板情報 | 学問/人文/科学 ]

農薬掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : ハチに関する話題(40) / 2 : 農薬関連 ニュース議論(192) / 3 : 農薬業界情報交換(29) / 4 : 有機栽培(57) / 5 : 松くい虫防除(14) / 6 : 食中毒(7) / 7 : 安全と安心について(6) / 8 : TPPについて(13) / 9 : いちごにかかった農薬について教えて下さい(3) / 10 : 「内分泌攪乱物質」の規制(3)
11 : 不要農薬の農薬メーカーによる回収・処分(53) / 12 : 農薬に関して 言いたい放題!(3) / 13 : この掲示板について(14) / 14 : ジカ熱と殺虫剤(6) / 15 : 農協法改正と資材・機械等の流通(1) / 16 : DDTをたっぷり浴び苦しんだ者です(9) / 17 : 農薬の使い方 選び方 教えて(6) / 18 : 労働安全(2) / 19 : アバメクチンの発見でノーベル賞(2) / 20 : テストです(3)  (全部で20のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 ハチに関する話題 (Res:40)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1たてき@管理人 :2015/09/15(火) 00:54:54
 このスレは最近関心の高い農薬とハチの関係について議論するスレです。

34名無しさん 2 :2017/07/17(月) 09:58:55
信濃毎日のweb(2017年7月15日)に、
「ミツバチ大量死の実態は 農薬被害の把握にずれ」とあった。
 記事によると、県養蜂協会(長野市)が農薬原因の恐れのあるミツバチ大量死を、
2012〜16年度(5年間)に県内9市町村で15件把握と14日に分かる。
県の13〜16年度の把握は計2件にとどまり、行政が認識してない被害が
起きていたかもと。養蜂家が農家との関係に配慮して行政に
知らせないケースもあるのではと、正確な調査の必要性を指摘する専門家達。

 判らないのは専門家達ですね。
 そして県や国の指導による蜜蜂被害調査結果が実態と異なるようであれば
こちらがより大きな県側の問題では・・・・長野県の被害報告は0件、0件、2件
そして0件の4年間ですから2件と言っても15年だけの報告であった。


35名無しさん :2017/07/18(火) 07:17:47
農薬でミツバチが死ぬか被害があるかは、ミツバチを農薬をかけた植物のあるゲージの中で
飼育し、どんな影響が出るのか調べたら分かりそうなものですが、それは出来ないものなの
でしょうか?


36名無しさん :2017/07/18(火) 22:04:21
ネオニコ系農薬は蜂に特異的によく効くんだわ。
施設園芸でこんなの撒いたひにゃ3ヶ月は交配不確定。
あかんぜよ。


37名無しさん :2017/07/19(水) 19:08:12
ミツバチが全滅する様な農薬をなぜ許可したのかな。


38名無しさん :2017/07/23(日) 09:41:05
>>37
全滅するのですか?
影響がある場合があると聞いたけど・・


39名無しさん :2017/07/24(月) 07:22:29
>影響がある場合があると聞いたけど・・

どんな影響が、どんな条件の時にあるのですか?


40名無しさん :2017/07/24(月) 14:40:35
>>39
直接、接触的に暴露したり、餌に混ぜたり・・。

 その場合、影響のある濃度から、
 影響のない濃度まで、あったと思います。
 やはり高濃度の方が影響が強い。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 農薬関連 ニュース議論 (Res:192)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1たてき@管理人 :2015/09/15(火) 00:54:17
 このスレは 農薬関連のニュースに関する議論スレです。

186名無しさん 2 :2017/07/03(月) 22:12:23
>>185
 実は、リスクのないものなんて
 世の中には存在しないですよ。


187名無しさん :2017/07/04(火) 08:32:05
>>186
その考えがリスクなのです。


188名無しさん2 :2017/07/04(火) 20:39:08
>>187
名無しさん:
ありがとう。
ようやく理解できたみたいですね。


189名無しさん3 :2017/07/08(土) 13:02:42
今朝のニュース!
環境省は7日、東京港・大井埠頭(ふとう、東京都品川区)で
ヒアリ1匹が見つかったコンテナから、
新たに100匹以上を確認したと発表

殺虫剤で徹底的に叩く。
それ以外に良い方法はないね・・


190名無しさん :2017/07/10(月) 16:58:16
ヒアリ駆除のために、殺虫剤は使うな!と反対しないの?


191名無しさん2 :2017/07/12(水) 21:58:55
>>190
 反対して、ヒアリが蔓延ったら、
 その責任を取るのは反対に負けた奴かな。

 松枯れの農薬散布反対と同じことやね。


192名無しさん :2017/07/23(日) 08:39:02
>>189-191
教えてください。

ヒアリ用の薬剤は農薬ですか?農業用ではないので、違うのですか?
これら薬剤は、どのように管理されてるのですか?

米国では住友化学の幼若ホルモン剤が
使われてるとの記事がありましたが
効果は良いのですか?日本では使用していますか?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 農薬業界情報交換 (Res:29)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1たてき@管理人 :2015/09/15(火) 00:55:30
 このスレは農薬業界の合従連衡などを情報交換するスレです。

23Qing Li :2016/06/02(木) 12:23:02
>>22
農薬工業会HPの中で、総会後の記者会見(5/18)の資料を見つけました。
冒頭の「JCPA VISION 2025」実現に向けた計画推進、の中に
「食料生産の重要性と農薬の役割」について、
会員及び会員周辺(MKP23)、流通・農業者(農薬ナビゲーター)、
アカデミアへの情報発信を推進すると書かれている。


24たてき@管理人 :2016/09/28(水) 22:56:29
しばらく、業界再編の話をかいていなくてすいません。

 9/20 日経
クミアイ化学工業とイハラケミカル工業は20日、来年5月に経営統合することで基本合意したと発表した。合併比率は今後詰めるが、クミアイ化学を存続会社としてイハラケミカルを吸収合併する。統合会社の売上高は800億円規模になる見通し。国内の農薬市場が伸び悩むなか、事業統合で効率化を進め、海外展開に投資を振り向ける。
 一方、そのすぐ後にイハラケミカルでの労災発生の可能性を公表していて、関連ある?と思った人も多いでしょう。
 9/23 ttp://www.iharachem.co.jp/news/pdf/20160923.pdf

 9/14 ソース多数
ドイツの製薬会社バイエルは米モンサント買収で合意した。買収の規模は全体で660億ドル(約6兆8000億円)となる。4カ月にわたる交渉が実を結び、世界最大の種子・農薬メーカーが誕生する。


25名無しさん :2016/10/01(土) 09:14:21
>>24 
  農薬ではありませんが、ケムチュラも独社に買収と
  先日のニュースにありましたが、
  
  ドイツ勢が、アメリカ勢に攻勢をかけている大きな流れが
  あるのでしょうか?

  アメリカは実経済から引退して、マネーゲームを主にした
  仮想のそれに移ろうとしているのでしょうか?


26名無しさん :2016/10/04(火) 23:45:17
独といえば、二つのB社のうちの一つが異常な動きを示しているような…
合併・再編に乗り遅れての動きか?


27たてき@管理人 :2016/10/05(水) 00:17:14
一応BASFは合従連衡はしばらくやらない みたいなことを現社長が新聞などで発言しているようです。


28名無しさん 2 :2017/07/02(日) 08:15:41
シンジェンタの中国化工集団による買収完了がニュースに


29名無しさん :2017/07/23(日) 08:32:02
世界最大の農薬会社があえて中国資本傘下に入った理由7/17(月)
6:00配信 ダイアモンドオンラインの記事

シンジェンタのこと!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 有機栽培 (Res:57)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1QINGLI :2015/11/07(土) 21:21:55
太平物産株式会社(JA全農)の有機肥料で成分や製法の偽装が
続いていたことが判明、ニュースになっている。これに関して
森山裕農水相は同日の閣議後記者会見での語り草は、「消費者は有機栽培のものを
非常に評価するようになった。そのことに水を差すような行為があった
ことは極めて遺憾だ」と語ったと記事にあった。
そもそも、有機栽培のものを科学的根拠もなく作り上げていることを
知らなくてはダメでしょうに・・そして消費者に理解してもらうことも。

51名無しさん :2017/02/02(木) 20:19:42
>50
でも、良い悪いの差はあるようですよ。
https:
//www.youtube.com/watch?v=BJNIbh8L8vg


52名無しさん 2 :2017/02/03(金) 23:01:42
>>51
 だから、名無しさん50 も含めて言いたい人はいるけど、
 それは良いからではなく、大きな声で宣伝したい、
 しなければならない事情があるだけですよね。


53名無しさん :2017/02/03(金) 23:26:07
>52
その事情とは何ですか?まさか農水省の予算確保のためではないでしょうね。
それとも職員の仕事確保のためですか?


54Fly :2017/02/04(土) 23:37:19
>53
生産者の農産物を食べ比べたことがありますが。
有機農産物が慣行栽培より美味しかったことがありません。
個人的にはJAS認証や特別栽培はあまり意味はないとおもいますが、
これらの認証さえ取っていない有機生産者?は声が大きく
「安全だ、栄養も高く、美味しい」と言っている人が多いいです。
事情とは声が大きいてことでは。


55名無しさん :2017/02/05(日) 18:14:23
>54
>これらの認証さえ取っていない有機生産者?は声が大きく
「安全だ、栄養も高く、美味しい」と言っている人が多いいです。
事情とは声が大きいてことでは。

何か意味がよく分かりません。


56名無しさん :2017/02/23(木) 17:44:15
そう言えば誰か有偽JAS農産物と言っていたような。


57名無しさん :2017/07/21(金) 09:45:09
大型野犬よけに木酢液散布
 昨日の京都新聞ニュース
 京都府宇治市白川の住宅地で、シカを襲う大型の野犬が相次いで目撃され、
宇治市は20日朝、民家周辺に近づかないよう、忌避効果のある木酢液を散布
50倍希釈の木酢液を市道の両側にまいた。

 一部の有機栽培でも使用される木酢液を一面散布 ‼‼

 良いんやろか?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 松くい虫防除 (Res:14)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1献婦裸屋 :2016/03/02(水) 09:34:32
松くい虫被害 長野県、
新たに塩尻で確認、51市町村に
(産経ニュース2/23)

8名無しさん 2 :2017/07/02(日) 08:20:26
>>1-7
 農薬散布を止めた松林の悲惨な状況を見て
散布を反対したり、これを推進した首長達(以前の某県知事など)、
責任をしっかり追及すべきだと思う。

これが無いから無責任な反対が今でも各地で続いている。


9名無しさん :2017/07/13(木) 09:46:11
>>8
農薬の空中散布中止を市民グループが松本市長に申入れのニュースが最近もあった。
 松くい虫の被害防止で計画している農薬の空中散布の中止を申入れ。
申し入れを行ったのは市内の農家やホテルの経営者などの市民グループで、
菅谷市長宛ての申入書を提出。
農薬散布は四賀地区ですでに実施し今月里山辺地区の予定が、
農作物や観光などで市のイメージを悪化させ
風評被害を招くなどとして中止を求めている。

松枯れが広がっているが、その結果責任は市民グループにもあるのでしょうね。
でなければ、無責任極まる中止の申し入れになりませんか?


10名無しさん :2017/07/13(木) 13:37:04
松枯れの原因は酸性雨と言う説もあるが、農薬散布しか対策方法はないのですか?
昔、農薬散布しなかった時代も松枯れって多発していたのですか?


11名無しさん :2017/07/13(木) 14:52:55
>>10
松枯れは酸性雨が原因ではありません。
線虫と害虫でして、防除しないところでは
みるみる感染が拡大し、全部の松が枯れたところが
でていますよ。

ヒアリみたいに、海外から侵入してきた病原線虫にて・・急拡大。


12名無しさん :2017/07/13(木) 20:06:12
>11
じゃあ、日本では農薬散布以外の防除方法はないのですか?


13名無しさん :2017/07/13(木) 21:20:41
>>12
 そうですよ。
 原因が害虫や線虫であるので・・

 松の樹の内部に細んでいるので、
 人海戦術で駆除するのも叶いません、


14名無しさん :2017/07/13(木) 21:21:52
>>13(訂正)
  細んで➡潜んで


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 食中毒 (Res:7)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1紺婦裸屋 :2016/03/11(金) 13:31:45
スイセンとニラを間違えて販売…食中毒に 
日本テレビ系(NNN) 3月10日(木)

 石川県珠洲市の農産物直売所で「スイセン」が「ニラ」と間違え
販売、買って食べた家族が食中毒症状を起こした

ニラかネギだと思って丼にスイセンの葉 施設で食中毒
産経新聞 3月7日(月)  

尼崎市は7日、市内にある障害者福祉施設で、野菜と間違えて
調理したスイセンの葉を食べた32~71歳の男女計10人が
食中毒症状を訴えたと

毎年、同じような中毒事故が発生、
食用に栽培してないスイセンが何故
食材として販売あるいは調理されるのか?

2QINGLI :2016/03/13(日) 11:28:36
>>1
スイセンが直売所の店頭に並ぶ珠洲市、
栽培もしていないニラ(農産物)を、店頭に置くことができるのが
理解できない。

農産物でない農産物(スイセン)は、
出荷すべきでない基本的なルールではないのか?

極めて重大な問題を含んでいることを知るべき直売所管理者だと
考える!


3QINGLI :2016/03/13(日) 12:02:58
>>1 
後段の尼崎施設は、自家消費?
障碍者施設で提供される食事(丼、中華丼?)であったので、
調理あるいは食材調達の責任問題になる。

いずれにしても、責任を明確にしないと改善もできまい。
政治家も大企業社長も(辞職するだけで)責任をとらない日本だから
責めるのも程度がありますかね。


4QINGLI :2016/03/13(日) 12:04:29
>>3
訂正: 障碍➡障害


5QINGLI :2016/05/05(木) 10:09:31
毒草イヌサフラン食べ死亡 山菜と誤り 
旭川毎日新聞 4月28日(木)10時10分配信


6寿老人 :2016/05/06(金) 14:45:31
>>1-5
スイセンの誤食では中毒症状
 しかし、
 イヌサフランの誤食では命がない!


7名無しさん 2 :2017/07/04(火) 22:08:38
>>6
昨年の統計を見ていると
スイセンでも食中毒死があったと・・


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 安全と安心について (Res:6)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1たてき@管理人 :2017/03/21(火) 00:29:14
豊洲問題で、石原元都知事から「人間の英知の結晶である科学が、風評の前に負けるのは文明国家として恥だ。」との発言がありました。
この言葉の意味は重い。安心に付け込んで利害を得ているような企業や団体は
今後やっていけなくなるような風向きの変化を感じました。

2名無しさん :2017/03/22(水) 05:19:57
>安心に付け込んで利害を得ているような企業や団体は
今後やっていけなくなるような風向きの変化を感じました。

この意味は理解できません、農薬は安心につけ込んで利益を得ているような企業や
団体の風評に負けると言う事ですか?


3たてき@管理人 :2017/03/28(火) 00:34:30
 安全なのに安心できない ということがあるので、安心を獲得するためにどうすればいいか?というのが
ここ最近のトレンドだったと思います。
 しかし、それが行き過ぎて、安全なのに安心できないのは当然ですよね、安心のためにどんどんお金を使いましょうという
ビジネスや政策は行き過ぎていて、そのようなやり方で利益を得るのは良くないという私の感がえです。


4名無しさん :2017/04/20(木) 06:41:40
その時は「安全」とされていても、
後からそうではなかったと発覚することが繰り返されている。
原発、アスベスト等々。それで、なかなか安心できないということです。


5名無しさん :2017/04/25(火) 19:32:37
>4
安心できないのは世の常。過剰に心配したらキリがない。無農薬栽培と言われている
野菜でも安心できない。


6名無しさん2 :2017/07/04(火) 20:43:11
>>5
無農薬栽培と言っている野菜は安心できませんよ。
だって、無農薬とは言えないから、無農薬栽培と表示しないでと
農林水産省が言っているのですから、違反品ですのよ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 TPPについて (Res:13)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1QINGLI :2015/10/19(月) 07:31:37
韓国等がニュースになっている。
日本と米国は早期批准になるのでしょうか?

7ペンネ考案中 :2016/06/29(水) 20:09:14
TPP、賛否真っ二つの参院選、
政府は口を閉じてるISDS条項の議論はない。

米国にISDS条項で痛めつけられたFTA締結国を
よく検証してくれ!

もう既に逃げられない状態になってる?
秘密交渉の経緯も説明する責任があるはず・・石原さん!!!!


8名無し2号 :2016/09/24(土) 08:30:11
>>5-7

今朝9/24のニュースで:
 
関西の経済7団体(関西経済連合会、京都や神戸の商工会議所等)が
TPPの早期発効を政府に求めたようだ。

アメリカ企業、多国籍企業の弁護士団が作成した密約TPP、
信じるのも良いが、内容をよく分析して判断しないと
関西経済そして/あるいは子孫の時代に禍根を残すよ。

アメリカ大統領候補が、こぞって反対している理由を知ってるの。
バカ政府とアホ経済団体に解かるはずもなかろうが、
>>5が書かれているように、対米国FTA(NAFTAや米韓FTAなど)で
苦しめられている国々を見て欲しい。手も足も出ない状態に委縮している。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9名無しさん :2016/10/09(日) 20:43:25
規制改革推進会議 農業部会、TPP発効備え 農薬・肥料値下げ新法 流通合理化も提言
毎日新聞 2016年10月7日 東京朝刊

 政府は6日、農業改革の一環として、農薬や肥料など生産資材の価格引き下げに向け、生産性の低いメーカーの再編などを促す新法の制定に乗り出す方針を固めた。与党との調整を経て、来年の通常国会への法案提出を目指す。【寺田剛】

 政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)の農業部会などが同日まとめた提言を踏まえた。

 安倍晋三政権は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効をにらみ、農業改革を進めている。生産資材の価格は、韓国に比べて2〜5倍高いとされ、引き下げが焦点となっている。新法で引き下げを後押しし、農家の所得拡大を目指す考えだ。

 規制改革推進会議は「資材メーカーは生産性の低い工場が乱立し、資材価格が高くなっている」とみている。資材販売を受け持つ全国農業協同組合連合会(JA全農)などJAグループと長年取引があり、競争にもまれてこなかったためだ。

 このため、提言は、資材メーカーの業界再編を促す新法制定を盛り込んだ。生産性が高い工場に集約されると、資材価格の引き下げにつながる。具体的な内容は今後検討されるが、再編に協力した企業への税制優遇などが想定されている。また、提言は、政府系金融機関の融資などを活用して、再編を後押しする方針も示した。

 さらに、提言は、農家の所得を拡大するため、卸売市場などの抜本的な整理合理化の推進も求めた。複雑な流通ルートを整理し農家の手取り収入を増やすためだ。農産物の小売価格競争が激しい中、小売業者による買いたたきがないよう公正取引委員会が徹底して監視することも求めた。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10名無しさん :2016/11/15(火) 22:54:41
【ソウル発】 農民「コメの値段が暴落した」 米韓FTAの明日は我が身
2016年11月14日 21:10

 朴クネ退陣を求める12日の大規模デモに大統領府(青瓦台)を模した特大の棺が登場した。全長5m、高さ2m以上。偉丈夫30人がかりで担いだ。

 棺は野辺送りの葬送歌に乗って大統領府を目指した。棺桶の横腹には「農業、農村、農民を抹殺する朴クネは退陣しろ」と黒の太字で書かれている。

 ソウル近郊の忠清道で農業を営む男性(50代)は「この(棺)中には朴クネの魂が入っている。コメの値段が暴落した。朴クネは退陣しろ」と怒りをぶちまけた。

 「コメの値段が安い。80キロで9万から10万ウォン(9千円~1万円)にしかならない」と続けた。

 TPPのひな型とも言える米韓FTAは2012年に発効した。

 月刊現代農業(2016年4月号)が韓国政府の予測として伝えたところによると、米韓FTAによる韓国農業の減少額は最大で8兆ウォン(8千億円)。農業の総生産額の20%以上に当たる。生産者(農家)の年間収入は平均で12%減少する。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11名無しさん :2016/11/15(火) 22:56:28
>>10 田中龍作ジャーナル tanakaryusaku.jp/2016/11/00014813


12名無しさん :2016/11/17(木) 23:16:44
TPPが発効しなければ、日本農業にとって得か損かといえば、得の方が多いと思う。
ただ、日米間でFTAが結ばれていないことにより、日本の工業などが不利なことになっているのは否めない。
なにがいいのか、わからないが、ただ、TPPで日本がよくなることはないように思う。


13名無しさん 2 :2017/07/03(月) 22:20:21
>>13
 その通りかも・・。

 食料生産である農業等の一次産業を、
他の二次産業や三次産業と同列で比較したり
論じたりするのは間違いです。
してはならないことですね。

自動車を食って葉生きていけないのですから・・。
それに食料生産は、いくら頑張っても、生産を急に増やすことも、
一定の範囲を超えて生産することも、出来ないのだから・・。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 いちごにかかった農薬について教えて下さい (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1まる :2017/05/20(土) 08:09:04
どなたか教えて下さい
庭に植えてあるいちごに、隣の柿の木の農薬がかかってしまいました
いちごから柿までの距離は3〜4m
いちごには鳥よけの目の細かい網がかけてありました
農薬散布後すぐに実と葉っぱをシャワーで洗い流しました
すぐに食べられる赤い実もなっていました
農薬の種類はわかりません
このいちごはいつから食べられますか?

2たてき@管理人 :2017/06/27(火) 23:21:38
とりあえず そのとき赤いイチゴは食べないほうがいいです。
その日以降になったいちごは食べてもいいです。


3名無しさん :2017/07/03(月) 14:36:15
>1
隣の住人にどんな農薬を散布したのか確認して判断すべきです。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 「内分泌攪乱物質」の規制 (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1名無しさん :2016/09/02(金) 20:51:07
日本産業機械工業会 欧州環境情報(7月号)
フランス、グリホサートへの反対運動が広がる
EU の除草剤に用いられるグリホサートの再認定決定の延期決定は、非常に論争となって
いたが、フランスは、加盟国の中でもこの化学物質への反対運動が一番激しくなっている。
3月にグリホサートの再認定の決定が遅れた後、委員会は再び判断を延期し、両者から激しいロビー活動が行われた。加盟国からの専門家及び代表者が参加する技術委員会での交渉は、5 月 18 日に再び開始された。
「委員会は2度に渡ってグリホサートの再認定のための欧州連合の後ろ盾を得ることに
失敗している。委員会は独立した科学者、欧州議会議員、そして欧州市民の懸念を無視し続けてきたため、これは驚くべきことではない。委員会が方針を変更するのには良い機会である。」とグリーンピースの Franziska Achterberg 氏は述べた。妥協案として、執行部は通常の 15 年間の代わり 9 年間の更新期間を提案した。しかし、4 月に欧州議会はこれを7 年間に減少するよう呼びかけた。
グリーンピースの食糧政策ディレクターの Achterberg 氏にとっては、これは間違いであ
る。「唯一の真面目な議論が認可の期間についてしかないのは、苛立たせる結果である。グリホサートについての警告を無視し、公衆の健康を守るための制限無しに認可を延長するのは、無責任である。」と同氏は述べた。
しかし、欧州議会議員のフランス・グリーン党の Michèle Rivasi 氏は、楽観的である。「二回目の延期は、加盟国が市民及び生態学者の活動をよく受け入れ、多数決に到達することができなかったために、グリホサートの再認定は簡単なことではなかった。」と彼女が言った。環境・人の健康に関する農薬の影響、及び EU で使用されている評価方法に関する重大な疑問のために、数ヶ月でグリホサートの再認定に対する反対運動が激化している。
欧州食品安全機関 (EFSA)は、グリホサートが人に対して「あまり発癌性がない」と推定し
ていたが、世界保健機構(WHO)の国際がん研究機関(IARC)では「発癌性がある」とし
て分類された。化学的な発癌性の懸念に関し、グリホサートが内分泌かく乱物質として禁止されるかどうかという別の議論がフランスで行われている。早ければ 2011 年以降の文書には、フランスが既にグリホサートがホルモンかく乱物質であるとして、その可能性を調査していたことが示されている。
「共和国の大統領は、最新の環境会議でグリホサートがフランスで許可されていないこと
を明確に述べた。グリホサートの発癌性の議論によらず、我々の調査によってグリサホートは内分泌攪乱物質であると考えている。」とフランスの健康大臣の Marisol Touraine 氏は述べた。

2名無し2号 :2016/09/24(土) 09:25:24
>>1
 どうなるのかか、グリホサートの近未来。
 他国への波及も含めて興味津々です。
 発がん性(CMR物質)ではなく、ED物質としての
 ハザード管理がベースの議論になっているのでしょうか。

 それにしても奇妙な分野の雑誌情報なのですね。

 モンサントが買収されたわけでもあるまいに・・
 え!そうかもしれないの?

 EUは科学的なアプローチでなく、政策的なアプローチなので
 私にはわからない。


3名無しさん :2016/11/19(土) 20:04:54
12月3日講演会「内分泌かく乱化学物質 欧米 の 研究・規制最前線」のご案内
海外での内分泌かく乱化学物質(通称環境ホルモン)問題への取り組みが活発になってきています。各国では、まずは研究、そして検査法の確立、最終的には使用規制へと着実に対策を進めてきています。欧州連合では、すでに2009年に農薬、2012年に家庭用品に使用される殺虫剤・殺菌剤などへの、内分泌かく乱作用のある化学物質の原則禁止を決めています。これらの規制を開始するために必要な、内分泌かく乱化学物質の特定ののための判断基準案が、今年6月に公表されました。一方日本では、研究・検査法の確立の段階にとどまっており、使用規制に向けての取り組みが遅れています。そこで今回、欧米での内分泌かく乱化学物質の研究・規制の動向に詳しい、国立環境研究所の中山祥嗣先生に御講演いただき、今後の環境ホルモン規制を進めるために日本で何が必要か、一緒に考えたいと思います。ぜひ御参加ください。
日時:
2016年12月3日(土) 
午後2:00~4:00
スケジュール予定
2:00~2:10 開会あいさつ
2:10~3:10 講演
      中山祥嗣氏(国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター曝露動態
      研究室室長 エコチル調査コアセンター研究開発室長)
3:10~3:20 休憩
3:20~3:50 質疑応答・自由討議
3:50~4:00 閉会あいさつ
会場:連合会館401会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード