したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

妄想ティッシュ

1 Takuya! :2002/07/11(木) 14:44
様々な妄想を吐き出したティッシュ達を集めてみました。

2 Takuya! :2002/07/12(金) 11:11
 僕らのこの小さな車のキャビンは青空につながっていて

とてつもなく広く、どこまでも僕らの心を自由にしてくれる。

 その屋根は星空につながっていて、何処にいても、独りぼ

っちでも、みんな同じ屋根の下にいる。

また、いつか、きっと・・・。

                        たくや

3 Takuya! :2002/07/12(金) 11:15
        たからもの

  宝物はなんだい、

そいつを手に入れる迄、降りられないぜ

こいつが在る限り止められないぜ

終わっても 又、始めるぜ

                 たくや

4 Takuya! :2002/07/12(金) 11:19
絶対価値

  俺様の価値は俺が決める。

極めてプライヴェイトな問題なので

  俺が決める。

               たくや

5 Takuya! :2002/07/12(金) 11:30
  「いって みますかっ。」

 地面に座って海とか何かをぼーっと眺めて立ち上がりお尻
の砂とか草なんかを払いながら誰に言う訳でもなくそっと呟
く。
「いって みますかっ。」
 傍らにはロードスター。行く、やる、始める、イク、様々
な想いを込めて、でも力を抜いて
「いって みますかっ。」
醒めない微熱を残して、いつか再び訪れる熱い日々を感じな
がら・・・。

                        たくや

6 Takuya! :2002/07/23(火) 15:58
  絶対という事

 誰かが言った「絶対」なんてこの世に無いって。

 笑わせんなよ、テメエの中に無いだけの事を「この世」
なんて言うなよ。意志の光が射す所にだけ「絶対」は存在し
テメエの様な怠惰で腐肉をあさるブクブク肥えたハイエナ野
郎の所に存在しないだけの事さ。只の負け犬の台詞さ。

 俺には「絶対」が見えるぜ、そして「絶対」を信じないテ
メエらの元に「絶対」は間違っても一生「絶対」に現れやし
ないのが判るぜ。ハカナクやってな。

7 Takuya! :2002/07/23(火) 16:05
  ルール

 他人のルールは知らない。自分のルールで行こうぜ。

俺は絶対負けない。誰にも何にも絶対負けない。100%だ。

何故なら決してあきらめないから、負けやしない。

昨日駄目でも、今日勝つぜ。それが俺のルール

8 Takuya! :2002/07/23(火) 16:21
   ヒマワリ

 ある時ヒマワリを見たわけさ。もう、何もかもが嫌で世界

なんか終わらしてやりてーなんて時に。

 不法投棄のモノクロームの景色の中で弱気な俺をさ、あざ

笑う様に、たった一本だけで誰に見せるでもないのにさ、と

びきり鮮やかに黄色が盛っててさ、グレーの視界のストロボ

の残光みたいに黄色が焼き付いて、あっ、メシ食おうって、

ハラへったなって思ったんだ。

9 Takuya! :2002/08/26(月) 22:34
ジム・モリスンが言った。
「ハートに火をつけて」
俺は求める、誰か俺に火を着けておくれ。
「ハートに火をつけて」
俺は願う、俺の言葉が全ての人に火を着ける事を。
「ハートに火をつけて」
貴方にとどけ。

10 Takuya! :2002/10/16(水) 15:20
俺を笑顔にさせてくれたBaby
君の為に俺は何をしたらいい?君の為に俺は何ができるだろう?
君が望む事はなんだい?俺の望む事と同じなのかい?
俺にできることかい?俺は間違ってないかい?
時々判らなくなるんだ。君が大切だって事以外判らなくなるんだ
何が正しのいか、君を愛してるって事以外判らなくなるんだ。
Babeどんな夢を見てるんだい。何を夢見てるんだい。
見せておくれよ。話しておくれよ。
あの詩はまだ憶えているかい。
あの星はまだ見えてるのかい。
不器用だったキスをBabyいまでも忘れないよ。
二人逃げ込んだ部屋をBabyいつまでも
俺はBabeあの日からまだ…。

11 Takuya! :2002/10/29(火) 05:27
  夢の残り香

 大好きだった人の夢を見た。その人への気持ちは結局、諦
める事が出来なかったから僕は想いを箱に入れて心の奥深く
に埋めた。
 もし、いつかお互いフリーな時が来たら掘り起こすつもり
だ。そして、もう何処に埋めたかも忘れていたのに何故?
今、独りで孤独に震えてるから?
 目が覚めた時に夢の内容は覚えてなかった。確かなのは僕
は泣いていた事。悲しかったか嬉しかったか判らない。ただ、
涙が頬をつたっていた。
 思い切り鼻をかんで、まだ暗いベットを出た。日の出まで
あと小一時間。仕事に行こう。

12 Takuya! :2002/11/04(月) 00:38
       愛のある場所

 東から吹く潮風はとても強く、僕はガタガタ震えながら飛
ばされぬ様、脚を踏張っていた。彼女は確かに、あの頃の僕
を満たしてくれた。死んだ娘の美紅は素直な気持ちを大事に
しないと後悔すると教えてくれた。
 様々な愛と痛みが僕を強くする。今、僕はひどく傷付いて
いるが全て許した。苦しみを乗り越えると強くなれると言う
が、今はもう強なんかなりたくない。まだ、完全には立ち直
れてないが、沢山の大きな愛は、やわらかに僕を包もうとし
ている。
 何処まで行けば?何処へ行けばいい?風は冷たいが、陽の
当たる頬は少し暖かい。

「いって、みますかっ。」

 ゆっくりと立ち上がる。僕を必要としてくれる場所はある。
誰も彼も必要とされる場所はきっとある。必ずある。

「ずっとアナタを待ってました。アナタに必要とされるのを
生まれる前から待ってました。アナタに逢えて、とても嬉しい」

13 Takuya! :2002/12/31(火) 15:50
  12月31日

 今年がもう終わろうとしてる。来年がもう始まろうとして
る。どんな年だった?どんな年にする?あと、数時間で何が
終わるの?何が始まるの?何が起こるの?何が変わるの?
 目を開け!何も終わっちゃいない。重い腕を振り挙げ引き
ずる足を動かせ!走れなきゃ、歩きだせばいいんだ。始めた
ければ、変えたければその瞬間、今すぐ始めろ、事を起こせ。
 年単位じゃなく秒単位で思考しないと滅びを待つだけの恐
竜になるぜ。
 レプリカはドブにすてな。悔いのない数秒前の為に今すぐ
GO AHEAD!

14 Takuya! :2003/03/10(月) 03:40
「カモメに飛ぶことを教えた猫」白水社 ルイス・セプルベタ

 数年前に読んだ本なのだが最近また読み直して感動した。何
度読み返しても良い話しだ。

 猫のゾルバが誓った三つの約束。でもその約束を守るには大
いなる知恵と周りのみんなの協力が必要だった…。
「どうか、私が産む卵は食べないと、約束して下さい」
カモメは言った。
「約束する。卵は食べない」
猫のゾルバは答えた。
「そしてひなが生まれるまで、その卵のめんどうを見て下さい」
「約束する。ひなが生まれるまで、その卵のめんどうを見る」
「最後に、ひなに飛ぶことをおしえてやると、約束して下さい」
カモメはゾルバの瞳をじっと見つめて言った。

 ゾルバと仲間達の誇り高き悪戦苦闘の物語はこうして始まる。
果たしてゾルバは困難にどう立ち向かうのか?約束を果たせるの
か?感動必至!!泣け、誇り高き者達の闘いに泣け!!そして涙と共
に立ち上がる力と勇気を受け取ろう。

15 Takuya! :2003/03/24(月) 23:16
  いくよ!飛んじゃえ!!

 君達はどうしたんだい?腫れぼったい目してないで、そろそ
ろ準備しようよ。
 楽しいとか幸せって自分の心が感じるモノだから、同じ出来
事でも幸せと感じる人もいれば不幸に感じる人もいる。
 大切なのは自分の心。だから、楽しんじゃえ!もっと心を自
由に!人生はいつも冒険!ドキドキしてやれ!素敵な何かが、
君を待ってる!僕も君を待ってる!いつもどこかで何かがはじ
まってるよ!
 なんだかワクワクしてこない?君の宇宙はいつでも無限に広
がっていて、その中心は小さな君!素敵だね!すべての事には
意味があり、なにひとつ無駄なモノなどないのさ。
 過去のいろんな全てが今の自分を作り、今の全ては素晴らし
い未来につながってゆく。運命と必然の流れの物語の主人公は
君。楽しまなくてはね!Are you ready?

16 Takuya! :2003/03/29(土) 18:20
  僕の事のほんの一部

 RCOJ.No.27の会報の立田さんの投稿を読んで自分自身と子
供達の事を思いだしました。
 いつか、きちっとした形で文章にまとめておきたいと思って
ました。自分と子供達の為にも。全然まとめ切れてないのです
が良い機会かなとも思ったので一部だけですが書かせて貰いま
す。ちょっとした告白ですが何らかの形で、誰かの役に立てば
良いなと思います。
 僕はかって一度だけ女友達の中絶手術に付き添った事がある。
費用と同意書のサインは僕の物だが僕等はそう言う関係では無
かったので当然だが僕の子ではありませんでした。
 僕は友達にしか思えなかったのだが、彼女は僕の事を非常に
愛していて僕と出逢う前に宿った命に気付いた時に彼女は激し
く苦しみ自殺も考えた。僕はなんとか彼女を助けたいと思った。
 僕は中絶行為を嫌っていたが、その子を自分の子として育て
る勇気も無く出来る事と言えば費用を出す事と付いていてやる
事だけだった。その子が自分の本当の子だったらどんなに良い
かとも思ったが、結局事実は曲げられる訳もなく当時の僕はそ
れしか出来ませんでした。

17 Takuya! :2003/03/29(土) 18:25
  僕の事のほんの一部2

 彼女と一緒に泣いて彼女を幸せにしたいと思ったのと、その
事実が僕の子と言う形で彼女の両親の知る事となったのもあり
僕達は付き合い始めた。決して同情だけでは無かったと思いま
す。
 暫くはそれなりに幸せな日々が続きましたが彼女が子供の供
養をしたいと言い出した辺りから歯車が狂い始めました。
 彼女が自分の罪に酷く苦しんでいたのを知っていたので僕は
断れませんでしたが、供養する姿を見るのは自分の罪を突き付
けられる様で耐え難く、気持ちが擦れ違い始めて結局は傷つけ
合って別れました。
 その経験があった為に前妻と結婚した後も子供を作る気にな
れませんでした。彼女は子供を欲していましたが僕の気持ちを
察してくれ作らずに過ごしました。
 しかし何度となく僕の親戚連中に子供はまだかと詰めよられ
て当然僕もフォローに入るのですが誤魔化す彼女の作り笑顔が
何とも痛ましくて僕は気持ちの整理の付かぬまま子供を作ろう
と彼女に提案しました。
 子供が授かったと判った時は正直僕はまだ複雑な気持ちでし
たが、彼女は出会ってから最高の笑顔を見せたのが嬉しくて産
まれてきたら僕の気持ちも全てがきっと上手く行くと信じてそ
の日を待つ事にしました。

18 Takuya! :2003/03/29(土) 18:29
  僕の事のほんの一部3

 全く順調に子供は育っていたので、六ヶ月目の定期検診の時
に子供がお腹の中で死んでいると聞かされた時は僕等は中々信
じられませんでした。彼女は深く悲しみ、理不尽にも僕は自分
の罪の輪廻を疑い自分を責めました。
 結果、彼女は以前に増して子供を求め僕は子供を恐れました
が悲しむ彼女を放って置けず自分を曲げ嫌な気持ちのまま応じ
ました。自分の心を少しづつ蝕みながら…。
 妊娠が判っても僕は素直に喜べずにいました。彼女のお腹は
どんどん大きくなり何度か子供に話かけてと言われましたが適
当にはぐらかして断り続けました。その一方で微かな望みを育
ててました。きっと、今度は大丈夫で産まれたら何もかもが満
たされて上手く行くと…。出産間際に僕は秘かに娘に美紅(みく
)と言う名を付けました。
 そして立ち会い出産の為に産気付いた彼女の病院に入った。
季節は春だった。この分だと出産は多分朝方だろうから休む様
に言われた彼女の横で短い夢を見ました。高校生位の綺麗な少
女が出て来ました。
 夢から覚めると朝五時で、ちょうど看護婦さんが検診に来て
ました。全て順調いよいよです。元気な娘の心拍音が聞こえて
ます。

19 Takuya! :2003/03/29(土) 18:33
  僕の事のほんの一部4

 それは唐突でした。心拍が弱くなり看護婦さんが応援を呼び
ました。僕はまだ夢の中にいるようで、訳の判らない状態でス
ローモーションで彼女は運ばれ、僕は?立ち会いは?と聞くと緊
急手術になるのでここで待つ様に言われて取り残され直ぐに彼
女の凄い悲鳴が聞こえて来ました。
 手術なのに何故?やっぱり通常分娩になったのかな?神様!神様!
時間の経過が解らぬ状態で頭の中がぐるぐるしてると彼女がス
トレッチャーで戻って来ました。浮言の様に
「子供は?子供は?」
と言い続け看護婦さんは
「大丈夫、大丈夫」
と繰り返し、安心したのか寝息を立てました。
 彼女の寝顔を見つめて僕も急に眠くなってきていたら先生に
呼ばれました。
「全力を尽くしあらゆる措置を講じましたが誠に残念ながら救
えませんでした。」
「えっ、だってどうして?悲鳴が聞こえたよ。手術の必要なく
なったからでしょ?どうして?解らないよ?」
一刻を争う事態だった為、麻酔の効くのを待たずに直ぐにメス
を入れた為だった。暫くは生きていたが救いきれなかったそう
だ。先生も沈痛な表情だった。

20 Takuya! :2003/03/29(土) 18:38
  僕の事のほんの一部5

 処置室で娘と対面した。親馬鹿だろうがなんて美しい娘だろ
うと思った。まだ、温かかった。しかし、やはり息はしていな
かった。脈も確かめたがやはり無かった。
 先生から大事があってはいけないので、彼女に娘の事は自分
が伝えるまで無事だと言うように言われた。僕は夢の中に居る
ようで何も考えられなかったので、ただ従う事を約束して彼女
の眠る病室に戻った。
 目覚めた彼女は真っ先に子供の無事を聞いてきた。僕はとび
きりの笑顔で無事を伝えた。彼女はまた眠りに落ちていった。
 暫くして僕は自分の異変に気付いた。弁当を立て続けに四食
平らげてしまった。トイレに行き手を洗っていると鏡の向こう
に満面に笑みをたたえた男がいた。笑顔が張り付いて取れなく
なっていた。
 少し落ち着いた彼女に医師は真実を告げた。彼女は凄い声で
泣いた。正しく子に先立だれた母の姿だった。娘に逢いたがっ
たが義母は頑として逢わせなかった。僕は抱き締め慰めた。僕
の頬にも涙が伝ったが鏡で見るとまだ笑顔は取れてなかった。
 僕は一度着替えを取りに一人家に帰った。タンスから着替え
を選んでいたら不意に涙がこぼれた。身体が激しく震えて止ま
らなかった。僕は嗚咽していた。
 僕と母と義母の三人だけで娘の葬儀をする事になった。母が
車を出すので一台で行こうと言ったが僕は自分のロードスター
に娘を乗せて行くと言い張り一歩も譲らず、結局ロードスター
の助手席に義母が娘を抱いて乗り、その後を僕の母が自分の車
を運転して付いてくる事になった。車を降りたら僕は片時も離
さず娘を抱いていた。この子が死んでいるなんて判る人はいる
だろうか?眠ってる様にしか見えなかった。

21 Takuya! :2003/03/29(土) 18:41
  僕の事のほんの一部6

 全てが終わった時、娘は茶筒ぐらいの大きさしかなくなって
しまった。僕は半ば強引に三時間程度、娘と二人だけにする事
を納得させて母達と別れてシートベルトを使い幾らかでも助手
席に固定して郊外の湖にロードスターを走らせた。
 暫く走らせたが何もかもが恨めしかった。突然思い付いて車
を止めた。オープンにして再び走りだした。
 「美紅、お父さんはこうしてお前を横に乗せて色々な景色を
見せてやりたかったよ」
「お父さんはお前をこの車で送り迎えしたり、大きくなったお
前とデートしたりしたかったんだよ」
「美紅、父さんはお前が好きだったんだ。お前といっぱい話し
たかったんだ。でも、もう話せないね。話せば良かったね。お
前が聞ける内に話しておけば良かった。父さんこんな事になる
なんて思わなかったから、いっぱい話しておけば良かった。本
当はお前の事、好きだったのに。ごめんよ。許しておくれよ。
美紅、お前と話したいよ」
 景色が滲んだ。涙はとめどもなく流れ嗚咽で激しく咳込む様
に身体が大きく震えるのを全然止められなかった。札幌ではも
う雪は溶けたが桜には早い季節だった。晴れた春の午後の夕方
手前の明るい日差しの中一瞬だけ大粒のボタン雪が降った。風
で雪は舞い上がり乱れ飛び桜吹雪の様に見えた。ひととき、夢
で見た美少女が隣にいる様な気がした。僕は美紅を引き寄せ強
く抱き締めた。

22 Takuya! :2003/03/29(土) 18:45
  僕の事のほんの一部7

 その後、妻は狂った様に子供を求めた。僕はそれが恐怖だっ
たが自分を殺して応えた。二人とも壊れていた。これが元で僕
等の心はハッキリと擦れ違い始めた。
 男の子が産まれた。彼女の希望で同じ病院だった。小さな個
人医院なので先生も何もかも総てが前回と全く同じだった。き
っと、それは辛い過去に対する彼女のリベンジ。
 産まれて直ぐ彼女が麻酔で寝ている間に母が異変に気付いた。
チアノーゼを起こしている。先生は直ぐに見て搬送の手配をし
た。子供は銭箱の新生児救命センターに運ばれて行った。あの
日と同じ顔で彼は言った。
「大事があってはいけないので、彼女にお子さんの事は自分が
伝えるまで無事だと言って下さい。」
 もう、たくさんだ。また再び、僕の顔に笑顔が張り付いた。
まるで悪夢のリプレイだった。
 先生が彼女に真実を伝えて暫くたっても予断は許されず息子
の命は瞬いていた。彼は無菌室の保育器の中で小さな身体に幾
つも管を挿されていた。
 もし、名前を決め手いたら教えて欲しいと言われたが今回は
まだ決まってなかった。考えはしたのだが前回程も前向きにな
れず決めあぐねていた。
 彼女には安心は出来ないが少しづづ快方に向かっていると伝
えた。嘘だった。まだ、判らない。万が一を考え覚悟していて
下さいと言われていた。
 一人になると辛い気持ちを抑えられず落ち込んだが、無理を
しなくて良いので少し楽だった。ぼんやりと名前を考えたりし
た。「康平」(こうへい)健康の康に平和の平。産まれる前は野
暮ったく感じた名前に光を感じた。
 現在、僕は離婚したが彼女とも仲良くしてるし康平とも彼が
産まれる前に飼った愛犬POPとも頻繁に逢っている。色々あっ
たが今は彼が無事に産まれてすっかり元気に育ってくれて良か
ったと本当に思っている。まるで神様を信じるどころか否定す
る様になったので、神ではなく命に感謝している。命は素晴ら
しい。命はとても大切で素敵なものだ。今になってやっとその
本当の意味が判った気がする。
 命を大切にしてください。その命を誇って下さい。失う悲し
みを忘れないで下さい。きっと誰かがあなたを愛するでしょう。
あなたも誰かを愛するでしょう。どんなに辛くても孤独でも一
人じゃない。大丈夫、命があればいつか幸せはやってきます。
誰かを幸せにできます。命の為に精いっぱい命を楽しんで下さ
い。

23 Takuya! :2003/04/28(月) 23:59
  解らなくなったら?

どうしたの?
過去に囚われそうなのかな?だったら思い出してみて、
君が今、立ってる大地は今現在のこの瞬間に存在して、
現在の君は現在にしか存在しない。
過去に存在するのは過去の君。未来に存在するのは未来の君。
決して過去には行けないけど、
君は瞬間毎に新しくなり自分で自由に紡ぎだす未来には行ける。
立ち止まったままでも、歩いても、走っても、
一秒後の君は一秒後未来にいる。
総て君の望む通り。
この無限に広がり続ける君の宇宙の中心は
小さな君自身なんだから。
願えば叶う。
今を生き未来を創ろう。

そんな事を自分に話してやる。
それはきっと自分にも誰にも大切な時間。
当たり前だけど忘れてしまいそうな真実を確認する為の
マイル・ストーン。
石を置き旗を立て、迷う時振り返り自分の世界の自分の位置を
確かめる。
間違いない。君の場所。そこから世界の全てが、宇宙の全てが、
始まった中心の場所。

24 Takuya! :2003/05/08(木) 03:06
  オープンであることパート3

開くんだよ。とにかく開くんだよ。
開け放て。無妨備になれ。
解き放て。全て晒すんだ。
どうだい?
君は今、全てを手に入れた。
全てを捨てて全てを手に入れた。
オープンである事。
エゴを捨て自然な自分になる事。
自分が自然になる事。
自分が自然の一部である事を認める事。
Im a open .
いつでも宇宙が僕らの頭の上に広がっている。
we are open .
風はいつも僕らを撫でる。
go with wind .
In the sky .
オープンであること。ね!

25 Takuya! :2003/05/08(木) 03:18
  ブラウン管のこちら側2

やっと見つけた。
ここにいたんだね。
こんな所で一人で泣いていたんだね。
約束しただろう?
僕だけは震える肩を抱いてあげるって。
僕だけは独りぼっちで孤独な君のそばにいてあげるって。
そう。君は僕だ。
大切な僕自身だからずっと側で見てるよ。
この広い宇宙でたった一人の君を。
唯一の君を…。
おやすみ。
また明日。
×××。

26 Takuya! :2003/05/08(木) 03:47
  夢の中

何思う?
夢の中の僕よ。
幸せを見つけた日の朝日?
幸せだった日々の夕日?
あのヒトとの星空?
良く休むと良い
残酷な人生は続く。
微かな光が待っている。
いつか、愛する人のおはようの声で目覚められたら良いね。
夢の中の君よ。

27 Takuya! :2003/05/28(水) 07:13
何だかヌルくて気持ちが悪いぜ!
人肌のプラスティックもガラスもメタルも風呂も魂も…。
痺れるぐらい熱いのか痛いぐらい冷たいか、
どっちかにしてくれ。
いつ生まれていつ死んだのか解らない、過保護な試験官生まれのマウス。
怯えた心は外を知らずに、ビーカーの中で安楽死。ピース!
沸騰する赤血球と蒸発してる白血球が怒り始めても、
ブー!ゲームオーバー!
悲しむ間もなく干からびる容器は月曜にはゴミステーション。ピース!
生ゴミ?燃えるゴミ?同じだから、どっちでも構わない。
厭ダ。僕ハ血ヲ流シ恥ヲ晒シ荒ブル魂振リ回シテ疾リタイダケ…

28 Takuya! :2003/05/28(水) 22:46
誰かが言う
人はね、誰でも今この瞬間にしか存在できない。
そして未来にしか進めない。
未来は今が支配するのさ。
今を瞬間を大切に素敵な未来を創りだそう。
きっと願いは叶うし、君は負けやしない。
誰が言った…?
今は解らない。でも、きっと嘘じゃないはず。

29 Takuya! :2003/05/28(水) 23:07
どうして僕は震えてるんだろう
わからないんだ。
ただ、どうしょうもない孤独がココにある。
世界中に同じ種族は自分しかいない様な、誰にも理解して貰えないような、
圧倒的絶望的な孤独感。
みんな姿は似て、言葉は通じるけど僕だけ種類が違うのがバレてる様な。
待ってよ!少し違うけど仲間に入れておくれよ!
僕は何を手に入れる?約束の日はいつ?約束の地は何処?
絶望に良く似た温度の素晴らしい未来がシャンパンを抜いてくれる
震えるブルブル。

ブルブル…。ブ。

30 Takuya! :2003/06/12(木) 00:32
  ヒマワリ 2

もう毎日、世界も自分も終わらせる事ばかり考えていた雨の日
仕事中に産廃と不法投棄の廃棄物のモノトーンの景色の中
ストロボの残光の様に鮮やかに一輪だけで咲くヒマワリを見た
解り難い私有地なので、もしかしたら誰にも見られずに
散っていたかもしれない。偶然出会った私達。
何の為に、誰の為に、咲いていたのか?
今は解る。あれは私の為に咲いててくれたんだ。
私の為にあそこで一輪だけで待っててくれたんだ。
だから、涙が止まらなかったんだ。
その姿を見て嬉しくて勇気を貰って解って貰えて嗚咽したんだ。
いつか、誰かの為にあのヒマワリみたいになれたらと思う。
太陽だなんて言ってくれたあの声を、嬉しかった胸の高まりを
いつまでも忘れずにいたいと思う。
私は今日も悩みながら迷いながら真っ直ぐに正しいと思う道を
歩いて行こう。
あのヒマワリは今も枯れずに胸の中で咲いているから。

31 Takuya! :2003/07/31(木) 18:44
  夕立

地下街がやけに蒸すなと思って地上に出たら雨になっていた。
この地方の短い夏の景色に降り注ぐ雨の中、僕はレインコートを取り出し自転車に跨る。
街路樹と紫陽花が雨に揺れぬるい風が纏わりつくなかペダルを漕ぐ。
街は雨に煙り視界は近くなった。小走りに軒先に逃げる人々を避けながら
僕は街の喧騒をアメンボみたいに走り抜け街を抜け出す。
君は覚えているかい? じりじり焼かれて雨に濡れたアスファルトと草の匂いを。
君は思い出せるかい? 濡れたレインコートの中で息を潜める日焼けした肌の火照りを。
僕は今、2003年の夏の夕立の中にいるんだ。
独りで自転車に乗ってるんだよ。

32 Takuya! :2003/08/06(水) 08:56
     one day

いつもより少し早めの目覚まし時計のベルを止めて夜更かしで靄のかかった頭でベッドを抜け出す。
適当に身支度を整えてガレージのシャッターを開けて今日の相棒を引きずり出す。
自転車に跨りペダルを漕ぎ出す。夏の朝は何かが起きそうな気がするんだ。
僕はペダルを漕ぎつづける。夏の朝は何処かで何かが始まりそうな気がするんだ。
出鱈目な鼻歌を歌いながらペダルを漕ぐのさ。君がいないのに夏は始まってるよ。
風が滅茶苦茶に髪や体を撫で付け出して、そいつが潮風だと気付く頃には陽炎が立つのさ。
砂浜に建つ期間限定の男や女やオブジェ達を横目に見て自転車を繋ぐ頃には鼻歌は僕の歌になった。
その場でシャツを脱ぎ水着だけになったら海に走る。
じりじり焦げて焼けた肌が潮水で冷却され胸がキュッと締まる。
一心不乱にばちゃばちゃと少し疲れる迄泳いだ後はビール片手に海を眺める。
波に乱反射する夏の太陽は過ぎ去った夏も海も反射するから眩暈がするんだ。
まどろみから抜け出したら出来たての歌を唄いながら自転車を漕いで帰る。
重たい脚で家に辿り着いたら相棒と自分にホースの水をかけて潮と火照りを流す。
涼みながら遅い昼食を取っていると風が夕方の匂いと何処かの家の風鈴の音を運び始める。
夏はやっぱり訪れるんだね。僕は夏を過ごしている。

33 Takuya! :2003/08/06(水) 09:48
   花火大会

浴衣の女の子と見る花火は素敵だね。これはもう僕の言語能力では絶対に否定出来ないな。
諸君、想像して見たまえよ。
魅力的な可愛い女の子が浴衣で下駄でカラカラいって並んで歩いて風向きで…。
ほのかにパフュームが鼻をくすぐってだね。ちょっとした穴場の鑑賞場所で大輪の花火が咲き乱れる。
綺麗だってはしゃぐ横顔が色取り取りの花火に照らされて瞳だってキラキラさ。
コイツを否定できる言葉を持った奴とは絶対に友達になれないな。

34 Takuya! :2003/08/06(水) 10:17
   旅行

夏の朝に飛び切り早起きして出かけるんだ。まだ目覚めきってない街を歩く。
得体の知れない熱と予感にワクワクしてくる。
朝帰りの千鳥足の鳥達とすれ違いながら路面電車に乗るんだよ。
大丈夫、安心していいよ。
これは只の路面電車だからパンタグラフが電線から離れたら動けないからさ、
銀河やお伽の世界に旅立つ事はないよ。ただそんな気がするだけさ。
いつもの街をいつもよりゆっくりとぐるりとまわる。
図書館、ロープウェイ、カフェ、駄菓子屋、サンドウィッチ、銭湯、
いつもの街でも異邦人になれるよ。
旅行をするとどれくらい仲良しか判るってもんさ。楽しさが教えてくれる。
素敵な旅行はひと時、いつもと違う人生を送れるんだよ。

35 Takuya! :2003/08/06(水) 10:49
   蛍

君は実際に見たことがあるかい?
蛍ってのは本当に光るんだよ。ぴかぴか光って、じっと見てるとピントが狂った気になるよ。
なんだかくらくらしそうになるけど悪くない。いや、素敵なんだ。
蛍を実際にこの目で見た人とそうでない人ではその後の人生において約80%の確立で
エンドルフィンの分泌が活発になり幸福感が増すという研究報告がストックホルムの
哺乳類生態科学研究所で発表されてネイチャーの6月号の巻頭になったという事実は無いし。
蛍を偶数の月の一桁の奇数日に見たら幸せに成ると言う沖縄の古い言い伝えは僕の作り話だけど
やっぱり本当に蛍は明るく発光するし、沢山集めたら本ぐらい読める。
発光する蛍は触れても熱くはない。
だけど、とても温かい気がする。
多分、ティンカーベルと同じくらいの温度だろう。

36 Takuya! :2004/01/21(水) 19:25
  紅い…

──なァ、都市伝説つーか噂話でさ二年位前に流行ったヤツ。
首都高でRを撃墜す紅い悪魔とか呼ばれてた血の様に真ッ紅なやたら良い音のロードスターがいるとかあったじゃん?
走ってる期間短いし実際見たヤツも少ないから死んだとか、ありえないから最初からデマでソンナのいないってサ…。
ところが最近また出たって噂なのヨ!
C1流してるだけだったらしいし、音も普通だったらしいんだケドあのヤリ方は間違い無いってチューン屋のオヤジ連中、色めき立ってらしいぜ。
「悪魔のロドが出た!」なんてさ(笑)
オマエどう思うヨ?

37 Takuya! :2004/03/08(月) 10:54
  雪にすたんぷ

月曜日、燃えるゴミを出しにまだ明るくなって間もない目覚めたての朝ピリリとした空気に飛び出した。
朝は冷えるが春は近付いてる。前夜の雪は昼前には溶けるだろう。
ポケットに手を突っ込み雪で足を取られぬ様に俯いて足元に漠然と視線を落として家に戻ろうとする。
ふと、僕は家の前で足を止めた。
僕より二周りは小さな足跡を見付けたから。

君の足跡。

雪にスタンプ。
ポケットから手を出して顔を上げて歩きだした。
雪にスタンプ。
ステップ踏んで階段駈けた。
日差しは眩しい。

38 Takuya! :2004/04/29(木) 16:13
  世界と私

昨日、大変に美しい夕焼け空を見た。
アカ、ダイダイ、がシロ、アオ、に混ざり合い様々なムラサキのグラデーションを散りばめてカラーチャートが広がっている。
そこをクロからコンのグラデーションの夕闇が侵食してそれもまた幻想的であった。

瞬間、切ないと思った。

それはきっと空ではなく僕の心の色模様だったのだろう。
きっと違う気持で見つめていたら全く違う感想かもしれない。
気分一つで変わってしまう。
それほど世界は脆弱なものなのかもしれない。
世界が揺らめいても決して曲がらぬ鋼のような心が欲しいと願った。

39 Takuya! :2004/05/01(土) 02:30
  月に願いを

今夜は月がとっても明るく照らすから僕は隠し事ができなくなる。

「僕は彼女に夢中です。彼女の前で気持は胸から溢れ出し喉から外に出る時に声帯は愛してると震えます。」

お月様お願い。出来損ないの僕でも、どうか彼女が微笑んでくれますように。

「愛してると言うたびに僕は彼女でいっぱいになって破裂しそうでドキドキします。」

お月様お願い。ロクデナシの僕でも、どうか彼女と一緒にいられますように。

「今では逢えない時でも愛しくて、胸が震えて止まりません。」

お月様お願い。ガラクタの僕でも、どうか彼女と生きられますように。
お月様お願い。ちゃんとするから、いつまでも彼女と共にいられますように…。

40 Takuya! :2004/05/14(金) 18:14
  桜はまだ咲いているんだ

雨上りの良い天気の朝。
雨に濡れた桜が朝の光を浴びてキラキラしてる。
こんな朝は何かが始まりそうな気がするんだ。
こんな朝は何かが僕を待ってるような気がするんだ。
もう少しで週末。あの娘の予定に僕はいるだろうか?
こんな朝には素敵なハプニングが当たり前に起きそうな気がするんだ。
桜はまだ咲いてる。

41 Takuya! :2004/06/18(金) 23:08
  愛しい気持ち

愛しい気持ちは止められない。
報われなくても拒否されても否定されても止められない。
愛しい事は生きる事だから。自分自身である事だから。
でも愛しい人が嫌がるなら私はそれを隠してこっそり保ち続けよう。
しかし許されぬなら迷わず殺す事もいとわない。
この命は愛する為に存在するから。喜んでこの命を捧げよう。
この命は愛だけが自由にできる。
それが私の愛。愛しい気持ち。

42 Takuya! :2004/07/01(木) 01:58
  ヒトリ ネムレヌ ヨル

眠たいけど眠れない一人の夜。
ベットは果てしなく広く、風はしつこくオマエは一人だと囁き続ける。
じっと待ち続けたらきっと必ず取り戻せると信じなければ、自分に言い聞かせなければ
朝が来る前に冷え切って冷たくなっちゃう。
上手に信じ込ませなければ夜明けと共に二度と明けない闇に呑まれてしまう。
そうして今日も明るくなるのを待って眠るのだ。

ヒハマタノボル アケナイヨルハナイ

でも再び電車に乗り込むあの夢が見れぬなら目覚める事なく眠り続けたい。

コウエン、ロープウェイ、トショカン、ダガシヤ、サンドウィッチ、セントウ、ホタル、クリスマスツリー…

43 Takuya! :2004/07/10(土) 11:21
  魔法

魔法使いの彼女にかけた僕の魔法が切れたんだってさ。
彼女は筋金入りの魔法使いだから彼女が僕にかけた魔法はちっとも醒めやしない。
それどころか強くなったり自分で更にかけ直しちゃったりしてる始末。
もう他の人の魔法にかかるのは嫌なんだ。
もう心を握り締められたまま置いてきぼりにされるのは嫌なんだ。
僕はこの魔法にかかり続ける事にした。夢を見続ける事にした。
もう誰にも僕の心は握らせない。僕の心は永遠に僕とあの人だけのものだ。
淋しくて寒くて誰かに触れても心は見せるだけ。決して二度と触れさせやしない。

44 Takuya! :2004/07/10(土) 12:41
  そんな人間に私はなりたい。

嫉妬深くいつまでも諦めが悪くて邪魔にされ、ロクな利用価値もなく必要とされず愛されず、そんな自分と人生にウンザリしながらも臆病で中途半端な美意識とモラル、これまた中途半端な正義感と優しさで死も選べず憎む事も否定する事もできない俗悪で薄っぺらなイエローペーパーの様な自分。

あの人を愛し続け待ち続ける事に決めたから
退屈と淋しさ紛らわせて待ち続ける為には誰でも何でも利用して邪魔するモノを一掃し、自分よりあの人に近い場所にいる者の命を次々と躊躇無く奪い撰滅する凶悪なエゴが欲しい。

45 Takuya! :2004/07/10(土) 14:02
  真実とは何と陳腐で滑稽なんだろう

恋は媚薬。愛は麻薬。なんて陳腐な言葉だろうか?
しかしその中にどっぷり浸かるとちっとも笑えやしない。
愛は人をこの上もない幸福感と快楽の空へと漂わせ、それが為か人を狂気の海に呑み込ます。
触れたら最後、浸からぬ事には禁断症状に悶絶する事になる。
私は愛する人がいます。永遠に愛し続けるつもりだからきっと永遠に甘く切ない幸せを感じ続けられるでしょう。
片思いに戻ってしまったけど変わらず漂い続けましょう。
狂気の海にも漕ぎだしましょう。

46 Takuya! :2004/07/26(月) 05:59
  とっておきの景色

君と花を見た。
とっても素敵だった。
二人で果実を口にした。
甘美なサクランボは幸せな味がした。
一緒に田園を駆け抜けた。
世界はなんて美しいと思った。
一番好きな場所はここなんだと思い知る。
君のとなり。
君越しに見える景色が一番のとっておきなんだ。
判って欲しいな!

47 Takuya! :2004/09/30(木) 00:33
  タイセツ ナ コト

手をつなぐコト、キスをするコト
大切な人に大切だよって伝えるコト
愛してる人に愛してると言うコト
愛してる人から愛してると囁かれるコト

それらはとても大切なコト

そんなキャッチボールは道に迷いそうな時に導いてくれる星になり、闇を照らす月になり、背中を押す風になり、暖かく包む日差しになり、僕らに魔法の力をくれる。

そんな力が僕らが出逢う奇跡を起こす。

48 Takuya! :2004/10/03(日) 10:01
  my roadster

俺はどうしてもアイツじゃなくちゃ駄目だから、他の誰かじゃ駄目だからガレージにアイツを仕舞い込んでその日が来るのを夢に見る。
前よりもっと繋がろうぜ、前よりもっとぶっ飛ばそうぜ、前よりもっと遠くに行こうぜ、
オマエに見せたい景色がいっぱいあるのさ。
俺達、一緒に走れなかった時間に思い知っただろう? ただの遠回りじゃないだろう? 無駄じゃないだろう?
やっぱりオマエだ。オマエじゃなきゃ駄目なんだ。
俺の胸の奥までくまなく火を点けれるのはオマエだけなのさ。
だから俺はいろんなもので誤魔化しながらオマエを待つのさ。
一緒に観たい景色があるんだ。

49 Takuya! :2004/10/23(土) 19:08
  マーブル

ガレージの奥で冷たく凍りつきかけてる僕のスパイシーロッソの心をアナタの笑顔で融かして欲しいのさ。
いつまでも錆びついてられないから光の中で手をつないで歩きたいんだ。
一緒に息を弾ませて走りだして景色をめちゃくちゃに彼方に流してやりたいんだ。
あなたのキスで心臓が破裂するまで血液を沸騰させたいんだ。
僕は準備して待ってるよ
僕は息を潜めて待ってるよ
二人がマーブル模様になっちゃって、どちらかどちらか判らなくなるほど交ざりあって溶け合う日まで
胸にしまい込んでる悲しみを僕に背負わせてくれる時が来るまであのヒマワリみたいに萎れても決して枯れずに咲き続けるのさ
二人で世界を遥か後ろに放り投げてやろうぜ。
まばたきするたびに未来を貼付けてやろうぜ。
ブランコみたいに重力さえも支配するのさ
マーブル模様で飛び出すのさ。

50 Takuya! :2004/10/31(日) 22:19
  進め相棒

君はごきげんな僕の相棒
一緒に心をブルブル震わせて魂さまよう冒険の旅を泣いたり怒ったり笑ったりしながら荒波を突き進んできた
君は人生の宝物を見つけたようだね
でも旅は終わらない
針路やスタイルを変えてまだ旅は続く

パワーボートにニトロをブチ込み波を蹴飛ばす自分を求める旅は終わりだ
見つけたんだろ? 探してた自分の片割れを
その隣で帆に風を受けてじっくり丁寧に旅を続けるんだ。

最後の旅を
旅が終わるその時まで

大丈夫 不安なんかないだろ?
気難しくて気まぐれでがむしゃらな僕の相棒ができる君なんだ きっと 上手く行くさ
道に迷って星も見えない夜はその人の瞳を見つめるんだ
そこには行き先を示す星が見えるだろ?
途方にくれたらキスをするんだ
それはやるべき事を教えてくれるはずさ
まっすぐ進めば良いんだよ

力が必要なら呼んでくれ
あの旅を共にしてきた相棒にはいつでも力を貸すぜ

大丈夫 不安なんかないだろ?
気難しくて気まぐれでがむしゃらな僕の相棒ができる君なんだ きっと 上手く行くさ
道に迷って星も見えない夜はその人の瞳を見つめるんだ
そこには行き先を示す星が見えるだろ?
途方にくれたらキスをするんだ
それはやるべき事を教えてくれるはずさ
まっすぐ進めば良いんだよ

続けるんだ最後の旅を
旅が終わるその日まで
その人と二人で

51 Takuya! :2004/11/04(木) 12:48
  人生ニ宣戦布告セヨ

自分を偽り欺き愚弄してきた過去の諸々に笑顔で復讐せよ
現在、我の欲して手に入れんとするモノの前に立ちはだかる者はありとあらゆる手段を用いて犯し殺し埋めてしまえ
脅し惑わし恐怖させる未来の正義、モラル、罪は欲望の名において手段を選ばす完膚無き迄に殲滅せよ。
その屍までも凌辱しつくせよ
何よりも強く凶暴に運命にあらがい人生に宣戦布告する事をここに宣言する。

世界よ我を産み落とし生かした事を後悔し恐怖せよ

52 Takuya! :2004/12/24(金) 15:03
  独りぼっちのアイツ

クリスマスの夜に独り街を行く。
肩をすぼめて頭に雪を積もらせてクリスマスツリーのてっぺんから真っ逆さまに落ちてく赤いビーズみたいに巨大なツリーみたいにピカピカの街を抜ける。
真っ白な静寂の中を歩きだす。
マッチ売りの少女のような目でツリーが点滅する窓を眺める。
フランダースの犬みたいな気持ちで教会の十字架を見上げる。
響くのは自分の足音。
思い出すのは幸せだった日々。
耳に入るのは雪の落ちる音。
早く終われば良い。
まるで捨て犬が飼主を想うみたいに愛しい人をまぶたに浮かべる。
早く終われば良いのに。
まるで捨て猫がお気に入りの陽だまりを想うみたいに愛しい時を思い浮かべる。
今度、生まれる時はサンタクロースのトナカイになれたら良いな
そしたらきっと必要とされるだろうから。
サンタクロースのプレゼントの詰まった袋でも良いな
そしたらきっと優しく掴んでもらえるだろう。
早く終わっちゃえば良いのに。
プレゼントはいつ届くのだろう。

53 Takuya! :2004/12/24(金) 15:07
寝ていたい

ただもう二人で寝ていたい。
いつまでも寝ていたい。
まぶたに光を感じながら
草木の薫りと息吹に包まれながら寝ていたい。
目が覚めたら寝顔を眺めてまた眠る。
手をつないで眠りたい。
高くなった空のウロコ雲の下で眠りたい。
目が覚めたら甘い葡萄酒を一緒に飲んで眠りたい。
抱きあって寝ていたい。
雪のにおいを感じながら寝ていたい。
目が覚めたら暖めあって眠りたい。
やわらかな日差しと風と小鳥の声に撫でられながら寝ていたい。
目が覚めたら少しキスしてまた眠る。
季節が巡っても、いつでも一緒にいつまでも眠りたい

ただもう二人で寝ていたい。

54 Takuya! :2004/12/31(金) 12:23
  魔法をかけて

魔法使いのあの娘に結婚を申し込んだんだ。
彼女は唯一の他の誰かと腰を振らない人だから
嘘をついたりしない最後の人だから
でも魔法の絨毯を乗り回してるうちに何か落としてきたらしい
だから君の彼女をこっそり借りるぜ
君の夜はつまらないと嘆いてるから冒険に連れてくよ
落ち着けよ、僕も魔法使い以外の彼女はみんな誰かに貸したりあげたりしてきた君の仲間さ
アリスもウインディもティンカーベルもとっくにどっかでよろしくしてるぜ
安心しなよ魔法使い以外はみんなそうさ。
どっかで誰かと腰をふってるのさ
安心しろよ君の彼女は異常じゃないさ
魔法使い以外は他の誰かとよろしくやるのさ
だから僕は魔法使い以外は信じない
そして魔法使いは空飛ぶ絨毯から僕への愛を落として忘れたのさ
だから魔法使いが僕を思い出すまで尻軽な君の彼女を借りてるのさ
安心したくて約束するんだろ?
自分の意志以外の永遠なんて見当たらないから永遠を探すんだろ?
儚いから美しく感じるんだろ?
だから僕はさ迷い続けてるんだろ?
君の彼女はくれなくていいさ
すぐに君に返すさ。
裏切るハニーは甘くないから欲しくない
あきらめなよ裏切り者はまた何度でも裏切るのさ
だから僕は魔法使いだけを待ち続けるのさ
魔法使いを見かけたら僕が待ってる事を伝えておくれ
呪われた果実をむさぼりながら君の彼女を生贄にあなただけを待ち続けてると
作った不幸の数が多いほど悪魔は僕を助けてくれると信じてるんだ。
魔法使いにであったら伝えておくれ
魔法で僕を探しだして
あの時の魔法使いのようにこの人になら騙されても良いと思えるように魔法をかけて。
もう一度だけ信じたいんだ
もう一度だけ愛したいんだ
もう一度だけ空を駆けたいんだ
誰か僕に決して覚めない魔法をかけて

55 Takuya! :2004/12/31(金) 22:08
自由で孤独な日々

ハローベイベー、あの家で僕は独りで過ごしてるんだ。
カモンベイベー、君が来ないならこんな世界はつまらないから地獄に変えてサラマンダーと焚火でもしてコーヒーでも煎れよう。
早く来ないとこの世界は燃え尽きちまうぜ
二人でエデンを神から取り返しに行こうぜ
ビッグバンを何度でも見せてやろうぜ。

56 Takuya! :2005/01/18(火) 10:17
  儚くとも強く

命も愛も時として儚く失い易いモノだから、とても不確かなモノだから、
自分の中で燃え尽きてしまうその日まで
たとえ全世界を敵に回そうとも、どんなに蔑まれ疎まれようとも脚を踏ん張り歯を食い縛り精一杯の笑顔を浮かべて力の限り愛して生き抜こう。
絶望が大挙して押し寄せようと入る隙間が無いほどこの胸を夢で満たそう。
山より高く誇らしく夢を掲げよう
鋼より強い意志でがむしゃらに追い続けよう。

最後の瞬間まで。

57 Takuya! :2005/01/27(木) 00:47:17
Tのリボルバー、Tのホットロッド(低能リボルバー、低能ホットロッド)

焼けたケースをパラパラ落として
スペシャルホットロードの弾をもて遊び
舌打ちしながら一発づつシリンダーにぶち込むと
しち面倒臭い儀式の完成
オートマチックじゃ判らない何かが伝わるかもしれない。
でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
重いハンマーをゆっくり引き起こせば
今にも弾けそうにプリプリ火薬の詰まった弾丸を抱えて、シリンダーはゆっくりと優雅に回りだす。
あとは、息を殺して狙いを定めて
トリガーをかけた指先で締めつけるだけ

世界の片隅で産声をあげたその小さな音に
きっと彼女も微笑んでくれる
弾丸が空気を引き裂く衝撃波は風なんかは起こせはしないけれど
世界の片隅で産声をあげたその小さな音は
誰かの魂を揺さぶるには充分かもしれないぜ

でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
come on ! oh Yeah ! ah hear !
ずらかろうぜ!


アクセルを二回バタバタ踏み付け
キャブレターにガソリンを注ぎ込む
欲望任せに肥大したエンジン、セルを回して火を入れると
しち面倒臭い儀式の完成
オートマチックじゃ判らない何かが伝わるかもしれない。
いかれたホットロッドでぶっ飛ばそうぜ
重いクラッチを床までけっとばし
今にも弾けそうなエンジンの鼓動が伝わるシフトはファースト、ゲートを滑って呑み込まれて行く
あとは、息を殺してハンドルを握り
アクセルに載せた爪先で踏みつけるだけ

世界の片隅で産声をあげたその小さな音に
きっと彼女も微笑んでくれる
タイヤが路面を引っ掻く衝撃波は風なんかは起こせはしないけれど
世界の片隅で産声をあげたその小さな音は
誰かの魂を揺さぶるには充分かもしれないぜ

いかれたホットロッドでぶっ飛ばそうぜ
come on ! oh Yeah ! ah hear !
ずらかろうぜ!


Tのリボルバーで
Tのリボルバーで
Tのホットロッドで
Tのホットロッドで
ずらかろうぜ


焼けたケースをパラパラ落として
スペシャルホットロードの弾をもて遊び
舌打ちしながら一発づつシリンダーにぶち込むと
しち面倒臭い儀式の完成
オートマチックじゃ判らない何かが伝わるかもしれない。

でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
重いハンマーをゆっくり引き起こせば
今にも弾けそうにプリプリ火薬の詰まった弾丸を抱えて、シリンダーはゆっくりと優雅に回りだす。
あとは、息を殺して狙いを定めて
トリガーをかけた指先で締めつけるだけ

世界の片隅で産声をあげたその小さな音に
きっと彼女も微笑んでくれる
弾丸が空気を引き裂く衝撃波は風なんかは起こせはしないけれど
世界の片隅で産声をあげたその小さな音は
誰かの魂を揺さぶるには充分かもしれないぜ

でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
カモン!オーイェーイ!アーハー!
でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
カモン!オーイェーイ!アーハー!

ROCK'nRoll

でっかいリボルバーをぶっぱなそうぜ
カモン!オーイェーイ!アーハー!

58 Takuya! :2005/05/25(水) 08:59:05
たんぽぽ

タンポポが咲き乱れてる原っぱを見つけたんだ。
今度、二人でカメラぶら下げツーリングに行こうか。
風のシャワーで頭を洗えば、きっとアタマもすっきりするぜ
君も僕も色々あるさ、まだ死んでないからね
辛い事も悲しい事も疲れる事も色々あるさ
まだまだ死んでないから
素敵な事もまだまだ見つかる
まだ生きてるからさ。
タンポポの咲き乱れる原っぱを見つけたんだ。
君と僕とでカメラぶら下げてツーリングに行こう

タンポポみたいに二人、風に揺れよう。

59 Takuya! :2005/07/21(木) 12:41:49
あの日の花火

君が待つ花火大会に間に合うように夢中で走る。
人波かきわけ携帯片手にひたすら走る。
鼓動が弾む
君の笑顔が夜なのに眩しくて思わず目を細めてしまったのを悟られぬように慌てて花火に顔を向けた。
動悸は一向に治まらない。
花火が瞬くたびに瞬く君の横顔を盗み見てるから

大好きって溜め息が唇から溢れて音のない花火になった

花火大会、終わらなきゃ良いのに
一番近くでいつまでも花火に瞬く君の顔を見ていたい
胸の花火は止まらない。

61 Takuya! :2005/11/16(水) 05:47:47
悪魔と眠れ


独りで眠れない夜は悪魔と眠ると良いぜ
魂と引き換えにあの頃の夢を見せてくれるはず
縮む寿命なんて気にしちゃいけないよ
ゆっくり腐乱する時間にうんざりなんだろ?

悪魔と踊れ呪いのステップであいつらみんな引き裂いちまえ
悪魔と眠れ呪いの子守り唄で宝物の夢を見ながらヤワなハートなんて凍らせてしまえ


孤独が寝返りをうつ夜は悪魔と眠ると良いぜ
良心と引き換えにあの人の夢を見せてくれるはず
縮む寿命なんて気にしてないだろ
ちっぽけな自分なんかより素敵な美しさ
悪魔と踊れ
悪魔と眠れ
魂なんて…

62 Takuya! :2006/01/03(火) 10:24:25
  妄想ベイベー

良く目を開き
耳を澄まして
心を穏やかに思考して
ノイズや美しい包装紙に包まれた贋物を深慮なフィルターで排除すると
君にも真実が見えるかも知れません。
でも、真実から目を反らし逃げたければそれも自由。
いずれにせよ真実は追いつき追い越して行きましょう。
その時まで逃げる君を愚かとも弱虫とも思わないよ
真実は時にあまりにも儚くつまらないからね。
ただし、さえずる口は誰も彼も君をも呑み込み流し溺れさせる。
つかまる浮き輪も流されるかも知れません。
君に幸あれ
全ての孤独な魂に祝福を!

63 Takuya! :2006/01/27(金) 20:25:39
  遠い雪

ねぇ、夜明け前の雪の国を遠乗りしようよ。

誰にも内緒で、いつかみたいにこっそり二人で脱け出そうよ。
ライトが無くても平気だよ、月や星で雪が光って目を閉じても明るいよ

オーロラ出たら屋根を開けよう。
ダイヤモンドダストまきちらして。

寒くなんかないさ
僕の車が黒から紅に変わったら、どんな氷も融かしちまうのさ。

二人でもっと遠くへ行こう。

銀河鉄道も追い越して
僕の車が黒から紅に変わったら、誰も僕らに追い付けやしない
意地悪する友達も、残ってしまった宿題も、忘れられない悲しみさえも
僕ら以外はみんなミラーの彼方にぶっ飛んでくのさ

素敵な光を集めてはしゃごう
美しいオレンジに夢をみようぜ

ねぇ、夜明け前の雪の国を遠乗りしようよ。

誰にも内緒で、いつかみたいにこっそり二人で脱け出そう。

65 Takuya! :2006/04/01(土) 00:33:30
  仲間の印

友よ、俺達は同じ船を愛し、同じ船に乗り込み、同じ自由と信念の旗の元に七つの海をブッ飛ばし、
俺達だけに見える財宝求めて嵐も敵も薙ぎ倒し背中を合わせて駆け抜けた。

友よ、頼りになる友よ。

背中にお前を感じるから俺はどんな敵にも向かって行けた。
四方八方塞がれたって後ろ気にせず斬り込んで行けた。
ちっとも、何にも負ける気がしなかった。
背中にお前がいるから百万の敵の前でも俺は俺達の旗を振りかざしサーベル抜いて笑顔を浮かべた。

友よ!

許せ友よ
そんな、お前が己の旗を掲げ自分の船に乗り込み、自身の財宝を求める旅立つと言うのに別れの苦手な俺は餞の言葉が浮かばない。

済まぬ友よ
胸がいっぱいな俺は気の利いた台詞を吐けずどうでも良いいつもの軽口を叩くのが精一杯なのだ。

友よ!

こんな不甲斐無い友と友情と共に戦い抗い続けた冒険の日々を、時に何か辛い日は、思い出してクスリと笑いやり過してくれ。
決して消えない仲間の印は胸に紅く焼き付いてるぜ。

我が友よ。

66 Takuya! :2007/07/08(日) 05:05:37
もう少し


もう少し走ろう

夜が明けてしまう前に

もう少し走ろう

陽が登る迄

孤独な魂を光速の彼方まで飛び出させるために

張りつめた風が白く溶け出す前に

67 Takuya! :2007/08/29(水) 18:20:26
  いつかの夏の日


アスファルト
陽炎に揺れている
幻の水溜りはどこまでも逃げて行く
景色は白く眩しく色を飛ばし熱い空気に溶けてゆき
夏の匂いが鼻を刺す

かき氷のイチゴとメロンはどうしてあんなに鮮やかなの

冷たいコカコーラ!

びっしり水滴の付いたセクシーなカーブの厚いガラスに閉じ込められた黒褐色の宇宙に踊る銀色の泡はとても純粋で
決まった時間に通りを横切る黒猫は今日は一度も姿を見せない

おじいさんのアイスコーヒーを飲むと胸がドキドキするんだ

焼けたボンネットに停まるアメンボは遠慮がちだけど蟻と蜂たちは今日も仕事を休まないよ

夕日はどうしてあんなに大きくなるの

夜風は風鈴を鳴らして
花火の輝きとカエルと虫たちの大合唱は
夜の散歩で見た電柱の裸電球の寂しさやプールの水銀灯の冷たさや暗い神社の境内の松の匂いをひと時忘れさせるけど
蚊取り線香の匂いは全部を思い出させてしまうんだ

早起きしたらクワガタ取ろう

ラジオ体操は面倒だ

誕生日を忘れないでね

明日はあの子をプールに誘おう

コカコーラにレモンを絞ってみよう

一緒に星を見に行こう

68 Takuya! :2007/09/30(日) 00:11:27
  雨のドライブ

雨が降っている。
雨の日のオープンカーの車内は幌に雨が当たる音に包まれるから懐かしい場所に気持ちを運ぶ。
思い出すのは優しく手を牽かれた黄色いカッパの中だろか?
大きな手が差し出すコウモリの中だろか?
後ろを振り返るとビニルのリアスクリーン越しのちょっと歪んだ水玉模様の景色は透明なビニル傘の中みたい。
強がる君は本当はきっと泣き虫なのだろう
こんな日なら雨粒が涙を誤魔化してくれる。
雨音が泣き声を包んでくれる。

ボンネットでは雨粒跳ねて丸い玉になっていろんな模様を描いて流れてく

レインレイン ドロップドロップ ダンスダンス また明日

南の空が明るくなった
きっと明日は晴れるだろう
屋根を開けて風になびいて走れるさ。

69 Takuya! :2007/10/26(金) 06:09:26
  確認せよ


知ってると思うケド…


この世界のすべての歩みは「一歩」から始まるんだぜ。

70 Takuya! :2008/01/30(水) 02:48:21
  あなたが生まれた日

その日があるおかげで、いろんな笑顔が生まれた。
だからこの日はみんなの大切な日。
あなたが初めて光を感じた日
あなたがみんなに光を与えた始まりの日。

71 Takuya! :2008/02/06(水) 02:46:18
   ミッドナイト・クリームソーダ

ねぇ、メロンソーダにアイスクリームを静かに落とすんだ。
OK、それはクリームソーダの始め方
エメラルドの中に銀色の粒が泳ぐ汗をかいたグラスの宇宙に真っ白いアイスクリームがゆっくりと爆発を起こしているよ。
泡がママのホットケーキみたいに白く盛り上がってからパパのビールの泡みたいにどんどん膨らんでくのさ。
クリームソーダはパーティーの始まりの味がするだろ?
クリームソーダはパーティーの始まりの味がするのさ!

ミッドナイト・クリームソーダ
ミッドナイト・クリームソーダ

そいつがあれば、どこでもパーティーが始められるんだ

ミッドナイトクリームソーダ
ミッドナイトクリームソーダ

そいつがあればいつだってパーティーが始められるんだ

だから悲しい顔はしなくて良いよ
パーティーが始まるんだから

だけどクリームソーダのアイスクリームを全部食べてしまったらベッドに戻って、また明日さ

何故って?

アイスクリームを全部食べてしまったクリームソーダはパーティーの終わりの味がするからさ
パーティーの終わりはアイスクリームを全部食べてしまったクリームソーダの味なんだ。

だから一緒に冷蔵庫を閉める時に真っ暗なキッチンで冷蔵庫のアンバーな灯りの中でラストダンスを踊ったらハシゴを登ってベッドで一緒に丸くなろうよ

ミッドナイトクリームソーダ
ミッドナイトクリームソーダ

そいつがあれば誰だってパーティーが始められるんだ

天窓から差し込む星や月の光で眩しいベッドで毛布を頭からかぶって一緒に洞窟探検しようよ

ミッドナイトクリームソーダ
ミッドナイトクリームソーダ

そいつがあれば、また明日…。

72 Takuya! :2009/03/22(日) 03:12:26
  どこにでもある小さなレース会場で

何も期待してないし、失望も何もなかった俺は
自分が短距離ランナーだと思ってたけど、いつの間にか仲間の仕業か
何かの間違いか、うっかりしたのか長距離にレースにエントリーを
変えられてたらしい。

そんな用意してなかったのに

何かと大変だし、どうなっちまうのか見当も付かないけど
レースは始まってるから、リタイヤしないようにやってみるさ
レースは続いてるから、ちょっとはペースを気にしつつ
どこにあるか判らないゴールを目指して、やってみるさ

だって、アイツも見てるかもしれないから、カッコつけなきゃなんないし
だって、オマエも見てるかもしれないから、はいつくばってへばってられない

誰かが頑張れって言ってる気もするし、
俺たちを笑った嫌なヤツの良い日にはしてやりたくないだろ

それにさ、なんだか俺は走ってるうちにどうしたわけか
あのやけに長そうな登り坂の先から見える景色が気になり始めたのさ
海が見えるのか、広がる街か、どこまでも続く地平線か判らないけど
あなたと見たいと思ったのさ
その先もずっと、あなたと見たいと思ったのさ

だからさ

だからさ

だからさ

73 Takuya! :2009/07/29(水) 01:48:36
  変な夢

あるイベントでの宴会の二次会の後半、丘の上に立つホテルは参加者で貸切になっているだけあり深夜にも係わらず盛り上がり続けている。
「元山さん、そろそろ良い頃合では?今夜は月も青く美しいです。」
「そうだな、野大。よし、賀古みんな行くぞ!」
「おおっ!!」
リーダー格の元山が不敵な笑みを浮かべて立ち上がると数人の男達は眼を輝かせて後に続く。賀古と呼ばれた青年はサッとドアを開け元山を通すと後に続く。
「いったい、何がはじまるんじゃ?」
島木は尋ねた。彼は初めてゲストとして参加した為に自分だけ勝手が判らないのかと思ったが、本山とその仲間達以外は誰も何が始まろうとしてるのか判らなかった。
「庭でも見てて下さい」
元山の声が廊下から響いた。
賀古がエレベーターを止めると一同は乗り込んだ。
「探し続けたパラダーイス、俺達、見つけたのさ。自由を求める戦いと放浪のセンチメンタルー・ジャーニー」
元山はアロハシャツのボタンを外しながら歌っていた。
エレベーターのドアが開き歩き始めながらシャツを投げ捨てると、それを合図に一同もシャツを投げ捨て夜露にひんやりと湿った芝生に立った
「求め続けろー俺達のFREEEEEDUM(自由)」
今度は全員の大合唱だ。そして元山が突き立てた一指し指でクルクルと回る布を空高く放り投げると一同も歓声を挙げて続く、まるで長く厳しい訓練を乗り越えた戴冠式の最後の兵学校の学生の様に。
月明かりに照らされた彼らは一糸纏わぬ全裸だった。
放り投げられたのはパンツに他ならなかった。
「FREEEEEEEDUUUM(自由)裸でぇぇぇ何がぁぁぁ悪いぃぃぃ!!」
輪になって彼らは歌い踊る。
島木は思わず叫ばずにはいられなかった。
「こ、これは、ライブ(裸威舞)じゃないか!」
彼らは更に勢いを増してゆく…
「俺達ぃぃ宇宙船、地球号の乗組員さぁーラブ・プレイスゥゥー、キープオンムービン、ライドオンンン!」
「おおっっっ!人ば一体じゃきー!!」

月は高く青かった

74 Takuya! :2010/04/18(日) 14:24:37
 風の記憶

その時は僕は風になれるだろうか

時に激しく時にやわらかく時にかすかに

あなたの頬を撫で吹き抜けて行くあの丘の

あの丘の風になれるだろうか

僕はあの風になれるだろうか

風の記憶に


http://www.youtube.com/watch?v=10b0u0_m3f8

75 Takuya! :2011/03/20(日) 09:22:16
Big Moon


月が一番近付く夜はカーテンを開けて眠ろう

ランプを消してもなんとか本が読めるほど明るいベッドで真っ白の月を見上げて
自由を奪われた象みたいな気分でさ

優しかった遠い昔の日々に祈りを捧げる

今日は月が一番近い夜

きっと明日は良い日になるさ

そうだろ

月が一番近い夜

明日は誰かが待ってるさ

月が一番近い夜

とっても月が綺麗だね

76 Takuya! :2011/12/11(日) 19:03:38
  冬の日  


雪が降る

この街に今年も雪が降る

何もかも色褪せて景色から色が無くなった男

きっと彼の中に色が無くなってしまったから彼には感じない

そんな彼の上にも雪が降る

鉛色の空はすべて白く覆い尽くそうとする

白い雪の下では色彩が凍り付いている

誰かか汚く感じる色も、誰かが美しく感じる色も

その時の為に息をひそめて

その時が来る

素敵だね

77 Takuya! :2011/12/11(日) 19:15:59
  きっとそこにあるのさ


何もかも色褪せて景色が色を失う時は

きっとそいつの中に色が足りなくなってるんだ。

誰かがそいつに色を足してあげれたら

きっとそいつの景色は鮮やかさを取り戻す

僕はそういうの素敵だと思う

78 Takuya! :2012/03/06(火) 03:13:42
  真夜中のベッドで


夢を見て過ごしたい
せめて夜はベッドの中で好きな夢を見て過ごしたい

タフじゃなければ生きてゆけない優しくなければ生きている資格が無い
とか言ってるユッカ街の探偵みたいな世界とは無縁な夢の中で
ハイボールの泡からジンバックの泡へと飛び移り
青く発光するジントニックの光で夢を照らして透かして観ていたいのさ
独りのベッドで夢を抱きしめてまどろんでいたいのさ

明日も早いからさ、きっと寒さも厳しいからさ、
春はもう少しだけ先にあるだろうからさ

幸せな記憶をほじくり返して夜が明けるまで
つらい記憶で幸せを鮮烈に浮かび上がらせて

辛いって字も幸せって字もたいして変わんないんだから
きっと明日は俺の日が来るはずだぜ

そう信じて

明日はきっともう一本だけで良いから線を増やして
信じてないとやってられなかった日々をきっと酒の肴にして

夜が明けるまで

夢を見て過ごしたい
せめて夜はベッドの中で好きな夢を見て過ごしたい

79 Takuya! :2012/04/22(日) 13:56:57
  当たりクジはどこだ


素敵な出逢いがあったって
額に汗や冷や汗かいたって
孤独や貧乏は俺を離してはくれないらしい
憂鬱はベッドに潜り込み朝になっても冷たい体を絡めてまとわりついてくる

なんにも希望が無いから
このどん底に光りが欲しくって
なけなしの金で宝くじ買った
もうこれ以上絶望なんて間に合ってるからね
当選番号なんて見ないのさ

きっと俺は当たるんだと
いつか俺が当たるんだと言い聞かせ
ベッドから追いかけてきて冷たい体を擦り寄せてくる憂鬱に
ラム入りの熱いコーヒーぶっかける

財布も冷蔵庫もカラだから言葉の海で満たしてやれ
春なのにすっかり冷え込んじまったからさ
猫舌にコーヒーのせて言葉の海で小さな灯を点す

きっと俺は当たるんだと
いつか俺が当たるんだと独りぼっちが鼻をかむ

80 Takuya! :2012/04/23(月) 10:33:06
  baby radio


風が強い日
雲は千切れて
小雨は僕を湿らせ
何処にも行けない君を諦めさせる

baby radioを点けて踊ろう
きっと何処にだって行けるさ
あのDJがゴキゲンなナンバー流してくれる

baby radioを点けて走ろう
きっと何処までだって行けるさ
あのDJは君のためのナンバー流してくれるさ

baby baby baby radio come on baby…

81 Takuya! :2012/06/11(月) 16:41:09
  マーブル2

溶けちまいたい 

紅い血と碧い血が混ざり合わずに 

ぐるぐるマーブル模様で加速して 

溶けて飛び出したい 

世界を二つの色彩で侵蝕したいのさ 

マーブル模様になって離れられないスピードで 

いつまでも回り続けて 

マーブル模様で飛び出すのさ

82 Takuya! :2012/06/18(月) 01:40:13
  ラムシロップ・ポム

兵隊も眠っているこの夜に 
ベッドを抜け出して 
ガソリンをオンザロックできめて 
きついラムで火炎瓶を作ろう 
君の脳みそをちりちり焦がすその導火線に 
そいつで! 
わかるだろう?

とっても簡単なことさ

きっとみんなの笑い話

きっともう忘れ始めてるさ

そんな甘い匂いの夜に

83 Takuya! :2012/06/28(木) 18:18:41
  忘れるな


自分の価値は自分で決める。
間違ってるか正しいかも自分で決める。
極めてプライベイトな問題なので自分で決める。
100歳位まで生きるかもしれないから100年スケールで計画して明日死ぬかもしれないから今日実行する。

今なんだよ。

今しか走ってられないんだ。

84 Takuya! :2013/02/03(日) 03:33:11
  僕はドリームキャッチャー


夢を叶える事は素敵なことだ。

でもいくら努力しても夢がなかなか叶わない事もある。

それってそれまでの自分のままでは叶わないほどデカイ夢を見てる証明でもあるんだから僕はそんな自分褒めようと思う。

簡単に叶うような安パイ狙いの小さい人間じゃないって事だ。
胸張ってくぜ。

それまでの自分じゃ通用しなかったんだから僕は自分を超えてやろうと思うんだ。
夢に届く迄それまでの自分を超えて引き上げて強引にでも掴んでやるよ。

ガタガタぬかしてる奴等はそこまでデカイコトを想像もできない小さい奴等だから何も言わずに鼻で笑えば良いのさ。

そいつらは人間は想像できた事やイメージできたことは必ず実現できるって事を知らない可哀相な奴等なんだ。

僕は僕の為に自分の信じる自分や仲間や笑顔の為に
そりゃぁ時々は半ベソかいたりかっこ悪い日もあるけれどヒーローやヒロインが求められてるこの時代の為にも笑顔で行くぜ。

85 Takuya! :2013/05/03(金) 03:48:41
  今夜のベッドで


風が窓をたたく夜

この音があの娘の心臓の音だったら

僕はきっと自分の鼓動をそのリズムに合わせハードコアなメロディーを刻むだろう

風がそいつを彼女の髪の間を鋤いてくれることを祈りながら

風が雨を流す夜に

87 Takuya! :2014/07/07(月) 02:38:11
センチメンタルだが前向きに思考する深夜。
僕にはまるで何の才能も無い。
しいて言えば、自慢にならない程度のちょっぴりだけの器用さと出逢いに恵まれてる事くらい。
何も無いから逢ってくれた人には感謝するしかないし、向いてる事も特に無いから好きな事を選んで頑張るしかない。
もう少しこっちでジタバタするさ。
欠落が才能だぜって明日にうそぶきながらね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板