したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

妄想ティッシュ

19 Takuya! :2003/03/29(土) 18:33
  僕の事のほんの一部4

 それは唐突でした。心拍が弱くなり看護婦さんが応援を呼び
ました。僕はまだ夢の中にいるようで、訳の判らない状態でス
ローモーションで彼女は運ばれ、僕は?立ち会いは?と聞くと緊
急手術になるのでここで待つ様に言われて取り残され直ぐに彼
女の凄い悲鳴が聞こえて来ました。
 手術なのに何故?やっぱり通常分娩になったのかな?神様!神様!
時間の経過が解らぬ状態で頭の中がぐるぐるしてると彼女がス
トレッチャーで戻って来ました。浮言の様に
「子供は?子供は?」
と言い続け看護婦さんは
「大丈夫、大丈夫」
と繰り返し、安心したのか寝息を立てました。
 彼女の寝顔を見つめて僕も急に眠くなってきていたら先生に
呼ばれました。
「全力を尽くしあらゆる措置を講じましたが誠に残念ながら救
えませんでした。」
「えっ、だってどうして?悲鳴が聞こえたよ。手術の必要なく
なったからでしょ?どうして?解らないよ?」
一刻を争う事態だった為、麻酔の効くのを待たずに直ぐにメス
を入れた為だった。暫くは生きていたが救いきれなかったそう
だ。先生も沈痛な表情だった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板