板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : ポニテ「思い出消し屋……?」(12) / 2 : 彡(゚)(゚)「ワイが勇者!?」(11) / 3 : オンリー・ビーナス(4) / 4 : 陛下と艦娘と黒の大王 その2(カービィ×艦これ)(755) / 5 : 竜姉「ショタの男の子を拾ったぞ、どうしよう」(219) / 6 : 幼馴染「ボクは君みたいな貧乏人には興味無いからね」(681) / 7 : P「俺が竜宮小町に同行?」(153) / 8 : 野球部「いくぞ後輩!」(20) / 9 : パルキア「運営殺してぇ」ディアルガ「何故?」(29) / 10 : 男「モテる代わりに難聴で鈍感になるならどうする?」(668)
11 : 男「クラスの隅にいる」女「クラスの上にいる」(13) / 12 : 勇者「娘に過去がバレまして」娘「伝説のおちんちん!」(60) / 13 : 島村卯月「ぴにゃあああああ!!」(21) / 14 : 兵士「お...女...?」(128) / 15 : 女騎士「くっ、殺せ!」アルスラーン「いや…そう死に急ぐな」(2) / 16 : 花陽、あ~る「ご飯を食べないとお腹がすくじゃないか」(15) / 17 : J( 'ー`)し カーチャン食堂のようです(523) / 18 : P「アイドルとHな性活」 ミリマス R-18(494) / 19 : リヴァイ「いつまでも」ハンジ「戯れよう」(25) / 20 : じゃりん子チエ「ドラえもん…?」(220) / 21 : 光彦「なんなんですか、これは・・・」(20) / 22 : 上条「リトを越えるラッキースケバーになる」(43) / 23 : 【艦これ】提督「ハーレム鎮守府を作りたい!」【安価】地文あり(91) / 24 : 猫「あーあ、どうすんの。死んじゃったじゃんその人」(128) / 25 : 男「セクハラよっ!!」(11) / 26 : キリト「アスナ、別れてくれ」アスナ「えっ」(9) / 27 : 上条「そんなの知らない!」サローニャ「もー…上条ちゃんたら…」(418) / 28 : 妹「兄さん、このスレはID腹筋ですよ」(515) / 29 : 長門「ほっぽちゃんハイエースした」提督「返してきなさい」(8) / 30 : ミカサ「ショート・ストーリー?」(20) / 31 : シンジ「アスカに>>3してみる」(4) / 32 : 王様「ガチャで戦力を上げて魔王討伐」(118) / 33 : 冬馬「天海が家で俺にハンバーグを作ってくれると招待してくれた」(16) / 34 : 兄「兄妹で」上妹「のんびり」下妹「生活!」(672) / 35 : 後輩「安価でNXTしてWWEスターを目指す!」(823) / 36 : 二宮飛鳥『今暇かい?』森久保乃々「……」(29) / 37 : リツコ「ミサト、引っ越してちょうだい」 ミサト「え? 3回目?」(608) / 38 : 悟空「おめえ本当に神様なんか?」諏訪子「小さくて悪かったね!」(186) / 39 : 男「生きてる「人類」が俺だけになった」(812) / 40 : 幼馴染・ツンデレ「stand by me」(48) / 41 : 俺「虫とりの季節がやってきたぞ!」友「……は?」(136) / 42 : 魔導師「安価での旅は過酷なのか」(114) / 43 : ドラ右衛門「何? また慈愛庵のたけ坊に殴られた?」(99) / 44 : マリシャスエッジ「俺だってヒーローなんだ」(69) / 45 : P「絶望した!」(28) / 46 : 新ジャンル「ポンコツンデレ」(57) / 47 : メイド「ご主人様〜」(102) / 48 : 男「…ヤンデレですよね?」女「…違うよ?」⊃包丁(781) / 49 : ミナト「ナルトも今年で中忍試験だね」クシナ「そうね」(112) / 50 : 女「最近転校してきたあの子」(14) / 51 : 真姫ママ「医療ミスを放置してしまった…」(994) / 52 : 伊奈帆提督「界塚伊奈帆、指令本部より鎮守府に着任しました」(58) / 53 : 女「怪奇探偵?」(90) / 54 : 唐傘娘と夏の雨(442) / 55 : 二年ぶりくらいに来たがここも廃れたのう(11) / 56 : 風精霊「風属性で最強になる」(590) / 57 : 青葉「俺だって…勢いだけとか、ハジケた生き方してみたいんだぜ?」(853) / 58 : 【続編】たれぞう「HIKAKINが生きている?」(14) / 59 : ★完結作をまとめるスレ★4(821) / 60 : 男「 Error human. 」(21)  (全部で837のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 ポニテ「思い出消し屋……?」 (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1 ◆wKJ4P6pC3k :2015/08/31(月) 23:20:09 ID:uSqSvls2
前作

男「思い出消し屋……?」
男「思い出消し屋、か」
少女「思い出消し屋も畳むかな」

6 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/01(火) 14:23:37 ID:ZwJKEdPU
――夜、ポニテの部屋――

ポニテ「……んー」

ポニテ(あのひと、絶対にどこかで見た)

ポニテ(有名人とかじゃなくて、街中で背中を見つけたら思わず声をかけてしまいそうな)

ポニテ「……彼氏に、また怒られそう」ふふっ

ポニテ(――あれ)

ポニテ(最近は、あまりないけど)

ポニテ(前まで、何で怒られてたんだっけ)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


7 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/01(火) 14:37:40 ID:ZwJKEdPU

ヴーッ ヴーッ

ポニテ「噂をすれば~♪」ススッ

ポニテ「はいはーい♪」

彼氏『や。今大丈夫かな』

ポニテ「大丈夫大丈夫。……課題以外は」

彼氏『うん、やっぱりポニテだ』

ポニテ「なにさそれー!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/01(火) 15:04:13 ID:ZwJKEdPU

ポニテ(誰だっけ。誰に教えてもらってたんだっけ)

ポニテ(中学からずっと、歴史は誰かに手伝ってもらってた)

ポニテ(逆に数学は、その誰かの手伝いをしてた。今日の課題は時間が足りなくて黒髪ちゃんに手伝ってもらったけど)

ポニテ(黒髪ちゃんと会ったのは高校のとき。だから中学のだれかとは別のはず――)

ポニテ(――そういえば、黒髪ちゃんとは何がきっかけで仲良くなったんだっけ)

彼氏『……ポニテ?』

ポニテ「うあ、ごめんごめん」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/01(火) 22:36:25 ID:ZwJKEdPU
――翌朝、通学路――

ポニテ(結局教科書とにらめっこしながら課題はなんとかしたけど)

ポニテ「……ねむー」

ポニテ(なーんか寝付けなかったなあ)

ポニテ(あのひと、結局誰なんだろう。印象的じゃないのに印象に残る)

ポニテ「……何を言っているのかわからねーと思うが、ってね」

ポニテ(……黒髪ちゃんに言っても通じないからなー、漫画ネタ)

ポニテ(普段、誰に対して言ってたっけ?)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/01(火) 22:44:48 ID:ZwJKEdPU
――昼休み、教室――

ポニテ「ねーねー黒髪ちゃん」

黒髪「何? 午後の課題は特になかったと思うけど」

ポニテ「じゃなくて。……なんか最近、ものたりないこととか、ない?」

黒髪「……ものたりない、こと?」

ポニテ「うまく言えないんだけど、いつも通りのはずなのに何か足りてないっていうか」

黒髪「んー……、そんなことないと思うけど」

ポニテ「例えば、ええと」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/02(水) 15:06:10 ID:qE6dtIrs

黒髪「もう、ひとり?」

黒髪「……いつも、こんな感じだったと思うけど」

ポニテ「じゃ、じゃあさ、私たちが仲良くなったのって何がきっかけだっけ?」

黒髪「……なんだっけ?」

ポニテ(やっぱり、よく覚えてない。私と同じように)

黒髪「でもそれ、たいしたことじゃないよね?」

ポニテ「まあ、そうなんだけどさ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


12 ◆wKJ4P6pC3k :2015/09/02(水) 15:21:15 ID:qE6dtIrs
――放課後、通学路――

ポニテ「――あ、やっほー」

彼氏「や。ちょっと顔を見たくなって」

ポニテ「電話はできるけど、学校違うと会えないからねー」

彼氏「……部活推薦、蹴っておけばよかったかな」

ポニテ「またそれー。得意なんだから推してかないと」

彼氏「中学はちょっと学区が違ったから仕方ないにしても、高校くらいは――」

ポニテ「大丈夫大丈夫。平気、へっちゃらです! だから生きるのをあきらめないでッ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 彡(゚)(゚)「ワイが勇者!?」 (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 09:16:23 ID:FRiwMJR2
____
薄暗いアパートの一室で、酒を飲み、飯を食い、テレビに向かい叫ぶ男。
一見、頭のおかしい男に見える
だが、彼には叫ぶ理由があった。


彡(^)(^)「よっしゃ、いけいけー!ドカンと打ったれや!!」ムシャムシャ

彡(^)(^)「ここで勝ち越せば首位や!いくんやゴメス!ぶちかませ!!」ゴクゴク

彡(^)(^)「おっしゃ、タイムリーや!イケる!イケるでこの流れ!!」

彡(゚)(゚)「.........って、酒がもうないやんけ!しゃあない、マッマから貰ったこの酒でも飲むか.........」トクトクトク

彡(^)(^)「お、うまそうな匂い!飲んだろ!」ゴクー

彡(^)(^)「あ、コリャうまい!いくらでも飲める!」ゴクゴクゴク

彡(^)(^)「あー.........うまい、うまい!マー、トン...も、繋げて......この回で2点....は...................?」

彡(゚)(゚)「.....あ.........?......ぐ.......!」ガクガク

5以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 10:39:03 ID:zdUnmQLo
ファッ!?


6以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 10:53:40 ID:FRiwMJR2
彡( )( )『ファッ!?誰やねん!?なんでワイの人生を知っとるねん!!』

空から聞こえる声に狼狽える。
ビクビクと周りを見回すと、またも声が聞こえた

『私は神だ』

『どうやらお前は、随分悲惨な人生を送っているようだな』

彡( )( )『お、そうだな』

『それに阪神ファンときた。』
『実は私も阪神ファンでな、その猛虎魂に免じて』

『汝を転生させてやろう』
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


7以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 11:38:13 ID:FRiwMJR2
彡(-)(-)「ぐう、ぐう.........」

彡(゚)(゚)「ハッ!.........夢か」

ふわあ、と起き上がる。
妙な夢をみたもんだ.........と頭をかきながら、部屋の壁に掛けてある銅の剣を手に取る

・・・・・・・・
銅の剣を手に取る

彡(゚)(゚)「ファッ!?なんやこれ!?」ガシャン

彡(゚)(゚)「け、け、剣があるやんけ!?ワイはこんなもん買っとらんで!!」アタフタ

彡(゚)(゚)「よく見たら、部屋にテレビどころか殆ど何もないやんけ!壁も木で出来とる!ワイの家はこんなとこちゃうぞ!?」アタフタ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:07:25 ID:JqyPXTV.
このやきう民は有能なのに迫害するマッマ、無能


9以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:33:43 ID:2h3IQ2vg
彡(゚)(゚)「うわああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」ガシャン

彡(゚)(゚) 「あ、落としてもうたわ」

彡(゚)(゚)「てか、今の顔..........ワイが10歳くらいの時の顔やろ!なんで夢ん中で出てくんねん!」

彡(゚)(゚)「.........」

彡(^)(^)「ま、どうせ夢やしエエか!」

そう思い、ベッドに横になる。
腹へったなー、なんて思いながら天井を見上げていると、不意に声がした。

「やきうくーん!やきうくーん!早く起きてー!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:46:49 ID:2h3IQ2vg
「もう!やきう君!まだ寝てるの!」ガチャ

そう言いながら扉を開けたのは、素朴な布の服を着た女の子だった。
栗色のボブヘアが、少し外にはねている。

彡(゚)(゚)「あ?お前誰やねん。眠いのに入ってくんなや」

幼馴染「もー、やきう君!忘れるなんてひどいよ!私は幼馴染!」プンスカ

彡(゚)(゚)「ワイ、こんな可愛い女の子とは知り合いじゃなかったと思うんやが」

幼馴染「か、かわ.........!!も、もう!やきう君ったら!」デレデレ

彡(゚)(゚)「んで、なんの用やねん.........ワイは眠いんや、はよしてくれ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 13:25:32 ID:2h3IQ2vg
外国の中世の村に来たような、のどかで古風な風景。
茶色い麻ぬので出来た服を、老若男女問わず着ている。
時々、剣を腰に携えた若者も歩いている。
少し遠くにはRPGでみたような大きなお城が見える

彡( )( )「なんや.........ここ.........」

幼馴染「もう!私たちの町でしょ?寝ぼけてないでさっさといくわよ!」グイッ

彡(゚)(゚)「お、おい待てや!引っ張るな!」

幼馴染「早く!早く!せっかく私も会って良いことになったんだから!はやく行きましょうよ!」ワクワク

彡(´)(`)「分かった!分かったから引っ張るなや.........」ハァ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 オンリー・ビーナス (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 01:35:24 ID:.gQroHFs
とある廃教会


<トミエー‼︎

富江「はいはい」


<トミエー‼︎‼︎‼︎

富江「ちょっと、音量下げなさい。うるさいわよ」

<トミエェェエエエッッ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎


富江「やかましい!」


<プギャアー‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

2以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 11:17:04 ID:.gQroHFs
富江「耳がキーンてなったでしょうが‼︎ 耳がキーンって‼︎」

夜神月「落ち着いて下さい。富江様」

富江「あらっ…… ライト君。 準備出来たの?」

ライト「はい、いつでも始められます」

ライト「それじゃ…… 始めて頂戴」


<フォー‼︎‼︎‼︎


富江「人生は短く儚い…… だからこそ弾けなさい。人生、弾けてなんぼよ‼︎」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 11:23:07 ID:.gQroHFs
ライト「上手く伝わりますかね? 」

富江「絶対に伝わるわ。 だって……」


碇 シンジ「はっくしゅん!?」


富江「彼は私が愛した唯一の男なんだから」


4以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 13:17:28 ID:MncoBrLM
新浜 ニュータウン 某マンション


草薙 素子「風邪でもひいたの?」

シンジ「う〜ん、どうだろ… そんな事あるのかな今更」

レイン「大丈夫? お父さん」

シンジ「うん。 大丈夫だよこれぐらい」


穏やかな時間…… シンジにとって血反吐を吐きながら手に入れた日常。

忙し過ぎてなかなか出来ない家族団欒を楽しんでいた。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 陛下と艦娘と黒の大王 その2(カービィ×艦これ) (Res:747)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1陛下とカタツムリの人 :2015/02/28(土) 12:54:58 ID:feUsp9fo
このスレは前作『陛下と艦娘と黒の大王』の続きです。
前作はココ→http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396937723/l50
以下注意点。

1:キャラ崩壊有り(かも)
2:誤字や脱字 物忘れも
3:書き込むスピードが安定しない
4:無理矢理だったりする所も
5:作者が人が居ないと割とダレてしまう(勝手な人です)
6:パロネタ多め、何が伝えたいのかが分からない等。

それでも良い方のみ、ご覧下さい。

では、あらすじからスタートです。

749カタツムリ提督 :2015/08/29(土) 11:41:32 ID:veadFM6k
磯風「大丈夫か、神通」

神通「はい」

ぎゅおんっ!

磯風「うぉ!?」

横から砲弾が飛んで来たのをすんでの所で回避する。

磯風「くっ…話をして居る暇は無いか…おい!攻撃隊はどうなった!」

雪風「まだ連絡が掴めません!」

磯風「く…まだジャミングは解除されていないのか…!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


750カタツムリ提督 :2015/08/29(土) 11:57:00 ID:veadFM6k
天津風「あ…それっ!」パスンッ!

リ級「うぎゃッ」撃沈!

ばちゃっ…

天津風「ど、どうよ…」

長門「良いぞ、その調子だ!」


駆逐棲姫「2体やられた…か」

リ級「ち…向こうも中々やるねえ…」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


751カタツムリ提督 :2015/08/30(日) 11:31:46 ID:D9/eKgko

駆逐棲姫「さあ…喉笛を引き裂いてやるッ!」ぐばあっ!

大口を開けて牙をぎらつかせながら雪風に迫る!


川内「とぅッ!」

どがっ!

駆逐棲姫「があッ!?」


そこに川内が横から飛び出してドロップキックを入れ、蹴飛ばす!

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


752カタツムリ提督 :2015/08/31(月) 12:15:44 ID:XF0l0NyI
駆逐棲姫「やるねェ!だけどもう一つ大事な事を忘れているッ」

川内「へ?」


ネ級「アイルヴィーッ!バーーーックッ!!」ばっぎぎっ!!

神通「きゃ!?」

磯風「な…ネ級?!生きていたのか?!」

リ級「ふっふっふっふ、只しつこいだけじゃあないんだよワトソン君!」

磯風「何?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


753カタツムリ提督 :2015/09/01(火) 15:10:06 ID:AguOx546
磯風「まて、何故青葉の魂で3回まで殺されても大丈夫なのだ?」

ネ級「ま、詳しくは重巡洋艦青葉の艦歴を見なさいな」


川内「…そんな事言ってる間に、大破しているリ級は全部落しちゃったよ?」

リ級「なぬ…?あ!」

駆逐棲姫「…あら、もう3隻に…」


磯風「…増援はどうなった?」

瑞鶴「えーと…結構しぶといわ、ル級とヌ級が生き残ったし…」中破
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


754カタツムリ提督 :2015/09/02(水) 13:10:16 ID:yply687w
天津風「何でって……!」

駆逐棲姫「うーん、渾名には丁度いいと思ったんだけど…」

雪風「兎に角…他の敵は皆さんがやってくれます…」


雪風「後は…私とユーちゃんで…貴方を倒す、それだけです!」

磯風「まだ軽巡棲鬼という敵も残っているがな」

雪風「う"…そ、そうだけど…!」


駆逐棲姫「…ユーちゃん?ああ…あの子の妹ちゃんね」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


755以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 15:13:45 ID:I7cdtFXU
おめ!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 竜姉「ショタの男の子を拾ったぞ、どうしよう」 (Res:211)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/01(金) 17:43:16 ID:aUvS33C2
短ssです。
ショタ姉を読みたいと思って立てました

213以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 23:48:46 ID:aNLSYeo2
わくわく


214以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 23:58:05 ID:xY4f1OTY
どきどき


215以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 10:23:25 ID:30KtOONk
兄貴「なに、一発でもお前の信じるもんで攻撃すればいい。避けもしねーが迎撃はする。何かあればワイバーン姉が待機してるしな」

ワイバーン姉「もごもご」

ショタ「拘束されてる、、、まぁうるさいもんね」

兄貴「ショタにあれはダメこれはダメじゃーちっとな。ジュルリ」(さぁ、、、あんだけ俺も他の野郎に頭下げたんだ)


216以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:39:52 ID:Q/AbGH5c
若いと言うのは物覚えがいい
布に水が吸われるみたいに吸収した

魔法は得意でないので基礎以外は他のエルダードラゴンに頭を下げて知識と魔導紙を作ってもらったりした。

特に厄介だったのが風魔法を使うエルダードラゴンが居なかったと言うのが大変だった。昔に絶滅したらしい。 弱かったと聞く。

兄貴「はぁー」


217以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:43:25 ID:Q/AbGH5c
ショタ「」おろおろ

グァアアアア

俺は咆哮をあげる
大口をあけ

大気を揺るが

ショタ「!」

ショタが動き出す。やっと身構えたようだ。緑色の魔法陣が見える。


218以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:49:53 ID:Q/AbGH5c
兄貴(やっぱ肝がすわっている)

ショタはワイバーンであるにもかかわらず。咆哮に臆することがない。出会ったときからだが、重圧を受けきる。並のドラゴンでも咆哮だけでビビったり萎縮し、戦おうともしない。

兄貴(だから目をつけた。竜姉がやってることも理解できた)

俺は強い。故に火竜としては物足りない。他の物も俺を避ける。

戦いがない。血がたぎるような


219以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:59:06 ID:Q/AbGH5c
あった瞬間
ショタの目の奥
小柄のなかに、その身をも焼き尽くすような熱いものが見える

兄貴(昔と変わらないその目!!)

グウァアアアア

2度3度咆哮を上げる
口から雷を纏う炎が口から漏れ出す
目がギラギラしているのがわかる

兄貴「くくく」(手加減なぞとうに忘れた)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 幼馴染「ボクは君みたいな貧乏人には興味無いからね」 (Res:673)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/07(火) 19:47:22 ID:HftH6LoE

男「俺だってお前なんかに興味ねーし!」

幼「どうかな....?」

男「な、なんだよ....」

幼「君、会話の時たまに胸に視線をやるよね」

男「っ」

幼「あれ、女子側からしてみればバレバレなんだよ」

675以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/29(土) 10:04:17 ID:/xng8aC6
››672喧嘩はやめにしましょうや
つうか初めての書き込みが喧嘩に発展とか幸先悪すぎだろ


676以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/29(土) 15:39:23 ID:.0cJDibg
>>675
安価くらいまともに付けようや


677以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/29(土) 16:34:31 ID:SZzvQuik
だから無視しなよ
釣りだろ


678以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 05:43:47 ID:WmnW93fY
分かった分かった、分かってねぇけど分かったから


679以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 12:34:34 ID:NEUx3ZTg
早く続きが見たい‼︎


680以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 13:50:57 ID:X03qWNSE
http://cdn2.gamefront.com/wp-content/uploads/2011/10/siren-blood-curse.jpg


681以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 14:07:25 ID:ec11uxnc
>>680
グロ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 P「俺が竜宮小町に同行?」 (Res:145)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/18(土) 15:30:25 ID:Ta75Ht9U


   765プロ事務所


P「まさかツアー途中に律子が疲労でダウンとは……まぁ、すぐに復帰できるらしいが」

P「残すは仙台公演のみ。何とかなる……いや、俺が何とかするんだ!!」


P「念の為に、他のアイドルも同行させようか? 何か起こった時、前座で時間も稼げるし、最悪代役になる」

P「えっと、その前後日にスケジュールを押さえられるのは……」パラッ




※貴音、響、美希、真、真美の中から
適当に登場キャラを、1レス一人ずつ、二人まで選んでください。(上記キャラのみ)

安価↓2

17:00までレスが付かなければ、こっちで勝手に選抜メンバー決めます。

これは
P「右手を骨折した…」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1428648244/
P「写真撮影に孤島へ行くぞ!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1431929891/
の続きです。

147以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 13:18:42 ID:6xtKcA62


美希「ハニーに、破かせてあげたかったなって」シュン

P「あは、はっ、は……気にしないでくれ」


美希「真くんだけじゃなくて、ミキにも頼ってくれなきゃヤだよ?」

響「っ!? じ、自分もだぞっ!!」



P「ああ、覚えとくよ。ありがとう二人とも」ニコリ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


148以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 14:58:05 ID:6xtKcA62


P「はい美希……」スッ

美希「あはっ、バトンたーーーっち、なの☆」パチンッ


P「もう、いいんだろ響?」

P「駄目だって言われても、こっちは我慢できないからな?」ナデナデ



響「うぅっ……」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


149以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 20:04:43 ID:6xtKcA62


響「なんでさー!! さっきは優しくするって」

P「言ってないぞ? 善処すると言ったんだ」ニヤリ


P「ほらっ、足を広げるからなー?」グイッ

響「うあぁっ!! なんでぇぇぇっ!?」ペチペチ



P「なんでって、こうしないと……痛っ、はい、我那覇さん暴れるの禁止ー」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


150以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 21:13:30 ID:6xtKcA62


響「うぅっ……」

響「は、早くしてよねっ!!」プイッ


P「……」

美希「……」



P「ふっ」ニヤリ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


151以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 21:15:38 ID:6xtKcA62
>>150
×響「んんっ!? あっ、ちがっ、早くって言いのはぁ」フルフル
○響「んんっ!? あっ、ちがっ、早くって言うのはぁ」フルフル

誤字ったし寝る。おやすみピヨ


152以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 21:33:51 ID:VBNCE2d2
おきるぴよ


153以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 11:25:57 ID:dZWsKI7M


P「いくぞー、せーーーーのっ!!」グッ

響「ひっ!? やっ、優しくだぞプロデューサー!! 優しくしてね? 優しく、やさしっ……」






 ヂュブブブブブブブッ!!!



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 野球部「いくぞ後輩!」 (Res:12)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/29(土) 12:03:03 ID:6XY3AoLM
後輩「せっ先輩ィィィ!」

14以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 18:41:08 ID:z8vvknls
店主馬「こいつは…強化馬!」

馬助「お前普通に喋れるのな」

店主馬「それな」

馬助「それより、強化馬って…知ってるんだな、お前も」

店主馬「も、とは?」

馬助「強化馬の事を知っているのは、『馬研究所』の奴か…強化馬自身だ」


15以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 18:43:39 ID:z8vvknls
店主馬「…」

馬助「お前は、どっちだ?」

店主馬「…」

とかなんとかやっているうちに

警察馬は、なんか肉体が暴走して死んだ。

警察馬「ち~ん」

馬助「肉体の暴走による死…これが強化馬の末路だってのかよ…」


16以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/01(火) 18:48:37 ID:z8vvknls
店主馬「…我々は、馬人間界の平穏の為に…これは…こんな結果は…望んでは…」

ブルブル

馬助「…研究者側か、あンた」

店主馬「環境の変化により、馬人間は代を重ねる毎に免疫能力が低下している…このままでは皆…皆滅びてしまう…現状を打開するには…強化馬の研究を進めるしか…!」

馬助「…まぁ、一理あるわな」


17以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 06:05:55 ID:HMtaAPwY
一理もあるのか(困惑)


18以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 09:40:44 ID:C0N67U1A
馬助「だがそれで死んでいった馬人間は数え切れないぞ…数え切れないぞ!」

店主馬「くっ…」

馬助「俺はそんな、無念のまま死んでいった馬人間の声無き声を…性的に代弁する者だ!」

ヌギッ

ヒヒーン

店主馬「きゃあ、黒地蔵!」


19以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 09:45:15 ID:C0N67U1A
馬助「アクセルドライブ!」

ギュィィィ パーララーラ パーラパラーパ

店主馬「く、黒地蔵が金色(こんじき)に!?」

馬助「これが馬人間の怨念だ…くらえ!」

ズブリ

店主馬「あああ…ンあああああああああ!!!???」


20以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 09:47:44 ID:C0N67U1A
馬助「これはクリリンの分!」

パンパンッ

馬助「これもクリリンの分!」
パンパンッ

馬助「ついでにクリリンの分!」

パンパンッ

馬助「なんとなくクリリンの分!」

ドプッ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 パルキア「運営殺してぇ」ディアルガ「何故?」 (Res:21)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/15(水) 01:06:00 ID:hXffs4G2
パルキア「ポケとるでギラティナが最初にでたやん?」

ディアルガ「おう」

パルキア「でその次お前出たやん?」

ディアルガ「だな」

パルキア「で今アルセウスさん出てるやん?」

ディアルガ「うん」

パルキア「俺出せよ!」  ダンッ

ディアルガ「んだない」

23以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/12(水) 06:04:26 ID:3SHrSs4Y
~~~一方その頃~~~

アルセウス「ノーマルコンボ発動!」

カビゴン・ベロベルト「ガアアアアァァァァァッ!」ゴゴゴゴゴ

アルセウス「さて・・・


          行   こ   う   か   ?


                               」

メガガブリアス「もういやだあああああああああ!誰か、誰か助けてくれえええええええええ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


24以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/15(土) 00:05:14 ID:ZEsxpYMc
レックウザ「いや~楽しかったわwww」

カイオーガ「あ、レックウザさんお疲れ様です」

レックウザ「あれ?お前今仕事でいないはずじゃ・・・」

カイオーガ「あ・・・忘れてた!」 ヒューン

グラードン「アホだな」

レックウザ「お前来週同じことしそう」

グラードン「しませんよ!」

ディアルガ(2回も出れるっていいなあ・・・)


25以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/15(土) 00:14:33 ID:ZEsxpYMc
パルキア「フラグ立てるんじゃなかった・・・」

ディアルガ「どういうこと?」

パルキア「ちょっと前にダークライに会ったとき『あいつの方が早く出るんじゃ』みたいなこと俺つぶやいてたんだけどさ・・・」

ディアルガ「ああ、そういえば何かいってたね」

パルキア「現実になった・・・」orz

ディアルガ「あちゃ~・・・」

パルキア「しかも公式の情報によるとレベルアップバトルだと。いいなあ・・・」ハア

ディアルガ「ま、まあ9月4日までは出番はないけどそのあと出れるかもしれないだろ?元気出せって」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


26以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/15(土) 00:26:13 ID:ZEsxpYMc
アグノム「私達第4世代」

ユクシー「幻三人組も」

エムリット「影薄いのかなあ・・・」

ディアルガ「多分三人組だからEXステージで出れるんじゃない?」

アグノム「たしかに」

ユクシー「それは」

エムリット「ありえる」

パルキア「俺はいつ出れるのかなあ・・・」ハア


27以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/19(水) 04:38:03 ID:zIOikNyE
ダークライ「すごく楽しいです」

パルキア(喧嘩売ってんのか?こいつ)イライラ

ディアルガ「いやー楽しそうだね」

ダークライ「ええ、やっぱりギラティナさんやクレセリアさんが言っていた通りレベルアップバトルではエグい妨害ができるので」

パルキア(そのレベルアップバトルではないであろうやつがここに一人いるんですけどねえ)イライライライラ

ディアルガ「まあまあパルキア、そんなにイラつくなって」

ダークライ「そうですよ~」

パルキア「お前が原因だよ!これでもくらえ!亜空」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


28以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/25(火) 01:47:58 ID:a0t2e/wo
メガフシギバナ「っしゃあ!☆再☆登☆場☆」

メガバシャーモ(復活)「あれ?アルセウスさんいないな?」

メガガブリアス(故)「再登場だから手数制か・・・」

メガフシギバナ「本当に手数で助かったっすよ。じゃなかったらアルセウスさんに・・・」ブルブル

マフォクシー(あの・・・おくりび・・・)


29以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 07:13:32 ID:no2DoMio
メガサメハダー「死にたくないお」(´・ω・`)

メガガブリアス(復活)「まあアルセウスさん恐いよね・・・」

メガバシャーモ「いや、今回恐いのはアルセウスさんじゃない・・・」

メガサメハダー「え、だれ?」

メガバシャーモ「トゲキッス」

メガガブリアス「なんで?」

メガバシャーモ「あいつのスキル『フェアリーパワー』」

メガサメハダー「えっと、それ強いの?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 男「モテる代わりに難聴で鈍感になるならどうする?」 (Res:660)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/11(日) 05:25:37 ID:YNZmqIjM
まだ終われてない

1、男「モテる代わりに難聴で鈍感になるんですか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379798915/

2、男「モテる代わりに難聴で鈍感になりましたが」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1380372236/

3、男「モテる代わりに難聴で鈍感になった結果」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1385750291/

4、男「モテる代わりに難聴で鈍感になったけど質問ある?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397082375/

5、男「モテる代わりに難聴で鈍感になるのも悪くない」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406541846/

662以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 03:03:45 ID:FtUaR7qA
キモオタ「男の提案はどれもコレも非現実に偏っているのだ! 現実は非情! な、君だって痛感している筈だぞ」

キモオタ「そして僕から言わせてもらうとだねぇ、君は『こうなれば良い』という思いつきで動いているに過ぎない……だッ!」

男(多種多様な娯楽で鍛え上げられたオタクの観察眼を舐めていた。というより、このキモオタがレアケースすぎるわ)

キモオタ「おンやぁ~? その目は、コイツどうせ否定しかできないで碌に代案出せねぇ無能乙、と語っておられて?」

男「悪かった。生まれつき人を小馬鹿にした目付きでなっ!!」

男「……なぁ、俺は最初からキモオタにそこまで求めちゃいないよ。それに考え出せなくて当然だし」

男(目的は伝えたとして俺はまだ彼へ、具体的に委員長をどう助けてやりたいのか、その実体を聞かせていないのである)

男(けして抜けていたわけではない。そもそも深い説明が不必要なのだ、この先 キモオタを巻き込む意味がない。あえて言えば、使い道がない)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


663以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 03:36:08 ID:FtUaR7qA
キモオタ「僕はね、君らが想像してる以上に被害妄想の塊さ! このまま放置してみろ! 死ぬぞッ!!」

男「し、死なれちゃ困るかな……」

男(如何せん彼を仲間へ取り込まなければならないのだろう。適当な扱いじゃ何処かでまた面倒が起きること必至よ)

キモオタ「男隊長、良いだろう? 僕のプライドを守る為と思えば安いもんさぁ」

男(デカ尻野郎、急に被害者立場利用してきやがったぞ。ここでも自分の策に溺れさせられるわけか、俺のおバカ)

キモオタ「いいかい? けしてデメリットじゃあないんだ。メリットになり得る」

キモオタ「まずは君に心から信用できる親友ができた……うふふ、おめでとう」

男(もはや『お前には関係ない』と彼を突っ撥ねる選択肢すら残されなかった。歓迎、ただ その一つしかない)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


664以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 03:59:18 ID:FtUaR7qA
男「……な、何だその食いつきっぷりは」

キモオタ「信じて聞いてやろうって友人に対してなんつー態度だい」

男(いや、いざとなったら話すのが恥ずかしくなってきたぞ。事実だろうが『モテる代わりに難聴で鈍感』な世界で美少女にチヤホヤワッショイなんて)

男「……お前を心の友と見込んで頼みがある。深くは追求しないでくれないか?」

キモオタ「何っ?」

男「俺が未来からきたという前提で聞くんだ。いいか? 委員長はこのままだと近い内に」

男「死ぬ!! ……原因はわからないし、死因も謎だ……」

キモオタ「ほーん?」ホジホジ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


665以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 04:29:54 ID:FtUaR7qA
男(元々委員長へ惚れていたからこそ今に至った。そう考えていた時が俺にもありました)

男(が、現実へ戻って来てハッキリした。あの子は俺の好みではない……というのも、目が肥えた俺からしたらである)

男(深層では委員長を気にしていたのかもしれない。未来より介入される以前の男というブサ男が、委員長へ触れた時に……思い出せない。だが、あながち間違いじゃないだろう)

男(委員長が俺が生み出した俺がいる理想世界へ入って来たのは偶然なんかじゃない。神は言っていたぞ、彼女が望んでいた事だったと)

男「(それを知るのはもう無理かもしれないがな) とにかく俺は目的を果たしたいんだ。どんな事をしてでも!」

キモオタ「あぁ、どことなく君が捨て身気味だったのにはそういった理由が噛んでるのかもしれないなー」

キモオタ「でも、過去でしでかした事ってそのまま未来に影響するもんじゃね? 元の自分にさ、響かないの?」

男「そこは心配要らん所でな、俺は特異点とか呼ばれてて過去改変の影響受けないんだ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


666以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 05:11:57 ID:FtUaR7qA
男(キモオタは男くん信者なのか? 俺が右を向けと命令すれば右を向くのか?)

キモオタ「あは、どうしたの 男? 逆にそんな疑った目しちゃってさ……」

男(ち、違う……コイツは始めから俺が荒唐無稽な話で、自分を追い返すつもりだと決め込んでいた。奴の顔が語っているのだ)

男(何がなんでも俺へ付き合って活躍を見せつける。そんな歪んだ信念が、どんな非現実をも許容しているのだろう)

男「(つまり、今のキモオタへ何を言おうが、無駄) おい……手伝ってもらうことは無いって俺が言ったら、どうする?」

キモオタ「それはこれから行う君の頭の中にあるプランを聞かせてもらってから、考えるかにゃあ~?」

キモオタ「ま・さ・か、何も考えてない、なんて話すと思わないけど……どうっすか? ん?」

男「(この俺を煽るとはいい度胸だ。よかろう、乗ってやろうか) ストックホルム症候群って聞いたことあるよな、たぶん」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


667以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 05:13:51 ID:FtUaR7qA
ここまで


668以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/02(水) 11:58:42 ID:4IJHXzcs
おつです
美少女達は元気してるのだろうか


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード