街では数年前から、駐停車禁止区域で客待ちするタクシーが後を絶たない。事故を誘発するため、協議会や県警は11月から1か月間、中区基町の国道54号の車線を減らし、客待ちタクシーが減少するか実験に取り組んだ。期間中は改善が見られたが、すぐに違法タクシーの列が戻った。運転手からは「違法とわかっているが、生活のためには仕方がない」との声が圧倒的だ。県警交通規制課は「一時的ではなく、減車やタクシー駐車エリアの設置など、総合的な対策が必要」としている。

(2010年12月26日 読売新聞)

547 荷主研究者 :2010/12/26(日) 22:07:04

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1291527406
2010年12月05日14時36分 千葉日報
東京・銀座向けバス増便
通勤、買い物ニーズに応え 平和交通

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/nesp1291527406.jpg
「ちはら台・おゆみ野−東京・銀座」線など2路線で運行される平和交通の高速バス

 平和交通(千葉市稲毛区)は6日、高速バス「ちはら台・おゆみ野−東京・銀座」「大網・土気−東京・銀座」2路線のダイヤを改正する。都内への通勤や銀座への買い物の需要に応えるため、主に平日上りの午前の便や下りの夕方の便を強化する。

 ちはら台・おゆみ野路線の上りは平日が4便増の10便、土休日が1便増の6便、下りは平日が4便増の9便、土休日が1便増の6便に拡充。大宮町ターミナルでの乗り換え方式となる大網・土気路線は平日の上りが2便増の3便、下りが4便増の5便となる。

548 荷主研究者 :2010/12/26(日) 22:09:33

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1012090012/
2010年12月9日 神奈川新聞
渋滞対策でバスを優先通行、大涌谷の県道734号で社会実験へ/箱根町

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/7_002137.jpg
大涌谷駐車場への入庫を待つ車列(県提供)

 県は10、11の両日、観光客の車で混み合う箱根町・大涌谷の県道734号で、大型バスを優先通行させる社会実験を行う。渋滞で定時運行できないバスを避けてマイカーを選ぶ利用者が増え、渋滞に拍車を掛けている現況を踏まえた初めての試み。

 実験区間は、大涌谷駐車場入り口から約500メートル。片側1車線のため、行楽シーズンには入庫待ちの車が最大で約1・5キロの列をつくり、「2、3時間待つこともある」(担当者)という。

 実験中は分離帯にコーン標識を並べ、路線バスと観光バスのみ、すいている反対車線を走らせる。その間はガードマンが駐車場から出庫する車を止める。入庫待ち車線はもともと混雑しているため、県は「実験により渋滞待ち時間が大きく増えることはない」と話す。路線バスは、小田原から大涌谷方面へ1時間に2本出ている。

 県は実験後、バスの運転手らにアンケートをして今後の計画策定に役立てる。両日午前8時〜午後5時。荒天の場合は延期する。

549 荷主研究者 :2010/12/30(木) 00:38:54

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/263387.html
2010年12/06 16:00 北海道新聞
帯広−釧路の都市間バス廃止へ

 【釧路、帯広】くしろバス(釧路)と十勝バス(帯広)は、共同運行している帯広−釧路の都市間バス「特急すずらん号」を来年3月末で廃止することを決めた。関係自治体の理解を得た上で近く、釧路と帯広の運輸支局に届け出を行う。

 バスは1989年に運行開始。ピーク時の96年には1日4往復し年間3万数千人の利用者があった。2007年には十勝バスの浦幌−帯広間の路線が廃止されたのに伴い経路を見直し、代替路線としても活用されていた。

 近年、利用者減が続き、08年11月に1日4往復から2往復に減便するなどしたが、年間を通じて1万人程度にとどまり、不採算路線となっていた。廃止方針は6日の十勝管内浦幌町議会で水沢一広町長が明らかにした。

550 荷主研究者 :2010/12/30(木) 00:45:08

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/263527.html
2010年12/07 14:42、12/07 18:13 北海道新聞
北海道北見バス、病院と大型スーパー経由 新路線の試験運行

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/2051_1.jpg
試験運行を開始した北海道北見バスの「夕陽ケ丘線」

 北海道北見バスは6日、小泉、三輪両地区を夕陽ケ丘通経由で結ぶ新路線「夕陽ケ丘線」の試験運行を開始した。来年3月21日まで。

 新路線は北見赤十字病院(日赤)や道立北見病院、ポスフール北見店などを経由する。入院中の家族を見舞うため、三輪地区発の起点となる麻生北見病院(東三輪2)から日赤まで乗車した市内の主婦(76)は「病院の前に停車するので便利」と話していた。

 試験運行は毎日午前9時台から午後4時台まで10往復する。運賃は市内均一料金の200円。市高齢者等無料バス乗車証が利用できるほか、夕陽ケ丘線限定定期券(1カ月3千円)も発売する。問い合わせは北見バスターミナル(電)0157・23・2185へ。

551 荷主研究者 :2010/12/30(木) 00:55:46

http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=12923378615330
2010年12月15日(水)茨城新聞
常陸大宮の市民バス、来春見直し 減便や廃止も

 運賃無料で運行している市民バスについて、常陸大宮市市内循環交通システム委員会(河野達之委員長)は14日までに、利用者の少ないコース・曜日の減便や運行取りやめを柱とした見直し案を了承した。同委の承認を踏まえ、同市は来年4月からの見直し実施に向け、具体的作業に着手する。

 市民バスは2006年7月から無料で本格運行が始まり、市内5地区内の各コースと、商業集積地の大宮地区とほかの4地区を結ぶコースを設定。運行見直し案は、利用状況から運行日や運行便を見直すことを盛った市地域公共交通連携計画に基づき、事務局側が提示した。

 主な見直しは▽大宮地区で各コースとも午後の便を廃止▽山方地区と美和地区で各コースとも利用者の少ない曜日の運行取りやめ▽緒川地区でふくし号コースで運行を取りやめた曜日の運行をみどり号が代替運行▽御前山地区で各コースとも午後の便を廃止し、長倉コースを2コースに変更-など。

 また、大宮地区と各地区を結ぶルートも利用者が少ない便を廃止し、市内3温泉施設を循環するコースは週4便から2便にする。

 事務局によると、廃止する便の1日当たり利用者数は1人未満や2人前後。廃止便を乗り合いタクシーで代替する案も示され、検討委は「やむを得ない」と判断、了承した。

 事務局では今後、来年4月からの円滑な実施に向け、市民への周知徹底を図っていく。

552 荷主研究者 :2010/12/30(木) 19:15:48

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201012170060.html
'10/12/17 中国新聞
廃止バス2路線、代替案示す
--------------------------------------------------------------------------------
 呉市と市交通局は16日の市議会公共交通問題対策特別委員会で、本年度末で廃止する予定の市営バス2路線について代替交通案を示した。

 吉浦天応高地部線の代替は、市が財政支援をする地域主導型の乗り合いタクシー運行を目指すと説明。事業主体は自治会などでつくる運行協議会で、タクシー会社などに10人乗りのジャンボタクシー運行を依頼する形式をとる。協議会は設置済みでルートやダイヤを検討中。来年4月のスタートが目標とした。

 大広白岳線では、一部同じ道を走るなど近接している横路交差点循環線と白石白岳交差点循環線の2路線で、路線の延長や便の新設を実施。大広白岳線で通学していた小学生の交通手段確保などを図るとした。実施は来年4月1日からとなる。

 市と交通局はほかに呉広島空港線も廃止の方針だが、同路線については代替案は検討しない。

553 荷主研究者 :2010/12/31(金) 22:29:37

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20101217/CK2010121702000124.html
2010年12月17日 中日新聞
連節バス、岐阜に導入 中部初、3月末から運行

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/PK2010121702100077_size0.jpg
連節バスの「清流ライナー」=岐阜バス提供

 バスの車両をつなげて乗客を大量に輸送できる「連節バス」が、岐阜市で来年3月27日に運行を開始する。連節バスの導入は全国で4番目で、中部地方では初めて。岐阜市が16日、明らかにした。

 導入するバスは2台。長良川にちなんで「清流ライナー」と命名した。

 全長は通常のバスの約1・5倍の18メートル。46の座席があり、乗車定員は通常のバスの倍近い130人。JR岐阜駅−岐阜大・同大医学部付属病院間(約8・4キロ)を運行する。

 この区間では毎朝、通学のピーク時には5分おきにバスを運行しているにもかかわらず、学生の列が200人以上できるため、混雑解消で導入する。

 運行主体の岐阜乗合自動車(岐阜バス)は2月末から試行運転を始め、交差点で曲がる場合などの安全性を確認する。1台当たりの購入費は約7120万円。国が半額、市と岐阜バスが4分の1ずつ負担する。

 細江茂光市長は「導入を機に、路線拡大も視野にいれていきたい」と話している。

 (松山祥子)

554 荷主研究者 :2010/12/31(金) 22:34:46

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20101224/CK2010122402000129.html
2010年12月24日 中日新聞
市バス乗り場移転、大きな混乱なし 名古屋駅周辺

移転初日の市バス乗り場。職員が整列するための線を白いテープで引いた=名古屋市中村区で

 名古屋ターミナルビル(名古屋市中村区)の解体工事に伴い、バスターミナルに乗り入れている市バスの停留所が23日、駅周辺へ移された。通勤や通学の利用者の少ない祝日を初日に選んだこともあり、大きな混乱はなかったが、11カ所に分散した乗り場への行き方を現場の職員に尋ねる市民の姿が相次いだ。

 名古屋市交通局によると、日曜祝日の利用者は普段バスを使っていない人も多く、ターミナルビル前まで行って初めて移転に気付き、そこから乗り場を目指すケースもあった。

 同市西区に住む娘の家へ行こうとした秋田県の主婦(69)は、職員から新しい乗り場を教えられ「遠いわね」と一言。ターミナルビル近くのバス停では、買い物帰りの東区の看護師(78)が「運転手さんから聞いて乗り場は分かったけど、ここで正しいのか不安」と再び職員に確認していた。

 行き先はバス停の表示をよく見れば分かるが、文字が小さい。バスターミナルでは、天井からつり下げられた看板に大きな文字で表示され、分かりやすかったという。

 昼すぎからはJRセントラルタワーズの駐車場へ入る車が第2車線に並び、バスの発進に手間取る場面も。一部のバス停は、道路の舗装工事を終えたばかりで整列を促す白線が引けておらず、職員が白いテープを張った。

 平日の24日は朝の通勤ラッシュを中心に職員が25人態勢で対応。バス停変更の問い合わせは市バス・地下鉄テレホンセンター=電052(522)0111=へ。 (小中寿美)

555 荷主研究者 :2011/01/02(日) 18:14:44

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/217163
2010年12月23日 00:48 西日本新聞
太陽交通 来春新バス停や路線延長

 行橋市内でバス事業を運営する太陽交通(同市道場寺)が来年3、4月にかけ、行橋−呉線など4路線で順次路線延長などのダイヤ改正を行うことが22日、分かった。同社は来年1月、九州運輸局(福岡市)に許認可を申請する方針。

 他社の路線廃止や、路線がない地区からの要望を受けたもので、行橋市地域公共交通会議(会長・八並康一市長)が明らかにした。主な改正は次の通り。

 ▽行橋−呉線 西鉄バス筑豊(飯塚市)が廃止予定路線を補完するため、香春町呉から香春町役場まで約3・5キロ延長▽コスタ経由矢留線 行橋市役所まで約1キロ延長、バス停を3カ所新設▽下崎・入覚線 長尾地区まで約1キロ延長▽長井線 JR行橋駅での列車接続を改善

=2010/12/23付 西日本新聞朝刊=

556 とはずがたり :2011/01/06(木) 14:31:37

基本儲かるから参入している筈なのに,過当競争になるというのはイマイチ理解できないけど,タクシー業界ってのは労働参入し易いからかねぇ。。


県内タクシー300台超減車へ 供給過剰を解消
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20110106000000000008.htm
01/06 07:28

 県内の大部分のタクシー会社が進める減車で、ことし5月ごろまでに300台以上のタクシーが減る見通しとなったことが5日までに分かった。景気低迷で需要が伸び悩む中、県内各社が足並みをそろえ、供給過剰の状態を解消する。県タクシー協会によると、数百台規模の車両削減は過去に例がないという。
 タクシーの減車をめぐっては、国が2009年10月に「タクシー適正化・活性化特別措置法」を施行。事業者や自治体など官民でつくる協議会を地域ごとに設け、対応を検討している。県内では全8交通圏のうち、7交通圏が供給過剰を示す「特定地域」と指定されるなど、ほぼ全域で事業の適正化、活性化が求められていた。
 県内の法人タクシーは約5400台。減車については事業者の自主性に委ねられているが、県タクシー協会によると、県内131社のうち大半が5%以上の減車に踏み切るという。各社とも勤務形態を見直すなどして運転手の雇用は維持する方針。サービス低下など利用者への影響もほとんどないとみられる。
 ただ、5%超の減車が実現しても、各協議会で示された適正車両数とは2割程度の隔たりがあり、利用拡大に向けた取り組みは急務だ。各社は運転免許証を返納した高齢者を対象に新たな運賃割引サービスを導入するなど、一層の需要掘り起こしに努める考え。
 タクシーは02年に新規参入や増車規制が緩和された。ただ、大都市圏で営業車両が大幅に増えるなどシェア拡大争いが激化し、運転手の賃金低下や繁華街での違法駐車など弊害を招いた。このため、業界からは行き過ぎた規制緩和を見直すべきとの声が根強い。「協会に加盟していない一部の業者が減車に同調していないことが供給過剰を妨げる要因になっている」(業界関係者)との見方もある。
 県内では規制緩和以降も車両台数は減少傾向。ただ、景気低迷で利用者数が低調に推移しているため、供給過剰を余儀なくされている。同協会の八木孝雄専務理事は「タクシーは時期や時間帯によって需要の差が大きく、車両数の調整は難しいが、適正な台数にしていく努力は必要」と話している。

557 チバQ :2011/01/07(金) 21:33:57
>>556
タクシーの需要増やすには、時間割り増しを廃止して一律距離運賃にするだけでも けっこう需要増えると思うんですよね。
1渋滞に巻き込まれて、余計に時間がかかって、更に料金が高くなるという、全く消費者目線に立っていない制度
2どこどこまでいくらと明示できるようになるのは大きいかと(病院などで駅までxx円ってはっきりわかれば使い勝手あがるはず)

558 荷主研究者 :2011/01/09(日) 13:42:20

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20101227/435371
2010年12月28日 05:00 下野新聞
バス路線 4年かけ整備 足利市が交通総合計画素案

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/101228asikkaga.jpg

 【足利】地域の特性に配慮した路線運行など公共交通サービスの拡充を図ろうと市交通政策課は27日までに、「市地域公共交通総合連携計画」の素案をまとめた。来年7月に移転する足利赤十字病院への交通網を確保し、誰もが利用しやすい路線バスにするため、来年度から4年間かけて整備する。来月にはパブリックコメントを実施して市民の意見を募る。

 市内では、市生活路線バス4路線と佐野市営バス1路線が運行しているが、1日2〜4往復とダイヤが少ないと市民に指摘されている。利用者数も昨年度は約10万7400人と、ピーク時(03年)の約13万2400人から約2万5000人減少している。

 これらの現状を踏まえ、同計画では市内を中心、市街、河北郊外、河南郊外の4地区に分割。各地区のニーズに合わせた路線再編を行う。中心部ではおおむね30分間隔でバスを運行し、同病院や市役所へのアクセス向上を図る。

 また同じ路線でも市街地で折り返す便と河北郊外部に向かう便を設けることで、市街地を往復するバスが増え利用者増が見込める。住宅が点在する河南郊外部では、通勤通学で利用者が多い午前中は決めた路線で運行し、午後は乗客が指定した目的地のみを巡回するデマンド運行を行う。

 その他JR両毛線や東武伊勢崎線との乗り継ぎがしやすいダイヤを組み、駅の改札などからバス乗り場までの案内表示を設置するなど、市民や観光客の利用率を高め市の活性化につなげる考えだ。

 パブリックコメントは来月4日から21日まで実施。市民の意見を聞いた上で、2月の市地域公共交通活性化協議会で公表。7月の同病院移転に合わせて新ダイヤ運行を目指す。

559 荷主研究者 :2011/01/16(日) 16:36:59

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20110108302.htm
2011年1月8日02時32分 北國新聞
金沢、まちバス利用35%増 2、3日の乗客数6809人

 金沢市中心部と駅前を100円で結ぶ「まちバス」の2、3日の乗客数が前年同期比35%増の6809人となったことが分かった。百貨店などの初売りに合わせて運行時間を繰り上げたほか、2日間で計8便を増便。2日は1日当たりの利用人数が過去最高の3639人に上った。

 両日とも通常より1時間40分早い午前8時から運行し、3日も3千人を超える利用があった。1便当たりの平均乗客数は2日が約90人、3日が約83人。

 バスの事業主体である金沢商業活性化センター(TMO、金沢市)によると、2日間とも朝早くから多くの利用があり、バス待ちの行列ができる時間帯も多かった。

560 チバQ :2011/01/20(木) 23:15:38
http://mainichi.jp/seibu/seikei/news/20110120ddp041020021000c.html
高速バス:福岡−宮崎間、共同運行解消 新幹線戦略で溝、JR九州と西鉄などに分裂
 西日本鉄道、宮崎交通など4社で共同運行している福岡−宮崎間の高速バス「フェニックス号」が4月13日以降、西鉄など3社とジェイアール九州バスの2グループに分裂して運行することが分かった。九州新幹線全線開業に合わせてJR九州などが新八代駅−宮崎駅間に高速バスを運行することになり、JRと西鉄の戦略が違うのが原因だ。【綿貫洋】

 JR側は新幹線全線開業の時短効果を宮崎方面にも生かそうと、3月12日から新八代駅−宮崎駅間に高速バス「B&Sみやざき」を運行する。子会社のジェイアール九州バスなど3社で共同運行。1日16往復。新幹線と接続したダイヤを組み、乗り継げば博多−宮崎間は最速3時間8分になる。九州自動車道で混雑しがちな区間を新幹線で移動し、定時制が保てるのをセールスポイントにする。

 フェニックス号は88年に西鉄、宮交、九州産交バスの3社で運行を始めた。翌89年からジェイアールも加わった4社で運行している。

 だが、新幹線を軸にしたJR側のB&S運行は、利用者の高速バス離れに対策を迫られる西鉄とは相いれなかった。思惑は違ったままで、共同運行の解消が決まった。

 4月13日以降、西鉄など3社は従来どおり1日24往復を運行。ジェイアールは天神バスセンターを経由しない博多バスターミナル−宮崎駅間で1日10往復を予定。利用者にとっては運行本数が増えるが、同じ区間にフェニックス号と新名称のバスが走るため、当初は混乱も予想される。

 西鉄は「20年間一緒にやってきたが、協議が折り合わず残念だ」。ジェイアール九州バスは「現段階ではお話できない」としている。

561 名無しさん :2011/01/20(木) 23:35:41
http://mytown.asahi.com/areanews/miyazaki/SEB201101190024.html
新幹線ぐっと近く 熊本・新八代へ高速バス
2011年1月20日

 3月12日の九州新幹線鹿児島ルート全線開業に合わせ、JR九州や宮崎交通などが協力して、新幹線と接続する高速バス「B&Sみやざき」(宮崎―新八代)を同日から運行する。

 「B&S」は「バス&新幹線」の意味。一部の車体は九州新幹線「つばめ」と同様、白地に赤の線が入り、ツバメが飛んでいるデザインとなっている。1時間に上下1便程度(1日16往復32便)運行。このバスを利用することで宮崎―博多が最速3時間8分で結ばれる。料金は片道9290円(宮崎―新八代4150円、新八代―博多5140円)。往復セットで買うと片道6800円。新幹線は自由席で、指定席への変更は別途料金が必要となる。

 上り始発は宮崎午前5時19分発、博多午前8時45分着、下り最終便は博多午後9時52分発、宮崎午前1時12分着。

 現行の高速バス(フェニックス号)は宮崎―博多が約4時間で片道約6千円。JR九州は「飛行機より格段に安く、現行の高速バスより速い。福岡―宮崎の移動に新たな選択肢が加わる。福岡へ日帰り出張もしやすくなる」としている。

 「B&Sみやざき」は全席指定で、乗車券の事前購入が必要。全国の「みどりの窓口」や宮崎駅前、宮交シティなどのバス営業所で販売しており、インターネットでも予約できる。JR九州電話予約センター(050・3786・3489)もある。

 また宮崎と鹿児島の両方を観光してもらおうと、九州新幹線と「B&Sみやざき」、鹿児島中央―宮崎の特急列車料金をセットにした割引切符も同日から発売される。
.

562 名無しさん :2011/01/20(木) 23:36:19
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/01/20/3.html
中央高速に「特急バス」
甲府−新宿、2時間切る 
来月から3社共同運行


 JR甲府駅と新宿駅を結ぶ中央高速バスに2月1日から特急が登場することになった。山梨交通によると、乗降者が少ない中央自動車道の停留所を通過して運行時間を短縮、甲府−新宿間を2時間以内でつなぐ。鉄道に比べて料金が安い高速バスの付加価値を高めるため、スピードにもこだわり利用者をさらに増やしたい考え。
 高速バスは、同社と京王バス東、富士急平和観光で共同運行。山梨交通によると、現在運行している27往復のうち、甲府駅午前7時発や新宿駅午後7時半発など6往復を特急に変更する。所要時間は通常運行の2時間10分から、1時間59分に11分短縮する。
 甲府駅を出発して笛吹市石和町を経由、勝沼インターチェンジ(IC)から中央道に入る石和経由便が対象。通過する停留所は中央道沿いのうち、日野停留所を除いた11カ所(県内は甲斐大和、笹子、真木、猿橋、野田尻、上野原の6カ所)。日野停留所は、多摩都市モノレール日野駅が近く、乗り換える利用者が比較的多いため停車する。料金は通常運行と変わらない大人1950円、子ども980円。
 高速バスの利用者は年々増加。甲府駅発は午前中、新宿駅発は夕方から最終便にかけて満席になることも多く、2009年度の利用者は約47万人に上った。
 途中下車が少なく、乗客からスピードアップを求める声が寄せられていた。山梨交通バス事業部は「利便性が向上したので、多くの人に乗車してもらいたい」としている。

563 チバQ :2011/01/28(金) 23:41:29
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20110126-OYT8T01026.htm
新潟市内 タクシー値上げカルテル
公取、十数か所検査 独禁法違反容疑


新潟市ハイヤータクシー協会が入る建物(26日午前、新潟市中央区和合町で)  新潟市内のタクシー会社が運賃値上げを話し合いで決めていた疑いが強まり、公正取引委員会は26日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、タクシー会社と「新潟市ハイヤータクシー協会」など計十数か所を立ち入り検査した。値上げは、低運賃に対する規制強化や過当競争による業界の疲弊が理由だったが、公取委は、各社が合意に基づき値上げした場合はカルテルが成立すると判断した。

 関係者によると、立ち入り検査を受けているのは「都タクシー」や「富士タクシー」など。各社は遅くとも2009年10月以降、複数回にわたり協会の会議室などで値上げについて話し合い、昨年2月25日〜3月5日、北陸信越運輸局に小型車で初乗り(1・3キロ・メートル)570円、加算80円(299メートル)などに値上げするよう申請。値上げ前までは8種類の運賃体系があったが、同3月26日に一斉に認可された結果、新潟市などでは申請しなかった1社を除く26社が同一運賃になった。

 また、各社が値上げ以降、共同して減車をした手法についても、独禁法に抵触する可能性もあるという。

 公取委の検査を受けた協会は、取材に対し「調査中なのでコメントできない」とした。

 業界トップの保有台数で、値上げを行った「都タクシー」では、男性従業員が「役員が公取委に対応している。私は何も聞かされていないので分からない」と戸惑った様子で話した。

 県内のタクシー運転手の平均年収は全産業平均の6割弱の259万円(08年度)にとどまっており、JR新潟駅前で客待ちをしていた新潟市北区の運転手の男性(54)は、「同一料金の方が、乗る人も分かりやすくていいのではないか。台数は多いが、需要は減って暇を持て余す時間が多くなった。生活がかかっているので、運賃が下がるとしたら厳しい」と不安顔。

 同市内の実家を訪れる度にタクシーを利用する長岡市の無職女性(65)は、「安くなるならうれしいが、運転手は稼ぎが少ないと聞いた。違法行為はいけないと思うが、完全自由化はかわいそう」と話した。

 新潟市内のタクシーを巡って公取委は07年、20社が低運賃の3社を対象から外す共通タクシー券を発行したのは独禁法上の「共同の取引拒絶」だとして、排除措置命令を出している。

(2011年1月27日 読売新聞)

564 チバQ :2011/01/28(金) 23:41:49
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001101270001
タクシー業界に動揺
2011年01月27日


JR新潟駅で客待ちをするタクシーは、個人タクシーも含めてほとんどが同じ料金だ=新潟市中央区

新潟市のタクシー会社が昨春一斉に同じ値段に値上げしたことが独占禁止法で禁じられた「価格カルテル」の疑いがあるとして26日、公正取引委員会が立ち入り検査に入った。業界に動揺が広がり「違法行為はしていない」「不況でやむを得ない」などの声が上がった。(大内奏、柄谷雅紀、高岡佐也子)


    ◇


 新潟市中央区の市ハイヤータクシー協会には午前9時ごろ、公取委の職員4人が立ち入り検査に入り、別室にこもって会議資料などを調べた。


 独占禁止法第2、3条では業者同士が一緒になって商品の価格を合意して決める「価格カルテル」を、不当な取引制限として禁じている。健全な競争を妨げることでモノなどの値段が高止まりし、消費者が不利益を被るからだ。


 しかし、同協会の佐藤正己専務理事は「何も悪いことはしていない。協会はこの値段でいこうとの『お願い』はしたが、最終的には(合意はしておらず)各社の判断。運賃の話をしないなんてきれいごとでは業界は疲弊するだけ」と主張した。2009年10月ごろから運賃の値上げに関する話し合いを始めたという。


 新潟市内の大手タクシー会社の男性運転手(49)は「各社の料金が一律だと、安定して仕事ができる。タクシーを使う人が減る中で価格競争するのはきつい」と話した。
 あるタクシー会社の社長は「料金は各社の判断で値上げしただけ。我々には何もやましいところはない」と話す。


 値上げに同調しなかった日の出交通の坂井鶴美専務も「昨春に業界で値上げについて話し合いがあったが、料金設定は各社が判断することだと思っている」。


 公取委は「明確に文書に残したり強制したりしなくても、各社の合意があればカルテルと判断できる。結果的に同価格になったら、何か話し合いがあったと考えるのが一般的」と話す。


    ◇



 昨春までは7種類の料金体系があったが、値上げ後は1・3キロ570円に一本化。日の出交通のみ750メートル300円の低価格を維持した。


 国土交通省北陸信越運輸局によると、新潟交通圏の法人タクシー乗客数は01年の1152万人が、09年には約2割減の899万人に。一方、タクシーの台数は約1割しか減っていない。結果、1台あたりの1日の収入も約1割落ちこんだ=グラフ。08年の県内の運転手の所得は平均259万円。県内全産業の平均450万円を大きく下回っている。


 長引く不況の中、料金規制緩和で1997年に太陽交通が初乗り750メートルを310円としたのをきっかけに、低料金競争も激化した。


 新潟では07年、低料金のタクシー業者3社を共通タクシー券の発行から排除したとして、新潟市の業者20社が公取委から改善を求められた。

565 チバQ :2011/01/28(金) 23:44:19
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110127/CK2011012702000026.html
上野−浅草経由のバス路線 東武鉄道系企業名乗り
2011年1月27日

 台東区が、JR上野駅から浅草を経て東京スカイツリー(墨田区)までを結ぶバス路線を検討しているのを受け、東武鉄道系の東武バスセントラル(本社・足立区)が路線開設に名乗りを上げた。ルートが固まり次第、関東運輸局に運行申請を出し、スカイツリーが開業する来春までの運転開始を目指す。

 スカイツリーの見物客を台東区側に引き込むことを狙った上野駅〜スカイツリー間のバス運行は、区営コミュニティーバス「めぐりん」のスカイツリー乗り入れ案もあったが、採算が見込めるルートであることから区直営とせず、手を挙げる民間バス事業者を探すことにした。

 同区によると、東武バスセントラルは途中、浅草を経由して上野駅とスカイツリーを結ぶ約八キロのルートを想定。中型バスを使って午前九時台〜午後八時台まで十五分間隔で運転する予定という。

 詳しいルートや停留所については地元商店街や町会から要望が相次いでおり、区が調整に入り、東武バスセントラルが最終的に決める。 

  (伊東浩一)

566 荷主研究者 :2011/01/30(日) 21:36:38

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201101120071.html
'11/1/12 中国新聞
廿日市市、自主運行バス再編
--------------------------------------------------------------------------------
 廿日市市は、中山間地域へのデマンド交通導入や沿岸地域の自主運行バスの運賃引き上げを柱にした生活交通の再編方針をまとめた。住民代表などでつくる市公共交通協議会で示し、2010年度中に再編計画を策定。11年度、具体的な運行計画づくりを進める。

 市は現在、廿日市、大野、佐伯、吉和の4地域で自主運行バスを広島電鉄と地元事業者に委託して運行する。

 市は13年度をめどに中山間地域の佐伯、吉和地域でデマンド交通を本格導入する予定でいる。デマンド交通は利用者からの予約に基づき、乗り合いでそれぞれの目的地に向かう運行スタイル。ワゴン車など小型車両を使用する。現在の自主運行バスのルートから外れている集落にも運行範囲を広げる。

 沿岸部の廿日市、大野地域では自主運行バスへのICカード、定期券導入や運行時間、ルートの変更を進める。現在1回100〜200円の運賃について受益者負担の観点から見直しを検討する。

 市は10年7〜8月、市民アンケートを実施した。無作為抽出した2375人に用紙を郵送。699人から回答があった。回答率は29・4%。

 佐伯、吉和両地域でデマンド交通について尋ねると、「利用したい」との回答が佐伯地域で86%、吉和地域で68%を占めた。自主運行バスの運賃については廿日市地域で76%、大野地域で86%が「サービスの維持・向上のために運賃を上げてもよい」と回答した。

 市によると09年度の自主運行バスの運行負担金は7490万円。05年度比で18・3%増えた。市は利便性向上と効率化を目指し、10年3月に協議会を設置。10年度末までに再編計画を策定する。市都市計画課は「収益性と市民ニーズのバランスをとった再編を進めたい」としている。

【写真説明】市が地元事業者に委託して佐伯地域で走らせている自主運行バス

567 チバQ :2011/02/01(火) 01:02:45
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000281101310004
週1便だけの路線バス
2011年01月29日


淵野辺駅から登戸まで乗ったマニアは、バスを降りるとさっそくいろんな角度から写真を撮っていた=日午前8時、川崎市多摩区


イラスト・べつやくれい




 この1台を逃すと、次の便は1週間後。そんなバス路線が神奈川県内の都市部にある。山間部の過疎地かと思ったら、相模原市と川崎市とを結ぶ都市部の路線だ。なぜ週1本しか走っていないのだろう。


 バスは日曜午前7時、相模原市中央区のJR淵野辺駅北口から出る「淵24系統」。日本最大規模のバス事業者・神奈川中央交通が運行している、通称「神奈中バス」。川崎市多摩区の「登戸」まで20キロを片道1時間近くかけて走り、1往復する。


 発車10分前、バス停に男性4人と女性1人が並んだ。男性の1人がカメラを取り出し、さかんにバスの撮影を始めた。どうやら男性4人はバスマニア仲間らしい。


 神奈川大4年の今村圭佑さん(22)は、自宅のある茅ケ崎市周辺の神奈中バスの全路線に乗った。4月からは関東地方のバス会社で運転手になるという筋金入りのバス好き。淵24系統には今回初めて乗る。「いつか廃止になるかもしれない路線に乗れてうれしい」と目を輝かせた。


 途中で乗り降りする人もいて、一時は乗客が10人以上になったが、小田急鶴川駅で他の客が降り、記者と男性4人だけになった。県道も日曜日の朝は渋滞せずバスは快走する。


 東京都世田谷区の会社員工藤貴史さん(29)は「バス停間の距離が長い。電車に乗っているみたい」。午前8時前に「登戸」に着いた。


 淵24系統は神奈川中央交通の委託で、同社子会社が運行している「免許維持路線」の一つだ。国土交通省から出るバス路線の免許を維持するため、乗客が減っても運行を続けている路線のことをいい、同社が県内に持つバス路線約700のうち、10路線あるという。


 免許は一度廃止すると再取得が難しいといい、将来、大きな催しがあったり、大きな施設ができたりした際の路線新設や臨時便の増発を見越して、採算度外視で運行するもので、廃止は考えていないという。


 この希少性が、熱心なバスファンの心をくすぐる。一方で、年数回程度しかこの路線を運転しないという運転手の新村博行さん(49)は「乗客が少なく、バス停の位置を間違えないかと緊張する」そうだ。同社は「バスに関心を持ってもらうのはいいことです」と話す。


(岩堀滋)

568 とはずがたり :2011/02/01(火) 11:03:37
>>567
週一でも定期路線になるなら月一じゃあダメなのかって気もしますね。。

路線図保存
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/15000281101310004.jpg

鶴川迄は大量に走ってたりするのか気になって調べてみました
http://www.kanachu.co.jp/bus/serviceoffice.html
が,鶴37系統が該当するけど平日朝に一本きりの運行。。
途中の野津田車庫行きは10本ほどの運行。
寧ろ野津田車庫から鶴川へはそこそこ運行。
鶴川〜百合ヶ丘〜登戸辺りが免許維持路線の様だ。

あと市が尾近辺の系統もそれっぽい。

こういう意味無い浪費はどうかと思うけど。。

569 チバQ :2011/02/04(金) 12:14:29
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110201/fkk11020102340002-n1.htm
西鉄、新幹線開業に“商機” 路線バス乗り入れなど実施 福岡
2011.2.1 02:32
 西日本鉄道は31日、今年3月のJR博多駅ビルオープンと九州新幹線全線開業にあわせて、博多駅と福岡市の商業地・天神を結ぶ快速バス「天神ライナー」の運行や、福岡県内の新幹線駅への路線バス乗り入れなどを実施すると発表した。

 新幹線で九州入りする観光客らをバスに取り込むねらい。竹島和幸社長は「新幹線がプラスに働くことは間違いない。福岡市内のバス乗客などは2桁は増える」と語った。

 「天神ライナー」は、博多駅に隣接する博多バスターミナルと天神地区を片道10分で結ぶ。現在も同様のコースを走る100円循環バスはあるが、停車するバス停を絞ることによって時間を短縮する。車体は同社として初めて明るい黄色を用い、国内外から福岡に初めて来る観光客の目を引くようにした。JR博多シティオープン前日の3月2日から運行し、運賃は100円。

 県内で新たに開業する新幹線駅の新鳥栖、筑後船小屋、新大牟田の3駅へのバス乗り入れは、新幹線開業日の3月12日から。それぞれの駅と、周辺市街地や観光地とを結ぶ。

 また、2月10日から西鉄電車と路線バスが1日限定で乗り放題となる「福岡1デイパス」を発売。価格は大人1500円、小学生以下750円。韓国人旅行客もターゲットにし、初年度販売目標数は8千枚。

 竹島社長は「福岡は交通網の発達とともに発展してきた。新幹線開業により、新たなビジネスチャンスが生まれる」と期待をかけている。

570 荷主研究者 :2011/02/06(日) 11:57:24

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201101190028.html
'11/1/19 中国新聞
死亡事故受けバス路線を変更
--------------------------------------------------------------------------------
ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/Tn20110119002802.jpg

 広島バス(広島市中区)は、JR広島駅と南区などを循環するバス路線「旭町線」の一部ルートを見直し、運行計画の変更届を中国運輸局に提出した。同路線では昨年4月、同社のバスが自転車の中学生に接触し死亡させる事故が発生。現場を含む狭い生活道路を避ける形で、新たなルートを設ける。

 事故が起きた南区翠3丁目の市道は幅約7メートルと狭く、バスと対向車の離合が難しい。同社は運行に危険が伴うと判断。現場を含む「西翠町」―「西旭町」の約1キロ区間を運行ルートから外すことにした。

 新ルートは「比治山橋」から国道2号を経由し、「旭町」で折り返す。新たな運賃の認可も申請しており、7月以降に新ルートに切り替える。

 変更後は現行の「東翠町」のバス停が廃止される見通しで、同社は周辺住民にチラシを配布するなど周知を進めている。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/Tn20110119002801.jpg
【写真説明】事故現場付近を通行する旭町線のバス

571 荷主研究者 :2011/02/06(日) 12:36:13

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110126t42006.htm
2011年01月26日水曜日 河北新報
県、電気バス開発へ 大手と協力し13年度、路線に導入

 秋田県は2011年度、大手自動車メーカーと協力し、電気バスの開発に乗り出す。地元企業にも参加を呼び掛け、12年度に完成させ、13年度には路線バスに導入して本格運行を目指す。一般会計当初予算案に、関連事業費約2000万円を計上する。

 協力企業はいすゞ自動車が有力。都道府県が電気バスの開発から運行まで取り組むのは珍しいという。

 県によると、11年度は電気バスの開発、運行に向けた足掛かりの時期と位置付ける。運行する路線の選定調査や、電動式に変える技術開発を進める。

 12年度以降には、充電池の開発や給電設備の設置に向けた事業を計画。試験運行を実施した上で、民間会社に委託するなどして本格運行に移行する考えだ。

 路線はJR秋田駅周辺循環や、県庁、秋田市役所がある山王地区を通るコースを想定する。高齢化で自動車を運転しない世代が増えることを念頭に、将来的には住宅地と市中心部を結ぶ路線も検討する。

 より環境に配慮し、太陽光や風力発電で得られた電気を活用する計画もある。プラグでつながずに給電できる設備の研究が進んでおり、導入可能性も探る方針。

 電気バスの構想は、トヨタ自動車グループの豊田中央研究所出身で、秋田県産業技術総合研究センターの斎藤昭則所長が発案した。

 斎藤所長は「公共性の高いバスに環境に優しいシステムを導入することで、観光などで県内を訪れた人に活動をPRできる。地元企業の技術力向上にもつながる」と期待する。

572 荷主研究者 :2011/02/06(日) 13:20:34

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2011/01/23/new1101231401.htm
2011/01/23 デーリー東北
八戸中心街のバス停案内板を一新

 「八戸中心街ターミナル」の統一名称で八戸市中心街にあるバス停5カ所の情報案内板が、2月上旬にリニューアルされる。バスを相互乗り入れする八戸市営バス、南部バス、十和田観光電鉄の3社が共同で新案内板を設置する。時刻表や路線図などを分かりやすく提示することで利便性向上を図り、利用客拡大につなげる考えだ。

 対象となるのは、昨年4月に「八戸中心街バスターミナル」の1〜5番乗り場に呼称変更した、三日町、八日町、中央通り、朔日町、六日町にあるバス停。市の「地域公共交通活性化・再生総合事業」のプロジェクトの一環で実施する。

 表示板の大きさは高さ約2メートル、幅約1・5メートルで、青色を基調としている。歩道側の表示板に時刻表や路線図、運賃を、車道側には停留所の位置や方向別案内などを表示する。

 市都市政策課は「バス停を目立つように分かりやすくすることで、利用環境を改善させたい」としている。

ttp://tohazugatali.web.fc2.com/bus/img1101231401.jpg
【写真説明】コンピューターグラフィックスで作成された、リニューアル後のバス停の案内表示板イメージ。左側はバス運行情報システムのディスプレー(八戸市都市政策課提供)

573 荷主研究者 :2011/02/06(日) 13:34:34

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20110123/446342
2011年1月24日 05:00 下野新聞
民間バス路線廃止で代替運行へ 烏山駅〜那珂川・健武

 【那須烏山・那珂川】那須烏山市のJR烏山駅から那珂川町健武までの21・1キロ区間を運行するJRバス関東の常野線が本年度で廃止されることが決まり、両市町は4月から、代替バス「馬頭烏山線」を運行させる。

 代替バスの事業主体となる同町によると、マイカー利用や過疎化で、常野線の利用者数は2008年度の5万人に対し、09年度は4万2250人に減少。09年度の運送収入は06年度より483万円減、08年度より112万円減の1130万円だった。JRバス関東は今後も利用増が見込めないため、昨年9月末に栃木運輸支局に路線の廃止届を出した。

 両市町は、沿線住民や通学に利用する両市町の高校生や市内の小学生には重要路線である上、鉄道のない町には過疎化の加速要因にもなり得るため、バスの代替運行を決定。

 運行距離が長い同町が事業主体となって「馬頭烏山線」を運営する。町側の発着点を馬頭の山村開発センターに変更。これにより運行区間は同センターからJR烏山駅までの20・5キロとなる。停留所は現在地をほぼ踏襲。低床バス2台で平日8往復、土曜・日曜・祝日は3・5往復する。

 運賃は、常野線が初乗り150円から最高で740円だったが、高校生の通学利用も多いため、上限を500円に軽減する。年間運行経費は2800万円で、運行収入は700万円を見込む。赤字分は県が3分の2、残りを両市町で負担する。

 町は昨年12月、実際にバスを運行する事業者を那須塩原市三区町の「やしお観光バス」に決め、現在、運行準備の手続きを進めている。

574 チバQ :2011/02/06(日) 21:05:21
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/02/2011_129653957518.html
片道1980円に下げ 3月から徳島バス高速岡山線 2011/2/1 14:52 メールで記事を紹介する 印刷する

 徳島バス(徳島市)は3月1日から3カ月間、高速バス徳島−岡山線の片道運賃を4割引きの1980円とするキャンペーンを実施する。高速道路料金「休日千円」の影響で高速バスの利用が落ち込む中、高速道路と同水準の料金設定で高速バスが太刀打ちできるかを試す。

 徳バスは岡山線を1日2往復運行しているが、「休日千円」の影響から利用は低迷。1便当たりの乗客数は平均約10人にとどまり、採算ラインの14人を下回る赤字運行に陥っている。

 現行の片道運賃は徳島駅−岡山・倉敷間で3300円。「休日千円」の高速道路は、普通車なら瀬戸大橋を経由する高松自動車道・鳴門インターチェンジ(IC)−山陽自動車道・岡山IC間を2千円で利用でき、料金面で不利を強いられている。

 キャンペーンでは同水準となる4割安の1980円に運賃を引き下げ、乗客増や収益確保に結びつくかどうかを見定める。小児と身体障害者は半額の990円(現行1650円)とする。

 徳バスによると、「休日千円」の影響は高速バスの13路線すべてに及び、2009年度は約2億6千万円の減収となった。その額は、同社が高速バスの収益から一般路線バスの赤字補填(ほてん)に充てている約2億円を上回る。利用は下げ止まり傾向にあるが、一般路線の維持にかかわる深刻な状況が続いている。

 今回のキャンペーンは、表面上は岡山線の開設記念日(4月)に絡めた位置付けだが、徳バスの平野正治常務は「高速バス事業の今後の在り方を見極める大事な実験となる」としている。

575 チバQ :2011/02/06(日) 21:05:56
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_129652314923.html
由布─福岡高速バス きょう博多港乗り入れ
[2011年02月01日 10:12]

博多港国際ターミナルへの乗り入れを始める高速バス「ゆふいん号」。韓国人旅行者のため、行き先のハングル表示も実施=31日、別府市の亀の井バス本社
 亀の井バス(別府市)と日田バス(日田市)が共同運行し、由布市湯布院町と福岡市を結ぶ高速バス「ゆふいん号」が1日から、韓国への船舶が発着する博多港国際ターミナルへ乗り入れる。福岡の繁華街を通らずに湯布院・別府へ直結する便を新設するなど、韓国人観光客の取り込みを強く意識しており、人気観光地まで「乗り換えなし」の利便性をアピールする。
 従来のゆふいん号は、JR由布院駅前と天神・博多間の往復11便。今回のダイヤ改正で往復2便を新設し、計13便とする。新設便は、別府北浜発着で、由布院駅前を経由。福岡市内では、福岡空港国際線ターミナルと博多港国際ターミナルにのみ停車する。
 従来便のうち2便は、西鉄天神バスセンターに停車後、博多港国際ターミナルに入る。
 湯布院、別府は韓国でも人気の観光地。亀の井バスによると、ゆふいん号の乗客の3割は韓国人旅行者。「バス乗り放題のSUNQパスなどを利用する個人客が増えている」という。バス側面に行き先をハングル表示し、韓国語の車内放送もする。
 亀の井バスの筒井秀弥乗合課長は「港や空港に停車地を特化したダイヤ改正は異例の試み。1人でも多くの韓国人観光客を湯布院・別府に運びたい。韓国に旅行する日本人や帰省する留学生の利用も期待している」と話している。

576 チバQ :2011/02/08(火) 23:33:20
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1296884384
78年ぶり新バス路線開業
館山駅−渚の駅たてやま間 きょうから、館山日東交通
2011年02月05日14時39分[県南エリア]

 海辺のにぎわいづくりを進める館山市で、JR館山駅と同市館山の海辺の交流拠点「渚の駅たてやま」を結ぶバス路線がきょう5日から新設される。1日に関東運輸局から運営者の館山日東交通(館山市、溝口卓社長)に認可された。同市で新路線の申請は1933(昭和8)年の豊房線以来78年ぶり。

 新路線は館山駅西口−渚の駅たてやま間の約1・2キロを結ぶ直行便。定員29人の小型バスを使用し、運賃は150円。5日に大島などを結ぶ高速ジェット船の季節運航が始まり、渚の駅内の市立博物館分館も部分開館するため、これらに合わせて開業する。

 高速ジェット船の運航がある4月3日までは船の発着に合わせて毎日午前8時50分館山駅発と、午後4時半渚の駅発の2便を運行する。以降は大型客船の寄港や港でのイベントに合わせて不定期運行する。


--------------------------------------------------------------------------------

577 チバQ :2011/02/09(水) 22:16:40
>>560
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110209/biz11020917020039-n1.htm
宮崎−博多間で新高速バス 最安で片道2500円
2011.2.9 17:01
 ジェイアール九州バスは9日、博多−宮崎間で西日本鉄道などと共同運行していた高速バス「フェニックス号」の運行から撤退し、4月13日から同区間を割安で利用できる「たいよう」号を単独運行すると発表した。

 1日10往復で、所要時間はフェニックス号より20〜30分短縮の3時間55分。フェニックス号の最安値は往復6千円だったが、たいようはホームページやコンビニエンスストアなどで事前購入すれば、片道2500円から利用できるという。

 ジェイアール九州バスは、九州新幹線鹿児島ルート(博多−鹿児島中央)が全線開通する3月12日から、新幹線の博多駅発着に接続して博多−宮崎を最短約3時間で結ぶ新たな高速バスを、西鉄以外のバス事業者と共同運行する予定。「宮崎には新幹線が通っていない分、県民にさまざまな選択肢を提供したい」としている。

578 チバQ :2011/02/10(木) 21:14:56
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110210-OYS1T00216.htm
博多―宮崎高速バス、JR系が共同運行から離脱へ
九州経済
 ジェイアール九州バス(福岡市)は9日、博多バスターミナル(同)と宮崎駅(宮崎市)を4時間弱で結ぶ高速バス「たいよう」を4月13日から運行すると発表した。正規運賃は大人片道4500円で、前売りきっぷは2500〜3000円。1日10往復する。

 同じ区間では、同社と西日本鉄道など計4社がすでに共同運行(正規運賃6000円)しているが、ジェイアールは離脱する。

 ジェイアールなど3社は九州新幹線鹿児島ルート全線開業(3月12日)に合わせ、新八代駅―宮崎駅間の高速バス路線を開設する。西鉄はこの枠組みには参加せず、新幹線全線開業後の戦略の違いがジェイアールの単独運行につながった。

 西鉄などは現行路線の運行を続け、対抗運賃の設定なども検討する。

(2011年2月10日 読売新聞)

579 名無しさん :2011/02/14(月) 01:57:16
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20110213000000000010.htm
来月から「静岡大阪線」 しずてつジャストライン
02/13 08:01
 しずてつジャストラインは、3月4日から阪急バス(大阪・豊中市)と共同運行で清水・静岡と京都・大阪を結ぶ夜行高速バス「静岡大阪線(愛称・京都大阪ライナー)」を運行する。しずてつジャストラインの関西方面への乗り入れは初。1日1便運行し、観光やビジネス、帰省などで初年度1万1千人程度の利用を見込む。
 関西方面へは清水駅を午後10時10分に出発。静岡駅を同11時に経由し、京都駅前に翌日午前5時32分、大阪(阪急梅田駅前)に同6時50分にそれぞれ到着。静岡方面行きは午後10時に大阪を出発して京都駅前を経由後、静岡駅前に翌日午前6時10分、清水駅前に同6時45分にそれぞれ着く。
 駅以外に静岡インターチェンジや東名高速上のバス停など途中停車地点を本県側に11カ所、京都・大阪側に7カ所設ける。車からの乗り継ぎ用に永楽町(静岡市清水区)と吉田インター(吉田町)の予約制無料駐車場も利用できる。
 長時間の移動に対応するため、独立3列シートを備えた車両を新たに2台導入し、快適性にも配慮した。
 運賃(片道)は大人6500〜6千円、子どもは半額。往復や学生の割引、回数券も設定する。

580 名無しさん :2011/02/15(火) 23:15:28
http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news880536.html
県内初のハイブリッドバス16日から導入(静岡県)

最新の排出ガス規制をクリアしたハイブリッドバスが、県内で初めて導入されることになった。16日の運行を前に15日、市民にバスがお披露目された。このバスは二酸化炭素削減対策の一環としてしずてつジャストラインが導入を決めたもので、国土交通省が去年制定した新たな自動車排出ガス規制をクリアした、県内で初めてのハイブリッドバス。15日は静岡市で、このバスが市民にお披露目された。このハイブリッドバスは、排出ガスに含まれる窒素酸化物や、CO2の排出量が抑えられていて、従来のハイブリッドバスに比べ年間平均で9パーセントのCO2を削減できると見込まれている。また、発進時のエンジン音が静かで、乗り心地も良いという。このハイブリッドバスは、16日から主にしずてつジャストラインの県立病院高松線で運行される。
[ 2/15 18:49 静岡第一テレビ]

581 チバQ :2011/02/17(木) 00:48:58
http://www.asahi.com/travel/rail/news/OSK201102160170.html
村長も嘆く乗客の少なさ 西南地域の2バス路線3月廃止2011年2月17日
 高知西南地域公共交通協議会と土佐くろしお鉄道中村・宿毛線運営協議会の両総会が四万十市立中央公民館で16日、開かれた。公共交通協では実証運行中のバス路線、平田駅(宿毛市)―県立幡多けんみん病院間のシャトルバスと三原村―土佐入野駅(黒潮町)を3月中に廃止する方針が了承された。

 公共交通協は県と関係7市町村の首長ら約30人が出席。事務局から、土佐くろしお鉄道中村・宿毛線で関係7市町村の特長をデザインしたラッピング列車7両を、早ければ3月から順次走らせるなどの説明があった。

 2009年10月から実証運行中のシャトルバスは、平日の利用者が09年は1便あたり0.37人、10年4〜12月は同0.38人と、目標の同2人を大きく下回った。三原村―土佐入野駅間も、杉本嘉宏・三原村長が「三原バスセンターで乗客を見たことがない」と嘆くほど乗客が少なかった。

 運営協では、鉄道経営助成基金から今年度は8千万円、来年度は1億9900万円を限度に同鉄道に補助することが了承された。(菊池均)

582 チバQ :2011/02/19(土) 22:56:36
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/227278
バスで足延ばそう 福岡から黒川、竹田へ 平戸の会員制バス
2011年2月18日 00:17 カテゴリー:社会 九州 > 福岡 九州 > 熊本 九州 > 大分

4月から大分県竹田市とも結ばれる会員制バス「YOKARO号」 長崎県平戸市と福岡市を結ぶ会員制バスを運行している社団法人「YOKARO」(平戸市)は、黒川温泉(熊本県南小国町)を経由して大分県竹田市と福岡市を直結する新ルートを、4月から開設する。来月の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に対抗して、小都市間で九州横軸の連携を図る狙いだ。

 会員制バス「YOKARO号」(45人)は、JR博多駅−平戸を年中無休で1日2往復している。年会費4千円で乗り放題。平戸観光協会が2009年に1年間の予定で運行開始、昨年10月に若手有志が社団法人を設立し運営を引き継いだ。

 会員は現在約5千人だが、福岡都市圏は千人前後と少ないのが悩み。福岡との交通アクセスが悪い観光地にルートを拡大することで、福岡都市圏の会員増を目指す。

 竹田ルートは、博多駅−黒川−久住−竹田を片道2時間50分で結び、1日2往復する。バス客の受け入れ準備に取り組む竹田旅館組合の河野洋史組合長(40)は「観光客は右肩下がり。交通へき地であることを逆手にとり、平戸と一緒に直行バスをPRし人を呼び込みたい」と意気込む。

 社団法人理事で、ルートを開拓した平戸市のバス会社社長、早田圭介さん(45)は「福岡の人にとっては平戸に加え、人気の高い黒川温泉や竹田を訪れる選択肢が増える。平戸と竹田の交流も図りたい」と語る。

 YOKAROは、7月に博多駅−湯布院−臼杵、10月には博多駅−山鹿−菊池−阿蘇の2ルートを新設する計画で、最終的には8ルートまで拡大する。問い合わせは竹田事務所=0974(63)0663。

=2011/02/18付 西日本新聞朝刊=

583 チバQ :2011/02/19(土) 22:57:47
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20110219000000000016.htm
遠州鉄道、高速バス事業強化 横浜線、試験的に増便
02/19 07:34
 遠州鉄道は都市間を定期的に結ぶ高速バス事業を強化する。浜松〜横浜間で運行している「横浜イーライナー」を3月19日から7月10日まで、週末を中心に試験的に増便する。買い物やビジネスなど幅広い目的での利用が見込める東京方面への路線拡大も検討している。
 横浜イーライナーは昨年7月に運行を開始し、毎日2往復している。当初は認知度の低さから1台当たりの平均乗客数が12人と苦戦していたが、学生割引回数券の発行などの利用促進策が奏功し、最近は目標の15人をほぼ達成しているという。今月17日には累計乗客数が1万人を突破した。
 増便は上りがJR浜松駅を午前9時半発、下りが横浜市の山下公園前を午後6時40分発のダイヤで、利用者の要望を受けて現行の便よりも出発時間を遅くした。3月中は毎日、4月からは土・日曜日と祝日に運行する。試験運行中の利用状況をみて、そのまま運行を続けるか、運行日を増やすかなどを検討する。
 増便に合わせて往復割引乗車券の運賃も引き下げる。大人は500円の値下げで6500円、子どもは250円の値下げで3250円になる。

584 荷主研究者 :2011/02/20(日) 12:03:04

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110201_5
2011/02/01 岩手日報
駅接続バスの利用低迷 試験運行の盛岡・玉山区
--------------------------------------------------------------------------------
 盛岡市玉山区のIGR渋民、好摩の両駅と市玉山総合支所を結ぶ無料駅接続バス試験運行の利用者が低迷している。いわて銀河鉄道沿線地域等活性化協議会(会長・細田敬一副市長)が昨年11月末から2コースで運行しているが、31日までの利用者は延べ10人にとどまる。市は接続バスの運行ではなく、患者輸送バスを両駅に経由させ一般客の乗車を認めることを検討している。

 試験運行は、駅接続バスの需要と患者輸送バスの活用法を探るため実施。11月29日から2月28日まで行われている。渋民駅―市玉山総合事務所(15・3キロ)は月曜日、好摩駅―市玉山総合事務所(16・8キロ)は火曜日にそれぞれ原則1往復している。

 好摩駅コースは9日間で利用はなく、渋民駅コースは9日間で延べ10人の利用だった。

 一方、患者輸送バスは12路線あり、28人乗りのマイクロバスで各地区と同区中心部の主要病院などを1週間に1回1往復している。

 2009年11月の調査によると1便当たり平均約18人が乗車しており、約90%が女性で、75歳以上の高齢者が75%ほどを占める。毎週利用している人が多く、約90%が「不便を感じない」と答えた。

 患者輸送バスで通院する同市玉山区寺林の千葉ハルさん(78)は「家の近くまで来てくれるのでとてもありがたい。路線が多く、駅接続バスより便利だ。座席に余裕があるので買い物客などが利用してもいいと思う」と語る。

 盛岡市交通政策課の古山裕康課長は「駅接続バスの利用者は予想以上に少ない。バス路線新設ではなく、地元の意見を聞きながら患者輸送バスを有効活用していきたい」としている。

585 チバQ :2011/02/20(日) 13:42:51
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20110220102.htm
利用増えたけど廃止 金大周辺の100円バス区間
金大と学生街を結ぶ運賃100円の路線バス。廃止に伴い、専用定期券が発行される=今年1月、角間町の金大中央バス停
 金大角間キャンパス周辺で設定されている運賃100円の路線バス区間が3月末で廃止される。100円区間設定から5年で利用者は2倍に増え、公共交通利用促進策の成功例となったが、バスを運行する北陸鉄道の経費が増大し、見直しを余儀なくされた。金大と北鉄は新たな協定を締結、通常よりも割安な専用定期券を発行し、利用促進に努める。
 新しい協定は市公共交通利用促進条例に基づいて結ばれる。市は第1号の協定に認定し、双方の取り組みを支援する。

 100円区間は金大と北鉄が締結した「金沢バストリガー協定」に基づき、2006年度から5年計画で実施。05年度の運賃収入を上回る年間の目標利用者数(22万1687人)を超えると次年度も継続される仕組みで06年度以降は毎年度目標を上回っていた。

 今年度の利用者は昨年12月までに28万8060人に上り、過去最多のペースだった。しかし、100円区間では05年度に比べてICカード乗車券「ICa(アイカ)」の利用者は増加したが、現金や回数券の利用者は横ばいで全体の収入は微増にとどまった。

 その一方で、全体利用者が2倍近く増加したため、バスを増便せざるを得ず、運行経費が膨らんだ。収入増よりも運行経費の増加分のほうが大きいと推定されるため、廃止が決まったという。

 4月から販売される専用定期券は「鈴見台2丁目」「鈴見町」「旭町」から「金大」までの区間内で利用できる。料金は1カ月6千円、4カ月1万6千円などに設定。200円区間で1カ月7200円、4カ月2万3040円で発行される学生の定期券よりも割引率を高めた。

 専用定期券は大学生協などで販売し、学生以外の使用も可能とする。通学に加えて区間内での買い物や飲食などに複数回利用できることから、利便性や回遊性の向上への期待もある。

586 チバQ :2011/02/20(日) 13:43:51
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110219k0000e040060000c.html
マナカ:愛知のバス会社、導入できず “退化”に苦情も

乗車口のそばにマナカが使用できないことを知らせる張り紙をしている名鉄東部交通の路線バス=愛知県岡崎市の名鉄東岡崎駅南口で2011年2月19日、中村宰和撮影 改札に触れるだけで乗車できるIC乗車券「マナカ」を導入できなかった愛知県内のバス会社の路線で、従来の磁気カードの使用が来年2月末に終了するため、小銭や紙の回数券でしか利用できなくなる。名鉄や名古屋市営地下鉄などがIC乗車券に“進化”した一方で、マナカを導入できない小規模バス会社は“退化”することになり、利用者から「サービス低下ではないか」との苦情も寄せられているという。【黒尾透、中村宰和】

 愛知県西尾、岡崎市を中心に路線バスを運行する名鉄東部交通(本社・豊田市)は、マナカを導入していない。現在、名鉄や名古屋市営地下鉄でも使えるプリペイド式磁気カード「トランパス」が利用できるが、トランパスも今月11日のマナカ導入に伴い販売が既に中止されており、来年2月末で利用もできなくなる。

 名鉄東部交通は名鉄バスから委託されて路線バスを走らせていたが、06年に譲渡されて自社運行となった。バスは現在12台。グループ会社のため車両の外見は名鉄バスとほぼ同じだが、マナカは使えない。名鉄東部交通は「マナカ導入には料金箱改修などで1台当たり100万円以上かかる。多くの路線で乗客は平均5〜10人と少なく、設備投資はできない」と説明する。

 同社のバスで通勤する岡崎市の全盲の男性マッサージ師(38)は「トランパスを20枚買った。これで1年間使うつもり。回数券になったら非常に使いづらい。なぜマナカ導入で我々が不便になるのか」と憤る。

 岡崎市内では、名鉄バスが運行する路線バスではマナカが使えるため、市民の間に戸惑いが広がる。

 名鉄東岡崎駅南口で19日朝、マナカを財布から取り出し、名鉄東部交通の路線バスに乗ろうとした同県高浜市の女性(58)は、マナカが使用できないことを知らせるバス乗車口付近の張り紙を見て「そんなばかな。おかしい」。岡崎市の女性(75)は「(使えるように)統一してほしい」と望んでいた。

 知多バスを運行する知多乗合(本社・半田市)でも、大府、東海、知多市を走る一部路線で使える名鉄バスの磁気カード「バスカード」が、来年2月末で使用が終わる。名鉄バスがマナカを導入したため、バスカードが廃止されるためだ。知多バスも運賃支払いは小銭か紙の回数券だけになるという。

587 チバQ :2011/02/26(土) 22:00:52
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1298685911
急行新設、連節バスも拡充
新都心幕張線3月ダイヤ改正 京成バス
2011年02月26日11時05分

 京成バスは3月1日から、JR・京成幕張本郷駅を出発して幕張新都心地区へと向かう新都心幕張線で、急行系統を1本から2本に増やすとともに、連節バスを拡充するなどのダイヤ改正を実施する。

 朝の同路線はオフィスビルへの通勤者で非常に混雑しており、乗客から輸送力向上を望む声が挙がっていた。同社は「大規模なダイヤ改正のため、かなりの混雑緩和が期待できる」としている。

 ハイテク通り経由幕張テクノガーデン行き急行を平日朝に新設。午前7時台4便、同8時台14便、同9時台7便を運行する。バスは新都心地区のシャープ、キヤノンマーケティングジャパン、日本IBMなどのオフィスビルを巡る。

 さらに、通常バスの2倍の輸送力を持つ連節バスを従来の10台から15台へと拡充し、JR海浜幕張駅行きの急行を全便連節バスで運行する。これまでは1割強が通常バスでの運行だった。


--------------------------------------------------------------------------------

<