板情報 | R18ランキング ]  

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 水木聖來「ドッグウォーカー」(96) / 2 : 男「俺って言いたいことを言えない男なんだよなぁ」(3) / 3 : 【ラブライブ】亜里沙「早く元に戻りたーい!」(546) / 4 : 後輩「ショタい先輩をドロッドロにする」(65) / 5 : 提督「もう…5年経つのか」(595) / 6 : ゾンビ娘「レイ○されました」賢者「人聞きの悪いこと言わないで」(574) / 7 : スーパークロス大戦 青き龍の魂を継ぐ者(102) / 8 : 陛下と艦娘と黒の大王(カービィ×艦これ×アルペジオ)(557) / 9 : 男「完璧な社会」(6) / 10 : レッド「マサラから旅に出るかぁ…」(109)
11 : 僕「気づいたら、異世界で&#183;&#183;&#183;&#183;」(166) / 12 : 勇者「違う!!」(107) / 13 : 安価でなんかしようと思う(123) / 14 : 魔王「ありきたりだが」側近「魔物を作ります」安価(165) / 15 : 平民「俺が勇者!?」【安価】(687) / 16 : 女「頭蓋骨ってとうがいこつって読むんだね、私ずっと」(196) / 17 : 「最弱魔王の決戦」(521) / 18 : リヴァイ「延々と」ハンジ「戯れたい」(401) / 19 : 真夏の夜のガンダム第四章「エクシアレイプ!野獣と化した刹那」(21) / 20 : 男「会社が潰れて社長の親父も死んだ」(200) / 21 : 若ハンター「オトモと共に歩む」(21) / 22 : カイト「ソードアートオンライン?」(89) / 23 : 女「私古風な女ですゆえ」(44) / 24 : 錬金術師「経営難に立ち向かう事になった」新人鉱夫「その3!」(442) / 25 : 少年「エロい小学生」(10) / 26 : 提督「深海棲艦これくしょん?」(2) / 27 : 男「0番ホームで君を待ってる」(103) / 28 : 魔王「さて、そろそろ本気を出すか。」(89) / 29 : ピッコロさんと同衾(144) / 30 : 幼馴染「ボクは君みたいな貧乏人には興味無いからね」(296) / 31 : 【R18】モバP「逆襲のモバP」その2【安価】(996) / 32 : 男「財布を落としちまった……!」(38) / 33 : [プレイ日記?]アリアハンの魔法使い(662) / 34 : 田中「お前、ルーヒーと付き合ってるんだっけ?」ハス太「そうだよ」(28) / 35 : 女「ひっひっひ、さっさとブツを見せてみなさい?」(42) / 36 : 苗木「希望ヶ峰に入学したから安価で行動しよう。」(275) / 37 : 男「俺様と付き合うことを許可してやる。」女「え、嫌ですけど。」(29) / 38 : メイド「ご主人様〜」(51) / 39 : ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2(570) / 40 : パワポケ君「電脳六大学野球編」【時々安価】(242) / 41 : 青葉「俺だって…勢いだけとか、ハジケた生き方してみたいんだぜ?」(180) / 42 : アニ「アンタ昨日オナニーしたでしょ」(4) / 43 : 勇者「ハアハア…」しこしこ(547) / 44 : 姉「お姉ちゃんのこと、好き?」(7) / 45 : 男「年上が好き」 座敷童「・・・ふむ」(60) / 46 : 私「<円卓の騎士>探さねば、この世に光なし!」(21) / 47 : 上条「そんなの知らない!」サローニャ「もー…上条ちゃんたら…」(278) / 48 : ゼロの使い魔 星の戦士伝説(744) / 49 : 俺「ミ…ミナコイチャット?」(34) / 50 : 俺「駄目だ!もう我慢できねぇ!」(4) / 51 : 【安価】女「の、呪いのカードゲーム……??」(54) / 52 : 男「妹に興奮する奴がいるか」(181) / 53 : 上嬢「だいすきだぞー」 ???「はいはい」(92) / 54 : ライナー「母乳が出るようになった」(54) / 55 : 男「…ヤンデレですよね?」女「…違うよ?」⊃包丁(532) / 56 : 両津「おいフータロー!暇ならわしの相手をしろ!」ヌギヌギ(22) / 57 : アクセル・ロウ「ここはどの時代なんだ!?」レミリア「あらあら」(28) / 58 : メリー「私メリーさん、今……」 男「後ろにいるんだよね」(36) / 59 : 男「淡々とアニメ&ゲームの都市伝説を解説していく」(76) / 60 : 男「我が校は現時刻をもって貴校に対し宣戦を布告する!!」(98)  (全部で947のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 水木聖來「ドッグウォーカー」 (Res:88)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
11 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/16(火) 16:57:02 ID:j98jx6Hk



―プロローグ―



 とある日の昼下がり、俺は茨城の郊外型のペットショップを訪れていた。

「まさか地元に帰っていたとはな……」

 店の外から中の様子を伺う。そこには他の従業員と談笑しながら犬にブラシを
かけている1人の小柄な女がいた。3年前に別れた時よりもいくらか落ち着いた
雰囲気になっていたが、あどけなさの残る顔立ちは昔と変わらなかった。

 俺は彼女に気付かれぬよう電柱の陰に隠れてしばらく彼女を見ていた。彼女は
水木聖來という。年齢は23歳になっただろうか。今から4年前、当時大学生に
なったばかりの彼女をアイドルのプロデューサーだった俺はスカウトし、彼女の
担当Pとして一緒に仕事をしていた。





901 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:22:48 ID:YB6ZH3V2


「悪い遅れた、よっちゃんも待たせちまってごめんな」

「い、いえ…、私達も今来たところですから…」

 夏樹は革ジャングラサンにハードなブーツで足下までガッチリ固めて、背中には
ギターを抱えていた。せっかく夏樹に慣れかけていたよっちゃんがまた怖がってる。
あんた今日は演奏しに来たんじゃないのよ?

「まぁ、一応ってことでな。それじゃパーキングにバイク停めて来るぜ」

 夏樹はそう言ってさっさと走って行った。あのコ何であんなに気合入ってるの?
あんな姿よっちゃんのお母さんには見せられないわね。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


911 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:23:40 ID:YB6ZH3V2



―――



「お、やってるやってる」

「伊吹さん今日はスケボー乗ってないんだな」

 入口にいたスタッフさんにPさんからもらった名刺を見せて、アタシ達は会場に
入った。ステージ上では伊吹がPさんに何か説明を受けているようだった。

「こっちに気付いてないね。伊吹のジャマしちゃ悪いしこっそり応援しよっか」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


921 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:24:20 ID:YB6ZH3V2


「あちゃ〜、とられてたかあ…… って、げげっ!? 」

「おや?懐かしい顔だな」

 遠目に見るとわからなかったけど、近くで見てその先客がアイドル時代の知り合い
だったのに気付いて驚いた。昔は敵同士としてよくLIVEで戦った相手だ。





931 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:25:02 ID:YB6ZH3V2


「な、なんであんたがここにいるのよ!? 」

「なんでと言われても、私は346プロの所属だし今日はここでリハをするのだが。
 君こそどうしているんだい?」

 キザったらしく短い髪をかきあげて立ちあがたのは東郷あい。いつも宝塚の男役の
ような格好をしていて、キザったらしくサックスとか吹いちゃったりして、異性より
同性のファンが多いタイプのキザったらしいアイドルだ。





941 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:25:57 ID:YB6ZH3V2


「ふっ、君の周りには相変わらず色々な子がるね」

 アタシの後ろの夏樹とよっちゃんを見て、あいは愉快そうに笑った。よっちゃんは
あいにウィンクされて顔を赤くしている。ちょっかいかけないでよ!

「いやすまない、美しいお嬢さんには相応の挨拶をしないとね。もちろんロックな君も
 可愛らしいと思っているよ」

「どーも」

 よっちゃんとは対照的に、夏樹はあいの言葉を軽く受け流していた。するとあいの
後ろにいた女の人が席を立った。その人はあいと同じくらい短めのショートヘアーで、
大きな黒縁メガネをかけた美人さんだった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


951 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:26:50 ID:YB6ZH3V2


「あい、この子達は知り合いなの?」

「知ってるのは一番前にいる水木聖來君だけだよ。今ステージ上にいるスカウト君の
 元アイドルで、昔LIVEで対戦した事がある。可愛い顔に似合わず強いぞ」

「そうなの?見た所高校生に見えるけど、あなたが戦っていたのは中学生の時?」

「アタシこれでも23よ!」

 失礼な発言をするメガネ女に向かって怒る。あいどころか、後ろのよっちゃんと
夏樹も声を押し殺して笑っていた。ひどいっ!


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


961 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/21(日) 01:27:25 ID:YB6ZH3V2


「あらそうなの?私とあいと同じ歳じゃない」

「え……?」

「自己紹介が遅れたわね。相川千夏よ、よろしく」

 千夏はそう言ってフレンドリーに握手をしてきた。もっと年上だと思ってたわ……





名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 男「俺って言いたいことを言えない男なんだよなぁ」 (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:19:42 ID:/XfjWKtI
男「俺ってさ……」

男「言いたいことを言えない男なんだよなぁ」

女「あら、そうなの? 信じられないわ」

女「たとえば、どういう時?」

男「たとえば、そうだなぁ……」

2以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:22:50 ID:/XfjWKtI
男「家電量販店ってあるだろ?」

女「ええ、私もたまに行くわ」

男「ああいうところで、パソコンとかデジカメを買おうとするじゃん」

女「うん」

男「で、ぶっちゃけどれも似たようなもんだから、すっごく悩むじゃない」

女「そうね。どれも一長一短あって、即決はできないわね」

女「だけど、ああいう店の店員さんってすっごく詳しいじゃない」


3以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:26:39 ID:/XfjWKtI
男「そこで俺、店員に聞けないんだよなぁ」

男「これとこれの違いはなんですか、とか、この中でオススメはどれですか、とか」

女「あら、そうなんだ」

男「うん……」

男「聞いちゃえば一発なのは分かってるのに、なかなか聞けなくて」

男「しょうがないから近くに置いてあるカタログを頑張って読んじゃう」

男「結局、時間の無駄なんだけどね。店員が話しかけてくるのを待つしかない」

女「そりゃそうよ。容量が何バイトとか、何万画素とかだけ見比べても、なかなかねぇ」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 【ラブライブ】亜里沙「早く元に戻りたーい!」 (Res:538)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1 ◆tr.t4dJfuU :2014/11/09(日) 11:26:42 ID:9UuiF.ks
前作が終わらないので次スレになりました。


他のみんなは動物になってます!安価で助けて下さい!男の激しい性描写を描くような安価は安価下です。

では前回の安価から

ママショタ(雪穂)「」

5401234 :2014/12/20(土) 10:31:39 ID:Q47Qaq4s
絵里「時代はほののぞ…ハッキリ分かるチカ。帰るチカ!」

希「そう言えば穂乃果ちゃんにメチャクチャにされる薄い本が…」

海未「何を訳の分からないことを…」

にこ「急に何を言いだすかと思えば…」

理事長「時代はほのりじよね?」

海未「は?仮にも教師がそんな事をしていいと思うんですか?」

理事長「園田さん?」ピキピキ

凛「け、喧嘩だにゃ…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


541 ◆tr.t4dJfuU :2014/12/20(土) 10:42:07 ID:Q47Qaq4s
うみりじツバ「!!」ギリギリ

ことり「えへへ…穂乃果ちゃんの手も暖かいよ?3人が嫉妬して醜いね。」

海未「何か言いましたかことり?」にこっ

ことり「いや、幼馴染の嫉妬が醜いなって。」えへへ

海未「うふふ…」

希「みんな元気がええんやね…」

真姫「絵里。これで分かったでしょ?今はほのことなのよ?元にいた場所に帰りましょう?」

絵里「[安価↓]」


542以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 10:45:11 ID:QLE8cLH6
じゃあほのまきでいいわ
ほのまきを広めに行くわ
後ついでにのぞえりもね


543 ◆tr.t4dJfuU :2014/12/20(土) 17:08:11 ID:aIxwrmAs
絵里「じゃあほのまきで良いわ。これから私はほのまきを広めに行くわ。ついでにのぞえりもね。」じゃ

穂乃果「!?」

希「消えた…」

にこ「て言うかほのまき?ダメよ!」

穂乃果「ほのまき?」

ことり「は、早く止めに行かないと。」

にこ「真姫ちゃんもダメって言ってるにこ!」

真姫「[安価↓]」


544以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 17:19:29 ID:PltvY896
私は別にいいけど…////
(こっそりとにこが臭い屁をこくスイッチを押す)


545真姫ちゃんェ ◆tr.t4dJfuU :2014/12/21(日) 01:16:09 ID:0m8DlUdg
真姫「わ、私は別にいいけど…////」ポチッ

ぷ〜♪
全員「!?」

にこ(え!?やだ…アイドルなのに。そんな…)

穂乃果「何か臭くない?」すんすん

希「うん…何の臭いやろうな?それに今の音は…」

にこ(や、やば…にこに矛先が向いたら…)ドクンドクン

にこ「ぷ…プーさんだよ…(精一杯のモノマネ)」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


546 ◆tr.t4dJfuU :2014/12/21(日) 01:25:09 ID:0m8DlUdg
にこ「ハチミツ食べたいなぁ。」

ことり「はい!ハチミツ!」ことっ

ペロッ
にこ「ゥンまああ〜いっ」

海未「それは別の作品の人ですよ。」

真姫(くっ…上手く逃れたみたいね…なら[安価↓]はどうかしら?)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 後輩「ショタい先輩をドロッドロにする」 (Res:57)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/16(木) 00:33:16 ID:E.l0OOtA
旧校舎三階は今日もひと気がない。

夕焼けに照らされた廊下は埃とカビのにおいがする。

その三階の階段から二番目の教室が地学部の部室。

私と先輩の部屋。

立て付けの悪い扉を開くと、望遠鏡と石のサンプルが収まった棚が並んでいる。

もとは地学準備室だったそうで。

そんなことはどうでもいいけれど。

私は地学なんぞに興味はない。私が興味があるのは先輩だけ。

あの、小さくて可愛らしい、私の先輩。

そうですこの部には勧誘する先輩がかわいらしくて入ったのです。

いじましくて、私のものにしたくって。

59いぬのたまご参上! :2014/12/14(日) 19:00:01 ID:uLIRPmtg
まとまったお金が欲しい人はこちらへ

http://www.fc-business.net/qgesw/


60以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/19(金) 17:40:58 ID:PWJVQAkM
age


61以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:07:59 ID:m3MsrmkY
「そんなに弄ってほしいならシてあげます」

と、手を滑らせて下の方へ。前じゃなくてうしろ側。

身体と身体の間に滑り込ませて谷間を指で割る。

今度は直接穴に触れると、先輩がピクンってした。

「ここ、沢山かわいがってあげますね」

ふふ、そっちじゃないって顔してる。かわいいなあ。

でも私、先輩がここも大好きなの、しってますから。

だから今日は、こっちを徹底的に躾けてあげるんです。


62以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:08:41 ID:m3MsrmkY
先輩に四つん這いになってもらって、さらに顔を毛布につけさせる。

両手は顎の横。お尻だけつきだした、みっともない格好。お尻を弄る姿勢。

先輩の白い、すこし丸みを帯びたお尻は興奮のためかほんのり紅く染まっている。

おんもりとした尻たぶの間には薄褐色のすぼまりが、ひくひくしている。

その下にはきゅっとして、でもいつもより心もち大きい睾丸と、おあづけ中のおちんちん。

この姿勢なら、うっかり刺激を与える、なんてことはまずない。

念のため、膝をひらいた状態でモップの柄に縛りつけて、これで準備完了。

これで先輩は抵抗できない。もともとしないけど。


63以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:09:16 ID:m3MsrmkY
まずは、両手を尻たぶに。

きめ細かな先輩の肌は吸い付くようで、なでまわしたくなる。なでまわした。

すりすりと、紅く染まる先輩のお尻を愛撫しながら、段々と中心へ。お尻の穴へ。アヌスへ。

お尻をなでられるだけでもイイみたいだけど、穴に近づくほどに、反応が良くなる。

期待しているんですね、先輩。

ふふ、ちゃあんと、叶えてあげますよ。


64以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:10:40 ID:m3MsrmkY
アヌスにギリギリまで指近づけて、ピタと手を止める。

困惑する先輩。

直接触れて欲しかったんですか?

指でずぶずぶって、奥までかき回して欲しかったんですよね。

それはまだ、もうちょっと待ってください。

でも、これもきもちいいですよ。

ふふっ

そのまま両手を押し分けて、アヌスをむき出しに無防備に。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


65以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 01:12:54 ID:m3MsrmkY
先輩のアヌスに口づけをして、舌を伸ばす。

先輩はこれが大好き。

しっかり綺麗にしてくれたら、特に味はしない。

皺の一本々々をなぞるように、ゆっくりと舌を動かす。

まずは表面だけ。

ね、ぞくぞくするでしょう?

ああ、そんなに腰をそらせて。よっぽどイイんですね。

先輩がよがるの、わたし好きです。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 提督「もう…5年経つのか」 (Res:587)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1 ◆GJolKKvjNA :2014/06/02(月) 22:10:20 ID:nxIbxpTc
同時進行しているので更新頻度は一日一回くらいです。
雑談はしてもらって構わないです。

589 ◆GJolKKvjNA :2014/12/11(木) 01:34:13 ID:elVekD7A
#
雷「あっ!雪降ってきた!」


夕張「……はぁ」


雷「どうしたの?」


夕張「雪降ってるの見るとね、なんか憂鬱になるのよ」


雷「どうゆうこと?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


590 ◆GJolKKvjNA :2014/12/11(木) 01:34:53 ID:elVekD7A
雷「そう、でも大丈夫よ!」


夕張「え?」


雷「夕張は必要よ!だって夕張がいないと寂しいもん!」


夕張「……雷ちゃん」


雷「夕張は一生懸命ちゃんとやってるわよ!この雷が自信をもって言えるわ!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


591 ◆GJolKKvjNA :2014/12/11(木) 23:47:00 ID:elVekD7A
#コ*イ*ヌール
最上「や、鈴谷」


鈴谷「あ、もがみんじゃん」


最上「暇だったから来てみたよ」


鈴谷「注文どうする?」


最上「そう、それ!それで呼んだんだよ。僕あまり紅茶とか飲まないからさオススメとか知りたいかなって」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


592 ◆GJolKKvjNA :2014/12/11(木) 23:47:34 ID:elVekD7A
最上「それ紅茶なの?」


鈴谷「そうだよ!ちゃんと紅茶の香りもして絶妙なんだよ。あとさっきの3つ合わせたのも美味しいよ」


最上「じゃぁそれで」


鈴谷「これストレートかミルクにするかどうする?」


最上「どっちがいいと思う?」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


593 ◆GJolKKvjNA :2014/12/11(木) 23:48:08 ID:elVekD7A
最上「じゃぁミルクティーでお願い」


鈴谷「ロイヤルか普通のミルクティーどっちにする?」


最上「え!?どう違うの?」


鈴谷「あぁそれはミルクを…省略」


最上「じゃぁそれでお願い」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


594 ◆GJolKKvjNA :2014/12/21(日) 00:39:54 ID:co7P..sQ
#
加賀「あらいい匂いがするわね?何作ってるの?」


曙「ん?あぁ加賀さん。クッキーよ」


加賀「そう………」


曙「……できたら食べる?」


加賀「いただくわ!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


595 ◆GJolKKvjNA :2014/12/21(日) 00:40:26 ID:co7P..sQ
曙「お疲れ様ー、オヤツ持ってきたから少し休憩したら?」


暁「本当!?やった!」


雷「美味しそー!じゃぁいっただきまーす!!」


曙「ほら手洗ってからよ。消ゴムのカスとか付いてるじゃない。飲み物どうする?」


暁「紅茶お願い!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 ゾンビ娘「レイ○されました」賢者「人聞きの悪いこと言わないで」 (Res:566)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1 ◆9UkOGtZTdE :2014/08/20(水) 22:28:30 ID:WbjN006U

  ※ ゾンビ娘「レイ○されました。死にたいです」
    http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406960105/
      の後日談にあたるものです。

   先にこちらを読んでからこのssを読むことをお勧めします

  ※ だいぶゆったりとした更新になるので、たま〜に見に来る位でちょうどいいと思います

568 ◆9UkOGtZTdE :2014/12/10(水) 23:57:39 ID:MHNYSvm2

賢者「……っ!?」バッ

  何か懐かしい声が聞こえた気がして、賢者ははじかれたように振り返った。
 しかし、そこにかつての仲間、かけがえの無い友の姿は見つけられない。

賢者「本当にに頭打ったかな……?」クスッ

  何となく不安になったが、何故だか、背中を押されたような気がする。


賢者「……いってきます」

  帰ってくる時は、彼女と一緒に、二人で帰ってくる。
 そう決意して、賢者は戸を開け放った。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


569 ◆9UkOGtZTdE :2014/12/11(木) 00:03:23 ID:coQtEutE
今日はここまでです。年内にもう一回投下出来たらいいな〜


570以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/11(木) 00:11:46 ID:RZCpUGO6
賢者の呪いがよく分からん
すれ違いの呪いってのは、80年の間一度も顔を出さなかった期間の事か?

黄泉還りの代償で存在証明をなくすってのは、「賢者」という役職はあっても「賢者」自身の名前がなくなったってことか?
よく分からん


571 ◆9UkOGtZTdE :2014/12/11(木) 23:41:55 ID:coQtEutE
>>570
おそらく、後ほど本編で追加説明するかもしれませんが、
呪いについては「知り合いに一切会えない、かつ姿を遠目で見ることも出来なくなるもの」
「人間の人生一回分の時が過ぎれば、その効力を失うようになっていた」と考えていただければ…

名前に関してはその解釈で正解です。

中二病をこじらせ過ぎた稚拙な文ではございますが、最後までお付き合いください。


572以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/14(日) 20:54:30 ID:KDxAAy/I



573以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:53:15 ID:wtXBDA6U

名前から骨が抜かれてて不覚にもワロタwww


574以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 00:27:51 ID:XvbhXxXA
もうこういうくっそキモいssは書かないでね^^


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 スーパークロス大戦 青き龍の魂を継ぐ者 (Res:94)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/16(火) 20:08:14 ID:DQhj5G0A
これはスーパークロス大戦 Dragon Soulsの設定を書き換えてリメイクしました。
あまりにもキャラを無駄に出してしまったので・・・。
では、プロローグからどうぞ・・・。

リメイク前:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414068770/

96以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:00:10 ID:DhP/IiqE
コードギアスの世界

「であるからして、この攻撃で多くの兵士達が亡くなりました。」

鬼塚「また犠牲者がでてしまったか。いつになったらあの戦争は終わるんだ?」

シャーリー「分からない。どちらかが降伏しない限り、戦争は続くと思う。」

ミレイ「おまけに異世界からの戦士達も姿を現したからね。こうなると長期戦は避けられないわ。」

鬼塚「ああ。」

コツコツ

バク丸(おい。今の話を聞いたか?この戦争はどちらかが降伏しなきゃ終わらないそうだぜ。)ヒソヒソ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


97以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:15:02 ID:DhP/IiqE
バク丸達の船

ガオウ「なるほど。戦争を止めるにはこうするしか方法はないという事か。」

サキ「しかしなぜ、この戦争が起こっていたのでしょうか?」

ニョロリ「データによれば、黒の騎士団の総帥であるゼロの正体は、皇帝であるシャルルの息子のルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだニョロリ。」

クリーム「息子が親に対して戦争を仕掛けるなんて・・・。彼等の間にいったい何があったのかしら?」

タルト「そう言えば噂で聞いたことがある。シャルルは自分の野望であるラグナレクの接続をする為、自分の子供を見捨てたと・・・。」

くるみ「そんな・・・。」

ドラ・ザ・キッド「絶対に許さねぇ!自分の野望の為に自らの子供を捨てるなんて!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


98以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:20:53 ID:DhP/IiqE
それから3日後

バク丸「うひゃー。すごい数の人だかりだな。」

くるみ「そうですね。あっ、ユーフェミア様が出てきました!」

ナコルル「しかも向こう側からはゼロが姿を現しましたね。」

バク丸「よし!準備はいいか?」

いろは「ええ!」コクリ

ヒュンヒュンヒュンヒュン

バク丸達の船
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


99以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:48:50 ID:DhP/IiqE
そして演説が始まり、バク丸達はそれぞれの位置にスタンバイをした。
バク丸「どうやら演説もそろそろ終わるころだ。あとは邪魔が入らなければ・・・。」

ビービー

ゼロ「ん?」

ユフィ「この警報はいったい・・・?」

バク丸「い、いったい何が起こったんだ?」

プルルルル

ナコルル「あっ、リムルル。何があったの?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


100以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 00:12:31 ID:Otx1zFSc
「私はスカルウィザーズ四天王の1人、道元だ!」

バク丸「スカルウィザーズ!?どうなってんだこりゃ!?」

ユフィ「貴方達は何が目的なのですか!?」

道元「決まっている。全ての次元を征服し、渾沌の世界に陥れる事だ!」

バク丸「そう言う事か。だったら黙っているわけにはいかないな。」

道元「貴様等は何者だ!?」

バク丸「我等、爆裂戦隊。」

バク丸達「エトレンジャー!」ビシッ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


101以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 00:15:16 ID:Otx1zFSc
シャルル「ルルーシュまでいたのか。まあいい。ここにいる日本人に告ぐ!」

ガオウ「何をする気だ!?」

シャルル「自らの野望の為に死んでもらおう。やれー!!」

王ドラ「そうはさせません!アチョー!」バッ

ドガガガガ

エル・マタドーラ「ナイス攻撃!俺達も行くぞ!」

タルト「おう!!!」

ルルーシュ「ならこちらも黙ってはいられない!スザク、C.C.、カレン、ユフィ、行くぞ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


102以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/21(日) 00:24:01 ID:Otx1zFSc
ドゴーンドガーン

道元「おのれ!こうなったら私が相手だ!」

「おっと、お前の相手は俺だぜ?」

道元「何者だ!?」

コツコツ

鬼塚「随分派手な事をしていると聞いたら、どうやらアンタの仕業だったようだな。」

カレン「鬼塚先生!」

シャーリー「私もいるよ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 陛下と艦娘と黒の大王(カービィ×艦これ×アルペジオ) (Res:549)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1陛下とカタツムリの人 :2014/04/08(火) 15:15:23 ID:L4PKYR3c
皆さんどうも、こんにちはこんばんはダス。
醜き陛下とカタツムリの人です。
やっぱり性懲りも無く書いてしまいました、今回も長くなるかもしれんので気長に付き合ってくれたら幸いです。
ではここで注意点を。
1:キャラの口調とか可笑しいかもしれない。
2:相変わらず安定しない投稿スピード。
3:誤字脱字するかも(多分)。
4:ご都合主義や急展開があるかも。
5:今回はアルペジオ成分薄め、精々ミョウコウ達や話の間に挟むおまけ程度。

これらがokな方のみ、お進みください。

はい いいえ

本当に良いんですね?

はい いいえ




こ う か い し ま せ ん ね ?

はい いいえ


では、人物紹介を始めてから本編に行ってみよう!

551陛下とカタツムリの人 :2014/12/18(木) 23:09:55 ID:.2MMHDBE
URLこっちね…ごめん https://www.youtube.com/watch?v=dfwZRmkHfy8



ネクロディアスの杖から黒い雷が落とされる。

長門「っ!」

雷は石像に堕ち、粉々に砕け散る。

摩耶「っ…手荒い歓迎してくれるじゃん!?」

ネクロディアス「ふはは…こうして直に目見えするのは初めてだな、お嬢さん方」

デデデ「お前か、カービィを十人に分けたのは」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


552陛下とカタツムリの人 :2014/12/19(金) 20:11:19 ID:a8tFg57E
ネクロディアス「何故だ?」

長門「それで攻撃しても十人に分かれるだけだ」

ネクロディアス「……あ、そうか」

摩耶「いや気づけよ」

ネクロディアス「長い事使ってないからな、仕方ない」グバァッ


ゴグンッ

大鳳「あっ!?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


553陛下とカタツムリの人 :2014/12/19(金) 20:58:07 ID:a8tFg57E
ネクロディアス「さあ…行くぞ!此処がお前達の墓場と成るのだ!」

摩耶「その台詞、そのまま変えさせてもらうぜ?」

デデデ「安心するZOY!刻む碑文は格好良くしておくZOY」


BGM:https://www.youtube.com/watch?v=zqP2tIxaY90(おそろしいてきだ!)

ネクロディアス「はぁっ!」ゴォッ!

骨の拳を握って、地面に向けて振り下ろす。

吹雪「よっ、と!」タッ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


554陛下とカタツムリの人 :2014/12/19(金) 23:44:45 ID:a8tFg57E
天龍「どうやって」

龍田「分からないから少し考えさせて〜」

天龍「…分かった」


ネクロディアス「何をコソコソと話しておる!」コォォォォ

手に禍々しい色の光玉を生成し、そのまま投げつける。

摩耶「…ちっ、安全な所からチマチマと…!」

エスカルゴン「あー、一番イヤなタイプだわアレ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


555陛下とカタツムリの人 :2014/12/20(土) 21:07:01 ID:jovEOri2
大鳳「効かない、か」

長門「やはり、弱点を探しだしてそこを叩くしか無さそうだな」


大きな骨の手が、中指と人差し指を足にして迫り来る。

吹雪「ひいぃ!?は、走ってくる!?」

天龍「蹴られるぞ!ボヤっとすんな!」ガシッ

吹雪の服を掴んでそのまま手から離れる。

天龍「っ…あんのヤロ…吹雪、大丈夫か?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


556陛下とカタツムリの人 :2014/12/20(土) 22:01:29 ID:jovEOri2
長門(龍田達はさっきから何を話しているんだ…?)


天龍「…成る程な」

摩耶「押さえきれるのかよ?」

龍田「この世で何が恐ろしいか、それは?」

吹雪「…数の暴力?」

龍田「正解よ〜」

天龍「物量作戦だ、今までじゃ出来なかった事だぜ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


557陛下とカタツムリの人 :2014/12/21(日) 00:22:25 ID:ofALs1Vo
ドゴォオン!!

拳が当たる前に皆一斉に散り散りになり、拳は意味も無い事をする羽目と成った。

吹雪「てやぁっ!」ドォッ!

摩耶「食らいやがれっ!」ドォンッ!

長門(皆が動いている…!私も負けていられないな!)


ネクロディアス「効かぬよ…そんな物!」ゴォッ!

もう片方の拳が、何時もより力を強くして向かってくる。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 男「完璧な社会」 (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 21:56:32 ID:Cnjwba/k
男「21世紀前半まで、そんなものはないと思われていた」
男「だが、それは間違いだったのである」
男「さまざまな技術の発展と失敗の歴史により、限りなく完璧と言える社会が作られたのだ」
男「言ってみればそれは簡単だ」   
男「人間心理を巧みに操る独裁制」
男「それだけで、今の平和は作られているのだ。」
男「よしっ!書けたぞ」

2以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 22:05:40 ID:Cnjwba/k
男「だけど成功したのはこの国だけ」

男「なんてことは書いたらだめ、と」

男「ひさびさに外に行くか」

男「外にはこの前いつ出たかな」


3以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 22:32:47 ID:Cnjwba/k
男「まあいいかな、そろそろ買い物に行かないといけないか」

ー道路ー
男「買い物もすましたし、帰ろうかな」

友「よう!久しぶりだな」

男「久しぶりだね、元気そうでなによりだ」 

友「お前はせっかくあったのに暗そうだぜ?ちゃんとかみさまに祈ってるか?」

男(友が言ってる”かみさま”は小型の機械で、あらゆる判断や助言をしてくれる)

男(それを使うのはこの世界では美徳だ。昔は違ったらしいが)

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 22:46:25 ID:Cnjwba/k
男(あいつは良い奴だが、この社会の熱心な信者で、事あるごとにその話だ)

男「場をわきまえろよな・・・」

男「さて、帰ろう」

男「にぎやかだなぁ」

男「ああ、女だ」

男「なにやってんの」

女「ああ、久しぶり」

女「いや、なにもしてないよ?」


5以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:10:49 ID:Cnjwba/k
女「そう言う君は友君の悪口かい?」

男「聞いていたの?」

女「ああ、ごめん、それについてはあやまるよ」

男「いや、怒っているわけではないけれど、、、」

女「まあそれはいいとして、なんで引きこもったのかい?」

男(それあつかいかよ)


6以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:50:34 ID:Cnjwba/k
男(つーかテンポがはやいな)

女「おーい、聞いてるかい?」フリフリ

男「立ってると邪魔そうだし家で話さない?お茶くらいはだすよ」

女「いきなりだね、、、いいよ。この後なにも用事はないしね」

ー帰り道ー
女「さて、質問だが」

女「引きこもった理由とやらはあまり聞かれたくない話なのかい?」

女「それとも、ただ単にあそこで喋っていたら邪魔だったからかい?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 レッド「マサラから旅に出るかぁ…」 (Res:101)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/16(火) 18:15:29 ID:VYCC.MMs
一応、ポケモン(カントー)の世界観です。

今回は家での生活がキツくなったレッドがマサラタ
ウンから旅に出るって内容です

ー春ー

レッド「俺の名前はレッド、15歳の少年だ。家での生活がキツくなったからアルバイトをして食べている。」

レッド「家族は父さんが居なくなった途端にどっか消えるし、俺はモテないし…」

レッド「どうなるんだろうなぁ、俺」

そう、斯く言う一人暮らしなのである

103以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 21:23:37 ID:F.zIHJW.

ーハナダシティー

レッド「てなわけで…」

レッド「3番道路を越え、おつきみやまを越え、ハナダシティまでやってきました〜!」

レッド「みんなどうする?」

グリーン「俺、ジム戦だ!」

リーフ「私は観光を!」

レッド「ん、そうかそうか!みんな先が見えてていいな!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


104以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 21:29:43 ID:F.zIHJW.


レッド「招待だと?誰からだよ」

グリーン「マサキってやつさ。この先の道路に家があるから是非来いって」

レッド「そんなとこに家がある人からいつの間に」

グリーン「マサキが3番道路にでるポケモン探してるときにそこで俺と会ってな」

グリーン「珍しいポケモン探してる者同士意気投合しちゃってさ〜」

グリーン「俺のイーブイもその時もらったんだぜ」

レッド「へぇ〜」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


105以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 21:32:25 ID:F.zIHJW.

グリーン「レッド!あれみろよ!」

グリーン「トレーナーがたくさん!バトルのイベントみたいだぜ!」

レッド「まじか…正直腕に自信はないからあそこで実力を確かめてもいいかも…」

レッド「よし、行くわ」

グリーン「っしゃ!俺が先だ!」

レッド「ちょっ、待て!!」


106以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 21:41:38 ID:F.zIHJW.

ーハナダのバトルイベント会場ー


主催者「今回のイベントはトーナメント形式で進めます!」

主催者「優勝者にはサントアンヌ号のチケットを進呈しましょう!」


そのトーナメント、なんと驚くことに俺は決勝まで勝ち進み決勝で初めてグリーンと対戦することになった

レッド「まさか決勝まで来れるなんて…」

レッド「そして相手がお前だなんてな…グリーン!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


107以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:14:23 ID:F.zIHJW.

レッド「いけっ!ヒトカゲ!」

グリーン「いけっ!ゼニガメ!」

レッド「!!」

グリーン「へぇ…相性は俺が優勢だな」

レッド「ここまできたらそんなものは関係ないさ」

レッド(ジム戦を思い出せ。ヒトカゲにこのフィールドを駆けさせるんだ)

グリーン「いくぜ!みずでっぽう!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


108以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:21:16 ID:F.zIHJW.

ゴォォオ

レッド「よしっ!炎で飲み込んだぞ!」

グリーン「……」

グリーン「…あまいな!」

グリーン「高速スピン!」

ゼニガメ「カメー!」ぶんぶんっ

レッド「なにっ*」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


109以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/20(土) 23:27:48 ID:F.zIHJW.

グリーン「水のフィールドを作るんだ!」

ゼニガメ「ゼニィ!」フシャァァア

レッド「水のフィールドだって!?」

レッド「くそっ…フィールドが水浸しだ…」

グリーン「これでヒトカゲは無力!」

グリーン「もう攻撃していいぜ!あわ!」

ゼニガメ「ゼニィ!」ぽぽぽ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード