したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

政治思想総合スレ

1 ■とはずがたり :2002/12/07(土) 02:10
ウヨ・サヨ・保守・リベラル何でもありで且つ冷静に。思想史なんかも歓迎で。

704 とはずがたり :2018/05/07(月) 22:57:42
内閣府がアパグループの歴史修正主義活動を「公益目的事業」に認定! 森友加計と同様、安倍首相のサポーターに忖度か
http://lite-ra.com/2018/05/post-3986.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
2018.05.01

705 とはずがたり :2018/05/30(水) 23:31:11
マクロン仏大統領、国家主義を攻撃 米議会での演説で
http://www.bbc.com/japanese/43902965
2018年04月26日

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は25日、米議会の上下両院合同会議で演説し、国家主義と米国単独主義を非難した。

マクロン氏は、国家主義的、米国単独主義的政策は世界的な繁栄に対する脅威だと述べた。

同氏の言葉は明示的ではないものの、ドナルド・トランプ米大統領の掲げる米国第一主義的政策に対する事実上の攻撃だと広く解釈されている。

マクロン氏は演説で「自由と寛容さ、平等な権利」を掲げる米国とフランスの「壊すことのできない絆」を称賛しつつ、国際貿易やイラン問題、環境問題などでも立場の違いを鮮明にした。今回の訪米で見せてきたこれまでの温かい愛想のよさとは対照的だった。

同氏はこの議会演説で、3分間のスタンディングオベーションを受けた。

マクロン大統領はトランプ大統領と緊密な関係を築いており、同氏は今回の訪米で、トランプ政権下で初めて国賓として迎えられた海外指導者となった。

ただ、マクロン氏の言葉は、両大統領が全ての課題で合意しているわけではないことを示した。

同氏は米国単独主義や孤立主義、国家主義は「恐怖に対する一時的な救済策として魅力的に思えるかもしれない。しかし、世界への扉を閉ざしても世界の進歩は止まらない。それは市民の恐怖をなくすのではなく、あおるのだ」と述べた。

BBCのジョン・ソープル北米編集長はツイッターで、「『我々は単独主義や孤立主義、国家主義を選択できるが、それは市民の恐怖をあおるだけだ』。この言葉は、マクロン氏からトランプ氏への、明示的でないが事実上の非難だ」と述べた。



706 とはずがたり :2018/07/01(日) 22:30:15
思想というのも烏滸がましい人権ネタだが

二審もまとめサイト運営者敗訴=在日女性への差別的表現―大阪高裁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000065-jij-soci
6/28(木) 16:17配信 時事通信

 インターネット上の投稿をまとめたサイト「保守速報」の差別的な表現で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さん(46)が運営者の男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は28日、男性に200万円の支払いを命じた一審大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。

 
 江口裁判長は保守速報について「人種差別、女性差別に当たる内容を含む記事が多数存在している。不法行為は複合差別に根差すもので非常に悪質」と指摘。「記事掲載が執拗(しつよう)に繰り返され、多大な精神的苦痛を被ったと認められる」と判断した。

 判決によると、保守速報は2013年7月から約1年間、ネット掲示板「2ちゃんねる」の李さんに関する投稿を引用するなどした記事を掲載した。

707 とはずがたり :2018/07/07(土) 22:00:21
主張が"打倒左翼"しかない"オタサーの姫"
ネット右翼から熱狂的な支持を獲得
政治・社会 2018.6.13 #自民党 #ネット右翼
文筆家 古谷 経衡
http://president.jp/articles/-/25408

708 とはずがたり :2018/07/07(土) 22:49:13
別に趣味に善し悪しがあるけど趣味は各個人にとって大事な物だからそれでいいじゃないかと思う俺はどうでも良い事に拘泥する哲学はバカげてる様に思える。哲学の唯一の解明すべき課題は何故自分は自分であるのかと云ふ事の様に思えるがヴィトゲンシュタインの誰かの理解がなんか似た様な事云ってた気がするが良く憶えてない。

ヒューム「趣味の基準について」:「趣味が良い」ってどういうこと?
http://blog.livedoor.jp/humeanstudent/archives/26357033.html
2018年05月18日 06:01

 早速だが、ヒュームが前提するように、趣味の多様性というものは疑いえないだろう。ゴダールやロメールを愛する「シネフィル」もいれば、ハリウッドのアクション映画を熱狂的に好む「シネフィル」もいる。かくして生まれるのが、カントも指摘した趣味のアンチノミーである。すなわち、趣味の主観性(趣味は主観的なものであり争いえない)と趣味の客観性(趣味にはよしあしがある)の対立である。じぶんの趣味を馬鹿にされると、「それが俺の趣味だ!」と怒る人も、別の場所では「あの人って趣味が良いよね」って言っていたりするかもしれない。我々はどこかじぶんの趣味は不可侵のものであるとかんがえつつ、良い趣味の存在をみとめている。この「ばかげたパラドックス」をいかに解決するか。これは主観性と客観性の対立をめぐる実践的な問いである。これは、18世紀の哲学者たちの主要な問いであったし、客観的真理というかんがえそのものが白眼視される現在においてもおなじだろう。

 さて、ヒュームはいかにこの問題に取り組んだか。まずは彼のエッセイ「趣味の基準について」の議論の構造を把握してみる。常識はふたつのことをおしえる。いっぽうで、「趣味について争うことは無意味」であり、たほうで、「明らかにばかげた趣味が存在する」とおしえるのだ。懐疑哲学が前者を支持することや、美は対象に喚起される感情に過ぎないと譲歩しつつ、ヒュームは後者の立場を支持する。つまり、「趣味のよしあし」が存在することを論証しようとするのである。彼の議論の出発点は「趣味のよしあし」である。さて、「趣味のよしあし」が存在すると主張することは、「趣味はそれぞれ平等である」という主張の放棄である。それは、趣味を良い悪いにわける客観的基準があることを含意する[1]。

709 とはずがたり :2018/07/11(水) 13:39:10


2018/07/09
地震と豪雨から考える、大阪で進む「分断」と「衰退」
投資をケチり続けた日本を象徴する光景
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56462
前川 真行 大阪府立大学准教授
1967年生まれ。京都大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪府立大学高等教育推進機構 准教授。専門は思想史。共著に『社会的なもののために』など。



真の「貧困」は覆い隠される
近代建築とは、災害に対する抵抗であり、安全の追求である。日本においてそれはとりわけ耐震性、そして不燃性の飽くなき追求の歴史としてあった。それは鉄とコンクリートによる都市の再構築であり、郊外化とは都市計画を通じたその実現であり、つまりは密集の解消だったはずなのだ。

今回の地震は、こうした面での、戦後の建築学および建築技術の達成を証言している。たしかに阪神淡路の地震とのエネルギー量の違い(およそ30分の1程度?)はあるにせよ、われわれはこの課題を高い水準で達成している。歴史的にみるならば、その成果に疑いの余地はない。

事実、ブロック塀倒壊による死者の事例も、もはや抗しがたい災害の結果としてではなく、防げたはずの事故として、私たちに悔恨を強いている。私たちが十分に真面目でなく、賢明でなかったがゆえの人災として、私たちは後悔している。

だが、それがもはや「天災」ではないのならば、そこには理想的な「自然状態」は訪れない。災害の被害は誰もに等しく訪れるわけではない。そして歴史はむしろそのことを教えてくれている。

結果として、災害の共同体の幻想、つまり真に平等に訪れる不幸という幻想を支えるには、ますます人類史的な規模の、つまりは終末論めいた巨大災害のイリュージョンが必要とされるだろう。

そしてまるでそれを補完するように、善良なる庶民たちの連帯という紋切り型のイメージが召喚される。ボランティアとの心温まるふれあい。しかしそれは豊かさのなかに取り残された「貧困」であることを忘れてはならない。そのイメージが悲惨なものであってはならないのは、それが都市と都市圏の「貧困」を覆い隠さねばならないからだろう。

「緊縮」によって沈み込む大阪
大阪はデトロイトやピッツバーグといった、北米の工業都市と似たところがある。東京と比べると、この街は長きにわたってインナーシティ、旧都市周辺部に貧困を囲い込んできた。だからこそ、インフラおよび社会資本投資はこの町にとって重要な意味を持っていたはずなのだ。

だがバブルの崩壊によって、オリンピック誘致の夢は無残に潰え、企業誘致とイベント型開発をミックスした湾岸および旧郊外地区の開発計画は水泡に帰した。その後、財政健全化を名目に「リベラル」なメディアの先導で公務員バッシングが大々的に進められる。

それは、もともと十分とはいえない社会資本投資からの撤退であったことはいうまでもない。政治現象としては、国鉄解体の反復でもあれば、長期停滞の日本を予告するものでもあった。アメリカでも見られた人種主義との結託によるバックラッシュの隠蔽という性格もそこにはあったこともつけ加えておく。

710 とはずがたり :2018/07/11(水) 13:39:30
>>709
橋下徹が大阪府知事となったのは、こうした状況のもとである。彼はこの傾向を、いっそう過激に劇場化し、メディアは与えられた餌を貪ることになる。

異様としか言いようのない興奮が「大阪」を包んだ。それはすでに大阪の歴史に深く刻み込まれていた亀裂をさらに深く、深刻なものとした。いわゆる同対法の終焉は、その象徴であったにすぎない。

こうした状況のもと、降って湧いた大規模な金融緩和策は、規制緩和によって進められていた大阪の変容を加速する。大阪はこのとき、自己目的化していた熱狂に与えるべき意味を再発見する。

東京に遅れて、おずおずと開始されていた都心回帰は、ほとんど無軌道ともいえる再開発として本格化した。堆積地に広がる商業、そして工業地区には、低層の集合住宅のなかに高層のタワー型マンションが林立する奇妙な景観が出現している。

それはまるで「輝く都市」(とは註 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E3%81%8F%E9%83%BD%E5%B8%82 )の残酷なパロディのようにもみえる。それは規制緩和と民営化、さらには公有地売却とともに進められた民間デベロッパーによる都市再開発が生み出した都心回帰の景観である。

そしてこの震災にあって、大阪が選んだふたりの首長のうち、ひとりはメディア・アピールに余念がなく、もうひとりはその所在すらあきらかではなかった。後者に至っては「リベラル」なメディアはひとつまみの批判も加えていない。たしかにそれは震災にあっても変わらない、いつもの大阪の日常であった。

公共事業が「課金都市」となった
一週間がすぎて、ようやく北の「大阪」の、郊外直下型地震の、深刻ではないが、だからといって軽微ともいえない被害も少しずつ明らかになってきた。ようやく動き始めたモノレールからは屋根を覆ったブルーシートがいまだに目を引く。

そして、いま、建物の亀裂や天井からの雨漏り、はたまたエレベーターの不具合、さらには管理費用の増額や保険の申請など、私たちはすでにこの「災害」を日常の延長のなかで受容し始めている。

…すでに国家は、みずからに課してきた役割を放棄しはじめている。もはやそれは公共事業からの撤退というにとどまらない。いまやそれは公平無私かつ中立的な裁定者という地位の放棄にまで及んでおり、この地震の直前に起きた政治的、そして行政的スキャンダル、つまり縁故資本主義(クローニー・キャピタリズム)と国会提出文書の意図的な操作は、その陰惨なカリカチュアであった。

この間、大阪は獲得した「自由」を謳歌し、東京から招かれた植民地総督に、公共施設と公有地の売却を委ねてきた。それは図書館や公園に加え、地下鉄やバスといった移動のためのインフラにも及んでいる。もとより私鉄とともに成長した都市圏である。郊外に住むならばなおのこと、退職はたちまち移動の制限へと直結する。そして、いまやそれは生活のあらゆる局面へと拡大しようとしている。

福祉国家からの撤退とは、税金から課金というシステムへの転換である。大阪は課金都市として「再生」しようとしている。すでに公園はその運営が情報産業に委ねられた。次には水道というライフラインの、さらには人生そのものへの課金が予定されている。

IR、Integrated Resortとはこの都市が選択した未来であり、そこでは公共が民間に委ねたあらたな「課税」の在り方が予告されている。これがいま、私たちが建設しようとしているユートピアである。…

711 とはずがたり :2018/08/25(土) 13:52:44

正体を隠して活動する日本会議の「カルト性」
菅野完
https://hbol.jp/173398
2018.08.24

712 とはずがたり :2018/09/09(日) 20:00:21
筑波大も酷いの飼ってるなあ・・。

昔マル経が肩で風切ってた頃は今我々が正論主義者に嫌悪感抱く様に嫌悪感をもたれてたんかな。

俺は左翼だからマル経の方が哲学あるし右派は醜悪だと思うんだけど。

2018.9.4 11:00
【正論】
歴史には「進歩」も「必然」もない 筑波大学大学院教授・古田博司
https://www.sankei.com/life/news/180904/lif1809040007-n1.html

2018.2.15 11:00
【正論】
なぜ親方は101人もいるのか、なぜ首相は平昌五輪開会式に行ったのか…国家を強くする「常識」を持とう 筑波大学大学院教授・古田博司
https://www.sankei.com/column/news/180215/clm1802150006-n3.html

713 とはずがたり :2018/09/25(火) 09:14:32

2018年09月11日21:59
ネトウヨはなぜ安倍晋三を熱狂的に支持するのか
http://blog.livedoor.jp/ntuy_hyakka/?p=2

小泉政権、麻生政権の時も熱狂的な支持者は一定数存在したが、ここまで熱狂的な支持者がいる総理大臣は最近では彼くらいだろう。

特に第二次安倍政権が始まった頃から、SNSには「安倍信者」と呼ばれる熱狂的な安倍支持のネトウヨが増えている。

彼らはなぜそこまで安倍晋三という人間に熱狂的になるのだろうか。

一言でいえば、「自己投影しやすいから」だと考える。

自己投影というのは心理学では「自分の嫌なところを他人に重ねて見ること」をいうが、今回の記事では自己投影を「他人を自分と同一人物だと思い込むこと」という意味で使用する。

自己投影でよくあるパターンが、漫画やアニメに登場する主人公と自分を重ねることで、10代の頃は誰もが経験したことがあるのではないだろうか。

自己投影する対象はあまりに自分とかけ離れすぎたキャラクターは不向きである。

漫画やアニメでも自己投影しやすいように、どこにでもいるような平凡な人物が主人公になっている場合が多い。

例えば「ドラえもん」ではのび太が主人公なわけだが、これが出木杉君だったら途端につまらない物語になるだろう。

安倍晋三に関して言えば、彼はいわゆる完璧人間、エリートタイプではない。

確かに総理大臣を祖父に持ち、天皇家とも遠縁にあるなど名家の生まれだが、国会議員や官僚に多い東大、慶応、早稲田出身というわけでもないし、国会での答弁はお世辞でもスマートとは言えない。

家柄を除けば、割と平均的で知り合いなどに1人はいそうなタイプに見える。

しかしながら彼の場合、これが功を成していると言える。

家柄も良くて、高学歴で、国会での答弁もスマートで、何もかも完璧に見えたら、自分たちとは別次元の人に感じるどころか、

むしろ日本という国においては嫉妬の対象になりやすい。

彼の隙があるところが、熱狂的な支持者を作り出す上でプラスに働いているのだ。

さらに、彼もネトウヨと同じ二元論者であるということを忘れてはならない。

彼は過去にこのようなツイートをして、左翼嫌いを鮮明にしていたし、国会答弁でも堂々朝日新聞を批判しており、好き嫌いがかなりハッキリしているタイプだ。

もちろん選挙というのは基本的には与党と野党の戦いになるのだが、政治に興味がある国民は少数派だし、更に本当に政策を理解している国民はもっと限られてくるので、善と悪の対立構造にした方が分かりやすく効率的だ。

安倍政権は自分たちの邪魔をする勢力は悪で、自分たちはその悪を退治する善というイメージづくりに成功している。

ネトウヨもまた二元論者なので、悪を倒すという大義名分ができるわけだし、悪を一緒に倒すという一体感も生まれる。

更に、自己投影する対象は自分の「憧れ」や「果たせなかった夢」を託せる人物であることも大事なポイントだ。

彼らが安倍晋三に憧れている部分は何といっても「長期政権を築いている総理大臣=強い権力者」という部分だろうが、

「1度は退陣したものの、再び総理大臣の座に就いた」という経歴もより彼らが自己投影したくなる要素なのだと思う。このエピソードはネットデモで感動秘話としてよく取り上げられている。

今は報われない自分もいつかは報われる、そんな希望を安倍晋三に託しているのかもしれない。

714 とはずがたり :2018/09/26(水) 22:16:19
桜井もなんか捏造してたよな

『朝日』元記者・植村隆裁判で西岡力氏が自らの「捏造」認める
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00010000-kinyobi-soci
9/26(水) 10:15配信 週刊金曜日

「慰安婦」問題否定派の旗手である麗澤大学客員教授の西岡力氏――。彼の論考や発言は、国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこ氏をはじめ、右派言説の論理的支柱となり、影響を与え続けてきた。その西岡氏が9月5日に東京地裁で尋問に答えた内容は、彼らに失望と嘆息を与えるかもしれない。西岡氏が、いくつかの重要部分について「間違い」を認めたからだ。

 東京地裁では、元「慰安婦」記事を「捏造」と記述され名誉を傷つけられたとして、元『朝日新聞』記者の植村隆・韓国カトリック大学客員教授が西岡氏らを相手取り、損害賠償などを求めた訴訟が2015年1月から続いている。

 植村氏は1991年8月、韓国での「慰安婦」問題に取り組む市民団体への取材やその聞き取り調査に応じた女性(のちに記者会見で名乗り出た金学順さん)の録音テープを聞いてスクープし、同年12月にも証言を記事化した。

 西岡氏は、植村氏の記事に対し、『週刊文春』2014年2月6日号で「名乗り出た女性は親に身売りされて慰安婦になったと訴状に書き、韓国紙の取材にもそう答えている。捏造記事と言っても過言ではありません」とコメントした。

 しかし、尋問で「そう訴状に書いてあるのか」と問われると、「記憶違いだった」と間違いを認めた。金さんの記者会見を報じた韓国『ハンギョレ』新聞の記事を著作で引用した際、「私は40円で売られて、キーセンの修業を何年かして、その後、日本の軍隊のあるところに行きました」という、元の記事にない文章を書き加えていることを指摘されると、「間違いです」と小声で認めた。

 西岡氏はまた、元「慰安婦」の証言集は読んでおりながら、「挺身隊」名目で「慰安婦」にさせられた韓国人女性の証言は「覚えていない」とし、自らの主張と異なる最新の調査・研究結果も読んでいないと答えた。

(佐藤和雄・ジャーナリスト、大学非常勤講師、2018年9月14日号)

715 とはずがたり :2018/09/26(水) 22:16:45
『朝日』元記者裁判が結審
櫻井よしこ氏の「捏造」攻撃のウソ明らかに
中町広志|2018年7月26日10:30AM
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2018/07/26/antena-289/

「私は捏造記者ではありません」と訴える植村隆さん。(撮影/編集部)

元『朝日新聞』記者の植村隆氏が櫻井よしこ氏と新潮社らを名誉毀損で訴えた裁判が7月6日、札幌地裁で結審した。2016年4月に審理が始まってから開かれた口頭弁論は延べ12回だった。

この日、植村弁護団は111ページ、8万2000字に及ぶ「最終準備書面」を提出した。同書面のハイライトは、「本人尋問によって明らかになった被告櫻井の杜撰な調査実態等」と題したパートだ。櫻井氏はどのような取材、調査、確認作業を行なって執筆したのか。植村氏への「捏造」攻撃には正当な根拠があるのか。それらを前回弁論(3月23日)の本人尋問で問い質した結果明らかになった重要な事実が、15ページにわたって詳しく列記されている。主なものを紹介すると――。▽櫻井氏は植村氏や重要な関係者の取材を一切行なっていない▽「慰安婦」だった金学順さんの「訴状」の引用の誤りを繰り返した▽金さんの記者会見の内容と「慰安婦」となった経緯も正確に把握していない▽単なる想像に基づいた記述を行ない、本人尋問にも不合理な供述内容がある▽「慰安婦」問題の講演で架空の話を作り上げた過去もある。

櫻井氏は本人尋問で、誤りやミスをほとんど認めていた。同書面はそれらの発言を次々に引用しながら、「捏造」攻撃のウソを指摘し、その根拠を完全に崩した。

法廷では植村氏と伊藤誠一弁護士(弁護団共同代表)が最後の意見陳述を行なった。植村氏は、「私はもう一度、大きな声で訴えたい。私は捏造記者ではありません」と力をこめ、伊藤弁護士は「被告櫻井は、ジャーナリストとして最も基本的な営為を怠ったことが明らかになった」と語った。

判決は、11月9日午後3時半に同地裁で言い渡される。もうひとつの植村裁判東京訴訟も大詰めを迎えている。9月5日、植村氏、被告西岡力氏、元『週刊文春』記者の3人の尋問が終日行なわれる。

(中町広志・フリー、2018年7月13日号)

716 とはずがたり :2018/10/01(月) 12:11:07

ネット右翼に足を引っ張られた佐喜眞候補【沖縄県知事選挙 現地レポ〜敗北の分析】
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181001-00098867/
古谷経衡 | 文筆家/著述家
10/1(月) 5:30



 今回、敗北を喫した佐喜眞氏の敗因は何だったのだろうか。佐喜眞氏は「対決から対話へ」を掲げ、辺野古移設については積極的推進の立場を明確にせず、むしろ経済振興や子育て政策を重点的に主張した。

 前述した2月の名護市長選挙に於ける渡具知武豊氏の勝利の方程式を踏襲した格好である。中でも「県民所得300万円目標」など、なるほど具体的とも言える政策もあった。

 しかしながら私は、佐喜眞氏の敗因は、佐喜眞氏自身は当然のこと、その「外野」にこそあると分析している。「外野」とは何か。それは翁長前知事が健在であった時代から、反翁長(反オール沖縄)の姿勢を鮮明にして、主にネットやCS放送局などを利用して勢力を高めてきた在沖縄のネット右翼活動家達のことだ。

 断って置くが、彼らは佐喜眞選対には一切入っていない。勝手連的に今回の知事選挙で佐喜眞氏を応援していた人々である。彼らは、中央(東京)のCS放送局やネットニュース番組等を行き来し、または保守系論壇誌、あるいは沖縄のコミュニティFM等を活用して、「善意」で以て佐喜眞氏を応援した。

 彼らは、那覇、沖縄、豊見城、うるま、宜野湾、名護など県下公民館などを貸し切り、私が確認しただけで都合50回以上に及ぶ小集会や、ビラ配布、那覇市内等に於ける街宣行動を頻繁に繰り返した。

 9月13日に今回の沖縄県知事選挙が告示されると、彼らは勝手連的に佐喜眞氏への投票を訴え、併せて「玉城デニー陣営から威嚇、暴力的行為を受けた」などとSNS上で訴え続けた。

 これに賛同するネット右翼的傾向を持つユーザーが次々と彼らのツイートを拡散して、「玉城はパヨク」「玉城は売国奴」「玉城は中国の工作員」等というレッテルと共に、恒常的にそれらのリツイートは毎回500〜1,000近くになる勢いとなったのである。

 前述した小集会では、「地元新聞・TVによる世論誘導選挙、中国の沖縄侵略隠しを訴える」という横断幕がほぼ毎回会場に掲げられた。

 ここで重要なのは、地元新聞とは「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙を指すと言うこと。また「中国の沖縄侵略」ではなく「沖縄侵略隠し」を訴えているという点で、極めて陰謀論的世界観である。

 つまり、沖縄に於いて中国の侵略が現に行われて居るが、「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙がそれを故意に隠している、という主張を繰り返したのだ。



しかし前述した在沖縄のネット右翼活動家らや、及び全国に存在するネット右翼の、「善意による」佐喜眞氏への勝手連的な応援は、沖縄の有権者に佐喜眞氏への親近感を高めるどころか、却ってマイナスの材料になったのではないか?と私は観ている。

 彼らは口々にこう絶叫した。
「玉城デニーが知事になったら、沖縄は中国にのっとられます」
「玉城デニーが知事になったら、中国の工作員が沖縄を破壊します」

 このような、トンデモ陰謀論とも思える連呼とセットに佐喜眞氏を応援することで、常識的な感覚を持った有権者の多くは、むしろ佐喜眞氏へのネガティブイメージを持つに至ったかもしれない。



 こういったネット右翼が叫ぶトンデモ陰謀論的世界観は、中央(東京)から放送される一部の極端に偏向したCS番組や保守系論壇誌、あるいはネットニュースの中で俎上にあがるだけで、実際には「保守」「ネット右翼」という自閉した巨大なサークルの中でしか通用しないジャーゴン(組織内言語)に他ならない。

 だから、在沖縄の街頭で行なわれたこのような叫びやSNSでの拡散は、沖縄の有権者にとってノイズとしてしか認識されなかった。

 彼らが「なんかトンデモな人たちが佐喜眞氏を応援している」という印象を与え続けたのなら、これは佐喜眞陣営にとって痛打以外の何物でも無い。



717 とはずがたり :2018/10/01(月) 13:20:45
ネトウヨだったのかw
今回はよくリツイート流れてきてたけど立派な若者に育ってなによりだ。

「日本ではない国に行けば」 翁長知事の息子が投げかけられた言葉
父に続き政治家となった彼は、何を感じているのか。「沖縄保守」への思いを聞いた。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/onaga-takeharu
2018/09/30 20:01
籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan
瀬谷健介 BuzzFeed News Reporter, Japan

「実は僕、学生時代は『ネトウヨ』だったんですよ」

そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、翁長雄治(31)。那覇市議になって1年が経つ、新米の議員だ。

父親は、前沖縄県知事の翁長雄志。沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設への反対を貫きながら、2018年8月8日、任期中にすい臓がんで死去した。

雄志は長年、自民党に所属して沖縄県連幹事長も務め、「沖縄の保守勢力」であることを自認していた。しかし、辺野古への米軍基地建設を巡って中央の自民党政権と激しく対決し、那覇市長の座を辞して県知事選に立候補した。

祖父は那覇市と合併した旧真和志市の市長。伯父は県議と副知事を歴任した。雄治は4人きょうだいのうちでただ一人、政治家となった「3代目」だ。

その雄治から見た、沖縄の保守とは何か。

ーーなぜ、「ネトウヨ」だったんですか?

高校生の時は、柔道が大好きな普通の少年でした。沖縄を離れて関東の体育系大学に進んだため、部活以外にやることがなかった。基本的にすごく引きこもり体質なので、家から出たくない。家にいると、ずっと携帯しか見ないんですよ。

携帯でネットを見ると、当時政権の座にあった民主党がやることは全部悪いんだ。自民党は全て正しいんだ。そうでない議員はみんな「在日」なんだ、という情報がたくさんあった。

そして、ネットで見かけるそういう主張に、だんだん魅せられていった。「在日」が何たるかもよく知らないまま、外国人が日本人になりすましている、みたいにすら感じていました。

まだ「ネトウヨ」という言葉がない頃だったのですが、実際には自分では何も分かっていない、何も考えていないのに、こういう主張を一方的に受け売りすることこそが、「保守的な思想」だと思い込んでいたのです。

ーーどうして、そこから父と同じ道へ?

ネット上で翁長雄志が叩かれているのを見かけるようになったんです。

父が基地の辺野古移設に反対するようになってからです。「国策、米軍基地に反対するやつは反日左翼テロリストだ」と。

ただ僕には、父親への果てしない信頼感があったんです。うちの親父は沖縄のために人生を過ごしていましたし、悪いこと、恥じる事は何もしていない。だからこそ、こういう叩かれ方はおかしいと思ったんですね。

この頃から、政治家を志すようになってきた。そして沖縄に戻り、実際に基地問題を見て、住んでいる人たち、生活する人たちを見て、考え方が変わってきた。

ーーお父さんから、何か政治について言われたこともあるんでしょうか

父から政治について教わったことは、ほとんどありません。

うちには、政治は家業じゃないという家訓があります。僕も那覇市議選に出る時、母親に反対されました。

父にも、立候補を自分で選んだのならば仕方ないとは言われましたが、市議になったあとに相談しても「自分で考えろ」と言われました。



718 とはずがたり :2018/10/02(火) 10:20:05
議論を拒否して逆ギレ気味に休(廃)刊して議論の公器としての抛棄の暴挙を許した新潮社の無責任は重い。

「新潮45」休刊に追い込んだ“張本人”の超厳戒講演会を直撃
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238307
投稿日:2018/09/27 14:50

「LGBTは生産性がない」という“トンデモ作文”を寄稿し、老舗出版社「新潮社」の看板雑誌である「新潮45」を休刊に追い込んだ杉田水脈衆院議員。責任を感じておとなしくしていると思ったら大間違い。きのう(26日)も東京都内で開かれた講演会に出席して持論を展開すると聞き、日刊ゲンダイ記者が会場を直撃した。

 杉田氏の講演会を主催したのは「channel AJER」というサイト(運営会社は埼玉・戸田市)。ホームページを見ると、小川榮太郎や藤岡信勝といった「ガチガチの保守系」といわれる人物が登場している。驚いたのは、杉田氏の講演会タイトルが「国連人種差別撤廃委員会参加報告会」だったことだ。LGBTの「差別」を平然と口にする杉田氏が一体、どのツラ下げて「差別撤廃」を言うのか。ギャグ漫画のようなテーマだ。早速、会場に向かった。

 会場の東京・千代田区のビルでは、講演会が始まる前から、4〜5人の取材陣が待ち構えていたのだが、主役の杉田氏本人は隠れるように裏口からこっそりと会場入り。それならばと、主催者に講演会の取材を申し込んだところ、「定員は60人でもう満員になってしまったので参加できない」と完全拒否だ。だが、会場に出入りする人を数えると、多く見積もってもせいぜい20人程度。とても60人とは思えなかった。

 そこで、講演会の終了後、会場から出てきた杉田氏を直撃しようと試みたのだが、講演会の参加者らしき連中が「壁」をつくり取材を妨害。「LGBT差別を許さない」とプラカードを掲げていた人の写真を撮影し、「抗議をやめろ」と怒鳴るなど、まるでヘイトスピーチの集会そのもの。会場周辺は騒然となり、そのスキに杉田氏もコソコソと逃げるようにして立ち去ったから唖然ボー然だ。

 杉田氏の差別発言が掲載されてから2カ月以上経つが、問題は沈静化するどころか周囲を巻き込んで、どんどん悪化している。その原因は、いつまで経っても表舞台に出てこない杉田氏自身にあることは明々白々。国民の前に堂々と出てこられないような人間をいつまでも国会議員にさせていてはダメだ。

719 とはずがたり :2018/10/08(月) 00:21:22
めっちゃ興味深いぞ。ネトウヨとオン排含めても5%位なのに80%ぐらいに感じる(;´Д`)

ネトウヨ像覆す8万人調査 浮かぶオンライン排外主義者
https://www.asahi.com/articles/ASLB37DGLLB3UCVL01V.html
河村能宏2018年10月7日05時40分

http://tohazugatali.web.fc2.com/politics/ASLB37DGLLB3UCVL01V.png
ネット右翼とオンライン排外主義者

 「ネット右翼」はどのくらいいて、どのような人たちなのか。その実像に迫ろうと、8万人規模の過去に例のない大規模調査が行われた。ネット右翼と呼べる人たちは全体の1・7%だったほか、これまで語られてきたネット右翼像とは異なるタイプの「オンライン排外主義者」が3・0%存在することも浮かび上がった。

 ネット右翼とは一般的に、保守的・愛国的な政治志向を持ち、中国や韓国などの近隣アジア諸国に対して排外的な言動を行う人を指すことが多かった。規模は小さいとされるが、膨大な情報を生み出すことから、その影響力に注目が集まっている。一方で、ネット右翼の担い手がどんな人たちなのかについて実証的に検証したケースは少なく、多様なネット右翼像が流通しているのが現状だ。

 東北大の永吉希久子准教授(社会意識論)らのグループが東日本大震災以後の人々の社会活動の変化を調べようと、昨年12月に「市民の政治参加に関する世論調査」を実施。ネット調査会社を通じて20〜79歳の東京都市圏に住む約7万7千人の男女にアンケートをした。その際、ネット右翼について調べるための質問も盛り込み、永吉さんが実証的な検証を試みた。

靖国公式参拝、憲法九条の改正、学歴や雇用形態など、アンケートで尋ねた項目から「ネット右翼像」に迫ります

 アンケートでは、「靖国公式参…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

720 とはずがたり :2018/10/08(月) 12:04:49
院政期〜鎌倉期の貴族階級好きの俺としては現代の天皇家は権門としては物足りないし戦争責任を取らなかった天皇家ってイメージだったけど今上陛下は口惜しいけど象徴としてのお勤めの中に今何をなすのが日本・国民・皇室にベストかをバランス良く考えてるかが滲んで居て自然と敬愛をせざる得ない。凄いわ。

もう一寸歳取ってたら昭和天皇の行動からも色々読み取れたのかもしれんね。責任取るにしても適当な譲位相手居なかったようだし。。

ネトウヨ氏は靖国に参拝しないで高麗神社に参拝http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1226053946/550-551する今上帝に切れてるようだが,皇室のバランス感覚を理解出来ないのであらう。

天皇皇后は反日左翼!
https://togetter.com/li/1153153

721 とはずがたり :2018/10/09(火) 14:27:31
【教育勅語】「同胞を大事に」「親孝行」でも普遍性がない理由
志葉玲 | フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20181005-00099413/
10/5(金) 12:07


安倍政権において、教育勅語を再評価しようという動きがある。今回の柴山文科相の発言の他にも、当時、防衛大臣であった稲田朋美氏は昨年3月8日の参院予算委員会で、

「私は、その教育勅語の精神であるところの、日本が道義国家を目指すべきである、そして親孝行ですとか友達を大切にするとか、そういう核の部分ですね、そこは今も大切なものとして維持をしているところでございます」

出典:2017年3月8日参院予算委員会での稲田朋美氏の発言
 と発言している。また安倍政権としても、同年3月31日、「憲法や教育基本法等に反しないような形で教育勅語を教材として用いることまでは否定されることではない」とする答弁書を閣議決定している。

〇主権者である国民に対し、道徳の押し付けはできない
 こうした安倍政権の教育勅語を容認する言説・政府答弁は、日本国憲法の理念に反するものだ。というのも、日本国憲法は国民主権をその基本原理としているが、これに対し、教育勅語は、当時の絶対君主であり「現人神」であった天皇が臣民に道徳を押し付けるというものだからだ。日本の教育史学研究者による「教育史学会」は、昨年5月に発表した声明文で以下のように指摘している。

 教育勅語は、「朕」と自称する明治天皇が「臣民」に道徳の規準を下す形をとっていること自体が、今日の主権在民の日本国憲法と相容れないものである。

出典:教育史学会の声明
〇「親孝行」等の部分だけの切り離しはできない
 また、教育勅語では「親孝行」であろうが、「友達を大切にしよう」であろうが、各々の部分を切り離すことはなく、それらの道徳観は全て「皇運扶翼」、つまり臣民が天皇のため、命をもささげることへ収斂されていくものなのだ。

〇「全員野球内閣」というより「ほぼ全員日本会議内閣」
 教育勅語は、柴山文科相が言うような「アレンジした形で、今の道徳などに使える」ものではない。どうしても道徳教育がしたいのなら、日本国憲法の理念に沿う別個のカリキュラムをつくるべきである。教育行政のトップである文科相の発言は、責任重大であり、柴山文科相の資質も今後の国会で問いただされることになるだろう。

 だが、問題の本質は、今回の内閣改造が「全員野球内閣」というより、「ほぼ全員日本会議内閣」であるということだ。日本会議は、日本最大級の保守系団体で、安倍晋三首相や麻生太郎財務大臣との関係が深い。今回の第4次安倍改造内閣では、日本会議の活動を支援する議員連盟「日本会議国会議員懇談会」に加盟歴のある閣僚が、19人中14人なのである(関連情報 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-04/2018100401_01_1.html )。…

722 とはずがたり :2018/10/10(水) 09:54:50
杉田,たいしたことは書いてない(特にハレーション起こそうと書いてる感じでは無い)けどそれだけに子供を産まないから社会的に保護する価値なしとさらっと書いてしまっててどうやったらPC適合的かを理解してないっぽい。。
不妊治療にカネ出すけどLGBTが住みやすくするってのを故意に関連づけてるにも問題で住みやすくってのは家借りたり家単位で税金をみたりとそういう所であってそれは女性が色々な面で苦労する日本という面とも関係してくるけどそういうのを一切無視してて,まあ普段からひどいこといってるからこれを機会にたたいとこって自業自得の面があって杉田もそれが判るからこのていどのことで謝ってたまるかと思うし,謝ったら負け,突っぱねるが勝ちの安倍政権の態度ともシンクロしているということか。

2018年07月22日11:58
カテゴリ読んだ本・雑誌・記事etc
杉田水脈著『「LGBT」支援の度が過ぎる』を全文書き起こす(転載歓迎)
http://blog.livedoor.jp/skeltia_vergber/archives/51543955.html

723 とはずがたり :2018/10/18(木) 17:32:33
解説付きでお届け。

https://twitter.com/electionshow17/status/1052818717808029697
/03式柴犬型決戦兵器\
@sbinnn21

国民はすっかり行かなくなったな。候補者一本化とかを考えているのだろう

20:17 - 2018年10月17日
2019 政治決戦ウオッチ
@electionshow17

おっと常連の羽田まで行ってない2019 政治決戦ウオッチさんが追加

0:08 - 2018年10月18日


靖国参拝、衆参議員の71人 秋季例大祭に合わせ
https://www.asahi.com/articles/ASLBL2QVCLBLUTFK001.html
2018年10月18日10時43分

 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久・元厚生労働相)の衆参議員71人が18日朝、秋季例大祭が開かれている東京・九段北の靖国神社に参拝した。

 自民党の加藤勝信総務会長(前厚労相)や森山裕国会対策委員長のほか、安倍内閣の政務三役では磯崎仁彦経済産業副大臣や大西英男総務政務官らが参加した。

 内訳は自民68人、日本維新の会1人、希望の党1人、日本のこころ1人。参拝後に会見した尾辻氏は、参拝しなかった安倍晋三首相について「(今後)お参りがあることを願う」と述べた。

724 とはずがたり :2018/10/19(金) 16:32:38
学生運動にかぶれたやつをかぶれた感じが嫌だったとかいってるけど自分も恥ずかしいウヨ思想にかぶれて本当に冷静に周りが見えてない。
こんなのが自衛隊のトップではまたインパールとかやりかねん。自衛隊は先の大戦から一体何を学んだのか?

あれから10年 田母神俊雄が語る「田母神論文事件とは何だったのか?」
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20181019/Bunshun_9361.html
文春オンライン 2018年10月19日 07時00分

2008年10月に起きた「田母神論文事件」から10年。現役航空自衛隊トップが公にした論文「日本は侵略国家であったのか」は政府を巻き込んだ大問題に発展し、田母神氏は辞任へ。一体、あの事件は何だったのか。そして“異端の軍官僚”田母神氏の「思想」の源泉とは? 近現代史研究者の辻田真佐憲さんが伺います。(全3回の1回目/ #2 、 #3 へ続く)

――田母神さんの論文「日本は侵略国家であったのか」は、アパホテルで知られるアパグループが主催する第1回「真の近現代史観」懸賞論文で最優秀賞を受賞しました。現役自衛官、しかも空自のトップである航空幕僚長が〈我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である〉といった論を公にした衝撃はまさに「事件」と言うべきものでした。あれから10年…今回のインタビューでは「田母神論文」の内容を検証するのではなく、なぜ田母神さんがこうした論文を書くに至ったか、その「歴史観」がどのように形成されたのかをお伺いしたいと思っています。

■自衛隊幹部普通課程で出会った渡部昇一先生の本
――人間が持つ歴史観や思想には必ず読書体験が関わってきます。田母神さんの場合、これに影響を受けたとすぐに思い浮かぶ本は何でしょうか。

田母神 本と言えば亡くなられた渡部昇一先生の本から多くの影響を受けています。30歳の頃に出会った『ドイツ参謀本部』。渡部昇一先生の本です。当時私は市ヶ谷にある自衛隊幹部学校に入校(自衛隊では自衛隊の学校に入ることを入学とは言わず入校という)していました。幹部普通課程という、当時は3ヶ月半くらいのコースがあったんです。自衛隊に入って7、8年経てばみんな交代で入るようなコースなんですけど、そこで教官がいろんな本を紹介するわけです。その中にあったのが『ドイツ参謀本部』。…でも私は不勉強でしてね、その時、渡部先生の専門が言語学だということも知らなかった。ただ単にこれは軍人が読むべき本だと思っていました。そこからこれを書いた渡部先生というのはどんな人だろうと本を渉猟しました。…

ベストセラーになった『知的生活の方法』はもちろん、『日本史から見た日本人』の古代編、鎌倉編、昭和編。私は渡部先生にすっかりハマりまして、私たち仲間内のグループにお招きして講演していただいたこともありました。30代はまさに渡部昇一を読んで過ごしていたようなものです。

――田母神さんは元々理系で、福島県立安積高校でも理系クラスだったんですよね。

田母神 そうです。高校に入ったのが昭和39年、東京五輪の年。日本が高度成長に入ろうとしていた頃で、身近なところでいうと家電の業界が華やかに見えたんですね。それで技術者になりたいと漠然と思っていたんです。ところが親戚に自衛官がいたこともあってか、父が「お前は防衛大学校に行け」と。それに反抗することもなく、まあ自衛官の道に入ったわけです。

■私の原体験「共産党はバカだから」
――防衛大学校時代の話をもう少しお伺いします。入学されたのが昭和42年、1967年のことですから、防大時代に70年安保運動が起きていますよね。同世代の学生が安保反対を唱えている様子を、田母神さんはどのように眺めていたのでしょうか。

田母神 何を騒いでいるんだ、バカだなって思って見てました。夏休みに帰省すると、普通の大学に入った高校の友達と会いますよね。すると、たった3ヶ月大学に行っただけで、やれマルクスがどうしたとか言うやつがいるわけです。私はちょっとカチンときて、「なんだお前、因数分解もできなかったのに、よくそんなことがわかるな」って言ってやりましたよ。

――なんでカチンときたんでしょうね。

田母神 かぶれてる感じがいやだった。私は昔から、左の共産主義的考えに毒されることはなかったから余計に。うちの父はいつも「共産党はバカだ」って言っていた。なんでかと言うと、実家の近くに町議会議員にいつも立候補する共産党の人がいたんですよ。…

選挙に出ると必ず落ちるんだけど、必ず出る。いつだったか聞いたんです、父に。「あの人は、なんで落ちるのがわかっているのに選挙に出続けるんだ」と。その答えが「共産党はバカだから」。これは、私の原体験といえば、原体験なのかもしれませんね。

725 とはずがたり :2018/10/19(金) 16:32:59
>>724
■防大4年のときに「三島事件」を体験した
――防衛大学校時代では、1970年に起きた「三島事件」。…軍隊ごっこみたいに言う人も当時いたと思うんですが、…このころの防衛大学校校長はどなたでしたか?

田母神 猪木正道さんです。…

――猪木正道さんは『正論』などでも執筆活動され、保守論壇の大御所という感じがしますが、一方で民社党を支持する論者でもありました。田母神さんが学校で見た猪木さんの印象はどういうものでしたか?

田母神 ちょっとリベラルだなという感じは、当時から受けていましたね。たとえば「イギリスでは国防省の軍人は制服を着ないんだ。だから自衛隊も防衛庁の中では制服を着ないほうがいいんじゃないか」という話を猪木さんがされるのを聞いた覚えがあるんです。私はそれは違うんじゃないかって反発してしまいましたね。あと、猪木さんの三島事件に対する評価にショックを受けました。

――どんな評価だったんでしょうか。

田母神 事件が起こるまで猪木さんは三島を絶賛していたはずなんです。私たち学生の前でもそういう話をしていたように思います。ところが、あの事件後、評価がコロッと変わったんです。三島由紀夫はとんでもないやつだ、と。私は学生ながらに「学校長、人ってそんなに変われるもんですか」と思ってしまいましたよ。あれは、けっこうショッキングでした。

■「プロレスラーに飛び掛かるバカはいない」
――最近ですと陸上型イージス、イージスアショアに防衛予算を支出することが問題にもなりました。田母神さんは…日本がアメリカ製のものばかり買うことに批判的なことを書かれていましたよね。

田母神 イージスアショアについて言えばね、これはお金が無限にあれば必要な兵器だと思いますが、自衛隊の予算の現実から、日本は攻撃力を持たないまま、これ以上守りを固めるのは優先順位が間違っていると思います。戦争に巻き込まれないためには日本は攻撃力を持たなければなりません。そもそも世界の空軍というのは、主体が攻撃力。戦闘機、爆撃機の攻撃力です。ところが日本の場合、航空自衛隊は守りに偏った空軍で、その割合は守りが8割、攻撃が2割といったところ。そうなると自然と、攻撃についてはアメリカに依存せざるを得なくなる。これではアメリカの国家戦略の思うがままですよ。自衛隊の戦力発揮がアメリカに依存する構造が強化されて、自衛隊の自立が出来ません。
自衛隊の自立が出来なければ日本国の自立はできません。日本が今持つべきは攻撃力です。相手を攻撃する能力がなければ抑止力になりません。…

田母神 戦争って結局「金儲け」のためにやるものなんですよ。でも北朝鮮の場合、アメリカや日本に向けてミサイル撃って戦争を仕掛けても、儲からないことは目に見えている。そんなことしたら、北朝鮮は余計締め上げられるだけなんです。アメリカだって同じ「金儲け」の論理から北朝鮮を先制攻撃しないわけです。なぜかというと、北朝鮮があったほうがアメリカの国益に資するから。ああいう「ならず者国家」があるから、世界にはアメリカが必要だろうと。イージスアショアが必要だろうと。北朝鮮という国は、アメリカにとって武器を販売するための「理由」になっているんです。

■「安全保障的リアリズム」は、いつ頃から身についた?
――そういったある種の「安全保障的リアリズム」は、いつ頃から身についたと思われますか?

田母神 自衛隊にいる間になぜ戦争になるのか、戦争の原因などを考えることが多くあります。もちろん自衛隊幹部学校における教育も影響しているとは思います。基本的に幹部学校で自衛官の教官から教えられるものは戦術、戦法、指揮、統率といったものが多いのですが、そのほかの外交とは何たるかといったあたりは外部招聘の講師の話を聞いて学ぶことが多かった。自衛隊の実務と学校教育を通じて自分なりの戦争観が出来上がっていったと思います。40歳を過ぎるころには今のような考えになっていたと思います。

――どんな講師の方が来たか覚えていますか?

田母神 それはやっぱり渡部昇一先生がいて、田久保忠衛先生もいらっしゃいましたね。あとは、経済学者の加藤寛先生、内橋克人先生等を覚えております。各省庁の役人の課長ぐらいの人もけっこう来ていましたね。外務省の大使経験者も何人かおられたと思います。

――その頃、新聞はとっていましたか?

田母神 上司から「産経新聞をとったらどうだね」と言われて購読してました。それ以来、産経は読んでいますね。月刊誌としては『正論』を読むようになりました。

――拘置所の中で産経が読めなくて困ったという話が著書にありますが。

田母神 あれには参った。仕方がないから読売で我慢した。…

726 とはずがたり :2018/10/23(火) 10:37:02
2017-05-19
経産省「次官・若手ペーパー」に対する元同僚からの応答
http://hirokimochizuki.hatenablog.com/entry/response.meti

経済産業省の「次官・若手プロジェクト」によるペーパーが話題になっていた。私自身、新卒時に同省で働いていたのだが、このペーパーの作成に私の(個人的に親しい)同期なども関わっているようだ。

不安な個人、立ちすくむ国家 ?モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか? 平成29年5月 次官・若手プロジェクト | 産業構造審議会総会(第20回)‐配布資料 | 経済産業省

さて、全65頁にわたる本ペーパーを一読し、私はその内容をどう理解したか。いろいろと書いてあるが、それほど複雑な資料ではない。根本的なメッセージは「我々はどうすれば良いか」と題された最後のパートにあるp51のスライドに集約されている。

「社会の仕組みを新しい価値観に基づいて抜本的に組み替える」とあるが、3つのポイントを改めて書き起こす。

一律に年齢で「高齢者=弱者」とみなす社会保障をやめ、働ける限り貢献する社会へ
子どもや教育への投資を財政における最優先課題に
「公」の課題を全て官が担うのではなく、意欲と能力ある個人が担い手に(公共事業・サイバー空間対策など)

何が言われているか。それぞれについて、同ペーパー中にて提供されている様々なコンテクストを加味しながらわかりやすく噛み砕くとこうなる。

1.高齢者の数がどんどん増えるなかで、高齢者に対する社会的支出(年金、医療、介護など)が大きくなりすぎており、財政を持続不可能にしている。同時に、まだ働く能力があるにも関わらず、一定の年齢を基準に「高齢者」と認定され、それによって年金などの社会的支出の対象となっている人々が存在している。したがって、後者の人々に働いてもらうことで、高齢者に対する社会的支出の絶対量を抑制し、財政の持続可能性を高める。
2.社会的支出の多くは高齢者に対して支出されており、現役世代や子どもたちに対しての支出が少なすぎる。後者は将来的にペイする「投資」であり、したがって高齢者への支出を減らしてでも、現役・子ども世代への支出を増やすべきである。
3.「公的な課題」の増加と多様化に対して、国だけが対応するのは無理である。国が財政措置などで「公的な課題」の全てを解決しようとするのではなく、意欲と能力ある個人により多くを任せるべきだ。それが個人の生きがいにもつながる。

上記をざっくりまとめ直すとこうなる。

"高齢者の増加によって国に生活保障される「弱者」が増えすぎており、このままでは財政的にもたない。高齢者への支出を削ってでも若者に投資すべき。高齢者への対応含め、公的課題の全てを国の責任とするのは現実的ではないので、人々が国を介さず自分たちの手で解決できる領域をできるだけ広げていきたい。"

で、こういった考え方を2つにまとめるとこうなる。

①「緊縮(=財政の縮小)」

②「世代間対立(=財政の投資化)」

このスタンス、この社会像に私は反対する。

このペーパーを読んで、私は今年の2月に少し話題になったある出来事を思い出した。それは、上野千鶴子氏が中日新聞紙上で述べた内容がきっかけとなってインターネット上で巻き起こった議論のことである。私はそのときも以下の記事で上野氏に対する反論を書いていた。

私が当時まとめた上野氏の主張は以下の通りである。

日本は今転機にある。最大の要因は人口構造の変化。
人口を維持するには自然増か社会増しかない。自然増は無理だから社会増、すなわち移民の受け入れしか方法がない。
したがって、日本には次の選択肢がある。「移民を入れて活力ある社会をつくる一方、社会的不公正と抑圧と治安悪化に苦しむ国にするのか、難民を含めて外国人に門戸を閉ざし、このままゆっくり衰退していくのか。」
「移民政策について言うと、私は客観的に無理、主観的にはやめた方がいいと思っています。」世界的な排外主義の流れがあり、さらに日本人は単一民族神話を信じているから多文化共生には耐えられない。
結局自然増も社会像も無理だから「日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。」
「日本の場合、みんな平等に、緩やかに貧しくなっていけばいい。国民負担率を増やし、再分配機能を強化する。つまり社会民主主義的な方向です。ところが、日本には本当の社会民主政党がない。」
日本の希望はNPOなど「協」セクターにある。様々な分野で問題解決してる。人が育ってきている。
憲法改正論議についても心配していない。 日本の市民社会は厚みがある。

727 とはずがたり :2018/10/23(火) 10:38:52
>>726
経産省のペーパーには移民や外国人についての言及がなかったが、根本的な論理構造は上野氏のそれと多くを共有しているように見える。だいたい、こんな感じである。

"人口の高齢化という構造要因のなかで、(移民の受け入れも)社会民主主義的な(=福祉国家的な)再分配機能の強化も現実的ではない(むしろ再分配機能は別様にずらしつつ縮小すらすべきである)。そして、(高齢者の)労働強化と市民社会による代替が再分配の不足を埋めあわせる鍵になる。"

私個人の感想としては「よく聞く話」というものである。それに対して、最後に、私のスタンスを以下の3つにまとめておく。

①まず「財政的制約」については、現在の税制を思考停止的に前提とすべきではなく、所得税、消費税、相続税、法人税など様々な税目についての検討、加えて課税ベースの強化についてのオプションをしっかりと出していくべきである。それは財務省の仕事だというかもしれないが、そもそもこのペーパーの所管範囲は経産省のそれではない。歳出サイドだけでなく、歳入サイドについても検討・議論の範囲を広げるべきである。もちろん、税だけでなく社会保険や国債などの組み合わせ全体が議論の対象となる。議論の線としては、アトキンソン「21世紀の不平等」などを参考にしており、国家による再分配機能の縮小=新自由主義路線ではなく、再分配機能の再度の強化をこそ志向する。言葉の正しい意味で、「弱者」が増えているからである。

②「制度が依存的な弱者をつくる」という考え方について。その側面があることを否定はしない。では、「制度に頼るべき弱者」と「制度に頼らなくて済む強者」、ある個人がそれらのどちらであるかについて、誰がその線を引くのか。このペーパーのスタンスは明確である。その個人が「自分自身で引く」「自分自身で選択する」のである。そして、そのことがもたらすひどく恐ろしい効果を想像してみてほしい。「一億総活躍」と「財政の持続可能性」が骨がらみになって主張されているさなか、「どんな人生の最期を迎えたいですか?」と社会から個人に対して自己決定が促されるわけである。年金を受け取ることのスティグマは強化され、「延命治療を受けたい」と口に出すことは憚られるようになるだろう。少なくとも私はそういう国にしたくない。表面的な「自己決定」が「社会からの強制」に等しくなる構造を想像するのは容易いからだ。持っている権利を社会の期待に合わせて自ら捨て去ることの恐ろしさに気づいているのは弱者の側だけであり、そして、誰しもいつかは弱者になるのである。

③最後に、そして自分が企業からのNPO支援などに深く関わっているからこそきちんと言っておきたいのだが、「国家が担ってきた領域の個人による代替」について。個人や企業、市民セクターなどが社会課題の解決主体でありうるということが、国が社会問題の最大・最終的な解決主体であるということの責任を免除することを帰結することはありえない。前者は後者に付加されるべきものであって、代替することを想定するべきものではない。NPOセクターに限ってみても、その力がまだまだであることの根本的な要因は、よりプリミティブな意味での質の高い人材の不足と、それと強く相関する活動資金の圧倒的な不足にある。そして、国家は国家業務の外部委託や助成金などの投入という形で、NPOセクターへの最大の資金の出し手なのである。その事実を踏まえずに「公を民が担うのだ」というビジョンを掲げることは、緊縮財政の実現を通じて、結果としてのNPOセクターの縮小を招くだろう。

さて、経産省による「次官・若手ペーパー」の内容に触れてきた。ウェブ上での反応を見ると「新しい内容」と捉える向きもあるようだが、こう整理してみれば明瞭なように、これまで何度も言い古されてきた緊縮・福祉国家再編の論理であり、新しさはほとんどない。むしろ、本資料についてきちんと考察・理解しておくべきことは、このペーパーが現在の政府全体の動きとどこが同じでどこが違うかである。基本線としては「一億総活躍社会」という政府全体のスローガン及び関連する政策内容とかなりの程度呼応していると私は判断している。その意味でも新しさはほとんどないと言えるように思う。

力ある者が真面目な気持ちで危機を煽るとき、力なき者は自分の立っている地平を見失ってはならない。なぜなら、力なき者たちが自らの支えを失ったとき、彼ら=私たちが自分の指導者として誰を選ぶにいたるか。その想像力こそが、煽られた危機に臨む私たちにとっての試金石となるからである。

ーーーーー
望月優大(もちづきひろき)
慶應義塾大学法学部政治学科、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(ミシェル・フーコーの統治性論/新自由主義論)。経済産業省、Googleなどを経て、現在はIT企業でNPO支援等を担当。1985年埼玉県生まれ。

728 とはずがたり :2018/11/05(月) 08:59:45
SAPIOも不定期刊に。先鋭化する右派雑誌現場の意外な“事情”
https://www.businessinsider.jp/post-178294
竹下 郁子 , 浜田 敬子 and 川村力 [Business Insider Japan]
Oct. 29, 2018, 06:30 AM MEDIA6,756

小学館は10月26日、保守系の隔月刊雑誌『SAPIO』が2019年1月4日発売号をもって不定期での刊行になると発表した。同誌関係者から「事実上の休刊」という情報を事前に得ていたBusiness Insider Japan編集部は、前日の25日に同社に質問状を送っており、その回答からほどなくして上記の内容がメディア各社によって報じられた。

『新潮45』(新潮社)の休刊を機にヘイトと距離を起き始めた大手出版社と、より先鋭化する中小出版社。保守論壇の「再編成の始まり」の構図が透けて見えてきた??。

SAPIO不定期刊は「リスクマネジメント」

以下はBusiness Insider Japan編集部が2018年10月25日に小学館の広報を通じて『SAPIO』編集部に送った質問とその回答の一部だ。


質問:編集体制、企画内容について、御社内ではどのような評価が為されているのでしょうか。また、そうした誌面の内容や社内からの評価は休刊に関係しているのでしょうか。

回答:「『SAPIO』は創刊以来、月2回刊、月刊、隔月刊、そして適時刊と、状況に応じた刊行形態を常に模索してまいりました。今回の変更もその流れでかなり以前から検討してきたことで、ご質問にあるような背景はございません」

同誌は1989年創刊。2016年1?3月に11万3833部あった発行部数も、2018年4?6月の最新の調査では8万5000部まで減少していた(日本雑誌協会)。

同誌で連載を持っていた小林よしのりさんは、今回の決定を受けてブログにこう記している。

「雑誌の年齢層は超高齢化していて、その老人層は極右化・ネトウヨ化している。『HANADA』『WiLL』のように極右化しなければ、特に言論誌は生き残れない」(「ゴー宣ネット道場」より)

しかし、大手出版社が「極右化」できるのか。同誌関係者は今回の不定期刊化の背景にはやはり『新潮45』問題があったと言う。

「SAPIOの不定期化は実質的な『休刊』だと聞いています。表向きは売り上げが落ちているので刊行を減らすということですが、『新潮45』問題が起きたことで会社のリスクマネジメントとして、『ヘイト系の本や雑誌は出さない』と判断したそうです」

また、ある小学館の社員は、最近の誌面について社内からも疑問の声が上がっていたことを明かす。

「『新潮45』問題が起きる以前から、SAPIOに中韓ヘイト記事が掲載され始めたことを社内で疑問視する声が上がっていました。2年ほど前から編集者が『週刊ポスト』や『NEWSポストセブン』に異動になり、3~4人での編集体制にまで縮小され、最近はルーティン的な誌面づくりに陥っていたようです。休刊間近との見方は社内に定着していましたから、今回の決定に驚きはありませんね」

729 とはずがたり :2018/11/05(月) 08:59:55

先鋭化する『Hanada』と『WiLL』

一方で、『新潮45』の休刊を経てなお、保守路線をひた走る雑誌もある。

10月26日発売の『月刊Hanada』(飛鳥新社)は「『新潮45』休刊と言論の自由」と題した84ページに渡る大特集を組んだ。

犯罪である痴漢とLGBTを同様に扱う差別的な寄稿で大きな批判を集めた小川榮太郎氏の独占手記に始まり、櫻井よしこ氏、藤岡信勝氏、月刊『正論』発行人の有元隆志氏、自民党の稲田朋美衆議院議員などが寄稿や対談で登場している。

同日発売の『月刊WiLL』(ワック)でも、新潮45の休刊について「『新潮45』はなぜ腰砕けしたか」(高橋洋一氏、門田隆将氏)、「LGBTに向き合っているのは安倍政権」(松浦大悟氏)、「濁った時代」(曽野綾子氏)などの4つの記事が掲載された。

『Hanada』に寄稿した藤岡氏、『WiLL』に寄稿した松浦氏は、『新潮45』休刊のきっかけになった「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」特集にも寄稿していた人物だ。

『WiLL』といえば、『新潮45』について編集部の公式アカウントで「小川榮太郎氏の論文が『新潮45』の休刊を招いたことはご承知の通りです。弊誌は、現編集体制に移行した2016年4月以降、小川氏を起用しておりません。論壇誌として『本件につきコメントを』と取材依頼がございますが、受ける立場にないことを申し上げます」とツイートしたことが話題になった。

『WiLL』は2004年の創刊。創刊編集長はワック取締役でもあった花田紀凱氏。花田氏はその後2016年に同社を退社し、飛鳥新社で新たに立ち上げた雑誌が『Hanada』だ。ワックの出版局長は言う。

「ライバルは文藝春秋」、自称「保守じゃない」20代が支える

前出の小林よしのり氏は同誌を「極右」だと呼んでいるが、前出の出版局長は反論する。

「右派論壇やヘイト雑誌と言われるのは心外です。私たちは保守論壇誌として創刊しているわけで、韓国を叩くためじゃない。売れるという理由だけでヘイト本を出したり、朝日新聞を叩きながら同紙に年間数千万円の広告費をあげている出版社もありますが、そういう“商売保守”と一緒にされたくありません。私たちは『文藝春秋』のようなガリバー雑誌に追いつけ追い越せと思ってやってきたんですから」

2008年6月号で山口県光市の母子殺害事件の被害者遺族、2009年8月号には論文問題で航空幕僚長を更迭された田母神俊雄氏のそれぞれ独占手記を掲載するなど、ヘイトではなくスクープ、ジャーナリズムによって読者を獲得してきたという認識だ。

同誌で最も部数が伸びたのは、2014年8月に朝日新聞が慰安婦報道で訂正を出した直後に発売した号だ。「史上最悪の大誤報だった!」と題した120ページの特集を組み、発売3日で完売。当時の発行部数は10万部だったが、5万部、3万部と2回重版し、計18万部を発行したという。

『WiLL』の最新号の発行部数は8万部。「Hanadaは6万部、正論は5万部と聞いています」(出版関係者)。『Hanada』と『正論』編集部に確認したところ、『Hanada』は現時点で回答がなく、『正論』は「公開していない」とのことだった。

WiLLの読者は60代以上がメインで、男性が約7割を占める。2017年度の売り上げは前年比170%、2018年も103?105%で推移しているという。

730 とはずがたり :2018/11/05(月) 09:00:34
>>728-730
WiLL編集部の3人の編集者のうち2人は20代と若い。20代編集者の一方は、自身を「右派とも保守とも思ったことがない」と話した。

「『ヘイト』と批判するのであれば、具体的にどこの箇所がそれに当たるのか指摘しなければ議論にならない。WiLLにはヘイトスピーチ対策法の対象になるような記事はありません。『政権寄り』と言われることもありますが、各政策を是々非々で論じているつもりです。僕は憲法を含む防衛問題以上に経済政策が重要だと思っていますが、アベノミクスを評価する一方、消費増税には猛反対しているんです。いずれにせよ、既存の読者層だけでなく若い人にも分かりやすい誌面づくりを心がけています」

ネトウヨにウケても財界から拒否される「正論」路線

『WiLL』『Hanada』と並ぶ保守系雑誌と称される月刊『正論』も、岐路に立っている。

『ZAITEN』2018年10月号は、『正論』を発行する産経新聞の幹部が“正論路線”を転換しようとしていると指摘。「嫌韓・嫌中が酷すぎて、ジャンクメディア扱いになっている」(東京編集局長)、「上からは『(新聞の)1?3面の総合面には政治部の原稿よりも、正論路線の色がついていない経済部の原稿の方が載せやすい』と言われている」(経済部デスク)という社員たちの声を報じた。

従来の「正論路線」を支えてきたのは、全国にある「正論懇話会」「正論友の会」だ。ホームページには「産経新聞の正論路線に共鳴、賛同する人の集まり」とあるが、実際に会の運営を任されている産経新聞のある支局長によると、「地元の財界人とのネットワーキングが大きな目的」だという。

「地域によって方法はさまざまなのですが、例えば規模の大きい懇話会では、年会費を約10万円いただく代わりに、正論の年間購読や年数回開く保守系言論人の講演会に無料でご招待しています。皆さん会社の経費で会員になっていらっしゃいますね」(産経新聞支局長)

講演会の協賛企業を探すのも支局長の仕事だが、最近は苦労も多い。

「『色がついて見られるのが嫌』だと断られることも多いです。『協賛金は払うけど協賛企業名を公表するのはやめてほしい』と言われることも。リベラル系の地元新聞への配慮もあるんでしょうね。私も右翼じゃないので、講演会にはエコノミストなどできるだけ政治色の薄い人を呼びたいというのが本音です」

ヘイト本と距離を置き始めたかに見える大手出版社や新聞社もあれば、保守路線をさらに強めようという中小出版社もある。保守論壇は今後どのようになっていくのか。保守の動向に詳しい文筆家の古谷経衡さんは言う。

「保守系雑誌もいろいろありますが、最後まで残るのはおそらく単独で採算がとれている『Hanada』と『WiLL』でしょうね。PHP研究所の『Voice』は前半がネトウヨ路線、後半が既存の文芸路線という、『新潮45』とよく似た二重構造の雑誌で、どちらにも振り切れない苦しさがある。経営的な判断で廃刊になって、以降は単行本でヘイトをやるというのは考えられますね」

イデオロギーがないから、葛藤を抱えているから、商売のためだから??どんな理由であれ、安全な場所から出版という手段を使ってマイノリティを攻撃する結果になっているのだとしたら、それは許されることではない。

「ヘイト本が堂々と本屋に並ぶ、今の日本の言論空間は異常ですよ。出版社も何が売れるか分からないから、ヒットしたら二匹目のドジョウを狙うし、多産する。多産するから事実誤認が起きる。『呆韓論』のヒットの後、同じような本が何冊出版されたか……。対抗手段として、安倍首相の政治団体が小川榮太郎の本を大量買いしたように、ヘイトに対抗したりまっとうな政権批判をしてる本や雑誌を買い占めてランキングを上げるしかないですよ」(古谷さん)

731 とはずがたり :2018/11/05(月) 22:55:27
記事

NEWSポストセブン
2018年11月03日 16:00
弁護士懲戒請求、ウヨマゲドン… ネット右翼の思考回路とは
https://blogos.com/article/336283/

732 とはずがたり :2018/11/09(金) 22:49:10
非論理的に安倍支持を繰り返す人々は病的だぜ

2018.11.06
ジャーナリズム
安倍首相の政治、特に外交はほぼ完璧…病的に安倍批判を繰り返す人々は非論理的
文=八幡和郎/評論家、歴史作家
https://biz-journal.jp/2018/11/post_25413.html

733 とはずがたり :2018/11/22(木) 13:11:37
ジャーナリスト・櫻井よしこ氏が会見(全文1)私は日本会議とは何の関係もない
11/16(金) 14:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00010004-wordleaf-soci
THE PAGE

ジャーナリスト・櫻井よしこ氏が会見(全文1)私は日本会議とは何の関係もない
ジャーナリストの櫻井よしこ氏

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は16日、東京都千代田区の外国特派員協会で記者会見を行った。

【動画】慰安婦記事訴訟 ジャーナリストの櫻井よしこ氏が会見(2018年11月16日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「慰安婦記事訴訟 ジャーナリストの櫻井よしこ氏が会見(2018年11月16日)」に対応しております。

櫻井よしこ氏の冒頭あいさつ
櫻井:皆さん、今日はありがとうございました。たくさんの方においでいただいて、きのうは植村さんのお話を聞き、今日は私の話ということになりましたので、両方のお話をよく聞いてくださればと思います。今日の司会の方のご紹介をありがたく思いますけれども、まず私をリーディングリビジョニストというふうにご紹介なさいました。このこと自体が私はある種の価値判断をもって、一方的な見方をしているのではないかと思います。そして日本会議のことを言いましたけれども、私は日本会議とはなんの関係もありません。そのことだけは間違った前提でお話をしてほしくないと思いまして、今日これからのお話の前の大前提が間違っているということをまず指摘したいと思います。



734 とはずがたり :2018/12/29(土) 13:10:52

2018.12.28 2018.12.29
つくる会、元会長や会員たちの盗用癖を告白
https://rondan.net/10100

田中英道
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93

1960年、都立日比谷高校卒業。
1964年、東京大学文学部仏文科卒業。
1966年、同美術史学科卒業、ストラスブール大学に留学。
1969年、「ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品」で博士号取得。
1970年、国立西洋美術館研究員。
1973年、東北大学文学部講師。
1976年、東北大学文学部助教授。
1992年、東北大学文学部教授。
1996年、「ミケランジェロ・システィナ礼拝堂天上画の研究」で東北大博士(文学)。この間、ローマ大学とボローニャ大学にて客員教授、ベルリン大学招聘教授を務める。
2006年、東北大を定年退官し名誉教授となり、国際教養大学特任教授に就任。酒田市より阿部次郎文化賞を受賞。

歴史教科書について
2001年9月より、新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)の会長を務めた。2005年『新しい日本史観の確立』で、日本近代史にのみ熱意を燃やす「つくる会」の運動に疑問を呈し、もっと幅広い歴史観の見直しの必要性を主張している[2]。つくる会の分裂後は、2006年に設立された「日本教育再生機構」で顧問を務めている[3]。

日本国史学会発起人の1人[4]。

日本国史学会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E4%BC%9A

日本学術会議協力学術研究団体の指定する協力学術研究団体ではなく、日本歴史学協会に加盟しておらず[4]、日本学術会議などによる「学会名鑑」にも登録していない[5]。

戦後日本の歴史学はマルクス主義唯物史観のもとで形成され、その残滓は日本の歴史学関連学会の基本となっているとして、それら唯物論的な経済史観、階級闘争史観とは異なる日本の国史を形成・議論する場所として創設したと述べている[3]。日本国史学会主催のシンポジウムや講演会は麗澤大学や慶応大学、同志社大学、神社などで開催されている[6]。

2016年までは、東京都港区芝5丁目にあるビルの4階に事務所を置いていた(竹田恒泰が経営する「株式会社竹田恒泰事務所[7]」や竹田が主催する「竹田研究会[8]」と同一の住所)[9]。2017年現在は、東京都江戸川区南小岩6丁目の出版社内に事務所を構える[2]。

735 とはずがたり :2019/01/05(土) 18:04:47
思想家じゃないと思うけど,そんなことは兎も角この胡散臭い小僧はなんと落合信彦の小僧だった。。吃驚。

ツイッターで誰かが今で云う上杉隆とか云っててわろたよw

小学生の家庭学習
落合陽一はどうして天才に?!父である落合信彦と母の子育て・子供時代を調べてみました
https://tablet-zemi.com/600/
更新日:2018年7月30日

736 とはずがたり :2019/01/16(水) 12:19:34

戦後の保守論壇はもう一寸まともだったと思うけど左派の知性に知性で対抗しようとしてきたけど1/3以上で拒否権持つ左派に数では優るものの終ぞ勝てなかったのでもう適当にやることにしたと思われる。こっちの戦略の方が有効だったみたいだし。

2018.12.13 2018.12.14
「保守速報」の敗訴確定から見る、保守系まとめサイトと、保守論壇界のゆくえ
https://rondan.net/7551

737 とはずがたり :2019/02/07(木) 20:45:51
日本会議が首相に「遺憾の意」 新元号の事前公表へ不満
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000009-kyodonews-pol
2/3(日) 2:00配信 共同通信
日本会議が首相に「遺憾の意」 新元号の事前公表へ不満
1月4日、年頭記者会見をする安倍首相=三重県伊勢市
 安倍晋三首相を支持する保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。憲法改正など基本理念を共有する有力支持団体が不満を表明するのは「異例中の異例」(関係者)で、波紋を広げそうだ。

 日本会議と連携する自民党保守派は皇室の伝統を尊重する観点から、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位された後に改元政令を公布するよう訴えたが、首相が受け入れなかった経緯がある。

738 とはずがたり :2019/02/12(火) 10:08:31

酒気帯び運転の疑いで会社役員逮捕 日本会議福岡の幹部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000028-asahi-soci
2/11(月) 15:55配信
朝日新聞デジタル

 福岡県警中央署は11日、福岡市南区高宮4丁目の会社役員、小菅亥三郎容疑者(71)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)の疑いで逮捕し発表した。

 発表によると同日午前0時40分ごろ、酒気を帯びた状態で同市南区高宮2丁目付近の車道で乗用車を運転した疑いがある。パトカーに約1キロ追跡される間に信号無視や一時不停止も繰り返したという。呼気1リットルあたり0・37ミリグラムのアルコールが検出され、「(約3時間前まで)知人と飲食店で清酒を飲んだ」などと話しているという。

 小菅容疑者は不動産資格の専門校運営会社(福岡市中央区)の代表取締役。改憲をめざす団体「日本会議福岡」の副理事長も務め、同団体によると11日に市内で開く建国記念の日の関連イベントに出席予定だったという。

朝日新聞社

739 とはずがたり :2019/02/12(火) 15:23:27

杉田水脈議員を京都地裁に提訴 阪大教授らが名誉毀損で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000031-mai-soci
2/12(火) 14:51配信 毎日新聞

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員にツイッターやインターネットテレビなどで誹謗(ひぼう)中傷され名誉を傷つけられたとして、牟田和恵・大阪大教授ら研究者4人が12日、杉田氏に計約1100万円の損害賠償とツイッターへの謝罪文掲載などを求めて京都地裁に提訴した。

 原告は他に岡野八代・同志社大教授、伊田久美子・大阪府立大教授、古久保さくら・大阪市立大准教授。2014〜17年度に日本学術振興会の科学研究費助成を受けた「ジェンダー平等社会の実現に資する研究と運動の架橋とネットワーキング」の研究を担当していた。

 訴状によると、杉田氏は昨年3〜7月、自身のツイッターや出演番組などで、原告らが16年に開いたシンポジウムを巡り「活動家支援に科研費を流用している」と発言したり、科研費を使わず原告らが昨年5月に制作公開した動画「慰安婦問題は#MeTooだ!」などを「助成期間終了後に科研費を使って制作した」「国益を損なう」と述べ、名誉を傷つけたとしている。【澤木政輝】

740 とはずがたり :2019/02/27(水) 08:19:29
反緊縮とか胡散臭さ満載だったけど一寸,山本太郎を評価した。

山本太郎「日本母親連盟研究」
https://www.youtube.com/watch?v=svGIKH_5uLM&feature=youtu.be

741 とはずがたり :2019/03/03(日) 16:25:47

83歳“孤高の思想家”西尾幹二の遺言「時代の嵐に閉じ込められても、しなければならないこと」
“最後の思想家”西尾幹二83歳インタビュー #3
http://bunshun.jp/articles/-/10475
辻田 真佐憲

742 とはずがたり :2019/03/11(月) 11:02:40
クソウヨネタばかりで不愉快なこのスレを浄化しよう。哲学スレとしても活用

清水書院・人と思想(36)ヤスパース(宇都宮芳明著・東大出身・北大文学部教授)(1969←ふるっ!)を読む

ヤスパース(1883生まれ/17Cのデカルト,18Cのカントと違って今世紀[20C]の偉大な哲学者/1883はマルクスが亡くなりムッソリーニが生まれた年)

存在論(哲学の主流)→認識論→形而上学への反転

この反転の流れの中の実存主義(本人は実存主義では無いと自己規定。サルトル等との相違)

キルケゴールとニーチェの影響を受ける。前者はキリスト的で後者は反キリスト的であるが同一性があることを見抜いた


法学部─(医学部転部)→精神科医『精神病理学総論』(1913)→心理学『世界観の心理学』(1919)→哲学『哲学』(1931)

哲学者である事を拒否したM・ウェーバーに哲学者としての姿を見る。

形而上学は好きだが超越者≒神を想定するヤスパースには共感出来ないな,俺は。

ハイデッガーが『存在と時間』で存在の意味の解明を目指したのに対して我々の「存在意識の変革」を目指す。

まあ最期迄読んでみようとは思う。

743 とはずがたり :2019/03/13(水) 10:36:53
大陸合理論とデカルト
http://byzantine21.com/Descartes.html
デカルトの思想

 今回のテーマはルネ・デカルト(1596-1650),大陸合理論の祖といわれる人物です.
時代としては17世紀前半に活躍した人ですから,イギリスのF・ベーコンより一世代後ということになります(日本なら江戸時代の前半,3代将軍徳川家光の時代).

 知識はすべて経験から得られ,本来人間の精神は白紙状態であったと考えるイギリス経験論に対して,大陸の合理論では人間の理性は元々天性に備わっているものと考えます.そして,経験の積み重ねで真理に近づこうとする経験論に対して,絶対的真理から全ての法則を導こうとする立場を取ります.これが帰納法に対して演繹法と呼ばれるものです.

 デカルトは,この最初の絶対的な真理を見つけるために,いったん全てのものを疑ってかかります.… 次から次へと疑っていくと,正しいと思えるものはどんどん無くなって行きます.しかし,今この瞬間何かを考えている自分という存在自体は疑いようのない真実です.これが有名な「我思う,故に我有り(cogito ergo sum コギト・エルゴ・スム)」というフレーズです.そしてデカルトはここから,真理の体系を作り上げようとしたのです.

 ただし彼はこういった全てを疑う姿勢を実生活には持ち込んではいけないとも言っています.なぜなら,そんなことをしていたら世の中で暮らしていけないことは自明の理だからです.デカルトにはそんな現実的な部分もあったわけです.…

744 とはずがたり :2019/03/13(水) 19:06:12
カントの問題意識:ヒュームとの対決
https://philosophy.hix05.com/Kant/kant101.hughm.html

カントがヒュームによって独断のまどろみから目覚めたと告白していることは、哲学史上有名なことである。ドイツ哲学をあまり評価していないラッセルもそのことを、カントにとってよかったと評価している。もっともラッセルは、その目覚めは一時的なもので、カントは催眠術を発明して再び眠りにつくことができたと皮肉っている。

この告白について、カントは「プロレゴメナ」の序文の中で次のように言っている。「私は率直に告白するが、上に述べたデーヴィッド・ヒュームの警告こそ十数年前に初めて私を独断論の微睡から目覚めさせ、思弁哲学の領域における私の研究に、それまでとは全く異なる方向を与えてくれたものでる」(篠田英雄訳)

ところがこれに続く部分でカントは、「とはいえ彼の結論に関しては、私は彼にとうてい聴従することができなかった」(篠田訳)と書いている。この部分がラッセルにとっては、再度カントを眠りにつかしめた動機なのだということになろう。同時にそれは、その後のドイツ哲学にとっての出発点を提供することになった、と評価することもまた可能である。

ここでカントが言及しているヒュームの主張とは次のようなものである。人間の認識はすべて経験に根差すのであり、したがって主観的なものに過ぎない。その主観的なものが客観的であるかのように映るのは仮象に過ぎないのであり、その仮象を実在と取り違えるのは独断のまどろみなのだと。

それ故、原因と結果の関係についても、多くの人はそれがアプリオリな客観的法則のように思っているがそうではない。アプリオリどころかあくまでも経験の産物なのであり、単なる連想、すなわち観念の主観的な結合にすぎないのだ。原因と結果の関係と思われているものはすべて、時間的な前と後の関係に過ぎない。それが頻繁に生起するために、あたかも原因Aによって結果Bが引き起こされたかのように思い込まれているだけである。

ヒュームのこうした考え方に対して、カントはその土台となる経験論的な見方には賛同する。人間の経験の主観性を認めることで、主観的な産物をあたかも客観的な実在のように思いなす独断論から目覚めたわけである。しかしその土台から導かれる結論については、カントは強く反対した。

人間の認識は、ヒュームのいうように主観的な経験を超越できるものではないが、だからといって必然性や普遍性を持たないということにはならない。因果関係の中には、たんなる主観的な連想を超えた客観的で普遍的かつ必然的なものがあるはずだ。その普遍性・必然性は、たとえば数学の普遍性・必然性とよく似ている。人間の認識にはそういったものが備わっているのだ。でなければヒュームのいうように、泥沼の不可知論に陥るだけだ。カントはこう考え、人間の認識における必然性や普遍性の根拠を為すものは何か、ということの究明に全力を挙げた。「純粋理性批判」はそうした究明の過程を明らかにしたものである。

こうしたわけで「純粋理性批判」は、人間の認識の主観的・経験的な制約を前提にしつつ、そこに必然的・普遍的な認識が生じてくる過程とその条件とについて考察したものである。



745 とはずがたり :2019/05/19(日) 08:27:11
チコちゃんでやってたけど高齢になると衝動的になって思いついた親父ギャグ我慢出来なくなるそうで,高齢者の嫌韓発露は若い頃すり込まれたけどポリコレで抑え込まれてた韓国蔑視が歳取って抑えられなくなっただけだと思う。

なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
5/18(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000003-mai-soci

◇世代差の激しい韓国への親近感

 日本政府が毎年行っている「外交に関する世論調査」というものがあります。米国や中国、韓国について「親しみを感じるか」などと聞く調査です。昨年末に発表された調査結果では、韓国に親しみを感じるという回答は39.4%でした。2012年の李明博大統領(当時)による島根県・竹島上陸を契機とした日韓関係悪化を受けて14年に31.5%まで落ち込んだものが、少しずつ回復しているという状況です。ただ6割を超えていた09〜11年とは比べるべくもありません。

 調査結果の詳細なデータを見ていると気がつくことがあります。「韓国に親しみを感じる」という回答が18〜29歳では57.4%なのに、70歳以上では28.1%なのです。まさにダブルスコア。他の年代も見ると、30代51%、40代42.3%、50代42.7%、60代31.3%でした。どこで線を引くべきかは難しいところですが、高年齢層の方が韓国に対して厳しいというのは一目瞭然でしょう。

 「嫌韓は高齢者に多い」というのは専門家たちが話題にしていたことなのですが、それを裏付けるような数字です。ヘイトスピーチ対策に取り組んでいる神原元・弁護士は「ヘイトスピーチは若者が憂さばらしでやっているというのは勘違いだ。むしろ、ある程度の社会的地位を持つ50代以上というケースが多い」と指摘しています。直接的なヘイトスピーチというほどではないものの、冒頭に紹介した男性のケースも同じでしょう。

 ◇「昔の韓国」イメージが嫌韓を生んでいる?

 では、どうしてなのか。これは、なかなか難しいところです。まだまだ検証が必要なのですが、1980年代末から韓国にかかわってきた私の感覚では、「昔の韓国」のイメージが作用しているのではないかと感じています。80年代までの日本で韓国に持たれていたイメージは「軍事政権」というネガティブなものでした。

 それに対して90年代後半以降に成人した世代には、K-POPに代表されるような発展した国という明るいイメージしかありません。90年代末に慶応大の小此木政夫教授から「最近の学生はソウル五輪以降のイメージしか持っていない。我々の時代とは全く感覚が違う」と聞いたことがあるのですが、まさにそうした違いでしょう。

 そして「昔の韓国」は、経済的にも、政治的にも、日本とは比べものにならない小さく、弱い存在でした。それなのに、バブル崩壊後に日本がもたついている間に追いついてきて生意気なことを言うようになった。そうした意識が嫌韓につながっているのではないか。そう考えるのが自然なように思えます。67年生まれの私と同世代だという神原弁護士も、同じような感覚を持っているそうです。

 ◇定年後の疎外感を解消した「正義感」

 さらに、定年退職した後に感じる社会からの疎外感というものも無視できないのかもしれません。そのことをうかがわせたのが、神原弁護士と一緒に今年4月に記者会見した男性の証言でした。朝鮮学校への補助金支出を批判するブログにあおられて神原弁護士らに対する懲戒請求を弁護士会に出したものの、後に反省して謝罪したという男性です。

 この男性は定年退職後に、ネットサーフィンをする中で嫌韓的なブログを読むようになったといいます。男性はブログを書いている人物を「保守右翼の大物」だと感じるようになり、「信者」としてブログの指示通りに懲戒請求などを送り続けました。「自分なりの正義感と、日本のためによいことをしているという一種の高揚感もあった」そうです。当時の心境については、「それまで多かった友人や、仕事の仲間、取引先というものが、65歳をすぎて一切なくなってしまった。社会に参加していない、疎外されているようなところがあった。しかし、(ブログに従う行動を取ることで)自分は社会とつながっているんだという自己承認を新たにしたというような意識が働いて、一線を越えてしまったのではないか」と振り返りました。

746 とはずがたり :2019/05/28(火) 13:25:59
https://twitter.com/konaske/status/1133133262677692416
電脳アルパカ
? @konaske

加藤清隆や門田隆将のような「誰?」って感じの新型ネトウヨの王子様。

うだつの上がらない毎日からツイッターにデビュー??デマ・ネトウヨ発言でお手軽にバズる

新手のアイドル商法見てる気分。
15:09 - 2019年5月27日

747 とはずがたり :2019/06/06(木) 13:06:56
不道徳な安倍政権が支持得て存続してるからな・・,

2016.1.26
これは何かの冗談ですか? 小学校「道徳教育」の驚きの実態
法よりも道徳が大事なの!?
木村 草太 憲法学者 首都大学東京法学系教授
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/47434


なぜ、学校が舞台になると、「骨折ぐらいは仕方ない。お互いに許して団結しよう」という話になってしまうのだろうか。この教材を見た時、私は、「法とは何なのか」をあらためて真剣に考えなくてはならないと思った。

748 とはずがたり :2019/06/07(金) 20:23:54

生きていた民社党、保守運動をオルグする
日本会議と共闘する労働戦線は、どう作られてきたか <1>
藤生 明 朝日新聞編集委員
https://webronza.asahi.com/national/articles/2019042700002.html
2019年05月05日

749 とはずがたり :2019/08/14(水) 18:26:40

2019年08月08日 11時41分 JST | 更新 2019年08月08日 11時53分 JST
勢いを増す2つの「アンチ・リベラル」思想の正体とは? 専門家に聞いた
リベラルやフェミニズムは“お花畑”なの? 文芸評論家の藤田直哉さんと話し合いました。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/intellectual-dark-web-fujita_jp_5d4105b6e4b0db8affb01dbb
ハフポスト日本版編集部

「リベラルやフェミニズムなんて、エビデンスのない“お花畑”だ」

データやエビデンスなどの「ファクト」を振りかざして、人権や民主主義を攻撃する思想が勢力を増している。

その名も「インテレクチュアル・ダーク・ウェブ」。

ファクトを論拠にマウンティングする行為は、日常的にTwitter上などでも繰り広げられているが、欧米ではこれが、ネット上の“小競り合い”にとどまらない大きな勢力となりつつある。

このような一派をはじめとする「アンチ・リベラル」勢力の存在感の高まりを指摘するのは、文芸評論家の藤田直哉さんだ。…

人権も民主主義もない“暗黒時代”に戻ろう、と呼びかける「暗黒思想」

藤田さんは、「アンチ民主主義」的な考え方が勢いを増す中で、特に影響力を増しているものとして「暗黒啓蒙」と「インテレクチュアル・ダーク・ウェブ」を挙げた。…

《「暗黒啓蒙」とは、民主主義に対抗する「新反動主義」の代表的論客であるニック・ランド氏がまとめた思想です。一言で言うと、一部の優れた人間たちが民衆を支配し、民衆は奴隷のように生きるという、人権も民主主義もない暗黒主義の時代に戻ろうという思想です。

彼らは基本的に、科学技術と資本主義を発展させることこそが、世界にとって良いことだと考えています。科学技術を加速させて、人類が人間を超えた超人となり、想像できないような世界が待っていることを期待している。例えば、クローン人間を作るとか、遺伝子操作をする、脳を改造するなど、一見、突飛でSFっぽい雰囲気が漂いますが、そういうことを本気でやりたがっています。》

しかし、人権や民主主義を主張する人たちは、そうした考えを手放しには認めず、法律などで規制をかけようとする。「だからリベラルを攻撃するんです」と藤田さん。

暗黒啓蒙の信奉者にとって、リベラルは進歩の足枷。その思想を「大聖堂(カテドラル)」と呼び、ある種、古臭い考え方として敵対する。

《例えば民主主義社会では、公平・平等の理念に基づいて「富の再分配」が行われます。お金持ちが稼いだお金は一定のルールに基づき分配される。でも、そんなことをしていたら人類の進歩は遅れてしまう、というのが彼らの主張なのです。一部の賢い人たちが世界を支配して、民衆はそれに従っていた方が世界は良くなる。弱者の面倒を見るよりも、自分たちが理想とする社会を作る方に資源を投入したいと考えています。》

国民国家は、もういらない?

こうした、「暗黒啓蒙」の支持者は、「グローバルIT企業のトップやシリコンバレーの起業家たちに多い」のだという。背景には、テクノロジーの進歩によって、国民国家を維持する必然性が薄れていることがあるという。

《科学技術が進歩することで国や人類全体が豊かになり、それを再分配することでみんなが平等に幸せになると信じられていた時代もありました。戦後の「科学技術立国」として復興し発展していた頃の日本がそうです。それに対して、グローバルに活躍する(シリコンバレーの)エリートたちにとって、ナショナリズムはむしろ不要な拘束だと感じられています。

もうひとつの変化もあります。これまでは、科学技術の進歩は、人類の道徳的進歩とセットで考えられていました。「民主主義」や「人権」は、理性を持った人間が「進歩」によって獲得してきたものだとされています。「暗黒啓蒙」の特徴は、そのような科学技術の進歩と、道徳的な進歩の結びつきを切り離すところにあります》

あらゆるものがインターネットと繋がり、生きる上でインターネットがなくてはならないツールとなった現代。“シリコンバレーの圧勝”とも言われる状況の中で、「ネット強者」たちが、利己的な思想に走る。

Pay Palの創始者で、Facebookの有力投資家であり取締役でもあるIT長者のピーター・ティール氏もこの思想の有力な信奉者で、「源流のひとり」とも言われている。見過ごせないほどの影響力を持った思想であることがわかる。

750 とはずがたり :2019/08/14(水) 18:27:24
>>749
彼らが究極的に求めている世界観は、既存の秩序からの「解放」だ。

《科学技術が発展した先には、AIが人間の知能を超える技術的特異点、シンギュラリティを迎えるという考えがあります。彼らが期待している世界というのは、そのさらに先の世界。

その次元にたどり着いた時に初めて人類は、既存の価値観、資本主義やテクノロジーといったものからも「解放」されると、信じているんですね。逆に言えば、それを信じなければいけないほど、閉塞感があるようなんです。…

科学的なエビデンスをベースにしたダークな思想、インテレクチュアル・ダーク・ウェブ。

テクノロジーへの信奉からアンチ・リベラルに走る「暗黒啓蒙」の他に、勢いをますのが冒頭でも紹介した「インレクチュアル・ダーク・ウェブ」だ。

藤田さんは「『啓蒙思想』を感情的な運動と呼ぶとすると、科学的な装いの運動が『インテレクチュアル・ダーク・ウェブ』」と語る。

この場合の「ウェブ」とは、インターネットという意味ではなくて、ダーク思想な知識人たちの繋がりというようなニュアンスだという。

《彼らは、フェミニズムやリベラリズムに対して、「世界はあなたたちが考えているような“お花畑”な世界ではなくて、本当はもっと暗くて残酷なんだぞ」ということを、科学的なエビデンスに基づいて主張して攻撃する人たちです。リベラルという虚構に洗脳されてしまった人たちを目覚めさせてあげようという感じです。

例えば最近では、人間には自由意志があるのか? という議題があります。リベラルにとって自由意志というのはとても重要で、自由意志に基づいて個人は生きていくのだと考えています。近代以降の社会の前提ですよね。それを彼らは時に、脳神経科学や進化論、行動経済学などを引き合いに出して、“科学的に”否定しようとしてきます。科学技術の発展に伴って生じた新しい「人間観」によって、これまでの価値観が揺さぶられている状況だとも言えます》

一見、それが全てかのように思えてしまう科学的データやエビデンス。

しかし藤田さんは、「物事の全てを科学的アプローチだけで考えるのは、危険だと思う」と警鐘を鳴らす。

《そもそも自由も人権も科学的に実在するのではなく、近代以降の人間が『ある』と取り決めてきたもの。その「取り決め」を積み重ねてきた結果として、現在の社会がある。だから、単純に科学やエビデンスだけで物事を捉えてしまうと、色々なものを失ってしまうと思います。

例えば、僕たちは誰かが亡くなった時に「死後の世界で見守ってくれる」などと考えますよね。これってファクトでもエビデンスでも何でもない。でも、この、「ファクトでもエビデンスでもないもの」を全て否定してしまうと、人間はたぶん耐えられないと思います。人間社会の文化はそういうもので成り立っている部分もある、と個人的には感じています。愛だってそうでしょう。人類の存続に必要なものは、ファクトやエビデンスだけではないのです》

自由や人権を「人間の進化を邪魔する存在」として攻撃するダークな思想の高まり。

一方で、効率やスピードを重視するのではなく、のんびりと人生を楽しむ「スローライフ」を良しとする、ムーブメントもある。

究極的には、世界がどんな方向に向かうのか、どの思想が正しく確からしいのかは予言ができない。

しかし予測不可能だからこそ、藤田さんの「自由や人権、公平などは、人間が取り決めてきたもの」という指摘にはハッとさせられる。

政治哲学者のジョン・ロールズは『正義論』の中で「無知のヴェール」という概念を使って、正義にかなった社会とは何か? を定義した。

それは、自分がこの社会で何者なのかーー裕福か貧乏か、白人か黒人か、男か女かーーを一切知らない「無知のヴェール」をかぶった状況で、社会のルールに合意しなければならないとしたら、やはり選び取るのは、基本的人権と自由が約束された社会ではないか、という論法だ。

Twitterでは日々「分断」が可視化され、選挙の投票率も低迷したまま。アメリカではトランプ大統領が再選を目指しはじめるような2019年。

私たちは今一度、「無知のヴェール」について、思いをはせてもいいのではないだろうか。

【文:湯浅裕子 @hirokoyuasa/ 編集:南 麻理江 @scmariesc】

751 とはずがたり :2019/08/18(日) 17:37:56

誰の秘書だ?>長男で国会議員秘書の寿行(ひさゆき)さん(56)

伝え続けた非戦の願い 軍装で靖国参拝の名物館長 3月に他界した栗林さん
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-03206305-soon-l09
8/11(日) 12:00配信 下野新聞SOON

 那須町の戦争博物館館長で3月に他界した栗林秀行(くりばやしひでゆき)さん=享年(91)=は毎年8月15日、東京・九段北の靖国神社を軍装で参拝し、参拝者に平和の尊さを伝え続けてきた。破天荒な言動で誤解も受けたが、義理堅く、周囲に慕われたという「名物館長」。関係者はその死を悼み、遺志を継ごうと動いている。

 長野県出身の栗林さんは14歳で満蒙(まんもう)開拓青少年義勇軍として旧満州に渡り、終戦後はシベリアに抑留された。帰国後は神戸市での飲食店経営などを経て那須に移住。私財を投じ「国内唯一」の戦争博物館を築いた。

 8月15日の靖国を毎年訪れ、戦友の鎮魂を祈った。夕方まで境内にとどまり、那須での日常と同様に参拝者に「戦争」を語った。明治の陸軍大将乃木希典(のぎまれすけ)に扮(ふん)し、好物の乳酸飲料を飲む姿は、終戦記念日の靖国恒例の光景になっていた。

 「誤解されがちだが、本人は戦争を嫌い、思想的な偏りはなかった。歴史を伝えるため、注目される手段としての軍装だったのではないか」。栗林さんを追った映画を制作した安原伸(やすはらしん)さん(55)=東京都世田谷区=はそう推察する。足跡を伝えようと、映画のDVD化も予定しているという。

 昨年夏、栗林さんは病気で初めて参拝を見送った。すると博物館や関係者に、お見舞いや心配の声が多く寄せられた。長男で国会議員秘書の寿行(ひさゆき)さん(56)は「父の知名度や人脈には何度も驚かされた」と言う。

 栗林さんに毎年付き添っていたバス運転手黒沼弘(くろぬまひろし)さん(38)=千葉県南房総市=は15日、博物館と連携し、栗林さんの訃報と生前の思いを靖国の参拝者に知らせるつもりだ。「世界がきな臭い今だからこそ、館長が躍起になって伝えようとしていた戦争の悲惨さを知ってほしい」と強調する。

 同館は今、財団法人化に向け準備を進める。栗林さんが集めた兵器や兵士の遺言書などの展示品1万5千点以上を散逸させず、安定的に運営を続けるためだ。

 東日本大震災で施設の一部が壊れ、経営も苦しかった時期を抑留当時の仲間の寄付で乗り越えると、栗林さんは「恩返し」として中学生以下の入館無料化に踏み切った。若者に非戦を継承する決意の表れでもあった。同館で十数年にわたり働く高根沢(たかねざわ)ふでさん(66)は「子どものまま年だけ重ねたような人だが、義理堅く、相互扶助の精神もあった」と生前をしのんだ。

 関係者が協力し、10月20日には東京・渋谷で栗林さんのお別れ会が開かれる。

752 旧ホントは社民支持@鹿児島2区 :2019/08/18(日) 21:42:01
>>751
多分,和田政宗氏の秘書ではないですかねぇ。
https://twitter.com/sabaki1

753 とはずがたり :2019/08/18(日) 22:04:23
おお,有り難うございます!

ウヨ議員の秘書か。。
まあ栗林父氏が幾ら反戦が趣旨とは云え終戦記念日に軍服着て靖国でパフォーマンスしてたとするとその辺がいいとこですかねえ。。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板