板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 王「魔王を倒す指名を」勇者「断る帰る」(82) / 2 : 男「お願いだ、信じてくれ」白蓮「あらあら」(162) / 3 : 勇者「この美しき世界で」(82) / 4 : 犬「我が家に兎ちゃんが」(76) / 5 : 兄「妹ぉー!今から孕ませるぞー!」妹「嫌に決まってんだろアホ!」(23) / 6 : 妖狐「安住の地を求めて」(771) / 7 : モバP「異性の幼馴染?」比奈「いたりします?」(20) / 8 : 男「罰ゲームとはいえ」後輩(女装)「ここまでする必要は…」(24) / 9 : 神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」(444) / 10 : ウルトラセブン「カプセル怪獣達が女の子になってる!?」(13)
11 : ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2 Part2(47) / 12 : 幼「本音大会?何それ」(291) / 13 : 男「幼馴染、入るぞー」(18) / 14 : 奴隷娘「この歳で処女とか恥ずかしいですご主人様」(569) / 15 : 触手「こんにちは」俺「はい」(431) / 16 : 母「リレーSSに書いた事が現実に起こるの?」【リレーSS】(4) / 17 : 男「モテる代わりに難聴で鈍感だった日々より」(968) / 18 : 女「この学校で常識は通じない!」(33) / 19 : ハンジ「戯れは」リヴァイ「終わらない」(620) / 20 : 男「コミュ症の俺が異世界に?」続!!(171) / 21 : 女「貴方が見ていてくれれば、それで良い」(21) / 22 : 男「この学校...やばすぎだろ...」(175) / 23 : 幼馴染み「彼氏かぁ」男「ん?」(124) / 24 : 月野うさぎ「貴様だけはッ!」殺せんせー「ヌルフフフ」(5) / 25 : フドウ子・アイゼン子「仏の顔も何度でも、だから!」(68) / 26 : 男「ぷにぷにかわいい幼馴染、お着替え計画!」(180) / 27 : 真紅郎「みんなに愛され過ぎだと思う」(397) / 28 : 奴隷少女「最後に、もうひとつ我儘を聞いてください……」(270) / 29 : 男「見てるよな」イケメン「もちろん」じぃー(448) / 30 : 男「生きてる「人類」が俺だけになった」(923) / 31 : 海未「ことりはいつも甘い匂いがしますね」(386) / 32 : 後輩「先輩をオトしてやる!」(78) / 33 : 勇者「セックスしよ?」エルフ「せっくす?」(15) / 34 : ドラえもん「のび太くん........」(8) / 35 : 男「お前のっっっっ膣が見たぁぁぁぁぁぁい!!!!!」(17) / 36 : 【プレイ日記】ハルドラ・イールの冒険者達【エルミナージュ】(776) / 37 : ミナト「ナルトも今年で中忍試験だね」クシナ「そうね」(131) / 38 : 超適当・安価と秒で冒険SS(54) / 39 : 勇者「娘に過去がバレまして」娘「伝説のおちんちん!!」(963) / 40 : みんなで文才晒そうぜ part2(469) / 41 : 後輩「ふたりで過ごす日常」(30) / 42 : 鬼娘「こいつはわしの物」 男「マジで?」(44) / 43 : スージー「願いなんてのはね。自分で叶えるもんなのよ」(417) / 44 : 女「怪奇探偵?」(400) / 45 : 千歌「あこがれを見つめて」(15) / 46 : 巨乳「走りまーす」(54) / 47 : 勇者「古代魔法『カクゲー』」(351) / 48 : いすず「唐突だけど鳴上くん。明日の休日私と遊園地に行かない?」2(278) / 49 : 勇者「魔王を倒してから、あれから二十年!」(614) / 50 : 妹「兄、どこ?」(283) / 51 : 引きこもり善子を外に出すまで(5) / 52 : 提督「ヤンデレっていいな〜」艦娘「!」(481) / 53 : メイド「ご主人様~朝ッスよ…」主人「zzz」(328) / 54 : メイド「ご主人様〜」(167) / 55 : 勇者「ここは異世界か」イケメン「見つけましたよ、女神さ、ま?」(136) / 56 : COUTION(東方安価)(5) / 57 : 男「謝ってるじゃん」 女「許しません」(20) / 58 : 魔王「ボクと世界を手にしない?」村人「手に入れちゃおっかな」(454) / 59 : 妹「兄さん、このスレはID腹筋ですよ」(720) / 60 : 僕「どうしよ…好きな人できた」彼氏「はい?」(41)  (全部で959のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 王「魔王を倒す指名を」勇者「断る帰る」 (Res:82)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/25(日) 11:36:38 ID:QZ63w72Y
短スレ
軽く読み用
修羅場

76以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:35:24 ID:Thvt4q1U
勇者「好きになることは悪いことなのか?」

女神「………私に勇者を好きになる事なんて許されない。だってだって」

魔王「」(私の夫ですよね~?)

女神「暇潰しでいじめてた相手を好きになるなんて」

勇者「悪い女神!?いじめてた!?」

女神「気まぐれで人生めちゃくちゃにして………死ぬ運命ばっか選ばせてたんだよ………でもいつもいつも死を免れる。それでも心は折れない魅せられて………いままでごめんなさい‼………でも!!好きです勇者!!」

魔王「あん?ちょっと人の夫に何?」

勇者「ごめん。俺、結婚してるんだ。まぁ昔の事はいいから祝福してくれ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


77以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:38:39 ID:Thvt4q1U
魔王「近寄るな!!」

女神「す、少しでも近くに」

勇者「ま、まて!!hふったよな!?」

女神「諦めたくない………」

魔王「邪神め」

魔女神「………ねぇ」

妹女神「もご……ぷはぁ!!…………なに?」

魔女神「泣いていい?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


78以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:49:24 ID:Thvt4q1U
1時間後

魔王「これは私の夫です‼」

女神「右手でも右手だけでも」

勇者「千切ろうとするな‼」

魔女神「私はこんなどんくさい女神じゃない………じゃないんだ」

妹女神「あっ部屋借りるね。さぁお兄ちゃん……いっぱい楽しもうね」

勇者「あかん、カオスだ」

女神「報酬は払います‼いくらですか?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


79以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:52:33 ID:Thvt4q1U
女神「ぐぬぬ~ぬぬ~」

勇者「そういえば………魔女神。俺とこいつで子供って出来るの?」

魔女神「いや………難しいのでは?いや………どうだろうか?」

女神「私が認めないので無理です。魔女神が認めても」

魔女神「だ、そうだ」

勇者「仕方がない」

魔王「………うん。わかった」

魔女神「すまんな女神が屑で」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


80以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:57:30 ID:Thvt4q1U
「勇者の家に現れました」

姫「わかったわ………だ、そうだ」

僧侶「ちょうどよかった………完成しましたよ呪詛が」

姫「では…………打ち出して」

僧侶「勇者以外は全員悶え苦しみ……死ぬ」

姫「死体用意大変だったわ。ふふふふ」

僧侶「邪教神崇拝してよかったですわ。ははは」

姫&僧侶「はははははははははははははははは!!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


81以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 12:45:03 ID:Thvt4q1U
どんっ

魔王「うぐっ!?」

女神「くっ!?」

魔女神「呪い!?」

勇者「ど、どうした!?」

妹女神「あーあ、お兄ちゃん射精したら呪い死んだ」

妹女神「これは憎愛の呪いだねぇ」

女神「ほ、ほかに誰かが」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


82以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 12:59:27 ID:Y3zBNRXw
NTRは寝とり
NTRれ寝取られ

>>77
終始つかないじゃなくて収集がつかないじゃない?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 男「お願いだ、信じてくれ」白蓮「あらあら」 (Res:154)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1ぬえ ◆ufIVXIVlPg :2016/01/20(水) 05:32:56 ID:GS4PMXIs
このSSは東方の二次創作であり、

男「どこだよ、ここ」幽香「誰!?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1388583677/

男「なんでだよ、これ」ぬえ「あう」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1400909334/l50

の続きとなっております。

そちらを先にご覧くださると幸いです。

また、オリジナル設定、オリジナルキャラ、東方キャラクターの死亡などが含まれますので苦手な方はご注意ください。

156以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/16(金) 05:14:27 ID:oWniYtLQ
きたか


157以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 00:27:05 ID:GQoVjBUA
乙です


158以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 11:33:42 ID:iyrrjEFk
男「さて、他に何か質問は?」

海について話し終わったころには子供のうちの大半が俺を真剣な目で見つめていた。

角娘「は、はい」

手を上げたのは見た目に反して臆病な角娘だった。

そういえば角娘が何を好きかは分からない。子供たちと会っていた時間が短い間だったし自己主張もしてこないせいだ。

男「なんだ?」

角娘「あの、その」

角娘は何かを伝えようとしているがおどおどとするばかりで言葉に詰まりっぱなしだ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


159ぬえ ◆ufIVXIVlPg :2016/09/28(水) 11:38:43 ID:iyrrjEFk
男「約束、したんだ」

角娘「?」

全てを隠すにはこの気持ちは心の根底にありすぎて、もう堪えることなんてできなくて。

しかたなく嘘をついて真実をこぼす。

男「き、君たちくらいの子に、約束をしたんだ」

男「遊んでやるって、空手を教えてやるって、拙い、俺なんかの、だから」

支離滅裂な言葉。

嗚咽と涙に邪魔されて言葉も思考もまとまらない。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


160ぬえ ◆ufIVXIVlPg :2016/09/28(水) 11:45:12 ID:iyrrjEFk
羽少年「お疲れさま」

男「え?」

羽少年が俺の頭を撫でていた。

羽少年だけじゃない。

犬耳娘も

犬耳娘「頑張ったね」

角娘も

角娘「ありがとう」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


161ぬえ ◆ufIVXIVlPg :2016/09/28(水) 11:45:49 ID:iyrrjEFk
羽少年「………あれ」

犬耳娘「なんで私たち」

角娘「………?」

突然呆けたような表情になる三人。

そんな三人を俺は感極まって抱きしめた。

男「ありがとう………っ、ありがとう………っ」

まだ失ってないものがあった。

まだ続いているものがあった。


162ぬえ ◆ufIVXIVlPg :2016/09/28(水) 11:59:22 ID:iyrrjEFk
保母妖怪「彼は、何かあったのですか?」

白蓮「………えぇ、事情がありまして」

保母妖怪「それが子供たちを助ける理由ですか」

白蓮「子供たちだけではありませんよ」

保母妖怪「はい?」

白蓮「あなたもです」

保母妖怪「………」

保母妖怪「ただの人間に守られるだなんて、変な気分ですね」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 勇者「この美しき世界で」 (Res:74)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/20(土) 10:21:39 ID:KnUu7S3M

世界は美しいと思う。

悲しいことや、汚いこともあることは知っている。

でも、その中で。

明日を信じて生きている人達が居るこの世界が。

俺は、美しいと思う。

76以下、名無しが深夜にお送りします :2016/05/20(金) 20:48:16 ID:DM.aHKi2


今度こそ最後まで頼む


77以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/13(月) 00:17:29 ID:XznQ1qO2



78以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/10(日) 19:26:17 ID:n/I/bBO.
頼むよ……
今度こそ


79以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/15(金) 21:40:38 ID:2mwdqpDg
見てることを祈ってあげ
頼むよ


80以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/07(日) 17:04:20 ID:cDUdxqgQ
頑張ってくれ……


81以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/17(土) 19:23:53 ID:cw1T/MMQ
ほしゆ


82以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 10:20:14 ID:SJQOcFQE
ほほしゅしゅ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 犬「我が家に兎ちゃんが」 (Res:68)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/22(木) 19:18:50 ID:OGPsZXQk
犬「こんにちは」

兎「……」

犬「貴方、とてもキュートですわね。お名前は?」

兎「……」

犬「毛並み、ふわふわなのね。歳は……あ、女性に対して失礼ですわよね」

兎「……」

犬「わ、わたくしそんな怖いかしら」

兎「……」

犬「ドーベルマンはそりゃ攻撃的な犬種かもしれませんが……」

兎「……」

犬「根はとても、聡明ですのよ?」

兎「……」

兎「……俺は、中年のオスだぞ」

犬「!?!?」

70以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:19:34 ID:OxTm4ir6
猫「で、相談って何ですか」

犬「えっ?聞いて下さるんですの?」

猫「そうですね、聞くだけですけど」

猫「これっきりにしてくれたら助かります」

犬「……やはり、貴方は優しいですわ」

犬「……実は」

犬「わたくし、可愛くなりたいんですの!!」

猫「そうですか」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


71以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:20:23 ID:OxTm4ir6
猫「……何だよ」

犬「それは、余りにも薄情過ぎませんこと?」

猫「嫌ですね、聞くだけって言ったじゃないですか」

犬「泣きますわよ」

猫「我が儘か、勝手に泣いてろ」

犬「………わたくしだって」

犬「可愛くなりたいんですのー!!」

猫「かわいいかわいい」ホジホジ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


72以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:21:14 ID:OxTm4ir6
猫「大体、それはこの間あのアホ鳥が解決してくれたんじゃなかったんですか。タケシから聞きましたよ」

犬「案外お喋りですのね…」

犬「あれはその……卑屈になってはいけないと教えてくれたのですわ」

犬「……だから、わたくしもっと自分を磨こうと決心したんですの!」

猫「アホくさ」

犬「容赦ないですわね」

猫「いやもうほんとめんどくさいんで勘弁して下さい」

犬「お願いですわ!貴方から一つアドバイスが欲しいだけですのよ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


73以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:22:24 ID:OxTm4ir6
犬「……引き際が分からない」

犬「………」

犬「わ、わたくし……うざい、かしら?」

猫「………」

猫「……あー、すみません。今のはミスです」

犬「えっ」

猫「ああぁぁぁ………めんどくせー」

猫「貴方、ほんと世界一……いや、宇宙一めんどくさいですよ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


74以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:23:18 ID:OxTm4ir6
猫「何て言うか、根本的に間違ってます」

犬「?」

猫「貴方、自分の事を何だと思ってるんですか」

犬「わたくしは、わたくしですわ」

猫「凄い頭の悪い表現ですけれど、その通りです。貴方は貴方です」

猫「では、その貴方の折角の魅力を潰すような真似をしては余計拗れるだけですよ」

犬「なら、どうすれば」

猫「そう……つまりは、貴方の魅力を潰さない、至高なるスタイルはふりふりのピンクエプロンではなく」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


75以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:34:22 ID:OxTm4ir6
犬「そういう……」

犬「可愛さ……」

犬「………」

犬「……すごい」

犬「凄いですわ!!!」

犬「これが見聞を広めると言う事ですのね!!!」

猫「うざい、近い、離れろ」

犬「これは失礼」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


76以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:35:31 ID:OxTm4ir6



猫「この間僕が怒られたのは貴方のせいですよ、分かってるんですか」

犬「えへへ、ごめんなさいですの」

猫「何笑ってるんですか、気色悪い」

犬「ひ、ひどい……」

猫「……何か、変に見込まれたせいで逆に僕が振り回されてる気がするし」

猫「癪に触るな……」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 兄「妹ぉー!今から孕ませるぞー!」妹「嫌に決まってんだろアホ!」 (Res:15)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/03(日) 19:43:15 ID:5.V/RAdU
  ∧,,∧
 ( `・ω・) ようこそID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J

ここはsageずに書き込み、出たIDの数字の回数だけ腹筋をするという、
硬派なトレーニングスレです。

例1 ID:wwh7KM12 の場合 7×12=84 なので84回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. の場合 数字がないので今日は一休み。


さあ、存分に腹筋するがよい。↓

17 ◆eUwxvhsdPM :2016/09/28(水) 02:56:53 ID:ruurUfm6
夢の中の俺は、『俺』が『何』であるなのか、わからなかった。
俺は、ただ見つめる傍観者であり、自由である『蝶』なのか?
自由は無く、押し付けられる快感を譲受するだけの『女』なのか?
獣のように性欲を貪る、偽りの自由を謳歌する『男』なのか?

答えは無い。

しかし……一つだけ、わかった事がある。


18 ◆eUwxvhsdPM :2016/09/28(水) 03:03:30 ID:ruurUfm6
俺は……真の意味で、『自由』なのだ。
少なくとも……今の俺には。
三つの『俺』が『居』る。

『人には無限の可能性があります』?
安いJポップで聞いたような言葉を、俺は信じない。
二本足で立ち、国の言葉を喋る事を強いられ、社会のルールに縛られるこの世界の何処に。
可能性という言葉なぞあるというのか。

俺は……夢の中で、『有限』の可能性を見た。
無限よりも遥かに大きい……三人の自分だ。

夢から覚めた時、俺は『能力者』として覚醒していた。
三人の自分が……『三つ』の能力が、目覚めていたのだ


19 ◆eUwxvhsdPM :2016/09/28(水) 03:08:45 ID:ruurUfm6
…………

ド ド ド ド ド ド ド ド ド

兄「これが俺の『女』の能力……!!」

対象の『生理周期』を正確に理解しッ!!
相手の健康状態やメンタルまで瞬時に把握する能力ッ!!(女性限定)

兄「『月の観測者(シューティング・ムーン・プロジェクト)』……クックック、この能力の前に……妹、お前は孕まずにはいられるかな?」

妹「……外道め……ッ!!」ギリッ

ド ド ド ド ド ド ド ド ド……


20 ◆eUwxvhsdPM :2016/09/28(水) 03:09:19 ID:ruurUfm6
割りと何書いてるかわかんないごめん


21以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:32:36 ID:5hqO.rzM
荒木ワールドは冷静になったらダメだ
御大並みに人間をやめる位の覚悟を決めるべし


22以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:35:25 ID:W9YM8P32
こういうものは勢いで書くものだ 冷静になりかけたら馬鹿になれ


23以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 08:48:11 ID:Yj8DmSPI
何書いてるか分かんないけど雰囲気で読んでるから大丈夫


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 妖狐「安住の地を求めて」 (Res:763)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 23:12:38 ID:8Xfnwsvc

>激闘の末、魂刀【霧霞】を破壊する

>あれから二日後……



妖狐「ん……む…?」パチパチ

騎士「っ、起きましたか…!」

猫神「おはよー」

妖狐「うん…?朝、か…?」

騎士「はい。と言っても、二日後の…ですが」

妖狐「何ぃ!?二日!?」

猫神「ずーっと寝てたよー」

妖狐「傷は……治っておるな」

猫神「アタシが応急処置しといた」

妖狐「悪いのぉ、助かる」

765以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 20:45:28 ID:jW6E.54w
猫神「ま、まぁ……結論、無理ってことね?」

ローブ男「ん?あ、あぁ。そう言うことだ」

猫神「となると、砦をどうにかして抜けるしか無いにゃぁ……」

刀娘「正面突破で」

猫神「刀娘ちゃんそれ全滅しちゃうからね!」

刀娘「気合でなんとかなる、かも」

猫神「ならないから!なったら悩んでないから!」

ローブ男「俺と刀娘で強引に突破することも出来るが、俺の体力がどこまで持つか……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


766以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 20:46:04 ID:jW6E.54w
妖狐「なら、一先ずローブの言う場所へ向かってみんか?」

騎士「そう、ですね……それから考えましょうか」

猫神「ローブくん、キミが言ってた場所ってどの辺りなの?」

ローブ男「んーと、確か……」スッ


     【南の大地】


西       湖     |  東門
の  湖   |  |   |
海      砦  |   |
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


767以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 20:47:44 ID:jW6E.54w
ローブ男「この辺りじゃないか?」

猫神「だからアタシに聞かれても困るにゃ……」

ローブ男「……誘っておいてなんだが。何が起こるかわからない。気をつけてくれよ」

男「わかってる。早速行こうか―――と言いたいところだが、先ずは妖狐の風邪が治ってからだな」

騎士「ここから南の大地までは二日と半日かかりますけど、どうします?」

妖狐「向かうぞ。二日もあれば風邪なんぞ絶対に治る、絶対になっ」

猫神「一応数日分の食糧は買い込んで―――って、この島に店あったっけ…?」

騎士「ありますよ。銀貨不足らしく、銀貨の価値が金貨を少し上回ってましたから、私達にとっては助かりますね」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


768以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 20:49:54 ID:jW6E.54w
今日はここで終わります、ありがとうございました

>>741
紛らわしくて申し訳無いです

>>763
安価は今後も考えていません


769以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 21:16:06 ID:WQe3xkVM
おつおつ
ローブと男が同じこと言ってるし、だんだんと周囲も気づいて来るかもしれんね
安価に関しては>>758辺りで気配を感じたが、無いっぽくて良かった
ローブ男一人で行かせるとか死亡フラグですやん


770以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 21:56:07 ID:Wv5ykO4U



771以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 08:27:37 ID:wCXOEotc
乙乙


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 モバP「異性の幼馴染?」比奈「いたりします?」 (Res:12)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 05:56:40 ID:kaBzoiv6
モバP「急にどうしたんだよ」

荒木比奈「いや、昨日奈緒ちゃんとと話してたら話題にでたんスけど、ハーレム物の漫画やゲームで幼馴染枠ってあるじゃないっすか?」

モバP「おう。大抵ゲームは別としても、漫画やアニメだと主人公とメインヒロインを後押しする役割が多い気がするあれな。それがどうかしたか?」

比奈「そのイメージはわからなくは無いっスけど、いろんなとこから怒られるっスよ?それで実際に異性の幼馴染がいたらどんな感じなのかなってってなったんスけど、生憎二人ともそういう相手はいなかったんスよね。」

比奈「それでもしかしたらと思ったんっスけど、Pさんって幼馴染いますか?」

モバP「いやまぁいるっちゃいるけど……比奈が期待するようなイベントは一切無かったと思うぞ?」

14以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:12:34 ID:kaBzoiv6
比奈「あぁでもあれですね。そんな色気を持ってるなら、Pさんなら即スカウトしそうっスね」

モバP「ん?したぞ。スカウトの権限貰ってすぐに」

比奈「へ?」

比奈(ど、どういうことっスか?スカウトしてる?つまりもうアイドルになってるってことッスか?色気が凄くてワイン好き……あ)

コンコン ガチャ

高橋礼子「失礼するわね」

モバP「あ、礼子さん。お疲れ様です」

比奈「お疲れ様です」


15以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:13:39 ID:kaBzoiv6
礼子「お疲れ様。ところでドアの前で志乃がうずくまってたんだけど何か知らないかしら?」

柊志乃「……//////」

比奈(うわぁ、めっちゃ顔真っ赤っスね。あれ多分ワインで酔ったんじゃなく、アタシ達の会話聞いてましたね)

モバP「……志乃さん大丈夫ですか?うーん、ワインでも飲みすぎたんですかね。ちょっとソファに寝かせておきましょう」スッ トサッ

比奈(あ、ナチュラルにお姫様抱っこした。志乃さん余計に顔が赤くなったっスね)

礼子「変ねぇ。少しくらい飲んでもこんなふうにはならないのに」


16以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:14:23 ID:kaBzoiv6
モバP「体調次第ではそんなこともありますよ。礼子さんはこの後レッスンですよね。後は自分が見ておくので大丈夫です」

礼子「そう?じゃあお願いね。志乃、具合が悪いときくらい飲む量は抑えなさい?」

比奈「飲むなとは言わないんスね」

礼子「志乃が飲まないって言ったら明日は槍が降るかもしれないわね。じゃあレッスンに行ってくるわ」バタン

比奈「……行きましたね」

モバP「行ったな」

比奈「黙ってた方がいいっスかね?」

モバP「あぁ、俺もつい喋りすぎてしまったからな。さて志乃?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


17以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:16:12 ID:kaBzoiv6
モバP「俺達の話を聞いてたのか?」

志乃「……まったく、女性に恥ずかしい思いをさせたらだめなのよ?」

モバP「すまんな。どうしたらこんなダメな幼馴染を許してくれるかな?」

志乃「……今夜またふたりで飲みましょう?『たった少しの後悔もしないように』ね?」

モバP「……今夜だな、わかったよ」

比奈(あ、これマズイっス。志乃さんの雰囲気が凄い妖艶なんスけど。後でお酒以外の事案が発生するやつっスよ。あでも2人とも大人だから問題ない?というかこの場にいるアタシが場違いくさい……)


18以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:16:48 ID:kaBzoiv6

プルルルルルルルル……

比奈「あ、もしもし奈緒ちゃんっすか。ちょっとこれからお話しないっすか?……そうっすね、とりあえず『幼馴染はエロイ』という話を」


19以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 06:33:19 ID:kaBzoiv6
これにて終了です。
普段の夜勤の仕事が休みで暇だからと言えど、数年ぶりにSS書くと疲れますね。
しかも書いてみたら思ったより短かったし。

誤字脱字これじゃない感、荒木比奈物かと思った比奈Pの皆様すみませんでした。
志乃さんの今夜の風景は皆様の脳内映像でお楽しみください。

デレマスのCoのお姉さまSSとMAXコーヒーが流行ることを祈りつつ寝ます


20以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 09:12:34 ID:mYMkltSM
これはとても良いものだ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 男「罰ゲームとはいえ」後輩(女装)「ここまでする必要は…」 (Res:16)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/13(土) 21:00:15 ID:gPjeWvXs
部室

男「……」ダラダラ

後輩「……」ダラダラ

男&後輩「あったんですか?」チラッ

部長「あたしに聞くなっつーの」

男「うむぐぐ。いやですよ、あれですよ、トントン拍子に進むから否定する暇もなくて」

部長「厳正なくじ引きの結果だし」

後輩「言っても部員四人だけじゃないですか…」

部長「ブチグチ言うでねェ! 我が部貴重なツテを使って取り寄せた女装グッツなんだぞぉ!」ダバァッ

部長「──着て損はあってもやって損は無しッ! いざ男×男での摩訶不思議女装デート罰ゲーム開始せよッ!」

男「横暴だァ…」

後輩「酷いです部長…」

部長「ほほう、罰ゲームを指定したのは君らだったはずだが? 今更怖気ついたとでも? 許さんよッ!! まったくもって許さんッ!」

男「あえてぶっちゃけますけど、アレ、完全に部長嵌める為だけにやっただけっすから」

部長「知ってたとも! だから根本からへし折った、甘い甘い、あたしを騙そうなんざ二年はやい」

18以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/04(日) 14:49:14 ID:C6VTx13s
支援


19以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:03:09 ID:svbpy7JA
後輩「……、」

男「何気におそろ買っちゃったな。よく考えると今後、付けにくい物体だ」チャリ


ふと、先輩の指がきれいだなと、思った。


後輩(はて? 果たしてそれはフツーのことなんでしょうか、先輩さん)ジィー

男「なに? そんな見つめて、実はどっちも欲しかったり?」

後輩「あっ、いえ別に──それよりこの後どうします? やることやっちゃった感ありますけど」タハハ

男「そうだね。まあそこら辺ブラブラでも許してもらえるんじゃないかな。ヤクザでも」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


20以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:12:51 ID:svbpy7JA
『黒歴史製造中じゃないですか』


後輩(はぁー…違う、違うんです先輩それは)

後輩(嫌だったら本気で断るし、駄目だったら一目散で逃げる自信がある)チラ

男「お。新しく本屋出来てたんだ、少し寄ってみる?」

後輩「はい。行ってみましょうか」ニコ


それはきっと、今の時間を増やしたいが為の『嘘』


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


21以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:21:48 ID:svbpy7JA
後輩「気軽に言うな。今の視聴者層がどれほど付いてきてくれるかわからないのに」ガサガサ

『そしたらコッチ稼げるもの。つーか高校生謳ってる生主で被ってるし、一刻も早くライバルは消滅せよ』

後輩「現状一位獲得してる癖に…まだ元を取りたいのか、守銭奴め」

『金はあっても困らない。それにしてもはーあ、趣味じゃなく趣向がそもホモっけかよツマンネ』

『大好きなパイセンが無垢で純情な後輩ちゃんだと思い、慕われてると思ってる。なるほど、そーいう萌えか』

後輩「……。言われなくても悪いことぐらいわかってる」


ガサリ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


22以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:28:32 ID:svbpy7JA
『ならいいや。気軽にこんなトークできる奴減ってほしくないし、また今度コラボする?』

後輩「…コスは?」

『微妙に流行りそうで流行らない島風コス。もう旬終わってる? どっち?』

後輩「やってみた反響で判断したら? というか二着分も用意してあるの? また作った?」

『体型似てるしいけるでしょ。今作ってるやつ合わせて三着ぐらい』

後輩(何故余分な一着分が用意されて…深く考えるのはよそう…)

『ねーねー』

後輩「なに?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


23以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 03:44:03 ID:svbpy7JA
後輩「うるさいな。別に本気じゃないし、そーいう不憫萌を客観的に味わいたいだけだし」


だからそんな嘘をついてしまうのだ。


後輩「いらぬお節介どーもでした。そっち学校早いんだろう? いい時間だし早く寝なってば」

『こわいこわい。弱い所つかれたらすぐおこっちゃう、じゃ寝ます。おやすー』

後輩「…おやすみ」カチッ


怒ってなんかいない。怒れる立場じゃないことぐらい、わかってるつーの。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


24以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 04:02:18 ID:svbpy7JA
部長「せやったらぶっちゃけてありのままの姿見せてレット・イット・ゴーしないさいよバカー!」ダバー

男「できるか脳タリ女! それこそ人生おじゃんだわ!」

後輩(部長も悪ノリしたら歯止め効かないもんなぁ。…不安がること先輩にさせなきゃいいのに)チラ

部長「キョエエエ! 我が一族に伝わる延髄斬りチョップ喰らえッ!」ズバァッシュッ

男「抜かせ場末ラーメン屋一家にそんな伝承残ってるわけあるかッ!」パッシィイイン

部長「ぶぇっ!? ひっ、ひ、ひひひどぉ~~~いいいーー!! お父ちゃんのラーメン世界一やぞぉー!」ぽかぽか

男「ああ、俺も実は大好きだ! ……だからどしたァー!!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」 (Res:436)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1 ◆8YCWQhLlF2 :2016/08/15(月) 03:13:54 ID:8ulaYAIo

~あらすじ~



神様「前スレだ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1455635965/


神使「一行も読む必要は無いそうです」


神様「!?」

438 ◆8YCWQhLlF2 :2016/09/28(水) 00:24:22 ID:wJbl366M

宮司「少女は鬼の形相で悪商人が住む島へ向かい成敗したと伝記には書かれております」

神様「鬼の形相って・・・ でも桃太郎ちゃん良い子だね、悪いヤツを成敗したんだし!」


宮司「いえ、ここからが恐ろしく・・・」

神使「恐ろしい?」

宮司「はい、何ヶ月もこの地に住み着き牡蠣を・・・ ほぼ食い尽くしてしまい・・・ 遂には―――」

神様「ちょっと待って! 何でそれを書いた書物があるの? 書き直しさせたんだけど!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


439 ◆8YCWQhLlF2 :2016/09/28(水) 00:25:57 ID:wJbl366M

神使「やはり神様ですか・・・」ハァ

神様「あ、いや・・・ その~・・・」

神使「一体どれだけ牡蠣を食べたんですか・・・」

神様「もももも!」


神使「神様?」ジトー

神様「・・・すいません、あのときの事は反省してますので」ドゲザ


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


440 ◆8YCWQhLlF2 :2016/09/28(水) 00:27:52 ID:wJbl366M

神様「ちょっとだけ言い訳させて」

神使「何です?」

神様「こっちは伊勢からはるばる来たのに牡蠣を一つも喰えなかったんだぞ!」

神使「それで、仕返しに何をしたんですか?」

神様「・・・えっと~」


宮司「余りにも惨い仕打ちで表現できないと伝記には書かれていますが・・・」

神使「まさか神様・・・」ゾッ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


441 ◆8YCWQhLlF2 :2016/09/28(水) 00:28:54 ID:wJbl366M

神使「しかし牡蠣を食べ尽くすだなんて、この土地の人にとってかなりご迷惑ですよ?」

神様「食べ尽くしてねーよ! どんだけだ喰うんだよそれ・・・」

神使「しかし伝記に書かれている以上、本当ではないんですか?」

神様「お前さぁ、伝記が全部本当だったら日本は妖怪だらけだぞ」


神使「ちょっと待って下さい」

神様「あ?」

神使「宮司さま、こちらの神社でお祭りされているのは桃太郎さんですよね」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


442 ◆8YCWQhLlF2 :2016/09/28(水) 00:30:08 ID:wJbl366M

神使「今の神様のお話ですと、桃太郎というのは神様の事で・・・」

宮司「まさか!?」

神使「そうなるかと・・・」

宮司「」フカブカ


神様「あ、すいません。 なんか歴史を曲げてしまった罪悪感を感じます」フカブカ

神使「桃太郎が神様だったなんて・・・」

神様「だから嫌なんだよ、昔の事を掘り返すのは」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


443以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 00:35:18 ID:KFGhs1FY
安定の神ちゃん武勇伝w


444以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 02:44:09 ID:GYorQFtY
さすが神ちゃん、深すぎて底知れない
乙です!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 ウルトラセブン「カプセル怪獣達が女の子になってる!?」 (Res:5)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 00:42:16 ID:UFsWQ6ks
光の国

セブン「(今日は久々にカプセル怪獣達を鍛えてやるとするか・・・)」ポン

セブン「!?」

ウインダム「お呼びですかご主人様?」くいっ

ミクラス「ご主人様〜〜!」

アギラ「・・・何か用?ご主人?」ふぁ〜

セブン「」

7以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 21:47:31 ID:/b4ePo/g
つはぁーッみなぎってきたぁー!


8以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:32:24 ID:UFsWQ6ks
メトロン「はっはっはっ、君はこういうの好きかと思ったんだがな〜」

セブン「一体何しに来たんだ・・・」

メトロン「あぁ実は君に折り入ってお願いがあって来たんだ」

セブン「お願い?」

メトロン「私をもう一度アイスラッガーで裂いて欲しいんだ!」

セブン「ファッ!?」

メトロン「実はあの時刻まれた痛みが忘れられないんだ。あの痛みが癖という奴になってしまってね」ハァハァ

セブン「」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:51:51 ID:FttqF53Y
そんで縫い合わされる激痛が更に快感に…そして伝説へ…!
つーかギロチン系でヤられた星人怪獣出しちゃアカン…そんな俺得…イイな…!うむ、イイゾ!
いいぞもっとやれさいおながいしまつ。フンフンハスハス


10以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 02:04:28 ID:ZYXbpziY
メトロン「ウルトラセブン〜頼む私を虐めてくれ〜!!」ハァハァ

セブン「(こいつこんなキャラだったっけ・・・?)」

セブン「ん?それより私の妻は何処にいるのだ?」

メトロン「・・・妻?あぁ、あの女か私が君の愛人だと言ったら何処に行ったてしまったぞ」

セブン「貴様あああああ!!!!」ゴゴゴ

メトロン「いいぞ!その調子だウルトラセブン!!!もっと怒ってその怒りを私にぶつけろ!!」だきっ

セブン「抱きつくな!」


11以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 01:15:42 ID:v66f.XWc
ウインダム「ご主人様になにをするのですか!」

セブン「ウインダム!」

ミクラス「ご主人様〜置いてくなんて酷いぞ〜」

アギラ「疲れた」

メトロン「ん?」

メトロン「おや、三下風情共が君達も私と同じような姿になったのか」

ウインダム「ご主人様にいやらしい事をするのは止めなさい!ご主人様には私達がいるのです!」

ミクラス「そうだそうだ!ご主人様はミクラス達の物だぞー!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


12以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 01:27:55 ID:v66f.XWc
ウインダム「ご主人様こんな奴はほっといて坊ちゃんはいたのですか?」

セブン「そ、そうだったメトロン!私の息子が帰って来てなかったか?」

メトロン「息子?いや、見ていないが…それより私はウルトラセブン君の下半身の息子の方に興味が」

セブン「知らないのならいい早くゼロ見つけて誤解を解かねば!後嫁も!!」ガチャ

エレキング(擬人化)「……やぁ」ぼいーん

セブン「」


13以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/28(水) 02:46:09 ID:NOonwTu.
…考えてみたら…考えなくても…
エレキング<紛う方無き宇宙ホルスタイン
ミクラス<出身地的に鉄板の牛怪獣
この2体が美少女になってお水の中でくんずほぐれつとかもういろいろと捗りすぎてウッ(早漏)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード