したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

雑談・映画の話2

1 のあーる氏 :2012/12/22(土) 02:26:54
映画好き集まれ〜〜。!
映画全般。こんな映画よかったとか、思い出話。
これから公開の映画の期待。いろんなこと語りましょう。

295 セラミー :2018/09/09(日) 15:25:38
えるさん ありがとうございます!

銀魂2のサブタイトルが抜けてました。 『銀魂2 掟は破るためにこそある』でした。

それとついでにちょっと補足しますと、
『オーシャンズ8』の8という数字は、シリーズ8作目という意味ではなく、人数のことです。
『オーシャンと十一人の仲間』という映画をリメイクして『オーシャンズ11』が作られて、12、13まで続きました。
オーシャンズ8は、リメイクしたシリーズの4作目、でいいのかな。
S・ブロックの凛々しい姿にほれぼれでした。

この夏、期待値が最大出力の『アントマン&ワスプ』に行ってきました!
インフィニティウォー欠席という今年最大の謎がはたして解き明かされるのかどうか、心待ちにしてました。
あの時あんた何してたの。
また、前にスーツだけ出てきたワスプが、どんな活躍を見せてくれるのかも楽しみでした。
と思ってたら、初っ端からお母さんこと初代ワスプがM・ファイファーで、そう言えばキャットウーマンでしたね!
同じキャットウーマンのA・ハサウェイで喜んでたばかりだよ! ミャーオ
ワスプ母娘もアントマン父娘も、なんてほほえましい、素晴らしい幕開けでした。
御大M・ダグラスにおかれましては、出番の回数がずいぶん増えてた気がして、恐れ入るというか畏れおののきました。
M・ペーニャは『オデッセイ』が印象に残ってて、その時に顔と名前を覚えた覚えが。
スコットをプログラムした巨アリにルイスがびっくりするとこくそわろたww
私はナメック星でドラゴンボールを奪い合うところが大好きで、ラボ(研究所)の獲り合いを見てたら、なんだかそれの感じが思い出されるようでした。
近くの席の親子連れが楽しんでそうな様子のキャッキャッて声が伝わってきて、つられてこっちもますます盛り上がってしまって、
そんなさなか、不意にインフィニティウォーの件が頭をよぎり、こんなにおもしろくていいのか、とか思ってたら、
やっぱりきたよ! もうなんか手前でそんな予感がした。
そりゃ「帰ってくる?」になるよね・・・ いや帰ってきてよ!

今年はあとは『ヴェノム』があるのか・・・!
ヴェノムの予告編は、子どもが泣くんじゃないかとハラハラした。

デッドプール2の感想でも一度書いたんですが、あらためて今一度、
アベンジャーズ、X-MENやデップー、ファンタスティック・フォー、
その他まだ見ぬ私の知らないMARVELのヒーローやヴィランたちが、
1作でも1人でも多く登場し、みんなでわいわい共演してくれたらいいなぁ、というのが私の希望です。
キャプテン・マーベルって何者よ!
シャザムはDC・・・あれ?w

296 セラミー :2018/09/30(日) 15:38:19
『万引き家族』の時の、あくまで映画の演技を通して受けた印象で、
いつそのままぽっくりいってしまうのかハラハラしたのが記憶に残っています。
樹木希林さんのご冥福をお祈り申し上げます。

『ザ・プレデター』の評判があまりよろしくないようで、観に行くのやめにしたw
プレデターのシリーズは、1作目かな?シュワちゃんのと、たぶん2作目を観たことあったくらいかな。
1作目の前半の方で「現実に目が覚めたからさ」みたいな台詞がカッコ良かったって記憶が。
うろ覚えなので、また観てみれば思い出すかもしれない。

土屋太鳳ちゃん芳根京子で『累 -かさね-』も、気になってたけど、
予告編を目にする度に関心が下がっていってしまって、これは観に行かなくてもいいかなーてなっちゃった。
内容どうこうより、あの設定だけでもう十分だみたいな。
顔が入れ替わると言えば、『フェイス/オフ』があったなそういや。

フフフ映画2つ分の予算が浮いたぜ・・・!

というわけで『コーヒーが冷めないうちに』に行ってきました。
わーい 有村架純だー 波瑠ちゃんだー
4回泣けます。という触れ込みで、恋人、夫婦、姉妹、親子の4編で構成されており、
このうち私は夫婦のパートでじんわりきました。 松重豊さんくそかっけえ。
他の3つのストーリーも、とくにつまんなくはなかったです。
女優勢にぼけーてみとれてたら、映画が終わっちゃった。

フフフあと1つ分の映画の予算どうしようかな・・・

297 しゃげキング :2018/10/06(土) 20:06:07
セラさんの無類の映画好きすごいな。。。笑

茶を逃すようで申し訳ないのですが、、
最近、浅野いにおという漫画家のヤバさに驚嘆してます。

今更かな??

最近、漫画『勇者たち』という短編の怪作を読んだのですが、人間の陰鬱さに衝撃を受けました。

それで、作者の有名な作品であるという『おやすみプンプン』読んでみました。

全然違うスタイルの怪作でした。

とにかく文学作品のように、陰鬱表現のうまい、、表現力豊かな作者と思いました。

そして、その陰鬱さが人間の本性と言いたいような?でもそこにはかならずカウンターパートもいるわけなので、作者はそこまで世界に落胆してるわけではないと思います。

298 セラミー :2018/10/07(日) 15:51:36
しゃげさん どうもです!
私のスレではないですからねw

昨日テレビでオールスター感謝祭を観てたら、有村架純や戸田恵梨香も出てたけど、
北川景子が4分間まばたきしなかったやつが全部持ってった。
見てるこっちが辛かったw

299 しゃげキング :2018/10/10(水) 21:11:20
いや、もはやセラさんのスレですよ!笑

感謝祭、たまに観ると季節を感じていいですよね!

ちなみに、私が最近観た映画は、プーさんです笑
妻と見ましたが、ストーリーはパディントンの方が好きでした!が、可愛さはパディントンを超えてました!笑

300 セラミー :2018/10/12(金) 20:02:23
ではここはセラミーのスレということで!←ドレスローザのディアマンテ

オールスター感謝祭は、年2回、春と秋のお楽しみです(^-^)

おお、プーさんとパディントンですか!
おもしろかったなら、良かったですね!
動物をCGで描くのは、体毛とかものすごく手間がかかりそうで、めちゃくちゃ大変そうなイメージがあり、
いつも毎回のように驚嘆します。

浅野いにおは、以前『ソラニン』を読んでみたくなって、まだ読んでなかったことを思い出しました。
それとデデデなんとかっていうのを雑誌で少し読んだことがあります。
ヤバさ、怪作、陰鬱と聞くと、興味をひかれますね・・・!
調べてみたら、『勇者たち』のコミックスが11月に発売予定になっていて、巻数の表記がないということは、1冊で完結なのかな。
それと作者さんの短編集も10月末に出るそうで、この機会に購入しようかとセラミー会議で検討してます。

301 セラミー :2018/10/21(日) 14:48:12
・・・あ、わかった! プーさんとパディントンの話はあれだ、
しゃげさんの奥さんが一番可愛いってオチなんだ・・・!
あー はいはい そうですか。

『音タコ』に行ってきました。
タイトル『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』長いw
ハイテンションでエキセントリックな阿部サダヲを想定してたら、
声の小さなヒロイン吉岡里帆のJOJOじゃなくて徐々に変わっていく様子や、懸命に歌う姿にも胸を打たれる思いでした。
劇中歌 体の芯からまだ燃えているんだ がお気に入りで、
『恋は雨上がりのように』の フロントメモリー と一緒にガンガン聴いてます。

302 セラミー :2018/11/11(日) 15:27:19
私をMARVELユニバースに引きずり込んだ張本人、
そのスパイダーマンの宿敵にして凶悪との呼び声高く、ファンの間でも高い人気を誇るという、
八ツ目無名異じゃなくて『ヴェノム』に行ってきました!
るろうに剣心じゃなくて『スパイダーマン3』に登場した、うろ覚えの黒いヤツに、
敵だと恐ろしいが味方だと頼もしい男T・ハーディで、
どんなデスマッチが繰り広げられるのか、こいつぁやべえが止まりませんでした。
シンビオートって何?みたいな。
ロキさんの印象もそうだったんですが、ただ憎ったらしい嫌なヤツっていうんじゃなくて、
愛嬌や茶目っ気のあるユニークなキャラクターがとてもおもしろかったです。
エディとヴェノムを「新一とミギー」ってネットで見かけましたが、
私はこの2人(1人と1匹?w)を見てたら、うしおととらみたいに感じました。 とらは「寄生」じゃないけど。
昨今の風潮で規制が厳しい影響なのかどうか知らないけど、残虐プレイがもの足りず、
今になって『ザ・プレデター』が再び気になってやんの。 R15+指定。 もう終わっちゃってるけど。
もっとこう寄生獣みたいにバクッといってほしかっt(自粛
ヴェノムの予告編は子どもが見たら泣くんじゃないかと心配になったけど、ザ・プレデターの予告も大概だったw
アクションやバトルの場面では、むやみに画面を揺らすようなことがなくて快適で見やすかったです。
オープニングのタイトルロゴにしても、今作はMCUには入ってなさそうなのですが、
はたして今後、このヴェノムと現スパイダーマン、トムハとトムホの対面、対決やいかに、当然のごとく期待してます。
しかもまた誰だか知らないキャラも出てきたぜ・・・ あの牢屋のヤツ。
タイトル出なかったけど、あのアニメが『スパイダーバース』かな。
『キャプテン・マーベル』は3月か・・・! B・ラーソンだ嬉しいなー
今年は、スパイダーマンのゲームも話題になってましたね! いいなー ちきしょー
ひそかにうらやましかったけど、私には映画があるからいいやw

それと『イコライザー2』が(前作も)私の行く映画館でやっておらず、(叔父貴に会いたかった)
そのかわりと言うのも何だけど『デス・ウィッシュ』。
久方ぶりのB・ウィリスで、王道アクションものかな、と思ってたら、ほんとにふつーでした。
これはもうB・ウィリスが銃ぶっぱなしてりゃそれでいいやみたいな。
一般の素人が自警活動とか、ヒーローの真似事をするとこうなるよ、っていう見本のような。
あらかじめ何の映画のリメイクなのか知っておれば、もうちょっと楽しめたやもしれぬ。
B・ウィリス来年1月『ミスター・ガラス』楽しみに待ってるよ!

303 セラミー :2018/12/02(日) 14:52:18
ヴェノムの感想を書いた後に、スタン・リーが亡くなったのを知りました。
私の認識では、名だたるMARVEL COMICSの祖であり礎、生みの親、って感じで、
映画のカメオ出演で楽しそうな姿を見かける度に、元気なおじいちゃんだなーて思ってました。
これからもアメコミの映画は、MARVELもDCも、作られる限り見続けていきたい所存です。
スタン・リーありがとう。 どうか安らかに。

『スマホを落としただけなのに』に行ってきました。
オールスター感謝祭の4分間まばたきチャレンジで伝説を作り、
大河ドラマ『西郷どん』の天璋院篤姫役が素晴らしい演技で、
今年私の中で大躍進を遂げた北川景子にわくわくしてたのと、
監督が『リング』の中田秀夫さんだったので、お化けとか霊的にこわいやつだったらどうしようとドキドキしてました。
人が殺されたりするのとかは平気なんですけどね・・・
メインの主題からは少しそれると思いますが、刑事と殺人犯が同じ経路をたどっていて、
じゃあ何がその2人をその2つに分けたのか、というのが、スマホを落としたことより気になりました。
すでに何かそういう作品があったような気がする。
みなさんも、落としものには気をつけてくださいね!

それと、去年気になってた『スリー・ビルボード』をBSのチャンネルで観ました。
それぞれの登場人物の心理や行動がなかなか読めず、中盤で突然おもしろくなり、とても見ごたえがありました。
静かな状況から、前ふりなしでいきなり唐突な展開とか、どことなくコーエン兄弟テイストを感じ、
F・マクドーマンドの主演女優オスカーつながりで『ファーゴ』とか久々に観たくなりました。

304 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/12/04(火) 19:36:17
今度「ボヘミアンラプソディー」を見に行きます。

305 セラミー :2018/12/08(土) 14:25:46
QUEENの映画は、なんでもF・マーキュリーの命日に「応援上映」というのをやっていたそうで、
知り合いがめちゃくちゃ行きたかったって言ってました。
私はQUEENの世代ではなくてよく知らないですが、映画の評判を聞いてるうちにだんだん気になってきてます。

あれ、スリービルボード気になってたの去年じゃないや今年だった。 アカデミー賞の頃。
W・ハレルソンはサノスではない! ましてやJ・ブローリンでも断じてない!

映画じゃないけどNHK朝ドラヒロインに戸田恵梨香おめでとー

306 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2018/12/14(金) 10:27:19
ワンピースの映画以外を映画館で見るのはたぶん15年ぶりぐらいかも。
ボヘミアンラプソディーよかったです。
セラちゃんみたいにうまく書けないけど、私としては、改めてクィーンの楽曲の良さを感じられてう〜〜〜んと感心させられました。
そしてやはり最後20分強!めっちゃかっこよかった!!そこだけでも充分価値がありました!!
リピートで見に行く人の気持ちがわかる気がします。

307 セラミー :2018/12/22(土) 16:37:23
えるさん 映画館行けて良かったですね!
15年ぶりというと2003年くらいすか・・・ もしかして『シカゴ』だったりして。
私も映画館で、空席状況の表示やスクリーンの開場口を見張ってたら、
ボヘミアンラプソディの回にお客さんがぞろぞろ入っていくのを目撃しました。
この調子で年明け以降もやっててくれれば、私も観に行く見通しが立てられそうなんだけどな。

ちなみに私はあれですよ、前にも言ったことあるかもしれませんが、
映画にしてもスポーツにしても、顔や名前を覚えた役者や選手を応援してるだけですよ!

「来る」お、何が? 「来る!」何が来るんだろう。 「来る!!」いやだから何が!?
と思ってたら、それが映画のタイトルでした。
『来る』に行ってきました。
『告白』『渇き。』の中島哲也監督に、
その『告白』で主演の松たか子と、『渇き。』で主演の小松菜奈が霊媒師の姉妹役、
それから岡田准一、妻夫木聡、黒木華ちゃん、青木崇高(西郷どんの久光、るろうに剣心の左之助)など、
たいへん豪華でそうそうたる出演者でした。
松たか子と、『恋は雨上がりのように』に続いて今年2度目の小松菜奈は、最初誰だかわかんなかった。
霊媒師というくらいなので、お化けとか霊的な内容なんだろうけど、恐怖よりも興味が上回りました。
ていうか予告編とか見てても、怖そうとか全然感じなかった。
「来る」なのに「来ない」だったらどうしようみたいな。
具体的に何が「来る」なのかについては、それらしいのが来るっちゃあ来るんですが、
思わせぶりに焦らす、もったいつけて引っ張る、同じことの繰り返しがしつこくて、
途中で飽きてどうでもよくなりました。
これはまじで「来ない」なんじゃないか、なんかもう来ても来なくてもどっちでもいいやみたいな。
ドバー! ブシャー!!っていうのを想定してたら、どばー ぶしゃー程度だった。
妻夫木と華ちゃんの一連の顛末が、おもしろがるような内容ではなかったけど、喜劇のようでした。
松たか子と柴田理恵さんが、圧倒的な凄みのある存在感でした。
やっぱりなんにも怖くなかった。 ほっ。

308 セラミー :2018/12/30(日) 15:37:12
今年観た映画のベストは、まず邦画から良かった順に、
万引き家族、恋は雨上がりのように、
祈りの幕が下りる時、銀魂2、来る、コーヒーが冷めないうちに、スマホを落としただけなのに、の7作品。
恋は雨上がりのように については、出演者が小松菜奈と大泉洋でなかったらおそらくノータッチだったかもしれないので、
本当に観に行けて良かったです。

次にアメコミ映画は、もはやベストではなく、今年公開されて観た順に、
ブラックパンサー、インフィニティウォー、デッドプール2、アントマン&ワスプ、ヴェノム、
これに、年明けに観たレゴバットマンを加えて、邦画の上2つと合わせてTOP8。
ニンジャバットマン観たかったな。

なお今年の台詞大賞は、レゴバットマンの「くたばれアイアンマン」、
ブラックパンサーでキルモンガーの「お前らの先祖は金を払ったのか」に決定いたしました。

そしてアメコミを除く洋画から、
M:Iフォールアウト、グレイテストショーマン、スリービルボード、リメンバー・ミーのTOP4。

TOP8とTOP4を合計して、ベスト12となりました。

2018年もありがとうございました。
2019年もよろしくお願いいたします。
みなさん 良いお年を!

309 セラミー :2019/01/20(日) 16:34:34
『アリー/スター誕生』に行ってきました。
レディー・ガガさんをどうしても見たかったわけではないけど、
イーストウッドの企画をB・クーパーが引き継いだ、と聞けば、観ないわけにはいきませんでした。
スター誕生自体は昔からの映画で、何度目かのリメイクなのだそうですね。
となれば、過去作と見比べたり、それこそ今だとボヘミアンラプソディと比較したりするのもありかと思いますが、
そういうのは私にはわかりませんでした。
ライブやコンサートの場面で音響にすごい迫力があって、曲が良かったです。
アカデミー賞は・・・うーん、ノミネートならありだと思う・・・けど、
これでオスカーまで獲っちゃったら、私の中では「もっと他になかったんかい」ってなりそう。
LGBTについてことさら声高にやかましく強調するのではなく、普通に自然にそこに「いる」感じのさりげなさ、
差別や偏見の説明とか押しつけがましい問題提起ではなく、なんでもないことのように、
あたりまえのように会話をして、仕事をして、生活している描かれ方が、とても尊く感じられました。
奇抜な格好ではないガガさんのシンプルな出で立ちが美しかったです。

それと『クリード 炎の宿敵』。
ロッキーのシリーズやスタローンとはそんなになじみがなく、前作も観てない(BSのチャンネルで録画しそこねた)けど、
とにもかくにもブラックパンサーでホレたマイケル・B・ジョーダンの勇姿を拝んでおこうと行ってきました。
キルモンガーと比べると、たしかにアドニスは幼い感じに見えて、その演じ分けがすごいと思いました。
スタローンは自分で脚本を書いちゃうのがすごいですね。
登場人物の相互関係や因縁などについてはわからないのは承知の上で、
どこまで楽しめたものか自分でもわかりかねるけど、十分熱かったです。

310 セラミー :2019/01/20(日) 17:22:30
それと『蜘蛛の巣を払う女』。
ミレニアム3部作の完全映画化は、ドラゴンタトゥーの女1作で頓挫してしまっていて、
D・フィンチャー、R・マーラ、D・クレイグでもなくなってしまったけど、
とにもかくにもこうしてリスベットとミカエルにスクリーンで会えるのを楽しみにしてました。
雪の降り積もった場所で、登場人物がだいたい黒系統の服装の中、1人だけ赤い衣装の映像のコントラストがとてもきれいでした。
ミレニアム3部作の原作者は亡くなっていて、もとより原作と同等以上のクオリティなんざ求めちゃおらず、
後付けとかそういうのはそんなに気になる気質ではないので、もし続きが作られるようであればまた観たいです。
ていうかD・フィンチャー何か映画作れ!
なお原題は SPIDERS WEB だけど、スパイダーマンは出てきませんでした。

年末年始にかけて、お正月映画たいしたことねーなーとか思ってたら、先週今週でどさっと始まりやがった。
ボヘミアンラプソディはまだ回数あるけど、バナナが終わっちまう。
2月3月もほぼ毎週のごとく何かしら興味あるのが始まって結構やばい。
公開作の目白押しに予算と感想が追いつかん。 私が行くまでやってろよ!

311 セラミー :2019/02/10(日) 17:52:25
『ミスター・ガラス』に行ってきました。
能書きばっか長くて内容が無い。 サビの無い歌を延々と流されてたような。
これぞこれこそシャマランと喜んでありがたがるのがシャマラニストか・・・ 私ゃそこまでにはなれそうもねーや。
『アンブレイカブル』『スプリット』からの今作で、満足感にえらい落差がありました。
何のカタルシスもありゃしない。
この感じは・・・そう! 去年のキングスマンゴールデンサークルとおんなじだ。
楽しみに待ってたこの気持ちをどこへ持ってけと。
『スプリット』から引き続き出演の女の子が良かったのと、
プロフェッサーマカヴォイの多重人格演技のおもしろさで持ちこたえられました。
『アンブレイカブル』で幼かった男の子が、時を経て成長した姿で出てたのには、大きくなったんだなぁと感慨深いものが。
あの女医さんみたいなのを狂言回しって言うのかな。
たとえどんなにアンブレイカボーな肉体であろうとも、水の中で息ができないのであれば、あの通りよ。
サミュエル・L・ジャクソンがしゃべらねぇー 台詞の無さに恐ろしくなった。
一番最初、奥から手前にマカヴォイがゆっくり歩いてくるところがこの映画のピークでした。 あとはぐだぐだ。
冷めたところでもう一度観てみれば、少しは内容に見所を見つけられるかもしれない。
おもしろいおもしろくないというのは、観た結果の話なのであって、観たからこそ感じることであり、
観ないことにはそれすらもわかんないし、こうしてこの度のシャマラン騒動の決着を見届ける運びとなりました。
続編がおもしろくなかったからといって、前作や1作目が台無しになったとは思わず、
続編にしろ新作にしろまたこの次があれば、懲りずにまた観るから、また何か作ってね。

それと『マスカレード・ホテル』。
信じる、疑う、対照的で正反対の2人が、お互いに主張をぶつけて反発し合いながら、
だんだん協力していくのがとてもおもしろかったです。
エンドロールで(友情出演)の人が、出てるのは番宣で聞いてたけど、本編のどこにいたのかまったくわからず、
そのためにもう一度観に行くとしても惜しくないほどのおもしろさでした。
おお、あれは『ひよっこ』『西郷どん』で顔と名前を知った泉澤くんではないか!
声で、あれは松たか子かなーてなんとなく思ってたら当たってたw
『HERO』のコンビのガチバトルには燃えました。 あら、この2人が、ってちょっと不思議な葛藤も。
原作は読んでなくて、あの文庫本の厚さだと、おそらく映画ではカットされた部分もあるんじゃないかと思って、
読みたくなりました。 今んとこ3作くらい出てるのかな。
ガリレオや新参者に続いて、東野作品に新たなヒーロー誕生との触れ込みなので、ぜひシリーズで続いてほしいです。

312 セラミー :2019/02/24(日) 13:48:32
『アクアマン』に行ってきました!
ジャスティスリーグ以来1年以上振りのDCだ! 公開日延びたんでしたっけ。
DCユニバースのロゴ映像はカッコ良いし、WARNER BROS.のマークは海に沈んでるし、
のっけから映画の世界に引きずり込まれました。
弟くんがロキさんやキルモンガーと比べてしょぼかった以外のすべてがおもしろかったです。
いきなりテレビぶっ壊すニコキ姐さんさすがやってくれるぜ・・・!
次の場面になってもモリが突き刺さったままになってて吹いたw
アクアマン少年時代のなんたる愛くるしさよ。
メラ王女の女優さんがきれいな人だなーて思ってたら、ニコキ姐さんと並んだ途端に小娘に見えてしまった。
花を食べるメラ王女の可愛らしさで、Wウーマンのガルガドアイスクリームを思い出しました。
グリーンゴブリン心臓に悪くないですかw W・デフォーいつ豹変するのかヒヤヒヤものでした。
舞台が砂漠に移った時は、いきなりインディジョーンズが始まったのかと思ったw
イタリアの市街戦で家を壊されたおばあさんが、全然動じてなくて笑ったw
あの街並みは、あんなに破壊してまさかロケじゃあるまいし、全部スタジオのセットだったらものすごすぎるし、
やっぱりある程度からはCGなんだろうなのかな、っていうのを後から感じさせるようなきれいな映像でした。
海の中の国や都市の映像は、体の浮遊感とか髪のゆらゆら揺れてる感じとか何の違和感もなく、
もちろん「きれい」「美しい」というのはあって、それよりも「すげえ」が一番の印象でした。
あのバケモノは味方になるって登場から1秒で読めた。
敵が1つじゃなかったのも良かったです。 ブラックマンタがんばれよ! ゆるキャラ戦闘スーツにまさかの萌え。
Wウーマンの時みたいに、エンディングの楽曲を聴いて映画の余韻にひたってます。
フラッシュとサイボーグはいつになるかなー
私の認識では、MOスティールやWウーマン、アクアマンはもともと先天的に生まれつき能力の資質を備えているタイプで、
後天的に能力を得たタイプのフラッシュやサイボーグはどんな映画になるのかが期待のポイントです。
バットマンやWウーマンも新作が待ち遠しい。
とかくMARVELに比べて劣勢と言われがちなDCですが、私はDCのこってりした重厚な感じが好きで、
内容や雰囲気は明るくても暗くてもどっちでもいい(画面は明るいほうがいい)ので、この調子でがんばってほしいです。

マスカレードホテルとアクアマンのあまりの大大大満足感で、
ファースト・マン、七つの会議、フォルトゥナの瞳、に行かなくてもよくなっちゃった。
以降に備えておこう。

313 セラミー :2019/03/17(日) 14:33:39
『グリーンブック』に行ってきました。
アカデミー賞作品賞、助演男優賞M・アリおめでとうございます! アリータ観たいよー
メリーに首ったけ、愛しのローズマリー、のファレリー監督がガチで作ったと聞き、
「そうは言ってもやっぱり笑わせに来てるんでしょ?」とか思ってたらガチでした。
我が思い出のガチMovieには、サイダーハウスルール、グッドウィルハンティング、小説家を見つけたら、などがあり、
いつ以来だろうってくらいずいぶん長い間ぶりにこういう映画を観た気がしました。
主演男優賞ノミネートのヴィゴさんは、本当にあの指輪のアラゴルン様なのかと見まごうばかり。
現実問題に対して作りが軽すぎる、娯楽にして良い内容ではない、と怒ってる人もいるようで、
オスカーともなればなおさらそれだけ反響も大きいのでしょうが、
例えばスーパーマンが戦いで街や建物を壊しすぎる(アクアマンもすごかった)とかいうのなんかも同じで、
言われれば言われるほど、だったらなおさら良くやったじゃんなどと私なんぞは思うのでした。
オスカーの効果が、その分野への入り口としての役割を果たすとしたら、たいへん結構なことなんじゃないかなぁと。

それと『運び屋』。
監督・主演イーストウッドきたー
麻薬取締局(DEA)捜査官コンビのB・クーパーとM・ペーニャがカッコ良かったです。
娘役の女優さんは、実の娘さんだそうで。
ド派手な爆破や銃撃戦、車の追いかけっこが繰り広げられるわけではなく、おじいさんが車を運転してる映画で、
「犯した罪をどう許すか」がイーストウッドの映画の1つのポイントだと聞いたことがあり、
私としては求めるものは十分な、実話に基づくという悲哀の物語でした。
ここんとこハドソン川とパリ行きの2作ほど、90分台、100分未満という時間の短さでパスしてたので、
久々に観に行けて良かったです。 長いの作ってくれ。
グリーンブックともども、今年のベストに選びたい1作。

スパイダーバースにキャプテンマーベルなにもこんなたて続けに始まらなくたっていいじゃないか!

314 セラミー :2019/03/31(日) 14:08:16
『キャプテン・マーベル』に行ってきました!
まさかキャプテンの他にキャプテンがいたなんて・・・
『キングコング:髑髏島の巨神』以来のB・ラーソンを楽しみに待ってました。
予告編の、エンドゲーム、ダークフェニックス、ファーフロムホーム、と、
オープニングの THANK YOU STAN で、これから本編が始まるって頃にはすっかり出来上がっちゃってました。
そんな状態で、ただでさえB・ラーソンに見とれて忙しいのに、
記憶を失ってる設定のストーリーが思いのほか読み取れず、気がついたら敵と味方が逆転してました。 あれ??
ブランドのタイトルを名付けられたキャラクターとは、その正体たるや如何ようなるものなのか、と思ってたら、
これはもうMOスティールじゃねーかみたいな。 目から光線出したりしないかな・・・
目と言えば、フューリーが両目だったので、片目の経緯が描かれるかどうかも楽しみでした。
フラーケンwww
GotGのヤツも出てたな・・・
GotGと言えば、2週間くらい前のニュースで、J・ガン監督復帰決定うおっしゃああああああああ
話を戻して、キャプテンマーベルがエンドゲームでもきっとあのドヤ顔を決めてくれると信じて、
4/26の公開に向けて精神統一しておとなしく待ってます。

スパイダーバースと時間が合わないんですけど! ぎゃー
バースって BIRTH じゃなくて VERSE なんですね。

315 セラミー :2019/04/28(日) 10:47:34
『シャザム!』に行ってきました!
そしてわけわからんのがこいつだ・・・
ジャスティスリーグに出てなかったし、俳優さん顔も名前も知らないし、正直そこそこ程度の期待でいたら、
これがもう突き抜けたレベルの一大娯楽超大作でめちゃくちゃおもしろかったです。
よくぞここまではっちゃけた! いいぞDCもっとやれー
男の子がただのくそガキじゃなかった。
やっぱりヴィランにストーリーがあると熱い。
重役連中の殺戮シーンは、もっとこうギッタギタに蹂躙してほしかったですね。 ズッタズタの八ツ裂k(自粛
かたや里子、かたや高層ビルから躊躇なくポイッと投げ落とす、2つの家族の描かれ方が印象的でした。
神様の名前の頭文字を並べて「SHAZAM」ってカッコ良いですね。 バチが当たらないといいけど。
変身するのが屋内の場合、その度に屋根を修理しなきゃならなくなっちゃうのはなかなかの制約と見た。
完全に単体だと思ってたら、まさかの「え、何戦隊?」で、出演者の顔と名前を覚えるのがたいへんだ!
いっそジャスティスリーグと戦ってほしいw でも M.O.S と友達のようだしなぁ。
「魚と話ができたからってそれが何になるんだよ」アクアマンあおられててくそわろたwww
吹替の回で、私の前の席には小学生くらいの4、5人が並んで座っており、
子どもにはわかんないかなぁと思ったシーンなんかもあって、ちょっと感想を尋ねてみたくとかなっちゃったり。
シャザムの声の菅田将暉以外のすべてが良かったです。
エンドゲームの鑑賞に支障をきたしかねないほどの満足感でした。
DCユニバースのロゴ映像が出なかったので、これはMARVELの『ヴェノム』みたいな感じなのかな。
だんだんと能力を使いこなせるようになっていくシャザムの成長や活躍を、ぜひ続編でやってほしいです。
「もともとシャザムはキャプテンマーベルだった」という謎の情報を聞き、ネットで調べるもいまいち要領を得ず、
映画のチラシの裏によると「大人の事情」とのことで、それ以上追求する気はなくなりました。

ゴォルデンウィィクめちゃくちゃ混むし、エンドゲーム行くの連休明けてからでも大丈夫かな。
とか言って後回しにしてるとまた見逃すぞ!

ファーフロムホームの予告編で、Dr.ストレンジのパチもんみたいなのが気になる!

316 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/01(水) 06:41:40
昨日娘夫婦が、「アベンジャーズ」のラストを見に行ってました。

317 セラミー :2019/05/01(水) 14:26:16
むおー まじすか!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』私もそのうち観に行きます。

ていうか娘さんご結婚されてたんですか!

318 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/04(土) 06:34:18
そうです。w

319 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/05/11(土) 06:26:13
昨日「賭ケグルイ」を見てきました。感想はまた次回。

320 セラミー :2019/05/11(土) 09:03:51
賭ケグルイ私も観たい!
娘さんおめでとうございます!

321 セラミー :2019/05/12(日) 00:06:17
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 に 行 っ て き ま し た ! !
ただただ楽しみで待ちきれなかったインフィニティウォーから1年、
今回は、それプラス終わってしまうさみしさとで、公開までのあいだ精神統一でもしなきゃやってられず、
公開が近づくと、観ちゃうのがもったいない、観たくねえとさえ考え出す始末で、
さらに公開1週前のシャザムの満足度にしてやられ、ほとぼりを冷ます必要が生じ(てかまだ冷めてない)、
いったんインターバルをとって、あらためて気持ちを練り直さねばならない羽目にもなり、
複雑な状態の心境で運命の日を迎えました。
映画を観に行くモチベーションがかつてないほど右往左往した(上がったり下がったりではなく)。

11年におよぶシリーズの集大成で、おそらく自分では気づけもしなかったネタもあろうかと思うけど、
レッドスカルのくだりがよくわかんなかったのがくやしい。 なんであそこで出てくんのみたいな。
それとローニン?の正体がホークアイ??なのも、原作の通りなのか違うのか気になる。
真田広之さんまじかっけええええええ デップーのヴィランで出てきてほしかった。
よってたかって集団リンチからの首チョンパきたー うむ実に素晴らしい。

キャプテンてスパイダーマンと比べてそんなに言うほど強い? て思ってたら、
最後の最後に羽目を外したくなったのか、ファンサービスなのか、
いやいやいやいやいやいやいやいやノシノシノシノシノシノシノシノシ
ハンマーちょっと待てwww
あれくらい不思議なシーンもあったりする方がおもしろかったり。

322 セラミー :2019/05/12(日) 00:12:11
続きです…
てっきり宇宙へ乗り込むもんだとばかり思ってたら、空間じゃなくて時間かい!
タイムループに関しては、本音では好きなほうではなく、正直少々抵抗感が生じたのは否めないけれど、
そんなのは好き嫌いでしかなく、
歴史を改変できたりできなかったり、他の時代や人に影響があったりなかったり、
いつもおんなじで決まった設定ではなく、
その作品やシリーズにおいて独自の概念であればあるほど楽しめるようになってきました。

過去作のネタや映像が出てきた時は、それを作ってる制作陣の気持ちを想像してたら泣けてきた。
GotGを観てないとわからない箇所が複数見受けられ、シリーズのファンとして嬉しかった。
ロケットの台詞も意外と多くて、だいたい悪態だったw
美容院がどうとか、キャプテンマーベルに下手な口きくとお前消されるぞ!
GotGは、ぜひ続編でロケットの体の秘密を解き明かしてほしいなー
あまりアベンジャーズと馴れ合おうとしない、キャプテンマーベルの気高さのようなものがカッコ良かったです。
もっとこうみんなとキャッキャウフフすると思ってた。 よろしくーみたいな。

今回の結末で、キャラの何人かは、もう登場させられない、続編を作れないけれど、
死ぬ以外の退場のしかたが見事なまでの素晴らしさでした。
死ぬのがダメって意味ではないし、じゃあやっぱり死なせればいいのかって話でもない。
スパイダーマンのスーツが壊れても、バナー博士がいるし、ワカンダもあるし、アントマン陣営もいるし、
その点は大丈夫なのかな。

生き残ったキャラで続編や新シリーズが作られるなら、1作残らず追っかけていきたい所存です。
GotGの続編で、二刀流で無双するソーの姿が、かなり具体的に鮮明に思い浮かびます。
万が一にもガモーラやヘラ姐さんが復活するようなことがあれば泣く。
ブラック・ウィドウの単体作も絶対観たい。
退場したキャラでも、例えばエピソード0とか、過去にさかのぼったりして、ストーリーを作れないこともないのか。
ストーリーだけならまだしも、映画って出演者の契約もあるしなぁ。

323 セラミー :2019/05/12(日) 00:16:44
続きです…
はっきりとMCUを意識して最初に観たのが2016年のシビルウォーで、
どうしても後追いの負い目というか引け目のようなものは最後まで結局なくならず、
そんなのはもういくら悔やんでも悔やみきれないけど、
シリーズをさかのぼってキャラクターやストーリーを知っていくのも楽しかったし、
シリーズ1作目のアイアンマンを観なかった当時の自分には、せいぜい豆腐のカドにでも頭ぶつけとけとでも。

上映時間の長さから、ペットボトルを念のため3本忍ばせたかばんが重かった。
あ、トイレは大丈夫でした。 我がことながら、よく体が持ってくれた。

2008年から11年間おつかれさまでした。
その11年を追っかけて、ぎゅっと凝縮したようなこの3年間は、まさに「MCUの乱」と言える革命の激動の年月であり、
セラミーの映画年表に今の時点で一生残りそうな燦然と輝く爪あとをきざみ、末永く語り継がれることでしょう。
本当にありがとうございました。

っしゃー、次は、ゴジラまでの間に、キングダムと賭ケグルイを観るぞ!
私が行くまでやってろよ!

貞子の映画も観ようと思ってたけど、時間の短さでストンと興味がなくなった。
2時間やれ2時間。 せめて100分はやってほしい。

ぬおおタランティーノきたー チラシがあった! 8月公開予定。
B・ピットとディカプリオ共演。
ついに・・・ついに、私の行く映画館でタランティーノが公開される・・・のか?

324 セラミー :2019/05/15(水) 07:02:43
エンドゲームでキャプテンのムジョルニアの件について、
最後の最後に羽目を外したくなったのかだのファンサービスなのかだの書きましたが、
その後ネットの解説や考察を読むなどして、だんだんおのれの認識不足を認識してきました。
エイジオブウルトロンのシーンはもちろんわかります。

ファーフロムホームの公開日が、いつの間にか6/28になってた!
8月公開かと思ってた。
ダークフェニックスの1週後じゃん!
スパイダーバースとキャプテンマーベル、シャザムとエンドゲーム、ダークフェニックスとファーフロムホーム、
おのれの都合でものを言いますが、だから立て続けにやるなっつーのww

325 セラミー :2019/05/26(日) 17:39:38
『キングダム』に行ってきました。
実写で映画化の情報を聞いた時は「ふーん」て感じで、
監督が、ガンツ、図書館戦争、いぬやしき、などの佐藤信介さんと知った時は、
「この人で駄目なら他に誰がやっても駄目だろなー」とか思って、
プロモーションや予告編では「これはいけるんじゃないか、思ってたほど悪くなさそう」て印象になり、
映画の感想は、一言で言うと、「るろうに剣心だけが特別おかしいわけじゃなかったのがわかって良かった」です。
おもに、自分の頭の中の、漫画によるイメージや違和感などについてのことです。
銀魂の映画の時は、漫画は読んでなくて、元となるイメージや先入観もなく、そういうことは感じませんでした。
自分がキングダムにハマるきっかけになったところのストーリーで、
やっぱりこの頃のキングダムはおもしろかったなぁと思いました。
次やるならぜひ王騎をたくさん出してほしい。

それと『賭ケグルイ』。
原作の漫画は読んでなくて、アニメやドラマも観ておらず、お目当ては浜辺美波ちゃんのみでした。
敗ければ退場、退場したらそれっきり、って漫画ばっかり読んで育ってきたので、
敗けて退場してそれっきり、ではない、敗けても退場しない、のが、めちゃくちゃおもしろかったです。
ワンピでもルフィと戦ったバギーやクロコが出てくるとめちゃくちゃ燃えるし。
敗けた後にそのキャラの見せ場があったり、敵vs敵とか、主人公の関知しない場面にも、とても見応えがありました。
群像劇大好き。
主人公なんかいらんw 蛇喰夢子のことではなく、主役の「ポジション」のことです。
これはもう福原遥ちゃんが主役でいいんじゃないかな!
ヴィレッジの黒い服の男の人が、名前知らないけどカッコ良かった。
勝負の進行役の中村ゆりかちゃんも、それっぽい雰囲気がでてるように見えて印象的でした。
仮面のキャラが気になった。
次もあればぜひ観たいです。
映画化に合わせて出た廉価版コミックスをコンビニで見つけた。 ほしい。

326 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/06/07(金) 08:28:10
そうそう、福原遥ちゃんがすごくよかったんですよお。あの男の人は、BOOMの、宮沢和史さんの息子で、モデルさんですねえ。
私も気になったので、帰ってから調べました。

個人的には、スイーツの下りがお見事って感じで、すがすがしい気分で帰れました。! よかったです。!!!

327 セラミー :2019/06/09(日) 18:00:23
あー なんと、親子なんですか! 言われてみれば、似てますねー
福原遥ちゃんの豹変ぶりは、あの演技で燃え尽きやしないかってくらいすごかった印象です。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に行ってきました。
ギドラ、モスラはわかるけど、ラドン?は何も知らなくて、どんな怪獣なのか楽しみでした。
人間の行動が「んなわけあるか」なのは、怪獣映画やパニックもの、スリラー、ホラーなど、
その手のジャンルの醍醐味ですね!
主要な登場人物も犠牲になったりして、余計におもしろかったです。
もっと明るいところで戦ってくれてたら言うことなしだったけど、許してやるか。
今知ってる情報では、次は来年コングと対決するそう。 舞台はあの髑髏島だろうか・・・!

328 セラミー :2019/06/30(日) 17:08:29
『X-MEN:ダーク・フェニックス』に行ってきました!
力の暴走や制御、コントロールは、キャプテンマーベルでもやっていて、こちらはX-MENらしくシリアスでした。
ジーン1人に、それ以外のみんなが振り回され、ジーン自体も自分の能力や運命に振り回され、
もちろん実際のところは知らんけど、Disneyが20世紀FOXを買収したゴタゴタで、
映画そのものも振り回されてたりしてたのかしら、って印象でした。

ミスティークとビーストの青コンビやマグニから再三なじられ、そしられるプロフェッサーに、
彼もまた完璧ではなかったんだなぁ、苦悩していたんだなぁと感じ取れるようでした。
マグニートーの能力バトルがたくさんあったのが満足で、
向かい合う相手に背後から銃を突きつけて、下手すりゃお前にも弾が当たるだろとハラハラした。
あ、でもマグネットプレイなら弾は避けられるか。
謎のヴィランのJ・チャステインに期待してたら、ミュータントじゃなくてそっちの方でしたか。
シャザム!もそうだったんですが、良い方向にしろ辛い方向にしろ家族の話がクサくなくてとても良かったです。
逆にMIBなんかもそうなんですが、「MEN」について「男?」とか「いっそWOMENにしたら?」っていうのが、
やたらあからさまにほんと見境がない感じがしてその点がうんざりでした。

長年にわたるシリーズの最後を飾る総決算、集大成、完結編、としては全然もの足りず、
「これで終わり?」な映画なんていくらでもあるし、映画なんてそんなもんだと思っており、それは全然それで良くて、
映画会社の買収という点ではA・スパイダーマンが2作で終わっちゃったのと同じようなもんかな、って認識。
私としてはここまでで一区切り、これから仕切り直し、くらいにしか思ってなくて、
このキャストは最後でも、きっとX-MENの映画は終わらないはずだと信じており、
フェーズ4に突入するというMCUにどのようにして登場、合流してくれるのか行方を見守ってます。

X-MENの最初の頃は、共存と対立とに別れてて、完成された役割を演じてたように見えていて、
キャストが若返ってからは、状況や目的によって手を組んだり敵対したり、
それぞれの主張や信念が衝突してぶつかり合って傷ついたりする姿が、
ありきたりで安っぽくて薄っぺらなやつなんかよりもよっぽどヒューマンドラマでした。
みんな大好きでした。 今まで本当にありがとう!

ほんとはファブルも観たいけど、ファーフロムホームのために後回しだ!

329 セラミー :2019/07/14(日) 00:47:17
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に行ってきました!!
あのDr.ストレンジのパチもんみたいなやつはいったい何なんだとか思ってたら、
俳優さんがJ・ギレンホールと知り、がぜん楽しみでした。
序盤は、高校生の夏休みの学校旅行の雰囲気が伝わってくるようで、こっちまでうきうきしました。
エレメンタルズが地味に見えたのと、予告編などで見知ってた映像の場面が早い段階でだいたい出尽くして、
こいつぁきっとここからどえらい展開が待ち受けているに違えねえとか思ってたら、見事にやられました。
あっちもこっちも馬鹿試合じゃなくて化かし合いだったぜ・・・! 劇団ミステリオw
ミステリオがどんなキャラか知らなくて、観てるこっちまですっかり翻弄されて疲れたw
今のスパイダーマンは、前作ホームカミングも然り、サブタイトルの響きが優しくて良い感じですね。
親友やメイおばさんやハッピーファブロー監督もユニークで、殺伐としない雰囲気がとても心地好かったです。
IWやEGを経て、トムホくんにもせっかく馴染んできたし、やっぱりこれから1作でも多く続いてくれることを願います。
いつの日かヴェノムと共演するのを夢見て待つ。 映画化の権利? 知るかそんなの。
それにしても次が心配で気がかりだw 編集長ォー!

ジョーカーの予告編を初めて目の当たりにし、まず衝撃が大きくて、どんな映像だったか覚えてない!
10月公開だったかな。

それと『ザ・ファブル』。
殺し屋の休業という設定に、るろうに剣心の不殺と近い死臭を感じました。
木村文乃と山本美月の女優さん2人がきれいでした。
柳楽優弥も立派な俳優さんになったなぁ。
佐藤二朗さんの出落ち感ww
エンドロールが Born This Way でノリノリでした。

もう1コ殺し屋もので『Diner』もやってるけど、こっちはどうしようかな。
ていうかこの先しばらく、いつものペースで感想を書けそうな映画が無い。

330 セラミー :2019/08/18(日) 00:24:52
『Diner』の評判がたいしたことなくて、原作の小説を文庫本で読んじまいました。 平山夢明さん。
ヤングジャンプからWEB連載に移行した漫画版や、同じくWEB連載中という続編がどうなるか楽しみ。
映画じゃないけど本屋さんでT・ハリスの新刊出てるの見つけたうぎゃああああああ
最初に本のオビに目が行って、羊たちの沈黙とかハンニバルがどうのって書いてあって、
あーまたそういう系のやつねとか思ってたら作者の名前がその本人でぎゃああああああ
完全な新作で、レクターの続きではないけど、思わずお店で変な声出ちゃったあぎゃー

未消化だった『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』や『億男』、
韓国版の『オールド・ボーイ』を観ました。
フフフ消化してやったぜ・・・
あと未消化で一番気になってんのはスパイダーバースだな。

『ONE PIECE STAMPEDE』に行ってきました!
あれ万博要素あった?
「それ」の中身が出てきた時、オチが一瞬で読めました! ルフィならそうするに決まってるよねーみたいな。
フフフなめてもらっちゃ困るぜ・・・
ラフテルって LAUGH TALE なんですね。 笑う物語・・・笑い話?
スモーカーやルッチを足止めするサンジがめちゃくちゃカッコ良かった!
サンジの足技が、スモーカーのモクモクに効いた時はしびれました。 「覇気か・・・!」
ルッチ出番少なすぎるだろ! 台詞あったか?
バギーのリアクションおもしろすぎるwww 目玉飛び出しすぎwww
声優さんには疎いけど、千葉繁さんの声は小さい頃から知っていて大好きです。
サニー号のフライングモデルやなつかしの海列車が見てて楽しかった。
悪魔の実の覚醒について少し言及がありましたが、それでもインペルダウンの獄卒獣はやっぱりさっぱりわからん。
フォクシーのノロノロビームは覚醒なのか?
カイドウと戦う時も、今回の巨大バレットのようなバトルになるのかな?
入場者プレゼントも無事に手に入り、良かった良かった。 「万博」だから壱萬八拾九巻か・・・

331 セラミー :2019/08/18(日) 00:31:31
それと『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。
ビアンカとフローラが有村架純と波瑠ちゃんという最強クラスの布陣にうきうきでした。
逆の配役でも良かったな・・・!
ビアンカの顔に最初だけ違和感がありましたが、鳥山明の絵のままだとみんな同じ顔になっちゃうしな・・・
有名人の声優起用については、個人的にはそんなに気になるほどの抵抗とか拒絶感とかこだわりはなく、
今作にはいないけど、菅田将暉さえ出ないでいてくれれば良いです。
寝起きの雑音みたいな声でフゴフゴ鼻くそほじってんのかおまえはみたいな。
話ずれるけど、その菅田将暉が声をやったシャザム!が今のところ今年のベスト Movie No.1。
話を戻して、映像は、想像以上に完成度の高さを感じてびっくりするほどきれいでした。
とくに背景。
ディズニーやイルミネーションに比べてしまえばそりゃ見劣りくらいするでしょ、とか思っててごめんなさい。
それをふまえてもメラゾーマ、ベギラゴン、バギクロスがしょぼかったのは残念で、
ボン、シュー、シャカシャカ って、いくらなんでもあれじゃ全然せいぜい普通にメラミベギラマバギマだよ。
あの部分だけは、私が監督になってやり直しさせてやりたくなりました。
ジョジョ第4部実写のスタンドを見習え!と指示を出したくなってしまった。
ジョジョの実写映画続きやってくれ・・・
やっぱりザラキは良いですね!
もうちょっと呪文を使えるようになっていく、レベルアップの過程を見たかった。
あと、せっかくのメインテーマ曲が火力不足な感じがして、もっとこうド派手にバーンと流してほしかったかな。
映画の内容はドラクエ5ですが、劇中の音楽は5の曲に限られておらず、
ドラクエの音楽で覚えてる曲が流れると、やっぱりわくわくしました。

332 セラミー :2019/08/18(日) 00:34:31
続きです…
そして何より、驚きの展開というかどんでん返しというか、賛否両論というか叩かれまくってるシーンがあり、
それについて事前の時点で情報とか評判とかネタバレとか何一つ知らずに観に行けて本当に良かったです。
私は「へー こういうやり方にしたんだ」って感じで、そんなに悪くは思わなかったです。
楽しい(?)仕掛けというか、べつにひどい手段とまでは言わんけど、あれ反則じゃね?
テレビの生放送じゃあるまいし、え、放送事故?
意表をつかれてびっくりしたなー的な。 どっちかというとむしろおもしろかった。
他でもないスクエニがこれを通してるわけだし、制作陣は絶対わかっててやってるはずだと思う。
ほんとよくやったなぁ。
映画観た人「なんだなんだ!?」←観てない人「なんだなんだ!?」
『シュガー・ラッシュ』あるいは『レディ・プレイヤー1』か。
去年、カメラを止めるなが話題になり、情報は知らないほど良い、何を言ってもネタバレになる、みたいなことを聞き、
今年の3月頃だったか地上波の金曜ロードショーで見ても言うほどそれがピンと来なくて、
まさに今作のドラクエにこそそれが当てはまる印象でした。
もともとがゲームのRPGであること、そしてサブタイトルの YOUR STORY に、妙に納得がいくのでした。
これはあれだ、新手の「第4の壁」破りか・・・!←違うと思う
私は架空の世界の物語や登場人物をさほど絶対視しておらず、
大人になれと言われてキレるほど本気でも真剣でもガチでもなく、
そりゃあれで怒るのもわからなくもない、無理もないのかなと他人事のように思いながら、
自分がこの映画を感情で叩く側の人間ではなくてほっとしてます。
というわけで今年のベストに選んじゃおっかどうしよっかなー

同じ山崎貴監督で、12月のルパン三世のシリーズ初CGアニメもどうなることやら観に行きたくなりました。

333 セラミー :2019/09/08(日) 00:33:23
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に行ってきました。
映画館で初タランティーノに体が打ち震えんばかりでした。
同監督の別作品でそれぞれ主要な役を務めたことのある、B・ピットとディカプリオの初共演で、
ジャンゴのように張りきり過ぎなんじゃないかと心配になるくらいのハイテンションを想定してたら、
タランティーノにしてはびっくりするほどのおとなしさで、あっけにとられて拍子抜けしちゃいました。
これはまさかのジャッキーブラウンか。 いやジャッキーブラウンおもしろかったけど。
その筋書きその台詞を考えたタランティーノのドヤ顔が始終これでもかとチラつくような、
いつものうっとうしいトーンは抑え気味で、静かーな雰囲気に肩透かし、呆然。
ハリウッドで実際にあったという女優の殺人事件となれば、題材が題材なだけに、
はたしてふざける茶化すすっとぼけるわけにもいかなかったのかどうかいざ知らず、
そりゃ期待はしてたけど、いつものように作ってなかったことについては否も応も是非もなく、
世間での評価が何にしても、私の中では「あーこういう映画も作ったんだなー」くらいで落ち着きそう。
その当時の時代背景とか事件についてそれなりに知っていれば、内容の理解や印象もまた変わってたと思うし。
やっぱりこれは、犠牲者のシャロン・テートに捧ぐ的な、あの事件がこうだったら良かったのにな、みたいな、
レオ様とブラピの二大スターを配したタランティーノなりのストーリーだったのかなと、
観終わって振り返って思うのでした。
B・ピットもディカプリオも、たとえ見た目はおっさん化しようとも、やっぱり華があってさすがだと思いました。
M・ロビーはハーレイ・クインの女優さんだ! ニカッとした笑顔がかわいらしい。
SUICIDE SQUADの続編?新作?は来年かな?
火炎放射器が最高でした。 ゴバー やったねタラちゃんやる時ゃやってくれる。
犬はDinerでもやったw ワンちゃんかわいー 美味しそうなエサ。
タラちゃん引退説については、初めてではないし、
「次いつ撮るの」とかいちいち聞かれないようにするための防衛策ではないか、って認識で、
こっちもとくに真に受けてはおらず、次作も楽しみに待ってます。

334 セラミー :2019/09/15(日) 22:06:53
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを略すとしたら、
ワンアポ、ワンタイ、ワンハリ・・・

イングロリアスバスターズでのユダヤ人、ジャンゴでの黒人奴隷、ヘイトフルエイトは・・・忘れた。
そして今回ワンハリのシャロン・テートについて、ネットで見かけた感想記事で、
「フィクションでしかできない救済」みたいな意見を読んで、なるほどなーて思いました。
まるで、悲惨な史実なんざくそくらえ、知ったことか、みたいなタラちゃんかっけー
世間の評価が何であれとか思ってたけど、何の権限もないけど、アカデミー賞に推したくなってきた。
作品、監督、脚本(脚色?どっちだろ)でタラちゃん、主演男優レオ様、助演男優ブラピ、助演女優M・ロビー、
で、はい6部門決定ー

あとA・パチーノともあろう人がなんであんな序盤のちょっとしか出てこなくていまいち腑に落ちず、
どうせなら最後の方にちょろっと出てきてついでに殺されたりすればおもしろかったのになーなんて思ってたら、
あの役は実在の映画プロデューサーの人だったそうで。 なーんだ。
レオ様とブラピと、架空の人の役のほうが映画の中で少なそう。

335 セラミー :2019/09/29(日) 00:19:31
『記憶にございません!』に行ってきました。
三谷幸喜さん脚本と監督で、あのキャストなら、お客さんそれなりに入るのでしょうが、
中身はなんにもおもしろくなくて駄目でした。
ギャラクシー街道の汚名を払拭できるようなインパクトを残すほどの気概や攻めの姿勢を見せてほしかったけど、
話運びがとってつけてあつらえたような当たり障りのない無難なものに感じられ、すごく守りに回ってた印象。
この話はこれからどうなっていくんだろうというわくわく感がまったく刺激されない。
石をぶつけられて失った記憶が戻るのか戻らないのか、どうなろうがどうでもいい。
笑いを取りに来てるのはわかるんだけど、狙ってる感の先走ってる感で、やることなすことスベって見えて、
あんなふうにいくわけないじゃん、それは駄目でしょ、ってところばっかり気になって、しらけちゃった。
これだけのキャストを集めましたっていう豪華でにぎやかな空気は感じこそすれ、
中井貴一総理の秘書官役で脇を固めるディーンフジオカと小池栄子、夫人役の石田ゆり子には、
映画に出演する役者としての魅力を感じない。 なんぼ人気あって売れてる人だろうけど。
「メンタル的に無理」とかこっちの台詞かも。
親子の話がクサい。 しらじらしい。 おざなりで見ごたえがない。 上っ面を上スベり。
・・・ちょっと待てなんじゃこりゃ良かったところが何も無いじゃないか!
あ、吉田羊さんがエロに走ったとこは「ほー」てなったけど、やっぱりそれも「なわけないじゃん」だった。
不倫をパロディにするのはいいかげん不快の域。 いつまでやってんのかな。
満を持しての木村佳乃投入でいよいよコント化不可避。
政界のシビアな世界を舞台にして、あんなゆるいコントごっこを映画として見せられてもなぁ。
濱田龍臣くん龍馬伝のよしみでがんばれー
三谷さん映画って以前はもっとキレがあったと思ってたけどなー
その話その設定その台詞を構築した三谷さんのドヤ顔は、いくら待てども湧いてきませんでした。
これはまるでギャラクシー街道でコケたリハビリだったのか?

336 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/10/02(水) 23:21:27
見えない目撃者を見てきました。個人的にはとても楽しめました。

337 セラミー :2019/10/13(日) 00:14:40
吉岡里帆いいなー

338 セラミー :2019/10/13(日) 00:25:42
『ジョーカー』に行ってきました!!
どシリアスきたきたきたァァァ
楽しくておもしろい映画ではないですが、年に1、2回くらいはこういう重たいのを観たい。
今年やったDCでシャザム!が快作なら、こちらはさしずめ怪作か。
痛快に対して、そんな言葉無いけど痛怪。 超痛怪作。
批評できるほど私は映画のことを知ってはいないけど、今年のベストは、もう上半期シャザム!下半期ジョーカーでいいです。
予告編では、なぜか映像を覚えられないという謎の現象に見舞われましたが、
本編では、バットマンのブッ飛んだスーパーヴィランではなく、
どこまでも人間臭さ全開でのたうちまわり運命に翻弄され狂気にまみれていくジョーカーの姿が、
えぐり揺さぶり焼きつかんばかりに迫りくるようでした。
本作の内容で気分が悪くなったり不快で嫌な気持ちになったとしたら、それは至って健全な感覚なんじゃないかと思います。
これ仮にジョーカーじゃなくて普通の一般人でやっても誰も観ないんじゃないかみたいな。
我らがホアキンには何の不安も不満もなく、この難役を見事に演じ切ってくれたと思いました。
ワンハリのレオ様と主演男優オスカーで賞レースしてほしい。
ウェイン家との絡みがあったのがちょっと嬉しかったかな。 誕生前のバットマン。
あの執事の人はアルフレッドなのだそうですね。
あの女優さんデップー2のドミノの人なんですか! 観てる間は何にも気づかなかったなぁ。
最後のラストのせいで、どこからどこまでが現実なのかアーサーの妄想だったのかわかんなくなっちゃったよ!
アーサー「理解できないさ」
主人公はあんなに笑ってんのに、笑えるところがなんにも無い。
不穏、物騒、狂気、我が求めてやまない3大要素がどれも高い水準で全部入っており、
嘘くさくて気休めにもならない綺麗事や救済の手立てが何の機能も果たさないのを見せつけられて、
シャザム!がはっちゃけてたのと同じくらい、今作のえげつなさに「よくぞここまで」ってぞくぞくしました。
これ! これ! コレェェェ
ちょっと満足しきっちゃった感。 どうしよう。
今回のホアキンジョーカーが今後シリーズ化するのかどうか、イメージしづらい。
権利関係のことはよくわかんないけどちょっと前にスパイダーマンが揉めて、または去年のヴェノムにしても、
どうしても無理にユニバースにできなくても、ストーリーのつながらない単発・単体作になったとしても、
今後もアメコミ映画を追っかけていきたいです。

339 セラミー :2019/11/04(月) 12:34:44
『楽園』に行ってきました。
ジョーカーの時ほどぞくぞくしなかったけど、今作もシリアスパラダイスでした。
『悪人』『怒り』などの吉田修一さん原作で、
今回は『犯罪小説集』という本の内の短編2つを前後にくっつけて1本の映画にした感じでした。
私は、主人公1人が主軸の中心にいてそれ以外をブン回すタイプのやつよりかは、
主役にも脇役にも一人ひとりに軸があってそれぞれが回転してるような、簡単に言うと群像劇が好きで、
今作では綾野剛、杉咲花ちゃん、佐藤浩市さんの三者三様の生き様が描かれてました。
「救いが無い」とか「想像に任す」っていうのは、れっきとした表現方法だと私は思っており、
そのことでこの映画もしくはそういう映画を悪く言う気は無いのでした。

なおジョーカーは私の認識では、主軸にいる主人公が、それ以外からブン回されまくるって感じです。

それとフフフ『ジョーカー』2回目観てきたぜ・・・!
あーでもなんかうーん余計にメンタル削られただけだったような気がするぜ・・・
これは最初っから全部がジョークなのか?
わからないように作ってあるのか、正解は無いのか、想像に任せてもらって自由な解釈で大丈夫なのかどうか、
それがまだ把握できてない。
面談のおばさんの髪型がはじめと終わりで変わってるのは、同じ人なのか別人なのか。
顔見知りの人がアフロになってたら笑う・・・か?

渋谷のハロウィンにジョーカーの仮装でバカ騒ぎしてたのは、ジョーカーが最も嫌悪しそうな人たちだった、
って皮肉が何ともww
それこそあいつらジョーカーに撃ち殺されんじゃねーのみたいな。

八千草薫さんが亡くなったのを知りました。
若い頃のことは存じておらぬ若輩者ですが、おもに祖母の役などで、
お高くとまってるようないやみな感じのない、おっとりほんわかとした上品な佇まいが印象に残ってます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

お! キングスマンまたやんのか! 2月くらいだったかな。
誕生秘話とかエピソード0みたいなやつかな。
たのむぞM・ヴォーン!

340 セラミー :2019/11/24(日) 00:09:29
『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』に行ってきました。
ホラーじゃないですよ!
収容されている患者さんの個々の様子とか、病棟内の日常風景のほうが、
事件の起こる本筋よりも印象的でした。
ストーリーがどうしても閉鎖病棟じゃなくてもできそうな内容に思えたことと、
誰かを悪いやつにしてやっつけちゃう話を美談にされても共感できかねるものがあり、
また、詰めが雑で強引なものに思えてしまって、すごく良かったってほどまでではなかったです。
こういう系統では、『17歳のカルテ』が我が思い出のMovieです。

それと『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。
ホラー要素に関しては、ずーっとおんなじことの繰り返しばっかりに見えて飽きました。
なんにも怖くねーでやんの。
冒頭の暴行シーンが痛そうだったのと、
J・チャステインの台詞や出番がたくさんあって嬉しかったことしか覚えてない。

ターミネーター、アナ雪、スターウォーズ・・・
おかしい。 自分でも「あれ?」って不思議なくらい、気が乗らない。
この秋から年末にかけての、大作・有名作のシリーズや続編に、興味を引かれなくて、どうしちゃったんでしょう。
いつもならわくわくうきうきそわそわ感が湧いてきそうなものなのに、そんな時もあらーなってか。
ジョーカーで感覚が麻痺を起こしたかもしれん。

私の行く映画館では、観た映画の長さに応じて「マイル」が貯められるようになっており、
今年は、11月に入る前の10月いっぱいの時点で、前の年の1年分のマイルを上回ってしまった。
今年ってそんなに観たっけか。
エンドゲームとかワンハリとか長かったしなぁ。

これであと年内の公開予定で気になるのは、
ドクタースリープ、ルパン、カツベン、屍人荘、男はつらいよ、
・・・なんだまだけっこうあるな!

341 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/11/25(月) 06:42:09
屍人荘は、見ます!!!!!

342 セラミー :2019/11/25(月) 19:19:28
楽しみですね!
原作もう読んじったもんねー
Perfumeの 再生 って曲が映画の主題歌で、最近しょっちゅう聴いてます。
再生 再生 再生成♪

343 lznustrfb ◆SBNMAb4F0U :2019/11/27(水) 06:43:36
PVの、MOVIEバージョンを見ても映画が楽しみ!

344 セラミー :2019/11/27(水) 22:35:22
>>343
むおー 映画の映像だ!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板