したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

雑談・映画の話2

339 セラミー :2019/11/04(月) 12:34:44
『楽園』に行ってきました。
ジョーカーの時ほどぞくぞくしなかったけど、今作もシリアスパラダイスでした。
『悪人』『怒り』などの吉田修一さん原作で、
今回は『犯罪小説集』という本の内の短編2つを前後にくっつけて1本の映画にした感じでした。
私は、主人公1人が主軸の中心にいてそれ以外をブン回すタイプのやつよりかは、
主役にも脇役にも一人ひとりに軸があってそれぞれが回転してるような、簡単に言うと群像劇が好きで、
今作では綾野剛、杉咲花ちゃん、佐藤浩市さんの三者三様の生き様が描かれてました。
「救いが無い」とか「想像に任す」っていうのは、れっきとした表現方法だと私は思っており、
そのことでこの映画もしくはそういう映画を悪く言う気は無いのでした。

なおジョーカーは私の認識では、主軸にいる主人公が、それ以外からブン回されまくるって感じです。

それとフフフ『ジョーカー』2回目観てきたぜ・・・!
あーでもなんかうーん余計にメンタル削られただけだったような気がするぜ・・・
これは最初っから全部がジョークなのか?
わからないように作ってあるのか、正解は無いのか、想像に任せてもらって自由な解釈で大丈夫なのかどうか、
それがまだ把握できてない。
面談のおばさんの髪型がはじめと終わりで変わってるのは、同じ人なのか別人なのか。
顔見知りの人がアフロになってたら笑う・・・か?

渋谷のハロウィンにジョーカーの仮装でバカ騒ぎしてたのは、ジョーカーが最も嫌悪しそうな人たちだった、
って皮肉が何ともww
それこそあいつらジョーカーに撃ち殺されんじゃねーのみたいな。

八千草薫さんが亡くなったのを知りました。
若い頃のことは存じておらぬ若輩者ですが、おもに祖母の役などで、
お高くとまってるようないやみな感じのない、おっとりほんわかとした上品な佇まいが印象に残ってます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

お! キングスマンまたやんのか! 2月くらいだったかな。
誕生秘話とかエピソード0みたいなやつかな。
たのむぞM・ヴォーン!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板