板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 水木聖來「ドッグウォーカー」(221) / 2 : 幼馴染「ふふふ…男くぅん」(229) / 3 : 男「結婚しよう」女「いいわね」(14) / 4 : 理事長「たまには温泉でもいかがかしら?」(66) / 5 : セイ野レン子「この歌声も、貴方だけのものですよ」(101) / 6 : 魔王「さて、そろそろ本気を出すか。」(231) / 7 : インキュバス「どうも、サキュバスです」(82) / 8 : 兄「兄妹で」上妹「のんびり」下妹「生活!」(481) / 9 : 処女ビッチ「犯してくれなきゃ悪戯しちゃうぞ/////」(55) / 10 : 妹「えへへ、楽しいなぁ…」(38)
11 : モバP「アイドルと一線を越えた」 18禁(9) / 12 : 配達員♀「お届けに上がりました」(7) / 13 : 神様「おめでとーございまーす」童貞「はっ?」【安価】(20) / 14 : 男「女の子になっていた」(6) / 15 : 陛下と艦娘と黒の大王(カービィ×艦これ×アルペジオ)(747) / 16 : 男「パンツ見せてください」転校生「バ、バカじゃないの!」(252) / 17 : 俺「平穏な世界は何処へ&#183;&#183;&#183;」(89) / 18 : [プレイ日記?]アリアハンの魔法使い(791) / 19 : 後輩「わたし昨日、告白されたんですよ」(134) / 20 : エレン「ドリフターズ?」(913) / 21 : 苗木「希望ヶ峰に入学したから安価で行動しよう。」(425) / 22 : ss深夜酒場 part23(155) / 23 : ユミル「ここはウォール・マリア西区」ベルトルト「愛の巣」(229) / 24 : 『嘘つきの部屋』※安価(170) / 25 : 男「我が校は現時刻をもって貴校に対し宣戦を布告する!!」(129) / 26 : 【R18】モバP「モバPの野望」【安価】(828) / 27 : 【ケモノ】ナイン・テイル【風俗】(11) / 28 : スレイン「またアセイラム姫で抜いてしまった・・・」(10) / 29 : フリーザ「私の戦闘力は53万キリですよ」(2) / 30 : ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2(592) / 31 : 野獣先輩「このページにぃ、割のいいバイト、載ってるんすよ」(79) / 32 : 勇者「バトル大会に優勝したら>>3が貰えるだと!」(14) / 33 : 男「年上が好き」 座敷童「・・・ふむ」(81) / 34 : 後輩「ショタい先輩をドロッドロにする」(115) / 35 : 妹「兄さん、このスレはID腹筋ですよ」(267) / 36 : ラオウ「sideMなどやらず、そのスイッチを押せい!!」(26) / 37 : 男「みんな!このスレはID腹筋スレだ!絶対に開くなよ!」(348) / 38 : 見た人が続きをかくスレ(110) / 39 : 真美「ただの」P「デート」(31) / 40 : 幼馴染「ボクは君みたいな貧乏人には興味無いからね」(318) / 41 : 財前時子「下僕にしてあげる」(87) / 42 : 私「<円卓の騎士>探さねば、この世に光なし!」(34) / 43 : 橘「桜井梨穂子先輩…か……」(214) / 44 : アーチャー「召喚に応じ参上した」ルイズ「あんた誰?」(321) / 45 : 黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」(372) / 46 : テストスレ(519) / 47 : 海の上の駅(84) / 48 : 提督「ロリコンだと?」(502) / 49 : インコ「ですよねー」(7) / 50 : レッド「ハードボイルドにチャンピオンを目指す」(350) / 51 : 僕「気づいたら、異世界で&#183;&#183;&#183;&#183;」(240) / 52 : 勇者「ハアハア…」しこしこ(594) / 53 : エレン「暗鬼館」(369) / 54 : イリヤ「シロウ、臭い」(13) / 55 : ユウキ(どうしよう・・・)(11) / 56 : エデルリッゾ「・・・姫様、姫様・・・!」 アセイラム「・・・」(11) / 57 : シリカ「どうしてキリトさんはここをこんなに固くしてるんですか?」(12) / 58 : 俺「ミ…ミナコイチャット?」(40) / 59 : 命蓮寺退場の事(797) / 60 : 幼馴染お姉ちゃん「濡れちゃった…」(323)  (全部で865のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 水木聖來「ドッグウォーカー」 (Res:213)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
11 ◆o9WNs1uyjQ :2014/12/16(火) 16:57:02 ID:j98jx6Hk



―プロローグ―



 とある日の昼下がり、俺は茨城の郊外型のペットショップを訪れていた。

「まさか地元に帰っていたとはな……」

 店の外から中の様子を伺う。そこには他の従業員と談笑しながら犬にブラシを
かけている1人の小柄な女がいた。3年前に別れた時よりもいくらか落ち着いた
雰囲気になっていたが、あどけなさの残る顔立ちは昔と変わらなかった。

 俺は彼女に気付かれぬよう電柱の陰に隠れてしばらく彼女を見ていた。彼女は
水木聖來という。年齢は23歳になっただろうか。今から4年前、当時大学生に
なったばかりの彼女をアイドルのプロデューサーだった俺はスカウトし、彼女の
担当Pとして一緒に仕事をしていた。





2151 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 00:59:18 ID:eXjuEpF2


「ところでお前、明さんに利用されていた事はもういいのか?お前はそのことに
ついては何も言わなかったから気になっていたんだが」

「それは明とお姉さんの問題で、アタシがどうこう言う事じゃないでしょ。それに
 アタシは明が本心であんな事を言ったとは思ってないし」

 明さんと麗さんの確執は、明さんが高校生の頃に麗さんに手作りのドリンクの
試飲を頼まれ、それを飲んで病院に運ばれたのがきっかけだった。それだけなら
笑い話で済んだが、病院に運ばれたのが明さんの高校の修学旅行前日で、彼女は
修学旅行に行けなかったというのだから笑えない。





2161 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:01:26 ID:eXjuEpF2


「そりゃ明だってお姉さんを恨むよ。アタシだったら絶対に許さないもん」

「麗さんの特製ドリンクはマズイと噂だからなあ。さすがに入院するレベルの
 ものはアイドル達に飲ませていないが、マスターレベルのトレーナーなのに
 どうして美味しく出来ないのか不思議だ」

 それ以来明さんは麗さんと絶交していたそうだが、ヒザのリハビリがきっかけで
少しづつ2人の関係が修復されつつあるらしい。聖さんが言うにはまだぎこちない
ところもあるが、2人がまた話をするようになって家族は一安心だとか。

「それに明はサークルなんてどうでも良かったって言ってたけど、メンバーの中で
 一番練習してたのは明だったもん。一緒に踊ってる時はすごく楽しそうだったし、
 アタシはあの時の明の笑顔を信じるよ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


2171 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:02:24 ID:eXjuEpF2


「お前がそれでいいならいいよ。じゃあ後は……」

 俺はそこで一区切りした。聖來は「?」と小さく首をかしげる。

「お前はこれからどうするんだ?」

 どこかサービスエリアにでも入ってゆっくり聞きたかったが、この流れで聞く方が
いいと思った。面と向かって聞くと聖來は本心を言わないかもしれないし。





2181 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:04:52 ID:eXjuEpF2


「またPさんにプロデュースしてもらって、アイドルやりたい」

 聖來はほぼ即答ではっきりと言った。その言葉に迷いはなかった。

「だが俺達がいた事務所はとっくの昔に潰れたぞ。俺がプロデュースするとなると、
 お前が嫌いだった346プロでアイドルをすることになるが」

「いいよ。またPさんとアイドルやれるならどこでも」

 再び間髪入れずに返事が返ってくる。俺としてはとても嬉しい言葉だが、今まで
ずっと悩んでいたのにそんなに簡単に決めていいのか?


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


2191 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:06:51 ID:eXjuEpF2

「事故の話し合いが済んだばかりでお願いするのはどうかなって思ったから、また
 別の日にするつもりだったけど、決心が鈍っちゃいそうだから今言うね」

 聖來は大きく深呼吸してから、こちらに向き直った。

「アタシをもう一度アイドルにして下さい。よろしくお願いします」

 聖來は深々と頭を下げた。やはりこんな大事な話を運転中にするんじゃなかった。
俺は右手でハンドルを握ったまま、空いた左手をぽんと聖來の頭の上に置いた。





2201 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:07:45 ID:eXjuEpF2


「今度はそう簡単には逃がさないぞ。首に縄をつけてでもお前をプロデュースして
 やるから覚悟しろよ」

 お前や明さんと同じくらい俺も3年前の事を後悔しているんだ。お前がもう一度
アイドルをやりたいと言うなら、俺はいくらでも付き合ってやるさ。

「え?Pさんアタシにそういうことしたいの?アタシわんこは好きだけど、自分が
 わんこになるのはちょっと……」

「ものの例えだ!本当にそんなことするか!」

 引き気味の聖來の誤解を解きつつも、俺は聖來とまた仕事が出来るのが嬉しくて
車を飛ばし過ぎないようにメーターをいつも以上に確認した―――――
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


2211 ◆o9WNs1uyjQ :2015/01/26(月) 01:09:34 ID:eXjuEpF2


第一章おわり

第二章に続く





名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 幼馴染「ふふふ…男くぅん」 (Res:221)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1 ◆iM/n0AKC82 :2014/06/07(土) 02:21:15 ID:lDXjDpiA
幼馴染「おっはよ〜男く〜ん」

男「お?幼姉〜。今日も変わらずバインボインだね」

幼馴染「早朝からいきなりセクハラだね」

男「動く悩殺兵器が何を言う」

幼馴染「そんなに大きいかなぁ…」

男「走ると揺れるし、ブラつけてなかったらすごいね」

幼馴染「そんな変態さんじゃないよ〜」

223 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:19:57 ID:Qaey7r7Y
イケメン「あ、出てきたみたいだよ」

友「ったく・・・こんなに待たせやがって、こりゃ家に帰ったらお仕置きが必要だな、うへへへ」

イケメン「君が勝手に待ってただけだろ・・・ていうか、自分の彼女に本当にそういうことを言う人っているんだな・・・」

友「い、良いんだよ、彼氏の特権なんだよ!特権!」

イケメン「ていうか・・・一人じゃないようだけど?」

友「え」




(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


224 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:26:09 ID:Qaey7r7Y
ツンデレ「へぇ、優等生くんは私の家から近いのね」

優等生「俺もツンデレさんと家が近くだなんて知りませんでしたよ」

ツンデレ「近いと以外と知らないものよね」

優等生「ほんとですね。俺の場合は朝練や放課後の練習で帰りが一緒になるっていうことが中々ありませんからね」

ツンデレ「そうねぇ、私も生徒会ではそれなりに遅くまで残ることはあるけど滅多にないからね」




イケメン「ふむ・・・随分仲良さげだね。友、いいの?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


225 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:31:00 ID:Qaey7r7Y
優等生「とはいうものの、いつもツンデレさんに生徒会の仕事を任せっきりで申し訳ない」

ツンデレ「いいのよ、優等生くんはテニス部でいそがしいし、大会だって近いんでしょ?」

優等生「とはいってもまだ地区大会ですけどね、今回は全国目指してますからね」

ツンデレ「すごい人気だもんね。うちのクラスの女の子も噂してるし」

優等生「ははは、どうなんですかね」


226 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:36:56 ID:Qaey7r7Y
イケメン「相手は優等生くんか・・・テニス部で全国にも何度か出たことがある。成績も優秀な上に生徒会役員、そしてイケメン。女の子からも人気あるし」

イケメン「分が悪すぎるね・・・彼もツンデレさんに気があるとは」

イケメン「ツンデレさんも校内屈指の美少女だし・・当然と言えば当然か」

友「ど」

イケメン「うん?」

友「どどどどどどど、どうしよおおお」

友「ツンデレがぁ・・・ツンデレが堕とされちゃうよおおお」


227 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:42:55 ID:Qaey7r7Y
友「なんてこったい!!」

友「灰色の高校生活を強いられてきた!!俺にやっと桃色の天国が訪れたと思ったら」

友「今度は黒い未来ですか!?!?」

イケメン「落ち着いてって!というか大声出したらバレるから!」

友「寝取られ完堕ちルート確定じゃんか・・・」

イケメン「変なゲームのやりすぎだよ。落ち着いてって、まだ二人がそういう関係だってきまったわけじゃないでしょ」

イケメン「それに身持ちの堅いツンデレさんに限ってそんなこと・・・」

友「イケメンで知力最高のスポーツマンと中程度のただの変態、お前ならどっちをとる!?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


228 ◆iM/n0AKC82 :2015/01/15(木) 01:48:49 ID:Qaey7r7Y
イケメン「初対面の女性ならともかく、ツンデレだよね?友のことをよく知ってるわけだし、むしろ優等生くんのことのほうがあまり知らないだろうし」

イケメン「知らない人よりも知っている人のほうが安心できると思うんだけどなぁ」

友「わ、わからないじゃないか!実は生徒会でよく関わってて色々と知ってるかもしれないじゃないか!!」

イケメン「ていうか大体友も友だよ。ツンデレさんという彼女がいながら、他の女の子にもデレデレ」

友「ま、前よりはなくなったよぅ・・・それに、今はほんとにツンデレ以外恋愛対象としてみてないもん」

イケメン「それをちゃんと彼女に伝えてあげなきゃ」


229以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 01:03:16 ID:M/p1QY2w



名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 男「結婚しよう」女「いいわね」 (Res:6)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/21(水) 00:28:11 ID:YMjr3i4Q
【式場】

「結婚おめでとう!」「いい嫁さんもらって羨ましいぜ!」「幸せにねー!」

男「どうもどうも」

女「ありがとう」

男父「男よ」

男「どうした親父」

男父「初夜はバッチリ決めてこいよ!」

男母「何言ってんだいあんた!」ポカッ

男父「あいた!」

男「ははは。まあ新婚旅行楽しんでくるわ。なっ、女」

女「そうね。しっかり楽しんでくるわ」

8以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/23(金) 15:21:07 ID:GzikSxWw
>>7
こういうとこでそんなこと言ってっから非難されるのがわかんないのかね
だから自己中って言われるんだしそう思われてんだろ


9以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:30:16 ID:Jahngfps
男「ただいまー。飯買ってきたぞー」

女「……」

男「また死んでら。たまには自分で飯を買いに行こうや」

女「すまないわ…。ちょっと株価がありえない程上下したから…」

男「デイトレだかFXだかわからないけど夢中になるのも程々にな」

女「いや、その後徹夜でネトゲのレイドやってたから…」

男「よしこの飯は俺が食べよう」

女「やめて死んじゃう」


10以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:38:22 ID:Jahngfps
女「うまうま」

男「結果的に俺が飯作ることになったか」

女「いいじゃない。私が稼いで貴方が家事全般をする。いい役割分担じゃないの?」

男「お前の家事が壊滅的だからな。米を洗剤で研いだ時はゆとり世代もここまで来たかって思ったわ」

女「何?家事出来なくて何が悪いの?」

男「別に悪いってわけじゃ…」

女「貴女にはわからないでしょうね!『お姉様のご飯が食べたい』と言ったから出したご飯を見た彼女のゴミを見る様な目をね!」

男「食べ物に向かって言ったの?それともお前?」


11以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:40:15 ID:Jahngfps
訂正

女「うまうま」

男「結果的に俺が飯作ることになったか」

女「いいじゃない。私が稼いで貴方が家事全般をする。いい役割分担じゃないの?」

男「お前の家事が壊滅的だからな。米を洗剤で研いだ時はゆとり世代もここまで来たかって思ったわ」

女「何?家事出来なくて何が悪いの?」

男「別に悪いってわけじゃ…」

女「貴女にはわからないでしょうね!『お姉様のご飯が食べたい』と言ったから出したご飯を見た彼女のゴミを見る様な目をね!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


12以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:45:40 ID:Jahngfps
女「ああ、これから百合子が家にやってくるから貴方早く出た方がいいわよ」

男「ああ、あの子か。百合以前に男性恐怖症を通り抜けた…」

百合子「……」チャッ

男「うん、背後に忍び寄って武器的な何が構えるのはやめてくれ。背後にいるから何持ってんのかわからないんだけどな」

百合子「チッ」

女「あらダメじゃない百合子。貴女のお父さんからとったドスを構えるのは」

男「ヤーさんの娘と寝たお前も相当だよな」


13以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:53:11 ID:Jahngfps
百合子「チッ、この野郎。お姉様をたぶらかし寄って。タマとったろか?ああ?」

男「どっちのタマだよ…うん謝るからこのドスをおろそうか」

女「やめなさい百合子。私そんなことするのも汚い言葉を言う子も嫌いよ?」

百合子「はいお姉様!どうせこの男はお姉様の女の子を持ってくる奴隷みたいなものですから無視しますわ!」

男「軽く傷つくわ。あと早速布団を敷くな百合子。せめて俺が出てからにしろ」


14以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:55:25 ID:Jahngfps
終わり。また明日


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 理事長「たまには温泉でもいかがかしら?」 (Res:58)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1 ◆tr.t4dJfuU :2015/01/22(木) 19:36:23 ID:OdNngEcI
理事長「あなたが明日レズとなり女性を喰らい始めるとして、女性を喰らったその口で私を愛すと咆えたとして、私は果たして今日と同じにあなたを愛すと言えるだろうか」

真姫ママ「とんでもないのが、最初から来たわね。」

希「んー!?」もがもが

理事長「あら?何か言いたそうね。」ペリペリ

希「ちょっと!急に呼ばれたと思ったらいきなりするんですか!?」

小一時間前
希「♪」てくてく

?「動かないで!私はレズよ!」ガバッ

希「!?」

60以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 22:03:10 ID:8nRHdDHc
ピカチュウ


61おい! ◆tr.t4dJfuU :2015/01/25(日) 22:22:28 ID:4XSsOPd6
ほのママ「岩盤浴ってやっぱり、ピカ…」

ことり「危なーい!」ガバッ

ほのママ「んー!?」

ピカ◯ュウ「ピッカー」

ことり「希ちゃん!その電気のネズミさんをどこかに!」

希「任せて!」

千早「どうかしましたか!?」

ことり「話をややこしくしないで!」グイグイ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


62 ◆tr.t4dJfuU :2015/01/25(日) 22:35:33 ID:4XSsOPd6
希「こ、ここは思った以上に危険や…」

希「とりあえず2人?ともこの物置みたいな所に閉じ込めたけど…」

『ちょっと!早く開けなさい!』ドンドン

『ピカピー』

ことり「これで一安心だね。鍵も掛けておこう。」カチャン

『何?今の音?まさか鍵を閉めたんじゃ。』

ほのママ「酷いことするわねー。」

ことり(酷いのはどっちなの…)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


63以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 23:41:11 ID:IPKQwfF.
ジバニャン呼び出し


64以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 23:42:56 ID:SFJyy9HI
ピカチュウとピチューなど可愛いポケモンをなでなで


65あわわわ ◆tr.t4dJfuU :2015/01/26(月) 00:41:42 ID:PbKQ5QYs
ほのママ「仕方ないわね。こうなったらジバニャ…」

希「アーーーーウト!!」

希「アウトアウトアウト!!」

ほのママ「え?ちょっと何!?」

ことり「お願いだから!ちょっと黙ってて下さい!!」

ジバ◯ャン「オレっち呼ばれたニャ!」

希「呼んでない呼んでない!!」グイグイ

ことり「お願いだから帰って!」


66 ◆tr.t4dJfuU :2015/01/26(月) 00:48:59 ID:PbKQ5QYs
『ちょっと!何よこれ!』ドンドン

『ピカー』

『早く出して欲しいニャ!』

希「開けたらあかん…ええな?」

ことり「分かってるよ。完全に無視しよう。」

行動安価[安価↓]


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 セイ野レン子「この歌声も、貴方だけのものですよ」 (Res:93)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1 ◆loxSgAubwY :2015/01/22(木) 01:12:10 ID:6kH7q6Qs


―放課後の音楽室―


…♪〜♪♪〜♪〜♪〜♪〜

ガララ…

男「やっぱり、セイ野さんだったか」

セイ野レン子「あっ…////」

95 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:28:05 ID:/lLPDatA

レンママ「お手伝いさんもお休みだし、大したおもてなしはできないけど…」ボソ

レンママ「プライベートな空間で二人っきりね!」ボソ

セイ野レン子「なっ…!!?////」

レンママ「じゃ、行っくるわね」

セイ野レン子「あ、いいい、いってらっしゃいませ!」


バタム

セイ野レン子「…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


96 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:31:45 ID:/lLPDatA

セイ野レン子(お、同じ二人っきりでも)アタフタ

セイ野レン子(確かにカラオケとはまた勝手が違います!)アタフタ


セイ野レン子(しかし、チャンスなのも事実…!)

男「あー…お母さんが出掛けたんなら、また今度に…」

セイ野レン子「ああっ!?」

セイ野レン子「いえっ、あああのっ、せっかく来られたんですからっ」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


97 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:37:18 ID:/lLPDatA


――


男「…」

男(応接間…、初めて実際に見た…)

男(広い、ソファーふかふか、なんか高級そうな…調度品っつーのか…)

男(…あ)


スクッ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


98 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:38:25 ID:/lLPDatA

セイ野レン子「お待たせしました」カチャカチャ

男「わざわざありがとう」

セイ野レン子「本当にお茶では何ですので、ぶどうジュースにいたしました」

男「ありがとう」

セイ野レン子「あ」

セイ野レン子「写真、見られてたんですか?」

男「ああ、ごめん、勝手に」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


99 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:39:36 ID:/lLPDatA

セイ野レン子「少しでも私が寂しくないようにと…」

男「へぇ」

セイ野レン子「ですから、このようにたくさんの写真が飾ってあるのです」

男「どれもいい写真だな」

セイ野レン子「ありがとうございます」

男「翼、出してもいいぜ?」

セイ野レン子「え?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


100 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:40:28 ID:/lLPDatA

セイ野レン子「家で家族と共に居るとすごく落ち着きます」

男「今日はご両親はいないけどさ」

男「自分の家なんだから、隠さなくてもいいんじゃないか?」

セイ野レン子「しかし…、気持ち悪くありませんか?」

男「前にも、言っただろ?綺麗だって」

セイ野レン子「はい…////」

男「それに、いつまでも気を張ってちゃ疲れるだろ?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


101 ◆loxSgAubwY :2015/01/26(月) 00:41:25 ID:/lLPDatA

男「改めて見るとやっぱり綺麗だ」スッ

セイ野レン子「わっ!!」ビクッ

男「なっ何!?」ビクッ

セイ野レン子「あの、触るのはちょっと…!」

男「あっ!」

男「ごめん!翼とはいえ、女の子の体に!」

セイ野レン子「少し、敏感な部分ですので…////」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 魔王「さて、そろそろ本気を出すか。」 (Res:223)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1 ◆X7TgvypwyY :2014/11/18(火) 23:30:55 ID:hlRPQweE
状況によっては安価。
かなり長くなりそう。
書き溜めとかしてない。始める。

225以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/20(火) 23:24:42 ID:4ILlNKvg
C〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

魔大臣「ふむ。」

魔剣姫「ここのようね。座標で見るに私達の位置は……」

魔大臣「西、ですな。」

魔剣姫「敵は東南北……」

魔大臣「どう攻めましょうかの。」

魔剣姫「まずは北に向かいましょう。ひっそりと気取られぬように。」

魔大臣「襲撃、ですな。」


226鳥忘れてた ◆X7TgvypwyY :2015/01/20(火) 23:30:27 ID:4ILlNKvg
D〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

魔天使「……」バサッバサッスタッ

魔軍師「さて、と。」

魔天使「石によると我々の位置は、南か。」

魔軍師「ええ。Dの我々が南と言う事はAの魔将軍殿達は北の可能性が高い。」

魔天使「あの二人とは正直戦いたくないな。」

魔軍師「ええ。まずは後ろに下がりましょう。正面から向きあっても勝ち目はありません。」

魔天使「そうだな。あの二人なら正面から来るだろう。行動は読みやすい。」


227 ◆X7TgvypwyY :2015/01/23(金) 19:35:09 ID:yv17onK6
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

魔将軍「むぅ……」

魔鞭嬢「中心部に来たけど、居ないね。」

魔将軍「前進する事を躊躇うか……ならばこちらから参ろうぞ。」

魔鞭嬢「じゃあ、とりあえずこのままみ…!?」

魔将軍「如何した?」

魔鞭嬢「石に赤い点が……東。」

魔将軍「東……こちらか!」ダダ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


228 ◆X7TgvypwyY :2015/01/23(金) 19:40:57 ID:yv17onK6

魔娼婦「来ましたわ。」

魔龍騎「魔将軍殿かな。」

魔将軍「龍騎か。」

魔鞭嬢「やっと見つけたよ。魔将軍さん、魔龍騎は、アタシとやらせてくれないかい。」

魔将軍「むぅ。構わんが。」

魔鞭嬢「恩に着るよ。」

魔龍騎「俺は女とて容赦はせんぞ?愛した女とて刃を向ければ斬る男だ。」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


229 ◆X7TgvypwyY :2015/01/24(土) 06:58:09 ID:seid/Ais

魔龍騎「ふん。」ダッ ブン

魔鞭嬢「……」サッ

魔龍騎「この!」ブン ブン ブブン

魔鞭嬢「……」サッ サッ ヒョイ サッ

魔龍騎「逃げてばかりか?」

魔鞭嬢「まさか。今度はこっちの番だ、よ!」シュッ

魔龍騎「うおっ!?」バチン


230以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/24(土) 23:39:06 ID:2MboIbcw



231 ◆X7TgvypwyY :2015/01/26(月) 00:27:05 ID:0hgLHss2

魔龍騎「う、うぐぅ……」ギチギチ

魔鞭嬢「どうだい?意外と痛いだろ?鞭って。こうして籠手の隙間に鞭を絡ませて
    締め付ければ、このままアンタの腕を千切り取れる。こんな風にやればね。」ギュゥ

魔龍騎「くぅおお……」ビリビリ

魔娼婦「そこら辺にしてあげれば?」パチン

魔鞭嬢「なっ!?」パッ

魔龍騎「はぁ、はぁ。助かったぞ、娼婦。」

魔娼婦「弱い男は嫌い。格好の悪い所は見せないで欲しいの。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 インキュバス「どうも、サキュバスです」 (Res:74)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/18(日) 18:44:28 ID:y53JJQCo
男「お前インキュバスだろ」

インキュバス「まさか。こんなに可愛いワタシがインキュバスなわけないだろう」

男「たしかに顔は女の子みたいだけどさ……じゃあその股間のポークビッツは何なんだ」

インキュバス「…………くりとりすだ」

男「……」

76以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 20:35:01 ID:2Ea4.tcc
インキュバス「考えだと?」

サキュバス「ええ、素敵な素敵な妙案が」

インキュバス「…どんなだ」

サキュバス「うふふ、その時までナイショですっ」

インキュバス「……」チッ

サキュバス「そんな怖い顔しないでくださいよ。あなたのためですのに」フフ

サキュバス「楽しみにしておいて下さい」


77以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 20:41:08 ID:2Ea4.tcc
サキュバス「そういえば……話は変わりますけど、昼間の話は本当なんですか?」

インキュバス「昼間の話?」

サキュバス「あなたとあの人の関係が……ご主人様と奴隷だって話です!///」ムフー

インキュバス(そこまで言ったか?)

インキュバス「あれは…別に、適当だ」

サキュバス「なぁんだぁ…ちょっとガッカリです…じゃあ、どんな関係なんですか?」

インキュバス「…普通に、淫魔と人間だよ」


78以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 20:51:11 ID:bn.hLQG.
ホモセックスはよ


79以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 21:00:54 ID:Qhqp4QZA
いいっすね


80以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 21:49:35 ID:2Ea4.tcc
サキュバス「まっさかぁ。冗談ですよね」

インキュバス「……」

サキュバス「セックスなしに淫魔と人間の関係なんて成り立たたないですよね?
それに普通、淫魔は同じ人間のところに長い間連続で滞在しません。せいぜい一晩です」

サキュバス「それを踏まえてもう一度。あなたとあの人は、どんな関係なんですか?」

インキュバス「……だったら、ただの同居人だ」

サキュバス「同居人!なかなか素敵な響きですね」

インキュバス「そうか?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


81以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:24:26 ID:UTDZTxcI
わりと男の子寄り


http://uproda11.2ch-library.com/e/e00089566-1422199382.jpg


82以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:29:12 ID:u0y3e7n.
いいね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 兄「兄妹で」上妹「のんびり」下妹「生活!」 (Res:473)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/06(土) 22:45:14 ID:iCLmSvOo
兄「という訳でのんびり過ごそうじゃないか、妹達よ」

下妹「は〜い」

上妹「はあ···」

兄「元気無いな」

下妹「どしたのお姉?」

上妹「いや···上妹下妹って何?って思って」

兄「いきなりメタいぞ」

下妹「メメタァ!だね」

上妹「だって気になるし」

兄「お前らは双子なんだし、どっちが姉で妹か分かりやすくする為だよ。決して姉って表現を使いたくなかった訳じゃないぞ、うん。本当に違うぞ」

上妹「じゃあ私姉で良いじゃん。もしくは大妹小妹でさ」

兄「そこはあれだよ、姉って書いたら···何か違うじゃん?双子っぽさちょっと無いじゃん?」

下妹「お姉とは同じ妹!って感じが良いなぁ」

上妹「下妹ちゃんが言うなら良いよ」

兄「俺の意見は?お〜い」

475 ◆vC.kHTi4RE :2015/01/23(金) 23:38:06 ID:vsqBzZWE
幼「姉さん、いくら何でもさ、贔屓されてる様に感じるんだけど」

幼姉「してるもの」

幼妹「えぇ!?」

兄「そ、それいいんですか」

幼姉「良いのよ。タダより高い物は無い、だから」

幼「一体何払わされるか……」

幼姉「だから、一回体で支払って貰ったじゃない」

上妹「……ウエディングドレス…?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


476以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 21:48:26 ID:PmUGhBiM
おつおつ
姉さんパネェっす!


477 ◆vC.kHTi4RE :2015/01/25(日) 23:39:14 ID:oEkxOUgw
兄「カジキなんて食べた事無いなぁ…美味しいんですか?」

幼姉「さぁ?ワタシも味は知らないわ。食べられるのは知っているけど」

幼「毒味やらすか」

幼姉「先にワタシが味見するから。頭の先から尾鰭まで」

幼妹「全部!?」

幼姉「ワタシもお腹空いちゃって」

上妹「自由だ…」

下妹「そんなに食べられるんですか?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


478 ◆vC.kHTi4RE :2015/01/25(日) 23:53:00 ID:oEkxOUgw
兄「まさか本当に目の前で解体ショーが始まるとは…」

幼「こんなに出来るのに…彼氏どうして出来ないんだかね」

幼姉「余計なお世話よ。……何でもやっちゃうからかしら」

上妹「男の人の方が遠慮するかも、ですね」

下妹「立つ瀬が無い、って事?」

幼姉「ある程度欠点がある方が……成程」

幼妹「姉さんの欠点……あるの?」

幼「無い。本当に何でも出来るし、常識破りな事するけど中身普通の常識人だし」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


479 ◆vC.kHTi4RE :2015/01/26(月) 00:03:48 ID:GVzTBm3M
兄「ま、まぁその、お姉さんの方から告白されたら、断らない人なんて……」

幼姉「本当に?じゃあ兄くん、付き合ってくれる?」

上妹 下妹 幼 幼妹「!?」

兄「え、そ、その……」

幼姉「ふふ、分かってるわ。貴方は断る事」

兄「へ?」

幼姉「冗談よさっきのは。だから安心して、ね?」

兄「あ、あぁ…どうも」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


480 ◆vC.kHTi4RE :2015/01/26(月) 00:04:21 ID:GVzTBm3M
兄「ま、まぁその、お姉さんの方から告白されたら、断らない人なんて……」

幼姉「本当に?じゃあ兄くん、付き合ってくれる?」

上妹 下妹 幼 幼妹「!?」

兄「え、そ、その……」

幼姉「ふふ、分かってるわ。貴方は断る事」

兄「へ?」

幼姉「冗談よさっきのは。だから安心して、ね?」

兄「あ、あぁ…どうも」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


481以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/26(月) 00:42:01 ID:9ouakwLE
イザナミだ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 処女ビッチ「犯してくれなきゃ悪戯しちゃうぞ/////」 (Res:47)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/27(月) 12:10:29 ID:u8QcEUtg

  ∧,,∧
 ( `・ω・) ようこそID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J

ここはsageずに書き込み、出たIDの数字の回数だけ腹筋をするという、
硬派なトレーニングスレです。

例1 ID:wwh7KM12 の場合 7×12=84 なので84回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. の場合 数字がないので今日は一休み。


さあ、存分に腹筋するがよい。↓

49以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/17(月) 14:41:43 ID:xrXOIEjA
ミスったスマソ


50以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/06(土) 05:00:54 ID:Q6lwxyNE
はよかいてえええええええええええええええええええええええ


51以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/07(日) 16:55:36 ID:6pmFjBf6
待ってる人はいっぱいいるよ!


52以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/09(火) 21:57:04 ID:Re./297A
さて、何回かな?


53いぬのたまご :2014/12/10(水) 17:10:49 ID:jLprG3hk
まとまったお金が欲しい人はこちらへ

http://www.fc-business.net/qgesw/


54以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/29(月) 10:28:28 ID:9cNOPFKA



55以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 23:55:54 ID:g82NclpA
あげる


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 妹「えへへ、楽しいなぁ…」 (Res:30)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1_ :2015/01/18(日) 22:49:38 ID:MCC9Vvmo
深夜 路地裏

チンピラ1「嬢ちゃん、こんな時間に何してんの?」

妹「満月だから、お散歩してたの?」ニコ

チンピラ2「散歩?お嬢ちゃん何歳?」

妹「10歳!」

チンピラ1「おいおい、ガキはもう寝る時間だぜ?」

妹「むぅ、ガキじゃないもん!」

チンピラ2「…………」ガタガタ

32以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/22(木) 23:42:28 ID:57qPbjrQ
女妹「兄さんは私達のこと、どのくらい知ってますか?」

兄「深夜に起きる衝動を抑えるために人を襲う」

女妹「授業で習う内容ですね…」

兄「あんまり覚えてないしな」

女妹「では、おさらいしましょうか」クス

兄「よろしく頼む」

女妹「はい」ニコ


33_ :2015/01/23(金) 00:27:14 ID:21DT8o22
女妹「衝動にも、それぞれ個性があるのをご存知ですか?」

兄「個性?」

女妹「はい、人の血を飲んだり肉を食べて衝動を満たす方」

女妹「人の体をバラバラにしたりオモチャにして満たす方」

女妹「多くの人を殺すことで満たす方」

女妹「大きくこの3つの個性に分けられます」

女妹「大抵は、肉を食べたりオモチャにして満たす方が多いです」

女妹「私と兄さんの妹ちゃんはオモチャにすることで衝動を満たしています」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


34_ :2015/01/23(金) 00:32:11 ID:21DT8o22
女妹「一人や二人をオモチャにすれば衝動は満たされるんですけど…」

女妹「人を殺すことで満たされる方は何十人も殺さないと満たされません」

女妹「衝動が満たされなければ、私達は死にます」

兄「………」

女妹「姉さんは人を殺すことで満たされる方だったんですよ」

兄「えっ、女が…?」

女妹「はい、本人は覚えてませんけど」


35以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 07:07:54 ID:DzOKMzSw
期待


36以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/25(日) 23:48:01 ID:au8xyxMQ
女妹「姉さんは凄かったんですよ」

女妹「カッターナイフ一本で何十人も殺してたんです」

兄「嘘、だろ…?」

女妹「本当ですよ」

女妹「お母さんが姉さんの後をつけて日記を書いてたんです」

女妹「この前、偶然見つけて私も驚きました」クス

兄(あの女が…そんなことできるはずない)


37_ :2015/01/25(日) 23:51:25 ID:au8xyxMQ
女妹「でも勿体ないですよね」

女妹「ただ殺すだけなんて面白くもなんともないのに」

兄「そういう問題じゃないだろ…」

グチャ

兄「?!」

女妹「あっ………」

金髪「あら、こんばんは」


38_ :2015/01/25(日) 23:54:50 ID:au8xyxMQ
女妹「こんばんは」ペコ

金髪「お楽しみ中だったかしら?」

女妹「この人は違います」

金髪「そうなの…?」

金髪「残念ね、凄く美味しそうなのに」ペロリ

兄「食べて満たすタイプか」

金髪「えぇ、さっきまで食事をしていたのだけど…」

金髪「まだデザートは食べていないの」ニコ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード