したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

雑談・映画の話2

1 のあーる氏 :2012/12/22(土) 02:26:54
映画好き集まれ〜〜。!
映画全般。こんな映画よかったとか、思い出話。
これから公開の映画の期待。いろんなこと語りましょう。

244 セラミー :2016/12/18(日) 22:58:28
『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』に行ってきました。
M:Iローグネイションの2回目を観てみたら、感想を書き直したいレベルのおもしろさだったので、
とにかく内容なんかなくてもいいからT・クルーズのアクション見たさでした。
思ってたほどアクションの量は多くなくて、途中から「T・クルーズが出てりゃいいや」になりました。
かわりに内容の方でグッときた。 派手じゃなくても渋かった。
あらためてM:Iのアクションてなかなかそうそうできるもんじゃないのかな、て実感してしまった。

それと『ミュージアム』。
まえに漫画を読んだことがあったのと、監督が大友さんだったので行ってきました。
内容ほとんど忘れてた。
カエル男の役は、私が最初に知った時は「非公表」になってて、
非公表のままにしといてくれた方が個人的にはありがたかったかな。 おどろきたかったw
あ、そうか『天地人』だ、あの2人。 って途中で気がついた。
シンゴジラのエンドロールにはびっくりした。 え? いた? て思ってたらまさかのww
ヒリヒリするような雰囲気が、『龍馬伝』から一貫してる印象。 大友さん監督の映画に今後も期待。
3月のライオンの実写が大いに楽しみ。

映画じゃないけど今年は『真田丸』がおもしろすぎました。
最初の回で「これ大丈夫か?」て思ったこととか、ドラマが始まった頃の三谷さんのインタビューとか、
まだついこの間のことのように今でも思い出されます。
最終回にサッカーのクラブワールドカップ決勝が重なってやがって難儀しました。
1年間ありがとうございました。

245 セラミー :2017/01/08(日) 00:22:52
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に行ってきました。
『博士と彼女のセオリー』で顔と名前を覚えたF・ジョーンズと、
『GODZILLA』のギャオスじゃなくてギャレス監督がたいへん楽しみでした。
本家っぽくてもぽくなくてもどっちでもよかった。
だんだんミッションインポッシブルになってった。
F・ウィテカーもうちょっと出番があったらなー 一緒に戦ってほしかった。
ドニー・イェンさん今まで何となく名前を聞いたことがあったかなーくらいの認識でしたが、
知れば知るほどどうりでくそかっけえはずだぜ・・・!
自分にはフォースはないのだと気づいた夜も、イェンの兄貴いやド兄さんが一緒ならきっと大丈夫。
フォースを持たざる者たちの戦いで、ベイダーのおそろしさがより一層際立って感じられました。
場面というか画面が明るいとほっとするw
惑星の空の青さと広さが不思議な感じの美しさに見えました。
始まる前も始まってからも、わくわくしっぱなしでなかなかおさまんなかった。
1年待っただけの甲斐があってよかったです。
レイア姫のキャリー・フィッシャーさんが年末に亡くなったのを知りました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

246 セラミー :2017/01/08(日) 00:32:15
2016年に観た映画のベストは、バットマンvsスーパーマンとローグワン。
次にアベンジャーズAOウルトロンと、邦画で怒りとシンゴジラ。
それからアントマン、デッドプール、シビルウォーのアメコミ勢と、
あとはオデッセイとブリッジオブスパイ、で、おお、TOP10になった。

キャラのMVPでスーサイドスクワッドのハーレイと、
俳優さんのMVPでバットマンvsスーパーマンのガドット姉さん、
新人賞にスパイダーマンw、
台詞大賞にX-MENアポカリプスのマグニートーでお願いします。

今年は映画いくつ行けるかな。
『マグニフィセント・セブン』私の行くとこでやる予定なし。 ぎゃー
『3月のライオン』やんなかったらどうしよう。

247 セラミー :2017/01/22(日) 23:05:27
マグニフィセントセブン公開予定になってた。 やったー
叫んでみるもんだ。
映画館のぞいてみたら、チラシ置いてあったから取ってきた。
これでやらんかったらもう知らん。

248 セラミー :2017/02/12(日) 00:26:20
『ドクター・ストレンジ』に行ってきました。
MARVEL STUDIOSのタイトルロゴがかっこ良くなってていきなりテンション総上がりでした。
他にお客さんいなかったらイスから立ち上がってたかもしれない。
わー ベネ様だー ぎゃー
R・マクアダムスは『スポットライト』のちゃきちゃきしてた感じが印象に残ってて、
ガイ・リッチーのシャーロックホームズに出てたというのを後から知りました。
新たに手にした覚えたての能力に振り回されながら、なんとか使えるようになっていく過程に、
アイアンマンの1作目と同じくらいわくわくしました。
アイアンマンは3まで観たけどマイティソーまだ観てない。
去年シビルウォー観といてほんとに良かった。
自分もMCUを意識してアベンジャーズを見始めたばかりで、
まさにちょうどそんな頃に登場のスパイダーマンやドクターストレンジにおかれましては、
思い入れや愛着も違ってきそう。 同期とか同級生とか同世代みたいな感覚。

それと『沈黙 サイレンス』。
観てきた人の話を聞いて、気合を入れ直して行ってきました。
私にはキリスト教や当時の時代のことはわからず、
知らないことが多くて理解が及ばなかったところも少なくなかったです。
「なんでそこまでできるのか」「何故そこまでしなきゃならんのか」が正直に近いところ。
外国の映画で今回ほど日本が日本に見えたのは初めてかもしれなくて、
スコセッシの映画を見る目や印象が変わってきそう。 スコセッシありがとー
原作者の遠藤周作さんの著作を何か読んでみたくなりました。
カイロ・レンが何かしでかすんじゃないかと思ってはらはらした。
A・ガーフィールドでA・スパイダーマンもう1、2作観たかったな。

『マグニフィセント・セブン』やってるけど行けずに終わりそう。
気持ちが乱高下したけど結局どっちでもよくなってきた。
映画の雑誌読んでたら「七人のイコライザー」って書いてあって、
あんなのが7人もいたらどうなるんだろうと。
タイトルがタランティーノに思えて仕方ない。

249 セラミー :2017/03/05(日) 22:27:15
今年もオスカー無事に終わったか・・・て書こうと思ってたら無事じゃなかった!
作品賞の発表ミスびっくりした。 『ラ・ラ・ランド』ではなく『ムーンライト』でしたー
最後の最後で「ええええええええ」 This is not joke!
ララランド残念だったけど、ムーンライトと逆じゃなくてよかったような。
ムーンライトではなく結局最多ノミネートのララランドでしたーよりかは、まだマシだった気がする。
どうせ間違いだったなら、おおかたの予想がくつがえる結果になって感慨深かったです。
ララランド陣営「ムーンライトに渡せて光栄だ」とか、その場でとっさに言えるのがすごい。
もう両方オスカーでいいじゃんみたいな。
E・ストーン主演女優賞おめでとー
というわけで『ラ・ラ・ランド』に行ってきました。
むしろR・ゴズリングにも主演男優賞獲ってほしかったというか獲らせてあげたかったというか。

オスカーの授賞式では、M・デイモンが“宿敵”の司会者からおちょくられまくってたり、
ツアー旅行か何かの一般人の観光客一行をサプライズというかドッキリで会場の最前列に連れてきたり、
「お腹すいたでしょ」って天井からパラシュートでクッキー降らせたりなど、
恒例の趣向がいつもの通りのアカデミー賞でおもしろかったです。
長編アニメ映画賞『ズートピア』もう1回ちゃんと観ようと思った。

250 セラミー :2017/03/26(日) 21:04:19
『モアナと伝説の海』に行ってきました。
アナ雪とは対照的な感じで少しも寒くなさそうな南国の海の映像と、
“How Far I'll Go”の歌が楽しみでした。
ほんとは字幕で観たかったけど、番宣見てるうちに吹替でも平気になっちゃった。
モアナの声は新人さんだそうですが、なんだか土屋太鳳ちゃんで再生される。
さすが春休みシーズンなだけあってなのかお客さん家族連れも多いように見受けられ、
子どもは走り回るわ赤ちゃんは泣くわでなかなかな回でした。
アナ雪の時に隣の席で大泣きしてた女の子のことまで思い出してしまった。
昨今のCGの映像は、毎回のように進化、向上していて、観ていて飽きないです。
何年か前までの「CGでここまでできるようになりました すごいでしょ」って感じから、
今はもうそれがあたりまえになっちゃってる。
マウイの動くイレズミと、小っちゃい海賊がおもしろかった。
ニワトリと子ブタに何かもう一声あったら完璧だったかな。

251 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2017/04/10(月) 06:51:53
ビリギャルやっと見ました。 よかったあああ。

252 セラミー :2017/04/16(日) 20:59:44
『3月のライオン 前編』で、有村架純がいちばん強烈でした。
それの反動もあってか、朝ドラ『ひよっこ』のほんわかした感じがめちゃくちゃなごむw

253 セラミー :2017/04/30(日) 21:08:35
金曜ロードショーでやってた『シンデレラ』が思いのほかおもしろくて、
『美女と野獣』観に行きたくなっちゃった。

『無限の住人』観たい。

『キングコング 髑髏島の巨神』に行ってきました。
観てきた人の話を聞いて、やってるうちに行けました。
わーい バケモノだー
シンゴジラはあっちの方向で、キングコングはそっちに行ったか・・・!
また自重を支える仕組みがどうとか解説されたらどうしようかと思った。
大佐と学者と島の生き残りの顔ぶれが、3バカじゃなくて超強力3トップでした。
サミュエル・L・ジャクソンお前絶対顔でコングと張り合ってるだろ!
T・ヒドルストンをちゃんと観たのは今回が初めてで、マイティソーがより楽しみになりました。
中盤は、一昨年のオスカー女優B・ラーソンのおっぱいばっかり見てました。 ビバタンクトップ。
いろんなバケモノが出てきた時は、ジャスティスリーグを知った時と同じ種類の感動が押しよせました。
オールスターの大乱戦的な。←※イメージ
バケモノのバトルが素晴らしい迫力で、GODZILLAもこのくらいやってくれればよかったな。
すごく期待してたわけではなかったんですが、かえってそれがよかったのかとてもおもしろかったです。

254 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2017/05/05(金) 06:43:48
キングコングと無限の住人 見たい!

255 セラミー :2017/05/28(日) 00:11:58
『無限の住人』良かったですよ!
『3月のライオン』もそうだったんですが、別に自分のこだわりとかイメージ通りではなくても、
漫画の実写なんてこのくらいで全然良いんです思いました。
今まではそういうふうには見えなかったけど、杉咲花ちゃんが可愛らしかった。
戸田恵梨香もおばさん呼ばわりされるようになったか・・・!

それと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。
前作がめちゃくちゃおもしろかったので、それをそのまんま期待に移行してました。
前売を手違いで2回買った。
ベビー・グルート超かわいいいいいいいいいいい グッズほしい。 いきなり暴力ふるってて笑ったw
メリー・ポピンズ超かっけえええええええええ あの武器ほしい。 ハン・ソロの時より悲しかった。
カート・ラッセルは『ヘイトフル・エイト』にも出てたなぁ。
スタン・リーのカメオ出演は、見逃したり気づかない時もあるけど、今回はわかりやすかったw
はたしていつかロケットの体の話も、この先のシリーズでやってくれるか。
完璧なVol.2だったと思います。 お腹いっぱい胸いっぱい。
今年のベストで、スパイダーマンとどっちが上にくるかなぁ。

それと『スプリット』。
久々のシャマランー♪ こわかった・・・
GLASS楽しみに待つ。

256 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2017/05/29(月) 06:46:52
スプリット  見たい!!!!

人格いっぱいvs女子 っていうあれですよね!

監督ってシックスセンスの人ですよねえ。  見たいい!!!

257 セラミー :2017/06/04(日) 12:20:06
そうです その通り!!
かつて、多重人格ってなんかかっこいいとか思ってた頃がありました。
シックスセンスのM・ナイト・シャマラン監督とか、他にもD・フィンチャーとか、
クセのある というか クセになりそうな間合いのとり方が好きです。
ちょっとしたネタバレになってしまうかもしれないので、
くれぐれも「GLASS シャマラン」などで検索かけたりしてはなりませんよ!

『LOGAN/ローガン』始まったか・・・!
『メッセージ』も観たい。
また感想書けるといいな。

258 セラミー :2017/06/18(日) 12:09:37
『LOGAN/ローガン』に行ってきました。
H・ジャックマン演じるウルヴァリンとは、X-MENの1作目からのつきあいです。
映画の外でこれが最後だと聞いていたので、心構えをして観てきました。
キャラの多さも魅力のひとつに感じていたシリーズだったので、
スピンオフだから、というのとはまた違う意味で、みんないなくなっててさびしかった。
何の描写もなしに、あたりまえのように世界が荒廃している様子には、よく寒気に近いものを覚えます。
ちょっと『A.I.』を思い出したりした。
思ってた以上に、人が老いることの厳しさや辛さがリアルに感じられました。
プロフェッサー/チャールズの能力にはおそらくとてつもない自制心が必要になるかと思われますが、
「世界一危険な脳」がアルツハイマーに罹ってる設定は、冗談がきついなぁと思いました。
また、タイトルがウルヴァリンではなくローガンなところにも、内容が表れているように感じました。
リトル・ウルヴァリンかわいかったです。 笑顔が出た時はほっとしました。
生首ゴロリきたー 最初何を抱えてたのかわかんなかった。
最後のほうで子どもがウルヴァリンの人形を抱いてたとこでうるっときました。
彼の戦う姿は忘れません。
これからはX-MENも、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に出てくるようになるのかな?
またデッドプールでX-MENをネタにしていじり倒してくれるとうれしいなw

それと『メッセージ』。
事前に「柿の種」って聞いてたせいで、柿の種に見えました。
まるで「時系列がわからない」を逆手にとったような映画だなぁと思いました。

259 セラミー :2017/06/18(日) 12:22:09
7月から8月がやばいです。 ざっと公開日の順に、
忍びの国、パイレーツオブカリビアン、メアリ、銀魂、マミー、東京喰種、
ジョジョ、スパイダーマン、打ち上げ花火、ワンダーウーマン、関ヶ原・・・
年によっては、なんにも観るもんがない夏休みシーズンもあるんですが、
今年は「どれに行かないか」を決めるのがたいへん。 全部行きたい。
これ以上増えるなよ・・・
9月も多そうな予感。

260 セラミー :2017/07/09(日) 21:30:37
はい パワーレンジャーとミニオン追加ー

ジョンウィック、トランスフォーマー? 知らんな。

まだ先だけど、猿は10月かな。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に行ってきました。
シリーズやJ・デップに対してそんなに熱心なファンではなく、
今回はJ・バルデムが出てるなら観に行ってみようということになりました。
人気があるシリーズだし、アクションの迫力とか娯楽大作としての安定感に期待してましたが、
序盤の騒動にわくわくできなかったのが大きかった。 中盤が退屈に感じて眠たくなり、
終盤になってクライマックスからラストがよかったです。 そこに持っていきたかったのね。
序盤、中盤、終盤トータルでまあまあって感じ。
終わって出る頃にはストーリー忘れてた・・・!
お目当てのJ・バルデムもいまひとつもの足りなかったな。

261 セラミー :2017/07/30(日) 20:20:39
『銀魂』に行ってきました。
たしかジャンプで今回の実写が最初に発表された号の目次のコメントで、
空知さん「ちょっと豪華な仮装パーティーくらいのつもりで楽しんでいただければ幸いです。」
みたいなことが書いてあったように記憶してるのですが、
ほんとにその通りだと思いました。
私は銀魂の漫画を読んでおらず、壊されて困るほどのイメージは持ち合わせてなかったし、
キャストに対する違和感や不満はほぼ一切皆無でした。
かろうじてわかるキャラは、銀さん、新八くん、神楽ちゃん、お妙さん、近藤、土方、沖田くらいで、
高杉についてはまったく知らなくてカッコ良かったです。 ああいうキャラにはちょっと弱い。
印象が大きかったのは、神楽ちゃんの橋本環奈ちゃんかなぁ。
また、原作を知らない層に向けての配慮が感じられたのが好印象でした。
許可とってるとは思うけど、TBS(←テレビ局)やジブリの出方次第では公開中止になったりするのかなw
「結野」と書いて「ゆいの」と読む女子アナが、かつてNHKに本当にいたような気がするw
クスクス笑ったりプッと吹いたり、笑い声をあげそうになるのをこらえるのがたいへんでした。
るろうに剣心の時と違って、原作をよく知らない立場で観ておもしろかったです。
原作ファンが何と怒っても、はっきり言って無駄、というのを、セラミーはるろうに剣心で学びました。
そんなに悪くなかったです。
続編作られたらまた観に行きたいな。
私が言えた義理ではないですが、「原作と違うから楽しめない」としたら、
あまりにもったいない映画だと思いました。

262 セラミー :2017/07/30(日) 20:33:18
それと『忍びの国』。
予告編や番宣の雰囲気から、真面目に映画を観に行くよりも、映画館に遊びに行くような感覚でした。
石原さとみはシンゴジラで私の中の評価を一変させた女優さんです。
無表情で凛とした佇まいが、美しいというよりカッコ良かったです。
いいぞ伊勢谷もっとやれー 日置大膳って武将を初めて知った。
でんでんさんはうちの父が似てるんだよなーて見る度にいつも思う。←そっくり瓜二つとは言ってない
ナレーションが山崎努さんだったかどうかエンドロールで確認するの忘れた!
現代社会に向けて「これでいいのか」と問いかけるようなシーンもあったのが印象的で、
時代劇なのにイヤホンにスマホ片手の現代人の姿をぼやかすとこがすごく良かったです。
出演者や番宣の力の入れ具合から、もうちょっと話題になるかと思ってたけど、
嵐の層と時代劇や原作の層の双方から敬遠されて、隙間に落ちてしまった印象。

忍びの国も銀魂も、パイレーツオブカリビアンと違って楽しく観ることができました。

それと『メアリと魔法の花』。
最初っから最後まで退屈でした。
途中で出ようかと考えたことなんて滅多になかったけど、
観とかんと話のネタにできんし、我慢して終わりまで観ました。
ひきつけられるものが何もなかったなぁ。
魔法学校という設定がハリーポッターに重なってしまってそれがもう駄目でした。
ハリーポッターが嫌いという意味ではないです。
ヨーロッパのどっかの国に、こういう話の童話とか絵本があるのかなーて印象。
杉咲花ちゃんは思ってたより上手に聞こえました。

263 セラミー :2017/08/20(日) 11:26:12
2017 夏映画大本命にして今年のベスト最有力 その1
『スパイダーマン:ホームカミング』に行ってきました。
かつてバットマンを演じたM・キートンが、よもやMARVELに、しかもヴィランとして出てくるなんて、
なんておもしろい巡り合わせなんだろうと思ってとても楽しみにしてました。
アメコミでは敵とか悪役のことを「ヴィラン」て言うんだっけ。(アメコミ以外で聞いたことがない)
ヴァルチャーの表と裏の二面性が良かったです。 ファルコンと翼対決見てみたい。
主演のT・ホランドくんは、スパイダーマン役で初めて知り、まだそんなに思い入れはないけれど、
それにしてもこうしてロバート・ダウニー・Jr.にわくわくする日がやって来ようとは、
アベンジャーズを観るようになる前の自分からは想像つかなくて、好みの変化に自分で驚いてます。
新たなスパイダーマンの1作目ということで、またおじさん死ぬのかなーとか考えてたもので、
お店が吹っ飛んだ時は一瞬「今回はこの人か!」て思った。
シビルウォーではメイおばさんめちゃくちゃ若く見えてびっくりしたけど、今回は年相応に見えた。
そういや事前に、ヒロインの情報まったく聞いてなかったなー
船の件が一段落した後、一息つけるかと思いきやびっくりする展開がやばかった。
高校生の青春ストーリーと、大人の現実的な話と、両方あったのも良かったです。
今まで観てきたスパイダーマンと比べて、より明るくてポップな印象。 軽快、軽妙。
良い意味で軽い。 これが本来のスパイディなんでしょうか。
アメコミ読んだことなくて、原作との相違はわからないのはいつものこと。
私の知ってるスパイダーマンとはまた違う感じでも、やはり今までと同様のおもしろさと満足感でした。
安定、安心、安全の、愛と勇気と信頼のMARVEL STUDIOS。
今度は何作くらい続くのかな。 話を進めてほしいw
主演の俳優が高校生役を演じられない年齢になったら、若い人に変えて最初から、のループなのかしら。
ハリーポッターが同じ俳優で全部撮りきったのはほんとにすごい。

スパイダーマンはソーとハルクにはまだ会ってないけど、
(お面かぶったATM強盗に「やっと会えたね!」)
こっちは今年中には会えそうだw

スパイダーマンぜひデッドプールと出会ってほしいw

264 セラミー :2017/08/20(日) 11:37:22
それと『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。
ジョジョは昔から大ファンだったわけではなく、
アニメに合わせて第1部から読み返してるうちにとうとう魅力に目覚めた感じで、
今回の実写におかれましては、絶対になにがなんでも原作通りにやってくれというほどではなく、
ストーリーや色合いが変わってても平気な程度のファン度合いでした。
私の中では、「こんなもんだろう」のラインには十分に達してました。
スタンドのCGは頑張ってたと思った。
各キャストの演技も良かったし、
各キャラの髪型を見てるだけでもおもしろくて、全然飽きなかったです。
承太郎の後頭部の髪と帽子の境目は、ああなってたのかァーッ!
小松菜奈の山岸由花子の第二章以降が楽しみだけど、
興行収入ふるわず第一章で打ち切りの可能性も、という噂も聞いてしまった。
虹村兄弟の家族の話のとこで、客席でどなたか泣いてる気配がした。
お客さん中高生とか若い人が意外と多かった。
実は行くのをやめようか検討してたけど、行けてよかったです。 東京喰種どうしよ。

それと『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。
呪じゃなくて祝 ダーク・ユニバース。
アマネット王女はキングスマンでガゼルの役のソフィア・ブテラと後から知り、
言われてみればたしかに、観る前とか観てる間に気づけていればと悔やまれました。
考古学者の役のアナベル・ウォーリスがきれいな女優さんだったなぁ。
飛行機が落ちてくとこの無重力アクションがすごかった。
水中のシーンではM:Iローグネイションを思い出し、T・クルーズを一生懸命応援しました。
完成した映像を見てると、ついついまるでそれがあたりまえのことのように感じてしまう。
話それるけど『マッドマックス/怒りのデス・ロード』は、
観てる間じゅう「すげえええええええええええええ」だったなぁ。
話は戻って、R・クロウのジキル博士が良かったです。
お客さん中高年の人が多かった。

パワーレンジャー時間合わんうちに終わっちまった・・・

265 セラミー :2017/09/10(日) 14:14:24
2017 夏映画大本命にして今年のベスト最有力 その2
『ワンダーウーマン』に行ってきました。
バットマンvsスーパーマンで鮮烈な衝撃を放って私の前に現れたスーパーヒロイン ガル・ガドットが、
今度は主役になって帰ってくるのを楽しみに待っていました。
気がつくとガルに見とれてしまっていて、ところどころ話が頭に入ってない。
腕をクロスして構えたり、籠手で弾丸をはじくとこがすごくカッコ良かった。
短いシーンだけどアイスクリームに感動する姿がかわいらしくて印象的。
シックなコートも青いドレスも目に焼きつけました。
まだ未熟なダイアナの成長過程がわくわくでおもしろかったです。
気になってた写真の経緯と顛末。 1枚の写真に凝縮された、愛と勇気と信頼の物語。
女性1人と、ならず者達の集団という組み合わせに、ローグワンを思い出した。
クリス・パインに好印象を持ちました。 スタートレックに出てる人。
ダイアナはバットマンや他のヒーロー達とは恋仲にはならないと見た・・・!
アマゾン軍団コニー・ニールセンと、あともう1人誰かなーて思ってたらロビン・ライトだった。
ヴィランのほうのストーリーをもうちょっとやってほしかったかな。
暗い画面が長く感じられたのが不満っちゃ不満。
スパイダーマンの後だったので、求める水準が高くなってたかもしれない。
エンドロールの楽曲『To Be Human』を聴いて余韻にひたってます。
映画の公開日と自分の誕生日が同じだったのは、何の思し召しかと思いました。
いよいよ11月にはジャスティスリーグ。

266 セラミー :2017/09/10(日) 14:22:16
それと『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』。
知り合いの人が昔のドラマを知っていて、内容に興味がありました。
私が観る映画で年に1回くらいはありそうな、今年は『メッセージ』に続いて2回目の、
よくわからん系ストーリーでした。 何をどこまで信じていいやら。
もともとは小学生の設定だったと聞いて、なるほどなと思いました。
同じ角川で『君の名は。』の影響に押しきられた印象はぬぐえず。
主演の声の2人については「またこいつらか」って感じで、
メアリの杉咲花ちゃんのほうが上手に思えた。
主題歌のDAOKO×米津玄師『打上花火』は最近のお気に入り。

それと『君の膵臓をたべたい』。
最初は観る予定なかったけど、人から話を聞いて、原作を読んで行ってきました。
私はそんなに悪く思わなかったけど、これを悪い意味でラノベとかケータイ小説と言うのであれば、
それはそれでそういうのをどういうものか知る機会になりました。
浜辺美波ちゃんかわいー 『エイプリルフールズ』とかドラマの『無痛』に出てた子か!
原作読んだ後も、映画観た後も、まるで仲の良い友達がいなくなってしまったような感覚でさびしい。

今少し夏映画の余韻にひたっていたいのと、9月の映画もたて込んでいるため、
『関ヶ原』はパス。

267 セラミー :2017/10/01(日) 14:48:19
C・ノーラン待望の新作『ダンケルク』に行ってきました。
第二次世界大戦中にあったダンケルクの戦いという実話だそうです。
事前の情報で、陸海空3つの視点で構成されているというのは知ってたんですが、
観終わってから、敵であるドイツ軍の視点がほとんど(まったく?)なかったことに気づきました。
私の勘違いでなければいいのですが、ドイツ軍に追いつめられる英仏軍の描写のみで話が進み、
英仏軍を追いつめるドイツ軍の描写が1回もありませんでした。
ドイツ軍が銃を撃つ、魚雷を発射するなどのシーンは画面に出てこなくて、
画面に出てこない相手に壁の向こうから銃撃される、気づいた時には魚雷がすぐそこまで迫っている、
いつ攻撃が始まってどこから狙われてるのかわからない英仏軍の状況が、リアルにこわかったです。
きっとこういうのを「臨場感」て言うのかしら。
自分たちがいて、敵がいて、お互いに攻撃したりされたりではなく、
その片方が画面に出てこないのが、とても大きな特徴のように見受けられ、
それだけこの戦いが一方的なものであったのかなということを感じました。
敵だと恐ろしいが味方だと頼もしい男T・ハーディ。
ブリッジオブスパイで顔と名前を覚えたM・ライランスは今回もいぶし銀でした。
船で命を落とす子が皮肉というかせつないというかやりきれなかったです。
人の動きやカメラワークの緻密に計算されてる感じなんかは、いつものようにすごいと思った。
冒頭4、5人くらいでふらふら歩いてるところから一気に引き込まれた。
序盤からその後はたして彼は無事に用を足せたのであろうか。
楽しみにした甲斐があり、C・ノーランに感謝したくなったほど、ファン冥利につきる映画でした。
これはアカデミー賞ノミネートは期待してもよかろうか。

268 セラミー :2017/10/01(日) 15:00:27
それと『エイリアン:コヴェナント』。
何を好きこのんでわざわざ、映画館の大きなスクリーンでおどかされに行ってきました。
おおおお思ってたほどこここここ怖くなかったぜ・・・ ごわがっだー
『プロメテウス』の内容なんてとっくに忘れてるわ! M・ファスベンダーにしてやられた。
1人2役のキャラ同士で笛を吹くとか、バトルとかどうやって撮ってるんだろうと思った。
白いエイリアンとコミュニケーションとれそうだったのに、その先を見たかった。
誰と誰が夫婦なのかわかりづらかったw
ショウ博士の変わり果てた姿がちょっとショック。 プロメテウス観たくなった。
今作に関連して、J・フランコが出てる4分くらいの映像を動画サイトで見つけた。
同じR・スコットの宇宙もので、毛色が違うけど『オデッセイ』が好き。
それにならって今回も結構期待してたらまあまあそこそこだったかな。

それと『三度目の殺人』。
私は物語作品の殺人事件が大好きなのですが、この映画が問題にしていることは、
これまで通りの期待とか予想してたのとは全然違いました。
福山雅治は「本当のことを教えてくれよ」と叫びますが、観た人が頭の中でストーリーを作れちゃう。
「あれどう思う?」とか、観た人どうしで語り合いたくなります。
接見室のシーンで、ガラスに映った役所広司の顔がゆがんで化物みたいに見えるとこがすごかった。
是枝裕和監督の映画は、「そういうことなのね」とか「そういう見方もあるのね」とか、
自分の気づかなかったことを教わることが多いです。
同じ監督で『そして父になる』の福山雅治、『海街diary』の広瀬すずと、作品のつながりを感じたり。
理解の手助けになればと思ってノベライズ本読んじった。 ほんとに映画そのものだった。

269 セラミー :2017/10/22(日) 13:14:15
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』に行ってきました。
邦題だけど「聖戦記」のサブタイトルから、猿と人類の存亡をかけた一大決戦的な感じを想定してたら、
個人的な期待としては、シーザーの話に意表をつかれました。
「おれがやったのは戦争行為で、おまえがやってんのは復讐だ」って台詞があったけど、
種の存続がかかった戦いと個人の問題は同時に成立するのか、そういう映画であるにしろないにしろ、
猿たちのリーダーとしての役割と、自らの怒りにさいなまれるシーザーが印象的でした。
私はアメコミのヒーローものなんかで登場キャラが苦悩や葛藤を抱えてたりするのはとても好きで、
それはもはや必要不可欠な要素とすら思っており、
この映画では、葛藤するシーザーが、シーザーを人間のように、
あるいは人間より人間らしく見せようとしてる演出のように感じられました。
復讐大好きだけど、反面、もっとこう猿と人間の社会が入れ替わるダイナミックなスペクタクル巨編、
みたいなのが観てみたかったってのもあって、それがちょっとだけ残念というか未練に近い。
120分かと思ってたら140分だった!
あたり一面猿だらけのCGがすごかった。

それと『ナミヤ雑貨店の奇跡』。
事前にあらすじを聞いても、どういう内容なのかよくわからなかった。
話の整合性とか矛盾とかつじつまとか、追及すればおかしいところも見つかるかもしれないけど、
私はそういう方面に関心がなくて反応できない。
私は東野圭吾の話のまとめ方に一定の信頼を置いていて、また何か作者の小説を読みたくなりました。
山田涼介くんが『グラスホッパー』の時と同じくらい良かった。 『鋼の錬金術師』楽しみにしてるよ!

270 セラミー :2017/11/12(日) 14:37:53
『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に行ってきました。
たとえソーのシリーズの1、2作目を観ておらずとも、
ドクター・ベネ様にC・ブランシェットとあらば、私を止めることはできませんでした。
映画館で初ソー初ロキ初ハルクでしたが、ハルクはやっぱり迫力が違いました。
ソーにもロキにも親しみがわいた。
ソー様髪短くても素敵ねー
ロキはもっと、ただ憎ったらしいだけのキャラかと思ってました。
うすうす勘づいたのですが・・・ロキ扱いひどくねw
ソーがハルクに足をつかまれてバンバンたたきつけられるとこで、
『アベンジャーズ』で同じ目にあったロキ「私の痛みを思い知ったか!」ww
明確に敵とも味方とも割りきれない関係性がいいですね。
ヘラ姉さんあれで死んだのかなー ファンとしてはまた出てきてほしい。
ムジョルニアが回転して敵をバンバンやっつけてくとこが爽快でカッコいい。
壊れたムジョルニアは、インフィニティ・ストーンで復活できる? 今後も楽しみ。
ついでに話ずれるけど『GOG:リミックス』のヨンドゥは、インフィニティ・ストーンで復活できる?
話をソーに戻して、細かいとこはわからなくてあたりまえ状態でしたが、
そんなに置いてきぼりになったという自覚もなく、無事に楽しめてよかったです。
別にアメコミのヒーローは常に苦悩してなきゃいけないってわけじゃないw
あ、でもA・ホプキンスしぶかったなぁ。
え、あの寸劇やってたのM・デイモンなの?
ベネ様短い出演ながらも、すっかり能力を使いこなす姿が頼もしい。
『移民の歌』これがまたカッコよくハマってた! 帰りに鼻歌歌っちゃったぜ。
今回は「コミカルに寄せてきた」とか「MCU史上最も気楽」と聞いたので、前2作が気になる。

271 セラミー :2017/11/12(日) 14:44:25
それと『ブレードランナー 2049』。
おもなお目当ては、R・ゴズリングと、『メッセージ』のD・ヴィルヌーヴ監督でした。
女優さん初めて見る人だったけど、ちょっとF・ジョーンズに見えて気になった。
私自身もともと元祖には思い入れはないけれど、その伝説はこれまで何度となく聞いたことがあり、
この機会にその元祖『ブレードランナー』の「ファイナル・カット」も観てみることにしました。
元祖にもいろんなバージョンが作られてるそうで、とても全部は追いきれない。
元祖も今回の続編も、深遠すぎて私には難しい、というのが正直なところ。

それと『ミックス。』。
卓球の男女混合ダブルスを題材にしたお話です。
脚本が『エイプリルフールズ』の人だったので期待してました。
もっとコメディかと思ってたら、一人ひとりのストーリーがちゃんとしてた。
群像劇大好き。
エスメラルダあのキャラなぜ出てきたwww 夢に出そう。
「ラー油まいとけ」www
やっぱりガッキーはかわいいなぁ。

272 セラミー :2017/12/03(日) 16:31:39
『ジャスティス・リーグ』に行ってきました!
「ジャスティス・リーグ」と初めて聞いた時は、ヒーロー達が総当たり戦で何勝何敗とか、
勝点とか得失点差で順位をつけたりするものだと本気で思ってました。←スポーツか
最後競争してたw
『バットマン vs スーパーマン』でほんのちょっとだけ出てきた謎めいたキャラ達に、
こうしてようやく出会えるのを心待ちにしてました。
フラッシュやサイボーグの危なっかしさは初登場ならではかと思うけど、アクアマンは安定してたw
なんだかフラッシュが他人に思えない・・・!
サイボーグなにかといろいろ便利だな・・・!
アクアマンが助けにきたとこで、心の中でガッツポーズしたよ!
5人そろったとこで興奮がピークに達して泣いた。
くよくよしないヒーローもいいですね!
辛気くさいのは娯楽作として人気が出なくて、内容的に明るい方向へと流れがきているのでしょうか。

それにしてもまさか、いやまさか・・・ああ まさか!!!
まだまだ全然先だと思ってたことが、今回きてしまった! 全然心の準備ができてなかった!
よく予告編でネタばらしせずにいてくれたもんだ。 A・アダムスが伏線だったんでしょうか(?)。
『バットマン vs スーパーマン』でワンダーウーマンが現れたのと同じような衝撃。
予想だにしてなかった展開でした。

『マン・オブ・スティール』にアクアマンの関連が? ぐわー また今度見直そう。
ワンダーウーマンこのまえの映画からの成長が見てとれた。 今年2回も会えちゃったー♪
監督の件におかれましては、お悔やみ申し上げます。 クレジットはZ・スナイダーのままでしたね。
みんな大集合でとっても賑やかでした。 come togetherー♪
このヒーロー達の出演作が、今後もひかえているかと思うと幸せ。
B・アフレックのバットマンで、一度単体作を観たいんだよなー

273 セラミー :2017/12/03(日) 16:38:30
それとS・ソダーバーグ待望の新作『ローガン・ラッキー』。
お金を盗む話ですが、殺伐とした感じは一切無くて、登場人物全員すっとぼけていてほんわかしました。
ジェームズ・ボンドにもカイロ・レンにもほっこり。
全編を通してゆるやかなコントのようでした。
オーシャンズ11の舞台を田舎にうつしたようなイメージ。
シニカルでシュールだけど、スタイリッシュじゃないとこだけオーシャンズ11と違ったw
後から気づいたけど、エイリアンコヴェナントの女優さんと、ウィンターソルジャー役の人が出てた。
ちょこちょこと長回しのシーンが何回かあって、気づくと「おっ」てなった。
ラストはちょっと、意外な展開というより意味がわからなくて「?」ってなった。
なんでその人がそこにいるのみたいな。
もしシリーズ化をにおわせてるのだとしたら、続編大歓迎。

『マイティ・ソー』と『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』観ました。
ソーとロキの一筋縄ではいかない関係性、ロキの屈折したキャラや立場が魅力的で興味深かったです。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのガモーラとネビュラを思い出した。
ロキはシリーズには欠かせないキャラですね!
N・ポートマンきれいだったなぁ。
やはり話に聞いていた通り、3作目と比べるとずいぶんシリアスに感じられました。
これであとMCUで観てないのはインクレディブル・ハルクかな。

274 セラミー :2017/12/31(日) 14:32:24
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に行ってきました。
観る前から、予告編や番宣のあおり方がすごくおもしろそうでした。
今年の私は『ジャスティス・リーグ』で熱狂し尽くしたかと思ってましたが、
まだまだハラハラどきどきさせてくれて、とてもおもしろかったです!
光と闇の間でゆれるレイやレンから目が離せませんでした。
ルークの活躍っぷりがカッコ良かった! M・ハミルの存在感が抜きん出ていた印象。
レイの家族のこととか、2作目のお約束とかセオリー的なこととか、
なんとなく「こうなるだろうなー」て予想してたことが、全部はずれちゃった。
今までのSWの2作目のように、また誰か腕ぶった斬られるのかなーて思ってたら、
上半身下半身で真っ二つのやられっぷりが見事でした。
ライトセーバーの向きや切っ先には十分注意しましょう。
新しい3部作で最初の『フォースの覚醒』と比べて、出演陣の演技っぷりが堂々として見えました。
レイやレンはこれからどうなるのか一気に気になってきた。

それと『鋼の錬金術師』。
あくまで実写映画に対してなんですが、アマチュアの芝居を見てるようでした。
0巻もろたー
この機会に原作の漫画を読んでるんですけど、漫画はおもしろいです!

2017年も押し迫ってきました。
今年のベストは、数が多くなりそうだ。

275 セラミー :2017/12/31(日) 21:08:53
2017年の映画のベストは、
スパイダーマンホームカミングとワンダーウーマンに、ジャスティスリーグのTOP3。
1位2位3位の順番がつけられん!
それからアメコミ勢でGOGリミックス、ローガン、ドクターストレンジ、マイティソーバトルロイヤル、
アメコミ以外からララランド、SW最後のジェダイ、ダンケルクでTOP10。
どうしてもキングコングを入れたいのと、モアナ、ローガンラッキー、スプリットも合わせてTOP14。
アメコミ部門と非アメコミ部門とで、それぞれ同じ数のTOP7ずつにもなりました。
邦画では、3月のライオン前後編、君の膵臓をたべたい、三度目の殺人、ミックス。、
銀魂、ジョジョ、無限の住人、ナミヤ雑貨店の奇跡、忍びの国でTOP10。
本年もありがとうございました。
みなさん良いお年を!

276 セラミー :2018/01/14(日) 19:23:31
『キングスマン:ゴールデン・サークル』に行ってきました。
わーい キングスマンの続編だー
監督同じで、キャスト豪華だし、期待しかしてなかったです。
・・・が、全然だめでしたおもしろくなかったなー
前作の教会や花火のような狂気を求めてましたが、それほどのものはありませんでした。
J・ムーアもH・ベリーもただそこにいただけって感じで、見せ場という見せ場がなかった。
J・ムーアの悪役楽しみだったのになぁ。
エルトン・ジョンに比重をよせすぎた?w
エグジーが立派なエージェントに成長してたのは良かったけど、
王女は前作きりにしてほしかった。
キックアスにしても、地上波で放送できなさそうな感じとか、
あまり大勢にウケるような性質ではないようなところを好きになって、
そういう期待をしてたら、今回はものたりなかった。
同じ監督でも、こういうこともあるんだなぁ。

277 セラミー :2018/01/28(日) 15:25:54
『レゴバットマン ザ・ムービー』を観ました。
去年スルーしたけど、人から話を聞いて、観てみたくなりました。
ビジュアルがかわいくて、画面がちゃかちゃかしていて、話のテンポが早く、
今時の子ども向けはこのくらいでないと喜ばれないのかなーと思いきや、
本気で大人を泣かしにかかってた場面もあって、おもしろかったです!
ブルース・ウェインがちゃんと苦悩してた。
バットマンのパロディだけにおさまらず、1つのリアルを見た。 因果応報。
去年観てたらベストに入ってたな・・・
同じ話をそのまま実写でやってほしいw
バットマンとジョーカーの会話で、たぶんギャグだろうけどギャグになってないのと、
「無駄に複雑な爆弾」や「すごい映画は黒で始まり白で終わる」などが印象に残りました。
泣くなジョーカーw
家に帰った時の合言葉なんかは、今年の台詞大賞かもな・・・
私が観てきた映画で描かれたバットマンは、どうやらまだまだほんの一部のようですね。
なかなかアメコミの原作に触れる機会はないけど、
バットマンのストーリーや登場キャラを1つでも多く映画でやってくれたらいいな。

キングスマンゴールデンサークルに書き足し。
ミンチの機械に、こんなのまだまだ序の口だなとか思ってたら、それ以上が無くて残念。
今年のベストには入りそうもないであろう。

今年のアカデミー賞に『ダンケルク』が8部門でノミネートされてびっくり嬉しい。
賞レースのシーズンには、もう忘れ去られてると思ってた。
最多13部門ノミネートの『シェイプ・オブ・ウォーター』観たいのに、
私の行くとこでやる予定なし! うわーん
公開までまだ1ヵ月あるから、なんとかその間に公開予定増えてほしい。

278 セラミー :2018/02/18(日) 12:30:16
『シェイプ・オブ・ウォーター』私の行くとこでやる予定なし!て書いたら、公開予定になってた!
やったー これでひとまずひと安心。
あとは、同じ公開日の『ブラックパンサー』とどっちから観るかだな・・・

『祈りの幕が下りる時』に行ってきました。
東野圭吾原作、阿部寛主演の、新参者(加賀恭一郎)シリーズです。
先に原作の小説を読んでって、どんなふうに映像化されてるのかを楽しみにしてました。
ストーリーは知ってるのに、やっぱり引き込まれた。
泣きはしなかったけど、胸のあたりをかきむしりたくなった。
松嶋菜々子と桜田ひよりちゃんと小日向さんがすごく良かったです。
今回は加賀の家族の話が明かされて、シリーズの中でも特別な感じがしました。
ドラマの時の音楽やネタや登場人物が出てきたりすると嬉しかった。 「ちなみに」とかw
蕎麦おいしそうだったなぁ。
これでシリーズ完結が惜しまれます。 またいつでもやってほしいです。

それと『デトロイト』。
前評判で「こわい」と聞いてましたが、私はそういうふうには感じませんでした。
娯楽作ではなく、ドキュメンタリーみたいだと思った。
出演者の演技が、まさしく「真に迫る」って感じでした。
スターウォーズのボイエガくんと、レヴェナントに出てた人が出てた。

279 セラミー :2018/02/21(水) 23:15:01
ニュースで大杉漣さんが亡くなったのを知りました。
本当にびっくりしました。
ご冥福をお祈りいたします。

280 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/02/24(土) 06:47:19
大杉さん、残念でした。びっくりしました。


ヒュージャックマンの映画がすごくよかったって知り合いが言ってました。

281 セラミー :2018/02/25(日) 11:29:12
H・ジャックマン『グレイテスト・ショーマン』観てきましたよ!
来週あたりに感想書きます。

282 セラミー :2018/03/04(日) 15:07:25
『グレイテスト・ショーマン』に行ってきました。
H・ジャックマンだ! 歌だダンスだミュージカルだ!
楽曲の担当がララランドの制作チームと聞いていたので、期待してました。
This Is Me や Never Enough って曲の、音と映像の迫力に圧倒された。 圧巻だった。
映画館でよかったです。
一見なんともない黒人の人が、その肌の黒さで見世物にされていた、
という事実に気づくまで、時間がかかりました。
差別意識の根強い文化、時代設定が、現代の感覚でどのように受けとられるのか、
そのあたりのことまで演出が配慮されてるように感じました。
背の高さだったり毛の濃さだったり、人と違う特定の特徴に、どうして苦しまなければならないのか。
テーマ曲のタイトル This Is Me は、アナ雪の「ありのまま」とも通じるものがあるかなと。
なくてもいいから自信を持つ。 気の持ちよう。
欠点とか短所って誰が決めることなんですかね。
自分たちが間違えてた過去の歴史を隠さずに表に現せるって、アメリカってすげーなーて思いました。
スパイダーマンHCでMJ役だったデンゼイヤが、笑顔が素敵でキラキラして見えました。
R・ファーガソンきれいだったなぁ。 M:Iローグネイションの時と同じ人とは思えなかった。

283 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/03/05(月) 06:46:33
アカデミー賞 どっちかな?

284 セラミー :2018/03/11(日) 13:06:17
アカデミー賞作品賞は、シェイプ・オブ・ウォーターでした! 合計4部門受賞。
ダンケルクは3部門受賞でした! 無冠で終わらんでよかった・・・
監督賞G・デル・トロと、主演男優賞G・オールドマンおめでとー!
昨年の作品賞の発表ミスで、司会者「今年は名前を呼ばれてもすぐには立たないでください」www
今年は若い人の受賞が少なかった気がする。

285 セラミー :2018/03/18(日) 12:05:25
『シェイプ・オブ・ウォーター』に行ってきました。
声を失った女性と未知の生物の、不思議な愛の物語。
私は良かったけど、派手におもしろかったわけではなく、
これを「アカデミー賞!」てあんまり期待してくとがっかりしちゃうかなーて印象。
ヒロインも若い人じゃないし。
冒頭の水の場面から、ゆったりとしたおだやかな雰囲気にうっとりしました。
監督G・デル・トロが、趣味嗜好を炸裂させた、撮りたいものを撮った、という印象。
監督がメキシコ出身なのと、現在のトランプ政権という状況を重ね合わせると、内容に深みを感じます。
クリーチャーを捕まえるとこ見たかったなw

それと『ブラックパンサー』。
ブラックなだけあって、画面の黒さ(暗さ)を心配してたら、そんなに苦にもならなくてよかったです。
登場時から存在感を放つ、あのカッコいい人は誰なんだと思ってたら、
うわさに聞いてたマイケル・B・ジョーダンだった。 今回初めて観た。
ヴィランでしたが「おまえらの先祖は金を払ったのか」とか、
どっちが悪なのかわからなくなるような台詞が良かったです。
世代や部族をまじえた人間関係とか、乗り物を遠隔で操縦するのがおもしろかった。
妹大活躍。
もうひとりの悪役アンディ・サーキスは、猿を演じてる人なので、今回素の姿にお目にかかれたのが
印象的でした。 腕の武器どこから調達したのか気になる。
ヴィブラニウムの爪と盾が戦ったら、どうなるのかな。 シビルウォーでは盾に傷がついてたっけ。
ブラックパンサーが初登場したシビルウォーからマーベルユニバースを観始めた当初は、
まずその時点で知らないキャラだらけだったこともあり、
あれからキャラも一通り覚えたし、4月にはインフィニティウォーひかえてるし、
それまでにあらためてシビルウォー復習したくなった。

インフィニティウォーが待ちきれない・・・!
ロス捜査官とドクター・ベネ様が出会ってくれたら嬉しいな。

286 セラミー :2018/04/08(日) 15:04:34
『リメンバー・ミー』に行ってきました。
「死者の日」と言えば、007スペクターでもやってたなぁ。
日本のお盆に近いと聞けば、わかりやすいイメージだったと思いました。
ガイコツメイクがかわいかった。
ミゲルが家族から音楽を禁じられる厳しさと、全体に漂う優しげな雰囲気が対照的に感じました。
にぎやかな大家族がうらやましくなっちゃった。
ところどころ実写かと思うくらい映像がきれいで美しかったです。
グレイテストショーマンや去年のモアナと比べても、楽曲も申しぶんなし。
文句つけたいわけじゃないけど、アナ雪の短編が長かったw
あれ何の話にもなってなかったww
新作の予告編かと思ったらいつまでも終わらなかったとか、入る映画間違えたかと思ったとか言われてて、
私の入った回でもちょっとざわざわした。
アナ雪の続編になる新作長編は来年やる予定なのかな。
ディズニーもたまには家族愛以外の内容もやってほしい。

287 セラミー :2018/04/22(日) 13:48:17
『パシフィック・リム:アップライジング』に行ってきました。
前作すっかり覚えてないけど、楽しめて良かったです!
イェーガーやKAIJUのバトルと比べて、人間どもの話がうすかったかな。
ボイエガくんどんどん増してゆくあの貫禄、風格は何なんですかね・・・
女の子はじめ微妙に思ったけど、だんだん良くなって見えた。
新田真剣佑ほんとに出てたのかってくらい出番少なかったな。
中国人活躍はお約束かLEGENDARY。 女社長きれいな人だったなぁ。
日本の都市の破壊っぷりと、ちっこいスクラッパーの活躍に燃えた。
とくに目立つ不満もなかったし、トータルでまあまあってところかな。

同じく巨獣もので5月のランペイジ楽しみ。

288 セラミー :2018/05/06(日) 15:02:41
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に行ってきましたああああ
アイアンマンの1作目から、10年経つんですね。
完全に後追いの形でシビルウォーからマーベルユニバースに入って2年、
できるだけのことはして、今作を迎え撃つことができました。 シビルウォーの復習もばっちり。
キャラの顔や名前や背景がわかる、ストーリーについていけるのが嬉しかった。
登場人物は多ければ多いほど燃えますが、それにしても多かった!
あっちでもこっちでも、ヒーロー達の出会いや再会にめちゃくちゃわくわくしました。
予告編で知ってたけど、GotGの合流が感慨深かったなぁ。
私MCUはシビルウォーからって言ってるけど、GotGはその前に観てるんだよなー
アベンジャーズとガーディアンズのノリの違いに笑ったww
スタークとベネ様の水と油みたいな感じが案の定だったw
アイアンマンのスーツがより滑らかな流線形になってて、見るたびに進化してる!
どうしていつもキャプテンはこんなに応援したくなるんだろう。
ソー武器もう壊されるなよ! グルートこれがほんとの「お手柄」か・・・!
ワンダ強いですね! ワンダとヴィジョンのコンビてかカップル好き。
サノスもまた業を背負ったか・・・ あんたそこまでやるか。 単なる敵キャラ扱いできなくなっちゃった。
てんこ盛りのヒーロー達の戦いを、こころゆくまで堪能できて大満足でした。
次作まで長い1年になりそうだぜ・・・
これだけ期待してた超大作を観終わってしまうと、一気に気が抜けた状態になりそうだけど、
今年の私にはデッドプールもアントマンもあるし、まだまだ大丈夫。

289 セラミー :2018/05/27(日) 17:23:14
『ランペイジ 巨獣大乱闘』に行ってきました。
やっぱり、『キングコング:髑髏島の巨神』がおもしろすぎたかなー
その時の感動と興奮の再びを求めてましたが、それほどではありませんでした。
『パシフィック・リム:アップライジング』の後で、巨獣がぜんぜん小っちゃかったw
D・ジョンソンなどの出演者についても、思い入れのある俳優さんは誰も出てなかった。
期待通りではなかったけど、がっかりするほどのダメージもなく、こんなもんかなって感じ。

『ラプラスの魔女』と時間が合わない。
こりゃ行けないうちに終わるな・・・
原作の小説は、映画の出演者を当てはめて読みました。

『恋は雨上がりのように』『ゲティ家の身代金』観たい。
『デッドプール2』や『万引き家族』も始まる。
サッカーW杯ロシア大会が開幕する前までに行っときたい。

290 セラミー :2018/06/10(日) 15:37:31
『デッドプール2』に行ってきました!
なんと言っても、いったいケーブルとは何者なのか、とても気になってました。
J・ブローリンは、油断するとW・ハレルソンとよくこんがらがる。
まじな話、今回の関係で確認するまで、サノスをW・ハレルソンだと何も疑わず勘違いしてました。
やばいインフィニティウォーまた見直さないと。
今回は、不死身に加え、運、時間と、掟破りプレイが3つもありました。 運てww
仲間ができてよかったね! なぜにピーターwww
子どもの虐待の疑いに血相変えるのが、意外なほどストレートで印象的でした。 やっぱりヒーローや!と。
下半身側から上半身生えてこないかなーて考えるのは私だけか!
忽那汐里の出番が少ないんじゃああああああ デップーとのやりとりがおもしろかったw
これはもう、今回で完結なのかな?
買収だか提携だか傘下だかよくわかんないけど、20世紀FOXもそういうことになったということで、
また新しく作り変えたりするのかな。
デップーとX-MENとアベンジャーズが夢の共演をはたしてくれたら最高です。

それと『恋は雨上がりのように』。
原作の漫画は読んだことなくて、大泉洋と小松菜奈がお目当てでした。
若干寝不足でしたが、映画が始まったらオープニングにすごい勢いがあって、眠気が吹っ飛びました。
あんなにズザーッてすべってたら、靴の底すぐすり減るぞ!
それから最後まで、一度も眠くならなかったです。
私も陸上やってたので、そういう場面ではちょっと入れこんだ見方になったり。
ちゃんとそれらしく陸上選手に見えないといけないから、出演者は大変だろうなーて思いました。
店長はなんて優しい人なんだ・・・!
登場人物みんな裏表なかったし、悪役というか悪い人は誰も出てこなくて、安心して観てられました。
小松菜奈以外の若い出演者の人たちも、名前知らないけどみんなよかったです。
監督が、観てないけど『帝一の國』の人と聞いて、ちょっとイメージ的に納得した。
熱演が伝わってきた。
フロントメモリーって曲がお気に入りです。
アニメも観とけばよかったなぁ。

291 セラミー :2018/07/01(日) 16:41:25
W杯でサッカー日本代表がめでたく決勝トーナメント進出を決め、
『万引き家族』に行ってきました。
犯罪をおもしろおかしくかっこよく描いてるものではないし、楽しい映画ではなかったです。
善悪の区切りをどこでつけるのか、どこまでが許せることなのか、
人によっては、最初から無理かもしれない。
リリー・フランキーさんは、『そして父になる』でもいいお父ちゃんでしたが、
今回は万引きというオプションが加わっており、さてどう見たものかと。
子どもの出した答えは、『そして父になる』と同じでしたが、結果は逆だったのが印象的でした。
なんだかちょっと『LOGAN/ローガン』の女の子を思い出した。
役柄の是非はともかく、出演陣の静かで落ち着いた演技には見入りました。
カンヌ国際映画祭パルムドールおめでとうございます。
これは日本アカデミー賞でもたくさん賞とるのかな。

ハンソロ始まったー
W杯終わってからでも大丈夫かな。
7月は、観たいのそんなにない。

292 セラミー :2018/07/22(日) 14:30:56
4年に1度の夢舞台、1ヵ月にわたる興奮と熱狂のお祭り騒ぎ、サッカーW杯も無事に幕を閉じ、
ハンソロに行ったら、映写機のトラブルだとかで上映が中止になり、
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観てきました。
B・D・ハワードは、映画の度に美しくなってますよね!
これはもう、なんかほんとに PARK から WORLD になっちゃったよ!みたいな。
余裕でサーフィンしてたのがすごかった。

ハンソロ急に回数が減ってた。
だんだんW杯終わってからでも大丈夫じゃなくなってきた・・・

293 セラミー :2018/08/12(日) 18:08:30
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に行ってきました。
建物の屋根から屋根に走って飛び移るとこで、撮影中にトムさんが骨折したとニュースになってたシーンがあり、
そのシーンが、伝えられてた通り本当に本編の映像にそのまま使われてました。
続きのシーンは、怪我が治ってから撮ったって聞いたけど、撮影そのまま続行してたって言ってる人もいる。
「あ、骨折った!」って思った次の映像からトムさんピンピンして走り回ってて「え? え?」て混乱したww
編集ってすげえ。
J・レナーいないのなんでや。 インフィニティウォーにもいなかったじゃんよー
V・レイムスの出番が多くて嬉しかった。 たしかシリーズ皆勤賞!
S・ペグには癒されますね。
R・ファーガソンにもセラミーの目が慣れたのか、とても素敵に見えました。 そこ男子トイレだよ!
ぜひイーサンのチームのレギュラーとして、みんな次作以降も出演してほしい。
吹替で観たって人の話を聞いたら、マン・オブ・スティールの声がやたらひどかったらしいww
前作ローグネイションでは、初見でいまいち乗りきれず、2回観てみたらめちゃくちゃおもしろかったという経緯をたどりましたが、
今作は初見からして文句なく楽しく観ることができました。
今回は予告編をろくに目にしなかったのも大きいかもしれない。
今度はヘリかよ・・・!
マン・オブ・スティールがトゥー・フェイスになっちゃった・・・
ストーリーからは若干おいてかれて、今そこで何のために何やってんのかわかんなくなったりもしたけど、
アクションがもう「あれは死ぬ!」って感じでとにかくすごかったです。
命がいくつあっても足りないよ! 骨折で済んでよかったなぁ。

あっ ハンソロ・・・

294 セラミー :2018/08/26(日) 15:09:39
武装トラックの襲撃と言うと、まず思い浮かぶのは『ダークナイト』の冒頭の銀行強盗(だったっけ)ですかね。
それと最近だと『ブラックパンサー』。 いったん逃がした人を後ろから撃つとか怖すぎて非道この上ないわ!

GOTGの監督の件におかれましては、どうか何とぞ切に復帰を願います。

『オーシャンズ8』に行ってきました。
なんかもうキラッキラしてて、とっても華やかでした。
犯罪がおもしろおかしくカッコ良く描かれてて、楽しかったです。
C・ブランシェットがやさぐれてて不安でしたが、心配したほどでもなくてよかった。
A・ハサウェイも健在でなによりでした。
続編で9とか10とかやんないかな。

それと『銀魂2』。
そりゃたしかに、続編作られたらまた観に行きたいな、とは思ったけど、まさか1年でwww
漫画読んでなくて、何々編っていうのはわかんないけど、おもしろかったです!
笑ったところが多くて、やばいネタは前回より減ってたかな。 だからジブリに怒られるってwww
銀さんたち万事屋は真選組のサポートに回ってた印象で、近藤さんと沖田がカッコ良くて、土方がwww
新キャストの三浦春馬と窪田正孝がとても良かった!
前回は近藤さんで、今回は将軍が体張ったwww
あの爆走はマッドマックスなのか?www
3あるかも? よろしくお願いします!
原作は、あと何週かで終わるそうですね。 いつか読破したい。

あーあ 私の行く映画館でハンソロ終わっちゃった。
知る限りの評判では、そんなにものすごく良かったってほどでもないらしいので、まだあきらめもつく。
知り合いが絶賛してたのが多少気になる。
W杯だったからしょうがないね。 うん。 はい。 あーあ。

295 セラミー :2018/09/09(日) 15:25:38
えるさん ありがとうございます!

銀魂2のサブタイトルが抜けてました。 『銀魂2 掟は破るためにこそある』でした。

それとついでにちょっと補足しますと、
『オーシャンズ8』の8という数字は、シリーズ8作目という意味ではなく、人数のことです。
『オーシャンと十一人の仲間』という映画をリメイクして『オーシャンズ11』が作られて、12、13まで続きました。
オーシャンズ8は、リメイクしたシリーズの4作目、でいいのかな。
S・ブロックの凛々しい姿にほれぼれでした。

この夏、期待値が最大出力の『アントマン&ワスプ』に行ってきました!
インフィニティウォー欠席という今年最大の謎がはたして解き明かされるのかどうか、心待ちにしてました。
あの時あんた何してたの。
また、前にスーツだけ出てきたワスプが、どんな活躍を見せてくれるのかも楽しみでした。
と思ってたら、初っ端からお母さんこと初代ワスプがM・ファイファーで、そう言えばキャットウーマンでしたね!
同じキャットウーマンのA・ハサウェイで喜んでたばかりだよ! ミャーオ
ワスプ母娘もアントマン父娘も、なんてほほえましい、素晴らしい幕開けでした。
御大M・ダグラスにおかれましては、出番の回数がずいぶん増えてた気がして、恐れ入るというか畏れおののきました。
M・ペーニャは『オデッセイ』が印象に残ってて、その時に顔と名前を覚えた覚えが。
スコットをプログラムした巨アリにルイスがびっくりするとこくそわろたww
私はナメック星でドラゴンボールを奪い合うところが大好きで、ラボ(研究所)の獲り合いを見てたら、なんだかそれの感じが思い出されるようでした。
近くの席の親子連れが楽しんでそうな様子のキャッキャッて声が伝わってきて、つられてこっちもますます盛り上がってしまって、
そんなさなか、不意にインフィニティウォーの件が頭をよぎり、こんなにおもしろくていいのか、とか思ってたら、
やっぱりきたよ! もうなんか手前でそんな予感がした。
そりゃ「帰ってくる?」になるよね・・・ いや帰ってきてよ!

今年はあとは『ヴェノム』があるのか・・・!
ヴェノムの予告編は、子どもが泣くんじゃないかとハラハラした。

デッドプール2の感想でも一度書いたんですが、あらためて今一度、
アベンジャーズ、X-MENやデップー、ファンタスティック・フォー、
その他まだ見ぬ私の知らないMARVELのヒーローやヴィランたちが、
1作でも1人でも多く登場し、みんなでわいわい共演してくれたらいいなぁ、というのが私の希望です。
キャプテン・マーベルって何者よ!
シャザムはDC・・・あれ?w

296 セラミー :2018/09/30(日) 15:38:19
『万引き家族』の時の、あくまで映画の演技を通して受けた印象で、
いつそのままぽっくりいってしまうのかハラハラしたのが記憶に残っています。
樹木希林さんのご冥福をお祈り申し上げます。

『ザ・プレデター』の評判があまりよろしくないようで、観に行くのやめにしたw
プレデターのシリーズは、1作目かな?シュワちゃんのと、たぶん2作目を観たことあったくらいかな。
1作目の前半の方で「現実に目が覚めたからさ」みたいな台詞がカッコ良かったって記憶が。
うろ覚えなので、また観てみれば思い出すかもしれない。

土屋太鳳ちゃん芳根京子で『累 -かさね-』も、気になってたけど、
予告編を目にする度に関心が下がっていってしまって、これは観に行かなくてもいいかなーてなっちゃった。
内容どうこうより、あの設定だけでもう十分だみたいな。
顔が入れ替わると言えば、『フェイス/オフ』があったなそういや。

フフフ映画2つ分の予算が浮いたぜ・・・!

というわけで『コーヒーが冷めないうちに』に行ってきました。
わーい 有村架純だー 波瑠ちゃんだー
4回泣けます。という触れ込みで、恋人、夫婦、姉妹、親子の4編で構成されており、
このうち私は夫婦のパートでじんわりきました。 松重豊さんくそかっけえ。
他の3つのストーリーも、とくにつまんなくはなかったです。
女優勢にぼけーてみとれてたら、映画が終わっちゃった。

フフフあと1つ分の映画の予算どうしようかな・・・

297 しゃげキング :2018/10/06(土) 20:06:07
セラさんの無類の映画好きすごいな。。。笑

茶を逃すようで申し訳ないのですが、、
最近、浅野いにおという漫画家のヤバさに驚嘆してます。

今更かな??

最近、漫画『勇者たち』という短編の怪作を読んだのですが、人間の陰鬱さに衝撃を受けました。

それで、作者の有名な作品であるという『おやすみプンプン』読んでみました。

全然違うスタイルの怪作でした。

とにかく文学作品のように、陰鬱表現のうまい、、表現力豊かな作者と思いました。

そして、その陰鬱さが人間の本性と言いたいような?でもそこにはかならずカウンターパートもいるわけなので、作者はそこまで世界に落胆してるわけではないと思います。

298 セラミー :2018/10/07(日) 15:51:36
しゃげさん どうもです!
私のスレではないですからねw

昨日テレビでオールスター感謝祭を観てたら、有村架純や戸田恵梨香も出てたけど、
北川景子が4分間まばたきしなかったやつが全部持ってった。
見てるこっちが辛かったw

299 しゃげキング :2018/10/10(水) 21:11:20
いや、もはやセラさんのスレですよ!笑

感謝祭、たまに観ると季節を感じていいですよね!

ちなみに、私が最近観た映画は、プーさんです笑
妻と見ましたが、ストーリーはパディントンの方が好きでした!が、可愛さはパディントンを超えてました!笑

300 セラミー :2018/10/12(金) 20:02:23
ではここはセラミーのスレということで!←ドレスローザのディアマンテ

オールスター感謝祭は、年2回、春と秋のお楽しみです(^-^)

おお、プーさんとパディントンですか!
おもしろかったなら、良かったですね!
動物をCGで描くのは、体毛とかものすごく手間がかかりそうで、めちゃくちゃ大変そうなイメージがあり、
いつも毎回のように驚嘆します。

浅野いにおは、以前『ソラニン』を読んでみたくなって、まだ読んでなかったことを思い出しました。
それとデデデなんとかっていうのを雑誌で少し読んだことがあります。
ヤバさ、怪作、陰鬱と聞くと、興味をひかれますね・・・!
調べてみたら、『勇者たち』のコミックスが11月に発売予定になっていて、巻数の表記がないということは、1冊で完結なのかな。
それと作者さんの短編集も10月末に出るそうで、この機会に購入しようかとセラミー会議で検討してます。

301 セラミー :2018/10/21(日) 14:48:12
・・・あ、わかった! プーさんとパディントンの話はあれだ、
しゃげさんの奥さんが一番可愛いってオチなんだ・・・!
あー はいはい そうですか。

『音タコ』に行ってきました。
タイトル『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』長いw
ハイテンションでエキセントリックな阿部サダヲを想定してたら、
声の小さなヒロイン吉岡里帆のJOJOじゃなくて徐々に変わっていく様子や、懸命に歌う姿にも胸を打たれる思いでした。
劇中歌 体の芯からまだ燃えているんだ がお気に入りで、
『恋は雨上がりのように』の フロントメモリー と一緒にガンガン聴いてます。

302 セラミー :2018/11/11(日) 15:27:19
私をMARVELユニバースに引きずり込んだ張本人、
そのスパイダーマンの宿敵にして凶悪との呼び声高く、ファンの間でも高い人気を誇るという、
八ツ目無名異じゃなくて『ヴェノム』に行ってきました!
るろうに剣心じゃなくて『スパイダーマン3』に登場した、うろ覚えの黒いヤツに、
敵だと恐ろしいが味方だと頼もしい男T・ハーディで、
どんなデスマッチが繰り広げられるのか、こいつぁやべえが止まりませんでした。
シンビオートって何?みたいな。
ロキさんの印象もそうだったんですが、ただ憎ったらしい嫌なヤツっていうんじゃなくて、
愛嬌や茶目っ気のあるユニークなキャラクターがとてもおもしろかったです。
エディとヴェノムを「新一とミギー」ってネットで見かけましたが、
私はこの2人(1人と1匹?w)を見てたら、うしおととらみたいに感じました。 とらは「寄生」じゃないけど。
昨今の風潮で規制が厳しい影響なのかどうか知らないけど、残虐プレイがもの足りず、
今になって『ザ・プレデター』が再び気になってやんの。 R15+指定。 もう終わっちゃってるけど。
もっとこう寄生獣みたいにバクッといってほしかっt(自粛
ヴェノムの予告編は子どもが見たら泣くんじゃないかと心配になったけど、ザ・プレデターの予告も大概だったw
アクションやバトルの場面では、むやみに画面を揺らすようなことがなくて快適で見やすかったです。
オープニングのタイトルロゴにしても、今作はMCUには入ってなさそうなのですが、
はたして今後、このヴェノムと現スパイダーマン、トムハとトムホの対面、対決やいかに、当然のごとく期待してます。
しかもまた誰だか知らないキャラも出てきたぜ・・・ あの牢屋のヤツ。
タイトル出なかったけど、あのアニメが『スパイダーバース』かな。
『キャプテン・マーベル』は3月か・・・! B・ラーソンだ嬉しいなー
今年は、スパイダーマンのゲームも話題になってましたね! いいなー ちきしょー
ひそかにうらやましかったけど、私には映画があるからいいやw

それと『イコライザー2』が(前作も)私の行く映画館でやっておらず、(叔父貴に会いたかった)
そのかわりと言うのも何だけど『デス・ウィッシュ』。
久方ぶりのB・ウィリスで、王道アクションものかな、と思ってたら、ほんとにふつーでした。
これはもうB・ウィリスが銃ぶっぱなしてりゃそれでいいやみたいな。
一般の素人が自警活動とか、ヒーローの真似事をするとこうなるよ、っていう見本のような。
あらかじめ何の映画のリメイクなのか知っておれば、もうちょっと楽しめたやもしれぬ。
B・ウィリス来年1月『ミスター・ガラス』楽しみに待ってるよ!

303 セラミー :2018/12/02(日) 14:52:18
ヴェノムの感想を書いた後に、スタン・リーが亡くなったのを知りました。
私の認識では、名だたるMARVEL COMICSの祖であり礎、生みの親、って感じで、
映画のカメオ出演で楽しそうな姿を見かける度に、元気なおじいちゃんだなーて思ってました。
これからもアメコミの映画は、MARVELもDCも、作られる限り見続けていきたい所存です。
スタン・リーありがとう。 どうか安らかに。

『スマホを落としただけなのに』に行ってきました。
オールスター感謝祭の4分間まばたきチャレンジで伝説を作り、
大河ドラマ『西郷どん』の天璋院篤姫役が素晴らしい演技で、
今年私の中で大躍進を遂げた北川景子にわくわくしてたのと、
監督が『リング』の中田秀夫さんだったので、お化けとか霊的にこわいやつだったらどうしようとドキドキしてました。
人が殺されたりするのとかは平気なんですけどね・・・
メインの主題からは少しそれると思いますが、刑事と殺人犯が同じ経路をたどっていて、
じゃあ何がその2人をその2つに分けたのか、というのが、スマホを落としたことより気になりました。
すでに何かそういう作品があったような気がする。
みなさんも、落としものには気をつけてくださいね!

それと、去年気になってた『スリー・ビルボード』をBSのチャンネルで観ました。
それぞれの登場人物の心理や行動がなかなか読めず、中盤で突然おもしろくなり、とても見ごたえがありました。
静かな状況から、前ふりなしでいきなり唐突な展開とか、どことなくコーエン兄弟テイストを感じ、
F・マクドーマンドの主演女優オスカーつながりで『ファーゴ』とか久々に観たくなりました。

304 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/12/04(火) 19:36:17
今度「ボヘミアンラプソディー」を見に行きます。

305 セラミー :2018/12/08(土) 14:25:46
QUEENの映画は、なんでもF・マーキュリーの命日に「応援上映」というのをやっていたそうで、
知り合いがめちゃくちゃ行きたかったって言ってました。
私はQUEENの世代ではなくてよく知らないですが、映画の評判を聞いてるうちにだんだん気になってきてます。

あれ、スリービルボード気になってたの去年じゃないや今年だった。 アカデミー賞の頃。
W・ハレルソンはサノスではない! ましてやJ・ブローリンでも断じてない!

映画じゃないけどNHK朝ドラヒロインに戸田恵梨香おめでとー

306 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/12/14(金) 10:27:19
ワンピースの映画以外を映画館で見るのはたぶん15年ぶりぐらいかも。
ボヘミアンラプソディーよかったです。
セラちゃんみたいにうまく書けないけど、私としては、改めてクィーンの楽曲の良さを感じられてう〜〜〜んと感心させられました。
そしてやはり最後20分強!めっちゃかっこよかった!!そこだけでも充分価値がありました!!
リピートで見に行く人の気持ちがわかる気がします。

307 セラミー :2018/12/22(土) 16:37:23
えるさん 映画館行けて良かったですね!
15年ぶりというと2003年くらいすか・・・ もしかして『シカゴ』だったりして。
私も映画館で、空席状況の表示やスクリーンの開場口を見張ってたら、
ボヘミアンラプソディの回にお客さんがぞろぞろ入っていくのを目撃しました。
この調子で年明け以降もやっててくれれば、私も観に行く見通しが立てられそうなんだけどな。

ちなみに私はあれですよ、前にも言ったことあるかもしれませんが、
映画にしてもスポーツにしても、顔や名前を覚えた役者や選手を応援してるだけですよ!

「来る」お、何が? 「来る!」何が来るんだろう。 「来る!!」いやだから何が!?
と思ってたら、それが映画のタイトルでした。
『来る』に行ってきました。
『告白』『渇き。』の中島哲也監督に、
その『告白』で主演の松たか子と、『渇き。』で主演の小松菜奈が霊媒師の姉妹役、
それから岡田准一、妻夫木聡、黒木華ちゃん、青木崇高(西郷どんの久光、るろうに剣心の左之助)など、
たいへん豪華でそうそうたる出演者でした。
松たか子と、『恋は雨上がりのように』に続いて今年2度目の小松菜奈は、最初誰だかわかんなかった。
霊媒師というくらいなので、お化けとか霊的な内容なんだろうけど、恐怖よりも興味が上回りました。
ていうか予告編とか見てても、怖そうとか全然感じなかった。
「来る」なのに「来ない」だったらどうしようみたいな。
具体的に何が「来る」なのかについては、それらしいのが来るっちゃあ来るんですが、
思わせぶりに焦らす、もったいつけて引っ張る、同じことの繰り返しがしつこくて、
途中で飽きてどうでもよくなりました。
これはまじで「来ない」なんじゃないか、なんかもう来ても来なくてもどっちでもいいやみたいな。
ドバー! ブシャー!!っていうのを想定してたら、どばー ぶしゃー程度だった。
妻夫木と華ちゃんの一連の顛末が、おもしろがるような内容ではなかったけど、喜劇のようでした。
松たか子と柴田理恵さんが、圧倒的な凄みのある存在感でした。
やっぱりなんにも怖くなかった。 ほっ。

308 セラミー :2018/12/30(日) 15:37:12
今年観た映画のベストは、まず邦画から良かった順に、
万引き家族、恋は雨上がりのように、
祈りの幕が下りる時、銀魂2、来る、コーヒーが冷めないうちに、スマホを落としただけなのに、の7作品。
恋は雨上がりのように については、出演者が小松菜奈と大泉洋でなかったらおそらくノータッチだったかもしれないので、
本当に観に行けて良かったです。

次にアメコミ映画は、もはやベストではなく、今年公開されて観た順に、
ブラックパンサー、インフィニティウォー、デッドプール2、アントマン&ワスプ、ヴェノム、
これに、年明けに観たレゴバットマンを加えて、邦画の上2つと合わせてTOP8。
ニンジャバットマン観たかったな。

なお今年の台詞大賞は、レゴバットマンの「くたばれアイアンマン」、
ブラックパンサーでキルモンガーの「お前らの先祖は金を払ったのか」に決定いたしました。

そしてアメコミを除く洋画から、
M:Iフォールアウト、グレイテストショーマン、スリービルボード、リメンバー・ミーのTOP4。

TOP8とTOP4を合計して、ベスト12となりました。

2018年もありがとうございました。
2019年もよろしくお願いいたします。
みなさん 良いお年を!

309 セラミー :2019/01/20(日) 16:34:34
『アリー/スター誕生』に行ってきました。
レディー・ガガさんをどうしても見たかったわけではないけど、
イーストウッドの企画をB・クーパーが引き継いだ、と聞けば、観ないわけにはいきませんでした。
スター誕生自体は昔からの映画で、何度目かのリメイクなのだそうですね。
となれば、過去作と見比べたり、それこそ今だとボヘミアンラプソディと比較したりするのもありかと思いますが、
そういうのは私にはわかりませんでした。
ライブやコンサートの場面で音響にすごい迫力があって、曲が良かったです。
アカデミー賞は・・・うーん、ノミネートならありだと思う・・・けど、
これでオスカーまで獲っちゃったら、私の中では「もっと他になかったんかい」ってなりそう。
LGBTについてことさら声高にやかましく強調するのではなく、普通に自然にそこに「いる」感じのさりげなさ、
差別や偏見の説明とか押しつけがましい問題提起ではなく、なんでもないことのように、
あたりまえのように会話をして、仕事をして、生活している描かれ方が、とても尊く感じられました。
奇抜な格好ではないガガさんのシンプルな出で立ちが美しかったです。

それと『クリード 炎の宿敵』。
ロッキーのシリーズやスタローンとはそんなになじみがなく、前作も観てない(BSのチャンネルで録画しそこねた)けど、
とにもかくにもブラックパンサーでホレたマイケル・B・ジョーダンの勇姿を拝んでおこうと行ってきました。
キルモンガーと比べると、たしかにアドニスは幼い感じに見えて、その演じ分けがすごいと思いました。
スタローンは自分で脚本を書いちゃうのがすごいですね。
登場人物の相互関係や因縁などについてはわからないのは承知の上で、
どこまで楽しめたものか自分でもわかりかねるけど、十分熱かったです。

310 セラミー :2019/01/20(日) 17:22:30
それと『蜘蛛の巣を払う女』。
ミレニアム3部作の完全映画化は、ドラゴンタトゥーの女1作で頓挫してしまっていて、
D・フィンチャー、R・マーラ、D・クレイグでもなくなってしまったけど、
とにもかくにもこうしてリスベットとミカエルにスクリーンで会えるのを楽しみにしてました。
雪の降り積もった場所で、登場人物がだいたい黒系統の服装の中、1人だけ赤い衣装の映像のコントラストがとてもきれいでした。
ミレニアム3部作の原作者は亡くなっていて、もとより原作と同等以上のクオリティなんざ求めちゃおらず、
後付けとかそういうのはそんなに気になる気質ではないので、もし続きが作られるようであればまた観たいです。
ていうかD・フィンチャー何か映画作れ!
なお原題は SPIDERS WEB だけど、スパイダーマンは出てきませんでした。

年末年始にかけて、お正月映画たいしたことねーなーとか思ってたら、先週今週でどさっと始まりやがった。
ボヘミアンラプソディはまだ回数あるけど、バナナが終わっちまう。
2月3月もほぼ毎週のごとく何かしら興味あるのが始まって結構やばい。
公開作の目白押しに予算と感想が追いつかん。 私が行くまでやってろよ!

311 セラミー :2019/02/10(日) 17:52:25
『ミスター・ガラス』に行ってきました。
能書きばっか長くて内容が無い。 サビの無い歌を延々と流されてたような。
これぞこれこそシャマランと喜んでありがたがるのがシャマラニストか・・・ 私ゃそこまでにはなれそうもねーや。
『アンブレイカブル』『スプリット』からの今作で、満足感にえらい落差がありました。
何のカタルシスもありゃしない。
この感じは・・・そう! 去年のキングスマンゴールデンサークルとおんなじだ。
楽しみに待ってたこの気持ちをどこへ持ってけと。
『スプリット』から引き続き出演の女の子が良かったのと、
プロフェッサーマカヴォイの多重人格演技のおもしろさで持ちこたえられました。
『アンブレイカブル』で幼かった男の子が、時を経て成長した姿で出てたのには、大きくなったんだなぁと感慨深いものが。
あの女医さんみたいなのを狂言回しって言うのかな。
たとえどんなにアンブレイカボーな肉体であろうとも、水の中で息ができないのであれば、あの通りよ。
サミュエル・L・ジャクソンがしゃべらねぇー 台詞の無さに恐ろしくなった。
一番最初、奥から手前にマカヴォイがゆっくり歩いてくるところがこの映画のピークでした。 あとはぐだぐだ。
冷めたところでもう一度観てみれば、少しは内容に見所を見つけられるかもしれない。
おもしろいおもしろくないというのは、観た結果の話なのであって、観たからこそ感じることであり、
観ないことにはそれすらもわかんないし、こうしてこの度のシャマラン騒動の決着を見届ける運びとなりました。
続編がおもしろくなかったからといって、前作や1作目が台無しになったとは思わず、
続編にしろ新作にしろまたこの次があれば、懲りずにまた観るから、また何か作ってね。

それと『マスカレード・ホテル』。
信じる、疑う、対照的で正反対の2人が、お互いに主張をぶつけて反発し合いながら、
だんだん協力していくのがとてもおもしろかったです。
エンドロールで(友情出演)の人が、出てるのは番宣で聞いてたけど、本編のどこにいたのかまったくわからず、
そのためにもう一度観に行くとしても惜しくないほどのおもしろさでした。
おお、あれは『ひよっこ』『西郷どん』で顔と名前を知った泉澤くんではないか!
声で、あれは松たか子かなーてなんとなく思ってたら当たってたw
『HERO』のコンビのガチバトルには燃えました。 あら、この2人が、ってちょっと不思議な葛藤も。
原作は読んでなくて、あの文庫本の厚さだと、おそらく映画ではカットされた部分もあるんじゃないかと思って、
読みたくなりました。 今んとこ3作くらい出てるのかな。
ガリレオや新参者に続いて、東野作品に新たなヒーロー誕生との触れ込みなので、ぜひシリーズで続いてほしいです。

312 セラミー :2019/02/24(日) 13:48:32
『アクアマン』に行ってきました!
ジャスティスリーグ以来1年以上振りのDCだ! 公開日延びたんでしたっけ。
DCユニバースのロゴ映像はカッコ良いし、WARNER BROS.のマークは海に沈んでるし、
のっけから映画の世界に引きずり込まれました。
弟くんがロキさんやキルモンガーと比べてしょぼかった以外のすべてがおもしろかったです。
いきなりテレビぶっ壊すニコキ姐さんさすがやってくれるぜ・・・!
次の場面になってもモリが突き刺さったままになってて吹いたw
アクアマン少年時代のなんたる愛くるしさよ。
メラ王女の女優さんがきれいな人だなーて思ってたら、ニコキ姐さんと並んだ途端に小娘に見えてしまった。
花を食べるメラ王女の可愛らしさで、Wウーマンのガルガドアイスクリームを思い出しました。
グリーンゴブリン心臓に悪くないですかw W・デフォーいつ豹変するのかヒヤヒヤものでした。
舞台が砂漠に移った時は、いきなりインディジョーンズが始まったのかと思ったw
イタリアの市街戦で家を壊されたおばあさんが、全然動じてなくて笑ったw
あの街並みは、あんなに破壊してまさかロケじゃあるまいし、全部スタジオのセットだったらものすごすぎるし、
やっぱりある程度からはCGなんだろうなのかな、っていうのを後から感じさせるようなきれいな映像でした。
海の中の国や都市の映像は、体の浮遊感とか髪のゆらゆら揺れてる感じとか何の違和感もなく、
もちろん「きれい」「美しい」というのはあって、それよりも「すげえ」が一番の印象でした。
あのバケモノは味方になるって登場から1秒で読めた。
敵が1つじゃなかったのも良かったです。 ブラックマンタがんばれよ! ゆるキャラ戦闘スーツにまさかの萌え。
Wウーマンの時みたいに、エンディングの楽曲を聴いて映画の余韻にひたってます。
フラッシュとサイボーグはいつになるかなー
私の認識では、MOスティールやWウーマン、アクアマンはもともと先天的に生まれつき能力の資質を備えているタイプで、
後天的に能力を得たタイプのフラッシュやサイボーグはどんな映画になるのかが期待のポイントです。
バットマンやWウーマンも新作が待ち遠しい。
とかくMARVELに比べて劣勢と言われがちなDCですが、私はDCのこってりした重厚な感じが好きで、
内容や雰囲気は明るくても暗くてもどっちでもいい(画面は明るいほうがいい)ので、この調子でがんばってほしいです。

マスカレードホテルとアクアマンのあまりの大大大満足感で、
ファースト・マン、七つの会議、フォルトゥナの瞳、に行かなくてもよくなっちゃった。
以降に備えておこう。

313 セラミー :2019/03/17(日) 14:33:39
『グリーンブック』に行ってきました。
アカデミー賞作品賞、助演男優賞M・アリおめでとうございます! アリータ観たいよー
メリーに首ったけ、愛しのローズマリー、のファレリー監督がガチで作ったと聞き、
「そうは言ってもやっぱり笑わせに来てるんでしょ?」とか思ってたらガチでした。
我が思い出のガチMovieには、サイダーハウスルール、グッドウィルハンティング、小説家を見つけたら、などがあり、
いつ以来だろうってくらいずいぶん長い間ぶりにこういう映画を観た気がしました。
主演男優賞ノミネートのヴィゴさんは、本当にあの指輪のアラゴルン様なのかと見まごうばかり。
現実問題に対して作りが軽すぎる、娯楽にして良い内容ではない、と怒ってる人もいるようで、
オスカーともなればなおさらそれだけ反響も大きいのでしょうが、
例えばスーパーマンが戦いで街や建物を壊しすぎる(アクアマンもすごかった)とかいうのなんかも同じで、
言われれば言われるほど、だったらなおさら良くやったじゃんなどと私なんぞは思うのでした。
オスカーの効果が、その分野への入り口としての役割を果たすとしたら、たいへん結構なことなんじゃないかなぁと。

それと『運び屋』。
監督・主演イーストウッドきたー
麻薬取締局(DEA)捜査官コンビのB・クーパーとM・ペーニャがカッコ良かったです。
娘役の女優さんは、実の娘さんだそうで。
ド派手な爆破や銃撃戦、車の追いかけっこが繰り広げられるわけではなく、おじいさんが車を運転してる映画で、
「犯した罪をどう許すか」がイーストウッドの映画の1つのポイントだと聞いたことがあり、
私としては求めるものは十分な、実話に基づくという悲哀の物語でした。
ここんとこハドソン川とパリ行きの2作ほど、90分台、100分未満という時間の短さでパスしてたので、
久々に観に行けて良かったです。 長いの作ってくれ。
グリーンブックともども、今年のベストに選びたい1作。

スパイダーバースにキャプテンマーベルなにもこんなたて続けに始まらなくたっていいじゃないか!

314 セラミー :2019/03/31(日) 14:08:16
『キャプテン・マーベル』に行ってきました!
まさかキャプテンの他にキャプテンがいたなんて・・・
『キングコング:髑髏島の巨神』以来のB・ラーソンを楽しみに待ってました。
予告編の、エンドゲーム、ダークフェニックス、ファーフロムホーム、と、
オープニングの THANK YOU STAN で、これから本編が始まるって頃にはすっかり出来上がっちゃってました。
そんな状態で、ただでさえB・ラーソンに見とれて忙しいのに、
記憶を失ってる設定のストーリーが思いのほか読み取れず、気がついたら敵と味方が逆転してました。 あれ??
ブランドのタイトルを名付けられたキャラクターとは、その正体たるや如何ようなるものなのか、と思ってたら、
これはもうMOスティールじゃねーかみたいな。 目から光線出したりしないかな・・・
目と言えば、フューリーが両目だったので、片目の経緯が描かれるかどうかも楽しみでした。
フラーケンwww
GotGのヤツも出てたな・・・
GotGと言えば、2週間くらい前のニュースで、J・ガン監督復帰決定うおっしゃああああああああ
話を戻して、キャプテンマーベルがエンドゲームでもきっとあのドヤ顔を決めてくれると信じて、
4/26の公開に向けて精神統一しておとなしく待ってます。

スパイダーバースと時間が合わないんですけど! ぎゃー
バースって BIRTH じゃなくて VERSE なんですね。

315 セラミー :2019/04/28(日) 10:47:34
『シャザム!』に行ってきました!
そしてわけわからんのがこいつだ・・・
ジャスティスリーグに出てなかったし、俳優さん顔も名前も知らないし、正直そこそこ程度の期待でいたら、
これがもう突き抜けたレベルの一大娯楽超大作でめちゃくちゃおもしろかったです。
よくぞここまではっちゃけた! いいぞDCもっとやれー
男の子がただのくそガキじゃなかった。
やっぱりヴィランにストーリーがあると熱い。
重役連中の殺戮シーンは、もっとこうギッタギタに蹂躙してほしかったですね。 ズッタズタの八ツ裂k(自粛
かたや里子、かたや高層ビルから躊躇なくポイッと投げ落とす、2つの家族の描かれ方が印象的でした。
神様の名前の頭文字を並べて「SHAZAM」ってカッコ良いですね。 バチが当たらないといいけど。
変身するのが屋内の場合、その度に屋根を修理しなきゃならなくなっちゃうのはなかなかの制約と見た。
完全に単体だと思ってたら、まさかの「え、何戦隊?」で、出演者の顔と名前を覚えるのがたいへんだ!
いっそジャスティスリーグと戦ってほしいw でも M.O.S と友達のようだしなぁ。
「魚と話ができたからってそれが何になるんだよ」アクアマンあおられててくそわろたwww
吹替の回で、私の前の席には小学生くらいの4、5人が並んで座っており、
子どもにはわかんないかなぁと思ったシーンなんかもあって、ちょっと感想を尋ねてみたくとかなっちゃったり。
シャザムの声の菅田将暉以外のすべてが良かったです。
エンドゲームの鑑賞に支障をきたしかねないほどの満足感でした。
DCユニバースのロゴ映像が出なかったので、これはMARVELの『ヴェノム』みたいな感じなのかな。
だんだんと能力を使いこなせるようになっていくシャザムの成長や活躍を、ぜひ続編でやってほしいです。
「もともとシャザムはキャプテンマーベルだった」という謎の情報を聞き、ネットで調べるもいまいち要領を得ず、
映画のチラシの裏によると「大人の事情」とのことで、それ以上追求する気はなくなりました。

ゴォルデンウィィクめちゃくちゃ混むし、エンドゲーム行くの連休明けてからでも大丈夫かな。
とか言って後回しにしてるとまた見逃すぞ!

ファーフロムホームの予告編で、Dr.ストレンジのパチもんみたいなのが気になる!

316 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/01(水) 06:41:40
昨日娘夫婦が、「アベンジャーズ」のラストを見に行ってました。

317 セラミー :2019/05/01(水) 14:26:16
むおー まじすか!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』私もそのうち観に行きます。

ていうか娘さんご結婚されてたんですか!

318 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/04(土) 06:34:18
そうです。w

319 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/11(土) 06:26:13
昨日「賭ケグルイ」を見てきました。感想はまた次回。

320 セラミー :2019/05/11(土) 09:03:51
賭ケグルイ私も観たい!
娘さんおめでとうございます!

321 セラミー :2019/05/12(日) 00:06:17
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 に 行 っ て き ま し た ! !
ただただ楽しみで待ちきれなかったインフィニティウォーから1年、
今回は、それプラス終わってしまうさみしさとで、公開までのあいだ精神統一でもしなきゃやってられず、
公開が近づくと、観ちゃうのがもったいない、観たくねえとさえ考え出す始末で、
さらに公開1週前のシャザムの満足度にしてやられ、ほとぼりを冷ます必要が生じ(てかまだ冷めてない)、
いったんインターバルをとって、あらためて気持ちを練り直さねばならない羽目にもなり、
複雑な状態の心境で運命の日を迎えました。
映画を観に行くモチベーションがかつてないほど右往左往した(上がったり下がったりではなく)。

11年におよぶシリーズの集大成で、おそらく自分では気づけもしなかったネタもあろうかと思うけど、
レッドスカルのくだりがよくわかんなかったのがくやしい。 なんであそこで出てくんのみたいな。
それとローニン?の正体がホークアイ??なのも、原作の通りなのか違うのか気になる。
真田広之さんまじかっけええええええ デップーのヴィランで出てきてほしかった。
よってたかって集団リンチからの首チョンパきたー うむ実に素晴らしい。

キャプテンてスパイダーマンと比べてそんなに言うほど強い? て思ってたら、
最後の最後に羽目を外したくなったのか、ファンサービスなのか、
いやいやいやいやいやいやいやいやノシノシノシノシノシノシノシノシ
ハンマーちょっと待てwww
あれくらい不思議なシーンもあったりする方がおもしろかったり。

322 セラミー :2019/05/12(日) 00:12:11
続きです…
てっきり宇宙へ乗り込むもんだとばかり思ってたら、空間じゃなくて時間かい!
タイムループに関しては、本音では好きなほうではなく、正直少々抵抗感が生じたのは否めないけれど、
そんなのは好き嫌いでしかなく、
歴史を改変できたりできなかったり、他の時代や人に影響があったりなかったり、
いつもおんなじで決まった設定ではなく、
その作品やシリーズにおいて独自の概念であればあるほど楽しめるようになってきました。

過去作のネタや映像が出てきた時は、それを作ってる制作陣の気持ちを想像してたら泣けてきた。
GotGを観てないとわからない箇所が複数見受けられ、シリーズのファンとして嬉しかった。
ロケットの台詞も意外と多くて、だいたい悪態だったw
美容院がどうとか、キャプテンマーベルに下手な口きくとお前消されるぞ!
GotGは、ぜひ続編でロケットの体の秘密を解き明かしてほしいなー
あまりアベンジャーズと馴れ合おうとしない、キャプテンマーベルの気高さのようなものがカッコ良かったです。
もっとこうみんなとキャッキャウフフすると思ってた。 よろしくーみたいな。

今回の結末で、キャラの何人かは、もう登場させられない、続編を作れないけれど、
死ぬ以外の退場のしかたが見事なまでの素晴らしさでした。
死ぬのがダメって意味ではないし、じゃあやっぱり死なせればいいのかって話でもない。
スパイダーマンのスーツが壊れても、バナー博士がいるし、ワカンダもあるし、アントマン陣営もいるし、
その点は大丈夫なのかな。

生き残ったキャラで続編や新シリーズが作られるなら、1作残らず追っかけていきたい所存です。
GotGの続編で、二刀流で無双するソーの姿が、かなり具体的に鮮明に思い浮かびます。
万が一にもガモーラやヘラ姐さんが復活するようなことがあれば泣く。
ブラック・ウィドウの単体作も絶対観たい。
退場したキャラでも、例えばエピソード0とか、過去にさかのぼったりして、ストーリーを作れないこともないのか。
ストーリーだけならまだしも、映画って出演者の契約もあるしなぁ。

323 セラミー :2019/05/12(日) 00:16:44
続きです…
はっきりとMCUを意識して最初に観たのが2016年のシビルウォーで、
どうしても後追いの負い目というか引け目のようなものは最後まで結局なくならず、
そんなのはもういくら悔やんでも悔やみきれないけど、
シリーズをさかのぼってキャラクターやストーリーを知っていくのも楽しかったし、
シリーズ1作目のアイアンマンを観なかった当時の自分には、せいぜい豆腐のカドにでも頭ぶつけとけとでも。

上映時間の長さから、ペットボトルを念のため3本忍ばせたかばんが重かった。
あ、トイレは大丈夫でした。 我がことながら、よく体が持ってくれた。

2008年から11年間おつかれさまでした。
その11年を追っかけて、ぎゅっと凝縮したようなこの3年間は、まさに「MCUの乱」と言える革命の激動の年月であり、
セラミーの映画年表に今の時点で一生残りそうな燦然と輝く爪あとをきざみ、末永く語り継がれることでしょう。
本当にありがとうございました。

っしゃー、次は、ゴジラまでの間に、キングダムと賭ケグルイを観るぞ!
私が行くまでやってろよ!

貞子の映画も観ようと思ってたけど、時間の短さでストンと興味がなくなった。
2時間やれ2時間。 せめて100分はやってほしい。

ぬおおタランティーノきたー チラシがあった! 8月公開予定。
B・ピットとディカプリオ共演。
ついに・・・ついに、私の行く映画館でタランティーノが公開される・・・のか?

324 セラミー :2019/05/15(水) 07:02:43
エンドゲームでキャプテンのムジョルニアの件について、
最後の最後に羽目を外したくなったのかだのファンサービスなのかだの書きましたが、
その後ネットの解説や考察を読むなどして、だんだんおのれの認識不足を認識してきました。
エイジオブウルトロンのシーンはもちろんわかります。

ファーフロムホームの公開日が、いつの間にか6/28になってた!
8月公開かと思ってた。
ダークフェニックスの1週後じゃん!
スパイダーバースとキャプテンマーベル、シャザムとエンドゲーム、ダークフェニックスとファーフロムホーム、
おのれの都合でものを言いますが、だから立て続けにやるなっつーのww

325 セラミー :2019/05/26(日) 17:39:38
『キングダム』に行ってきました。
実写で映画化の情報を聞いた時は「ふーん」て感じで、
監督が、ガンツ、図書館戦争、いぬやしき、などの佐藤信介さんと知った時は、
「この人で駄目なら他に誰がやっても駄目だろなー」とか思って、
プロモーションや予告編では「これはいけるんじゃないか、思ってたほど悪くなさそう」て印象になり、
映画の感想は、一言で言うと、「るろうに剣心だけが特別おかしいわけじゃなかったのがわかって良かった」です。
おもに、自分の頭の中の、漫画によるイメージや違和感などについてのことです。
銀魂の映画の時は、漫画は読んでなくて、元となるイメージや先入観もなく、そういうことは感じませんでした。
自分がキングダムにハマるきっかけになったところのストーリーで、
やっぱりこの頃のキングダムはおもしろかったなぁと思いました。
次やるならぜひ王騎をたくさん出してほしい。

それと『賭ケグルイ』。
原作の漫画は読んでなくて、アニメやドラマも観ておらず、お目当ては浜辺美波ちゃんのみでした。
敗ければ退場、退場したらそれっきり、って漫画ばっかり読んで育ってきたので、
敗けて退場してそれっきり、ではない、敗けても退場しない、のが、めちゃくちゃおもしろかったです。
ワンピでもルフィと戦ったバギーやクロコが出てくるとめちゃくちゃ燃えるし。
敗けた後にそのキャラの見せ場があったり、敵vs敵とか、主人公の関知しない場面にも、とても見応えがありました。
群像劇大好き。
主人公なんかいらんw 蛇喰夢子のことではなく、主役の「ポジション」のことです。
これはもう福原遥ちゃんが主役でいいんじゃないかな!
ヴィレッジの黒い服の男の人が、名前知らないけどカッコ良かった。
勝負の進行役の中村ゆりかちゃんも、それっぽい雰囲気がでてるように見えて印象的でした。
仮面のキャラが気になった。
次もあればぜひ観たいです。
映画化に合わせて出た廉価版コミックスをコンビニで見つけた。 ほしい。

326 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/06/07(金) 08:28:10
そうそう、福原遥ちゃんがすごくよかったんですよお。あの男の人は、BOOMの、宮沢和史さんの息子で、モデルさんですねえ。
私も気になったので、帰ってから調べました。

個人的には、スイーツの下りがお見事って感じで、すがすがしい気分で帰れました。! よかったです。!!!

327 セラミー :2019/06/09(日) 18:00:23
あー なんと、親子なんですか! 言われてみれば、似てますねー
福原遥ちゃんの豹変ぶりは、あの演技で燃え尽きやしないかってくらいすごかった印象です。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に行ってきました。
ギドラ、モスラはわかるけど、ラドン?は何も知らなくて、どんな怪獣なのか楽しみでした。
人間の行動が「んなわけあるか」なのは、怪獣映画やパニックもの、スリラー、ホラーなど、
その手のジャンルの醍醐味ですね!
主要な登場人物も犠牲になったりして、余計におもしろかったです。
もっと明るいところで戦ってくれてたら言うことなしだったけど、許してやるか。
今知ってる情報では、次は来年コングと対決するそう。 舞台はあの髑髏島だろうか・・・!

328 セラミー :2019/06/30(日) 17:08:29
『X-MEN:ダーク・フェニックス』に行ってきました!
力の暴走や制御、コントロールは、キャプテンマーベルでもやっていて、こちらはX-MENらしくシリアスでした。
ジーン1人に、それ以外のみんなが振り回され、ジーン自体も自分の能力や運命に振り回され、
もちろん実際のところは知らんけど、Disneyが20世紀FOXを買収したゴタゴタで、
映画そのものも振り回されてたりしてたのかしら、って印象でした。

ミスティークとビーストの青コンビやマグニから再三なじられ、そしられるプロフェッサーに、
彼もまた完璧ではなかったんだなぁ、苦悩していたんだなぁと感じ取れるようでした。
マグニートーの能力バトルがたくさんあったのが満足で、
向かい合う相手に背後から銃を突きつけて、下手すりゃお前にも弾が当たるだろとハラハラした。
あ、でもマグネットプレイなら弾は避けられるか。
謎のヴィランのJ・チャステインに期待してたら、ミュータントじゃなくてそっちの方でしたか。
シャザム!もそうだったんですが、良い方向にしろ辛い方向にしろ家族の話がクサくなくてとても良かったです。
逆にMIBなんかもそうなんですが、「MEN」について「男?」とか「いっそWOMENにしたら?」っていうのが、
やたらあからさまにほんと見境がない感じがしてその点がうんざりでした。

長年にわたるシリーズの最後を飾る総決算、集大成、完結編、としては全然もの足りず、
「これで終わり?」な映画なんていくらでもあるし、映画なんてそんなもんだと思っており、それは全然それで良くて、
映画会社の買収という点ではA・スパイダーマンが2作で終わっちゃったのと同じようなもんかな、って認識。
私としてはここまでで一区切り、これから仕切り直し、くらいにしか思ってなくて、
このキャストは最後でも、きっとX-MENの映画は終わらないはずだと信じており、
フェーズ4に突入するというMCUにどのようにして登場、合流してくれるのか行方を見守ってます。

X-MENの最初の頃は、共存と対立とに別れてて、完成された役割を演じてたように見えていて、
キャストが若返ってからは、状況や目的によって手を組んだり敵対したり、
それぞれの主張や信念が衝突してぶつかり合って傷ついたりする姿が、
ありきたりで安っぽくて薄っぺらなやつなんかよりもよっぽどヒューマンドラマでした。
みんな大好きでした。 今まで本当にありがとう!

ほんとはファブルも観たいけど、ファーフロムホームのために後回しだ!

329 セラミー :2019/07/14(日) 00:47:17
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に行ってきました!!
あのDr.ストレンジのパチもんみたいなやつはいったい何なんだとか思ってたら、
俳優さんがJ・ギレンホールと知り、がぜん楽しみでした。
序盤は、高校生の夏休みの学校旅行の雰囲気が伝わってくるようで、こっちまでうきうきしました。
エレメンタルズが地味に見えたのと、予告編などで見知ってた映像の場面が早い段階でだいたい出尽くして、
こいつぁきっとここからどえらい展開が待ち受けているに違えねえとか思ってたら、見事にやられました。
あっちもこっちも馬鹿試合じゃなくて化かし合いだったぜ・・・! 劇団ミステリオw
ミステリオがどんなキャラか知らなくて、観てるこっちまですっかり翻弄されて疲れたw
今のスパイダーマンは、前作ホームカミングも然り、サブタイトルの響きが優しくて良い感じですね。
親友やメイおばさんやハッピーファブロー監督もユニークで、殺伐としない雰囲気がとても心地好かったです。
IWやEGを経て、トムホくんにもせっかく馴染んできたし、やっぱりこれから1作でも多く続いてくれることを願います。
いつの日かヴェノムと共演するのを夢見て待つ。 映画化の権利? 知るかそんなの。
それにしても次が心配で気がかりだw 編集長ォー!

ジョーカーの予告編を初めて目の当たりにし、まず衝撃が大きくて、どんな映像だったか覚えてない!
10月公開だったかな。

それと『ザ・ファブル』。
殺し屋の休業という設定に、るろうに剣心の不殺と近い死臭を感じました。
木村文乃と山本美月の女優さん2人がきれいでした。
柳楽優弥も立派な俳優さんになったなぁ。
佐藤二朗さんの出落ち感ww
エンドロールが Born This Way でノリノリでした。

もう1コ殺し屋もので『Diner』もやってるけど、こっちはどうしようかな。
ていうかこの先しばらく、いつものペースで感想を書けそうな映画が無い。

330 セラミー :2019/08/18(日) 00:24:52
『Diner』の評判がたいしたことなくて、原作の小説を文庫本で読んじまいました。 平山夢明さん。
ヤングジャンプからWEB連載に移行した漫画版や、同じくWEB連載中という続編がどうなるか楽しみ。
映画じゃないけど本屋さんでT・ハリスの新刊出てるの見つけたうぎゃああああああ
最初に本のオビに目が行って、羊たちの沈黙とかハンニバルがどうのって書いてあって、
あーまたそういう系のやつねとか思ってたら作者の名前がその本人でぎゃああああああ
完全な新作で、レクターの続きではないけど、思わずお店で変な声出ちゃったあぎゃー

未消化だった『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』や『億男』、
韓国版の『オールド・ボーイ』を観ました。
フフフ消化してやったぜ・・・
あと未消化で一番気になってんのはスパイダーバースだな。

『ONE PIECE STAMPEDE』に行ってきました!
あれ万博要素あった?
「それ」の中身が出てきた時、オチが一瞬で読めました! ルフィならそうするに決まってるよねーみたいな。
フフフなめてもらっちゃ困るぜ・・・
ラフテルって LAUGH TALE なんですね。 笑う物語・・・笑い話?
スモーカーやルッチを足止めするサンジがめちゃくちゃカッコ良かった!
サンジの足技が、スモーカーのモクモクに効いた時はしびれました。 「覇気か・・・!」
ルッチ出番少なすぎるだろ! 台詞あったか?
バギーのリアクションおもしろすぎるwww 目玉飛び出しすぎwww
声優さんには疎いけど、千葉繁さんの声は小さい頃から知っていて大好きです。
サニー号のフライングモデルやなつかしの海列車が見てて楽しかった。
悪魔の実の覚醒について少し言及がありましたが、それでもインペルダウンの獄卒獣はやっぱりさっぱりわからん。
フォクシーのノロノロビームは覚醒なのか?
カイドウと戦う時も、今回の巨大バレットのようなバトルになるのかな?
入場者プレゼントも無事に手に入り、良かった良かった。 「万博」だから壱萬八拾九巻か・・・

331 セラミー :2019/08/18(日) 00:31:31
それと『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。
ビアンカとフローラが有村架純と波瑠ちゃんという最強クラスの布陣にうきうきでした。
逆の配役でも良かったな・・・!
ビアンカの顔に最初だけ違和感がありましたが、鳥山明の絵のままだとみんな同じ顔になっちゃうしな・・・
有名人の声優起用については、個人的にはそんなに気になるほどの抵抗とか拒絶感とかこだわりはなく、
今作にはいないけど、菅田将暉さえ出ないでいてくれれば良いです。
寝起きの雑音みたいな声でフゴフゴ鼻くそほじってんのかおまえはみたいな。
話ずれるけど、その菅田将暉が声をやったシャザム!が今のところ今年のベスト Movie No.1。
話を戻して、映像は、想像以上に完成度の高さを感じてびっくりするほどきれいでした。
とくに背景。
ディズニーやイルミネーションに比べてしまえばそりゃ見劣りくらいするでしょ、とか思っててごめんなさい。
それをふまえてもメラゾーマ、ベギラゴン、バギクロスがしょぼかったのは残念で、
ボン、シュー、シャカシャカ って、いくらなんでもあれじゃ全然せいぜい普通にメラミベギラマバギマだよ。
あの部分だけは、私が監督になってやり直しさせてやりたくなりました。
ジョジョ第4部実写のスタンドを見習え!と指示を出したくなってしまった。
ジョジョの実写映画続きやってくれ・・・
やっぱりザラキは良いですね!
もうちょっと呪文を使えるようになっていく、レベルアップの過程を見たかった。
あと、せっかくのメインテーマ曲が火力不足な感じがして、もっとこうド派手にバーンと流してほしかったかな。
映画の内容はドラクエ5ですが、劇中の音楽は5の曲に限られておらず、
ドラクエの音楽で覚えてる曲が流れると、やっぱりわくわくしました。

332 セラミー :2019/08/18(日) 00:34:31
続きです…
そして何より、驚きの展開というかどんでん返しというか、賛否両論というか叩かれまくってるシーンがあり、
それについて事前の時点で情報とか評判とかネタバレとか何一つ知らずに観に行けて本当に良かったです。
私は「へー こういうやり方にしたんだ」って感じで、そんなに悪くは思わなかったです。
楽しい(?)仕掛けというか、べつにひどい手段とまでは言わんけど、あれ反則じゃね?
テレビの生放送じゃあるまいし、え、放送事故?
意表をつかれてびっくりしたなー的な。 どっちかというとむしろおもしろかった。
他でもないスクエニがこれを通してるわけだし、制作陣は絶対わかっててやってるはずだと思う。
ほんとよくやったなぁ。
映画観た人「なんだなんだ!?」←観てない人「なんだなんだ!?」
『シュガー・ラッシュ』あるいは『レディ・プレイヤー1』か。
去年、カメラを止めるなが話題になり、情報は知らないほど良い、何を言ってもネタバレになる、みたいなことを聞き、
今年の3月頃だったか地上波の金曜ロードショーで見ても言うほどそれがピンと来なくて、
まさに今作のドラクエにこそそれが当てはまる印象でした。
もともとがゲームのRPGであること、そしてサブタイトルの YOUR STORY に、妙に納得がいくのでした。
これはあれだ、新手の「第4の壁」破りか・・・!←違うと思う
私は架空の世界の物語や登場人物をさほど絶対視しておらず、
大人になれと言われてキレるほど本気でも真剣でもガチでもなく、
そりゃあれで怒るのもわからなくもない、無理もないのかなと他人事のように思いながら、
自分がこの映画を感情で叩く側の人間ではなくてほっとしてます。
というわけで今年のベストに選んじゃおっかどうしよっかなー

同じ山崎貴監督で、12月のルパン三世のシリーズ初CGアニメもどうなることやら観に行きたくなりました。

333 セラミー :2019/09/08(日) 00:33:23
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に行ってきました。
映画館で初タランティーノに体が打ち震えんばかりでした。
同監督の別作品でそれぞれ主要な役を務めたことのある、B・ピットとディカプリオの初共演で、
ジャンゴのように張りきり過ぎなんじゃないかと心配になるくらいのハイテンションを想定してたら、
タランティーノにしてはびっくりするほどのおとなしさで、あっけにとられて拍子抜けしちゃいました。
これはまさかのジャッキーブラウンか。 いやジャッキーブラウンおもしろかったけど。
その筋書きその台詞を考えたタランティーノのドヤ顔が始終これでもかとチラつくような、
いつものうっとうしいトーンは抑え気味で、静かーな雰囲気に肩透かし、呆然。
ハリウッドで実際にあったという女優の殺人事件となれば、題材が題材なだけに、
はたしてふざける茶化すすっとぼけるわけにもいかなかったのかどうかいざ知らず、
そりゃ期待はしてたけど、いつものように作ってなかったことについては否も応も是非もなく、
世間での評価が何にしても、私の中では「あーこういう映画も作ったんだなー」くらいで落ち着きそう。
その当時の時代背景とか事件についてそれなりに知っていれば、内容の理解や印象もまた変わってたと思うし。
やっぱりこれは、犠牲者のシャロン・テートに捧ぐ的な、あの事件がこうだったら良かったのにな、みたいな、
レオ様とブラピの二大スターを配したタランティーノなりのストーリーだったのかなと、
観終わって振り返って思うのでした。
B・ピットもディカプリオも、たとえ見た目はおっさん化しようとも、やっぱり華があってさすがだと思いました。
M・ロビーはハーレイ・クインの女優さんだ! ニカッとした笑顔がかわいらしい。
SUICIDE SQUADの続編?新作?は来年かな?
火炎放射器が最高でした。 ゴバー やったねタラちゃんやる時ゃやってくれる。
犬はDinerでもやったw ワンちゃんかわいー 美味しそうなエサ。
タラちゃん引退説については、初めてではないし、
「次いつ撮るの」とかいちいち聞かれないようにするための防衛策ではないか、って認識で、
こっちもとくに真に受けてはおらず、次作も楽しみに待ってます。

334 セラミー :2019/09/15(日) 22:06:53
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを略すとしたら、
ワンアポ、ワンタイ、ワンハリ・・・

イングロリアスバスターズでのユダヤ人、ジャンゴでの黒人奴隷、ヘイトフルエイトは・・・忘れた。
そして今回ワンハリのシャロン・テートについて、ネットで見かけた感想記事で、
「フィクションでしかできない救済」みたいな意見を読んで、なるほどなーて思いました。
まるで、悲惨な史実なんざくそくらえ、知ったことか、みたいなタラちゃんかっけー
世間の評価が何であれとか思ってたけど、何の権限もないけど、アカデミー賞に推したくなってきた。
作品、監督、脚本(脚色?どっちだろ)でタラちゃん、主演男優レオ様、助演男優ブラピ、助演女優M・ロビー、
で、はい6部門決定ー

あとA・パチーノともあろう人がなんであんな序盤のちょっとしか出てこなくていまいち腑に落ちず、
どうせなら最後の方にちょろっと出てきてついでに殺されたりすればおもしろかったのになーなんて思ってたら、
あの役は実在の映画プロデューサーの人だったそうで。 なーんだ。
レオ様とブラピと、架空の人の役のほうが映画の中で少なそう。

335 セラミー :2019/09/29(日) 00:19:31
『記憶にございません!』に行ってきました。
三谷幸喜さん脚本と監督で、あのキャストなら、お客さんそれなりに入るのでしょうが、
中身はなんにもおもしろくなくて駄目でした。
ギャラクシー街道の汚名を払拭できるようなインパクトを残すほどの気概や攻めの姿勢を見せてほしかったけど、
話運びがとってつけてあつらえたような当たり障りのない無難なものに感じられ、すごく守りに回ってた印象。
この話はこれからどうなっていくんだろうというわくわく感がまったく刺激されない。
石をぶつけられて失った記憶が戻るのか戻らないのか、どうなろうがどうでもいい。
笑いを取りに来てるのはわかるんだけど、狙ってる感の先走ってる感で、やることなすことスベって見えて、
あんなふうにいくわけないじゃん、それは駄目でしょ、ってところばっかり気になって、しらけちゃった。
これだけのキャストを集めましたっていう豪華でにぎやかな空気は感じこそすれ、
中井貴一総理の秘書官役で脇を固めるディーンフジオカと小池栄子、夫人役の石田ゆり子には、
映画に出演する役者としての魅力を感じない。 なんぼ人気あって売れてる人だろうけど。
「メンタル的に無理」とかこっちの台詞かも。
親子の話がクサい。 しらじらしい。 おざなりで見ごたえがない。 上っ面を上スベり。
・・・ちょっと待てなんじゃこりゃ良かったところが何も無いじゃないか!
あ、吉田羊さんがエロに走ったとこは「ほー」てなったけど、やっぱりそれも「なわけないじゃん」だった。
不倫をパロディにするのはいいかげん不快の域。 いつまでやってんのかな。
満を持しての木村佳乃投入でいよいよコント化不可避。
政界のシビアな世界を舞台にして、あんなゆるいコントごっこを映画として見せられてもなぁ。
濱田龍臣くん龍馬伝のよしみでがんばれー
三谷さん映画って以前はもっとキレがあったと思ってたけどなー
その話その設定その台詞を構築した三谷さんのドヤ顔は、いくら待てども湧いてきませんでした。
これはまるでギャラクシー街道でコケたリハビリだったのか?

336 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/10/02(水) 23:21:27
見えない目撃者を見てきました。個人的にはとても楽しめました。

337 セラミー :2019/10/13(日) 00:14:40
吉岡里帆いいなー

338 セラミー :2019/10/13(日) 00:25:42
『ジョーカー』に行ってきました!!
どシリアスきたきたきたァァァ
楽しくておもしろい映画ではないですが、年に1、2回くらいはこういう重たいのを観たい。
今年やったDCでシャザム!が快作なら、こちらはさしずめ怪作か。
痛快に対して、そんな言葉無いけど痛怪。 超痛怪作。
批評できるほど私は映画のことを知ってはいないけど、今年のベストは、もう上半期シャザム!下半期ジョーカーでいいです。
予告編では、なぜか映像を覚えられないという謎の現象に見舞われましたが、
本編では、バットマンのブッ飛んだスーパーヴィランではなく、
どこまでも人間臭さ全開でのたうちまわり運命に翻弄され狂気にまみれていくジョーカーの姿が、
えぐり揺さぶり焼きつかんばかりに迫りくるようでした。
本作の内容で気分が悪くなったり不快で嫌な気持ちになったとしたら、それは至って健全な感覚なんじゃないかと思います。
これ仮にジョーカーじゃなくて普通の一般人でやっても誰も観ないんじゃないかみたいな。
我らがホアキンには何の不安も不満もなく、この難役を見事に演じ切ってくれたと思いました。
ワンハリのレオ様と主演男優オスカーで賞レースしてほしい。
ウェイン家との絡みがあったのがちょっと嬉しかったかな。 誕生前のバットマン。
あの執事の人はアルフレッドなのだそうですね。
あの女優さんデップー2のドミノの人なんですか! 観てる間は何にも気づかなかったなぁ。
最後のラストのせいで、どこからどこまでが現実なのかアーサーの妄想だったのかわかんなくなっちゃったよ!
アーサー「理解できないさ」
主人公はあんなに笑ってんのに、笑えるところがなんにも無い。
不穏、物騒、狂気、我が求めてやまない3大要素がどれも高い水準で全部入っており、
嘘くさくて気休めにもならない綺麗事や救済の手立てが何の機能も果たさないのを見せつけられて、
シャザム!がはっちゃけてたのと同じくらい、今作のえげつなさに「よくぞここまで」ってぞくぞくしました。
これ! これ! コレェェェ
ちょっと満足しきっちゃった感。 どうしよう。
今回のホアキンジョーカーが今後シリーズ化するのかどうか、イメージしづらい。
権利関係のことはよくわかんないけどちょっと前にスパイダーマンが揉めて、または去年のヴェノムにしても、
どうしても無理にユニバースにできなくても、ストーリーのつながらない単発・単体作になったとしても、
今後もアメコミ映画を追っかけていきたいです。

339 セラミー :2019/11/04(月) 12:34:44
『楽園』に行ってきました。
ジョーカーの時ほどぞくぞくしなかったけど、今作もシリアスパラダイスでした。
『悪人』『怒り』などの吉田修一さん原作で、
今回は『犯罪小説集』という本の内の短編2つを前後にくっつけて1本の映画にした感じでした。
私は、主人公1人が主軸の中心にいてそれ以外をブン回すタイプのやつよりかは、
主役にも脇役にも一人ひとりに軸があってそれぞれが回転してるような、簡単に言うと群像劇が好きで、
今作では綾野剛、杉咲花ちゃん、佐藤浩市さんの三者三様の生き様が描かれてました。
「救いが無い」とか「想像に任す」っていうのは、れっきとした表現方法だと私は思っており、
そのことでこの映画もしくはそういう映画を悪く言う気は無いのでした。

なおジョーカーは私の認識では、主軸にいる主人公が、それ以外からブン回されまくるって感じです。

それとフフフ『ジョーカー』2回目観てきたぜ・・・!
あーでもなんかうーん余計にメンタル削られただけだったような気がするぜ・・・
これは最初っから全部がジョークなのか?
わからないように作ってあるのか、正解は無いのか、想像に任せてもらって自由な解釈で大丈夫なのかどうか、
それがまだ把握できてない。
面談のおばさんの髪型がはじめと終わりで変わってるのは、同じ人なのか別人なのか。
顔見知りの人がアフロになってたら笑う・・・か?

渋谷のハロウィンにジョーカーの仮装でバカ騒ぎしてたのは、ジョーカーが最も嫌悪しそうな人たちだった、
って皮肉が何ともww
それこそあいつらジョーカーに撃ち殺されんじゃねーのみたいな。

八千草薫さんが亡くなったのを知りました。
若い頃のことは存じておらぬ若輩者ですが、おもに祖母の役などで、
お高くとまってるようないやみな感じのない、おっとりほんわかとした上品な佇まいが印象に残ってます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

お! キングスマンまたやんのか! 2月くらいだったかな。
誕生秘話とかエピソード0みたいなやつかな。
たのむぞM・ヴォーン!

340 セラミー :2019/11/24(日) 00:09:29
『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』に行ってきました。
ホラーじゃないですよ!
収容されている患者さんの個々の様子とか、病棟内の日常風景のほうが、
事件の起こる本筋よりも印象的でした。
ストーリーがどうしても閉鎖病棟じゃなくてもできそうな内容に思えたことと、
誰かを悪いやつにしてやっつけちゃう話を美談にされても共感できかねるものがあり、
また、詰めが雑で強引なものに思えてしまって、すごく良かったってほどまでではなかったです。
こういう系統では、『17歳のカルテ』が我が思い出のMovieです。

それと『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。
ホラー要素に関しては、ずーっとおんなじことの繰り返しばっかりに見えて飽きました。
なんにも怖くねーでやんの。
冒頭の暴行シーンが痛そうだったのと、
J・チャステインの台詞や出番がたくさんあって嬉しかったことしか覚えてない。

ターミネーター、アナ雪、スターウォーズ・・・
おかしい。 自分でも「あれ?」って不思議なくらい、気が乗らない。
この秋から年末にかけての、大作・有名作のシリーズや続編に、興味を引かれなくて、どうしちゃったんでしょう。
いつもならわくわくうきうきそわそわ感が湧いてきそうなものなのに、そんな時もあらーなってか。
ジョーカーで感覚が麻痺を起こしたかもしれん。

私の行く映画館では、観た映画の長さに応じて「マイル」が貯められるようになっており、
今年は、11月に入る前の10月いっぱいの時点で、前の年の1年分のマイルを上回ってしまった。
今年ってそんなに観たっけか。
エンドゲームとかワンハリとか長かったしなぁ。

これであと年内の公開予定で気になるのは、
ドクタースリープ、ルパン、カツベン、屍人荘、男はつらいよ、
・・・なんだまだけっこうあるな!

341 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/11/25(月) 06:42:09
屍人荘は、見ます!!!!!

342 セラミー :2019/11/25(月) 19:19:28
楽しみですね!
原作もう読んじったもんねー
Perfumeの 再生 って曲が映画の主題歌で、最近しょっちゅう聴いてます。
再生 再生 再生成♪

343 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/11/27(水) 06:43:36
PVの、MOVIEバージョンを見ても映画が楽しみ!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板