したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ジャンル問わず不思議体験を教えてください

1 不思議な名無しさん :2017/08/19(土) 17:35:17 ID:9ToQuI4U0
オカルトと言っても神仏・妖怪・心霊・宇宙人など様々なジャンルがあります。
ジャンル問わず皆さんの体験を是非教えてください!
怖くない、オチがない、というような不思議な体験をされたことがある方でも、是非お願いします!
(掲示板初心者のため不自然なところや失礼がありましたら申し訳ありません。ご教授お願いします)

僭越ながら、始めに私の曽祖父と大伯母の体験を書きたいと思います。

333 不思議な名無しさん :2018/07/12(木) 21:37:39 ID:0J2IorNgO
夜 神社には行ってはいけません!!

334 不思議な名無しさん :2018/07/12(木) 23:56:28 ID:tvYTGj7o0
今日の話だけど、夜9時くらいに子供を塾に迎えに行こうと外に出たら、東北方向の空にすごい明るい光があった。オレンジ色で縦の楕円形の光が二つくっついてるみたいに見えて、光が放射状に下にだけ放たれてるのが見えた。
全然動かないから星だと思って、今時分は結構夜遅くに土星が見えるけど、あれなんて天体かな〜って思いながら車に乗ってもう一度空を見たら、ほんの数秒で東南の方向に移動してた。
ってことは飛行機か〜と思って車を走らせて、1分ほど離れたコインランドリーに、夏毛布を洗ってたから回収しようと寄った。そこはパチ屋と併設で、街灯の少ないど田舎だけどパチ屋の駐車場の照明でかなり明るい。
車降りてもう一度空を見たら、さっきのオレンジ色の楕円形一つが、不規則に直角に曲がりながら動いてて、ふっと消えた。
遠くのパチ屋のサーチライトが時々見えるけど、その動きはサーチライトじゃなかった。だいたいサーチライトは真上に見えないし。
塾で子供を拾ってその話をしたら、それはUFOだわ!って言うんだけど、今まで生きてきて一度もUFO見たことないから違うと思うんだよね。子供は半泣きになりながら(親が信用してくれないから)UFOだって言い張るんだけどさ。
2018年7月12日午後9時ごろ名古屋近郊で宇宙ステーションか人工衛星がめっちゃはっきり見えた、って証明誰かください。
じゃないと子供に、UFO見たって思われる〜。

335 不思議な名無しさん :2018/07/13(金) 10:13:43 ID:0J2IorNgO
13日の金曜日です 何かおこるのかな!?

336 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

337 都会に出たい :2018/07/15(日) 12:00:48 ID:???0
語彙力なくてごめんなさい。
話がの内容が理解できなかったらごめんなさい。

エレベーターで違う次元に行くゲーム

あれ、本当にあるとおもんだよね。っていうか、似たような体験をしたことがある。
私の家は14階建の建物がいくつか集まってできた高層団地なんだけど、一時期1階から14階全てのボタンを押すってイタズラがはやったんだ。

確か小学2年生の頃だったかな、夏休み入る数日前に急にそれがやりたくなってやったんだけど、途中で他の人に迷惑かかると思ったんだ、でもそう思ったのはボタン押した後で、ボタンの消し方なんて知らなかった。

だから、開いたらすぐ閉める方法しか考えられなくて仕方なく14階まで扉を閉める作業をすることにしたんだ。
そして人が乗って来ることもなく5.6分ほどで14階についたんだけど、少し周りの様子がおかしかったんだ。

私がそのいたずらをしたのは学校が早く終わった1時ごろ。いくつかある建物にはそれぞれ号棟でわけられていて、私は1号棟でイタズラしてたんだけど、14階についた時なぜか7号棟の1階に着いたんだ。しかも、夕方になってた。

まわりはなんだか空気までも夕焼け色に染まってるみたいにみえた。それに、人の気配がなく、不気味だったのを覚えている。
7号棟のすぐ前には団地に住む子供達の遊び場として公園があって、喉が渇いたから水飲み場にむかったんだ。

そしたらそこでやっと人を見つけたんだけど、どっかで見たことがあった。ブランコに乗りながらこっちを見つめる同い年くらいの女の子。驚くくらいに私にそっくりだった。

そしたらその子が一緒に乗ろうよってさそってきてさ、一緒にブランコであそんだんだ。10分くらいかな、そしたら女の子が、どうやってここにきたの?ってきいてきて、私は家がすぐそこなんだって答えた。エレベーターを降りたら違う号棟にいて、喉が渇いたからここにきた、14階で降りたはずなのに降りたのは1階だったと説明した。

そしたらその子は少し怒った顔で、水飲んでないよねって言ってきた。このこに遊ぼうと誘われて飲むのを忘れてたから飲んでないって言った。

その子はすぐに家に帰れと言ってきた。寄り道しちゃダメ、みずものんじゃだめだよ。
1号棟のエレベーターしか使っちゃダメ、それと、絶対に3階で降りちゃダメと言われた

でも、私の家は1号棟の3階で3階で降りなきゃ帰れないと説明した。そしたらその子は14階で降りて、そしたら帰れると言った。

わかった、帰るよ。君は帰らないのと聞いた。どうやら人を待ってるようだった。

「君かなって思ったけど君じゃなかったみたい、もう少し待ってみるよ。バイバイ楽しかったよ!」

まるで最後のお別れみたいに悲しい顔をしてたのを覚えてる。
その子と別れたあと、言われた通り1号棟のエレベーターで14階に向かった。

そしたら目の前にお母さんがいて、学校終わったのと聞かれた。なんでお母さん14階にいるのと聞くとここは3階だよって言われて階数が書かれた壁を見る。
3階だった。しかも時間も夕方だったはずなのに、イタズラを始めて少ししか経ってなく、1時30分になっていた。

あの時はなにも思わずにお母さんに友達ができたよとか、まわりが赤くてドキドキしたとか呑気に話してたけど。
今思えば、時間空間がずれて別世界に行ってたのかなって思うんだ。神隠しってやつ!

だってあの女の子私と似てるだけじゃなくて服装まで一緒だったんだもん。
たまにあの公園からブランコを漕ぐ音が聞こえるとおもいだすんだよね。
だれをまってたのかな。

18年間お世話になったこの家から引っ越すことになったので思い出として書きました。


作り話だろと思う人はそう思っていいです。
でも、私の記憶の中には確かにこの日の出来事が残っています

338 不思議な名無しさん :2018/07/31(火) 00:54:21 ID:8CKism.E0
初めて正夢見た。

「モンスト」やってる夢で、「ある社員さん」のところに「一人」
で行って、「シングル」まわしたら「確定」出て、「かなり喜ぶ」
夢っていうかなり現実的&具体的な内容でやけに起きてからの記憶にも
いつもの夢と違って生々しく残ってた。

夢の内容を社員さんに話してそのとおりに実行。
椅子に座るっ?て聞かれたけど夢の中で座ってた感覚がなかったので
立ったままで夢のとおりにシングルで回す。
2〜3回はハズレで夢は夢だなって思ってたら4回目で「確定」の文字
から一番評価が高かった持ってないパンドラが出て、嬉しい反面
ちょっと不安になった。

それからというもの地震の夢とか見て
起きても覚えてたらちょっと不安だけど、
正夢になるならちょっと注意できるぐらいで、
なるべく気にしすぎないようにしてる。

いまだに次の正夢は見てないけど、
宝くじとか当たる夢なら絶対実行するから見れないかなぐらいで
消えない程度に心の底にそっと置いて夢とつきあってる。


非現実の存在の白黒つける気はないけど
あるかもねってぐらいには思えるようになった。

339 不思議な名無しさん :2018/08/26(日) 09:28:39 ID:VR0lK.cA0
「大島てる」の事故物件のサイトを初めて見ました。
うちのような田舎にはないよね。と見てみたら
自宅近くにありました。
でもそこで自殺があった事はだいぶ前でしたが。
まさかそこが「大島てる」に載ってるとは思ってなかったのと、コメント欄に、幽霊が出るとか書かれてたのには、ちょっと驚きました。
そういえばそこは時々車があって「誰か住んでるんだな」と思う時もありましたが
なかなか定住しないようで、ここ数年は空き家のようです。
配偶者を恨んで自殺したのでなかなか成仏しないのでしょうね。
私は熟年なので清掃の仕事ぐらいしか無いかな
と仕事探してたんですが
「大島てる」には飛び降り自殺したマンションとか載ってるので、そういうマンションでの清掃は怖いだろうなと思いましたし
近くの地方都市の、以前よく利用していた商業施設のトイレも首吊り自殺があったのを知り
そこのトイレ掃除も、嫌ですよね。(笑)
また、工場勤めをしようと思っていた事もありましたが、因みにその工場周辺を「大島てる」で調べたら
殺人事件のあったアパートが近くに存在していました。
いちいち調べていたらきりがないですね。(笑)

340 不思議な名無しさん :2018/09/15(土) 22:39:16 ID:DeonZaks0
大した話ではありませんが、自分の中で唯一の不思議体験です。



自分はたまに金縛りにあいます。

といっても、「人が見えた」とか「声が聞こえた」とかは無く、体が動かなくなるだけ。

いわゆる「科学的に証明されている」って類いの金縛りです。

ですが、高校生ぐらいのときに1回だけちょっと毛色の違う体験をしました。



いつものようにベッドで寝ていると体が動かなくなりました。

「あ、金縛りだ」

と呑気に考えながら、体が動くようになるのを待っていました。



しばらくすると、背中のベッドの感触がなくなりました。

しかも、ゆっくりと自分の体が浮いている感じがします。

目はつぶったままで動かないので目で確認は出来ませんでした。

言葉で上手く表せませんが、見えはしないけど自分がそうなってるのが触覚で分かる感じでした。

あと浮き始めた辺りからお腹の辺りが気持ち上にあがってるのも分かりました。



「え……? 何だこれ!!?」

驚いて必死に体を動かそうとしました。

すると、今度はゆっくりと体が降り始めました。

今度はおしりの辺りが気持ち下にさがっています。



そして、ベッドに降ります。

この辺りは特にはっきり覚えています。

気持ち下にあったお尻の辺りからゆっくりと広がるようにベッドの感触がよみがえってきます。



そして完全に降りると金縛りが解けました。

すぐに目を開けて飛び起きたのですが、やっぱりいつもどおりの自室。

前述の通り、幽霊だの何だのは全く無し。

ただ、この「金縛り解ける→すぐに目を開けて起きる→周囲確認」の流れを自身で認識すると、

「今の夢じゃ無かったのかよ」

と、改めて驚きました。



もう自分は三十路ですが、今まで金縛り自体は幾度となく体験してます。

高校生になる前も、高校卒業以降も。

しかし、あんな体験はあの時だけでした。

341 不思議な名無しさん :2018/09/18(火) 06:09:35 ID:???0
>>340
それって体外離脱してたんじゃ

342 不思議な名無しさん :2018/09/19(水) 23:44:56 ID:DeonZaks0
>>341
正直自分もそう思ってる

343 不思議な名無しさん :2018/09/21(金) 19:33:43 ID:.whdTI8.0
オカルト案件なのかな。

昔高熱出して部屋で寝てた時に黒い人影が足元に立ってた。
目はないけど見られてて。そこにあるだけであらゆるマイナスの感情が吹き出して、ただ、その最奥から寂しいよって気持ちが流れ込んで来て。
自分も家庭環境からずっと寂しくてたまらなくて、ああこいつも一緒だって感じた瞬間「上半身起こしてその黒い人影を抱き締めてた」。
もちろん無意識。やろうとなんて思ってない。肉感なんてないくせにただひたすらに冷たくて、次に何かを思う前に私の中に溶けた。憑かれた、ってのがきっと正しい表現なんだろうけどその時はそう思った。

それからは変わりなく生まれもって病弱な体のまま不幸を撒き散らしながら生きてます。多分死ぬまで一緒なんだろうな、と思います。と言うか、それが目的だろうけど。

まあ面白くもなんともない、今日日まで続く奇妙な出来事でした。お粗末さまでした。

344 不思議な名無しさん :2018/09/29(土) 07:29:48 ID:oHLYo3Xc0
男3人で奈良健康ランドでゆっくりして。
夜中2時頃に金剛山にドライブに出発した時の話です。

不思議な体験をしました。

府道705号線の柏木城跡の近くを走ってる時に夜中なのに空が明るくなりました。

おかしいなと思って、空を確認したところ太陽の様に輝く球体が空に浮かんでおりその球体はゆっくりと金剛山の付近の山に消えました。

これは面白いと思って金剛山に車を飛ばしました。

途中、小便をするために山の中に車を止めて外に3人で出て全員で用を足してタバコを吸って喋ってたら、遠くからガシャンと檻を壊す様な大きな音が聞こえました。

金属音です。

全員でその音の方向に行こうとなりました。

100mほど歩いたところ足音が一つ多くなりました。

さらに足音が近づいて来てるのを感じました。

我々は全員スニーカーでザッザッという足音なのですが近づいてくる音は革靴ぽいコツコツという音です。

その時は夜中の3時頃で人も車も全然いません。

怖くなって急いで車に戻って下山しました。

一度にいろんな体験をしたためすごく記憶に残っています。

その時のメンバーとはよくその話をします。

一体あのUFOなんだったのか?、金属音の正体、足音の正体など色々気になります。

345 不思議な名無しさん :2018/09/30(日) 09:53:23 ID:???0
俺も満月くらい明るいUFO見たことある

346 不思議な名無しさん :2018/09/30(日) 10:04:19 ID:???0
こんな感じのやつ
https://youtu.be/CI-x0NM3wJQ

347 不思議な名無しさん :2018/10/01(月) 20:11:10 ID:koeq2QoY0
>>347

てす

348 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

349 不思議な名無しさん :2018/10/10(水) 23:53:51 ID:vd8E6Xks0
一応謎体験なんで聞いてもらいたい


俺が高校生のあの日の事、夜中に家から抜け出して友達の家で遊ぶことになってたんだ。
友達の家は住宅街の中にあって近くにコンビニが何個かあるくらいの少し街からは離れたところにあった。

2,30分行けば街、2,30分行けば林や山岳地帯がある街とど田舎の境界みたいな場所にあった。

俺とその友達はその当時は友達になったばっかりで、家で遊ぶと言っても、スマホのナビがないが俺はたどり着けないけど、なんとなく場所はわかるといった認識だった。

友達に今から向かうと言い、住所を教えてもらいそれをナビに打ち込み出発した。

過去に何回か教えてもらったその住所でその家にたどり着いたことがあるので、自分の記憶と住所をたよりに俺は自転車で自分のいえをでた。

しばらくして、友達の家付近の覚えていた光景が見えてきて、コンビニでなんか飯でも買っていこうかななんて思いながら自転車をこいでいた。

そしたら通ったことある道でも明らかにこっちではない道をナビが示した。

俺はこの先から行けるのか?近道なのかな?

なんて思いながらナビ通りに進んだ。

真夜中の住宅街、車も通らなく、人も通らない、少し心霊的な恐怖を思いながら自転車を走らせていた。
人間ってのは嫌なもんでそういうときに限って頭の中にある怖い物を連想してしまうものだ

嫌な汗をかきながら俺は後5分で到着というカーナビの情報を頼りに焦っていた。

そしたらある道に出たんだ、昼間に一回だけ通ったことがある古い民家が並んでいる200M程の通りだ。

ナビの目的地はそこをまっすぐ行ったところを指していた、俺は絶対に違うと確信を得ていたが、不安と興味本位でナビ通り行ってみた、そしたらでかい林??森の様な入り口があり、その入り口のところに10段ぐらい質素な階段があった、その階段を上った先に神社の社があった。

えっ?、、って感じで着けていたイヤホンから「目的地、到着です、お疲れ様でした」
って聞こえてきて全身にとてつもないぐらい鳥肌が立った。

俺はナビを消して、音楽を大音量で聞きながら来た道をガチたちこぎで走っていった、不安と恐怖で、後ろから何かに見られてると思いながらも絶対に振り返ってはいけないと思いながら走っていたら、行きの道からは見えなかったが帰りの道から見える位置にばかでかい金色の招き猫がおいてあってバッチリ目があった、もう恐怖で無我夢中になりながら、自分の知っている道まで全速で走った。

そして友達に電話して、何度も住所を聞いて間違いがないか確認した、そして、もう一回確認して、同じ住所をいれたら、間反対の方へ示していた、その後は恐怖で友達に電話をしてもらいながら、友達の家へ何事も無く着いた。

心霊等の類いにはでくわさなかったが、本当にあれはなんだったのかと今だに思い出したら鳥肌が立つ。
文章力無くてスマそ

350 不思議な名無しさん :2018/10/29(月) 11:44:30 ID:ixipoC9g0
数ヶ月前、ある神社に行きたくなり、行きました。
そこは某時代小説に登場する実在したお侍の石碑があります。
私は、その小説のファンだからです。
で、その神社境内や、石碑の写真を撮ったりして帰ってきたわけです。
後で知ったのですが、今年はそのお侍さんの没後350年という節目にあたり、私が行った月はそのお方が亡くなった同じ月でもあったのです。
ひょっとしたら呼ばれた....?のでしょうか。
他に心霊現象とかは何もありませんでしたけど。

351 不思議な名無しさん :2018/10/30(火) 00:25:09 ID:???0
たいした話ではないですが…数年前の話。

当時私は新入社員で右も左も分からない状態で仕事に追われていました。学生の頃から付き合っていた彼氏とは入社1ヶ月で別れ、しばらくはフリーで過ごしていました。
仕事で悩んでいて、かなり追い込まれた状態で自殺を考えていました。毎日怖くて寝られずでも仕事に行かないと言うことが何より怖くてなんとか仕事に行ってやることをこなしていました。
市販の睡眠薬で眠るようになった頃、職場の上司が夢に出て来ました。面白いのは、薬を頼って眠ったときだけ、夢に出てきたことです。夢の中では私と上司は恋人同士でとても仲の良い関係でした。現実ではその上司にいじめられていたのでありえないんですが…。
夢の中で上司とデートを重ねるようになって、夢で私がお気に入りでよく着ていた白いツイードのワンピースがあったんですが、現実で買い物していたときに全く同じワンピースが売っていたので即購入。
そうしたらその上司から飲みに誘われ現実でもデートを重ね、そのワンピースも着てデートにも行きました。その後付き合ったのですが3年で破局。今でも不思議な引き寄せだったなあと思う体験でした。
長文失礼いたしました。

352 不思議な名無しさん :2018/11/14(水) 17:26:38 ID:???0
高校生の時の話
部活で遅くなって18時を過ぎたくらいに家に帰ってたんだよね。寒くてマフラーしてたからたぶん冬だったと思う。
寒すぎてマフラーだけじゃダメだと思って自動販売機でホットココア買って帰ろうって思って。ピッ、ガコンってしゃがんで飲み物取ってさあ帰ろうってまた歩きだしたら、進行方向のけっこう奥の方で手振ってる人がいるんだよ。友達かな〜と思って手を振り返そうと思ったけどもし違ったら恥ずかしいし、一応後ろとか確認したのね。誰もいなくて、あ、やっぱ自分に振ってるんだと確信して振り返したんだよ。遠目だけどこっち向いてたしね。
そしたらすごい勢いでこっちに向かって走ってきたんだよ。ビックリしたけど何か用事でもあるのかなって自分もそっちに向かって歩いてったんだけど、近づいてきてなんか変だなって思って。遠目で周りも暗くて気づかなかったんだけどそいつ2m越えくらいの身長あって、そんなやつが手振りながらこっち走ってきてるんだよ。もうパニックよね、そんなでかい友達いないし。もう怖くなって手振るのやめたら、ピタッと止まってどっか行っちゃって、あのまま手振ってたらどうなってたんやろってお話でした。みんなも何となく手振り返さん方がいいよ

353 sage :2018/11/14(水) 20:31:31 ID:2Hi6LSiU0
オチのない話で申し訳ない。
下のような都市伝説を最近知ったのだが、
昔、有楽町駅前のビルでやたら地下深いエレベーターがあるのを見たことあるような気がする。
空白階もあったような気がする。

>東京にはいくつか地下にまつわる都市伝説がある。
>有名どころでは「秘密の地下鉄路線」や「政府要人用の地下通路」等がある。
>共通しているのは、政府の要人、組織だけが使えるというところだ。

>今回はその東京地下伝説のモトネタになった建物について紹介する。
>実際降りることはできないのだが、明らかに隠された地下フロアがあるとしか思えないのだ。

>駅を電気屋のほうの出口から出て、横断歩道を渡ったところにある
>ビルが都市伝説のモトネタとなった建物だ。

>1、2階は商業施設なので、普通に中に入れる。
>そして、エレベーターを探して見てほしい。

>エレベーターを見て最初に驚くのは、▲▼ボタンの上にある電工掲示板に表示された地下階の深さ。
>どんなに都心でも地下2、3階程度のはずがここはさらに深くまである。

>そして更に電工掲示板を注視すると気づくのだが、一番深い階の下に不自然な空白がある。
>まるで特殊な操作を知っている限られた人間だけさらに地下に降りられそうな錯覚を覚えるその空白階。

>この土地と不自然な空白階が合わさり政府の要人だけが使える地下として広まった。
>これが東京地下都市伝説のモトネタである。

354 不思議な名無しさん :2018/11/14(水) 21:57:39 ID:mWZWs1nk0
オチは無いんですが
大学の部活が音楽系の部活だったので、合宿で滋賀県の田舎のホテルまで行きました。45人くらいで利用する上に24時間音出し可能が条件なので、大きな練習場があるそのホテルは良く利用するホテルでした。
ある合宿二日目の晩に幹部で真面目なミーティングをしていると、普段物静かな後輩が二人やって来て部屋に来てほしいと言いました。
部屋に行ってみると、部屋に入ってすぐスリッパが一組揃えて置かれていました。
その部屋を利用する二人はその時スリッパを履いて部長の隣に立っているので、「じゃあこのスリッパは誰のなんだ」という話でした。
もちろん二人はスリッパに気付いた時は、どうせ誰かが置いていったと思いまったく気にしなかったらしいです。しかし部屋にあるトイレに入ろうとした時、トイレの鍵が閉まっていることに気付きました。
二人がスリッパに気付いたのは全員で夕食をとり、部屋に帰って来、鍵を開けた時なので、帰ってくるとトイレに鍵がかかっている=誰かいる、という状況に二人はかなり焦り、とりあえず同期の部屋に部屋に逃げ込んだそうです。
そしてしばらくして冷静になり部長に相談しに来た、との事でした。

部長と私も少しびびりながら部屋を覗くと、スリッパはまだありました。女子の部屋と言うこともあり、変質者なら困るという事で近くの部屋からトレーナーの先生も呼んできてトイレのノブを引くと、すんなりと開きました。
トレーナーの先生の呆れた顔もあり、その場はお開きになりましたが、結局最後までスリッパの持ち主はわかりませんでした。

355 不思議な名無しさん :2018/11/16(金) 10:25:30 ID:ydS3N55U0
まとめに、お地蔵さんの事が載っていたので俺も現在進行形の話

俺は毎日自転車で会社まで通勤している。約1時間の道程だが運動不足もかねて

その通勤途中に、お地蔵さんが10体位祀っていて賽銭箱がある。

今から1年前位に、朝その付近を通勤していると道端に100円硬貨を見つけた。
派出所に届けるのもダルいし、少額だし面倒なので近くにあった
そのお地蔵さんの賽銭箱にいれた。

そこからだ。この1年位で100円玉5〜6枚、50円玉、10円玉、5円玉を
1カ月に確実に1回は通勤中に見つけ、その度にお地蔵さんの賽銭箱に
いれていく。

毎朝、そのお地蔵を掃除・管理しているお爺さんやおばあさんに
「いつもありがとう」と言われる位拾う。

こっちとしては、派出所に届けにくい少額の硬貨を拾うから
そんな良い事している訳でもない。

ただ1度会社帰りの夕暮れ時に、50円硬貨を拾いいつものように
お地蔵さんの賽銭箱にいれた時に、子供風な声で
「ありがとう・・・」と聞こえたような気がするんだよね。

ただ、いつも硬貨を拾う時は不思議とお爺さんのある区だけ。
違う区に入ると見つけない。

どうやら俺は、お爺さんに拾った硬貨を賽銭箱にいれる役に任命されて
いるのかも知れない。

でも、ネコババすると何か起きそうで、やっぱり硬貨を拾うと
お地蔵さんの賽銭箱にいれる。

何の現象なのか不思議。ちなみに拾った回数は、硬貨全てあわせると
おそらく800円位。回数で言うと14〜15回と異常に多い。

356 不思議な名無しさん :2018/11/16(金) 11:09:02 ID:LeKdn23E0
>>352
想像したら怖い
有名なコピペの双眼鏡?の話を思い出しました

357 不思議な名無しさん :2018/11/17(土) 00:02:48 ID:BZJIO0vY0
ここで一つ怖い体験を唐突に箇条書き

1、心霊スポットにて異様な雰囲気と誰かの視線を感じて何故か動けなくなる

2、隣りの団地で飛び降りがあった数日後、その団地の前を通りかかると異常な寒気を感じ何故か赤色が濃い雲一つない空を見る

3、電話ボックスで何者かに激しく扉を叩かれる

4、満月美しすぎワロタwwwと写メをとると女性らしきものが写り込む(後に友人に送った写メールで指摘され気付く、その説は本当にすまんかった。)

5、長男を妊娠中、金縛りになり男か女かはたまたま大人か子供か区別がつかない声の主に「すいませぇん…すいませーーーーーん!!!」と言われる。

6、寮で寝ていると何者かの足音、誰かトイレかな〜?と思ってふと部屋のドア(ガラスが嵌め込まれている引き戸)の方を見ると自室前に揺れる人影

7、友人の家に遊びに行くと毎回おやつやジュースの数が一つ多い(いつも4人で遊んでいる、ベタであるが友人母の悪戯の可能性アリ)

8、真夜中に道路上でハイハイの様な動きをする赤ちゃんサイズの謎の物体を目撃

9、明け方友人から電話で何かを轢いてしまった、嫌な予感がするので車を見てくれないか?と頼まれる、見た所異変はないがこの車は早く処分するなりした方が良いのでは?とアドバイス。なぜなら一緒に居た別の友人が件の車を見ている最中ずっと顔色が悪く、そして絶対に助手席の方を見なかったからである。(怖い話のテンプレの様であるがこの車は何故か湿っぽさが強くとても気持ち悪かった。)

10、バイトが終わり、さあお店閉めますかね〜という時にスタッフの女の子の一人が絶叫&号泣
何事かと固まる他スタッフ、とりあえず女の子を宥め事情を聴くことに。
すると「急に悲しくなってなんか怖くなっちゃって叫んでしまって…自分でもよく分からないんです……」との事
この界隈は大きな歓楽街、私が当時勤めていたのは小さなカウンターバー。
色々な意味で今回の件のような事はこの街では日常茶飯事である。

11、たまたま行った場所が有名なスポットらしかった事がある。自分は足がすくみ雑木林の奥を見ることができなかった、絶対にこの階段を上がってはいけない奥を覗いてはならないと誰かに言われた気がしたからだ。
あの時私に警鐘を鳴らしてくれたどこかの誰かさん本当にありがとう。


END

358 不思議な名無しさん :2018/11/17(土) 00:08:18 ID:BZJIO0vY0
心霊体験(恐らく違う)箇条書き2

2、これは心霊体験かどうかは分からないが怖かったので
とある友人に電話するといつも誰か(何か)の泣き声が聞こえる、正直気味が悪いので連絡を取らないようにしている

3、場所はぼかすがh県k市内のあるグラウンドのフェンス下の空間に女の人が横たわってこちらを見ていたような気がした
後々なぜか気になってその場所と周辺の事件を調べたらドンピシャでちょっと怖かった

4、これはどうなのか分からないが
今よりおよそ11年ほど前に深夜の某地下鉄駅周辺で女?子供?に付け回された事がある(迂回しまくってまいた)

5、某地下鉄駅前で深夜にランドセルを背負った小学生を見たことがある
数人居た中でその小学生のようなものを見たのは自分ともう一人だけだった

6、後輩宅の戸棚に顔があった、今でも何が何やら分からない。
件の後輩は今現在連絡が取れない

7、相坂トンネルで写メを撮る、トンネルの入口付近に頭を下げる謎の女性が写っている、こわい。


連投すまそ

359 不思議な名無しさん :2018/11/17(土) 05:37:20 ID:P.4x/Gl60
大した話ではないんですが…

私はとある板の住人で(基本ROM専)、毎日一回くらいはその板を見に行きます。
そこに、度々自分が考えていたことや気にしていたことに関するスレが立つんです。

私はくだらない考え事をしながら散歩するのが好きで、仕事帰りに「○○に関するワードを50音順に思い浮かべてみよう」とか、「やっぱり××は、△△が必要だよなあ」(親子丼には玉ねぎが必要だよなあ、とかそういうレベルの話)とか、他愛もない、人に話すほどでもないことをぼんやり考えながら散歩するんです。
そういった考え事が、その考え事をした数時間後〜翌日くらいに、スレッドとして立っているというか。
私がスレを立てているわけではないし、そのスレを覗いてももちろん見覚えはありません。
偶発なのでしょうが、こういうのがシンクロニシティ?というものなんでしょうか。

全くの別件ですが、ある日母親がイカの煮物を作っている夢を見たんです。
何気なくそのことを実家に住む母親にメールで伝えると、昨日イカの煮物を作った、と言われ驚きました。
また、鍋の材料を買いに行き、えのきやしめじは買ったのに、ネギやニラを買い忘れてしまって、あー明日また買いに行こう、と思っていたところ、翌日母親から荷物が届き、その中にネギとニラが入っていたことがありました。
母親にお礼のメールを送ると、「えのきとしめじ入れようと思ったのに忘れちゃった」と…。
こういうのも一種のシンクロニシティなんでしょうか。

長々と失礼しました。

360 不思議な名無しさん :2018/11/17(土) 20:16:49 ID:Buazpt0M0
まぁ、見流して欲しいんだが。
俺が中学の頃、塾に通ってたもんでいつも夜の10時くらいに帰路についてたんだが、受験シーズンになってから家の前にあるバス停に人影がよく見えるようになった。でも誰もいやしない。
疲れてただけなんだろうが、塾帰りにはずっとそこに立っているのが見えたんだよ。
なんだか気味が悪いけど、ほんの少し優しいそうな感じだったんだよな。

361 不思議な名無しさん :2018/11/19(月) 20:37:36 ID:ge0fEpG20
恋愛なら(復縁、恋愛成就に)・・・永遠なる愛を授けるラブフェザープレミアム

運気改善なら(運気上昇に)・・・聖なる運気に導くミラクルストーンプレミアム


金運上昇なら(収入増加、資産増加、臨時収入)・・・悪魔王の究極の財運石ノルダリフィリダ

心の癒しには(うつ病、自律神経失調症の治癒には)・・・ザルナンド・メギルダフィ

362 ゆったん :2018/11/20(火) 00:19:58 ID:???0
説明が下手で読みづらいです、ごめんなさい。
私が24歳の冬11月頃、酷い下痢と40度近い熱が出て、もう下からは緑色の液体しか出なくなってた時神様に会った話。
トイレで腹の痛みと熱の高さで動けず目を瞑り息荒く唸っていた時、急にシャンシャンシャンと優しく神々しい金属の音が鳴り始め目の前が金色の光にバァーっと包まれ朝日が昇るようにその光がキラキラと放射線状に広がった。
周りから次第にザワザワ沢山の何かが話している声が聞こえ始めた。
その声は次第に聞き取れるくらい大きくなってきて声に耳をすますと「お願いしてはダメだ」「タドコロ様ータドコロ様ー」「タドコロ様にお願いしてはダメだ」「やめるんだ」「お助けくださいタドコロ様ー」と私に訴えかけるような声だった。
私は寒いのに痛みで嫌な脂汗が止まらず息も上がってきてこのまま死ぬんじゃないかと思うほど辛く意識もぼんやりしていた。
タドコロ様に助けを求めればこの状況をどうにかしてくれるのではないか?と私は周りの声を無視し
「タドコロ様お助けくださいタドコロ様!!」と叫んだ。
叫んだと言っても頭の中でだ。
現実では助けを呼ぶ声も出せない状況、きっとこれは私の頭の中で幻覚を見てるんだと思い私は必死にタドコロ様へお願いして幻覚の中で目を閉じた。
すると願いが聞き届けられたのか、目を開くと現実に戻りタドコロ様も金色の光も周りの声も無くただの実家のトイレだった。
さらに息が荒くなり猛烈な痛みとともに下から緑の下痢が出て嫌な脂汗が引きあれだけ熱かった体温が急激に下がるのを感じた。
寒くなった私はトイレから出て汗まみれのパジャマを着替え熱を測ると微熱になっていた。
あまりの出来事にネットでタドコロ様の事を調べたり姉に話したが妹が余計おかしくなったかと心配させてしまった。
もしかしてお願いしてはいけなかったのではないか?何か失ったのではたいかと心配になったがなにも起こらなかった。
あの腹痛の痛みより痛かった出産の痛みの時にはタドコロ様は現れてくれなかった。
第二子を妊娠して久々に思い出したので書いてみました。
きっと次も辛い状況の時何かを失っても私の中に来てくれたのならお願いしてしまうだろうなと思う。
思い出すたび救ってもらったって気持ちが強すぎるなと感じる信仰心なのだろうか?
タドコロ様が何処かにに祀られてる神様とかならお礼を言いに行きたいなとずっと思ってるけど検索しても出てこないし、きっと私の妄想や幻覚だったんだのかもしれない。
でもあの金色の神々しい光が今でも鮮明に思い出せる。

363 ゆったん :2018/11/20(火) 02:03:25 ID:???0
せっかくなので自分の中でモヤモヤしている不思議体験を書ききってしまおうと思う。
自分の記憶が産まれる前の事を覚えているものがある。
後記憶の時系列?がおかしくなってる所があるので書いていきたい。
私は昭和64年産まれなのだがその記憶は調べたら60年頃に起きたある事件のニュースを見てる記憶。
小学校高学年確か5年くらいの時、私は事件や事故のニュースが好きでよく見ていた。
ジュースにパラコートって言う農薬が混ぜられ自販機に置かれていて飲んだ人が死ぬって事件をよく報道していて、何でこんなにテレビで飲んじゃダメってやってるのにみんな飲んじゃうんだろうって不思議に思ってた。
親に「自販機にジュース置いてあっても飲んじゃダメよ」って言われたり
友達か誰かと「自販機にあったらジュース飲みたいよね」って会話したのを覚えてる。
それが自分が産まれる前の事件だってついこの間気がついた。
この間ってか2、3日前なんだけど。
今でも事件や事故のニュースが好きで検索したりしててパラコート混入事件のまとめを懐かしいなぁーと読んでいた時にふと60年って出てきてあれって?ってなった。
もしかして昔のニュースとかを私が小5位の時に再放送とかしてたのかなって思ったけど連日報道するような事はないよなと思った。
どういう事なのか全然分からない。

次に時系列がおかしくなった話。
またニュースの話なのだが911。
確か起きたのが私が中二の2月20何日かだった。
まぁ現実には中二の9月11日なんだけどさ。
2月の20何日寒い日で曇り午後の授業を理科の実験室で2時頃受けてたんだけどニュースで大変だって先生がテレビつけたんだよね、そしたら飛行機が突っ込む映像だった。
テレビで何度も何度も同じ映像が流れ二機目が突っ込んだってなって、クラス中ヤバいヤバいみたいな騒ぎになって女の子だと怖がって泣く子もいた。
それでその話が何日も話題になってたって記憶なんだけど実際日にちは911なんだよね。
事件や事故のニュース毎日見てたはずなのに9月11日の頃気付かないのはおかしい、
何故2月に起こった事だと記憶しているのか自分がおかしいのかと不安になる。

次に実家のガスコンロの話。
ほんと周りの人からしたらどうでも良い話なんだけど自分の中でモヤモヤが止まらない。
27の時第一子を産んで半年くらいしてアパートが手狭になったから引っ越しする事になった。
そこはIHだったんだけど次の所はガスに変わるのでガスコンロを買った。
中古屋で安さで選んで買ったんだけど、家に帰ってよく見たら昔実家で使っていたのと同じだった。
旦那に「これうちで昔使ってたのと一緒だー」って喜んで報告した。
うちの実家のガスコンロは長く使ってたせいか火の付きが悪くて何回も押してってしなきゃいけなくて2年前くらいに買い替えたんだよね。
白くて前のより少し高さがあって、前のは押すと着くタイプだったけどそれは回すタイプだった。
刺繍にありそうなお花と草のシンプルな模様が少しポイントに入ってて可愛いやつなんだよ。
お母さんに「可愛いし高かったんじゃない?」って聞いたら「他のと比べてもそんな高くなかったわよ」って話した思い出がある。
引っ越ししてから実家に帰った時「今使ってるガスコンロが昔実家で使ってたやつと同じで使いやすいでも今の白いの可愛いよね」って話を振ると変な顔された。
「白いのって?誰かの家のと勘違いしてない?」って
キッチンにガスコンロ見に行くと前使ってたはずのガスコンロがあった。
お母さんに「前にガスコンロ変えたよね?」って聞いても変えて無いって。
半年前里帰り出産した時2ヶ月ほどお世話になったのだがその時は白いガスコンロだった。
家に帰り旦那に白いのじゃなくて同じガスコンロだったって話したけど君の勘違いじゃないって言われて終わった。

やはり私が少しおかしいのかもしれないと思うしか無いのだろうか。

364 ゆったん :2018/11/20(火) 03:09:30 ID:???0
昔からたまに幻覚のような物を見ていたふと見た時に黒い影とか体育座りしたジャージの人とかそんなん。
よく見たのは18、20くらいの時の「足」なんだけどふくらはぎまでいかないくらいの両足が自分の3、4歩左前に立ってる。
たまにバリバリがついた青い靴履いてたけど基本裸足だった。
足の感じからして男性と男児。

ハッキリ霊を見た日。
高校一年の頃親が口うるさくて嫌で嫌で仕方なかった。
その時の彼氏は年上で車持っててドライブがてら街から少し離れた大きい公園まで行ったんだよね。
別に心霊スポットでもなくよく小さい頃から来てた大きい滑り台がある公園。
けっこう広い施設で温水プールや野球や陸上、テニス、卓球ができる所があったりコイやアヒルがいる池がある。
田舎にある施設だからほんと広くて中に山があるっていうか山と繋がってて散歩コースになってるほんと1日遊べるような公園。
散歩しつつ遊具で遊んだりイチャイチャしてたんだけどそろそろ車に戻ろっかってなった。
広い公園だからさ奥に行くと入り口に戻るの大変なんだよね。
でもその時けっこうぐるっと回って来てたたからこのまま進めば入り口近辺に着くんじゃない?って事で山の中のコース歩いて行く事にしたんだ。
カサカサ葉っぱ鳴らしながら木のちょっとした階段を登って坂を歩いてってしながら頂上まできて、頂上って言っても高めの丘くらい低いんだけどね。
そっから降りる方をみたら池に繋がるけっこう急な木の階段が見えて池の上の橋が入り口だから2人で繋がってたねってはしゃいでたよ。
階段まで行くのに坂を下っててさ山の中だし街灯なんてなくて月明かりとケータイのライトが頼りだった。
そしたら彼があれ何?って言うから振り向いたんだよ。
そしたら頂上に人らしき影があってさ、ビビって誰?とか大きい声で言ったんだけど向こうは微動だにしないのね。
てか今まで公園に2人っきりだと思ってたし夜中2時に人がいるなんて思えないじゃん?ホームレスとかいるような地域でもないし。
しかもうちらがいた頂上のちょい脇なんだけどけっこう急なんだよねしかも枯葉いっぱいなのに近付いてくる音もしなかったし、ずっと潜んでたなら近く通った時気付くはず。
返事もしないしえっあの人何なのって2人でパニックになってたんだけど、その時気付いたんだよね異様に黒いって。
看板や影かと思ったけど影が本体だったんだと思う、月明かりで周りの木や草の感じは分かるのにその人だけがっしりしたおっさんって感じの人の形で真っ黒一切の光の反射もない深い黒。
ケータイのライト向けて誰?と何してんの?とか彼が話かけてたけどもういいから早く行こうって、彼の手を引いて落ちないよう急な階段を急いで降りて駐車場まで走った。
結局追いかけてくるでもなくただただ動かずそこにいるっていう話。
結局何だったとか後日見に行くとかもなくただ怖かっただけ。
本当にそこの公園は心霊スポットでもなく今でも親子連れで賑わう所何だよね。
家族で行きたいなって思ってたら思い出した話。

365 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

366 :2018/12/01(土) 23:51:38 ID:QXPnZdFA0
誰か似たような体験している方いませんか?

小学生の頃塾帰りにお小遣いで買ったエクレアを食べるために、「グラウンド」と呼ばれている校庭みたいな公園にちょくちょく立ち寄りました。
ある時地面から灯台のような放射している光が見えて、不思議で、光の中心部に近寄ってみると光は消えます。少し離れると光が回りだす。
また近寄ると消える。中心にいるときには外側へ光は放っていません。
10分くらいでしょうかね、何度となく近寄ったり離れたり。同じ。
頭をひねり帰りました。
特にその後何の影響もありませんでしたが。

何だったのかなぁ。

367 たる :2018/12/02(日) 17:43:41 ID:dP2zAmLg0
必ず信号近づけば赤になる。徒歩、運転、バスなど関係ない。私を乗せたら必ずバスなどは遅れる

368 不思議な名無しさん :2018/12/03(月) 02:44:21 ID:u12wW9/.0
ふざけてるわけじゃないんだけど。風呂の中で魔方陣を見た。
色は濃いピンクで発光してた。壁に映っているのがちゃんと鏡にも反映されていた。びっくりして二度見したら消えたけども、全裸だったから何も出てこなくてよかったと思う。

369 不思議な名無しさん :2018/12/03(月) 22:03:24 ID:itIwMxIk0
僕は守護霊の声が聞こえます。
それが最近になって、低級霊で、騙されてたことに気がつきました。

騙して失恋させる、仕事をやめさせる、お金を浪費させる、そして自殺未遂。
低級霊は我々の想像以上に賢いです!

1年に渡る壮絶な体験を、ブログにまとめました。
「日月神示、シルバーバーチの霊訓、ヨガナンダ、宇宙人アミ」の本のように、他には中々ない貴重な情報かと思います。
https://uneki.hateblo.jp/

370 不思議な名無しさん :2018/12/05(水) 22:26:23 ID:pd5yLBnM0
文才ないんで、うまく説明できるかかわからないんですけど、
幼稚園〜小学校低学年の頃、何度か「一瞬で過ぎる夜」を体験して覚えがあります。
なんか眠れなくて、ベッドの上でソワソワしてたんですよ。
自分でも流石に落ち着きなさすぎ、と思って、いったんその場で正座したんんです。
で、わざとらしく瞬きをしようと何故か思って ギュッ、って目を閉じて、勢いよくパっと目を開けたんです。この間0.5秒くらい。
朝になってました。
姿勢は正座のまま、脚も痺れてない。
テンションも昨晩のハイテンションのまま。正直混乱して??????ってなってました。でも、直感的に自分は寝ていない、意識も飛んでない、と確信してました。
オチなくてすみません。

371 不思議な名無しさん :2018/12/05(水) 23:33:41 ID:???0
177です。まとめに載った記念に、ひとつお話でも。

嫁さんと長野へ旅行に行ったときの話。
大阪から金沢は白山比咩神社を経由し、あとは流れで新潟は新井のビジネスホテルに
宿泊するのが第1日目の行程だった。交通機関は車です。運転大好き。
富山県内で道に迷っている最中、一宮(高瀬神社)を発見してお参りしたり、ヒスイ
海岸で大学生数人の波打ち際根性試しを見て、遠い自分の青春時代を思い出して嫁に
笑われたり。R8沿いの酒屋兼コンビニで豊富なワンカップ酒をみて、ああ新潟県に入った
んだなぁと感慨深く思ったり。そういやそこで山崎製パンの屋台が出ていて、ワッフルを
500円以上買えば白いお皿をプレゼントのところが、寒いしもう1パック買ってくれたらお皿
人数分つけるよという話に乗って2パック買ったら皿10枚近くくれたのが嬉しかった。人数分
超えとるやん。
・・・って本題はいつ始まるんやw

さて、皿は貰ったし宿に急ぐか。
もう日はとっぷりと暮れている。
ヘッドライトに光る波の色は、瀬戸内とは違い鉛の色のようで、それが怖く美しい。
集落はあるものの人気は無い。何だか寂しくなって二人とも口数が減る。ようやく大
きな集落に入り、夕食の仕入れにスーパーへ。刺身が食いたい。
買い物を済ませ、再びR8を直江津へ。海岸沿いに広い道だ。バイパスだろうか。走り
易いが結構信号に引っかかる。
信号待ちでふと、嫁さんがJRの駅ってここを曲がるのよね、と話しかける。
それに答えるつもりが、突然思っても見なかった言葉が私の口をつく。
「ここまで火が来るんだよな」

車内は沈黙が続き、音楽だけが鳴り響く。
信号が青に変わる。
何事も無く、車を目的地に進めていく。
嫁さんは何か言いたげだったが、すぐに話題を変えて話し始めた。


その年の暮れ、TVで、あるいはwebで惨状を見たあと、寝床のベッドで嫁さんが問う。
何を見たの、と言われてもな、むにゃむにゃと唸るしかない。
なんせ眠いのだから仕方が無い。足を伸ばすと眠りに落ちそうだ。

「阪神大震災と一緒だよ。それは頭の中でイメージとして見えてしまう。こちらの都合と
関係なく。もうどうしようもないじゃないか、いろんな意味で」

372 不思議な名無しさん :2018/12/08(土) 15:25:00 ID:zNS.g.qg0
関西のあるアパートにいた子供の頃
台所にいると、時々目の端に黒い動く影を見ました。
そちらを見ると誰もいません。
その頃の自分はご飯があまり食べられず拒食症みたいになってましたし、初めて金縛りの体験をしたり、両親は怪我や事故に遭い、近所や学校の人間関係もあまり良くありませんでした。
数年後、引っ越した後で母から「あのアパート、地鎮祭しないで建ててたんだって。」という事を聞いて驚きました。そのせいで色々あったのかどうかわかりませんが。
地名が〇〇池といって、元池があったのを埋めて
アパートを建てたので、どうりで湿気っぽく
母いわく、床下に水が貯まっていたそうです。

373 不思議な名無しさん :2018/12/21(金) 18:01:40 ID:xKHK1JF60
エレベーターで屋上に連れてかれた話って需要あります?

374 不思議な名無しさん :2018/12/22(土) 11:09:18 ID:???0
>>373
щ(゚Д゚щ)カモーン

375 不思議な名無しさん :2018/12/22(土) 13:56:00 ID:qphAnxkA0
373です

4,5年前、神奈川のとある駅前のスーパーで働いていました。古い建物で昔から「○階のトイレは出る」とか「○階の倉庫で変なことがあった」とかいう話はよく聞きました。

この店の従業員用エレベーターは地下から屋上まで合計8階まであります。
B1のボタンが左下、右に1、B1の上に2、1の上に3という感じで左が偶数列とB1、右が奇数列とRといった感じです。

地下は使われておらずB1を押すと「その階へは止まりません」という声が流れて行くことはできません。

この職場は長いので乗ったと同時に左手で2を押し、乗り込みながら「閉じるボタン」を押すのが一連の流れになっていました。

その日も一階で商品を取りエレベーターに乗ったときです。いつも通り「2」と「閉じる」を押して乗りました。するとエレベーターから「その階へは止まりません」という案内が流れます。「間違ってB1押したかな?」と思い再度「2」を押します。このタイミングで扉は閉まりきります。すると止まらない案内が流れます。

「これはヤバイな」と思いながらももう一度「2」を押しましたが依然止まらない案内が流れます。「開く」を押しても開かず、閉じるを押しても変わらず「1」を押しても「2」を押しても止まらない案内…。
大昔ですが屋上から飛び降り自殺をした人がいるという話を思い出し「屋上には行きたくないな…」とか考えながらも「これはきっとヤバいやつだろうな…」と思い上の階のボタンを押して開くところで降りようと考えました。

「1」と「2」はダメだったので「3」から上を試します。

「3」…「その階へは止まりません」
「4」…「その階へは止まりません」
「5」…「その階へは止まりません」
「6」…「その階へは止まりません」

もう屋上以外のボタンはダメです。
大きくため息をして、覚悟を決め「R」を押しました。
するとエレベーターは動きだし自分を屋上へと届けようとします。

だんだんと階が2,3,4,5,6と上がっていき屋上へと近づいていきます。
私は稲川淳二ではありませんが「いやだなぁ…怖いなぁ…」とか「開いたら何がいるのかなぁ…これは絶対なんかいるよなぁ」なんて思いながら到着を待ちました。

そして屋上へ到着し扉が開きます。私はすぐ閉められるよう「閉じる」ボタンに指をかけて身構えました。
そしてついに扉が開き屋上の屋外へ続く扉のある空間が開きました。

扉の前には何もいません。
少し降りて辺りを確認して見ましたが何もいません。私はバイキング小峠よろしく「なんだよ!!」と叫んで「閉じる」を押し「2」を押しました。そのまま下がっていきエレベーターは通常運転になりました。
今ではこの話は心霊が苦手な従業員に向けて積極的に話すことにしています。

これといったオチもなく申し訳ありません。

376 不思議な名無しさん :2018/12/24(月) 17:49:45 ID:AK2Rhxp20
需要あるかわからんが適当に書いてみる。

一年前の夏休みかな。埼玉のある有名な鉄道の博物館(隠せてないか笑)に行った時のお話。
元々、前回行った時真っ赤なラインみたいなのが記念写真に入ったりしていたから、私は流石に気が進まなかったが、友人に強く誘われたのと、まあ、もう大丈夫だろうと今考えたら訳の分からない妙な自信があったのもあり、大して考えずに向かった。友人は俗に言う鉄オタであったから、行く途中の道案内は良かったし、昼食を食うまでは何もなく進んだ。本当に、楽しい旅行だったと思う。諸々お土産を購入して、適当に列車の中に入ったりして物見遊山していたら、ふと、私の隣を、何かが走っていった気がした。
これはまずいかな、と思い、友人にはあれこれ理由をつけ、少し早めに切り上げて帰宅開始。
正直家に着くまでに何かあったら怖いし、気が気じゃなかった。けれど、大したことはなく、駅から出て友人と別れ、バスに乗って帰宅。
風呂にはいって寝ようと思って風呂場のドアを開けたら、「ふふっ」っていう子供笑い声が耳元でした。それはそれは、楽しそうな声が。
けれど、まさか生きてる人間のそれじゃない。
第一、子供は居ないし、そうでなくとも耳に口付けて話しているくらい近い。
あ、やらかした、と確信した私は、風呂は明日の朝入ろうと決めて、早いところ寝てしまおうと思って、布団に入った。疲れもあるから簡単に寝付いた私は、逃げ切ったと安心していた。
暫くして、ふと目が覚めた。
時間は夜1時くらい。まだ起きるには早すぎる。
もう一度寝ようとした時、違和感を感じた。
もぞ、と、私の下腹部の辺りに顔を埋めているような感触がある。そして、それは顔を左右に振りながら、顔を擦りつけている。
想像を絶する気持ち悪さだった。
慌てて振り払おうと身体を起こそうとしたが、動けない。重い何かに潰されているみたいな感覚だった。声を出そうにも、ひゅう、ひゅう、と、変な息の漏れる音しかしない。
焦ってパニックになりながらも、その間ずっと、顔を擦りつけられているのは終わらない。
私は心身ともに限界に達したのか、生まれて初めて、気を失った。
そして、朝が来た。
私を起こしたのは子鳥のさえずりとかポエミーなものではなく、起こしに来た母の金切り声。
何せ、シーツが剥がされ、部屋中まるででかい地震があったみたいに散らかり放題。
只事じゃないと察したのか、私にすぐ部屋から離れるように言って、片付けをしていた。
空き巣か何かと思いそうなものなんだが、母は警察に通報したりはせず、どうしたのかを私に聞いた。分からない、分からない、と、私は連呼するしかできない。まさか、子供みたいのが入り込んでる、とか言ったら警察より先に病院に送らレかねない。が、どうしたの、何があったの、と母は聞くのをやめない。どうしたの、分からない、どうしたの、分からない。この押し問答。
良く考えたら、不自然だ。
余りに何度も聞いてくる。
白状しようか、と思ったが、違和感から、私は答えを濁した。分からない。前のように、どうしたの、分からない。の問答が来る筈だった。
けれど、母からかけられた言葉は。

本当はわかってんだろ?

野太い、男の声だった。
あそこに展示された列車で何があったのかは、私には分からない。

377 不思議な名無し :2019/01/10(木) 08:39:44 ID:Wt5awhbo0
不思議ネットさんのまとめ記事で「山神様に小突き回された」って話しを読んで、かなりびびったので俺の経験を書いとく。
真面目な話し、山神様というかあれは山精の一種なんだ。

この掲示板に来る人は、不思議な話しが好きだろうから、恐らく読んだり聞いたことがあると思う。
夜中に山から「あーーーーそーーーーぼーーーー」って言いながら、すごい勢いでダッシュで駈け下りて来る存在について何かしら読んだり聞いたことが思う。初耳だったら、ちょっとでもいいから覚えておいてくれるとすごく助かる!

結論から言うと、こいつは冗談抜きで強い!外見はそれこそ、5、6才くらいの見た目で俺が見た奴は黄土色の着物を着ていた。
そいつが本気で怒って蹴ったら、余裕でガードレールが凹む程度に強い。実際に凹んだ。
そもそもが、山に属する存在でベースが俺等よりでかいってのもある。山が自然発生で誕生させてしまう山精だから、基本的に強い。山そのものvs人間だと考えて差し支えない。つまり、こいつにとっての"遊ぶ=俺等に突然ふりかかる軽率な死”でほぼ間違い無い。
山精の一種で山のオプション的存在だから、全国各地に存在する。なぜなら、山があるから!里山くらいの大きさだといないんだけど、ある程度の高さがある山には存在してるよ。
で、こいつに狙われやすい存在がいる。まず、女性より男性が狙われやすい。オーラの色が単純で(大抵の人は、ベースに1色とあと2色くらいのオーラを発している、本当に単純な奴は一色か二色だけ。)黄色のオーラを発している男ほど見えやすい、というか狙われやすいし姿を向こうから見せてくる。女性で、ビカーって黄色い単色のオーラを放つ人は、あんまりいないからって事もある。
なんで黄色のオーラを出してる奴が狙われ安いかと言えば、黄色のオーラをビカーっと放っている人は面白い事が大好きだし、大抵ノリがいい。自分のやりたい事しかしない感じの人間。仕事も本当に自分がやりたい事を選ぶ奴が大体そう。
俺は、幽霊とかわりと見える方で、山とか虫とかが喋る言葉が分かったりする時がある。体調にも波があるように、霊能力も一定じゃ無くて波がある。俺が本当に調子がいい時や、相手が必死だったりすると聞こえるって感じなんだ。
古事記に、下界の生き物たちが好き勝手に喋っていたシーンがあると思うんだけど。実際に案山子とか蛙が喋ってる場面ね。あんな感じじゃないけど、山は毎日おうおうみたいなエネルギーの塊系?言語で喋ってるんだよ。なんて言ってるのか、俺にはさっぱり解らないんだけど。日中はずっと山は喋っていて、夜になると寝ちゃうらしく静かになる。
続きます。

378 不思議な名無し :2019/01/10(木) 08:40:26 ID:Wt5awhbo0
続きです。
すると、山精は例によって「あーーーーそーーーーぼーーーー」って言いながら、すごい勢いでダッシュで駈け下りて来るって訳だ。山が山精にとってはご主人様だから、日中は山中にある神社とか山の中にいたり、山の際にある道に立ってたりする。山そのものから、離れたりはしないんだ。
だからそれが解放されるのは、山が寝ちゃった後。つまり夜中に、嬉々として降りてくる。
で、俺の友人はオーラが純色イエローでビカーッと光ってる奴なんだけど、こいつが夜中に散歩してたら、例の山精が後ろをついてきて、しきりに遊ぼうと言ってきた。普段から、友人は山精に狙われていたらしく、夜中、部屋に居たら窓の外からすごい早さで「あーーーーそーーーーぼーーーー」って言いながら通り過ぎて行く何者かがいることに気づいていた。
友人は昔、オーラが見えていて、今は見えなくなったけど時々、何かを感じる系。なので、常々この遊びに誘ってくる奴はヤバイと感じていたらしい。尋常じゃない早さで駆け回る時点で、ヤバイと思っていたらしく、ガン無視して行こうとしたら突然、山精がガードレールを蹴った。中々、遊んでくれないから痺れを切らしたんだと思う。ガンッとかなりいい音がして、ガードレールはものの見事に凹んで歪んだ。
それを見た友人は、やっぱりヤバイ奴だったと認識を新たにして、結局その場所から引越していったよ。俺や友人は山精はどんなに見た目が小さくても、ベースが山だから強いし、ヤバイと認識してたからこいつと遊ぶ奴なんていないだろうと思ってたんだ。
そしたら、「山神様に小突き回された」体験を読んで、本当に遊んじゃう奴がいるんだって知って驚いて、思わず書き込んだって訳。そうだよな、大人が説明してくれなくて、見えなかったり事前の考察とかが無けりゃ、予防もしようが無いもんな。懐かしい格好してる小さい子って感じだし。読んでて、小突き回してる時点で、山精としては充分、力をセーブしてるつもりなんだろうけど、やっぱり俺等にとっては"遊ぶ=死"だと思ったわ。
何より、この体験を書いた奴が無事で本当に良かった!あのまま遊んでたら、ふとした弾みで死んでいてもおかしくなかったから。

じゃ、これで俺の話しはおしまい!皆も山に近い場所で夜出歩く時は気をつけてな!高い山ほど、山精も背が高くて強い奴が出るらしいから、ほどほどにな!

379 不思議な名無し :2019/01/11(金) 02:20:40 ID:R2gbgWfE0
オチもないし怖くもないが
15年前に友人と富士山にドライブに行った時の話。
その友人、なんか富士山と相性が悪いらしく、
行くと必ず小さな不幸が起こるらしい
例えば車のタイヤの空気が1本だけ抜けたり(穴も開いてないし原因不明)
動物のうんこ踏んだり、急な腹痛に襲われたりと、
今回も何か起こるのかな、なんて話してました。
命には関わらないけど、地味に嫌な不幸。

その日は特に何も起こらず無事に富士山の5合目に到着。
いい天気だったから、5合目から片道30分位の小富士に抜ける遊歩道を散歩することになったんだ。
遊歩道はうっそうとした森で、夏だけどひんやりしていた。
予定通り30分ほどで小富士の山頂に到着して、絶景を眺めていたら友人が
「そういえば、ずいぶん前に小富士に来たとき、トイレ我慢できなくて立ちションした事があった」
ととんでもない事を思い出した。
とりあえず、謝っておこうと小富士山頂の祠(?)にごめんなさいしたら
立っていられないくらいの突風が吹いて2人して倒れた。
俺とばっちり
帰りも森の中の遊歩道を通るんだけど、なぜかものすごい視線を感じる。
嫌な感じの視線ではないんだが、ちょっと気味が悪かった。
30m位先に50歳くらいの夫婦が歩いてたから、あまり離れないように無言で歩いてたんだ
無心で足を進めて、気が付くと5合目に戻っていた。
前を歩いていたはずの夫婦はどこにもいないし、
時計を見ると小富士を出発してから10分しか経っていない。
なにより行きには通ったはずの小川や、大きな倒木があった場所を通っていない。
完全にワープした。
この日家に帰るまで、友人に小さな不幸は一切起こらず。
今までの不幸は絶対立ちションが原因
富士山には神様的なものがいるんだなあ、
と見えないものを信じるきっかけになった体験でした。

380 不思議な名無しさん :2019/01/13(日) 23:48:28 ID:???0
177です。寒い時期にちょっとだけ寒い話でも。

大阪府守口市にそのマンションは在る。
嫁さんがマンション近くのとある会社で派遣社員として働いていたときのことだ。同じく派遣社員として彼女はやってきた。
嫁さんと馬が合ったのだろうか、すぐに打ち解けて仲良く仕事をしていたのだが、急に結婚が決まったので、短い間では
あるが退職(契約終了)することになってしまった。
あと勤務が数日という昼休みにちょっとランチに、といって会社近くの喫茶店にて話をしたことから始まる。なお、彼女は
前職が不動産関係。

彼女がのたまう。あのマンションは嫌なのよね、と。問わず語りに、あのマンション角部屋はしょっちゅう人が変わるのよ。
んでお客様の案内に絶対といって良いほど女性社員は付かさないのだ、と。
黙って嫁さんは聞いていた。彼女の話の流れが途切れたら口を出そうと決めていた、という。

その時がやってきた。
「出るんでしょう」
「出るのよね」

ハモった。

彼女はびっくりして、でも小声で何で知っているの、と真顔で聞く。嫁さんは私から聞いたことを告げると、結構有名なのかし
らねとため息をついた。嫁さんは畳み掛けるように彼女に問う。
・・・その角部屋でくつろいでいると、窓の外に何かが通った気がする。鳥かなと最初は思うらしい。ある日窓の外を見ていると
人が落ちていくのが見える。しかも、目が合うらしい。ホントなの?

彼女曰く、空室になっているその部屋にお客さんを案内していた女性社員がそれを見てしまい、パニックになって以来男性
社員が案内することになったとのこと。中古とはいえ角部屋でそこそこ広くて1000万円で買える物件なんておかしいに決まっ
ているよねと笑いながら彼女は言った。目は笑ってなかったそうだ。

381 不思議な名無しさん :2019/01/18(金) 14:10:32 ID:aEt79l0I0
「負の場所」
負の場所ってあると思います。例えば繁華街でもどんな飲食店が入っても長続きせず
店がコロコロ変わるという場所。
これは4年前に体験した今もトラウマになった「負の場所」を発見した話です。
当時、私は自転車で会社まで通勤していました。職場が朝凄く早い時間から
スタートするので朝の4時には自転車で通勤という毎日を送っていました。
朝の4時頃は、まだ暗く通勤ルートの国道沿いは車もほとんど通りません。
この国道は、両脇に歩道があり街路樹が点々と並んでいますが、
通勤ルートの途中で坂があります。この坂の頂上より7分目位の所が
「負の場所」です。この7分目位の所では、何故か良くゴミが捨てられていたり
対面どおしの車の事故があったり、猫が轢かれていたりして、
猫の死体も必ずこの7分目でいつもここを通る時は、恐る恐る通る毎日でした。
そんな、冬のある早朝に、この7分目の坂の街路樹の横に自転車が放置していて
私は「何故?自転車」と自転車を見ると新しく鍵もかかっていない・・・。
「ん?変だ」と何気なく街路樹の上を見て見ると・・・
そこに見えたのは、人の足が二つ風に揺られてブラブラと右に左に動く様。
慌てた私は絶叫し、即座に自転車から降りて警察にその場で電話しました。
警察がやってきて、事情聴取があり朝日が登ってようやく明るくなった
その時、ようやく気が付いたのです。
ここが何故「負の場所なのか?」を・・・。
いつも自転車でただ坂に登っていたから気が付かなかったのですが
この7分目から道路渡って右を見ると、その道路向こうの壁と壁の間に
隙間があり、そこから頂上から決して見えない無数の墓地がありました。
「霊道」というものがあると聞きますが、この坂の7分目は
まさにこの「霊道」で、だから「負の場所」だったのではと思います。
ちなみに、その場所で亡くなられた方は30歳の男性だったらしいです。
何故この場所を選んだのか?やはり「負の場所」に呼ばれたのかは不明
ですが、未だにあの光景はトラウマです。

382 さぬき :2019/01/20(日) 14:39:23 ID:???0
途中参加失礼します。さぬきと申します。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板