板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 触手「こんにちは」俺「はい」(646) / 2 : 上条「白井と」黒子「類人猿と」「「一心同体」」(28) / 3 : 【ジョジョ】カーズっていつ影武者と入れ替わったと思う?(4) / 4 : 某ギャグ漫画家「ネタが無い…もうダメだ…」(15) / 5 : メタラー(女)「何よ!」 パンクス(男)「やんのかコラァ!」(104) / 6 : 男「コミュ症の俺が異世界に?」続!!(607) / 7 : みんなで文才晒そうぜ part2(510) / 8 : 僕「変態琉海、執事になれ」(25) / 9 : ウルトラセブン「カプセル怪獣達が女の子になってる!?」(306) / 10 : 女「この学校で常識は通じない!」(453)
11 : 町娘「サンドイッチ食べます?」少年「あっ、ありがとう」(51) / 12 : 女「え!?男くんが種付けおじさんのターゲットに!?」(11) / 13 : 妹「なんの為に勉強ってやんの?片腹痛い」兄「敗者さん行かなきゃ」(4) / 14 : ヤマタノオロチ八つ子姉妹「ヤマタノオロチ8姉妹です!」(207) / 15 : ハンジ「戯れは」リヴァイ「終わらない」(879) / 16 : 美琴「食蜂の胸、柔らかかったな……」(62) / 17 : 男「モテる代わりに難聴で鈍感なキミたちへ告ぐ 〆!」(116) / 18 : 女「怪奇探偵?」(404) / 19 : 魔王「ボクと世界を手にしない?」村人「手に入れちゃおっかな」(458) / 20 : 「妹になったつもりで、“お兄ちゃん”と、呼んだ」(17) / 21 : 安価でJK育成 その2(642) / 22 : 【プレイ日記】ハルドラ・イールの冒険者達【エルミナージュ】(952) / 23 : ss深夜酒場 part30(468) / 24 : ムサシ「今ならジャリボーイとマジで戦っても勝てるわよね?」(4) / 25 : 男「念願のセクサロイドを手に入れたぞ!」メイド型「膣温は3000度」(48) / 26 : 女騎士「あっ、厚着!」(34) / 27 : 瑠璃「ユートの部屋でお勉強」(22) / 28 : 男「龍倒したら俺の嫁になった」 龍「ん?」(313) / 29 : 鬼娘「こいつはわしの物」 男「マジで?」(82) / 30 : 男「お願いだ、信じてくれ」白蓮「あらあら」(226) / 31 : 菜々子「ポケモンマスターになる!」(174) / 32 : 悟空「ベジータ、何見てんだ?」(4) / 33 : 上条「I'll destroy your fuck'n fantasy!」(181) / 34 : 雪女「早起きは三文の徳!」(19) / 35 : SS深夜VIP休憩所(★20)(878) / 36 : ショタ「お姉ちゃん・・・一緒に寝てもいい?」(20) / 37 : 男「クーデレ許嫁と過ごす日常」(173) / 38 : 女「2次元の世界から出てきて!」 男「・・・」(5) / 39 : ファンタジーライフ マイ主人公×ユエリア(49) / 40 : 新田美波「もう私我慢できないの……」(83) / 41 : 【りくじ】司令官「俺にまぐまぐで戦えというのか」(139) / 42 : 男「よぅ」不良娘「またあんたかよ・・・」(608) / 43 : 中野有香「これから『メロウ・イエロー』の三人でレッスンですっ!」(16) / 44 : 後輩「先輩は鈍感過ぎますよね」(7) / 45 : 犬「動物の温泉旅館へようこそ」(51) / 46 : カレン「なにやってんのよ」 C.C「見てわかるだろう?」(39) / 47 : 男「どちら様ですか」(740) / 48 : ドラコ「二人で飲むのは初めてか」ハリー「そうだね」(18) / 49 : 奴隷娘「この歳で処女とか恥ずかしいですご主人様」(708) / 50 : 僕がまどか☆マギカの世界に?(138) / 51 : 海未「出来ました!」(10) / 52 : お嬢様「......」ジーッ(739) / 53 : 幼「本音大会?何それ」(321) / 54 : 男「安価でWWEレッスルマニアを目指す!」シーズン4(761) / 55 : 女神「私の声が聞こえますか?」(420) / 56 : 男「仕事を辞めて、今日で4カ月と11日」(9) / 57 : 金剛「提督提督ゥー!」(198) / 58 : スージー「願いなんてのはね。自分で叶えるもんなのよ」(436) / 59 : 歩兵「はあ・・・」ポーン「どうした、兄弟」(17) / 60 : 【艦これアサクリ】叢雲「あんたが司令官ね。」「ケンウェイ船長だ」(131)  (全部で948のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 触手「こんにちは」俺「はい」 (Res:646)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/03/26(土) 00:15:33 ID:wYpQJW6U
触手「ごめんなさいまちがえました」

俺「ちょっと待って」

640以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 19:13:20 ID:zwEyO.H2
マジで?


641 :2016/12/07(水) 19:24:21 ID:DBQp4ptM
シャバドゥビタッチニンシーン♪シャバドゥビタッチニンシーン♪


642 ◆rFVEcgcMlk :2016/12/07(水) 20:41:44 ID:STyHrlkE
触手ちゃん「ほら、魔王ちゃんだってそうだし」

魔法使い「いや、でもおっぱいが嫌いなわけじゃないでしょ?」

触手ちゃん「いや、おっぱいがどうのこうのじゃなくて、なんていうか…見た目が子供っぽい感じ?」

魔法使い「それってただのロリコンじゃん」

触手ちゃん「どっちかっていうとそういうのが好きなだけじゃない?昨日だってお姉ちゃんのおっぱい触りまくってたじゃん」

魔法使い「もうよくわかんない」


643 ◆rFVEcgcMlk :2016/12/07(水) 21:06:06 ID:STyHrlkE
触手ちゃん「なんなら俺くんに聞いてみてもいいんだよ、どこが好きかって」

魔法使い「いや、それをサキュが聞いたらどうせ殴りたくなる展開になるでしょ」

触手ちゃん「私が殴られないんなら別に殴ってもいいけど」

魔法使い「それは俺くんを殴れってことだよね」


644 ◆rFVEcgcMlk :2016/12/07(水) 23:24:27 ID:STyHrlkE
触手ちゃん「そんなことしたら私怒るよ」

魔法使い「じゃあどうしろっていうの?」

触手ちゃん「がまん、それか自分に言われてるかのように妄想する」

魔法使い「なんだか虚しくなりそう」

触手ちゃん「でもお姉ちゃんもそういう男の子がいたらわかると思うよ、なんか無性にいちゃいちゃしたくなるし」

魔法使い「いないからわかんないしその彼氏いるアピールやめろ」


645 ◆rFVEcgcMlk :2016/12/07(水) 23:42:26 ID:STyHrlkE
触手ちゃん「いないほうが悪いんだよ」

魔法使い「この生意気な妹め…ぐぬぬ」

魔法使い「かくなる上は…もうあれしか…」

触手ちゃん「なにひとりで盛り上がってんの」

魔法使い「サキュ、これ飲んで」

触手ちゃん「これ入れ替わるやつでしょ、飲まない」

魔法使い「ダメかー…」

触手ちゃん「むしろなんでいけると思ったのか知りたい」


646 ◆rFVEcgcMlk :2016/12/07(水) 23:46:35 ID:STyHrlkE
~

触手ちゃん「まさか本当に夕方まで居座られるとは思わなかった」

魔法使い「俺くんに話聞いたら帰るし、ね?」

触手ちゃん「……ごはんつくろ」

魔法使い「夜ご飯は…」

触手ちゃん「ダメ」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 上条「白井と」黒子「類人猿と」「「一心同体」」 (Res:28)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/05(月) 13:49:23 ID:.8a3SSl.
ピピピピピッ

「ん、もう朝か…朝ごはん作らないとインデックスがうるs、お姉様目覚ましがうるさいですの…」

「……ん!?今上条さんの口から何か、な、なんですの!?」

「ちょ、ちょっと待って!?待てとはというよりなんですのこの声は!?私の声ではありませんの!!」

「その口調!?えぇーっと、その喋り方は白井でないでせうか?」

上条「そうですの。常盤台中一年、風紀委員の白井黒子ですの。や、やっぱりそうだよな…」

上条「そういうあなたは誰ですの?まったくこんな狭い部屋に風紀委員の私を連れ去るなんて見上げた根性ですの」

上条「今直ぐ開放すればアンチスキルへの引き渡しを取りやめにしてもよろしくてですよ。いやえぇっとだからな」

「歯切れが悪いですわね。こほっ、それにしても声の調子がおかしいですのまるで殿方のような…何か薬でも持ったんですの?」

「いやだからな。おや、ここに鏡が…ってどういうことですの!?」

上条「私があの忌まわしき類人猿の顔になってますの!?これは、どういうこと、ちょっと落ち着けって!!」

22以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 18:40:53 ID:o9LlO65.


ーーー

ーーーーー

上条「シャワーまで見られた…不幸だ。シャワーシーンの需要もなさそうですし割愛ですの、さっきとあまり変わりませんしね」

上条「後はもう寝るだけか。そうですわね。今日は色々と疲れましたの、起きたら元どおりだといいのですが…」

上条「本当にな。明日治ってなかったら病院に行くことしましょう、何かわかるかもしれませんの」

上条「病院か。でもそれしかないよな。こう言うのに詳しい奴もいるけど、うーん」

上条「そんな知り合いがいるならなんで聞かなかったんですの。それはあれだ、この時点だと俺はそいつの正体を知らないし」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


23以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 18:53:04 ID:o9LlO65.
上条「もう寝ようぜ、起きて元どおりってこともあるかもしれないし。戻ってるといいですの、能力も使えないし不便すぎますの」

上条「使おうとしてたのか?もちろんですの演算は出来ても体が違うからか能力の片鱗も見せませんの」

上条「あー、それは多分だけど白井のせいじゃないぞ。俺の右手のせいだ。右手?」

上条「そうそう俺の右手は幻想殺しって言って異能の力ならなんでも打ち消せるんだ。無茶苦茶な能力ですのね」

上条「ですがそれなら色々と納得ですの。けど良いことばかりじゃない、一緒に幸福も打ち消しちまうらしいんだ」

上条「上条さんが不幸不幸だって言っていたのはこれが原因ですのね。てっきり、不幸な自分をかわいそうと思って欲しいのかと、上条さんは女々しいと思われてたってか!?」


24以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 19:55:58 ID:o9LlO65.
上条「さてさて、どうでしょうか。想像にお任せしますの。さてと、もうお休みしましょう」

上条「だな、あしたに戻ってると良いな。そうですね、そう祈りますの」

上条「……お休み。白井。おやすみなさい、上条さん」


25以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 19:59:14 ID:o9LlO65.
ーーーーーーーー

ーーーーー

ーー

「……っ…………ろっ……!?」


「……!な……あぁ……」


「お…………の…………るか?」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


26以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 20:06:04 ID:o9LlO65.
チュンチュン


「ん、もう朝ですか、なんだか変な夢を見てたきが……」むくり

「おや?ここは……そういえばあの殿方と……ん!?」ペタペタ

「こ、これは……この白くて細い腕に足、そして頭の横に見えるツインテール!!それにこの声!!」ペタペタ


黒子「戻ってますのおおおおお!!」



黒子「やっと黒子は元に、上条さ、うおぉぉっ!? なんだこりゃ!? はっ?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


27以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 20:07:30 ID:o9LlO65.
とこんな感じで1日おきに操る体が入れ替わる上条と黒子の2週目の話
とりあえずインデックス編あたりまでやってみる


28以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:34:50 ID:IOdbYOPg
支援!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 【ジョジョ】カーズっていつ影武者と入れ替わったと思う? (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1柱の男 :2016/12/07(水) 19:18:41 ID:F.q.lp1A
全く入れ替わったシーン描いてないのだが、皆はいつだと思う?

2以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 19:40:20 ID:HifhBYJg
スレ違いだ馬鹿者


3以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 20:04:22 ID:F.q.lp1A
>>1スレ違いだぞ


4以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:11:36 ID:IOdbYOPg
ここからSSを始めてもええんやで


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 某ギャグ漫画家「ネタが無い…もうダメだ…」 (Res:15)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 12:33:15 ID:NTd/ED/k
※某有名雑誌の某漫画を参考にしています

ギャグ漫画家「ぐおおおおおおおお・・・」

担当「せ、先生、締切まであと2日しか無いんですよ!?」

担当「原稿白紙ってどういうことですか!!」

ギャグ漫画家「ネタが無いんだ…」

担当「5年近く『あの漫画もうネタ切れだろ』と言われながら頑張ってきたじゃないですか!」

担当「諦めたら、そこで試合終了ですよ・・・?」

ギャグ漫画家「う、うるせえええええ!」

ギャグ漫画家「俺の気持ちがお前にわかるもんか!」

担当「ノベライズもゲームもアニメ化も実写映画化もされてるじゃないですか」

担当「もっと頑張れよお!」

ギャグ漫画家「全部爆死が確定してた奴じゃねえか!ふざけるな!」

ギャグ漫画家「いいか、ギャグ漫画ってのは要するにこういうことなんだよ」

担当「回想に入ってる暇なんてないですよ――――」

9以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 12:39:08 ID:NTd/ED/k

芸人『やっぱり、お前と一緒にいるのが一番楽しいな』

芸人B『へへっ、突然どうしたんだよ』

芸人『俺もピンでこの番組を支えるのは疲れたんだ』

芸人『俺と一緒に… 盛り上ゲイ♂』

芸人B『ウホウホ!今日から俺らはおほもだち♂』

「とうとう腐女子に媚びやがった」「マジキモイ」「キモい?気持ち悪いの間違いだろ」
「え?私腐ってるけど、このコンテンツに最初から価値を見出してないよ?」

芸人『』
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 12:40:18 ID:NTd/ED/k

担当「ところで、ネタは出来ましたか?」

ギャグ漫画家「そうだ!ネタが無かったんだあああああああああ!あばばばばばぁ!」

ギャグ漫画家「うひゃああ~~~もう気が狂っちゃったああああ!死のう!今すぐ死のう!」

ギャグ漫画家「絶望した!!人を笑わせるギャグ漫画家が笑えない漫画雑誌に絶望した!!」

担当「とうとう存在そのものがシュール系ギャグになってしまったか・・・」



担当「ギャグ漫画家は本当に大変。みんなも彼らがダークサイドに落ちるまで、応援してあげてね☆」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 12:51:28 ID:IOdbYOPg
救いはないんですか(感嘆)


12以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 13:17:33 ID:2ZiOyLK6
泣ける


13以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 14:39:54 ID:8ZNmanes
業の深い職業よなぁ



14以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:00:44 ID:LpGvqcII
元ネタが気になる


15以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/08(木) 00:23:39 ID:cFXMBMjM
ぷぷぷとかか
おつ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 メタラー(女)「何よ!」 パンクス(男)「やんのかコラァ!」 (Res:104)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/11/23(水) 03:35:57 ID:0XkatUwU

……俺には好きな女の子がいる

同じバンドのメンバー



フレーム太い黒縁メガネ

服装は大体バンドジャケットとTシャツに、カーゴパンツ

赤みがかった髪は、バレッタでバチンとまとめてて

身長は俺よりちょっと高く、やや増し増しの体脂肪。


化粧もせずにスッピンで、持ってるグッズアクセはメタルものまみれ

バッグやギターケースには、缶バッチめっちゃ付けている……


顔の素材は悪くないけど、

パッと見は野暮ったくてダサいのが、いつものアイツ


でも、初めてのセッションで見た

カッコよすぎる光景は忘れられない……

981 :2016/12/06(火) 21:35:14 ID:9LBMr.lM

グイッ!


酔っ払い「がああああああ!?」

酔っ払い「イデデデデデデデ!」


男(き、きまったぁ!)グッ

男(美少女さんのアームロックだァ!)



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


991 :2016/12/06(火) 21:38:32 ID:9LBMr.lM

~10分後~


警官「それでは、後はお任せください」

OL「助けていただき、ありがとうございました」


美少女「……」フルフル

男「いやぁ、当然ですよ」


警官「それでは、お二人も気を付けてお帰り下さい」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


1001 :2016/12/06(火) 21:39:30 ID:9LBMr.lM

男「……」

美少女「……」





美少女「……」

男(ツイてる。話しかけるチャンス来たこれ!)


1011 :2016/12/07(水) 22:46:14 ID:LpGvqcII

男「い、いやぁ、とんだ事件でしたね」

美少女「……」


男「最近は物騒な事件が多くて嘆かわしいです、ホント」ウンウン

美少女「……」


男「そうだ、もう夜も遅いですし、宜しければ俺が途中までお送りしますけど」


美少女「……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


1021 :2016/12/07(水) 22:49:09 ID:LpGvqcII

男「帰りってどちらの方ですか?」

美少女「……」スッ

男(あっちを指差したか)

男「おぉ、ホント奇遇ですね。俺も家あっちなんですよ」

美少女「……」

男(や、これホント)


男「それじゃ、一緒に行きましょうか!」テクテク
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


1031 :2016/12/07(水) 22:50:31 ID:LpGvqcII

男「うんうん。それにしても凄かったですよ」

男「さっきの酔っ払いへのアームロック!」

美少女「……」

男「腕をガシッっと掴まえたかと思うと、」

男「次の瞬間には華麗に、こう関節がキマってて!」グッ

美少女「……」

男「マジで鮮やかでした。格闘技とかやってたんすか?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


1041 :2016/12/07(水) 22:52:35 ID:LpGvqcII

男(そうだ、いいこと思いついた!)


男「あの、聞いてほしいことがありまして」

美少女「?」

男「訳は言えないんですけど、俺は、強くなりたいんです!」

美少女「……」

男「だから、突然で申し訳ないんですけど……」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 男「コミュ症の俺が異世界に?」続!! (Res:607)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/03(土) 22:45:16 ID:oo996bvY
これの続きです
男「コミュ症の俺が異世界に?」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1457184151/
男「コミュ症の俺が異世界に?」続!http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1461932744/

コミュ症も異世界成分もなくなってますが気にしたら負けです
安価あり。スカ・グロなし、エロ苦手。にて書きます。駄文注意です。

長くなりました(とーっても)。基本、選択安価で進めていくお話です
たまにステ上げ間違えたり忘れたりしますがご了承ください
落としどころどうしようか・・・


【主な人物紹介】
男:本作の主人公。ステは限界突破(1段階)済み。革命に参加予定だったが話が来ない。劇中最強クラス

少女:遺跡の守護者であり魔王と体を共有している。男に告白済み。強さは男以上

魔王:少女の体を借り受ける形で体を共有している。男に惹かれている?

イケメン:革命家。武力蜂起する予定 居場所→工業街 前スレでは工業街に行かず出番なし

王:王国の王様。融通があまり効かない。武闘派

聖母:守護者。描写がないが王国最高権力者

女騎士:男とフラグが立ったと見せかけてなかなか出番がこない

武闘家:強さを求めている者。広い心の持ち主 男の娘とコンビを組んでいる。男の仲間になる予定

男の娘:男の娘改め魔法使い見習い(通称:見習い)武闘家とコンビを組んでいる。男の仲間になる予定

601以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 21:55:24 ID:yLWwWWos
d


602以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 21:55:42 ID:/fB9QgA.



603以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 22:11:17 ID:7YL9xdao
男「やられたらやり返さないとな」

男「盗賊討伐を行う!」

男「盗賊の奴らはどこへ行ったんだ」

住人「東の・・・森の中かと思われます!なにとぞ・・・なにとぞ娘を!!」

漁師「手を貸そうか?」

男「いや、大丈夫だ」

男「東の森・・・山の麓か、急ごう」


604以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 22:34:32 ID:7YL9xdao
場所:山の麓 盗賊のアジト

盗賊1「おらおら!」パンパン

娘「もう・・・もういやぁぁぁぁ・・・」

盗賊2「そっちのは鳴ける元気があるのかよ!こっちのはもう鳴かないぜ」パンパン

女の子「・・・」ユサユサ

盗賊頭「やりすぎて壊すなよ!堪能したら売るんだからな!!」

盗賊2「分かってますよ」

・・・・・・・・・・・・・・
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


605以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:13:37 ID:iX/S.o1s
なんか…これどっかのアニメの展開に似てるような…気のせいだな、うんw
まぁ皆殺しは変わらないね


606以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:15:50 ID:iX/S.o1s
>>595
そっかぁ…そうなる可能性もあるのか
でもなんかなぁ
子供はそのまま置いてくのはなんかだめな気がするんだよなぁ
ちゃんと定期的にあうとかそうゆうのならいいんだろうけど旅してるわけだし、何があるかわからないしね
なんかいつでも連絡できる手段が欲しいね。そうすれば様子とか聴けるし


607以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 23:17:39 ID:iX/S.o1s
>>596
そうだねwまぁ無いとしてもケリつけといて問題は無いでしょ?
ケリつけないで後々面倒事に巻き込まれるよりは先にやっといた方いいって…多分


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 みんなで文才晒そうぜ part2 (Res:510)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 18:14:17 ID:mNOcI4dM
ここはお題に沿った地の文込みのSSを晒すスレッドです

・主に地の文の練習や批評・感想の場として使ってください
・次スレは>>990が(規制等の際には有志が)必ず『宣言』して立てる事
・気楽な雑談がしたい方は酒場や休憩所でどうぞ

【注意】台詞形式のSSは受け付けておりません

前スレ
みんなで文才晒そうぜ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1352992635/

お題>>2

504以下、名無しが深夜にお送りします :2016/11/29(火) 00:39:01 ID:/7TRxqmU
突然の>>410
>>410じゃなくて>>497


505以下、名無しが深夜にお送りします :2016/11/29(火) 07:01:03 ID:xo9cMLfc
散々やね
>>490>>497


506以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/02(金) 05:02:22 ID:e.RGnkSA
土日目前にお題age
↓次題


507以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/02(金) 11:54:17 ID:CQmY3Gn6
ご当地ヒーロー



版権にはならないと思うが際どいなら安価下


508以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/02(金) 22:08:54 ID:rKjC0qBQ

「なんでウチの市のご当地ヒーローって、あんなにイケてないんだろうね」


たまたまTVで流れた地産地消を奨励するローカルCM、そこに登場した地元のヒーローキャラクターを指して妻が言った。

確かにそのデザインは古臭く、レトロ感を狙ったにしても成功しているとは言い難い。


「今のはデフォルメされたイラストだからまだマシ。このあいだ駅前で着ぐるみバージョン見たけど、百倍ヒドかったよ」

「なんだかヒーローにもゆるキャラにも、なりきれてないのよねぇ」


娘も妻の意見に賛同し、そして二人は揃って市の職員である私の方を向いた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


509以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 21:32:34 ID:MMyJR7zs
世界のいろんなところで争いがあったとしても、空が青いうちはなんてことはない。
いざこざが過ぎて鞘に収まり切らな問題だって、いつかは必ず丸く落ち着く。
だから、困ったときは闇雲に頑張ろうとするんじゃなくて、まずは空の色を見るんだよ。
祖母は生前、それを俺によく言い聞かせていた。

口調は穏やかでのんびりとした性格。
茄子を育てるのが趣味で、収穫期にはいつも背負い籠を紫色で
満たして「作りすぎてね」なんて言い訳しながら近所に配り歩く。
祖父が先に逝った翌年から、茄子の出来が悪いねえとこぼすようになったが、
優しい祖母が作る茄子はたいがい色艶がよくて、一般人に違いは判らなかった。

「どうやって茄子作ってたんだよ」
若い体力を持っていても鍬一本で畑を耕すのは骨が折れる重労働だった。
汗と土埃で汚れた顔を手ぬぐいで拭くと、あっという間に茶色に汚れた。
顔を上げて畑を見渡す。時間と体力をかけて拵えた畝は、想像以上に立派に伸びていた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


510以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 21:41:28 ID:MMyJR7zs
お題では浮かばんくてフリースタイル
許せよ

>>508
読みやすくて好きよ
日常感があふれてて明るい
おとんがんがれ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 僕「変態琉海、執事になれ」 (Res:25)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/11(土) 00:51:30 ID:pIxkvwTo
琉海「はぁはぁ…どこまで追いかけてくんだよ」

鬼「みぃっけ」っ[ナイフ]

琉海「わっ」ドテッ

鬼「逃げないでよ」

琉海「んなら殺そうとするな!」ダッシュ

鬼「あぁあ、めんどくさいな」

鬼『あぁ、赤鬼くん?そっちいったよ』

琉海「こ、ここまでくれば…」ハァハァ

司令官「今日はここまで」

司令官「お疲れ様でした」

【1日目終了】

19以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/10(日) 02:11:08 ID:iyP4eT8k
僕「っと…あと5分か…隠れとこ…」

鬼「〜〜〜〜〜〜〜」

おに「~~~~~~~?」

僕「なんか話してる」

鬼「なんか、人が俺らのこと殺してるって」

おに「まじで?食われる前に殺すってか?」

鬼「らしいな、しかもちっせぇ女とか」

おに「んなら、ガキども先食った方がいんじゃね?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


20以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/10(日) 02:19:59 ID:iyP4eT8k
琉海「あぁ、めんどくせぇ」

A鬼「めんどくさいならさっさと食われろよ」ニタ

琉海「ホモには興味無いからな」

B鬼「A、俺は足食うかんな」っ[ナイフ]

A鬼「あぁ」

琉海「だから俺は食われねぇって!」

A鬼「グハッ」バタッ

B鬼「な…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


21以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/10(日) 02:27:00 ID:iyP4eT8k
琉海「ねぇ、まい?片付けとかおわったの?」

?「何言ってんの?」

琉海(あら、人違い…)

?「終わるわけないじゃん」

僕「琉海でしょ?」

琉海「え?いつから気づいてたの?」

僕「メールくれたじゃん?あの時からぁ」

琉海「え…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


22以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/10(日) 02:31:34 ID:iyP4eT8k
[]に入る言葉をアンケート!

①会ったらナデナデって約束ね

②琉海がこの前僕が近くにいたら…

③琉海一応、チャットでは兄者だ

この三つの中から選んで!


23以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/13(水) 19:23:19 ID:8BQX/bIA
支援


24以下、名無しが深夜にお送りします :2016/11/25(金) 19:26:23 ID:p6teBgLY
久々に続き

琉海「知らない」

僕「しょうがないな…」

琉海「こっちの台詞だ」ギュッ ナデナデ

僕「!? 急にしないでよ!」

琉海「してほしかったんでしょ?」

僕「///////」

琉海「それに、いつ食われるか…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


25以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 20:07:26 ID:2q3fgvYs
僕「怖いより強いって言ってよ…」

琉海「はいはい…って何してんの?!」

僕「何って泳ぐの教えてくれるんでしょ?忘れた?」

琉海「いや、今じゃなくても!ってか脱がない!」

僕「水着着てるし…ってか変態な癖にしたことないの?」

琉海「いや…ってそういんじゃ無くて!」

僕「泳げと方が殺りやすいんだけどな…」

琉海「ヤるの?!あ、殺るか…」///
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 ウルトラセブン「カプセル怪獣達が女の子になってる!?」 (Res:306)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 00:42:16 ID:UFsWQ6ks
光の国

セブン「(今日は久々にカプセル怪獣達を鍛えてやるとするか・・・)」ポン

セブン「!?」

ウインダム「お呼びですかご主人様?」くいっ

ミクラス「ご主人様〜〜!」

アギラ「・・・何か用?ご主人?」ふぁ〜

セブン「」

300以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 14:19:01 ID:AqrM4edg
別にババルウ星人ならへし折ってもいいんじゃないかな……


301以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 16:18:42 ID:/ctiIYGA
メトさんのアームロック...ゴクリ


302以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 17:10:04 ID:zo5V3fgo
メトロン「……」ぱっ

ババルウ「ひぃ…ひぃ…!」

メトロン「ふん」ドゴ!

ババルウ「ぶへぇ!?なんでぇ!?」バタン

ババルウ「」チーン

メトロン「ふぅ…なんかもう食欲が失せてしまった」

メトロン「金は置いとくな」

店主「ま、毎度…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


303以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 17:10:37 ID:zo5V3fgo
ーー

メトロン「駄菓子屋でおやつは買ったし」

メトロン「目的の物以外も沢山買ってしまったが…まあいいだろう!」

メトロン「暇だったから掃除もしてやったぞ。軽く箒で掃いて掃除機をかけて…床は雑巾がけをしたぞ」

メトロン「部屋が綺麗だと気持ちのいいものだな」ボシュ

メトロン「もう夕方か…一日というのは早いものだな」

メトロン「今日も夕焼けが美しいな…地球人はこれを世界遺産にするべきだな」すぱーっ

メトロン「そろそろウルトラセブンが帰って来るかな夕食の支度を始めるか」グリグリ


304以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 17:14:01 ID:zo5V3fgo
ーー

「お疲れ様で〜す」

ダン「お疲れ様でした。」

ウインダム「ようやく終わりましたね」コキコキ

ミクラス「思った以上にハードだったぞ…」

アギラ「早く帰ろうよ…お腹すいたし眠い…」ウトウト

ウインダム「貴女が眠いのはいつもでしょ」

アギラ「うるさいダム子」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


305以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/07(水) 17:14:50 ID:zo5V3fgo
ミカヅキ「新人のモロボシ君にミクちゃん、アキちゃん。それにダム子ちゃんよろしくね!」

ウインダム「何故貴女までその名前で呼ぶんですか!?」

ミカヅキ「え〜?だって今アキちゃんがそうゆうたから」

ウインダム「私にはウイン…白銀レイカと言う名前があります!」

ミカヅキ「(ウイン?)ごみんごみんよろしくレイカちゃん」

ダン「所でさっき私の事モロボシ君と呼んでいたが私の方が君より年上なんだから君は…」

ミカヅキ「え〜ウチの方がここじゃ先輩だよね?」

ダン「それはそうだが…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


306以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/08(木) 00:32:52 ID:WDF0Hvus
一発ギャグ……寒すぎるのが浮かんでしもうた


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 女「この学校で常識は通じない!」 (Res:453)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1ジャガー大佐 :2016/09/27(火) 07:53:32 ID:lPt7swRw
初めましての方は初めまして 前作、前々作や今まで書いたのを読んでくれた方はありがとうございます ジャガー大佐です
前々作 美少女「君にどうしても言いたいことがある...」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/internet/14562/1474346114/l30
前作 男「この学校...やばすぎだろ...」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/internet/14562/1474556109/l30
を読んでから本作を読むことを推奨します

447ジャガー大佐 :2016/11/29(火) 08:17:07 ID:KnVzhcwo
幼女「やだやだ〜ご飯食べたい〜」ジタバタ

男妹「ち、縮んだ!?」

男「このタイミングで使うか それ...」

幼女「こうでもしないと許可しなさそうだからね」

男「側から見れば、小さい子が通りすがりの学生に飯たかってるように見えるがな」

男妹「か、可愛い...」

ヒョイ

幼女「うわっ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


448ジャガー大佐 :2016/11/29(火) 08:21:58 ID:KnVzhcwo
男「あいつ、鍵持ってたし...はぁ...こりゃかなり食料が食べられるなぁ...」

〜男の家〜

男「やっぱり空いてる...」

『キャー可愛いな〜』

『は、離して...』

『いいじゃない 減るもんじゃないし』

『こ、こうなったら..』

『あ〜元に戻っちゃ駄目〜』
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


449ジャガー大佐 :2016/12/02(金) 12:19:42 ID:0bXv3kzc
最近、本当に忙しかったため、更新すらままならかった...これからは幾分かはマシなるだろうと思います


450ジャガー大佐 :2016/12/06(火) 07:54:18 ID:UFzzuB3w
男「昼食、僕と妹の2人分しかないけどどうするんだろう...」

スタスタ ピタッ

男「おいおい...まいったな...」

男妹「来るのが遅いね」

男「いや、そっちじゃない 何でそれを食べようとしてるんだ...」

美少女「適当に探したら好きなカップ麺があったから まだかな〜」ワクワク

男「それ...楽しみに取っておいたんだけど...」

美少女「えっ!? そうだったの? ...食べる?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


451ジャガー大佐 :2016/12/06(火) 07:58:38 ID:UFzzuB3w
2号(絶対無理してるよね...あの様子...)

美少女「そうなの? じゃあ遠慮なくいただきます」

パクパク ズーズー

男妹(切り替え早っ!)ガーン

男「それじゃあ僕達も食べるとしよう...」

男妹「お、お兄ちゃん 私のトンテキあげるよ」スッ

男「えっ? でもそれ 数少ないおかずの1つだぞ いいのか?」

男妹「大丈夫 私、少食だから ほらほら」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


452ジャガー大佐 :2016/12/06(火) 08:13:10 ID:abAgNUx2
男妹「ところでさ...気になってたんだけど...」

男「ん?なんだ?」

男妹「お兄ちゃんと女4さんとの関係は再従兄弟だってのは聞いたけど 正月ってこの世界にもあるんだよね? その時、来るの?あの人」

男「来るだろうな〜数少ない親戚だし...まぁ、あいつのことを知ったのは中3の時だったけど...」

男妹「ん?どういうこと?」

美少女「そこからは僕が説明しよう 3年前の受験勉強で忙しかった時に突然お祖父ちゃんが家に来てね 実は親戚がいることを言ったんだよ そりゃ、みんな驚いたさ そんなこと知らなかったんだからね」

男「お祖父ちゃんが女4のひいお祖父ちゃんのことをとても嫌っていてね...そのせいで疎遠になってたんだよ...」

男妹「でも何で突然、親戚が居るって打ち明けたの?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


453ジャガー大佐 :2016/12/07(水) 16:24:24 ID:6VEAvfIA
男妹「へぇ〜そうだったの...ん?東京?」

男「この前言ったろ?事故で両親無くしたって 高校入ったばかりのことだったかな...いきなり知らない番号がかかって来てさ 恐る恐る取ってみたら、女4のお祖父ちゃんだったんだよ 母さんを呼んでくれと言われたんだ」

美少女「その後、お祖父ちゃんが住んで居た家が空き家だったから譲る形でこっちに戻って来たんだ 最初は大変だったよ 学校になかなか来なくてさ これでも学級委員も兼ねてるから学校来るように説得するんだけど1ヶ月はかかったかな...」

男「学校終わった後、すぐに女4の家に行っていたよね...」

男妹「それは...お疲れ様です」

美少女「まぁ、何とか学校来るようになったんだけどね 今度は勉強面で困るようになって...ちょうど男に告白される前までかな...定期的に家に寄って勉強教えていたんだよ」

男「それは知らなかったなぁ...」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード