したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1000を超えています。 残念ながら全部は表示しません。

資料集

1 ウエスト :2010/05/07(金) 20:06:13 ID:ct4hkIWM
判決文や新聞記事など。

2 ウエスト :2010/05/07(金) 20:08:17 ID:ct4hkIWM
8億円裁判、VS講談社の判決文

坊ちゃん氏のサイトからのリンクをたどってください
ttp://dolphin-street.net/index.htm

3 ウエスト :2010/05/07(金) 20:20:55 ID:ct4hkIWM
幸福の科学を「科学」する

ttp://www1.ocn.ne.jp/~h-ok/or-ocn/or.html

書簡集など

4 ウエスト :2010/05/07(金) 20:29:36 ID:ct4hkIWM
「幸福の科学」倶楽部

ttp://web.archive.org/web/20020604191502/www.eonet.ne.jp/~orclub777/

アーカイブですが、初期資料があるようです

5 ウエスト :2010/05/08(土) 00:31:42 ID:ct4hkIWM0
【ザ】幸福の科学について

ttp://web.archive.org/web/20050513164800/religion.bbs.thebbs.jp/1089627441/

2004〜2005年頃の、THEBBS(現在停止中)のアーカイブです。
ここから、同じサイト内の、他のKK関係掲示板のアーカイブもたどれます。

6 ウエスト :2010/05/08(土) 01:43:55 ID:ct4hkIWM0
幸福の科学資料保管スレッド

ttp://web.archive.org/web/20050327002306/www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1057252337

読みながら資料集めをしているので夜更かし中…

7 ウエスト :2010/05/08(土) 01:45:46 ID:ct4hkIWM0
KK倶楽部法論専用掲示板

ttp://web.archive.org/web/20020806011437/bbs1.otd.co.jp/173174/bbs_plain

URLを見ていると、otd.co.jpが今のlivedoorに買収されたのかなと思います。
掲示板の見かけもそっくりだし

8 幸福うれい :2010/05/21(金) 21:47:19
大川隆法の気持ちの悪い詩

こんな気持ちの悪い詩は、二度と見たくないのですが、
大川隆法の人物を知る資料として残しておくべきだと思い、
こちらにコピペしました。


9479.幸福の科学大川隆法 学生時代のバカポエム集を今頃出版
名前:名無しさん 日付:2010/5/20(木) 21:17
なにをトチ狂ったのか、大川は学生時代のバカポエムを50才過ぎて出版しだしました。これがまたお粗末な出来なのだが本人は「悟りに至る心境の変遷」と自画自賛。かけらも悟っていなかったことを自ら晒し、自分で信者をがっかりさせ、退会者を続出させている模様。大川の頭脳が急激に老化した疑いがあります。


124 名前:ファルコン ◆7XmPtxANMU [antikkfalcon@gmail.com] 投稿日:2008/09/22(月) 17:58:22 ID:vNlzvyBa
大川隆法詩集より 

「デザート」

大まさかりのひと振りで
男の首はコロンと落ちた
青い髪は切り離され
顔は朱色に染まっていた。

大まさかりのひと振りで
男の首はコロンと落ちた
コロンと落ちてころがって
白いお池にボチャンと落ちた

大まさかりは次々と
男の首をはねてゆく
白いお池は血に染まり
ピンクの波が泡立った

〈この世に神はおられぬか〉
〈こんな非道があるものか〉

さてここに
大男がおりまして
池にプカプカ浮かぶ顔を
鉄のスプーンで押しつぶし
〈神も仏もあるものか〉


よだれたらたら目はうるみ
砂糖で少し味つけて
みんなぺロリと食べたとさ

9 ウエスト :2010/05/22(土) 12:18:56
当たり前すぎて、告発サイトを貼るのを忘れてました。

幸福の科学スレ告発等まとめ集
http://trident02.site.voila.fr/

ファルコン氏告発、退会方法などもここに。

10 ウエスト :2010/05/22(土) 12:23:34
バカポエム集は

NO MORE 幸福の科学
http://lexposition.blogs-de-voyage.fr/
内のここですね↓
http://lexposition.blogs-de-voyage.fr/archive/2008/10/01/bakapoem.html

「デザート」以外に、
「聖少女」「晶子よ」「海洋学者のように」その他もこちらにあります。

11 フリーダム :2010/05/22(土) 12:48:40
布施各種奉納目安・2010年

[植福菩薩]
(1000万円)

[エル・カンターレ像]
(300万円)
[御本尊]世界伝道型
(100万円)
[普及型御本尊]
(10万円)

[経典奉納]
一冊から奉納可。

[経典菩薩]
(100冊購入と100冊献本)
[経典大黒天]。
(100冊購入)

[説法壇護持奉納]
主の御巡錫に対する感謝の奉納(10万円〜)

[幸福実現党植福]
(口数1万円〜

[未来創造植福(生涯累計対象)]
大川賞基金(奨学金)、那須校、関西校、幸福の科学大学(各10万円〜)

[永代供養]
総本山供養。1年(10万円)、2年、3年、7年、永代(100万円)

[総本山・先祖供養経]
巻物式お経(100万円)

[納骨壇]那須・四国
(百数十万円〜)

[家庭供養壇]
(15万円)

[海外伝道支援]
(5万円〜)

12 ウエスト :2010/05/22(土) 21:15:19
こちらの掲示板が「幸福の科学統合スレッド」のリンク集に入ったということで、
2ちゃんねるからのアクセス、書き込みも多くなると思われます。

2ちゃんねるの「幸福の科学統合スレッド」より、
用語解説集や、ネット工作員についてのコピペを貼りますので、
参考までにどうぞ。

---
■2チャンネル初心者のための用語解説■

私も最初2チャンネルに来た時、用語の意味が分かりませんでした。
既に知っている方もいると思いますが、初心者のための用語解説です。

【HS、K会、K.K.】 → 幸福の科学のこと。英語での正式名称は
Happy Scienceです。ローマ字ではKofuku-no-Kagakuと表記します。
【G会】 → 高橋信次氏が作ったGLA「God Light Association」のこと。
現在は長女の高橋佳子さんが2代目GLA会長をしています。
【JDR】 → 「Japanese Dream Realization」大いなる日本の夢を実現
するの略。元幸福の科学の会員・天川貴之氏が作った、幸福の科学に批判
的な団体。プレアデス霊団の長にして9次元霊・聖エオリアス?
【レムルネ】 → レムリア・ルネッサンス。元幸福の科学の会員・アマー
リエと名乗る女性が作った、幸福の科学に批判的な団体。過去世アテナ?
【7方、OR、バカボン】 → 大川総裁のこと。
【8方、OK子】 → 大川きょう子様のこと。
【初代】 → 反幸福の科学、反レムリア的立場を取っている2チャンネル
の御意見番的存在。
【ファルコン】 → 元幸福の科学の会員で、大川家の家庭教師をして
いたこともあって、大川家や幸福の科学の内部事情に詳しい。アンチの
英雄。ファルコン氏の活躍に触発され多くのアンチ達が立ち上がった。
---

13 ウエスト :2010/05/22(土) 21:16:19
2ちゃんねるの「幸福の科学統合スレッド」における
ネット工作員への注意書き(その1)
---
■ここには悪質な幸福の科学のネット工作員がいます■
AttentionPlease アンチの皆様。アホなネット工作員は無視しましょう。

【個人攻撃工作員】 → 投稿内容とは全く関係ない個人攻撃を行うこと
によって、投稿者の心を傷つけ、投稿者が投稿を続けられないようにする
ことが目的。数人で組み、アンチの投稿者に対して心理的嫌がらせをする
作戦が得意な悪質なネット工作員です。無視するのが一番。
【コピペ工作員】 → 皆に見られたくないアンチの投稿があった時、
コピペを執拗に繰り返すことによりスルーさせ、読まれないようにする
ことが目的。
【でもそんなの関係ねぇ工作員】 → この板とは関係のない話を続ける
工作員。コピペ工作員と同じで、読まれないようにスルーさせるのが目的。
【ファルコン・しょだい連呼工作員】 → 「ファルコン、しょだい…」
などと意味不明なことを毎夜一人さみしくわめく変質者。誰も相手にしない。
---

14 ウエスト :2010/05/22(土) 21:18:43
2ちゃんねるの「幸福の科学統合スレッド」における
ネット工作員への注意書き(その1)
---
■幸福の科学のネット工作員の目的■

ネット工作員の目的は、個人攻撃をしてアンチの心を傷つけたり、大量の
コピペ爆弾でアンチの投稿を読めなくしたりするなどして、アンチの『投
稿意欲を無くす』ことです。多くのアンチの人達が2チャンネルに投稿す
るのですが、幸福の科学のネット工作員の嫌がらせに、嫌気がさしてどう
せ投稿してもどうにもならないと『あきらめてしまう』のです。それこそが
ネット工作員の狙いなのです。『アンチのやる気をなくす』ことこそが彼ら
の目的なのです。

■対策■

1.ネット工作員の投稿は見ない、読まない。
2.ネット工作員とは討論しない、相手にしない。
3.絶対に『あきらめず』、執拗に投稿を『続ける』ことが大切です。

特に、自分が実際に経験した『体験談』や『実話』を投稿することはネット
工作員が嫌がるので、とても効果的です。体験談や実話は『事実』なので工
作員も全く反論できず、2チャンネルを見ている人達に与える影響力も大きい
のです。2チャンネルには、投稿はしないけれど見るだけという、声なき読者が
後ろにたくさんいるのです。その声なき読者こそが、アンチが訴えるべき相手な
のです。投稿している人達は、2チャンネル常連のつわものが多いので、いろいろ
言われてもあまり気にしないようにしましょう(^o^)丿
---

15 ウエスト :2010/05/22(土) 21:29:39
↑(その2)でした。

16 ウエスト :2010/05/22(土) 21:52:40
これらのコピペから、私が思う事を少し。

ぱっと見荒れているスレッドや掲示板は、
ブラウザを閉じちゃってもいいと思いますが、
投稿を読んでみないことには判らない事も多いですし、
対策1のようにまったく見ない、読まない、という事は難しいと思います。

その上で、誰かの書き込みを目にして、何か嫌な気持ちになったとき、
まさにそれを目的にしている人がいる事を想像できるのとできないのとでは
大きな違いがあるでしょう。これは、幸福の科学に限らずです。

対策3の「あきらめず」「執拗に」は、幸福の科学から見て「しつこく」「執拗に」という事で
多数の投稿を推奨するものではないと思います。
書きたいことがあればしっかり書いておく、タイミングが悪くてもあせらない。
くらいの気持ちでもいいのではないかな。

以上、投稿暦が長い人にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、
私はそうでもないので、少し書いてみました。

17 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

18 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/05/22(土) 22:36:44
ファルコンのデマに注意おじさん来たな

これが荒らしのサンプル。久しぶりに湧いてきたな。

19 ウエスト :2010/05/23(日) 00:11:14
>>17は、
2ちゃんねるの「幸福の科学統合スレ」にしょっちゅう現れる、荒らしの資料ですね。

これを貼り付けるだけが目的と思われますので、内容は削除します。
ここはそういう場所ではありませんので、おやめ下さい。
再度同様のことをされた場合、アクセス規制を行います。

20 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

21 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/05/27(木) 16:00:14
幸福の科学の講談社FAX攻撃について、
ジャーナリスト・作家の日垣隆氏の著作
「敢闘言」文春文庫版P55より、部分的に引用。

タイトル「共産党の偽善は毎度おなじみ」
主に日本共産党を批判する内容のコラムなのですが、冒頭部分にこうあります。

「幸福の科学や日本共産党は機関紙でファックスによる抗議を呼びかける。

郵便物と違ってファックスは、先方に経費負担を強いるだけではなく、回線をふさぐ。
その意図するところは、いやがらせ以外の何者でもない。
そういう『言論』感覚をもつ組織に対しても、必要とあらば批判の矢を放つことを
敢えていとわないでおこうと私は思う。(後略)」

1991年9月に幸福の科学の講談社フライデー抗議デモが行われ、
このコラムは1993年12月21日付で「エコノミスト」誌に掲載されました。

早期に「幸福の科学」自身がFAX攻撃を呼びかけたことを把握し、
批判された事は注目すべきだと思います。

22 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/05/27(木) 19:35:22
●1990年
>二千五百数十年前、インドで法を説いた、ゴーダマ・シッダルタ、すなわち釈迦牟尼仏です。
『太陽の法/角川文庫 H2.8.10初版 H2.10.30五版』第4章悟りの極致

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』
[ 古代インドのサンスクリット語は英語のアルファベットと親戚関係にある表音文字だから基本的にローマ字に置き換えられる。つまり、ゴーダマとゴータマの違いはDとTの違い。バットがバッドになったら大違いではないか。
湘南工科大学の佐伯真光教授は次のように指摘してくれたよ。
「釈迦の名前は梵語つまりサンスクリット語で Gautama Siddh?rtha と書きます。日本語で表記すればゴータマ・シッダールタとする以外にありません。南方仏教の言語パーリ語でもゴータマ・シッダッタであって、決してゴーダマではありません」
日本人だったら四郎が二郎になるような間違いをどうして釈迦本人が犯すのか。]

●1994年
>二千五百数十年前、インドで法を説いた、ゴータマ・シッダールタ、すなわち、釈迦牟尼仏です。
『新・太陽の法/1994.6.25初版、1995.1.30第52刷』第4章悟りの極致

□参考 例文仏教語大辞典 石田瑞麿著
>しゃかむに-ぶつ 釈迦牟尼仏 〜略〜 ゴータマ Gotama はその氏姓のパーリ名((梵)ガウタマGautama)で、?曇(くどん)、?答摩(きょうとうま)などと音写する。また名は(梵)シッダールタSiddh?rtha (巴)シッダッタ Siddhatthaといい、悉達多(しつだつだ)、悉多(しつた)などと音写する。姓と名とをあわせてゴータマ・シッダッタあるいはガウタマ・シッダールタと呼ぶこともある。
*註 変換できないやつは「?」にしました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

●1990年『太陽の法/角川文庫 H2.8.10初版 H2.10.30五版』第4章悟りの極致
>六大神通力とは、天眼(てんげん)、天耳(てんじ)、他心(たしん)、宿命(すくめい)、神足(しんそく)、漏尽(ろうじん)の六つです。『太陽の法/角川文庫』P143
・註 カッコ内は本では、ふりがなの形になってる。

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』P108
〔天耳は「てんじ」じゃなくて「てんに」、宿命は「すくめい」じゃなく「しゅくみょう」、漏尽は「ろうじん」でなくて「ろじん」。六つの神通力の名前の三つまでが違ってる。「ろじん」を「ろうじん」と読んだのは、きっと「漏電」の「ろう」を思い出したんだろうなぁ。〕

●1994年『新・太陽の法/1994.6.25初版、1995.1.30第52刷』第4章悟りの極致
>六大神通力とは、天眼(てんげん)、天耳(てんに)、他心(たしん)、宿命(しゅくみょう)、神足(じんそく)、漏尽(ろじん)の六つです。

□参考 例文仏教語大辞典 石田瑞麿著
>じんづう 神通 〜略〜 神足(じんそく)・天眼(てんげん)・天耳(てんに)・他心・宿命(しゅくみょう)の五神通 〜略〜 (6)漏尽通(ろじんつう)は漏尽智証通ともいい、煩悩(ぼんのう)をすべて断ち得て二度と迷界に生まれないことをさとる通力である。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=9acja1a4n2j3xa1a12q0wa4h8la4ka5ha5t&sid=1835217&mid=20353

23 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/05/27(木) 19:38:14
●1990年『太陽の法/角川文庫 H2.8.10初版 H2.10.30五版』
>一九八一年一月のことでした。高橋信次の著作『心の発見・神理編』ははじめて読みはじめたのですが 〜略〜
>同年の三月二十三日、日曜日だったと思います。突然、だれかが自分に話しかけようとしているという気持ちに打たれ、いそいで、カードと鉛筆を用意しました。鉛筆をもつ私の手が、まるで生きもののように動きはじめ、「イイシラセ、イイシラセ」と、カードに何枚も書きはじめたのです。

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』
〔三月二十三日は日曜日ではないのだ! 一九八一年の三月二十三日は日曜日ではなく、月曜日なのだよ(電子手帳のキーを叩いて見せる)。〜略〜 月曜日と火曜日を間違えるなら、まだわかるけど、平日と日曜日の違いは記憶としてははっきりしているはず。それにすべての出発点になるような重要な日のことだ。鮮烈にその日のできごとはあなたの心に焼きついているはず。〜略〜 この間違いが何を意味するか。要するに「イイシラセ」など実はなかったのだ。〜略〜
では、なぜ三月二十三日(日曜日)という日を霊界通信の出発点としたか。
そこにはなんらかの真実が含まれているはずだ。推理してみるに、大川が三月二十三日を日曜日と錯覚したのは、『太陽の法』を執筆していた一九八六年のことではないか。三月二十三日まで書き進んで、ふと八六年のカレンダーを見たら、三月二十三日は日曜日になっていた。それでつい日曜日としてしまったのではないか。〕

●1994年『新・太陽の法/1994.6.25初版、1995.1.30第52刷』第6章エル・カンターレへの道
>一九八一年三月二十三日、春の陽射しがやわらかい午後、私にとっては、とても気分のよい日でした。〜略〜ところが、突然、自室の中に目に見えないものの気配を感じました。そして誰かが自分に話しかけようとしているという気持ちに打たれ、急いでカードと鉛筆を用意しました。

□参考 あの日は何曜日? http://www5a.biglobe.ne.jp/~accent/kazeno/calendar/
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

●1988年『観自在力 1988.11.10第1刷 1990.3.20第3刷』P78
>観自在力とは、古代のインド語ではアポロキシティー・シュバーラーと言います。
●1990年『太陽の法/角川文庫 H2.8.10初版 H2.10.30五版』第4章悟りの極致
>観自在菩薩は、インドの釈迦の時代には、アポロキシティー・シュバーラーと呼ばれておりました。

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』
〔違います。サンスクリット語ではアヴァローキテーシュヴァラ。〕

●1994年『新・太陽の法/1994.6.25初版、1995.1.30第52刷』第4章悟りの極致
>観自在菩薩は、インドの釈迦の時代には、アヴァローキタ=スヴァラ(サンスクリット語ではアヴァローキテーシュヴァラ Avalokite?vara)と呼ばれておりました。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=9acja1a4n2j3xa1a12q0wa4h8la4ka5ha5t&sid=1835217&mid=20354

24 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/05/27(木) 19:42:41
●1991年『釈迦の本心/角川文庫 H3.9.25初版』P85
>この「波羅蜜多」という言葉について、いま一度、説明を加えておくとするならば、「波羅」という言葉は、これは「パーラ」とインド語では言って、「内在する」という意味です。「心の奥底の」、という意味です。「蜜」というのは、これは蜂蜜の蜜ですが、「非常に価値あるもの」「値打ちのあるもの」という意味です。「多」は、それが多いという様、こんこんと湧いてくる様を言います。すなわち、心の井戸を深く掘ったら、こんこんと湧いてくる叡智、そういう意味で「波羅蜜多」という言葉を使っているのです。

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』P79
〔この「波羅蜜多」について佐伯教授は次のように説明してくれました。「波羅蜜多はサンスクリット語の paramita(パーラミター)を漢字で音写したものですから、波羅蜜多そのものに意味はありません。したがって、この解釈はサンスクリット語そのものから意味を探らなければなりません。言語学的に parami(最高の)+ta(状態)と分解し、『究極最高の状態』と解釈する説もありますが、中国や日本では param(彼岸に)+ita(到った)、つまり『彼岸に至る行』と解釈するのが普通です。なんですか、蜜は蜂蜜の蜜で、非常に価値あるものだ、なんて」〕
・註 上記paramitaの最初と最後のaは、上に一本線があるやつです。

●1997年『釈迦の本心/1997.11.20初版 1998.1.13第7刷』第3章波羅蜜多の思想
>漢訳の「波羅蜜多」というのは、インドの言葉パーラーミター(P?rami?)の音写で、到彼岸、つまり「理想状態に達すること」という意味ですが、「波羅蜜多」は意訳もよくできています。「波羅」を「内在する」、あるいは「心の奥底の」という意味にとり、「蜜」は「非常に価値あるもの、値打ちのあるもの」、「多」は「こんこんと湧いてくるさま」に意訳すると、筋が通ります。


□参考 例文仏教語大辞典 石田瑞麿著
>はらみつ 波羅蜜 (梵)パーラミターp?ramit?の音写。波羅蜜多とも書く。到彼岸、度無極(どむごく)、度と訳す。迷いの此岸からさとりの彼岸に到る意味で、通常は菩薩(ぼさつ)がそのために修する行(ぎょう)のこと。 〜略〜
*註 変換できないやつは「?」にしました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

●1991年『釈迦の本心/角川文庫 H3.9.25初版』P45
>菩提樹下(ぼだいじゅか)において悟りを開いた〜略〜
・註 カッコ内は本では、ふりがなの形になってる。

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』P108
〔これは日本語の問題。「ぼだいじゅか」ではなく「ぼだいじゅげ」なのです。
「まぁ、仏教関係者が "じゅか" なんて言ったら、聞いてる方が恥ずかしくなってしまうような間違いです」(佐伯教授)〕

●1997年『釈迦の本心/1997.11.20初版 1998.1.13第7刷』第2章八正道の発見
>さて、菩提樹下(ぼだいじゅげ)において釈迦が悟りを開いたとき〜略〜

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=9acja1a4n2j3xa1a12q0wa4h8la4ka5ha5t&sid=1835217&mid=20355

25 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/05/27(木) 19:44:27
●1991年『釈迦の本心/角川文庫 H3.9.25初版』
>当時のインドの社会制度ゆえに、妻を貰わざるを得ず、ヤショーダラを始め、
>カピラ城を出てすでに数年の歳月が流れ、父王シュート・ダナー、また義母であったマハー・パジャパティ、さまざまな取り巻き〜略〜

●1992年 『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』
〔サンスクリット語ではのばすがどうかで大違いなんだ。「サンスクリット語では人の名前の末尾の音を長音にすれば女性の名前ということになる」(前出佐伯教授)のだよ。だからヤショダーラというのは女の名ではないんですよ。本当はヤショーダラーが正しい。〕

●1997年 『釈迦の本心/1997.11.20初版 1998.1.13第7刷』第1章菩提樹下の悟り
>当時のインドの王族の習慣にならって、納妃の儀がとりおこなわれ、第一妃ヤショーダラーをはじめ〜略〜
>カピラヴァストゥを出て、すでに数年の歳月が流れた。父王シュッドーダナ、義母マハープラジャーパティー、そして〜略〜
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

●1991年『釈迦の本心/角川文庫 H3.9.25初版』P2
>村娘はチュダータとその名を名のりました。そのチュダータは〜略〜4)

●1992年『大川隆法の霊言 1992.1.10第一刷 1992.2.20第二刷』P104
〔「村娘の名前はスジャーター。コーヒーミルクの商品名で『スジャータ』ってのがありますね。あれはこの村娘の名前から取ったものなんですよ。チュダータねえ。誰ですかそれ」前出佐伯教授〕

●1997年『釈迦の本心/1997.11.20初版 1998.1.13第7刷』第1章菩提樹下の悟り
>その村娘はゴータマの姿を見ると、橋を渡り、駆け寄ってきました。そしてスジャーターと名乗ると、ひと椀のミルク粥を差し出しました。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=9acja1a4n2j3xa1a12q0wa4h8la4ka5ha5t&sid=1835217&mid=20356

26 イエスまりあ :2010/06/03(木) 12:48:01
本家撲滅の荒廃ぶり即ち工作員の必死の攻防が退会を勧める上で大きな役割を果たしてくれました。
なにゆえにこれほどまでサイトを汚すのか、見られては困るからです。
しかしあの醜いまでの汚さが功を成したという点を報告させてただきます。
客観的にHSに疑問を持っている信者さんにはとても有効なアイテムとなりました。

27 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:46:33
◆ 「『マッカーサーの霊言』 講義」① ◆
     (『マッカーサー戦後65年目の証言』講義 / 2010.06.10 横浜中央支部精舎にて)

皆さんこんばんは。“こんばんは”っていうのも珍しいね(笑)。平日の夜なのにありがとうございます。
ここ神奈川には有力候補(加藤文康候補)もいることだし、この本(『マッカーサー戦後65年目の証言』)
の講義が出来るところといったらここしかないので来ました。
マッカーサーは神奈川の厚木のホテルに泊まったんだよね。
(と、後部上方に目を向けられて)、あれ?背後霊がいるのかと思ったら、そこにも部屋があるんですね?
(後部上方にガラス窓で仕切られた別室があり、そこにも会員が拝聴されている様子に気がつかれて)
こんな霊の話してるし、私は生きている人も亡くなった人も両方見えますので(笑)、
霊かと思ってちょっと寒気がしましたけど(笑)、どうやら皆さん生きておられるようで(先生も大笑い)。
(手を振っておられました)

 今日の話はご婦人方には難しいかな。
私達は政治問題もやっておりますが、過去の霊人呼び出して検証して、歴史を遡って検討しています。
マルクスまで遡って、近代政治の源流まで探っていまして、まだこれから書籍になりますが、
アダム・スミスやカントまで検証しています。
どういう流れなのか、正しいのか間違っているのかを検証しています。
最近も沖縄の米軍基地問題や、それに関連した日米同盟、先の大戦の結果など洗い直して、何が真実なのかを、
うちは幸福の科学ですから、科学的探索をして、政治的指導者が今はどうなっているのかを探ってみました。
今の政権についても、まあ、うちが右翼なら悔しい結果になりましたが、うちは寛容性がありますのでね。
マッカーサーはあの世でも大変立派であることには驚きました。
宇宙人がUFOに乗ってくる代わりに、飛行機に乗ってやってきたんでしょ(笑)。神格を持った方ですね。
かたや日本は、吉田茂首相。
吉田学校というグループには池田勇人や佐藤栄作らがいて、政治学的には立派だと思っていました。
学問的には理解できるんですが、今も大磯の別邸にまだ住んでると知ってね、
死んでいることがわかっていないことに、ちょっと悲しいですね。自民党の源流のような人ですね。

28 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:47:45
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ② ◆

また山本五十六大将も戦争で亡くなっていることを知らなかったですね。死後の追跡調査で初めて判明しました。
南方諸島に調査に行く途中、島に墜落したということで止まっています。
自分が亡くなっていることもわからずに67年も過ぎていることには私もショックでした。
あの世は時間があって無きが如しなのですが、本人の思考が止まっているとあの世の時も止まっているのです。
マルクスも120〜130年間止まっていて、死んだとは思ってませんでした。
山本五十六も悪人だとは思いませんが、300万の英霊たちはどうなっているんでしょうね。
鳩山一郎もね、そんなに偉くはないけれど地獄には行っていません。
鳩山由紀夫氏の後ろで家庭教師やっていたそうですね。かろうじて天国に帰っています。
思想的には麻生太郎氏に近い人です。現実に対してはフェア(公平)に判断しています。
政治家が亡くなって帰る世界というのは、やはり人格やその人の悟りに関係しているので、
一概には判断できませんね。宗教家で、ここまで細かくあの世の霊人の居場所を探求した人はいません。

 さて、マッカーサーですが、彼はアメリカのウェストポイントアメリカ陸軍士官学校に記録的優秀な成績で入学しました。
平均点が99点で、2位の77点を20点以上引き離して、トップ入学でした。卒業も平均点98点で首席です。
こういう人が実際に戦争に行って指揮を執って勝っているんです。
アメリカの学問エリートは実践でも使えると実証してますね。
これには私もややショックでした。 日本も当時軍事エリートをぶつけてるんですよ。
中将大将になってる人をもってきているんですが、かなり差があったということですね。
エリートの養成に差がありました。

これは、軍部において、戦前ですでに暗記中心の勉強を行い、年次を重視していたということです。
つまり、卒業の席次、年次が一生ついてまわるんです。これは役所のような形態です。

29 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:48:46
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ③ ◆

日清、日露戦争の時には(日本は勝っていますから)軍人達が残っているんです。第二次大戦以降はいません。
アメリカは優れた軍人は大統領になる道が用意されている国です。
優れた軍人というのはそれだけの総合力があったし、一般常識にも長けていました。
司令官は大統領の資格を持っているのと同じくらい評価されていました。しかし、当時の大統領はルーズベルト、
さらにトゥルーマンでしたが彼らは民主党で、マッカーサーは共和党だったことから嫌われていました。
1950年の朝鮮戦争後、マッカーサーはトゥルーマンによって解任されてしまいましたが、大統領になれる方でした。

敗戦の原因は、これだけの日米間のエリートの差や、工業力の差は10倍もありましたからね。
山本五十六はアメリカに留学してましたから、長期戦になれば負ぁ【このあと判別不能】

日本は最初はヨーロッパ諸国に連勝していて、司令官トップ(マッカーサー)がオーストリアまで逃げたくらいですから。
本来なら潜水艦で逃げるところPTボートで逃げたんです。
しかし、パールハーバーでは、暗号がアメリカによって解明されていました。
3000人くらい亡くなっています。それまでに1年以上アメリカに負けていたので、日本は準備ができていませんでした。

その後東京裁判が行われ、それについても追求したら、すべて自分が決めたように思われているが、
日本人の責任もあると言っていましたね。
マッカーサーの意向がどうだったかということと関係なくね(憲法は日本人の意見を取り入れて作られた)。
ダレスとマッカーサーはその後、早急に憲法改正するように言っていたのですが、吉田茂が聞き入れませんでした。
まずは経済復興が先決だったので、防衛についてはアメリカにやらせようと、この憲法のいいところを取り入れていたのです。
ですから、憲法改正のチャンスは過去にありました。
まあ、国民の意識は、もう戦争は結構!でしたしね。

30 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:49:39
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ④ ◆

日本の政治的指導者は先見【このあと判別不能】
マッカーサーは日独伊のファシズムとの戦いの後は、共産主義との戦いに取り組んだといっていました。
共産主義の国はソ連と中国です。アメリカでは当時、“赤狩り”というマッカーシズムが起きていました。
イギリスのチャーチルという人、良かったのか悪かったのかわかりませんが、滅びかかった本国を守るために、
スターリンは悪魔だとわかっていたにもかかわらず、その悪魔ソ連をけしかけてドイツと戦わせました。
イギリスは敗戦寸前で助かりました。こうしたいろいろと交錯した状況だったと思います。
唯一救いは、昭和天皇が高天原に帰っておられるということです。

戦争というのは、死んでいった人の恨みも買います。英雄も生まれれば悪魔も、地獄霊も生まれてしまいます。
よくよく考えて戦わないといけません。

日露戦争で勝ったのが敗因かといえば、確かにそれは次の戦争の敗北の導火線になりました。
アメリカに負けはしましたが、ハワ 【このあと判別不能】
マッカーサーも言ってましたが、鳩山由紀夫は意思決定できない人でした。誰と交渉したらいいかわからなかった。
ホントの上でのリーダーは大変なんです。まだまだ日本は島国根性。
一国平和主義で、他の国は別に、という意識が強いです。
世界的に通用するリーダーを輩出するために、教育や負荷をかけて育てていかなきゃだめです。
アメリカから見たら3流なんです。日本から見たら2流に見えても向こうから見たら3流です。

そもそも大学の学問が社会で役に立ちません。銀行の頭取が財務大臣なんかできますか?
アメリカはそれが当たり前です。企業の社長と大臣職をいったりきたりしている人もいます。
日銀の総裁でもそうです、例えばユニクロの社長なんてできないでしょう?
日本では、勉強できる人は儲からない、出来ない人は仕事くらいはできなきゃ困るというのでできるようになって儲かる。
日本の学漫 【このあと判別不能】

31 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:50:36
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ⑤ ◆

 もっとディベートしたり、企画力や想像力を重視した学問を取り入れなければいけませんね。
そもそも日本ではちょっと前まで、横文字を縦に書き換えるだけで食べて行けたんですから(翻訳)。
国力上げるには企業家精神を育てることが大事です。責任持って実行する、勇気を持つことです。
マッカーサーがそうでしたね。パイプ加えて飛行機から降りてきました。
あれ本当は足がガクガクだったんですよ(笑)。
そりゃそうですよ、敵国に乗り込んでいって、影から銃で撃たれるかもしれないんですから。
それを悠然と構えて、そういう演技して、写真を撮らせて世界へ配信させたんです。
天皇陛下との2ショットでの陛下の姿は、視覚効果十分でしたね。それを彼は知っていました。
マッカーサーは日本にまだ陸軍が200万人残っていたのを知っていました。
200万人っていったら、イラク、アルカイーダどころじゃありませんよ。突撃してきたら恐いですよ。
彼には勇気がありました。

日米のエリートの差は否めないし、当時の軍人のトップには勇気が足りませんでした。 南雲忠一中将は勇気がなかったね。
パールハーバーで、もっと追加攻撃するべきだと現場では言っていたのに、反撃されるからと逃げて還ってきました。
本来なら、空母の場所を探して爆撃すべきでしたね。
燃料基地の石油タンクに爆弾を落として、補給できないようにしなければなりませんでした。
軍事思想についてはお粗末でした。

兵站(へいたん)部門、これは兵器や水、食料などのことですが、これらを軽んじる傾向が日本にはあります。
古くは義経の鵯(ひよどり)越えや、信長の奇襲攻撃ばかり勉強させてるんです。
正攻法でなくたまたま勝ったのばかり教えていたんです。
敵側の備蓄タンクを攻撃しないでタンカーを攻めてる。一方アメリカは補給できないように攻撃しました。
だから、日本兵は捕まったときには食べてないからガリガリです。

32 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:51:10
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ⑥ ◆

イギリス支配下のインドを攻めたインパール作戦では、物資輸送を山越えのルートを牛を使ってやろうとし大失敗しました。
牛に荷物を積んで山を登らせ、越えたらあとはその牛を食べたらいいと、
やってやれないことはないと強行手段に出たところ、牛は崖から落ちるは、逃げるはで、自画自賛の作戦が大失敗になりました。
これが日本の弱いところです。

補給、継戦能力を軽視する傾向があります。負けたときの勉強が出来ていない証拠です。
アメリカは負けても発想が次から次に出てきます。
将軍の力が大きいのですが、空爆でも飛び石作戦を取って、
日本は夢にも思っても見なかったサイパンを押えられてしまいました。
そして中国に着陸されたことは衝撃的でした。
また、空母で潜水艦を沈めるという日本の秘策も、直にアメリカにお株を取られてしまいました。
当時イギリスの浮沈戦艦と呼ばれたレパルスとプリンス・オブ・ウェールズを沈め、
イギリスの皇太子はショックで立ち上がれなかったといいます。

一方アメリカは、ランチェスターの法則にのっとり、3機で1機のゼロ戦を攻め打ち落としました。
山本五十六がラバウルから南方諸島へ飛ぶことになっていたことも、暗号がアメリカ軍には解読されていました。
山本五十六がガダルカナル島からパラレ島へ視察に行くということは、
なんとルーズベルト大統領まで稟議が上がっていました。
そして、敵将を個人攻撃したことが過去あるかどうか調べるまでの余裕を持って、
ルーズベルト大統領はゴーサインを出し、日曜日ブーゲンビリア島で打ち落とされました。
アメリカ軍が暗号を解読したと気づかれないように、それまでの毎週日曜日、
同じ時間にその辺りを監視と称して飛行までしていたのです。
ミッドウェイ海戦では、戦艦ヤマトが500キロも遅れてやってきましたが、遅すぎます。作戦上いただけません。

33 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:52:12
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ⑦ ◆

今日お話したことは、今後の企業運営にも十分に生かせます。アメリカは発想が次々と生まれて、交わし技を使いました。
日本はワンパターンです。能力式人事を取ることと、継戦能力を高めることが大切です。
アイディアがどんどん湧いてくること。人材を作っていくこと。 私も、今の政府を見て悔しい思いをしています。
民主党批判を続けてきましたが、小沢、鳩山引退勧告して、8ヶ月半かかり、ようやく成果はあったと思っています。
日米安保を守ることもできました。幸福実現党や支持してくださった方々の効果があったのだと思います。

その後、菅直人が総理になり、麻生太郎がいってましたが、本格的左翼政党になりました。
幸福実現党もがっくりです。私もがっくりしましたよ(笑)。
せっかく10%台まで落ちたと思ってたらまた60%までV字回復してるんですから。
もう、皆さんも夏ばて状態ですね(笑)。国難パート2です。左翼、社会主義政権になりますが、これもまた長くは続きません。
その後まだ民主党政権だとして、次にでてくるのは、民主党の保守派でしょう。
無神論者が国家のリーダーになってはなりません。

6月4日に組閣するはずでしたが、天皇陛下は当初の計画通り保養所にいらっしゃいましたね。あれは不快感の表れですね。
今の政権の中心にいる人たちは天皇制が好きではありませんので、天皇陛下として批判はできませんが、
イラ菅に対してジラ菅(じらす)されたんですね(笑)。

そもそも菅直人は副総理だったんですから連帯責任で一緒に辞任するべきでした。
沖縄問題でもめてたときに、菅直人は一言も何も言いませんでしたよね。自分が次期総理として控えているからです。
マスコミもひどいですが、国民も余りにも無知すぎますね。

まあ、次の弾も用意していますからまた20%台まで落としますよ。神仏の心に適う人が国のリーダーとして立つべきなのです。

皆さんも読むの大変でしょうが、6月に11冊も出るんですよ!読むのも大変ですが、作るほうも大変なんです(笑)。
ほとんど週刊誌並みになってます。私も必死です。
午前に2冊校正仕上げて、午後に収録、なんていうのをやっていますから、皆さんも必死で読んでください。
既に600冊超えてます。宇都宮の船田元議員も、幸福実現党さんの物流作戦には参った!と言ってるそうです。

今回は効果的な結果を出していきたいです。この政権も支持率が下がってくるのは間違いありません。
不退転の覚悟で頑張っていきましょう。マスコミや海外メディアへの影響力も増してきています。

あれ?もう1時間もしゃべっちゃった??じゃあ、終わります(笑)。

34 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:53:20
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ⑧ ◆

質疑応答 Q1.(山本五十六の顔写真を持って)本日は誠にありがとうございます。
地区内でポスターを貼らせていただいているのですが、意外と山本五十六のファンが多く、
さらにこの本を広げるにあたって、少し山本五十六を褒めるエピソードなどあれば…。

A1.当時アメリカ軍では、山本五十六を打ち落としたら次ぎにもっと優秀なのがでてきたらどうする?
と会議で話し合われていたそうです。
自国の論理だとあり得るのですが、日本は山本五十六以上の人材はいませんでしたので打ち落としたという話です。
彼もアメリカの兵学校行っていますからね。
アメリカの力を知っていますから、せいぜい1〜2年で負けるからあとは和平へ、と考えていたようです。

 渡辺昇一が言っていましたが、彼は被弾して指が飛んでいたりして、運が悪いのだと。
東郷平八郎は戦艦三笠の甲板に乗って一度も被弾せずに無傷。山本五十六は多少運に欠けると言っています。
まあ、山本五十六も実相ではもうちょっと偉いと思いますけどね。
西郷隆盛だって、死んで直後は上に帰れず50年くらいして、彼の人気が引き上げたと大久保利通が暴露してましたね。
八百万の神々と同じくらいでは?と思います。これから気づかれていく方だと思います。
アメリカの強さを知らない人を説得して伝え切れなかったのですね。航空機で潜水艦を沈めようという発明家でもありました。
物資が足りませんでしたね。国力が10倍も上のアメリカと4年も戦ったんです。
当時の日本は頑張りました。私も山本五十六には早く天国に帰って欲しいと思ってます。
こうして私と接触すれば、天使軍団が動いてくれることになっていますので、適当な時期がきたら帰るでしょう。
明治維新の西郷隆盛を参謀に、勝海舟が大将でも先の大戦には勝てなかったといわれています。
それにしても、南雲は優柔不断でしたね。部下に優秀な人いたんです。
ミッドウェイ勝っていたら和平に持ち込めて、日本は勝っていたかもしれません。

まあ、勝てない戦もあるんですよ。仕方ないです。
うちの候補者が負けても、勝ったほかの候補者の方が偉いだんなんてこと全然ないでしょう?
山本五十六は神格のある人だと思います。

35 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/06/13(日) 21:53:57
◆ 「『マッカーサーの霊言』講義」 ⑨ ◆

Q2.医療関係の仕事をしています。消化器系なので、主に中年、中高年の患者を多く診ています。
シニアの養老院のようなものを作って、当会の基礎を作ってくれた人たちの中にも身寄りもない人たちが少なくないので、
法友に囲まれて、財産も心置きなくこの世に置いて帰れるような病院を全国に作りたいと考えています。

A2.現在宇都宮正心館のネパール正心館の裏に、シニア黄金館が出来上がりつつあります(7月落慶)。
晩年出家といって、死ぬまで、また先祖供養もさせていただけるところを試験的にオープンさせます。
医療施設も連携できればいいですね。ただ、精舎の全国展開が終わってからになります。
またボランティアについては、国の基準では居住者の70%の人員を確保すること、となっていますので、
すぐには難しいことかと思っています。大黒天的に活躍下さった方には優先的にご入室できるようにしたいです。
構想としては私も持っています。精舎の近くがいいと思いますので、今後は境内地を広く買って、
法友と一緒に暮らせるように、幼稚園のエンゼルプランから老人部門まで考えています。
法友が手伝えたり、若い人の施設と隣接できるようなものが理想です。
ワタミグループのは1億円かけているようなので、うちはそれではやっていけませんから、
財務がもう一段厚みがでてくると出来ます。
2016年には幸福の科学大学も作りますが、最初は3学部くらいですが、いずれ医学部も作るつもりです。
もう一回り大きくならないとですね。

先ずは、都市型正心館を押えておかないと、伝道も進みませんし、政治も出来ません。
政権取ったら話は別ですよ。何でも出来ますけどね。今の大黒天層が今の巡航速度で25%増えれば実現できます。
もちろん、死んだあとは間違いなしです!!

以上

36 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/07/04(日) 02:19:13
『ご生誕祭り』期間中の東京正心館の行事予定です。
どうやら『ご生誕祭り』とは「主にお金を捧げるお祭り」のようです。
参院選真っ最中にこんな事をやって…。勝つ気が見えません。

東京正心館より、7月3日(土)〜7日(水)御生誕祭のご案内です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御生誕祭は、主の説法壇にして、主に最も側近き礼拝殿・
東京正心館大法輪の御前に全世界の信者で集いましょう!

【礼拝堂開催行事】

《7月3日(土)》
11:00〜  経文「エル・カンターレへの祈り」拝受式    【\2,000】
12:00〜  御生誕祭式典の中で、次の祈願を執り行います。
          「地球平和のための祈り」         【\30,000】
          「世界伝道のための祈り」         【\30,000】
13:00〜  御生誕祭終了後、
          「社長出世祈願」祈願式         【\30,000】
14:00〜     「悪霊封印秘鍵」祈願式 【\30,000】【お守り2,000】
また、4階特別礼拝室にて「悪霊封印秘鍵」祈願式を執り行います。
          ①18:00〜  ②21:00〜

《7月4日(日)》
12:00〜  御生誕祭式典の中で、次の祈願を執り行います。
          「地球平和のための祈り」         【\30,000】
          「世界伝道のための祈り」         【\30,000】
14:00〜  御法話 「未来への国家戦略」(衛星中継)


《7月5日(月)、6日(火)》
12:00〜   御生誕祭式典の中で、次の祈願を執り行います。
          「地球平和のための祈り」         【\30,000】
          「世界伝道のための祈り」         【\30,000】

《7月7日(水)》
        御生誕祭式典の中で、次の祈願を執り行います。
          「地球平和のための祈り」         【\30,000】
          「世界伝道のための祈り」         【\30,000】
          ①12:00〜  ②19:30〜

※御生誕祭期間に限り、参列者の皆様に、
  「『地球平和のための祈り』読誦・講義」(22分)を拝聴いただけます。

37 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/07/04(日) 02:29:35
>>36
エルバさん
これは、すごすぎる。

金・金・金の「誤」生誕「塞」ですな。
金がないと八方塞がり。金がないとやっていけません。
いやなdんたいになったなぁ。

38 フリーダム :2010/07/04(日) 03:16:21
こんなメールが回ってきました。


[幸福実現党特製二宮尊徳像]
2010年12月末まで期間限定頒布のご案内。

繁栄の守護神をお迎えします。
子供の学力が増進し、日本の再興につながります。
政党の活動の後押しになります。

エル・カンターレ信仰のもと、二宮尊徳像を御安置することにより、
怠惰な心に打ち克ち、勤勉の精神を持続することにつながります。
国民のやる気と経済繁栄に向けての夢を鼓舞していきます。
詳細は別途ご案内します。


…という事なので、詳細を待ってみます。


>>36
エルバさん、それって…(絶句)。

39 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/07/04(日) 16:59:31
>>38 ええーっ、フリーダムさん、「二宮尊徳像」なんて話があるんですか?
もうほんとに滅茶苦茶、迷走状態もいいところですね。
情報が入りましたら、また教えてください。

40 ローズマリー ◆AqjdYrFy8M :2010/07/04(日) 18:34:07
我が家に来た情報です。

二宮尊徳像

個人用  7万 30万
法人用  150万 300万だそうです。

そして、像が読んでいる本は「幸福実現の本」だそうです。
呆れます。

41 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/07/04(日) 19:05:52
エルカン像の効力がなうなったためか、高額のため買い手がいなくなったので、
また新しい銅像(?)ですか。
ホント北朝鮮みたいに像がすきですね。
 
あきれてものもいえん。「銅像(どうぞ!)、仏像(ぶつぞ!)」の世界だな、こりゃ。

42 00 :2010/07/04(日) 19:39:09
>>38 >>39
そのうち坂本竜馬像とか吉田松陰像とかなんでもかんでも出てきてゼネプロも真っ青な
フィギア商売で成り立つ幸福の科学とかになるんじゃないですか?
版権問題も出そうにないし、金にはなるといった感じでしょうか。

このネタ出すと中二だなんだと五月蝿いオッサン、オバサンがいるのを承知で書きますが・・・・・
フリーダムさん、最近種と種死、通して見ましたよ、なんかもう一回見たくなって。
最近のkkの状況ってもう種死の最後の方みたいなぐちゃぐちゃな感じと同じだなと。
敵とか味方とかが訳わからなくなっていって、最後に月面で無くシンたちが今の青年とか学生にダブって見えたんですけどね。

二宮尊徳像って、もう終わりが見えた感じだと思います。

43 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/07/04(日) 21:38:26
二宮尊徳の意味するところは、
KKの心(お金?)の頼りはもはやご本尊ではなくKK学園…ってところですか。

個人でエルカン像300万はさすがに反感が強かったのかな

44 りんご :2010/07/04(日) 23:56:17
二宮尊徳の銅像で、読んでる本が、幸福実現党の本だということに、笑えます。
大笑い。

でも、なんだか幸福の科学も「お笑い」の領域になってきましたね。

45 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/07/05(月) 01:02:43
私が幸福の科学の本を読み始めた頃は、9次元霊が十人いて、どの霊人を信じても良いというスタンスでした。
もともと高橋信次さん(エル・ランティ)の本から入った私は、ランティからカンターレへのバトンタッチという説を信じたものでした。
それが「方便の時代は終わった」の宣言のあと、エル・ランティは裏側のエンリルという扱いになって、かなり混乱しました。
その後、「エル・カンターレ信仰以外、信仰はありえない!」という教義に自分の信仰を合わせるのに、かなり苦労してきました。

「エル・カンターレは宇宙創造の根本仏の9次元顕現である」とか、
「エル・カンターレは惑星丸ごとボンと出したり、ボンと消したりできる存在である」とかいう話を信じるよう努力してきました。

それが最近ではエル・カンターレでは顧客ニーズをキャッチできないと判断したのか、
千手観音やら、安倍清明やら、プレアデスやら、いかにも大衆受けしそうな路線に変更してきています。
「ここだけの話、『安倍清明の悪霊封印秘鍵』は『エル・カンターレ・ファイト』よりも効きます」
などというふざけたメールが正心館から流れてきます。

  「エル・カンターレは9次元トップだろうが!安倍清明に惑星1個だせるかッ!このバカタレがぁっ!」

はぁはぁ…。 失礼いたしました。 つい、激昂してしまいました。


そんな訳で、「エル・カンターレ信仰者」たらんとしてきた私には、二宮尊徳像の「頒布」だの「ご安置」だのという話を聞くと
腹が立って、腹が立って、仕方がないのです。

46 ジョシュア ◆gvmUi2VapE :2010/07/05(月) 19:54:06
エルバ様、エルバ様
 ご乱心召されるな! 待つの廊下も、いずれは味方
 積年の 臥薪嘗胆 満願の日近し  鎮)

47 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/07/05(月) 20:30:31
ふーっ、ふーっ。
いや、かたじけない、ジョシュア殿…。
…大丈夫…、落ちつきました…。

48 ジョシュア ◆gvmUi2VapE :2010/07/06(火) 23:22:41
エルバ殿
 こんばんわ、落着かれ何よりですm(__)m
 さても、与野党の体たらくに国民は醒めきっております。
 よもやKJ党が... 7.11ふと狂想を抱く今宵ですw
 
 相如(しょうじょ)、因(よ)りて璧
(へき)を持(も)ち、却立(きゃくりつ)
 して柱(はしら)に倚(よ)り、怒髪(どはつ)
 上(のぼ)りて冠(かんむり)を衝(つ)く。

 あぁ無力哉!!!

49 イノセンス :2010/07/07(水) 11:47:28
はじめまして。
昨日都内外れの某駅で政党名が不明な幟を掲げた男性が1人演説してました。
よくよく聞いてみると幸福実現党だった。
ビラを配る年配の女性がひとりいるだけ。
誰もビラを受け取る人もなく寂しいものでしたよ。

↓これHSそのものだと思うけどいかがでしょうかね。
 私の場合、HSから嫌われ縁を切ってからとてもいい状態です。

【あの国のあの法則(歴史と実例が証明する法則)より改変】

《絶対法則》

第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、HSと組むと負ける。

第二法則 第一法則において、HSが抜け駆けをするとHSのみが負ける。

第三法則 第一法則において、HSから嫌われると法則を回避できる。
     この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある

第四法則 第一法則において、HSと縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

第六法則 第3・第4則において、HSと手や縁を切った場合、
     運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

50 00 :2010/07/07(水) 12:08:38
イノセンスさん、はじめまして。

>HSから嫌われ
このパターンすごく多いと思います、本当の事を言う人や運営の問題点
改善点などを指摘したりすると煙たがられて、やがて様々な難癖をつけられて
会を追い出されるという傾向は全国共通の現象です。
ここに来るほかの方々も同様の経験をされている方はたくさんいらっしゃいます。

今後ともよろしくお願いしますm(__)m

51 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/07/09(金) 22:20:17
*メインスレッドからのコピペです。*

マルタさんのブログ「獏論3」に、
昨年の衆院選にて、1体奉納すれば1万票入ると言われていた、
1体300万円のエル・カンターレ像の写真がアップされました。

http://sprn.blog111.fc2.com/ 内のこの記事です。
http://sprn.blog111.fc2.com/blog-entry-174.html

マルタさん、また貴重な写真を提供していただいた方に感謝します。

52 ワンモアタイム :2010/07/15(木) 18:37:57
◆ W杯に思うこと ◆

選挙も見事、予想通りの結果になりましたね。
その裏でW杯も終わりましたが、
その中でも「歴史的大敗だった北朝鮮の試合」についてこんな記事がありました。
皆さんもご存じかと思いますが、色々考えさせられました。

サッカー・ワールドカップ(W杯)
南アフリカ大会でポルトガルに0−7で大敗した北朝鮮の敗因をめぐって
「金正日(総書記)の作戦ミス」とする説が出ている。
朝鮮日報などによると、北朝鮮チームのキム・ジョンフン監督は
もともと守備出身で守り中心のプレーを得意としてきた。
ところがポルトガル戦では点を取りにいったため守りにスキができ、
大量点を許す結果になった。

失点が重なった後もほとんど守りに入らなかったのは、常識はずれといわれている。

こうした極端な攻撃型作戦への突然の変身は、
金正日総書記から直接の指示があったためというのだ。

情報当局筋の分析として伝えられているもので、
キム監督自身、大会が始まった後、

「金正日将軍様から携帯電話で戦術的助言を直接受けている」と語っている。

サッカー関係者も「キム監督はもともと沈着、冷静な人物。
外部からの作戦介入がなければありえない作戦ミス」と評している。

情報当局者などは
「経済難などで沈滞している国民の士気を高揚するため、
サッカーでも攻撃一辺倒に出たものとみられるが、
結果は大敗してしまい逆に国民はさらに意気消沈だろう」と語っている。
(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100623/scr1006231200065-n1.htm

W杯予言的中のタコ「パウル」が引退へ

「タコのパウル君は英国生まれの2歳。
対戦国の国旗を付けた餌の箱2つのうち
どちらを選ぶかで勝利チームを占い、8試合全ての結果を的中させた。」
*(CNN)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000003-cnn-int


まわりからあがめられ、全知全能と自分自身の能力を過信して現場を無能呼ばわり。
外から細かい所まで指示を出して監督や選手を混乱させる。
その結果に対しても自分は責任をとることは絶対にしない。
監督・選手は炭鉱送りの懲罰も噂されるほどの独裁ぶり。
トップに対し批判が言えない体質。皆さんはどう思いますか。
ちなみに予言ですが人間なんかよりも、
「たこ」の方が的中率が高いって(笑)
勝敗について無心、無欲だからこそ当たるのかもしれませんね。

53 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/07/18(日) 08:16:17
[7] 大川先生の選挙の総括の講話 

From: ueyonabaru
 先生の総括がなされました。概ね、私には納得ができました。要旨は次のとおりです。ご講話の演題は、「選ばれし人となるためには」となっておりましたが、選挙のお話が大半でした。以下、まとめてみました。

(選挙の結果)

 今度の選挙は、戦術的には負けた(当選できなかった)が、戦略的な面では勝っている。先の選挙においても、そうである。先の選挙において、二大政党が国際問題(北朝鮮のミサイル、中国の軍事的脅威など)には触れないようにしていたが、実現党はあえて取り上げて、民主党が勝てばアメリカとの間での問題が生じるとも言ってきた。そのため、その後の国論は変化してきた。(国民の民主党への見方が厳しくなってきた。鳩山政権の凋落をもたらした という意味か-ueyonabaru)

 この度の選挙において、戦術的に勝負しようということであれば、前回同様の人数を候補者に立てたなら、今回の得票数からすれば、当選者が出たはずであるが、しかし、戦略としての戦いを重視した。今回の立候補者の得票は、1万とか4万とかいう具合に、前回の千票台から万の台の得票数が獲得できている。今回の選挙戦における戦略とは何かというと、菅政権成立時の支持率60%を選挙戦を通じて、30%おとすことを狙った。菅政権が、社会主義、唯物主義的な方向にいく事がすぐに感じ取れたので、消費税増税反対を政策に挙げてはいたが、本当は、政権の社会主義的傾向を攻めていたのである。これは、寸分たがわず、目指したとおりになった、成功した。

 自民党が勝った理由は、自民党にもマスコミにも予想できなかったことである。それは、幸福の科学の全面的な民主党攻撃によるところが大きい。

 幸福実現党が消費税増税反対のキャンペ−ンを大々的に行ったことにより、民主党は消費税増税の菅総理の前言を訂正せざるを得なくなり、また、自民党も増税を強力に推し進めることはできなくなったはずである。自民党は消費税増税の旗印を降ろさなくても勝っているが、これは、実現党が民主党を攻撃したことによる効果である。

 次の選挙戦の戦いは、教育問題と地方分権が焦点になるだろうが、絶対に、日本が悪くなるような政治状況にはしない。

 再度選挙に挑戦する。3回目も屍骸累々の結果に終わってしまうのか、そのあたりで何らかの光明が出てくるか分からないものがあるが、その後の未来は明るいのである。宗教政党である実現党は、困難を乗り越えて、やっと政界に乗り込むことができたという形をとりたい。その方が国民の反発も少ないだろう。

 いま、菅政権はなにをやったらいいのか分からない状況にある。今後とも、菅政権による国難を招く傾向には反対する方向に動きたい。

54 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/07/18(日) 08:17:05
>>53のつづき。


 具体的な戦術について言えば、実現党は支持者名簿では250万を集めている。これの歩留まりを高める方策がシッカリしたいなかったことに負けの原因の一つをもとめることができる。ある人は、4万人の支持者名簿を集め、全員に2回の確認の電話をしたということであるが、参考にしたい。

 信仰もイバラの道を辿ればこそホンモノになるように、選挙も同じである。少しずつ進化すれば、時間をかければ大きなものに必ずなれる。イキナリ成功するのもよくないことである。

 皆さん打たれづよくなってください。今度の選挙を通じ世間の無明の壁がいかに強いものかお感じになったでしょう。人救いであり、国救いなんです。皆さんはあの世に還っても、同じように人救いの仕事が待っているんです。人間というのは、手がかかるものです。あなた方ご自身もそうであったでしょう。手がかかったのです。

 幸福の科学の宗教がスム−ズに広まらないのは、過去の宗教の負の遺産が残されている部分があり、これがわれの伝道の難しさともなっている。宗教への疑心が多くの国民にはある。なので、手がかかるでしょう。宗教への先入観が強いのです。

 幸福の科学の海外の信者数は、あと2,3年もすれば国内の信者数も上回るようになるかもしれない。外国の人の方が、客観的に幸福の科学のよさを素直に分かるようです。外国の伝道においては、皆さんからの浄財がおおく投入されている。あと10年もすれば、外国の方も自立できるようになるでしょうから、皆さんもあと少し頑張っていただきたい。

 幸福の科学は、いま、大発展の前の大きな坂の途中にある。ここで、頑張っていきたい。今回の選挙戦においては、霊言の大広告が、ほとんどの新聞社の紙面にのるようになっている。こちら(大川先生)の方が、逆に、読者には色々の方がいるので、読者からのクレ−ムなどにより新聞社が困らないのかと心配するほどである。状況は良くなっている。また、幸福の科学学園も順調にいっており、外国伝道もうまくいっているのである。これらは、皆さんのお陰である。政治運動にもお金がかかっており、皆さんには申し訳ないが、いましばらくよろしくお願いします。

 我々の大躍進は、いま端緒についたばかりである、ともにがんばってまいりましょう。
 http://www.c-player.com/ac86119/message

55 エル・バカターレ ◆MQoSIUv77g :2010/07/22(木) 19:07:55
タムさん、情報ありがとうございます。
支部から「抜粋版は千円だから、聞きに来い、聞きに来い」とウルサかったので、助かりました。

しかし、『理由のあとづけ』なら何とでも言えるといういい見本ですねえ。
選挙で「選ばれなかった人」が、、「選ばれし人となるためには」という演題とは…。
「寸分たがわず、目指したとおりになった」であるならば、石川党首がクビになることも計画だったのでしょうかねえ…。
これはひょっとして、タチの悪い冗談なんでしょうか?

56 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/07/22(木) 19:10:28
>>55 のトリップ、入力ミスです。

57 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/07/22(木) 20:52:48
>『カルトの子 心を盗まれた家族』 米本和広著 文藝春秋

>まるで性格の異なるカルト(団体)にもかかわらず、一つの共通項があることに気づかされる。

>それは、親子関係がどの団体でも逆転した関係になっている、ということだ。

>子どもと親の関係は本来、子どもの欲求に親が応えるのが基本となっている。赤ちゃんは
>空腹になると泣いておっぱいを求める。おしめが濡れると泣いて知らせる。母親は泣き声によっ
>て何を求めているのかを判断し、子どもの欲求に応えてやる。年齢が高くなるにつれ絶対性は
>薄れていくが、子どもからすれば親は自分のことを守ってくれる絶対的存在であり、親にとって
>も子どもは絶対的存在である。少なくとも親離れ・子離れの時期まで、親子は絶対的な関係で
>結ばれいる。

>ところが、これまで見てきたカルトの親子関係は、親の欲求を子どもが満たすという歪な関係
>になっている。〜(略)〜

58 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/07/23(金) 16:00:13
>>57 タム さん

うわぁ、うち、それです…
「親に守ってもらえない」事は
かなり小さい頃から自覚していました。

59 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/08/11(水) 22:14:37
2ch過去ログサイトを見ていたら、
「幸福の科学会員限定スレ」というものがありました。
ここと真逆ですね。

2001年5月ごろのものですが、会員は数人しか来ていないようです。

http://mentai.2ch.net/psy/kako/987/987497875.html

2001年でも現在でも批判する点・される点はあまり変わらないのだな、と思いました。

60 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/08/12(木) 10:05:31
>>59 以外にも、
KK関連の、2ch過去ログをまとめて貼っていく予定です。
今はスレッドが終了してしまうと見られなくなってしまいますし

61 質問です :2010/08/14(土) 02:32:09
ウエストさん おつかれさまです
すみませんが
>>60の過去ログを貼る とは どういうことですか?

62 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/08/14(土) 10:00:56
>>61 さん
わかりにくくてすみません。

>>59 のように、
2ちゃんねるの「幸福の科学」に関するスレッドの、
過去ログへの「リンク」URLを貼っていきます

で通じますでしょうか

63 旅人大空襲 :2010/08/14(土) 21:08:38
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪
うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪うんこくさい旅人♪

64 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

65 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

66 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/08/15(日) 00:42:35
>>64-65
あ、やはりそうでしたか(笑)

こちらこそすみません、
自分用メモみたいで、わかりにくかったですね。
過去ログは、このサイトから抽出していく予定です。

http://mentai.2ch.net/psy/kako/

コメントは、スレの内容に関係がありますので、
削除の対象ではないのですが、ご希望であれば削除します。
今日は遅いのでこの辺で…

67 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/08/15(日) 09:18:39
>>64-65
は、御本人の希望により削除しました。

68 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:40:59
今なにかと話題になっている佐竹秀夫氏(湯布院正心館館長)の講話が流れてきましたので掲載いたします。

演題は「幸福の科学の逆襲」と言うことで、論点は、
  ① 「死ぬ気になれば何でもできる」
  ② 「言い訳するな(言い訳の内容は全部この世的な話)」
の2つです。論旨は、
    「この世の事情なんて関係ない。信仰心を高めれば奇跡が起きる!」
ということかと思います。

私はなんとなく旧日本軍の精神論、
    「大和魂があれば竹やりでB29を落とせる!必ず神風は吹く!」
を連想してしまうのですが…。

あと、佐竹氏は「信者の信仰心がまだまだ足りない」と認識しているようです。
私は衆参の選挙活動を見て、「信者は健気に頑張った。しかし職員・幹部の信仰心は全然ダメだ」と感じているのですが…。
このあたりも「兵士の質は世界一だが、将校・参謀は最低」といわれる旧日本軍と似ている気がします。

69 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:43:04
2010年8月17日
湯布院正心館 七の日感謝奉納式典

  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (1/6)


皆様、こんにちは。ようこそ、湯布院正心館においで頂きました。
本日は、8月度の二度目の七の日でございます。
この尊い日を、ここ湯布院正心館にて迎えることができましたことを、主に心より感謝申し上げます。

先般、主がある支部にお入りになられました時に、これから幸福の科学の逆襲が始まると、このようなことをおっしゃられました。
それは偉大なる主がこの地上に下生され、偉大なる法が説かれ、そして、多くの経典が出版されているわけでございます。
そして、多くの方々がその中に真理を見出だし、人生の光を見出だしておられます。

しかし、その逆の勢力も如何せん強く、その中におきましても、この日本全体はマスコミを中心として、唯物論の権化のような国になってきたということです。
そして、二度の選挙の結果、その闇の勢力も非常に強いということが判明したわけでございます。

そこで、私たちはこの『選ばれし人となるためには』ということで、経典を賜りました。
また、私たちも主のお教えを、長い方では20年以上賜っているという中で、何だかんだの揺さぶりの中でも、主のもとには集っていると。
ある意味では残っていると言いますか、ある意味では選ばれているという立場でございます。

それでは、この選ばれた人というのは、どういう使命を果たすべきかというのが、次の問題になって参ります。
ただ単に残っているだけでは済まないのであって、そこに何らかの仕事がある。それが幸福の科学の逆襲であると、このように思うわけです。

70 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:44:56
  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (2/6)


一見、この世が闇に閉ざされているようなところを引っくり返していくという、
今から私たちが果たさなければならない命題が、提示されたと思います。

一見、本当に大きな力が掛かっているように見えるわけですけれども、主は、またこのようにもおっしゃられました。
「左翼勢力が強い、もうこの言い方を止めようじゃないか」と。

本当に強いのかと。左翼が強い、左傾化しているというが、本当かと。

本当の真実の世界から見たら、そんなのは愛の大河の下流の方で、塩と真水が混ざっているような一部分であって、
その愛の大河全体から見た時には、それは一貫して変わっていない。天上界の世界も変わっていない。
その光が、今地上に降りようとしている時に、そういった無神論的なもの、或いは唯物論的なものが、
今少し流行っているという程度ではないのかということでございます。

天上界から見れば、そのように見えておりますし、これが真実ですけれども、私たちもやはり、日常的な生活の中で、
この法を広めようとすると、日常的な影響が本来の力を弱めているということも事実でございます。


では、その使命を果たすために、どのように生きなければいけないかというと、おおよそ二点あるということです。

まず、一点目は何とおっしゃられたかというと、「死ぬ気になれば何でもできる」と、これが一点目でございます。
死ぬ気になれば何でもできると。
しかし、死ぬ気にならないと何もできないということなんですね。

死ぬ気になれば何でもできるというのは、死ねと言っているわけではないんですよ。
死ぬ気になればというのは、「あの世に戻る」ということを考えれば、何でもできるだろうと言っているんですね。

71 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:46:46
  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (3/6)


あの世に戻ったらどうするんだといえば、死ぬんですよ。
死ぬというのはどういうことかと言うと、朽ち果てるということではないんですよ。

それは肉体が朽ち果てるだけであって、魂は朽ち果てません。
自由自在なんです。霊になるということですね。霊として生きる、魂として生きる。
霊として魂として自由自在に生きれる世界が霊界なんだと。

そしてまた、私たちの守護霊のいる世界、魂の兄弟のいる世界に戻るということですけれども、その目で見てみろと。
霊としての目で見たら、今この地上で起きていることなど、何てことないじゃないかと。

大したことない。もう、頭打っているような人たちがいっぱいいると。
生まれ落ちた時に、ちょっと打ちどころが悪かったような人がいっぱいいてですね、
頭クラクラしているだけのことじゃないのかと。

ということで、本来の世界から見ると、ほんのちょっとしたものではないのかという視点。

これは、ただ単に死ぬんだとか言って絶叫しているわけではない。
霊としての本来の死後の世界の目から見た時に、仏の法というものは厳然としてあって、
この実相世界に抗(あらが)えるものは何一つない、ということがわかるはずである。

こういった視点を持って、この救世運動をやってみよということではないかとこのように思います。

72 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:48:58
  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (4/6)


もう一つございます。

それは何かと言うとですね、「言い訳するな」というのがあるんです。

「死ぬ気でやれ」というのと、「言い訳するな」というのがあるんですが、なぜ言い訳してはいけないかというとですね。

これ面白いんですけれども、言い訳の内容というのは、よく分析すると、全部、この世的な話なんです。

あの世的な理論で言い訳してみろということなんですよ。そんなことできないんです。
体調が悪かったとかですね、その時お金がなかったとかね、寝坊したとか、いろんなことがあるんですけれども、
ほとんど、この世の話なんですよ。

できなかった理由を、この世の話で理論化してしまうと、この世的になってしまうんですよ。

そうすると何が起きるかというと、神秘の力が働かなくなるという現象が起きます。
天上界が応援してあげよう、偉大な奇跡の力を起こしてあげよう、この病を治してみせよう、
或いは、この悪霊をぶっ飛ばしてやろう、大繁栄をさせてやろう、と思っていても、
この世的なことを言って理屈を言い出すと閉じてしまう。

これは法則なんですよ。

あの世のことは霊であるから同通しますが、霊を否定した時に、スイッチ切れてしまうんです。

これを知らない。
だけど、言い訳ばっかり練習して来ているわけです。子供の時から。
大体、子供だって結構な言い訳しますしね、役人であろうが何であろうが、
みんな言い訳するということで、言い訳を一生懸命考えているわけです。

言い訳は、この世的な話なんです。

言い訳すると何が起きるかというと、天上界の協力が得られなくなるんだと。
だから、ダメだと言っているわけです。

73 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:53:04
  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (5/6)


ですから、主は I can 自分はできるんだとかですね、Be Positive 積極的であれとか、
そんなことはないんだと、できるんだと、ただ一人立てと。

常に言われているのは、いくら主エル・カンターレを信じていると言っても、この世的なことで理屈を立てますと、異次元パワーが働かなくなってくるんだと。
ごく普通の人になってしまうということなんです。

ですから、普通の人だったら、今のこの唯物論勢力には勝てないわけですから、
勝つためには霊的な認識、異次元パワーをもって、神秘のパワーをもって打ち勝とうとする以上、
この世のことなんか認めないという態度が必要である。

ですから、死ぬ気でやれと。

死んだら何も無くなると思ったら大間違いで、霊界のパワーを引っ張ってくる。
じゃあ、霊界のパワーを引っ張ってこようと思うなら、死ぬ気になればいいわけですし、この世的なことで自分を説得するな。
この二点を押さえる必要があるということではないかと思います。


従いまして、幸福の科学の逆襲とは、真の宗教としての逆襲でもありますし、異次元パワーによる逆襲でもありますし、神秘の力による逆襲でもあると。
これがですね、今から起きようとしている。

だったら、やるのは誰かというと、弟子だと。
弟子自身が主を信じ、主のもとでその力を全開したならば実現するが、
主エル・カンターレが法を説かれるにもかかわらず、
弟子どもが、いつまでたってもこの世的な言い訳を立てているのであったら、この革命は成就しないのではないか、ということです。

ではどうなのか。そんなことあるもんかって言ってるわけですよ。
いつまでたっても、この世のことばかりグダグダ言っている仏弟子ってあり得ないわけですから。
たまには言ったことはあるかもしれないけれども、これから先は、そんなこと言わないと。当たり前ではないか。

74 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 12:54:49
  佐竹秀夫館長講話
    ●『幸福の科学の逆襲』● (6/6)


今も、ちょうどお盆の季節でございますから、あの世と、この世の地獄の蓋も開いていることですし、
別にこの世に生きていても、そんな人いっぱい飛んで来ているわけなんで、当たり前のことである、ということを、
霊界構造を中心にして、いよいよ真実の光を広める戦いが始まるということではないかと思います。


では、どのようなものかと言うと、主エル・カンターレを信じるということは、慈悲を信じるということである。
愛の力を信じるということである。愛の力によって、多くの方々を救ってゆくという逆襲が始まると。

では、逆襲、逆襲と言いますけどね、徒党を組んで、どこかに攻め込むということではないだろうと思いますね。

全国に散らばっている多くの方々が、自分の周辺の方々、自分が救済しなければならない方々に対して、丁寧に光を送って救済をしていく。
愛の言葉によって救済をしていくということが、全国津々浦々で、丁寧に起きてきたら、これが逆襲なんだということですね。

ひっくり返ってきます。全国で一斉にひっくり返ってきます。
今まであの世がどうのこうのとか、馬鹿にしていた人たちも、そうはいかなくなってくる。
実際に奇跡を見、或いは、今まで不可能であったことが可能になるということが起きてきたならば、その方を信じる方が増えてきます。
知らないうちに逆襲が始まるということではないかと思います。

何れに致しましても、主を信じたならば、主が説かれるのは霊界世界である。
この霊界世界こそ、真実の世界であるというところに軸足をおいて、じっくりとやっていくことによって、そ
の偉大な力は、この日本に満ちまして、それがまた、全世界にも流れていくという流れが起きてくるのではないかと思います。

ちょうどお盆の期間でもございますし、更に霊界の真実について、私たちはもう学んでいるわけですから、
これからは知っているだけではなく、それを日常生活として実行し、そして、主の理想実現、大願成就に向けて、ともに頑張って参りたいと思います。

ありがとうございました。

75 菊地展弘(666) ◆QsszagWZNU :2010/08/29(日) 15:54:49
エル・バカンターレ様、お疲れ様です。
”幸福の科学の逆襲”とは、
映画、”スターウォーズ帝国の逆襲”、みたいですね。
漫画だ。

76 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/08/29(日) 21:30:03
菊地さん、こんばんは。
菊地さんの投稿の削除依頼があちこちに出回っているみたいですね(^^)。
しかしトップといい、幹部といい、末端信者といい、ホントに「勇ましいコトバ」が好きですね。
漫画です。

77 アルゴラブ :2010/09/03(金) 07:35:40
「埋もれた歴史 四国の蜂起」(はじめに)
これより紹介する記録は、今から19年前、幸福の科学(以下HS)がミラクル伝道やフライデー事件を展開し、教団が大きく変質した年に、四国の高知県内のミニ教祖に関わる会員の混乱を始まりとして、やがて四国本部全体を巻き込む状況に発展した問題の核心に触れる文書です。
かれこれ20年も経過しようとする、いち地方本部内の出来事ですが、本件の中にはHSについて考える上で、重要な要素をいくつか含んでいると思います。健全な良心と理性による批判的精神をもって、自己の責任において主体的判断を下すことを躊躇わない、受け入れる準備を整えた方々にこの記録を提供します。
前置きが少々堅苦しいですが、まとまった情報公開はこれが初めなので、一応キチンとしておきたい信条です。またこの記録には本来伏字などありませんので、実名の是非はかなり考えましたが、当時立ち上がった方々は、その時点で真剣であった訳であり、その後紆余曲折して仮に心変わりされているとしても、この時の覚悟に対する敬意として、可能な限り実名で行います。
この件の総体を案内するため、かなり長文になりますので、投稿は分けて行います。それでは参ります・・・

78 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/09/03(金) 08:20:20
アルゴラブさん、よろしくお願いします(ドキドキ)

79 アルゴラブ :2010/09/03(金) 08:38:38
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅰ
1992(平成3)年11月の末、徳島市内に住む善川三朗顧問氏は、前日までは予期していなかった慌ただしい朝を迎えたことでしょう。同県の職員であり、HS草創期からの古参の会員でもある安田一男氏の文責による直訴状が届けられたからです。まず、以下にその全文を公開します。

「真の聖地四国の発展を願って −決意及び提言書ー 」
徳島支部課長補佐 安田一男
以下賛同
高松支部名誉財務部長 朝日俊彦
高知支部支部長    山崎節郎
高松支部支部長    新開敏正
徳島支部支部長    近藤 晋
聖地四国本部主任   長船幸治
同右職員       庄野昌美
徳島支部主任     辻 秀樹
同右職員       安井幾美
〃          後藤田安子
〃          中野賀津子
〃          池田英恵
〃          黒田和子    (※それぞれ署名捺印)

現在「宗教法人 幸福の科学」という団体そのものが危機的状況に直面している最中、今こうした行動の挙に出ることの是非につき私もずいぶん悩みました。しかし、私自身が現在も活動の足場とする聖地四国本部に対し、その組織展開の過程に少なからず関与してきた者として自らの責任を示すとともに、今こそ勇気を持ってこの組織内部に一石を投ずる行動を起こすことを決意いたしました。
この件によって生ずる私への責任は全て受ける所存であります。今までこうした決意なくして批判するのみに終始していた自分こそ「弱々しき善人」として恥ずべきであったと思い至りました。私の全生命をこの徳島に、聖地四国に捧げるつもりです。
切にご理解いただきたい点は、これが混乱を引き起こすための扇動では断じてないということであります。この徳島を、聖地四国をよりよくするための意見が徹底して議論される余地と、自浄作用の効果に大きく期待するものあっての決断であります。

ー聖地四国本部幹部職員についての感慨ー
聖地四国本部におきまして、現S本部長、T課長がこれまで各立場にてご尽力されてきたことには、充分敬意を払うに値するものがありますが、反面現在に至るまで生じてきた他のマイナス面、あるいは歪みについて、もはやこれを正さなければならない重大な局面にきていると思われるのです。いうならば一種の専制とも独裁ともいえる体制が、組織の硬直化を引き起こしてしまっているということです。
まず、本年度の地方拠点展開と本部組織編成時において、ほとんど無計画的に支部を作り、各支部現場に起きた人材の流出が、支部の発展期において、組織の弱体化を招いてしまった事実があります。このことは、現場の状況を無視した人材配置と不適当な時期の人事異動によって、有望な人材がその能力を生かされず、その時点において限られた人員がさらに必要以上に四国から流出してしまったことに主な原因があると思われます。
また、四国の各地に優秀な人材が居ながらも、各支部基本組織に不活性をきたしている要因は、仏陀様への信仰心としての数字のみで完全に上意下達が優先していることが第一にあげられます。その上意下達式命令系統により、自由闊達で建設的な意見を提言しにくく、提案しても汲み取られずに、常に「信仰心」を盾とした偏向的とも思われる論理によって切り捨てられてしまうのです。そうした、苦言もままならない重苦しく暗い雰囲気が本部幹部職員にあるところに、こうした愛なき威圧と裁きそのものの実態があるのです。
事実、切り捨てられ、排除されて、一線を退いてしまった方々には、もっと幸福の科学の発展にとってお力を発揮していただきたい人材がいるのです。
そうした事の弊害が、現在四国各地に面従腹背を横行させ、一致団結した聖戦への戦意を喪失させ、結果として今ではもはや、集金実績第一主義の、まことにすっきりしない波動がこの聖地四国を覆っているのです。
本部幹部職員はこの現実を厳しく受けとめ、その愛なき指導力と指導方針に大いなる反省が必要です。
(提言書P1 続)

80 アルゴラブ :2010/09/03(金) 10:11:06
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅱ

ー提言ー
右の感慨を持つ者として、今後私が切に希望していることは、本部幹部職員の中でもS本部長、T課長に、もっと真剣に各支部の支部長、職員、他の会員の率直な意見というものを聞いていただきたい。その中から教訓に足るものを抽出していただきたい。今だ表面には出てこないが、心の中に意見をお持ちの方々の話を聞いていただきたいということなのです。
こうした人心の乖離と荒廃をどう考えておられるのでしょうか。もうこれ以上の事態の悪化は許されません。
今こそ心と心の交流という、神理の団体の原点から出発すべきです。その上でこれからの聖地四国をどうするべきかという合意のもとで、心から1つにまとまった聖地四国を再建すべきであると考えます。

S本部長の理念である「最も愛と光に満ちた聖地四国」が現在の状態で本当に浸透しているのか疑問であります。会員に対して、自分の意にそわない者は会員であることをやめていただきたいとまで言うことは、恐怖感をもって服従させているのであって、そこに心の通い合う余地はありえないのです。このことに対する無言の抵抗が、各支部のブロック長やチーム長をして、自ら役職を退くという事態につながってしまったのです。
かつて私は、これほど愛なき四国の状態を知りません。ともすれば上に篤く下に権威主義的な抑圧をかけるという、そこに愛の欠如を感じざるをえません。決してこのことは私個人の偏見でもないことを知っていただくためにも、他の多くの方々の意識調査をされたらよいかと思います。どれほどの不満が今、会員間で語られているかを知るべきです。

当地におきましては、善川顧問先生が常々この聖地四国の趨勢にお心を砕いてくださっています。しかし、現在その顧問先生の貴重なご意見がどれほど聖地四国に反映されているのか。良い情報はお耳に入れるが良くない情報は操作して隠そうとすることを多くの会員は知っています。そしてご指示は表面上でしか実行されていない。こうしたことは目に余るものがあります。
例えば「フライデー事件」の、会員や一般の方に対するタイムリーな状況説明の取り組み方がそうであります。そうせよというお声が無視された形でありました。「反省瞑想修法」の実態しかりであります。これも顧問先生の意にはそいかねるものであったはずです。一体この「反省瞑想修法」とは何であったのでしょうか。総合本部の活動方針ではないはずのものを最優先していたのではないでしょうか。機を見るに敏であられる顧問先生のご意見というものを、もっと尊重し実践に役立たせてこそ、感謝の意を表し報恩していくことではあるまいか。

心ある多くの会員は聖地四国におはす顧問先生を慕い、熱意ある活動をして今の幸福の科学を財政面でも懸命に助力してくださっていますが、現時点まで各人にどれ程の負担をおかけしているかの情報収集をし、会員に対するしかるべき感謝と、そして1人1人を大切にしているかということを検討されるべきであります。

先日、坂口統括部長によって、今のこの現状に対し総合本部側からのこれまでに至る事情説明と反省の弁が発表されたが、残念ながら今だ聖地四国本部より、そのことに相応した反省の弁が聞かれないのはいささか納得しがたいものがあります。数以外の理想もなく無理な計画を圧力で実行し、ことここに至るまでには聖地四国本部としてもその指導方針が万全であったとは認めがたいものがあると思われます。
(提言書P2 続)

81 アルゴラブ :2010/09/03(金) 10:43:46
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅲ

ー聖地四国本部に係る責任の具体項目ー
・バブル伝道の推進とその責任。(個人の実績評価への執着が潜在)
・戦略、戦術面において、現時点での組織の実力とあまりにもかけ離れた作戦の企画と、その欠陥による責任。(ありんこ作戦)
・経済面における会員の尊い布施の心に無配慮な、経費等の無駄使いと無計画な乱費(過度な出張と宿泊費等)が、今日の財政難に及ぼす影響は大きい。(この件に関し1部資料あり)
・前途ある人材である1職員(愛媛のI氏)を休職に追い込んでしまったことの責任。他の職員(本部の長船氏)に対する冷淡な扱いと処遇、一方的な処置。職員は休日なしとする一方的措置。
・拠点展開における戦略の失敗と、現在も続く拠点費用の無駄使い。(幡多支部存続、四国本部2フロア分家賃、本部職員寮空室の件)
・高知支部のF女史とその周辺の人物に対する誤った認識に基づく、不当な肩入れが招いた当地の混乱。(証言者の資料あり)
・不適当な人事異動による、高松、松山、両支部の地盤沈下の責任。

ーS本部長に対する見解ー
・「中道の精神」、「八割二割」の考え方が無視された近視眼的発想。
・法を伝える講師としての資質は評価できるが、リーダーとしての資質に欠ける。
・総じて不振の責任を他に転化し、活動の目標管理においても必達出来なかった時点で、指導した側の反省がまったくない。これでは全体の調和も発展もなく、人の心にあきらめと敗北感のみが残るように思う。

ー希望を託するための提案ー
・本部課長職の権限行使範囲の適正化。
・支部長の権限の確立。
・愛と信頼の人間関係をとりもどす。
・思いきった本部内部の刷新を計り、どうすればよりよくなるかの再建策を練る。

平成3年春まで感じられていた、南国四国にふさわしい、あの暖かい雰囲気がなくなって久しい。
周囲を海に囲まれ、1つの島の4つの郷に住み、家庭的で笑顔のなかで活動していた仲間たちがいとおしい。
1日も早く本来の姿を取り戻して、仏陀様のために皆が心から満足と感謝のうちで活躍できる聖地四国としたい。
(提言書P3 続)

82 アルゴラブ :2010/09/03(金) 11:40:22
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅳ

ー敬愛いたします顧問先生ー
ついにやむにやまれぬ思いで、このような形で直訴させていただくことをどうかお許し願います。
先日はこちらの道場でとり行われました、古希を迎えられての感謝祭で、久々にお顔を拝見することができました。たいへんお元気なご様子と、また予想をはるかに超えて、先生を敬慕する会員の多くに参集していただけたことが、何よりもうれしく思いました。
私自身、初転法輪よりこの5年間のことがいろいろ思い出され、万感の思いでした。
徳島の地に赴任してからまもなく3年目。先生に名付けていただいた息子のMも満2歳となり、その元気さには私どもも驚かされることたびたびです。先生には今後ともますますご健在で、聖地四国の柱としてもご指導くださいますようにお願いいたします。
さて、ご報告も届いたかと思いますが、私どもの、この道場からの移居につきまして先日、顧問先生感謝祭の終了後にS本部長より話を聞かされました。その内容は次のとおりです。

S「安田さんには、私の周囲の方々の意見を聞き、この道場から移っていただくことにしましたので、上申書を提出します。決まりましたら徳島市内のマンションを借りてください。」
安田「突然の話ですからすぐには承服できません。県外に赴任という話ならばまだわかりますが。それにこの時期、費用がかかることをなぜですか。ここからも徳島の事務所に通っております。」
S「安田さん、それはあなたの自我我欲というものです。全託すべきです。後任はもう決まっておりますので早急に上申書を上げます。」
安田「そもそも徳島に住んでいた時は、この道場の管理人室よりも広いマンションに住んでいましたが、道場の管理人が早く決まらないと顧問先生もご心配なので、私どもが引っ越してきたといういきさつがあります。しかし住んでみて今では、子育てにも良い環境であったと満足しています。」
S「そんなことはわかってますよ。ここにいれば家賃もいらないし、管理手当も8万ですか、もらっているでしょう。」
安田「はい。そのことに関しましても感謝しております。」
S「子供も1人じゃだめです。法帰依ということもあるでしょう。もっと発展的にならなきゃだめです。」
安田「時期もあるので、私の希望としてはまだここに置いていただきたい。」

簡単にまとめると右のような一方的な会話の内容でした。
道場の管理はそれなりに落ち度なくやってまいりました。現在は徳島支部のサービス課員として11月には250万円の書籍、テープ、ビデオの注文確約をとり、資金推進も400万円借り入れることができました。天使の学校の講師としても県内を飛び回っております。第一この時期、私どもには恥ずかしながらお金がありませんし、引っ越し費用が出れば、今のこの幸福の科学の財政危機に供出したいくらいです。事実、11月も鳴門ブロック分200万円の資金推進で少しばかり協力したばかりなのです。先日行われました東京での神理学検定試験の優秀者表彰式も、経済的理由で出席をみあわせました。こうしたはなはだ個人的問題にも直面しておりますが、先日の顧問先生のご慈愛あふれるお言葉に深く感謝し、情勢が整い次第、鳴門もしくは徳島で新しく頑張ってみたいと思います。
さて、そのことを別にしましても、これまでの組織内部の諸問題に対し、もはや熟慮断行の時至ったと感ずる次第であります。真の聖地四国の発展を願い、他の心ある方々と連携しまして提言書を作成いたしました。ぜひお目をお通しいただければと思います。
断じてこの聖地四国を発展させ、顧問先生を真心よりお護りするとの心をもってのことであります。
どうかよきご裁断をお願いいたします。

平成3年11月29日    徳島支部課長補佐 安田一男


以上が安田氏ほか賛同者による直訴状の全文です。
そしてこの書面に対して、善川三朗顧問は即座にレスポンスをします。
(次に続)

83 おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2010/09/03(金) 12:46:51
>>68-74
やはり佐竹は骨の髄までカルトウイルスにやられてしまってるんだね?
信者騙しのために自分に嘘をつきながら始めた事柄であったにしても、
やがてはその自分の「言の葉」「言霊」によって嘘の自分のつもりが本当になっちゃうの。

但し、そんな佐竹の口を突いて出てくる悪霊言葉に騙されて
”佐竹館長”という権威に踊らされてしまうような無定見な信者が群れを成す有様もおぞましい。

今の幸福の科学、はっきり言って唯物論以上に有害な存在。
ひたすら地獄へ突き進まんとするレミング(北米大陸に生息する旅ネズミ)の死の行進から脱却できない信者らは
そのまま死地に向かうしかないのであろう。

まことに、愚かなことほど罪深いものはない。

84 アルゴラブ :2010/09/03(金) 13:00:17
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅴ

届けられた直訴状に対して、善川顧問はすぐに状況把握に乗り出した。
11月30日の土曜日、秘書を同行させ午後12時半過ぎから約2時間にかけて、聖地四国本部にて職員6名から聴取を行っている。
その時の記録を紹介します。

徳島支部会員サービス部 安田課長補佐
・四国各所で歪みがでている。もう爆発寸前である。(特に高知支部)
・T課長は自分の仕事ができるということで他を見下している。
・S本部長は顧問先生のご指示を頂いているにもかかわらず全然実行しようとしていない。自分勝手にやっている。
・意見を言っても反省が感じられない。
・12月1日(日)徳島池田にて賛同者が集まり、今後の聖地四国本部の新体制及び改善案等の決定を行う。私たちは破壊のための破壊をやるのではなく、よりよくなる体制、方針を考えている。会議の議事録については後日、顧問先生へ提出する予定。

徳島支部 近藤支部長
・11月29日(金)ポリバーンにて安田氏より意見書を見せられた。(辻主任同席)
・女子職員の心は離れてしまっている。
・今までお互いに話し合える空気はなかった。
・S本部長は人の心の痛みがわかっておられない。人事面においてそれがよく現れている。
・指示の降ろし方、物の言い方に問題があり、人の意見を聞くというようなところはなかった。
・支部長を無視して指示を出し、責任だけを支部長に取らせるというのは問題である。
・S本部長は自分自身を見失っている。部下の心がわからなくなってきている。一生懸命にやっていながら職員の心が離れていくというのは自分自身を見失っているということ。

徳島支部 辻主任
・意見書をみせてもらったとき内容は納得できたし、この通りである。
・四国には愛が感じられない。特に今年6月から感じられ、フライデー事件の時も非常に厳しく、一度話をしなければならないと思っていた。

聖地四国本部 長船主任
・本部長から後藤田さんとの婚約に対する反対があった。
・無理やりな課長主導体制をしき、S本部長の性格で、人事が勝手に行われている。
・支部長を無視した課長の行動は問題である。
・T課長が各支部主任をどなりちらしている。結果、各主任が地区長に数字を厳しく降ろしていくために活動会員が離れていった。愛、慈悲なく厳しさだけでやっていた。
・S本部長、T課長の人を追い詰めていくやり方は問題である。
・意見を吸い上げる土壌がなく、意見を言えば、人事異動を行うという独裁は問題である。
・フライデー事件以降、2週間に1度の休日体制となり、その体制に対して意見を言うと、「それはあなたの怠け心だ。私は本部講師である。私の言うことが聞けないのか」と言ってきた。○○支部のM主任は疲労のため交通事故を起こしている。
・S本部長、T課長の経費に対する認識がおかしい。S本部長については本部の財政状況を考えず、一方的に本部長権限で無駄使いをやっている。課長は徳島に赴任してすぐマンションに入るべきなのに2〜3月間ホテル住まいをして40万近く浪費している。

聖地四国本部 庄野職員
・3〜4日前、長船主任から今回の件を聞かされました。
・強制的人事、職員に対する言葉に問題があるように感じます。そこまでひどく言う必要があるのかと思えるものが多くあるように感じます。
・今回の事件がきっかけとなって四国が良くなればという気持ちです。

徳島支部 サービス部 後藤田職員
・職場に愛が感じられません。以前の職場(出家以前の勤務先)の上司の方がまだ部下のことを考えてくれていたように思います。神理を知らない人でありましたが部下を生かそうとしてくれていました。
・仕事をしていても裁かれている気持ちがしています。冗談1つも言えず、笑うことさえ出来ない状態です。

こうした聞き取りが進み、補足として本部長と課長の使用経費の詳細や、また高知のミニ教祖問題に関する一般会員からの報告書、またそのミニ教祖の霊現象を記録したテープが渡された。

そのほか安田氏の話の中にあった、新体制への会議は予定通り12月1日に池田かんぽ保養センターにて行われ
・S本部長に対する退陣要求3名。執行猶予2名。暫定措置3名。中立1名
・T課長には反省表明のうえ残留を認め、課長権限縮小または支部長へ降格等
上記を主なところとする提案が追って顧問に届けられることとなる。

この聴取から予想以上の事態の深刻さに気付いた善川顧問は、さらに多角的な状況把握のために行動をしていく。
(次に続)

85 アルゴラブ :2010/09/03(金) 14:43:53
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅵ

安田氏をはじめとする直訴状は、本質的には四国に限らず、この頃であれば全国的に多かれ少なかれ同様の状況であった現場の現実に対する蜂起となることは、この時期を経験した者であれば実感をもって読めると考えます。ただし当時の四国の場合は、それ以前にミニ教祖に係る問題で、総合本部も絡めた形で混乱や不信感が潜在していた点があることを先に紹介しました。直訴状には詳しく記載されていないこの件について別に報告された文書をもって、簡単に説明をしておきたいと思います。
なお、この文責も安田氏によります。

ー高知支部 F・W 問題についてー
善川三朗顧問先生
今回の決起に至りました元凶ともいうべき、高知支部におけるF・Wグループ問題について、詳細をご説明いたします。
WはFが経営する○○病院の看護婦婦長であるとともに、以前より霊現象のできるミニ教祖として、密かに周辺のGLA会員の信望を集めていた人物です。F女史がW女史の一番弟子として、かねてよりW女史の交霊会に参加し、数々の霊道現象に接してきたという事実は、高知会員のKさん提供の録音テープで明らかとなっています。F女史が幸福の科学に入会後、やや遅れてW女史も入会いたしました。
やがて幸福の科学の活動が活発になるにつれて、F・Wコンビの周囲には親FW派とでもいうような集まりが形成され始め、特に1989年の伝道開始宣言を境にそれがひとつの批判グループとなって表面化してきました。そのグループは約15名ほどのものでサンガーに帰依せず、(F女史は自らサンガーの帰依の拒否を公言)伝道もあまりせず、当時地区長であった深谷氏も悩まされていました。
1990年10月、当時の細川本部長がこのグループの実情を探るために、田原主任を高知に滞在させ、ついにその実体をつかみましたが、これの具体的処分にまで至りませんでした。
前田本部長もこれにさんざん悩まされ、意を決して総合本部活動推進局の藤井統括次長を高知に入らせ、W女史の除名、F女史の支部講師活動停止を断行しました。
現S本部長は、活動推進局次長当時よりF女史とホットラインで通じ、聖地四国本部次長として四国入りするや、積極的にF・Wグループへのアプローチを開始し、本部内のさまざまな情報を流していました。本部長となってからは、今まで高知の屋台骨として実績を築いてきた深谷氏や、大伝道期を支えていた活動会員らに対し、F・Wグループを裁いていると決めつけ、抑圧をはかりました。それがために高知会員の間に不信感と不満が錯綜し、当地に混乱を引き起こしていちじるしく組織力が弱められたのです。
S本部長はこのミニ教祖グループの霊的実体を見抜けず、そればかりか逆にその勢力を助長するような、執拗な働きかけを繰り返し、このグループの背後と霊的パイプをつなげてしまうことになりました。このことは、S本部長指導の「反省瞑想修法」により、各地に悪い霊作用が起きていることで推察できます。(W女史が以前より行っている交霊会では、エル・ランティ、大天使ミカエル、守護霊などの霊言を現象として演じていたが、それが幸福の科学の会員になってからも、会員の学習会と称して同様のものを行っていたのである)
今回、聖地四国の内部改革に立ち上がった根本の動機は、この元凶の一掃にあたり、認識力と霊的戦いがその裏でくり広げられていたことをご理解ください。
これが私だけの思い込みでないことを示すために、次の方々からも事情聴取されたらよろしいかと思います。
・細川 前四国統括支部長
・前田 前聖地四国本部長
・田原 前聖地四国本部主任兼顧問先生秘書

平成3年12月3日       徳島支部 課長補佐  安田一男

この報告書のほか、関係職員や一般会員からの調書が届けられていますが、内容に私的要素を多分に含んでいるがゆえに、掲載は割愛します。
文中にある「反省瞑想修法」とは、S本部長の独断により開催されたセミナーであり、1人7000円の参加費を徴収して実施されています。本部長自身は講義中突然声が変わったり、参加者に体調不良者が続出した様子です。
こうした内容に関しても、その後善川顧問は電話によって事態の把握を行ったようで、この動きが次第に総合本部、やがて大川を刺激して行きます。
(次に続)

86 アルゴラブ :2010/09/03(金) 18:39:21
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅶ
善川顧問は、この現状把握のために関係者から情報の集積をおこなっていますが、その中で賛同者には名を連ねていないものの、当初川島町に暮らしていた顧問を、徳島市内に住めるよう尽力した点でも交流のあった前高知の責任者で当時東京にいた深谷氏からも意見を集めている。安田氏の文責による以外のものとして紹介し、この投稿をまとめていこうと思います。

ー徳島支部 安田課長補佐の決意及び提言書についてー
このたびの聖地四国本部に関する問題につきましては、高知の山崎支部長、徳島支部の安田課長補佐より相談、ならびに報告を受けました。
総合本部が「聖エル・カンターレ祭」へ向けて、全生命を投入し仏陀様をお護りしようとしている時に、数週間前までお預かりしていた支部が混乱に見舞われていることを、自らの責任と深く考えております。
私が決意しましたことは、高知についてご報告申し上げるときに、一切の自分の保身を考えないということであります。自分が正しかったなどという考えは持たないという意味です。しかし、高知の事情をよく知っている人々には、東京在住の人を含めここ1週間の間にそれぞれの見解を求めさせていただきました。
まず、前提となります私の問題は、高知のF女史の結成するグループと2派に分かれていると、厳しくS本部長より批判されてきたことにあります。この問題は、細川、前田、両本部長時代より続いている問題で、すでに藤井次長様より、今年6月に結論を出していただいた問題が、それ以降も私のあらゆる行動や、発言はこの問題に結びつけられて処理されてきました。
しかし、今回相談を受けました高知の山崎支部長からの提言は、まったく今までの問題とは、事の本質が違っております。今、私も、語るべきことは、自らの責任を明確にする上でも語りたいと思います。

①F、W両氏への問題は、S本部長が聖地四国就任発表の時から、始まっているという事実です。今までに支部が経てきた長い間の事情を一切無視し、組織伝達を無視して自らを主張する個人接触を開始し、高知の中に批判グループを結成したということです。現在も支部組織を越え個人接触を続け情報が提供されています。
②これほど聖地四国全体が停滞した原因は、S本部長の常に会員に対する批判、裁き、威圧、おどし的な発言の連続にあったと思います。活動家をねぎらうことは一切ありませんでした。非活動家のすばらしさを強調するのみでした。非活動家とは、F氏を中心とする支部批判グループです。伝道しない者を可愛がるという本部長の指導を私は信じることが出来ません。
③S、Tの両役職者が全県より批判されておりますが、両氏はいつも一緒で、四国中を駆け廻っておりました。この旅費は、莫大なものだろうと当時より支部でうわさされておりましたが、一体、何を指導しようとしていたのかといえば、S本部長への絶対的な服従で、完全な専制、上意下達の「帰依」とでもいうべきものでした。
(深谷氏P1 続)

87 アルゴラブ :2010/09/03(金) 19:21:09
「埋もれた歴史 四国の蜂起」Ⅷ

④その例えは・・・
・今のままでは、幡多支部を除き、高知支部は解体します。
・数の必達がなければ、統合し職員は給与面も引かれていきます。
・ありんこ作戦の動員達成がなければ、主任は、マイナスカウント1、カウント2としていき、カウント3になった場合にはバッジもはずし、退職していただきます。
・仏陀様からのご指示です。仏陀様への信仰心を示して下さい。
・私はあなたがたに伝道数を伝えました。あとはあなたがたの責任だけです。といったものでした。
⑤この代表的なものは、「反省修法」と呼ばれるわずか10名程度の参加のもので全額\7,000円というものでした。活動家も最初は参加していたのですが、頭痛、不快感、体調を崩しほとんどが参加しなくなりました。この現象は、他の支部でも多くの体験者がおり、会員間の不信を呼びました。現在もまだ企画中という情報があります。
⑥支部の統廃合についても、現状からすれば幡多支部は、高知に統合されるべきものです。それが発想が逆で、高知を解体し、幡多支部にすると威圧する考えは、どうしても会員の納得のいくものではありえないのです。
⑦人事に関しては、独善的で支部長にも聞かず聖地四国全体がバラバラで壊滅状態をつくりましたが、その責任を職員にほとんど転嫁する発言が多かったことです。

わたしは、高知におりながら、何の指示もあたえられず、また会議での発言権もなく高知を2分化した者として閑職のまま、4カ月間おりました。その間自発的に、山崎支部長と天使の学校と献金、また旧会員の掘り起こしをやってきましたが、その私に「閑職はつらいでしょう」という、どう理解すべきかわからない言葉をかけられました。
現在、活動推進局で各支部の状況というものを学ばせていただいております。各支部の比較の中で、支部の持つ悩みを少しづつ理解していますが、しかし今の聖地四国は体験者として異常な状況にあるとははっきり断言出来ます。
わたしは、聖地四国本部の組織的な批判は別にして、今は、全四国が改革を興す時期であると思います。ただただ会員は恐れおののいているばかりではなく、組織の責任は責任として明確にして、仏弟子個人こじんの責任を果たす時であると思います。そのためには、ただ従うだけの意識ではなく、自らの支部を自らの力で創るという本当に良い意味でのつきあげが必要です。
安田課長補佐の提言は聖地四国の、特に高知への革命の提言であると確信します。最初は組織批判的なものでしたが、多くの会員と接した後は、組織的な批判や人事の不満を超えた聖地四国のための危機感からくる使命であると感じるからです。

平成3年12月2日   前聖地四国本部部長 現東京本部会員サービス部長  深谷展弘

善川顧問が集積した意見は、おおむね安田氏の直訴の内容の裏付けになるものでした。
根本的にはこうした直訴のような行動を良しとは思わないものの、大川に比べれば、道理と情に通じた顧問としては、その日に至るまでの会の運営に対する苦々し想いも含めて、この件に対して自らの意見を総合本部に向かって言わずにはいられなくなります。
この四国での善川顧問を通じての職員の蜂起が、その後どういう顛末を迎えるのか。最後に次項で紹介します。
(深谷氏P2 続)

88 アルゴラブ :2010/09/03(金) 23:15:10
「埋もれた歴史 四国の蜂起」(おしまいに)

善川顧問の意思が、最終的にどのように総合本部、大川らのところに届けられたかは、残念ながら確認する術がありません。しかし、本部長人事が絡んでくることから、必ず安田氏の話や顧問の意見は多少なりとも届いているはずです。この時期はすでに東京の大川サイドと徳島の顧問サイドは没交渉でしたから、この件を伝えた人は骨が折れたことでしょう。
どのように伝えられ、どのように答えたかは不明ですが、結果を見れば意思を知ることができます。

S本部長は、他の地方本部に転勤。ただし降格ではありません。本部講師としては格下げを食らっていたようにも記憶していますが、要は懲戒ではなかったこと。(ここはうろ覚えですが確か北海道だったように思います)
T課長は、そのまま課長職に残留。現場から総批判を受けた訳ですから、権限の縮小はあったでしょうけれども、本部拠点が徳島から高松に移ったりして、さほどダメージなく職員として生き残れました。
一方で賛同した職員の方々、その後1年の内に半数が、財政難や神理学試験の成績評価を理由に退職を余儀なくされています。
また支部活動は、結局数の論理の全体的な流れの中に置かれ、やがて妥協が生まれていきました。
そして安田氏は、当初は道場の管理人から徳島支部勤務の予定が、この件の引責で、表向きは財政難によるサービス部員のリストラ対象としてリストの先頭に載ったところが、善川顧問と東京サービス部長であった深谷氏の人脈に密かにひとまず救われ、東京のサービス部員として転勤します。
東京では、草創期からの歴史を知り、HSの教義体系についても十分すぎる蓄積があったことから、出張講義の依頼を多く受け、また支部が講演会チケットの販売数水増し報告を行ったことによる、会員が無駄な自腹購入を繰り返す事実に直面した時は、徳島でと同じように会員をかばい、支部長や主任に意見するなどして信頼も集めていきました。
こうして東京での生活が軌道に乗るかに見えた矢先、終わりは突然にやってきました。
好評だった出張講義の様子が月刊誌に取り上げられ、それが大川らの目にとまることに。「なんで安田がまだいるんだ?」これで安田氏の職員生命は絶たれることになりました。しかしご本人はご存じないでしょう。「安田一悟」というペンネームで出版した本は、大川を礼賛するものであり、それには気の毒なほどの忠誠心と、また、自身の有り様に悔しさと自己顕示も垣間見る感じがします。

約20年前の記録、その後現在何か変化はしたのでしょうか?
本質が変わらないのですから改善しようがありません。
本稿は資料提供を目的としたものですので、ここにてさらなる検証をすることは致しません。
ただひとつ主張しておきたいことは、大川らは、この愛すべきけなげな人達を軽く切り捨てたということです。

この記録が判断を求める同胞にとって、多少なりとも考える糧を提供するものであることを期待します。
最後に長い記録の投稿をさせて頂きました管理人ウエストさんに感謝します。

89 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/04(土) 00:42:45
>>79
アルゴラブさん ありがとうございました。

たしかに、その事件というか告発がありました。かすかな記憶がよみがえりました。
総合本部では、ひそひそ話の世界だったと思います。
うろおぼえですが、小澤−竹内ラインか、活動推進のラインのどちらかが処理したのでは・・・

狂祖にも、なんらかの報告がいっているはずですが、どういうものかは、覚えていません。
ただ、あのころの狂祖は、講談社との抗争のため、練馬区の自宅をでて、ホテル住まいでしたから
また、鬼嫁が善川顧問を毛嫌いしていましたから、告発そのものは受け入れられていないはずです。

 
安田氏は、確かに東京に戻って退職しました。挨拶にきたのでびっくりした記憶があります。
善川顧問の秘書は、当時は、U君ですかね。昨夏衆議院選のやる気のない候補者でした。
秘書が東京から派遣したT君だったら、「四国でいやなことがあった」といって退職しましたが・・・

T課長は、いま、四国にいるんじゃないかな?同じく、候補者でした。
深谷氏はお医者さんですよね。善川顧問に家を貸していたひとですね。
 
少しずつ思い出してきました。この話は実際にあった話です。

91 アルゴラブ :2010/09/05(日) 00:11:53
アイマイミーさん
お読み下さってありがとうございました。
事実のお墨付きを頂き心強いです。
善川顧問の東京との最後のパイプは、小澤氏か勝屋氏かなと推察していました。ご両人ともその後哀しく去っていかれましたね。
安田氏は朴訥として愚直な、良い人柄の方でした。その名誉は守ってあげたかったのです。変な言い方ですが、ペテンに組する器用さはない人です。ただちょっと神理オタク的な感じで、大川を見抜けなかったのだと思えます。
同行した秘書は確かにU氏でした。顧問にずいぶん可愛がられていましたが、まだ職員でいるのは私も選挙時に見ました。色々知っているはずなのに、どこかで折り合いをつけてしまったのでしょうか。
T課長も現役ですね。この人はこの事件後も色々やらかしており、S本部長から交代したH本部長が何かと揉み消していました。結局反省ゼロ(確信的)だったということです。
深谷氏は体格の割には小声で、おだやかな腰の低い方でした。この一連の事件で大変傷ついておられました。
四国には今でもどこか、このトラウマが残っているように感じます。先の選挙時、会員の信仰と投票行動が一致しなかったと苦しい弁明をさせましたが、もともと会員がいないのか、あるいは反骨の土壌が残っているのか、後者なら頼もしいですね。
そうした事もあって、この事件を公開しようと考えていたところ、先の資料の問題も重なり踏み切りました。
ご参考になる点があれば幸いです。

ウエストさん
記録を消さないよう、個人的にもご協力頂けること、とても有難く嬉しいです。
さほど目を引くスキャンダラスな出来事ではなく、地味に蓋をされた事件ですが
日常的な部分で、団体の歪さに悩む方々には、過去を知って頂くことはお役に立つかも知れません。
HSを石もて追われた人達の質は、こういうものだったのだという事実に着目して頂きたい一心です。

92 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/05(日) 00:16:30
アルゴラブさん、貴重な資料を公開してくださって、ありがとうございます。
とても愛をうたっている団体とは思えません。
潜在アンチの法友にこの資料を見せたところ、
「最近の会の状況って、こんな昔から同じ事やってたんだ!」と驚いていました。
私は最近の事しか知りませんが、
誠実な出家者より押しが強くてカネ集めがうまい出家者の方が教団の中で生き延びているような気がします。

93 アルゴラブ :2010/09/05(日) 08:50:10
エル・バカターレさん、こんにちは。
ご法友さま共々、この資料の真意をお汲みとり下さり感謝します。
ズバリ!!まさにそのご指摘の通りなのです。
HSにおいて何が評価されているのか、昔も今も何も変わらず、これがこの団体の実態。コテコテのビジネスなのです。
私事ですが、かつてS氏という、芸術家肌で激情家の青年部長がいました。今のことは知りませんが、昔は須路氏と並ぶ教団のホープ。学生部長だった饗庭氏などもかなわない実力をもっていた人がいましたが、あるとき草創期の有名会員や職員の脱会に触れて、「辞めて行った人達は、人間的には皆やさしく良い人たちだったんだよな・・・」と遠い目をして話していたのを覚えています。もちろんS氏はガチの信者でしたから、それに対しては、いささかの留保は残しているものの、基本的には教団の考え方らしく、人間心=魔に入られやすい弱い心。だから教祖の心を心として、自分のちっぽけな迷いなど捨てて帰依しなければならないんだ的な考えで、退会することを批判してはいましたが、私も当時はまだ迷いの中にいた会員でしたので即断できたわけではないですが、内心それではただのロボットではないかと違和感を感じ。その点はもっと考えなきゃいけないことなのではと、皮肉なことですが個人的には良いきっかけを与えてもらうことになりました。

94 アルゴラブ :2010/09/05(日) 10:23:48
先の書き込みで誤りがありました。(誤)須路氏 (正)須呂氏
訂正してお詫びします。

95 菊地展弘(666) ◆QsszagWZNU :2010/09/05(日) 10:36:18
アルゴラブ様、お疲れ様です。ありがとうございます。

96 アルゴラブ :2010/09/05(日) 13:42:09
菊池さま
この記録をご覧下さり、ありがとうございます。
90年代に活動していらしたご様子ですので、より実感を持って読んで頂けたと思っています。

97 フリーダム :2010/09/06(月) 16:18:17
とある[ST限り]の資料。

支部長限りの資料が、何故か手元にありましたので、掲載します。

A4用紙の左上に
[内容厳○(←文字潰れで読めず…)ST限り]

真ん中部に[実績&目安(○月確定版)]

右上に年月日が記入されている。

縦軸が各支部名(各支部名の一部がローマ字表記となっている)。

横軸に
※伝D(伝道)

※ S(植福)

※生H(生命の法)・子T(子供にとって大切なこと)
↑(書籍各実績など)

○支行

○○、未R

GH尊(御本尊)


それぞれの項目の、各支部の年間目標数と達成率が表記されています。

98 馬場 :2010/09/07(火) 22:36:00
アルゴラブさん、貴重な資料ありがとうございました。
私もこの直前までいましたが、当時の状況はやはり似たような感じでした。
特に91年の大伝道期は異様な雰囲気で、地区ごとに目標伝道数が割り振られ、それに達しない地区は苦し紛れに「見込み伝道」などと要するに嘘の数を上に報告。
総合本部はそれを元に月刊誌を大量に刷ったり職員を増員、その矛盾が後に職員大量解雇につながっていきました。
講談社事件も、そうした内部の問題を外に向ける誤魔化しであったろうと思います。古くから権力者がよくやる手ですね。

そうした中、生き残った幹部も、栄光は続きません。
あっという間に階段を駆け上ったある大幹部は大企業の重役でしたが、KKに深入りすることは家族に反対されていました。
それを押し切り定年前に大企業を退職し職員となり、辣腕を振るって登りつめ一時は教団の顔のようになっていましたが、後に還俗させられたと聞きました。
晩年になり、彼に安らげる居場所はあったのだろうか、と考えると悲哀を覚えます。
名前が出たS氏も最近は名前を見ませんが、どうなったんだろうか。
一人ひとりの人生には重さがあります。今華やかな地位にある、若手ホープのような人だって教団の方針が変わればどうなるか知れたものではない。
それはこの20年、教団がやってきたことが証明していますね。

99 hiraoka :2010/09/07(火) 23:16:23
今年の7月にファルコン告発を読み、Sさんが実名で出ているのを知ってビックリ仰天・・・
当時、職員になったSさん、Iさん、Tさんのことを思うと涙が出て涙が出て・・・・
彼らは人生を棒に振ったのだろうか・・・?と思うと、一週間眠れませんでした。

こんなひどいことがあってなるものか!!

100 アルゴラブ :2010/09/07(火) 23:28:40
馬場さん、お読み下さりありがとうございます。
あの当時もHSは異様な状況でしたが、現在も相変わらず異様な状態ですね。
あの当時、それまでは月刊誌も郵送だったのが、いつしか支部経由で地域で配布となったのは
バブル伝道で会員数を誇大に喧伝したことに対し
マスコミが印刷所を調査して実態の把握をしようとした動きがあったからですよね。
その結果91年の10月頃で、160万部の無駄があると本部役職者が話している記録もあります。
本当に愚かな話です。
一気に駆け上がった大幹部・・・あの人かなって思い浮かびます。
比較的早く間違いに気付いてやりなおしが出来た人は幸いですね。
人生の晩年に、この世ではもう取り返しがつかないと
絶望の中で去っていかざるおえない人も見てきました。
その人達とお別れした時の、何とも言えない寂しそうな表情を思い出すたび
この教団が起こす負の連鎖を、どこかで断ち切りたいと思い返します。

101 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/08(水) 00:24:36
アルゴラブさん、月刊誌を郵送しない事情にはそういう裏話があったんですか?
支部の女性ボランティアが一生懸命封筒に入れて、タックシールを貼っているのを見て変だなとは思っていました。
支部から送ろうが、総合本部から送ろうが、郵送料は同じですから。

どうもこの教団、いえ、大川さんは自分を大きく見せようという思いが強いように思います。
会員1100万人とか、自前の施設とか、学校、政党、TV新聞広告、海外展開、過去の偉人、9次元霊、宇宙人…
「ボクはこんなにすごいんだぞー」と言いたいのだろうか?と感じています。
そして、自分のウソを自分で信じて満足しているように感じます。

102 アルゴラブ :2010/09/08(水) 07:59:08
エル・バカターレさん
「月刊誌ふれあい配布」←ネーミングがいかにもって感じですが
経費節減もさることながら、始まった性根には、そうした事情がありました。
ちなみに指示出ししたのは、当時は主宰補佐という立場だった恭子だったと記憶しています。

103 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/09(木) 01:07:17
>>100
アルゴラブさんのお話は、忘れていたことを次々に思い出させてくださいます。
ありがとうございます。
 
月刊誌に関連してですが、91年当時、「会員数100万達成」といっていましたが、
どこから指摘されたのは忘れましたが(マスコミ関係者?)、会員数のわりには、
月刊誌の会員番号の桁数が小さい(数万台しかなかった)のは、会員数水増しだろう
といわれ、当時の事務局長の竹内が、会員番号の上に、3桁増やして、100万会員を
偽装しました。(たとえば 12345番の人は、102−12345みたいに)
 
昔から、うそと偽造で塗りかためられた団体です。

104 アルゴラブ :2010/09/09(木) 08:07:52
アイマイミーさん
こちらこそ、いつもありがとうございます。
竹内氏が、当時青年部が行っていた風船伝道(おまけ付き伝道)を、かなり痛烈に批判していたことがあって
ハチャメチャナ活動推進に対して、小澤ー竹内ラインはブレーキ役のイメージがありました。
鬼嫁にたてつけば飛ばされるし、推進の尻拭いもしなければならないし
竹内氏の演壇で見せていた理知的で穏やかな姿とは裏腹の、あの時のイライラした様子の訳が分った気がします。

105 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/09(木) 12:26:24
>>104
また忘れていたことを思い出しました。

講談社事件以前、竹内氏は休みなしで勤務していたので、鬼嫁が気を使うほど評価されていました。講談社事件のときは、狂祖をはじめ多くのメンバーが東京本部に移動していましたが、彼は紀尾井町で留守を守っていました。その後、山本総合本部長体制になると、干されて、支部長まで降格。活動推進局系からは目の敵でしたね。小澤さんを尊敬していました。

その小澤さん関連で思い出したことで、ほとんど誰も知らないことですが、ある日、紀尾井町に単独出勤していた狂祖のところに(主宰室)、勝手に入り込み=秘書も呆然としていましたが、20分くらい話し込んでおりました。小澤さんがいうには、奥さんは、狂祖にも堂々ともののいえる人だとのこと。いま思い出してもへんな出来事でした。

106 ひまじん :2010/09/09(木) 20:21:15
アルゴラブさん

資料価値高いので、ブログつくって転記させてもらいました

不適切だったら削除します


http://maruta.be/himagine/3

107 アルゴラブ :2010/09/09(木) 22:13:58
ひまじんさん、こんにちは。
当方が公開いたしました資料、ご覧下さりありがとうございます。
私自身は勿論、転記は構いません。ありがたいことと思います。
ただ、この掲示板管理人のウエストさんもご承諾頂ければ、宜しいかと思います。
(ちょっと硬く考え過ぎかもですが・・・(汗))

108 アルゴラブ :2010/09/09(木) 23:07:34
アイマイミーさんと思い出しループみたいですが(笑)

小澤氏の奥様のことですか!?そんな豪傑がいらしたとは知りませんでした。
学会時代に出会われた方だったんでしょうか。ご夫婦で仲人100組を目指しているお話は伺ったことはありますが・・・
(誰かさんみたいな無理やり神託結婚ではないです)

どうも先日の講演会で、またまた無茶な大伝道の号令をかけたようですが
山本氏の話で思い出しました。
91年の4月くらいでしょうか。支部に伝道マニュアル的なFAXが届きました。
タイトルは「光の楔(くさび)伝道」
とりあえず縁ある人をHSの会員(誌友会員)にしてしまわないと、世紀末に救われないから
とにかく会員登録してしまえ(つまり楔を打ち込め)というものです。
関東のある支部が、いつも伝道数を達成しているので、そのノウハウを聞き出し、活動推進系からひそかに周知されたことです。
ノウハウと言っても、ただ宗教色を出さずに、雑誌とってと軽く頼み、入会金はたいがい会員が自腹きるというだけのものです。
狂った伝道に突入するきっかけになったのはこれで
当時、関東本部長だった山本氏と活動推進局長だった白木氏は、これを黙って推進した張本人でしたね。
春を過ぎた頃からは、週末になると「必勝必達」という激FAXが流れ、保険屋のような状況に・・・
年末までに100万人の目標が、7月に前倒しというさらに馬鹿げた状況に・・・
さらに白木氏と南原氏が、必達したら青年部全員をワイキキビーチにご招待などとぶち上げて目茶目茶に・・・
こうしたことで、ほとんど無承諾伝道に近い状況も現れ、短期間で100人以上伝道の「獅子奮迅菩薩」出現とか・・・
そりゃもう、大騒ぎでしたね。狂ってます。

6下旬には、この獅子粉塵の結果が表面化
苦情や、承諾したはずの相手でさえ説明と違うことを主張し入金を拒むケースが続出。
すぐに総合本部事務局名で「光の楔」禁止令が出ました。
小澤氏はこの後、この件で会員を混乱させたことを全国に詫びてまわっていましたね。
ご自分が推進した訳ではないのに。

山本氏についての余談ですが
この方、大川に前世がルイ14世だかなんだかと言われたらしく
髪型完全に意識していましたね(爆)
おめでたいことです。

109 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/09/09(木) 23:34:18
ひまじんさん
アルゴラブさん

こうやって誰もが見られる場所に公開された情報ですから
転載は避けられませんし、管理者としても転載OKと考えます。

110 ひまじん :2010/09/10(金) 00:03:11
アルゴラブさん
ウエストさん

ありがとうござます
きっちり掲載します

111 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/10(金) 08:28:58
>>108
また、思い出してしまった(笑)

「光の楔(くさび)伝道」についてですが、最終的に「楔」は、
悪魔の用語であるので使うな、というのが竹内さんの見解でした。

山本進氏(法名「鷲峰」→返上・左遷→復活後「無執」)は、過去世前田利家と
大川にいわれていました。(あと過去世聞いたが忘れた・・・)

その山本氏の守護霊にまつわるエピソードは
”職員残酷物語2 上位役職者は気の休まるひまがない” http://maruta.be/ours/6
に書いています。
でも、過去世なんて、誰かさんが勝手に決めつけているものですから真実かどうかは・・・ 

 
アルゴラブさんのカキコは本当にいろんなことを思い出させてくれます。感謝

112 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/10(金) 08:34:42
>>111
ついでに、90年代初頭の幹部話については
”鬼嫁凶子 VS 最古参幹部たち” http://maruta.be/ours/19
にも、おもしろいネタを書いています。

113 ひまじん :2010/09/10(金) 09:39:33
>>111
源頼朝だったと思います

114 アルゴラブ :2010/09/10(金) 23:33:28
アイマイミーさん
リンクの記事、なつかしい方々のお名前の数々ですね〜。
本当に朝令暮改の人事で、ヒステリックな恭子の独壇場です。
「光の楔」は禁じ手でしたが、この当時出世した役職者はだいたいこれで実績稼いだ奴らで
特に九州の坂口、関西の安永(今日から価値判断で敬称有無あり)が、バブルのやり逃げで栄転したと悪評が高かったですね。
ただ安永は、東京に出てきてからも懲りずにこれをやり、他にもスタンドプレーが過ぎて半年くらいで北海道に飛ばされていました。
小澤さんのことはエピソードが多すぎて、語り尽くせませんが
92年の後半くらいでしたでしょうか、伊澤氏が「幸福の科学を正す会」なるものを立ち上げ
原女史とも連絡を取っていて、そこに小澤さんも招かれて出席していたという話を聞いたことがあります。
ただし、これを偵察しチクッていたのが佐竹でした。
教祖自体がおかしいので元より正しようがありませんが、HSの反社会性に拍車をかけたのが佐竹だと言えますね。

ひまじんさん
頼朝とも言われてましたね!!輝かしい過去世にしてはお粗末な力量でした(笑)

115 馬場 :2010/09/11(土) 16:33:31
91年ごろでしたか、小澤さんが活動推進局のやり方を批判したビデオが回っていました。こちらのほうの末端会員でも、過激派と穏健派に分かれたような感じがありました。

ところで、KK職員の待遇ってどんな感じなんでしょうか。
年金とか、失業保険などはどうなっているんでしょうね。KK職員になることを「出家」と呼ぶのは、雇用者であるKKにとって、労働基準法の枠から逃れるためではないかと睨んでいます。
「出家」とは本来俗世を捨てること。それらの人々を生涯受け入れる気概もないのに、出家、還俗とかの言葉を気軽に使いすぎるんですよKKは。

116 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

117 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/15(水) 00:47:44
『黙示録のヨハネ霊言』①
==========================

すでに知っている人は多いと思いますが、知らない人のために転載します。
「黙示録のヨハネ」だそうですが、なにやらとんでもない霊言です。



黙示録のヨハネ霊言より

まあ、残念だが「黄金の法」は早めに廃刊しておくべきだな。
どう考えても日本に未来はない。早めに転職先を探しておきなさい。打つ手はない。
失われた20年を取り戻すことは出来ない。ゴールデンエイジこそ、あなたがたの破滅の時だ。
まあ、残念であった。日本という国はなくなるんだよ。あなたがたも日本語を喋れなくなる。
命があればよいと思え。あなたがたは失敗したんだ。

中国の植民地化ならありがたいと思え。
皆殺しだ。努力の余地はない。末期癌、余命いくらということかな。
かすかな灯火が灯って文明が滅びていったと誰かの手で歴史が書かれるだろう。
私の目には22世紀以降の日本は見えないのだ。この文明はなくなる。残念だったな。

生き残れる人類は十億へと減っていくだろう。日本など、なくなるのだ。
中国とインドとロシアとアメリカとの戦いで一つしか残らない。
それが21世紀から22世紀にかけての未来の歴史となるだろう。
残念だが、あなたがたは敗れたのである。
戦争と天変地異が同時にやってくるだろう。だから、もう、地球自体が現代文明を滅ぼしにかかっていると思う。
自惚れた人類に対して罰が下るであろう。
あなたがたは、ほんの気温を10度、20度上げただけで死に絶えるであろう。
隕石をぶつけただけでも死に絶えるであろう。
核兵器が飛び交っただけでも死に絶えるであろう。
あなたがたが死に絶える道は無限にあるのだ。
それもこれも自分たちの共同の業によって生まれたものであると思う。
だから、どの順番で亡くなっていくかということだ。

まあ、地球人は滅んでいくであろうから、住んでいるのは地球人でないものであろう。
22世紀以降に住んでいるのは、あなたがたではないであろう。

118 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/15(水) 00:49:49
『黙示録のヨハネ霊言』②
==========================

(続き)
あなたがたの主も敗れたのだ。
あまりにも無能な弟子の集団を背負ったために敗れてしまった。
この無能な弟子の能力が百倍はなければ、目標は達成することができなかったであろう。

これは脚を引っ張っただけで、なんら協力にはならなかっただろう。
宗教ならざる悪魔の勢力に荷担するもののほうに優秀な人達が集まったのだ。
それについては、もって冥すべしである。
残念だが、弟子の力はアリのような力しかなかったということだ。

日本の葬式の準備を始めなさい。
もう、こんな人類はいらないと判定が下っているということです。
幸福の科学は二十数年たったが役に立たなかったと結論が出ている。

2012年は日本が植民地になるかどうかが決まる年だ。
2020年は日本という国がが滅びるかどうかが決まる年だ。
2037年は人類が滅びるかどうかが決まる年だ。

中国、インド、ロシア、アメリカが覇権戦争をし、一国(中国)だけが残る。
その中国も政治、天変地異、病気、経済そしてイスラムとの戦いで自壊していく。
地球の破壊と混乱に乗じて、非友好的な宇宙人がやってきて、地球の次の支配者となる。
その者たちに帰依できない魂は、転生の星を求めて宇宙を五億年さ迷うこととなる。

まるで、二千年地球をさ迷ったイスラエルの民のように。
そして、十字架にかかったイエスが後に救世主伝説となったように、
今世の救世主の降臨とその滅びが新たな救世主伝説として宇宙の伝説となる。
その物語を学ぶのは地球人ではなく、新しく地球人となった者たちである。

119 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/15(水) 01:12:25
前述の『黙示録のヨハネ霊言』、なんだか隆法くん、呪いの言葉を吐いてます。
実現党は敗退し、信者やお布施は減り続け、だれにも尊敬されないので、
自暴自棄になっているのでしょうか?
「自己破壊願望」があらわになってきました。

「ボクの偉さをわからない日本人なんか滅びてしまえー!」といった感じがします。
それとも「ボクの言う事を聞かないと、おまえたちの未来はこうだぞー!」という気持ちなのでしょうか?
どう見ても『愛の神』でもなければ、『あらゆる力の根源の方』とは思えません。

ひょっとしたら私たちは、3億6千500万年の人類の歴史上初めて、
9次元大霊、地球最高神、救世主、本仏エル・カンターレが転落し、
ブザマな姿をさらすという、二度とない機会に立ち会っているのかもしれません。

120 ケイ :2010/09/15(水) 06:55:18
>>119

エル・バカターレさん
はじめまして。

信者さんブログで読みましたが、霊言でも弟子のせいにしてますねぇ。
仏陀やキリストがなにか弟子のせいにしたことがあるでしょうか?
逆に弟子も導けない神ということを自分から暴露してますねぇ。
総合スレでサカザキが不幸の予言は当たらんとかなんとか言ってましたが、じゃあ出すなよwと。

121 フリーダム :2010/09/15(水) 08:49:16
>>118>>119

kkに登場するヨハネは[ノストラダムスの新予言]P76で【現在、九次元霊孔子のエネルギー体の下で、地球及び人類進化計画を推進さす霊系団に所属しているが、特にイエスの再降臨計画策定に参加している】

【2000年から足掛け百年近くの間、黄金の宗教の時代が訪れる】とあります。P88
P90では【2097年、オーストラリアと地続きになった大陸が浮上するを[ラ・ムエール]と呼ばれるようになり、その首都は[ニュー東京]という名前になるはずです。さらに、2400年頃には再浮上したニューアトランティス大陸にイエスが再誕する】
と書いてあります。

比較すると興味深いですね。

122 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/09/15(水) 09:17:20
ヨハネ様ってこんなに柄悪いんですか(笑)

敗北を認めたことを自ら言えないので
霊言で出したって感じですね

123 ☆☆☆ :2010/09/15(水) 11:06:51
エルバさん、転載ありがとうございます。

この「終末予言で信者を震え上がらせて伝道と献金に追い立てる」
  「うちの宗教うちの教祖が認められなかったら人類破滅だぞ」パターン。

よくありますよね。破壊的カルトの典型的な脅迫だなぁ。情けないです。

斉藤一人さんいわく「あわてさせるのは悪魔、落ち着かせるのが神」『眼力』より

124 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/09/15(水) 11:35:36
>>122
 ウエストさん、

>敗北を認めたことを自ら言えないので
 >霊言で出したって感じですね

 まさにその通りですね!
 彼の霊言は彼の”思惟”そのものと見ておりますw

 歴史上の著名な方の「霊」、存命であれば「守護霊」
 を騙り、自身の「本音」を披露しているに過ぎないのではw
 従って充分責任転嫁でき、自身は安泰ですw

125 大日堂 ◆q/9ewSheIU :2010/09/15(水) 18:26:21
黙示録のヨハネはもっと意識高いはずですよね(笑)
昔、鬼塚五十一さんの本で『戦慄のファチマ大預言』で
ヨハネ黙示録の666のことが書いてあってすごいなぁと思ったものです。

鬼塚五十一さんの本にあったような内容がこのサイトに書かれてます。
数霊の秘密 666
http://blogs.dion.ne.jp/youkijyuku/archives/5282395.html

霊言はこれよりもっとすごい内容のものを公開して欲しいなと
思うのですが無理なのでしょうか?(笑)

126 アルゴラブ :2010/09/15(水) 18:59:33
エル・バカターレさん
転載ありがとうございます。非常に参考になります。
しかしひどいものですね。おっしゃる通り、霊言でなく呪いです。
初期には憐憫で会員を動かそうとしていたこともありましたが
今は脅しのみですね。落ちるところまで落ちた感じです。
ここまで言った以上、HSが仕掛けてくる次の行動は、彼らの最終策になります。
考えているより早くHSは崩壊が進んでいるようですね。
もう少し世の注目が集まるように大川が暴れてくれて、それがピークに達した時こそが
大川が一気に転落するとき。
完全にとは行かないまでも、カルトのHSを社会的に葬れる時かと思えます。

127 馬場 :2010/09/15(水) 19:59:43
最近のスピ系の人の間では、2012年にアセンションと称して次元上昇が???なんて話をする人がいますから、どさくさ紛れにその市場に参入しようという魂胆ですね。
しかし実にオウムとよく似た道を辿ってます。
この先、我々を妨害する国家権力と某国の陰謀が・・なんて言い出したら赤信号。
気になるのは、裏社会や海外の組織がKKを利用しないかということ。
オウムだって、独力であそこまでやったわけじゃないでしょう。オウムを利用した、けしかけた奴らがいたんだろうと思ってます。
そういう奴らがKKに近づいたら始末悪いです。

128 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/15(水) 23:55:34
ケイさん、はじめまして。
私も高校の頃はバプテスト教会の日曜学校に通っていましたので、キリスト教には関心があります。
今後いろいろ教えて頂く事もあると思いますので、よろしくお願いします。

☆☆☆さん、はじめまして。
私も幸福の科学に対しては愛憎半ばですので、複雑な心境です。
でもここまで言ったら末期かと思います。
ひょっとしたら内輪ではもっと過激な事を言っているかもしれませんね。

アルゴラブさん、初期の幸福の科学を知っているあなたの発言はとても参考になります。
私は中期からの会員で、リーダーになったのは数年前です。
いろいろ公開したい事はあるのですが、諸般の事情で言えない事もあります。
私も徐々に明かして行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

馬場さん、私は自分のマイコン解除のために何度かレムリアの集会に参加しました。
スピリチャル系の人は美的センスを大事にするので、ギリシャ彫刻のヘルメス像には惹かれても、
隆法くんの顔をしたヘルメス像には関心を持たないと思うのですが、どう思いますか?

129 馬場 :2010/09/16(木) 09:02:08
エル・バカターレさん
昨今のスピ系の人がKKに興味を持つことは皆無でしょう。美的センスもさることながら、政治ごっこ、当たらない恐怖の予言とか彼(彼女)らにはエグすぎますから。
でも隆君自身が、そっち系の本読んで、フムフムアセンションね、とネタにしているかもしれません。
レムリアのことはよく知りませんが、GLA,KKと基本設定は一緒なんでしょう?次元構造とか光の天使とか救世主とか。そういう設定が、KKのような間違いを犯しやすい構造なんだと思ってますから、以前も、今後も、GLAやKKの分派も自称後継者も全部同類だと思ってますけどね。

130 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/16(木) 22:33:35
>>129 馬場さん
なるほど、やはりそう感じられますか。
安心しました(笑)。ありがとうございます。

131 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/18(土) 00:20:01
「政治について考える」(3分割)

昨日、急に緊急御法話が入りました。だそうです。内容をUpいたします。

あれこれそれらしい事を言っていますが、
正直私には何が言いたいのかよくわかりません。
どなたか解説をお願いします。

132 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/18(土) 00:22:02
「政治について考える」 2010/9/15(水)収録 (1/3)

坂本龍馬が小沢氏の信仰心が高まるだろうと言っていた。
小沢氏はいままで1回も負けてない。今回初めて負けた。

代表選の最終弁論を聞いたが、小沢氏は当会のを読んでいると感じた。
特に外交で、以前は日米中と言っていたのに、今回は、日米→日韓→日韓中と順序をはっきりと言った。
考え方を変えたと感じられた。官僚を使えない政治家が悪いとも言っていた。
これはうちが言っていたことと同じこと。

減税・財政出動の話も田中角栄の影響。

一方、菅氏は外交について触れなかった。明確な方針も出さない。景気回復も明確に言わない。
特に目立ったのは、党員の前職業を挙げたこと。ナチスに近い。中産階級に目線をあわしている。
社会民主主義と見せつつ、現実は社会主義である。社会主義と官僚制とは親和性が高い。

雇用の創出と言っていたが、新しいかたちのバラマキにならないか見ないといけない。
財債権と言いながら逆のことをしようとしていないか・・・
外交では、アメリカは菅氏のほうがアメリカ寄りだと思っている。
沖縄問題をどう解決するのか。尖閣諸島問題は菅氏も仙石氏も遺憾の意を表明したので、現政権も保守に引っ張られる。
過去、村山政権が日米関係を認め、天皇制を認め、日の丸を認め社会党がなくなっていったので、もしかして、立場上、保守的化するかもしれない。
保守の二大政党になる可能性もなきにしもあらず。(ポジティブな見方)

国家解体者が国を運営するとどうなるか。
菅氏は参加型民主主義。国家ができあがった状態でできるかは微妙。一般人で国のことが決められるのか。
菅氏はコンプラティズム(抱き込み主義)と参加型民主主義。
コンプラティズムは、自分の方針をはっきりしないことでみんなの意見を反映させていく。
政治の革新運動には役に立つが、党首になると厳しい。国全体を統制し、どういう方向に引っ張っていくのかということは厳しい。
マクロのことを寄せ集めで決められるのか。有識者・専門家の意見が必要。見えないところがある。
成長戦略・雇用・・・財政・経済について、知識や経験を持っているか。

133 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/18(土) 00:24:09
「政治について考える」 2010/9/15(水)収録 (2/3)

円高の原因は日銀。通貨の発行・総量を増やさなかったから。
最近やっと30兆円の貸し出し枠をつくったが遅すぎる。資金の量が少ないので、円の価値が上がった。
インフレファイター(?)の日銀にデフレファイター(?)のノウハウを教えないといけない。遅れた分だけ効果の出方は遅い。

菅氏・小沢氏どっちがなろうと同じことをしただろう。
減税と財政出動をやらないともたない。財政出動は小沢氏の方が大胆にしただろう。
財政と景気拡大は一緒にはできない。アメリカは減税による景気拡大をしている。
金利・・・ドル0.25%・ユーロ0.1%・円0.01%→いちばん金利が低い円に集中している。これは、元本リスクを恐れている。
今回、円が下がったことは菅氏が首相になったこととは関係ない。
アメリカの経済減速、ギリシャ危機以降ユーロも。中国に逃げてもいいが、逃げてはいない。元高になっていない理由を考えないといけない。
北京オリンピック・上海万博後、バブル崩壊が始まる。後退側面で友好的な手が打てる経験がない。
人民の不満がたまっている。(政府の災害対策、貧富の差等)世界の原理が向かっていかない。

これから円高基調は変わらない。1ドル50円の方向に向かっていく。まず1ドル70円で生き延びられる方法を考えないといけない。
マスコミが円高は不況だと騒ぐが、2年ぐらいで乗り越えられる。
日本は車の輸出は15%。原産品はほとんどない。地方の特産品ぐらい。
工業品産出にはない。輸入が多い。鉄板はオーストラリアから輸入。
輸出入のバランス調整。一時期在庫がたまって不況に見えるが、いずれ帳尻は合う。

1ドル50円になる→アメリカ経済が半分になる。アメリカから見ると、日本経済が2倍になる。予想外。日米が経済的に接近する。

日銀は1〜2年は反対のことを言い続けるが、日銀が言う反対のことが正しい。財政出動、日本全体の資産の価値は上がる。
ユニクロなどの安売りは今がピーク。これからは下がっていく。
これからは百貨店の高級品が円高を背景に復活する。いまでも15%UP。
高額なものから復活する。高付加価値のものが安く買える。政府とは関係なくあがっていく。円高消費好況。
無能である方が景気が良くなる可能性が高い。有能な人は余計なことをするから。無能である人が上に立つのはある意味いいこと。

円が強くなる→世界通貨への道

134 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/18(土) 00:26:37
「政治について考える」 2010/9/15(水)収録 (3/3)

雇用・・・なんでもって雇用するのか。日教組の60周年のビデオを観た。
管理されるのが嫌い。少人数学級。教員2割増やす。
皇室が倒産状況であるのに、教員を増やそうとしている。
憲法改正反対。平和主義とか言って中国・北朝鮮に優しすぎる。
日教組も保守回帰させないといけない。
教員も社会経験があった方がいい。善悪の判断・起業家精神を教えられる。実社会の考えを入れるのも悪くない。

現政権を保守への方向に回帰させる運動をすべき。
自民党も麻生さんのときに石原さんや小池さんを登用するように申請したが、やらずに後継者づくりをしなかった。
1〜2年遅れで私がいったことをやろうとしている。いまのメンバーではダメ。

幸福実現党は準備時間が取れるだろう。
小沢氏は信仰心が高まる。保守回帰されて保守に持っていってほしい。
アジアの紛争を未然に防ぎたい。
解散が遠のいたので関西学園が建ちそう。
Be Positiveに戻せるのかな?
中国にも1回景気後退して反省とは何かを学んでほしい。
空母をつくるぐらいのお金がなくなってほしい。
情報公開をつきつけていきたい。言論の自由・信教の自由を押し広げる。そうでないと資本主義に入って来れない。

135 フリーダム :2010/09/18(土) 12:31:56
>>132-134

「あまりに難解で、理解を拒絶している」(新・太陽の法P342より)

え…、真面目に考えてみると、大川氏は過去15年以上に渡り、公式行事の場で小沢一郎代議士に対して痛烈な批判を浴びせ続けてきた訳ですから、宗教家としては異常な行為でした。

今回、代表選出馬→小沢総理の可能性アリ→どうしよう…。
で、突然小沢氏の潜在意識をリーディング(呆)して公開しましたが、その内容は、ワタシ的には信者を統制する為の会内向けのポーズとしか思えませんでした。

でも、大川氏は、次は小沢総理ッ!と読んで
【ラスト問題に残りのジンバブエ$ を全部を賭けた】
みたいに思えます。

結構自信があったのかな…。

管総理続投の結果をみて、ガッカリ。
それで鬱状態になってしまい、脈略の無い、思いついたままをダラダラと話す説法になったのかな、と思います。

136 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/18(土) 13:50:14
>>131-134
エルバさん 「政治について考える」レポート感謝。

この政治論批判を考えたのですが、政治論には値しない内容の単なる妄想語録だと
思いますので、批判する気力も消え失せました。
 
これは、”★「幸福の科学」撲滅対策相談室★ ” へ、”退会者”さんが、
<大川教祖は「自己愛性パーソナリティー障害」の典型例>と指摘された
NPDそのものですね。

会員にもその影響を受けたものも多く、「主に交わればアホになる」ように、
狂祖の妄想を真に受けます。2chをみていたら、こんなカキコがありました。

『読売と産経などに霊言シリーズの全面広告が掲載したとき実は関係ない某大手メーカーから、“横槍”が入りました。 幸福の科学出版の広告を載せるのなら、こちらの広告は取りやめるとの理不尽な要求でしたが、両新聞社とも腹をくくり、「ジャーナリズム精神を貫く」という覚悟で、当日の掲載を決めてくれたのです! 』

こんなありえない狂祖の妄想を「おっしゃる通り!!」と信じ込む妄想会員もいます。

狂祖にも、会員にもNPDが蔓延していますね。

http://maruta.be/yours/18 で、
そのNPDの具体的症例とつきあわせてみるのも一考かと思います。

137 ケイ :2010/09/18(土) 21:17:46
>>135

フリーダムさん

わたしもおそらく「次は小沢総理!」っていう確信(?)があったのだと思います。
マスコミも五分五分みたいな報道でしたし、
ですが蓋を開けてみればあの大差。
テレビの前で茫然自失なエルカンさんと職員の図を想像してしまいました。。。


そうそう。
幸福の科学HPで小沢霊言が見当たらなかったんですが、今もどっかに掲載されていますか?

携帯からなので見つけられないだけかな?とも思うんですが。

138 フリーダム :2010/09/18(土) 22:35:02
>>137
ケイさん。

民主党の国会議員の守護霊全員呼び出して、どちらに投票するか聞いていれば、結果が分かっただろうと思います。(ホントに読心能力があれば)
党員・サポーター票のマスコミ予測は、菅さんが優勢でしたから、議員票が同じ位なら菅さんの勝ち。

で、書籍ですが、幸福の科学出版のボランティア営業組織である、SPM(スペシャル・プロモーション・メンバーの略称)では、毎月2回の書店在庫報告があります。
次回報告分に[小沢一郎の本心にせまる]も含まれているという事なので、書店に置いてある分は今すぐ回収ではナイようです。(しばらくの間は販売継続するのかな)

139 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/09/18(土) 23:18:35
エル・バカターレさん、
いつも貴重な資料をありがとうございます。

>菅氏・小沢氏どっちがなろうと同じことをしただろう。

言い訳がましいー!

妄想語録を聞かされる方が気の毒になりました。
でも、KK以外に信頼する情報源を持たない方は、
無理しても理解しようとするのかな…

140 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/18(土) 23:44:23
>>117-
エル・バカターレさんが提示してくださった『黙示録のヨハネ霊言』について
私見をまとめました。

よほど、日本の国民に受け入れられないのが悔しいのか、ついに幸福の科学(HS)の
大川狂祖が『黙示録のヨハネ』を騙り、自分の内なる不平不満を爆発させ、日本に、
そして日本国民に、呪いと怨嗟の言葉を投げつけた。

幸福の科学狂祖の呪怨の言葉−−−『黙示録のヨハネ霊言』
http://maruta.be/ours/54

141 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/19(日) 01:36:43
上の「政治について考える」を読み返して見たのですが、やっぱり何が言いたいのか分かりません。
    「見ないといけない」
    「保守的化するかもしれない」
    「考えないといけない」
    「持っていってほしい」
と自分の感想ばっかり言っていて、「実現党はこうする!」がさっぱりありません。
宇宙創造の神がこれでは困ります。
大川さんには日本の危機、地球の危機をあれこれ言う前に、教団の危機、党の危機をを何とかして欲しいです。
大川さんが悩乱しているもんで、ウチの支部のリーダーさんたちも混乱しているんです。
ヨハネの霊言みたいな「おめーらが悪いんだ、じゃあな」の態度じゃ、ますますバカにされますよ、大川さん!

今日2ちゃんねるに大川総裁をネタにした動画が紹介されていました。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm10585916
こんなパロディネタは、今までなかったのですが…。
崩壊に歯止めが利かなくなりつつあるのでしょうか?

142 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/19(日) 01:40:47
>>141 (補足)
この御法話で「This is "the" El Cantare」と言っていたのですね。
           ~~~~~

143 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/09/20(月) 17:54:08
◆ ついに「池田大作」を降臨させる「大川隆法」の意図 ◆
    (週刊新潮 2010年9月23日号)

 民主党代表選挙を前に、小沢一郎の守護霊なるモノを降臨させて思いを語らせ、出版までしてしまった、
”機を見るに敏な幸福の科学”(『小沢一郎の本心に迫る』より)の大川隆法総裁。

 すでに菅直人の守護霊は呼んでいるし、これまでには西郷隆盛や坂本龍馬といった幕末の志士、
松下幸之助や盛田昭夫といった経済人、はては朝日新聞の箱島信一社長(当時)まで登場させているのだが、
今後予定されている”霊言本”はこれまでとは趣を異にする。

 「9月30日出版予定が、『宗教決断の時代−目からウロコの宗教選び①−』で、
統一教会の文鮮明の守護霊、創価学会初代会長の牧日常三郎の霊言です」(幸福の科学広報局)
 さらに10月上旬には、第2弾として立正佼成会開祖・庭野日敬、真如苑開祖・伊藤真乗の霊、
そして創価学会名誉会長の池田大作の守護霊が降りてくる……。

 なぜ宗教団体なのか。
「広告代理店の意見によると、幸福の科学と統一教会のイメージは同じぐらいだというのです。
裁いたり敵対する気はないのですが、どう違いがあるか調べてみる必要はあるので」(同)
 イメージ戦略に代理店を使うところは科学的?
霊言については、勝手に守護霊を降臨させられた政治家本人から苦情が寄せられたことはない、と胸を張る。

 ただし、相手が宗教団体となると話は別だ。しかも創価学会牧ロ初代会長は、
現在の学会のあり方を否定しているというのである。
「総本山の大石寺と決裂したあたりから、宗教としての創価学会は邪教になったとおっしやられました」(同)
 どの口で言う、と思われるかも知れないが、
あくまで大川総裁の口を借りて牧口合長の霊が語っているから………そうなるのである。

 『創価学会とは何か』の著書もある山田直樹氏は、
「一般の人は霊言など非科学的で済ませられますが、宗教団体にはそれがいえない弱みがある。
それだけに”邪教”と言われて見過ごすことはできないでしょう」

 宗教戦争勃発か。

144 アルゴラブ :2010/09/20(月) 22:05:31
エル・バカターレさん
大川のなりふり構わない焦りが見て取れますね。
喧嘩を売ってでも、存在をアピールしたい幼稚な自己顕示は相変わらずです。
そのくせ雲隠れして、逃亡生活を始めるでしょう。
相手が喧嘩を買えばまだ良い方。相手にされない可能性もあります。
話題づくりのために、新潮にもHS側から積極的にアピールしているんでしょう。
(過去にも似たようなことがありました)
メチャクチャになってきましたね。HSの崩壊は加速しています。
注意深く観察する必要がありますが、そろそろ滅ぼし時かも知れないですね。

145 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/20(月) 22:44:58
>>143
エル・バカターレさん 新潮記事感謝。
いよいよ、草加との○○準備で狂祖周辺はあわただしくなっているでしょう。

宗務=秘書団は、狂祖の周辺で厳戒態勢を敷いているはずです。
(敷いていなければ危機管理が崩壊しています)

危機管理が徹底されているかどうかは、白金御殿付近をうろついたら、わかりますよ。
車であの辺に駐車していると、すぐ僧兵が出てきて、文句をいうはずです。

それと、広報系も駆り出されて、白金周辺警備体制です。
佐竹みたいな連中が呼び戻されたりして・・・ 佐竹じゃ年をとりすぎたか・・・
サカザキみたいなのは口ばかりで役立たずですが(笑)
 
95年でしたか、あのときも草加を恐れて厳戒態勢を敷きました。
でも、厳戒態勢の網の目をくぐってきたのはオウムでした。

”オウムに狙われた7”に少しだけ、その当時のことを書いています。
http://maruta.be/ours/10


あのときは、草加は弱小団体のHSを相手にしてなかったのです。

ただし、今回は、池田守護霊の霊言ですから、どう反応するか予測がつきません。
あちらさんは、それこそ凄腕の特殊部隊もいますからねぇ・・・
狂祖は調子に乗りすぎたのではと思いますが。
もしかして、ヨハネの霊言は、自己破壊の予言だったりして(笑)

146 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/22(水) 01:18:51
月光さん

”池田大作守護霊の霊言”の出版情報について何かご存じありませんか?
21日の昼、出版のところを見たら、その紹介はありませんでした。

個人的には、「出版してよ!」と願っているのですが(笑)
なんせ、出版を前提としたブログまで書いてしまっているので(主として警護の問題)・・・
 
早く、出せ出せ、狂祖さま!

147 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/09/22(水) 01:39:38
>>146 アイマイミーさん

  深夜遅くにはじめまして!
>”池田大作守護霊の霊言”の出版情報について何かご存じありませんか?
  フライングを御気にされているようでしたので...。
  ひょっとしたらですが、牧口常三郎さん/創価学会創始者?
  にすり替えたかも知れませんねw(闘争回避)
               ↓
  http://www.irhpress.co.jp/news/php/detail.php?id=159

148 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/09/22(水) 01:53:41
>>147
アイマイミーさん、済みませんでしたw
 >>143の エルバさんの投稿に既に記してありましたね。
   >「9月30日出版予定が、『宗教決断の時代−目からウロコの宗教選び①−』で、
   > 統一教会の文鮮明の守護霊、創価学会初代会長の牧日常三郎の霊言です」(幸福の科学広報局)

> さらに10月上旬には、第2弾として立正佼成会開祖・庭野日敬、真如苑開祖・伊藤真乗の霊、
> そして創価学会名誉会長の池田大作の守護霊が降りてくる……。

   これは確かにUPされてませんね!

149 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/09/22(水) 02:57:57
アイマイミーさんお疲れさまです。

信者ブログやTwitterを見る限り出版中止の情報は来てませんね。しかし、かなりの迷走は相変わらずです。出版のサイトでは、はじめは③が池田大作だったのですが②の庭野日敬と伊藤真乗の所に池田大作を入れたりとタイトルをコロコロ変更してます。

ちなみに広報局長が里村に変わりました。リバティー編集長からの15年ぶりの変更と騒いでます。

150 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/22(水) 12:11:55
ジョシュアの僕さん  月光さん ありがとうございました。
迷走中ですか。早く出してもらいたいものです。
 
広報が里ちゃんですか。電通にルートがあるやつですね。
狂祖が見逃したTV番組があると、里ちゃんに頼めば、電通からとりよせてくれましたね。

それと、92 or 93年、狂祖夫婦が1000万円かけて、ヨーロッパにアテンダントつきの大名旅行にいったのですが、
この情報をなぜか電通が知っていると里ちゃんから通報があり、この旅行を企画したJTBに情報漏洩を激しく糾弾したのを思い出しました。

ところで、月光さん、里ちゃんも前の広報局長って誰でしたっけ?
わかっていたら教えてください。

151 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/09/22(水) 12:37:24
アイマイミーさん、信者ブログでの推測でしか言えませんが中家康之です。

以下、ブログから引用

『昨年2009年11月にまた広報局長を拝命されました。出家16年のうち、3分の2の9年間は広報局で、5年間広報局長をしておりました。一番長い専門分野です』

新宿精舎に9月7日に副館長に異動みたいです。

里村の直前が中家ではあるかは不明ですが。

152 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/22(水) 13:23:02
月光さん ありがとうございました。

記憶が曖昧ミーですが(笑)、中家は佐竹の系統じゃなかったか?
こいつのほうが、草加防衛には適しているかも・・・


さて、今日の週刊新潮の広告に
「創価学会に激震!
 4カ月間も姿を見せない「池田大作」名誉会長
 ――5月13日を最後に、公式行事からふっつりと消えた池田名誉会長。
   重病説、昏睡説が乱れ飛ぶ中、組織の動揺を抑えるべく創価学会は、
   ”偽情報”を流布し始めた。そして「C1」「C3」と暗号名で呼ば
   れる息子たちの後継争いが始まる」
なんてありました。
  
こうなると、草加もHSへはかまっていられなくなるかも。

もし、狂祖の池田霊言の収録がすんでない場合、さも、このことを”霊視”していたかのように
振る舞うでしょうし、収録していた場合は、内容を改竄するでしょう。
 
狂祖は昔からこれをよくやっていて、録音部分と書籍を詳細につきあわせて見れば
部分的な修正ではなく、大幅に書き換えているところだってありますよ。
これは、言い間違いではなく、記憶の間違いで、あわてて訂正させたことあります。

153 アルゴラブ :2010/09/24(金) 23:26:23
ウキペディアを見ていて、ちょっと思い出したことがありますので記録します。
くだらないことではありますが、よく考えると色々興味深いかも知れないですょ。
中川隆クンの誕生日は1956年7月7日となっていますね(さらに確か7時7分7秒とか言ってましたが)。
誕生日のことなどたいして気にせず、意外とさらっと流して聞いている方がほとんどだと思いますが
実はこれ誕生日ではありません。単なる登録日なんです。
彼は川島町の中川家にて産婆さんの手によって取り上げられています。
病院ではないので、正確な時刻など記録されていませんし
それどころか役所への届け出も親の都合の良いタイミングで行くわけですので、日付も好き勝手できたそうです。
現在の常識的には考えにくいことですが、当時の田舎町にしてみたら特別不思議のないことだったようです。
ちなみに父親の善川も同様に産婆さんによって取り上げられたので同じ状況であり、そうした点からも不正という意識ではないのです。
では、いつ生まれたのか?はっきりした日時は不明ということになります(6月下旬だったらしい)。
これは父の善川と、母の君子の会話によります。
善川は少しバツが悪そうな表情でしたが、君子女史は無邪気に語っていました。
当時の地元の会員は苦笑いで聞いていましたね。

154 774 :2010/09/25(土) 11:12:11
>>153
マジですか・・・
是非2ちゃんにも貼り付けて欲しいです。

155 アルゴラブ :2010/09/25(土) 17:14:17
774さん、こんにちは。
お腹を痛めた実の親の話ですから本当の事でしょう。
君子女史は秘書長という肩書はあったものの、教団にはほとんど関与しておらず
大川のことは、あくまで息子であり、仏陀として崇拝している様子はありません。
そもそも大川にとってはマイナスに作用するこうした事を、不特定多数の会員を前にケロッと言ってしまうわけですから
ご本人には不正をしているとか、大川への影響といったことに対する意識が薄いだけ、逆に真実味がありますね。
地方の村町における戸籍事務がアバウトだった当時らしい話ということです。

2ちゃんについてですが、私自身がそこに貼るつもりはありません。
こうして投稿したのですから、2次利用について制限する立場ではありませんが
私自身が2ちゃんという環境に対して厳しく、まったく評価してないからです。
いささか誤解も招くかも知れませんが「豚に真珠を与える勿れ」の方針です。

156 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/09/25(土) 18:11:05
>>153
アルゴラブ樣

それはありえる話ですね。現にこの私の生年月日がそうですから。
私は總裁とは一年違ひの年代です。戸籍は三月三一日ですが、實際は四月二日なんです。
母から聞かされました。私のぢい樣がそのやうに屆けてしまつたわけで、
お蔭で一年早く小學校に入學させられエライ目にあつたわけでして。(笑)
子供にとつての一年は大きいですからね。

そのやうに昔はルーズだつたやうです。私も産婆さんにとりあげられました。
出生證明の日付なんて幾らでも親の云ふ通りに書いてくれたのではないでせうか。

157 アルゴラブ :2010/09/25(土) 18:43:42
玄道 様、初めまして。
おっしゃる通り、出生日の自己申告など、当時はごく当たり前のことだったのですね。
管理上の問題さえクリアにできれば、そう重大な利益不利益があるわけではないですから。
秘書長先生と呼ばれていた君子女史が、このことを語った流れは
大川の誕生の時の話を聞かれ、自分が自宅出産でいかに苦労したかを話す過程で漏らしたことです。
川島町に住む小柄で細身の女性会員で、お腹の大きい方がお産を控えて、苦心や不安を抱えていることを聞いて
自分の頃はこうだった、だから今の人は恵まれているのだから頑張れと、そういった状況での暴露です。
君子女史は表面的には、人の好き嫌いは見極めにくい人でしたが
気に入った者は、とても可愛がる情に厚い面があり、また大変なおしゃべり好きでした。
というわけで、語りだすとセーブが効きません。あらいざらい語ってしまいます。
中川家の中では、一番正直な人間だったのかも知れません。

158 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/25(土) 23:27:50
>>155->>157
アルゴラブさん 玄道さん
出生日の自己申告はありえます。

家内の実際の誕生日は2/11です。しかし、戸籍上では3/11です。

こうなったのは、家内の父親が、男の子が生まれるのを期待していたら、
またも女の子だったので、がっくりしたためだそうで、届け出が1ヶ月先に
なってしまったそうです。ちなみに上、三人全部女性。
  
おかげで、私は、家内の誕生日を2月と3月、二回お祝いしなければなりません(笑)

159 アルゴラブ :2010/09/26(日) 18:24:53
アイマイミーさん
理由はさまざまですが、結局のところ親の都合によるのですよね。
大川自身がこの事を知っているのかどうか分りませんが、全然似合ってない仮装誕生祭りの愚かさを見るにつけ
善川が行ったこの届け出の日付決定が、(当時はさほどの理由はなくても)大川の歪んだ自意識を育む、些細なことですが最初の一歩になったのかなと思ったものでした。

160 通行人 :2010/09/27(月) 04:16:56

ちょっと、コメントさしてもらっていいですか?。

>中川隆クンの誕生日は1956年7月7日となっていますね(さらに確か7時7分7秒とか言ってましたが)。

7月7日朝7時に生まれたという、神格化のパクリ元、ネタ元は皆さんはご存知ですか?



山岡荘八著  『徳川家康』 第一巻出世乱舞の巻 より

( ㊟ 家康の母、於大は家康のために、寅の神鉾を持つ普賢菩薩を寺からこ盗ませる )

本文----------------
百合は午年生まれで、金剛矢を持った虚空蔵菩薩の珊底羅大将を拝みにいったことがある。
於大の方は亥年、たしか白払を手にした弥勒菩薩のはずであった。その守護仏に、産屋を出るまでの安泰を祈って来いというののならばよくわかる。が、盗んで来いというのはおだやかでなかった。
百合がいぶかしげに首をかしげているのを見ると、於大の眼はいよいよ据った。
「百合-----------------------------」
「はい」
「よいか。これはこなただけに打ち明ける。きっと他言してはなりませぬぞ」
「はい。けっして----------------」
「そなた・・・・・十二仏の第三番に並んでおわす真逹羅大将・・・・寅の神鉾をもって立つ、普賢菩薩を盗んでたもれ」
「寅の神鉾を持つ・・・・・?」
「生まれてくる和子の守護仏じゃ」
声をねばらせ、喘ぐように言って、於大はあたりを見廻した。
「案じることはない。み仏の夢のお告げじゃ。神鉾を持った普賢菩薩をそなたに授けるゆえ・・・・大事に・・・・・大事に育てよとのお告げなのじゃ」
「普賢菩薩の・・・・・?」
於大は固くうなずいてドキリとした。おどろいた百合の表情が、これも懐妊しているお久のおどろきに見えたのだ。
(神鉾をもった真逹羅大将の化身とあっては敵うまい)
そんな感情がすっと心をかすめたのだが、しかし於大はそれを卑しい嫉妬とは思わなかった。生死の鍵は見えないものに握られている。これが吾が子への母のつとめと思いかえした。------------
(つづく)

161 通行人 :2010/09/27(月) 04:18:56
山岡荘八著  『徳川家康』 第一巻出世乱舞の巻 より

( ㊟ 寅の神鉾を持った寅の神の化身として寅年の寅の刻に生まれた家康 )

本文---------------------------
「そうか。男が生まれたか!」
「それもただの男ではござりませぬぞ」
「なに、ただの男ではないとは?まさか不具では」
忠政(於大の父、家康の祖父。㊟)の問いかけに、この小姓から上った寵臣は胸をそらして手を振った。
「お早まりなさいますな。まず、ごゆっくり・・・・」
そこでつかつかと枕元に入って来て、
「ご出生の時刻は今朝早暁の寅の刻」
一秒も待てぬ風で話しながら坐りこんだ。
「それ、お世継ぎが、寅の年の寅の刻に生まれたぞと、岡崎党の家々へワーッと一度に喜びの声があがりましたそうな」

---------------------中略---------------------------

「されば・・・・第三の寅の神、普賢菩薩シンダラ大将にござりまする。そもそもこのシンダラ大将大将は手に諸悪を降ろす神鉾を捧持している普賢菩薩、普賢菩薩は申すまでもなく法体遍満、諸悪を断じて極聖に近く、諸仏、諸菩薩中にての最賢におわします」
「フーム」
「阿弥陀如来の第八王子、理と定行を体現するこの寅の神が、寅年の寅の刻に、忽然と姿をかくし、同時に岡崎城へ玉のような男児の産声が高々と挙がったのでござりまするぞ」
忠政はよく動く縫殿助の口許を呆れたように見つめていた。その落ちつきが縫殿助には不満らしく、
「殿!鳳来寺の役僧がよく説いていたではござりませぬか。この菩薩は普賢のカ神力を有して、三十三身、十九説法、何れでも志すところに出現し、護法説教自在なのだと。それ故にむろん定まった姿というはないが、現われようと思うときに如何なる姿にても自在にこの世へ顕現する。これは遂に岡崎城へこの乱世を救おう悲願にてお姿を現したに違いないと・・・・・」--------------------------転載ここまで。



一時期経営者のバイブルとも称された時期もありました(あったそうな)山岡荘八著の『徳川家康(全26巻)』ですが、大川隆法さんもしっかり読書をされたご様子で(笑)
でも、出生日の経歴詐称(まだ、疑惑?)につづき、あきらかにわかるような何の芸もないあからさまな神格化のパクリも、よくないですよね(笑)
しかし、なんて言うか、ほんと芸がないよな。このパクリ方・・・。

あとね、付け足しておくと、信者は馬鹿だから『偉大なる常識人』とか教えられて「なんてすばらしいのでしょう!」とかなんとか感嘆しておられるけど、じつはこれもネタ元は徳川家康からのパクリだったって知っていますか?
正確には『偉大なる平凡人』ですけどね。
昔の人たち(明治、大正、昭和初期の文化人たち)は徳川家康のことを『偉大なる平凡人』と称したらしいよ。
今でも仕事場によっては、例えば営業職などでは「偉大なる平凡人」たれ!なんて教えているんだそうだ。

162 通行人 :2010/09/27(月) 04:38:17
つけたし

山岡荘八著『徳川家康』では、
寺から寅の神鉾をもって立つ、普賢菩薩の像を盗難させた
家康の生母、於大の方(伝通院)ですが、
ほとぼりが冷めたころを見計らって、ばれないように
こっそりと於大の方はもとにあったところに
普賢菩薩の身逹羅大将の仏像を返したそうです。
(小説の中の話し)

163 通行人 :2010/09/27(月) 04:54:54
ごめんなさい、気になって。

×普賢菩薩の身逹羅大将の仏像→○普賢菩薩の真逹羅大将の仏像

あと、小説の中からの転載にも誤字脱字がありますが、どうぞご勘弁を。

164 774 :2010/09/27(月) 11:31:08
アルゴラブさん、2ちゃんの件、了解です。
・・・と言う間に、どなたか2ちゃんに貼り付けてくださったようです。感謝。

救世主生誕の証として、さんざん踊らされて利用された自分としては、
この誤生誕のくだりは本当に溜飲が下がる気がします。

165 通行人 :2010/09/27(月) 14:31:09
>774さん

>この誤生誕のくだりは本当に溜飲が下がる気がします。


これは、あしたのジョー(幼児のころ、意味もわからずテレビアニメを視ていました)の

矢吹丈の最後の必殺技、トリプル・クロスカウンターの炸裂!!・・・と言ったところですね(笑)

まったく、愉快ですな!!(笑)

166 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/27(月) 15:27:35
アルゴラブさん  774さん  玄道さん

この”資料集”にかかれている狂祖の誤生誕問題について
拙ブログに引用させていただきました。

”幸福の科学 狂祖のでっち上げ神話、またも崩れる”
http://maruta.be/ours/56

167 通行人 :2010/09/27(月) 16:24:19
>アイマイミーさん

ブログを拝見させてもらいました。(っていうか、
いつも新しい記事がアップされるたびに拝見させていただいていますが。)

>>166で、私は呼んでもらえなかったので、私の記事はつまらなかったのかな?
と心配になりましたが、ちょこっと載っていたので少し安心しました。
これからもよろしくおねがいします。(と言っても、ブログを拝見するだけですけど)
匿名性の高いハンドルですみませんです。

また、あちこちを徘徊する通行人(ROM者)に戻ります。
では、アイマイミーさま、みなさま、また。

168 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/27(月) 17:13:59
>>167 通行人さん
失礼しました。
字数制限の関係で、ほとんど掲載できませんでしたので、
略してしまいました。 申し訳ありませんでした。

169 通行人 :2010/09/27(月) 17:19:47
最後に、
>信者は馬鹿だから『偉大なる常識人』とか教えられて……

>ネタ元を知らなかった人


馬鹿呼ばわりしてすいません。本当に馬鹿だとは思っておりませんです。
私だって大川氏から聞いた当初は、ネタ元は知らなかったのだから。同じです。

たださ、偉そうに、得意そうに、なんか特別って感じで吹聴されるとね、
本当に馬鹿だとは思っていないけど、こういうことを言いたくなっちゃうだな。
よく、知りもせんくせにと。

すまんな、君。運転手が未熟な者で。(シャア風)

じゃ〜ねえ、ばーい♪またね。

170 774 :2010/09/27(月) 17:20:22
アイマイミーさん、ブログ拝見しました。ありがとうございます。
しかし本当に腹が立ちます。支部で一斉の電話かけ伝道のときも、そのネタ使わされてました。
「嘘でも言い続けてれば神話になる」って教えられてましたが、これも嘘だったとは。ビックリです。

171 通行人 :2010/09/27(月) 17:24:06
アイマイミーさん

いえいえ、この界隈で有名なブログにちょこっと載る事が出来て、ちょこっと嬉しかったです。

では、またいつか、どこで、お会いしましょう。ばーい。

172 アルゴラブ :2010/09/27(月) 19:04:44
思いのほか反響が大きい情報だったですね!?
当時の地元の会員や君子女史周辺に関わりのあった人など、聞いた者は少なくないです。
(その方々の多くが首尾よくHSを脱出し、幸せな人生を築きなおして下さっていることを祈っていますが)
通行人さん(いつかまた〜)
大川の読書は情報収集目的の読書。だから読み方が浅いんですよね。
記憶野にこびり付いた言葉が、変形して出てくる。
それを自分の思想と疑わず悦に入るんですから、始末におえません。
774さん
「豚に真珠・・・」というのは、その価値の分らない者に与えるべきではありませんっと私は解釈しています。
ファルコンさんの時分は、2ちゃんで色々と大変ご苦労されたと思いますが
今はせっかく、管理人さんの工夫と努力で、こうして健全に運営されている場所があるので
少なくとも受け入れる準備を自ら整えた人が、こうした場所にたどり着き
実体験を通じて共感できたり、投稿の客観性の精度や態度によって、知りえない部分は類推などして頂きながら
HSと前向きにキレイさっぱり決別できる糧を得て頂ければと思っています。
2ちゃんの貼りつけも、別に構わないです。
シンパの方々は、例によって判で押したようなワンパターンの反応をするでしょうが、気の毒と思ってほっとけば良いでしょう。
私は自身が敵と認識した者とのみ戦うものです。
アイマイミーさん
引用の件、もとより構いません。
運営されているブログの価値に私自身も敬意を持っておりますので、情報発信むしろ感謝します。
おまけに余談です。
善川自身も誕生日と登録日が異なるそうですが、こちらは1〜2カ月くらい違うということでした。
とめどなく言葉があふれる君子女史に対して、この時はいいかげん善川も堪りかね、顔を赤らめて激しく中断させようとしましたが
マシンガンの如くに言葉を浴びせられ、二の句を継げられずに善川撃沈・・・
まっ、普通の夫婦ゲンカなら微笑ましいですが、目の前の我々お構いなしのバトルに目がテンでした。
どうやら奥さんに弱いのは血筋ですねぇ〜。

173 馬場 :2010/09/27(月) 19:40:51
アルゴラブさん、教祖の実母の話は公にはほとんど出てこないので、ご当地ならではの情報で興味深いです。
こういった教祖周辺の生身の人間の実像の話は、洗脳解除に案外役立つのではと思っています。
些細なことでもいいですので、ご当地ならではのネタがありましたらまたUPお願いします。
私なりに2ちゃんに投下しておきました。
それにしても中川君のかあちゃん、元気良さそうで微笑ましいですね。まだお元気なんでしょうか。
中川君ももっと親孝行せねばいけませんね。

174 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/09/27(月) 19:43:07
>>166
アイマイミー樣
有名な大兄のブログに私の拙稿が紹介されて、何とも氣恥づかしく思ひます。(汗)
件の投稿で私は“出生證明”のことを申し上げましたが、どうも當時はそんな物すらも必要無かつたのでせうかね。
實際の出生日と戸籍上のそれが一ヵ月も違ふ例があるとは驚きました。なんとまあおほらかだつたのでせう。(呵々)

175 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/27(月) 19:59:43
各位
アルゴラブさんご提供の「誤」生誕日は反響が大きいようです。
ありがとうございました、

幸い、本日月曜日は、HSの休みのひでもあり、HS職員の
密かな閲覧もあり(?)と思っています。
(月曜のアクセス数は、いつも日曜並に多いのです)
 
これからも情報提供よろしくお願いします。

追伸:池田大作レポが入りましたら、また教えてください。

176 アルゴラブ :2010/09/27(月) 22:22:59
馬場さん
中川君子さんのその後について、私はその期を見届けるまでHSに留まっていないので残念ながら正確には分りません。
調べようと思えば、現在でも調査することは容易にできるのですが、さほど必要ではないかも知れません。
大川の親たるこの2人の方について言えることは
長男に先立たれ、次男に捨てられ、嫁に疎まれ、孫にも会えず、大変不幸な晩年であったということですね。
でも被害者とは言えないですね。自らが蒔いた種ですから。
ただ、HSを除いて出会っていたなら、どこにでも居るお爺さん、お婆さんであり、決して悪人ではありません。

一般的に、実際どういった情報が望まれるのか、私個人の思いとは多少の差異があったようです。
でも、私自身の内心の基本方針を外さないようにしつつ、今後も発信はさせて頂く所存です。
些細なことでも役に立つようなら、HSや大川を攻撃するオプションは考えていたより増えそうですょ。

177 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/09/27(月) 22:52:19
>>166 アイマイミーさん
記事を拝見いたしました。

たしかに、7という数字へのこだわりは、
会員さんにも浸透していたように思います。
誕生日に7の数字が多いと、支部のオバサマ方に「素晴らしいわね〜!」
なんて言われて、そのときは意味がわからず、
「はぁ、そうですか・・・(?)」となった事がありました。

誕生日の数字を特別視する例は、某有名マルチのカリスマ氏もそうですね。
車のナンバーやら何やらを、3月7日にひっかけるのが流行っているようです。

アルゴラブさん、774さん、玄道さん、
通行人さん(引用の部分、大変興味深かったです)、ありがとうございました。

あと、母子手帳には「秒」を記載する欄はないので、
ここは、「明らかに神秘性を高めるための付け足し」と言っていいと思います。
(自分自身が産まれた時の手帳を見て、確認しました)

178 通行人 :2010/09/28(火) 00:37:40
>ウエストさん

私が何かのお役に立てることが出来たならば光栄です。ありがとうございます。

179 アルゴラブ :2010/09/29(水) 22:30:06
恭子がいかにして、善川と君子を嫌っていったか、そもそものきっかけは出会いの時にあったようです。
婚約した大川は恭子を連れて徳島に訪ねたことがあります。
善川夫婦は川島の実家を見せたり、市内の太閤という鮨屋に連れていったりと大歓迎でしたが
徳島に来たわけですから、鳴門の渦潮は外せません。みなで観潮船に乗ったのですね。
しかし、恭子はここでゲロゲロに船酔いしたそうで
「まあ山の育ちだからね〜」と言って君子が介抱したとのこと。
我儘なお嬢様育ちで気位の高い恭子には、この言葉が勘に障ってよほど屈辱だったようで、その後顔が凍ったそうです。
君子女史には悪意はなかったのですが、そう受け取れる素地が恭子にはありません。
この人間関係は初手から成り立ちませんね。こうなると、やることなすこと気に食わなくなるものです。

180 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/09/29(水) 22:57:51
>>179
アルゴラブ樣
まあ、嫁と姑の確執は世の常で御座いますからね。
さすがのアフロディーテ樣も、その原理原則からは逃れられなかつたと見えますな。(嗤)
人間味が御座つてなかなか宜しい。うむ。(但し、家庭内だけにして欲しい物です。)

181 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/09/30(木) 02:23:52
>>179
アルゴラブさん

いや〜 ためになる話ありがとうございました。
アルゴラブさんは、”中川家秘話”の宝庫の方ですね。
この話は誰も知りません。驚きです。

では、私も一席。 
私も何度か、徳島の善川先生宅を訪問しなければならなかったのですが、
鬼嫁さんのご意向で、孫にあわせてもらえないのをとても残念がっておりました。
孫(宏洋クン)を抱っこしている写真を大切にしていたのが印象的でした。
 
兄の富山氏の葬儀には、私が代表して行ったのですが、大川からのFAXがきて
「葬儀に帰るかもしれない」との文面があり、善川夫妻は心待ちにしておりました。
しかし、大川は帰ってきませんでした。東京ドーム、2週間前を理由に。
 
葬儀から帰ってきた私は、出勤停止を鬼嫁さんからくらいました。
ルシファーが葬儀にきてたからですと。

ドーム後、大川からも
「○○さん(私のこと)と電話で話しているだけで、地獄に引っ張られそうになったよ」だって。
地獄に弱い救世主ですね。

182 アルゴラブ :2010/09/30(木) 21:01:56
玄道様
確かに、どこにでもある光景です。それならそれで構いませんが
家庭ユートピアなどど言ってるわりには、やってることが違いすぎということですね。
その違いも一般レベル越えて、ほんとにドス黒いんです。
恭子は気分を害するとまず能面のように凍り、次に般若のようにヒステリーです。
それはもう半端ないっス。

アイマイミーさん
別スレのコメントの件も含め、当方発信の情報については、ご信頼頂けたものはフリーでお使い下さい。
私に対してはお気づかいご無用です。
もちろん文責は負います。誰かさんみたいにカルトな逃げをうったり致しません。
富山氏の葬儀に対する大川サイドの顛末は、私も独自のルートで聞いておりました。
当初行こうかと慌てて考えたものの、ルシフェルの策略だとか言ってとりやめたと。
悪魔にビビりあがって身動きもとれないとは、ずいぶんヘタレの大救世主ですこと。
そもそも死期の予測もできない。遠隔治療もできない。除霊もできない。
それはそうですね。ただの(否それ以下の)小おっさんですから。

183 ジーク :2010/10/01(金) 01:20:44
>>181 名前:アイマイミー ◆3PbKvlyfLs 投稿日: 2010/09/30(木) 02:23:52

○突然、申し訳ない(^▽^) 兄、富山さんの帰天、原因は病気か何かですか?
差し支えなければ、教えて下さいm(__)m

184 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/10/01(金) 23:00:58
>>183
その前に、
kk内部の情報を何故アンチに聞かなければならないのか
kkの情報管理に問題がないのかどうかに目を向ける必要があるでしょうね。

185 アルゴラブ :2010/10/01(金) 23:13:07
富山氏について、把握していることを(書籍になっている部分などは除き)記録しておきます。

富山氏は、もとは父の善川の出資により、徳島駅近くの新町川橋詰にあるビルの3階で学習塾を開いていました。
(このスペースは、その後の徳島支部事務所になる)
しかしHSが本格的な活動に入る時期の前、脳卒中により倒れ、一命は取り留めたものの重度の運動機能の障害を負い
以降は眉山の麓にある病院の3畳ほどの狭い個室に長期入院を余儀なくされ、車いす生活となってしまいます。
母の君子さんは、それから本当に日曜日など除く一年中、毎日来る日も来る日も
富山氏のリハビリの介助のため、八万町の自宅から病院に、朝から夕方まで通っていました(送迎は自宅詰のHS職員)。
八万町の自宅にも、1階に善川が富山氏のために増築した十畳ほどの洋室がありましたが
リハビリなどの都合から自宅看護が難しかったためです。(この部屋に帰れたのは終末期を迎えた時になります)
しかしこのリハビリは、機能回復のためではなく、それ以上機能不全に陥らないよう維持する目的の消極的なものだったそうです。

父の善川も月に1〜2回は見舞いに訪れました。
また善川自身が軽い脳梗塞を患い入院した時は、同じ病院の別の階に入院することになり
おそらくその1か月間が、その後のことを考えれば、親子が一番静かに向き合った最後であったことでしょう。
富山氏は体の機能に障害があるものの、意識は明確でした。
視力は健常、聴力はほどほどありましたが
言語障害のため、なんとか動かせる手(ペンは右手)で筆談による意思疎通をせねばなりません。

富山氏に関することは僅かですが、象徴的な出来事があり、今でも鮮明に記憶していることがあります。
善川がHSの月刊誌を富山氏に見せた時のことです。
富山氏は弟の巻頭語を一読して書いた言葉は
「くだらない論考だ。現実と関係ない」
それに対して善川は
「だがそのおかげで、いまこうしていられるのだろう。喝」
富山氏は、皮肉っぽく薄く笑い、その時はそれ以上その筆談は続きませんでした。

富山氏が終末期にやっと帰れた自宅の洋間には、大川が結婚当初に恭子と二人で送った色紙が無造作に置いてありました。
「兄貴、早く良くなって活躍してくれ(大川)」「すべてが良くなることを信じて待っています(恭子)」
富山氏はこれを病室に飾ることを拒否したのです。

初期の潮文社シリーズの編集過程では、君子女史や富山氏も手を貸したようですが
君子女史とは別の観点で、富山氏も弟の活動はまったく評価していなかったことは明白です。

一度も見舞いに行くこともなく、臆病に葬儀にすら参列しない。
そんな非情で無責任な男。大川の本質です。

余談ですが、この中川家の本棚には結局パクリのネタ元になっていく書籍がわんさと並んでいましたが
その中には一部で話題になった「エメラルドタブレット」も並んでいました。
正心法語のネタ元のひとつになったものです。
それ以上におぞましいのは、中の写真です。
マイナーな本なので、なかなかお目にかかる機会は少ないと思いますが、見れば分ります。
人間の潜在意識にこびり付いた記憶の断片が無自覚に表れたのか、はたまた著者の憑依か。
私は薄気味悪い感触がしたものです。

186 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/02(土) 12:45:10
>>185
アルゴラブさん

詳しい記述で、だいぶ思い出しました。
名誉顧問が軽い脳梗塞になったのは知っていましたが、まさか富山氏と一緒に入院しているとは知りませんでした。

富山氏の葬儀にいくとき、狂祖は、兄について、「塾はあれほどやるなっていっていたんだが・・・」と顔をしかめながら
語っていたのを思い出しました。狂祖の癖で、何か都合が悪いときには、顔をしかめます。
 
帰京して、富山氏の過去世を公表していましたが、釈迦弟子の誰か(忘却)、うろおぼえですが、和気清麻呂としていたと思います。

あと、狂祖が戸籍上の姓も大川にしてしまいましたが、「名誉顧問と自分がどちらが(HSの)初代になるかとの件で(もめたとはいわなかったが、微妙なニュアンスを感じた)、大川姓にした」と私に解説していたのもついでに、思い出しました。

187 ひまづぃぃぃん :2010/10/02(土) 23:55:39
>>186
富山誠氏が和気清麻呂なら
中川隆氏はやはり道鏡でせうか?w
天敵同士がカルマ取りで兄弟になったとかいう設定はありでせうか?

どうでもよいといえばどうでもいいんですけども

188 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/03(日) 00:03:34
ブログ書きました。

組織の問題ではなく、狂祖ニスポットをあてましたので、
資料室にてお伝えします。

”幸福の科学 大川狂祖の見た目と実際”
http://maruta.be/ours/57

会員さんが見ると、おそらく気分が悪くなりますので、見ない方がいいです。

189 ジーク :2010/10/03(日) 00:12:04
>>117 エル・バカターレさん

言い忘れてた、ありがと。

190 ジーク :2010/10/03(日) 02:10:09
国際勝友連合→  勝友→勝共  国際勝共連合ですね。

191 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/03(日) 09:07:57
>>190
ジークさん 校正感謝。

192 ジーク :2010/10/03(日) 10:30:59
>>191 
どういたしまして

193 馬場 :2010/10/03(日) 13:42:59
アイマイミーさん、取り上げていただきありがとうございます。
信者は、真っ向からの教祖の批判に対しては心を閉ざしてしまうだろうから、まずはありのままの教祖の姿を見てほしいと思っています。
信者も教祖のことは知りたいだろうから読むでしょう。
いろんな証言の中で、教祖の実像以外のこともいろいろ浮かび上がっています。
まず、証言を寄せるのはアンチばかり。信者やシンパは教祖の実像にほとんど近づいていないようです。
つまり、かつて教祖の言葉を真摯に受け止め、近づいた者はみな教祖と教団の実像に幻滅しアンチになる。そんなに真剣でもなく、深く考えることもなくそこそこの距離でゆるゆる楽しんでいる人だけが、今も信者、シンパでいられるということだろうと思っています。
まあ2ちゃんあたりに来ている信者は、いまさら職員になったり全財産KKにつぎ込むほどにのめり込む気もないだろうし、無理のない程度にゆるゆるやっている分には騙され続けるのもいいんじゃねえの、という気もしています。
あと、よく宗教では「教祖の人間性に打たれた」という話がよくありますが、KKでは教祖と信者が人間的に触れ合うということが皆無のようですね。
教祖の身長については、アイマイミーさんが言うのならそうかなと思うので、次の時に改訂しておきます。手足短いの話は、見た感じ少なくとも手は短くて、ワイシャツなどは既製服では無理ではと思いますが。
ついでに質問ですが、隆君は人前ではいつもスーツに七三ですが、それ以外の服装の時はどんななんでしょうか。ジーンズをはく時などもあるんでしょうか。

194 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/03(日) 17:03:49
>>193

馬場さん
>ついでに質問ですが、隆君は人前ではいつもスーツに七三ですが、それ以外の服装の時はどんななんでしょうか。ジーンズをはく時などもあるんでしょうか。

それ以外の服装ですか・・・

90年代中盤までしか知りませんが

世間に顔ばれしているときには、帽子(ソフト帽とでも言うのでしょうか)にサングラス(レンズは淡いブラウン)にブレザー姿で外出していました。
今、思い出しても、92年ころは、講談社事件の関係で、狂祖の顔は世間様がよくしっていましたので、上記の変装をしてもバレバレでした。

※1.京都へのお忍び旅行の際、修学院離宮で、見学時間が一緒のおばさんが気がついて写真をとっていましたので、阻止するのが大変でした。私が狂祖の前に立ちはだかって、写真の被写体を私にし向けるようにしていましたが、このおばさんはしつこかった。見学時間中、あらゆる角度からねらってました。写真週刊誌に売るつもり?
 
※2.こういうことはしょっちゅうあって、公式行事のための移動の際は、神経がする減ります。たとえば、時間待ちのため、喫茶店にはいると、狂祖夫婦を一番奥の席に誘導し、大勢の人に背を向ける形ですわらせ、私が狂祖の真向かの、大勢の人に向かってすります。それでも、旅行中の人たちが、家族で記念写真を撮る人がいるのでフラッシュがたきます。と、狂祖夫妻は眉をひそめます。そこで、今の写真は家族の記念写真で、狂祖には向けられていないことを伝えるとホッとした表情になります。

※3.京都駅(公式行事)で、修学旅行中の女子高生の集団に見つかったときは大騒ぎになりました。階段をおりてきて、車にのりこむほんの1〜2分ですが、みんなが指さしましたからね。移動の際は、私が狂祖の隣を、秘書課長が鬼嫁さんの隣を歩いておりました。でも、私は、警護専門官ではないのですよ。職務上そうしておりました。

その後、93年ころには、帽子もサングラスもなしに、ふつう通りの服装です。

公式行事への移動の際は、背広。大好きな軽井沢へいくときはブレザー姿。
テニスへ行くときは、テニスウエアーを最初から着用していってました。
 
家では、ジャージ姿になっているのを見たことはない。Gパンははいたのをみたことはない。
 
私が退職した後は、ファルコンさんに聞くのがいいのでしょうが、同氏はここをみていません。
これをメールで聞くのは気が引けますので、これくらいで勘弁してください。ちょっと書きすぎたかなぁ?

195 アルゴラブ :2010/10/05(火) 23:07:09
資料価値という意味合いではないですが、先々の道標として記録を残す目的から
見る人が見れば懐かしいネタ。

紀尾井町に総合本部があった頃、エレベーターホールを中心にして
事務、総務、財務などのスペースと活動推進と大会議室(ここで講談社攻撃指示)のスペースが分れていて
事務側の入口を入り、角に受付があって(かのビューティースターも初め座ってた)
左側に総務や財務のエリアを見ながら進むと、奥が事務局、秘書課があって主宰室というレイアウトだったと思いますが
この通路の途中の壁の裏側にメール室というのがあって
今にしてみたら、実はここがアンチの発祥の地だったと言えるかも知れないなぁと思っています。
メール室というのは、文字通り本部宛ての郵便物の仕分け場所
ここにはアルバイト職員の女性2人(TさんとYさん)が作業していたのですが
かの小澤利夫さんが、この場所が大変なお気に入りで
時間を見つけては、ここにお茶しに訪れて、本音をさんざんこぼして行くワケですね。
ですからここには、通常知りえない情報があったりして
女性スタッフは、ただ小澤語録などを教えてくれるだけだったのですが
次第に問題意識のある若手の職員の、秘密の情報交換の場になっていきました。
ここに出入りしていた者なら、まず容易に恭子の正体を見抜くことはできていたし
さらに突き詰める勇気のあった者は、大川の化けの皮を暴くに至ります。
しかしこのメール室も、山本体制になって廃止され女性スタッフも去って行きました。

HSフロアのほぼ中心。主宰室からほんの数メートルしか離れていない通路の壁の裏に実はそんな所がありました。
少数ですが、あの頃あの場所で真実に目覚めた人達。
今頃それぞれが、さまざまな思いでHSを見ていることでしょう。

196 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/06(水) 13:04:21
>>195

アルゴラブさん

いやぁ〜、いろいろ思い出させて頂きましてありがとうございます。
たしかにメール室ありましたね。私は、出入りしたことはなかったのですが、講談社事件のあと、東京本部から紀尾井町に、狂祖ともども戻ってからは、その仕切がなくなっていましたね。

この際、アルゴラブさんと私で、この資料集に、HSの様々な情報を記載しましょう。私もブログネタにならない様々なことを記録に残したいと思います。

では、主宰室の話もありましたので、そのへんから。
主宰室には男性用簡易トイレがあり、出社日の前日は饗庭クンがタンクに水を入れ、帰ったあとは同クンが後始末。

では、鬼嫁さんがトイレにいくときは、女性秘書がトイレにすっ飛んでいって、女性陣を追い出す。だれもいないという合図で、秘書課長が先導、うしろに秘書部長がついて、入り口まで。その間、廊下ですれ違った職員は一礼。

講演や旅行の際も同様で、狂祖、鬼嫁さんのトイレのときは、同様のパターンで サンドイッチで移動。結構目立ちますわな。一般客には・・・

そうそう、東大の学園祭でも、狂祖が講演したことがありますが、その移動の際は、秘書以外に小沢さんとか当時の最高幹部がぞろぞろと後ろを歩いていたので、東大生から「まるで大名行列だな」というヤジが飛びました。こういうシーンは、聖杯女史ならすぐに想像がつくでしょうね。

本日はこれまで。

197 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/06(水) 13:36:44
>>193
馬場さん

2chをみていたら

24 :神も仏も名無しさん :2010/10/06(水) 01:36:38 ID:tJse18oH
アイマイミーさんのブログ読みました。

・幸福の科学 大川狂祖の見た目と実際
 http://maruta.be/ours/57
「既製服に合うのがないほど手足が短い」は違うと思う。

と、ありましたがスーツは確かにオーダーでぴったりです。
布帛のブランドパジャマやシャツは既製品なので
着るとMサイズでも袖丈や股下が長すぎるので
お直しに出してカットしていましたよ。
  

この方のいうことの方が正しいです。家庭の事情よくしっている方です。私の説を撤回します。

たしかに、テニスウエアーのズボンのサイズが合わずに、ある秘書が(この女性秘書は教学最優秀で、鬼嫁の話し相手にと抜擢された人なのですが)、裾上げができないとボロクソにいわれ、一ヶ月後には左遷されたのを思い出しました。他に、家付き秘書で裁縫専門のものもいたのに・・・ これ以上優秀な女性はHSにはいないのに・・・

秘書でも、家付き秘書はほんと大変なんです。

198 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/06(水) 14:22:09
>>196 この際、アルゴラブさんと私で、この資料集に、HSの様々な情報を記載しましょう。
     私もブログネタにならない様々なことを記録に残したいと思います。

○それは、真実を知りたい、特に信者にとって、ありがたいことです。皆様の書かれた断片を
集めているのですが、結構、時間がかかります。関谷氏、ファルコン氏、アイマイミーさん
アルゴラブさん、など、そういう情報を集めた、一冊の本が欲しいくらいです。

ただ、そういう本を出すことは、大変なのでしょうね。裁判とか考えると・・・。でも、アンチさん
が真実正しいのであるならば、そういうものがあることは、信者にとって救いと成るでしょう。

199 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/06(水) 16:58:26
>>198
ジークさん どうもです。

裁判上のことは気にしていません。HSは裁判をおこせませんから(笑)

それよりも、細かいことを思い出せるかなのです。だいぶ忘れてますので。

アルゴラブさんのメール室の件、思い出すのにかなり時間がかかりましたので。
(最初読んだときは、そんなのあったかいなというぐらいでしたから)

200 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/06(水) 19:04:42
>>199 名前:アイマイミー さん

 そうですか、徒然なるままに、ぜひお願いします。ちなみに私は、生まれた時からカトリックだった
のですが、聖書中、イエス様は多くの奇蹟を行ったことになっています。盲を癒したり、水をぶどう酒
に変えたり、水の上を歩いたり、それは「あなたがたが、信じるためである」と言われています。

聖書中の、書かれている真偽は別として、あなたが在職中には、これはというような奇蹟は経験した
ことはないのですか?関谷氏の文章見ても、ファルコン氏の文を読んでも、そういうのは書かれてい
ませんが・・・w 

あるとき、講師の方が支部に来て、「先生のお世話をしている時、近頃、先生の髪の毛が薄くなった
と、心の中で思ったら、先生が急に、頭をかいたので驚いた」とか、言われてました。

そういう霊能力を感じたことはありますか?それとも、まったくの嘘だと思いますか?よろしければ
教えて下さい。信者は、信じているのです。w

201 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/06(水) 21:36:27
アルゴラブさんのお話、とっても興味深いです。
オフィスって、部屋ごとに文化があったりしますよね。
その場にいた気がしてくるような、リアルなお話をありがとうございます。

そんなお話の最中失礼しますが・・・
ジークさんとジークフリートさんは同じ方、ですよね?

この掲示板では、信者さんとの住み分けをしておりますので、管理者としてお尋ねします。
(コテハンさんには詳しくないので…ご了承ください)
信者・シンパ、アンチ・退会者、その他(中立・他宗教等)でいうと
ジークさんは、どれに一番近い立場の方でしょうか?

あとは、トリップが同一なのでわかりますが、
できればHNを統一していただけると、見る人にわかりやすいので助かります。
トリップ・HNは強制ではありませんので、使い分けたい場合は、その旨お知らせ下さい。

202 アルゴラブ :2010/10/06(水) 22:23:53
(管理上のお話お任せ致しますとして、お話は続けて参りましょう)

アイマイミーさん
ご提案伺い、私も非力ながら喜んで乗らせて頂きます。小ネタも集まれば、何らかの価値を成すかも知れないですしね。
ぼちぼち参りましょう♪
トイレの話、私も思い出しました。あれはHSのフロアーでも異様な光景でした。
いちいち生理現象のたびに職員一礼とは(笑)この件だけは恭子に同情します。

東大講演の日は暑かったですね。
島部長率いる青年部(仏陀警護隊←ネーミングセンスない)の鼻息荒く、会場はピリピリムードでした。
当時は携帯電話もデカくて、秘書の方が車載の携帯ショルダーを抱えて汗だくになっていたのが印象的でした。
壇上下の女性秘書(HさんとOさん(この時点ではAさん))は涼しい顔を崩しませんでしたが。
当時は会員の間でミラクル雲っていうのが流行っていて、この日も講演後空に「POLA」とか文字が出て
凄いはっきり出たので、これはパウロのように伝道に励めというサインではなどど言いだす者がいて皆大興奮・・・
でもこれは化粧品会社のPR。飛行機の音聞いてます。パウロ?第一スペル違うし。みんなおめでたかったですね。

203 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/07(木) 12:29:34
>>200 ジークさん
>霊能力を感じたことはありますか?それとも、まったくの嘘だと思いますか?

まず、拙ブログの ”大胆仮説「7は最初から間違っていた 霊能力もなかった」” http://maruta.be/ours/37 をご覧ください。

入会前〜職員期間までは、狂祖に霊能力があると思いこんでいました。正確に言えば、「思いこまされていた」ようです。

多少は霊能力はあると思いますが、観自在力にはほど遠いです。本人が霊能力と思いこんでいるのは、それは、「誇大妄想」力です。

このようにいえるのは、九州や四国の地方都市に行けば、霊能者などは山ほどいて、そういう人たちを見たことがありますが、狂祖はその人たちの足元にもおよばない。狂祖は、霊能力があると必死でみせかけているだけです。

かつてのビデオ(書籍?)のなかで(今は絶版だと思う)、西荻時代、会員NO.4の山口篤クンが激しくせき込んで悩んでいたときの、狂祖さまのお言葉は「治してやろうと思えばできるが、そのくらいは自分で治せ(悪霊をはらえという意味にもとれる)」と言っていましたが、今考えてみると、狂祖にはそうした力がないと言っているように思われます。

実際、狂祖の家庭では、5人の子供がいましたが、病気になったら病院直行で(なぜか健康保険を使わない)、狂祖夫婦は、自分のこどもにも病気平癒の祈りなどしたことがないのですから、不思議におもいませんか? 正心法語 などもあげたことがない。

霊言などは、上っ面に本を読んで、「霊言」するもんですから、大変な失敗をやらかしています。 

NO MORE 幸福の科学[kofuku no kagaku] の「教義」のところに 「大川隆法 霊言でやらかした致命的ミス」があり、ここに内村鑑三霊示集の根本的ミスが指摘されています。

私には、狂祖は「霊能者ではなく、誇大妄想者である」と感じています。

204 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/07(木) 12:31:16
>>203
NO MORE 幸福の科学[kofuku no kagaku] の「教義」-- 「大川隆法 霊言でやらかした致命的ミス」
http://lexposition.blogs-de-voyage.fr/教義/

205 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/07(木) 12:32:51
アイマイミーさん

>このHSを揺るがす、ファルコン氏の告発の柱を、私なりに分析すると

1.狂祖は、霊能力もなく、むろん、観自在力もない。

  (自分の運転手のパンツ強奪犯罪すらもわからないくらいの霊能力)

2.狂祖夫婦の仲は決定的に悪く、それが、組織内の対立誘因の最大要因。

3.狂祖には愛人が複数存在する。薬物中毒・セックス中毒。

4.狂祖は脱税をしている。狂祖は守銭奴である。鬼嫁はセレブ気取りの浪費家。

に集約できるのではないかと思う。

○と、ありましたので、>>200 の答えは結構です。失礼致しました。

206 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/07(木) 12:36:49
>>203アイマイミーさん

 ありゃ、同時間に返事しましたね。すみません。

207 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/07(木) 12:48:19
>>203 名前:アイマイミー さん

分かりました。お手数かけました。ありがとうございます。m(__)m

>>201 名前:ウエストさん

立場は今はまだ、「限りなくアンチに近い中立」で、よろしいでしょうか。探求中です。

HNは、今使ってるのでお願いします。
ともあれ、急に入ってきて申し訳ありません。

208 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/07(木) 13:10:27
>>202
アルゴラブさん

>壇上下の女性秘書(HさんとOさん(この時点ではAさん))は涼しい顔を崩しませんでしたが。
Hさんが未だ思い出せない。ヒントお願いします。もしかしてY(弁)の奥さんになった方?
Oさん(Aさん)は、変わった名字の方? そうであれば特定できます。
当時、紀尾井町の女性秘書は5名(ビューティースターを筆頭に、吉田派の吉田のかみさんも秘書でしたね)、練馬区関町の自宅にも5〜6人女性秘書がいましたね。


さて、アルゴラブさんから「ミラクル雲」というお題をいただきましたので、これを少々。
91年当時、これはやりましたよね。当時の事務局長の竹内さんが(狂祖から聞いたのでしょう)「ミラクル雲を作り出しているのは、Sさん(当時事務局次長)の守護霊<名前忘れたーーイスラム系の裏の神>や」って、総合本部で叫んでいましたね。

このSさん、初期メンバーの中でまだ、生き延びているようですね。昨年の選挙のときに名前がでていました。「○○文明室長」という肩書きで。この人は、責任逃ればかりする人だったんで辟易していましたが、それが生き延びられている主因かな?

なんで、あの当時、雲にこだわったんだろう。職員をやめて、山口弁護士訴訟(HSの惨敗−−最高裁)のもとになった裁判の支援のため、ある県に行きました。空を見上げると、十字雲が無数にありまして、ここではいつも奇蹟がおきるのかと冗談めいて考えていましたが、よく見ると、全部飛行機雲。ここは、航空学園のあるところでした。

あのミラクル雲騒動も、狂祖の妄想力のたまものではないでしょうか。会員はその妄想に喜んでいましたが・・・

それと、狂祖は、世間の常識と違う捉え方を平気でのたまいます。苫小牧に行った時のことですが、ホテルから会場の下見にいく際、工場群の煙突から水蒸気がもくもくとあがっておりました。それを見た狂祖は「公害だ!」と叫びました。私もびっくりしましたが、もっと驚いたのは秘書課長でしょう。彼は元環境庁の技官系キャリアで専門が「大気汚染」だったからです。かれもしかたなくお追従笑いをしていましたね。狂祖が黒と言えば黒、白といえば白の悲しい職員物語でした。

209 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/07(木) 16:45:31
>>207 ジークさん

お答えありがとうございます。
中立ということであれば、書き込み先スレッドは特に制限はありませんです。
なにかご不便などあれば、「管理者への要望」スレッド等でお知らせ下さい。

210 アルゴラブ :2010/10/07(木) 18:00:53
アイマイミーさん
同行していた女性秘書はのHさんは、ご推察通りYさんです。Yさんと結婚したの忘れてました。
ベイNKの時の補佐役ですよね。
Oさんもその通りです。Oさん→Aさん→Oさん→Sさん(確か)。
ある意味でHSの被害者の1人かなっと、気の毒に思っています。

S氏みたいにまだ残っている人がいると、正直驚きです。
生き残っている人には共通項がありますが
まあ外の世界に出て行く苦労を恐れれば、必死にしがみつくしかないでしょうね。
 
ウエストさん
できる限り詳しくリアルにをモットーにいきます。
今後とも宜しくお願いします。


今日はこれからまた出張なので、また明日掲示板に来ます〜

211 幸福うれい ◆PQDrv4a/lY :2010/10/07(木) 23:31:11
「KK、KJ党の活動情報」/ 775 に、「中川隆氏は精神病なのだろう」いう
書き込みがありましたので、資料として「統合失調症」について書きました。

ウィキペディア/統合失調症より

統合失調症
「精神機能の著しい分裂」を基底的症状として持つ複数の精神疾患群の総称。

陽性症状
思考内容の障害(妄想)がある。
妄想:他人にとってはありえないと思えることを事実だと信じること。

o 被害妄想(他人が自分を害しようとしていると考える。「近所の住民に嫌がらせを
 される」「通行人がすれ違いざまに自分に悪口を言う」)

◎ 関係妄想(周囲の出来事を全て自分に関係付けて考える。「○○は悪意の仄め
 かしだ」「自分がある行動をするたびに他人が○○をしてくる」)

o 注察妄想(常に誰かに見張られていると感じる。「近隣住民が常に自分を見張っている」)

o 追跡妄想(誰かに追われていると感じる。「ストーカーの集団に追われている」)

o 心気妄想(重い体の病気にかかっていると思い込む)

◎ 誇大妄想(患者の実際の状態よりも、遥かに偉大、金持ちだ等と思い込む)

◎ 宗教妄想(自分は神だ、などと思い込む)

o 嫉妬妄想(配偶者や恋人が不貞を行っている等と思い込む)

o 恋愛妄想(異性に愛されていると思い込む)

o 被毒妄想(飲食物に毒が入っていると思い込む)

o 血統妄想(自分は天皇の隠し子だ、などと思い込む)

o 家族否認妄想(自分の家族は本当の家族ではないと思い込む)


大川隆法には、関係妄想、誇大妄想、宗教妄想の陽性症状が見られるため
りっぱな統合失調症と思われます。

「宗教妄想」でググるといろいろ出てきます。

212 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/08(金) 07:20:54
ジークさん 馬場さん

2chのカキコ

443 :神も仏も名無しさん :2010/10/07(木) 20:30:09 ID:z1QbTX9J
大川の実像

・読書の線引きにダーマト鉛筆赤をご愛用
・靴は3E
・アルコールに弱い
・コーヒー派
・メイクで厚塗りしているがスッピンは顔色が悪く目の下クマは黒い
・体毛は薄め

靴と一番下はわかりませんが、この方のかいていることは事実です。

この方、よく知っておられます。身近にいた人しか知り得ないことを知っています。
赤鉛筆を知っている、アルコールはだめ、メイクのこと、たしかにその通りです。
 
アルコールでの面白い話を拙ブログでも書いていますが、91年の春、狂祖がマスコミに取り上げられ(どちらかというと批判が多かったが)一躍有名になりました。
ある日、秘書のブースに銀座のママから、お礼の電話がありました。「昨日はご来店頂きまことにありがとうございました云々」 電話を受けた秘書課長補佐の山口クン、目をシロクロさせておりました。私がそばで見ていたのでよく覚えています。酔客がお供をひきつれて、大川隆法となのったのでしょう。まだバブルがはじける前です。
狂祖を批判している私がいうのも何ですが、狂祖は銀座の高級クラブなんぞには、絶対にいってません。酒が飲めないのですから・・・

213 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/08(金) 08:34:44
幸福うれいさん

二重丸をつけていらっしゃる部分、同意です。

・関係妄想
ファルコン氏告発や、アイマイミーさんブログでその様子がうかがえる
>>202 では、信者さんも影響されている??

・誇大妄想
選挙結果が物語っているような気がします。
え?国師?

・宗教妄想
「自分は神だ」と仰る方はまずこの病気を疑う、というくらい
典型的な症状ですね

アイマイミーさん

また細かい情報が出てきましたね。
メイクは、動画で見てもかなり濃いのがわかります。

ダーマト鉛筆(三菱)って、ヒモを引くとくるくるむけるものですね。懐かしい
芯を削らないので線にむらがないと、読書術のひとつとして使う方がいらっしゃるようです。

214 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/08(金) 13:16:39
>>213
ウエストさん
 
>ダーマト鉛筆(三菱)って、ヒモを引くとくるくるむけるものですね。懐かしい
我が家に、狂祖が赤鉛筆で線を引いた本を見本にして、同じ本にそっくりそのまま赤線を写したものがあります。地震対策の本で、地震に怯えていた狂祖が講演会などで地震の「予言(完全不的中)」をした際のネタ本です。当時の佐藤秘書課長(現KJ党最高幹部)が私にくれたものです。HS関係の本は焚書していますが、地震対策も書いてあるのでとっています。付箋も狂祖がはったところと同じ所に、べたべた貼られております。


>>210
アルゴラブさん
>Yさんと結婚したの忘れてました。

Y(弁)は、退職してるそうですね。交通事故専門の(弁)になっていると、ご同業の方から伺いました。ものすごくまじめで、勉強熱心で、立派な人でしたね。たしか、鬼嫁さんの過去世の4大弟子の一人といわれてました? どうも、HSがいやになって退職したようだとご同業の方から伺いました。

215 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/08(金) 14:55:38
ちょうど、今月の「Dr.林のこころと脳の相談室」の更新が、
統合失調症をテーマにしていました。

精神病の話題に慣れていない方は、ご注意下さい。
http://kokoro.squares.net/index.html

統合失調症に関するQ&Aのなかから、
この掲示板に合ってそうなものを勝手にピックアップしてみました。
以下、Q&Aの番号とタイトルです。

【0281】霊能力者と分裂病の違いは?
【0365】精神分裂病と宗教
【0565】自分の考えていることが全て他人に聞かれているような気がする
【0580】あやつり人形のように体を動かされたという体験をしました
【0772】ヒーリング施術に何十万円も支払いましたが、よくなりません
【0869】大司令症候群のテレパシー
【0938】心霊スポットに行ってから言動が変になった
【1127】ネット上で妄想や「ゲゲwwwwwへへへへひひひひ」などの滅裂な発言を続けている友人の病名と対処法
【1496】世界全体が邪悪なものだと感じられるようになる

【1127】の中から、一部引用します。

>「そのジャーナリストは架空の存在で、全てお前の自作自演だ、
>そしてお前は1人何役のネット上でやっている妄想狂のキチガイ」などととある巨大掲示板で発言し始めました。
>僕が幾ら否定しても、彼の妄想は止まりません。
>「ゲゲwwwwwへへへへひひひひ」などと滅裂な発言までし始めました。(2007.2.5)

・・・?!

216 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/08(金) 16:49:39
>>207
ジークさん 是非ここを読んでください。

”きょう子の実兄のために「嫁」を略奪” http://maruta.be/ours/11
この事件を知っている人は、狂祖夫婦をのぞいて、ほんの数人です。

特命は実は私です。この事件で、狂祖は鬼嫁を叱りつけ(あのころは狂祖の方が強かった。宇都宮で逆転?)、鬼嫁の身代わりに、私が左遷。同時に私の部下も左遷されました。そして、狂祖は人心を一新し、池田山時代を迎えることになります。狂祖の低俗な発想もわかりますよ。

217 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/08(金) 17:30:18
>>216 アイマイミーさん

ありがとうございます。これから読んでみます。

218 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/08(金) 17:52:42
>>216アイマイミーさん
>その数日後、8が泣きながら電話を特命にかけてきた。

電話の内容を、知りたいところですw  いやー、大変だったんですねー。
やってることが、統一協会と同じですよ。呆れちゃましたw あそこも、上に行けば行くほど
幹部ほど、893の世界なんですよ。

本当のことなんでしょうけど、にわかには信じられないくらいです。

219 馬場 :2010/10/08(金) 20:26:05
すごい話ですねー。ご本人を前に何と言っていいかわかりませんが、なんかここでの話を元に小説ができそうです。
ところでその頃の秋田支部長ってだいたい見当つきますが、この人も最近名前見ないですよね。どうしたんでしょうか。

220 アルゴラブ :2010/10/08(金) 22:04:40
出張から帰りましたら、色々お話が進んでおり展開早いですね!!
実は赤えんぴつの件、大川の読書法として小ネタ投稿しようと思っていたのでタイムリーでした。
別の方々からこうしたさまざまな情報が出てくるのは良い傾向ですね。機が熟しつつあるのでしょうか・・・
ちなみに大川はあれを「くるくる買ってきて」って言ってたことあります。

アイマイミーさん
Y弁も無事退会されているようで良かったです。
言葉を交わしたことは数度ですが、おっしゃる通りのお人柄と感じました。
出会いの場がどうあれ、あのお2人がいま平穏でいらっしゃれば何よりと思います。

恭子の実兄の嫁騒動の件は、アイマイミーさんの発信によって知りましたが
木村家のことも少々知っておりますので、さもありなんと理解できます。
(現地の張り込み宿は三○旅館ではありませんか?HS何かとお世話になってます)

221 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/09(土) 00:43:30
>>219
ジークさん

鬼嫁の涙の電話の内容は、もう14〜5年の前のことですので、詳細はおぼえておりませんが、狂祖から「この問題で時間をとられすぎて救世主としての仕事ができない」と叱責されたという内容でした。
そして、狂祖が電話をかわり、苦虫をかみつぶしたような声で、同様のことをくどくどと、いわれました。とくに、アッサジ君からの質問の多さに立腹し、「そんなのは自分で判断せよ」とのたまいました。
わからないことがあれば、何でも聞いてきなさいと言っていたのは狂祖なのですが・・・ とにかく、この問題で、心休まらず、睡眠不足になり、勉強もできないと言う点におこっていたのでしょう。
おそらく、本当は鬼嫁を叱責したかったんでしょうが、鬼嫁を罰するわけにはいかず、私が生け贄になったのかも。かわいそうなことに、そのあおりで、最強ラインといわれた、私−課長−主任(この人ものすごい有名人)の三人が左遷された。のちに、私が復活すると、またもそのライン復活しましたが・・・

アルゴラブさんに聞いていただいてもわかると思いますが、とにかく狂祖の発言というか叱責や指示はくどいです。一つのことにウダウダと繰り返して話します。意外につらいものがあります。

222 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/09(土) 00:56:47
>>220
アルゴラブさん

>現地の張り込み宿は三○旅館ではありませんか?
すいません。木村家のそばに旅館があることは知っているのですが、いったことがないもんで名前は存じません。
山口県警あがりの広報のU課長(当時)が、旅館の窓越しに周囲を見張っていた写真はみたことがあります。

それと、KK、KJ党の活動情報のところにアルゴラブさんが書かれた
>勝屋さんのことも同じく。退職される前に、徳島を訪れ善川と2人きりで会談。
よくご存じですね。全く知りませんでした。真杉さんのことも。ビックリしました。

また、どんどん教えてください。
それと、「方便の時代が終わった」と宣言したときがありますが、それに至った本当の背景があると思うのですが、それをご存知だったら教えてください。私は、そのときは、木村家兄嫁事件の責任をとって(?)、支部長に左遷中だったので、背景の本質が全くわからないのです。よろしくお願いします。

223 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/09(土) 15:26:31
信者のブログを見ていて、ふと気づいたことがあったので、気楽に書いてみました。

”幸福の科学 狂祖の話を信者はどう受け止めるのか?” http://maruta.be/ours/58

あと、「池田大作守護霊の霊言」ポイントメモ を見つけて、ブログで何か言おうと思いましたが、あきらめました。
これは 大川妄想ワールド全開ですもんね。以下にアップしてみますかね。

224 アルゴラブ :2010/10/09(土) 18:36:55
アイマイミーさん
「方便の時代・・・」について、少々ですが私なりの情報はあります。
ただし、すでにご存じの事に追加できる情報かどうかは分りません。
また後ほど整理して投稿致します。
別スレの池田氏霊言記録拝読しました。関心がありましたので有難いです。
それにしても、想像以下のできでした(呆)
これでは先方も、もはや怒りもしないのではと感じます。

225 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/09(土) 19:56:16
>>221アイマイミーさん

ありがとうございます。鬼嫁?の書籍に、「友人の為に一生懸命やろうとしたら、
サタンに入ってこられて、先生のお仕事の邪魔をしてしまったことがある。故に、
冷たく思われても、切らねばならないことがある」、と、書かれてありましたね。
その時は、納得して読んでいたのですが、今、思うと「だから、私、他人の面倒見ないのよ」
宣言にも思えますw

226 アルゴラブ :2010/10/09(土) 21:18:04
「方便の時代は終わった」宣言についてですが、私自身はその頃すでにHS脱出をしていて
まだ内部に残にいて、脱会のチャンスを待っていた仲間たちと連絡をとりながら状況把握をしていたので
この件については信頼のおける仲間からの伝聞によるものとした上でですが

まず、当時はフライデー事件からどうにか立て直しつつある中で、まだ現場に煙が燻っているところ
関谷氏の本によって、大川は初めて本格的な告発の影響に揺さぶられることになり
そんな状況下で、世界伝道への野心を実現するため、教祖としての自己の立場を絶対的なものにする必要があり
そのスケープゴートに高橋信次を捧げ、予言不的中、伝道失敗、フライデー敗北を総括し
(と言っても、後継者として予言されたものという根拠は失えないため、あくまで「裏」に追いやる)
また初期の霊言集の矛盾点を隠し、善川の影を消し去り
さらに指導霊の中でも人気のあったイエスを始めとした影響力を、自分の配下に封じ込めるための目的も含めて
(あれは霊の思想であり、僕のじゃないの始まり)
立正の庭野氏が行ったとされる同様のセリフでもって、教団の引き締めを図ったというのが外形的なものと思います。
(ここまでは申し上げるまでもないことと思いますが)
ただその頃の周辺情報として、大川は「統一がままならない」(昔のように霊の声がキャッチできない)と弱音を漏らしていたと聞いています。
つまり、自身の霊能力(っと思っている)に陰り、或いは不調を感じており
霊言の連発が事実上ネタ切れであったのが理由であろうかと私は考えています。
自我力で教団運営をしていく切り替えをしたのがこの宣言で、しかしすぐに行き詰まり、ご存じの引きこもりに入った流れと思います。
とりあえずこんなところです。少しはお役に立ちましたら良いのですが。

227 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/10(日) 00:23:21
>>225
ジークさん ありがとうございました。

そんな文章がありましたか。狂祖夫婦というのは冷血動物ですから、当然といえば当然ですが・・・

最高幹部たちでも、狂祖夫婦が一旦ノーといえば、どんなに忠勤に励んで覚えめでたくとも、あっさりと放逐され、地方の追いやられます。そんな人をいやというほど見てきました。そして、昨日までほめあげていたのに、左遷追放後は手のひらを返して、その人の悪口を言い始めます。夫婦そろって悪口が好きです。

そして、悪口の決め手は、「サタンがはいった」です。一度、そういわれて、職員間に噂が広まると、みんながそういわれた人を避けるようになります。サタン級の下の認定は「霊障」になります。その場合は左遷です。あるとき、電気炊飯器の蒸気で火傷した、お気に入りの秘書がいましたが、「霊障」といわれ、一月以上、秘書から外されました。お気に入りでない秘書は「霊障」のレッテルをはられ、総合本部に返されます。秘書局になって50人以上になったときなど、秘書のやりくり(入れ替え)に忙殺されたこともありました。


ところで、木村兄嫁騒動で、私がわからなかった
>どういう経緯で木村兄と知り合ったのか
について、匿名さんからコメントがよせられましたが、あそこを見る人は少ないと思いますので、ここに転載します。

木村兄のお母様が相手探しをしておられたが、なかなか見つからなかったそうです。すると大川が青年部女子の写真何枚かを見、「この辺に出てる(生まれてる)はずなんだよなー」と言ったあと、「あぁ、このコ」と彼女の写真を指差した…と、当時人づてに聞きました。

228 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/10(日) 00:27:56
>226
アルゴラブさん ありがとうございました。

初めてお伺いする話なので、目が点になりました。

関谷告発が効いたんですね。それで、スケープゴードに高橋信次霊をしたて、ついでにGLA出身者への査問とつらなるわけですか。わかるような気がします。これはしりませんでした。ありがとうございます。

「方便の時代は・・・」の講演の一ヶ月前の、鬼嫁のセミナーでは高橋信次礼賛だったように記憶しているのですが、何で、急に手のひらを返したのかが、わからなかったのです。しかし、かくいう私が、「方便の時代は終わった」の講義をしたのですが(笑)=本部から講演マニュアルがきて、それに従ってしゃべっただけですが・・・ 高橋信次氏を「エル・ランティの切れっ端の切れっ端の仙人、六次元(?)で農業をさせられながら反省中」とか言わされましたね。その翌年のノス・トラ映画では、モーゼとランティの扱いも悪かったですね(笑)


>自身の霊能力(っと思っている)に陰り、或いは不調を感じており・・・
たしかに、霊能力(?)にかげりがあったと思われます。それは、種村クンが編集部長のとき、時期は別々ですが、2度ほど狂祖が激怒した事件から推測できます。

どちらが先かは忘れましたが、月刊誌の巻頭に「祈りのことば」みたいなのがありましたが、そのストックがなくなったので、稟議をあげたところ、狂祖は「神聖な時間というのは、一月に1時間とれるかどうかわからない」と激怒。結局、今までのを再使用することになりましたが、たしか、種村クン、その数ヶ月後に左遷されたと思います。

それから、種村クン、もう一回、狂祖を激怒させたのは、『愛は風のごとく』の原稿のストックがなくなったので、稟議をあげたら、狂祖から「ヘルメスを悲しませるな」とわけのわからんことを言れて、先の月刊誌事件との「あわせ技一本」で左遷されたか、これだけで左遷されたかは忘れたが、しばらくはドサ回りとなった。

これって、種村クンが悪いのではないですよね。仕事に忠実だっただけなのですが、狂祖は、自分に都合の悪いことが起きると激怒する癖がありまして・・・ これも霊能力がないのをカモフラージュするために、人のせいにしたのでしょう。

ちょうど、その前後に関谷告発本が発売されました。この本にはサタンが入っているからと読ませないように必死でしたし、関谷氏を知る人物、GLA出身者には査問が待っていましたね。細川さん、前田さんは大変だったと思います。関谷本恐るべし・・・

もし、これ以外に、「方便の・・」の頃のこと、「霊能力のかげり」等の事情がおわかりでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

229 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/10(日) 08:30:25
急に思い出したことを追加します。

ジークさん   <冷血関連で>
狂祖夫婦は、初対面のときなどは、異様に親切で気を使った対応をしますよ。信者が狂祖に舞い上がてしまうのはそのせいです。優しい声をかけます。でも、内心は違うのですが・・・

私は、特殊な経歴で、いわば招聘されて任務についたので、最初はものすごい気の使いようでした。ちょうど、5月の連休中の行事が初仕事だったんですが、東京駅の喫茶店で、「連休中なのに、仕事をしてもらって申し訳ない」と言っておりました。私が、非常勤の肩書きがとれるまでは大変親切でした。あとは、「釣った魚には餌をやらない」の冷酷さですが・・・


アルゴラブさん <稟議関連で>
稟議は月1〜2回です。私は稟議書をフリーパスで見られたので、種村クンのことを知りました。ただ、事前にあげる稟議書を見る場合、私の思念がくっつかないようにと気を使っていましたが、一度も文句をいわれたことがないので、思い過ごしでした(霊能力がない証明)。

講演会やドームの前などは、2週間前提出がギリギリの許容範囲です。(本当は3週間前に設定−−それらの大行事の前には出勤しません=自宅で瞑想中というふれこみです=実際は、お気楽にすごしています)そんな場合、相談事項が発生したらどうするか、とくに、秘書部門には課題が山積しています。

そこで、当時の秘書課長が考え出した手が、鬼嫁さんへのお伺い・報告で決済をとる方法です。これだと、早い。秘書の入れ替えもスムーズ(観自在力といいながら、人事選考では必ず履歴書と職務記録を見るのは不思議ですね)。この裏稟議で、秋田の木村兄問題の相談をやっていたのですが、これが狂祖を怒らせた一因でもあります。

230 アルゴラブ :2010/10/10(日) 23:05:13
アイマイミーさん
大川らからの内線に出るとき、主宰室に入るとき、ふっと襟を正して「秘書でございますっ・・・」とか
腰を低くして向かう役職のみなさんの背中、いつも哀愁をまとっておられましたね。
一般会員さんは大川の近くに行けることを羨んでいますが、あれは所謂3K職場ですね。

HS退会以降、仲間たちが脱出するまで情報収集は行っていましたが
自身の退会以降のことは、いつもメモ書きにしていたため、かなりの量があり未整理で
方便あたりの、(自称)霊能枯渇のあたりがちょうどその頃ですので
これから整理しつつ、また小ネタでも発掘しましたら今後もご紹介させて頂きます。

木村家のことについて
善川家と違って、会の運営にタッチしている訳ではないですが
恭子の母親だけは、かなり出張っていましたね。
なので取り上げてしまって良いと思いますが
孫の世話ということで、秘書職員を使い倒し、挙句は恭子に職員のダメ出しまで指示する始末。
この親にしてこの子ありと、納得の親子です。
母親は地元の支部活動でも幅を利かせていたようですが
一方で父親はHSの信仰などしておらず。職員との接点には明らかにとまどいがありました。
地元では医師として、口数少なく、しかし気配りのできる方で
小さな町ですが信頼を集め名士の風格ありの人物でした。
娘は思いっきり足を引っ張りましたね。
実兄は・・・。ここは控えておきますか。

231 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/11(月) 12:48:15
アルゴラブさん

>あれは所謂3K職場ですね。

そのとおりです。池田山時代には、同じオーナーが所持する高級マンション4世帯分1棟を借り上げ、そこに住まわせられましたが、24時間宿直おじさんみたいなものでした。いつ電話がかかってくるかがわかりませんからね。朝5時頃、夜の1時頃の電話もありました。途中から、必ず録音するようにしました。筆写させて、聞き漏らしがないかの点検をするためです。FAXも同様。

これが、後に裁判で役に立つとは想定外でした。決定的証拠になりました(笑)


>恭子の母親だけは、かなり出張っていましたね。・・・この親にしてこの子ありと、納得の親子です・・・。

鬼嫁の母には、兄嫁事件のときに初めてあったのですが、私がドサ回りを経て、池田山周辺に戻るとしょっちゅう出入りして、王妃の母みたいな振る舞いでしたね。狂祖も一応敬意を払っていたように思われます。

“池田山での贅沢三昧 酷師夫婦の栄光の時代” http://maruta.be/ours/13 の中盤に、狂祖夫婦の出勤時の異様な光景を書いています(まるで皇室気取り)が、母親がきているときは、そのお見送りの中心に収まっていました。なんせ王子。王女の祖母さまでいらっしゃるから・・・ そういえば、ファルコン氏の告発の中にも鬼嫁の性格形成には、あの母の影響があると書いているのをみたことがありますが、ずっと出入りしていたんですね。


>一方で父親はHSの信仰などしておらず。職員との接点には明らかにとまどいがありました

父親は立派な方でした。秋田では、出産の時、冬でも土間で産む風習があったのでそれをやめさせるようにしたとか、金のない人には無料で診ていたりしたらしく(あとで玄関先に野菜がそっとおかれていたとか)、まるで赤ひげ先生みたいな人でした。ただ、ファルコン氏によると、そんな父親を実の娘の鬼嫁は嫌っていたとか・・・


>実兄は・・・。ここは控えておきますか。

私は、はじめてあったときは、弟かなと思っておりました。あれから時がたっているのでどうなっているのでしょうか・・・

232 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/11(月) 21:19:42
ジークさん

園頭広周氏はたしか、そのがしら ひろちか と読むはずです。
 
あの中で広報部長 安藤俊輔なる人物がでますが、安永陽のことです。

謀略の天才と思いこんでおりますので(笑)、姑息にも偽名をつかったり、講談社事件での集会の時は、通りすがりを装って演説をしたりと見え見えのことを平気でやります。

園頭氏を罵倒したり、尾行したりしたのは、佐竹(湯布院館長)です。本人が私に自慢してましたから確かです。
 
ところで、あの裁判は、どうなったんだろう? 確かHSが訴訟を起こしながら、自分で取り下げたのでは? 知っている方がおられたら教えてください。

233 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/10/11(月) 23:49:17
>>230 アルゴラブさん
   >大川らからの内線に出るとき、主宰室に入るとき、ふっと襟を正して「秘書でございますっ・・・」とか
   >腰を低くして向かう役職のみなさんの背中、いつも哀愁をまとっておられましたね。

昔うちの支部長に聞いたことがあります。「支部長だと総裁先生と直接話をする機会があるんでしょう?」
支部長「とんでもない!たとえ総合本部で廊下ですれ違っても、目線を合わせないようにして硬くなっていますよ!」
「支部長クラスでは話もできないくらい、先生は偉いんです。」

地方支部の末端信者には、アルゴラブさんの話も美談の材料として教えられています。


>>231 アイマイミーさん
   >いつ電話がかかってくるかがわかりませんからね。朝5時頃、夜の1時頃の電話もありました。

やはり支部長が言っていました。
「総裁先生は救世の想いでいっぱいですので、天上界からインスピレーションがあると、
夜中の1時でも2時でもすぐ秘書に『これをやりなさい!』と電話をするんです」

信者にはアイマイミーさんの話も美談の材料として、曲げて伝えられています。

234 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/12(火) 00:11:52
>>232
アイマイミーさん

おつかれさまです。まだ、全部は読んでないのですが、下記によれば、
薗頭さんが、勝たれたみたいです。

>幸福の科学の大川氏は、フライデー事件の後、大川氏を機関誌や著書で批判されてきた
園頭師を告訴した。本書は、この裁判に対する陳述書である。あこぎな宗教裁判に対して、
今は亡き光の大天使・園頭先生は、我々残された人類に「こう裁判するのだ」と範を示して下
さった。これは元国際正法協会会員へ小冊子として配布された全容である。勿論のこと、本
裁判は先生に軍配は上がった。
http://www.shoho.com/newpage124.htm

235 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/12(火) 00:12:52
>>233
エル・バカターレさん

絶句!! 

確かに、信者さんのカキコを見ると、アンチの話をねじ曲げてきいていますね。
まぁいいっか!! 情報は、アンチと世間様に発信していますから!! 
信者が私の話に納得したら、信者じゃなくなりますもんね。

236 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/12(火) 00:16:41
>>234
ジークさん ありがとうございました。

237 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/12(火) 00:42:05
>>236
アイマイミーさん

http://www.shoho.com/newpage124.htm
薗頭さん裁判の中に、下記の文章がありました。全部読まれたことありますか?面白いです。

>そういう中で私の耳に入ってきたのは、元GLA会員原久子氏が、大川隆法なる青年と結託して、
「大川隆法先生に、高橋信次先生の霊が出てくる」といって、元GLAの講師、幹部であった人々が
ぞくぞく集まっているという話であった。ニセモノハそのうちに化けの皮が剥がれると思って無視し
ていたのであるが、大川氏が「高橋信次霊言集」「高橋信次の新復活」を出版して高橋信次先生の
名を利用し、そのうちに「仏陀再誕」を出版した。ある日、元GLA幹部であった市川市の甲斐通右氏
から、テープと手紙が送られてきた。「大川先生は仏陀です。あなたも大川先生の弟子になって下
さい。」と手紙には書いてあり、テープを聞いたら、大川市が壇上から「甲斐さん、園頭さんを早く私
の所に連れて来なさい」と絶叫している。大川隆法氏は、「かつての仏弟子、集まれ」と呼びかけて
いる。この頃、既に大川隆法氏は、私が過去世で舎利弗(シャーリープトラー)であったことを知っ
ていて、私か大川隆法氏の下に行けば、大川氏は「自分は仏陀であった」ということになると思って
いると思ったから、私は、「高橋信次氏こそ、真の仏陀であった」という本を東明社から出版して多く
の人々に警告を与え、甲斐氏には「高橋信次先生の教えをうけたあなたが、大川隆法如き人間に
欺されるとは不甲斐ない。あなたが大川氏を信ずるならそれでよい。私は私の信念で行動する。
いずれ、どちらが正しいか、真実が証明してくれるであろう」と手紙をやった・・・

238 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/12(火) 07:15:44
>>237
ジークさん ありがとうございました。

このあたり(狂祖と原久子の結託)が、だれにもわからないところなんですね。原久子女史が狂祖を釈迦の転生と宣伝していましたからね。そこにHSの出発点があります。釈迦の転生だから、最初期に集まった人を、釈迦弟子にしたのでしょうが・・・ おかげで舎利弗(シャーリープトラー)は、GLA系にも、HSにもいることになりました。

いずれにせよ、原女史が詳しいことを知っているはずなのですが・・・ 鬼嫁も原女史を異常に嫌っていたらしく、わら人形の呪いをかけていたそうな。ファルコン告発に書かれています。狂祖と原女史の関係性を疑っている記述もあります。このへんがHS黒歴史の原点のようです。
 
あと、甲斐さんについては、この人のおかげで、講談社事件の際、大塚署の取り調べを手加減してもらったというファルコン氏の記述があります。たしかに、大塚署の刑事がHSにきて、狂祖をつれていきました。

その甲斐さんが退職するとき、狂祖が何らかの声をかけてくれるものと期待して秘書のところに来たのですが、狂祖は会いもしませんで、肩を落として帰られました。狂祖の冷たいところです。

239 アルゴラブ :2010/10/12(火) 19:06:05
エル・バカターレさん
自分達に都合の良いように解釈する。
HSに限らず、宗教にハマると、そうなってしまいますね〜。哀しいかな自分もかつて会員でしたし。
信者さんに、いちいち目くじらを立てても仕方ない所以がそこです。
人間すこし、へそ曲がりなくらいがちょうど良さそうです。

ただし、職員には容赦しません。
内心では間違っていると気づいていながら
打算的に自分を騙して、信者さんの浄財によって禄をはむ者は
そうとは知らずにHS信仰を続ける者より、最後はより大きなカルマを背負うことになるでしょうね。
どんな言い逃れも最早通用しません。責任を取らされます。
現在も居残る職員、果たしてそれに耐えられる人がいるでしょうか?

240 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/10/13(水) 01:34:28
アルゴラブさん、
    >ただし、職員には容赦しません。
これいいですね〜。

職員さんは基本的に「弱々しい善人」だと思っていますので、あまり追求する気はないのです。
しかし一応私たち信者のお布施から「僧職給(=給料)」をもらって修行(?)をしていたのですから、
給料分はきっちり責任を果たして頂きたいと思っています。

もっともどこでも務まらなかった人が職員になっているようなので、
責任を取る気概のない職員が多いと思っています。
(注:若い職員はマジメなので除きます。)。

241 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/13(水) 16:55:49
アルゴラブさん

草創期の、狂祖と原久子とのHS設立関係について(善川氏も含めて)なにかご存じのことはありますか?

わたしは、HSは設立当時から、おかしかったという立場をとるのですが、そのころの歴史については、
関係者がHSからいなくなっているので、詳しい事情がわかりません。
よろしくお願いします。

242 アルゴラブ :2010/10/13(水) 21:54:18
エル・バカターレさん
「弱々しき善人」的確な表現ですね。
私が容赦するつもりがないのは、年齢はともかく古参の職員です。
絶対知らないはずがありません。間違いと知りながら、保身のためにズルズル居残っている者達です。
はじめの気持ちはどうしたの?っと甚だ疑問です。
とにかく認める認めないに関わらず、知ってしまったら、もう知りませんでしたという言い訳はできません。
(そういう意味で、知ろうとする方には覚悟が必要と考えてますが)
若手の職員とて、何らかの理想を持って入ったからには、ありのままの状況に疑問もわかないはずはないのですけれどね?

この件で少し思い出したので、記録します。
大川の書籍の中に登場したこともある、初期に運転手役などしていたUさんという職員の方がいらっしゃいました。
元空挺の方で、落下傘降下訓練のことを大川が文中で取り上げていましたね。(もう削除しているかも知れないですが)
武道家でもありましたが、粗野なところはなく、ビシッとして爽やかな、とても高潔な人物でした。
仲人好きな小澤さんのご縁で、同じく職員の女性とご結婚されましたが
ある時、大名旅行から帰った大川夫婦を東京駅まで迎えに行ったとき
大川らから「ピンクの波動が出ている」と、いきなり車を降ろされクビ。
センチュリーは慌てて須路さんが運転して走り去り、Uさん電車で帰宅。
途中一時期は警護課などあったものの、一貫して一人で身を呈して警護役までやってくれていた人をこの始末。
その後、サービス部員として現場に出されたものの、適材適所とは言い難い仕事
「私は自分の給与分も売り上げられない。職員の資格はない」っと言って、あっさり退職されました。
あまりの仕打ちに、見かねた小澤さんがお仕事を紹介し、無事社会復帰は果たせましたが。
「ピンクの波動」など、自分がそういう妄想してるからです。そもそも漏神通力などもないわけで。
人の幸せなんて願っていない、むしろ嫉妬でしょう。
UさんもHSを石もて追われた優れた方の一人です。(あの時期に離れられて良かったと言えますが)
最後にお会いした時は、まだ会籍は残していて、くすぶっておられました。
私は脱会後でしたので、自身の考えを全て伝えてお別れしました。
お手紙を頂いたりしましたが、あえてお返事せず、今は分りません。
でも一番、幸運を得てほしいご夫婦でした。

243 アルゴラブ :2010/10/13(水) 22:45:26
アイマイミーさん、こんばんは。
私は善川氏に直接会って色々見聞できた関係で、HSについて考えることができたので
当時それほど原さんについて特別関心がわかず、さほど収集していないんです。
ただ、原さんを知る元会員さんは知ってはいます。機会があれば伺ってみましょう。
うろ覚えですが、確か書店(潮文社?)を介して知りあったのではなかったかと。
(この点は、またの機会に確認してみないとはっきり申せませんので保留です)
あと脱会後、焚書している最中、炎が暴発して3〜4mほど飛ばされ骨折したそうです。
ご本人は大川の呪いと思って、さぞ怖かったそうですが、これが霊的な障りかは別です。
ただそれが原さんという人物を垣間見る、ひとつのケースではあると思って記録していました。
あと、「りんごダイエット」という本が売れて
あるとき、ビートたけしさんの「スーパージョッキー」に出演されたことがありましたね。
OA見ていたので、驚きました。骨折も治ってお元気そうでした。図太い方です。
今も独自の会を立ち上げて活動されていますね。高橋信次を捨てていません。
ただしHSのことは皆無です。
怖い思いもされているので、紳士協定とでも言うことでしょうか。

私もHSは設立当初から本物ではなかったという結論でいます。
ただ、積極的にペテンを働いたものでもないと認識しています。
(個人的には、根拠は初期霊言集の制作過程と質で十分納得できました)
詐欺とかではなく、不幸なめぐり合わせで時流にのってしまった妄想。
それももう一歩ひいて見たら、日本人に与えられた試練のひとつなのかと思ったりもしています。


(※焚書の方は試してみましたが、飛ばされたりしません。大丈夫です。
  ただし、現在は野焼きは禁止ですので、資源回収ですね。古本はほとんど売れません)

244 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/14(木) 08:53:18
アルゴラブさん

>>242
>運転手役などしていたUさんという職員
YU君ですね。あの交代事件おもいだしました。すっかり忘れてました。おかげで、私は、須呂君と一緒に帰る予定が変更になりました。トホホでしたね。

後日、YU君の美人の奥さんから(この人HSで一番の美人、家秘書だった=狂祖は悔しかったのかな,YU君の奥さんになって)、「職員を辞めないように説得してください」と総合本部で泣かれたときは困りましたよ。でも、本人は頑なに拒否しました。もう、狂祖に見切りをつけていたんでしょうね。

>>243
>(個人的には、根拠は初期霊言集の制作過程と質で十分納得できました)

そのへんの事情を、善川氏の言葉なり、ご存じのことを語って頂くことが可能なら、よろしくお願いします。

245 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

246 アルゴラブ :2010/10/15(金) 00:43:16
アイマイミーさん
そうそうYUさんです。Yが抜けておりました。お恥ずかしい。
さらに須呂さんの名前を間違えるのは2度目になってしまいました。
フォローして頂きありがとうございます。

初期霊言集に関することは近々記録を行います。
一応、他の掲示板でもお約束したので、加筆して投稿します。
すぐにしようと思ったのですが、君子さんの霊言もでるかもとのことで、ちょっと待っています。
限定なので、公開されるのは期待できませんが、もしされれば、それも含めて検証できるかもしれないので。
特別お急ぎでなければ、お役に立つか別として、今しばらくお待ちくださいませ。

おまけに小ネタ投稿
YUさんも職員の最後は新宿支部でした。あの安田さんも新宿支部に居ました。
新宿支部と言っても、高田馬場駅なんですが、今はコンビニになっていますね。
一階が事務所と書籍売り場、二階が集会所でした。
ここは色々な人が来ては去っていきましたが、あの山田理事も一時期居ました。
ただし名前だけ。サービス部員として。
秘書から出されて、リストラ対象のフラッグが上がった時がありました。
職員になって最大のピンチだったのに頑張らず、体調不良と称して、実質的に長期無断欠勤して籠ってしまったんですね。
なのに、東京本部で結婚祈願祭をやった時
ピンクのワンピース着てルンルンのハイテンションで登場。
何コースか分りませんが、10万くらいポンと入れて、手を振り振り退場。
美星さん、サービス部員でしょ?働こうよ。一同目がテンでしたね。
引きこもり中に、相当本部にSOSも出していたようで、その甲斐あってかまた戻って行きました。
でも、あそこが分かれ道だったのでは・・・

もともと結婚願望が強く、その反面で好みの理想高すぎて曲げられない。
確かに優秀な方でしたから、釣り合いを気にしていたんでしょうか。
警護課にY氏が就任したとき、ひさびさにヒットして、すぐに言い寄ったものの
妻帯者だからとキッパリ断られ、相当凹んでたと聞きました。
ユーモアもあって、聡明な人。決して悪い人じゃない。
幸せを掴める、ありあまる素質を持っていたのに。
なのに、どこかで壊れてしまって、大川のお世話番から理事。
別の選択肢なかったのでしょうか。

さらにおまけ。
祈願祭で集まったお札など、その後どうなったかと言いますと
ダンボール箱に詰められて、四国の鳴門にある研修道場に宅配され
徳島支部の職員と、管理人さん、たまに会員も手伝って広場で燃やします。
でも儀式とかはしていません。当時はまだそんな儀典確立されていないですし。
お札の袋の中にお金を入れる方がいるので、中身を職員があらためるのですが
(しっかり支部職員に読まれています)
半日近く、強烈な念のこもったお札を見ていますので、さすがに皆疲れ果て
火に入れるときは、もうただの作業です。あれは単なる金儲けのためだけの子供だましの儀式です。
そもそも、そういうのと決別するためのHSだったはずなんですがね?

247 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/15(金) 08:42:29
>>245
幸福うれいさん ありがとうございます。

会員No.3(おそらくはSさんという女性か)の話については、前にも、ここのしたらばでどなたかのご紹介で拝見したのですが、評価がわかれているらしく、確からしいという点と疑問符がつくところもあるそうで、正直困っています。

ただ、幸福うれいさんから、新しい資料のご紹介をいただきましたので、勉強いたします。ありがとうございました。

248 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/15(金) 09:00:43
>>246
アルゴラブさん 詳細にいろんなことを覚えておられて、ありがたいです。私も、アルゴラブさんのおかげで少しずつ思い出してきました。

ビューティースターに、サービス部員時代、そういうことがあったとは知りませんでした。

>警護課にY氏が就任したとき
Y氏って、少林寺拳法(当時)の達人(四天王の一人)? そういうこともあったんですか!
ビューティースターは、饗庭クンとも、つきあっていたし、すごい人ですね。

>祈願祭で集まったお札など、その後どうなったかと言いますと
そうそう、思い出しました。事務局長の竹内さんなども、それを堂々といっていましたね。祈願の意味がないと当時から思っていました。関連で、支部長時代不思議におもったのは、祈願祭の時のお札類も、業者から直接納品されるため、事前に祈願もしていません。これで、祈願に効力あるのかと思いましたよ。神社仏閣では、事前祈願が原則ですから、大違いですね。

249 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/15(金) 13:30:14
ジークさん

私はある時、善川名誉顧問から呼び出しでご自宅にお伺いしたところ、ご夫婦で切々と次のことを言われました。「女性秘書(当時は女性秘書2名だった)のTが、私ら夫婦に暴力をふるう。はやくかえてほしい」と。Tは聞き耳をたてていました。
 
そこで、総合本部のHに電話し、事情をはなしたところ、Hは「信じられない」のひとこと。そして、かれの打った手は、もう一人の女性秘書を交代させました(体調不良を理由に)。その話を、善川名誉顧問に電話したところ絶句し、涙声になっていました。

この話は、実話です。何がいいたいかといいますと、HSの人たちは、愛人問題、誕生日疑惑等でも。具体的な証言があっても、自分の価値判断にあわなければ「信じられない」として、無限に証拠を求めたがります。もし、私が、愛人からの情報を公開したとしても、「信じられない、他の証言もだせ、他の証言がないなら嘘だ」と叫ぶ人が多いように見受けられます。それで、私は、いくら挑発されても無視しております。挑発する人もどこまで知っているかを確認したいのでしょう。

私には、HSの人が必死で否定し、証拠、証拠という発言が、HSにとっての一番隠したい真実だと思っています。あの講談社事件の発端となった「狂祖のノイローゼ」証言がその真実を物語っていると思います。おもしろいことに、真実を指摘されても、問題視していない事柄は反論しないのです。

ちなみにここをご覧ください。”職員必見 HSで生き延びるための試験実施中” http://maruta.be/ours/41 週刊誌の記事に、狂祖がどれに激しく反応したかのクイズをのせていますので・・・・

250 アルゴラブ :2010/10/15(金) 19:34:28
ジークさんへのアイマイミーさんのお話に、少しお邪魔させて頂きます。

善川氏宅のHS職員の女性、TさんとMさん(交代していなければ)のことと思います。
老人への虐待はあってはならないことですが、Tさんも決して根っから暴力的な方だったわけではなかったのです。
善川夫婦も悪い人じゃないですが、聖人でもありません。普通の人間です。
ですから世間一般に起こる問題は、ここでも例外なくあります。
初めは主宰のご両親のお世話と意気込み来て
不調和があっても、そこを信仰心を持って抑えられてきたわけですが
けれどもさまざまな醜い現実に接し、それが次第に間違いと分ってきたら・・・
自分を推薦した小澤氏も去り、沖縄にも帰れる見込みも立たず
外との接触を控えるよう命ぜられ、顧問宅と徒歩3分程度の寮、近所のスーパーへの買い物。
そんな世界に閉じ込められたら、人格がボロボロになっても不思議はないですよね。
善川夫婦の晩年は実に悲惨なものでしたが、Tさんもまた心に深い傷を負わされた被害者に違いありません。
問題の本質は、家政婦扱いの職員の頭数をあてがって、あとは大人しくしててくれればいいという
大川の両親への、もはや怨念に近い無責任な態度そもののが根底にあることを
この件を別の角度から知る者として、今回知る方々には、併せてご理解頂きたいと思います。

251 幸福うれい ◆PQDrv4a/lY :2010/10/15(金) 22:48:04
>>247
投稿した後、そういえば、信憑性が疑われる情報で削除があったなあと思いだしたのですが、
やはり、会員NO3 の事でしたね。
信憑性が疑われる情報を蒸し返してしまい、ご覧になっている皆様にお詫び申し上げます。
管理人さんに削除をお願いしようと思います。
ただし、アイマイミーさんが資料をご覧になるそうなのでURLだけは再掲致します。

幸福の科学現役会員スレッドPart11
http://life.2ch.net/psy/kako/1012/10122/1012279094.html
幸福の科学現役会員スレッドPART12
http://life.2ch.net/psy/kako/1014/10144/1014480157.html

252 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/15(金) 22:50:13
アイマイミーさん アルゴラブさん

私の町に、葬儀屋さんがあって、そこのお嬢さんが職員で、父上のお世話係だと聞いたことがあります。
父上の葬儀は、その葬儀屋さんがわざわざ四国まで呼ばれてやったと聞きました。

そうですか、世の中結構狭いですね。まー、私が訊ける方では無いですが、その女性職員(Mさんかな)、
の母親を知ってます(と思います)。接触はしませんが。そのお嬢さんなら、内情をしってるのでしょうね、
残念です。

ともあれ、同じ事実でも、見る角度によって違ってくることもありますね。ですから、あらゆる角度から
見なければと思うのです。これからも、色々と教えて下さい。ありがとうございます。

253 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/10/15(金) 22:51:53
>>250 アルゴラブさん

なるほど、視点を変えてみればそのような事情も十分ありえますね。
私はこの話はアイマイミーさんのブログを読んで知りました。
「仏弟子のくせになんてひどい職員だろう」と思っていました。

でも変に仏弟子だとか聖人だとか思い込んで見るから、ありのままに見れなくなるのかもしれませんね。
どちらもただの人間だと思って見れば、こんな事はよくある話です。
私も母が認知症になって老人ホームのお世話になっていたのですが、
預けっぱなしで全然面会に来ない家の老人は、扱いにくい人が多かったように思います。

ホント、物事を正しく見るのは難しいですね。

254 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 12:02:33
>>251
幸福うれいさん

資料のご提示ありがとうございました。驚くべきことがたくさん書かれています。
エクセルにおとして、勉強しています。

なお、聖杯と剣女史が、会員NO.3氏のカキコについて、検証しているところが
あるそうなのですが、それをご存じの方は、それがどこにあるのか教えてください。

255 アルゴラブ :2010/10/16(土) 18:44:30
ジークさん
ご自身の良心と理性をもって、疑問に思うことをじっくり検証なさって下さい。
ただし、くれぐれも焦らずに。個々に歩みは違うものですから。
真剣な信仰であろうとしていたらそれだけ、間違いを理解して目を覚まそうとするのは
自分で自分の心をえぐって、膿を出し切る作業になり、苦痛は避けられません。
けれども、この道こそが、ようやく狭き門に向う一歩になると確信しています。

それから、ジークさんのおっしゃるMさんと、私が考えているMさんは別人かも知れません。
私の知るMさんは、若くしてご両親を亡くされていると聞いています。
葬儀屋さんの件は、初めて伺うので、そうなると当時のTさんの相方は交代していたようですね。

エル・バカターレさん
もともとのスレの要旨は、どんな事実を突き付けても、信じない人は信じないという例でしたので
お邪魔のカキコでぼやけてしまわないか、ちと躊躇ったのですが
善川氏とTさんを知っていたので、やはりこの機会に記録させて頂いたものです。
(アイマイミーさん、横レスしてすみません)
でもご理解いただける方がいて、やはり良かったと思っています。

256 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 19:00:29
>>255
アルゴラブさん

アルゴラブさんのいうMIさんは、私が善川名誉顧問宅に伺った際は、四国本部勤務でした。
Tさんと一緒にやっていて、体をこわした人の名前は覚えていません。黒住出身のH氏と仲が良かった女性です。

257 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 19:06:14
HSの”文化運動”ですので、ここに記載します。

ブログ更新しました。
”不倫は、幸福の科学の重要な文化なのだ!(1)” ”同(2)”

「不倫は文化」のHSに対する批判です。主としてファルコンさんの引用で作成しています。

258 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 19:07:59
>>257
アドレス忘れ。ごめん。http://maruta.be/ours/60

259 アルゴラブ :2010/10/16(土) 20:46:31
アイマイミーさん、ありがとうございます。

>黒住出身のH氏と仲が良かった女性です。
ここから先は確かめようがないですが、かすかな心当たりとして
ひょっとしたらYさんが再招集されていたのかなと思えます。
期せずして、当時確認しきれなかった状況が、おかげで少し補足できたかも知れません。

260 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 21:22:06
>>259
アルゴラブさん

おそらくそのYさんだと思います。例の四国問題の職員の名前でかすかに記憶がありますから。

261 アルゴラブ :2010/10/16(土) 22:25:02
少し前に流れてしまいましたが
警護課のY氏の事を書いて思い出したことがあるので追記しておきます。
HSでは未だにフライデー事件のことについて、大川の指示の点、裁判敗訴の件認めていないんでしょうか?
往生際の悪いことですね。

講談社フライデー抗争中、大川は○○銀座とか○○上ホテル、
さらに本天沼の最上階、すえは高田馬場にマンション借りるなど無茶苦茶していましたが
大川らが都心のホテルに滞在中は、Y氏は自腹きって近くのビジネスホテルに実は泊まっていました。
しかし主宰の前に出るのに、みっともない姿では出られないというポリシーもあり
ホテルのクローゼットには背広をずらっと持参し
つねに疲れた様子を見せずに、いつ終わるともわからない警護の任についていました。
そんなある日、大川がY氏に
「僕はホテル住まいで疲れがとれないよ〜。やっぱり家だと疲れとれるよね。Yさん、いいな〜さっぱりしてて。僕も帰りたいよ〜」
Y氏はそのことを「先生は、俺が近くに泊まっていること知らないんだな・・・?」と話していました。
後日、小澤氏がそのことに触れて、「先生はあちらの世界には通じているが、この世のことは分らないんですよ」っと
Y氏はもともと小澤、竹内ラインの流れ、Y氏はそれで、一応納得されていましたが
明らかに苦しい弁明ですね。矛盾だらけです。
脇が甘いと言いますか、結局こんなところでも霊能なんてないこと自分で示しています。
おまけに空気も読めないわけです。

262 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/16(土) 22:51:37
>>261
>「先生はあちらの世界には通じているが、この世のことは分らないんですよ」っと・・・

支部にはたまに、本部講師の方が来られて、「先生はお会いしなくとも、皆様方のことを全て
ご存知です」、みたいに説明してました。加えて、「ある時心の中で、先生の白髪が増えたか
なと思ったら、先生が、頭をさわったのでびっくりした」とか、「あまり先生に想いを送っては
いけない」とか、散散言ってましたけどね。あれ、信じ込んでるのか、騙そうと確信犯なのか、
やはり、統合失調症としか思えないですね。職員も信者も、騙し騙され、喜んでるのか。・・

263 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/16(土) 23:43:13
>>262 
ジークさん

私も本部講師でしたが、そんな嘘はいいませんでした。私たちの時代の本部講師もおべんちゃらであっても、決してそんなことはいいません。それなりに矜持を抱いていました。支部講師クラスとなるとわかりませんが・・ いまの講師連中は全然勉強していないからそんなことしかいえないのでしょう。しかたありません。狂祖が勉強しなくなり、愛人との耽溺生活で忙しいからです。2chでも聖杯女史が、大川本の質の低下を嘆いていますね。

私が在籍していた時代、狂祖も勉強していましたし、本部講師も必死で勉強していました。教えの部分だけでなく、様々な分野の本を読んでいました。名前を出して悪いが、細川さんなんかは、支部長左遷時などは、支部長室をつくらせてほとんど勉強三昧でした。HSを底上げするためには、知性の復権が必要ですね。手遅れかもしれませんが・・・

264 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/10/17(日) 00:01:14
二千年代の幹部職員は今思えばかなり電波飛ばしてましたね。

『先生は全てのご存知』『ご本尊を通して全て通じてます』みたいな法話を得意技にしていたのは正岡戒心ですね。正確な年代は忘れましたが2003年頃に総本山・正心館の館長してました。

今は、法による救済よりも、白橋みたいな妄想による集金話が重宝されてるのかもしれません。

265 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/17(日) 00:22:21
>>264
月光さん

正岡、白橋なら、平気でその手の話はしますね(笑) 一部訂正です。
でも、まーさん、狂祖の不興をかって、打ち込み+強制還俗らしいですね。
ファルコン告発にあり。『先生は全てご存知』を自ら証明したのかな?

266 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/10/17(日) 00:33:26
>>261
ググったら出てきた。Aが警護課のY
ちなみにそのYが菊池さんがよく書いてる、菊池さんを殴った武蔵野支部の山本支部長です。

 2132 返信 側近から見た大川の霊能力 ゲロ 2002/10/22 19:20

 再び元秘書から聞いた話。

 フライデー事件のころ、大川が指示出しに忙しく
 AとB2人の秘書が1週間家に帰れなかった。
 Aは奥さんが毎日着替えを届けてたが
 Bは独身で1週間同じスーツにネクタイをしてた。

 1週間後、大川はBに家に帰ってないようだから帰って良いと家に帰らせた。
 一方Aはほったらかし。
 Aも俺だって帰ってないのに、スーツを着替えてたから家に帰ってると
 「先生」は思ってたんだと言っていた。

 本当に霊能力はあったのか、多少でも愛の思いがあれば家に帰ってないかどうかぐらいインスピレーションはあっただろうに。

 秘書部長だか秘書書室長をやってた奴が、KKの情報を金を貰って他団体に流しててとかで破門になったが、
 側近中の側近だった奴でもこれだから、霊能力も含め大川は完全になめられてるんだろう。

267 アルゴラブ :2010/10/17(日) 09:46:30
思いのほか話が広がりましたね。
ジランさんのググったAさんがYさんであることは間違いないですね。すっかり実名でしたか(笑)
当時の背景や、それに至った動機が分りませんが
菊池さんが殴られたと表明されている以上、きっとその状況は確かにあったのでしょうね。
それ自体を否定するものでは決してないのですが
Y氏のことを話題に載せた当事者として、あくまでも私なりのY氏について残します。

私も一度、あることでY氏と激論になったことがありました。
お互い譲れないものもあり、私は恥ずかしながら若気の至りで涙しながら話し
Y氏も抑えてはいるものの、感情が高揚し、目を真っ赤にしての討論でした。
最後には、今後の課題の余地は残しながらも、着地点を見出して終わったのですが
議論の途中では、「昔の俺だったら、殴ってしっまっていたかも知れない」と話す場面もありました。
ですから、絶対にそういうことはないとは言えないものの、自制心は持っている人だったと思います。
(武道家として、自分が本気を出してしまったら、大変なことになってしまうという自戒)

上役に対してはズバっとモノを言い、あまりに不条理なことなら拒否もする。
下には指示は厳しく出すが、腑に落ちない点があるようなら、分るまでとことん付き合う。
部下が勤務中に過労運転で事故を起こした時は、激しい雨の中、自宅からダッシュで来て
ずぶ濡れになりながらずっと傍に立ち、夜中に聴取が終わって帰るまで、じっと待っていたこともあります。
また家族にはHSの信仰は強要せず、個々の判断に緩やかに任せて、家長としての信頼も失っていませんでした。

警護課が廃止されてからは、立川支部のサービス部員として赴任
独自のファミリー制度で、地区の立ち上げを行い、会員からは随分評判が良かったようです。
当時西部統括だった安永のやり方と対立し、小澤氏の助言もあって立川支部長に就任。
武蔵野支部に移るのはこの後のことですね。
雰囲気的に例えると、鬼平犯科帳の長谷川平蔵みたいな感じでしょうか。
ご本人は大川から、前世を知らされたと言っていましたが、今世の実績がないから言いたくないと話していましたが
そもそもそんなことに囚われず、今は娑婆でバリバリ自由に生きていて下されば良いのにと願っています。

あと、秘書部長か室長かの破門のお話も
HSを辞めるのには、罵詈雑言は当たり前、ほとんどが石もて追われます。
後付けで、無茶苦茶なこと、好き勝手なこと言われるのが通例です。ひどい職場です。

268 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/10/17(日) 14:10:55
今までの話で、大川隆法には
「霊能力は一切ない」ということがはっきりしました。
数々の証言、ありがとうございます。

大川の霊言なるものは、本人の「超人願望」が統合失調症的に発動してできたものにしかすぎません。

YU氏はピンク波動が出ているということで、左遷されたそうですが、
そうすると、パンティ強盗を続けていた梶ヶ谷はどうして見抜けなかったのでしょうか。
彼も大川ファミリーの運転手をしていたのに・・・。
社会的にも女性を傷つける犯罪を犯しているのだから、
即座に指摘してその行為をやめさせなければならないはず。

ほんとに、大川隆法という単なる妄想男を一時期信仰対象をしていたなんて、
「イワシの頭も信心から」とはいえ、自分で自分が情けなくなりますなorz

269 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/17(日) 18:05:52
>>267
アルゴラブさん
そうですよね。退職したら滅茶苦茶なことを言われますもんね。まぁ、普段から悪口ばかりの狂祖夫婦ですから、やめた後などは推して測るべしですね。

半年前くらいのネットのカキコで、知人で、狂祖から気配りの名人と持ち上げられていたTさんも、退職時には狂祖の首を絞めにくる烏天狗だと、ビデオで全国放映される始末。

私も、布施返還訴訟の友人を支援したところ、凄まじい言われようだったみたいです。かつての退職した幹部に対して、ないこと、ないことの悪口のオン・パレードで、退職するにも覚悟が必要です(笑)

>>268
Mr.ブーンさん
 
いつも引用をさせていただいておりまして、この場を借りて、初めてですが、お礼申し上げます。

狂祖はやはり、霊能力がほとんどありません。霊能力があるかのように振る舞っているだけですね。あるのは、誇大妄想力ですね。狂祖の霊能力のなさは、以前から明確に指摘されていましたが、最近の迷走ぶりは目に余りますね。


ここをご覧のみなさま、アンチ各位が面白い意見を述べておられますので、以下をご参照ください。

”♪ 大川さんちの隆法くん このごろ少し変よ〜 どうしたのかな?” http://maruta.be/ours/43

270 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

271 会員歴20年 :2010/10/18(月) 22:10:10
>>269
霊能力があるかないかについて。
英語での霊言(ケネディとか)を聞けば判断に難くないと思いますよ。
事前に生前の本人のビデオとかを見てから拝聴することをお勧めします。

ちなみに、私はいつもの総裁先生の英語説法と同じ日本語英語に聞こえました。
まだ支部に出入りできる方は支部にてそのような英語霊言の拝聴をしてみてください。

272 アルゴラブ :2010/10/18(月) 22:25:52
国難打破と称して、HSの政界への野心が現実を直視できずに収まりませんね。
でもこんな団体は国政の場に出る資格はありません。
かれこれ20年ほど経過しようとしているフライデー事件も、教団によって恣意的な情報操作がなされたままです。
虚偽を主張し続ける態度には法令遵守の意識はなく、カルトの危険性を明確に示すものです。
このサイトをご覧のほとんどの方は、いまさら疑いのないことですが
1991年当時がどんな動きだったか、いま一度記録しておきます。

8月31日 その日は大川は総合本部に行く予定はなかった(出社時通常は8時15分くらい出発)。
大川は練馬区関町の自宅におり、隣家の秘書詰所(ATという暗号で呼ばれる)に非番を除く数名が通常待機していた。
警護課長のY氏も、出社はないと判断し、課員1名を伴って車(マークⅡ)で外出中であった。
だが、10時を過ぎた時、ATのN主任より自動車電話に主宰本部へ出社の報が入る。
センチュリーには通常、運転がYU主任、助手席にM課長、後部に主宰と補佐が乗車するが
M課長はすでに本部で勤務中のため、この日はN主任が乗車して出発。
マークⅡは通常は警護車として後続に付くが、この日は予想外の出社であり、戻っても間に合わないため先行することに決断。
ほんの少しの差でマークⅡは紀尾井町ビルの地下駐車場に滑り込む。入口には秘書部長、課長ほかが待機していた。
主宰らが到着すると、すぐに本部フロアーに行き、主宰室で役職者らと会談に入る。
昼をまたぎ、今度は大会議室に職員が招集され
ここで次週号のフライデー休刊に向けての、講談社への電話、FAXによる攻撃指示がなされる。
会議室での集会後、活動推進局員は興奮した様子で、都内の各支部に連絡を始める。そして大川らも車で本部を後にする。
首都高4号外苑から乗ってC1、5号に入って護国寺で降り、講談社前で停車。
ここで主宰と補佐は車を降り、5分程度ではあるが、講談社ビルをじっくり眺める。
再び乗車すると、こんどは一般道を通って、中野富士見町の関東本部へ移動する。この時夕方4時近くになっていた。
関東本部には支部レベルの職員、婦人部、青年部が動員されていた。
ここで決起大会「とりあえず3日が勝負。次号を休刊に追い込もう」と。
この後、大川は関町に帰宅。夜8時近くになっていた。
ATでは秘書課長、警護課長、秘書課2名、警護課6名が集合。
補佐経由で、大川夫婦が翌日より○○銀座に行くこと
また子である○洋、○也加を自宅女性秘書4名とともに課員2名を付けて
秋田の補佐実家へ疎開させる指示がなされる。

9月1日 午前中に大川夫婦は荷物をまとめて出て行った。
13:20 子供と女性秘書2名を乗せて、YU氏がセルシオで羽田へ向け出発。
それ以外の者は、先行して電車で出発。
14:50 羽田第二到着ロビーで合流。
15:55 ANA便で秋田へフライト(チケットは饗庭氏調達)。16:55 秋田到着。
空港にて食事。ここからから由利高原への交通がないため、2台のタクシーに分乗して向かう。
19:30 補佐宅に到着。補佐両親へ事情の報告を行う。
20:30 実家に子供2名、女性秘書1名を残し、その他は近所の○船旅館へ移動。
東京の本部に報告を入れた際
翌日(2日)、8:30より婦人部中心に電話作戦開始。11:00に本社前にてデモという計画が伝えられる。

会組織を、会員を扇動しておいて、組織防衛のために虚偽の主張を言い続ける。
大川やHSという団体が、本質的に反社会的な危険な要素を持ち続けている一例です。

273 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/18(月) 23:38:45
関谷告発とファルコン告発を読み直してみた。
全然違う内容の異なる告発なのだが、通読すると
それぞれの点が一つの線で結ばれてしまった。
まるで、推理小説の世界だ。

”秋の読書感想文――二つの幸福の科学「告発文」を読んで!!”
http://maruta.be/yours/22

274 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/19(火) 00:05:37
>>272
アルゴラブさん
よく細かいことを覚えておられて感心します。
 
アルゴラブさんの記述は正しいです。

拙ブログでも”特別寄稿 講談社事件の真相と全貌を語る 1” 同2で、講談社との開戦決定日を8/31と記しております。
http://maruta.be/imyme/57

275 アルゴラブ :2010/10/19(火) 21:35:24
会員歴20年さん
>>271 
同感です。実は単純なことなんですよね。
日本語の霊言も、いちいち名乗って出てくるあたりが低級である証であると考えますが
中身に真理の言葉を持ってきていれば、なかなか良いことを言っていると、軽率に受け入れてしまうものです。
霊的教訓を学ぶにも、きちんと基礎からやらないといけなかったのだと思っています。

276 アルゴラブ :2010/10/19(火) 22:14:07
アイマイミーさん
開戦を否定した貴○島氏、その年の10月22〜23日に善川顧問が上京した折に
紀尾井町などで役職者の多くと面談した際の記録があり、同氏も直接話していますね。

善川と講談社との問題について反対した理由を問われたところのみ抜粋して皆さんに紹介します。
「今は他とトラブルを起こす時期ではない。それだけの体力がまだついていない。」
「いきなり実力行使をするよりは法廷で争うほうが良い。」
「講談社とはどこかで手を打ったほうがいいのではないかという気持ちがある」
当時の財務、総務、広報宣伝局長のコメントです。

各所でこうした異議をいくら唱えても、結局は荒野に呼ばわる声でしたね。

277 会員歴20年 :2010/10/20(水) 01:07:02
>>275
もう一つ、霊言の変わった?拝聴の仕方としては、はじめの部分を聞いて
しばらく席をはずして後半を聞くというやり方があります。
坂本龍馬など、方言を使った霊人だと、後半の部分は方言のなまりがなくなって
いることに気づきます。
(私は「あれ?霊言は終わって総裁先生の解説がはじまったんですか?」と
近くの会員さんに聞いてしまいました。「いいえ、まだ終わってませんよ」
とその会員さんに言われてしまいました)
ミカエルなどの英語なまりな日本語の方にも使えます。また、渋沢栄一など
なまりの無い霊人でも後半はいつもの総裁先生説法と同じ話になっている
ことに気づかれるでしょう。

スピリチュアルの世界では、霊媒師の言語を使うことが常識と聞いています。
なので、そもそもなまりも英語での霊言もやらなくていいですよ。
徳島弁でやればよかったのだと思います。
イエスが○○語(なんでしたっけ?)を話してない、とか突っ込まれる必要も
ないですし、龍馬の土佐弁が、とかそういう議論も起きません。
龍馬の土佐弁については、総裁より「完全な土佐弁で話していないが、雰囲気が
でるので」のような解説がありましたが;;;

278 対策。A :2010/10/20(水) 01:30:34
>>277
そうそう
「英語訛りの日本語」を喋ってる高級霊とか古代霊とか
もうなんじゃそら?の世界だ

○○デース ○○デアリマーシターとか 
抑揚のおかしい英語なまりの日本語ってのはだな
日本語を勉強中の外人さん特有のイメージであって
大川世代の日本人的感覚に過ぎん

英語圏に生きた霊人サンが「英語訛りの日本語」を喋ちまうってのなら
まだ多少は無理いい訳がつけられるっぽいが
そうじゃねえのがそうなるってのは噴飯ものでしかないわな

>「雰囲気が出るので」 つうのもあったが
「聞いてる人に会話を分かりやすくするため」 とか本の中であらかじめいい訳してただろ
あと、「知識が大川のものに偏るのもごにょごにょ」とかw

「ぼくは英語以外の外国語が霊言でもしゃべれません」の開き直りぶりはいいとしても
日本人をいれても大川語ばかりになっちまうのが「自滅行為」だと何故気付かんのだろうw

279 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/20(水) 05:40:58
http://web.archive.org/web/20050307222556/www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=999978231
新★幸福の科学現役会員

>126 名前:良子 [2004/03/28(日) 12:30]
関谷氏が亡くなられたらしい。
胃癌で一ヶ月苦しんで

>127 名前:南風 爽やか [2004/03/28(日) 13:11]
関谷氏89年脱会の後、出版会社を設立するが2度倒産、1200万の多額の借金を抱え
1999年暮より、六本木でラーメンチェーンで昼は皿洗い、夜は駐車場の警備員をしていた
前会員3名の評言によれば、深夜遅くままで虚業教団をインターネット上に載せるべく徹夜をして
いたらしい。2001年の当時闇金融に足を染、2400万の借金へと膨れあがっていたと親しい友に打明けていたらしい
2003年暮れ頃宗教教団を立ち上げ、借金返済の計画を立てていたとS氏からの評言を得ている。
ネット上でレムリアの風と評し、エルランティの霊言の創作に打ち込んでいたと聴く
>前会員の50名のリストを作成し教祖としてのマニアルを作成していたという。

 すみません、↑の記述は正しい事ですか?

280 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/20(水) 08:17:09
>>276
アルゴラブさん

講談社との開戦を決定した8/31の会議には私も出席していましたので、よくおぼえています。貴○島氏や、イザワ氏などが、激しく反対して、小澤、竹内両氏が困って主宰室に駆け込み、狂祖からねじを巻かれて、開戦をごり押ししましたもんね。たしか「仏陀が傷つけられているのに弟子が黙っていていいのか」というような狂祖から言われた言葉で押し切りましたね。すると、両氏は席を蹴って出ていきました。開戦決定で、非戦論の前田さんもしぶしぶ了承した記憶があります(まちがったらごめんね)。
 
その席には、出席資格のない、佐竹(特殊部隊責任者)や伊藤真道がいて、そのどちらかがFAX攻撃を提案していましたよ。あの開戦の日のことは、刻銘に覚えています。



>>279 
ジークさん
関谷さんに関するお話は存じません。はじめて伺いました。

281 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/20(水) 08:28:40
>>276
アルゴラブさん

善川名誉顧問の上京で思い出しました。
「(講談社との戦争で)幸福の科学をつぶすきか」という凄い剣幕で上京されたのでしたね。

その日から数日、大川夫婦は、戦争司令所の東京本部には出社しませんでした。小澤さんが相手をしたと思います。
善川名誉顧問がお帰りになってからも「残留思念が残っている」といって、1〜2日、出社しませんでした。
そこまで嫌わなくてもいいのにと思っておりました。
善川名誉顧問もついでに孫に会いたかったのでしょうが、秋田にいっていましたからね・・・

282 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/20(水) 08:29:24
>>280
アイマイミーさん
すいません、よく読んだら、「極道のヤサ」とかいうのが、なりすましだったみたいです。

>180 名前:極道のヤサ [2004/07/23(金) 16:27]
>関谷のボゲおめえ、あした湘南に顔だせや、・・・

すいませんでした。

283 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/20(水) 12:02:42
関谷さんのブログ、現在も更新中です。

http://blog.goo.ne.jp/kyuhei_sekiya/

284 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/20(水) 18:21:22
>>283
了解ですm(__)m

285 アルゴラブ :2010/10/20(水) 23:25:04
会員歴20年さん、対策。Aさん

>>277 >>278
またまた同感です。
初期霊言集に惹かれた方々は、霊的教訓というものを求める意識は高かったものの
教訓的なものを重要視するあまり、物理的心霊現象といった土台となる部分を軽視する傾向があり
ああした霊界通信の基本的なセオリーとかを検証しないうちに
良いとこ取りで寄せ集めた真理の言葉が琴線に触れたことで、次第に間口を広げてしまった面があると思えます。

すでに多くのテープ、ビデオが残ってしまっていますから、今後、分る人には分ると思いますが
大川のトランスはつねに浅い(低い)状態であり、ナルシズムによって高揚しているだけで、自我(顕在意識)が働きっぱなしです。
深い(高い)トランスであれば、声も形相もハッキリと変化しますが、彼はどこをとっても大川でしかありません。(怒るとキツネ目になる程度)
しかも貧しい想像でもって通信霊をトレースしようとするから、通信霊の言語を使ってみせるなど
素人さんならまだしも、過剰にした演出が、その道の人達から見たら笑止千万の致命的なミスであることに気づかない。
通信霊が霊媒の潜在意識を使用して、霊媒の言語を自由に使用できないとしたら、それは霊格の高い霊の仕事ではないし
霊媒が通信霊の言語の影響を受けるのであれば、それは霊能ではなく憑依のレベルでしかありません。
とにかく場当たり的で、メチャクチャなんです。
ただやっかいなのは、本人たちは、当初それなりに真面目にそうした腹話術をやっていたことです。
録音したテープを、さまざまな知識人に送って、お墨付きを得ようとしていましたから。
(完全にやらせ、ペテンであれば話は楽なのですが)
大川がどの段階から、恣意的な操作を深めていったかは色々な見方がありうると考えますが
根本的に、善川氏がサニワ(審神者)の役割を理解しておらず、失敗していることが最初の不幸であったと思います。
ここで抑えていたら、全ての悲劇は起きなかった。
サニワは読んで字のごとく、徹底的に試すのが務めであり。唯々諾々と聞いていてはいけないのです。
それは時として闘いのように苛烈な応酬であり、「あなたはくどい」とか言われて凹んでるようなサニワでは務まりません。
(そもそも高級霊なら、どんなことを投げかけられても、やんわりと昇華させて答えるもの)

どこかで大川も、それがマズいと思ったんでしょうかね?初期を方便として封印しました。
それにしては、相変わらず安っぽい霊言を乱発していますので、きっと台所が厳しいんですね。
信者さんにとっては、大川は14次元だそうですから、何でもありってことでしょう。
それならばご随意にと言うだけですが。

今後あとを辿ってくる多くの人達のために、粛々と記録を残していきましょう。

286 アルゴラブ :2010/10/20(水) 23:46:09
アイマイミーさん
>>281
この時の善川氏の東京での最後の現場は、中野富士見町での東京サービス部の結団式に出席したことでしたね。
この頃から一般職員レベルでも、大川と善川の不仲は囁かれるようになったと記憶しています。
ここから翌年の、一見やんわりした文章ですが、事実上の最後通牒(名誉顧問化&絶縁)となる運びでしたね。

たいした内容ではないんですが、ちゃんとした国語力がある人なら読み取れる秘書を通じた絶縁状。
ご希望があれば掲載したいと思います。

287 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/10/21(木) 00:03:42
ここまで生前は絶縁状態だったのですか。薄々は聞いてましたけど。急に月刊誌の連載も消えてしまって。

なのに死後は帰天説法と題して霊言をだしてる総裁の考えが理解できません。四冊ぐらい2007年頃に出てると思います。内容はあまり記憶してないですけど総裁のことをベタ誉めしてます。現代の偉人とかなんとか。なんだか悲劇の親子としか言いようがない…

288 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/10/21(木) 00:16:22
>>287
月光さん、はじめまして。
 ○川さんは、此処まで来ますと”確信犯”ですね!
 実の父を疎み、亡くなると”帰天説法と題して”自分をべた褒め
 させるわけですか? 底なしの卑しさですねw
 別スレの真剣な信者さんは、勿論信じないでしょうが、お気の毒ですw

289 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/10/21(木) 00:28:24
ジョシュアの僕さんはじめまして

Googleで調べてみました。善川さんの本は最近のものは五冊出てますね

回想の父・善川三朗.2003/1/1発行)

『善川三朗の霊言-帰天説法(1)-』(2004/3/20発行)

『善川三朗の霊言-帰天説法(2)-』(2004/4/29発行),

『善川三朗の霊言-帰天説法(3)-』(2004/8/12発行)

『善川三朗の霊言-帰天説法(4)-』(2006/11/3発行)

290 対策。A :2010/10/21(木) 00:50:04
>>285
なるほど
スピリチュアリズム・霊界通信を肯定する人々からしても設定崩壊・・・
大川理論内ですら、俺のような外野から見てもあっさり設定崩壊・・・

サッチャー守護霊なんざ「ドイツ人霊だから霊言できねー」と
「誰でもいい」とリクエストされてから焦りまくって誤魔化したのも益々意味不明だ
基本設定どおり言語中枢を使わせれば済む話でw
当人が使いこなせなければ初期基本設定のように大川が同時翻訳すれば済む話w

何より笑うのは、去年の衆院戦時に耳目を引く為の第一弾で出した「金正日」の霊言
下品なジョークや微妙な語尾のニュアンスに至るまで、完璧に大川の中枢を使いこなしているw
おいおい、どっちが霊格高いんだ?って

291 対策。A :2010/10/21(木) 01:17:39
>>287
月光たんもいつも乙!
これまで多方面から幾層にもわたってばらされて来たもろもろ内容を総合すると

大川は、初期は何がしかの霊言能力(=と自他ともに信ずるに値する何か)はあった
それで一発ぶちあげてヒットさせて当たり、多くの求道的人々を傘下に集めた

きょうこに強引に捻じ込まれ夫婦になってから色々とおかしくなってきた
それまで貢献してきた幹部や、兄、父など肉親まで会内で排除しだしたりと

大伝道を始め、バブル会員数報告とバブル収入に奢りはじめる
(実体から乖離したバブルは弾けて貸し付け制度や、写真100万で回復し味をしめる)

フライデー記事を旅行から帰って聞いた直後に激怒
そのままフライデー戦争開始を指示し、心の乱れ?が最大化。見栄ハッタリも最大化へと向かう
(だがフライデー事件以降は嫁きょうこの尻の下に完全に敷かれるようになっていく)

関谷氏が「虚業教団」で元幹部としての内部告発を出版する
驚き、怒り、びびり、焦り、買取、買占めやら「絶対に読んではいかん!」厳命を出したり

これが原因ともなりGLAや高橋信次の裏側の悪巧みのせいにするため
「方便の時代は終わった」と第一次信者大量離脱の教義改訂に踏み切る
同時に多様な霊言の存在価値を方便はもういらないと否定し封印宣言
「今後は大川の意識一本で行く!」と根本経文まで書き換える

バブル会員数発表だけは威勢よく続くが大講演会やセミナーは段々できなくなる
95年にはオウム事件や阪神大震災起こるが、どちらも未然に予言・透視すらできず
反対に利用して、「世紀末天変地異」日本詳細版をぶちあげて恐怖を煽る
同時にバブルな自勢力数を根拠に創価学会攻撃を始め、三塚を担いでの政権取りを目論む

すべてバブル勢力に基づいた妄想ばかりだったため当然にコケてすべて不発。尻切れトンボ。
有名は「裸の王様にしたのはあんたらです!」嫁の罵りの後、ついに引篭もり化へ(10年続くw)

2003年?に逝去し死に目にも立ち会わなかった親父さんの死後、
外には引篭もり継続中に、超久々の霊言、「親父の霊言」を出しまくり賞賛させる

292 対策。A :2010/10/21(木) 01:45:44
>>291の続き

すべてバブル勢力に基づいた妄想ばかりだったため当然にコケてすべて不発。尻切れトンボ。
有名は「裸の王様にしたのはあんたらです!」嫁の罵りの後、ついに引篭もり化へ(10年続くw)

宇都宮にまるごと転居し、針のむしろのような夫婦生活を強いられる一方で
わずかの憩いと癒しを求めた別荘生活であんなことやこんなことに手を染める
「HSが広まる以外の回避策なし!」で全力で煽った世紀末は何事もなく過ぎていく

2003年?に、兄同様死に目にも立ち会わなかった親父さんが死去したあと
外には引篭もり継続中だが、超久々の霊言、「親父の霊言」を出しまくり賞賛させる
(私見:これは父を蔑ろにすることを強要してきた嫁への当てつけも大きかったのでは)

この前後から引篭もり期間中の内実をカバーしたファルコン告発が本格化する
告発の宴たけなわの頃、10年ぶりに、定点観測と称して不特定多数の一般信者の前に姿を表す

その翌年あたりから一転し支部ドサ廻りを開始。現場信者の熱狂的歓迎と賞賛を味わい続ける
その延長で3年後にKJ党立党。懲りずに1100万信者をバックと豪語し国取り宣言ご乱心

その後の迷走ぶりはいわずもがな
撤退の撤回の死ぬだのなんだの、自称公党にあるまじき醜態の連続
当然の大惨敗後に、宇宙人祭り含めての粗製濫造中身なし霊言の乱発に全力開始
多くの20年信者が脱会、離脱または内心の離脱をはじめ、
二度目の茶番はないはずだった参院戦では、それを裏付けるようなさらに惨憺たる結果となる
収入減少はもちろn、派閥抗争のすさまじさなど、従来なかった内部リークが増加する

って感じなんだが、こうして俯瞰すると
惨敗後からはじまった酔っ払いの乱発霊言は「完全に黒」は当然として
恣意的な操作に満ちるようになったターニングポイントは
やはり「フライデーから方便終わった」までの大川混乱期にある
世間からキラ星のごとく宗教で成功中と注目される一方で
バブルの勢力自慢を引っ込められなくなり、逆切れして引篭もってしまう
初期に人々を自然に集めえた何がしかの霊言能力とかがもしあったのだとしても
この時期(94〜96)にほぼ完全消滅しちまったのは間違いなさげw

293 旅人 ◆o77ehnrsws :2010/10/21(木) 02:12:40
こんばんは。別スレッドで貼った転生ネタですが、
エクセルにまとめてみました。
http://astralbird.cocolog-nifty.com/reincarnation_neta.xls

善川氏の転生を見ていたら、
同時代のマルコとエビウスが両方とも過去世になっていたり、
やはり認定は相当いいかげんです。参考までに。

>>289

下記の>>673以降に、帰天説法の全文が転記されています。参考までに。
http://zulu.jog.buttobi.net/bbs/psy/1057252337.html

294 旅人 ◆o77ehnrsws :2010/10/21(木) 02:13:57
必要でしたら、帰天説法とかもエクセルにまとめます。

295 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/21(木) 08:13:52
>>286
アルゴラブさん
>この時の善川氏の東京での最後の現場は、中野富士見町での東京サービス部の結団式に出席したことでしたね。
結団式のことは、残念ながら記憶にありません。当時の職制から、善川氏には会ってはいけないものでしたので(アルゴラブさんには意味が通じるはずですが)

>秘書を通じた絶縁状
掲載をお願いします。書いた人を知っています。(手紙の内容だけで結構です。名前は伏せて・・・)

296 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/21(木) 08:35:07
>>291 >>292
対策。Aさん 

鋭い分析 ありがとうございます。

ほとんど、その通りだと思います。 「ほとんど」といいますのは、最初のところの
>大川は、初期は何がしかの霊言能力(=と自他ともに信ずるに値する何か)はあった
のところだけが、私もよくわからないのです。

いまとなっては、原久子氏だけが知っているところなのですが、沈黙していますので、
よくわからない状態です。

おそらくは、285にあるアルゴラブさんのもっておられる善川氏関連の情報から読みとるしかないと思います。
そこが、いま私は一番関心のある部分です。「幸福」の科学ではなく「詐欺」の科学の出発点ですので・・・

297 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/21(木) 09:07:11
>>294
旅人さん
おつかれさんです。
過去世、面白く拝見しましたが、自称も多々ありますし、狂祖認定でも違う部分もあります。

山本氏は、源頼朝ではありません。
須呂クンも法名が竜樹ですが、この法名を授与したとき、
狂祖が「竜樹にしたけど、本人が勘違いするかな」と私にいっておりましたので・・・
 
狂祖の過去世認定も、狂祖本人が設定忘れをしていたり(2chで聖杯さんが指摘)、ずいぶんいいかげんですね。
高橋亀さんや種村君などの過去世などは、狂祖自身、釈迦の転生としたため、適当な人物をあてはめたのだと思います。

気が向いたら、訂正版をお願いしますが、ほとんど荒唐無稽なので、どうしたもんか・・・
法名もそうなんですよ。適当につけて(姓名判断を付け焼き刃で勉強して)いましたからね。
  
余談ですが、小川知子の兄の小川博司は空城をもらいましたが、彼は、自称で曹操と思いこんでおりましたが、
彼が、広報局長になったとき、狂祖より”三国志の「空城の計」から命名した”とのFAXがあったのですが、
彼にとっては複雑な心境だったはずです。三国志演義では、曹操が空城の計にひっかかったわけですから(笑)
 
ついでに、やない”筆勝”なども、元朝日新聞記者だったので”筆勝”ってつけられたのですから・・・
私にもありましたが、どこからもってきたか、すぐわかりました(笑) 
過去世もいわれましたが、職員やめたら、そんなの関係ねぇの世界です。
 
過去世、法名、けっこういいかげんなんですよ。

298 アルゴラブ :2010/10/21(木) 17:55:19
月光さん
>>287
霊言で自画自賛。大川の得意技ですね。普通は恥ずかしくてできません。
ただ彼の場合は、あれを本気でやっているから、ある意味薄ら恐ろしいわけです。

アイマイミーさん
>>295
委細承知しておりますっ。後ほどアップします。

299 アルゴラブ :2010/10/21(木) 19:26:45
対策。Aさん
>>291
資料集にふさわしい時系列の記述ですね。
大川の初期の何かしらの霊能についてですが
霊能というより、厳密に言えば、霊的影響と言ったほうが良いかも知れません。
善川がサニワができない時点で、父親への優位性や攻撃性が表面化しています。
今では事実と妄想の区別もつかないくらい進行してしまっていますね。
(原さんのことも、思い当たる点もあるのですが、特定に至るには、もう少し必要な要素が残っています)

300 ◆q/9ewSheIU :2010/10/21(木) 20:06:01
占星コラム 大川隆法氏のチャート
ttp://www.kanteiya.com/column/09/0607.htm

2009年6月のですけど占星学から見た記事がありました。
見られた方もいるかと思いますけどここのスレにはないみたい
なので資料としてリンクを貼らせていただきます。
問題あれば削除して下さい。

301 アルゴラブ :2010/10/21(木) 20:26:39
大川から善川への絶縁状 ①

1992年(平成4年)6月16日 事務局よりの発信で全地方本部長宛てに、A4版1枚のFAXが流れました。
小澤理事長、白木常務理事が相談役に、一方で山本本部長が出版取締役も兼務する人事異動の発令です。
そのFAXの一行目に一文のみ。「善川三朗顧問先生が名誉顧問に就任されました。」と書かれています。
文書の下半分は、両相談役のコメントが載せられていますが
名誉顧問については一切の説明も、コメントもなく、上記の一文のみです。
大川の結婚以降、恭子の台頭によって亀裂を深めていた大川と善川ですが
全年のフライデー事件の頃から対立がいよいよ表面化し
その流れの10月の上京時にことごとく忌避されたことで、溝がもはや修復不可能な決定的なものになったと言えます。
その後半月後にこの手紙が善川に届けられます。
これから紹介しますのは、一見すると、たわいもない内容ですが
背景を知って行間を読めば、まともな国語力のある方なら、大川らの善川への露骨な嫌悪感を読み取ることができるでしょう。
以下にまず全文を載せてから、内容について補足も行います。

302 アルゴラブ :2010/10/21(木) 21:03:44
大川から善川への絶縁状 ②

恭啓

名誉顧問先生におかれましては益々ご清祥の御事とお慶び申し上げます。
過日、主宰先生のご生誕のご祝賀、お祝いの品を頂戴いたし、主宰先生にお届けいたしましたことを改めてご報告申し上げます。

さて、お届けした際、以下の如くご指示を承りましたので、謹んでご連絡申し上げます。

一、名誉顧問先生からのご贈答は、お気持ちだけで充分いただきましたので、先般の鮎を最後に、今後のご贈答はご遠慮したい旨、承っております。
理由は、お返しをお届けしなければならないのですが、なかなかお買い物にもいけない状態だからとのことでございます。
また、八月にも鮎をお送り下さるとのお気持ちの由、承っておりますが、その期間は東京不在のご予定でございます。
名誉顧問先生のお気持ちは、もう充分に頂きましたので、今後のご贈答はご遠慮したいとの由、承りました。

二、名誉顧問先生には、この度、名誉職にご就任になられました。
名誉顧問先生には、いろいろな会合等からのご出席の要請があろうかと存じますが、
名誉職は、一般的には、実際の運営には携わらないものと言われておりますので、どうかご負担にならないよう、ご自愛くださいますようにとのことでございます。

また、胸像の設置、除幕式等につきまして、名誉顧問先生には何かとご心痛されておられることを伺い、
総合本部では、先生のお気持ちを忖度させて頂き、除幕式および胸像の設置を当面の間延期し、
時期をみてお願い申し上げることといたしました。併せてご報告申し上げます。

右、書中をもちまして、ご指示事項ならびにご報告申し上げます。
何卒、ご真意をご斟酌賜りますようお願い申し上げます。
また、文中、甚だ不躾かつ失礼の段、平にご容赦下さいますよう重ねてお願い申し上げます。
時節柄おすこやかにお暮らしのほどはるかにお祈り申し上げます。

頓首再拝

平成四年七月四日

秘書部長  印

名誉顧問 善川三朗先生 玉案下

303 アルゴラブ :2010/10/21(木) 21:50:00
大川から善川への絶縁状 ③

この手紙は、B5版の縦書きです。たぶんオアシスで作成したのではないかと思います。
この手紙は実は二通作成されています。
一通は善川自身に届けられるものですが、もう一通は善川担当の秘書が事前に知っておくために用意されたものです。
なぜ、そんな面倒なことを?ということですが
善川が内容によってどういう反応をするか、もしも上京するなどと言い出したら、またやっかいなことになるからです。
したがって、事前に東京と徳島サイドで入念な打ち合わせがなされ
文章から、渡すタイミングに至るまで、出来る限り問題が起きないように配慮されていたのです。
この文章には、くだらない親子の諍いに挟まれた、職員の苦心が込められています。

まず、鮎についてですが
徳島の吉野川は鮎の漁場ですが、善川は毎年、鮎漁が解禁になると、なじみの店に連絡を入れまくり、よい物を大量に買い込んでは、東京に送っていました。
孫が生まれてからはさらに拍車がかかり、水揚げによっては、買いだめして店頭の在庫が無くなることもありました。
でも東京では、ほとんど食べずに捨てていたと思います。

名誉顧問就任については、体調説など考えられたと思いますが
この時期、善川は何ら体調不良などなく、週に2回くらいは、近所の園瀬川に釣りに行くほどでした。
10月に軽い脳梗塞を患いますが、むしろ日常の運動不足が指摘されたくらいです。

これに先立つ5月には、本部編集局のT課長(女性)と、鳴門で新刊本の打ち合わせをする予定もあり
いつも通り歓待しようと、色々準備していたところ、
ある日T課長から、急遽新刊本の発行が中止になったので、徳島に行けませんという連絡が入り
続いて、月刊誌の連載も打ち切りの報が入って、東京に文句も言っていたようですが受け入れられず
すっかり意気消沈していた時に、鳴門の道場にて、西日本の青年部の研修が行われるのを知り
四国の本部長にまわりくどく自らを誘うように仕向けて出席して、少し気分を良くしていた矢先にこの文章が届くことになります。

胸像というのは、善川も知らないうちに作成が進められていたもので、研修道場に設置しようとされていたものです。
善川はこれに対して、「生きているうちに銅像を建てられるなど、墓標を建てられているようだ」と述べて反発しました。

とりあえずこんな感じです。

304 月光 ◆XaQn.d08t. :2010/10/21(木) 22:57:42
>>303
アルゴラブさんありがとうございます。

衝撃的です。文章から漂う絶望的な拒絶感これはなんとも…。論点が違うかもしれませんがこの親子の負の連鎖は大川隆法総裁の子供たちにも影響するのではないかと。柳美里さんのファミリーシークレットを読んだ時の衝撃を感じました。

305 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/10/22(金) 01:18:49
>>302-303
うえー、こういう文章を『慇懃無礼』というのでしょうね。
言葉遣いは丁寧ですが、敬意も思いやりも感じられません。
第三者の私が読んでもいい気持ちはいたしません。
「丁寧な言葉だけを使って、人を侮辱する事もできる」という文章を読んだ事がありますが、
愛を説く人が書いた、愛のない文章ですね。

あっ、アルゴラブさん、ありがとうございました。

306 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/22(金) 06:04:33
>>302 >>303
アルゴラブさん

鮎の件ですが、鬼嫁さん、女性秘書に命じてすてさせました。鬼嫁さんはとにかく、善川
名誉顧問が嫌いでしたからね。旦那も鬼嫁さんのご意向に従ったのかな?

あの手紙の件はよくしっています。狂祖と鬼嫁さんが、それはそれはくどくどと、鮎はいらない、お返しが大変だから、名誉顧問の「名誉」の意味を語っておりましたから・・・

>>301
>善川三朗顧問先生が名誉顧問に就任されました

の延長線上の話ですが、中川隆から大川隆法へと戸籍名を変更(裁判所許可)した際、
狂祖は次のように語っていたのを覚えています。
「HSの初代は、顧問か自分かでもめた(ニュアンス)が、これで、自分が初代である
ことを明らかにした」と。

中川家と何もかも絶縁したかったんですね。

さらに、後日談。幼稚園入園前の頃、宏洋君のIQをはかったところ、なかなかいい点で
鬼嫁さんが私に自慢たらたらでしたが、ついでにサヤカちゃんも測らせたら、これもいい
点で大満足。そして次のように言いました。「東大に行かないと大川姓はつがせないし、
財産もわたさない」ですと。宏洋君・・・

なお、子供たちが小さい頃から、狂祖夫婦は、贈与税を払いながら、財産をわけておりましたが。

307 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/22(金) 06:05:39
>>301
>小澤理事長、白木常務理事が相談役に、一方で山本本部長が出版取締役も兼務する人事異動の発令です。
ついでにこの背景も説明しましょう。

収奪路線には、山本氏が適任とみたのでしょう。実際、搾取のうまい人でしたが、小澤さんは、そういうのは忍びなく感ずるタイプですし、また、白木さんがいては、山本氏がやりにくかろうということで、この人事があったと思われますが、その発令以前にそれぞれこんな問題がありました。

小澤氏:①出社日に、小澤さんが鬼嫁にメモを渡した。「相談室のM講師(女性=医師)から、山本氏との結婚話はお断りする云々」。これを見た鬼嫁さん、泣き顔でわたしに「こんなことを言った覚えはない。事実関係を調査して」と。いろいろ調べていくうちに、小澤さんが鬼嫁からその結婚話をすすめてほしいといわれたものだと思いこんだのがわかった。小澤さんは「あぁ、勘違い」で笑ってすませたのだが、鬼嫁さんは納得しなかった・・・

小澤さんと鬼嫁の関係が微妙で、小澤さん「小娘が」とよく口にしておりました。、講談社事件のとき、狂祖が疲労で倒れたときなど、小澤さんが(料理学校の校長だったこともある)狂祖のために料理をつくっていた際、「奥さんの手料理が一番の特効薬なのに」とぼやいていましたね。ちなみに、紀尾井町時代以降、鬼嫁さんが料理したことはない。

②仙台での講演会(セミナー)の前日、狂祖夫婦に随行して小澤さんたちも行ったのだが、ホテルに入ってしばらくすると、狂祖さんから電話。私が受けて困りましたよ。「頭が痛くてたまらん(霊障=サタンが来た)。小澤さんを至急東京に返してくれ」。真杉さんに相談し、小澤さんに帰ってもらいましたが、「もう帰ったか」と確認の電話もあり。これが、失脚の最大の理由と私はみています。

その前日、小澤さんはSI前婦人部長と2時間あまり相談を受けていたのだが、まわりはSIさんにはサタンが入っているからというような話をしていたようだ。仙台には前世夫婦だったF本部長のいるところだった。ちなみにF氏とSI氏は講談社事件のときに、ある場所にしけ込んだという話を警護課長からきいた。


白木氏:①狂祖が絶対にベストセラー間違いなしという太鼓判を押したので、アラーと、ノストラの2冊をべらぼうに印刷したが、みるも無惨な在庫の山。これを、激怒したのが、なんと狂祖。その在庫の山の責任をとらされた。在庫はたしか消却処分だったような。

②講談社事件頃、財政状態が極めて悪化。資金繰りに窮し、どこかの金貸しから、融資するから見せ金として2億円用意してくれといわれ、わたしたところ詐取されてしまった。これは、当時の経理課長のガルーダI君から聞かされた話。

どちらが主原因かはわからない。

308 コスモス :2010/10/22(金) 07:30:56
アルゴラブさん
アイマイミーさん
詳しい説明ありがとうございます。
驚きです。慇懃無礼な手紙といい、鮎の贈り物のことといい、みっともない教団経営
といい、とても信じられない思いです。これがエル・カンターレ教団の実態なんですね。
最初期からこんなことがあったなんて、一般信者はまず知りません。
知っていたら幻滅ですよ。

貴重な証言ありがとうございました。

309 ヒュプノス :2010/10/22(金) 13:32:15
流れぶった切りですみません。

管理人様、ちょっと出た形跡がないものであげといた方がいいかな?と思った資料を上げさせていただきます。
マインド・コントロールの書籍にでていた<破壊的カルトの特徴>です。

私はコレを見て「自分が受けたこと、幸福の科学まんまじゃん!!」と思ったもので。
なんらかの参考になるかなと思いました。なんかヘンなことやってたら遠慮なくご通告ください。

では次から。

310 ヒュプノス :2010/10/22(金) 13:42:32
<破壊的カルトの特徴>

1・教義こそ現実

・一番効果的な教義は「証明も評価もできない。」
・教義は「受け入れるべきものであって理解すべき物ではない。」
・教義の欠陥は「信者自身が不完全だからこそそう見える。」のであって、完全で絶対的な「真理」となる。
・教義が思想・感情・行動のすべてを決める「マスター・プログラム」となる。
・自分自身を信じてはならない。

2・現実社会は白か黒か、善か悪かの二者択一

・多元論の余地はない。どんなに複雑な教義でも「善と悪」「霊的世界と物質的世界」等、2つの基本的な対極に還元される。
・お気に入りの「悪魔」がいる。(政治・経済の制度・精神衛生の専門家・超自然的存在etc)
・その悪魔の「巨大な陰謀」がグループを妨害している。

3・エリート心理

・人類のエリート部隊であり、人類を暗黒から啓蒙の新時代へ導くために選ばれた特別な存在と信じ込む。
・他のカルト集団の者を見下しており「カルト」で「洗脳」されている。と認めている。(自分達を客観的に見られない。)
・今までの人生のどんな時より責任が重いと感じている。

<続く>

311 ヒュプノス :2010/10/22(金) 13:49:38
>>310

4・集団の意志か、個人の意志か

・個人は集団に服従。上位者への絶対服従。
・内なる自己を否定して、外の権威ある人物を信じるようになるので平会員は決断が遅い。
・頻繁に場所・仕事・地位を変え、心のバランスを奪う。
・不可能な目標を課し、失敗したら「不純」を告白させる。→他者依存性を助長させる。

5・厳格な服従(リーダーをモデルにする)

・頂点の最高リーダーが究極のモデル。末端メンバーには、何段階かのモデリングを通じて伝わった、最高リーダーの人柄が投影されている。

6・よい業績による幸福

・愛は無条件ではなく、良い業績をあげるかにかかっている。
・行動は賞罰でコントロールされる。
・人間関係は表面的で、「横」の友情ではなく「縦」の忠誠を求められる。

312 ヒュプノス :2010/10/22(金) 14:01:15
>>311最後です。

7・恐れと罪悪感による操作

・「悪魔」による恐れが大きな動機付けとなっている。
・問題は必ずメンバーの落ち度(信仰の弱さ・理解不足・悪霊・悪い先祖etc)にされる。

8・情緒的高ぶりと落ち込み

・メンバーは「真理」を体験したという幸福感と、思い罪と恥と恐れの2極感情の間を揺れる。
→人間の活動能力に大きな犠牲を強いる。

9・時間の態度への変化

・過去→すべてが暗い・悪い思い出に書き直される。
・現在→「破局が近い」という教えの下に、常に重責と切迫感を感じている。
・未来→「終末」までの時間が程よく設定(2〜5年後位)されていて、自分は大変革で報いられるか懲罰を受けるかのどちらかとされる。

10・出口なし

・「正当なやめる理由」がない。すべてメンバー個人の弱さ・高慢・罪に帰結される。
・やめたら自分・家族・人類に恐ろしい結果が及ぶと教えられる。

313 ヒュプノス :2010/10/22(金) 14:05:40
以上です。
出典は「マインド・コントロールの恐怖/著・スティーブン・ハッサン」
管理人様、既出や不適切でしたら、お手間ですが削除お願いいたします。

私は信者として幸福の科学を見たことはないのですが、私の知る信者団体は8〜9割これと同じことをやってました。
彼らの行動に不可解な思いを感じておられる方がおりましたら、理解のための何らかの参考になると思います。

314 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/22(金) 15:03:23
ヒュプノスさん

OKです!
こういうHPがあれば、リンク集に入れてもいいですね。

315 ヒュプノス :2010/10/22(金) 16:51:14
>>ウエストさん

ありがとうございます。

あまりこういう方面からの検証がないな・・・と思って見ていたので、
なんらかの参考になれば幸いです。

リンク貼られるのでしたら、この辺がいいかな?と思います。

「マインド・コントロール研究所」http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/index.html

316 アルゴラブ :2010/10/22(金) 17:20:26
ヒュプノスさん
>>310〜簡潔明快な資料ですね。改めて勉強になります。何よりタイムリーですね。
古今東西、カルトでは頭を痛めている方々が多いというわけですね〜。

月光さん
>>304 因果応報、これは真理です。大川と恭子は、自分がしたことをいずれ味わうことになると思いますょ。
すでに兆候もでています。
フライデー事件で関町の自宅を出た後は、大川はその状況を利用して、以降の自分の連絡先を明かさせませんでした。
なのでこんな手紙書かせるのです。なんて非情な人間ですこと。

エル・バカターレさん
>>305 秘書の方々は自分を出さないよう教育されています。気配を消せと。
この文章は、大川の指示とその意思を、完璧に表現しきっている見事なものです。
破壊力は抜群で、善川の狼狽ぶり、凹み具合は尋常ではありませんでした。
「愛を説く人が書いた、愛のない文章」名言ですね!!いかにも幸福の科学らしい♪

アイマイミーさん
>>306〜 背景の状況をがっちり補強して頂き感謝します。
宏ちゃんの、当時のほったらかしぶりを見ていたら、彼の荒れようは不思議ではないですね。
昔は、武蔵関公園の園内の木々の名前を、ひとつひとつ言える、ちょっと臆病でおっとりした、けれど聞きわけの良い優しい子でしたが・・・

コスモスさん、はじめまして。
当方の投稿をご覧下さりありがとうございます。
この資料に限らず、いくつかの客観的な事実を提示しても
善川の侘しい様子を知っている者でさえ、これは信じられないという反応には、これまで何度もあってきました。
たとえ目に映り、耳に聞こえていても、知性が教義によって塗り固められている者には届かないものです。

ありのままの事実に接して、それを誠実に解釈し、理解できるのは
自分自身と逃げずに向き合い、長く激しい葛藤の末に、本来の道義心を取り戻された方のみが成しうるのだと思います。
またそれは、決して振り出しに戻ったわけではなくて、葛藤で試された分、強化され磨かれたものと考えます。
これを乗り越えられた時点で、大川らよりも人として上手に立ったと思って間違いないと言って良いと思います。

317 :2010/10/22(金) 17:29:31
>>301
資料としては初めて見ました
HSについては善川顧問にももちろん責任がありますけれど、この手紙を受け取ったお気持ち思うとお気の毒です
それにしてもひどい手紙ですね

アルゴラブさま ありがとうございました

318 天庵 :2010/10/22(金) 18:31:13
>>316
アルゴラブさん
はじめまして。絶縁文章を読んで唖然としました。内容の冷たさと、それを書かされた秘書の何とか分かって貰おうとする苦衷が伝わってきました。

大川は親父とは縁を切るから適当に文言を考えろといったような指示じゃなかったのかなぁ?と想いました。

それから、おかしな言い方ではありますが(文章の言い回しとかじゃないところなのですが)その秘書の温かさを何となく感じました。

319 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/22(金) 20:40:53
アルゴラブさん

絶縁状本文と、その背景を読ませていただきました。

あまりに寂しい親子関係にポカンとした気持ちになったのもあるんですが、
こういう大事な文書を、人に書かせていたのだと思うと、また別の気持ちが湧いてきました。
秘書部長印とあるので、秘書部長が書かれたのですよね。
「なにとぞ、なにとぞ・・・」と非常に気を使っているのが伝わってきます。

親子の不仲にはきょう子夫人が影響している、というお話でしたが
それまではおいしく鮎をいただいていたのでしょうか?
郷土の特産品ですから、さぞかし特別な気持ちをこめて贈られていたのだろうと思います。

320 ヒュプノス :2010/10/22(金) 21:19:09
アルゴラブさん

はじめまして。いつも興味深く証言を読ませていただいております。

絶縁状読ませていただきました。慇懃無礼ぶりもさることながら、すごく素直に、
そんなもらった食べ物捨てる仏陀なんておるかいな・・・と思ってしまいました(笑)

仰るとおり、破壊的カルトは古今東西どこででも、
これだけシンプルな共通項でまとめられてしまうというのが興味深いですね。

321 アルゴラブ :2010/10/22(金) 23:05:57
舞さま、こんばんは。

>>317 この資料は初公開しました。
この件を知る者はごく限られた者だけでしたが、いつか知ってほしい事実として、機が熟すのを待っていました。
おっしゃる通り、大川の実父として、HSの立ち上げ者として、善川の責任は免れないものであって
批判を緩めることはできませんが、けれどそれはそれで別。
絶望感で老人がやせた肩を窄めた姿は、見るに忍びない光景でした。
気の毒と感じる、温かい血のかよった人間らしい感性は、絶対失ってはいけないものですね。
(HSの人間は、こうした件も、人間心として切り捨て、理屈で評論するばかりでしたょ)

天庵さん、はじめまして。

>>318 この文書を指示された時、おそらく適当に言っておけどころか
むしろネチネチ、クドクドと、これでもかってくらいに意思の落とし込みをされたと思います。
職員にとっては、大川も善川も本来は導師のはずですが、東京サイドとしては主宰の立場に立つしかなく
こんな状況は、並みの神経ではとても消化しきれません。
天庵さんのアンテナが、この文書のどこかに温かさをキャッチして下さったこと
もしもいつか、その文書作成者の方がこの資料集を見る日が来たら、そのお言葉で心が報われることでしょう。

ウエストさん

>>319 この当時はご存じの通り、恭子が権勢をふるっていた時期ですから
この文書にはそれが色濃く出ているのは間違いないですが
大川自身も内心それを望んでいたからこそ、無責任に好きにやらせていたと言えると思います。
秘書部長は気の毒に、いつも善川の憎まれ役でした。
この時も当初はゴタゴタしましたが、周囲の不安の割には、善川が飲み込むのは意外と早かった印象があります。
「なにとぞ・・・」という姿勢の中に、
「今はしばらく・・・でないとお立場がさらに難しくなります」といったメッセージを善川なりに受け止めたのではないかと考えています。

あと、鮎についてですが、その前年に、孫の宏ちゃんが喜んだという内容の連絡(電話か手紙かは未確認)があったらしく
それで送る量が半端じゃなくなった経緯があります。
しかし、その言葉は大川らから直接もたらされたものでなく
家付き女性秘書(徳島出身)から伝えられたものだったはずです。
関町の自宅には石畳の庭に、パーゴラと、その下にテーブルがあって、そこでバーベキューしたと。
まぁ、せめてそれはウソじゃなければ良いのですけれども・・・

322 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/24(日) 05:07:35
★「幸福の科学」撲滅対策相談室★ http://kktaisakubbs.bbs.fc2.com/ を見てください。

退会者さんが、「ニセ霊言集」の見破り方 3278376 というスゴイカキコをされておられます。

日付:2010/10/23 (Sat) 07:42:16 -名前:退会者
HSの教義(霊言・啓示・理論書)が
人間の捏造による自作自演である、という点について書いてみたいと思います。
から始まる文章です。
ぜひ一度ご覧になってください。また、退会者さんには、この資料集に転載してほしい旨、お願いいたしました。それほど、重要な検証だと思います。


あまりにも重要なカキコだとおもいましたので、わたしも以下のように書きました。(資料集の記録に残したいことがあり=善川氏関係、ここにもコピペします)

退会者さん ありがとうございます。深くて鋭い洞察力に感服いたしました。

わたしも、初期霊言集(潮文社)の作者は誰だろうという疑問がありました。それとヘルメスの「愛風」はおそらく狂祖作ではないと疑っておりましたので、疑問が一つとけたような気がします。

>旧霊言集では、ナショナリズム色は薄く、中道的でコスモポリタンな立場が主流だが・・・・この思想は、善川氏の思想の反映ですね。善川氏は生長の家を学びながら、共産党の思想性をひきづっていましたから、初期の月刊誌などで、対人関係の相談でもめている事案などには「それは損害賠償できる」ってやっていましたから、とても宗教家と思えませんでした。

また、第1回目の中級セミナーに参加したとき、善川顧問も講師で、天皇制批判をおこなったのです。私は実は、民族派の学生運動出身なものですから、講演終了後に、文句を言いにいきました。そこには、やはり、その講演に不満をもつ人間もおりました。政研グループのOさんとか・・・

>ただ、同じく捏造作品であっても、まだ旧霊言のほうが書き手の学識や教養がそれなりであったために、読み物としての質は高かったのでしょう・・・・富山氏の葬儀の際、善川氏より、初期霊言集の富山名のある本を棺に入れてくれと頼まれました。葬儀社の人に見つかるとうるさいからそっと入れてくれとの指示でした。お花をいれるときに、そっと実行したのですが、そのときは、署名入りだから入れたんだろうと思いましたが、退会者さんの説明で、あぁ、あの本(4〜5冊)は、富山氏の作品なんだと理解できました。

あと、先ほど書いた「愛風」は狂祖の作品ではありません。月刊誌のストックがなくなって、編集部長の種村君が請求の稟議をあげた際、狂祖が激怒しました。「ヘルメスを悲しませるな」とくるくる赤鉛筆で稟議書に大書して。そのときに、ハハーンこれは狂祖作ではないなとピンときました。その件と、月刊誌の「巻頭の祈り」の請求でも怒られまして、かわいそうに種村君は左遷されています。

退会者さん、どうか、この分析を、したらばの資料集に転記してください。それと、恐れ入りますが、続編を書いてください。これは、アンチには霊言の欺瞞性は理解していますが、信者側につきつけると大変に効果があると思います。最近のHSの傾向は、この霊言の盲信している信者で成り立ち、工作員もこの霊言を依拠して、話を組み立てていますから、その根拠の前提が崩れれば、HSは崩壊します。

ぜひ、検証を続けられ、教えていただきたいと存じます。また、ここと、資料集に同時掲載をお願い申し上げます。よろしくお願い申し上げます。

323 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/24(日) 10:06:42
これはすごかったですね!

相談室は使い易いし、ログもちゃんと残っているのですが、
見かけ上、新しい話題が出ると話が流れてしまうのですよね。

時々こちらにもコピーさせていただいて
したらば営業所のみご利用の方にも見ていただけないかと思います。
お返事いただけましたら、さっそく作業をいたしましょう。

他にも、相談者の生の声、不思議な現象、KK卒業宣言など
相談室ならではの書き込みがたくさんありますね

324 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/10/24(日) 10:46:07
>>322,323
アイマイミーさん!、ウエストさん! お早う御座います。
 日々大変ですが、お疲れ様ですm(__)m

 退会者さん「ニセ霊言集」の見破り方、の登場!
 小生も驚愕しました。

 信者さん!内村鑑三の霊言で史実との矛盾を説いても、
 霊も誤謬や、物忘れもあるw たいしたことは無い!
 といつものらりくらりでしたね。
 少々ストレスを感じておりました。

 そこで件の退会者さんの登場!!!
 スレ中紹介の、ルソーの”一般意思”、カントの”悟性”については
 納得・納得です。これはもう確信犯ですねw 

 ○川さん理解してないんですねw ← これ作家としてですよ!(爆)
 本人霊が、当時発表した論文と違う事を言ってるのですからねw

 小生も、公開霊言(ユーチューブ)を観て、その挙動に違和感を感じておりました。
 総じて、○川さんは母親と同じく”イタコ”ビジネスを展開しているように
 見えてしまいます。 多くの霊言シリーズを観ますとね!
 失礼しました、自称”審神者(さにわ)”と言ったほうが良いですかね。
 
 しかも殆どご本人の自作自演かなw

325 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/24(日) 17:34:25
アルゴラブさん
相談室の件 了解しました。
 
了解したというわりに質問となって申し訳ありませんが、>>322 で

富山氏葬儀の際の初期霊言(善川三朗編)の取り扱いに関して、善川氏は富山氏著もしくは共著というような話をしていたでしょうか?

また、ヘルメス「愛風」についての著者についても、何かおっしゃっていましたでしょうか?

さしつかえない範囲で教えてください。

326 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/24(日) 17:40:53
>>325
は変な書き方になっていますね。訂正して書き直します。

富山氏葬儀の際の初期霊言(善川三朗編)は棺に私がいれましたが、
それらの本について、善川氏はアルゴラブさんに著者は誰かと語ったことがありますか?

327 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/24(日) 17:45:03
>>322の件

相談室にて「退会者」さんに転記の許可をいただけましたので、
後ほど作業いたします。

328 アルゴラブ :2010/10/24(日) 18:23:23
ウエストさん
「相談室」のスレにぶら下げました、私の「業務連絡」含む欄
私の所のみ削除して頂くこと、お願いできますか?
お手数おかけして、わがまま申し上げて済みませんが宜しくお願い致しますm(_ _)m

アイマイミーさん
>>325 >>326
生業済ませまして、後ほどお返事させて頂きます。宜しくお願い致します。

329 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/24(日) 19:43:56
>>328 アルゴラブさん
了解しました。

今回は問題ないのですが、
相談室の形式だと、アルゴラブさんの下についたレスも消えてしまいます。
場合によっては「空欄」に編集させていただくこともありますので
その場合はご了承くださいませ。

330 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/24(日) 19:54:08
書いたそばから操作を失敗してしまった・・・ orz

内容はそのまま残せましたが、
どうも失礼をいたしました。

331 アルゴラブ :2010/10/24(日) 22:23:17
ウエストさん
この度は、ご迷惑なお願いを致しまして、申し訳ありませんでした。
今後は再びこうしたお願いをすることはございません(礼)

アイマイミーさん
>>325 >>326
私が見聞した範囲においてですが、善川氏のそうした言語的事実はありませんでした。
善川氏からは、収録した部屋のことや、当日の天気のことなどの思い出
君子女史からは、テープリライトして、腱鞘炎になったといったことなど、たわいもない程度のことです。

テープについては、将来人類の遺産になるからと、善川氏が秘書のU氏に命じて
カセットテープを当時としては最高の媒体であったDATに全てダビングさせています。
U氏は、初め聞きながら作業を進めようとしたところ、頭がボーっとしてきたので畏れ多くなり
以後は最初と最後の少し、最小限にするようにしてやったと話していました。

袋小路の奥にある、善川宅の前に立ち、左側にベージュのシャッターのガレージ。
門扉を入って、ブラウンのアルミ引き違い戸を開けると、正面に下駄箱。
玄関土間を左に上って、右側が台所と居住スペース、廊下の先に富山氏の居室、そして池のある庭。
左側に階段と和式トイレ、正面に応接間。
応接間の正面と左側に窓があり、左の窓はガレージ内とつながっていて
このガレージの奥に、木造の書庫が造作され
テープはこの中に、クリアケース2個に分けられ、さざんかロープで厳重に巻かれて置かれていました。
書庫のカギは善川氏がグリップし
ケース内の除湿剤を入れ替える時も、狭く蒸し暑い書庫の中でも終始立ち会う気のつかいようでした。
現在では、HSの地区の集会所に使用されているようで
ガレージも書庫も、増築した富山氏の居室も、庭の池も撤去されています。
いつのことか分りませんが、そうしたテープ類は、どこかに持っていかれたんでしょう。
今でも保管されているのか、廃却されたかは定かではありません。

集会所として地図にも出ていますから、ある程度住所載せても差し支えないと考えます。
徳島市八万町千鳥(番地は控えます)
ググってみると、ライブビューもできます。興味のある方はどうぞ。
(今回はご期待にそえる発信ができないので、せめてものオマケです)

332 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/24(日) 23:12:04
>>331
アルゴラブさん  ありがとうございました。

>DATに全てダビングさせています
90年代池田山時代もDATですね。図書係の黒川君が管理していました。

>U氏
作夏の総選挙の東京のある選挙区からの立候補者ですね。全くやる気がなく、信者さんからブログで批判されまくりでしたね。

では、私は種村君から昔、聞いた話を少々。
①会員制度がはじまって3ヶ月くらいは、個人相談で霊言指導があって、かれは生長の家出身でしたから、谷口雅春先生による個人指導をうけて、カセットに録音したものを聞かせてもらいましたが、彼が言うには、お茶をすする感じとかがそっくりだといっていました。私は、そんな感じはうけませんでしたが・・・

②同じく、谷口雅春霊言集の収録の話、原久子から教えられたと種村君がいっていたが、収録中に谷口先生から雷が落とされて、それ以来、カセットテープの録音ボタンを押したら、土下座したままだったという話を聞いた。でもねぇ、これ信用できないんですよ。なぜって、・・・・

他にも谷口雅春先生がらみの話があるんですが、全部嘘だと思ってますので、狂祖のうそを宣伝してもしょうがないので・・・

333 アルゴラブ :2010/10/24(日) 23:42:19
アイマイミーさん

最近は当掲示板でも、谷口先生のお話が出ていますので
そうしたお話からも、偽者のニオイがプンプンなのが察せられます。
そういえば、理事長の本地川氏は生長の家出身ではなかったかと。
東京南部統括だった頃は、楔に反対して、一揆を起こして東京本部に談判に行こうと息巻いていた人が
結局未だに残って理事長とは・・・

334 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/24(日) 23:50:43
>>333
アルゴラブさん
かれも生長の家出身です。

>東京南部統括だった頃は、楔に反対して、一揆を起こして東京本部に談判に行こうと息巻いていた人が
ほう、そんなことがったのですか。

335 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/25(月) 14:22:55

アルゴラブさん

最近、いろいろ関係者から情報がよせられているのですが、都内にお住まいの会員さんが、心の整理をつけるため、かつて東京にいた安永の自慢話の真偽を確かめたいとの問い合わせが寄せられました。多くの方にも、参考になるかもしれませんので、公開の上、質問します。わかる範囲でご回答ください。

①昔、職員募集を掛けたが誰も応募がなかった。それで「HSに来れば収入10倍」と
 言ったらたくさん応募があった。
 その後給与がぜんぜん上がらないので文句が出たが、「いつから10倍人なるとは言
 わなかったでしょ」と言って切り抜けた。

②財政がホントに苦しかった時、ボーナスも払えず、「KK本専用図書券」をボーナス
 として配った。

③財政が苦しくて、ある融資話に乗ってしまい、見せ金として用意させられた2億円を
 まんまと持ち逃げされた。

④宗教法人認可の時、当時東京都庁職員だった安永氏が、同僚の許認可担当の都職員を
 うまく誘導して認可できた。

わたしも、②③④についての見解がありますが、第一線で苦労されたアルゴラブさんの
ご意見を伺いたいと存じます。

336 アルゴラブ :2010/10/25(月) 19:39:28
アイマイミーさん、こんばんは。

当時のメモなど見返して、私の知る範囲ですがお答えしたいと思います。
後ほどまた来ます。

337 アルゴラブ :2010/10/25(月) 23:13:36
>>335 アイマイミーさんのお話に私なりにお答致します。

東京の会員さんで、安永のことを聞かれる方としますと、西部統括にいらした方でしょうか?
心の整理中とのことですが、支部活動に翻弄されて、この20年ずいぶんご苦労をなさったとことと思います。
私は、1年ほどの一般会員としての活動後、ひょんなことから職員に召されてしまい(当時は白羽の矢が立ったら、面接で落とされない限り断ることはできない空気)
本部と支部の両方を行ったり来たりして、約1年半後に、苦労してやっと職員と会員をほぼ同時に辞めたものです。

職員時代に安永とは対峙したことがあります。
安永は光の楔伝道を推進して、支部をメチャクチャな焦土と化し
自分はその犠牲によって上げた架空の実績でもって、白木に取り行って出世を果たしていった男です。
「ぶっ倒れるまでやれ」を口癖に、支部長や主任、地区長を怒鳴り倒し、使い捨て
また本部に内緒で、自分も一口噛んで
支部事務所内に会員が立ち上げたHS対象のイベント&グッヅ企画会社を置いて、ひと儲けしようとしていたこともあるような
頭の天辺から足の先まで、金、金、金の人間でした。(これは失敗してましたが)
やり方に抗議したとき、私もまだ青かったので、相手の中の良心を信じて訴えましたが無駄でした。
幼稚な仕返しもしてくるほどでした。
当時、小澤、竹内の流れの延長線上にいたので、初めから憎まれていたようです。
彼はすでに性根まで腐っていたと自信を持って言えます。
じり貧のHSを抜け出て、あの男が万が一いわゆるアンチの側に立つことがあるとしても、私は認めません。

①一般人からの職員募集にまつわる顛末は小澤氏から聞いたことがあります。
 安永がそうした事を言ったかどうかは、言語的事実として掌握していませんが。それくらいは平気で言うと思います。
 西部統括時代、「西部はケチくせーから、金が集まらねー」っと、地区長以上の会議で平然と言う人間でしたから不思議じゃありません。
 ただ、小澤氏から聞いたのは、数的にも質的にも、本当にほとんどまともに応募がなかったということでした。当たり前と思いますが。

②事実です。当時、アラーとノストラを筆頭に、HSが抱えていた在庫は30億。
 ミラクル伝道も惨敗し、フライデーも撃沈。この先売れる見込みのない書籍の処分方法でした。
 でも私は頂いていません。異動異動で忘れられてたのかも知れません?仲間は泣いていました。さすがに生活できないと。
 (もちろん欲しくもありませんでしたが。ちなみに私の職員給与は終始手取り13万円でした。入局前の半額以下です)
 
③事実です。確かCPをクッションにして、お金を動かしていたように私は聞いていますが。
 3月までには戻ってくるからと言いながら、まんまと嵌められ、これで北海道に飛ばされたのではなかったかと。
 ただし、現場では強引な手法への懲罰的人事という言われ方だったと思います。

④同僚の職員を誘導して認可というニュアンスではありませんが
 認可について役割を果たしたという自慢話をしているという話は伝え聞いた覚えはあります。
 個人的には、行政としては要件が整ってさえいたら、認可をしないわけにもいかないのであって
 そもそも、特に個人的手腕でどうこうってことはないんじゃないの?っと冷めて聞いていました。
 
私からの見地として、少しでもお役に立つお話ができていたら良いのですが。
アイマイミーさんのお持ちの情報も、今回是非お教え頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

338 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/26(火) 00:00:55
>>337

アルゴラブさん ありがとうございました。

たしかに安永という男はとんでもない男で、あくどいことを平気でやっていた男ですね。自分を謀略の天才と思い込む頓珍漢野郎です。講談社事件の集会の際、「たまたま通りかかったものです」といって、集会でマイクを取るような軽薄な男です。
 
以前、ジークさんが、GLA系の園頭氏のことを書いていましたが、その園頭氏に「安藤俊輔」となのって、邪魔ばかりしておりました。菊地君が属していた「闇の実行部隊」佐竹の同僚ですね。

さて、①については存じませんが、アルゴラブさんの見解と同様に、ああいうことを平気でいえる男です。二枚舌どころか、四枚舌、五枚舌はあるんではないでしょうか(笑)

②は事実で、本は焼却か廃棄処分。

③も事実です。壱岐経理課長(当時から聞きました)

②③については、資料集 >>307 の白木氏のところでふれています。

④は安永のオオボラでしょう。④を実行したのは私です。ある身分をもっていましたので、都庁に乗り込み,カタザという課長に圧力をかけました。まわりの職員が心配そうにみていました。あのころは、都庁は大手町にあったような記憶があります。

後日談として、講談社事件の際、私が圧力をかけたとして週刊現代の記事でたたかれました。もちろん、取材があった時点で狂祖夫婦には報告しておりましたが・・・ 

さらに後日、景山・小川・私で講談社事件問題の対談があったんで、その話をしたところ(おもに取材のやり方と記事内容の相違点)彼らも驚いていましたが、その収録部分は波動が悪いとボツになったとか・・

いま思えば、あんな圧力をかけなければ、宗教法人にならなかったかもしれないと、判断の甘さをはじています。

339 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/26(火) 00:17:34
ブログ2つ書きました。

鬼嫁 魔女の大川きょう子様は、いま何処? (1) 栄光への道

鬼嫁 魔女の大川きょう子様は、いま何処? (2) 栄枯盛衰のことわり

http://maruta.be/ours

340 アルゴラブ :2010/10/26(火) 23:05:36
アイマイミーさん

>>338 ④のことは存じ上げておりませんでした。
講談社の頃は家にも帰れないハードな日々でしたので、現代の記事のことも知りませんでした。
ご心中いかばかりかと、言葉が浮かびません。
私見ですが、遅かれ早かれ、HSは宗教法人になったと思いますし
認可における国や自治体の「宗教」に対する認識や、監査などのいい加減さが根底にある問題と考えています。
裁判などの具体的アクションのみならず、ブログなど頻繁に情報発信をなすことは
見えない部分で色々ご苦労の多いことと思いますし
批判が許されない社会であってはならないと思いますが、他者が軽々しく評論できるシロモノでもないと感じます。
若輩が甚だ僭越でございますが、その程度のことは、補ってあまりあるご活動をなさっていると思っています。

安永語録で、ひとつメモを見つけましたので、いまひとつ追記しておきます。
支部に基本組織にも壮年部にも属さないでいる会員さんが、月刊誌を受け取りにきた時のこと。
安永は目をやりもせず、女性のアルバイト職員に対応させ
会員さんが、伝道数もないし、植福もしている訳でもなく、そのせいなのかおどおどした態度で本を受け取り帰っていったあと。
「あれは会費だけ払って、寝ててくれりゃいい」とはき捨てたことがありました。
もっとも、こんなセリフは他でもあるでしょうね。

341 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/27(水) 08:22:31
>>340
アルゴラブさん

思い出したお笑いを一席。
景山、小川知子と対談したという話をちらっと書きましたよね。その対談中面白いことがあったんです。
 
場所は東京本部の会議室だったんですが、何か、急に騒然となったんですね。大声がきこえるのです。対談はそれを無視してやっていたんですが、終了後、何があったか、菊地君に行き会いに出される、あの笠谷君に聞いたら
(ときどき詐欺だとか、金の亡者としてTVにもでたことの)ある有名人=名前不詳が、竹刀をもって乗り込んできて、本部長室に入り込んで、竹刀で部屋の机をたたいていたとのこと。

なんでさわいでいたかというと、正心宝をぶら下げながら、「これをつけても全然金が儲からんじゃないか」と激怒していたそうな。笠谷君がなだめてかえしたそうですが、そんな変なやつにも正心宝を売りつける輩がHSにいたんですね。悪人以上の悪人がHSにもいたのにビックリ。対談のおかげで私は難を逃れましたが・・・


ここから、まじめな話し。
アルゴラブさん、拙ブログで、アルゴラブさんの告発(資料集掲載分)を引用させてください。
ファルコン告発と併せて、整理して、世に問おうとおもいますので。よろしくお願いします。

342 菊地展弘(666) ◆QsszagWZNU :2010/10/27(水) 09:13:32
>>341
私が笠谷氏から聞いたのは、(初代)本尊が効かないと、
ねじ込んだ輩がいたという話。
幸福の科学は、その御仁に、100万円返したとも聞きました。

343 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/27(水) 09:56:22
>>342
菊地さん  ありがとう。
そうですね。TVででたその御仁の胸に正心宝をつけていたので、それと勘違いですね。
たしかに、金を返したときいてますので、菊地さんのいうのが正しいと思います。
それにしても、誰がその御仁を騙したんだろうか?詐欺師中の詐欺師ですな。まぁ、その親玉が狂祖なんですが(笑)

344 アルゴラブ :2010/10/27(水) 17:41:56
アイマイミーさん

>>341 東京本部のその話、初めて聞きました。どっちもどっちな話ですね(笑)
でも布施返還の前例として、皆さんまねてみたら良いのでは!?

私の投稿について、これまで載せたものも、この先載せていくものも
お役に立つようなものであれば、ご遠慮なくどんどんご使用下さいませ。
私は大丈夫です。

345 アルゴラブ :2010/10/28(木) 00:03:46
古いメモを整理していたら見つけた、富山氏(中川力氏)に関する小ネタです。

日付は書いてないんですが、前後のメモの様子から1992年の5月終わり頃のことだと思います。
秘書長と呼ばれている君子女史は、富山氏のリハビリの介助のため、8時から15時くらいまで病院に行っていて
いつも定時に病院前にクルマ(当時はシルバーのBMW325i)で迎えに行くのですが
その日は珍しく「もう帰るからすぐ迎えに来てくれ」と連絡がありました。
迎えに行くと、顔を赤らめて怒っており、どうも息子と喧嘩した様子。
ワケを聞くと・・・
「おにぎりが食べたいとダダをこねて、朝から何も食べていない」(ハンガーストライキ中)
「ふりかけで作ってくれないとヤダと」
「持ってこないなら、このまま何も食べないで死んでやると」
「最近父親が来ないから、父も顔出せと」
甘ったれるなと怒鳴ったが、まったく言う事を聞かないから、母はもう帰ると怒り心頭です。

そして次の日の朝は、善川も君子と一緒に病院に出かけました。おにぎり持って。
(ただし善川は昼前には連絡してきて、先に帰宅)

その後も、細々したことで、こんな親子ゲンカを何度か耳にしましたね。
この時のメモ見返して、私自身の当時の驚きぶりが文字に出ていました。
情報が少ない人物の輪郭を整えるのは色々と困難ですが、こんな子供じみた一面もあったのです。

346 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/28(木) 00:19:57
アルゴラブ&アイマイミーさん
いつも学ばせて頂いてます。邪魔にならないようにロムしてます。これからもよろしくお願いします。

347 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/28(木) 07:23:41
>>344
アルゴラブさん ありがとうございます。まず、四国の騒動あたりから・・・

>>346
ジークさん わかりにくいところがあれば質問していただいても結構ですよ。
それがみなさまのためにもなると思いますから、ご遠慮なく。

348 アルゴラブ :2010/10/28(木) 18:48:46
アイマイミーさん
 
>>347 承知しました。拝読しつつ、何か関連して補強できることがあれば、そうしたこともしていきます。

ジークさん
>>346 アイマイミーさんと同様の考えです。
ご質問頂いたことに全てお答できるかは、内容やタイミング(時期)によりますが
少なくとも、真摯に目を覚まそうとされ、努力されている方とは、可能な限りお話したいと思います。
(いたずらに脱会に誘導しようとも考えません)
相談室などご利用頂くもの宜しいかと思います。
同様の方々がご覧になるところで、相互に有益な気づきが得られるかも知れません。

349 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/28(木) 22:59:21
アルゴラブ&アイマイミーさん

ありがとうございますm(__)m今、あちこち飛び回って情報を集めてる所です。
とにかく膨大な情報の宇宙、をさまよってるみたいで・・・ただ少しずつ解かってきました。
皆様方の記録は重要です。これからも楽しみにしています。風邪など、お気をつけ下さい。

350 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/29(金) 10:14:07
アルゴラブさんの告発第一弾をブログ化しました。3回シリーズです。

「埋もれた歴史 四国の蜂起」 (1) ――アルゴラブ氏の告発から
http://maruta.be/yours/25

351 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

352 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/10/29(金) 12:51:56
ウエストさん

間違って、>>351 を入れました。削除して下さい。ぼけっとしてました。m(__)m

353 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/10/29(金) 19:55:14
>>352 ジーク さん

遅くなりました。了解です。

354 アルゴラブ :2010/10/29(金) 22:29:01
昔のメモから思い出した小ネタ集

大川がフライデー事件で逃げ回っている最中、色々なホテルに泊まりましたが
高○プリンスに宿泊した時だったと思います。
朝にチェックアウトをする際(手続きは秘書が行ておく)、出口に向かって歩いていたら
礼服を着て、ビデオカメラ(ショルダータイプのマックロード)で撮影中の男性が一人。
するとそれを見て大川は立ち止り、本当に蚊のなくような声で「え、えぇ・・・カメラいるのぉ・・・」と絶句。
状況考えれば分らないのかな?披露宴の撮影でしょ?
内心そう思いながら、「結婚式撮影の一般の方です」と言うと、「あっ、そ」っと言ってまた歩き始めました。
どんだけ気が小さいんだか。補佐も嫌がっていたので、無線でセンチュリー前のYU氏にブロックしてほしいと連絡
YU氏は、カメラの前に不自然に立ち、大川らはクルマに滑り込み発車
カメラ撮影の方は、相当しかめっつらしていましたね。
御親戚の晴れの門出の記録に、汚点を残してしまって済まない気がしたものです。

フライデー事件後の講演会、ベイNKで行った際
帰路の安全を確保するため、おとりを使った対策を実行したことがあります。
大川役に秘書部長、恭子役に女性秘書を仕立て、旧センチュリーに乗せて先発させる。
理事長以下も、わざとらしくそのクルマを見送らせる。
一方、主宰らは、理事長が使用していたクラウンに搭乗し、警護車をつけて少し遅れて発進。
さらに、追尾者を巻くために、首都高の途中で降りて、再び乗ったり
首都高ルート上で、トンネル前で警護車が減速、反対にクラウンが加速
トンネルを出たすぐの待避所にクラウンを停車させ
タイミングを見計らって警護車を加速して、追尾する後続車をそのまま引きつける索も実行したりして
まあ色々と入念な配備をしたものでした。

でも実際は、ベイNKを出るところから、追跡者なんてまったくおらず
HSの自意識過剰で、馬鹿げたひとり相撲にすぎなかったのです。

哀しいくらいの滑稽さ。
デモの頃は西○銀座に週刊誌が来たり、天沼にブロードキャスター(TBS)の取材班が来たりしましたが
もう世間はすっかりしらけた目で見ていて、何ら関心など持たれていなかったのですね。
本当にいつもいつも、世間様を騒がせる笑いもの、いい迷惑でしかないのがこの団体です。

355 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/29(金) 23:19:11
>>354
アルゴラブさん

高○プリンスの件はしりませんでした。

そうそう。ベイ・NKのキロのことは、私も関係者から聞いています。秘密裏の作戦だったようですね。
提案したのは誰なんだろう。

あとで、秘書部長にこっそり聞いたら、狂祖用のセンチュリーはいくらなんでもまずいだろうということで、偽装したセンチュリーは、善川顧問用のものだったそうです。運転していた会員番号NO.4の山口君が、秘書部長にこういったそうです。「車の中では先生はふんぞり返ってのっていますので、そうしてください」と。
偽装車は当時の関町の自宅に向かったそうですが、追跡も何もなかったそうです。笑い話ですね。自意識過剰の狂祖夫妻です。

356 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/30(土) 11:20:00
>>350

”「埋もれた歴史 四国の蜂起」(2)―アルゴラブ氏の告発から” をアップしました。
http://maruta.be/yours

それと、ファルコン氏の告発を、”幸福な大川家の真実”にてアップしております。
毎日更新予定です。

上記の”HSとの闘い方”の左 中程の”ブックマークサイト”の三段目からアクセス可能です

357 アルゴラブ :2010/10/30(土) 23:39:30
アイマイミーさん

>>355 「実るほどに頭を垂るる稲穂かな」・・・!?
大川もパクッていたわりには、いつもふんぞり返っていましたね。

小心者ゆえに、余計堂々としようとして反り返る。
おまけにドンくさい劣等感を意識して、速足で歩こうとする。補佐も懸命に早歩きです。
でも、いつも落ち着きなく慌てていて、横に恭子がピッタリくっついて歩くものだから
天沼暮らしのある日、狭いに階段に並んで突っ込んで、ド派手にコケたことがありました。
状況考えようよ。夫婦そろって、やることなすこと安っぽい三流のコントなんですね。
あなたがたの人生を象徴していますね。ちゃんと足元見ておかないと、直にメルトダウン始まりますょ。
もう手遅れのようではありますがね。

昔は、どちらかと言うと、大川は体型も顔立ちも君子似であったと思いますが
最近はめっきり、自分が見捨てた父親の善川によーく似てきました。
これからさらに似てくることでしょう。
恭子はこの先、大川の中に、自分が嫌っていた善川三朗の姿を見て行くことになるのです。

358 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/31(日) 00:40:26
>>357
アルゴラブさん
>天沼暮らしのある日、狭いに階段に並んで突っ込んで、ド派手にコケたことがありました。
そんな吉本新喜劇みたいなことがあったんですか。みたかったなぁ。
見た人も笑いをこらえるのが大変だったでしょう。

>恭子はこの先、大川の中に、自分が嫌っていた善川三朗の姿を見て行くことになるのです。
うわぁ、こりゃえらいことですな。憎しみが倍増するでしょうね。
あの夫婦は、憎しみ会うために結婚したとしか思えませんね。

359 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/31(日) 11:55:52
”「埋もれた歴史 四国の蜂起」(3)―アルゴラブ氏の告発から” をアップしました。
http://maruta.be/yours

ファルコン氏の告発も、”幸福な大川家の真実”にさきほどアップしました。

360 アルゴラブ :2010/10/31(日) 21:18:44
(今日は資料っぽくありませんが、ご覧になる退会予備軍の方々へとして)


「聖域には踏み込めない。分らないこと、考えるべきではない。疑いをもつことは恐ろしいことだ。」

これは職員時代、ある役職者との対話の中で、私が現場の混乱ぶりの原因を主宰の判断に求めた際に、諌められた言葉です。
この方のみならず、他の役職者や同僚と話しても、ほとんどが判で押したように同様の反応をするばかりでした。
少なからず、同様の言葉を投げられた経験をされた方々がいらっしゃるはずです。

そこまで行くと思考停止。その先にメスを入れられるかどうかが運命の分かれ道のようです。

信仰を持っていたのなら
人間の魂が、いかにミニチュアであろうと、神の分霊として、その属性を付与されているものであることは否定しないはずです。
神は人間をロボットにはしませんでした。進化のために、摂理の範囲内で行使できる自由意志と
その選択をするための知性と理性を与えました。
悟りとて、それらを土台にしたものでなければ、単なる盲信にすぎないはずです。
本当の真理なら、理性が要求する全てのテストに応え、決して知性を欺きはしません。
本当の神の使徒なら、「疑わずにただ信じろ」などと、口が裂けても断じて言うはずがありません。
それを言うのは、神を騙って真理を私物化する、唾棄すべき俗物のみであり
それこそがまさしく「聖霊に対する罪」の最たるものでありましょう。

大川が創った所詮ハリボテの聖域に、メスを入れることを躊躇う必要はありません。
開けてみれば何てことはない、幼稚な魔界であったことを得心されるはずです。

そしてそれができた時にきっと、素朴だけれども有意義な発見が待っていると思います。

361 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/10/31(日) 22:47:21
どうも、こちらではお初かも。

それにしても、ヤスダイチゴって確か大川=アンゴルモアの大王って本を出していたんで印象深かったんだけど・・・・・辞めていたとは。
あと、賛同者の中に朝日俊彦がいたけど、確かHS出版から本出していた医者なのでは?最近亡くなったそうだけど、懐柔されたかHSから著作出してと頼まれたのか??

362 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/10/31(日) 23:45:30
>>361
杉山真大さん はじめまして。
いつも、【幸福の科学 没落の法則】では大変お世話になっております。
 
安田一男氏(会員NO.4?)は、たしかに退職しています。
山口君と西荻の事務所でボランティアをしていましたね・・・

363 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/01(月) 00:05:42
杉山真大さま、はじめまして。
直接お話しするのは初めてですが、以前杉山さまの「没落の法則」に激しく賛同いたしましたので、
この掲示板の前身に当たる「撲滅対策本部 控室」で無許可でコピペさせて頂いた者です。
その頃は杉山さまのお名前もうろ覚え状態のネット初心者でございましたので、ご挨拶も出来ず失礼いたしました。
遅まきで失礼ではございますが、改めましてお詫びとお礼を申し述べさせて頂きます。
その節は失礼いたしました。そしてありがとうございました。

364 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/01(月) 00:07:15
アルゴラブさんの告発をうけて、アンチ各位のご意見をまとめて
”幸福の科学へのネット批判座談会――アルゴラブ氏の告発をうけて”
として、ブログ化しました。
http://maruta.be/yours

また、”幸福な大川家”の方にも
”大川隆法 職員に掲示板荒らしの指示を出していた−F告発(4)”をアップしました。

365 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/01(月) 00:17:43
ウィキペディア

連続パンティー強奪事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E5%BC%B7%E5%A5%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Wikipedia:削除依頼/連続パンティー強奪事件 20101029
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E5%BC%B7%E5%A5%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6_20101029

366 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/01(月) 00:24:36
告発とはまた一味ちがい
Google検索でも上位に出てくるWikipediaの編集にご協力いただけるアンチの方いらしたらよろしくおねがいいたします。

出典が必要で、新聞、週刊誌はいつの号か年月日が必要です。
ただ出展があれば立場上かなり強力です。

367 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/11/01(月) 01:51:41
アルゴラブ氏の告発も結構読ませるものだったけど、それにしても大川の執務室の近くで陰口ってのが・・・・・

ホントに大川に霊能力があるなら、その人を見かけた際に「何か文句があるなら直接言ってみたまえ」と陰口の内容にも触れつつ言うもんなのだがw

368 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/01(月) 06:00:03
>>365-366
ジランさん
おもしろいネタありがとうございます。
ウィキペディアについて、この投稿や削除に関することは全くしらないのですが、この削除依頼がつい先日だされたということなのでしょうか?
もしそうだとすると、やはりIT局のお仕事の一環かなぁ?

369 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/01(月) 08:22:41
>>361 杉山真大 さん

はじめまして。

googleで検索してみただけですが
朝日俊彦さん(あさひ・としひこ=あさひクリニック理事長/香川県)
は、2009/12/31に亡くなられた、とのニュースがありました。

去年は幸福実現党の応援演説をされたようで、動画があります。

今年の9月に、幸福の科学出版から「朝日医師、最期の言葉」として
「がんの幸せな受け入れ方」という本を出されています。

370 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/01(月) 08:59:14
>>368 アイマイミーさん

以前も同じ記事があったのですが、一度削除されました。
ノートは以下にあります。

この中で、「削除依頼が虚偽である」という事が示されましたが
最終的には「週刊新潮」の著作権侵害が理由で削除された、と読めます。
(著作権侵害というのが、私にはよくわからないんですが・・・)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E5%BC%B7%E5%A5%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

記事は再作成され、これに対して
10月28日に削除依頼が出されたようです。

初版記事と今の状態を比べると
「週刊文春」の記事の日付が追加されているようです。

371 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/01(月) 16:47:17
>>368
>>370
ありがとうございます。
今夜また書きます。

現時点で投票権があるのは、私の知る限りでは杉山さんだけだと思います。

372 アルゴラブ :2010/11/01(月) 18:16:16
杉山さん、はじめまして。

>>361 この件での大川の指示は、言語的には確かめようがないのですが
後日、総合本部長の山本から四国本部長あてに、「関係者の処分は済んだのですか?」との探りはあったようですので
そのあたりから大川の意思が見えてはきます。

新任の本部長としては、来ていきなりほとんどの職員を粛清するわけにも行かず
結局は斬りやすいところだけ切り捨てて、あとは表向き訓戒でもしたことにして、丸めこんでいったようですね。
大川は訴状をまともに読みもせず、安田氏と善川氏への生理的嫌悪感だけで処分したのだと思われます。

朝日氏は名誉職でしたし、それ以外でも現在も残って出世している人もいます。
中にはT課長の奥さんに納まった人もいます。
残念ですが、長いものに巻かれた方々がいたようですね。

373 アルゴラブ :2010/11/01(月) 23:01:49
別スレ(KK、KJ党の活動情報)で、玄道さんがルシフェル霊言後の恭子のことに触れておられますが
とりあえず、大川にそんな力はありませんし、そもそも深く考えればおかしなことですし
基本的に腹話術ですから、それで健康被害はないと思います。
(恭子の場合は、もともとそれ以上に恐い(強い)という説もあります)

ただ、生半可な交霊術が招く危険については同感です。
もともと優れた霊感を持っていながら、制御できずに破滅、あるいは死に至ったケースを身近に見ていますので。
善川氏から聞いた富山氏のことで、これに関連する件があるので、この機会に記録します。

有田芳生さんの「「幸福の科学」を科学する」という本があります。
この中で、顧問について入念な取材がなされていますが
法事の席で、善川と富山が、親類を前に、他界した親族を降霊させる真似ごとをやっていたという親戚の証言が載っています。
(その他、大川の奇行についても記述あり)
この本は善川宅の書棚にもあり、本人も読んでいました。
あるとき、親戚筋の集まりに出るため送迎することになり、その車内でのこと。
善川「今日はすぐ帰るけんな。長居は無用じゃ。」と、不機嫌な様子。
思い切って、「ひょっとしてその御親戚は、あの本の方ですか?」と聞くと
善川「そうよ!!あんなんにしゃべりおって。ようしてやったんに。」と。
結局のところ、記事は事実ではありました。ただ批判的なジャーナリストのネタにされたのが不愉快だったのです。
大川がニューヨーク時代に、善川と富山はこうしたことをさんざんやっていたようで
特に不成仏霊の説諭をしようとしていたようです。けれど生兵法は大怪我のもと。
善川いわく、富山はその過程で精神を害し、それ以来やらなくなったと話していました(だから学習塾に向かう)。
一方で大川は、そうしたことは怖がって逃げまくっていたそうです(善川&君子談)。

霊的なことをして、失敗して餌食になるのは、まともな素質を制御できなかった場合。
まともじゃないのにそうならない場合は、ただの妄想(精神疾患)か
あるいは違うものの影響によって、その望む方向へ生かされているということ・・・と考えることもできますかね。

374 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/01(月) 23:17:16
大川隆法狂祖の"誕生日は7月7日7時7分生まれではない(1)ーーアルゴラブ氏の告発から"
http://maruta.be/ours/

"大川隆法 皇居のような脱税宮殿をつくるの巻−−F告発を再び"
を”HSとの闘い方”にアップしました。
上記のサイトの、ブックマークサイトからアクセスできます。

両サイトとも、毎日更新します。

375 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/01(月) 23:24:47
>>373
アルゴラブさん これはすごい話ですね。かのファルコン氏も知らないネタですね。
さしつかえなければ、詳しく教えてください。


>有田芳生さんの「「幸福の科学」を科学する」という本があります。
この本お持ちの方いらっしゃいますか? 
どっかのサイトにのっていますか?
教えてください!よろしくお願いします。

376 アルゴラブ :2010/11/01(月) 23:51:13
アイマイミーさん
>>375 実は手元に持ってます。もう要らないからと、善川氏から頂いた由緒ある本です。
大川の奇行については僅かですが、善川については、本人を知る者として、記載内容は信頼できるものです。
後日、親類のコメントだけでもアップ致しますか?
アマゾンのマーケットプレイスでまだ手に入ります。
今すぐ見たら、最安値の値段が笑えますょ。

377 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/01(月) 23:52:12
>>370
権利侵害とは、例えば『週刊新潮』の記事から
「大川隆法さんでしたっけ、総裁とか仰るあの方の運転手をされていたようで、小学校に通う2人の子供の送り迎えをしているところもよく見かけました。目が合えば必ず黙礼を返す律儀な人でしたよ」
などががそのまま引用されていたことが著作権侵害の虞があるということです。

通常なら問題のない量ですし、元になった告発集
http://trident02.voila.net/kofuku_no_kagaku_crime.htm
では、もっと長い引用があるのに全く問題になっていません。

票やコメントを書いていた人もこれが違反という認識は全くなかったようです。

要するにウィキペディアの特殊性(慎重さ)と、
削除した管理者が過去のしがらみで記事を立てたり、削除依頼でコメントしているIPに
個人的に恨みを持っているというのが理由ではないかと思われます。

ちなみにウィキペディアでは
削除依頼の投票権はコテ(アカウント)を持っていて50回以上の編集経験がある利用者で

IPまたはにわかアカウントでもコメントは可能です。
あと記事編集やノートでの議論(コメント)も可能です。

378 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/02(火) 00:05:05
>>368
アイマイミーさん、もしかしたらはじめましてでしょうか。
ブログのほうはいつもロムらせていただいてます。

ファルコンさんの予告にあった
kk元幹部がアンチとして内部情報を告発するようになる日が来る
が現実になったのがアイマイミーさんやアルゴラブさんの告発のようですね。

ウィキペディアについて先(>377)に書いてしまいましたが、誰でも編集できます。
IPが出るのが嫌でしたら簡単にアカウントを取得できます。

私の場合ここに書けない様な事情がある(書いても別にかまわないのですが)ので
最大限可能な範囲で書いたりしてます。

379 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/02(火) 00:18:26
それで

Wikipedia:削除依頼/連続パンティー強奪事件 20101029
>大川隆法が「自身の霊能力」に「身近な人間が何をしているかが分かる能力」があると言っているのでしょうか。
>大川隆法が「身近な人間が何をしているかが分かる能力」があると公言していて、この事件が起こった、と言うのでしたら、220.106.43.8氏の言うことは多少は成り立ちますが。

のソースをご存知の方がいらしたら教えていただけないでしょうか
『観自在力』『漏尽通力』や研修ホールでのセミナーを書籍化したもの
それと87年の月間誌をまとめたもの『幸福の科学入門』土屋書店版?か何かに
「何でもお見通しの大川先生なら、私がどこの誰でどんな悩みを持っているかおわかりでしょう。
至急返事をください。そうでなければ私の命はいつまで持つかわかりません」といった様な文があったと記憶してますが・・・。

私は出典を探すのが得意ではないもので。。

もっとも削除票の意見や質問を潰さなくても、存続票を入れるのには関係ないですけど。

380 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/02(火) 00:29:33
ちなみに出典さえわかれば

たとえばhttp://happiness.lib.net/db/storage/syodairoom13.htm
でJBL氏が書いている

>KKでいう「エル・カンターレ」を、
>白装束集団(千乃裕子)では「エル・ルネラエル・カンタルーネ」
>と呼んでました。

>ところで、レムルネでは確か、「エル・カンタラー」と表記してなかったっけ??

なども、エル・カンターレ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC
に書けるのです。

381 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/02(火) 00:40:29
>>373 アルゴラブさん

うわー、善川さんって、そういう面があったんですか?
コックリさんみたいなのはやっぱり危険だと思います。

私の支部にも自称・霊能者がいます。
何かは見えているのだと思いますが、どうもそれが何かは自分でもわからないようです。
本人は「神様だ」と言っているのですが、その神様のお告げが当たらないのです。
「あの人の考えは手に取るようにわかる」と言いながら、
すぐ隣にいて、その霊能者さんの尻拭いで苦労している、私の気持ちには気づかない人なのです。

私は神も霊もいるとは思っています。
しかしあくまで人間はそういったものに頼らずに、この世の努力で勝負すべきだと思っています。


>>375 アイマイミーさん

アマゾンで¥670円くらいからありましたよ。
早速注文いたしました。
「大川隆法の霊言」が今日届きましたので、明日から読もうと思います。


>>377 ジランさん、はじめまして。

「やや日刊カルト新聞」さんでのコメントは拝見しておりました。
Wikiはよく知らないのですが、拝見させていただきます。

382 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/02(火) 00:48:42
>>381
エル・バカターレさん、はじめまして。

Wikiは初めは見ててネカフェかなんかでいじくってみるのがいいと思います。

ちなみにkk関連記事はこちらです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6

383 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/02(火) 07:39:49
>>379

ジランさん おはようございます。
お求めの出典等については、手元に本がないのでわかりませんが、関連事項として、ご存知かとは思いますが念のため、F氏告発のなかで“ 大川隆法の運転手 梶ヶ谷学 連続パンティー強奪事件 ――― 大川の『零能力』が露呈。「波動に敏感」は真っ赤なウソだった。” で、大きな項目に分類されておりますことをお伝えします。
http://trident02.voila.net/kofuku_no_kagaku_crime.htm 

(記事)
■『連続“生パンティー強奪魔”を逮捕!(8/21サンスポ・夕刊フジ)
■週刊新潮「2000年9月7日号」
■深夜帰宅途中の女性襲い下着奪う 宗教法人職員を逮捕 (朝日新聞)
[週刊現代]
[週刊文春]
 
(ソース) F告発の下記のそれぞれにアクセスできるようにアドレスがあります
[告発] 証拠隠滅失敗 職員パンティ連続強奪事件 挙げ句の果てに「警察の横暴」
[告発] 大川隆法 自分の運転手が連続性犯罪に狼狽
[告発] 究極の『無念無想』マスターはパンツ強盗梶ヶ谷
[告発] 大川隆法のインチキがバレた決定的事件 梶ヶ谷学パンツ強盗
[告発] 大川隆法のあきれた『全知全能』信者数ほんとうは1/100
[告発] カルト教団 幸福の科学の違法行為リスト
[告発] オウムと似てきた幸福の科学 威力業務妨害『希望の革命』

384 アルゴラブ :2010/11/02(火) 18:48:34
ジランさん、(コメ返しは)はじめましてですね。

>>378 私は平侍でしたので、アイマイミーさんレベルの役職者の内部告発の波は、まだまだこれからだと思います。
私も立派なアンチ目指して日々精進をせねばなりません。
ジランさんが着眼しておられるように、>>377も同様の感想を持ちました。

エル・バカターレさん
>>381 善川、富山コンビのそれは、まさしくコックリさんレベルのものです。
よせば良いのに。でも本人たちは大まじめだから困るんですよね。
見える、聞こえるというのは、五感の延長線上にあって自我の制約を受けている分、実はさほど高尚な霊能ではないんですよね。

守護霊(ガーディアン)という言われ方で、とかく何かと守ってくれる霊と考えられがちですが
人間が地上圏で経験すべきことを成就させるために、人生行路を守護するのが務めであって
優秀な守護霊ほど、口出ししない、過保護にしないと思われます。
祈りも、本来はそうした働きに対して、自らを高めてシンクロしようとする行であって
大金払っても、○○して欲しいなどの祈願では、ただ大気に振動を出してるだけで無意味ですよね。

385 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/03(水) 00:19:46
アルゴラブさん、アイマイミーさん。
お二人の投稿部分を抜き出してプリントアウトしたものを、本日親しい潜在アンチの方にお見せしました。
最初、「そうだよな!」、「そうだったんだ…」を連発していましたが、最後は絶句でした。
破壊力抜群です。

ただ、最後に漏らした言葉が「このあと何を信じてゆけばいいのか・・・」でしたので、
そういう状態の人に対するメンタルケアの手法を知らない私にとって、
お二人の発言は「核兵器」並みの「取扱厳重注意」の武器だったと反省いたしました。
まあ、その方とはしょっちゅうお会いしており、私がエル・バカターレ名で投稿している事も知っております。
ですからじっくり時間をかけてケアしていけますので、その辺はどうかご心配されませんように。

「大量殺戮兵器」並みの(失礼いたしました)、お二人の発言ですが、
正しく使用すれば脱マインドコントロールの有効な武器になると今回感じました。
どうか今後ともお二人の貴重な体験を、後世への遺産として残してくださる事をお願いいたします。

あとどなたかマインドコントロール解除後のメンタルケア、デトックスの方法等についてご存知の方がいらっしゃいましたら、
関連サイト等のリンク情報などをお知らせくださればありがたいです。

386 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/03(水) 09:14:15
おはようございます。

幸福な大川家の真実 http://maruta.be/ours に
大川隆法はなぜ中川隆の実名を捨てたのか  アルゴラブ氏の告発から
大川隆法――嫁の尻にしかれる発端は  アルゴラブ氏の告発から

HSとの闘い方に 
大川隆法 家庭内別居騒動の巻――F告発を再び
大川隆法、その妻はおしかけ女房の巻――F告発を再び!

をアップしています。

387 ヒュプノス :2010/11/03(水) 12:25:09
>>385エル・バカターレさん

はじめまして。ヒュプノスと申します。

>あとどなたかマインドコントロール解除後のメンタルケア、デトックスの方法等についてご存知の方がいらっしゃいましたら、
関連サイト等のリンク情報などをお知らせくださればありがたいです。

とりあえずこちらを読まれてはいかがでしょうか?

☆「NO MORE幸福の科学」心のケア
http://lexposition.blogs-de-voyage.fr/心のケア/

心にぽっかり穴があいて「この先何を信じて生きていけばよいのか?」と信仰対象が、別の現人神に移ってしまっては何の意味もありません。
個人差はあると思いますが、基本カルトに染まった心から毒を抜き去るには、信仰をしていたのと同じ年月がかかるという説もあります。
心だけでなく体も同じです。

揺り返し等もあって、ストレートにはいかない部分も多いですが、
多くの人々が一日も早く大川&破壊的カルトの支配から逃れ、自分の外に求めるものなど何もないのだ、ということに気付くことを願ってやみません。

388 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/03(水) 14:59:25
>>383
おはようございます。ありがとうございます。

>>384
はじめまして。ウィキは特殊なので書くのは出来ても差し戻されないようにするのは多少の経験が必要ですね。

389 アルゴラブ :2010/11/03(水) 16:55:33
エル・バカターレさん、こんにちは。

>>385 実体験した事柄の解釈を通じて、HSについて疑義を抱き、本来の道義心を取り戻しつつある方でも
いきなり衝撃が強すぎると、拒否反応で貝のようになってしまうことがまれにあるようです。
でも、お知り合いの方には、エル・バカターレさんがおられるので大丈夫と思っています。

「自分のカヌーは自分で漕げ」ということを昔習いました(HSでではありません)
自分の人生航路を行くのに、何人にもオールを渡すなという教訓でした。
HSにも、それぞれ最終的には自分で入門したからには、去る時も自分で歩いて出てこなければならない道理です。
駆け足で出てくる方、休み休み出てくる方、脚力はそれぞれですし
安易に手を差し出すと、相手を弱めることにもなりかねないので
真に看護をしようとしたら、相手の力の限界を観察する、大変な注意が必要になりますね。
けれどもそうして、倒れないように支え、倒れたら立ち上がる杖のように寄り添って伴走されることは
内部告発をいくらすることより、何百倍も価値のある行為だと思っております。

信じたいから信じるではダメということですよね。冷静でないと。
しかし、失敗は成功する方法を教えてくれるものですから
短気を起こさずに、しっかりと教訓を学び尽くせば、決してゼロに戻ったわけじゃない。
人生に無駄はないと、得心して頂けると信じます。
(だからってHSに存在意義は認めませんが)

今後も、自分に出来ることを粛々と、精一杯訴えて参る所存であります。

390 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/04(木) 00:15:59
>>387
ヒュプノスさん、はじめまして。
鋭いご意見、拝見させていただいておりました。
サイトのご紹介ありがとうございます。

まさしく書いてある通りだと思います。
ただ現実には書いてある事をまず私自身が腑に落とさないとダメですね。
幸い知人は読書家で求道心や探究心の強い人ですので何とかいけると思います。
頑張って実践レベルまで持って行こうと思います。


>>389
アルゴラブさん、ご助言ありがとうございます。
「自分のカヌーは自分で漕げ」、「何人にもオールを渡すな」、
中島みゆきの「宙船」の歌詞ととそっくりですね。
おそらく「宙船」の元ネタがこの言葉なのでしょうね。
選挙中、周囲の無理解にくじけそうになった時、良くこの歌を聴いていました。

私もファルコン告発や「虚業教団」などは過去ログの状態で目にして、洗脳解除に役立ちました。
アルゴラブさんの体験談も今後の人のお役に立つと思います。
是非、これからもお話してくださる事をお願いいたします。

391 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/04(木) 14:24:05
ブログ更新しました。

”幸福の科学――紀尾井町ビル時代でもアンチの萌芽があった  アルゴラブ氏の告発から”
http://maruta.be/ours

また
アンチ 幸福の科学(HS)には 寄せられたコメントをまとめた
”幸福実現党の「真の保守政党」は嘘、ぜ〜んぶ嘘! コメント集”を

HSとの闘い方には
”大川隆法、鬼嫁に振り回されるの巻――F告発を再び!”をアップしております。

392 ヒュプノス :2010/11/04(木) 15:45:08
>>390 エルバカターレさん

私は入信していたわけではありませんが、リーダー信者が営む団体に属していたことがありました。
あの手この手で入信を迫られ、そこを辞めた後も自分のデトックスに相当の時間を費やしました。

その時やはり「ファルコン氏の告発」や「NO MORE幸福の科学」を読み漁り、大変救われる思いがしたものです。

間一髪で入信せずにすんだのに、ある程度自分の中で決着がつくまで1〜2年はかかりました。
なので何年何十年と活動にその身を捧げてこられた方々のご苦労はいかほどか、とその心痛を思わずにはいられません。

私は情報量も少なく、出来ることも微々たるものですが、幸福の科学の毒牙にかかる人々を少しでも減らそうと
機会がある度に「幸福の科学って何???」という人達に自分の経験談を語り、団体の異常性を認識してもらっています。

エルバカターレさんにもご友人の方々にも、心から穏やかに暮らせる日々が必ずおとずれますよ!!
ご健闘をお祈りします。

393 アルゴラブ :2010/11/04(木) 21:56:40
先に少しご紹介した、有田芳生さんの本の中での
中川家周辺の方々のインタビュー内容について、そのコメントのみ記録しておきましょう。
(ご購入された方もいらっしゃると思いますが、多くはそうでないと思われますので)
ちなみに、善川氏は、これらについて基本的に事実と認めています。
ただし、書かれ方が気に食わなかったので、コメントした親類などに対して憤慨していました。

(近所の善川の友人の証言)
「隆ちゃんが東京から帰ってきたとき、一晩中、何やら奇妙な声でわめいていることがあったな。それを忠義さんがテープにとって、起こして清書しとるみたいなこと言うとったわ。」

(親戚の証言)
「霊の話を見聞きしたのは私の法事のときやった。昭和57年の12月じゃったか。隆はニューヨークに行っとるときで、忠義さんと長男の力がおって、私の父の霊を呼び戻しとったみたいや。女房や他の者が聞いたが、なんか声がよう似とるて言いよったな。あんとき、やっとたのは忠義さんやった。」

「隆のほうも、大学在学当時からやったろうか、霊感が働くって忠義さんから聞きましたよ。ニューヨークから帰って来た隆がテープにとったのを聞いてみて言われて聞いたが、何や声が変わって、霊が乗り移った感じやったな。」

「忠義さんは頭のええ人やし、普通の小説も書けるし絵も描ける。前に住んでいた川島の家の2階がアトリエみたいになっとって、そこで絵を描いたりしとったな。家に忠義さんが描いた2枚の絵があるんやけど、数年前に忠義さんが電話をかけてきて、あの絵を買い戻したいって言うてなぁ。私も冗談で250万円ならと言ったら笑っとたわ。それで「いまはそうでもないけれど、絵は名前で売れるんだから、もう少し待っといてみろ、そしたらそれくらいにはなる」って確信ありげに言っとたな。」

(善川の同僚の証言)
「霊の話を聞いたのは畜産会を辞める少し前のことです。息子さんが会社の休みに帰られたとき、テープにとったのを聞かせてくれたことがありました。日蓮だったか孔子だったか、はっきりとは覚えていませんが、声色が全然違っていて、何かついているっていう感じでした。忠義さんがいろいろと尋ねる形式で話をしていました。「そこいらにいる予言者よりも高い霊感がある」と言っていました。」

ざっとこんなところです。
このほかこの時期には、別の週刊誌の商社時代の同僚の証言で、同僚にキツネが憑いていると言って、いきなりお祓いを始めて、すっかり浮いた存在だったという話も載せられていましたね。
信者の方々は、こんな話も霊能力の証明だと、都合良く解釈するのでしょうけれど、そういう向きは放っておいて

色々と見えてくるものがありますよね。質が問題なんです。

394 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/05(金) 17:05:39
>>393
アルゴラブさん  読みたかった部分をアップしていただき感謝です。
これは、狂祖にとっては致命傷な証言ですね。
よくいえば、単なる、ちまたの、霊媒師。へたすりゃ、キツネツキのたぐいですからね。
これに、まどわされる親戚の人たちの証言。
 
親戚でおもいだしたけど、お兄さんの葬儀にいったとき、狂祖にそっくりな人にあいましたよ。
いとこだそうです。狂祖より大柄でした。いとこ似というやつでしょうか・・・

幸福な大川家の真実 http://maruta.be/ours と

HSとの闘い方に 新記事アップしました。

395 アルゴラブ :2010/11/05(金) 22:25:23
善川氏の話続きで、私が体験した象徴的な記憶を。

名誉顧問への異動で、活動の機会を潰されてからも、腑に落とすまでは色々ありました。
92年の初夏のある夜の10時頃に電話が鳴って、出てみると善川でした。
開口一番「インスピレーションじゃ!!」っと。私は「はぁ!?」と、応えると
入浴中に天啓があった、道場に門を造るぞ!!全国の会員から1人につき1万円くらいカンパして整備する。
おまけに空き地部分に宿泊施設を造って、ここで研修をしたらいい。外部施設借りるより安く、会の収入にもなると興奮してまくし立てます。

当時、徳島の聖地道場は、鳴門の小さな港に面した所にポツンと建っていて
周囲には何もなく、アクセスする道にも街路灯もほとんどないような状況で
日が沈んでからは、地元の人間でなければ、県道に出る道順も分らなくなりそうな辺鄙な立地でした。

環境整備の余地は確かに残っていたものの、会の財政が逼迫し
職員の首切りや減給が進められ、高額貸付などの資金推進もなされる最中、それがあなたの現状認識ですか?と内心呆れました。
「湯ざめしてはお体に障りますし、現在の当会の状況から致しますと、色々デリケートな問題もございますので、ここはまた後日ゆっくりと・・・」と進言するも
もう先に四国本部長と課長には連絡したと・・・(あ〜・・・またやってしまったかぁ・・・涙)

案の定、善川の電話が済んだあと、四国本部長と課長からそれぞれ電話があり
本部長は「顧問先生のことは四国内で面倒見ろ(つまり抑えろ)と、山本本部長から主宰先生のお手紙を見せられている。ぼくとしては聞くだけは聞くけど、総合本部には言えないょ。」と
課長は「こんなことを徳島の会員に直接吹き込まれたら困る。なんとか鈴を付けられないものか。くれぐれも注意してほしい。」と

またこの件の他にも後日インスピがあって、HS内で結婚相談事業を始めよう。
会員内でのお見合い事業を進めれば、会も盤石になるし、軌道にのれば新たな伝道の機会にもなるとか・・・

その都度、騙し騙し対応していましたが、四国本部長や課長は、次第に居留守を使うようになっていきました。

興奮しやすく短慮で、自己の統制がきかない人間は霊の仕事には不適格ですね。
東京サイドに比べてまだマシだったのは、高齢のため夜のインスピはまだ比較的早い時間帯だったくらいでしょうか。

でも、朝にもさらにくだらない事がありましたが、それは次の話に。

396 閲覧者 :2010/11/05(金) 22:39:22
HSとの闘い方のリンクを教えてください。

397 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/05(金) 23:41:49
>>395
アルゴラブさん

おもしろいお話ありがとうございます。
>「入浴中に天啓があった、道場に門を造るぞ!!」
はおもしろかったですね。

>「HS内で結婚相談事業を始めよう」
はききました。直接聞いたのか、小澤さん経由できいたのかは曖昧ミーですが、
たしかに「縁結びは、出雲さまのしものしものものが、とりしきっているから、そこにお願いして云々・・・」
とのことでしたが・・・

この話は動き出そうという雰囲気が少々ありまして、これが、後のHS式、結婚式式典の前触れになったのかも?

しばらくして、善川氏はHS式葬式のマニュアルをつくれといわれていました。
富山誠氏の葬儀時点では、まだマニュアルは試作段階でしたが・・ 葬儀社がとりしきるふつうのそうぎでした。
 

>>396
閲覧者さん

HSとの闘い方 のアドレスは http://maruta.be/yours です。

ここでは、現在ファルコン氏の前のHN 「ディープスロート」告発を掲載中です。
毎日、少しずつ掲載しています。いっぺんに掲載すると、量が多すぎますので。

398 アルゴラブ :2010/11/06(土) 21:36:09
アイマイミーさん

YUさんとKさんペアの結婚式は紀尾井町でしたが、あの当時もまだ式としては整っていませんでしたね。
YUさんのご親族はHSの信仰ではなかったので、お父上の複雑な表情が印象にあります。

さて、昨日の続きの、善川関係のくだらない出来事です。

これは夏の終わり頃だったと思います。早朝の4時半くらいに電話が鳴りました。
善川の開口一番「おぉ、起きとったか。一大事じゃ!!」ガチャ・・・。反応する暇もなかった・・・(起きとったかじゃなく、起こしたくせに)

それまでの間に、強制的に退職させられ、精神を害してしまった元職員の方が訪ねてきて自宅前で騒いだり
東京からある青年が、霊言で顧問先生に会いに行けと言われて来たとかいう事件もあったので
また何か起こったかと、すぐに飛び起きて向かいました(そうした時のため寝る時も、つねにジャージでした)。
自宅に着いて周囲を検索、不審物、不審者ともに異常なく。早起きの猫が毛繕いをしているだけでした。
扉を開けて中に入ると、応接間に善川がポツンと座っていました。
「先生、どうなさったので・・・」と言い終える前に、テーブルの新聞紙の上に金魚のご遺体を発見。
「夕べは生きとったのに、朝起きたら浮いとった。」と・・・。(それで呼んだワケでちゅかぁ?)

当時は下駄箱の上に大型のものと、応接間に小型のものと2台の水槽が置いてあって、この金魚は下駄箱の上で暮らしていたものです。
「ランチュウ」という種類で、形や色の良いものは、それなりに値の張るもので、善川のお気に入りでした。
(ちなみに、庭に池が大小で2つあったので、それら全ての管理で、まるで水族館の職員のようでした)

納得いかない。諦めきれないということで、死因は何だろう?不思議だな〜と言い出しました。
善川は本音をなかなか言いません。ボソボソっと言う言葉や、発した言葉の反対が本音だったりすることもある
しばらく向き合ってみないと、実にクセが掴みずらい人間です。
この時も、要は解剖してくれということなのです。私から、解剖して調べましょうかと言わせたいわけです。
それが分っていたので、あえてそうは言わず、
「私が埋葬しておきますから、後はお任せ頂いて、先生はお休み下さい。」と片付けようとすると、私の反応に慌てて
「ひとつ解剖でもしてみるかな。カッターで手を切るといけないから、救急箱だけ用意しておいてくれればいいから」と
ここまで言って、ごり押しするのです。仕方なく、では分りました。やりましょうというと、テーブルの下からすぐカッターを出しました(笑)

解剖は高2の生物以来です。HS職員として、早朝5時から金魚の解剖するはめになるとは思っていませんでした。
検死の結果、水槽の敷石の砂利を餌と一緒に誤飲したことによる窒息死と思われます。
餌は浮餌であり、水面の餌を突っつくように与えるようにと、たまに来てくれる観賞魚業者の池光さんにも言われていたのに
一度に食べきれない量をあげて、それが沈殿してしまうものだから、誤飲の確率が高くなってしまう道理です。

善川は自分の餌やりが原因という結果は認めませんでした。
埋葬が済んで、君子氏を病院に送ったあとで、グリーンキーパー(徳島のホームセンター)にひとまわり大きい玉砂利を買いに行こうということで終了。
私は朝飯抜きで、そのまま勤務に入りました。

いかに愛着のあるとしても、こんなくだらない小事にいったん気が囚われると、どうにも行動抑制がきかない。
善川にしろ、大川にしろ、この親子は基本的にみっともない執着の塊りなのです。霊の教師であるはずがありません。

399 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/06(土) 22:04:37
>>398 アルゴラブさん、大変なご苦労をされてきたのですね。
これではやりきれないやら割り切れないやら、読んでる私まで気が滅入ってまいりました。
たしかに教団にとってはくだらない出来事でしょうが、
こういう些細な体験談の方が、善川氏、HS、そして大川隆法の心性を知るのに役立ちます。
貴重な情報に感謝いたします。

ところで善川氏は晩年痴呆症になったと聞いておりますが、この時はその兆候があったのでしょうか?
何かの折にお答え頂ければありがたいです。

400 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/06(土) 23:33:50
>>398
アルゴラブさん
こりゃ大変だ。四国の方がきついですな。一人だし。相談する人なし。休みなし。
まして、隔離されている名誉顧問夫婦しか話す対象がいないので、
信者さんと気楽にはなせるわけでもなく、それはそれは、大変な2年間でしたね。
 
あらためて驚き、なんといっていいか言葉もみつかりません。
とにかく、まいりました。

401 アルゴラブ :2010/11/07(日) 16:44:12
エル・バカターレさん

>>399 善川氏の最晩年の認知症という話は、私はすでにHSを離れたかなり後のことで分らないのですが
少なくとも当時に、その兆候があったかということでしたら、ありませんでした。
その年の秋に、軽度の脳梗塞を患い、1ヵ月ほどの入院で輸液による治療を受けていますが
言語と右足に、それぞれほんの少しの後遺症が残ったものの、退院後の通院加療もありませんでした。
生前最後の聞き取りとなった「嫁にひとこと言いたい」の時も、老いたとは言え、健常であったと考えられます。

他の方々同様、私にも確かに色々とあって大変ではありました。でも、良い経験をしたと思っています。
(不愉快なことばかりじゃなく、人間同士としては、共に大声で笑ったりした日もありました)
HSの職員には、脱会後に廃人のようになってしまう人も少なくありませんが
こうした環境に普通の職員が居たら、確かにおかしくなってしまうと思いますね。
私が正気でいられたのは、当時すでに(かなり前から)HSの信仰心など皆無だったからです。
皮肉なものですね。

大川らのことも、善川家族のことも、ただの人間としての視点からしか観察しておらず
個人的には、将来のために、今はできるだけ波風立てずに、静かに去るチャンスを待っていただけでした。
本来は裁断すべき書類を密かに保存したり、重要な行動記録を残しておいたのも
まず第一には、脱会後の自分や仲間たちの防衛の目的からです。
でも時が流れて、こうした資料や体験が、同輩の方々のお役に活かせる時期が到来しました。
本当にありがたいことです。
東京ドームの舞台裏から、ここでマイクを奪って訴えても誰にも通じまいと思ったやるせなさが、漸く昇華できます。

公開する資料や体験談は、その情報の価値だけでなく、その入手の経過をお考え頂ければ
大川らも、善川家族も、観自在力など100パーセント持ち合わせていないということの証明です。
自分の足元にそんな職員が居たことにすら気づかないのですから。


アイマイミーさん

>>400 東京?徳島?どっちもどっち、究極の選択でしょうか(笑)
少なくとも徳島は、職員を家畜扱いにはしませんでしたので、恵まれていたかも知れません。
私もお別れする時には、サイン本と色紙、10万円のお餞別を頂きました。
極貧でしたので、餞別は脱会後の生活再建にすぐに消えていきましたが
本と色紙は、今でもあの方々との思い出に大切に残してあります。

前任の時代は、連載があり忙しく張り合いもある時期でしたし
後任は支部詰で、用があるときのみの関係だったようですから
私は善川氏がおそらく、一番あがいてジタバタした時期に、たまたま当たってしまったようですね。
過ぎてみれば、奇妙で面白い経験です。

402 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/07(日) 21:43:48
>>401 アルゴラブさん、回答ありがとうございます。

>(不愉快なことばかりじゃなく、人間同士としては、共に大声で笑ったりした日もありました)
この部分で救われた気がします。

あと痴呆症ではなく認知症でしたね。失礼しました。

403 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/07(日) 22:54:39
>>401
アルゴラブさん

>私が正気でいられたのは、当時すでに(かなり前から)HSの信仰心など皆無だったからです。
そうでしたか。そんなに早い時期に見切っていたのですか。すごいですね。

>本来は裁断すべき書類を密かに保存したり、重要な行動記録を残しておいたのも
>まず第一には、脱会後の自分や仲間たちの防衛の目的からです。
私は、退職するまで、迷いの渦中にありました。

実物をみると、毎日のように見ていると俗物にしか見えません。鬼嫁は職員の悪口と夫の愚痴ばかりこぼしていましたし・・・ 本をみるといいことは書いているんだが・・・ 前の仕事場からは早く戻ってこいといわれるし・・・

判断は、保留にして、直筆の文書や電話の声を録音にとってましたが、もし、狂祖が本物ならすごいお宝になるだろうと思って大切にとっておりましたが、それが裁判で役立つとは思いませんでした(笑) 未だに弁護士から感謝される超一級の証拠となってしまいました(笑)

404 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/07(日) 23:10:22
>>399
善川がボケたという話は'93年ごろに、現kj党出版局長の佐藤直史から聞いたことがあります。
佐藤の元上司というか親分の谷口勝彦の妻が吉川と連絡を取り合ってたそうで、谷口経由で情報を得たようでした。

405 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/07(日) 23:17:01
>>404

ジランさん
その情報ルートからするとただしいかもしれません。

谷口勝のかみさんと、善川顧問を殴る蹴るした女秘書は姉妹ですので、
谷口勝はそのルートで四国情報を独自にもっていましたからね。

406 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/07(日) 23:19:35
>>404
ただし、時期は93年ではないと思います。96年には善川氏とよく会っていましたので。

407 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/07(日) 23:21:15
>>405
そうでしたか。

あのデブ姉友寄が吉川を殴る蹴るした女秘書だったとはw

408 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/07(日) 23:24:05
>>406
佐藤とこの手の話を直接する機会があったのは93年です。

409 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/08(月) 00:33:38
今日からしばらくPCが旅に出るためネットができなくなります。
旅というより入院、手術と言ったほうがより近いです。
気が向いたらネカフェから書くかもしれませんがたぶんないと思います。

杉山真大さん、もしよかったらwiki連パン事件に存続票を入れてやってください。

410 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/11/08(月) 19:17:39
>>379
参考までにだけども、最近の著書である『宇宙人リーディング』のまえがきには、
こうあります。



>わたしの場合は、ケイシーのような「眠れる予言者」ではなく、「読心」「宿命」
「天眼」などの神通力を発揮して、相手の心の中や記憶の内容を読み取ってし
まう。地球の裏側にいる人に対しても透視できる点は、その場にいない人のこと
でもわかるケイシーと共通している。

411 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/09(火) 09:19:44
週刊ダイヤモンドでHSの大悟館のことが取り上げられているようですが
(現物は、コンビニになかったので見ていませんが)
大悟館の施設の大きさ等を知りたければ、拙ブログの

大川隆法、鬼嫁に振り回されるの巻――F告発を再び! http://maruta.be/yours/32
に掲載しております。そこのリンク先からファルコンサイトにジャンプでき、
写真もみることができます。

ここの税金関係については、F告発の、どっかで見たことがあるのですが 、
膨大な量なので、すぐにはみつかりませでしたので、調べて、改めてお知らせしたいと思います。

412 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

413 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/10(水) 07:53:19
>>411 週刊ダイヤモンドには、大悟館や、脱税問題はのっていませんでした。
    立ち読みしたかぎり、買い込んでまで見る必要はないと思います。(営業妨害すいません)
   
    おもしろかったのは冒頭部分のみで、「大手広告代理店がHSのイメージ調査をおこなったところ、HSは統一教会に似ていると言われて、狂祖がショックを感じた」ということぐらいです。


>>412 アルゴラブさんにならい、私も小ネタを。

講談社事件の際、鬼嫁さんから、高校時代(学芸大付属)の担任の先生に会いに行けといわれて、押取刀で駆けつけました。生長の家の方でしたが、多分、”よけいなことはいわないでくれ”という圧力をかけるためだったのでは思いますが・・・ そのときは、理由を聞いていませんでしたので、ご挨拶をして、鬼嫁さんの本を渡して、私の方がお寿司をごちそうになって帰ってきました。こどもの使いにもならないアイマイミーでした(笑) これではブログにかけませんでしょう(大笑)

414 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2010/11/10(水) 19:52:41
>>413
そう?自分も図書館でダイヤモンドの最新号を読んだけど、大悟館とそれにまつわる脱税疑惑について結構突っ込んで書いてたよ。
何しろ、内偵した途端に信者が尾行やら電話攻勢やら官舎に出向いてビラ撒きするやら、過去にネット上で出てきたハナシがみんな載ってた。
で、結局シロ決着したんだけど、それって担当だった国税庁幹部をHSが顧問税理士として抱き込んだからだってwww

415 バルナバ :2010/11/10(水) 21:30:53
週刊ダイヤモンド。
当然、信者さんたちがこの記事を見ないように対策を練るのでしょうか?
それとも、あれは嘘っぱちだからな!と逆批判ですかね?

416 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

417 ジョシュアの僕 ◆gvmUi2VapE :2010/11/11(木) 00:46:45
>>416
アルゴラブさん お疲れ様です。

 いつも貴重な情報有難う御座います。
 驚きです!!! ”霊言集”の裏側が、確かに伝わってきますね!

>それと、「空海」の後期分印税、175,000送って来た。日蓮、天照は何も言って来ない。金が無いんだろう。又3ヵ月に1回毎区切って送ってくるのかもね。
 
 金が無いんだろ...ですか! 日蓮、天照 と呼び捨てというか、単なる”商材”という響きが感じられますねw
 此処にこの親子の真実が垣間見えている気が致しますw
 無垢な信者さんは知らないでしょうね(真実に目を向けて欲しいです!)

 kkは、尖閣諸島問題でいえば、海保に対し、中国漁船(工作員)と中国政府(kk)に見えますねw
 理不尽な自己の正当性ばかり繰り返しますから(笑)

 アルゴラブさん達の裏情報は、強力です! 舞台裏の”情報”流出は、マイコン抜けかかってる方には最後の一押しになるでしょう!
 熱烈信者は、”捏造”と揶揄するでしょうが、この手の方は、熱が冷めるまで待つしかありません!!!(笑)

418 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/11(木) 01:05:36
>>417 ジョシュアさん、
   >日蓮、天照 と呼び捨てというか、単なる”商材”という響きが感じられますねw

「商材」という表現、「う〜ん」と唸ってしまいました。
本当、高級霊に対する謙虚さがないですね。「使い捨て」という印象があります。
そういえば幸福実現党に入った大江康弘議員の扱いもひどいですね。なんでドクター中松よりはるか下なんでしょう?
使い捨てでは人材が育たないのも当然ですね。

419 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2010/11/11(木) 08:48:47
>>414
杉山真大さん
ご指摘ありがとうございました。私がみたHS特集の6頁のところではなくて、
「迷走始めるカネ持ち新宗教」のところに載っていました。失礼しました。

−−幸福の科学と国税局の攻防は熾烈を極めた。当時をしる関係者によれば、調査に入るや否や、国税庁や国税局の官舎の周りには信者とおぼしき人々が集まり、ビラがまかれたという。また、無言電話が相次ぎ、恐怖を感じて警察に警護を依頼する調査官まででる始末だった。−−
という記載がありますね。ファルコン告発の世界が再現されていました・・・

420 タム ◆M/L2k2Eq72 :2010/11/11(木) 19:06:17
>>416
>返事を6通書いて入れとくから、書き足すものがあれば足して封して置いて、必ず(メ)と書いて出しておいてくれ。


善川さんが基本的な部分を書き、あとから大川さんがちょっと付け足すというやり方が
こうも自然に書いてあると、なんだか、いろいろと想像させられてしまいます・・・。

421 アルゴラブ :2010/11/11(木) 21:08:45
ジョシュアの僕さん、エル・バカターレさん、タムさん

こんな短い資料からも、皆さんそれぞれに、色々着眼して下さっていますね。
無防備な手紙なだけに、これがありのままの真実です。
敬虔さの欠片も感じられない軽薄さ。
善川にとっては、大川はあくまで次男であり
実のところは、心底に救世主なんて思っていなかったんじゃないかとさえ受け取れます。
私だけでなく、実際に善川と面識のあるアイマイミーさんも、同様の感慨をお持ちではないでしょうか。
少なくとも、この時期は明らかにそうですね。
結局この後、父親は次第に息子の暴走を制御できなくなっていくわけです。


さて、次の投稿は恭子関係で参ります・・・

422 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/11/12(金) 21:03:30
>>416
アルゴラブ樣

これはひどいですねえ。皆さん仰るやうに、高級靈に對する敬虔な感情といふものが全く感じられませんね。
心配は印税のことばかり・・。まさに“商材”扱ひですね、これ。最初からかうだつたんだ・・。ひどいもんだ。

423 アルゴラブ :2010/11/12(金) 21:20:30
玄道さん(お諏訪様参りお帰りなさい)

本当に高級霊からの通信の中継役、霊の道具としての自覚があれば、腑に落ちていたら
こんな態度ではとてもいられないはずですよね。
仕事にかかる前には、水行で清めたり、着物も正したり
その儀式そのものが大事ということではなく、そうやって心を整えるものですが
この人たちには、そういうのまったくありませんでした。

424 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

425 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

426 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

427 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/13(土) 01:18:50
アルゴラブさん、ありがとうございます・・・絶句!
こういった資料までが存在しているとは思いませんでした。

独特の感受性をお持ちだというのは少しわかったような気がしました。
思い込みが激しいのか、はたまた意図的なものなのか・・・

428 アルゴラブ :2010/11/13(土) 15:50:02
ウエストさん

おそらく、潜在的にご覧になっている方々含め、かなりインパクト強いと想定しています。
HSによる会員家庭の崩壊、経済破綻、退職者への罵詈雑言、いやがらせ、脅迫、物理的損害、そうした泣き寝入りする被害者の方々
またマインドコントロールから逃れられず、精神的後遺症に悩む方々
そうした方々のためには、教団の主催者の虚像、またはそれに根ざした異常性を、総合的に、とことん追及しなければならないと思っています。
そのためにかつて徹底的に調べあげました。これらはその一部です。
それぐらいやらないと、被害者は真に救われはしないと。
そうした趣旨で、私のレベルでも、まだまだ決定的とも言える資料を開示してゆく準備がありますし
また、より有効に活用したいと考えてもいます。

ただ反面で、当掲示板はお借りしている場でもあり
この掲示板を使用しておられる他の方々の活動に迷惑をかけ、支障をきたすことは本意ではありません。


よって以下にあげる投稿に関して、上記の趣旨を動機として
ここで「いったん」削除のご依頼をさせて頂きます。
(こちらのシステム内の処理とのことでお許し下さい)

412,416,424.425,426

本当にお手数おかけして済みません。
御手透きで構いませんので、宜しくお願い致します。
(文責はあくまで私であり、そうした投稿へのレスコメントの各位はご懸念なく)

429 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/13(土) 16:03:26
アルゴラブさん

了解しました。
本日中に削除作業を行います。

430 アルゴラブ :2010/11/13(土) 22:37:10
ウエストさん

いつもお世話になりっぱなしで恐れ入ります。
ご面倒を度々おかけした場合、私にもカウントをお与え下さい。

このところHSの収奪路線に拍車がかかり、入会制度の変更による大勧誘によって
今後、いよいよメルトダウンを起こして、いずれHS被害者の集団訴訟などの社会問題となる事態も想定されることから
現段階の個々人の洗脳解除のために直ちに活かすことをお預けにしても
より大きな問題に供する方が有効かと思い至りました。
(もちろん必要があれば公権力にも提供致します)

また、私や周辺に何かあれば、それがHSによるかどうかに関わらず
すべての情報資料が、何のセーブもなく自動的に開示される仕組みもとっています。
そうしたメッセージも込めて、ご依頼した次第です。
お手数をおかけ致しました。
ご対応感謝します。

431 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/11/13(土) 22:57:37
>>430
>『また、私や周辺に何かあれば、それがHSによるかどうかに関わらず
  すべての情報資料が、何のセーブもなく自動的に開示される仕組みもとっています。』

そこまでのお覚悟ですか。これはなんとしても支援せねばなりませんね。

432 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/14(日) 00:24:16
アルゴラブさん、とんでもございません。

この掲示板も、「何か」あったとき復元するために、各種データを収集・保存しております。
掲示板への迷惑行為等についても、各所に解析結果を送っています。

一度ネットに公開され読まれたものは
記憶、そして読まれた皆さんのディスクやメモリに残って影響をあたえていくでしょう。

アルゴラブさんの身辺を心配しつつ…ですが、
ぜひ、この場をお使い下さい。

433 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/11/14(日) 08:16:34
おはようございます。

皆様、アルゴラブ、アイマイミー、様。
いつも、ここを読んで勉強させて頂いてます。 これからもよろしくお願い致します。

434 アルゴラブ :2010/11/14(日) 17:14:13
玄道さん、ウエストさん、ありがとうございます。

こうした場所ですが、お仲間からの言葉はありがたいものです。

現在もウラ部隊があるかは不明ですが、人を雇うくらいしかねない団体ですし
すでに仏敵、HS的悪魔認定はなされているでしょうから、注意しています。

でもHSは、外部を意識するよりも、本当は足元の瓦解を見るべきでしょうね。
このまま行けば、外圧によらなくても、確実に内部崩壊します。
そうなれば、今度はもう復旧はできないでしょう。
自浄作用が残っているかどうかがカギですが(もはや無理でしょうか)。残念です。

ジークさん

色々と考えつつ、この場に適していると思われることは、私のレベルでも今後も記録をしてゆく所存です。
でも真実の探求は、真理の探究とはイコールじゃないようです。
贋作を見極めるのは、本物をより理解することとも申しますよね。
ジークさんは、キリスト者でいらっしゃったと思います。
私は聖書には詳しくありませんが、ナザレのイエスの言行録は人類の最高の模範として敬愛するものです。
現在のこうした状況に身を置くと、少なからず心がささくれ立ちますから
(差し出がましいですが)どうかご自身の待避所を大切になさって下さいね。
くれぐれもご無理のございませぬように。

435 アイマイミー :2010/11/14(日) 17:31:59
諸般の事情で掲載がおくれていました、

幸福な大川家の真実  と
HSとの闘い方 http://maruta.be/yours に

新記事をアップしました。



436 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/11/14(日) 21:10:13
アルゴラブさん  ありがとうございます。

アイマイミーさん いつも、ブログ楽しみに読ませてもらってます。

ところで、ゲシュタポレポートに関連して、質問があるのですが、・・・GR(ゲシュタポリポート)の責任者、
主体、って誰?ですか?あるんですか? 私が、統一教会に居た時、何かの話で、政治家の秘書
として、信者の女性を送り込んでいた、という「うわさ」を聴いたことがあります。間接的に組織の
目的、影響を与えるためです。勝共連合とか世界日報とかありましたので・・・。

総裁を監視するような組織って、つまり、嫁さんが作った組織ですか、それとも、別のグループか
なにか、あるのでしょうか。「差 し 支 え な け れ ば」、判れば教えて下さい。

437 アイマイミー :2010/11/14(日) 22:42:24
>>436 
ジークさん ゲシュタポ・レポート告発のきっかけをつくってくださり、ありがとうございます。
この「ゲシュタポレポートの存在暴露」は、http://maruta.be/imyme  に掲載中です。
なお、本件については、ちょっと・・・です。ご了承ください。

>何かの話で、政治家の秘書として、信者の女性を送り込んでいた、という「うわさ」を聴いたことがあります
こちらの方もよく存じております。まず、選挙前に、候補者を合宿によび、研修を受けさせ、また、いくら寄付するかの約束と、口外禁止の念書、契約書を書かせて帰します。そして、選挙が始まると、戸別訪問する部隊が10人以上送られてきます。中選挙区時代、同じ選挙区でも金を払えばそれぞれの陣営に派遣されます。中選挙区時代は自民党同士が敵なのですが、平然と送り込んできます。ただし、いっぱいお金をだしたところに一線級が送られます。あと、選挙後に秘書の話は、あまりききませんでしたが・・・

438 七七四 :2010/11/15(月) 17:45:44
ID:lkvE/kO0さんが2ちゃんで興味深いカキコをしてくださってます。

439 アルゴラブ :2010/11/15(月) 22:29:50
初期の成立過程について、虚実ないまぜと思われる記録もあったり
また、文証の緻密な分析もなされたりしておりますが
私の部分で、現段階までに開示してきた情報に少し追加と推論も加えて
とりあえず甚だ雑把ではありますが、少し整理しておきたいと思います。

まず、古今東西の思想を集約しようとする機軸は父の中川忠義(善川)と長男の中川力(富山)によるものであることは間違いないでしょう。
善川はさまざまな思想宗教遍歴を持ち、その影響で富山は京大哲学科に進んでいます。
地元に帰ってからも、親子してコックリさんレベルの招霊術などしていたくらいですから
2人して、日々宗教談義をしていたことは容易に想像がつきます。
徳島自宅に保管されていた蔵書も、ほとんどこの2人のものです。
一方で次男の中川隆(大川)は、徳島で善川と富山が、そうした活動をしていた頃は商社勤務で
社員寮では、同室の者におかまいなく大きな仏壇を置いて朝夕には法華経のお題目をあげ、また昼食中に同僚の狐を払おうとしたり
たいして実務能力もなく、若くして閑職に置かれ
学生時代に発症した対人恐怖症から続く精神疾患の克服に悩み
父と兄の除霊活動からは基本的に逃げまくっていたようです。
ただし、富山が善川と行っている活動の影響で一時精神を病み(霊障を受け)、それによって活動からやや引いた時期に
大川に制御できない奇行が表面化し、善川はその研究に入り、それを本格的スピリチュアリズム的現象と考え
大川にもそのことを自覚させ、富山と2人が審神者(サニワ)となって、記録を取り始めます。
ただし、富山は、当時すでに畜産会を退職した善川に代わって一家の生計維持をする必要にも迫られており
また、サニワした感触と自身の霊障体験からか、善川ほど入れ込むことなく、学習塾に専念しようとした様子です。
霊言記録は、善川がさまざまな研究家に検証依頼として送るも、専門家には相手にされず
しかし、霊好きの潮文社の社長に拾われ、ようやく出版の運びとなり
さらに読者の手紙から縁をもった原女史の御輿に乗って、主に善川の念願であった小規模ながら団体の体裁を備えるに至り
続いて大川は、会員の中から恭子と結納などしていた矢先に、富山が若年性高血圧症による脳溢血に倒れて
富山の支援が得られなくなった状態で、善川と大川は本格的団体運営に乗り出していくことになります。

流れとしては、ざっとこんな考えです。
初期から完全創作、ペテンかと言いきってしまえるかと言うと、必ずしもそうとは言えず
少なくとも善川のレベルまでは、気持ちとしては本物と勘違いしていたと思えます。
テープは確かに存在し、数人の研究家に送られています。実はある方から当時の状況を収集しました。
色々あって現段階ではまだ全て言えませんが、話にならないレベルだったと。
ただ騙そうとするにはお粗末すぎ、高級なものと(病的に)思い込んでしまっている状態と考えたと。
大川自身は学生と社会人時代は、教祖になってからとでは想像がつかないほど、両親に対する愛着が強く
どこにいても手紙や電話を欠かすことがなかったようです。
東京とアメリカに敗れ、精神を病んで郷里に戻り、奇行が発症していた時
思いがけず善川がそれを有難がったことから、当初はそれに応えようとした面があったのではと思います。
その内面には、優秀な兄への羨望や劣等感、両親への愛着の裏返しの攻撃性などが複雑に絡んでおり
霊言という、絶対的な立ち位置に陶酔していくうちに、虚実の境界にも無自覚になっていったのではないかということです。

あと、初期の霊言集について、その格調と言うほどのものかどうかは別としてですが
出版前に目を通していた人物として、善川の姉の中川静子女史がいます。
直木賞候補に2度選ばれるレベルで、慢性呼吸器疾患を患いながら、郷土で活動を続けていた作家です。
善川は月刊誌や本のゲラを、名誉職になって連載などがなくなるまでは必ず
徳島の新町川河口に近い病院で長期療養をする姉の元へ茶封筒に入れて持ち込んでいたので、初期も当然そうしていたでしょう。
ゴーストライターというものではありませんが
大川単体による質と比べると、違いを醸し出していた要素にはなっていた部分と思います。

440 アイマイミー :2010/11/16(火) 08:40:40
>>439
アルゴラブさん
すごい情報をありがとうございます。HSの前史というか淵源のところですね。
ここが、明らかにされたのははじめてでしょう。これは、すごい記述です。
衝撃の告発ですね。狂祖にとっては、ノイローゼとともにもっとも隠しておきたい内容ですね。

このへんが、もっと明らかになれば、HSも根底からぐらついてきます。
ファルコンさんに、メールしてお知らせしておきます。彼の主戦場はマスコミですので・・・
 
それと、中川静子さんの件も狂祖がなにかの折りに言っていたことを思い出しました。


★アルゴラブ氏の告発は、拙ブログで毎日更新しております。(したらば資料集でかかれた内容をまとめています)
http://maruta.be/ours

441 玄道 ◆xvhaSPKbVw :2010/11/16(火) 20:17:57
>>439
うーむ・・、これはこれは・・。非常に興味深いお話です。
初期の靈言テープを專門家に聽いてもらつたところ、全く問題外の評價を受け大變がつかりした、といふのは、
確か週刊誌ネタになつてゐた記憶があります。

それにしてもコックリさんレベルの招靈とか、制禦できない奇行の表面化とか、これが事實だとすると
やはりかなり宜しくない存在あたりからの氣線の影響をモロに受けてゐさうですよ、これは。
嗚呼、離れて佳かつたとつくづく思ふなあ、ほんとに・・。

442 アルゴラブ :2010/11/16(火) 22:58:57
アイマイミーさん、日々ご聖業お疲れさまでございます(笑)

関連する小ネタを追加しておきます。
まず、中川静子さんについて
ある時、徳島の会員さんの1人が静子さんの入院中の病院に突然訪ねていって、3〜40分くらい延々と感謝の言葉を伝えて帰っていくという出来事があって
その方が帰ったあとすぐ、善川のところに「こういうのは迷惑で辛いから、再発しないようにして」と連絡してきたことがあり
その会員さんには、私がやんわり忠告しに向かわされたことがありました。
静子女史は、弟の善川の原稿の手直しの部分にのみ関与し、教団そのものには関係性はなかったようです。

初期の会員の安田氏について
西荻時代のことですが、大川は善川に対して「安田はカミソリ」と評していたことがあり、善川も同様の評価を持っていたと語っています。
その後の四国での蜂起に至る点を考えれば、両名のその見方はそれなりに正しかったとも言えますが
初期の功労者を冷遇した経緯には、近くに置いておいたら虚偽を見抜かれるという恐れがあったのだろうと考えられます。

原女史について
現在も調査中で、本当に小ネタですが、原さんはHS後、サイババに走ったらしいです。それもまたやがて敗れるわけですが
とにかくそういうのを、強く求めておられたということのようです。
高橋信次が去り、自分が失った理想を、大川に投影しようとしたのではないかと思われます。
ですがやがて、その大川に疑念を抱き、絶望して去ったと。
そんな原さんですから、霊道など開いていたはずがありません。
腹話術の相手を務めたのは、強要によるやらせだったのか、思い込みのなせる業かは根拠を探索中です。

玄道さん、こんばんは。

>>441 私も当初は、初期霊言も完全に創作のペテン。詐欺行為と仮説して近くで見聞をしていましたが
近くで接して調べた事柄から、残念ながらそうシンプルなものではないと、把握した事実によって修正をはからざるおえませんでした。
もっとドス黒い世界がありました。でも結論には変わりがありません。程度の低い、まがい物であるということには。
霊媒と預言者は違うと、小林クンが朝ナマで激昂して、栗本さんに窘められていたのが懐かしいですが
そんなものは、ただの名札の掛け替えであって、霊的通信のセオリーは同じです。全てが法則のもとに働くのですから。
汚れた蛇口からは、濁り水しか出ない。壊れた楽器は、不協和音しか奏でないものです。

443 hiraoka :2010/11/17(水) 00:11:23
アルゴラブさま、始めまして。いつも、貴重な情報をありがとうございます。

削除された先日の内容を読み損ねた事は、非常に残念でありました。

442の>原女史について現在も調査中で、本当に小ネタですが、原さんはHS後、サイババに走ったらしいです。

ここをお読みの方に正確なことを知っていただきたくて、わずかだけですが情報をお伝えしたく思います。
原さんはもともとサイババの信奉者だったようです。

原さんと関谷さんの繋がりの最初は、原さんが関谷さんにサイババのことを伝えたことのようです。
と云いますのは、最初のテープ『大川隆法第一声』で、関谷さんは「わたしの尊敬するサイババ・・・」と発現しているからです。

原さんは退会後にヨーガの本を出していますが、その枕書きに「これからは自分自身の中に真理を見いだす」と云う内容のことを書いていました。
大川信仰を捨てたあと、サイババのスキャンダルも知ったのかも知れませんね。

>私も当初は、初期霊言も完全に創作のペテン。詐欺行為と仮説して近くで見聞をしていましたが
近くで接して調べた事柄から、残念ながらそうシンプルなものではないと、把握した事実によって修正をはからざるおえませんでした。
もっとドス黒い世界がありました。でも結論には変わりがありません。程度の低い、まがい物であるということには。

まさに、ご主張のとおりです!!
大川君の言うことは、「ときどき正しい時刻を示す時計」のようなものです。

第二・第三の大川君が出てこないようにするためにも、大川君がなぜこのように狂ってしまったのかの原因を知りたいものですね。

444 アルゴラブ :2010/11/17(水) 00:41:01
hiraokaさま、はじめまして。

>>443 原さんの件につきまして、お教え下さりありがとうございます。
ひょんなことから、直接に主催者家族周辺に近いところに居てしまった関係で、当時は原さんについては、あまり関心がなかったのですが
HS初期をできるだけ正確に考えるためには、原さんの不明な点についても、やはりある程度調べないとならないと考え
ご本人が語られない以上、少ない手がかりを辿って調査しているところです。
(なかなかままなりませんが)
ご指摘の内容から致しますと、私が収集した小情報は時系列的に違っているのか
または、一時もう一度サイババに戻ったのか、解釈が確定できないところですね。
ただ、私が原さんについてアプローチしていく前提としては、大川の虚業に積極的に組みしようとした方ではないという仮説でいて
現段階では、それを修正しなければならない要素は見出してはいません。
こうした点も、もっと情報収集が進めば、明らかにしていけるかも知れません。
今後もお気づきの点がございましたら、ぜひ色々お教え下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

445 アイマイミー :2010/11/17(水) 08:36:10
>>442
アルゴラブさん  いつもすごい情報ありがとうございます。

>そんな原さんですから、霊道など開いていたはずがありません。
なんと、そ、そんな! 絶句!!
T村君なんかもだまされていたわけですね。まいったなぁ!

昔、昔、第二回目の上級セミナー合格者の集いがあったのですが、そのとき、原久子氏が私をみて、怪訝そうな顔を
していたので、私に変なものが憑いているのかとあわてたのですが、そんなこと考える必要はなかったんですね。
反省したのは損でした(笑)
 
しかし、まぁ、最初から、欺瞞に満ちたHSだったんですね。まいったなぁ!

446 ヒュプノス :2010/11/17(水) 11:58:11
>442 アルゴラブさん

こんにちは。いつもモニタの前で唸らせていただいております(笑)

結局善川氏にしろ原氏にしろ、他人に理想を求めて道に迷ったミスコピーがミスコピーを産み
新たなカルト教団ができていったと。教団の体質だけでなく、成り立ちにおいてもカルトの典型を現しているわけですね。

黎明期の記録を見ていると、教団のメルトダウンはもはや避けられないでしょうが、オウムのように残った亡霊たちが
また新たなミスコピーをつくっていくのだろうな・・・と、妙な感慨に耽らざるをえません。

ここから負の連鎖をいかに断ち切るか・・・難しいですね。

447 <削除しましたぬ> :<削除しましたぬ>
<削除しましたぬ>

448 ジーク ◆CYNzCEPsCQ :2010/11/17(水) 12:26:27
>>447
ウエストさん

ごめんなさい!また、まちがって >>447 入れちゃいました。削除お願いしますm(__)m 申し訳ありません。

449 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/17(水) 14:47:35
復帰しますた。
(メモ)週刊ダイヤモンド(2010年11月13日特大号)

450 ジョシュアの僕 :2010/11/17(水) 18:39:26
>>449
ジランさん
お待ちしておりましたよ!!
円月殺法さながらの切れ味鋭いコメント期待しておりますm(__)m
ジークさんと一緒に
(笑)

451 アルゴラブ :2010/11/17(水) 23:12:01
アイマイミーさん

>>445 局長クラスには、霊道を開いていると言われている人が数人いらっしゃいましたが
結局誰一人としていなかったと思います。小澤さんもそうでしたし。
ただ、周囲でそう言われていることを暗に知っていて、利用している方々はいましたね。
(あるいは誰かさんと同じで本気でそう思い込んでいたのかも知れませんが)
人間、相手に全て見透かされていると思うとかえって萎縮し、挙動って
隠そうと思っている部分を不思議と曝け出してしまう心理があるように感じます。
人心を絡めていく、姑息なやり方ですね。

ヒュプノスさん、こんばんは。

>>446 無能の能・・・っとでも言いますか。
時代背景もあったと思いますが、内面に強烈な劣等感を抱えて、精神の衰弱した存在感の薄いひとりの青年に対して
思い込みの激しい大人たちが、勝手にさまざまな幻想を投影して、いつしかブクブクの怪人を生み出してしまい
本人も現実世界では解消されないみじめな自我を、その世界に埋没することで初めて居場所を得たんじゃないでしょうか。
ちょっと皮肉が過ぎるかもしれませんが。

ミスコピーの連鎖のお話、私も同感で、たまに色々考えてしまいます。
HSなど跡形もなく無くなってしまえば良いと思ってはいますが、現実的には薄らでも、しばらくの間は亜流は残るのでしょうか。
自ら目覚めようとしない限り、他者が心を無理矢理変えることは許されないですから・・・ここはホント難しい問題ですね。

452 hiraoka :2010/11/17(水) 23:59:52
アルゴラブさま

>私が収集した小情報は時系列的に違っているのか、または、一時もう一度サイババに戻ったのか、解釈が確定できないところですね。

推測ですが・・・、 いったんサイババに戻ったようです。
ぼくは逆にアルゴラブさまの言われる、「原さんはHS後、サイババに走ったらしいです。それもまたやがて敗れるわけですが」
↑これを知りません。
しかし、サイババは少年愛のスキャンダルが暴かれ、それとアシュラム内の教団幹部がピストル乱射事件を起こしました。
インド国内では発禁処分になっていた本が、なんと真実だったわけです。
ちょうど、ファルコン告発とそっくりです。
このことは原さんにとってもショックなことだったろうと思われます。

>ただ、私が原さんについてアプローチしていく前提としては、大川の虚業に積極的に組みしようとした方ではないという仮説でいて
現段階では、それを修正しなければならない要素は見出してはいません。

おっしゃるとおりだと思います。原さんも関谷さんも大川君の統合失調症の犠牲者だったと思います。
このことは真の「真理探求者」にとっては、じつに辛い体験であったろうと思います。

ファルコン告発で、どうしてもわからないことがあります。
なぜ恭子さんは、原さんの呪い藁人形を持つ必要があったのでしょうか?
これ以外は、すべての告発を納得できることなのですが・・・。
このことはファルコンさんにも分からないことのようですし・・・

おそらくKKには、まだ日の目を見ない秘密があるに違いありませんね。

453 アルゴラブ :2010/11/18(木) 00:38:29
hiraokaさま

>>452 なるほど、時系列は必ずしも違ってはおらず、後者の経過で検証を進められそうです。
もっとも修正の余地はいつでも残していきますが。

補佐の命令の藁人形について、しばらくその疑問は静かにお持ちになっておられれば
いつかきっと、根拠を得られる機会が訪れます。
女性秘書のTさんがそれをしていたというのが、何とも残念なエピソードであります。

454 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/18(木) 01:56:40
アルゴラブさん、
ここ一連のお話で、私の中でだいぶ整理がついて来ました。

私は今の幸福の科学は「こんな団体、潰れてしまえ」と思っているのですが、
初期の霊言集(最近のクズ霊言集ではありません)や改定前の「旧版・太陽の法3部作」、
「小説版・ヘルメス 愛は風のごとく」などは今でも心惹かれるものがあります。

まあ、どの神霊が何次元にいるとか、宇宙のどの星から人類の祖先が来たとかはどうでもいいのですが、
「愛・知・反省・発展」や「愛の発展段階説」、「与える愛・奪う愛」などの教えは今後も私の人生の指針です。
このようないい教えを説いている人が、なんで「あんなていたらく」なのだ?というのが今日までの私の疑問でした。
ですがアルゴラブさんの体験談を聞いていて、ようやく腑に落ちました。


善川さんはたしかに優秀な人なのでしょう。
俳句は作る、油絵も描く、地方新聞に小説を連載する。多芸多才の頭のいい人だと思います。
でもそれは結局「二流レベルの頭のいい人」なのでしょうね。
その証拠に善川さんの生涯は成功や評価とは無縁だったように思います。
善川さんは職を結構変えていますね。会社を作った事もあったようですが、結局経営不振で閉鎖したと聞いています。
職だけでなく、信仰もキリスト教、生長の家、GLAなどと宗教遍歴をしています。
要するに「どれも物にならなかった」と言えるのかもしれません。

世間の人より頭はいいのに、結局何一つ成功できなかった、「二流レベルでプライドの高い人」がこだわるものは、
「一発逆転の自己実現」だと私の体験から感じています。
善川さんは今までの宗教遍歴での知識を生かし、
「エメラルド・タブレット」、「神智学」、「仏教」、「キリスト教」、「生長の家」、「GLA」等の教えを自分なりに体系づけたのだと思います。
それを哲学的に補強したのが長男の富山誠氏、そして格調を与えたのが直木賞候補の作家・姉の中川静子女史なのかもしれないですね。

私は大川隆法氏を「つくづく芸術的センスのない人だな」と思っています。
数々の映画しかり、詩集「愛のあとさき」しかり、「ビッグバン、ニューホープ、ミラクル、サクセスNo1」と言ったネーミングしかり、
「幸福の科学学園」の校歌しかり、東京ドームでの衣装しかり、何よりあの髪型&ファッションセンスは何者だ?と思っています。

こんなセンスのない人が、なぜ初期霊言集やヘルメスの物語を書けたのか不思議でした。
しかし、善川氏、富山誠氏、中川静子女史の人となりを知り、ようやく納得できました。
そして現在、なぜ大川隆法氏が未完であるヘルメス物語の続きを書けないのか、得心いたしました。


私が初期霊言集を「いい」と感じるのも道理です。
宗教遍歴を重ねた善川氏が各宗派の「素晴らしい部分」を取捨選択し、富山氏が矛盾点を整理し体系づけ、
中川静子女史が文体に格調を与えたと考えれば、私なんかはコロッといって当然です。

しかしアルゴラブさんの>>359での体験談で「善川氏は山っ気も持ち合わせた人物」という事がわかりました。
また、素人の火遊びで「コックリさんの真似事」をしていた事実も知りました。
各宗派の「素晴らしい部分」を継ぎ合わせているので「言っている事」は大筋で素晴らしいのだと思います。
しかし、「やっている事」、および「その動機」には不純なものが混じっているのが『幸福の科学』だということを確信いたしました。

アルゴラブさん、いろいろな証言ありがとうございます。
今日まで資料を保管していただいた事に、本当に感謝いたします。

455 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/18(木) 02:05:44
>>449 ジランさん、PCが戻ってきたんですね?
よかった、よかった。

456 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2010/11/18(木) 02:31:13
>>454 に追加です。

   「文才がある人は、その人の心性に関係なく、人が感動する文章をいくらでも書ける」

私は梶原一騎が好きでした。
「巨人の星」、「あしたのジョー」、「愛と誠」、「空手バカ一代」、「プロレス・スーパースター列伝」、等々。
この人の作品にはすげー感動していましたね。

でも彼の晩年の自叙伝的作品、「男の星座」を読むと、梶原一騎も結構自己中心的な生き方をしている人間なんですね。
だからやはり人間は「言っている事」だけではなく、「やっている事」で評価すべきだと思います。
エル・カンターレが(自己申告で)いくら立派な存在か知りませんが、
現在肉体を持ってやっている事を見れば、どれほどの霊格かは一目瞭然です。

最近2ちゃんねるを見ているのですが、信者さんも「言っている事」は素晴らしいのですが、「やっている事」は、
  「伝道はしていません」、「お布施はしていません」、「禁止されているネットで伝道します」、「幸福の科学を守るため、悪口も言います」
と、無茶苦茶ですね。

尖閣での中国漁船問題がいろいろ言われていますが、仙石氏や中国側の言い分を聞くより、流出ビデオを見たほうが一発でわかりますよね。

457 アイマイミー :2010/11/18(木) 08:17:24
>>451
アルゴラブさん
小澤利夫さんも霊道がひらいていなかったのですか? まいたなぁ!
事務局長(当時)の竹内氏が、いつも「小澤本部長は云々」ですっかり信じ込んでいました(;汗)
 
ただ、会員レベルでは何人かますね。しかし、会員レベルで開いている人の多くは、鬼嫁みたいなボーダーが多いようです。
また、そういう人は、ミニ教祖になりがちなので、広報系の連中はチェックしていましたね。
いわゆるゲシュタポレポートですね。そのファイルを佐竹からみせてもらったことがありますよ。
知人もリストアップされていましたので、こっそりと破り捨てましたが・・・(知人にも報告しておきました)
 
それと、アルゴラブさんの最初期の話のなかに、阿部氏のことを「いい人だった」と語ったS君
−−関谷告発では阿部氏に「めんたまくりぬいてやろうか」と言った人ですが−−
その奥さん=鬼嫁よりもリーダーだった=M子は、確実に開いてましたが、難を恐れて口外してませんでしたね。
 
話があらぬ方向にいったので、このへんで・・・

458 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/18(木) 08:36:46
>>447-448
他のスレッドと間違えられたということでしょうか?
了解しました。

>>457 アイマイミーさん

霊能力がある人(=会内のミニ教祖の可能性=HSに恐れをなす人?)
をリストアップしたのがゲシュタポリポートだったのですか。

少し心当たりがあります・・・

459 アイマイミー :2010/11/18(木) 09:13:12
>>458
ウエストさん

>霊能力がある人(=会内のミニ教祖の可能性=HSに恐れをなす人?)
>をリストアップしたのがゲシュタポリポートだったのですか。

ゲシュタポレポートは、主に職員が対象のはずです。

初代理事長の小澤利夫さんのことが記載されていました。小澤さんちに高橋和夫(亀さんね)らが十数名でおしかけていき、つるし上げた報告がかかれていました。
そのご、小澤さんは、毎月反省文を提出させられていました。
私がみたのは、広報系の佐竹の手によるゲシュタポレポートです。

そのなかに、ミニ教祖もふくまれていたわけでして、メインは職員、元職員が対象だと思います。

460 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/18(木) 09:59:30
>>460 アイマイミーさん

ありがとうございます。
それなら無事そうです。

461 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/18(木) 10:26:50
>>459 の間違いでした、すみません。

462 バルナバ :2010/11/18(木) 21:18:33
>小澤利夫さん
この方、今は改心されていますね。
お歳とは思えないほどパワフルなお方ですね。

463 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/11/19(金) 00:07:19
>>450
どうも
たいしたことは書けないですけど
はじめから属性につながる暴露ネタはやらず、
他人が書いた情報をもとに批評するスタイルをとってきたので。

>>455
よかったです
ウィルスに感染して、だめもとでメーカーに問い合わせたら
HDに破損が見つかったので保証期間中ということで只でなおしてもらえました。

464 アルゴラブ :2010/11/19(金) 00:27:32
エル・バカターレさん、こんばんは。

>>454 落ち着いて整理された投稿を拝見しておりますと、エル・バカターレさんの心境がひしひしと伝わって参ります。
当時の自分を振り返えると、こんな所でこんなことしてて、一体意味があるのか?と思ったことも度々でしたが
見聞したことが無駄にならず、お役に立てて頂き、本当にありがたく思っております。

大川は元々は法華経のお題目を唱える程度で、思想体系など持ち合わせていなかったのですが
親子で交霊の真似ごとを始めて、最初期の霊言では、知識不足から、明らかに逃げのはぐらかしが散見されていますが
父と兄から5年ほど刷り込まれ、自分でも猛烈に読書しネタ収集して、自信がついたところで出版したのが「太陽の法」だったわけですね。
商社時代の社内報に載せた「愛の発展段階説」も掲載して、意気揚々といったところだったのでしょうが
ここが彼のピークでもありました。あとは落ちるだけ。
聞こえの良いことを言うくらい、地上圏に居たころに宗教をかじった者なら、低級霊でも霊言できます。
強い劣等感の裏返しの激しい自己顕示欲の持ち主が他界して、似た性質の者に掛かっている図です。
ですが、こういうものは行いが伴ないません。それこそが一番大事なのに。

善川評も誠に的確ですね。
川島町には不動産が2軒ありまして、1つは木造モルタル2階建てで、君子さんが床屋もし、家族で生活していた白い家。
もう1つは、茶色の木造2階建て、書物に出てくる古い家です(別スレに少し載せたもの)。
この1階は、善川氏が事業を行おうとして失敗した面影を残しており、錆びた機械がさらされていました。
善川はたまに見に行くことがありましたが、まがいなりにも逆転の自己実現に成功した者が、昔を懐かしんでいたんだと感じていました。

大川は裸の王様そのものです。無類のナルシストですから、本人だけは幸せだったのでしょう。


アイマイミーさん、バルナバさん

小澤さんのことで、記録の追加しておきます。

1992年3月17日の午後、久しぶりに紀尾井町の総合本部を訪ねました。
小澤理事長との面会のためです。その数日前に内示で徳島行きを命ぜられていました。出発前の最後の面会です。
その頃は理事室は狭いパーテーションで区切られていました。
小澤さんの部屋の前には、Oさんの席があって、久しぶりに会ったので少し談笑してから入室
室内には、いつもならニコニコして迎えて下さるはずの、難い表情の小澤さんが座っていました。

「もう分かっていると思うけど、主宰、補佐、顧問の家族関係は犬猿の仲、秘書長と補佐などは嫁姑のようなものだ。」
「前に顧問が出てきた時も、「○洋は風邪だからって言って!!」って寄せ付けなかった。」
「顧問が沖縄に講演に行くのにも文句言って、私に「そろそろ隠居しろ」って言いに行かせた。」
「普段から許す愛だなんて言っておいて、正直ムカッとしたけど、肉体を持てば所詮そんなもの。」
「こんな体質は変わらない。10年くらいはかかる。たぶん(顧問が)死ぬまで続く。」
「今いる秘書役が婚約して、急に交代させたいと言ってきた。」
「君には本当は、僕のところで色々仕事して欲しかったんだけど、このことで他に頼める人がいない。済まないが行ってほしい。」

出発前の訓示がこれです(笑)
分かりましたと言って握手して退室、秘書部長と軽く打ち合わせをし、Oさんにお別れを言って本部を後にしました。
(小澤さんはその後も、一線を追われるまでは、たまにお手紙を下さっていました)
私の内心は当時もう冷めていたのですが
小澤さんは「仏陀はまだお若い」っと自分に言い聞かせて、教団を健全にできないか苦慮していた印象です。

465 hiraoka :2010/11/19(金) 00:36:03
アルゴラブさま

>補佐の命令の藁人形について、しばらくその疑問は静かにお持ちになっておられれば
いつかきっと、根拠を得られる機会が訪れます。・・・・

おおっ、なんと!! 凄い!! 

「天知る、地知る、人知る、我れ知る」
・・・隠し事ってできないものですねぇ・・・
それを教えるべき立場の大川君が、あれではねぇ・・・(ーー;)

466 アルゴラブ :2010/11/19(金) 08:50:40
hiraokaさま

>>465 「求めよ。さらば開かれん。」真摯な探求は、必ず実ります。

「天知る、地知る、人知る、我知る」私も好きな言葉です。
大川らが、この言葉理解していないということは、実は霊界なんて信じていないんじゃないかとさえ思えます。
金の亡者でもありますしね。もう彼らの行くとこは確定ですな。

467 アイマイミー :2010/11/19(金) 09:03:23
>>464
アルゴラブさん

>小澤さんは「仏陀はまだお若い」っと
そうそう、小澤さんの大川評はそんな感じですね。

私が、ある人物の紹介で、紀尾井町の小澤総合本部長を訪ねたところ、私の当時の職業に敬意を表したのか、応接室に通され、異例の1時間あまりのお話となりました。そのとき、小澤さんは、大川のことを「若ぞう」呼ばわりをしていたのが思い出されます。

また、時期は覚えていませんが、鬼嫁さんを「小娘」呼ばわりしている人でもありました。

広報系のゲシュタポレポートの小澤さんが載ってからすぐに、総合本部に私宛にはがきがきて、「一緒に飯でも食いながら・・・」と書いており、あわてて処分した記憶があります。我が身に火の粉がふりかからぬよう・・・ また、いらんこと思い出してしまった(笑)

468 アルゴラブ :2010/11/21(日) 22:50:28
当初は学習団体としてスタートしたHSも、知的劣化が雪崩のごとく進み、今では手かざし拝み屋のご利益信仰団体に成り下がりました。
会員数水増しのために入会制度を緩和したことから、財政基盤を会費よりも、植福や各種祈願による巻き上げにシフトしつつあります。

くだらない祈願に賭けるような人間は、初めから救いようがないので、別にどうでもよいですが
病気平癒などの祈願を勧誘に利用する下衆な者達が居るようですから
そうした絡め手にかからないように、これまでに見聞した霊的治療に関する一般的基礎情報を残しておきます。

一般にいわゆる心霊治療(ヒーリング)と言われるものは3種類(便宜上、用語分け)
・磁気治療(マグネティックヒーリング)・・・治療家の生体磁気を患者に分け与えたり通わせるもの。霊的要素なし。
・心霊治療(サイキックヒーリング)・・・マグネティックに霊的要素が加わった中間的手法。主に遠隔治療がこれ。
・霊的治療(スピリチュアルヒーリング)・・・治療家をトランスとして、霊力(生命力)そのものが流入する劇的な治癒。

日本では法的な制約もあり、また優れた治療家の養成もまだなされていなのですが
イギリスではすでに社会の中に受け入れられているものです。

ではHSの病気平癒祈願はどれに分類されるかと言いますと、どれでもありません。
ミニ教祖みたいな奴がいれば、磁気くらいはありえますが、大川はそんな力さえないですし
長期にわたる薬物の摂取で、不健全になった肉体では、治癒力の通路にはなりません。
HSのそれは、信仰治療というものです。

イギリスを始め(日本でも数人に会ったことがありますが)、まともな治療家は、そもそも信仰を前提にしません。
治療はあくまで霊力によって為されるのであって、自分が治しているのではなく、自らは神の道具にすぎず
魂に受け入れる用意がある人が連れて来られ、治癒するのであって、法則の働きに関与することはできないことを知っており
安易な安請け合いはせず、対価も要求しません。
効果に責任は持てないことを表明しても、決して何人も拒みはしない。
奇跡的と思える治療の効果を体験して始めて魂が目覚め、霊的人生観を意識してくれさえしたらいいということで
特別説教もせず、拍子抜けするほど淡々と、奉仕活動をするのみです。

一方、HSは祈願には信仰を前提としています。
この論理で行けば、治療効果がなければ、それは信仰が足りないとなり、延々と負のスパイラルに陥る構造です。

人間には、心理的、生理的条件が整えば働く自然治癒力が備わっており
信仰治療というテクニックは、宗教的な演出の中で、患者に絶対治るという圧倒的信念を吹き込むことによります。
HSに限らず、確かにそうしたことで治癒するケースはあります。しかし、信仰治療には本質的な欠点があります。
患者の信念を鼓舞するために為される祈願等の過剰な演出によって
その雰囲気に浸っているうちは良いですが、ハイテンションを維持する期間には限度があり
日常に戻っているうちに症状がぶり返し、また治療を繰り返すうちに
麻薬と同じで、初回ほどの劇的な感覚が薄れていく分、効果も無くなっていくことです。
強烈な自己暗示によって幻惑されているだけでは、真の治療とは言えませんし
そうした虚偽に気づいた絶望感は根深く残り
派手な儀式に慣れてしまったことで、素朴なヒーリングへ向かうことを阻害する弊害も生じます。

宗教的な聖地において治癒したケースは
1人のまともな治療家の1ヵ月の奉仕活動によって目覚めたケースより少ないのが事実なのです。

くれぐれもHSの詐欺治療になど、決して囚われることがないように。


あと、HSの人間が見ていたら忠告しておく。
病院で勧誘なんかさせるな。直に捕まるぞ。
HSが捕まること自体は大いに構わないが
生き死にかけて病やケガと向き合う患者と医師、看護師の間に
お前たちの甘ったれた軽薄で脆弱な信仰など持ち込むな。
それは不遜以外の何ものでもない。

469 ソムニウム ◆wjc21RqxlY :2010/11/30(火) 00:29:17
お久しぶりですが。こちらにも少しお邪魔します。
KK、KJ党活動情報スレッドにさきほど書いてきましたが、支部リーダークラス信者さんからの電話で
正式に離婚されたと聞きました。
おそらくは信者向け正式発表前の、幹部による懇意の信者へのリーク段階(人脈による口コミ)のような感じか。
正式発表は悪妻関係の緊急霊言等に対する信者さん達の反応を見きわめつつタイミングを計って・・・
などと思っていたかもしれませんが、既にもうリークされてるので意外と早くに発表になるかもしれません。

これは「脱HS洗脳の発展段階」の発展途上で出てくる
「諸々のおかしな点は○○氏のせいだ、幹部が悪かったのだ」の最上位版である
「もろもろは嫁のせいだ、嫁が実は裏だ、実はレプタリアンだ、嫁が悪かったのかも」の段階に今ある
ごく一部の信者さんにとっては、ぐらついてた信仰維持のカンフル剤として劇的に有効な解になります。
しかし、それ以外にとっては、いよいよ断末魔コースの開始でしかありません・・・。

470 ソムニウム ◆wjc21RqxlY :2010/11/30(火) 01:02:42
私は折々には詳細は語っていませんが、HS自滅スパイラル進行の見取り図といいますが
次に大川さんやその周囲が何をやろうとするかが、いとも簡単に透けて見えてしまって
何かやるたび「あー、また予想通り過ぎるじゃん・・・」と哀れみとはまた少し違う嘆息をしていたのですが

常々、予想している根本的な確定コースの一つとして
「すでにボロボロのHSだがその瓦解に引導を渡すのは最後の内部告発者が出てきた時である」
「それは近々に自然の摂理、因果の果としてとして出現するだろう」
といったものがあります。

 創立〜初期(80年代)、関谷氏による実情暴露と告発
 初期〜90年代後半、アイマイミー氏による実情告発
 90年代後半〜2000年代前半、ファルコン氏による実情告発
そして
 応用本部講師でもあったアイマイミー氏の関与時期や担当範囲外だったマターをカバーする
 とくに家族関係について証拠を保持されてるアルゴラブ氏のご登場で
 関谷氏〜アイマイミー氏の間がさらに詳細に補強されることとなりました。

そうです。
まだ最後の期間の(内部告発)担当者がまだ欠けています。
ファルコン氏が強制還俗になったであろう2000年代前半〜2010年までに至る期間の
実情をカバーする告発者さんですね。
この最後のピースが出てきてしまうとHSが自動的に壊滅するのは避けられません。
そしてそれはどんなに総裁側が抑えたくても必ず出てくる、と思っていました。

このような上から目線で評定しながらの名誉剥奪を含んだ敵対的離婚に至った場合
あにはからんや、きょう子氏自身がその最後のピースとなるという
最大のアイオロニスな可能性も大となりました。
きょう子氏自身でなくても彼女の処遇が呼び水となって慕っていた者が離反を決意し語り始めるのこともあるでしょう。

愛人問題などもきょう子さんをソースとしたの告発が為されれば反論にグウの音も出なくなりますし
とれるだけお金を取りたいとかで駆け引きもあるでしょうけれども、
それらとは別に、もろもろの事実を今後、少しずつ語っていただきたいものです。

471 アイマイミー :2010/11/30(火) 08:07:20
>>469-470

ソムさん あっと驚く情報ありがとうございました。
ついに離婚ですか。慰謝料をケチって1円も払いたくないもんだから「悪妻・・・」をやったんでしょうね。

2chをみていて信者の一部は「すっきりした」なんて言っているのもいましたが、ほんとうにすっきりしたんでしょうかね(笑)

>愛人問題などもきょう子さんをソースとしたの告発が為されれば反論にグウの音も出なくなりますし
そうなんですよね。鬼嫁さんが一番頭に来ていたのが、この愛人問題で、白金御殿で一緒に暮らしている愛人はめっぽう気が強くて、
あの鬼嫁さんもタジタジだとか。その愛人の顔を見たくなくて鬼嫁さんが白金御殿から出ていったという情報もあるくらいで、鬼嫁さんが、すべて暴露したら、今まで公にされていなかった愛人までが暴露されるでしょう。大川は自分で自分の首を絞めているというのがわからんのですね。すごい観自在力だと思います(笑)

472 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/11/30(火) 08:16:33
ソムさん、おひさしぶりです。

大変な情報をありがとうございます。

たしかに、きょう子夫人ほどの大きなピースはないです。
そしておそらく最後のように思えます。
(お子さん達も、可能性はなくもないですが・・・)

どういう形で情報が出てくるのか見守りたいと思います

473 ケイ ◆eFW99CAXV. :2010/11/30(火) 14:31:26
2ちゃんねるで文殊菩薩霊言をUPしていらっしゃる方がいます。
少しずつですが、なかなか興味深いですよ。

474 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/11/30(火) 21:20:07
「文殊菩薩との対話」

文殊:私はあんた(ある宗務職員)のおかげで給料をさげられて貧乏にされた
   私が幸福になっていない以上、世界伝道などありえない!
   (幸福実現党を指して)こんな弱い政党なんかあったってしょうがないじゃないですか。
   滝口!おまえが最初に反乱を起こした一派の一人だ・・・・・・・
   おまえが97年ごろに総裁を引っ張り出して悪い事画策して・・・・・・・

   田舎では救世主、エルカンターレ、だれもそんなものはしらない、通用しないんだ。

宗務職員:ではなぜ強引に結婚を迫られたのですか?強引に、強引に迫ったんじゃないですか???

文殊:そんな強引に迫った訳では無い、デートして結婚しなければ会員に噂を流すと言っただけ。

宗務職員:それは脅したって事ですよね?

文殊:そうです

(中略)

宗務局長:建物建って人が増えてますか?

(中略)

宗務局長:韓国の説法で(大川きょう子に)悪魔が入っていた。あなたはルーを入れたまま平気だったじゃないですか?

文殊:私は宗教家ではない。

475 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/11/30(火) 22:24:08
(偉大なる亭白教祖による要約文です。)

☆きょう子さんの悪妻について≪エルカンターレ信仰の宗教上の問題≫

 ①[エル・カンターレ信仰がない]手痛いダメージ―宗教家ではない。
  病院信仰になっている。(ナイチンゲールが強く出ている)
 ②婦人部のあるべき理想像ではなくなった。
 ③独占欲と嫉妬心で、若い優秀な人材を潰す。綺麗で知的な女性は生かさない。
 ④実権や采配を握って、権謀術数で優秀な男性達を動かすことに喜びがある。
 ⑤龍のようにのたうち回って悪態をつく。
 ⑥宗教家より医者が一番優秀と思っている。
 ⑦女系支配の実家のやりかたをやろうする。(男は、黙って家にいろ)
  世界人類救済の日本や世界各地の支部巡錫ができなくなり、救世主の聖なる
  仕事が干される。  
 ⑧巨大組織となり采配できなくなり、限界ばかりでストレスばかりが圧し掛かる。
 ⑨上下の階級意識で高貴で高慢となり、貴族趣味となっている。(高学歴を誇る)
 ⑩リストラの肩叩きで、レプタリアンの本性が現れた。
 ⑪金使いが荒い。(布施の感謝が無い)
 ⑫仏陀と文殊の二教祖を主張する(僧団の信仰が割れて組織の弱体化)
 ⑬私だけ愛して、世界の人類を愛さないこと。
  世界宗教は後代の後継ぎがやればいい。
 ⑭信仰より、この世の価値を優先する。  

☆以上のとおり考えてみますと企業の社長で在家の夫婦であれば問題にならないけど、
 大救世主の仏陀の妻としての補佐だと悪行となる。

 大救世主の幸福ときょう子さんの幸福を考えるとOOしてきょう子さんは在家に
 戻られた方が良いと思います。

476 おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2010/11/30(火) 23:54:15
>>475
無茶な。

…やはりファルコン告発は適宜、
的を射ていたことが実証されてしまったことになるのですね?

477 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/02(木) 00:02:39
(亭白教祖が持ってきたレジュメ)

※「悪妻の言い分と仏法真理」

・家庭ユートピアが大事。―――>夫である救世主は死んでほしいは大罪です。
               夫である救世主が座敷牢に入れてたら監禁罪
               以上の罪になる。

・社会常識が大事。―――>降魔成道の魔の手口

・無理して切らなければ。―――>過去は、悪妻の無理なリストラ、今は、悪妻のリストラ中

・この宗教は一年したら膿むから―――>悪妻が信仰心がなく権力欲が膿んでいる

・自分の手柄。―――>夫である救世主の手柄

・参謀の私がいないとダメ。―――>会社組織の運営ではない。宗教組織です。

・フイルターを通した霊言は信じない。―――>夫である救世主への信仰がない。                  
・聖書でイエスの父かをチェックしている。―――>疑いの心は魔の餌食。      

・エル・カンターレより仏陀がいい。―――>エル・カンターレを蔑ろにしている。

・実家の医院が倒産するから病気治しの奇跡は反対。―――>信者より親を取る自己保存。

・世界宗教を考えるのは欲です。―――>エル・カンターレ信仰で人類救済は大善である。

・父親(善川前顧問)は煩いので封印した。―――>悪妻が信仰心無く煩いので封印中。 

・ぶら下がり職員が多すぎる―――>悪妻がぶら下がっている。     

・別派をつくって競争しよう―――>和合僧破壊の罪は阿鼻叫喚地獄の道避け難し。

478 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/02(木) 00:09:52
(つづきです)

「悪妻の言い分と仏法真理」は私たち仏弟子や信者にも当てはまる他山の

 石として信仰の試しに会っても、自己都合信仰・つまみ食い信仰・御利益信仰・

 嫉妬信仰・盗み信仰・利用信仰などありますが、エル・カンターレ信仰の命綱を

 掴んで離さないと決意して信仰生活や宗教生活をたんたんとこなして正しき心

 の探究と、日々の精進による反省やユートピア活動を推し進めてまいりましょう。

☆「世界宗教幸福の科学」の人類救済の世界の船出の大成功に向けて、

 『 12月4日(土)大川総裁先生の横浜アリーナ大講演会 』

     13時開始予定。

 演題『世界宗教入門〜地球人へのパラダイムシフト』

         13時開始予定。

          (11時からイベント開催)

 ただし、本会場への参加は、専用の入場券が必要であります。

 衛星会場もあります。分からない点は最寄の支部か精舎か、または、

 「幸福の科学」検索でお尋ね願います。

479 通りすがりのA ◆HfD2XMemw6 :2010/12/02(木) 16:35:12
>>477
ご夫人の仰ることも一理あるかもしれませんが、すごいこじつけですね…。

480 hank ◆f2odXffMvU :2010/12/02(木) 23:03:21
ナイチンゲール霊言;まとめ1

ナイチンゲール;;
私を追放するとか消すという事は太陽の法などの根本から教団の創世記基本教義全部崩れる事になるんだという事です。 
世界宗教になれるような教えにリメイクしたのは私なんですよ。


職  員;;
愛は風のごとくの後が書けないというのはやはり・・・・・


ナイチンゲール;;
そんなのあなた方の出来が悪いからだ、何を言ってるんだ!
書物書かせるだけの暇を与えてなかったからだ!
それはあなた方が赤字をいっぱい作ったからだ!
月20億の赤字を出して(愛風を)書いてる暇なんかあるわけ無いでしょう。
(質問者(職員)に対して)
あんたみたいな人が指導していたら、カルト宗教に判定されてしまうと言っているんですよ!
よその宗教なんかはみんなゴーストライターが本を書いているんだ。
そうやって一生懸命教祖を偉くしているんだ。

信者の数なんてたいしていないじゃないですか
こんなことやってたらバブルが崩壊しますよ
あなた(宗務本部長に対して)北海道行って見て来たでしょ?
つぶれないようにして生き延びられるようにしなきゃいけないんですよ!

年間決算マイナス80億!
これを立て直したのは私です。

ハワイで二年間裁判騒動が起きていた
それを報告しない蓋をしていた
理事長も宗務本部長もみんなグル
みんな悪い事は蓋して隠していたんだ
(宗務本部長に対して)
あなたがやろうとしている事は、この教団を潰そうとしている事だ!

481 hank ◆f2odXffMvU :2010/12/02(木) 23:04:43
ナイチンゲール霊言;まとめ2


宗務本部長;;
(教団を)小さくして未来はあるのか?


ナイチンゲール;;
ある、そうしなければ広げていけないのだ!
(教団は)もうすぐ潰れるから・・・・・あなたが先生を殺そうとしているもの


宗務本部長;;
それで(教団は)潰れるのか?


ナイチンゲール;;
潰れますよ、潰れます。

近くにいれば皆信仰を失う、そんな事は当たり前だ
子供たちも同じ、やがて同じようになるだろう!
私は元々こうですから(私は信仰心が無いという意味)
私が本当に離れたらこの教団は下りに入る
私が首を切らなくてもあなた方(職員に向けて)は失職する
教団はガタガタになる


だいたいあなた方は宗教団体と言うものをわかっていない
か弱い女性をみんな傘でかかってでいじめているという事が
客観的に見て世間に受け入れられませんよ
最初の太陽の法、最後の章などは傷を舐め合うようなとても弱々しい教えだった
弱い立場でとても救世主などとは言えなかった
これ全部を書き換えさせたのは私なんです

私は最初から共同教祖としての立場があるんです

父親に押さえ込まれて(教団の)初代を取られかかっていたんです
私が入った事で強くなって、父親を封印させて、GLAの復活運動で
(大川を)高橋信次の弟子にしようとした連中も処分したんです
教団の仕事に口出しして、勝手な指示を出し主にご迷惑をおかけしたりしていた

(職員に対して)
あなた方は宗教と会社の違いがわかっていないんだ

奥さんなんかいくらでも替え放題 
どんな女でも結婚させて実験してみれば良い
他の女と結婚させてこの教団を支えられるかやってみれば良い

親権を持っているんだから、邪教団から子供を引き取る
幸福の科学が邪教だという事を私が証拠を出す、内部の事をいっぱい知っているから
間違いやインチキ、いっぱい(証拠を)出して邪教だと証明してみせる!
裁判で子供を取り返す!

482 アルゴラブ :2010/12/03(金) 10:03:35
>>480 >>481

hankさん、ありがとうございます。
2ちゃんでは流れていても、やはりこちらに記録されるのが価値が高いと思います。
あとは、こちらにいらっしゃるリアに近いアンチ諸氏の裏が取れれば確定ですね。
守護霊込みで魔に追いやるというのが、まったく愚策としか言いようがありません(笑)

483 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/12/03(金) 10:24:51
hankさん、ありがとうございます。

自分でまとめようと思っていたところでした。
とっても助かります!

親権どうのこうの言わせてる(という格好ですが)のですから
離婚協議はすでにやってるんでしょうね。

484 ローズマリー ◆AqjdYrFy8M :2010/12/03(金) 11:58:23
この「ナイチンゲールの霊言」は、いつ行われた
ものなのでしょうか?

これは「悪妻」と「文殊」の後に行われたもの
ですか?

485 hank ◆f2odXffMvU :2010/12/03(金) 12:26:07
>>484
「文殊菩薩との対話」のあと「ナイチンゲール」は2回に分けてあったらしいです。
あと、「文殊菩薩との対話2」があると聞きましたが。
2chでは、文殊は菩薩ではなくなったらしいです。設定崩壊状態です。
信者さんはこれを「諸行無常」にあたる考えと解釈なさっているらしいです。

486 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:12:07
悪妻封印祈願の一部

『幸福の科学教団の 発展を阻害し
伝道を 妨げる 悪妻よ

汝、この世に生まれてくる必要なし
恥を知り反省せよ

夫のユートピア活動を妨げる 悪妻よ

汝は、生きる悪霊(あくりょう)なり
直ちに懺悔し 改心せよ!

主の本心を曲解し
自己保存 利己心に悪用したる罪
許しを請うべし!  ・・・

487 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:13:36
ID:meQlDU2Rさんからの情報

あと、前スレで
サカザキ某が、日刊カルト新聞に研修内容を書きまくってたのを見ましたが
おおまかにはあってるんですが。。。
おそらくはサカザキ氏の予備知識の少なさから、
文脈が間違ってつながっている部分が散見されました。

悪妻の暴言霊言は、あまりに膨大で長いので私個人では書き出し不能レベルです。
性質上、いずれどこからか流出するでしょうから直接動画を見たら一番かなあ。

悪妻霊言の印象を一言でいいますと、もう見てて飽きない面白いショーというか。

暴言が売りのオバさんタレントの回りを、お笑い芸人数人がとり囲んで
睨みつけ、えぐい突っ込みとやりとりを延々と続ける、といった感じです。

霊言中に大川氏悪妻はギャグも連発します。
幹部から集中砲火を浴びて、「わたしはいじめ反対!なんだから。もう」みたいな(笑)

488 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:14:43
ID:meQlDU2Rさんからの情報

村田氏による仏法護持研修の収録は、秋田の支部か精舎で行われてるようでした。
全国公開する前日、26日にだと思われます。

暴言文殊版1は「今日は10月15日」と冒頭で総裁が言っているので15日で間違いないと思います。

この文殊との対話は、その前夜(14日晩になる)にも、
総裁と、同じ対話者幹部のメンバー間だけで行われているようで
その続きとしてあらためておっぱじめる、というスタート形式でしたので
ところどころ話の流れが見えないところもありました。

質問者(尋問者?)は
里村氏 (総裁の冒頭説明では、これマスコミネタになったとき質問がうまい人がいいのでとのこと)
(人事?よく聞き取れなかった)部長
滝口笑氏 (総裁の冒頭説明では女性と信仰の立場から)
の三人がズラリと並び、あとは宗務本部長も加わるという4:1かな。
一人じゃ勝てないだろうから三人並べました、と。

里村氏はいつものトーク的に突っ込みが上手で、
終始、にやつきながら、煽ったり、ガやったりしていました。
滝口氏は、終始、目がすわっていて睨みつけるうような感じでかぶりつき
身を乗り出していて、隙あればきつく批判をかます、といった感じでした。
部長さんは、唯一、真面目で真摯に対話しようとしてる感じに見えました。

しょっぱなはですね

「今日は、文殊さまにおこしいただきまことにありがとう・・・うんぬん」

「今日 も!!!でしょ!!」

はい、出だしから吹きそうになってしまいました。

489 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:15:53
ID:meQlDU2Rさんからの情報

そうそう、霊降ろしをはじめる前の冒頭で総裁が述べてることで
「昨日、○○部長が(嫁に)会って話にいくといっていったんだけど、面会謝絶で拒否されて帰ってきた」
「私は、行っても無駄だからやめときなさい、と言ったんだけど、やはり面会謝絶という状態です」
ということで10月15日時点で、すでにかなりの決裂状況であることが伺えました。

2ちゃんねるでは「別居してるぞ」というリークが随分前からありましたが、やはり総裁から
「こちらは子連れ狼状態で、(場所は)近いんですが、建ててあげた自宅に住んでいて・・・」とのことで
すでに別居状態なのも確認できました。

あと離婚の件ですが、質疑応答でズバリ質問した信者さんがいてね
(「これは今後も悪「妻」でありつづけることが前提になってるんでしょうか?」という工夫した聞き方です)

答えは不明瞭なものでしたが要約すると
「こちら側はこうして反省改心を促してチャンスをあげてるので、あとはあちら側が決める問題である」
「心構えとしては、マスコミに週刊誌ネタにされたときの対応をさっき話したのと同じで
 心構えとしては、そういうことももっていたほうが(ショックをうけずにすむので)いいだろう」とのことでした。

個人的にはですね。そもそも離婚というものはだね、
円満協議離婚以外ですと「敵対的」になるのですよねー。
(どちらかに夫婦の義務への重篤な落ち度がなければ)
一方的な意思と難癖だけで強制的に離婚することは困難です。

本人だけで離婚の話し合いの折り合いがつかなければ
普通まず家裁での「調停」ですし、それでダメなら「離婚訴訟」になるはずです。
裁判となれば慰謝料や財産分与、その他要求が徹底してぶつかりますから、
双方にその意思が既にあっても、いずれにせよ決着までには時間がかかる気がしますね。

490 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:16:55
ID:meQlDU2Rさんからの情報

総裁によると「離婚」という言葉自体は、もうずっと前からきょう子さんの方から出ているのが大前提と。

純錫反対! → 反対を押して強行 →(もう体力的にも純錫で妻として世話ができない)
→(自分の代わりに他の弟子が純錫の世話をするのは絶対に許せない)
→続けるなら離婚する → 人類を愛して離婚されるなら救世主として本望!

これが「2007年頃からずっと」続いて激しくなっていたとのこと。
「要するにエルカンターレの方が、文殊より100倍は偉いんだ、という話なんです」と。

あとミカエルの件ですが、前振りとしては、暴言霊言中に
「みんなで寄ってたかって苛めるので祈ったら、ミカエルが顕れた」
「善悪をわかつ文殊の利剣と、ミカエルの正邪を分かつ剣は似たようなもの」
などのやりとりがあり、後段の講師の説明中でもう少し霊的背景があるとし、
「総裁より参考として提示された」として次のようなミカエル霊言が読み上げられた。

『ミカエルです。
あなた方、幸福の科学教団が戦っている最大の敵、の大将は私です。
私がイスラム教を滅ぼす決意であるので、
現在の幸福の科学の方向で世界宗教になること
イスラム世界を助け、キリスト教の教会制度を潰そうという方向で世界宗教になることを
私は容認していないのです。
この方向で世界宗教なるなら、私はこの教団を潰すつもりです。
だから私は、妻の戦いに参加しました。
次のエル・カンターレ祭「」など絶対にやらせません。
不浄を一掃し、家庭ユートピアを大事にする教えに戻りなさい。
重役は総退陣すべきです・・・

次に総裁から「軍神決戦の様相なので他の軍神にも聞いてみる」と、韓信の霊言も紹介

491 Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ :2010/12/04(土) 09:18:03
ID:meQlDU2Rさんからの情報

というわけで詳細な暴言全容はとてもはかけませんが、
ポイントだろう、と感じたところや印象的だったところ中心の感想などの一部でした。

あと社会的な事件関係では
1.フライデー事件
2.白金小いじめ抗議事件  の二つですが・・・

【きょうこ氏の「切れる」性格のせいで、必要以上に問題を極端に大きくさせた】
【幸福の科学の評判をマイナスにさせた面が大きい!】 とバッシングされていました。

【20年、文殊が教団を指導したのでこの15-20年、教団が発展しなかったじゃないか
【諸霊人から失われた20年などと言われることになったのはあなたのせいだ】 などなど

前日?のイエス霊によると「きょうこ嫁さんの使命は91年で終わっていたのだ。」とのこと。

えー、こんなとこで落ちます。

492 馬場 ◆//Muo9c4XE :2010/12/04(土) 10:07:59
文鮮明霊言、改めて読んでみると・・・

A─ “イエス・キリストの再臨”である方が、なぜ悪質商法のような行為をお認めになるのでしょうか。
 たとえば、今、統一協会の信者さんは、法外な値段で、壷や多宝塔、印鑑などを、たくさん売っております。

文鮮明守護霊 おまえらな、そんなことを言えるような立場にあると思ってるのか! (←逆ツッコミ、ここ笑うとこ!)

A─ また、“珍味売り”をしたり、高麗人参製品を販売したり、いろいろなことをされております。 (ふむふむ)

文鮮明守護霊 こら! そんなものは、三流ジャーナリズムが書いていることだろうが。

A─ いや、本当に売っていますよね。

文鮮明守護霊 そんなことを書かれたら、あんたがただって怒るだろうが。そういう、同じ論理で責めるんじゃない。

A─ そのときに、なぜ堂々と売らないのですか。 (←ここも笑うとこ!)

文鮮明守護霊 何言ってんだ。  (←大笑!)

・・・改めて読むとなかなか面白い。霊感漫才としてね。

493 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/12/04(土) 12:18:11
Mr.ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ さん、
ありがとうございます!

494 ウエスト ◆atahWDAI2. :2010/12/04(土) 12:45:13
>>492 馬場さん
ありがとうございます。

ついでといっては何ですが、
以前の週刊ダイヤモンドの記事の一部を投下します。
情報は…ないと思います

---
(約2分間の沈黙)

文鮮明主語霊 んー、んー……。

質問者 文鮮明さんの守護霊でいらっしゃいますか。

文鮮明主語霊 んんー、んんんんー、んんんんんー……。

質問者 私達が今、探求しております、宗教の真実を、お教えいただければ幸いですが……。

文鮮明主語霊 んんんんんんー、んんんんんー……(両手を十字に構え始める)

質問者 お答えいただけますでしょうか。

(中略)

文鮮明主語霊 トオオオオオオ!(握っていた両手のうち右の手のひらを勢いよく差し出し、網を放つようなポーズを取る)
---

これも本の一部になっているんでしょうかね。

495 ◆q/9ewSheIU :2010/12/06(月) 03:16:50
12/4横アリ
ttp://mocoel.blog136.fc2.com/blog-entry-23.html

勝手にリンク貼ってるので問題あれば削除して下さい

496 ◆q/9ewSheIU :2010/12/06(月) 08:01:15
転載の転載なのだ
ttp://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7

問題あれば削除で

497 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/12/09(木) 01:45:30
2ちゃんより

886 :「幸福の科学」は千葉県知事選でその気になっちゃったのかね:2010/12/09(木) 00:50:39 ID:3pnhg6gE
>>839
> 革命的飲酒主義宣言  発行年月2010年12月発行
> 「幸福の科学」は千葉県知事選でその気になっちゃったのかね

2009年4月5日(日)
湘南支部精舎 大川総裁説法『人生を生きる智慧―シンプルライフの勧め』 

今のままの政治で弱いなら、「幸福の科学」独自で意見を主張していくように
しないと日本の繁栄は守れない。この国はあまりにもマスコミが第一権力すぎる。
騒いだだけで政治家の首がとれるのはおかしい国である。
今回は珍しい。麻生さんが支持率10%を切りかかってもクビにならず、最近
25%ぐらいまで盛り返してきた。辞めなかった理由は、唯一、「幸福の科学」が
支持していたからです。これが自信となり。解散しなくてよい外交で点数を稼ぎ
なさい、敵失を待ちなさいというのが私のアドバイスだったので、その通りやって
いるのです。

今回、千葉県知事選では「幸福の科学」が森田さんを応援した。うちの単独応援
で101万票とったのです。他のところの応援は森田さんは全部断っている。
古い話では、前の参院選で丸川珠代さんも「幸福の科学」単独で当選したのです。
自民党公認候補が敗れてびっくりしました。自民党と公明党が全力挙げて応援
した候補が、幸福の科学単独で応援した候補に敗れた。この力がどのぐらいか
分かりますか。

創価学会S会は800万所帯と言っているが、選挙でとれる票が平均800万票。
幸福の科学は千葉県で101万票とったのです。統計的に計算すると日本で1100万
票所帯あることになる。幸福の科学の選挙集票力だったらそんなものです。
今、力が相当ある。だから政権の中枢部が一生懸命、私の説法も聞きに来ている。
東京正心館や支部、衛星とかにも聞きに来ている。相当、力を持ってきているから
自信を持ってください。
ただ、世界に出て行くにはもう一段の力が欲しい。そのためにはみなさんのもう
ひと努力が必要。それをお願いしたい。

498 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2010/12/13(月) 10:54:02
2ちゃんより

953 :神も仏も名無しさん:2010/12/13(月) 01:57:50 ID:qUKNYfU2
以下、月刊「選択」12月号99ページから転載

事業仕分けによる財源捻出が行き詰まり、代替財源として宗教法人非課税の見直しが
急浮上したことに宗教法人が慌てている。
(中略)
そうした中、素早く反応したのが幸福の科学だ。
「先般、大川隆法総裁の自宅が非課税の宗教施設か課税対象の個人資産かで幸福の科
 学と国税が激しくやりあった。結果、当局は非課税で矛を収めたものの、なんと国
 税の担当者がその後、国税を退職し、幸福の科学の税務顧問となった」
                             (宗教専門誌記者)

                             以上、転載終わり

499 アルゴラブ :2010/12/23(木) 00:13:40
本日はサクッと明快に。

①良心の異常な欠如

②他者に対する冷淡さや共感のなさ

③慢性的に平然と嘘をつく

④行動に対する責任が全く取れない

⑤罪悪感が全く無い

⑥過大な自尊心で自己中心的

⑦口達者で浅薄な魅力

おやおや!?どっかのエルカンだかエロカンだか知らないが、某とっちゃん坊やにピッタリですね。


『サイコパス』の概要です。詳しくはウィキで!!

500 アルゴラブ :2010/12/24(金) 11:48:57
キリ番踏ませて頂きます。もうひとつオマケに(同上ウィキペデアより)

サイコパスのひとつに「空想虚言者」という類型がある(E・クレペリン)。

【想像力が異常に旺盛で、空想を現実よりも優先する】 一見才能があり博学で、地理・歴史・技術・医学など、何くれとなく通じていて話題が豊富であるが、よく調べるとその知識は他人の話からの寄せ集めである。
【弁舌が淀みなく、当意即妙の応答がうまい】 好んで難解な外来語や人を脅かす言説をなす。
【人の心を操り、人気を集め、注目を浴びることに長けている】 自己中心の空想に陶酔して、他人の批判を許さない。
自ら嘘をついて、いつのまにかその嘘を自分でも信じ込んでしまうのである。

501 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2010/12/26(日) 09:14:18
2ちゃんより転載「自己愛性人格障害」について。

おおむね、これまたウィキペデイアの記事から抜粋したもののようです(ですので内容のみ転載します)。
相談室にても、同件について定期的に再掲がなされていますが
こちらもこちらで分かりやすいと思いましたので、記録しておきたいと思います。
大川は世界の宗教史に指導者として名を残すことはありませんが
精神医学、心理学の分野では、ひとつのサンプル症例、ケースとして、研究材料にはなれる余地があります。
とにもかくにも、早めの治療をお薦め致します。

(以下)

誇大な感覚、限りない空想、特別感、過剰な賞賛の渇望、特権意識
対人関係における相手の不当利用、共感の欠如、嫉妬、傲慢な態度のうち5つ以上が当てはまることで示されるとされている。

自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)
限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
過剰な称賛を求める。
特権意識、つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
人間関係で相手を不当に利用する。つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気付こうとしない。
しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
尊大で傲慢な行動、または態度。

5つ以上が当てはまると「自己愛性人格障害」の可能性がある。

502 坊っちゃん ◆YrsLzhoVM. :2010/12/28(火) 23:12:54
羽賀ヒカルという占い師のブログ
http://hagahikaru.livedoor.biz/
はじめて見た。

幸福の科学関係の日記は下記リンク
http://hagahikaru.livedoor.biz/archives/51289530.html
http://hagahikaru.livedoor.biz/archives/51290707.html
http://hagahikaru.livedoor.biz/archives/51291200.html
http://hagahikaru.livedoor.biz/archives/51292689.html
http://hagahikaru.livedoor.biz/archives/51293189.html

恭子の今の状況を暗示してるし、なかなか鋭いね。

503 馬場 ◆//Muo9c4XE :2011/01/06(木) 09:36:41
元活動会員の方が、なにかと話題の佐竹氏の講和をUPしてくれました。

897 :102:2011/01/05(水)
本スレ102を書き込んだ元活動信者です。
Truthさん、菊地さん、タムさん、馬場さん、名無しさん、
レスをいただき、ありがとうございます。
タムさんと馬場さんの「良心」のお話、興味深く読ませてもらいました。
これに関連して、湯布院館長の佐竹氏の最近の法話を紹介します。
「最近の教団はおかしい・・・」
「ヤバイ方向に向かってるんじゃないか・・・」
「総裁先生は本当に悟りたる人、仏陀なのか・・・」
という本能的な部分、潜在意識的な部分、そして常識ある人間でありたいという良心の部分、
これを切捨てさせようという、マインドコントロールの怖さを感じる内容でしたので、 転載します。(続く)

2010.12.17 湯布院正心館七の日感謝奉納式典
佐竹館長講話 「白紙の心とは何か」

皆様、こんにちは。ようこそ、湯布院正心館においで頂きました。
本日は12月度の二度目の七の日でございます。この聖なる日を、ここ湯布院正心館にて 相集うことができましたことを、主に心より感謝申し上げます。
(中略)白紙の心を持たなければいけないということです。白紙の心、固定観念を持たない心、 今までのしがらみを捨て去った心ですね、これを持たない限り、これがなかなかできないですね。
白紙の心を持たないとできない。(中略)自分の白紙の心とは一体何かというと、 今仏宝護持研修などで学んでいる極めて重要なことは、守護霊の心をもって白紙というかということなんですね。
通常ですね、私たちも初期の頃、守護霊と同通するということは非常に素晴らしい体験で、 この辺に一つの正しさの基準を持つというようなことを思いましたけれども、 守護霊の世界は残念ながらまだ白紙ではないということがよく分かったということです。
というのは、守護霊と言っても自分とほぼ変わらない人ですから、
考え方にやはり傾向性を持っておりますね。ということで、真っ白ではないということです。 守護霊レベルは色がついているんだと。ましてやですね、これが裏側であったり、 レプタリアンみたいなもので、そのレプタリアンの中でもエル・カンターレに帰依していないレプタリアンということになると、
もう別物であって話にならない。もう色なんか思いっきりついているということですから、 正しい色なんか分かりません。もう、ぐちゃぐちゃになっているということが分かりました。

504 馬場 ◆//Muo9c4XE :2011/01/06(木) 09:42:21
ということで、白紙とは一体何なんだと。
自分の守護霊に問うてみて、意外と守護霊においても過去の認識、過去世の経験に基づいて判断してきますね。
しかし、今起きていることは前代未聞、新しい時代、今まで人類が踏み込んだことがないような経験が目の前に起きて来ている時に、
守護霊も分からないですね。ではどうするのか。そうではなく、主エル・カンターレを信じることである。
何故ならば、主は根源の光であるので、この根源の部分、根本の部分をしっかりと信じると。 じゃあ、どこで信じるのか。
まず表面意識で信じるべきです。
地上に出ている我々が信じるべきです。
過去において、我々の魂の兄弟も出会ったことのない方に今私たちが出会っている以上、 出会ったその地上に出ている我々が信仰を持たなければならないということです。 ですから、今現在いろいろな問題が出ております。もともとはレプタリアンであろうが、 潜在意識がどうであろうが、その守護霊が何を言おうが、 地上の人間がしっかりとした主に対する帰依の姿勢を貫いたならば、関係ありませんね。
潜在意識がどう言おうが、表面意識において我は主を信じるということがしっかりと固まったならば、 潜在意識を変えていくことは可能であるということです。
何も潜在意識に振り回される必要などないということになります。
これがまず言えることではないのか。ですから、根源なるものがすべてですから、 これを基準に しなければいけない。その基準にするものを白紙と言っていると。
(以上、法友からのレジュメメールより)
902 :102:2011/01/05(水) 02:07:15 ID:0E96thF6
いかがだったでしょうか。
マインドコントロールの恐ろしさがお分かり頂けたでしょうか。
最近は、支部での支部長講話も大体こんな感じでした。
「総裁先生は、我ら仏弟子に<考えなくていいです。>と仰られています。
 私たち三次元に住む者には到底分からない深遠なお考えがあられるのです。
私たちの小さな頭で何が判断できるというのでしょうか。信仰は100%でないと本物ではありません。
ただただ、主の白き手に従って行こうではありませんか!」
とにかく、何を質問しても何回素朴な疑問をぶつけても、返ってくる答えは上記のようなものばかりでした。
立党以降、私と家族は大きく揺らぎ始めたのでした。

102さん、ありがとうございました。
これはもう、洗脳ですね。退会を考えている方々も、よく考えてみてください。

505 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/01/07(金) 19:27:43
>>503-504 馬場さん、転載ありがとうございます。

佐竹氏のこの意見だと、「守護霊より自分を信じろ」ということになりますね。
それだと教団が今まで信者に読ませてきた「守護・指導霊への祈り」は、役立たずの経文だったということになりますね。
当然その内容も、全面改訂が必要になります。改訂版を作るとしたらどうなるか?予想してみました。

   『新 守護・指導霊への祈り』

わが守護霊よ あなたのインスピレーションはもう古い
わが指導霊よ あなたの指導には色がついている
エル・カンターレを信じるわが心こそ白紙の心
悔い改めて あなたたちもエル・カンターレに帰依すべし

506 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/01/14(金) 00:00:04
HSが打ち出した新刊本にて、相変わらず世紀末の危機によって信者を煽っているカルト狂団の様子が見て取れるようですが
その中の「フォトンベルト」について、ネットにすでに出て尽くしている反証情報を拾って編集したものを記録しておきます。
したらば等をご利用のアンチの皆さまにおかれては、すでに単なるお笑いネタに過ぎないと思いますが
今後続々と脱会してくる方々のためには多少はお役に立つでしょう。(以下)


フォトンベルトの「フォトン」は、日本語では【光子】といいます。
この説を主張している人は間違いなくフォトン=光子の意味で使っています。
光子とは光のことです。光とは波であると同時に光子という粒子の流れでもあります。
光子の重さはゼロです。ゼロであるが故に秒速30万km(=光の速度)で進むことができるのです。逆にいうと、重さがゼロであるが故に遅い速度で進むことができません。

フォトンベルトの「ベルト」ですが、帯という意味です。すなわちフォトンベルトを主張する人々は「光子が溜まっている場所を地球が通過する」と言っているようです。
しかし、光は秒速30万kmで直進(これは正確な表現ではありませんが)するしかできませんので、【溜まる】ことはありえませんし、もしこの主張を認めるのなら光子にはかなり重さがあると認めなければなりません。もし重さがあるのなら現代物理学の根底が崩れます。
つまり、「フォトンベルト」の主張と現代物理学とは絶対に相容れないのです。フォトンベルトを正しいと主張するのは、現代物理学は根本的に誤っていると主張するのと同じことなのです。

プレアデス(昴)星団の周囲を太陽系が2万6千年かけて周回するなどということもありません。試しに半径450光年の軌道の円周を計算して、2万6千年で一周するには、1年でどれだけ移動しなければならないか、速度を計算して見てください。
円周の長さが 450光年×2×3.14≒2826光年
2万6千年で周回するから1年あたりの移動距離は 2826÷26000≒0.1086(以下略)

なんと1年で0.1光年移動しないと周回できません。するとアルファケンタウリやシリウスのようなご近所の星は毎年見える位置が変わってきます。これでは、10年前の星座写真と今年の星座写真を比べたら大変なことに・・・ってなってませんよね(笑)
それに、太陽系を周回させるほどの大質量の物体がプレアデス付近にあるなんて話もありません。

ま、2012年になったときに肯定派の言い分を聞いて見たいものです。
そのときにはシラ切って次の滅亡論唱えているんでしょうけども。


HSの場合は、自分ら自身の終末を心配した方が良いね。

507 フリーダム :2011/01/14(金) 01:14:00
>>506
90か91年頃の話で確か、小澤さんの名前で会内に出回った資料で下記の様なものがあったのですが。

「1997年にバンアレン帯が裂け、有害な宇宙線が地表に入り込み、人類は壊滅的な被害を受ける。しかし、甦ったヘルメスにより救済され、人々はヘルメスに平伏すであろう」
(正確な文言は覚えていませんが…)
というものを読んだ記憶があります。

20年前も今も、kkのやっていることはあまり変わらないですね。

508 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/01/14(金) 08:55:41
>>507 フリーダムさん、おはようございます。おかえりなさいまし♪

1997年にバンアレン帯が裂け・・・そうでしたね。なんか聞いた覚えがあります。
こうしてさんざん煽っておいて、何も起こらなければ、狂祖のおかげで回避したですと(笑)
厚顔無恥には呆れますね。嫁も救えないオッサンが、寝言は寝て言えと。

509 漢方 :2011/01/19(水) 21:45:58
官報

幸福実現党 収支の総括表
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/101130/31581340-1.pdf

 党員数13267人

 収入 110億円
 うち 幸福の科学からの借入金 70億円

510 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2011/01/25(火) 18:49:13
ブログ紹介

幸福の科学の学校建設を考える
http://ooginosato.exblog.jp/

511 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/01/25(火) 21:53:43
ジランさん、ありがとうございます。

新しい流れですね

512 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/01/25(火) 23:03:04
2chに貼ってありましたので転載します。

幸福の科学を告発する会より 〜ファルコン告発〜
http://antihsno1.blog28.fc2.com/

昨年12月からのファルコン氏の書込みがまとめて読めます。

513 フリーダム :2011/02/04(金) 13:15:59
※「入会と三帰誓願について」
2007.10.28 活動推進局

「入会」
※主を信じる人はみな信者(会員)となれます。

・正しい教えを信じる人を増やす事が大事です。今、[信の宗教][信仰心を立てる宗教]のほうにシフトしていこうとしています。
それは、救済力が高まることがひとつと、やはり層が広がるからです。他力型宗教のほうが、宗教人口が10倍くらいいるんです。4次元・5次元層ももう少し増やそうとして、今、[信の宗教]のほうに切り替えに入っています。本当は10倍増計画です。そう言ってもみな信じないから、2倍増と言っていますが、もっともっとやりたいと思っています。
(日暮里支部精舎説法「信者との対話」より)

・少なくとも、うっすらでもいいけれども、やはり信仰心を持って、「善悪だったら善をとろうね」「ちょっとは勉強しようね」という層を、下化衆生として、増やしていく必要があります。2倍増と言っていますが、それは方便で、10倍増を目指しています。
入会式の形で、布教所あたりでどんどん入会できていくレベルになると、信者としてはもっと入ってくるだろうと思います。
(高松支部精舎説法「信者との対話」より)

・本人の念い一つで信者となれます。信仰を持つか持たないかは、あくまでも本人の問題ですから、家族や世間体等、一切気にする必要はありません。(ただし、18歳未満の方は親権者の承諾が必要です)。
(以下略)

・2008.4月・○○本部長講和。[代理入会]について。これは仏がお許しになられた制度であり、こん睡状態の方の入会を認めている(但し肉親の承諾が必要)。入会を勧めた人が責任をとる。責任の幅を拡げるのが『脱マニュアル』です。
※(注)この本部長の話は、代理入会制度の拡大解釈を在家信者に促す話であった。
以後、入会式を執り行わず、出先で知人に「御守りです」等と、[入会版正心法語]を手渡し、相手の名前と生年月日を入会申込書に代筆することも、伝道成功として計上されるようになった。(実績を上げるために、一般の方から警戒されるおそれのある入会儀式をしない→脱マニュアルである、という解釈)
以後、全国の各支部から早々と信者2倍増の報告が上がってきたが、先の総選挙における実現党の獲得票の少なさをみると、入会伝道の活動実態は、こうした、代理入会制度の拡大解釈による水増し伝道であったと思われる。

尚、こうした経緯があったにもかかわらず、現在の入会方法は[申込書用紙に名前を書いてもらう]のみ、となっている。
(三帰誓願は儀式が必要)

514 フリーダム :2011/02/05(土) 14:20:54
2008.4月
広報局、○○理事講和

『未来ユートピア政治研究会』発足について

主旨
※シンクタンク機能(政策を練る)
※ネットワーク機能(議員、有識者を取り込む)
※育成機能(シンパ政治家へと育成)

・政治家への伝道について
現状(08年当時)、小川知子さん、景山民夫さんで止まっている。三塚総理待望論が発刊された時、三塚さん本人は喜んでいた。
(注・95年秋頃、三塚氏はマスコミの取材に対して「信者ではない」と表明した)
国会議員にはアンチが多い。議員伝道によって当会へのマイナス評価をゼロに戻したい。 (議員に)幸福の科学そのままをお見せしている。東京正心館または各精舎に来ていただいている。
(注・実際08年に渡辺喜美行革大臣(当時)と船田元議員(当時)が、総本山・正心館の政治会合に出席し、信者を前にスピーチを行なった)

[リバティ]の保守的論説を説明すると、反応が良い議員がいる。そうした議員には支部に来ていただき、フューチャー・エキスプレス(活動紹介ビデオ)などを見ていただく。日本の伝統を重んじる人も多い。道徳への反応は良い、しかし、「宗教こそが道徳の根源」と言うと引かれてしまう。
支部と議員の縁が出来たら、総裁先生のご法話DVDを拝聴していただくようにしていく。
5年〜10年のスパンで確率伝道を考えている。組織をシンパに取り込みながら、IRH政経塾(仮称)で人材をつくっていく予定。

・[在家信者による政治家への伝道について]

国会議員、首長に関してアプローチの際は、広報局或いは支部長に一報を。あちこちから連絡がいってしまうので、連絡の交通整理をする。
地方議員にはどんどん伝道してください。地方議員ほど伝道しやすい。宗教と付き合うのは普通のこと(カネと票)と考えている。
地方議員には、社民党共産党の人でも三帰者がいる。

※したたかに行なう
・カネと票目当てで、複数の団体に登録している人もいる。腹の探り合いになることもあるが、先生のDVDを見ていただき、一条の光を入れる。

※主の権威を汚さない
・我々が頭を下げることはあるが、支部長は、精神的指導者主の名代として礼節を以て議員を迎える。しかし、伝道の押しを忘れずに。

※信者数を聞かれたら
・世界で1000万人以上、地域別の発表はしていない、と答える。
(注・教団の発表によると、2010年末の時点でインドブッダガヤ地方は信者6万人と言われている)

※会員名簿について
・開示を求められても絶対な出してはイケません。
名簿を守るためには広報局は戦います。

※バランス
・パーティー券など見返りを求められることがあります。こちらも、生誕祭・エルカンターレ祭・映画のお誘いがある。押し引きのバランス、相手が辟易したら引くこと。政治家のパーティーには、在家の方は参加しても良い。

※推薦
・推薦基準は[心ある政治家][宗教を尊重する人]等、幅広くしてある。やがて幸福の科学(の影響力)が強くなったら、幅を小さくしていく予定。三帰、未三帰者は問わないが、支援するレベルはある。
※総選挙
次回100人を推薦する用意がある。まず広報と面接し、次に精舎に呼んで当会への理解を深めてもらう。そして、支部に来てもらいスピーチをしてもらう。そこで大した政策を話せなければ、支援は程々にする。
・憲法改正賛成の候補者には大きな支援をする予定。

※推薦した候補者の当落は
・[自己責任]と正直に伝えている。

※【エルカンターレ信仰から政治改革へ】
原則、宗教活動です。

以上。
………………………………
この講和の約一年後、幸福実現党が結党した。
その直前、2009年4/29に発足した[政党準備室]にて、石川室長(実現党発足時は党幹事長)の話によると、実現党から出す候補者数について総裁から尋ねられた。
参集した6名の中から
「先ずは、比例代表区のみに絞ってみては」という意見が出されたが、大川総裁は「そんなの小さい、やめてしまえ」と即座に却下、そして、大川総裁の誘導により300選挙区全部に候補者を立てる提案が出されて、承認となった。

以後、あの総選挙に突入していったのである。

515 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/02/05(土) 21:58:45
>>514
フリーダムさん、『未来ユートピア政治研究会』、ありましたね。
法友の一人もその頃支部の政治部担当に選ばれ、東京での全国集会に出席しました。
しかし、その一回こっきりで、準備不足のまま衆院選に突入してしまいました。
集会に出たその法友は選挙事務所で三役にも選ばれませんでした。
いい加減なものです。

516 フリーダム :2011/02/06(日) 12:40:07
>>515
エルバカターレさん。
お久し振りです。

おっしゃる通り、2008.2/23東京正心館[未来ユートピア政治研究会]設立記念大会がありましたね。

※理念
「未来ユートピア政治研究会は、責任を伴った自由と高貴な精神に裏付けられた民主主義を尊重し〜」
とあります。

結局のところ、HSグループの運営は教祖の一声でどうにでもなるので、民主主義ではなく、[専制]だと思うのであります。

信者に足労させて、突然ぶち壊しの繰り返しです。

先日kj党を離党した大江議員も、随分と[天の声]に悩まされた様子でしたね。

517 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/02/15(火) 19:01:58
2chより マインドコントロールの恐怖(動画)

397 名前: 神も仏も名無しさん 投稿日: 2011/02/15(火) 16:03:22 ID:HN/wtFRU
マインドコントロールへの落とし穴!① 強制せず、さも自分の意思で
http://www.youtube.com/watch?v=MtUoMgY223I

マインドコントロールへの落とし穴!②  「慈善行為のアピール」
http://www.youtube.com/watch?v=WYOg2avdPrE

マインドコントロールへの落とし穴!③ 〜強制のない集団圧力〜
http://www.youtube.com/watch?v=zyWU2ix8uBU

マインドコントロールへの落とし穴!④ カルト教団
http://www.youtube.com/watch?v=D0AKB5NIf4o

マインドコントロールへの落とし穴!⑤ 〜 脱会者の体験談 〜
http://www.youtube.com/watch?v=cTFXCo1T1q8

マインドコントロール(Mind Control)への落とし穴!⑥ 〜カルト宗教脱会者の告白〜手相など
http://www.youtube.com/watch?v=VGUTqv2SuvQ

マインドコントロール(Mind Control)への落とし穴!⑦ 〜 対策 〜
http://www.youtube.com/watch?v=cvyUigQ13hU

518 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/02/16(水) 06:51:46
旅人さんによる

「HSログ倉庫番」
http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/

2ch過去ログから抜粋された貴重な資料集です。
過去ログへのリンクもまとめてあります。

519 フリーダム :2011/02/19(土) 14:59:26
【一千億年の孤独】

〜青年部大会でのお言葉〜(月刊誌1989年11月号より)

今から一千億年ほど昔のことになります。そのころ、この三次元の銀河系宇宙を創るという計画ができました。その時には、私はまだ個性化はしていませんでしたが、その時の記憶があります。

その一千億年の昔、この三次元宇宙を創ろうとした時に、前に広がっているものは孤独でした。時間も空間も、まだなかった。時間と空間ができない時は、同じく念いを持ち、行動する人もなかった。そうした孤独の時に、ひとつの念いがめばえ、「空間を創ろう、時間を創ろう。」そう念って、永い永い孤独の間、この宇宙を創ってくるために、私もその一助をなしてきました。

今から百億年ぐらい前になりますと、私の記憶はもっとはっきりしてまいります。この太陽系を創った、具体的な行動の一つひとつがよみがえってきます。

そして、やがて金星に高等生物を創った時、その時も孤独でした。
それから、この地球に今から六億年ほど前に、人類を創ろうと計画したときも孤独でした。

いつの時代も、新たな世界ができる時、新たな時間ができる時、夜明け前には、その底が測れない孤独というものがあります。この孤独は、神の中にひそむ青年の部分であると思います。
みなさんもおそらく、この若さで、一種の孤独のなかで生きておられることと思います。その孤独を晴らさんがために、大きな情熱というものが迸(ほとばし)り出てくるのだと思います。

(以下省略)
………………………………
【青年の活動指針】
・出席者、大川隆法先生、青年・学生、計7名
〜月刊誌1989年、5・6月号〜(抜粋)

・質問者・○輪「神理を学ぶなかで、とくに結婚していない独身男性から、霊肉の葛藤(性欲)について質問がでることがよくあるのですが…。」

・大川「そうですね、二十代前半で結婚してるわけではないし、恋人も不足していた場合、苦しいかもね。
私の場合はね、そういうときには、いつも大きな書店に行って、本を山ほど買って帰りました。
(中略)
それから霊肉の葛藤というと、みんな繁華街へ行っていかがわしいところへ行きたくなっちゃてくるんだよね。若い人だったらそうでしょう。
そんな気持ちが起きたら、まず書店に行って、本を山ほど買い込むというのも一案ですね。
私もそういう時に投資した買った本が、かなりの量になりました。
あともうひとつは、早く結婚することだと思いますけど、なかなかそうはいかないでしょう。

(以下略)
………………………………

一千億年の孤独を語った大川教祖自身の[霊肉の葛藤]対処について、ファルコン氏により、渋谷区道玄坂の、いかがわしい店に通っていたことが暴露されました。

520 馬場 ◆//Muo9c4XE :2011/03/05(土) 01:01:58
2ちゃん、名無しさんの書き込みより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「今の法律にしばられすぎなんだ。」
「今の法律が後の時代において正しいとは言えないんだ。」
アホ職員どもからあびせられた言葉です。

現行の法律は、社会生活のほんの一部分だけを規制しているだけなのに、
これすらも否定する考えを平然ともっている職員どもをもはや信頼すること
なんてできない。信じることなんてこの先ずっとあり得ない。

私は、上記の言葉をアホな職員どもから何度聞いたことか。半恫喝された
ことを私は一生忘れない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あるある!との同意の書き込みもありました。こういう考えはKK内で普通なんでしょう。
遵法精神のない集団が、政党を作って世の中を変えようと言っているのだから呆れます。
自分は正しいのだからルールを破ってもかまわない、という考え方は、テロリズムの相似形です。
KKのキレイな言葉に迷わされず、危なさを見極めなければいけません。

521 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/05(土) 17:42:34
相談室より、「ゴウマ」さんが
支部長との会話を文字に起こしてくださいました。

ゴウマさんは、「いつから恭子さんはユダになったのか?」というメールを
支部のグループメールに投稿しました。
すると、支部長から電話がかかってきて・・・という流れです。

一方的に叫ばれたり、その場しのぎの会話に終始する姿が見えるようでした。

支部長との対話
http://ww9.tiki.ne.jp/~kitanotaido/sibutyoutonotaiwa.html

支部長との対話 その後
http://ww9.tiki.ne.jp/~kitanotaido/sibutyousonogo.html

ゴウマさん、ありがとうございます!

522 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/07(月) 12:10:34
ゴウマさんの書き込みに対して、
エル・バカターレさんによる信者のパターン分けが書き込まれました。

参考になると思われますので転載させていただきます。

---
私のまわりで今でも疑問を押し殺して、信者をやっている人のパターンは4つぐらいあります。
まあ、私の印象でしかないのですが、ゴウマさんのお知り合いの方は①〜④のどれかに入るでしょうか?

① 感性タイプ(女性に多い)
    伝道も行事も積極的にやっているが勉強をしていない。本は持っているがほとんど読んでいない。
    「素晴らしかった!」という感激で行動しているので、教義の矛盾点は目に入らない。
② 修養タイプ(【男性に多い)
    よく勉強し支部でのボランティアも積極的にやるが、伝道はあまりしないタイプ。
    隆法くんの本を読んで、その中の1つでも2つでも自分の人生にプラスになる部分があればいいという態度の人。
③ 大黒天タイプ
    会社経営が忙しくてほとんど支部に来れないので、支部の実態を知らない。情報源は報道と教団の公式発表。
    伝道やボランティアはしないので現場の矛盾が見えない。たまに支部に来ればみんなから大歓迎されるので、良い点しか見えない。
③ 自我肥大タイプ
    自分を主張したいために、自説の論拠や権威付けとしてHSの教えを利用しているタイプ。

523 :2011/03/13(日) 21:19:33
おつかれさまです

これ、したらばに貼ってくださいだって

659 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2011/03/13(日) 20:32:03.79 ID:3ls1q3Ks [3/4]
これが今回の3万円の祈願の内容ですと。
怒りを通り越してしまいますな。

『天変地異調伏祈願』
偉大なる大救世主にして地球神エル・カンターレよ、

東日本大地震と津波による甚大なる被害は、
私たち日本人が、人間にとってもっとも大切な神仏を尊崇する心、
信仰心をないがしろにし、自分本位、肉体中心、
この世的価値観中心の生き方を改めなかった結果であると、素直に認め受け入れます。
願わくば、エル・カンターレの御名を通して、この共業の罪を許してください。
願わくば、私たち日本人が大救世主にして地球神エル・カンターレの御降臨という奇跡の慈悲の現実を受け止め、
受け入れ、信じ、あなたの偉大なる救済力、あなたの偉大なる神秘力を受け入れ、その魂が救われますように。
願わくば、エル・カンターレ信仰に目覚める最 大 の チ ャ ン ス と な り ま す よ う に 。
願わくば、救いを求めるすべての人びとに、真実の救いであるエル・カンターレ信仰を伝える
最 大 の チ ャ ン ス と な り ま す よ う に。
願わくば、主の救いの光を信じて、ともに祈り、どんな環境にあっても、自ら灯火を点し、光を放つことができますように。
私たちを見守り給う主エル・カンターレよ、
究極の慈悲である主よ、
心の底の底から祈ります。
被災に苦しむすべての人をお守り下さい。
被災に苦しむすべての人を幸福の道にお導きください。
この世においても、この世を去った世界においても、幸福に生きられますように。
私たちはあなたへの帰依と四正道の実践により、
あなたの願いであるすべての人を救うことを誓います。
主よ、エル・カンターレよ、
大いなる慈悲の御光をくださり、誠にありがとうございました。

524 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/13(日) 22:00:50
舞さん、ありがとうございます。

これって、苦しんでいる人に信仰をうえこみ、会員には重荷を背負わせ
さらには罪悪感で苦しめることを推奨しているように読めます。

>被災に苦しむすべての人をお守り下さい。

これだけなrいいのに、ハリボテが大きすぎて
・・・何とも言えません。

525 大震災、幸福の科学の不謹慎な言動を許してはならない。 :2011/03/14(月) 20:30:21
本当に、こんな地獄のような大災難、大惨事なのに。
被災地の大きな苦しみの中におかれている皆さんに対し、
「自業自得だ」と言わんばかりの不謹慎極まりない暴言
であり、私も、許すことはできません。
こんな恐ろしい思想を持つ幸福の科学を大きくしてはなりません。

1999年には10年近く何億人もの人が亡くなるような天変地異
が起こると言い続け、最後に何もないことになると「地球規模の
大災害を私が防いだ」というようなことを言い、
今回は、災害が起こると「私の力が足りなくて災害を防げなかった」
と言う。どうしてこうも人々をバカにした発言ができるのか?
防げなかったと言うのなら、なぜ知らせることをしないのか?

皆さん、私たちの力は小さいかも知れませんが、あらゆる機会に
この恐ろしい教団、幸福の科学の実態を知らせて参りましょう。
だまされる人を1人でも少なくして参りましょう。

526 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/31(木) 08:43:38
2chの爆睡会員2さんの言動をわかりやすくまとめてくださった方がいらっしゃるので
転載します。旅人さんの「HSログ倉庫番」とかぶるかもしれませんが・・・

(行数の関係もありますので、本文以外は適宜編集します)

217 名前: 昨日の「爆睡会員2」の言動まとめ <1> [sage] 投稿日: 2011/03/30(水) 23:00:59.78 ID:fWUoe9oW
昨日、幸福信者「爆睡会員2」のとんでもねー言動を見ちゃったもんで、記録に残しておくよ。
この(1)以外は「幸福の科学 統合スレッドpart478」 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1301327405/ で見ることができる。

● 始まりは、アンチの舞さんが被災地へのボランティアから帰ってきての、この報告だったんだ。

     (1)【スレ476】276 名前:舞 ◆maiDGJd/VA [] 投稿日:2011/03/27(日) 15:46:17.17 ID:TbaytuZY [1/2]

     おひさしぶりです

     岩手に五日間 それから現地で知り合ったドイツから来たというジャーナリスト三人と
     福島に三日間行ってきました
     聞けば、震災三日目だかに原発を取材しようと、埼玉の桶川のホンダ航空というところに
     ヘリコプターを頼みに行ったらダメで
     ならばとタクシーで福島までって行ったら、それも運転手さんに断られたとのこと
     で、それなら、わたしも是非行きたいって思っていたから 一旦戻って
     わたしの家の車で国道6号線で三人乗せて行ってはみたものの 内郷から先へは危険すぎて断念して
     白水地区の避難所を廻ることしかできませんでした
     もっともっと被災者のかたたちに寄り添っていたかったけれど
     自己完結の装備だから、これが限界でした。。。

● それに対してアンチの菊地さんがこんな返事をしたんだ。

     (2)【スレ478】116 名前:菊地展弘(666) ◆QsszagWZNU [] 投稿日:2011/03/29(火) 07:46:38.15 ID:/BUtT4eD [2/5]
     舞さんが、被災地にボランティアに入ったと言った直後から、舞さん叩きが激しくなった、、。
     人の善行を貶める、一部幸福の科学会員、、卑しきかな、、。

527 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/31(木) 08:44:53
その2。

224 名前: 昨日の「爆睡会員2」の言動まとめ <2> [sage] 投稿日: 2011/03/30(水) 23:03:22.77 ID:fWUoe9oW
● これを読んだ信者の爆睡が、菊地さんにこんな反論をするんだよ。
  爆睡はいったん、「では今日はこれで(笑)。ありがとうございました」と言って消えていたんだけどね・・・。
  なにか腹に据えかねた事があったのか、1時間半後にまた出てきたんだよ。

     (3)【スレ478】459 名前:爆睡会員2 ◆dxkNv3Cq4Y [sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:33:30.02 ID:t8yfTGXo [9/16]
     よしもんさんが可哀想なので復活です。私が出てこない方が平和ですか?(苦笑)

     >>116
     違うでしょ、菊池さん。

     なぜか一般人の舞さんが災害直後に現地に入り、
     そんな時にチャーター出来る訳がないヘリを、チャーターしようとしてダメだったと言い、
     そんなこんなで戻ってきたと言って、それからよしもんさんを虐めまくっているのでしょう?

     菊池さんは冷静な思考もなくしてしまったの?

● だけどこれ、全然違うんだ。
  舞さんは「知り合いになったドイツ人ジャーナリストが、『ヘリをチャーターしようをしたけど断られた』」と言っているのに、
  爆睡は「舞さんがヘリをチャーターしようとしたけど断られた」と勘違いしちゃってるんだ。
  俺、びっくりしちゃって思わずカキコしちゃったよ!

     (4)【スレ478】486 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:44:56.79 ID:efbeCkvL [28/39]
     >>459
     >なぜか一般人の舞さんが災害直後に現地に入り、
     >そんな時にチャーター出来る訳がないヘリを、チャーターしようとしてダメだったと言い、
     >そんなこんなで戻ってきたと言って、それからよしもんさんを虐めまくっているのでしょう?

         ↑↑↑
     な 、 な に を 言 っ て お る の だ 、 コ イ ツ は ?
     爆睡、大丈夫か?舞さんがヘリを頼もうとした話ってどこにあったんだ?

528 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/31(木) 08:45:54
その3。

228 名前: 昨日の「爆睡会員2」の言動まとめ <3> [sage] 投稿日: 2011/03/30(水) 23:06:08.12 ID:fWUoe9oW
● それに対する爆睡の返事がこれなんだ。
  最初に舞さんのカキコを引用したのは爆睡なのだから、爆睡が記事のありかを言わなきゃ無責任なんだよ。

     (5)【スレ478】494 名前:爆睡会員2 ◆dxkNv3Cq4Y [sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:46:40.18 ID:t8yfTGXo [12/16]
     >>486
     違っていた?では、スレをそのまま載せて。私は確認済みですけど。

● さすがに俺も腹が立ったから、ちょっとおちょくってこう言い返したんだ。

     (6)【スレ478】526 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:54:28.24 ID:efbeCkvL [29/39]
     >>494
     爆睡、いいか、ちょっと落ち着け!
     深呼吸、深呼吸・・・、そーだ・・・。

     あんたは「舞さんがヘリをチャーターしようとしたが断られた」と理解しているんだな?
     あんたの文章を読んで、俺はそう受け取ったんだが・・・。
     それで間違いないか?

     答えはゆっくりでいいぞ・・・。

● それに対する返事がこれさ。
  こいつ、まともな人間じゃねーぜ!
  みんなから「会話が成り立たない人間」って言われてたけど、ほんと、そのとーりだ!

     (7)【スレ478】554 名前:爆睡会員2 ◆dxkNv3Cq4Y [sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:03:21.92 ID:t8yfTGXo [13/16]
     >>526
     あなたはスルー、さよなら(笑)。

529 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/31(木) 08:47:26
その4。

231 名前: 昨日の「爆睡会員2」の言動まとめ <4> [sage] 投稿日: 2011/03/30(水) 23:08:36.31 ID:fWUoe9oW
● 爆睡会員、コイツの変なところをまとめてみるよ。

   ① 自分が引用した投稿なのに、「違っていた?では、スレをそのまま載せて」なんて、要するに「俺に探せ」って言うんだぜ!
   ② (6)で俺もおちょくった言い方をしてるけど、自論が正しけりゃ引用元を書きゃいいんだよ。恥かくのは俺なんだから。
     自分が不利だと思ったから「あなたはスルー、さよなら(笑)」さ。卑怯なやつだよ。
   ③ 俺のことはともかく、爆睡は舞さんと菊地さんには謝るべきさ。でもコイツはいっさい謝罪してないんだよね。何様?
   ④ このあと俺は何度も返事するよう催促したんだけど、結局返事は一切ないんだ。

● コイツは2ちゃんねるでは「境界性人格障害の疑いあり」って噂されてる。今回わかったけど、コイツにはこんな特徴がある。

   ・ 人の話を聞かない(舞さんの投稿もきちんと読まず、自己流に解釈している)。
   ・ 人の事などどうでもいい(俺が何度呼びかけても、自分が不利だと思ったら返事をしない)。
   ・ 間違いを認めない
   ・ 絶対謝らない(菊地さんと舞さんにすら謝らない)。
   ・ とにかく自分は正しい、頭がいい、偉いと思っている(このあと偉そうな投稿ばかりやっていた)。

● ここを見ている信者さんへ
   爆睡会員2は熱烈信者なんだ。でもこんなに変なんだぜ。
   他に熱烈信者で「よしもん」、「ウソ記事(バカザキ)」、「小林白蓮(亭白)」ってのがいる。
   こいつらも爆睡会員と同じで「人の話を聞けない、どうでもいい、謝れない」ところがいっしょなんだ。
   幸福の科学を信じるとこうなるみたいだよ。
   でもこれってさ、あなたたちの『大川隆法総裁先生』に似ていない?
   大川先生もほとんど謝らないよね?

   2ちゃんねるは読むのはきついけど、とりあえず信者の書き込みを、長がーく観察する事をお勧めするよ。

530 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/03/31(木) 08:49:10
その5。ここまでかな?

237 名前: 昨日の「爆睡会員2」の言動まとめ <5> [sage] 投稿日: 2011/03/30(水) 23:11:08.05 ID:fWUoe9oW
【追記】 俺とのやり取りの後、「聖杯と剣」さんとのやり取りをまとめてみた

     869 名前:聖杯と剣 ◆mV44sBgxwA [sage] 投稿日:2011/03/30(水) 01:23:02.70 ID:IBDofAfo [10/25]
     爆睡会員2はついに日本語も読めなくなったようだ。
     ヘリをチャーターしようとしたのは舞さんじゃなくジャーナリスト三名の方な。
     小学3年生並。良かったな法縁、お前より国語出来ない奴が見つかったぞ(笑)

     880 名前:爆睡会員2 ◆dxkNv3Cq4Y [sage] 投稿日:2011/03/30(水) 01:27:42.59 ID:IZ71owXS [15/23]
     >>869
     ジャーナリストがヘリをチャーター?!そんなことありえないでしょう(苦笑)
     あなたこそ日本語分かってる?

     904 名前:聖杯と剣 ◆mV44sBgxwA [sage] 投稿日:2011/03/30(水) 01:45:19.12 ID:IBDofAfo [15/25]
     法縁の時もやったが一問一答法でまとめてみよう。法縁と同様の問題を抱えた人間である事が良く分かるはずだ。

     爆睡 舞さんはヘリをチャーターしようとした
     私  してないだろ
     爆睡 (舞さんの投稿を取りだす)してるだろ!
     私  お前日本語読めないの?ヘリチャーターしようとしたのは舞さんと知り合ったジャーナリストだろ
     爆睡 ジャーナリストがヘリをチャーターなんてありえない!
     私  いやあり得るかどうかじゃなく舞さんが書いているのはそういう事だろ
     爆睡 その言葉お返しします!!

     直前のレスに脊髄反射するからどんどんずれていく。
     んで結局ヘリチャーターの主体はジャーナリストであった事をこいつは理解できたのか(笑)

531 草体 :2011/04/03(日) 00:56:35
創価学会亡国論
創価学会負け犬論
創価学会ドラキュラ論
創価学会を折伏する
これが池田創価学会の実態だ
かつては幸福の科学は創価を徹底的に攻撃していた。
今は牧口常三郎の霊言と池田大作の霊言ぐらいか・・・。

532 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/04/07(木) 08:35:37
相談室のから転載

・幸福の科学学園 関西校設立に関する説明会記録(ダイジェスト版)
http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/dl_doc/conference_minutes_201102.pdf
※PDFファイルへの直接リンクです。

このファイルは以下のサイト内にあります。

・北大津まちづくりネットワーク
http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/index.html

533 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/04/17(日) 20:14:53
2chより、精神疾患と過去世認定のお話より、過去世部分
公式なんですかね?

94 名前: 幸福の科学 ボーダーたちの群像 投稿日: 2011/04/17(日) 12:40:11.29 ID:bopnawP3
>>89

まず、斉藤(旧姓 伊藤)真理子から行きましょう。

関谷氏の告発本「虚業教団」の中に神託結婚について触れた個所があります。
伊藤真理子は現亭主の斎藤博也の先輩にあたる阿倍氏との神託結婚を促され、真理子の側は平然と受託している描写がありますが
傍から見て明らかにミスマッチと思われる縁組を受け入れるボーダーの秘密が大川の過去世認定でした。

当時、会内では阿倍氏はアーナンダと言われていました。一方の伊藤真理子はリータと言われ、自分でもそう信じていたわけです。
リータは釈尊の弟子で、もとは口がきけなかった奴隷の少女。盗賊時代のアーナンダと出会い恋仲となります。
後に釈尊のおかげで口がきけるようになり出家。
出家後も同じく出家したアーナンダとの強い絆は変わりませんでしたが、マーラの使わしたコブラからブッダを庇って噛まれ死去します。

健常者には理解しがたいことですが、彼らはこうしたことを狂信しているがゆえに、迷いなく神託結婚に応じようとするわけです。
会内では霊道を開いているなどとウワサされてもいましたが、それは当事者の思い込みに過ぎません。

大川隆法の説によれば、今世は自分目指して弟子の魂も本体が出ていると言っていたはずですが
そもそも職員として何ら存在価値を示せなかったお粗末な実力で過去世が名のある釈迦弟子であるなどと、どうして受け入れることができるでしょうか。
この斎藤真理子に限らず、斎藤博也、須呂崇司すべてに共通する要素として自意識過剰、自己批判なし、これがボーダーの特徴そのものです。

534 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/04/17(日) 20:17:29
続き

98 名前: 幸福の科学 ボーダーたちの群像 投稿日: 2011/04/17(日) 12:53:26.11 ID:bopnawP3
>>94

続いて斉藤博也です。

斎藤博也は、釈迦時代はマハーナーマ王だったと言われていました。
ただし、このことは須呂と真理子には明かされていたものの
当人の博也には直接告げられておらず、須呂と真理子も意図的に伏せていました。
なぜ伏せていたかのかは後述しますが、この人物とはどのような者であったかと言うと
釈迦族からの出家者が相つぐ中、釈迦族であるマハーナーマとアヌルッダの兄弟は、どちらか一人が残って家督を継ごうと決めます。
脆弱だった弟のアヌルッダが出家生活に耐えられないと、家を継ぐつもりであったところ
家督を継ぐことは、農耕ほか家業を、この先終わりのなく死ぬまで続けることだと兄のマハーナーマが諭し
それには耐えられないとして、弟のアヌルッダが出家を選択したという話があり、この兄が斉藤博也だと言うわけですが・・・

102 名前: 幸福の科学 ボーダーたちの群像 投稿日: 2011/04/17(日) 13:03:38.50 ID:bopnawP3
>>98

さて、特記すべき点として、このマハーナーマというのは、実は『 釈迦族滅亡のきっかけを生んだ者 』であったということです。
これが須呂と真理子が斉藤博也に、この過去世認定を伏せていた理由です。

釈尊の国は、本来王になるはずの釈尊が出家したため、このマハーナーマが王となります。
王になってしばらくして、隣国の大国コーサラから「王女を妃に」と釈迦族との縁組の申し入れがありました。 
しかし「成り上がりのコーサラ国に王女は勿体無い」として
釈迦族はマハーナーマと身分の低い使用人の間に生まれた娘を王女と偽って嫁に行かせます。 
そのニセ王女から子供が生まれ、彼はヴィドウーダバと名づけられました。
彼は成長し、母の故郷に表敬します。母の故郷、祖父の治める国で彼を待ち受けていたのは、出生の秘密と、身分差別でした。
ヴィドゥーダバはこれにより釈迦族を憎悪し、釈尊の三度の説得にも応じず、釈迦族抹殺の兵を上げます。
「祖父」にあたるマハーナーマは、「私が水に潜っている間だけは、釈迦族の人を逃がして欲しい」と王を説得して水に潜りました。
しかし、マハーナーマはその後上がってこず、王が水底を調べさせると、マハーナーマは水底の木の根に自分の髪をくくりつけ絶命していたと言います。

ただしこれには他説もあり、マハーナーマは「士族(クシャトリヤ)は命を捨てても婢の子とは共に食事をしないんだ」と言って池に身を投げたと。
マハーナーマを頑迷な老人として伝えているものもあるようです。

535 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/04/17(日) 20:21:17
続き2.

230 名前: 幸福の科学 ボーダーたちの群像 投稿日: 2011/04/17(日) 18:48:31.96 ID:bopnawP3
>>216

そして、須呂崇司理事です。

須呂崇司は釈迦時代のアヌルッダと言われ、自分でもそう信じ込んでいます。
というわけで、斎藤博也のマハーナーマと須呂は自分らを兄弟と大真面目に思い込んでいるわけです。
彼らの一蓮托生の絆の理由がこれです。

アヌルッダは釈尊と同じく釈迦族の出身で、釈尊の従弟(マハーナーマの実弟)だといわれています。
この釈尊弟子のアヌルッダという人物は、盲目でした。
しかし、彼の目は、生まれつき見えなかったのではなく、それには理由がありました。

釈尊が祇園精舎で説法の最中、アヌルッダは不覚にも居眠りをしてしまいました。
それを悔いたアヌルッダは、それ以後は不眠・不臥の修行をしたといいます。
それがもとでついには失明してしまいます。

皮肉なことにアルヌッダはそのことによって天眼を得たと言います。アヌルッダが後に天眼第一と称される所以です。

240 名前: 幸福の科学 ボーダーたちの群像 投稿日: 2011/04/17(日) 19:34:40.94 ID:bopnawP3
>>230

実際に須呂崇司本部講師の説法を聞いたり、仕事上でも面識があった人なら、彼の表情の特徴に気付いている方々は少なくないはずです。
人と相対する際など顕著に表れているそれは、眼の動きです。
人間なんらかのコンプレックスなり、病的に意識が固着していると、その部位に際立った反応が現れます。彼の場合は眼です。

『 過 去 世 で は 失 明 し て い た 』

無意識のうちに表情に表れる、その原因になっているトラウマは、このように現実ではなく妄想から誘因されたものです。
狂祖、大川隆法から告げられた過去世の刷り込みによる病的反射なのです。
彼はこの妄想のため、現実生活のうえで訳もなく失明の恐怖におびえています。

536 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 12:37:50
霊言というのは個々の霊人の思想をフリーで語らせているもので大川に責任はなく、狂団の教義でもない。
こうした幸福の科学のカルト的逃げ口上は今に始まったことではなく
谷口雅春霊言集などに対して生長の家より抗議された時にも同様の言い分を行なっていたので、このカルト宗教の根底に始めからある思想なのですね。

どんな霊でも語れてしまうという大川のイタコというのが、自分らで唱えている波長同通の法則からしてその資質の程度が測られてしまう矛盾がありますが
さらにいえば、そもそもあんなものが霊言でありましょうか。

疎遠になった嫁のこきおろしを、カルト脳的には自分に非の降りかからないと主張する「霊言」を用いて、善川や恭子の実父を登場させるという茶番劇を木戸銭とって演じていますが
世人にとって実在を正確に検証できる範囲にある人物を演じるなら、歴史上の人物をする以上に設定を練り込むべきところ
生来の精神疾患と長期にわたるデパスの服用、愛人との快楽に耽溺して堕落し劣化しきった現在の大川隆法の精神と頭脳では、もはや緻密な詐称もできなくなったようです。

元教団のNo.2であったきょう子の訴訟がはじまっているため、それら霊言の実態が世に明らかになるのにはもうしばらく時間を待つ必要があるようですが
すでにネットで明かされている部分だけでも充分です。
20年前の出来事ですが、善川付き秘書として徳島にいた頃の話を引き合いにして、この件への反証をここに残しておきたいと思います。

(次項)

537 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 12:50:01
>>536 続き

当時の高松の四国本部にはTという課長がいました。強権的な人物で、かつてこの資料集に載せた安田一男さんが告発した対象者の一人です( >>77 )。
現在では本部長に出世して、先の選挙にも立候補しています。
その頃このTには、同じく四国本部内で働く職員で将来を約束していた同年代のMという婚約者がいました。
この二人の間柄は四国の職員内ではほとんどの者が知っており、あとは結婚式を待つばかりと言われる状態でした。

しかし92年の秋にその状況に突如異変が起きます。発端は全職員に対して行なわれていた幸福の科学の神理学試験の論文に関わる疑惑からです。
この試験は要するに職員の首斬りのための手段で、点数の悪かった者からリストラされて行くわけです。ですから辞めたくない職員にとっては極めて重大な問題でありました。

この当時、四国本部にはMのほかにもう2名女性職員がいましたが、うちSという若い職員がこの試験で全国一位になりました。
これまで一度も名前が上がったことのない者が急に頭角を現したのです。本来であれば会内において名誉なことであるはずですが、そうはなりません。
理由はその回答が、事前に各地方本部の役職者に対して送られていた模範解答と酷似していたからです。
総合本部の指導局もすぐに疑義を抱き、四国本部長のHに連絡を入れてきました。

Hは本部長ですから、Sにそれほどの実力がないことは分かっていました。
そして試験の前から、夜に本部事務所に居残ってSがTから指導を受けていたこと、四国内の支部周りにTとSが同行する機会が増えていたことから事情を察し
それぞれを個別に呼び出して事情聴取を行なったのです。

(次項)

538 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 13:03:09
>>537 続き

しかし、ここから問題はこのカルト狂団によくあるおかしな展開を始めます。
当初は模範解答漏洩疑惑から始まった話ですが、それはHのレベルで封じ込められ、いかにも幸福の科学的にうやむやに揉み消されていくのですが
Hが着目して熱心に掘り下げたのはこのTとSの関係の方でした。

Hはそれなりの年長者でしたから勘が良いのは当然ですが、Sに対して「もう一緒に泊まったりしてるのか」など色々と根掘り葉掘り詰問したようです。
H自身の個人的趣向も含まっていたのかも知れません。Sは「そこまで言わなきゃいけないんですか」っと事実上の肯定、女の答えをしたと聞いています。
四国本部内における模範解答漏洩疑惑を背負ったTとSの熱愛発覚、Mを含めた三角関係の勃発です。

Mとしては婚約者に裏切られ、後輩の職員に寝取られと、突如失意のどん底に落とされましたが、さらにMはその心の傷に塩を刷り込まれます。
Tの事情聴取をしたHは、TにはもうMに気持ちがなく若いSにぞっこんであり、また進退をちらつかせる手を打ってきたことから
自分の本部長下での権威を保守強化する目的から扱いにくいTを手なずける選択に出ます。
つまり責任を取れと、Sとの結婚前提の交際を認めたのです。(幸福の科学的予定調和)

Mは四国本部内の事務の要ではありましたが、Tとの天秤にかけた時に、女性のMならどうにか言いくるめて黙らせられると考えたのでしょう。
けれどもその読みは甘いものでした。

Mは四国本部が徳島にあった頃に善川夫婦の身の周りの世話をしていた経験から、善川と特別のパイプがあることを知りませんでした。
若いころに両親を亡くしているMの境遇を知っている秘書長の君子は特に孫のように気にかけていて
彼女の身に降りかかった不条理をまず君子が聞き、それは直ちに善川の知るところとなります。

(次項)

539 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 13:09:29
>>538 続き

さて、そこで善川はどうしたか。激しく怒ったのです。

すぐさま電話をとり高松のHに連絡を入れました。顔を真っ赤に上気させて、受話器に唾を飛ばしながら激昂したのです。

「将来を誓った婚約者がありながら、悪びれもせず乗り換えるとは何事か!!」

「そんな下半身のだらしない奴に課長職が務まるか!!いますぐクビにしろ!!」

「なんであんた(H)はそれで許した!!わしが直接言ってやるから今すぐにここにこさせろ!!」

TとMの結婚式は、鳴門の道場で自分が導師となって行なうことを楽しみにしていた善川だけに、その怒りはセーブのできない凄まじさでした。
それはそれは凄かったですが、傍で聞いている私ももっともな事だと思っていました。

ですがHはTをよこさず、後日、自家用車の白のフォード(確かトーラス)に乗ってやってきました。
善川の自宅で2時間ほど話をして帰っていきましたが

※Tは反省しているから自分に任せてほしい。
※3名とも独身だから、あまり強制的なことを言うわけにもいかない。
※善川先生は最高権威の名誉職であられるから、このようなことの仲裁にお入りになるお立場ではない。

などなどと、のらりくらりとかわされ、善川はその日はそのあと部屋にこもり口を利きませんでした。
振り上げた拳をまたもや下ろすしかなかったのです。

(次項)

540 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 13:18:38
>>539 続き

そしてこの騒動にはまだ先があります。Mは捨てられ、TとSの関係が公然のものとなっていくにつれて小さな職場には下剋上が起きました。
寝取ったSのMに対する態度が高飛車になりはじめるのです。神理の砦と言いながら、起こっていることは安っぽい昼メロと変わりありません。

MはHに対して、そうした事を訴えたり時には抗議もしますが
こういう時は都合よく許す愛だの執着を捨てろだのと屁理屈によって切り捨てられ、しまいには厄介者のお払い箱的な空気も形成されはじめました。
そしてまた君子の登場。その後のことを案じた君子がMに電話したところ、優しい言葉に心が折れMが堪らず受話器越し号泣、これを知った善川がまた激怒。

「あまりにも酷い仕打ちじゃないか!!」

「そんな環境に置いておくのは気の毒すぎる。それならこちらで引き取る!!」

「自宅秘書でもして、ゆっくり心を癒すといい」っと。

Hにしてみれば断る理由はないので、顧問先生のご随意にとなるのですが、困ったのは総合本部の秘書課でした。
名誉顧問の願いだから無下にできない。さりとて自宅秘書は3名もいらない。そもそも大川らが許すわけがない。
東京から派遣されている私は善川のための秘書役でありながら、東京側の目付役として派遣されていた意味合いもありました。
また沖縄出身のTも、小澤さんの口利きで入った人で、他に送れるような人がいない。
善川からはせっかちに返事の催促が来る。秘書部長はさぞ頭を痛めたことでしょう。

そこで始めは私を徳島支部の主任にして、自宅秘書をMとTの女性2名体制にしてはどうかという案が提示されました。
しかし、表向き余剰の職員が四国本部にあてがわれることにHが難色を示します。
本音は東京の大川と徳島の善川の不仲に四国本部がこれ以上巻き込まれることを恐れたのです。

私の人事は宙に浮き、これは自身にとって好機でした。
すでにアンチになっていた私は、もう四国で会うべき人もやるべき事もないと、潮時を感じていたので
この状況の中で狂団そのものから撤収することにして、強烈に辞意を表明。
最後は紀尾井町の主宰室で秘書部長がお伺いをたてた時に
恭子の「それでいいんじゃありませんかぁ〜」の一言でまんまと脱出成功しました。

(次項)

541 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 13:25:24
>>541 続き

すでに2chなどでも一部が紹介されていましたが
悪妻封印祈願の時の善川と称する大川のイタコでは、女性蔑視、日本の伝統的な価値観の軽視、破壊する発言が連発したようですね。
でも、善川の人間性、価値判断はこの話の中で垣間見えています。

霊言現象というものは、生命の死後存続の証としての意味合いをもつというのはカルト宗教の幸福の科学の主張ではなく
そもそもスピリチュアリズムの展開の中でなされてきたことですが、善川のイタコはそれですらありません。
軽薄な口調で語られる徳島弁が証でしょうか?ちょっとしたエピソードを語る程度のことが証明でしょうか?

「人間の本質」が何であるか理解できていたら、大川の霊言など採用されるべき代物ではありません。

仮にもしそれが本物の善川霊だとしたら、幸福の科学内で菩薩だ如来だと言われる人は、死後は生前より人間性が劇的に劣化するということですね。

また、これが大川の霊能だと言うのであれば、なるほど取り憑いている霊の素性はその程度のお歴々という証左にはなります。

まったく話にならない低俗なレベルで理解に苦しみますが、すっきり解明できる道はつねに一筋のみあります。

大川隆法はまともじゃない。

大川隆法は異常である。

大川隆法はキチガイだということ。

答えはいたって単純明快なのです。難しくしているのは頑なな心だけなのです。

幸福の科学の信仰を失うことは魂の死などでは断じてありません。むしろ「再生」です。

542 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/04/22(金) 17:46:55
アルゴラブさん、深く共鳴するものを感じました。是非ともブログに転載させて下さい。

543 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 19:45:12
旅人さん、こんばんは。

2chでのご活躍はROMさせて頂いています。
発掘された色々な方々のコメントを読んでいると
アンチには慧眼をお持ちの方々が大勢おられることに感服することばかりです。

ブログへの転載、お役に立つようでしたら光栄です。
お気づかいなく、じゃんじゃんやって下さい♪

544 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/04/22(金) 20:47:19
アルゴラブさん、ありがとうございます。
現在、ブログ記事の整理をしております。
それと並行しての掲載となりますが、
より多くの方に見て頂けるように、工夫してみますね。

545 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/04/22(金) 21:04:18
アルゴラブさん、こんばんは。
貴重な体験談をありがとうございます。

幸福の科学って、だんだんおかしくなっていったというより、最初から俗っぽい団体だったんですね。
善川氏が登場していますが、この頃はまだこういったブレーキ役がいたから今より多少マシだっただけかもしれません。

今は単に障害物すべてなくなり、隆法くんが好き放題できるようになっただけなのかも知れませんね。

546 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/04/22(金) 22:03:09
アルゴラブさん、いつも渾身の書き込みありがとうございます。

以前も書いたかもしれませんが、
いままでもやっとしていた善川氏のイメージが
アルゴラブさんのおかげでつかめたように思います。

それと・・・KKの人事ってこういう風なのだなあと

547 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/22(金) 22:33:19
エル・バカターレさん、こんばんは。

いつも広い守備範囲でアンテナを張っておられて、色々としたらばに紹介して下さるので
私はずいぶん前に狂団を離れてしまって現在の会の状況はやや手探りなもので大変助かっております。
今後とも宜しくお願い致します。

この狂団の初期からのイイカゲンさについてですが、嫁に弱いのと嘘八百は血筋のようです。

例えば善川三朗の「わが悟りへの道」の一節に
「それから間もなく1981年に、大川隆法先生との出会いが始まったのであります」という記述があるのですが
実の息子つかまえて出会いも何もないだろと(笑)
もうこのころから設定の練りこみが甘くソッコーで崩壊しています。


それから「日蓮の霊言」の出版秘話について潮文社の編集者のインタビューでは
「善川さんが原稿を持ってこられた。読んでみるとなかなかおもしろいので、出版しようということになった」
「本当に日蓮の霊が語ったものか、ですか?そんなことは証明しようがないから、わが社の方針では内容がおもしろいかどうか、真面目な気持ちで書かれたものかどうかで、判断しています」ですと(苦笑)

出版社にサニワを期待するのは無理なんでしょうけれど
真面目な気持ちといえば、オウム真理教だってクソ真面目に国家転覆を謀ったわけですよね。
こんな基準のフィルタで世に出て本になった、売れたということなど何の意味もないですね。

結局は軽薄極りないスタートだったということだと思います。

(インタビュー記事等 90.6.26 別冊宝島より抜粋)

548 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/04/23(土) 00:15:28
管理人さま

いつもお世話になり、ありがとうございます。
脱会時期の関係から、私の発信する情報は初期のものに限られはしますが
それもそれなりにお役にたてる部分はあろうかと、自分の持ち場を自覚しているつもりです。
「大きな事はできません。小さな事からコツコツと」って感じで行こうと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

549 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/01(日) 23:29:52
下記の文書は以前に資料集>>416に投稿し当時の色々な判断で一時引き上げていたものです。
状況が変化しましたので再投稿させて頂きます。以降は再び削除のご依頼をすることはありません。
>>417以降は、当時この内容についてコメントを寄せて下さったものです。

(以下)

初期の霊言集の活動をしていた頃の善川から大川に宛てた文書が1枚あります。
おそらく当時は、こうしたやりとりが頻繁に交わされていたのだと思います。
文字が走り書きのうえ、複写のコンデションの影響もあり、一部判読困難な部分がありますが
読みようによって垣間見えるものもあると思います。以下が全文です。
(B5の太陽学園のロゴ入りレポート用紙に書かれています)

昨、19日にペリカン便で潮文社より読者の手紙8通と、城戸優子さんからの神霊写真(これはたいしたことない)を送ってきたので、良いものだ け残してそちらへ送る。
返事を6通書いて入れとくから、書き足すものがあれば足して封して置いて、必ず(メ)と書いて出しておいてくれ。

それと今、潮文社から電話で、21日にNo5を送ると言って来た。
多分23日頃の到着となるので、すぐ送っても間に合わないと思うので、都合 で後から学はんには送っても良いと思うが、お前の方へ3部送って置く。

それと、6号が25日頃、初稿が出るので、見てやってくれとのこと。仕上がり次第、6月中に発行したいと言っていた。

それと、「空海」の後期分印税、175,000送って来た。日蓮、天照は何も言って来ない。金が無いんだろう。又3ヵ月に1回毎区切って送っ てくるのかもね。
それと、堀川理恵子さんと、藤井一男氏の2人は返事は書かなかった。そちらで気が向いたら、何か出して置いてくれるように。
以上 取りあえずこの分だけ送ることにする。


以上の文面で、残念ながら日付はありません。筆跡は善川のもので間違いありません。
何てことない業務連絡ですが、あの霊言集の裏側で展開していた世界です。
また、原さんなども、初めはやはりこんな調子でGLA出身である旨も含めた手紙を送り
それに対して、特別な返事を貰って近づいていったのではと、個人的には考えています。

550 通りすがり :2011/05/03(火) 08:15:20
アルゴラブさん
いつも貴重な資料、読ませてもらってます。感謝です。

この親子も悪いのでしょうが、生活のために出した霊言本が、期待以上にあたって
印税など、いい収入になったのでしょうね。

本の内容に感動して、読者になり、信者になった人々が、この「怪物」を
肥大化させたともいえるのではないかと思います。

「騙す方と騙される方が、力を合わせて怪物を世に送り出した」 そういう感じもします。
なんなのでしょうかね・・・。信仰、信じるとは・・・考えさせられます。

551 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/03(火) 22:34:41
>>550 通りすがりさん

信じたいから信じるじゃダメなんですよね。冷静でないと。

この親子、当初から積極的な詐欺師であったわけではないと私は考えています。
理由は、積極的に騙すつもりとしては余りにも幼稚でお粗末すぎる点が多いからです。
彼ら自身が無知で、正邪の査定(サニワ)ができないところで、たまたま時流にのってしまった。
(それもそれで、深く考えれば色々と感じるところもありますが)

我々読者もまた無知で軽率でした。前人未到の新地に分け入るには備えが不十分過ぎました。
会員は結果的には、病的な宗教妄想の俗物に人生を振り回されることになってしまったという意味では被害者ではありますが
しかしながら選択したのは自らであるし、狂団に組してこのキチガイの自我の肥大化の一助になってしまった責任は免れないと思います。
っと言いますか、それをむしろ自覚したいと思います。
被害者に胡坐をかいてしまうことは、失敗だったとはいえ自己の主体性を放棄することになると個人的には考えるからです。

そこから先にはまた2つの道。静かに黙して受け止めるか、実体験を警告として発するか。
自己の修養に主眼をおくなら、黙して語らずも真理だと思います。
それも正しさのひとつであり、そうした選択を批判する気持ちは毛頭ありません。
でも脱会して20年、私自身何度も自問自答しましたが、私は後者を選びました。
私の場合はどうしても良心がそう命じるからです。
なので心から務めを果たしたと実感できるその日まで、粛々と私なりの最善を尽くして行きたいと思っております。

552 通りすがり :2011/05/03(火) 23:07:35
アルゴラブさん

あなたの実体験は、我々にとっては「貴重」なのです。

なぜなら あなたは、アイマイミーさんと同じく、基地外のそばにいたからです。

ですから、後者を選んだのは 我々にとってありがたいことです。

アンチの方々は、一度 「邪教」にはまって、実に嫌な「経験」をしたとは思います。

しかし、悪があるから、「善を鼓舞される」ということもあります。

悪に立ち向かうことによって、自分の霊性が向上するのだと思います。

いわば、神様の「仕組み」なのかも知れません。神様は、「現状維持」ではなく
我が子を崖下に突き落としても、「進化」を選んでいるのかも知れません。

アルゴラブさんや、アイマイミーさんは アンチの強い味方です。これからも
応援しています。

ただ、お二人とも「御自愛」しながら、長く頑張って頂きたいと思います。
これからも、期待しています。 arigatouございますm(__)m

553 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/05/05(木) 12:00:38
朝、ボーっと 2chを見ていたら、こんなカキコがありました。
したらばから引用した「離婚裁判」のイタコ芸の指摘を、信者が正当化しようとして恥をかいているシーンです。さ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
>6 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2011/05/05(木) 09:40:26.04 ID:yg48RhLv
>301 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2011/05/04(水) 21:02:43.62 ID:4+/v7LfF
>とあるところにあった書き込みより
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これはフリーライターの方にお聞きしたのですが、
離婚裁判で大川側は「きょう子本人が悪妻ぶりを告白した証拠ビデオ」として
大川イタコによる文殊霊言ビデオを出してきたとかで、関係者一同呆れ果てているとか。

ビデオに映っているのは大川なのですから、
それを「きょう子の告白」として出してきて、裁判で相手にされると思っているのでしょうか。
相変わらずの幸福の科学です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

>>306 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2011/05/05(木) 08:08:09.45 ID:O0xTM0Og
>>有力な証拠物件だ お子様たちがあのまんまだと言ってるわけだから 虐待の証拠になるじゃないか
>>そんなことも分からん関係者に呆れ果てる

>こいつは証人尋問を経て証拠採用されるということを知らないらしい。
>しかもイタコビデオが有力証拠物だそうだw

>いやぁ、朝っぱらから信者クォリティ全開で笑かせてくれたわw

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

信者脳になると、常識が通用しないという典型例です。この話は2chの幸福の科学統合スレッドからの引用ですが、この会話は2ch内の別のところでなされていました。そこをみると、その信者さんは、「日本の法はな、証拠採用には証人尋問が必要なのだよ。一方的証言は証拠にならんのだw イタコビデオなんぞは証拠資料にすらならんわw」という話に執拗にカランでいました。理解できないのでしょう(爆)

これを見て、狂祖がなぜ、イタコ芸のビデオを出したのか、微かに理解できた気がします(笑)
HS弁護団の先生方も、ホント大変だと、心中お察し申し上げます。

554 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/06(金) 22:56:43
>>553
自作自演のイタコ霊言を裁判所に証拠申請する狂祖の大川、それを有力な証拠と息巻く信者。
あと何ですか、アンドロメダ司令部?
ネット上でもリアルでも、狂祖も信者もその崩壊ぶりの激しさには目に余るものがありますね。

私は今日から現在も居残る会員のことを「信者」と呼ぶのはやめ、幸福の科学の「患者」と呼ぶことにします。
色々と参考になる資料を編集してみました。総失の大川に当てはまることばかりです。
(以下)

統合失調症の陽性症状のひとつに、「宗教妄想」という症状があります。
これは誇大妄想に近い、あるいはその中のひとつという分類をされる事もありますが
誇大妄想の場合は、自分に特別なパワーがあると信じ、そのためあらゆる病気を治したり、世界平和を達成したりすることが可能だと思い込みます。
一方で統合失調症における宗教妄想の患者の場合は、簡単にいえば自分のことを神だと信じているのです。
また、既存の神の生まれ変わりであるとか実際に周りの人に話すといいったタイプの症状です。
誇大妄想に近いというのは、自分を極限まで誇大しているからです。

宗教妄想は統合失調症のなかでは比較的多い症状であり、他の症状よりも遅めに、だいたい20代の後半に発症することが多く
人格崩壊まで至るケースは稀ですが、憑衣妄想を一緒に発症するケースもあります。

世界は自分を中心に回っている。自分は世界の救済者である。
来るべき時に備え、自分は神となって自分を信じる民を救う使命がある。
現在の世の中を壊し、新たな楽園を作る。
などといった、SF漫画などで見られがちな思想にふける状態です。

宗教妄想の患者は、幻覚・妄想などの陽性症状が目立ちます。意欲低下・感覚鈍麻などといった、陰性症状はあまりないようです。
時間の経過につれて、妄想が肥大化し、スケールの壮大なものとなります。あまりにも症状が進むと、妄想と一緒に、自閉的な生活をするようになったりもします。
誇大妄想狂グルイズム、妄想型グルイズムなどに発展した場合、最終的に新興宗教の教祖にまでなってしまうわけです。

555 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/06(金) 22:59:37
>>554続き

また、自身を神と信じるだけでなく、他の何かを神と信じ、その神の為には手段を選ばない状態も宗教妄想といえます。
こういった精神疾患は、度々大きな事件を呼び起こしていました。
一番有名なのは、大きな社会問題ともなったオウム真理教でしょう。(※カルト宗教の幸福の科学の患者も既にこの領域)

宗教妄想というのは、ある意味最も危険な状態といえます。
宗教にはまるという言葉がありますが、この極限状態がこの宗教妄想です。
厄介なのは、自身、もしくはその宗教に対して、盲目的な状態になっている為、理想実現の為には他者を傷つける事を厭わないという点です。
その為、大きな事件になりやすいという性質があります。

病気の診断に関しては、比較的易しい部類と言えます。
健常者であれば誰でもその異常性には気付くことができるからです。

556 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/06(金) 23:13:01
>>555続き

精神病質の伝染、マインドコントロールによって教祖の言葉に理性を明け渡すようなことを感応現象といい、感応精神病とか感応性妄想性障害と呼ばれています。
感応性妄想性障害とは、強い影響力を持つ者(信者に対する教祖、子に対する親)の精神障害に反応して、子や信者に表れる精神の異常状態をいいます。

感応性妄想障害の要点
• 精神障害者の精神症状が伝播する
• 発端者と被感応者には密接な関係がある
• 社会的に孤立している
• 発端者は被感応者よりも優位な地位にある

教祖の妄想をそのまま信徒が取得してしまいます。統合失調症は感染します。
病的な者と情緒的繋がりがあったりすると、まともな人でも障害を併発するということで
精神病者である教祖から患者を離すことができれば、普通ならば症状は消失します。

しかしこうした妄想は、他者が客観的な説得をしても、感応現象の集団妄想下にある患者にはなかなか伝わらないもので
自覚症状のない患者を精神病者である教祖から離れた環境に誘導することは、個別的な事情も重なって現実的には様々な困難が付きまといます。
ですから解決を早めるための逆のアプローチは「被感応者から発端者を分離する」ということであり
そのためにも一般社会に向けてつねに警鐘を鳴らし続けていくことが重要です。


以降は私が以前に読んだ精神医学者の小田晋さんのコメント紹介ですが
歴史の転換期において、狂気は積極的に取り込まれるか徹底的に疎外されるかだが
どちらにしてもある種の「動力」としての歴史の構造を動かす役割を果たすといったものがありました。
その動力となる可能性のあるものとして、幻覚者としての予言者、反抗者としての組織者、狂った支配者など
先にあげた感応性妄想性障害のような宗教的流行病も指摘されていました。
当時興味深い見解だと思い覚えていました。
カルト宗教のオウム真理教や幸福の科学などを始めとした「狂気」を駆逐しきった暁に
日本人はようやく新たに成熟した段階に進めるということなのかも知れません。

557 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/05/08(日) 00:46:07
アルゴラブさん、相変わらず凄い分析力ですね。

>>554-556の「宗教妄想」や「感応性妄想障害」などは隆法くんにピッタリ当てはまりますね。
特に「統合失調症は感染します」の部分、ちょっとゾッとしました。

以前、よしもん氏が始めてしたらばに来た時、3、4回疑問を投げかけた事があったのですが、まったく話が噛み合いませんでした。
今2chで彼の言動を見ていると、精神状態がますますおかしくなっているのがわかります。
実は読んでいる自分も精神が不安定になって行くのを感じていました。

ですから「統合失調症は感染します」の部分を読んだ時、ゾッとしました。
やはり隆法くんは「ビョーキ」なのでしょうね。
できるだけ近づかないのが賢明なのかもしれません。

558 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/08(日) 18:17:02
エル・バカターレさん、こんばんは。

申し訳ないことに私はいささか人の見限りが早くって、初めから対話できる素地を感じませんでした。
彼の場合は狂祖の大川の総合失調症が伝播するという具体的な症例として
とりあえず幸福患者の実態を世に知らしめる役割は果たしたと思います。

気持ちの優しい方は手を差し伸べようとされたのだと思いますが、そんな誠意が通じない患者がいます。
これから脱会者が増えていくと思いますので、トリアージする覚悟が必要だと思っています。
見込みのない者に気力を傾けるより、自ら再生しようとする人たちを一人でもより多く。

被害者ではなく自ら望んで狂っていった、人間をやめた者たちなど相手にしないで良いと思います。
日刊カルト新聞主筆の藤倉さんが、小うるさく粘着するカルト患者への対処法として語られた言葉

「とりあえず貶してから放置」

ひとつの境地、名言だな〜と思いました(笑)

559 おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2011/05/12(木) 22:02:54
>>545
エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y様。

>幸福の科学って、だんだんおかしくなっていったというより、最初から俗っぽい団体だったんですね。

まあ、これを一言で言い表わしますと、「一事が万事」ということと相成るのではないでしょうか?

560 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/05/14(土) 02:13:03
>>559 おてんば私立学院総長様

私が三帰信者になった時は、法はいいと思っていたんです。
でも大川隆法さんを信仰する気持ちまでは無かったんです。

だから信者になりたいとも思ってなかったんですが、
毎月月刊誌を届けてくれるおばさんの顔を立てて三帰したんです。

信者になればとりあえず、疑問点などを聞く機会が増えるだろうからまあいいか、と思っていたのですが、
信者になったら、「じゃあ、あなたもまず●●人伝道をお願いします!」で参りました。

561 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/05/15(日) 11:43:41
2chでの暴露話を、旅人さんがまとめてくださっています。

こちら(したらば営業所)では、その都度コピペしていますので、見にくかったり、漏れもあるかもしれません。
旅人さん、いつも迅速なお仕事感謝です!

753 名前: 旅人 ◆o77ehnrsws Mail: 投稿日: 2011/05/14(土) 22:28:21.91 ID: TWsBZvdn
メール欄daiko7ku7ten7@infoseek.jpさんの投稿、まとめてみました。

リバティ編集長の身辺に関する暴露話。その1
http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51262453.html
リバティ編集長の身辺に関する暴露話。その2
http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51262454.html
リバティ編集長の身辺に関する暴露話。その3
http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51262457.html
リバティ編集長の身辺に関する暴露話。その4
http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51262460.html

ある特定の幹部信者家族、その「人でなし」ぶりがよくわかるエピソードですね。

562 神も仏も名無し :2011/05/17(火) 18:00:56
>>561
ウエストさん、旅人さん、いつもありがとうございます!

563 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/17(火) 23:28:17

先日、一度投稿してから一時引っ込めておいた善川の文書を再掲させて頂きましたが
その時セットで引っ込めておいた木村恭子(大川きょう子)の文書についても時節を鑑みて再び資料集に戻します(>>424〜)。
アイマイミーさんのブログでもご覧頂けますが、やはりこちらに記録しておく価値が大きいと思います。

ありのままの事実ですが当時とは状況が変化していますから、脱会者諸氏におかれても読み方はさまざまでしょう。
私としては何より、大川きょう子さんご自身に虚心坦懐に当時を振り返って考えて頂きたいのです。

「宗教家」などと自称しても世人は認めはしません。それでは世間はあなたを大川と同じように見るだけです。
狂団や狂信者たちのなれの果てに責任を感じるなら、ご自身そのものに対しても自己批判のメスを入れて
ひとりの人間に立ち返ったところから言葉を発しない限りは、誰にも届きはしません。

このうえ何か失うものがあるのでしょうか?
戻るところはもうありません。責任を果たすため進むべき道は一本だけであることお気付きですよね?
(次項全文)

564 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/05/17(火) 23:41:30
>>563 続き

1987年11月研修を終えて〜木村恭子から大川への研修レポート〜 


楽しく有意義な3日間でした。
特に1日めのディスカッションでは、美しい人生体験を積まれたおば様方にアドバイスをいただいて、私の小さな悩みをといていただきました。
本当に実体験から来る言葉って重いのですねぇ。
私は東大生だから、そこらの人よりは頭がいいだろうと思っていましたが、とんでもありません。
皆様の貴重な体験なくして、私の答えはなかったのだと、先を歩いて下さる方のいることに感謝のおもいがわくばかりです。

最終日の希望の科学講義、とても素敵でした。
とても1日めの講義を同じ方のなさっていることだとは思えませんでした。
先生って本当にお話が上手ですね。シェイクスピアの12夜をみているより楽しかったです。
あんまり笑って笑って、今一つ、内容がつかみきれていないようなので、カセットがでたら、いちはやくかって、きき直してみたいと思っています。

思えば、私が先生を初めて拝見したのは、9月の中級セミナーの時です。
その数日前に、会員番号が届き、あわてて申し込んで、いったいどんな方がでてくるのだろうと楽しみにしていました。
あの時は本当に、お若いのでびっくりしたのですが、正直いって、私の趣味にはあわなくて、本当に一瞬なのですが、脱会しようかなぁとも思いました。
(あさはかな女で申し訳ございません)。

ところが第4回の講演会に参加して、先生の迫力に圧倒されて、涙がポロポロでてきました。私はなんておろかだったのだろう。
この世では、大川先生のように、みかけは20点でも、中身は90点も100点もいく人間がいるんだと、今まで男性に対して残酷だった自分を反省させられました。

ところがです。11月研修に行ったら、大川先生が素敵で素敵で、素敵にみえて仕方がないのです。非の打ちどころがない。
クラークゲーブルか 大川隆法かといわれても、私は大川隆法をといいます。
私は実感いたしました。男は中身です。中身さえよければ、相手のみる目っていくらでもちがってくるんですね。
でも今はかえって心配なんです。先生がこんなに素敵にみえてしまったら、私の永遠の人が眼の前にあらわれた時に、見劣りしてしまって困るんじゃないかと心配です。

まぁ、冗談半分にかいてまいりましたが、研修会後の私の様子をお知らせしたいと思います。
はっきりいって、おかしいんですよね。これが・・・。
火曜日に私は大学の図書館で予習しておりました。ところが英文をよみながら、涙がポロポロ、ポロポロ流れてきて、文が頭にはいらないのです。
あまりにもみっともなくって、そそくさと家に帰ってまいりました。
その後も 日蓮さんの霊言集をよんだりしながらすごしていると、また涙がこみあげてくる。
お掃除して体を動かして気をまぎらわそうとしたら、突然霊言集の中の一問が頭にうかんで、ドッと泣き崩れてしまう。
次の日、原先生のめいそう教室に行き、同室だった濱名さんとバッタリあい、「あそこは今思うと天上界だったのよね」といわれ、がく然としました。

どうやら、私はまだ地上におりてこれないようなのです。
涙をポロポロ流しながら、幸せで幸せで仕方がないのです。
どうして幸せなんでしょうね。わかりません、私には・・・。

本当にとりとめもないことをかきつづってしまいましたが、私の感動をわかっていただけたでしょうか。
先生、3日間本当にありがとうございました。
これから私は、自分がどうやって地上におりていくのか不安なのですけれども、今はとにかく至福の時に感謝したいと思います。

565 H15.5.3 未来館「三世を見通す座禅研修」(1/2) :2011/06/05(日) 17:49:07
平成15年5月3日、武蔵野支部に在籍していた時、支部団体研修中に突然、
総裁夫妻がいらっしゃり、お話をして下さった内容です。

【総裁先生礼拝堂での緊急法話】

初期の釈迦弟子も過去世は思い出せた。そして阿頼漢の認定をした。
今までの人生の反省と瞑想によりその精進の姿のサービスとして
守護霊(の支援)が瞑想中に見せてくれていたのです。

歴史的にみるとサンガーには(三世を見通せる人が)そのような人が
何百人もいたのです。あなた達は一回の研修でそこまで行けるかな。
(一回では無理かな?悪霊付きでは)これが出来ると、人の気持ちが
読めるようになる。相手の守護霊の気持ちも読めるようになる。

中には幽体離脱する人もいる。肉体から出て戻ってこれなくなったら
私の名前を呼んでください。

体から魂が抜け出し、他の人の家やそこここを見てくることが
可能となります。魂として自分の視点だけが移動している状態。
これを神の足と書いて神足というのです。

FBI捜査官で世界のNo.3の人よりも私の方が明確にわかる。
まさに死人に口有り。生きている人は難しいが、死人ははっきり
している。
生きている人はその人のプライドなどの思いが出ている為、難しい。

警察には言わないで欲しい。忙しくなったら困るから。
どこで死んでいるか、又はその時刻等、例えばオウム事件の
カリヤさんや坂元弁護士事件の場合、布団に巻かれて海ではなく
山の方にいるとはっきりマスコミに言いました。

スウェーデンボルグは死者と会話が出来ましたが、
皆さんもこのとよ違う世界とコンタクトが出来るのです。

仏教の涅槃は死んで入るといわれていますが、修行が進んでくると
生涯涅槃に入ることが出来、守護霊や天使達と話が出来るのです。
これが生きて涅槃に入るということです。

566 H15.5.3 未来館「三世を見通す座禅研修」(2/2) :2011/06/05(日) 17:51:19
宇都宮に正心館が出来、2年ちょっと住んでいましたが、精舎研修を
することによって磁場が上がり霊界とのコンタクトが容易になりました。
結局心の中の垢を取り除く事により守護霊の光が入るのです。

悪霊が付いている方は無理です。反省していると剥がれる。
この剥がれて軽くなり明るくなる感じを是非体験して下さい。
まず悪霊を取らないとこの研修は大変です。

このお馴染みさんが2体、それ以上の人もいますね。このお馴染みさんは
その人の心の傾向性に関係する人(霊)が付いています。
(中略)
心の窓を開いたこの研修を釈迦時代もやっていました。先ずは憑依霊を
外した状態が基本で、修行を続けていると、過去が思い出されてきます。
後光が見えてくるようになります。今回は遠慮しています。

何故なら通常の生活をしていますと、生活のストレスを抱えているので、
一旦は良くなってきても、(調子が良い、後光が見える)一週間で悪く
なることもあり、それだと具合が悪いのです。この世で逆にぶつかり
あったりして危ないんです。

その辺を用心してこの研修を考えています。信仰心を固めてこの研修を
受けて欲しい。シーンを見なくても言葉が降りてくることもあります。
この研修は上級者向け。過去世は今世の点検をしていると見えてきます。
大いなる光と一体となる事、その感じが大事。 以上 文責(西東京)

567 総裁御法話『私にとっての人生の問題集』より(1/2) :2011/06/05(日) 18:25:41
会員の時の研修資料に、総裁御法話が入っておりました。既出だったらすみません。


「人生の勝負に勝つ」研修 渋谷精舎 2008年2月16日受講
【第一条 参究資料】総裁先生の背水の陣
(以下、『私にとっての人生の問題集』より)
----------------------------------------------------------------
最後の名古屋支社時代の85年頃の事、1年後に東京本社に戻った時点で、
アメリカかドイツの駐在員になって、数年間日本に戻れなくなることは
ほぼ確実だったので、その時点では、退社して独立出来るだけの経済的基盤を
作っておかなければならなかった。

しかし、年初に御尊父と実兄がスタートした”失敗確実”の塾は、坂道を
転げ落ちるがごとく、倒産への道をまっしぐらに進んでおり、御尊父からは
「銀行融資を受けたいので、商社の財務マンとして、連帯保証してくれ」と
頼まれたが、それは、今後20年間は会社を辞められなくなることを意味
していた。

しかし、実家の方では収入はなく、借金が着々と進行している状況でした。
毎日毎日、累積赤字が、50・60万円から100万位ずつ、どんどん積み
重なっている状況だったので、もう”真っ青”でした。

そして、「親子兄弟の縁を切るぞ」と脅されたので、仕方がないと思い、
「連帯保証人にはならないけれども、独立資金として貯めていたお金の
三分の一を出す」ということにしました。

父や兄は、「そのお金は必ず返すから」と言いましたが、私の方は全然
信じていなくて、「絶対に返ってくるはずのないお金であることは
分かっているから、借用書などは要らない」と言いました。

父や兄は、「そんなことはない。私達を信用しろ」と言っていましたが、
私は、「絶対に返ってこないだろうから、寄付する。ただ、独立資金の
全額を寄付したら、私はもはや独立出来なくなるので、申し訳ないけれども、
三分の一しか寄付できない。」と言ったのです。

568 総裁御法話『私にとっての人生の問題集』より(2/2) :2011/06/05(日) 18:27:24
>>567の続き

独立して一年ぐらいは、所持金で食いつながなければいけないので、貯めた
お金の三分の二は、独立資金として残しておく必要があったのです。

実際、1986年7月に会社を辞めてから、1年間は無収入でした。
無職ではありませんが、浪人のような状態です。

とにかく、1年分の”兵糧”だけは何とか確保しておかなければなりませんでした。
私は、「1年あれば、何とか歯車を回せる」という自信はあったので、
「1年だけ、何とか持ちこたえなければいけない」という考えで、まさしく
「背水の陣」を敷いたのです。

従って、「もし私が失敗したら、全滅になる」という状況でした。
そうなった場合には、霊言集があるけれども、もしかしたら、悪魔が
総がかりで攻撃してきていたのではないかと思ったかもしれません。

それほどの壊滅的な結果が来る可能性があったのです。
そのような非常に苦しい時期でした。

569 通りすがりX ◆TDTUHwXNYs :2011/06/05(日) 23:09:05
>>567  >>568

>そして、「親子兄弟の縁を切るぞ」と脅されたので、仕方がないと思い、「連帯保証人にはならないけれども、
独立資金として貯めていたお金の三分の一を出す」ということにしました。

>親子兄弟の縁を切るぞ」と脅されたので・・・って この話、本当なのかな?どうもおかしい。
塾の経営は確かに苦しかったかもしれないが、霊言は既に出していて、その収入は父親のほうにはあったは
ずだ。

 そもそも、国師様が会社を辞めたのは、霊言本で飯が食えると踏んだからではないのかな。初期の霊言は
富山誠と父親が書いたと思うから、そういう意味では二人は恩人だと思うが、なぜ、「脅された」なんて言う
のだろうか。

 脅すほど、父親と長男は、三男に対して、悪人だったのだろうか。かの国師様だから、内容が信用できない。

570 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/06/25(土) 11:20:22
ジランさんによる、幸福の科学学園の放射線量調査結果の投稿です。

96 名前: ジラン ◆ye8GqOAt0Q 投稿日: 2011/06/24(金) 13:42:38
今さらだけど、見つけたので。

63 :実名攻撃大好きKITTY:2011/05/28(土) 15:44:42.24 ID:ueIVPLba0
栃木県内・教育機関等における放射線量調査結果

平成23年5月13日(金曜日)から19日(木曜日)まで(延べ5日間)

測定時の地上からの高さ
中学校、高校は1メートル。


4.私立小中高等学校(中等教育学校を含む)(PDF:56KB)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/c02/documents/hoshasen_gakko04.pdf

幸福の科学学園中学校5月18日 0.97
幸福の科学学園高等学校5月18日 0.97
(マイクロシーベルト/時間)

※幸福の科学学園は完全に放射能まみれ!生徒も先生も全員終了!!

571 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2011/06/29(水) 21:18:55
やはり終わってますねww

福島第一原発から漏れた放射能の広がり
http://gunma.zamurai.jp/pub/2011/18juneJD.jpg

やや日・2011年6月25日より

幸福の科学学園那須校は福島第一原子力発電所の事故によって
敷地内が毎時0.97マイクロシーベルト(5月18日栃木県調べ)という放射能汚染を被っています。
毎日8時間屋外にいたと仮定した場合、被曝量は年間2.8ミリシーベルトになります(一般人の被曝限度の約3倍)。
幸福の科学は、今回の震災を天罰だとしています。

572 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/06/29(水) 23:01:40
どなたかご存知でしたら教えて下さい。
興味本位のどうでもいい質問なんですが・・・

2チャンネルをみていたら、大川家の長女が、大学受験で10校も合格したとか、しないとか
どうも東大は入ってないようですね。

昔、長男が知能テストを受けた際、好成績だったので、長女もうけさせたところ
これまた、好成績で、大川さん大喜び。そして、一言「東大に行かなければ、大川姓はつがせない」と
いっていたんですが、どうも東大ではないような。

長男につづいて、長女も厳しかったのかな? どうでもいい質問でした。

573 123 :2011/06/30(木) 09:01:53
>>572
長女はお茶の水女子大学、長男は青山学院大学だったと思います。

574 眞意 ◆gl8DLzk6oI :2011/06/30(木) 09:07:00
>>572 アイマイミーさん

大川家長女の大学受験ネタですけど、総選挙があった年の春ごろに出た「ザ・大黒天」に出てました。

「このご時世こんなに受けさせるのか」というほど受験させていましたよ。
で、本当に合格もしていたという。
実際に通っているのはお茶の水女子大だそうですが。

しかし「大本営発表」ですから、話半分で。

575 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/06/30(木) 12:34:22
>>573-574

123さん 眞意さん ありがとうございました。

123さん 私はGLA出身ではありませんが、
123の方が出てこられる本を読んだことがありますので、
思いだしてしまいました。いいハンドルネームですね。

さて、大川狂祖があれほど期待した長男、長女が東大でないと
東大ブランドだけで狂祖をやってる大川さんにとっては、
口には出さずとも切歯扼腕ものでしょうね。

ここで、狂祖のおもしろいところを紹介しときましょう。
狂祖は東大卒以外は、本質的に人を見下します。
しかし、自分より優秀な東大卒は嫌います。たとえば、小林(書類)送検とか。

でも、大川狂祖は東大開校以来の落ちこぼれ。それは、前人未踏、空前絶後の快挙です。
ということは、東大出で大川狂祖よりできの悪い人は、過去にはおせりませんし、未来にでてくることもありまん。
(東大は1学年に3000人いるんですよ。)

それゆえ、東大卒だけが唯一の誇りの狂祖さんのもとでは、東大卒は受難にあいますね。
それと、3番目のマサキ君以下のプレッシャーはすごいでしょうね。可哀想に。

576 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/06/30(木) 12:37:22
>>575
訂正
×未来にでてくることもありまん。
   ↓↓↓
○未来にでてくることもありません。

577 おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2011/07/01(金) 07:50:47
>>572
きっと、お決まりの誇大広告のつもりなのでしょうね。

578 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/07/09(土) 23:52:57

カルト狂祖 大川隆法の偽りの生年月日については去年この資料集の>>153に投稿しました。

あの折に載せた狂祖の実母である中川君子からの中川隆の出生に関する話には続きがあります。誤生誕祭の茶番への手向けに断絶した母から不肖の息子への言葉をここに記録しておきます。
出生時の状況などは基本的に人間が選択できる要素ではないので単なる事柄にすぎませんが、カルト宗教からのマインドコントロールを解くうえでは、その当事者の根源について知ることはいかに些細なことでも見方によっては有益でありましょう。

大川(中川隆)は1956年6月の下旬に川島の自宅にて産婆さんの手によって取り上げられていますが、それはまったく急なことで、妊娠22週から37週未満の時期のいわゆる「早産」で未熟児として生まれてきたのです。

未熟児として生まれた次男を生かすことには大変な苦労があったようです。現在とは比較にならない医療レベルでしょうから想像に難くありません。出産後は落ち着くまで、それこそ寝ずの看病をし続けたと語っていました。

長男である富山誠(中川力)の出産も順調なものではなかったらしく、君子は自身が母体としての資質に恵まれていなかったのではと感じていたようで、後年に脳卒中による半身麻痺になってしまった長男のリハビリ介助のため、病院に盆暮れもなく毎日必死に通い詰めたのには、どこかにそうした母としての自責の念を心の奥底に抱き続けていたからなのかも知れません。

ただし、幼少期の中川兄弟はともに小柄で小太り、運動能力は平均以下だったものの、座学の面において長男の成長性は特に高く、そうしたことでの君子による息子自慢は周囲では有名でした。
そのような環境下で生来の楽観的な性格も合わさって、次男が出生時に負ったかも知れない器質的ハンデに対する母としての子供の将来への憂いは消散され、「私は勉強勉強って一切言わなかった」っと、実際には教育熱心な父親の善川三朗(中川忠義)に比べると正反対の放任主義になっていったようです。

君子はそうした母親としての自分の姿勢を自負していましたが、そうした経緯、家族模様から、その態度がひょっとすると大川の人格形成に対してはマイナスに働いたのかもしれないと感じています。
呑み込みの早い兄と対照的な自分の凡愚さへの自覚から、兄よりも忠実に父の善川の教育方針に従って、まさしく大幅に改竄される以前の自叙伝にあった「亀のごとく」の努力を重ねていくわけですが、あの実像に近い姿の背景には自身の能力に対する劣等感と、より期待に応えなければ親にも(無条件には)受け止めてもらえないという不安定な心理を生んでいったのではと思えます。

579 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/07/09(土) 23:57:37
>>578続き

徳島在職中、私も昔話をよく聞かされましたが、次男について君子が語っていたのは東大に行ったことでもニューヨークに行ったことでもなく、高校を卒業して家を出た後も連絡は欠かさず、折々にはお祝いの花を送ってくれるような優しい子だったということでした。
頭は良いが我儘な兄に比べ、鈍くさいが聞き分けが良くおとなしい優しい弟という評価だったのです。

ただし、『 だ っ た 』っと言ったのです。

単なる過去形ではありません。そう話す君子の度の強い眼鏡の向こうで大きく見開いた眼には、昔はそうだったのになぜ!?という狂おしい訴えが明らかに見て取れました。
秘書長などという実態のない肩書を与えられ金を付けられても、音信不通となり面会を拒絶され、贈答も断られ孫の写真すら見ることもできない。かつての息子の変貌ぶりに激しく戸惑っていたのです。極めつけは兄や父の葬儀にすら顔を出すことすらしなかった。その絶望感の深さは計り知れないものがあります。

結局のところ、父や母に対する表面的には従順な態度は、親離れできないでいる子供に潜在していた強烈な依存心によってなされていたものであって、宗教妄想による独善的な世界に突入した後には無用の過去へと切り捨てられていったのでしょう。

カルト患者の言説に、救世運動のためにそうしたものを捨てたという言い方を目にしますが、それは都合の良い言い訳であって、捨てたのではなく逃げたのです。

本質的に高校卒業後の大川の人生はすべて挫折からの逃避行でしかありません。

580 フリーダム :2011/07/15(金) 12:59:10
1990年 4月27日現在「幸福の科学」会員年齢構成
正会員  9132(平均年齢39、2)
誌友会員 7877(平均年齢42、3)

正会員
19歳以下  男性47名、女性21名
20〜29歳  男性1408名、女性781名
30〜39歳  男性1818名、女性1352名
40〜49歳  男性1027名、女性986名
50〜59歳  男性407名、女性505名
60〜69歳  男性227名、女性259名
70〜79歳  男性60名、女性48名
80歳以上  男性17名、女性7名

誌友会員
19歳以下  男性79名、68名
20〜29歳  男性857名、女性538名
30〜39歳  男性1332名、女性958名
40〜49歳  男性910名、女性988名
50〜59歳  男性419名、女性621名
60〜69歳  男性324名、女性392名
70〜79歳  男性92名、女性123名
80歳以上  男性15名、女性24名

581 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/07/15(金) 18:06:26
>>580
フリーダムさん これ、どえりゃー資料ですね。ありがとうございます。

90年の4月、講談社事件の1年4ヶ月前時点の数字ですね。
この頃は、日本経済バブル真っ盛り。HSも紀尾井町ビル4Fに入居してましたね。

すでに、この時点で会員目標100万への号令がでていましたが、
この時点の正会員と誌友会員の合計は17000だったんですね。
あのころ、小川知子の兄さんはどんな顔をしてるのかと、某統括支部に見に行きましたけど
小川博司(のちの空城)は、守護霊とか魂の兄弟分も加算して会員数の水増しやってましたね。

その甲斐あって?、それから丁度1年で、100万会員達成しました(爆)
−−全国規模で水増しで、ご奮闘しておりました。
中部本部長の細川さんなどは、目標達成しなければクビとまでいわれてました。

水増し会員100万名達成でも、会員番具は依然100万には至っていないため、
ジャーナリストからの指摘で、慌てて前に3桁番号を増やしました。
おそらく、名簿上でも10万には至ってなかったと思います。
なにせ、月刊誌の印刷は10万こえてなかったのではないかとおもいます。

このころは、バブルでしたからHSもバブッて、
テレ東の(タモリの)音楽は世界だという番組のスポンサーの一つだったり、
都内のタクシーの△窓には「時代はいま幸福の科学」とかいうステッカーを貼ったりしてました。
これらは、結局、バブルがはじけて、HSも財政難になりおシャカになりました。
そして、講談社事件を引き起こして、会員数激減・・・ 資金枯渇&職員大リストラ。

最近も似たようなのがありましたね。幸福実現党という泡沫軍団が世間に恥をさらした事件。
歴史は繰り返すで、幸福実現党の無駄な出費で再び財政難。さらには会員大量脱会。

これらは、すべて狂祖の誇大妄想のなせる業(わざ)。反省ができないからねぇ。
まもなく、職員大リストラがはじまりますよ。
また、組織もますます疲弊していき、残された会員は限界以上に収奪されます。
おぞましい世界が繰り広げられます。

582 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2011/07/15(金) 22:00:12
元は支部メールのようですが資料的価値が高いのでことらに貼らせていただきます。

337 :ルチア:2011/07/15(金) 21:47:34.40 ID:06AXdrN3
*某本部のメール抜粋して掲載*
信者の皆さまへ

ご生誕55周年「ご生誕祭」主より「救世の時は今」を賜る奇跡を迎えることが出来ましたことを心から
感謝いたます。本当におめでとうございます。今回のご生誕祭ではエル・カンターレ信仰を基に新し
く天使になるために数多くの方々が信仰の限界突破を果たされ奇跡の連続の毎日でした。お誘いチャ
レンジ、植福、伝道と主と一体となった幸福な信仰者としての成長を感じることが出来た方が数多く
誕生されましたことを皆様が心から祝福して下さったことが本当に有難く幸福でした。信仰者として
の成長、誠におめでとうございます。着々と毎日、毎日布石を打ち続けて欲しいとの主の願いを実現
するために、共に力を合わせて頑張って参りましょう。動員の実績としてООО本部全体として10
万人ペースを超えることが出来ました。本当におめでとうございます。しかし、主の願いはまだ三合
目と教えていただきました。今後、明確に夢のビジョンを描き、支部管内にある公立中学校区ひとつ
の「わが町」に信仰者100人体制を確立し、必ず、2011年エルカンターレ祭には50万人ペー
スを超えて参りましょう〜〜〜
…との某本部長のメールが配信されてきました。友よ、有難う♪

総裁は打ち上げた1400万の信者数を下方修正なさらないといけません。ウソや法螺はいけません
。全国でいや全世界で10万人の信者さんを集めて誕生日をお祝いして頂くのがやっとなのですから
総裁先生が本当に誕生日を祝福して頂きたいと願うのなら今一度、出直さなければなりません。涙の
流れ落ちる程、反省され信者の皆様と天上界の神々にお詫びし許しを乞わねばなりません。(-人-)

…みなさまと主に愛をこめて…

583 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/07/16(土) 00:40:56
>>580
フリーダムさん、こんばんは。
たいへん詳細なデーターで驚きました。
90年1月に最初の入会をした時点で私の番号が8719番でしたから、4月の数字からしてこの記録は正確だと思います。
ちなみにこの年はサンライズ計画の年で、12月に再入会した際は17235であったので、当時の実質の伸びはこの程度だったということですね。

幕張での誤生誕祭の動員状況が明らかになってきて、おそらく1万人前後と見込めますが
数字的には一度膨らんだものが急激に萎んでこの頃の人数に戻っている現実が見えてきました。
しかし当時と違うのは年齢構成で、信者の高年齢化、活動の主力であった婦人部層の壊滅が顕著です。
バブリーな箱モノの展開と、それに伴った無駄な職員数を抱えて、減る一方の少ない信者にのしかかる果てしない負担に暗澹たる思いがします。

そんな中であっても、社会に放り出されるよりは奴隷のままでいた方がマシと考えるのでしょうか。
マインドコントロールというのは実に根深く恐ろしいものです。

584 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/07/16(土) 15:31:12
>>581>>583
アイマイミーさん。
>ジャーナリストの指摘により
とありましたが、私が把握している正会員の通し番号は5万番台までです。(一説には7万番台説有り)1991年9月以降に正会員に登録された人の会員番号は、Aの後に3桁ハイフン6桁の整理番号となっていました。(誌友会員はF3桁ハイフン6桁)
また、自費で月刊誌の購読をしていた誌友会員が把握できたのは90年4月までです。この統計をとった直後の五月研修で伝道推進の大号令が発せられ、自腹を切って月刊誌を半年間プレゼントする形式が伝道の主流となりました。
更に、91年に入ると名簿を誌友会員申込み葉書に書き写すだけの無承諾登録になってしまいました。
2007年に入会制度が発足しましたが、総裁のコメントが「誌友会員制度は廃止になっていたのか、あれは良い制度だったのに」とありました。(やっぱり大川教祖はヘンですね)

アルゴラブさん。
89年両国講演会は8000人。私の講演会デビューでしたが国技館のアリーナ席、2階席3階席まで隙間なく埋まっていました。演台の後ろの暗幕の裏まで聴衆者がいましたので8000名の発表は信憑性が高いと思います。
今回7/10幕張メッセの動員数は、この89年の両国講演会と同じかプラスアルファ位ではないかと推測しています。

よって、アルゴラブさんのご指摘のように、現在の教団の実勢は89年末から90年初頭なみ、と考えられます。

それと、マインドコントロール下にある信者さん達について、個人的には、ある程度信教の自由を優先しても良いかと考えています。
意識の中に形成された価値観、kkの場合は[主なる神・大川教祖]が絶対の存在で、その価値観を基にした強烈な確証バイアスが掛かっている状態の方々が多数います。それを無理矢理剥がすのは自己存在の危機になりかねないと思うのです。
一般の在家信者さん達への考え方のひとつとして、事実を正しく認識するまでの猶予期間(モラトリアム)を信教の自由で保証するのも優しさなのかも知れない、と思うこの頃です。
ただ、kkに対する判断の材料は提示した方が良いと考えています。

難しいですね…。

585 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/07/16(土) 20:09:05
>>584
フリーダムさん 詳細を書いて下さってありがとうございます。

私は会員番号が3桁の真ん中だったのですが、職員になったのは91年からで、
また、現場をさほど体験せずに、また職員になってからも現場とは遠いポジションだったので、
詳細に書いていただけると、本当にありがたいです。

3桁を前につけるのは、某ジャーナリストが、
「会員100万人いっているのに番号が100万にみたないのはおかしい」との指摘で
当時の事務局長の竹内があわててつくったもので、小澤さんらが胸をなで下ろしておりました。

ご指摘の実勢が、89年前後というのはよくわかります。
いまは、全国で実働会員は8000名もいないと思われ、
今後、ますます負のスパイラルを描きながら、沈みゆくでしょうね。

586 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/07/19(火) 18:59:40
>>584の補足
91年、正会員の急激に増加について。
90年12月に正会員登録された方が1万7千番台、明けて91年の3月頃には2万番台になっていました。
それまでは月に1000人程の増加率でしたが、91年(2月か3月か4月…失念しました)に願書制度の他に、正会員[推薦制度]ができて、本人の意志と正会員1名の推薦があれば正会員登録が可能なものでした。
これにより、入信のハードルが下がったため約半年間という短期間で正会員登録者が5万人に増えたのです。筋の良い誌友会員さん達は格好のターゲットとなり、根負けして推薦を受ける方も多数いました。また、一般の方も誌友会員を通さずに推薦により正会員登録した人も多かったと思われます。

587 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:12:14
1997年「光り輝く女性達のために」講義内容のようです。

「今回、若干の方の変更があった」

以下2chからコピペです。

580 名前: 光輝く女性たちのために 投稿日: 2011/07/19(火) 22:09:52.93 ID:nP4kKmSp
こんにちは、講義会場全員まるごと女性というのは、かつて、記憶にない。
女性1000人というのは、はじめて。
このような状況は、男性にはショックかもしれない。
今回は、女性に必要な話をしてみたい。

kkも日本を代表とする教団に成長した。
よって、女性の法もイノベーションしていかないと、
今後、世界宗教として発展していく際に厳しいのではないかと感じている。

今まで、女性は男性の補助者で、家庭を大切にしていく役割があると語ってきて、
これは、間違いではないのだが、全世界の女性にこれを要求するのは厳しいと思う。
本来、女性ひとりひとりにあった教えを説かなければならない。
結婚しない女性に罪悪感を持たせてはいけないと思う。

今、変えていかなければならないことは、女性が女性であるということだけで、
不利益にならないようにすること。
当会でも、いろいろ話を聴けば聴くほど、男尊女卑の傾向が見える。
男が男であるというだけで、優位になっている。
そもそも、男性的でない男性が、女性は男性に比べて下だと言う。
本当に男性的で指導力のある男の人は、そんなことは言わない。

新宗教で女性の占める割合というのは、6,7割になる。
それでも当会では、男性のシェアーは多いほうで4割を占める。

女性は女性らしくしてよい。
美しくてよい。ファッショナブルでよい。
今までは、美しく見えないようにという指導がなされ、
あたかも、きれいでなくなると修行が進んだかのようにみなされた。

588 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:13:38
つづき

584 名前: 光輝く女性たちのために 投稿日: 2011/07/19(火) 22:11:13.55 ID:nP4kKmSp
>>580
人類の半分は女性で、地球人類の半分の責任を負うことになるのだから、
女性は、女性として生きる権利がある。
仏の教えの半分は女性のものとも言える。

今回、若干の法の変更があった。

kkも大教団になったから、世界に通用する法にしなければ。
インド・中国では女性を下に置くのだが、
欧米圏ではそれは認めてくれない。
女性を下に置く考え方は、必ずしも間違いではないが、
不公平であると思う。

霊的に見ても、本人の意に反して、女性が男性、男性が女性に生まれることがある。
過去世の何割かが男性だったり、すべてが男性とか様々。
魂を見るとすべてが男性、すべてが女性という人もいるが、
そうでない人もたくさんいます。
男性の役割もでき女性の役割もできて、人間として完成する。

女性の法も、一律こうしろということではない。
選択の幅があってよろしい。
結婚して子供を作るのもよろしい。
結婚しないのもよろしい。
子供がいないものよろしい。

589 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:15:15
つづき(その2)
最後の行は非常に都合がいい物言いですね。

587 名前: 光輝く女性たちのために 投稿日: 2011/07/19(火) 22:12:20.02 ID:nP4kKmSp
>>584
結婚は、女性を守るためにできた制度。
年数経つと、女性は外見的に厳しいものになる。
だから、この制度は男性には適さない。
男性は本来、多情であるから。
これは、種の保存という点でそうなっている。
一方、女性は多情ではない。
しかし、一部にはそういう人もいるかもしれない(笑)。

かつて、女性を守る側面が多かった結婚制度も、
現代のように女性の社会進出が多くなると、
縛る側面も出てきた。
仕事に一生懸命に励んだ女性が
いつのまにか30代40代になってたということがある。
こういう人に苦しみを作っている。

結婚退職的な考え方は必ずしも賛成ではない。
仕事を取る人がいてもいい。
その際、独身を通す人は偉いが、
それでは、寂しくていられないという人もおる。
そういう人は、恋人がいてもいいのではないか。
仕事をとることが、全部尼さんになるのは、
ちょっと厳しいかなと思う。

色情になるのは、不特定多数の人と肉体関係を持ったり、
そこに金銭関係がある場合。
特定の男性と、そこに愛情があり、
人間的に尊敬できる人との付き合いならば、
色情地獄には落ちない。
その付き合いにおいて、人格が豊かになればよい。
その関係を5年ぐらいで終わらすことができればよいと思う。

590 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:16:20
つづき(その3)

589 名前: 光輝く女性たちのために 投稿日: 2011/07/19(火) 22:13:43.09 ID:nP4kKmSp
>>587
男女の問題は4次元的な問題。
もっと高い6次元7次元のレベルで生きた人は、
その部分は越えてしまう。
尼さんでも、家庭でいろいろと問題があって、
たどりついた人が多いが、
そのままでは地獄だった。
しかし、信仰に目覚め伝道したので天国に行けた。

人間、悪いことも良いこともたくさんしている。
毎年、何百何千回としている。
そのトータルの決算となる。
失敗は借金、成功は貯金。
針小棒大にとらえないよう注意すること。

親鸞が言った。「氷多きに水多し」。
煩悩の大きさが悟りの大きさとつながる。
振幅の大きい人生を生きた人の悟りは大きく豊か。
過去の人生が悔い多きものほど、悟りも大きい。

若い頃から戒律厳しく生きるのも
老婆心として必要だというのもわかるが、
人生半ばにおいて、もう、取り返しのつかない人も多い。
しかし、そういう人でも悟れる。
それは、イエスや釈迦の時代でもそうであった。
宗教に触れたときだけ人生のコースが変わる。

591 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:19:56
これでコピペは終了。

女性のための講義という形をとりつつ、
結果としては教祖のためにあったような講義でした。

590 名前: 光輝く女性たちのために 投稿日: 2011/07/19(火) 22:14:56.21 ID:nP4kKmSp
>>589
以上は家庭の教えについて語ってきたが、
仕事に関して付け加える。

職場でヒラの頃は、大部分は私(わたくし)。
課長ぐらいで、公私が五分五分。
部長ぐらいで、公が大きくなる。
こうでなければならない。

役員や経営者は、明らかに公のが大きい。
家庭がどうのこうのと公を疎かにするなら、
経営人にはなれない。

女性に関しても同じように考えなければならない。
女性の支部長等は家庭に関する考え方が変わってくる。
支部長は課長から局長クラスに当たる。
自分の亭主と総裁、どっちをとるかで、
迷わず信仰とるようだと管理職。
そうしていくためには、
亭主、子供をしっかり教育しなければならない。
もし、うまくいかなければ、引導渡すことも必要になってくる。
信仰に誠実に生きるためには、それも必要。

結論的には、21世紀以降は、
女性が半分は認められなければならない。
そのことにより、一部、不幸な男性が現れても仕方がない。
人類の半分の責任、幸福の半分は
女性の手におちるように。

(終了)

592 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/19(火) 23:32:24
あっ、これ

http://trident02.voila.net/okawa_ryuho_falcon10.htm

に解説つきでありましたね。恥ずかしや…

593 退会者 :2011/07/21(木) 02:16:47
幕張本会場(7/10)の写真をお持ちの方はいらっしゃいますか?
私も席数チェックしてみたいです。

594 退会者 :2011/07/21(木) 02:23:18
>580

1990年での平均年齢の山が↓ですから

30〜39歳  男性1818名、女性1352名
40〜49歳  男性1027名、女性986名

大川隆法本人の年齢+5才ぐらいに
教団全体の会員人口のピークがあった、ということでしょう。

当時の平均35才の会員層が20年経って
現在は平均55才以上になっています。

団塊世代の定年時期と
少し遅れて一致する形ですね。

今後、メイン信者層が定年期に入ると
教団の経済基盤はさらに弱体化していくでしょう。

2世会員がほとんど定着しておらず(数百人レベル)
しかも、昨今の雇用情勢から経済力が乏しいわけで

教団財政は、老齢化していくメイン信者層の老後資金から
いかにして効率的に搾取するか、という路線に流れていく
であろうことはもはや明白ですね。

595 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/07/21(木) 13:25:00
★「幸福の科学」撲滅対策相談室★ http://kktaisakubbs.bbs.fc2.com/  を見ていたら
スレッド「幸福の科学、お金のために教義を曲げる!」(4101440)の最新の項目に

エル・バカターレさんが ”【NEWS】隆法くん、4億円を寄付する 日付:2011/07/20 (Wed)”で
>幸福式葬儀を書く前に別な情報が入ってきましたのでそちらをお知らせいたします。
>隆法くんが教団に4億円下賜(かし)したそうです。
と書いておられました。教えていただいてありがとうございます。

>隆法くんが本当に4億円を出したのかどうかは確かめようがありませんが、
>これはお布施収入が減って教祖の財産で補填しなければなくなったことを表わしています。
>お布施が順調に集まっているのなら、たとえ4億円を寄付しても信者に知らせる必要はないのです。

いろいろな見方ができます。
1.資金繰りが厳しいのは厳然たる事実
2.職員・信者への布施圧力
(少なくとも09年くらいまでは、狂祖は寄付したことすらないのでは?アンチの批判で慌てて寄付したとの発表も)
3.きょう子さんとの離婚裁判直前に、きょう子さんへの財産分与を拒否するために、
  全財産を巨弾に寄付したのに、また、4億儲かったから寄付したのか、
  それとも、それが嘘だったので、財産を慌てて教団に寄付したのか、信者への単なる恩着せがましいメッセージ?

先日、弁護士に預けていた資料を点検しにいったのですが、ある時点での大川家の財産の預け換えの資料がありまして、わたしも、よくもこんな資料をとっていたなぁと我ながら感心してしまいました。きれいに忘れてました。いずれ時期を見て公開いたしますが、信者から絞りとった金額はかなりありますから、狂祖が今も資産を保有してると仮定しても、4億円などは狂祖にとってはゴミでしょうね(爆)

596 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/07/30(土) 13:37:15
1989年、紀尾井町ビル移転までの経緯

1・移転計画の発端
1989年1月、年頭にあたり大川主宰先生より将来のビジョンとして「今後、政界・財界に対しても影響力を持っていくために、一年後には新宿へ進出し、三年後には丸の内進出を果たしたい」
という内容のお話があり、サンライズ90に向けての活動拠点確保の必要性が示されました。

2・移転までの経緯
年頭での主宰先生のお言葉を受けて、さっそく不動産情報の収集が開始されました。
ただ、当会の宗教団体的性格、現段階での社会的知名度および財政的基盤の弱さ等から、希望に適う物件を見つけ出すことは、当初相当な困難が予想されました。
ところが、五月に入って思いがけず立地条件、広さともに最適の物件が現れました。それが現在の紀尾井町ビル(当時)です。紀尾井町という都心の一等地にあり、26階建ての新築ビルで、TVや新聞で日本一家賃の高いビルとして大々的に報道されるなど、まさに超一流のオフィス空間といえるものでした。
それだけに、入居審査はひじょうに厳しく、いわゆる一流企業であってもなかなか入居の許可を得ることはむずかしいという状況でした。

そのような中で、幸運にも幸福の科学は入居審査をパスしてしまいました。
しかも、こちらの希望通り、四階部分のワンフロアー全部(380坪)を借りられることになりました。そして、6月18日、無事に契約を完了し、同日夜に行われたウィークデイ・セミナーにおいて、主宰先生より紀尾井町ビルへの本部移転決定が伝えられました。
さらに、このニュースは「BIG NEWS」として月刊誌七月号に掲載され、全国の会員に伝えられました。
このようにトントン拍子に契約に漕ぎつけたものの、当時の会の経済力では、月額約二千五百万の家賃、そして五億円にものぼる保証金はあまりにも高額でありました。

そこで、会の財政的基盤が確立されるまでの間、一時的に会員の方々の力を借りざる得ないという判断により、紀尾井町ビル移転のための特別献金を募ることとなりました。

それと平行して、新事務所のレイアウトおよび内装等に関して、事務局が中心になり移転への準備が着々と進められていきました。

そして、十二月二十一日、会の発足以来三年間お世話になった西荻の地に別れを告げ、紀尾井町ビルに移転を完了いたしました。
(以下略)

597 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/07/31(日) 22:57:42
2chより

338 名前: 涅槃 ◆rbeJHv.vpc 投稿日: 2011/07/31(日) 22:08:30.41 ID:VyQrEdNm
>>307
>旅人さん

こんばんわ、無宗教のカルト教団研究者です。
幸福の科学学園の入試結果の資料、入学試験の募集要項やQ&Aには書かれていなくて、
学校ニュースにしか書かれていないので、ブログに掲載をお願いします。

2011年の幸福の科学学園の入試は、
中学校→受験者数160名、合格者数60名、入試倍率は2.7倍。
高等学校→受験者数159名、合格者数100名、入試倍率は1.6倍。

598 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/07/31(日) 23:44:18

滋賀県大津市、幸福カルト学園建設問題に関する争点と現状についての整理です。
しばらくじっくり眺めて自分なりに整理してみました。お詳しい方、加筆修正等お気づきの点があれば色々お教え下さい。

建設予定地の地質的危険性への懸念のほか、住民説明会開催についての狂団から行政への虚偽報告の問題から始まり、学園副理事長の林雅敏による住民蔑視の反社会的発言、担当者として着任した職員の土屋倫美が過去に筑波や川島町での狂団施設建設の際に行なった地元住民に対する悪質な嫌がらせ行為などが次々と発覚し、狂団のカルト手法は住民側の不信感に油を注ぎ、到底共存できる団体ではないという確信を強めるに至っていますが、このカルト学園建設には根本的な問題があります。

法律に定められた法人として公の教育活動にあたるものとしての適格性の問題です。
主な争点としては教育基本法における以下の三条に集約されていくでしょう。

第十三条  (学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力)
学校、家庭及び地域住民その他の関係者は、教育におけるそれぞれの役割と責任を自覚するとともに、相互の連携及び協力に努めるものとする。
※狂団側は、この規定は学校設置後の運営上の相互責任であって許認可には関係ないと主張してきましたが、これまで態度を保留してきた滋賀県も事業にあたって学園側からの地元住民に対する責任が前提であることを明確に示しました。「やらせ」までして説明会を済ませたいとする狂団の態度の根底にはこの焦りがあります。


第十四条 (政治教育)
良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない。
法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。
※幸福実現党の要職がことごとく理事を務める学園であり、林が行なった発言からも特定の政党を支持し、また排他的な政治的思想教育がなされていることが露呈しました。

第十五条  (宗教教育)
宗教に関する寛容の態度、宗教に関する一般的な教養及び宗教の社会生活における地位は、教育上尊重されなければならない。
国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。
※私学であれば宗教教育は適法と狂団は主張しますが、そもそもこの条文の制度主旨は、特定の宗教に閉ざされることなく全ての種類の宗教に対して開かれた基本的態度によって、人間にとって宗教心が必要なことを教えるべきあるということで、当然特定の宗教を教えることであってはならず、大川がこれまでに行なってきた言動からして到底この学園の教育の質を是認するものではないということです。

学校設置の承認不承認、許認可を行なう私学審議会はあくまで学園の教育機関の適格性について審査されるものですから、狂団が信教の自由などを持ち出してくるのは勘違いも甚だしいことです。それに信教の自由には「信じない自由」もあり、大川を否定する生徒でも学力試験で成績優秀であれば入学も校内活動も拒めないことになりますが、このカルト宗教の本質からしてそんなことはありえません。(そもそも成績優秀で健常な生徒が「自発的に進学する」ことなどありえませんが)こうした点からも公の教育機関として不適格であることは議論の余地はないでしょう。

599 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/07/31(日) 23:48:54
>>598続き
また財務体質の不健全性もあります。もともとバブル宗教であった狂団がつくろうとするカルト学園で、堅実な資金計画というものがありません。開校して2年足らずの学園には充分な内部留保がなく、狂団や信者個人からの多額の寄付金に依らなければ学納金収入などの自己資金によって立つことすらできない脆弱な経営基盤であるのに、無茶な姉妹校設置事業は永続的な学校運営を最も重視する国の方針からして否定的な判断材料になるでしょう。経営不振での学校法人の解散は近年増加しており、そのために路頭に迷う学生の不利益が甚大で、受け入れ先の周囲の教育環境に対する影響も少なくないからです。破綻が容易に想定されるのに安易に認可すれば却って問題を大きくします。行政の責任も免れません。

狂団は関西校のための収奪路線を深めていますが、脱会者に歯止めのかからず、残った信者を深堀し続けても目標の20%しか達成していない。それでもなお口数を減額するなど無慈悲な集金を行なうしかない状況のようですが、残り45億近い額ということはおそらく事業の6割〜7割に至る額を布施(寄付)によって賄おうとしており、相変わらず非常識でバブリーな自転車操業をしていることが分かります。

普通の学校法人なら、自己資金によって計画的に数年、数十年かけて第2号基本金という資産を積んで準備し、さらに借入金を得て事業に乗り出すものですが、幸福カルトでは公的機関からの借入金等の資金調達ができないのではないのではと考えられます。かつてフライデー事件後の大量脱会と活動のバブル崩壊で資金ショートした時期に、銀行から見限られ、さらに裏の融資話に引っかかって2億円だか持ち逃げされた時と同じです。東映でしたか配給元に断られ、講演会チケットも印刷屋に断られ、社会的信用が失墜するのは当然ですからこの先も坂道を転げ落ちていくことでしょう。申請は受理するしかありませんが、そんな法人の事業が認可されたら前代未聞であり行政の不見識を晒すことになります。シャレにもなりません。そのために私学審議会という機関があり、住民側は充分な審議がなされるように公聴会の開催を要求しているということですね。

600 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/08/01(月) 00:36:38

>>598-599
アルゴラブさん
貴重な資料を開示して頂きありがとうございます。
わたしは、教育基本法は全くしりませんでしたので勉強になります。

13条、14条、15条の解釈、ご呈示いただいた解釈が、これが多数説ですよね。
これをみて、やや日でいろいろ言ってる幸福の科学の回し者が、この方面の知識ゼロで
建築基準法関係で、もの申しているのがよくわかりました。

幸福の科学は、滋賀では学園建設は不可能だということがよくわかりました。
ありがとうございました。

601 難しいところですよね :2011/08/01(月) 01:26:59
>>598

水を注すようですが、教育基本法の(特に当該の13〜15条の)
解釈については、それらが許認可には関係がないのは確かなので、
残念ながら狂団の主張の方が法的には適切かと思います。
もちろん滋賀県としては事前に行政指導でなんとかしたいでしょうが……

14条も、実際の学園の教育内容が問題なので、
理事に幸福実現党関係者が多いかどうか自体は問題になりません
(理事に自民党員が多数いる私学とか共産党員が多数いる私学とかもあります)。
15条も、既に存在している宗教系学校の教育様態に照らしてみて
学園がよほど逸脱しているのでなければ、そうした解釈によって
許認可に反対することは困難です(理念的な解釈としては結構なのですが)。
私は幸福の科学アンチですが、法に関する限り、幸福の科学が圧倒的に
有利な状況にいることは否定できません。

なお、教育基本法が仮に許認可に関して利いてくるとしても
住民側には基本的にはそれに拠って訴訟をすることはできません
(客観訴訟になってしまうので)。滋賀県の違法な許認可に対する
住民訴訟、という形を取ることはできるかもしれませんが、これは
許認可後に初めて可能となるのであって、しかしいったん許認可が
行われてしまえば、それを信頼して設立された学園に対する
許認可を取り消すことは困難になってしまいます(既に開設されて
生徒のいる学校法人に対して許認可を取り消すことが
生徒の利益を大きく損なうので却って教育基本法の趣旨に反するからです)。

602 難しいところですよね :2011/08/01(月) 01:34:23
適切な戦略は、法的にどうこうするのではなく、住民説明会と滋賀県による
事前の行政指導で粘って時間を稼ぎつつ、清水建設と幸福の科学の評判の
コントロールを如何に握るかというところにあります。
滋賀県ではなく文科省の行政指導がゲットできればいいのですが……

603 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/02(火) 00:14:56
「難しいところですよね」さん、はじめましてでしょうか?

さて、教育基本法が今回の関西校の許認可には関係がないのは確かで、法的にあくまで狂団側の主張が適切で圧倒的に有利とのご意見ですが、その点の現状認識はいささか疑問で同意致しかねます。

確かにこうしたことが学校設置認可の過程において議論された前例はないと思います。そもそもカルト宗教が学校を設置するなどということ自体も前代未聞のことですから当然でしょう。しかし前例がないからっといってまるで無理無意味ということにはならず、現に当初見解を保留してきた滋賀県が13条について、狂団側の責任を明確に指摘するに至ったのは、狂団側の信義を蔑ろにするお粗末な工作活動が明るみになったことと同時に、それに対する住民側からの粘り強い働きかけがあったからこそです。

住民側が教育基本法に拠って訴訟を起こすことができないのはおっしゃる通りです。ただしその点は住民側も元より承知しており、現段階で取り組まれていることもそれではありませんね。

滋賀県の許認可に対する住民訴訟という対抗手段は許認可後に初めて可能となるもので、また既設校の許認可を取り消すことは現在ならびに既卒生含めてその利益を大きく損なうことになるため文科省においても消極的で、一般的にそれらが認可を阻止することより長い道のりになることも確かですが、ご指摘の件がまさしく逆に当初狂団が目論んでいた青写真をトレースしたものでしょう。

狂団側は初期の住民説明会において、学校設置認可は実際の建設が前提になっているものとして、既成事実として校舎建設がなされ、なし崩し的に事業が推進されることがないようにして欲しいという住民側の要請を、制度上そもそも議論の余地のないものとして切り捨てておき、以降住民に対しては説明会再開の目途を示さずにおきながら、行政に対しては指導された説明会は尽くしたと虚偽の報告をして申請の受理にこじつけました。この後に住民側が陳情に赴いてこの事実に気付くことがなければ、住民側は説明会の再開をただ待っていただけです。

しかし学校設置認可事務は二段階審査であり、最終的な認可の際には施設が完備されていることが必要なものの、一段目の審査の際は逆に調査目的以外では杭一本の工事すら許されないもので、狂団側の説明は住民側の要請の主旨をすり替えて認可事務に不案内である住民側の認識不足に付け込んだ答弁であったことが分かります。

つまり、一段目の審査が終了し着工の承認がおりるまで、時間稼ぎして住民側を大人しくさせていれば建設の既成事実をつくることができるという算段です。行政の審査は外形的にあからさまな疑義が発見されたり、特別な建議がなされない限りは形式的に済まされるものですから、何もしなければこの件もそのような経過を辿っていたはずです。

しかし、そうはならずに現在があります。各論の検討についても単純な議論ではありませんが、明らかに問題がそこかしこに散見されているのではありませんか?大津の皆さんは元々は狂団などとは縁も所縁もない方々です。幸福カルト学園の教育実態が一般の社会通念からして著しく逸脱しているのはむしろアンチの方が実感をもって語れることだと思うのですが、そうした方々がひょっとしたら我々以上の熱意と誠実さでもって急速にこのカルトについて理解され、さまざまな方面から堅実に具体的な行動をされている以上、どれだけどう訴えていくかであって端から無駄と諦める必要はなく、いかなる主張も評論するより支援していくことが必要ではないかと、少なくとも私は考えます。

「難しいところですよね」さんはそのご見識をもって、ではご自身なりにこの問題に対して具体的にどのような支援、協力を果たされようとお考えですか?

604 難しいところですよね :2011/08/02(火) 09:55:53
>>603

アルゴラブさん、基本的にご指摘に異論はありません。
しかし、特に根拠規定に拠らない行政指導にも限界があるので、
極めて残念でありかつ不愉快なことながら、教団の書いた
青写真は法的には適切なものだったと言わざるを得ません。
幸福の科学側から滋賀県に対して許認可を求める行政訴訟を
提起されてしまえば、行政指導も無駄になってしまいます……

大風呂敷から言えば、法はそもそもこの種の話し合いや議論によっては
解消しがたい信条による紛争・対立に決着を付けるためにあるのであり、
また住民による反対運動の類や、建築に関わる許認可を(勝つ見込みはないのに)
住民が争うということが、土地所有権者の権利行使を妨げるものだという
側面があるわけです(この点は景観訴訟なども同様ですね)。
幸福の科学がクソカルトであることは紛れも無い事実ですが、
彼らの土地所有権が蔑ろにされていいわけでもありません。
カルトの法的権利は無視していい、というのはそれ自体が危険なイデオロギーです。

アルゴラブさんは、この大津での問題が置かれている法的状況を
理解されているようですが、そのアルゴラブさんの書き込みを見て
>>600のアイマイミーさんのように、状況を勘違いされるのであれば、
それはむしろ有害なことだと思います。建設を長引かせることはでき、
その間にできることは色々あるものの、同時にそれ以上はできない、
ということでもあります。

605 難しいところですよね :2011/08/02(火) 10:07:04
> いかなる主張も評論するより支援していくことが
> 必要ではないかと、少なくとも私は考えます。

上記のように、「いかなる主張」もそれが幸福の科学に反対するものであれば
支援していくべきだ、という見解に私自身は賛成しません。
だからこそ、幸福の科学が自分たちから手を引かざるをえない様な状況を
創りだすこと(住民説明会における幸福の科学らしい学芸会的茶番の有様を
広く知らしめることも含まれますが)が必要なのだろう、と思うわけです。

幸福の科学に如何に恥をかかせ、それを大川隆法に認識させるか、
という観点で考えた方がいいんじゃないかなあ、ということですね。

なお

> 「難しいところですよね」さんはそのご見識をもって、
> ではご自身なりにこの問題に対して具体的にどのような支援、
> 協力を果たされようとお考えですか?

についていえば、この状況についてに具体的な情報は現地にいる
住民のみなさんしかわからないのですし、対抗の方策はその方々が
試行されるしかないと思います。
昨今の崩壊ぶりを見るに、着工を引き延ばしているうちに資金力が
枯渇して建設できなくなる、というのが期待したいシナリオでしょうか。
崩壊を促進するためにというか、幸福の科学の茶番ぶりを
マスコミにたれこむといったことを除けば、外部者にできる実効的な
手段は残念ながら殆どないと思います……

606 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/03(水) 23:46:54

「難しいところですよね」さん
>幸福の科学に如何に恥をかかせ、それを大川隆法に認識させるか、という観点で考えた方がいいんじゃないかなあ、ということですね。
 
まずこんなことこそ無理じゃないでしょうか?アンチなら分かると思いますが、今の大川隆法や狂団職員、信者にそんな「恥」を感じる徳性が残っているとは到底思えません。そんなこと感じる心がのこっていたら、これほど世間と乖離し対話のできない悲惨な有様になどなっていないでしょう。彼らは自分らの病的な妄想実現のためにあくまで猪突猛進するのみですね。住民説明会における狂団常務理事の蔵原徹志の「やらせ」こそが、どんな無茶をしても中央突破を計ろうとした典型的な例です。

大津の皆さんはある意味で単純な選択をなさいました。丹念に事実を積み重ね、真実を暴いていくということです。そういう態度が幸福側に比して非常識で危険なイデオロギーだとは思えません。ですから信頼できます。

そうした根拠、動機から「我々以上の熱意と誠実さでもって急速にこのカルトについて理解され、さまざまな方面から堅実に具体的な行動をされている以上、どれだけどう訴えていくかであって端から無駄と諦める必要はなく、いかなる主張も評論するより支援していくことが必要ではないかと、少なくとも私は考えます。」としているのであって

>上記のように、「いかなる主張」もそれが幸福の科学に反対するものであれば支援していくべきだ、という見解に私自身は賛成しません。
っと、「上記のように」と言われた「幸福の科学に反対するものであれば支援していくべきだ」と受け取られるのはあくまであなたの認識の仕方として理解しておきます。

まあ、立ち位置の違いは別として。

それよりも、このコメントに急に飛び込んで来られたので、そもそもご新規のあなた様について我々は何も存じ上げません。「幸福の科学がクソカルトであることは紛れも無い事実ですが」とまで言い切るには、よほどの具体的なご経験がおありなのだと思います。アンチであれば脱会支援や、狂団撲滅のご意思はお持ちですよね。是非あなた様がそのように至った経過、生々しい事実を発信して下さい。そもそもこの掲示板の目的はそこにありますし、いつも早くお返事下さるからにはこちらの掲示板を常日頃から丹念にご覧になるほど強い関心をお持ちのアンチさんだとお見受けします。

607 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/06(土) 11:31:08

大津でのカルト学園建設反対運動でのポイントになるのは知事と私学審議会です。

知事は所轄の私立学校について、設置、廃止、閉鎖命令などを行なう場合はあらかじめ私学審議会の意見を聞かなければなりません。
私学審議会は私立学校法を根拠とする知事の諮問機関であり、所轄庁の私立学校に対する行政の適性を期すため、教育に関し学識を有する者によって構成され、私立学校の設置、廃止、設置者変更及び学校法人設立の認可等について審議するとともに、私立学校に関する重要事項を知事に建議することができます。

審議会は非公開ですが、年度以降には情報公開の対象になります。また必要に応じ知事の判断によって公開の公聴会を設けることができます。
過去には三重県においてヤマギシズムの学園事業がこうした経過を踏み、さまざまな問題が明るみになったことから最後は学園自体が申請を取り消した事件があります。
それはこの学園の反社会性を告発し続けた声をきっかけにして成し遂げられたことです。

608 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/06(土) 11:35:05
>>607

「滋賀県私立高等学校の設置認可等に関する審査基準」
滋賀県知事(以下「知事」という。)が、私立高等学校(以下「高等学校」という。)の設置、高等学校の課程および学科の設置ならびに高等学校の広域の通信制の課程または収容定員に係る学則の変更(以下「高等学校の設置等」という。)の認可を行う場合は、高等学校設置基準(昭和23年文部省令第31号)、高等学校通信教育規程(昭和37年文部省令第32号)その他の関係法令のほか、この基準により審査する。   

基本的に私学審議会が審議する「この基準」とは趣旨、名称、立地条件、学級編成、施設及び設備、資金などについての定めで、この他に特別な問題点の発見や指摘ながければこうした外形的な審査が形式的に行なわれて済んでしまいますが、なにもこれだけが審議の内容として限られているということではなく、「学校教育法その他の法令の規定によるほか、この基準によって審議する」ということであり、そもそも認可に値する学校であるのか、その質に疑義があるのであれば徹底的に調査検討されなければなりません。いい加減な議論では生徒の将来に取り返しのつかない深い傷をおわせることになります。

その際に根本的問題を検討する根拠になるのが教育基本法です。
教育基本法は教育関係の諸法令の上位規範であって、この法令に照らして学園の適格性が審議されることに何ら不思議はありません。でなければ私学審議会という機関の存在意義がありません。

そして教育基本法は教育関係者だけの法令ではなく国民すべてのものです。ですからこの件を期に大津の住民の方々だけではなく我々も遠慮なく発言すべきです。
学園の中で大川の独善的、病的世界観に閉ざされ純粋培養される未成年たちが、真実に目覚めたときに背負う精神的苦痛の激しさはアンチであればこそ強烈に分かることだからです。

609 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/06(土) 11:37:46
>>608

現在の教育基本法は1947(昭和22)年に制定された旧法の基本的理念を維持しつつ、2006(平成18)年に全面改正され可決・成立し、公布・施行されたものです。

教育基本法は教育の基本的理念を示すもので、具体的事項については他の法令に委ねることとされていますが、その理念とは日本の教育制度を貫徹するものであり、国会が制定した法律として、学校教育法はじめ他の教育関係法と効力上等位に位置づけられるものです。
教育界においては「教育の憲法」として、日本国憲法と並び一体性を帯びた準憲法的性格を有するものとされています(憲法=教育基本法体系)。

また、最高裁判所も教育基本法を他の教育法規とは別格の重要な法律として
「憲法において教育の在り方の基本を定めることに代えて、我が国の教育及び教育制度全体を通じる基本理念と基本原理を宣明することを目的として制定されたものであって、戦後の我が国の政治、社会、文化の各方面における諸改革中最も重要な問題のひとつとされていた教育の根本的改革を目途として制定された諸立法の中で中心的地位を占める法律」として

「形式的には通常の法律規定として、これと矛盾する他の法律規定を無効にする効力をもつものではないけれども、一般に教育関係法令の解釈及び運用については、法律自体に別段の規定がない限り、できるだけ教育基本法の規定及び同法の趣旨、目的に沿うように考慮が払われなければならない」と判示しています。
(昭和51年5月21日 旭川学力テスト判決)

教育基本法は基本的理念を示したその性質から、実際の現場ではその存在意義の重要性の認識が充分になされる機会が少なかったのではないかと感じますが、このカルト学園建設問題をきっかけに同法について今後さらに理解を深めていくことは大変有益でありましょう。


いけないのは思考停止すること。そして口をつぐむことです。

これからも色々な面からの検討を重ねていきます。真のアンチの各位も様々な場面でどんどん発言して頂きたいと思います。

610 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/08/06(土) 12:24:46

アルゴラブさん  ありがとうございます。
教育基本法の門外漢の私にもよくわかります。

どうも、幸福の科学の主張にそった意見の方々は、外形的、形式的な法解釈をしているようで
教育基本法の解釈(通説)ならびに、知事及び私学審議会等を精査していないようですね。

やや日さんのサイトで、幸福の科学の主張をみてみましたが、
例によって強気一辺倒の大本営発表で論理構成が強引ですね(笑)
おそらく、あれは、住民の方々に、「学園建設は不可避だ」と印象づけるためのもので
都合の悪いことには一切ふれていません。まぁ、いつものパターンですけど・・・
 
あとひとつ、幸福の科学が見落としている重要な要素、政治的要因がありますが、
私は外部の人間ですので、この問題は論及せずにおきましょう。
幸福の科学にとっては残念でしょうが、学園の建設はかなりの確率で無理になったと思います。

611 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/07(日) 23:00:48

当したらば掲示板の【アーカイブ】正心館・精舎・支部メール記録集【コピペ】スレの>0509より
「『関西学園の設立認可が危ういのよ!!』植福フェスティバル 」とした、学園の許認可の危機を煽って信者にさらなる布施を要求する会内メールがまわったようですが、学園事業の無計画さや、財務体質の不健全で脆弱な実態が裏付けられました。

大津での住民説明会の中で、住民側が学園の経営基盤の不安定さを指摘し財務諸表の情報公開を要求したことに対して、学園側担当者は多額の寄付金に支えられていることを安定した学園経営状況の根拠として答弁したのみで済ませ、現在もなおその請求に応えていません。

学園が信者の布施によって支えられていることは自他共に認めるところですが、この学園担当者の説明は詭弁です。

一般に寄付金の帰属収入に占める割合は高いほど良いとされていますが、それはあくまで学校法人にとって最も安定した本来的収入である学生生徒等納付金に充分な比重がおかれているという前提での話であって、その時々のコントロールできない要因によって左右される寄付金などに過度に依存した経営体質は、継続性、安定性を最も重視する学校法人会計の指針からして不健全性を如実に表すものであることは既に指摘しました。

さらに
学生生徒等納付金比率=学生生徒等納付金 / 帰属収入
寄付金比率=寄付金 / 帰属収入

どちらも学校法人の財務分析に採用されている視点です。これらは絶対額ではなく帰属収入に占める割合ですから、一方が高ければもう一方は相対的に低くなる関係です。

偏った財源に過度に依存した収入構造にならぬように、学校法人における最高の意思決定機関である理事会は都度慎重な判断をし、堅実な運営を行なうものですが、学園事業のためにこの期に及んで45億近い財源を信者の布施に求めるのであれば、こうしたヒモ付きの寄付金の応募を行なうにあたっては事前に理事会の決定が必要であることを考えると、まったく正気の沙汰ではなく到底まともな学校法人のやることではありません。

結局は理事会など名ばかりの傀儡であり、性急で無茶な計画は狂祖(学園では創始者)の大川の性質そのものの指示であって、学園のガバナンスなどまるで機能していないということの証でしょう。

また収入構造のバランスを保つために、一般的にはあえて借入金を利用する選択がなされるものですが、学園の規模と現在の布施による集金目標からして、やはりそうした方面への資金調達が困難な状況にあるのではないかと考えられます。

612 hiraoka :2011/08/08(月) 00:59:22
>住民側が学園の経営基盤の不安定さを指摘し財務諸表の情報公開を要求したことに・・・・
 
↑ おおっ、なるほど!! この手があったのか・・・
これは一挙両得、KKの情報公開をせまれる!!

ただ、多くのアンチさんたちとしては痛し痒しのところがあるんですよねぇ・・・
いちばんうれしい筋書きは、さんざんもめてお金も使い果たした頃にようやく認可が下りて、
KKが辞退の言い訳もできずに世間の批判を浴びて自壊する・・・と云うものなのでしょうねぇ。 (*^_^*)

613 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/08/08(月) 18:05:07
>>605 の 難しいところですよね さんがお出でになりませんね。
ここに書くのが、なにかご都合が悪いことが発生したのでしょうか?
幸福の科学側のご意見とその論拠をもっと知りたいんですが・・・

614 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/08/08(月) 19:49:28
>>613
管理者としましては、いきなり濃い議論を始められるのはいいのですが、
互いの立場を明らかにしないと色々話もすすみにくいように感じました。

「難しいところですよね」さん、アンチといっても色々な立場がありますので、
もし今度書き込まれるときは、簡単に自己紹介をお願いできませんか?
その方がお互い有意義な情報交換ができると思います。

615 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/10(水) 00:28:54

今回の関西校の設置の許認可(建設の承認と学校設置の認可)を行なう主体は滋賀県で、知事は諮問機関である私学審議会を招集し、教育基本法の主旨に則り、同法第18条「この法律に規定する諸条項を実施するため、必要な法令が制定されなければならない」という条項によって整備された各種法令、規定によって入念な検討をしなければなりません。疑義が提起されている以上、安易な審査は許されません。行政には法律で定めるところの「教育の目的・目標」(第1条、第2条)を実現するために、教育の国民全体に対する公共性を保持していく重い責任があります。


第16条(教育行政)
1.教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

2.国は、全国的な教育の機会均等と教育水準の維持向上を図るため、教育に関する施策を総合的に策定し、実施しなければならない。

3.地方公共団体は、その地域における教育の振興を図るため、その実情に応じた教育に関する施策を策定し、実施しなければならない。

4.国及び地方公共団体は、教育が円滑かつ継続的に実施されるよう、必要な財政上の措置を講じなければならない。


ここで注目すべきは第1項の「不当な支配に服することなく」ということです。
この「教育」とは学校教育のみならず、家庭や社会教育も含まれると解釈されていますが、特に重要なのは国家の制度としての教育事業が、国民全体の意思に基づいて、中立性及び不偏不党性を確保して行なわれなければならないということで、およそ国民全体の意思を代表するものとは言えない一部の社会的、党派的勢力の介入やその利益のために行なわれることは断じてあってはならないという規定です。そしてそれは手続きを無視した「不当な支配」のみならず、実施する教育の内容も「不当な支配」に属するものと示唆されています。

社会的、党派的勢力というのはこれまで政党、官僚、財界、組合等を指すものとされてきましたが、今後はカルト宗教というものも含めなければならないでしょう。

また教育行政機関そのものは、法律の趣旨に反して教育の普遍性を損なうような運用が行なわれた場合は「不当な支配」に該当することも論理上はありえても、そのような行為がそもそも法律の定めによって行なわれているとはいえないと解され、法律の命ずるところを執行する教育行政機関の行為が必要かつ相当と認められる範囲内において、教育内容含め正当な範囲で関与、決定できる権能を有しているものとされています。


幸福の科学学園副理事長の林雅敏はその発言の中で、この許認可に当たって議会や行政側の人物らとの非公式な取引を自ら吐露しましたが、これが事実なら狂団のみならず行政も「不当な支配」の主体となり、行政が潔白であったとしても狂団による「不当な支配」の事実は免れないはずで断固排除されなければなりません。

また、この学園が第6条(学校教育)ならびに第8条(私立学校)による法律に定められる法人が設置した「公の性質」を有する学校であるにも関わらず、狂団の恣意的な価値観のすり込みが教育の名の下に学校現場を隠れ蓑にして行なわれているとしたら、それを見過ごすことは教育行政の怠慢であって、そうした時に国民が教育の普遍性、中立性が守られる方向への取り組みを求めることは自然であり、当然の要求でありましょう。

616 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/08/10(水) 10:17:52
>>615
アルゴラブさん
すごいお話感謝です。

幸福の科学の代理人「難しいところですよね」さんは、どう反論するのか見物ですが
もう、ここには出てこないでしょうね。
だって、アンチのフリをして、言ってることは幸福の科学の一方的主張ですから(笑)
あの方も、ここへ出てきて、手の内さらしすぎましたし、ただいまお仕置きの最中?

それはさておき、幸福の科学学園副理事長の林雅敏クンはどうなったのかな?
彼の舌禍事件で学園建設が致命的な打撃をうけ、さらに、蔵原クンの住民説明会での
自爆テロで、ますます学園建設が窮地に追い込まれたのですが、彼らの運命やいかに?
大川クンも苦虫をかみつぶしている? それとも都合の悪い話は、大川クンにあげてなかったりして。

まぁ、いくら幸福の科学が、「自分たちに有利」発言をしても、それはいつもの脳内妄想に基づく
大本営発表ですから、笑って見てあげましょう。そんな例はいくらでもありますよ。
講談社事件を起こした際も、3、4日で戦争は勝利に終わると預言した大川クン、
総選挙では、少なくとも自民党の派閥ぐらいの議席を取ると預言した大川クン
こんな話は、宇宙の星の数ほどあるんですから、幸福の科学の強気発言には
「眉唾」で聞いておいてくださいね(爆)

617 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/11(木) 00:14:06
ここで少し、騒動の現地である大津市でこれまでに住民側に仕掛けられてきた狂団側の仕掛けの事態を暴いておきたいと思います。

大津市の皆さんの反対運動の広がりとその内容は、幸福の科学学園副理事長である林雅敏の発言にあるとおり「最大の敵」であり脅威でした。そこで筑波や川島での狂団施設建設の際に暴力事件でっち上げや小競り合いの火種工作など地元住民を恐怖に震えあがらせた実績を買われてか、土屋倫美を担当者として放り込みもしましたが、今回は学校建設であるので幸福側もあまりいつもの無茶はできないと見えて、さまざまなルートを駆使して住民組織の分断、懐柔を行なおうとしました。

その基本的な手法は、運動に勝ち目はないから条件交渉のテーブルについて有利な条件を引き出したほうが良いと持ちかける策です。日刊カルト新聞のコメント欄においてもそうした主張による誘導がさんざん行なわれていましたが、投稿者の破綻した態度そのものから狂団側の工作であることは本人以外には周知のことでした。その具体例は日カルの過去ログをさらいに行かなくても、このスレの>>601-602>>604-605で直ぐに覧頂くこともできます。判で押したような典型的サンプルで論より証拠、お陰で表現する手間が省けました。

現地ではこうしたことを狂団の息のかかった議員や地元の建設会社の社員などが住民組織に寄り添うようなふりをしながら近づいてきて行なおうとした経過がありますが、住民たちは賢明であり具体的な査定も済んでおり、それらが白日の元に晒されるのも時間の問題でしょう。

今回の幸福カルト学園事業は「やらせ」「なりすまし」のオンパレードです。狂団側の狙いは住民の言論を封じ、反対運動の活力を奪うということに主眼がおかれていたようですが、林雅敏や蔵原徹志の働きのお陰で火に油をそそぐ結果となりました。

幸福実現党についてもそうですが、職員は実は学園も惰性でやってるだけなのではないでしょうか。大川の私兵を純粋培養するにしても、そんなカルト学園の卒業生が実社会で生き残れると思いますか?世の中そんなに甘くありません。宗教妄想の患者は別として、狂団を離れては最早生きていけない、入会時の理想など既に遠い彼方に失っているのにリストラの影に怯えながらも食うためにはしがみ付いていくしかない状況にある者たちに、カルト学園の生徒達が背負うことになる烙印の重さが分からないとは思えません。良心をかなぐり捨ててでも未成年を食いものにする職員たちの姿に哀れさを感じます。

教育の法など後付けの理念にすぎず、学園構想は子供のイジメが引き金になって始まったことは誰にでも分かることです。幸福学園など所詮は大川の実子らのための子供部屋みたいなものであって、大川一家のための宗教、大川らにとって職員や信者はどこまでも奴隷、あるいは家畜にすぎないのです。

618 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/11(木) 00:19:04

公の教育の目的を実現させるため、学校や家庭のみならず地域社会も教育に対して責任を自覚し、相互に緊密に連携、協力して取り組むことを規定したものが以下の条文です。
今回の教育基本法の改正の中で新たに規定されたもので、法改正によって教育関係者のみならず国民全体の共通の理解のもとに教育改革を推進しようとする趣旨を明示したものです。

第13条(学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力)
学校、家庭及び地域住民その他の関係者は、教育におけるそれぞれの役割と責任を自覚するとともに、相互の連携及び協力に努めるものとする。


「学校」「家庭」「地域住民その他の関係者」の三者のうち、もっとも責任があるのが学校であることは言うまでもありません。
学校教育法の43条においても「小学校は、当該小学校に関する保護者及び地域住民その他の関係者の理解を深めるとともに、これらの者との連携及び協力の推進に資するため、当該小学校の教育活動その他の学校運営の状況に関する情報を積極的に提供するものとする。」と規定され、これは中学や高等学校等にも準用されるとしています。


幸福カルト学園側は一連の住民説明会の混乱を住民側の責任として押し付け、行政に虚偽報告までして許認可の申請受理にまでこじつけて一気に建設承認まで持ち込もうとしましたが、住民側が滋賀県に対し学園側の態度の不実、反社会的行為の事実を陳情した結果、まず学園側から住民への情報公開、説明責任があることを明確に指摘するに至ったのはこうした法令を根拠としたからです。

そして住民側はすでにこの法令の主旨に則った協力は充分過ぎるくらいに行なっているといっても過言ではないでしょう。「協力」というのは何も学園側の言い分を唯々諾々と聞くことなどではありません。この状況下において住民側の厳しい叱咤こそが最高の協力なのです。


なぜなら協力しようとする対象はあくまで「教育」であって学校ではないからです。その辺の構図が未だに理解できておらず、幼稚な勘違いを続けているのはカルト宗教学校の関係者だけのようですね。

619 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/12(金) 22:35:10

第14条(政治教育)

1.良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない。
2.法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。
国民主権の民主主義社会にあって、その運営は国民の意思に基づいて構成された政治によってなされていくことを考えれば、公教育において優れた政治的資質の養成を求める政治教育は必要不可欠な要素と考えられる一方、多様な政治意思の対立抗争の過程を経て国の政治意思の合意がなされていくのが常態であるので、個々の政治的意思を評価する単純明快な基準というものがありえない上に、そうした態度が公教育に政治的対立を引き寄せて争いの場と化し、静謐であるべき教育環境は荒らされて、結果として政治教育自体が不可能となってしまうことが考えられます。


このように、教育において政治的教養の向上の要請と政治的中立性の維持は二律背反する本質的には矛盾した関係性にあり、教育関係者にはそうした意味を踏まえて強い自覚と慎重な判断が求められていますが、あくまでも大原則としては私立学校を含む「法律に定める学校」の中立性を掲げて、社会における政治的対立抗争の場に入っていかないようにしなければならないのと同時に、そうした政治的対立抗争が公教育の場に入ってこないようにする必要を規定し、それは学校の教育活動のみならず教職員の政治的行為に対しても一定の制限を課すこととなっています。


「良識ある公民として必要な政治的教養」として解されているものは以下です。
① 民主政治、政党、憲法、地方自治等、現代民主政治上の各種の制度についての知識。
② 現実の政治の理解力、およびこれに対する公正な批判力。
③ 民主国家の公民として必要な政治道徳および政治信念など。


これらについて、直接、間接を問わず、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための党派的政治教育が禁止されているわけですが、政治教育を行なう際には党派的主張や政策に触れること自体は当然にありえます。そうした際の発言が直ちにこの規定に抵触するものではありませんが、発言の根拠はあくまで客観的かつ公正な資料に基づき、個人的な主義主張を避けた公正なものでなければなりません。

620 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/12(金) 22:37:40
>>619

これは政治教育に限ったことではありませんが、三帰者の教員が学校全体で宇宙神と崇めるところの大川の言説を教壇から信者の生徒に対して客観的で公正な資料として提示していくことが公教育の場においてなされているとしたら、それを嫌悪するのはアンチばかりではないはずで、現に大津の方々も同様に感じておられるのです。この学園の目的が大川から発した(自称)法によって支えられている以上、大川の主張と日本社会の一般的常識とが対立した場合、信者は狂祖の言説を採用します。その盲目的な追随の激しさがこのカルト宗教の特徴であるのですから、社会から隔離された環境の中で世間の常識と乖離していくことに無自覚なまま育成された未成年たちが、やがて社会と出会った時どうなるのでしょう。果たして矛盾に耐えられるでしょうか。また予め方便としての社会常識と大川のカルト思想とを使い分けろとでも仕込んでおくのでしょうか。いずれにしても「平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民」に向けた教育の質ではありません。


学校およびその教職員がしてはならない「その他政治的活動」にもガイドラインがあります。基本的には、その行為の目的が政治的意義をもち、その効果が政治に対する援助、助長、促進または圧迫、干渉になる行為を言い、ある政党を支持あるいは反対させるような意図をもって行なうことを禁止したもので、公務員等の規範が判断基準となっています。旧法では学校職員は「全体の奉仕者」と表現されていました。今回の改正の際に文言そのものは削除されましたが、公の教育に携わる者として今なおその自覚が求められていることに変わりはないでしょう。それらを紹介するとさすがに長くなってしまうのでここでは割愛いたしますが、カルト学園副理事の林がこうしたことに全く無知であることは、先の発言内容を見れば一目瞭然です。


余談ですが、住民説明会の中で学園と狂団、そして幸福実現党の関係性の不透明さを指摘された折に狂団関係者は、幸福実現党は政党ではないと答弁して国政選挙での惨敗のおかげで逃げ口上を打てたわけですが、教育基本法でいうところの政党とは、学校が政治的に中立で不当な支配に服してはならないことを鑑みて「政治的な目的を有し、その目的達成のために政治的な活動をする結社または政治団体」を指し、政治資金規正法で定めるところの要件とは違います。幸か不幸か同法においては、幸福カルト党は政党として認めてもらえているのです。

621 涅槃 ◆rbeJHv.vpc :2011/08/16(火) 02:10:07
アルゴラブ様、お疲れさまです。

ところで、幸福の科学学園那須校の教育内容はどうなっているのでしょうか。
7月にご生誕祭、12月にエル・カンターレ祭が学園の行事として、
生徒全員の参加となっているようですが、それ以外の部分が秘密に包まれている状態です。

全寮制の学校ですから洗脳教育も強力だと思うのですが、その辺りの秘密は
解明されないでしょうか。

622 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/16(火) 08:46:03
>>621 涅槃さん

狂団、といいますかカルト学園側は、住民説明会において教育内容を情報公開すべきという住民側の請求に対し
『それは「秘伝のタレ」だから企業秘密だ』という不真面目で不見識、本質的に問題のある回答をしています。

公の教育事業として法令に照らしてどういう問題があるのか、細かい検討はこの後して参ります。
(少々忙しくて後日になると思います。)

ただ私が言うとちょっと意外と思われるかも知れませんが
>7月にご生誕祭、12月にエル・カンターレ祭が学園の行事
この部分については、一般的に私立学校における宗教宗派的な教育の一環としての儀式は直ちに違反とは言えないのです。
問題は込み入った問題をさらに深く検討していった先にあります。


私はもちろん幸福カルト学園反対です。
できるだけ早期に那須校は解散させ、生徒は転学させるなどして被害者を少しでも減らすべきと考えていますから
当然に関西校開設など許可してはならないという立場です。
常識的に考えれば結論を出すことにさほど時間がかかるものとは思えないのですが
社会的な問題としては、それなりに堅実な段取りを踏まなければなりません。

623 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/08/20(土) 16:49:56
>>622

>当然に関西校開設など許可してはならないという立場です。<

ここの 反対運動の方々に支援のメールでも贈りたいのですが、

何処が良いのか解るでしょうか? 教えていただければ 助かります。ペコリ(o_ _)o))

624 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/20(土) 19:28:46
>>623 ネオ・エヴァンゲリオンさん

現地の活動状況に関して、活発な情報発信を行っているのは主に2つのサイトです。
反対運動の経過を時系列で追うことができ、さまざまな問題点について実に良く整理されていると思います。
この機会に、まずは是非じっくりご覧になって下さい。
(以下について、すでにご存じでしたら失礼しました)


北大津まちづくりネットワーク

http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/index.html


仰木の里まちづくり連合協議会

http://ooginosato.org/

625 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/21(日) 09:04:08
社会常識は決してカルト宗教学校の存在を容認しません。

第15条(宗教教育)
1.宗教に関する寛容の態度、宗教に関する一般的な教養及び宗教の社会生活における地位は、教育上尊重されなければならない。
2.国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。

国の教育事業は、日本国憲法第20条(信教の自由)を保障する観点から、宗教の社会的役割と、無宗教の自由を含めて個々人の完全な自律に委ねられているところの思想信教の内面的活動との調整をはかるために、宗教が有する意義を客観的に学ぶ重要性を認めて、日本の文化や伝統、倫理意識の深層ないしは基盤を形成してきた宗教的領域への穏健な理解を育むことを目指しています。

そうしてまずは、宗教を信じるか信じないか、また特定の宗派を信じるか信じないかということに関して、それらを許容して他宗教ないし他宗派を認めつつ、反宗教者に対することも含めて侮蔑、排斥することがない「宗教に関する寛容の態度」の育成と、主要な宗教の歴史、特色、世界における宗教の分布などの「宗教に関する一般的な教養」および、宗教が歴史上社会生活において果たしてきた役割や現在における社会的機能、その本質などの「宗教の社会生活における地位」が、一宗一派に偏することなく取り上げられ、「公の教育上」それらの知識が教育を受ける者の信教の自由にも充分に配慮された客観的態度によって習得されるようにすることが何より尊重されなければならないということを、宗教教育の指針として定めているわけです。

その一方で、教育基本法の上位規範である憲法の政教分離の規定から、国公立学校の宗教的中立性、すなわち宗教教育の限界(特定の宗教のための宗教教育ないし宗教的活動の禁止)を再度確認するかたちをとっています。

626 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/21(日) 09:07:46
>>626
自由主義の憲法を掲げる近代国家として国民の信仰の自由が保障されていなければなりませんが、憲法ではその信仰の自由の形態として、国家権力の作用に政治と宗教の分離という意味の政教分離の原則を採用しています。これは宗教を軽視した敵対的分離ではなく、宗教の意義を尊重した友好的分離であって、国家と宗教の分離自体に意味があるのではなく、双方ともにそれぞれ独立してそのうえで相補うことを目指しているものと考えられます。

したがってその理念を公の教育の中の宗教教育について実現するためには、国家権力の直接の主体である国や地方公共団体は、公立校において直接には宗派宗教教育を行なえないと規定すると同時に、宗派宗教に対しては私立学校において宗派宗教による教育の自由を認めておかなければならないということになります。それによって国家の制度としての教育事業が教育の自由とともに、より公共性が満たされることになるからです。

では、私立学校における宗教的中立性に関してはどのように考えられているかについてですが、今のところ直接具体的に言及されてはいません。そこで憲法第20条第3項および教基法第15条第2項の反面解釈として、私立学校でできる宗教教育とは公立学校でできない宗派宗教教育であると認識されおり、私立学校は学校教育制度の中で、特定の宗派宗教の教義と儀式の下に宗派宗教教育を実施することが認められていると解されます。

ただし、私立学校といえども、あくまでも国家の制度としての教育事業に参加しているのでありますから、その事業には当然に公益性が課されています。特定の宗派宗教の信仰を強制しないという大前提のもと、その宗派宗教教育を通じて宗教に対する寛容の態度や、理解力、判断力の養成を目指すのが教育目的であって、断じて特定の宗派宗教のドグマを教え込むことであってはなりません。少なくとも一条校の普通教育課程における宗教教育はあくまで「公の教育のため」であって、「宗派宗教の教育のため」であってはならないということです。


※一条校とは、学校教育法第1条「この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。」に掲げられている教育施設の種類およびその教育施設(学校)のことを総称したもので、「法律に定める学校」の範囲と解釈されており、一条校は国公・私立の別なく、公の性質をもつとされています。
一条校の教育課程は、文部科学省が「教育課程の基準」として公示する教育要領・学習指導要領に基づいて定められ、各学校の教育課程を定める際には、学校の設置者が文部科学省その他の官公署(都道府県の教育委員会、「市町村」 「特別区」「地方公共団体の組合」の教育委員会、 知事部局)が作成した「解説」や「手引」を参考にして大綱を定めて、各学校がさらに年間計画などの詳細を定めて提出することが義務づけられています。
また一条校の教員は使命と職責の重要性にかんがみ、身分は尊重され、待遇の適正が期せられるとともに、養成と研修の充実が図られなければならないとする規定もあります。

627 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/21(日) 09:11:06
>>626
「法律に定める学校」が行なう宗教教育については、特定の宗教宗派教育が許容されている私立学校に対しても、その公共性を鑑みれば、具体的教育内容がつねに広く国民に公開されるようにし、教育行政の監督下に置かれる状態を求めることは当然の要請と思われます。これは信教の自由とは別の問題で、教育内容の審査が行なわれないとしないとしたら、それは教育行政のだらしのない自己否定です。

住民説明会において、住民側は学園母体の狂団の反社会的カルト性に注目して、学園での未成年者に対する宗教科、創造探求の授業内容の公開を求めましたが、狂団は「秘伝のタレ」だなどと、およそまともな学校法人なら言わないような非常識な返答で拒否しました。

私立学校は個性的な教育内容こそが存在意義であって、それがより良質の生徒募集に繋がってゆくのですから、そもそも情報公開を躊躇う理由がありません。学校建設への理解と協力を得て、地域における教育機関としての信頼を集めてゆく意味でも、むしろ自信があれば積極的に示されるものでしょう。それができないのは狂団関係者自身が既に壊れてスクラップ同然の狂祖、大川隆法の病的な思想を建学の土台に据えていることの本質的限界、疾しさを分かっているからです。

私学審議会での議論が栃木県のような形式的な手続きで終わらないように、大津の住民側は幸福カルト学園の運営や教育実態の徹底的な調査と検討を粘り強く求めてきましたが、カルト学園副理事長の林雅敏の地元住民侮蔑の暴言や、狂団常務理事の蔵原徹志と清水建設による「やらせ」説明会強行など数々の不祥事が繰り返されたおかげで、行政側もさすがに黙認していられなくなり、私学審議会、さらには公聴会などで幸福カルト学園の実態が注視されることは避けられないでしょう。後にこの審議の過程が情報公開された時、半端な審議の事実が明るみになれば住民に対して行政は言い訳がたちません。また情報公開されるということは、遅かれ早かれどのみち幸福カルト学校の実態は世に晒されることになります。

狂団側としては到底応じられないでしょうから、証拠隠滅や指導記録の改竄、生徒保護者への口裏合わせなど行なう可能性もありますね。また、拒否する根拠として持ち出してきそうな対策として、私立学校法第5条を引いてくるかも知れません。


私立学校法第5条 「私立学校には、学校教育法第十四条 の規定は、適用しない。 」

学校教育法第14条「大学及び高等専門学校以外の市町村の設置する学校については都道府県の教育委員会、大学及び高等専門学校以外の私立学校については都道府県知事は、当該学校が、設備、授業その他の事項について、法令の規定又は都道府県の教育委員会若しくは都道府県知事の定める規程に違反したときは、その変更を命ずることができる。 」


私立学校法第5条の存在によって、あくまでも監督庁は直接には是正命令が出せないことになります。狂団側が殻にこもっていれば何とか逃げ切れそうだと考えるかも知れません。

しかし、今回の教育基本法の改正の中で私立学校について新たに「公の性質」を規定した流れから、私立学校の自主性は尊重されても、法令違反をしても私立学校法第5条によって是正する手段が消されていては、明らかにこの規定が法規として正当性がなく、法制上の制度として許容されることはないでしょう。

また、こうした議論を待つまでもなく実のところは公費助成に絡んで事実上是正措置を求めることは可能で、この規定を盾に取ることは私立学校としての自殺に等しいことでもあります。

628 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/21(日) 09:16:23
>>627
今回の教育基本法改正では私立学校に関する規定(第8条)が新設され、助成等による私学振興に関する法的根拠を私立学校振興助成法から教基法レベルまで引き上げました。私学助成については、特に宗教系私学に対する公金の支出について、憲法第89条「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」との関係で最近になってもなお疑義が提起され続けていますが、私立学校に「公の性質」を規定したことによって、憲法89条の「公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業」には該当しないことをとりあえず宣明した格好になっています。

私学助成の合憲性に関しては「公の支配」というものを厳格的に捉えるか、緩和的に捉えるかでその判断が正反対になります。

厳格説では、公権力がその団体の人事に関与したり、予算、事業の執行などの根本的方向について自主性が認められない程度の強い監督を及ぼすことのできる権限を有することが「公の支配に属する」ものと解釈するので、これによれば私学助成は違憲になりますが、一方で緩和説では団体の人事、予算、事業の執行などについて国あるいは地方公共団体による一定程度の制度的な監督が及んでいることをもって「公の支配に属する」と認め、私学助成を合憲と考えます。また制度趣旨からして、私立学校などに公金の支出を行なっても、本来それは国又は地方公共団体が行う事業であるので国費の乱費には当たらず、憲法に違反しないという説もあります。

この争点について最高裁判例は今のところ存在しませんが、下級審裁判例によれば

「憲法第89条後段に規定する『公の支配』に属する事業とは、国又は公共団体が人事、組織、予算等について根本的に支配していることまでをも必要とする趣旨ではなく、それよりも軽度の法的規制を受けていることをもって足り、私立学校について言えば、教育基本法、学校教育法、私立学校法等の教育関係法規により、その設置、廃止等についての法的規制を受けている場合には『公の支配』に属しているものと解し得るものである。」として、「およそ私立学校に対する公的助成が憲法第89条に違反するとの主張は、採用することができない」
(S61.5.28千葉地方裁判所判決)

「教育の事業に対して公の財産を支出し、又は利用させるためには、その教育事業が公の支配に服することを要するが、その程度は、国又は地方公共団体等の公の権力が当該教育事業の運営、存立に影響を及ぼすことにより、右事業が公の利益に沿わない場合にはこれを是正しうる途が確保され、公の財産が濫費されることを防止しうることをもって足りるものというべきであり」
「右の支配の具体的な方法は、当該事業の目的、事業内容、運営形態等諸般の事情によって異なり、必ずしも、当該事業の人事、予算等に公権力が直接的に関与することを要するものではないと解される」
(H2.1.29東京高等裁判所判決)

などと判示されており、現状の私学助成は憲法学会でも合憲と解するのが多数説になっています。

要は文理的な解釈ばかりでなく、「宗教とのかかわり合いをもたらす行為の目的及び効果にかんがみ、そのかかわり合いが右の諸条件に照らし相当とされる限度を超えるものと認められる場合にこれを許さないとするもの」として、「当該行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為」であるかを都度検討していきましょうというのが現状のスタンスです。

629 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/21(日) 09:19:31
>>628
いずれにしてもこの論理であれば、教育行政は私立学校の教育研究活動の内容を把握している必要があります。なぜなら、教育行政の怠慢により宗教団体の宗教的行為そのものに対して国又は地方公共団体が援助したり、公共の利益に反する事業を見逃がすことになる可能性があるからです。

宗教法人立の福祉施設や学園が「政教分離」の規定によって公的助成をほとんど受けられない一方、事業内容や役員の構成に違がないにも関わらず、「学校法人」とするだけで多額の助成が受けられてしまうのでは、私学助成を行なう納税者の国民の立場からしても、国民の前で納得のいく公共性の正当な保証の制度が必要なはずです。教育内容の情報公開など当然の要求で、これが果たせないなら一条校を名乗る資格はありません。

そもそも幸福カルト学園の教育内容の実態が狂団の伝道者養成なのですから、それは一条校の質ではなく、一般的にも各種学校の分類であり、本質的には単なる私塾にすぎません。

宗教系の学校には、一条校になる要件を充分に備えていながら、その建学の精神を堅持してあえて各種学校に収まっている、ある意味気骨のある学校もあります。喉から手が出るほどお金が欲しい幸福カルト学園には真似できない態度でしょう。


余談ですが、米国の憲法でも宗教系学校に助成はできるのですが、助成事業は厳格に行われており、判例では、宗教系学校に助成する場合には世俗的科目の教員の人件費を区分しているなら合憲とされ、宗教教義を教える教員の人件費が算定根拠の単価にあれば違憲だという極めてクリアな基準になっています。

630 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/08/21(日) 19:45:51
>>624

 ありがとうございました ペコリ(o_ _)o))

631 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/23(火) 22:39:28

2chのニュー速にスレが立っています。カルト学園問題なのでこちらに貼らせて頂きます。

春デブリφ ★:2011/08/23(火) 10:51:00.67 ID:???0

学校法人「幸福の科学学園」(栃木県)が大津市仰木の里東2周辺に13年開校を計画している関西校について、
住民団体「仰木の里まちづくり連合協議会」が19日、大津市役所で、目片信市長に学園建設に反対する
約3万人分の署名を提出した。

同協議会と市によると、目片市長は
「重く受け止めるが、法的に問題がなければ建設を止めることはできない」
と答えたという。

同学園は
「既に那須本校は開校している。関西校も近隣住民の理解を得られるよう誠意をもって対応していきたい」
とコメントした。


http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110820ddlk25040347000c.html


地方情報としてですが、いよいよ全国紙が取り上げました。

この情報に少しだけ補足しておきたいと思いますが、このカルト学園反対運動にはさまざまな側面があり
この目片市長が発言している「法的に」というのは都市計画法等に関することで、学園許認可の流れの中では一部分についてのことです。

現地の土地には「盛り土」の危険性も提起されており、住民側は清水建設に対してボーリングデーターの公表を要求してきました。

それに対して、清水建設側は住民説明会で、まだ計画が定まっていないからという理由で回答を避けているのですが、しかしこれは明らかにウソで
学校設置の許認可の手続きの流れでは、県への事前相談の後に申請書を届け出る際、建築基準法に基づく確認済証を備えていなければなりません。

建物の軽微な設計変更などは色々とありうるでしょうけれど、地盤の調査が済んでいないなどありえません。
それならば申請は受理されていません。清水建設ほどのゼネコンがアホカルトの言いなりになっているのには哀しみを禁じえません。

現地では清水建設の下請の某建設業者も同様にアホカルトのパシリになっているようです。
その他には某会派の議員などですね。
建設の利権に群がりアホカルトに魂を売った売国奴のほか、どうやら隠れアホカルトも咬んでいるようですね。

632 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/08/24(水) 12:45:37
>>631アルゴラブさん、誠実な投稿をいつもありがとうございます。

那須精舎建設を請け負った清水建設の社員が、部下を数名引き連れて精舎研修を受けに来てる話を聞いたことがあります。

伝統芸能のメッカ、歌舞伎座の建て直しを請け負う名門ゼネコンの社員の中に、カルト教団施設の利権に絡み、醜態を晒す者がいるのは残念なことです。

また、那須精舎建設の際に協力会社(下請けですが)で働いていた親戚の叔父が言っていたのですが、現場の作業員の間ではkkについて
「こんなのはインチキだから」
と、鼻で笑って作業をしてたそうです。
kk内では、箱ものを建てる理念として、建物自体が伝道していくことになる、などと言われていましたが、教団の箱ものが増える程信者が減っています。

kkが信用できない団体であることは、世間様はお見通しです。

633 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/08/28(日) 23:18:06

滋賀県の嘉田由紀子知事は26日、滋賀県庁にて住民側の幸福の科学学園建設反対署名約3万筆分を受理しました。
これまで再三にわたり署名の受け取りを嘆願していましたが、窓口の県総務課のレベルで門前払いをされてきたものがようやく行政のトップへの意思表示が叶ったかたちとなります。
知事としては法律に違反してまで反対できない立場であるものの、私学審議会において公正に審議を行なうことを明言しました。そしてその私学審議会が今週中に行われます。

学校設置の許認可の流れは2段階審査ということは以前に触れましたが、1段階目の審査にかける時間が通常であれば2ヵ月程度であることを考えると、4月に申請がなされた建設についての承認の是非を検討する審議会の開催に4ヵ月もかかっていることは異例でありましょう。
また4月以降の動きを観察してきた感触からすると、この間に予備調査や審議などが行なわれてきた様子を感じません。むしろこれからようやくテーブルに載るのではないかというくらいの印象です。

さまざまな自治体での私学審議会の議事録を読んでみますと、委員への形式的な諮問で済ませ、基本的には役人の描いたシナリオで進められているケースが多いことが分かります。
滋賀県でも総務課は面倒を嫌ってそのようにしたかったのかも知れませんが、もうそういう訳にはいかなくなりました。

今後の展開としては、とりあえずは審議会と知事による決断を待つほかはありません。
ただ少なくとも住民の反対運動のレベルでこうした程度のことまでできるのですから、「有識者」がそろって行なうなら、さぞかし綿密な調査と厳正な議論がなされなければウソですし、社会常識に照らして納得のいく判断を示してもらわなくてはいけません。

カルト学園はこの先はつねに、さらなる厳しい目に監視され続けることになり、議論が深まれば、どちらに転ぼうとも狂団のダメージは深まっていくことになります。
早めに引導を渡されてしまった方が狂団にとっては延命の道だったのかも知れません。
しかし、ねずみの集団自殺よろしく盲進しか能がない幹部達には、この先に待ち受ける真のカタストロフが見えていないようです。

個人的には、審議会のみでの調査には限度があるでしょうから是非「公聴会」の実施を検討して頂きたいところです。
そして学園創始者として、大川自身を参考人招致してもらいたいですね。
バカ狂祖をアホカルトの妄想村から娑婆の公開の場に引きずり出して、一般社会の面前で盛大にその異常性、反社会性を白日の下に晒すのです。

634 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/02(金) 23:42:02

1991年4月18日付けで、主宰と補佐宛てに出された書類があります。作成者はあの会員番号4番(職員番号2番)の山口篤です。
内容は狂団の立ち上げから草創期に関わりながら去って行った原、関谷両名についての報告書です。当時は「フォーカス」「週刊テーミス」「週刊Asahi」などの週刊誌に取り上げられ始めていた頃で、記事中でインタビューに答えている人物が彼らではないかとの考えから、古参職員としてつながりのあった山口に報告を求めたものでしょう。
(そもそも観自在力があるはずの人間が、部下の報告書がなければかつての協力者たちの経歴や心境が分からないというのもおかしな話ですが)

ここでは山口が知っている範囲での各人の略歴などが記載されています。内容を私なりに噛み砕きながら整理します。

原久子さんについてですが、精神的世界に向かったのは、もともと病弱、虚弱体質で、そのためどうしても内向的になりがちであったことが理由で、様々な宗教、思想に関心を広げる過程でヨガと出会い、その訓練を進めるうちに体質改善が叶ったとのことで、それまでの内向的な状態から逆に積極的な態度に転換していき、20代後半に高橋信次に出会ってからは、特にそうした傾向が強まったのでしょう。ただしその高橋信次が早世したことで再び宗教遍歴を始め、86年1月に潮文社社長の紹介で大川と出会っています。

その後は自宅の2階部分を改築して会の設立に寄与しようとしたり、87年の10月くらいまでは無給で尽力していたようです。

ただし元々は、必ずしも宗教や精神世界で生きていこうと考える人ではなかったようです。ヨガによって精神的にも肉体的にも好転してからは、武蔵野音大のピアノ科で学んで、将来はピアニストになることを目標にしていたのですが、高橋信次に師事して熱心に活動するようになってから趣向が変わっていったようですね。


そして関谷尚良さんについては、基本的にご自身の本のなかで語られている通りですが、まず原さんとの出会いはHSに遡る2年ほど前からで、知人の紹介で原さんのヨガ教室(原瞑想研究所)へレッスンに通うようになったことがきっかけで、高橋信次に傾倒するようになったのも同じく原さんの影響によるものだったようです。
「私は原先生のシェドラー(インドカーストの奴隷の意)です」と、冗談半分に関谷さんがよく語っていたと山口は述べています。ですから大川との出会いも、この方としては必然だったのでしょう。


狂団からの去り方ですが、まず原さんが89年4月頃に長期休暇願を出しています。表向きの理由は、HS内での仕事(当時は青年局長)と自身のヨガの仕事(幸福瞑想研究所)との両立が図れないためとのことで、そして静かにフェードアウトしていったようです。

一方、関谷さんは、総務局長だった88年の夏頃に右肩を脱臼し通院を重ねたものの改善がままならなず、89年の夏にロンドンに長期療養に行くと言って出国。89年9月1日付で関西本部転勤の辞令が出ていたが、帰国の意思がないと判断され解任となったようです。


そして山口は両名の脱会の理由について、直接に聞いていないから不明としつつ、原さんに対しては、関谷さんとの神託結婚が離婚になったこと。秘書から外されたこと。また初期から共に勤務し母のように世話を焼いてきた阿部さんが神託結婚を拒否して脱会していったこと。
関谷さんにも同様に、神託結婚が離婚になったこと。自社ビル提供の話が破算したこと。善川顧問との確執があったこと。関西本部への異動が不服であったことなどとし、両名とも神託結婚の不調も自分たちの不徳であるのに、それを責任転嫁し、主宰や会の方針に納得せず、不満、不信を募らせ信仰心を失ったと結んでいます。

山口にしてみれば、自分は須呂の彼女を神託結婚で紹介してもらった口ですから、さもありなんという総括です。
それに関谷、原両名が形だけの結婚で入籍していなかったのは狂祖も同僚も知らないことだったということも良く分かりました。

635 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/02(金) 23:46:18
>>634

今回、原さんについて新たに分かったこととして、本名は「小笠原久子」であって、理由は分かりませんが「原」は通称だと言うことです。
原さんが虚弱体質からの転換を実現したヨガですが、沖正弘さんという方に師事し10年近く訓練され、この沖氏の会では屈指の門下生であったようで、沖氏の著書「生活を正す」(S45霞が関書房)の中に「正しい治り方と救われる道〜近視は治るもの」と題した文章を本名で寄稿し、沖氏の指導を受けた者として名前を連ねています。

内容はヨガ訓練について体験談が具体的かつ詳細に記載されていて、原さんの人間的特徴も見て取れます。
沖氏が語って聞かせるヨガの本質的教訓に対しても誠実に向き合っている印象を受けます。
私は沖氏についてはまだ充分知りませんが、少なくともこのままであったら原さんも良かったであろうにと思いますが、沖氏からの教訓を受けていながら、その後は高橋信次、大川隆法へと流れていってしまうのですね。


原さんにしてみれば、本名含め今さらHSのことで過去を掘り下げられるのは心外でありましょう。口を堅く閉ざして、まるで他人事のようですらあります。
もちろん責任があると追及するものではありませんが、今回はじめて原さんの40年前の文章を拝読してみた感想から、現在でもなお高橋信次は捨てず、自らの団体を主宰して人々を導く立場に自分を置かれるのであれば、いったん総括しておかなければならないこともあるのではないかと率直に感じました。

恭子が霊声者の役をするようになるまでは、ほんの数回ですが確か原さんがやっていたことがあったはずです。

あの「パペピプペポパポ」っていうのは、大川の指示の「やらせ」じゃなかったのかと。

そうでなければ、人を教化するところに居てはいけないんじゃないかと。

636 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/09/03(土) 03:47:22
>>635
アルゴラブさん いつも、学ばせてもらってます。ありがとうございます。
原さんの下記の文章、見つけました。【勝手にコピー】ですが。

希望を叶えるスーパーメソッド 原アカデミー
代表 原 久子  まえがき

>多くの人々の幸せの条件の1つに「自分の希望が叶う」という
事が含まれていると思います。世の中には、その希望を確実に
叶えて幸せな人生を歩んでいる方々がいる一方、自分の希望が
なかなか叶わずいつも満たされず幸せを感じることができずに
人生を歩んでいる方々も沢山おります。
・・・(途中・・・飛ばしますw)・・・・・・・・・・・・・・
とにかく実践と継続が全てです。諦めず、偉大なる真我の力を信じて、
瞑想を続けて頂ければ『希望は次々と叶い幸せな現実が展開される』
でしょう。そして、私たち一人一人が真我と繋がり真我に導かれて幸
せになることが、周りの人々を幸せにし、そのような幸せな人々の集
まりが幸せな地域をつくり、幸せな人の多い地域の集まりが争いのな
い幸せな国・幸せな世界をつくって行けるのではないでしょうか。
                        原 久子 <

>『希望は次々と叶い幸せな現実が展開される』<

*こういうところが、どうかな?と思うのですが。高橋信次さんに対する信仰は
不変のようですね。ところで、きょう子さんの藁人形、が以前から気になるのですが
きょう子さんは、『原さんと酷使の関係』 を 疑っていたのではないですか?
差し障るようなら、返事されなくて結構です。「無記」ということでもw
ただの好奇心ですので。

637 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/03(土) 10:54:12
>>634-635
アルゴラブさん またすごい資料を発掘していただきあいがとうございます。
そうそう、原さんは小笠原が本名でしたね。確かに聞いたことがあります。

私は、最初期からの会員でしたが、その当時を振り返ると、原さんは、大川につぐNO.2として振る舞ってました。
それ故、原さんが言った言葉は、大川から言われた言葉であるとの認識で、種村夫婦(当時)などは、
原さんの「さん」という敬称に、「先生」という尊敬の響きがありましたし、
「原さんからこういわれた」と自慢げに吹聴しておりました。

また、最初期の講演会で司会をしていたとき、講演終了のアナウンスの中に
「大川先生はお釈迦さまの生まれ変わりです」なんて、スポークスマンの役割を担っておりました。

敢えて誹りを承知の上で私見を言えば、原さんは大川の宗教詐欺に荷担した極悪人だと思います。
要は、原さん自身も霊能的宗教マニアで、この人も騙されたのかもしれませんが、この人がいなければ、
初期幸福の科学が成り立たなかったわけで、大川との二人三脚で”騙しの科学”をつくっていったわけです。

人間的には霊能好きの、面倒見の良いおばさんだったのですが、それが利用され、また本人自身が積極的に荷担していったわけです。
いま、この人は、幸福の科学を去って以来、沈黙していますが(ヨガの本を出すだけで)
この人が、口を開けば、大川という稀代の妄想ペテン師が、どのようにイタコ芸を磨き、どのように人々を騙していったかの
軌跡が明らかにされるはずです。最初期の暗部をしっているのは、この人以外にはおりません。
その意味で、何とか、口を開いてもらえばと思う今日この頃です。

638 アルトハイデルベルグ :2011/09/03(土) 13:10:32
沖正弘氏
彼の中心思想は、心と体の心身相関であり、特に身体面からの探求が主体となっていました。
そのため、健康面で役立つ内容が多く含まれています。また瞑想修行も行っており、
悟りを究極目標としていましたが、本人が悟っていないこともあり、
彼の生涯の活動実績は、身体の矯正が中心でした。

彼は、愛の人でしたが、怒りの人でもありました。
彼には、身体に対する霊眼があり、悟りに至るための身体を創ることに長けていましたが、
残念ながら、心に対する霊眼はなく、終に悟りに至ることはありませんでした。

悟りに至るには、身体的側面の影響が大ですが、心の状態と、ある種のセンスが必要です。

原氏は、精神的なものに渇望が生じており、GLAや幸福の科学に傾斜していきました。
しかし、両教祖とも宗教を騙る詐欺師でした。

639 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/03(土) 21:07:34
実は沖正弘氏の三島の道場に行った事があります。
氏の晩年でしたので少しボケが入っていたのかもしれません。

私たち参加者の前で話をしたのですが、
「世界中のいろんな女を見てきたが、白人の女は肌が粗い。
俺がちょっと話をすればどんな女もこうだ(落ちるという仕草)」
などという話をしました。

そのあと脇にいた弟子が氏の質問にすぐ答えられなかったのが癇に障ったらしく、
持っていた竹刀で弟子を20〜30回、本気で叩き続けました。
弟子は直立不動で黙って叩かれていました。

全然聖者じゃなかった姿を目の当たりにして、失望して帰って来た思い出があります。

640 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/03(土) 21:26:51
この研修に参加する前、一個上の先輩が私のクラスに編入してきました。
沖ヨガの道場で住み込み修業のため、一年間休学していたのです。
当時の私は興味津々でしたので、息咳き込んで「どうでした?どうでした?」と聞きました。
しかしその先輩の口は重く、あまり話したくないという雰囲気でした。
また、「この間Aさん、Bさんという人のヨガの本を読んだんだけど、2人とも沖ヨガの出身者ですよね?」という問いには、
「いや、ある時一斉に弟子が辞めてみんな独立しちゃったんだよ」という返事でした。

話は変わりますが、格闘技の世界では、弟子はみんな独立して別団体を立ち上げますよね?
一説によると格闘家は誰でも心の底に、「俺の方がアイツより強い」という意識があるからなのだそうです。
一方宗教の世界でも同じ事が言えそうです。
「俺の方がアイツより悟りが高い」と感じている教祖さまが多いのでしょうね。

641 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/03(土) 23:58:55

ネオ・エヴァンゲリオン さん

>きょう子さんは、『原さんと酷使の関係』 を 疑っていたのではないですか?

恭子が大川と原の関係を疑っていたかということについては、私自身は否定的です。
根拠はそれなりにあります。まだ公開する時期ではないと思っているので、ここで詳細は明かせないのですが、所持する独身時代の彼女のメモの中に、大川の嫁に納まりたい願望を抱いていた彼女がライバルと意識していたのは高橋佳子ともうひとり峰村という人物の2名であったことが明記されています。

同じ文中で原さんに対しては「先生」っと呼んでいて、世間知らずの当時の彼女にとって、原さんは別の葛藤を生む存在として目の前に立ちはだかっていたようです。初期の方々にとって職員番号1の原さんの存在の大きさは、アイマイミーさんが補足して下さっている通りと思います。


先の大川の悪妻封印シリーズでは、脱会者を生んでいった過去の破局した神託結婚の責任を恭子に被せるような妄言があったようですが、関谷、原の神託や、阿部さんに伊藤真理子をあてがおうとする発想は恭子ではなく大川の考えなのです。
恭子も神託という手段そのものは手放してはいないものの、少なくとも恭子は初期においては、職員を人形にしてママゴト遊びでもするかの如くの大川のほどの態度ではなかったことは確かなようです。

ではなぜ五寸釘を打たせたのか?やらされた津久井も知らないんじゃないかと思います。
これについては本人に聞きたいところですね。もっとも理由を聞いたところで合理的な答えが返ってこない可能性も依然として残りますが。

とにかく理由はどうあれ人を呪ったのは確かなのですから、個人的には宗教家なんて名乗る資格はないと思っています。

642 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/04(日) 00:08:19

阿部さんの話の流れで、もうひとつ文書を紹介します。

1989年2月2日付で「阿部元講師に関する当会の基本的考え方」というタイトルのもので、本部職員から脱会した阿部さんに対する狂団としての統一見解を職員等に頒布したものがあります。
要するに欠席裁判の判決文ですね。

・基本的視点
幸福の科学の発展にともない、当会の講師もその発展に見合った多面的なレベルアップが期待されているところであるが、その発展的自己変革に対応できなかった。この点に関し、主宰より二週間の自宅反省を命じられたが、結局反省ができなかった。

・講師像の認識不足
当会の講師に要求されるのは、法の理解力、人格の安定度、指導力、信仰心、そして社会的常識等バランスのとれた人格であり、その認識が乏しかった。

・問題意識の欠如
上記に関して、発展的自己変革を主宰よりご指導いただいているも、その認識に欠け、自己の立場にこだわった。

・高級諸霊に関する批判的態度
自己の向上の課題として与えられた指導霊団からの結婚のすすめに関して、問題の本質を見誤り、自己の立場弁護的観点からこれを拒否、ならびに批判した。

・社会的常識の欠如
一旦婚約した相手や、その親族並びに職場の上司等に対する社会人としての配慮が極めて欠けていた。


職員が辞めていく時は昔も今もこんな感じで、好き勝手言われ放題ですね。
オマケに阿部さんの場合は気の毒に、フォークを握った変な後輩に凄まれて「眼の玉をくり抜いてやろうか」っと言われたりしてます。

何かともっともらしく言いまわしていますが、要は神託結婚を拒否して主宰の顔に泥を塗ったからということです。
それだけではなく、大川は阿部さんの力に嫉妬してもいたんでしょうね。
研修道場でのセミナーの際に、阿部さんの守護霊と称したものを信者の面前で吊るしあげるような卑屈なことまでしているのですから。

この頃から既にずっとカルトなのです。本質的には始めから何も変わっていません。

原さんが脱会を決意したのは自分の関谷さんとのこともあったでしょうけれど、息子のように世話を焼いていた阿部さんのこのような有様を見ていたことが最後の引き金になったんだと思っています。

カルト、邪教と認識して去って行ったはずです。
だったらそれを綺麗事のオブラートで包むより、その体験を伝えることが大事だと思うのですがね?小笠原さん。

643 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/04(日) 00:20:48

アルトハイデルベルグさん、エル・バカターレ さん

沖正弘氏について教えて頂きありがとうございました。
私はヨガの方面は一度も触れたことがないので、この方のことは今回初めて知りました。
HSとは直接関わりはないことですが、興味深いお話でした。

確かに手に入れた本でも、沖氏の性格や思想的な特徴は門下生が寄せた文章の中に、ご指摘されたような傾向のはしりが見てとれます。
ただこの本が出版された頃は、まだそれほどまでにはその態度において激しい劣化はないように見受けられました。

いずれにしても、決してひとつのものに拘泥しないことが大事ですよね。

644 hiraoka ◆Qj9gDP9F5c :2011/09/04(日) 01:33:30
アルゴラブさんと同じく・・・

>アルトハイデルベルグさん、エル・バカターレ さん
>沖正弘氏について教えて頂きありがとうございました。

エル・バカさんの情報にはたいへん驚きました!
これで、沖さんの「ヨーガ大全」を買いもらしたことを「幸いなこと」と得心いたしました。
ありがとうございます。<m(__)m>

アルゴラブ様、いつもありがとうございます。
わたしの所有するすべてのKK関係文書PDF処理が終わりました。
原さんの文書「原さん、このひと(きょう子)を調べてくれない・・・」は、どうしても見つかりませんでした。
もう一度、よくよく調べるつもりです。

初期資料のことで調べたいことがありましたら、どなたでも遠慮なくご一報ください。
できるだけお力添えします。

645 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/04(日) 01:54:08
hiraokaさん、こんばんわ。

沖正弘氏についてはここの話題ではなかったので、特に書いていませんでした。
せっかく話題が出たのでもう少し書いて見ようと思います。

私が研修に参加した時、女性幹部が講師として参加者の指導をしていました。
なんか、ツンケンした女性でした。
その女性幹部が私たちに言った言葉を今でも覚えています。

「私たちが今ここにこうして集まった理由は、沖先生という方に出会うためだったのです!」

がっくり来ました!

646 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/04(日) 02:10:04
4泊5日の研修でしたが、その間住み込み修行の20歳くらいの男性と知り合いました。
性格的に不安定なので、親から道場に預けられたとの事でした。

その彼の沖氏の評価です。
「沖先生は悟りを開いてるから、何にも感じないんだよ。
あの人は悪口を言われても悲しくない。
石、ぶつけられても腹も立たねえ・・・」

さっきの女性幹部についても言っていました。
「●●(名前は忘れました)は、あいつ、いつもうるさく威張っていて、好きじゃない」

なんと言うか、「乾いた発言」で、私の心も乾いた感じでした。

647 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/04(日) 02:25:50
研修のひとつに「滝行」がありました。
道場から歩いて10分ほどの所に、落差1mくらいの小さな滝がありました。
希望者が自主的に参加するだけで、特に指導者も付きません。

同室の2人と滝に行きました。
私は水に使っているだけで冷たくて震えていたので、滝には行きませんでした。
仲間の一人は水が落ちる滝の所に行って、合掌していました。
ところが30秒くらいすると体が冷えて倒れるのです。
倒れて少しすると意識が戻って立ち上がるのですが、また滝の所に戻って水に打たれます。
フラフラ、フラフラと7〜8回その動作を繰り返すので、私ともう一人は「ヤバイ!」という感じがして水から引き上げました。

体温が戻ってから聞いたところ、
「いや、寒くなって意識がなくなるんだ。でも、意識が戻ると『滝の所に戻らなきゃ』っていう考えしかなくて、何回も戻っていたんだ。
なんでだか、それしか考えがなかったんだ」と言うのです。

あの時はもう一人の仲間とゾッとしました。

648 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/04(日) 02:35:27
私の結論としては、
「普通の人は、あんな『超人願望』の所に近づいてはいけない」というものです。

ちなみに私が参加した目的は、当時「アダルト・チルドレン」でしたので、それを直したくて参加したのです。
そういうのもヨガで解決できるという話でしたので、参加したのです。
別に「超人願望」があった訳ではありません。

ただ、あんなものは全然場違い、効果なしだった事はみなさんに知っていただきたいと思います。

649 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/09/04(日) 05:49:56
>>641
アルゴラブさん  ありがとうございます。

>関谷、原の神託や、阿部さんに伊藤真理子をあてがおうとする発想は恭子ではなく大川の考えなのです。<

そうなのですか、現在の酷使様をみてると非常に 脳足りん に見えるので、そういう悪どいことを考える
思考力は無いのではないかとも思っていたのですが、初期においては今よりも、ズル賢かったのですねw
しかし、尊敬していた先輩を、藁人形を作って呪うほどになるというのは何があったのですかねw
宗教を学ぶような者が、そのような心境になるということ自体が理解できません。この件、ありがとうございましたOrZ

650 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/09/04(日) 09:11:23
>>648
>「普通の人は、あんな『超人願望』の所に近づいてはいけない」というものです。<

『超人願望』 これが 宗教、神秘主義の中の 最大の「過ちの根源の一つである』 と 法則として
思います。

651 ネオ・エヴァンゲリオン ◆86JSBCtd3c :2011/09/04(日) 12:42:05
>>634
>また初期から共に勤務し母のように世話を焼いてきた阿部さんが神託結婚を拒否して脱会していったこと。<

阿部さんって方は、今、どうされてるのでしょうか。きっと、深く傷ついたでしょうね。
2ちゃんで アンチ活動でもしてくれてれば 安心なのですがねw しかし、「目の玉えぐってやろうか」なんて
普通、言えないです。キチガイとしか言えない。

652 hiraoka ◆Qj9gDP9F5c :2011/09/05(月) 00:16:38
エル・バカさま
>私の結論としては、「普通の人は、あんな『超人願望』の所に近づいてはいけない」というものです。

仰るとおりです。オウムがまさしくその通りでした。
そしてKK信者さんたち共通の心理は「自分は大宇宙の真理を知った!」と云う、
これも『超人願望』がソフトにかたちをあらわしたものかもしれませんね。

ソクラテスは偉かった・・・
「わたしは知らないと云うことを知っている」←名言だ!
それにひきかえ犬川くんは「わたしは凡てを知っている」かのごとく言い、かつ振舞う。
そしてそれをいまだに信じようとしているあわれな信者さんたち・・・・
犬川君は多くの人たちの人生を狂わせてしまいました。
かれは反省したくらいでは返せないほどの負債を背負ってしまいました。

653 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/05(月) 22:36:18
みなさんが誤解しないようひとこと申し上げます。
適度なヨガは健康にいいと思います。

事実私が研修に参加した時に、台湾のヨガサークルのリーダーが見えていました。
その方(女性)が流暢な日本語で、「みなさん、私が何歳かわかりますか?」と聞くのです。
「まあ66〜7歳だろうな」と思っていたら、「私は今年80歳になりました」と言うのでビックリした事がありました。

まあ、そんなおばあちゃんでもまさか150歳まで生きたりはしないでしょう。
それでも平均寿命まで健康で活動的に生きられるなら、それは良い事だと思います。
一方で「求道ヨガ」と称して激しすぎるヨガをやった沖正弘氏は、
悟りも開けず、愛も体現できず、64歳で亡くなったようです。

654 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/07(水) 23:20:40

紀尾井町に総合本部があった頃、朝礼では一般職員の3分間スピーチなるものがあって、次に局長や本部長の訓話がありました。
91年のあの狂った伝道期の朝礼記録から一部を切り取ってその様子を少し紹介しましょう。

91.6.13 小澤本部長
昨日、主宰先生に、会の状況を全てご報告した。7/15までに、100万人全てが入金できるように、新たな思いで頑張って行こう。
私が支部に入った時の録音テープは、ことごとく推進局にさしとめられた。数だけの伝道を戒める発言をしたからだ。これ以上会員を苦しめたくなかったのだ。
ある人に、本部は二派に分かれているとも言われた。この苦しみは私の修行であった。

91.6.14 小澤本部長
昨日、地方本部長会議があり、一応100万人達成となった。その意義は、世間にとって驚異を与える点にあると、先生はおっしゃった。
「○長の○」が公称300万の時、実際は30万だった。「○○学○」が公称1700万の時、実際は250万だった。
当会は内容は30万かも知れないが、この数字を実質あるものにしていくことが大事。

91.6.21 白橋次長
先日、竹内局長が、主宰先生のお宅で夜の12時までお話を頂いた時の話を少ししておく。
当初、本年中に600の拠点を造る予定は下方修正され、3〜400に減らす。また、職員採用も6000の予定を1500にする。物事には財政の裏付けが必要なのだ。
毎日、事務センターからクレーム情報の電話をもらうが、その中に町田の市議会議員さんからの無承諾伝道の抗議があった。たどってみると支部職員がしたことらしい。

91.7.2 小澤本部長
事務センターからの情報でこんなトラブルがあったそうだ。
世田谷のある講師が会員さんの家に「あなたは今までいくら献金したか。また、これからいくら献金するのか」という電話をしたとのこと。
こんな馬鹿なことは邪教ですらしない。物施とはこんなものではない。こういうのを死に金という。
6月末で入金額が1億3千万しかない。つまり1万人しか入金していないということだ。
本来、月8億以上なければ企業であれば倒産だ。銀行などへの借金も30数億ある。
今、我々の信仰が試されている。「天よ助けたまえ」と強く祈れ。若手職員は薄給なのだから、少しずつ貯金をしなさい。
先生はもっと憲法を勉強せよとおっしゃられる。我々の税金で市などに会館が建っているのに、なぜ我々が使えないのだ。明らかに矛盾だと。

91.7.3 横田次長
本部では、局間ですらなかなか情報がまわってこない。とすれば、支部やチームでまわるはずがないではないか。

91.7.3 小澤本部長
月曜日に「若い天使の会」というのがあったそうで、その議事録をみると本部職員は嫌われているという。
現場のことも知らずに偉そうだとのこと。こうした声がなくなるように、現場との風通しを良くする方法を考えねば。

91.7.9 小澤本部長
今年、主宰奨励金は7/10にお出しできない。申し訳ない。
いま1億円しか残高がない。いま支部の在庫の書籍が11億円分ある。この商品券(図書券)を発行することをもってボーナスとしたい。分かって下さい。
今夏ご結婚なさる方で、どうしても現金が御入用の方は財務局までお手紙を下さい。


内容が大したことないので、ほんの少しだけ抜粋しましたが、それでも突っ込みどころは色々あると思います。
とにもかくにも、あの東京ドームのバカ騒ぎの背景では、こんな情けない有様が展開していたのです。
見かけ倒しのバブル宗教というのは正確な表現でしたね。

655 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/07(水) 23:24:11

さて、無承諾伝道の話がありましたので、もうひとつ内部文書の紹介です。以下ありのまま記載します。


地方本部長・統括支部長・支部長 殿
支部長限り  

91年6月12日 総務局 活動推進局

「 無 承 諾 伝 道 に つ い て 」


1. 無承諾伝道は、他人の名をかたり、会員申込ハガキを作成するという点で、形式的には、刑法第159条私文書偽造、同行使罪に該ります。但し、金額が低額であることや動機等を考えると違法性が軽微であり、これを警察が立件することはまずないと思われます。しかし、警察への通報が余りにも多数にわたった場合には、警察も放置できないと考える可能性もあります。その場合、私文書偽造等に問われるのは個人としての会員ですが、支部長等が組織的に無承諾伝道を指導しているようなケースでは支部長が共犯として、刑法第159条に問われる余地もあります。


2. 民事上は、無承諾伝道の法的な効果は本人には及びません。従って当然のことながら、本人に会費支払い義務は生じません。一般会員が無承諾伝道を行なった場合には、問題は本人と当該一般会員間のものに留まりますが、職員が無承諾伝道を行なうと「幸福の科学」に民法第715条により使用者責任が生じます。即ち、例えば氏名を昌用されたAさんが無承諾伝道によって精神的苦痛を被ったとして、慰謝料を請求した場合、職員個人の他「幸福の科学」も慰謝料支払い義務を負担します。

以上
※対外的に本文書の取扱いには気をつけて下さい。

656 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/08(木) 12:15:40
>>654
アルゴラブさん これはまたすごい資料の提示を感謝です。
私は、朝礼にはでませんでしたので、改めて驚きました。

9>1.7.9 小澤本部長今年、
>主宰奨励金は7/10にお出しできない。申し訳ない。いま1億円しか残高がない。

それでも大川隆法主宰猊下大先生様(爆)夫婦は、8月中旬,タイにご旅行にご出発。
現地で金額無制限のカードで買い物(貴金属)をしようとして提示したところ「断られた」と
竹内事務局長に国際電話してきたことがありました。
財政危機の本部にあっても、自分の給与、印税はきっちり確保している人でした。

なお、タイから帰国直後、講談社の記事「中川青年はノイローゼ」の記事=例の石原証言=に大激怒。
真実を暴露されて、自分の宗教家としての権威が失墜すると思ったのでしょう
8月31日(土)、急遽、予定外の出社で、講談社との戦争を指示しました。

それは、私がこの目で目撃していますし、アルゴラブさんも別の角度から証明されています。
http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/4/ ”フライデー事件勃発時、大川隆法の行動録。”参照
この日、東京本部のあったオリンピックビルで、職員などを前にしての、大川によるあの有名な
煽り演説がなされています。(ビデオに収録され、全国に出回る=後に、このビデオすらなかったとHSは言い張る)

アルゴラブさんの記述は、いろいろと思い出させて下さる、一級品の資料ですね。


フリーダムさん スレ違いですが
「91.7.3 横田次長」と書かれている人とかが拠点開発担当でした。いまでも横田の名前みたことがありますのでいるのかも。
不動産屋もしくはその関連の資格者です。この部署はリストラ時になくなっていました。

657 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/09/08(木) 13:27:18
>>654
貴重な内部資料ですね。感謝いたします。

>6月末で入金額が1億3千万しかない。
>本来、月8億以上なければ企業であれば倒産だ。銀行などへの借金も30数億ある。

以前、1989年に紀尾井町ビル移転時、資金不足により会員から献金を募った件を投稿しましたが、その後91年年初、宗教法人化の前だったと思いますが、会員間で集まった際、教団への貸付の話がありました。
(年利0、2%か2%か忘れてしまいましたが‥)
この時の貸付については、あまり話が広がらなかったので、集まった金額も少なかったと思います。

そして、91年の大伝道期に、大々的な宣伝を打って出て再び資金が枯渇したのですね。

この頃にも、献金の話が出ました。特には○○献金などの名目はなかったと思いますが、集金担当者のメモ帳に献金した人の名前と金額が書かれていました。
今回のアルゴラブさんの投稿内容と丁度時期が重なります。
総合本部がそういう状況だったのですね。

>>656
アイマイミーさん。
えと、信者から献金募ってる最中に海外旅行ですか‥。この教祖サマは何を考えているのでしょう。
ヒドい話です。

教団の資金が潤うのは、アイマイミーさんの告発にあるように、御本尊セールの大成功だったのですね。91年夏頃の献金は只の布施でした。私が見たメモ帳は、一番出した人が50万で、その他は少額でした。
その後、偶像販売は100万単位でポンポン売れるため[オイシイ]ということが分かったのでしょう。

それと、拠点開発についてですが、横田さんは存じません。
また、支部精舎建立は拠点開発と呼ばれる部署が設計に関わっていました。私は、この部署の業務詳細については分かりません。

支部精舎第一号は、2002年4月「岐阜支部精舎」となっています。
尚、2009年は雑誌リバティの裏表紙広告は、清水建設6回、間組3回となっていました。

658 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/08(木) 13:50:54
>>656 ことのついでに、講談社事件について

講談社事件の直接の引き金は、石原氏の「彼がまだ、商社にいるころでした。ぼくのところに、ノイローゼの相談にきました。」ではじまる講談社の雑誌記事。

これは、小澤理事長などは問題などしていなかったのですが、タイから帰国後、この記事を見て大川クン激怒。おそらく、教祖としての面目丸つぶれとおもったのでしょう。それで、講談社への全面戦争を指示しました。

恐らくは、財政難に陥った教団の不満を外敵にむけさせることによるガス抜きと、出自の関係から圧力団体のあり方をみていますので、相手を威圧してあわよくば金員をとろうという魂胆もあったと思われます。

この一連の動向は、小説仕立てになって書かれていますね。”小説 777はカルトの番号”
この第1章(ログの最初のほう)全体が講談社事件の記述です。
作者は ビッグライアー無敵の隆 さん http://maruta.be/bigliar11 がアドレスです。

659 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/09(金) 23:47:13

先の私学審議会では、幸福カルト学園についての問題は継続審議ということになったようです。
狂団メールでは、8月中に認可に至らないと大川の今世の事業は失敗に終わると煽って祈らせ、植福を巻き上げていたようでしたが、結局は実りませんでしたので、これで失敗に終わること確定ということなのですね?
それともまた設定変更でしょうか。

継続審議にも二通りあって、軽微な問題であるなら、とりあえず建設は承認して事業を進めさせ、後の審議の過程で改善を求めていく許認可事務の流れもありますが、今回はどうやら根本的な継続審議のようです。
つまりこの学校設置に関わる本質的な部分の問題が認識されたことによって、通常とは別の次元での慎重な調査検討が必要と考えられたということでしょう。

そもそも学校建設事業費の約44億円のうち、申請までしているこの時点においてまだ36億円も足りないと言って、危機を煽って信者への布施の深堀を続けるなど(いつものことですが)正気の沙汰ではありません。

普通は、常識的には、まず事業計画の段階で原資の調達を確実にするものですが、カルト脳では順序があべこべです。
まともな学校法人なら姉妹校設置にかかる財政的裏付けがないうちは事業の申請など行ないません。
カルト学校の理事会は、はじめからカルト宗教団体の信者の布施に依拠したトンデモな事業計画を立てていたということです。

最近では少子化によって財政破綻して閉校する私学も少なくありません。場合によっては民事再生の世話になる法人もあります。
信者の子息以外に生徒募集の見込みのないカルト学校など、設置する以前から破綻フラッグが立っているのは、よほどのバカでなければ自明の理でありましょう。
こんな学校を無批判に認可してしまうのは余りにもリスキーであり、破綻して被る滋賀県の教育行政、県民の不利益の方が甚大です。

4月に狂団が滋賀県に申請を行なった際、一度出直しになったようですが、何が引っかかったのかと考えていましたが、ひょっとすると資金計画なのかなとも思えます。
8月までに形振り構わず布施の巻き上げに執心したのは、資金の裏付けを示す必要があったからなのかと。でも、もはや金さえ集まれば乗り切れる状況ではありません。
つまり金があるかどうかでなく、それがどんな金なのかに疑義が生じていくということです。
狂団への依存が学園の死活的実態である以上、思想的な面のみならず、財務的にも狂団と学園が一蓮托生であることで、母体である狂団の信用調査の重要性がさらに高まったということです。

660 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/09(金) 23:52:11

さて、以下の文書は、本部の財務局のある者から大川の自宅詰め職員に向けて作成された指示書です。
記載者の名前はないものの、手書きなので筆跡から誰かは分かります。
一体何に怯え警戒し、何を隠そうとしていたのでしょうかね。


「 国 税 局( 税 務 署 )調 査 応 接 例 」  

調査官「○○国税局(○○税務署)の者ですが、幸福の科学出版株式会社(宗教法人幸福の科学)の代表者(主宰先生)はいらっしゃいますか」

当方「○○国税局(○○税務署)のどちらさまですか」

調査官「○○国税局(○○税務署)○○担当の○○○○です」
(後で報告しなければならないので、ちゃんと聞いて下さい)

当方「○○国税局(○○税務署)○○担当の○○○○ですね。誠に申し訳ございませんが、代表者(主宰先生)は、本社(総合本部)に出社しており不在でございます。私どもでは何も分かりませんので、本社(総合本部)に連絡いただければ幸いです」

調査官「連絡先を教えていただけますか」

当方「電話番号は03-○○○○−○○○○です」

調査官「失礼ですが、お電話をお借りしてもよろしいですか」

当方「恐れ入りますが、電話をお貸するわけにはまいりません。お手数ですが、公衆電話をお使いください。公衆電話は、あちらにございます」

調査官「次第によっては、説明をいただくこともありますので、ここから電話したいのですが」

当方「代表者(主宰者)の承諾がないと、居宅には入れず、調査にもかかれないと伺っていますので、ご要望には応じかねます。本日のところは、お引き取り下さい」



※調査官は、税金に関する専門家であり、調査経験も豊富です。また、優秀な担当官は、質問をするにも直接的な言い方をせず、周辺から状況を固めてきますので、質問に答えるときは特に慎重に解答して下さい。


※居宅に入るには、明確な理由と代表者(主宰先生)の承諾がなければなりません。しつこく言われる場合は、上司の氏名と連絡を聞き、総合本部財務局(○○○○-○○○○)まで電話をして下さい。その時も外で待たせるようにして下さい。

661 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/10(土) 00:26:24
>>660
アルゴラブさん
これはこれは、すごい資料を。
私も見たことがあるような(おぼろげな記憶)・・・
作成者は、国税出身のUTですね?

662 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/09/15(木) 00:14:36
アルゴラブさん、貴重な資料をいろいろありがとうございます。
ところで「主宰奨励金」とはどういうものなのですか?

>>654
>今年、主宰奨励金は7/10にお出しできない。申し訳ない。

663 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/15(木) 19:02:54

>>662 エル・バカターレさん、こんばんは。

主宰奨励金というのは当時の狂団で言うところの所謂ボーナスです。
給与規定では、給与とは別に、仕事の実績等に応じ、原則年2回(夏・冬)の主宰奨励金が支給されることになっていました。
これが当時の資金ショートの状況の中で、狂本専用の図書券の配給となった訳です。

しかし当時、もうどうしようもないくらいの大量の在庫で財務を圧迫していたのは「アラーの大警告」と「ノストラダムス戦慄の啓示」であって
その他の書籍は、当時はまだそれなりに価値があったので、そうした書籍が先にはけてしまうと、さらに支部の収益が悪化するということで
結局この図書券、できるだけアラー、ノストラで使いましょうなどと、やんわり指示付きで配られていましたね。

664 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/15(木) 19:30:08
>>663
主宰奨励金は91年捺の図書券で終わり、冬はありませんでした。当然給与も減額されました。
その査定は、人事部案に大川クン自身が赤鉛筆をなめなめ査定しておりました。

貸付金を強制的に布施に切り替えさせて約200億円くらいの資産が形成されると、94年くらいから、
最高幹部には大川クンの号令で給与が増額され、局長級は年収1000万円以上になりました。
当然、全員に賞与も支給されるようになりました。

96年には一度、引き締めのために減額措置が取られてますが、その後復活したと聞いています。
そうしたことを根拠に、また、特殊ルートからの情報をもとに、
理事・局長ならびに(役職のない)愛人でも、年収は最低1000万円以上はあると断言できます。

665 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/09/17(土) 13:34:22
資格セミナーの歴史

・司法試験を超えるものとしてのスタート
・資格セミナーの出題内容
(※1987年上級セミナーまで抜粋、投稿します)

◇1987年8月9日初級セミナー
・出題参考書籍 「幸福の科学入門」(小冊子)「神霊界入門」「空海の霊言」
・試験問題 客観式出題35問 記述式3問
(1)「神霊界入門」を読んで、小桜姫は地上の人間に対して、どのような努力をすることを期待していると思いますか。幾つかの要点を絞って説明してください。
(大川隆法主宰先生出題・採点、配点15点)

(2)「幸福の科学入門」やセミナーの講義を参考にして、「幸福の科学出現の使命」とは何であるかを説明してください。
(大川隆法主宰先生出題・採点、配点15点)

(3)「空海の霊言」を読んで、空海、天台、恵果、三大師の教えの特徴を個別に説明してください。
(善川顧問先生出題・採点、配点20点)

◇1987年9月13日中級セミナー
(※全文載せると長くなるため、以後、大川教祖の出題・採点、配点のみ掲載します)

・出題参考書籍 「小冊子・光明生活の方法」「キリストの霊言」「高橋信次の新復活」
・記述式出題3問
(1)セミナーの講義や小冊子「光明生活の方法」を参考にして、あなたの人生の問題点を要約し、その光明転回の方策を考えてみて下さい。
(大川主宰出題・採点、配点15点)

(2)「高橋信次の新復活」を読んで、あなたにとっていちばん印象的だった教えをとり出し、それに対してどう感じたかを説明して下さい。
(大川主宰出題・採点、配点15点)

◇1987年11月8日上級セミナー
・出題参考書籍「小冊子・ビジネス革命」「ソクラテスの霊言」「太陽の法」
・試験問題 記述式出題3問
(1)「太陽の法」を参考にしながら、あなたにとって「悟りの世界」とはいかなる意味を持つものであるかを説明して下さい。
(大川主宰出題・採点、配点30点)

(2)「ビジネス革命」や「太陽の法」などを念頭におきながら、新時代の価値原理、行動原理として必要な考え方を、あなたの言葉で説明して下さい。
(大川主宰出題・採点、配点30点)

※以上、1987年の資格セミナーの大まかな内容です。
この後、1988年中級セミナーから、客観式の採点は指導局に委譲されました。

また同年の上級セミナーでは記述式の採点も一部、指導局による採点となっています。
大川主宰・善川顧問による出題・採点は1988年上級セミナーをもって終了、1989年から資格セミナーは指導局による運営となったようです。

※尚、アルゴラブ氏の告発「大川きょう子氏による11月研修レポート」は、1987年茨城県大洗町で行われた「11月研修」(11月21日〜11月23日)[無限の光を目指して(テキスト・谷口雅春霊言集講義、希望の革命講義)]のものと思われます。

666 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/17(土) 16:55:28
666ゲットかな(笑)

>>665
フリーダムさん よくぞ資料を以ておられましたね。私は、87年のセミナー全部受け、上級が不合格。88年の上級だけ受けて合格でしたが、いま思えば、こんなの受けなければよかったと思いましたよ。

あの大川クン採点のセミナーは、職員選抜のための試験だったようで、上級合格後、合格者の集いなるものが開催されました。呼び出しがあったので、上京し(当時一時地方にいた)参加しましたが、私は、顔見知りが数人しかいなかったので、寂しく過ごしておりました(笑) 

その寂しそうな様子に、細川さんと、前田さんが、大川クンの所につれていってくれましたが・・・  まだ、あの時期は原久子さんが側近NO.1のように見えました。次が、細川、前田氏あたりか? その後、すぐ職員になってくれというお誘いの電話が何度かありましたが、断っておりました。

そして、職員になってから気付いたのは、私を誘った幹部はすでに退職しておりました。もうちょっと情報を集めていればとも思いましたね、そして、それから数ヶ月後に講談社事件で愕然としましたが、今更引き返せない状況でホント困りました。

やはり、間違った思想に染まってしまうと人生そのものも狂ってしまうんですね(;汗)

667 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/18(日) 10:47:44

大津市において行われた先週の四者協議で、以前よりカルト学園の建設候補地に対して、地元住民側から地盤の脆弱性に関する疑義が大津市、滋賀県に対して報告されていたにも関わらず、滋賀県総務課はその資料を握りつぶし、真摯に検証しようとする態度でないことが露見しました。

彼らの言い分はそれぞれこうです。

滋賀県総務課「大津市の判断を尊重する」
大津市「URが開発した土地だから問題がない」
清水建設「ボーリングデータは開示できない。地盤の安全性については計画地の開発工事を行ったURおよび大津市に確認いただきたい。」

個々に重責を負うべき者たちが、明らかに責任をたらい回しにしています。こうした態度では、行政に対する不信が増大しても無理はありませんね。

住民側の疑義は、なにも不安などという漠然としたものではなくて、具体的なデータを根拠になされているのですが、行政担当者や業者らは、こんな程度の説明で済まされると思っているのでしょうか。

これまでにURが行なった宅地開発造成に関しては、いくつかのトラブルが現にあるようです。過去に重大な社会問題になった事例として、建築士による、まさかと思うような耐震構造計算の改竄事件などがありましたが、この人たちは自分らの身にもそれらが起こりかねないことを想定できていません。


特に滋賀県総務課の姿勢には不可解な点が目立ってきています。
この四者協議の数日前に私学審議会が開かれ、さらにその数日前に住民の約74%にのぼる反対署名が知事に届けられていますが、その際に知事は、私学審議会で厳正に検討していくと述べられています。
それなのに、その後たった一度しか審議されていない状況で、住民側の根拠資料の検討を行なうつもりのないような意思表示を、許認可事務の流れの中ではあくまで事務方の立場でしかないはずの県職員が公言するのは、そもそもおかしなことです。
意思決定は知事と私学審議会の権能であるはずで、役人のそうした発言は越権であり、不当な支配に抵触するのではないでしょうか。
住民から知事への署名提出を門前払いして受け付けなかったのも総務課であったようですね。

ただ一方で、四者協議など本来の許認可の手続きの流れにはないにも関わらず、総務課自ら呼びかけるほど実施に積極的だったのですから、逆に本来の手続きの中に明文化されている公聴会の開催に消極的になる合理的な理由はないということになりますね。
そうでなければ恣意的に審議を誘導しているという疑義が拭い去れなくなります。

行政側は住民の不安解消に対して少なくとも責任は自覚しているのですから、県民の皆様はあくまで正攻法で、繰り返し学園の教育実態、および学園が資金供給元として依存する実質的経営母体である宗教団体の財務状況についても含めた行政調査の実施と、公聴会の開催の申し入れをし続け、あくまで回答を要求して行かれることが必要だと思います。

668 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/09/18(日) 11:23:58
>>666
アイマイミーさま。初期の資格セミナーは職員探しの意味合いがあったのですね。ありがとうございます。

1987年11月研修時のバイキング形式の昼食と思われる写真があるのですが、そこには細川氏と大川教祖、青いジャケットを着たボブヘアーの小柄な女性と高橋氏の四人が一列に並んで、食事を取り分けている様子が写っています。
大川教祖も初期の頃は気さくな一面があったようです。

ところで、最近入ってきた情報で、12月のさいたまアリーナ・エルカン祭を最後に外会場での大講演会活動は終了、以後は精舎で説法してゆくという話も出ています。(詳細は不明ですが‥)

話が変わりますが、最近[347HS]というサイトができましたが、そこではHSの裁判記録がまとめられていて大変参考になりました。
月刊誌幸福の科学1992年7月号p60〜63に講談社フライデー精神的公害訴訟、東京地裁第一回口頭弁論に関する記事が掲載されていました。
p62には原告側代理人弁論要旨、p63には景山民夫氏意見陳述要旨があります。

347HSの裁判記録によれば、教団側は大きく負け越したとあり、これは動かぬ証拠ですね。

ところが、大川教祖は2008年5/18江戸川支部精舎説法「自分を磨く」での信者との対話Q2[法律に関わる仕事」の質問に対する応答で、教祖は

・フライデー裁判では総裁の友達の(裁判官)関わった件では、会員の司法関係は当会の勝ちです。

・外務省などにコネをつけてます。

・最高裁と共存できる宗教を。(法曹界に)友人沢山います。

などと答えていました。
ありもしないコネや、大川教祖自らが裁判記録を偽って語っている訳です。
これでは、会内ではいつまでたっても正しい情報は得られませんね。

669 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/18(日) 13:36:10
日カルのコメント欄に「2ちゃんねるの使者」さんが長文の投稿をされていました。
現在の会内の事情に精通され、たいへん具体的で参考になりますので、こちらに転載をさせて頂きます。
(以下、連続投稿をまとめたものです)

滋賀県庁総務課ご一同様

拝啓 初秋の候、みなさまにおかれましてはますますご清栄のことお喜び申し上げます。

わたくしは現在大津市仰木の里に学園建設を進めている「宗教法人 幸福の科学」の信者でございます。総務課様におかれましては学園建設の趣旨を理解され建設を推進する方向で日々ご努力されていらっしゃると伺っております。

しかし一信者の目から見て、この学園は財政的な脆弱さから建設途中で頓挫または放棄されると見ております。わたくしはそうなった場合に建設を推進されておられる総務課の皆様方が糾弾されるお立場になるであろう事を心配するゆえ、今回筆をとりました。

現在、わたくしほか複数の信者から「幸福の科学」教団の財政悪化を指摘する証言が集まって来ております。そのいくつかをご紹介いたします。


(1)「幸福の科学学園関西校」の建設資金不足

幸福の科学の事業資金はすべて信者からのお布施です。出版事業も手がけていますが、出版物のほとんどは信者のまとめ買いですのでこれも形を変えたお布施です。一方学園の建設資金は44億円かかるのだそうですが、現時点で8億円しか集まっていないという情報が上がってきています。見かねた大川隆法総裁が自分の資産から6億円を学園建設のために寄付したとの情報も出てきました。教団は2010年初めから「関西校建設のためのお布施」の呼びかけをしていましたが2011年9月時点でもまだ30億円足りない状態です。


(2)「仙台正心館」建設を呼びかけてお布施を集めながら、建設をうやむやにした事

東日本大震災の津波被害を受けて、「亡くなられた方々の鎮魂とさらなる津波被害を調伏する」という謳い文句で教団は信者から多額のお布施を集めました。「仙台市内に『仙台正心館』という鎮魂のための集会施設を建てる。そのための土地は取得済みである。また別途中古物件のビルも仙台市内に取得した。こちらは『日本再建祈念館』として使用する」という話でした。信者達は喜んでお布施をして5〜6億円集まったはずです。しかしどうやら仙台正心館の建設は無期延期(うやむや)にして、中古物件の『日本再建祈念館』の方だけで誤魔化すようです。

この『仙台正心館』建設の話は2008年から出ており、当時もお布施を盛んに集めたのですが資金不足でうやむやになってしまった案件です。それが今回震災による津波被害があったため、急遽引っ張り出してお布施集めの口実として使われました。中にはひとりで1億円のお布施をされた信者さんもおりますが、お金を集めておきながら建設はしないようです。それらのお布施はおそらく教団の運転資金に使われるのでしょう。


2つの施設の所在地情報を記載いたします。
『仙台正心館』 (ttp://bit.ly/pHpUSw)
  宮城県仙台市宮城野区小田原1-8-25
  旧・雪印ビル
『日本再建祈念館』
  宮城県仙台市宮城野区榴岡1-5-28
  旧・学校法人仙台学園モイジャパン美容専門学校


ちなみにこの『日本再建祈念館』で、去る9月11日に「東日本大震災慰霊祭」が行なわれました。宮城県の地元紙『河北新聞』9月7日版にもこのような広告が載りました(1日で抹消されるので要ダウンロード)。
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0422252-1316277129.jpg

この広告の「どなたでもご参加いただけます」、「香典などは不要です」という文言を見ると、信者以外の一般の方の参加を呼びかけている広告です。しかし信者であるわたくしの受け取ったメールにはこのような記載があります。

「①まず『追悼のしおり(供養書)』を「感謝奉納」で受け取ります」。「②次に「『仙台正心館建立祈願』をお受けいただきます」。

①の『感謝奉納』ですが幸福の科学は紙幣でのお賽銭のみ受け付けるような設備にしていますので「最低千円」入れないとバツが悪い雰囲気を演出しています。②の『仙台正心館建立祈願』はたしか1万円単位のお布施です。新聞広告を見て、津波で亡くなられた方を弔いに来た一般の方は『仙台正心館』の建立など全然関係のない話です。ですが、幸福の科学はこのようなやり方でお布施を集め、あわよくば慰霊に来た一般の方を信者にしようと活動しています。

670 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/18(日) 13:39:13
>>667
アルゴラブさんのご意見が重要だと思いますので、簡単に書きます。

>>368
フリーダムさん
>2008年5/18江戸川支部精舎説法 質疑応答2の
関連の資料がありましたら、後日でも結構です。ここにアップしていただけませんか。
それにしても、大川クンの発言は、もはや妄想を通り越して、精神に異常を来していますね。東大史上最大の落ちこぼれに、法曹界や行政キャリアに友人がいるはずはありませんから(爆)その上、司法をコネでねじ曲げるとは、この発言、山口弁護士や、渡辺弁護士に伝えときましょう。

671 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/18(日) 13:39:32
>>669 2ちゃんねるの使者さん「滋賀県庁総務課ご一同様」続き


(3)『赤坂未来創造館』建設目的でお布施を集めながら、うやむやにしている件

幸福の科学は2010年に『赤坂未来創造館』建設を謳って信者からお布施を集めました。土地は取得しているようですが、今だ建設着工の話は出ていません。この建物には幸福実現党本部、HS政経塾、幸福の科学大学の一部が入る予定との事でしたが、現時点でどの団体も所在地情報に赤坂は入っていません。集めたお布施は他目的に流用されたようです。


(4)幸福の科学の支部がどんどん閉鎖されている件

幸福の科学は全国に400近くの支部を持っています。その支部は2つに分類されます。教団用語で言いますと、『支部精舎(自前の建物)』と『支部(賃貸の建物)』です。最近『支部(賃貸の建物)』の閉鎖が目立っています


幸福の科学のHPに全国の支部や支部精舎の一覧があります。
ttp://www.happy-science.jp/shoja/location/index.php
この一覧の中に「番地が書いてある支部」と「番地がない支部」があります。このうち「番地がない支部」はすでに閉鎖されている可能性があります。滋賀県ですと以下の3支部があります。このうち草津と今堅田は閉鎖されている可能性があります。電話は生きているようですが、転送電話にして他支部で受けている可能性があります。実際に現地に行って看板があるか、人が常駐しているか確認する事をお勧めします。

  滋賀草津支部 (滋賀県草津市)
  彦根支部 (滋賀県彦根市平田町83-9)
  琵琶湖西支部 (滋賀県大津市今堅田)

「学校法人 幸福の科学学園」の話ではなく「宗教法人 幸福の科学」の話ばかりいたしましたが、両者は登記上別団体になっているだけで、実態はまったく同一団体です。学校法人の収入はすべて宗教法人に頼っております。信者は学校法人のためという名目でお布施をします。この構図は「政治団体 幸福実現党」も同じです。

宗教法人の財政が悪化している以上、学校法人の財政もかなり悪化していると見て間違いありません。わたくしの見るところ、「学校法人 幸福の科学学園」には関西校を建設する力はありません。仮に何とか開校できたとした所で、その後の運営資金がショートするでしょう。また生徒が継続的に集まるとは到底思えません。わたくしは持って2年以内に学園は破綻すると見ています。

公務員の皆さま方にこの心理はわかりづらいかと思いますが、民間の会社で資金繰りが悪化して、このまま行けば倒産するかもしれないという会社はこういった無謀な事業をぶち上げます。大事業をぶち上げる事で融資を受けようという目論見や、自分自身が「これで世間の評価が上がるはずだ」という淡い期待にすがりたいからです。ですが民間のわたくしから見て、幸福の科学グループは「倒産寸前」です。皆さま方は沈没する船に乗ってはいけません。

皆さま方は「何を守ろう」としているのでしょうか。わたくしは「皆さまがNOと言えない筋からの要請があったのだろう」と理解しております。わたくしも身内に公務員がおりますのでその辺の事情は察します。あえて申し上げますが、皆さまが守るべきは県民・住民の利益ではないのでしょうか?

ですが一信者の目から見まして、「宗教法人 幸福の科学」は2年以内に「破綻」いたします。その時糾弾されて責任を問いただされるのは皆さま方であり、「皆さまに要請された方」だと思います。昨今は「地方自治体でも破綻する時代」です。「とりあえず今をなんとか切り抜けられれば大丈夫」ではなくなってきています。またメディアの進歩によって、「個人が情報発信できる時代」になってきております。中東の「ツイッター革命」に象徴されるように情報があっという間に世界中に広まる時代です。

わたくしは皆さま方、そして「皆さま方がNOと言えない方」を守るために、学園建設をうやむやにして流してしまう事をお勧めいたします。まず皆さま方で教団の財政状況をできる限り調査するのです。その上で「皆さま方がNOと言えない方」に「これはヤバイですよ」と進言するのです。

その上で表面上は建設推進を進めながら、「反対派が強すぎて残念ながらうまく行かなかった」という状況を演出するのです。これぐらいはやって良いでしょう。皆さまは潰れるとわかっている団体と心中してはいけません。幸福の科学は責任を取らない集団です。仮に破綻しても校舎の解体費用など出さない事は、信者のわたくしが保証いたします。

皆さま方のさらなるご多幸をお祈りいたしております。  敬具
2011年9月18日2:07

672 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/18(日) 14:02:38
アルゴラブさん、日カルからの転載ありがとうございます。
私も転載しようと思っていたところでした。
2chの書き込みで紹介されていたのを見たので・・・。

以下コピペです。
ルチアさん、2ちゃんねるの使者さん、お疲れ様です!
ーーー

120 名前: 2ちゃんねるの使者 ◆YZVUCW8eDzJ2 [sage] 投稿日: 2011/09/18(日) 02:30:23.37 ID:KrhO5Xv/
>>1 旅人さん
スレ立てサンクス!

ルチアさん、
あなたの情報をもとにした意見を「やや日刊カルト新聞」に投稿しておいた。
転載の承諾、ありがとう!
http://www.blogger.com/comment.g?postID=824148443901698530&amp;blogID=8397707658989947714&amp;isPopup=false&amp;page=10

それに杉山真大さん、情報提供ありがとう!
あなたの情報にも基づいて、コメントを構成させていただいたんだ!

いやあ、みんな、信頼できる人でいいなあ・・・!
ーーー

673 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/18(日) 15:50:54
>>667 >>669 >>671 の追記

前にも述べましたが、狂団内での、この関西校の44億の経費のうちまだ30億も足りないとして行う信者への布施の催促は、狂団得意のいつもの瀬戸際戦法であって、さすがにネタだと思っていたのですが、しかしどうやら本当のことだと分かってきて呆れかえります。

学校経営は継続性、安定性を最も重要視されますから、その原資もまたそうしたことを担保する質である必要があります。
財源の裏付けのない、こんなお粗末な事業計画が審議のテーブルにのるなど前代未聞のことです。


建設予定地になってしまっている大津市の方々だけでなく、滋賀県民の皆様に。
皆さまがこんな学校への私学助成を認めるのかどうか、真剣にお考えになることをお勧めします。
皆さんの税金が投入されるのです。学校法人破綻の一番の要因は資金ショートです。
こんな学校が仮に建設され近い将来破綻した際、そのツケは皆さんが被り、尻拭いをさせられることになるのです。

674 774 :2011/09/18(日) 17:11:15
赤坂未来…思い出しました。
ありましたね…

675 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/09/18(日) 17:19:38
こんにちは。上記投稿の数々、圧巻です。
更新遅れてますが、HSleaksにも転載させて頂きますね。

676 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/19(月) 00:03:43
>>668
フリーダムさん 

>1987年11月研修時のバイキング形式の昼食と思われる写真・・・ボブヘアーの小柄な小柄な女性
恐らく、彼女は原久子さんでしょう。

>大川教祖も初期の頃は気さくな一面があったようです。
これはそうだと思います。私は日常的に話が出きる立場似合ったのですが、講談社事件を契機に、次第に権威主義的な色彩が強くなってきました。外敵(マスコミ)?に対する対する防御と、奥さんの影響があったと思われます。

教えて下さい。

>12月のさいたまアリーナ・エルカン祭を最後に外会場での大講演会活動は終了・・・
96年のイノベーション時に、対外的講演会はおこなわなくなりましたが、いつの時点で講演会活動は再開したのでしょうか?
96年のイノベーションでは、法衣とよばれたチンドン屋の格好はやめる(社会的常識に照らして)、ドームなどの講演活動もしないと宣言し、組織の見直しを行い、支部長を主宰(当時)の直参とする、行使◇の見直し、給与ダウン等を行いました。そして、大川クンの引きこもり生活のスタートとなりました。

その後は、ファルコンさんの告発を見て驚きましたが、脱税と愛人囲い込み運動に没頭していたようですね(爆) 歴史は繰り返すHSですから、似たようなことをやると思います。

もう一つ 670でも書きましたが
>2008年5/18江戸川支部精舎説法 質疑応答2の
関連の資料がありましたら、後日でも結構です。ここにアップしていただけませんか。

それにしても、大川クン、本当に法学部なのかと疑いたくなりますね。裁判官独立の法則を知らないようで(笑)
−−裁判官は,独立して裁判権を行使し,その職務に関して他から干渉を受けることはなく,他の公務員のように上命下服の関係はない。

677 フリーダム ◆yRuYWNMq4. :2011/09/19(月) 11:28:18
>>676
アイマイミーさま。
1、講演活動再会について
東京ドームでの講演は1995年12月[未来への選択]が最後となっています。1996年7月の生誕祭[光は闇を超えて]からはビデオ拝聴になりました。
(光は闇を〜のレジュメがありますので機会があれば投稿します)

「巡錫」と呼ばれる講演活動を開始したのが2007年6月広島支部[明るく生きよう]からです。
1995年から2007年の間は、何度か精舎などで職員・信者の前で説法を行っています。

一般会場での講演会は、青年・学生を対象に2009年5月に行なった[勇気百倍法]日比谷公会堂(2000名)からです。こちらは、一般参加者が何名いたのか不明ですが、日比谷公会堂の講演会後、会場内で入会した一般の青年・学生は一桁台だったと記憶しています。
(一般若年層への大川教祖の感化力はその程度です)

2、江戸川支部巡錫・信者との対話質問2について。

手持ちのメモにはこれ以上の情報はありません、すみませんです。

678 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/09/19(月) 12:12:16
>>677
フリーダムさん ありがとうございました。
1996年から2007年5月まで、11年以上も実質的な引きこもりだったわけですか。

その間、ファルコン氏の告発によれば、鬱が進行し、ドグマチールの世話になったり、心臓病で倒れたり、夫人との確執、愛人(第一次喜び組)の囲い込みと、”火宅の人”で忙しかったわけですね。そして、どなたかの告発で、胃ガンを患っていたと言うことまでがわかってしまいましたが・・・

そして、2012年からまた引きこもりですか。2009年の総選挙からの”躁”の状態がおありに近づき、また鬱の世界に戻るのかな? それとも曹操理事長によって、隆法王が廃位されるのか見物です。恐らく、カネが集まらなくなっているのが”ご心痛”のようでっすね。いずれにしても教団は自滅の方向に向かっています。

679 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:32:12
やや日さんより、コメント転載します。

匿名 2ちゃんねるの使者 さんは書きました... 2011年9月19日3:02 〜

滋賀県庁総務課ご一同様

前略 昨日「幸福の科学の資金難」についてご報告させていただきましたが、本日新たに教団の資金難を補強するような集会が全国の支部で行なわれましたので、改めてご報告させていただきます。
本日の集会の内容を取り急ぎまとめましたので文面が乱れております事はご容赦ください。

本日行なわれた集会は「川島生誕館建立記念大会―大黒天発願供養式典―」という集会です。
(おそらく)メイン会場は徳島県にある「聖地・四国正心館」に併設された幸福の科学の2番目の霊園「聖地・来世幸福園」の礼拝堂です。
その模様を全国の支部(賃借施設)・支部精舎(自前施設)・精舎(研修施設)・正心館(集会機能を持つ研修施設)へ衛生中継された集会でした。

幸福の科学総裁の大川隆法氏は徳島県川島町の生まれですので、教団は徳島県及び川島町を「聖地」と呼んでいます
(ちなみに大川きょう子夫人の出身地、秋田県由利本荘市は「準聖地」とされてきましたが、今回の離婚裁判に至る夫婦間のトラブルで、「準聖地」の呼称は外されました)。

本日の集まりは大川隆法氏の生誕地である徳島県川島町に、教祖である大川隆法氏の生誕を顕彰する施設、「川島生誕館」を建設しようという趣旨の大会です。
「そのためにみんなでお布施をしよう!」というのが本当の趣旨でした。

680 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:34:21
>>679 続き

総務課職員の皆さまのご参考用に、本日配布された資料をアップロードいたします。一日で削除されますので早めにダウンロードされますようお願いいたします。

1.大黒天誓願書
私は教団に毎年1千万円のお布施をできる信者(=大黒天)になる事を誓いますと宣言する書類
http://iup.2ch-library.com/i/i0423288-1316367984.jpg

2.川島生誕館建立祈念植福 誓願書
「川島生誕館」のためにチェックを入れた金額をお布施する事を誓いますと宣言する書類。一口は一万円を意味する。
http://iup.2ch-library.com/i/i0423289-1316367984.jpg

3.関西校設立祈念植福 感謝の奏上
関西校設立を許してくれた大川隆法氏に感謝し、その気持ちをお布施で表わしますという誓約書
http://iup.2ch-library.com/i/i0423290-1316367984.jpg

4.生誕館建立祈念 聖地巡礼研修
徳島県にある研修施設「聖地・四国正心館」の研修PR用パンフ。1泊2日で3万円。
http://iup.2ch-library.com/i/i0423291-1316367984.jpg

681 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:35:36
>>680 続き
(同じレスにURLを入れるのは4つまでなので分割しました)

5.生誕館建立祈念 『未来への指針』公案禅研修
徳島県にある研修施設「聖地・四国正心館」の研修PR用パンフ。1泊2日で3万円。
http://iup.2ch-library.com/i/i0423292-1316367984.jpg

6.支部用祈願書(表)
経済繁栄、病気平癒などがある。5千円
http://iup.2ch-library.com/i/i0423293-1316367984.jpg

7.支部用祈願書(中)
基本的に大川氏への感謝を書いてから祈願する
http://iup.2ch-library.com/i/i0423294-1316367984.jpg

8.奉納袋
お布施はこれに入れる決まりなので、硬貨ではなんとなくバツが悪くなる仕組みである。
http://iup.2ch-library.com/i/i0423295-1316367984.jpg

9.奉納した金額と氏名を記入する紙(No Upload)
記入して奉納袋に入れる紙。これで誰がいくら入れたかバレバレになる

682 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:37:16
>>681 続き

次に本日のプログラムです。第1部と第2部があります。第1部は衛生中継で全国の信者が同じ内容を視聴しました。

<第1部>衛生中継
13:00 (10) 「エル・カンターレへの祈り」唱和 *1
13:10 (10) 転法輪蘭 副理事長講和
13:30 (20) 西川栄司 常務理事講和
13:50 (10) 発表 徳島支部 竹尾あけみ氏 *2
14:00 (15) 「世界伝道のための祈り」 *1

*1 導師 伊藤真道館長
*2 2009年衆院選にも立候補した名物信者

転法輪蘭氏(女性、名前は法名)、西川栄司氏、竹尾あけみ氏の話の内容はほとんど同じです。
要するに「宇宙の創造神、地球最高神、仏陀の生まれ変わり、主・エル・カンターレ、大川隆法先生が私たちと同時代に生まれてくださったのはまさに奇跡です。
感謝してもしきれません。主を称えるのは弟子の使命です。主が徳島県川島町に生まれてくださった御慈悲に仏弟子全員で感謝いたしましょう。
主が生まれてくださった川島町に『川島生誕館』を建てましょう。そしてこの川島の地をエルサレムやメッカのような『聖地』にいたしましょう。
『川島生誕館』を建設する事が千年後、2千年後に世界中から何百万人も巡礼に来る聖地にするための第一歩です。ですからみんなでお布施をしましょう」という内容です。


第1部の最後に司会者がこのような言葉で締めくくりました。

「現在関西校はまだまだ予断を許さない状況。10月下旬の着工がひとつの勝利の節目。
信者のみなさんから支援の祈りや多くのお布施を頂いているが、
関西校も「川島生誕館建立」と同じくらい大事な事業なので、ご協力をお願いします。
また12月の「エル・カンターレ祭」の成功も大事な事業。こちらも「川島生誕館」と同じく頑張りましょう。
そして、主(=オーカワのこと)から特別に許された、聖地への「川島生誕館建設」という事業も頑張ってまいりましょう!」

683 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:39:16
>>682 続き

私は司会者の言葉に2つの可能性を見ています。

ひとつは学園関西校の建設資金が本当に足りない事。
ですから今回の『川島生誕館』のお布施集めも単なるカネ集めの口実で、集めるだけ集めて、『生誕館』を建てないか、
チャチな建物で誤魔化すかで関西校建設資金に回すのだろうという可能性。

もう一点は関西校建設資金はあるが、教団資産を減らしたくないために、危機を訴えてお布施を集めているという可能性です。
私の見立てでは教団はあと100億、200億くらいは動かせるはずです。
ですがなるべく資産を減らしたくないので危機を訴えているという可能性です。

どちらにしても資金繰りが悪化している事に変わりはないのですが・・・。

<第2部>支部ごとのプログラム

衛生中継は1時間15分で終わり、その後はそれぞれの支部が企画したプログラムが行なわれました。
私の支部では(4/13)〜(6/13)で配布された資料に基づいて、「川島生誕館建設の成功を祈る儀式」が行なわれました。

表向きは「川島生誕館が無事に建立されますように」と祈る儀式ですが、実は巧妙な心理誘導のトリックが隠されています。

信者達は祈りの儀式の前に下記の誓願書に「誓いの言葉」を記入する事を誘導されるのです。

1.大黒天誓願書
2.川島生誕館建立祈念植福 誓願書
3.関西校設立祈念植福 感謝の奏上

これらの書類はすべて、「私は『川島生誕館建立』のために、○○万円のお布施をする事を誓います」という誓約書です。
これを書いた上でご本尊の前にひとりづつ置いてゆくのです。職員からは「別に今日お布施しなくても良いのです。
ただ「総裁先生のために何とかお布施できる自分になりますと誓う気持ちが大事なのです。
ですからみなさん、本日お布施できないなどと気にする必要はないのです。
しかし、『自分は絶対お布施なんかできない』と自己限定する気持ちがいけないのです。
みなさん、そんな小さな自分にサヨナラする意味でも、思いっきり大きな金額を書いて豊かな自己像を描きましょう!」と誘導されます。

しかし職員のこの言葉を真に受けて、誓願書に大きな金額を書いてしまった日にはあとあととんでもないことになるのです。お布施が出せないと職員からこんなふうに脅迫されるのです。

「○○さん、あなた、誓願書に『●●万円お布施するよう頑張ります』とご本尊の前で誓ったじゃないですか。あの誓いは嘘だったんですか?あなた、本当に信仰心はあるのですか?」
滋賀県庁総務課ご一同様、幸福の科学の現在の状況はこんな感じです。

684 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/09/19(月) 15:42:13
>>679->>683

以上でやや日さんからの転載を終わります。

やや日さんの以下の2ページより転載いたしました。
1ページに200コメントと、なかなか量が多いですが他にも興味深いコメントがたくさんあります。
2chのようなエロコピペ流しもないようですし、お時間があれば覗いてみてはいかがでしょうか。

http://www.blogger.com/comment.g?postID=824148443901698530&amp;blogID=8397707658989947714&amp;isPopup=false&amp;page=10
http://www.blogger.com/comment.g?postID=824148443901698530&amp;blogID=8397707658989947714&amp;isPopup=false&amp;page=11

685 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/19(月) 18:26:46

先日の大津での四者協議のあと、狂団の職員が地元の反対住民のひとりの女性を呼びとめ、教えてもいないはずの個人情報を、当事者に向かって告知する事件があったようです。

このカルト学園事業に当てられている職員で確認されているのは以下の連中です。
林雅敏・横田堅一郎・立木昭・金谷昭・吉成昭・山道清和・土屋倫美・蔵原徹志

このうち住民の女性を恐怖させた者は一体誰でしょうか。
やはり狂祖がアレですから、追随する者も自ずと同類にならざるをえんのでしょう。カルト宗教の職員ですから、今さら誰がやろうが驚きはしませんが、「偉大なる常識人」を目指しながら長年カルトに浸った挙句、いい歳した大人が「あなたのことは全て知っていますよ」的なストーカーまがいの行為をしているのですから、この宗教が作り出す人間の仕上がり像として実に分かりやすいサンプルです。

県の職員は、対話を通じて住民の不安は解消されるなどという現状認識でいるようですが、カルト学園関係者のこういう実態を見ても、まだ同じ事を言い続けるつもりなのでしょうか。実態を知ろうともせず、住民に向かって安心を説くことなど公務員にあるまじき欺瞞ですね。


今回見えたカルト職員の手法ですが、理性の劣化のかわりに、卑屈、卑劣さには磨きがかかっているようで、筋金入りの悪辣さです。

個人情報保護法はいわゆるザル法で、不正行為に対する抑止としては、ほとんど何の効果もありません。現在の個人情報保護法には、どのような手段であろうと、知り得た個人情報の利用を禁じる規定がなく、「偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない」(同法第17条)としているものの、それは取得の方法が問題にされているだけで、得られた個人情報の利用の是非については問われていないばかりか、人手元の開示義務もありません。

そうして得られた情報をもとに明らかな害悪の告知を行なわないようにしながら、通常人であれば被告知者である女性が、こうしていきなり自己を特定されることによって畏怖するであろうことが容易に認識できる状況で、わざわざ呼びとめて狂団側が個人情報を掴んでいると強く印象づけることで、充分に脅迫の目的を達成している訳です。

法規の抜け穴を縫って行なう極めて悪質な態度。こんな隣人では、地元住民は到底安心して暮らしてはいけません。

686 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/19(月) 18:29:57
>>685 続き

住民側は、この個人情報漏洩事件をうやむやにすべきではないでしょう。
再発防止に向けて、個人情報漏洩の継続の阻止、漏洩事故の公表、漏洩した情報の流通の阻止、漏洩者への責任追及などを速やかに実施すべきです。

まず何よりも新たな被害の発生や拡大を防がなくてはなりません。

そして次は情報を収集し、拙速に不正確な情報開示とならないように注意しつつ、今回の漏洩事件の公表を行います。
これは個人情報保護法第7条に基づいた基本方針として「個人情報の漏洩等の事案が発生した場合は、二次被害の防止、類似案件の発生回避等の観点から、可能な限り事実関係等を公表することが重要である」としていることによります。

続いて事情説明を行ない、どのような個人データが、どのような規模で漏洩したのかといった経緯を説明します。
流通した個人情報が被害者に新たな損害を発生させる可能性があるため、情報公開して被害者(漏洩元組織含む)が二次被害を防止するための対策を講じる必要があります。

そうして最後に漏洩者に対する責任の追及ですが、これには被害者に対する民事責任、漏洩元に対する民事責任、および刑事責任の3つあります。

果たしてどこの誰が皆さんを売ったんでしょうか。地元の信者、または建設業者の社員、あるいは行政職員や議員だって否定しきれません。

個人情報の保護はプライバシー権と共に語られることが多いのですが、個人情報の漏洩という事態は、個人情報保護法第20条の安全管理義務違反、第23条の第三者提供違反等であり、同時に、日本国憲法で認められているプライバシー権の侵害に当たります。民法には権利を侵害された場合、損害賠償を求めることができるとあります。

また、漏洩した者が守秘義務を負う職業についていれば、刑法の定めるところによる守秘義務違反でもあります。

このように個人情報の漏洩、同意なき第三者提供は個人情報保護法だけではなく、他の法令の違反ともなり得る訳です。

今回の個人情報漏洩では、第一に被害者は個人情報を漏洩された方で、前述のように他の法令に照らせば、漏洩者が個人情報取扱事業者であるかどうかに関係なく、漏洩による被害や実被害が無くても、漏洩したという事実により、カルト狂団に情報を売り渡した加害者に対してプライバシー権侵害による損害賠償請求を行なうことができます。
また漏洩元となった組織も、損害賠償請求、刑事告訴が行なえ、加害者には捜査機関から刑事告訴が行われるということです。
 
まったくアホカルトがすることで大津の住民社会は大変な迷惑を被っていますね。カルトには地域連携の意思などありません。こうして脅迫、圧迫あるのみです。
それとも狂団はこれらの個人情報の入手元を自白するでしょうか?できはしないでしょう。表向き公益法人ともあろうものが不正の手段で個人情報を入手し、このような利用の仕方をしているのですから。

687 ジラン ◆ye8GqOAt0Q :2011/09/20(火) 00:45:21
>アルゴラブさん

事後報告で申し訳ありませんが
これはかなり問題なのでやや日藤倉さんに伝えるためコメント冒頭を引用させていただきました。

北大津まちづくりネットワークさんや被害者ご本人の意思に関わらずこの事実は出来る限り多くの人に公表すべきと考えます。

688 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/20(火) 20:28:03
>>687 ジランさん、わざわざお知らせありがとうございます。
基本的にいつでも、いったん投稿したものの拡散や二次使用などは自覚しております。
今回の事件について、その悪質性、重大性をお汲みとり頂けたものと思いますし
私も同様に多くの人々にこの狂団の実態を知って頂きたいと願っています。

689 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/09/21(水) 19:00:50
こんばんは。こちら資料集投稿の数々、非常に勉強になります。
現時点まで転載させていただいた記事のURLを転載いたします。

幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その1(アルゴラブ氏による論点整理)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/23/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その2(法的根拠を問う)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/24/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その3(知事、私学審議会、そして教育基本法) (by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/25/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その4(幸福の科学学園の財務状況を喝破する。)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/26/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その5(教育行政が保持すべき公共性とは) (by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/27/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その6(教団が反対勢力に仕掛ける罠とは)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/28/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その7(住民側からの「与える愛」に気づかぬ学園サイド)(by アルゴラブ)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/29/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その8(公正な「政治教育」のありかたとは)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/30/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その9(法に定める「宗教教育」の在り方とは)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/31/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その10(目片・大津市長と嘉田・滋賀県知事への陳情)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/32/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その11(幸福の科学教団への「信用調査」の必要性。) (by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/37/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その12(不可解なる滋賀県総務課の対応。)(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/40/
幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について その13(地域住民の個人情報を悪用し脅迫をかける教団) (by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/44/

幸福の科学学園建設反対直訴状(from「2ちゃんねるの使者」氏 to「滋賀県庁総務課」)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/41/
幸福の科学学園建設反対直訴状 その2 −「川島生誕館建立記念大会」より− (from「2ちゃんねるの使者」氏 to「滋賀県庁総務課」)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/42/
幸福の科学学園建設反対直訴状 その3 −「川島生誕館建立記念大会」より−(from「2ちゃんねるの使者」氏 to「滋賀県庁総務課」)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/43/

690 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/09/21(水) 19:01:59
幸福の科学の信仰を失うことは、魂の死ではなく「再生」である。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/1/
アルゴラブの告白「埋もれた歴史 四国の蜂起」(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/2/
大川隆法(中川隆)の実兄、富山誠(中川力)氏について。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/3/
フライデー事件勃発時、大川隆法の行動録。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/4/
幸福の科学、初期霊言集と霊媒の実態。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/5/
大川隆法から善川三朗への絶縁状(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/6/
披露宴の撮影カメラマンに怯える、大川隆法。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/7/
生半可な交霊術が招く危険性と大川隆法。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/8/
近所から風変わりと見られていた中川家。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/9/
小事に気が囚われ、行動抑制の利かない善川三朗。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/10/
幸福の科学教義の成立過程<中川家の真実>(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/11/
幸福の科学、初期に関わった人たちについて。<中川静子、安田一男、原久子>(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/12/
「一発逆転の自己実現」を狙った中川家の人々。(by エル・バカターレ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/13/
元々は宗教思想に疎かった大川隆法。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/14/
元幸福の科学理事長・小澤利夫氏が語った大川家の内情。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/15/
本物の「信仰治療」とは。効き目の薄い「病気平癒祈願」。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/16/

691 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/09/21(水) 19:03:07
最後の内部告発者、「大川きょう子」氏へ。あなたの役目は最後の締めです。(by ソムニウム氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/17/
幸福実現党の雛形、『未来ユートピア政治研究会』に関する内部資料。(by フリーダム氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/18/
初期霊言の頃、善川から大川に宛てた金策絡みの文書。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/19/
1987年11月研修を終えて〜木村恭子から大川への研修レポート〜(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/20/
7月7日は、大川隆法の誕生日ではなく「登録日」である。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/21/
1990年4月27日時点 「幸福の科学」会員年齢構成(by フリーダム氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/22/
原久子氏および関谷尚良(晧元)氏に関する報告書。 (by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/33/
「阿部元講師(阿部浩之氏)に関する当会(幸福の科学教団)の基本的考え方」(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/34/
1991年、紀尾井町の幸福の科学総合本部における3分間スピーチ録。(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/35/
幸福の科学内部文書「無承諾伝道について」(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/36/
幸福の科学内部文書「国税局(税務署)調査応接マニュアル」(by アルゴラブ氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/38/
幸福の科学内、資格セミナーの歴史(1987年を中心に解説)。 (by フリーダム氏)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/39/

692 旅人 ◆o77ehnrsws :2011/09/21(水) 20:41:49
学園関連のリストが長いので、短くまとめました。

幸福の科学学園建設問題に関する争点と現状について
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/23/ その1(アルゴラブ氏による論点整理)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/24/ その2(法的根拠を問う)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/25/ その3(知事、私学審議会、そして教育基本法)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/26/ その4(幸福の科学学園の財務状況を喝破する。)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/27/ その5(教育行政が保持すべき公共性とは)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/28/ その6(教団が反対勢力に仕掛ける罠とは)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/29/ その7(住民側からの「与える愛」に気づかぬ学園サイド)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/30/ その8(公正な「政治教育」のありかたとは)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/31/ その9(法に定める「宗教教育」の在り方とは)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/32/ その10(目片・大津市長と嘉田・滋賀県知事への陳情)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/37/ その11(幸福の科学教団への「信用調査」の必要性。)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/40/ その12(不可解なる滋賀県総務課の対応。)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/44/ その13(地域住民の個人情報を悪用し脅迫をかける教団)

幸福の科学学園建設反対直訴状(from「2ちゃんねるの使者」氏 to「滋賀県庁総務課」)
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/41/ その1
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/42/ その2 −「川島生誕館建立記念大会」より−
 http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Entry/43/ その3 −「川島生誕館建立記念大会」より−

693 情報者【Mr.Z】 :2011/09/23(金) 16:16:49
各支部、各「支部精舎」は 独立採算せよ!


ついに、そのような指示が為されているようです。「各支部ごとに自由な発想で運営せよ!」
大イノベーションです。若い方が重席に就かれ、これからは変わるらしいです。

 これつまり、行き詰まった企業の手段ですが、不採算部門の切り捨てが始まったようです。
「中央はもう、面倒見ないので、各支部ごとに、独立採算せよ!潰れるところは構わない!」との
覚悟の表れのようです。私はそのように理解しましたが、皆様はどうでしょうか?

 各支部長は、既にこのような通達を受けているようです。 以上・・・情報でした。
もっと詳しい方がおられたら、書き込みお願い致します。

694 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/25(日) 09:36:10

今後の動きが要注目の事件について投稿します。色々な内容を含んでいて情報量も多いので、資料集の主旨を考え事実関係に絞っておきます。まずニュース記事から。。。

山本太郎「県庁侵入」で告発される 反原発活動「何があっても覚悟」
J-CASTニュース 9月22日(木)20時32分配信

俳優の山本太郎さん(36)が、反原発団体のメンバー数人とともに佐賀県庁への建造物侵入などの罪で刑事告発されたことが分かった。当時は、県側と小競り合いがあったようだが、告発には、賛否両論が出ている。

「入れ!入れ!」。太鼓の音頭とともに、市民団体のメンバーら200人ほどが次々に県庁内になだれ込んでいく。

■「法治国家として是認できるものではない」

佐賀県で2011年7月11日に行われた反原発デモで、テレビカメラがこんなシーンを捉えていた。

その報道によると、仕事先の四国から駆けつけた山本太郎さんが、メンバーらの先頭に立った。なだれ込む中では、警備員を後ろから抱えて壁に押しやるメンバーらもいた。すると、山本さんが「暴力はなし!暴力はなし!」と叫ぶ。

県側は、机などでバリケートを作って阻止しようとした。これに対し、山本さんは、「暴力沙汰になったらだれもプラスにならないから」とし、それをどけるように主張。しかし、古川康知事には結局面会できず、玄海原発の再稼働中止を求める要請書を職員に手渡して去った。


こうした山本さんらの行動に対し、刑事告発までしたのが京都市内の行政書士男性(27)だ。そのブログ「京都党をまじめに考える会」で8月17日、山本さんらを佐賀地検に前月14日に告発したことを明らかにした。「憲法が保障する表現の自由から著しく逸脱するものであり、法治国家として是認できるものではない」と考えたという。

さらに、男性は9月21日、地検が告発を14日付で受理したと明かし、その後のマスコミ報道でも、地検などへの取材で建造物侵入や威力業務妨害などの罪で受理したことが分かったとしている。

一方、山本さんは報道で気づいたらしく、ツイッターで「告発なう?(笑)」とつぶやいた。気にしない姿勢を示し、「何があっても覚悟してるよ。それが闘うって事でしょ。僕の事は自分で決着つけるから心配しないで」と呼びかけている。

■行政書士男性の告発には、賛否両論

反原発や脱原発の動きが高まっているだけに、ブログのコメント欄には異論も相次いだ。「訴えられても仕方ないよ」「本当にあなたは良くやってくれました」と男性を讃える声はあるが、「あなたを支持する人はいないと思います」「告発する理由が全くわからない」と批判も多く、ブログが炎上した。

行政書士男性のブログは、その後しばらくして、削除されてしまった。

男性は、取材に対し、削除は批判を受けたからではなく、ブログ名にもある地域政党「京都党」から依頼があったからだと説明した。京都党は公式サイトで、告発に「一切関与しておりません」とコメントしている。男性は、迷惑をかけたとして、離党することを伝えたとした。

山本太郎さんらの行動については、告発した気持ちは変わっていないと言う。デモの現場に行ったわけではなく、原発推進派でも反対派でもないが、テレビで見てひどいと思ったというのだ。そして、「本来なら佐賀県が告発するべきではないですか」と言っている。

一方、佐賀県の資産活用課では、現時点では、山本さんらを告発するつもりはないと言う。

県庁舎には管理規則があり、山本さんらの行動は、確かにこれに違反していた。大きな声や音を立てて不快感を与えたほか、面接の強要や乱暴な言動で公務遂行を妨げ、座り込みや立ちふさがりなどで通行を妨げたからだ。しかし、できるだけ説得して収めてもらうようにしているという。このため、警察への通報につながる退去命令も出していなかった。

男性の告発については、「どうするかは検察の話ですので、この件についてコメントはありません」とだけ話している。

695 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/25(日) 09:39:29
>>694
では、すでに削除されていますが、その問題のブログ記事を転載します(以下)


京都党をまじめに考える会党員No.11001
京都党の末端党員が意見表明します。京都党の公式ブログではありません。

2011-08-17 07:20:05
山本太郎氏らを佐賀地検に告発しました
テーマ:ブログ

7月11日に反原発団体が佐賀県庁に「突入」(マスコミの表現)した事件がありましたが、
ご記憶にございますでしょうか?
「突入」した人物の中に俳優の山本太郎氏がいたことで、大きく報道されました。

このニュースを見て、私は大変な怒りを覚えました。
少し前に同じようなことをやった在特会が摘発されたのは記憶に新しいところですが、
本事件では捜査機関が捜査を着手したという報道もなされていないことから、
7月14日に佐賀地検に告発状を郵送しました
(7月22日に一部訂正した告発状と証拠も補充して再送しました)。

「告発状を速やかに受理し、同封致しました告発状副本に受理印を押印して、
告発人住所地まで遅滞なくご返送頂きたくお願い申し上げます」という添え状を付けたのですが、
未だに受理印を押印した副本は私のもとに届いておりませんので、告発状が受理されたかどうか不明です。

佐賀地検から一度電話がありましたが
「あなたが告発状を提出されたことに間違いありませんか」
「告発状は警察など他の捜査機関にも提出されていませんか」という事実確認のみで、
「受理するかどうか検討中」とのことでした(ちなみに告発状は検察のみにしか提出していません)。

佐賀地検から電話があった日から既に約1ヶ月経ちましたが、
未だに捜査が開始されたという報道はなされていません。
やはり、私は腰が重い検察を動かすためには
「地域政党京都党 代表村山祥栄」の名前で告発するのが一番ではないかと思料します。
京都市とは一切関係ない事件ですが、わが党の代表に告発への協力を要請したいと思います。


以下、告発状に記載した告発事実の全文です。


反原発団体の構成員・支持者である被告発人は平成23年7月11日、佐賀県庁前で玄海原発2・3号機の再稼働に反対する抗議活動を展開した。
被告発人は原発再開反対の請願書を佐賀県知事に渡すために佐賀県庁に立ち入ろうとしたが、管理権者である佐賀県は「庁舎管理の面から制限せざるを得ない」として県庁の正面玄関を含む多くの出入り口を封鎖する措置をとり、被告発人の県庁立ち入りを明白に拒否した。
こうした県庁の対応に反発した被告発人は県職員と押し問答の末、被告発人は管理権者の意思に反して県庁に侵入した。
県職員はバリケードを築いて被告発人の侵入を必死に防いだ。被告発人の中には警備員を羽交い絞めにする者もいた。
結局、被告発人は知事との面会はかなわず、県民ホールで原子力安全対策課の職員に請願書を手渡し、立ち去ることとなった。
このような被告発人の所為は憲法が保障する表現の自由から著しく逸脱するものであり、法治国家として是認できるものではない。県職員(とくに女性職員)の中には被告発人の本件所為に畏怖したであろうことは想像に難くない。
本件事件が発生してから相当な期間が経過しているが、未だに被告発人を被疑者とする捜査が行われているという報道はなされていない。従って、被告発人のような過激な者を野放しせず、厳重な処罰が行われるよう、速やかに捜査に着手することを求めるため、敢えて告発に踏み切った次第である。

(転載ここまで)

696 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/09/25(日) 09:47:02
>>695

この行政書士は京都会という行政書士会所属(登録番号:11271318)の芦田 祐介という人物であることが分かっています。
当初は転載したような意気揚々としたノリで、カルト政党の幸福実現党へのリンクも貼られていたことが確認されており信者と目されています。事が大きくなりプログが炎上し始めると慌てて幸福実現党の名前を削除、その後さらにブログそのものを閉鎖しました。

一方、当事者が該当記事内で自らを末端党員としわが党とまで述べていた京都党は「平成23年9月21日より各社にて報道されております、「山本太郎氏告発」の記事でございますが、京都党は一切関与しておりません。告発者が主催する「京都党をまじめに考える会」における、各コメント等につきましても本党は一切関与していない事を重ねてお知らせ致します」として口を噤みました。


「告訴・告発は、捜査機関に対して犯罪を申告し処罰を求める意思表示である」

「犯罪被害者(もしくは法により定められた親族等)が申告する場合を告訴(刑事訴訟法230条)といい、被害者でない第三者が申告する場合を告発(刑事訴訟法239条1項)という。マスメディアなどでは刑事告訴・刑事告発ということもある」(ウィキペディアより)

行政書士といえば一応は法律家ですが、この人は現場にも居なかったのにニュース映像を見ただけで佐賀地検に対してこのような告発をしたということです。
混乱は確かに見て取れますが、山本氏について言えば周囲に対して自制を呼びかける態度が映像に残っています。
告発には批判と色々な憶測も飛び交ってい、とにかくこの人はかなりやっちゃった感があります。

「告訴・告発等により公訴の提起があった事件について、被告人が無罪又は免訴の裁判を受けた場合において、告訴や告発をした側に故意又は重過失があったときは、その者が訴訟費用を負担することがある(刑事訴訟法183条)。また虚偽告訴罪の構成要件を充足した場合は刑事責任を問われる可能性もある」

山本氏の建造物侵入や威力業務妨害よりも、芦田の虚偽告訴罪の構成要件の方がよほど満たされているんじゃないでしょうか。


この件について取り上げられたサイトはググってみれば簡単にたくさん出てきます。いくつか貼っておきます。
ここに載せていないこの問題の側面についての情報もさることながら、幸福の科学がカルトであることは、世間様にもう説明の必要がないことも良く分かります。

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48065948.html
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-858.html
http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/b3bfd39e71bd03d3b13ff55c2d32baa4
http://confessionforexist.blog77.fc2.com/blog-entry-546.html
http://www1.atword.jp/izaarin/
http://blog.goo.ne.jp/junsky
http://kongojia.exblog.jp/i0
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2929.html

697 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 11:12:17

管理人様

いつもお世話になり、ありがとうございます。
このところ「資料集」の占有率が高くなってしまっており恐縮です。

私は、ここに情報を集積していくことで現在または近い将来の要請に応えることを目的としており
基本的にこのスタイルは続けていきたいと思っているのですが
私もあくまでこの場をお借りする者の一人であって、他のコテの皆さまにも少なからずお気遣いを頂いている面も感じられたことから
本格的投稿を初めて一年たった節目に、あらためてご挨拶させて頂く次第です。

近々、いささか情報量の多い投稿をさせて頂く予定です。投稿資料はいま準備の最終段階です。
これまでも大津の問題についてなど、日を置きながらの連投はありましたが
今回は一本の話題で一気に連投する発信になりますので、念のため予めお知らせしておいたほうが良いと判断しました。
できるだけ無駄はカットしてスレの消費を抑えるなど配慮致します。
(またその他、利用者として遵守すべき事項があれば都度ご指摘下さい)

698 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/10/01(土) 15:50:11
アルゴラブさん

いつも貴重な資料を提供いただき、本当にありがとうございます。
毎回丁寧にまとめられた文章に、しっかり読まねばという気持ちになります。

今回資料の連投を行われる予定ということですが、特に管理人の許可は取らずとも
ひとこと断り書きを入れるなどして、続けて投稿していただくような形で大丈夫です。
現在のスタイルで何ら問題ないと思います。

資料として他のサイトに転載される事も予想されますので
通し番号があるといいなと思いますが、蛇足かもしれませんね。

投稿間隔は約1分くらい、1レスの字数は1000文字くらいを目安にご投稿いただければと思います。

お知らせくださってありがとうございました。

699 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:30:40

「1994年3月1日、先生突然のご来社」という一文から始まるA4版29ページにわたる文書の写しがあります。この記録は94年3月1日から3日にかけて、矢継ぎ早に大川がした談話をまとめたものです。

大川が本部に来たときの会話は、日頃からとりあえず秘書が聞き逃さないようにしていましたが、このように突然の来社というのは何かあるということで、通常のモードとは違って一言一句まで拾われて記録されます。馬鹿正直に残してくれたおかげで、こうして実情をお伝えすることができます。秘書局のナイスな仕事ですね。村田さん御苦労さまでした。

以下の記録をご覧いただければ分かりますが、この時は「虚業教団」が出版されてしばらく経過しているものの、狂団として組織的な対応ができていない状態に、大川自身がいてもたってもいられなくなって出てきた状態でのベラベラトークです。時期的には躁の頃になるでしょう。

大川の特徴として、何度も同じ話がループする傾向があります。特に意識が固着して気になって仕方ない件でそうなります。編集して読みやすくしようかとも思いましたが、こうした事も大川のメンタリティーを示す要素としてそのままにすることにしました。

また、この時も登場する各個人に対して極めて醜い罵詈雑言を並べていますが、言うまでもなくこれらはあくまで大川隆法の自己都合から発した妄言・妄想であり、各人の真実ではないことを指摘しておきます。

情報量が多く読み切るのもひと苦労かと思いますが、総合本部において大川と幹部職員の間で交わされていた生々しい会話の記録です。じっくり読み解いて頂きたいと思います。

700 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:35:00
>>699

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.1

【セミナーの前座】
日曜の行事のとき、 10分間、開会の挨拶と前座をかねて、事務局長に話してもらおう。会としてやっている雰囲気にした方がいい。言って欲しいことは2点ある。

①あとの話のとっかかりになること。結婚して六年、その結果会が非常に堅固になって発展した。総合本部としての見解を述べる。自分で言うと反発される恐れがあるので。

②主宰補佐が何をしているか、会員も知らないし、虚業教団でも奥さんだけやっていて給料貰っていると言っているから、これも自分で「私は仕事をしています」と言うのは不本意。だから事務局長から、主宰補佐は何をされているかを話す。あと、主宰先生が結婚されたおかげで、ご利益で結婚できた方が多い。他にも幸福な現象が出て、結婚しやすくなった。あとの話ができるだけ被害を被らないように。原は虚言癖があると言ってよい。初期、僕らの結婚を邪魔しようと画策した不信心者だった。

③仕事ができなかった。

④嫉妬が大きかった。

当時、自分のヨガ教室のゴシップばかりだった。当会の見解で悪人と断定する。宗教的に切り落とさないと納得しない。この世的に言っても納得しない。ルシファーが入った人が撹乱したというのが事実。

701 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:37:43
>>700

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.2

【悪魔の入り方】
ルシファーの入りかたは、 88年2月に土田に。 高橋守と組んでやろうとしたときに、危ないと思って僕が二人の分断に入った。会議に出て、対決して潰した。高橋守も常時入られていたが、とりあえず土田を潰した。次はルシファーが原に行って、関谷は89年からずっと入っていた。
89年末から90年3月まで、ルシファーは細川さんに入った。ルシファーに狙われて残ったのは細川一人。とりあえず四国へ行ってもらって、今は抜けている。
次ルシファーが編集に来て、伊澤と根本に入った。それで、編集に著作権があると言い出した。それで、 90年5月菊池さんを入れて、伊澤を出した。

9 0年の後半の拡張期の失敗は天狗指導による失敗。戦いをすることで意志統一をしていた。91年1 1月、竹内に覚が入った。日本海に出して、抜けるのに半年ぐらいかかった。今回も国際局長とって、覚に入られた。仏弟子は狙われる。高橋大亀も92年の1 2月から93年4月までは、覚がしょっ中入っていた。今は抜けている。覚筋は仕事のとこがやられた。ルはいま、 K社に事務所を移してやっている。
あと、 93年1 0月、組織として管理部門を削っていたのでやられた。秘書も若い人で回していたが、 93年1 1月は秘書部門がガタガタになった。それで、管理部門を増強しないといけないということで、山本さんは削り専門だから出した。山本、壱岐に悪魔が入ったのではない。守護霊があばれていただけ。93年の1 1月一杯は覚が暴れていた。次はドームをつぶすのが主眼だった。だから大阪を捨てた。 K社も虚業教団をドームの前に出して、内は覚が来て、外はルが仕切っていた。先生の回りを薄くするのは極めて危険。運転手一人でもやられると(悪魔)来る。その手薄なとき、須呂を狂わせたら潰れる。須呂にやられたらいかんと思って、指導局に避難させた。おかげで、秘書は11、 12月さらに被害が大きくなった。弱くなったところ、心労しているところをやられる。
92年は4月ごろから、小澤さんがおかしくなった。小澤さんは仕事をしていなかったから、せめて先生の行事についていって、挨拶をさせようとしたが、 92年の4月から6月までは山本さんとの戦いになった。僕は結局、仕事の方をとった。
92年6月には小澤さんに悪霊が入っていた。理事長、理事制度はまつりあげに近かった。外に敵がいたので、成功したように見せないといけなかったから。だから半年して元に戻した。 92年春から財政的に均衡。だから正当に処遇できるようになった。そのあとは、財政一本で来た。財政に貢献するものをプラス、しないものをマイナスとして93年秋まで来た。

702 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:39:34
>>701

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.3

【内患との戦い方のソフトを】
内憂外患だった。今回は内患との戦い方のソフトを確立しようとしている。91年は外患との戦いだった。今だったら即刻首になる。まどかが、原の言うことを信じるか、主宰の言うことを信じるかなんて、失礼な話。幼稚園のようなものだった。
うちも組織を強化して、戦う方法を確立しないといけない。以前は2年かかったのを、今は2〜3ヶ月で確立しようとしている。そのうちスクランブルを。ルも編集の根本に入ったので、原稿おこしを分散しないといけなくなった。あそこのとこは危ない。

【戦う武器】
あと、話としては別だが、本を出して遊撃隊にするなら、編集の強化を。西部支部の中川を入れて、課長4人にしてもいいと思う。月刊誌以外にも、武器を考えないといけない。外に対するパトリオットがいる。虚業教団と逆のものをマーケットに出す必要がある。内部の人で分担執筆する方法と、あるいはダイヤモンド社から出そうとして、先生にインタビューした人も書き手として使って、うちとしても大本営的に出す。幸福の科学出版で出してもいい。「幸福の科学発展の秘密」 、 「悪人退治に成功したとこは発展する」とか・・。うちもマスコミとしての戦い方をボンボンやらないといけない。逆の情報を流して。学会もやっている。池○と小沢の対談をルポ風にやって、池○の方が上だと。活字で戦わないと大人にならない。 1万部でも2万部でもいい。「宗教の反撃」でも効いているはず。マーケットに出すだけでいい。 500人、 1000人、読んでもらったらいい。中和するのに。だから、編集強化、一般本も混ぜて、大本営と敵攻撃の本をつくってパトリオットしないと。大人の戦い方がいる。

703 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:42:30
>>702

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.4

【原】
あと、被害者の会もあるが、杉並支部も被害者の会のダミーで戦わせた方がいい。
原の家の回りに100枚でもビラをまいたらこたえる。①虚言、②夫に飯もつくらなかった、③悪霊つきでヨガをやっている。何か悪さをしたら、パトリオットで入れる。そうしたら、恥ずかしくて近所も歩けない。原もただの仙人。

【コスモメイト】
コスモメイトも反撃するかも知れないが、み○ず学園は、今学生募集をしている。
学園長だから。この一ケ月がかきいれどき。駅前で夕方からまく。杉並支部で。うちの戦い方は、ゲリラ的にやる。

【関谷】
あと、関谷は世田谷支部。公団アパート。近所の人にお知らせ。この人は虚言癖があるから気をつけよ。こういうゲリラをしないと宗教としては少し弱い。裁判所以外戦えないのではいけない。日蓮聖人に相談したら、 「そうですね。私だったら、5人くらいで行って、折伏しますわ」と言っていた。被害者の会も別動隊をつくらんといかん。ゲリラも宗教的な活動です。

【細川、前田、坂下】
今日、呼んだ三人は87年あたりを知っている人ですから。責任とって「言え」ということです。「戦え」ということです。いやだったら、瞑想教室で雇ってもらえと。坂下の情報が正確だと思う。細川は自分のことだから、正確ではないと思う。
坂下は「あの不信仰者が」と思っていたことと思う。

704 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:45:28
>>703

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.5

(昼食会:局長六人と三本部長)
これ以上、組織を大きくするんだったら、戦うことをしないと。 91年は外患と戦ったが、こんどは内患と戦っていく。

(前田:Lフォーラムも潰さないといけない。関谷-石毛一伊澤一中村とつながっている。伊澤が一番画策している。 K社との接点があるのは伊澤)

K社の校正を一件いくら、でやっていたのが、うちの編集局長までもらって、それを取られて暴れている。自意識の高い人ほどそうなる。彼がおかしくなって、菊池さんを呼んだ。人事的に見ると、総合職と専門職と一般職を明確にしなかったのが問題だった。いま、西荻のカルマの刈り取りをさせられている。うちの人のいいとこと、こちらから何も言わなくて、悪いことばっかり言うとことだったらどうなるかだ。けじめの問題だった。細川、前田、坂下は88年から知っているので、切り返さんと。知らない者は言うことができない。92年高橋守がTVに出ても、白木、山本が「この人誰ですか」の世界だった。そういうことにガン細胞がある以上、そのところと戦わないと。生き残っている人は責任がある。細川さんなんか、責任の塊。虫歯を治さずに、上からかぶせて、ときどき下が痛むといった状況だ。あのとき発展の方ばかりに目が行っていて、ネガティブなことはまあまあというとこがあった。 88、 89年にガタガタが集中していた。88年12月から89年12月は細川事務局長。88年に集まった人たちが問題で、根は87年にあった。幸福の科学が団体として自立していこうとするときに起きている問題。K社が追い込まれている。捏造がこたえているので、ニュースソースを出さざるをえなくなった。

(前田:当初から反抗しようとしていたのは高橋守、伊澤)

細川は、机を割られたとき、警察に行ったらよかったな。急に金回りがよくなって。
出版もたちあがりのどさくさで、やられたが、こちらは善意でスタートしたが、入り方は利権だった。小冊子を見て、 「こんな素晴らしいもの、うちで出させてください」と言ってきたので信用したら、原価で350円、高いので550円もとられた。百年持つ紙だと称して、正心法話600円もとった。その前に、西荻でやってもらっていたのは原価数十円。次は、月刊誌を担保にとられた。次は出版のところで入られて、これは明確に狙っていたと思う。すでに本は売れていたから。「紙は一年間おさえましたから」とか、コスモ印刷KK社長で来たのに、登記にないことがわかった。僕は間接的に聞かされたことだが、工場を持っていて、 12月には社員をスキーに連れていくと言っていた。内実はブローカーで、奥さんと二人しかいなかった。

705 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:48:05
>>704

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.6

あと、もう一つ騙されたのは、細川さんで、口座開くのに、 「一千万円以上ないと、口座は開きません」と言っていた。それを東販で直接聞いたら、 「お金なんか一銭もなくても開けますよ」と言われたので、それを高橋守に言ったら、 「いや、太陽出版の社長がそう言っていた」と言い逃れた。それでドローになった。あれは情報戦争で敗れていた。
あと、 「原稿くれんかったら、印税を払わない」と脅して来た。 「幸福の科学に本を売らん」、こういうことをした。元が原がらみ。あの人がカモられて、裏口から入ってこられたのにやられた。 「こんないいもの、うちで出させて下さい。こんないいものは、いい活字といい紙で出させて下さい」と。こんなものに騙された。見積が高かったので、一旦は断ったが、月刊誌を原価でやりたいというので入られたのかも知れない。それが87年の5月。あそこで入って、そのあと小冊子にきた。
彼は会員になったとき、うちの本は一冊しか読んでいなかった。幹部でもないのに。
出版社を出したとき、株は出さなかった。それを外したので暴れられた。出版営業部長の肩書きも、本人が「書店回りするとき困るので」ということで、勝手につくったもの。営業部長の方が偉いんだということだった。構造的には原のヨガ道場と同じ。相入れでなかったらやれないということ。うちからヨガ道場に会員が行った。
しかし、ヨガと一緒には出来ない。これも利権から入ってきた。
一つは、 GLA系統の信仰心がないのと宗教の裏口を言うのとが原因。
高橋信次先生も「私のことも疑いなさい」というのはアマチュア。宗教嫌いも学会へのカウンター。
あと、 「宗教で金儲けしてはいかん」というのが、他の人を利用するようになって、その人をよいしょしなければいかなくなるので、宗教の純粋性がなくなる。だから事務所と職員を入れて専門家集団にしないといけないということで、やった。

706 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:50:59
>>705

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.7

【高橋守】
彼は、前田、高橋が一番よく知っている。出版が素人だから、なめられたんだと思う。こんな連中なら騙して入れると。ずっと入れると思ったのに、意外に厳しい目で自分を見ていたんだなと分かったのが87年の12月。前田さんが悪い目で見ていた。僕も宗教的幹部になる人ではないと思っていた。

(前田:高橋守がもっと悪くなったのが、土田の影響)。

【土田】
土田は何の力があって、うちを破壊したのだろう。87年夏、 「筆を折る」ということをやたら言っていたが、それを聞かず、高橋を事務局長に入れたのを恨みに思っていたのかな。

(前田:会の組織に反発したのも、合議制で決まると思っていたから)

あれも原の紹介。

(前田:いや、手紙を出したんです)

癖が悪いのは、第一回の講演会の挨拶を頼んだら、個展の案内状を配ったこと。
五月研修のときも配った。その手ロがわかったのは、あとで、小金井のハバさんのところに行って、そこの月刊誌に自分の個展の予定を出していたから。実力では食っていけないので、宗教にくっついていた。 87年6月、松庵の事務所で、個展をやらせてくれと言ってきた。

(前田:原が、絵を一つ入れたらと言ったのを、自分の絵を全部飾られるものと思っていた)

たとえ絵を掛けていいと先生から言われても辞退するのが筋だ」と、あなた(前田)が言ったんじゃないか?絵を拒否されたので腹をたてた。 87年夏ごろ、 「筆を折る」と言ってきたが、事務局長をしたくて言って来た。僕は画家さんでは無理だと思って、断った。そのあと、 87年8月高橋さんが入った。前田さんが「高橋さんの方が癖がなくていいんじゃないですか」と言っていた。そのあたりで、土田は外れた。絵を売らしていただくんなら、一緒にやっていく、ということだった。
二回ぐらい挨拶してもらったが、あとは、さけた。最後は88年の2月、ルが入った。会議のとき、高橋守と暴れようとしていたが、高橋守は暴れなかった。その前に高橋守には、分断の手紙を僕が出しておいたから。あのとき、悪霊波動で、景色が見えないほど空間が歪んで見え、こんなにすごいのは僕も始めて経験した。あそこまで入られたのは、当会では第-号だった。うちに来て利権をかませて、その範囲内でやらせてもらえると思ったのが、うちが独立して、とられたから暴れている。
これはGLA系統の欠点だと思ったので、職員化を進めて、法の独立を守った。ほんの一年、世間的には許されるぐらいの誤差。言えるほどのことはしていない。いまだったら即刻首。外車に乗っていたから儲かったことは儲かった。

(前田:いやクラウンでした)

707 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:53:32
>>706

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.8

そのころから紙の話が出てきた。工場を持っていないから外注。 「じゃ、納品書を出せ」と言ったら、 「そんなものはない」。部数が嘘で、いい値だから。増刷も半年も出ないというので、これはおかしいと思った。部数は今でも嘘だと思っている。
すでにあのころで、潮文社で、初版で一万部刷っていた。それまでの最高が潮文社でも八千部で、通常は三千部だった。土屋も結構出ていた。うちの出版知識が十分でないので、ろうだんされていた。外すのは外したが、出版としては一年中断した。
土屋があったので、本は出せたが、本を全部取られたら、教団は潰れていた。

潮文社も、卑弥呼の霊言から、 「幸福の科学という名前は認められん。科学という名前なんかだめだ。 ハイビジョン・センターという名前でないと」と。潮文社も流れ的には、いずれ分かれる運命にあったが、会の名前に文句をつけてきた。シルバー・バーチを出していて、 「霊媒は名前を出さない」と言っていた。出版は難しい。
いつのまにか、うちの出版が出るようになった。 (89年初めから)そのころの時期と、信仰心をたてないとやれないという時期とが同じだった。コスモも「紙を仕入れたのに」とか、 「株をもらえないか」とか言ってきたが、素質としては駄目だった。うちの、大幹部みたいに言って、言いがかりを言うのは糞飯もの。「発展の原理」の講演会のとき、 「神の手足として動かなければいけない」と言ったら、そのあと、本人が出てきて、 「あれは私のことを言って下さって、私は神の手足としてやっています」と言っていた。彼の手足は、講演会のとき、花輪を入れることで、そんなんでは、大黒天の名には値しない。そういう入りかただった。法的には弟子になれるものではなかった。研修会も参加試験があるから入れなかった。

708 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:56:31
>>707

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.9

【関谷】
関谷に言っているのは原。一緒に一年間住んでいたのは事実。その間に、ああいうことを言った。亭主への不満を言わんといかんとこを。四月に原から泣きの電話が入ってきた。 「関谷に、旅行しようと言ったら、断られた」と。関谷は離婚話で疲れたので、湯治場に一人で行って疲れを癒したいと言った。原は「前の奥さんのこと、そんなに忘れられないのか」と思ったが、関谷はそういうことを、原がどう感じるかということは全く感じない人だった。
もう一つは、 88年6月に原の方から、事務所でがっかりしたことがあった。それは、関谷が直接原に、結婚の少し前、 「実は前の奥さんが喜んでくれると思って○○○カットをしているが、これを元に戻した方がいいか」と聞いてきた。それで、原はカクッと来てしまった。「44でも、私は初婚ですよ」と。6月に結婚式をあげたが、新婚旅行と称して、病院に入院して○○○カットを治していた。普通は成田離婚になるタイプだ。

(前田:関谷は煩悩の強い人でした)

その前は奥さんがいたにもかかわらず、会の中では独身と称していた。若い女の子を誘って飯につれていった。原も独身だと思っていた。奥さんのいるのがわかったら、 「独身ではあるが、籍だけは抜いていない」と言っていた。 88年2月、別居を5年もしているので、一日で籍を抜けますからと言っていたが、実際に籍を抜く段になって、財産のことで奥さんに暴れられた。関谷の情けないとこは、自分名義の家土地なのに、自分が出て行って別居し、とられたこと。その疲れでか、四月には一人で温泉に行った。 6月はまた、病院へ入った。そんなことを棚に上げて、「予言が外れた」と言っているのではかなわん。自力で破壊する人にはかなわん。
それ以外でも、原は「関谷は、はったりを言って、あとで駄目になるケースが多い」と言っていた。あんなの予言のせいにされるのは、かたはら痛い。こちらは紳士で、悪口言わないのをいいことにしている。仕事面では、書類仕事ができなかった。会議も腰が痛いと称して出なかった。理解ができなかった。人事異動ということが、理解できなかった。仕事で言っている話が、見えない。

(前田:関谷は外に出てお茶を呑んでいるだけで、事務所にはほとんどいなかった)

大黒天といったって、何かしたのかね。 500万出して(松庵の事務所の補償金のために)、一年ぐらいで返してもらったと書いてあるが、いまだったら「大黒天なら、なぜ献金しない」と言われる。ガソリン代や飲食費の一部を出してもらったことにはなるが。うちの情の部分が悪用された。

709 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 20:59:08
>>708

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.10

【原】
原は、表の世界では通用しない論理の人。87年後半から邪魔をしていた。 87年6月に事務所が出来た段階で、切るべきという論点があった。できる仕事がなくなって、ブローカーみたいになった。そのブローカーがまともに機能しなかった。ブローカーをとったら、辞めてもらわないといけない状態だった。潮文社の社長に『大川隆法は宗教好きな人には天皇みたいなもんだから、あなたが人に会わさないように防波堤にならんといかん』と言われたのを金科玉条みたいにしていた。それに虚言癖と妄想癖があった。女性にも権力欲があるんだね。40代の女性だから、僕は中性と見ていた。若い女性を秘書に使ったら、変なことを言われる恐れがあったから、おばさんを秘書にした。あのへんも高橋さん、苦労した。栗原も常時霊障だった。初年度、安くあげたつけだったかな。原に、 「幸福の科学についてきたいのなら、結婚してヨガをやめて、弟子としてついてきなさい」と言ったのは、 50にもなったら、ヨガも出来なくなるとあわれに思ったから。ヨガ教室に20人しか来ないのと、 ドームで5万人来るのとを一緒にはできない。原はミニ教祖第一号で、ヨガ教団を幸福の科学から外すとき、 一緒に会員を連れていかれた。宗教は他の悪口を言うと、そこの宗教にはいることができる。この手法で入るパターンが多い。
GLAの人と見るんじゃなくて、ヨガだったから。GLA本流ではなくて、仙人だったから。天狗は持っているが、仙人の方がこぼれるのは早い。原は幸福の科学に不満、関谷は仕事で椅子に座れなかったんだから。最初、手伝った人は、何とかして幸福の科学に残してやりたいと思ったのが仇となった。今だったら、職員をするのは無理。関谷も「どうぞ、在家の財務部長で」と言うところ。原だったら、婦人部でも弾かれると思う。
もう一つ、ここは宗教的に大事だが、原はGLAの別派をいっぱい回ってきて、ここは本物だと思って、自分がやめてきたところを、うちがGLAの再興として、見返したかった。高橋佳子を見返してやりたいと思っていた。

710 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:02:08
>>709

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.11

【GLA】
うちは弟子筋宗教ではなく、 GLAの親分とぶつけても、うちの方が大きい。
GLA筋の一派をつくるというより、高橋信次のGLAはうちから見たら、小乗教団までいっていない。 祇園精舎に入る前の遊行している段階までしかいっていない団体。
だからヨガ仙人が来れる段階だった。小乗は戒律もあるし、教学もしっかりしている。うちはすでに大乗。僕も大乗の仏陀の意識でやっている。びるしゃな、阿弥陀、大日如来の性格であって、人間釈迦の性格ではない。これがキリスト教的に言うと救世主と同じ。うちは救世主・大乗運動。だからGLAとはあわない。
GLAは伝道ができない、信仰心がたたない、知識学習を厭う(霊能教団だから) 、献本ができない、まさしく宗教のアンチテーゼとして隙間産業的に入った。長くやっていれば、ここをクリアしなければいけない。うちはGLAにないものを88、89、90年と入れてきたから、違ったものに見える。 GLAも現在邪教。うちとしては、ここが違っていると言わないといけない。
あと、宗教は悪、ということを言っていた。宗教でお金集めをしたらいかんと言っていた。だから布施が成り立たない。信仰がないことと布施が成り立たないのは一緒のこと。おかげで高電工業は儲かって、 48ヶ月分のボーナスを出した。うちはこのやり方とは決別した。89年の阿部事件は信仰心がたつか、たたないかの問題だった。教祖も疑いなさいというんだったら、宗教は成り立たない。事業家だから、そう言うのは宗教として責任を持てないと言っていたことと同じ。これを逆手にとっていた。だから死後あんなに分裂した。みんなで疑って。これは宗教とは言わない。

711 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:04:20
>>710

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.12

【幸福の科学の流れ】
幸福の科学の流れは、
第一段階:顧問と霊言票を出した段階。これはスピリチュアリズム的な段階だった。
第二段階:86年、 87年の西荻時代。GLAの系統で、 GLAの復興運動に見えていた。
第三段階:88年、 89年。組織宗教に切り替わっている。事務所、職員と、過渡期で、 GLA遺伝子が落ちてきている。88、 89年と拡張期(90年は伝道開始期)。
第四段階:91年の宗教法人。フライデー事件。外に対しても戦う。
第五段階: 92、 93年は仏教路線を引いた。仏教教学を固め、仏教教団としてものを言えるようにした。

この段階で、 GLAの教義は通用しなくなった。GLAも最後に仏陀でなくエル・ ランティだと言ったが、それで混乱。エル・ランティがわからなかった。それで、弟子が高橋先生は混乱していたので、魔が入ったのだとまで言い出す者があった。
高橋先生は露払い役。うちの教義で、はっきりした。GLAで仏教系統に強かったが、僕の魂の一人が七年手伝っていたから。高橋信次の個人のキャラクターがあるから、出方が違っている。「悟りの挑戦」や「沈黙の仏陀」はやっている人が違うから出方が違う。それで僕が、かってGLAの本を見たら、あれ、これ知っているなと思った。高橋先生は勉強してなかったので、勉強なんか何になりますかと言っていた。露払いの役はそれでよかった。うちとしては、やり直し。キリスト教的にはパブテスマのヨハネの役。仏教的にはア-ラーラ・カーラーマかウッダカ・ラーマブッタに近い役割。ア-ラーラー・カーラーマやウッダカ・ラーマブッダは禅定をしていた。

712 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:07:13
>>711

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.13

【仏教】
仏教は修行と伝道。仏教も祇園精舎や竹林精舎で組織、資金力ができて変わっている。最初貧しくて、乞食坊主でやっていたが、教団が大きくなって、建物の中で寝るようになり、在家も接待するようになった。教団が豊かになった段階で分派ができたのがタイバダッタ。木の下でしか寝てはいけない、接待は受けてはならない、物は持たないということで、発展を拒否した。これが88年の変わったことにしている。当時の仏陀の考えは、 「教団が大きくなったのだから、考え方を変えないといけない」と言っていた。それを「堕落」と称して反旗を翻した。「生活方式は規模相応に考えればいい」と言っていたが、ダイバダッタは秀才だったが、 「それは許さない」と言って反抗した。幸福の科学で言えば、 「西荻から出たらいかん」ということと同じ。

裏切りのユダが銀貸30枚で情報を売っているのと一緒。ユダも総務系統の人で、お金と宿泊手配の役だった。ユダの裏切りの理由はいくつかあって、
①階級の低い人とイエス様が交わっていた。取税人や娼婦。
②マグダラのマリアがイエス様の恋人役だったが、ユダもマリアが好きだった。それで、嫉妬した。色情系統。
③メシアだったら、奇跡を起こすはずだ。 「自分はもう少ししたら、十字架にかかって殺される」といっているが、それだったらメシアではないと、試す気持ちがあった。 「メシアなら、ユダヤの王にならんといかん、おかしい」と言う。それで試しの気持ちが起きてきた。 「自分で自分を救ってみろ」と。イエス様の考えがわかっていない。自分の考えでメシアはかくあるべしと考えていた。イエス様の王国は霊の王国と言ってもわからなかった。そのあと、鶏と畑を買って、残りの銀貨はエルサレムの賽銭籍に放り込んで、柿の木で首をつった。魔が入ったのは間違いない。

一定の法則があるから、必ず枝葉と幹がひっくり返るとこに疑いが入る。宗穀的にはそんなとこだった。原問題もヨガ教団とは一緒にやれない、信仰心のない人が不幸になるのはその通り。帰依していたら、そうならなかった。それを不幸になったのは、あの教えがおかしいからだと言っている。ヤーヴェの神のときだったら、ああいう人は殺されている。高橋先生がヤーヴェかどうかは罰を与えないからわからんが、他の神様を信じたというだけで、ヤーヴェは民族ごと許さない人だから。

713 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:10:24
>>712

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.14

【キリスト教の信仰】
ヨブは信仰深い人だったが、悪魔が試しに入って、神を悪く言うようになった。そうしたら、神が、 「お前に何がわかるか、お前は宇宙の始まりを知っているか、お前は人間の始まりを知っているか」と言った。指導局はヨブ記を読むこと。 信じていても試しが来る。 アブラハムもイサクを生け贄に出さなくてはいけなくなったが、その通りイサクを生け賢にしようとしたら、神が「わかった」と言って、そのとき生け贄の山羊がやってきた。
キリスト教の信仰は神への従順と服従。 現時点では、この世の常識に反していることが多い。神の声が臨むときは、世直しのとき。三次元的価値観と宗教的価値観の戦い。これが宗教をやる人はいつも試されている。

714 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:12:16
>>713

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.15

【関谷】
関谷は男らしくない。女々しかったから、ああだこうだと言っている。それで家庭の中の恥ずかしいことを外にまでぶちまけて、みんなに迷惑をかけている。坂下も87年、 88年を知っているんじゃないか。

(坂下:愚痴も言っていました。自分がかわいく、救世の観点からは考えていませんでした) 。

大黒天なら、あんたの方が頑張った。結局、その人の自覚の問題。具合が悪くなったら、暴れるなんて。
結論は、ふさわしくなかった人。本来なら、頭ごなしに怒らんといかん人。「どうぞお引き取り下さい」と。そんなんで、うちの信用性をゆらがされるんでは害悪の方が大きい。フォーカス、月刊朝日からK社に続いている。根本を叩く。 K社はうちは、捏造と言っていたが、それが苦しくて、実は情報源があると出してきた。原がかんでいるかな?関谷はいま、別の女と同棲している。 K社も、あと原久子著で出したいだろうな。一回引っ張。出したら・ ・。 91年一回内容証明を出したから。関谷は、出したが、なめていたんだと思う。関谷自身は原をずっと好きだった。関谷は中島の肉体にも興味があった。うちがはじまる七年くらい前からすでに原のさんすけさんみたいだった。妹みたいなではなかった。韓国の○○を日本に呼び込むのに二人でやっていた。原のお父さんから、関谷と結婚したらどうかと、二回すすめられた。関谷は原のお父さんともゴルフをやっていた。中島を飯に誘ったときは、若い子が好きという状態だった。ヨガに出入りするようになってから、奥さんとうまくいかなくなった。夜はしょっちゅう拒否されていた。それが二代続いた。マゾっていた。気に言ってもらえると思ってやっていたことが裏目に出る。

715 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:15:00
>>714

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.16

【阿部】
88年夏より原が阿部を囲い込んだ。無許可で工事して、事務局に請求書が回ってきた。半年間折伏してたから、阿部は抜け出せなかった。うちの人としては道連れになったのは阿部一人。原は阿部を幸福の科学に対する担保でとっていた。阿部は過去世が阿難で、よう切れんと思っていた。阿部をつかんでいるかぎり、幸福の科学に憑依していれると思っていた。関谷は阿部に嫉妬していた。原は関谷の代用物で阿部を囲い込んで、実年齢が20代の人と競争していた。原が阿部をたてて、たてて、増上慢にしていた。僕らの認識では阿部は実務ができないということで、一致していた。会社では絶対に出世しないタイプだった。答案も20代の人にしてはよく書けているというだけで、それが出来たら、何でもできると思うのは、思う方が悪い。すごい増上慢だった。ああいうのが独覚に相当する。みんなと一緒にやらない。声聞にならない。性格的には問題があった。人がどうみているか、経験が足りなかった。部分をほめられたら、全部ほめられたと思って実務が出来ないということで、オコゼになった。最初はワープロができるということで、すごいと言われたが、最後は先生の原稿は自分しか直せないと言い出したので、仕事が出来ないことを自覚してもらうため、しごきに入ったら、潰れた。阿部を担いで、ヨガ教室で別派をつくるつもりでいたんだと思う。編集においておいて、校正させてたら、いつのまにか自分が書いたという雰囲気になっていた。原に囲われて、乗せられて、大事にされていた。高橋先生のすすめで、結婚していたら、抜けれていた。
彼は、もう一つ、マザコンで、京都の母ちゃんから毎日電話がかかってきていた。それと原の二人の女性がかかってきて、 縛りあげられた。89年2月地下の事務所に入った。88年9月原はさらに青年局長室をつくった。主宰をそこに入れる自己実現を阿部でした。

716 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:17:06
>>715

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.17

【原姉妹】
原は宗教として法をやりたいというのと、男を用いたいというのとが入り組んで異常だった。法を求めて、男を抑圧してきて、性欲を抑えてきたのが、伏流水として、男を囲い込んだりして、出てきた。精神分析的な遠源は親。原の父は役人だったが、浮気をして家に帰ってこない。しばらくしたら、母も家にいなくなって、カラオケにいった。仕方がないので、子ども二人に近所の人がご飯やおやつをもってきた。親はお金だけは置いていった。体はボロボロ、それでヨガをやった。だから親に復讐しようとしている。 40代の女姉妹二人、結婚しないことで親に復讐しようとしている。妹の方は霊障で、幸福の科学の看板をかけるとき、暴れた。近所から気違いみたいに見えるといって。88年4月、結婚式の二ヶ月前に入籍。妹に気づかれると邪魔されると言って。関谷は婿養子なので、財産をとられると言って暴れるから。財産には執着のある家だった。家庭の個人的な問題を幸福の科学とべったにされた。

【信仰心】
結局、信仰心の問題と仕事レベルの問題だった。今だったら「宜保愛子」のとこへ行ったらよかった。「うちなる神がいるから、自分とこを信じたらいい」というのは、これは仏性と成仏で切ったところ。これだったら、宗教がいらなくなる。やっぱり、あてものレベルの宗教観だった。高橋信次があてもの宗教に近かった。リーディングが間違っていた。宣伝としてはよかったが、うちと違って、あてものとしてデビューした。教団としてやっとなりかかったとき死亡。信仰心なく、霊現象をみんなで喜ぶところだった。うちは法による救済にいっている。個人相談はもう無理。原は、 「高橋信次霊がいっているとこは全部外れている」と言っているが、全部外れていたら発展していない。運営は霊による指導を受けているから、生長の家より大きい。大きくなった速さでは新記録。それは、それだけよくあたったということ。あてものでやっているところは、たとえ百発百中でも、 10年たっても同じ大きさでやっている。

717 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:20:05
>>716

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.18

【事務局長】
あと、細川自身も、 「いろいろありましたわな」、では済まない。ちゃんと切り返す義務がある。それをしなかったから、こうなっている。原もそうだが、高橋、細川、小沢の事務局長は、あまり叱っていない。叱ると都合の悪いことを上げなくなるから。山本さんから、叱られだした。関谷に対しては、何カ所か仕事に対して怒っている。その内容は本当は細川に言わないといかんのが含まれていた。資金の詰めを考えていない。人事採用の出鱈目、ずさん。給料も決まっていない。事務所、婦人部、スケジュール的なこと。九州に行くのも10時間かかった。羽田までは一時間半で着くと言ったが、土曜日は三時間以内で着くことはなかった。仕事になっていないということで怒った。事務局長が怒られても当然というのも含まれていた。
それを多少恨みに思っているのがあるかも知れない。 89年は特に仕事はひどかった。あっちもこっちも滅茶苦茶。

(前田:原、関谷、法についていけないのが問題。事務的に怒られたことではケロッとしていた。前日行って一時間半で行けたんだよな・・と)

法以前の知的理解力の問題。自分の本では、私は学習団体に戻って欲しいと言っているが、西萩で本を並べると「この本読んだかな、読んでなかったかな」の世界だった。だんだん優秀な人が入ってきて、押し込められていた。最初いいとこどりして、途中挫折。いい人だと思われたいという執着があった。結構腹黒いとこがある。
法より知的学習のところ。とてもついていけなかった。原も反省、瞑想だけ。人事系統の話をしてもさっぱり。事務局づけで入れとこと言っても、事務局づけって何だろうね、だった。
もう一つは、言葉が通じないのが大きかった。仕事カルチャーになると、ニュアンスで言って、合点してやるんだが、それができなかった。1000円冊を渡して、何か適当に食べ物を買って来てくれ、でわかるところが、何と何を何個買って来てくれ、と言わなければわからなかった。最近ようやく言葉が通しるレベルに来た。
細川のとき、 技術系の人が多くて、これが通じない原因だった。高橋さんも何で電子工学をやったんだ。人生計画として間違ったんじゃないか。商学部がよかった。細川さん、都市工で設計事務所。これも人生の設計ミスだった。電子工学と都市工を事務局長にして破壊されたのは大きかった。NTTみたいな大きいとこは、基本的には、潜在的失業者。実務のとこも混乱が大きかった。残っている者としては、知っておいてほしい。この辺で墓穴を掘った。出来が悪かったが、辞めたのはもっと出来が悪かった。

718 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:22:10
>>717

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.19

【当会のカルチャー】
当会としては、もう一回カルチャーのやり直し。いま、それができつつある。これは外に対しては、言うべきでない。関谷にしては無理だった。結婚するというので、釣合をとらせんといかんので、本部講師、局長にしたが、温情がわからんのだな。
支部にいったら講師として持ち上げられていた。九州に行ったら金粉の出た人がいたが、それは受講者に偉い人がいたから。それに関谷はインテリコンプレックスがあった。創○学○の早坂や島野は、うちへ来て、こんな人と一緒に勉強させられるのはいやだと暴れた。うちは一緒に勉強するだけでなしに、成績も張り出される。
学会でも、関本だったら、即部長ですと言っていた。うちは、インテリに対しては薄情な使い方をしているように見えるらしい。学会は、集まっている人が副会長でも地上げ屋みたいな人が出てくるから。○○○○は高利貸し、他日は営業部長だった。初期の人をどう遇するかが難しい。飾りで祭れば害になる。いま、少し出来るようになった。まだ拮抗状態。踏み込むとこまで行っていない。異常事態になったら、もたない。

【当会の正史】
日曜のセミナーで、主宰補佐白身が虚業教団に反駁する。うちの悪い癖は、組織があっても大将戦になるとこ。今度は主宰浦佐。いつまでたっても組絵として成熟度が足りない。細川、前田、坂下、多少言い返さないと。昔のことほじくり返されて、今の幸福の科学のことを批判しているんだから。中でそういう病巣もあったが、何年たっても使われているから、他教団、マスコミにもまた使われる。当会としての正統な歴史をつくり、悪霊は悪霊、駄目は駄目とはっきり言う。お人好しだと利用されるから。弁護士にだけ頼っているのは宗教としては情けない。舌戦、ペンで戦う。中と外の敵と戦える体制をつくらないと駄目。西荻の最初からいた人は、ここ2、 3年で入ってきた人に比べ、極端に信仰心が弱い。ここがカルチャーギャップ。

【迎撃体制】
いままさしく折伏。折伏部門ができるかどうか、議論して落とせるか。これをやらんと、組織としての発展はない。その弱さが害を大きくして、戦うときは全面戦争以外出来なくしている。支部でやれるとこは支部で。被害者の会でやれるとこは被害者の会で。ちょっとオープンすぎる。裁判以外で出来ないということは。島田に反論するのも2年かかった。いまだったらすぐに迎撃する体制をつくらんといかん。

719 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:24:25
>>718

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.20

【魔】
ルはGLAの最後、分裂させた。当会には、 88年2月土田にスパッと入った。あと、コスモの高橋守にも出たり入ったりしていた。そのあと、原、関谷に入った。
関谷もロンドンに逃げているときも完全に入っていた。あと、細川も89年12月から90年3月まで入られていた。ルに入られて持ちこたえたの細川が初めて。四国に行って抜けた。
次、伊澤に来た。下の根本にも入って、うちの本は編集部がつくっていると言い出した。編集部の特集に悪霊波動。それで菊池を入れた。伊澤のあと、うちの中では入る場所がなくてK社に入った。9 1年7月にはK社の社長に完全に入っていた。
当時、主宰補佐も野間佐和子の名前をみたら「この人、いますごく悪い事考えている」と言ってた。
91年9月フライデー事件。護国寺は覚。ゲリラ的に出てくる。覚は色情系統、人間関係の葛藤によく入ってくる。裏では悪霊との戦いの歴史だった。たまたま宗教の磁場の中心に来ると狙われ方が激しい。ふつうだったら相手にされないのに、信仰心があるから守られている。各人が個別バラバラだとやられる。 「ここは信じるがここは信じない」では、一発で入られる。あと、信仰心があっても、 仕事でトラブッっているとやられる。指導局も92年12月から93年4月まで、高橋、種村がやられていた。覚がしょっちゅう出入りしていた。地方に出すと取れる。地方へ行っても、悪魔も仕事はできないということで、離れる。信仰心があれば離れやすい。最近竹内が、 91年型が抜けないので、 一月末、国際局を取り上げて、ぐらっときて、覚が入った。支部に出したら抜ける。先生の近くはいつもやられているから、そのときは、過ぎ越しがある。一定の期間たてば、半年もしたら出る。たいてい迷うが、何を疑って、何を天秤にかけてるのかを、よく見ること。菅まどかのことも、荻原が、 「先生についていこう」と思ったら、バカバカしくなったと言っていた。容赦なくやられないようにしてくれ。向こうも局地戦で、各個撃破をしてくる。同時に4人も5人も入ってやられるということはない。局長制にするとやられない。 狙いにくいから。局長の替え、局長と地方本部長の替えも、魔よけ。流動的な組織にしてある。仕事能力とプライドのところでやられる。前田さんは、あまり入られはしなかったが重要な仕事をしておらず、評論家をしていたから、巨大なのには入られなかった。うじうじしてるのが危ない。表での戦いもやっているが、霊力戦もやっている。僕も直接ではなく、回りからやられる。ねらわれること自体が正法の証拠。そのために早く潰さないと。中を狙うのと、外で変な○○会をつくるのと二種類ある。本人は自由意志でやっていると思っている。虚業教団の本も悪霊もやもやの本。僕も、一度読んだあと、小冊子で何重にも巻いて書棚の奥に入れてある。原の本も悪霊波動。あれで瞑想をやられたらみんな入られてしまう。

720 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:26:37
>>719

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.21

【3月6日のセミナー】
補佐先生に直接言わすのは気の毒だが、主宰が出ないと言えないというのがうちの弱点。そんなので争っていると品が落ちていく。多少、情ないから、言わないと。
訴訟の意味は、その裏で、 K社がからんでるんだったら、元局長シリーズが出てくると思ったから。最初に出たときから叩かないとフライデーの二の舞になる。フォーカスのとき、裁判に自信がなかったが、大阪の○○弁護士は「裁判やりませんか」と言って来た。 91年3月、月刊朝日に情報を流した。関谷が情報を流した。これが94年まで続いている。 91年6月、月刊現代、この段階でも訴訟を打つ手があった。今回もこの位では我慢しようと思っていたら、二の舞になっていた。当会の歴史としてきっちり清算しないと。彼らの言うことと反対のことをしていたから、当会は伸びた。ルの狙いは高橋信次。 GLAを潰したのに、高橋信次が復活した。
この復活を否定したい。GLAの流れを汲んでいる人を狂わせて、死人にロなしにするということを狙っている。
もう一つ、変なとこで高橋信次を出して撹乱する。ここにほとんどが絞り込まれている。霊言集を出しにくくなっているのも事実。フライデーのあとのは、 GLAそのものも情報ソースとしてかんでいる。石○もGLA系統の人。高橋先生の最初は、バラバラになった弟子をもう一度集めたかった。それが頓挫している。昔、 GLAの信者、読者はうちに来ている。親分連中に悪霊が入ってやっている。 GLAを超えたところで、マクロの戦いは終わった。歴史的には幸福の科学が立ち上がってやることによって、すでにユダとキリストみたいになってきている。当会で、高橋信次霊を認めればいい。ルは高橋先生のとこをミートしにくる。結婚問題で、若い女の子をおかしくするのは簡単。ここは徹底的にミートしてくる。日本神道系はサタンが見られない。よそに入っているのかな。白光とか。あとは、イエス様のも、そんなに邪魔に来ない。高橋信次だけ極端に来る。これが一番のメインターゲット。
高橋先生も分かれた弟子を糾合してやるのは諦めた。GLAも邪教と認定するかどうかの段階に来た。島田が高橋信次の霊言集だけでも1 5冊もあると横槍を入れてきた。うちがGLAより、大きくなったことで立場が変わった。高橋先生もうちを応援する立場から、霊言集を出してもらう立場になった。古い霊は叩いても叩きにくい。イエスは悪霊、とか、日蓮は悪霊、とかは、評価が固まっているので、叩きにくい。

721 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:28:53
>>720

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.22

【予言】
霊もストレートでないことが多いから、それを経験させることによって次のステップに入るが、高橋先生は個性で少し早めに言う傾向がある。 2、 3年したら現実化することが多い。最近まで人間だったから、情のとこで助け船を出そうというところを狙われている。予言系統では、原は、 「あなたは三年以内に脱落する」と予言されていた。栗原が、がたがたしたとき、 「あんたもああなるよ」と予言され、その通りになった。「このままでは三段ロケットと同じで、大気圏を出たら、切り離される。心改めて帰依したらいいが」と言われたが、この予言はあたっていた。アドバイスはしたが、結局そうなっている。
阿部のとき、 「ここで決断しなかったら、阿部が引きずり込まれる。この手を握れ」というのは、予言ではなく、 「こうしなさい」ということ。それを人間が邪魔しているだけ。そうすべきだという判断を言っているだけ。従わなかった人は切れている。そういうことを言うのは、何とか助けてやりたいと思った人だけです。
あと、 GLA系統の人には何とかしてやりたいと思っているのがわからなくて、沈没している。
関谷本は、師弟の間が切れていくのを意図している。「話したら、こうなるんだったら、話なんかしなくていい、温情なんかかけなくていい、弟子を信用するな」 、そういうものを感じさせる。とりこになっている人をK社の筆力が加わって、 「疑」はマスコミの専門だからね。 91年以降、押し返しただけでも大したもの。読売菩薩も、関谷は知っているはずがない。記者が書いているもの。当会も、フライデー菩薩というのは間違い。

隠れた論点は、 88年の春、先生の結婚に対する攻撃。これは女性の嫉妬。結果はすごくよかった。職員も安心して勤められる団体になった。文殊の利剣でよく守ってくれている。高橋先生が「結婚しなさい」と言ったのが気にくわない。それで、弾かれた人が「高橋信次は悪い霊だ。こんなに一生懸命仕えていたのに」と恨んだ。

722 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:31:58
>>721

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.23

【教導の怒り】
法の隙は、フライデーのときの「許す愛」。 「悪魔の活動」や「聖霊を汚す罪」は許されない。
正語で怒りが肯定される部分は、
①教導の怒り。師が弟子を怒るのは当然の仕事。未熟なとこを怒るのは正語に反しない。これが愛。

②無我の怒り。自分のために怒っているんじゃない。自分の欲、立場を考えない。
③空心の怒り。これは②とほぼ同じ。
これらは仏教の中にもある。仏教はただ堪え忍び、忍にくだけではない。
忍にく即無抵抗即悪の容認に流れるのは間違い。言うことを言わないと。法戦もあるから。禅宗は暴力もある。「堪え忍べ」、 「はい、そうですか」ではない。
釈迦自身も折伏している。事火外道を。神通力戦争だ。法戦もしている。言い返す能力は大事。

【情報戦】
あと、情報戦として、高橋、細川、前田、坂下まで言わないと。精神だけの夫婦、そんなことしろと僕は一回も言っていない。その前はやる気満々だった。前の奥さんの前科もあるから。あと、うまくいかなかったことを合理化しているだけ。三本部長を使え。人がいいだけでは駄目。

【飯山】
個人としての不始末。 親の言う人と結婚したが、元の恋人の人妻と付き合っており、結婚しても、その人妻から手紙が来たので、まどかが暴れた。管まどかが神託結婚という言葉を言い出した。阿部のところへ相談に行ったり、いろんなとこへ行った。
Think too muchの類。あんたのこと、そこまでかまっていられない。あれは、お願いしますと飯山から行ってきて、本人は中島、管、峰村のどれかと思っていて、先生はどれかを紹介してくれると思っていた。二人は喜んで結婚していた。神主でも、仲人のせいでもない。元の彼女のことは、飯山の問題。人妻を呼び出してデートするのはまずい。まどかが100%完璧な男性と思いこんでいるのも、甘え。

【正史】
正史は、まず会員、その次外へ。
外部へ出す本も大切。パトリオットでうまい戦い方ができれば、 K社との戦いも最終戦までいく。きちっとしたけじめ、抑止力になる。わがままは許されない。
宗教団体としては10年やって第一段階の基礎。 10年残らなかったら、幹部ではない。
大幹部になろうと思ったら20〜30年の実績がいる。首都圏はゴシップ、ゆさぶりで危ない。
闘犬みたいに闘う。見ているだけではだめだ。

723 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:35:14
>>722

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.24

【出版】
編集の課長に中川。別動の本をしかけていく時期を考える。「講談社亡国論」。
①根回し。「K社がつぶしにくるかも知れませんが、ひとつよろしく」出るらしいという情報を先に出して。
②チラシで先に出して、注文しましょう。本屋に注文させる。
③月刊誌に広告。
④被害者の会編著で出す「講談社亡国論」
⑤東販、日版にも挨拶に行く。

講談社からの妨害があれば、 「言論の妨害を受けた」と言えばいい。今ドロー状態だから攻撃に転じる。 Kの体質を全部えぐる。日本全国公認の戦いだから。
あと、 「宗教の逆襲」、 「幸福の科学発展の秘密」攻撃用の本と大本営発表の本をつくる。
情報を多く出して、撹乱していく。報道被害研究会編でも、池田不作著でもいい。映画の系統は出版社は妨害しにくい。
他教団とも出版物で戦わないといけない。日刊テーミスにも野間体質が書いてあった。 「講談社護酷物語」でもいい。
また逆手でほめ殺しの方法もある。「講談社の発案を祈る会」いろいろ企画してやって下さい。「理想国家日本の条件」が出たら、自民党はうちを使いたくなるかも知れない。二正面作戦みたいになってきた。マスコミの追い風。講談社の孤立化。
ごそごそしている間に大きくなる。もう一回91年の戦いのやり直し。このままだとドローだから、もう一度仕掛ける。いまの感じだとマスコミから見ても、講談社は幸福の科学を葬れないと思っている。

【税金】
宗教は、お布施のところでごまかせる。宗教的にみて、金儲けがうまいのは、税金をごまかすのがうまいだけ。
三菱商事は、今期800億の赤字。国際伝道しようとしたら、まるごと抱え込むようでないと。今回の七人、クオリティーはいいから、三年もしたら役に立つだろう。

あと、 「フォーカスの記事で九年間つきあっていたのを分かれさせられた」というのは、 「事実ではない」と、 「講談社を踊らせた悪魔たち」で、はっきり書くように。つきあっていた人はすでに人妻。
あと、セミナーのタイトル、 「ひとにぎりの愛」を「信仰の大切さ」に変更。

724 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:38:09
>>723

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.25

【 「理想国家日本の条件」の表紙】
①色の感覚。もう一段色の切れが欲しい。配色の問題。
②写真は、講演会の写真を、帯の左に白ぬきで。
③C案は、字は大きくていいが、白でパンチカが弱い。
④キャッチを,もうひと工夫。
キャッチーつで、 10万部は違う。本が売れるか売れないかは、ほとんどが、題名と装丁だから。「売れんか、売れんか」の波動が出ないと。
この表紙だったら、 20万部の壁を突破できない。三省堂の新刊コーナ一に積み上げて、目だつようでないと。プロパガンダの天才の出現を要する。

【他宗批判】
(編集局の報告のあとで)
学会に批判していく。いまだったら行ける。朝日も社説で学会の批判をしていた。
週刊宝石で太陽の法の紹介をした、○○○○は、モルモン(色情系統)だけど、うちの本を読んでいる。ダイナマイト思考をもとにした本を書いていた。○○○○○は東大を出ている、狙いどこかも知れない。最近女優も、うちについている方が、何かあったら守ってくれるということで、うちに関心を持っている。

(邪教連合が出来るかも知れません)

そうなると、うちの宣伝費が安くなる。宗教を叩きたいと思うんだが、マスコミも言葉を知らなくて、はずかしながら、女と金のとこしか書けない。やるときやらんと、勇気がないように見える。天台座主も、ドームの翌日死んだ。これは仏罰の雰囲気。学会に何が出来るか。弱みを持っている。学会も新宗連を取り込みにかかっているが、幸福の科学が狼煙をあげると、どうなるかわからない。ぼちぼち勝負。もう少し力がいる。

【不満分子対策】
総合本部は少し、人材が増えた。おとといの話も、政治的な事務局長がいたら、こんなことにならなかった。もう少し策のある人がいたら、変わっていた。細川、高橋、竹内の事務局長は高くついた。ちょっと情けなかった。あとあと何年もして吹き出すと情けない。
あと、不満分子も呼び出すか出かけるなどして対処する。伊澤なども、 「お話伺いたい」と言って、少しぶるぶるさせておかないと。「この罰あたりが」と行かないと、宗教の戦いではない。 少し、この辺の力をつけないといけない。放置するとガン細胞みたいになるからいけない。
行くなり、呼出をかけるなりして。単に行って、居留守を使われるぐらいなら、呼出をかけたらいい。それだけで十分ふるえる。来なかったら、あと、 「お返事は」と、また出す。中村も呼び出す。一人ぐらい送り込んで、ミイラとりがミイラになってもいけないから。少し,折伏部門をつけたい。

725 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:42:01
>>724

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.26

【版権】
へんにごねられるとコスモテンになりかねない。全部弁護士にまかせる。○○○さんはよく出来るから、うちとしても上手に使ったらいい。筋がいい。弁護士もいろいろ実力があるから。

【弁護士】
フライデー事件のときも、この人のアドバイスに従って収拾したから。「電話、ファックス、もうやめなさい」、こっちの告訴が成立したら、あっちが駄目になる。
こちらの告訴を受理させて、向こうの仮処分は却下されるだろうから。営業妨害になったら、捜査されるから。一週間が抗議の限度だ、というので、五日目にやめさせた。○○○は、刑事部長と同期だったから、すぐに受理させた。安田さんもキャリア半年、佐藤さんも2、 3年。○○○は東京本場で20年。○○弁護士事務所はいいのをとっている。一人除いて、すべて東大在学中に司法試験合格した人。この人もコロンビア大学にまで、弁護士事務所で留学させている。ここはレベルが高い。高いけど上手に使ったらいい。名誉毀損のとき、着手科200万と言ってきたら、うちの弁護士が高いと言ったが、政治力がある。 格上の弁護士が来たら、検事も違う。ドライで、負け筋は受けない。K杜も値段の高い弁護士を使っている。うちは信仰心はあるが、修行が浅い。フライデー事件のとき、電話、ファックスも会員の自発的意志でやるといったら問題ないが、白木さんがスケジュールたっててやった。

○○○は
②指示書は一切破棄せよ、
③会員には自発的にやったと言わせよ、
とアドバイスしてきた。

普通は分からないようにするが、うちは正直だから危なかった。五日後に修正したが、あそこで失点出したから、受理したが、起訴まで行ってなかった。あれは、商学部出身でなしに、法学部出身が指揮をとってなかったから、知らなかったからだ。だから、どこまで責任取れるか見て、○○○さんに相談したら、僕の考えと一致していた。そのとき、安田の意見は、判例でいけば、白紙のファックスでなければ大丈夫ですと言っていた。○○○は、業務妨害が成立したら、告訴が受理されなくなると言って、やめれば仮処分が却下されると言っていた。○○○さんが適切にアドバイスしてくれなかったら、 2、 3人放り込まれていたと思う。ファックスのとこは計画の段階で、もう少し詰めたらよかった。あそこのとこをもう少し詰めておいたら。あのときは、○○○に結構助けてもらっていた。日刊現代は危なかった。向こうは小さかったから、おびえてしまった。小さいからとりあえず、業務を続けたかったから。大新聞だったら壮絶な戦いになった。

726 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:45:23
>>725

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.27

【ブレーン】
これから戦うと参謀本部、各部門の専門家がいる。西荻時代、ボスコン系のコンサルタント(慶応出身で、当時39歳)で○内という公認会計士がいた。○内は土地を買うべきです、これがいちばん節税になりますと言っていた。コンサルタントは

①宗教は、近いとしたらファッション産業。土地を持たないでやどかりみたいに借り替えていけ。

②職員もそんなにいらない。通信販売でやっているんだから。

③初動期にあまり会員から取りすぎないこと、長く取ることが大事。これは守った。

④これはソフト産業ですから、ソフトづくりに専念しないと危なくなる。

その時の幹部はソフトが大事だというのを理解しなかった。ボスコンからの紹介で個人でやっている。また相談したらいい。不動産に手を出さなくてよかった。○内は35%なら駄目だが、 30%で大丈夫ですと確定申告を出したら、あとで、税務署が来て、伝票を出せと言って差額40万取られた。○内は恥ずかしくなって辞めた。

【ソフト】
ソフト部門はかなり長い間勉強させないと使えない。範囲、範囲で言えばいい。これ一回,話してみて下さい。
弁護士のところも一種のソフト産業。 弁護士にも能力の差がある。うちの人も能力あるだろうがキャリアをつけたころは、潰れているだけではいけない。この辺は学会はすごい。○田の秘書は検事に嫁に出して、戦略商品として見ている。○価大○でも、戦略的に練って、いろんなとこに送り込んでいる。それだけに、絞り込んでやらせている。三菱商事にも毎年創○大○から三人入っている。もう50〜60人になっている。戦国的な考え。大作も27のとき参謀室長だった。参謀的なとこを考えておかないと、何かのときにつまずく。ブレーン部門、ソフト部門に金を惜しまずにまずに。
つぎ、松本に脚本書かせるのは、きつくなる。小田の演出も。この辺も戦略的に要因を考え、養成していかないと。採用も、会員にもどんな人がいるか、脚本のところがまだまだできていない。松本の脚本では、 8億はかけれない。

727 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:47:47
>>726

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.28

【戦略人材】
ブレーン組織をつくっていかないと先行きはない。出版物も戦っていくものをいろいろつくらないと。後手後手になるのを見ていると、まだ戦略人材がいない。ルーチンを回すだけで精一杯。思いつくのでも喜島程度では危ない。才能のある人と頭のすごく切れる人がいないとやっていけない。狭いとこでは、専門家には勝てない。
ジェネラルマネージャーとしては、それを採用するかを考えればいい。国際部門もそうなる。商社マンもそうならないように。ルーチンの人に総合企画させたら潰れる。あと、若い人で10年後の人材。あと、奨学生考えていい。海外研修でこんなに来るなら、一学期終わってでも、試験して、 将来いろんなところに送り込む。全部職員にしていいというものでもない。各界へ送り込む。あと、司法試験奨学金を2〜3人。司法試験は卒業3年で受かるが、卒業しても就職できない。アルバイトしなくて勉強できるようにしてやるとか、こういう手がある。もう天下取りが近づいているから。学会なんかマキャベリズム。
官界、法曹界。政界は手ごわい。むしられるから。余裕があれば、いろいろ研究会をつくっていかんといけない。池○も若い学生には直々会ってやっている。特に法曹界とか。彼も30代で始めたから。若い団体なのに学生部が弱いのは困る。学割も少し考えんといかんかも知れない。 10年たったら使えるから。総合本部も、楯の部分を考えないといかん。戦略的には若いのをとっておいた方がいい。

728 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:50:14
>>727

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.29

【三菱】
(矢板、林、蔵原、白橋、真杉)
わりに早く来れたね。半年とか一年したらガタガタして来れなかった。社長さん、眠れないかな。

(社長から、人事部長に降りてきたのでスムーズに辞めれた)

内部にもいないの。

(正会員が2名) 。

しっかり育てておいて下さい。ねだやしにしないで、少しは残しておかないと。一万人もいるんだから。この前も800億損失計上で。タイミングよかった。たまたま一月号月刊誌。出版は商社もやれない。利幅が少なすぎるから。でも何も海外との出版は、 90年ごろから始めようとそているが、出来なかった。 (林に)組合専従は優秀なんでしょう。出来の割るのを組合に入れると暴れるから、将来有望なのを入れると服従してくれる。やってきた職業の癖があるからよく見ておかないと。商社も細分化しているから。交渉力はありますか。

(蔵原がいちばん強い。英語で交渉)

駐在経験は松島だけ。国際局はこれから拡張。本気でやったら外務省ができる。事務局も、いちばんチョンボしないとこに入れた。しばらく全体勉強をしてください。
能力の高い人ほど、比較的早いときに失敗する。通常半年以内で失敗する。思いこみが激しすぎて、走って、崩壊すると気づく。センスが外れてないか半年してからわかる。失敗するのは国際局、出版からしやすい。特に大事なのは、大会社から来たら、親方日の丸発想で、お金はどこかから降ってくると思っている。それと強者の戦略をとりたがる。国際局なんか、小さいとこから起こしていく。個人企業、零細企業、中小企業、大企業へと。国内はこのステップをとった。タイミングが悪いとポシャル。国内は強者の戦略やりすぎて赤字を出した。国際でもう一回やられるときつい。

【講師能力】
あと、講師能力。蔵原は93年1 1月より活動。特訓しないと失敗する口。頭が良ければ、稟議でマクロを見る。自分でノーハウをつくってためられるかどうか。海外で会員増やすのと普及とは一体。現時会員が増えてきたときの組織はどうするか。韓国訳でも出したら、すごく増えて大変だろう。怖じ気づいてもいけない。3年ぐらいたたないとピントはあってこない。 1年は1年半だとピピッと来ない。銀行出身も、 1〜2年では、 「当行では」と言いかねない。しばらく、前職のが出てくると思うが。 みな、体力はあるだろうね。統一試験も会員の平均割ったら首切られますから。最後は講師能力。海外行くにしても、商談ができませんから。青年部、若手が多いが力が弱くて、何かが間違っていると思う。戦力化しないと。末広がりにならないとまずい。学生部で活動家500人は少なすぎる。どうするか。

729 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:52:35
>>728

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.30

【学生部】
学生部の現状。これだったら、基本的に、理念で失敗している。学生部が使えないと、宗教運動として盛り上がらない。学生部を機動部隊として使う。お金儲け中心でやると若者は全滅する。学生部のたまり場なんか金がかからない。10万もあれば借りて、たまり場に。前も言ったことあるんだが、どうして理解されないんだろう。そこを拠点にしてオルグさせて。東大なら、 駒場前にマンション一部屋借りて、高田馬場も。そんなのは費用見てやって、授業の間に集まれるような。
この結果は学生殺しとしか思えない。戦略ミスとしか思えない。支部で管理できないので、しなくなっていったと思う。数は違う感じがする。根本的に考え直さないといけない。学生部は学生同士やって、学生運動は組織化がいくらでも出来るんだが。この辺も元祖指示待ち族が行ったか。大学内ではマルキズムに代わるぐらいにならんと。吉田を東京に持ってきて学生部長やらせるのが間違っていたんじゃないか。若手の職員にOB兼任させてやらせてもいい。東大担当、早稲田担当・ ・。大学学生部長を張り付けないと。他の大学といっても話があわん。大学学生部長から学部別学生部長で、先輩後輩のラインをつくっていかないと。
まずは大学別の学生部長。職員または順職員。一定の活動ラインになったら、アルバイト代を出して、半専従ぐらいにして、 5〜6万出しても。事務所の責任を任せて。
大学こんなにすくないの問題。最後、警察と戦うのは学生。レーニンの10月革命前の集会は2万3千だった。うちの方が大きい。ワーとやって、一年後10万ぐらいになっていた。こんなもんで革命ができる。うちも全国の力を票めれたら、かなりのことやれる。学生対策部門の強化を。小村でだめなら長の出来る一を入れて、スタッフも入れて。甘く見ない方がいい。うちは社会的ステータスが高い団体。だから、現にいるのを取り込んだ方が早い。○価○学と違って、リクルートのためだけだったら笑いもの。学生の活動だったら、学内の会員を何名にするかにするようでないと。7年間やっているとこから見ると、徹底的にテコ入れを。学内に上手に細胞をつくったら、 「とにかく仲間を増やせ」と言って。首都圏で1 00大学。社長の数は日大がいちばん多い。大学の学生数、ある程度見た方がいい。ある程度の規模とブランド。卒業生がいいから。映画の券ぐらい学生に売りつけないと。学生部根本的に見直さないと。学生部に予算をつけてやった方がよっぽどロンドン大より活性化する。民育ぐらいやってもらわんと。他の宗教も大学でやっていても、差別化もせんといかん。 何で差別化するか。映画のチケットをさばかせる。

730 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:54:57
>>729

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.31

学生部に頭脳がない。学生部は上が蓋をしていたんだな。学内の細胞数を増やすのを徹底的にやる。種まきで、社会人になったら刈り取ればいい。取りすぎたらいかん。今だったら、早稲田で、 300から400は欲しかった。 4万人も学生がいるんだから。年末までに会員をこれだけにしろと、絞って活動させる。なけなしのアルバイト代を取られているんだろう。活動家の学生には、献本用の本を安く、行事参加も割引を考える。研修会、セミナー、そのままの料金ではきつい。 2万円を超えると、どうしようかと考えだすんじゃないか。これだったら、豚カツを食えるとか。活動家なら、割引券とか。
ターゲット校を決めて、学内の会員数目標まで絞り込んでいこう。三桁は行かないと。あと、卒業して社会的影響力が出てくる。左翼の活動家ばりに根をはって欲しい。学生運動のうねりをつくらないと。素地としてはある。集金体質にネックがあるか、学生部を無視しているかどちらか。はっきり言って、数。後輩の面倒見て、連綿とやらせる。卒業したらOBとしてやる。あとは、講師も毎月一人は学生相手の安いセミナーをやる。大学別ぐらいの学生部長が欲しい。兼務でもいい。集いの場つくるのも、一定の会員数までふやしたら作ってあげるよと。これは毎年毎年入ってくるから、 無駄ではない。卒業生がOB会でやると根がはる。例えば、早稲田で今年中に200人を目標にしようと言って、チラシ集会、献本などをやる。
三桁に、まず乗せないと。支部では対応できない。
学生部プロジェクトをつくって。学生は会員数増加をメインとして。あとは、映画の件。営業マン的な人がいい。出身校をやらせる。新卒を、いい大学に張り付ける。
窓口は総合本部に。早急に手をうたんといかん。だから、意識が企業化している。
ただのエネルギーを、無視している。それと、やっぱり学生に冷たかった。学生は、学生がどうやってるか、知っている。そこに光をあてんといかん。うちみたいに公明正大にやっているところはない。例えば、 「京都大学、神理を考える会」で出しても集まる。リクルートだけでなしに、推進の目でもみないといけない。意外に弱いとこがある。学会なんか、学生のとこで盗聴までしている。アルバイトみたいな感じで手伝わせる。何か仕事をつくって。例えば、映画のポスターはり、ビラ配り。横断的プロジェクトを作って研究してみて下さい。

731 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 21:57:13
>>730

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.32

【創○○会攻撃】
(広報:補佐先生のセミナーは小冊子にして出してよろしいでしょうか)

内容に、実名が出てくるから、どうかね。
迎撃は、 12月に虚業教団が出て半年かかっている。 1月のとき「サタンが入った人たち」がポンと出るとよかったんだが。反撃に2年かかっていたがの、いまは、半年になった。
「創○学○亡国論」だったら、どこでも出してくれる。政局が混迷して、 国会が解散になったらズパッと出す。

(Sは五月号でたたきます。幸福の科学折伏マニュアルを紹介して)

いずれにしてもSは包囲されているから。両方到さんといかん。 SもアンチSも。

(Sと立○佼○会の会談について、うちから立○佼○会に、 「何考えているんですか」と出す必要がありますか)

立○佼○会に、 「何と軟弱な。Sと戦え」と。二代目の庭○日興は気が弱いかも。うちの村田さんみたい。あまりうちの態度を明確にすると損だから。
うちが560万と言ったら、 650万と言った。読売事件のときの30万から増えていない。合従連衡より、うちは独白に。

【コスモメイト攻撃】
コスモメイトには何かやっているか。

(ええ、チラシを)

規模では、 6、 7000から1万だと思う。早くも本の種が尽きているから。宗教法人になる前に種尽きになっている。ミーハ一族にはいいかも知れないが。杉並はもっとガリガリやりたいね。コスモメイトは角川にも、うちの意地悪をした。幸福の科学の本を出すなら、うちの本は出さないと。多少は打ち返しても悪くない。あっちはやっているから。学校事業をやってるから、あれが最大の弱点。学校は攻撃に弱い。マーケットが飽和しているから、宗教法人をてこにして予備校をやろうとしているが、河合や駿河台などがあって、甘くくない。お客さんは西荻中心に中央線沿線。中央線の縦ラインを叩いてやればいい。坂口頑張れ。
もう一人、二人将軍はいないか。自分の頭で戦える人が欲しい。

(滝口えみを中川Kの下で使います)

坂口、学生部までやってまたざきが起きないように。

732 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 22:00:02
>>731

『 大 川 隆 法 の 本 心 』No.33

【戦闘能力】
林の方が人柄はよさそうに見える。蔵原は競争心が強そう。ビッグ・バンの三年を考えたら、もう少し営業戦力がいたらいいな。戦闘能力という点では30代でもいける。諏訪あたりでも戦える。坂口のネックが今年のネック。広報も、種村、中川で言論戦もいける。第二の編集局。坂口、あなたの天中殺は91年から93年だったから、過ぎているから8年ぐらいはいける。
戦闘能力という点でいけば、坂口も、ちょっと嫉妬を感じる様な人を使わないといかん。
木村と林は、能力勝負。能力のある人が総括的で、ないほうがルーチンに回るだろう。林も途中で評価があがったんだろう。九州から来て、組合で専従というのは、役員候補。蔵原はなんで宗教に入ったのかと思う。
トーメンから一人とるなら○○がいい。社長の目がある。出来るし、頭もいいし、ルックスもいい。三菱商事が会っても、劣等感を感じると思う。 先生が抜けたあと、 50年代ではトップだと思う。多少宗教心はあると思う。頭がいいから、戦略企画たててやれると思う。いま宇宙事業をやっている。これを抜いたら、会社は激怒する。林、蔵原では、採れないかも知れない。もう少し上の人をださんと。採っておいた方がいい。

【戦闘布陣】
あと、三年ぐらい先まで落ちこぼれない布陣をたてんといかん。学会が若い30代でやったんだから。何が足りないんだろう。坂口もどこまで成長するか。会の発展規模相応に頑張ってもらわんと。91年を振り返って見たら冷や汗。三年たって振り返ったら、無謀な戦いをしたな。あの組織、ソフトで、と思うかも知れない。資金力では、どの程度まで怖がる要素なんだろうか。国会議員、銀行、三菱商事にまで送り込んでいるんだから。学会も人が多いが、マスコミに出せるほどの人はいない。公明党は他のとこと一緒にやっていけるのか。小沢一郎は、 Sの金狙い。小沢もこれだけ敵が多いと天下は取れないかも。刺されるタイプだ。
もう一体力あれば。それでも、うちも強いのかも。立○佼○会とぶつかっても、もう負けない。覇権戦争。学会に戦いを挑んだら、立○佼○会より大きいことがわかる。そのときは700万代ぐらいで発表しないと。あそこも十何万を600万まで言っている。年間の資金の流れは同じぐらい。 2〜300億程度。戦いを挑むときは、立○攻○会をけ落として、 Sに挑む。いつ、どこまでやるか。                           
うちの一番の武器は出版物が出せること。共産党も、そういう意味では同じ。

733 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/01(土) 22:05:21

『 大 川 隆 法 の 本 心 』と題しての投稿 >>699->>732 とりあえず以上にしておきます。

前代未聞の連投になりましたが、洞察力を働かせればそれぞれの着眼点によって、内容そのものの他にも色々と理解して頂ける資料と思います。

コレが「宇宙の創造主」「救世主」「仏陀」を自称(詐称)する者のありのままの姿です。
コレのどこが聖者でしょうか?宗教だの信仰だのを語る資格のない、まさしく俗物です。

普通こういった類は『 人 間 の 屑 』と言うのではないでしょうかね。

734 アイマイミー ◆3PbKvlyfLs :2011/10/01(土) 22:35:47
>>699-733
アルゴラブさん 極秘資料の公開ありがとうございます。よくこれを見つけだしましたね。

これをご覧のみなさまに申し上げますが、これは、本物です。

私は、これをある立場になったときの94年の秋に見ました。極秘中の極秘でした。
また、大川と話したことがある人はよくわかると思いますが、大川の口調そのものです。

大川がこれを言い出した背景は、関谷本に驚いて、関谷本否定のために必死になっていた時のことですね。
とくに、GLA出身の細川、前田両氏に、関谷本の反撃を命じていますしね。
これが元になって、94年3月はじめの主宰補佐セミナーが開かれ、そのあと、それを訂正する主宰補佐セミナーが開かれ
そして、ついには、高橋信次否定の「方便の時代は終わった」につながるもので、大変資料価値があります。

その後、4月頃には、秘密裏に、局長級を集めての、守護霊同士ののの知り合い霊現象をやっています。
これがでると抱腹絶倒、大川誇大妄想がよくわかるのですが・・・

なお、この資料中に、大川自身が講談社事件の首謀者で、刑事事件になる寸前だったと認めていますね。
文中の伏せ字部分も、私にはよくわかりました。

アルゴラブさん、よくぞ、貴重な資料を発掘してくださいました。いろんなことを思い出させてくれます。
ありがとうございます。

735 花鳥風月 :2011/10/02(日) 00:08:01
>>733

アルゴラブさん、大変貴重な資料をご提供いただきありがとうございました。
もしウエストさんや他の皆様がよろしいのであれば、このような資料はカットや編集などせずに載せていただきたいところです。

736 菊地展弘(666) ◆QsszagWZNU :2011/10/02(日) 09:02:29
おはようございます。

アルゴラブさん、ご苦労様です。ありがとうございます。
これで又、邪悪な精神薄弱児童=大川隆法、の実態が、明らかになりました。
本当にご苦労様です。

ウエスト様ご苦労様です。
いつもありがとうございます。

737 q :2011/10/02(日) 09:02:54
幸福の科学が絡んでいる証拠 - shinsou Jimdoページ
ttp://shinsou.jimdo.com

738 ウエスト ◆atahWDAI2. :2011/10/02(日) 09:56:24
アルゴラブさん、すごい資料をありがとうございます。

コメントするにももっと読み込まないと・・・ですが、すぐにわかる部分もあります。
学生部って、つまり鉄砲玉で使い捨て扱いなのですね。今もそうなのでしょうかね。

こんな事を言いながら、あの頃の書籍を出版していたかと思うと怒りがわいてきます。

739 エル・バカターレ ◆QE5knZpQ6Y :2011/10/02(日) 11:25:12
アルゴラブさん、貴重な資料を公開していただきありがとうございました。

正直読んでいてだんだん気分が悪くなりました。
部下の悪口を延々とやって、自分の反省がまったくありません。
あと中傷ビラを撒けとか、税金をごまかすとか、学生にチケットをさばかせるとか滅茶苦茶です。
こんな男の発言を一時期でも「仏言」としてありがたがっていたと思うと情けなくなります。


隆法(呼び捨て)は全然宗教家なんかじゃないですね。
経営者、いや正確には名経営者ぶりたい俗物です。
というよりアルゴラブさんのおっしゃるとおり『人間の屑』です。
もっとも隆法(呼び捨て)自身はまったく自覚などないのでしょうが。

740 修道 ◆xvhaSPKbVw :2011/10/02(日) 13:10:59
アルゴラブ樣、いやはや凄い資料ですね。

あの當時、大川と幹部はこんなおぞましいやり取りをしてゐたのですか。
營利企業ならまだしも、曲なりにも衆生救濟を目的とした宗教團體のトップなのに。
だから本で書いてることゝ、實際のやることにギャップを感じたんですね、マトモな人は。

本道に胸が惡くなつてきます。大川は神など全く信じてゐない事がよく判りますよ。

741 新創世記の福音 ◆86JSBCtd3c :2011/10/02(日) 15:45:09
アルゴラブさん

感謝します。いまいち, 解らなかったところが 氷解しました。 ペコリ(o_ _)o))

742 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY :2011/10/03(月) 00:10:39

『 大 川 隆 法 の 本 心 』 >>699->>732 

コメントをお寄せ下さった皆様へ

スレをかなり消費しての投稿になりましたが、通してご覧頂きありがとうございます。
ネットでの反HS活動を始めて1年たち、状況もさまざまに変化していることから、発信する情報の内容も高めていくことにしました。
幸福の科学のカルト性の認識は世間的にはもうすっかり定まっていますが、今後はただ単に気味が悪い程度で笑って済まされない、危険性、反社会性をより明確にしていく方向にシフトさせます。

これまで通り具体的根拠に基づいた投稿、検証で臨みます。冗漫な投稿にならぬよう、問題点にフォーカスが絞りやすくするため最低限の情報の取捨選択と掲示板利用上の配慮は行いますが、可能な限りそのまま出していきます。今回も無駄なスレの消費を抑えるつもりで削っていますが、それは例えば以下のようなものです(価値が薄いと思われるもの)。


【映画の件】
とりあえずセミナーが終わったら、映画の会議を。難解だが、傑作になる可能生がある。 「空と阿羅漢」でも5万人も聞いてくれるんだから、難解で部外者が言えなくてもいい。 5W1Hを考えられるところは入れるが、最後は妥協せずに押し切るのも手。あとで、会員が説明する。ノストラセミナーなんかをして。あんまり妥協しない方がいいかも。



基本的にこのような方針で進めて参ります。
資料は段ボール○箱レベルであり、安全のためバックアップを数か所に分けて保管してあります。
順次ネット向きのものを選んで出していきます。(今回のものはネット初公開ですが、これに関しては実はリアルでの浸透の方を先に行ってしまっています)
もう私だけで途切れることはないので、この告発が終わることはありません。
粛々と出し続けていきます。根気よくお付き合い下されば、問題意識を同じくするアンチ同志のご協力を頂きつつ、内面的な状態含めて脱会はしたものの全ての整理がまだできていないという方々の一助になるものと思っています。

743 hiraoka ◆Qj9gDP9F5c :2011/10/03(月) 00:48:51
アルゴラブさま、ありがとうございます。

ちょうどこの資料の頃に、わたしはさんざん迷ったあげく退会しました。
しかし長いあいだ、大川君は基本的に『善人』なのだろうと