板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 47レスのリレーSS(49) / 2 : SS深夜VIP休憩所(★20)(400) / 3 : ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2(944) / 4 : 妹「兄さん、このスレはID腹筋ですよ」(707) / 5 : 女神「池です」(95) / 6 : 雪乃「ドブネズミみたいに美しくなりたい」(1) / 7 : 女「またボール飛んできた……これで何回目?」(64) / 8 : ちなつ「もう一回だけやり直したい……」【ゆるゆり】(51) / 9 : 神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」(160) / 10 : 後輩「先輩をオトしてやる!」(13)
11 : スージー「願いなんてのはね。自分で叶えるもんなのよ」(384) / 12 : 弟「はやくしろ」 兄「で、でも…」女体化(23) / 13 : サキュバス「君が勇者くん?」(13) / 14 : メイド「ご主人様~朝ッスよ…」主人「zzz」(307) / 15 : 幼馴染「ねぇ、揉んでよ」(22) / 16 : 勇者「魔王討伐ライフ!」(60) / 17 : 菜々子「ポケモンマスターになる!」(60) / 18 : 緑髪の無口な奴隷(287) / 19 : メイド「ご主人様〜」(157) / 20 : 幼馴染「え? 地方に引っ越す?」男「あぁ」(487) / 21 : 【安価】 勇者「姫様があかんやつ」(15) / 22 : ナルト「そろそろヒナタと結婚して…」(709) / 23 : ミナト「ナルトも今年で中忍試験だね」クシナ「そうね」(130) / 24 : 女「あんたって休日何してるの?」 男「それはもう」(106) / 25 : ss深夜酒場 part29(668) / 26 : 理髪師「王子様の耳はロバの耳!」(33) / 27 : P「小噺」(13) / 28 : 勇者「娘に過去がバレまして」娘「伝説のおちんちん!!」(836) / 29 : 男「若返りの薬?」(10) / 30 : お嬢様「......」ジーッ(728) / 31 : ぼくはあるく(2) / 32 : 忍者「忍法で更衣室を覗く」(16) / 33 : キモオタ(28)「働かなきゃなぁ…」(187) / 34 : 男「龍倒したら俺の嫁になった」 龍「ん?」(222) / 35 : 阿笠「ほれ、光彦くんがメスイキするスイッチじゃ」(2) / 36 : 後輩「夏ですね」男「そうだなぁ」(88) / 37 : 涼風青葉「うーん、このキャラのおっぱいが上手くいかないなぁ……」(18) / 38 : 面接官「入って、どうぞ」(37) / 39 : 勇者「何番煎じか分からないけど安価で魔王倒す」(987) / 40 : 男「モテる代わりに難聴で鈍感だった日々より」(891) / 41 : 触手「こんにちは」俺「はい」(394) / 42 : 男「コミュ症の俺が異世界に?」続!(940) / 43 : ほむ鳥「掲示板に書き込むほむw」(139) / 44 : サキュバス「いい加減死にたい」(61) / 45 : 【プレイ日記】ハルドラ・イールの冒険者達【エルミナージュ】(702) / 46 : 天城高雅「正義執行ッ!」綾弥一条「邪悪・断つべし!」(3) / 47 : 提督「ようこそブラック鎮守府へ」秋月「」(135) / 48 : 【安価】住所不定無職男「公園で寝てたらゾンビがいるんだが・・・」(8) / 49 : 奴隷娘「この歳で処女とか恥ずかしいですご主人様」(516) / 50 : 上条「I'll destroy your fuck'n fantasy!」(179) / 51 : 【安価スレ】男「青春を知りたい!」(2) / 52 : 女「わたしの声が聞こえたら」(77) / 53 : 男「ついてる…!?」(28) / 54 : ハンジ「戯れは」リヴァイ「終わらない」(428) / 55 : 空母棲姫「カンムスドモヲシズメルノダ」深海機雷達『イエッサー!』(22) / 56 : ニャル子「えっ今夜のホテルってツインじゃないんですか?」(15) / 57 : ルルーシュ「女にしかできない慰め方」カレン「こうか!」ガシッ(17) / 58 : 創真「目が覚めたら幼少薙切の弁当係になってた」(302) / 59 : ジャニーさん「ぬぁ〜にぃ〜!?you、やっちゃったな!」木村「…」(2) / 60 : キョン「ヤンデレさん?」古泉「えぇ…」(47)  (全部で983のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 47レスのリレーSS (Res:41)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1:2016/04/19(火) 23:58:33 ID:fxAAu4g2

基本的なルール

・このリレーSSの話は47レス目で完結です

・話の47レス目の最後の一行は完です。それでこのリレーSSは終わりです

・名前欄に話の番号を入れて下さい

・話を進めるレスは一人一日一回まで(感想評価はいくらでもOK)(日付けが変われば連投OK)

・話が分岐してしまった場合は先に投稿した方で話を進める(遅かった方は諦めて下さい)

・ルール違反は無視で(このスレに参加するならルールを守って下さい)

以上、宜しくお願いします

4329 :2016/08/21(日) 23:55:21 ID:wGP1enTM

立木『魔女は去った…!』

殿「おのれぇっ! おのれ魔女めぇ…!」

大石内蔵助「殿! 冷静に! 先ずは姫の安否を確認しましょう!」

侍女「殿様! それに筆頭家老様! 姫が、いちいの実を飲み込んだ後お倒れに!」

一同『なにぃっ!?』

立木『…そして…! 一同は倒れた姫の元へ駆け付け、姫を部屋で寝かせて典医に診せた…!』

殿「典医殿… 姫は…?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4430 :2016/08/22(月) 23:58:05 ID:Y9p/e/8.

立木『カイジ達、グンマー帝国から幻想郷を経て帰還…!』

チルノ「へぇ、ここがカイジの故郷なのね!」

大妖精「良いのかな? 私達幻想郷から出てきちゃって…」

リグル「う~ん、ちょっと位だったら平気じゃない…?」

ルーミア「そーなのかー」

操縦士「まったく勝手に付いてきて… お前らは気楽でいいな… こっちは大事な使命を果たせてない、報酬も定かでない、お先真っ暗だぜ」

ミスティア「なら焼きヤツメウナギでも食べます? 目に良いですよ♪」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4531 :2016/08/23(火) 01:15:57 ID:r7WeuHIs

殿「それで? 15年の歳月をかけてグンマー帝国の守護霊山レッドキャッスルマウンテンに辿り着けなかったと…?」

カイジ「はっ…! その通りです…! グンマー帝国の守護霊山レッドキャッスルマウンテンへは地上から行くのは困難だと15年の歳月で深くそう思いました…!」

大石内蔵助「地上から行くのは困難か…!」

チルノ「なら空から魔女を倒しに行くしかないわね!」

大妖精「ちょっと、チルノちゃん」

操縦士「空挺作戦なんて無理だろ」

大石内蔵助「そうか…! その手があるか…! 空挺作戦…! 出来るぞ…!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4632 :2016/08/24(水) 23:58:08 ID:srMbNrXc

立木『そして…! 筆頭家老・大石内蔵助の指揮の元、グンマー帝国中心の守護霊山・レッドキャッスルマウンテンへの空挺作戦の準備が進められる…!』

大石内蔵助「よし、保有する航空戦力は問題無く稼働出来そうだな…!」

砲手「本当に航空機が有るんだな…」

操縦士「だが… これらのスペック見る限りじゃ… …キングタイガーの空輸になるぜ」

ミスティア「? あの戦車はタイガー戦車でしょ? キングタイガーじゃないんじゃないの?」

操縦士「あのタイガー戦車をこの輸送機で空輸しようと思ったら、牽引機と空中給油機を用意しないと駄目だ」

小者「どういう事だ?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4733 :2016/08/25(木) 23:53:34 ID:7MXO72PY

オッドボール「悲観論は止めろって。そんなもんは根性で何とか成るだろ」

砲手「根性で何とかって…」

操縦士「いや、実をいうと根性が必要だ」

砲手「え?」

操縦士「空中給油機からぶらぶらぶら下げた給油ホースをだな… 輸送機の上部で上半身曝した作業員が手でキャッチして燃料タンクに接続して給油する方法を今回やろう」

砲手「えっ!? 飛んでいる航空機の上で生身で手で!?」

操縦士「そうだよ。これが根性があれば簡単に出来る難易度の低い空中給油法だ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4834 :2016/08/26(金) 23:53:33 ID:3jrOjR.Y

オッドボール「そういや、航空機が有るなら無線機は有るのか?」

大石内蔵助「うむ、有るぞ。戦闘中もこれで連絡を取り合える」

砲手「もうこの世界の技術レベル分かんねーな…」

オッドボール「そうか、有って活用出来るのか。なら、戦車の搭乗員ポジションチェンジだ。モリアーティが無線手兼前方機銃手な」

カイジ「え…?」

操縦士→無線手「急にどうした?」

オッドボール「役割の重要度が変わったんだ。当たり前だろ? 無線の重要度が上がったんだからな。無線を頼むぞ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4935 :2016/08/27(土) 23:53:50 ID:W5vRN2qg

オッドボール「…よし、悲観論は止めよう。カイジは引き続き無線手兼前方機銃手を頼む」

カイジ「…! ああ、任せてくれ…!」

小者「しかしまぁ、この凄い戦車をカイジが加わる前は3人で動かしていたのか?」

オッドボール「前は5人居たんだけどな… ちなみにこの戦車は定員5名だ」

大石内蔵助「人が居なくて困っているならこちらから人を出そうか?」

オッドボール「それは助かる」

大石内蔵助「それじゃ… この小者をつけよう…!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 SS深夜VIP休憩所(★20) (Res:392)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/03/08(火) 19:02:57 ID:CwsEdykY
【休憩所案内】
読む人も書く人もご自由に

ちょっとした雑談、SSについての話題、軽い愚痴からチラ裏まで

深夜の仕様に関しての質問は、ローカルルールを確認してからにしましょう


SSを書くにあたっての議論・質問などはこちら↓
ss深夜酒場 part28
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1455872505/


SS深夜VIP休憩所(★19)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1427188526/

394以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 19:19:42 ID:XfDgt9zI
チョークをラムネ菓子だと思えば良い


395以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 22:13:12 ID:RaExl/6c
読解力無いのかな俺、後半が分からん
お前らが悪いのに自分に原因押し付けるんじゃねえよ指示厨ってことではないよな?


396以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 22:19:22 ID:ZaE//vBU
なぜ読んだ


397以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 22:50:54 ID:GwdVmmu6
            私
      が

         そ

        な
         た


398以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 22:52:01 ID:a1.otTJA
            心
            か


399以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 01:12:11 ID:PjwmsmrY
>>388
直接言っても治りそうにない性格だなと思いました
結果として陰口の方が効果的だから相手はなにも間違ってないことになるな


400以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 21:51:38 ID:KDH47YCk
自分に非があってそれで嫌われてるって分かってるのにそれでも「妥協して仲良くしろ」って何それ。何様ですか。
自分が嫌われてるのは嫌う相手が悪いってことですか。
いじめられたのも向こうのせい、叩かれるのも向こうのせい、バイト落ちたのも社会のせい。全部自分が悪いのにね。
そういうところが嫌いなんです。
人間、最低限のマナーを守れないようでは、いくら実力があろうとも評価されないと思います。
マナーさえ守れれば、すぐにでも一定の評価を得られるというのに。
やはり社会に出た時に重要なのは、どれだけ相手に気を遣えるかということ。
些細な事で、評価が大きく違ってくることもある。
ネットは顔が見えないので何でも言いたい放題と思うかも知れないけど、
こういう場所でもマナーを守れる人こそが、社会に出てもマナーを守れる人なんだと思います。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2 (Res:936)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1バレルルーシュ ◆wjd7R.7O.A :2013/07/11(木) 14:28:50 ID:/dbLtNBo
2013/03/15(金) 10:48:38

※前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1363312118/

938以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 01:48:33 ID:d.Ac8Ea2
はいおつー


939以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 07:22:31 ID:6CZP1dh2
次スレ大丈夫?


940以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 09:53:04 ID:vy5YM2jM
久々


941以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 11:43:09 ID:nm9kWES.
おつ!!


942以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 13:11:33 ID:T8nvZjAg

どうせ叩くならC.C.のお尻の方が叩きがいがありそうなのでそっちを用意していただきたい!


943以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 20:13:20 ID:GYC4CSMQ
>>942心から同意


944以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 21:26:36 ID:06z22JOU
きたー


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 妹「兄さん、このスレはID腹筋ですよ」 (Res:699)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/28(木) 21:06:26 ID:6pF15Qmc
  ∧,,∧
 ( `・ω・) ようこそID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J

ここはsageずに書き込み、出たIDの数字の回数だけ腹筋をするという、
硬派なトレーニングスレです。

例1 ID:wwh7KM12 の場合 7×12=84 なので84回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. の場合 数字がないので今日は一休み。


さあ、存分に腹筋するがよい。↓

701以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/20(土) 12:09:13 ID:BzzQ8UEk
がんばるか


702以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/21(日) 03:22:05 ID:jNXNpamk
やぁっ


703以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/24(水) 01:41:28 ID:2HgLVw.o
やるか


704以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 09:08:57 ID:IpPvCafo
製菓


705以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:21:50 ID:RxsIBn3A
腹筋いくぜぇ


706以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:41:52 ID:xXCqB5P.
っく


707以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 21:04:51 ID:RxsIBn3A
多いのこい


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 女神「池です」 (Res:87)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/16(火) 08:02:24 ID:WlnP1NEA
男「よう、今日も元気か?」

女「はい、男さんも元気そうですね」

男「まあな、それであんたは今日もこんな所で何してるんだ?」

女「私ですか、私はここにいる事に理由があるので」

女「男さんは今日も水汲みですか?」

男「まあな、ここの水って何故だか綺麗だろ、だからな」

男「村に井戸はあるけどここの水がいいのさ」

女「そうですか、それは良かったです」

男「何が良かったんだ?」

女「いえ、何でもありません」

女「それよりそろそろ村に戻る時間ではないのですか?」

男「そんなに話していたか?」

女「いえ、いつも通りですが」

男「それなら大丈夫だろ、もう少し話してもいいだろ」

?「私は大丈夫です」

89以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 18:26:41 ID:H4aqaDzo
水神(この会話は珠に込めた力をその身に入れている間に頭に流れます)

水神(今回、使徒の使用にあたって貴女には複数の女神の力を与えます)

水神(本来、使徒は複数の女神から力を貰う事で複数の力を発揮します)

水神(しかし今回は貴女の中に複数の女神の力を入れる事で使徒を運用します)

水神(力は武器関連の全ての女神からいただきましたので全ての武器を扱えます)

水神(その他に必要な力が出てきたらその都度、連絡をお願いします)

水神(最後に、もう一度言いますが複数の女神をの力をその身にやd)

男「女神さん、大丈夫なのか?もしかしてその珠に何か問題でも?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


90以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 18:56:35 ID:H4aqaDzo
男「一応思いついたけど現実的じゃないのが一つ」

女神「どのような方法でしょうか」

男「女神さんの感覚を信じて見つけた人物を犯人としてつるし上げる」

女神「そ、その方法はさすがに」

男「まだいるのかもわからない、次につるし上げたからと言って抗争が止まるとも限らない」

男「どうにかして剣の女神と槍の女神の上位の信仰者でもここに呼べればもっと楽なんだが」

女神「上位ですか、女神としては良い方法ではないのですが1つ解決策が浮かびました」

男「お、どんな方法なんだ?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


91以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:30:05 ID:H4aqaDzo
剣男「なんだてめらは?」

男「俺たちは剣の女神の高位信仰者の付き添いの者だ」

剣男「高位信仰者?そんな御方がこちらに来る予定はないはずだが」

剣男「ただそちらのローブの奴はなんだか高位の信仰者には見えるんだが」

女神「はい、私が剣の女神の高位信仰者です」

剣男「それなら知ってるよな、高位信仰者になるにはそれだけの実力があるって事を」

女神「それならまずは私の配下であるこちらの方と戦ってもらいます」

使徒「ガガッ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


92以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:40:35 ID:H4aqaDzo
剣男「み、認める、認めるから許してくれ」

男「それなら剣の女神様からの伝言だ、よく聞けよ」

女神「今、魔王の配下が人間に紛れて行動しているとのお言葉がありました」

女神「そのため今は他の信仰者との争いを収めるのです」

剣男「な、それじゃあ襲われたらやられ損じゃあないですか」

女神「それは安心してください、ただ今他の女神様も同じお言葉があったようです」

女神「そのため剣の女神の最高位の信仰者様は他の信仰者たちと一時的に協力する事になりました」

女神「この街の槍の女神の信仰者にも間もなく同じ言葉が届けられるはずです」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


93以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:51:22 ID:H4aqaDzo
女神「それでは信じて貰えましたね?」

槍男の仲間→槍仲間「信じるから、あんたたちが槍の女神の高位信仰者だって」

男「それならいいんだが、それで槍男はどうした?」

槍仲間「知らねえよ、あんたらが来る少し前にどっかいっちまったよ」

男「そうか、それならいいんだ」

女神「それでは槍の女神の最高位信仰者からの言葉を伝えます」

男「これで槍の信仰者もどうにかできそうだな」

男「それにしても使徒って本当に強いな、誰も相手にならなかったぞ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


94以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 20:07:48 ID:H4aqaDzo
女神「それよりも、槍男が魔王に仲間する女神の信仰者である可能性が出てきましたね」

男「魔王の仲間の女神の信仰者、結果として魔王の信仰者なんてのは本当にいるんだな」

男「そうでもないと逃げ出さないか、怒られるのが嫌で逃げ出したって可能性もあるが」

女神「そんな子供みたいな方はいないと思いますが」

男「それで、他に魔獣の気配する奴はいなかったのか」

女神「はい、私の力で感じら限りでは」

男「それならいいんだが、とりあえずは上手くいったと言えるな」

女神「男さんの知り合いである高位信仰者に見せる、ですね」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


95以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 20:12:53 ID:H4aqaDzo
今日はここまで、ミスったので少し訂正

上位信仰者=高位信仰者、でお願いします、今後も見落とす可能性もあるので


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 雪乃「ドブネズミみたいに美しくなりたい」 (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:58:23 ID:ys/6WPv6
音で撫でられた。

優しい調が耳朶に滑り込んできて、あまりにも美しかったものだから自然と心に染み入るようで、それが誰かの歌声だと気付くのに暫くの時間を要した。

どうやら、いつの間にか寝ていたようだ。

目を覚ます。ぼんやりと視界が滲んでいて、幾度か目を擦ると徐々に冴えてきた。辺りを見渡すと流しに立つ女性の後ろ姿を見つける。指で梳くに抵抗のなさそうな、美しい髪を腰まで伸ばした女子生徒。どうやら紅茶の用意をしているらしいと一目で察することができたのは、すでにそれが馴染みの光景となっていて、いつもの奉仕部の日常であったからだ。

雪乃「写真には写らない、美しさがあるから」

何か良いことでもあったのだろうか。

小さく歌いながら紅茶の準備をすすめる雪ノ下の後ろ姿を眺めながら、今、その顔は綻んでいたりするのだろうかと好奇心が鎌首をもたげた。けれど、声をかけることはしない。そのために歌が途切れては勿体ないと思ったからだ。

えらく機嫌の良さそうな雪ノ下を見つめながら、耳心地のよい彼女の歌声を楽しむ。

雪ノ下「ドブネズミみたいに誰よりもやさしい、ドブネズミみたいに何よりもあたたかく」

俺が望んだ通り、それから暫く歌は続いたが、いよいよ紅茶の準備も整ったという段になって雪ノ下が振り返る。それが唐突だったもので、目を反らすことも狸寝入りをすることもできず、ばっちりと雪ノ下と目が合ってしまった。

雪乃「……あ、え、あの、比企谷くん?」

八幡「……おう。その、なんだ、すまんかった」

雪乃「いえ、比企谷くんが寝ているものと思って油断していた私が悪いのだから、謝られても困るのだけれど……。でも、そうね、理不尽を承知で言わせてもらうと、こっそり黙って聞き耳を立てられていた私の気持ちを慮ってくれても良かったのではないかしら。……とても、恥ずかしいもの」

最後の方は、ほとんど消え入るような声音で雪ノ下が言う。羞恥に耳まで朱に染めながら、落ち着きなさそうに制服の裾を握り締めている。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 女「またボール飛んできた……これで何回目?」 (Res:56)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/24(水) 07:56:28 ID:FxFFAFnQ
男「……すまん、こっちにボール飛んでこなかったか、って」

男「……」

女「……」

女「…思いっきり」

女「思いっきり飛んできたわよ!!!このドアホ!!!」

男「だから謝ってんだろ!?わざとじゃねっつのオラ!!!」

女「練習なんだから意識して飛ばす方向考えなさいよ!!!毎度毎度……っ、バカなの!?学習しなさいよ!!!」

女「窓開けてるが為に割れないで済むから良いものの……って、良くない良くない!!人に当たったらどうする訳!?あんた責任取れんの!?」

男「あぁ!?この美術室が野球部の練習スペースに近いのが悪いんだろ!?!?こんなに近けりゃ意識とかそんな問題じゃねぇだろうがよ!!!」

男「大体文句あるならてめぇんとこの顧問に言えや小心者!!!精々最上階の薄暗い目立たない部屋でも紹介して貰え!!!」

女「何ですって!?」

男「繊細で?貴重な?作品が豊富な美術部様wにはそんなとこボールも飛んで来ねぇしお似合いなんじゃねぇの!?まぁ、幽霊部員が更に増えるかもしれないけどなぁ!!!!」

女「あ、あんたねぇ……っ、好き放題言ってくれるじゃない…!」プルプル

58以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:38:42 ID:SoRtMyqY
不良(しかも気絶、してんのか…?)

不良(…足を滑らせたのか)

不良「チッ、世話の焼ける」

女「……」

不良「よっこらせ」ヒョイッ

不良(軽いしほせぇ……ちゃんと飯食ってんのかこの女)

不良「……」


59以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:39:28 ID:SoRtMyqY
不良「……」

爺「お帰り、漁場の様子はどうじゃった」

不良「雨の後とは言え問題は無さそうだぜ、明日は船を出す」

女「……」

爺「……って、その子はどうしたんじゃ」

不良「倒れてた、そこの山道で」

爺「…ふむ、畔の家の子かの」

爺「布団で寝かせて置いてあげなさい」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


60以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:40:19 ID:SoRtMyqY



女(…何だか、冷たかった筈なのに)

女(酷く、温かい…)

女「……」パチッ

女「……」ガバッ

女(頭、痛い……)

女(……和室?)

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


61以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:42:09 ID:1p0rFQM6
女×不良いいゾ~コレ


62以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:44:15 ID:SoRtMyqY
女(……)

女(あ、そうか……私、ぬかるみで足滑らせて)

女「……はぁ」

女(…こんなの、男にバカにされて当然じゃない)

女(…服、変わってる。私、確か制服で)

女「ももももしかして…っ」

不良「あ?」

女「服、脱がして…っ!?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


63以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:46:37 ID:SoRtMyqY
不良「……」

女「…あ、あの」

女「ありがとう」

不良「ん」

女「……え、と」

女「じゃあ、私帰るね。その、お世話になりました」

不良「おいコラ待て」

女「へ?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


64以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:47:41 ID:SoRtMyqY



爺「そうだ、今日は泊まって行きなさい」

女「い、いや、そんな、悪いです!助けて貰った上に!」

不良「じゃあどうすんだよ、帰るのか?まともに光りもねぇ状態で山道入ったってまた足滑らすんじゃねぇの」

女「うっ……ごもっともだわ」

爺「まぁ、ゆっくりせい」

女「……すみません」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 ちなつ「もう一回だけやり直したい……」【ゆるゆり】 (Res:43)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/20(土) 21:04:59 ID:.NDZHDnw
Extra★1 三度の飯よりオムライス

扉絵は船見結衣のエプロン姿。
~~

京子「うぅ……お腹すいた……」グー

ちなつ「なんでご飯食べてこなかったんですか」

京子「コムケに向けて原稿書いてたから
夜も朝も食べてる余裕なかった……」

結衣「自業自得だろ」

京子「そんなひどいこと言わないでよ~結衣~ねぇ~」ピトッ

ちなつ「弱ってるからって結衣先輩にくっつかないでください!」

結衣「分かった分かった 作ってやるよ」

京子「ほんと!? 結衣大好き!」

ちなつ「結衣先輩がやるなら私も手伝います!」

京子「ワァ……チナツチャンモダイスキ……」

45以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/25(木) 12:29:23 ID:Ka0k775M
京子「言いにくいなら言わなくていいんじゃない?」

あかり「え?」

京子「あかりちゃんがもう死なないんならそれでいいよ
また4人で遊べるのが嬉しいな」

あかり「遊ぶ……」

ちなつ「そっか、遊ぶのもありなんですね 今までずっと緊急事態だったから忘れてましたけど」

結衣「見方を変えれば、一生4人で遊んでられるって状況なんだね
まあ他の誰とも会えないのは寂しいし、一生っていうか永遠なのかもしれないけど」

あかり「あかりにとって、一番楽しい時間はごらく部で過ごす時間だったから、
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


46以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/25(木) 12:30:03 ID:Ka0k775M
ちなつ「何して遊びます?」

結衣「トランプとか?」

ちなつ「別の料理もやってみたいです」

京子「ここに話題ボックスもあるよ」

あかり「えへへ! 全部やろうよ あかりたちには時間があるんだから」

結衣「あかり、そのセリフ主人公みたい」

あかり「主人公だよぉ!?」

京子「えへへ、私たちの遊びはまだ始まったばっかりだもんね!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


47以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:22:06 ID:yMm9PTL.
Extra★120~1045

毎回タイトル・扉絵が代わり、4人は精神的に良好であると考えられ、
歳納京子の幼児退行、赤座あかりの自殺癖は見られなくなった。

ストーリーには、既存やオリジナルのカードゲーム、
非常に種類に富む雑談、大喜利、成りきり、
リセットをされることを利用した極めて思い切った運動系のゲームなどが見られるが、
話数が進むごとに思いつくテーマが少なくなってきている。
また、話数が進むごとに百合に該当する行為に対する抵抗が無くなってきているが、
これは単に経験からくる慣れだと考察されている。

また現状本誌では未だに触れられていないはずの
「歳納京子の性格の変化の理由」、「船見結衣が一人暮らしを始めた本当の理由」、
「赤座あかりは本当にアリを飼っているのか」、「吉川ちなつの引っ越しについて」、
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


48以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:22:42 ID:yMm9PTL.
Extra★1046 アーイ愛アーイ愛、おさるさんのようにね♪

扉絵は裸で抱き合う赤座あかりと吉川ちなつ。それぞれ天使と悪魔の羽が生えている。
コミック百合姫は一般誌であるためか、
掲載基準に抵触する行為時は別のキャラや背景のみを描写している。
~~

京子「えーっと、次何する?」グー

ちなつ「そのセリフ何度目ですか……えっと次何しよっか?」

あかり「あかりに振るのも何回目か分かんないよぉ!?
ねぇ、結衣ちゃん、次どうしようか?」ガラッ

結衣「また私まで回ってきたのか……
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


49以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:23:30 ID:yMm9PTL.
京子「結衣、本気?///」

結衣「京子も昨日までコムケの原稿書いてたくせにそんな照れるなよ」

ちなつ「はぁはぁ」

京子「昨日っていうかもう遠い昔!
しかも私の同人誌は一般向けだからね!?」

結衣「コムケで成人向け買ってなかった?」

あかり「やぁっ……あっ……んっ!」

京子「知りませんな~」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


50以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:24:10 ID:yMm9PTL.
あかり「うわぁん! 京子ちゃん助けて! ちなつちゃんが変なことしてくる!」ダキッ

京子「いいよー……って裸で抱きついてくるなよ!」ドキドキ

あかり「だってー……」

京子「」ジー

あかり「京子ちゃん?」

京子「えいっ」チュッ

あかり「なんで!?」

京子「何したって捕まらないし私も吹っ切れる!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


51以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 19:25:02 ID:yMm9PTL.
あかり「うわぁん! 結衣ちゃぁん!」

結衣「一周して私のほうに来たな」ギュッ

あかり「どうなるの!? どうなっちゃうのあかり!?」

結衣「私たちがあかりにひどいことするわけないだろ」

あかり「そ、そうだよね、結衣ちゃん手の位置がおかしくない?」

結衣「そんなことはないよ?」

To be continued.

煽り文:100巻分読んでまでこういうのが見たかったの?
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」 (Res:152)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1 ◆8YCWQhLlF2 :2016/08/15(月) 03:13:54 ID:8ulaYAIo

~あらすじ~



神様「前スレだ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1455635965/


神使「一行も読む必要は無いそうです」


神様「!?」

154 ◆8YCWQhLlF2 :2016/08/26(金) 02:55:47 ID:/MNETzd2

おわた


155以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 02:59:53 ID:3Sj/gO4o



156以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 03:45:51 ID:tTG.Guks
楽しかった
ありがとう


157以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 07:17:31 ID:TzW5VrpM
神ちゃんの事だからローン組む時点で
審査通らないだろうけど、神使が
連帯保証人になってなんとかOKだったんだろうな


158以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 08:52:07 ID:o.PIEMwE
乙乙~


159以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 08:27:02 ID:pwmmYUZs
かわいい神ちゃん
うちの実家の近くにある神社に来てくれないか?
岩牡蠣を沢山用意してまってるからさぁ


160以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 18:26:27 ID:ueMp3g8k
かわゆい神ちゃん!うちの近くのお稲荷さんに来てくれないか


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 後輩「先輩をオトしてやる!」 (Res:5)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 06:56:32 ID:uUqkL8Tk

先輩「なんでまた急に?」

後輩「先輩ってば、私がいくら誘惑しても全然興味示してくれないんですもん!」

先輩「ついこないだまでランドセル背負ってたような子供が、誘惑ねぇ」

後輩「私、高1! ランドセルは4年も前ですよ! 先輩と一つしか変わらないし!」

先輩「そうだったっけか。ちまっとしてるから忘れてた」

後輩「むきー! もう許せません!」

先輩「ほう」

後輩「絶対私に夢中にしてあげますから、覚悟してくださいね!」

先輩「期待せずに待ってる」

7以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 20:57:36 ID:uUqkL8Tk

後輩「ふふふ、釘付けじゃないですか。……ちょっと恥ずかしいですね」

先輩「続けて続けて」

後輩「おや、思いのほか乗り気ですね」

先輩「まあ満更でもない」

後輩「これは早くも先輩の理性崩壊という名の決着が近いのでは」

先輩「でも君元々のスカート丈長いからなあ」

後輩「へ?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/26(金) 21:00:16 ID:uUqkL8Tk

後輩「くっ……あの色気に耐えるとは、なかなか頑張りますね!」

先輩「君は純粋でいいと思うよ、うん」

後輩「これはどうやら想像以上に手強そうです」

先輩「こっちは楽そうだ」

後輩「明日こそオトして差し上げます!」

先輩「おう、頑張れ」

後輩「失礼します!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 17:32:21 ID:yD5xLDCY

後輩「今日こそ先輩をオトすぞ!」

先輩「やめないのね」

後輩「今日はちゃんと予習をしてきましたよ!」

先輩「殊勝なことで」

後輩「どうやら男性は女の子の普段と違う姿にドキッとするらしいですね」

先輩「ギャップというやつか」

後輩「それですそれです!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 17:35:20 ID:yD5xLDCY

後輩「おや、今回もなかなか満更でもなさそうですね」

先輩「確かにわかる気がする」

後輩「ふふふ、これはもはや勝利したも同然なのではないでひょうか!」

先輩「ん?」

後輩「な、なんですか」

先輩「……」

後輩「なんですか! ちょっと噛んだだけじゃないですか!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 17:37:16 ID:yD5xLDCY

後輩「つまり、私が普段と違う髪型にすることで、先輩は喉から心臓が出るほどドキドキしてしまうということです」

先輩「わからん」

後輩「では早速……」シュルシュル

後輩「ど、どうでしょう。ポニーテールにしてみました」

先輩「うーん」

後輩「な、なんですか! 何か不満があるんですか!」

先輩「いやぁ、うーん」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


12以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 17:40:27 ID:yD5xLDCY

後輩「き、気を取り直して、今度はツインテールにしてみました!」

先輩「おおう」

後輩「おや? 好感触ですか?」

先輩「これは……」

後輩「ふふふ、どうやらツインテールでプリティーな私をお気に召したようですね!」

先輩「……なんていうか、かなりアウト気味というか」

後輩「えっ、つ、ツインテールはお嫌いですか?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


13以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/27(土) 17:41:23 ID:yD5xLDCY

後輩「もう……今日はもう帰ります……」

先輩「なんかごめん」

後輩「謝られても困ります」

先輩「じゃあ謝らない」

後輩「それはそれで人としてどうかと思いますよ」

先輩「まあまあ、ポニーテールもツインテールも似合ってたよ」

後輩「取って付けたようなフォローですね」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード