したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

文化・学術・研究関連スレ その4

1nakano-shima★:2010/11/14(日) 15:50:21 ID:???0
歴史ある大阪の文化財や遺跡から、現代美術や文学。
大学や学術研究について。

そんな話題をここで。

文化・学術・研究関連スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6501/1166335315/

文化・学術・研究関連スレ  その2
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6501/1213182173/

文化・学術・研究関連スレ その3
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6501/1256051807/

2よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/14(日) 16:12:06 ID:GHXeIrnk0
新スレ立ち上げありがとうございます。早速ですが「大阪ヨーロッパ映画祭」関連のニュースを。

走る「甘い生活」 写真展PRでベスパ56台 大阪
2010.11.14 02:41
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/101114/osk1011140242003-n1.htm

 イタリアの名作映画「甘い生活」(フェデリコ・フェリーニ監督)に登場したベスパ製スクーター56台が13日、大阪市内をパレードし、道行く人を驚かせた。

 「大阪ヨーロッパ映画祭」の関連イベントとして同市北区のイーマビルで開催されている写真展「ラ・ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)の時代」に合わせて企画された。スクーターは、映画の中ではカメラマン役の名優マルチェロ・マストロヤンニがローマの町を疾走する乗り物として登場した。

 愛好家でつくるベスパクラブ大阪のメンバーが、福島区からイーマビルまでの約5キロを駆け抜けた。

 写真展は、今年が「甘い生活」の劇場公開50周年にあたることから開催されている。23日まで。22日には「甘い生活」の特別上映もある。問い合わせは同映画祭実行委員会((電)06・6882・6213)。

3名無しさん:2010/11/14(日) 17:50:07 ID:1qOBYF2w0
その大阪ヨーロッパ映画祭ですが、大阪と神戸がロケされている可能性が高い映画が2本あります。

大阪でロケ?
http://www.oeff.jp/article4116.html

神戸でロケ?
http://www.oeff.jp/article4132.html

4名無しさん:2010/11/14(日) 19:11:26 ID:DA0mTXd20
ようやく立ったな

オンキョーがタブレット方携帯端末発売する。
ウィンドウズ対応なので以外に売れるかもしれないな
高速通信にも対応してるし。

サムスンのギャラクシータブレットってグーグル対応だっけ?

今、ウィンドウズ対応のスマートフォンやタブレット端末出遅れてるが
正確には、日本ではか北米ではブラックベリー売れてるしね
日本企業がグーグルのアンドロイド中心なのがどうなのって思ってるので
シャープやパナはウィンドウズ対応のスマートフォン出せばいいのにと思う。

5よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/19(金) 21:19:28 ID:Iz.FHovk0
大阪ヨーロッパ映画祭開幕 日本未公開の新作上映
2010年11月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101119/20101119025.html

 欧州の日本未公開新作を上映する「第17回大阪ヨーロッパ映画祭」(パトリス・ポワトー実行委員長)が18日、大阪市西区肥後橋のイシハラホールで開幕。オープニングセレモニーに今年の名誉委員長でポルトガル出身の俳優、ジョアキン・デ・アルメイダさん(53)と上映作品のスタッフ・キャストが大勢参加し「日ごろ見られない作品を楽しんで」とPRした。23日まで。

 オープニング上映は昨年名誉委員長だったベルギーの俳優、ヤン・デクレールさんの来阪記念で全編大阪ロケされた『面影』(ベルギー・日本合作、万田邦敏監督)のワールドプレミア。デクレールさんがベルギーから大阪に家具職人の修業に来ていた息子を訪ねるストーリーだ。

 19日はポルトガルの『闇を走れ』『美女とパパラッチ』の上映と関係者のトークショーが行われる。詳細スケジュールは電話06(6882)6213、事務局へ。

6よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/19(金) 21:28:32 ID:Iz.FHovk0
大阪EV協議会、トヨタ・ダイハツなどが参加
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819890E3EAE2E0E48DE3EAE3E3E0E2E3E29E9693E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E5;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

 産学官で構成し、大阪府内で電気自動車(EV)を中心に産業を振興する「大阪EVアクション協議会」(会長=橋下徹大阪府知事)にトヨタ自動車、ダイハツ工業などが参加する。19日に大阪市内で第2回総会を開き、両社幹部が出席する予定。総会ではEV普及などに向けた工程表を決める。

 協議会には日産自動車、三菱自動車、パナソニック、関西電力、大阪大学、大阪市など40社・団体・機関が参加している。企業がEV向け充電器の拡大などを図るチャデモ協議会(東京電力などが幹事)も参加する。

 トヨタは2012年にEVを投入することなどから参加を申し入れたとみられる。ダイハツは府内の自動車メーカーであり、親会社のトヨタと合わせて参加を決めた。19日の総会にはトヨタの一丸陽一郎副社長、ダイハツの高橋昌弘専務執行役員が出席する予定。

7よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/19(金) 21:59:21 ID:Iz.FHovk0
新「古書のまち」天神橋筋・中崎町 関大生がマップ作成
2010年11月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101119/20101119024.html

 近年、古書店が相次いで開店している大阪市の天神橋筋2〜3丁目付近と中崎町かいわい。文庫本はもとより、美術書や演芸書などこだわりの一冊を置く店やカフェを併設する店など、新たな“古書のまち”として熱を帯びる中、関西大(吹田市)の学生たちが古書店の場所と情報を掲載した「天神橋筋・中崎町界隈(かいわい)古書店マップ」を作成した。今月から古書店で無料配布し、好評を得ている。

 関西大がことし7月、天神橋筋商店街内にオープンした社会的信頼システム創生センター(STEP)が企画。住民からの聞き取り調査を基に地域社会の課題を解決に導こうと取り組む中、老舗古本屋の天牛書店天神橋店の平真希子店長(33)から「最近、古書店について尋ねてくる人が多い」と聞き、マップ作成を思いついた。

 センターのアシスタントで同大学院生、松岡慧祐さん(28)と社会学部4回生の池田奈緒さん(23)、川辺陵司さん(22)が書店を訪ね歩いて調べた。

 ことし開店10周年の平店長によると、開店当時は付近に古書店は3店しかなかったが、2006年に天満天神繁昌亭がオープンしたのを機に人の流れが変わり、増え始めた。新規店のほかに、梅田の阪急古書のまちから移転してきた店もある。

 マップに掲載したのは29店。平店長は「あらためて書店の数にびっくりした。最近は“プチ神保町”といわれているが、それを実感した」と話す。

 マップはB4判の両面刷りで、素朴な手書きの地図には、店主らのアドバイスもあり、付近の史跡も掲載。イラストを担当した池田さんは「周辺を回る人のことも考えて」と、地図に載っていない細い道も描いた。川辺さんは「史跡を知ることもできるのは、長い目で見ると効果が大きいと思う」と、古書店を基点としたまち歩きの楽しみの広がりにも期待を寄せる。

 地図学を研究している松岡さんは「地図が変わればまちのイメージも変わる」と持論を展開。「人は地図に基づいて動いている。経験では把握できない情報を共有できる地図は可能性のあるメディア」と話し、他分野の地図作成にも意欲をみせている。

8よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/20(土) 22:55:22 ID:f6EpXlec0
高島屋/岡本太郎のタイル画を復刻
http://www.ryutsuu.biz/topix/c111912.html

 高島屋は2011年3月に全館グランドオープンする郄島屋大阪店の新レストラン街「なんばダイニングメゾン」7階エントランスロビーに芸術家の岡本太郎氏が製作したタイルが「ダンス」を設置・公開する。

 タイル画は1952年〜1969年ごろの戦後、郄島屋大阪店の大食堂に飾られていたと推定される作品で、郄島屋史料館が所在する郄島屋東別館(大阪市浪速区日本橋)1階に、木製パネルで覆われ、壁面に固定される形で保存されていたという。


郄島屋の社史や美術部史などの記述から、作品は1952年に制作されたものと考えられ、同時期に東京日本橋郄島屋の地下通路壁面に設置されたタイル画「創生」と対を成す作品と推定された。


2011年は岡本太郎生誕百年であり、郄島屋も創業180周年を迎える。郄島屋大阪店(大阪市中央区難波)は、1930年に大阪・なんばで開店して80年を迎え、現在、大規模な増床・改装計画が進行中で、2011年3月に全館グランドオープンする計画だ。


郄島屋は、岡本太郎の生誕百年を記念し実施される「TARO100祭」プロジェクトに参加し、タイル画「ダンス」の修復および郄島屋大阪店への蘇生プロジェクトを実行するという。


作品の修復は、当時制作に携わったINAX(当時社名:伊奈製陶)の協力により、愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアムのものづくり工房で行う。


「当時、岡本太郎は、芸術の工業化の観点から、芸術はひろく一般の身辺にふれるものこそ価値がある。絵画も古い枠を打ち破って、真剣に大衆との結びつきを考えていかなければならないとして、新しい芸術表現の手法としてタイル画に取り組み始めていた」(同社)という。

9よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/20(土) 22:57:22 ID:f6EpXlec0
「消えるの惜しい」旧精華小校舎の勉強会…大阪
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20101118-OYT8T00507.htm

 昭和初期のモダンなアーチ窓、手動エレベーター……。今は廃校となった大阪府大阪市中央区難波の旧市立精華小学校の校舎について、昭和初期の近代建築としての価値などについて考えようと、同小OB、OGらが勉強会を進めている。

 ミナミの商業地の真ん中にあり、市は6年後までの売却を予定しているが、「このまま消え去るのは寂しい」と思い入れを持つ人も多い。喜劇俳優・藤山寛美さんも学んだ同小。27日には3回目の勉強会を開き、藤山さんの同級生だった男性が思い出などを話す。

 同小は1873年(明治6年)に開校。現在の校舎は1929年(昭和4年)、地元の商人らが資金を出し合って建てられた地上4階、地下1階の鉄筋コンクリート造りの建造物。校舎の各窓や講堂のはりなどにアーチを使ったデザインが残り、手動エレベーターがあった。

 広島・原爆ドーム近くの「広島市レストハウス」も手がけた建築家・増田清の設計で、同建物は被爆しても大きな被害を受けないほど頑丈な造り。同小も構造設計上の耐震強度は高いとみられるという。
戦後は各学年5〜6クラスあったが、店主が住まない商業地化が進んで児童数が減り、95年に廃校に。現在は学習ルームとして研修や会議などに使われており、市は2016年度末までの売却を予定している。

 「構造設計上も素晴らしく美しい建物。人知れず消えていくのは寂しい」。同小卒業生らの間でそんな声が上がり、「精華小校舎愛好会」(分田よしこ代表)を作り、9月から毎月1回のペースで、同小を会場に勉強会を始めた。


 27日は藤山寛美さんと同小で同級生だった、同市中央区日本橋のカメラ店「トキワカメラ」会長・手島隆太郎さん(81)が思い出を話す。

 手島さんによると、藤山さんは「役者の子」と呼ばれていたが、元気いっぱいに走り回って遊んでいたという。手動のエレベーターは、先生の運転で乗せてもらった。「幼き日の学びやの思い出は尽きない。多くの人に、ぜひもう一度校舎を見てほしい」と話す。

 勉強会は午後1時30分〜4時、校舎内の精華学習ルーム304号室で。校舎の見学会も行う。無料。誰でも参加可能だが、事前申し込みが必要。希望者はメール(info@seika373.com)かファクス(020・4668・0277)に住所、氏名、電話番号、卒業生は卒業年を書いて申し込む。

(2010年11月18日 読売新聞)

10よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/20(土) 23:01:47 ID:f6EpXlec0
ペットも受動喫煙…専門学校生らが禁煙呼びかけ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101120-OYT1T00532.htm

 たばこ値上げや健康など、禁煙の理由は数ある中で、大阪市内の専門学校生たちが、「ペットのための禁煙」を呼びかけている。

 口コミで飼い主に禁煙を勧める地道な活動だが、応じて禁煙する人はいるという。ペットを家族と考える人は少なくなく、「ペットの健康」は、飼い主を動かす力があるようだ。取り組みは、同市内で開かれている動物臨床医学会で20日午後、報告される。

 「大阪コミュニケーションアート専門学校」で民間資格「動物看護士」を目指す学生ら。講師の石丸昌子獣医師(56)が、「動物医療に携わる私たちも禁煙に取り組もう」と提案、活動が始まった。

 動物の受動喫煙の研究では、米・マサチューセッツ大が行った調査で、家庭内で副流煙にさらされた猫が悪性リンパ腫になる危険性は、そうでない猫の2・4倍、5年以上続けば3・2倍という結果がある。石丸獣医師は「犬や猫の呼吸器の構造は人間と同じで、被害があると考えるのが自然」という。

 学生らは禁煙外来の内科医の指導も受けてパンフレットを作成し、家族や友人ら身近な人に配布。昨年度は、パンフレットを配った飼い主64人のうち7人が禁煙に成功。36人が禁煙や分煙、減煙などを約束した。

(2010年11月20日20時35分 読売新聞)

11よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/21(日) 16:53:27 ID:6zGgvhEE0
生き物について学ぼう
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005337431.html

 球上に住むさまざまな生き物を子どもたちに知ってもらおうという催しが大阪で開かれています。この催しは、大阪・北区の「キッズプラザ大阪」が国連が定めた「国際生物多様性年」にあわせて子どもたちにさまざまな動物や植物など生き物の存在を知ってもらおうと開いています。
会場には虫を食べる食虫植物を展示したコーナーや、熱帯雨林でとれる香辛料などの匂いをかぐコーナーが設けられ、子どもたちはふだん目にすることがない植物や香辛料の原料を興味深そうに見ていました。
また、自分で虫眼鏡をつくって生き物を観察するコーナーも設けられ、子どもたちは、発泡スチロールで思い思いの形をした虫眼鏡をつくり、さっそく展示されているアリやカタツムリなどを楽しそうに観察していました。
この催しは今月28日まで大阪・北区の「キッズプラザ大阪」で開かれています。

11月21日 12時30分

12よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/21(日) 19:42:56 ID:uZ0EmfQo0
「人間」撮った 初作品 故郷で凱旋公開 大阪芸大出身映画監督・松田さん
2010.11.21 02:37
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/101121/osk1011210239003-n1.htm

 大阪市で生まれ育ち、大阪芸術大学出身という映画監督、松田健太郎さん(27)=川崎市=が撮った映画が、大阪市西区九条のシネ・ヌーヴォで公開中だ。「地元」での凱旋(がいせん)が実現した松田監督は「故郷で公開されることは感慨深い。自分の感性に近いものが伝えられれば…」と話している。

                   ◇

 初めての劇場公開作品という同映画は、愚かながらも懸命に生きる人々を描いた群像劇「憐(あわ)れみムマシカ」。同大学、大学院に在学中から温めていた「人間がこっけいに転がり落ちていく」企画を、未確認生物を捏造(ねつぞう)した男と家族、住民らが巻き起こす騒動というユーモアあふれる内容にアレンジし、人間の面白さやおかしさを浮かび上がらせた。

 同大学は、映画の熊切和嘉監督や山下敦弘監督、アニメの庵野秀明監督ら個性的なクリエーターを輩出。松田監督も、在学中から自主製作映画を手掛けるなど注目されていた。

 「大学出身者らの活躍は、自分の映画作りに励みになった」と松田監督。大学では映像表現について自由に取り組めたといい、自らも「映像にこだわるより、人を撮りたい、人を分かりたいという思いでカメラを回してきた」。

 こうした学生時代の積み重ねが、今作で実を結んだ。実際、脚本作りから撮影、編集までを大学院在学中に行ったという。

 「映画を始めて約8年。やっと普通の映画が撮れてほっとした。これからもいろんな人間を分かりたいと思うし、その方法として映画に取り組みたい」

 問い合わせはシネ・ヌーヴォ((電)06・6582・1416)。

13名無しさん:2010/11/22(月) 09:32:59 ID:7rWU0B960
大阪府大、リチウムイオン電池、ナトリウムで代替、輸入依存脱却へ。
2010/11/22


 大阪府立大学の辰巳砂昌弘教授や林晃敏・助教は、電気自動車など向けのリチウムイオン電池に代わる新たな電池材料を開発した。食塩にも含まれる安価なナトリウムを使い、輸入に頼るリチウムが不要。充電池で一般的な液体材料も全廃し、固体材料だけで安全で安価な電池が作れる可能性がある。24日から仙台市で開く固体イオニクス討論会で発表する。
 リチウムは産出国が限られ、資源リスクが高い。電気自動車の普及が期待され、安価な物質への代替が期待されていた。
 硫化ナトリウムと硫化リンを破砕してガラス化し、加熱して結晶にした。従来の同様の材料よりも、ナトリウムイオンが約10倍流れやすく、電気を生む電解質という材料に使える。金属電極などを組み合わせれば、新型の全固体電池ができる。
 現在のナトリウム硫黄電池は、電解質は固体材料だが液体のナトリウムを使うので、セ氏約300度に加熱が必要だ。

14<削除>:<削除>
<削除>

15名無しさん:2010/11/22(月) 19:43:47 ID:btK9vXpQ0
電池ロボ「エボルタ」、東海道500キロを走破−三条大橋でゴール迎える
2010年11月22日

電池を動力にする小型ロボット「エボルタ」が11月20日、三条大橋でゴールを迎えた。

パナソニック(大阪市門真市)の充電式乾電池「EVOLTA(エボルタ)」の性能を実験・PRする同企画。同電池単3型12本を搭載した小型ロボット「エボルタ」が充電を繰り返しながら東京・日本橋〜京都・三条大橋の東海道五十三次、53カ所の宿場を走行する。走行の様子はユーストリームで生中継し、ツイッターのハッシュタグ「#EVOLTA」で検索するとタイムラインが確認できるようにしていた。

最も難所とされている「小田原」〜「箱根宿」間では残り3キロの地点でトラブルが発生。メンテナンスを施すも日没となり、ルールに従い翌日7日に残りを走破。箱根関所跡にゴールした。しかしスタッフの間で「東海道五十三次最大の難所である小田原〜箱根宿を1日でクリアしたい」と強い思いからリベンジするなど、その行程は過酷だった。

最後の宿場となった「大津宿」(大津市)を早朝6時に出発したエボルタは山場である九条山を迎える。「天下の嶮(けん)と呼ばれる箱根を1日で越えられなかったリベンジの思いをもって何とか走り切れた」とエボルタの生みの親である高橋智隆さん。13時過ぎには雨が降り出したためペースダウンしたが、15時40分に三条大橋に到着しゴールを迎えた。

ゴール後、リーダーの松居将司さんは「箱根や静岡でお会いした人がここにも来てもらってとてもうれしいし、ありがたい。残り5次になったころから『この旅を終わらせたくない』と思っていた。でもこうしてゴールに着いて、皆さんの顔を見ると本当にゴールできて良かった。ありがとうございます」とあいさつした。

ゴールの様子はCMに使われるという。

http://karasuma.keizai.biz/headline/1232/

16よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/22(月) 20:48:27 ID:RXbOq/No0
日本の旅館、輸出したら…清教学園高生、小論文で大賞
2010年11月22日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201011210202.html

魅力ある日本の将来像を考える「NRI学生小論文コンテスト」(野村総合研究所主催)の高校生部門で、河内長野市の清教学園高校2年伏野里保さん(17)が、日本旅館を丸ごと海外に展開して「おもてなし」など日本文化の発信を提案し、744人の応募者の中から大賞を受賞した。23日に東京で開かれる表彰式で表彰される。

 伏野さんが入る同校の大学連携コースでは、2年の夏休みに小論文を課題にしている。3年の三島知さん(18)も昨年、同コンテストで大賞を受賞している。

 「世界の中で日本の魅力を高めるには」というテーマ(2500〜3千字)で、伏野さんが日本旅館の海外展開を思いついたのは、自身が海外に行った経験がないからだ。「日本に来られない外国人も日本文化に深く浸ることはできない。畳、布団、庭や女将(おかみ)のおもてなしの心など日本文化を丸ごと体験できるのが日本旅館」。実際に宿泊した経験は少ないが、昔ながらで居心地がいい福岡県の祖母の家をイメージして考えた。

 さらに、論文では外国人入国者数などのデータも使い「宴会場で歌舞伎や浄瑠璃など伝統芸能を紹介して付加価値をつける」「日本流のおもてなしを押しつけず柔軟に対応する」といったアイデアで日本への関心を引きつけ、観光客数の増加が望めると主張した。

 コンテストはジャーナリストの池上彰さんらが審査員を務め、今年で5回目となる。担当者は「日本旅館そのものをテーマパークとして輸出する発想がおもしろく、日本に来られる外国人が限られている現状に目を向け、きめ細かい提案がされている」と伏野さんの論文を評価する。

 伏野さんは「論文を書いているうちにいろんな視点を持つようになり、日本の文化っていっぱい良いところがあるんだと気づきました」と受賞を喜んだ。(阪田隼人)

17よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/22(月) 20:57:03 ID:RXbOq/No0
2010年11月22日
目線の動きで不良品を検出 関大研究チーム開発
http://www.sankei-kansai.com/2010/11/22/20101122-046386.php

工場など生産現場で不良品を見つけるために製品の目視検査をする際、検査員が目線を動かすだけで不良品を製造ラインから取り除けるシステムを、関西大の研究チームが初めて開発した。手を使わないため衛生面のメリットがあり、医薬品や食品業界などで特にニーズが高いとみられる。中小規模の工場が集積する関西ものづくり業界から期待が集まるほか、介護の現場でも応用できる優れものという。

医薬、食品、介護にモノ言うシステム

 開発したのは関大システム理工学部の小谷賢太郎教授の研究室。生産現場での製品の外観検査は目視に頼っているのが現状で、検査結果をコンピューターに入力する際に作業効率が落ちるうえ、入力装置に触れるため衛生面の課題があった。

 入力に手を使わない「ハンズフリー」にするためにこれまでも音声入力や視線入力といった方法が各方面で試されたが、騒音に弱かったり、無意識に視線が動くことで誤入力したりする欠点を克服できず、実用化に至っていない。

 そこで小谷教授は、人間が注意しながらある物から視線を動かすとき、眼球の動きが0・2秒ほど止まる「サッカード特性」に着目。製造ラインで検査員が不良品を発見後、視線をそらす場面を想定し、視線の動きを赤外線装置で追うことにした。この仕組みは、視線をそらす0・2秒前に見ていた製品を、コンピューターが不良品と判断し、ラインから取り除く。試作機では、コンベヤー上を流れる製品をカメラで撮影してモニターに映し、モニターの下に設置された赤外線装置が、モニターを観察する検査員の眼球の動きを検出する。

 小谷教授はもともと眼球運動の検出法を長年研究しており、「視線の動きを追えば人の心が分かる」が持論。サッカード特性自体は知られていたが、産業分野への応用は今回が初めてという。医薬品、食品業界などが興味を示しており、大手電機メーカーからも、カーナビで画面の切り替えや地図の拡大などの操作をハンズフリーで行う応用例の提案があったという。一方で、視線を動かすのは、身体障害や寝たきりの状態でも機能が残りやすいことから、高齢者や障害者向けのコミュニケーション支援など、介護の現場でも応用できるという。

 この研究成果は近畿総合通信局が18日に大阪市内で開いたセミナーで紹介され、参加者からさまざまな質問が出たという。小谷教授は「多くの民間企業から反響があり驚いた。社会貢献につながるよう、実用化に向け試作機の精度を上げていきたい」と話している。

18よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/22(月) 21:12:45 ID:RXbOq/No0
“町”と“人”との融合 中崎町でジャズイベント
2010年11月22日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101122/20101122027.html

梅田の真横に位置しながら今も古い長屋が多く残る下町、中崎町。レトロな町並みを生かしたカフェや古着屋なども点在し、若者の往来も多い。ここで23日、ジャズイベント「中崎ジャズジャンボリー」が開かれる。町と一体となってジャムセッションを楽しみ、「地域の新たな魅力の発見」につなげていく。

 「安心・安全な社会づくり」「事業を通じた価値創造」などを柱とする、NTT西日本(大阪市中央区)のCSR活動の一環で初めて実施。ジャズの醍醐味(だいごみ)である即興的にかかわる演奏(ジャムセッション)によって、ミュージシャンだけでなく“町”と“人”との出会いや融合の場をつくっていく。「楽器だけではなく、声援や笑顔など、さまざまな方法で『ジャム』を行うことで、地域の新たな魅力を発見することにつながる」(同社広報室)と考える。

 エリアを中崎町に選定したのは、地元住人らの「新しいことにチャレンジしていきたい」という気持ちが強く、「当社と一体となってイベントを作り上げていけると考えたから」という。

 また、「新しいジャズの魅力」と「伝統的なジャズ」の融合をプログラムの根底に据えており、それが「大阪の古き良さと新しいセンスが行き交う町として認知されはじめた中崎町のイメージが非常に近いという点」も決め手となった。

 演奏者は事前に募集し、中高年層向け、若年層向けに分けてそれぞれ現在活躍中のアーティストの中から選定。世界を舞台に活躍する矢野沙織さん(サックス)や土岐麻子さん(シンガー)らが、大阪能楽会館(中崎西2丁目)やクラブ「NOON」(同3丁目)、梅田クリスタルホール(同2丁目)などで演奏する。

 また並行して、地域の大きな課題である違法駐輪問題解決に向けた啓発活動や、イベント終了後には参加者やスタッフがごみ拾いを実施。広報室は「将来的にはさまざまな分野間の交流、人と町との交流を生みだし、地域振興の新しい発信・交流・発展へとつながることを目指していく」と力をこめる。

 イベントは午前11時〜午後7時。問い合わせは電話06(6446)1201、実行委員会イベント事務局へ。スケジュール・出演者はホームページを参照。アドレスは次の通り。

http://jazz−jamboree.jp/

19よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/23(火) 20:35:09 ID:OKJTgTWo0
浜村節で魅力存分 大阪ヨーロッパ映画祭
2010年11月23日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101123/20101123022.html

 パーソナリティーで映画評論家の浜村淳さんが22日、大阪市西区江戸堀1丁目のイシハラホールで開催中の「第17回大阪ヨーロッパ映画祭」の舞台で「イタリア映画講座」を開いた。フェデリコ・フェリーニ監督の名作「甘い生活」(1960年)劇場公開50周年の特別企画で、記念上映の前におなじみの浜村節でイタリア映画の魅力をたっぷり語った。

 浜村さんは「イタリア映画といえば女性が強い。その典型が『ひまわり』などのソフィア・ローレンさん。何度かお会いしているがインタビュー中に大きな胸をのぞいて怒られた…」というエピソードで場内の笑いを誘った。

 ゲストとしてイタリア文化会館・大阪館長のルイジ・ロマーニさん(59)も参加。「ローマの街は彫刻、噴水などが多く伝統美にあふれている。フェリーニの『甘い生活』にもそれが描かれている」と話し、2人はすっかり意気投合。欧州映画祭ならではの楽しい雰囲気に包まれていた。同映画祭は23日まで。

20よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/23(火) 20:38:49 ID:OKJTgTWo0
7流派 美の共演 旭区いけばな展
2010年11月23日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101123/20101123023.html

 「旭区いけばな展」が20、21日の2日間、旭区千林2丁目の千林くらしエール館で開かれ、華道愛好者らが日ごろのけいこの成果を発表、交流を深めた。

 旭区いけばな協会が2年に1回開催。今回は池坊、小原流、御室流、華道日本未生、嵯峨御流、未生流、未生流笹岡の7流派から42人と山本正広区長が出展した。

 作品は、ツバキなど木をメーンとする重厚な大作や色とりどり鮮やかな草花など多様。園児や学生らのジュニアコーナーや茶席も設けられ、家族連れなど大勢の来場者でにぎわった。

 同協会の橋上主紀子会長は「流派を超えて旭区で集まることができる貴重な機会なので、若い人にもどんどん参加してもらい継続させていきたい」と話していた。

21よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/23(火) 20:51:20 ID:OKJTgTWo0
不安バッサリ殺陣に学んだ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20101123-OYT8T00088.htm

地域行事参加 不登校経験者「自信つく」
 時代劇の格闘場面で演じられる「殺陣(たて)」を授業に取り入れている通信制高校の技能連携校「アーツ・エンターテイメント学院高等部」(大阪市西区)の生徒らが、殺陣の演舞チーム「昇龍」を結成し、地域行事に出演するなどして披露している。多くは中学校時代に不登校を経験しながらも、声優や俳優になる夢を目指して学ぶ生徒ら。同校は「当初は対人関係に不安もあったが、次第に自信をつけてきている」と、効果に期待している。

 同高等部は2006年に開校、生徒らは高校卒業の資格を取得するために通信制の高校の勉強をしながら、舞台や音楽などについて学ぶ。八木哲夫校長(62)の知人に、時代劇などで殺陣を指導する「殺陣師」がいたことから、「集中力や体力を高め、相手への思いやりも生まれる」として講師に招いた。

 必修科目として取り組み、校内で成果を披露してきたが、「生徒らにもっと発表の場を与えたい」と、「昇龍」を4月に結成。興味を持った1、2年生数人が参加し、その後3年生数人も「思い出づくりに」と加わった。放課後に音楽に合わせて木刀を振ったり、仲間らと動きを合わせたりする練習に励んでいる。

 5月に神戸市であった「神戸まつり」で初披露したのを手始めに、府内では、9月に大阪市天王寺区の高齢者施設を慰問したり、10月に同市住吉区の祭りに出演したりするなど、はかま姿で舞台に立ってきた。

 中学生の時に不登校を経験した1年溝口一樹さん(16)は「思い切りやると、大きな拍手がもらえるのが快感。自信が出てきた」と喜ぶ。ほかにも複数の不登校経験者がいるが、楽しそうに元気に取り組んでいる。

 八木校長は「子供たちの社会性が少しずつ高まってきている。演舞を通してさらに成長する姿を見てほしい」と話している。

(2010年11月23日 読売新聞)

22よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/24(水) 18:39:03 ID:TU22i5lo0
タイム・カプセルトーク:「はやぶさ」川口教授が特別講演−−大阪
http://mainichi.jp/kansai/news/20101124ddn041040005000c.html

 「タイム・カプセルトーク2010−宇宙から見つめる私たちの地球」(毎日新聞社、パナソニック主催)が23日、大阪市中央区の松下IMPホールであった。約600人が参加。小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネジャーの川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授が特別講演した。

 川口教授は「はやぶさの奇跡的帰還と玉手箱」と題して講演。「高い塔を建ててみなければ新たな水平線は見えてこない。むちゃをしてでも挑戦し続けることが大事」と話した。

 シンポジウムでは、吉田憲司・国立民族学博物館教授、大村卓一・元松下テクノリサーチ取締役らが、万博当時の思い出やタイム・カプセルにまつわる秘話を披露した。(詳報は12月14日朝刊に掲載します)【林由紀子】

23よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/24(水) 18:52:34 ID:TU22i5lo0
2010年11月24日
小学生軍勝ったぞー 歴史体感の模擬合戦"戦果"
http://www.sankei-kansai.com/2010/11/24/20101124-046448.php

 戦国武将らゆかりの地で行われる当時の合戦を再現した「模擬合戦」を体験型にし、小学生の歴史の授業や観光促進に役立てる試みが広がっている。歴史ブームが続く中、参加者には「地域の歴史遺産を再発見できた」などと好評で、地元住民の交流やまちおこしにつながる効果も。温故知新の取り組みが、着実な“戦果”を上げている。

河内長野 授業取り入れ 

 1332年に楠木正成が建てたとされる大阪府河内長野市の烏帽子形(えぼしがた)城跡。10月22日、地元の小学生軍130人と、阪南大学(同府松原市)の学生120人が初の模擬合戦を繰り広げた。

 山城を守る子供たちは、新聞を丸めた「つぶて」を武器に、紙製の甲冑(かっちゅう)をまとった学生らとにらみ合う。相手の武器が体に当たれば退場というルールで、堀や土塁で行動範囲が制限された学生たちは、子供たちの攻勢に次々と退場。小学生軍が勝利を収め、児童らは「楽しかった」「お城の勉強になった」と笑みを浮かべた。

 模擬合戦は、郷土史の授業の一環として、河内長野市教委が導入。摸擬合戦を通じた観光振興に着目していた阪南大の来村多加史教授(日本史)らから提案を受け、子供たちが楽しみながら地元の歴史を学べる好機になると判断した。

 烏帽子形城跡には城壁などはなく、今は小高い里山が残るだけだ。

 市教委の担当者は「見て回るだけでは分からない堀や土塁の役割を学んでほしかった」。

 模擬合戦に参加した市立三日市小の角田雅彦校長は「私自身、今までは城跡と聞いてもピンと来なかったが、子供たちは模擬合戦を通じて、ここで戦いが行われたことを肌で感じたし、地元の歴史遺産を再発見できた」と話す。

「川中島」観光目玉に

 一方、観光促進の分野では、長年続いた模擬合戦を「公開型」から「体感型」に切り替え、成功した例もある。

 今年4月で32回目を迎えた山梨県笛吹(ふえふき)市の「川中島合戦戦国絵巻」。地元ゆかりのと上杉謙信の戦いを再現するイベントは、人手不足などを理由に、平成15年から1人3千円の参加料で兵の一般公募を始めたところ、県外を中心に希望者が殺到。定員は当初の150人から700人に拡大した。

 同様に、約40年の歴史をもつ山形県米沢市の「米沢上杉まつり」、今年から始めた石川県小松市の「浅井畷合戦」(1600年)再現の模擬合戦でも一般公募を取り入れ、盛況を収めている。

 体験型イベントに変わったことで、地元は大きな観光の目玉を手に入れた。今年の「川中島合戦戦国絵巻」では、参加者の家族を含め1千人以上が前夜から宿泊。

 笛吹市の担当者は「当初は兵士役の確保が目的だったが、まちおこしの効果は計り知れない」と喜んでいる。

24名無しさん:2010/11/25(木) 11:32:01 ID:IiRz.jek0
ワッハ上方、吉本が運営
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101125-OYO1T00216.htm?from=main4
 大阪・ミナミの大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)について、府は24日、ビルを所有する吉本興業を新たな運営主体に内定したと発表した。契約は2011年4月から2年間。

 府によると、年間40万人以上の集客や、賃料約1億円などを条件とする公募に同社のみが応じた。在阪民放局などでつくるNPO法人との指定管理契約が今年末で切れるため、11年1〜3月はホール部分を除いて休館となる。

 ワッハ上方を巡っては、橋下徹知事が年約4億円に上る賃料などを高すぎるとして移転方針を表明したが、吉本側が賃料を大幅圧縮する条件を示し、現地での存続を認めていた。
(2010年11月25日 読売新聞)

25名無しさん:2010/11/25(木) 13:47:42 ID:WLRvktcQ0
>>24
ワッハホールがなくなるようで、いまいちよくわからないですね
展示品とライブラリだけが残るということかな。それだとあの場所に
ある意義はどうなんでしょうか

ホールは残らないし…小さい会場のは残るのか

26<削除>:<削除>
<削除>

27名無しさん:2010/11/25(木) 21:04:53 ID:MYm01tDY0
>>25 なくなるのではないですよ

ワッハホールに「baseよしもと」移転 元日から公演
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201011250059.html
2010年11月25日

 吉本興業グループは25日、大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方、大阪市中央区)の5階に、来年1月から若手お笑い芸人の拠点劇場「baseよしもと」を移転させる計画を発表した。吉本の所有ビルに入居するワッハ上方をめぐっては昨年、府が縮小移転案を打ち出したが、吉本と在阪放送局の反発で現地存続が決まり、ホールのある5階は吉本が自社運営していくことになっていた。

 baseよしもと(233席)は同じ所有ビルの地下にある劇場で、ジャルジャルやモンスターエンジンらが出演している。吉本によると、12月3日で公演を終え、来年の元日から現在のワッハホール(307席)で劇場名を変えて新たにオープンさせる。

 これまでワッハホールは公共の貸しホールとして、プロアマを問わず様々な事務所や団体などが利用してきた。吉本は「今後は吉本の専用劇場と考えているが、上方演芸の振興には寄与したいので、一部の公演をほかの吉本の劇場で引き受けることも検討したい」としている。(篠塚健一)

28よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/25(木) 21:37:23 ID:g4ugBeek0
子宮頸がん:除去し出産 28歳、妊娠15週−−阪大病院、国内初
http://mainichi.jp/kansai/news/20101125ddf001040005000c.html

 子宮頸(けい)がんが見つかった妊婦の女性(28)の胎児を保護しながら、がんのある子宮頸部だけを除去する手術に、大阪大病院が成功した。女性は25日午前、帝王切開で女児を出産した。ごく早期のがんでの出産例はあるが、進行したがん患者のこの手術後の出産は海外で数例の報告があるものの国内では初めてという。通常は中絶後に子宮全部か頸部を摘出するが、再び妊娠できる確率は20%未満と低い。子宮頸がんは近年若い女性で増えており、この方法が普及すれば朗報となりそうだ。【野田武】

 女性は大阪市在住で、別の病院で受けた妊娠8週の診察で、がんが見つかった。直径2センチ未満と小さかったため、妊娠15週の6月、阪大の榎本隆之准教授の手術を受けた。榎本准教授によると、胎児のいる子宮は血が集まっているため手術中の出血が多いことなどが難点という。また子宮の入り口にあたる頸部を除去するため、術後に胎児が感染症にかかりやすい。輸血をし、感染症防止などの術後管理を徹底して出産にこぎつけた。

 女性のがんの進行度は、4段階のうち2段階目の初期。これより症状が進行してがんが2センチ以上になると、転移・再発の可能性が大きくなり、この手術は実施できない。また出産後まで除去手術を待つのも、症状が進んで危険という。

 女性は出産前の取材に「がんと言われて最初はショックだったけれど、出産をあきらめかけた私と同じような人の励みになれば」と喜んでいた。榎本准教授は「せっかく妊娠した赤ちゃんを中絶せずに済むのが利点だが、まずは子宮頸がん検診を積極的に受けてできるだけ早くがんを見つけるのが大事」と話した。

==============

 ■ことば

 ◇子宮頸がん
 性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が主な原因。1年で約2500人が亡くなり、近年若い女性で増加している。成人は2年に1回の検診が推奨されるが、実際は妊娠後に分かる場合が多い。ウイルス感染を防ぐワクチンの接種で発症の可能性を約70%減らせるとされ、4万〜5万円かかる接種費用を自治体が助成する制度が広まりつつある。

29名無しさん:2010/11/25(木) 22:22:00 ID:lTNYpnv.0
>>25
7F ワッハ上方/レッスンルーム
6F ワッハ上方/事務室
5F ワッハ上方/ワッハホール
4F ワッハ上方/展示室・小演芸場(上方亭)

こうなってるらしい、その記事によると5Fは吉本の
自主運営になるんだよね。7Fのレッスンルームとかは残るのかな。

賃貸㎡的には60%ぐらいに縮小かな3億の賃料が1億
運営委託費が1億から0、収益が2000万を越えた部分については
府に半額納める。

ワッハ上方ホールがなくなったとしても、それでもやっぱり
以前よりは経費削減になりお得なのかな。吉本がべらぼうに
譲歩したわけでもないと思う、まあ、それでも家賃が運営費込みだから
面積が減っても安いのかな。展示品物の在庫管理は6Fでやってるのかな。

妥協したがいらな言っちゃいらない施設だな。

30よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/26(金) 22:11:05 ID:FaUUGSoM0
2010年11月26日
上方歌舞伎にぎわって候 「半世紀ぶり」9カ月連続公演
http://www.sankei-kansai.com/2010/11/26/20101126-046536.php

 長らく低迷が続いていた関西の歌舞伎界に再興の風が吹いている。今年から来年にかけて関西での歌舞伎公演が激増、今年9月から来年5月まで9カ月連続で続く。「こんなことは記憶にない。半世紀ぶりぐらいではないか」と興行を行う松竹の関係者が驚くほどで、関係者もファンも活況にわいている。 (亀岡典子)

2劇場同時

 9月、関西では歌舞伎公演が同時に2劇場で行われた。京都・南座は、市川海老蔵さんらの出演で「義経千本桜」が上演され、連日満員だった。その海老蔵さんは25日未明にトラブルで左ほおを骨折するなど重傷を負い、12月の南座の顔見世出演が危ぶまれている。

 もう一つは上本町に移転した新歌舞伎座のこけらおとし公演。市川右近さんら花形が中心の華やかなオープニングとなった。

 現在も大阪城西の丸庭園の「平成中村座」では中村勘三郎さんを座頭に、10、11月と2カ月連続で歌舞伎公演が行われ、こちらも連日のにぎわいぶり。

 いずれも人気俳優の出演、大胆な演出、話題の舞台と、さまざまな要因が重なり、初めて歌舞伎を見る観客が多いのが目につく。「最近は、座長公演より歌舞伎の方が観客動員が多いことがよくある」と松竹の荒牧大四郎取締役。

年中“上演”

 今年の関西は、歌舞伎が例年にまして多かった。1月の松竹座での上方式演出の「仮名手本忠臣蔵」を皮切りに、5月には市川團十郎さん、尾上菊五郎さんによる「團菊祭」が初めて関西で公演を行うなど本公演だけで9カ月を数えた。歌舞伎鑑賞教室などを含めると、ほぼ一年中関西のどこかで歌舞伎が上演されていたことになる。

 来年も松竹座では1月に坂田藤十郎さん、2月に片岡仁左衛門さんと、上方を代表する俳優が座頭を勤める大歌舞伎をはじめ現段階で5公演が決定、南座や新歌舞伎座なども合わせると今年を上回る勢いだ。

若手が台頭

 江戸時代以来、江戸歌舞伎と上方歌舞伎は両輪の輪のように栄え、昭和20年代は毎月のように関西でも歌舞伎が上演されていた。しかし経済や文化の東京一極集中などさまざまな理由から30年代以降、関西の公演は減少、年に2、3公演しか行われないことも。

 今年関西で大幅に公演が増えた理由を、荒牧取締役は「東京の歌舞伎座が建て替えのため休館中ということが大きい。團菊祭が大阪で公演されたのは象徴的な出来事」と分析。さらに、「歌舞伎は難しい」との先入観もイヤホンガイドの普及などで払拭(ふっしょく)、海老蔵さんら若いスターが登場し歌舞伎自体に世間が注目した。それに伴い、上方の歌舞伎への興味関心も高まっている。上方の俳優だけでなく、市川染五郎さんや市川亀治郎さんら東京の俳優も「封印切」「女殺油地獄」など上方狂言を積極的に上演、そのドラマ性の高さに改めて注目が集まった。

 松竹の安孫子正専務は「いまは関西で歌舞伎公演を定着させる時期。ファンのすそ野を広げることが関西の歌舞伎を活性化させ、ひいては歌舞伎全体の隆盛につながる」と話している。

「よりいい舞台を」

 上方歌舞伎を代表する人間国宝、坂田藤十郎さんの話「上方のお芝居をやろうと思ってくれる後輩が増えているのは何よりうれしい。この時期を逃さず、わたしたちがよりいい舞台をお見せし、関西の歌舞伎公演がさらに増えていくことを願っている」

31よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/26(金) 23:51:18 ID:FaUUGSoM0
大阪城ホールで記念ライブ−KANさん、スタレビなど4組が初の顔合わせ
http://kyobashi.keizai.biz/headline/834/

 大阪城ホール(大阪市中央区大阪城3)で11月28日、関西でコンサートのプロモートを手がけるグリーンズコーポレーション(北区)の20周年記念ライブ「星屑の隙間に木村基博」が開催される。

 出演は、KANさん、スキマスイッチ、スターダスト・レビュー、秦基博さんの4組。同社イベント担当の横井繁廣さんによると、このメンバーが一堂に会するのは同ライブが初めて。もともと同社となじみのあったKANさんを核に、KANさんのファンだというスキマスイッチ、事務所が同じだったりと気心の知れているスターダスト・レビュー、秦さんのコラボが実現したという。

 オムニバス形式の構成は今年2月にはKANさんに相談。「KANさんの構想を基に、他の出演者のアイデアも盛り込み、単なるオムニバス出演ではないオリジナルの複雑なコラボレーションになっている」と横井さん。その練習のため、東京都内のリハーサルスタジオで何度も練習を重ねてきたという。当日、同ライブのために書き下ろされた新曲も披露する予定。

 開場は17時30分、開演は18時30分。当日券(バック指定席5,500円)は会場窓口で17時30分より販売する(指定席は完売)。

32名無しさん:2010/11/27(土) 02:26:51 ID:WLRvktcQ0
>>27
なるほど。ワッハホールが一応なくなるのですね。確か建設当時にかなり
費用を吉本自身が掛けたと聞きました。何か回収された感が…引き受ける
とは言ってますけど、どこまでの担保されてるかも微妙なので…


>>29
他の小ホールは残るんですね。にしても微妙ですね。確かに委託費として
かなり圧縮できたと思いますが、そこまでして続ける意味があるのかな
ホールを回収することであちらさんも圧縮してる感がありますし
まあ建物事態は所有だからでしょうけど。にしても複雑な…

現状とあまり変わらないでしょうし、変わったとしてもやはり自らの事務所
優先の展示にもなりかねないし、なくてもいいように思いますね
それよりむしろ国立上方演芸資料館を目指すべきかなと

33よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/27(土) 20:28:31 ID:etoIFQ1E0
ゴックン、そのとき舌の動きは センサー開発 阪大
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201011270079.html

 センサーで舌の動きを正確に調べる機器を、大阪大の小野高裕准教授らの研究グループが開発した。食べ物をのみ込むには舌の動きがカギ。脳卒中、舌がんなどの患者やお年寄りは舌がうまく動かせず、のみ込むのに苦労したり、誤って気管に入り肺炎を起こしたりするケースもある。こうした人たちの舌の動きが正確にわかれば、それぞれの症状に応じたリハビリテーションや特殊な入れ歯などの開発などに役立つという。

 この機器は上あごに取り付ける。厚さ0.1ミリのセンサーが5カ所あり、舌が触れる際の圧力を測る。どこに、いつ、どのくらいの圧力で舌が上あごに触れるかを数値化し、飲食物をのみ込む際の舌の動きをとらえる。

 国立循環器病研究センターに入院した64人の脳卒中患者を調べたところ、まひがあって物がうまくのみ込めない嚥下(えんげ)障害のある人は、舌が上あごを押す圧力が左右で均等でなく、舌と上あごが付く順番や圧力のかかり方がバラバラだった。高齢者(平均66.6歳)は舌で上あごに触れる圧力が高く、時間も約1秒と若い人(同26.9歳)の約0.7秒に比べ長かった。

 これまで嚥下障害はかなり重症になるまでわからなかった。この機器を使えば早期にわかり、個々の症状に応じて、食事をのみ込みやすいメニューに変えたり、上あごの高さを左右で変えるなどして舌の働きを補助する特殊な装置や入れ歯を作ったりすることができる。

 大阪大では手術で舌の一部を切除した舌がん患者の舌の動きをこの機器で測定し、その人に応じた装置を作っている。脳卒中のリハビリ法開発にも役に立つという。小野准教授は「60歳以上の4割が嚥下障害があるというデータもある。嚥下障害者の生活の質を高め、介護の負担を減らすためにも役に立つ」と話す。(坪谷英紀)

34よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/27(土) 20:33:22 ID:etoIFQ1E0
ウフィツィ美術館展が開幕 大阪・国立国際美術館で
http://www.asahi.com/kansai/event/news/OSK201011270058.html

 イタリアを代表する美の殿堂、ウフィツィ美術館から秘蔵のコレクションを初めて本格的に紹介する「ウフィツィ美術館自画像コレクション」展(朝日新聞社など主催)が27日、大阪・中之島の国立国際美術館で始まった。通常は一般公開されていない同コレクションから名品約70点が展示されている。

 今回の展覧会を記念して新たに寄贈された草間彌生さんら日本人作家3人の新作も特別公開され、来場者は熱心に見入っていた。

 2011年2月20日まで、一般1400円など。問い合わせは同館(06・6447・4680)へ。

35よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/28(日) 14:17:14 ID:4SaOkcz.0
大阪で小野十三郎賞贈呈式 作家らの対談も
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201011280017.html

 優れた詩集や詩評論書に贈られる第12回小野十三郎賞(大阪文学協会主催、朝日新聞社共催)の贈呈式が27日、大阪市中央区の大阪文学学校で開かれた。詩集「青天の向こうがわ」を著した金沢市の三井喬子(たかこ)さん(69)に同賞が贈られ、詩評論書「山上の蜘蛛 神戸モダニズムと海港都市ノート」を著した神戸市の季村敏夫さん(62)には特別賞が贈られた。10冊目の詩集で受賞した三井さんは「生きるいとおしさを見つめる詩を書いていきたい」と話した。

 この後、大阪文学協会理事の細見和之さんらを聞き手に、選考委員で作家の辻井喬さんが「私にとっての小説と詩」について語った。作家の小池昌代さんと詩評論家山田兼士さんの対談もあった。

36よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/28(日) 14:32:36 ID:4SaOkcz.0
アラスカ先住民、「言霊」宿った神話語る 大阪で29日
2010年11月28日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201011270183.html

 アラスカ先住民の神話の語り部で、写真家の故星野道夫さんとも親交が深かったボブ・サムさん(56)が29日、大阪市福島区で神話を語る「ストーリーテリング」を開く。主催は、ボブさんと一緒に神話や伝統文化を考える活動を続ける写真家の赤阪友昭さん(47)=同区。赤阪さんは「ボブの神話には『言霊』の存在を感じる。言葉が軽んじられがちな現代に、その重みを味わってほしい」と話す。

 赤阪さんによると、アラスカの先住民クリンギット族のボブさんは、長老たちから「声が独特だ」と認められ、語り部に選ばれた。口承で神話を覚え、「語り」を磨こうと欧州に赴いてボイストレーニングをした経験も持つ。神話のルーツを探って日本を訪れ、アジアとアラスカの民族的なつながりを感じた。また日本人の自然信仰に対して共感し、何度も来日している。

 ボブさんの地元では100年前に伝染病がはやり、先住民が避難した際、欧米人が遺品や遺骨を持ち去って博物館などに保管されているという。ボブさんはこれらの返還を求める運動や、荒れ果てた祖先の墓地の清掃活動にも取り組んでいるという。

 赤阪さんは親しかった星野さんの死後、星野さんから聞いていたボブさんに会おうとアラスカを訪問した。「ワタリガラス」が世界をつくり、生き物に魂を与えるという神話を語るボブさんの口調や、神話そのものに興味を持った。ボブさんと一緒に、クリンギット族とアイヌがお互いの神話を語って交流する催しを北海道で開いたり、星野さんの思いを次世代に引き継ぐためにアラスカにトーテムポールを建立するプロジェクトを進めたりしてきた。

 赤阪さんは「ボブの語りは、演劇のようなパフォーマンスがあり、まるで一人芝居を見ているよう。彼の語る世界にどっぷり漬かってほしい」と話す。

 午後7時から、赤阪さんが運営する大阪市福島区鷺洲2丁目の「フォトギャラリー・サイ」で。参加費2500円。事前予約が必要。問い合わせ、申し込みは同ギャラリー(info@photo-sai.com)へ。(染田屋竜太)

37よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/28(日) 14:50:10 ID:4SaOkcz.0
大阪を映画ロケのまちに ”町内会映画”第2弾
2010年11月28日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101128/20101128024.html

 大阪を“映画ロケのまち”として発信する「大阪スタジオプロジェクト」の第2弾映画「LLAMADA」(ジャマーダ)の試写会が21日、大阪氏北区のビジュアルアーツ専門学校で行われた。

 同プロジェクトは、大阪を自主制作映画の“ハリウッド”にしようと、映像クリエーターのTOYOKIさん(42)が提唱。昨年第1弾映画を発表した。

 第2弾映画は、TOYOKIさんが拠点を置く平野区がロケ地で、出演者やスタッフ、撮影場所などすべて一般の平野区民が協力した“町内会映画”として制作。ヤクザ社会を舞台に、複雑に絡み合う3人の男の心の葛藤(かっとう)と悲しい運命を描いた。

 舞台あいさつでは、映画初出演となる平野区の住民らが「血まみれのシーンが多く大変だった」など撮影の裏話やお気に入りのシーンを紹介。試写会には撮影に協力した平野区民も訪れ、上映後には大きな拍手が送られた。

 監督を務めたTOYOKIさんは「一般の人に映画制作の楽しさを知ってもらい、すそ野を広げることが狙い。これからも町内会や商店街単位で映画を作り、大阪が映画制作に理解のあるまちと思われるようになれば」と話していた。

38よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/28(日) 15:00:02 ID:4SaOkcz.0
守り刀などの展覧会
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005340371.html

子どもたちの健やかな成長を願ってつくられた守り刀や国宝の日本刀などを紹介する展覧会が大阪で開かれています。
この展覧会は、全国各地の刀鍛冶でつくる全日本刀匠会などが、伝統の工芸技術を広く知ってもらおうと、大阪・中央区の大阪歴史博物館で開いています。
会場には、古くから受け継がれてきた守り刀や国宝の日本刀、それに現代の名工が鍛えたコンクールの入賞作品など約100点が展示されています。
このうち、ことしのコンクールの総合の部で最優秀に輝いた和歌山県の安達貞茂さんの脇指は、龍が彫り込まれた刀身と漆が塗られたさやの組み合わせが高い評価を受けました。
また、南北朝時代につくられた国宝の「江雪左文字」は、小田原の北条家から秀吉へ、秀吉から徳川家へと、権力の象徴として受け継がれたということです。
会場近くでは、和服と守り刀をテーマにしたファッションショーも開かれ、訪れた人たちを楽しませていました。
この展覧会は来月26日まで開かれています。

11月28日 12時39分

39よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/29(月) 22:00:33 ID:GxjtFI8g0
天神橋筋に古書店増えたで 関大生が29店のマップ作成
2010年11月29日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201011280124.html

 日本一長いことで知られる天神橋筋商店街(大阪市北区)周辺に近年、古書店が急増している。その実態を関西大学の学生らが調べ、リストアップした29店を手描きの地図にした。今後、地図をもとに古書店同士の横のつながりをつくっていきたいという。

 地図を作ったのは、同大学の「社会的信頼システム創生センター地域研究・連携拠点」(同区天神橋3丁目)でリサーチアシスタントを務める同大学院生の松岡慧祐さん(28)と、社会学部4年の池田奈緒さん(23)、川辺陵司さん(22)。

 3人は9月ごろ、同センター近くの老舗(しにせ)古書店「天牛書店」の主人に「この辺、古書店が増えたなあ。多いけど、どのぐらいあるのか、わからんわ」と聞き、興味を持った。42年前に同区黒崎町の青空書房が作った近隣古書店マップには、4〜6丁目の6店舗だけで1〜3丁目にはなかった。しかし今回、商店街と付近を歩いたところ29店を確認。調査票を作って聞き取りをした結果、経営者はみな初代で、最近10年に開店したところが多かった。

 松岡さんは「古書店は、衣料品店や食料品店と違い、集積するほど、集客効果が上がる。寄席の繁昌(はんじょう)亭が出来て、人通りが増えたことも影響しているようだ」とみる。各店が「映画ポスター専門」「幻想・怪奇小説」「コミック」「近代美術」「演芸」などの得意分野を持ち、すみ分けていることもわかった。

 近年の売り上げは景気の影響を受けて減少気味。売り上げの平均2割程度を、インターネット上での販売が占めるという。

 地図は池田さんが古書店主らの意見を聞きながら手描きした。「緒方洪庵墓所」「川端康成生誕之地碑」などの史跡や川、橋、通りの名などを書き込み、地図を手に散歩も楽しめるよう心がけた。裏面には29店のコメントと営業日、電話番号を入れた。

 3千部作り、無料配布している。問い合わせは同大学リサーチアトリエ(06・6940・4340)へ。(阿久沢悦子)

40よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/29(月) 22:30:58 ID:GxjtFI8g0
■阪大病院 欧州の患者への心臓再生治療
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE101129172800410396.shtml

 日本の最先端医療を受けるため、患者が来日です。

 大阪大学付属病院が行う世界初の心臓再生治療のため、中東とヨーロッパからの男性2人が29日、入院しました。

 来日したのはサウジアラビア人(58)とフランス人の患者(57)2人で、共に重い心臓病だということです。

 阪大病院では3年前、弱った心臓に自分の足の筋肉細胞を培養してシート状にしたものを貼り付け、心機能を回復させる再生治療を世界で初めて成功させました。

 2人はこの治療法を地元のテレビや新聞で知り、治療を受けたいと希望してきたということです。

 「先生、日本語で。英語話せない」(通訳)

 サウジアラビア人の男性が話すのはアラビア語のみ。

 イスラム教徒のため食事にも気を遣います。

 「豚肉の入っているのは一切だめ」(通訳)
 「“だし”とかそういうのは?」(看護師)
 「だめです」(通訳)

 病院側も通訳をつけて男性の治療にあたるなど、万全の態勢で治療に臨みたいと話しています。

 「日本で初めて発明した世界にない医療。いろんな国の人を助けていきたい」(心臓血管外科 澤芳樹教授)

 男性らは12月1日水曜日に足の筋肉から細胞を採取して、培養が成功すれば再来日する予定で、治療費については大学が研究費として負担するということです。
(11/29 19:06)

41よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/29(月) 22:56:03 ID:GxjtFI8g0
イーマで谷口智則さん絵本原画展−ワークショップやライブペインティングも
http://umeda.keizai.biz/headline/927/

 梅田の商業施設「E〜ma(イーマ)」(大阪市北区梅田1、TEL 06-4796-6377)で11月26日、「2010 E〜ma’s Xmas Circus 谷口智則絵本原画展」が始まった。

 今年9月、フランスの出版社・Le petit lezard社から出版された「PINOCCHIO MARIONNRTTE DE FER」(3,150円)と、11月にBNN新社から出版された「Animal Dreaming〜夢の遊園地〜」(2,520円)。同展では2冊の絵本の世界を「Xmas Circus」と題し、オブジェと原画で一つの世界観を作った。

 「PINOCCHIO」は、体が鉄でできたピノキオが毎日操られ続け体がさびてしまい、芝居小屋を追い出される。森を抜け出したピノキオは1人で芸を練習し始める…というストーリー。「普通のピノキオは木でできているが鉄でできていて、操られているから体がさびていくということを表現したかった」(谷口さん)。「Animal Dreaming」は、地球温暖化や森林伐採により住む場所がなくなった8種の絶滅危惧種の動物が登場し、サンタクロースに「夢の遊園地」に連れて行ってもらうという作品。

 同館1階南エントランスアトリウムには、ピノキオや動物たちが乗ったサーカスのパレードカーが登場。パレードカー内部には「Animal Dreaming」の原画を展示する。多目的ギャラリースペース「ディーバ」では、「PINOCCHIO」の原画と、操り人形ピノキオのオブジェを展示。27日・28日には、幅約5メートルの壁面を使いピノキオの絵本の一場面を公開制作した。

 12月11日には、谷口さんのポストカードや古新聞などを再利用したサーカスフラッグ作りのワークショップを開く。参加費は1,000円で、定員30人。同日、来場者が願い事を書いた紙を貼り付け、巨大なスノーマンを作るワークショップも同時開催。展覧会でよくワークショップを開く谷口さんは「特に子どもは作るものが面白い」と話す。

 同12日には、パレードカーの裏面壁を使い、来場者からリクエストされた動物を描き1枚の絵を完成させるライブペインティングも予定する。同23日には、谷口さんのポストカードを使い飛び出すカードを作るワークショップも。ポップアップカード作りは、参加費=1,000円、定員=30人。申し込みは「bookmark bibliotheque」(TEL 06-4799-1333)まで。

 期間中、同館地下1階「cafe&books bibliotheque」と地下2階「bookmark bibliotheque」では、絵本やカレンダー、グッズなども販売する。

 12月2日からは、香港最大のショッピングモール「ハーバーシティ」でも大規模な展覧会を開催する谷口さん。次回作については、「今年はハイペースだったので、次はゆっくり考えたい」。

 開催時間は11時〜21時。12月26日まで

42名無しさん:2010/11/30(火) 10:00:59 ID:lOyxxBPE0
■阪大病院 欧州の患者への心臓再生治療
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE101129172800410396.shtml
日本の最先端医療を受けるため、患者が来日です。

 大阪大学付属病院が行う世界初の心臓再生治療のため、中東とヨーロッパからの男性2人が29日、入院しました。

 来日したのはサウジアラビア人(58)とフランス人の患者(57)2人で、共に重い心臓病だということです。

 阪大病院では3年前、弱った心臓に自分の足の筋肉細胞を培養してシート状にしたものを貼り付け、心機能を回復させる再生治療を世界で初めて成功させました。

 2人はこの治療法を地元のテレビや新聞で知り、治療を受けたいと希望してきたということです。

 「先生、日本語で。英語話せない」(通訳)

 サウジアラビア人の男性が話すのはアラビア語のみ。

 イスラム教徒のため食事にも気を遣います。

 「豚肉の入っているのは一切だめ」(通訳)
 「“だし”とかそういうのは?」(看護師)
 「だめです」(通訳)

 病院側も通訳をつけて男性の治療にあたるなど、万全の態勢で治療に臨みたいと話しています。

 「日本で初めて発明した世界にない医療。いろんな国の人を助けていきたい」(心臓血管外科 澤芳樹教授)

 男性らは12月1日水曜日に足の筋肉から細胞を採取して、培養が成功すれば再来日する予定で、治療費については大学が研究費として負担するということです。
(11/29 19:06)

43よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/30(火) 18:30:21 ID:G3SyOdWw0
ジャズ:関西ジャズ界、今熱い 米音楽祭で好評若手5人、神戸で再集結ライブ /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20101130ddlk27040399000c.html

 ◇きょう開催
 不透明な時代に音楽で潤いを−−。関西ジャズ界は有能な若手が多く、彼らを支える動きも活発。今、シーンは結構熱いのだ。

 ジャズ発祥の地・米ニューオーリンズでの4月の音楽祭。野外で関西在住の高橋知道さん(29)=サックス▽福代亮樹さん(24)=同▽大友孝彰さん(24)=ピアノ▽宮上啓仁さん(28)=ベース▽斎藤洋平さん(31)=ドラム=が演奏した。「繊細さがいい」と聴衆の米国人(26)。

 彼らが再集結するライブが30日、神戸市中央区元町通1のカフェ萬屋宗兵衛で開かれる。主催者は、ハードバップを基調とした「GINGERBREAD BOYS」ベース、権上康志さん(25)。大友さんと斎藤さんもメンバーだ。

 売れぬCD、聴衆の少ないライブ。権上さんは「若手が積極的に行動し、シーンを盛り上げたい」。高橋さんと宮上さんも加わる「石田ヒロキ&Friends」なども出演する。

 高橋さんと権上さんたちは今年、レーベル「JAZZLAB.RECORDS」から全国デビューCDを発表した。同レーベルは関西唯一の無料ジャズガイド誌発行人の藤岡宇央さん(32)が運営。同世代の奮闘に心打たれ、「彼らの音を記録しよう」と思い立った。午後7時開演。問い合わせは078・332・1963。【河出伸】

44よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/30(火) 19:11:19 ID:G3SyOdWw0
2010年11月30日
アジア太平洋研究所 下妻氏、来年4月設立に意欲
http://www.sankei-kansai.com/2010/11/30/20101130-046671.php

 関西経済連合会会長を務める下妻博・住友金属工業会長らが設立を目指すシンクタンク「アジア太平洋研究所(API)」の推進協議会(下妻会長)は29日の臨時総会で、関西社会経済研究所など既存の機関との提携や統合も視野に入れて検討していく方針を確認した。来春に開く総会で、設立するかどうかを含めて最終的に判断する。

 APIは当初、昨年秋に設立の可否を判断する計画だったが、今秋に延期した経緯がある。この日の臨時総会で再び判断の先送りを余儀なくされ、設立協議は難航が続いている。

 臨時総会後、産経新聞などの取材に対し、下妻氏は「来年4月には設立したい」と不退転の決意を語った。一方で「類似の機能を持つ研究機関もある」「設立後の運営形態が不透明」などと、関経連副会長の中にも慎重論がある。

 下妻氏は関西財界でつくる関西社会経済研究所をAPIと統合する構想を練る。あくまで設立にこだわる姿に「(来年5月の任期満了を前に)目に見える成果を残したい、との執念ではないか」(財界関係者)との声も上がっている。

45<削除>:<削除>
<削除>

46よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/30(火) 20:16:15 ID:G3SyOdWw0
「ブルガリア映画見に来て」留学生がPR 大阪・西区九条で公開中
2010.11.28 01:48
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/osaka/101128/osk1011280149000-n1.htm

 昨年の東京国際映画祭でグランプリなど3冠に輝いたブルガリア映画「ソフィアの夜明け」が大阪市西区九条のシネ・ヌーヴォで公開されており、吹田市の総合研究大学院大学の文化科学研究科(国立民族学博物館)で学ぶブルガリア人留学生、ヨトヴァ・マリアさん(32)が宣伝担当者とともに産経新聞大阪総局を訪れ「珍しいブルガリア映画を見にきて」とPRした。

 ブルガリアの首都、ソフィアが舞台。孤独な青年芸術家が美しいトルコ人女性と出会い、希望をつかみとろうとする内容で、同国が抱える課題なども浮かび上がらせている。

 ソフィア郊外出身のマリアさんは「ブルガリアといえば、ヨーグルトや大相撲の琴欧洲関くらいしか浮かばないかもしれないけど、人は親切で街も美しい」と強調、「映画でも困っている人を助けようという精神が描かれ、それが明日への希望につながるというメッセージが感動的です」とPRした。

 問い合わせは、シネ・ヌーヴォ((電)06・6582・1416)。

47よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/11/30(火) 20:36:28 ID:G3SyOdWw0
聴衆の出資でオーケストラ公演 小口で広く「大阪方式」
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201011290093.html

 聴衆からチケット代程度の出資を広く募り、集まりが悪ければ「お流れ」もあり。そんなオーケストラ公演が大阪で始まった。銀行が資金集めの窓口を引き受ける。開催費用を小口に均等割りして募るこの試みを、発案した銀行は「大阪方式」と呼ぶ。楽団支援の新しい仕組みになる可能性もある。

    ◇

 演奏会は来年2月2日に大阪市のいずみホールであり、関西フィルハーモニー管弦楽団を首席指揮者の藤岡幸夫さんが振る。資金集めの窓口は関西フィルのメーンバンク近畿大阪銀行(大阪市)だ。

 出演料、ホール代など開催費400万円を座席数とほぼ同じ800口(1口5千円)に分けて10月に募集を開始。振込手数料はかからず、出資に応じて入場券がもらえる。出資のみで入場券不要という選択もできる。

 法人・個人335人が応じ、約1カ月で完売した。大口は、50口引き受けた1社のみで、9割以上は1、2口。「支援は広く浅く」という狙いにほぼ沿う結果となった。「経済状況に左右されず文化活動を支える新しい仕組みとして定着させたい」と、近畿大阪銀行の桔梗芳人社長は説明する。

 オーケストラ公演には1公演あたり数百万〜数千万円かかり、小口の出資でまかなうにも取りまとめが難しい。日本オーケストラ連盟も「聞いたことがない」と話す。

 この企画は、同銀行を傘下に持つりそなホールディングス(HD)の地域貢献活動「リーナル」の一環。今年発足10周年を迎えた同銀行が、創立40周年の関西フィル、開館20周年のいずみホールに呼びかけた。銀行の取り分はゼロだが、「おもろいことをする銀行だから資金運用も任せよう」という新規顧客の獲得に向けた投資と位置づける。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201011290093_01.html

 曲目はまだ決まっていない。藤岡さんは「お金を出してくださった方の意見も反映させ、通常の演奏会と違うことを考えたい」という。関西フィルの西濱秀樹事務局長も「大勢の思いを結実させる演奏会にしたい」と語る。

 多数の楽団員を抱えるオーケストラは人件費の塊。チケットの売り上げと、演奏を頼まれた時のギャラが収入の柱だが、福祉施設での演奏のように利益を見込めない場合もある。自前の稼ぎでは運営費をまかなえず、公的助成や民間寄付で赤字を埋めているのが実情だ。今回の試みは楽団にとって、公演の資金調達を無償で銀行に外注した形だ。

 今回は無事資金が集まったが、同じ手法で企画した大阪交響楽団と関西二期会の歌手が出演する演奏会は、公演を延期した。りそな銀行を窓口に1口1万円で500口募集したが、応募はまだ約100口にとどまる。

 同行は開催を優先して企業に100口、200口依頼することも考えたが、それでは従来のスポンサー獲得の仕組みと変わらないので踏みとどまった。「『大阪方式』を定着させるには、ここが我慢のしどころです」。発案した、りそな銀行法人ソリューション営業部の藤原明アドバイザーはそう話す。(星野学)

48よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/02(木) 20:25:43 ID:MwGbcoYs0
展覧会:天王寺谷卓三、初の回顧展 洋画手法で日本の風景追求−−兵庫 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20101202ddlk27040391000c.html

 ◇5日まで、芦屋市立美術博物館
 大阪市立美術館付設美術研究所で後進の育成に当たった洋画家、天王寺谷卓三(1919〜90)の初の回顧展が、兵庫県芦屋市伊勢町の芦屋市立美術博物館で開かれている。5日まで。

 同市出身の天王寺谷は関西洋画壇で活躍する傍ら大阪市教育委員会に勤め、終戦直後から同研究所の開設に奔走した。研究所に通う研究生には写生の重要性を説き、日本各地への写生旅行に引率した。

 この展覧会でも「近畿地方」「東北・北陸地方」など題材となった場所ごとに展示を構成。山並みや農山漁村を描いた作品は一見素朴だが、土地の空気や目の前にそびえる寺院の重量感が伝わってくる。ヨーロッパから入ってきた洋画の手法でいかに日本を表現するかを試行錯誤し、日本の風景の表現を追求した画家の生涯をたどることができる。【手塚さや香】

49よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/02(木) 20:29:47 ID:MwGbcoYs0
学生音コン:全国大会 声楽部門大学・一般の部、林さん輝く1位 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20101202ddlk27040339000c.html

 ◇「自分の表現で感動を」
 「信じられません」−−。横浜市の横浜みなとみらいホールで11月30日に開かれた第64回全日本学生音楽コンクール全国大会(毎日新聞社主催、同市共催、NHK後援、ANA・島村楽器・三菱商事協賛)の声楽部門大学・一般の部で、大阪音楽大4年の林佑子さん(22)=奈良県吉野町山口=が見事、1位に輝いた。

 「これまでやってきたことをしっかり出そう」。この一念で舞台に上がった。「自分を信じてやりなさい」。前日、指導教官から届いた励ましのメールが支えだった。みなとみらいホールで歌うのは今夏にあった別のコンクールに続いて2度目。「よく響く会場なので、自然に任せようかな、と」

 クラシック好きの父の影響で、幼稚園のころからCDを聴いて育った。小1からピアノを始めたが、声楽の道に入ったのは高校で合唱部に入ってから。当初は伴奏が目標だったが、「歌声の魅力に引かれました」という。24歳の姉と19歳の妹がいる。姉妹ともピアノを弾く。佑子さんの活動のよい理解者だ。

 夢は、プロのオペラ歌手。歌詞が分からない人にも「自分の表現で感動してもらえるような、そんな歌手になりたいですね」。【三枝泰一】

 ◇「何度も結果見直した」バイオリン高校の部、1位の松岡さん喜び
 一方、11月29日に同ホールで開かれたバイオリン部門高校の部は、大阪市の相愛高2年の松岡井菜(せいな)さん(17)=神戸市北区筑紫が丘=が1位に輝いた。

 「(自分の名前は)ないだろう」と思っていたが、張り出しを見た父が遠くから人差し指を上げて知らせてくれた。「信じられなくて何度も(発表の用紙を)見直しました」と喜ぶ。

 昨年は大阪大会3位で全国大会出場を逃したが、今年は1位で勝ち上がって初出場。いつか弾きたかったブルッフの「スコットランド幻想曲」を弾いた。「第1楽章に、ただ悲しいだけでなく哀愁や郷愁が濃く出ている。寒い朝の澄んだ空気の匂いがする曲で、先生も賛成してくれたから」。曲を深く読み込んでの選択だった。

 将来の夢は「バイオリニスト兼指揮者」。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」のメンバーで、「バイオリンはメロディーばかりを弾くけど、音楽を作り上げる指揮者の仕事がより広い」と話す。音楽について語りながらキラリと目が輝いた。【藤田裕伸】

50よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/03(金) 21:55:54 ID:k6Aqmprc0
ホルモン:「春を告げるホルモン」働き、マウスで解明−−理研・近畿大
http://mainichi.jp/kansai/news/20101203ddn002040016000c.html

 ◇統合失調症など治療ヒントにも
 日が長くなることによる「春の到来」を知らせる動物体内のホルモンの働きを、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)と近畿大が明らかにした。日照時間の変化は、うつ病に似た症状の季節性情動障害や、統合失調症などに関わるとされ、成果は病気の治療に役立つ可能性があるという。米科学誌「カレントバイオロジー」(電子版)に3日、論文が掲載された。

 理研の上田泰己(ひろき)プロジェクトリーダーは08年、ウズラの下垂体の一部に日が長くなると作られるホルモンがあり、春に繁殖を活発にしていることを名古屋大と共同で見つけた。

 今回は近大の升本宏平助教とともに、同じホルモンを持つマウスを、1日の日照時間が8時間のグループと16時間のグループに分けて2週間飼育。その後、秋・冬に当たる8時間グループのマウスに対し、夜になるはずの時間に光を当てて、ホルモンと関連した遺伝子の有無や機能を調べた。16時間グループでは活発ではないある種の遺伝子が活性化されてホルモンを作る引き金になり、他の複数の遺伝子が後押ししていることが分かった。

 このホルモンはヒトにもあるとみられ、病気に関わっているらしい。上田さんは「日照時間を調節して遺伝子発現を抑えれば、症状を緩和できるかもしれない」と話している。【野田武】

51名無しさん:2010/12/04(土) 14:54:57 ID:WLRvktcQ0
NMB48、元日に初公演 大阪・難波

2010年12月4日

 人気女性アイドルグループ「AKB48」の大阪版「NMB48(エヌエムビーフォーティーエイト)」の初公演が来年1月1日から大阪・難波のNMB48劇場(シアター)で始まると、12月4日、発表された。12歳から18歳の25人が大阪市内のレッスン場で記者会見した。

 NMB48は東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続き、秋元康総合プロデューサーが手がける「会いに行けるアイドル」。オーディションへの7256通の応募から選ばれた第1期研究生25人が初公演を目指してレッスンを続けている。平均年齢は14.9歳。

 本拠となる劇場は、ワッハ上方(大阪府立上方演芸資料館)の地下。現在の「base(ベース)よしもと」が移転した跡を転用する。「チームN」として舞台に立つ16人は公演初日に発表される。

 ピンクのヒョウ柄の衣装で登場した研究生の山本彩(さやか)さん(17)は「平均年齢が若いので、フレッシュさを出していきたい」と話した。秋元総合プロデューサーは「みんな歌と踊りのスキルが高いので、難易度の高い公演にしました」とビデオでコメントを寄せた。(佐藤圭司)

http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201012040043.html


ワッハホール消滅の理由がこれですか

52よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/05(日) 19:11:52 ID:5eLabU0c0
人工網膜で視力回復
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005651521.html

病気で失明した患者の目に人工の網膜を埋め込むことで視力を取り戻そうと進められている大阪大学の臨床試験で、患者が、光を感じ取り机の上に置いた物の位置を認識できるまでに視力を回復できたことがわかりました。
人工の網膜は、縦横7ミリほどの大きさの基盤に電流を流す電極を取り付けたもので、患者の目に埋め込んで使います。
目の代わりとなる小型カメラから、無線で映像を送ると、電極から微弱な電流が視神経に伝わり、患者には物の形を示す、光の点が見える仕組みです。
大阪大学の不二門尚教授らの研究グループでは、目の網膜の細胞が壊れる「網膜色素変性症」で視力を失った女性患者2人に、人工網膜を1か月間埋め込み、効果や安全性を調べました。
その結果、患者は、いずれも光を感じ取ることができるようになり1人は、机の上に置いた茶わんや箸箱の位置がわかるようになるまで視力を回復できたということです。
これまで、数時間だけ人工網膜を埋め込む試験で、光を認識できることは、確認されていましたが、人工網膜を装着したまま日常生活を送り、1か月にわたって効果と安全性を確認できたのは、国内で初めてです。
今回の研究成果について、不二門教授は、「2年後には、より性能の良い新型の人工網膜を使った試験を行う予定で、周囲の物の位置を認識し、つえ無しでも一人で歩けるようにしたい。」と話しています。

12月05日 12時28分

53名無しさん:2010/12/07(火) 00:11:20 ID:btK9vXpQ0
骨を壊す細胞を制御 阪大、骨粗鬆症の新薬開発へ
2010年12月6日

骨を壊す細胞の動きを制御する新たな手法で骨粗鬆(こつそしょう)症のマウスを効果的に治療することに、大阪大免疫学フロンティア研究センターの石井優准教授らが成功した。新しい作用メカニズムを持つ骨粗鬆症治療薬の開発に道を開く成果で、製薬企業と共同で新薬開発を目指す。米医学専門誌に6日、論文が掲載された。

骨がもろくなる骨粗鬆症は、骨を破壊する働きがある「破骨細胞」が血液中から骨の表面に過剰に移動、接着することで起きる。

現在の主な治療薬は、骨に接着した後の破骨細胞を攻撃するタイプ。これに対し石井准教授らの研究チームは、骨に近づいてきた破骨細胞を血液中に追い返し、寄せ付けないようにする新手法を見いだした。

研究チームは、破骨細胞の動きを制御している特殊な脂質に着目。この脂質からの指令をブロックし、破骨細胞が骨に近づくのを防ぐ物質を骨粗鬆症のマウスに投与した。その結果、何も投与しない場合と比べて骨密度が5割増え、症状をかなり改善できることが分かった。

現在の治療薬は骨の表面に接着した破骨細胞を壊すので、その部分の骨が逆にもろくなることがあるが、こうした副作用も起きないという。異なるメカニズムの薬が登場すれば、新たな治療戦略が可能になる。

石井准教授は「現在の薬よりも早い段階で作用するので、高い効果と安全性が期待でき、画期的な治療法につながる可能性がある」と話している

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101207/trd1012070002000-n1.htm

54名無しさん:2010/12/07(火) 07:58:57 ID:ht/wi3WE0
>>51
> ピンクのヒョウ柄の衣装で登場した研究生の山本彩(さやか)さん(17)は「平均年齢が若いので、フレッシュさを出していきたい」と話した。秋元総合プロデューサーは「みんな歌と踊りのスキルが高いので、難易度の高い公演にしました」とビデオでコメントを寄せた。(佐藤圭司)

秋元のような東京人はなんでヒョウ柄に固執するんだ?
間違った大阪人像を押し付けられるのはうんざり。

大阪を題材にした曲を作った秋元でさえこんな具合。
東京人の"ヒョウ柄馬鹿"は根深いと思う。

55名無しさん:2010/12/07(火) 10:40:56 ID:fox.VTZE0
これはいい名称ですね。
大学を出るまでに、専門科目の他に、英語、統計学などは必ず学んでほしいものです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20101207-OYT8T00095.htm

「グローバルリーダーズ」
進学指導特色校に通称
 府教委が来年度、進学実績の高い北野、天王寺など府立高校10校に開設する「進学指導特色校」の通称を「グローバルリーダーズハイスクール」とする方針を固めたことがわかった。橋下知事の意向を受け、進学指導だけでなく、各界のリーダーを育成する目標を強調した。17日の府教育委員会議で正式決定する。

 10校に設置される「文理学科」(定員各160人)では、来春入試から府内全域の優秀な生徒を募集し、実験実習設備など最先端の教育環境を整備。共通の学力テスト実施や生徒の短期留学などを計画している。

 11月上旬に府教育委員らと韓国の教育現場を視察した橋下知事は「『進学指導特色校』の名称では日本の大学に入ることだけが目標とのイメージがついてしまう。政治や科学技術、色々な分野のリーダーをしっかり養成していきたい」と話していた。

(2010年12月7日 読売新聞)

56名無しさん:2010/12/07(火) 10:46:36 ID:fox.VTZE0
ただ、文理学科のような選抜方式が優れているかはよくわかりません。
北野、天王寺、茨木などは、学力、内申点の両方が高い学区内の生徒を育て上げて、国公立大学に送り出してきたことが売りだったはず。
学力だけが高い学生を府内全域から集めて、進学実績が上がるのは当たり前なんだよね。

57よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/07(火) 20:32:35 ID:mEArdLGM0
>>56

>学力だけが高い学生を府内全域から集めて

 その学生のレベルを今まで以上に高めて国際的に通用するようにしたいのでしょう。

58よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/07(火) 20:40:40 ID:mEArdLGM0
高島屋レストラン街に岡本太郎さんの巨大タイル画−来年3月に復活
http://namba.keizai.biz/headline/1615/

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)のレストラン街「なんばダイニングメゾン」7階エントランスロビーに来年3月、岡本太郎さんのタイル画「ダンス」が飾られることになった。

 同作品は、高島屋資料館が所在する高島屋東別館(浪速区日本橋3)1階に、木製パネルで覆われ壁面に固定される形でひっそりと保存されていたモザイクタイル画。縦2メートル35センチ、横3メートル49センチの巨大なもので、38色のタイルを約5万7,400枚使用している。

 高島屋大阪店の開業と同時にオープンし「東洋一」といわれた大食堂に飾られていた(1952年〜1969年と推定)もので、同時期に東京日本橋高島屋の地下通路壁面に設置されていたタイル画「創生」と対を成す作品。

 2011年は岡本さんの生誕100年の節目で、同店は「TARO100祭」プロジェクトに参加。当時製作に携わったINAX(当時の社名は「伊奈製陶」)の協力を得、同タイル画の修復と蘇生に取り組んでいる。

59名無しさん:2010/12/07(火) 20:46:52 ID:K9Th8GH60
東大が天辺なんって変な風潮より、世界は広いんだって教えることは
いいことだよ、ローカルからグローバルが標準になればいい。

東京行ってドメスティック思考で人材が死ぬより
世界相手に勝負すれば、別に基盤はローカルでも何の問題もない事を
高校生に理解させるべきだ。

60よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/08(水) 21:30:23 ID:dKDNZvEU0
2010年12月 8日
草稿や釣り道具...開高健生誕80年展 来年2月、なんばパークス
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/08/20101208-046989.php

 芥川賞受賞作「裸の王様」などで知られる作家、開高健さん(1930〜89年)の草稿や書簡などを集めた「生誕80年 大阪が生んだ開高健展」が来年2月、大阪市浪速区のなんばパークスで開かれる。開高さんが学んだ大阪市立大学が創立130周年記念として企画した。

大阪市大創立130周年記念で企画

 開高さんは大阪市生まれ。大阪市立大卒業後、寿屋(現サントリー)で宣伝の仕事に携わり、昭和32年に芥川賞を受賞した。その後「ベトナム戦記」「オーパ!」などの作品を発表し、ルポや釣り文学などで新境地を開拓。平成元年に食道がんのため58歳で死去した。

 同展の会期は2月11〜20日。なんばパークス7階のパークスホールで、草稿などのほか写真や釣り道具、映像資料など約200点を展示する。

 初日は、同大の西澤良記学長らが出席するオープニングセレモニーのほか、趣味の釣りで開高さんにゆかりがある、釣り文化協会の來田仁成氏によるギャラリートークを予定。13日には、開高さんと旧制天王寺中学校で同級生だった作花済夫・京都大学名誉教授によるトークも行われる。

 午前11時〜午後8時(最終日は午後6時)。入場料は一般・大学生300円。

61よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/08(水) 21:32:32 ID:dKDNZvEU0
2010年12月 8日
タチウオ生態 1月下旬まで公開 海遊館
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/08/20101208-047008.php

 泳ぐ姿から命名されたともいわれる魚、タチウオ。飼育が難しいことから、実際に泳ぐ姿を見る機会は少ないが、海遊館(大阪市港区)で来年1月下旬まで、その貴重な生態が観賞できる。

 公開されているのは、今年11月に和歌山県由良町沖の定置網で捕獲されたタチウオ約40匹。体長は70〜80センチで体色は銀白色。泳ぐスピードは遅く、長い背ビレを波打つように動かしながら“立ち泳ぎ”する姿は実にユーモラス。「体を立てて泳ぐ姿がまるで“剣(つるぎ)の舞”のようだ」と来館者の人気を集めている。

 タチウオは食卓ではおなじみの魚だが、体にうろこがないため皮膚が傷つきやすく、長期飼育も難しいことから、水槽越しに観賞できる機会は全国的にも珍しいという。

 タチウオは亜熱帯や温帯海域に生息。弱い皮膚とは対照的に歯は鋭く、エサを狙って頭を上にした状態で泳ぎ、通り過ぎる獲物を捕食する。遊泳する姿から「立魚」と呼ばれるが、太刀に似ていることから「太刀魚」とする説など、名の由来には諸説ある。

62よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/08(水) 21:38:04 ID:dKDNZvEU0
2010年12月 7日
現代アートと知的財産 17日、大工大で公開シンポ
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/07/20101207-046949.php

 知的財産と表現の自由の共存の可能性を探る公開シンポジウム「現代アートと知的財産」が17日、大阪市北区の大阪工業大学大阪センター(梅田サテライトキャンパス)で開かれる。同大の学生が企画、運営するイベントで、一般の参加を呼びかけている。

一般の参加募る

 高級ブランドの意匠を利用した作品「バッタもん」で知られる美術家の岡本光博氏と、芸術文化活動にかかわる人たちの自由な表現を支援する活動を行っている作田知樹氏が講演。その後、パネルディスカッションを行う。

 当日は午後1時からのプレ企画に続いて、同2時からシンポジウム。同4時から岡本氏らを囲んでティーパーティーを開く。パーティーのみ有料(500円)。問い合わせは同大学知的財産学部事務室(電話06・6954・4425)へ。

63よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/08(水) 21:49:34 ID:dKDNZvEU0
本番に向け最終調整 OSK日本歌劇団ミュージカル
2010年12月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101208/20101208025.html

 昨年で姉妹都市提携30周年を迎えた大阪市とロシア・サンクトペテルブルクの交流事業として10日から上演されるOSK日本歌劇団(大阪市北区)のミュージカルロマン「女帝を愛した男?ポチョムキンとエカテリーナ?」の稽古場(同)に7日、在大阪ロシア連邦総領事館や大阪市の関係者が訪れ、劇団員を激励した。

 同作品は小鉢誠治、矢田和也両氏の作、鈴木健之亮氏の演出。18世紀中ごろのサンクトペテルブルクを舞台に、ロシア軍の一兵士だったポチョムキンと女帝エカテリーナの愛の物語を描く。出演は桜花昇ぼる、高世麻央、朝香櫻子、桐生麻耶、緋波亜紀、牧名ことりら。

 この日は約90分の作品を通し稽古し、本番に向けて最終調整を行った。同領事館のD・M・カレーニンさんは祖国を題材にした作品を「とても興味深い」といい、大阪市政策企画室理事の西宇正さんは「公演を通し両国の友好がよりいっそう深まるといい。大阪市をホームタウンとするOSKを心から応援している」と声援を送った。

 公演は10日午後6時半、11日午前11時半・午後3時・同6時半、12日午前11時半・午後3時。会場は天王寺区の大阪国際交流センター大ホール。

64名無しさん:2010/12/09(木) 12:26:59 ID:P9ols5yI0
液晶制御、駆動電力を100分の1以下に 阪大が成功
2010年12月9日
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201012090044.html
 液晶画面を制御する薄膜トランジスタ(TFT)の駆動電力を100分の1以下にすることに大阪大産業科学研究所などのチームが成功した。TFTの基板上にはる二酸化シリコンの膜を独自の手法で薄く均一にして、省電力を実現した。同じような構造をもつシリコン太陽電池の効率向上にもつながる技術という。

 米国で開かれている国際電子デバイス会議(IEDM)で、現地時間の7日に発表した。

 TFTはガラス基板の上にシリコン、二酸化シリコン、金属を層状に重ねた構造をもつ。シリコン層の上から二酸化シリコンを吹きつけて膜をつくるが、厚くてむらがある膜になり、内部に空洞ができる弱点もあった。

 同研究所の小林光教授(半導体材料)らは基板上のシリコン層に高濃度(68%以上)の硝酸をかけ、表面を二酸化シリコンに直接変える方法を考案。厚さが従来の4分の1で、しかも均一な薄膜をつくりだすことに成功した。

 TFTは二酸化シリコンの膜が薄いほど、低い電圧で動かせる。いまのTFTは12ボルトで動かしているが、小林さんらのTFTは1ボルトで駆動できた。消費電力は駆動電圧の2乗に比例するため、従来の144分の1に抑えられる。

 新手法には120度という低温の条件下で膜をつくれる利点もある。小林さんは「熱に弱い素材で基板をつくれるるようになれば、基板の素材の幅が広がる」と話す。(木村俊介)

65名無しさん:2010/12/11(土) 08:23:15 ID:yAcJihKo0
登録有形文化財に「大阪難波のランドマーク」南海ビルなど209件
2010.12.10 16:13
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101210/trd1012101614010-n1.htm

 文化審議会(西原鈴子会長)は10日、大阪市中心部にある南海電鉄難波駅のターミナルビル「南海ビル」や大津市の市旧大津公会堂など、28都府県の建造物209件を登録有形文化財にするよう高木義明文部科学相に答申した。登録数は計8348件となる。

 南海ビルは昭和7年、大阪市中心部を南北に通る御堂筋の南端に建築。コリント式の壁付円柱とアーチが連続する外壁に、飾り壺などの装飾を配した華やかで格調高い外観が、難波のランドマークとなっている。

 主な新規登録物はほかに、村野家住宅主屋など(東京都東久留米市)▽天竜浜名湖鉄道天竜川橋梁など(静岡県浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、森町)▽佛通寺(ぶっつうじ)多宝塔(広島県三原市)▽旧端出場(はでば)水力発電所(愛媛県新居浜市)−など。

 登録有形文化財は、原則として建設後50年が経過し、歴史的景観に寄与していることなどを基準に登録される。

66よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/11(土) 14:06:16 ID:hdUFIcI20
阪大チーム、バイオ燃料植物の全遺伝子を解読…生産性向上に期待 
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101211-OYO1T00150.htm?from=top

 環境にやさしいバイオ燃料として期待されている、中南米原産の植物「ナンヨウアブラギリ」の全遺伝子約4万1000個の解読に、大阪大の福井希一教授(遺伝子工学)らの研究チームが世界で初めて成功した。遺伝子の組み換えによる品種改良が可能になり、同燃料の生産性を向上させることができるという。13日の英国の科学誌「DNAリサーチ」電子版に掲載される。

 バイオ燃料では、トウモロコシなど食用の作物も利用されているが、価格の高騰を招くという問題がある。チームは、ナンヨウアブラギリが脂質を多く含む一方、食用ではなく、自動車などの産業用油として使用されている点に着目。ただ、脂質の生産性は低く、生産性を上げるには全遺伝子の解読が必要だった。

 チームは、レーザーなどでDNAの塩基配列を突き止め、脂質の合成にかかわる遺伝子の働きなどを明らかにした。福井教授は「半乾燥地域でも育ち、広い範囲で栽培できる。大きなエネルギー源になると思う」という。

(2010年12月11日 読売新聞)

67よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/11(土) 18:41:04 ID:hdUFIcI20
入学時の給付型奨学金制度を新設 大阪大学
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201012110027.html

大阪大学は2011年度以降の新入生を対象に、入学金にほぼ相当する25万円を給付する奨学金制度を新設すると発表した。対象は一般入試(前期日程)の合格者のうち、入試の成績が優秀で経済的な困難を抱える学生40人。09年5月に設立した「大阪大学未来基金」から拠出する。

68よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/12(日) 16:20:18 ID:.2M.avhU0
2010年12月12日
【こんにちは研究室 大阪大学】理学研究科宇宙地球科学専攻 土山明教授(56)
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/12/20101212-047185.php

 小惑星探査機「はやぶさ」が、6月に宇宙から持ち帰った微粒子の初期分析を担う研究チームのリーダー。地球が属する太陽系が生まれた瞬間や、惑星が形成されたプロセスで一体何が起きていたのか−。天文学と物質科学が、解明を目指すテーマだ。

イトカワの微粒子 分析進める

 はやぶさは、地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に2回着陸、持ち帰った微粒子がイトカワのものであることが期待されていたが11月中旬、その夢が実現した。天体の表面で物質の採取に成功したのは、月以外では初めてといい、「ようやくわれわれの出番が来た」と武者震いする。

 太陽系には、惑星になりきれなかった小天体が無数にあり、主に火星と木星の間に存在する小天体が小惑星と呼ばれている。天体は太陽系の初期の情報を残しているが、惑星のように大きくなると、物質はとけてしまう。一方、小惑星や彗星(すいせい)の物質は、隕石(いんせき)や1ミリより小さい宇宙塵となって地球に降ってくるという。

 このため、小天体が、太陽系の経験した形成プロセスを知るほぼ唯一の手がかりといえる。「地球に落ちてきた物質だけを調べていても、地球上の酸素にさらされたり、動植物に汚染されたりしている可能性があり、限界がある」とし、「物を採取してきて比較しないといけない。はやぶさのような探査機の役割はいっそう大きくなる」と強調する。

 微粒子の分析は、エックス線や電子線、イオンビームなどを当てて鉱物の種類や元素・同位体組成などを明らかにし、それらを天文データから推定される物質と比較していく。宇宙線の影響がみられたり、地球上の原子と同位体の比率が違ったりすれば、微粒子がイトカワ由来だと断定できる重要な手がかりになる。

 米国や旧ソ連が月から石を持ち帰ったことで、月の表面はかつてマグマの大海だったことや、クレーターが隕石の衝突痕であることが分かるなどの大発見につながった。はやぶさによる微粒子採取と分析も、それらに匹敵する研究成果のもとになる可能性があり、期待は膨らむ。

 冥王星が「惑星」でなくなり、「太陽系外縁天体」に“格下げ”されたのは記憶に新しい。「天体の分類は実はまだあやふや。われわれは太陽系のことすらよく知らないと気付かされる」

 イトカワの微粒子の分析が進めば、少しでも太陽系への理解が深まるはずだ。(南昇平)

つちやま・あきら 
 昭和29年、京都府出身。東北大理学部卒、東京大大学院理学系研究科地質学専門課程博士課程修了。米航空宇宙局研究員、大阪大理学部助教授などを経て平成13年から大阪大大学院理学研究科教授。

69よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/13(月) 21:36:39 ID:YtJrw.ts0
シンポジウム:「大阪万博40周年の検証」 大阪で開幕
http://mainichi.jp/kansai/news/20101213ddf041040028000c.html

 シンポジウム「大阪万博40周年の検証」(大阪大学21世紀懐徳堂主催、大阪大学総合学術博物館協力、日本万国博覧会記念機構、毎日新聞社後援)が12日、大阪市北区の毎日新聞オーバルホールであった。市民ら約360人が参加。大阪万博(70年)から40年がたち、「大阪の街は進歩し、調和したか」をテーマに議論した。

 万博テーマ館サブプロデューサーを務めた作家の小松左京さんが、インタビュー映像で開催までの経緯と大阪万博の意義を指摘。パネルディスカッションでは、大阪大の鷲田清一総長や万博マニアの歌手・嘉門達夫さんらが、意見を交わした。

70名無しさん:2010/12/14(火) 16:49:34 ID:yAcJihKo0
小児の心臓移植 国循と阪大病院タッグ 共同で医師団編成
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/14/20101214-047255.php
2010年12月14日
 7月の改正臓器移植法施行で15歳未満の小児の臓器提供が可能になったことを受け、国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)と大阪大付属病院(同市)は、小児の心臓移植を協力して行うことで合意した。どちらの施設で移植を行う場合でも、共同で医師団を編成して対応する。小児からの移植は国内でまだ例がなく、成人とは違う難しさもあるため、相互に連携して成功を目指す。

 小児の心臓移植は、先天性心疾患の患者に行う場合は手術が複雑になり、高い専門性が要求される。また、移植後の免疫抑制剤の使用に伴う発がんの可能性が高いなど、術後の管理にも難しさがある。

 国循は、小児の心臓病治療で国内有数の実績を持つ。一方、総合病院の阪大は心臓病だけでなく、がん治療などで幅広い経験がある。大阪大医学部付属病院

 両施設は同市内の近接地に位置し、人的交流もあることから、協力態勢を敷いて臨むことにした。

 小児の心臓移植を行う際には、両施設の心臓外科、小児科、移植部門の医師らが共同でチームを編成。移植施設側に医師を派遣し、最適な方法を協議するなどして、臓器摘出から移植手術、術後管理までを協力して行う。

 国内で小児の心臓移植を実施できるのは国循、阪大病院、東大付属病院の3施設。現状では提供者が少なく、実施は年間数件にとどまると予想されており、国循と阪大病院は限られた経験を共有し、小児移植を軌道に乗せたい考えだ。

 両施設は平成11年、臓器移植法に基づく国内初の脳死移植が行われた際、阪大病院での心臓移植手術に国循が協力し、成功した経緯がある。

 国循の市川肇小児心臓外科部長は「より多くの目でチェックして、知恵を出し合い、ベストチームで臨みたい」、阪大病院の福嶌教偉(のりひで)移植医療部副部長は「スタッフや知識を補い合い、経験を深めることは大切だ」と話している。

小児の臓器移植 7月の改正臓器移植法全面施行で臓器提供の年齢制限が事実上撤廃され、15歳未満の小児からの脳死後の臓器提供が可能になった。移植で海外へ渡航せざるを得なかった重い心臓病の小児にとって、国内での移植に道が開かれた。だが大人と比べて提供者が少なく、移植待機中に必要な、小児用の補助人工心臓が国内で未承認など実現への課題は多い。虐待を受けた小児からの臓器提供は禁止されている。

71名無しさん:2010/12/16(木) 10:31:22 ID:yAcJihKo0
大阪進出 生き残りかけ立命攻勢 地元・茨木は全面支援
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/16/20101216-047338.php2010年12月16日
 立命館大学にとって初の大阪進出となる平成27年度の茨木新キャンパス開設をめぐり、関係先からさまざまな反応が見え始めている。街の活性化が見込める地元の自治体や経済界は「市をあげて歓迎したい」(野村宣一・茨木市長)と全面支援の意向を示す一方、近隣のライバル大学は動向に目を光らせつつ、当面静観の構えだ。進出の背景には、少子化時代の熾烈(しれつ)な学生獲得競争もうかがえ、専門家は「どれだけ新しい魅力をアピールできるかがカギ」とみている。

□双方にメリット

 「関西の中心地へのアクセスの良さを生かし、ビジネスや行政と連携した研究活動が展開できる。近畿圏内から通学を希望する学生にとってもメリットが大きい」。11月26日、茨木市役所を訪問した学校法人立命館の川口清史総長は、大阪進出の意義を強調した。

 「関関同立」の中で同志社とともに京都に拠点を置く立命館にとって、今回の進出には、大阪以西をはじめ近畿圏一帯からの学生獲得や、産学・官学連携強化への期待感がある。

 迎える茨木市も「良好な協力関係を築き上げながら、魅力と活力ある都市づくりに取り組む」(野村市長)と表明。道路や近隣公園、市街地の整備など、関連事業として60億円規模の支援策を検討している。茨木商工会議所の木村正文専務理事は「建設事業や1万人規模の学生の消費などの直接的効果だけでなく、茨木のイメージアップにもつながる」と期待を込める。

□新イメージに成否

 先進的な大学改革で知られる立命館だが、少子化の波は業界全体に容赦なく押し寄せている。志願者数は、16年度入試の約10万5千人に対し、22年度入試は約7万7千人に減った。

 「大阪進出の成否は、いかに新たな魅力を創造できるかがカギだ」と、代々木ゼミナール大阪南校進学相談室の担当者。「立命館の知名度は全国区だが、京都にある大学というイメージは強い。新キャンパスの魅力のアピールとともに、地域との良好な連携も重要だ」とみている。

近隣ライバル大、当面静観

 一方、近隣のライバル大学には大きな脅威となる。

 関西大学は、立命館の進出予定地の南西に千里山キャンパス(吹田市)を構えるほか、今年4月には北東側の高槻市に、全国初の社会安全学部を擁する高槻ミューズキャンパスを開設。立命館を挟んで迎え撃つことになる。

 関大は「今はまだ推移を見守る段階」(広報課)と、当面は静観する方針。ただ「他大学の動向よりも、高槻キャンパスで1〜4年生がそろい、2千人規模となる25年度に向け、地域へ根付くことを目指したい」とし、一歩先んじた地域密着の取り組みで地歩を固める構えだ。

「魅力高める経営努力が大事」 

 関西の私大がキャンパスや学部を相次ぎ新設する背景には、大学全入時代を迎え、生き残り競争が激化していることがある。

 日本私立学校振興・共済事業団の志願動向調査によると、四年制私大の定員割れは、平成17年度まで全体の30%前後だったが、20年度は47%(266校)に増加。22年度は不況による高卒の就職難で志願者数が増えたことなどが影響し、38%(217校)に減ったものの、依然厳しい経営環境が続いている。

 定員の充足率は、近畿では大阪、京都、兵庫は100%超だが、22年度の大阪は前年度と比べてやや低下した。各大学が拡大路線に走り、過当競争になりつつある様子がうかがえる。

 同事業団の担当者は「学生のニーズに合った学部や利便性のいいキャンパスの新設など、大学の魅力を継続的に高めていく経営努力が大事」と話している。

 立命館の大阪新キャンパス 立命館は、JR茨木駅から徒歩約5分のサッポロビール大阪工場跡地(茨木市岩倉町)約12・2ヘクタールを190億円で取得。既存学部を移設し、平成27年4月の開設を予定している。面積は衣笠キャンパス(京都市北区)とほぼ同規模で、具体的な使用学部は未定だが、学生数1万〜1万2千人の規模になるとみられている。

72よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/19(日) 07:53:47 ID:jbXW7prY0
2010年12月18日
大阪芸大生 精巧な「根付」 高円宮殿下記念コンペ内覧会
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/18/20101218-047439.php

大阪芸術大学(河南町)のグループ校生が制作した根付作品を展示する「第2回高円宮殿下記念 根付コンペティション記念展」の内覧会が17日、高円宮妃久子さまをお迎えして、大阪市福島区の同大学ほたるまちキャンパスギャラリー(堂島リバーフォーラム3階)で開かれた。

 根付は、江戸時代に印籠やたばこ入れなどの提げ物を腰帯からつるす際の留め具として普及。精巧な彫刻が施されているものが多く、木や牛の角、サンゴなどが素材として使われている。

 久子さまは、亡くなられた高円宮憲仁さまとともに世界有数の根付コレクターとして知られ、同大の客員教授として学生を指導されている。今年はグループ校の学生56人から72作品の応募があり、11月1日に行われた審査会で、高円宮賞、学長賞、特別優秀賞など入選作品18点が選ばれた。

 学生と歓談した久子さまは「手彫りの根付はときがたつほどぬくもりが出てきます」などと述べられた。

 会場には、学生の応募作品のほか、久子さまの根付コレクション127点が特別展示されている。展覧会は24日まで。問い合わせは同キャンパス(電話06・6450・1515)。

73よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/19(日) 07:55:17 ID:jbXW7prY0
2010年12月18日
乳児異常心拍に カテーテル手術 大阪市立総合医療センター国内初 
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/18/20101218-047465.php

大阪市立総合医療センター(都島区)は18日、心拍数が異常に多い重症頻拍(先天性接合部頻拍)で入院していた生後6カ月の女児に、体内に入れたカテーテル(細い管)の熱で心臓の異常な筋組織を除く手術を行い、根本的に治療することに成功したと発表した。乳児に対するこの手術が成功したのは国内初で、世界的にも珍しいという。

 重症頻拍は心臓を拍動させるのに必要な刺激が正常に伝わらず、心拍数が異常に多くなる不整脈の一種で、特に乳幼児は重篤化しやすい。治療方法は症状を抑制する薬物治療と根本的に治療するカテーテル手術に大別されるが、薬物は副作用を、手術は合併症を引き起こす危険性があるという。

 会見した小児不整脈科の中村好秀部長は「乳児は血管が細く心臓も小さいため、カテーテル手術はほとんど行われていない。今回の成功は、将来的に大きな希望をもたらすと思う」と話した。

 同センターによると、治療を受けたのは長野県駒ケ根市の塩澤茉莉ちゃん。母親の妊娠後期に重症頻拍と診断され、母体を通じて頻拍数を抑える薬物治療を受けた。出生後も抗不整脈薬を投与されていたが、血圧低下や心機能の悪化などが起き、根本的な治療が必要と判断され今月3日、長野県内の病院から同センターにヘリコプターで搬送されていた。

 同センターで6日と10日に、太ももの付け根などから静脈にカテーテルを挿入し、その先端から高周波電流を流して心室と心房の間にある異常な筋組織を熱で除去する「カテーテル心筋焼灼(しょうしゃく)術(アブレーション治療)」を受けた。その後、再発や合併症はないという。

普通の生活 夢のよう 両親会見

 「普通の生活をさせてあげられる。夢のようでうれしい」―。長女、茉莉ちゃんの退院に合わせて両親が18日、大阪市立総合医療センターで会見。母親の教員、綾乃さん(39)は腕に抱いた茉莉ちゃんを笑顔であやしながら喜びを語った。

 綾乃さんは「おなかにいるときからよく動いていたので、病気だとは受け止められなかった」と振り返った。茉莉ちゃんは6月に2680グラムで出生し、心拍数は通常の倍近い200以上あった。出生後間もなく、投薬の副作用で血圧が急激に低下するショック症状も起きたという。

 その後、治療を受けていた長野県内の病院の医師から、小児科でカテーテル手術を実施している同センターを紹介された。リスクを伴う乳児への手術。

 父親の団体職員、真洋さん(35)は「心配はしたが、迷いはなかった。点滴を受け続けるのはかわいそうだったので、チャンスがあるならそれに託してみたいと思った」と言う。

 困難な手術を乗り切ったわが子をみつめながら、綾乃さんは「この子が一番頑張ってきた。おりこうさんだねと声をかけたい」と語りかけた。

 会見に同席した中村部長は「手術の成功は、安定した状態で早期の手術を決断したご両親の勇気と決断が大きかった」と話した。

74よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/19(日) 08:03:23 ID:jbXW7prY0
大阪府大に「宇宙科学技術研究センター」 小型衛星開発目指す
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101216-OYO1T00727.htm?from=newslist

 大阪の町工場が手がけた小型衛星「まいど1号」の設計・開発に協力した大阪府立大に、小型衛星の開発を目指して五つの研究分野が連携する「宇宙科学技術研究センター」が発足した。小型衛星開発に絞った全国初のユニークな学部横断組織で、関係者は「まいど1号が火をつけた関西の宇宙開発の機運をさらに盛り上げたい」と意気込んでいる。

 同大学では、工学研究科の「小型宇宙機システム研究センター」が、まいど1号の設計や管制業務の一部を担当。その成功を受け、独自の小型衛星の開発に乗り出した。

 新センターは、理学、工学、生命環境科学、総合教育研究、産学官連携の5分野で構成。細かい地形まで分析できる高性能カメラを搭載した小型衛星を開発し、洪水被害や海洋汚染、土地開発の現状などを調べ、衛星を持たないアジア諸国に情報を提供することなどを検討する。宇宙天文観測や地上の植生、災害などの監視、無重力下での生命科学実験なども目指す。17日に開所式典を開き、来年には市民講座も予定している。

 センター長を務める大久保博志教授は「第一線の研究者が集結し、小型衛星の展望が一気に広がった。学外とも連携を深め、できるだけ早く開発計画を具体化したい」と話している。

(2010年12月16日 読売新聞)

75よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/21(火) 23:10:34 ID:5PtV8uy.0
「ピピピッ」さえずるマウス、阪大教授ら遺伝子操作で作製
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101221-OYO1T00180.htm

 「ピピピッ」と小鳥のさえずりのような鳴き声を出すマウスを、大阪大生命機能研究科の八木健教授と内村有邦・特任研究員らのグループが作り出した。一緒に飼育すれば、普通のマウスの鳴き声が変化することも確認。言語の進化を探る新しい実験モデルとして期待される。

 内村研究員らは、進化の過程を調べるため、突然変異が起こりやすいよう遺伝子操作したマウスを用いて実験。その3世代目で、小鳥のようにさえずるマウスが誕生し、「シンギングマウス」と名付けた。のどの一部がやや細く、同じ形質が子孫に引き継がれることも確かめた。

 マウスは痛みを感じた時などに「チュウ」と鳴くが、通常は人に聞こえない超音波で鳴く。一方、このマウスの鳴き声は人に聞こえる音域に限られ、生後2〜6か月の思春期に最も頻繁に鳴くとわかった。人で方言がうつるように、このマウスと一緒に育つと、普通のマウスも超音波の鳴き声をあまり出さなくなった。

 サルから人への進化では、のどの形が変わったことも言語獲得のうえで重要だったとされ、内村研究員は「新たな発声がどんな社会行動を伴うのか、周囲にどう影響するのかなどを解明できれば、哺乳類の言語の進化の手がかりをつかめるかも知れない」と話す。

(2010年12月21日 読売新聞)

76名無しさん:2010/12/22(水) 20:39:56 ID:MYm01tDY0
サントリーミュージアム 26日閉館 美術館の存続険し
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/22/20101222-047638.php
2010年12月22日
 現代アートから印象派まで、多彩な展覧会を開催してきたサントリーミュージアム「天保山」(大阪市港区)=写真=が26日閉館する。来館者数が減少し、運営費もかさんだため、サントリーホールディングスは閉館を決め、今年度末には大阪市に建物を寄贈する。ただ、大阪市立近代美術館の建設計画やコスト面の問題などから、建物が美術館として活用され続ける可能性は少なそうだ。

寄贈先・大阪市 コスト高懸念

 「トリスを飲んでハワイへ行こう!」キャンペーンで最初のウイスキーブームをつくり、30年近くも減り続けてきたウイスキー需要を「ハイボール」で復活させたサントリー。現在、同ミュージアムで開催されている“最後の”展覧会「ポスター天国 サントリーコレクション展」で紹介されている500点からは、商品の価値をいかに消費者に訴求するかを考え続けてきたサントリーの強い思いが伝わってくる。

 同ミュージアムのコレクション2万点はすべて大阪市に寄託され、大阪・中之島で平成28年度中の開館を目指す市立近代美術館での活用が決まった。だが、運営費などとしての7億円とともに、サントリーから寄贈される建物の活用は、市の公募によって決まる民間事業者のアイデア次第だ。

 サントリーがミュージアムの閉館を決めたのは、当初年間150万人を見込んだ来館者が70万人程度にまで減少しているためで、年間数億円に上る赤字は大きな負担となっていた。

 美術館の運営には収蔵品を劣化させないための空調管理や人件費などで出費がかさむ。来年早々に行われる建物活用のアイデア募集を前に「民間事業からの問い合わせはいくつかある」(大阪市臨海地域活性化室)。しかし、近代美術館の建設計画が進む中、経費のかかる美術館としての活用は「市に払う建物の使用料どころか、光熱費さえまかなえない」(関係者)可能性も指摘される。

 市では家族連れの来館者が多い海遊館との相乗効果を考えており、「美術館としての活用にはこだわっていない」(臨海地域活性化室)。サントリー側が期待する、同ミュージアムが再び美術館として活用されることによる文化振興への寄与は難しそうな情勢だ。


 サントリーミュージアム「天保山」 平成6年11月、サントリーが80億円をかけて開館。ギャラリーだけでなく、巨大な3Dシアター「IMAXシアター」などを備え、ピーク時の7年には101万人が訪れた。海にせり出すような建物は建築家、安藤忠雄氏の設計で、海遊館とともに天保山に独特な景観を築いている。24年度から大阪市立近代美術館が開館するまでは、ギャラリーの一部で同美術館用の収蔵作品が展示される。

77よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/22(水) 21:43:56 ID:j0weF0oo0
大阪大開発のがんワクチン治験へ…製薬2社が来月にも
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101222-OYO1T00377.htm?from=newslist

 大阪大などが開発したがんワクチンについて、大日本住友製薬(大阪市)と中外製薬(東京都)は21日、薬事法に基づいて安全性や効果を確認する治験(臨床試験)を来年1月にも始めると発表した。体の免疫機能を高めてがん細胞を攻撃させる治療法で、体への負担が軽く、副作用も少ないとされている。

 がんワクチンは、杉山治夫・大阪大教授らが開発した「WT1」。がん細胞の表面だけで活性化しているたんぱく質WT1から、免疫細胞が攻撃対象として認識する部分をワクチンとして人工的に合成し、がん患者に注射する。杉山教授らは学内の倫理委員会の承認を得て2001年から臨床研究を実施。白血病や肺がんなどの患者約500人に投与した。

 今回の治験は、病状が進むと白血病になる血液細胞のがん「骨髄異形成症候群」が対象で、数か所の医療機関で約60人にワクチンを投与する。両社は新薬承認を目指しており、「今後は他のがんにも治験の対象を広げたい」としている。

 米国立がん研究所が昨年発表したがんワクチン研究の総合評価では、WT1が75種類の候補物質中第1位となった。

(2010年12月22日 読売新聞)

78よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/25(土) 06:18:10 ID:iwgFi84o0
骨壊す細胞、働き阻止する方法開発 阪大准教授ら
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101224-OYO1T00827.htm

 骨粗しょう症で過剰に働く破骨細胞を骨に寄せ付けなくして骨を守る方法を、大阪大の石井優・准教授らが開発した。副作用の少ない治療薬の開発が期待できるという。

 破骨細胞は、骨に取り付いて古くなった骨を壊す働きがある。骨を作る骨芽細胞とのバランスが崩れると、骨粗しょう症になる。

 研究チームは、破骨細胞が血管内と骨の間を行き来していて、「スフィンゴシン1リン酸(S1P)」という脂質が動きを調節していることに注目。マウスの骨を調べたところ、S1P濃度が高いと、破骨細胞の表面にあるスイッチが働いて骨に取り付くことがわかった。スイッチを働かなくする化合物を血液に入れると、骨に付かなくなり、骨粗しょう症のマウスでは骨密度が1・5倍に改善した。

 現在は、骨に取り付いた破骨細胞を攻撃する薬が使われているが、骨自体がもろくなる副作用がある。研究チームは製薬会社と新薬の開発を進めており、「5〜10年後には治療できるようにしたい」としている。

(2010年12月24日 読売新聞)

79名無しさん:2010/12/25(土) 12:30:31 ID:yAcJihKo0
「地域文化に貢献」 サントリーミュージアム26日閉館
2010年12月25日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201012240174.html

 逆円錐(えんすい)形の特徴的な外観で知られるサントリーミュージアム「天保山」(大阪市港区)が26日、休館する。サントリー創業の地の大阪で1994年に開館し、来館者は延べ1149万人にのぼる。同館が果たした役割や美術館経営の難しさを、大森幸子支配人(57)に聞いた。

 ――26日で16年の歴史に幕を下ろします

 「作品を見た後、展示室から見える大阪港に沈む夕日が好きだった」という声も多く、お客様に支えられた16年間に今は感謝するばかりです。建物は市に寄贈、2万点のポスターコレクションは市に寄託します。地域活性化につなげていただければと考えています。

 ――ミュージアムが果たした役割をどう考えますか

 ポスター展のほか、絵画、工芸、写真などを集めた83の企画展を開きました。漫画家のアシスタントや現代アートの作家本人を招き、子どもに作品作りを教えるワークショップも開きました。地域の文化振興に貢献し、一定の評価をいただいたと思います。

 ――なぜ休館することになったのでしょうか

 開館当初、年間入場者数を150万人と見込んでいましたが、今年は85万人。年間数億円の赤字でした。社会貢献活動に当てられる資源は限られていますので、今後は環境分野に力を注いでいこうという方針になりました。大阪のみなさんには、申し訳ないという思いです。

 ――全国的に美術館の運営は厳しいと言われます

 美術館は公立であれ私立であれ、地域の理解と支援があって初めて充実します。どうしたら市民に喜んでもらえるかという「わが町の美術館」である意識も重要です。私たちは7、8年前から子ども向けのワークショップに力を入れ、その子どもが大人になることでファンを増やそうとしてきましたが、開館当初から取り組む必要があったかもしれません。(島脇健史)

     ◇

 同館所蔵の「グランヴィル・コレクション」など約500点を展示した「ポスター天国 サントリーコレクション展」は26日までの午前10時半〜午後7時半(入場は同7時まで)。大学生以上500円。問い合わせは同館(06・6577・0001)へ。

80よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/25(土) 19:11:53 ID:AB81vRNU0
「にらみ鯛」取り付け 文楽劇場 迎春ムード
2010年12月25日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101225/20101225019.html

 大阪市中央区日本橋1丁目の国立文楽劇場で24日、伝統の正月飾り「にらみ鯛(だい)」の取り付けが行われ、初春公演に向けて劇場内の迎春準備を整えた。

 にらみ鯛は、戦前まで上方劇場の新春の風物詩として掲げられていたが、その風習は途絶えていた。1985年、同劇場が開館して初めて迎える正月に復活させた。

 全長約3メートル、重さ約15キロの張り子のタイを劇場スタッフがワイヤーでつり上げ、2体を中央へ向いてにらみ合うように設置。真ん中には、今年鎮座1150年を迎えた石清水八幡宮(京都府八幡市)の田中恒清宮司が来年のえと「卯(う)」の1文字を揮毫(きごう)した大だこが据えられた。

 初春公演初日の1月3日には、鏡開きに地元の黒門市場から本物のタイも運ばれ、初芝居を盛り上げる。

81名無しさん:2010/12/26(日) 12:42:13 ID:sTnxQ8r20
サントリーは裏切り者

82名無しさん:2010/12/26(日) 12:42:54 ID:sTnxQ8r20
住友は裏切り者

83名無しさん:2010/12/26(日) 13:18:57 ID:sTnxQ8r20
阪大病院での腎肝同時移植手術が残念ながら失敗したようです。

今後、メディアや官僚などがタッグを組んで大阪批判を展開して来る可能性があります。
厳重に警戒してください。

84名無しさん:2010/12/26(日) 13:49:10 ID:DiQ0EDqk0
>>61
サントリーは大阪に美術館と美術品と数億円寄付したのに?

>>62
秘密のケンミンSHOWのスポンサーが住友生命なので、
私も住友は嫌い。

85名無しさん:2010/12/26(日) 14:04:00 ID:q/GY3J1w0
>>63
私は中島みゆきのファイトのフレーズを思い出しました。

ファイト!闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

86名無しさん:2010/12/26(日) 17:37:36 ID:n9tLp7Cw0
>>84
サントリーは、天保山以上に赤字の東京のミュージアムを助ける為に
大阪のミュージアムを切り捨てたとの情報が以前出ていました。
真偽は不明ですが、東京のサントリーミュージアムが大阪以上に赤字らしいというのは事実のようです。

87名無しさん:2010/12/26(日) 17:58:56 ID:462r6iMs0
凄いの見つけたww
http://ihp.lolipop.jp/

88名無しさん:2010/12/26(日) 21:12:22 ID:WLRvktcQ0
>>84
閉館するとはいえ、そういう姿勢は素晴らしいと思いますね

そういや安藤氏はどう思ってらっしゃるのでしょうか。流石に閉館について
厳しいことを言ってなかったような…。是非、言って頂きたかったですが
おっしゃっていたら申し訳ありません

89名無しさん:2010/12/26(日) 21:12:36 ID:6OmIWnOU0
サントリーの方を持つわけではないですが、サントリーミュージアムの閉館はやむを得ない面もあるかもしれません。
ただえさえ中ノ島の国立美術館に食われて年々入館者が減っている中に、
大阪市までもがその中ノ島に美術館の構想を発表したのですから。

中ノ島というより立地のいい場所に、公営の美術館を2つも作られてしまっては、
ベイエリアで民営では成り立たないと思われるのも無理もない話でしょう。

90よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/27(月) 11:00:04 ID:0AmzvV6w0
亡くなられた女性にはお悔やみ申し上げます。
阪大はどうしてこういう事が起きたのか徹底的に調査して包み隠さず公表して欲しい。
それが亡くなられた女性へのせめてものお悔やみでしょうし、それが医学の発展に繋がると信じます。

「肝腎同時移植」患者、肝移植後に死亡 阪大病院
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201012270009.html

 大阪大病院は26日、脳死による臓器提供では国内初の肝臓・腎臓同時移植となる予定だった患者が同日午前、肝臓を移植した後、腎臓移植をする前に死亡した、と発表した。

 大阪大病院や日本臓器移植ネットワークによると、患者は生体肝移植後の肝不全と腎不全を患う10歳代の女性。肝臓と腎臓は藤田保健衛生大病院(愛知県)で脳死と判定された成人患者から25日に摘出され、大阪大病院に運ばれた。26日午前4時半ごろに肝臓移植手術が終了した。その後に容体が急変し腎臓移植を断念。患者は集中治療室に搬送されたが、同5時40分に死亡したという。

 提供された腎臓は、改めて移植を受ける患者を選び直し、藤田保健衛生大病院の40歳代の女性に移植された。

91よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/27(月) 21:26:50 ID:4nP8yF2I0
さよならサントリーミュージアム、16年の歴史に幕 建物は大阪市へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101227-OYO1T00166.htm?from=newslist

 ポスターや家具など生活に密着した芸術を発信してきた複合文化施設「サントリーミュージアム天保山」(大阪市港区)が26日閉館し、16年の歴史に幕を下ろした。来場者減少による採算悪化が原因で、建物は来春、大阪市に寄贈されるが、具体的な活用方法は決まっておらず、来場者からは惜しむ声が相次いだ。

 1994年11月に開館。建築家の安藤忠雄さんが設計し、ポスター約2万点を所蔵。しかし、来場者は95年の101万人をピークに低迷し、昨年も約70万人で、年間数億円の赤字だった。

 大阪市は来年3月以降、建設計画の進む市立近代美術館が完成するまでの間、所蔵品を展示する予定だが、そのほかは未定という。

 ポスター展開催中のこの日は、普段の約3倍の約6000人が来場。堺市北区、同市職員永原達也さん(59)は「何度も足を運んだ。関西から文化の薫りが薄れてしまうようで残念」とさみしがっていた。

(2010年12月27日 読売新聞)

92よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/27(月) 21:48:09 ID:4nP8yF2I0
2010年12月27日
【回顧2010】〈古典芸能〉 多彩な公演 歌舞伎ファン急増
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/27/20101227-047796.php

 関西の歌舞伎が本格的に再興の兆しを見せた今年。京阪でほぼ毎月のように歌舞伎が上演され、おおむね観客動員は好調。9月の南座「義経千本桜」のように海老蔵人気で立錐(りっすい)の余地もない大入り公演もあった。

 原因はいくつか挙げられる。4月に東京の歌舞伎座が建て替えのため休館。「團菊祭」の松竹座での引っ越し公演に象徴されるように出演者が多彩となり、全国からファンが関西にやってきた。さらに海老蔵に代表されるスターの登場、大阪城を背景に行われた勘三郎の平成中村座公演など、従来のファン以外の人たちが歌舞伎に注目したことも大きい。7月には「関西・歌舞伎を愛する会」の30周年記念公演が松竹座で開催。歌舞伎低迷の時代から地道に活動を続けてきたことも実を結びつつある。

 9月に上本町に新開場した新歌舞伎座でもこけらおとしは二十一世紀歌舞伎組の歌舞伎公演。来年9月にも勘三郎らの出演で歌舞伎が予定されている。

 そんななか、師走の顔見世直前に起こった“海老蔵事件”は、歌舞伎のイメージダウンとなったことは否めない。しかし代役を勤めた仁左衛門、愛之助らの心意気こそ、歌舞伎を救うものとなった。

 文楽は、平城遷都1300年にちなんで4月、国立文楽劇場で「妹背山婦女庭訓」を通しで上演。文楽の底力を感じさせる舞台であった。

 能狂言では大阪の観世流シテ方の大槻文蔵が主宰する自主公演能が500回を迎えた。テーマ性を掲げた能の公演は画期的で、能の普及に大きな功績があった。一方、伝統の世界に革新と新風を吹き込んだ大蔵流狂言師、茂山千之丞さんが87歳で急逝。亡くなる直前まで舞台に立ち続けた見事な生涯であった。

93よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/28(火) 21:03:48 ID:hdGx5LYU0
来年もツキますように 落語家ら繁昌亭前で餅つき大会
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201012280051.html

 来年もツキますようにとの願いを込め、上方落語協会の落語家らが28日、大阪市北区の天満天神繁昌(はんじょう)亭の前で餅つき大会を開いた。

 「来年、嫌なことがありましてもツキ出そう。皆様方には運がツキますように。来年も繁昌亭がツキまくりますように」と会長の桂三枝さん(67)がにこやかにあいさつ。約60人が参加し、三味線や笛などが奏でるにぎやかなお囃子(はやし)の響く中、約40キロのもち米を交代でついた。つき上がった餅はかっぽう着姿の女性落語家たちが手際よくまるめ、ぜんざいやきなこ餅にして、集まった住民らにふるまった。

94よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/28(火) 21:10:06 ID:hdGx5LYU0
妊婦OKの薬へ前進 高血圧症マウス開発 阪大
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201012280016.html

 人の妊娠高血圧症候群に近いモデルのマウスづくりに、大阪大の医学部と微生物病研究所のチームが世界で初めて成功した。このマウスで、高脂血症の治療薬のスタチンが母マウスの血圧を下げることも確認した。妊婦に安全な治療薬探しにつながる成果だ。27日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に論文が載る。

 妊娠高血圧症候群は妊婦の約1割が患う。妊娠に伴って血圧が異常に高くなり、足がむくんだり血管が破れやすくなったりして、重症だと母子の命にかかわる。胎盤の血管がうまく育たないことが原因の一つとされる。

 伊川正人准教授(実験動物学)らは胎盤の血管を育ちにくくする遺伝子を着床前のマウスの胚(はい)に入れ、人の妊娠高血圧症と同じ症状を起こすマウスをまずつくった。このマウスを妊娠させ、高血圧の発症前にスタチンを与えたら、血圧は妊娠中も正常の範囲にとどまった。胎盤の成長も2割ほどよくなった。赤ちゃんの体重も、スタチンを与えなかった母マウスの赤ちゃんと比べて15%重くなった。

 スタチンは血液中のコレステロール値を下げる働きのほか、心筋梗塞(こうそく)や脳血管障害を起こしにくくすることが知られている。ただ、いまの市販薬は赤ちゃんに奇形が生じる可能性があるとして、妊婦には原則として使えない。

 今回のマウスは妊婦に安全な薬を探すのに役立つ。伊川さんは「よりよい薬がみつかれば、日本だけでなく途上国でも周産期死亡を減らせるのではないか」と話す。(権敬淑)

95よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/29(水) 19:06:56 ID:WMEEoSYQ0
2010年12月29日
心臓移植40年 闘いの軌跡 国立循環器病研究センター 川島康生名誉総長
http://www.sankei-kansai.com/2010/12/29/20101229-047872.php

 心臓移植の必要性を国内でいち早く訴え、実現に尽力した国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の川島康生(やすなる)名誉総長(80)が、「心臓移植を目指して―四十年の軌跡」(中央公論事業出版)を出版した。家族の承諾だけで臓器移植が可能になった7月の改正臓器移植法施行から5カ月。それまで年間5〜10例だったが、すでに30例を超えた。川島さんは普及に手応えを感じる一方、近年目立つ幼児虐待が子供の臓器移植の妨げになるという新たな課題も指摘する。
 
 同書では、移植医療について、学界内の抵抗や国民の医師への不信など、さまざまな軋轢(あつれき)を含めて吐露。「闘いの記録」でもある。

 臓器移植に関心をもったのは昭和39年に大阪大医学部在籍中の米留学がきっかけだった。チンパンジーの心臓を男性に移植するなど研究が本格化し「最先端の技術を持ち帰るのが役割」と精力的に学んだ。「日本での移植も遠くない」と考えたが、帰国後に大学の指導教官らの反応は思わしくなかったという。

 医師の名誉欲、移植の先陣争い、金持ち優先の不平等な医療…。当時は国民の不信感も強かったが、「移植で救える命を救いたい。だれかが声を上げないと前に進まない」と移植反対集会にも出向いて理解を求めた。

 法整備への啓発、医療機関の受け入れ態勢整備にも力を注いだ。脳死患者からの臓器移植を可能にした臓器移植法制定は平成9年。「移植の執刀第一号は川島さん」といわれるほど信頼が厚かったが、すでに現役を退いていた。11年に阪大で行われた初の心臓移植は後輩医師が担当し、自身は手術室で見守った。「ようやく日本で移植が実現し、涙が出た」と振り返る。

 法改正後、気がかりなのは子供への臓器移植が進まないことという。幼児虐待の報告が多く、脳死とみられる子供がいても虐待の可能性もあり、移植への手続きができないためだ。

 「外傷のある脳死の子供が現れても、虐待の可能性がないことを確認しなければならない。医師にとって極めて難しい判断」と懸念する。

 ただ、「欧米に比べて移植例はまだまだ少ない」と話し、今後も重要性を説いていくという。

 「心臓移植を目指して―四十年の軌跡」はA5判414ページ、4千円(税別)。

      
川島康生(やすなる)

 昭和5年生まれ。大阪大医学部教授を経て、医学部付属病院院長、国立循環器病センター(当時)病院長、総長などを歴任。日本循環器学会会長などを務め、平成9年に紫綬褒章、19年に文化功労者に選ばれた。

96よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/30(木) 15:52:31 ID:K3KbvmD20
文楽:奈良・吉田文雀さん、初春公演の成功を祈願 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20101230ddlk27040146000c.html

 来年1月の文楽初春公演を前に、人形遣いの吉田文雀さん(人間国宝)が、中将姫の人形を持ってゆかりの當麻寺(たいまでら)(奈良県葛城市)で公演の成功を祈願した。

 公演第2部「中将姫雪責」は、姫が継母から雪上でせっかんされる。文雀さんは「寒さを強調するため、人形の指をあまり外へ出しません。色気を出さず、素直に品よく可愛らしく使います」と解説。中将姫の墓塔にも弟子の吉田和生さんとお参りして冥福を祈った。

 初春公演は1月3〜23日、国立文楽劇場(大阪市中央区)で開催。第1部は「寿式三番叟(さんばそう)」など。14日から1、2部入れ替え。チケットセンター(0570・07・9900)。【宮辻政夫】

97よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/31(金) 17:31:39 ID:iuJMUOg20
文化勲章受章記念でDVD発売 桂米朝さん会見
http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0003706595.shtml

 落語家・桂米朝さん(尼崎市)の文化勲章受章を記念したDVD「桂米朝 らくごの世界」が発売された。読売テレビの落語番組「平成紅梅(こうばい)亭」で1995〜2002年に放送された6演目などを収録。会見では、弟子で長男の桂米團治さんが「落語家の手の内を見せるみたいで、発売がちょっとつらくなったほど素晴らしい」とPRした。


 演目は、米朝さんが復活させた名作「算段の平兵衛」、上方落語屈指の大ネタ「らくだ」など。さらに米朝さん自身が語る落語論、上方落語の復活に挑む米朝を描いた再現ドラマ、一門の落語家や友人らが米朝さんについて語る映像なども収めた。

 米團治さんによると、米朝さんは自宅で食事を忘れるほど熱心に見入っていたという。会見で感想を尋ねられた米朝さんが「まだ見てませんので…」と、とぼけた様子で語ると、米團治さんはすかさず「おととい見ましたやん」とツッコミを入れ、会場を沸かせた。

 「桂米朝 らくごの世界」は3枚組、8400円。

(井原尚基)

98よっさん ◆yQclIeGV9A:2010/12/31(金) 17:34:18 ID:iuJMUOg20
ぶらり作家ゆかりの地 大阪文学探訪マップ完成
2010年12月31日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101231/20101231023.html

 大阪市住吉区を拠点に活動するNPO法人「かなえ会」(池田外美雄理事長)はこのほど、市内の文学と歴史をモチーフにした手作りによる「大阪文学探訪マップ」を完成させた。商店街、繁華街をベースにした「法善寺あたり」「空堀あたり」「王子町・北畠あたり」の3コースから成り、「歴史マップは多いが、“文学マップ”は珍しいのでは」という自信作だ。

 同会は市立市民交流センターすみよし北(住吉区)を拠点に、生涯学習の一環として文学講義を続けている。今回の作品は、昨年9月から今年の2月まで開いた講座を基に作成され、市立中央図書館の高橋俊郎さん(57)が解説を加えている。

 作品はA2判両面刷りで、作家の略年譜やまちの歴史のほか、ゆかりの記念碑などが記されたユニークな手書き様式の地図を掲載。また、裏には文豪のエピソードや作品内の一部分などが散りばめられている。

 大阪のホットスポットと言えるミナミの法善寺周辺では、“織田作之助の足音が聞こえるまち”と紹介されており、代表作「夫婦善哉」にまつわる話題などを紹介。“直木三十五の青春が息づくまち”空堀周辺には、この地で生まれた直木の業績も振り返り、“梶井基次郎の夢がのこるまち”王子町ではかつてこの地に住んだ梶井の足跡もたどっている。また、空堀商店街が舞台で、映画化されたことでも話題となった万城目学の「プリンセス・トヨトミ」や大阪・ミナミが舞台の宮本輝「道頓堀川」など、現代文学にも目を向けているのも特徴の一つだ。

 「文字文学は抽象的だが、作家の旧居や作中の場面、風景をイメージしながら巡ることができる。作品の景色やいろどりがだいぶ変わってくるのでは」と高橋さん。大阪が育んだ名作に思いをはせながら散策し、文学にふけるには最適だ。池田理事長(71)は「若い人にも知ってもらえたらという思いがある。地域の文化を一人一人の感性に訴えることは人間の豊かさ、街の活性化にもつながるのではないか」と話しており、大阪の地元文化を耕し、再確認するためのツールとして関係者らは大きな期待を寄せている。

99よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/02(日) 09:22:11 ID:nNrXOzHg0
教育センター付属高 初開設へ
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003145321.html

みずから課題を見つけ、解決方法を考える力を養うことなどを目指す、教育センターの付属高校がことし4月、全国で初めて大阪・住吉区に開設されます。
開設されるのは、「大阪府教育センター附属高校」です。
大阪・住吉区にある「大阪府教育センター」は授業内容の研究や教材の開発、それに教員の研修などを行っています。
付属高校は、隣接する府立大和川高校にことし4月に開設され、定員は240人です。
教育センターが開発した教材などを積極的に活用し、少人数学級や習熟度別の授業なども取り入れて学力の定着を目指します。
また週に2時間「探求ナビ」と名付けた独自の授業を設け、知識や情報を活用して問題を見つけたり、解決方法を考えたりする力を養います。
この授業では世代や国籍が違う人から話を聞いたり、ロールプレイを行ったりして異なった考え方に触れるほか、論理的に議論するディベートの時間も設けます。
そして培った知識や情報を活用し、パソコンなどを使って自分の考えを伝えるプレゼンテーション能力も養うということです。
教育センターは全国各地にありますが、付属の学校を併設するのは全国で初めてです。
大阪府教育センターでは「知識や情報を活用して自分で考えられる生徒を育てたい。学校としてもキャリア教育などを充実させ、生徒を支援したい」と話しています。

01月02日 05時59分

100よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 12:30:19 ID:AEUhQHms0
イラン人小説家、芥川賞目指す−パナソニック勤務のネザマフィさん
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=a68CSwf0nzIQ

1月2日(ブルームバーグ):日本語で小説を書き、芥川賞候補に二度にわたってノミネートされたイラン人女性、シリン・ネザマフィさん(31)は、続いた落選にめげず次回作の構想を練っている。日本語での執筆にこだわり、日本純文学の登竜門である同賞を目指す。

  ネザマフィさんは12月24日、現在居住しているドバイから日本語で電話取材に応じた。次回作について「まだしっかりした構成は考えていない」と前置きした上で、「会社の上司と部下の人間関係など小さなテーマについて書いてみたい」と語った。

  ネザマフィさんはイラン・イラク戦争下の恋を描いた「白い紙」で非漢字語圏出身者として初めて文藝春秋社の「文學界新人賞」を受賞、09年上期の芥川賞候補6作品の一つに選ばれた。10年にも「拍動」で同賞候補になった。テヘラン出身で、99年に来日。神戸大大学院博士課程修了後、06年に松下電器産業(現パナソニック)入社。09年7月からドバイで勤務している。

  深々とお辞儀をしたり、飲み会で若手社員が年配の上司のコップに酒をついで回ったり、朝の始業前にみんなで社歌を斉唱したり−−。日本の企業風土の中では当たり前に思える風景もネザマフィさんの目には興味深いものに映る。「作家は誰でもそうだが、自分で体験していることは頭の中に入っている」と話し、日本独特の企業文化を題材にした物語が書けないか構想を練っているという。

  芥川賞は文藝春秋社が芥川龍之介の名を記念して1935年に創設、新聞や雑誌に発表された「無名または新進作家」による純文学の短編作品が対象となっている。受賞は年2回で、正賞は懐中時計、副賞は100万円。外国人では2008年下期に中国人女性の楊逸さんが「時が滲む時」で受賞したケースなどがある。

           好きな作家は安部公房

  中学時代に父親の仕事のために日本で生活していた友人の影響で、「脱いだ靴をきちんとそろえるなど日本人の細かく、きっちりしているところ」から日本に興味を持つようになったというネザマフィさん。好きな作家は安部公房で、最近では「悪人」の吉田修一も「かなりできあがった作家。小説の世界観がいい」と評価しているという。

  イラン人にとって特に漢字を覚えるのは難しく、執筆しながら携帯電話の辞書機能で正しい用法をチェックすることもしばしば。それでも日本語に書くことにはこだわり続けたいと話す。

  「日本語で、日本人に向けて書いている」ということを強く意識しているというシリンさん。芥川賞は「読まれる存在になりたいし、作家のオリンピックみたいなものなのでぜひ取れれば」と話した。

記事に関する記者への問い合わせ先:大阪   堀江政嗣 Masatsugu Horie mhorie3@bloomberg.net

更新日時: 2011/01/02 00:00 JST

101よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 12:36:02 ID:AEUhQHms0
一筆に集中、子どもら「書き初め」 大阪天満宮
2011年1月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110103/20110103017.html

学問や書道の神様、菅原道真をまつる大阪市北区の大阪天満宮境内で、新春恒例の「書き初め」が行われている。子どもたちは、日ごろ鍛えた腕を振るって課題に挑戦している。3日まで。

 書き初めは大阪天満宮境内の梅香学院で実施。幼稚園児から高校生まで、「うし」や「白梅の花」など、菅原道真にちなんだ課題が学年や立場ごとに設定されている。

 2日には、午前中から家族連れらが訪れ、子どもらは真剣な表情で日ごろの練習の成果を発揮。友だちの影響で初めて挑戦したという吉田弥世ちゃん(9)=和歌山県=は「正月」の字に挑戦。「月の字の曲がるところが難しかったけど楽しく書けた」と喜んでいた。

 作品は、大阪梅風会が主催する「第40回全国書き初め展覧会」にその場で応募できる。入賞作品約400点は24−31日まで大阪天満宮境内で展示する。

 開場は午前10時−午後3時。問い合わせは電話06(6353)0025、大阪天満宮書き初め事務局へ。

102よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 12:36:56 ID:AEUhQHms0
えと謎掛け披露 落語家ら、新年のあいさつ
2011年1月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110103/20110103016.html

新春公演が始まった上方落語の定席、天満天神繁昌亭(大阪市北区)で1日、高座を務める笑福亭仁智さんをはじめとする落語家らがファンを前に新年のあいさつを行い、天満天神繁昌亭のさらなる発展に向け、誓いを新たにした。

 新年のあいさつではまず桂文三さんが、「若手も頑張っているので繁昌亭をよろしく」とアピール。引き続き桂文福さんは「ウサギと掛けまして、はなし家、芸人の人気と説きます。その心は月(ツキ)があれば跳ね上がる」とうさぎ年を迎え、ウサギにちなんだ謎掛けを披露。最後に笑福亭仁智さんが大阪締めを行い、天満天神繁昌亭への来場を呼び掛けた。

 天満天神繁昌亭では3日まで新春公演として、1日3回の特別公演を行っている。

103よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 12:37:59 ID:AEUhQHms0
藤十郎さん泣かせる舞台 「初春大歌舞伎」開幕
2011年1月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110103/20110103015.html

恒例の「初春大歌舞伎」公演が2日、大阪市中央区道頓堀の松竹座で開幕。人間国宝の坂田藤十郎さん(79)が名作「男の花道」(昼の部)で加賀屋歌右衛門を演じ場内をわかせている。道頓堀界わいは新年のにぎわいとともに華やかなムードに包まれている。

 「男の花道」は上方歌舞伎役者の歌右衛門が、恩人の医者土生玄碩と交わした約束を守るために、舞台を中断してその人の元に駆け付けるという講談が元になった大衆歌舞伎。「櫓のお七」の舞いから藤十郎さんが場内に降りて玄碩の元に走る場面では「若い!」と大きな拍手とため息がもれる。玄碩を初役で演じた松本幸四郎さん(68)との熱い友情物語が涙を誘っている。

 昼の部はほかに翫雀さんらの「土屋主税」。夜の部は片岡我當さん、秀太郎さんの「八陣守護城」、藤十郎さん、扇雀さんの「吉田屋」、幸四郎さん、染五郎さんの「明智小五郎と人間豹」。26日まで。

104よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 12:41:53 ID:AEUhQHms0
住吉大社:晴れ着姿の若者らで大にぎわい
2011年1月2日 17時46分 
http://mainichi.jp/select/today/news/20110103k0000m040012000c.html

新年を迎えた各地の神社や寺には大勢の初詣客が訪れ、新年の無事を祈った。

 大阪市住吉区の住吉大社は、元日に続き2日も参道や境内は家族連れや晴れ着姿の若者らで大にぎわい。参拝客は思い思いに手を合わせ、家族の安全や商売繁盛を祈っていた。

 IT関連の中小企業に勤める会社員男性(33)=大阪市西区=は「去年は売り上げも厳しかったが、今年は景気も上向いてもらって飛躍の年にしたい」と話していた。

 住吉大社によると、三が日の人出は例年よりも多い約260万人と見込んでいる。【阿部弘賢】

105よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 16:15:01 ID:AEUhQHms0
文楽人形 祝い酒ふるまう
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005833881.html

正月3日のきょう、大阪の国立文楽劇場では伝統芸能、「人形浄瑠璃文楽」の人形が酒をふるまい新しい年を祝いました。
大阪・中央区の国立文楽劇場では毎年正月3日の新春公演の初日に1年の公演の成功を祈って文楽人形が祝い酒をふるまっています。劇場の前では文楽の人間国宝の5人が設置された舞台にそろい、語り手にあたる太夫の竹本住大夫さんが「厳しい景気が続いていますが、大阪で育った人形浄瑠璃を皆さんの手で盛り上げて頂くようお願いします」とあいさつしました。そして、きょうの演目の「寿式三番叟」に登場する華やかな衣装に包まれた2体の人形が木づちを手にして酒だるのふたを勢いよく割りました。
この後、人形によって酒がふるまわれ、朝から列をなした約500人の文楽ファンが升につがれた酒を飲んで新春の雰囲気を楽しんでいました。
文楽劇場の新春公演は今月23日まで行われます。

01月03日 13時14分

106よっさん ◆XxkTNAUYOc:2011/01/03(月) 16:15:56 ID:AEUhQHms0
桂米朝、一門会で元気にあいさつ
2011.1.3 11:03
http://www.sanspo.com/geino/news/110103/gnf1101031105001-n1.htm

新春恒例の「米朝一門会」が大阪・桜橋のサンケイホールブリーゼで開かれた。人間国宝の落語家、桂米朝(85)「ここへ上がって何かしゃべれる限り、やらせてもらおうと思ってます。もうしばらくでっさかいな、そんな長いことはないと思います」と言いつつ、元気に挨拶。

107よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/05(水) 21:13:02 ID:xvLPqr0Y0
日本棋院関西総本部で「打ち初め式」 新年の幕開け祝う
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201101050047.html

 囲碁のプロ棋士とファンが対局をして新年の幕開けを祝う「打ち初め式」が5日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で開かれた。地元大阪出身で、昨年名人位を初防衛した井山裕太名人(21)も初めて参加し、紅白の碁石でファン約80人との連碁を楽しんだ。

 今月13日から棋聖戦に初挑戦する井山名人は「いい内容の碁を打ち、今年は一つでもタイトルを増やせるように頑張ります」と活躍を誓った。

 午後からは大阪市中央区の関西棋院でもあり、昨年、同棋院所属の棋士として29年ぶりに七大タイトルを獲得した坂井秀至(ひでゆき)碁聖(37)と結城聡天元(38)も参加した。

108よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/05(水) 21:34:48 ID:xvLPqr0Y0
2011年1月 5日
あすから「大阪を描こう展」 250点の入賞作品展示
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/05/20110105-048004.php

 大阪の魅力を絵筆に託して発信する公募展「大阪を描こう展」が6日から、大阪市天王寺区の大阪市立美術館・地下展覧会室で開かれる。10日まで。

 同展は大阪天王寺ライオンズクラブの35周年事業としてスタート。第15回記念となる今回は「ノスタルジック大阪」と「大阪の風景・行事」をテーマに公募。20代から90代までの約350点の応募作品から選ばれた大賞「風と共に…」(写真、大阪市東住吉区・附野正晴さん)や大阪府知事賞の「北浜レトロ」(富田林市・川口泰子さん)など約250点の入賞作品を展示する。

 「風と共に…」は、戦前戦後に洋画封切館としての歴史を刻んだ大阪市中央区道頓堀の松竹座を背景に「風と共に去りぬ」の映画ポスターを配し、昭和を感じさせる陰影のある女性を描き込んだ作品。

 主催するNPO法人「天王寺21協議会・大阪を描こう会」常任理事代表の熊谷晃一さん(75)は「ノスタルジックというテーマは描き手だけでなく、鑑賞者の心にもさまざまなストーリーを語りかけてきます。作品に込められた物語を、ご自分の思い出と重ねてもらえたら」と話している。

109よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/05(水) 21:54:19 ID:xvLPqr0Y0
凍結細胞でマンモス再生へ、近大教授らがクローン技術で
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110105-OYO1T00416.htm?from=newslist

 約1万年前に絶滅したマンモスをクローン技術で復活させる計画を進める入谷(いりたに)明・近畿大生物理工学研究科教授(京都大名誉教授)らの研究グループが、今年から取り組みを本格化させる。凍結細胞から正常なDNAを取り出す技術を確立したほか、良質なマンモス組織が今夏、ロシアのマンモス研究所から入手できる見込み。入谷教授は「実現可能な体制がようやく整った」と自信をみせる。

 計画では、核を抜いた象の卵子にマンモスの細胞の核を入れて、マンモスの遺伝子を持つクローン胚を作製。それを代理母となる象の子宮に移し、赤ちゃんマンモスを誕生させる。研究は1997年に始まり、3回のシベリア凍土の発掘調査でマンモスの皮膚や筋肉組織を得た。だが、細胞核の大半が氷の結晶で傷付いていて利用できず、計画はいったん頓挫した。

 2008年、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の若山照彦博士が、16年間凍結保存したマウスの死体の細胞からクローンマウスを誕生させることに世界で初めて成功。入谷教授らはこの手法をベースに、解凍組織に2〜3%含まれている、状態の良い細胞核を、壊さずに取り出す技術を確立した。

 また、大阪市天王寺動物園長を昨春退官し、近畿大教授に就任した宮下実さんをグループに迎え、全国の動物園に対し、メスの象が死んだ際にクローン胚作製に必要な卵子を提供してもらえるよう依頼してもらった。ロシアのマンモス研究所長と米国のアフリカ象研究者の2人も客員教授として近畿大に招き、日米露で共同研究を始めている。

 マンモスのクローン胚作製に成功すれば、動物の体外受精に詳しい宮下さんや米研究者らが、代理母のアフリカ象への移植を手がける。順調にいけば今後5、6年でマンモスの赤ちゃん誕生が期待できるという。

 入谷教授は「クローン胚ができれば、子宮に移植する前に、飼育や公開のあり方を議論する必要がある。誕生後は生態や遺伝子を詳しく調べ、絶滅理由などの研究を進めたい」と話す。

(2011年1月5日 読売新聞)

110よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/06(木) 06:29:57 ID:xvLPqr0Y0
ヴォーリズの建築、絵画に
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110106-OYT8T00065.htm

 滋賀県近江八幡市を拠点に活動した米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880〜1964)が設計した近代建築を描いた絵画展が5日、高槻市紺屋町の市立総合市民交流センターで始まった。同市古曽部町の洋画家、小阪謙造さん(78)が描いた約30点が並ぶ。

 高槻市の大阪医科大にもヴォーリズの建物があり、幼い頃に見た小阪さんは「西洋の古城のよう」と強い印象を受けたという。2003年から全国各地に残るヴォーリズ設計の洋館を訪ね歩き、描いた。

 関西学院大や同志社大に残る洋館や、煙突屋根に瓦がふかれている住宅の水彩画は、写実的に表現されている。小阪さんは「ヴォーリズの建物はここで育ったような居心地の良さを感じるのが魅力」と話している。10日まで。入場無料。

(2011年1月6日 読売新聞)

111よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/06(木) 20:19:07 ID:JFz2fMSU0
業界に一石 創作落語「G&G」をデジタル映画化
2011年1月6日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110106/20110106033.html

 大阪芸術大付属大阪美術専門学校(大阪市阿倍野区)の卒業生と学生らが、産学協同で取り組んだデジタルシネマ短編映画「G&G」が完成した。原作は、破天荒な初老の男性を主人公に桂雀三郎さんがギターで弾き語る同名の創作落語。落語の映像化や全編デジタル一眼レフカメラによる撮影など、新たな試みに挑んだ38分の意欲作だ。

 映画は、売れない落語家「舌切亭雀右衛門」に扮(ふん)する雀三郎さんが、新世界の行きつけ串かつ店「やぐら」の友人らに支えられ、高座に上がる物語。生き別れた娘と店で同席するシーンや流れるブルースなど、笑いあり涙ありの作品に仕上げた。

 延べ100人のスタッフによる撮影は、天満天神繁昌亭(北区)のほか、映画のモデルで同じ店名の「やぐら」(阿倍野区、山口勝也店長)などで行った。雀三郎さんは同店の常連。

 地域の支援も大きく、「これしかできないけど」と言ってスタッフに1万円を手渡す人もいたという。エンドロールには、感謝の気持ちを込めて関係者の名前を列記した。

 一方、撮影は全編デジタルで、フィルム撮影が主体の映画業界に一石を投じた。映像作家で撮影を担当した東陰地正喜さん(41)は「奥行きとボケの画(え)が出るようになった。画で人の気持ちを語るのが映画」と話す。

 同専門学校教授の松井公一監督(62)は「多くの人の縁がこの映画を作った。(学生のスタッフ参加と落語の映画化、デジタル撮影の)3本の試みは成功した。いろんな人に見てもらうことで、大阪のおばちゃんだけでなく、おじちゃんも、みんなが元気になればいい」と語った。

 映画の上映は2月26日の正雀市民ルーム(摂津市)の後、各地で順次行う。問い合わせは電話080(4025)0131、担当係へ。

112よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/06(木) 20:52:40 ID:JFz2fMSU0
2011年1月 6日
大阪府庁に響く 荘厳な「高砂」 能楽合唱団が新春公演
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/06/20110106-048044.php

 能の魅力を体感してもらおうと5日、能の愛好家らでつくる能楽合唱団「『高砂』うたい隊」の新春公演が大阪市中央区の府庁舎本館正面玄関で開かれた=写真。

 観世流能楽師の山本章弘さん(50)が「これまでの鑑賞する立場から、能を実演しながら楽しんでもらおう」と企画。12月に山本能楽堂で行われたワークショップに参加した“うたい隊”のメンバー約35人が、節の上がり下がりを記したオリジナルの「高砂読本」を使って練習を重ねてきた。

 この日は、能「高砂」の解説のほか、「たかさごや〜」で始まる謡の練習や能装束の着付けの実演が行われた。その後、シテ(主役)の舞に合わせ「高砂」の地謡(合唱)の部分をうたい、荘厳な声が響きわたった。

 最年少で参加した松原市の小学3年、岩本ほのかさん(9)は「能は難しい言葉が多いけど、大きな声を出してうたうと楽しい」と話していた。

113よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/06(木) 21:40:09 ID:JFz2fMSU0
チャプリン幻の出演作、3月に日本で初上映
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110106-OYT1T00324.htm

 喜劇王チャーリー・チャプリン(1889〜1977)の“幻の出演作”が今春、日本で初上映される。

 デビュー当時、まだ無名だったチャプリンの姿を映した貴重な資料だ。

 この作品は、1914年に撮影、公開された約10分の「A THIEF CATCHER(泥棒を捕まえる人)」。海外の映画研究家が骨董(こっとう)市で買ったフィルムの中から発見され、昨年7月、公表された。警官が大量に登場し、ドタバタ劇を繰り広げる「キーストン・コップス」と言われるシリーズの1作で、チャプリンはちょびヒゲの警官役として出演している。

 チャプリンは14年に、このシリーズを制作したキーストン映画社に入社、すぐに頭角を現し、その年のうちに主演作を撮るほどになった。同社での出演作は、これまで35本とされてきた。

 無声映画の研究をしている大阪市立大学講師で日本チャップリン協会の大野裕之会長(36)がフィルムを手に入れ、日本での上映準備を進めてきた。大阪・梅田のHEP HALLで、3月12日午後3時半から上映される。

(2011年1月6日16時25分 読売新聞)

114よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/08(土) 21:26:53 ID:wMpCnhsQ0
生態園をつくろう:11年度の観察校5校を選定 大阪から2校 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110108ddlk27040324000c.html

 ◇大阪市立大開小「トンボ池で生き物に触れ自然の不思議さに気づく」
 ◇大阪市立北粉浜小「都会の中にこそオアシスを作りたい」
 毎日新聞社と国際花と緑の博覧会記念協会は、学校の中に生物を呼び込む環境「生態園」をつくる2011年度観察校5校を選んだ。独自案に基づき3月までに整備を進める。観察や手入れを通じて、自然と生き物の関連性や「いのち」を理解する一助にしてもらう。

 選ばれた学校とテーマは、奈良市立柳生中=湿地ビオトープの整備▽京都市立美豆小=美豆ビオトープ▽大阪市立大開小=トンボ池で生き物に触れ自然の不思議さに気づく▽大阪市立北粉浜小=都会の中にこそオアシスを作りたい▽神戸市立春日野小=虫も子どももみなくるランド。

 各校の工事や観察の記録は、毎日新聞の紙面やホームページ「生態園をつくろう」で紹介する。問い合わせなどは花博記念協会(06・6915・4513)へ。【大島秀利】

115よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/08(土) 22:10:23 ID:wMpCnhsQ0
■「電子書籍」の閲覧サービス始まる〜大阪・堺市立図書館
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110108113100421475.shtml

 パソコンで読める電子書籍の提供サービスを、西日本で初めて大阪府堺市の図書館が始めました。
 
 スマートフォンや専用端末の普及で最近見る機会が多くなった電子書籍。

 通常はインターネットでダウンロードしなければなりませんが、堺市立図書館は8日からこうした電子書籍をパソコンで閲覧できるサービスを始めました。

 自宅や図書館のパソコンにパスワードを入力すると、参考書や料理本、小説など1,147タイトルを無料で読むことができます。

 これまで公立図書館で電子書籍の提供をしているのは東京都千代田区など全国3か所だけで、西日本では初めての試みです。

「なかなか外に出にくい、図書館を利用しにくい方に利用していただきたい」(堺市立中央図書館・白川咲子係長)

 堺市は今後、電子書籍の数を増やしていきたいと話しています。 (01/08 12:15)

116よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/09(日) 18:06:58 ID:hEiy41lA0
錣囃子でお出迎え 上方演芸特選会が初日
2011年1月9日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110109/20110109024.html

 大阪市中央区の国立文楽劇場は「上方演芸特選会」公演初日の8日、正月興業の大入りを祈願する「錣(しころ)」と呼ばれる大阪独自のお囃子(はやし)で入場客を出迎えた。

 上方落語協会寄席囃子連中の桂雀五郎さん、桂ぽんぽ娘さん、笑福亭生寿さん、内海英華さん、吉崎律子さんの5人が劇場玄関前で太鼓や三味線、双盤などを打ち鳴らすと入場客や通行人がカメラ片手に列をつくり、にぎやかな演奏を楽しんだ。

 演奏の合間には、公演でトリを務める漫才師の暁照夫・光夫さんの2人が「ウサギのようにぴょんぴょん跳ねる景気のいい年に」とあいさつし、「うーちましょ」と大阪締めで盛り上げた。

 再び始まった錣の音色に迎えられて集まった客たちは劇場に入り、初日のサービスのぜんざいを振る舞われた。堺市の演芸ファンの男性(47)は「正月らしいし、気分も盛り上がる」と、満足そうに公演が行われるホールへ向かっていた。

117よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/10(月) 06:21:26 ID:hEiy41lA0
わが街ロケ 支え10年
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110109-OYT8T00656.htm

 映画やドラマのロケを誘致し、撮影を支援する国内初のフィルムコミッション(FC)組織「大阪ロケーション・サービス協議会」(大阪市、大阪ロケ協)が、設立10周年を迎えた。これまでにビートたけし主演の「血と骨」(2004年)をはじめ、「沈まぬ太陽」(09年)や「おとうと」(10年)など260本以上の映画制作に協力。仲介で出演したエキストラは1万9000人を超える。(冨野洋平)

 ごう音をあげて複数台のスポーツカーやパトカーが疾走する。2009年9月、アーチ形の泉大津大橋(泉大津市)を全面封鎖して行われた映画「交渉人 THE MOVIE」のロケ。上空には空撮用のヘリコプターが飛び交い、手に汗握るカーチェースシーンが生まれた。

 全長175メートルの橋は、花卉(かき)類の卸売市場や港がある埋め立て地と市街地を結び、数十の業者が利用している。「すべての業者から同意書を得ること」。府警側がロケを許可する際につけた条件だった。

 大阪ロケ協チーフコーディネーターの大野聡さん(30)は、映画制作会社幹部と約50業者を訪ね、1か月かけて同意を取り付けた。業者側も当日、配送時間を遅らせるなどして全面協力。大野さんは「設立当初は知名度も低く、見向きもされなかったが、府警との信頼関係を築いてようやくここまでこられた」と振り返る。

     ◎

 FCは、アメリカで半世紀以上前に始まったとされる。観光振興や地域活性化のためにロケを誘致するだけでなく、警察や自治体へのロケの許可や届け出などを代行し、スタッフの宿泊施設の手配もこなす。

 大阪ロケ協は00年2月、大阪商工会議所と府、大阪市が共同で設立。その後、全国各地にFCができ、全国組織「ジャパン・フィルムコミッション」(東京都中央区)に加盟するFCは現在、89団体。国内作品の8割以上にFCが協力しているといい、映像業界に不可欠な存在に成長した。

 映像産業は東京への一極集中が続くが、「東京は規制が厳しく、業界では世界で一番撮影しにくいとの声もある」と大野さん。それだけに、道路封鎖など準備が大変なロケをいかに実現できるかが、各FCの腕の見せ所にもなっているという。

     ◎

 法善寺横丁を舞台にした「夫婦善哉(ぜんざい)」(1955年)、「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」(81年)、ハリウッド作品「ブラック・レイン」(89年)……。大阪はこれまで様々な映画の舞台となってきた。大阪ロケ協は2005年、主な41作品を紹介した「大阪ロケ地マップ」を作製。昨年11月からは簡易投稿サイト「ツイッター」を始め、撮影現場の裏話などもこまめに発信している。

 大野さんは「ハリウッドや香港では撮影を市民レベルで楽しむ風習があり、大阪にもよく似た空気がある。大阪が映像産業の拠点になるよう、撮影を根付かせて雰囲気を盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

(2011年1月10日 読売新聞)

118よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/10(月) 06:22:22 ID:hEiy41lA0
LL本 中央区で展示会
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110109-OYT8T00658.htm

 大阪市中央区内久宝寺町の喫茶店「路地カフェ」で、知的障害や自閉症、読み書き障害などで本を読むことが難しい人たちのために編集された本「LLブック」の展示会が開かれている。

 LLは「やさしく読みやすい」を意味するスウェーデン語の略語。写真を多用して漢字にルビをふり、誰もが楽しめる。LL本をPRしようと、「知的障害・自閉症児者のための読書活動を進める会」などが展示会を企画した。

 会場には、グループホームでの暮らし方を紹介した本や、料理の作り方を案内する本などLLブック11冊が並ぶ。同会の吉田くすほみさんは「LLブックを知らない当事者や保護者も多い。一度、手にとって読書の楽しさを知ってほしい」と話す。

 展示は2月10日までで土、日、祝日休み。午前10時〜午後5時。問い合わせは路地カフェ(06・6762・0323)。

(2011年1月10日 読売新聞)

119よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/10(月) 06:24:51 ID:hEiy41lA0
子規や漱石の句 26作品 書で表現
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110109-OYT8T00662.htm

 明治の俳人・正岡子規をテーマにした、書家・梅原千鶴さん(63)(吹田市)の書展「子規最後の旅―漱石との交遊」が、吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」(同市南高浜町)で開かれている=写真=。子規や、子規と交流があった夏目漱石らの句をしたためた作品26点が並ぶ。14日まで。

 子規は1895年(明治28年)、日清戦争に記者として従軍後、愛媛・松山に帰郷。親友の漱石の下宿で静養し、連日句会を開いた。書展では、子規が松山城を詠んだ「松山や 秋より高き 天守閣」を力強い筆致でしたためた作品などを展示している。

 会場には、子規の略年譜や写真も掲示しており、梅原さんは「書だけでなく、歴史に興味がある人にも楽しんでほしい」と話している。入場無料。問い合わせはアトリエ梅原(06・6381・2672)。

(2011年1月10日 読売新聞)

120よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/10(月) 18:39:34 ID:HXx5JP7Q0
織田作之助青春賞:香川さんが受賞
http://mainichi.jp/kansai/news/20110110ddm041040066000c.html

 第27回織田作之助青春賞(大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社主催)の受賞作が9日発表された。同賞は会社員、香川みわさん(24)=大阪府豊中市=の「おっさん」、佳作にコールセンター勤務、森田弘輝さん(24)=埼玉県所沢市=の「逃げるやもりと追うやもり」が選ばれた。青春賞受賞作は月刊誌「本の時間」(毎日新聞社)に掲載される。

121よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/10(月) 18:54:18 ID:HXx5JP7Q0
2011年1月10日
昭和漂わせるレトロ家電 「三種の神器」など500点 くらしの今昔館
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/10/20110110-048215.php

 昭和30〜40年代の家電製品を中心に、看板や生活用品など約500点を集めた企画展「昭和レトロ家電−増田健一コレクション展」が、大阪市北区の大阪くらしの今昔館で開かれており、家族連れらでにぎわっている。2月11日まで。

 展示されているのは枚方市の収集家、増田さんが約20年かけて全国各地から集めた“昭和の家電”。これまでホームページのみで公開されていたが「明日からの生活には役に立たないけれど、日本が元気だった時代のパワーを感じてほしい」と企画。コレクションの実物公開は初めて。

 「三種の神器」と呼ばれた白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫のほか上下2段で別々の方向に送風する扇風機や、当時の軽自動車より高い39万円で販売された初期の電子計算機などが並ぶ。指でダイヤルを回す装置が2カ所についている電話機や、テレビの形をしたラジオなど珍品もあり、来館者を喜ばせている。

 ユニークなのは内釜が4つに分割され、ごはんとみそ汁などが同時に調理できる電気釜。高度経済成長時代のアイデアを形にした商品とされ、シンプルで丸みを帯びたデザインはどこか懐かしい。

 藤井寺市の高校2年、岡汐美さん(17)は「初めて見るものばかりですが、すごく面白い。がんばって便利にしていこうという時代の意気込みが感じられます」と話していた。

 問い合わせは大阪くらしの今昔館(電話06・6242・1170)。

122名無しさん:2011/01/11(火) 18:08:25 ID:yAcJihKo0
皮膚細胞から軟骨作製=マウスで成功、関節の治療に−大阪大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011011100010
 マウスの皮膚細胞に3種類の遺伝子を入れるだけで軟骨を作ることに、大阪大の妻木範行准教授らの研究チームが成功した。3種類のうち2種類は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製に使用する遺伝子。妻木准教授は「皮膚細胞から軟骨を直接作るので、iPS細胞から作るより簡単にできる」と話している。成果は11日、米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカルインベスティゲーション電子版に掲載された。
 研究チームは、iPS細胞を作製する際に使用する4種類の遺伝子に着目。3〜6カ月のマウスの皮膚細胞で実験を行い、4種類のうちc−MycとKlf4に軟骨細胞の基となる遺伝子を組み合わせれば、皮膚細胞が軟骨を作る細胞に変わることを突き止めた。
 妻木准教授によると、傷んだ軟骨がすり減って関節が痛む変形性関節症の患者は、日本だけで約700万人いるとみられる。妻木准教授は「軟骨の再生ができるようになれば、変形性関節症を根本から治療できる」としている。
 一方、実験では皮膚細胞から作製した軟骨を作る細胞の半分に腫瘍ができることも判明。腫瘍が発生する仕組みは分かっておらず、妻木准教授は「発がん性があるc−Mycが原因となっている可能性もあるが、今後究明して人に移植できる安全な軟骨を作りたい」と話した。研究チームは既に、人間の皮膚細胞を使って軟骨を作る研究を始めているという。(2011/01/11-00:34)

123よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/11(火) 21:16:21 ID:daX5bew20
特別講演:プロジェクトXプロデューサー、今井さんが来月4日−−大阪・北区 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110111ddlk27040145000c.html

社会現象にもなったNHKのテレビ番組「プロジェクトX 〜挑戦者たち〜」のプロデューサーを務めた今井彰さんによる特別講演会「日本人の底力 〜プロジェクトXに込めた想い〜」が2月4日(金)午後6時半、大阪市北区のブリーゼプラザ7階小ホールで開かれる。

 大阪市の映像制作会社「アンテリジャン」(子守康範社長)が手がける、中小零細企業を経営者の視点で取材したDVD「ヒント!」の創刊2周年記念イベント。

 当日は、今井さんが番組で紹介しきれなかったエピソードなどを語る。子守社長は「他社の事例から何を学ぶべきかなどについて考える機会にしていただけたら」と話す。

 入場料2000円。申し込みはhttp://www.intelligentv.co.jp/kouenkaiから。問い合わせは、アンテリジャン講演会事務局(06・6457・1370)。

124よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/13(木) 20:28:37 ID:eqKHksLQ0
マウス皮膚細胞から軟骨細胞
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003371731.html

大阪大学の研究グループがマウスの皮膚の細胞から軟骨の細胞を直接、作り出すことに成功しました。関節の軟骨がすり減り、手足が痛みで曲げられない「変形性関節症」の患者は国内だけで700万人にものぼりますが、こうした患者の新たな治療法につながると注目されています。
この研究を行ったのは大阪大学の妻木範行准教授の研究グループです。
研究グループでは、iPS細胞を作る際に使われる4種類の遺伝子のうち、2種類に注目しました。そして軟骨の発生に関わる別の遺伝子と一緒にマウスの皮膚の細胞に入れたところ、iPS細胞を経由せずに直接、軟骨の細胞を作り出すことに成功したということです。
iPS細胞から軟骨の細胞を作り出す場合には、さまざまな種類の細胞が混ざった形で一緒に出来てしまいますが、今回の方法では、軟骨細胞だけを簡単にしかも効率的に作り出せるということで、再生医療の実用化に役立つと注目されています。
研究を行った妻木准教授は、「関節の軟骨がすり減り、手足が痛くて曲げられない変形性関節症の患者は、国内だけで700万人にものぼる。将来的には、こうした患者の再生医療の実用化に役立つと思う」と話しています。

01月13日 19時38分

125名無しさん:2011/01/14(金) 12:40:37 ID:yAcJihKo0
都心もシネコン激化…最後の直営映画館が幕 松竹・梅田ピカデリー
2011.1.14
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/110114/biz1101141131008-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/110114/biz1101141131008-n2.htm
  “梅ピカ”の愛称で親しまれた大阪・梅田の映画館「梅田ピカデリー」が16日、31年の歴史に幕を下ろす。複合映画館(シネマコンプレックス=シネコン)の台頭で周辺の老舗映画館の閉館が相次ぐ中、唯一残る大手(松竹)直営館として根強い人気を集めていた。ピカデリーの閉館で梅田からは大手経営の映画館がすべて姿を消し、映画関係者は「シネコン競争がさらに激化する」とみる。

 「愛着があるので残念だが、これも時代の流れ。近くのシネコンの勢いに押されていたことは否めない」

 社歴20年のうち11年を梅田ピカデリーですごした平野弘支配人(46)は寂しそうに話す。

 松竹の関西地区のメーン館として昭和55年3月に開業。10階建てビルに4スクリーン、計1918席を備え、57年公開の米映画「E.T.」で約36万7千人を動員するなど映画ファンに親しまれてきた。

 今も“伝説”として語り継がれるのが平成6年3月、アイドル「SMAP」の主演映画の舞台あいさつ。前日夕方から詰めかけた徹夜組は早朝には500〜600メートルの大行列に。スタッフ総出で対応、4スクリーンすべてを開放した。

 しかし近年シネコンの台頭により客足が減少。15億円前後を推移していた興行収入は、19年に10億円を割り込んだ。

      ■  ■

 梅田では近年、老舗映画館が相次いで閉館、シネコンへと姿を変えている。

 「北野劇場」(東宝)、「梅田東映会館」(東映)はともに14年に閉鎖、大型シネコンになった。19年には「OS劇場」「OS名画座」「三番街シネマ」も閉館となり、うち2館は隣接するシネコンが吸収した。

 大阪興行協会(大阪府東大阪市)によると、13日現在で府内の映画館210スクリーンのうち160スクリーン(約76%)がシネコン。協会は「劇場の『ブランド』で映画を見る時代は終わった」とする。

 また、映画ビジネスを研究する大阪府立大経済学部の荒木長照教授は「郊外型が中心だったシネコンは、近年都市部へと移っている」と指摘。「市場競争はさらに過熱する」とみる。

      ■  ■

 松竹は今春から、JR大阪駅再開発ビル内に東宝、東映と大手3社で共同出店するシネコン「大阪ステーションシティシネマ」に経営資源を集中させる。関西最大級の12スクリーン、2500座席が設けられる予定で、「TOHOシネマズ梅田」や「梅田ブルク7」など近隣のシネコンと激しい集客争いが予想される。

 平野支配人は「さまざまな選択の幅があるシネコンの開業は、消費者にとっては好ましいこと。老舗閉館という暗いニュースではなく、将来への明るいニュースとして受け止めてほしい」と話している。

126名無しさん:2011/01/15(土) 11:40:05 ID:yAcJihKo0
精華小劇場が3月末で閉館 大阪の小劇場演劇の拠点
2011年1月15日
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201101150030.html
 大阪の小劇場演劇の拠点、精華小劇場(大阪市中央区難波)が3月末で閉館することになり、演劇関係者が14日、記者会見を開いて劇場を通じて培ってきた文化や交流の場が失われることに懸念を示した。

 同劇場は旧精華小学校の体育館を大阪市が約1億8千万円かけて最大200席の劇場に改修し、2004年10月にオープンした。近鉄劇場、扇町ミュージアムスクエアなど民間の劇場が相次いで消える中、演劇人らが「大阪のど真ん中に劇場を」と重ねた運動が下地になった。市と地元住民、劇団代表者らで構成する活用実行委員会が運営する珍しい態勢で、関西内外の劇団を集めた精華演劇祭などを毎年主催してきた。

 しかし、昨年12月の委員会の場で、市は11年3月での閉館を伝えた。土地の売却準備が理由だった。

 「閉館後も精華演劇祭の成果を継承し、発展させていけるような舞台芸術振興事業を検討していきたい」とする市に対し、記者会見で大阪現代舞台芸術協会理事長で劇団太陽族代表の岩崎正裕さんは「公的な施策できちんと文化を根付かせてほしい」と注文した。(岩本哲生)

127名無しさん:2011/01/15(土) 11:42:20 ID:yAcJihKo0
関大が留学生別科開設へ
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/15/20110115-048446.php
2011年1月15日
 関西大学は14日、国内の大学などへの進学を目指す外国人を対象とする「留学生別科」を来年4月に開設すると発表した。宿舎を備えた留学生向けの教育施設も大阪府吹田市に建設し、国際化を推進する。

 留学生別科は日本語習得のほか、進学に必要な英語や数学などの基礎科目を学ぶ。定員は100人で、中国など主にアジアからの受け入れを見込んでいる。関西大は海外からの留学生を5年後に現在の約3倍の2千人に増やす計画で、同別科は留学生獲得に向けた環境整備の狙いもある。

128よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/17(月) 20:05:34 ID:.h1JQC4A0
精華小劇場が3月末で閉館 大阪の小劇場演劇の拠点
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201101150030.html

大阪の小劇場演劇の拠点、精華小劇場(大阪市中央区難波)が3月末で閉館することになり、演劇関係者が14日、記者会見を開いて劇場を通じて培ってきた文化や交流の場が失われることに懸念を示した。

 同劇場は旧精華小学校の体育館を大阪市が約1億8千万円かけて最大200席の劇場に改修し、2004年10月にオープンした。近鉄劇場、扇町ミュージアムスクエアなど民間の劇場が相次いで消える中、演劇人らが「大阪のど真ん中に劇場を」と重ねた運動が下地になった。市と地元住民、劇団代表者らで構成する活用実行委員会が運営する珍しい態勢で、関西内外の劇団を集めた精華演劇祭などを毎年主催してきた。

 しかし、昨年12月の委員会の場で、市は11年3月での閉館を伝えた。土地の売却準備が理由だった。

 「閉館後も精華演劇祭の成果を継承し、発展させていけるような舞台芸術振興事業を検討していきたい」とする市に対し、記者会見で大阪現代舞台芸術協会理事長で劇団太陽族代表の岩崎正裕さんは「公的な施策できちんと文化を根付かせてほしい」と注文した。(岩本哲生)

129名無しさん:2011/01/19(水) 10:55:39 ID:K6xJQtRg0
>>128
なんで平松は文化は会社だとかこれでは大阪の文化は衰退するって批判されないの?

不思議だ

130名無しさん:2011/01/19(水) 12:19:06 ID:FYx9SpBk0
関西において何かにつけて思うのは情報流通のなさ。精華小劇場なんて99%以上の関西人は
知らなかったんじゃないですか? 無くなるとのニュースがあって初めて、へーそんなんあったんや、
と知った人が多いと思います。大阪の4つの交響楽団もそう。そいう類のものがたくさんあります。
関西には膨大なハード、ソフトが知られず、活かされず眠っています。放っておくと、そのうち死滅します。
関西のメディアは東京の情報ばっかり流さないでもっと身近な関西の情報を取り上げ、しかも面白おかしく、
受けてが興味を持つような内容にして流すべきだと思います。それが最も大きな地域振興につながると思います。
また情報の分断化も問題です。大阪人は知っていても京都人・神戸人は知らない。京都人は知っていても
大阪人・神戸人は知らない。神戸人は知っていても・・・。こういう状況もあると思います。
インターネットは誰でも情報発信できる素晴らしいシステムですが、逆にたくさんの人が思い思いに情報を
発信したのでは、受け取る側も混乱してしまいます。ですので、こういうあらゆる情報を一元化をして、
たとえば”関西チャネル”のようなメディアをつくってほしいと思います。ここにアクセスすれば、
関西のすべての情報、ニュースがわかるというものを。またそこで討論やシンポジウムを行うのもいいです。
関西広域連合にはこうような役割も期待します。

131名無しさん:2011/01/19(水) 20:26:11 ID:EQJAjmk.0
>>129
精華小劇場の閉館について
http://seikatheatre.net/close.html

>しかし、平成19年に大阪市は未利用地の活用方針を策定し、その中で
>廃校跡地である、もと精華小学校は処分検討地として位置づけられたところです。

平松氏が大阪市長になったのは平成19年10月な。

ついでに言えばJR除く各線なんば駅徒歩3分のなんばマルイやビックカメラ裏の
とんでもない好立地が売れなかった状況が好転してきたってことだな。

132名無しさん:2011/01/19(水) 21:15:16 ID:5DpJXZL60
>>130
>ですので、こういうあらゆる情報を一元化をして、
>たとえば”関西チャネル”のようなメディアをつくってほしいと思います。

Kansai Windowのような関西の文化芸術のポータルサイトのようなものはいくつかあるんです。
おっしゃるような一元化はする必要はないと思いますが、いずれにしてもまずそのようなポータルサイト自体があまり知られていないというか、検索ならGoogleのように有名でないというか。

ここは古いメディアに頼るようですが、そのようなポータルサイトのいくつかをテレビでCMをうつなどすべきだと思います。

133よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/19(水) 21:28:45 ID:9Q/hxMsk0
日本文化、関西から発信 向上へ「中之島宣言」採択
2011年1月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110119/20110119030.html

 日本の文化戦略と関西が果たすべき役割について考える「関西・大阪文化力会議」が18日、大阪市北区中之島の大阪国際会議場で開かれた。「成長する東アジアと日本の文化戦略」をテーマに講演や分科会を開催。日本文化を再認識し関西から発信することや、文化力向上の仕組みづくりなどを盛り込んだ「中之島宣言」を採択した。

 会議では、主催者を代表して大阪21世紀協会の熊谷信昭会長が「国や地域が末永く繁栄し、世界から敬愛されるような名誉ある国家になるためには文化立国を目指さなければならない」とあいさつ。

 基調講演にはハーバード大名誉教授のエズラ・ボーゲル氏と韓国初代文化部長官の李御寧氏が登壇し、企業家ら約400人が聴き入った。

 ボーゲル氏は、研究を進めている故※(トウ)小平氏の歩みを通してこれまでの日中関係を説明し、「日本はどうしても中国との良い関係をつくらなければいけない」と強調。関西経済同友会とハーバード大の連携を例に挙げ、「知識人や経営者の交流、勉強も進めてほしい。いくらでもチャンスはある」と助言した。

 講演後は分科会が開かれ、ボーゲル氏や大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭らが「東アジアとともに進む日本の文化戦略を考える」、李氏や関西経済同友会の鳥井信吾常任幹事らが「関西の文化力向上と戦略的発言」をテーマに議論を深めた。

134よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/19(水) 21:29:52 ID:9Q/hxMsk0
生根神社境内に句碑 浜村淳さん奉納の俳句
2011年1月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110119/20110119032.html

 パーソナリティーの浜村淳さんが30年以上にわたって夏祭りに参加している「生根神社」(大阪市西成区玉出西2丁目)の境内に、自身が奉納した俳句を刻んだ句碑が建てられた。

 句は夏祭りの様子を詠んだ「いざうたえ だいがく音頭に 夏の月」

 浜村さんと同神社との縁は、浜村さんが1974年に司会を努めた第2回「ふるさとの心日本の祭」の会場で、同神社に伝わり夏祭りに公開する山車の一種「だいがく」(府指定文化財)の存在を知った時から。

 交流が始まり、翌年の夏祭り初日に参加。以来、ほぼ毎年参加している。関係者によると、74年に始まったラジオの長寿番組「ありがとう浜村淳です」の人気は、夏祭りへの参加以降に急上昇し「芸能の御利益もあるのでは」(浜村さん)と話していたという。

 昨年末に除幕式が行われ、浜村さんは「番組はインターネットでヨーロッパやアメリカまで届くので、生根神社の名前が遠くまで広がっている」と話した。

 例年、祭りが近づくと近隣住民から「ことしは浜村さんが来るのかな」と問い合わせが多く寄せられるといい、吉見友伸宮司(42)は「地元の人に愛されている方です。いつまでもお元気で来ていただきたい」と話していた。

135よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/23(日) 13:56:46 ID:GttynRzo0
阪大生の恋の悩み、DJマユミに聞け! 名物講義に
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201101220027.html
 大阪大学豊中キャンパスの全学共通科目「日本国憲法」は、180人が聴講する人気講義だ。学生のお目当ては、非常勤講師の谷口真由美さん(35)がラジオのディスク・ジョッキー(DJ)風に恋愛相談に乗る、冒頭15分の「DJマユミ」。阪大生の理想の恋人像を一刀両断する寸評を聴こうと、金曜1限の講義に遅刻する学生は、まずいない。

 午前8時50分。谷口さんは出席カードの裏に書かせた学生の「理想の恋人」「理想のパートナー」を数人分、テンポよく読み上げ、コメントを加えていく。

 「文学部男子。『僕の理想は、お菓子作りがうまい人』。だまされてる。人間、お菓子でおなかいっぱいになれへんもん」

 「『おしとやかな人』。あんな、言うとくけど、おしとやかも装ってる人は多いで」

 女子にも容赦ない。

 「医学部女子。『何十年後も好きでいてくれる人』。好きでいてもらえるように、あんたががんばんなさい」

 「『海外旅行に年何回か連れて行ってくれる人』。自分のお金で行きや」

 2005年から阪大の教壇に立つ。金曜1限で遅刻が多いことを見越し、最初の15分を雑談にあてた。1年目の時事問題は、すぐにネタが尽きた。そこで2年目から始めたのが「DJマユミ」だ。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201101220027_01.html
 専門はジェンダー論。「データを蓄積したら研究論文のネタになるかも」との下心もあったが、「阪大に来たからには『DJマユミ』を」と言われる名物講義になった。

 続けるうちに、阪大生の保守的な恋愛・結婚観がみえてきたという。「女子は専業主婦志向、男子は料理上手な女性が好き。恋愛経験が少なく、自分の両親しか結婚のモデルが思い浮かばないんやない?」。講義で「せっかく大学まで学んだんだから、女子も働け。働かないのは社会的損失です」と言ったら、男子学生に「働きたくない人は働かなくていいのが自由主義だ」と反論された。

 「働いて生計を立てるという実感がないんやね」。自身は友人の紹介で出会った12歳年上の会社員と結婚し、5歳と2歳の子どもがいる。

 恋愛相談から、憲法13条の「幸福追求権」、24条の「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を論じる事例がいくらでも出てくるという。講義は「難しい憲法を身近に感じられる」と、阪大の共通教育賞を4回も受賞した。今春で阪大との契約はいったん終了。「DJマユミ」も、残すところあと2回だ。(阿久沢悦子)

136よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/23(日) 17:14:26 ID:GttynRzo0
巨星堕つ。
あの味のある優しい漫才は完全に過去のものになってしまった。
お悔やみ申し上げます。

しゃべくり漫才・ご意見番…喜味こいしさん死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110123-OYT1T00374.htm?from=main7

 “いとこいさん”の愛称で親しまれ、兄の夢路いとしさんとのしゃべくり漫才で人気を集めた喜味(きみ)こいし(本名・篠原勲=しのはら・いさお)さんが、23日、肺がんのため亡くなった。83歳だった。

 埼玉県生まれ。旅回り一座の家庭で、幼いころから2歳上のいとしさんと一緒に子役として舞台に立ち、1937年に上方漫才の草分け、荒川芳丸に入門。荒川芳博・芳坊の名で子供漫才を始め、48年に「夢路いとし・喜味こいし」と改名した。

 庶民の生活を題材に大阪弁の豊かな表現を生かした「しゃべくり漫才」で、ラジオやテレビ、舞台で活躍した。

 2003年にいとしさんが亡くなった後もテレビのコメンテーターを務めるなど、上方漫才界の“ご意見番”として活躍していた。

(2011年1月23日17時04分 読売新聞)

137よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/23(日) 21:26:54 ID:GttynRzo0
兄のボケを楽々受け止める 高い技量に挑み名人芸に
2011.1.23 20:47
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110123/ent11012321060151-n1.htm

 名コンビを組んだ兄の夢路いとしさんが、話を繰り広げつつ放り込む「ボケ」を、弟の喜味こいしさんは楽々と受け止めて「ツッコミ」を入れる。時にはボケ返し、ボケとツッコミが瞬時に入れ替わる。自在な呼吸は、まさに名人芸だった。

 ひょうひょうと語る兄いとしさんと、ガラガラ声で受ける弟こいしさんの絶妙な間。ふくよかな大阪弁を生かしたしゃべくり漫才は、市井に生きる人たちの息遣いや、日常の中の無邪気な笑いを伝えた。簡単なようで、実は最もハイレベルな技量が要求される領域に挑んでいた。

 2003年にいとしさんを失ってからの落胆は、はた目にも痛々しく、舞台に立つ姿は寂しげだった。

 だが1人になっても大ベテランとして上方芸能を引っ張り、俳優や「ご意見番」としても、大きな存在感を持ち続けた。


浜村淳さん「品のある語り口のこいしさん亡くなり寂しい」
2011.1.23 20:46
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110123/ent11012321050150-n1.htm

 ■タレントの浜村淳さんの話 「穏やかな兄いとしさんと、やんちゃな弟こいしさんのキャラクターの違いを生かした漫才は絶品だった。派手さはなく、日常に起こり得ることを話しているのに、名人芸ともいえる話術と間の取り方にかかると、大爆笑が沸き起こった。ギラギラした漫才や話芸が多数を占める中で、品のある語り口のこいしさんが亡くなったことは非常に寂しい」

138名無しさん:2011/01/26(水) 10:15:06 ID:42vq2sqU0
酒のアテに書物を 玄月さんら、ミナミに文学バー
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201101260006.html
2011年1月26日

 グラスを傾けながら文学談議に花を咲かせ、読書を味わう「文学バー」が31日、大阪・ミナミにお目見えする。同市在住の芥川賞作家、玄月さん(45)がプロデュースし、関西の作家らが協力して共同経営。小説など文学書を中心に1万冊近い本で店を埋め尽くし、本好きのたまり場にする計画だ。

 店の名は「リズール」。フランス語で読書家という意味だ。地下鉄心斎橋駅近くにあるビルの地下1階に、奥行きのある約60平方メートルのスペースを確保し、壁一面に本棚を設けた。カウンターにも書物を並べる。

 「ちびちび飲みながら読んだり、お客さん同士で文学を語り合ったりする場にしてほしい」。そう話す玄月さんは東京にいたころ、作家や編集者が集う文壇バーに出入りした。だが、出版社が多くない大阪ではまず成り立たない。一般の本好きな人たちが気軽に文学を語れる場所をつくろうと思い立った。

 単行本をはじめ、世界文学全集や詩集、画集などを文学関係者や友人に呼びかけて集めている。和歌山出身の辻原登さんや大阪在住の吉村萬壱さんら関西ゆかりの作家も協力した。

 調理師の資格を持ち、レストランで働いたこともある玄月さん自らが時にはカウンターに立つ。スタッフは作家修業中の学生らだ。ウイスキーのボトルさながら、しおりに自分の名前を書いて読んでいる本に挟んでもらい、「キープ」できる趣向も。いずれ作家のサイン会や朗読会など文学イベントもしたいという。

 昨年は電子書籍に注目が集まり、「元年」といわれた。その流れに水をさす気はない。「紙の本の手触りや、古い本のかびくさい匂いが好き。棚から本を取り、めくって読む。その楽しさを共有できる空間にしたい」

 営業は午後6時〜午前2時。問い合わせは同店(06・6282・7260)へ。(河合真美江)

139よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/26(水) 20:56:18 ID:KVbB4h6Q0
2011年1月26日
200インチ 大迫力3D
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/26/20110126-048836.php

 特殊な眼鏡を使わずに裸眼で立体的な映像(3次元映像)を見ることができる200インチの大型ハイビジョンディスプレーの開発に独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)などが世界で初めて成功し25日、けいはんな研究所(京都府精華町)で報道関係者に公開した。

 ディスプレーは縦2・5メートル、横4・5メートル。50個以上の小型ハイビジョンプロジェクターを備え、特殊な拡散フィルムや集光レンズなどで構成される表示スクリーンに、裏側から同時に映像情報の光を照射する仕組み。

 NICTでは5年前から立体表示技術の開発研究に取り組んでおり、この日は車やサメ、花とミツバチなどのCG画像が立体的に映し出された。

 ただ、スクリーンの端では立体的に見ることができず、立体視が可能な視域は限定的でNICTは「より多くの人が立体的に鑑賞できるよう、今後、視域を広げる開発研究に取り組みたい」としている。

140よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/26(水) 21:03:28 ID:KVbB4h6Q0
故喜味こいしさん、最後の仕事を再放送
2011.1.26 11:05
http://www.sanspo.com/geino/news/110126/gnf1101261106000-n1.htm

 NHK大阪放送局が、故喜味こいしさん(享年83)最後の仕事となった「上方演芸ホール『満員御礼!寄席芸ワールド』」を30日に再放送(後2・30)する。2月6日には追悼番組「上方演芸ホール特別企画『喜味こいしさんをしのんで』」(深夜0・00)も。ABCテレビは29日に「さようなら喜味こいしさん」(前10・25)、関西テレビも同日追悼番組(タイトル未定、後6・05)を放送。

141よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/26(水) 21:09:16 ID:KVbB4h6Q0
文化財、火災から守れ 博物館職員ら消防訓練
2011年1月26日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110126/20110126030.html

 文化財防火デー(26日)を前に21日、大阪府豊中市の服部緑地にある日本民家集落博物館(中平正子館長)で、同市北消防署による消防訓練が行われた。同館には国や大阪府の指定文化財となっている民家が全国から集められており、消防職員や同館職員ら約30人が、初期消火や放水などの訓練に真剣な表情で取り組んだ。

 文化財防火デーは1949年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である奈良の法隆寺で起きた火災をきっかけに、55年に国が指定した。毎年この時期に文化財を備えた建物などを対象に、各所で防火訓練が行われている。

 訓練は国の重要文化財に指定されている「日向椎葉の民家」で火災が発生したとの想定でスタート。職員が119番通報や消火器による初期消火、屋外消火栓にホースをつないでの放水を行い、消防署からもタンク車などが出動し、本番さながらの放水作業を展開した。

 同館職員の奥村直樹さんは「実際に消火器などを使った訓練を継続することで、職員の防火意識を高めていきたい」と話していた。

八坂神社でも
 文化財防火デーを前に池田市神田4丁目の八坂神社(津田信幸宮司)で24日、同市消防署や市消防団神田分団などから25人が参加して消防訓練が行われた。

 本殿から出火したとの想定で行われ、まず神社関係者が消防署へ119番通報し、非常持ち出し品を搬出。その後、拝殿正面に配置されたはしご車からの放水などが行われた。

 同神社は1610年の再建。桃山時代の様式をよく残しているとして、国重要文化財に指定されている。

 津田宮司は「今後も地元の人たちにも協力していただき、文化財の保護に努めていきたい」と話していた。

142よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/28(金) 20:51:26 ID:nIR0zw9o0
さよなら こいしさん 喜味こいしさん葬儀に400人
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201101270065.html

 23日に83歳で亡くなった兄弟漫才コンビ「夢路(ゆめじ)いとし・喜味(きみ)こいし」の弟、喜味こいし(本名・篠原勲)さんの葬儀が27日、大阪市阿倍野区のやすらぎ天空館で営まれた。かしまし娘の正司歌江さんや上方落語協会会長の桂三枝さんら演芸・マスコミ関係者ら約500人が参列し、温かな笑いで広く愛された上方の名漫才師との別れを惜しんだ。

 弔辞に立った西川きよしさんは「長い、長い漫才界の歴史の中で輝き続けた星を失いました。お会いするたびに先生の心の広さ、品の良さ、潔さ、優しさを学ばせて頂きました。数多くの名作漫才を残してくだって、本当にありがとうございます。天国で、いとし先生にもう会われたかもわかりませんね。積もる話をして下さい。長い間、本当にお疲れ様でございました」と声を詰まらせた。

143よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/30(日) 08:33:00 ID:3Ko7/4PU0
「読書自分と社会つなぐ」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110130-OYT8T00069.htm

 児童文学作家の梨屋アリエさんを迎えて、関西大の「読書への誘(いざな)い」講演会(読売新聞社、活字文化推進会議後援)が29日、吹田市の同大学で開かれ=写真=、同大学併設校の関西大第一中、同北陽中、同中等部の1年生の生徒ら約500人が参加した。

 梨屋さんは「読書の楽しみを伝える」をテーマに講演。小学生時代は本が苦手だったが、中学に入ってから図書館に通うようになり、世の中のことに興味がわいて、読書が好きになったと話した。

 「本には、他人の考えや体験が詰まっていて、自分の足りない部分を補うことが出来る。また、自分のペースで読めるなど、本は読む人自身に主体のあるメディアだ」と語り、「読書は自分がよりよく生きるためのものであり、社会とつながるものでもある。ぜひ、10代のうちに本が好きになるきっかけを作ってほしい」と訴えた。

(2011年1月30日 読売新聞)

144よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/30(日) 10:06:52 ID:3Ko7/4PU0
芸術家集い、育むまち 住吉区で版画家企画展
2011年1月28日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110128/20110128041.html

 住吉区は、同区周辺で活躍している版画家、廣田雅久さんと、大阪を代表する版画家、故・前田藤四郎さんを中心にした企画展を、2月1日から同区民センターなどで開く。11日には廣田さんらを交えたトークショーなども予定。「地元の文化資産を再発見してもらいたい」とPRしている。

 1925年、大阪は「大大阪」とも呼ばれ、市域拡張を行い、モダン都市としての姿を整えた。36年には天王寺に市立美術館が開館し、天王寺以南の住吉地域に多くの画家や芸術家が住むようになった。

 前田さんもその中の一人。長崎堂(中央区)のパッケージデザインなども手掛け、90年に亡くなるまで関西を中心に活動した。阿倍野区北畠の自宅は周辺に住む芸術家のサロンにもなっていた。廣田さんは前田さんの勧めで銅版画を始めた経緯がある。

 区は今回、「住吉の美術パワー発見!」と題してイベントを企画。「前田藤四郎と版画の世界展」(住吉図書館)には『屋上運動』などの作品を展示する。区民センターでは「廣田雅久銅版画展」として曽野綾子さんの本の表紙にもなった『青い月』などを展示する。

 11日には同センターでトークショー「前田藤四郎と住吉の美術仲間たち」を開催。廣田さんや大阪出身の版画家、志野和男さんら前田さんゆかりの4人が功績や影響について話す予定。

 企画した市立近代美術館建設準備室研究副主幹の菅谷富夫さんは「前田先生は日本の創作版画の創世期を代表する作家。周辺にはさまざまな芸術家が集っていた。地元の人が地域に残る芸術を育む土壌を再発見するきっかけになれば」と話している。

 いずれも入場無料。11日のトークショーではバイオリンとピアノのミニコンサートも予定されている。展示会は27日まで。問い合わせは電話06(6694)9989、区民企画担当へ。

145よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/30(日) 13:11:22 ID:ck2DQqWk0
2011年1月29日
一足早い春の香り 司馬遼太郎記念館で菜の花飾り付け
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/29/20110129-049009.php

 作家、司馬遼太郎さんの命日「菜の花忌」(2月12日)を前に、大阪府東大阪市の司馬遼太郎記念館で29日、菜の花の飾り付けが行われ、寒空の下に一足早い春の香りが運び込まれた。

 飾り付けは司馬さんが生前、自宅の庭で菜の花を育てていたことにちなみ、平成14年から始まった。当初は館内に切り花を飾るだけだったが、記念館が地元住民らに呼びかけ、周辺の道路や民家の玄関前に花を飾る活動が広がっている。

 この日は地元の高校生やボランティアが、プランターや鉢約200個を司馬さんの書斎前の庭などに設置。

 府立布施高校3年の中矢朱璃(あかり)さん(18)は「いっぱいの花に囲まれた書斎で司馬さんがうらやましい。日当たりも良くて、寝てみたいな」と話していた。

 今年は寒さの影響で開花が遅れ、見頃は2月中旬。4月上旬まで楽しめそうだという。

146よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/31(月) 20:41:28 ID:nTVzULrE0
2011年1月31日
生命の原材料 "故郷"を特定 太陽系有機物 阪大など共同チーム
http://www.sankei-kansai.com/2011/01/31/20110131-049038.php

 生命の原材料である有機物が太陽系で最初に作られたとみられる場所を、大阪大大学院の橋爪光(こう)助教(惑星科学)と東大、九州大の共同研究チームが突き止めた。最も原始的なタイプの隕石(いんせき)に含まれる有機物を分析し、その“故郷”を原始太陽の周囲にあった星雲の表面と特定した。英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」に31日、発表した。

 有機物は約45億6700万年前の太陽系誕生から間もないころ、光化学反応で生成され、塵などと一緒に集まって小天体や惑星を形成した。一部は地球生命の材料になったともいわれるが、最初に生成された場所は分かっていなかった。

 橋爪助教は「有機物の起源が分かったことで、生命が誕生可能な地球型惑星が宇宙にどの程度あるかを高い精度で予測できるようになる」と話している。

 研究チームは、国立極地研究所が南極で採取し、原始太陽系の姿をとどめる約45億6千万年前の隕石から有機物を抽出。特殊な顕微鏡で酸素や炭素の同位体比率を詳細に分析し、有機物の生成に必要な温度や光などの条件を探った。

 その結果、有機物は宇宙空間としてはやや高温のマイナス約210度以上の環境で作られたことが判明。原始太陽の周囲にあるガスや塵でできたドーナツ状の星雲のうち、太陽光を浴びてやや高温になる表面付近が生成場所と結論付けた。

 太陽系の有機物は、宇宙と生命の関係を探る上で重要な研究対象。日本は小惑星探査機「はやぶさ」の後継機で有機物を含む岩石の回収を目指しており、今回の成果は回収試料の分析方法の検討などに役立ちそうだ。

147よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/31(月) 20:50:58 ID:nTVzULrE0
読み上げ瞬間 手動き札舞う 全国競技かるた大阪大会
2011年1月31日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110131/20110131031.html

 百人一首日本一を競う「第92回全国競技かるた大阪大会」(全日本かるた協会主催)が30日、大阪市天王寺区の四天王寺本坊で開かれた。全国から364人が参加し、瞬きも許さない白熱した戦いを繰り広げた。

 競技かるたを題材にした末次由紀さんの漫画「ちはやふる」(講談社)の人気もあり、参加人数は過去最多。大阪府かるた協会の山下迪子会長によると「昨年の秋から毎週のように新入会員が増え、練習時間を延長したりしている」という。今大会には、小学生から一般の有段者までが一堂に会し、A〜E級の5部門に分かれて覇を争った。

 開会式ではA級(4段以上)の昨年度覇者、鋤納麻衣子さんが「日ごろの練習の成果を発揮し、正々堂々と戦うことを誓います」と選手宣誓を行った。試合では、読手(どくしゅ)が読み上げる声と同時に目にもとまらぬ早さで手が動き、札が舞った。

148よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/01/31(月) 21:10:50 ID:nTVzULrE0
HEP HALLで展覧会「愛の秘密工作室」−アーティスト7組が「愛」を工作
http://umeda.keizai.biz/headline/970/

  HEP HALL(大阪市北区角田町、TEL 06-6366-3636)で1月29日、「愛」をテーマにした展覧会「7組のアーティストによる7つの愛のかたち『愛の秘密工作室』」が始まった。

 「つくること」をエンターテインメント化してきたプロダクトデザイナー、コピーライター、雑貨デザイナー、駄美術作家など、さまざまな分野のアーティスト7組が「愛」をテーマに「工作」。2008年に同ホールで開催した「駄美術ミュージアム」の脱力アートユニット・現代美術二等兵に企画を持ち掛けたところ「面白い人がいっぱいいるから声をかけましょうか」と、バレンタインデーが近い時期に「愛」をテーマにした展覧会が実現した。

 会場では、さまざまな形で「愛」を捉えた作品を展示。「現代美術二等兵」は、下着にグー、チョキー、パーを描いた「勝負パンツ」など、キヤノン・IXYDIGITALグッドデザイン賞など多くの受賞歴を持つプロダクトデザイナー・清水久和さんは井伊直弼や額田王をモチーフにしたミラーなどを展示。ワークショップやCDジャケット制作など多方面で活躍する吉澤久美子さんは男性用と女性用の白衣で、それぞれ「愛」を表現している。

 あらゆる手法で美術の可能性を探る木内貴志さんは、勉強机を彫って刷った版画や積み重ねたVHSテープにデザインを施した作品、「こけしマッチ制作所」は「マッチでパロる愛の歴史」と題し、マッチ棒の先に顔を描き衣装を着させた作品を多数展示。大手広告代理店に勤めながら創作活動を続ける服部公太郎さんはライトを使った作品や立体作品を、コピーライターの乙幡啓子さんは、2つのペンダントを合わせると心臓になる「リアルハートのペアネックレス」などの作品を展示する。

 会場にはミュージアムショップもあり、乙幡啓子さんのホッケそっくりのペンケース「ホッケース」(2,600円)や、通常は地域限定で販売するこけしマッチ「なるこマッチ」(210円)、「たばしおマッチ」(200円)、著書なども販売する。

 同ホールプロデューサーの星川大輔さんは「全員がデザイナーという訳ではなく、人を楽しませることで活躍されているアーティストが集まった。普段アートに興味がない人でもフラッと寄って楽しんでもらえるのでは」と話す。

 開催時間は11時〜20時。入場無料。2月13日まで。

149よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/02(水) 21:48:48 ID:zT71AHuw0
イサム・ノグチ作品 万博時の色に復元へ
2011年2月2日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110202/20110202025.html

 “宇宙の夢”再び−。1970年の万国博覧会で制作され、現在も万博記念公園(吹田市)の「夢の池」に残る彫刻家イサム・ノグチ氏(1904〜88)の噴水モニュメントを当時の色に戻す作業が行われている。1月26日には、制作に携わった建築家の佐々木喬さん(76)を沖縄から招き、色の選定と制作意図などを仰いだ。

 夢の池は、2万4500平方メートルの人工池に高さ33メートルの「彗星(すいせい)」や、ステンレスの「惑星」など宇宙をテーマにした6種9基(現在は5種6基)を設置したもの。噴水は万博終了とともに停止したが、噴水はモニュメントとして残されている。しかし、約20年前に腐食防止を理由に再塗装した際、「宇宙船」の黒が緑に、ステンレスの「惑星」は銀色に塗り替えられていた。

 現地を訪れた佐々木さんは「当時と同じではなくても、見た人がイサムが使っている色だと納得できればいい」と、担当者と当時の写真とノグチ氏の作品集を見ながら、色を絞り込んだ。

 「モニュメントが残るのは非常にうれしい」と佐々木さん。ただ、銀色に塗られた「惑星」については「塗装は避けてほしい」と強いこだわりを見せた。塗装は腐食防止のためだが、「当時は宇宙を漂っている惑星をイメージし、表面を削って荒々しさを出していた。ステンレスはさびて当然。それをいいと考えるか、どうかだ」と訴えた。

 改修工事は3月末に完了予定。同機構は「万博の遺産としてできる限り復元したい」と話している。

150よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/06(日) 08:21:42 ID:wUZnZjt60
街への思い積むアート
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110206-OYT8T00044.htm

来年で100周年を迎える大阪・新世界を盛り上げようと、街中を舞台にしたアート展示や体験イベントを集めた「ツムテンカク」が5日、開幕した。デザイナーら約10人でつくる実行委が初めて企画。13日まで。

 街に対する人々の思いを「積む」と、「通天閣」を掛け合わせて催しのタイトルにした。通天閣のメーン会場の4階展望台には、ひと味違った市街地の景色を楽しんでもらおうと、直径5〜60センチの紙筒を積み上げた高さ2・5メートル、幅4メートルの巨大オブジェ三つが登場。親子で遊びに来た横浜市中区の中学1年、田中芙果さん(13)は、街をのぞきながら、「大阪の街を切り取ったみたいで面白い」と喜んでいた。

 期間中、観客も参加できるライブ(10、11日)や紙筒の上に乗って歩く「つつぽっくり」の遊び(11日)など計16の展示、催しが楽しめる。イベントの詳細は実行委のホームページ(http://www.tsumutenkaku.com)。

(2011年2月6日 読売新聞)

151よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/06(日) 09:29:07 ID:wUZnZjt60
即興落語風に40年 桂三枝「新婚さんいらっしゃい!」
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201102040274.html

約40年前から、落語家とテレビ司会者の二足のわらじを履き続けている。両立は「全然難しくなかった」そうだ。「どの仕事も人前に出てお客さんに楽しんでもらうためにやるもの。一人で全部しゃべるか、相手にしゃべってもらうようにするかの違いだけでね」と、しみじみ語る。

 司会を務めた番組の中でも「新婚さんいらっしゃい!」(朝日系、日曜午後)は「一番合っていた」。自らの創作落語との垣根が低いから。多彩な新婚さんたちに色濃く出る市民の生活や笑い。収録時は、即興的に創作落語をつくる感覚で臨んでいる。「話をこう持っていって、サゲはこの辺へ、と思うのも、落語をずっとやってきたからで」

 逆にそこで見聞きした夫婦の出会いや癖、けんかの中身などは、高座の際に「財産」となって生きる。落語にすると「『そんなアホな』と、事実と思ってもらえないような」突拍子もない夫婦がいるのはご愛敬だ。

 「日常の中で晩ご飯を食べ続けてきたような感じでね。毎週毎週楽しくしているうちに、知らない間に40年たってしまったという感じが強いですね」。今後50年、60年もいけますか。「そこまでは……。でも、やっぱり転べるうちは、いろんな新婚さんに会いたいなと思いますね」

 いすから転げ落ちる名物のリアクションのことだ。「最近はこけさせるのを楽しみにしている新婚さんが結構いるので、何度か無理してこけてあげないと、という気遣いはありますなあ」。まだまだ体をはっていく覚悟のようだ。

(文・岩本哲生 写真・伊藤菜々子)

152よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/06(日) 14:03:24 ID:wUZnZjt60
非日常「積み上げ」 ツムテンカク始まる
2011年2月6日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110206/20110206022.html

 大阪市浪速区の通天閣、新世界を舞台とするデザイン&アートイベント「ツムテンカク」が5日、始まった。「積み上げる」をテーマに、通天閣には紙の管を数千本積み上げたオブジェが展示され、市民らが非日常的な空間を楽しんだ。13日まで。

 イベントは、デザイナーやイラストレーター、フォトグラファーなど11人が実行委員会を組織して実施。

 通天閣4階の展望台には、直径数センチから1メートル近い紙の管数千本を積み上げたオブジェを展示。通天閣が大阪のまちと人の思いや文化、歴史を積み上げた「象徴」であるという思いが表現され、紙の管を通して普段とは違った視点や視界で通天閣からの景色を楽しむことができる。

 新世界では、ビリケン像に隠されたキーワードを集めて合言葉を完成させるイベントが行われ、観光客らが楽しんでいた。

 13日まで、ストリートパフォーマンスやアーティストの作品展示など、多彩なイベントが各所で行われる。

153名無しさん:2011/02/06(日) 17:49:48 ID:sTnxQ8r20
>152

これはいい。
ステレオタイプな大阪像に利用される通天閣の中和剤となるだろう。

154よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/06(日) 19:21:54 ID:wUZnZjt60
■医師が縫合技術競うコンテスト〜阪大病院
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110206144700429769.shtml

 若手の医師が手術で皮膚を縫い合わせる技術を競う一風変わったコンテストが大阪で行われました。

 真剣な表情でテーブルに向かう医師たち。

 大阪大学附属病院が主催したコンテストの会場には、卒業後10年までの若手外科医90人が集まりました。

 豚の皮を人間の皮膚に見立てて手術の際に傷を縫い合わせる技術を競います。

 このコンテストは、若手外科医が競い合い評価される場をつくることでその技術やモチベーションを高めようと企画されました。

 10分間で8針以上縫い、手の動きや姿勢、縫い目の間隔、縫い合わせた部分の盛り上がり方などを教授やベテラン医師が審査します。

 同僚や先輩の視線が集まる中、緊張で手の震えが止まらない人も…。

「緊張しすぎてわけもわからず10分終わりました」
「みんなに見られている環境と豚の皮ということで、ふだんと全然ちがっていて緊張しました」
「皮膚を最後に縫い合わせるという技術の中には、外科医の基本的な手技が集結している。第三者に客観的に評価してもらうことは若い外科医にとって励みになる」(大阪大学大学院(消化器外科)伊藤壽記教授)

 若手医師の切磋琢磨の場となるこのコンテスト、高得点を獲得した16人は、来月行われる決勝に進出し、優勝者には手術器具が贈られるということです。 (02/06 18:24)

155名無しさん:2011/02/06(日) 20:09:11 ID:sTnxQ8r20
がんばれ阪大病院

156名無しさん:2011/02/08(火) 15:45:24 ID:E2UNVdEE0
大阪府大 受験志願者数 V字回復 知事発言で急激
2011年2月 8日
http://www.sankei-kansai.com/2011/02/08/20110208-049408.php
 大阪府の橋下徹知事から「存在意義は疑問」と批判された府立大学(堺市)が、知事の批判以前から取り組んでいる改革が成果を上げ、知事発言で急減した受験志願者数が今年、過去最高水準に回復したことがわかった。年1千万円の研究費を付与する国際公募の特別講師制度や、企業から講師を招いて「就活」に直結させる実践講義など人材育成に重点を置いた改革が、就職氷河期の受験生らに受け入れられたようだ。

 府立大の受験志願者は微増傾向で、平成19年度が9144人、20年度が10037人、21年度は10266人に達し過去最高を記録した。ところが20年2月に就任した橋下知事が21年2月、「存在意義が十分理解されていない。廃止か大阪市立大学との統合を含めて検討する」と発言。大学存続を危ぶむ声が聞かれ、22年度は一気に9244人に落ち込んだ。

 一方、改革は知事発言の前の20年度に着手された。

 特別講師制度は、理学・工学研究科で実施され、若手研究者(教員)を国際公募。英語による模擬授業などで選考し、初年は1千万円の研究費を無条件で与えている。3年間で10人を採用したが、スイスとスウェーデンの大学で活動していた日本人も含まれ、流出した頭脳の還流にも貢献した。教授への道が開かれているのも魅力。春には中国人を含め2人が加わる。

 博士後期課程の学生や博士号を取得しても就職先がない学内外の研究者を対象にした実践講義は、企業の経営者、研究者を講師として招き、インターンシップ(企業研修)も実施。3年間で123人が学び、31人が協力企業のパナソニックやシャープ、住友電工などに就職している。授業がそのまま就活になることから人気は高い。

 これらの改革は文部科学省の科学技術振興調整費を使って行われ、文科省が今年度に行った事業評価で、ともに最高ランク(対象38事業のうち最高ランクは7事業)に位置づけられた。

 広報にも力を入れ、こうした成果をアピール。この結果、今月3日に受け付けが締め切られた受験志願者数は10250人を超えるまでにV字回復した。また他校からも注目を集め、1日に行われた公立大学協会の会長選挙で、奥野武俊学長(兼理事長)が最多得票となり、選任された。

157名無しさん:2011/02/08(火) 16:24:34 ID:WvWhNbYA0
大阪府立大学の理系のレベルは高い。橋下氏は府立大、市立大の実力を見誤っていないか。

緩慢な経営は批判されるべきだが、府立大、市大ともに十分に存在意義が見いだせることを理解してほしい。

国立の阪大と合わせて、北摂の阪大、市内の市大、堺の府立大。

大阪の高等教育はこの3つの大学が先導するのだ。

158名無しさん:2011/02/13(日) 07:11:23 ID:MYm01tDY0
阪大が米核兵器研究所で共同研究へ 超新星爆発を再現
2011年2月13日
http://www.asahi.com/science/update/0212/TKY201102120225.html
 核兵器の維持管理を主目的に設立された米国の研究施設で、大阪大が来年にも共同研究を始める。世界一とされる強力なレーザーを使い、恒星が燃え尽きた最期に起きる「超新星爆発」を地上で再現し、しくみの解明に役立てる。

 恒星の内部では、水素やヘリウムなどの軽い元素が融合して重い元素がつくられる「核融合」が起きている。星の最期には、重い元素が重力で収縮して超新星爆発が起きる。阪大の研究は、爆発の際に衝撃波や宇宙線が発生するしくみを、レーザーによって再現して確かめる。

 エネルギー省の核兵器研究所「ローレンス・リバモア国立研究所」にある「国立点火施設」(NIF)が昨年、基礎物理の共同実験を国際公募。阪大の1件を含む12件が採択された。

 NIFはラグビー場ほどの大きさの実験施設に192本のレーザーを備え、光を一点に集中させて水素などに照射して核融合を起こし(点火)、水爆と同じ状態を人為的に作り出すのが主目的で、約4千億円をかけて2009年に完成した。

 主に経年劣化した核兵器の爆発性能を確かめる実験に使われ、1年半以内の「点火」実現を目指す。点火の必要のない基礎物理研究も行われる。NIFがつくる超高温、超高圧の状態は輝く星に近い環境とされる。

 交渉に当たった阪大レーザーエネルギー学研究センターの疇地(あぜち)宏センター長は、「研究内容は軍事と無関係の基礎科学なので問題ないと判断した」と話す。採択したのはNIFの外部の人でつくる委員会で、透明性は高いという。

 NIF側は今回、基礎研究だけでなく、点火を目的とした共同研究も日本に申し入れた。阪大側は前向きに検討したが、実験の所管がエネルギー省内の国家核安全保障局という軍事部門だったため、軍事研究に加担したととられかねず、断念したという。

http://www.asahi.com/science/update/0212/TKY201102120225_01.html
 NIFが国際公募したのは、軍事研究費削減の圧力が強まる中、他国を取り込んで予算を確保しやすくする狙いがあるものと見られる。阪大も、40年前からレーザー核融合の研究を続けてきたが、研究費はかつての1割ほどになっている。(小宮山亮磨)

159よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/13(日) 08:42:59 ID:DmeW8fyQ0
2011年2月12日
若き日の宝500点  未公開「梅棹ワールド」再び
http://www.sankei-kansai.com/2011/02/12/20110212-049581.php

 「知の探検家」といわれた日本の文化人類学の開拓者で、昨年7月に90歳で亡くなった故・梅棹忠夫さんの偉業を紹介する特別展「ウメサオタダオ展」が、3月10日から梅棹さんゆかりの国立民族学博物館(大阪府吹田市)で開かれる。現場を愛し、常にひたむきな探求心を持ち続けた梅棹さんが生前海外などで記した未公開の「フィールド・ノート」や直筆原稿など、同館所蔵の約500点を初公開。若き日の「梅棹ワールド」を今に伝える一級の資料で、関係者は「梅棹さんの先見性が改めてしのばれる」と話している。


梅棹さんが中国の調査旅行から持ち帰った内蒙古の地図。検閲への偽装のため、裏面にカバなどの絵が描かれていた

内蒙古地図 絵で偽装/京大型カードの原点資料

 大正9年生まれの梅棹さんは、もともと動物学を専攻していたが、内蒙古の学術調査を通じて民族学、人類学に転じ、京大総合学術調査隊に加わるなどして“京都学派”を形成。昭和49年に創設された同博物館の初代館長も務めた。

 「モゴール族探検紀」(昭和31年)や、カードを並べ替えて新たな発想を導くB6判の通称「京大型カード」の着想を書き込んだ「知的生産の技術」(44年)など多数の著作を発表。61年に視力を失う苦難に見舞われたが、「自分の足で歩いて確かめ、自分の頭で考える」姿勢を説き続け、新たな視点での発信や後進の育成に尽力した。

 10〜40代に当たる昭和7年ごろから39年に記されたフィールド・ノートなどの膨大な研究資料は、同博物館に委ねられたが、「生前に公開する性格の資料ではない」として、これまで一般の目に触れる機会がなかった。梅棹さんの死後、同博物館の研究者が特別展の開催を企画。整理を進め、主に著作集に関連する資料を選んで公開されることになった。

 展示品のうち、生活習慣などの調査のため戦中に訪れた中国から持ち帰った内蒙古の地図には、裏面にカバなど動物の絵が描かれている。昭和21年に帰国する際、検閲で軍事機密として没収されないようにするため、スケッチで偽装したといい、研究への情熱の一方、あまり知られていない“絵心”がうかがえる。

 中国大陸などを訪れた際に記したノートは約50冊にのぼり、中には現地の鳥のさえずりを譜面にした記載も。中学時代の登山日記や、京大型カードの原点となる資料、読者からの手紙なども展示される予定で、知識欲あふれる梅棹さんの姿勢を再発見できる。

 梅棹さんの影響も受け、特別展の実行委員長を務める同博物館の小長谷(こながや)有紀教授は「残された膨大な資料は『民博の正倉院』とも言える貴重なもの。特別展を通じ、梅棹さんの先見性がどう形成されたのかを見てもらえたら」と話している。

 特別展は3月10日〜6月14日。問い合わせは国立民族学博物館(電話06・6876・2151)へ。

160よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/13(日) 10:26:03 ID:a24ys/Mo0
大阪工大の学生ら、手作りの探査衛星で月に挑戦へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110212-OYO1T00135.htm?from=newslist

 大阪工業大(大阪市旭区)で宇宙工学を学ぶ学生約20人が、小型の月探査衛星の開発を進めている。小惑星の微粒子を持ち帰った探査機「はやぶさ」と同タイプのエンジンを搭載。1年半かけて38万キロ・メートル離れた月を目指す。実現すれば、月到達衛星としては世界最小になる見込み。学生たちは「僕たちにできることで日本の宇宙開発に貢献したい」と意気込んでいる。

 学生による小型衛星の開発で月を目指すのは初めて。今年夏以降に環境観測用小型衛星「プロイテレス1号」(30センチ・メートル角、重さ10キロ・グラム)を打ち上げる田原弘一教授の研究室が計画した。高感度カメラを装備し、サイズは大阪の町工場が手がけた小型衛星「まいど1号」(50センチ・メートル角、重さ50キロ・グラム)と同程度になる。開発費は約4000万円。

 はやぶさのエンジンと同様、キセノンガスをイオン化して高速噴射させるが、永久磁石で作った磁場の力を利用し、推進力を向上させる。はやぶさより燃費はやや劣るものの、推進力は1・5倍になる。

 現在、エンジンの噴射実験を重ねているほか、勉強会を開き、上級生から下級生へ衛星作りの技術を伝授している。今後は、はやぶさの技術者の協力も得ながら、設計や燃料・電力の供給システム開発を行う。

 早ければ3年後に国内外のロケットで他の衛星と相乗りで打ち上げ、高度400〜600キロ・メートルの宇宙空間に送り込む。衛星は地球を周回しながら、地球の重力圏を離れ、エンジンを噴射して自力で月へと向かう。最終的には月と地球の写真を撮影した後、月面に墜落させ、<足跡>を刻む。

 学生リーダーの大学院生、尾崎淳一さん(23)は「最初は『無理ちゃうか』と思ったが、理論的に不可能ではなく、ぜひとも成功させたい」と話す。田原教授は「全国の若者に宇宙を身近に感じ、技術開発に興味を持ってもらう上で、大きな一歩になる」と強調する。

(2011年2月12日 読売新聞)

161よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/13(日) 12:01:38 ID:6hjtYXy60
2011年2月12日
「生誕80年 開高健」展開幕なんばパークス
http://www.sankei-kansai.com/2011/02/12/20110212-049569.php

 「オーパ!」「輝ける闇」などで知られる作家、開高健さんの生涯を振り返る「生誕80年 大阪が生んだ開高健」展(産経新聞社など後援)が11日、大阪市浪速区のなんばパークスで開幕した。

 昭和5年、大阪・天王寺に生まれ、28年に大阪市立大を卒業。寿屋(現サントリー)のコピーライターとして活躍する一方、33年に「裸の王様」で芥川賞を受賞。ベトナム戦争の従軍記者となったり、釣りで世界を駆け巡ったりと、行動する作家としても知られた。

 同展は、母校の大阪市立大創立130周年を記念して開催。自筆原稿や釣り道具、旧自邸の模型など約200点の展示で、開高さんの人と作品に迫る。

 この日、平松邦夫大阪市長らが参加してオープニング式典が行われ、西澤良記大阪市立大学長は「この展覧会で、開高さんのバイタリティーと大阪魂を思い出していただけたら」とあいさつした。同展は20日まで。入場料一般300円。

162よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/13(日) 13:02:38 ID:6hjtYXy60
南船場で英アーティスト初個展−坂本龍馬からエリザベス女王まで
http://namba.keizai.biz/headline/1698/

 日本在住のイギリス人アーティスト、デヴィッド・ベイトマンさんの日本初個展「The Art of Procrastination」が現在、南船場のギャラリー「浜崎健立現代美術館」(大阪市中央区南船場4、TEL 06-6241-6048)で行われている。

 1981(昭和56)年イギリス生まれのベイトマンさんは、2004年に美術学校Norwich School of Art and Designを卒業後、ロンドンを拠点にフリーランスのアーティストとして活動を開始した。2007年からは日本に拠点を移し、スプレーを使って描くグラフィティやシルクスクリーンの技術を応用したステンシルやコラージュを制作している。

 今回、日本で初の個展を開催することについて、「かつては(いつ消されるか分からない)ロンドンの街路が作品発表の場所だった。今はギャラリーで色んな人に見てもらえるのが嬉しい」と話す。制作を実験の場と捉え、常に新しいスタイルを追求しているベイトマンさんは、同展に向けて準備を進めてきた半年の間にも「進化を続けてきた」という。

 同展では、ステンシルやコラージュを中心に計18点を展示。「自分のルーツと作品を関連させたかった」というベイトマンさんの言葉通り、会場の1階には坂本龍馬や野口英世、エリザベス女王など日本とイギリスを象徴する人物を描いたカラフルで精巧なステンシル作品が並ぶ。「通常ステンシルといえば、ベタッと文字や数字を描いた平らなイメージが強い。でも自分の作品は、スプレーを傾けて色に変化をつけたり少しずつ重ねながら、奥行きのある『マルチレイヤー(多層構造)』な作品を目指している」と話す。

 2階には、「Paris syndrome(パリ症候群)」や戦争、暴動など社会問題を扱ったコラージュ作品が並ぶ。「コラージュでは、ステンシルやドローイングではできなことを表現したい。メッセージ性が強い作品が多いのはそうした思いから。政治や音楽、ニュース、人の体などをテーマに、昔の雑誌や本から集めた素材を使って新しいイメージを構築していく。この作業そのものが心地良い」とベイトマンさん。「ポップなステンシル作品と、荒々しくレトロなコラージュ作品との対比を楽しんでもらえたら」とも。

 営業時間は12時〜20時。第1〜第3水曜定休。入場無料。今月28日まで。

163名無しさん:2011/02/14(月) 19:17:03 ID:MYm01tDY0
B’z松本、ピアニスト内田氏ら受賞=レディ・アンテベラムが5冠−米グラミー賞
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011021400099
【ロサンゼルス時事】米音楽界最高の栄誉とされる第53回グラミー賞の授賞式が13日(日本時間14日)に当地で行われ、日本のロックグループB’zのギタリスト松本孝弘さん、英国を拠点に活動するクラシックのピアニスト内田光子さんら、日本人過去最多の4人が関わった作品が受賞した。
 松本さんは、米ギタリストのラリー・カールトン氏と共作の「Take Your Pick(テイク・ユア・ピック)」で最優秀ポップ器楽アルバム賞を獲得。内田さんはクリーブランド管弦楽団と共演した「モーツァルト ピアノ協奏曲第23番・第24番」で最優秀器楽ソリスト演奏賞に輝いた。
 このほか、静岡県出身のジャズピアニスト上原ひろみさんが参加したスタンリー・クラーク・バンドが最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞、大阪府出身の琴奏者松山夕貴子さんが関わったポール・ウィンター・コンソートの作品が最優秀ニューエージ・アルバム賞をそれぞれ獲得した。
 松本さんは大阪府出身。1988年、ボーカリストの稲葉浩志さんとB’zを結成、数々の大ヒット曲を生んだが、最近はソロでの活動に力を入れている。
 内田さんは静岡県出身。10代で渡欧後、60年代を中心に数々の国際ピアノ・コンクールに入賞。72年からロンドンを拠点に各国著名音楽祭などで精力的に演奏活動を行っている。
 一方、全体ではカントリーにポップスやロックを融合した新星バンドのレディ・アンテベラム「ニード・ユー・ナウ〜いま君を愛してる」が最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要2部門を含む5冠に輝いた。2011/02/14

164よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/14(月) 20:26:23 ID:QUz6nCzs0
開高健の足跡たどる 生誕80年で草稿など展示
2011年2月12日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110212/20110212029.html

 大阪で生まれ育った作家、開高健の足跡をたどる「生誕80年 大阪が生んだ開高健展」が11日、大阪市浪速区のなんばパークス・パークスホールで始まった。開高ゆかりの品々や足跡をたどるパネルなど約200点が並ぶ。20日まで。

 大阪に生まれ、就職した寿屋(現サントリー)で担当した宣伝コピーで才能を開花させ、「裸の王様」で第38回芥川賞を受賞した開高。母校である大阪市立大は創立130周年記念事業の一環として、開高の魅力を伝えようと今展を企画した。

 会場には開高健記念会が所蔵する資料を中心に、草稿や書簡、写真、書籍、釣り具、実家模型など、開高の人となりが分かる品々を展示。兵庫県芦屋市から訪れた開高健の妹、野口順子さん(76)は「これほどファンがいるとはうれしい。兄とは仲が良かったので思い出は心の中にあるが、あらためて見ると懐かしい」と話していた。

 午前11時〜午後8時(最終日は同6時)。一般・大学生300円、65歳以上・高校生以下無料。

165よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/14(月) 21:05:48 ID:QUz6nCzs0
グラミー賞 大阪出身者が受賞
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2004032691.html

アメリカの音楽界で最も権威のあるグラミー賞の、最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に、人気ロックバンドB’zのギタリスト松本孝弘さんとアメリカのギタリストによる共作アルバムが選ばれたのをはじめ、最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞にはピアニストの内田光子さんが選ばれるなど日本人の受賞が相次ぎました。
B’zの松本さんはアメリカのギタリストラリー・カールトンさんとの共作アルバム「テイク・ユア・ピック」でポップ部門の楽器演奏で最も優れたアルバムに送られる最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に選ばれました。
またクラシックのピアニスト、内田光子さんはオーケストラとの共演で最も優れた演奏をした楽器の演奏家を選ぶ最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞に選ばれました。
このほか最優秀ニューエージアルバム賞には、大阪出身でカリフォルニア州在住の琴奏者、松山夕貴子さんが参加したポール・ウィンター・コンソートによるアルバム、「ミホ:ジャーニー・トゥ・ザ・マウンテン」が最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞には、静岡県出身のジャズピアニストで現在はアメリカで活躍する上原ひろみさんが参加したバンド、「スタンリー・クラーク・バンド」がそれぞれ選ばれています。
今年のグラミー賞は、様々な音楽ジャンルで活躍する4人の日本人が相次いで受賞する受賞ラッシュとなりました。

02月14日 19時13分

166よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/14(月) 21:17:09 ID:QUz6nCzs0
西梅田で「クリエイティブエキスポ」−大阪のクリエーター作品を発信
http://umeda.keizai.biz/headline/979/

 西梅田の複合商業施設「ブリーゼブリーゼ」(大阪市北区梅田2)で2月11日、大阪市内で活動するクリエーターの情報発信イベント「クリエイティブエキスポ」が始まった。

 大阪市都市型産業振興センターが運営するクリエーター支援施設「メビック扇町」が開催する同イベント。クリエーター同士の顔が見える関係作り、自己発信のためのイベントとして、これまで「この街のクリエイター博覧会」として4回開催してきた。今回は、大阪市内で活動するクリエーターと産経新聞社、ブリーゼブリーゼとの共同主催で開く。

 これまでは、同施設が入居していた大阪市水道局扇町庁舎で開いてきたが、初めて「一般の人に見ていただく場」での開催。ブリーゼブリーゼ内、2階〜6階のパブリックスペースを使い作品を展示する。2階では、老舗印刷会社の二代目らが注目し、「活版印刷」のぬくもりやアナログ感などの良さを伝える活動をする「活版EXPO 1」を開催。活字を使ったオリジナル商品や活版印刷の技術を用いて制作した作品を展示・販売する。19日・20日にはメッセージカードと「活版印刷切符」を購入すると12文字までのメッセージを印刷する手金活版印刷を体験できるワークショップも予定する。

 同フロアで展開する「D+ こもらぼプロジェクト」は、鏡開きなどで使う「菰樽(こもだる)」を、よりモダンでカジュアルな贈り物としてつなげていきたいと始まったプロジェクト。グラフィックデザイナーチーム「D+(ディープラス)」の10人と、東京の4人が新しい菰樽を提案する。隣のスペースでは、チョウの標本とイラストがコラボレーションした「バタフライ・コンピレーション・コレクション2011」を展開する。

 3階と6階では、和紙商、パッケージデザイナー、イラストレーター、グラフィックデザイナーが、和紙にカッティングを施したタペストリーアート「kon-gara展」を、3階〜6階では、大阪市内で活動するイラストレーター12人による作品展を行う。

 今月25日には、7階のブリーゼホールで「クリエイティブトークセッション『生活を豊かにするデザイン』」を開催。グラフィックデザイナー2人とランドスケープデザイナー1人が「クリエーターだけでなく、デザインはもっと生活に身近にあるべきもの」というテーマに沿って、それぞれが分かりやすく話を展開した後、トークセッションを行う。開催時間は18時30分〜21時。参加無料。メビック扇町ホームページから事前の申し込が必要。

 コーディネーターの増見浩一朗さんは「イラストレーターとチョウの標本の組み合わせや、伝統的な樽に新しいデザインをコラボすることで新しい魅力が表れているので、それを見ていただければ。必然性のない人たちが出会って、新たな価値が生まれている」と見どころを話す。

 開催時間は11時〜21時(5階・6階は23時まで)。今月27日まで(21日は休館)。

167名無しさん:2011/02/17(木) 12:37:29 ID:E2UNVdEE0
定説覆る!神経と筋肉同じ細胞から発生…阪大研究
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110217-OYO1T00260.htm?from=top
 受精卵から様々な器官がつくられる過程で、神経は筋肉や骨と共通の細胞から枝分かれすることを、大阪大の近藤寿人教授と竹本龍也助教らが明らかにした。これまでは神経と筋肉・骨は別々に発生するという理論が、90年間近くにわたって定説とされてきた。高校教科書の書き換えを迫る成果で、17日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 近藤教授らは、遺伝子操作で筋肉や骨をつくれないようにしたマウスの実験で、受精から10日前後の胚に、神経にも筋肉・骨にも成長する「体軸幹細胞」があるのを発見。これが首から下の脊髄や骨格などを作る大もとになることを、分子レベルで解明した。

 定説では胚は、外側を覆う「外胚葉」、内部の「内胚葉」、中間にある「中胚葉」に分かれ、それぞれが特定の組織や臓器に成長。神経は外胚葉から、筋肉・骨は中胚葉から生じるため、縁が遠い組織とされてきた。高校「生物1」の教科書も、ウニやカエルの例を挙げて紹介している。

 近藤教授によると、定説の基になったのは1920〜30年代の両生類の研究。その後、説明できない現象が相次いで発見され、議論になっていた。

 佐々木洋・熊本大教授(発生医学)の話「我々の考え方を変えるインパクトの大きい成果だ。遠い存在とされた神経と筋肉が、実は最も近い存在だったとは驚きだ」
(2011年2月17日 読売新聞)

168名無しさん:2011/02/17(木) 23:14:19 ID:kVktHqeM0
上智大学・大阪サテライトキャンパスが、今春、開講するようですね。

http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/c_college/com_application/com_executive_business_academy_moushikomi

169名無しさん:2011/02/18(金) 01:39:52 ID:btK9vXpQ0
世界初!二足歩行ロボ、フルマラソン挑戦
2011年2月16日

二足歩行ロボットが42.195キロ完走を目指す世界初のロボットマラソン大会「ろぼまらフル」が今月24日に開催されることになり、出場ロボットたちが16日、レース会場となる大阪市住之江区のアジア太平洋トレードセンター(ATC)で、報道陣に公開された。

10月に行われる「第1回大阪マラソン」の応援企画として大阪府などが主催。地元企業や大阪工業大など5チームから、5体のロボットが参加する予定。

ロボットマラソンは、24日午前10時スタート。ATC内に設けられた1周100メートルのコースを422周し、4日以内での完走を目指す。バッテリー交換やメンテナンスの時間を除き、ロボットたちは、ずっと走り続けることになる。

この日のデモ走行では、頭部カメラでコースを識別し軽快な走りを見せるロボットもあれば、やや足取りの危ういロボットも。府の担当者は「大阪のものづくりへの興味、アピールにつなげたい」。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110216/scn11021612430002-n1.htm

170名無しさん:2011/02/18(金) 11:33:12 ID:E2UNVdEE0
応神陵古墳立ち入りへ 24日に調査 古代天皇陵で初
2011年2月18日
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201102180026.html
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201102180026_01.html
 宮内庁は17日、第15代応神天皇の陵墓に指定している応神陵(誉田御廟山〈こんだごびょうやま〉)古墳(大阪府羽曳野市)への立ち入り調査を、日本考古学協会など考古・歴史16学会に許可すると発表した。24日に実施される。学術調査の要望に応え、宮内庁では2008年の五社神(ごさし)古墳(神功皇后陵)から年1回の調査を許可してきたが、古代天皇陵への立ち入りを認めたのは初めて。

 今回、調査が許可されたのは、墳丘本体を巡る濠(ほり)を取り囲む内堤部分。市教委などの資料によると、墳丘と内堤・外堤は葺(ふ)き石で覆われ、円筒埴輪(はにわ)列が配置されていたらしい。立ち入り調査で発掘や採集はできないが、推定約2キロの内堤を歩いて一周し、形状などを観察する。墳丘本体の立ち入りは「濠を渡るための安全性が確保できていない」として認められなかった。

 応神陵古墳の推定築造は5世紀前半。墳丘部は全長425メートル、高さ36メートルの国内第2位の前方後円墳。墳丘の土の総量はダンプカー17万台分。表面積や体積では、世界最大級の墳墓とされる大山(仁徳陵)古墳(堺市、墳丘長486メートル)を抜き、国内最大になる。世界遺産暫定リスト入りした「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」の一つ。被葬者とされる応神天皇は実在が濃厚な大王とされる。いわゆる河内王朝の始祖とみる説もある。

 宮内庁は陵墓指定された古墳について「御霊の安寧と静謐(せいひつ)を守るため」として一般の立ち入りを禁止しており、学会側は05年に学術的に重要な陵墓11基を指定して要望。宮内庁は08年から許可を出し、これまで3回、計4基の陵墓・陵墓参考地への立ち入りが実施された。

 古代学研究会の今尾文昭・奈良県立橿原考古学研究所総括研究員は「倭の五王の一人として有力な古墳を調査できる意義は大きい」とし、墳丘本体への立ち入りについても「粘り強く求めていきたい」と話している。宮内庁書陵部の福尾正彦・陵墓調査官は「安全の確保が確認できれば墳丘への許可も検討したい」としている。(大脇和明)

171よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/18(金) 18:46:56 ID:7WJn.9tI0
手術の現場にも3D映像 国循、教育などに活用
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201102180041.html

手術の現場にも3D(立体)映像――。国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は、脳外科手術などを録画・中継し、3D映像として映し出す試みに取り組んでいる。細い血管や神経の複雑な位置関係も把握しやすい。若手医師の教育や手術内容の検証などに活用するという。

 国循は昨年末、脳血管外科の手術に3Dビデオの撮影装置を導入した。手術で使う顕微鏡に左右二つのカメラを取り付けて撮影し、映像を組み合わせて3Dに変換。録画装置や手術室、医局に設置したモニターに送る。偏光眼鏡をつけると立体感のあるリアルな映像を見ることができる。

 国循の飯原弘二脳血管部門長は、3D映像について「手術をする医師と共体験できるので、若手医師が初めて手術をする際に戸惑わなくて済む」。映像はDVDにすれば家庭用機器でも再生できるため、教材用として貸し出すことも検討している。装置の販売会社によると、北野病院(大阪市)や京大病院(京都市)の耳鼻科も導入している。(香取啓介)

172よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/18(金) 19:02:39 ID:7WJn.9tI0
道草館:付属天王寺中にオープン 自然の中で読書 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110218ddlk27100370000c.html

 大阪教育大付属天王寺中学校(大阪市天王寺区)に17日、「自然の中で本を読み、想像力をふくらませてほしい」との願いを込めた「道草館」がオープンし、卒業生で俳優の辰巳琢郎さんが、お祝いに駆けつけた=写真左。「道草館」は「学びのもり」と呼ばれる校庭の一角にあり、図書棚を中心とした空間。辰巳さんが名付け、看板の字も書いた。

 図書棚には、生徒たちが選んだ小説など約200冊を収蔵。棚には防水対策で屋根と扉が付いており、本が濡(ぬ)れないようにプラスチックの囲いも設けている。保護者らの協力で完成し、今後も蔵書を増やす予定だ。一般の利用は不可。

 オープニング式典は、吹奏楽部のファンファーレで華やかに始まり、辰巳さんが「教室の勉強だけでなく、たくさんの本を読んで、人として成長してほしい。1年に100冊は読んで下さい」などとあいさつ。花の図鑑など2冊を、図書委員長の浜畑玲奈さん(3年)に贈呈した。式典後は、生徒たちがさっそく本を手にしていた。【矢島弓枝】

173よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/20(日) 09:31:53 ID:m4tjkoFc0
大作641点ファン魅了
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110220-OYT8T00066.htm

大阪市立美術館で日展大阪展
大阪市天王寺区の市立美術館で19日開幕した「第42回日展大阪展」(同美術館、読売新聞大阪本社主催)。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門で計641点の大作が並び、大勢の美術ファンらでにぎわった。

 午前中は、同展に出品している日本画家・山下彰一さんの色紙などが当たる抽選会があり、プレゼンターを務めた日本画の出品者、鍵谷節子さんは「重厚な日本画の世界だけでなく、各部門の個性あふれる作品をゆっくり楽しんでほしい」と話した。

 抽選会は今後、3月21日までの会期中、毎週土曜(各日とも午前9時半の開館から先着150人対象)と、2月25日、3月1、15日(各日とも作品解説会参加者100人対象。午後1時半から同館内で受け付け)に行われる。

 入場料は一般1000円、高大生700円、中学生以下無料。

(2011年2月20日 読売新聞)

174よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/20(日) 16:38:30 ID:J0z8cTLY0
文化財の合成樹脂修復で被害
http://www.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2014165002.html

古い絵の修復に使われた一部の合成樹脂が原因で、各地の文化財の絵に表面がはがれたり変色したりする被害が出ていて問題の合成樹脂が修復に使われた国宝や国の重要文化財が京都や奈良などで少なくとも50あまりあることが東京文化財研究所の調査でわかりました。
問題の合成樹脂は「ポリビニルアルコール」とよばれるもので古い絵を修復する用途で、昭和20年代から40年代にかけて各地で使われました。
しかし数十年たって細かいひびが入るなど劣化し各地の文化財では絵の表面がはがれて元どおりに修復できなくなったり変色したりする被害が相次いで報告されています。
東京文化財研究所の調査記録によりますとこの合成樹脂は国宝や国の重要文化財の修復にも使われその数は国宝が17、重要文化財が39のあわせて56にのぼっています。
地域別に見ると京都と奈良があわせて29と最も多くこのうち桃山時代の絵師、長谷川等伯らが描いた京都・智積院の国宝の障壁画では絵の一部が変色しているのが確認されています。
ほかの国宝や重要文化財の被害の程度は保管状況によって違っているということで研究所では今後、実態調査を進めることにしています。

02月20日 09時50分

175<削除>:<削除>
<削除>

176名無しさん:2011/02/20(日) 19:59:14 ID:WvWhNbYA0
なぜ削除?
正論を述べたのだが。

177よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/21(月) 22:03:41 ID:ULi3tMOs0
関経連 理工系の「絶滅危惧学科」の活性化に着手
2011.2.21 19:11
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110221/biz11022119120015-n1.htm
 関西経済連合会は、ものづくりの基盤技術を担う一方、理工系学部で学生離れの著しい冶金(やきん)や鍛造(たんぞう)、土木などの不人気学科を「絶滅危惧学科」と位置づけ、大学などと連携して活性化に乗り出した。すでに会員企業を対象とした実態調査を行っており、企業の需要などを分析し、5月をメドに具体策をとりまとめる。

 鉱石から金属を取り出して精製する冶金や、金属素材を加熱・成形する鍛造などは、新素材の開発・加工に寄与する技術。文部科学省によると近年は冶金や鍛造といった学科は「マテリアル学科」に名称を変更するケースも多い。

 明確な志願者数などは分からないものの、全国で大学の工学関連学部の志願者数はピークだった平成4年の約89万人から20年には53万人に減少しているという。同省では「『絶滅危惧学科』とみなされる分野への志願者減少もあるはずだ」とみている。

 関経連に加盟する関西学院大学も22年度の理工学部入試で、金属などを対象とする物理学科の競争率は2・4倍。最先端技術のロボット分野などを学ぶ人間システム工学科の競争率4・3倍を下回り、「材料関連の基礎分野は人気が低い」(同大広報)という。

 関経連は昨年11月に発表した提言で、環境・エネルギーなどの先端技術分野に人材・予算が集中し、冶金や鍛造、土木などものづくりの基盤となる技術分野で人材育成がおろそかになっていると指摘。基盤技術分野を「絶滅危惧学科」と位置づけ、技術継承につながる仕組みづくりを進めることにした。

 関経連で産業発展に関する施策を担当する産業委員会が昨年末、製造業など約100社を対象に冶金や鍛造などの人材確保に対する企業の採用意欲を問うアンケートを実施。結果を基に大学からも意見を聞き、今年5月にも具体的な対応策を策定する。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110221/biz11022119120015-n2.htm
 業界や団体が共同で大学に寄付講座を設けたり、企業の研修施設を活用した新しいカリキュラムを大学に導入したりする案があるという。関経連で同委員会を担当する森下俊三副会長(NTT西日本相談役)は「絶滅危惧学科は大学だけではなく産業界の問題でもある。産学で解決に向けて動き出す必要がある」と話している。

178<削除>:<削除>
<削除>

179<削除>:<削除>
<削除>

180名無しさん:2011/02/24(木) 10:10:30 ID:E2UNVdEE0
国循、医工連携を強化 機器開発へ「基盤センター」
2011年2月24日
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201102240023.html
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201102240023_01.html
 国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が、新たな医療機器の開発を促すため、産業界との連携を強化する。昨年の独立行政法人化を機に、窓口となる研究開発基盤センターを新設。30年超の臨床研究から得た知的資産と国内の技術力を結び、早期に医療機器を事業化する態勢づくりを目指す。

 「ポンプスピードを下げて」。1月下旬の土曜日、国循の手術室に執刀医の声が響いた。牛を使った訓練手術は2時間半を過ぎていた。体内に埋め込む国産の補助人工心臓としては、初めて製造・販売承認を受けたサンメディカル技術研究所(長野県諏訪市)の「エヴァハート」。執刀医が指示していた「ポンプスピード」は、テニスボール大のポンプ内にある羽根の1分間の回転数。指示を繰り返して、血液を送り出すポンプの機能を確かめていた。

 動物を使った補助人工心臓の訓練手術ができる施設は国内に数カ所しかない。設備と経験を積んだ医師、看護師らスタッフが求められるためだ。国循には国内初の体外設置型の補助人工心臓を東洋紡と共同開発し、臨床応用の実績もある。新設されたトレーニングセンター長の武輪能明医師は「この訓練を引き受けられるのが国循の強み」と言う。今夏には新たな訓練棟が完成、施設外からの引き受け態勢を強化する。

 企業との情報交換も進む。昨年12月上旬には、自動車部品大手デンソーの開発担当者が国循を訪問し、運転手の健康管理を測る技術などを紹介。医師や看護師からは医療現場が求める技術について質問が相次いだ。

 医療現場の声をメーカーに伝える役割を担うのも、基盤センターの大きな役割だ。

 妙中義之・基盤センター長らが模範とする米ミネソタ州ロチェスター市のメイヨー・クリニックには、世界各国から患者が訪れる。最先端、手厚い医療サービスを支えるのは、臨床現場のニーズをメーカー、関連企業に伝える専門スタッフの存在だ。同州では、メイヨーやミネソタ大学を中心に医療関連産業が数百社を数え、世界有数の集積地に成長している。

 医学部付属病院を抱える国内の大学にも産学連携を促進する組織はある。だが、特許出願数、知的財産の管理を優先するあまり、市場性を踏まえた事業化にまで踏み込めていない。基盤センターは大阪大、大阪商工会議所などと連携して、医療機器に特化した知的財産の評価指標づくりを始めている。

 基盤センターがビジネス化を模索するのは栄養士の活動領域にも及ぶ。3月には大阪ガスと組み、高血圧症などの患者向け減塩弁当の料理教室を開催する。妙中センター長は「外食産業、宅配サービスと提携すれば社会ニーズに応えられる」と語り、フィットネスクラブなどサービス産業との連携も検討中だ。

 医療機器の分野では、欧米からの大幅な輸入超が常態化している。ようやく大手電機メーカーが関心を寄せ始めたが、医療現場と企業との壁は高い。製造物責任に対する過度な警戒心も小さくない。いかに国内の企業がもつ要素技術を医療に生かすか。国循の大きなテーマでもある。(編集委員・多賀谷克彦)

    ◇

 〈国立循環器病研究センター〉 循環器病が専門の最先端医療機関。国立がん研究センター(東京・築地など)と同じ国立高度専門医療研究センターの一つとして1977年7月に設立された。研究機関を併設しているのが特徴。心臓移植の実施は35件に上り、国内の約3分の2を占める。人工心臓の開発は設立当初から始まり、90年に世界で初めて政府の承認を得て、補助人工心臓の製品化に成功した。現在も単2乾電池ほどの大きさで超小型の埋め込み型人工補助心臓を開発中だ。

181名無しさん:2011/02/24(木) 20:27:58 ID:btK9vXpQ0
応神天皇陵:学者らが立ち入り調査…大阪・羽曳野
2011年2月24日

宮内庁が指定・管理する応神天皇陵(誉田御廟山=こんだごびょうやま=古墳、大阪府羽曳野市)について、日本考古学協会など考古学・歴史学関係16学会の代表者らが24日午後、立ち入り調査を始めた。古代の天皇の陵墓について、学会側の要望を受け宮内庁が立ち入り調査を認めたのは初めて。

調査が許可されたのは、墳丘を囲む内濠(うちぼり)の外にある内堤で、学会代表者らは周回し、遺物の確認などを目視でする予定。しかし、発掘や遺物の取り上げはできず、墳丘への立ち入りは認められていない。

応神陵は5世紀前半の築造とされる前方後円墳。墳丘は全長425メートルで全国2位。3段の段丘構造で、築造当初は二重の濠と堤に囲まれていたとみられる。応神天皇は中国の歴史書に出てくる「倭の五王」の一人の可能性が指摘されている。また、応神陵を含む「百舌鳥(もず)・古市古墳群」は世界遺産認定に向けた暫定リストに入っている。

宮内庁が指定した陵墓への立ち入りは、学会側が古代史研究に欠かせないとして要望。08年に神功(じんぐう)皇后陵(五社神=ごさし=古墳、奈良市)で初めて実現し、今回で5カ所目となる。山田邦和・同志社女子大教授(考古学)は「内堤に接して築かれた別の古墳や、地震による断層と推定されている段差などについて、新しい情報が得られればいい」と話している。【大森顕浩】

http://mainichi.jp/photo/news/20110224k0000e040059000c.html

182名無しさん:2011/02/24(木) 20:36:09 ID:btK9vXpQ0
内堤に2列の円筒埴輪列 応神陵、初の立ち入り調査
2011年2月24日

国内2番目の巨大前方後円墳で世界文化遺産暫定リストに入っている大阪府羽曳野市の応神天皇陵(5世紀前半、全長約420メートル)で24日、日本考古学協会などの研究者が立ち入り調査を行った。古代の天皇陵では初めて。墳丘を囲む堤(内堤)には円筒埴輪列が2列にわたって築かれた可能性が高いことが分かった。

調査では、同協会などの考古学者ら16人が内堤部分を視察。内堤の前方部側で、円筒埴輪数本分の底部が築造当時に据えられた状態で1列に並んでいたのを確認した。

さらに、別の場所では円筒埴輪の破片が散らばった状態で見つかったことから、内堤には2列にわたって円筒埴輪が並べられた可能性が高いという。

天皇陵などの立ち入り調査は、宮内庁が平成20年から考古学者らを対象に許可。これまでに実施された神功皇后陵(奈良市)などでは、墳丘の縁辺部分まで入ることができたが、今回は墳丘に行くには水をたたえた周濠があるため、安全上の理由で内堤部分の調査となった。

調査を行った山田邦和同志社女子大教授(文化史学)は「古墳の巨大さを改めて実感した。今後、墳丘への立ち入りも期待したい」と話した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110224/art11022420200007-n1.htm

183名無しさん:2011/02/24(木) 23:44:55 ID:fQ9eWGD.0
>>181-182
ややこしいからずっと不安だったけど、宮内庁…!
嬉しいニュースだ

184よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/25(金) 20:49:58 ID:bwA9uQDA0
邪馬台国サミット:研究者3人が議論−−来月5日、大阪・本町 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110225ddlk27040510000c.html

 古代日本の中心は九州か畿内か山陰かをテーマに研究者3人が議論する「古代史(邪馬台国)サミット」が3月5日午後0時半から大阪市中央区本町橋の大阪商工会議所国際会議ホールで開かれる。

 山陰の古代史愛好家などでつくる実行委員会が主催(毎日新聞社後援)。講師は邪馬台国九州説の奧野正男・元公立宮崎大教授、畿内説の松木武彦・岡山大文学部教授、山陰説の田中文也・島根県立大北東アジア地域研究センター市民研究員。講演とパネルディスカッションがある。

 参加費2500円。チケット申し込みは毎日新聞旅行(ファクス06・6346・8781)。代表者氏名、住所、電話番号、ファクス番号、希望枚数を明記。問い合わせ電話は06・6346・8785=月〜金曜の午前10時〜午後5時。

185名無しさん:2011/02/26(土) 16:15:55 ID:V4yjquwo0
邪馬台国が山陰??
まさか半島由来にしたい勢力じゃないでしょうね、心配

186名無しさん:2011/02/26(土) 16:23:31 ID:BMpOQ51c0
邪馬台国自体存在しない

187名無しさん:2011/02/26(土) 17:06:08 ID:rlt.Wgek0
>>185
出雲大社があったりあの辺りの勢力と関連付けたいんじゃないですかね。
あと半島由来というか古代史でそんなの言ってたら何にも語れないですよ。

188名無しさん:2011/02/26(土) 18:13:48 ID:i5WEr.PY0
>>185
古代史で日本と朝鮮半島及び中国のつながりをきちんと勉強汁。
特に大阪や京都、奈良など朝鮮半島や中国からもたらされた物や人も多い。

例えば奈良・東大寺の大仏の黄金を寄進した陸奥国国司でその功績を認められ
河内国国司を任命され、枚方に大規模な寺を建設した百済一族(ちなみに
この寺跡は昭和16年に国の史跡に認定),更にその子孫として桓武天皇の母君と
なられた方などなど渡来人の功績も大きいよ。

ちなみにこの話を小学校で習っていたので現天皇陛下の「「桓武天皇の生母が
百済の武寧王の子孫だと『続日本紀』に記録されているところを見ると、韓国との
深いつながりを感じる」と語られたのを「何を今更」と思っていたりしてたけどな。

ちなみにこの百済一族、故・ノムヒョン前韓国大統領だと「反日」指定になるな。
台湾よりはるかに親日w

後関係ないが太平洋戦争(なんなら大東亜戦争と読んでもいいがw)の開戦時と終戦時に
外務大臣を務められた故・東郷茂徳氏は秀吉の朝鮮出兵で連れて来られた朝鮮人陶工の
一族だったりする(茂徳氏、息子の故・文彦氏(元アメリカ大使)、孫の和彦氏
(元オランダ大使)と三代続けて外交官やってたりする。

ま、日本なんて昔からそんなもんだ。

189名無しさん:2011/02/26(土) 19:00:47 ID:BMpOQ51c0
百済川なんてあったな…。

190名無しさん:2011/02/26(土) 20:49:08 ID:YpMXCIEc0
>>185
>>188
日本と朝鮮半島の関係史を語るときに、朝鮮から日本に伝わったことを強調するのが
学会でも多いのが何とかなりませんかね?
その逆もまた真なり、ですから。

文明が伝播するルートは、中国大陸から朝鮮半島を経て日本に伝わるものもあれば
大陸から日本へダイレクトに入ってくるものもあります。
遣隋使・遣唐使は直接、海路で大陸に行ってますから。
その後、日本から朝鮮に伝わったものは古墳などさまざまです。
東アジアの関係史を見ると、朝鮮が日本の先輩とも言い切れません。
中国の正史をみる限り、現在の朝鮮の言語・農村制度の原型をなした新羅の成立は、
中国からの冊封を求めたのが374年であって、倭奴国王の使節遣漢57年より
300年も新しいのです。
任那の金一族と新羅の朴一族が通婚することによって成立したのが新羅王朝です。

191よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/27(日) 14:12:13 ID:oGQbRuLE0
三枝まつり:文枝入門45年集大成 3月4日創作落語2席とフォークコーナー /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/archive/news/2011/02/26/20110226ddlk27200400000c.html

 ◇なんばグランド花月で
 本紙連載「新・三枝の楽屋へいらっしゃ〜い!」(隔週金曜夕刊)でもおなじみ、上方落語協会会長の桂三枝さん(67)が、名前にちなんだ3月4日に恒例の落語バラエティーショー「三枝まつり」を大阪市中央区のなんばグランド花月で開く。

 「(五代目桂)文枝師匠に入門して45年。(人気長寿番組の)『新婚さんいらっしゃい!』も40年。今年の三枝まつりはその集大成をお見せします」と三枝さん。

 今回は懐かしい歌謡曲たっぷりの「涙をこらえてカラオケを」と、ウクレレでハワイアンも披露する「ハワイの夜」の創作落語2席。さらに、かつて共に活動したフォークグループ「ダボーズ」との共演によるフォークコーナーも。

 公演を前にダボーズとの練習に取り組む三枝さんは「若い時から一緒にやってきた仲間みたいなもんですから懐かしい。当時の歌を聞くと純粋で切ない思いが伝わってきて、歌は私の青春そのもの」と、懐かしそうに話した。

 午後7時開演。チケットよしもと(0570・036・912)。【油井雅和】

192よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/27(日) 14:13:56 ID:oGQbRuLE0
54時間57分、ロボットマラソン完走 大阪で開催
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201102270015.html

大阪で開催中の世界初の二足歩行ロボットによるフルマラソン大会「ろぼまらフル」で、ロボットベンチャー「ヴイストン」(大阪市西淀川区)の人型ロボットが26日夕、54時間57分50秒26のタイムでゴールした。30分おきのバッテリー交換を続けながら、42.195キロを時速0.7キロで「完走」した。

 完走したのは人型ロボット「ロボビーPC」2体。トップでゴールしたロボットは小型カメラで進路を認識しながら歩を進めた。参加した大阪工業大と大阪労働協会のロボットもそれぞれ、レース終了の27日午後8時までのゴールを目指し走り続けるという。

 ろぼまらフルは大阪府とヴイストンの共催。大阪市のアジア太平洋トレードセンターに設けられたコース(1周100メートル)をひたすら周回する。同社の大和信夫社長(47)は「24時間つきっきりで大変だったが、完走は大きな自信になった」と話した。

193よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/02/27(日) 20:27:54 ID:oGQbRuLE0
最後の輝き 一生忘れない
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110227-OYT8T00133.htm

はやぶさカプセル回収に参加した 上田昌良さん 59 羽曳野市

「最初は夜空に薄暗い光の点が二つ浮かびました。次第にバラバラに激しく光り出し、無数の光線となって夜空に溶け込んでいきました」

 小惑星探査機「はやぶさ」が豪州・ウーメラ砂漠に投下したカプセルの回収作業協力のため昨年6月、アマチュアとしてチームに加わった。カプセルと探査機が大気圏で燃え始めた瞬間のことを話すと、半年以上たった今も興奮気味になる。「ほんの30秒ほどでしたが、一生忘れられない時間です」

 全国で流星を観測するグループ「SonotaCoネットワーク」のメンバーとして、光の軌道から落下地点を計測、現地で捜索活動を続けている。はやぶさは、帰還が予定より3年遅れ、カプセルの位置情報を示す発信器が作動しない可能性があった。そこで流星観測の活動が、宇宙航空研究開発機構の目に留まった。

 砂漠内に3か所、夜空に向けてビデオカメラを設置し、「その時」を待った。「実際は観測と同時に解析作業に取りかからなければならず、余韻に浸る間はなかったんですが」と笑う。

 10年前から、地元羽曳野市の「LICはびきの」で仲間とボランティアで天体観望会を開催。子供たちに「今見える光は、380年前に放たれたんだよ」と説明するとみんな目を丸くする。「天文少年だった私もそうだった。そんな子供たちが宇宙に興味を持ち、将来、はやぶさのようなプロジェクトに参加してくれたら」。そう言って目を細めた。

(冨野洋平)

(2011年2月27日 読売新聞)

194名無しさん:2011/03/01(火) 17:08:39 ID:E2UNVdEE0
よみがえる「ダンス」 岡本太郎タイル画 40年ぶり公開
http://www.sankei-kansai.com/2011/03/01/20110301-050265.php

 「太陽の塔」で知られる芸術家、岡本太郎(1911〜96年)が制作し、長らく人の目につかないまま保存されていたタイル画「ダンス」(縦2・4メートル、横3・5メートル)が修復され、高島屋大阪店(大阪市中央区)で1日、約40年ぶりに公開された=写真(鳥越瑞絵撮影)。

 「ダンス」は昭和27年に制作され、同店大食堂を飾ったが、44年の大食堂の移転に伴い撤去された。以来、同社東別館(浪速区)で木枠に覆われて保存され、3日の新装オープンに合わせレストラン街に設置するため修復が行われてきた。

 「ダンス」には約5万7千枚のタイルが使われ、岡本太郎は工場に約1カ月泊まり込んで制作したという。

 修復過程では、岡本太郎がタイルの焼成具合の差も利用して100以上の色を使っていることが判明、繊細な色使いが明らかになった。

 2011年3月 1日

195よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 16:39:56 ID:1KPRwcBw0
2011年3月 4日
黄金の顔 輝き再び
http://www.sankei-kansai.com/2011/03/04/20110304-050410.php

 大阪府吹田市の万博記念公園で「太陽の塔黄金の顔展」が5日から開催されるのを前に4日、報道関係者向けの内覧会が行われた。

岡本太郎生誕100年を記念し、日本万国博覧会記念機構が企画。初公開となる「黄金の顔」=写真(門井聡撮影)=は、大阪万博の際に太陽の塔に取り付けられていた初代の実物。直径10・6メートル、鼻の高さ2・8メートルの巨大な顔を間近で見ることができる。

4月10日まで。同展ではこのほか、大改修の様子を撮影した映像や万博開催時の写真パネル、ホステスの制服のレプリカなど計約300点を展示する。問い合わせは同展会場(電話06・6877・4737)。

196よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 17:04:38 ID:1KPRwcBw0
動くヒト型の携帯電話開発へ 阪大など試作機
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201103040021.html

 通話相手の話や動作に合わせて動くヒト型の携帯電話の開発を大阪大と国際電気通信基礎技術研究所(京都府)が始め、3日に試作機を発表した。今のところ通話機能しかないが、唇や頭、両手が動くタイプのものを5年間かけて開発する。

 「妖精(エルフ)のようなもの」という意味から「エルフォイド」と名付けた。従来の携帯のように耳に押し当てることなく、手で持って話す。音声やカメラがとらえた相手の画像に連動して動くしくみ。まるで手の中に通話相手がいるように錯覚することで、互いの存在をリアルに感じることができる。離れて暮らす祖父母と孫や、恋人など親しい人同士での利用が考えられるという。

 エルフォイドの「身長」は20センチほどで、老若男女のどれともとれるデザイン。衝撃吸収材などに使われるウレタンゲルという素材で全体を覆い、人間の肌のような柔らかい手触りを出した。通話先を選ぶ際には、声で指示できるようにするという。

 大阪大大学院の石黒浩教授は「通話相手をリアルに感じられるのはテレビ電話と同じだが、不意に電話がかかってきたときでも、化粧を直したり服を着たりする必要がない」と話す。商品化については、メーカーと相談を始めたところだという。(小宮山亮磨)

197よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 17:18:56 ID:1KPRwcBw0
戦後を生きた子の姿、人形に 与勇輝展、高島屋大阪店で
2011年3月4日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201103030169.html

 人形作家、与勇輝(あたえ・ゆうき)さん(73)の作品を集めた「昭和・メモリアル 与勇輝展」(朝日新聞社など主催)が開幕した3日、与さんが会場の高島屋大阪店(大阪市中央区)を訪れた。

 展示されているのは、戦中、戦後の苦しい時代をたくましく生きた子どもたちなどを表現した新作人形57点を含む約100点。自らの記憶に残る情景を人形にしたという与さんは「いつかは取り上げたいテーマだった。嫌な思い出だけれど、僕らが最後の世代。こうした人形を作り続け、伝えていきたい」と話した。

 21日まで。一般800円ほか。与さんのサイン会を12、13、20、21日に開く。同展図録やDVDを購入した人を対象に、12、20両日は午後1時30分、3時、5時の3回、13、21両日は午前11時、午後1時30分、3時の3回、いずれも先着100人。問い合わせは、高島屋大阪店(06・6631・1101)へ。

198よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 17:19:48 ID:1KPRwcBw0
黒木瞳さん節句祝う 松竹座出演者があられまき
2011年3月4日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110304/20110304017.html

 3日に幕を開けた大阪市中央区道頓堀の松竹座「取り立てやお春」公演の昼の部終演後、黒木瞳さんら出演者が、ひな祭りを祝って「あられまき」をした。黒木さんは宝塚歌劇出身で女性ファンが多く、黄色い声も飛んで場内はホットなムードに包まれた。

 黒木さんは芸能生活30年の節目を迎え「私を育てていただいたのは関西。大阪は第二の故郷で帰って来たという気持ちです」とあいさつ。共演の石黒賢さん、錦織一清さん、中村隼人さん、地元の渋谷天外さんらと一緒に「芝居は楽しい人情喜劇。大阪に元気を」と笑顔を振りまいていた。公演は27日まで。

 同座ロビーでは、題字を担当したダウン症の女流書家・金澤翔子さんの作品展も開かれている。「翔子さんの書のように、芝居を見た方に元気を与えられたら」と黒木さんが依頼。書展だけの無料拝観日も設けている。

199よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 17:21:15 ID:1KPRwcBw0
若手アート世界に 三越伊勢丹にギャラリー開設
2011年3月4日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110304/20110304020.html

 FM802は3日、JR大阪駅ビルに5月4日開店する「JR大阪三越伊勢丹」3階に、同店との共同企画でアートギャラリー&ショップ「DMO ARTS」をオープンすると発表した。

 同社の展開するアートプロジェクト「digmeout(ディグミーアウト)」事業の一環。同事業は若手アーティストの発掘・育成を目的に2000年から手掛けており、りそな銀行のキャッシュカードデザインなど、企業とのコラボ展開も行っている。

 「美術の三越、ファッションの伊勢丹」とうたわれる両社が初めて「三越伊勢丹」として開店する大阪で、「ファッションと融合したアートを大阪から発信してほしい」と依頼を受けて企画した。

 ギャラリーは約30平方メートルで、ファッションフロアに開設される。百貨店が監修する美術画廊とは別の空間となり、若手アーティストの個展を中心に大阪の現代美術ギャラリーと協力したアート展の開催やアート雑貨の販売を行う。八つ切りサイズの作品を300種全作9800円で販売し、アートを買ったことのない客の関心を引く「My First Art」なども展開する。

 オープニング企画は、テヅカヤマギャラリーなど大阪が拠点の現代美術ギャラリーと組み、大阪の若手アーティストを紹介する「THE OSAKAN DREAMS」(5月17日まで)。18日から、個性的な画風が人気のCHIAKI KOHARAの初個展を開く。

 「DMO ARTS」の谷口純弘ディレクターは「音楽シーンだけでなく、現代アートでも関西の中核を担い、大阪から世界にアートを発信したい」と話している。

200よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/04(金) 17:36:51 ID:1KPRwcBw0
高島屋で「バラ」にこだわった企画展−巨大なフラワーアレンジメントも
http://namba.keizai.biz/headline/1725/

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)7階催事場で現在、全館リニューアルオープンを記念し、「バラ」をテーマにした企画展「ライフ・ウィズ・ローズ」が行われている。

 高島屋のシンボルフラワーでもある「バラ」にこだわった同展。国内外のアーティストによるフラワーアレンジメントの展示や、バラをモチーフにした雑貨・スイーツの販売を行う。

 メーンとなる展示は、パリで活躍するフランス人フローリスト、カール・フューシュさんによる350平方メートルに及ぶ巨大なインスタレーション。「春の庭」を表現した250平方メートルのフラワーアレンジメントと、「春のおもてなし」をテーマにした100平方メートルのパリ風のテーブルコーディネートを展示する。

 そのほか、バラの形のチョコレートやフランス製の刺しゅうリボン、バラの柄のバッグや小物などを販売する「フラワーマルシェ」、250種類ものバラの展示コーナー、国内外のフローリストによるデモンストレーションを行うステージなども設ける。

 営業時間は10時〜20時30分(最終日は17時まで)。今月7日まで。

201名無しさん:2011/03/06(日) 01:26:48 ID:btK9vXpQ0
【ECO最先「探」】「淡水魚の聖地」でイタセンパラ復活へ
2011年3月5日

日本固有の淡水魚で国の天然記念物に指定されているイタセンパラ。数少ない生息地とされた大阪・淀川では5年前から野生の個体が確認されなくなり、絶滅の危機にひんしている。流域の環境悪化や外来魚の急増などが原因とされる。「淀川のシンボルフィッシュ」といわれた希少種の復活に向け、官民一体となった活動が求められている。(清宮真一)

大阪市旭区の住宅街にほど近い淀川河川敷に、樹木や水草で囲われた天然の「わんど」と呼ばれる池状のたまりがある。「城北わんど」。平日の昼下がりに、ゴム製の胴付き長靴姿の作業員10人が約30メートルの地引き網を引き上げていた。

「お、入ってる」

「(ブルー)ギル、上がったで」

作業員は平成21年末から城北わんどで、ブラックバスやブルーギルといった外来魚の駆除のほか、在来種の生息状況を期限つきで調査。この日はブルーギル約30匹などが網にかかった。

作業員のチームを束ねる府水生生物センター(寝屋川市)の主任研究員、上原一彦さん(41)は「外来魚はイタセンパラやその仲間の稚魚を食べる。このまま放置はできない」と危機感を募らせる。

 ●   ●   ●

環境省などによると、イタセンパラはコイ科に属するタナゴの一種。寿命は1〜2年で淀川などの限られた水系でしか確認されていない。淡水魚で絶滅の危険性が最も高いとされる。

城北わんどは「淡水魚の聖地」とされ、かつては在来種が生息できる好条件がそろっていた。淀川の本流沿いに土砂がたまってできた水深約1メートルのわんどは流れも緩やか。適度な満ち引きもあり、砂地にはイタセンパラの仔魚(しぎょ)のゆりかごとなる二枚貝が豊富だった。

仔魚から成長した稚魚は平成13年には淀川流域で8千匹近くまで増えたが、その後激減し、18年にはとうとう野生の状態では確認されなくなってしまった。

その要因の一つが淀川大堰の建設だ。人為的な管理で水位がほとんど変動せず、水面を覆うほど水草が繁殖してプランクトンが減少。こうした環境を好む外来魚が急増し、冬には枯れた水草が川底に堆積、本来の砂地が失われていった。

 ●   ●   ●

イタセンパラは「板鮮腹」と書くように、秋の繁殖期に雄は淡い赤紫色に染まる。雌はイシガイなど二枚貝に産卵管を伸ばし、卵は貝の体内で受精。約1週間で孵化(ふか)し、仔魚は貝の中で越冬するという。

「この種は水温が低い時期を半年ほど経験しないと成長しない。まさに日本の気候変化に適応して進化したのです」と上原さん。

センターでは昭和46年に淀川のイタセンパラ150匹を持ち帰り、数千匹規模で飼育を続けている。平成21年秋には初めて500匹を放流し、昨春に133匹の稚魚を確認した。さらに精子を凍結保存し、二枚貝の代わりにシャーレで人工授精した後、毎日の変化をチェックしている。

復活に向け課題もある。「淀川水系イタセンパラ研究会」(大阪市)の小川力也会長(48)は「イタセンパラは淀川のシンボル。復活には外来魚の駆除など、息の長い地道な活動が不可欠。自分たちの財産は自分たちで守るという意識で取り組む必要がある」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110305/osk11030518100005-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110305/osk11030518100005-n2.htm

202よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/06(日) 09:40:42 ID:fkvoWEyE0
放浪の風景画家・川端健太郎さん、府内描く
2011年3月6日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201103050153.html

 車で全国を巡り、風景画を描き続ける大阪市出身の画家川端健太郎さん(80)が、府内の里の風景を水彩画とエッセーで紹介する「放浪画家 里めぐり」が10日から大阪版で始まります。「にほんの里100選」(朝日新聞社、財団法人森林文化協会主催)に選ばれた枚方市穂谷地区と能勢町長谷地区をとりあげた後、読者から描いてほしい里の風景を募り、15カ所を選んで後日紹介します。原画17点は額入りで読者にプレゼントします。ご期待下さい。

 川端さんが絵画に出あったのは10代前半の頃。訪れた石切神社(東大阪市)の自然に魅せられ、知り合いから借りた画材でその風景を描いた。すると、見知らぬ人が「なかなかうまいな」と絵を買ってくれ、米1升分のお金になった。「自分にはこの自然と絵がある」。独学で絵の勉強を始め、全国各地の風景画を描き、生計を立てる生活が始まった。次第に作品が認められるようになり、百貨店などで個展を開くほどになった。

 仙台市に自宅があるが、車に寝泊まりしながら、北海道から九州まで放浪の旅を続けている。自然の風景を描いていると、土地の人から食材をもらうこともある。「知らない人との交流がまた楽しい」という。これまでは里山の風景を探しに田舎町を旅することが多かったため、府内に滞在して絵を描くのは初めての経験だ。「久しぶりに帰ってきて、大阪にも自然が多いことに気づいた。絵を描くことで、自然への恩返しをしたい」と話している。(藤橋一也)

203よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/06(日) 10:09:00 ID:fkvoWEyE0
三枝、着ぐるみ従え登場「ようやるな〜」
2011.3.5 11:51
http://www.sanspo.com/geino/news/110305/gnf1103051153004-n1.htm

 落語家、桂三枝(67)が4日、大阪市中央区のなんばグランド花月で落語バラエティーショー「三枝まつり」を開催、「さんし(3月4日)の日」から芸能生活45周年のスタートを切った。

 公演前の会見に、着ぐるみのキャラクター「三枝くん」を従え登場。「自分でもようやるな〜」と多忙な芸能生活を自画自賛。「いつかは明かせないけど」としつつ、「着ぐるみでお出迎えします」と、今月22日から27日までの公演中、NGK入り口で「三枝くん」に“変身”して観客を迎えることを約束した。この日の「三枝まつり」ではフォークからハワイアンまで、創作落語に歌謡ショーを交えた出し物でファンを魅了した。

204よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/06(日) 14:44:22 ID:lv0wdWPE0
道頓堀で体験型ミステリー演劇「刑事ボロンボ」−観客が参加し犯人を追いつめる
http://namba.keizai.biz/headline/1727/

 大阪・道頓堀の中座くいだおれビル地下1階のイベントスペース「道頓堀ZAZA HOUSE」(大阪市中央区道頓堀1、TEL 06-6212-3005)で4月22日〜24日、体験型ミステリー演劇「刑事ボロンボ」が上演される。

 同演劇は、道頓堀にあった食のテーマパーク「道頓堀極楽商店街」内でミュージカル活動していた劇団「極楽歌劇団」が、劇団「GOCK-LUCK」と改名して初めて上演するもの。スプリングパーティー会場で起こる事件の犯人を、刑事ボロンボが突き止めるというストーリー。

 会場にはステージのほか、観客が4人ずつ座る丸テーブルが20卓ほど設置され、観客がパーティーの招待客となり演劇が進行する。観客には事前に「暗号カード」が手渡され、たまたまパーティーに招待されていた刑事ボロンボとともに暗号を解き、犯人を追いつめる。

 上演時間は、4月22日=19時30分〜、23日=14時30分〜、18時30分〜、24日=13時〜、17時〜。チケットは3,000円(別途ドリンク代として500円が必要)で、同劇場やチケットぴあなどで販売中。

205よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/07(月) 21:12:05 ID:quVPSKCg0
「おおさかシネマフェスティバル」−授賞式でも大阪の話題で盛り上がる
http://kyobashi.keizai.biz/headline/880/

 大阪歴史博物館で(大阪市中央区大手前4)で3月5日・6日、「おおさかシネマフェスティバル2011」が開催された。

 同フェスは、関西の映画ファンによる映画イベントとして1976年から開催されてきた「おおさか映画祭」を2006年にリニューアルしたもの。2009年に「大阪アジアン映画祭」と統合し、その一部門として開催されている。今年で6回目。

 初日の5日は、昨年12月に逝去した女優・高峰秀子さんの追悼企画として高峰さんの大阪ものの代表作「花みつ日記」、「大阪城天守閣復興80周年」を記念して大阪城を舞台にした映画「大坂城物語」、大坂城を挟んでバトルする活劇「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」を上映。6日は大阪の映画関係者と映画ファンによって選ばれた作品ベストテンの中から「オカンの嫁入り」「孤高のメス」が上映された。

 「オカンの嫁入り」上映後には監督の呉美保さん、健二役の桐谷健太さんが浜村淳さん交えてトークショーを開催。同作品のロケ地だった京阪電車「牧野駅」のエピソードに話が及ぶと、非公開のロケにもかかわらずホームの反対側に人が次々に集まって大変だったことや、同駅史上最高の利用者数を記録した話で盛り上がりをみせた。呉監督は「しかも切符ではなく入場券ばっかり売れたそうで。それが大阪らしい(笑)」と話し、浜村淳さんは「京阪電車もいいが、次は阪急電車(4月23日公開の映画タイトル)。その次は南海で近鉄…」と話題を広げ、それに対して桐谷さんがツッコミを入れるなどで会場を沸かした。

 作品賞のほか、技量に加え「大阪または関西」にゆかりがある人物であることを大きな判断材料とする「個人賞」の表彰式も行われ、主演男優賞・堤真一さんをはじめ、主演女優賞・吹石一恵さん、助演男優賞・桐谷健太さん、助演女優賞・谷村美月さん、監督賞・三池崇史さん、脚本賞・呉美保さん、撮影賞・辻智彦さん、音楽賞・川井郁子さん、インデペンデント映画賞・真利子哲也さん、特別賞・福本清三さんらが登壇した。

 天神橋6丁目出身の桐谷さんは「初めて助演男優賞を頂くが、自分が生まれ育った街で、大阪の映画祭で、大阪を舞台にした映画で受賞できたのがうれしい」と話した。

 会見でも、「大阪のロケは、ほかに比べると大変。おい、ここ公道やぞ、とおっちゃんが絡んでくる(笑)」(堤真一さん)や、「あんただれ?何してんの?と聞いてくる。もっと名前を覚えられるように頑張ります(笑)」(吹石一恵さん)など、最後まで大阪の話題で盛り上がった。

206名無しさん:2011/03/09(水) 11:43:38 ID:E2UNVdEE0
日本近代文学研究、谷沢永一さん死去
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110309-OYT1T00377.htm

 日本近代文学研究者で、書誌学者の関西大学名誉教授、谷沢永一(たにざわ・えいいち)さんが8日午後11時22分、心不全のため亡くなった。

 81歳だった。告別式は密葬で行う。

 大阪市生まれ。関西大学文学部在学中の1950年、作家の開高健らとともに同人誌「えんぴつ」を出した。同大学教授だった69年には読売新聞大阪本社版で、本や著者にまつわる匿名のコラムの連載を始め、これをまとめた「完本 紙つぶて」が、80年のサントリー学芸賞を受賞した。

 エッセー「人間通」(95年)はベストセラーに。明治時代の雑誌を読み込んで執筆した日本近代文学論争史「文豪たちの大喧嘩―鴎外・逍遥(しょうよう)・樗牛(ちょぎゅう)」は2004年の読売文学賞研究・翻訳賞を受賞。膨大な古書、雑書を収集する読書家で、「遊星群 時代を語る好書録 明治篇・大正篇」などに成果をまとめた。保守派の論客としても活動した。
 2011年3月9日

207よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/10(木) 22:19:17 ID:199k5HWc0
伝統工芸展 大阪で開幕
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201103100018.html

伝統の技と美を競う公募展「第57回日本伝統工芸展」(朝日新聞社など主催)が10日、大阪市中央区の大丸心斎橋店(06・6271・1231)で始まった。

 文部科学大臣賞を受賞した石橋裕史さん(京都府京丹波町)の「彩刻磁鉢(さいこくじはち)」(陶芸)などの入賞作や重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品など約270点を展示している。15日まで。会期中無休。入場無料。

208名無しさん:2011/03/11(金) 16:08:11 ID:E2UNVdEE0
バナナホール3年半ぶりに限定で復活 年内めどに常設へ
2011年3月11日
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201103110038.html
 3年半前に惜しまれつつ閉店した大阪・梅田の老舗ライブハウス「バナナホール」を経営していた男性が12日、ホールの営業を復活させる。今回はわずか2日間限定だが、年内をめどに常設のライブハウスを目指す。(長野佑介)

 高木健至さん(61)は今、大阪市北区堂山町のビルの地下1階でホール再開の準備を進める。旧ホールとは目と鼻の先。旧ホールで客席とステージの間の柵代わりに使われていた木製のたる4個も運び込まれた。収容人数は立ち見で200人。以前の3分の1ほどだ。

 旧ホールは1981年12月にオープンし、「BEGIN」や「コブクロ」も出演し、駆け出しミュージシャンから「いつかはバナナホールで」と言われるほどの名ホールになった。しかし、ビル所有会社が若者向けクラブへの改装を計画し、退去を求められたため、07年9月に閉店した。

 高木さんはその後、経営する沖縄料理店で少人数でのライブを続けながら、復活の機会をうかがっていた。再開にあたって音響や照明を整えるためには数千万円の借金を背負う。知人には「なぜそこまで」と言われるが、目をかけたバンドにもっと大きな舞台で演奏させてやりたいという思いが勝った。

 「大阪らしく飲み食いしながらわぁーって盛り上がる、そんな場所を残したい。じゃないと私の人生、幕引けないですよ」

 12、13日の復活ライブのチケットは2千円。問い合わせは島バナナ(06・6361・2425)。

  ◇

 沖縄・石垣島出身の3人組「BEGIN」のギター、島袋優さんの話 旧ホールに育ててもらったという気持ちがあったので、昨年のデビュー20周年記念ライブでは、名物のたるをお借りしてバナナホールを再現した。復活でまた帰れる場所ができる。これからも若手音楽家たちを盛り上げる場になってほしいと思います。

209名無しさん:2011/03/11(金) 16:11:10 ID:E2UNVdEE0
街角にあふれるアート 大阪をカンバスに−初の試み あすから
2011年3月11日
http://www.sankei-kansai.com/2011/03/11/20110311-050706.php
 大阪の街そのものをカンバスに見立て、府内の公園や公共施設に巨大なオブジェや彫刻などのアート作品を展示する「おおさかカンヴァス推進事業」が、12日から初開催される。高さ12メートルのバルーン製こけしや、人工的に虹をつくるプロジェクトなど個性豊かな作品が集まり、主催者や出展者は「今までにない大阪の違った魅力を伝えたい」「世界に発信したい」と意気込んでいる。

府内12エリア 巨大こけしや傘

 同事業は、公共空間とアートのコラボレーションにより、大阪の新たな魅力を創造・発信するとともに、芸術家らに発表の場を提供しようと、府が今年度初めて企画した。公募で選ばれた23組の芸術家の作品が、万博公園(吹田市)や中之島(大阪市北区)、大阪城公園(同市中央区)、関西国際空港・国際線出発ロビー(田尻町)など、府内12エリアで展示される。

 このうち、守口市を拠点とする3人組のアート集団「Yotta Groove(ヨッタ・グルーヴ)」は、中之島会場に巨大バルーンのこけし「花子」を出展。日本文化を取り入れたアートで世界に向けた情報発信を目指す同集団が、展開中の企画「イッテキマス NIPPON シリーズ」の一環として制作した。

 「こけしのように、高度の技術を持つ職人の作品には、消えつつあるものが少なくない。そうした日本の伝統的な文化を後世に伝えていきたい」と、メンバーの木崎公隆さん(31)。見た目のインパクトに加え、こけしの産地の多くが温泉地であることにちなみ、「花子」の“足元”を囲むように、約25人が一度に利用できる円形の足湯をあしらい、コミュニティー空間も演出した。

 「こけしで大阪らしいものを作ろうとしたらこうなった」と木崎さん。「足湯を楽しむだけでもいい」と来場を呼びかけている。

 また、大阪市都島区の毛馬会場では、廃業した銭湯を利用し、煙突から人工的に雨を降らせて虹をかけるプロジェクトを実施。関空では、無数の小さな穴から “光の雨”が降る直径7メートルの巨大傘や、知的障害者通所施設「コルメナ」(高槻市)の通所男性がデザインした飛行機の巨大タペストリーなどが展示される。

 事業を手がける大阪府立現代美術センターの寺浦薫主任研究員は「大阪の街に突如出没したアート作品で、これまでの都市の違った魅力を感じとってもらいたい」と話している。

 12日午後1時から、大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区)でオープニングセレモニーを開催。会期は27日までだが、各会場の作品によって展示期間が異なる。入場無料で、一部有料のワークショップも企画。問い合わせは府文化課(電話06・6941・0351)へ。

210よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/15(火) 18:43:07 ID:MQhejS5M0
落語会:林家染二さん、6カ月連続 天満天神繁昌亭で19日から /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110315ddlk27200343000c.html

 9月で50歳を迎える林家染二さんが、今月19日から6カ月連続の落語会「染二繁昌亭奮闘シリーズ KETEMU序章」を天満天神繁昌亭で開く。

 落語会のタイトルにKETEMUとは珍しい。織田信長が好んだことでも知られる幸若舞(こうわかまい)の敦盛(あつもり)「人間五十年、化天(けてん)のうちを比ぶれば……」の化天から付けた。「ちょっと凝り過ぎました」。

 初回は3月に合うネタを2席選んだ。「貧乏花見」とネタおろしの「紺屋(こうや)高尾」。「幾代餅(いくよもち)(同じ展開の古典ネタ)は桂文太師匠がやられますが、紺屋は(上方では)おられないようです。染丸の初代が染物屋だったので、できないかなあと思ってました」

 午後6時開演。共演は笑福亭たまさん「火焔(かえん)太鼓」、わんだふる佳恵さんのマジック、林家市楼さん「ふぐ鍋」。SOMEJI(06・6355・4659)。【油井雅和】

211よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/15(火) 23:06:22 ID:.l5hXy0w0
堺キャンパス 完成祝い式典
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110315-OYT8T00038.htm

 関西大の堺キャンパス(堺市堺区)に新校舎が完成し、すべての施設が整ったことを記念する式典が14日、開かれた。

 同キャンパスは昨春、旧堺市立商業高の跡地(約3ヘクタール)を活用して開設され、同時に新設された人間健康学部が使用している。新校舎は3階建て約4200平方メートル。7万冊を収容できる図書館や食堂、368人を収容できる大教室を二つ備えている。関西大は「日本の将来を担う人材がこのキャンパスから育ってほしい」と期待する。

 式典では、東日本巨大地震の犠牲者への哀悼の意を込め、約200人の出席者が黙とうをささげた。

(2011年3月15日 読売新聞)

212よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/18(金) 09:59:30 ID:nerz3WVg0
2011年3月18日
大日本除虫菊に大阪広告協会賞
http://www.sankei-kansai.com/2011/03/18/20110318-050919.php

 大阪府内で、広告界の活動に貢献した個人や団体を表彰する「第44回(平成22年度)大阪広告協会賞」(大阪広告協会主催)に大日本除虫菊が選ばれた。

 大阪を意識したユニークなテレビCMや、サッカーJリーグのセレッソ大阪のスポンサー活動など、大阪を基盤とした積極的な広告活動の展開が受賞理由。

 また、近畿2府4県に在住し、広告文化の向上に寄与した制作者やグループを対象とする「第44回(平成22年度)大阪広告協会佐治敬三賞」には、山中貴裕氏(大広コピーライター)と高橋俊臣氏(同アートディレクター)が選ばれた。いずれも贈賞式は4月14日、リーガロイヤルホテルで開催される。

213よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/19(土) 05:21:08 ID:LE2Ee0ws0
大阪城公園で「家をゆっくり引き起こす」アート−震災発生で企画変更
http://kyobashi.keizai.biz/headline/887/

 大阪城公園内の広場(大阪市中央区大阪城1)で13日、鏡張りの大きな家を大勢で引き起こすアートプロジェクト「H.H.H.A(ホーム・ホテルズ・秀吉・アウェー)」が行われた。

 同プロジェクトは大阪の街全体をカンバスに見立て、府内の公共空間にアート作品を展示公開する「おおさかカンヴァス推進事業」によるもので、公募によって選ばれた23作品の中の1つ。

 同作品アーティストの加藤翼さんは2007年から「ハードコアコミュニケーション」と称して、東京都内で多くの人の手で巨大な構造物を動かすプロジェクトを実施してきた。参加者らが「協働」して構造物を転がすことで共有・共感が生まれ不思議な感覚になるという。今回は同プロジェクトに参加したスタッフ4人の部屋を実際に測り、組み合わせたものに大阪の風景が映り込むよう鏡張りにした構造物を用意した。

 しかし実施予定の初日の12日は、前日に東日本大震災が発生した中で作品のモチーフが家となっている同プロジェクトを「行うべきか自粛するべきか」について加藤さんやスタッフ、参加希望者らで話し合ったものの結論が出ないまま中止とした。翌13日も「イベント実施現在検討中。御意見募集中」と書いた立て看板を設置し話し合いは続けられた。

 予定時刻を過ぎたころ、集まった参加希望者を前に加藤さんが「東北の家が流されている状況下で家を動かすイベントはどうかとみんなで話し合ったが、今回はみんなで力を合わせて家を引き起こすイメージでやりましょう」とあいさつ。当初予定していた「引き倒す」パフォーマンスではなく、ゆっくりと「引き起こす」内容に変更して行うことにした。引き起こす際に構造物が滑らないよう左右・前方からロープを引く人員、後方でバランスを取る人員を配置しながら、構造物は大阪の風景を映しながら約1分半の時間をかけて、ゆっくりと引き起こされた。

 都島から参加した鈴木理恵さんは「引き起こした後にみんなが笑顔になって散っていくのが良かった」と話していた。

 加藤さんは「ゆっくりと引き起こした分、大変だったがその分共有時間は長く、新しい体験だった」と振り返った。

 次回は今月20日、万博記念公園(吹田市)で行う予定。

214名無しさん:2011/03/19(土) 06:45:50 ID:g6BENodk0
>>205
>浜村淳さんは「京阪電車もいいが、次は阪急電車(4月23日公開の映画タイトル)。
>その次は南海で近鉄…」と話題を広げ、

映画にかけた言い方ってのは分かるけど「(鉄道系雑誌以外では基本的に無視、放置の)京阪もいいが次は(マスコミ受けのいい)阪急や近鉄で」って京阪沿線民としては聞き捨てならん意見だなぁ……。
なんかあったら「阪急、阪神、近鉄などの私鉄各社……」ってどれだけ聞いたかヽ(`Д´)ノ

215よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/19(土) 06:58:40 ID:LE2Ee0ws0
たしかに京阪さんは影が薄い・・・と言ったら怒られてしまいますね。

でも関東在住の私が一番好きなのは京阪ですよ。
あの洗練さと落ち着きの絶妙なハーモニー、沿線の風景の素晴らしさ、どれをとっても最高です。

私の周辺の人間に大阪旅行を勧める時にはなるべく京阪へ乗車出来るようにプランを立ててあげるのですが、
みんな「京阪電車は素敵」とファンになって帰ってくる。

京阪電車のような電鉄は関東にはありませんからね、それも当然と言えば当然なのですが。

216名無しさん:2011/03/19(土) 11:35:16 ID:BPaodolw0
京阪電車は元々関東系では?
大阪から見て鬼門なのに気にせず路線をひく
香里園の成田山は関東の神社
菊人形は江戸の文化
関西の私鉄にしてはラッピングが多い 特急車両にベタな京都絵巻など
ジューサーバーは主に関東に展開
いくらでも証拠がありますね

217名無しさん:2011/03/19(土) 11:41:37 ID:BPaodolw0
球団を持とうとしなかったことも会社が元々関西でないことの一つかも

ただ2階建て特急車両などのサービス精神は関西ならでは。
もう関西の企業だとは思う。

218名無しさん:2011/03/19(土) 12:01:47 ID:2em5qM9c0
>>216
確かに渋沢栄一が設立に関わってるけれどもそれを言い出せば南海は東武を設立した根津嘉一郎(この人も山梨の人だな)によって設立されてますし。

>大阪から見て鬼門なのに気にせず路線をひく
官営鉄道が淀川右岸に先に設立されてたので。そもそも京都と大坂を結んでいたのは淀川左岸の京街道の方。右岸の西国街道は京都と西国(兵庫など)を結ぶ道。

>香里園の成田山は関東の神社
成田山と大坂の繋がりについては
http://www.osaka-naritasan.or.jp/about/index.html
参照のこと。
>天慶の昔、関東で起きた「平将門の乱」平定のおり、大本山成田山新勝寺の開祖:寛朝(かんちょう)大僧正が、
>ご本尊とともに、海路にて大阪の地を出発した事からはじまります。
だそうで大坂とも実はかかわりが深いという……。ちなみに寛朝大僧正は宇多天皇第8皇子の子。

>菊人形は江戸の文化
江戸で菊人形今やってないよなぁ……。

>関西の私鉄にしてはラッピングが多い
関東の私鉄でもラッピングはあまり見かけないようですが……。

>特急車両にベタな京都絵巻など
その京絵巻をまとっている(たの方がもうすぐ正しくなる)Wデッカー車は関西マスコミでも散々話題になった「豪華な阪急新型特急車両構想」にびびった京阪が「より多くの観光客に乗ってもらおう」と観光目的で作られたんだから。

阪急の西大阪や彩都などの開発失敗による経営不振や特急停車駅の大幅改正などで後だしで出てきたのが3扉セミクロス車で京阪ズコー状態だったけどw

>ジューサーバーは主に関東に展開
FC先がジェイアール東日本フードビジネスやジェイアール東日本都市開発だったからね。
出店閉店も多いけど。

言い出せば阪急阪神第一ホテルグループや近畿日本ツーリストなど関東にも展開の多い業態もありますがな。

219名無しさん:2011/03/19(土) 12:06:41 ID:tN1/f67o0
>>216-217
はぁ…????
ウィキペディアでもいいですから京阪のページを一度ご覧になってみては?
京阪が「関東系」でサービス精神旺盛だから今は「関西系」…?
わざと書いておられるのでなくれば、どんな思考回路しておられるのか正直理解できません。
ただの無知なのか分かってやってる煽りなのか…

220よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/20(日) 17:59:56 ID:xFvlpxzI0
自転車喫茶:枚方にオープン 雑誌に小物類、デローザ社の完成車も /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110320ddlk27040240000c.html

 ブームになっているサイクリング自転車の愛好家らの「たまり場」を目指す喫茶店「ヴェロカフェ」が19日、枚方市香里ケ丘3に新しくできたショッピングセンター「コノバ」の一角にオープンした。

 自転車十数台分の駐輪スペースがあり、店内は32席。主要な自転車雑誌をそろえ、折りたたみ自転車で有名な米国・ダホン社や高速走行車で定評があるイタリア・デローザ社などの完成車を展示。ライトやヘルメット、スピードメーターなどの小物を販売するほか、工具類をそろえ、自転車の修理講習会やツアーの企画なども行う。飲食では真っ黒なチキンフライや特製カレーなどのユニークな軽食を提供する。

 他の店と共用の80台の駐車場もあり、店では「サイクリングの起点や終点、中継点として利用し、サイクリング仲間の交流の場になれば」。電話は072・808・8266。【西村浩一】

221名無しさん:2011/03/20(日) 19:25:42 ID:fQ9eWGD.0
>>217
ビーバップハイヒール「関西鉄道ミステリー2」がおすすめです。
京阪は一番はじめに球団を持とうとした会社でした。

というかこの人の偏見は何なの?
京(阪)街道の存在も無視、成田山の歴史も無視…
何がしたいのかわからない。

222よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/21(月) 09:08:48 ID:UUgwKm1U0
2011年3月21日
2件、国重文に答申 大阪府内から金剛寺「木造大日如来坐像」など
http://www.sankei-kansai.com/2011/03/21/20110321-050987.php

 国の文化審議会に、大阪府内からは天野山金剛寺(河内長野市)にある多宝塔の本尊で、鎌倉時代の仏像「木造大日如来坐像」など重要文化財2件を含む計10件が答申された。

 木造大日如来坐像は、平安時代の仏像にみられる柔らかな曲線を中心としながらも、随所に鎌倉時代の新様式が用いられている。作者不明だが、保存状態、技法へのこだわりが評価された。

 同じく重要文化財に指定される大工頭中井家関係資料は、江戸幕府の大工頭の家系だった中井家が残した城郭や寺院の設計図や文書など計5195点。江戸時代の建築物を知ることができるほか、工事の工程や職人の管理なども書かれており、近世建築史を知る上で価値が高いとされた。

 また、登録有形文化財には8件が答申され、土偶や埴輪の研究資料など1万8945点で構成される、関西大学博物館(吹田市)の「本山彦一蒐集考古資料の概要」や、伝統的な日本家屋と西洋建築様式を融合させた母屋を中心とした建物「寺田家住宅」などが指定される見通しとなった。

223よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/25(金) 19:03:47 ID:TD12VQ960
東日本大震災:阪大で6139人が黙とうささげる−−卒業式
http://mainichi.jp/kansai/news/20110325ddf041040015000c.html

 大阪大の卒業式と大学院の学位記授与式が25日、大阪市中央区の大阪城ホールであり、計6139人が巣立った。スーツや晴れ着姿の卒業生らは式の冒頭、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた。例年は壇上のスクリーンにお祝いのメッセージを流すが、今年は代わりに「がんばろう日本」と大きく映し出した。各学部の代表者が壇上に上がり、鷲田清一学長から卒業証書にあたる学士記や、学位記を受け取った。【林田七恵】

224よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/25(金) 19:14:18 ID:TD12VQ960
OSK日本歌劇団:らしさ前面に「春のおどり」−−大阪松竹座・来月3日から /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110325ddlk27200401000c.html

 大阪の春を彩るOSK日本歌劇団のレビュー「春のおどり」が、4月3〜10日、大阪市中央区の大阪松竹座で上演される。

 来年の創立90周年をにらみ、OSKらしさを前面に押し出した構成。トップスターの桜花昇(の)ぼるさんをはじめ総勢43人が出演する。

 第1部は日本物レビュー「繚乱(りょうらん) さくら 桜 サクラ」(山村若作・演出・振り付け)。OSKのシンボル「桜」にちなみ、満開の桜や葉桜など、花のさまざまな表情をストーリー性のある日舞で見せる。第2部は洋物レビュー「STARS LEGEND〜DANCE DANCE DANCE〜」(大谷盛雄作・演出・振り付け)で、華やかなラインダンスなどを通して「踊りのOSK」の元気を届ける。1等席8000円、2等席4000円。チケットホン松竹(0570・000・489)。また今年は期間中、劇場近くの道頓堀や戎橋筋商店街の有名店が、「春のおどり」にちなむキャンペーンを初めて実施。特製弁当の販売、観劇券を持参した人への割り引きなどで街を活気づける。【畑律江】

225よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/25(金) 21:57:54 ID:TD12VQ960
元阪神、嶋尾「関西の人も心を温かくして」
2011.3.25 12:09
http://www.sanspo.com/geino/news/110325/gnj1103251210016-n1.htm

 元プロ野球阪神投手で俳優、嶋尾康史(42)が演出を手がける舞台「そこにヤマがあるからさ」「3ばかブラザーズ」が24日、大阪市北区のスタジオACTで開幕した。

 劇団ACT21の主催舞台で“希望を捨てないで”がテーマ。28〜29日に予定していた東京公演は東日本大震災の影響で中止したが、大阪は開催することに。嶋尾は「舞台ができるだけで幸せ。大変な時で、関西の人も沈みがちだけど、笑って泣いて、心を温かくしてほしい」とPRした。震災では球界も開幕時期をめぐって揺れたが、古巣・阪神の今季については「優勝争いしてくれると思う」と“希望”した。

 入場料の一部は被災者に寄付される。26日まで同所で。

226名無しさん:2011/03/26(土) 10:23:38 ID:WvWhNbYA0
京阪電鉄は、守口や門真、寝屋川など大阪にとって重要な拠点都市にしっかり
貢献していると思う。

227名無しさん:2011/03/26(土) 11:08:14 ID:INwpuHvE0
ビジネスの中心 淀屋橋、
証券取引の中心 北浜
大阪府庁、大阪城の 天満橋
OBPと庶民の歓楽街 京橋

京阪が重要なのは当然。

228よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/26(土) 23:47:50 ID:s69DNf8k0
ガードナー国際賞:阪大の審良教授に
http://mainichi.jp/kansai/news/20110326ddn041040028000c.html

 大阪大は24日、今年のガードナー国際賞受賞者に審良(あきら)静男・免疫学フロンティア研究センター教授(58)が選ばれたと発表した。同賞はカナダのガードナー財団が59年に創設し、毎年、医学分野で創造的な貢献をした研究者を顕彰している。歴代受賞者の約4人に1人がノーベル賞も受賞。今年は審良教授ら5人が受賞した。

 審良教授は、生物が生まれつき、侵入した細菌やウイルスを幅広く感知し攻撃する「自然免疫」の仕組みを明らかにし、免疫機構の全体像解明に貢献した。

229よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/26(土) 23:51:50 ID:s69DNf8k0
大阪電通大:京阪寝屋川市駅前に新学舎が完成 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110326ddlk27100374000c.html

 大阪電気通信大学(福田國彌理事長)が寝屋川市早子町の京阪寝屋川市駅前に建設していた新学舎が完成し25日、関係者にお披露目された。

 新学舎は、鉄筋7階建て延べ4720平方メートル。寝屋川市駅東地区の再開発地域で2009年から建設が進められてきた。総工費は約24億4000万円。資産運用の専門家を養成する金融経済学部アセット・マネジメント学科の学生が学ぶほか、駅前という立地を生かして社会人向けの公開講座にも使われる。

 この日は大学の教職員らへの説明に続き、午後には寝屋川市や四條畷市などの関係者を招いた。福田理事長は「学生が行き来するので寝屋川市の活性化にもつながる。学生だけでなく、社会人にも開かれた大学として活用してほしい」と話していた。【伊藤雄一】

230よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/28(月) 06:11:34 ID:xbu53e1I0
アジアでの交流拠点 関西大が上海に開設 40人出席開所式
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110328-OYT8T00011.htm

 関西大は27日、中国・上海の復旦大に開設した上海オフィスの開所式を復旦大日本研究センターで行い、約40人が出席した。関西大の外国拠点はベルギーに続いて2か所目。

 上海オフィスは1月、同センター内に設置され、職員1人が常駐。中国の大学との教育研究での交流や、中国在住の関西大卒業生との連携に取り組む。

 開所式で関西大の楠見晴重学長は「アジアでの関大の拠点として優秀な人材を集めたい」、復旦大の許征副学長は「協力して世界的に活躍できる人材を育てたい」と述べた。

(2011年3月28日 読売新聞)

231よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/30(水) 06:06:53 ID:nEZjeUYQ0
4月から民営化のセンチュリー響、年3億円不足で前途多難
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110329-OYO1T00614.htm?from=newslist

 大阪府の補助金が打ち切られた大阪センチュリー交響楽団が4月1日から民営化し、「日本センチュリー交響楽団」として再出発する。公演増や寄付獲得などで自立を目指すが、東日本巨大地震による景気停滞が懸念される中での船出となる。(持丸直子)

 18日、大阪センチュリー響としては最後の定期演奏会。冒頭、仙台フィル首席客演指揮者も兼務する小泉和裕・音楽監督が「我々の仲間の仙台フィルは全員無事。被災地を音楽で励ましたいと言っており、ご支援願います」とあいさつ、終演後、ロビーで楽員たちが募金を呼びかけた。いつもなら自分たちへの支援を訴える場だが、この日は被災地の仲間を思いやった。

 既に今月、内閣府から公益財団法人の認定を受け、楽団を設立した府から独立する。年間約7億円の運営費のうち、2008年度までは府から約4億円、09、10年度は約1億円の補助があった。現在の運営財団の基本財産20億円は新法人の運営財源となるが、常務理事の野崎明宏は「年3億円の不足が生じる。財源はなるべく取り崩さず、公務員的な考えを脱し、チケットを1枚でも多く売る工夫や努力を」と話す。楽員、事務局員は1年ごとの契約とし、給与体系も見直す。

 収入増については、既に関西フィル、大阪交響楽団、大阪フィルの在阪楽団が地域密着型公演やスポンサー確保に力を入れており、割って入るのは難しい。そこで、寄付集めや営業担当者を置き、定期演奏会以外に、三重や福井、神戸のホールと提携した特別公演なども企画。中四国などへの広域化も視野に、従来の年約100公演を「あと20は増やしたい」という。

 楽団の定員は56人だが、他への移籍などで今は47人。4月以降、オーディションで補充する予定だが、楽団は16年度をメドに「76人編成」を掲げる。内閣府に提出した今後の収支見込みでは同年度までに収支均衡を図る計画で、それは「大編成とし、レパートリーを拡大することで依頼公演も増える」ことを当て込んでいる。内部には、「現在の規模で演奏を充実させる方が良いのでは」との声もある。

 震災の影響も大きい。野崎は「楽団への寄付どころではないかもしれないが、こんな時だからこそ、音楽の力をどう生かすのか。自分たちの存在意義を示したい」。楽員代表のコントラバス奏者、坂倉健は「20億円を食いつぶさずに立て直せ、という世間の目もある。厳しい状況を自覚して臨みたい」と決意を口にした。

(2011年3月29日 読売新聞)

232名無しさん:2011/03/30(水) 23:04:38 ID:btK9vXpQ0
関西演劇支えたコミュニティー 「精華小劇場」今月末閉館
2011年3月29日

大阪の現代演劇の拠点として、数々の創造的な舞台を発信してきた大阪市の「精華小劇場」(大阪市中央区難波)が今月いっぱいで閉館する。財政難に苦しむ大阪市の売却方針によるものだが、ミナミの一等地にある廃校を利用した全国でもユニークな劇場だっただけに、「オープンして6年。成果が見えてきたところでの閉館に、じくじたるものがある」と演劇人らは唇をかみしめる。 (亀岡典子)

精華小劇場関係者らに大阪市から閉館が告げられたのは昨年12月。開館当初から“暫定10年の活用”という期限付きではあったが、「ここは小さくても可能性の大きな場所。大阪市の唯一の公立劇場であり、地面に直接建っている点も近寄りがたくなくてよかった」と精華演劇祭実行委員長の小堀純さん。

同劇場がオープンしたのは平成16年。大阪市が旧精華小学校の体育館を1億8000万円かけて改装、キャパシティーは約200。関西小劇場演劇の発信基地として機能してきた「扇町ミュージアムスクエア(OMS)」がその前年に閉館したため、ポストOMSとして理念や活動を引き継ぐ形でスタートした。

歴史ある小学校の体育館を利用した魅力的な劇空間、ミナミの真ん中という好立地、大阪市と地元と演劇関係者が共同で運営する独特のシステム、実行委員会方式による演劇祭形式の公演も大きな特徴で、関西の実力派、新進劇団はもとより、全国から力のある劇団が公演を行い、切磋琢磨(せっさたくま)しながら関西演劇界の活性化をうながしてきた。

昨年上演された「イキシマ」は、関西在住の岸田戯曲賞作家、松田正隆が書き下ろし、野外劇で海外でも活躍する松本雄吉が演出するという、精華だからこそ実現できた顔合わせ。計11ステージ、約1600人もの動員があった。

劇団太陽族主宰の岩崎正裕さんは「OMSが若者文化なら精華小劇場は関西小劇場の成熟期とリンクする。幅広い年代の演劇人の世代間交流ができたことは大きい」と総括。

小堀さんも「演劇を上演するだけの場でなく、情報交換したり、創造したりする関西演劇界の拠点だった。街とともに生きるコミュニティーとしての側面も持っていた。ここがなくなると、関西だけでなく演劇界全体へのダメージにもつながる」。

大阪市は「成果を継承し、さらに発展させていけるような舞台芸術振興事業を検討していきたい」としているが、具体的なプランはまだ示されていない。

岩崎さんらは今後は大阪にこだわらず、兵庫や京都でも積極的に公演していきたいという。「ただ、大阪だけドーナツのように文化や人材が抜け落ちてしまわないか心配です」

http://www.sankei-kansai.com/2011/03/29/20110329-051253.php

233名無しさん:2011/03/30(水) 23:06:07 ID:btK9vXpQ0
大震災被災者を繁昌亭に招待
2011年3月29日

女性落語家の桂あやめがプロデュースする落語会「子連れでようこそ!繁昌亭」(4月2日午後5時半開演)は、東日本大震災で被災し子供連れで関西に避難している人を無料招待する。繁昌亭はいつもは未就学児の入場を断っているが、この会は赤ちゃん連れでもOK。希望者は茶臼山舞台電話06・6775・9745へ予約を。出演は、桂きん枝、あやめ、笑福亭鶴笑、桂春蝶、桂三扇。

http://www.sankei-kansai.com/2011/03/29/20110329-051252.php

234よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/31(木) 19:37:09 ID:.f69HAz20
銭湯の上に虹を架ける−廃業した都島の銭湯でインスタレーション
http://kyobashi.keizai.biz/headline/893/

 廃業した銭湯「生駒湯」(大阪市都島区毛馬町4)で3月26日・27日、おおさかカンヴァスプロジェクトに参加している作家・白石晃一さんのインスタレーション作品「群集浴場プロジェクト」が行われた。

 同プロジェクトは大阪の街全体をカンバスに見立て、府内の公共空間にアート作品を展示公開する「おおさかカンヴァス推進事業」によるもので、公募によって選ばれた23作品の中の一つ。今は使われていない銭湯の煙突の上に人工的に雨を降らせ虹を架けるため、参加者らが協働で浴場内に設置された手動式のポンプを使い、虹の元となる水分を外の噴霧装置に供給し虹を作り出すという参加型の作品。

 白石さんの最近の作品の多くは虹の要素を取り入れているが、大きな虹を見た時に感じた気分の高揚がきっかけだという。「いろいろな人が関わっていくことで予想しないことが起きる。それをプラスに楽しんでいる」と白石さん。作品の展示だけではなく制作過程も共有したいという思いから、制作現場の「生駒湯」を開放し誰でも見られるようにした。

 これまでさまざまな装置のトラブルや、当初予定していた銭湯が今年1月末に急きょキャンセルとなるなど多くのトラブルに見舞われたが、いろいろな人との出会いもあったという。5年ほど前に廃業した「生駒湯」を営んでいた女性は「人が集まる場所になればいいから」と快く場所を提供してくれた。京都造形大の生徒らはのれんをデザインし 、友人が手ぬぐいを作ったほか、近所に住む小学生の濱田彩美ちゃん、佐保綾駿(あやとし)くん、寿美みのりちゃんはポスティングやビラ配りを手伝い、当日晴れるようにと「てるてる坊主」や「ポスター」を作成した。

 初日は機械のトラブルの影響もあってか虹は架からなかったが、2日目には皆が集まって空を見上げる中、生駒湯の上空に虹が発生。おおさかカンヴァス推進事業ディレクターの古谷晃一郎さんは「大人も子どももみんなで同じ空を見上げている風景が印象に残っている」と振り返った。

235よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/03/31(木) 19:38:22 ID:.f69HAz20
「部屋とアートのいい関係」−アメリカ村のギャラリーで企画展
http://namba.keizai.biz/headline/1773/

 大阪・アメリカ村の現代美術ギャラリー「FUKUGAN GALLERY(フクガン・ギャラリー)」(大阪市中央区西心斎橋1、TEL 06-6253-3266)で現在、「部屋とアートのいい関係」をテーマにした企画展「in my room 3」が行われている。

 3回目の開催となる同展は、オーナーの村田典子さんが「美大に通っていたころに少しずつ作品を購入するようになった。壁紙を変えた時と同じように、作品が自分の部屋の雰囲気を変えてくれることが新鮮だった」という自身の経験をもとに企画したもの。「ギャラリーでは白い壁に作品を展示することが多いので、『同じような環境がないから持って帰っても飾れない』という感想を残す人もいる。でも本当はそうじゃない、真っ白じゃない方がきれいに見えることもあるというのを伝えたかった。毎回ままごとみたいにして楽しみながら作品を並べている。こんな感じもあるよ、というレイアウトの一例として見てもらえたら」と村田さん。

 緑や青、柄物など色とりどりの壁紙、ソファやフロアライトなどの家具を配し、部屋の中やアンティークショップのような雰囲気を持った会場に、若手の気鋭作家7人の作品を展示する。壁には「日々の生活で出会った」犬や園児をモチーフにした油彩(栗田咲子さん)や、家具や動物などのモチーフを小さなキャンバスに描いた油彩と水彩(羽部ちひろさん)、緑のある風景を撮影したプリント作品(原口佳子さん)、女性2人が手を取り合う姿を描いた水彩(三宅砂織さん)、窓の向こう側からのぞく猫や飼い主たちを描いたイラスト(田口美早紀さん)が。机の上には舟をかたどった白い小型の陶芸作品(西野詩織さん)、床にはほうきやコンセント、インクジェットプリンターなど部屋にまつわる身近な素材を使った作品(水内義人さん)が並ぶ。

 7人7様の作風にもかかわらず、不思議な調和を保って同居している作品群。村田さんは「実際に部屋に飾るときには、ポスターがあったりスナップ写真があったり…購入した作品がほかのものと混ざるのは自然なこと。白い壁じゃないからこそうまくなじんだのかも」と話す。

 開催時間は13時〜19時。入場無料。4月9日まで。2日にはレセプションを開催。「ギタレレ」を奏でるミュージシャン・中山双葉さんがライブを行うほか、村田さんと出展作家がパンやお菓子を持ち寄る予定。「友達の部屋でお茶しにいくような感覚で来てもらえたら」と村田さん。参加費は500円(ドリンク付き)。

236よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/01(金) 06:11:13 ID:.UZEqI7Q0
近鉄電車ロケに使って
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110401-OYT8T00051.htm

近畿日本鉄道(本社・大阪市)は、映画やテレビドラマなどのロケ地として駅や車両を貸し出す「近鉄ロケーションサービス」を1日から開始する。沿線の人口減少などで鉄道利用が落ち込む中、映像で多くの人に魅力を伝え、観光客の呼び込みにつなげる狙いだ。

 映像撮影の基本料金は原則、1時間5万円だが、車両の貸し切り費用などが別途、必要。グループのバスや複合リゾート「志摩スペイン村」(三重県)なども撮影場所として提供する。

 近鉄の担当者は「沿線の温泉や観光地とも連携を密にし、地域の魅力を発信する窓口のような役割を担いたい」と意気込んでいる。

 関西では、JR西日本や南海電鉄が同様のサービスを実施。JR西は年間約200件のロケに協力し、PR効果も高いという。

 問い合わせは近鉄ロケーションサービス(06・6775・3369)。

(2011年4月1日 読売新聞)

237よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/01(金) 20:36:07 ID:9vVQvMMc0
咲くやこの花館で「花の切手」展−世界各国から6,000枚を収集
http://kyobashi.keizai.biz/headline/894/

 花博記念公園鶴見緑地の「咲くやこの花館」(大阪市鶴見区緑地公園2、TEL 06-6912-0055)で4月1日、特別展「『花の切手』と描かれている植物たち」が始まった。

 1枚の切手から見える各国の自然、風景、環境、思想などを楽しんでもらおうと企画された同展。世界219の国や地域の花・植物をモチーフにした切手約6,000枚を展示している。

 世界最大の花「ラフレシア」を描いたもの(インドネシア)や、青いケシ(ブータン)、パラグアイオオオニバス(パラグアイ)などの珍しい品種が描かれたものや、立体的に見えるよう加工された切手、シート全体で一つのデザインとなっているものなど趣向を凝らした切手をそろえる。

 花・植物以外にも、日本の建造物が描かれているショラレオネ共和国の切手や、長野オリンピックを祝ったアラブ首長国連邦の切手、さらには1990年に大阪で開催された「花博」を祝ったセイシェル共和国の切手など、日本に関連したモチーフを取り入れた切手も併せて展示している。

 久山敦館長は「発展途上国の切手は先進国と比べてコレクターからの外貨を稼ぐ狙いもあるため凝っているものが多い」と話す。「展示している切手の中に当館でも育てている植物もあるので実物と併せて植物を楽しんでほしい」とも。

 開館時間は10時〜17時。月曜休館。入館料は大人500円(中学生以下無料、証明書提示で大阪市内の65歳以上も無料)。5月8日まで。

238よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/02(土) 20:22:32 ID:7ZHgDgdc0
源大夫・藤蔵、親子ダブル襲名公演 大阪・文楽劇場
http://www.asahi.com/showbiz/stage/koten/OSK201104020033.html

 国立文楽劇場(大阪市中央区)で2日に始まった文楽4月公演で、人間国宝の竹本綱大夫さん(79)が九代目竹本源大夫(げんだゆう)、長男で三味線奏者の鶴沢清二郎さん(46)が二代目鶴沢藤蔵(とうぞう)を、親子同時襲名した。

 襲名披露口上では、人間国宝の竹本住大夫さんらがあいさつ。源大夫さん、藤蔵さんが深々と頭を下げると、客席から大きな拍手がわき起こった。

 親子は「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき) 実盛(さねもり)物語の段」で共演予定だったが、源大夫さんは心臓手術を受けて間もないため休演。代わって豊竹英大夫さんが務める。公演は24日まで。期間中、ロビーには東日本大震災への義援金箱も設置。出演者らが募金を呼びかける。

239よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/02(土) 21:41:13 ID:7ZHgDgdc0
学費免除・生活費支給…大学、被災学生を支援
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110402-OYO1T00489.htm?from=top

 東日本大震災を受け、各地の大学が被災した学生や入学予定者に対し、新年度の学費を全額または半額免除したり、入学時期の延期を認めたりする支援策を打ち出している。日本学生支援機構(旧日本育英会)に寄せられた奨学金に関する相談は震災後の約2週間で約900件(昨年同期6件)に達しており、文部科学省は大学側に、さらにきめ細かい対応を求めている。

 学生3人が地震による津波で亡くなった京都大(京都市)は授業料などの減免に加え、新入生への生活支援のため4月に10万円、5月以降は月5万円を最大1年間支給することを決めた。被災学生の奨学金などに充てるため、寄付金の募集も開始。担当者は「前例のない被害をもたらした災害。希望を持った新入生が勉学をあきらめてしまうことがないよう、踏み込んだ支援を決めた」と話す。

 関西大(大阪府吹田市)は実家が全半壊した場合や世帯主が死亡・負傷した学生に対し、前期の学費の全額または半額を免除する。東京以北の在校生496人(3月時点)の中から、「福島第一原発から20キロ圏内に実家がある。親も避難していて仕事ができず、今後の収入に不安がある」などの相談が寄せられ、3人が減免を申請した。学生を支援する災害特別義援金も設け、今後、大学職員や卒業生に協力を求める。

 被災し、入学が困難な学生向けに、立命館大(京都市)は就学時期の延期を受け付ける。在学生も半年か1年間の休学ができ、その間の在籍料は免除する。

 学費支援に加え、新入生の下宿探しを支援する大学も。関西学院大(兵庫県西宮市)は大学の宿泊施設の提供を検討、同志社大(京都市)は学内の宿泊施設2か所を13日まで開放する。

 東日本の大学も学生を支援。明治大(東京都千代田区)は保護者が被災した学生らに1年間のみ72万円を助成。国際基督教大(同三鷹市)も教職員などによる寄付金から、被災学生へ5万円または10万円を支給する。

 文科省は各大学に対し、「各校にある奨学金制度など、支援策に関する情報提供を徹底してほしい」としている。

(2011年4月2日 読売新聞)

241<削除>:<削除>
<削除>

242名無しさん:2011/04/05(火) 15:12:02 ID:E2UNVdEE0
「関西人にできるあらゆる支援を」 著名人らメッセージ
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/05/20110405-051447.php
 阪神大震災を経験した関西の著名な文化人、財界関係者ら計47人が東日本大震災の被災者にあてた緊急メッセージを作り、宮城県など被災自治体にメールやファクスで送付した。

 「ささえよう日本 関西からできること」がスローガン。阪神大震災当時、全国から寄せられた励ましの声が復興の支えになったとして、神戸、大阪、京都の国立3大学の学長と、各商工会議所の会頭らが発起人となった。

 3月下旬から賛同を呼びかけたところ、作家の田辺聖子さん、哲学者の梅原猛さん、建築家の安藤忠雄さん、ファッションデザイナーのコシノヒロコさんら各界の著名人が名を連ねた。

 メッセージでは「こんどはわたしたちが声を送り、恩返しをする番です」とつづり、「西から東へ、精一杯の力を送らねばなりません」「『自粛』というより、むしろ普段の倍、がんばろうと思います」と決意を表明。「わたしたち関西人にできるあらゆる支援を続けるつもりです」としている。

 メッセージにあわせて、日の丸をモチーフにしたロゴマークも作成した。

     ◇

 【緊急メッセージ全文】

 十六年前、わたしたちは阪神・淡路大震災に襲われました。多くの家族や親しい友人・知人を失い、家も失い、茫然(ぼうぜん)と立ちつくし、打ちのめされ、もはや立ち直れないかとおもわれました。それほど凄まじい災難でした。

 そのとき、全国から、いたわりと応援の声をいっぱいいただきました。多くの人が救援に駆けつけてくれました。見守ってくれている人がいるという確かな感覚が、わたしたち関西人を支えました。そのおかげで、わたしたちはやがて笑顔を、そして元気を取り戻しました。関西人得意の「泣き笑い」もたっぷりまじえて、です。

 東北の地はこのたび、阪神・淡路大震災をさらに上回る甚大な被害に見舞われました。こんどはわたしたちが声を送り、恩返しをする番です。この国の東北に、わたしたちは確かな支えの心を届けたいと思っています。

 いま、わたしたちはそれぞれの場所から、物資と義援金を集め、途切れることなく被災地へ送り、急務のスタッフを派遣し、被災者の受け入れ体制を整え、やがて被災地から声がかかるときのために、ボランティアの組織づくりに全力を尽くしています。これをもっともっと力強くしたい。

 この国の東半分が苦しみ、打ちひしがれているとき、この国の西半分がしっかりこの国を支えてゆかねばなりません。西から東へ、精一杯の力を送らねばなりません。そのために、さまざまな活動の「自粛」というより、むしろ普段の倍、がんばろうと思います。

 居ても立ってもいられず、「おせっかい」を承知の上ですが、関西で文化活動・教育研究・経済活動に従事している者が、協働して、その結び役の一つを務めさせていただきます。東北の復興は途方もなく長い道のりになるでしょうが、復興のその日まで、わたしたち関西人にできるあらゆる支援を続けるつもりです。そしてそれと同時に、民間の知恵を集め、この国のどこかが危機に瀕(ひん)したときにはまわりのどこかがしっかり支える、そんなたくましい国と社会のあり方について、さまざまな提案をしてゆきます。

      ◇

 <呼びかけ47人(敬称略)>
綾辻行人(作家)▽有栖川有栖(同)▽安藤忠雄(建築家)▽五百旗頭真(政治学者)▽池坊専永(華道家元)▽市田ひろみ(服飾研究家)▽井上八千代(京舞井上流家元)▽猪木武徳(経済学者)▽梅原猛(哲学者)▽鳳蘭(女優)▽大森一樹(映画監督)▽岡田節人(生物学者)▽片岡仁左衛門(歌舞伎俳優)▽桂三枝(落語家)▽玄月(作家)▽コシノヒロコ(ファッションデザイナー)▽後藤正治(作家)▽金剛育子(能楽金剛流家元)▽堺屋太一(作家)▽茂山七五三(狂言師)▽千玄室(茶道裏千家大宗匠)▽高村薫(作家)▽田辺聖子(同)▽中西進(国文学者)▽中西寛(政治学者)▽中野良子(女優)▽平尾誠二(神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督)▽平田オリザ(劇作家)▽藤本義一(作家)▽眉村卓(同)▽道浦母都子(歌人)▽もず唱平(作詞家)▽元永定正(画家)▽ 山折哲雄(宗教学者)▽山崎正和(劇作家)▽楽吉左右衛門(陶芸家)▽若一光司(作家)▽脇田修・晴子(歴史学者)▽松本紘(宇宙科学者)▽鷲田清一(哲学者)▽福田秀樹(工学者)▽下妻博(関西経済連合会会長)▽山中諄(関西経済同友会代表幹事)▽大竹伸一(同)▽立石義雄(京都商工会議所会頭)▽佐藤茂雄(大阪商工会議所会頭)▽大橋忠晴(神戸商工会議所会頭)

 2011年4月 5日

243よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/05(火) 19:22:01 ID:O.OQWcDo0
大阪城ジャズフェス:被災者救援アピール−−来月7・8日、大阪城野外音楽堂 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110405ddlk27200349000c.html

 ジャズで関西から東日本大震災救援をアピールする「第21回大阪城Jazz Festival」が5月7、8の両日、大阪市中央区の大阪城野外音楽堂で開かれる。関西の12大学の学生でつくる実行委員会が主催、毎日新聞大阪社会事業団などが後援する。【佐和宏士】

 大学のジャズビッグバンドが舞台で競演する毎年恒例の催し。両日とも午後1時半開演、同5時半終演予定。出演順は、7日が大阪大▽関西学院大▽龍谷大▽各大学の女性によるセレクションバンド▽立命館大▽天理大▽ゲストのGINGERBREAD BOYS▽ジャズフェスOBバンドのDOUBLE FORCE JAZZ ORCHESTRA。8日が甲南大▽佛教大▽京都大▽大手前大▽同志社大▽神戸大▽関東の大学選抜セレクションバンド「濃い味バンド」▽関西セレクションバンド。司会は関西大が担当する。

 入場券は当日会場で販売。大人500円。小学生以下と65歳以上、障害者は無料(証明書必要)。

 会場内では東日本大震災救援募金を呼びかけ、毎日新聞大阪社会事業団を通じて現地に送られる。また、被災地へ向けてのメッセージ記入も呼びかける。

==============

 ◇入場券プレゼント
 抽選で25組50人に入場券をプレゼントします。希望者は、はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢を明記し、〒660−0892、兵庫県尼崎市東難波町3の3の7坂下様方「大阪城ジャズフェスティバルチケットプレゼント係」へ。20日必着。応募多数の場合は抽選。問い合わせは実行委員会(080・6162・8694)。

244よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/05(火) 19:24:02 ID:O.OQWcDo0
講演会:大阪、アジアを元気に 安藤忠雄さん講演に3000人 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110405ddlk27040365000c.html

 ◇大震災への思いも語る
 建築家・安藤忠雄さん(69)の講演会「大阪を元気にする!」が3月31日、大阪市内で開かれ、3000人が参加した。

 会は安藤さんの文化勲章受章を記念したもので、70年代以降国内外で手がけた建築を映像を交えて紹介。20代のころから大阪府や大阪市に提案してきたまちづくりのプランなども解説し「大阪に暮らす私たちは、大阪だけでなく日本、アジアがよくなるにはどうしたらよいのかを考えなくては」と力説した。

 阪神大震災では遺児育英資金を募るなどさまざまな支援や復興に奔走した安藤さんは東日本大震災に触れ、「親を亡くした子どもたちの支援を、何らかの形で考えたい」と語った。

 会には親交のある桂三枝さんらも駆けつけた。【手塚さや香】

245よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/05(火) 20:00:46 ID:O.OQWcDo0
レッチリ、カエラ、ホルモンらサマソニ出演
2011.4.5 05:02
http://www.sanspo.com/geino/news/110405/gnj1104050503007-n1.htm

ロックバンド、X JAPANが8月13、14日に千葉と大阪で同時開催される日本最大級のロック・フェスティバル「サマーソニック」に初出演することが4日、分かった。同フェスの公式HPで発表された。

 X JAPANは、すでに出演が発表されている世界的ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・ストロークス、ビーディ・アイに続き、主要出演者に決定。熱いパフォーマンスで海外の大物たちを迎え撃つ。ほかの日本勢は木村カエラ、マキシマム・ザ・ホルモンら。

246よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/05(火) 20:07:37 ID:O.OQWcDo0
上方落語協会が新会館建設へ、安藤忠雄さん設計
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110405-OYO1T00688.htm?from=newslist

 上方落語協会(桂三枝会長)が、上方落語の定席・天満天神繁昌亭(大阪市北区)の近くに、世界的な建築家、安藤忠雄さん設計による「上方落語協会会館」(仮称)を建設することが5日、わかった。完成は来春を予定している。

 現在、協会の事務室は天満天神繁昌亭の2階にあるが、手狭なため、会議室や落語関連の文献を保管する資料室などは別々のビルに分散している。三枝会長は4選を果たした昨年6月の記者会見で、「我々落語家の城として、事務所や稽古場などを備えた会館を作りたい」と話しており、予定地を探していた。協会などによると、建設予定地は繁昌亭の南東約150メートルで、敷地面積は約130平方メートル。近く所有者と正式に売買契約を交わす予定で、現在立っているビルを取り壊し、会館を新築する。

(2011年4月5日 読売新聞)

247名無しさん:2011/04/06(水) 08:47:45 ID:.K/jkRsE0
上方落語協会、安藤忠雄さん設計の新会館建設へ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/04/06/kiji/K20110406000572180.html

上方落語協会が大阪市北区の落語の定席・天満天神繁昌亭の南東約200メートルの場所に、建築家・安藤忠雄さん(69)設計で同協会の会館を建設することが5日、分かった。同協会によると「安藤さんにオファーを了承していただいた。来春の竣(しゅん)工を目指す」という。

 予定地の敷地面積は約130平方メートル。4月中旬には所有者との売買契約が成立予定で、建っているビルを壊した後に新築する。現在の協会事務所は繁昌亭2階にあるが手狭で、桂三枝会長(67)はかねて「事務所や若手が稽古できる場所、資料の保管場所、サロンなどが一緒になった会館を造りたい。任期である2012年までに完成させたいね」と話していた。

248名無しさん:2011/04/07(木) 15:20:24 ID:E2UNVdEE0
被災研究者 支援の動き広がる…東北大から理研受け入れ
京大、阪大…西日本で名乗り
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110407-OYO1T00564.htm?from=top

 東日本大震災で被災した大学などの研究者を受け入れて、科学研究を続けられるよう支援する動きが西日本で広がっている。生命科学など国際的な競争が激しい分野では、中断すれば取り残されてしまう。新たな環境へ移り、震災を乗り越えて成果を出そうと活動を再開した人も出てきた。

 東北大医学系研究科の研究員、光永佳奈枝さん(38)は、パーキンソン病の再生医療に向けた全国の研究計画に加わり、サルの幹細胞から神経を作る作業を担当。研究室で細胞を培養中、震度6強の揺れに見舞われた。ボンベやタンクが転倒し、実験器具も落下。避難後に戻ると、壁は崩れ、苦労して作った細胞は培養液とともにこぼれ落ちていた。

 2年後に計画全体の進み具合を発表する予定になっているが、光永さんの作業が滞るとすべてが止まる。計画に参加している理化学研究所の分子イメージング科学研究センター(神戸市)は3月15日に被害の報告を受けると、光永さんの受け入れを即断。実験場所を確保し、遠心分離器や顕微鏡などの器具は近隣の研究所から借りた。

 「全体に迷惑をかける。研究費も削除されるのでは」と不安だった光永さんは、わずかに残った試薬をクーラーボックスに入れバスに飛び乗った。神戸に着くと、すぐに作業を再開。失った細胞を集め直すのに3か月以上かかりそうだが、「余震の恐怖もなく研究に打ち込める」と笑顔が戻った。理研の林拓也・副チームリーダーは「遠方にいた仲間がそばに来て、情報交換がスムーズになった」と予想外の効果を明かす。

 東北大からはほかに、実験を急ぐ学生ら5人が京都大に移り研究を再開した。

 被災した研究者の支援策として、神戸市はポートアイランドの貸研究室を1年間、無償で提供することなどを決定。▽計画停電でスーパーコンピューターが使えない▽実験動物の飼育や細胞の培養が続けられない――などの悩みを持つ関東の大学などから問い合わせが来ている。大阪大や奈良先端科学技術大学院大、岡山大、高知大なども受け入れ態勢を整えている。
(2011年4月7日 読売新聞)

249よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/07(木) 20:54:10 ID:zaCvlli20
入学式:大阪大で 未来を考え行動
http://mainichi.jp/kansai/news/20110407ddn041100054000c.html

 大阪大と同大大学院の入学式が6日、大阪市中央区の大阪城ホールであり、計約6500人が新生活をスタートさせた。東日本大震災の犠牲者のため全員で黙とうし、「ささえよう日本、関西からできること」のメッセージが壇上のスクリーンに流された。

 薬学部の南園真哉さん(18)が「日本全体が混乱していますが、未来を考え行動すると誓います」と宣誓。鷲田清一学長はあいさつで「震災は、その復興過程で社会の変化に一気に棹(さお)さすでしょうが、あらゆる世代が力を合わせてこの変化に確実に対応しなければなりません」と述べた。【林田七恵】


入学式:虚無主義陥らず、ビジョン構想を−−京大
http://mainichi.jp/kansai/news/20110407ddf041100006000c.html

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであった。新入生は10学部計3031人。出席者全員で東日本大震災の被災者へ1分間の黙とうをささげた。

 松本紘学長は式辞で震災に触れ「科学の限界ととらえ、虚無主義にとらわれてはいけない」と述べた。その上で「文明の在り方を再考する時期。歴史から過去を学び、現代の知識を組み合わせて将来の長期的なビジョンを構想できる人間にならなければならない」と呼び掛けた。【野宮珠里】

250よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/07(木) 21:03:37 ID:zaCvlli20
歌川国芳回顧展:展示作業始まる−−12日から天王寺 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110407ddlk27040396000c.html

 幕末に活躍した浮世絵師、歌川国芳(1797〜1861)の回顧展「没後150年 歌川国芳展」(毎日新聞社など主催)が12日に開幕するのを前に、会場の大阪市立美術館(同市天王寺区)では、展示作業が進んでいる。6日は、表装された作品を実際に展示する本格的な作業が始まった。

 作業員らは、躍動感あふれるクジラを描いた縦37センチ、横75センチの大型作品「宮本武蔵の鯨退治」などを、慎重に展示していた。今回の回顧展では、美人画や戯画など個性的でユーモアあふれる約400点を、前・後期に分けて公開する。

 会期は12日〜6月5日。前期は5月8日まで、後期は同10日から。月曜休館。市立美術館(06・6771・4874)。【矢島弓枝】

251よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/07(木) 21:35:41 ID:zaCvlli20
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

チェルノブイリ原発事故絵画展

チェルノブイリ原発事故の悲惨さを知ってもらおうと事故の被災者が描いた絵の展示会が大阪で開かれています。
25年前、旧ソ連で起きたチェルノブイリの原発事故では原子炉が爆発し800万人以上が被ばくしました。
会場には、被災者の子どもが描いた絵や汚染された地域の写真など100点が展示されています。
被災した小学生は爆発した原子炉の上に悪魔のようなを煙を描き放射能の恐ろしさを表現しました。
また高校生は、目からこぼれ落ちる大きな涙や半分が凍り付いた顔を描き原発事故の前後で生活が大きく変わったことを表現しました。
主催した民間団体のチェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西は、「チェルノブイリの問題を通じて福島の問題を考えていく材料にしてほしい」と話していました。
この展示会は、大阪駅前第2ビル5階で今月12日まで開かれています。

252よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 01:04:47 ID:Lp4VpgCI0
落語:桂雀三郎さんら4人、入門40周年記念同期会−−あす天満天神繁昌亭で /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110408ddlk27200388000c.html

 71年に入門し40周年を迎えた同期の落語家4人が9日、天満天神繁昌亭で記念の会「落語道百六十周年記念同期会」を開く。

 4人は桂雀三郎さん(61)=枝雀一門、桂春駒さん(60)=春団治一門、桂文太さん(58)=文枝一門、笑福亭仁智(じんち)さん(58)=仁鶴一門。

 戦後の上方落語を支えた四天王(六代目松鶴、米朝、三代目春団治、五代目文枝)にあこがれ、落語を選んだ4人。個性を大事にしながら精進してきた。

 「若いころは『次の四天王になろう』と話したりもしましたがまだまだB級。でも、何とか少しでも近づこうと頑張ってきました。その集大成を見ていただければ」と春駒さん。

 午後6時半開演。問い合わせは桂春駒の会(06・6945・4653)。【油井雅和】

253よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 11:35:24 ID:Lp4VpgCI0
4万人驚かせ 10日閉幕 トリックアート展
2011年4月9日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110409/20110409033.html

 先月12日に門真市三ツ島のなみはやドームで開幕した参加型の美術展「トリックアート」(週刊大阪日日新聞社主催、大阪日日新聞特別後援)は10日に閉幕する。9日現在、4万人超える来場者を迎え、盛況だ。

 開幕前日の11日には東日本大震災が発生し、開幕についても協議されたが「大阪から届け!被災地への応援メッセージ」とのスローガンで開幕セレモニーを中止して始まった。会場内には義援金ボックスも設置し、来場者が気持ちを込めて募金を寄せている。

 当初は震災の自粛ムードもあり客足は鈍かったが、「立体画法(だまし絵)に新しいアイデアを加えた3Dアート」との評判が広がり、カメラ持参の家族連れやカップルらで連日にぎわっている。

 道田昌吾統括責任者は「あと土曜・日曜の2日間。お客さまにいい思い出をつくっていただけるようにスタッフ一同、最後まで頑張りたい」と気を引き締めている。

254よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 13:11:37 ID:7YOQxJS60
海の小さな生き物たちを紹介
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005179471.html

大阪・港区の水族館、海遊館で、体長2センチほどの魚など、海の中の小さな生き物たちを紹介する展示が行われています。
これは、厳しい自然の中で暮らす小さな生き物の生態について学んでもらおうと開かれているもので、会場には、小さく色鮮やかな魚や、アカウミガメの子どもなど、80種類が展示されています。
このうち体長2センチほどの「フウセンウオ」は、その名の通り風船のように丸い体が特徴で、流されないようお腹の吸盤で岩にくっついたり、愛らしい姿で泳いだりしています。
また熱帯の海で暮らす「シロボシアカモエビ」は、鮮やかな赤い体に星のような白い斑点があるのに加え、足の先の方が白いことから「ホワイトソックス」とも呼ばれています。
訪れた人たちは「泳いでいる姿が、すごくかわいい」などと話しながら、カメラで撮影していました。海遊館の飼育担当の川下貴史さんは「かわいらしい姿はもちろんですが、厳しい自然の中で生きていくために魚たちがどんな知恵を使い、どんな特徴を持っているのかを知って親しんでほしい」と話していました。
この展示は来年1月9日まで開かれています。

04月09日 12時53分

255よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 13:31:19 ID:7YOQxJS60
2011年4月 9日
一宮千桃さん個展 「空と木のある風景」
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/09/20110409-051573.php

 身近な自然をテーマに写真を撮り続けている大阪市東淀川区の映画評論家、一宮千桃さんの個展「空と木のある風景 vol.3」が、大阪市北区の「ブックファースト梅田店」3階リビングカフェで開かれている。16日まで。

 個展は4回目で、今回は新作のモノクロ写真20点を展示。いずれも一宮さんが、東淀川区周辺の散歩コースで見つけ、撮影した空や木、川など身近な風景のワンシーン=写真。

 「なにげなく見過ごしてしまう日常の風景の中に美しさは潜んでいる」と一宮さん。「日々、同じ表情を見せることがない空と雲。厳しく孤高の姿を見せる冬の木。それらの姿になぐさめられたり、元気をもらったり、温かい気持ちになったり。忘れていた何かを思い出してもらえたら」と期待を込めている。

256よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 14:43:52 ID:7YOQxJS60
関空でJALコラボ企画…飛行機王クイズやCAと記念撮影も
2011年3月29日(火) 11時14分
http://resemom.jp/article/2011/03/29/1747.html

  関西国際空港では、「おおさかカンヴァス推進事業」の作品展示や日本航空とのコラボレーションによる「JALありがとうジャンボ in KIX」が開催されている。

 おおさかカンヴァス推進事業は、まち全体をアーティストの発表の場としてカンヴァスに見立て、新たな都市の魅力を創造・発信していくプロジェクト。今回は、関空の旅客ターミナルビル内にアーティストの描いた絵を繋ぎ合わせた作品や未来に向けて躍進するポップな色のジェット機のタペストリー、巨大な黄色い傘から光の雨が降る作品などを展示している。

 また関西国際空港と日本航空のコラボにより、3月で退役するJALのジャンボ機「ボーイング747」の40年にわたる歴史を振り返るイベントも同時に開催している。歴代ジャンボ機の大型模型や当時のポスターなどJAL秘蔵の貴重な資料を展示するギャラリーコーナーや、JALクルーによるトークショーなど、さまざまなイベントも予定されている。

257よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 14:44:28 ID:7YOQxJS60
>>256の続き

◆おおさかカンヴァス推進事業作品展示
展示期間:3月12日(土)〜5月8日(日)
展示場所:旅客ターミナルビル4階中央 翼の広場

◆JALジャンボメモリーズギャラリー
日時:3月19日(土)〜5月15日(日)
場所:関空展望ホール「Sky View」メインホール4階「スカイビューカフェ」
料金:無料

◆「ありがとうジャンボ」記念ステッカープレゼントキャンペーン
期間中「スカイショップ」で500円以上の買い物または「レジェンド・オブ・コンコルド」「スカイビューカフェ」にて飲食した人に特別ステッカーをプレゼント。
日時:3月19日(土)〜5月15日(日)
営業時間:10:00〜18:00(土・日・祝は20:00まで)

◆集まれスカイキッズ!子ども飛行機王クイズ選手権
飛行機が好きな子どもに集まってもらい、飛行機に関するクイズに挑戦してもらう。
日時:調整中(開催日時が決定したらホームページで通知)
場所:関空展望ホール「Sky View」メインホール4階展望デッキ(雨天時は屋内に変更)
参加費:無料
募集人数:50名

◆JALグループの客室乗務員との記念撮影
日時:5月4日(水・祝)12:00〜13:00、15:00〜16:00
場所:関空展望ホール「Sky View」メインホール4階展望デッキ(雨天時は場所を屋内に変更して実施)
参加費:無料
参加方法:当日の来場者は誰でも参加可能

258よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 19:48:44 ID:7YOQxJS60
フラワーカーペット:花絵ボランティア募集 鶴見緑地、29日から /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110409ddlk27040394000c.html

 ◇50平方メートル5面制作
 国際花と緑の博覧会記念協会は29日〜5月1日、大阪市鶴見区の鶴見緑地で、12万本のチューリップの花びらで約50平方メートルの巨大な絵「フラワーカーペット」を5面つくりだす。期間中に花絵の制作や補修に参加するボランティアを募集している。

 素材には、富山県花卉(かき)球根農業協同組合から、球根育成用に廃棄されるチューリップの花びらの提供を受ける。東日本大震災に対する復興支援もアピールする。ボランティアは小学生以上。記念品を贈呈する。詳しくは電話(06・6452・0401)か、ホームページ(http://expo90.jp/)で。【大島秀利】

259よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/09(土) 23:49:43 ID:pQ4sHmko0
グラフィックデザイナーが「TV」テーマにポスター展−南船場のペーパーボイスで
http://namba.keizai.biz/headline/1788/

 大阪・南船場のギャラリー「ペーパーボイス大阪」(大阪市中央区南船場2、TEL 06-6262-0902)で現在、「TV」を題材にしたポスター展「D+TV展」が開催されている。

 同展は、関西を中心に活動するグラフィックデザインチーム「D+(ディープラス)」が企画、主催するもの。同チームはほぼ全員が30代という大垣ガクさん、カズ・オオモリさん、佐藤浩二さん、鈴木信輔さん、峠田充謙さん、タニオカシゲキさん、西村雄樹さん、樋口寛人さん、増永明子さんのグラフィックデザイナー9人に、「監督」の坊雅和さんを加えたメンバーで構成する。昨年10月に初めての展示会を行って以来、これまで2カ月に1回のペースで展示会を行ってきた。

 会場には、16対9とテレビ画面と同じ縦横比で、デザイナー9人が自由にデザインしたポスター9点が並ぶ。坊さんは「9人それぞれが、『新しいTV像』をポスターとして表現した」と話す。会場にはそのほか、各ポスターをそれぞれ約20秒の動画にし、テレビ番組のようにして上映するコーナーも設けた。

 同チームでは毎回、来場者に「誰の作品が良かったか」を投票してもらうなど「楽しみながら競い合える」ようにしており、展示会のロゴマークも各デザイナーが持ち寄った案から選んだ。同展のロゴマークに選ばれた樋口さんは、緑色の枠内に「D+」という緑色の文字を配置、「昔のテレビのチャンネル表示をイメージし、粗いドットで適当な位置に表示されるのを再現した」と話す。

 前回の展示会からD+のメンバーとして加わった大垣さんは、「これまで関西にはこのようなチームはなかったと思う。大阪にD+というグラフィックデザインチームがあるんだという存在感を出していきたい」と意気込む。

 開館時間は9時〜17時15分(最終日は15時まで)。4月15日まで。

260よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/10(日) 12:22:33 ID:MfAs3Rx.0
低音の幅広い魅力知って
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110410-OYT8T00088.htm

コントラバスだけのバンドリーダー 廣田昌世さん 40 堺市北区
 ボンボンボン――。身長より大きな楽器の弦をはじくと、心地よい低音が響く。ジャズなどの演奏に欠かせないコントラバス(ベース)だけのバンド「ざ・低音一家」を5年前に結成した。「縁の下の力持ちというイメージがあるけど、ベースだけでもメロディーやハーモニーが奏でられることを知ってほしい」と話す。

 堺市で生まれ育ち、高校時代、アーチェリーの腕前はインターハイに出るほど。「この時鍛えた強靱(きょうじん)な二の腕が、瞬発力のいる演奏に役立っています」と笑う。証券会社員になり、趣味でバンドを組み、モダンジャズのルーツを探るうち、木の温かみが響くようなコントラバスの奥深さのとりこに。クラシック界で活躍する仲間と3人で今のバンドをつくった。

 京阪神を中心に2〜3か月に一度、ライブ演奏。最初、聴衆は「ベースだけ……」ととまどうが、ボディーを手でたたいたり弦の端をこすったりして、高音やカモメの鳴き声のような音を生む奏法を披露すると納得。昨年11月には、オリジナル全10曲を収めたセカンドアルバム「コロレアド」を発表した。

 他のバンドに加わって活動し、大阪市の西成・あいりん地区の立ち飲み屋で奏でることも。「幅広くこの楽器にしか出せない音を駆使して音楽の世界を広げたい」と意気込む。

(中筋夏樹)

(2011年4月10日 読売新聞)

261よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/10(日) 19:13:12 ID:fbB1TYTk0
大阪物療大:開学・入学式 田中学長「新時代の要請に応える人材を」−−堺市 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110410ddlk27100247000c.html

 大阪物療大(堺市西区、田中博司学長)の開学式と入学式が9日、西区の西文化会館で行われ、1期生84人と保護者、関係者ら計約200人が出席した。

 大阪物療大は、保健医療学部診療放射線技術学科の単科大学。前身の大阪物療専門学校時代から診療放射線技師を養成している。

 開学式で、田中学長が「新しい社会の要請に応える人材を育成します」と、開学宣言。続く入学式の式辞では、「(前身校の)約6500人の先輩が日本各地で活躍している。1期生と教職員が一丸となって、大学としての新たな一歩を踏み出そう」と呼びかけた。

 新入生代表の藤井彩さん(18)と土山裕生さん(18)は「栄えある1期生として勉学に励み、自己研さんします」と緊張の面持ちで宣誓した。【大野境子】

262よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/10(日) 19:15:32 ID:fbB1TYTk0
大阪View:府雇用創出事業 レトロなEV ものづくりから人づくり /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110410ddlk27040259000c.html

 EV(電気自動車)の製作体験を通して新しい科学技術に関心を広げ、就職に生かしてもらう府の事業が、府立高専などの協力で行われた。参加者は見た目にも楽しいEVを作り上げた。3月22日に同高専内でお披露目イベントがあり、約100人が見守る中で車は平均時速26・4キロを記録した。

 「3輪なのに4輪に見える車」をコンセプトに昨年12月、製作を開始。手書きで設計図を書きイメージを固め、必要な材料を発注していった。外装は鉄板や角パイプを切り出して溶接、塗装を施した。ほとんどの参加者は経験が無く、必要な技術を一つ一つ作業をしながら学び、約1カ月で春らしい桜色の車を完成させた。

 設計などの指導をした同高専の土井智晴准教授(42)は「完成図からものを作り出すのはとても難しいこと。短期間だったが、物作りの流れは学べたはず」。グループリーダーの一和田公成さん(42)は「経験を少しでも就職活動につなげていければ」と話していた。【竹内紀臣】

263よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 05:10:07 ID:ckKurwew0
アメリカ村でトークイベント−「阪神大震災とゼロ年代の思想」テーマに
http://namba.keizai.biz/headline/1792/

 大阪・アメリカ村の書店「スタンダードブックストア」(大阪市中央区西心斎橋2、TEL 06-6484-2239)地下1階のカフェスペースで4月9日、言論誌「思想地図β Vol.1」の発刊を記念しトークライブが行われた。

 当日は、「思想地図β」を発行するコンテクチュアズ(東京都品川区)代表で批評家の東浩紀さんと、同社クリエイティブディレクターの浅子佳英さん、関西学院大学准教授で社会学者の鈴木謙介さん、文芸批評家の福嶋亮大さんが参加し、「阪神大震災とゼロ年代の思想」をテーマにトークが繰り広げられた。

 トークライブ前のインタビューで、東さんは「思想や言論はここ10年で社会学、メディア論を巻き込み広がったが、東京に集中しているのは事実。東京以外の所での商品価値を探ろうと思っている」とイベントの狙いを話したほか、東日本大震災について、「言論は前に進むのではなく、失ったものをどう引き受けるかという所から出発する。95年の阪神大震災を乗り越えてきた関西の話を聞ければ」と話した。

 トークライブの冒頭で、東さんは「ゼロ年代の思想は、世の中から『遊び』だと思われ、趣味としてしか生き残れなかったのが、戦後日本の帰結としてあった。だが震災後、言葉が求められるようになった。まず『復興の希望』としての言葉が求められているが、文学は単純に『日本頑張ろう』ではなく、『喪失』をどう引き受けるかを考えなければいけない」とコメント。

 「ゼロ年代の思想」に話が及ぶと、鈴木さんは「合理性の外の部分は本来、宗教が担当していたが、オウム事件以降、宗教を思想界から追い出しきてた。最近、若い世代ではまじないや死後の世界を信じている人が増えている。ご遺体が見つからないままの人や、生死がわからないままの人について、きちんと弔うことができないまま復興していかなければならない」と震災の非合理についてコメント。東さんも「戦後の日本は、戦争をきちんと弔わないまま、死者を覚えている人が死ぬという形で解決してきた。喪失について何も考えてこなかった」と指摘。震災で失ったものをどう引き受けて行くのかということについて議論が交わされた。

 今後の復興について、東さんは「震災前から日本は少子化と財政問題があり、震災後さらに加速した。若い人は転校するなど被災地から出て行く人も多く、誰が復興を担うのかが課題。少子高齢化の社会を変えるしかなく、外国人労働者を受け入れるしかない」と指摘。小松左京さんの小説「日本沈没」が示唆を与えてくれるとの紹介も。

 「思想地図β」は7月に「1.5号(震災特別号)」を発行する予定。

264よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 19:16:20 ID:zn9qFnbw0
歌川国芳展:大阪市立美術館で開幕
http://mainichi.jp/kansai/news/20110412ddf041040009000c.html

奇想天外な発想と繊細な画風で幕末の人々を魅了した浮世絵師、歌川国芳(1797〜1861)の回顧展「没後150年 歌川国芳展」(毎日新聞社など主催)が12日、大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開幕した。

 国内初公開を含む約400点を、前・後期に分けて展示。額から飛び出しそうな迫力ある骸骨が描かれた「相馬の古内裏」や、さまざまなポーズの猫を組み合わせて文字をかたどった「猫の当字」など、ユニークな作品が並ぶ。

 開館直後に訪れた大阪市淀川区の会社員、上田力さん(62)は「他の浮世絵とはひと味違った奇抜な画風が好き。深い血の色など、独特の色遣いが幕末の世相を反映していると感じる」と話した。

 一般1300円、大高生900円、中学生以下は無料。前期は5月8日まで。後期は同10日〜6月5日。月曜休館(5月2日は開館)。入館は午前9時半〜午後4時半。市立美術館(06・6771・4874)。【矢島弓枝】

265よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 21:19:22 ID:zn9qFnbw0
”国内初”子どもの脳死臓器移植へ
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0367331

関東甲信越地方の病院に入院している10代前半の少年が、法的に脳死と判定されました。
15歳未満の子どもから初めて脳死での臓器提供が行われることになります。
【日本臓器移植ネットワークの会見】「家族の総意として、脳死での臓器提供を決断され、承諾されました」
法的に脳死と判定されたのは、関東甲信越地方の病院に入院中の10歳以上15歳未満の少年です。
日本臓器移植ネットワークによりますと、少年は交通事故で頭に重傷を負い、家族の承諾のもと、2回の脳死判定が行われ、死亡が確認されたということです。
去年7月に施行された改正臓器移植法では、家族の承諾があれば15歳未満の子どもからの脳死臓器移植が可能になりました。
今回、法改正後初めて子どもからの脳死移植が行われることになります。
【日本臓器移植ネットワークの会見】「(少年の家族は)『臓器提供があれば命をつなぐことができる人たちのために、彼の身体を役立てることが今、彼の願いに沿うことだと考えました』(とコメントしている)」
子どもからの初めての臓器提供を、移植が必要な患者の支援団体は「大きな第一歩」と受け止めています。
【日本移植者協議会・大久保通方理事長】「(ご家族は)心からお子さんを愛されて提供されるのだろうと思います。新しい時代が始まったと実感しています」
提供されるのは心臓、肺、肝臓、腎臓、すい臓、小腸で、13日午前5時ごろから摘出手術が始まり、心臓は大阪大学病院で重い心臓病の10代の少年に移植される予定です。

266よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 21:34:27 ID:zn9qFnbw0
富国生命ビルに「アサヒ ラボ・ガーデン」−双方向コミュニケーション拠点に
http://umeda.keizai.biz/headline/1025/

アサヒビール(東京都墨田区)は4月2日、大阪富国生命ビル(大阪市北区小松原町)4階の産学連携活動支援施設「まちラボ」内に「アサヒ ラボ・ガーデン」(TEL 06-6926-4070)を開設した。

 「まちラボ」は、「植・食と健康に関する新しい産学連携をデザインする」をスローガンに、企業と大学、企業と消費者、大学と消費者を結び、社会へ情報発信する新プラットフォーム。「テラプロジェクト」がプロデュースし、テナント8社を迎え活動を開始した。

 アサヒビールと大阪大学では、「産学連携では理系の研究が多いが、社会やコミュニケーションも研究する価値があるのでは。新たな産学連携の形を見いだしていきたい」(広報部の浅輪紀雄さん)と、「食」「健康」「ライフスタイル」「社会」「コミュニケーション」などをテーマとした産学連携協定を締結し、同スペースの運営に活用していくという。

 「アサヒ ラボ・ガーデン」は、ブックカフェスタイルの「カフェゾーン」と、エンターテインメント性を持たせて食と酒にふれる「ラボゾーン」で構成。カフェゾーンでは、「食」と「伝える」、「食」と「触れる」などの切り口で、丸善のブックセレクターによるセレクトで同社グループ、酒、食に関する書籍700冊を集め、自由に閲覧できるようにした。

 「ラボゾーン」では、テーブルに置かれている酒類と食材を選ぶと、300種類の中からその食材を使い選んだ酒に合うレシピを表示しプリントアウトできる「ズバうま!おつまみレシピ」テーブルや、酒に関するライフスタイルについて質問に答えるとおすすめの酒を診断する「お酒タイプ診断」、パソコンを使って缶のラベルをデザインできる「デザイン工房」、アンケートに携帯で答えるとノベルティーが無料で進呈される「サンプリングベンダー」、巨大なスーパードライの中で酒や食の音に関するクイズに答える「スーパードライ缶型ジュークボックス」などのコンテンツを用意。情報発信を行うと同時にアンケート結果などを受信し、研究開発に反映させていくという。

 同スペースでは現在、平日のアフターファイブと土日にセミナーを開催。「シニア向け」「女性向け」「成人向け」「ママ向け」「ファミリー向け」でテーマを選び、研究員を中心とした講師が一般にわかりやすく説明する。8日に開催された「ビールの『香り』の秘密に迫る!」のセミナーに参加した八尾紀子さん(40)は「アサヒビールのメルマガでイベントを知った。先日吹田工場に行って楽しかったが話を聞くだけだったので、ここなら違う角度で話を聞けるのではと思った」といい、西山亜紀さん(39)は「のどごしやコクで宣伝しているので、香りについてそこまでしていると思っていなかった」と話す。

 浅輪さんは「ビールのイメージが強いと思うがいろんなことをしているのを知ってもらいたい。来られた方に参加して楽しく学んでいただき、少しでも役に立つ情報を持って帰っていただければ」と話す。

 営業時間は10時〜20時。木曜定休。入場無料。セミナの詳細や申込方法はホームページで確認できる。

267よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 21:36:17 ID:zn9qFnbw0
大阪城野音でゴスペルライブ「ウタのタネ」、一般参加シンガー200人募集
http://kyobashi.keizai.biz/headline/901/

聖歌隊「human note(ヒューマンノート)」が現在、5月21日に大阪城野外音楽堂(大阪市中央区大阪城3)で開催されるゴスペルライブ「ウタのタネ3」に参加する一般シンガーを募集している。

 ヒューマンノートは、関西を中心に活動するシンガー・ソングライター・寺尾仁さんが、自身が主宰するゴスペル教室の生徒らに「歌う喜びを通して人間賛歌を届けたい」と呼びかけ、2007年に結成した聖歌隊。メンバーは府内のほか、滋賀、奈良、兵庫、東京在住の総勢約600人。関西一円の小中学校、高校などに歌を届ける「学校めぐり」をはじめ、ケニアやハイチに赴く「海外支援コンサート」などの活動を行っている。

 年1回開く「ウタのタネ」は、今年で3回目を迎えるゴスペルライブ。ヒューマンノートがホストとなり、ゲストシンガーを迎える。今年は、女性レゲエシンガー・ソングライターのMetis(メティス)さんを迎える。エンディングでは、一般参加シンガーを交えた総勢800人でヒューマンノートのオリジナルソング「よろこびのうた」を合唱し、東日本大震災の被災地へ向け歌声を届けるという。

 募集しているのは、このエンディングに参加する一般シンガー200人。参加条件は、4月16日・24日、5月7日・15日の練習のうち2回以上参加できること。参加費は5,000円。募集締め切りは4月20日。詳細はヒューマンノートのホームページで確認できる。参加費の一部は義援金として送るほか、会場に東日本大震災の募金箱も置く予定。

268よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 21:37:45 ID:zn9qFnbw0
まつゆう*さん、南船場「チャオパニック」でツイッター講座−UST配信も
http://namba.keizai.biz/headline/1793/

南船場のアパレルショップ「Ciaopanic(チャオパニック) 南船場店」(大阪市中央区南船場4)は4月16日、ブロガーやモデルなどとして活躍する、まつゆう*さんを招き、「ゆるゆるtwitter講座」を開く。

 同ブランドは「SNSを使ってもっとファッションを楽しもう!」をコンセプトに、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを利用したイベント展開を予定しており、同イベントはその第1弾。4月16日〜5月15日に同店内で展開する、関西発のファッション誌「カジカジ」とのコラボストア「CAZIPANIC」のオープニングイベントにも位置づける。

 まつゆう*さん(@matsuyou)は、2008年に米「wired.com」により「日本のセレブブロガー」の1人として紹介されたほか、ツイッターのフォロワーは20万人を超え、ツイッターに関する本も出版するなど、ソーシャルメディアを活用した活動で注目を集める。

 開催時間は18時30分〜21時。イベント参加希望者は、同ブランドのツイッターアカウント(@Ciaopanic_PR)をフォローし、特定コメントをツイートすることで申し込む。申し込みは12日まで。詳しくは「Ciaopanic SNS LAB.」のホームページで確認できる。イベント当日の模様はユーストリームでも配信する。

269よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/12(火) 23:50:18 ID:zn9qFnbw0
脳死判定、少年に心臓移植へ…国内初の子供同士
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110412-OYT1T01094.htm?from=top

 改正臓器移植法に基づき、12日朝に脳死と判定された10歳以上15歳未満の少年の臓器摘出は13日早朝から、入院中の関東甲信越の病院で始まる。


 摘出される心臓や肺など5臓器は、大阪大病院など5病院で待機患者に移植される。

 このうち心臓は、サイズがほぼ同じ10代の待機患者への移植が国内で初めて実現する見通し。従来は大人から心臓が提供されても、子供の患者にはサイズが大き過ぎることが多く、1億円前後の費用を工面して海外で移植するしかなかった。

 日本臓器移植ネットワークによると、摘出手術は13日午前4時頃から始まる。摘出される心臓は大阪大病院で10代男性に、両肺は東北大病院で50代女性、肝臓は北海道大病院で20代男性、膵臓(すいぞう)と一方の腎臓は藤田保健衛生大病院で30代女性、もう一方の腎臓は新潟大医歯学総合病院で40代男性に、それぞれ移植される。家族が摘出を承諾していた小腸は、医学的理由から見送られた。

(2011年4月12日23時24分 読売新聞)

270よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/14(木) 02:42:03 ID:C2v1aL/I0
>>265>>269

男の子からの心臓移植手術終了
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005264901.html

関東甲信越地方の病院で脳死と判定された10代前半の男の子から提供された心臓を同じ10代の男性に移植する国内で初めての手術が、大阪・吹田市の大阪大学附属病院で行われ、手術は無事終了しました。
関東甲信越地方の病院で脳死と判定された10代前半の男の子から提供された心臓は、13日午前7時半前、大阪・吹田市の大阪大学附属病院に到着しました。
病院では「拘束型心筋症」のため移植でしか助からないと診断された同じ10代の男性に心臓を移植する手術が5時間以上にわたって行われ、手術は無事終了しました。移植を受けた男性患者は、この後、集中治療室に移されることになっていて容態は安定しているということです。
男性は順調にいけば、1か月から2か月で退院できるということで病院によりますと、男性の家族は「移植が受けられて感謝しています。この感謝の気持ちをドナーのご家族に伝えたい。」と話しているということです。
脳死と判定された15歳未満の子どもから提供された心臓を移植する手術が行われたのは今回が国内で初めてです。

04月13日 14時27分

271名無しさん:2011/04/14(木) 15:31:42 ID:JqtmwAh60
ニュースタイトルにどこの大学病院で手術が行われたかがないね
まあいつものことですが

272よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/14(木) 18:53:01 ID:yv6oqQeM0
東日本大震災:被災地へ響け、モーツァルトの鎮魂歌 中央区でコーラスめっせ /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110414ddlk27040402000c.html

 ◇仲間に贈る、連帯の歌声 コンサートや講習−−16、17日
 関西から全国に新しい合唱文化を発信しようと、コンサートや講習会などを繰り広げる「コーラスめっせ」が16、17日、大阪市中央区のいずみホールなどで開かれる。コンサートでは作曲家、千原英喜さんが女声2部合唱に編曲したモーツァルトのレクイエムを初演、東日本大震災で亡くなった人に会場全体で祈りをささげる。

 実行委員長の合唱指揮者、伊東恵司さんは「東京以北の合唱の仲間からも『まず関西からしっかり歌声を響かせて』と応援をもらっている。聴き合い、交流を深めることを重視した催し。仲間のために歌うことで連帯と想像力を取り戻し、音楽の力と役割を喚起したい」と話す。

 アフリカ、北欧など多彩な選曲による「世界の歌」(16日午後2時半)▽レクイエムなどを歌う「新しく生まれた歌」(同午後6時半)▽実力派合唱団の競演による「咲くやこの花」(17日午後3時半)−−の3コンサート(各回2000円、セット券5000円)のほか、同ホール近くのTWIN21では両日正午と17日午後1時から無料コンサートがある。

 このほか、「音楽を分かち合い、恐怖や悲しみを和らげ、気持ちを奮い立たせるのが私にできること」とメッセージを寄せた比国の作曲家、ジョン・オウガスト・パミントゥアンさんらを招いた講習会(500〜1000円)などもある。

 問い合わせは、小宮さん(090・1125・0180)まで。【最上聡】

273名無しさん:2011/04/14(木) 19:57:44 ID:fxaLtdHY0
>>272
キダ・タロー先生が指揮するのかと思った

いやそれでもいいかと思う
先生のCM曲は全国に知られてますので

274よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/14(木) 22:57:06 ID:yv6oqQeM0
阪大病院「命つなぐ“道”前進」 心臓移植無事終了
2011.4.13 13:43
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110413/scn11041313460002-n1.htm

 「手術がスムーズに進み、命のリレーをつなぐことができた。小児心臓移植の道を大きく進めることができる」−。15歳未満で初めて脳死と判定された少年からの心臓移植手術を執刀した大阪大病院の澤芳樹・心臓血管外科長は13日、術後の記者会見で安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 澤外科長によると、移植を受けた患者は12日に大阪大病院に到着。医師団に「頑張ります」と話し、両親は「大変ありがたい」と感謝していたという。

 同病院によると、患者は平成19年に拘束型心筋症を患い、昨年8月に移植登録。登録から237日目での臓器提供となった点について、澤外科長は「待機期間が非常に短かった」と評価。「提供者と移植患者の心臓の大きさが近く、マッチングしやすかった。患者は若く、回復も早いだろう」と述べた。

275よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/14(木) 23:03:05 ID:yv6oqQeM0
子供の臓器提供 国内で移植を完結する一歩に(4月14日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110414-OYT1T00011.htm
 交通事故で頭部に重傷を負った10代前半の少年が脳死と判定され、心臓や肺などが5人に移植されることになった。

 昨年7月に施行された改正臓器移植法にもとづき、15歳未満の子供が臓器提供者となる初のケースだ。心臓は同じ10代の少年に優先提供された。

 外国に頼るしかなかった子供からの臓器移植が実現したことは、移植医療を国内で“完結”する第一歩になるだろう。

 1997年にできた臓器移植法は、本人が意思表示カードなど書面で提供の意思を示していなければ、臓器移植を認めなかった。

 法的に有効な意思表示ができるのは、民法で15歳以上とされ、それより幼い子供からの臓器提供は禁じられてきた。このため、小さな臓器を必要とする乳幼児などが脳死移植医療を受けるには、海外に行くしか方法がなかった。

 国内は不可能だから外国で臓器提供を受ける、という在り方は、国際的な批判を浴びてきた。移植法改正に踏み切った背景には、世界保健機関(WHO)が「臓器移植は自国内で完結すべきだ」との指針採択に動いたことがある。

 昨年施行の改正法は、欧米などと同様、本人が提供拒否の意思を示していない限り、年齢にかかわらず家族の判断で臓器提供を可能にした。今回の事例も、両親など家族の承諾によって脳死判定と臓器提供が行われた。

 改正前の13年間で86例だった脳死移植は、改正後9か月で42例となった。10倍近いペースで“命のリレー”が行われている。

 いずれは、もっと幼い子の臓器提供もあるだろう。子供の場合は大人より一段と厳格な脳死判定を行い、親からの虐待の有無なども慎重に見極めねばならない。

 今回、こうした確認がきちんと行われた過程はある程度まで公表されているが、脳死と判定するまでの病院内での検討内容など、より詳細な情報公開が必要だ。

 子供の脳死移植に対する信頼を培うために、厳密な検証作業を怠ってはなるまい。

 前途ある我が子を失った親が、悲しみの中で決断した臓器提供の尊さを想(おも)わずにはいられない。

 「息子は世の役に立つ大きな仕事をしたいと言っていた。臓器提供で命をつなぐことができる人たちのために彼の身体を役立てることが、彼の願いに沿う」。少年の両親が公表したコメントだ。

 臓器提供者となった少年と家族の気持ちに応えるためにも、移植医療を着実に進めていきたい。

(2011年4月14日01時07分 読売新聞)

276よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/15(金) 19:16:25 ID:mwAjndKk0
>>274
 
「移植成功うれしい」 臓器提供少年の家族がコメント
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104150175.html

 脳死と判定された10代前半の少年から提供された臓器の移植手術が終わり、少年の家族が15日、日本臓器移植ネットワークを通じてコメントを発表した。全文は以下の通り。(「レシピエント」は移植を受けた患者)

    ◇

 すべての移植手術が成功したことをお聞きして、うれしく思っています。

 私たち家族の気持ちが、移植に携わった方々によって、レシピエントに伝えていただけたこともとてもうれしかったです。

 そして、本当ならレシピエントのことについて直接は知ることのできない立場の私たちですが、テレビや新聞などを通じて、レシピエントのお気持ちを知ることができたのでよかったです。

 また、これまでのテレビや新聞などの報道は、私たち家族の意向(匿名性)を十分に配慮していただいているので安心しております。

277よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/17(日) 15:53:52 ID:59l4tCvI0
おおさかカンヴァス推進事業:街中や公園、公共施設に巨大立体作品など展示 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110417ddlk27040296000c.html

 府内の街中や公園、公共施設を舞台にしたアートイベント「おおさかカンヴァス推進事業」が開催中(一部はすでに終了)だ。東日本大震災の影響で3月12日に予定していたオープニングセレモニーを中止、いくつかの作品は展示を変更・延期したが、各会場は週末を中心ににぎわっている。

 「おおさかカンヴァス」は橋下徹知事の発案により府が主催。まち全体を発表の場=キャンバスに見立てて公園や公共施設で展示やワークショップなどのイベントが開催されている。

 出品するアーティストは公募し、府内外172件の応募の中からアートユニット「淀川テクニック」や高橋匡太さんなど若手、中堅の作家21組が選ばれた。現在も展示が行われているのは関西国際空港旅客ターミナルビル(田尻町)、府咲洲(さきしま)庁舎(旧WTC、大阪市住之江区)などの約10作品。

 大阪市住之江区の長屋を改装したスペース「KENYAKAGAYA」で8月末まで公開されているのは、美術作家の酒谷星子さん(22)の「フラミンゴ畑」。背丈より大きなフラミンゴ80体がぎっしりと密集して立っている。鮮やかなピンク色の毛がふわふわとしてかわいらしいが、鉄筋で骨組みを作り新聞紙とビニール袋で成形、フェイクファーで包んだという労作だ。

 動物が好きでこれまでも絵画作品のモチーフにしてきた酒谷さん。今回の制作に当たって自費でケニアに行き、湖で羽を休める何百羽のフラミンゴを見てきたという。それぞれの部屋の全面に朝焼けと夜をイメージした壁画を描き、幻想的な空間に仕上げた。「震災で心を痛めている人が多いと思いますが、せめてここに来た時に楽しんでもらえたら」と酒谷さん。放課後や週末は近所の子どもたちの秘密基地のようになっている。

 一方、咲洲庁舎1階にはレスラーが自動車にプロレス技をかけるというユーモアあふれる巨大な立体作品が登場。現代美術家の永井英男さんの「B−PROJECT へそで投げろ」・おおさかカンヴァス提供=だ(5月10日まで公開)。人間の精神力を表現したというこの作品は「人々に希望を与えるモニュメントに」という永井さんの思いが込められている。

 関西国際空港の展示作品は場所柄、宗教や民族間の対立を乗り越えた平和などのテーマを親しみやすい方法で表現した作品が多い。

 地図、スケジュールは公式サイト(http://osaka-canvas.jp/)に掲載されている。【手塚さや香】

278よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/17(日) 15:57:02 ID:59l4tCvI0
情報プラザ:みのおの野鳥観察と楽しい工作〜森の野鳥を観察… /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110417ddlk27040271000c.html

 ◇みのおの野鳥観察と楽しい工作〜森の野鳥を観察、小鳥の工作もしよう〜
 5月8日(日)12時半〜15時ごろ、箕面市箕面の箕面ビジターセンターおよび周辺(阪急箕面駅徒歩90分)。双眼鏡で野鳥観察体験。小枝や木の実を使って小鳥などの工作にも挑戦。対象は小学生以上30人(小学生は保護者同伴)。当日現地で受け付け。参加費300円(材料費含む)。汚れてもいい服装で参加を。小雨決行。大阪府みどり公社(06・6266・1038、中止の場合は当日7時以降に案内メッセージが流れる)。

279よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/17(日) 16:06:52 ID:59l4tCvI0
文化への理解が深く寄付などが盛んと思われている米国でも、このようにオーケストラが経営破綻する事がある。
考えてみれば努力を怠れば、どんな世界でもそっぽを向かれるのは当然と言えば当然。
大阪をはじめ近畿圏のオーケストラは、しっかりと気を引き締めていかないといけない。


■ 米・名門オーケストラ、破産申請へ
http://www.mbs.jp/news/jnn_4702564_zen.shtml

 世界でもトップクラスのオーケストラ、アメリカのフィラデルフィア管弦楽団が破産申請を行なうことが明らかになりました。

 AP通信によりますと、申請の時期は明らかにされていませんが、管弦楽団の運営委員会は投資ファンドなどから資金援助を受けて、再建を目指したいとしています。

 フィラデルフィア管弦楽団は、1900年、ペンシルバニア州フィラデルフィアを本拠地に設立され、1940年に制作されたディズニー・アニメ「ファンタジア」の音楽を演奏したことで知られています。

 しかし、ここ5年あまりは観客動員数が激減。興行収入が減り、資金繰りにあえいでいました。

 管弦楽団の関係者は、今後も予定されているコンサートは行なうとしています。

(17日13:28)

280よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/18(月) 22:39:47 ID:Gh4S.0DU0
情報プラザ:平成23年度春季特別展「倭人と文字の出会い」 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110418ddlk27040357000c.html

 23日(土)〜6月26日(日)10〜17時、河南町東山の府立近つ飛鳥博物館(近鉄喜志駅・富田林駅からバス阪南ネオポリス徒歩8分)。中国や朝鮮半島との交流の中で独自の文字世界を作り上げてきた倭人と文字の歴史を、発掘された土器、副葬品、木簡などの文字資料から考える。学芸員による展示解説や関連講演会、シンポジウムあり。入館料600円。65歳以上と高大生400円。中学生以下と障害者(介助者含む)無料。月曜休館(5月2日は開館)。同博物館(0721・93・8321)。

>倭人と文字の歴史

 「倭人」という言葉は蔑称だと教わったのですが。
 日本人自ら使っていい言葉なのかな?

281よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/19(火) 18:52:49 ID:N5Lbavxo0
アバンザ・ランチタイム・コンサート:22日、テレマン木管五重奏団が演奏 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110419ddlk27200362000c.html

 第69回アバンザ・ランチタイム・コンサートが22日、大阪市北区堂島1の堂島アバンザ1階エントランスホールで開かれる。無料。

 午後0時10〜40分。テレマン木管五重奏団「ターフェル・クインテット」による「木管五重奏のための3つのシャンティ」など。演奏は出口かよ子さん(フルート)、松本剛さん(オーボエ)、李胎蓮さん(クラリネット)、淡島宏枝さん(ファゴット)、木山明子さん(ホルン)。

282よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/19(火) 22:31:56 ID:N5Lbavxo0
日本書芸院展が開幕…大阪国際会議場
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110419-OYO1T00672.htm?from=newslist

 日本を代表する書家の新作を紹介する「伝統と創意 ?日本書芸院展」(公益社団法人日本書芸院、読売新聞社主催)が19日、大阪市北区の大阪国際会議場3階特設会場で開幕した。24日まで。

 同院は「伝統と創意」を理念に掲げる国内最大規模の書道団体で、今回の制作テーマは「自然の美しさ」。文化勲章受章者の杉岡華邨(かそん)氏ら役員386人の大作が四季を表現している。

 約500人が出席した開会式では、中村仁・読売新聞大阪本社社長が東日本大震災を踏まえて、「自然の優しさや温かさ、厳しさに触れた作品もあり、様々な思いを起こさせてくれます」とあいさつ。杭迫(くいせこ)柏樹(はくじゅ)・同院理事長らとテープカットした。

 入場無料。午前10時〜午後5時(入場は午後4時半まで)。震災被災者への義援金も募っている。

(2011年4月19日 読売新聞)

283よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/20(水) 05:50:43 ID:N5Lbavxo0
大阪市立美術館で「没後150年 歌川国芳展」−400点超展示
http://abeno.keizai.biz/headline/37/

 大阪市立美術館(天王寺区茶臼山町、TEL 06-6771-4874)で4月12日、「没後150年 歌川国芳展」が始まった。

 没後150年を記念して行われる同展。作品はイタリアで発見されて初公開される「きん魚づくし ぼんぼん」、猫のことわざを題材にした「たとゑ尽の内」(三枚組は一点ずつ所蔵されているが、完全にそろった状態で初公開)など、代表的な作品、これまで未紹介の作品、新発見の商品を含む400点超を展示。ジャンルは武者絵、役者絵、美人画、風景画、戯画、時事報道画、子ども絵と幅広い。

 歌川国芳は江戸末期の浮世絵師で、国際的に高い評価を受けている。2009年にロンドン、2010年にはニューヨークで「KUNIYOSHI」展が開催された。

 開催期間は5月8日までの前期と、5月10日〜6月5日の後期に分かれ、展示替えがある。

 開館時間は9時30分〜17時。月曜休館(5月2日は開館)。入場料は、一般=1,300円、高大生=900円、中学生以下無料。

284名無しさん:2011/04/20(水) 10:23:17 ID:M7RJVxDU0
>>280
>「倭人」という言葉は蔑称だと教わったのですが。
>日本人自ら使っていい言葉なのかな?
当時同時に使われていた「韓人」が蔑称じゃなければ蔑称ではないって話。
どこぞのバカ共はちゃんと歴史勉強してないから「倭」を蔑称で使うけどな。

そもそも「倭国」と自称していたこともあるし(大体大宝律令の頃まで「倭国」としてたそうな。更に奈良時代あたりまで「大和国」(奈良県)のことを「大倭国」と書いてたそうな)それどころか特に蔑称の意味でもなかった(「中国の東方にある朝鮮半島じゃない国」のこと。台湾や琉球から来る海賊を「倭寇」と称していたことがある)という説すらある。
隋唐あたりになると当の中国人ですら由来が分からんかったらしいし「不詳が一番正しい」という人すらいる。

とWikipediaに書いてた。だから「倭人」と書いているのは間違いでないし「日本人」と書くと逆に歴史学者あたりに「間違ってね?」と指摘されるレベル。

そもそも蔑称に近い「蝦夷」を普通に使えて「倭人」が使えないのもおかしな話。

285284:2011/04/20(水) 16:40:43 ID:9oxk.tVM0
「倭」で思い出したというか靴屋さんをふらっと回ってたらこんなブランドのシューズがあった。

倭ism | オリエンタルシューズ
http://www.oriental-shoes.co.jp/brand/10.html

奈良・大和郡山に本社を持つオリエンタルシューズ(株)が素材から生産まで一貫して日本製にこだわった製品ですな。

「倭(人・国)」を蔑称だと「思いこまされてる」のは自国の古い書物を読むために日本の書物を読まなければいけない国とかそもそも漢字すら忘れそうな状況だった国のバカ共(実際にはまともな方の方が遥かに多いでしょうが)とそれに追随するおバカさんのせいでした、本当にあ(ry

286よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/20(水) 18:57:30 ID:Esd7UjYo0
2011年4月20日
お野菜 工場生産 大阪府大に研究センター
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/20/20110420-051976.php

 大阪府立大の中百舌鳥キャンパス(堺市中区)で20日、室内で光や温度を自動制御し、野菜や果物を人工栽培する技術を研究する「植物工場研究センター」が開設され、内部が関係者に公開された。

 センターは2棟構成で延べ床面積は約2千平方メートル。太陽光を利用しない完全人工光型の研究施設としては国内最大規模となる。

 8つの実験室からなる研究開発棟では、栽培コストの削減を目指した照明や空調、衛生管理などの技術を研究。別の棟では研究の実証実験の場として、レタス、ハーブ、葉物野菜のアイスプラント、緑化用のコケの4種を栽培する。

 センターでの研究には共同研究企業として、食品メーカーや機械メーカーなど約100社が参加している。副センター長の村瀬治比古・府立大工学研究科教授は「ビジネスに直結する技術の研究の場になる。産学の連携で植物の工場生産を産業として飛躍させたい」と話した。

287よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/20(水) 19:10:42 ID:Esd7UjYo0
■大阪府立大学 敷地内に“野菜工場”
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110420114600449684.shtml

大阪府立大学は、太陽光に頼らず屋内の照明器具を使って野菜を育てる国内最大の栽培施設を開設しました。

 20日、大阪府立大学に開設されたのは照明器具を使って野菜を育てる国内最大規模の屋内栽培施設で、レタスやハーブなど4品目が栽培されています。

 この栽培方法は、植物の生育が早く環境を選ばず安全に育てられることから注目されていますが、露地栽培に比べコストがかかることが課題となっています。

 そのため、ここではより効率的に栽培できるよう品種の選定や生育温度照明の研究が行われます。

 「採算ペースにのっていないのがひとつの大きな課題でして、なんとかそれを30パーセントの縮減にしたい」(植物工場研究センター 安保正一研究長)

 大学内にあるサンドウィッチ店では、栽培された野菜をたべることもできます。
(04/20 12:22)

288よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/20(水) 22:23:11 ID:Esd7UjYo0
梅田で武田双雲さん10周年記念展−書作品集「絆」の原書を初公開
http://umeda.keizai.biz/headline/1032/

大丸梅田店15階にリニューアルオープンした「大丸ミュージアムUMEDA」(大阪市北区梅田3、TEL 06-6343-1231)で4月19日、書道家武田双雲 10周年記念展「絆」が始まった。

 武田さんは1975年熊本生まれ。3歳のころより、母である書家・武田双葉さんに書をたたき込まれた。東京理科大学理工学部卒業後は民間企業に就職し営業職を経験。2001年に書道家として独立し、書道教室を始めた。その後はNHK大河ドラマ「天地人」などテレビ番組や映画の題字、企業広告や商品のロゴ、さまざまなアーティストとのコラボレーションなど、多岐にわたり活躍する。
 
 大丸梅田店グランドオープン記念となる同展は、武田さんが昨年12月にリリースした4年ぶりとなる書作品集「絆」の原書作品46点を初公開するほか、代表作を展示。作品や関連書籍の販売も行う。

 19日には、会場内でのギャラリートークや1階南ゲート広場でトークと書道パフォーマンスを行った武田さん。「母親からはちゃんとした書道を教えられていたが、僕が変な字を書き始めたのは小1の時。隣の子が変な字を書いていて、何だこれはと思ったのがきっかけ」「かすれたり割れたりしたときに、どう崩すかを考えるのが書道家」「左利きでも大丈夫ですかとよく質問を受けるが、両方で書けるとモテると答えている」など、書道にまつわる話から男女の法則まで、幅広い話題で会場を楽しませた。

 個展タイトルの「絆」については、「昔は好きな言葉じゃなかった」というが、「どこか欠点がある『半』が好き。それが優しさや思いやり、愛などの糸でつながったときにすごい力になる。絆がいかにすごいか、絆で生きてきたと感じた」と話す。書道パフォーマンスでは東日本大震災に触れ、「どうやって大きなピンチを大チャンスに変えるかというときに、政治家や東電に文句や怒りをぶちまけないでほしい。それぞれができることをやればいいと思う」とし、その後黙とう。力強く「絆」と書いた。

 入場時間は10時〜19時30分(最終日は17時30分まで)。入場料は、一般=600円、大高生=400円、中学生以下無料。5月1日まで。

289よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/21(木) 22:59:56 ID:SAl9naS60
天満橋で「写真新世紀」展−グランプリ作品「だっぴがら」など展示
http://kyobashi.keizai.biz/headline/908/

 新人写真家の発掘・教育・支援を目的とする「写真新世紀」の2010年優秀賞作品を展示する「写真新世紀 大阪展2010」が現在、「ARTCOURT Gallery(アートコートギャラリー)」(大阪市北区天満橋1)で開催されている。主催はキヤノン。

 同展は、1991年に始まった公募展で、今回で33回目。過去にはオノデラユキさんや大森克己さん、佐内正史さん、蜷川実花さんなど、現在第一線で活躍する写真家を多数輩出し、若手写真家の登竜門としても知られる。審査員は大森克己さん、佐内正史さん、蜷川実花さんらをはじめ、写真評論家の清水穣さん、美術評論家、椹木(さわらぎ)野衣さんなど。

 会場では、グランプリ受賞者・佐藤華連さんの作品「だっぴがら」、優秀賞を受賞した齋藤陽道さんの「同類」と谷口育美さんの「BEAT」など受賞者4人の作品と、昨年のグランプリ受賞者・クロダミサトさんの個展作品「家族の風景」などを展示している。

 4月9日に開かれたトークショーでは、受賞者らがそれぞれ作品への思いを語った。「人と合わせることを考えて生きてきた」と語るのはグランプリの佐藤さん。自身が写っていない作品「だっぴがら」に「これは私自身のセルフポート」と話す。障害者プロレス団体「ドッグレッグス」の人たちなどを被写体にした「同類」で優秀賞を受賞した齋藤さんは「健常者と障害者をもっと広く、ひっくるめたような作品を作りたかった」と話した。

 開館時間は10時〜19時。入場無料。今月27日まで。

290よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/21(木) 23:02:23 ID:SAl9naS60
南堀江などで書体「秀英体」生誕100周年記念展−特別講演会も
http://namba.keizai.biz/headline/1808/

 大日本印刷(東京新宿区)が運営するグラフィックギャラリー「dddギャラリー」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6110-4635)で現在、同社のオリジナル書体「秀英体」の生誕100周年を記念した企画展「秀英体100」が行われている。監修は日本デザインセンター・最高顧問を務めるグラフィックデザイナーの永井一正さん。

 秀英体は、明治初期から自社で活字の開発に取り組んでいた秀英舎(大日本印刷の前身)が1912(明治45)年に完成させたオリジナル書体。豊富なバリエーションを誇る秀英体の中でも特に明朝体は高く評価され、先行していた築地体と並んで「明朝活字の二大潮流」と称されるまでに。2007年には、「秀英体の次の100年」を見据えたリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」を開始し、最新の印刷・表示技術に最適な書体の開発を進めている。

 書籍や広告、ポスター、開発資料などを通して、活版印刷からデジタル活用まで、時代とともに大きく変化を遂げてきた秀英体の100年の歴史をひもとく同展。今年1月に「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」(東京都中央区)で行われた同展の大阪巡回展となる今回は、DTP用フォントなどの販売を手がけるメーカー「モリサワ」(浪速区)の本社ビル1階のエントランスと「dddギャラリー」の2会場で開催する。

 会場には、貴重な資料に加え、秀英体の魅力を伝えようと25組のグラフィックデザイナーが「四季」をテーマに制作した新作ポスターが並ぶ。そのほか、モリサワ本社ビルでは秀英体をかたどったベンチや秀英体を使ったインタラクティブコンテンツ「写心機ver.2」、dddギャラリーでは活版印刷に使用される膨大な秀英体の活字を並べた「活字棚」も展示する。

 dddギャラリー=11時〜19時(土曜は18時まで)、日曜・月曜・祝日定休。モリサワ本社ビル=10時〜17時、土曜・日曜・祝日定休。入場無料。5月11日まで。

 22日には、モリサワ本社ビル4階で出展作家の一人・杉浦康平さんが講演を行う。当日は「文字と書物」に関するコレクションが並ぶショールームの見学も可能。開催時間は18時〜20時。参加無料。事前にdddギャラリーまで電話予約が必要。

291よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/22(金) 05:45:17 ID:SAl9naS60
脳死心臓移植の男性 歩けるほど回復
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0368088

 国内で初めて行われた15歳未満の脳死移植から約一週間。
大阪大学病院で心臓移植を受けた男性は、歩くことができるほど回復し、経過は順調だということです。
重い心臓病を患った10代後半の男性は、脳死と判定された10代前半の少年から心臓の提供を受け、今月13日、大阪大学病院で移植手術が行われました。
阪大病院によりますと、男性のその後の経過は順調で、点滴をつけながら歩くことができるほど回復しているということです。
また、ベッドの上では本を読んだり、テレビを見たりして過ごし、一日3食、通常の食事を摂っているということです。
男性には、免疫抑制剤や抗ウイルス剤の副作用と思われる腎機能障害がみられ、一時的に透析を行っていますが、予定通り1、2か月ほどで退院できる見通しです。
男性は「早く移植を受けられ感謝している」と話しているということです。

292よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/22(金) 05:58:50 ID:SAl9naS60
燃料電池に人工光合成応用
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110422-OYT8T00081.htm

 大阪市立大は21日、植物が行う光合成を模した「人工光合成」技術による燃料電池の研究開発プロジェクトを始める、と発表した。人工光合成は、光をエネルギー源に二酸化炭素を有機物に変換する次世代エネルギー技術で、化石燃料の代替エネルギーとして注目を集める。市大は民間企業とも連携し、2015年に燃料電池のモデル装置を完成させ、20年には製造技術を確立したいとしている。

 プロジェクトは、市大複合先端研究機構の神谷信夫教授らのグループが、水を分解して酸素と水素を発生させる光合成の仕組みを解明した成果をもとに進められる。同じ化学構造の触媒を開発できれば、太陽光と水から燃料電池で使う水素を取り出すことが可能だ。別の触媒で二酸化炭素と反応させ、現在、天然ガスから製造しているメタノールを合成するのが目標だ。

 プロジェクトチームは30人規模で、今後、国の補助も得て市大に国内初の人工光合成の研究センターを整備する予定で、エネルギー関連企業などと提携交渉も始めている。ただ、光合成に必要な構造を分子レベルで模倣する触媒の開発は容易ではなく、大量生産が可能な技術の確立までには課題が多く、商業化は30年頃になるという。

 人工光合成が実用化すれば、空気中の二酸化炭素からメタノールが作れ、ガソリンに代わる燃料や家庭の自家発電機の燃料に使用できる。メタノールが燃焼してできる二酸化炭素を原料に再利用することで、二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーの循環システムも構築できるという。

(2011年4月22日 読売新聞)

293よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 03:19:05 ID:28R1o7no0
今年も来ました。


大阪城で「星空コンサート」−芝生の上でオーケストラ鑑賞
http://kyobashi.keizai.biz/headline/909/

 大阪城・西の丸庭園(大阪市中央区大阪城1)で4月23日、野外音楽イベント「星空コンサート」が開催される。

 「音楽で大阪の街を元気に」と2006年から始まった「星空コンサート」は、今年で6回目を迎える。大阪城西の丸庭園に特設ステージを設置した一日限りの野外コンサートは、芝生のフリースペースで気軽にオーケストラを楽しめるということから家族で訪れる人も多く、昨年は約8,000人を動員した。

 演奏は大阪フィルハーモニー交響楽団で、同楽団の音楽監督・大植英次さんが指揮を務める。曲目はコープランド「リンカーンの肖像」、J.コリーの「思い出のサンフランシスコ」など。

 同コンサートでは毎年関西の優秀な小・中学生の演奏者を招き共演を行う。今年は中学2年生のバイオリニスト・林周雅(しゅうが)さんが登場し、ブラームス「バイオリン協奏曲・第3楽章」を独奏。ラストは大阪府淀川工科高校・近畿大学・箕面自由学園高校・明浄学院高校各校の吹奏楽部が参加し、チャイコフスキーの序曲「1812年」を演奏する。

 当日は、来場者に西の丸庭園でゆったりと過ごしてもらうため10時に開場。13時からは大阪市立城陽中学校吹奏楽部が小長谷宗一の「グランドマーチ」などを演奏するプレコンサートも予定している。

 開場10時、開演18時。入場料は1,000円(65歳以上は500円)。飲食自由。雨天時は翌日に順延。

294よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 07:48:25 ID:28R1o7no0
2011年4月22日
切手彩る6000の花々 咲くやこの花館で特別展鶴見
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/22/20110422-052059.php

 花や植物が色彩豊かに表現された世界の切手を集めた特別展「『花の切手』と描かれている植物たち」が、大阪市鶴見区の咲くやこの花館で開かれている。219の国と地域の花や植物の切手約6千枚を展示し、切手に描かれているランやバラなど同館で栽培している植物も合わせて見ることができる。5月8日まで。

 アジア、ヨーロッパなど地域ごとに紹介している。インドネシアのラフレシアやブータンの青いケシなど国の代表的な植物を描いたものや、中国のボタンやウメなど原産地を示す切手も。熱帯の国の切手にはフルーツも多く登場するなど、地域の特色も楽しめる。

 植物が立体的に見える珍しい切手や、平成2年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」の各国の記念切手などもマニアの注目を集めている。

 鶴見区の主婦、田保てるよさん(70)は「こんなに多くの花が切手になっているとは思っていなかった。趣味で花の絵を描いているので参考になります」と展示に見入っていた。

 5月1日は午前11時と午後2時の2回、久山敦館長が花の切手と植物を解説する1時間の「特別便 花切手ツアー」も行われる。

 入館料は高校生以上500円。午前10時〜午後5時(25日休館)。問い合わせは咲くやこの花館(電話06・6912・0055)。

295よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 07:51:55 ID:28R1o7no0
墨の濃淡で風景画 南画院展あすまで
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110423-OYT8T00078.htm

大阪市立美術館
 第51回日本南画院展(読売新聞社など後援)が大阪市天王寺区の市立美術館で開かれている。墨の濃淡を生かして巧みに表現した風景画など約450点を展示する。高校生以上700円、中学生以下は無料。24日まで。

 主な入賞者は次のみなさん。

 ▽文部科学大臣賞 綾佳子(寝屋川市)▽日本南画院賞 高垣抱月(奈良県香芝市)▽作家賞 長野利法(貝塚市)瀬良冲訓(神戸市)▽大阪府知事賞 増見美舟(兵庫県尼崎市)▽読売新聞大阪本社賞 柏原一彦(京都府宇治市)多賀恵子(高槻市)▽読売テレビ賞 沖玲子(交野市)井上惠美子(兵庫県宝塚市)

(2011年4月23日 読売新聞)

296よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 10:54:07 ID:qMbjoQpM0
光合成:中心分子を解明 メタノール生産に道−−大阪市大
http://mainichi.jp/kansai/news/20110422ddn012040061000c.html

 植物が光エネルギーで酸素を発生させる光合成で中心的な機能を果たす分子の詳細な構造を、大阪市立大学の神谷信夫教授らが解明した。この構造を持つ物質を触媒に使った装置を作れば、空気中の二酸化炭素からメタノールなどが生産でき市立大は「石油や原子力に代わるクリーンエネルギーを生み出せる可能性がある」としている。市立大が21日、民間企業と連携して研究開発を始めると発表した。

 光合成は、太陽光を受けた植物が二酸化炭素と水を分解し、炭水化物と酸素を生み出す反応。神谷教授らは、大型放射光施設「SPring−8」(兵庫県)で、植物内で反応の中心を担っている部分を解析。マンガンや酸素などの原子がねじれた椅子のような形に結合した複雑な構造を突き止めた。

 これと同じ構造の触媒の開発を進めて人工光合成装置を作れば、水素と二酸化炭素を反応させてメタノールが生成できる。このメタノールを発電の燃料とし、排出される二酸化炭素を再び利用すれば、循環型のクリーンエネルギーを生む道が開けるという。市立大は2020年までに製造技術の確立を目指している。【平川哲也】

297名無しさん:2011/04/23(土) 13:21:29 ID:aevTVIAU0
また"たこ焼き" "キムチ"か。 流行ってもないし、捏造記事で国民から
金とんなよ、クソ産経


【大阪】「大阪名物いうたらやっぱりたこ焼や。ラムネになてもええやんか」…たこ焼風やキムチ風、“進化”し続けるラムネの魅力に迫る

大人から子供までになじみ深い炭酸飲料のラムネが“進化”し続けている。たこ焼風やキムチ風といった変わり種ラムネが続々
誕生、大阪名物の土産物店などで人気を呼んでいるのだ。懐かしくもあり、新しくもあるラムネの魅力に迫った。

 「ナニ、コレ?」「なんか、おもしろそう」

 なにわの名物品を集めた大阪・道頓堀の土産物店。ドリンクコーナーの前で10代とおぼしき女の子2人が興味深そうに変わり種
ラムネを手にしていた。

 棚に並んでいたのはたこ焼風やキムチ風、カレー風、ラー油風ラムネなどで、いずれも大阪の地域限定品。250ミリリットル入りの
120円で、ラムネ瓶の形をしたペットボトルに入っている。もちろん、ビー玉付きだ。

 この2人はあれこれ迷った末、結局買わなかったが、ラムネの棚には次から次に客が訪れ、品定めをしていた。

 店員によると、変わり種ラムネはブログで広まったり、情報番組で取り上げられたりしたので、最近は地方の人にも知られてきたと
いう。主な購入層は若い女性や外国人、修学旅行生ら。一番よく売れているのは、独特のソースの香りがするたこ焼風だという。

ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/life/news/110423/trd11042312010008-n1.htm
写真=たこ焼風にキムチ風、カレー風…。変わり種ラムネは大阪土産として人気だ
http://sankei.jp.msn.com/images/news/110423/trd11042312010008-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/110423/trd11042312010008-p10.jpg
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1303530777/

298よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 13:53:05 ID:qMbjoQpM0
力強く色鮮やか 自作の菩薩絵など奉納
2011年4月23日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110423/20110423039.html

 大阪市平野区喜連3丁目のデザイナー、谷守さんが21日、平野区平野上町1丁目の大念仏寺に自作の菩薩(ぼさつ)絵など2点の絵を奉納した。約30人が出席して式典が行われ、色鮮やかな絵の前で僧侶が読経を響かせた。

 融通念仏宗の総本山の大念仏寺では毎年5月、阿弥陀(あみだ)如来に随伴する25菩薩が練り歩く「万歩おねり」という法要を行っている。谷さんは8年前から菩薩絵を制作。これまでに7点の作品を奉納している。

 今回は無辺身菩薩と17世紀の僧、大通上人の肖像の2点を1年がかりで制作。金色に輝く菩薩と穏やかな顔の上人の姿を力強いタッチで描いている。式典では、壇上の2作品の前で参列者が焼香し、仏前にささげた。

 谷さんは「目標は25の菩薩全てを描くこと。まだ8作品しかできておらず、これからが本番と考えている。日夜、精進を重ね、全身全霊を込めて制作に努めていきたい」と意欲満々の様子だった。

299よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/23(土) 20:04:28 ID:qMbjoQpM0
2011年4月23日
なにわ芸術祭 新人賞決まる
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/23/20110423-052098.php

 第48回なにわ芸術祭のクラシック音楽の新人コンクール「新進音楽家競演会」(産経新聞社など主催、大阪製紙、近鉄タクシー協賛)が21、22の両日、大阪・サンケイホールブリーゼで行われた。ピアノ・管弦打楽器の部に16人、声楽の部に10人が出演し、音楽評論家ら5人による審査で、新人賞と新人奨励賞の受賞者が次の通り決まった。

 【新人賞】ピアノ・管弦打楽器の部=ピアノ、田中奈都江(25)=兵庫県川西市、大阪音楽大学大学院在学▽声楽の部=福井雅志(27)=大阪府富田林市、大阪芸術大学大学院在学

 【新人奨励賞】ピアノ・管弦打楽器の部=マリンバ、小松加奈(22)=神戸市、大阪音楽大学卒業▽声楽の部=大西奈々(25)=神戸市、京都市立芸術大学大学院修了

300名無しさん:2011/04/24(日) 08:38:09 ID:9Jg3sWPk0
子の臓器提供 「瞳はチャームポイント」角膜残した母
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412.html
 13日に実施された国内初の15歳未満の子どもの脳死後の臓器提供。家族はどうかかわったのか。関東甲信越地方の自治体の移植コーディネーターが朝日新聞の取材に応じ、家族全員で提供を決めた経緯などを初めて明らかにした。

 事故で脳死状態となった10代前半の少年の両親は8日、主治医から「臓器提供」の選択肢があると聞いた。少年は事故前、移植を話題にしたことはなかった。両親や少年のきょうだいら家族12人が集まった。

 両親は、判断のために移植の基本を知りたいと言い、病院から連絡を受けたコーディネーターが駆けつけた。両親は、臓器提供後に少年の体にどんな傷が残るのかなどと尋ねた。

 両親にはこのまま火葬したくないという思いが強くあった。祖父は「あの子は世の中の役に立つ大きな仕事がしたいと言っていた」と発言。最終的に、みんなで臓器提供を決めた。

 ただ角膜だけは母親が「瞳はあの子のチャームポイントだから」と残すことを希望し提供しなかった。

 8日夜の家族会議の前には元気がなく、暗い表情だった両親は、9日朝には落ち着いた表情になっていたという。

 両親は、時間が許す限り、集中治療室(ICU)の個室にいた少年に付き添った。2回の脳死判定の際も、そばにいた。

 改正臓器移植法では、虐待があった場合、臓器提供はできない。コーディネーターによると、病院の虐待防止委員会は事前に作成していた、不自然な傷や骨折がないか、受傷時に目撃者がいたかなどのチェックリストに加え、厚生労働省研究班のリストも使って虐待の有無を調べた。児童相談所にも問い合わせ、「虐待はない」と判断した。

 家族は、最初に摘出される心臓の手術が終わる直前に、手術室前の廊下のいすに座った。大阪大学付属病院の医師が手術室から出てきた。頭を下げ、「しっかりと預からせて頂きました」と言った。

http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412_01.html
 心臓が入ったクーラーボックスを見て、家族はお互いに確認するよう顔を見合わせた。「(手術の)成功を祈っています」と書かれた金色と銀色の2羽の折り鶴がついていた。少年の臓器を受け取る患者5人の手術が順調にいくように、と願う家族が全員で折り、メッセージを書き入れた上で、コーディネーターに託したものだった。

 ICUの個室で、家族は、すべての臓器の摘出が終わった少年を迎えた。少年のベッドの高さを一番下まで下げ、少年を囲むように床の上に座った。少年の体に触れてお別れをした。

 「あいつは最後にすごいことをやってくれた。えれえやつだ」。祖父はそう言いながら、部屋にいた主治医や看護師ら医療従事者全員と握手をして回った。家族も主治医たちもみんな泣いていた。主治医は深く、長く、お辞儀をした。

301よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/24(日) 09:03:31 ID:9Jg3sWPk0
古代史講座 存続ピンチ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110424-OYT8T00071.htm

 大阪市内で古代史の第一線の研究者による講座を開き、約40年の歴史を誇る市民団体「古代史ゼミナール史学舎」が、会員の減少や高齢化に悩んでいる。国内のほか中国の遺跡を巡るツアーを企画するなど多彩な活動を続けてきたが、会場費などを賄ってきた会員の受講料も減り、事務局は「このままでは消滅してしまう。若い人にもぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。(原田和幸)

 事務局によると、1973年頃、歴史に興味を持つ有志が集まって発足。大阪市内の公共施設などを借り、直木孝次郎・大阪市立大名誉教授、坂元義種・京都府立大名誉教授ら4人が、それぞれ月1回約3時間の講座を受け持った。

 テーマは、奈良時代の政治史や正倉院文書など多彩で、一つのテーマを終えるのに7〜10年かかることもあり、充実した長期の歴史講座として知られた。

 中国旅行では、陝西省の西安や河南省の洛陽など各地を訪れ、専門家でもあまり見たことがない遺跡を巡った。北朝鮮にも2回訪れ、古代の朝鮮半島にあった高句麗の古墳壁画などを見学した。

 しかし、15年程前のピーク時には70〜80人だった受講者が、近年は約半数に減少。60〜70歳代が中心で顔ぶれもほとんど変わらず、旅行も2007年を最後に行われていない。

 現在の講座は、大阪市中央区のエル・おおさかなどを借り、栄原永遠男・大阪市立大名誉教授が日本古代史、愛宕元・京都大名誉教授が中国史を担当。栄原名誉教授は「メモを取ったり、鋭い質問を投げかけてきたり、皆さん熱心に勉強している。長い歴史を持つ市民講座なので、なんとか存続させたい」と話す。

 入会金は不要で、講座出席時に毎回3000円を支払う。問い合わせは代表の戸田育男さん(078・811・3408)。

(2011年4月24日 読売新聞)

302よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/24(日) 09:12:40 ID:9Jg3sWPk0
南堀江で気鋭アーティストが個展−「体操服姿の少年」モチーフに
http://namba.keizai.biz/headline/1813/

 体操服姿の少年をモチーフにした立体作品で注目を集める大阪在住のアーティスト・大江慶之さんの個展「プレイ」が現在、南堀江の現代美術ギャラリー「TEZUKAYAMA GALLERY(テヅカヤマ・ギャラリー)」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6534-3993)で行われている。

 1980(昭和55)年大阪生まれの大江さんは、2003年に成安造形短期大学造形芸術専攻科を卒業。もともとデザインや絵画など平面作品を手がけていた大江さんだが、「自画像ばかりを描いていた」という作風に行き詰まりを感じ、「フレッシュな気持ちを取り戻すため」にたまたま始めたのが立体作品だったという。

 「知識のないままいきなり始めた」というものの、FRP(繊維強化プラスチック)を使った少年、本物と同じ素材を使った体操服や帽子、靴などの小物はすべて手作業で制作している。「当初はリハビリのような感じだったので、『これからは立体』と思って始めたわけではなかった。それが今では4年近くになる。今後はバランスを取りながら、立体と平面の両方を手がけていきたい」と話す。

 同展では、制作に1年を費やしたという新作4点を含む立体作品7点・平面作品4点の計11点を展示。飛び縄を使って「電車ごっこ」をする4人の少年の頭を大量のガーベラで覆った「train」。少年の頭に骸骨を被せた「mask」。「カーブミラー」の頭を持つ「ミラー少年」。1匹のヤモリとそのしっぽを切り取った少年の手をかたどった「持ち主」など、「今回はあえて顔をふさいだ」という大江さんの言葉通り「顔のない」少年たちが並ぶ。

 1年間、大江さんと話し合いながら準備を進めてきた同ギャラリー・オーナーの松尾良一さんは、「無垢な瞳で見つめる少年の評判がとても良かったので、大江さんから『顔のない作品で個展をしたい』と相談を受けたときは少し驚いた」と振り返る。「作品を気に入ってくれるのは本当に嬉しい。でも、作品は自分の生んだ子供のようなもの。結果的に期待を裏切ることになってしまったとしても、いつも自分の頭の中にあるものを形にしていきたい」と話す大江さん。

 会場に入ると目に飛び込んでくる骸骨や花、飛び縄、しっぽのちぎれたヤモリ…。大江さんが生み出す無表情の少年たちは、そうした装飾を施して始めて完成する。「人が生きている姿をありのまま表現すること。それが作品づくりの大きなテーマ。そこに表情を加えると、物語の一部のようになってしまったり、ノスタルジックさが加わってしまう。それを避けたいので、表現したいことや自分の思いはオプション(付属品)に託している」と大江さん。例えば、花は「生命力を表すもの」、死を彷彿させる骸骨は「生きている限りみんなが持ち合わせているもの」、体操服は「日本人を象徴的に例えたもの」として少年に添えられている。「作品が鏡となって、自分との対話を生むきっかけになってくれれば」とも。

 開催時間は11時〜19時。日曜・月曜・祝日定休。入場無料。4月30日まで。

303よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/24(日) 11:26:12 ID:9Jg3sWPk0
協定結び連携事業 大音大、短期大学部と桜塚高
2011年4月24日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110424/20110424018.html

 大阪音楽大、同大短期大学部(豊中市庄内幸町1丁目、中村孝義学長)と府立桜塚高校(同市中桜塚4丁目、小山正辰校長)が、「高大連携事業に関する協定」を結んだ。桜塚高校で学生たちがミニコンサートを開いたり、クラブ活動の指導をしたりして相互に交流を深め、教育内容の充実を図る方針だ。

 昨年4月、桜塚高に赴任した小山校長の「子どもたちが独自性と感受性を養える教育を推し進めたい」との考えに、PTA役員を務める上田一郎さん(54)が賛同。上田さんは音楽大の後援会長も務めており7月、大学側に連携事業を提案。話し合いが進み、協定を結ぶことになった。

 協定には、高大連携事業の内容として、大学の教員による高校への出張授業▽大学祭、学園祭、課外活動などにおける交流活動▽学生による高校でのコンサート企画−などを盛り込んでいる。教員や学生、生徒、保護者同士の交流も予定している。

 このほど同大学で関係者が出席して調印式が行われ、中村学長と小山校長が協定書に署名した。橋渡し役を務めた上田さんは「これからさまざまな方法で連携を図り、教育・文化都市の豊中にふさわしい教育を進めてほしい」と期待を込めた。

 中村学長は「豊中市と協力し、市立小・中学校などで学生が生徒に音楽を教えるサウンドスクールを行っている。こういった輪の中に入っていただいて、新たな事業を展開していけたら」、小山校長は「同じ豊中市にある大学・高校が連携し、豊中の子どもたちの豊かな情操を育んでいきたい」と話していた。

304よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/25(月) 22:17:33 ID:VdFLw80k0
「大阪市の絵本」発表会 平松市長が朗読披露
2011年4月25日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110425/20110425026.html

市民の投票で「大阪市の絵本」を選ぶ「One Book One OSAKA」(大阪市教育委員会主催)の発表会が23日、西区北堀江4丁目の市立中央図書館で開かれ、『ぐりとぐら』(中川李枝子/作、大村百合子/絵)が今年の1冊に選ばれた。

 同事業は、米国シカゴ市の事業を参考に、読書への関心、意欲を高めようと昨年スタート。子ども委員も含めた市民ボランティアによる運営委員会で投票を呼び掛け、今年は昨年を大きく上回る1万3012票の投票があり、約3千作が候補に挙がった。

 この日は、平松邦夫市長が元アナウンサーの技術を生かして「ぼくらのなまえはぐりとぐら−」と、同書を朗読。子ども委員らの朗読とピアノの伴奏による読み聞かせも行われ、父母らが子どもたちを膝の上に乗せて静かに聞かせていた。

 子ども運営委員長の谷川空君(13)は昨年1位だった『はらぺこあおむし』(エリック・カール作)が今年も1位だったことに触れ、「いろんな本を読んでもらいたいので、シリーズで1位だった『ぐりとぐら』を子ども委員会が提案して選ばれた。『はらぺこあおむし』は殿堂入り」と説明していた。

305よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/25(月) 22:57:03 ID:VdFLw80k0
あべのキューズモールにライブホールを備えた「ロックタウン」
http://abeno.keizai.biz/headline/48/

あべのキューズモール(阿倍野区阿倍野筋1)4階に4月26日、ライブホールを備えた複合施設「ROCKTOWN(ロックタウン)」がグランドオープンする。

 同施設は1階・2階のメゾネット式。76席のライブステージを併設したレストラン、レンタルレコーディングスタジオを備える。ライブホールはスタンディング形式で音響、照明にこだわる。

 4月26日〜5月8日はオープニングイベントを開催。Mr.オクチさん、ミゾンさんなどのパフォーマーによるマジック、ジャグリングや、ダンサーのショーが行われる。チャージは無料(飲食代別途要)。5月9日、16日、30日には1970年代の歌謡曲で踊る「歌謡dePOPディスコナイト」を開催。料金は、男性=2,500円、女性=2,000円(ドリンクまたはフード券2枚付き)。ライブスケジュールはホームページで確認できる。

 レストランでは11時〜15時、ランチメニューも用意。ライブホールと併せ結婚式の2次会需要にも応えていく。

 あべの付近は乗降客の多いターミナル駅でありながら、キタやミナミと比べライブホールが少なかった。

 営業時間は11時〜23時。

306よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/26(火) 06:20:40 ID:tl7GbMoU0
新人演奏会に府出身4人
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110426-OYT8T00049.htm

 「第81回新人演奏会」(読売新聞社主催)が5月3、4日、東京・上野の東京文化会館大ホールで開かれる。プロの楽壇へのデビューとなる舞台で、全国の音楽大学・短大などを今春、優秀な成績で卒業した若手音楽家が成果を披露、府出身者では4人が3日に出演する。

 新人演奏会は1930年創設。これまでに作曲家の團伊玖磨さんやバイオリニストの大谷康子さん、ソプラノ歌手の鮫島有美子さんら著名な音楽家が出演してきた。今年は全国35校の新卒生100人が演奏する。

 府出身者は、相愛大卒の柳響麗さん(23)(大阪市東成区)、大阪芸術大卒の勝田愛さん(22)(大阪市阿倍野区)、大阪音楽大卒の吉永麻衣さん(22)(堺市南区)、愛知県立芸術大卒の中川麻梨子さん(22)(泉佐野市出身)。

 秋にパリ留学を予定するバイオリン独奏の柳さんは「曲の持つ楽しさやなぐさめるようなメロディーなどを伝えられれば。出演を機に音楽の視野を広げたい」。トランペット独奏の勝田さんは「歴史ある演奏会に出演できてうれしい。中学1年から続ける楽器の演奏を精いっぱい頑張りたい」と意気込む。

 同級生が独奏するコントラバスにピアノで伴奏する吉永さんは「4年間ずっと一緒にやってきたパートナーとの演奏が評価されて光栄。緊張するけど楽しみたい」。ソプラノ独唱でモーツァルトのオペラ曲などを歌う中川さんは「この演奏会を新たな出発点にして、大学院進学、そして外国留学と目標に向かって進んでいきたい」と語る。

 開演は3日午前11時と午後5時、4日午前11時。入場料1000円(全席自由)。問い合わせは読売新聞東京本社文化事業部(03・3561・6346)。

(2011年4月26日 読売新聞)

307よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/27(水) 03:13:38 ID:9voTZc1M0
情報プラザ:四天王寺・春の大古本市 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110426ddlk27040423000c.html

 28日(木)〜5月3日(火・祝)10〜17時(最終日16時まで)、大阪市天王寺区の四天王寺境内。関西古書研究会など主催。東日本大震災の救援活動として、「全額義援金チャリティー販売コーナー」を設ける。


情報プラザ:舞洲陶芸館1日体験教室 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110426ddlk27040424000c.html

  月曜を除く毎日開催、此花区北港緑地2(JR桜島駅から舞洲アクティブバス)。陶芸手びねり体験教室=大阪湾の海底粘土を使用したやきもの「難波津焼」を手びねりの手法で。材料費2500円▽陶芸絵付け体験教室=海底粘土を使った素焼きに絵付け。材料費1000〜2000円。いずれの体験教室も火−金曜と日曜10時半と14時、土曜10時半と16時半開催(各1時間半)。作品の焼き上げには1カ月半〜2カ月。事前の申し込みが必要。同陶芸館(06・6463・7282)。

308よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/27(水) 03:42:02 ID:9voTZc1M0
斬新ファッション 若手デザイナーショー
2011年4月26日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110426/20110426027.html

 インディーズの若手ファッションデザイナーによるショー「Future Wind FashionShow 2011」が24日、港区海岸通2丁目の海岸通ギャラリー・CASOで開かれた。斬新なファッションに身を包んだモデルたちが来場者の目をくぎ付けにした。会場では東日本大震災の被災者支援の募金も行われ、寄せられた募金は大阪日日新聞に寄託された。

 「マロニエファッションデザイン専門学校」(北区)の講師で中央区南船場にデザイン工房「オスカーデザインオフィス」を構える若杉豊さん(64)が、若手デザイナーに発表の場を与え、プロへのステップにしてもらおうと企画。9回目を迎え、15アーティストが出品した。

 ショーでは、カジュアルからロリータファッションまで個性豊かな作品が並んだ。終了後は即売・受注会が行われ、多くの人でにぎわった。若杉さんは「年々、規模が大きくなっていきている。今後もプロデザイナーになる手助けができれば」と話していた。

309よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/28(木) 22:02:59 ID:6HHEJf0.0
「どっぷり、昭和町。」−登録文化財の長屋を中心に7会場で開催
http://abeno.keizai.biz/headline/49/

 登録有形文化財「寺西家阿倍野長屋」(阿倍野区阪南町1)を中心とした7会場で4月29日、6回目となるイベント「どっぷり、昭和町。」が開催される。

 「昭和町で昭和の日に昭和建築の文化財で昭和の文化を味わう」がコンセプトの同イベント。で毎年4月29日(昭和の日)に開催されている。

 出演者と内容は、音楽家・小西康陽さんのDJ、朝日放送アナウンサー・三代澤康司さん、桂文太さん、桂ちょうばさん、中学1年生のりんりん亭りん吉さんの落語、フードコラムニスト・門上武司さんの講演、シャンソン歌手・奥田真祐美さんのライブ、プロレスリング紫焔の昭和プロレス、明浄学院吹奏楽部の演奏など。

 そのほか、昭和の遊び広場(紙芝居、似顔絵、あめ細工など)、昭和の阿倍野写真展、なにわ伝統野菜の展示、ワークショップなども予定。

 寺西家阿倍野長屋は地下鉄御堂筋線「昭和町」駅近く、長屋で初めて登録有形文化財に指定された建物で、4つの飲食店が営業。毎月第4土曜日には落語会を開いている。

 同イベントは実行委員長の岸本勝好さんが企画。当初は大阪府知事、大阪市長に支援を求めようと直談判しに行ったが、会うことができなったという。今では大阪府、大阪市、大阪教育委員会などが後援している。「全国に99カ所あるといわれている昭和町と同時開催するのが目標」と岸本さん。

 タイムスケジュールなどはホームページで確認できる。

310よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/29(金) 20:53:33 ID:Cb69/MGU0
古書ファン至福 四天王寺で大古本祭り
2011年4月29日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110429/20110429024.html

 大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺で28日、恒例の「第9回春の大古本祭り」(同寺、関西古書研究会主催)が始まった。境内に約30万冊の古書が並び、多くの来場者が“お宝本”を熱心に探していた。5月3日まで。

 近畿を中心に31軒の古書店が参加し、小説をはじめ、美術書や歴史書、週刊誌などの多彩なジャンルの本を販売。価格は100円から10万円を超える高価な本までそろった。

 今回は、東日本大震災の被災地へ義援金を送ろうと、チャリティーコーナーを設置。値段が付いてない本を並べ、気に入った本に来場者が値段を付けて義援金として支払うという仕組みだ。

 同研究会の星野信昌会長(61)は「大きな支援を集める工夫の一つとして実験的にやってみた。今後も支援は続いていくものなので、少しでも多くの義援金を送りたい」と話し、協力を呼び掛けていた。

 開催時間は午前10時〜午後5時(最終日は同4時まで)。

311よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/29(金) 21:03:10 ID:Cb69/MGU0
“昭和の日”どっぷり昭和ムードを 大阪の「昭和町」
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

4月29日は「昭和の日」です。
懐かしい昭和の娯楽を集めたイベントが、大阪市で開かれました。
大阪市阿倍野区の「昭和町」で、昭和の日にちなんだイベントが開催されました。
大人も子どもも楽しめる昭和の娯楽でいっぱいの会場は、大勢の人で賑わいました。
こちらは昭和の子どもたちが大好きだった紙芝居、平成の子どもたちも食い入るように見つめます。
こちらはゴム銃づくり。
おじさんに作り方を教わって、でき上がったらさっそく射撃大会です。
買ってもらったおもちゃとどちらが楽しいか、子どもたちに聞いてみると、「こっちの方が楽しい。自分で作ったから」と答えていました。
このイベントには、ほかにも昭和らしいものがあります。
公園には「リング」が登場。
去年旗揚げしたばかりの大阪のプロレス団体「紫焔(しえん)」が、国民的ヒーロー・力道山を彷彿とさせる「昭和スタイル」の試合を再現、会場のお父さんたちを沸かせました。
イベントの実行委員長・岸本勝好さんは、「全国には、数えただけで99ヵ所の“昭和町”がある。福島県にもあるというのはひとつの繋がりなので、大阪の昭和町から福島の昭和町へ、何かを届けたい。“昭和町の日”として、同じように元気が届けられたらいい」と話していました。
いつの日か、全国の「昭和町」での同時開催を夢見るこのイベント。
今夜は遅くまで、落語やジャズ歌謡など大人の時間が続きます。

312よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/04/29(金) 21:12:05 ID:Cb69/MGU0
<大阪>「福島第一原発で起きていること」阪大でシンポ
http://webnews.asahi.co.jp/

(4/29 19:13)


関西でも関心が集まる福島第一原発の今後について、大阪大学が緊急のシンポジウムを開催し、実情を報告しました。

参加した人は、「今一番気になることだから」「ニュースでもわからないこと多いので」と話しました。緊急シンポジウム「震災のいまとこれから」では、関心が集まった事故を起こした、福島第一原発の今後について、「中の燃料は、1年後も大量の熱を出し続けるため、解決には、10年から数十年が必要だ」と報告。参加者からは、「東京電力まかせでいいのか」と質問が出されました。片岡勲・阪大教授は、「原子力安全委員会、もしくは政府が指示して、一番中身を知っている東電がやるのがいい」と話しました。大阪大学は、「言うべきことは言っていきたい」としています。

313名無しさん:2011/05/01(日) 01:23:42 ID:tZAYbpqs0
東電は一極集中賛同企業。
東電の利権を守るために政治家マスゴミが必死。

314よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 02:20:27 ID:KPBw2Ya60
2011年4月30日
「WAY OUT WEST」創刊2周年
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/30/20110430-052349.php

 関西ジャズ界の動きを伝える月刊フリーペーパー「WAY OUT WEST(ウェイ・アウト・ウエスト)」(略称・WOW)が今月、創刊2周年を迎えた。編集・発行をひとりで手がける藤岡宇央(たかお)さん(32)=大阪市西区=は今後について「とにかく続けていくことです」と抱負を語った。


ジャズへの扉 開ける力を

 平成21年4月に創刊された同誌は関西のジャズライブやイベント情報のほか国内外の有名奏者のインタビューなどで構成。京阪神を中心としたライブハウスやCD店などで配布されている。12ページ・7千部からスタートし現在は24ページ・1万部に成長。有料の定期購読サービスも行っており、読者は全国各地に広がっている。

 藤岡さんはデザイン事務所に勤務していた25歳のころにトランペット奏者のマイルス・デイビスなどを聴いてジャズに目覚め、16年にはジャズのポータルサイト「ジャズやねん関西」(http://www.jazzyanen.com/)を開設。18年末にジャズ専門のグラフィックデザイン事務所「JAZGRA」を立ち上げてCDのレーベルも運営している。

 そんな活動の集大成として生まれたのが同誌。藤岡さんは「ジャズにちなんだ映像や本などをテーマにした連載コラムも増やし、ジャズへの入り口を広げています。サイトだけで情報を発信していたときより読者との距離が縮まって紙の力を感じています」と話している。

315よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 02:33:30 ID:KPBw2Ya60
團菊祭五月大歌舞伎控え 先代の胸像披露
2011年4月30日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110430/20110430032.html

 大阪市中央区道頓堀の大阪松竹座で5月2日から始まる「團菊祭五月大歌舞伎」(26日まで)を控えた29日、市川團十郎さんと尾上菊五郎さんが先代の胸像と特大写真パネルのお披露目を劇場前で行った。東京の歌舞伎座で1936年から始まった「團菊祭」が昨年、同座新築工事のため初めて大阪で行われ今年はその2回目。両雄は「こちらに根付くようにがんばりたい」と抱負を語った。

 胸像は今日の歌舞伎隆盛の基礎をつくったといわれる九代目團十郎と五代目菊五郎で、彫塑家・朝倉文夫の作。一度東京の新橋演舞場に移されていたが5月公演のため再び道頓堀に帰って来た。当代團十郎さんが「関西のにぎやかさを東日本大震災でやや沈んでいる関東に持ち帰りたい」と言えば、当代菊五郎さんも「先代に見守ってもらっているのでいい芝居を」と誓った。

 公演は團十郎さんが「極付幡随院長兵衛」、菊五郎さんが「弁天娘女男白浪」など十八番の演目を披露。中村時蔵さん、尾上菊之助さん、市川左團次さん、上方歌舞伎の坂田藤十郎さんなど東西スター大勢が出演する。胸像と特大パネルは公演中同座ロビーに展示される。

316よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 02:35:16 ID:KPBw2Ya60
2011年4月30日
なにわ芸術祭 日本舞踊新人賞に地歌の山村さん
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/30/20110430-052333.php

 関西の春を彩る舞台芸術の祭典「第48回なにわ芸術祭」の日本舞踊部門の新人コンクール「新進舞踊家競演会」(産経新聞社など主催、大阪製紙、近鉄タクシー協賛)が29日、大阪・サンケイホールブリーゼで開かれ、各流派から推薦された5人が出演、艶やかな舞を披露した。舞踊評論家らによる審査の結果、新人賞と新人奨励賞が決まった。

 表彰式は7月22日に大阪市内のホテルで行われる。受賞者は次の通り。(敬称略)

 【新人賞】地歌「越後獅子」山村楽風女=本名・土屋浩子(42)、名古屋市北区、山村楽女門下

 【新人奨励賞】大和楽「四季の花」尾上菊見恵=本名・進智恵(37)、佐賀市、尾上菊見門下

317よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 02:36:00 ID:KPBw2Ya60
2011年4月30日
キッズプラザ大阪 入館者600万人達成
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/30/20110430-052334.php

 日本初の本格的な子供のための博物館として人気がある大阪・扇町の「キッズプラザ大阪」(大阪市北区)の来館者が600万人を突破した。

 記念の入場者は茨木市の吉川治さん、友起子さん、はなちゃん(5)、清十郎君(3)。篠崎由紀子館長から記念品と花束を贈呈された。

 「キッズプラザ大阪」は平成9年7月に開館した。入館者は11年4月に100万人達成、20年9月に500万人を達成した。

 入館料は大人1200円、小中学生600円、3歳以上300円。

318よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 02:52:55 ID:KPBw2Ya60
平松市長ら170人協力 鶴見緑地フラワーカーペット
2011年4月30日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110430/20110430029.html

 72万枚のチューリップの花びらを使った巨大花絵「鶴見緑地フラワーカーペット」(250平方メートル)が29日、大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地中央通りにお目見えした。ボランティア約170人の手により完成した巨大花絵に来場者たちも見入っていた。

 フラワーカーペットは昨年、「国際花と緑の博覧会」(1990年開催)から20周年を記念して制作され、今年で2回目。球根育成のために廃棄される赤・白・黄・桃・紫の5色のチューリップを富山県花卉球根農協から12万本仕入れ、ボランティアが花びらをちぎって使用した。

 50平方メートルを1面として5面を制作。デザイン画は地域から募集され、小学生と高校生の5点が選ばれた。また、同じくチューリップを使ったデコレーションボードには、東日本大震災の被災地を思い、「ガンバロウ日本」と復興支援メッセージが入れられた。

 午前9時から始まった作業には、途中で平松邦夫大阪市長も参加。子どもからお年寄りまでが協力し、正午過ぎに完成した。大阪市中央区から参加した橋本由香利さん(48)は「みなさんの力があってできたこと。次回も参加したい」と完成作に満足そうだった。

 フラワーカーペットは5月1日まで同所で公開される。

319よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 05:56:20 ID:KPBw2Ya60
「谷崎」を歩く ほれ込んだ芝居の街
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110430-OYT8T00894.htm
大阪・道頓堀

 地震後、しばらく消えていたグリコのネオンが川面を照らした。夕刻、若者や会社員らの一群が心斎橋筋から戎橋に流れ込む。大阪・道頓堀。1枚の挿絵を頼りに、谷崎潤一郎がほれ込んだ芝居の街を探しに訪れた。

 挿絵には、今も残る松竹座を背景に、和服やシルクハットの紳士、親子連れらが行き交う戎橋が描かれている。谷崎が1928年(昭和3年)に新聞連載を始めた小説「蓼喰(たでく)う虫」の冒頭、主人公の要と美佐子が文楽の観劇で道頓堀を歩く場面に添えられた。絵筆を執ったのは、大阪で生まれ育ち、活躍した洋画家・小出楢重(1887〜1931年)だ。

 当時、この界隈(かいわい)は、弁天座、朝日座、角座、中座、浪花座といった芝居小屋が並ぶ「道頓堀五座」と呼ばれ、文楽や歌舞伎、寄席を楽しむ客でにぎわった。関東大震災で関西に逃れた谷崎も、文楽に魅せられて劇場通いを始めた。そんな頃、千日前のダンスホールで楢重と出会う。交流が深まるなか、二つの才能は互いに影響を与え合った。

 「人物を詳細に描かず、読者のイメージに委ねる谷崎の手法は、楢重が挿絵や裸婦を描く時の特徴と重なる」と、楢重の孫、大阪芸術大の小出龍太郎教授(58)(フランス文学)は話す。

 確かに、「蓼喰う虫」の美佐子やお久の顔立ちはほとんど触れられていない。谷崎は登場人物にこうも語らせる。

 〈昔の人の理想とする美人は、容易に個性をあらわさない、慎み深い女であったのに違いないから、この人形でいい訳なので、これ以上に特徴があっては寧(むし)ろ妨げになる〉

 谷崎は大阪で日本的な女性美を見いだす。ちょうど、関西とその文化に傾倒する時期とも重なる。

 かつて頭から性に合わないと嫌った文楽について、小説のなかで〈独特であって、このくらいよく考えてあるものはない〉と称賛し、以前は〈人間の方はどうも喰ひ物(くいもの)ほど上等ではないや(よ)うである〉とこきおろしていた大阪も、〈生活の定式というものが今も一と通りは保存されている〉と評価するようになった。

 「仮面の谷崎潤一郎」を著した作家・大谷晃一さん(87)は震災の影響を指摘する。「昔ながらの東京は地震でつぶれてしまった。復興したモダンな東京が嫌になった谷崎は、当時の大阪に、昔ながらの情緒を見つけたんでしょう」

 だが、谷崎が好んだ道頓堀界隈もまた、戦災で失われる。五座の名を継いだ劇場は、戦後復活したものの、2008年にすべて消えた。

 今、戎橋に立っても、谷崎が愛した情緒は見あたらない。手元の挿絵を模写した銘板が欄干に付けられているだけだ。地元商店主らが道頓堀の歴史を語り継ぐために寄贈したという。

 橋から南に下り、千日前通を東へ。国立文楽劇場をのぞいた。太夫の語りと三味線の音色に合わせて、人形遣いが、きらびやかな衣装に身を包んだ文楽人形を自在に操る。

 客席には和服が目立つ。白髪を整えた老夫婦や、上品に着飾った女性たち。劇場は時に笑いに包まれ、人情話には涙ぐむ。

 谷崎が愛した芝居の街が、確かにそこにはあった。(坂木二郎)

 重子は、谷崎の妻・松子の妹で「細雪」の三女雪子のモデルとなった。京都の平安神宮に花見に行った際に愛用した羽織。落ち着いた中にも華やかさが見られるデザインで、往時を彷彿(ほうふつ)とさせる。(井上勝博・芦屋市谷崎潤一郎記念館学芸員)

 芦屋市谷崎潤一郎記念館(兵庫県芦屋市伊勢町12の15)で6月26日まで開催している春の特別展「四姉妹の昭和―よみがえる『細雪』の世界―」で展示

メモ 
 道頓堀五座は江戸時代初期、幕府から興行権を認められたのが始まり。明治以降も界隈は高級娯楽街として栄えた。文楽は現在、国立文楽劇場で上演される。6月10日〜23日には初心者向けの文楽鑑賞教室が開かれる。演目は牛若丸と弁慶が出会う「五条橋」と「仮名手本忠臣蔵」で字幕や解説付き。5月3日から予約開始。問い合わせは国立劇場チケットセンター(0570・07・9900)。

(2011年5月1日 読売新聞)

320よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 06:02:35 ID:KPBw2Ya60
自然史博物館、新標本ずらり 最近1年間の2万点紹介 大阪
2011.5.1 01:45
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110501/osk11050101460003-n1.htm

 大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)で最近1年間に加わった標本を紹介する特別陳列「お披露目! 博物館に届いた新しい標本」が始まった。約2万点の標本が自然の不思議に誘っている。29日まで。

 個人から寄贈された鳥類の剥製(はくせい)コレクション▼南アルプス鳳凰(ほうおう)山の甲虫類約3500点▼高槻市産の冬虫夏草菌標本▽昨年5月に堺泉北港に死んで漂着したマッコウクジラ(メス、体長9.1メートル)の胃の内容物と下顎の骨−など。

 マッコウクジラからは、ダイオウイカをはじめとする7種群のイカ類の千数百個分の顎板(通称カラストンビ)が確認され、西日本海域のマッコウクジラの食性を知る上での貴重なデータという。

 甲虫の標本には「ホウオウコメツキ」など約10年にわたる調査で新種として見つかったものも含まれている。同館は「寄贈された標本をそのまま展示しているので、市民コレクターの情熱を感じてもらえると思います。自然のデータベースを作り、後世に残すという博物館の標本収集活動の一端をのぞいてもらえれば」と話していた。

 月曜休館(2日は開館)。常設展とも大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料。


天王寺動物園カレンダー原画展 3日から 大阪
2011.5.1 01:45
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110501/osk11050101460004-n1.htm

 ■動物たち、ほのぼのと

 3日から天王寺動物園(大阪市天王寺区)で始まる「佐藤邦雄 天王寺動物園カレンダー原画展」を前に30日、愛らしい動物たちを描いたカレンダーの原画14点が披露された。

 天王寺動物園は平成10年から毎年、サイやキリン、シマウマ、カバ、ライオンなど動物をモチーフにしたオリジナルカレンダーを作製。これらの作品は翌年につながるように描かれ、横に並べるとひとつの絵画のように見えるのが特徴で、原画を一堂に公開するのは初めて。

 作者の佐藤邦雄さん(71)は動物の擬人化で知られるイラストレーター。会場にはシロクマの親子を描いた今年のカレンダーまでずらりと並び、訪れた家族連れらが原画とカレンダーを見比べ、ほのぼのとしたタッチの作品に見入っていた。

 原画展は15日までで、愛鳥週間にちなみ「平成23年度愛鳥週間用ポスター原画展」も同時開催する。午前9時半〜午後5時(土・日・祝日は午後6時まで)。

 問い合わせは天王寺動植物公園事務所((電)06・6771・8401)。

321よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 19:47:07 ID:PMuEGvvk0
見せろ“アートの底力” 芸術祭「OASIS」
2011年5月1日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110501/20110501022.html

 「アーティストからの発信」「アートを通した国際交流」を目指す芸術祭「OASIS」(オアシス実行委員会主催)が20〜22日、大阪市中央区のツイン21で開かれる。ことしは東日本大震災の復興支援のためのチャリティー展も併催し、“アートの底力”を見せる。

 多忙な現代人の心を美術で潤し、多くの人に美術の素晴らしさを伝えたいという思いで1996年に始まった芸術祭。2005年からは「OASIS International」もスタートし、大阪を起点に韓国、マルタ、フランス、ベトナムなどで巡回展を行っている。

 第16回のことしのメーンテーマは「もうひとつのジャポニスム」。19世紀のヨーロッパ文化に多大な影響を与えた日本美術の、200年の時を経た“今”を表現する。日本人のアイデンティティーを強く感じさせる210人のアーティストの作品を展示予定だ。

 併せて、準備段階に起きた東日本大地震の未曽有の被害を踏まえ、サブテーマに設定していた「アートのそこぢから」に一層重きを置いて準備を進めている。ロサンゼルス在住の画家、工藤村正氏が創設したプロジェクト「アーティスト・スクランブル」と連動し、アートが持つ、人の心を揺さぶり元気づける力で復興を支援していく構えだ。

 会場では工藤氏が被災者救済支援のために制作した「ジクレー版画」をはじめ、同プロジェクトによるインターネット上での作品寄付への呼び掛けに賛同した油彩などの若手作家が無償で作品を出展。さらに、先の210人のアーティストの中から有志が水彩画や水墨画、彫刻、書などを出展し、約100点が展示即売される。売上金は全額義援金に充てる。

 実行委員長の野口和男氏(大阪市北区、麗人社社長)は「関西のわれわれ実行委員会にできる事をと考え、会場の一部をチャリティーブースに充てることにした。多くのアーティストが即座に反応してくれ、実りある3日間になると確信している」と話している。

 ことしの海外展開催地は7月1〜3日、フランス・パリ。公募団体「フランス芸術家協会(ル・サロン)」との共催で、近年の彫師と刷師による21点の浮世絵や、日本を象徴する民芸品なども展示。チャリティー展も併催する。

322よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 19:48:07 ID:PMuEGvvk0
舞台の夢胸に OSK日本歌劇団、研修生9人入所式
2011年5月1日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110501/20110501023.html

 OSK日本歌劇団研修所(奥山賀津子所長)の第89期生の入所式が4月30日、大阪市北区の研修所で行われた。試験に通った15〜22歳の9人の女性が真新しい制服に身を包み、「常に感謝の気持ちを忘れず精進する」と誓った。

 研修は2年間(本科1年、研究科1年)で、声楽や演劇、洋舞、日舞、一般教養などを学ぶ。卒業後の入団試験に合格すればOSKの一員として舞台に立てる。現在研究科に88期生6人が在籍。

 89期生を代表し、林田藍音さん(22)=東京都出身=が「入所式を迎えて喜びと希望に満ちあふれている。OSKの生徒であることに誇りを持ち、舞台人として一人の人間として大きく成長していけるよう努力していく」と述べた。

 大阪出身者は2人。西本菜緒さん(18)は、「一人一人のエネルギーがすごくて、ジンジンと響いてくる」というOSKで男役として舞台に立つことを目指し、同じく男役志望の島田沙織さん(18)は「包容力のある男役になりたい」と目を輝かせた。

323よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/01(日) 19:49:56 ID:PMuEGvvk0
熱帯アジアの動植物 眼前に 咲くやこの花館
2011年5月1日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110501/20110501026.html

 大型連休に合わせ、熱帯アジアの動植物を集めた関西最大級のイベントが29日、大阪市鶴見区の植物館「咲くやこの花館」で始まった。珍しい動物約20頭や、100種類以上の植物が来場者を出迎えている。8日まで。

 イベント「熱帯アジアの不思議な動植物展」では、普段目にすることができない動物が集結。約3メートルのビルマニシキヘビや日本最大級の白いスッポンなど珍しい生き物が並ぶ。迫力のある餌やりを公開する時間もある。

 植物は、翡翠(ひすい)色の花を咲かせるつる性の植物「ヒスイカズラ」や、樹木の幹などに着生するラン科の「バンダ」など、同館ならではの多彩さで展示。マンゴーやパパイアといった熱帯フルーツも約20種類あり、実際に実がなっている姿で見られる。

 約80センチのリクガメと記念撮影できるコーナーや、ウサギなどと触れ合えるスペースも設けている。

 開場は午前10時〜午後5時。入館料は大人500円。問い合わせは電話06(6912)0055、同館へ。

324よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 01:58:18 ID:mV2ssRAI0
美の共演 長居植物園でバラと彫刻展
2011年5月2日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110502/20110502017.html

 大阪市東住吉区の大阪市立長居植物園内「花と緑の自然の情報センター」で1日、「2011バラと彫刻展」が始まった。15日まで。

 同展は今年で4回目。大阪彫刻家会議(生島豊昭会長)に所属するメンバーによる50作品がバラをはじめ、多種多様な植物と共存するように展示されている。しかし、今年はバラの開花が遅れており、現在はまだつぼみの状態。長居植物園の担当者は「ゴールデンウイーク中には咲くと思います」と話している。

 入場無料。開館は午前9時半から午後5時まで(入館は午後4時半まで)。休館日は9日。問い合わせは電話072(471)7848、大阪彫刻家会議事務所へ。

325よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 02:13:29 ID:mV2ssRAI0
開幕前にロボットを公開
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005448261.html

企業や大学が開発したロボットの動きの正確さや耐久性を競い合う大会が大阪で開幕するのを前に、大会に参加するロボットが2日、公開されました。
この大会は企業や大学でロボットを開発している技術者や大阪市などが主催して毎年、開いているものです。
3日開幕する今回の大会は大阪・住之江区のインテックス大阪を会場に国内外の企業や大学から約230のチームが参加して「サッカー」や「レスキュー」など4つの部門の計12種目で競技が行われます。
2日は開幕を前に競技に出場するロボットが公開され、センサーを使ってボールの位置を自ら確認し蹴ることができる2足歩行のロボットや遠隔操作で障害物を乗り越えながら被災者を探し、その様子をカメラの映像で伝えるレスキューロボットが自慢の動きを披露し、大会への意気込みを示していました。
主催者代表の大橋健さんは「ロボットが普段の力を発揮できるように参加者は調整に長い時間をかけている。そういう努力の積み重ねが家庭や一般社会で使える技術の開発につながると期待している」と話していました。
この大会「ロボカップジャパンオープン」は5月3日から3日間開かれ、主催者側は3万人の来場者を見込んでいます。

05月02日 19時15分

326よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 02:20:18 ID:mV2ssRAI0
2011年5月 1日
自然史博物館 新標本ずらり 最近1年間の2万点紹介
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/01/20110501-052363.php

 大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)で最近1年間に加わった標本を紹介する特別陳列「お披露目! 博物館に届いた新しい標本」が始まった。約2万点の標本が自然の不思議に誘っている。29日まで。

 個人から寄贈された鳥類の剥製(はくせい)コレクション▽南アルプス鳳凰(ほうおう)山の甲虫類約3500点▽高槻市産の冬虫夏草菌標本▽昨年5月に堺泉北港に死んで漂着したマッコウクジラ(メス、体長9・1メートル)の胃の内容物と下顎の骨−など。

 マッコウクジラからは、ダイオウイカをはじめとする7種群のイカ類の千数百個分の顎板(通称カラストンビ)が確認され、西日本海域のマッコウクジラの食性を知る上での貴重なデータという。

 甲虫の標本には「ホウオウコメツキ」など約10年にわたる調査で新種として見つかったものも含まれている。同館は「寄贈された標本をそのまま展示しているので、市民コレクターの情熱を感じてもらえると思います。自然のデータベースを作り、後世に残すという博物館の標本収集活動の一端をのぞいてもらえれば」と話していた。

 月曜休館(2日は開館)。常設展とも大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料

327よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 02:35:44 ID:mV2ssRAI0
阪急メンズ館で「モダン大阪ミュージアム」−昭和12年の観光映画上映も
http://umeda.keizai.biz/headline/1044/

 阪急百貨店メンズ館(大阪市北区角田町、TEL 06-6361-1381)で4月27日、「大大阪時代」に注目した「モダン大阪ミュージアム」フェアが始まった。

 1925(大正14)年、市域の拡張を行い日本最大の都市となった大阪市。西洋文化が本格的に市民生活に浸透し、洋服や建築物、カルチャー、食文化など多方面に取り入れられ、中でも背広に帽子、革靴をまとったビジネスマンはモダンライフの象徴とされた。同館では、大阪の産業や文化が栄え「大大阪時代」と呼ばれた大正時代末期から昭和初期に注目し、「『装う』ことの魅力を再発見してほしい」と同フェアを企画した。

 1階特設スペースでは、1937(昭和12)年に製作された大阪市指定文化財にも指定される観光映画「大大阪観光」を上映。大阪市電気局と産業部によって制作された同映画は、鉄道、車、船、飛行機で大阪に向かう様子で始まり、整備された御堂筋や地下鉄、観光船「水都」、復興した大阪城天守閣、建築物などとともに、当時のファッションが映し出されている。

 地下1階と1階・3階ではパネル展「モダン大阪ミュージアム」を開催。地下1階には「大大阪時代の娯楽」と題し、新世界ルナパークや観光艇「水都」、道頓堀の夜景などを展示。1階には、「大大阪時代の街並み」「大大阪時代のファッション・風俗」として、当時の御堂筋とビル群、水晶橋と大阪控訴院、ロングスカートをはいた「モガ」や大阪歌舞伎座のアイススケート場の様子がわかるパネルを展示する。3階には、現存する大阪府立中之島図書館や綿業会館、泉布館の写真なども。パネルとバナー合わせて19点を展示する。

 1階イベントスペースでは、1901(明治34)年創業の手縫いバッグ店「馬場万」(大阪市中央区)が期間限定で出店。版画家・棟方志功や第19代内閣総理大臣・原敬らが愛用した製品は、現在もタンニンなめし100%の素材を使い全て手縫いで作る。店内には、外遊先のイタリアでかばんを褒められ「ハナが高かった」と書かれた棟方志功からのはがきも展示。

 期間中、「大大阪時代」を知るミニセミナーも開催。5日には大阪大学総合学術博物館教授・橋爪節也さんを招き、橋爪先生の解説とともに映画「大大阪観光」を楽しむセミナー、6日には「大大阪時代の船場と旦那衆」と題し、街をリードした社長らがどのように過ごしていたかを解説。7日には建築家・高岡伸一さんによる「モダン建築探訪」、8日には神戸ファッション美術館学芸員・百々徹さんによる「男性ファッションから考える大大阪」を開催する。各回先着20人。申し込みはホームページで受け付ける。ホームページ上には、大大阪時代の魅力と初夏のジャケットスタイルを紹介する「モダン大阪ミュージアム」のデジタルパンフレットも。

 宣伝広報部の甲村美幸さんは「地元大阪に密着する百貨店として、ゴールデンウイークに遠方からいらっしゃる方にも大阪をより知ってもらえれば」と話す。

 営業時間は、日曜〜火曜=10時〜20時、水曜〜土曜=10時〜21時。フェアは今月24日まで。

328よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 02:38:20 ID:mV2ssRAI0
大阪で浜崎健さんが個展「ピンチをピンクに!」−記念イベントも
http://namba.keizai.biz/headline/1822/

 迷路を用いた作品や茶会パフォーマンスで知られる現代美術アーティスト・浜崎健さんの新作展「Dameyan Hmzk PINCH to PINK!」が5月4日から、南船場の「浜崎健立現代美術館」(大阪市中央区南船場4、TEL 06-6241-6048)で行われる。

 毎年ゴールデンウィークに新作展を開催している浜崎さんは、1967(昭和42)年鳥取県生まれ。ルー・リードやアンディー・ウォーホールなどアーティストの肖像画から自画像まで、さまざまなモチーフを迷路で描いた「迷宮の絵画」、バラバラにしたパズルの各ピースを使った「パズルペインティング」などシリーズ作品の制作のほか、「日本の伝統的な茶道を現代風にアレンジした」という「お茶会パフォーマンス」を国内外で開催している。1992年には、東心斎橋に自らのトレードマークである赤を基調にしたギャラリー「KEN HAMAZAKI ART COLLECTION(RED GALLERY)」をオープン。1994年に同ギャラリーを南船場に移転し、1997年に美術館「浜崎健立現代美術館」を設立した。

 2007年の金色、2010年の黄色など「ここ最近、色をテーマにしている」(浜崎さん)という同展。今年は「ポップな感じ」「バラ色の未来」をイメージして「ピンク」を採用した。「(東日本大震災に伴う)このような国難に立ち向かう中で、アートの存在というものの無力さを感じている。それでも、アーティストとしてこの『ピンチ』を新しい価値観としての『ピンク』に変えていこうと作品を制作した」と浜崎さん。

 会場では、「ポジティブなドクロ」を題材にした版画など平面作品を約40点展示。「ずっと進化を続けている」という「迷宮の絵画」シリーズからは、ダイアモンドを使ってドクロの彫刻を制作した英国人アーティスト、ダミアン・ハーストさんの作品「For the Love of God」のポスターをキャンバスに貼り、上からピンク色のケーキ用「デコレーションペン」で縁取りするように迷路を描いた新作を披露する。そのほか、1つだけ当たりくじの入ったピンク色の床用クリーナーの展示販売も。

 初日の4日には、会場でオープニングパーティーを開催。開催時間は17時〜20時。参加無料。ドレスコードはピンク。21時からは、アメリカ村のクラブ「GRAND Cafe Osaka」(西心斎橋2)で「浜崎健立現代美術館19周年祭『PINCH to PINK! ピンチをピンクにナイト!』」を開催。浜崎さんがお茶会パフォーマンスを披露するほか、電撃ネットワークの南部虎弾さんとダンナ小柳さん、浜崎さんの年に1度のユニット「ケン的ネットワーク a.k.a. OSAKA CHOT BOYS」などがパフォーマンスを行う。入場料は3,500円(1ドリンク、オリジナルタオル付き)。ドレスコードはピンク。

 「微力ながらアートを通して出来ることをしていこうと思っている」と話す浜崎さん。同展のためにチャリティー作品を制作し、売り上げの半分を被災者への緊急救援・復興支援プロジェクト「HOPE FOR JAPAN」に寄付。4日のイベントでは、ロゼのシャンパンボトル(5,000円)を「チャリティーボトル」とし、売り上げの一部を同プロジェクトに寄付する。

 新作展の開催時間は12時〜20時。第1・第3水曜定休。入場無料。5月31日まで。

329よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 10:22:28 ID:bqeVgzg20
阪大の大学会館完成、記念式典
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110503-OYT8T00029.htm

 大阪大豊中キャンパス(豊中市)で大学会館(鉄筋5階建て、延べ約4250平方メートル)が完成し、2日に記念式典が開かれた。創立80周年記念事業の一環として、阪大最古級の建物の「共通教育本館」を改修。教職員らの研究会や会議、国際交流イベントなどに利用される。

 前身の旧制浪速高校校舎「イ号館」として1928年に建てられ、戦後は一般教養の授業などに使われていた。改修工事は昨秋から約半年かけて行い、総事業費は約14億円。講演会、国際会議に利用できるホール、講堂、セミナー室などを備える。

 この日の式典には、教職員や卒業生ら約270人が出席。冒頭、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた後、阪大同窓会連合会長を務める熊谷信昭・元大阪大学長が「大学の象徴と言える建物。学生や教職員、同窓生らの心のよりどころ、地域の憩いの場になってほしい」とあいさつした。

(2011年5月3日 読売新聞)

330よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 15:49:26 ID:bqeVgzg20
ロボカップきょう開幕 各チーム、本番へ最終調整
2011年5月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110503/20110503033.html

 自分で判断して動く「自律移動型ロボット」でサッカーや災害救助の技術を競う「ロボカップジャパンオープン2011大阪」(開催委員会主催)が3日、大阪市住之江区のインテックス大阪2号館で開幕するのを前に、報道関係者向け内覧会が2日、開かれた。

 大会は、2050年までに人間のサッカーワールドカップ優勝チームに勝てるロボットの完成を目指す研究者や学生らが、研究成果を披露する場として毎年開かれている。今回は、国内外の大学や高校などから約240チーム、約840人が参加する。

 ロボカップサッカーは、ミニカーほどの超小型ロボットやヒト型2足歩行ロボットなど最新技術を駆使したロボットがフィールドを駆け巡る。災害救助技術を競う「ロボカップレスキュー」は、倒壊した家屋を再現したフィールドで、ロボットが被災者を探査する。各チームはプログラムなどを調整し、本番に備えていた。

 大会は5日まで。午前10時から午後6時(5日は午後4時半まで)。入場料は千円(中学生以下は無料)。

331よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 23:05:03 ID:K.D.6iDY0
2011年5月 3日
「春の唄」歌碑 母校で除幕式 堺出身の詩人・喜志邦三さん作詞
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/03/20110503-052416.php

 堺市出身の詩人で作詞家の喜志邦三さんが作詞した戦前の国民歌謡の名曲「春の唄」の歌碑が、喜志さんの出身校の熊野(ゆや)小学校(同市堺区)に建立され、2日に除幕式が行われた。

 除幕式は、歌碑が建立された同校校門横で行われ、竹山修身市長、喜志さんに師事し、歌碑建立に尽力した作詞家のもず唱平さん、作家で堺市在住の難波利三さんらが出席、同校の児童らと一緒にひもを引くと、「春の唄」の歌詞が刻まれた歌碑が現れた。

 続いて同校体育館で行われた式典では、児童らによる「春の唄」の合唱や、喜志さん作詩のヒット曲「お百度こいさん」などの歌が紹介された。

 喜志さんは、明治31年3月に堺市で生まれ、同校を卒業後、府立堺中学(現三国丘高校)から早稲田大学に進み、三木露風に師事。教職につき、詩集を発刊したほか、「春の唄」など歌謡詞も多く手がけた。

 記念式典のパネルディスカッションで、もずさんは「作詞家として先生に指導してもらった。『春の唄』を堺市民に愛唱してもらえればうれしい」。難波さんは「喜志さんの作品は、暗い時代に気持ちを明るくしてくれる不思議な力を持っている。皆さんで歌っていってほしい」と話していた。

332よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/03(火) 23:45:01 ID:K.D.6iDY0
情報プラザ:大阪市立近代美術館展覧会「海と水のものがたり…」 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110503ddlk27040351000c.html

 ◇大阪市立近代美術館展覧会「海と水のものがたり−シニャック、福田平八郎から杉本博司まで−」
 6月19日(日)まで11〜19時(入館18時半まで)、大阪市中央区南船場3の市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(旧出光美術館大阪、地下鉄心斎橋駅徒歩5分)。同館コレクションを中心に国内外の作家による「水」を題材にした絵画、写真、彫刻、版画など約60点を展示。観覧料500円。高大生300円。市内の65歳以上・障害者・中学生以下無料。水曜休館(5月4日は開館)。市総合コールセンター(06・4301・7285)。

333よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/04(水) 14:43:16 ID:wUZnZjt60
ロボカップ ジャパンオープン2011
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

自分で考えて動く賢いロボットたちが、サッカーなどの競技に挑む「ロボカップ」の全国大会が、大阪市内で開かれています。
この大会は、人間が操作することなく自ら考えて行動する「自律移動型ロボット」の技術を競うもので、開催は今年で12回目です。「ロボカップサッカー」は大きさと種類別に6つのリーグに分かれています。ロボットは顔などに搭載されたカメラのデータを認識しながら巧みにボールを操り、鮮やかなゴールが決まるたびに観客から歓声が上がりました。一方こちらは「ロボカップレスキュー」です。ガレキの中を進みながら、救助を待つ人を探します。東日本大震災によって、こうしたロボットの開発や普及に期待が高まっていて、会場でもひときわ注目を集めていました。
この大会は5日までで、成績の優秀なチームはトルコでの世界大会に臨みます。

334よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/05(木) 16:19:37 ID:Qo5beYBM0
上品なことばに傾倒
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110505-OYT8T00023.htm
 オフィス街からスーツ姿のビジネスマン、OLが消えた。大型連休を迎えた大阪・船場は、御堂筋のイチョウ並木が初夏の日差しに映える。

 戦前・船場の商家で生まれ育った姉妹らの暖簾(のれん)への誇り、美意識、船場ことば。谷崎潤一郎の「細雪」を読み解く鍵がこのまちにあるはずだ。

 「谷崎は船場に相当な思い入れがあったんでしょうな」。船場の出身で「谷崎潤一郎と大阪」の著書がある三島佑一さん(83)は、谷崎の随筆「東京をおもふ」の一節を挙げる。

 〈私は船場や島の内あたりを歩いて、小ぢんまりした格子作りのしまうた家だの、昔風な土蔵作りの老舗の前を通つたりすると、昔の日本橋の町の様子や小学校時代の友達の家などを思ひ浮かべるのである〉

 当時の船場は、土蔵作りの老舗店が並び、川に囲まれていた。谷崎は生まれ育った東京・日本橋界隈(かいわい)の光景と重ねていたのだろう。

 「細雪」のほか、「春琴抄」でも「こいさん」という呼び方を使い、上品な響きを持つ船場ことばへの愛着がうかがわれる。

 それでも、谷崎は「細雪」のなかでほとんど船場を描いていない。三島さんは「谷崎が描きたかったのは豊かな暮らしぶりで、いわば、店の奥、上がりかまちから上の女の世界。商売の競争がある表の世界には関心がなかったのだろう」と推測する。

 船場の商家暮らしはどうだったのか。船場のラシャ問屋で育ち、芦屋で暮らす鷹岡和子さん(90)は「丁稚さんと番頭さんを合わせると50人ぐらいいましたなぁ。ちょっと外出する時も女中さんが付いてくるのが窮屈で」と振り返る。

 父は「だんさん」、母が「御寮人(ごりょう)さん」、姉は「とうさん」で、自身は「こいさん」と呼ばれていた。「当時の番頭さんは最近まで私を『こいさん』と呼んでいました。船場ことばは美しくて柔らかい」

 大正末期から昭和初期にかけて、日本一の人口に膨らんだ大阪市は「大大阪」と呼ばれ、船場はビジネスの中心地だった。築年数を重ねたモダンな洋風建築ビルが今も所々に威容をとどめる。

 「細雪」のモデルになった松子が谷崎と結婚する前に嫁いでいた船場の根津商店の跡地を探した。本町通に面した丸紅大阪支社のビルがそびえる。谷崎の目にも映っただろうか、瓦屋根の商家は見あたらない。

 「細雪」で、四女・妙子が舞を披露した高麗橋の三越も、2005年に閉鎖された。

 きょうは、ほんまに温うて、ええお日和(ひより)さんでごあんなあ。

 三越跡地の工事現場の塀に、06年秋から約2年、船場ことばが掲げられ、注目を集めた。

 企画したのは、地元の市民グループ「北船場くらぶ」。船場のまちと文化を愛する商店主や会社員らが、消えつつある船場ことばを伝承する取り組みだった。

 くらぶ代表で、両親が船場の商社に勤めていたという澤田充さん(50)は「船場ことばは絶滅危惧種。このまちの文化が根付いたことばを次世代につなぎたい」と言い、船場ことばをテーマにしたトークショーや朗読劇を続けている。

 「細雪」をたどる糸は、まだ、途切れていない。(岡田健彦)

335よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/05(木) 16:20:24 ID:Qo5beYBM0
>>334

◆メモ

 船場は、土佐堀川、長堀通、東横堀川とかつての西横堀川に挟まれた地域だ。

 「細雪」はこの地で名をはせた「蒔岡商店」の暖簾を「家来筋に当る同業の男に譲り」、蒔岡家が船場から引き揚げた後の物語で、土地の描写は少ない。計理士をする、次女・幸子の夫・貞之助の事務所が、三越近くの「堺筋今橋」にあると記されるなど、わずかな登場にとどまる。作品中、4姉妹やお手伝いさんが使うのは、「御寮人さん」などの「船場ことば」だ。

■ミシンと扇風機(昭和初期)


 小説「細雪」の四女・妙子は、自立心旺盛で因習にとらわれない女性。洋裁留学を夢見てミシンを踏み、はだけた胸に扇風機で風を送る。重厚な鉄製のミシンと扇風機は、妙子という存在の実感を与えてくれる。芦屋市立美術博物館蔵。(井上勝博・芦屋市谷崎潤一郎記念館学芸員)

 芦屋市谷崎潤一郎記念館(兵庫県芦屋市伊勢町12の15)で6月26日まで開催している春の特別展「四姉妹の昭和―よみがえる『細雪』の世界―」で展示

(2011年5月5日 読売新聞)

336よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/05(木) 16:21:23 ID:Qo5beYBM0
「はやぶさすごい」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110505-OYT8T00032.htm

小惑星「イトカワ」の微粒子を持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルなどが、富田林市の文化会館「すばるホール」で公開されている=写真=。5日まで。無料。

 宇宙航空研究開発機構による全国巡回の一環。2010年6月に豪州の砂漠に着地したカプセル本体の部品2点と搭載していた電子機器、パラシュートの計4点を展示している。

 東京でもはやぶさのカプセルを見たという河内長野市立楠小3年谷垣内智哉君(8)は、「こんな小さな機体で宇宙を旅してきたなんてすごい。ますます宇宙飛行士になりたくなった」と話していた。

 5日は午前9時半〜午後5時。問い合わせは同ホール(0721・25・0222)。

(2011年5月5日 読売新聞)

337よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/06(金) 17:52:11 ID:nGrapj5Y0
トイカメラ駆使独特ぼかし風景 中央区、吹雪さん個展
2011年5月5日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110505/20110505079.html

 大阪市中央区南船場2丁目のギャラリー・アビィ(吹雪大樹代表)で、トイカメラとして人気の高い中国製のホルガのカメラを使って吹雪代表が日常風景を撮影した写真展「ユージュアル ̄エブリデイ」が開かれている。独特のぼけた写りが特徴の、カメラ機能を駆使した作品が並ぶ。入場無料。8日まで。

 吹雪代表は国内外で約2500人のメンバーがいるホルガカメラ専門サークル「ホルガ会」も主宰。今展は約10カ月にわたり撮影した2200枚の日常風景の写真から選んだ24枚を展示している。

 自宅からの街並みをはじめ、雨の中で傘を差して路上の花びらを撮影した1枚など、カメラの特性を生かした雰囲気のある作品が並ぶ。

 撮影中に病気を患ったことから「全体に暗めのトーンが多い」としながらも、闘病を支えた妻を写した写真も飾り、「いとしい人への気持ちを表した」と言う。

 吹雪代表は「展示を通して暗い中にも明るい気持ちを探してもらい、見る人がいとしい人を思う気持ちを再発見してもらえたら」と話している。

 正午から午後7時まで(6、7日は午後8時まで)。

 問い合わせは電話06(6261)7383、同ギャラリーへ。

338名無しさん:2011/05/06(金) 22:09:22 ID:btK9vXpQ0
歴史的建築物を公開する「オープン・アーキテクチャー」、難波でも開催へ
2011年5月6日

歴史的な建造物や、日頃中に入ることができない建築物などを公開するイベント「open! architecture(オープン・アーキテクチャー)」が5月20日から始まり、広域なんば圏でも「南海ビルディング」「なんばパークス」「大阪高島屋東別館」の見学会が行われる。

2011年9月に世界各国の建築関係者1万人が東京に集まる「UIA(国際建築家連合) 2011東京大会」の関連事業として、2008年から毎年行われている同イベント。あまり知られていなかった建築物や地域の魅力を再認識し、文化的遺産や都市スペースの有効的な活用を行うことなどを目的に行われる。4回目となる今回は、東京、大阪など延べ30カ所で建築物の見学イベントが行われるほか、建築物を解説付きで見る街歩きツアー(5回)や、建築家が自作を紹介するオープンハウス(3カ所)も行われる。

広域なんば圏での実施は昨年に引き続き2回目。「南海ビル・なんばパークスコース」は、南海電鉄の担当者とともに、南海ビル(大阪市中央区難波5)の外壁やなんばガレリア、屋上装飾塔、なんばパークス(浪速区難波中2)の屋上公園、菜園などを巡る約2時間のコース。「高島屋東別館コース」は、高島屋の担当者とともに、高島屋東別館(浪速区日本橋3)の外観やエレベーターホール、高島屋資料館などを見学する約1時間30分のコース。

開催日程は、南海ビル・なんばパークスコース=5月27日・28日(各日13時30分〜、17時〜)、高島屋東別館コース=5月21日・27日・28日と6月4日(各日10時30分〜12時、5月21日と6月4日は13時30分〜も実施)。

定員は先着20人で、現在参加申し込みを受け付けている。参加費は1,000円。詳細はホームページで確認できる。

http://namba.keizai.biz/headline/1826/

339よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/08(日) 10:08:07 ID:qvs8XGU20
2011年5月 8日
巨大リクガメに乗ろう 咲くやこの花館で熱帯アジアの動植物展
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/08/20110508-052509.php

 大阪市鶴見区の咲くやこの花館で、約300種類の熱帯植物を栽培展示しているという特性を生かした「熱帯アジアの不思議な動植物展」が開かれている。8日まで。

 穏やかな五月晴れに恵まれた7日、館内は熱帯植物の展示場所やミニ知識を盛り込んだ地図を片手に散策する家族連れらでにぎわった。熱帯アジアに生息する動物などを集めた特設エリアでは、黄と白のマダラ模様が目を引く「ビルマニシキヘビ」などの爬虫(はちゅう)類や哺乳類など約20種類の生き物が展示。体長約80センチの巨大リクガメに乗る体験を楽しんだ大阪市旭区の小田愛莉ちゃん(6)は「甲羅(こうら)がごつごつしてちょっとお尻が痛いけど、乗ったまま歩くのが面白かった」と話していた=写真。

 午前10時〜午後5時。高校生以上500円。中学生以下無料。

340よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/08(日) 10:10:00 ID:qvs8XGU20
2011年5月 7日
19日に大阪でキャリアアップセミナー
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/07/20110507-052497.php

 女性のキャリアアップをテーマに、関西学院大学梅田キャンパス(大阪市北区茶屋町、アプローズタワー内)で19日、「女性の働き方セミナー」が開かれる。

 結婚・出産で退職した女性の再就職支援の実践・研究などを行っている大内章子・同大経営戦略研究科准教授や、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)でバイスプレジデントを務める野上麻理さんが、働く女性のあり方などについて話す。参加無料。定員100人。申し込みは同大経営戦略研究科のホームページで16日まで受け付ける。問い合わせは同科(電話0798・54・6572)へ。

341よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/08(日) 10:11:13 ID:qvs8XGU20
琴の魅力 日本人を体現 グラミー賞受賞の松山さん
2011年5月7日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110507/20110507033.html

 今年2月、大阪狭山市出身の琴演奏者、松山夕貴子さん(49)が、米国音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞を受賞した。日本の伝統和楽器の音色が海外であらためて評価された形だ。ロサンゼルスに住み、和洋を問わず幅広い音楽のジャンルに挑戦し続ける松山さんに、琴の魅力や可能性について聞いた。

 −受賞式にも参加されていましたが、受賞後の心境をお聞かせください。

 「レッドカーペットや壇上でスピーチした時はものすごく緊張しましたが、その後は正直ピンときていませんでした。日本の友人のお祝いメッセージや取材などを受けているうちに実感が湧いてきました」

 −世界的なサックス奏者、ポール・ウィンターさんのアルバムに参加しての受賞です。何が評価されたとお感じですか。

 「私自身というより、やはりポール・ウィンターさんが素晴らしいんだと思います。ご本人の音楽、常に愛を感じます。ご家族の皆さんがそもそも、人にも物にも自然にも、愛を持って接する方々なのです。そんなポールさんの気持ちを音にしてみようと思ったこと、そこを評価されたとしたらうれしいですね」

 −琴の音色はどのように受け止められたのでしょうか。

 「ロサンゼルスでは、琴の音はハープに似て『ジャパニーズハープ』とも言われています。でも、音楽の間の取り方や欧米の音楽にはない音色は、日本人そのものだと思っている人も多いですよ。奥ゆかしさとか、品とか。良いように言い過ぎかな?」

 −琴だからこそ表現できる音楽性についてどのようにお考えですか。

 「日本人が持つ奥ゆかしさとかプライドとかが音に表わされていると思います。ただ、それだけではなく、欧米の音楽とも融合させた新しい音楽も創造していけると思っています」

 −大阪では、伝統工芸品の大阪三味線の作り手が存亡の機に立たされるなど、国内で和楽器は一般的に広まっていません。今後の行く末をどのようにお感じですか。

 「正直、これからまた琴ブームが来るかどうかはわかりませんが、逆に、どこに行っても琴の音が聴こえるというのも変な気がします。たまに癒やされたいと思っているときにスッと琴が流れている、そんなのもいいですね。もちろん日本人だけではなくインターナショナルに」

 −今後の活動の抱負をお聞かせください。

 「ライブをすると、ミュージシャンの兄との波長が一番合い、この秋からの日本ツアーは彼と回る予定です。やはり愛を伝えていきたいです」

 プロフィル 母の勧めで9歳から琴を始め、24歳で師範免許を取得。この間、ミュージシャンの兄の影響で洋楽にも傾倒する。30歳で渡米後、和洋折衷の幅広い音楽活動を展開。ポール・ウィンターさんのアルバム「ミホ ジャーニー・トゥー・ザ・マウンテン」にソロ演奏やアンサンブルで参加し、グラミー賞の最優秀ニューエイジアルバム賞を受賞した。

342よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/08(日) 10:36:22 ID:qvs8XGU20
白日会関西展始まる
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110508-OYT8T00113.htm

 日本美術界の中心として活動している「白日会」による「第87回白日会関西展」(読売新聞大阪本社など主催)が7日、大阪市阿倍野区の近鉄アート館(近鉄百貨店阿倍野店9階)で始まった=写真=。

 1924年に結成された同会は、伝統を踏まえながらも新しい写実のあり方を追求し続け、毎年、約600人の会員らが技術を競い合う。今回は全国の幹部会員や関西在住者の絵画、彫刻計152点が並ぶ。会場を訪れた同市天王寺区の山口茂樹さん(77)は「写実的な作品ばかりで心が落ち着きます」と話していた。

 10日まで。一般500円、中高大生300円。8日午前10時30分から、会場内で深澤孝哉・同会副会長による作品解説会が行われる。参加無料(ただし本展入場券が必要)。

(2011年5月8日 読売新聞)

343よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/08(日) 12:48:52 ID:qvs8XGU20
「医師か?マンガ家か?」 母校で手塚治虫企画展
2011年5月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110508/20110508022.html

 漫画家の故手塚治虫さんの母校、大阪大学の豊中キャンパス(豊中市待兼山町)にある同大学総合学術博物館で、企画展「阪大生・手塚治虫−医師か?マンガ家か?−」が開かれている。同大学医学専門部に在学した手塚さんが、医師を志しながら学生漫画家として執筆に取り組む姿を、当時の直筆原稿や写真などで振り返っている。入場無料。6月30日まで。

 同大学の創立80周年と、手塚さんの出身地である同市の市制施行75周年を記念して企画。手塚プロダクションなどの協力を得て開催に至った。関連資料約100点が集まった。

 手塚さんは1928年同市に生まれ、45年、医師を志して大阪帝国大学付属医学専門部(現・大阪大学医学専門部)に入学。46年に4こま漫画「マアチャンの日記帳」で漫画家デビューを果たし、医学生と漫画家の二足のわらじで学生生活を過ごした。

 会場には「ブラック・ジャック」の直筆原稿をはじめ手塚さんが愛用したベレー帽のほか、学生時代の写真や作品のパネルなども展示している。

 同館の江口太郎館長(63)は、「展示から、学生と漫画家を両立するためのすさまじい集中力が感じ取れる。医学生時代の奮闘や、背景となった大阪の文化を知ってもらい、日本を元気にする活力の一端となれば」と話している。

 開館時間は午前10時半〜午後5時。日曜、祝日は休館。問い合わせは電話06(6850)6284、同館へ。

344名無しさん:2011/05/08(日) 15:48:35 ID:B2uRLrUQ0
「ブラック・ジャック」に漂う虚無感は、日本に敗戦色が濃くなって来た時代に
学生であった手塚治虫の心情の反映だと思います。

旧制北野中学時代には、戦争激化のため4年で繰り上げ卒業となりました。
浪速高校の受験に失敗し、阪大附属医専に入学しますが、この時代の医専は、
慢性的に不足していた軍医養成所であり、卒業後は軍医として前線に配属される
運命にありました。
入学した年に戦争が終わり、手塚治虫は命を繋ぐことができました。彼が医専を
卒業したのは1951年です。この頃は既に漫画家として活動していたため、意図的
に留年しています。そして、この卒業の年に阪大附属医専は廃止されます。

なお、手塚治虫の医学博士の学位取得論文は「異形精子細胞における膜構造の
電子顕微鏡的研究」で、生物学分野での内容のものです。

345よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/09(月) 22:21:46 ID:WAK45X9Y0
「水」テーマ絵画や彫刻 大阪市立近代美術館が企画展
2011年5月9日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110509/20110509022.html

 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(中央区南船場3丁目)で「水」をテーマにした絵画や彫刻などの作品を集めた「海と水のものがたり」展が開かれている。木谷千種の絵画「浄瑠璃船」などが展示され、来場者は足を止めて作品に見入っている。6月19日まで。

 同美術館が水都・大阪のシンボルといえる中之島で2016年度の完成を目指し整備計画を進めていることなどから企画。同館所蔵のコレクションを中心に19世紀から現代までの国内外の作家の作品約60点を展示。

 会場は「全2章」で構成され、「第1章」では水面のきらめきなど水そのものの魅力に迫り、南仏の地中海沿岸の風景をとらえたポール・シニャックの「アンティーブ、朝」などを展示。「第2章」では江戸期の大坂の大川(旧・淀川)での夕涼みを描いた「浄瑠璃船」など、生活の場としての水の風景を紹介している。

 同館建設準備室の菅谷富夫研究副主幹は「(東日本大震災があり)海や水といえば怖いと思う人もいると思うが、一方で人は長い間、海や水と親しんできた。作家らがどう描いてきたかを見ていただきたい」と話している。

 一般500円、高校・大学生300円。水曜休館。問い合わせは電話06(4301)7285、大阪市総合コールセンターへ(午前8時〜午後10時)。

346よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/09(月) 23:05:54 ID:WAK45X9Y0
恒例「帝塚山音楽祭」、出演アーティスト会場決まる−28日・29日開催へ
http://abeno.keizai.biz/headline/61/

 5月28日・29日に阿倍野区・住吉区の帝塚山一帯で開催されるイベント「第25回帝塚山音楽祭」の出演アーティスト、会場が決定した。

 1987(昭和62)年から続く恒例の同音楽祭。万代池公園会場(3ステージ)のほか、ライブストリートと名付けた18の会場(阪堺電車、ライブハウス、整骨院、バー、レストランなど)でロック、フォーク、ジャズ、クラシックなどさまざまなジャンルのライブが行われ、フリーマーケット、あめ細工、トランポリンなどが20のコミュニティー会場で催される。通年は約5万人の観客を動員。帝塚山音楽祭実行委員会がまちおこしを目的に開催している。

 出演アーティストは、桑名正博 with Friends、伝兵・PONTAプロジェクト、KAJAさん、the MOST、市川恵子さん、ザ・たこさん、かとうかなこ with キングコロンビア・コンボなど80組超。

 アーティスト、会場、スケジュールはホームページと無料で配布されるパンフレットで確認できる。

 入場料は、万代池会場、コミュニティー会場=無料、ライブストリート各1日券=前売り2,500円・当日3,000円。ライブストリート参加店で販売している。

 併せて、ボランティアスタッフも募集している。

347よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/09(月) 23:32:47 ID:WAK45X9Y0
2011年5月 9日
【四季彩々 劇団四季】(16)「アイーダ」大阪公演
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/09/20110509-052498.php

 4日、全面リニューアルしたばかりのJR大阪駅。そこから目と鼻の先にあるのが関西四季のもう一つの拠点―大阪四季劇場です。

 京都劇場と同様、アクセス抜群なこの劇場では、現在、ミュージカル『アイーダ』の公演が行われています。

 古代エジプトを舞台に、おのおのの敵国に引き裂かれていく悲しき恋人たちを描いた世界最古のラブストーリー「アイーダ」。これまでも多くの芸術家が魅了され、このモチーフからさまざまな作品が創作されてきました。

特製スイーツも人気

 中でも有名なのは、イタリアの巨匠ヴェルディのオペラでしょう。「凱旋(がいせん)行進曲」をはじめ壮大なスケールと美しい旋律が魅力的な作品といえます。

 では四季が上演しているミュージカル『アイーダ』は?というと、この有名なストーリーラインを、現代の観客にフィットするよう再構築されたものです。

 楽曲は、世界のミュージカル界を牽引(けんいん)するエルトン・ジョン(作曲)とティム・ライス(作詞)が担当。2000年にブロードウェーで初演され、その年のトニー賞4部門、翌年のグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞しています。

 四季による日本公演は、平成15(2003)年に大阪で開幕。これほどの大型ロングラン作品を関西地区から発信することは、日本演劇史上初めてのことで、大きな話題となりました。

 以来、各地で上演が重ねられ、総公演回数は1300回を超えています。

 さて今回、凱旋を果たした大阪公演。劇場には、この永遠の愛の物語に触れようと、実に多くのお客さまが足を運ばれていらっしゃいますが、そのような方々に人気を博している劇場オリジナルのスイーツの存在をご存じでしょうか。その名も「堂島ロール 大阪四季劇場特別バージョン」です。

 テーマは、ずばり「愛」。チョコレートを練りこんだ生地に、堂島ロールの特徴である「純白」の生クリームと、フランボワーズの「真紅(しんく)」のゼリーが包み込まれています。

 情熱的で濃厚な愛模様を求む大人のスイーツ。ご観劇の幕あいにぜひご賞味ください。

メモ 

 ミュージカル『アイーダ』大阪公演は、大阪四季劇場(梅田・ハービスPLAZAENT7階)で上演中。チケットは現在、7月3日(日)公演分まで発売。なお同月31日(日)までの延長も決定。一般発売は今月28日(土)より。問い合わせは、劇団四季関西公演本部(電話06・4796・6600)。

 「堂島ロール大阪四季劇場特別バージョン」は、劇場内飲食売店にて販売。価格400円(5分の1カット)。モンシュシュ堂島本店と肥後橋店でも販売している(ロール販売のみ、1本2100円)。

348よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/10(火) 19:50:31 ID:POE.Zl6Y0
水彩、文で阿倍野区の名所紹介 市立図書館
2011年5月10日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110510/20110510019.html

 地元の名所を絵画と文章で紹介する企画展「阿倍野の歴史と風景画シリーズ」が、大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目の市立阿倍野図書館で開かれている。旧跡や文化財など区内のスポットを水彩画とエピソードで紹介しており、来館者が足を止めて見入っている。6月15日まで。

 同館では2009年夏から毎月1点を展示しており、今展で全作品をまとめた。絵を同区在住の画家、池田杏花さん、文章は郷土史家の難波りんごさんが担当している。

 前半(5月18日まで)は「建築家・村野藤吾と南大阪教会」など、松虫通から北の地域を扱った10作品を展示。村野はダイビル本館や綿業会館などの設計を手掛けた日本を代表する建築家で、同教会は1928年に建てられた初期の作品だ。

 ほかにも、飛鳥時代に創建された阿倍寺の跡推定地、大阪初の洋画塾「天彩画塾跡」などが、柔らかいタッチで色彩豊かに描かれている。

 企画者の池田外美雄さんは「阿倍野を知ってもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 展示場は、同区民センター3階の図書館エントランス付近。開館は火〜金曜日が午前10時〜午後7時、土・日曜日と祝日は午前10時〜午後5時。休館は月曜と第3木曜。

 問い合わせは電話06(6656)1009、同図書館へ。

349よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/10(火) 19:58:26 ID:POE.Zl6Y0
2011年5月10日
猫アート展 好きな18ギャラリー 趣向こらし
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/10/20110510-052576.php

 猫をテーマに独創的なアート展を順次、展開するユニークなイベント「猫ふんじゃったなギャラリーたち」が31日まで、大阪市北区や中央区など市内18軒のギャラリーで開かれている。

 平成15年、中央区平野町の「10W(テンワット)ギャラリー」の飼い猫、クーが客の人気を集め、“猫のいるギャラリー”としてうわさになったことから、「ひとつ、猫展でもやろうか」と始まったのがきっかけ。イベントは今年で9回目を迎えた。

 当初は1軒のみでの開催だったが、市内の猫好きのギャラリーに声をかけたところ、年々、参加が増え、18軒にまで増えたという。

 クーが“接待担当”として常駐している同ギャラリーでは、全国から写真や絵画、オブジェなどの作家55人が出展(22日まで)。

 また、中央区の仲野金太郎商店では「写メねこ展」(15日まで)、北区のギャラリーびー玉では「ネコ科の6人の女とオス猫」(18日まで)など、さまざまな趣向で各ギャラリーが“猫の魅力”を競って展示している。

 開催スケジュールと各ギャラリーの地図などの情報は「10Wギャラリー」のホームページで。

350よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/10(火) 20:22:17 ID:POE.Zl6Y0
HEPHALLで川島小鳥さん写真展「未来ちゃん」−250点超を展示
http://umeda.keizai.biz/headline/1052/

 HEP HALL(大阪市北区角田町、TEL 06-6366-3636)で5月10日、川島小鳥さんの写真展「未来ちゃん」が始まった。

 川島さんは1980(昭和55)年東京生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科を卒業後、沼田元氣さんに師事。高校のころから写真を撮り始め、大学時代には2006年に「第10回 新風舎平間至写真賞」大賞を受賞した、一人の少女を4年間撮り続けた作品「BABY BABY」の撮影を始めていた。2007年には同名写真集を刊行し、2010年には自主制作で写真集「未来ちゃん」を発売。「未来ちゃん」は反響を呼び、雑誌「BRUTUS」昨年12月15日号では表紙を飾り、さらに注目を集めた。今年3月には、自主制作版に新たに撮り下ろした作品を加えた「未来ちゃん」(A5判204ページ、2,100円)をナナロク社より発売。3万部を超す人気を見せている。

 2009年、松岡一哲さんに二人展の話を持ちかけられた川島さんは「松岡さんは子どもの写真を撮っていて、全然違うモチーフを飾っても面白くないだろう」と、これまで撮ったことのない子どもを被写体に「未来ちゃん」という作品にしようと決定。「友人から素朴な子どもがいるから撮りにおいでと言われ、娘さんが強烈だった」ことから、「未来ちゃん」のモデルが決まり、2009年12月から1年間にわたり、四季の移り変わりとともに「未来ちゃん」を撮影し続けた。

 川島さんは毎月1週間程度、友人の家で一緒に暮らしながら撮影。「仕事の写真を含め、被写体はカメラを意識するのが当たり前だったが今回は全くなく、それが新鮮だった。新しい写真が撮れるんじゃないかと面白かった」と振り返る。

 同展では写真集の写真に加え、大阪やフランスで撮影した写真集未収録の作品も展示する。会場では写真集のほか、写真集に収録していない写真を使った2012年カレンダー「未来ちゃん」(1,260円)、ポストカード(各157円)などの関連グッズも販売。

 開催時間は11時〜20時。入場料は、一般=300円、学生=200円、小学生以下無料。今月17日まで。

351よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/10(火) 20:27:24 ID:POE.Zl6Y0
書庫で活躍 三輪車
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110510-OYT8T00087.htm

 屋内で三輪車に乗ってもいいの――?

 約200万冊を所蔵する府立中央図書館(東大阪市荒本北)の地下書庫では、直線距離が最大で縦横各100メートルと広いことから、スタッフが三輪車に乗って本を探しに出かける=写真=。

 カウンターから閲覧請求がファクスで送られてくると、すぐさま所蔵位置を確認して三輪車に乗車。書架の切れ目となる“交差点”では「交通事故」防止にベルを鳴らす。本を見つけると、後ろのかごに入れて急いで戻り、エレベーターでカウンターに届ける。

 開館初年度から導入しているが、スタッフは「『遅い』と言われないよう、できるだけ早く届けたい」と、最大所要時間の目標を10分と定める。「いらち」の人が多い大阪の図書館ならではの光景かもしれない。(生)

(2011年5月10日 読売新聞)

352名無しさん:2011/05/10(火) 20:48:21 ID:jhFQy3oQ0
>>344
>「ブラック・ジャック」に漂う虚無感は、日本に敗戦色が濃くなって来た時代に
>学生であった手塚治虫の心情の反映だと思います。

ちなみに、「ヤング ブラック・ジャック」にはそれがありません。
(原作が持つペーソスがゼロの様な・・)

353よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/10(火) 23:46:32 ID:POE.Zl6Y0
ハイブリッド人工神経 傷治す…大阪市大・中村教授ら マウス実験成功
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110510-OYO1T00343.htm?from=newslist
 
iPS細胞と高分子化合物製のチューブ組み合わせ

様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)と、高分子化合物製のチューブとを組み合わせた「ハイブリッド(複合)型人工神経」で、マウスの脚の神経線維を再生させることに、大阪市立大の中村博亮教授と奈良県立医科大の筏(いかだ)義人教授らが成功した。けがや病気で傷ついた手足の神経の新たな治療法として期待される。

 手術用縫合糸の材料になる高分子化合物を加工、表面は頑丈で内側はスポンジ状の2層構造のチューブ(直径2ミリ)を作製。スポンジ層にマウスのiPS細胞から作った神経系細胞を染み込ませた。

 後ろ脚の神経が5ミリ欠損したマウスに、この人工神経を移植したところ、3か月後には生活にほとんど影響がないまでに歩行能力が改善した。スポンジ層に神経系細胞を染み込ませなかった場合は回復しにくく、何も移植しないと脚がまひしたままだった。

 中枢神経から手足に向かって長く伸びた神経線維は、いったん切れると自然には再生しない。しかし、切断部に道を作るようにチューブを補うと内側を伝ってわずかに伸びるようになる。高分子化合物のチューブは、体内で分解・吸収されるため、安全性が高いとして海外ではすでに実用化されている。ただ、それだけでは再生力が乏しく、大きな傷には対応できなかった。

 ハイブリッド型は、スポンジ層に根付いた神経系細胞が成長や成熟にかかわる物質を分泌するため、より再生を促すと考えられる。今後はイヌやサルで効果と安全性を確認し、将来の製品化を目指す。

 大阪市立大の上村卓也医員は「手足の神経を切断した場合、1センチ以上は別の部位の神経を切り取って移植する必要があった。この人工神経なら、他の神経を犠牲にしないですむ」と話す。

(2011年5月10日 読売新聞)

354よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 11:22:04 ID:u6OcHqbg0
自然素材の独創的空間 中之島デザインミュージアム
2011年5月11日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110511/20110511027.html

 大阪市北区中之島5丁目に開館した中之島デザインミュージアム〈designde〉(デザインで)で開館記念展「野井成正の表現−外から内へ/内から外へ」が行われている。7月3日まで。入場無料。

 同館はジャンルを越えた創造的活動を支援する場所としてオープン。大阪出身の空間デザイナーとして知られる野井氏を開館記念展のアーティストとして起用した。

 1階は「水のインスタレーション」と題し、間伐材を活用した独創的な仮設インテリア空間を表現。傷がつかずリサイクル可能な木材の組み立てシステムを使って新たなインテリアのあり方を探った。2階の「竹のインスタレーション」は、天井からつり下げた無数の竹で、自然の竹林で過ごしている感覚を起こす奇抜な試みを表現。

 ほかに、これまで手掛けてきたショップやバーなどのインテリアデザインをはじめ、絵画、写真、模型など野井氏の関わった仕事を振り返っている。来場者は、水辺に新しくできたミュージアムの雰囲気を楽しみながら、間伐材や竹など自然素材を使った展示を楽しんでいる。

 正午〜午後7時。

355よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 15:15:39 ID:u6OcHqbg0
>>346

帝塚山音楽祭プレイベント「帝塚山ソウルビート」−地元高校生バンドが競演
http://abeno.keizai.biz/headline/63/

大阪市立市民交流センターすみよし北(住吉区帝塚山東5)で5月8日、帝塚山音楽祭のプレイベント「帝塚山Soul Beat(ソウルビート)」が開催された。

 開催は昨年に続き2回目で、同祭実行委員会の若手メンバーが中心となり企画。入場は無料で、開催費用は地元企業などの協賛で賄っている。

 当日は約200人の観客を前に、阿倍野高校、港南造形高校、住吉高校、天王寺高校、阪南高校のバンド9組が帝塚山音楽祭の出場権を懸けてライブを披露。ジャンルはロック、ポップスなど。ライブが始まると観客がステージ前に集まり、大きな盛り上がりを見せた。

 併せて、阿倍野区在住の芸術家・WOODFIELDさんと港南造形高校の生徒6人による、「元気で明るい」をテーマにしたライブペインティングも行われた。

 同委員会が審査を行った結果、「Joseph.(ジョセフ)」(阿倍野高校)と「無添加オムライズ」(港南造形高校)が出場権を獲得した。

 選ばれた2つのバンドは今月28日・29日に開催される「帝塚山音楽祭」の万代池公園会場メーンステージでライブを行う(28日のみ)。

356よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 15:17:28 ID:u6OcHqbg0
市内18ギャラリーで「猫展」合同開催−猫詣でスタンプラリーも
http://umeda.keizai.biz/headline/1053/

大阪市内の18ギャラリーで現在、猫をテーマにした作品展「猫ふんじゃったなギャラリーたち」が開かれている。

 今年で9回目を迎えた「10W gallery(テンワットギャラリー)」(大阪市中央区平野町1、TEL 06-4704-4356)の「猫ふんじゃったなギャラリー9」。「ギャラリーに猫がいるから猫展をしようかと始めたが、こんなに大きなイベントになるとは思っていなかった」と話すのは、オーナーの酒井章子さん。周辺のギャラリーに呼び掛け、2009年は4店、昨年は7店のギャラリーと合同で開催し、今年は18店での開催になった。

 ホームページで出品者を募り、同ギャラリーでは55人の作家が出品。アクセサリー、写真、絵画、猫用おもちゃ、食品などバリエーションが豊富で、「アートが好き、雑貨が好きな人、猫好きはもちろん十分楽しんでもらえる内容になった。それぞれの作家さんが得意な技法で、一番かわいいと思う猫を作っている」と話す。同ギャラリーでは現在、黒子猫の里親も募集中。同展初日に1匹が引き取られ、あと2匹は引き続き募集しているという。

 広域梅田圏では、「ギャラリーびー玉」(北区紅梅町)、「乙画廊」(西天満2)、「カフェ&ギャラリー閑花」(東天満1)、「ワン プラス ワン ギャラリー」(中崎3)、「雑貨店カナリア」(西天満4)、「ラ・メゾン・デュ・シャノワール ル・サロン」(中央区道修町1)、「フレイムハウス」(淡路町)が参加。

 各ギャラリーの情報をまとめたパンフレットも作成し、抽選で「猫福袋」を進呈する「猫詣でスタンプラリー」も企画した。パンフレットでは、ギャラリーで飼っている猫や、猫に関するニュースも掲載する。酒井さんは「ギャラリーに足を運ぶ機会が減っているので、『ギャラリーはこんなに楽しいよ』というきっかけづくりになれば」と話す。

 来年で10年を迎える同展。「来年はほかのイベントとも組みたい。『猫に優しい街、大阪』にしていきたい」と意欲を見せる。

 開催期間・時間は各ギャラリーで異なる。

357よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 18:19:47 ID:u6OcHqbg0
発行43年 よう育てた
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/beichou/OSK201105110067.html

 木津川計さんが発行人を務めている雑誌「上方芸能」。創刊から43年、180号を数えたんやて。「こんなに続くとは思いませんでした」。えらいもんや。

 第1号は、大阪で開いていた「上方落語をきく会」の会報として発行した。B4の紙を二つ折りにして、7ページで創刊。最後のページは白紙やった。落語会の後、ロビーでお客さんに頭を下げていると、その会報をだれかが落とし、別のだれかが踏んでいく。「落とさんでもええやないかい、踏まんでもええやないかい」。終演後、ぼやきながら、小さなすし屋で酒を飲んでると、店の主人に叱咤(しった)されたんやそうな。「踏まれんものをこしらえんかい!」

 これが、あの雑誌の原点なんや。「何でもそうですが、草創期は歓迎されへんほうがええと思います」。ほかの世界でも同じでしょうなあ。私かて、若いころは失敗しましたよ。試行錯誤というが、誤ってたことは確かにあった。その時は一生懸命やさかい、わからへん。そんなことはしょっちゅうありました。

 それから、ある大作家のところに原稿を取りに行き、こう言われたのを木津川さんは今も忘れていない。「上方芸能という雑誌の名前が大き過ぎるやないかい」。じっと頭を下げながらも、「いつか必ず、上方芸能の名前にふさわしい雑誌にしてやる」という闘志がふつふつとわいてきたそうな。

 実は、この雑誌の発行を始めた翌月に、小さな印刷所を経営していた木津川さんのお父さんは負債を抱えて、睡眠薬を飲んで自殺してしもたんや。当時なら家が2軒建つほどの大きな借金を背負った。それを12年かけてコツコツと返済しながら、雑誌を育ててきたんや。長い、長い道のりを経た結果、今があるんやなあ。

 「上方芸能」が出たときは、うれしかったで。東京の友達にも紹介したもんや。私も残さなアカンと思ったことを、そこのコラムで好き勝手に書いてきた。それが、「上方落語ノート」として本にもなりました。ただ、こういう雑誌はまったくカネにはならん。私らには分からん、ご苦労が山ほどあったことでしょう。木津川さん、ホンマによう続けてきはりましたなあ。

358<削除>:<削除>
<削除>

359<削除>:<削除>
<削除>

360よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 19:00:20 ID:u6OcHqbg0
>>358は、>歴史ある大阪の文化財や遺跡から、現代美術や文学。大学や学術研究について。というスレの趣旨から著しく逸脱しておりますので削除し、近畿百科ニュースのスレに移します。

361<削除>:<削除>
<削除>

362よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/11(水) 21:02:22 ID:u6OcHqbg0
フォーラム:世界遺産を考える 河瀬直美さんら迎え、浪速区で /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110511ddlk27040396000c.html

 奈良出身の映画監督、河瀬直美さんらを迎えたフォーラム「吉野・高野・熊野から世界遺産を考える」が10日、大阪市浪速区のパークスホールであった。

 04年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」にある3霊場の社寺で構成する「紀伊山地三霊場会議」の主催。地域と宗派の違いを越え、3霊場の保存と活性化を図る狙いがある。

 古里の奈良を舞台に作品を撮り続ける河瀬さんに、吉野大峰の金峯山修験本宗宗務総長、田中利典▽高野山真言宗教学部長、村上保壽▽熊野本宮大社宮司、九鬼家隆−−の3氏を加えて意見交換した。河瀬さんはかつて奈良の森に入り、風が吹いて木々を揺らすだけで涙が止まらなかった体験を紹介。「言葉ではない何かで自然と通じている感動があった。作品で描きたいのは(万物の関係は)対等であるということ」と述べた。【渡辺亮一】

363よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/12(木) 06:10:13 ID:u6OcHqbg0
障害児教育 先進の大阪
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110512-OYT8T00089.htm

河野さん 8年かけ研究書

 重度の脳性マヒで体が不自由な大阪市阿倍野区の河野勝行さん(66)が、全国に先駆けて大阪が障害児教育に力を入れてきたことを示す歴史資料を分析した研究書「肢体不自由教育の出発」を8年がかりで完成させた。河野さんは、1956年に全国初の公立の肢体不自由養護学校として設立された府立養護学校(現・府立堺支援学校)の1期生で、同校誕生の経緯を調べる中で発見した様々な事実と意義を同書に盛り込んだ。河野さんは「大阪の障害児教育の重要な一面を知ってほしい」と話している。(原田和幸)

 河野さんは子どもの頃から歴史に興味があり、「新三国志」や「真田十勇士」などの小説に親しんだ。高等部3年の時、熱心に勉強する姿に感心した同校教諭の紹介で、大阪市内で開かれていた古代史の研究会に通い始めた。同校卒業後、研究会のメンバーだった大阪市立大の直木孝次郎・助教授(現・名誉教授)の研究室に通い、80年には、5年かけて佛教大文学部(京都市)の通信教育部を卒業。論文やリポートは、頭の中で組み立てた原稿を読み上げ、他の学生に記録してもらっていたという。

 障害者の歴史についても関心を深め、8年前、出身校の成り立ちなどを説明する関連文献を読み、大阪の近現代における障害児教育の研究に没頭。わずかに動く左足の指にはさんだペンでパソコンのキーボードをたたき、調べた内容を原稿用紙1200枚にまとめ上げた。

 江戸時代の大阪では寺子屋75校中7校が障害児を受け入れていたとされ、河野さんが関連文献を調べたところ、大阪で活躍した浄瑠璃作家・竹田出雲の作品に寺子屋での障害児の克明な描写があることがわかった。この描写からは、障害児と健常児が共に学ぶ姿が当時の市民にも知られていたことがうかがわれるという。

 また、大正時代、大阪の学校には当時としては全国的に珍しい病弱・虚弱児の特別学級が複数あったことから、子どもたちの健康状態が他の地域と比べて悪かった可能性があると分析。「このことが結果として障害児教育の発展につながったのでは」と推測している。その後、肢体の不自由な児童を受け入れる学校を建設する動きがあったが、戦時体制の中で実現しなかったことも判明。河野さんは「戦争の激化は障害児にも多くの苦難をもたらした」と指摘している。

 河野さんは「研究は生きがい。今後も障害者の歴史を調べ続けていきたい」と話している。研究書は、A4判297ページ。3000円(税込み)。送料は1冊340円。問い合わせは光陽印刷(06・6799・3087)へ。

(2011年5月12日 読売新聞)

364よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/12(木) 22:03:39 ID:rfNnB/Go0
一心寺シアター倶楽で「つかこうへい追悼企画」−6作品を公演
http://abeno.keizai.biz/headline/64/

 一心寺シアター倶楽(天王寺区逢阪2、TEL 06−6774−4002)で6月3日〜26日、「つかこうへい追悼企画」として6作品の公演が行われる。

 同企画は、昨年7月に亡くなった劇作家・つかこうへいさんが手掛けた数々の脚本の中から6作品を選び上演するもの。

 演目と公演スケジュールは、石原正一ショーの「熱海殺人事件」(3日〜5日)、劇団大穴の「ストリッパー物語」(7日・8日)、ステージタイガーの「リングリングリング」(10日〜12日)、VAG asobeenoの「初級革命講座 飛龍伝」(14日・15日)、伊藤えん魔プロデュースの「蒲田行進曲」(17日〜20日)、一心寺シアター倶楽プロデュースの「飛龍伝」(23日〜26日)。ロビーでは歴代のポスター展示やビデオ上演を予定。

 公演の詳細や料金はホームページで確認できる。

 同劇場は1993年11月、井原西鶴生誕300年記念事業「オランダ西鶴」上演のための仮設劇場として旧「一心寺シアター」が誕生。2000年3月まで劇場施設として使用された後、2年間の工事を経て2002年6月に「一心寺シアター倶楽」としてリニューアルオープンした。客席数は230席。

365よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/13(金) 18:43:38 ID:HK.8nYc20
2011年5月13日
安藤忠雄さん設計で上方落語協会会館建設 大阪・北区
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/13/20110513-052746.php

 上方落語協会(桂三枝会長)は13日、建築家の安藤忠雄さん設計による「上方落語協会会館」を大阪市北区に建設すると発表した。総工費7千万円で、来年3月に完成予定という。

 敷地は同区の大阪天満宮南東側の約129平方メートル。今年4月に購入した。コンクリート3階建てで、天満天神繁昌亭内の事務所や、近くのビルに分散していた資料室や稽古場などの機能を1カ所にまとめる。建設にあたり、三枝会長は親交の厚い安藤さんに設計を依頼。快諾を得た。

366よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/13(金) 19:09:43 ID:HK.8nYc20
万博公園で在来タンポポ健闘 5割超すエリアも
2011年5月13日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201105120168.html

 都市化によって減少傾向にある在来種のタンポポが、大阪府吹田市の万博記念公園内でひそかに幅をきかせている。独立行政法人・日本万国博覧会記念機構が初めて調査したところ、一部のエリアでは在来種が5割を超えた。約40年前に人工地盤の上に造成された公園に「自然」が復元されつつある。

 4月26〜28日に同機構が敷地内の自然文化園地区約130ヘクタールに自生する約1万株を調査。カンサイタンポポなど在来種の割合は、全体では17%だったが、自然再生に力を入れ、樹林や沼地が混在する西側エリア(約30ヘクタール)では52.4%と高かった。

 セイヨウタンポポなどの外来種は受粉しなくても種ができ、アスファルトのすき間など乾燥した土でも生き残ることが出来る。一方、在来種は昆虫が媒介して他の株から受粉しないと種ができず、湿り気のある軟らかい土地を好むため、都市化とともに駆逐される傾向にある。

 2009〜10年に府内のタンポポ約6500株を調査した大阪自然環境保全協会理事の高畠耕一郎さん(61)=吹田市=によると、在来種のタンポポは全体の31.1%。1975年は63.8%だったという。高畠さんは万博記念公園西側で在来種の比率が高いことに「自然環境度が高い証し」と話す。

 万博記念公園は、パビリオンが立っていたアスファルトの上に71年から順次盛り土をして植樹し、自然再生に取り組んできた。今回の調査を実施した同機構自立した森再生センターの池口直樹センター長は「適切に人の手を加えれば40年で十分な自然がよみがえることがわかった。人と自然とのかかわりについてぜひ、園内を歩いて見て感じてほしい」と話す。(石田貴子)

     ◇

 〈在来種と外来種の見分け方〉

 在来種は花びらの根元を包む緑色の部分がまっすぐ上を向いているが、明治以降に外国から入ってきた外来種は外側へ反り返っている。今回の調査では在来種と外来種の交雑種は外来種に含めた。

367よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/14(土) 00:18:17 ID:HK.8nYc20
安藤流 遊び心いっぱい…上方落語協会会館の概要発表
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110513-OYO1T00780.htm?from=newslist

 上方落語協会が天満天神繁昌亭(大阪市北区)近くに建設する「上方落語協会会館」について、同協会の桂三枝会長、設計を担当する建築家の安藤忠雄さんらが13日、大阪天満宮で記者会見し、概要を発表した。鉄筋3階建てで、外壁はコンクリート打ち放し。前面左側に上方の「上」をかたどった細長い窓をあしらい、内部の階段の幅は広くなったり狭くなったり。天井や背面には三角形の窓を配すなど、随所に〈安藤流〉の遊び心がうかがえる。

 安藤さんは、親交のあった三枝会長から頼まれて設計料無料で引き受けたといい、「落語は日本の誇る文化。会館づくりには非常に意義がある。喜怒哀楽を表現する落語に合わせ、〈人生いろいろ〉の迷路のような建築にした」。三枝会長は「100年先の噺(はなし)家にも残せる施設を持ててうれしい」と話した。

 延べ床面積は約250平方メートル。総工費約7000万円の見込みで、7月に着工し、来年3月完成の予定。

(2011年5月13日 読売新聞)

368よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/14(土) 04:51:33 ID:HK.8nYc20
iPS細胞なのに拒絶反応 再生医療応用に課題
http://www.asahi.com/science/update/0513/TKY201105130652.html

 さまざまな臓器の細胞にすることができ再生医療の切り札と期待されるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の応用に新たな課題が見つかった。従来は患者の細胞から作れば、移植で戻しても免疫拒絶反応は起きないと見られていたが、拒絶反応を起こす可能性があることが米カリフォルニア大研究チームによるマウスの実験でわかった。

 14日付の科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

 研究チームは、マウスの胎児の線維芽細胞から作ったiPS細胞を、まったく同じ遺伝情報になるよう操作したマウスの背中に皮下注射した。遺伝情報が同じなら体が「異物」とみなして免疫拒絶反応を起こすことはないはずだ。ところが、実験では移植した複数のマウスで拒絶反応が起きたという。

 iPS細胞の分析では免疫反応に関係する遺伝子が作製の過程で活性化された可能性があるという。

 iPS細胞は京都大の山中伸弥教授が開発した。皮膚などの体細胞にウイルスを使って遺伝子を入れる手法で細胞が神経や心臓などさまざまな臓器・組織になり得る状態にリセットできることを示した。治療への応用に向け、目的の臓器・組織にできるかや、効果や安全性の確認が課題になっている。(大岩ゆり)

369よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/14(土) 22:19:28 ID:BoHn9/Pk0
2011年5月13日
「野井成正の表現」 新たな空間創造
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/13/20110513-052735.php

 創造活動の実験空間を掲げて先月26日、大阪市北区の中之島バンクスにオープンした「中之島デザインミュージアム de sign de(デザインで)」で、開館記念展「野井成正の表現―外から内へ/内から外へ」が開かれ、斬新な展示が話題を呼んでいる。7月3日まで。

 野井成正さん(66)は、大阪出身の空間デザイナー。会場では、長さ2メートルの竹330本を天井からつるし、通り抜けるときの音を楽しむ“場”や、持ち運び可能な間伐材のシステムキット・インテリアなど従来の枠組みとは異なる空間のあり方を表現。同時に、野井さんがこれまでデザインしてきた椅子(いす)などの実物を含めた資料も展示、多彩な活動を振り返る。

 また会期中、野井さんを囲んでクリエーターが集う「たまり場」や、トークやディスカッションを行う「きづき場」なども開き、芸術領域を超えた出会いを図る。

 野井さんは「商業の中心地であった大阪は本来、デザインに関しては革新的な街。アイデアを生かす方法も進歩していた。その高い意識を、若い人たちと共有したい」と話していた。

 正午〜午後7時。無料。月曜休館。「たまり場」などの日程は同ミュージアムのホームページで。

370よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/15(日) 21:21:14 ID:H4kchipU0
林家染丸さん「寄席囃子の世界」 研究集大成を出版
2011年5月15日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110515/20110515026.html

 「子どものころから寄席ばやしが大好きだった」と、おはやしに対する並々ならぬ情熱を持ち、三味線や踊りなどにも精通する落語家、林家染丸さんが、その研究成果をまとめた『上方落語 寄席囃子(ばやし)の世界』を出版した。

 歌舞伎や寄席に幼少期から親しみ「気が付くとおはやしに魅了されていた」という染丸さん。落語と並行して三味線などの稽古にも通い、腕を磨いてきた。

 鳴り物入りの演目「はめもの」の存在など、上方落語とおはやしは切っても切れない間柄。「落語や落語家に関する書籍は多いが、自分が演奏できないことや、大したものではないという誤った見方で、誰も触れたがらなかった」という、上方落語とともに発展してきた寄席ばやしを研究し、まとめることを決めた。

 同書では、歴史や譜面、音源などを網羅し、後世へ寄席ばやしを継承できるよう努めた。三味線譜やCD4枚に収めた音源、解説などの3分冊で、おはやし文化が深く理解できる内容に仕上がっている。

 「おはやしに無関心なのは、上方落語の衰退につながる。落語とともにおはやし文化も愛してという気持ちを詰め込んだ」と胸を張る。「落語家ならではの目線で読み物としても楽しめるし、楽器をたしなむ人なら楽譜を見て三味線も弾ける。CDで寄席の雰囲気も楽しめる」と見どころを訴える。

 創元社刊。B5判、上製、3分冊、箱入り(分売不可)。解説192ページ、譜面192ページ、CD計5時間半。定価1万8900円。同書の出版を記念し、よしもと祇園花月(京都市東山区)で初の落語会「よしもと祇園花月落語競演会」を29日に開催する。

 問い合わせはナビダイヤル(0570)036912、チケットよしもとへ。

371よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/16(月) 19:47:37 ID:YYZfq7mQ0
■大阪大学 新入生にマイ○○○配布
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110516175700456619.shtml

 大阪大学では、環境を意識した取り組みの一環として新入生たちにある「モノ」が配られました。

 ごみを減らすだけでなく、お金の節約もできるというそのモノとは?

 新入生がひっきりなしに引き換えにやってくるのは…

 大阪大学のロゴが入ったオリジナルのステンレスボトル。

 大阪大学の豊中キャンパスでは、この春入学した学生を対象に水筒を無料で配布するキャンペーンが行われました。

 この水筒を「マイボトル」として使ってもらい、学生たちに環境への意識を高めてもらおうという狙いで大学側が去年から始めた取り組みです。

 この水筒を持っていると、食堂にある通常30円のミネラルウォーターが無料で飲み放題に。

 来月18日までですが、学生からは人気のようです。

 「こっちのほうが安くてゴミも出ないんでいいですね」(男子新入生)
 「ペットボトルを毎日買うより経済的かな。冷たいままとか温かいまま持ち運べるんで重宝しています」(女子新入生)

 大学側が学生を対象に行なったアンケートによりますと、水筒を配布してからペットボトルの購入量が減少する傾向がみられたということで、阪大は来年以降も続けていきたいとしています。
(05/16 19:08)

372よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/16(月) 23:26:54 ID:YYZfq7mQ0
2011年5月16日
【四季彩々 劇団四季】(17)クレイジー・フォー・ユー
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/16/20110516-052821.php

 日本全国に演劇の感動を届けたい―。四季が創立以来掲げる理念です。そして、それを体言する活動が、全国ツアー公演。北海道から沖縄まで、街々の公共ホールにお邪魔し、公演を行っています。

お待ちかね!超人気作品

 昨年は、6作品、合計800回以上の上演を実施しました。年間公演回数(全国公演分+四季専用劇場10カ所分の総計)は約3700回、全体の2割以上を占める計算です。

 一都市一都市を巡るツアーは、ロングラン体制を敷く各地拠点劇場の公演に比べて、物理的な制約が大きいもの。ですから、その公演スタイルで、これだけの回数を重ねるためには、複数の作品を同時並行で、かつ断続的に上演しなくてはならないのです。

 日本では、日々、必ずどこかで四季の公演がある。そう思っていただいて間違いはありません。

 さて現在の全国公演は、ミュージカル2作品。今回はその一方、6月に関西地区上演も控える『クレイジー・フォー・ユー』をご紹介させていただきます。

 この作品は、数ある四季のレパートリーの中でも、「最高にハッピーなミュージカル」との呼び声が高いブロードウェー作品です。

 1992年初演時には、「ロンドン発信の作品に押されていたブロードウェー(当時は『キャッツ』や『オペラ座の怪人』に代表されるロンドン産ミュージカルの勢力に押されていました)に、本場の威信を取り戻した起死回生の作品」とも言われ、そのパワーたるや圧倒的なものがあります。

 ストーリーはずばり、古き良き時代のアメリカを舞台にした「ボーイ・ミーツ・ガール」。そこに、「アメリカ音楽の魂」であるガーシュウィンの名曲と、タップダンスを中心とした斬新なダンスナンバーが加わります。まさにミュージカルの醍醐味(だいごみ)が存分に詰まった作品といえるでしょう。

 関西地区では、6月下旬に、大阪狭山(大阪)、姫路(兵庫)、近江八幡(滋賀)の3都市で上演が行われます。ご覧いただければ、必ず幸せな気持ちに。そして、明日を生きる力が湧いてきます。ぜひお近くの劇場に足をお運びください。(劇団四季広報担当)

メモ 
 『クレイジー・フォー・ユー』は1992年ブロードウェー初演。四季初演は93(平成5)年で、人気レパートリーのひとつとなっている。現在、全国巡演中。関西地区公演は以下の通り。大阪狭山(SAYAKAホール大ホール 電話072・365・8700)6月23日(木)午後6時半。姫路(姫路市文化センター大ホール 電話079・298・8014)6月26日(土)午後6時半。近江八幡(近江八幡市文化会館大ホール電話0748・33・8111)6月26日(日)午後6時。料金は各地で異なる。詳細は、各会館まで。

373よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/16(月) 23:30:13 ID:YYZfq7mQ0
31日から大阪府大公開講座
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/16/20110516-052810.php

 大阪府立大学は31日〜7月1日に公開講座を中之島サテライト(大阪市北区、中之島図書館別館)で開講する。公開講座は「英詩の世界へようこそ―夏の歌」(31日、6月7、14、21、28日)と「江戸期庶民家族の生と死と」(6月3、10、17、24日、7月1日)の2講座(各5回)。時間はいずれも午後2時〜3時半。定員60人。受講料は1講座2千円。

 申し込みは(1)講座名(2)名前(ふりがな)年齢(3)郵便番号・住所(4)電話番号―を書いて往復はがきかEメールで〒599―8531 堺市中区学園町1番1号、大阪府立大学地域連携研究機構生涯教育センター「中之島サテライト公開講座」係(電話072・254・9942)へ。20日必着。

374よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/17(火) 19:51:23 ID:/pXicHq.0
北浜のカフェバー、中央公会堂で「ウクレレ・ピアノ発表会」−教室生徒が出演
http://umeda.keizai.biz/headline/1057/

 北浜のビジネス街に店を構えるアンソリットギャルリー&カフェバー「フレイムハウス」(大阪市中央区淡路町1、TEL 06-6226-0107)が主催する「ウクレレ・ピアノ発表会」が5月15日、大阪市中央公会堂(北区中之島1)で行われた。

 アンティークな家具や昭和のポスターなどで飾る1階でカフェバーを営業、2階のフリースペースではウクレレ・ピアノ教室や個展などを開いている同店。店主の岩崎ミサ子さんが「ウクレレを弾けるようになりたかった」ことから、客として来店していた音楽事務所「スウィートストリングス」代表の松井朝敬さんに講師を依頼。2000年にウクレレ教室が始まり、現在は約20クラスになるまで生徒が増えた。

 教室には20〜70代の幅広い層が通い、3〜10人のグループレッスンをそれぞれ月2回行う。「講師はプロの演奏家で、ウクレレといえばハワイアンだが、ジャズ、ポップス、ラテン、クラシックなどバラエティーに富んだ選曲やアレンジが、ほかにない魅力では」と岩崎さん。ピアノはハモンドオルガン・ピアノ奏者の建部さと子さんが受け持ち、月1回のレッスンを行う。

 発表会当日、2005年から会場として使っている大阪市中央公会堂では延べ116人が出演。落語家・桂蝶六さん司会の下、そろいの衣装や振り付けなどそれぞれが趣向を凝らしたアットホームな発表会を繰り広げ、最後は初心者の課題曲「L-O-V-E」を全員で演奏した。

 2回目の出場で、男性8人でグループサウンズメドレーを演奏したチェリーボーイズリーダーの金升忠男さん(48)は「メンバーの休みが合わず、全員で集まることができなくて演奏の仕方や振り付けを共有するのが難しかった。前日に決めた振り付けをやりこなすのが精いっぱいで、本番の演奏はあまり覚えていない」と振り返る。発表会を終えた岩崎さんは「皆さんに喜んでもらってよかった。昔習っていた人が見に来てくれるなど、同窓会的なイベントにもなっていて意義がある」と話す。

 初心者クラスは年4回募集。次回は7月から始まる水曜18時〜、21時〜の2クラスで、20人を募集する。受講料は全6回で1万7,000円。問い合わせは同店まで。

375よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/17(火) 19:56:17 ID:/pXicHq.0
2011年5月16日
洋舞部門の新人賞決まる なにわ芸術祭
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/16/20110516-052832.php

 第48回なにわ芸術祭の洋舞部門の新人コンクールを兼ねる「全日本洋舞協会合同公演」(産経新聞社など主催)が15日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで行われた。バレエとモダンダンスの融合を目指す協会所属の15団体が、創造性あふれるダンスを披露した。新人賞の受賞者は次の通り。(敬称略)

 舞踊作家部門=堤靖子(48)=奈良市西登美ケ丘▽ダンサー部門=森田玲子(24)=神戸市中央区

376よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/17(火) 20:38:14 ID:/pXicHq.0
2011年5月17日
関西外大短大部 50歳からの留学コース新設
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/17/20110517-052860.php

 大阪府枚方市の関西外国語大学短大部は、平成24年度特別入試に50歳以上(4月1日現在)を対象にした「50歳からの留学コース」を新設する。

 入学試験は書類選考、面接、小論文。日程は特別入試前期日程(10月)と一般入試後期日程(3月)の2回。学費は半額免除で61万円。希望者は短期海外留学に参加できる。

 資料請求、問い合わせは入試部(電話072・805・2850)。

377よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/18(水) 19:30:53 ID:HSDAGjbA0
医療の現場は綺麗事だけではない大変に厳しい現場でしょうが、しっかりと励んで頂きたいものです。


39人、厳粛に戴帽式 豊中看護専門学校
2011年5月18日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110518/20110518020.html

 大阪府豊中市上野坂2丁目の豊中看護専門学校(清原久和校長)で12日、1年間の基礎学習を終えた看護学科の2年生39人の戴帽式が行われた。厳粛な雰囲気の中、学生たちが看護師の象徴である看護帽をかぶせてもらい、ナイチンゲール像から火を受け取り、誓いの言葉を述べた。

 式は、これから医療現場などで実習を行う2年生を対象に、あらためて看護の意味を考えてもらうために行われる伝統行事。近代看護教育の生みの親であるフローレンス・ナイチンゲール(1820〜1910)の誕生日(5月12日)にあたる「看護の日」の時期に合わせて毎年行っている。

 式では高さ約1メートルのナイチンゲール像が持つろうそくに火がともされ、学生たちが同校の柏戸弘子副学長らから真新しい看護帽をかぶせてもらった。続いてナイチンゲール像からそれぞれが持つ燭台(しょくだい)のろうそくに「愛の灯」を移し、全員で「誓いの言葉」を述べた。

 増田千紘さん(19)は「小さいころに憧れた優しい看護師になれるよう、これからも努力したい」と話していた。

378よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/18(水) 22:12:32 ID:HSDAGjbA0
2011年5月18日
大阪府内33人予選通過 産経民謡大賞茨木会場
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/18/20110518-052904.php

 7月30、31の両日にサンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田)で開かれる「第46回産経民謡大賞」の出場権をかけた予選会(茨木会場)が、茨木市の福祉文化会館・オークシアターで開かれ、大賞、壮年、健声、少年少女の各部門で48人が予選を通過した。府内の予選通過者は次の通り。(敬称略)

 【大賞の部】酒井典子、中島豊、山内久子、大黒恵子(以上大阪市)吉田美樹(東大阪市)小林成芳(大東市)松田美枝(門真市)口野楓奈(大阪狭山市)

 【壮年の部】吉見武志、小南ヨシ子、小越吉枝、門脇もと恵、直井千鶴子、藤井たつ子(以上大阪市)水野好明(堺市)野村麗子(八尾市)楠谷早苗(守口市)藤野芳子(東大阪市)西野ひとみ(寝屋川市)池田通代(豊中市)中山しげ子(吹田市)

 【健声の部】酒井一馬(大阪市)奥野安子(八尾市)岡田昭美(守口市)福本信子(交野市)荒崎晄一、三宅尚義(以上柏原市)

 【少年少女の部】湊範章、古谷彩夏、内田明里、森一真、上甲弓華、折島悠月(以上大阪市)

379よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 20:13:38 ID:P7bAtr1M0
新・三枝の楽屋へいらっしゃ〜い!:笑いの迷路へご案内
http://mainichi.jp/kansai/sanshi/news/20110520ddf012070034000c.html

 「お久しぶりに楽屋にいらっしゃーい!」

 再開です。まだまだ東日本大震災の復旧・復興は先の話です。福島第1原発は収束どころか、ますます危ない状況になっている感じですし、それに呼応してか最近やたら暗いニュースが多いです。

 周りにも「なんだか最近眠れない」って人増えました。

 久しぶりに再開したのをきっかけに、私のコラムは今までと雰囲気を変えて笑っていただける面白い話満載で行こうかと。ちょっとでも、皆様に笑いで元気になっていただきたいのです。

 先日、念願だった上方落語協会会館建設の記者会見がありました。設計は日本で、いや世界で最も多忙な建築家、安藤忠雄先生です。記者から「何部屋ですか?」と聞かれて先生「何部屋か……分からんなあ、一つにつながってるからなあ、とにかくビルの中で道に迷うような設計にしました。落語家って、みんな、迷ってるからねえ」。

 これはお見事でした。少なくとも私はああだ、こうだと迷いながら創作落語に到達し、今でも迷いながら演じているのですから。

 最近の若い人は敬語、丁寧語が苦手です。先日、私の一番若い弟子が「師匠、エレベーターが来られました」と言ったので、「アホ、エレベーターに敬語を使うな! もう一度言い直し!」

 「はい、師匠、エレベーターが来たで!」

 怒る気も失(う)せてしまいました。

 ある会館で独演会があった時、最寄りの駅から乗ったタクシーの運転手さんが、私が乗ってると知らずに「今日、落語会で三枝が来るんだよ」と言ったので、私が「運転手さんも行くんですか?」と聞けば、運転手さん即座に「興味ねえ!」。あっさり、言われました。(上方落語協会会長)=隔週金曜に掲載します

380よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 20:27:17 ID:P7bAtr1M0
医療ツーリズム 阪大が通訳養成
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110520-OYO1T00652.htm?from=newslist

 先端医療で外国人旅行者を呼び込む医療ツーリズムが注目される中、大阪大は、外国人患者が診断や治療の正確な情報を得る手助けをする医療通訳養成コースを今春、始めた。大学が医療通訳の教育に本格的に取り組むのは全国初だ。

外国人に安心を
 対象は英語と中国語で、大学院の各研究科が協力して設置。外国人が日本で医療を受ける場合の問題点などの総論をはじめ、医学や意思の伝達法など専門知識を幅広く学ぶ。各研究科の単位として認定され、コースの修了書が発行される。

 必修選択科目には医学系研究科の「がんの病態生理学」や「臨床医学概論」、言語文化研究科の「通訳翻訳学」などが並ぶ。秋には、全米医療通訳協議会から専門講師を招いた5日間の集中講座を実施。外国人患者の民族的背景や倫理規定を学び、発言を区切りながら通訳する能力を磨く。実際の場面を想定して行う訓練など実践的な教育を行う。

 初年度は25人程度が受講する。修士1年の鹿島実夢(みむ)さん(24)は「ペルーへの留学から帰国し、日本語ができない国内の日系ペルー人に何か支援ができないかと考え、医療通訳に興味を持った。精神的な不安や経済的な問題にも対応することが必要だと思う」と話す。

 現在、医療通訳には公的な資格はなく、民間の語学学校やNGOで養成講座などを受けた人らがボランティアや低額の報酬で行っている。大学では、経済産業省が昨秋、東京外国語大に委託して4か月間、一般向けの養成講座を開催。愛知県立大は在日ブラジル人労働者らを助ける目的で社会人向け講座を開いている。

 取り組みについて、経産省は「命にかかわる場面もあるだけに、外国人患者と医師の仲介は重要な仕事。実践訓練もあり総括的なコースで画期的だ」としている。

 NGOなどでつくる医療通訳士協議会会長も務める中村安秀・阪大教授(国際協力学)は「各分野のプロが講義を提供できるのは、総合大学だからこその利点。質の高い医療通訳を育てたい」と抱負を語る。

(2011年5月20日 読売新聞)

381よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 21:15:44 ID:P7bAtr1M0
本が好きな大阪、教養溢れる大阪らしいニュースです。


2011年5月20日
キタの書店進化中 カフェで グッズで 戦って 
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/20/20110520-053026.php

 日本最大の書店が昨年オープンするなど、書店“激戦区”の大阪・梅田で、ユニークなアイデアで客を取り込もうとする店舗が相次いでいる。隣接のスターバックスコーヒーで購入前の本が読める書店や、本に紹介されたグッズを雑貨店のように陳列した店…。書店の“進化”はどこまで続くのか―。(横山由紀子)

 今月、大阪ステーションシティに開業した専門店街「ルクア」には、三省堂書店とスターバックスコーヒージャパンが連携した「ブック&カフェ」が登場。コーヒーを飲みながら、購入前の書籍を3冊まで持ち込むことができ、専用の返却台も用意。「ゆっくり本を選べるスペースを提供することで、特色を出しています」と、同書店ルクア大阪店の加納淳一店長。

        ■  ■  ■
 
 フライパンにソース、自転車…。先月オープンした商業施設「NU chayamachiプラス」内の書店、スタンダードブックストア茶屋町は雑貨店のようだ。本の中身とリンクする商品を並べて売り上げの相乗効果を狙う。同店は全国最大の売り場面積約6800平方メートルを誇るMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店のすぐそばにあり、徹底した差別化で対抗する。

 三省堂書店ルクア大阪店でも宝島社の提案で、ミリオンセラーのブランドムック(付録付き本)のアイテムを、洋品店のように演出した「書店内書店」がお目見え。ローラアシュレイなどの付録バッグを飾り付け、大型ミラーも用意している。

 「女性たちがバッグを見るために立ち寄って、本体の書店にも足を運んでもらっています」と、宝島社マーケティング本部広報課の宮部ゆかりさん。全国の書店から“出店”の依頼が殺到しているという。

        ■  ■  ■
 
 「この一冊で人生が変わりました」―。読者が、観客の前で本の魅力を熱く語り、その観客が読みたい本を選ぶ書評合戦「ビブリオバトル」。ゲーム性を取り入れた新しい書評スタイルで、21日に紀伊國屋書店梅田本店で開催される。

 ビブリオバトルの考案者は、立命館大学情報理工学部准教授の谷口忠大さん。研究室の輪読会に閉塞(へいそく)感を感じ、「いい本に出合える仕組みを」と、学生たちとの間で生まれた。

 谷口さんは、「人前で本の魅力をプレゼンテーションすることで、人とコミュニケーションを図り絆を強めることもできる」と話す。

 こうした書店の変化について関西ウォーカーの玉置泰紀編集長は「店舗数が増え、さまざまな趣向を凝らした書店が登場することは客側にとって本へのアプローチがしやすくプラスになる。書店がサロンのように交流の場、文化発信の場として進化していくことも意義深い」としている。

382<削除>:<削除>
<削除>

383よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 22:07:32 ID:P7bAtr1M0
売却が決まった精華小学校で校舎見学会−田中公平さんの音楽ライブも
http://namba.keizai.biz/headline/1842/

 売却準備のため、3月末をもって一般への供用が終了した、なんば駅近くの旧・精華小学校(大阪市中央区難波3)で5月22日〜24日、「校舎見学会」が行なわれる。

 同見学会は、同小学校の卒業生で建築士の分田よしこさん(STUDIO WAKEDA代表)が中心となり運営する「精華小校舎愛好会」(南船場2)の主催。1929(昭和4)年に竣工し、1995年に廃校となった同校舎について、昨年9月から今年3月まで月1回のペースで、建築の専門家や同校の卒業生などを招き、勉強会を行ってきたほか、不定期に校舎見学会を開いてきた。

 校舎見学会では、小学校の講堂や、併設されていた幼稚園の遊戯室などを分田さんの説明とともに見学する。22日の見学会のみ、難波・心斎橋かいわいを歩く「まち歩きツアー」の一部として行なわれる。

 開催時間は22日=9時45分〜11時45分、23日・24日=14時30分〜16時。定員は各40人で、参加費は22日=1,000円、23日・24日=500円。事前申し込みが必要で、氏名、住所、電話番号、卒業年(同校卒業生の場合)、希望の見学日を書き、info@seika373.comまたはFAX 020-4668-0277まで。

 22日には、同小学校の卒業生で「アニソン界の巨匠」として知られる作曲家の田中公平さんの音楽ライブ「田中公平 ライブ・イン・ミナミ」も行なわれる。田中さんは大阪ミナミの戎橋出身で、「キン肉マン」「ドラゴンボール」「機動武闘伝Gガンダム」「ONE PIECE」などの音楽を手がける。

 当日はジャズアレンジしたアニメソングを披露する。会場は「グランドキャバレー・ミス大阪」(千日前2)。開催時間は14時〜。料金は前売り=4,500円、当日=5,000円。詳細は精華小校舎愛好会のホームページで確認できる。

384よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 22:14:24 ID:P7bAtr1M0
2011年5月20日
墨の濃淡生み出す美 「日本の書展関西展」始まる
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/20/20110520-053009.php

 団体や会派を超えて、巨匠から新進作家まで全国の書家の作品を集めた「第39回日本の書展関西展」(全国書美術振興会、産経新聞社主催、日本書芸院協賛)が19日、大阪市北区中之島の大阪国際会議場3階イベントホールで始まり、訪れた書道ファンが、墨の濃淡や巧みな筆遣いが生み出す美を堪能した=写真。22日まで。

 関西展では、文化勲章受章者で日本芸術院会員の杉岡華邨氏や、文化功労者の高木聖鶴氏のほか、今井凌雪氏、尾崎邑鵬氏ら現代書壇の巨匠をはじめ、近畿、中国、四国在住の新鋭作家まで計1242点の作品を展示。このあと名古屋、東京、福岡を巡回する。

 入場無料。午前10時〜午後5時(最終日の22日は午後4時まで)。

385よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/20(金) 22:35:53 ID:P7bAtr1M0
第16回OASIS(オアシス)

http://www.reijinsha.com/event/oasis.html

第16回  OASIS 2011
名  称  大阪 第16回オアシス2011
      パリ OASIS in Paris 2011

会  期  大阪 2011年5月20日〜22日
      パリ 2011年7月1日〜3日

会  場  大阪 OBPツイン21アトリウム (大阪・京橋)
      パリ パレ・デ・コングレ/ パリ・ホール
      (パリ・ポルトマイヨー)
 
主  催  オアシス実行委員会
共  催  パリ フランス芸術家協会(ル・サロン)
後援予定  大阪 文化庁/大阪府/大阪市/NHK/在京都フランス総領事館/モナコ政府観光会議局/
         大阪ユネスコ協会/ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会/
         アンバサド・アンテルナショナル・デザール/A.M.S.C.(申請中含む)
      パリ ユネスコ・パリ本部/テーラー財団/A.M.S.C.(申請中含む)

運  営  株式会社 麗人社
総合監修  クリスチャン・ビエ
      ミッシェル・キング
      アルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ・ゴンサレス
      長谷川栄
      中野中

386よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/21(土) 19:50:10 ID:BWd4ac5c0
2011年5月21日
「童謡画展」で復興支援 大阪・天王寺区のギャラリー
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/21/20110521-053044.php

 画家や書家、音楽家、童話作家ら全国の芸術家が童謡をテーマに創作した絵画や自著などを持ち寄って販売し、その収益金を東日本大震災の復興支援にあてようという「童謡画展」が大阪市天王寺区のギャラリー・ピネで開かれている。31日まで。

全国の芸術家と「大阪を描こう会」メンバー

 ハーモニカ奏者で上本町童謡サロン代表のもり・けんさん(60)が、「大阪を描こう会」代表の熊谷晃一さん(76)に相談し、今秋の絵本原画展の開催に向け準備を進めていたところ、震災が発生。「復興支援に何かしたい」という絵本作家らの声を受け、もりさんが全国に呼びかけたところ、約80人が、童謡「ぞうさん」などをテーマにしたオリジナル作品を提供。また「大阪を描こう会」のメンバー25人も参加し、計140点が集まった。

 もりさんは「子供たちの心の復興に、懐かしく、楽しい童謡が果たす役割は大きいと思います」と話している。収益金は全額、義援金として寄付される。

 22日午後2時からはもりさんのハーモニカと琵琶演奏のジョイントコンサート、27日午後2時から童謡コンサートを開く。入場無料。午前11時から午後6時半(最終日は午後5時)。水曜定休。問い合わせは大阪を描こう会事務局(電話06・6772・0879)へ。

387よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/21(土) 19:51:27 ID:BWd4ac5c0
2011年5月21日
大阪市立大 「上方文化講座」の受講者募集
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/21/20110521-053042.php

 大阪市立大学は、文楽「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」を3日間の集中講座で研究する「上方文化講座」の受講者70人を募集する。

 講義は8月24〜26日の午前9時半〜午後4時に大阪市立大学学術情報総合センター(大阪市住吉区、JR杉本町駅下車)で行う。

 申し込みは住所、氏名、電話番号、受講の動機(400字程度)と返信用はがき(住所、氏名を記入)を封書で、〒558−8585(住所不要)大阪市立大学文学部事務室「上方文化講座」係へ。7月26日必着。

388<削除>:<削除>
<削除>

389よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/21(土) 23:07:41 ID:BWd4ac5c0
オリジナルの世界へ 「全大阪きりえ美術展」開幕
2011年5月21日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110521/20110521022.html

 府内外の切り絵愛好者の作品を一堂に集めた「第34回全大阪きりえ美術展」が20日、大阪市中央区のエル・おおさか9階ギャラリーで始まった。25日まで。

 約100点の作品を展示。山村の民家や国内の観光地をはじめ、スイスなど海外の町並みを切り取った作品が並ぶ。オーソドックスな白黒2色のほか、和紙を使ったカラフルな作品も多い。

 1970年代後半から、子育てを終えた女性を中心に一般的な趣味として広がってきたとされる切り絵。主催した全大阪きりえ連絡会には府内10サークルが加盟し、個人も含めて愛好家は約200人とされる。会場を訪れた人たちは「きれい。まるで版画のよう」と感心した様子で見入っていた。

 全大阪きりえ連絡会の近藤好幸さんは「切り絵は誰でも手軽にできる。出来上がった時の意外性が面白いし、制約がないので自分オリジナルの世界で作れる」と切り絵の魅力を話していた。

 入場無料。午前10時〜午後6時(最終日は午後3時まで)。

390よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/21(土) 23:10:01 ID:BWd4ac5c0
役者は地域住民 “町内会映画”を上映
2011年5月21日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110521/20110521023.html

 地域住民が製作の全てに参加する“町内会映画”の作品「ジャマーダ」が、地元・平野で一般公開された。東日本大震災の義援金を集めようと開かれ、提案した同作品監督のTOYOKIさん(43)=大阪市平野区=は「町の人が作ったからこそ人が来てくれる」と、住民参加型映画から広がるさまざまな可能性を実感している。

 TOYOKIさんは、“草の根”から大阪を映画製作のまちとして発信していこうと活動。「ジャマーダ」もその一環で、“町内会映画”と銘打ち、昨年にはNPO法人主催のイベントで試写上映した。

 今回は、東日本大震災の被害を踏まえ、「作品を通して何かできるのでは」と関係者で検討。追加撮影や再編集を経た公開版を用意し、入場料を全額義援金に充てることにした。

 平野区平野本町4丁目の全興寺で行われた上映会には、次々と住民らが来場。出演者やロケ地の店舗関係者らも訪れた。「バーのママ」役で出演した歯科医師の福井輝子さん(50)は「映画に出られるのは恥ずかしいけどうれしかった」と愛着たっぷりに上映会を楽しんでいた。

 TOYOKIさんは「上映会で人を集めようと思えば、通常は有名な監督が呼び掛けないとなかなか難しい。自分たちで作ったからこそ来てくれる」と、住民参加型映画による社会貢献を喜んでいた。

 ジャマーダは、闇社会にまきこまれる3人の男の悲哀を描き、ロケ地と内容との関連性はなかったが、「いずれは平野の町を舞台にした作品を撮りたい」とTOYOKIさん。

 住民参加型映画で広がる可能性の一つに「人とのつながりづくり」があり、映画製作を通して年齢性別を問わず友人の輪が広がっているという。「人と関われるのも映画製作の楽しさ。今後もさまざまな可能性に挑戦していきたい」と意欲を見せていた。

391よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/21(土) 23:21:16 ID:BWd4ac5c0
南堀江のギャラリーで戦後日本の現代美術展−「具体美術」中心人物の作品も
http://namba.keizai.biz/headline/1841/

 南堀江の現代美術ギャラリー「TEZUKAYAMA GALLERY(テヅカヤマ・ギャラリー)」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6534-3993)で5月17日、企画展「Made in Japan −日本の現代美術−」が始まった。

 同展は、同ギャラリーが保有するコレクションの中から、戦後日本の現代美術に焦点を絞ったもの。白髪一雄さん、元永定正さん、吉原治良さん、山田正亮さん、草間彌生さん、村上隆さん、奈良美智さん、ヤノベケンジさん、名和晃平さん、森山大道さん、杉本博司さんの作品、17点を展示・販売する。

 1960年代〜70年代にかけて大阪で起こった美術活動である「具体美術」の中心人物だった吉原さんの作品「円」や、吉原さんに影響を受けた白髪さん、元永さんの作品はいずれも抽象的なもので、「ここ5年ぐらいで再評価されているが、かなりの作品がヨーロッパなど海外に出て行ってしまっている」(同ギャラリー・オーナーの松尾良一さん)という。

 森山さんの作品は、モノクロ写真をキャンバスにシルクスクリーン印刷し、ダイヤモンドダストを貼り付けた珍しいもの。そのほかヤノベさんの「ミニ - トらやん」や、奈良さんの作品など、現在も精力的に活動を続ける作家の作品も展示する。

 松尾さんは「表現スタイルのオリジナル性が確立されており、その時代ごとに評価されている人の作品を選んだ。良いものは古びないし、日本からこれだけ良い作品が出ていたんだということを見てほしい」と話す。

 営業時間は11時〜19時。日曜・月曜定休。入場無料。6月24日まで。

392<削除>:<削除>
<削除>

393よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/22(日) 09:26:58 ID:BWd4ac5c0
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/event/

◆山本恭子日本画展
 25日まで、高槻市紺屋町、大丸松坂屋高槻店4階美術画廊(072・684・6627)。繊細な感性で描いた花や小動物約30点

◆今井康夫写真展「それぞれの道〜俳優座養成所卒業生たちのいま〜」
 27日まで(24日休廊)、大阪市北区梅田3、キヤノンギャラリー梅田(06・4795・9942)。俳優座養成所卒業生の仕事場や暮らしの現場を訪ね、卒業生たちの“いま”を撮影したモノクロ写真約120点

◆澤田勝行展「紀伊国小夜曲(キノクニセレナーデ)」
 27日まで、大阪市北区梅田2、ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階 大阪ニコンサロン(06・6348・9698)。紀伊半島の町、駅や電車、そこで暮らす人のモノクロ写真約40点

◆隣人たち
 28日まで(24日休廊)、大阪市中央区大手通1、The14th.moon(06・6943・5892)。アクリル画、陶による立体作品約40点

◆こころに春の花開く ウスルングイ彩墨展
 25〜30日、大阪市北区西天満2、マサゴ画廊(06・6361・2255)。約30点

394よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/22(日) 09:28:19 ID:BWd4ac5c0
コンサート情報
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/event/

◆NESSO“WITH”コンサート
 大阪市北区、曽根崎署地階の府警コミュニティープラザ。カッコ内は出演者(敬称略)。 ◇24日午後4時、ピアノ(西野純一)◇25日午後3時、ピアノと歌(ソアーヴェ)◇27日午後4時、安全・安心まちづくりミニコンサート(府警音楽隊)◇28日午後2時半、童謡・唱歌(NESSO歌声広場)。同日午後2時10分、府警・生活安全指導班による防犯教室も


◆神奈川馬匠和太鼓コンサート「森羅万象〜木火土金水〜」
 23日午後6時半、一心寺シアター倶楽(JR天王寺駅)。日本の風景・自然・歴史をテーマにした演奏と映像との合作コンサート。当日4000円。申し込みは、一心寺シアター倶楽(06・6774・4002)

395nakano-shima★:2011/05/22(日) 15:23:05 ID:???0
大学発特許の「権利移転」、大阪大が首位 医療・素材など事業化意欲強く
共同出願は東北大、トヨタが首位 特許分析会社が初調査
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE0EAEAEBEAE3E6E2E0E2E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6
(1/2ページ) 2011/5/21 7:00


 特許分析を手がけるパテント・リザルト(東京・台東、白山隆社長)が大学や技術移転機関(TLO)を対象に算出した「名義変更・権利移転ランキング」で、大阪大学が首位となった。特許の審査過程で出願人の名義が大学から他者に変更されたり、特許権利化後に権利移転(技術移転)が行われた件数を集計したもので、大学が生み出した技術が産業界で活用されている度合いの目安となる。私立大学では10位に慶応義塾大学が入った。大学と企業が特許を共同出願するケースも多く、大学では東北大学、企業ではトヨタ自動車が最も活発に取り組んでいた。

 1993年以降に公開された特許を調べた。同ランキングの作成は初めて。1位の大阪大学はこれまで109件の特許を企業などに名義変更したり、権利移転した。他者(企業、団体など)から大阪大学への名義変更や権利移転は11件だった。

 大阪大学の特許出願件数は1443件で、東北大学の2023件、東京工業大学の1923件などに比べて少ないが、大学が創出した技術を企業などが取得し、事業化に活用されていることが分かる。

 パテント・リザルトは「名義変更や権利移転された特許の中身を詳しく見ると、阪大は審査請求に至る前に申請を取り下げたり、審査で新規性がないとして拒絶査定になったりした件数が非常に少ない」(荒木則夫執行役員)と指摘する。取り下げとは、いったん申請したものの技術が活用される見込みが少ないと判断し、費用を要する審査請求をあえて行わないケースを指す。阪大の場合は、大学側の権利化意欲の強さや、技術の中身の質の高さがうかがえる。

 109件の技術分野を特許庁の技術単位ごとに見ると「生命・環境部門」の「医療」が18件、「物理部門」の「材料分析」が12件などだった。例えば医療分野では「リンパ管新生促進剤」に関する特許を、大阪大学寄付講座教授が創業したベンチャーで東証マザーズ上場の遺伝子医薬品研究開発、アンジェスMGに権利移転している。

 また「半導体機器」(9件)や「有機化学」(8件)分野では「(電力制御用のパワー半導体デバイスとしても用いられる)チタンシリコンカーバイド基板上のオーミック電極形成方法」や、排ガス浄化用触媒に応用できる「アミジン―カルボン酸錯体」に関する複数の特許がトヨタ自動車に名義変更されている。

396nakano-shima★:2011/05/22(日) 15:24:35 ID:???0
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE0EAEAEBEAE3E6E2E0E2E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;df=2;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6

 3位には東京工業大学が入った。「半導体機器」(12件)や「無機化学」(9件)、「有機化学」(8件)分野でキヤノンや東洋紡、旭化成せんい、東レ、ユニチカなど多くの企業に名義変更や権利移転を行っている。

 研究資金が豊富な国立大が上位を占めるなか、私大の最高ランクは慶応義塾大学の10位だった。「材料分析」(8件)などの分野で大学発の技術が事業化に生かされている。

 大学やTLOからの名義変更や権利移転先として件数が多い企業上位3位は、がん治療薬開発で東証マザーズ上場のオンコセラピー・サイエンス、パナソニック、トヨタ自動車の順だった。

 またパテント・リザルトは大学やTLOが企業と行う共同出願の状況についても初めて分析した。

 それによると企業との共同出願が最も多いのは東北大学で、2位が東京大学、3位は京都大学と続いた。企業側ではトヨタ自動車が549件でトップ。2位はNTTの266件、3位は三菱化学で242件だった。

 パテント社によると、京都大学はNTTと移動無線通信の分野での共同出願が多い。また有機EL関連技術や強化プラスチック材料などに関しても共同出願が目立つ。東大の場合は車両用のサスペンションや電気自動車、ナビゲーションなどについてトヨタ自動車と共同出願しているほか、日産自動車とは自動車向け塗料やコーティング材に関する共同出願が多い。

 文部科学省によると、大学や高等専門学校などの特許出願件数は2009年度に前年度比7%減少した。大学と民間企業との産学連携は、ライフサイエンスやナノテクノロジー・材料、環境の各分野で伸びが目立つものの、リーマン・ショック後の経済不況を受け停滞気味だ。経費の見直しや削減を急ぐ企業は、大学発の研究成果や特許などの知的財産権を活用した事業化においてもプロジェクトを厳選する傾向を強めている。

 大学は必ずしもビジネスに直結したテーマのみを扱っている訳ではないが、エネルギーや環境、生命工学など中長期的な時間軸で社会の課題解決につながる研究も多い。これらの研究成果を企業や社会のニーズに合った形でどう生かしていくのか、大学にはこれまで以上に技術移転と事業化を進めるための知恵が求められている。

【調査の方法】1993年以降に公開された特許公報を基に「公報発行時の出願人」と「経過情報に基づいた権利者(出願人)」の変動分を調査した。「各大学・TLOから他者(社)へ」および「他者(社)から各大学・TLOへ」と名義変更・権利移転した件数を集計した。TLOに関しては、名義変更や権利移転の対象が大学や研究機関というケースが全体の3割程度を占める。
 共同出願状況は、大学と企業や個人の共同出願人数の総数を算出、ランキング化した。

(産業部 高橋香織)

画像:医療分野では多くの特許が企業に権利移転している(移転先企業首位のがん治療薬開発会社、オンコセラピー・サイエンス)

397よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/22(日) 18:34:29 ID:aZWKqE4g0
金属のギター部品発明 伸びやかで 力強い音実現
2011年5月22日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110522/20110522038.html

 銅板や真ちゅう板を使ってオブジェなどを制作している東住吉区のメタルアーティスト、アキコ伊達さんが、アコースティックギターの音色を力強く伸びやかにする部品「オーロラウェーブサドル」を発明した。

 あまり使ったことのなかった種類の金属について勉強しようと、昨年3月に「金属材料工学セミナー」に参加。東北大の教授による金属ガラスをテーマにした講演を聞き、「電球がつくように」ギターの部品を金属でつくることをひらめいた。

 製作したのは、ギターのボディーの部分にあり、弦の高さを調節するとともに弦の振動をボディーに伝える「サドル」という部品。ガット弦から金属製のスチール弦が中心となったギターだが、プラスチックや牛骨など、スチール弦と親和性の低いものがサドルに使われていた。

 金属ガラスの製法特許を同大が持っているため協力を仰ぎ、まずは金属ガラスに近い特性を持つ第11属金属の合金でサドルを作った。ギターの専門家には驚かれたが、「音が美しくよく伸びる」と、演奏家からの評判は上々だ。

 同大の協力を受けて製作する予定だった金属ガラス製サドルの開発は、同大が東日本大震災で被災したため中断しているが、いずれ実現する予定だ。

 「音は感性によって好き嫌いがあるので拒否反応を示す人もいるが、音響の科学的なデータからも、音の伸びの良さや力強さが証明されている」という伊達さん。「今の音に満足していない演奏家にぜひ使ってもらいたい」と訴える。

 6月1日から受注を受け付ける。問い合わせはファクス、06(4700)3288へ。詳しくはアキコ伊達さんのホームページを参照。アドレスは次の通り。

http://www.akiko―date.com/Invention/index.html

398よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/23(月) 06:12:44 ID:aZWKqE4g0
天王寺区芸術祭 歌や踊りを披露
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110523-OYT8T00076.htm

 大阪市天王寺区の在住・在勤者らが集う「天王寺区芸術祭」(大阪夕陽丘ライオンズクラブ主催)が22日、同区のクレオ大阪中央で開かれ、約350人が歌や踊りなどを披露した=写真=。

 区民のふれ合いを大切にしようと同ライオンズクラブが初めて企画。29団体がホールでフラダンスや大正琴、人形劇などを披露し、訪れた人たちから大きな拍手を受けていた。絵画やパッチワークなどの手芸品などの制作に取り組む12団体の作品も展示された。

 会場では東日本大震災の募金箱も設置。芸術祭の運営にかかわった同ライオンズクラブの斎藤春雄さん(64)は「震災で日本全体が傷ついているが、区民の皆さんがこうして発表することで互いに元気づけられれば」と話していた。

(2011年5月23日 読売新聞)

399よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/23(月) 19:57:37 ID:ut67rXZI0
2011年5月23日
【小・中学校将棋団体戦】寺内小Aと五条小が西日本大会へ
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/23/20110523-053104.php

 「文部科学大臣杯第7回小・中学校将棋団体戦」(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の小学校の部の大阪府大会が22日、大阪市淀川区の区民センターで行われ、豊中市立寺内小Aと、大阪市立五条小が7月29日に大阪市で開かれる西日本大会への出場を決めた。

 団体戦は、同じ小学校の児童3人のチームで対戦する方式で、府大会には7校9チームが参加した。保護者らが見守るなか、子供たちは将棋盤をはさんで向かい合い「お願いします」とあいさつを交わし、真剣な表情で対局を開始、会場では駒の音が勢いよく響いていた。

 代表校に決まった寺内小6年の田窪智輝さん(11)は「楽しかった。次の西日本大会で勝って、全国大会に行きたい」。五条小6年の阪井悠樹さん(11)は「もう少しがんばれたかも。西日本大会でも勝ちたい」と意気込んでいた。

400よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/24(火) 19:00:06 ID:h0FPc2w20
社会人落語:日本一決定戦 9月17・18日、池田で開催 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110524ddlk27040437000c.html

 アマチュア落語家のナンバーワンを決める「社会人落語日本一決定戦」が9月17、18日、池田市の市民文化会館で開かれる。演目を収録したビデオで事前審査し、150人が全国から出場。応募締めきりは7月10日。

 池田は「牛ほめ」「池田の猪(しし)買い」といった古典落語の舞台で、上方落語に縁が深い。「落語みゅーじあむ」(市立上方落語資料展示館)も07年にオープンした。

 決定戦は同市などの主催で、今年で3回目。審査委員長は上方落語協会会長の桂三枝さん。三遊亭円楽さんら多くの落語家が審査員に加わる。

 参加資格は社会人。主婦、フリーター、定年退職者も含める。学生は不可。大会で披露する演目をCDやビデオに収めて応募する。7月末〜8月上旬、予選(9月17日)出場者が通知される。決勝戦(9月18日)には約10人が進出し、1位の人には、賞金50万円などが贈られる。出場、観覧とも無料。

 桂三枝さんは「落語がどういうものか分からなくても、自分の思いの丈をぶつけてほしい」と期待する。問い合わせは大会事務局(072・753・4443)。【熊谷豪】

401よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/24(火) 19:28:52 ID:h0FPc2w20
2011年5月24日
朝鮮陶磁器紹介 日韓の懸け橋に 東洋陶磁美術館で浅川兄弟特別展
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/24/20110524-053144.php

 朝鮮時代の陶磁器や工芸を愛し、日韓の懸け橋となった浅川巧(たくみ)の生誕120年を記念した特別展「浅川伯教(のりたか)・巧兄弟の心と眼―朝鮮時代の美―」が、大阪市北区の市立東洋陶磁美術館で開かれている=写真。7月24日まで。

 浅川巧は明治生まれの陶磁器の研究家。兄、伯教を追って植民地政策下の朝鮮半島へ渡り、大正13(1924)年、朝鮮民族美術館を京城(現・ソウル)に設立するなど、1920年代以降、陶磁器や木工品などに朝鮮民族文化の美を見いだし、民芸運動を起こした柳宗悦に大きな影響を与えたという。

 会場には、浅川兄弟らが選び抜いたコレクションや伯教作の絵画や資料、陶芸作品、柳自筆の原稿など約200点が展示され、兄弟の業績を体系的にうかがい知ることができる。

 開館時間は午前9時半〜午後5時。料金は大人千円、高大生600円、中学生以下無料。月曜日休館(7月18日は開館、7月19日は休館)。問い合わせは同館(電話06・6223・0055)まで。

402よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/24(火) 19:33:58 ID:h0FPc2w20
2011年5月24日
ハラハラドキドキ集大成「クーザ」大阪公演8月4日開幕
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/24/20110524-053136.php

 夢のスーパーサーカス第6弾「クーザ」大阪公演の発表が23日、応援団長のキャスター、小倉智昭さんとスペシャルサポーターの女優、松下奈緒さんが出席して、大阪市北区の関西テレビで行われた。

 世界的エンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」による「クーザ」は現在、東京公演中で、大阪は中之島ビッグトップの特設会場で8月4日に開幕。すでに10月10日までのチケットは発売中だが、開幕前に早くも11月6日までの追加公演が小倉さんから発表された。

 「公演はいつもハラハラドキドキして、パワーも芸術性もすばらしいが、今回はその集大成で格別にすごい」と小倉さん。「ライブ感あふれる音楽もステキで、自然と歓声をあげてしまうほど感動的です」と松下さん。発表会場では、7本のフープを操る「フープ・マニピュレーション」のパフォーマンスも披露された。

 関西テレビでは29日午後1時54分から、大阪公演の特別番組を放送する。

403よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 03:56:50 ID:jQKdS4qA0
「はなやか関西」スタート 文化首都圏目指す
2011年5月25日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110525/20110525027.html

 日本の文化の源泉が集まる関西を「文化首都圏」と位置付け、毎年度テーマを決めて官民一体でイベントなどを展開する運動「はなやか関西〜文化首都年」が本年度から始まった。初年度のテーマは「茶の文化」。24日には一般参加者らを招いた会合が大阪市内で開かれ、関係者が関西ブランドの創造に向けて士気を高めた。

 同運動は、関西各地で継承される文化の取り組みをテーマごとにくくり、内外に発信。日本を先導する「文化首都圏・関西」の形成を目指す。初年度は、茶道具や茶室など関西生まれの「茶の文化」を選んだ。

 民間団体や自治体など約40団体で実行委員会を設立。11月に大阪城で開く総合イベントをはじめ、関西15カ所から3カ所を選ぶスタンプラリーや、普段非公開の茶室めぐりなど多彩なイベントを展開する。

 この日は、大阪市中央区の大阪迎賓館で、参加団体による事業紹介や関西の茶の試飲などを実施。実行委員会アドバイザーの寺本益英・関西学院大経済学部教授は「行政と茶業界が連携しながら広域的な取り組みを打ち出したのは画期的。消費者をお茶に引き寄せるのに個別の茶業者の努力だけでは限界があった」と取り組みの意義を指摘した。

 参加団体を代表し、茶製造販売会社「福寿園」の福井正憲社長が「関西の中に必要なのは自信。世界をターゲットに茶の文化を育てたい」と意欲を示し、実行委員長の堀井良殷・大阪21世紀協会理事長は「ソフト面における文化の国土軸の拠点づくりができれば」と抱負を語った。

404よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 04:04:39 ID:jQKdS4qA0
水彩画など241点 関西東光展始まる
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110525-OYT8T00073.htm

大阪市立美術館

 風景や人物などを描いた油彩、水彩画と版画を紹介する関西東光展(読売新聞社など後援)が24日、大阪市天王寺区の市立美術館で始まった。主催する東光会関西支部の会員らによる241点の作品を展示している=写真=。29日まで。一般800円、大学・高校生500円、中学生以下は無料。主な入賞者は次のみなさん。

 ▽東光会関西支部賞 植村隆久(奈良県葛城市)▽大阪市長賞 上田素久(兵庫県芦屋市)▽同市教育委員長賞 疋田正樹(大阪市)▽読売新聞大阪本社賞 南郷幸子(堺市)▽読売テレビ賞 安田幸子(同)▽読売賞 貫井慶子(同)村田葵(高石市)村上美千代(兵庫県高砂市)

(2011年5月25日 読売新聞)

405よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 18:59:12 ID:g4i3Ym2s0
2011年5月26日
【被災地支援 関西からできること】歌舞伎俳優 坂田藤十郎さん
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/26/20110526-053249.php

 東日本大震災で、大変残念でしたのは、主宰する「近松座」の30周年公演で7月に東日本各地を回らせていただく予定が中止になったことです。被災された方々のことを思いますとやむを得ないのですが、みなさまに歌舞伎を楽しんでいただこうと思っていましたので非常に残念です。

中止の舞台 来年こそ

 ただ、「来年、待ってますよ」という声をいただきました。私の気持ちとしましては、ぜひ、みなさまにお目にかかって、上方の歌舞伎をごらんになって喜んでいただきたい。まだ来年の予定は決まっていないのですが、この巡業を最優先して、今年の分まで倍、いい舞台をお見せできればと考えています。

 平成7年の阪神大震災のときは大阪の中座で公演中でした。地震が起こったのは、「曽根崎心中」のお初を演じて通算千回の翌朝。休演になるかなと覚悟していましたら、劇場から電話で「百人以上のお客さまが来てくださっていますのでやりましょう」と。そのときは舞台とお客さまの間に家族のような一体感が生まれたのを覚えています。もし来年、被災された地域で歌舞伎を上演することができましたらこれほどうれしいことはありません。 (談)

406よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 19:47:52 ID:g4i3Ym2s0
「リオちゃん」お帰り…岡本太郎さん作の看板、江坂に
2011年5月26日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201105250189.html

 芸術家の岡本太郎さん(1911〜96)がデザインした直径5メートルの大型看板が25日、地下鉄江坂駅に近い大阪府吹田市豊津町の豊津公園にお目見えした。

 看板は、岡本さんが制作した万博記念公園(同市)の「太陽の塔」の顔を思わせる表情。もともと、江坂駅近くにあったレストラン「カーニバルプラザ」(同市芳野町)に掲げられていたが、07年に閉店した後は市が譲り受け、市立博物館(同市岸部北4丁目)の敷地内に移設。「リオのカーニバル」にちなんで「リオちゃん」の愛称で親しまれていたという。

 地元住民らの働きかけで、4年ぶりの「里帰り」が実現。近くの主婦谷村由子さん(43)は「カーニバルプラザは人がたくさん集まって子どもの憧れの場所だった。リオちゃんが江坂のシンボルになれば」と懐かしんでいた。(石田貴子)

407よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 20:12:07 ID:g4i3Ym2s0
2011年5月26日
大阪と上海 万博資料紹介  吹田市立博物館 
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/26/20110526-053225.php

 大阪・吹田市立博物館(吹田市岸部北)で、昭和45年の大阪万博と昨年開かれた上海万博の資料を展示する「万博市民展 千里から上海へ」が開かれている。7月3日まで。

 大阪万博が上海万博までどう引き継がれたのか、展示品から理解してもらおうと企画。

 市民から寄贈された大阪万博のパンフレット、看板のほか、大阪・上海両万博のピンバッチが付けられたタレント、嘉門達夫さんのジャケットなど約500点を展示。上海万博の日本産業館で壁をよじ登る姿が人気を集めたロボット「夢ROBO」も見ることができる。

 同市元町の旅館経営、畑忠芳さん(70)は「当時知らなかったものもあり、新たな発見があった」と話していた。

 午前9時半から午後5時15分。月曜休館。一般200円、高・大学生100円、小・中学生50円。問い合わせは同館(電話06・6338・5500)。

408よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 21:21:58 ID:g4i3Ym2s0
32団体ハイレベル演奏 大阪国際室内楽コンクール
2011年5月26日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110526/20110526017.html

 17日から大阪市中央区のいずみホールで行われていた第7回「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(日本室内楽振興財団主催)が25日、入賞団体の披露演奏会で幕を閉じた。東日本大震災の影響で海外の13団体がキャンセルした中、32団体が高レベルな演奏で、真“音”勝負に挑んだ。

 3年に1度の国際的な室内楽の祭典。16〜35歳が対象の「コンクール」(第1部門=弦楽四重奏、第2部門=管楽アンサンブル)と、年齢制限や課題曲のない聴衆参加型の「フェスタ」の2部門に計211団体の応募があり、予備審査で出場団体を決定した。

 「コンクール」には16団体が参加し、第1部門はアタッカ・クァルテット(米国)、第2部門はモーフィン・クァルテット(フランス)がそれぞれ第1位に輝いた。フェスタには16団体が参加し、メニューイン金賞はトリオ「国境なきクラシック」(ロシア)が勝ち取った。

 各団体は「みなレベルが高く1位と聞いて心からうれしかった」「素晴らしい経験になった」「誇り高い気持ち」と喜んだ。コンクール審査委員長の堤剛氏は「それぞれの表現方法で素晴らしい演奏を披露してくれた。ここ大阪での経験を基にさらに大きく羽ばたいてほしい」と総括した。

409よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/26(木) 21:52:30 ID:g4i3Ym2s0
なんば高島屋でアフリカン現代アート「ティンガティンガ」原画展
http://namba.keizai.biz/headline/1849/

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)7階特設会場で5月25日、アフリカン現代アート「ティンガティンガ」の原画展が始まった。

 同展は、アフリカ製品を輸入・販売を手掛け、昨年12月に谷町9丁目にティンガティンガ専門のギャラリーをオープンしたバラカ(中央区)が企画・運営を手掛ける。ティンガティンガは、1960年代末にタンザニアのダルエスサラーム郊外で、工事現場で働いていたEdward Saidi Tingatingaさんが、大判の板にペンキで描き始めた絵画スタイル。

 現在では、現地の「ティンガティンガ村」と呼ばれる製作工房に約80人のアーティストが所属し、動物や鳥、サバンナの風景、人々の暮らし、「シャターニ」と呼ばれる心の精霊などを6色のエナメルペンキで描く、アフリカを代表する現代アートとして知られる。

 同展では、ティンガティンガ村に所属する約35人の作品100点以上を展示・販売する。販売価格は、1万2,600円〜7万3,500円。そのほか、コースター(525円)、タンブラー(1,575円)、ビーズネックレス(1,575〜2,625円)など、アフリカに関連した雑貨も販売する。期間中、繊細なタッチと美しい色使いで人気のMustapha Abdallaさんが来場し、ライブペインティングも行う。

 営業時間は10時〜20時。

410名無しさん:2011/05/27(金) 08:20:32 ID:rpDEow8U0
振りかけるだけでiPS細胞 ウイルス使わずリスク低減
2011年5月27日
http://www.asahi.com/science/update/0526/OSK201105260103.html
 振りかけるだけで、さまざまな細胞になりうるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作ることに大阪大の森正樹教授(消化器外科)らのチームが成功した。振りかけるのは、遺伝子の働きを制御する分子「リボ核酸(RNA)」の断片。ウイルスを使う遺伝子組み換え技術に頼る従来の手法と違い、がん化の危険性は低く、手軽で安全性の高い作製法になると期待される。

 26日付の米科学誌「セル・ステムセル」(電子版)で発表する。チームはマウスの細胞を調べ、何の細胞になるのか決まる前段階の「幹細胞」だけにあるRNA断片六十数個を発見。うち特定の3種を組み合わせると一部の細胞が幹細胞に変わることを突き止めた。

 できあがった幹細胞はiPS細胞とほぼ同じ性質を持っていた。さらに、ヒトの細胞でも同じ組み合わせでiPS細胞が作れることを確認。「mi―iPS(ミップス)細胞」と名付け、特許も申請した。

 従来のウイルスを運び屋にして遺伝子を組み込む方法と比べて細胞内の遺伝子を傷つける心配がなく、がん化のリスクは低い。断片を含む溶液を細胞にかけるだけでいいため、将来はiPS細胞を簡単に作る試薬の開発なども期待できる。

 iPS細胞の作製法は、今回とは別のRNAを使ったり、がん化のリスクの少ないウイルスを使ったりするなど国内外で激しい開発競争が続いている。今回の手法はiPS細胞が得られる効率が1%未満と低いが、森教授は「現時点で世界で最も安全にiPS細胞を作る方法といえる。効率を上げて臨床応用に活用したい」と話す。(小林哲)

411よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/28(土) 04:02:08 ID:U32QJEm60
2011年5月27日
簡単・安全にiPS細胞 阪大、ウイルス使わず作製
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/27/20110527-053278.php

 さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、がん化の危険性のあるウイルスを使用せず「マイクロRNA」という物質を使って簡単、安全に作る方法を、大阪大学大学院医学系研究科の森正樹教授らの研究チームが発見し、26日付米科学誌「セル・ステム・セル」の電子版に発表した。再生医療への応用が期待されるという。

 京都大の山中伸弥教授が開発した従来の作製方法では、iPS細胞を作るために必要な遺伝子を体細胞に運ぶ運び屋(ベクター)としてウイルスを用いるが、遺伝情報を傷つけiPS細胞ががん化する危険性があった。これに対し、今回の方法はウイルスを使わないのが特徴で、細胞はがんになりにくいという。研究チームは作製した細胞を「mi―iPS(ミップス)細胞」と名付けた。

 マイクロRNAは、RNA(リボ核酸)の一種で数千種類あるとみられ、遺伝子の働きの調整に関与すると考えられている。

 研究チームは、iPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)で多く検出される約60種類を抽出。このうち「200C」「302」「369」の3種類を組み合わせ、脂肪細胞に振り掛けた際にiPS細胞ができることを突き止めた。

 森教授は「細胞にマイクロRNAを振り掛けるだけでiPS細胞の作製が可能。現時点では世界で最も安全で簡単な方法で、臓器、組織の再生も視野に入れることができる」と話している。臨床応用に向けては、作製効率の改善が次の課題になるという。

412よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/28(土) 04:03:45 ID:U32QJEm60
生態園をつくろう:池改築し生物観察 自然触れ感情豊か−−住之江・北粉浜小 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110527ddlk27040407000c.html

 ◇全児童で石除去、土手作り
 学校内に生物が集まりやすい「生態園」の整備を進めていた大阪市住之江区の市立北粉浜小学校(村上正弘校長、児童数218人)で、このほど改築作業が完了した。近く、児童の手で池にメダカが放される。【山田尚弘】

 同校は、01年に生態空間をつくるため、池(約20平方メートル)を設置。周囲にクワやクヌギを植え、メダカを飼った。しかし、運動場からの土砂が流れ込んで底が浅くなり、夏の猛暑で藻が繁殖したほか、高さ2メートルほどのガマが池の中に茂った。結果的に、生物観察には不向きな状態になったという。

 昨年10月から全校児童で池の底の石を取り除いたり、粘土で川の土手を作るなど環境改善を進めてきた。

 毎日新聞社と国際花と緑の博覧会記念協会が、学校での生態園づくりを支援する事業を行っており、今回、同校が支援対象校に選ばれた。これにより、同校はこれまでの池を、川(長さ約11メートル、幅約2メートル)と池(約15平方メートル)に改築。川に水流をつくるポンプを備えたほか、セリやイグサなどの水草を増やしてアメンボやミジンコなど小さな生き物が生息できる環境を整えた。

 同校の伊豆蔵ゆり教頭は「学校が町の中心にあり、児童が自然と接する機会は少ない。自然に触れ、感情豊かな子どもに育ってもらいたい」と話している。

413よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/28(土) 23:03:39 ID:nJEnJiF60
レンコン状の穴で放熱 スパコン冷却期待…阪大教授開発
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110528-OYO1T00498.htm?from=newslist

 電子機器などの熱を効率良く冷やすため、大阪大の中嶋英雄教授(金属材料)が、レンコンのように多数の穴が開いた金属製の放熱器を開発した。従来型の約10倍の冷却効果があり、除熱に大電力が必要なスーパーコンピューターの冷却などで大きな節電効果も期待できそうだ。

 コンピューターは、性能が上がるとともに集積回路から発生する熱が増大し、さらなる性能向上の妨げになっていた。そのため、効率の高い放熱器の開発が求められていた。

 現在は、板状のアルミニウムに複数の溝がある放熱器を使い、空気や水で冷やしている。中嶋教授は、板状のアルミニウム3枚(1枚あたり2〜3センチ四方、厚さ1ミリ)を重ね、多数の穴を開けた放熱器を製作。放熱器の表面積が大幅に大きくなった。

(2011年5月28日 読売新聞)

414よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/29(日) 01:03:43 ID:nJEnJiF60
2011年5月28日
サウジとの交渉に尽力 深谷元通産相が体験談 中東経済寄付講座
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/28/20110528-053334.php

 関西大学(大阪府吹田市)で4月に開講した「中東経済寄付講座」(産経新聞社など協力)の特別公開講座が27日開かれ、深谷隆司元通産相がサウジアラビア政府と油田の権益交渉に当たった経験談などを交えながら、約300人を前に日本のエネルギー政策のあり方などについて講演した=写真。

 深谷氏は平成11年に通産相(現経済産業相)に就任。アラビア石油が有していたペルシャ湾の海底油田(カフジ油田)の権益延長を目指し、政府間交渉の前面に立った。サウジ訪問の甲斐なく、アラ石は12年に権益を失ったが、深谷氏は「(交渉の条件となった)サウジ政府からの鉄道建設の要求に、国民の血税をつぎ込むことはできなかった」と述べた。

 日本は今でも世界一の産油国であるサウジから原油の3割を輸入しており、「交渉の不調は日サ間の友好関係を決して損なわなかった」と強調した。

415よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/29(日) 06:29:22 ID:nJEnJiF60
新フェスティバルホール、音響模型見学会に60人 大阪
http://www.asahi.com/showbiz/music/OSK201105280055.html

 2013年春に改築、再オープンするフェスティバルホール(大阪市北区中之島)の音響設計模型の見学会が28日、朝日新聞大阪本社で開かれた。定員の15倍の申し込みがあり、抽選で約60人が参加。音響実験に使われた実物の10分の1の模型を見学した。

 旧ホールは1958年に開業した日本初の本格的音楽ホールで、その響きは指揮者カラヤンら名音楽家に愛された。新ホール(2700席)は建設が進む「中之島フェスティバルタワー」の2〜7階部分に入り、音響や内装は旧ホールの「伝統の継承と進化」を掲げてデザインされた。

 模型は、コンピューターシミュレーションではとらえきれない反射音などを人間の耳で確かめ、響きを調整するために使われた。見学会では設計担当者の説明や、旧ホール50年間の歴史の紹介もあった。こけら落とし公演は13年4月の予定。

416よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/29(日) 08:56:02 ID:x92AXqQ.0
震災復興 豊能から力を
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110528-OYT8T00107.htm

 豊能町出身の国際的なピアニスト、関本昌平さん(26)が27日、母校の町立東ときわ台小学校を訪れ、4年生以上の児童113人を前に演奏を披露した。

 関本さんは2005年のフレデリック・ショパン国際ピアノコンクールで日本人最高の4位に入賞。現在はニューヨークに住み、世界各地でリサイタルを開いている。東日本大震災を受け、各国の人々が復興を願って募金などの支援活動をしている姿を目にし、「故郷を舞台にして何か力になりたい」と28日、チャリティーコンサートを開くことにした。

 コンサートを翌日に控えたこの日、関本さんは児童らに「好きなことに熱中することが大事」とあいさつ。ショパンの「英雄ポロネーズ」など2曲を繊細なタッチで演奏すると、児童らは指の動きをのぞき込むように聞き入った。4歳からピアノを習っているという6年高地瞳さん(11)は「関本さんみたいに迫力のある音が出せるようになりたい」と話していた。

 チャリティーコンサートは関本さんと音楽仲間の計5人が出演。町立ユーベルホールで午後2時に開演する。全席指定で2000円。収益は全額、日本赤十字社を通じて被災地へ送られる。関本さんは「被災地を思い、観客と一体になれる演奏がしたい」と意気込んでいる。

(2011年5月28日 読売新聞)

417よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/29(日) 15:37:07 ID:13Fm2pmw0
鳥を学ぼう 12日に大阪初の「愛好家の集い」
2011年5月29日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110529/20110529017.html

 鳥愛好家の集い「TSUBASAシンポジウム&とりッずフェア in 関西」(主催/TSUBASA=埼玉)が6月12日、初めて大阪で開催される(大阪市大正区、アゼリア大正ホール)。鳥類専門の獣医師やコンパニオンバードに携わる人による講演などを通し、鳥に関する知識の拡充、愛好家同士の交流の場をつくる。

 同シンポジウムは2000年に始まり、今年で第10回。これまで主に東京、札幌、京都で開催してきたが、記念すべき第10回は初めて大阪を会場とする。鳥をモチーフにした作品を作るサークルなどが集い作品を展示・販売する「とりッずフェア in 関西」も今回関西初進出となる。

 講演するのは、主にオセアニア地区のバードウオッチングツアーを担当する松井淳さん(chiemomo代表)。「オーストラリアのオウム・インコ」と題して、オーストラリアに暮らす約60種のオウム・インコが広大な自然の中でどのような暮らしをしているのか、撮りためた写真で紹介する。

 またフォーゲル動物病院(神戸市)の獣医師、上田亜希子さんは「こんなに違う鳥のからだのしくみ」と題して、鳥の体と人間や動物との違いを挙げながら鳥の病気について話す。最後に鳥に関する多数の著書を持つ磯崎哲也さんが「生きがいとは何か?」と題して、鳥の幸福な暮らしを実現するための具体的な方策を探る。

 シンポジウムはすでに予約で満席となり受け付けを終了しているが、「とりッずフェア」は来場可能。入場無料で、午前10時〜午後1時開場(最終入場は同12時半)し、来場者多数の場合は整理券を配布する。参加クリエーターは26、出展ブースは34。インコ、オウム、フィンチをモチーフにした写真や樹脂粘土製フィギュア、チャーム、ポストカード、便箋、あみぐるみ、木工作品、陶芸作品、Tシャツ、トートバッグ、アクセサリーなどが並ぶ。

 主催のTSUBASAは鳥類の適正飼養に関する啓発、動物愛護と公衆衛生についての正しい知識の普及、鳥類保護と野生環境保護に関する調査研究・教育活動を行う団体。代表の松本壯志さんは「全国の愛鳥家に新しい情報を提供するための学びの場。ただの勉強の場ではなく、エンターテインメント性のあるステージのようなもの。ぜひ楽しんでほしい」と話している。

418よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/29(日) 18:54:09 ID:13Fm2pmw0
大阪View:書画 自由だからこそ楽しさ 創作活動に取り組む今宮高校 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110529ddlk27040213000c.html

 書と絵を組み合わせた「書画」。府立今宮高校(大阪市浪速区)書画部はこれまでの「書」のイメージとは、かけ離れた創作活動に取り組んでいる。手本はなく、モットーは自由だ。【大西岳彦】

 全員が女子部員の19人は、頭に浮かぶイメージで筆を執る。筆は時にはクレヨンにも変わる。作品にする言葉は携帯音楽プレーヤーの歌詞表示機能から探したり、絵は携帯電話で検索した画像を参考にすることもある。顧問の早崎公男教諭(61)は「生徒たちの想像力はすごい」と目を見張る。15年ほど前までは早崎教諭も手本を使った「書道」を指導していた。ところが、授業中にある男子生徒が墨で自由に絵を描く姿を見て驚いた。これまでにない目の輝きで楽しそうにしていたからだ。以降は授業も部活でも、創作の書を中心に取り組んでいる。

 5月8日には「御堂筋オープンフェスタ」で、巨大な半紙を使った「書画パフォーマンス」を披露。東日本大震災被災者支援のイベントにも参加している。彼女たちの創造力と活動のステージは、際限なく広がっていく。

419よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/30(月) 08:46:16 ID:pvkToBUg0
2011年5月30日
豊中出身のロックバンド「OUTER−TRIBE」 6月11日、千里中央でデビュー記念ライブ
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/30/20110530-053362.php

 昨年11月にメジャーデビューした豊中市出身のロックバンド「OUTER−TRIBE(アウター・トライブ)」が6月11日、同市千里東町の千里セルシー広場で、デビュー記念と、故郷への恩返しの思いを込めた“凱旋(がいせん)ライブ”を行う。ボーカルの生田達志さん(27)は「生まれ育った豊中で、夢をかなえたことを報告したい」と意気込んでいる。

メジャーの夢かなえ凱旋

 ロックバンドは5人組。今年1月にリリースしたシングル「いつか君と見た夜空」がTBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」のエンディングテーマに採用、今後の活躍が期待されている。

 結成はメンバーたちが高校生のとき。同じ市立中学の出身5人が平成14年にバンド「Five Star」を結成、地元のライブハウスで7年間活動した。だが、ヒット曲に恵まれず、同21年に解散した。

 生田さんも将来を考えて迷ったというが、「歌うことが一番自分らしい生き方」と決意を新たに、残った3人で音楽活動を継続。21年冬に新メンバー2人を加えてバンドを再結成し、昨年11月、メジャーデビューをつかみとった。

 25日には初のバラード曲「WEDDING SONG」をリリース。6月11日の初めての地元での凱旋ライブに続き、7月31日には大阪市中央区の心斎橋BIGSTEP内にある「BIGCAT」で単独ライブを行う。

 生田さんは「いつか“自分の出身地は豊中”と胸を張りたいと思い活動してきた。これからも大阪を足場に地元密着で活動していきたい」と話している。千里セルシー広場でのライブは午後1時から。入場無料。

420よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/31(火) 20:34:27 ID:RcNSPZBk0
情報プラザ:水江東穹彩墨画展 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110531ddlk27040380000c.html

 6月1日(水)〜7日(火)、大阪市中央区難波5の高島屋大阪店6階美術画廊(同店06・6631・1101)。「良寛と野仏」を題材にした彩墨画の額装作品や掛け軸、びょうぶなど新作40点を展示販売。


情報プラザ:田村仁美日本画展 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110531ddlk27040382000c.html

 6月2日(木)〜8日(水)、守口市河原町8の京阪百貨店守口店6階京阪美術画廊(同店06・6994・1313)。「美しい日本の四季を花鳥で描く」をテーマに新作の日本画約30点を展示販売。

421よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/31(火) 20:42:29 ID:RcNSPZBk0
新選組血風録展 司馬記念館
2011年05月31日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001105310001

司馬遼太郎記念館(東大阪市下小阪3丁目)は31日から企画展「『新選組血風録』展」=写真=を開く。小説「新選組血風録」の中で隊士が活動した場所を記した幕末京都の大型地図や司馬さんのエッセーの自筆原稿など約50点を展示する。

 企画展では、司馬さんが「新選組血風録」を執筆した際に参考にした1864(元治元)年の京都市街地図や今回新たに作成した大型地図(縦2・3メートル、横8メートル)を初公開。このほか、司馬さんが新選組について考察したエッセーの自筆原稿も初めて公開する。上村洋行館長は「幕末の変革期に生きた組織人の姿を思い浮かべ、これから我々がどう生きるべきか考える参考になれば」と話している。

 10月30日まで。入館料は大人500円、中高生300円、小学生200円。特別資料整理期間(9月1〜10日)と月曜(祝日の場合は翌日)休館。7月30日には落語家桂春蝶(しゅんちょう)さんと講談師旭堂南青さんが「新選組血風録」に着想を得た落語と講談を初披露する。申し込みは同館(06・6726・3860)へ。

422よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/05/31(火) 21:39:12 ID:RcNSPZBk0
2011年5月31日
薬わかりやすく解説 阪大教養書シリーズ出版
http://www.sankei-kansai.com/2011/05/31/20110531-053418.php

 大阪大学の教授らが専門領域をわかりやすく解説する教養書シリーズ、阪大リーブルから、薬をテーマにした「セルフメディケーションのためのくすりの話」(大阪大学出版会刊、1155円)が出版された=写真。

 著者は、同大大学院薬学研究科の那須正夫教授。専門の衛生薬学、環境薬学の視点から、薬の基本的な知識や日焼け止め、虫よけ、サプリメントとの付き合い方などを分かりやすく説明。経験を科学で裏付けた生薬や、最近話題のジェネリック医薬品から個人輸入の問題まで、実例をもとにさまざまな切り口で“薬”を分析、紹介している。

423名無しさん:2011/05/31(火) 22:43:22 ID:btK9vXpQ0
>>415
音響が素晴らしさから評価の高かった旧ホールのクオリティーを維持できているのかが気になるところですね。
更なる進化をしていることを期待しています。

424名無しさん:2011/05/31(火) 22:51:12 ID:KWDUWlZo0
音響空間ですが多少のエージングがいるかも?
どんどん国内外の上質な音楽を連続して響かせたい。

425よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 20:12:46 ID:Tz2ykITc0
2011年6月 1日
心臓移植の少年退院へ 15歳未満提供「ドナーの分も生きる」
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/01/20110601-053496.php

 15歳未満で初めて法的に脳死と判定された少年からの臓器移植で、大阪大病院(大阪府吹田市)の医師らが1日、記者会見し、心臓移植を受けた10代後半の少年が3日に退院すると明らかにした。少年は「元気になり、本当に感謝している。ドナーの方の分まで頑張って生きたい」と話しているという。

 会見した執刀医の澤芳樹・心臓血管外科長らによると、少年は4月13日の手術後一時、免疫抑制剤などの副作用とみられる腎機能障害が発生し透析治療を受けたが、その後、順調に回復。現在は、院内を自由に歩けるほど元気になったという。澤外科長は「小児心臓移植が非常にスムーズな形でスタートできよかった。今後も発展させたい」と話した。

 また、手術に際してドナー家族から贈られた「手術が無事成功するようお祈りします」というメッセージつきの金色と銀色の折り鶴については「生きてきた証しの一つとして大切にしたい」と話しているといい、現在は少年の母親が母子手帳とペースメーカー手帳とともに保管しているという。

426よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 20:54:59 ID:Tz2ykITc0
病に負けずガラスアート 箕面で記念展
2011年06月01日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001106010003

 手描き友禅の技法を応用し、ガラスにアクリル絵の具で絵を描く「ガラスアート」を手がける箕面市半町2丁目の中井芳夫さん(66)、アツコさん(53)夫妻が創作活動25年を迎え、1日、自宅ギャラリーで記念の展覧会を開く。夫は16年前に重いリウマチを患ったが、妻の介護に支えられた。

 手描き友禅はガラスの上に下絵、絹織物を重ね、下から光を当てて浮かび上がった下絵を筆でなぞっていく。

 芳夫さんは彩色師として京都で手描き友禅の仕事をしていた1985年ごろ、「ガラスにじかに絵を描けば失敗しても拭いてやり直せる。僕のように細かい配色が苦手な人でも楽しめる」と考えて「ガラスアート」を考案。86年に仕事をやめ、同じ彩色師だったアツコさんを誘って創作活動を始めた。

 樹脂などを独自に配合した「糸目剤(いとめざい)」を筒紙から搾り出して縁取りし、その中に赤、青、黄、白、黒、銀の6色のアクリル絵の具を竹串で流し込み、抽象画や箕面の滝などの風景画、草花の絵などを描く。

 絵の具は自然に混ざり合い、色彩は無限に広がる。光が当たるとガラスの向こう側に色みを帯びた影が映る。「色遊びと、生み出される光と影が面白い」と芳夫さんは魅力を語る。

 2人は93年に結婚。展覧会を開き、アート教室を開くようになったが、95年、芳夫さんがリウマチを発症した。腕や肩に激痛が走り、足首や手指の関節は変形した。2002年には最も重い1級の身体障害者手帳を取得した。

 一時は自力で起き上がることもできず、アツコさんが食事や排泄(はいせつ)の世話をした。教室で指導することもできなくなったが、指先だけを使うガラスアートは続けられた。「人との交流を持ってほしい」というアツコさんの考えで、99年に自宅でギャラリーを開いた。自宅を訪れて教えを請う生徒も現れた。

 毎月1〜5日は夫婦の作品を飾る展覧会を開く。芳夫さんが初めて公募展に作品を出した86年6月から25周年となる今月は、夫婦の代表作37点を飾る。

 芳夫さんは「よくここまで続けられたと妻や生徒に感謝している。いろんな人にガラスアートを見て、遊んでもらいたい」と話す。5日まで。問い合わせはギャラリー「ガラスアートナカイ」(072・722・7854)へ。

427よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 20:59:35 ID:Tz2ykITc0
2011年6月 1日
6月のWOWはラジオに注目!
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/01/20110601-053391.php

 関西ジャズ情報を発信している月刊フリーペーパー「WAY OUT WEST」(略称:WOW)の6月号が発行された。京阪神を中心にジャズスポットなどで配布中。配布場所の詳細は関西ジャズのポータルサイト「ジャズやねん関西」(http://www.jazzyanen.com/)で。

 6月は「関西で聞けるジャズラジオ番組」を特集。FM COCOLOの「ワールドジャズウェアハウス」のDJ、クリスさんから選曲へのこだわりなどを聞いているほかラジオ関西「黒木研三のジャズライブラリー」など4番組の特徴を解説している。このほか東京制作も含めて関西で聞ける5番組を紹介。今年で13年目を迎えたという「ワールドジャズウェアハウス」のクリスさんは「ラジオで聴いた曲、知った曲がライブでどのように演奏されるかを味わってほしい」と話している。

 京都の「古書・善行堂」を営む山本善行さんの連載「本の中の、ジャズの話。」が取り上げた「今月の一冊」は『植草甚一ジャズエッセイ』。49歳になってジャズを聴き始めたという植草さんの数多いジャズ本の中でもお薦めという。

 また今春、国際ジャズヴォイス・コンペティションのセミファイナリストに選ばれ開催地のリトアニアに行ってきたジャズボーカリスト、東かおるさんによるレポートも掲載している。

428よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 21:07:42 ID:Tz2ykITc0
2011年6月 1日
日本の原風景に思いはせ 洋画家の中島さんが個展
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/01/20110601-053486.php

 「光と影」をテーマに風景画を描く洋画家、中島裕司さん(58)=大阪府南河内郡河南町在住=が、「近つ飛鳥」(羽曳野市飛鳥)と「遠つ飛鳥」(奈良県明日香村飛鳥)の風景を描いた新作など30点を集めた個展「二つの飛鳥」を、府立近つ飛鳥博物館(河南町東山)で開いている。6月22日からは、奈良県明日香村平田の「画廊飛鳥」でも開催予定で、訪れた人たちは“日本の原風景”に思いをはせている。

「近つ飛鳥」「遠つ飛鳥」描いた30点

 近つ飛鳥、遠つ飛鳥の名称の由来について、古事記にこう記述されている。

 履中天皇の弟(反正天皇)が難波から石上神宮(奈良県天理市)を訪れる道中で宿泊した2つの場所を、難波に近いほうを「近つ」、遠いほうを「遠つ」と名付けた―。

 中島さんは大阪市出身。5歳で油絵を始め、大阪芸術大大学院に進み、博士号を取得。現在、同大で非常勤講師を務めている。油絵のほか、唐招提寺(奈良市)のうちわ絵や蟻通神社(泉佐野市)の本殿の板絵なども手がけている。

 会場には、2つの飛鳥を描いた作品のほか、地元・河南町の田園風景をテーマにした「春風」なども出展。中島さんは「古代に発展した2つの飛鳥は、日本のふるさとのような場所。田舎の風景が残っていて、なんだか落ち着く。この空気感を作品で伝えられれば」と話している。

 府立近つ飛鳥博物館(電話0721・93・8321)は6月19日まで。画廊「飛鳥」(電話0744・54・5533)は22〜26日。

429よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 21:17:26 ID:Tz2ykITc0
2011年6月 1日
「暮らしによりそう手仕事」 12日に天王寺でフォーラム
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/01/20110601-053469.php

 仕事とまちづくりの在り方などについて考えるフォーラム「暮らしによりそう手仕事・ものづくり・まちづくり」(大阪ガスエネルギー・文化研究所主催)が6月12日午後2時から、大阪市天王寺区の大阪ガス実験集合住宅NEXT21ホールで開催される。

 同会場で6月30日まで開催中のイベント「上町台地 まちなかのプロフェッショナル」の一環として企画。“まちなかのプロフェッショナル”として紹介されているのは、上町台地で営業する眼鏡店、チョコレート店、帽子店、印刷店、豆腐店など13業者の店主ら。

 フォーラムでは、展示に合わせて作製した「上町台地手仕事・ものづくり・なりわいマップ」を紹介。大阪城天守閣研究主幹の北川央さんによる講演「引札にみる大阪の賑(にぎ)わい」や、眼鏡店やボタン店、ガス機器店の店主らまちなかのプロフェッショナルたちが「まちと暮らしを持続させる〝知恵〟を探る」と題してトーク・セッションを行う。

 定員50人、参加無料。申し込みは、氏名、所属、連絡先を書いてファクス06・6205・3512、大阪ガスエネルギー・文化研究所の弘本さん(電話06・6205・3518)。

430よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/01(水) 21:52:57 ID:Tz2ykITc0
昭和町の有形文化財の町家で「田辺寄席」−桂文太さんが落語披露
http://abeno.keizai.biz/headline/80/

 登録有形文化財の寺西家住宅(阿倍野区阪南町1)で5月28日、落語会「田辺寄席in寺西家」が開かれた。

 毎月第4土曜日に開かれている落語会。2007年に始まり、現在まで約50回開かれている。当日は、桂文太さん・桂雀松さん・桂小鯛さんが落語を披露した。

 会場の寺西家住宅は1926(大正15)年に建築された戸建て住宅。毎年4月29日に開催されているイベント「どっぷり、昭和町。」の開催場所にもなっている。

 田辺寄席は1974(昭和49)年から37年続き、毎月第3土曜日・翌日曜日に桃ヶ池公園市民活動センター(桃ケ池町1)でも開かれている。桂文太さんは第1回から出演し、病気で目が不自由になった現在でも、演目以外に「開口0番」(文太の前話)を開演10分前に行い元気な姿を見せている。東日本大震災で関西に避難した被災者を招待する活動も行っている。

 主催している田辺寄席世話人会は地元住民らで運営。第1回から携わっている大久保敏さんは「観客は遠方からの人が多いので、もっと地元の人に見てもらいたい」と話す。

431よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/02(木) 06:17:25 ID:QIK/iRRQ0
細川元首相多彩な美 陶器や書130点
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110602-OYT8T00086.htm

元首相の細川護煕さん(73)が手がけた工芸作品などを紹介する「細川護煕 美の軌跡展」(読売新聞社など主催)が1日、大阪市北区のJR大阪三越伊勢丹10階催物場で始まった。

 政界引退後に制作してきた陶芸や書、漆芸作品など約130点を展示。自邸にある茶室「一夜亭」の再現や、生花が盛られた花器など、多彩な作品を堪能できる。

 会場内では、細川氏によるギャラリートークも行われ、制作活動の変遷や作品にかける思いなどが紹介された。

 夫婦でギャラリートークに参加した兵庫県尼崎市の飯山捷治さん(66)は「ご自分で表装までされることに感心した。どの作品も極められており素晴らしい」と話した。

 6日まで。入場料は一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料。問い合わせはJR大阪三越伊勢丹(06・4301・3880)。

(2011年6月2日 読売新聞)

432よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/02(木) 06:17:56 ID:QIK/iRRQ0
府大植物工場産のレタス初出荷 学内のサンドイッチ店に登場 大阪
2011.6.2 02:16
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110602/osk11060202160000-n1.htm

 ■「みずみずしく色もいい」

 植物工場産レタスはいかが−。大阪府立大の中百舌鳥キャンパス(堺市中区)で今年4月に開設された「植物工場研究センター」で1日、初めて収穫されたレタスが学内のサンドイッチ店に出荷された。店は学外の一般客でも利用でき、同センターは「植物工場の野菜に親しむきっかけにしてほしい」と話している。

                   ◇

 同センターは、室内で光や温度を自動制御し、野菜や果物を人工栽培する「植物工場」を研究する施設として誕生。太陽光を利用しない完全人工光型の研究施設としては、国内最大規模とされている。

 共同研究企業として民間企業も参画しており、サンドイッチ・チェーン「サブウェイ」を展開している日本サブウェイは、大学内に「野菜ラボ大阪府立大学店」を4月に開設。これまでは、別の植物工場のレタスを使っていたが、1日から学内産レタスに切り替えた。

 同センターでは、レタスは約144平方メートルで栽培。温度は夜18度、昼25度に設定し、窒素やリン酸などを加えた養液を肥料にしながら、蛍光灯の光で約半月間育てた。

 初出荷されたレタスは、柘植広史・日本サブウェイ大阪支店長が試食し、「みずみずしさも色もいい」と太鼓判を押した。そして、「学産学消をテーマに、今後も植物工場研究センターと共同してメニュー開発に取り組んでいきたい」と話した。

 今後、同大学店は、サンドイッチメニュー16種で使用する1日約5キロのレタスを、すべて同センターで調達するとしている。

 同大学店は、平日は午前9時〜午後8時、土曜日は午前10時〜午後5時、日曜・祝日は休み。問い合わせは日本サブウェイ(フリーダイヤル0120・019・010)。

433名無しさん:2011/06/02(木) 16:02:53 ID:rpDEow8U0
JR大阪駅構内で本格コンサート センチュリー交響楽団
2011年6月 2日
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/02/20110602-053519.php
 5月4日に建て替えを終えたJR大阪駅構内の「時空(とき)の広場」で3日、日本センチュリー交響楽団(大阪府豊中市)によるコンサートが開かれる。交響楽団による本格的なコンサートは「9年ぶり」(JR西日本)だという。来年3月までほぼ毎月1回、開催する計画だ。「センチュリー・エキコン」と題したこのコンサートは、3日午後7時と8時の2回開催。入場は無料。

434よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 05:55:03 ID:LTo/lI7I0
そろばんで数字身近に 園児ら15級に挑戦
2011年6月2日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110602/20110602021.html

 大阪府羽曳野市古市7丁目の高屋保育園の5歳クラスに通う園児28人がそろばんに挑戦し、卒園するまでに15級検定の合格を目指している。出張授業でそろばんの楽しさを教える全国珠算教育連盟大阪府支部の桜井行雄支部長は「全員合格して賞状を渡せるようにしたい」と意気込む。

 同園はことし4月からそろばんを授業に取り入れている。1年で30時間の授業を予定しており、そろばんの上達はもちろんだが「就学前の子どもたちが45分間姿勢を正して取り組む習慣を、そろばんを通して身に付けてもらいたい」と山本佳世副園長は狙いを話す。

 「授業はつかみが大切」と桜井支部長。珍しいそろばんを持参し、面白おかしく話術を駆使して園児の心をしっかりとつかむことから始まる。「園児をひきつけるのは難しいが、興味を持たせるように」と、子どもたちの興味をそろばんに向けさせる。

 「ねがいましては」。計算が始まると子どもたちは小さな手でパチパチとそろばんを弾き、頭と指を懸命に動かす。そして「ごめいさん」と正解を導き出す。「30時間指導すると、小学1年の算数の授業が理解できるようになる。数字に親しんで、算数の授業に楽しく入れる」と桜井支部長はそろばん授業の効果を挙げる。

 同園では「体力をつけて小学校に行けるように」とスポーツにも積極的に取り組み、民間の保育園が集まって行う運動会やサッカー大会で優勝するなど成果を上げている。

 そこに新しい試みとしてそろばんを組み込み、「文武両道」の子どもたちを育もうという考え。「さまざまな取り組みの中から自分の興味のあるものを見つけてほしい」と山本副園長は話す。

 桜井支部長は「そろばんに親しんで、卒園してからも地域のそろばん教室に通ってもらえたら。親御さんにもそろばんの良さを分かってもらえたら普及にもつながる」と園児の元気な声と向き合っている。

435よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 22:59:48 ID:F.YrhFCM0
米倉さんら意気込み 舞台「風と共に去りぬ」きょう開幕
2011年6月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110603/20110603020.html

 マーガレット・ミッチェルの長編小説を舞台化した作品「風と共に去りぬ」(3〜12日、梅田芸術劇場メインホール)の開幕を前に2日、同ホールロビーでスカーレット役の米倉涼子さんらが「現代にも通じる人間ドラマを、豪華な衣装や迫力の舞台装置とともに楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 南北戦争下の米国南部を舞台に、激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも力強く生きた一人の女性の半生を描いた不朽の名作。ビビアン・リーとクラーク・ゲーブル主演の映画や、東宝や宝塚歌劇などによって幾度となく舞台化されている。

 今作は菊田一夫脚本、堀越真潤色、山田和也演出。東京公演を前に大阪で初日を迎えるにあたり米倉さんやバトラー役の寺脇康文さんらは「大阪の皆さんの厳しい目にかなうよう頑張りたい」と意気込んだ。

436よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 23:09:15 ID:F.YrhFCM0
2011年6月 3日
歯を健康に。広がる虫歯予防の取り組み
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/03/20110603-053577.php

64(ムシ)のごろ合わせで、6月4日から一週間は「歯の衛生週間」として各地で様々な虫歯予防の啓蒙活動が行われる。

メーカーからも虫歯予防につながる様々なデンタルケア商品が販売されているが、その中でも順調に販売量を伸ばしているのが歯垢の除去に効果的な「歯間ブラシ」だ。

国内トップの3割のシェアを持つジャックスによると、1990年から2009年の間に、歯間ブラシの販売量は約10倍に伸びたという。

その理由として、同社米田隆文さんは、「もともと日本にはつまようじ文化があるので、歯間ブラシが海外よりも受け入れられやすく、最新の生産技術の導入で価格が下がったことで一気に需要が広がったからではないか」と語るが、同社の顧客視点に立った対応も市場拡大に大きく貢献している。

歯間プラシは自分に合ったサイズを選ぶことが重要になるため、同社では無料のサイズ交換のサービスを行っており、1996年から2010年10月までで交換した商品は3万8000件にのぼるという。


予防歯科に力をいれる大阪の歯の花クリニックでは、6月4日より企業向けに「出張デンタルカフェ」サービスをスタートする。

デンタルカフェは虫歯予防についての正しい知識を楽しく身につけてもらうことを目的に、2008年から同クリニックで開催されている予防歯科啓蒙イベントで、今回スタートする企業向けサービスでは、参加者の虫歯リスク検査を行い、効果的な虫歯予防方法を説明する「ひとりひとりの虫歯予防」など企業のニーズに合わせて3つのプランが用意されている。

歯の花クリニック院長の米畑さんは、企業向け出張サービスを始めた理由として、「歯の健康を保つことで、日々気持ちよく働くことができ、他の病気の予防にもつながります。それは従業員にとっても、会社にとっても大きなメリットになります。また歯の健康を一緒に考えることで、社員のコミュニケーションの機会になればと思っています」と語る。

問い合わせは(株式会社ジャックス 電話072・920・6077)
同社ホームページ http://www.jacks.co.jp
問い合わせは(歯の花クリニック 電話06・6777・2848)
同社ホームページ http://www.hanohana.com

437よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 23:23:05 ID:F.YrhFCM0
府「歯の保健」図画・ポスターコン:府歯科医師会、来月25日まで作品募集 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110603ddlk27040381000c.html

 子どもたちに正しい歯や歯ぐきの衛生知識を持ってもらおうと、府歯科医師会は「第48回大阪府<歯の保健>図画・ポスターコンクール」(毎日新聞社など後援)を開催、7月25日まで作品を募集している。

 日本歯科医師会は、80歳になっても20本以上の自分の歯を保つ「8020運動」を推進。府歯科医師会では、小さいころから正しい歯の磨き方など、歯や歯ぐきの健康づくりを知ってもらおうと、毎年コンクールに取り組んでいる。

 府内の幼稚園、小学校、中学校、支援学校などに通学する子どもらが対象。応募は1人1点で四つ切り画用紙(38センチ×54センチ)を使用。11月3日に表彰式、受賞作品は11月初旬に「歯の絵画移動美術館」としてJR大阪環状線の車両を貸し切った「8020号」車内に展示される。

 詳しい応募要領・問い合わせは、〒543−0033 大阪市天王寺区堂ケ芝1の3の27、大阪府歯科医師会学術地域保健課(06・6772・8886)へ。

438よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 23:28:26 ID:F.YrhFCM0
ファミリーミュージカル:「ルドルフとイッパイアッテナ」 1900人招待 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110603ddlk27040397000c.html

◇コカ・コーラウエスト 猫たちが繰り広げる知恵や勇気、友情−−来月27日、大阪・北区茶屋町の梅田芸術劇場
 親子で楽しめる「さわやかファミリーミュージカル ルドルフとイッパイアッテナ」が7月27日、大阪市北区茶屋町の梅田芸術劇場で上演される。主催のコカ・コーラウエスト(本社・福岡市)は、1900人を無料招待する。【八重樫裕一】

 原作は同名の児童書。猫たちが繰り広げる物語を通じ、知恵や勇気、友情の大切さを描く。

 出演は「ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ」。午後1時から座席引き換え、2時開場、3時開演。コカ・コーラウエストが夏休みの時期に、社会貢献活動で開催するミュージカルとして28回目となる。

 申し込みは、はがきに希望者全員の氏名(ふりがなも)、年齢、職業と代表者の郵便番号、住所を記入し、〒810−0001 福岡市中央区天神2の4の12、NASAコーポレーション「さわやかファミリーミュージカル 大阪公演」M係へ。はがき1枚につき4人まで応募でき、6歳未満は不可。募集期間は22日まで(消印有効)。ホームページ(http://www.ccwest.co.jp/)でも受け付ける。抽選結果は、はがきで通知する。

 問い合わせは、企画制作のNASAコーポレーション(092・714・2727)。


情報プラザ:第11回豊中和太鼓まつり /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110603ddlk27040404000c.html

 5日(日)14時〜16時半、豊中市の服部緑地野外音楽堂。豊中を中心に活動する七つの和太鼓サークルと吹田のサークルがそれぞれ演奏し、合同演奏も。無料、雨天決行。豊中和太鼓サークル連絡会(090・5012・2514)。

439よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/03(金) 23:33:33 ID:F.YrhFCM0
咲くやこの花館で「ハワイ・花と文化展」−絶滅危惧種なども展示
http://kyobashi.keizai.biz/headline/930/

 花博記念公園鶴見緑地の「咲くやこの花館」(大阪市鶴見区緑地公園2、TEL 06-6912-0055)で現在、特別展「ハワイ・花と文化展」が開催されている。

 孤立した生育環境の下で独自の進化を遂げたハワイの植物を知ってもらおうと6年前から毎年企画されている同展。前回のマウイ島に続き、今年はモロカイ島やラナイ島、カホオラヴェ島をメーンに島々の歴史とハワイ独特の植物体系を紹介する。

 外見が珍しい「アルダ」や明かりの燃料として使われる「ククイ」など、絶滅が危惧される種の展示も行う。植物室ではハワイの高山植物で固有種「ギンケンソウ」などをはじめ、ハワイと関わりの深い植物も展示している。

 同館プロモーション課の原田陽子さんは「ハワイの失われつつある原種、自然環境、歴史などを見てもらい、花博のテーマである『人と自然の共生』をあらためて訴えていければ」と話す。

 6月5日・12日には男性フラダンサーによるフラや和製ハワイアンミュージック、モロカイ島の伝統曲などのステージライブなども行う。
 
 開館時間は10時〜17時。月曜休館。入館料は大人500円(中学生以下無料、証明書提示で大阪市内の65歳以上も無料)。今月12日まで。

440よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 18:59:13 ID:BDmKXrZY0
“血縁”と“家族”問う 宮本輝氏の企画展
2011年6月4日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110604/20110604025.html

 作家の宮本輝氏が卒業した茨木市西安威の追手門学院大で、宮本氏著『骸骨ビルの庭』(2009年発行)の企画展が始まった。血のつながらない“家族”の絆を描いた同作品に、東日本大震災の震災孤児を支える社会の在り方を重ね合わす読者の声が寄せられている。

 物語の舞台は大阪キタの十三。大阪大空襲でも残った堅牢(けんろう)なビルに居座る“住人”を立ち退かせるため、派遣された管理人が住人の思いに耳を傾ける。そのビルは戦災孤児になって住み着いた住人と彼、彼女を育てた2人の青年が、庭で野菜を育てて共に生き抜いた場所だったという設定で展開する。

 同大付属図書館の宮本輝ミュージアムが企画展に先立って感想文を募ったところ、府内を中心に20〜50代の男女11人から13点が寄せられた。

 「平和で物があふれる今でも必要な、生きるために大切なことが描かれている」と戦後の混乱期を通して現代に思いをめぐらす声のほか、「子どもたちを優しく支え立派に育てる社会であるかどうかが問われてくる」と、震災で両親を失った子どもたちの将来について自問自答する読者も。

 震災後の企画展だけに「人間関係が希薄な現代こそ血縁よりももっと密接な信頼関係を持つ“家族”が必要になってくる」との意見も寄せられている。

 作品に登場する戦災孤児と育ての親である青年の関係について、同図書館司書の阿部良子さん(44)は「血はつながっていなくても“家族”だった。読者は今回の震災で家族を失った人たちの気持ちとリンクさせ、家族の大切さをあらためて感じたのでは」と話す。

 宮本氏は1966年4月創立の追手門学院大第1期卒業生。大学生活を基にした『青が散る』や『泥の河』『優駿』などの作品があり、『骸骨ビルの庭』は司馬遼太郎賞受賞作。

 ミュージアムは2005年5月開設し、毎年2回企画展を開催。今回は作品の舞台になった大阪・十三の写真パネルや宮本氏へのインタビュー記事を展示し、来館者の関心に応えている。9月8日まで。休館日あり。

441よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:04:40 ID:BDmKXrZY0
寝屋川の特養で 千住さんがバイオリン演奏
2011年06月04日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001106040001

バイオリニストの千住真理子さんが3日、朝日新聞厚生文化事業団の高齢者施設訪問プログラム「ゆうゆうビジット」で寝屋川市石津中町の特別養護老人ホーム「寝屋川石津園」を訪れ、入所者ら約130人に演奏を披露した=写真。

 千住さんは「リラックスして、生のバイオリンの音の振動を体中で味わって下さい」と話した後、曲の背景などを解説しながら「アヴェマリア」「ツィゴイネルワイゼン」など計7曲を演奏。途中、千住さんの呼びかけで入所者が演奏に合わせて「ふるさと」を合唱した。10年以上前から千住さんのファンという半辺秀子さん(87)は「あっという間に音に引き込まれ、夢を見ているようでした」と話した。

442よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:05:39 ID:BDmKXrZY0
中村勘三郎「九月松竹大歌舞伎」に出演
2011.6.4 10:49
http://www.sanspo.com/geino/news/110604/gnj1106041051008-n1.htm

病気療養のため休演している歌舞伎俳優、中村勘三郎(56)が、大阪・新歌舞伎座の「九月松竹大歌舞伎」(9月2〜26日)に出演することが3日、分かった。

 昼の部の「人情噺文七元結」、夜の部の「お祭り」に主演する。勘三郎は7月、長野県松本市で開催される舞踊公演で、舞台復帰する予定。

443よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:10:01 ID:BDmKXrZY0
川辺をゆらゆら、ホタルの舞 万博記念公園
2011年6月4日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201106030150.html

庭園内で自然に発生したホタルを観賞する「蛍の夕べ」が大阪府吹田市の万博記念公園内の日本庭園で開かれている。ホタルは午後8時ごろ最も活発に光るという。

 日本庭園の西地区にある川沿いに設けられた歩行観賞コース(約1キロ)に、ホタルの淡い光がともり出すと、入園者から「今光った」「初めて見た」の声が上がった。奈良市から来た西田和彦さん(30)は「川の奥の暗がりで光っている風景がいい」と話した。

 12日まで(8日は休み)で、入園は午後9時まで。入園料は大人250円、小中学生70円。荒天で中止の場合は日本万国博覧会記念機構のホームページに掲載される。問い合わせは万博公園総合案内所(06・6877・7387)へ。(吉川喬)

444よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:10:57 ID:BDmKXrZY0
2011年6月 4日
企業人と有識者 交流の場 うめきた「木曜サロン」開催
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/04/20110604-053616.php

 JR大阪駅北側の再開発地域(梅田北ヤード・うめきた)に、平成25年春開業の産学官連携施設を運営するナレッジ・キャピタル・マネジメント(KMO、大阪市北区)は、6月から「ナレッジキャピタル木曜サロン」を開催している。施設開業前から企業人と有識者との交流の場を設けることで技術革新の創出につなげるのが狙い。

 2日に開かれた第1回のサロン=写真=には約100人が参加。前大阪大学総長でアジア太平洋研究所の宮原秀夫所長が研究者の視点でゴルフの醍醐味(だいごみ)を解説した。

 サロンは毎週木曜日午後7時から、JR大阪駅近くの新阪急ビル9階のKMO本社で開催。参加料は1人千円。問い合わせは電話06・6342・8976。

445よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:20:24 ID:BDmKXrZY0
<大阪>大阪湾の生き物を一斉調査
http://webnews.asahi.co.jp/

(6/4 18:07)

市民や研究者らが身近な海洋生物を調べる「大阪湾生き物一斉調査」が、大阪府などの沿岸で行われました。

大阪府泉南市の男里川河口には、干潮時間にあわせて市民や高校生ら30人あまりが集まりました。この調査は、大阪湾への関心と理解を深めてもらおうと企画されたもので、今回で4回目です。去年の調査では、17地点で474種を確認。環境省などに絶滅危惧種として登録されている生物も48種見つかっています。参加者のひとりは、「(初めてだが)楽しい。いるんな生き物がいるのが確かめられるし」と話していました。参加者は名前や種類などを確認しながら調査票に記入したあと、生き物を元の棲み家に戻していました。調査は別の地域で5日も行われる予定です。

446よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:27:48 ID:BDmKXrZY0
■大阪 動物愛護法の改善求めるシンポジウム
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110604174700462251.shtml

 来年にも改正される動物愛護管理法について改善を求めるシンポジウムが大阪で開かれました。

 このシンポジウムは、関西の弁護士などで作る団体が開いたものです。

 現在の動物愛護管理法では、行政は所有者から求められた時は犬や猫を引き取らなければならないと定められていて、日本では年におよそ30万匹の犬や猫が殺処分されています。

 このため、この団体は行政が引き取りを拒否できる規定を法律に盛り込むよう求めています。

「行政は動物を愛護する、業者は無責任な販売はしない、飼い主は(ペットの)命に対する責任を持ってほしい」(ペット法塾代表世話人・植田勝博弁護士)

 団体は今後、賛同する署名を集め、国会に提出したいとしています。
(06/04 18:07)

447よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:33:40 ID:BDmKXrZY0
2011年6月 4日
13流派参加 いけばななにわ展 御堂会館
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/04/20110604-053623.php

 「いけばな なにわ会」(会長、新居哲甫・未生流大阪家元)の展覧会「いけばな なにわ展―花で満たそう ガンバレ日本―」(4〜5日)の開催を前に、大阪市中央区の御堂会館(南御堂・難波別院)で3日、各流派のいけばな作家らによる生け込みが行われた=写真。

 同会は、草花などの自然素材を用い、伝統的な型のいけばなを追求する「正調華道」を掲げて活動。今回の展覧会には、13流派から約170人が参加し、花の自然なままの姿を生かした古典的ないけばなを披露する。

 出品流派は池坊峰月流、華道円真花、華道紫粋会、近代挿花草風古流、広円流、甲州流、生真流、泉槇未生流、二葉流、未生流大阪、未生流(庵家)、未生斑鳩流、未生御流。

 開場時間は午前10時〜午後5時(5日は午後4時まで)。入場無料。

448よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/04(土) 19:40:12 ID:BDmKXrZY0
2011年6月 4日
全国唯一の歯科医師会夜間緊急診療 もしもの時に有効利用を
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/04/20110604-053621.php

 全国の都道府県の歯科医師会で唯一、夜間緊急診療を行っている大阪府歯科医師会。平成16年に夜間緊急歯科診療を開始以来、今月で8年目を迎えた。これまでの利用者は4万2千人を突破。当初の想定を大幅に上回る利用があるという。関係者は「せっかくの仕組みなので、必要な人にはきちんと利用してもらいたい」と話している。4日から、歯の衛生週間が始まる。

 夜間診療は大阪市天王寺区の夜間緊急診療所で、午後9時から午前3時まで行われており、毎日、2〜3人の歯科医師が交代で診察にあたっている。「夜中に急に歯が痛くなった」といった急患に対応するほか、交通事故などで口をけがした外傷患者が運び込まれることも。出張中や旅行中などで、大阪を訪れている人の診察にもあたっている。

 夜間診療を始めたのは、府や大阪市からの要請がきっかけ。当初は1日10人程度の利用を見込んでいたが、年末年始やゴールデンウイークなどの大型連休には50人ほどの患者が訪れることもあるという。

 歯科医師会の担当者は「夜間診察が行われていること自体を知らない人もいるが、せっかくの仕組みなので、診察が必要な患者さんにはきちんと利用してもらいたい。あくまで応急措置になりますが、利用する際には事前に電話をしてもらえるとスムーズです」と話している。

449よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/05(日) 05:58:41 ID:wlfIlFFQ0
中国料理のお供に辞典
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110605-OYT8T00085.htm

料理研究所主幹 福冨さん出版

中国料理店で、漢字の並んだメニューに戸惑った経験は誰にもあるはず――。大阪市阿倍野区の辻静雄料理教育研究所の研究主幹、福冨奈津子さん(57)=写真=が、旅行に携帯するのに便利な「中国料理小辞典」(柴田書店、税別2800円)を出版した。

 福冨さんは大阪外国語大で中国語を専攻。地方によって同じ食材でも呼び名が違う中国料理に興味を持ち、30年前から中国各地の料理や、魚介類や野菜などの食材、香辛料や調味料のほか、宴席でのマナーの違いなどについても調べてきた。

 小辞典は「メニューを見ただけで、どんな調理法なのか、食材は何なのかがわかったら、中華料理をもっと楽しめるのに」といった、友人らの声を聞いて執筆を決意。1年半をかけて仕上げた。

 四六判、384ページ。料理や茶、酒、料理店など25項目にジャンル分けし、「点心」「烏龍(ウーロン)茶」など2700語を収録した。索引は中国語の発音を表すピンイン、画数の2通りで分類。中国で広く使われる簡体字のほか、カタカナも併記し、簡潔な解説も添えた。福冨さんは「この一冊で中国料理を堪能してもらえたらうれしい」と話す。

(2011年6月5日 読売新聞)

450よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/05(日) 20:50:13 ID:.iwLOIO60
2011年6月 5日
子供ら 避難所作りに苦闘 交野で防災教育活動
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/05/20110605-053643.php

 子供たちに防災意識を高めてもらおうと、避難所生活などを体験する「チャレンジ! Katanoキッズプロジェクト」が4日、大阪府交野市私部の市役所別館で始まった。市内の小学4年〜中学1年36人が非常食の食べ方や自動体外式除細動器(AED)の使い方などを学んだ。

 1泊2日の日程で、5日は、自然災害が発生したとの想定で災害図上訓練(災害シミュレーション)などが行われる。

 プロジェクトは、摂南大学(寝屋川市)が、中田仁公・交野市長の提案に基づき取り組んでいる防災教育活動の一環。災害時に中心となって活動できる将来の青少年リーダーを育成するのがねらい。

 体験会は子供たちと同大学「ボランティア・スタッフズ」の学生が6つのグループに分かれ、キャンプ形式で実施。4日は、アルファ米(炊いて乾燥させたご飯)などの非常食を食べた後、子供たちが約800個の段ボール箱を使って避難所作りに挑戦した。実際にけが人を運ぼうとすると入り口が狭かったり、壁が崩れたりして、避難所作りは悪戦苦闘。子供たちは、欠点を踏まえて作り直すなどしていた。

 同大学の浅野英一教授(53)は「体験を通して、避難所では何を優先すべきかや命の大切さ、普段の食事のありがたさなどを気付いてほしい」と話していた。

451よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/05(日) 20:56:13 ID:.iwLOIO60
2011年6月 5日
大阪湾 生き物いっぱい 高石・高師浜など一斉調査
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/05/20110605-053642.php

 大阪湾の水環境を把握するための「大阪湾生き物一斉調査」が4日、沿岸11カ所で行われ、大勢の市民が参加した。高石市の高師浜では、近くの「浜寺公園自然の会」の子供や親子連れら約30人が参加し、フジツボや貝、カニなどを採取した=写真。

 国や府、兵庫県などでつくる「大阪湾環境再生連絡会」が、湾再生に向けて環境への関心、理解を深めてもらおうと企画。平成20年度から毎年6月に湾内十数カ所で実施し、9月に調査結果を公表している。

 高師浜では、講師を務めた大阪湾海岸生物研究会のメンバーから「カキは手を切るので軍手をする」「絶対にはだしにならない」などと注意を受けたあと調査開始。子供たちは石をどけたり砂を掘ったりして、貝やカニなどを見つけては歓声を上げていた。

 昨年の一斉調査では、環境省など指定のレッドデータ種(絶滅の恐れのある野生生物種)48種を含む474種の生物が確認されたという。

452よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 06:01:31 ID:.iwLOIO60
屋外で不思議学ぼう
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110605-OYT8T00837.htm

吹田市の万博記念公園で5日、「サイエンス・フェスタ 理科実験野外教室」(大阪市立科学館、読売新聞大阪本社など後援)が開かれ、親子連れらが様々な自然科学の実験に挑戦した。

 子どもたちに屋外で科学の不思議や楽しさを体験してもらおうと開催しており、4回目。関西の中学・高校の理科教諭や科学教室の講師、科学部に所属する中高生らが11ブースを設置した。参加した子どもたちは、シャボン玉を作って光の屈折を学んだり、木炭作りや火おこしを体験したりした。

 中でも、大量のクギの上にあおむけになった人の腹に載せたコンクリートブロックをハンマーでたたき割る実験では、大勢の子どもたちがこわごわ見学。担当者から「ブロックが割れることでエネルギーが消耗され、人に力が伝わらない」「クギの本数が多いために力が分散され、人に刺さらない」などの説明を受けた。

 同市立南山田小4年の柏木希一君(9)は「一瞬、血が出るかも、と心配したけど、ブロックが力を吸収したことがわかり、すごいなと思った」と感心していた。

(2011年6月6日 読売新聞)

453名無しさん:2011/06/06(月) 16:05:30 ID:rpDEow8U0
大阪の街中で芸術”作品募集
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003294781.html
大阪のまち全体をアーティストに発表の場として提供することで都市の魅力を創造しようという大阪府の事業がきょうから今年度の作品募集を始め、橋下知事もPRに参加しました。
「おおさかカンヴァス推進事業」と名づけられたこの事業は大阪府が昨年度から始め、府が公園や公共施設などを発表の場として提供するとともに、制作費の一部も負担して、まちなかで府民に身近に芸術作品に触れてもらう試みです。今年度もきょうから作品の募集が始まり、大阪・住之江区にある府の咲洲庁舎では、事業にかかわるアーティストや橋下知事が参加してイベントが行われました。
橋下知事は「府の職員と作家が議論しながら来年、再来年につながるようなイベントにしたいのでどんどん応募してほしい」と呼びかけました。
会場には昨年度の入選作品の高さ13メートルのこけしや直径7メートルの黄色い傘など巨大なオブジェも展示され、訪れた人たちが見上げていました。
作品の募集はきょうから来月22日まででことし10月下旬からは府内各地で展示が始まる予定です。

NHKニュース06月06日

454名無しさん:2011/06/06(月) 20:18:05 ID:zpWBrc8k0
仏教文化講演会のお知らせ

開催日 2011年6月18日(土)
時間 午後2時 〜 午後4時
会場 四天王寺 本坊客殿
主題 大化改新をめぐる人々
講師 須原 祥二(すはら しょうじ) 先生
四天王寺大学 人文社会学部 准教授
http://www.shitennoji.or.jp/

455よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 21:49:24 ID:j5YizFdk0
小児がん施設:「当たり前の日常」闘病中も NPOが建設予定図を披露 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110606ddlk27040176000c.html

 ◇明るい室内、親や兄弟も過ごせる空間 継続的な協力訴え
 神戸市のポートアイランドで小児がん治療専門施設の着工準備を進めるNPO法人チャイルド・ケモ・ハウス(事務局・茨木市)が5日、ポートアイランド内の臨床研究情報センター(神戸市中央区港島南町1)でキックオフシンポジウムを開き、約200人が参加。今秋着工、13年春開業のスケジュールを報告し、建設予定図も披露された。

 大阪府内も含めて候補地を探してきたが、近くに高度な医療施設が充実し、予定地の貸与協力も得られた現地で最終的に決まった。

 シンポジウムでは、「おうちに帰りたい」という闘病中の子どもたちの声を原点に始まった約5年間の活動を説明。建築家の手塚貴晴さんが建設予定図を披露した。どの部屋からも外を眺められる明るい病室、親や兄弟も過ごせる空間、医師らが子どもの様子を確認しやすい病室配置など、それぞれの立場に配慮。「家族が近くにいるという当たり前の日常を、闘病する子どもたちにつくってあげたい」と語った。

 また、パネルディスカッションもあり、河敬世(けいせい)・大阪府赤十字血液センター所長は「こうした施設は、先端医療が提供できる地域に一つずつ欲しい。最初となる神戸でうまく運営できるよう、支援が欠かせない」と継続的な協力を訴えた。【青木絵美】

456よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 21:50:50 ID:j5YizFdk0
桂こごろうさん二代目「南天」襲名へ 40年ぶり復活 
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201106060033.html

落語家の桂こごろうさん(43)が来年4月に二代目桂南天(なんてん)を襲名すると、所属の米朝事務所が6日、発表した。人間国宝の桂米朝さん(85)もネタを受け継いだ故・南天は「諸芸十八般」と称した多芸家で、40年ぶりの復活となる。披露公演を大阪、京都、東京、名古屋などで開く。

 1972年に亡くなった南天は「アニメのルーツ」とも呼ばれる錦影絵や滑稽手品、寄席の踊り「ずぼら」などの珍しい芸を持ち、60年代にはテレビ番組にも出演。錦影絵は米朝一門の若手らが継承している。こごろうさんは大阪府枚方市出身で91年に南光さん(59)に弟子入り、工夫の光る高座で注目株の一人だ。「優しさや、人をうれしくさせる気持ちを継いでいきたい」。米朝さんはひ孫弟子の襲名について、「(初代は)誠に欲のない、飄々(ひょうひょう)という言葉がぴったりの人でした。もう、継ぐ人はおらんやろと思ってた」と笑顔で話した。(篠塚健一)

457よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 22:02:35 ID:j5YizFdk0
2011年6月 6日
【産創館レポート】日本橋に生まれた"アイドル小屋"
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/06/20110606-053667.php

 2010年9月、大阪に新しい小屋が産声を上げた。

 その名は「Love Com Theater」。芸能・モデルのプロダクション会社、ファンタスター(大阪市浪速区)が、自社アイドルユニット“ファンタ☆ピース”のホームシアターとして、西のオタク文化の聖地・日本橋にオープンさせた劇場だ。

 一般的にタレントとファンとの距離は遠い。しかし、代表取締役の中澄善彦氏は社屋の1階に劇場を作り、タレントとファンの距離を縮めることに注力した。「タレントたちは、この世界で成功しようと必死に頑張ります。そのけなげな姿を1メートルの近さで見るファンも頑張る姿にインスパイアされます」と中澄氏は話す。その上で「けなげで、純粋な心を持つタレントの成長を通して、日本橋に集まるファンたちも一緒に、健全に育っていってほしい。その拠点がこの劇場なのです」と熱く語る。

 そして、この空間にはもうひとつの側面がある。ビジネスモデルの創出だ。テレビやCMはハードルが高くても、オタクの世界において芸能プロダクションは群雄割拠で、チャンスは少なくない。

 オタク市場は国内で4000億円前後、世界では数兆円といわれる。この分野で受け入れられるタレントを育てることができれば、巨大市場を狙えるというわけだ。しかも、日本のオタク文化は「クールジャパン」として海外にも認知されている。

 「日本橋のコアなファンが火をつけ、さまざまなオタク要素を吸収しながら大きくしていければ、クールジャパンの総合文化として発信できる可能性を秘めています」(中澄氏)。その皮切りが、身近に触れることのできる“ファンタ☆ピース”という。

 すでに、ここではコアなファンを獲得しつつあり、劇場とアイドルを掛け合わせた事業としては「もう他と肩を並べていると思っています」と中澄氏は自信をみせる。

 今後の課題は、メディアへの露出とともに、インターネット配信や会員組織の構築などアイデアを凝らしてビジネスを磐石なものすること。若い世代の育成と、新ビジネスの展開、そしてその先にある文化の発信。日本橋の小屋を出発点とする中澄氏の夢は膨らむばかりだ。

458よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 22:04:24 ID:j5YizFdk0
震災の詩、米英で支援呼ぶ 大阪の詩人の4編
2011年6月6日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201106050140.html

 大阪の詩人が、東日本大震災にまつわる4編の詩を詠んだ。詩はメールで国境を越え、日本語を学ぶ各国の生徒に伝わり、被災者を支援する動きが広がっていった。

 詩人は大阪府枚方市の高木いさおさん(57)。詩を書き始めたのは、いじめや児童虐待など苦しみの中で生きる子どもに伝えたいことがあったからだ。自身も小学校の時に結核になり、死を意識する中で自宅での療養生活を送った。苦しみの中でも未来に希望を持とう。そんな思いでつづった詩は、海外で日本語を学ぶ生徒のスピーチコンテスト課題作になったこともある。

 そして、東日本大震災。高木さんはテレビに映し出される被災地の映像から目が離せなくなった。子どもも大人も、すべての人が想像を絶する苦しみの中にいる。自分にできることなんてあるのか。

 だが避難所を無邪気に走り回る子どもの映像に、けなげに生きている人たちの深い心の傷が見えた気がした。胸が焼け付くような思いで、4日間で4編を書き上げた。技巧をこらすのではなく、見たまま、感じたままを書きつづった。

 「涙する人」

 抱き締め合って/「生きているだけでよかった 会えてよかった」/と涙する人 抱き締め合いたい人を求めて/「生きていると信じています」と涙する人/テレビの前で/よかったなあと流れだした涙が/何とか生きていますように/と流れ落ちました

 この痛みを世界の人にも知って欲しい。米テキサス州の日本語教師らに詩をメールで送った。送信先の一人、クリークビュー高校とニューマンスミス高校で教える真田和子さん(63)は授業で詩を紹介。生徒たちはすぐ反応した。募金袋を持ってクラスを回り、両校で1500ドル(約12万円)以上が集まった。ウッドランズ高校でもリード真澄さん(55)が日本語の授業で高木さんの詩を取り上げ、募金やメッセージを送る動きが広がった。

 英・ロンドンの高校で日本語を教える英国人教師からも「授業であなたの詩を生徒に紹介した」というメールが高木さんに届いた。日本語教師が登録するメーリングリストで紹介されているのを見たといい、同校では義援金を募るイベントが開かれた。

 高木さんは「未曽有の災害から立ち上がる上で何より大事なのは心の連帯。詩が人の心をつなぐことに役立てばうれしい」と話す。(阪本輝昭)

459よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/06(月) 22:36:11 ID:j5YizFdk0
動物とふれあい写生 大阪成蹊大に親子1500人
2011年6月6日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110606/20110606025.html

 大阪成蹊大芸術学部は5日、大阪市東淀川区の相川キャンパスで「動物とふれあう写生会」を開催した。1500人を超える親子連れが参加し、キャンパスに現れた1日だけの動物園を楽しんだ。

 滋賀県守山市の堀井動物園からフラミンゴやアカハナグマなど約40種類の動物がキャンパスに集合。大阪成蹊大、大阪成蹊短大、大阪成蹊女子高の生徒約75人が授業の一環として運営をサポートした。付属のこみち幼稚園のコーナーでは、未就園児らと画用紙で動物のかんむりを作った。子どもらはポニーに乗ったり、大きなトカゲに驚いたりする一方で、真剣な表情で色彩豊かに動物たちを描いていた。

 息子の創一朗ちゃん(5)、慶次朗ちゃん(2)を連れてきた同区の井田正幸さん、直子さん夫妻は「動物を写生する機会が少なく、親が見られるのもいい」と喜んでいた。

 門脇英純・同学部教授総合教育研究支援センター長は「地域貢献を重視しており、今回はテストケースだが多くの人に集まってもらえた。今後の企画に生かしたい」と話している。

460名無しさん:2011/06/07(火) 15:08:15 ID:eklF6.wI0
京都大学だから首にならなかったが、東大だったら首になっていただろう
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/02/tvasahi-jun2/

461名無しさん:2011/06/07(火) 19:19:50 ID:btK9vXpQ0
メダカが貝を育てる→貝が道頓堀川を浄化→ビオトープも"再生" 寝屋川の小学生が循環に一役
2011年6月7日

絶滅危惧種の真珠貝・イケチョウガイの養殖に、大阪府内の小学校のビオトープで育てたクロメダカを活用する試みが6日、大津市内の養殖場で始まった。成功すれば4年後には、クロメダカに育てられたイケチョウガイが大阪・道頓堀などの川を浄化する。

ビオトープは、本来「野生生物の生息空間」という意味のドイツ語(造語)だが、教育現場では、学校内に池や小川などを設け、人工的に自然生態系を再生した空間を指すことが多い。

大阪市内の川の浄化を進めているNPO法人「大阪・水かいどう808」(本部・大阪市)が実施。イケチョウガイは淡水に生息する国内最大の二枚貝で、琵琶湖水系の固有種。同法人は平成15年に大阪・ミナミの道頓堀川でイケチョウガイを母貝とした真珠養殖に挑み、話題を呼んだ。

だが、近年イケチョウガイの幼生が寄生する魚の確保が困難に。代用魚を探していた際、クロメダカが活用できる可能性が高いことが分かった。

一方、大阪府寝屋川市立点野小学校(寝屋川市点野)では、13年に整備したビオトープが21年に破損。修復工事は終えたが、維持費が課題となっていた。同法人はビオトープで育てられたクロメダカを定期的に買い取り、維持費に充てることを提案。この日、児童18人が池からクロメダカを採取し、同法人が大津市の養殖場へ運んだ。

今後、クロメダカにイケチョウガイの幼生が寄生、養殖が成功すれば、同法人では4年後にもクロメダカに育てられたイケチョウガイを大阪・道頓堀などの川に移す予定。イケチョウガイは水中の窒素などを含む植物性プランクトンを食べ、1日でドラム缶1本分(200リットル)を浄化するとされ、同小6年生の内海悠花さん(11)は「私たちが育てたメダカが川をきれいにする手助けになればうれしい」と話していた。

http://www.sankei-kansai.com/2011/06/07/20110607-053719.php

462よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/07(火) 20:34:31 ID:q4a.jvw.0
巨大こけしが作品募集PR おおさかカンヴァス
2011年6月7日
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201106060148.html

 大阪の街中に現代アートの作品を展示する「おおさかカンヴァス」事業の今年度の作品募集が6日、始まった。府咲洲庁舎(大阪市住之江区)では記念イベントがあり、前回展示された高さ13メートルの巨大こけしが再び登場した。

 若手アーティストらを応援しようと府が昨年度から始めた「橋下流文化施策」の柱の一つ。イベントに出席した橋下知事は「一般の人にもアートの魅力を広げられる良い機会。今年もどんどん応募して欲しい」とPRした。今回は10月から来年2月ごろまで、前回の2倍の約40点を河川敷や公園などに展示する予定。

 締め切りは7月22日。応募用紙は公式サイト(http://osaka-canvas.jp/)で入手できる。(京谷奈帆子)

463よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/07(火) 20:39:19 ID:q4a.jvw.0
親子料理教室:19日の「父の日」「食育の日」 淀屋橋などで−−大阪ガス /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110607ddlk27100422000c.html

 大阪ガスは「父の日」と「食育の日」に当たる19日、大阪ガスクッキングスクールで親子料理教室「チャリティファミリークッキング/関西からの応援〜思いが届きますように」を開く。参加費の全額を東日本大震災の義援金とする。

 当日は鍋でごはんを炊いておにぎりを作るほか、アジのムニエル、レタスとベーコンのスープ、はちみつレモンケーキなどを作る。地元野菜を用い、地産地消やエコな料理法、朝ご飯の重要性なども学習する。

 府内の会場は、淀屋橋(大阪市中央区)▽堺(堺市堺区)▽千里(豊中市)−−の各校。いずれも午前10時〜午後0時半と午後2時〜4時半の2回。対象は小学4〜6年生と保護者計約360人。参加費はペア3000円。申し込みはフリーダイヤル(0120・254・255=午前9時〜午後5時半)。【最上聡】

464よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/07(火) 21:25:55 ID:q4a.jvw.0
大阪の「津波・高潮ステーション」 来場者大幅増加中
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

津波の恐ろしさを体験できる施設「津波・高潮ステーション」の来場者が東日本大震災以降、大幅に増えています。
7日も、地元・大阪の小学生が訪れ防災の知識を深めました。

大阪市西区にある「津波・高潮ステーション」は、府民の防災意識を高めようと大阪府がおととしオープンしました。
施設には、台風で被害を受けた大阪の街の様子を映像でみることができるほか、津波や高潮を防ぐ鉄の扉を実際に閉めることもできます。
また津波災害体感シアターでは、迫力のある映像や振動で津波の恐ろしさを体感することができます。
7日は、地元の小学生50人が訪れ、東南海・南海地震が起きた際、最大で3メートルの津波が大阪を襲うことなどを学びました。
小学生は、「津波ってこわいと思った、南海・東南海地震に備えるためまず避難ということを知りました」と話していました。
東日本大震災以降、来場者は、大幅に増えていて先月は、前の年の2.3倍の3400人が訪れました。
大阪府西大阪治水事務所は、「地震・津波がわが身と感じられて目的意識を持って来館する方々が増えている」と話していました。
また屋上にある畑では、小学生が、災害時の非常食となる「サツマイモ」の植え付けを体験しました。
団体の予約は、来月上旬までほば一杯ですが、個人は、予約せずに入場できます。

電話06−6541−7799 10時〜16時 入場料無料 水曜日休館

465名無しさん:2011/06/08(水) 12:42:28 ID:Hn77dUeo0
>>460
>京都大学だから首にならなかったが、東大だったら首になっていただろう
>http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/02/tvasahi-jun2/

かの地では事実に基づいた科学的思考より人の都合が優先されますからね。
ページ中の反骨精神で教授が発言した云々もそれと変わらない。
(原発賛成か反対かの方向が違うだけ)

466名無しさん:2011/06/08(水) 12:48:18 ID:Hn77dUeo0
同じようなことは新型インフルエンザのときでも。
その地では感染が報道されないから安全。
実は検査をしないことで感染の発覚を遅らせただけ。

県境でインフルエンザが防げるわけがない。
しかし、かの地では人の都合が全てに優先されるため、事実に即さないとんでもない決定が行われがち。
メルトダウンした原発への注水を中止する命令が出たのは最たるもの。

とにかく、人の都合や希望的観測で事実に合わない決定が行われるのは日本全体が危険になる。

467よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/08(水) 18:54:17 ID:GeOZMGrI0
小説「泥の河」石碑完成 土佐堀橋たもとで除幕式
2011年6月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110608/20110608024.html

 作家・宮本輝さんのデビュー作『泥の河』の舞台になった大阪市西区の土佐堀川に架かる橋のたもとに、作品を紹介する石碑が完成し、5日に除幕式が行われた。水上生活者の一家を描いた作品の時代設定は1955(昭和30)年。幼少時の思い出が物語のベースにあるという宮本さんは、川沿いに林立する高層ビルを前に「今は様変わりだ」と当時を懐かしんだ。

 除幕式の発起人は、宮本さんが第1期生として卒業した追手門学院大の同窓生や地元の江戸堀連合振興町会長。石碑が立つ土佐堀橋南詰めに旅客航路・渡船運航会社を構える同大2期生の一本松伸さんは「地域ににぎわいをつくりたい」と期待を寄せた。

 式に出席した宮本さんは「当時はこの辺りに水上生活者がいらっしゃった。貧しい無名の人たちが苦労して戦後を生きていた。そういうものを書きたいと思った」とあいさつ。現在64歳の宮本さんは4歳から小学4年まで当地で暮らし、実際に水上生活者との交流があったという。

 『泥の河』は、川辺に暮らす少年と、水上生活する一家の姉弟との短い交友が描かれ、映画にもなった。1977年の太宰治賞受賞作。石碑には物語の一節が刻まれている。

468よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/08(水) 19:43:12 ID:GeOZMGrI0
温かみ伝わる絵手紙 「コスモス」5周年の記念展
2011年6月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110608/20110608027.html

 絵手紙を通じて地域で活動するNPO法人ふれあい広場「コスモス」(山内教子理事長)の設立5周年を記念した展示「大阪のおばちゃんおっちゃんも頑張ってまっせ!!」が、大阪市北区天満橋のOAPタワー1階エントランスホールで開かれている。季節を感じさせる1枚や東日本大震災の復興を願う作品が会場を飾っている。入場無料。12日まで。

 同法人は2006年の設立。府内で約30の教室があり、昨年9月にはフランス・パリで作品展を開き、盛況だった。

 今展には、教室の生徒らが約1400点を寄せた。夏を間近に控え、パイナップルのイラストに「南国の太陽浴び味よく香りいっぱい」の言葉を添えた1枚、東日本大震災の発生を受け、野菜を描き「被災地に一日も早く緑が戻ってきますように」と書いた作品など、多彩で温かみを感じさせる絵手紙が並ぶ。

 山内理事長は「みんなのおかげで5周年を迎えられた。勢いで頑張ってきたが、絵手紙の力はすごいと思う」と話していた。

469よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/08(水) 20:03:49 ID:GeOZMGrI0
2011年6月 8日
非常時の"知恵"集結 「地域防災防犯展」 9、10日 インテックス大阪
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/08/20110608-053769.php

 東日本大震災の発生により市民の防災意識が高まるなか「第5回地域防災防犯展」(大阪国際見本市委員会主催)が9、10の両日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる。

 防犯と防災に焦点を絞った展示会で、今年は東日本大震災を受け、164社・団体が安否確認システムや災害トイレ、燃料電池などを出展。火を使わずに化学反応で温まるカレーや牛丼のパック、高齢者や子供たちも食べられるやわらかい缶詰パンなどの非常食試食体験コーナーも設ける。

 また、通常はまちづくりや防犯の視点から、LED照明などがつけられている公園などの広域避難場所の案内表示やハザードマップに、バールやジャッキなど非常時に役立つ工具を備え付ける工夫や、高層住宅でエレベーターが止まったとき女性1人でも階段を使って高齢者を避難させることができる輸送装置なども紹介する。

 同時に“声かけ”運動を広げ、地域で安否確認ができる自主防災組織を築いている堺市の新檜尾台校区の取り組みなどを報告する各種セミナーも開かれる。

 無料。9日は午前10時〜午後5時、10日は午前10時〜午後4時。問い合わせは同展事務局(電話03・5775・2855)。

470よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/08(水) 20:12:10 ID:GeOZMGrI0
2011年6月 8日
【勝手にランキング】「学習塾」比率1位 池田市 高校立地や交通の便、子供の数...要因が複合
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/08/20110608-053772.php

 “東高西低”といわれた「お受験」も今は昔。関西でも有名私立大が相次いで付属小学校を開校し、大阪でも受験戦争に欠かせない学習塾が勢いを増しているが、どうも地域によって偏在している傾向がうかがえる。そこで、府内の自治体別に人口当たりの学習塾の数を比較してみた。 (白岩賢太、植木芳和)

■小6で3割強

 日本の私塾の歴史は古く、鎌倉時代までさかのぼるという人もいるが、大阪では江戸時代の蘭学者、緒方洪庵が開設した「適塾」が有名。この時代には庶民向けの施設として「寺子屋」も普及しており、日本の教育水準を高める上で欠かせない存在だった。

戦後は高度経済成長とともに偏差値重視の受験戦争が激化し、都市部を中心に学習塾が乱立。文部科学省の調査(平成15年)によると、通塾率は小学6年で35・6%、中学3年で62・5%に上った。

「学習塾」といっても幼児教室や語学教室などもありさまざまで、今回の調査では、主に受験対策を目的とした進学塾や予備校などに限定して調べた。

■大阪市は7位

1位は池田市。大阪では一般的に北摂エリアが「教育熱心」という人も多いが、ランキングをみると、2〜5位は北摂以外の地域の自治体が占めた。

他の自治体と比べ、塾の数がけた違いに多い大阪市は7位。どのエリアの自治体もまんべんなくランクインしているように見えるが、自治体関係者や教育関係者はこの結果をどう分析するのか。

池田市教委の担当者は「おひざ元に大阪大があるという点が一番の要因では。阪大生が塾講師としてアルバイト勤務するケースが多く、学習意欲の高い児童生徒にも自然と人気が集まる」と指摘。同市内の中でも塾や予備校などが集中する阪急石橋駅は、北摂エリアの拠点ターミナルとして交通アクセスが良く、「学生も県境を超えて交流しているケースが多い」という。

大阪市教委の担当者は「公立の学校教育に最も力を入れているので、民間企業の動向についてはコメントしにくい」としながらも「大阪市内には有名私立高校が多く、交通の便も良いため、(ランキング上位は)当然といえば当然」と話す。

有名校の立地や交通至便、受験を控えた子供の数なども背景にあるようだが、塾を経営する側に尋ねると、こんな意見が返ってきた。

関西一円で進学塾を展開する「浜学園」本部の営業企画室は「公立高校に対する受験ニーズはどこの自治体もそう変わらないが、生徒が将来的に進学を目指す有名校が大阪では北部に集中しており、その比率が進学塾の数にも反映しているのではないか」と指摘する。

また、フリープロデューサーの木村政雄さんは、ランキングを鉄道の沿線別から比較し、「阪急宝塚線が走る池田市や豊中市はやっぱり上位。南海高野線沿いの大阪狭山市や河内長野市も、ベッドタウンとして栄えており、若いサラリーマン家庭で教育熱心なイメージが強い」と独自の視点で分析した。

471よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/08(水) 20:14:44 ID:GeOZMGrI0
>>470

■生き抜く力

文科省は一昨年、保護者の年収が高い世帯ほど子供の学力が高いとする調査結果を報告したことがある。全国学力テストの結果と年収の相関関係を裏付けるデータの公表は初めてだったが、この調査では学校外の教育費支出についても調べており、「月5万円以上」の家庭と「支出なし」の家庭では、応用力を問う「算数B」の正答率で26・8ポイントの差があったことが明らかになっている。

「教育熱心な家庭は総じて、情報にも敏感。富裕層が多い地域に塾や予備校が集中するのは、保護者と塾側の双方の利害が一致した自然の流れともいえる」。こう指摘するのは中学受験に詳しい森上教育研究所の森上展安所長。「読み書き、計算に必要な反復学習も含め学習塾が補う役割は大きくなるばかりで、家庭の収入と学力格差が結びつく一因になっているのでは」と話す。

ただ、木村さんはこんな見方も示した。

「富裕層が多く住む街に学習塾が集中するのは自然な現象だが、大阪も他の大都市と同じ傾向になったと思うとちょっとがっかりする。やはり大阪は、机の上でモノを暗記する勉強よりも、賢く生き抜く生活力を重視する街やと思うんですが、こんな考え方はあきまへんか?」

調査方法 
NTTのタウンページに今年4月末時点で「塾・予備校」として掲載されている件数を、総務省が公表した平成22年4月1日現在の住民基本台帳に基づく市町村別人口で割り、人口1万人当たりの比率を算出した。

>大阪も他の大都市と同じ傾向になったと思うとちょっとがっかりする。やはり大阪は、机の上でモノを暗記する勉強よりも、賢く生き抜く生活力を重視する街やと思うんですが、こんな考え方はあきまへんか?

 あかんのとちゃいますか。
 大阪の人たちが勉強熱心だからこそ大都市となりえたのですから。
 机の上での勉強を否定してはいけませんね。

472名無しさん:2011/06/08(水) 22:09:47 ID:LLxFf30g0
大阪を浪花節だと未だに信じているどうしようもない人だと思う
逆に道理に合わないことは一番嫌う

473名無しさん:2011/06/08(水) 22:49:01 ID:SyguXFxc0
>>467

「泥の河」に出てくる運河は名古屋の運河を撮影したものらしいです。
映画ができた1982年当時、ビルが建ち並び、大阪にはすでに映画の時代設定、昭和30年頃にふさわしい風景はなかったのかもしれません。

474名無しさん:2011/06/08(水) 22:50:48 ID:oPlWcabQ0
http://blhrri.org/topics/topics_0043.html
>471 平松と阪大総長と内田樹ともう1人による談話本で、「大阪は非イデオロギーの町ゆえ学問が育った」なる章がおましたが、
残念なことに、戦後とりわけ高度成長期以降から人権というイデオロギーに支配されて学問不毛化したのは上のURLに出てる奴かその舎兄の仕業と言わざるをおまへん。
生きる力云々を親方日の丸でしか生きられん連中がいうのはチャンチャラ可笑しゅうて。

475名無しさん:2011/06/08(水) 23:05:48 ID:oPlWcabQ0
>>467 宮本氏といえば、25年以上前笑っていいともテレフォンショッキングで円広志から大学の先輩ということで紹介を受けて出演し、
その際幼少期に借金取りが家に押し掛けてきたことを、クールに淡々と語ってタモリや観客をドン引きさせてた記憶がありますが、
文章表現できなくて申し訳オまへんが、ああいうキャラの人物が当時はテレビに結構出てたのに。
アホ面の芸(NO)人どもによってあれが大阪の代表と見做されるのが物悲しい。(キム某が京都の代表ヅラしてくれるのはむしろ好都合)
宮本氏の近影を見たら、当時と変わり果てたおっさんになって今表に出られてもどうか・・・・

476名無しさん:2011/06/08(水) 23:17:36 ID:oPlWcabQ0
今日日の芸人や一般人には見られない?、ニヒルというべき嘲笑的な口調と形容すべきか。

477名無しさん:2011/06/08(水) 23:29:05 ID:oPlWcabQ0
くどいけど、冷笑的というのか

478よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/09(木) 19:45:07 ID:SHBEBgQw0
ベルリン金熊賞のトルコ映画 阪大生が字幕翻訳
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110609-OYO1T00735.htm?from=top

 昨年のベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞に輝いたトルコ映画「蜂蜜」の字幕翻訳を、大阪の大学生グループが完成させた。トルコ在住の監督らと直接交渉して許可を受け、映画を100回以上見て、5か月余りかけて仕上げた労作だ。興行映画の字幕は通常、プロが手がけており、学生の翻訳は極めて珍しい。「芸術性が高く深みのある作品。僕たちの感動を一緒に味わって」。大学生たちの思いをのせて7月2日から全国で劇場公開される。

 大阪大外国語学部4年、矢内(やない)達也さん(21)(大阪府箕面市)ら3人。

 「蜂蜜」は、トルコ映画界を代表するセミフ・カプランオール監督が、養蜂家の父、母と暮らす少年の成長を描いた佳品だが、トルコ語専攻の矢内さんが受賞を知った昨春、国内で公開予定はなかったという。

 「最高の賞を得たのに、トルコ語がマイナーだからか」。悔しくて、自分で字幕を付けて上映会を開こうと思い立った。教授らの支援を受け、監督と、版権を持つドイツの配給会社に手紙やメールで連絡。学術研究用を条件に翻訳と上映の許可を得た。

 昨年7月、DVDと脚本が届き、同級生の古賀有さん(23)、伊東祥明さん(21)に声をかけて翻訳作業を始めた。ところが10月に入って、東京の配給会社が国内の配給権を獲得したことがわかった。続行を危ぶんだ矢内さんは東京に出向き、「僕たちにやらせて」と担当者に直談判。劇場用の字幕翻訳の了承を取り付けた。

 作業は難航した。難解な表現が多く、行き詰まっては本やインターネットで調べた。いくつかの言葉はコーランや仏詩人ランボーの詩からの引用だった。

 昨年12月には、疑問点を直接聞こうとトルコまでカプランオール監督を訪ね、こう求められた。「僕の映画は、龍安寺の石庭であり、松尾芭蕉の俳句。風景、せりふ、音のすべてが調和して一つの作品になっている。字幕も調和を大切に」

 帰国後、場面の調和を重視して全体を見直したところ、初めて意味の分かるせりふがいくつも出て修正を重ね、完成にこぎつけた。

 「試行錯誤するうちに、理解が深まった」と矢内さん。配給会社は「プロと遜色ないレベル。彼らの熱意が作品に新たな息吹を吹き込み、観客にも伝わるのでは」としている。

 蜂蜜 幻想的な森を舞台に、6歳の少年の心の動きを追うこの作品は、詩人となった彼の壮年期を描く「卵」(2007年)、青年期の「ミルク」(08年)に続く3部作の完結編。音楽を使わず、鳥の鳴き声など自然界の音だけがバックに流れる映像は、「映画芸術の最高峰」と評された。

(2011年6月9日 読売新聞)

479よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/09(木) 20:07:01 ID:SHBEBgQw0
2011年6月 9日

脳波計 宇宙実験に提供 大阪の「スリープウェル」
 8日午前に打ち上げられたロシアの宇宙船「ソユーズ」。日本人宇宙飛行士、古川聡さんとともに、大阪のベンチャー企業の手がけた製品が宇宙に飛び立った。小型脳波計を製造・販売するベンチャー、スリープウェル(大阪市北区)は、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で行われるプロジェクトに小型脳波計を提供した。宇宙に長期滞在する古川さんの睡眠時の脳波測定などに活用される。

睡眠 手軽に計測

 同社が提供した小型脳波計(重さ約120グラム)は一対の電極を装着するだけという手軽さが特徴。睡眠の深さや寝付き、覚醒の頻度など終夜の睡眠データを、医療機関向けの製品と同等の精度で計測できる。

 この脳波計を使い、医師でもある古川さんが宇宙に約5カ月半滞在する間、睡眠時の脳波データの収集を行う。宇宙で質の良い睡眠をとるための条件を探るほか、宇宙飛行士の健康管理にも役立てる。

 同社は現在、同様の小型脳波計を「夢眠計」の商品名で製造販売している。吉田政樹社長らは、平成19年から科学技術振興機構の委託研究として開発を始め、昨年4月に同社を設立した。現在30カ所以上の大学・研究機関や企業に製品を提供しており、南極越冬隊が環境変化による睡眠への影響を測る際にも使用されているという。

 吉田社長は「看護師や警察官など、昼夜交代制の勤務の適正なあり方を探ることにもつながっていけば」と話している。

480よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/09(木) 20:09:43 ID:SHBEBgQw0
被災地で活躍 防災製品展示
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003225521.html

災害時に役立つ製品や技術を一堂に集めた展示会がきょう大阪で開幕し、東日本大震災で被災者を支えた関西の製品も紹介されています。
大阪・住之江区で開かれている展示会には、約160の企業や団体が参加し、今回は、東日本大震災の被災地で実際に使われた製品も展示されています。
このうち和歌山県田辺市のメーカーが福島県いわき市の避難所に持ち込んだ大型の照明は、通常、観光地や商業施設のライトアップに使う製品ですが、避難所では広い範囲を明るく照らし、夜間の移動や治安の確保に役立ったということです。
また岩手県釜石市の避難所に提供された太陽光パネルとバッテリーを組み合わせた装置は、仮設のトイレの明かりなどに利用されたということです。
震災直後とあって、会場には自治体や企業の防災担当者などが訪れ、熱心に見学していました。
この「地域防災防犯展」は大阪・住之江区のインテックス大阪であすまで開かれています。

06月09日 15時36分

481よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/09(木) 20:18:35 ID:SHBEBgQw0
2011年6月 9日
展示作の水景巡りを 学芸員手製マップ好評 大阪市立近代美術館建設準備室
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/09/20110609-053817.php

 “水”をテーマにした展覧会「海と水のものがたり」を開催している大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(中央区)は、出品作ゆかりの場所を記したアート&ウオーキングマップを作製し、観覧者に配布している。「今と昔の風景を比較しながら街歩きが楽しめる」と好評だ。19日まで。

 マップは近代美術館建設準備室学芸員の清原佐知子さんの手作り。当初は作品解説の補足資料として地図を付けるつもりだったが、展示作品の中には京町堀川や西横堀川など戦後に埋め立てられ姿を消した水辺の風景がいくつかあることから「作品を見た後で実際に街を歩いたらおもしろいのでは」とウオーキングマップを作ることに。

 通勤や出張の帰りなどに作品の舞台を訪ね「この絵はどの方角から描かれたのか」「顕彰碑は建っているか」など実際に歩いて調べ、以前の展覧会で大阪の橋を紹介したパネルを作った経験を生かし、地図を仕上げた。

 マップはA3判カラー刷り。洋画家の佐伯祐三の「汽船」や版画家の織田一磨の「京町橋」など水都大阪の面影を残す大阪を描いた12作品を掲載。北大江公園に建っていたハリストス正教会や阪神高速が開通する前の本町橋など作品ごとの解説のほか、昔と今の地図にそれぞれ絵が描かれた場所をアルファベットで記し、紹介している。

 清原さんは「今回の展覧会は水にちなんだ名作を展示することが目的ですが、地図を持って街を歩き、作家がどんな気持ちで描いたかなど興味をもってもらえたら」と話している。

482よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/09(木) 20:29:06 ID:SHBEBgQw0
2011年6月 9日
「将来担う若者を」 奥島理事長が決意 大阪繊維学園創立50年
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/09/20110609-053818.php

 学校法人大阪繊維学園(大阪府茨木市、奥島孝康理事長)の「創立50周年式典」が8日、大阪市北区のホテルで開かれ、森喜朗・元首相や西村康稔・衆院議員、鎌田薫・早稲田大学総長らが出席した。

 同学園は昭和37年、大阪繊維工業高校(全寮制)として設立した。42年、向陽台高校を発足。49年、校名を摂陵高校に変更し、60年には摂陵中学校を開設。平成20年、早大系属校となり校名も早稲田摂陵中学、高校と変更した。

 同学園の奥島理事長は「大阪商人の魂が宿った本学園に早稲田の精神を注入。知性と野性を兼ね備えた、将来の日本を担う若者を育てていきたい」と決意を語った。

 式典に先立ち茨木市の同学園で森元首相が在校生ら約800人に記念講演を行い「国際社会で活躍するには、日本人としての誇りを持つことが大切。そのためには国歌や国旗にきちんと敬意を表せる人間になってほしい」などと熱弁をふるった。

483よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 19:38:09 ID:ZUECP7WI0
大阪大の次期総長に平野俊夫教授
http://www.asahi.com/national/update/0610/OSK201106100076.html

 大阪大学は10日、任期満了を迎える鷲田清一(わしだ・きよかず)総長(61)の後任となる第17代総長に、平野俊夫・大学院生命機能研究科教授(64)=免疫学=を選出した。任期は8月26日から4年間。

 平野氏は1972年に阪大医学部を卒業後、医学部付属動物実験施設長、大学院生命機能研究科長、医学部長などを経て、昨年4月から1年間、大学の経営協議会委員を務めた。

 2009年にはスウェーデン王立科学アカデミーが優れた研究業績を表彰する「クラフォード賞」を日本人として初めて、岸本忠三・阪大元総長とともに受賞した。

484よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 19:47:54 ID:ZUECP7WI0
2011年6月10日
妊婦未健診は「胎児虐待」 26%が低体重で出生 大阪産婦人科医会まとめ
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/10/20110610-053853.php

 妊婦健診をほとんど受けずに出産するケースについて、平成22年の大阪府内の状況を調査した大阪産婦人科医会が「乳幼児虐待につながるリスクが高い」とする報告書をまとめ、9日発表した。未受診を胎児に対する虐待ととらえる一方、未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースもあり、同医会は児童相談所の迅速な介入を求めている。

 調査は、大阪府内で分娩(ぶんべん)を取り扱う約160施設を対象に実施。妊婦健診の受診回数が3回以下か、最終受診から3カ月以上受診していなかった22年中の未受診妊婦148人のケースを調べた。妊婦の年齢は15〜44歳で、平均28・6歳、未成年は22人で、40%が初産、69%が未婚だった。

 調査の結果、子供の26%は低体重で生まれ、27%は何らかの合併症で新生児集中治療室に入院。死産も4例あった。適切な健診や医療で防げたケースもあり、報告書は未受診を「胎児虐待」ととらえるべきだと指摘している。

 また、児童虐待を受けて育った妊婦が7人、家庭内暴力の被害者という妊婦が8人いた。妊婦の96%、パートナーの82%は無職か非正規雇用で、生活保護受給率は38%に達した。11人に精神疾患があり、7人が薬物依存症だった。こうした未受診妊婦の家庭・成育環境は児童虐待が起こる家庭と類似しているという。妊婦健診は、出産までに14回程度受けることが望ましいとされる。

485よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 20:13:12 ID:ZUECP7WI0
2011年6月10日
観賞魚見て リラックス ジェックス実証
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/10/20110610-053857.php

 観賞魚用品大手のジェックス(大阪府東大阪市)は、パソコンを使った後の人や高齢者らに観賞魚をみてもらった結果、観賞魚には人を癒やす効果が明らかになったと発表した。今後も子供などへの効果を検証するという。

 パソコンの使用者に対しては、観賞魚が泳いでいる水槽のある空間とない空間などを使って実験。30人中、10分間の休憩時間中、7分以上水槽を見つめていた人はストレスの多寡を示す心拍変動の数値が下がり、リラックスしたことがわかった。

 水槽ありとなしの人では、唾液アミラーゼというストレス度合いを示す物質が有意に違い、「水槽あり」の方がくつろぎを感じていることを示した。

 高齢者施設で行った調査では、モニター画面に魚を映した疑似水槽と、本物の水槽とを設置。どちらを眺める時間が長いかを調べたところ、疑似水槽の13・2秒に対し、本物の水槽は40・8秒となり、本物の方がより好奇心をかき立てることがわかった。実験はジェックス社と岐阜大学を中心とする研究チームが実施した。これまでは心理学・生理学的に観賞魚の効果を示すデータは少なかったが、今回の実験結果は「癒やし効果」を明らかにしたとしている。

486よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 20:14:49 ID:ZUECP7WI0
よみうり写真大賞、入賞作品展始まる…大阪・中央区
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110610-OYO1T00769.htm?from=newslist

 「第32回よみうり写真大賞入賞作品発表展」が10日、大阪市中央区備後町3の「富士フイルムフォトサロン」で始まった=写真=。

 約3万点の応募作から選ばれた91点を展示。昨年10月に奄美大島を襲った集中豪雨の被害を撮影し、ニュース&ドキュメンタリー部門大賞に輝いた興(おき)克樹さん(鹿児島県奄美市)の作品や、お祭りを楽しむ法被姿の男児の表情をとらえ、ファミリー部門大賞を受けた泉健一さん(奈良県生駒市)の「曳(ひ)きたいなぁー」などの力作が並び、写真ファンらが熱心に見入った。

 16日まで。午前10時〜午後7時(最終日は午後2時まで)。入場無料。問い合わせは同サロン(06・6205・8000)へ。

(2011年6月10日 読売新聞)

487よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 20:18:47 ID:ZUECP7WI0
2011年6月10日
浪漫飛行楽しんで グライダー部復活へ 布施工科高OB奔走
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/10/20110610-053890.php

 関西初の航空工業高校として昭和14年に創立された大阪府立布施工科高校(東大阪市)で、休止状態のグライダー部のOBたちが部の復活に向けて奔走している。同校で見つかった戦前の設計図を基に復元した機体が経済産業省の「近代化産業遺産」に認定され、今年5月には校舎玄関に展示スペースを完成させた。高校生のグライダー部は全国でも珍しく、OBたちは「今の生徒に空を飛ぶロマンを味わってもらいたい」と熱い思いを寄せる。



 同校の滑空班(グライダー部)は創立後間もなく発足。戦時中は戦闘機などを操縦するパイロット候補の養成のための滑空訓練も行っていた。しかし戦後、GHQ(連合国軍総司令部)の航空禁止令によって一般の工業高校となり、部は活動休止となった。

 その後、27年にグライダー部として復活。28年には、生駒山上空で9時間を超える滑空を達成するなど学生グライダー界でも一目置かれる存在で、一時は約30人の部員が八尾空港を拠点に活動した。

 しかし、40年代に八尾空港での滑空が禁止されたこともあって部員が減り、45年前後から休止状態に。その後、部復活に向けた動きは何度かあったものの、生徒たちの関心を集めることはできなかった。

 そんななか、平成元年になって同校の倉庫から「昭和15年作製」と書かれたグライダー「文部省Ⅰ型初級滑空機」の設計図約20枚が見つかった。平成6年、その設計図を基にOBらが2カ月かけて機体を忠実に復元。11年には長野県で500メートルの滑空も成功させた。

 経産省はその功績を認め21年2月、「産業近代化を支えた技術者教育の歩みを物語る」として「近代化産業遺産」に認定した。

 これを機に、再び部復活に向け機運を高めたOBたちは、学校と協力して機体の展示を計画。倉庫に保管されていた機体を整備し直すとともに、復元の様子などを撮影した写真でパネルも作り、今年5月、校舎の玄関に展示スペースを完成させた。「先輩が残した技術に、まず興味をもってもらいたい」と生徒たちの反応に期待する。

 部OBで東大阪市の自営業、岩粼靖璋さん(69)は「悠然と滑空しながら地上を見下ろす体験は、グライダーならではの醍醐味(だいごみ)。ぜひとも伝統ある部を復活させ、今の生徒に空のロマンを伝えたい」と話している。

488よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/10(金) 20:19:57 ID:ZUECP7WI0
2011年6月10日
縁日でECO楽しもう 「生き生き地球館」 あすからイベント
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/10/20110610-053861.php

 環境をテーマにした工作体験や歌のステージ、大阪の特産品市などが楽しめる「ECO縁日―自分たちができること」が11、12の両日、大阪市鶴見区の「生き生き地球館」で開催される。入場無料。

 同館主催で14回目。今回は、市が取り組む環境施策「おおさか環境ビジョン」の内容に沿って、企業や行政、市民団体などが展示・体験ブースを展開。環境について、楽しみながら学ぶ。

 会場では、鳥の観察会をはじめ、ソーラー調理器でのクッキング、建築端材などを使ったロボット製作や落ち葉を使った染め物など約40ブースが出展、歌や落語、楽器演奏などのステージイベントも行われる。

 また、大阪の特産品を集めた「地球館マルシェ」も初開催。タマネギなど旬の農産物から、イチジクなどを使った加工品まで地産地消にこだわった食品を扱う12店舗が登場する。

 両日とも午前11時〜午後4時(小雨決行)。問い合わせは生き生き地球館(電話06・6915・5801)。

489よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/11(土) 19:38:21 ID:gw5NimoM0
人工光で野菜生産 大阪府立大に国内最大級の植物工場
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201106110041.html

 人工の光だけで野菜を栽培する植物工場研究センターが大阪府立大(堺市中区)に完成し、本格的な生産を始めた。総面積約2千平方メートル。人工光だけで栽培する研究施設としては国内最大規模という。

 植物工場は4月に稼働。LEDや蛍光灯で照らして野菜を栽培している。レタスの棚は15段。成長に応じて1段ずつ下ろし、下まで来たら収穫する。苗の時期を含め約40日で成長し、露地物の半分に短縮できる。

 栽培する棚を積み上げることで面積あたりの収量を上げ、品質や大きさがそろった野菜を作りやすい一方、コストが露地物より3割ほど高いのが課題だ。今年度中に露地物と同じコストで栽培できる手法を確立する方針。LEDや蛍光灯の改良で、2015年ごろには大規模な工場で商業ベースに乗ると見ている。

490よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/12(日) 16:03:30 ID:Qk55/QBQ0
大阪View:情熱、蔵のフラメンコ 漆喰壁に響く音−−帝塚山スタジオ /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110612ddlk27040193000c.html

 築100年を超える蔵の重い扉を開くと別世界が広がっていた。鋭い手拍子と床を踏みつける複雑な音。8人の踊り手が放つ熱気が大鏡を曇らせた。大阪市住吉区の住宅街にある帝塚山スタジオは舞踊家の市川惠子さん(56)が主宰する「市川惠子フラメンコ舞踊研究所」の本校。老朽化が進んでいた自宅の土蔵を88年にスタジオとして再生した。【小松雄介】

 市川さんと舞踊の出会いは約40年前。モダンダンス界の草分け、故江口乙矢さんに師事し、踊りに明け暮れた。東京で就職後、ふと見たフラメンコのライブに衝撃を受け、魅力にとりつかれた。スペインで一流の舞踊手らに学び、「多くの人に出会ってフラメンコの深さを知り、ひたすら踊る中でスタイルが確立できた」と話す。

 蔵のスタジオは漆喰の壁に囲まれた音の響きが、こだわりの床の感触とあいまって独特の空気を生む。本場のアーティストたちも訪れ、壁には賛辞を込めた無数のサインが残る。

 生徒は幅広い年代の約250人。毎年劇場でフェスティバルを開催し、帝塚山音楽祭では蔵でのライブが好評を博している。市川さんは「フラメンコの感動を伝えたい」と心斎橋のライブハウス「タブラオ・ミ・ヴィダ」で踊りを披露している。

 見学や体験レッスンの問い合わせは06・6678・2323まで。

491よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/12(日) 16:57:33 ID:Qk55/QBQ0
アメ村の書店でアート集団「Chim↑Pom」がトーク−「3.11以降」テーマの巡回展も
http://namba.keizai.biz/headline/1867/

 アメリカ村の書店「スタンダードブックストア」(大阪市中央区西心斎橋2、TEL 06-6484-2239)地下1階のカフェスペースで6月19日、アーティスト集団「Chim↑Pom(チンポム)」が参加しトークイベント「BOMBNUICATION」が行われる。

 2005年、リーダーの卯城竜太さん、「紅一点」のエリイさんなど6人で結成されたChim↑Pomは、渋谷センター街のネズミをはく製にした「スーパー☆ラット」(2006年)や、広島上空に飛行機で描いた「ピカッ」という文字(2008年)で物議を醸すなどのパフォーマンスで知られる。今年5月には、渋谷駅構内にある岡本太郎さんの壁画「明日の神話」の一部分に、原発事故を想起させる絵を取り付け、騒ぎになった。

 イベントでは、Chim↑Pomの6人ほか、DJ MAARさん、ブランドデザイナーのRyujiro Tamakiさんが参加し、「コレからのMade in JAPANのあり方について」「震災、原発問題の影響が少ない関西地方のコレからについて」「3.11以降の日本地図のみかたについて」などをテーマに話す。

 開催時間は19時〜22時。事前予約が必要で、チケットは1,500円で1ドリンクが付く。

 同カフェでは20日〜27日、福島第一原発など「3.11以降」をテーマにした、新作映像を中心とするChim↑Pomの巡回展「REAL TIMES」が行われる。入場料は800円で1ドリンクと限定CDが付く。

492よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/12(日) 17:17:30 ID:Qk55/QBQ0
中高生が医療現場を体験
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003390711.html

中学生や高校生に看護や手術などの体験を通して医療の現場を知ってもらおうというイベントが大阪で開かれました。
このイベントは、大阪・中央区の大阪医療センターが中学生や高校生を対象に毎年開いていて、ことしも看護や手術の体験など16のコーナーが設けられました。
このうち、大規模災害が起こったときに、被災地に入り医療活動を行う「DMAT」のコーナーではけがの程度に応じて治療の優先順位をつける「トリアージ」を体験しました。
参加者は東日本大震災の被災地でも活動した看護師などに教えてもらいながら患者役の職員に声をかけてけがの程度を把握し、識別用のタグを取り付けていました。
また、看護のコーナーでは、採血を体験することができ、参加者は看護師から血管の位置などを教わりながら腕の模型に注射器の針を入れていました。
参加した高校生は、「実際に体験すると大変だったけど、充実した仕事だと感じた」などと話していました。

06月12日 12時30分

493よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/13(月) 19:31:34 ID:/Oh6TlIg0
おかあさんコーラス 2団体が全国大会へ
2011年06月12日

 第34回全日本おかあさんコーラス関西支部大阪大会(府合唱連盟、朝日新聞社など主催、キユーピー協賛)が11日、大阪狭山市の市文化会館で開かれた。38団体の中から女声合唱団Maiとコーロ・シレーヌが、8月に福岡市で開かれる全国大会に出場することが決まった。

 女声合唱団Maiの中村由紀代表(59)=写真左=は「全国大会では日本語を大事にして歌いたい」、コーロ・シレーヌの北川正恵代表(46)=同右=は「大阪代表として全力でぶつかるのみ」と話した。


 ほかの優秀団体は次の通り。

 女声合唱団コール・ブリランテ▽カンティ・サクレ▽女声合唱団かがやき▽コール・ポコ▽女声合唱団コカリナ&ママンコールあぶやま▽エコーきさらぎ▽女声合唱団エヴァ・コール▽女声合唱アモーレ▽女声アンサンブルアトリエ

      ◇

 同会館ではこの日、第48回府合唱祭(府合唱連盟、朝日新聞社主催)も開幕した。12日は同会館で、25、26両日は池田市民文化会館であり、4日間で計197団体の約4900人がステージに立つ。

494名無しさん:2011/06/13(月) 21:49:13 ID:btK9vXpQ0
本日の午後10時よりNHKで放送されるディープピープル「人型ロボット開発者」に、最先端のロボット開発者の一人として大阪大学の石黒教授が出演します。

《番組内容》
“ロボット大国”日本をリードする3人の『人型ロボット』開発者がトークバトルを展開!二足歩行、人間そっくりのアンドロイド…、最先端の人型ロボットとは?

《詳細》
「ロボット大国」日本。なかでも世界に先んじているといわれるのが「人型ロボット」開発だ。「アトム」「鉄人28号」「ガンダム」。数多くのロボットヒーローを生み、子どもがまるで身近な友だちのようにロボットに親しんできた日本は、現実でも「ロボット先進国」。人型ロボット開発をリードする開発者3人が、熱いトークバトルを展開。最新の人型ロボットとは、いかなるものか。最先端のロボット開発の裏側が明らかに!

495よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 20:48:20 ID:HW5vL2E60
北畠で築60年の古民家を再生−リフォーム会社とデザインチームがコラボ
http://abeno.keizai.biz/headline/95/

古民家(阿倍野区北畠2)をリノベーションして販売する「ゆいプロジェクト」の改装前見学会が6月18日・19日に開かれる。主催は「住空間創造ゆいまーるClub」(北区東天満1、TEL 06-6354-5151)。

 同社が購入した古民家を一般公開した後に、デザイン提案やヒアリングを重ねて最終的に契約を交わす予定。デザインは店舗設計などを手掛ける大阪芸術大学出身の4人組「モンキーデザインチーム」が行う。用途は住居や店舗などで契約者の希望に沿うという。

 建物は平屋(67.38平方メートル)と2階建て(1階31.2平方メートル・2階29.21平方メートル)の2棟が連なった築60年の古民家。立地は帝塚山地域に連なる高級住宅地。

 「若い世代を中心に、中古住宅を買って自分らしいリノベーションがはやってきている」と加藤栄代表。「これまで古い家は汚いなどマイナスイメージしか持たれていなかったが、正しい改築工事を施せば安全でデザインによってかっこ良く暮らせることもできる」とも。

 開催時間は10時〜17時。詳細はホームページで確認できる。

496よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 21:01:09 ID:HW5vL2E60
立命館大:経営学部移転へ最終調整 15年、大阪・茨木に /滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110614ddlk25100568000c.html

 ◇BKCと衣笠、手狭で再編 4000人“引っ越し”「寂しい」
 学校法人立命館(京都市)は、立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC、草津市)にある経営学部を、大阪府茨木市に2015年に開設予定の新キャンパスへ移転する方向で最終調整に入った。約4000人の“引っ越し”となるが、地元では「寂しいが、仕方ない」などと冷静な声が聞かれた。【柴崎達矢、前本麻有】

 「学生減少は、今に始まったことではないですから」。草津市の賃貸マンション管理会社「レック」は、管理物件のうち約2400戸に立命館大生が入居。石澤正義社長は「学部移転に伴う入居者減は、仕方がない」と受け止めた。不景気で数年前から1人暮らしの学生が減り続け、さらに今年3月、JR南草津駅への新快速停車で、自宅通学への切り替えが増えたという。石澤社長は「立命館だけに頼っていてはいけない。新たな賃貸を展開していく」と話した。

 元々、BKCの学生数は、94年開設時には理工学部の約5000人のみだったが、現在は経営学部などを含め約1万8000人に膨らんだ。周辺にはマンションや飲食店が増加し、“学生の街”として様変わりした。同法人の今村正治・総合企画部長は「地域に支えられ、ともに発展してきた」と自負する。

 今回の再編は、BKCと衣笠キャンパス(京都市)が共に手狭になったことが背景の一つだ。BKCの場合、通学バスが込み合うほか、学内の食堂も混雑している。一方で、BKC近くのパナソニック社に通勤する米原市の中村秀司さん(45)のように「せっかく新快速停車で便利になったのに、若者が街から減るとは」と寂しがる人もいる。

 草津市の橋川渉市長は「互いの連携は変わらない」、嘉田由紀子知事も「単に人数の問題ではない。(理工系などで計画中の)大学院強化は歓迎できる」と冷静に受け止めた。一方、移転後の“姿”はまだ見えない。同市の昼間人口の1割以上を占めるBKCの動きに今後も注目が集まりそうだ。

497よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 21:03:14 ID:HW5vL2E60
阪大とジュネーブ大、トキソプラズマ症の発症メカニズム解明
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E7E68DE3E1E2E4E0E2E3E39180EAE2E2E2;at=DGXZZO0195579008122009000000

大阪大学の竹田潔教授と山本雅裕准教授は13日、免疫力が落ちたがん患者らがかかる「トキソプラズマ症」の発症メカニズムを解明したと発表した。原虫の分泌するたんぱく質が免疫機能にかかわるたんぱく質を分解していた。新たな治療法の開発に役立つ成果という。

 スイスのジュネーブ大学との共同成果。

 世界の人口の約3分の1が原虫のトキソプラズマに感染しているとみられるが、健常者だと何の問題もない。がん患者らは免疫が弱ると「トキソプラズマ症」を発症し、脳症などを引き起こす。十分に加熱していない肉を食べたり、猫と接触したりして感染するが、詳しい発症の仕組みは不明だった。

 研究チームは原虫が宿主の細胞に感染した際に放出するたんぱく質「ROP18」に着目。細胞内にある免疫機能にかかわるたんぱく質を分解していることをみつけた。

 遺伝子組み換えでROP18のできない原虫をつくりマウスに感染させた。通常ならばほとんどのマウスで起こる急性のトキソプラズマ症が起きなかった。

498よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 21:06:02 ID:HW5vL2E60
岡山大と阪大が急上昇「2010年度 大学・研究機関 特許資産規模ランキング」
2011年6月6日(月) 15時15分
http://resemom.jp/article/2011/06/06/2698.html

特許分析・経営分析を行うパテント・リザルトは6月6日、「2010年度 大学・研究機関 特許資産の規模ランキング」の集計結果を発表した。

 同ランキングでは、2011年3月末時点で公開されている権利継続中の登録特許を対象に、それらの特許1件ごとの注目度を評価する「パテントスコア」によりそれぞれの特許の重み付けをしたうえで、失効までの残存期間を掛け合わて得点化。機関ごとの合計得点により、各大学や研究機関が保有する特許資産を、質と量の両面から総合的に評価するものとなっている。

 パテントスコアでは、特許出願後の審査プロセスや競合出願人によるけん制行為などの経過情報を指数化することで、それぞれの特許の注目度を客観的に測定しているという。

 集計の結果、トップ3には「産業技術総合研究所(産総研)」、「科学技術振興機構(JST)」「農業・食品産業技術総合研究機構」がランクインした。

 同日発表されたランキング上位20位までのうち大学は、5位に慶應義塾、8位に名古屋大学、9位に岡山大学、11位に東京工業大学、12位に東京大学、13位に東北大学、14位に九州大学、17位に広島大学、18位に大阪大学の9機関がランク入り。

 中でも前年18位から9位と大きく順位を上げた岡山大学は、「権利化への意欲の高さ」の観点から高得点をあげており、他者に比べ早期に権利化されている点も特徴だという。技術分野別では、生命工学や環境化学などに強みを持っているという。

 また、大阪大学も前年27位から18位へと大きく順位を上げており、前年に比べ登録件数が大きく伸びた点や、「権利化への意欲の高さ」「他者からの注目度の高さ」の観点で得点をあげているという。技術分野別では、生命工学や触媒などの分野に強みを持っているとしている。

499よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 21:07:54 ID:HW5vL2E60
大学発特許の「権利移転」、大阪大が首位 医療・素材など事業化意欲強く
共同出願は東北大、トヨタが首位 特許分析会社が初調査
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE0EAEAEBEAE3E6E2E0E2E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6
特許分析を手がけるパテント・リザルト(東京・台東、白山隆社長)が大学や技術移転機関(TLO)を対象に算出した「名義変更・権利移転ランキング」で、大阪大学が首位となった。特許の審査過程で出願人の名義が大学から他者に変更されたり、特許権利化後に権利移転(技術移転)が行われた件数を集計したもので、大学が生み出した技術が産業界で活用されている度合いの目安となる。私立大学では10位に慶応義塾大学が入った。大学と企業が特許を共同出願するケースも多く、大学では東北大学、企業ではトヨタ自動車が最も活発に取り組んでいた。

 1993年以降に公開された特許を調べた。同ランキングの作成は初めて。1位の大阪大学はこれまで109件の特許を企業などに名義変更したり、権利移転した。他者(企業、団体など)から大阪大学への名義変更や権利移転は11件だった。

 大阪大学の特許出願件数は1443件で、東北大学の2023件、東京工業大学の1923件などに比べて少ないが、大学が創出した技術を企業などが取得し、事業化に活用されていることが分かる。

 パテント・リザルトは「名義変更や権利移転された特許の中身を詳しく見ると、阪大は審査請求に至る前に申請を取り下げたり、審査で新規性がないとして拒絶査定になったりした件数が非常に少ない」(荒木則夫執行役員)と指摘する。取り下げとは、いったん申請したものの技術が活用される見込みが少ないと判断し、費用を要する審査請求をあえて行わないケースを指す。阪大の場合は、大学側の権利化意欲の強さや、技術の中身の質の高さがうかがえる。

 109件の技術分野を特許庁の技術単位ごとに見ると「生命・環境部門」の「医療」が18件、「物理部門」の「材料分析」が12件などだった。例えば医療分野では「リンパ管新生促進剤」に関する特許を、大阪大学寄付講座教授が創業したベンチャーで東証マザーズ上場の遺伝子医薬品研究開発、アンジェスMGに権利移転している。

 また「半導体機器」(9件)や「有機化学」(8件)分野では「(電力制御用のパワー半導体デバイスとしても用いられる)チタンシリコンカーバイド基板上のオーミック電極形成方法」や、排ガス浄化用触媒に応用できる「アミジン―カルボン酸錯体」に関する複数の特許がトヨタ自動車に名義変更されている。

500よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/14(火) 21:09:30 ID:HW5vL2E60
>>499

http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE0EAEAEBEAE3E6E2E0E2E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;df=2;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6

3位には東京工業大学が入った。「半導体機器」(12件)や「無機化学」(9件)、「有機化学」(8件)分野でキヤノンや東洋紡、旭化成せんい、東レ、ユニチカなど多くの企業に名義変更や権利移転を行っている。

 研究資金が豊富な国立大が上位を占めるなか、私大の最高ランクは慶応義塾大学の10位だった。「材料分析」(8件)などの分野で大学発の技術が事業化に生かされている。

 大学やTLOからの名義変更や権利移転先として件数が多い企業上位3位は、がん治療薬開発で東証マザーズ上場のオンコセラピー・サイエンス、パナソニック、トヨタ自動車の順だった。

 またパテント・リザルトは大学やTLOが企業と行う共同出願の状況についても初めて分析した。

 それによると企業との共同出願が最も多いのは東北大学で、2位が東京大学、3位は京都大学と続いた。企業側ではトヨタ自動車が549件でトップ。2位はNTTの266件、3位は三菱化学で242件だった。

 パテント社によると、京都大学はNTTと移動無線通信の分野での共同出願が多い。また有機EL/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3E5E3E5EAE2E3E4E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NX関連技術や強化プラスチック材料などに関しても共同出願が目立つ。東大の場合は車両用のサスペンションや電気自動車/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3E4E7E2E7E2E3E4E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NX、ナビゲーションなどについてトヨタ自動車と共同出願しているほか、日産自動車とは自動車向け塗料やコーティング材に関する共同出願が多い。

 文部科学省によると、大学や高等専門学校などの特許出願件数は2009年度に前年度比7%減少した。大学と民間企業との産学連携は、ライフサイエンスやナノテクノロジー/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E5E2E3E2E6E2E0E4E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NX・材料、環境の各分野で伸びが目立つものの、リーマン・ショック後の経済不況を受け停滞気味だ。経費の見直しや削減を急ぐ企業は、大学発の研究成果や特許などの知的財産権を活用した事業化においてもプロジェクトを厳選する傾向を強めている。

 大学は必ずしもビジネスに直結したテーマのみを扱っている訳ではないが、エネルギーや環境、生命工学など中長期的な時間軸で社会の課題解決につながる研究も多い。これらの研究成果を企業や社会のニーズに合った形でどう生かしていくのか、大学にはこれまで以上に技術移転と事業化を進めるための知恵が求められている。

【調査の方法】1993年以降に公開された特許公報を基に「公報発行時の出願人」と「経過情報に基づいた権利者(出願人)」の変動分を調査した。「各大学・TLOから他者(社)へ」および「他者(社)から各大学・TLOへ」と名義変更・権利移転した件数を集計した。TLOに関しては、名義変更や権利移転の対象が大学や研究機関というケースが全体の3割程度を占める。
 共同出願状況は、大学と企業や個人の共同出願人数の総数を算出、ランキング化した。

(産業部 高橋香織)

501よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/15(水) 16:44:40 ID:yPljoSrE0
落語:桂塩鯛さん独演会 17日、ブリーゼで襲名後初 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110615ddlk27200450000c.html

 落語家、桂塩鯛さん(56)の独演会が17日午後6時半、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで開かれる。昨年の都丸改め四代目塩鯛襲名披露後、ブリーゼでは初の独演会となる。

 塩鯛さんは桂三枝さん作の「読書の時間」と、大ネタ「百年目」、そして「天狗裁き」の3席。他に桂団朝さん、桂吉の丞さんが出演する。

 問い合わせはブリーゼチケットセンター(06・6341・8888)。【油井雅和】

502よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/15(水) 18:05:40 ID:yPljoSrE0
春の褒章 121人と3団体
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003497701.html

長年にわたって、その道一筋に打ち込んできた人や学問や芸術の分野で功績のあった人などに贈られる「春の褒章」の受章者が発表され、関西からは121人と3つの団体が受章することになりました。このうち、黄綬褒章を受章する大阪・門真市の尾崎滋さんは64歳。昭和37年に日本料理の世界に入って以降、老舗の料亭・旅館などで料理長を務め、平成12年からは大阪・ミナミの日本料理店の代表を務めています。
尾崎さんは、柔らかい素材の煮崩れを防ぐ調理の方法などを開発したほか、神事などで奉納される儀式包丁の最高勲位の称号を受けるなど、食文化の保存と普及にも力を尽くしてきました。
尾崎さんは、「東日本大震災で多くの方が被害に遭われて大変な中の受章で、恐縮しています。受章は、自分ひとりの力ではなく、皆さんからいただいたと感じています。これをきっかけに業界のための人材育成や、食育などで、少しでも多くの方の役に立ちたい」と話していました。
同じく黄綬褒章を受章する奈良市の橋本賢治さんは73歳。
中学卒業後すぐに、屋根ふき職人の父親に弟子入りして以来、50年以上にわたり、一般住宅から東大寺大仏殿など歴史的な建造物まで、多くの屋根瓦のふき替えを手がけてきました。
また、橋本さんは古い瓦を再利用するとき、瓦の形を精密に測定して用途別に選別する器具を独自に考案し、多くの現場で活用されているほか昭和57年には職人が技術を競い合う第1回技能グランプリで全国2位となりました。
橋本さんは、「私より腕のいい職人がたくさんいるので申し訳ないような気もするが、これまで支えてくれた周りの人たちに感謝したい。今後は後進の育成にさらにとりくんでいきたい」と話していました。
褒章の伝達式は今月から来月にかけて、各省庁や各地の府庁・県庁で行われます。

06月15日 12時34分

503よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/16(木) 16:51:53 ID:m0PeJbmA0
登絖社展大阪展:書と家具がコラボ−−あすから /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110616ddlk27040386000c.html

 「第5回登絖社展大阪展」(毎日新聞社後援)が17〜19日、大阪市中央区本町1の大阪産業創造館3階で開かれる。毎日書道展審査会員で登絖社会長の原田凍谷さんの作品をはじめ、同審査会員の大前幽香、同会員の岩倉笙風、田中梅香、手島祥雪、寺前聴香、正木桃香、山本桃溪の各氏ら71人が、家具を配置した会場で近代詩文書の小作品などによる「書と家具のコラボレーション」を展開する。入場無料。

504よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/16(木) 19:47:30 ID:m0PeJbmA0
2011年6月16日
大阪市大がノーベル物理学賞の南部博士に「特別栄誉教授」
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/16/20110616-054076.php

 大阪市立大は15日、素粒子物理学の研究で平成20(2008)年にノーベル物理学賞を受賞した米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎博士(90)に「特別栄誉教授」の称号を授与すると正式に発表した。南部博士は、過去に大阪市立大で助教授や教授を歴任しており、現在は名誉教授。今回授与する特別栄誉教授は、大阪市立大が今年4月に創設した最上級の称号で、南部博士が第1号となる。20日に同大で南部博士を招いた称号贈呈式を行う。

505名無しさん:2011/06/17(金) 03:42:49 ID:azQg1MyY0
南部博士と言えば
アレとしか思えません
5人の隊員を使って・・

506よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/17(金) 03:58:00 ID:m0PeJbmA0
「盲導犬啓発宣隊」 イベントなどで仕事ぶりをPR 大阪
2011.6.16 01:35
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110616/osk11061601360000-n1.htm

 ■「デモ犬ジャー」人気上昇中

 視覚障害者らの支援活動を続けている「日本ライトハウス」(大阪市鶴見区)の創立40周年イベントで昨年12月にデビューした“盲導犬啓発宣隊 デモ犬ジャー”が好評だ。イベントなどで仕事ぶりをPRしながら、癒やし系「宣隊」として人気も上昇、関係者も盲導犬への理解につながればと期待している。

                  ◇

 デモ犬ジャーのメンバーは、デモレッド「フローレン」(7歳、メス)をリーダーに、デモブルー「ジップ」(4歳、オス)▽デモグリーン「レオ」(3歳、オス)▽デモピンク「ティオ」(3歳、メス)▽デモイエロー「ポーシャ」(10歳、メス)の5頭。種類は、ラブラドル3頭と、ラブラドルとゴールデンレトリバーの雑種(F1)2頭。

 千早赤阪村にある日本ライトハウス盲導犬訓練所で盲導犬として育成された中から環境の変化に強く、だれとでも対応できる犬が選ばれている。普段は、ボランティアの個人宅で過ごしており、日本ライトハウスが西日本各地で開く啓発イベントに、訓練士とともに出動している。

 「仕事は、ステージで服従訓練やハーネス(胴輪)をつけての誘導訓練などの実演と、一般の人や視覚障害者との体験歩行。利用者の手に渡った盲導犬は、1人のパートナーですが、デモ犬は複数の人に対応できる能力が必要です」と同訓練所の●木(くわき)雄介主任(33)。

 2、3頭で活動することが多く、5頭がそろって出動したのは、日本ライトハウスの40周年イベントを合わせて4回。次回の勢ぞろいは7月になる予定だ。

 現在、訓練士がデモ犬ジャーをイラスト化したステッカーやランチバッグなども製品化、訓練所やイベント会場などで販売している。「5頭そろったのでデモ犬ジャーを結成したら、好評だった。今後もイベントなどを通じて盲導犬への関心が高まれば」と●木さんは話している。

●=十の下にくさかんむり、その下に木

507名無しさん:2011/06/19(日) 01:16:14 ID:R0gxEhkc0
asahi.com
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201106180038.html

旧厚生年金会館、来春開業 新名称「オリックス劇場」

 オリックス不動産(本社・東京)は17日、旧大阪厚生年金会館大ホール(大阪市西区)の改修工事を行い、来年4月8日に開業すると発表した。新名称は「オリックス劇場」で、大阪文化の発信拠点として生まれ変わる。

 地元住民から親しまれてきたタイル張りの外観は改修して残した。耐震補強や空調設備などの工事も行い、西側を一部増築した。

 2400席の客席数は維持しながら、クラシック音楽に対応した音響設備を入れ、要望が多かったエレベーターも設置した。運営は「京セラドーム大阪」と同じ大阪シティドーム(本社・大阪市)が手がける。

508名無しさん:2011/06/19(日) 01:29:11 ID:R0gxEhkc0
毎日jp
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110618ddlk27070470000c.html

まなびやの宝:/55 シミュレーター実習室 国土交通省航空保安大学校 /大阪

◇判断刻々、管制官育てる
 薄暗い実習室の中に足を踏み入れると、壁一面の360度スクリーンに巨大な飛行場の映像が広がる。「フレンドシップ空港」と名付けられた仮想の空港。管制塔から見える風景を再現した管制訓練用のシミュレーターだ。ひっきりなしに離着陸する航空機に向け、学生たちがてきぱきと指示を出す。

 国土交通省航空保安大学校(泉佐野市りんくう往来南)は管制官をはじめ、レーダーや無線施設を管理する航空管制技術官、洋上の航空機との通信を担当する航空管制通信官など航空保安業務のあらゆる職種を養成する教育機関。360度スクリーンを備えた飛行場実習室は自慢の施設。管制官役とパイロット役に分かれ、実際のフライトを想定して機体を誘導する。シナリオには緊急着陸や滑走路閉鎖などのトラブルが織り込まれ、慣れないうちは大汗をかきながらの訓練だ。

 母体は1959年に羽田空港に開設された航空職員訓練所。08年にりんくうタウンに移転した。全寮制で、航空管制官基礎研修課程(1年間)▽航空情報科(2年間)▽航空電子科(同)の3課程で150人が学ぶ。講義は1日に100分が4コマ。座学、実習が並行して進み、予習、復習は欠かせない。

 昨年10月に入校した荘野宏一さん(30)=基礎研修課程=は関西国際空港で働いた経験もあり、管制官に憧れて採用試験を受けた。状況の変化に応じて次々と判断を求められるシミュレーター訓練は「大変だったがやりがいがある。空の安全を守るという管制官の心構えを学べた」。今秋の卒業を前に、仕上げの訓練に励む。【山田泰正】

509名無しさん:2011/06/19(日) 01:33:00 ID:R0gxEhkc0
YOMIURI ONLINE
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110618-OYO1T00460.htm?from=main1

「無人張り込み機」大阪府警など開発、特許取得

 周囲の明るさに左右されず、動く物体を検知するシステムを大阪府警と電気機器メーカー「オムロン」(京都市)が共同開発し、特許を取得した。カメラにつなげば〈無人張り込み機〉として捜査員の負担軽減につながる、と関係者の期待が膨らんでいる。府警が特許を取得するのは初めて。

 府警の担当者は、刑事総務課主任の池田正隆さん(36)と、警察庁に出向中の小林伸司警部(52)。池田さんは、交通管制システムの構築などの仕事をしてきたが、5年前、国際捜査課に勤務したとき、外国人犯罪が相次ぎ、人員のやりくりに苦心する刑事らの姿を目にして開発を思い立った。

 動作を検知する技術はすでにあったが、明暗の変化に対応できず、映像はしばしば不鮮明になった。

 そこで、池田さんらは、時刻による明るさの変化を予測し、直前5分間の明るさを分析して、環境に最適な設定に切り替わる仕組みを作った。

 曇天や早朝など何パターンもの日照状況を野外調査で収集してはプログラミングする作業を繰り返し、1年かけて完成させた。

 特許は今年4月22日に取得。府とオムロンが権利を50%ずつ持つ。防犯カメラや警報装置、店舗の来客数調査などへの応用も期待できる。警視庁や他の道府県警などが使う場合は特許費用を免除するという。

 現場での実践利用の計画はまだないが、交代要員も含めて1か所最低3人が必要とされる張り込みポイントを減らすことが可能になりそうだ。池田さんは「今後も捜査に役立つ発明を続けたい」と話す。

(2011年6月18日 読売新聞)

510よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/19(日) 12:14:13 ID:d4xk1O3o0
英語学びたい79歳の1年生
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110619-OYT8T00090.htm

 大阪女学院大(大阪市中央区)の国際・英語学部に今春、79歳の女性が入学し、孫のような同級生と机を並べて学んでいる。同大学では最高齢の「新入生」で、授業の大半は英語という英語漬けの日々だが、「いつか世界中の人たちとコミュニケーションを取り、日本の魅力を紹介したい」と話す。

 大阪市天王寺区の藤木満寿子(ますこ)さん。英語の基礎を学ぶ授業では、「丘の上で怪物のようなウサギが人間を追いかけている」という絵の内容を英語で隣の学生に説明し、同じ絵を描いてもらう課題に挑んでいた。藤木さんは、「A big rabbit like a monster is on the hill」と訳したが、「追いかける」という訳語が浮かばず、教員に助言を求めた。同級生の中谷茉歩(まほ)さん(18)は「藤木さんは一つひとつの課題に非常に熱心。見習うことばかりです」と話す。

 中国・上海で生まれた藤木さんは旧制高等女学校在学中に終戦を迎え、戦後初めて英語に触れた。「今まで知らなかった欧米の生活や文化を知り、自分の世界が広がると思った」。外国にあこがれを抱き、大学で英語を学びたいと思った。

 しかし、経済的な理由で進学できず、その後も結婚、子育てや病気になった夫の世話などで本格的に学ぶ機会は遠ざかった。

 夫の世話が一段落するなどして余裕ができた2008年春、「もう一度英語を学びたい」と決意し、通信制高校で学んだ。そして、論文や面接などで選抜する大阪女学院大の入試に合格した。

 週6日、授業があり、英文や英会話などの予習や復習は必須だが、「難しい英語を聞き取れた瞬間が最高の喜び。何歳になっても好きなことは必ず身につくと信じて学び続けたい」と目を輝かせる。

(2011年6月19日 読売新聞)

511よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/19(日) 12:38:54 ID:d4xk1O3o0
>>507

「オリックス劇場」来年4月オープンへ−旧大阪厚生年金会館大ホール
http://namba.keizai.biz/headline/1880/

 オリックス不動産(東京都港区)は2012年4月8日、昨年3月末に閉館した旧「大阪厚生年金会館大ホール(以下、旧大ホール)」を「オリックス劇場」(大阪市西区新町1)としてリニューアルオープンする。

 1968(昭和43)年4月に開業した旧大ホールは、多目的ホールとしてさまざまな用途に用いられてきたが、昨年3月28日の公演をもって閉館。2009年10月に大阪厚生年金会館を落札した同社が、旧大ホール部分について2011年秋の再オープンを目指して準備を進めてきた。

 リニューアルオープンにあたり、耐震改修工事を行い建物の安全性を向上する一方で、特徴的な備前焼の陶板打ち込みタイルを使用した外壁は、ひび割れ、浮きの点検・補修後、全面セラミックコーティングを施し残す。

 ホール内は、クラシック音楽に対応するため、天井の形状を変更し反射板を更新、空調機の消音対策として空調ダクトも全面更新する。座席数は従来と変わらず、1階=1255席、2階=383席、3階=762席の計2400席。プレミアム席(57席)、VIP席(10席)も設ける。プレミアム席はシートピッチを45センチから54センチに広げる。舞台設備も改修、音響・照明を最新の設備に置き換える。

 そのほか、エレベーター3基を新設するほか、女性用トイレや多目的トイレの増新設、ホワイエの内装の更新など全面的に設備をリニューアルする。建築面積は3517平方メートル、延べ床面積は1万1194平方メートル。地下1階、地上5階建て。

512よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/19(日) 12:41:29 ID:d4xk1O3o0
「第2回辻静雄文化賞」−辻調理師専門学校で贈賞式
http://abeno.keizai.biz/headline/99/

 辻調グループ校・創立50周年記念事業「第2回辻静雄文化賞」贈賞式が6月15日、辻調理師専門学校(阿倍野区松崎町3)で開催された。

 同賞は、創設者である故・辻静雄さんの食文化普及の活動を記念し、「食」に関する目覚しい活躍、新しい世界を築きあげた作品と作者に賞を贈るもの。昨年創設され、選考方法は全国の報道機関などから推薦された作品から中間選考を経て、石毛直道委員長(国立民族学博物館名誉教授)のほか6人で構成された同選考委員会が決定する。

 同賞には、「茶懐石に学ぶ日日の料理」の後藤加寿子さんと、「家族の勝手でしょ!−写真274枚でみる食卓の喜劇−」の岩村暢子さんが選ばれた。

 「茶懐石に学ぶ日日の料理」は、家庭でできる心づくしのもてなしこそが懐石料理の本来の姿だというメッセージを静かに強く打ち出した茶懐石の入門料理書。料理写真は茶室の暗さそのままを取り入れ、空間のイメージを感じさせる。

 「家族の勝手でしょ!−写真274枚でみる食卓の喜劇−」は、首都圏の子どものいる家族の食卓を1998年から調査し、対象者の日記や料理写真などで現代の食文化を伝える問題作。お菓子で朝食、赤ちゃんの一人食べ、みそ汁の回し飲みなど、さまざまな事例を挙げ、食文化にとどまらず社会や家族の問題にも踏み込んでいる。

513よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/20(月) 20:28:41 ID:ktpkOdJM0
淀川に在来魚が復活 外来魚駆除でタナゴ7倍に
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201106200055.html

 日本固有の淡水魚を復活させようと、大阪府が2年前から始めた外来魚の駆除作戦が効果を上げている。小魚が生息しやすい場所で外来のブルーギルなど5万匹超を捕獲したところ、今春はタナゴなどの在来種が前年の約7倍に増える成果を上げた。絶滅の恐れがある国の天然記念物「イタセンパラ」の復活も期待されている。

 府が駆除作戦を続けているのは、かつてイタセンパラの最大生息地だった城北ワンド群(大阪市旭区)。ワンドは水の流れがほとんどない入り江状の地形で、小魚や水生生物が多く生息するが、近年はブルーギルなどの外来魚が繁殖し、在来魚が減り続けていた。

 特に「淀川のシンボルフィッシュ」と呼ばれるイタセンパラは、環境省のレッドデータブックの絶滅危惧1A類に指定され、淀川水系以外では愛知や富山にしか生息していない。府の調査では、淀川では1984年に1369匹が確認されたが、93年は155匹に激減。2004年の6匹を最後に見つかっていない。

514よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/20(月) 21:13:12 ID:ktpkOdJM0
2011年6月20日
「中原淳一の世界」展 茨木・川端康成文学館
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/20/20110620-054260.php

 ノーベル文学賞受賞作家、川端康成(1899〜1972年)の生誕月を記念する企画展「乙女たちとの再会 中原淳一の世界」が、川端康成ゆかりの大阪・茨木市にある川端康成文学館で開かれている=写真。

 中原淳一(1913〜83年)は昭和初期に雑誌「少女の友」の挿絵画家としてデビュー。昭和12年、川端康成の小説「乙女の港」の挿絵画家に起用され、人気を博した。戦後、中原は雑誌「ひまわり」を創刊、川端の作品「歌劇学校」をコンビで連載、かれんな挿絵に少女たちはあこがれた。

 企画展では、「歌劇学校」の直筆原稿に並び、中原が担当した挿絵(水彩画、ペン画)の数々のほか、雑誌「少女の友」「ひまわり」や平成21年の復刻版「乙女の港」などが展示されている。

 30日まで(火曜日休館)。25日午後2時から同館で関連講座がある。問い合わせは、同文学館(電話072・625・5978)。

515よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/20(月) 21:31:23 ID:ktpkOdJM0
2011年6月18日
医療ボランティア 来月から養成講座 NPO法人、受講者募集
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/18/20110618-054186.php 

 大阪市北区のNPO法人「ささえあい医療人権センター COML」が7月から「医療で活躍するボランティア養成講座」を開講する。患者の自立支援や医療の改善などにつながるボランティアを養成するのがねらいで、参加者を募集している。

 「医療相談の実際」や「コミュニケーション能力を高める」などをテーマにした全7回の講座で、COMLの事務所で開催する。平日、土・日、夏期の3コース(いずれも午後2時から)を設けている。

 定員は各コース25人。参加費は2万円。1講座(3千円)単位での受講もできるが、初回の受講が必須。問い合わせは、COML(電話06・6314・1652)へ。

516よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/21(火) 20:26:01 ID:EIZ12OVI0
富田林市と大阪芸大 連携協定結ぶ
2011年06月21日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001106210002

 富田林市と大阪芸術大(河南町東山)は20日、協力して地域振興を進める連携協定を結んだ。大阪芸大の教員や学生はこれまで、富田林の地場産業「大阪金剛すだれ」(国伝統的工芸品)のデザインや近鉄・喜志駅前通り商店街でのアートイベント、文化財調査など個別の事案に協力してきたが、今後、富田林の伝統工芸品や観光地PR、情報誌作りなどで一層連携していくという。

 同大であった調印式に出席した多田利喜市長は「芸大の持つノウハウを江戸時代の町並みが残る寺内町(じないまち)など富田林の魅力発信に生かしてもらいたい」。塚本邦彦学長は「地域住民との連携が学生の将来性を育て、進路に良い影響を与えることを期待している」と話した。

517よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/21(火) 20:38:04 ID:EIZ12OVI0
2011年6月21日
体内スイスイ"泳ぐ"内視鏡 大阪医科大など撮影成功 磁力で自走、全消化管検査に道
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/21/20110621-054320.php

 遠隔操作で体内を泳ぐように自在に動かせる「自走式カプセル内視鏡」を大阪医科大(大阪府高槻市)や龍谷大理工学部(大津市)などのチームが開発し、人間の胃と大腸の撮影に成功したと21日、発表した。従来のカプセル内視鏡は自在に動かせず、チームは「全消化管の内視鏡検査に道を開くことができる画期的な成果」としている。

 チームによると、自走式のカプセル内視鏡で大腸を撮影したのは世界初。5月に米国・シカゴで開かれた国際会議で学術発表した。

 この自走式内視鏡は市販のカプセル内視鏡にヒレと磁石をつけており、直径約1センチ、長さ約4・5〜6・5センチ。胃を撮影する際は口からのみ込み、大腸の撮影時は尻から入れる。

 検査の際は、あらかじめ専用装置で体内に磁場を発生させた上で、医師が画面を見ながらリモコンで操作。磁場に反応した磁石の振動でヒレが動き、魚が泳ぐように駆動する。

 チームは「検査時の患者の苦痛を減らせる上、内視鏡の向きや場所を精密に制御でき、正確な診断につながる。将来的には数時間で食道から大腸までを観察するのが目標」としている。

518よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/22(水) 05:50:14 ID:EIZ12OVI0
2011年6月21日
南部博士、大阪市大は"出発点" 「特別栄誉教授」贈呈式
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/21/20110621-054291.php

 素粒子物理学の研究で2008年にノーベル物理学賞を受賞した米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎博士(90)=写真(鳥越瑞絵撮影)=が20日、かつて教壇に立った大阪市立大で「特別栄誉教授」の称号の贈呈式に臨み、講演した。

 南部氏は、昭和24年に赴任し、約3年間の研究生活を送った。「市立大は初めて就職したところで、私の経歴の始まり。自由に仕事ができて非常に楽しい時代だった」と振り返った。夏に冷房の効いた映画館にこもっていたことがばれたエピソードも披露し、笑いを誘った。

 式典後、物理学などを志す学生らと懇談。「研究に行き詰まったときはどうするか」との質問には、「一日中考え続け、ちょっとした思いつきがあって少し前に進む。そのくり返しで、固定観念を一度疑ってみることが大切」と助言した。

 また市立大は、新たな奨学金制度として「南部基金(仮称)」を設けることや、大学構内に新たに整備される道に「南部ストリート(仮称)」と名付けることも明らかにした。

519よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/22(水) 06:00:28 ID:EIZ12OVI0
小型カプセル型内視鏡 開発
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003593541.html

体の中を魚が泳ぎまわるように動ける小型のカプセル型内視鏡を大阪医科大学などの研究グループが開発し、胃と大腸の内部を撮影することに成功しました。患者の負担を減らし、がんなどの早期発見につながるのではないかと期待されています。
このカプセル型内視鏡は直径約1センチ、長さ約4.5センチで、カメラを内蔵した円筒形の胴体に魚のひれのような部品が付いています。口から飲み込んだあと、体の外から磁力をあてるとひれが動いて前に進むほか、磁力のあて方によって左右に向きを変えることもできます。開発を行った大阪医科大学と京都の龍谷大学の研究グループでは、実際にカプセルを人に飲み込んでもらったところ、胃や大腸の中を自由に動いて、内部の様子を撮影するのを確認できたということです。大阪医科大学の樋口和秀教授は「カプセルを遠隔操作できれば、検査が必要な場所を的確に撮影できる。食道から大腸まで数時間で調べることが出来るほか、患者の負担も少ないので、がんなどの早期発見につながると思う」と話しています。

06月21日 21時27分

520よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/22(水) 06:02:16 ID:EIZ12OVI0
口笛コンクール 国際化へ一歩
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110622-OYT8T00076.htm

 大東市のNPO法人日本口笛音楽協会は、11月に「第5回日本オープンくちぶえ音楽コンクール」を開き、参加者を募集している。今年は5回の記念大会として友好関係のある中国口哨協会からの選抜者も初めて参加するなど、国際大会への第一歩を踏み出す。

 コンクールは「口笛の素晴らしさを広めよう」と2006年から実施。今回は第1次テープ審査の通過者40人による予選大会が8月28日にあり、勝ち上がった15人と中国からの選抜者5人を含む20人で、守口市のエナジーホールで決勝大会を行う。

 決勝大会のある11月26日と27日は約450人で口笛を5分間吹き、ギネス世界記録に挑戦するなど、さまざまな口笛にまつわるイベントも開催される。

 コンクールは参加無料で、口笛を愛する人であればだれでも応募できる。第1次テープ審査の応募受け付けは30日までで、同協会くちぶえ音楽コンクール事務局応募係(〒574・0034 大東市朋来2の5の35の520)へ申し込む。問い合わせは同協会(072・873・8174)へ。

(2011年6月22日 読売新聞)

521よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/23(木) 22:14:11 ID:83SnSaZY0
2011年6月23日
水族館&動物園 悩ましい夏 「生き物の生命にかかわる」 飼育法など根本見直しも
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/23/20110623-054407.php

 関西電力からの15%程度の節電要請を受け、関西の自治体や企業などで節電の動きが本格化している。一方で、夏休みに家族連れや子供たちでにぎわう水族館や動物園は、「飼育」と「節電」の両立に今から頭を悩ませている。「節電やむなし」として飼育方法自体、根本からの見直しを検討する施設があるのに対し、「生き物の生命にかかわる」などと慎重な姿勢をみせる施設もあり、試行錯誤の夏になりそうだ。

 神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)のラッコ館。2匹のラッコが飼育される館内は、生息地域に近い環境を保つため、電力を用いて水温約13度、室温約15度、湿度約65%になるよう、自動コントロールされている。

 ラッコは輸入の規制が厳しく、近年、国内の個体数は減少傾向にある。飼育担当者は「水温変化に弱く、繁殖能力も低い生き物。種の保存の観点からも、(水温が上がってしまう)節電は難しい」と話す。

 水族園の昨年度の年間電力消費量は約660万キロワット時で、一般家庭の約1500世帯分にあたる。そのうち約8割が、水温調節や水の濾過(ろか)・循環のための電動ポンプ使用など生き物の管理にかかわる電力だ。既存の設備で15%の節電を達成するには、施設の空調や照明の節減だけでは難しい。

 このため水族園は、飼育する約600種、1万3千匹の生物の飼育・展示方法の見直しを始めた。水温変化に比較的強く、大規模な水槽に多種類で飼育されている生物を対象に、低温や常温などの温度ごとに小規模な水槽に分けて飼育し、電力効率を上げることを検討するなど、知恵を絞っている。

 経営企画室の職員は「無駄な電力消費を点検する良い機会と考えたい。生物に負担をかけずに節電するノウハウを獲得するきっかけになれば」と話す。

 一方、約580種、3万匹を飼育する海遊館(大阪市港区)は「生き物に影響が出る分野での節電は考えられない」(広報チーム)と慎重な姿勢。ただ同館は、もともと年間電力消費量の約4割を自家発電していることから、今のところ設備面での整備は予定していない。当面は、6月22日から8月31日まで夜間の建物のライトアップを中止することで、電力消費を抑えるという。

 節電要請に頭を抱える現状は動物園も同じ。

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)も、「15%も節電するとなると、バックヤードの照明や空調の調節だけでは難しい」(広報担当)とし、獣舎の冷暖房の設定温度を変更することを含めて対策を検討中だ。しかし「獣舎の温度を上げた前例がないだけに、動物の体調変化が読みづらい」と不安ものぞかせる。

 ある職員は「これから夏場を迎えるだけに、動物が熱中症にならないよう気を配らなければならない。市とも相談しながら対策を急ぎたい」と話している。

522よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/23(木) 22:15:02 ID:83SnSaZY0
国内でホール初リサイタル バイオリニスト・富永さん
2011年6月23日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110623/20110623021.html

 大阪府豊中市出身で英国を拠点に活躍するバイオリニスト、富永伊津子さん(29)が8月3日、大阪市北区西天満4丁目のザ・フェニックスホールで、日本では初めてホール・リサイタルを開く。研究を続けるシューマンのバイオリン・ソナタ全曲を披露、「演奏される機会の少ない晩年の曲を通し、シューマンと彼の作品により興味を持ってもらいたい」と張り切っている。

 同ホールが公演企画を公募し、審査で選出したアーティストにホールと付帯設備を無償で提供、公演をサポートする演奏会「エヴォリューション・シリーズ」の一環。富永さんは高校卒業後英国へ渡り、英国王立音楽院、英国王立北部音楽大学で学ぶ。ロンドンをはじめ数々の都市でソリストとして、また室内楽の演奏に精力的に取り組んでいる。

 本格的にシューマンの研究に力を入れ始めたのは、修士論文のテーマを考えた時。「幸せなとき苦しいときそれぞれの心情がよく表れた曲から、人間的な部分を感じた。法律家を目指していて途中から音楽家になったその経歴も、神童と呼ばれていたほかの音楽家たちとは違って親しみを持てる」といい、現在も博士課程で研究を進めている。

 今回演奏するソナタ第1〜3番のうち、3番は特に演奏されることが少ない。「現在残っているシューマンの最後の作品で、人生の回帰とこれからの人生への希望、そして音楽に対する思いが詰まった曲」という。直筆の楽譜は残っていないため、現在の楽譜を出版した研究者に会うためにドイツに出向くなどして自分なりの解釈を深めた。

 日本での初めての演奏に「シューマンの深い内面をくみ出していくのが難しく、それがきちんと伝わるか不安はある」と言うも、「試してみる価値はある」と言い切る。「埋もれた名曲を掘り出し、現代の人たちに披露する」ことに使命感を持ち、「これからもどんどん新しいものを見つけて自分の幅を広げていきたい」と目を輝かせる。

 リサイタルは午後7時開演。問い合わせは電話06(6363)7999、同ホールへ。

523よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/23(木) 22:45:33 ID:83SnSaZY0
2011年6月23日
大大阪時代の響きを歴史博物館で 来月17日に「うえまちコンサート」
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/23/20110623-054389.php

 大正から昭和にかけて大阪が最も華やいだ時代とされる「大大阪」をテーマにした演奏会「うえまちコンサート」が来月17日午後2時から、大阪市中央区の大阪歴史博物館で開かれる。

 上町台地の活性化を目指すNPO法人「まち・すまいづくり」の主催。今回14回目となるが、同館の創立10周年を記念し、企画された。

 当時、流行したモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」やクライスラーの「愛の喜び」など約10曲を演奏するほか、ソプラノ歌手、高見さなえさんの指導による合唱も予定されている。

 会場では大大阪時代の映像を使いながら、日本テレマン協会代表の音楽監督、延原武春さんと同館の近代史担当の学芸員、船越幹央さんが音楽や歴史をテーマに対談する。

 定員200人。小学生以上2500円。要予約。問い合わせは「うえまちコンサート運営委員会」(電話06・6779・7222)へ。

524名無しさん:2011/06/26(日) 09:07:39 ID:LSSX7HvI0
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110625-OYT8T00063.htm
ネットで資金 学校に絵寄贈

 大阪市中央区の現代画家・イマリイノウエさん(21)が、インターネットのスポンサー募集サイトを使って、自作の絵を小、中学校など30校に寄贈する計画に挑戦している。

 絵は、歴史上の偉人の中からエジソンやナイチンゲールら13人を題材に選び、苦労した過去と成功した未来を地中のありの巣のような迷路の世界に描いた。「土の中を掘り進む様子でチャレンジすることの大切さを子どもたちに伝えたい」とイノウエさん。集まった資金で30枚の複製を作り額装する。

 サイト名は「READY FOR?」(https://readyfor.jp/)。ネットを通じて趣旨に賛同した不特定の個人が、少額の資金を提供するもので、ソーシャル資金調達サービスと呼ばれる。イノウエさんは、7月15日までに、目標の30万円を集めることにしている。目標額に1円でも達しないときは、賛同者からの資金は提供されず、募集は不成立になる。

 イノウエさんは「若手の画家は発表の機会も少ないので、こういう形で作品を知ってもらい、同時に子どもたちには、偉人のようにくじけない心を養ってほしい。寄贈先の学校も募っています」と話している。

(2011年6月25日 読売新聞)

525よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 14:03:05 ID:ZBqqIDa20
社会課題解決ヒント デザイナーらが展覧会
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110626/20110626026.html

 社会で生じるさまざまな課題に対し、デザイナーやクリエーターが創造性を生かして解決法を提案する展覧会「Social Propose」が大阪市北区扇町2丁目のメビック扇町で開かれている。入場無料。30日まで。

 「ソーシャルビジネス」や「ソーシャルデザイン」といった言葉が注目を集める中、デザイナーが社会の課題に対して積極的に提案することでデザインと社会の新しい関係や可能性を探ろうという「Cream Design Project OSAKA」の企画。

 会場には大阪を拠点に国内外で活躍するデザイングループを中心とした総勢50人以上のデザイナーが考えた、食や教育など社会の課題解決提案が並ぶ。

 「Project 629」のブースでは、34組のデザイナーやコピーライター、写真家が、出身地や居住地など縁のある町を独自の視点で紹介、表現した「マチオモイ帖(ちょう)」を展示している。

 「得体の知れないモンスターのように巨大化した社会でなく、自分たちの足元を社会として見つめ直し、今後行動するきっかけになれば」と、同プロジェクトを主催するデザイン業、一八八のコピーライター、村上美香さん。各制作者の思いが込められた「世界で一冊のノート」が並ぶ。

 同展ディレクターの清水柾行さんは「ソーシャルデザインとは何かを一般の人が知るきっかけや、社会の課題解決のヒントになれば」と来場を呼び掛けている。午前10時〜午後8時。会期中毎日トークセッションも行う。26日は休館。

526よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 14:52:19 ID:ZBqqIDa20
2011年6月22日
谷村新司さんら"ココロの先生"に 大阪国際学園でトーク&ライブ
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/22/20110622-054345.php

 「サライ」などの楽曲で知られるミュージシャン、谷村新司さんが全国で展開している生涯学習プログラム「トーク&ライブ支援キャラバン ココロの学校〜今伝えたい〜」が21日、大阪国際学園(守口市藤田町)で開かれ、学園関係者や市民ら約700人が谷村さんの歌声に聞き入った。

 「みんなで支えあうことが大切」

 このプログラムは“谷村校長”と各分野の有識者らが“ココロの先生”となって特別授業を行い、観客が生徒として講義を受け、音楽を楽しむユニークなイベント。

 平成19年から全国で開催しているが、今年は東日本大震災の被災地支援の意味を込め、収益の一部を被災地で行う無料ライブの運営費などに充てている。

 この日は、谷村さんと娘の詩織さんがトークショーを披露。学生時代に芸術の道を志していた詩織さんが進路を変更し、父と同じ音楽の道を歩むことを決めた思いなどについて語った。

 谷村さんは「昴―すばる―」「サライ」などを披露し、大阪国際滝井高校の吹奏楽部員らとともに「いい日旅立ち」を合唱。場内から大きな拍手が湧き起こった。

 谷村さんは東日本大震災を受けて「いま、自分にできることを考えたとき、歌でできることをやりたいと考えています。みんなで支えあうことが大切な時代になったのだと強く思います」などと観客に訴えた。

 また、谷村さんは20日、馬に触れ合うことで心を癒やすホースセラピーに取り組んでいる枚方市のNPO法人「ホース・フレンズ」を訪れ、「アリス」と名付けた馬を1頭、寄贈した。

527よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 14:54:44 ID:ZBqqIDa20
2011年6月24日
子供にも弁当づくりを 大阪ガス、食育推進セミナー開催
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/24/20110624-054445.php

 子供に弁当をつくらせる「弁当の日」をテーマにした食育推進セミナー(産経新聞社など後援)が23日、大阪ガス生活誕生館「ディリパ」(吹田市千里万博公園)で開かれ、保護者や学校教諭ら約200人が参加した=写真。

 同社北東部リビング営業部コミュニティ室が主催。弁当を通じて家族の絆や子育ての楽しさを感じてもらおうと、元中学校長で、食育活動を実践してきた香川県の竹下和男さん(62)が講演した。

 竹下さんは、子供に弁当をつくらせる「弁当の日」を導入した取り組みを紹介し、「自分でつくった弁当を見せ合うことで、子供は刺激し合い、育っていく。つくってくれた人に感謝の気持ちも持てるようになる」などと話した。

 参加した大阪市東淀川区の大学4年、安達彩香さん(22)は「親になったら、子供が小さいときから一緒に料理づくりを楽しみたい」と話していた。

528よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 14:56:10 ID:ZBqqIDa20
2011年6月26日
【大阪府立高校 文理学科始動】(1)茨木高校 文武「あえて二兎追う」
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/26/20110626-054525.php

 「ファイト!」「そこ、もう一度!」。放課後の校内に元気な声が響く。リズムに合わせてステップを踏むダンス部員、ローラーの付いた板で走り抜けるスキー部員、グラウンドには、時に激しく体をぶつけあう先輩を見つめる下級生サッカー部員が陣取っていた。

 茨木高校(大阪府茨木市)は、生徒の部活動加入率が府下トップの“文武両道”の進学校。普通科に文理学科が併置された今年の新入生320人のうち、部活に参加していないのは7人のみ。男子は圧倒的に運動部系が多い。

 「(生徒は)あえて二兎、三兎を追う」

 山口禎校長(58)は、同校の指導方針を明快に示す。昨年5月の学校説明会では「文理学科に入ったら部活は?」との質問に「知識を使いこなす力をつけていくために行うのが部活であり、学校行事」と説明、文武両道の伝統を強調した。

 ■ ■ □ 

 文理学科について、私立高校の「特進コース」のイメージを重ねる保護者が少なくない。だが、山口校長は「普通科と文理学科の違いばかりを保護者は気にされるが、茨木高校全体が進学指導特色校(キーワード参照)に指定されたという認識をまず生徒、保護者と共有したい」と強調する。

 1年の学級編成では、普通科と文理学科(各160人)の各4学級を普通科は奇数、文理学科を偶数クラスとし、体育など2クラス合同で行う授業では両科の生徒が混ざり合うよう配慮している。

 カリキュラムでの普通科との相違は、難関大学受験を視野に入れた「理科」「数学」「英語」の学習内容の高度化や、2年の後期で生徒の好奇心に応じた課題研究「IBARAMA(イバラマ)Ⅲ」に取り組む点だ。

 IBARAMAは「視点」という意味を含むギリシャ語の接尾辞「rama」を茨木高校の校名につけた造語。生徒が「調べる・まとめる・発表する」の共同作業を通して、主体的・創造的な学問研究の方法論を身につけることを目標に掲げる。大学教授や専門家の助言を得ることも想定し、その成果は校内の発表会や進学指導特色校10校の「課題研究発表会」で報告。プレゼンテーション能力も身につけさせる。

 「といっても、普通科の理科、数学や英語も文理学科の内容を一部取り入れる。両科の一番の違いを挙げるなら科目選択のあり方だろう」と山口校長。

 同校では、普通科は3年時に「文系」「理系」の類型に分かれるのに対し、文理学科は1年の後半で「文科」と「理科」の小学科のいずれかを選択、2年になると同時に進路を決める。

529よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 14:57:05 ID:ZBqqIDa20
>>528

 5月に大阪高校春季大会でベスト16に入ったサッカー部。「小、中とサッカーをやってきて、茨高(いばこう)に入って、サッカー部に入るのが目標だった」「先輩たちは明るく楽しくクラブも勉強も極めている」。熱いまなざしで先輩のプレーを追う1年生26人に普通科、文理学科の垣根はない。

 山口校長は「普通科、文理学科の2学科併置でも、学校としての教育目標は同じ。茨高の校風を大切に、学校として一体感を持った教育を行っていく」と話す。

 関西の難関大とされる京都大、大阪大、神戸大への昨年度の現役合格者数は76人。山口校長は、これを23年度80人、24年度90人、25年度には100人に増やす方針を示す。「文理学科と普通科との切磋琢磨(せっさたくま)を醸成し、全体のレベルアップを図れば、数字はついてくる」。山口校長は、そう自信をみせた。 

(服部素子)

 ◇ 

 教育関係者をはじめ受験生や父母の大きな関心を集める文理学科。新たな「エリートコース」誕生で府立高校はどう変わるのか。文理学科を新設した高校を紹介する。  (毎月1回掲載)

【文理学科を読み解く10のキーワード】 

(1)進学指導特色校(グローバル・リーダーズ・ハイスクール)

 文理学科が設置された公立エリート校の総称。142の府立高校の中から、かつて9学区制だった時代に各学区のトップ校だった北野、茨木、大手前、四條畷、高津、天王寺、生野、三国丘、岸和田の9校と豊中を加えた10校が指定された。

 難関大学への受験指導が基本だが「進学だけでなく次世代のリーダー養成に力を入れたい」とする橋下徹知事の方針で「豊かな感性と幅広い教養を身につけ、社会に貢献する志を持つグローバル社会をリードする人材の育成」を掲げるため、通称「グローバル・リーダーズ・ハイスクール」(GLH)とも呼ばれる。

530名無しさん:2011/06/26(日) 15:03:23 ID:C4XR8qxk0
>>529
横槍を入れるようですみません。
エリート校を育成するのも良いと思いますが、実業系高校にも目を向けてやって下さい・・・・・
特に大阪南部の某工科高校は就職率も良く、大阪の経済発展に大いに貢献していると思います。
ここで書いても無駄かもしれませんが、もうちょっと実業系高校にも目を向けていただけたら良いな、と思った次第で・・・・

531よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 15:06:07 ID:ZBqqIDa20
高次脳機能障害者の作業所、工房「羅針盤」2カ所目のオープンへ 大阪府豊中市
2011.6.25 11:56
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110625/osk11062513270008-n1.htm
高次脳機能障害など人生半ばで障害を負った中途障害者を支える大阪府豊中市の作業所、工房「羅針盤」が7月、念願の第2工房を市内にオープンさせる。今月26日には開所式が行われる予定で、利用者や家族らが「見えない障害」への苦悩や、作業所で居場所を見つけた喜びなど率直な思いを語る。

 羅針盤は平成10年4月に開設。わずか約20平方メートルのスペースに、7人の利用者でスタートした。「当時、高次脳機能障害など中途障害への認知度はほとんどなく、不安と戸惑いの中、手探り状態で始めた」と施設長の山河正裕さん(44)。せんべいやケーキなどの菓子作り、木工品の製作など少しずつ作業内容の幅を広げ、最近はアロマキャンドル作りにも挑戦している。

 だが、高次脳機能障害の人々を取り巻く環境は依然厳しく、障害の特徴が周囲に理解されず、居場所がなくて家に閉じこもっている人も多いという。数少ない受け入れ先の羅針盤には、通所希望が相次ぎ、これまで3回の移転拡張を重ねたが、現在地は大阪府や兵庫県から19〜81歳の70人が通い、すでに手狭。待機者も6人おり、「これ以上人数が増えると、利用者にもスタッフにも、ストレスがたまる」として、作業所の新設は急務だった。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110625/osk11062513270008-n2.htm
資金を工面してようやくオープンにこぎつけた第2工房は、現在地から車で約20分程離れた場所に建つ4階建てのビル。ここで木工製品のほか、新たにオリジナルの焼きドーナツや無添加ジャム作りに取り組むといい、山河さんは「人生半ばで障害を負った人には、働いていた経験がある人も多い。以前と同じようには働けなくても、知識や経験、技術があり、それを引き出して再就職につなげていければ」と話す。

 開所式は、利用者や家族の思いを直接伝える場にする。あいさつに立つ小川和子さん(66)は、亡くなった夫が設立当初の利用者の1人で、現在はボランティアとしてかかわっている。「夫は羅針盤で自分の居場所を見いだし、生きがいを取り戻した。どん底だった我が家にも笑顔が戻った。2カ所目の開所を、亡き夫も喜んでいるはず」などと感謝の気持ちを話すつもりという。

 「新たな出発点と位置づけて頑張りたい」と意気込む山河さん。その言葉通り、すでに次の目標を見据えており、「『親亡き後』の問題は障害者、家族にとって切実。生活の場となるグループホームの設立を目指したい」と話している。

532よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/06/26(日) 15:07:04 ID:ZBqqIDa20
高次脳機能障害者支援の課題は…支援拡充に大阪府が実態調査へ 
2011.6.25 11:54
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110625/osk11062513270009-n1.htm

 交通事故や病気などで脳に損傷を負い、記憶や思考などの機能が著しく低下する「高次脳機能障害」について、大阪府が実態調査に乗り出すことが25日、分かった。必要な支援策や課題を把握することで、社会から孤立しがちな障害者を受け入れる福祉事業所や、診断や相談などができる医療機関を増やすのがねらい。

 調査は、脳神経外科やリハビリテーション科など、高次脳機能障害に関係する診療科のある府内約7千の医療機関と、作業所など約2600の福祉サービス事業所を対象に、8月頃から実施。当事者団体などからのヒアリングも行う。

 年度内に報告書をまとめる予定で、担当者は「調査結果をもとに、政策提言につなげたい」としている。

 高次脳機能障害は、外見からは症状がわかりにくいことから「見えない障害」とも呼ばれ、周囲からの理解を得にくい状況がある。そのため、就労に壁があり、障害者は家に閉じこもりがちという。

 府はこれまでに、障害者や家族を支援する医療機関や作業所などの福祉サービス事業所のネットワークづくりを進めているが、登録数は医療機関が49、福祉サービス事業所が108と、「数がまったく足りない」(地域生活支援課)のが実情。そこで府は、ネットワークへの参画を阻む要因などを把握し、それを取り除く対策が必要と判断した。

533名無しさん:2011/06/27(月) 19:45:52 ID:8pD.pTPU0
阪大、学内に企業研究所OK カネカなど利用決定‎
日本経済新聞 - 7時間前

大阪大学は学内に企業の研究所を設置できる新制度を設けた。企業が社員を常駐させ、将来、阪大と共同で取り組む可能性があるテーマを研究する。共同研究に進む前でも、企業は大学の専門家と交流しながら独自テーマに単独で取り組める。

534名無しさん:2011/06/28(火) 21:06:36 ID:1dusWSDI0
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110627/20110627020.html
「建学の精神」読み解く 大阪音楽大学が記念事業
2011年6月27日
 「世界音楽並ニ音楽ニ関連セル諸般ノ芸術ハ 之ノ学校ニヨッテ統一サレ 新音楽新歌劇ノ発生地タランコトヲ祈願スルモノナリ」−。1915年、現在の大阪市中央区南船場に大阪音楽大学を創設した鳥取県出身の音楽教育者、永井幸次氏(1874〜1965年)は「建学の精神」としてこう記した。2015年、100周年を迎える同大はこの「建学の精神」を読み解くことを記念事業の柱とし、さらなるステージへの門出を飾る。

 関西唯一の音楽専門大学で、1954年に現校地の豊中市庄内幸町1丁目に移転。クラシック、ジャズ、ポピュラー、邦楽などの専攻・コースを設け、大阪出身の指揮者、西本智実さんら世界を舞台に活躍する人材を多数輩出している。

 89年には創立70周年記念事業の一環として「ザ・カレッジ・オペラハウス」を竣工(しゅんこう)。日本で初めて専属の管弦楽団と合唱団を持ったオペラハウスで、モーツァルト作品、公演機会の少ない名作、コンサート・オペラなどを主催公演している。

 記念すべき100周年に向け、まずことしは「建学の精神」の出だしにある「世界音楽」に着目し、世界表現としての音楽の現代的可能性を考えていく。7月初めには台湾で行われる「世界吹奏楽大会(WASBE)」に管・打楽器専攻の4年生で編成する吹奏楽団が出場する。日本代表として、同大とゆかりの深い作曲家の曲を中心に披露する予定だ。

 オペラ公演は7月8、10日にモーツァルト「魔笛」、10月14、16日にブリテン「ねじの回転」を上演。秋には同大の中村孝義学長と、大阪大の鷲田清一総長との対談やシンポジウムを計画する。

 12年は「アートと音楽」、13年は「音楽の創造性」、14年は「現代オペラの可能性」、そして15年は「音楽の未来形」がテーマ。それぞれに見合ったオペラ公演や記念演奏会などを展開していく。ほか、地域の自治体や学校、企業などとの連携事業や卒業生ネットワークの構築などにも力を入れる。

 これまで毎年2本のオペラを上演してきたが、来年からは1本に。オペラハウスの改修工事や厳しい経済状況を受けての決断だが、中村学長は「2本分のエネルギーを1本にまとめ、より充実させていく」と約束する。15年にはヴェルディ「ファルスタッフ」を予定。華々しく100周年を迎える予定だ。

535名無しさん:2011/06/29(水) 01:23:32 ID:MkEP94i.0
>>530さんが書いておられることはもっともですね。
実業高校だけではなく、定時制高校への目配りを忘れてはいけません。
大阪の公立高校は、上下格差の激しい典型的なピラミッド型です。

536名無しさん:2011/06/30(木) 07:45:50 ID:3EjJ4L0k0
府 府立高校33校の空調設置設計 7月上旬に委託(6/21)

大阪府教育委員会は、府立高校の特別教室への空調設備設置事業を開始する。33校について、7月上旬に設備設計を委託。9月中旬に完了し、順次工事発注する。
 府内の私立学校では、ほぼ全校で特別教室を含めた全教室に空調設備が設置されている。しかし、府立学校では普通教室のみに空調設備が設置されている状況。
今回の事業では、一部の特別教室などに空調設備を設置し、公私間の教育環境の格差の是正に努める。2011年度の新規事業で、期間は15年度までの5カ年。
空調設置は、1校当たり3教室を限度とする。
 33校の設計は6件に分けて委託。対象校は次の通り。
 ▽茨木支援学校(茨木市)▽東大阪支援(東大阪市)▽岸和田支援(岸和田市)▽藤井寺支援(藤井寺市)▽交野支援(交野市)▽堺聴覚支援(堺市北区)
 ▽咲洲高校(大阪市住之江区)▽西成高校(大阪市西成区)▽成美高校(堺市南区)▽福泉高校(堺市西区)▽美原高校(堺市美原区)
 ▽西淀川高校(大阪市西淀川区)▽泉尾高校(大阪市大正区)▽布施北高校(東大阪市)▽茨田高校(大阪市鶴見区)▽大正高校(大阪市大正区)▽北淀高校(大阪市東淀川区)
 ▽東住吉総合高校(大阪市平野区)▽桃谷高校(大阪市生野区)▽長吉高校(大阪市平野区)▽勝山高校(大阪市生野区)▽柏原東高校(柏原市)▽平野高校(大阪市平野区)
 ▽箕面東高校(箕面市)▽池田北高校(池田市)▽島本高校(島本町)▽野崎高校(大東市)▽寝屋川高校(寝屋川市)
 ▽和泉総合高校(和泉市)▽岬高校(岬町)▽泉鳥取高校(阪南市)▽長野北高校(河内長野市)▽伯太高校(和泉市)
http://www.kentsu.co.jp/osaka/news/p01404.html

537名無しさん:2011/07/01(金) 23:22:01 ID:KE4DzwJ60
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110701/20110701021.html
紳士服オーダーメード職人 ショーに向け準備着々
2011年7月1日
 オーダーメードの紳士服に携わる“職人さん”らによるファッションショー「第46回西部技団紳士服技術ゼミナール」が10日、大阪市都島区中野町5丁目の大阪リバーサイドホテルで開かれる。今回は8月にイタリアで開かれる「注文洋服世界大会」の出展作品も参加し、にぎわいを見せる。

 同イベントは「西日本紳士服技術者団体連合会」(岡本富一会長)が互いの技術を発表し、研さんを目的に1965年から年に1度開いており、制作者自身がモデルになるなど個性的な運営で知られている。

 今回は同連合会から30点の作品が出展。さらに後半には「全日本紳士服デザイナー協会西部支部」(青木勝会長)の会員らも参加し、世界大会出展作品8点を含む26点がお披露目される。

 同連合会の前会長で同協会の専務理事でもある関根璋治さん(70)は「連合会のショーは普通の人が着る服をいかに作るかという技術を見せるのが主眼。協会はプロモデルが着るファッション性を追求した服を作る。オーダーメードの違う切り口が見えて、とても興味深いショーになると思う」と期待を寄せている。

 ショーは午後0時半から午後5時まで。入場料は1500円。問い合わせは電話06(6943)4014、同連合会へ。

538よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 07:51:15 ID:2romIYFg0
「再生エネ開発拠点」 市立大の申請不採択 大阪
2011.7.2 02:11
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110702/osk11070202110003-n1.htm

 大阪市立大は1日、経済産業省所管の整備事業に申請していた「人工光合成による再生可能エネルギーの研究開発拠点の設置」が不採択になったと発表した。

 総額約8億円の事業で、採択された場合、約5億円の補助金が出る予定だった。経産省は「他の事業が相対的に優れていた」と説明、市立大は「実用化の時期を『平成42年ごろ』としたのが遅すぎ、採否に影響したのでは」とみている。

539よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 09:03:41 ID:2romIYFg0
2011年7月 1日
阪大と大阪発明協会などが協定 子供科学イベント共催検討
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/01/20110701-054731.php

 大阪大学は、発明の奨励や知的財産権の啓蒙(けいもう)を行ってきた発明協会(東京都港区)、大阪発明協会(大阪市北区)の両団体と、知的財産に関する教育や研究など各分野で連携協力する協定を結んだ。今後、市民講座やセミナーの開催、児童などを対象にしたイベントの共同開催などに取り組む。

 大学の教育機能を生かし、両団体の知的財産権に関するノウハウを児童から社会人まで幅広い年代に知ってもらうのが狙い。特に社会貢献の分野では、両団体が全国240カ所で開催している児童向けの科学イベント「少年少女発明クラブ」について、大阪での共同開催などを検討している。

 調印式で、大阪大学の鷲田清一総長は「今回の協定で、知的財産への意識が市民、産業界、大学の学生へと広がることを強く期待している」と話した。

540よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 11:59:14 ID:2romIYFg0
復活古典、名調子 御霊神社で落語の会
2011年7月2日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110702/20110702032.html

 江戸期の小話を現代によみがえらせて楽しむ催し「第4回超古典落語の会」(超古典落語会主催)が、大阪市中央区淡路町4丁目の御霊(ごりょう)神社(園文夫宮司)であった。落語作家の小佐田定雄さん、くまざわあかねさんや学者の荻田清さんが、絶えてしまった演目や断片的にしか記録がない演目を脚色して復活。自前募集の約200人が来場し、演者4人の名調子とともに古典落語を堪能した。

 2009年から開かれており、今回は落語作家の元祖・月亭生瀬(いくせ)の特集として、桂九雀さん、笑福亭三喬さん、林家花丸さん、桂ちょうばさんが出演した。小佐田さん脚色の「山おろち」では、桂九雀さんが、不仲の兄弟が大蛇にのみ込まれ、腹の中でけんかする様子などを演じて客席の笑いを誘った。

 作家、学者、演者の全員が登場する大座談会では、脚色や演じ方といった苦労話が次々と“暴露”され、場内は再び大きな笑いに包まれた。小佐田さんは「皆さんに種がまかれた瞬間を見ていただいた。これからも古典落語がひとつでも増えたらという気持ちで取り組みたい」と話していた。

541よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 12:06:49 ID:2romIYFg0
仕事を知る −大阪のキャリア教育−

(1)大阪府立西成高校  大阪市西成区
2011年6月29日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/careeredu2011/110629/20110629064.html
 福祉分野の生徒がけん引 早期体験早期指導…就職内定率100%に

 大阪府立西成高校(大阪市西成区)は、ここ3年で卒業時の進路未定者が4人に1人から10人に1人に激減。「超氷河期」とも呼ばれる就職難の中、2010年度の就職希望者の内定率は4月で100%に達した。1年から進路を考え、職場体験させる指導を推進。生徒間の刺激の与え合いを促し、結果につなげている。

引っ張る力
 「おやつはおいしかったですか」。介護施設「まちかどホームすずらん」(同区)の入居者に同校生徒が元気よく呼び掛ける。耳が遠い高齢者には字を書いて提示。積極的にコミュニケーションを図る。

 同校は普通科総合選択制で「人文・理数」「IT・キャリア」など六つのエリアを設置。同施設で実習に取り組むのは、ホームヘルパー2級の資格を取得した「福祉・人間」エリアの3年生らだ。

 「病気の母を支えよう」と福祉分野を選んだ中村莉沙さんは、実習について「マニュアル通りにはいかず、勉強になる」と研さんを積む。

 同校広報企画部長の内田正俊首席は、同エリアの生徒について「進路について明確な動機のある生徒は多い」と指摘。資格が武器となり、早々に就職や進学を決める生徒も少なくないという。こうした生徒らが「周りを引っ張る力になる」。

「チャレンジ」
 同校では、総合学習の時間(1、2年は週2時間、3年は週1時間)を「チャレンジ」と名付け、キャリア教育と人権教育を中心に展開。1年の1学期から将来の仕事を考える時間を設け、夏休みにはインターンシップ(就業体験)を勧める。

 10年度は早期指導の成果が顕著に表れた。当時3年の154人のうち82人が就職を希望し、就職内定率は10月末時点で81%。同時期の全国平均は57%、中でも普通科平均は42%の中で、同校の実績は突出していた。

 積極的に動く生徒が就職などの結果を出し始めると、周りで触発される生徒が出てくるのだという。当然、3年の秋ごろに焦り始める生徒もいるが、早々に進路が決まっている人がいる分、教諭が時間を割いて対応。結果的に内定率100%につながった。

点火すれば飛べる
 生徒の就職への意欲を高められた背景として内田首席は「働かなければ食べていけない家庭環境にいる」点に着目。「ロケットブースターに点火すれば飛べる生徒ばかり」と言い切る。

 「点火」に向けた「仕掛け」は多岐にわたる。

 遅刻など、就職後に必須の生活態度の向上には明確なルールを設けて対応。学力については学び直し策を推し進める。

 反貧困の学習を展開しているのも特徴。貧困に陥る仕組みやそうならないための対策を教え、より良い将来設計につなげてもらうのが狙いだ。

 進路指導部長の坪庭徳久教諭は「生徒が10年後に幸せな人生を送っているための指導をしていければ」と将来を見据える。

542よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 17:26:25 ID:mIj8olQc0
カフェやバー 演劇公演の拠点に…劇場閉鎖続く大阪市内
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110702-OYO1T00550.htm?from=top

 劇場の閉館が相次ぐ大阪市内で、カフェやバーが新たな演劇公演の拠点となっている。「演劇文化を守りたい」というオーナーが採算度外視で運営するケースが多い。100席未満の小空間でグラス片手に芝居を見る。そんな観劇スタイルが広がりつつある。

 西成区のカフェ「ジャン・トゥトゥクー」。平日の夜、若手俳優たちが集まり、せりふの応酬が始まった。新作公演に向けた稽古だ。

 約150平方メートルの店内は、テーブルの一部を取り払った奥の空間が「ステージ」に。民間劇場の3分の1以下の料金で利用でき、週末ごとに公演が開かれる。

 稽古中の新作を同店で9月に上演する劇作家、棚瀬美幸さん(35)は「大阪は劇場が減っているので、若手劇団が安い費用で公演できるカフェをつくってもらい助かっている」と話す。

 1980年代の小劇場演劇ブームが去った後、大阪市内では2003年に「扇町ミュージアムスクエア」、翌年には近鉄小劇場が閉場。市の施設でも、昨年12月には劇場として使われた倉庫「ウルトラマーケット」(中央区)が防災拠点に転用され、市立精華小劇場(同)も今年3月で廃止されるなど、小劇場が次々に姿を消した。


 その穴を埋めるように増えてきたのが、飲食店の一部を舞台として開放し、芝居を上演する公演形態だ。

 4月から本格的に劇団への貸し出しを始めた「ジャン・トゥトゥクー」の経営者で女優の出口弥生さん(35)は、「実験的な芸術表現の場にしたい。ここから将来の演劇文化の担い手が育ってくれれば」と話す。

 阿倍野区のバー「ステージプラス」にも同じ思いがこもっている。演劇好きが高じて07年、店内にステージや照明、楽屋を新設した経営者の高木市郎さん(45)は「演劇のともしびを消さないようバックアップしていきたい」。

 利用する劇団「演劇空間無限軌道」主宰の鷹矢恭司さん(37)は「客席との一体感が魅力。実験作も打ち出していける」と意気込む。

 観劇に訪れた神戸市の専門学校生、道上詩帆さん(18)は「役者が間近に見られて迫力があった。店内の和やかな雰囲気も楽しい」と満足した様子だった。

 演劇評論家・九鬼葉子さんの話「関東や兵庫、京都では行政主導の劇場文化が根付く一方、大阪の環境は財政難もあって年々厳しくなっている。行政による劇場整備が望まれるが、手弁当で劇団を支える民間の経営者がいるのも大阪の力。こうした場の意義は大きい」

(2011年7月2日 読売新聞)

543よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 17:43:47 ID:mIj8olQc0
チャリティー小品展:森本・北辰書道会長、ロシア訪問控え“旅立ち直前展” /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110702ddlk27040458000c.html

 北辰書道会会長の森本龍石・毎日書道会参事(70)=大東市灰塚=が、「チャリティー小品展」を、大阪市中央区千日前2、ギャラリー「NAMIYA・」(06・6641・5561)で開催中だ。3日まで。入場無料。森本参事は10月にロシア・サンクトペテルブルクのプーシキンドームで個展「書の世界」を開くが、その“旅立ち直前展”。

 サンクトペテルブルクの個展は、決闘死した作家プーシキンの代表的小説「エヴゲーニィ・オネーギン」の主人公オネーギンとタチヤーナの「恋」が、メーンテーマ。妻の子星さん(60)=毎日書道展審査会員=とともに、80点を出品する。

 小品展には、サンクトペテルブルク個展に出品する言葉のひとつ「心」を中心に、大小73点を展示。森本さんは「展示作品の販売売り上げのすべてをプーシキンドームに寄付します。収蔵作品修復などに役立ててもらえれば」と話している。

544よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/02(土) 18:36:00 ID:mIj8olQc0
改正臓器移植法1年を前に…移植について学ぶ
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

改正臓器移植法が施行されてから1年となるのを前に、大阪で臓器移植について学ぶ催しが開かれました。

この催しは、臓器移植への理解を広めようと、全ての臓器の移植を行っている大阪大学病院などが開いたものです。去年7月に施行された改正臓器移植法では、家族の承諾で脳死での臓器提供が可能になり、法改正後の臓器提供は54件と、大幅に増えています。会場では臓器移植に関する問題が配られ、参加した人は法改正の内容や移植を待っている患者の数などについて学んでいました。
【参加した女性】「自分は移植を受けられて本当によかったと思っているので、そう思える方がたくさん増えればいいなと」
【大阪大学病院・南正人教授】「ご自身や身内の方に(移植が)必要になることもあるので、できるだけいろんな知識を持って判断できるきっかけになれば」
参加した人は移植や臓器提供について日頃から考えておくことの大切さを感じていました。

545よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/03(日) 18:34:39 ID:Jps.k3eA0
化石900点、生命の歴史 大阪市立自然史博物館
2011.7.3 02:10
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110703/osk11070302100001-n1.htm

 さまざまな化石の魅力を紹介する「来て! 見て! 感激! 大化石展」が2日、大阪市東住吉区の市立自然史博物館で始まった。8月28日まで。

 全長7・6メートルもあるコウガゾウ(黄河象)の全身骨格や恐竜の化石、琥珀(こはく)に閉じこめられた小さな昆虫の化石、アンモナイトなど約900点の化石が展示されている。

 なかにはゾウの足跡、マンモスの毛、石になった木など「これも化石?」と思うものも。同館の塚腰実主任学芸員(52)は「化石本来の意味は『過去の生物の体または、生活の痕跡』。過去のものなら石のように硬くなっていなくてもいいんです」。

 約2億3千万年前の巨大樹木化石にさわることもでき、アンモナイト標本の型で消しゴムを作る子供向けワークショップなども開かれる。月曜休館(祝日の場合は翌日)。観覧料は大人500円、高校・大学生300円、中学生以下無料。

546よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/03(日) 20:14:52 ID:Jps.k3eA0
青いバラ開発の道のり振り返る
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110703-OYT8T00063.htm

 ものづくりの大切さや面白さを伝える泉大津市主催の文化フォーラムが2日、同市旭町のテクスピア大阪で開かれた。読売農学賞受賞者でサントリー植物科学研究所長の田中良和さんが「夢の『青いバラ』の開発」と題して、世界初の青いバラを開発した道のりを振り返った。

 市民ら150人で埋まった会場で田中さんは、「花の女王」と呼ばれるバラに青色は存在せず「(思いきって挑戦する創業精神を表す)サントリーの『やってみなはれ』の象徴として1990年に開発がスタートした」と説明。試行錯誤の末にパンジーの青色遺伝子を取り入れて成功するまで14年かかったという。

 2009年からアプローズ(喝采)の名で販売しているといい、「花言葉は『夢かなう』。作ったのも世の中に夢を提供したかったから」と、挑戦を続ける大切さを訴えた。

 次回の文化フォーラムは10日午後2時から。京都・東山の高台寺などで造園を手がける庭師の北山安夫さんが講師を務める。問い合わせは泉大津市(0725・33・9413)。

(2011年7月3日 読売新聞)

547よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/03(日) 20:17:17 ID:Jps.k3eA0
森山大道さん写真作品語る
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110703-OYT8T00061.htm

 「オン・ザ・ロード 森山大道(だいどう)写真展」(読売新聞社など主催)が開かれている国立国際美術館(大阪市北区)で2日、写真家・森山大道さん(72)のギャラリートークが行われ、写真愛好家ら約380人が集まった。

 東京や大阪などで半世紀近く、路上スナップ写真を撮り続けている森山さん。街頭にこだわる理由を「街の中には無数の人や物が混在するからおもしろい。ひたすら歩いて撮ることで偶然が向かってくる」と説明。鋭い目をしてうろつく犬の姿をとらえた代表作「野良犬」(1971年)は「ホテルの前にいたのでとっさに撮っただけ。本当にいい犬に出会った。今好きなのは猫だけど」と話し、会場をわかせた。

 大阪市都島区の会社員富永一さん(29)は「作品の意外さが楽しかった。僕も小型カメラを持ち歩き、たくさん撮ることから始めたい」と話していた。

 約500点を展示した写真展は9月19日まで。8月6日午後2時から森山さんの講演会があり、同日午前10時から先着130人に整理券を配布する。問い合わせは同館(06・6447・4680)。

(2011年7月3日 読売新聞)

548よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/04(月) 22:01:17 ID:IijEAETg0
毎日書道展:武本さん「会員賞」 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110704ddlk27040196000c.html

 第63回毎日書道展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の「大字書の部」で、貝塚市脇浜の書家、武本蘭石(らんせき)さん(56)=本名・武本幸依(さちよ)さん=が会員賞に選ばれた。出品したのは3・5尺×4・5尺の大ぶりの半紙に描いた「浪」の1字。東日本大震災の津波で亡くなった大勢の人たちへの鎮魂の思いを込めた作品だ。【山田泰正】

 ◇「無欲で書いた」−−大字書の部・武本蘭石さん=貝塚市脇浜
 会員賞は「グランプリ」とも呼ばれ、会員2861人のうち3回以上の出品歴があり、30歳以上であることなどが条件。今回の受賞者は各部門合わせて26人で、大字書の部では武本さんを含め2人だけ。「なかなか取れる賞ではないと思っていたのでびっくりした。無欲で書いたのが良かったのかも」と喜びを話す。

 書道を始めたのは小学生から。書道教師を目指して大東文化大に進み、卒業後は府内の中学校、高校で指導した。現在も自宅の離れを教室にし、子供から社会人まで幅広い世代の生徒を受け持つ。

 自身の稽古(けいこ)は、教室の指導や家事の合間を縫って。中国の古典などを題材に、2〜3時間集中的に半紙に向かう。「普段通りの生活を送れ、普段通り書道に取り組めることがいかにありがたいことか。感謝の気持ちを忘れず、制作に励みたい」と抱負を語った。

549よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/04(月) 22:06:26 ID:IijEAETg0
ものづくり教室:小4〜中3対象−−阪大、来月2日から /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110704ddlk27100208000c.html

 大阪大学産業科学研究所は8月2〜4日の午前10時〜午後4時、吹田キャンパスの同研究所で、小学4年〜中学3年が対象のものづくり教室・ナノテク理科教室を開く。

 金属加工(オリジナルプレート作り)定員各日6人▽ガラス工作(浮沈子作り)定員各日6人▽電子回路(はんだごてを使って電子回路作り)定員各日10人▽微細加工(ナノ加工技術を使ってオリジナルカード作り)定員各日6人−−の4コース。無料だが傷害保険料100円が必要。微細加工は中学生向け。

 4日からメール(monodukuri2011@sanken.osaka-u.ac.jp)で申し込みを受け付け、定員に達し次第締め切る。メールは希望者1人につき1通で、希望コースと希望日、郵便番号、住所、氏名(ふりがなも)、電話番号、学校・学年、メールアドレスを明記する。

550よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/04(月) 22:07:31 ID:IijEAETg0
航保大キャンパス見学会:管制シミュレーター体験−−24日 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110704ddlk27100206000c.html

 航空管制官など航空保安業務に従事する職員を養成する国土交通省航空保安大学校(泉佐野市りんくう往来南)が24日、キャンパス見学会を開く。学校紹介、受験相談などのコーナーを設け、教官や在校生が質問に答える。管制用シミュレーターの実習も体験できる。

 航保大は08年に羽田空港からりんくうタウンに移転。来年度は航空管制官基礎研修課程約80人▽航空情報科約25人▽航空電子科約30人−−の採用が予定され、19日から受験申し込みが始まる。見学会当日はレーダーや無線通信、飛行場灯火など、さまざまな保安施設の操作を学ぶ実習室を開放する。

 航空管制の実習体験のみ事前申し込みが必要。住所、氏名、生年月日、メールアドレスを記入し、6日までに同校(opencampus@kouho-dai.ac.jp)へ。A=ターミナルレーダー管制(午前10時半〜11時45分)▽B=同(午後1時45分〜3時)▽C=飛行場管制(午前10時半〜正午)▽D=同(午後1時半〜3時)▽E=航空路レーダー管制(午前10時半〜正午)▽F=同(午後1時半〜3時)の希望も明記する。

 問い合わせは同校教務課(072・458・3917)。【山田泰正】

551よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/04(月) 22:21:22 ID:IijEAETg0
2011年7月 4日
ジャンル超え議論白熱 日本人の無常観に思い 司馬講演会
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/04/20110704-054833.php

 大阪大学大学院生命機能研究科特任教授の柳田敏雄氏と元国際日本文化研究センター所長の山折哲雄氏を招いて3日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで開かれた「司馬遼太郎記念学術講演会」。気鋭の生物物理学者と日本を代表する宗教学者が戦わせる議論は、理系・文系の枠を超えた宇宙論にも発展し、会場をわかせた。

 柳田、山折両氏の講演に続いて行われた対談は「生命(いのち)について」がテーマ。柳田氏は「山折さんによれば釈迦の考えた無常の三原則について、命あるものは死に向かうということだったが私もそう思う。科学的にも生あるものは崩壊に向かい、理論においても、ものは平均として崩壊に向かうということが示されている」と科学的立場からの「いのち」を解説した。

 一方、山折氏は「たとえば太陽は50億年後に燃え尽きるそうだが、それも仏教では一瞬のこと。はじめも終わりもなく、永遠に続くとするのが無常観だ」とし、「今回の原発事故に際し(物理学者の)寺田寅彦が述べた不安定な自然と付き合う中での日本人の自然観、天然の無常というものを思った」と語った。

552よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/05(火) 18:30:54 ID:e38fXT1Q0
2011年7月 5日
わくわく 仕掛け絵本 梅田の紀伊國屋書店に千点
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/05/20110705-054895.php

 本を開くと絵が飛び出したり、動いたりする国内外の絵本を一堂に集めた「しかけえほんの世界」が、大阪市北区の紀伊國屋書店梅田本店で開かれ、親子連れらでにぎわっている。11日まで。

 仕掛け絵本は、細部に至るまで作り込んだ精巧な造りが魅力で、子供用としてだけでなくアートやインテリアとしても人気が高い。通常は児童書のコーナーに置かれているが、より多くの人たちに見てもらおうと企画された。

 仕掛け絵本の第一人者、米国のロバート・サブダさんらによる「不思議の国のアリス」などファンタジー絵本のほか、恐竜や昆虫、サメの生態などを紹介したものまで465種約千点を展示・販売19世紀に発行された珍しい仕掛け絵本の復刻作品や、制作過程が見て取れる試作品なども並んでいる。

 会場では男性客の姿も目立ち、見本の絵本を開いたり、閉じたりして絵の動きを楽しんでいた。営業時間は午前10時〜午後10時(最終日は午後8時まで)。入場無料。

553よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/07(木) 22:15:27 ID:5IZa.vMU0
アーティスト大集合 ”似顔絵”の世界大会
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html

観光地などで似顔絵を描いてもらった経験がある方も多いのではないでしょうか。その国際大会が、大阪で開かれています。
アメリカやシンガポールなど7カ国から集まったアーティストたちの、個性あふれる世界です。

同じ人物を描いても、描き手によってまったく感じの違う絵になる「似顔絵」。
作者の個性が、見る人を楽しませます。
そんな似顔絵を描くアーティストが、大阪府立大学のホールに集まりました。
日本のほか、アメリカ、シンガポールなど7カ国、およそ100人の似顔絵作家が一堂に会し、腕を競う国際大会の開幕です。
この大会を全面的にサポートしているのが、観光や都市の賑わいづくりを研究している橋爪紳也教授です。
橋爪教授・・・「観光地に必ず似顔絵のプロがいて絵を描いています。お客様とコミュニケーション取りながらやっている賑わいづくりに欠かせない人たちなんですね。賑わいづくりのプロたちのお互いの技術を高め合う大会を大学としても応援したい」
アメリカ人参加者は・・・「なぜ描くかって?面白い顔を見ると書きたくなるんだよ、彼みたいな、ははは!描くことは幸せを運ぶってこと。世界に幸せを届けたいのさ」
シンガポール人参加者・・・「この仕事で一番いいのは女の子がこっちを見て微笑んでくれるところさ」
アメリカ人参加者・・・「んー、それはどうかな?君の顔がおかしいからじゃない?」
参加者たちは、会場で相手を探して似顔絵を描きます。
最終日までに各自、自信作を展示して、参加者みんなで投票し、優勝作品を決めます。
会場は24時間オープンで競技は3日間。
本人を目の前に鉛筆を走らせる人もいれば、パソコンを使う人も。
それぞれのスタイルで気ままに描き続けます。
記者がアーティストにインタビューをしていると似顔絵を描いてくれました。
「インタビュー中に絵を描かれるの初めて。観察されているかと思うと不思議です」(記者)そして競技最終日の6日。
3日間かけて描き続けた似顔絵も、最終仕上げの段階です。
描き終えてリラックスする人もいれば、終了ギリギリまで頑張る人もいます。
参加者「いまはドキドキ。タイムリミットがあるんで…いいものをって気持ちはみんな一緒で、疲れよりも、終わったら乾杯ってなると思う」そして協議終了のカウントダウン。
展示を見た参加者は・・・「このひげの感じがそっくり。自分って分かるね」「これ、人じゃないですね。怖い?嬉しいのかな…」普段は1人で仕事をする似顔絵作家にとって、この大会は互いに刺激し合える貴重な機会となったようです。
参加者全員の投票で決まる優勝作品は、7日の閉会式で発表されることになっています。

554よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/07(木) 22:33:20 ID:5IZa.vMU0
大阪城音楽堂で「たそがれコンサート」−「復興」テーマに演奏
http://kyobashi.keizai.biz/headline/945/

 大阪城音楽堂(大阪市中央区大阪城)で毎週金曜日、夏の恒例イベント「たそがれコンサート」が開かれている。

 「夏の宵のひと時を心地よい音楽でくつろいでもらおう」と1950年(昭和25年)から始まった同コンサート。毎年、大阪市音楽団を中心に、陸上・海上自衛隊の音楽隊、大阪府警察音楽隊、中・高・大学などの吹奏楽部などが出演し、クラシックやポピュラー音楽を中心に演奏を行う。

 今年は、東日本大震災を受け「復興支援」をテーマに掲げ、「大阪城音楽堂から被災地に向けて元気を発信しよう」という思いを込めて開催。復興支援関連楽曲として「上を向いて歩こう」、「ありがとう」やイギリスの作曲家フィリップ・スパーク氏が被災者の追悼・支援のために作曲した楽曲「陽はまた昇る(The Sun Will Rise Again)」などを演奏。そのほか、「情熱大陸」「てっぱん」のテーマ曲、AKB48などの曲も披露を予定する。

 同コンサートはユーストリームでも配信するほか、会場では「東日本大震災義援金」の受け付けも行う。

 広報担当の橋本多喜男さんは「クラシックやポピュラー音楽まで皆が楽しめる内容になっているので、夏のひと時を音楽でくつろいでもらえれば」と話す。

 開催は8月26日までの毎週金曜日。18時30分〜20時。雨天中止。

555よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/07(木) 22:34:53 ID:5IZa.vMU0
大阪市立美術館で「全関西美術展」始まる−800点展示
http://abeno.keizai.biz/headline/120/

 大阪市立美術館(天王寺区茶臼山町)で7月5日、「第57回全関西美術展」が始まった。

 同展は1941(昭和16)年に公募作品を展示する「大阪市展」から始まり、「関西総合美術展」「関西展」と移り変わり、1972(昭和47)年には現在の「全関西美術展」になり近畿地方を中心に1,000点以上の応募作品が集まる。会場では選ばれた約500点と招待作家等の作品約300点を展示する。

 ジャンルは日本画、洋画・版画、彫刻、工芸、書。

 開館時間は9時30分〜17時。

 観覧料は、一般=700円、高大生=500円、中学生以下無料。今月18日まで。休館日は今月11日。

556名無しさん:2011/07/08(金) 12:31:06 ID:rpDEow8U0
阪大理学部入試に理数系超難問の「特別枠」
国際科学オリンピック出場者には試験免除も
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110708-OYO1T00155.htm?from=top
 挑戦枠は、理学部の定員255人のうち、3学科と1コースで計37人以内。1日目は一般枠と同様に数学、理科、外国語(配点計700点)、2日目は各学科・コースが求める専門科目(配点300点)の試験を受ける。数学科志望者は専門数学、物理学科は専門理科の物理、化学科は専門理科の化学、生物科学科生命理学コースは物理か化学のどちらかに取り組む。

 合否判定はまず挑戦枠から行い、各学科・コースの挑戦枠の募集定員をみたすまで高得点者順に合格とする。ただし、専門科目が150点に達しない場合は不合格となる。

 不合格となっても救済措置があり、一般枠の受験生として、一般科目の得点で改めて合否判定される。

 また、高校時代に科学に関するコンテストで優秀な成績を収めた学生を計16人選抜する「研究奨励AO入試」を、理学部で導入。理、工、基礎工の3学部では、国際数学オリンピックなど六つの国際科学オリンピックのいずれかに日本代表として出場した経験を持つ学生を、大学入試センター試験や2次試験を免除して面接で選ぶAO入試も始める。

 こうした制度の導入に伴い、理、基礎工の2学部は後期日程の募集をやめる。

 大阪大は7日、2013年度入試の2次試験(前期日程)で、通常の試験科目に加えて難易度の高い数学・理科の試験を課する「挑戦枠」を理学部に設けると発表した。専門知識が豊富で、理数系の思考能力が高い学生を優先的に獲得することが狙い。与えられた知識の吸収だけで満足せず、自分なりに考えて、粘り強く学問に取り組む「チャレンジ精神」が旺盛な受験生ほど、有利になるという。
(2011年7月8日 読売新聞)

557よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/08(金) 22:00:43 ID:cgFmRBH.0
2011年7月 8日
乳幼児の心不全治療に光 脈調節のタンパク質発見 国立循環器病研究センター
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/08/20110708-055016.php

 未発達な乳幼児の心臓で、脈を打つ動きを調節するタンパク質を、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)分子生理部の若林繁夫部長ら研究グループが発見し、8日の米心臓協会学会誌電子版に掲載された。このタンパク質は、成人の心肥大の原因の一つでもあるとみられ、心肥大と乳幼児の心不全の診断や治療への応用が期待される。

 センターによると、心臓は細胞内のカルシウム濃度を増減させて脈を打つが、生後間もないマウスは濃度を増減させるためにあるカルシウム貯蔵庫のカルシウムの出入り口が未発達で、大人のマウスのように機能していない。これは人間の乳幼児でも同じという。

 チームは、生後約2週間をピークにマウスの心臓で働くタンパク質「NCS―1」に着目。このタンパク質を除去したところ、心臓の収縮力が、正常なマウスの約半分となった。その結果、このタンパク質がカルシウム貯蔵庫の機能を活性化させることが分かった。一方、大人のマウスで実験したところ、このタンパク質を除去すると、心肥大になりにくいことも判明。心臓が肥大化する原因の一つであるカルシウムが減少したことが要因という。

 昨年7月に改正臓器移植法が施行され、15歳未満の子供からの臓器提供が可能になったが、実際の手術例は今年4月の1件しかないなど、ドナー不足は依然深刻だ。チームではこのタンパク質を増減させることで、心肥大のほか、乳幼児の心不全の診断や治療に役立てたい考えだ。

心不全と心肥大 心不全は、心臓の収縮力が低下して、全身が必要とするだけの量の血液が、心臓から供給されない病状。心肥大は、心臓自体が大きくなる一方で、心臓を覆う血管は増えないため、心臓全体に血液が行き渡らなくなる病状。心臓の筋肉が厚くなるケースと、全体の容積が増すケースがあり、心臓発作の原因となりやすい。

558よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/10(日) 06:59:17 ID:fnUvl3vw0
英語教育柱に連携 大工大と神田外大が協定
2011年7月9日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110709/20110709029.html

 大阪工業大(大阪市旭区)は、神田外語大(千葉市)と英語教育を柱とした「大学教育の協力に関する基本協定」を締結した。8日、大阪工業大で両大の学長が出席して調印式が行われた。神田外語大が推進する「大学間教育連携」(ACI)に基づくもので、関西圏の大学との連携は初めてとなる。

 大阪工業大では「理工系グローバル人材の育成」を最重要課題の一つと捉えており、実践的なコミュニケーション能力の育成を特長とした英語教育を展開している神田外語大と、英語教育で連携を図ることになった。

 調印式では、大阪工業大の井上正崇学長と神田外語大の酒井邦弥学長が協定文書に署名。井上学長は「日本が大きく変わろうという転換期。グローバル人材の育成は避けて通れない」と協定締結の意義を強調。酒井学長は「語学力、コミュニケーション能力の一翼を担いたい」と述べた。

 協定の締結を受け、今夏から大阪工業大では大学院生、大学院進学を目指す4年生を対象に神田外語大独自の教育内容を一体化した「実践講座」を開講。学生の能力とニーズに合わせた英語によるコミュニケーション能力の向上などを図っていく。

559よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/10(日) 07:43:43 ID:fnUvl3vw0
まなびやの宝:/58 創意工夫センター 大阪市立都島工業高校 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110709ddlk27070426000c.html

 ◇発明アイデア、作品に
 「面倒ならば工夫せよ」

 府内最大のマンモス校・大阪市立都島工業高校(吉田豊治校長、1165人)では毎年夏、こんなポスターが張り出される。府内の小中高生が参加し、今年で41年目となる「大阪府生徒児童・教職員発明くふう展」(毎日新聞社など主催)への参加を呼びかける内容だ。毎年上位入賞する同校では、全校から集まった発明アイデアを実際に製作に移す教室「創意工夫センター」が工夫の象徴になっているという。

 工業高校でも半数以上が進学し、就職志望者も内定率100%を誇る同校は代々、「創意工夫」の教育を重視する。90年の新校舎建設時、2教室分の128平方メートルを使って設置した同センターはその活躍の場。各種工作機械のほか、歯みがき粉などのチューブを最後までしぼり出すローラー付きペンチや、段差を軽々越えられるカートの車輪など過去の受賞作も並ぶ。40年前から少しずつ改訂を重ね、毎年新入生に配布する「創意工夫テキスト」には、発想のコツも蓄積されている。71年の第1回くふう展で最高賞の知事賞を獲得し、今は別の工業高で教壇に立つ卒業生の山崎一博さん(57)は「次々とアイデアが浮かんだ当時のことは今もはっきり覚えている。今後の日本は工夫がますます重要になってくるはず」と語る。

 校内の発明アイデアを審査する「創意工夫委員会」には毎年、600件ほどの応募が寄せられる。委員長の山畑勝義教諭(54)は「ネタの数には全く困らない。今年も目からうろこの落ちるようなアイデアを期待したい」と話す。【稲生陽】

560よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/10(日) 07:48:24 ID:fnUvl3vw0
南堀江で「写真の可能性」探る企画展−気鋭作家4人が出展
http://namba.keizai.biz/headline/1906/

南堀江のギャラリー「TEZUKAYAMA GALLERY(テヅカヤマ・ギャラリー)」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6534-3993)で現在、企画展「Shashin?(シャシン)」が開催されている。

 「私自身、もともと写真が好きでいつか企画展を開催したいという思いがあった。スナップ写真よりも、オリジナリティを持って制作している作家を扱いたかった」と同ギャラリーオーナーの松尾良一さん。4人の新進気鋭作家を紹介する。

 100号サイズの作品2点を展示するのは、「コンプレックス」をテーマに作品を制作する栗棟美里(くりむね・みさと)さん。「目を背けたいが、見られることを意識している」、人がコンプレックスに対して抱くそうした思いを表現するため、被写体のコンプレックスに焦点を当てた(モノクロ)写真の上からファンデーションやボディーパウダー、パステルで「化粧」を施している。「美と醜は表裏一体」と語る栗棟さん。「作品を通じて人が心に抱える傷を消化することができたら」と願いを込める。

 「ものが崩れかける瞬間に惹かれる」という来田猛(ころだ・たける)さんは、ストライプ状の線がプリントされた用紙を使って「崩れかける瞬間」を表現した作品4点を展示。米航空宇宙局(NASA)がホームページで公開している宇宙の画像を引き延ばし、A4やL版用紙に1枚ずつプリントしたものを積み重ねることで、側面に画像を浮かび上がらせている。「何でもないように見える紙に実は何か情報(1ピクセルの画像)が入っている。情報ってそれだけ儚(はかな)いもの。でもそうしたわずかな情報が重なって画像になっていく。存在していないけど存在している、という相反するイメージの共存を楽しんでもらえたら」と来田さん。

 「Existence(存在)」をテーマにした作品の制作やパフォーマンスを行う藤井まり子さんの作品は、カメラと被写体の間にディフュージョンシート(半透明のシート)を挟んで撮影したもの。被写体同士の距離を離して「人と人との距離」に焦点を当てた作品4点と、鑑賞者の姿をぼんやりと反射する鏡の作品を展示する。

 もともと油絵を専攻していた田口健太さんは、印画紙の上に直接絵を描いて感光させる技法で作品を制作している。同展では、いしいしんじさんの小説「みずうみ」(河出書房新社)に着想を得て描いたという「溺れる森」と「森」の2点、ポートレートが中心の絵画的な新作9点を展示する。「見たことのない新しい世界を見せてくれるものがアートだと思う。現実の世界をそのまま写し出す写真とイメージの世界を描いた絵画を組み合わせることで、現実と非現実の狭間にあるような『奇妙なリアリティ』をつくりだしていきたい」と話す。

 松尾さんは、「写真の手法を使ってそれぞれの表現を追求する4人の作家たちは、アートをカテゴリー分けすることに本当に意味があるのか、という疑問を私たちに投げかけてくれる。今回の企画展が写真の表現とは何か?アートとは何か?ということを見つめ直すきっかけになれば」と期待を寄せる。

 開催時間は11時〜19時。日曜・祝日定休。今月23日まで。

561よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/10(日) 18:14:32 ID:ul4/4ZOs0
2011年7月10日
井山十段と山田九段 タイトル獲得を祝う
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/10/20110710-055105.php

 今春行われた産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「十段戦」で張栩(ちょうう)棋聖を破って二冠となった井山裕太十段(名人)と、山田規三生九段のNHK杯戦初優勝を祝う披露祝賀会が9日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで開かれ、関係者や一般の囲碁ファンら150人以上が集まった。

 井山十段は、十段戦の熱戦を「運が良かった」と謙虚に振り返り、次の目標については「天元戦」をあげ、「(関西棋院の)結城聡天元との関西勢同士の対決で盛り上げたい」。一方、山田九段は「久しぶりのタイトル。連覇を目指して頑張りたい」と抱負を語ったほか、後輩にあたる井山十段とともに「関西の囲碁界を盛り上げたい」と話した。

562名無しさん:2011/07/11(月) 21:06:06 ID:wy5k.c8A0
結城さんも天元になってたのか。
もともと期待されてたし、もっとビッグなタイトルも取ってほしいね。

563よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/12(火) 21:10:31 ID:hJczuyXE0
2011年7月12日
資産運用のプロ育成 大阪電通大
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/12/20110712-055167.php

 大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)に日本で初めて開設された「アセット・マネジメント学科」が注目されている。CSR(社会貢献活動)を重視する金融機関やメーカーの協力を得て、金融機関から講師を招いたり、メーカーでのインターンシップを実施。資産運用の専門家育成に力を入れる。

金融機関から講師/信託銀で特別授業

 大阪市中央区の住友信託銀行本店で6月下旬、同学科の1、2回生約50人が集まり、大手資産運用会社、JPモルガン・アセット・マネジメントが受け持つ講義枠の特別授業が行われた。

 講師は住友信託銀本店営業部の行員ら。「もし銀行がなかったら何が困るか」といった質問で、学生が銀行の役割をイメージできるよう誘導。財務コンサルタントは公正証書遺言について解説し、「遺書と違い、遺言は書いた後、みな精神的に元気になる」と、実体験を交えて話した。

 若い学生にとって遺言はひとごとになりがちだが、「たまに相続ということを考えると面白いよ。これも経済なんだ」と、その重要性を指摘していた。

 講義の後は、一時期東洋一の大きさを誇った地下の貸し金庫室を見学。重量7トンの大扉が開けられ、担当者が「規定の範囲内なら何を保管してもらっても構わないし、銀行は中身をチェックしない」と説明した。

 学生は「テロが起きても壊れないか」などと質問。1回生の安住勇紀さんは「銀行は人と人の間に立つ大切な組織。特に信託という業務は社会貢献なんだと分かった」と話した。

 アセット・マネジメント学科は平成21年4月に新設され、現在は1〜3回生計105人が在籍。1〜3年次に基礎知識とともに専門知識を学び、2年からはインターンも行う。4年次には計量経済学や行動ファイナンス論、不動産投資論など実社会に直結する授業が組まれ、証券アナリストやファイナンシャル・プランナー(FP)、公認会計士、税理士、簿記検定などの取得を目指す。

 松尾邦子准教授は「実業界から来てもらっている教員は多い。ネットワークで培ったことを講義で学生へ還元してくれる」と話す。

 8月には京都の大手部品メーカーや、東京のJPモルガン・アセット・マネジメントなどでインターンを行う予定だ。

564よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/12(火) 21:11:17 ID:hJczuyXE0
西成の吉川さんに大賞 滴仙会書法展「感激でいっぱい」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110712-OYT8T00125.htm

 全国の書道愛好家らでつくる「滴仙会」(大重?石会長)の第9回書法展(読売新聞大阪本社など後援)の授賞式が10日、神戸市内のホテルであり、入賞した約240人が表彰を受けた。

 応募総数は2579点で、学生、一般両部で午前と午後に分かれて表彰。

 一般では、大阪市西成区、会社員吉川桂堂さん(58)が最優秀の滴仙大賞を受賞。吉川さんは20年前、知人の勧めで書道教室を見学したことをきっかけに筆を執るようになった。受賞者を前に「驚きと感激でいっぱい。これからも精進していきたい」とあいさつした。府内の主な入賞者は次の皆さん。

 ◇一般の部▽府知事賞 久保爽純(大阪市東住吉区)▽大阪市会議長賞 田島碧山(同市平野区)▽府教委賞 村上晴美(高槻市)▽大阪市教委賞 平井智子(茨木市)▽読売新聞社賞 三橋菁葩(和泉市)▽サンテレビ賞 出口美鶴(大阪市平野区)▽滴仙会賞 大西碧泉(和泉市)宮地紅華(同)

 ◇高校生の部・創作▽滴仙準大賞 伊藤愛(三国丘高2年)

 ◇高校生の部・臨書▽滴仙準大賞 宝崎沙耶(帝塚山学院高1年)

 ◇小・中学生の部▽大阪市会議長賞 藤川真悠子(和泉市立南池田中2年)▽読売新聞社賞 小山清華(大谷中2年)▽神戸新聞社賞 石上明日香(同市立国府小6年)

(2011年7月12日 読売新聞)

565よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/12(火) 21:46:00 ID:hJczuyXE0
中之島「graf」で太陽がテーマの企画展−リビングワールドと共同で
http://umeda.keizai.biz/headline/1104/

 大阪のデザイン集団「graf」の活動拠点「graf.bld」(大阪市北区中之島4)1階で7月9日、太陽をテーマにした企画展「『Touch the Sun!』grafとLiving Worldによる夏休みの自由研究」が始まった。

 ショップ、ショールーム、カフェ、企画フロアで構成する同ビルの1階は今年1月、「grafのニュースをお客さまに伝えるPR機能を持つフロア」(広報の小坂逸雄さん)として再編。名称を「graf mouth」とし、製品紹介や企画展を通じて「切り口を与えて提案していく場所」として展開する。

 企画展は、grafが製品開発とデザインで協力している京セミ(京都市伏見区)のスフェラーランタンを紹介する機会を作りたいと思ったことがきっかけ。パネルと違い、太陽の角度が変わっても充電量を確保できる球状の太陽電池を使ったランタンは「太陽を感じるランタン」として現在開発中で、会場ではピンホールカメラで撮影した前日の太陽の観測写真と共に展示。太陽の軌跡を見ながら、その太陽で充電したランタンをともすことができる。「前日の太陽の光をどうやって伝えるのがいいか」と考えていたとき、リビングワールドの西村佳哲さんが感光紙を使って太陽の軌跡を写すアイデアを出し、grafがピンホールの穴の大きさなどを調整しながら、2週間ほどかけて展示の形を作り出した。

 期間中、太陽の観測写真を毎日撮影したものを壁面に展示。「梅雨が明けた8日はきれいな軌跡を描いている。グラフィックとしてもきれい」と小坂さん。西村さんは「エネルギーをソーラーパネルで作って使っていこうじゃなく、毎日の太陽の動きを知って暮らすと違ってくるのでは?と企画した」と話す。

 リビングワールドの企画では、「太陽は夜になるとどうなるか」と5歳〜9歳の子どもたちに投げかけた回答を展示。ウェブサイトなどで募集した約200枚を展示する。「正解が何かより、自分で考えてみること、親や大人とのやりとりが大切。正解しないといけないとは考えないので、バイアスがかかっていなくて楽しい」と西村さん。ラグマットなどで制作した「星の大きさ」は、太陽をラグマットで表現し、「パッと見て太陽と太陽系の惑星の大きさの違いがわかるようにした」。「時間虫めがね」は、時間倍率を上げて植物の動きを再生。「光を求めて光合成する動きを見ることができ、植物と太陽の関係を時間倍率を上げることで見えるようにした」

 太陽電池を使って音を鳴らす「Sound of the solar」は、太陽が海を照らし、水蒸気が雲となって山に雨を降らし、水が川に戻るという一連の音を表現。木の当たる音や水の落ちる音、川が岩を削っているような音で「会場のBGMにもなっている」(小坂さん)。そのほか、リビングワールドの「太陽から放たれた光が地球に届くまでの時間」を計る砂時計も展示する。

 今月16日には、「太陽はどうやって最後を迎えるか」をテーマにした西村さんのトークや、子どもたちのアンケートをアカデミックな視点を加えて報告する勉強報告「太陽!」を、8月6日は、ワークショップ「太陽観測装置を作ろう!」を開催。21日には、期間中に思いついたことやデザインのスキルを使って太陽のことを考え、デザインの使い方を再提案する座談会を予定する。西村さんは「太陽を楽しみにきてほしい」、小坂さんは「デザインと何かの組み合わせをみなさんに感じてもらえるいい展覧会なので、ぜひ足を運んでほしい」と話す。

 開催時間は11時30分〜20時。月曜と7月19日・31日は休み。入場無料。

566よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/14(木) 22:21:59 ID:b9O58STU0
2011年7月14日
「現代水彩画展」知事賞に林さん 大阪市立美術館で18日まで
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/14/20110714-055281.php

 「第30回現代水彩画展」(現代水彩画会主催、産経新聞社など後援)が大阪市天王寺区の市立美術館で開かれている。入場無料。18日まで。

 会員や一般応募の作品、114点を展示。画集の売り上げ全額は東日本大震災の被災地へ寄付する。

 特別賞は奈良県大和郡山市の三本哲夫さん、産経新聞社賞は兵庫県西宮市の吉野幸代さんが受賞した。

 他の主な受賞者は次の通り。(敬称略)
 大阪府知事賞=林喜和江(河内長野市)▽大阪市長賞=下田悦子(住吉区)▽大阪市立美術館長奨励賞=稲谷薫(同)▽第30回特別記念賞=長岡房男(吹田市)▽大阪市教委委員長賞=上田恭子(高槻市)▽大阪21世紀協会賞=松島正代(住吉区)▽現代水彩画優秀賞=北山悟(兵庫県三田市)古瀬康治(池田市)

567よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/15(金) 21:44:26 ID:DeneZx1.0
酔客にも笑顔絶やさぬ若い女性接客係、正体は…
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110715-OYT1T00699.htm?from=main5

若い女性を模した遠隔操作型アンドロイド(人間型ロボット)「ジェミノイドF」が、大阪市中央区のカフェバーで接客係に挑戦している。

 開発した研究機関「ATR」(京都府精華町)の石黒浩・大阪大教授のチームが企画した。

 アンドロイドが人とコミュニケーションを上手に取れるかを確認する実験で、客の声を別室で聞いた女性スタッフの表情をコンピューターで読み取り、客の前にいるアンドロイドが再現する仕組み。声はスタッフのものがそのまま流れる。

 アンドロイドは注文を取り、酔客の質問にも笑顔を絶やさず、答えた。「話し方も表情も人間そのもので、お酒の場が盛り上がった」と客の評価も上々。

(2011年7月15日14時56分 読売新聞)

568よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/15(金) 22:01:20 ID:DeneZx1.0
エネルギーブース新設 大阪科学技術館
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110715-OYT8T00064.htm

 最先端の科学技術を展示などで分かりやすく紹介する大阪科学技術館(大阪市西区)が2年ぶりに改装され、14日、地元の小学生を招いた披露式があった。情報通信やエネルギーにかかわるブースが新たに加わり、実物や模型、ゲームなどで科学の魅力を伝える。

 「科学技術でひらこう、地球のあした」をテーマに、30ブースの4割を改装。光ファイバーの仕組みを解説するコーナーが新設されたほか、専用メガネを使わず裸眼で見える3D画像の体験コーナーや、節電で注目される発光ダイオード(LED)照明の展示が加わった。太陽光発電パネルや、小惑星探査機「はやぶさ」に使われた機械部品に関する展示などもある。

 一般公開は15日から。同館の古寺雅晴・普及広報委員長は「節電が求められる今夏、家のエアコンは消して、学びながら涼める科学技術館に来て」としている。

 8月末まで、盆休み(8月12〜16日)以外は毎日開館。専門家が科学の不思議を教えるショーや工作教室も開く。7月30日には、宇宙飛行士の若田光一さんが「国際宇宙ステーション長期滞在」と題して話す。

 平日、土曜は午前10時〜午後5時、日曜は午前10時〜午後4時半。無料。問い合わせは電話06・6441・0915へ。

(2011年7月15日 読売新聞)

569よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/17(日) 08:04:51 ID:9tz2QpHo0
ドラえもんの道具できた? 大阪で科学みらい展始まる
http://www.asahi.com/national/update/0716/OSK201107160128.html

タケコプターや透明マントなど、ドラえもんの「未来の道具」がいまの技術でどこまで実現できているのかを紹介する「ドラえもんの科学みらい展」が16日、大阪市北区の新梅田シティ・新梅田スカイビルタワーイースト5階の特設会場で始まった。日本科学未来館(東京)が監修し、朝日放送とキョードー大阪が主催。

 「タケコプター」に近いのは一人乗り小型ヘリコプター。背景を映し出す特殊な布を使った「透明マント」を身につければ、まるで透けて見えるようだ。話しかけると英語、中国語、韓国語に自動的に翻訳されてスピーカーから声が出る機器はまさに「ほんやくコンニャク」……。

 午前10時の開場30分前から並んだ大津市の小学5年野方美咲さん(10)は、タイムマシンが一番ほしいという。「未来の自分がどうなっているのか見に行きたい」。8月31日まで。午前10時〜午後5時(8月6日は午後7時半まで)。当日券は小中高生500円、大人千円。問い合わせは同展事務局(06・7732・8882)。(木村俊介)

570よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/17(日) 08:28:56 ID:9tz2QpHo0
梅田スカイビルで「ドラえもんの科学みらい展」−ひみつ道具を科学技術で体験
http://umeda.keizai.biz/headline/1108/

梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1)タワーイースト5階で7月16日、ドラえもんのひみつ道具が現在の科学技術でどこまで実現されているかを紹介する「ドラえもんの科学のみらい展」が始まった。

 「ドラえもんには、空を自由に飛びたい、小さくなれたら、変身したい、遠くに行けたらなど、古今東西、人間が描き続けてきた夢が描かれている」と話すのは、日本科学未来館キュレーターの荻田麻子さん。同展では、ドラえもんに登場するひみつ道具をテーマに、最先端の科学技術の取り組みを紹介する。

 「ドラえもんとくらす未来」では、二足歩行ロボットなどの映像に合わせて一緒に歩行する体験ができるコーナーや、会話に合わせてうなずくひまわり型のロボット、会話ができるロボットなどを紹介。「変身したい」では、「透明マント」のようにマントを身にまとえば背景が透けてみえる投影技術の紹介や、手袋をはめると怪力の持ち主になる「スーパー手袋」のように、最大200キロの力が加わる「マンマシンシナジーエフェクタ」を展示。ボタンを押すと勝手に動くのではなく、指の力を何百倍にも増幅させ、スーパーボールを破壊することもできる。
 
 コミュニケーションに関する技術では、「ほんやくコンニャク」のように日本語で話すと韓国語、英語、中国語に翻訳するものや、「エスパーぼうし」で念力が使えるように、脳の状態を信号で送ることで何かを動かすことができないか、を研究しているものを紹介する。

 「タケコプター」のように、自由に空を飛びたいという夢を実現した1人乗りヘリコプター「GEN H-4」は、ギネスにも登録されている世界最小のヘリコプター。乗り込んで記念撮影もできる。「タイムマシン」と「どこでもドア」をテーマにしたコーナーでは、タイムマシンの作り方紹介や、空の箱を触っているのに何かが入っている感覚を再現した、触覚のバーチャルリアリティーを体験できるコーナーなどを用意した。会期中は、会場でドラえもんが来場者を出迎える。

 荻田さんは「夢を持つことの大切さ、夢を見ることが未来を変えるきっかけになるんだということを感じてもらえれば」と話す。

 開催時間は10時〜17時。入場料は、当日大人=1,000円、小・中・高生=500円。8月31日まで。

571よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/17(日) 08:30:16 ID:9tz2QpHo0
心斎橋で子どもと大人が一緒に楽しむ展覧会−「人」テーマに50作品
http://namba.keizai.biz/headline/1916/

大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(大阪市中央区南船場3、TEL 06-4301-7285)で7月16日、子どもと大人が一緒に楽しむ夏休み展示企画「いつの人? どこの人? どんな人?」が始まった。

 同企画は、同美術館が所有する美術作品を中心に、絵画、彫刻、写真、コラージュなど35作家の約50作品を展示するもので、大阪市小学校教育研究会図画工作部の先生方が協力し、子どもの視点に立った見せ方、体験学習ができるようにした。

 いくつかの作品の横には、子ども向けに質問プレートを設置、人物が描かれた作品には、「この人に名前をつけてみよう」「年れいはどれぐらい?」「男?女?」といった質問を用意するほか、入り口でワークシートを受け取り、展示されている6つの作品についての質問に回答したり、抽象的な作品に自分なりの絵を書き足すなどの体験ができる。

 学芸員の三井知行さんは「子どもの方が作品を見るのがうまい。特に抽象絵画は子どもの独壇場。大人目線で見るのをやめ、大人も子ども目線で見ることが大切」と話し、「例えば抽象的な作品を見て、大人が子どもに『これはよく分からないね』と言ってしまうと、子どもの芽を摘んでしまうことになる」と指摘する。

 7月16日・17日には、就実短期大学(岡山市)教授で、同展にも作品を出展する柴川敏之さんがワークショップ「2000年後の“いま”を発掘しよう!」を行う。布の下に隠された、現代を象徴するさまざまなものを、塗料を付けたローラーで布をなぞることで「発掘」できる。13時〜17時に随時開催。柴川さんは「2000年後から見た現代社会」をテーマにした作品を製作しており、携帯電話やペットボトル、おもちゃなど、現代のさまざまな物が41世紀に発掘されたと想定した作品を展示する。

 入場料は一般=500円、大学・高校生=300円、中学生以下無料。営業時間は11時〜19時。水曜定休(ただし8月10日・17日は営業)。8月30日まで。

572よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/17(日) 09:44:44 ID:7vAFMXGA0
孝太郎&愛之助が「播州皿屋敷」PR…大阪松竹座「七月大歌舞伎」
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/entertainment/news/20110716-OHO1T00092.htm

大阪松竹座公演「七月大歌舞伎」昼の部の演目「播州皿屋敷」に出演している片岡孝太郎(43)、片岡愛之助(39)が15日、大阪・中央区の大阪松竹座で同演目のPR会見を行った。

 1741年のこの日に大阪・豊竹座で人形浄瑠璃として同演目が上演されてから270年。当初は一般的によく知られている江戸を舞台にした「番町皿屋敷」を上演する予定だったが、関西での興行とあって姫路が舞台の「播州―」に変更した。愛之助は「よく間違われるので『番町―』に負けないくらい有名にしたい」と話した。27日まで上演。

573よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/17(日) 23:48:28 ID:LWinZWLw0
科学コン優秀者、阪大へどうぞ 2013年度AO導入
http://www.asahi.com/national/update/0715/OSK201107150001.html

高校生向けの科学コンテストの成績優秀者を対象にした「研究奨励AO(アドミッション・オフィス)入試」を、2013年度から大阪大理学部が導入することになった。暗記型ではなく、自分の頭で考える力を問うのが狙い。東島清学部長は14日の会見で「学生の画一化を排し、受験学力ではなく、研究意欲をみたい」と話した。

 初のAO(定員16)は12年12月に実施する。ジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(朝日新聞社主催)などの科学コンテストで最終選考に残った生徒を書類と口頭試問で選抜。そのうえで、基礎学力をみるため、13年1月のセンター試験で合計点の75%以上を得点すれば最終的に合格とする。

 また、理学部は工学部と合同で「国際科学オリンピックAO入試」を始める。理数系の国際オリンピックの日本代表を面接だけで入学できるようにし、初年度授業料を免除する。

574よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/19(火) 18:40:31 ID:6zsLYk/E0
「手塚治虫文庫」オープン 豊中市
2011年07月17日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001107190001

 豊中市は20日、市制75周年の記念事業として、市立岡町図書館(同市岡町北3丁目)に「手塚治虫文庫」をオープンさせる。豊中ゆかりの漫画家・手塚治虫の作品約1千冊を集め、一般の本と同様に貸し出す。来年3月31日まで。

 市内の9図書館で計約750冊の手塚作品があったが、岡町図書館にそのうち約200冊を集め、新たに買った約800冊を加えた。2階の一角に本棚6架で手塚コーナーを設け、「火の鳥」や「ジャングル大帝」「リボンの騎士」などを並べる。

 手塚は1928年に豊中町(現豊中市)に生まれ、5歳で兵庫県小浜村(現宝塚市)に転居するまで、現在の阪急宝塚線豊中駅近くに住んでいた。7月19〜24日には市民ギャラリー(豊中市本町1丁目)で、宝塚市立手塚治虫記念館から借りたカラー版画約50点を飾る展覧会も開く。

575名無しさん:2011/07/20(水) 00:21:27 ID:9jiMpZ5k0
「大阪の街をブチ壊す許可をくれ!」さすがマイケル・ベイ、次回作で大阪爆破を笑顔で約束

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のキャンペーンで来日を果たしたマイケル・ベイ監督、
主演のシャイア・ラブーフ、新ヒロインのロージー・ハンティントン=ホワイトリーの3人が、
昼に行われた来日記者会見に続いて大阪市長・平松邦夫氏を表敬訪問。集まった無数のファンに
手を振りながら庁舎前に敷かれたレッドカーペットを歩いた。

ワールド・ツアー最終地、日本に降り立った『トランスフォーマー』一行は、来日記者会見の直後から
100を超える媒体の取材をこなした後、休む間もなく大阪市役所(大阪市北区)を訪問。庁舎前に
それぞれ3台の高級車で乗り付け、庁舎前に敷かれたレッドカーペットを歩いた。
出迎えた平松市長から花束を受け取った3人が、疲れ知らずの爽やかな笑顔で感謝の意を表明すると、
平松市長は、「日本で唯一のプレミアを、ここ大阪で開いていただいたこと、映画ファンの1人として
心から感謝します」大歓迎モードで一行にあいさつ。

続けて「大阪で素晴らしい映画を撮っていただきたい」とベイ監督に直訴すると、ベイ監督は、
「大阪の街をブチ壊す許可をいただければ撮りますよ(笑)」と次回作で大阪壊滅を笑顔で約束した。

http://news.livedoor.com/article/detail/5719231/

576よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/21(木) 22:37:57 ID:H1r9cc/c0
大阪・新町のデザイン・ホステルで初の絵画展−客室にも作品展示
http://namba.keizai.biz/headline/1918/

大阪・新町のデザイン・ホステル「HOSTEL 64 Osaka(ホステルロクヨン大阪)」(大阪市西区新町3、TEL 06-6556-6586)で現在、関西を拠点に活躍する画家・黒瀬正剛さんの絵画展「Kula」が開催されている。

 今年3月に開業1周年を記念して写真展「Oh SAKA!」を開催した同ホステルが手掛ける初の絵画展。「展示が始まる数日前まで制作していた」(黒瀬さん)という最新作を含めた100点以上の作品が並ぶ。今回は黒瀬さんたっての希望で、ロビーやバーラウンジ、廊下などの共用空間に加え、ドミトリーや各個室(和室6室、洋室3室)にも作品を展示する。

 1978(昭和53)年大阪生まれの黒瀬さんは、成安造形短期大学造形芸術学部イラストレーション学科卒業。日常の中で出会う「人や風景、生物、事象」をさまざまな素材を用いて表現している。黒瀬さんにとって、「やり場のない気持ちを吐き出せる場所」という制作過程を経て生み出される作品は、時に人や動物のようで、建物や文字のようでもあり、見る人によって解釈が異なるもの。「鑑賞者の目を通して新たな解釈が加えられたとき、初めて絵はその人にとって価値を持つ」と黒瀬さん。

 同展のタイトル「Kula」は、パプア・ニューギニアの部族間で行われている「特殊な交易」を指す言葉。小さな島々からなる同国の物理的に離れた民族たちを結びつける役割も担ってきたという。黒瀬さんは「交換する品物そのものではなく、お互いに行き来して品物を交換することで生まれる『やりとり』を重視する」Kulaが、「(見に行って初めて価値が生まれる)絵と鑑賞者との関係」に似ていることからタイトルに選んだという。

 ホステルという初の宿泊施設を使った展示は、ギャラリーと比べると「いくつか制限はあった」としながらも、あるものを使って準備を進めるうちに「新しい実験的なことができて、たくさん学びがあった」と黒瀬さんは振り返る。何より「絵を見に行く場所」のギャラリーとは異なり、くつろぎの空間で「作品を自由に感じてもらいやすい」点に魅力を感じているという。同展を企画したホステルスタッフの酒井直美さんは「期間中、宿泊者は24時間作品を見ることができる。各部屋に合わせた展示になっているので、ぜひ作品をじっくり眺めに泊まりに来ていただけたら」と期待を寄せる。

 鑑賞時間は15時〜22時(金曜・土曜のみ24時まで)。各部屋の作品は宿泊者のみ鑑賞可能。8月8日まで。

577よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/21(木) 22:39:35 ID:H1r9cc/c0
阿倍野で国際児童青少年芸術フェス「タクト フェスティバル」−4会場で公演
http://abeno.keizai.biz/headline/132/

阿倍野区・天王寺区の4会場で8月9日〜14日、国際児童青少年芸術フェスティバル「TACT/FESTIVAL(タクトフェスティバル)」が開催される。会場は、大阪市立阿倍野区民センター、大阪市立阿倍野図書館、天王寺ミオ(12階MIOホール)、LOXODONTA BLACK(ロクソドンタ ブラック)。

 演劇・音楽・ダンスなどさまざまな舞台作品を上演する同フェスは、「子どもたちに世界の演劇と舞台芸術を楽しんでほしい」と大阪で2007年に始まった。今年は東京・長野・新潟・滋賀でも行われる。

 作品は、カナダの劇団・コープスのパフォーマンス「ひつじ」「飛行隊」、高校生ジャグラー・松田功己さんとアメリカ人サウンドアーティストのジェリー・ゴードンさんがコラボする「ポン!ピン!」、阿倍野を拠点とする劇団キオの演劇「きつね」「卵をとるのはだあれ?」「ゾウの休日」、日韓スイス共同制作の演劇「わたしにさよなら−青春編−」、インドネシアのガムラングループ・ハナ★ジョスの影絵「ビモ・ボトッ」、子供のためのシェイクスピアカンパニーの演劇「冬物語」など約20作品。「ひつじ」は昨年も上演され大きな話題になった作品。

 チケットは、1公演=一般2,000円・4歳〜18歳500円、フリーパス=一般4,000円・4歳〜18歳2,000円。「冬物語」は別料金が必要。

 演劇・影絵・音楽などを学ぶワークショップも開く。各一律500円。

 スケジュールなどの詳細はホームページで確認できる。

578よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/21(木) 22:43:10 ID:H1r9cc/c0
阪大 工学部も2次入試「後期」募集停止へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110721-OYO1T00274.htm?from=newslist

 大阪大は20日、2012年度入試から工学部(募集人員820人)の2次試験で後期日程の募集を停止し、前期日程(2月25〜26日)に一本化すると発表した。同学部は今年度、前期654人、後期166人を募集。12年度からは、大学入試センター試験と2次試験の合計点による従来の合否判定のほか、2次試験の理科や数学の成績を重視した判定も行う。

 理学部(同255人)と基礎工学部(同435人)も13年度から後期日程の募集停止を決めている。

(2011年7月21日 読売新聞)

579名無しさん:2011/07/22(金) 19:46:28 ID:7MkG3AMw0
>575

せっかくだから東京一極集中をぶち壊してくれ。

580名無しさん:2011/07/22(金) 19:47:08 ID:7MkG3AMw0
>578

阪大はいい加減に農学部をつくれ。
工学系の男臭い集団に人数を割きすぎだ。

581名無しさん:2011/07/23(土) 18:44:31 ID:QuHZRhpQ0
>>575
>「大阪の街をブチ壊す許可をくれ!」さすがマイケル・ベイ、次回作で大阪爆破を笑顔で約束

どこぞの都県の人がいっぱい見に来そうだな

582よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/24(日) 14:48:22 ID:Hf/q7UPY0
王将祭:「三吉公の闘志継承」−−大阪・浪速区 /大阪
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110724ddlk27040175000c.html

 将棋界の鬼才、坂田三吉(1870〜1946年)の命日にあたる23日、三吉や将棋関係者をしのぶ「王将祭」が大阪市浪速区の通天閣下にある王将碑前で開かれた。同祭は三吉の十七回忌に始まり、今年で50回目。

 堺市に生まれた三吉は、少年時代から将棋に打ち込み、多くの名勝負を演じた。新世界周辺で腕を磨き、通天閣を見上げては闘志を燃やしたといわれる。その生き様は「大阪人のど根性」の象徴とされる。

 この日の神事には、主催する通天閣観光や新世界町会連合会の関係者ら約15人が参加。通天閣観光の西上雅章社長は「三吉公の闘志を長く語り継ぎ、新世界発展の一助になれば」とあいさつした。三吉のひ孫弟子にあたる東和男・日本将棋連盟常務理事は「連盟としても新世界のまちづくりにかかわっていきたい」と話した。【林由紀子】

583よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/24(日) 17:48:29 ID:Hf/q7UPY0
ドラえもんの道具実現!? 最先端の技術紹介
2011年7月24日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110724/20110724023.html

 夢見たドラえもんの「ひみつ道具」に、今の科学技術はどれくらい近づいているのか−。夢いっぱいのドラえもんの世界を通じて最先端の科学技術を紹介する「ドラえもんの科学みらい展」が、大阪市北区大淀中1丁目の新梅田シティ梅田スカイビルファンファンプラザ5階特設会場で開かれている。8月31日まで。

 「ドラえもん」は、1970年に連載開始。世代や国を超えて約40年にわたり、夢が広がる「ひみつ道具」で読者を魅了し続けている。

 会場には、透明人間になれる「透明マント」を実現できる、光の仕組みを利用した再帰性反射材という布を使った「再帰性投影技術」や、何百倍の力を発揮できる「スーパー手袋」のような「マン・マシン・シナジー・エフェクター」など、最新技術の研究を分かりやすく展示。家族連れなどで楽しめる内容になっている。

 監修した日本科学未来館の学芸員は「ドラえもんと科学技術の夢をつなぐことで、夢を持つことの大切さや夢が未来を変えるきっかけになることを感じてもらえたら」と話している。

 午前10時〜午後5時。当日券大人千円、18歳以下500円、未就学児は無料。

584名無しさん:2011/07/26(火) 10:23:32 ID:rpDEow8U0
浪花の映画大特集 2011年7月23日(土)〜9月2日(金)シネ・ヌーヴォ
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/naniwa/naniwatop.html
◆大阪・南地演舞場で日本で初めて映画が一般公開されたのは1897(明治30)年2月15日。以来、110年あまりにわたって、内外からたくさんの映画が大阪で上映されてきた。一方で、大阪を舞台に様々な映画が製作されている。それは実に多彩で、様々なジャンルの映画が大阪を背景に作られ、またそこに多様な大阪が映し出されてきた。それらの作品は、映画としての魅力はもとより、大阪の街の記憶として後世に伝えるべき文化そのものといえる。2011年は大阪城天守閣復興80周年、2012年は大阪のシンボル・通天閣と新世界の街が誕生して100周年を迎える。この近代大阪誕生から100年を記念し、かつてない規模で「浪花の映画大特集」を開催!!

◆上映するのは、1936年の名作『浪華悲歌』から、大阪を舞台に作られた全50本の浪花映画。溝口健二、伊藤大輔、川島雄三、豊田四郎、吉村公三郎から今村昌平、小栗康平、大森一樹、阪本順治まで多種多様な作品群。古くは近松門左衛門から、谷崎潤一郎、織田作之助、山崎豊子らが描いてきた独自の華やかな文化と、意地を貫く情熱の世界が映画にも生き続けている。煌めく日本映画の名匠たちがこぞって描き続けてきた浪花の街と、そこに生きるバイタリティ溢れる人々の姿。この夏、浪花の映画50本、一挙上映!!

585名無しさん:2011/07/26(火) 15:52:50 ID:rpDEow8U0
道修町復活へ 阪大と21社挑戦 新薬開発プロジェクト
2011年7月26日
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201107260113.html
 日本発の医薬品・機器の開発を狙う国家プロジェクトの拠点に選ばれた大阪大病院が26日午前に会見、くすりの町「道修町(どしょうまち)」の復活を目指す考えを表明した。

 道修町は大阪市中央区にあり、江戸時代に栄え、多くの大手製薬会社を生んだ薬の町として知られる。今も製薬会社が多く存在するが、新薬開発のグローバル化の流れの中で空洞化が懸念されている。 厚生労働省が今年度から5年計画で進める全国5拠点のうち、阪大は脳・心臓血管分野の医薬品開発を担うことになった。阪大はすでに、心筋梗塞(こうそく)の患部にだけ届く物質や血管を再生する化合物など15種類の基礎研究が進んでいる。在阪の製薬企業など21社と連携、新薬の開発をめざす。

 米田悦啓医学部長は「基礎研究で眠っている『宝』を薬にする流れを作りたい」と抱負を述べた。 同じ脳・心臓血管分野の医療機器開発については、国立循環器病研究センターが担う。各拠点に年間約5億円が補助される予定。(権敬淑)

586名無しさん:2011/07/26(火) 18:37:38 ID:NnUBGaRk0
 道修町復活へ 阪大と21社挑戦 新薬開発プロジェクト

 日本発の医薬品・機器の開発を狙う国家プロジェクトの拠点に選ばれた大阪大病院が26日午前に会見、くすりの町「道修町(どしょうまち)」の復活を目指す考えを表明した。

 道修町は大阪市中央区にあり、江戸時代に栄え、多くの大手製薬会社を生んだ薬の町として知られる。今も製薬会社が多く存在するが、新薬開発のグローバル化の流れの中で空洞化が懸念されている。 厚生労働省が今年度から5年計画で進める全国5拠点のうち、阪大は脳・心臓血管分野の医薬品開発を担うことになった。阪大はすでに、心筋梗塞(こうそく)の患部にだけ届く物質や血管を再生する化合物など15種類の基礎研究が進んでいる。在阪の製薬企業など21社と連携、新薬の開発をめざす。

 米田悦啓医学部長は「基礎研究で眠っている『宝』を薬にする流れを作りたい」と抱負を述べた。 同じ脳・心臓血管分野の医療機器開発については、国立循環器病研究センターが担う。各拠点に年間約5億円が補助される予定。(権敬淑)

 http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201107260113.html

587名無しさん:2011/07/29(金) 11:15:49 ID:ZDYQZ/cw0
2011年7月28日
医療機器開発拠点へ 国循センターが整備

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は27日、厚生労働省の「早期・探索的臨床試験拠点」に選定されたことを受け、脳や心臓血管疾患分野の医療機器の開発拠点となる組織を整備すると発表した。同センターの研究所と病院、研究開発基盤センターが一体となって運営する。

 臨床試験拠点は日本発の医薬品、医療機器の創出を目的に全国で5カ所を選定。国立循環器病研究センターによると、新たな組織では3機関が協力して研究から臨床試験、製品化までを担う仕組みを構築する。

 大阪大(同)も26日、開発拠点に選定されたことを受け、脳・心血管分野の医薬品開発を推進する拠点を整備すると発表していた。

http://www.sankei-kansai.com/2011/07/28/20110728-055818.php

588名無しさん:2011/07/30(土) 10:56:07 ID:nHDR3PLg0
地震・津波、今こそ考えよう 自然史博物館でパネル展 大阪
2011.7.30 02:25
 「日本で暮らす限り、地震や津波を忘れてはならない」−。東日本大震災が再認識させたその事実を正しく理解し、万一の際に生かしてもらおうと、大阪市東住吉区の市立自然史博物館がパネル展「今 地震・津波を考える」を開いている。8月28日まで。

 展示は、平成20年に同館で開かれた特別展「地震展2008」で使ったパネル約30枚による地震や津波の被害についての解説と、今回の地震で被災した陸前高田市立博物館(岩手県)の依頼で手がけた“標本レスキュー”の様子を伝える2部構成。

 パネル展示では、南海地震が起きた場合の津波到達時刻の予測や、大阪市浪速区にある「大地震両川口津浪記」の碑が伝える教訓などを紹介。標本レスキューのコーナーでは、自然史博物館側が修復を手がけた昆虫や植物などの標本840点を展示し、泥や水をかぶったり、羽がとれたりした修復前のチョウ標本の写真も並べて見比べてもらう。

 企画した中条武司学芸員(41)は「地震に遭遇したとき、正しい知識があれば風評に惑わされず対処できる。また、標本レスキューは初めての挑戦で手探りだったが、自然の証である標本の意義を感じてもらえたら」と話している。

 入館料は大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料。月曜休館。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110730/osk11073002250001-n1.htm

589よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/31(日) 07:47:42 ID:yZHPx7o.0
「堂島リバービエンナーレ」が開幕−アーティストと建築家がコラボ
http://umeda.keizai.biz/headline/1114/

 堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1、TEL 06-6341-0115)で7月23日、展覧会「堂島リバービエンナーレ2011 『ECOSOPHIA(エコソフィア)』〜アートと建築〜」が始まった。

 2009年、森美術館館長・南條史生さんをアートディレクターに迎え「リフレクション:アートに見る世界の今」を開催した同展。2回目となる今回は、青森県立美術館チーフキュレーターの飯田高誉さんをアーティスティックディレクターに迎え、「ECOSOPHIA」と題した展示を行う。「エコソフィア」は、エコロジーとフィロソフィアを組み合わせた造語。東日本大震災を受け止め、フランスの哲学者フェリックス・ガタリが「三つのエコロジー」で提唱する「自然との共生」「心理状態」「社会情勢」の3方向から、これからの地球のあり方をアーティスト、建築家の作品を通じて考察する場とした。

 作品は、それぞれアーティストと建築家がコラボレーションしたもので、「気圏」「水圏」「地圏」の3エリアに分類。「会場全体で未来に向けての地球のビジョン、新たな自然観、世界像を見せたい」と、プロデューサーの古久保ひかりさん。空間構成を担当したJTQ谷川じゅんじさんは「レゾナンス(共鳴)をテーマにパワフルな作家が集まっている。どのような状態で共存しているかを見てもらいたい」と話す。会場には、坂本龍一さんが同展のために書き下ろしたオリジナル曲が流れる。

 会場中央には、飯田さんが「何とか日本に持っていき紹介したいと思っていた」というアニッシュ・カプーアの建築プロジェクト「PLACE/NO PLACE」の建築マケット(模型)31点が点在。「気圏」では、アーティスト・森万里子さんと建築家・隅研吾さんによる「ホワイトホール」を展示。ブラックホールにのみ込まれた星がホワイトホールによって再生されていく事象を作品化したもので、森さんは「再生していく状態を映像化した。この時期に一つのメッセージを持って、再生に向かってエネルギーを出して行けたら」と話す。

 「水圏」では、アーティスト・杉本博司さんの作品「海景」シリーズのイメージを基にした映像作品を、3トンものガラスを使った空間で上映。杉本さんは「1分間に40〜50枚の写真を連鎖させ、イリュージョンを表現したかった」、永山さんは「会場全体に水平線を作れれば」と話す。「地圏」では、原発問題で避難している人たちのための街「リトルフクシマ」を設計したという藤村龍至さんの模型や、4月20日に浪江町で撮影した映像に音を付けた「Namie0420」を展示。渋谷慶一郎さんは「ほぼ唯一の動きである黄色信号の点滅に同期させた音、撮影時に収録した音を入れた」、新津保建秀さんは「住人がいなくなって、2万人弱の街から人がいなくなった時の無音状態の不気味さを感じた」と話す。

 同展には16組が作品を出品。ホール1階、2階、エントランス、4階にも作品を展示する。

 開館時間は11時〜20時。入場料は、一般=1,000円、高校・大学生=700円、小中学生=500円。8月21日まで。

590よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/31(日) 07:50:02 ID:yZHPx7o.0
なんばCITYのカフェで「モールアート」ワークショップ−作品展示も
http://namba.keizai.biz/headline/1928/

 なんばCITY(大阪市中央区難波5、TEL 06-6633-4344)本館1階のカフェ「shakers cafe lounge +(シェーカーズカフェラウンジ・プラス)」で8月4日から、モールアートのワークショップが行われる。

 同ワークショップは、モールアート普及のためのワークショップ開催や、指導者の育成を行う「日本知育モールアート協会」(滋賀県草津市)が行うもの。モールアートは、手芸用モールを手で曲げたり巻きつけたりして立体作品を作るもので、昆虫や犬、恐竜などを作ることができるという。

 同協会のキタナカアツシさんは、「モール素材のポテンシャルの高さに奥の深さを実感」し、2009年夏から本格的にモールを使ったアーティスト活動を始めた。「アメリカではモールのことを『パイプクリーナー』、ヨーロッパでは『セニールステム』といい、アーティスト活動をしている人もいるようだが、日本ではまだ数人しかいない」とキタナカさんは話す。

 ワークショップでは、同協会の講師とともに、昆虫や犬、指輪などのモールアートを作る。開催日は8月4日・10日・17日で、各日とも10時30分〜=子ども向けワークショップ、14時30分〜=カフェタイムワークショップ、18時〜=大人向けワークショップ。所要時間は各1時間。参加費は1,800〜2,200円で、1ドリンクが付く。現在ホームページで申し込みを受け付けている。

 同カフェでは現在、モールアート作家のフジサキタクマさんの作品展示も行われている。今月16日まで。

591よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/31(日) 07:51:08 ID:yZHPx7o.0
2011年7月29日
阪大産研がテクノサロン参加者募集 テーマは「高機能・安全・安心を目指した新技術開発と連携推進」
http://www.sankei-kansai.com/2011/07/29/20110729-055901.php

 大阪大学産業科学研究所は8月5日(金)、「高機能・安全・安心を目指した新技術開発と連携推進」をテーマに産研テクノサロンを同研究所(大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1)で開催する。

 阪大産研は産学交流の場となる産研テクノサロンを継続的に開催している。今回は高機能・安全・安心を目指した新技術開発に関連して、企業と大学、企業と企業等の新たな協力・連携の機会を提供する。

 午後1時15分から午後6時45分まで。ナチュラ・テクノロジーや新コスモス電機、近計システムなどが画期的な新技術や新事業を発表。プレゼン企業・大学の個別相談会や交流会もある。

 参加無料。参加申し込みはメール(air−office@sanken.osaka−u.ac.jp)かファックス(06−6879−8509)で阪大産研まで。詳しい内容は阪大産研のHP(http://www.sanken.osaka−u.ac.jp/labs/air/techno_salon/2011FY.html)で。

592よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/31(日) 18:03:37 ID:VQ3sFqQw0
戦争と命テーマに 映画8作品を特集上映
2011年7月31日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110731/20110731021.html

 大阪市淀川区十三本町の淀川文化創造館シアターセブンで「戦争の悲劇と命の尊さを語り継ぐために」というテーマを掲げた映画の特集上映会が行われている。9月2日まで。作品はドキュメンタリー映画「戦没画学生慰霊美術館/無言館」(宮本辰夫監督)など8作品。

 「無言館」は長野県上田市の田園地帯にひっそりたたずんでいる。扉を押すと、志を果たすことなく戦場に散った画学生たちの声が聞こえてくるようだ。「彼らが生きた証しを守ることで命の大切さを戦争を知らない世代に伝えていかねば」(窪島誠一郎館主)。9月2日まで連続上映。

 ほかの作品は次の通り。「ひめゆり」(柴田昌平監督)=ひめゆり学徒隊生存者による証言を基にしたドキュメンタリー=5日まで▽「夕凪の街・桜の国」(佐々部清監督)=広島を舞台に2人の女性の生き方を描いた劇映画。田中麗奈、麻生久美子主演=6〜12日▽「氷雪の門」(村山三男監督)=終戦時に樺太で起こった9人の女性たちの悲劇。二木てるみ主演=13〜19日▽「陽の当たる場所」(米映画。モンゴメリー・クリフト主演)▽「地上より永遠に」(米映画、バート・ランカスター主演)=20〜26日▽「ムッちゃんの詩」(堀川弘通監督)=横浜大空襲で孤児となった12歳の少女の戦争体験をつづる=27〜9月2日。

 ほかに20日に劇団シアターOMの「火のことば」上演とトークショー。23、24日に元シベリア強制抑留体験者3人によるインタビュー記録「帰還証言」上映とトークショー。

 詳報と問い合わせは電話06(4862)7733、劇場へ。

593よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/07/31(日) 23:10:55 ID:VQ3sFqQw0
自然史博物館で大化石展
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005828101.html

250万年前のゾウの全身骨格のレプリカやアンモナイトの化石など約900点を集めた展覧会が、大阪・東住吉区の自然史博物館で開かれています。
この展覧会は生き物の進化の過程を知ってもらおうと、大阪・東住吉区の自然史博物館が開いているもので動物や植物の化石など約900点が展示されています。
このうち、250万年前の中国に生息していたという「コウガゾウ」の全身骨格のレプリカは高さ3.8メートル全長7.6メートルあり、同じ時代に日本で住んでいたアケボノゾウの2倍の大きさです。また、アンモナイトの化石を集めたコーナーでは立体的にうずを巻いたものやS字型のものなど様々な形をしたものがあり、時代とともに進化したことがわかります。大阪市立自然史博物館の塚腰実学芸員は「化石というと石ばかりだと思うかもしれませんが、実際は毛や葉なども含まれます。タイムトンネルをくぐるように楽しんでいただいて、お気に入りの化石を見つけて欲しいです」。
と話していました。
この展覧会は8月28日まで開かれています。

07月31日 14時32分

594よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/08/04(木) 00:15:52 ID:n2OWEXO.0
大阪医科大と大阪薬科大が経営統合へ 独立系私立で初
2011.8.3 14:23
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110803/biz11080314260011-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110803/biz11080314260011-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110803/biz11080314260011-n3.htm

 関西の歴史ある独立医療系大学の大阪医科大学(大阪府高槻市)と大阪薬科大学(同市)をそれぞれ経営する学校法人が、平成26年度中の統合に向けて協議を進めていることが3日、関係者への取材で分かった。文部科学省によると、医科と薬科の大学を運営する私立の学校法人同士が経営統合されれば、戦後初になるという。少子化による「大学全入時代」を迎えた中、比較的経営が安定している医療系大学も激しい競争にさらされており、両大学は、他大学に先駆けた統合で、教育環境と経営基盤の強化を狙う。

 ■キム・ヘギョンさんのDNAも鑑定

 両大学は明治〜昭和初期にそれぞれ創立した老舗の医療系。ともに高槻市にあることなどから、平成16年4月に学術交流の協定を締結するなど、かねて幅広い分野で交流している。

 関係者によると、両経営法人の統合協議は昨年末から本格化。法人を一本化する一方、両大学については名称を変更せずにそれぞれ存続させる方向で検討しており、新しい法人名は「大阪医科薬科大学」という名称が浮上しているという。

 医療系大学の中でも比較的経営状況は安定している両大学が経営統合に動き出した背景には、少子化や薬学系の制度改正を受けた経営環境の変化がある。

595よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/08/04(木) 00:17:08 ID:n2OWEXO.0
>>594

薬学部をめぐっては、臨床現場に強い薬剤師を育成するためとして16年に薬剤師法が改正され、18年度から薬学部が4年制から6年制にほぼ延長された。

 これに伴って学費が増加し、比較的学費の安い国公立大と私大の競争が激化。加えて、全国の私大が設置する薬学部数は、17年度の50から22年度は57に増えており、私大間の競争も激しくなっている。

 日本私立学校振興・共済事業団などによると、全国の私大薬学部の志願倍率は、17年度の13・57倍に対し、22年度は6・31倍に低下。大阪薬科大も、20年には300人の募集定員に対して2762人だった志願者数が、22年度には2437人に減少した。

 文科省の担当者は、医大についても「少子化の影響で学生獲得競争が厳しくなってきており、経営が安定している大学でも、経営力を高めるため、今後、全国的に再編が進む可能性がある」と指摘している。

 私立の薬科大をめぐっては、20年4月に当時の共立薬科大(東京都港区)が慶応大(同)と合併。関西では、21年4月に関西学院大(兵庫県西宮市)と聖和大(同)が合併したが、独立系の医科大と薬科大の経営統合は、戦後初めてとなる。

 取材に対し、大阪医科大は「まだ決まった話でないのでコメントできない」、大阪薬科大も「協議中の話についてはコメントできない」としている。

【用語解説】大阪医科大学

 昭和2年、大阪市東淀川区で「大阪高等医学専門学校」として創立。昭和5年、高槻市に移転し、同市内で付属病院も運営している。大学・大学院の学生数は、今年5月現在で計約970人。北朝鮮による日本人拉致事件では韓国人の拉致被害者家族と横田めぐみさんの娘、キム・ヘギョンさんのDNA鑑定を実施した。

 【用語解説】大阪薬科大学

 明治37年、現在の大阪市中央区で「大阪道修(どしょう)薬学校」として創立。平成8年に高槻市へ移転した。大学・大学院の学生数は今年5月現在で計約1900人。大学によると、平成22年度の学生の就職率は99%、21年度の薬剤師の国家試験合格率は94.8%で、いずれも全国トップクラス。

596よっさん ◆yQclIeGV9A:2011/08/04(木) 23:58:48 ID:ON4pbSHQ0
具象絵画 力作200点
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110803-OYT8T00086.htm

大阪市立美術館で日洋展

 具象絵画に取り組んでいる美術団体「日洋会」が主催する第25回日洋展(