板情報 | 学問/人文/科学 ]  

─ Tea Salon ─



What's in a name? That which we call a rose
By any other word would smell as sweet.........




スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : ARS総合....905165430(1) / 2 : ARS総合....141555131(1) / 3 : レス代行依頼スレッド(47) / 4 : 質問スレッド(11) / 5 : やさしく学ぶ呉王朝の歴史(27) / 6 : 『 呉書 』 百官志(25)
  (全部で6のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 ARS総合....905165430 (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1 名前:フォルスカーター ◆R8/lQc32lc 投稿日: 2012/04/29(日) 23:01:03
ttp://bbs.aqbb.net/?ars99
ttp://ikushio.info/ars99/

ARS総合来ました(。・ω・。)

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 ARS総合....141555131 (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1 名前:フォルスカーター ◆lIw4UICE8g 投稿日: 2012/04/28(土) 18:21:57
ttp://bbs.aqbb.net/?ars99

ttp://ikushio.info/ars99/ARS総合来ました(。・ω・。)

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 レス代行依頼スレッド (Res:47)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/08(水) 14:49:35
規制などで書き込めない時に必要があれば使ってください。

38 名前:Knight 投稿日: 2012/03/01(木) 17:38:33
>>37
代行しました。

39 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/01(木) 18:08:12
ありがとうございます。
この際なので、ちょっと意見交換しようと思います。
手早く打てる内容は携帯から打っちゃいます。

40 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/01(木) 22:22:48
──驕兵の乱
創業を語る上で、この乱を無視することはできないだろう。
この乱こそ、中統朝の最初の大きな試練、そして指揮系統の統一された国軍が実力を示した晴れ舞台だった。

軍の指揮系統の統一。これが政事堂の議題に上った時、その実現を最も切望したのは誰だったのか。
皇帝白牡丹か、それとも諸葛休民か。
意外にも、その答えは版図の大部分を有する湖南観察使だった。

当時、湖南観察使領には以下のような軍事力が存在した。
(餝腓垢觚渊の州軍
∪疆抻箸膨沼阿垢詒幼端舂鷲隊、牙軍(長征健児=あらすじの>>4

△硫膩海蓮当初こそ藩鎮の手足となって闘う精鋭であり、本来、藩鎮の権力を象徴するものであった。
しかし、軍功の見返りに手厚い給料をもらい、軍団内部で通婚を重ね、軍職を世襲するようになった彼らは
次第に増長するようになる。
「藩鎮の統帥」ではなく、「優遇してくれた藩鎮の統帥」にのみ、忠誠を誓うようになったのだ。

さんざん贅沢に慣れ、軍団内部に味方を多く持ち、
統帥の首すらすげかえるまでに増長した牙軍の兵士たちは「驕兵」と呼ばれ、
湖南観察使もまた、その扱いに頭を悩ませていた。

軍制改革によって、この厄介な身中の蟲を駆除することができれば……。
湖南観察使の頭にはそんな考えがあった。
政事堂にあって、この改革に強硬に反対すると思われたのが彼であり、
彼の賛成は白牡丹を内心驚かせたが、諸葛休民に言わせれば、「わかっていたこと」だとか。
ともあれ、こうして次のような改革が行われることになる。

〃蓋△涼羆への集中
これは、段階的に行われた。まずは外形的に、次第に実質的に。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

41 名前:Knight 投稿日: 2012/03/01(木) 22:38:18
行ってきます

42 名前:Knight 投稿日: 2012/03/01(木) 22:40:23
完了です

43 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/01(木) 22:41:37
ありがとうございます。
また、先ほどは意見を出してくださって、ありがとうございました。
告知というのは、やはりリスクが心配で。
気を悪くしないでいただけたら、嬉しいです。

44 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/03(土) 02:03:51
>>182-184
──酒場
史浩を迎えたのは、喧騒ではなく静寂だった。
がらんとした店の中央の卓に、数名の男が座っていた。

「やあ、今日はこの店は貸し切りだ。それでもよかったら入って混ざりなさいよ。
どうしたんだ、何を呆けた顔をしているんだ。」

「無理を言われるな。彼はまだ、自らの置かれた状況に戸惑っているのだ。
なぜ、満員であるべき酒場がこんなにも空いているのか……。」

「そして、どうして我々が古馴染みのように声を掛けてくるのかもな。」

「とにかくお座りになられよ。漢中からお出でになった史浩殿。
状況の整理は座って酒を飲みながらの方が捗るかもしれんぞ?」

「はっは! 名を呼ばれてますます恐々としておるわ!」

─そのぐらいにしておこう。

(胡服を着た、ひときわ若い男が言う。男は史浩の瞳をまじまじと除き、名を名乗った。)

白牡丹だ。ここに着たのは、上の意向で朕のことを探りに来たから……そうではないのかい?
朕が本物かどうかは、漢中に戻って教祖に面相を伝えればわかるはずさ。教祖に物忘れの癖がなければだが。
そう、朕は生きている。そして、まだ呉の皇帝だ。
それがわかって、君はどうするのだ?

(白牡丹は、そこまで言って史浩に杯を差し出した)

……あれから、色々なことがあった。こうして勢力を取り戻すのも、並大抵のことじゃなかった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

45 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/03(土) 02:05:25
よろしくお願いします。

46 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/03(土) 02:17:49
代行ありがとうございます。

47 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/04(日) 01:31:37
ディオン規制、解けたようです。
数日間、代行していただきありがとうございました!
経験上、数日後に再発動なんてことになるかもしれませんが
もしそうなったらまた宜しくお願いします。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 質問スレッド (Res:11)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/01(木) 20:06:39
物語や歴史用語など、わからないことがあればここで質問してください。

回答者さんは、答えられる質問には積極的に答えてあげましょう。

2 名前:Knight 投稿日: 2012/03/02(金) 19:41:16
>ニ休さん (中統政権の兵力)
中統政権が動員できる兵に関しては本スレ>>140の時点で、湖南観察使が"全軍の数は15万"と語っています
改革後に5つの方面軍と枢密院で分けるなら、1つの軍の兵力は2万程度でしょうか
牙軍の動向が不明瞭なので暫定ではありますが

こういった質問を本スレでする場合は、端役でも何がしかの役になりきって聞いた方が粋と言うか、雰囲気に沿うかと思われます
時間が無かったり、役柄を考え付かない場合は、質問スレを利用すると、どなたかが答えてくれるかもしれませんよ

3 名前:Knight 投稿日: 2012/03/14(水) 18:43:47
メールチェックしてます?

4 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/15(木) 13:47:56
ここの管理用メアドなくしちゃった
まあ、メールでのやりとりっていうのも抵抗があるので、
なくしてなかったとしても放置になっただろうし
掲示板に書いてくれたらいいですよ

5 名前:Knight 投稿日: 2012/03/15(木) 17:14:49
s.greensleeves@gmail.com
これだが

6 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/15(木) 18:11:44
言葉足らずですみません
パスワードを紛失したということです。
送っていただいた内容があれば、このスレにでも書いていただけるとうれしいです。

7 名前:Knight 投稿日: 2012/03/15(木) 18:47:26
パスワードも教えてあげようか?

8 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/15(木) 18:53:27
わかるんですか?
でも、ここで書かれるとみんながログインし放題になるので
ご勘弁ください。

ところで、この質問スレは貴方が今しているような質問(使い方)は
できればしてほしくないのですが
どんな意図があって、メールチェックしているか、などと?

9 名前:Knight 投稿日: 2012/03/15(木) 18:57:08
すいません、わかりません

スレ汚し失礼しました

10 名前:Knight 投稿日: 2012/03/15(木) 18:58:21
自分のレスは削除してください。よろしく

11 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/03/15(木) 19:02:11
いやいや、削除するまでもないと思いますが
純粋に意図を聞いただけです。
「自分も忘れてしまい、他人にも教えていないパスワードが
まさかわかるのか?何者?」と警戒してしまったのもありますが。

意図があったり、重要なことであれば、なおさら削除することはありません。
どうしてこのような質問を?
管理に関係する内容の質問を過去に送信し、
私が反応しなかったための催促ではないのですか?

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 やさしく学ぶ呉王朝の歴史 (Res:27)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/02(木) 04:19:38

時は随王朝末期の中国。

国は大いに乱れ、小国が乱立し、覇権を争っていた。


強国は弱国を飲み込むことで、さらに大きくなり

互いに鎬を削りあう状況が続いていた。


だが、その派遣争いも

終わるときが来た。


鮮卑の小部族の長でありながら

一代で華北に大勢力を築いた

初代皇帝【白羅敷】によって……


ついに中国は統一された、

すなわち、『呉朝』である。

18 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 14:34:04

【左光、字は匡輝】、隴西の人。『春秋左氏伝』を著した左丘明を祖とし、

呉の創始以来の譜代の名家でもある【左家】の出自である。

天山の樹氷のように不動で冷厳な心胆を持つ優秀な吏僚であるとともに、晩呉を代表する詩文の人でもあり、

叡宗の治世を讃える五言律詩は不朽の名作とされている。

政治的感覚と文才を買われ、宰相にして詔勅の起草に携わる中書省の高官に出世した。

紫雲五年の新年の詔を起草したのも彼である。

性質は清廉潔白で、汚濁を嫌い、左家の当主として、呉の宰相としての責任感に篤い。

それゆえ、父が胡人の女に生ませた弟、いつ問題を起こし自らの障害となるかわからぬ左景義の存在や、

自由奔放な皇帝白牡丹を疎ましく思っている。

宰相となってからも白牡丹とは反りが合わなかったが、白牡丹が病に倒れた時に、

鼻息を荒くし始めた皇弟・白如月に近い官僚たちには

力の基である帝国の、その屋台骨が崩れ落ちそうになっているのを喜ぶとは何ごとか、と怒りを示した。

19 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 15:21:15

【焦観、字は景栄】、潁川の人。叡宗の兄、廃太子【太平君白堯】の落胤。

儒学者の焦某に嫁いだ夫人が、【太平君】と姦通してできた子であった。

その事実を知らないままに自宮し、当時叡宗の治世下に大宦官として君臨していた劉瑶に見初められて養子となる。

紫雲五年、門下侍郎となり、白牡丹の影として政務を執る。

蓄財をせず、清廉な暮らしぶりで士人からの評価も高く、白牡丹も父とも師とも敬っていたが、

生い立ちが影を落としたのか、己の心底をはじめ、人に隠す所の多い人物でもある。

清冽な容貌と実績を尊重されることが多いが、実はそれは劉瑶の養子として、

今だに隠然たる情報網を持つ劉瑶からの援助で積み上げてきた実績であり、

物語後半、劉瑶に見捨てられた彼は、あえなく一度刺客の手にかかって死ぬこととなる。

後に道士姚朝欽によって飼い猫と身体を入れ替えられ助けられていたことが発覚する。

20 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 15:36:29

また、宮中には左輔右弼とは別の、隠然たる勢力が存在した。

諸侯王の中でも最も強大であり、その勢力の大きさ、情報網の緻密さ、そして本人や構成員の才覚をも天下に畏れられる……

『燕王家』である。


燕王【白果】は太平君、叡宗の末弟であったが、太平君が廃嫡されると叡宗と熾烈な競争を繰り広げた。

叡宗の評を示す。

「あれは権謀術策を好み、人を信ずる事をしない為に先帝から『呉を任せる器ではない』と皇太子の座を与えられなかったものの、
最後の最後まで朕と皇太子の座を競り合った文武に優れた皇子だった」


その才覚の大きさ、残虐さは父親でさえもてあまし、賢すぎる我が子『燕王』の手から民を護り、

また、燕王の手をこれ以上汚させまいと

「燕王家の周囲二十里、燕家以外の者は例え皇族でも帯刀すら許されない」

『二十里帯刀禁止』を定めたほどであった。


このように、畏怖と恐怖を一身に集める燕王だが、「いつか乱を起こすやも」という衆知に反して

山の如く動かず、二人の王子も【白牡丹】と親しいのは、

燕家が「皇族白家の内紛を起こさず、他家に簒奪の隙を与えず」という信条のもとに存在していたからである。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

21 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 15:55:44

ところが、この安定は地方の異変によって崩壊する。

隴右節度使【楊昂譚、字は子寧】、隴西の人。突厥や鮮卑などの血を引き、低い身分から武功によって地位を手に入れた。

すでに任地で支配権を半ば確立していた彼であったが、賊を使って州刺史を除き、

突厥族とも結んで、この地を完全に掌握していた。

【楊昂譚】のもたらした偽情報と、その上洛によって京師広陵は俄かに騒然とした。

しかも、事もあろうにそのような状況下で、皇帝白牡丹が病に倒れたのである。


伏せる直前、【白牡丹】は太液池に手負いの白虎が現れ、手を触れようとした瞬間に掻き消えたのを見た。

春の花神【花姑】が白牡丹に危険を知らせたとも、【白如月】派の臣僚が皇帝を亡き者にせんと謀ったともいわれる。

流行病、熱病による皇帝のあらゆる能力の損失、死、やがて来る後継者を巡る動乱――。

百官の頭に不吉な言葉が過ぎった。

皇帝の平癒を願い、吏僚、皇族、後宮全ての宮中に携わる京師の人間は宗廟の英霊に祈りを捧げた。

尚薬局の治療と人々の祈りが通じたのか、やがて皇帝は平癒することとなる。

だが、このことが、呉の分裂を早めることになる。

22 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 16:14:08

【楊昂譚】は宮中に参内する。彼は不正に握った権力を、その舌で皇帝のお墨付きを得て正当なものとした。

そしてたたみかけるように、配下の【郭勝】を遣わして燕王白果とよしみを通じようとするが、

そちらは燕王家の勘気を被り失敗する。

結局、【楊昂譚】は隴右の支配権を得ただけで任地に戻った。 宮中には束の間の平和が訪れた。

白牡丹と薛才人、薛才人に密かに思いを寄せた、燕王の二人の王子。

【白呈春】と【白承芳】の口から出る、衆知とは異なった『燕王』の顔。

白果も、若き日には叡宗の側室郭貴妃に懸想をしたことがあるという。歴史は繰り返す。


しかし、束の間の平和は永の平和とはならなかった。

楊昂譚は、今まで帝国が見て見ぬ振りをしてきた歪みを浮き彫りにした。

皮肉な事に、この事件は宮中に於ける帝位継承騒動を一時的にだが、鎮圧させた。

白牡丹は、一度呉朝とわが身を襲った危機に触れ、宗教的人間から政治的人間に変じようと努力していた。

努めて最高会議【政事堂】に顔を出し、燕王家や左輔右弼との関係を緊密にしようとし……

また、広陵の街へ抜け出したくなっても我慢して、

夢幻の中に落ちそうになっても、現実を見ようとした。

23 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 16:28:43

燕王家や左輔右弼との関係を深めようとした白牡丹。

この試みは、右弼【左匡輝】との間では完全に裏目に出て失敗する。

【左匡輝】は、白牡丹の何気なく発した一言に己の忠節を否定された思いを禁じ得ず、

かといって儒の原則から【白如月】派に転向することもできず、苦渋の選択として参内をやめてしまった。

後宮をまとめる焦景栄と、儒者の代表の左匡輝が主導する政事堂が

百官の関係を調整し政治を司るという構図はここにおいて完全に破綻する。

そればかりか、これは白牡丹と科挙官僚の決定的対立のきっかけともなってしまう。


一方で、燕王家や焦景栄との間では、この試みは成功する。

一月の間に二度の満月が上った夜、焦景栄、白呈春、白承芳、燕王府の武官から游騎将軍に抜擢された関鉄、

そして白牡丹は、ここに居る皆で呉の社稷を守ろう、と誓い合った。

24 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 16:53:12

しかし、この誓いはいとも容易く破られてしまう。

ついに白牡丹を廃し、帝国を旧に復そうと図る保守派の臣僚が計画を実行に移す。

首謀者の名前を示す。


『宮中の水鏡』礼部尚書【薛珠】。人心を操るのに長け、特に外交手腕を買われ叡宗時代から礼部尚書を長く勤めていた男。

好々爺然とした容貌、穏やかな物腰、令嬢が皇帝の後宮に薛才人として仕えているという立場。

難関の科挙に及第してから、常に「完璧」であり続けた彼は、常に己を高めていたかった。

その政治生命の唯一の失敗作、白牡丹を廃し、名君を生み出して青史に名を残す……

【薛珠】は白如月に期待をかけ、神格化してさえいた。


『劉瑶の後継者』大宦官【李畢嵐】。醜い容姿で、これまで損をすることが多かった。

毛並みの良い焦景栄と比べて、間引かれ死んだ所を【花姑】に助けられた貧農の倅に過ぎなかった。

このときまでは、彼は焦景栄の影でしかなかった。

しかし今や、李畢嵐は白牡丹と「兄」焦景栄を亡き者にする計画の中心にいた。


浙西節度使【朱日昊】。闖忠弘、喬大聖、「四天王」(金巨山、田要家、清恵礼、安圭斎)、策士史逸ら多くの臣下を抱え、

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

25 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 17:20:15

彼らによる白牡丹廃立の計画が進む中、宮中ももはや安全な場所ではなくなる。

白牡丹の子を懐妊した薛才人に迫る刺客【清恵礼】。

この目論見は失敗するが、如月派は「早期に白牡丹を始末し、子が生まれぬうちに薛才人を白如月に再嫁する」意思を固める。

20余年前、吐蕃討伐の指揮をとり『飛将軍』と呼ばれた【華武乙】による白牡丹誘拐・監禁。


宮中に暗澹とした空気が漂う中、外からは、新たな風が吹き入る。

一、『雲南』、のちに『南詔』の王【蒙鐸粲】の使節の入朝。

蒙鐸粲は正二品, 使持節, 都督六詔諸軍事, 輔国大将軍にも叙任され、それを期に領土を拡張して強国を建設する。

二、襄陽公【白勒、字は暁獅】の入朝と募兵。

三、零陵公【白直、字は風悠】の入朝。


この【白風悠】が、【李徐泰】率いる二百人の盗賊に襲われたことから、白牡丹は飢餓のすえに盗賊になる民なきよう、

いくつかの政治改革を行った。

しかし、その中に含まれていた「物資の運輸を政府の統制化に置く」法令は大商人の利権を侵すものであり、

華南一帯の豪商連合、浙江公司の働きかけで高官、宦官がこれを妨害した。

26 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/04(土) 17:35:02

強硬な妨害に遭い、白牡丹は法令をやや妥協したものに改め、

燕王の長子【白呈春】を上柱国、開国九江公、尚書左僕射、市易司として、

浙江公司に対抗を試みる。

かつての張某の反乱の折に名を広め、白果に輪をかけて冷酷で才知に溢れるといわれる【白呈春】。

その名前は些かの効果をもたらした。

しかし、燕王や白呈春にその気がなくとも、燕王家の家臣団の中では、

白牡丹を廃して燕王白果をこそ皇帝にという声が大勢を占めるようになっていた。

白呈春は、皇帝の身の危険を案じ、皇帝を女官に紛れさせ後宮に隠すことを計画する。

同時に、白如月派の臣僚も、ついに計画を最終段階に進めていた。

27 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2012/02/05(日) 12:08:40
ここまでが1スレ目のまとめです。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 『 呉書 』 百官志 (Res:25)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/15(火) 13:52:42
■ 呉王朝の官制 ■

品階…官吏の地位を表す序列、等級

職事官…職掌を有する職

散官…職掌を有さない職。文散官、武散官にわかれる。品階の数字を直接言うのは
文雅ではないという考えから、品階にはそれぞれ散官が充てられ、官位を散官名称で表した

(例)正四品上/門下侍郎であれば「正議大夫兼門下侍郎」

封爵…皇族、功臣に与えられる爵位

勲官…戦功に応じて与えられる勲章

皇后、内命婦…皇帝の妃妾

外命婦…後宮外の婦女

16 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 11:52:17
【中書省】

〕弯

中書令:長官/正三品
中書侍郎:次官/正四品上
右散騎常侍:次官補/正四品上
中書舎人:詔令の起草、参議政事、侍従、宣旨。文官憧れの要職。筆頭は知制誥/正五品上
右諌議大夫:天子を諌め過失を補う/正五品上
起居舎人:天子の言行を記録する/従六品上
右補闕:天子を諌め過失を補う/従七品上
右拾遺:天子を諌め過失を補う/従八品上

下級職員

従使、主書/従七品上
主事/従八品下
令史、書令史、亭長、掌固、蕃書訳語

17 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 12:00:00
【集賢殿書院】

※叡宗期に設置。文章撰集、経籍の校正と刊集を行う

学士知院事:長官。宰相一人が兼任
副知院事:次官。常侍一人が兼任

学士/五品以上
直学士/六品以下

判院、押院中使、侍講学士、修撰学士、校理官、待制官、留院官、検討官、孔目官、専知御書典、
知書官、書直、写御書人、拓書、画直、装書直、造筆直

18 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 12:04:44
【史館】

※国史編纂を担当

修撰:他官の兼任
直館:初任
楷書主:/従九品、流外官
典書、亭長、掌固、装書直、熟紙匠

19 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 12:27:20
【翰林院】

※皇帝直属の秘書室。書物の編纂、詔勅の起草などを行う。
有為な人材が確保され、勉強や実務の見習いをさせた後、必要があるときに中央官庁や地方の要職に任命した

翰林院修撰:科挙主席及第者が登用
翰林院編集:二位、三位及第者が登用
庶吉士:その他の者が、翰林院主催の試験の結果によって庶吉士として翰林院に残ることが許された

20 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 12:37:37
【門下省】

侍中:長官/正三品
門下侍郎:次官/正四品上
左散騎常侍:次官補/従三品
給事中:天子の詔勅を審議する/従五品上
左諌議大夫:天子を諌め過失を補う/正五品上
起居郎:天子の言行を記録する/従六品上
左補闕:天子を諌め過失を補う/従七品上
左拾遺:天子を諌め過失を補う/従八品上
典儀:賛唱および殿廷版位の次/従九品
賛者:賛唱、行事の節

21 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/16(水) 12:59:33
【城門局】

城門郎/従六品
令史
門僕/八百人

【符宝局】

符宝郎/従六品上
令史
主宝:皇帝八宝、国家の符節の管理/四品、流外官
主符:出兵と防守の命令書の証明に使う銅魚符、郵駅の伝符、国庫出納の証明に使う木契の管理/四品、流外官

【弘文館】

※集賢殿ができると役目は軽減

館主
判館事:日常業務
学士:図書校正、学生へ教授、参議政事。他官の兼任/五品以上
直学士:同上/六品以下
文学直館学士
校書郎:典籍の校訂
令書手、楷書手、典書、拓書手、筆匠、熟紙装書、装丁匠、亭長、掌固、学生

22 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/23(水) 11:38:29
【尚書省】

※行政を執行する機関。六部を統括する尚書都省と、六部からなる


【尚書都省】

※左司と右司に分かれ、左司は吏・戸・礼の三部を、右司は兵・刑・工の三部を分担した

尚書令:長官。ただし太宗が皇太子の時に就いていたため、以後は空席/正二品

〆源

尚書左僕射:次官。実質的な長官。宰相の一。右僕射よりも格上。政事堂に参画し、また尚書省を統括する/従二品
尚書左丞:次官補。吏部、戸部、礼部を統括。
御史台の審議が不当である場合の糾弾、詔書を返還する権利、郎官の採用の決定権も持つ/正四品上
尚書左司郎中:省内事務(作成・整理された資料、文章など)の点検
員外郎、都事:左司郎中の補佐
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

右司

尚書右僕射:次官。実質的な長官。宰相の一。左僕射よりも格下。政事堂に参画し、また尚書省を統括する/従二品
尚書右丞:次官補。兵部、刑部、工部を統括。
御史台の審議が不当である場合の糾弾、詔書を返還する権利、郎官の採用の決定権も持つ/正四品下
尚書右司郎中:省内事務(作成・整理された資料、文章など)の点検
員外郎、都事:右司郎中の補佐
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

23 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/23(水) 12:47:16
【六部】

※百官の人事を扱う吏部、財政を担当する戸部、儀礼と外交を司る礼部、
武官の功勲品禄と軍政を司る兵部、司法を司る刑部、土木事業などを扱う工部からなる


【吏部】

※文官の昇進や降格、地方官が朝廷に参内する際の手続き、科挙の主催。
吏部尚書は百官の手本となって統率し、それぞれの官の進退を決し、重要な地位に適当な人物を選出した。
そのためその待遇は特別で、他の六部とは一線を画した。

吏部尚書:長官。吏部四司を統括する。官吏の採用を行い、功績に報い、勤怠を調べる命令を出すことを
取り仕切り、人材の優劣を見分けることによって皇帝の政治を補佐する/正三品
吏部侍郎:次官。尚書を補佐する/正四品上

24 名前:白牡丹 ◆Enju.swKJU 投稿日: 2011/02/23(水) 12:47:54
〕部司:官吏の席次や昇進、転任について処理し、それによって尚書を補佐する

吏部郎中:吏部司を統括する/正五品上
員外郎:尚書を補佐する/従六品上
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

∋壁司:爵位の贈与、官爵の世襲、死後贈与、下級官吏の人数について処理し、それによって尚書を補佐する

司封郎中:司封司を統括する/正五品上
員外郎:尚書を補佐する/従六品上
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

司勲司:功績に対する叙勲、戸籍、家族の世話や喪に関することについて担当し、それによって尚書を補佐する

司勲郎中:司勲司を統括する/正五品上
員外郎:尚書を補佐する/従六品上
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

す邑司:官吏の勤務成績、降格や昇進について担当し、それによって尚書を補佐する

考功郎中:司勲司を統括する/正五品上
員外郎:尚書を補佐する/従六品上
主事、令史、書令史:資料作成・整理、文章作成などの雑務

25 名前:Knight 投稿日: 2011/03/06(日) 00:28:56
てす

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード