したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

進化生物学の誤用を考える

1 NATROM :2005/11/03(木) 09:09:03 ID:Z2veARY2
紫藤ムサシさんによる、「エセ科学・学問」を検証し、告発するサイトであるところの、科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室について、以下のようなエントリーが掲載された。

■「少子化は回復する」数学的証明(科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室)
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/10/post_e13a.html


私ことNATROMが、それに対して批判的なエントリーを私のブログで行った。端的に問題点を指摘すると、竹内久美子に代表されるような、進化生物学の安易な人間への適用は、イデオロギー宣伝のために科学を利用されることになりかねない。我々は社会ダーウィニズムの暗い歴史と、暗いとはいえないまでも社会生物学をめぐる論争から、特に人間を進化論的に扱うには慎重にならねばならないことを学んだはずである。

■「少子化は回復する」数学的証明(NATROMの日記)
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051027#p1


ムサシさんの再反論。

■バカにつける薬(科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室)
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/10/post_6e3b.html


私の再々反論。

■「少子化は回復する」数学的証明、続き(NATROMの日記)
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051030#p1


その他、ムサシさんのブログのコメント欄で、いくつかムサシさんに批判的なコメントが書かれたが、削除されてしまった。一部、IP規制がかかっている人もいる。私の個人的な意見としては、ブログの管理者がどのような運営をしようと自由であるからして、自分に都合の悪いコメントを削除しまくろうとかまわないと思う。しかしながら、科学上の問題について論じようというときに、相手の意見を一方的に削除してしまうことがふさわしいのであろうか。「科学で政治・社会を考える」と書いておきながら、実情はそうではないことを暴露しているようなものであろう。

加えて、削除基準が明確ではない上に、恣意的であるように見える。混乱を避けるために、削除するならするで、その方針について明確にすべきであろう。一番問題であるのが、ムサシ氏はコメント欄で、「あなたにお聞きしますが」「その理由は一体どこにあるのでしょうか?」等々、私に質問を振っておきながら、私が回答したコメントを削除していることである。これが公正である運営といえようか。

2 NATROM :2005/11/03(木) 09:12:56 ID:Z2veARY2
とりあえず消されちゃった私のコメントを再掲する。さて、削除に値するものだったかどうかは、読者に判断してもらいたい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>長谷川真理子氏については知りませんでした。竹内久美子さんも「科学的事実よりもイデオロギーを優先する学者が多数いる」と言っていましたから、その類でしょう。

おいおい、長谷川眞理子も知らないのに、【「進化論学者」「動物行動学者」「生物学者」で、”少子化で日本の人口がどんどん減る”
などと言っている者は一人もいません】って言っていたのですが。それから邦訳された本を買うときには、訳者の名前を確認したほうがよいです。「社会生物学の勝利」の訳者は「科学的事実よりもイデオロギーを優先する学者」かもしれませんよ。


>ドーキンスも「多産系の女性がいる」と認めているではありませんか!

私は別に、子の数に遺伝的変異が【ありうる】ことを否定していません。注を参照のこと。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051030#20051030f1

【ありうる】【ある】を区別しましょう。子の数に遺伝的変異が【ありうる】からといって、それを無条件に前提にした証明には不備があると言っているのです。それに、ムサシさんは引用していて、[現代社会という環境下で]多産系の遺伝子は、ヒトが進化してきた環境下では淘汰されてしまうことに気付かなかったんですか?現代社会が成立する以前は、かような遺伝子は「彼らの子のうち生き残れるものの数が少ないから」淘汰されて無くなってしまいます。現代社会でなんで都合よく、突然にそのような遺伝子が生じるんですか?


>「自由意志のある先進国」でなぜ、”少子化を解消”しようとしても効果が上がらず、少子化が止らないのですか?

子の数が遺伝的に決定されていないからでしょうね。ヒトに自由意志などなく、ひたすら遺伝子をコピーするだけが目的なだけなら、そもそも少子化なんて起こらなかったはずです。


>「男女の数は何故・均衡する」(歴史上一度も崩れたことがない)のですか?

新生児の性比がほぼ1:1だからでしょう。「少子化が進行するなら、(一旦どちらかに偏ったらそれも進行し)男女の均衡も崩れるはず」という理由がわかりません。


> 50年・100年経って日本の人口が半分になっても更に減り続けますか?「自由意志」はそれでも生まない選択をし続けるのでしょうか?
> 人口が1/10になっても「自由意志」は産まない選択をし・人口はまだ減り続け0になるまで続くのでしょうか?

それはそのときになってみないとわかりません。私の個人的な意見を言えば、人口は0になるまで減り続くということにはならず、いずれは下げ止まると思います。しかし、ムサシさんが想定したような理由からではありませんが。付け加えれば、いずれ下げ止まるからといって、少子化対策が不要ということにはなりません。急激な人口の低下が社会的に悪影響を及ぼすのであれば(私は及ぼすと思う)、税金を投入して少子化対策を行うという選択肢を考えるべきです。


> 利己的な遺伝子が自身の死を目指す科学的な説明を提示してください。

どこかに「利己的な遺伝子が自身の死を目指す」などと主張している人がいるのでしょうか?定義上、利己的な遺伝子は自身の死を目指しません。人間は利己的な遺伝子に反逆する能力を持っているがゆえ、その気になれば自殺も出来ますし、避妊も出来ます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3 NATROM :2005/11/03(木) 09:19:13 ID:Z2veARY2
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>結局・私の記事の「少子化はウソ」「少子化は一時的なもので、必ず回復する」という主張を認めたということでしょうか?

いいえ。私は「少子化は【必ず】回復する」とは考えていません。私は少子化は生物学的な問題ではなく、社会的・経済的な問題だと考えています。少子化が続けば、現在のような社会を維持できなくなるがゆえに、社会情勢は変化します。社会情勢が変化すれば(たとえば高度な技術を維持できなくなり19世紀の水準に逆戻りする、など)、いずれは人口の減少は下げ止まる【だろう】、というのが【私の個人的な意見】です。「数学的証明」とか「一番確か」とか言っている人と一緒にしないでください。社会情勢を予想するのは難しい問題です。難しい問題に関しては、推測にとどめるのが知的な態度といえましょう。

それに、ムサシさんは故意に問題をすりかえておられるのかもしれませんが、そもそもの問題は、ムサシさんが、「少子化は必ず回復する」と証明したその理由と、ドーキンスがそう言っているかどうか、です。なんの証明もなく、子の数が遺伝的に決定されていることを前提にしているという難点を私は指摘しました。ドーキンスも「多産系の女性がいる」と認めている、というムサシさんの反論に対して、

1. 子の数に遺伝的変異が【ある】と【ありうる】は異なる。子の数に遺伝的変異がかつてあったとしても、淘汰されていて現在はなくなっているかもしれないではないか。ムサシさんが引用したような「養いきれないほど子を産む個体」が、ヒトの進化の歴史の中で淘汰されなかったのはなぜか。

と再反論したのですが、それに対するコメントをお願いします。


>結局・汐見教授も”マスコミの少子化報道”も間違っているという私の主張に賛成されるのですね?

汐見教授の意見は知らないのでコメントできません。一般的に言われている少子化についての提言は、すべてではないにしろ、もっともなところがあると考えています。すでに述べていますが、よしんば少子化が自然に解消することが正しいとしても、急激な人口の低下が社会に悪影響を及ぼすのであれば、少子化対策を行う必要があります。なお、もし、「100年後は日本の人口は1人になる!」などと真面目に言っている人がいたら、その人は大馬鹿だと思います。なぜなら、人口が1人になるずいぶん前に、出産をとりまく環境が変化しているに違いないからです。「50年後は日本の人口が半分」というのは、実際の計算がどうかは分かりませんが、直観的にはありえないことではなかろうと思います。


> 私もカタツムリに寄生した寄生虫が鳥に古い固体を食べさせて、新しい固体に乗り移ることは知っていますよ。
> では、人間の場合・「新しい個体」とは何でしょうか?

人間の場合の新しい個体は何か、などと考える前に、人間の自殺は利己的な遺伝子によるものではない可能性について考慮したほうがいいと思います。


> 「この記事」
> 「セーシェル・ヨシキリの例」
> 「キプシギス族の研究」
> で三つも理由を述べています。

どれも理由になっていませんが、全部いっぺんに指摘するはたいへんなので、おいおいやっていきます。まあ今週中にはセーシェル・ヨシキリに関連して、子の数のコントロールについて書きたいと思っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

長くなったので分ける。

4 NATROM :2005/11/03(木) 09:19:50 ID:Z2veARY2
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>これらを網羅した結論は「(現代の人口密度が高い国などのように)固体の数を減らしたほうが効率よく子孫を増やせるから、一時的に少子化になっているだけ」「利己的な遺伝子は、その環境・状況に合わせて子孫を最大限に残せる戦略を取っているだけ」「だからある程度まで減ったら必ず人口は上昇する」

少子化を、条件付戦略(「人口が多ければ子の数を減らせ。人口が少なければ子の数を増やせ」)をとる利己的遺伝子によって説明を試みることは、それほど悪い考えではありません。しかし、人間は単純にそのような規則には従っていません。それに、「子孫を最大限に残せる戦略」といっても、かつてヒトが進化してきた環境と、現在社会はだいぶ違います。人間が遺伝子の影響を強く受けていると仮定しても(この仮定だってあやふやだ)、ヒトが進化してきた環境では適応的な行動であったのに、現代社会ではそうではないという可能性を考慮すべきです。

そもそも、少子化が回復する理由は、「多産系の女性が選択によって数を増すから」って言っていませんでした?「人口が減れば、環境に合わせて子の数を増やすから」という理由なんですか?いったいどっちなんです?ムサシさんは自分ではお気づきでないかもしれませんが、言っていることがその場その場でコロコロと変わるのです。変わらないのは、結論「少子化は自然に回復するから、税金を投入して対策する必要はない」のみ。

科学的事実よりもイデオロギーを優先する人はこうなりやすいです。事実を積み重ねて結論を出すのではなく、まず結論ありきですから、過程を重要視しないのです。「少子化はウソというのを認めたのか」というのも同じです。結論に至る過程を大事にしていないので、私が「人口はいずれ下げ止まる」と書いただけで、私がどうような過程で結論に至ったのか、考えようとしないのです。

少子化が自然に回復するかどうかという問題と、少子化対策を行うべきかどうかという問題は、異なる問題です。たとえ、少子化が自然に回復するというムサシさんの主張が完全に正しいとしても、それでも少子化対策を行うべきという議論は成立します。たとえば、長期的には回復するとしても、短期的に少子化が社会に悪影響を及ぼすのであれば、少子化が自然回復するまでのつなぎとして、少しでも人口減少を緩やかにする努力を行う価値はあるでしょう。一方、少子化の自然な回復が期待できないとしても、少子化対策を行うべきではないという結論もありえます。コスト対効果が低ければ、当面は別のことにお金を使うべきかもしれません。

いずれにせよ、いったいなぜ少子化が自然に回復するのか、という理由について、多産系の女性が選択によって数を増す、というのは、「一番確か」でないどころか、妥当な推論ですらないというのが私の指摘です。熱心な右翼で、フェミニズムに反対し、少子化対策など不要と考えている人であっても、進化生物学について理解している人であれば、ムサシさんの「証明」が間違っていることに同意するでしょう。あと、それから、

2. 長谷川眞理子は、「進化論学者」「動物行動学者」「生物学者」のいずれでもないとお考えですか?
3. 【「進化論学者」「動物行動学者」「生物学者」で、”少子化で日本の人口がどんどん減る”などと言っている者は一人もいません】と主張するにあたって、ムサシさんはどのように調べましたか?

という質問に答えていただければ幸いです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5 NATROM :2005/11/03(木) 09:32:39 ID:Z2veARY2
この二つのコメント以外にも、私のコメントは二つほど消されました。記憶によれば、ゆーさんの「日本の女性の科学者でいい人いないかねえ」というコメントに対し、「長谷川眞理子がいるよ。でも、ムサシさんは、長谷川眞理子を進化生物学者と認めるかなあ。少子化対策が必要とか言っているから」などと私がコメントしたように思う。驚くべきことに、いつのまにかゆーさんのコメントも消えているのだ。なぜに?現在は、コメント欄がいきなり、「”ゆー”さま。コメント・ありがとうございました」というムサシさんのではじまっている。そのうち、コメント欄全部消えるかもしれないので、要チェックかも。

私のコメントを保存している方がおられたら、ここに転載するのは自由にどうぞ。コメント削除される可能性を考えて、自分で発言を保存すべきだったのだが、ムサシさんはもうちょっと頑張るかと思っていた。だって、北朝鮮やら中国やらを口汚く罵っている人なんだよ?表現の自由という点で、もうちょっと北朝鮮的でない対応をしてもらえるかと期待していたけど、見通しが甘かったようで。「コメントを交換して討論する」のが、”ブログの正規のやり方”とかも書いてありましたが、コメントを交換しようにも、一方的に削除されたらどうすればいいんでしょうかねえ?

6 ゆー :2005/11/03(木) 13:39:36 ID:NTCxkxTA
昨晩11月2日深夜、

■バカにつける薬(科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室)
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/10/post_6e3b.html

のエントリーにコメントを投稿したところ2時間もしない間に削除され、さらに何と以前のこのエントリーへのコメントと、

■「少子化は回復する」数学的証明(NATROMの日記)
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051027#p1

へのコメントまで一括して消されていました。

私のほうでは、これらのコメントを保存していません。
最後のコメントだけは記憶を頼りに再現できました。一字一句同じではありませんが、以下に掲載します。

7 ゆー :2005/11/03(木) 13:40:04 ID:NTCxkxTA
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あれだけ単純明快なドーキンスの理論を、ここまで曲解する人が後を絶たないのはなぜでしょう? 私にはそれが不思議でなりません。
ドーキンスが言っているのは「自然選択の単位は遺伝子である」という、ただそれだけのことです。

それにしても「田嶋遺伝子」はないでしょう。それ本気で言ってるんですか?
自分を犠牲にしても、甥や姪合わせて4人以上を助ける行動を誘発する遺伝子は、淘汰されずに受け継がれていく可能性があると確かドーキンスが書いていたと思いますが、それをいきなり田嶋陽子に結びつけるなど、短絡的にもほどがあります。

少子化についてもそうです。2004年の時点で日本の合計特殊出生率は1.29ですが、もし出産の人数が遺伝子で決定するのなら、その値が2を切るような遺伝子などとっくに淘汰されているはずではないでしょうか?
そもそも1925年には5以上あった数値が、たった80年程度でここまで激減したわけです。
http://danjo.city.kashiwa.chiba.jp/gakushuu/gender_terms/terms/pict/shussyouritu.JPG

これが全て遺伝子の突然変異と自然選択によって説明がつくのだとしたら、日本人の寿命はスナネズミ並みですか?
遺伝子の突然変異が、交配によって1億もの個体の集合全体に影響を及ぼすほど行き渡るまでに、いったい何世代かかると思ってるんでしょうか?
またウィルスのせいなどとおっしゃるつもりかもしれませんが、いやしくも「科学」を語るのであれば、現在進行形で起きている事象について、実証もされてないことをあたかも事実のように述べないで下さいね。

確かに少子化は放置していてもある程度の改善は見られるでしょう。
でもそれはNATROMさんも言われているように、遺伝子の突然変異と自然選択によるものではありません。
社会環境の変化と、それに伴う個人の意識や価値観の変化等が複合的に影響し合って生じるんです。

景気は循環するというのが経済学での通説ですが、だからといって「放っておけばその内回復するだろう」と政府や中央銀行が何もせず座視することなど許されるわけがありません。
悪化して恐慌にでもなったら、誰が責任とるのでしょうか?

同様に、「心配しなくとも、そのうち底を突くだろう」と少子化の進行をなすがままに放置し、たとえ短期的であろうが国家運営に支障を来たすような政治家がいたとしたら、無能と糾弾されて当然です。

かつて「科学」の名の下に独善的に歴史を断じ、自らの理論を絶対真理のように説いた思想がありました。あなたの大嫌いなはずの共産主義です。
それと同じことをされているという自覚が、あなたにはおありでしょうか?

#ドーキンスと比べることはできませんが、私は山形氏も評論家として認めています。
#山形氏を非難する前に、彼の他の著作やクルーグマン、レッシグといった彼の翻訳本
#も読まれてみてはいかがでしょうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

8 ゆー :2005/11/03(木) 13:42:18 ID:NTCxkxTA
2つ前のレス訂正します。

×
> ■「少子化は回復する」数学的証明(NATROMの日記)
> http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051027#p1


■「少子化は回復する」数学的証明(科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室)
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/10/post_e13a.html

引用ミスです。すみません。

9 ゆー :2005/11/03(木) 14:06:59 ID:NTCxkxTA
紫藤さんの論理の矛盾を冷静に指摘して異論を唱えるコメントはことごとく消され、残されるのは彼の「科学」的論説を褒め称えるコメントか、よくて方法論に疑義をはさむ程度のものです。
前のコメントにも書きましたが、基本的にマンセーコメントしか受け付けず異論に対しては徹底弾圧と、まるでどこかの共産党のようです。

途中、異論に対して反論するような姿勢を見せたこともありましたが、文中に「!」マークをやたらと連発し、論理とも思えないような意味不明な論理(「現代日本の淘汰圧は『人口が多いこと』です」のような)を並べただけのもので、全く話が噛み合っていませんでした。

不思議なことに異論を差し挟むコメントは消しても、それらの自分が書いた回答コメントは消してません。
ですので「少子化は回復する」や「バカにつける薬」のエントリーのコメント欄を通してみると、明らかに不自然なんですよね。
よっぽど自分大好きな人で、例え短文でも自分の文章は消したくないのでしょうか。

影響力としては竹内久美子氏に及ぶべくはありませんが、人気ブログランキングの政治カテゴリで常に10位以内に入っているというそこそこ影響力のあるブログで、このようなトンデ理論を「科学」の名の下に流し続けているのは、少々問題があります。
案の定、コメント欄には彼の論を「科学」と信じているような方々も散見されますし。

それでは皆様、「田嶋遺伝子」をウイルスによって伝染されないよう、お気を付けください。( ・∀・)

10 wadja :2005/11/03(木) 14:55:01 ID:Q8ejtkr.
>>9

>人気ブログランキングの政治カテゴリで常に10位以内に入っているというそこそこ

ほんまかいな…。内容的には信じられへんけど。
文章の途中に何気なし二リンクが埋め込んであるんで、wadjaもうっかり踏んでしもうたがな。BlogFreekのシステム読んだけど、それだけでランキング上るみたいorz
やり方汚いやん。

悔しいんで、「不正リンク」として通報してみました。

>「現代日本の淘汰圧は『人口が多いこと』です」のような

竹内久美子を崇めるくらいだから、その辺の論理的な整合性は気にならないんでしょう。余りにも短絡的なんだけど、真剣に騙される人も居るんだなと感心してます。

#http://houkoku.air-nifty.com/って、やっぱり「報国air」なんですかね?

11 Kosuke :2005/11/03(木) 15:09:44 ID:VtRfsiXA
2005/11/03 15:04 書き込んできたデス。
はたして何時間消されずに残っているでしょうか?

12 wadja :2005/11/03(木) 18:34:22 ID:Q8ejtkr.
>>11

3時間は残ってるみたいw

ついでにwadjaも記念カキコしてきた。

13 ゆー :2005/11/03(木) 18:57:07 ID:NTCxkxTA
3時間半経過…。まだ消されてませんね。

「どこから突っ込んでいいかわからない」と評判の紫藤ムサシさんの論説ですが、笑いのとれそうなとこから私が突っ込んでみましょう。

■バカにつける薬
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/10/post_6e3b.html

> 口角泡を飛ばして、双方周りの人に押し留められた時・一人がこう言ったのです。
> 「(少子化は自然に解消するなどと)誰が言っているのか!?」
> と。私はすぐさま返答しました。
> 「ドーキンスの <利己的な遺伝子> だ!」

「<利己的な遺伝子>」がしゃべったんですかそうですか。

たぶん彼の脳内に<利己的な遺伝子>様がご降臨あそばされて、「少子化は自然に解消するぞよ」とのお告げを下されたのでしょう。
そうであるなら凡人の私たちは、「さようでございますか」と引き下がるしかないじゃないですか。

そもそも彼は「利己的な遺伝子」を何か超越的な、意志を持った存在のように考えているフシがあります。

> 動物行動学の答えは
> 「そのような ”不利な条件” を乗り越えて生き残って来ているのは、(余程)
> 強い (遺伝子を持った) オス に違いない!」
> とメスが判断するから、そのようなオスはモテ るのです。

「動物行動学の答えは…そのようなオスはモテるのです」と日本語の構文もおかしいのですが、この文章に彼が「利己的遺伝子」を曲解していることがよく表れています。

この文章だと、メスの個体が主体的に<利己的な遺伝子>様の利益にかなうよう行動していると解釈できるのですが、ドーキンスが聞けば苦笑いするでしょうね。
「利己的な」というメタファーに惑わされ、まるで遺伝子に意志があるかのように誤解している人間の多いこと。

私の能力でできる限り正確に言い換えると、「そういうオスを交尾の相手に選ぶようメスの行動を誘発させる遺伝子が生存・繁殖戦略に成功して、その傾向が種全体に広まり定着するようになった」というだけの話です。

紫藤さんは本当にドーキンスの『利己的な遺伝子』を読んだのでしょうか?(竹内久美子だけはまちがいなく読んでるでしょうが)
他の方々も指摘されているように、私もそれが信じられません。

14 Kosuke :2005/11/03(木) 19:05:01 ID:VtRfsiXA
> wadjaもうっかり踏んでしもうたがな。
そりだけはしないように気をつけませうw

4時間経過。やはり休日はどこかにお出かけか?

15 wadja :2005/11/03(木) 19:56:23 ID:Q8ejtkr.
>>13
>本当にドーキンスの『利己的な遺伝子』を読んだのでしょうか?

読んだのかも知れませんね。理解して無いみたいだけど。

>>14

不注意でスンマソン。

>やはり休日はどこかにお出かけか?

街宣カーで?

16 ゆー :2005/11/03(木) 20:11:51 ID:NTCxkxTA
まぁ、キレイに消してますねw
今度は自分のコメントまで。私に言われたから?

でもwadjaさんだけ残されてるし。えこひいきー。

17 Kosuke :2005/11/03(木) 21:01:10 ID:VtRfsiXA
めでたく削除されますた

18 wadja :2005/11/03(木) 21:13:41 ID:Q8ejtkr.
>>17

おめでとうございます。さて、消さへんってことは回答があるんやろか?
どんな答えが返ってくるかしらん♪ワクワク

19 NATROM :2005/11/03(木) 21:22:40 ID:Z2veARY2
>人気ブログランキングの政治カテゴリで常に10位以内に入っている

上位に入っている理由が、閲覧者が多いためではなく、不正なリンクのためならいいんですが。でも、ムサシ氏の政治的な主張に賛同する人が結構な割合でいそうな気がするんですよねえ。イデオロギーについてはまあそれはご自由にというところですが、私が危惧するに、ムサシ氏のブログ経由で、進化生物学についての誤解が広がるかもしれません。少数の馬鹿がたわごと言っているだけならいいんですが、無視できないだけの人が信じちゃったら、非常にまずいことになりそうです。ムサシ氏のブログを過去にさかのぼって読んでいるんですが、とても面白い(トンデモ的な意味で)のと同時に、なんで誰も突っ込まないのだろうという疑問がわきます。まあ、突っ込み全部消しちゃっただけかもしれませんが。私が右翼だったら、「お前はしゃべるな」と言いますね。

竹内久美子の影響力ってすごいものがあります。だいたい、竹内久美子自身が、「高度なジョーク」って言っているのに、本気にしちゃう人がいるんだもの。ムサシ氏は、山形による竹内批判(#)を読んだはずなのに、まだ竹内久美子を信じているようです。イデオロギーと合致しているから無批判に取り込んじゃうんでしょうか。「嫌韓反フェミ右翼はこんなに馬鹿」を示すためにわざとやっているという可能性をまだ否定しきれていません。まあ実際のところは、自分を理系だと思っている馬鹿右翼なだけなのでしょうが。

細かい点を言えば、いろいろと疑問が。反フェミ右翼は、女性の社会進出が少子化の原因であると考えることが多いと思います。今の少子化対策は、社会に出た女性たちが安心して子を産める環境を整えることに重点が置かれていますので、それに反対するならよくわかります。「このままでは日本は滅びる。昔のように、女性は社会に出ず、家庭を守るべきだ。女性の社会進出を抑えることが少子化対策だ」って感じ。でも、ムサシ氏は、そもそも少子化は自然に解消し、対策はいらないと言います。けっこうユニークです。

優生学について否定的なのも、けっこうびっくり。それはたいへんに結構なことですが、馬鹿右翼で竹内久美子で遺伝的決定論ときたら、普通は優生学まっしぐらですが。竹内久美子は、けっこう優生学的な意見を述べていたりしていたような気がしますが、その辺はスルーしているのでしょう。単に一貫性がないだけなのかもしれませんし、昔の左翼も優生学的であったので左翼の批判材料にしたいだけかもしれません。

#竹内久美子:女のオヤジ by山形浩生 読んでいない人はぜひ読もう。
http://www.post1.com/home/hiyori13/takarajima/takeuchi.html

20 ゆー :2005/11/03(木) 21:58:37 ID:NTCxkxTA
> 「嫌韓反フェミ右翼はこんなに馬鹿」を示すためにわざとやっているという可能性
> をまだ否定しきれていません。

そうか、逆「無防備マン」ですね。挿絵が多用されてるのも共通してるし。
http://muboubi-net.com/manga/

なるほど、そういう作戦だったのか。

ちなみに上位にランクされている人気ブログランキングとは、

http://blog.with2.net/rank1510-0.html

のことです。今も8位ですね。

ところでこのブログにはプロフィールのページがあったようで、今日初めて見ました。

> 「数学的証明が出来ない学問」は完全・絶対なものではありません。
> しかし、現実には”不完全な学問”が、あたかも「絶対的な真実である」かのように
> 行政・マスコミなどに浸透しております。
> 当ブログはこれらの「エセ科学・学問」を検証し、告発するサイトです。

という文章を読んだとき、

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

となってしまったのは言うまでもありませぬ。

21 えめ :2005/11/03(木) 22:10:30 ID:I5CRY.u6
読みましたが…
結局「上下」でしか自分を確認できないんでしょうか。

いや、今に始まった話ではないんでしょうが

22 wadja :2005/11/03(木) 23:28:35 ID:Q8ejtkr.
竹内久美子:女のオヤジ by山形浩生

ここまでぼろくそに言われると、逆に竹内久美子を読みたくなってきた。
まあ、本人に印税を払うのは癪なので、ブックオフへ探しに行こう。

> 「数学的証明が出来ない学問」は完全・絶対なものではありません。
> しかし、現実には”不完全な学問”が、あたかも「絶対的な真実である」かのように
> 行政・マスコミなどに浸透しております。
> 当ブログはこれらの「エセ科学・学問」を検証し、告発するサイトです。

なんだ、NATROMさんの同志か(殴

23 地下に眠るM :2005/11/04(金) 00:40:33 ID:9lSIgQsE
> 「数学的証明が出来ない学問」は完全・絶対なものではありません。

数学ってのは演繹的なガクモンで、「証明」ができるよにゃ。
しかし、自然科学において方程式などを使うのは、あくまで数理モデルにすぎにゃーんだけどね。
換言すれば、文章で記述する変わりに数式で記述しているちゅうことで。

ただ、数理モデルを使うということで、それが数学におけるような無誤謬の真理であると錯覚されてしまいがちなんだろうね。

トンデモは基本的に演繹だから、数学が大好きなんだよにゃ。
数理モデルを使わない自然科学だってあるのにね。

24 wadja :2005/11/04(金) 00:53:37 ID:Q8ejtkr.
どうでも良いのだが、件のブログに泣きが入ってたので、思わず励ましのコメントしてしまったww

25 ゆー :2005/11/04(金) 01:30:04 ID:NTCxkxTA
いやいや、本日も飛ばしていらっしゃいますね。

新たな事実が発覚しましたが、紫藤先生はブログに反対意見のコメントがあった場合、それをいちいちプリントアウトして、さらに資料を突き合わせながら文章を組み立て、3時間もかけて反論のコメントを投稿されているらしいです。

いやはや何とも、涙ぐましい努力で頭が下がるじゃないですか。
(そこまで手間暇かけて書いたコメントがあれかよ等という突っ込みは野暮なのでやめておきましょう)

私のコメントが消された理由は、「再度・何度でも」「”A4で3〜5枚にも及ぶ非常に長いコメント”で、その中で”質問を5・6個もして来る”」からだそうです。

でも >>7 に転載した私のコメントは2度目の投稿で、フォント幅16で行送り30%だとA4用紙1枚の6割程度にしかならないんですが。
それに私は質問を全くしていません。彼の論理の矛盾を指摘しているだけです。

それに私は答えを強要した覚えは全くないんですけどね。
どちらの論理が妥当かは、読む人が決めることです。反論するほどの価値がないと思うなら、放置して反論しなければいいだけです。


ところで数学的証明がお好きな紫藤先生のために、今回のエントリにおける「!」マークの発生回数を調べてみました。

エントリ中の空白文字を除く約3,600文字中、「!」は52個。
実に70文字に1回は「!」マークが出現している計算になります。

横幅半角80文字のエディタで文章を書いている場合、ほぼ2行に1回以上は「!」マークを使っているわけです。使い過ぎじゃないでしょうか?

「!」の多い文章は、頭悪そうに見えますよ。余計なお世話かもしれませんが。

26 NATROM :2005/11/04(金) 09:52:10 ID:yWaDTs1U
短いツッコミだったら、「ちゃんと他の部分を読んだうえで反論してください!」で、長いツッコミだったら、「ブログストーカーだ!返事をする時間などない!」という作戦ですか。しかし、ムサシさんは、涙ぐましい努力を行っているんですね。そりゃ、本質について返事できないものだから、いったいどうやって返事を膨らませるかについて(汐見教授など、無関係な話題を差し挟むなど)考える時間が必要でしょう。「他の部分」についての感想を書いているところなんですが(ムサシさんが要求したんだぜ!)、どうしよう。

あと、こっちで突っ込んでもしょうがないんですが、

>「・・・100年後 日本の人口が ”5000万人台になる” ことが確実になったということです」

ムサシ氏の数学的証明が基本的に正しいと仮定しても、短期的には人口は減少することもあるんだから、100年後に日本の人口が半分になることは否定できないはずなのにねえ。どのくらいの時間で人口が回復するかは、多産系の頻度と程度に依存していますが、どちらも実測した数字ではなく、仮定になっています。単純化のためにわかりやすい数字を仮定するのは別にかまいませんが、それでは定性的な議論はできても、定量的な議論はできません。

27 ほろほろ :2005/11/04(金) 10:21:19 ID:f8NBtPpA
 別のエントリーで、 日本語は、ひらがな51字・カタカナ51字・常用漢字1850字(英字を加えれば更に多くなる)もあります。日本人はこれを縦横に使いこなすことによって感性を豊かにし・文化の多様性と異文化への寛容性を身につけているのです。これが多神教の文化の素晴らしさです。日本の歴史上に独裁者がほとんど現れず 「和の国」 と言われるのはこのためです。」なんて、書いてるので、「中国ははるかに多様な漢字を駆使してるから、寛容で、独裁者も出ないんですね」とコメントして上げたら、消されましたね。

28 Kosuke :2005/11/04(金) 12:39:29 ID:slUZ9X1k
>>22
>ここまでぼろくそに言われると、逆に竹内久美子を読みたくなってきた。

同じく、私も読みたくなってきた。ただ私の場合は逆に「多少はまともな部分もあるんだ!」と感じたからですけど。

> もったいない話ではある。
> 彼女の文は、既存の各種学説の紹介や、あちこちに出てきた論文の紹介に費やされている部分も多い。
> そこの部分は、結構よく書けているからだ。
> (中略)
> 長谷川眞理子の、生真面目で正確で好感は持てるものの、優等生的で面白みに欠ける説明に比べると、
> 多少勇み足のところもあるけれどずっと読ませる。
> 最近彼女は、イェール大学から出ている進化生物学関連のモノグラフの翻訳を始めた。
> これは結構おもしろいシリーズではある

それなりに評価できるところは押さえてあるんですね、山形氏の評論@竹内久美子。
あ、でも最後まで読んだら確かにぼろくそだw。「アレはジョークだ」と逃げたのを「全然笑えねえ」と切って捨てられたらもうOUTですわな。


しかし、この文章に対する紫藤ムサシ氏の評価は良く理解できないなあ。

> 「オジサン女」とか「下ネタばかり」とか・品の無い人格攻撃ばかり

「女のオヤジ」とはあるけど「オジサン女」とは書いていないし、「下ネタばかり」がなぜ人格攻撃になるんだよ?実際彼女の本は下ネタのオンパレードではないか。
おそらく冒頭の「恥ずかしい困ったチャン」を目にして頭に血が上ってしまい、冷静に読むことができなかったのね。つくづく読解力の無いオヤジだなあ。

29 wadja :2005/11/05(土) 01:20:22 ID:Q8ejtkr.
えーとwadjaの記念カキコはお礼まで言われてしまいましたw

どうしよう?本人は真面目なんだろうな。じゃあ真面目に返すか…

30 ゆー :2005/11/05(土) 17:14:09 ID:NTCxkxTA
今日中にwadjaさんのコメントが、過去のものも含めて削除されるに1万ガバス。

31 NATROM :2005/11/05(土) 18:13:36 ID:Z2veARY2
竹内久美子を探し出して読んでみました。まあ、うっすら予想できていたのですが、ムサシ氏は竹内久美子の受け売りそのまんま。「ドーキンスもそう言っている」という部分も、竹内久美子が「ドーキンスもそう言っている」と書いているから、ムサシ氏はそう書いたのでしょう。

「保守」の人たちの中にも、ちゃんと科学をわかっている人もいるでしょうに、誰も何も言ってくれないのでしょうかねえ。こないだの産経新聞のID説よいしょ記事と合わせて、「やっぱり右翼は馬鹿」というイメージが強くなってきました。まあ、右も左も極端なところにいる人はみな馬鹿ですが。


>今日中にwadjaさんのコメントが、過去のものも含めて削除されるに1万ガバス。

いくらなんでも、あと一二度は会話してから、過去のものも含めて削除されるでしょう。やっぱり削除されるのかよ。

32 ゆー :2005/11/05(土) 22:11:42 ID:NTCxkxTA
今度は岸田秀ですか。
「本能」などという言葉を用いるのは、科学的思考にとっては敗北に等しいと思うんですが。

課程が全く共有できないのに、行き着くところが人権擁護法案反対、教育勅語復活希望と私の立場とほぼ同じなのは甚だ不思議です。
意見が同じなのに、読んでいてここまでイラつかされる文章はめずらしいですね。

33 ゆー :2005/11/05(土) 22:26:48 ID:NTCxkxTA
そういえば、出生数が遺伝子で決まると主張している人が、人間の本能が壊れているなどと言うのは明らかな矛盾なんですが、この2つが両立してしまうところが紫藤先生の懐の深さなのでしょう。

いや、この矛盾を説明してもわからない人間に話は通じませんって。
いわゆる「バカの壁」ってやつですね。

34 NATROM :2005/11/07(月) 15:02:08 ID:yWaDTs1U
えめさんのコメント消されたよね?

35 wadja :2005/11/07(月) 22:40:48 ID:Q8ejtkr.
なんか、消されへんことに罪悪感を感じて来た(笑
でも言っちゃお。

ゆーさんはずれ!

36 ゆー :2005/11/08(火) 02:11:56 ID:NTCxkxTA
> ゆーさんはずれ!

えめさんが消されて、wadjaさんが消されないその基準は何?w
このスレのコテハンで、IP制限がかけられてないのはもうwadjaさんだけです。
我々に残された最後の希望(?)ですので、がんばってください。

37 NATROM :2005/11/08(火) 08:43:27 ID:yWaDTs1U
wadjaさんもそのうち消されるよ。ククク。

38 えめ :2005/11/08(火) 11:43:14 ID:0Xb9PRPI
あっ本当だ、消されてる。うーむ。
と言うか書き垂れだけだったんで後を見てなかった。
角川にお世話になっている方のブログに集英社のキャラを持ち出したのがまずかったと思われ
いや、単にハナシが馬鹿馬鹿しすぎたからですが。スカスカだったもの、中身が。
 wadjaさん、がんばって下さい

ただ彼女のアイデア(いや、「アイデア」としてもそれを補強する証拠が無いどころか、正反対の証拠なら山ほどある。…やっぱ妄想だよなぁ)を「人類の ”直立二足歩行への移行” の【仮説】」として捉えてるなら「?」ですね。

 …しかし…
>「我々の祖先は森林という比較的安全な場所…(中略)…彼らは肉食獣に対し、より大きな威圧感を与え、有利に闘えた」
アウストラロピテクスに頑丈型と華奢型がいたのはラオウとケンシロウなんだな、多分。

                  …こういう発想が止められんのだ…

39 wadja :2005/11/08(火) 21:15:56 ID:Q8ejtkr.
>>37

消される自信(?)が無い。多分鋭く突っ込んだげたら、直ちに消してくれるんやろうな…。へたれの証明。
せやけど他の人も突っ込み始めてるような気もする。

40 ゆー :2005/11/08(火) 22:33:32 ID:NTCxkxTA
紫藤先生が作れとおっしゃる「家族を尊重する法律」って、どんな法律なんでしょうか。
母親のことを「クソババア」と言ったら1万円以下の罰金とか、子どもに体罰を加えたら書類送検とかですかね。

なんか紫藤先生のお嫌いな人権擁護法案推進派の目指す社会と、そう変わらない気がするんですが。

それはそうと、今日も「!」多いですね。他の読者はウザくないんでしょうか。

41 NATROM :2005/11/09(水) 09:19:57 ID:yWaDTs1U
私には、あのカラフルな色取りがウザイ。

42 えめ :2005/11/09(水) 11:52:39 ID:0Xb9PRPI
>40
一端気になるとウザクなるものです。
1.漫画の『筋肉マン』で劇中に登場するアナウンサーの「ああーっと!」と言う表現
2.アニメ『カードキャプターサクラ』で主人公が発する「ほえー」の奇声。
どちらも勘定するとイラついて来ます。

43 EzoWolf :2005/11/09(水) 12:30:19 ID:C1sx2pes
小心者の私は版権キャラを堂々と使っているほうが気になる。
著作権についてどう考えているのか(あるいは考えていないのか)

44 ゆん :2005/11/09(水) 21:10:54 ID:ZuqQuBeU
あつ〜いお茶が一杯ウザイ。

45 wadja :2005/11/09(水) 21:46:42 ID:Q8ejtkr.
>>43

ケロロ軍曹のこと?やとしたら、テンプレなんで問題はないみたい。
他には特にキャラクターおらへんよね?

意味無く微妙にフォントサイズや行間が変わるんもうざいなー。
まあ、書いてる内容が一番うざいけど。wadjaは右翼嫌い。

関係あらへんけど…

満員電車で7人がけの席にゆったりと6人で座ってるおまえら!
うざいよ。

失礼しました。

46 ゆー :2005/11/09(水) 23:18:58 ID:NTCxkxTA
>>41
同系色や補色でまとめるなど考えたこともないようなあの脈絡のない多色使いの文字が、書き手の精神状態を暗示しているようでステキですね。

>>44
「饅頭怖い」っすか。

47 ゆー :2005/11/09(水) 23:23:51 ID:NTCxkxTA
■静岡女子高生・母親毒殺未遂:戦後教育の歪み
> 話は変わりますが、動物は特別の場合を除いて基本的に同種の間では殺し合いは
> しません!残念ながら、平気でやるのは人間だけです。

あらら、この人チンパンジーやライオンの子殺しをご存じないようで。
この一見不条理に見える行動こそ、「利己的遺伝子」の真骨頂なんですが。

やっぱりドーキンス読んでねーよ。

48 wadja :2005/11/10(木) 00:22:35 ID:Q8ejtkr.
件のブログ、新しいエントリーが入っとるね。ついに壊れたみたい。

「科学一神教」ですと。まちがいなくドーキンスは理解して無いな。
ブログのタイトル変えるべきやな。

49 EzoWolf :2005/11/10(木) 01:39:47 ID:Y1yvnm4w
>ケロロ軍曹のこと?やとしたら、テンプレなんで問題はないみたい。
>他には特にキャラクターおらへんよね?

これは私の誤解だったですね。
それにしても派手派手の画面は疲れ目のオジサンには辛い。

50 ゆー :2005/11/10(木) 03:41:34 ID:NTCxkxTA
>>47
私は紫藤さんが『利己的な遺伝子』を理解していないというより、読んでいないのではないかと何度か言いましたが、その証拠となる文章を引用しておきます。

■静岡女子高生・母親毒殺未遂:戦後教育の歪み
> 話は変わりますが、動物は特別の場合を除いて基本的に同種の間では殺し合いは
> しません!残念ながら、平気でやるのは人間だけです。

リチャード・ドーキンス著『利己的な遺伝子』
「8 世代間の争い(p215)」
| 兄弟殺しをうながす遺伝子は、兄弟殺しをする当の個体の体の中には一〇〇%の確率で
| 存在するが、彼の犠牲となる個体の体の中には五〇%の確率でしか存在しない。兄弟
| 殺しをうながす遺伝子が遺伝子プールの中に拡がりうる理由は、ここにあるのである。

「9 雄と雌の争い(p235)」
| 実際自然淘汰は、新しい妻をめとった直後、継子の可能性のある子どもをすべて殺して
| しまうような手を打つ雄に有利に働きうるのである。
 (中略)
| 群れに雄ライオンが新たに加わると、彼はそこにいる子どもをすべて殺してしまうこと
| があるという。

明らかに読んでないのが丸わかりですね。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20051107
でもNATROMさんが、紫藤さんは自分の推薦している『社会生物学の勝利』を読んでいないのではないかと言われていますが、彼は自分の推薦書も引用文献も絶対まともに読んでいないはずです。

『利己的な遺伝子』もせいぜい、竹内久美子を読んでいて気になったからとりあえず買ってきたけど全部読むのがめんどくさいので、目次と序文と後書きだけ読んだだけってくらいのものでしょう。

私はIP制限されていてあそこに書き込めないので、どなたかこのソースを提示してきてもらえませんか?

51 カクレクマノミ :2005/11/10(木) 19:00:16 ID:sRWdPLGc
ムサシ氏は多分、適当な本に適当に目を通して、
その中からイデオロギーにあう(ように見える)記述を拾い出してるだけでしょう。
「利己的な遺伝子」を読んだのかもしれませんが、イデオロギーに合わない部分は読みとばしたんでしょうね。
自分のイデオロギーに合わない科学は「間違った科学」なんでしょう。

52 NATROM :2005/11/11(金) 09:08:13 ID:yWaDTs1U
ムサシ先生は、「思想が科学の前にあることの危険!」を言っておいでです。さすが先生です。

http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/02/post_1.html

53 ゆー :2005/11/11(金) 20:52:58 ID:NTCxkxTA
> http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/02/post_1.html

…これはまた破壊力の高い文章ですね。

ほとんどが竹内久美子の受け売りなんでしょうが、最近の竹内久美子はここまで逝っちゃってるんですか? 『そんなバカな!』しか読んだことないもので。
さすがにここまで書いてあるのなら、「あれはジョーク」と本人が言ったというのも納得できるんですが、紫藤先生ったら全部真に受けちゃってますよ。

> 「種内競争」(同一種で殺しあうこと)は、最近の研究でいくつも見つかっており
> ます(悲惨な例で言えば<子殺し>)

あれ? 紫藤先生、子殺しのこと知ってるんじゃないですか。
この文章の日付は2月ですが、もう自分が書いたこと忘れちゃったんでしょうか?

早すぎるよ先生。

54 NATROM :2005/11/11(金) 23:10:16 ID:Z2veARY2
ムサシ先生のブログを一通り読んで、真に受けている人も(自作自演でなければ)それなりにいるようで、なんらかのツッコミが必要と思います。ただ、どういう方法がいいのかわからないので、こういうの書いてみました。

http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/guide/guide.html

趣味悪いかもしれません。そもそも、これを読んで笑えるような人なら、突っ込みは必要ないか。でも、まじめなスタイルで突っ込むのは精神力が持ちません。

55 ゆん :2005/11/12(土) 00:50:19 ID:ZuqQuBeU
読みました。
感動しました(笑)

相対性理論の下りなど、涙無くしては読めません。
アインシュタインも草葉の陰で頭を抱えているんだろうなあ。

56 wadja :2005/11/12(土) 01:01:09 ID:Q8ejtkr.
>>54

秀逸!結構笑わしてもらいました。おかげで、子供に馬鹿にされてしもた。
おおきに。

でも、これ読む前に真面目に突っ込んできてしもうた。残念!!!!!

57 カクレクマノミ :2005/11/12(土) 01:36:37 ID:VLawpje.
さすがはNATROMさんですね。すばらしい。
いちいち真面目に突っ込んでたらノイローゼになりそうですし、ネタにしちゃうしかないでしょう、これは。

58 名無しさん :2005/11/12(土) 01:44:50 ID:TLDfpcHI
>先生の言葉は光であるのです。

もやもやした苛立ちがふっとぶ、素晴らしいオチでした。
正直件のブログを読んで腹立たしい気持ちでいっぱいだったのですが、気分よく眠れそうです。ありがとうございました。

59 ゆー :2005/11/12(土) 05:55:15 ID:NTCxkxTA
> http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/guide/guide.html

[進化論と創造論のトップページに戻る]のとこがデッドリンクになってます。

「相対性理論で政治を読む」はそれなりに笑えたんですが、「はじめに」のあたりとかは正直言って2ちゃんふうに言うと「空気読めてないな」というのが正直な感想です。
理系の本ばかりではなく、近現代史についての本もその1割くらいは読まれていれば、NATROMさんほどの知的レベルの方ならこのような文章にはならなかったと思うんですけどね、個人的には。

たとえば「嫌韓」についてはどういう経緯があるのか、ウィキペディアなどは右左の編集合戦の末に落ち着いた文章なので、イデオロギーによる偏りも少なく理解の助けになるんじゃないかと思いますが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%8C%E9%9F%93

興味があればこの本↓を読むことをおすすめします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884710665

あなたのおっしゃる「右翼」が考えていることが、手に取るようにわかると思いますよ。

60 Kosuke :2005/11/12(土) 06:22:07 ID:sHpKdU6c
通報しますたw
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/11/post_d8a8.html

61 地下に眠るM :2005/11/12(土) 07:25:22 ID:B8tT7j8M
民族派アナキストの熊にゃんこだよ。

>>59
チミの勧めてくれた本は、僕には典型的にバカウヨのタワゴトとしか思えにゃー。
一応、近現代史にはそれなりに興味があって情報を収集しているつもりにゃんが。

愛国者は好きにゃんがね。北一輝とか田中正造とか。



進化心理学を持ちだすと
家族・血族に「忠誠心」を持ちやすいようにニンゲンはチューニングされているだろうという推測は成り立つにゃんな。
そして、国家あるいは民族とは擬制血族だよ。「国父」と呼ばれることは、政治の指導者においては最高の栄誉にゃんね。
で、近隣の他部族・他の血族とはなかなか仲良くすることはできにゃーのさ。猿の群れは大抵そうね。

猿にないニンゲンの知恵として、血族同士の規模が小さければ、婚姻(♀の交換)によって和平を保つこともできるにゃんが、国家規模・民族規模ではそれも現実的ではにゃーしな。
経済交流という交換のあり方では、♀の交換ほど感情的な紐帯をもつことが難しいのではにゃーだろうか。

で、一般則として「隣同士の国は仲が悪い」といえる。これは、みどくつ、という人が唱えた説にゃんが、なかなか説得力があると思うにゃ。
日本と韓国、タイとミャンマー、ドイツとフランスなどなどは罵り合いの歴史にゃんからねえ。
隣国を嫌うのはある意味当然だにゃ。

それとチミ、アドルノのF尺度って知ってる?
ユダヤ人嫌い、女性差別、個人主義嫌悪、国家主義、などの主義とファシズム的性格との間には強い相関関係が見られるという、社会心理学における古典的研究だにゃ。
日本においては、ユダヤ人嫌いは韓国朝鮮人嫌いにあたるにゃんな。韓国朝鮮人嫌いと、女性差別、個人主義嫌悪、国家主義などとは日本でも見事にリンクしていると思えにゃーかね?
なとろむ も件の文の冒頭で述べていることにゃんがな

62 地下に眠るM :2005/11/12(土) 08:18:59 ID:B8tT7j8M
どうも眠れにゃーな、珍しい。

仏教における「空」という概念は、relativity と英訳されているらしい。妙訳といっていいと思うにゃ。
かの大先生における、theory of relativity は「空(カラっぽ)の理論」みたいにゃんが

63 ゆー :2005/11/12(土) 08:43:52 ID:NTCxkxTA
> そう、あらゆるものが相対的である中で唯一の例外が、先生の主張なのです。
> 先生の言葉は光であるのです。

いや、紫藤先生の存在そのものが光だということに、私は今日気づきました。

> ブライアン サイクス: イヴの七人の娘たち
> 人類は20年前・アフリカの一女性”イヴ”に行き着くという!遺伝子学を解明しな
> がら、人類愛の証明に至る名作! (★★★★★)

紫藤先生は光であらせられるが故に、彼の尺度では人類の歴史はたったの20年程度にしか過ぎないようです。
相対性理論を、自らの身でもって証明されているわけですね。さすが先生です。

64 wadja :2005/11/12(土) 10:49:11 ID:Q8ejtkr.
先生のブログの、

11/9フランス非常事態:ソドムの子等よ・神の声を聞け!

に、

>最近・日本でも増えている「科学絶対主義・科学という名の宗教」の類(たぐい)と言ってもいいでしょう!多様な見方を認めず・一つの価値基準ですべてを断罪するやり方です。私のブログのコメントにもこの手の「一神教信者」が最近・増えています。

なんてのがあったから、「そんな批難に値するようなコメント書いた人いたっけ?科学は価値観与えるとはおもってないよ。コメント削除されたNATROMさんやKosukeさんやゆーさんやえめさんだって、そのへんは知ってる人たちだからひどい誤解だ」的なこと書いたら、即効削除されてしもた。やっぱNATROMさんの名前は霊験あらたかやね。

65 NATROM :2005/11/12(土) 12:01:40 ID:yWaDTs1U
ゆーさん、本の紹介ありがとうございます。どれが信頼できる本やらわからない状況ですが、まあ読んでみないとわからないので、機会があったら読んでみます。ウィキの「嫌韓」については既読ですが、まあいろんな経緯があるにせよ、一部の馬鹿がいることは確かですよね。馬鹿は馬鹿を呼ぶべきだと思います。なにより、馬鹿と思想を共通してもっている人こそ、「馬鹿は一部だけなのだ。ああいう馬鹿とは違うのだ。一緒にされては迷惑だ」と大きな声で主張するべきです。ムサシ先生は、あちこちのブログにトラックバックを送っていますが、保守系ブロガーで彼を批判する人はいなかったんですかね。それとも、なかったことにされているのかな?

私がムサシ先生に辛らつなのは、彼がドーキンスや社会生物学を持ち出しているからなのです。ムサシ先生のせいで進化生物学が誤解されることになりかねませんので、私は声を大にして言います。「ああいう馬鹿とは違うのだ。一緒にされては迷惑だ」。

66 ゆー :2005/11/12(土) 17:31:40 ID:NTCxkxTA
> なにより、馬鹿と思想を共通してもっている人こそ、「馬鹿は一部だけなのだ。ああ
> いう馬鹿とは違うのだ。一緒にされては迷惑だ」と大きな声で主張するべきです。ムサシ
> 先生は、あちこちのブログにトラックバックを送っていますが、保守系ブロガーで彼
> を批判する人はいなかったんですかね。

保守系というか反「反日」系ブロガーは、連日供給されるネタの消化に忙しくて、そんなものに関わってるヒマはないのでしょう。
NATROMさんとこのブログのテーマは「トンデモ科学の糾弾」のようなので、紫藤先生のブログを槍玉に挙げるのは本懐かもしれませんが。

紫藤先生は、自分のとこのブログを有名にするために、あちこちの有名反「反日」系ブログにコメントやトラックバックを連日のように送り続けるという涙ぐましい努力をされていたようですが、その割にはあまりリンクをしてもらってないようですし、彼らからさほど興味を持ってもらえなかったようです。

まああのサイケデリックな文字色に太文字や「!」がこれでもかと多用されているようなブログには、普通の感性を持った人はあまりお近づきになりたくないと思いますけどね。
有名ブロガーほど、無用な争いを避けるためにその傾向は強いんじゃないでしょうか。

67 ゆー :2005/11/12(土) 18:49:50 ID:NTCxkxTA
紫藤先生、今回が軍歌礼賛で次が徴兵制賛成ですか?
いやもう、NATROMさんの「保守系のイメージ低下をねらったジサクジエン説」が冗談に感じられなくなってきたんですが。

あらかじめ断っておきますが、ほとんどの保守系論客は徴兵制反対です。
軍備のハイテク化が進む中、兵員が一人前の戦力になるまでに要する訓練期間は短くても4年と言われており、1〜2年程度で入れ替わる徴兵要員は訓練費の無駄遣いであり実戦でも足手まといにしかなりません。

それでも人口の少ない国では、志願兵だけでは足りないので仕方なく徴兵制を敷く意味はあるのですが、日本ではその必要もありません。
さらに人海戦術が有効なのは陸戦のみであり、国土の四方を海に囲まれているが故に海空兵力が主体の日本の自衛隊で、兵員増加が即座に防衛力の増強に結びつくことはありません。

68 のづち :2005/11/15(火) 12:09:10 ID:yNoMNtCY
『「理系保守」ブログをウォッチングするためのガイド』、
爆笑しつつ拝読しました。

>進化論、生物学、ゲームの理論、法律論ぐらいまではわかりますが、
>量子論や相対性理論や宇宙論って、一体そんなもんでどうやって
>政治・社会を読み解くんでしょうか。
>先生の幅広い知識が垣間見えます。

いやいやいや、ゆめゆめムサシ先生の知性を侮ってはなりません。
先生は当然ドーキンスの著作に精通した上であの様なブログを
パロディーとして執筆されているのです。
量子論云々についてもドーキンスの記述を意識した上でわざと
書いておられるのです。

量子心理学、量子責任、量子道徳、量子美学、量子不死、
量子神学はいうまでもなく、「量子治療」についての本を
何冊でも買うことができる。
私はまだ、量子フェミニズム、量子財務管理、あるいは
アフロ量子学の本をみつけていないが、時間の問題だろう。
   (「悪魔に仕える牧師」P.259)

他にもドーキンスは同書p.92で一部のフェミニストが
物理学を政治のためにねじまげようとする嘆かわしい
風潮について痛烈に批判しています。
おそらくは熱烈なフェミニストであるムサシ先生は
この部分を読んで心を痛められ、この様な馬鹿げた
混同を行うのはフェミニストだけではないと示そうと
して「政治と科学を混同する保守」を演じてみせられ
たのです。

・・・多分。

69 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2005/11/15(火) 22:16:49 ID:F222qk0k
>>68
戯れに「量子心理学」でググってみましたら、こんなウェブがヒットしました。

日本量子医学研究会 第1回研究会雑誌
http://homepage2.nifty.com/qmr/body601.html

事実は冗談よりも奇なり・・・・・か。

70 :2005/11/20(日) 09:11:01 ID:ubzxeDv6
はじめまして、おじゃまします。

行きがかり上とはいえ、科学の誤用に対しきちんと反論して
情報を提示されているNATROMさんには頭が下がります。

#ムサシさんはしつけの足りないわがまま放題の子供を体現してますねえ…

71 素人 :2005/11/20(日) 14:45:12 ID:xCUEBXI.
はじめまして。

ムサシさんの書いた「平和主義が戦争を招く・数学的証明」に「原爆投下や空襲も平和の為には
仕方がなかったのですね」という旨のコメントをしたところ、削除されてしまいました。

彼の言説に従ったつもりでしたが・・・

72 wadja :2005/11/20(日) 15:29:04 ID:Q8ejtkr.
>>71
ご苦労様でした。wadjaも3時25分に

"今現在の世界において非武装中立が現実的だとは思わんけどさ、結論に至る過程で嘘があると馬鹿にされるだけだよ。

合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)とは、「各経済主体が自分にとって利益を最大化する行動が、マクロ経済にとっては利益を減少させる結果になる」ことを指すので、「各国が(自国のみの)平和を願っても世界平和につながらない」という証明には仕えるかもしれない。でもそれを、

>各人が平和を願っても、却ってそれが戦争を引き起こすことがあるのです!

とは、ちと騙しが入っていて寒いよ(イヤー本当に暖冬とは言え寒くなりましたな)。

理論はもう少し理解してから使いましょう。"

と投稿してきました。さて、どれくらい放置してくれるかな?

73 NATROM :2005/11/20(日) 21:57:11 ID:Z2veARY2
今見に行ったけど、影も形も残っていないやん、君たちの投稿。

74 wadja :2005/11/20(日) 23:02:12 ID:Q8ejtkr.
>>73

ほんまや。今日は家に居たらしいw

75 地下に眠るM :2005/11/21(月) 02:25:39 ID:B8tT7j8M
ピンポンダッシュすとーきんぐ が流行っているのかにゃー?

それにしても、『「理系保守」ブログをウォッチングするためのガイド』を読んで、やっぱり なとろむ はヒデエ奴だとの思いを新たにしたにゃ。
現在、我が家では
「タカ派だから」
「ゼロサムゲームだから」
が流行語になっているにゃ。

「チミ、なんで僕がとっといたビール飲んじゃうんだよ」
「タカ派ですから(ゼロサムゲームですから)」
などという用法ね。

76 NATROM :2005/11/21(月) 09:53:50 ID:yWaDTs1U
>なとろむ はヒデエ奴

はっはっは。タカ派ですから。

77 あき :2005/11/21(月) 13:57:23 ID:INsZkxoY
>なとろむ はヒデエ奴

きっと白衣の裏側は真っ黒だ。

78 wadja :2005/11/21(月) 23:23:32 ID:Q8ejtkr.
>>75

>ピンポンダッシュすとーきんぐ が流行っているのかにゃー?

ふん!猫の分際では理解できまい。あれはムサシ先生への親愛の情を
込めたコメントなのだ。今日もちゃんとムサシ先生の役に立つように

“エントリーとは関係ありませんが、先
生のお薦めのリンクの中に、

http://blog.shinki-kaitaku21.com/

が紛れ込んでいます。

こんなことや、
http://www.shinki-kaitaku21.com/deliheal.htm

こんなことが
http://www.shinki-kaitaku21.com/0bank.htm

書いてあるページで、多分ムサシ先生
には相応しくないページなのではと心
配しております。多分忙しさに紛れて、
誤ってリンクされたのだと思いますが、
早めに削除すべきでは無いでしょうか?”

と投稿してきたもん。

79 tema :2005/11/22(火) 07:37:07 ID:y83NeSeY
>「チミ、なんで僕がとっといたビール飲んじゃうんだよ」
>「タカ派ですから(ゼロサムゲームですから)」

 今、猫女房さんはビール呑めないハズです。つまり上記は
猫女房さん「あなた! なんで私がとっといたハーゲンダッツ食べちゃうんですか」
地下に眠るMさん「タ…タカ派だからにゃ」
であると想像。

なんてヒドイのでしょう…

80 地下に眠るM :2005/11/22(火) 10:40:51 ID:mNTf8TUA
クロネコだもーん。
クロネコのタンゴを踊るタカ派だもーん。
相手の嫌がることをするんだもーん。

81 コジロー :2005/11/25(金) 02:21:51 ID:SAtgwdLg
 はじめまして
 ムサシ先生には、「美しい日本」の時代に、私のblogにトラックバックを頂きまして、
それ以来、愛読しています。
 たまに、ムサシ先生を悩ますようなコメントをしましたが、今は反省しています。

 今日、こちらのまとめサイトを発見しましたが、同好の方がいて嬉しくなって、ご挨拶まで。

82 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2005/11/28(月) 19:43:23 ID:F222qk0k
件のblog、5日ばかり更新していませんね。
紫藤氏、何かあったのでしょうか!?!?

83 コジロー :2005/11/29(火) 05:03:51 ID:aezZm0MA
22日の記事も、「理系」っぽくないし、!も少ないし。先生は体調でも悪くされたのでしょうか。

84 Kosuke :2005/11/29(火) 11:39:52 ID:slUZ9X1k
ゴーストライターか?

85 たんぽぽ :2005/12/02(金) 10:14:50 ID:UF3ikZEM
んん? 飽きてきちゃったの...?

わたしのメル友に教えてあげたら、
文章もおもしろくて、つい笑ってしまった、って言っていて、
好評だったんだけど...

86 コジロー :2005/12/02(金) 22:24:41 ID:QsdeyO1U
 神懸かり馬鹿を戯画化して批評するという先生の真意を理解できる読者が現れて安心されてしまったのでしょうか。
でも、理解はできても、先生のような批評活動はできないので、先生にはもっと活躍していただきたいのですが。
 先生が戯画化されて皮肉った「皇位継承Y染色体説」を、今頃、勉強する国会議員も現れたようですし、ここで気を抜かないでほしものです。

87 ミケ :2005/12/04(日) 14:55:02 ID:zcGeqzE6
Y染色体云々で皇位継承の話って、なんか皇族の人たちかわいそうですよね。
ショウジョウバエとか大腸菌のstrain作りみたいな目で見られてるわけか。
「天皇にジンケンはない」って言ってた中学時代の友達をなぜか思い出しました。

振り変わって中身の話。神武天皇の時代からY染色体が途切れることなく続いてきたから途切れさせちゃマズイんだって。
ま、ミケは人類発祥以来途切れることなく受け継がれてきたY染色体を持ってるんだけどね。

88 wadja :2005/12/04(日) 22:38:13 ID:Q8ejtkr.
>神武天皇の時代からY染色体が途切れることなく続いてきたから…

本気でいってる奴は馬鹿ではないか?百歩譲って神武天皇のY染色体が価値
あるんやとしても、人間の父親はどれが自分の子である確信なんかもたれ
へんのは常識やろと、一辺お前ら大和和紀の「あさきゆめみし」でも読ま
んかいと、小一時間(ry

心より柴藤先生のご容態を心配しております。

89 コジロー :2005/12/05(月) 03:37:16 ID:UZG2gQVE
先生が休んでるもんだから、代わりに立花大先生が、神武天皇Y染色体説のナナメ上を行く、アマテラス・ミトコンドリア説なんて、出してきたようです。

90 NATROM :2005/12/05(月) 08:53:45 ID:yWaDTs1U
>先生が休んでるもんだから、代わりに立花大先生が、神武天皇Y染色体説のナナメ上を行く、アマテラス・ミトコンドリア説なんて、出してきたようです。

馬鹿どもがミトコンドリアを持ち出してくることなど、ムサシ先生はお見通しですよ。


> 「敬宮・愛子さま」は、「天皇家の”ミトコンドリアDNA”を全く受け継いでおりません」から、 ”皇位を継ぐ資格” はありません! ”愛子さま”の受け継いでいる ”ミトコンドリアDNA” は「小和田家」のものです。 厳密に言えば”小和田家のもの”ですらありません!小和田雅子さんの母方から由来のものです。
http://houkoku.air-nifty.com/busi/2005/05/post_bf0a.html


この理屈で言えば、愛子さまに弟ができたとしても、「天皇家の”ミトコンドリアDNA”を全く受け継いでおりません」から、 ”皇位を継ぐ資格” はないわけですよ。ムサシ先生は実は、天皇制存続に反対であることがわかりました。

91 たまごどん :2005/12/05(月) 09:48:48 ID:RHmjo13Q
ムサシ先生の主張はこういうことじゃないピョンかな?
(1)男系にはY染色体が父親から息子へ、女系にはミトコンドリアDNAが母親から娘へ完全にコピーされる。
(2)そのどちらを選ぶのかは自由である。しかし一旦選んだ以上は、その系を押し通すしかない。
(3)天皇家は125代男系で貫いたのであるから、いまさら女系に切り替えるなど言語道断だ!

たまごどんが天皇家の男系系譜に価値を認める人間なら、正室の雅子では子供の望みが薄いから、側室を早急に用意するけんどね。まごまごしてると皇太子だって枯れちゃうかもしれないし。

92 NATROM :2005/12/05(月) 10:10:10 ID:yWaDTs1U
真面目にムサシ先生に突っ込むとしたら、

>そのどちらを選ぶのかは自由である。しかし一旦選んだ以上は、その系を押し通すしかない。

ってところでしょうね。


hechikoさんがブログを書きはじめたんで紹介しておきます。環境問題がメインですが、
今回の天皇制をめぐる議論についても書いてあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/hechiko/archive/2005/11/30

93 コジロー :2005/12/05(月) 22:01:11 ID:BEzJowC2
先生の新作が出ないので、こういうことを書きそうだ、というのを作ってみました。
結論のヒトツ前は、以前の先生の主張とは違いますが、先生は一貫性を重視されてないので
お許し下さい。

・DNA鑑定が確立するまでは、妊娠・出産を伴う母子関係の方が、父子関係よりも確実性が高かった!
・従って、天皇妃を出した一族にとっては、天皇家に男子を入れるより、女子を入れる方が、天皇家に遺伝子を残すことが確実であった!
・つまり、男系継承の方が、その時代の有力な一族にとって、遺伝子の継承が確実であった!
・また、天皇家も。時の有力な一族の遺伝子を取り込むことで、天皇家の遺伝子の継承を確実にすることができた!
・近年、天皇家には女子しか誕生していない。これは、父子関係の鑑定も可能になったという環境変化に対応したもので、女子を通じて有力な一族の支援を受けるよりも、有力な個人の遺伝子を受け入れる方が、より確実に、遺伝子の継承が可能だからであり、現実の社会では、女性より男性の方が権力を持っているという環境に対応している!
・男系・女系ということではなく、遺伝子の継承の視点で、女系に転換すべきだ!
・硬直した左翼と違い、環境変化に柔軟に対応できるのが保守である!
・従って、この記事が気に入った人はクリックを!

94 RYU_TI_SYU ◆R9HFpK4NlY :2005/12/06(火) 00:11:32 ID:IbIu9cGs
>たまごどんが天皇家の男系系譜に価値を認める人間なら、正室の雅子では子供の望みが薄いから、側室を早急に用意するけんどね。まごまごしてると皇太子だって枯れちゃうかもしれないし。

確かに一夫一婦制で男系相続ってのは無理があるよな。
旧宮家を復活させても結局は時間の問題じゃろうし…

でも、メカケを何人も持っている人間を「日本国のシンボルじゃ!!」って言うのもなんかトホホじゃな。

95 fukken :2005/12/06(火) 00:55:50 ID:OcljhR2.
お久しぶりでございます。(と言って、通じる人がいるとも思えないけど)


ムサシ先生ネタでなくて恐縮ですが、

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=bf7a1a6bfj2bdoc0a4r8a1beza47a4dea47a4ga4a6&sid=1835217&mid=5866

↑これを見てちょっと調べたら、もっと面白いものが見つかりましたのでご報告を。

http://www016.upp.so-net.ne.jp/neo-imanishi/pagesYB/YBhyoshi.html

96 カクレクマノミ :2005/12/06(火) 20:33:10 ID:Ajh.7u/2
新今西ですか。本を立ち読みしたことがありますが、よくあるトンデモですね。
Amazonに変なコメント書きまくっているので、見つけ次第「参考になりましたか?いいえ」をクリックしましょう(笑)

97 カクレクマノミ :2005/12/06(火) 20:59:22 ID:Ajh.7u/2
よく見たらテンポー師がいる(笑)
類は友を呼ぶ?

98 NATROM :2005/12/06(火) 22:20:15 ID:Z2veARY2
ナトルム氏て私のことかい。

99 名無しさん :2005/12/06(火) 23:05:22 ID:bjCC0NP6
>>95
デザインのセンスがイカス。下の空白もいい味だしてる。

100 えめ :2005/12/06(火) 23:34:07 ID:ys1CHZdA
>デザインのセンスがイカス。下の空白もいい味だしてる。
ステキ♪ ミロの世界…(スミマセンよく知りません)
空白は可能性の示唆 遥かなる空白それは遥かなる未来

デザインは……試練だな
耐えろと、いや色々と
……まぁ給料とか色々と

101 創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2005/12/06(火) 23:40:45 ID:bjCC0NP6
名前忘れてた

102 fukken :2005/12/06(火) 23:42:28 ID:OcljhR2.
>ナトルム氏て私のことかい。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1835217&tid=bf7a1a6bfj2bdoc0a4r8a1beza47a4dea47a4ga4a6&sid=1835217&mid=1307

無下に扱われた復讐に違いない!

103 tema :2005/12/07(水) 06:51:55 ID:60LotIpM
ナトルム氏って、ちょっと美味しそうな響きです。

104 Kosuke :2005/12/07(水) 08:31:51 ID:slUZ9X1k
内容以前に、配色のセンスに目が眩む。

105 ナトルム :2005/12/07(水) 08:46:25 ID:yWaDTs1U
韓国料理にありそうだな。例:ナトルムビビンバ。
しかし、トンデモさんのサイトって、パッと見ただけで、「ああこれはどうやら
くさいな」ってのがわかりますよねえ。なんでかなあ。

106 Kosuke :2005/12/07(水) 12:41:58 ID:slUZ9X1k
> 下の空白もいい味だしてる。

何か隠されているのかと、ず〜っとドラッグしちまったい!

107 ミケ :2005/12/07(水) 13:04:08 ID:zcGeqzE6
登場時からウォッチしてたけど、ミケはこのヒトを相手にしたくないなぁ。コトバが通じる気がしない。

「目次」という部分をクリックすると、Yahoo!掲示板で交わされた会話がそのまま転載されているページに飛ぶことができます。
読んでいけば分かりますが(読みきれるものならね)、Temporal さんなど彼に比べればかわいいものだと思う。

108 地下に眠るM :2005/12/08(木) 15:41:48 ID:mNTf8TUA
ま、ね。
あのサヨナラとテンポーでは、抱えている「ものがたり」の大きさが違うとはいえるよにゃ。
テンポくんの場合は、個人の勝ち負けだけだから、
かえって負けを認めていることが読めてきちゃうんだよにゃ。

サヨナラくんはね、大きなものを抱えてそのために戦っていらっしゃるからにゃ・・・・
第二の さいとうさん も大物だよにゃー

109 tema :2005/12/09(金) 07:08:23 ID:0VBRD7Lw
>(前略)読んでいけば分かりますが(読みきれるものならね)(後略)

 1ページ目で挫折しました。

110 NORTON3rd :2005/12/09(金) 22:23:21 ID:qjNMF1lI
>107
>登場時からウォッチしてたけど、ミケはこのヒトを相手にしたくないなぁ


ここでサヨナラさんの相手を勤めたリリスさんやエルフィナさん、くりぼうさんの進化論に対する意見はオーソドックスなもの(くりぼうさんは多少変化球が入ってますけど)ですが、その忍耐力はとても常人のものではありません。
リリスさんはテンポ氏と6ヶ月以上に渡って延々と”科学とは何か”についてレス交換をやっていましたし、くりぼうさんにいたってはうだうださんと腹を立てずにつきあえるという稀有な才能の持ち主です。
少なくとも↓この方のように、直ぐに”馬鹿”を連発してタコ殴りをお見舞いするような忍耐力のなさではとても、とても・・・・

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=bf7a1a6bfj2bdoc0a4r8a1beza47a4dea47a4ga4a6&sid=1835217&mid=1336

111 NATROM :2005/12/10(土) 10:17:02 ID:yWaDTs1U
だって馬鹿だもんなあ。根気よく相手して考え方を変えてくれるのなら
ともかく。エルフィナさんその他の忍耐力に対する返事が、あのサイト
だよ。

112 RYU_TI_SYU ◆R9HFpK4NlY :2005/12/12(月) 21:34:40 ID:qeBEDhyk
>>108

>第二の さいとうさん も大物だよにゃー

さいとう殿のスーパーヘテロダイン受信機は感度最高じゃな。
キヨシローが歌ってしまいそうじゃ。

113 忍耐力のない30台にゃんこ :2005/12/13(火) 00:18:22 ID:FF58NAPw
僕は小心者なので、「非」馬鹿を馬鹿にして逆襲されて痛い目にあいたくはにゃーのだ。
だから、ちゃーんと確信を得てから馬鹿にするようにしているのだにゃ。

昔の やふには馬鹿を装った賢者がウロウロしていてそこかしこにトラップを張っていてびくびくもんだったけど(特に哲カテ)、いたずら心のある賢者はだいぶいなくなり、馬鹿と非馬鹿が明瞭になってきたあたりは面白みが少なくなったと感じていますにゃ。

114 忍耐力はなくても地下で眠るM :2005/12/13(火) 00:20:41 ID:FF58NAPw
>>112
ちゅうかさ、あの人マジに妄想はいってにゃーか?
相手をしてはならにゃータイプではにゃーかと愚考するにゃ。

115 たまごどん :2005/12/13(火) 07:03:21 ID:Gt4TIkP6
>>114
地下猫ピョンに一票なのら。あの人結婚してて子供も4人いるみたいだピョン。
そっとしておくのがいいと思うんだピョン。

116 NATROM :2005/12/13(火) 09:04:24 ID:yWaDTs1U
それはそうと全然関係ない話なんだけど、こういう話もあるんですね。

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0863.html

117 たまごどん :2005/12/13(火) 10:46:49 ID:RHmjo13Q
>>116
うん、症状はそういうことなんだろけんど、これを掲示板という場で、本人に告知すべきなのかちゅうことなんだあ。

118 たまごちゃん (^-^)ノ :2005/12/13(火) 16:08:01 ID:Sb3mx4pQ
彼女はお坊さんとかマリアちゃんと同種のにおいがするよね。
安易にレスをしてはいけない相手だと思う。

119 wadja@Causeway Bay :2005/12/16(金) 22:14:29 ID:ZTYLErBw
>>116
全然関係無い?
>>118
確かに安易なレスは避けるべきやと思うわ。
せやけど、まだ該当するのは病的な関係付けくらいのようなきもするから、症状としてはかるいんやろか?
せやったら、真摯なアドバイスは届くかも知れんんね。議論の相手することは、んーあんましやろね。

120 :2005/12/18(日) 20:23:03 ID:ubzxeDv6
竹内久美子の著作は記憶にある限りでは読んだことがなかったのですが、
最近たまたま歯医者で週刊文春(多分)を読んでいて目にしました。
透視について熱弁をふるっていましたよorz
ろくな結果が出ていない東大の「気」の研究も有望そうに紹介するし…

シュテュムプケ流の高度なジョークだかなんだか、この人は年中4月1日なんでしょうね。

121 えめ :2005/12/18(日) 20:51:30 ID:Te3R/h62
”シュテュムプケ流の高度なジョーク”
この表現もジョークなんだろうと、そう
シュテュムプケ流の高度なジョークなんだろうと

だから決して「シュテュムプケに謝れ!」とは言いませんが
何か脱力はしますわな

122 コジロー :2005/12/24(土) 17:41:09 ID:vqBzP9Es
ムサシ先生、一時閉鎖ですって。
激励してきました。

123 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2005/12/24(土) 23:29:50 ID:qtRo7bL6
SAPIO立ち読みしたら櫻井よしこ氏が女系天皇に反対してる文章が載ってたんだけど、
さすがにY染色体を持ち出したりはしてなかったな。
女系に反対するには例外なく男系が続いてきたというだけで十分なのだろう。
わざわざ科学をつまみ食いする必要はないのだ。
少なくとも僕が右翼ならそう主張する。

124 地下に眠るM :2005/12/25(日) 11:17:40 ID:6MdQmT6E
社会学的には、男系・女系ではなく、父系・母系という用語を使うんだよにゃ。

母系社会から父系社会への転換は人類史的な大事件だったといわれていますにゃ。
なにせ、妊娠に関する初歩的な医学知識がなければ父系社会は存在できにゃーわけで
初期の人類社会は母系社会であったと一般的に考えられていますからにゃー。
(※母権社会は存在しなかったと今は言われている)

件のテンノーの話では、こうした話題をもっとも相対化する視点をもつ
人類学者・社会学者たちに発言の機会が与えられていにゃーこと自体がおもちろいにゃ。

125 たんぽぽ :2005/12/25(日) 17:41:01 ID:UF3ikZEM
おもむろに...
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/misc/rikei-conserv.html

>>123
Y染色体がどうとか言い出したのは、どうも八木秀次らしい。
(自分たちの信念に、科学的な理由があるように思えて、
気分がいいんでしょうね...)

>>124
人類学や社会学の人たちは、自分から話題に入っていかないような...?
(しょせんは現代のイデオロギー、自分たちの畑に関係することだとは、
思っていないのかもしれないです。)

126 RYU_TI_SYU ◆R9HFpK4NlY :2005/12/25(日) 22:33:00 ID:5WEUFjAY
つーか、なんか天皇一家はかわいそうじゃ。

あの一家がないと統合できないような国家じゃったらそんな国家さっさとつぶれてしまえと思う今日この頃・・・

127 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2005/12/26(月) 00:21:34 ID:oJraPAdU
国家って目的じゃなくて手段だよね……

128 Kosuke :2005/12/26(月) 10:33:44 ID:slUZ9X1k
>>126
>なんか天皇一家はかわいそうじゃ。
禿同
やんごとなき方々の基本的人権は一体どうなっておるのデスカ?

129 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2005/12/26(月) 23:00:04 ID:B.0V2fXg
>>125
>(自分たちの信念に、科学的な理由があるように思えて、
>気分がいいんでしょうね...)
創造科学に通じるものがあるな

>>128
憲法の民主主義も基本的人権も皇室は適応の範囲外というのが一般的な解釈らしい

130 wadja :2005/12/26(月) 23:55:26 ID:Q8ejtkr.
>>126
考えてみれば、皇室の人々には選挙権も被選挙権もあらへん。
基本的人権を侵害された(放棄した?)人々な訳やな。

うーん。なんて非人道的な制度なんやろ。なんで人権擁護団体は
皇室の廃止を訴えへんのや?人権擁護団体が駄目やったら、動物
愛護団体はどやねん?これほどの精神的虐待も無いやろに。


…なんて。そのうちバカ紆余に刺されそうやw

131 RYU_TI_SYU ◆R9HFpK4NlY :2005/12/27(火) 00:12:41 ID:5WEUFjAY
皇太子が一言

「俺は、サンデーサイレンスか!!」

といえば良いんじゃ。

132 Kosuke :2005/12/27(火) 05:21:55 ID:sHpKdU6c
個人的かつ余計なお世話な心配なんですが…。
秋篠宮の二人のお嬢さんは今、多感な時期にさしかかっているわけですが、テレビデお見かけする限り、あまり幸せそうに見えないのは私の偏見かしらん。

133 wadja :2005/12/27(火) 21:02:01 ID:Q8ejtkr.
皇室の女性方の苦労は並大抵のものやないとおもう。
作り笑いで一日中過ごすの一つとっても、拷問に等し
いと思う。

笑いの健康に対する効果は良く聞くけど、作り笑いの
精神へのネガティブな効果なんて、誰か調べてへんの
やろか?少なくとも表情筋には悪い影響がありそう。

134 Kosuke :2005/12/28(水) 05:10:51 ID:sHpKdU6c
作り笑いは自己防御機構が働いた結果でしょうから、
その結果多少とも精神の安定が図られているのでしょう。
作り笑いすらできなくなったら相当ヤバイ。

かの家のお譲様おふた方は、作り笑いの修行中ということかな。
成長過程の子どもにとっては、なかなか辛いものがありそうです。

135 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2005/12/30(金) 18:44:19 ID:F222qk0k
民主党参院議員の藤末健三氏が竹内久美子氏を好意的に持ち上げていましたよ。藤末氏には以前に技術経営のことで講義を聞いた経験があるのですが、その藤末氏にしてこれでは・・・・・ orz

http://www.fujisue.net/archives/2005/12/post_1031.html

136 NATROM :2005/12/31(土) 11:58:10 ID:yWaDTs1U
ふじすえ健三先生、どっかで聞いた事あるなあと思ったら、

>幼児の死亡率が高いのは、「当直医が若いこと」が問題だ

>アメリカの医者の収入は、全体平均の2−3倍だったところが、日本の医者の収入は、平均の3−4倍だったのをよく覚えています。これだけ医療費が赤字なのに、医者優遇は変わらないではまずいと考えています。

http://www.fujisue.net/archives/2005/05/post_512.html

とか言って突っ込まれておりました。

でもまあ、平均的な日本人(議員だって専門外の分野の知識は普通の日本人とそう変わらないだろ)て、こんなもんじゃないんでしょうか。私も専門外の分野ではきっと、とんでもない思い違いをしているに違いないのだ。

137 たんぽぽ :2006/01/06(金) 03:42:28 ID:UF3ikZEM
インパクト弱いけど、こんなのを見つけたよ。
「人間の進化過程がよくわかる」だとさ。
(「話を聞かない男、地図を読めない女」の読者かな...?)

http://blog.goo.ne.jp/assassin2/e/e5b2919811b6e371266130c6a79ee192
http://blog.goo.ne.jp/assassin2/e/081fa622bf3aeb9b73c8d2ebefb3f017
========
例えば、空間能力や運動能力は男性が優れ、知的能力や言語能力、
成功回避動機は女性が優れていると言われる。
空間能力と運動能力が優れているからこそ男は狩りに出て、
知的能力や言語能力が優れているからこそ女は男が不在の家を
しっかり支えるという図式は自然と成り立ったものであり、
人間の進化過程がよくわかる。
========

138 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2006/02/02(木) 22:35:31 ID:/jZyILPs
報道ステーションで女系天皇の説明にY染色体持ち出してたよorz

139 RYU_TI_SYU ◆R9HFpK4NlY :2006/02/10(金) 23:57:29 ID:IAiluDcc
おいおい、紀子女史が妊娠したとたん議論終了か?

たとえ、今度の子供が男でもジリ貧なのはかわらんのじゃがな。

今国会中に成立させろとは言わんが議論の必要はあるんじゃなかろうか?

140 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2006/02/11(土) 06:36:39 ID:.VrR4rvA
これで女の子が生まれたら祭りだなw
Y染色体を持った精子の方が軽いから男の子が生まれる確率の方が若干高いらしいが。

141 tema :2006/02/11(土) 09:33:47 ID:SJ2hWWBk
>Y染色体を持った精子の方が軽いから男の子が生まれる確率の方が若干高いらしいが。

 temaも長らくそのように考えてましたが、ワインオフ会の際「それは違う」と生突っ込みを貰ってしまいました。
 その際、男の子が生まれる確率が高い理由も聞いたハズですが、すっかりと忘れてしまいました。理由を調べてみたところ、こんなページを見つけました。

>精子は酸性に強く、寿命が2〜3日。Y精子はアルカリ性に強く、寿命は24時間とそれぞれ異なった特徴を持っています。(中略)つまり腟内環境によってX、Y精子に有利な状態が変わるのです。
ttp://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/umiwake/1/index.html
 これって、正しいのでしょうか? それともトンデモなのでしょうか?

142 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2006/02/11(土) 18:15:32 ID:.Rt8Vejs
>>141
ガセビアだったんですね。

143 RYU_TI_SYU@にせ緒川たまき ◆R9HFpK4NlY :2006/02/11(土) 21:30:01 ID:IAiluDcc
>>142

ウソつき

144 たんぽぽ :2006/02/11(土) 23:04:03 ID:UF3ikZEM
一般的には、男の子の産まれる確率が、すこしだけ高いと思いました。
>>140>>141 のような理由かどうかは、知らないけど。)
♂は生物学的に弱いので、それを埋め合わせるためですが。

でも王族は、女児のほうが多いように思うんだけど、
(血統を守るために、近親婚があったりするので、
もともと弱いY染色体が、さらに弱くなっている...?)
単にそういう印象が、わたしにあるだけかな...?

145 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2006/02/12(日) 00:21:25 ID:BvrUWRjc
>>143
どんなシチュエーションなんだろうw

>>144
昭和天皇はなかなか男の子が生まれなかったため側室を持つよう薦められたと言う話があります。
皇室に女の子ばかり生まれるのも偶然ではなくて何らかの生物学的理由があるのでしょうか。

ところで男の子の産まれる確率が高いのは男性にとって由々しき事態なのですがw

146 tema :2006/02/12(日) 08:55:38 ID:EC/Wer/k
>どんなシチュエーションなんだろうw

 temaの場合、ワインオフの最中でしたので、ワインと料理を楽しみながら、ひよこさんに
優しく言われました。
・・うそです。ごめんなさい。

 先に挙げたページでは、男女を産み分ける方法について示していましたが、なんぼなんでもこれはトンデモだと思うのです。
 でも「皇族に女の子が多いのは、このような産み分け法を実施しているからだ」と友人に言われました。結構、正しいと思ってる人は多いようです。

147 たんぽぽ :2006/02/12(日) 18:59:07 ID:UF3ikZEM
同じようなのとして、研究者の子は娘が多い、というのがありますね。
日ごろから、薬品を触ったり、電磁波を浴びたりするので、
Y染色体が弱くなる、ということだけど...
(これも、ちゃんと調べたわけじゃない。)

>>145
♂は、5%くらい多くなってます。

そういえば、小学校のころとか、たいていのクラスは
男子のほうが、多くなかったですか...?
あれは偶然ではなく、生物学的に必然みたいですね。

148 たまごちゃん (^-^)ノ :2006/02/12(日) 19:53:53 ID:AkXcjnh2
>「皇族に女の子が多いのは、このような産み分け法を実施しているからだ」と友人に言われました。

どうせ産み分け方を実施するなら男を生む方法を実施しろよ>皇室

よく、女性が逝った後で出したら妊娠しやすい&男の子が生まれやすいっていいますよね?
(精子(特にY精子)は酸性に弱いから)
どうせガセビアだろうけど。
あと、放射線技師には男の子が生まれにくいっていうのもよく聞きます。

149 tema :2006/02/12(日) 20:21:27 ID:EC/Wer/k
>>147
 小中学校の時は、それでも半々くらいでした。
 高校の時に女性は半減し、大学に至っては1/10になってました。
 これは偶然なのでしょうか、それとも生物学的に必然なのでしょうか?

>>148
 友人によれば、自分の子供を辛い目に遭わせたくないために、女の子を産むよう努力していた、とのことです。
 それだったら、子作りしなきゃ良いのに・・・

150 wadja :2006/02/13(月) 22:28:14 ID:slBph4mg
>同じようなのとして、研究者の子は娘が多い、というのがありますね。

金融機関のディーリングルームにも似たような都市伝説がありましたね。CRTモニターから出るガンマ線が原因やとか。今は殆ど液晶モニターやから自然消滅した気がするけど。

>よく、女性が逝った後で出したら妊娠しやすい&男の子が生まれやすいっていいますよね?

これ、ここは18禁…やないけど。しかし、おやぢギャグマンセーのwadjaは聞いたことないぞ?

151 wadja :2006/02/13(月) 22:29:11 ID:slBph4mg
>同じようなのとして、研究者の子は娘が多い、というのがありますね。

金融機関のディーリングルームにも似たような都市伝説がありましたね。CRTモニターから出るガンマ線が原因やとか。今は殆ど液晶モニターやから自然消滅した気がするけど。

>よく、女性が逝った後で出したら妊娠しやすい&男の子が生まれやすいっていいますよね?

これ、ここは18禁…やないけど。しかし、おやぢギャグマンセーのwadjaは聞いたことないぞ?

152 EzoWolf :2006/02/14(火) 21:43:36 ID:C1sx2pes
>よく、女性が逝った後で出したら妊娠しやすい&男の子が生まれやすいっていいますよね?

だから新婚の時は女の子が生まれやすく、上手になると男の子が生まれやすくなる。
だから一姫二太郎というもっともらしい説を聞いたことがあります。多分アヤシイ。

でも女性が逝った後だと子宮が収縮して精子を卵巣に送り込むので妊娠しやすくなるというのはほんとらしい。


話し変わって、そもそも神武天皇は天照大神からY染色体もミトコンドリアも
受け継いでいないんだよな。

153 wadja :2006/02/16(木) 23:56:33 ID:Q8ejtkr.
>>152
>でも女性が逝った後だと子宮が収縮して精子を卵巣に送り込むので妊娠しやすくなるというのはほんとらしい。

ソースキボンヌ

154 たまごちゃん (^-^)ノ :2006/02/17(金) 02:03:29 ID:lzhuPLm6
>だから新婚の時は女の子が生まれやすく、上手になると男の子が生まれやすくなる。

私がきいた事があるのは「だから、レイプの時は妊娠しやすく男の子が生まれやすい。
レイプ魔遺伝子を持った息子を持つことは孫の数を増やす事に繋がるので女にとって適応的。」
って筋でしたな。大いに怪しい(w
ってか、女ってレイプの方が逝きやすいのか…orz

155 EzoWolf :2006/02/17(金) 10:28:57 ID:C1sx2pes
>私がきいた事があるのは「だから、レイプの時は妊娠しやすく男の子が生まれやすい。
>レイプ魔遺伝子を持った息子を持つことは孫の数を増やす事に繋がるので女にとって適応的。」
>って筋でしたな。大いに怪しい(w
>ってか、女ってレイプの方が逝きやすいのか…orz


子育てに協力する可能性の薄い男性の子を妊娠するのは明らかに適応的でないと思われ。
そもそもレイプの時の妊娠率なんて統計があるのか。


>ソースキボンヌ

すまん、忘れた。「子宮 エクスタシー」で検索するとそれらしい記事はひっかかるのだが、
サイトの信頼性がいまいち。

156 たまごちゃん (^-^)ノ :2006/03/12(日) 00:21:58 ID:B1f7UB02
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/baby.html?d=11gendainet05016698&cat=30&typ=t

こんなんみつけた

157 wadja :2006/03/12(日) 19:03:39 ID:vhAcJKts
>>156

なんちゅうもん見つけてくんねんな。
うちは女の子二人…下手だったのかorz

158 谷庵 :2006/03/13(月) 16:08:29 ID:y3Q6O.sk
>うちは女の子二人…下手だったのかorz

ンダ、ンダ。
オラとこは男4人だで、勝っただな。

159 PDX. :2006/03/14(火) 23:17:48 ID:pka8fp/Q
 一姫二太郎という言葉も、最初の子供を作るときよりもテクニックが向上してとかそういう解釈も可能かw

160 えめ :2006/03/15(水) 14:10:50 ID:sEy6wpZM
我が家は男三人兄弟だったが
あの親父が”悪魔の下半身”で”テクニシャン”だったとは…
人は見かけに

 いやいや
ウチの場合、週一ペースでしか会えない漁師だったからジャねーかなぁ
そういやオカンて親父がいる時は結構”女”だったもんなぁ。

161 カマンベール :2006/03/18(土) 10:04:44 ID:Z2veARY2
>週一ペースでしか会えない漁師だったから

落語のネタで、漁港のある「御前崎」や「枕崎」という地名は、帰ってきた漁師が「めしでも風呂でもなく○○○が先」といったからついた、というのがありました。あれは新作かしら??

162 Kosuke :2006/03/19(日) 16:43:00 ID:bfL1FEYU
それは初めて聞いたけど(だから恐らく新作)、なかなかええネタだすな。

163 おずおず :2006/03/19(日) 20:20:14 ID:AYpI3tDI
ボクの場合、枕崎に一票。
くたびれきったおっさんとしては、
メシも風呂もお前もいらん。誰にも邪魔されずひたすら眠りたい・・・(T_T)
(残業という荒海から帰るたびに思うこと...。)

164 まこ :2006/03/19(日) 21:13:40 ID:xrD.5BT2
お邪魔します。
私は、御前崎に一票。
くたびれたおっさんですが、新婚なので。

165 Kosuke :2006/03/21(火) 05:51:09 ID:bfL1FEYU
「枕崎」だって、必ずしも「眠りたい」ではなく、「お前と寝たい」という意味になるのら。

166 :2006/04/23(日) 22:35:32 ID:u4WQrkOQ
1ヶ月も経過したスレに書き込むのもあれですが・・・
我が故郷広島には「風呂崎神社」というのがあります。
やはり神に仕える身、帰ってきても風呂が先なんでしょう。

167 <削除> :<削除>
<削除>

168 tema :2006/05/03(水) 22:55:10 ID:19kKgp8w
「風呂崎神社」だって、「身を清めたい」ではなく、「お前と一緒に(以下略)

169 たんぽぽ :2006/06/03(土) 06:32:25 ID:kgRuMeSo
「理系保守」のコーナー、いつのまにか、新しいコンテンツが増えてる。
(いまごろ、こんなことを言うのも、なんだけど。)

170 NATROM :2006/06/03(土) 22:05:48 ID:yWaDTs1U
よく見てますねえ。実を言うと、ずいぶん早くから完成していて、アップロードすらずいぶん前に済んでいたんだけど、リンクさせていなかったのです。今回、ついでに修正したのです。

それにしても、ムサシ先生、戻ってくるのでしょうか。ときどき、検索して探しているのですが。いまや「紫藤ムサシ」でGoogleトップは私のページ。

171 たんぽぽ :2006/06/04(日) 01:26:53 ID:kgRuMeSo
>>170
わたしのサイトは、グーグルで2番目...では、残念ながら、ない。

ムサシくん、リニューアルしたら、親しい人たちにだけ、
メールで教えます、なんて、言っていたけど...
(もし、やっているとしたら、ミクシーでこっそり、かも...)

172 たんぽぽ :2006/08/20(日) 16:42:01 ID:kgRuMeSo
紫藤ムサシくん、埼玉県和光市(あるいは、その近く)に、
お住まいであることが、判明しました。
http://ameblo.jp/takeyan/entry-10005246998.html#cbox
|近くに住んで居りますので、またお会いできる機会があると思います。
[紫藤ムサシ (2005-10-19 02:57:12)]

もとのエントリがすでにないので、確認できないけれど、
おそらく、ムサシくんは、小室直樹氏(?)も好きみたいです。

|コメントありがとうございます
|小室さん、私も好きですよ。
[takeyan (2005-10-19 08:55:46)]

173 tema :2006/08/20(日) 18:03:26 ID:08vuqJEM
>>172
いやそんな、お住まいが判明されても…
新たなurlが判明されるまで、そっとしておいた方が良いと思います。

174 たんぽぽ :2006/08/21(月) 00:55:34 ID:kgRuMeSo
そして、黒川さんは、埼玉県朝霞市。
ムサシくんのお近くに、お住まいなのね...
http://kurokawashigeru.air-nifty.com/about.html

(いや、こんなことがわかったから、なんだということもないんだけど。)

175 EzoWolf :2006/08/26(土) 14:02:51 ID:2HGbs9Ws

舞鶴市に続いて江別市でも市立病院の内科医7人が全員辞職するそうです。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&j=0098


すぐ隣の市でこういうことが起きるとは。



#医療の話題のスレッドを作ったほうがいいかもしれない。

176 えめ :2006/09/02(土) 17:15:06 ID:H.KiMhvI
トピズレご容赦
>自然科学といわれたものが唯物論を信じることのできた時代は物理学者の間ではおよそ200年で終わり、生物学者の間ではまだ100年にしかならないが、すでにそれも終わろうとしています。科学史を勉強すればよくわかりますよ。マルクスエンゲルスの唯物弁証法なんて30年前まではおおはやりでしたが、いまでは誰も信じていないでしょう。

これって「ニューサイエンス」の事ですよね。
何か、こう…引っかかる所があって図書館から手に入れた(邪な手法ではないっす、年に数回、蔵書の一部を希望者にくれるのです。ホントです)本を調べたらドンピシャっぽいのがありました。
「ニューサイエンス 科学と神秘主義」新日本出版社編集部[編]
と言ってもこれはニューサイエンス(もしくはニュー・エイジ・サイエンスあるいはニュー・ウエイブ・サイエンス)に対する様々な批判を寄せ集めた本なんですが、発行年は1987年。これ何かね…彼の発言内容に引っかかるんですわ。

同書 非科学への”死”のダイビング” -ニューサイエンス論の内包する思想的特質- 北村実より抜粋 

************************抜粋始め***********************
この「ニューサイエンス」運動の草分けの一人で、いま名実ともに旗手とされているのが『タオ自然学』(原題 Tha Tao of Physics,1975)と『ターニング・ポイント』(一九八二年)の著作で知られるフリッチョフ・カプラである。
彼は現在カリフォルニア大学バークレー校ローレンス・バークレー研究所に在籍する高エネルギー物理学者である…《中略》…カプラは一九七五年の『タオ自然学』で素粒子論で一般に取り入れられている「クォーク理論」を「要素主義」としてしりぞけ、「ブーツストラップ理論」の内に近代の要素還元主義を乗り越える新パラダイムを見いだしたと主張して注目を集めた。…《後略》
***********************抜粋終わり********************
ニューサイエンスは現代の科学を始め西洋的価値観は一方的な唯物論への肩入れから行き詰まり、様々な問題を抱えている。として観念論へのシフトを促しています。科学が唯物に過ぎるとの主張はニューサイエンスの主張そのままです。

又、ニューサイエンスは世界の基底に霊(スピリチュアルな)を否定しないと言うか、存在を強く示唆しているようです。

177 えめ :2006/09/02(土) 17:16:00 ID:H.KiMhvI
          続き
『ニューエイジ科学運動とは何か』 藤井陽一郎 「宇宙の根底に霊と言う概念が」(52P) より抜粋
(ここで著者は参考文献としてボームと哲学者ルネ・ウェーバーとの対話が大部分を占める書籍『空想しての世界』をあげ、その内容を記述、批評する形でボームの持つ世界認識が披露されている)
************************抜粋始め***********************
 さて還元主義の現代の科学では真の存在が把握されないとすれば、ボームはそれをどうやって記述しようとするのか。
この際、ボームの考え方の前提となるのは「量子力学と相対性理論によって機械論的秩序の誤り」が示されたとともに「別の世界の必要性が示された」とする視点であり、この「今ひとつの秩序」は「内蔵された秩序」と言われる。内蔵された秩序というのは、これに対する物質世界の秩序である「表出された秩序」を巻き込んでいるのであり、内蔵された秩序を巻きもどすことによって、表出された秩序が出現するのである。内蔵された秩序は現実の基底であって、全体運動(ホロムーブメント)の状態にあるとされる。…《中略》(ここでボームの説く世界認識がプラトンの洞窟の比喩と比較され、ボームの認識論はネオプラトニズムとして規定される観念論だと対話者であるルネ・ウェーバーに評価されている)…
以上のごとく、あくまでも合理的思考は実在を示し得ないのであるが、それでは何が内蔵された秩序の世界を人々に示すのか。ボームによれば、それは「能動的な叡智」である。そして思考を含む意識は実は物質的でありながら物質を超える何かから抽象されてくるのであり、この何かの広大な領域は霊(スピリット)といわれる。霊は「根本的にはそれ自身は顕示化しないが顕示化するものを動かすもの」であり、物質を超えて物質を創造するもの、と考えられている。…《後略》
***********************抜粋終わり*******************
世界の基底部分に霊的存在を仮定するなら、やがてその先達とも言える創造科学に真理の片割れを見つけ、科学として高所より批評するのももむべなるかな。(いやむべじゃねーよな)

創造論に傾倒しながら自分は宗教ではなく、あくまでも科学としての立場で発言している。とか
相手を認識論に引き込もうとしていたり、生物学よりも量子力学について理解が深いと考えていたり
マルクスエンゲルスの唯物弁証法なんて30年前まで、と自信満々の発言があったり。
(おや?ニューサイエンスが産まれたのは1960〜70年代だ。)


 物理学者に疎い自分もニューエイジ・サイエンスの生物学部門での旗手があのライアル・ワトソンであると紹介されて「あー」と思いました。「あー」です。嗚呼ではないです。
 彼の著作は文庫で二冊持っており、それは生物学の立場から書かれた本としては一番生活に役立っています。
机の上にある板に傾斜をつけるのに丁度いい厚みなんですよ。

 蛇足ですが、小松左京の小説「さよならジュピター」にもニューサイエンスの学者達が研究の場を与えられているシーンがあったんですが、瞑想で直感的に万物を知る、だったかな。読んでいて妙に印象深かった。そういや当時のSF作家で影響を受けた人も多かったんじゃないかな。
因みにニューサイエンスの批判本はちょっとって言うか、まぁかなり赤っぽい本でございます。

178 568 :2006/09/09(土) 02:27:04 ID:xkJ6s0KU
的確な解説で初心者の私でも理解することができ大変楽しめたのですが
言葉遣いが些か気になります。

179 えめ :2006/09/13(水) 14:29:21 ID:7Sh/D6yw
えー、広い意味での生物進化学の誤用と言う事で W

金魚レスを続けている内にふと思いついたんですが
飼育下に於ける家畜の形質変化の固定、言ってしまえば品種の形成プロセスは
生物とミームの共進化現象とは言えませんかね。

金魚のバリエーションを考えると、ある種の鮒には独特の体色や大きな鰭などが自然状態で存在していた。
(生物としての前適応に当たりますな)
人間も好奇心から、珍奇な物、珍しい生物を望む性向があるが、発祥地の中国に於いて赤は縁起のいい色とされ、
文字が違っても(異語)でも発音が同じなら(同音)縁起のいい響きを喜ぶ文化が既に存在した。
 これは文化・ミームの側の前適応。
赤い体色を持つフナ(生物)と文化(ミーム)が出会い、互いに共進化が始まった。

 金魚はその体色(赤・朱)や名前の響きから(金魚はチンユイと発音され、中国では金が余る事を 《金 食余》=チンユイと言う)文化として取り入れられ、文化としての淘汰を受けた。とまあここまでは普通なんですが、品種形成に当たってのプロセスを、生物学的な変異がミームの側にも影響を与え、それが又生物に対する淘汰圧の変化を促すと考えたなら、これは人間を仲立ちとした生き物とミームの共進化とはいえまいか。と考えた訳です。

始めは曖昧なで単純な金魚観、(淡水の魚類で通常とは違う黄から赤の体色を持つ物、一部赤味が着いたものからアルビノまでが含まれたらしい)から特定の魚→飼育された主に緋色のフナを指す言葉に変化する。

生物の側のランダムな変異、例えば出目性や体型の変化が金魚観と言うミームに新たな複雑さを与える元に成る。変異がミームの側に受け入れられると(出目金は「竜晴」と呼ばれ、やはり縁起が良いそうな)。形質に対する新たな(人為)淘汰が起き、その形質は性淘汰のように生物的な折り合いをつけた部分で完成し一定化する。これが品種。

 金魚ミームが広まっていくと飼育法や様々な意匠(デザイン)が産まれ、それが又、選択圧となって金魚の側の些細な変化への感性となって淘汰圧に予め変更を加える事もあるだろうし(理想の金魚を目指す、とか)、更にはミームの影響力が増すと、遺伝に頼らない変異をも作り出すことにも成る。(名古屋の天然記念物である地金は鱗の配色に外科的手法を用いる場合があるそうで)

ミームは世代を超えて遺伝する。絶滅した、と思われていた品種が愛好家の手によって”復活”することもある。
イセハナフサと呼ばれる金魚は明治の中ごろには滅んでしまったと言われるが、現在品種は存在している。
経緯は不明だが、実際に個体としての品種が滅んだ後復活したなら、ミームはこの時点で生物の個体も跳躍してしまうのだなと。
(復活の手法としては日本の金魚の系統は複雑なので、イセハナフサの特徴を残した金魚を掛け合わせ、より文献に近い子を選別していったのではないか?)

逆に、品種と言うミームは完成と言う限界を持つ。生物は完成しないがミームとしての品種は完成形を持っている。
品種の範囲に入らない形質の金魚は駄金となって淘汰の対象に成る。尤も奇妙な形質でも受け入れられた場合、新たな品種は新たなミームと成る場合もあるが。 

 生物界に於いて共生関係は少なからずお互いの進化を促すのですが、人間と家畜の関係にはそれが見られない。
ならば変わりに何が変わるのだろうと考えていたらミームの共進化という発想が浮かびました。
実はミームについては良く解ってません W これから図書館へ行ってくる予定です。

ラマルキズムのレスをグダグダしてる内に妙な発想が出来て暫く面白かった。

 親の小言となすびの花は千に一つも無駄がない、て奴ですかね。

180 名無しさん :2006/12/22(金) 04:06:21 ID:I0gy2MwE
突然ですいません。
私は馬鹿右翼でも馬鹿左翼でもないですが
皆さんどうしてそこまで必至になれるのですか。
何か意味のあることなのですか?

181 NATROM :2006/12/22(金) 11:56:29 ID:AFwGC3x2
楽しんでいる人はいますが、必死になっている人はあまりいないと思います。意味があるとしたら、1.楽しむこと、2.馬鹿右翼の妄言に騙される人が減るかもしれないこと、でしょうか。

182 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2006/12/24(日) 19:35:01 ID:AZJp.Cpc
神武天皇のY染色体にしろ創造科学にしろ、根拠に科学を恣意的に引用する人って、
科学に頼らなければならないほど貧弱な思想や信仰しか持ち合わせていないのでしょうかね。

183 WOR WARST DU ADAM :2006/12/25(月) 00:56:42 ID:UVN0tQyY
「ミトコンドリアのイブ」のメーセッージは、人類は皆兄弟姉妹と言う暖かいメッセージを受家取りましょう。

ミトコンドリアが何か、y染色体が何か知らない人は、そして減数分裂の意味が分からない人は、もう一度勉強してから投稿しましょう。

分かっていても、きわめて生物学的のみにしかとらえられない人は、ハイデッガーでも読みましょう。難しければ「いしいひさいち」画伯の作品でも読んで出直しましょう。

 私達が生命体してなぜ生きているかは全く分かりません。宇宙の本質的な神秘に触れたくない人はそれはそれでいいのですから。
私もそうですが、あなたという生命体も所詮は、化学のレベルで言えば、原子・分子の化学反応に過ぎず、量子力学の範囲に入れば、もはや生命体とは何であるかは皆目健闘もつかず、せいぜい言えるのは電気反応ではないかという素人考えが、まあ分かりやすいのではないかという程度。

 科学を遠ざけてはいけない。特に1980年代以降、分子生物学が急速に発達して以降、宇宙と生命の本質に急速に近づいた。

竹内久美子さんは、言い方は悪いけど堂でもいいんですよ。彼女はそう言うことが分かっている人の中で、きわめて文章力にたけ、一般人にもかなり、「さわりくらいは分かるように」かける文才の持ち主だったと言うだけです。天才だと思いますが。

まあ、人間も蜂や蟻と一緒でしかないと言うのは事実であるし、いわゆる「女王蜂」ももしかしたら、例えばその地域の権力者がそうなのかも知れないという、単純な話でしかない。


生命体とは何か。と言えば、子孫を作るためだけに存在しているに過ぎないと言うことだけは認識したほうがいいと思うよ、私は。

184 えめ :2006/12/25(月) 01:05:09 ID:btsR02m6
>生命体とは何か。と言えば、子孫を作るためだけに存在しているに過ぎないと言うことだけは認識したほうがいいと思うよ、私は。
あなたがそう考えるのは多分誰も止めないから。がんばって子作りに勤しんでください

185 NATROM :2006/12/25(月) 12:32:05 ID:AFwGC3x2
>ミトコンドリアが何か、y染色体が何か知らない人は、そして減数分裂の意味が分からない人は、もう一度勉強してから投稿しましょう。

そんなこと言わないで。WOR WARST DU ADAMさんのような人だって投稿していいですよ。

186 NATROM :2006/12/28(木) 12:25:15 ID:AFwGC3x2
これ、ムサシ先生だよね。

Empire of the Sun太陽の帝国
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/

187 wadja :2006/12/28(木) 22:56:04 ID:vhAcJKts
>これ、ムサシ先生だよね。

違うような気がします。
根拠は、絵が以前とあまりに違うという点ですけど。
(文章はあんまり読む気にならんw)

188 NATROM :2006/12/29(金) 00:19:12 ID:Z2veARY2
ゆっくり読んでみた。


>相対性理論:時間を絶対的に捉えられる人や見方というのはこの世には無い!その人の立場によって異なる・・・時間の相対性
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/post_113e.html


> 「社会生物学」 とは、
> ”人間(の脳)は <真っ白い石版> のように、何も書かれていない状態で生まれてくるのではなく、 各人の好み・行動様式は(遺伝子的に)予め定まっている”
> という前提に立つ学問のことだ。
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/post_e8b7.html


>外交の基本はタカ派外交だ!
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/08/post_779f.html


> 「少子化」という”ウソ”がまことしやかにマスコミに流れている。「50年後には日本の人口が半減する」とか「100年後には1人になる!」(どちらも東京大学教授:汐見稔幸氏の言葉)とか”科学的な根拠の無い””生物学的に・進化論的に”あり得ないことが言われている。
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/post_e8b7.html


文章の途中に突然入るブログランキングサイトへのリンク、サイドバーで本の宣伝で★の数で評価、何よりも、あの独特の色彩センスは先生に間違いありません。

189 地下に眠るM :2006/12/30(土) 22:38:53 ID:EpkA97A.
おお、大先生、ストロースの野生の思考についても触れていらっしゃるではにゃーか!!

ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/post_f27b.html

うむ、まったく理解してにゃーぞ。
ストロースによれば、科学者が概念を操作して思考を行なうのに対し、ブリコラージュにおいては限定された記号の組みあわせで思考することだにゃ。詳しい説明はめんどいけど、TVゲームがブリコラージュに反するちゅうことにはならにゃーはず。

・・・・・・むー、ほかにもいろいろあるぞ
どうやら最近、大先生はストロースに目覚めたらしいにゃ・・・・

ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/vs_fae6.html
より
>未開社会の神話を支える人々の集合的な思考の働きと
>西欧社会の数学を支える思考の働きとは
>実体が同じだったのである!

あんのー・・・・
同じはずにゃーだろ・・・・
優劣がつけられるものではにゃーとストロースはいっているにゃんがね。
それに、構造主義はべつに「理系」のガクモンを味方につけたわけではにゃーし。

・・・・
・・・・・・うーん、他もスゴイ
どうも家の古いマックでは表示がおかしいしコピペもうまくできにゃーので引用して遊ぶのは控えるけど、徹底してストロースの理解がちがってるにゃー
さすがといっておこう。

190 wadja :2006/12/31(日) 02:51:26 ID:vhAcJKts
>>188

確かにそうですね、決めの「クリック」までたどり着きませんでした。
そういや、色むらのある手書きの絵は確かにムサシ先生らしいか…。

191 EzoWolf :2007/01/04(木) 01:36:54 ID:m8IMps0s
Empire of the Sun 太陽の帝国 というと
スピルバーグが映画化したバラードの小説が頭に浮かぶ。
映画でも小説でもいいから大先生の感想を聞いてみたい。

192 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/01/18(木) 18:56:35 ID:F222qk0k
件のブログ主、ネトウヨブログの代表格である「三輪のレッドアラート」と遣り合っているみたいですけど、読み比べると三輪の方がマトモなこと言っている様に聞こえるよ・・・・・

193 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/01/19(金) 21:00:20 ID:F222qk0k
件のブログ経由で知ったのですけど、1月16日付の産経新聞『正論』で竹内久美子が寄稿しているんですよね。

動物の敵対行動にみるいじめの構造
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/35157/

これ、どれだけ真実なんですかね?ザッと読んでみたところでは牽強付会という印象が免れませんけど・・・・・
#エントリやトラックバックを見る限りでは好意的なものばかりだし、トラックバックしてみては如何?>NATROM様

194 カクレクマノミ :2007/01/20(土) 01:21:33 ID:HM2.kr02
まず、アリのコロニー間闘争は、そもそも不妊のワーカーなので、他の闘争とは別物と見なすべきでしょうね。

「丸腰のヒトは攻撃能力がそれほど高くないので、攻撃の儀式化と抑制が進んでいない、というのは確かにローレンツも述べていることで、それなりに信憑性はあるものだと思います。(ローレンツの理論的解釈は今から見れば間違っているけど、攻撃能力が強い動物で攻撃が抑制されるのは確か)。
ただローレンツは、だから武器を持ったヒトは(攻撃力が高いのに抑制されないから)非常に危険、という方向で議論しています。(「攻撃―悪の自然史」)

竹内久美子の議論の弱点は、1)言葉の暴力に通常の攻撃についての理論が適用できるかどうか、2)クラスでの閉じ込めがハトの鳥かごと同じものと見なせるか、でしょうね。この2点で、かなり弱い議論だと思います。
2)については、逆の議論もできてしまいます。普通、2個体が長期間付き合う場合、攻撃行動は抑制されやすくなると予測されるからです。

というわけで、竹内久美子のいつもの問題点が出ているといって良いでしょう。動物行動の理論を安直にヒトに応用してもっともらしいお話は作るものの、お話でしかない。そして検証するデータもない。

195 NORTON3rd :2007/02/05(月) 11:44:23 ID:tQvpJqX6
ミキシ名物、我等が勇者「大尉」殿がムサシ先生と同一人物かどうか管理人さんのご意見を伺いたかったんだけど、どうも別人のようですね(まだ、うんと若い方みたいだ>大尉殿)

んでも主張を読んでたら頭がぐらぐらしてきた

196 diamonds8888x :2007/02/06(火) 06:19:29 ID:HFzGgWdI
>>193
 アリのケースの説明は何か変ですね。1個体を一撃で殺しても、しっかり他の個体から反撃されるではありませんか。

 一撃では倒せないケースでもライオンだとメスを巡っての闘争でかなりの深手を負うこともあるそうだし。

 ただ、ハトにしても子供にしても逃げ場があれば致命的ダメージにまで至らなくてもすみやすい、ということも確かですね。

197 AH1 :2007/02/07(水) 15:41:48 ID:b4lKR3h.
>>196
要は「闘争によって得られる利益」と「闘争によって失うもの」の比較ですから、真社会性昆虫のワーカーはちょっと違うカテゴリーでしょう。
アリの場合、ワーカーが生き延びても繁殖の機会は多分ないんで、むしろワーカー集団全体が爪や牙に相当する武器なんではないかと。
人間で言えば「使い切ってしまうと困るが、使い捨てが前提」であり、弾薬みたいなものなんじゃないでしょうか。

198 クハ72 ◆ihTk4W6XYE :2007/02/12(月) 00:14:18 ID:FO.PRJoE
週刊アカシックレコードより
> 前回、米国の連合軍最高司令官総司令部(GHQ)が日本を占領統治していた終戦直後に、
> 日本は11宮家の廃絶と庶系庶子の相続禁止(側室制度の廃止)をGHQに押し付けられ、
> 皇室典範が皇位継承権があると認める男系男子の誕生確率を著しく引き下げられた、と述べた。
> これは荒唐無稽な陰謀論ではなく数学の「確率論」であり、
> GHQが「自らは手を汚さずに数十年後に天皇制を自然消滅させよう」としたことは明らかだ。
ttp://www.akashic-record.com/y2006/fmevsc.html#01

確かにそのような陰謀が全くないとは言えないのですが、
現人神とされていた天皇をイギリスなどの国王と同じにしたかっただけとも言えます。
# GHQが皇室の伝統にどんだけ精通していたかは僕は知りませんけど。

Wikiでは財政難が理由にあげられています。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F#.E7.9A.87.E7.B1.8D.E9.9B.A2.E8.84.B1.E3.81.AE.E7.B5.8C.E7.B7.AF

どこま本気で書いているかはわかりませんが、裏付けらしい裏付けがないので今のところは

> 荒唐無稽な陰謀論

と見なしていいでしょうね。ちなみにこの人も、

> 遠い祖先の血をひく男系男子、現代風に言えば、初代神武天皇のY染色体を受け継ぐ皇族のみが正統な皇位継承者であり、

としています。

199 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/02/12(月) 11:40:25 ID:F222qk0k
つか、側室制度を止めたのは昭和天皇自身なんですよね。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%B4%E5%AE%A4

GHQの圧力だ!なんて陰謀論が出てくるかも知れませんけど・・・・・

200 diamonds8888x :2007/02/14(水) 05:35:51 ID:QCWCnFRM
側室制度を止めていなかったら、今頃皇室はつぶれてたんじゃないの? と思えるのは、やっぱり洗脳されてるからかな?

201 名無しさん :2007/07/26(木) 22:54:27 ID:imNbi48M
ムサシの正体は柳生すばるだという説が

202 NATROM :2007/07/31(火) 12:27:33 ID:fNsuFDiI
>>201

>>188で既出。

203 lefty ◆ExGQrDul2E :2007/08/04(土) 22:53:00 ID:bMduYck2
始めまして。
某所から流れてきました。
柳生すばる先生と戦っているものです。
あの、質問があるのですが、私はムサシ先生って知らないんですが、どういう人なんでしょう?
どういう経緯でムサシ→すばると変更したのでしょうか?
よろしければ、お答えお願いします。

204 名無しさん :2007/08/05(日) 02:01:00 ID:8p1JtS6U
 ムサシ先生のことは、「理系保守」ブログをウォッチングするためのガイド」を
見るのがいいかと思います。
 なお先生は「議論で負けたことがない」ので、戦う場合は、どのように先生に負けるかと考えるのがいいかと思います。
 おそらくムサシ先生は、NATROMさんはじめ、かつて戦った相手が「先生」と持ち上げるようになり、負かす相手がいなくなったので、新たな相手を新天地に求めたのだと思います。

205 NATROM :2007/08/06(月) 10:38:42 ID:fNsuFDiI
>>203
>どういう経緯でムサシ→すばると変更したのでしょうか?

私の記憶をこのスレの記述で補完すると、2005年の年末ごろに、「科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室」は閉鎖されました。閉鎖の理由は明示されていなかったと思います。「Empire of the Sun太陽の帝国」の開始が2006年7月です。当初私は、ムサシ氏はさまざまな間違いをなかったことにして出直したかったのではなかろうかと考えましたが、その考えは誤っているようです。なぜなら、さまざまな間違いは「Empire of the Sun太陽の帝国」にもそのまま継承されているからです。

206 名無しさん :2007/08/06(月) 15:26:31 ID:zcGeqzE6
ttp://web.archive.org/で
ttp://houkoku.air-nifty.com/busi/を検索すると…
「科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室」の前もあったんだ…

207 たんぽぽ :2007/08/09(木) 23:21:53 ID:kgRuMeSo
>>205
>閉鎖の理由

引っ越しで忙しいので、ブログの更新ができないから、
とかなんとか、言いわけしていましたよ。

こちらも、よろしければご参考までに。
ttp://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/surround/bushi/epilogue.html

208 名無しさん :2007/08/18(土) 23:19:50 ID:bQqTMCF.
流れを読まずにカキコ
馬鹿右翼に代わる言葉

アカ右翼

全体主義右翼、もしくは共産主義右翼
まあ、極左も極右も宗派が違うだけで同じカルトですから

209 たんぽぽ :2007/08/19(日) 01:04:55 ID:kgRuMeSo
「柳生すばる」は、維新政党・新風の支持者なんだ...
(「新風連」という、後援団体のメンバーみたい。)
ttp://antigomi.exblog.jp/5834437/

でもって、↑によると、バトルをしかけて、
ほかのお仲間を、後援会から追い出しちゃったらしい。

210 たんぽぽ :2007/08/24(金) 01:14:04 ID:kgRuMeSo
「柳生すばる」が、新風連のメンバーって、とっくにご存知でしたのね...
(日記を読んでないってばれますね、わたし...(恥))

211 名無しさん :2007/08/29(水) 11:03:29 ID:42Q3CgN2
只者ではないと思っていましたが、やはり高名な先生でしたか。
僕は見事に言い負かされ、アクセス制限を食らったので、
これからは皆さんと一緒にすばる先生を暖かく見守り、応援したいと思います。

213 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/09/20(木) 07:44:51 ID:F222qk0k
柳生センセ、今度はチンパンジー学を引き合いに出してますね。

最近のチンパンジー学から家族を考える
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/09/post_2557.html

214 NATROM :2007/09/20(木) 11:42:22 ID:fNsuFDiI
> 今回のチンパンジーの行動の新しい発見は解釈不可能なのである!
> 人間の夫なら
> 「自分の子どもを産んで・ちゃんと育ててほしい・・・」
> と(あなた方がやっているように・・・笑)妻に贈り物をするのは
> 理由がハッキリしている。
> しかし
> チンパンジーは乱婚(他の雄とも自由にHする)だから
> 贈り物をしてもその雌の子どもが「自分の子ども」とは限らないのである?
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/09/post_2557.html

最初はよく意味がわからなかったのですが、「乱婚形態の種であっても、交尾を得るチャンスのために雌に贈り物をしても不思議はないということを気付かない馬鹿」を先生は演じていらっしゃるんですね。

215 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/09/20(木) 12:26:54 ID:iTbEundc
件のエントリのコメント覗いてみたら、ID論者らしき人物が好意的なコメント寄せていて、柳生氏が喜んでまつたよ・・・・・

まさに バ カ に つ け る 薬 は な い !!

216 diamonds8888x :2007/09/24(月) 05:35:32 ID:G3UQ6I.k
乱婚形態だからこそ常に贈り物が必要という理屈も考えられますね。ことわざにも言うとおり、釣った魚には・・以下自粛。

217 名無しさん :2007/09/24(月) 21:12:17 ID:7N5Q4UeA
釣った魚に母屋を取られる

218 NATROM :2007/09/25(火) 19:28:09 ID:fNsuFDiI
先生のところで、shinik30さんがマジレスしている。いつ「削除」「アク禁」になるかな。

219 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/09/28(金) 20:56:27 ID:F222qk0k
柳生センセ、今度はリスやウサギを引き合いに出して沖縄の集団自決を正当化してまつでつ。

梅沢隊長の恩に沖縄県民は仇で返すのか!?
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/09/post_8620.html

220 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/10/31(水) 04:26:42 ID:F222qk0k
「沖縄最下位!学力テストに朝日拗ねる?」
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/10/post_1e9e.html

↑で、2・3突っ込んでみたところ、柳生センセはこんな反応。

>あなたはこのblogの規則である「2つ以上の質問をしてはならない!」を何度も破っています。よって出入り禁止にします。
ハァ?(゚Д゚;)んな規則blogの何処探しても(゚Д゚≡゚Д゚)全然見当たらないんですが。チャンとした注意書きを記しておかずに、勝手に「ルール違反」って何処かの悪質商法でつか?お宅は??

> 私は、集団遺伝学がすべてに当てはまるとは言っておりません。「比喩を使った」と言っているはずです。
「比喩を使った」からって牽強付会の出鱈目が通用する無いでしょ(爆

>あなたの言うことは意味が分かりませんし・揚げ足取りです。建設的な討論になりません。時間のムダです。
自分に言わせりゃ、柳生センセこそ「あなたの言うことは意味が分かりません」なんでつが。
まぁ、こういう議論が下手したら水掛け論になっちゃうんで、Web魚拓で保存したのを以下に示しておきます。皆様どっちの言い分が理屈通ってるか判るかな??

ttp://s02.megalodon.jp/2007-1030-2119-21/empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/10/post_1e9e.html

221 NATROM :2007/10/31(水) 08:30:36 ID:fNsuFDiI
アク禁おめでとう!

222 名無しさん :2007/11/28(水) 01:20:53 ID:7n7NCTIs
ネットには、多種多様な馬鹿が居りますが、
読者にいきなりアク禁食らわす馬鹿には初めて会いました。
「建設的な議論」というお題目を唱えつつ、
自分の支持者のみを集めて悦に入る。
よっぽど自分の思想に自信を持てない人間なんでしょうね。

223 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2008/01/23(水) 21:36:12 ID:F222qk0k
ttp://mtcedar.txt-nifty.com/blog/2008/01/post_4f77.html
縄文人絡みでヘンなこと言っているんで、自分とこで取り上げました。

224 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2008/03/10(月) 18:44:07 ID:F222qk0k
バカは無視して、竹内氏の最新コラム。

【正論】竹内久美子 京都で共産党が元気なわけ
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/128034/

「京都は秦氏などの渡来人が開拓した土地で、その末裔(まつえい)が今も一大勢力をなしているはずだ」
秦氏などの渡来人が本拠としていたのは、奈良県なのですが。で、その奈良県では保守が強くて、県政も一貫して保守中心・知事ばかりか県会議長にも保守の大物が居座ると言うこともあったのですけどね(爆

225 NATROM :2008/03/11(火) 08:36:22 ID:fNsuFDiI
今回の竹内久美子は電波強度が強めでしたね。

226 名無しさん :2008/03/23(日) 12:02:28 ID:ypB9iITs
右翼・保守・極右・正論読者・産経新聞読者・サピオ読者・愛国者・
国粋主義者・独裁主義者・復古主義者・歴史修正主義者・軍国主義者・
民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・
言論チンピラ・ネットチンピラ・台湾系右翼たちに質問します。

論破開始
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#2】
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

227 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2008/03/30(日) 17:32:15 ID:F222qk0k
しばしば覗く掲示板なんですが、
ttp://6506.teacup.com/0120320354/bbs
何か少子化問題について怪しいことになっているみたいです。

231 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2008/06/13(金) 11:04:30 ID:F222qk0k
秋葉原の通り魔事件での、紫藤センセのご高説。
ttp://empire.cocolog-nifty.com/sun/2008/06/post_decd.html

最早、科学ってレベルじゃねー!!!

232 ホッシュジエンの国内ニュース解説 :2008/09/20(土) 09:24:43 ID:1L72q1xo
牛などのふんを栄養にして生きているカビ(菌)は、子孫を残すため、
最高で重力の18万倍という猛烈な加速度で胞子をはじき飛ばしている
ことがわかった。米マイアミ大(オハイオ州)などの研究チームが米
科学誌プロスワンに発表した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    このカビは牛に食われる事で繁殖するが、フンのそばの
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    草を食わないので遠くへ飛ばそうとするらしい。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 脳もなく、目もないのにカビは牛を認識して、自分の
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 有利な繁殖方法を考える。生物って不思議ですね。(・∀・ ) ヘェー !

08.9.20 朝日「『最も加速する生物』はカビ胞子だった」
ttp://www.asahi.com/science/update/0919/TKY200809190091.html

233 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2008/10/22(水) 21:30:10 ID:cXVd.J3Y
松沢呉一氏とこからの又引きになっちゃうんで恐縮ですけど、紫藤の親分がセイタカアワダチソウで滅茶苦茶出鱈目なこと言ってて「外来種との共存なんて不可能だ!」って抜かしていますね。例によってツッコミコメ→削除という展開。
ttp://www.pot.co.jp/matsukuro/%E3%81%8A%E9%83%A8%E5%B1%8B1684%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%81%AE%E7%80%AC%E6%88%B8%E5%BC%98%E5%B9%B8.html/

にしても、それなら外来種の最たるイネ(=コメ)なんて真っ先に排除されなきゃなんないし、田んぼなんて自然破壊の最たるものなんじゃないのか?大体、山間部まで湿地帯つくるのは(以下略

234 CzgGOGqugdIoKnRRwv :2008/12/20(土) 11:09:05 ID:wWHFQolI
UmHc4s

235 名無しさん :2009/06/04(木) 16:38:25 ID:G7q8PsaY
初めてきましたが、
これは紫藤ムサシ氏と長谷川氏の
理論争いですか?
右翼馬鹿と書かれているのはどっちですか?

236 NATROM :2009/06/05(金) 09:02:00 ID:iHwx.Qyk
基本的には、ここは紫藤ムサシ氏をウォッチングするところです。紫藤ムサシ氏は一見馬鹿右翼に見えますが、じつは深慮遠謀があってそうみせかけているのだ、という見解です。詳しくは下記ページを参照のこと。

「理系保守」ブログをウォッチングするためのガイド
ttp://members.jcom.home.ne.jp/natrom/guide/guide.html

長谷川氏って、誰でしょう?

237 あちょー :2009/07/22(水) 12:15:02 ID:E0SRiDBM
楊判らんけど!
誤用だ!御用だ!

他人の宗教、電磁波など遺伝情報を強制的に盗んでも遺伝はしません。

電磁波で知らんでも肉体の罪は無くなりません。

と、いう事らしい。

238 名無しさん :2009/07/31(金) 17:08:06 ID:z5ndDt62
この柳生ってやつ相対主義とか言ってる時点で保守でもなんでもないだろ。
保守の評価を落とすために左翼がやってるとしか思えん。

239 名無しさん :2009/08/06(木) 13:15:08 ID:.46adkUk
どこにでも「無能な働き者」は、いますから。

240 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/04/05(月) 16:11:26 ID:7aGlNwtM
その界隈と関わりの深い「真・保守市民の会」が、4月4日に「『家族と憲法』児童相談所の大問題」ってシンポジウムをやったんですよね。
ttp://www.shinhoshu.com/2010/03/post-138.html

そのシンポを見て来た方がレポートしてましたけど、シンポに出ていた南出喜久治って弁護士がトンでもないこと口にしているんですよね。
ttp://blog.livedoor.jp/patriotism_japan/archives/51641087.html
「南出弁護士は動物の生態を例にとり、『秩序形成のための種内攻撃は善』であるという誠にユニークな主張を展開した。そして種内攻撃は動物の本能であって、その本能に従った『種内攻撃』である体罰を肯定した。そして理性に基づいた言動を批判したのである。つまり、本能に基づいた行動である体罰は善であると述べたのである」
「南出弁護士によれば、児童相談所は専門的な職員が一人も存在せず、土木工事を担当していた者が児童相談所に異動するちようなものであるそうである。児童相談所が都道府県の業務とされ、市区町村においては政令指定都市にのみ置かれているという状況を考えればそのような発言はできないはずであるが、南出弁護士はこのような事実を知らないのであろうか」
「児童相談所は児童を一人『拉致』することによって40万円の『拉致報奨金』を得ていると述べた。また、予算消化のために児童相談所は一定人数の『拉致』を行っていると述べ、『拉致』した児童を新薬の向精神薬で薬漬けにして洗脳している」

まぁ、この方現行憲法を元から無効だから尊重する必要はなし!って持論の持ち主だそうで、科学に暗いのは兎も角法律的なとこも怪しいのが弁護士やっているのが何とも奇異ですね(苦笑

241 名無しさん :2010/04/07(水) 04:08:13 ID:NTtrnzoI



不細工な男たちが竹内久美子を非難しててワロタ

イケメン=シンメトリー男

ブ男=山形浩生、お前ら

242 名無しさん :2010/08/25(水) 05:04:20 ID:???
進化論調べててここにたどり着いた。
一般的に誤解されてるミトコン・イブの解釈そのまんまなのに驚いた。
母には必ずその母がいるんだから下からたどればそりゃ一人に行きつくわなあ。
もちろんイブとは別の隔離された地域があればそこには別のイブがいるワケで
多数の人類のイブになってるそのアフリカ女性は実に女系家系に恵まれた
人だった事は確かだけど。
まぁ真の意味でのアダムとイブがいつ頃の誰だったかは進化論的に興味は尽きないね。

243 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/11/14(日) 21:46:17 ID:XUAsyWNE
紫藤ムサシ氏って、汐見氏を非難して勝利宣言出してたそうですけど・・・・・どういう訳だかかの界隈と親しい(?)東村山の「草の根」も別のとこから非難したそうですね。

ttp://www.geocities.jp/higashimurayamasiminsinbun/
▼ 民主党現政権の「子ども子育て新システム」を強く批判する! 
 内閣府主導「子ども子育て新システム」の「幼保一体化論」は、幼児教育・保育の現場を破壊するものであり、到底容認できない。「新しい」どころか、旧政権時代よりも、現場を無視するものである。保育・幼児教育破壊の「新システム」論はただちに撤回せよ。
 保育現場を知らない民主党と「関係者」の一部が推進する、「子ども子育て新システム」の幼保一体化論は幼児教育そして保育現場を破壊するものだ。第一、幼稚園教諭に3歳未満児の保育をどういうふうにやらせるつもりか。そればかりか、障害者権利条約の趣旨及びインクルーシブ教育の流れに反して、教員の指導力を棚に上げ、科学的根拠もないまま「脳機能障害」=「発達障害」のレッテルを貼って、こどもたちを選別・差別し教室から排除しようとしてきたことを改めようとせず、原因を考えることなく、安易にも対処療法的に今度は1コマの授業時間を15〜20分の細切れにしようとするなどと、民主党に取り入り「専門家」?!ぶる「白梅学園」関係者らが先頭に立って旗振り役を務めていて、すでにいきつくところまできてしまった。こういった保育現場を知らない生半可

244 名無しさん :2011/04/25(月) 01:38:36 ID:qvWJaqkM
結局、この一連の下らない批判合戦で、なんかこの世の中にとって収穫あった?
収穫ないなら、収穫があるまで見えないところで勝手にやってて欲しいよ。
検索に引っかかるだけで不愉快だし。

245 名無しさん :2016/03/12(土) 18:07:05 ID:AaQRNZsg
面白いスレを見つけてしまった…


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

あまんちゅ! 4 - 天野 こずえ

「素敵」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa