板情報 | R18ランキング ]

SS深夜VIP

2ちゃんねるのVIPと似たノリでテキトーにSSを楽しむ、SS専門板です
◆SSスレから「もどき」まで
◆即興、書きため、立て逃げ、乗っ取り、安価、ID腹筋、ブーン系、etc……気ままにさくさくスレ立ておk
◆パート化、続編、立て直し、VIPで落ちたスレの再挑戦やVIPからの移転なんかもおk
◆アダルト可にしといた
◆読んだ上なら乙も批判もお好きに。レスどんどんつくほうが書く人は多分やる気出る
◆もどきですらないスレ(SSと完全に無関係なスレ)と荒らしはNG
◆VIPのSSスレで叩かれるような過度の馴れ合い&自己アピールは同じく嫌われるのでそのつもりで
◇投下されたSSのまとめサイトやブログ等への紹介・転載は原則としてフリー
◇紹介・転載等されたくない人は、個別に当該SSスレにてその旨明記のこと



・管理人に用がある時や運営について話し合いたい時は【街道(管理人)がいるスレ】もしくはメール連絡フォーム
・利用者増加のための話し合いに協力してくれる人は【俺「どうせなら人増やそうぜ」】へ
・SSが完結したら【★完結作をまとめるスレ★】に誰かが報告しておくと、読む人が見つけやすくて便利かも(※非強制)


―――SS深夜VIPの仕様―――
・投稿本文の最大文字数 4096byte(全角文字で2000字程度)
・投稿本文の最大行数 30行
・連投規制 10秒
・1スレの最大レス数&板の最大スレ数 ともに1000
・スレ番号701〜1000のスレは過去ログ倉庫送り対象(作業は手動)
・トリップの付け方、メール欄のage/sageは2chと同じ
・したらばでは、レス本文の最後が改行のみだと改行がキャンセルされます(途中の改行は問題なし)
最後に空白を作りたい時は、最後の改行後に一度だけ<jbbs fontcolor=#000000>と置いて改行を反映させてください
この時<jbbs〜>の部分は書き込みには表示されません

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 触手「こんにちは」俺「はい」(897) / 2 : 勇者「夢も希望もないこの世界で」(13) / 3 : サヤカ「『リトル・フェアリー』は友情の証」(32) / 4 : 勇者「あんかでまおうをたおすぞー!」(153) / 5 : 善子「バイオハザード7、購入と」ポチ(77) / 6 : 千早「『弓と矢』、再び」その3(82) / 7 : 男「モテる代わりに難聴で鈍感なキミたちへ告ぐ 〆!」(230) / 8 : 女騎士「魔術も剣術も極めたいっ!」(58) / 9 : お嬢様「......」ジーッ(747) / 10 : 男5「人生って何が起こるかわからないから面白いよな」(128)
11 : 閻魔大王「お前には罰を与えよう」ブラック「罰だと?」(44) / 12 : 幼馴染「ボクは君みたいな貧乏人には興味無いからね」(955) / 13 : リヴァイ「緩やかに」ハンジ「戯れようか」(102) / 14 : 提督「艦娘殺処分計画!?」(458) / 15 : 女「怪奇探偵?」(444) / 16 : 神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」 3社目(143) / 17 : ミ(・)(・)「おっ原始人やんけ!殺したろ!」(5) / 18 : アイディア再利用ボックス(53) / 19 : 男「吾輩はニートである」(86) / 20 : サーバル「かばんちゃんは>>2が得意なフレンズなんだね!」(18) / 21 : 僧侶「仲間に馬鹿にされていた私が呪いで女になったらモテ出した」(22) / 22 : <安価>のび太と幻想郷(8) / 23 : 愛犬のためならMinecraftの1と2の続編を再投稿(184) / 24 : オチビ「あたしフエフキが笛を吹くの聞いたことない」(19) / 25 : 後輩「ふたりで過ごす日常」(109) / 26 : じゃりん子チエ「ドラえもん…?」(257) / 27 : 【ジョジョ4部×艦これ】杜王町鎮守府の日常【ネタ短編】(75) / 28 : SS深夜VIP休憩所(★21)(17) / 29 : 安価でなんかしようと思う(684) / 30 : 提督「ヤンデレっていいな〜」艦娘「!」(493) / 31 : 総統「我が帝国は、無敵すぎて退屈だ……」(31) / 32 : 首相「我が国は難民を受け入れます」(33) / 33 : 軍人「安価で拷問してみる」【安価】(5) / 34 : ミ(・)(・)「おっやきゆうやんけ!観戦したろ!」(6) / 35 : 幼馴染(6)「大きくなったらけっこんしようね!」(72) / 36 : 幼「本音大会?何それ」(327) / 37 : リツコ「できたわアスカ。二人になると渚君がキスしてくる薬よ」(57) / 38 : 安価で進める異変解決~地霊異変編~(25) / 39 : 雪女「早起きは三文の徳!」(55) / 40 : 【艦これ】長良「なんですかそれ?」 提督「ロードバイクだ」(549) / 41 : ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2 Part2(259) / 42 : 僕がまどか☆マギカの世界に?(355) / 43 : グラン「センちゃんと僕」(20) / 44 : マルス「ファイアーエムブレムBoys?嫌な予感しかしない………」(23) / 45 : 男「ぷにぷにかわいい幼馴染、お着替え計画!」(196) / 46 : 義妹「好きになっちゃダメですか?」(104) / 47 : マクロス短編 ジャンク屋VS鳳仙花(28) / 48 : 凛「これが・・・・・・令、呪?」(446) / 49 : 口減らし(11) / 50 : こいし「ただいま!」 さとり「貴女ね・・・」(17) / 51 : 男「念願のセクサロイドを手に入れたぞ!」メイド型「膣温は3000度」(203) / 52 : 飛彩「これより、巡が丘全感染者の切除手術を開始する。」(6) / 53 : 男「幼馴染の告白を断った結果wwwww」(385) / 54 : もこっち「モテないし、フィギュアスケーターになる」(321) / 55 : 無価値な一生(5) / 56 : 男「彼氏に嫉妬されたい?」幼馴染「うん」(24) / 57 : 幼馴染「えっ、彼女が出来たの?」(43) / 58 : 妹「お帰り!お兄ちゃん!」俺「誰だお前」(37) / 59 : 女「肉便器ヒーローに私達はなる」男「ちょっと待て」(168) / 60 : 幼馴染「え? 地方に引っ越す?」男「あぁ」(518)  (全部で919のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 触手「こんにちは」俺「はい」 (Res:897)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/03/26(土) 00:15:33 ID:wYpQJW6U
触手「ごめんなさいまちがえました」

俺「ちょっと待って」

891 ◆rFVEcgcMlk :2017/02/26(日) 20:13:16 ID:p.xr6GIg
~

触手ちゃん「あー……ほんとしあわせ」

触手ちゃん「なんて言うか…俺くんの優しさとか感じる」

俺「そりゃあまあ…今の触手ちゃんには休んでてほしいし」

触手ちゃん「俺くん…ぎゅーってしてほしい」

俺「すぐべたべたしたがる…」

触手ちゃん「いいじゃん別に、誰も見てないんだし、ね?」

俺「はいはい…わかりました、お嬢様」ぎゅー
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


892 ◆rFVEcgcMlk :2017/02/27(月) 00:52:26 ID:5U7eXnKE
触手ちゃん「おれくん……おれくん…」Zzz

俺「(寝てる…)」

俺「(布団に転がしとけばいいかな)」

俺「(まったく…俺は中学生の親じゃねーぞ)」

俺「(中学生みたいな身体してるけど…)」

俺「(…そういや……触手ちゃんって何歳なんだろ……?)」


893 ◆rFVEcgcMlk :2017/02/27(月) 01:04:33 ID:5U7eXnKE
俺「(なんで今まで考えなかったんだろ、それ自体が不思議)」

俺「(触手ちゃんだけじゃなくて魔法使いちゃんとか魔王ちゃんとか触手ちゃんのお母さんとかも………えー…?)」

俺「(もしかしたら数千歳ぐらいするかもしれないし案外20歳とかそんなのかもしれない)」

俺「(でもずっと考えてても仕方ないし…明日触手ちゃんに聞いてみよ)」

俺「(さーて、片付けするか)」


894以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 09:10:27 ID:zuZJBa1.
つ【桃の天然水】ドゾー


895以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 18:20:42 ID:GpOVPAx2
年齢なんて気にしたら負けだと思う 少なくとも俺はそう思う


896以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 19:00:46 ID:zuZJBa1.
今、最初から読んでるんだけど…これほんとたのしいかわいい。

女さんとボーイッシュ触手(人化)の出番も、有るといいなぁ…。


897 ◆rFVEcgcMlk :2017/02/28(火) 00:35:31 ID:XOulBAbQ
~

触手ちゃん「ん……ふぁあ……」

触手ちゃん「………?あれ…?俺くん…?」

触手ちゃん「……いない」

触手ちゃん「あれ…何これ?メモ?」

『仕事行きます、朝ご飯は作ってあるので食べてね』

触手ちゃん「……あぁ…仕事行ったんだ…」

触手ちゃん「……見送りぐらいしたかったな…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 勇者「夢も希望もないこの世界で」 (Res:13)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/16(月) 23:27:35 ID:81YcRrc6
---一体、どれだけの者が、命を落としたのだろうか。現在、人類は魔族による支配を受けている。事の発端は3年前、とある人間の国が魔族へ宣戦布告した事。それにより、世界全土を揺るがす戦いが始まり、やっと終結したのが1年前。魔族の支配が始まった・・・

7以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/17(火) 22:52:19 ID:h5sPWXLY
---1週間前---
魔物「ゲヒャハー!」 「クケケケwww」 「クキョー!」

人「うわー!」「ひぃ!やめて!やめて!いやー!!!」

魔族「ケッケッケw愚かな人間よ・・・我らが魔族の奴隷として生を終えられることに、感謝するがいい・・・ケッケッケwwwww」

・・・ドゴン!

魔族「む?何事だ!」

魔物「ク、クケー!」

魔族「侵入者だと!?また愚かな人間が攻めてきたのか!それも1人で!さっさとあの世へ送ってやれ!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/18(水) 02:19:20 ID:Uys35UpU
魔族「!貴様はっ!」

勇者「お前がここの親玉か。雑魚はもう片付けたぞ」

魔族「(な、なんだと!?いくら彼奴らが雑魚だとはいえ、この俺様でもダメージは免れないほど数はいたはず・・・!だが、奴は無傷!この俺様よりも、実力は上・・・!)クソッタレ・・・ならこれを使うしか無いようだなぁ!」

勇者「!この拠点を爆破するつもりか」

魔族「ああそうとも!悔しいが俺様の実力じゃ貴様には勝てないらしい。ならばここを爆破して、貴様を地獄に送ってやるぜ!」

勇者「貴様も死ぬ気か」

魔族「ハッ!俺様は魔力でバリアを張ることができるんでな!魔力の応用もできない人間が、この爆発で生きていられるかな!・・・そろそろか、アバよ!」シャキン

\\\\\\\\\ドカーン/////////


9以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/18(水) 18:00:29 ID:Uys35UpU
魔族「へへっ!俺様の魔力をギリギリまでチャージして起こした爆発だぞ!いくらあの野郎が俺様より強くても、木っ端微塵に「なると思うか?」」

魔族「!?」

勇者「そこそこの威力だった。だから、耐久度のテストをさせてもらったのさ。・・・少し亀裂が入ったか。移動に少々干渉はするが、貴様を消すくらい訳はない」

魔族「ま、まて。頼む、た、助けてっ!い、いやだ・・・うわー!!!!」ズバッ

勇者「・・・テストプレイは完了した。即刻、王城へ帰還する」ピシュン


10以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/18(水) 18:10:41 ID:Uys35UpU
---現代---

???「・・・何ということだ。奴は最近力をつけて来た、幹部候補兵の1体だった。それを、ああも簡単に・・・」

魔王「・・・・・」

???「緑魔!緑魔をここへ!」

緑魔「何か御用でしょうか、側近殿」シュタッ!

側近「緑魔、御主の緑色系魔法陣で、全部隊に緊急魔報だ」

緑魔「・・・内容は」

側近「反逆だ!黒い髪に赤い目!そして、紅い手袋を身に着けている人間を抹殺せよと!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/28(土) 20:46:25 ID:iQbvZQmA
わくわく


12以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/28(火) 00:30:13 ID:.MnHP1QY
-魔王の城- 魔王の間前

???「・・・緑魔」

緑魔「む、青魔か。何か用か」

青魔「先の映像、私も見ていたぞ。あの勇者らしき者が倒したのは、最低クラスの魔族の筈だ。何故そこまで警戒する必要がある?」

緑魔「最低クラスの魔族だが、あれを倒せる者は並の人間にはいまい。それも圧勝だ。脅威になりうる芽は、摘んでおかねばなるまいて」

青魔「一理あるが・・・それだけだ。今の人間どもの資源では、大した装備は作れん。かつて魔王様を討った武具は、我々の支配下にあるではないか」


13以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/28(火) 00:34:06 ID:.MnHP1QY
緑魔「・・・油断していると、命を落とすことになる。あの時のようにな」

青魔「ああ・・・だが!俺はあの時とは違う!今度こそ、勇者を俺が討つ!」

緑魔「・・・そうか」スタスタスタ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 サヤカ「『リトル・フェアリー』は友情の証」 (Res:32)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:07:32 ID:1GCA8VJk

サヤカ「ねえ、瑠璃。私達ってとっても気が合うね」

瑠璃「そうね、サヤカ。私もそう思ってたわ」

サヤカ「よかったら私とお友達になってくれない?」

瑠璃「もう私達は友達よ、サヤカ」

サヤカ「ありがとう瑠璃……そうだ、このカードを受け取って」

瑠璃「これは『リトル・フェアリー』?」

サヤカ「私のお気に入りのカードなの。私達の友情の証として瑠璃、貴女に受け取って欲しいの」

瑠璃「ありがとう、サヤカ。私、このカード大切にするね」

26以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:33:47 ID:1GCA8VJk

黒咲家……

瑠璃「はぁ……はぁ……」ガタガタ

瑠璃(気づいた時には全力で走って……逃げてた……)

瑠璃(異常だ……おかしい……あの子は危険過ぎる……怖い……)

瑠璃「そうだ……警察」

瑠璃(兄さんをやったのも間違いなくサヤカだ……早く警察に知らせないと……)

瑠璃「うぅ、手が震えてボタンが……」グスッ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


27以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:34:24 ID:1GCA8VJk

瑠璃(チャイム……まさかサヤカ? 追って来たの?)

瑠璃(どうしよう? 鍵は掛けてるけど……)

ピンポーン……ピンポーン……

瑠璃「ひぃ!?」

瑠璃(絶対、絶対サヤカだ……早く、早く警察を呼ばないと!)ピッピッピッ

ガシャーン!!!!

瑠璃「!?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


28以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:35:32 ID:1GCA8VJk

瑠璃「サ、サヤカ……」ガタガタッ

サヤカ「…………」

瑠璃(バットでガラスを破って……それにあのバット……血が……)

サヤカ「瑠璃……私のカード、大切に取っててくれたんだね」

瑠璃「やっぱり貴方が兄さんを……いや……来ないで……来ないで……」ポロポロ

サヤカ「でも出来れば肌身離さず持ってて欲しいな……『リトル・フェアリー』……私達の絆……」

瑠璃「いや……いや……」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


29以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:37:47 ID:1GCA8VJk

◇◇◇◇

「ねえ、聞いた。この前亡くなった黒咲さんの家の瑠璃ちゃんの事」

「ああ、殺されたっていう? お兄さんもまだ意識戻っていないらしいし大変よね、あの家」

「それで瑠璃ちゃんなんだけど……死因はどうやら窒息死らしいわよ」

「首を絞められたの?」

「それがそうじゃないらしいのよ。どうも誰かに『カードを呑まされたらしいの』」

「え?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


30以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:38:35 ID:1GCA8VJk

墓地……

サヤカ「…………」

サヤカ「はい、私達の友情の証だよ」

『リトル・フェアリー』

サヤカ「また来るね、瑠璃」

サヤカ「ふふふ」

<おわり>


31以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:40:27 ID:1GCA8VJk

以上です。瑠璃ちゃん可愛いのでアニメでももう少し活躍が観たいです。


32以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:42:08 ID:1Piv0pGg
このスレタイでこの内容とか予想できるかよ!?(褒め言葉)
面白かったです 乙


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 勇者「あんかでまおうをたおすぞー!」 (Res:153)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/19(日) 20:20:55 ID:Gv5TCJ5Y
勇者「まおうたいじに出発だー!」


お前ら「ちょっ! 待て待て待て! その前にやることがあるだろ!?」


勇者「あ、お前らさん……んー? そんなのあったっけ?」


お前ら「いや、あるだろ……! 大事なことが! 冒険に出発する前にやるべきことがさ!」


勇者「えー……? ぜんぜんわかんないよー、お前らさんおしえてー」


お前ら「いや……まずは>>2しないと駄目だろうが……」

147 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 20:23:23 ID:W3LuydH2
ゴブリンb「グルルルルッ……!」


ゴブリンb「グオオオオオオオッ!」ダッダッダッ


お前ら「!?」


勇者「ごめんお前らさん! いっぴきそっちにいっちゃった!」ザシュッ


ゴブリンa「ギャ……オ……」ドサッ


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


148 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 21:32:54 ID:W3LuydH2
勇者「お前らさん! まってて、いまいくよ!」タッタッタッ


お前ら(勇者が来るまで……持ちこたえないと!)


お前ら(落ち着けっ……落ち着けっ……! 二兵士から教わったことを思い出せ……!)


ゴブリンb「ギャオオオオッ!」ブンッ


二兵士『いいか? こう攻撃が来たら……こうやっていなすっ! 剣はしっかり持てよ!』


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


149 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 21:57:13 ID:W3LuydH2
ゴブリンb「バウウウッ!!」ブンッ


二兵士『避けられないと思ったら付き合わなくていい! 素直に後ろへ下がれ!』


お前ら(この攻撃はいなせない……! バックステップで避ける……!)バッ


ゴブリン「ギャウッ……!?」スカッ


お前ら(よ、避けられた! 俺ってもしかして結構やれる!?)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


150 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 21:57:44 ID:W3LuydH2
勇者「うしろからごめーんっ!」ズバッ


ゴブリンb「ギャアアアアアッ!!!!」


お前ら「!!」


勇者「とっどめー!」ズバッズバッ


ゴブリンb「グオオオオオオ……!」ドサッ


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


151 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 21:59:55 ID:W3LuydH2
お前ら「ありがとう勇者……助かったよ」


勇者「ごめんね、お前らさん……いっぴきそっちにいっちゃって……」


お前ら「ハハハハ……いいんだよ、二兵士から教わった事も実践できたし……」


お前ら「何より重要な事が分かったからな」


勇者「じゅうようなこと?」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


152 ◆a/tW8MMSD. :2017/02/27(月) 22:13:26 ID:W3LuydH2
お前ら「………………」チャキッ


お前ら(まあ、少し教えてもらっただけで上手くなる訳がないのは確かなんだが……)


お前ら(ああいう軽率な判断が自分達の死を招くかもしれない……)


お前ら(修練あるのみ……とでも言いそうだな、二兵士なら……ハハハ……)


勇者「ねえねえ、じゅーよーなことってなあに? なあに?」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


153以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 23:20:40 ID:GpOVPAx2
なんたってお前らだもんな...そりゃ、戦闘向いてないわ...


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 善子「バイオハザード7、購入と」ポチ (Res:77)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/21(火) 20:24:04 ID:QkJXQsIU
善子「はぁ、はぁ……。」

花丸「ひ、酷いずら……、急に走り出すなんて」

ルビィ「うゅ……。」

善子「ふふ……、何はともあれ、ヨハネの勝ちね!!」

花丸「かけっこなんて、善子ちゃんもまだまだ子供ずら」

ルビィ「負けた人が言うこと聞くって、本当に?」

善子「あったり前よ!」

善子「このヨハネの眷属なんだから、って、誰が子供よ!」

71以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:27:12 ID:gSy4Dlz6

『さよならミア?』

ルビィ「電話が鳴ってるよ……?」

PRRRRRR……

善子「でるわよ……」

ルビィ「う、うん」

ガチャッ

< ここに来るんじゃなかったね

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


72以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:28:17 ID:gSy4Dlz6

善子「多分、先に進めるようになってるはず……」

善子「……あれ?」

ルビィ「どうしたの?」

善子「さ、さっきまでここに」

善子「ミア、倒れてたはずよね?」

ルビィ「あっ!」

ルビィ「いなくなってる……!?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


73以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:29:19 ID:gSy4Dlz6
『一瞬で再会』

善子「よし、と」

善子「これで屋根裏に行けるのかしら」

ルビィ「屋根裏……上かな?」

善子「まぁ、普通に考えるとそうよね」

善子「じゃあ早速上に」

< イーサン!大丈夫 私よ 安心して……

善子「ぎゃぁああ!!急に出てくるのやめてよね!!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


74以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:30:03 ID:gSy4Dlz6

< よくもやりやがったな! このクソ野郎が!

花丸「ずらっ!?」

善子「や、やっぱり変よこの人!!」

ルビィ「何かに取りつかれてるみたい……」

< お前も味わいやがれ!

善子「ちょっと!何する気……!?」

ルビィ「あ、あれ?でも……またどこか行っちゃったよ……?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


75以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:30:57 ID:gSy4Dlz6

ルビィ「……日曜大工でもするのかなぁ?」ウツロ

善子「そ、そんな訳ないでしょ!」

善子「早く逃げないとやられ……!」

ウ``イ``ィ``ィ``ーーーン

< ああああぁぁああぁ!!

花丸「ひゃぁああぁぁああぁ!!」

ルビィ「ええええぇぇえぇえ!?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


76以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 21:33:12 ID:gSy4Dlz6

『家族だ』

< あなたを 愛してる

善子「や、やっと倒れた……」

ルビィ「ほ、本当に……?」

ルビィ「何か信じられないけど……」

花丸「うう、どうか安らかに」

善子「アイテム……は持って無いみたいね」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


77以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 23:22:09 ID:GpOVPAx2
やーっと、ファミパン叔父さん出て来たか


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 千早「『弓と矢』、再び」その3 (Res:82)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1>>1 ◆CKAtMuT12w :2016/09/17(土) 01:34:26 ID:CDLDFLt6
このSSは「THE IDOLM@STER」のキャラクターの名前と「ジョジョの奇妙な冒険」の設定を使った何かです。過度な期待はしないでください。

前スレ
千早「『弓と矢』、再び」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1396278993/
千早「『弓と矢』、再び」その2
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1413634061/

前作
春香「あれ、なんですかこの『弓と矢』?」(SS速報)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1342373584/

76以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/04(水) 22:06:57 ID:ZywCf5Oc
アニメのジョジョ観終わったから来てみたけど、まだか。
事故って死んだ?


77以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/13(金) 01:59:39 ID:/uI91YD6
待ってるよ


78以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/14(土) 18:32:33 ID:UXodp5TE
しゃーねーな俺が新作書いてやろう


79以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/27(金) 14:48:35 ID:Z2lbKTCI
三ヶ月…ボスはギャング歴一週間くらいのジョルノに倒されたというのに…


80以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 18:31:32 ID:ZUnSQHyY
Twitterやってるから生きてはいるな


81以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/21(火) 09:25:11 ID:YWHkGVOE
待つよ


82以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 19:07:17 ID:MB5vknrw
待つ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 男「モテる代わりに難聴で鈍感なキミたちへ告ぐ 〆!」 (Res:230)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/18(火) 23:24:07 ID:KppNpej6
ここが墓場だ



1、男「モテる代わりに難聴で鈍感になるんですか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379798915/

2、男「モテる代わりに難聴で鈍感になりましたが」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1380372236/

3、男「モテる代わりに難聴で鈍感になった結果」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1385750291/

4、男「モテる代わりに難聴で鈍感になったけど質問ある?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397082375/

5、男「モテる代わりに難聴で鈍感になるのも悪くない」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406541846/

6、男「モテる代わりに難聴で鈍感になるならどうする?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1420921537

7、男「モテる代わりに難聴で鈍感だった日々より」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1446919295/l50

224以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/19(日) 21:42:11 ID:r5/KfTsw
男「て、転校生は、俺から助けられたいだなんて望んでいない……放っておいてくれないか……」

テンプラ「彼女が滅びを受け入れたがっていると思えないノでショウ?」

テンプラ「そして大人しく誤りへ辿る道を歩みたがるアナタではありマセン。お人好しは主人公の専売特許ではありませんカ?」

男「放っておけって言ってるだろっ!!」

テンプラ「失礼しまシタ」

男「俺がそうするって決めたんだ、ぽっと出のモドキに喧しくされる筋合いなんてこっちにはないんだよ!!」

男「テンプラなんてふざけた名前名乗りやがって気が狂ってるとしか思えないな、あんた! 面白い自虐ネタだ!」

『復旧までもうしばらくお待ちください。繰り返します、大変申し訳ございません。お客様には……』
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


225以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/19(日) 22:35:20 ID:r5/KfTsw
男「――――――自己犠牲が美徳とでも語りたいのか、やれやれ」

男(ストレートに受け取って反応すれば、テンプラはこの俺に人間をやめろと言うのだろう? 苦肉の策か最後の手段かも馬鹿らしい方法だ)

男(奴の言う事が正しければ 念願であった美少女ハーレム酒池肉林パーティも難なく叶うやもしれない。煩わしいだけの難聴スキルに振り回される事もなくなる)

男「(望めば、更なる美少女の追加だって) 待てよ、割と良い事尽くめにならんでもないのか?」

男(いやいや、あんな啖呵を切っておいて脛擦りでお願いしますでは恰好がつかない所ではなかろう。ドラマがない。凌駕したカスが誕生するだけである)

男(そういえば テンプラはまた何処かに消えたのか。あの奇妙な電車の中から一転し、小さな公園のベンチに置き去りされた様にして俺は座っていた)

男「何が気に食わなかったんだ、俺」

男(立ち上がって学校へ戻ろうとしたにも関わらず、再び制止した俺が放った独り言である。何って、テンプラの神提案じゃないか)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


226以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/20(月) 19:58:09 ID:3j6RFTDk
男「先輩さ、んぐぐぐ……ぐへへ……! (顔面を圧迫するヘビーな武器、質量を持ったたわわの果実も時として凶器である。覚えのある感触から名前を言い当てれば)」

先輩「へ? あ、あぁー! ごめん! 男くん苦しかったよね!?」

男「く、苦しい以前にとりあえず上から退いて貰えたら助かる、か、と」

先輩「えぇ? 何って言ってるの?」  男「ロープ! ロープ!」バンバンッ

男(ラッキースケベに変わりないがこの桃園を堪能すればするほど窒息から逃れられないのだ。幸せ固めここに極まれ)

男「……つまり偶然通りかかったら死に急いだ男子生徒を見掛け、衝動に駆られてしまったと」

先輩「そうなんだよ! ていうかそれが男くんだったなんて思いもしなかったんだから!」

先輩「で、でも男くん。死ぬなんて簡単に考えちゃダメだよ? わたしはまだまだ男くんに生きて貰わないと、こ、困るんだもん……!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


227以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/20(月) 20:31:53 ID:3j6RFTDk
男(何故見計らったタイミングで彼女とのイベントが発生したかを説明すれば、部の出し物に使う備品の買い出しに外へ出ていたらしい)

男(イベントと呼べるほど濃厚な会話をする事なく、荷物持ちとして校内へ戻ってきたわけであるが)

先輩「男くんに会えて助かっちゃったよ。わたし、こう見えて非力な女子なものでして! えへへっ!」

男「箸より重いぐらいで音を上げる先輩さんとは思えませんけどね。この程度ならお安い御用なぐらいです」

男「そんな事より……本当にコレ全部必要になる物ですかね」

先輩「当たり前~♪ 部室の中も適当に華やかに飾りたかったし、備えあれば憂い無し! だしょ?」

男「明らかに不要じゃないかってアイテムが混ざってるのは触れない方が良いんですか。よっこらせ」

先輩「いまのオッサンみたいだネ」  男「真顔で指摘しないでくれません?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


228以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/20(月) 21:05:42 ID:3j6RFTDk
男(捉えた、と言うべきだろう。戸惑う彼女へ接近しながら言葉を投げる。混乱させないよう、掻き乱さないようゆっくりと慎重に)

男「悩みがあるなら伝えて欲しいと言ってくれたのは先輩さんたちじゃありませんか。俺では不十分ですか?」

先輩「よ、世の中には触れないでおいた方がいい事もあると思う、ような……昨日みたいな」

男(確かに不条理から離れた位置にある彼女たちにしては、先日合わせてしまったような目から遠ざけるべきである。非日常とは理不尽に位置する)

男(これ以上振り回したくないと思う気持ちが彼女の心のケアに俺を走らせているのだろうか。残念ながらコレでは真逆の行動じゃないか)

男「……昨日見たものは全部ウソだったんですよ。廃墟に侵入してテンションが振り切れたせいもあったと思えませんか?」

先輩「そうじゃないよ!! そうじゃなくって、男くんまだわたしたちに何か隠してるんでしょ!?」

男(成る程、アレで真髄を目撃した気でいる。クラスメイトは宇宙人的なファンタジーに胸踊らせる気分は誰しも胸弾ませる設定だろう)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


229以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/20(月) 21:50:47 ID:3j6RFTDk
男(幾度となく反覆される「ごめんなさい」だけが部室の中を木霊していた、のだろうか。……見られていた?)

先輩「あ、あそこはわたしもよく使ったりする隠れスポットの一つで、今日もコーヒー飲みに入ろうとしたら」

先輩「み……見ちゃった……怖くなって二人の前にも出て行けなくなって、あとで部室に呼んで色々聞き出そうと思ったんだけど……こ、こわくて」

男(俺の、平穏が乱される。グルグルと不穏と共に掻き混ぜられて、そうして世界に、ヒビが)

先輩「さっき男くんが『死ぬ』なんて言ってたのも、本当に怖かった! だ、だからわたし、わたしね……っ!?」

男「うわあああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!?」

先輩「ひっ!?」

男(緩やかに悲鳴を上げていた精神がポッキリと折れた音がした。善も悪の区別がつかず、自己を確立できず、揺らぎにただ身を任せて、絶叫していた俺)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


230以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 18:01:29 ID:.JZxIexQ
お酒の場に呼ばれたのでちょっとお休み。来週日曜日再開


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 女騎士「魔術も剣術も極めたいっ!」 (Res:58)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/17(金) 22:43:05 ID:P/5Bchgo
女騎士「どちらも極めて最強の魔法剣士になりたいっ!」

52以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 17:30:26 ID:iKiaIVrs
氷騎士「…」

なんだこいつら。
みるからに下品でチンピラな奴と
もう一人は…いかにもキンピラだ。
小鉢に遠慮がちに盛られた、ゴボウと人参が鮮やかな、キンピラだ。
キンピラが喋るのが帝国、なのか…?


53以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 17:33:20 ID:iKiaIVrs
チンピラ「返事はぁぁ?」

キンピラ「姉ちゃんよぉぉ?」

氷騎士「…」

無視、無視。
かかわると面倒だわ。

キンピラ「アニキぃ、こいつ無視しやがるぜぇぇ?」

チンピラ「けひゃぁっ、こいつぁ俺達の恐ろしさを教えてやらねぇといけねぇなぁぁ!」

氷騎士「…」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


54以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 17:36:55 ID:iKiaIVrs
客「なんだなんだぁ?」

客「ケンカかぁ?」

客「やれやれ!」

ガヤガヤ

氷騎士「…」

ちっ、ここの酒場の奴らは皆同レベルの馬鹿しかいないのね。
まぁこんな奴ら、サクッと斬ってしまえばいいか…

ガタッ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


55以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 17:39:36 ID:iKiaIVrs
チンピラ「どうしたキンピラぁぁ?」

キンピラ「アニキ…こいつ…」

チンピラ「ん?…ぬぅ…けひゃぁっ、背はでけぇし胸がねぇ!こいつ、男だったのかぁぁ?」

キンピラ「間違いないよアニキぃぃ!後ろ姿が綺麗だったからすっかり騙されちまったぁぁ!こいつ男だぁぁ!」

氷騎士「…」

ぶちん。
ぷっつーん。


56以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 17:44:06 ID:iKiaIVrs
はいここで氷騎士くーいず。
この世には触れてはいけないものがいくつかありまーす。
そのもっともたるものは、なんでしょーか?

氷騎士「…」

ゴゴゴゴゴ…
ギロッ

チンピラ「ひぃっ!?」

キンピラ「ひゃぁっ!?」

答えは…

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


57以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 18:13:25 ID:GpOVPAx2
俎板はステータスだ 覚えておけ


58以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 22:15:04 ID:iKiaIVrs
バタリバタリ

氷騎士「消えろ。ぶっとばされんうちにな」

チンピラキンピラ「ひぃっ、お助けぇぇ」

ダダダッ

客「ひゅー!」

客「やるなぁ姉ちゃん!」

客「胸は無いが剣の技術はあるな!」

客「あっ、バカやろ…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 お嬢様「......」ジーッ (Res:747)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/30(日) 01:40:26 ID:2YcV43zw
男「なんだよ」

嬢「・・・」ジーッ

男「(相変わらず顔が近い...)」

嬢「男」

男「何だ?」

嬢「一緒に帰りましょ」

男「おう」

741以下、名無しが深夜にお送りします :2016/12/31(土) 23:13:32 ID:s.bdb27E
保守ありがとう。がんばります


742以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/07(土) 22:49:40 ID:9scwargE
がんばって


743以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/17(火) 20:54:44 ID:HrKmua0I
保守


744以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/28(土) 20:04:53 ID:WhOdwtFo
保守


745以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/31(火) 22:30:17 ID:QZywuIYk
金曜日更新します


746以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 00:01:30 ID:81GnM3MM
あげてくぞ


747以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/27(月) 16:32:52 ID:zipHJrMM
保守


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 男5「人生って何が起こるかわからないから面白いよな」 (Res:128)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1ジャガー大佐 :2017/02/10(金) 07:47:07 ID:wXaNfEZM
初めましての方は初めまして 前作、前々作、前々々作から見ている人はありがとうございます。ジャガー大佐です。
前々々作 美少女「君にどうしても言いたいことがある...」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/internet/14562/1474346114/l30
前々作 男「この学校...やばすぎだろ...」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/internet/14562/1474556109/l30
前作女「この学校に常識は通じない!」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/internet/14562/1474930412/l30
を読んでから本作を読むことを推奨します

122ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 07:38:28 ID:GpOVPAx2
男「教えてないの?そういう勝てるやり方って」

男父「教えていない 教えたってわからんさああいうのは 痛い目に遭ってもわからんのなら言ってもわからん そういうもんさ 自分で変える気にならないとな」

男「...そうだね」

男父「ところで男 お前、校長の考えたクイズ大会に優勝したそうだな 優勝賞品を聞いていたから優勝しても嬉しくないと思うが...どうしたんだ?」

男「最後に勝ち残ってた勇者達にあげたよ」

男父「あいつ...試合後姿が見えないと思ったら参加してたのか...」

男「でもこれで良かったんじゃないかな? 勇者の家、テレビもネットも無かったみたいだし」

男父「そうなのか?知らなかったな...あいつ、剣術のことは質問するのに生活のことは全く質問しないからな...」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


123ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 07:46:53 ID:GpOVPAx2
男「例えばどんなことを?」

男母「あまり教えない方がいいと思うけど...例えばそうね...買い物の工夫とか?」

男「買い物の工夫?」

男母「あの子、バイトしてるじゃない 部活と両立してるからなかなか買い物に行けなかったらしくてね だからお父さんと相談して部活をやる前に買い物に行くように言ったのよ」

男父「あれ、そういう意味だったのか? いきなり部活行く前に時間あげてくれって言われたから驚いたが...そういうことなら理由を言ってくれれば良かったのに...」

男母「言い辛いのよ そういうことって」

男父「まぁ 今はあいつが居るから大丈夫だと思うが...」

男「ご先祖様のこと?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


124ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 07:56:14 ID:GpOVPAx2
男「えっ?父さんって買い物行くの?」

男父「そりゃ行くさ 部活帰りに寄ったりする 母さんに頼まれて行くのが多いがな」

男母「私、偶に校長先生の仕事手伝って遅くなることがあるからね...そういう時は頼んでるのよ」

男「校長先生...一体何人に迷惑掛けてるんだよ...」

男父「先生全員じゃないか? 出会い頭に仕事押しつけられたとか言ってた先生も居たしな...」

男「何その新手の嫌がらせ...よくみんな辞めないね...」

男父「給料が良いのとホワイトだからじゃないか? 残業なんてなかなかしないし...お前の担任は除くが...」

男「...1番押しつけられるもんね...」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


125ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 08:04:19 ID:GpOVPAx2
男父「幸い、まだ車に乗ってる時だったからな...何とか間に合ったから良かったよ...」

男「それでも校長続けてるのは一体...」

男母「あの人、発言力はあるからね...あの人が校長じゃなかったらやれなかったことは山ほどあるわ...」

男「ますます校長先生のことがわからなくなったな...」

男父「あの人も色々あったからな...まぁ、深く詮索してやらないでくれ」

男(女が調べてるんだけどね...)

〜次の日〜

男「それで...どうして僕がこんなことをする羽目になったんだ?」ジュージュー
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


126ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 08:10:35 ID:GpOVPAx2
女「よう 冷やかしに来たぞ」

男「冷やかしに来たなら帰ってくれ 今、忙しいんだよ」ジュージュー

女「それは見てわかるさ 焼きそば20個くれ」

男「何だよ 買いに来たならそう言ってくれ...でもどうしてそんなに買うんだ?」

女「私、広報担当だろ? だから、来賓の方々に学校のことをアピールしなきゃならないんだがな 食べ物あげれば1番いいんじゃないかと思ってな 今日はお前も手伝ってるし、だから買いに来たんだ」

男「おいまさか、僕が手伝った方がいいって提案したのお前か?」

女「当たり」

男「おーまーえーなー 後で覚えてろよ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


127ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 08:17:19 ID:GpOVPAx2
女「そうか...ともかく助かったよ また後でな」

スタスタスタ

男「ところで...売り上げ目標とかあるのか?」ジュージュー

男妹「完売だよ」

男「完売!?」

美少女「そうしなきゃ赤字になっちゃうからね...」ジュージュー

男「昨日は何とか売り切ることが出来たとは聞いているが...今日も完売しなきゃ駄目なのか?」

美少女「駄目なんだよね これが...発注担当の子が間違えて2倍の量頼んじゃって...」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


128ジャガー大佐 ◆Gr8Y4GYMSs :2017/02/27(月) 08:17:51 ID:GpOVPAx2
一旦切ります


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード