したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ジャンル問わず不思議体験を教えてください

1 不思議な名無しさん :2017/08/19(土) 17:35:17 ID:9ToQuI4U0
オカルトと言っても神仏・妖怪・心霊・宇宙人など様々なジャンルがあります。
ジャンル問わず皆さんの体験を是非教えてください!
怖くない、オチがない、というような不思議な体験をされたことがある方でも、是非お願いします!
(掲示板初心者のため不自然なところや失礼がありましたら申し訳ありません。ご教授お願いします)

僭越ながら、始めに私の曽祖父と大伯母の体験を書きたいと思います。

300 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

301 不思議な名無しさん :2018/05/13(日) 13:01:45
これをどういう現象と言えばいいのか分からないから、誰か教えて欲しいんだけど。
数年前病気をして緊急入院をしたんだよ。そのさらに数年前から度々体調を崩すことがあったけど、うちの家族は自分が一番大事でこちらの方は何でも「食い過ぎ」「寝不足」「気のせい」で済ますから自分も訴えることはあまりしなかったのが悪かったのかな。
急性膵炎で死ぬ直前で入院した。
緊急だったから仕事のお休みとか振替の連絡も自分では難しくて、処置の前にメモに仕事先の名前と連絡先を書いて家族に渡したんだ。
で、人の体調気にしない家族は、自分たちがその仕事のおかげで暮らせてるというのに仕事にも無頓着だから、すぐに連絡しなかった。
二日分は「こなかったら電話してくる」と放ったらかし。自分のスマホに家電が転送になってるから、連絡きても家族が対応できるわけないのに。
それで自分の仕事ってまぁ坊主なんだけど、月参りって毎日毎日あるわけ。それを休むとか繰り延べとかって本当申し訳ないことなんだけど、家族は放ったらかしたわけね。
自分は結構ひどい状態だったらしく、緊急処置後も丸一日眠らされてた。
その時に麻酔の影響だと思うけど、月参りに行ってる夢を見たんだよね。門徒さんと挨拶もして、お茶もいただいて、って。その日と次の日で15件かな、お参りが。10件くらい回ってたわ。
で目が覚めてからのことなんだけど、ふとスマホ見たら門徒さんから着信があって、今日のお参りどうなってますか?って留守電。そこで自分は家族が連絡してないことを知った。
連絡なかったからいいだろう、と平気な顔してるから、すぐ家電が転送になってること話したら蒼白で慌てて電話。曰く、住職が倒れて気が回らなくてーみたいなごまかしをしてた。
そしたら数件の門徒さんが、今日ちゃんとお参りしていただきましたけど、と言ったらしい。
お参りに行ったのは自分の幽体?それとも生き霊?
どっちだと思う?

302 And :2018/05/14(月) 00:41:43
スピリチュアルで私に起こったことですが、仕事のことでかなり追い詰められていたときに、東京都港区のマンションの10階に住んでいたのですが、冬だったのに毎日毎日違うてんとう虫が部屋の中に来て驚いていたところ、突然あるてんとう虫が私に話しだしてきて、「仕事に関して今すぐできることを10個リストアップして今日から行うこと」「協力してくれそうな人10人にすぐ会いにいくこと」と言い出して、私がいくつかてんとう虫に質問したら、「私たちは神様のメッセンジャーなだけなので、質問には応えられません」と言ってきました。実際すぐ言われた通りの行動をしたら、信じられない程に最高の仕事がすぐ決まって、てんとう虫に助けてもらいました!
 あと一つ、道で野良の黒猫が突然草むらから私の前を通せんぼし、ギャーギャー私になきだして、「今からデートで会う男は実は結婚してるから行っちゃダメー‼」と黒猫が私に怒って言ってきて、案の定本当に既婚者で、危険を避けられたこともあります。

303 不思議な名無しさん :2018/05/14(月) 22:01:56
>>301
ろくな家族じゃねーな

304 不思議な名無しさん :2018/05/15(火) 23:47:08
>>303
まぁ、外で働いてる人間の、家で働いてる人間や自営業に対する態度なんて、こんなもんだ。家業手伝いと家事手伝いの区別もつかない公務員いるし。
言葉や態度にしなくても、社会に出て働いてる人間は、人は助け助けられて生活出来てるなんて思わない。全部自分のおかげ。家にいる人間は仕事してるうちに入らない。自分のおかげでみんな生きてるって考えの社会人は、相当数いるよ(笑)

305 不思議な名無しさん :2018/05/17(木) 15:59:48
リコー鳥取工場に電話をかけても
スキャンダルの隠蔽を図り、責任問題を恐れるリコーは一方的に切るし
直接行っても追い返される。

そこで鳥取市民の行事、砂丘のゴミ拾いに参加しているリコー社員に話かけよう と
砂丘に行ったら、リコーグループは「話しかけられて責任を追及されては困る」
と”RICOH”の旗を立てず、宣伝着もかぶらず
事実上砂丘ゴミ拾い行事の参加を取り止め
誰がリコー社員かわからず話ができなかったww

鳥取砂丘の珍事
http://2style.net/rootk/sakyuhata.html

306 不思議な名無しさん :2018/05/17(木) 19:53:28
僕の「リコー鳥取工場の社員(約500人)か、リコーと話し合いがしたい」
という要望を誰に相談しても、関わりを恐れ引き受けてくれなかった。
弁護士も引き受けてくれない。

しかし、鳥取の超越権力者、次期総理大臣候補I破先生の事務所に相談したら
リコーと仲裁して頂けたが・・・・

次期総理大臣の事務所の仲裁をながしろにするリコー
http://www.geocities.jp/kofaxko/ishinioo01.htm


I破先生が総理大臣に就任したら、土下座して仲裁を頼もうと思っているが
しかし総理大臣に頼まなけれならないような問題だろうか?

307 不思議な名無しさん :2018/05/18(金) 01:46:36
このコピペついにここまで来たのか…
ここは5chオカルト板じゃないんだぞ

308 不思議な名無しさん :2018/05/19(土) 08:04:14
https://youtu.be/pvpapIJwsR4

これほんまもんかな?

309 不思議な名無しさん :2018/05/19(土) 17:28:25
怖かった体験
真夜中人っ子一人いない住宅地を歩いてる時に、前の方から「うううううぅううううぅうー」って唸りながら、ちっさい自転車に乗ったおっさんが走ってきたのは怖かった。
変質者なのか、幽霊なのか分からないけど凄い怖かった。


学生時代先輩に誘われて家の解体のバイトしてた頃あった話。
その日の解体する家は町からの依頼で、長く人の住んでなくて老朽化が進んでるから壊してくれっていう依頼だったって聞いてた。
もう何年も住んでないのは見てすぐわかったけど布団とか調味料とか生活環がそのままで凄い不気味だった。
そういう家は少なくなくて、夜逃げだったりだとか身寄りのない人が住んでたとか理由は色々あるけど別に珍しい事でもないらしい。
早速布団とかタンス、畳とか蛍光灯とかを分別してたんだけど、先輩が畳の下から煎餅とかお菓子が入ってるような40cm四方の箱を見つけた。
これも別に珍しい事じゃいらしく、極々稀だけど貴金属とかお金が同じような感じで発見される事もあるらしい。
普通そういうのを発見した場合、監督に報告して書類にまとめて〜っていう手順を踏まないといけないんだけど、報告せずにそのまま懐に入れる人も少なくないって先輩に笑いながら言われた。
ガムテープで閉じられてた蓋を開けて後悔したけど、何かの動物の骨がいっぱい出てきた。骨の大きさから小動物だとは思うけどかなり気味が悪い。
先輩は「見なかった事にして不燃物のところに置いておく」っていってそのまま作業継続。自分は心底ビビリつつ作業を進めてると、
別の作業員も同じような箱を発見したらしい。自分たちも同じようなものを発見して中開けたら骨が入ってたって伝えても冗談としか思ってもらえず作業員が箱開けた。
骨は入ってなかったけど髪の毛の束がいっぱい出てきた。もうその後は無駄口一切叩かずに黙々と作業続けて何事もなく終了。

文章にしてみるとそんなに怖くないけど、今まで怖かった話の2TOP

310 不思議な名無しさん :2018/05/25(金) 00:00:23
変態幽霊?淫魔?の金縛りに遭ったことがある
下ネタ、レ●プ描写注意

昼寝をしてたら意識は起きてるけど、体が動かない半覚醒状態になった
たまになるその状態の時は不思議なことに遭遇しやすい

そうしたらすぐにららグッと体に何かが乗った重みがかかった
そしてハァハァと息遣いが聞こえた

そいつは私の身体を弄り始めて、私はゾッとした
動かない身体を好き勝手に触られるのは怖くて仕方なかった
必死に念仏を思い出して、心の中で唱えていたらケケケと笑い声が聞こえて、

「 効 か ね え よ 」

と耳元で囁かれた
それは中年男性の声だった

私は怖くて怖くて震えていたが、ソイツは怖がる私を嘲笑いながらやがて中に入ろうとしてきた

私は泣きながら抵抗しようとしたが、体が動かない
抵抗むなしく、ぐっと入られた………………しかし

いや、なんか入ってモゾモゾしてる感じはあるのだが、痛くもかゆくも無い、当然気持ち良くも無い

私の上に乗った幽霊はご満悦
「ははは!良いだろう?よがり狂えー」みたいな事言いながらハッスルしてる

なんかもう怖くもなんともなくなって、モゾモゾハッスルしてるアホに

「 へ た く そ 」

と心底白けた気分で言った途端、
バチィン!!!と凄い音がして、体が自由になり、幽霊は消えた
念仏よりも効果は抜群だったらしい

その後何度かそいつはやってきたが、私が抵抗しまくり罵詈雑言を投げつけてくるわ

311 不思議な名無しさん :2018/05/25(金) 00:02:41
>>310
すまん途中送信した

そいつに逢うたびに大暴れして罵詈雑言投げつけてたら、だんだん弱くなったのか最近は全く来なくなった

もうこないで欲しい

312 不思議な名無しさん :2018/05/30(水) 22:59:48
かれこれ20年ほど前の私がまだ小学生だった頃の話
少し遠回りしながら花を摘んだり探検気分で下校してた。
なんだかいつもより楽しく寄り道してぽけーっとしてたのをよく覚えてるwww
いつもと違う道から通学路に戻る道にさぁ戻るかって所で同い年位の女の子(当時小3ぐらいだった)に声をかけられた
女の子「なにしとるん?」
私「うち今から家に帰るとこやで」
女の子「ちょっとだけ遊ばん?花畑があんねんけど」
私「えっ!花畑があるん?遊ぼ遊ぼ!」
女の子「うん!いこ!」
あやふやだけれどもこんな感じで和気あいあいとしてたと思う
それで、女の子に案内をしてもらいました。
二人で手を繋いで笑いあってたと思う
少し歩いた所で女の子がほらここやで!と指さした方を見たら一面に淡い黄色の菜の花畑があった
そこからは残念ながらあまり覚えてないんだよな
でもすごく楽しかった事、女の子を大好きになった事だけは今でも覚えてる。
つぎの日その子に会いたくて花畑があった付近をうろうろしたけどあったのは子守地蔵さまを祀ってある広めの空き地だけだったっていう夢のような本当の不思議体験でしたw

313 不思議な名無しさん :2018/06/05(火) 08:10:31
忘れもしない、1月31日午前1時の深夜の話です。

翌日のイベントで出すシールを印刷して切ってラッピングしての作業をしている内に、日付が変わってしまいました。
1月30日が誕生日の私は、誕生日が終わった瞬間を迎えてしまったと思いながらせっせと徹夜で作業をしていました。
ふと、メガネの端で反射した背後に何か白いものが移動してるのを見ました。
一人暮らしで怖がりな私は作業を中断して寝るレベルの事態なのに、振り向いて何もいないことを確認しその白いものについて少し考えるくらいで終わりました。

数分後、実家の父親からメッセージが飛んできました。
そこには祖父が亡くなったということが書かれていました。
その時、「あぁ、じいちゃんが会いに来てくれたんだな」と思い優しい気持ちになりました。

幽霊=怖いイメージが強いのですが、こんなにも優しいことがあるという事を知ってもらいたいな という思いで書き込ませて頂きました。
長文失礼しました。

314 不思議な名無しさん :2018/06/12(火) 17:34:27
飲み友達の歯科医に聞いた話。
歯医者の治療って、少しづつするから時間(日数)かかり
当然、途中で来なくなる人もいる。
友達の歯医者の患者の中にも当然結構な人数で、そういう人もいるらしいが
困るのが、例えば差し歯を作り変える時に、歯型を歯科技士に渡し
いざ新しい差し歯が歯科技士から来たタイミングで来なくなる患者。
そういうのは、その人本人にしか合わないし、金貰いたいけど貰えないし
仕方ないから、そういうの棚にまとめて置いているらしい。
(未来院請求?(保険で7割払い戻しくる)できるけど、久々来た場合面倒だと言っていた。)
で、その友達の歯医者は水曜日休みにしていて、薬品や棚の整理していて
その引き取りのない差し歯が置いてある棚も清掃していたら、
ある差し歯が棚から落ちたらしい。で、名前を見たら3年位来ていない
患者のだったらしい。でもその友達「おかしいなぁ〜?」と思っていた。
それもそのはず、引き取り手がいない差し歯は奥にいき、手前は全部
今治療中の患者の差し歯ばかり。で、奥にまたしまいなおし、
その1か月後、またその棚を清掃していると、また同じ人の差し歯が落ちてきたらしい。
今度こそおかしいと思い、次の日雇っている歯科助手に聞いても動かしていない
との事。それから、半年後くらい経って、警察が身元不明の遺体があり
歯形照合している人はいないか?と聞き込みにきたらしい。
もう判るかも知れないが、その2度も落ちてきた患者の歯型で間違いなかったとの事。
不思議な話もあるもんだなぁ〜と友達の歯医者は言っていた。

315 謎追っかけ人 :2018/06/23(土) 09:13:50 ID:6ywN.66s0
このパラレルワールドの世界に来る前に、
幼い頃から一度でもだいたことのある希望全てを、この世界に来てから見つけたあるバンドのボーカルが少し形は違うが全て実現してしまっていた。

それだけでも驚くが、一番気にかかっているのはそのボーカルの顔だ。

顔が少しも似ているわけでないのにどうしてか自分のようだと直感的に思えてしまうことはある。

ライブにも何回か足は運んだが、大型ライブでは必ず何かが体に起こる。
ある歌で一時的に気分が悪くなったこともあったが、体が温かくなるという現象も起きたことがあった。

今年に入ってからは、その不思議な現象がパワーアップしていて、

ライブが始まる前心臓が大きく音を立てて、そわそわしてしまったり、
結構近い場所で参戦していて、歌をこっちも被せるように歌っていたとき、音程が重なるポイントで喉に違和感が走って咳がその後続いたり、
何かがわかりそうでわからないような感じを受けたり、頭痛がライブの間だけ続いたりと、
話の内容はそんなに明るくなかったあるMCの間だけ体が立つのが苦しくなって地面に崩れたりと、さらなるおかしな現象に見舞われていた。

316 不思議な名無しさん :2018/06/24(日) 21:00:35 ID:ge0fEpG20
聖なる運気に導くミラクルストーンプレミアム

317 みさ姉 :2018/06/28(木) 12:53:49 ID:0J2IorNgO
今朝目覚めると体が動かない金縛り成らぬ亀甲縛りに・・・ wwwwww

318 不思議な名無しさん :2018/06/29(金) 13:22:01 ID:0J2IorNgO
みさ姉 オシッコチビるくらいおもしろい!!

319 不思議な名無しさん :2018/06/30(土) 01:19:07 ID:sJ4T2wWM0
不思議というより不気味な話。
畳の上に布団を敷いてたんだけど、布団の下から髪の毛の束がでてきたこと。
(もちろん誰もそんなことはした覚えがない。)
それと、飼ってる犬の話。食欲なくなってきたので病院に駆け込み調べてもらったら、胃の中から大量の髪の毛の塊が…。
お医者さんも驚くほどで、犬は普通髪の毛も食べないし、ご飯の中に混ざっていても吐き出すと言われた。(そりゃそうだ)

次に虫の話。虫注意!
私は2度虫に寄り添って寝たことがある。
1度目はムカデ…。一階の縁側で日向ぼっこしつつうたた寝していたのだが、ふと起きると私の顔と手の間に奴がいた。
飛び起きて固まるとどこかに姿を消した…。
噛まれてなかったのが不幸中の幸い。

2番目は超でかいあいつ。
引っ越しの荷解きに疲れすぎてつい昼寝していた。
ふと起きると手のひらのなかにあいつ。
投げ飛ばしてほうきでバーンっとしたら、見事角に当たって爆発四散した。
すっげぇ怖かったゾ

320 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

321 現世界と異世界で生きる :2018/07/01(日) 00:50:57 ID:CpyAQ5.A0
不思議体験と言うものは数少ないのですが、幽体離脱似た体験は一度くらいですがその他の不思議夢体験(不思議な夢を見て金縛り状態近い体験をした時に目が覚めもう一人の自分が同じ姿勢でテーブルをはさんで寝ていた)そんな不思議な体験をしました。

322 現世界と異世界で生きる :2018/07/01(日) 01:08:24 ID:CpyAQ5.A0
不思議体験はあまりないのですが、幽体離脱に近い体験はしました。
不思議な体験としては霊的夢を見たときに目が覚めた時にテーブルをはさんで向こう側に私が寝ているの正面にもう一人の自分がいたと言う体験でした。
その他の体験としては、自殺霊(地縛霊)の人の夜遅く墓場でデートしていたときなど沢山の青年が私たちの周りに集まってきた事等々、夜中深夜誰もいない道路に若い女性が歩いていてその人の近くに近づくと誰もいなかったなど・・・
そういった体験がありましたね。
大抵は、私は夢でしかあの世らしき世界は見ることができませんが・・・

323 現世界と異世界で生きる :2018/07/01(日) 01:13:01 ID:CpyAQ5.A0
>>321二失敗して二重に投稿してしまいました。この投稿削除してください。

324 不思議な名無しさん :2018/07/07(土) 03:08:59 ID:kuXXfjNg0
神社の不思議系

ここ数ヶ月、とある神社に「呼ばれる」
急にその神社に行きたくてたまらなくなる

予定がある日でも上手いこと隙間時間で立ち寄れる設定になってる

道中、デートに向かうみたいにわくわく
到着すると必ず誰もいない 独占状態
そんでお参りすると幸せ〜って感じになる

なんだかんだで月一くらいでお呼ばれしてる
いつもありがとうございます

325 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

326 不思議の月夜見 :2018/07/08(日) 11:11:54 ID:???0
今住んでる家に引っ越してきた時の話。
今住んでる家に引っ越してきたのは小学校2年生の時なんだが…引っ越した当時黒い猫ぐらいの大きさのまっくろくろすけ(どっちかっていうと霧?みたいなの)いたんだ。最初は家に黒い猫がいたからそいつかと思ったんだが、それが出るのは扉を開ける瞬間に逃げるように去るって感じで足音もしないし、第1部屋にいるのに部屋の外に出る時に外にいたからこいつじゃないってなったんだ。
だがそれならそれでたまたま扉の影とかがそんな風に見えたのかな?って感じで済んでたんだ…だがある日いつものようにそれが出たんだがその影が逃げる際にゴミ箱にぶつかってゴミ箱がガタッて揺れたんだ。その影も一瞬止まったがそれでよく見てもやっぱり影でそもそも実体があるのに驚いていたらその影が一目散に逃げていった…それからもたまに見るがあれはなんだろうな?
初めての書き込み長文駄文失礼しました。

327 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

328 不思議な名無しさん :2018/07/11(水) 00:02:30 ID:0J2IorNgO
この話は現在進行形で

329 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

330 不思議な名無しさん :2018/07/11(水) 15:07:10 ID:C5wUVCnE0
高校生の時、不思議なものを見たことがある。
突然だけど、私はかなり目が悪くて、
本とかは顔の前に持ってくれば読めるくらい、
人の顔は2メートルも離れればよく認識出来ないくらい。

当時私は真面目系高校生だったので、
空いてる電車に乗って席に座った後は、英単語帳を開いて翌日のテスト勉強をしていた。

その時、メガネは持っていたけど、取り出すのが面倒で顔をしかめながら読んでたと思う。

それで、目的の駅の途中で、綺麗そうな女の人が乗ってきた。
(顔は見えないんです、近眼だから。でも、 背の高いスレンダーな人だった)

これを言うと歳がバレそうなんだが、ちょうど白いマキシ丈ワンピースと白い女優帽とかいうつば広帽が流行ってた時。

その美人さんはそれを、お手本みたいに着こなしてて、おお……って思った。

でも、なんか帽子が変だなって思ったんです。


よく安服屋さんに行くと、「この柄無ければ可愛いのに」とか、「なんでここに余計なファスナー付けたしw」とか思ったことないですか?


まさにあんな感じでした。なんか、変な肌色の飾りが付いてた。

331 不思議な名無しさん :2018/07/11(水) 15:14:20 ID:C5wUVCnE0


細長くて、帽子の周りをぐるっと回ってて。なんか、余計なリボンみたいな。


これさえ無けりゃ、文句無しに100点満点なんだがなぁ〜とか偉そうなことを思いました。


で、しばらく電車に揺られてたんですが、流石に目が疲れてきたので面倒だな〜と思いながら、メガネを取り出してかけました。


別にその時は何も思ってなかったと思います。


ただ、何となく顔をあげて、驚きました。


肌色のリボンって、リボンではありませんでした。


腕でした。細い腕。


なんか、大人のものほどがっしりしてない、子供の腕みたいなそんな感じ。


あまりに驚いて、視線を外して2度見した時にはもう消えてました。

もちろん、変だと思った肌色の飾りごと。


本当に手だったかどうかは、記憶が薄れてしまってあまり自信が無いのですが、あの変な飾りを見ていた事だけは間違いないと思います。

もしかして、この世のならざるものって、認識してなくてもああやってずっと存在していて、私たちはそれに対してレンズのピントが合ってないだけなんじゃないかって思わされた出来事でした。

332 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

333 不思議な名無しさん :2018/07/12(木) 21:37:39 ID:0J2IorNgO
夜 神社には行ってはいけません!!

334 不思議な名無しさん :2018/07/12(木) 23:56:28 ID:tvYTGj7o0
今日の話だけど、夜9時くらいに子供を塾に迎えに行こうと外に出たら、東北方向の空にすごい明るい光があった。オレンジ色で縦の楕円形の光が二つくっついてるみたいに見えて、光が放射状に下にだけ放たれてるのが見えた。
全然動かないから星だと思って、今時分は結構夜遅くに土星が見えるけど、あれなんて天体かな〜って思いながら車に乗ってもう一度空を見たら、ほんの数秒で東南の方向に移動してた。
ってことは飛行機か〜と思って車を走らせて、1分ほど離れたコインランドリーに、夏毛布を洗ってたから回収しようと寄った。そこはパチ屋と併設で、街灯の少ないど田舎だけどパチ屋の駐車場の照明でかなり明るい。
車降りてもう一度空を見たら、さっきのオレンジ色の楕円形一つが、不規則に直角に曲がりながら動いてて、ふっと消えた。
遠くのパチ屋のサーチライトが時々見えるけど、その動きはサーチライトじゃなかった。だいたいサーチライトは真上に見えないし。
塾で子供を拾ってその話をしたら、それはUFOだわ!って言うんだけど、今まで生きてきて一度もUFO見たことないから違うと思うんだよね。子供は半泣きになりながら(親が信用してくれないから)UFOだって言い張るんだけどさ。
2018年7月12日午後9時ごろ名古屋近郊で宇宙ステーションか人工衛星がめっちゃはっきり見えた、って証明誰かください。
じゃないと子供に、UFO見たって思われる〜。

335 不思議な名無しさん :2018/07/13(金) 10:13:43 ID:0J2IorNgO
13日の金曜日です 何かおこるのかな!?

336 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>

337 都会に出たい :2018/07/15(日) 12:00:48 ID:???0
語彙力なくてごめんなさい。
話がの内容が理解できなかったらごめんなさい。

エレベーターで違う次元に行くゲーム

あれ、本当にあるとおもんだよね。っていうか、似たような体験をしたことがある。
私の家は14階建の建物がいくつか集まってできた高層団地なんだけど、一時期1階から14階全てのボタンを押すってイタズラがはやったんだ。

確か小学2年生の頃だったかな、夏休み入る数日前に急にそれがやりたくなってやったんだけど、途中で他の人に迷惑かかると思ったんだ、でもそう思ったのはボタン押した後で、ボタンの消し方なんて知らなかった。

だから、開いたらすぐ閉める方法しか考えられなくて仕方なく14階まで扉を閉める作業をすることにしたんだ。
そして人が乗って来ることもなく5.6分ほどで14階についたんだけど、少し周りの様子がおかしかったんだ。

私がそのいたずらをしたのは学校が早く終わった1時ごろ。いくつかある建物にはそれぞれ号棟でわけられていて、私は1号棟でイタズラしてたんだけど、14階についた時なぜか7号棟の1階に着いたんだ。しかも、夕方になってた。

まわりはなんだか空気までも夕焼け色に染まってるみたいにみえた。それに、人の気配がなく、不気味だったのを覚えている。
7号棟のすぐ前には団地に住む子供達の遊び場として公園があって、喉が渇いたから水飲み場にむかったんだ。

そしたらそこでやっと人を見つけたんだけど、どっかで見たことがあった。ブランコに乗りながらこっちを見つめる同い年くらいの女の子。驚くくらいに私にそっくりだった。

そしたらその子が一緒に乗ろうよってさそってきてさ、一緒にブランコであそんだんだ。10分くらいかな、そしたら女の子が、どうやってここにきたの?ってきいてきて、私は家がすぐそこなんだって答えた。エレベーターを降りたら違う号棟にいて、喉が渇いたからここにきた、14階で降りたはずなのに降りたのは1階だったと説明した。

そしたらその子は少し怒った顔で、水飲んでないよねって言ってきた。このこに遊ぼうと誘われて飲むのを忘れてたから飲んでないって言った。

その子はすぐに家に帰れと言ってきた。寄り道しちゃダメ、みずものんじゃだめだよ。
1号棟のエレベーターしか使っちゃダメ、それと、絶対に3階で降りちゃダメと言われた

でも、私の家は1号棟の3階で3階で降りなきゃ帰れないと説明した。そしたらその子は14階で降りて、そしたら帰れると言った。

わかった、帰るよ。君は帰らないのと聞いた。どうやら人を待ってるようだった。

「君かなって思ったけど君じゃなかったみたい、もう少し待ってみるよ。バイバイ楽しかったよ!」

まるで最後のお別れみたいに悲しい顔をしてたのを覚えてる。
その子と別れたあと、言われた通り1号棟のエレベーターで14階に向かった。

そしたら目の前にお母さんがいて、学校終わったのと聞かれた。なんでお母さん14階にいるのと聞くとここは3階だよって言われて階数が書かれた壁を見る。
3階だった。しかも時間も夕方だったはずなのに、イタズラを始めて少ししか経ってなく、1時30分になっていた。

あの時はなにも思わずにお母さんに友達ができたよとか、まわりが赤くてドキドキしたとか呑気に話してたけど。
今思えば、時間空間がずれて別世界に行ってたのかなって思うんだ。神隠しってやつ!

だってあの女の子私と似てるだけじゃなくて服装まで一緒だったんだもん。
たまにあの公園からブランコを漕ぐ音が聞こえるとおもいだすんだよね。
だれをまってたのかな。

18年間お世話になったこの家から引っ越すことになったので思い出として書きました。


作り話だろと思う人はそう思っていいです。
でも、私の記憶の中には確かにこの日の出来事が残っています

338 不思議な名無しさん :2018/07/31(火) 00:54:21 ID:8CKism.E0
初めて正夢見た。

「モンスト」やってる夢で、「ある社員さん」のところに「一人」
で行って、「シングル」まわしたら「確定」出て、「かなり喜ぶ」
夢っていうかなり現実的&具体的な内容でやけに起きてからの記憶にも
いつもの夢と違って生々しく残ってた。

夢の内容を社員さんに話してそのとおりに実行。
椅子に座るっ?て聞かれたけど夢の中で座ってた感覚がなかったので
立ったままで夢のとおりにシングルで回す。
2〜3回はハズレで夢は夢だなって思ってたら4回目で「確定」の文字
から一番評価が高かった持ってないパンドラが出て、嬉しい反面
ちょっと不安になった。

それからというもの地震の夢とか見て
起きても覚えてたらちょっと不安だけど、
正夢になるならちょっと注意できるぐらいで、
なるべく気にしすぎないようにしてる。

いまだに次の正夢は見てないけど、
宝くじとか当たる夢なら絶対実行するから見れないかなぐらいで
消えない程度に心の底にそっと置いて夢とつきあってる。


非現実の存在の白黒つける気はないけど
あるかもねってぐらいには思えるようになった。

339 不思議な名無しさん :2018/08/26(日) 09:28:39 ID:VR0lK.cA0
「大島てる」の事故物件のサイトを初めて見ました。
うちのような田舎にはないよね。と見てみたら
自宅近くにありました。
でもそこで自殺があった事はだいぶ前でしたが。
まさかそこが「大島てる」に載ってるとは思ってなかったのと、コメント欄に、幽霊が出るとか書かれてたのには、ちょっと驚きました。
そういえばそこは時々車があって「誰か住んでるんだな」と思う時もありましたが
なかなか定住しないようで、ここ数年は空き家のようです。
配偶者を恨んで自殺したのでなかなか成仏しないのでしょうね。
私は熟年なので清掃の仕事ぐらいしか無いかな
と仕事探してたんですが
「大島てる」には飛び降り自殺したマンションとか載ってるので、そういうマンションでの清掃は怖いだろうなと思いましたし
近くの地方都市の、以前よく利用していた商業施設のトイレも首吊り自殺があったのを知り
そこのトイレ掃除も、嫌ですよね。(笑)
また、工場勤めをしようと思っていた事もありましたが、因みにその工場周辺を「大島てる」で調べたら
殺人事件のあったアパートが近くに存在していました。
いちいち調べていたらきりがないですね。(笑)

340 不思議な名無しさん :2018/09/15(土) 22:39:16 ID:DeonZaks0
大した話ではありませんが、自分の中で唯一の不思議体験です。



自分はたまに金縛りにあいます。

といっても、「人が見えた」とか「声が聞こえた」とかは無く、体が動かなくなるだけ。

いわゆる「科学的に証明されている」って類いの金縛りです。

ですが、高校生ぐらいのときに1回だけちょっと毛色の違う体験をしました。



いつものようにベッドで寝ていると体が動かなくなりました。

「あ、金縛りだ」

と呑気に考えながら、体が動くようになるのを待っていました。



しばらくすると、背中のベッドの感触がなくなりました。

しかも、ゆっくりと自分の体が浮いている感じがします。

目はつぶったままで動かないので目で確認は出来ませんでした。

言葉で上手く表せませんが、見えはしないけど自分がそうなってるのが触覚で分かる感じでした。

あと浮き始めた辺りからお腹の辺りが気持ち上にあがってるのも分かりました。



「え……? 何だこれ!!?」

驚いて必死に体を動かそうとしました。

すると、今度はゆっくりと体が降り始めました。

今度はおしりの辺りが気持ち下にさがっています。



そして、ベッドに降ります。

この辺りは特にはっきり覚えています。

気持ち下にあったお尻の辺りからゆっくりと広がるようにベッドの感触がよみがえってきます。



そして完全に降りると金縛りが解けました。

すぐに目を開けて飛び起きたのですが、やっぱりいつもどおりの自室。

前述の通り、幽霊だの何だのは全く無し。

ただ、この「金縛り解ける→すぐに目を開けて起きる→周囲確認」の流れを自身で認識すると、

「今の夢じゃ無かったのかよ」

と、改めて驚きました。



もう自分は三十路ですが、今まで金縛り自体は幾度となく体験してます。

高校生になる前も、高校卒業以降も。

しかし、あんな体験はあの時だけでした。

341 不思議な名無しさん :2018/09/18(火) 06:09:35 ID:???0
>>340
それって体外離脱してたんじゃ

342 不思議な名無しさん :2018/09/19(水) 23:44:56 ID:DeonZaks0
>>341
正直自分もそう思ってる

343 不思議な名無しさん :2018/09/21(金) 19:33:43 ID:.whdTI8.0
オカルト案件なのかな。

昔高熱出して部屋で寝てた時に黒い人影が足元に立ってた。
目はないけど見られてて。そこにあるだけであらゆるマイナスの感情が吹き出して、ただ、その最奥から寂しいよって気持ちが流れ込んで来て。
自分も家庭環境からずっと寂しくてたまらなくて、ああこいつも一緒だって感じた瞬間「上半身起こしてその黒い人影を抱き締めてた」。
もちろん無意識。やろうとなんて思ってない。肉感なんてないくせにただひたすらに冷たくて、次に何かを思う前に私の中に溶けた。憑かれた、ってのがきっと正しい表現なんだろうけどその時はそう思った。

それからは変わりなく生まれもって病弱な体のまま不幸を撒き散らしながら生きてます。多分死ぬまで一緒なんだろうな、と思います。と言うか、それが目的だろうけど。

まあ面白くもなんともない、今日日まで続く奇妙な出来事でした。お粗末さまでした。

344 不思議な名無しさん :2018/09/29(土) 07:29:48 ID:oHLYo3Xc0
男3人で奈良健康ランドでゆっくりして。
夜中2時頃に金剛山にドライブに出発した時の話です。

不思議な体験をしました。

府道705号線の柏木城跡の近くを走ってる時に夜中なのに空が明るくなりました。

おかしいなと思って、空を確認したところ太陽の様に輝く球体が空に浮かんでおりその球体はゆっくりと金剛山の付近の山に消えました。

これは面白いと思って金剛山に車を飛ばしました。

途中、小便をするために山の中に車を止めて外に3人で出て全員で用を足してタバコを吸って喋ってたら、遠くからガシャンと檻を壊す様な大きな音が聞こえました。

金属音です。

全員でその音の方向に行こうとなりました。

100mほど歩いたところ足音が一つ多くなりました。

さらに足音が近づいて来てるのを感じました。

我々は全員スニーカーでザッザッという足音なのですが近づいてくる音は革靴ぽいコツコツという音です。

その時は夜中の3時頃で人も車も全然いません。

怖くなって急いで車に戻って下山しました。

一度にいろんな体験をしたためすごく記憶に残っています。

その時のメンバーとはよくその話をします。

一体あのUFOなんだったのか?、金属音の正体、足音の正体など色々気になります。

345 不思議な名無しさん :2018/09/30(日) 09:53:23 ID:???0
俺も満月くらい明るいUFO見たことある

346 不思議な名無しさん :2018/09/30(日) 10:04:19 ID:???0
こんな感じのやつ
https://youtu.be/CI-x0NM3wJQ

347 不思議な名無しさん :2018/10/01(月) 20:11:10 ID:koeq2QoY0
>>347

てす

348 不思議な名無しさん :2018/10/04(木) 23:54:03 ID:aMaGlApk0
https://www.girlsheaven-job.net/11/aromaopus_kg/?of=y

349 不思議な名無しさん :2018/10/10(水) 23:53:51 ID:vd8E6Xks0
一応謎体験なんで聞いてもらいたい


俺が高校生のあの日の事、夜中に家から抜け出して友達の家で遊ぶことになってたんだ。
友達の家は住宅街の中にあって近くにコンビニが何個かあるくらいの少し街からは離れたところにあった。

2,30分行けば街、2,30分行けば林や山岳地帯がある街とど田舎の境界みたいな場所にあった。

俺とその友達はその当時は友達になったばっかりで、家で遊ぶと言っても、スマホのナビがないが俺はたどり着けないけど、なんとなく場所はわかるといった認識だった。

友達に今から向かうと言い、住所を教えてもらいそれをナビに打ち込み出発した。

過去に何回か教えてもらったその住所でその家にたどり着いたことがあるので、自分の記憶と住所をたよりに俺は自転車で自分のいえをでた。

しばらくして、友達の家付近の覚えていた光景が見えてきて、コンビニでなんか飯でも買っていこうかななんて思いながら自転車をこいでいた。

そしたら通ったことある道でも明らかにこっちではない道をナビが示した。

俺はこの先から行けるのか?近道なのかな?

なんて思いながらナビ通りに進んだ。

真夜中の住宅街、車も通らなく、人も通らない、少し心霊的な恐怖を思いながら自転車を走らせていた。
人間ってのは嫌なもんでそういうときに限って頭の中にある怖い物を連想してしまうものだ

嫌な汗をかきながら俺は後5分で到着というカーナビの情報を頼りに焦っていた。

そしたらある道に出たんだ、昼間に一回だけ通ったことがある古い民家が並んでいる200M程の通りだ。

ナビの目的地はそこをまっすぐ行ったところを指していた、俺は絶対に違うと確信を得ていたが、不安と興味本位でナビ通り行ってみた、そしたらでかい林??森の様な入り口があり、その入り口のところに10段ぐらい質素な階段があった、その階段を上った先に神社の社があった。

えっ?、、って感じで着けていたイヤホンから「目的地、到着です、お疲れ様でした」
って聞こえてきて全身にとてつもないぐらい鳥肌が立った。

俺はナビを消して、音楽を大音量で聞きながら来た道をガチたちこぎで走っていった、不安と恐怖で、後ろから何かに見られてると思いながらも絶対に振り返ってはいけないと思いながら走っていたら、行きの道からは見えなかったが帰りの道から見える位置にばかでかい金色の招き猫がおいてあってバッチリ目があった、もう恐怖で無我夢中になりながら、自分の知っている道まで全速で走った。

そして友達に電話して、何度も住所を聞いて間違いがないか確認した、そして、もう一回確認して、同じ住所をいれたら、間反対の方へ示していた、その後は恐怖で友達に電話をしてもらいながら、友達の家へ何事も無く着いた。

心霊等の類いにはでくわさなかったが、本当にあれはなんだったのかと今だに思い出したら鳥肌が立つ。
文章力無くてスマそ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa