したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

妄想ティッシュ

54 Takuya! :2004/12/31(金) 12:23
  魔法をかけて

魔法使いのあの娘に結婚を申し込んだんだ。
彼女は唯一の他の誰かと腰を振らない人だから
嘘をついたりしない最後の人だから
でも魔法の絨毯を乗り回してるうちに何か落としてきたらしい
だから君の彼女をこっそり借りるぜ
君の夜はつまらないと嘆いてるから冒険に連れてくよ
落ち着けよ、僕も魔法使い以外の彼女はみんな誰かに貸したりあげたりしてきた君の仲間さ
アリスもウインディもティンカーベルもとっくにどっかでよろしくしてるぜ
安心しなよ魔法使い以外はみんなそうさ。
どっかで誰かと腰をふってるのさ
安心しろよ君の彼女は異常じゃないさ
魔法使い以外は他の誰かとよろしくやるのさ
だから僕は魔法使い以外は信じない
そして魔法使いは空飛ぶ絨毯から僕への愛を落として忘れたのさ
だから魔法使いが僕を思い出すまで尻軽な君の彼女を借りてるのさ
安心したくて約束するんだろ?
自分の意志以外の永遠なんて見当たらないから永遠を探すんだろ?
儚いから美しく感じるんだろ?
だから僕はさ迷い続けてるんだろ?
君の彼女はくれなくていいさ
すぐに君に返すさ。
裏切るハニーは甘くないから欲しくない
あきらめなよ裏切り者はまた何度でも裏切るのさ
だから僕は魔法使いだけを待ち続けるのさ
魔法使いを見かけたら僕が待ってる事を伝えておくれ
呪われた果実をむさぼりながら君の彼女を生贄にあなただけを待ち続けてると
作った不幸の数が多いほど悪魔は僕を助けてくれると信じてるんだ。
魔法使いにであったら伝えておくれ
魔法で僕を探しだして
あの時の魔法使いのようにこの人になら騙されても良いと思えるように魔法をかけて。
もう一度だけ信じたいんだ
もう一度だけ愛したいんだ
もう一度だけ空を駆けたいんだ
誰か僕に決して覚めない魔法をかけて


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板