したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【R-18】女の子「おちんぽハンター出動!!」

1 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:50:19 ID:5U6ppfeo
おちんぽ1本目『ええ〜っ☆ 私がおちんぽハンターに!?』


 時は2020X年。
 正体不明の新型ウイルス『PENIS-19』により平和だった世界は一変。
 全男性の9割がおちんぽ獣になってしまったのだ!!
 おちんぽ獣は男を殺し、美少女は孕ませる!
 このままでは世界はおちんぽ獣によって支配されてしまう!

 そんな中、政府はおちんぽ獣に対抗する組織を設立。
 おちんぽ獣を過度な射精により腹上死させ駆除する組織――おちんぽハンター協会。
 そしておちんぽハンター協会に属する少女のことを人はドスケベと呼ぶのだった。

 これは数奇な運命によりおちんぽハンターになってしまった一人の少女の物語である。

2 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:51:00 ID:5U6ppfeo
全12話+if敗北ルートの構成です(敗北ルートは完結後に載せます)
少し長めなので数日かけて少しずつ投下していきます

3 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:51:52 ID:5U6ppfeo
試験官♀「ではこれより最終試験を行う」

 ここはおちんぽハンター協会の試験会場。
 試験官の前に並ぶ4人の少女は、おちんぽハンターを目指し試験を受けに来た者達。
 第一次試験『おちんぽ汁避け』
 第二次試験『おちんぽ汁ソムリエ』
 第三次試験『おちんぽ割り』
 その全てを合格してきた猛者揃いだ。

メスガキ「ふふん、最終試験もラクショーだし!」

おしとやか「お家のためにも頑張らなくては……」

兎娘「うるさいですね……」

ビッチ「なんでもいいから早くヤらせてよw」

 試験官♀は全員を一瞥した後、最終試験の内容を告げた。

試験官♀「最終試験はこの4人でイカせ合ってもらう!」

4 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:52:42 ID:5U6ppfeo
 ――イカせ合い。

 その資質はおちんぽハンターにとって最も重要な物である。
 その理由はおちんぽ獣の特殊能力にある。

 おちんぽ獣は交尾バトルによって絶頂させた雌を支配する能力を持っている。
 つまりおちんぽハンターは絶頂に耐えながらおちんぽ獣を射精させなければならないのだ。

試験官♀「最終試験を通過できるメスは2名!」

試験官♀「イカせ合いに負けるようではおちんぽハンターになることは認められん!」

試験官♀「脱落アクメした者はおちんぽハンター協会の性処理係になってもらうからな」

おしとやか「ごくり……」

メスガキ「よゆーw」

ビッチ「面白くなってきたじゃん♪」

兎娘「うるさいですね……」

5 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:53:21 ID:5U6ppfeo
試験官♀「最終試験は密閉された部屋の中で行う」

試験官♀「制限時間は30分。それまでに決着がつかなければ……私が全員を失格アクメさせる」

試験官♀「では私がこの扉を閉じた瞬間から試験開始だ。試験終了まで決して開かないからな」

試験官♀「試験開始!」バタン!

 最終試験が始まった!


ビッチ「はっ、速攻でヤってやるし!」

兎娘「うるさいですね……」

 ビッチ VS 兎娘


メスガキ「お姉さん、トロトロに溶かしてあげる♡」

おしとやか「……推して参る!」

 メスガキ VS おしとやか

6 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:54:15 ID:5U6ppfeo
メスガキ「せんてひっしょー!」ガバッ

おしとやか「しまった!」

 メスガキはメスガキ特有の素早さでおしとやかの背後に回る。
 そして手足を使い、おしとやかの肢体を絡めとった。

メスガキ「これが私の必勝パターン♡ メスガキロックだよ♡」

おしとやか「くっ……動けません!」

 もがくおしとやかにメスガキの魔の手が迫る。

メスガキ「くらえ〜っ! メスガキ愛撫!」シュババババ

 胸から腰にかけて、メスガキはおしとやかの身体を優しく撫で回した。

おしとやか「あああああーーーーっ♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「!?」

 するとおしとやかは凄まじい動きで全身を痙攣させ、その勢いでメスガキを弾き飛ばした。

メスガキ「お、お姉さん感じやすいんだね……。メスガキロックが外れちゃった」

おしとやか「はぁはぁ……今回ばかりは感度の高さに助けられました」

7 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:55:06 ID:5U6ppfeo
≪異常感度≫ エクスタシー

 おしとやかは通常より数百倍高い感度をその身に宿している。
 一見するとおちんぽハンターには不向きな体質であるが、その実態は逆。
 快楽が強すぎて逆に絶頂することが出来ない防御力。
 痙攣により拘束技から抜け出す脱出力。
 そして――


メスガキ「にゃっ、にゃにこりぇぇぇぇぇぇ♡♡♡」ビクビク

おしとやか「――――お返しです」

 自身の感度が高いゆえに相手の弱点が分かる――分析力。
 おしとやかはたったひと撫ででメスガキを絶頂寸前まで追い詰めていた。

メスガキ「くそぉ……♡」ガクガク

おしとやか「勝負有りです。大人しく降参アクメして下さい」

メスガキ「…………」

おしとやか「……どうやら、まだヤるようですね」

おしとやか「聞き分けのない子はお仕置きです……よぉぉぉぉ!?♡♡♡」ビクッ!!

おしとやか(こ、この快楽は!? いつの間に!?♡)

8 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:55:52 ID:5U6ppfeo
メスガキ「黙ってヤられてるだけだと思った? お姉さん♡」


≪主導権≫ イニシアチブ

 メスガキはどんなに劣勢でも決して流されず、主導権を握ろうとする。
 どれほどの快楽を受けようとも決して怯まず即座に攻勢へ移り、攻め、主導権を握り直す。
 それこそがメスガキの強みなのだ。


おしとやか(こっちはひと撫でしただけなのにいつの間に反撃を……?)

おしとやか(どうやら遠距離での愛撫手段を持っているようですね……♡)


メスガキ(なんとか主導権は取り返せたけど……正直もう限界♡)

メスガキ(次はきっと耐えらんにゃい♡)


メスガキ&おしとやか(次の攻撃でキマる……♡)

9 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:56:41 ID:5U6ppfeo
 一方その頃。

兎娘「」ビクンビクン

ビッチ「はい、決着と♪」

ビッチ「向こうもそろそろ終わりそうね。これで試験終了かー」

ビッチ「…………ん?」

 ビッチが目を向けた先には、閉じた扉を叩く1人の少女がいた。

???「開けて下さーい! 私は試験参加者じゃないんですー!」ドンドン

ビッチ(どうやら部外者が入り込んでたみたいね♡)

ビッチ(あーしの相手、すぐ終わっちゃってつまんなかったからちょっとつまみ食いしちゃお♡)ジュルリ

???「開けて下さーい!」ドンドン

ビッチ「ねぇ、そこのあんた」

???「あ、参加者の方ですか? 貴女からもここを開けるように言ってくださいよー!」

ビッチ「いいわ。開けてあげる……」


ビッチ「あんたのまんこをね!!!」バッ!!

10 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:57:22 ID:5U6ppfeo
???「なっ!? ひいぃっ!!」シュバッ

ビッチ(避けた!? あーしの即淫を!?)


≪即淫≫ ヤリマン

 予備動作無しでヤるビッチの速攻技。


ビッチ「へぇ……あんた、ただ者じゃないっぽいね」

???「い、いきなり何をするんですか!」

ビッチ「燃えてきた! いっちょヤってやんよ!」バッ!!

???「ひいっ! また来たぁ!!」

ビッチ(また避けられた!?)

???「や、ヤる気ならこっちだって反撃しますよ……!」

ビッチ「やっぱり……ただ者じゃなさそう♡」ジュル

11 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:57:56 ID:5U6ppfeo
???「えーい! 愛撫攻撃ー!」

ビッチ「はっ、そんな遅い攻撃くらうかよ!」バッ!!

???「避けられちゃった……」

ビッチ(見たところ性技は素人同然。こっちの攻撃が当たりさえすれば余裕勝ち♡)

ビッチ(でも……)

???「うわぁ! ヤらないでぇ!」シュバッ!!

ビッチ(こっちの攻撃も全部避けられる……! これじゃあいつまで経ってもヤれないじゃん!)

???「はぁはぁ……! も、もうやめてください!」

ビッチ(……いや、待てよ?)ニヤァ

12 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:58:28 ID:5U6ppfeo
ビッチ「おりゃーー♡♡」シュババババ

???「ひぃっ! 連続攻撃しないでぇ!」シュババババ

ビッチ「これも全部避けられたか。でも……♡」

???「はっ、壁が!」

 部外者の少女は閉じた扉に向かって壁側に立っていた。
 そこからビッチに誘導されるように攻撃を回避させられたため、部屋の角まで追い詰められてしまったのだ!

ビッチ「壁とあーしに挟まれたらもう避けられないでしょ♡」

???「そ、そんなぁ……」

ビッチ「とどめだ! まんこ出せっ♡」バッ

???「や、やめてぇ!!」

 飛び掛かり、少女の股間を下着越しに掴むビッチ。

ビッチ「え?」

 そこにあったのは――あるはずのない感触。

13 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:59:07 ID:5U6ppfeo
???「やめてって言ったのに……。もう怒りましたよ」

ビッチ「な、なんであんた……こんなものが」

???「私の興奮が治まるまで……付き合ってもらいます」

ビッチ「よ、よせ……!」

ビッチ「それをあーしに近づけるなァァァーーーーーー!!!」

 攻撃を仕掛ける瞬間――それが最も攻撃を食らいやすい瞬間。
 ビッチは両腕を掴まれ、もはや逃げることも適わない。

???「さあ――咥えてもらいますよ」

ビッチ「っ!? んんーっ!?」ジタバタ


 ビッチが触れてしまったもの。咥えさせられてしまったもの。

 それは紛れもない――



 ――――おちんぽだった。

14 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 01:59:54 ID:5U6ppfeo
試験官♀「30分経過! これをもって最終試験終了とする!」ガチャッ

試験官♀「ほう……生き残ったのはこの2人か」

???「へ?」

メスガキ「はぁはぁ……お、終わったの?」

おしとやか「」ビクンビクン

メスガキ(耳に息吹きかけたら勝てた……。強い快楽には耐えられても弱い快楽には負けちゃったね♡)

試験官♀「合格者は私についてこい! おちんぽハンター許可証を発行する!」

???「ちょっと待ってください! 私は試験参加者じゃないんです!」

試験官♀「それは承知の上だ。貴様は試験参加者を倒した」

ビッチ「はひぇ……♡」ビクンビクン

試験官♀「つまりおちんぽハンターになる資格は十分にあるということだ」

???「で、でも……わたし」

???「おちんぽ生えてるんです!!」

試験官♀「なっ!?」

メスガキ「お、おちんぽ!?」

15 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:00:37 ID:5U6ppfeo
試験官♀「貴様……! どういうことだ!? 返答によってはアクメだぞ!?」

???「私……生まれつきおちんぽが生えてる女の子なんです」

試験官♀「そういうことか……」

メスガキ「ふたなりってことね」

ふたなり「はい」

試験官♀「おちんぽ娘がおちんぽ獣と戦う……面白いじゃないか」

ふたなり「えぇ……」

試験官♀「だがおちんぽが生えてることに不信感を持つ者もいるかも知れない」

試験官♀「貴様におちんぽが生えていることはこの場にいる者だけの秘密だ。責任は私が持つ!」

試験官♀「だから……おちんぽが生えていようが関係ない! 貴様はおちんぽハンターだ!」

ふたなり「で、でも」

試験官♀「問答無用! おちんぽ許可証発行!」シュビン!!

ふたなり「ああ許可証が発行されちゃった。これで私はもうおちんぽハンターだ」

16 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:01:20 ID:5U6ppfeo
メスガキ「ま、ハンターになれるならいいじゃん。衣食住完備で月給100精だし」※精=この世界の通貨

ふたなり「それはそうだけど……大丈夫なのかなぁ」

試験官♀「不安か。だが見てみろ。貴様のおちんぽを」

ふたなり「え?」

 ふたなり娘のちんぽはギンギンに勃起していた。天高く。

メスガキ「きも」

試験官♀「貴様のおちんぽはこれから起こる戦いに期待しているようだぞ?」

試験官♀「なのに貴様が不安になっていてどうする! お前はお前のおちんぽを信じられないのか!?」

ふたなり「…………分かりました。私も覚悟を決めます」

ふたなり「私、おちんぽハンターになる!!」


第1おちんぽ 完

17 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:02:07 ID:5U6ppfeo
〜次回予告〜

 晴れておちんぽハンターになった2人に待ち受ける更なる試練!
 えぇ〜っ!? 部屋が同室!? 隣り合わせのベッドぉ!?
 しかも訓練でえっちすることになって……
 一体どうなっちゃうの〜!?

 次回! おちんぽ2本目『2人で特訓☆ おちんぽ挿入なるか!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

18 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:07:29 ID:5U6ppfeo
おちんぽ2本目『2人で特訓☆ おちんぽ挿入なるか!?』


 最終試験に合格したふたなり娘とメスガキは、協会内のおちんぽハンター宿舎へ向かっていた。

メスガキ「ところでふたなりはどうして最終試験の会場にいたの?」

ふたなり「隠れていたの。私、昔からおちんぽ獣に間違われることが多くて……」

メスガキ「そっか。おちんぽ生えてるもんね」

ふたなり「あっ、あれが私達の部屋じゃない?」

 宿舎の一室に入る2人。
 部屋の中には一通りの家具・淫具が揃えられており、フカフカのベッドが隣り合わせで置かれていた。

ふたなり「わぁ〜ステキな部屋だね! メスガキちゃん!」

メスガキ「…………」プルプル

 喜ぶふたなり娘に対し、何故か顔を真っ赤にするメスガキ。

19 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:08:22 ID:5U6ppfeo
メスガキ「ちょっと! ベッドが隣り合わせってどういうことよ!」

ふたなり「え、私の隣じゃダメなの……?」ショボン

メスガキ「い、いや別にあんたのこと嫌ってるとかじゃないけど!」

メスガキ「おちんぽと一緒に寝てて間違いがあったらどうするのよ!」

ふたなり「ああその点なら大丈夫。私、巨乳派だから」

メスガキ「どういう意味よ!」ペターン

ふたなり「あははは」

スピーカー『館内放送だ。ふたなりとメスガキは訓練室に来るように』

ふたなり「あ、呼ばれてるよ」

メスガキ「ちょっと! まだ話は終わってないわよ!」

20 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:09:18 ID:5U6ppfeo
 〜訓練室〜

試験官♀「遅いぞ2人とも! 一分の遅れは一回のアクメに繋がるという格言を知らんのか!」

ふたなり「すみません!」

メスガキ「ごめんなさーい」

試験官♀「全く……。ではこれより交尾バトルの訓練を始める!」

ふたなり「交尾バトル?」

メスガキ「あんたそんなことも知らないの?」

試験官♀「いや、彼女は正規の手順でハンターになったわけではないからな。知らないのも無理はない」

 交尾バトル。
 それはおちんぽ獣との交尾を用いての戦いである。

試験官♀「簡単に説明するとこんなところだ」

ふたなり「はえー」

メスガキ「簡単すぎない?」

21 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:10:21 ID:5U6ppfeo
試験官♀「おちんぽハンターはおちんぽ許可証によってハンター衣装に変身することが出来る」

メスガキ「確かハンター衣装にはコンドームの役割があって、いくら射精されても完全避妊できるのよね」

試験官♀「その通りだ。よく勉強しているな、メスガキ」

ふたなり「すごいメスガキちゃん」

メスガキ「ふふん」

試験官♀「だがおちんぽハンター衣装は、装着者の絶頂によって解除されてしまう」

試験官♀「つまりおちんぽ獣との戦いで先に絶頂してしまえば……」

メスガキ「妊娠させられるってことね……」

ふたなり「解除されないようには出来ないんですか?」

試験官♀「技術的な問題で不可能だ」

ふたなり「技術的な問題かぁ……」

22 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:11:21 ID:5U6ppfeo
試験官♀「今回の訓練では実際にハンター衣装を装着して模擬交尾バトルをしてもらうぞ」

ふたなり「変身ってどうやるんですかー?」

メスガキ「許可証を上に掲げてセックス!って叫ぶのよ。常識よ」

ふたなり「えぇ……」

メスガキ「セックス!!」

 メスガキが叫んだ瞬間、許可証から発せられた光が彼女を包み込む。
 変身中のお約束でメスガキはまず裸になり、そこからひとつひとつ衣装が装着されていく。
 性器の部分だけ空いたレオタード。首元のリボン。そして猫耳としっぽ。

メスガキ「おちんぽハンターメスガキ! さんじょー!」キラーン

試験官♀「うむ。見事な変身だ」

ふたなり「えっちだ」

試験官♀「ではふたなり! お前も変身してみせろ」

ふたなり「は、はい……セックス!!」

23 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:12:19 ID:5U6ppfeo
 ふたなり娘の衣装はノーパンノーブラでフリルセーラーとクッソ短いスカートだった。

ふたなり「おちんぽでスカートが持ち上がっちゃうよぉ……」

試験官♀「よし、では2人でセックスしろ!」

メスガキ「えぇ!? ちょっと待ちなさいよ!」

試験官♀「模擬交尾バトルをすると言っただろう」

メスガキ「模擬交尾バトルはおちんぽラブドールとやるって教科書で見たんだけど!?」

試験官♀「本来はな。でも今回はリアルおちんぽがあるのだからそっちの方がいいだろう」

ふたなり「私……メスガキちゃんとならいいよ?」ギンギン

メスガキ「いやーーーっ!!」ダッ

試験官♀「あっ、こら、待て!」

ふたなり「私、追いかけます!! 試験官は待ってて下さい!」ダッ

試験官♀「全く、2人ともいなくなってしまうとは……」ヤレヤレ

試験官♀「…………」

試験官♀「ふたなりのおちんぽ……大きかったな」クチュクチュ

24 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:13:09 ID:5U6ppfeo
ふたなり「メスガキちゃーん!!」

 メスガキは自室の隅で座り込んでいた。

メスガキ「……なによ。私のこと笑いに来たんでしょ」

ふたなり「笑う? どうして?」

メスガキ「おちんぽハンターになったのに、いざおちんぽするとなるとビビって逃げ出したからよ!」

メスガキ「こんな私におちんぽハンターの資格はないのかもね。あの試験で落ちてればよかった」

ふたなり「メスガキちゃんのバカ!」チンポビンタ!!

メスガキ「っ!!」

ふたなり「誰だって初めてのセックスは怖いよ! でもね、セックスは気持ちいいの!」

メスガキ「……ふたなり」

25 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:13:55 ID:5U6ppfeo
メスガキ「私が間違ってた。ヤろう、今ここで」

ふたなり「え、訓練室じゃなくて?」

メスガキ「2人の部屋でえっちするの。その方が興奮しない?」

ふたなり「確かに」

メスガキ「それじゃあ……いざ!」

ふたなり&メスガキ「交尾バトル!」


 ふたなり VS メスガキ


ふたなり「そ、それじゃあ挿れるよ……メスガキちゃん」

メスガキ「うん……いいよ」

26 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:14:40 ID:5U6ppfeo
ふたなり「あ、あぁ〜ッ!」ドピュドピュドピューッ!!

メスガキ「え」

 いざ挿入しようとふたなり娘であったが、メスガキの膣口に亀頭が触れた瞬間。
 勢いよく、そして情けなく射精してしまうのであった。

ふたなり「はふぇ……♡」ビクビク

メスガキ「えぇ……」

ふたなり「じ、実はフェラはしてもらったことあるんだけど……挿入は初めてだったの♡」

ふたなり「気持ちよかった……♡」ビクッ

メスガキ「いや、挿れられてないんだけど!?」

ふたなり「Zzz...」スピー

メスガキ「寝るなぁ!!」ポカポカ

27 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:15:16 ID:5U6ppfeo
試験官♀「あっ♡ あっ♡ ふたなりのおちんぽで抉られるっ♡」クチュクチュ

試験官♀「んぐっ♡ も、もうイク……っ♡」ビクビクッ!!

試験官♀「…………」

試験官♀「………………ふぅ」フキフキ

試験官♀「あいつら、遅いな……」

試験官♀「……」

試験官♀「もっかいシよ」クチュクチュ


第2おちんぽ 完

28 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:16:05 ID:5U6ppfeo
〜次回予告〜

 性処理中におちんぽハンターの先輩に出会っちゃった!
 このままじゃふたなりおちんぽ持ちだってバレちゃう!?
 どうにか誤魔化すために思ってもみないことを口走っちゃって……
 新たな恋の予感!?

 次回! おちんぽ3本目『見学☆ 先輩ハンターの交尾バトル!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

29 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:19:04 ID:5U6ppfeo
すみません
最初に書くべきだったのですが本SSには少し特殊な性癖が出てくるので苦手な方は注意してください
メインは百合・ふたなり・バトルです

30 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:38:12 ID:5U6ppfeo
おちんぽ3本目『見学☆ 先輩ハンターの交尾バトル!!』


〜性処理部屋〜


ふたなり「あっあっ♡ 性処理まんこ気持ちいいよぉっ♡」パンパン

おしとやか「おぉっ♡ おんっ♡ やめっ♡ やめてくださいましっ♡ おほぉ♡」ビクビク

ふたなり「あぁぁ〜〜〜♡」ドピュドピュドピューッ!!

おしとやか「イグゥゥゥ♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「ふぅ……」

???「よお、やってるな新人」

ふたなり「!?」

オレ娘「貝合わせか? オレはB級ハンターのオレ娘。お前らの先輩ハンターだぜ」

ふたなり「あっハイ。貝合わせです」

ふたなり(私がおちんぽ持ちだってことは内緒にしないとね……)

 ふたなり娘はちんぽを挿入したままにして隠すことにした。

31 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:38:55 ID:5U6ppfeo
オレ娘「おいおい、先輩が来たってのに貝合わせし続けるかね?」

ふたなり「あっ、いや、その。いまイイところで」

おしとやか「アヘェ♡」

オレ娘「ふーん……。そいつそんなにイイのか?」

ふたなり「えっ!? あっ、はい。サイコーですよ、えへへ」

オレ娘「じゃあオレにもちょっと貸してよ」

ふたなり「えっ!?」

ふたなり(抜いたら私がおちんぽ持ちだってバレちゃうのに!)

オレ娘「どうした? まさか先輩に性処理係を貸せないってことはないよな?」

ふたなり「えーとえーと……」

オレ娘「おい」

32 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:39:34 ID:5U6ppfeo
ふたなり(ええい、ままよ!)

ふたなり「わ、私はおしとやかちゃんを愛しているんです! だから先輩には貸せません!」

オレ娘「!?」

おしとやか「!?」

ふたなり「!?」

オレ娘「そ、そうだったのか……。それはすまなかったな」

おしとやか(ふ、ふたなりさん……私のことが好きだったなんて……)ポッ

ふたなり「あ、あはは」

33 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:40:16 ID:5U6ppfeo
オレ娘「じゃあオレは隣の部屋にいるビッチを使うことにするよ。またな後輩」

ふたなり「ふーっ、なんとかなった……」

おしとやか「あ、あの……ふたなり様」

ふたなり「え?」

おしとやか「また……性処理に来てくださいね?」カァァ

ふたなり「え?」

 こうしておしとやかはふたなり専用肉便器になった。

おしとやか「お慕いしております」ポッ

おしとやか「あ、それとメスガキさんに会ったら伝えておいて下さい。調子乗んなよ、と」

ふたなり「う、うん」

34 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:41:29 ID:5U6ppfeo
スピーカー『緊急おちんぽ警報発動! B級おちんぽ獣が出現!』

ふたなり「!!」

おしとやか「おちんぽ警報ですわね。新人ではB級おちんぽの荷は重いですし避難した方がよろしいですよ」

ふたなり「うん、そうする。ありがとう、おしとやかちゃん!」

おしとやか「ふたなり様、どうかお気を付けて……」


〜廊下〜

ふたなり「さて自室に避難しようかな」

オレ娘「ハッハー! B級おちんぽ獣か! 相手にとって不足はないゼ!」

ふたなり「あ、さっきの先輩。隣の部屋にいたんだっけ。覗いてみよ」

ビッチ「」ビクビク

ふたなり「う、うわ。ビッチちゃんすごいことになってる」

オレ娘「おっ、新人! そうだ、お前……オレの戦いを見ていかないか?」

ふたなり「えっ!?」

35 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:42:13 ID:5U6ppfeo
オレ娘「実際に戦うところを見学するんだよ。今後の参考になるだろ?」

ふたなり「で、でも危ないんじゃ……」

オレ娘「なーに安心しろって、オレが守ってやるからさ!」

ふたなり「うーん……」

メスガキ「なになに? なにやってんの?」

オレ娘「おっ、もう1人の新人も来たか。実はかくかくしかじかでな」

メスガキ「えっ、見学!? おもしろそー! 行こうよ!」

ふたなり「メスガキちゃんが行くなら……」

 こうして3人は出動するのだった。

36 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:43:07 ID:5U6ppfeo
おちんぽ「ピギィィィィィィィィィ!!」

ふたなり「ひえっ、本物のおちんぽ獣だ……」

 3人は物陰から標的のおちんぽ獣を観察していた。

メスガキ「私も実際に見るのは初めて。すごい……♡」

オレ娘「それじゃあいっちょやってやるかぁ!」ザッ

 物陰から姿を現しおちんぽ獣へと近づいていくオレ娘。
 その様子に気が付いたおちんぽ獣が先走り汁を出して威嚇する。

おちんぽ「ピギィィィィィィィィィ!!」ピュッ

オレ娘「ソッコーで片付けてやるぜ……セックス!!」ピカーッ!!

ふたなり「出た! オレ娘先輩の変身出たよこれ!」

メスガキ「B級ハンターの変身……これは見ものね」

37 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:43:57 ID:5U6ppfeo
オレ娘「サクっと抜いてサクっと終わらせる!」キメポーズ

ふたなり「あぁ〜〜〜変身衣装の陸上ユニフォームと腹筋えろいんじゃ」ギンギン

メスガキ「ちょっと狭いんだから勃起しないでよ!」

ふたなり「ごめん」

おちんぽ「ピギィィィィィィィィィ!!」

オレ娘「へへへ……」

メスガキ「両者ヤる気満々ね……」

ふたなり「目とおちんぽが離せないよ……」

オレ娘「かかってきな! 射精させまくってやるぜ!」

38 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:44:49 ID:5U6ppfeo
オレ娘「んおおおおぉぉぉぉぉぉっ♡♡♡ イクッ! イクッ!」ビクンビクン!!

オレ娘「後輩共の前で乳首シコられながらケツアクメキメるぞォ!」ビクビクビクーッ!!

メスガキ「そ、そんな……あの先輩が負けちゃうなんて!」

ふたなり「あのタイプはアナルが弱いからね」

メスガキ「そんなこと言ってる場合じゃないわよ! 先輩が負けたってことは……」

おちんぽ「ピギィィィィィィィィィィ!!」チラッ

メスガキ「次の標的は私達なのよ!?」

ふたなり(ヤバい)

おちんぽ「ピギィィィィィィィィィ!!」

メスガキ「た、戦うしかないの!? でも相手はB級……私達に勝ち目は」

ふたなり「そういえば私達って何級なの?」

メスガキ「一番下のZ級」

ふたなり「終わったわ」

39 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:45:33 ID:5U6ppfeo
???「下がってて」

 突如2人の前に何者かが降り立つ。

ふたなり「え? 誰?」

メスガキ「あれは……!」

???「闇夜の快楽に狂え――セックス!」ピカーッ!!

ふたなり「あの人もおちんぽハンター!? す、すごい。えっちなぴちぴち黒スーツとマントだ」

メスガキ「あの人は世界に3人しかいない特A級ハンター、中二眼帯さんよ!」

中二眼帯「汝に白濁の裁きを与えん――」シコッ

おちんぽ「ピギャァァァァァァァァァァァ!!」ドピューッ!!

ふたなり「す、すごい……たったひとコキでおちんぽ獣を倒した!」

40 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:46:29 ID:5U6ppfeo
中二眼帯「貴女たち」

ふたなり&メスガキ「は、はい!」

中二眼帯「そこに倒れている聖天使を介抱して上げなさい。不浄の穴を犯されただけだから身籠ってはいない筈よ」

ふたなり「せ、聖天使……?」

メスガキ「バカ、オレ娘先輩のことよ! 中二眼帯さんは独特の世界観をお持ちなの!」

中二眼帯「それでは――御機嫌よう」スゥゥ...

ふたなり「や、闇に消えていった……。すごい」

オレ娘「アヘェ♡」

メスガキ「さ、次のおちんぽ獣が出ない内に先輩を助けて帰るわよ!」

ふたなり「う、うん」

41 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:47:12 ID:5U6ppfeo
〜おちんぽハンター協会〜


オレ娘「今日はみっともないとこ見せちまったな」

ふたなり「いえ、あまり気にしないで下さい。えっちだったので」

メスガキ「おい」

オレ娘「オレはイチから鍛え直すことにするぜ。今度こそ先輩らしい姿を見せられるようにな」

ふたなり(もっとえっちな姿見れるのかな……)

オレ娘「じゃあな、後輩ども!」タッタッタ

ふたなり「さようなら、先輩! また!」

メスガキ(……あの人、なんだったんだろう)

試験官♀「コラ! お前たち!」

メスガキ「げっ」

42 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:47:47 ID:5U6ppfeo
試験官♀「私に黙っておちんぽ獣を見に行ったそうだな!」

試験官♀「まだ実力も経験も足りないというのになんて危険な真似を!」

ふたなり「ご、ごめんなさい」

試験官♀「謝っても許さん! 罰として膣トレ100セットだ! ふたなりはチントレな!」

ふたなり&メスガキ「そんな〜〜〜〜〜〜〜〜」

試験官♀「全く……心配させおって」

メスガキ「え? 今なんて?」

ふたなり「なんか私達のこと心配してたらしいよ」

試験官♀「ばっ、貴様っ、ぐっ、馬鹿者! 膣トレとチントレ200セットに変更だ!」

ふたなり&メスガキ「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

43 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:48:36 ID:5U6ppfeo
〜特A級宿舎〜

中二眼帯「――帰還したわ」

ペドロリ「おかえり〜〜」

お姉さん「で、どうだった? あの子の様子は」

中二眼帯「…………素質は十分。後は女神の気紛れ次第」

ペドロリ「なにそれ。わかんないよ〜」

お姉さん「中二眼帯が新人を褒めるなんて珍しいわね。それならあの子も、いずれ上がって来るのかしら」

お姉さん「――――特A級に」


第3おちんぽ 完

44 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 02:49:09 ID:5U6ppfeo
〜次回予告〜

 やった〜! 遂に初の実戦任務!
 メスガキちゃんと一緒におちんぽをやっつけに行くよ!
 でも色々トラブルが起こってなんだか先行き不安……!?
 負けちゃったらどうしよう〜!?

 次回! おちんぽ4本目『初の実戦☆ おちんぽんぽんぽん!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

45 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:01:26 ID:5U6ppfeo
おちんぽ4本目『初の実戦☆ おちんぽんぽんぽん!!』※敗北ルート有り


 ふたなりとメスガキがおちんぽハンターになってから1ヶ月が過ぎた。
 2人は数々の訓練を乗り越え、ようやく実戦が許可されようとしていた。

試験官♀「ここまでよく頑張ったな2人とも」

ふたなり「はい!」 メスガキ「はーい」

試験官♀「これで研修期間は終わりだ。今後は実戦任務に就いてもらう」

ふたなり「今までって研修期間だったんだ」 メスガキ「だったんだ」

試験官♀「早速初の任務だ。公園に現れたZ級おちんぽ獣を駆除してきてくれ!」

ふたなり「了解!」 メスガキ「りょーかい!」

試験官♀「いざ行け! おちんぽハンター!!」

46 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:02:08 ID:5U6ppfeo
ふたなり「よーし出発だ!」

メスガキ「ちょっと待って」

ふたなり「なに?」

メスガキ「研修期間とはいえ一ヶ月経ったから、月収が振り込まれてるはずよ」

ふたなり「そういえば給料出るんだっけこれ」

メスガキ「まずはお店で装備を整えよう!」

ふたなり「RPG染みてきたな」

47 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:02:39 ID:5U6ppfeo
武器屋♀「いらっしゃい」

ふたなり「武器屋て」

メスガキ「対おちんぽ獣用のショックボムをちょうだい」

ふたなり「なにそれ……」

武器屋♀「ショックボムは10精だよ」※精=この世界の通貨

メスガキ「買った!」

武器屋♀「そっちのお嬢さんはなにか買わないのかい?」

ふたなり「えーと、じゃあその長い棒は? 武器になりそう」

武器屋♀「これはアタシの玩具なんだけど……」

ふたなり「あ、そうですか……(気まずい)」

 ふたなり娘は何も買えなかった。

48 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:03:17 ID:5U6ppfeo
メスガキ「じゃあ現場に向かおっか。おちんぽデバイスはちゃんと持ってきた?」

ふたなり「え、これのこと?」

 ふたなり娘は事前に試験官♀から渡されていた端末を取り出す。

メスガキ「そうそれ。おちんぽデバイスを使えば周辺のマップやおちんぽの情報が見れるのよ」

ふたなり「へぇ。ちょっと弄ってみよ」ピッ

メスガキ「強制絶頂ボタンもあるから気を付けてね」

ふたなり「ああぁぁぁぁ〜〜〜ッ!!」ドピュドピュドピューッ!!

メスガキ「あらら」

ふたなり「な、なんなのこのボタン……♡」

メスガキ「強制絶頂ボタンだってば」

49 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:04:02 ID:5U6ppfeo
 そんなこんなで2人は公園までやってきたのだった。

メスガキ「全く、人の話を聞かないんだから」

ふたなり「ごめんごめん」

メスガキ「さて、この公園におちんぽ獣がいるはずだけど……」

ショタA「わーいわーい」

ショタB「わーいわーい」

ショタC「わーいわーい」

ふたなり「ショタしかいないね」

メスガキ「どこかに隠れてるのかな」

ふたなり「……ちょっと待って、メスガキちゃん! これはおかしいよ!」

メスガキ「ふぇ?」

50 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:04:52 ID:5U6ppfeo
ふたなり「新型ウイルスPENIS-19によって全男性の9割はおちんぽ獣になったはず!」

メスガキ「う、うん」

ふたなり「それなのに公園に3人もショタがいるなんて絶対おかしい!」

メスガキ「!!」

ショタA「ククク……」

ショタB「気付いたようだな……」

ショタC「そう、我らは全員おちんぽ獣よぉ!!」

 ショタ達は正体を現す!!(ショタだけに)

おちんぽA「ピギィィィィ!!」

おちんぽB「ピギィィィィ!!」

おちんぽC「ピギィィィィ!!」

メスガキ「お、おちんぽ獣が3匹も……!?」

51 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:05:44 ID:5U6ppfeo
ふたなり「おちんぽ獣が3匹もいたなんて……!」

メスガキ「2対3じゃ不利ね。どうしよう……」

おちんぽ「ククク、嬲りアクメさせてやるぜ……」

???「お待ちなさい!!」

ふたなり「そ、その声は!?」 メスガキ「まさか!?」

おしとやか「性処理係からハンターに大抜擢! おしとやかの登場です!」

ふたなり「おしとやかちゃん!」

メスガキ「なんで!?」

おしとやか「ふたなり様、私……貴女への愛で蘇りましたわ」ポッ

おちんぽ「ふん、何人増えようが同じことだ! いざ、交尾バトル!」

メスガキ「くるよ! みんな、変身して!」

52 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:06:41 ID:5U6ppfeo
ふたなり「負けないよ! ――セックス!」

メスガキ「よゆーで勝ってみせる! ――セックス!

おしとやか「流れる精液が女を彩る! ――セックス!」

 おちんぽハンター許可証を掲げ、3人同時に変身する。 ※セックスは変身の掛け声

ふたなり「わぁっ、おしとやかちゃんの衣装は着物なんだ! えっちだね♡」

おしとやか「ありがとうございます、ふたなり様……」ポッ

メスガキ「話はあとにしなさい! くるわよ!」

おちんぽ「ピギィィィィィィィ!!!」ピュピューッ!!

 おちんぽ獣たちが先走り汁を出しながら突撃してきた!!

53 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:07:58 ID:5U6ppfeo
メスガキ「うぎっ!?♡」

 先手を取られバックから挿入されてしまうメスガキ。

おちんぽA「ククク……これは勝負あったな」パンパン

メスガキ「くっ……つ、突かないでぇ♡」ビクビク

 おちんぽ獣はメスガキを無視して膣内で暴れまくる!

おちんぽA「フハハ! くらえピストン連打!」パンパン

メスガキ「う…………っ♡」

おちんぽA「終わりだ!」パンパン

メスガキ「そっちがね♡」

おちんぽA「な、なに!?」

 どれだけ責められても即座に反撃し、主導権を取り返す。
 それがメスガキ固有の能力≪主導権≫イニシアチブ。

 メスガキは一方的に責められていたように見せかけ、実は膣内を微妙に動かすことで反撃していた。
 それに気付かずおちんぽを動かし続けていたおちんぽ獣に待ち受けていたのは――
 ――耐えがたい激しい射精であった。

おちんぽA「ぐ、ぐああああ〜〜〜〜ッ!」ドピュリンコ!!

メスガキ「悪いけどもうおちんぽには慣れっこなの♡ あの子のおかげでね」

54 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:08:48 ID:5U6ppfeo
おちんぽB「くっ、くそぉなんだこの女ァ!!」パンパン

おしとやか「ああっ♡ すごいっ♡ 気持ちいいですっ♡」ビクビク

おちんぽB「めちゃくちゃ感じてるのに全く絶頂する気配がねェ!!」パンパン

おしとやか「ふふふ……これが私の能力≪異常感度≫です」ビクンビクン

おしとやか「強すぎる快楽は逆に女を高みから遠ざける……」ビクンビクン

おちんぽB「くっ、ならもっと激しく犯してやるっ!!」パンパンパンッ!!

おしとやか「あはっ♡ 優しさを知らないおちんぽ獣では私を果てさせることは出来ませんわ♡」ビクビク

おちんぽB「あああああ〜〜〜〜ッ!!」ドッピュラー!!

おしとやか「ふふふ、もうおしまいですの?」

おしとやか「自らの激しさに呑まれ射精してしまうなんて……獣にふさわしい末路ですわね♡」

55 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:10:03 ID:5U6ppfeo
おちんぽC「なんだこの女……俺達の仲間なのか?」

ふたなり「私のおちんぽを貴方たちと一緒にしないで! このおちんぽは正義のおちんぽなの!」ムスッ

おちんぽC「なんだか知らんがまんこは付いてるみたいだし犯してやるぜ!」ズプッ!!

ふたなり(しまった! 挿れられた!)

おちんぽC「へっ! ちんぽが付いてる分イイ締まりだぜ!」パンパン

ふたなり「くっ……♡ これが犯される快楽……♡」

ふたなり「こんなの我慢できにゃいよぉ♡」シコシコ

おちんぽC「ははっ自分で自分のちんぽを扱きだしやがった。この女は終わりだな」パンパン

ふたなり「イ……イグッ♡♡♡」ドピュピューッ!!

おちんぽC「瞬殺だぜ!」

56 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:10:44 ID:5U6ppfeo
メスガキ「そ、そんな……ふたなりがイカされるなんて」

おしとやか「ふたなり様……! なんとおいたわしい……」

ふたなり「はひぇ……♡」ビクンビクン

おちんぽC「おらっ、孕め!!」ビュビューッ!!

ふたなり「あちゅいのきてりゅぅぅ♡♡♡」ビクッビクッ

おちんぽC「これでこの女は孕んだ……。残りの2匹も俺様が片付けてやるぜ」

メスガキ「くっ、ふたなりの仇は私が討つ!」

おしとやか「いいえ、この私が!」

メスガキ「私よ!」

おしとやか「私ですわ!」

ふたなり「……だ、だよ」

メスガキ&おしとやか「え?」

ふたなり「まだ、だよ♡」

57 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:11:28 ID:5U6ppfeo
ふたなり「まだ私、ヤれるよ!」

おちんぽC「なんだと!? おちんぽ獣にイカされたのに快楽に支配されてやがらねぇ!」

メスガキ「やった! ……でもどういうことなの?」

おしとやか「なるほど。私には分かりましたわ」

メスガキ「教えなさいよ!」

おしとやか「おちんぽ獣は果てた雌を支配する能力を持っていますわ」

メスガキ「それは知ってるわよ!」

おしとやか「でも、ふたなり様は女の絶頂ではなく、おちんぽで絶頂した!」

おとしやか「おちんぽイキで敗北絶頂と妊娠を回避したのですわ!」

メスガキ「意味わかんないわよ!」

58 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:12:20 ID:5U6ppfeo
ふたなり「これが私の能力……≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ」

ふたなり「私の身体に精液が残っている限り、あらゆる絶頂を射精に変換して身を守るの!」

おちんぽC「なんだそりゃ! だったら精液カラになるまで犯してやらぁ!」パンパン

ふたなり「あっ♡♡」ビュビュッ!!

おちんぽC「焦らせやがって。射精を我慢できなきゃ意味ねぇだろ雑魚女が!」パンパン

ふたなり「連続アクメさせられりゅぅぅぅ♡♡♡」ビュビュビュッ!!

メスガキ「ふたなり!」

おしとやか「…………」

59 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:13:02 ID:5U6ppfeo
おちんぽC「ち、チクショウ……こいつどれだけ絶倫なんだ……」

ふたなり「イグゥ♡ ま、まだ20発目だよ♡ まだまだいける!♡」ビュルルッ!!

メスガキ「す、すごい……ふたなりの周りが真っ白になってる」

おしとやか「なんとたくましい……♡」

おちんぽC「だ、ダメだ。このままじゃこっちが参っちまう……」

ふたなり「あれ?♡ もうおしまいなの?♡」

おちんぽC「ひっ!」

ふたなり「じゃあ今度はこっちの番だね♡」

おちんぽC「よ、よせ!」

ふたなり「メスガキちゃん直伝――――」



ふたなり「グラインド騎乗位!!」グリグリ

おちんぽC「ぐあぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜ッッッ!!!!♡♡♡」ドピュドピュドピュピューッ!!

メスガキ「私そんな技教えてないんだけど……」

60 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:13:59 ID:5U6ppfeo
ふたなり「大勝利!♡」ブイッ

おしとやか「ふたなり様、お身体は大丈夫ですか?」

ふたなり「うーん、いっぱいイカされちゃったけど大丈夫みたい」

メスガキ「あの程度のおちんぽにあれだけイカされるなんてまだまだね!」

ふたなり「てへへ」

おしとやか「いえ、ふたなり様がお相手したおちんぽ獣はボス格でした。Z級のボスならW級はあったはずですよ」

メスガキ「W級ってことは……私とおしとやかが相手したZ級より3段階上のレベルってこと?」

おしとやか「ですわ」

おしとやか「ちなみに私は性処理の経験を積んでいたからX級の許可証を持っていますの」

おしとやか「つまりメスガキさん、貴女はこの中で一番したっぱということですわー!」

メスガキ「ぐ、ぐぬぬ……私に負けた癖に!」

61 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:14:37 ID:5U6ppfeo
ふたなり「まあまあみんな無事に勝てたんだからいいじゃん!」

メスガキ「……はぁ、そうね」

おしとやか「ふふ、そうですわね」

ふたなり「とりあえずみんな精液まみれだし、協会に戻ってお風呂はいろ!」

ふたなり「そのあと一緒にご飯でもたべよーよ! おしとやかちゃんの話も聞きたいし!」

おしとやか「是非!」 メスガキ「まあ悪くないわね」

 そんなこんなでふたなり達の初任務は成功に終わったのだった。

62 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:16:37 ID:5U6ppfeo
〜???〜

おちんぽのボス「なんだと? おちんぽトリオが駆除された?」

おちんぽ伝令係「はっ、Z級2人とX級1人に射精させられた模様です」

おちんぽのボス「Z級に擬態していた奴らを駆除するとは……今回の新人は手練れのようだな」

おちんぽ伝令係「おちんぽトリオは本来S級相当の力の持ち主でしたからね」

おちんぽのボス「それはそうと本作だとA〜Zの階級だからS級はわりと下の方なんだけど、なんかややこしいよね」

おちんぽのボス「S級ってだけでなんかめちゃめちゃ強そうに感じる」

おちんぽ伝令係「ワンパンマンとか幽遊白書だとS級って一番上ですからね」

おちんぽのボス「なんでこの作品Z級まで作っちゃったの? ややこしくなるだけじゃん」

おちんぽ伝令係「知りませんよ」

おちんぽのボス「まあ良い。おちんぽハンターどもの動向を常に見張っておくのだぞ……!」

おちんぽ伝令係「御意……!」


第4おちんぽ 完

63 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:17:12 ID:5U6ppfeo
〜次回予告〜

 3人揃ってチーム結成!
 でもなんだかメスガキちゃんもおしとやかちゃんも険悪な雰囲気で……!?
 大変! ついに喧嘩が始まっちゃった!?
 でもおちんぽハンター同士のセックスは厳禁! 一体どうするの?

 次回! おちんぽ5本目『激突☆ メスガキ&おしとやかの死闘!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

64 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:29:02 ID:HYLv/9JQ
メインキャラ紹介

名前:ふたなり
性別:ふたなり
年齢:14
身長:153cm
髪型:サイドテール
髪色:栗色
【PROFILE】
ひょんなことからおちんぽハンターになってしまった両性具有の女の子。
強烈な両性愛者で、男も女も大好き。精力は底無し。
この世界ではとても珍しい両性具有であり、それを不気味に思った両親からは捨てられた。
幼少期は施設で育つものの、おちんぽがあるせいで虐待と虐めを受けてしまう。
施設を出た後もおちんぽ獣と間違われることが多く、おちんぽを隠し身を潜めて生きてきた。
おちんぽハンターになるまでは家族や友達とは無縁だったため、メスガキやおしとやかをとても大切に想っている。
好きな食べ物はアボカド。苦手な食べ物は山芋(自慰の時に酷い目に遭った)

65 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:29:37 ID:HYLv/9JQ
名前:メスガキ
性別:♀
年齢:8
身長:134cm
髪型:ウェービーロング
髪色:クリームイエロー
【PROFILE】
ある目標を掲げおちんぽハンターになった少女。
天性の才能と、努力によって磨かれた技でおちんぽ獣と戦う。
性格ゆえに友達が少なく、ふたなりのことを大切に想っている。おしとやかとは犬猿の仲。
基本、誰に対しても不遜な口調だが子供なので許されている。
好きな食べ物は人参のグラッセ。苦手な食べ物はゴボウ(木の根っこだと思っている)

66 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:30:10 ID:HYLv/9JQ
名前:おしとやか
性別:♀
年齢:16
身長:165cm
髪型:ハーフアップロング
髪色:藍色
【PROFILE】
名家出身のおちんぽハンター。
家の名誉のためハンターを目指していた真面目娘だったが、性処理係を経験したことで頭のネジが外れた。
さらにふたなりのせいで凄まじいまでの同性愛者になってしまう。
実は隠れモデル体型であり、スタイルの良さは全ハンターでも随一。
趣味は家族に隠れてオンラインRPGをすること。姫プでたくさんのレズからレアアイテムを巻き上げている。
ゲーム内でふたなりに貢がせていたこともあった(お互いが気付くことは一生ないが)
好きな食べ物は想い人の愛液。苦手な食べ物は熱々のもの(猫舌なので)

67 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/08(金) 03:32:12 ID:HYLv/9JQ
出動要請がかかったので続きは後程載せていきます
敗北ルートは最初に言った通り、本編完結後におまけとして載せます
感想等頂けたら嬉しいです

68 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/08(金) 10:13:35 ID:PCJIINXQ
乙。期待

69 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:18:15 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ5本目『激突☆ メスガキ&おしとやかの死闘!!』※敗北ルート有り


おちんぽ獣「うぎゃあああああああ」ドピュピュッシー!!

ふたなり「ふぅっ、今日もおちんぽ駆除完了!」

おしとやか「流石ですわ、ふたなり様♡」

メスガキ「もうR級の相手も余裕ね!」

 あれから数週間が過ぎ、ふたなり達はさらに実力をつけていっていた。
 3人のおちんぽハンター許可証も今やQ級まで上がっていた。

 そして前回、武器屋でショックボムを買っていたのに一切使っていなかったことに気付いたメスガキであった。

メスガキ(忘れてた……)

70 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:18:57 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「そういえば、おしとやかちゃんって性処理係からおちんぽハンターになったんだよね?」

おしとやか「ええ。性処理での功績を認められればそこからハンターになることも可能なんですわ」

ふたなり「ってことはビッチちゃんも?」

おしとやか「あの人はオレ娘先輩に犯されまくって快楽堕ちしました」

ふたなり「そっか」

メスガキ「最終試験で私に負けた癖に出世したもんよね〜」

おしとやか「む……メスガキさん、もしかしてまだ私より上でいるつもりなのですか?」

メスガキ「実際上でしょw」

おしとやか「聞き捨てなりませんね。私は性処理係だった分、経験では貴女を遥かに上回っているんです」

メスガキ「経験とか関係ないでしょ。大事なのは実戦で勝てるかどうか」

ふたなり「ちょっと2人とも……」

71 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:19:27 ID:Uzzgcn8c
おしとやか「むかーっ! メスガキさん、貴女に決闘を申し込みますわ!」

メスガキ「受けて立ーつ! また返り討ちにしてやる!」

ふたなり「ちょっとー! 喧嘩しないでよー!」

おしとやか「とはいえ訓練以外でのセックスは禁止されていますわ」

メスガキ「いざという時に支障が出たら困るもんね。オナニーも申請式だし」

ふたなり(私とメスガキちゃん、2話で部屋えっちしてたけど……)

ふたなり(ていうかひとりえっちって申請しないとダメだったの!?)

おしとやか「仕方ありませんね。ではこういうのはどうでしょう?」

メスガキ「なに?」

おしとやか「次の任務でより多くのおちんぽ獣を射精させた方が勝ち、というのは」

メスガキ「面白いじゃない」ニヤァ

72 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:20:10 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「とは言ったものの、最近任務来ないね」

おしとやか「ですわね……溜まって仕方ありませんの」

メスガキ「噂ではおちんぽの集団がなにか企んでいるらしいわ」

ふたなり「そ、想像しただけでおぞましいんだけど。おちんぽの集団」ゾワワ

メスガキ「おちんぽ生やしてる癖になに言ってるのよ……」

試験官♀「お前たち! こんなところにいたのか! 任務だ!」

ふたなり「試験官♀さん!」

メスガキ「どうでもいいけどとっくに試験なんて終わってるのにいつまで試験官♀なの?」

試験官♀「ああ……教官♀にするべきだったな。いや、今はそんな場合じゃないんだ!」

試験官♀「市街地に大量のおちんぽ獣が発生した! 全ハンター出動要請だ!」

おしとやか「ふふふ、ようやく勝負の機会がやってきましたわね。メスガキさん」

メスガキ「ふん、吠え面かかせてやるわよ」

73 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:20:45 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「あのね、2人とも。おちんぽ獣との戦いは危険なんだから勝負に気を取られすぎないでね?」

おしとやか「ああぁぁ♡ 分かっていますわ♡ ふたなり様」

メスガキ「それを言い訳にしないでよね」クスクス

おしとやか「むかーっ! 誰が!」

ふたなり「心配だなぁ……」

試験官♀「ではデルタちんぽチーム、出動だ!」

ふたなり「え、なんですかそれ」

試験官♀「デルタちんぽチームのことか? この3人のチーム名だぞ」

ふたなり「さ、最悪なんですけど……」

74 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:21:19 ID:Uzzgcn8c
〜市街地〜

ウワーチンポダー! キャー!! タスケテー!!

ふたなり「街がおちんぽ獣だらけ……」

メスガキ「狩りがいがあるってもんよ!」

おしとやか「ふふ、同感ですわ!」

メスガキ&おしとやか「いざ、勝負ー!!」シュバババババ

ふたなり「ああ2人ともどっか行っちゃった」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィ!!」

ふたなり「仕方ない。1人でおちんぽ駆除しよ」

ふたなり「寂しいなぁ」

75 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:22:05 ID:Uzzgcn8c
メスガキ「えいっ、武器屋で買ったショックボム!」ポイッチョ

 閃光がおちんぽ獣達の目を眩ます!!

おちんぽ獣の群れ「前が見えねェ」

メスガキ「高速手コキ!」シココココ

おちんぽ獣の群れ「うぎゃああああああああああああ!!」ビュビュビュビューン!!

メスガキ「これで……10匹!」

おしとやか「甘いですわね! こっちはこれで12匹目ですわー!」シコッ

おちんぽ獣「ぎゃああああああああ」ビュルルーッ

メスガキ「むむむ……こうなったらもっとおちんぽがたくさんあるところに行くしかない!」ダッ

おしとやか「抜け駆けはさせませんわ!」ダッ

謎のおちんぽ「ククク……ハンターどもめ。今のうちに粋がっているといい」

謎のおちんぽ「我らの罠にかかりつつあることも知らずにな……」

76 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:22:40 ID:Uzzgcn8c
 一方その頃

オレ娘「おらおらおらーっ!! パワーアップして帰ってきたオレに射精させられたい奴はかかってこーい!」

ふたなり「あ、オレ娘先輩だ」

オレ娘「よう後輩! 久しぶりだな!」

ふたなり「お久しぶりです」

ふたなり(他の人の前ではおちんぽ隠して戦わないと)

オレ娘「そういえばお前が戦ってる所を見るのは初めてだな。この前のお返しに見物させてくれ」

ふたなり「え、ええっ!?」(この人イカされてただけなのに!?)

おちんぽ獣「ピギィィィィィ!!」ガサッ

オレ娘「ほら、ちょうど弱そうなのが出てきた」

ふたなり「うぅ……」

ふたなり(射精したらバレちゃうから……おちんぽ無しで戦わないといけないの〜!?)

77 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:23:15 ID:Uzzgcn8c
メスガキ「うーん、ずいぶん奥まで来ちゃった」

おしとやか「孤立するとマズいですし一旦戻りましょうか」

謎のおちんぽ「そうはさせるか」ガサッ

メスガキ&おしとやか「!?」

おちんぽ集団「ククク、とんで火にいるメスマンコとはこのこと!」

メスガキ「おちんぽの集団に囲まれた!」

謎のおちんぽ「俺はおちんぽ策士!」

おちんぽ策士「弱いおちんぽでおびき寄せ、釣られた雌を強いおちんぽの集団で犯す!」

おちんぽ策士「貴様らは俺の策にハマったのだ! そして次にハメられるのは……」

おちんぽ策士「貴様らのメス穴だ! かかれ、者ども!」

おちんぽ集団「ピギギィィィィィ!」

おしとやか「くっ!」 メスガキ「逃げ場はないみたいね……!」

78 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:24:00 ID:Uzzgcn8c
 一方その頃

ふたなり(うぎぎぎぎ……♡ や、ヤバい♡ 射精しちゃう♡ おちんぽバレちゃう♡)ビクビク

おちんぽ獣「なんかコイツ全然反撃してこねー。ラッキー♡」パンパン

ふたなり(我慢……♡ ここで出したらハンター生活終わっちゃうぅ……♡)プルプル

オレ娘「おいおい、なにやってるんだよ」ペシッ

おちんぽ獣「ああん横から攻撃するなんてひどいぃ♡」ビュルルーッ!!

ふたなり「はひ……助けてくれてありがとうございましゅ……♡」

オレ娘「お前ってあんまり強くないんだな。絶頂させられないように気を付けろよ」

ふたなり「は、はい……」(私この人ニガテ!)

オレ娘「じゃあな!」タッタッタ

ふたなり「…………」

ふたなり「あー! 射精我慢させられたからチンチンイライラする!」

ふたなり「おちんぽ獣で発散しなきゃ♡」

79 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:24:38 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ獣「ぎゃあああ!」ビュルルッ!!

メスガキ「次っ!!」

おちんぽ獣「うおおおおおっ!!」ドビュッ!!

おしとやか「キリがありませんわ!」

おちんぽ策士「フフフ、まだ全体の5%すら倒せていないぞ。そんなペースでいつまで持つかな?」

メスガキ「くそ……」

おしとやか「…………」

おしとやか「メスガキさん、私が囮になります。貴女は逃げて助けを呼んできてください」ヒソヒソ

メスガキ「なっ!?」

80 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:25:19 ID:Uzzgcn8c
おしとやか「この勝負、元はと言えば私が言い出したのが発端。ならば責任を取るのも私です」ヒソヒソ

おしとやか「それに私の能力は耐えることに優れています。時間は稼げるはず」ヒソヒソ

メスガキ「…………勝手なこと言ってるんじゃないわよ!」

おしとやか「……メスガキさん?」

メスガキ「いくらあんたでもこの数相手じゃ絶頂我慢できないでしょ」

メスガキ「私はね、仲間を犠牲にして1人逃げ出すほど弱い女じゃないのよ!」

おしとやか「……メスガキさん」

メスガキ「イクなら一緒よ! おしとやか!」

おしとやか「…………ええ!」

おちんぽ策士「ククク、覚悟したようだなメスどもめ! よし、一斉にかかれ!」

メスガキ「例えイカされて孕まされるとしてもあんたらになんか負けないんだから!」

おしとやか「ええ、かわいい赤ちゃん産んでみせますわ!」

81 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:26:03 ID:Uzzgcn8c
メスガキ「おりゃああああああああ!」シココココココココ!!

おしとやか「とおおおおおおおおおっ!」シココココココココ!!

おちんぽ策士「な、なんだ……!? 急に奴らの力が強く……」

 孕まされる覚悟が出来た女は強い。
 そして2人の友情パワーはおちんぽ策士にとって最大の誤算だった。

おちんぽの集団「ぐあああああああ!!」ビュビュビュビューーッ!!

おちんぽ策士「くっ、だがまだ全体の10%がヤられた程度! 我らの勝ちは揺るがない!」

背後のおちんぽ「ぎゃああああああなんだお前はぁぁぁぁぁ」ビュルルーッ!!

おちんぽ策士「!? 新手か!?」

ふたなり「おちんぽたくさん見ーつけた♡ 射精大会始まるよー♡」

おちんぽ策士「な、なんだコイツ!? うわああああああああ!!」ビュククーッ!!

 そして……。

82 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:27:24 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ死屍累々「」ピクッピクッ

メスガキ「や、やった……!」

おしとやか「2人でなんとか乗り切りましたわね……!」

ふたなり(うーん、私もいたんだけど今は隠れてよっと!)

メスガキ「おしとやか……」

おしとやか「メスガキさん……」

ふたなり(仲直りクルー!?)

メスガキ「私の方がたくさん射精させたよね?」 おしとやか「私の方が多く射精させましたよね?」

ふたなり(…………)

メスガキ&おしとやか「…………」

メスガキ「私の勝ちよ!」

おしとやか「私の勝ちです!」

メスガキ&おしとやか「むぎぎぎぎぎ……!」

ふたなり「あー、もう!!」

 とはいえなんだか距離が縮まったような気がするメスガキとおしとやかなのだった。
第5おちんぽ 完

83 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:28:23 ID:Uzzgcn8c
〜次回予告〜

 夏だ! 海だ! 温泉だ!
 色々あって海水浴場へやってきた私たち!
 あれ? でもおしとやかちゃんの姿が見えないよ?
 一体どこに行ったんだろう?

 次回! おちんぽ6本目『ポロリ☆ ビーチで急接近!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

84 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:36:29 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ6本目『ポロリ☆ ビーチで急接近!?』


 おちんぽ集団を撃破した功績により、ふたなり達3人はH級まで昇格した。
 そして特別手当として海辺の旅館チケットと休暇を貰うのだった。

ふたなり「いやー、海なんて久しぶりだよ」

おしとやか「おちんぽ獣発生のせいで今はどこも危険ですからね」

メスガキ「まあ私達にかかればおちんぽ獣が出てもちょちょいのちょいよ」

ふたなり「そんなこと言って、この前ピンチになったのもう忘れちゃったの〜?」

メスガキ「う」

おしとやか「その節は本当に申し訳ありませんでしたわ、ふたなり様……」

メスガキ「ごめんなさい……」

ふたなり「……反省してるならヨシ! じゃ、切り替えて休みを満喫しよー!」

メスガキ&おしとやか「おー!」

85 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:37:07 ID:Uzzgcn8c
〜海水浴場〜

ふたなり「到着!」

ボイン「ヘイ、そこのガール達! いま海水浴場ではおっぱいコンテストをやってるよ!」

ふたなり「おっぱいコンテスト?」

ボイン「一番優れたおっぱいを決めるコンテストだよ! 優勝したら豪華賞品もあるよ!」

ふたなり「すごい! 参加しようよ、おしとやかちゃん! メスガキちゃ――」

メスガキ「…………」ペターン

ふたなり「…………」

おしとやか「やめましょう」

ふたなり「そうだね」

86 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:37:44 ID:Uzzgcn8c
 と言いつつおしとやかは1人でコンテスト会場にやってきていた。

おしとやか(メスガキさんには悪いけれど優勝賞品をゲットしてふたなり様に渡すのですわ!)メラメラ

おしとやか(メスガキさんにバレたら面倒なのでマスクをつけて正体を隠しましょう)

ボイン「お、そこのマスクガール! ユーもコンテストに参加するのかい?」

おしとやか「ええ。私は謎のマスク娘……マスクド・おしとやかですわ!」


〜一方その頃〜

 砂浜でビーチボールを楽しむふたなりとメスガキ。

メスガキ「そういやおしとやかの奴、どこ行ったの?」

ふたなり「ええと……そのぉ」

メスガキ「なに?」

ふたなり「ひとりえっちしに行くって……」

メスガキ「あぁー……」


おしとやか(我ながら上手く単独行動を誤魔化せましたわ)

87 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:38:43 ID:Uzzgcn8c
ボイン「さあ、いよいよおっぱいコンテストも決勝戦!」

ボイン「残ったのはこの2人だーっ!!」

ボイン「まずは謎が謎を呼ぶ仮面の巨乳女! マスクド・おしとやか!」

おしとやか「頑張りますわー!」

ボイン「対するは死の爆乳! デス・バイン!」

バイン「…………この勝負、貰った」

おしとやか「くっ、見たところかなりの強敵……!」

ボイン「決勝はポロリ勝負! 相手の乳を水着からポロリさせた方が勝利です!」

おしとやか「私は勝ってふたなり様に賞品をプレゼントするんです! 相手が誰であろうと負けません!」

バイン「小娘が……」

ボイン「いざ、勝負開始!!」カーン!!

88 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:39:31 ID:Uzzgcn8c
バイン「先手必勝! バインショット!」バイン!!

 デス・バインは大きく爆乳を弾ませ、衝撃波を発生させた!

おしとやか「なっ!? きゃああああっ!?」

ボイン「出たーっ! デス・バインのバインショット!」

ボイン「不可視の爆乳衝撃波は必中! そして全てを吹っ飛ばす!」

おしとやか「く……危うく水着が飛ばされるところでしたわ」

バイン「ほう、我がバインショットを防ぐとはな。だが次は避けられまい!」バイン!!

おしとやか「避けてみせる!!」シュタッ!!

バイン「なに!?」

ボイン「これはどういうことだ〜〜!? マスクド・おしとやか! 不可視の衝撃波を回避したーっ!!」

 おしとやかは自身の能力≪異常感度≫により風の流れを感じ取り、
 不可視の衝撃波の回避に成功したのだ!

バイン「この技を二度防いだのは貴様が初めてだ……」

おしとやか「それはどうも、ですわ」

89 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:40:07 ID:Uzzgcn8c
おしとやか(それはそうと、この勝負って昔サンデーに連載してた競女!!!!!!!!のパクリなのではないかしら)

おしとやか(バインショットとかいう技も胸でやってるだけで、主人公の真空列尻と激似ですし)

おしとやか(後半に出てきた五尻。ワクワクしたのにわりと雑に倒されてて少し残念でしたわね……)

バイン「隙あり!」バッ

おしとやか「おっと、ですわ!」シュタッ

おしとやか(考え事をしている場合ではありませんわね)

バイン「バインショットを防げても力の差は歴然だ。我が爆乳をポロリさせることなど不可能!」

 デス・バインはあまりの爆乳ゆえに合うサイズの水着がない。
 つまりおっぱいがめちゃめちゃギチギチになってて死ぬほど食い込んでいるのだ。
 これでは水着をずらしてポロリさせるのは不可能。
 かといって水着を切断してポロリさせるのも不可能に近かった。

バイン「我が水着は鋼鉄製だからな」

90 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:40:55 ID:Uzzgcn8c
おしとやか「ふ、鋼鉄製ですか……」

バイン「どうした? 勝負を諦めたか?」

おしとやか「いいえ、鋼鉄程度では私の相手には不十分だと思いまして」

バイン「なに?」

おしとやか「おちんぽ獣との戦いでは使えない私の必殺技、ご覧あれ!」クチュクチュ

 そう言うとおしとやかは突然、自身の指で膣内を弄り始める!
 ポロリ勝負はおっぱいのポロリは厳禁でも性器のポロリはセーフなのだ!
 しかし突然自慰をし始めてどうするつもりなのか、それは誰にも分らなかった。

 おしとやか本人を除いては!

バイン「なにをするかと思ったら盛ったか! 小娘!」

おしとやか「そ、それはこれから見てのお楽しみ……ですわ、んっ♡」ビクッ

バイン「もういい! 引導を渡してくれる! メガトンバスト!」ブンッ

 ハンマーのような爆乳がおしとやかに襲い掛かる!

91 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:42:23 ID:Uzzgcn8c
おしとやか「おしとやかスプラッシュッッッッ♡♡♡♡♡」プシャァァァァッ!!

 ――ウォーターカッター。

 高い圧力で射出された水は時として鋼鉄をも切断する。
 ≪異常感度≫の持ち主であるおしとやかは凄まじい絶頂によって
 超高圧力の潮吹きを成し遂げたのだ!!

バイン「な、なんだとーーーーーッ!? 我が水着がッッッ!! 潮吹きで切断されるッッ!!」ズバッ!!

おしとやか「自身が絶頂してしまうため、これはおちんぽ獣との戦いでは使えない技……♡」

おしとやか「まさかこんなところで役に立つとは、ですわ♡」

バイン「あっ!!」ポロリ

ボイン「勝負あり!! デス・バイン選手ポロリにより……」

ボイン「マスクド・おしとやかの優勝だーーーーーーーッ!!!!」

 ワーーーーーーーーッ!!!

バイン「ふっ……完敗だ。若き闘士よ」

おしとやか(やった〜! やりました! ふたなり様〜!)ピョンピョン

92 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:43:57 ID:Uzzgcn8c
 そして。

おしとやか「ただいまですわ〜!」

ふたなり「あ、おかえり。その……気持ちよかった?」

おしとやか「え?」

ふたなり「いや、ひとりえっち……」

おしとやか「あ、あ〜〜……。サイコーにエクスタシーでしたわっ!」ブイッ

メスガキ「羞恥心ないのかあんたは……」

おしとやか「これ、お土産です。ふたなり様」

メスガキ「いやなんのお土産よ!」

ふたなり「なにこれ?」

おしとやか「ニプレスですわ」

 おしとやかはおっぱいコンテスト優勝賞品のニプレスをふたなりに渡した。

ふたなり「あ、ありがとう……」(なんでニプレス?)

93 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:45:20 ID:Uzzgcn8c
 そんなこんなで3人は旅館に到着した。
 そして待望のお風呂回である。

ふたなり「うわー、すごい湯気!」

メスガキ「(湯気)きい温泉が(湯気)てね」

おしとやか「あらメス(湯気)、貴女ずいぶんと(湯気)なのね?」

 2人は浴場だけに(湯気)のだった。

ふたなり「台詞と地の文が湯気で見えないや!」

メスガキ「ちょ、ちょっ(湯気)なに考え(湯気)」

おしとやか「うふふ、上の(湯気)てても(湯気)は正直ですわね」

ふたなり「あのー、2人とも(湯気)だから(湯気)してよね」

(湯気)「(湯気)っ♡ (湯気)ーーっ♡ (湯気)ぉ(湯気)♡」

(湯気)「(湯気)……♡ とても(湯気)♡ (湯気)♡」

(湯気)「っ♡♡♡ (湯気)ぇ……♡ (湯気)♡」

 3人とも(湯気)のせいか(湯気)で(湯気)(湯気)なのであった。

94 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:45:50 ID:Uzzgcn8c
おしとやか「いいお湯でしたわ♡」ツヤツヤ

メスガキ「Zzz...」スピー

ふたなり「あれ、メスガキちゃん着替えるなり寝ちゃってる」(寝顔えっちだ♡)

おしとやか「普段強がっていてもお子ちゃまなのですわね」ツンツン

メスガキ「Zzz...」ウーン

ふたなり「かわいいなあメスガキちゃん」(浴衣はだけててえっちだ♡)

おしとやか「ということは……」

ふたなり「うん?」

おしとやか「2人きりの時間、ですわね……♡」

ふたなり「?」

95 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:46:45 ID:Uzzgcn8c

 おしとやかは獣のようにふたなりを押し倒した。

おしとやか「ふたなり様っ♡ ふたなり様っ♡」ムフー!!

ふたなり「うわわっ!? 突然どうしたの、おしとやかちゃん!」

おしとやか「ふたなり様が悪いんですからねっ♡」

おしとやか「性処理係が終わってからというものの、一度も私のこと抱いてくださらないんですもの……♡」

ふたなり「いや、だっておちんぽハンター同士のセックスは原則禁止されてるし……」

おしとやか「そんなの関係ありませんわっ♡ 愛し合っている者同士ですからっ♡」

ふたなり「え?」

おしとやか「え?」

96 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:47:29 ID:Uzzgcn8c
 ふたなりは誤解を解いた。

おしとやか「そんな……相思相愛かと思っていたのに誤解だったなんて、ですわ」ドヨーン

ふたなり「ご、ごめんね? おしとやかちゃん」

おしとやか「私はこんなにもふたなり様をお慕いしておりますのにぃぃぃ」

ふたなり「いや、私もおしとやかちゃんのこと好きだけどね? 友達として」ハラリ

おしとやか(あ、ふたなり様の浴衣がはだけて胸が……)

おしとやか「私のニプレス……付けて下さったんですね」

ふたなり「うわわっ、浴衣はだけてた。……えーと、うん」

97 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:48:00 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「たまに乳首擦れてアクメしちゃうから助かるよ、これ」

おしとやか(……やっぱり、ふたなり様はお優しいお方ですわ)

おしとやか(今はまだ友達としての『好き』かも知れませんけれど……)

おしとやか(いつかきっと恋人としての『好き』にさせてみせますわ……!)

おしとやか「ですから今は逆レイプで我慢します」ズププッ

ふたなり「うわぁ! おちんぽがおしとやかちゃんの膣内に!」ビュルルーッ!!

メスガキ「ムニャムニャ……うるさいよぉ」スピー

 こうして3人は休暇を満喫したのであった。

第6おちんぽ 完

98 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:48:33 ID:Uzzgcn8c
〜次回予告〜

 ととと、特A級との共同ミッション!?
 最上級おちんぽハンターと一緒に戦えるなんてすごいよぉ!
 任務中、立ちはだかったのは攻撃が通用しないおちんぽ!?
 どうすればいいの〜〜〜!?

 次回! おちんぽ7本目『ドキドキ☆ 特A級との共同ミッション!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

99 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:54:10 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ7本目『ドキドキ☆ 特A級との共同ミッション!』※敗北ルート有り


試験官♀「おーい、ふたなりーメスガキー」

ふたなり「あ、試験官♀さん。任務ですか?」

試験官♀「ああ、デルタちんぽチームに特別任務の声掛けが出たんだ」

メスガキ「そのチーム名やめない?」

試験官♀「内容は特A級の補佐。任務に就くハンターは1名だが立候補はないか?」

ふたなり「特A級の補佐って……一緒に任務をするってことですか!?」

試験官♀「ああ。主な仕事は特A級おちんぽハンターのサポートだな」

メスガキ「ふーん。で、どの特A級の補佐なの?」

試験官♀「それは任務に参加するまでは極秘だ。どうする?」

メスガキ「それなら私はいいや。あんた行ってくれば?」

ふたなり「いくいくーっ!」ウキウキ

100 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:55:08 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「あれ? ところでおしとやかちゃんはどこに行ったんですか?」

メスガキ「言われてみれば朝から見ないね。あいつには任務やるかどうか聞かなくていいの?」

試験官♀「ああ、おしとやかのことか……」

ふたなり「?」

試験官♀「あいつは休暇中にふたなりを逆レイプしたのでな。今は死なない程度の罰を受けてもらっている」

メスガキ「えぇ……」

ふたなり「なんでバレたんだ……」

試験官♀「まあそんなことよりも、特別任務のこと頼んだぞ、ふたなり」

ふたなり「はい!」

メスガキ「頑張ってねー」ヒラヒラ

101 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:55:41 ID:Uzzgcn8c
 そんなこんなでふたなりは準備を済ませ、任務の集合場所までやって来たのだった。

ふたなり「あ、もう誰かいる。特A級ハンターさんかな?」

ふたなり「確か特A級ハンターって3人いるんだったよね」

ふたなり「あそこにいるのは……」

中二眼帯「遅かったわね。守護天使」

ふたなり「中二眼帯さんだ!」

中二眼帯「今回の任務は要人の護衛。私は護衛対象から離れることが出来ないから、補給等のサポートをお願いするわ」

ふたなり「はい!」

中二眼帯「では向かいましょう――。約束の地へ――」

ふたなり「はい!」

102 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:56:51 ID:Uzzgcn8c
要人男性「やあ君たちが僕の護衛をしてくれるハンター達だね。よろしく頼むよ」

中二眼帯「契約に基づいて貴殿を守護しよう」

ふたなり「要人さんって男の人だったんだ。珍しいー」

 新型ウイルスPENIS-19によって全男性の9割はおちんぽ獣となり果てている。
 この世界で未だ理性を保っている男性はとても珍しいのだ。

要人男性「僕は研究者なんだ。PENIS-19へのワクチンを作るため、どうしても必要な材料があってね」

ふたなり「その材料を採取してる間、要人さんを守ればいいってことですね!」

要人男性「その通りだよ」

中二眼帯「霊薬の調合、か――」

要人男性「ちなみに必要な素材はチョコレートとタバスコと牛肉だ」

ふたなり「全部その辺で買える!」

103 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:57:34 ID:Uzzgcn8c
要人男性「いやでもチョコレートとタバスコはともかく牛肉は入手困難なんだよ」

ふたなり「え? そうなんですか?」

中二眼帯「英傑の現象に伴い――供給が不足している」

要人男性「うん。今まで牧場を経営していた男性がいなくなっちゃったからね」

要人男性「地上から隔離されている地下牧場に行かないとお肉は手に入らないんだよ」

ふたなり「ほえーそうだったんですか」

要人男性「だから地下牧場までの護衛、2人に任せたよ!」

中二眼帯「安心するといい。我が魔力により盟友は守られる」

ふたなり「任せて下さい!」

104 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:58:16 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ獣「ピギィィィィィィ!!」

要人男性「うわぁ! 野良おちんぽ獣だ!」

中二眼帯「下がってて――。闇夜に狂え、――セックス!」ピカーッ!!

 お忘れの方もいると思うので解説すると、セックスと叫ぶのは変身の掛け声なのである。

ふたなり「出た! 中二眼帯さんの変身きたよこれ! ぴっちぴち黒スーツとマント!!」

中二眼帯「深淵の快楽が破滅へと誘う――」シコッ

おちんぽ獣「ピギャアアアアアア!!」ドビュビャビューッ!!

要人男性「す、すごい。一瞬で倒すなんて」

ふたなり「中二眼帯さんは特A級ハンターですからね!」フフーン

要人男性「なるほど……。これが特A級の力……。参考までにメモしておこう」メモメモ

105 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:58:52 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ獣A「ピギィィィィィよくも仲間を!!」ガサッ

おちんぽ獣B「ピギィィィィィィ!!」ガサッ

中二眼帯「――! 2体……」

要人男性「見たところ、D級とG級のおちんぽ獣のようだ」

中二眼帯「D級は私が引き受けよう。そちらは貴女に任せるわ」

ふたなり「は、はい!」

ふたなり「よーし、私の出番だ! ――セックス!」

おちんぽ獣B「くっくっく、お前が俺様の相手か」

要人男性「頑張って下さい!」

ふたなり「……あっ」

ふたなり(見られてるから、またおちんぽ隠して戦わないとじゃん!)

106 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 03:59:36 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「で、でも今の私ならおちんぽ無しでだって……!」

おちんぽ獣B「隙ありだぜっ!」ズポッ!!

ふたなり「あっ♡ 挿れられちゃった♡」ビクビク

おちんぽ獣B「ククク……H級ハンターってところか。G級の俺様より格下だな」パンパン

ふたなり「うぅ……っ♡ 突くなぁ……っ♡」ビクビク

おちんぽ獣B「格上ピストンに耐えられるかなぁ!?」パンパン

ふたなり(や、ヤバいよぉ……♡)ビクビク

ふたなり(おちんぽ我慢したまま絶頂しちゃったら≪等価絶頂≫が使えない……♡)ビクビク

 ≪等価絶頂≫ザーメンチェンジとはふたなりの固有能力。
 膣内での絶頂を射精に変換し、敗北を回避するのだ。

ふたなり(そうなったらおちんぽ獣に負けて孕まされちゃうよ……♡)ビクビク

ふたなり(我慢して妊娠か、我慢しないでふたなりバレの2択なんて……っ♡)ビクビク

おちんぽ獣B「どうした? まんこがヒクヒクしてきたぞ、降参か?」パンパン

107 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:00:33 ID:Uzzgcn8c
要人男性「そのタイプのおちんぽ獣は亀頭が弱点です! そこを狙ってください!」

おちんぽ獣B「なっ……!? なんだ、テメェ!? なんで俺の弱点を!?」ドキッ

ふたなり「亀頭が弱点――? それなら……!!」

ふたなり「おしとやかちゃん直伝――――!!」

 ふたなりは腰を引き、おちんぽの先だけが膣内に引っかかった状態に持ち込む!
 そのまま膣の入り口でおちんぽ獣の亀頭を徹底的に扱いた!

ふたなり「先っぽストローク!!」ヘコヘコ

おちんぽ獣B「ぐあああああああああ!!!」ビュビュビュビョイーン!!

ふたなり「はぁはぁ……! やった、おちんぽ無しで格上に勝てた!」

要人男性「危ない所でしたね」

ふたなり「ありがとうございます! 要人さんが弱点を教えてくれたから勝てました!」

ふたなり「おちんぽに詳しいんですね」

要人男性「まあ、これでも研究者だからね」メガネクイッ

108 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:01:21 ID:Uzzgcn8c
中二眼帯「――終わった?」フキフキ

おちんぽ獣A「」ドロォ...

ふたなり「わっ、おちんぽ獣が精液で見えなくなってる……。さすが中二眼帯さん」

要人男性「こ、これが特A級の力……! 実際に見るのは初めてだ」

中二眼帯「さあ行きましょう。地の底の楽園へ。盟友へ捧げる供物をその手にする為――」

ふたなり「……? あっ、地下牧場と牛肉ですね! はい!」

要人男性(通訳も必要だったかな……)

おちんぽ獣A「」ピクッ

ふたなり「? 今、中二眼帯さんが倒したおちんぽ獣が動いたような……?」

ふたなり「まあいっか。地下牧場へ向かおう!」

109 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:01:57 ID:Uzzgcn8c
〜地下牧場〜

ふたなり「わー! ここが地下牧場! 思ってたより広ーい!」

要人男性「ここで生き残った全人類への食糧を供給しているからね」

農家男性「おお、外から人が来るなんて珍しいな」

ふたなり「わわ、ここにも男の人が!」

農家男性「男はおちんぽ獣に殺されちまうからなぁ。今はみんな地下に住んでるんだよ」

農家男性「で、そこの兄ちゃんは両手に花でなにしにやって来たんだい?」

要人男性「ええと、牛肉を……」

中二眼帯「――――! なにか、来る!」

農家男性「え?」

中二眼帯「――下がって!!」

 その瞬間、どこからともなく現れた空飛ぶ精液が農家男性を包み込んだ!

農家男性「ごがああああああなんだこりゃああああああ!!」ガボガボ

110 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:02:45 ID:Uzzgcn8c
ふたなり「の、農家の人が精液まみれに!?」

要人男性「何が起こっているんだ!?」

中二眼帯「これは――さっき私が倒したおちんぽ獣の精液?」ペロッ

要人男性「……! 死後に強まる精液か!」

ふたなり「死後に強まる……精液?」

 おちんぽハンターがそれぞれ固有の能力を持っているのと同じように、
 高位のおちんぽ獣もなんらかの能力を有していることがある。
 先ほど中二眼帯が倒したD級おちんぽも能力持ちだった。

 そしてその能力は、数あるものの中でも特に厄介といわれる――死後に強まる精液。

 本体のおちんぽ獣が絶命することで活動を始める能力持ち精液なのだ。

農家男性「ぐ……ググ…………ピギィィ……」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!!」

 精液に包まれた農家男性は、一瞬にしておちんぽ獣に変えられてしまった!

中二眼帯「眷属化能力――!」

111 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:03:26 ID:Uzzgcn8c
要人男性「まずい! ここを落とされたら人類は食糧難に陥ってしまう!」

中二眼帯「これは私の責任――私がケリをつける! ――セックス!」ピカーッ!!

中二眼帯「闇に溶けろ!」シコココッ!!

おちんぽ獣「ピギャアアアアアア!!!」ピュビュルーッ!!

ふたなり「すごい! 瞬殺だ!」

空飛ぶ精液「……ヒャッハー! それならまた新たなおちんぽ獣を生み出すまで!」

一般男性「うわー精液が襲ってくるー!」ドロドロ

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!」

中二眼帯「くっ、あの精液をなんとかしないと無限に眷属が増えるってわけね」

要人男性「このままでは生き残った男性が全滅してしまうよ!」

112 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:05:11 ID:Uzzgcn8c
中二眼帯(眷属化されたおちんぽ獣は――)

中二眼帯(少なく見積もってもC級相当の力があるようね)

中二眼帯(私が相手をするしかない――なら)

中二眼帯「守護天使、あの白濁液は貴女に任せるわ。私はここで陰茎獣を食い止める」

ふたなり「えっ、私が敵のボスと戦うってことですか!?」

ふたなり「む、無理ですよぉっ!」

中二眼帯「案じないで。あの精液自体の実力は、恐らく本体と同じD級前後のはず」

中二眼帯「さっきG級を倒せた貴女になら十分勝機はあるはずよ」

ふたなり「……わ、分かりました。やってみます」

中二眼帯「その意気よ――守護天使」

ふたなり(どうでもいいけど守護天使って呼び方はなんなんだろう)

113 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:05:59 ID:Uzzgcn8c
要人男性「待ってくれ、これを持っていってほしい」

ふたなり「これは……?」

 要人男性から渡されたものは小さな石のようななにかだった。

要人男性「触れたものを乾燥させる石だ。精液との戦いで役に立つはずさ」

ふたなり「要人さん……ありがとう! 私、必ず勝ってきます!」

要人男性「僕に出来ることはこれくらいしかないからね」

要人男性「僕はその辺に身を隠しているよ。気を付けてね!」

ふたなり「はい!」タッタッタ

中二眼帯「願わくば、彼女に勝利を――――」

114 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:06:40 ID:Uzzgcn8c
空飛ぶ精液「ひゃッひゃッひゃーッ! どんどんおちんぽ獣を増やしてやるぜェ!」

空飛ぶ精液「あの眼帯女が処理できるスピードよりも速く! そうすれば特A級だって倒せちまう!」

空飛ぶ精液「うひゃひゃひゃひゃー!」

ふたなり「待ちなさい!!」

空飛ぶ精液「あぁん?」

ふたなり「悪いおちんぽは搾って成敗! おちんぽハンターふたなり☆参上! セックス!」

空飛ぶ精液「へッ、誰かと思えば特A級の金魚の糞か」

ふたなり「なっ……!」

空飛ぶ精液「覚えてるぜェ。お前、俺と一緒にいたG級如きにすら苦戦してただろ。精々H級ってとこか」

空飛ぶ精液「俺は本体の死後にパワーアップしたからB級相当の強さがあるんだよ!」

ふたなり(えぇ〜っ!? B級!? 聞いてた話と違うよ〜〜!?)

空飛ぶ精液「てめェなんかにゃ逆立ちしたって負けねェぜ!」

115 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:08:07 ID:Uzzgcn8c
空飛ぶ精液「ザーメンロード!」シュルルルッ!!

ふたなり「……くっ!」ドロォ

 戦闘開始から数分。ふたなりは劣勢を強いられていた。

ふたなり(実体を持たない精液相手には性技は通用しない……!)

ふたなり(けど向こうは攻撃の瞬間に固まってこっちに快感を与えてくる……!)

空飛ぶ精液「ヒャッヒャッ、打つ手なしか? 自慢の衣装がボロボロだぜェ?」

ふたなり「くぅ……! しかも精液で衣装が溶かされちゃうなんて……」

 空飛ぶ精液は衣服を溶かす能力も持っていた。
 一方的に攻撃を食らい続けたふたなりの変身衣装は既にボロボロの状態。
 今はまだ胸や性器の露出は防げてはいるものの
 全ての弱点が剥きだしになってしまうのも時間の問題であった。

ふたなり(要人さんから貰った乾燥石を当てさえすればなんとかなるかもだけど……)

 空飛ぶ精液の動きは素早く、石を当てる隙は中々見つからない。
 一か八かで投げて外れてしまえば、相手に石を回収されて本当に打つ手がなくなってしまうだろう。

ふたなり(こうなったら……)

116 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:08:44 ID:Uzzgcn8c
空飛ぶ精液「くらえ、ザーメンロード!」シュルルルッ!!

 空飛ぶ精液が空中で渦を巻きながらふたなりに突進する。
 これが彼(?)の必殺技。渦を巻くことで軌道を読みにくくしつつ攻撃するザーメンロード。

空飛ぶ精液(まだ避ける余力はあるようだが……ジワジワ嬲ってやるぜェ♪)

ふたなり「…………」

空飛ぶ精液(っ!? 避けねェ、だと!? はっ、勝負を諦めたかァ?)

 ふたなりは避ける素振りすら見せず、無防備に攻撃を受けようとしていた。

空飛ぶ精液(回避を捨てて反撃するつもりか。甘いねェ♪ 一撃でイカせてやるよ♪)

空飛ぶ精液(万が一……絶頂に対する防御策があったとしても無駄だ。ザーメンロードの前ではな)

 生きた精液の恐ろしい点は、全身が液体であるということ。
 もし直接身体に張り付かれてしまえばどうなるか?

 液体は決して引きはがせず張り付き続け、女を責め続ける。
 逃れられない快楽、そして連続絶頂。

 ふたなりは≪等価絶頂≫という絶頂への防御策を持っているが
 無限の責めが可能な精液が相手では意味を為さなくなってしまうのだ。

空飛ぶ精液(次の攻撃で衣装の胸部分は全て溶ける! 乳首晒してイキ悶えちまいなッ!)

117 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:09:24 ID:Uzzgcn8c
 そして――精液がふたなりに直撃した!

空飛ぶ精液(クリーンヒットォ!! 勝利ッ!!)

ふたなり「くっ……♡」ビクッ

空飛ぶ精液「…………なんだとッ!?」

 完全に衣服の胸部分を溶かしつくしたと思い込んでいた空飛ぶ精液。
 だが、彼(?)には大きな誤算があった。


ふたなり「ありがとう、おしとやかちゃん!」


 ――ニプレス。
 おっぱいコンテスト優勝賞品であるニプレスにはポロリを防ぐための効果が――
 溶解液に対する抵抗力が備わっていたのだ!

118 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:09:59 ID:Uzzgcn8c
空飛ぶ精液(ちいぃっ! 防がれた! 反撃される! だがッ!)

空飛ぶ精液「てめェなんかの攻撃で俺が負けるかよッ!!」

ふたなり「――攻撃じゃないよ」スッ

 乾燥石が空飛ぶ精液に押し当てられる。

空飛ぶ精液「ぐっ、ぐおおおお!? 身体が乾燥して……強制的に固まっていく!?」

ふたなり「また助けられちゃいました、要人さん」

 空飛ぶ精液はなんとか自身の形をコントロールして、人型に変形する。

精液人間「くそ……これで対等ッてわけか。だが調子に乗るなよ!」

119 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:10:33 ID:Uzzgcn8c
精液人間「さっきも言ったが俺にはB級の実力がある! てめェなんかにゃ負けねェ!」

ふたなり「そっちこそ、調子に乗らないでよね」

ふたなり「私がG級おちんぽに苦戦してたって思ってるみたいだけど……」

 ふたなりは自身のおちんぽを露出させる。

精液人間「なッ!? なんで女におちんぽが……!?」

ふたなり「私、さっきは本気出してなかったんだから!」ギンギン

精液人間「くッ、くそがァァッ!! なんだか知らんがハメ倒してやらァッ!!」ダッ

ふたなり「負けるのは、そっちだよ!」ダッ


 ――――そして。

120 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:11:18 ID:Uzzgcn8c
おちんぽ獣「ピギャアアアアアア!!」ビュルルルーッ!!

中二眼帯「…………」

要人男性「新手が来ない……。終わった、のか?」

ふたなり「中二さーん! 要人さーん! 終わりました〜!」

要人男性「よかった! 無事だったんだね!」

ふたなり「えへへ」

中二眼帯「……お疲れ様。やるじゃない」

ふたなり「わ! やった! 中二眼帯さんに褒められちゃった!」

要人男性「よ〜し、それじゃあ牛肉を調達して帰還しよう!」

ふたなり「あ、そういえば当初の目的はそれでしたね」

 こうして
 トラブルはあったものの、特A級補佐ミッションは無事成功に終わるのだった。

121 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:11:55 ID:Uzzgcn8c
〜特A級宿舎〜


中二眼帯「――戻ったわ」

ペドロリ「おかえり〜。なんか特A級って中二ちゃんばっか出番あるよね」

お姉さん「で、どうだったのかしら?」

中二眼帯「貴女のお目当てには会えなかったわ。けれど――面白い子がいたわ」

お姉さん「あら、なんだか嬉しそうね」

ペドロリ「なんのはなし〜?」

中二眼帯「――――ふふ」

お姉さん(あらら、本当に嬉しそう。笑ったところを見せるなんて滅多にないのに)

お姉さん(ふーん? なら、私もそのうち見に行ってみようかな?)

お姉さん(新人ちゃん達と、それとあの子を……ね♡)


第7おちんぽ 完

122 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:12:54 ID:Uzzgcn8c
〜次回予告〜

 いつも私達のことを気にかけてくれているあの人。
 私生活では一体どうしているんだろう?
 気になって後をつけてみたら……
 えぇ〜っ!? えっちなお店に入り浸り!?

 次回! おちんぽ8本目『密着♡ 気になるあの人!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

123 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 04:14:18 ID:Uzzgcn8c
続きはまた後程載せていきます
感想等頂けたら嬉しいです

124 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 15:57:28 ID:NYfhudhw
おちんぽ8本目『密着♡ 気になるあの人!!』


メスガキ「B級昇格おめでとう!」

おしとやか「すごいですわふたなり様。この短期間でB級まで上がるなんて!」パチパチ

ふたなり「えへへ、ありがとう2人とも!」

メスガキ「でも私だって単独任務をこなしたおかげで今やE級なんだから。すぐ追いついてやるわよ」

おしとやか「あらメスガキさん、まだE級でしたの? 私はD級ですわよ」オホホ

メスガキ「むぎーっ! EもDも同じようなもんでしょ!!」ポカポカ

ふたなり「もー、喧嘩しないでってば! ていうかEDとか言わないでよ!」

試験官♀「おい、そろそろ消灯だぞ! 部屋に戻れ!」

ふたなり「わわ、はい!」

125 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 15:58:09 ID:NYfhudhw
〜ふたなり達の部屋〜


メスガキ「試験官♀のやつ、相変わらず厳しいよねー。私らもう新人じゃないのに」

ふたなり「それだけ気にかけてくれているんだよ」

おしとやか「……あの、気になりません?」

ふたなり「? なにが?」

おしとやか「あの厳しい試験官♀さんが、普段はどんな生活を送っているのかが、ですわ」

メスガキ「あ、それ気になる」

ふたなり「あんまり人のプライベートを詮索するのは良くないけど……確かに気になる」

おしとやか「では今度の休みに、試験官♀さんを尾行してみませんか?」

ふたなり「尾行て」

メスガキ「あんた発想が全然おしとやかじゃないな」

126 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 15:58:39 ID:NYfhudhw
〜休日〜

試験官♀「…………」スタスタ

ふたなり「本当に尾行することになっちゃった」

メスガキ「まあ面白そうだし」

おしとやか「もしバレても陰ながら護衛してたってことで通しましょう」

ふたなり「あっ、見てみて! 試験官♀さんがお店に入ったよ!」

メスガキ(なんやかんやでノリノリじゃない、ふたなり)

おしとやか「あれは……ま! えっちなお店ですわね」

ふたなり「うわぁ……試験官♀さん、あんなお店を利用するなんて大人なんだなぁ」

メスガキ「いや、分からないわよ」

おしとやか「と言いますと?」

メスガキ「利用してるんじゃなくて……出勤してるのかも!!」

ふたなり&おしとやか「!!!!」

127 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 15:59:11 ID:NYfhudhw
ふたなり「し、出勤……!?」ギンギン

おしとやか「と言いますと……!?」フンフン

メスガキ「あの厳しい試験官♀は表の顔……」

メスガキ「裏ではえっちなお店勤務でにゃんにゃんしてるってことよ!」ビシッ

ふたなり「あああああぁぁぁぁ〜〜〜〜ッ!!」ドピュドピュドピューッ!!

おしとやか「ふ、ふたなり様! お気を確かに! まだ推論ですわ!」

ふたなり「えっちだよぉ……! えっちだよぉ……!」グルグル

おしとやか「ふたなり様ーっ!!」

メスガキ「こうなったら私達もあの店に入って確かめてみるしかなさそうね」ニヤニヤ

おしとやか「でもそうしたら尾行がバレてしまうのでは?」

128 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:00:21 ID:NYfhudhw
メスガキ「だから変装するってわけ!」

 メスガキはスモックを着て完全に園児に変装していた。

おしとやか「マスクド・おしとやか! 再び見参ですわー!」オホホ

ふたなり「わたしはおちんぽにゴムを装着したわ!」 メスガキ「それ変装できてなくない?」

ふたなり「ゴムえっちって完全に快楽目的の行為になるわけだからえっちだよね♡」ハァハァ

メスガキ「よーし、それじゃあえっちなお店に突撃ー!」

 ――。

メスガキ「18歳未満だから追い出されちゃった……」

おしとやか「まあ、そうなりますわよね」

ふたなり「うおおーーっ!! 店の中に入れろーーーっ!!」ガンガン

129 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:00:53 ID:NYfhudhw
試験官♀「…………」スタスタ

おしとやか「あっ! 試験官♀さんが店から出てきましたわ!」

メスガキ「経過した時間を考えると……なーんだ、やっぱお客さんとして来てただけだったのね」

ふたなり「そ、そんな……」

おしとやか「絶望してる場合じゃありませんわ、ふたなり様!」

メスガキ「見失わない内に追いかけよう!」

試験官♀「…………」スタスタ

メスガキ「またどこかの店に入った……?」

おしとやか「って、またえっちなお店ですわ!?」

ふたなり「絶倫!? 試験官♀さん、絶倫なの!?」ギンギン

130 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:01:27 ID:NYfhudhw
試験官♀「…………」スタスタ

メスガキ「あれ? もう出てきた?」

おしとやか「おかしいですわね……」

ふたなり「なにが?」

おしとやか「いえ、ここまで短時間で出てくるなんて不自然ですの」

メスガキ「利用してただけにしても出てくるのが早すぎるよね」

ふたなり「試験官♀さん、すごい敏感ですぐ終わっちゃうとかじゃないの?」

メスガキ「いや、ああいうお店って時間が決まってるし」

おしとやか「女性はその気になれば何度でも達せますしね」

ふたなり「うーーーん。どういうことなんだろう?」

131 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:02:24 ID:NYfhudhw
試験官♀「…………」スタスタ

ふたなり「これで九軒目……」

メスガキ「もしかしてえっちなお店のじょーのーきん(上納金)を回収してるとか?」

おしとやか「それにしては荷物が少ないようですし……」

ふたなり「お店に入る前には必ず差し入れを用意していってるよね」

メスガキ「じゃあじょーのーきんではなさそうね」

おしとやか「ていうかおちんぽハンター協会にそんな裏の繋がりがあったらマスコミが黙っていませんわ」

試験官♀「おい」

ふたなり&メスガキ&おしとやか「ひゃああ!?」

試験官♀「貴様ら、なにしてる」

ふたなり「みみみ、見つかっちゃった……!」

132 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:03:13 ID:NYfhudhw
試験官♀「いや、最初から気付いていたがな。あんまりしつこいから声を掛けた」

ふたなり「ひ、ひえ……」

おしとやか「はっ! 試験官♀殿! 私達は陰ながら試験官♀殿を護衛していたのですわ!」

試験官♀「嘘を吐くな」ペチッ

おしとやか「ああん」

メスガキ「…………あー、もう! じれったい!」

メスガキ「あんた、休みなのになにやってんのよ! えっちなお店に入り浸って!!」

試験官♀「…………なら、一緒に行くか? 保護者同伴ならお前らも入れるからな」※この世界だけです

133 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:04:02 ID:NYfhudhw
〜えっちなお店〜

メイドコス「わー! 試験官♀さん、また来てくれたんですね!」

試験官♀「ああ、差し入れのディルドだ」

メイドコス「嬉しい♡ 今まで使ってたのじゃ物足りなくなってきてたから助かります♡」

試験官♀「……調子はどうだ?」

メイドコス「ハンターを引退してから……幻快楽(※)に悩まされることもありましたけど」

メイドコス「今はこうして元気に働けていますし、バッチリです!」

ふたなり「試験官♀さん、引退したおちんぽハンター達の様子を見に来てたんだね」

メスガキ「なによ……いい話じゃない」グスッ

おしとやか「全く、こんな良いお方を尾行するなんて誰が言い出したんですの?」

※幻快楽

 ちんぽ挿れられてなくても挿入されてる気分になって絶頂する病気。
 おちんぽ獣に負けて引退したハンターはこの症状に陥りやすい。

134 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:04:50 ID:NYfhudhw
試験官♀「彼女たちをこの世界に引き込んだのは……我々おちんぽハンター協会だからな」

試験官♀「責任を取ってるつもりではないが、休みの日はこうして引退者に会うようにしているんだ」

メスガキ「で、次はどこに行くわけ? 花なんか買っちゃってさ」

試験官♀「墓地だ」

ふたなり「墓地……」

 おちんぽ獣に敗北し孕まされても、無事に出産できればまだマシな部類だ。
 中には出産の激痛に耐え切れず命を落としてしまう元ハンターや、
 凌辱中の激しすぎる快楽で絶命してしまう者、
 精神的ショックを受けて自ら命を絶ってしまう者さえいる。

試験官♀「彼女達には本当に悪いことをしてしまった」

 試験官♀は墓に花を添え、手を合わせる。

試験官♀「…………」モクトウ

試験官♀「だからこそ、私は戦い続けなければならないんだ。おちんぽ獣どもと」

ふたなり「試験官♀さん……」

135 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:05:29 ID:NYfhudhw
試験官♀「まあ、最前線で戦っているのはお前たちなわけだが」

試験官♀「私も以前は貴様らと同じおちんぽハンターだった」

おしとやか「えっ、そうだったんですの?」

試験官♀「だがA級おちんぽ獣との戦いに敗れてしまってな……」

 そう言い、試験官♀は下着を脱ぐ。※補足 試験官♀の服装は軍服&下半身はローライズ黒パンのみ
 彼女の膣には一枚の前貼りが貼られていた。

試験官♀「見ろ、これがおちんぽ獣に敗れた者の末路だ」

 ゆっくりと、前貼りが剥がされていく。
 そこにあったのは

ふたなり「……! そんな、ひどい……!」

 とめどなく愛液が流れ出るクッソ無様なおまんこであった。

136 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:06:11 ID:NYfhudhw
試験官♀「くっ……ふっ♡ 性感を抑える前貼りをつけていないと……♡」

試験官♀「常に発情が止まらず、自分を抑えきれなくなってしまうんだ……♡」クチュクチュ

メスガキ「も、もういいわ! 早く前貼りを付け直しなさいよ!」

おしとやか「愛液の水溜まりが出来てしまいますわ!」

試験官♀「ふっ……うぅ♡ はぁはぁ……♡ 無様な姿を見せてしまったな」

試験官♀「だが覚えておけ。おちんぽ獣に負けるということは……こういうことなのだ」

ふたなり「……試験官♀さんは全然無様なんかじゃありません!」

試験官♀「ふたなり……」

ふたなり「そのおまんこは立派に戦い抜いた戦士のおまんこです!」

ふたなり「恥じる必要なんてありません! 私は試験官♀さんのおまんこが大好きです!」

メスガキ「……私だって!」 おしとやか「私もですわ!」

試験官♀「お前たち……」ジュン

試験官♀「ありがとうな」

137 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:06:52 ID:NYfhudhw
ふたなり「というわけで」ギンギン

 ふたなりはスカートをめくり、おちんぽを露出させた。

試験官♀「へ?」

ふたなり「不肖ながらこの私。試験官♀さんの性処理を務めさせていただきます」

試験官♀「ちょっと待て! その必要はない!」アセアセ

ふたなり「いえ、さっきの一瞬で身体に良くない快楽が溜まってしまったはずです」

ふたなり「発散させないと♡」グヘヘ

試験官♀「お、お前がヤりたいだけだろ!」

試験官♀「メスガキ! おしとやか! こいつを止めろ!」

メスガキ「まあまあ、いいじゃない」 おしとやか「私、試験官♀さんが乱れるところ見たいですわ♡」

試験官♀「こら! 2人掛かりで抑えつけるな! 前貼りを……剥がすにゃあっ♡」トロォ

ふたなり「いきますよ……えいっ♡」ズブッ

試験官♀「んひっ♡」ビクンビクン

138 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:07:30 ID:NYfhudhw
ふたなり「挿れただけでイッちゃいましたね♡ かわいいです♡」

試験官♀「はひゃ……♡ ぬ、抜けぇ……♡ あとでひどいぞ……♡」ビクビク

ふたなり「『あとで』なんて言わないで♡ 今を楽しみましょう♡」チュッ

試験官♀「〜〜〜〜〜〜〜ッ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「キスだけで大変なことになってる♡ それじゃあ動かしますね♡」ヌプヌプ

試験官♀「おっ♡ んぐっ♡ まっ、待ってぇ……♡」ビクンビクン

ふたなり「ああ……♡ いつも厳しいあの試験官♀さんが♡ こんなに蕩けてる♡」ヌプヌプ

試験官♀「んにゃああああああ♡ いぐぅぅぅぅぅぅっ♡」ビクンビクン!!

ふたなり「日頃の恩返しですから……たくさん気持ちよくなってくださいね♡」

試験官♀「やだっ♡ やだぁっ♡ きもちいいのダメなんだぁっ♡♡♡」プシャアアッ

139 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:08:15 ID:NYfhudhw
 事後。

試験官♀「全員協会に戻ってトレーニング1万セットだ!!!」プンプン

ふたなり達「ええええぇぇぇ〜〜〜〜〜!?」

試験官♀「当たり前だっ! 3人掛かりで協会職員を犯すなんて、本来なら軍法アクメ会議だぞ!」

ふたなり「とほほ〜。あんなによがってたから許してもらえるかと思ったのにぃ〜」

メスガキ「まあ仕方ないわね」

おしとやか「もう尾行は懲り懲りですわ〜!」

試験官♀「全く……」ヤレヤレ

試験官♀「…………」

試験官♀「おい、ふたなり!」

ふたなり「ひゃ、ひゃい!」ビクッ

試験官♀「今夜……私の部屋に来い♡」ボソッ

ふたなり「……え?」


第8おちんぽ 完

140 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:08:47 ID:NYfhudhw
〜次回予告〜

 大変! 2人目の特A級ハンター・お姉さんがやってきたよ!
 そして衝撃の事実が明かされる!?
 しかもお姉さんと戦う事になっちゃって……!?
 特A級相手に勝ち目なんてあるの〜!?

 次回! おちんぽ9本目『来襲☆ 特A級のお姉さん!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

141 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:10:03 ID:NYfhudhw
名前:試験官♀
性別:♀
年齢:23
身長:166cm
髪型:ポニーテール
髪色:黒
【PROFILE】
おちんぽハンター協会の職員。主な仕事は試験官だが、ハンターの訓練などその他雑務もこなす。
かつてはA級おちんぽハンターであったが壮絶な敗北アクメにより引退を余儀なくされた。
ちなみに膣内射精される前に他のハンターによって救出されたため妊娠経験は無い。
好きな食べ物は鯨の本皮の刺身。苦手な食べ物は甘いもの。

142 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:46:04 ID:NYfhudhw
おちんぽ9本目『来襲☆ 特A級のお姉さん!!』


おちんぽ獣「ピギィィィィィィ!!」ビューーーーーンッ!!

ふたなり「ふぅっ! 今日の任務も終わり!」

メスガキ「今回もラクショーだったわね!」フフン

おしとやか「もう3人ともB級になりましたし……A級昇格も近いですわね!」

メスガキ「ちっちっち! A級なんてただの通過点よ!」

メスガキ「私達が目指すのは特A級! でしょ!」ビシッ

ふたなり「だね!」

おしとやか「メスガキさんにしては良いこと言いますのね」

メスガキ「ふふーん♪」

143 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:46:52 ID:NYfhudhw
ふたなり「ただいま帰還しました!」

試験官♀「ああお疲れ様。ふたなり、ちょっと来い」

ふたなり「?」

試験官♀「今晩……私の部屋で、な?」ボソッ

ふたなり(ハマりすぎでしょ)

メスガキ「あー、全身ベトベトだからお風呂入りたーい!」

おしとやか「ビールですわビール!」

ふたなり「いや私たち未成年だからね!?」

メスガキ「今日の日替わりお風呂なにかな〜? 電気風呂がいいな〜♪」ガチャッ

ふたなり「あれ、誰かいるよ?」

おしとやか「今はデルタちんぽチームの入浴時間なのに……。文句言ってやりますわ!」

144 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:47:33 ID:NYfhudhw
お姉さん「みんなおつかれ〜♪」

おしとやか「って、きゃあああ! 特A級ハンターのお姉さん様ですわ!」ビックリ

メスガキ「げっ」

ふたなり「特A級!? ってことは中二眼帯さんの同僚さん!?」

お姉さん「中二眼帯ちゃんと一緒に戦ったっていうのはそこの子ね♡」

ふたなり(っていうか危なかった〜! タオルでおちんぽ隠れてなかったらバレちゃってたよ!)

お姉さん「それと……久しぶり♡ メスガキちゃん♡」

ふたなり「え? メスガキちゃん、お姉さんと知り合いなの?」

メスガキ「……バカ姉よ」

ふたなり「ふぇ?」 おしとやか「え?」

ふたなり&おしとやか「姉〜〜〜〜〜〜〜!?!?!?!?!?」

145 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:48:19 ID:NYfhudhw
お姉さん「あらあらうふふ♡」

ふたなり「お姉さんが特A級ハンターだったなんてっ!」ピョンピョン

おしとやか「どうして言ってくれなかったんですのっ!」ピョンピョン

メスガキ「…………」フンッ

ふたなり(あれ? メスガキちゃん、なんか怒ってる……?)

おしとやか「メスガキさん、すごいですわ! 特A級のお姉さまがいるなんて!」ピョンピョン

メスガキ「…………」イラッ

お姉さん「照れるわあ♡」

おしとやか「姉妹揃っておちんぽハンターの才能があったなんてすごいですわ〜!」ピョンピョン

おしとやか「悔しいですけれど……試験のとき私に勝ったのもマグレではなかったんですわね!」

メスガキ「…………!」ピクッ

おしとやか「あら? メスガキさん? どうしましたの?」

メスガキ「うるさいわよっ! 鳩尾パンチ!」ドゴォッ!!

おしとやか「ぶげぇっ!?」

146 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:49:20 ID:NYfhudhw
おしとやか「」ピクピク

メスガキ「黙って聞いてりゃお姉ちゃんが凄いだの、才能があるだの、好き勝手言って!」

メスガキ「私は努力してここまで昇りつめたの! お姉ちゃんを越えるために! だから才能なんて関係ない!」

ふたなり「め、メスガキちゃん……!」

ふたなり(そんな風に思っていたのに、私……メスガキちゃんに無神経なこと言っちゃった)

おしとやか(私ほどではないですわ)ピクピク

メスガキ「もうお姉ちゃん譲りの才能だとか、おちんぽハンターの血筋だとか……!」

メスガキ「そんなことは誰にも言わせないんだから!」

メスガキ「勝負を申し込むわ! お姉ちゃん、あんたにね!」ビシッ

お姉さん「あら〜♡」

147 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:49:57 ID:NYfhudhw
〜訓練場〜

試験官♀「ルールは一本勝負。先に絶頂した方が負けだ」

メスガキ「ふんっ」ムスッ

お姉さん「お手柔らかにね〜?」

試験官♀「言っておくがこれは飽くまで訓練だからな。あまり本気にならないように」

お姉さん「大丈夫ですよ〜♡ ちゃんと手加減しますので〜♡」

メスガキ「…………むかっ! いつまでも子供扱い……してんじゃないわよッ!!」ダッ

試験官♀「あっ、待て! まだ試合開始のコールをしてないぞ!」

メスガキ「試合開始は私が決めるの! くらえっ、メスガキロック!」ガキンッ

おしとやか「出た! メスガキさん特有の細い手足を使った拘束技!」

ふたなり「あれに捕らえられたら特A級でも身動き取れないよ!」

お姉さん「あら〜♡ 捕まっちゃった〜♡」ウフフ

148 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:50:40 ID:NYfhudhw
メスガキ「鳩尾パンチ! 鳩尾パンチ!」ドゴォッ!! ドゴォッ!!

おしとやか「あれは……過去に私が受けた技!!」

ふたなり「過去って……さっきのことじゃん」

おしとやか「暴力技はおちんぽ獣相手にはあまり役立ちませんが、対人戦でなら有効!」※おちんぽ獣は物理的な攻撃に強い

おしとやか「まさか……特A級に勝ってしまうんですの!? メスガキさん!」

ふたなり「すごい、すごいよ、メスガキちゃん!」

お姉さん「いた〜い♡ やめて、メスガキちゃ〜ん♡」

メスガキ「……ちっ! 鳩尾パンチじゃダメみたいね」

≪慈愛身体≫バブみボディ

 豊満な胸と肉体により全ての衝撃を吸収する。
 それが特A級ハンターお姉さんの能力。

お姉さん「おイタする子には……めっ♡ だよ〜」ニヤリ

149 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:51:32 ID:NYfhudhw
ふたなり「!? お姉さんの身体が縮まっていく!?」

おしとやか「あれは……受けた衝撃を凝縮させ、倍にして跳ね返そうとしているのですわ!」

メスガキ「跳ね返す前に終わらせるッ! くらえ、必殺……!!」

メスガキ「メスガキコンボ!!」ドガッ!! バキッ!! ブンッ!! ドグシャアッ!!

おしとやか「出たーっ! メスガキさんのメスガキコンボ!」

ふたなり「拘束状態からの鳩尾パンチ・腕ひしぎ・背負い投げ・踵落としの連続攻撃!」

試験官♀「なあ、それって繋がっているのか?」

ふたなり「分かりません! 格闘技未経験なので!」

お姉さん「ム・ダ・よ〜?」グググ

メスガキ(ノ、ノーダメージ……!? そんな……)

お姉さん「必殺――≪慈愛の抱擁≫バブみ・ハッグ」

 刹那、お姉さんの腕と身体がメスガキを包み込んだ!

150 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:52:06 ID:NYfhudhw
メスガキ「な、なにこれぇ……♡」

 メスガキは為すすべなく優しく抱かれてしまう。

お姉さん「受けたダメージを全て快楽に変換し、倍にしてお返しする技よ〜♡」

メスガキ「ふあぁ……♡ もう……りゃめぇ……♡」

メスガキ「Zzz...」スピー

ふたなり「あれ、メスガキちゃん寝ちゃったよ?」

試験官♀「絶頂はしていないが……勝負あったな。この勝負、お姉さんの勝ちだ」

お姉さん「手加減するって言ったでしょ? 優しく寝かせてあげたわ♡」

おしとやか「強すぎますわ……! これが特A級なんですのね……!」

ふたなり「メスガキちゃーん!」ダッ

 倒れたメスガキに駆け寄るふたなり。

メスガキ「Zzz...」スヤスヤ

ふたなり「……ほっ。怪我とかはないみたいだね」

151 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:52:45 ID:NYfhudhw
 ――。

メスガキ「はっ!」パチクリ

ふたなり「あ、おはよーメスガキちゃん」

メスガキ「ここは!? 勝負はどうなったの!?」

おしとやか「残念ですが貴女の負けですわ」

メスガキ「…………くっ!」

おしとやか「ですが気に病む必要はありません。私達にはまだまだ伸びしろが」

メスガキ「うるさい! 鳩尾パンチ!」ドゴォッ!!

おしとやか「ぶげぇっ!!」

メスガキ「っ!!」ダッ

ふたなり「あっ、どこ行くのメスガキちゃん! 待ってよ!」タッタッタ

おしとやか「ふ、ふふ……」ピクピク

おしとやか「私の能力≪異常感度≫なら、痛みだって快楽になりますわ」ピクピク

おしとやか「マゾになりそう……♡」

試験官♀(お前は既にマゾだろ)

152 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:53:48 ID:NYfhudhw
メスガキ「うぅ……」グスッ

ふたなり「また部屋の隅に座り込んで……らしくないよ、メスガキちゃん」

メスガキ「だって、どれだけ頑張ってもお姉ちゃんには勝てないんだもん!」

メスガキ「昔からそう! 勉強でも、運動でも、えっちでも!」

メスガキ「お姉ちゃんは簡単に私の上をいっちゃうの!」

メスガキ「私はお姉ちゃんには一生勝てないんだぁぁ! うぇぇぇぇ!」ビエエエ

ふたなり「メスガキちゃんの馬鹿!」チンポビンタ!!

メスガキ「っ!?」(またこれ!?)

ふたなり「私達には伸びしろがあるんだよ!!」

メスガキ(それ……おしとやかが言いかけてた台詞と同じじゃん!)

ふたなり「それに……メスガキちゃんにはいるじゃない」

ふたなり「頼れる味方が、さ」テヘヘ

153 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:54:19 ID:NYfhudhw
おしとやか「話は聞かせてもらいましたわ!」バーン!!

メスガキ「おしとやか!」

おしとやか「私たち3人の知恵を合わせれば特A級ハンターだって敵では無いはずです!」

ふたなり「みんなで必勝の戦法を考えよう!」

メスガキ「みんな……」

メスガキ「うんっ! ありがとう!」

お姉さん(ふふ……メスガキちゃん、いい仲間を持ったわね)※扉の外から見守るお姉さん

お姉さん(だけど、私だってまだまだ負けてあげるわけにはいかないんだから……!)

お姉さん(全力で叩き潰してあげるわ!)

154 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:55:09 ID:NYfhudhw
 そんなこんなで再戦することになった。

試験官♀「よし、それじゃあ準備はいいか?」

お姉さん「オッケーよ〜♡」

メスガキ「いいけど……ちょっとルールを確認させて?」

試験官♀「ああ。ルールは先程と同じ。淫具も暴力技もありのなんでもルールだ」

試験官♀「交尾バトルは何が起こるか分からないからな。訓練でも基本的にルールは無い」

試験官♀「相手を死亡させた場合は反則負けになるからそこは注意してくれ」

ふたなり「いや死亡するまでえっちはしないでしょ」

試験官♀「ふたなり、知らないのか? 世の中にはそういう性癖もあるんだぞ。デスアクメと言ってな……」

メスガキ「はいはい無駄話はそこまで! ルールは分かったわ。私も準備オッケー」

おしとやか(ここまでは私の筋書き通りですわ……! 後は戦いの中でどう動くか!)

試験官♀「では……交尾開始!!」

155 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:55:40 ID:NYfhudhw
お姉さん「かかってらっしゃ〜い♡」

メスガキ(やっぱり……お姉ちゃんは私を格下扱いして舐めてかかってる)

メスガキ(だからこそ……!)

おしとやか(初撃を当てやすいのですわ! やっちゃいなさい、メスガキさん!)

ふたなり「いけー!」

メスガキ「ふっふっふ!」ゴソッ

試験官♀「あれは……淫具か! なるほど凶器攻撃というわけだな」

メスガキ「極悪イボイボバイブをくらえッ!!」ズボッ!!

お姉さん「あんっ♡ 気持ちいい♡」

メスガキ(やっぱりあんまり効いてない……! なら次ッ!!)

156 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:56:14 ID:NYfhudhw
メスガキ「ピンクローターアタック!!」ヴィィィィ

メスガキ「アナルパール!!」ヌポポポポ

メスガキ「鼻フック!」グイーン

メスガキ「クリキャップ!」ハミッ

お姉さん「ふふふ……道具に頼っても無駄よ? この程度の快楽は実戦で慣れっこなの♡」

メスガキ「……でしょうね」

お姉さん(だけど……これってもしかして? いや、そんなまさかね……)

メスガキ「どうやら薄々気付いてるようね、お姉ちゃん」

お姉さん「っ!?」

157 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:57:10 ID:NYfhudhw
メスガキ「私が用意した最後の淫具はこれ」

 メスガキは音楽プレーヤーとイヤフォンを取り出した。

試験官♀(淫具ではなくないか? 別にいいけど)

お姉さん「そ、それは……!」

メスガキ「ショタボイスASMRよ……!」

メスガキ「バイブ! ローター! アナルパール! 鼻フック! クリキャップ!」

メスガキ「そしてショタボイスASMR! これがお姉ちゃんを倒す秘策!」

お姉さん「な、なんで…………!」

お姉さん「なんで私のオナニーフルセットを知っているの……!?」

ふたなり「それはこの人が教えてくれたんです」

中二眼帯「――やあ」ヒョッコリ

お姉さん「なっ! 中二さんを味方につけたの!?」

ふたなり「私が呼びました」

中二眼帯「お姉さんとは同じ宿舎に住んでいるからな。趣向は熟知している」

158 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:57:49 ID:NYfhudhw
メスガキ「特A級だろうがなんだろうが、ひとりえっちすれば絶頂する!」

メスガキ「これが私たち仲間の編み出した戦法! 強制ひとりえっちよ!」

メスガキ「イヤフォンをお姉ちゃんに装着し、ASMR再生!」ピッ

ショタ『お姉さん、耳かきしてあげるね♡』

お姉さん「はあああああんっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「効いてる……!」

おしとやか「やりましたわー!」

中二眼帯「――いや、まだだ。あいつはこの程度では堕ちない」

お姉さん「ふぅ……♡ 確かに今の攻撃は効いたわ。けれどね」

お姉さん「強制的に玩具つけられてASMR聴かされるって……それは最早オナニーではないのよ!」ビシッ

試験官♀(確かに)

お姉さん「だから効果は半減ってワケ♡」

メスガキ「…………」フンッ

159 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:58:25 ID:NYfhudhw
お姉さん「さて、もう打つ手なしかしら?」

メスガキ「――――」パクパク

お姉さん「……? あ、イヤフォン付けたままだったわ」ハズシー

メスガキ「――――ここからがこの戦法の本番よ!」

お姉さん「!?」

 何者かが背後からお姉さんを抑えつけた!

お姉さん「えっ、誰!?」

ふたなり「私です!」 おしとやか「私もです!」

お姉さん「ちょっ……なんで乱入してるの〜!?」

メスガキ「最初に確認したでしょ? この勝負は、なんでもありルールだって♡」

お姉さん「いや、でも卑怯でしょ〜!?」

メスガキ「卑怯でもなんでも勝てばいいのよ!」

160 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:59:04 ID:NYfhudhw
試験官♀「うむ。勝つためならば全てを利用し、時にはプライドすらも捨てる」

試験官♀「おちんぽ獣に敗北すれば待っているのは悲惨な末路だからな」

試験官♀「なにがなんでも勝つという、メスガキの言い分は正しい」

お姉さん「納得できないのよ〜!」

ふたなり「さあ! あなたの動きは完全に封じました!」

おしとやか「全員で責めまくってやりますわ〜!」

メスガキ「覚悟しなさい! お姉ちゃん!」

メスガキ「今回勝つのは私……ううん、私たちよ!」ビシッ

お姉さん「ふ、ふんっ! ちょっと焦ったけどB級3人に責められたくらいじゃイカないわよ〜!」

中二眼帯「――私も混ぜてもらおう」スッ

お姉さん「ちょっ、それはマジで反則でしょうがっ! うぎゃあああああ♡♡♡」ビクンビクン


 メスガキ WIN!!

161 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 16:59:49 ID:NYfhudhw
お姉さん「」ピクピク

メスガキ「やった〜♡ ついにお姉ちゃんをやっつけた〜!」ピョンピョン

中二眼帯「――これが、絆の力か」ピョンピョン

おしとやか「特A級と組んで特A級を倒しましたわ〜!」ピョンピョン

ふたなり「やったね、みんな!」ピョンピョン

試験官♀「見事だったぞ、お前たち」

162 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 17:00:29 ID:NYfhudhw
試験官♀「ほぼ反則とはいえ特A級を倒したとなると……」

試験官♀「発行しなければならんな。特A級の許可証を」

メスガキ「え!? ウソ!!」

試験官♀「ウソだ。まあ3人ともA級ってところだな」

メスガキ「ざけんな!」

ふたなり「でもやったよ! とうとうA級! 残すは特A級を目指すのみだよ!」

おしとやか「これからもこの調子で頑張りましょう!」

 遂にA級に昇格したデルタちんぽチームの3人!
 いよいよおちんぽ獣との戦いは佳境に迫る!
 頑張れおちんぽ! 負けるなおちんぽ!

第9おちんぽ 完

163 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 17:01:03 ID:NYfhudhw
〜次回予告〜

 発情ガスが大量噴出!
 吸い込んじゃうと強制的に発情しちゃうし理性を失っちゃうよ!
 こんな状況でおちんぽ獣と戦わないといけないの〜〜!?
 ふたなり精液もからっぽにされちゃって……大ピンチだよ〜〜!!

 次回! おちんぽ10本目『はわわ☆ 発情ガスでぐっちょぐっちょ!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

164 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/09(土) 17:01:48 ID:NYfhudhw
続きはまた後程

165 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:29:00 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ10本目『はわわ☆ 発情ガスでぐっちょぐっちょ!!』※敗北ルート有り


試験官♀「大変だ3人とも!」

ふたなり「うわ! どうしたんですか突然!」

メスガキ「任務?」

おしとやか「A級の実力をご覧に入れてあそばせますわー!」

試験官♀「至る所の地面から発情ガスが噴き出して大変なんだ! 原因を突き止めてくれ!」

メスガキ「えぇ……」

ふたなり「なんでそんなことになるんですか……」

おしとやか「もうちょっと頭を使ってSSを書いて下さいませ」

試験官♀「いいから出動だ! デルタちんぽチーム!!」

166 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:29:31 ID:0Uz/VOCk
〜現場〜

ワー!! タスケテー!! キャー!! エッチダー!! ヤッター!!

おしとやか「街は阿鼻叫喚ですわね」

メスガキ「なんか喜んでる人いない?」

ふたなり「発情ガスについてなにか情報はないの?」

オレ娘「それならオレに任せてくれ!」デデン!!

ふたなり「げっ、オレ娘先輩」

オレ娘「発情ガスは何の前触れもなく地面から噴き出してくるぞ!」

オレ娘「このガスはかなり厄介な代物でな。女が吸うと発情してしまうんだが……」

オレ娘「なんとおちんぽ獣にも効果があって、奴らがガスを吸うとパワーアップしてしまうんだ!」

167 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:30:06 ID:0Uz/VOCk
メスガキ「うわぁ……それは面倒そうね」

おしとやか「ガスを吸わないのは当然として、おちんぽ獣がガスを吸うのにも気を付けないといけないのですね」

オレ娘「ちなみに発情ガスを吸いすぎると理性をなくして、味方を襲うようになってしまうぞ」

オレ娘「この……オレのようになぁっ!!」ガバッ!!

ふたなり「う、うわぁ!! この人もう発情しきってる!! 犯されるー!!」ジタバタ

メスガキ「任せて! 鳩尾パンチ!」ドゴォッ!!

オレ娘「ぶべらっ!?」バタッ

ふたなり「あービックリした。ホラーゲームみたいな襲い方やめてほしい……」ドキドキ

おしとやか「この方は協会に連絡して搬送してもらいましょう」

168 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:30:39 ID:0Uz/VOCk
 プシューッ!!

ふたなり「うわっ! 発情ガスだ! ちょっと吸っちゃった!」

メスガキ「慎重に進まないとヤバいわね、これ」

メスガキ「あんたは後ろ下がってなさい」

ふたなり「う、うん。ありがとうメスガキちゃん」

メスガキ(ふたなりが理性失ったらマジで孕まされそうだし……)

おしとやか「ふっふっふ!」

メスガキ「? なに笑ってんのよ。もしかして理性失った?」

おしとやか「誰が! ……こほん、改めてふっふっふ! 今こそこの私の出番なのですわ!」

ふたなり「……あ、そっか! おしとやかちゃんの能力!」

おしとやか「そう、≪異常感度≫でガスが噴き出る場所を察知できるのですわ!」

169 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:31:16 ID:0Uz/VOCk
おしとやか「むむむ……! ふたなり様、そこから離れて下さいまし!」ピクッ

ふたなり「はい!」シュタッ

 プシューッ!!

メスガキ「おー、ほんとに察知できるんだ」

おしとやか「どうです? 恐れ入りましたか?」

メスガキ「あんたの能力、バカみたいだけど地味に役立つね」

おしとやか「……メスガキさん、そっちに移動してください」

メスガキ「うん」スタスタ

 プシューッ!! メスガキに発情ガスが直撃!!

メスガキ「ぎゃあ!? ごほごほっ!? ちょっとぉ!!♡♡♡」ビクビク

おしとやか「やーい! 引っかかりました引っかかりましたわー!」ケラケラ

ふたなり「こらー!! それ冗談じゃ済まされないよ!!」

170 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:31:48 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ獣A「キキキ! メスを見つけたぞぉ!」ガサッ

おちんぽ獣B「犯してやるぜぇ!!」ガサッ

ふたなり「ほら! おちんぽ獣でたよ! ふざけてたら危ないんだからね!」

メスガキ「あー……♡ わたし今ちょっとムリかも……♡ 任せていい?♡」

おしとやか「う……ごめんなさいメスガキさん。ここは私が戦いますわね。休んでて下さい」

メスガキ「うん……♡」トロォ

ふたなり(メスガキちゃん、えっちだ♡)キュン

おちんぽ獣A「へへへ、1人は既に瀕死みたいだな。こりゃ楽でいいや」

おちんぽ獣B「ヤっちまえぇ!!」ダッ

ふたなり「くるよ! ――セックス!」ピカーッ!!

おしとやか「はい! ――セックス! ですわ!」ピカーッ!!

171 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:32:57 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ獣A「おらおらおらぁっ!!」パンパン

ふたなり「うっ、うぅっ♡ イグッ♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣A「へへへ、どうやらテメェも既に発情してるみたいだな!」パンパン

ふたなり(それもあるけど……メスガキちゃんのえっちな顔見ちゃったから力入んないよぉ♡)ドキドキ

おちんぽ獣A「見たところ精液が残ってる限りは敗北絶頂しないみたいだが……」パンパン

おちんぽ獣A「このペースなら余裕で枯れさせられそうだな!」パンパン

ふたなり「またイクッ♡ ダメっ♡ パンパンしないれぇ♡」ビュルッ!! ビュルルッ!! ビュルルルッ!!

ふたなり(精液なくなっちゃう……♡ 負けちゃうよぉ……♡)ドピュッ!!

172 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:33:31 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ獣B「うぎゃあああああああ!!」ビュルルルルルーッ!!

おしとやか「ふぅ……C級おちんぽってところですわね。楽勝でしたわ!」ブイッ!!

ふたなり「んにゃああああああっ♡♡♡」ビュルルルーッ!!

おしとやか「って、あらぁ!? ふたなり様が大ピンチですわ!」アセアセ

おしとやか「そ、そうでした! ふたなり様は初めにガスをちょっと吸っていたのでしたわ!」

おしとやか「早く助けないと!」ダッ

 その瞬間、おしとやかは何者かに足を掴まれ転んでしまう!

おしとやか「ぎゃひっ!?」

おしとやか「いたた……な、なんなんですの!? 私、こんなのばっかり!」グスッ

おしとやか「私の美脚を掴んだのはどこのどなたかしら!?」

メスガキ「おしとやかぁ……♡ わたし……もうガマンできない……♡」トロォ

おしとやか「や、やべぇですわ」

173 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:34:23 ID:0Uz/VOCk
ふたなり「うあああぁぁぁっ♡♡♡」ビュルル...ピュピュッ

おちんぽ獣A「へっ、最後は情けない射精だったな。これで終わりか」

ふたなり「あ……あぁ……♡ そんなぁ……♡」ビクビク

ふたなり(正真正銘、精液からっぽにされちゃった……♡ 次イカされたら負けちゃう……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「このまま堕としてもいいが、イイこと思いついたぜ」ニヤァ

おちんぽ獣A「発情ガスが出そうな場所に移動させて、さらにガスを吸わせてやる」

ふたなり「そ、そんなことされたら……♡」

おちんぽ獣A「完全に頭の中ピンク色になっちまって人生終わっちまうなぁ?」

ふたなり「や、やめてぇ……♡」

おちんぽ獣A「そこの地面がそろそろ怪しいな。おら、そこまで移動しろっ!」グイッ!!

ふたなり「ひぎっ!? おちんぽ動かさないでぇ♡ 移動しますからぁ♡♡♡」ビクビク

174 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:35:03 ID:0Uz/VOCk
 ふたなりはおちんぽ獣に突かれながら、必死に這って発情ガスポイントまで辿り着いた。

ふたなり(私……ここで終わっちゃうんだ♡ 発情ガス吸わされて敗北アクメしちゃう♡)ビクビク

おちんぽ獣A「へへへ、地面から少しずつガスが漏れ始めてるのが分かるぜ」

ふたなり(あれが噴き出たら……♡ 私、おしまい?♡ そんなのいやなのにぃ……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「噴き出すまであと五秒ってところか」

ふたなり(いやなのに逆らえない……♡ ごめん、メスガキちゃん、おしとやかちゃん、みんな……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「4……3……」ニヤニヤ

ふたなり(負けて孕まされるのに♡ ドキドキしちゃう♡ だめなのにぃ♡)ビクビク

おちんぽ獣A「2……1……」ニヤニヤ

ふたなり(も、もう……ダメ……♡)

おちんぽ獣A「ゼロだ!」

 発情ガスが勢いよく吹き出し、ふたなりは無防備のまま吸い込んでしまう。
 その瞬間彼女の脳内は快楽で染め上げられ、無様に大絶頂してしまうのだった。

175 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:35:35 ID:0Uz/VOCk
 ――しかし!
 まだふたなりは負けていなかった!

ふたなり「イグゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ♡♡♡」ドビュビュビュッ!!

おちんぽ獣A「な、なんだと!? 空にしたはずなのに射精しやがった!?」

ふたなり「こ、これって……!?」ギンギン

 ふたなりは最初の説明を思い出した。
 発情ガスは、女を発情させ――そして、

ふたなり(そうか! 発情ガスがパワーアップさせるのはおちんぽ獣じゃなくて……)

ふたなり「おちんぽそのものだったんだ!」

 発情ガスを吸ったことでふたなりおちんぽはパワーアップ。
 失った精液も即座に作り出したのだ。

おちんぽ獣A「くそっ、まさか発情ガスが女のおちんぽまでパワーアップさせるなんて!」

おちんぽ獣A「余計な事しないでさっさとイカせてやるんだったぜ」

ふたなり「さあ……反撃開始だよ!」ギンギン

おちんぽ獣A「さっきまで諦めてた癖に威勢がいいな。さっきのガスは俺も吸った。今度こそ敗北させてやる!」

176 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:36:13 ID:0Uz/VOCk
おしとやか「ちょっ、ちょっとぉぉぉぉ♡♡♡ やめてくださいぃぃ♡♡」ビクビク

メスガキ「んふふ……♡ おしとやかのおっぱい、おいひぃ……♡」チュー

おしとやか「ひぃー♡ こんなことになるなんてぇ♡」ビクビク

おしとやか「あ゛っ♡ またイギますっ♡♡♡」ビクビクビクッ!!

 発情しきって理性を失ったメスガキに犯されるおしとやか。
 何度もイカされてしまってはいるが、おちんぽ獣が相手ではないので敗北にはならなかった。
 しかし終わりもやってこないので延々とメスガキに犯され続けてしまう。

メスガキ「えへへへ……♡ 次はおまんこいじるね……?」クチュ

おしとやか「もうやめてくださいぃ……♡ いま新手が出てきたら全滅ですわぁ……♡♡♡」ビクビク

メスガキ「そしたらいっぱいきもちよくなれるね?」クチュクチュ

おしとやか「ひぎぃ♡ ちゃんと話を聞いてくださいぃ……♡ イクっ♡」ビクンビクン

177 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:37:06 ID:0Uz/VOCk
 理性を失っていてもメスガキの実力はそのまま。
 メスガキロックをキメられ、おしとやかは完全に身動きが取れない状況にあった。

おしとやか(≪異常感度≫による痙攣でメスガキさんを弾き飛ばす手もありますが……)

おしとやか(この状態のメスガキさんがあらぬ場所に弾き飛ばされておちんぽ獣に犯されたら大変ですし……)

おしとやか(どうすればいいんですの〜〜〜!?)

おしとやか「あひっ♡ またイクっ♡ 連続アクメですわっ♡♡♡」ビクンビクン

メスガキ「おしとやか……かわいい♡」クチュクチュ

おしとやか「ど、どうにか正攻法でメスガキさんを倒すしかないようですね♡」ビクンビクン

おしとやか「でも≪異常感度≫無しでメスガキロックをどう攻略すれば……」

おしとやか「…………!!」

おしとやか(あの技ならば……あるいは!)

178 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:37:41 ID:0Uz/VOCk
おしとやか「イグッッッ♡♡♡」ビクビクビクビクッ!!

メスガキ「あはは、いっぱいびくびくしちゃったね?」クチュクチュ

おしとやか(メスガキさんを飛ばさない程度に身体を痙攣させる……!)ビクンビクン

おしとやか「あ゛っ♡ お゛っ♡ んお゛お゛っ♡♡♡」ビクンビクン!!

 度重なる痙攣により、おしとやかの巨乳が揺れ始める。
 最初の揺れは静かに。次の揺れは最初よりもわずかに強く。
 振り子のように胸の揺れは増幅していく――。

メスガキ「!? なにこれ、おしとやかのおっぱいすごいことになってる!!」

おしとやか「胸を弾ませることにより衝撃波を放つ――これが!!」

おしとやか「イギッ♡♡♡」ビクン!!

 最後の絶頂痙攣により、おしとやかは胸を天へと向けた!!
 そして放たれる衝撃波!!

おしとやか「――――おしとやか式バインショットですわ!」バイン!!

179 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:38:21 ID:0Uz/VOCk
 上空に衝撃波を放ち、その反動によっておしとやかの身体は地面側へと押し出される!
 結果――――

メスガキ「ぎゃひっ!?」バゴォ!!

 背後に組み付いていたメスガキは地面に強く叩きつけられるのだった!

メスガキ「きゅうぅぅ……」ピヨピヨ

おしとやか「ふぅ……気絶したみたいですわね。危ないところでしたわ」

おしとやか(デス・バインさん、貴女の技――お借りしましたわよ)

おしとやか「ギリギリでした……。やっぱり強いんですわね、メスガキさん」

おしとやか「って、ふたなり様!! 大丈夫ですか!?」クルッ

ふたなり「あ、いま終わったとこだよ!」ピンピン

おちんぽ獣A「」ビクンビクン

おしとやか「私の助けは必要なかったんですのね……」ホロリ

180 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:39:05 ID:0Uz/VOCk
メスガキ「Zzz...」スヤスヤ

おしとやか「私とメスガキさんは限界が近いので協会に避難しますわね」

ふたなり「うん! 後は任せてよ! 私、発情ガスと相性いいみたいだし!」

おしとやか「どうかお気を付けて、ふたなり様……!」

ふたなり「2人の分まで頑張るよ!」

 こうしてふたなりは単独行動をとることになった。
 そして。

おちんぽ獣「ピギャアアアアア!!!」ビュシャーッ!!

ふたなり「20本目! 結構倒したなー」

ふたなり「それにしてもこの数……五話の時よりも多いかも」

ふたなり「としたら、あの時みたいにおちんぽ獣たちの指揮をとってるボスおちんぽがいるのかも!」

ふたなり「探してみよう!」スタスタ

181 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:40:24 ID:0Uz/VOCk
 ――最深部にて、睨み合う2人のオスとメスがいた。

おちんぽのボス「…………」

ペドロリ「…………」

 今回の騒動のボスに対するは、世界に3人しかいない特A級ハンターのペドロリ。

ペドロリ「…………ふっ」

ペドロリ「このあたちが……敗れるなんて……ね……♡」プシャアアッ!!

 そう言い残し、特A級ハンターは潮を撒き散らしながら地面へと伏した。

おちんぽ伝令係「さすが我らのボス! この女はどうします?」

おちんぽのボス「好きに孕ませておけ。我は“協会”へ帰る」

おちんぽ伝令係「さっすが〜! おちんぽのボスは話が分かるッ!」

ペドロリ「やめて……さわらないで……」

 今、世界のバランスが崩れ去ろうとしていた――。


第10おちんぽ 完

182 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:41:05 ID:0Uz/VOCk
〜次回予告〜

 最深部で待ち受けていたのは無敵の能力を持ったおちんぽ獣!?
 イカせてもイカせてもキリがないよ〜〜!!
 でも諦めちゃダメ!
 どんなおちんぽだって絶対射精させるのがおちんぽハンターだもん!

 次回! おちんぽ11本目『見抜け☆ 真実のおちんぽ!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

183 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:42:17 ID:0Uz/VOCk
名前:オレ娘
性別:♀
年齢:16
身長:173cm
髪型:ツンツン
髪色:赤
【PROFILE】
B級で名うてのおちんぽハンター。
間が悪く空気を読まないので絡みづらいが、面倒見の良い頼れる先輩。
豪快な性技によりおちんぽ獣をなぎ倒す。固有能力は不明。
好きな食べ物は肉。嫌いな食べ物は特に無し

184 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:48:09 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ11本目『見抜け☆ 真実のおちんぽ!!』※敗北ルート有り


〜前回までのあらすじ〜

 ふたなりは発情ガスを吸いながらおちんぽ獣と戦っていた。


ふたなり「ふぅ……結構奥まで来ちゃった。ここが最深部かな?」

ふたなり「…………!! 誰か犯されてる!?」

ペドロリ「う……あ……」ビクビク

おちんぽ伝令係「うひひひ特A級ハンターに膣内射精できるなんてサイコーだぜぇ!」パンパン

おちんぽ伝令係「おらぁ! 強い子供を孕みやがれよぉっ!!」ビュビューッ!!

ペドロリ「く、くしょぉ……」ビクンビクン

ふたなり「やめろーーっ!!」バッ

185 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:48:52 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ伝令係「あぶねっ! なんだお前!?」

ふたなり「私はおちんぽハンターふたなり! こんな小さな女の子を犯すなんて許せない!」

ふたなり「あなたは絶対に私がこらしめてみせる! ――セックス!!」

おちんぽ伝令係「ふん……雑魚ハンターか」

おちんぽ伝令係「特A級を倒した俺様の実力を思い知れぇ!!」バッ

ペドロリ「い……いや……アンタにまけてはないからね……♡」ビクビク

おちんぽ伝令係(ふっ、言っておけ。おちんぽ獣の隠された特性を知らん奴らめ)

 おちんぽ獣はより強い雌を犯すことでレベルが上がっていく。
 自身で倒したわけではないとはいえ――

 特A級ハンターを犯したおちんぽ伝令係は飛躍的な強化を遂げていた!

おちんぽ伝令係「今の俺なら特A級にだって勝てるぜーっ!!」

186 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:49:34 ID:0Uz/VOCk
おちんぽ伝令係(俺様の元々のおちんぽランクはA級!)

おちんぽ伝令係(特A級を犯したことにより強化され、今や特A級並の強さ!)

おちんぽ伝令係(なのに……)

ふたなり「唾液手コキ攻撃!」ヌルヌル

おちんぽ伝令係(何故この俺の方が押されている!?)ビクビク

 強化を遂げたのはおちんぽ伝令係だけではない。
 前回、限界直前までイカされたことによりふたなりも強くなっていたのだ。
 さらに怒りによるアドレナリンは彼女の性感を鈍くしていた。

ふたなり「イッちゃえ!!」シコシコシコシコ

おちんぽ伝令係「くっ……射精るッ!!」ビクン!!

おちんぽ伝令係「――――なんてな」ニヤ

ペドロリ「んほおおおおおおーーーーーッ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「なっ!? なんでそっちがイくの!?」

187 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:50:17 ID:0Uz/VOCk
ペドロリ「ぐ……たぶん……これはそいつの能力……♡ ゆだんしないで……♡」ビクビク

おちんぽ伝令係(流石は特A級、敗北アクメした状態でも冷静に分析するか)

ふたなり「上位のおちんぽ獣は固有能力を持ってるんだっけ。前に戦った空飛ぶ精液みたいに」

ふたなり(そして恐らく、このおちんぽ獣の能力は……)

ふたなり(私の能力と同じタイプ! 敗北絶頂を回避する能力なんだ!)

おちんぽ伝令係(――なんて思ってるようじゃ俺様には勝てないぜ♪)

ふたなり「もう一度……イカせる!」シコシコシココ

おちんぽ伝令係「ククク、何度やっても無駄だ!」

ペドロリ「んぐぉぉぉぉぉーーーーーっ♡♡♡」ビクンビクン!!

おちんぽ伝令係「冥途アクメの土産に教えてやろう。俺様の能力は『快楽の伝達』」

おちんぽ伝令係「自身の快楽を他者に押し付けることが出来るのさ!」

ふたなり「そ、そんな……! そんなおちんぽどうやって倒せばいいの……!?」

188 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:50:51 ID:0Uz/VOCk
ふたなり「とりゃーーー!!」シコシコシコ

ペドロリ「んぎぃぃぃぃぃぃ♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「これでどうだぁぁぁぁぁ!!」シコシコ

ペドロリ「んひょぉぉぉぉぉぉっ♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「だったらこれでぇぇぇぇぇぇぇ!」シココッ

ペドロリ「あへぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ♡♡♡」ビクンビクン

おちんぽ伝令係「ケケケ、それで終わりか?」ニヤニヤ

ふたなり「くっ、やっぱり攻撃が通じない……!」

ふたなり「打つ手はないの……!?」

ペドロリ「…………」ビクッビクッ

ペドロリ(いや……なにか、ふしぜんだ……)

189 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:51:48 ID:0Uz/VOCk
ペドロリ(快楽の伝達……? ふれてすらいないあたちに快楽をおしつける……?)

ペドロリ(そんな能力がほんとうにあるとしたら……むてきすぎる!)

ペドロリ(本当のむてきだったら、あいつはおちんぽのボスよりえらくなってるはず!)

ペドロリ(だから、あいつのいってることはたぶんウソだ!)

ペドロリ「だ……だまされないで♡ そいつの能力はきっとべつのなにか……だ……♡」ビクビク

おちんぽ伝令係「ちっ、そこまで感づくか。恐ろしいねぇ特A級は」

ふたなり「快楽の伝達はウソ……? そっか、説明された能力が本当とは限らないよね」

おちんぽ伝令係(ブラフに気付いても無駄だ! 俺様の無敵の能力が破られるはずはねぇ!)

ふたなり「手コキ!!」シコ

おちんぽ伝令係「無駄だ!」

ペドロリ「イギィィィィィィィィッ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「…………!」

190 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:52:22 ID:0Uz/VOCk
ふたなり(さっきから違和感はあった……)

ふたなり(私が攻撃するたび、どんどんあの女の子が絶頂するスピードが速くなってる……)

ふたなり(自分の快楽を伝達するだけなら、絶頂のタイミングは常に一定になるはず)

ふたなり(ということは…………!)

ふたなり「これに賭ける!」シコシコ!!

 ふたなりは自身のおちんぽを露出させ、自慰を始めた!

おちんぽ伝令係「なっ!? 貴様、女なのにおちんぽが生えているのか!?」

おちんぽ伝令係「いや、そんなことよりも……おちんぽはマズい!」アセアセ

ふたなり「イ、イクッ♡♡♡」ドビュッシィィィィィィ!!

 ふたなりはおちんぽを頭上に向け、周囲一帯に精液の雨を降らせた!!

ペドロリ「…………! そういうことか!」スンスン

191 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:54:25 ID:0Uz/VOCk
ふたなり「――――見えた! そこだぁっ!」ダッ!!

おちんぽ伝令係「くっ!!」

ふたなり(1ヵ所だけ――精液が逸れる空間があった!)

ふたなり(あのおちんぽ獣の真の能力は……たぶん幻覚かなにかを見せる力!)

ふたなり(私はおちんぽ獣を責めていたつもりだったけど、女の子の方に攻撃しちゃってたんだ!)

ふたなり(きっと本体は疲れ果てた私を仕留める為、遠くに隠れて様子を窺っているはず!)

ふたなり(それが――あの空間だ!)

おちんぽ伝令係(見破られたか! だが俺様の真の能力は光の屈折!)

おちんぽ伝令係(自由自在に光を屈折させることで、そこにあるはずの物を別の場所へと映し出す!!)

おちんぽ伝令係(俺様はこの無敵の能力で姿を隠し、今までずっと伝令係をやってきたんだ!!)

おちんぽ伝令係(もう一度光を屈折させて俺様の位置を誤認させる!!)キュイイィィン!!

ペドロリ「……! そっちだ!!」

ふたなり「わかったっ!!」シコシコッ!!

おちんぽ伝令係「なっ!? 捕まった!? な、何故バレた!?」

192 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:55:03 ID:0Uz/VOCk
ふたなり「射精した時に僅かにおしっこも出してたんだよ♡ 匂いで追跡できるってこと♪」

おちんぽ伝令係「そ、そんな馬鹿なぁっ!? 俺様の無敵の能力が、そんなことで……!?」

ふたなり「無敵の能力なんて無い――――!」

ペドロリ「おまえはじぶんのちからにおぼれたのだ――――!」

おちんぽ伝令係「く、くそおおおおッ!!」

ふたなり「必殺!! 光速手コキ!!」シコココココココッ!!

おちんぽ伝令係「あああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜ッ!!!」ドピュドピュドピューッ!!

ふたなり「大勝利!!」

ペドロリ「ふっ……よくやったな、こうは……い」ガクッ

ふたなり「大変! おちんぽハンター協会に運んであげなきゃ……」

193 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:55:43 ID:0Uz/VOCk
???「いやーーーっ!!」

ふたなり「誰っ!?」

 悲鳴の先にはモブおちんぽハンターが立ち尽くしていた。
 その表情は恐怖で染められ――目線はふたなりのおちんぽへと向いていた。

モブハンター「お、女の子におちんぽが生えているなんて……!」

モブハンター「貴女が特A級ハンターのペドロリさんをヤッたのね!」

ふたなり「ち、違うよ! これは……!」ギンギン

モブハンター「ひいぃっ!? フル勃起してる!!」

ふたなり「ちがっ、これはさっきまで戦ってたからで……」ギンギン

モブハンター「助けてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」ダッ!!

ふたなり「あ…………」

 その後、おちんぽ伝令係が倒されたことにより事態は収束した。
 だがふたなりがおちんぽ持ちだということは街中に広まってしまうのだった。

194 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:56:36 ID:0Uz/VOCk
〜おちんぽハンター協会 入口〜

記者A「おちんぽハンター協会がおちんぽ獣を飼っているというのは本当なんですかー!?」ドンドン

記者B「おちんぽハンター協会には説明責任があるぞー!」ドンドン

記者C「おちんぽ女を出せー!!」ドンドン


〜宿舎〜

ふたなり「…………」ガックリ

メスガキ「クソマスコミども……! ふたなりは今まで一生懸命おちんぽ獣と戦ってきたのに!」

おしとやか「ペドロリさんは未だ意識不明の重体……」

おしとやか「未だにふたなり様がペドロリさんをヤったと誤解している方もいるのですわ……」

ふたなり「っ!」

おしとやか「あ……ごめんなさい、ふたなり様」

ふたなり「いや、いいよ……。仕方ないもん」

メスガキ「仕方ない……? 仕方なくなんかない!!」バンッ

メスガキ「悪いのはふたなりを勘違いしてる奴らなんだから! 私ちょっとイってくる!」バタン!!

195 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:57:18 ID:0Uz/VOCk
記者D「おちんぽをしゃぶらせろー!!」ドンドン!!

メスガキ「おい!!」ガチャッ!!

記者E「なんだ!? 子供が出てきたぞ!? おちんぽ女の仲間か!?」

メスガキ「ふたなりはねぇ……! あんたらが思ってるような奴じゃないんだから!」

メスガキ「あたしみたいにワガママな子供に対等に接してくれるし!」

メスガキ「いつだって誰かのために戦う優しいおちんぽ持ちなのよ!」

メスガキ「それをなんにも知らないお前らが寄ってたかって……恥を知れ!!」

記者G「恥を知るのはおちんぽハンター協会の方だ!!」

記者H「おちんぽ女が突然理性を失って人々を襲ったらどうするんだ!」

ビッチ「あーしもそいつにイラマチオさせられたんだー!」

記者I「そうだそうだ! おちんぽ女なんて危険なんだ! しゃぶらせろ!!」

メスガキ「うるさいうるさい! あんな良い子を悪く言うなんてお前らがおちんぽだーっ!!」ジタバタ

記者J「うわっ! このガキッ! 暴れだしたぞ! 誰かわからせろ!! わからせ棒を持ってこい!」

196 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:58:16 ID:0Uz/VOCk
試験官♀「――――そこまでだ!!」

記者達「!!!!!」ピタッ

メスガキ「がるるるる……!!」フーッ

試験官♀「メスガキ、そこまでにしておけ。私が彼女らを説得する」

メスガキ「で、でも……!」

試験官♀「今はあいつの傍にいてやれ。ふたなりを安心させられるのはお前とおしとやかだけだ」

メスガキ「…………! 分かった!」ダッ

記者K「あっ、ガキが逃げた!」

記者L「あの子、突然暴れだして危険なんじゃないの!? 捕まえて剥いちゃえ!」

試験官♀「ほう、現役おちんぽハンターに危害を加えるつもりか。それはアクメ法に反するが?」

記者達「ぐ…………!」

試験官♀「分かったら今日のところはお引き取り願おう。詳しい事情は明日、協会側から発表する」

197 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:58:54 ID:0Uz/VOCk
メスガキ「……ただいま」バタン

ふたなり「メスガキちゃん、大丈夫だった? ひどいこと言われなかった?」

メスガキ「……やっぱり優しいね、ふたなりは。こんな状況でも自分より私を心配して」

ふたなり「……だって、どんな状況でもメスガキちゃんは友達だもん。心配になるよ」

おしとやか「はいはい! 私は!? 私は!?」ピョンピョン

ふたなり「ふふ、おしとやかちゃんもだよ」

試験官♀「全員いるか」ガチャッ

ふたなり「試験官♀さん」

メスガキ「マスコミどもは?」

試験官♀「ちょっと脅したら大人しく引き下がったよ」

198 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 03:59:51 ID:0Uz/VOCk
試験官♀「さて……」

 試験官♀は突然その場で頭を下げた。

試験官♀「すまなかった、ふたなり。全て私の責任だ」

ふたなり「そ、そんな! 試験官♀さん! 頭を上げて下さい!」アセアセ

試験官♀「私がお前を無理やり合格にし、おちんぽハンターにさせてしまったのだ」

試験官♀「あの時言った事を覚えているか。責任は私が持つ、と――」

ふたなり「は、はい」

試験官♀「私はおちんぽハンター協会の職員を辞任する。そして……」

試験官♀「ふたなり、2人でどこか遠くの地まで行くんだ。そこでひっそりと暮らそう」

メスガキ「そ、それって……!?」 おしとやか「プロポーズですの!?」

試験官♀「生活に不自由はさせない。おちんぽハンターのことは忘れて幸せに生きるんだ」

ふたなり「…………」

199 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:00:51 ID:0Uz/VOCk
ふたなり「試験官♀さんの気持ちはとても嬉しいです。でも、それは出来ません」

試験官♀「な、なんで?」ショック

ふたなり「私は……最初はほとんど成り行きのような形でおちんぽハンターになりました」

試験官♀「ああ……」

ふたなり「でもおちんぽハンターとして活動していく内に……分かったんです」

ふたなり「ハンターとしての生活はとても大変で……もうダメだーって思ったことだってあったけれど」

ふたなり「いつもメスガキちゃんやおしとやかちゃん、他のみんなだって支えてくれてました」

ふたなり「おちんぽハンターになって、私には大切な人がたくさん出来た――」

ふたなり「そしてその大切な人たちを守るのが――おちんぽハンターなんです!」

メスガキ「……ふたなり」 おしとやか「ふたなり様……」

ふたなり「私だけじゃない、この世界に生きている誰にだって大切な人はいる!」

ふたなり「いくら悪口を言われたっていい。私は誰かの大切な人を守るため、おちんぽハンターをやっているんです!」

ふたなり「このおちんぽが勃つ限り、私はおちんぽハンターをやめません!」

200 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:01:26 ID:0Uz/VOCk
試験官♀「…………そうか、お前の覚悟は伝わったよ。十分にな」

試験官♀「だが今は休め。休むこともおちんぽハンターの仕事だ」

ふたなり「はい! 試験官♀さん!」

試験官♀「今回の騒動は私ら裏方に任せろ。お前は何も気にせず今まで通り戦うんだ」

ふたなり「――――はい! それがおちんぽハンターですから!」

試験官♀「…………ふっ、成長したな」バタン

ふたなり「みんなのおかげです。私が成長できたのは」

おしとやか「ふたなり様〜っ♡」ダキッ

ふたなり「うわぁっ!?」

201 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:02:14 ID:0Uz/VOCk
おしとやか「私、感動いたしましたわっ! 今すぐ結婚しましょう!」ギューッ!!

メスガキ「こら! おしとやか! ふたなりから離れろ!」ポカポカ!!

メスガキ「ふたなり! 私だってあんたが大切なんだからね! あんまり思い詰めるんじゃないわよ!」

ふたなり「えへへ、なんか照れるね」

メスガキ「あー、色々スッキリしたらお腹減っちゃった! 食堂いこ!」

ふたなり「うん!」

おしとやか「ふたなり様が行くなら私もーっ!」

メスガキ「いいからあんたはさっさと離れろ!」ポカッ

ふたなり「あははっ!」

202 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:02:48 ID:0Uz/VOCk
〜特A級宿舎〜


中二眼帯「――――」

お姉さん「……まさか、ペドロリが敗北アクメするなんて」

中二眼帯「――純粋な戦闘能力だけなら特A級内でも頭一つ抜けている彼女が、何故」

お姉さん「分からない。なにか強大なおちんぽが動こうとしているのかもね……」

中二眼帯「――ペドロリは身籠ってしまったのか?」

お姉さん「あ、それは大丈夫。あの子まだ初潮きてないらしいから」

中二眼帯「――そうか」



第11おちんぽ 完

203 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:03:24 ID:0Uz/VOCk
〜次回予告〜

 このセックスに愛はあるのか。
 射精させるか、孕まされるかの――勝ち負けの性交。
 こんな僕でも誰かに愛される資格はあるのだろうか――?

 次回 おちんぽ最終本目『愛と憎しみ』

 誰からも愛されなかった者は、誰かを愛せるのか。

204 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:04:10 ID:0Uz/VOCk
続きはまた後程
次回、最終回です(敗北ルートがあるのでまだしばらくは続きますが)

205 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:05:25 ID:0Uz/VOCk
名前:中二眼帯
性別:♀
年齢:14
身長:149cm
髪型:ツインテール
髪色:深紫
【PROFILE】
世界に3人しかいない特A級ハンターの1人。
言動にやや難はあるものの実力はピカイチ。
身体能力は特A級の中で最も劣るが、それを補って余りあるほど固有能力が優秀。
ただし能力は本当にピンチの時にしか使わない。
趣味はオンラインRPGで遊ぶこと。メロンというプレイヤーにレアアイテムを貢いでいる。
好きな食べ物は羊羹。嫌いな食べ物は椎茸。

206 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:05:59 ID:0Uz/VOCk
名前:お姉さん
性別:♀
年齢:18
身長:154cm
髪型:ロング
髪色:クリームイエロー
【PROFILE】
世界に3人しかいない特A級ハンターの1人。メスガキの姉。
身体能力・固有能力共に高水準で、特A級のバランサーを務めている。
他2人が変人なので気苦労が多い。ストレスにより衝動的に激しい自慰をしてしまうのが悩み。
好きな食べ物はバナナ。嫌いな食べ物は生魚。

207 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 04:06:37 ID:0Uz/VOCk
名前:ペドロリ
性別:♀
年齢:4
身長:93cm
髪型:ぱっつんボブ
髪色:黒
【PROFILE】
世界に3人しかいない特A級ハンターの1人。
特A級の中でも随一の身体能力・性技を持つリーダー役。
さらにこの世界の女性は5歳で初潮を迎えるため、4歳である彼女は膣内射精を無効化する。
幼女ゆえにまだ固有能力は習得していないが、逆に言えばまだまだ成長の余地があるということである。
好きな食べ物は焼きうどん。嫌いな食べ物は紅ショウガ。

208 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:29:26 ID:h0AughXE
おちんぽ最終本目『愛と憎しみ』※敗北ルート有り


メスガキ「そろそろ試験官♀が『大変だ!』って言いながら来そうな気がする」

試験官♀「大変だ! 今すぐテレビをつけてみろ!!」ガチャ!!

メスガキ「ね?」

試験官♀「いいからテレビをつけろ!!」

ふたなり「おしとやかちゃん、リモコン!」

おしとやか「んん……っ♡ あとちょっとでイケましたのに……♡」ジュポッ

試験官♀「リモコンをオナニーに使うな! いや、今はそんな場合じゃないんだ」ピッ

謎の男『この番組を見ているメスどもに告ぐ!』ザザー

ふたなり「なんですかこれ? 特撮?」

試験官♀「突然電波がジャックされたんだ! おそらくおちんぽ獣の仕業だろう……!」

209 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:30:01 ID:h0AughXE
謎の男『我々おちんぽ獣はおまんこハンター協会を設立した!』

謎の男『おちんぽに逆らう愚かなメスを徹底的にアクメ駆除し服従させる協会だ!』

メスガキ「あたまわるそー」

試験官♀「いやうちの協会も人のこと言えないけどな」

ふたなり(確かに……)

謎の男『本日付けで活動を開始するからまんこ濡らして待ってやがれ!!』ビシッ

謎の男『では放送を終了します。ありがとうございました』ペコリ

ふたなり「おまんこハンター協会なんて……めちゃくちゃだよ!」

おしとやか「そうですわ! 悪いのはおちんぽ獣の方だというのに!」

210 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:30:33 ID:h0AughXE
メスガキ「でもさー、女の子を襲うだけなら普通のおちんぽ獣と大差なくない?」

メスガキ「いつも通りぱぱっと退治しちゃえばいいだけでしょ?」

試験官♀「そんな単純な話ではないのだ。このビラを見てくれ」

ふたなり「じゃあ下着を脱いで下さいよ」

試験官♀「ビラビラじゃなくてビラだ!! 馬鹿者!!」

おしとやか「えーと、なになに。ええっ!?」

 ビラには『おまんこハンター協会 特A級おまんこの駆除に成功!』の文字と共に
 絶頂直後の特A級ハンター・ペドロリの写真が載せられていた。

ふたなり「これはあの時の……! 写真を撮っていたなんて!!」

メスガキ「ひどい! これじゃあ晒し者じゃない!」

211 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:31:22 ID:h0AughXE
試験官♀「問題は特A級ハンターの敗北が世間に広まってしまったことだ」

試験官♀「3人しかいない特A級ハンター……それも最強と名高いペドロリの敗北を知り、人々は絶望の淵に立たされている」

試験官♀「自ら股を差し出せば優しくしてもらえると思い込み、わざとおちんぽ獣に犯される女性も急増しているほどだ」

おしとやか「そんな。おちんぽ獣に優しさなんて存在しませんのに!」

ふたなり「自分から犯されに行っても結局孕まされるだけだよ!」

試験官♀「そうは言っても一般人はおちんぽ獣の危険性、残虐性を理解していないのだ」

試験官♀「今ある絶望から目を背けるため、更なる絶望へと足を運んでしまう……」

試験官♀「このままでは……人類はおしまいだ……」

ふたなり「そんな……!!」

212 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:31:52 ID:h0AughXE
メスガキ「だったらそのおまんこハンター協会とやらをぶっ潰せばいいだけじゃない!」

試験官♀「それも難しい。おまんこハンター協会の場所も、敵の正体も不明だ」

試験官♀「特A級が敗北している以上、迂闊な動きは出来ないんだ」

おしとやか「自由に動けないのは組織の弱いところですわね」

試験官♀(それに今はふたなりの件があり、おちんぽハンター協会に対する世論の声も厳しいしな……)

ふたなり「私たちになにか出来ることは……?」

試験官♀「あ、ああ。今は不測の事態に備え、ゆっくりと身体を休めていてほしい」

試験官♀「おまんこハンター協会との戦いが決まったらお前たちにも声を掛ける。いいな?」

メスガキ&おしとやか「はい!」

試験官♀「くれぐれも先走って無茶なことはしないようにな。では失礼する!」バタン

ふたなり「……おまんこハンター協会、か」

213 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:32:24 ID:h0AughXE
メスガキ『ふたなり……ごめん、私負けちゃった……♡』ビクンビクン

おしとやか『ふたなり様……貴女だけでもお逃げください……♡』ビクンビクン

ふたなり「うわああああぁぁぁぁっ!!」ガバッ!!

ふたなり「はぁはぁ……な、なんだ。夢か……」フゥ

おしとやか「おはようございます、ふたなり様。うなされていたようですが大丈夫ですか? 夢精とか」

ふたなり「うわぁっ、パンツがぐちょぐちょだ!」グチョォ

メスガキ「ちょっと2人とも! 大変よ!」ガチャッ

ふたなり「え?」

214 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:33:13 ID:h0AughXE
〜集中アクメ治療室〜

オレ娘「ぐ……♡ チクショウ……このオレが……♡」ボテェ

ふたなり「そ、そんな……。あのオレ娘先輩がおちんぽ獣に負けて孕まされたなんて」

メスガキ「この人ギャグ補正あるから、いくら酷い目に遭ってもなんやかんや無事でいると思ったのに……」

オレ娘「ギャグ補正があると思って調子こいたらこのザマだぜ……♡」ビクビク

おしとやか「意外と平気そうですわね」

オレ娘「こんなボテ腹じゃあ、もうハンターは引退だな……♡ 後は任せたぜ、後輩ども」

ふたなり「……分かりました。オレ娘先輩の仇は必ず私が取ります!」

オレ娘「ちなみにお腹の中の子の名前はもう考えてあるんだ。メロンっていうんだけど」

ふたなり「い……いい名前ですね」(キラキラネームだ……)

メスガキ「い……いいんじゃない?」(実家で飼ってる犬と同じ名前だ……)

おしとやか「こ……個性的ですわね」(私がネトゲで使ってるハンドルネームと一緒ですわ……)

215 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:33:44 ID:h0AughXE
ふたなり「…………」キョロキョロ

メスガキ「どうしたの? 治療室に知り合いでもいるの?」

ふたなり「うん。……あ、あそこ!」

ペドロリ「………………」スヤスヤ

おしとやか「特A級ハンターのペドロリさんですわね。未だ意識が戻っていないそうです」

ふたなり「私がもう少し早く駆けつけていれば助けられたかも知れなかったのに……ごめんね」

メスガキ「あんたは悪くないわ。悪いのは全部おちんぽ獣よ」

ふたなり(あの時戦ったおちんぽ獣はペドロリちゃんを倒した張本人ではなかった)

ふたなり(多分ペドロリちゃんをイカせたおちんぽ獣こそがおまんこハンター協会のボス……)

ふたなり(仇は討ちたいけど……特A級も倒すようなおちんぽ相手に、私の性技は通用するのかな……)

216 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:34:28 ID:h0AughXE
ふたなり「…………?」

 ふと、ふたなりはペドロリの下腹部が微かに膨らんでいることに気付いた。

ふたなり(ペドロリちゃんはまだ初潮が来ていないから孕んでいないはず。これは一体……?)ズボッ

メスガキ「ちょっ、ちょっと何やってんの!? 重篤患者だよ!?」

 ふたなりはペドロリの膣内に手をいれ、胎内にあった何かを取り出した。

おしとやか「それは一体……?」

ふたなり「……これ、おまんこハンター協会への地図だ!」

メスガキ「えぇっ!? なんでそんなところに!?」

 ペドロリはおちんぽのボスと戦った際、敗北してしまってはいたが
 隙を見ておちんぽの懐から地図を盗み取り、膣内へ隠していたのだ!

217 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:35:06 ID:h0AughXE
試験官♀「なに!? おまんこハンター協会の場所が分かっただと!?」

ふたなり「はい! ペドロリさんが決死の想いで地図を入手していたんです!」

試験官♀「すごい、お手柄だ!」

メスガキ「早速おちんぽ討伐チームを編成して殴り込もうよ!」 おしとやか「ですわ!」

試験官♀「いや……そのことなんだが」

ふたなり「?」

試験官♀「まだおちんぽハンター協会は立場的に危うくてな……」

試験官♀「動けるようになるにはもうしばらく時間がかかりそうなんだ」

ふたなり「そんな! 今この瞬間にも被害に遭ってる女の子がいるのに!」

試験官♀「すまない……。こればかりは私にも……」

218 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:35:40 ID:h0AughXE
〜その夜〜

ふたなり「…………」コソコソ

メスガキ「抜け駆けなんてひどいじゃない」

ふたなり「うわぁ!?」ビクッ

おしとやか「お一人で行くつもりでしたの? おまんこハンター協会へ」

メスガキ「ったく、あんたらしいわね。無茶ばっかりしようとして」

ふたなり「ご、ごめん……」

メスガキ「大切な人を守るのがおちんぽハンター、だっけ」

おしとやか「ふたなり様。貴女だって……私達にとって大切なお方なんですよ」

メスガキ「だからさ、背中を守るくらいはさせてよね! 仲間なんだから!」

ふたなり「メスガキちゃん、おしとやかちゃん……!」

ふたなり「そうだね、行こう! 一緒におまんこハンター協会へ!!」

メスガキ「おー!」 おしとやか「ですわ!」

219 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:36:17 ID:h0AughXE
〜おまんこハンター協会〜

メスガキ「ここがおまんこハンター協会……。気を抜くんじゃないわよ、2人とも」

ふたなり「うん。でも妙に静かだね?」

おしとやか「不自然ですわ。協会と名乗るくらいですからおちんぽだらけでもおかしくはないのに」

ふたなり「あっ、あれ見て!」

おちんぽ獣「」ピクピク

メスガキ「討伐直後のおちんぽ獣……?」

おしとやか「一体誰がこのおちんぽ獣を倒したんですの?」

ふたなり「もしかして私達よりも先におまんこハンター協会に潜入した人がいるってこと?」

メスガキ「……! もしかして……」

220 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:37:01 ID:h0AughXE
〜おまんこハンター協会 最深部〜

お姉さん「とうっ! ペドロリちゃんの仇!!」シコッ

おちんぽのボス「無駄だ……!」

お姉さん「くっ、攻撃が通用しない!?」

中二眼帯「――私達2人を相手にして互角以上の力を見せるとは」

おちんぽのボス「ふん、互角以上? 我を侮っているようだな。圧倒的格下どもめ」

中二眼帯「――なんだと?」

おちんぽのボス「我こそが全てのおちんぽ獣の始まり。新型ウイルスPENIS-19を造り出した者なのだ」

お姉さん「なんですって……!?」

おちんぽのボス「そして我はPENIS-19に改良を加え、さらなる強化ウイルスPENIS-19190721を完成させた!」

おちんぽのボス「我は全てのおちんぽを越える究極の存在になるのだ――――!」

 そう言い、おちんぽのボスは自分に注射器を刺した!
 最凶最悪のウイルスPENIS-19190721がおちんぽのボスに注入される!

221 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:37:42 ID:h0AughXE
ふたなり「ここが最深部っ!」ガチャ!!

メスガキ「……!! お姉ちゃん! やっぱり来てたんだ!!」

お姉さん「だ、ダメ……。メスガキちゃん、早くここから……」

お姉さん「に……げ…………て……♡」プシャァァァァ!!

 言い終えた直後、お姉さんは白目を剥いて敗北アクメし倒れた。

メスガキ「お、お姉ちゃん!? そんな!!」

おしとやか「特A級ハンターが……また敗北するなんて!? ですわ」

ふたなり「中二眼帯さん!!」

中二眼帯「――ダ、ダメだ……退け、守護天使達……。こいつには……」

中二眼帯「――――誰にも勝てんっ♡♡♡」プシャァァァァァ!!

 中二眼帯も大絶頂し、その場に倒れ込む。

究極ちん「PENIS-19190721により究極おちんぽ獣となった我に敵う者などいないのだ!!」ビキビキ

ふたなり「あれが……おまんこハンター協会のボス!?」

222 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:38:25 ID:h0AughXE
メスガキ「くそぉっ!! よくもお姉ちゃんをっ!!」ダッ

おしとやか「先走ってはいけませんわ! メスガキさん!」

おしとやか(私がサポートしないと!)ダッ

究極ちん「ふん……雑魚どもめ」シュバッ

 究極おちんぽ獣はちんぽの皮を触手に変え、2人へ向かって伸ばす!

メスガキ「ぐっ!?」ギチギチ

おしとやか「み、見えませんでしたわ……!? この触手、速すぎです……!」ギチギチ

 あっという間に拘束されてしまった2人。

ふたなり「メスガキちゃん! おしとやかちゃん!」

究極ちん「貴様らはそこに転がってる特A級以下のようだな。奴らはこの程度の攻撃、避けていたぞ」

メスガキ「く……っ!」

223 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:40:22 ID:h0AughXE
メスガキ「……くっそがああああああ!!!」バシン!!

究極ちん「――なに!? 我が触手をはねのけただと!?」

メスガキ「くらえッ! メスガキロック!!」ガシン!!

 今度はメスガキが究極おちんぽ獣を拘束する。
 彼女の特性≪主導権≫は拘束による優位性すら奪い返すのだ!

究極ちん「ふん、馬鹿め。拘束しても無駄だ! 新たな触手で責めてやろう!」ニョキッ

 究極おちんぽ獣は新しい触手を生やし、メスガキに向かって伸ばそうとする。
 ――――しかし。

究極ちん「!? ……触手がコントロール出来ないだと?」

おしとやか「はぁぁぁぁぁ――――!!」

 ≪異常感度≫により、おしとやかは自身の感覚を触手へ伝達させていた。
 それにより触手の制御を効かなくしていたのだ!

メスガキ「今よ!!」 おしとやか「ふたなり様!!」

ふたなり「――――うん!!」

224 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:40:56 ID:h0AughXE
ふたなり「イケぇぇぇぇぇぇぇぇぇ――――!!」シコシコシコシコ!!

 ふたなりは自身のおちんぽを敵に向け、激しく扱きだす!

ふたなり「おちんぽミルクバスタァァァァァァァ――――――ッッッッ!!!」ドピューーーーーン!!

究極ちん「グアアアアアアアアアアアアッッ!!!」ボカーン!!

 高出力で発射された精液が究極おちんぽ獣の頭部を貫き、爆散させた!

ふたなり「はぁはぁ……! や、やったの……!?」

メスガキ「私達の勝利よ!」 おしとやか「やりましたわ!」

中二眼帯「――ふ、既に我らをも超えていたか」ビクビク

究極ちん「…………マダだぁっ!!」ムクッ

 頭部を失ったはずの究極おちんぽ獣が立ち上がる。

ふたなり「な……!?」

225 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:41:39 ID:h0AughXE
 究極おちんぽが縦半分に裂け、その中から1人の男が現れる。

???「これがおちんぽのボスの正体だよ……!」

ふたなり「そ、そんな……!? 要人さん、何故あなたが!?」

 おちんぽのボスの正体は、以前ふたなりが護衛した要人男性だった!

要人男性「僕は全ての女性を憎んでいる。ただそれだけさ」メガネクイッ

メスガキ「正体が誰だろうと関係ない!」ダッ

おしとやか「もう一度コンビネーションでやっつけて差し上げますわ!」ダッ

要人男性「残念」パチン

 彼が指を鳴らした瞬間、室内に大量の発情ガスが噴出された。

メスガキ「う……♡ これはあの時の……!?」クラァ

おしとやか「ああ……♡ こんなのダメですわ……♡」クラァ

226 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:42:40 ID:h0AughXE
ふたなり「メスガキちゃん! おしとやかちゃん!」

要人男性「ふ、流石はふたなり君。おちんぽが付いているだけあってガスは効かないようだね」

ふたなり「このガスは――あなたが造り出したんですね!!」

要人男性「その通り、あの時集めた材料はどれも媚薬になるもの――」

要人男性「そして造り出した発情ガスで現場を混乱させ、それに乗じて特A級を敗北アクメさせる」

要人男性「全ては協会の信用を失墜させるための計画だったんだよ!」

ふたなり「そんな――――!」

 要人男性はわざと特A級の2人におまんこハンター協会の場所を伝えていた。
 協会の支援がない状態での特A級ならば例え2人掛かりだろうと勝利は容易い――。
 そして、彼は目論み通り特A級を全滅させることに成功したのだ。

 ただ一つの誤算はふたなり達までもがおまんこハンター協会にやってきたことだった。
 しかし今の彼からすれば――そんなことは些細な問題ですらないだろう。

要人男性「ふたなり君。後は君を敗北アクメさせてジ・エンドだ」

ふたなり「――――負けない! 私がみんなを守るんだ!」

227 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:43:22 ID:h0AughXE
 最後の死闘が始まった。
 ふたなりの性技の猛攻を、要人男性は軽く捌き防いでいく。

ふたなり「あの時の護衛任務も――私達を欺くための演技だったというんですかっ!?」シココッ

要人男性「半分正解といったところかな。知性の低い野良おちんぽは僕にも襲い掛かろうする」

要人男性「市街地で正体を明かしてしまえば面倒なことになるからね。護衛してもらえば都合が良かったんだよ」

ふたなり「私を助けてくれたのはっ!!」シココココッ

要人男性「聞くまでもないだろう。君が負ければ……僕が正体を明かして戦うハメになっただろうからさ」

ふたなり「全部……全部ウソだったなんてっ!!」シコココココココッ

要人男性「ふん――騙される方が。利用される方が。弱い方が悪いんだよっ!!」ズプッ!!

ふたなり(しまった――!? 膣内に挿入された……っ♡)ビクッ

要人男性(この世界では――――弱者が悪なんだ)

228 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:44:17 ID:h0AughXE
要人男性「究極おちんぽの味はどうだい?」パンパン

ふたなり「にゃっ♡ にゃにこりぇ♡ イクの止まんにゃいよぉぉぉ♡♡♡」ビュルルッ!! ビュルルッ!! ビュルッ!!

要人男性「どんな女もひと擦りだけで敗北アクメさせる至高のおちんぽさ」パンパン

要人男性「君は射精で敗北アクメを回避できるようだがね」パンパン

ふたなり「やだやだやだっ♡ もうイキたくないっ♡♡♡」ビュルルルルルッ!!

要人男性「それも時間の問題だろう」ニヤッ

ふたなり(ダメ♡ 精液全部出して敗北アクメしちゃうよ♡)ビクンビクン

ふたなり(……そうだ! あの時みたいに発情ガスを吸い込めば……!)スーハー

要人男性「――無駄だよ。今充満している発情ガスは既に改良済みさ」パンパン

要人男性「この発情ガスに精液量の回復効果は無い」パンパン

ふたなり(ほんとだっ♡ 吸ってもおちんぽよわよわのままだぁっ♡ そんなぁっ♡)ビュルルッ!!

229 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:44:55 ID:h0AughXE
要人男性「分かったら観念しろっ! イキ狂えっ!! 無様に敗けてしまえ、おちんぽハンター!」パンパン

ふたなり「あぐぅぅぅぅぅぅぅっ♡♡♡」ビュルルルッ!!

ふたなり「ど……どうして……」

 息も絶え絶えの状態で彼女は問い掛ける。

要人男性「なんだい?」パンパン

ふたなり「どうして……こんな、女の子を憎むような……あっ♡ セックスをするんですか……?」ビクビク

要人男性「くだらない質問だな。だが、いいだろう。教えてやる」パンパン

要人男性「僕の過去をな」パンパン

要人男性「僕は学生時代……キモメガネと呼ばれ、女子に罵倒されていた――」

要人男性「だから全ての女を破滅させることを誓ったんだ!!!」

ふたなり「そ、そんな……っ♡ 悲しい……過去が……あっ♡」ビュルッ

230 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:45:31 ID:h0AughXE
要人男性「女は弱い者を見下し、強い男に媚びる……。だから僕はなったんだ!」

要人男性「――最強のおちんぽ獣に!!」

要人男性「僕が!! 僕が一番の強者なんだ!! だから全ての女は僕に従い、屈服しろ!!」パンパン

ふたなり「そんなの……ダメですっ♡ 悲しすぎますっ♡」ビュルルッ

要人男性「悲しい――――だと?」ピタッ

ふたなり「セックスは……愛する人同士のためにあるものなんです」

ふたなり「こんな憎しみをぶつけるような……。勝ち負けしか考えていないセックスは悲しすぎます!」

要人男性「勝ち負けしか考えていないのはおちんぽハンターの方だろう。お前たちのセックスに愛はあるのか?」

ふたなり「あります――――」

231 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:46:09 ID:h0AughXE
ふたなり「おちんぽハンターは……大切な人を守るためにセックスするんです」

ふたなり「それは紛れもない愛じゃないですか……!」

要人男性「詭弁だな」

ふたなり「おちんぽ獣だって……本当は愛が欲しくて女の子を襲っているはずです」

ふたなり「あなただって……そうなんじゃないんですか?」

ふたなり「要人さん、あなたに必要だったのは『強さ』なんかじゃない……」

ふたなり「『愛』だったんです……!」

要人男性「――黙れ! 愛なんて何にも役立ちはしない! 弱者にとって都合がいいだけのものだ!!」

232 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:46:42 ID:h0AughXE
ふたなり「そうです……。人はみんな、弱いんです」

ふたなり「弱いからこそ……セックスをして、愛し合う」

ふたなり「そうして大切な人……守るものが出来た時……」

ふたなり「人は本当の意味で強くなれるんです……!」

要人男性「――だったら! 僕のセックスに耐えてみせろ! お前が強いと証明しろぉ!!」パンパン

ふたなり「あっ♡ あっ♡ イっ、イグゥッ♡♡♡」ビュビュッ!! ピュルル...

要人男性「それが最後の射精か。次の絶頂でお前は敗北する」

ふたなり「…………♡」ハァハァ

要人男性「結局……愛なんてものは存在しなかったな。お前は敗けるんだ」

要人男性「ゲームオーバーだ」

233 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:47:25 ID:h0AughXE
試験官♀「ふたなりぃっ!!」バンッ!!

要人男性「なにっ!? おちんぽハンター協会職員だと!? 何故ここに!?」

要人男性「協会はいま身動きが取れないはずだ!!」

試験官♀「見くびるなよ。辞任覚悟で私個人が皆を連れてきたんだ!!」

オレ娘「へっ、妊娠したから引退なんてオレらしくなかったぜ、まだまだ現役で戦ってやらぁ!!」

兎娘「うるさいですね……」

ビッチ「あーしも来たよ!」

ペドロリ「かんぜん☆ふっかつ!!」

武器屋♀「アタシもいます」

 集まった全員は一斉に近くの触手へ総攻撃を仕掛ける!

要人男性「……だが! 雑魚がいくら集まったところでぇっ!!」

234 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:48:02 ID:h0AughXE
要人男性「全員僕の触手で堕としてやる!!」

要人男性「――――な、触手が動かない!?」

おしとやか「……ふぅ♡ 再び制御は奪わせてもらいましたわ♡」

要人男性「お前っ!! 発情ガスでダウンしたはずじゃ!?」

メスガキ「…………メスガキロック!!」ガキン!!

要人男性(――――!! 身動きが!!)

メスガキ「ふたなりがたった1人で頑張ってたんだ――――!!」

メスガキ「それなのに、ただ寝てるわけにはいかないでしょ!!」

235 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:49:15 ID:h0AughXE
要人男性「――だが! 身体の動きを封じても僕のおちんぽはまだ動く!」グイ

ふたなり「ふあ……♡」ビクッ

要人男性「このままコイツをイカせてやる!!」

中二眼帯「――――≪永氷ノ眼≫エターナルフォースジャッジメントアイズ」

要人男性「……!? 腰が動かない――――?!」

中二眼帯「――我が能力による眼は標的の思考を凍結させる。抽挿するという行動を制限させてもらった」

要人男性「完全に敗北アクメさせたはずなのに……なぜ動ける!?」

ペドロリ「とくAきゅうをなめんなよ!」ブイッ

236 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:49:54 ID:h0AughXE
要人男性「ならば……おちんぽの脈拍だけで!!!」ビキビキ

お姉さん「は〜い♡ お姉さんのおっぱいで落ち着きましょうね〜♡」パフッ

要人男性「!?」

お姉さん「ぱふぱふ♡ ぱふぱふ♡」ムニムニ

要人男性(き、強制的に心が落ち着かせられる……! おちんぽが萎えてしまう!!)ホワホワ

お姉さん「はい♡ 出来上がり♡ これであなたのおちんぽは無力化されちゃった♡」ムニッ

要人男性「おのれ……! だが貴様らに僕を倒す術はない! 体勢を立て直してすぐに反撃を――!」

ふたなり「…………」スッ

 ふたなりが立ち上がり、膣内に挿入されていた要人おちんぽが引き抜かれる。

要人男性(バカな!? さっきまで絶頂寸前だったはず! なぜ平然と動ける!?)

要人男性(まさか奴も――既に特A級クラスの実力を持っているというのか!?)

237 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:50:28 ID:h0AughXE
ふたなり「みんなのえっちな姿を見て――おちんぽ回復しました」ギンギン

ふたなり「精液の貯蔵もバッチリです」ギンギン

ふたなり「だから――――これで決める!!」シコシコシコシコ

 ふたなりはこれまでの人生で一番激しく、おちんぽを扱き始める!

ふたなり「愛の――――」シコシコ

ふたなり「おちんぽミルク――――」シコシコシコシコ!!

ふたなり「ギガンティックノヴァブラスタァァァァァァァァァァ――――――ッ!!!!」バシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!

要人男性「そんな――――馬鹿なァッッッッッッッッッッッ!!!!!!!」

 ――――。

238 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:51:16 ID:h0AughXE
 ボロボロになった要人男性の傍らにふたなりは座り込んでいた。

要人男性「――――君の勝ちだ」

ふたなり「要人さん……」

要人男性「僕は……女性が憎かったんじゃない」

要人男性「女子に罵倒されることを……心のどこかで悦ぶ自分がいた」

要人男性「だが僕はそれを認められなかった。それを否定したいがために――」

要人男性「憎しみを女性にぶつけることで、自分の本心を誤魔化していたのさ」

要人男性「死の直前でやっと気付くなんて――僕は大馬鹿者だな」ハハッ

要人男性「こんな奴……誰からも愛されなくて当然だよ」

ふたなり「要人さん」ギュッ

 ふたなりは倒れる要人を抱きしめた。

ふたなり「私が愛してあげます」

239 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:51:50 ID:h0AughXE
要人男性「なんで……」

ふたなり「あなたがやったことは決して許されることではありません」

ふたなり「でも、だからといってそれは誰からも愛されない理由にはなりません」

要人男性「だが僕は君に愛されるようなことはなにも――」

ふたなり「なに言ってるんですか」

要人男性「?」

ふたなり「私たち、セックスした仲でしょ?」ニコッ

要人男性「…………ふ、あはは。そうだな、その通り。……その通りだ」

要人男性「もっと…………早く……君に出逢いたかった……な……」ガクッ

 そう言い残し、彼は息を引き取った。
 こうして一連の騒動は幕を閉じたのである。

240 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:52:30 ID:h0AughXE
 それから数日後。

記者「号外〜! 号外〜! 噂のおちんぽちゃんが……なんと世界を救いました〜!」


メスガキ「やれやれ。ふたなりがおまんこハンター協会を潰した途端、これなんだから」

おしとやか「手のひら返しはマスコミの十八番なのですわ」

メスガキ「でもまぁ、これでふたなりのことを誤解する奴もいなくなったし……」

おしとやか「おちんぽ持ちの女の子も世間に受け入れられるようになりましたね」

ふたなり「うん。事後がよければ全てよし! だね!」

試験官♀「大変だ! お前たち!!」ガチャッ!!

ふたなり「あ、任務ですか?」

メスガキ「おちんぽ獣の大元は倒したけど、まだまだ野良おちんぽは多いからね〜」

おしとやか「まだまだおちんぽハンターの出番は多いってことですわね」

241 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:53:03 ID:h0AughXE
ふたなり「あ、中二眼帯さん!」

中二眼帯「――む。今宵はお前たちとの共同任務か」

お姉さん「今やみんな特A級だもんね〜?」

メスガキ「げっ、お姉ちゃんもいるのかよ」

おしとやか「ペドロリさん、お身体は大丈夫ですの?」

ペドロリ「ばっちり!」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィィ!!!」

ふたなり「出たよ! みんな、戦闘態勢!!」

全員「おちんぽハンター出動っ☆ セックス!!」


〜おわり〜

242 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/10(日) 16:54:12 ID:h0AughXE
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ふたなりおちんぽを責める敵が出なかったのは大きな反省点です(おちんぽ責めはあんまり自分の趣味じゃなかったというのが大きいですが)
そして敵がほぼ挿入攻撃しかしてこなかったのは、おちんぽ獣の一番の目的が繁殖だったからということでお許しください。
書くかはまだ未定ですが、続編では女の子への責め方を熟知した新種のおちんぽ獣が登場する……という風にするつもりです。


本作のテーマは愛です。
このSSを読んでくれた方のほとんどはおちんぽ持ちだと思うのですが、我々とおちんぽ獣との違いは愛があるかどうかです。
なので登場キャラクターが読者の皆さんに愛されるようにと気を使って書いていました。
ふたなり達が愛されてくれていたら作者冥利に尽きます。

さて本編は完結しましたが、以降は最初に言った通り敗北ルートの方を載せていきます。
おちんぽ相手にクッソ無様に敗北絶頂し人生終了するふたなり達の姿をお楽しみください。
ではまた後程。

243 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/11(月) 01:39:18 ID:cqEX0dA6
乙。ギャグかと思ったら割とシリアスで良い世界観だった
それはそれとして敗北ルート楽しみ

244 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:14:33 ID:eObxPxnc
敗北ルート 第4話
『おちんぽトリオが思ったより格上だったらの巻』


ふたなり「負けないよ! ――セックス!」

メスガキ「よゆーで勝ってみせる! ――セックス!

おしとやか「流れる精液が女を彩る! ――セックス!」

 おちんぽハンター許可証を掲げ、3人同時に変身する。

おちんぽA「ククク……Z級ハンターなど敵ではないぜ!」

おちんぽB「なんせ俺達はC級おちんぽなのだからな!」

おちんぽC「逆立ちしてもお前らなんかには負けないぜ!」

ふたなり(えぇ〜!? C級おちんぽ!? ものすごい格上だよ〜!!)

メスガキ「くるわよ!」

おちんぽ「ピギィィィィィィィ!!!」ピュピューッ!!

 おちんぽ獣たちが先走り汁を出しながら突撃してきた!!

245 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:16:13 ID:eObxPxnc
メスガキ「うぎっ!?♡」

 先手を取られバックから挿入されてしまうメスガキ。

おちんぽA「ククク……これは勝負あったな」パンパン

メスガキ「くっ……つ、突かないでぇ♡」ビクビク

 おちんぽ獣はメスガキを無視して膣内で暴れまくる!

おちんぽA「フハハ! くらえピストン連打!」パンパン

メスガキ「う…………っ♡」

おちんぽA「終わりだ!」パンパン

メスガキ「そっちがね♡」

おちんぽA「な、なに!?」

 どれだけ責められても即座に反撃し、主導権を取り返す。
 それがメスガキ固有の能力≪主導権≫イニシアチブ。
 メスガキは一方的に責められていたように見せかけ、実は膣内を微妙に動かすことで反撃していた。
 それに気付かずおちんぽ獣はピストンを続けていたため、反動で大きな快楽を受ける――はずだった。

メスガキ「あっあっあっ♡ どうしてぇぇぇ♡♡♡」ビクンビクン

おちんぽA「粋がっても所詮はZ級! よわっちいおまんこで反撃しても無駄なんだよ!」パンパン

メスガキ「うにゃああああああ♡♡♡」ビクン!!

246 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:16:54 ID:eObxPxnc
おちんぽB「くっ、くそぉなんだこの女ァ!!」パンパン

おしとやか「ああっ♡ すごいっ♡ 気持ちいいですっ♡」ビクビク

おちんぽB「めちゃくちゃ感じてるのに全く絶頂する気配がねェ!!」パンパン

おしとやか「ふふふ……これが私の能力≪異常感度≫です」ビクンビクン

おしとやか「強すぎる快楽は逆に女を高みから遠ざける……」ビクンビクン

おちんぽB「くっ、ならもっと激しく犯してやるっ!!」パンパンパンッ!!

おしとやか「あはっ♡ 優しさを知らないおちんぽ獣では私を果てさせることは出来ませんわ♡」ビクビク

おしとやか「んんんっ!?♡♡♡ あ、あら……?♡♡」ビクビク

おちんぽB「ククク、お前の能力よりも俺が与える快感の方が勝ったみたいだな」パンパン

おしとやか「そ、そんな馬鹿なっ♡♡♡ あひぇぇぇ〜〜〜〜っ♡♡♡」ビクンビクン!!

247 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:17:40 ID:eObxPxnc
おちんぽC「なんだこの女……俺達の仲間なのか?」

ふたなり「私のおちんぽを貴方たちと一緒にしないで! このおちんぽは正義のおちんぽなの!」ムスッ

おちんぽC「なんだか知らんがまんこは付いてるみたいだし犯してやるぜ!」ズプッ!!

ふたなり(しまった! 挿れられた!)

おちんぽC「へっ! ちんぽが付いてる分イイ締まりだぜ!」パンパン

ふたなり「くっ……♡ これが犯される快楽……♡」

ふたなり「こんなの我慢できにゃいよぉ♡」シコシコ

おちんぽC「ははっ自分で自分のちんぽを扱きだしやがった。この女は終わりだな」パンパン

ふたなり「イ……イグッ♡♡♡」ドピュピューッ!!

おちんぽC「瞬殺だぜ!」

248 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:18:25 ID:eObxPxnc
ふたなり「まだ私、ヤれるよ!」

おちんぽC「なんだと!? おちんぽ獣にイカされたのに快楽に支配されてやがらねぇ!」

ふたなり「これが私の能力……≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ」

ふたなり「私の身体に精液が残っている限り、あらゆる絶頂を射精に変換して身を守るの!」

おちんぽC「なんだそりゃ! だったら精液カラになるまで犯してやらぁ!」パンパン

ふたなり「あっ♡♡」ビュビュッ!!

おちんぽC「焦らせやがって。射精を我慢できなきゃ意味ねぇだろ雑魚女が!」パンパン

ふたなり「連続アクメさせられりゅぅぅぅ♡♡♡」ビュビュビュッ!!

ふたなり「んへぇぇぇぇぇぇ♡♡♡」ビュルル...ピュルッ

ふたなり(そ、そんなぁっ♡ すぐに精液尽きちゃったぁ♡)

249 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:19:10 ID:eObxPxnc
おちんぽC「打ち止めだな! おらっ! 敗北アクメしろ!」グリッ

ふたなり「んひゃぁぁぁぁぁっ♡♡♡」プシャァァァッ!!

 膣から潮を吹き出し、ふたなりは敗北アクメしてしまった。

ふたなり「そんな……♡ 初任務で敗北アクメしちゃった……♡」

おちんぽC「お楽しみはこれからだぜ!」パンパン

ふたなり「あっ♡ ダメっ♡ やめてよおっ♡♡♡」ビクッビクッ

おちんぽC「孕めっ!!」ビュルルッ!!

ふたなり「あっ、熱いの注がれちゃってるぅぅぅぅ♡♡♡」ビクビク

 敗北し、衣装の避妊機能を失った状態でふたなりは膣内射精されてしまった。
 おちんぽ獣の孕ませ射精は狙ったメスを確実に受精させる……。

 その傍らではメスガキとおしとやかも同じように膣内射精されていた。
 こうして3人は仲良く妊娠アクメしてしまい、おちんぽハンターを引退してしまうのだった。

Mission failed...

250 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:21:33 ID:eObxPxnc
敗北ルート 第5話
『おちんぽ策士の策がもっと巧妙だったらの巻』


メスガキ「うーん、ずいぶん奥まで来ちゃった」

おしとやか「孤立するとマズいですし一旦戻りましょうか」

謎のおちんぽ「そうはさせるか」ガサッ

メスガキ&おしとやか「!?」

おちんぽ集団「ククク、とんで火にいるメスマンコとはこのこと!」

メスガキ「おちんぽの集団に囲まれた!」

謎のおちんぽ「俺はおちんぽ策士!」

おちんぽ策士「弱いおちんぽでおびき寄せ、釣られた雌を強いおちんぽの集団で犯す!」

おちんぽ策士「貴様らは俺の策にハマったのだ! そして次にハメられるのは……」

おちんぽ策士「貴様らのメス穴だ! トラップ起動!」ポチッ

 おちんぽ策士が手元のボタンを押した瞬間、地面から機械のアームが出現した!

メスガキ「きゃあ!」 おしとやか「なんですのーっ!?」

 アームはあれよこれよの内に2人に首枷と足枷をつけていく。
 頭、腕、そして足を拘束され、2人は前屈みの姿勢で立ち尽くしたまま動けなくなる。

251 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:22:15 ID:eObxPxnc
おちんぽ策士「フハハ! こうなればおちんぽハンターもそこらの女と変わらんな!」

メスガキ「くっ……! こんな完全に捕まっちゃったら私の能力でも脱出できないじゃない!」

おしとやか「この体勢めちゃくちゃ腰にきますわ……!」プルプル

おちんぽ策士「それはかわいそうだからそこの木に手をついててもいいよ」

おしとやか「それは助かりますわ」ピトッ

おちんぽ策士「では皆の者! 無抵抗のおちんぽハンターをこらしめてやれぃ!!」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィ!!!」シュバババ!!

メスガキ「ひぃっ!?」

おしとやか「動けない状態でこんな数を相手にするなんて……無理ですわー!」

252 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:22:57 ID:eObxPxnc
おちんぽA「おらっ!!」パンパン

メスガキ「ぐっ♡ 犬みたいに後ろから犯してるんじゃ……っ♡ ないわよっ♡」ビクビク

おちんぽB「いつまで減らず口が叩けるかな?」パンパン

おしとやか「うぅ……♡ 後背位で奥まで挿入されると……っ♡ ヤバいですわっ♡」ビクビク

おちんぽA「おっとそろそろ射精しそうだから次のおちんぽに交代するぜ!」

おちんぽC「任せろ!」パンパン

メスガキ「あぐっ♡ こらぁ♡ 途中交代なんて卑怯よぉ♡」ビクビク

おちんぽ策士「フハハ! なんとでも言え! これが俺達の戦い方なのだ!」

 枷により身動きが取れず、2人は無抵抗で好き放題犯されるしかなかった。
 膣内を締め付けささやかな反撃を試みても、おちんぽ獣は射精する前に次のおちんぽへ交代してしまう。
 じわじわと、膣内への快感だけを高められていき――とうとうその時は訪れた。

おしとやか「もう限界っ♡ イキますわぁーっ♡♡♡」プシャアアアッ!!

メスガキ「そ、そんなっ♡ あひっ♡ 私もイッちゃうよぉぉぉっ♡♡♡」プシャアアアッ!!

253 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:23:32 ID:eObxPxnc
おちんぽ策士「フハハ! やったぞ! おちんぽハンターを2人も仕留めた!」

メスガキ「こ、この私がこんなやつらに敗北アクメさせられるなんてぇ……♡♡♡」ビクンビクン

おしとやか「ふたなり様ぁ……♡ 私、おちんぽ獣に寝取られてしまいましたぁ……♡」ビクンビクン

おちんぽ獣「で、ボス。このメスどもをどうするんです?」

おちんぽ策士「フフフ、こいつらは我らの巣にお持ち帰りし、孕みまくってもらう!」

おちんぽ策士「こいつらを母胎にして仲間のおちんぽ獣をどんどん増やす!」

おちんぽ策士「それがこの作戦の要だったのだー!!」

メスガキ「そんな……♡ そんなのやだぁぁぁ♡」ビクビク

おしとやか「ごめんなさい、メスガキさん♡ 私のせいでこんな目になってしまって……♡」

メスガキ「ゆるさないからなぁ♡」

254 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:24:51 ID:MK1Z3R3g
 ――そして。
 2人はおちんぽ獣の巣にお持ち帰りされ、何度も孕まされる日々を送るのだった。
 もうどれだけ時が過ぎたかも分からない。自分が生んだ子供の数さえも。

メスガキ「ねっ、ねぇ♡ 私の方がたくさん産んでるでしょ!?♡♡♡」ビクビク

おしとやか「私の方が産んでるに決まってますわ♡ メスガキさんには負けません♡♡♡」ビクビク

おちんぽA「なぁ……こいつらなんで出産回数で競ってるんだ?」パンパン

おちんぽB「分からねぇ……。萎えちゃうからやめてほしいんだけど」パンパン

メスガキ「あっ♡ 次の子供産まれそう♡ これで私が一歩リード♡」

おしとやか「抜け駆けは許しませんわっ♡ 私も気合で産みますっ♡」

おちんぽC「お前ら喧嘩すんじゃねーよ! 頼むから仲良く犯されててくれ!」パンパン

メスガキ「絶対イヤ!!」 おしとやか「イヤですわ!!」

おちんぽ策士「もっと普通の奴を捕まえればよかった〜〜〜〜〜!!!」


Mission failed...

255 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:25:30 ID:MK1Z3R3g
敗北ルート 第7話
『空飛ぶ精液との戦いでニプレスを貼り忘れていたらの巻』


ふたなり「…………」

空飛ぶ精液(っ!? 避けねェ、だと!? はっ、勝負を諦めたかァ?)

 ふたなりは避ける素振りすら見せず、無防備に攻撃を受けようとしていた。

空飛ぶ精液(回避を捨てて反撃するつもりか。甘いねェ♪ 一撃でイカせてやるよ♪)

空飛ぶ精液(万が一……絶頂に対する防御策があったとしても無駄だ。ザーメンロードの前ではな)

 生きた精液の恐ろしい点は、全身が液体であるということ。
 もし直接身体に張り付かれてしまえばどうなるか?

 液体は決して引きはがせず張り付き続け、女を責め続ける。
 逃れられない快楽、そして連続絶頂。

 ふたなりは≪等価絶頂≫という絶頂への防御策を持っているが
 無限の責めが可能な精液が相手では意味を為さなくなってしまうのだ。

空飛ぶ精液(次の攻撃で衣装の胸部分は全て溶ける! 乳首晒してイキ悶えちまいなッ!)

256 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:26:05 ID:MK1Z3R3g
 そして――精液がふたなりに直撃した!

空飛ぶ精液(クリーンヒットォ!! 勝利ッ!!)

ふたなり「くっ……♡」ビクッ

空飛ぶ精液(ちっ! 流石にまだ耐えるか! 反撃が来るッ! だが!)

空飛ぶ精液「てめェなんかの攻撃で俺が負けるかよッ!!」

ふたなり「――攻撃じゃないよ」スッ

 乾燥石が空飛ぶ精液に押し当てられる。

空飛ぶ精液「ぐっ、ぐおおおお!? 身体が乾燥して……強制的に固まっていく!?」

 空飛ぶ精液はなんとか自身の形をコントロールして、人型に変形する。

精液人間「くそ……これで対等ッてわけか。だが――これで終わりだ」ニヤ

ふたなり「――――え?」

257 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 03:27:07 ID:MK1Z3R3g
 先程の攻撃でふたなりの身体に付着した精液が――蠢き始めた!

ふたなり「ひゃっ♡ なにこれ!? 精液に愛撫されてるよぉ♡」ビクッ

精液人間「乾燥させるのはいいアイデアだったが、まずは自分を守るべきだったなぁ♪」

ふたなり「あっ♡ りゃめっ♡ 滑って引きはがせないっ♡」ヌルヌル

ふたなり「ずっとぬるぬる責められちゃうっ♡ ああっ♡ 乳首いじめないでぇ♡」ビクンビクン

精液人間「ククク、後は眺めてるだけで勝てそうだな♪ 踊れ、ヘンタイ女♪」

ふたなり「やっ、やめてぇ♡ ぬるぬるやだぁ♡♡♡ あああっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(ち、乳首イキしちゃった……♡ って、あれ……?)ピクピク

ふたなり(やばっ!! 乳首でイッたから射精できてないっ!! 敗北アクメキメちゃった!)

 自身でも気付いていなかった≪等価絶頂≫の弱点――。
 膣内で絶頂させられれば、その快楽は意識せずとも近くの陰茎へ移すことが出来る。
 しかし乳首絶頂をキメてしまった場合は≪等価絶頂≫が不発に終わる場合があったのだ。

ふたなり「そ……そんなぁ♡ まだ戦えたのに、こんなマヌケな敗北アクメしちゃうなんて……♡」ピクピク

 その後、ふたなりは精液人間に犯され妊娠してしまうのだった。

Mission failed...

258 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:27:09 ID:ro9CRFfQ
敗北ルート 第10話
『敵が調子に乗らなかったらの巻』


おちんぽ獣A「おらおらおらぁっ!!」パンパン

ふたなり「うっ、うぅっ♡ イグッ♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣A「へへへ、どうやらテメェも既に発情してるみたいだな!」パンパン

ふたなり(それもあるけど……メスガキちゃんのえっちな顔見ちゃったから力入んないよぉ♡)ドキドキ

おちんぽ獣A「見たところ精液が残ってる限りは敗北絶頂しないみたいだが……」パンパン

おちんぽ獣A「このペースなら余裕で枯れさせられそうだな!」パンパン

ふたなり「またイクッ♡ ダメっ♡ パンパンしないれぇ♡」ビュルッ!! ビュルルッ!! ビュルルルッ!!

ふたなり(精液なくなっちゃう……♡ 負けちゃうよぉ……♡)ドピュッ!!

259 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:27:49 ID:ro9CRFfQ
ふたなり「うあああぁぁぁっ♡♡♡」ビュルル...ピュピュッ

おちんぽ獣A「へっ、最後は情けない射精だったな。これで終わりか」

ふたなり「あ……あぁ……♡ そんなぁ……♡」ビクビク

ふたなり(正真正銘、精液からっぽにされちゃった……♡ 次イカされたら負けちゃう……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「このまま堕としてもいいが、イイこと思いついたぜ」ニヤァ

おちんぽ獣A「発情ガスが出そうな場所に移動させて、ガスを吸わせると同時にメス穴アクメさせてやる」

ふたなり「そ、そんなことされたら……♡」

おちんぽ獣A「完全に頭の中ピンク色になっちまって人生終わっちまうなぁ?」

ふたなり「や、やめてぇ……♡」

おちんぽ獣A「そこの地面がそろそろ怪しいな。おら、そこまで移動しろっ!」グイッ!!

ふたなり「ひぎっ!? おちんぽ動かさないでぇ♡ 移動しますからぁ♡♡♡」ビクビク

260 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:28:37 ID:ro9CRFfQ
 ふたなりはおちんぽ獣に突かれながら、必死に這って発情ガスポイントまで辿り着いた。

ふたなり(私……ここで終わっちゃうんだ♡ 発情ガス吸わされて敗北アクメしちゃう♡)ビクビク

おちんぽ獣A「へへへ、地面から少しずつガスが漏れ始めてるのが分かるぜ」

ふたなり(あれが噴き出たら……♡ 私、おしまい?♡ そんなのいやなのにぃ……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「噴き出すまであと五秒ってところか」

ふたなり(いやなのに逆らえない……♡ ごめん、メスガキちゃん、おしとやかちゃん、みんな……♡)ビクビク

おちんぽ獣A「4……3……」ニヤニヤ

ふたなり(負けて孕まされるのに♡ ドキドキしちゃう♡ だめなのにぃ♡)ビクビク

おちんぽ獣A「2……1……」ニヤニヤ

ふたなり(も、もう……ダメ……♡)

おちんぽ獣A「ゼロだ!」パンッ!!

 発情ガスが噴き出すのと同時におちんぽ獣が腰を突き出した。
 ふたなりは大絶頂し、発情ガスを吸い込んでしまうのだった。

261 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:29:43 ID:ro9CRFfQ
ふたなり「イグゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ♡♡♡」ドビュビュビュッ!!

おちんぽ獣A「な、なんだと!? 空にしたはずなのに射精しやがった!?」

ふたなり「は……はひぇ……♡♡♡」ピクピク

おちんぽ獣A「……へへへ。なるほどな。先に敗北アクメさせておいて正解だったぜ」

 発情ガスにはおちんぽを回復させる効果があった。
 ふたなりは発情ガスを吸い込んだことでおちんぽが回復し、残存精液量も増えたのだが――。

おちんぽ獣A「おらおらぁっ!! 無様にイキまくれぇ!!」パンパン

ふたなり「おぉんっ♡ おぉっ♡ おおおぉぉぉぉっ♡♡♡」ビュルルッ!! ビュルッ!!

 回復する前に敗北アクメをキメてしまったので、全て無駄になってしまったのだ。

おちんぽ獣A「おらっ! イキ死ねっ♡ 敗北宣言しろっ♡」パンパン

ふたなり「わっ、私の負けです♡♡♡ だからもっとおまんこイカせてくだしゃいっ♡♡♡」ビクンビクン

おちんぽ獣A「わはは! ハンターなんておちんぽにかかればこんなもんよ!」パンパン

ふたなり「きゃあああああぁぁぁぁぁ…………♡♡♡」

Mission failed...

262 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:30:20 ID:ro9CRFfQ
敗北ルート 第11話
『相手の能力に気付かなかったらの巻』


ふたなり「とりゃーーー!!」シコシコシコ

ペドロリ「んぎぃぃぃぃぃぃ♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「これでどうだぁぁぁぁぁ!!」シコシコ

ペドロリ「んひょぉぉぉぉぉぉっ♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「だったらこれでぇぇぇぇぇぇぇ!」シココッ

ペドロリ「あへぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ♡♡♡」ビクンビクン

おちんぽ伝令係「ケケケ、それで終わりか?」ニヤニヤ

ふたなり「くっ、やっぱり攻撃が通じない……!」

ふたなり「打つ手はないの……!?」

ペドロリ「…………」ビクッビクッ

ふたなり「こうなったら、もっと責めまくる!」シコッ!!

263 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:31:08 ID:ro9CRFfQ
〜1時間後〜

ペドロリ「」

ふたなり「はぁはぁ……! も、もう体力の限界……」バタッ

 攻撃を続けたことで疲れ果ててしまい、ふたなりは無防備にその場に伏してしまう。
 その直後、おちんぽ伝令係は能力を解除した。

おちんぽ伝令係「無駄な攻撃をさせ、動けなくなったところを犯す。これが俺様の戦法さ」

ふたなり「く、くそぉ……! 無敵とか言ってたのにコスい戦法じゃん……!」ハァハァ

おちんぽ伝令係「うるせぇ! お前のメス穴をコスってやる!」ズブッ!!

ふたなり「ひあっ!?」ビクッ

ふたなり(な、なんで? いつもより激しく感じちゃうっ♡♡♡)ビクビク

おちんぽ伝令係「疲れ切ると生存本能が強くなって感度が増すんだよ! マヌケめ!」パンパン

ふたなり「んひぃぃぃぃぃっ♡♡♡」ビュルルルッ!!

264 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:32:20 ID:ro9CRFfQ
おちんぽ伝令係「うわっ、お前……。おちんぽ持ち女だったのか!」パンパン

ふたなり「ひゃへぇ……♡ おちんぽもいつもより気持ちいいよぉ……♡」ビュルッビュルッ!!

おちんぽ伝令係「疲れマラってやつだな。かわいそーに。ちんぽもまんこも感度激増して辛いだろ」パンパン

ふたなり「んぐぐぐっ♡♡♡♡♡」ドビューッ!!

おちんぽ伝令係「ふーっ、このくらいにしておくか」ヌプッ

 おちんぽ伝令係はふたなりからおちんぽを抜き、ペドロリの方へ向かう。

ふたなり「な、なんでぇ……?♡ 私……まだ敗北アクメしてないよ……?♡♡♡」ビクビク

おちんぽ伝令係「俺様はもっと強くなりたいから特A級の方を犯したいんだよ」

おちんぽ伝令係「お前、どうせもう動けないだろ? トドメは他のおちんぽ獣に任せるわ」クルッ

ふたなり「そんなぁ……♡ 生殺しなんていやだよぉ……♡」ヒクヒク

265 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:33:03 ID:ro9CRFfQ
ふたなり「ね♡ ね♡ 私の敗北寸前おまんこ犯してください♡ 中出しもやり放題ですから♡」クパァ

ふたなり「いっぱい孕ませていいですよ♡ だからハメハメしてください♡♡ お願いします♡」クパァ

 ふたなりは必死に自分のおまんこを指で開け、敗北アクメをおねだりする。
 しかしおちんぽ伝令係は無視して特A級を犯していた。

ふたなり「ひどいよぉ♡ ここまでイカせて放置するなんてぇ♡ 敗北アクメさせてよぉ♡」ヒクヒク

ふたなり「もう誰でもいいから♡ 雑魚おちんぽ獣でもいい♡ おちんぽ来て♡ 来て♡」ヒクヒク

ふたなり「アクメしたくて頭おかしくなりそう♡ 負けたいっ♡ 早く負けたいっ♡」ヒクヒク

ふたなり「おちんぽ欲しいっ♡ 欲しいよぉっ♡」ビクビクッ

 そんなふたなりの懇願も空しく……。
 彼女はたまたまやってきたZ級おちんぽ獣にハメられ敗北アクメするまで
 数時間も放置されてしまうのだった。

Mission failed...

266 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:33:50 ID:ro9CRFfQ
敗北ルート 最終話
『愛が負けたらの巻』

ふたなり「そうです……。人はみんな、弱いんです」

ふたなり「弱いからこそ……セックスをして、愛し合う」

ふたなり「そうして大切な人……守るものが出来た時……」

ふたなり「人は本当の意味で強くなれるんです……!」

要人男性「――だったら! 僕のセックスに耐えてみせろ! お前が強いと証明しろぉ!!」パンパン

ふたなり「あっ♡ あっ♡ イっ、イグゥッ♡♡♡」ビュビュッ!! ピュルル...

要人男性「それが最後の射精か。次の絶頂でお前は敗北する」

ふたなり「…………♡」ハァハァ

要人男性「結局……愛なんてものは存在しなかったな。お前は敗けるんだ」

要人男性「ゲームオーバーだ」グリグリ

267 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:34:22 ID:ro9CRFfQ
ふたなり「あ゛っ♡ あ゛あ゛っ♡ あ゛あ゛あ゛っ♡♡♡」ビクビク

要人男性「子宮口を押し込まれる感覚はどうだ? イキたくても刺激が強すぎてイケないだろう」グリグリ

ふたなり「や゛め゛っ♡♡♡ や゛め゛て゛ぇっ♡♡♡」ビクビク

 味わったことがないほどの快楽に、切れかけの電灯のように視界が点滅し始める。

ふたなり(なっ♡♡ なにもかんがえられなくなる……♡♡♡)

要人男性「なあ!? この行為にも愛はあるのか? 快楽でメスを蹂躙するセックスに!!」グリグリ

ふたなり「あ゛っ♡♡♡ ひぎぃっ♡♡♡ ま゛っ て゛!! ま゛っ て゛ぇ゛ぇ゛!!」ビクビク

要人男性「どうした?」ピタッ

ふたなり「あ……ああ…………♡♡♡」ピクピク

 動きが止まったとはいえ、余韻で喋ることすらままならないふたなり。

要人男性「何も言わないなら、もう一度始めるぞ?」

ふたなり「……ひっ!?」ビクッ

268 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:35:01 ID:ro9CRFfQ
ふたなり「わ、私が…………」

ふたなり「私が間違ってました…………♡」

ふたなり「ごめんなさい……♡ 愛のないえっち……きもちよすぎるんです……♡♡」

要人男性「ハハハ! ようやく認めたか」

試験官♀「ふたなりぃぃっ!!」バンッ!!

 助けに来た試験官♀達が部屋の中に入り込む。

要人男性「おや、おちんぽハンター協会か。遅かったな」パンパン

試験官♀「…………!! そ、そんな……!!」ガクッ

ふたなり「ごっ、ごめんなしゃい♡ 試験官♀しゃん♡ みんなっ♡」ビクンビクン

ふたなり「わたし♡ 愛なんてない快楽だけのえっちに負けちゃった♡♡♡」ビクンビクン

ふたなり「でもしかたないよねっ♡ がんばったけどイカされちゃったんだもん♡♡♡」ビクンビクン

269 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:35:35 ID:ro9CRFfQ
 触手がその場にいた全員を拘束する。

試験官♀「は、離せ!! くそっ!! ふたなりっ!! 正気に戻ってくれ!!」ジタバタ

ふたなり「ああっ♡ ムリだよぉっ♡ もうこれがわたしの正気なのっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「いっぱい敗北アクメさせられてしあわせっ♡ しあわせなのっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「だから……みんなもしあわせになろう?♡♡♡」ビクンビクン!!

試験官♀「い、いやだぁぁぁっ♡♡♡ 誰か助けてくれぇぇぇ♡♡♡」ビクッビクッ!!

メスガキ「あうう……♡ もっと私の雑魚マンコたくさん突きなさいよぉ♡♡♡」ビクビク!!

おしとやか「こっ、こんなはしたなくイカされるなんてっ♡ んひぃっ♡」プシャアアアッ!!

中二眼帯「やだあああっ♡ カッコつけててごめんなさいっ♡ ゆるしてよぉぉぉっ♡♡♡」ガクガク

お姉さん「あはは……♡ みんな、すごくえっち……♡ あはは、あはははは♡♡♡」ビクビク!!

ふたなり「おまんこハンター協会に負けて全員おまんこ駆除されちゃった♡」

ふたなり「わたしたち、これからどうなっちゃうんだろ♡♡♡ たのしみ♡♡♡」

Mission failed...

270 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/11(月) 04:36:24 ID:ro9CRFfQ
これにて敗北ルートも全て終了です。
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

こういう設定の話、もっと見たいので本作の設定等は常識の範囲内であれば自由に使ってくれて構わないです。
ではまたどこかで。

271 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/12(火) 01:38:23 ID:/8Y3cAE6


272 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/12(火) 02:09:55 ID:Ky0Ti8eo
不覚にもたっちまった
乙んぽ

273 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/13(水) 14:37:30 ID:lfp1u0oY
素晴らしかった。また読みたい

274 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/14(木) 14:38:43 ID:cadbq3Pw
続編を書いてるんだけど
完結スレにURL載せたのに続けちゃっても大丈夫ですかね?

275 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/15(金) 01:41:29 ID:6FJzRRfk
序盤の兎娘が完全にオボロで笑った
中身は見てない

276 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/16(土) 17:18:01 ID:JkjfC8.c
おしとやかちゃんすこ

277 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/16(土) 20:07:43 ID:DcpAcxbY
>>274
いいよー!

278 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/19(火) 07:35:45 ID:E2z2BByw
ではこのスレで続けていきます
今シーズン2の11話を書いているところなので早ければあと数日くらいで公開できると思います

279 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/20(水) 21:56:26 ID:kWE65pzA
楽しみにしてる

280 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:54:20 ID:eAm2Sn2U
【おちんぽハンター シーズン2】


おちんぽ1本目『出動☆ おちんぽハンター!!』


 時は2020X年。
 正体不明の新型ウイルスにより全男性の九割がおちんぽ獣になってしまった!
 おちんぽ獣は見境なく女の子を襲い敗北アクメさせ、そして孕ませる!!
 このままでは世界はおちんぽ獣によって支配されてしまう!!!

 そんな中、政府はおちんぽ獣に対抗する組織を設立。
 おちんぽ獣を過度な射精により腹上死させ駆除する組織――おちんぽハンター協会。
 そしておちんぽハンター協会に属する少女のことを人はド変態と呼ぶのだった。

 これは数奇で淫猥な運命によりおちんぽハンターになってしまった一人の少女と、
 それを取り巻く仲間たちの物語である。

281 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:54:53 ID:eAm2Sn2U
おちんぽハンター・シーズン2です。よろしくお願いします。
新スレでやるかどうか決まってない内に書き始めたので
1話は前シーズンの焼き直し的な展開があります(キャラや能力の説明など)
2話から新しい展開になっていきます。

282 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:55:59 ID:eAm2Sn2U
教官♀「緊急おちんぽ警報! デルタちんぽチーム! 出動だ!!」

 試験官♀――改め教官♀の指示で、デルタちんぽチームの3人が現場へ出動する。

 おちんぽハンター。
 それはおちんぽ獣を交尾バトルで懲らしめる者たちの総称。

メスガキ「ふふん、今回の任務も速攻で終わらせてやるんだから!」

 8歳にして数々の性技・暴力技を使いこなす天才ハンター・メスガキ。

おしとやか「調子に乗って足をすくわれても知りませんわよ」

 異常なまでに高い感度を利用し、あらゆる状況に対応する技巧派ハンター・おしとやか。


 そして――。

ふたなり「おちんぽ獣が見えてきたよ! みんな、変身準備!」

 協会唯一のおちんぽ持ちハンター・ふたなり。


 彼女達は全ハンターの中でも最上に位置する特A級おちんぽハンターなのだ!

283 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:56:48 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「いくよ!! ――――セックス!!」

 3人はおちんぽハンター許可証を天高く掲げ、セックスと叫ぶ(変身の合図)
 すると許可証から光が発せられ、それぞれの身体を包み込んだ。

 まずお約束で裸になり、そこから部位ごとにひとつずつ衣装が現れていく。

 赤いリボンが目立つ、白のベレー帽。
 肩出しのフリルセーラー。敵の情欲をそそるクッソ短いフリルスカート。
 そしてニーハイソックス。

ふたなり「わわっ、新衣装になってる!?」

メスガキ「えー、いいなー。私は前の猫耳レオタードのままなのに」

おしとやか「私も着物のままですわ」

 おちんぽハンターは変身衣装によって身体能力(性)を強化し、避妊の効果も得る。
 しかし衣装はハンターの絶頂と同時に効力を失ってしまう。
 おちんぽハンターは絶頂に耐えながらおちんぽ獣を射精させないといけないのだ。

 敗北アクメすれば妊娠――。
 それでも少女達は戦う。この世界に生きる大切な人々を守るために。

おちんぽ獣A「ピギィィィィィィィィ!!!」
おちんぽ獣B「ピギィィィィィィィィ!!!」
おちんぽ獣C「ピギィィィィィィィィ!!!」

ふたなり「来るよ! みんな!」

284 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:57:23 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ獣B「おらっ!! 犯してやるぜ!!」

 力任せにメスガキを組み伏せ、バックから挿入するおちんぽ獣。

メスガキ「あはっ♡ いきなり挿れてくるなんてっ♡ がっつきすぎ♡」

おちんぽ獣B「けけけ、その威勢がいつまで保てるかな?」パンパン

 交尾バトルにおいて後背位は――女性不利とされている。
 おちんぽを突き入れて膣の奥まで責められる男側に対し、女側に出来ることはあまりにも少ない。

おちんぽ獣B「状況は俺の圧倒的優位ッ!! このままハメ倒してやるぜ!!」パンパン

メスガキ「んふふ♡ 馬鹿みたいに腰振っちゃって♡ 必死すぎぃ♡」

おちんぽ獣B「なっ……!? こ、このメスガキ!!」パンパン

 メスガキが持つ固有能力――≪主導権≫イニシアチブは、
 どんな不利な状況をも覆し、主導権を奪い返す効果。

 責めていたつもりのおちんぽ獣であったが
 彼はまんまとメスガキの術中にハマっていたのだ!!

おちんぽ獣B「ぐおおっ!? 俺が責めてるはずなのに……もう射精しちまいそうだッ!!」パンパン

メスガキ「ほらほら〜♡ ゴミちんぽさっさと射精しちゃえ〜♡」ニヤニヤ

285 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:57:56 ID:eAm2Sn2U
おしとやか「ふっ♡ ふふっ♡ そっ♡ その程度っ♡ ですかっ♡」ビクビク

おちんぽ獣C「へっへっへ、感じまくってるのはバレバレだぞ淫乱女が!!」パンパン

おしとやか「おっ♡ おぐっ♡」ビクン!!

 正常位で一方的に犯され、仰け反るおしとやか。

おちんぽ獣C「敗北アクメまで秒読みって感じだな! イキ死ね!!」パンパン

おしとやか「おぉっ♡ んぃ♡ あひぃっ♡」ビクビク

おちんぽ獣C「アクメしやがれ! おらおらっ!!」パンパン

おしとやか「んぎっ♡ んほぉっ♡ 気持ちいいですわっ♡」ビクビク

おちんぽ獣C「は、早くイキやがれッ!!」パンパン

おしとやか「うぎっ♡ はっ♡ むっ、無駄ですっ♡ わっ♡」ビクビク

 強すぎる快楽は女を絶頂から遠ざけてしまうこともある。
 おしとやかは自身の能力≪異常感度≫エクスタシーにより絶対防御を作り上げていた。

おちんぽ獣C「く、くそ……! こっちが先に射精しちまう……!」パンパン

おしとやか「あっ♡ あはっ♡ もっと♡ もっとたくさんっ♡ 突いてくださいっ♡」ビクビク

286 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:58:39 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ獣A「おらおらおらおら、イッちまえ!!」パンパン

ふたなり「あっ!! イ、イッちゃう♡」ビュルッ!!

 膣内を突かれ、あっという間にイカされてしまうふたなり。
 おちんぽハンターは一度でも絶頂してしまうと敗北し、おちんぽ獣に支配されてしまう。
 変身衣装による避妊作用も効力を失い、今の状態で膣内射精されれば確実に孕まされてしまうだろう――


 ――彼女が、普通の少女であったなら。


ふたなり「よーし♡ これからだよっ♡」グリグリ

おちんぽ獣A「なっ!? こいつ、敗北アクメしたはずじゃっ!?」

 自ら腰を押し付けて動かし、反撃するふたなり。

おちんぽ獣A「おちんぽ獣にイカされた女は屈服して逆らえなくなるはずだ!! 何故まだ戦える!?」

ふたなり「これが私の能力――――」

 ふたなりの身体に精液が残っている限り、あらゆる絶頂を射精に変換し敗北を回避する。
 それが彼女の固有能力――≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ。

287 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 11:59:30 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「これでおしまいっ♡」

メスガキ「イッちゃいなさいっ♡」

おしとやか「ですわー!!♡」

おちんぽ獣A「ぐあああああああああ!!!」ドピュッ!!
おちんぽ獣B「ぎぃぃぃやあああああ!!!」ドピュッ!!
おちんぽ獣C「ひぎゃあああああああ!!!」ドピュッ!!

ふたなり「大勝利!!」ピース

メスガキ「ま、この程度のおちんぽ獣なら楽勝よねー」

おしとやか「……ふぅ♡」

ふたなり「……? あれ。おしとやかちゃん、どうかした?」

おしとやか「いえ、少し身体に快感が残ってしまって……♡」ハァハァ

メスガキ「え? あんたって感度高いけど回復も早いんじゃないの?」

おしとやか「そうなんですが……どうも敵の責めがいつもと違った気がしたんですわ」

ふたなり「うーん? 私はいつもと同じだと思ったけどなぁ」

メスガキ「一応報告しておけば?」

おしとやか「……ですわね。とりあえずおちんぽハンター協会へ帰りましょう」

288 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:00:23 ID:eAm2Sn2U
 〜おちんぽハンター協会〜

新人ちゃん「お、お帰りなさいっ! 先輩方っ!!」

ふたなり「あ! 新人ちゃん! ただいまー」

おしとやか「? この方は?」

メスガキ「この前ハンターになった新人よ。あんた会ったことなかったの?」

新人ちゃん「おしとやか先輩とは初めましてですねっ。新人です! よろしくお願いします!」ペコリ

おしとやか「よろしくですわー!」

ふたなり「新人ちゃんはもうB級ハンターになったんだよね。すごい成長スピードだよ!」

 おちんぽハンターにはふたなり達の特A級の他、A〜Zまでの階級があるのだ。

新人ちゃん「いえ、私なんて先輩方に比べればまだまだ……。あ、タオルどうぞ」

メスガキ「気が利くじゃない。ありがと。……ってこれ雑巾じゃない!!」バシッ

新人ちゃん「あわわ! ご、ごめんなさい! 間違えました!」

ふたなり「新人ちゃんは天然だなぁ」

289 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:01:10 ID:eAm2Sn2U
 そんなこんなで協会内の特A級宿舎-2号室に戻ってきたふたなり達。
 特A級には現在6人が在籍しており、ふたなり達以外の3人は宿舎1号室で暮らしているのだ。

メスガキ「そう言えばおしとやか、さっきのことは報告したの?」

おしとやか「ええ。協会側で調査してみるそうですわ」

ふたなり「何事もないといいけど……。って、あ!」

メスガキ「え、どうしたの?」

ふたなり「私たち、変身解除し忘れてる!」

おしとやか「……あっ、本当ですわ!」

 任務が終わり、協会へ帰還したハンターは通常変身を解除し私服へ戻る。
 が、ふたなり達は変身解除を忘れたまま宿舎まで戻ってきていた。

メスガキ「なんか視線を感じると思ったらこういうことだったのね……」

ふたなり「変身衣装ってえっちだからね。目立つよね」

おしとやか「まあ私の衣装は着物ですから恥ずかしくはありませんけどね」

メスガキ「私のは股間にめっちゃ穴が開いてるのよ!!」

290 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:01:42 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「というか……宿舎で変身衣装でいるのって、なんか新鮮でドキドキする……♡」ハァハァ

おしとやか「た、確かに……。謎の背徳感のようなものがありますわね……♡」ドキドキ

メスガキ「は、発情してんじゃないわよ2人とも……」ドキドキ

ふたなり「よし、3人でえっちしよう」

メスガキ「ふええっ!?」 おしとやか「賛成ですわ!!!!!!」

ふたなり「ねぇ♡ 私がおちんぽ獣の役やるから敗北えっちごっこするっていうのはどう?♡」ギンギン

おしとやか「ふ、ふたなり様に無理やり犯される……!?♡♡♡」ポッ

メスガキ「ちょちょ、ちょっと! 勝手に話を進めてんじゃないわよ! 私はそんなのイヤだからね!」

ふたなり「でも……♡ メスガキちゃん、濡れちゃってるみたいだけど……♡」

メスガキ「っ!!」トロォ

ふたなり「んひひ♡ じゃあ、シよっか♡」ギンギン

291 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:02:12 ID:eAm2Sn2U
 メスガキはふたなりの手で強引にベッドへ押し倒される。

ふたなり「生意気なおちんぽハンターめ♡ 私がこらしめちゃうぞ♡」ギンギン

メスガキ「ちょっとぉ……♡ やめてってばぁ……♡」

ふたなり「あはっ♡ メスガキちゃん、ナイス演技♡」

メスガキ「演技じゃないぃ……♡」

おしとやか「くぅ……♡ 私より先に犯してもらえるなんてズルいですわ♡」

ふたなり「ほらほら♡ おちんぽの先っぽで入口突っついちゃうぞ♡」ツンツン

メスガキ「やめてぇ……♡」ヒクヒク

おしとやか(嫌がってるわりに≪主導権≫でやり返したりはしないんですのね)

ふたなり「抵抗しないとこのまま挿入しちゃうよ♡」ツプッ

メスガキ「あっ……」ピクッ

292 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:02:49 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「やあぁ……♡ ふたなりのおちんぽ♡ 挿入ってくるぅ……♡」ビクビク

ふたなり「まだ半分なのに奥まで挿入っちゃった♡ このまま敗北アクメさせてあげるね♡」

 そう言うとふたなりは激しく腰を動かし始める。

メスガキ「んひゃぁっ!? まっ♡ 待って♡ こんなのすぐイッちゃうからっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「おらおらっ♡ イッちゃえっ♡ 生意気ハンター敗けちゃえ♡」パンパン

メスガキ「あああぁぁぁぁっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「あーあ♡ メスガキちゃん敗けちゃったね♡ とどめの中出し♡」ビュルルーッ!!

メスガキ「あっ、あちゅいの注がれてるぅぅぅ♡♡♡」ビクッビクッ!!

メスガキ「きゅう……♡」

ふたなり「あらら、気絶しちゃった♡」

おしとやか「ふたなり様っ♡ 早くっ♡ 次はわたくしっ♡ 早くっ♡ 早くっ♡」クチュクチュ

293 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:03:26 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「おりゃーっ♡」ズプッ

おしとやか「きゃーっ♡♡♡」ビクンビクン!!

 挿入された瞬間に絶頂してしまうおしとやか。

ふたなり「ちょっ……。我慢しないと敗北えっちにならないよ!」

おしとやか「我慢……? そんなの……できませんわーっ♡♡♡」ガバッ!!

ふたなり「うわあ!?」

 体勢を変えられ、ふたなりの上におしとやかが跨る形になる。

おしとやか「おしとやかの膣内でたっぷり扱いて差し上げますわ……♡」キュンキュン

ふたなり「ひゃああ……♡」ビクビク

おしとやか「ああ……♡ お慕いしておりますわ♡ ふたなり様……♡」ポッ

294 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:03:59 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「っ♡ も、もう! 犯すのは私の方なんだから!」ガシッ

おしとやか「あ、あら?」

 下から腰を掴まれるおしとやか。
 そのままふたなりは下から突き上げ始める。

おしとやか「おおおぉっ!?♡♡♡」ビクビク

ふたなり「ほらっ♡ 騎乗位なのに犯されちゃう気分はっ♡ どうっ?♡」ズチュズチュ

おしとやか「はひっ♡ 気持ちいいっ♡ 気持ちいいですわっ♡」ビクンビクン

ふたなり「膣内でっ♡ たっぷり♡ 扱くんじゃなかったのっ?♡」ズチュズチュ

おしとやか「むっ♡ むりっ♡ 無理ですわっ♡ 気持ちよすぎてっ♡」ビクンビクン

ふたなり「なら♡ おしとやかちゃんも敗けちゃうね♡」グリッ!!

おしとやか「んひょぉぉぉぉぉぉ!?♡♡♡」ガクガク

おしとやか「はひゃあ……♡」ピクピク

ふたなり「おしとやかちゃんにも、とどめの中出し♡」ビュルルーッ!!

295 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:04:33 ID:eAm2Sn2U
 そして。

メスガキ「うう……まだ出てくる」ドロォ...

ふたなり「ごめんごめん、興奮して出しすぎちゃった」テヘヘ

おしとやか「私はもっと射精されても良かったのですわ」

メスガキ「妊娠してないよねこれ……?」

ふたなり「それなら大丈夫。流石に本気の孕ませ射精はしないよ〜」

おしとやか「私は別に孕まされても……」

ふたなり「いやそれはマズいから」

教官♀「おい、お前ら」

ふたなり「!! き、教官♀さん……」

メスガキ「やば……」

296 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:05:51 ID:eAm2Sn2U
教官♀「全部見ていたぞ。ハンター同士のセックスは原則禁止であることは分かっているよな?」

ふたなり「は、はい……」

おしとやか「これはお仕置き確定ですわね」

メスガキ「私犯されてただけなのに……」

教官♀「いや、まあお前らの気持ちも多少は分かる。だから今回は見逃してやろう」

ふたなり「え、本当ですか!?」

教官♀「ただし……私も混ぜてもう一戦ヤること。それが見逃す条件だ」

ふたなり「え」

教官♀「さあ♡ 私のことも早くめちゃめちゃに犯せ♡ じゃないとお仕置きだぞ♡」クパァ

ふたなり「えぇ……」(でもえっちだ♡)

メスガキ「こいつ教官失格ね」

おしとやか「それじゃあ4Pと洒落込みますわー♡」

ふたなり「もうおちんぽへとへとなんだけど……。朝まで持つかなぁ……♡」

 そんなこんなで夜は更けていくのだった。

第13おちんぽ 完

297 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:07:00 ID:eAm2Sn2U
〜次回予告〜

 新種のおちんぽ獣が出現!?
 今までとは違う責め方に大苦戦!!
 そんなとこ責められたら……!!
 えっちになっちゃうよ〜〜〜〜〜〜!!!

 次回! おちんぽ2本目『新種☆ 乳首コリコリ地獄!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

298 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 12:08:25 ID:eAm2Sn2U
>>296
最後の一行ミスりました
正しくは「第1おちんぽ 完」です

時間がアレなんで続きはまた後程上げていきます

299 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:09:40 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ2本目『新種☆ 乳首コリコリ地獄!?』※敗北ルート有り


 おちんぽハンター協会の指令室に集められたふたなりとメスガキ。

教官♀「まずはこれを見てくれ」

 そう言って教官♀が出したのはおちんぽ獣の写真だった。

ふたなり「なんですか、これ?」

メスガキ「普通のおちんぽ獣に見えるけど……」

教官♀「ああ、一見するとこれは何の変哲もない普通のおちんぽ獣だ」

教官♀「だが先日の報告、そして調査により……新種のおちんぽ獣が存在することが判明したのだ!」

メスガキ「し……」

ふたなり「新種のおちんぽ獣……!?」

300 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:10:20 ID:eAm2Sn2U
教官♀「という訳で今回の任務は新種の調査だ」

ふたなり「新種のおちんぽ獣かぁ……。どんな攻撃をしてくるんだろう」

メスガキ「現状でなにか分かってることってあるの?」

教官♀「ああ。おちんぽデバイスに情報を転送しておくから後で確認してくれ」

ふたなり「あれ? そう言えばおしとやかちゃんの姿が見えないけど……」

メスガキ「あいつは任務に参加しないの?」

教官♀「うむ。新種のおちんぽ獣は少々厄介でな。しばらくおしとやかは待機だ」

メスガキ「ふ〜ん……」

ふたなり(あ、メスガキちゃんちょっと寂しそう)

301 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:11:04 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「それじゃあ早速現場に向かおっか」

ふたなり「うん!」

新人ちゃん「あの……先輩方!」

ふたなり「あ! 新人ちゃん!」

新人ちゃん「任務頑張ってください! ふたなり先輩! メスガキ先輩!」

メスガキ「へ〜、見送りなんてしゅしょーな心掛けじゃない」

ふたなり「なんか嬉しいね。ありがと、新人ちゃん!」

新人ちゃん「はい! 私なんかじゃまだ先輩方の力にはなれないので……陰ながら応援してます!」

メスガキ「特A級になったからか私たちもモテモテね。それじゃ行こ、ふたなり!」

ふたなり「うん! ……あ、待って。おちんぽデバイス持ってくるの忘れてたから一旦取りに戻るね」

メスガキ「もー。カッコつかないんだから!」

ふたなり「メスガキちゃんは忘れもの大丈夫?」

メスガキ「…………私もちょっと部屋に戻る」

302 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:11:39 ID:eAm2Sn2U
 〜現場〜

ふたなり「そう言えばメスガキちゃんと2人の任務って久しぶりだね」

メスガキ「そうね。大抵おしとやかもいるか単独ミッションかの2択だし」

ふたなり「初任務の時以来かな」

メスガキ「まあ初任務の時もおしとやかが乱入してきたけどね」

ふたなり「あの時はビックリしたよねー」

メスガキ「待機って言ってたけどあいつ大丈夫なのかしら。どっか悪くしたとか……」

ふたなり「それは大丈夫なんじゃない? 教官♀さんが言ってた感じだと新種のおちんぽ獣に原因があるみたいだし」

メスガキ「あっ、そうだ! 新種のおちんぽ獣! おちんぽデバイスで情報確認するの忘れてるじゃない!」

ふたなり「わわ、ドタバタしてたからすっかり忘れちゃってた!」

メスガキ「戦闘になる前に早く確認しなきゃ! えーと、なになに……?」

303 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:12:19 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「新種のおちんぽ獣は行動パターンがこれまでとは異なる、って書いてあるね」

メスガキ「行動パターンか。そういや今までのおちんぽ獣ってほぼ挿入しかしてこなかったよね」

ふたなり「たまにお尻とか胸を責めてくるタイプもいたけど、基本的にはそうだね」

メスガキ「なんか新種は膣内以外への攻撃も積極的にしてくるらしいわ」

ふたなり「でも、おちんぽ獣って女の子へのとどめは挿入じゃなきゃダメなんだよね?」

 おちんぽ獣は女の子を敗北アクメさせることで屈服させ、精神を支配する。
 が、絶頂ならなんでもいいという訳では無い。

 おちんぽ獣のおちんぽには特殊な粘液が纏われており、
 それが接触していなければいくら目の前で女の子が絶頂しようと敗北させることは出来ないのだ。

ふたなり「結局挿入だけに気を付けてればいいし、そこまで厄介ではないんじゃないかな」

メスガキ「それは甘い考えね」

304 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:13:00 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「いい? 確かに挿入中に絶頂さえしなければおちんぽ獣に負けることはないわ」

ふたなり「う、うん」

メスガキ「でも愛撫攻撃で身体が限界まで高めさせられたら?」

ふたなり「……! 挿入されたと同時にイカされちゃう……!」

メスガキ「それに愛撫でへろへろにされたらまともに動くことも出来なくなるでしょ」

ふたなり「確かに……。そう考えると厄介かも」

メスガキ「あと一番ヤバいのは攻撃速度ね。挿入と違って愛撫は出が早いし、命中もさせやすいし」

おちんぽ獣A「こんな風になぁっ!!」ガバッ!!

ふたなり「うわっ!! 背後からいきなりおちんぽ獣が!!」

おちんぽ獣B「ひひひっ! 捕まえたぜ!!」

メスガキ「くっ!!」

 突然現れたおちんぽ獣に2人は羽交い締めにされてしまう。

305 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:13:34 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ獣A「くくく、膨らみかけおっぱいを揉みしだいてやるぜ!」モミモミ

ふたなり「あっ♡ こ、これが新種の責め……♡ はう♡」

おちんぽ獣B「お前は揉む胸がないな」

メスガキ「うるさいわね!!!!」

おちんぽ獣B「まあ怒るな、先っぽ摘まんでやるからよ」コリッ

メスガキ「ひぐっ!?♡」

おちんぽ獣B「ひひひ、ガキの癖に感度はいっちょ前だなぁ」コリコリ

メスガキ「や、やめなさいよぉ……♡」

ふたなり「ふぁ……♡ おっぱい揉まれてるとなんだか幸せになっちゃう……♡」

306 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:14:40 ID:eAm2Sn2U
 2人はどちらも特A級ハンター。
 無数のおちんぽ獣達と戦い、幾度も死線をくぐり抜けてきた猛者である。
 だがそれは膣内を用いての戦闘に限った話――。

メスガキ「くっ、くそっ♡ こんな責めっ♡ 慣れてないからっ♡ 感じちゃうっ♡」ビクビク

ふたなり「こんなの初めてだよぉ……♡」ビクビク

 膣内以外への責めはほぼ経験がなかったため、いいようにされてしまっていた。

 そして新種のおちんぽ獣の――愛撫攻撃の最も恐ろしい点は、一方的に攻撃が出来るということである。
 これが挿入攻撃であれば、膣内の締め付けである程度は反撃出来ていただろう。
 だが一方的な愛撫では反撃はまず出来ない。ただ快楽を与えられるだけだ。

おちんぽ獣A「こっちはノーダメージ! お前らはもう息も絶え絶え!」モミモミ

おちんぽ獣B「勝負あったな!」コリコリ

307 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:15:11 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「し、勝負あった……? それはどうかしらね♡」

おちんぽ獣B「あ? イキってんじゃねぇぞガキがよ」コリコリ

メスガキ「こんな子供を羽交い締めにして乳首だけ責めるなんて……」

メスガキ「なさけなくないの?♡」

おちんぽ獣B「なっ、なんだとぉ……!」

メスガキ「乳首責めて勝ったつもりでいるみたいだけど♡」

メスガキ「ほんとはおちんぽ使うのが怖いんじゃないの?♡」ニヤニヤ

メスガキ「おちんぽ怯えちゃってか〜わいっ♡」ニヤニヤ

おちんぽ獣B「だ、黙れっ!! だったら挿れてやるよっ!!」ズブッ!!

メスガキ「あんっ♡」

308 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:15:42 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ獣B「ぐ、ぐああっ!! こ、このガキ……ッ!! なんて締め付けだ!!」

メスガキ「羽交い締めでバックから挿入したのに〜♡ 私の締め付けに負けちゃうの〜?」

おちんぽ獣B「く……クソがぁぁ!!」パンパン

メスガキ「くすくす♡ パンパン出来てえらいでちゅね〜♡」

おちんぽ獣B「おちんぽ獣を舐めるなぁっ! このっ! このっ!」パンパン

メスガキ(愛撫にはちょっと焦ったけど、こいつらの本来の実力はC級ってとこね)

メスガキ(主導権を奪い返せばチョロいもんよ♡)

メスガキ「はい、おしまい♡」

おちんぽ獣B「ぐあああああ〜〜〜〜ッ!!」ドピュドピューッ!!

メスガキ「よしよし♡ よわかったでちゅね〜♡」ナデナデ

309 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:16:14 ID:eAm2Sn2U
おちんぽ獣A「おらおらっ、息が荒くなってきたぞっ!」モミモミ

ふたなり「は……はひぃ……」ハァハァ

おちんぽ獣A「ちょっと胸揉んだくらいで発情するとは淫乱だな、ククク」モミモミ

ふたなり「うぅ……」ビクビク

ふたなり(気持ちいいけど……胸だけじゃもどかしいよぉ……♡)

おちんぽ獣A「ククク、一方的に揉まれてイッちまえ!」モミモミ

ふたなり「ダ、ダメだよ…………」

おちんぽ獣A「あん?」

ふたなり「それじゃあ…………足りないよ♡」

おちんぽ獣A「え?」

310 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:16:46 ID:eAm2Sn2U
ふたなり「一緒に気持ちよくならないとダメだよ♡」スリスリ

おちんぽ獣A「なっ!? コイツ、身体を動かして……!!」

 羽交い締めにされているため、ふたなりとおちんぽ獣は身体が密着していた。
 その状態で擦るように身体を動かせば――それは全身を使った愛撫となる。

ふたなり「ほら♡ これであなたも気持ちいいでしょ♡」スリスリ

おちんぽ獣A「ぐっ!! なんだこれ、触れてるだけなのに……射精しそうにっ!!」

ふたなり「おちんぽ獣なんだから気持ちいいの好きでしょ♡ 私も♡ 私も好き♡」スリスリ

おちんぽ獣A「ああ……っ! ダメだっ! これ、やばっ」

ふたなり「一緒に気持ちよくなろ♡ ね♡ ね♡」スリスリ

おちんぽ獣A「ああああああぁぁぁぁ〜〜〜〜ッ!!!」ドピュピュピューッ!!

ふたなり「あはっ♡ 気持ちよくなれたね♡」

311 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:17:24 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「ふぅ〜、終わったわね」

ふたなり「あーあ、物足りなかったな……」

メスガキ「それにしても……私は能力使って反撃したのに、あんたよく素でやり返せたわね」

ふたなり「えへへ、私いつもみんなとえっちしてるからね。愛撫にも多少は慣れてるんだ♡」

メスガキ「あ〜……。じゃああの狂ったような発情セックスも無駄じゃなかったのね」

ふたなり「く、狂ったようなって……ひどくない?」

メスガキ「いや実際狂ってるでしょ、あんたの性欲」

ふたなり「むぅ……」

メスガキ「じゃ、新種のデータと精液持って協会に帰るわよ」

312 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:17:55 ID:eAm2Sn2U
 〜そして〜

メスガキ「ちょっ……! いきなりどうしたのよ!」

 自室に戻るなり、ふたなりはメスガキをベッドへ押し倒していた。

ふたなり「私……狂ってないもん♡ 気持ちよくなりたいだけだけもん♡」

メスガキ「ええっ!? いや、それは……うん。言葉は悪かったけどさ」アセアセ

ふたなり「いつもメスガキちゃんだって乱れてるじゃん♡ それなのにあんな言い方ひどいよ♡」

メスガキ「いや……その、それは」

ふたなり「大丈夫♡ 分かってるよ、メスガキちゃん♡」

メスガキ「え?」

ふたなり「足りなかったんだよね……♡」

メスガキ「ちょっ! ちがっ! ああっ♡」ビクッ

ふたなり「挿入っちゃったぁ……♡ 気持ちいい……♡」

313 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:18:29 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「やめてっ♡ やめてよぉっ♡」ビクビク

ふたなり「気持ちいい?♡ 気持ちいいよね♡ でももっとしてほしいんだよねっ♡」パンパン

メスガキ「やだぁっ♡ やめてってばぁ♡ おかしくなっちゃうからぁ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「おかしくなっていいんだよ♡ 一緒に狂っちゃおう♡ メスガキちゃん♡」パンパン

メスガキ「ひっ♡ ひやああああああ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「えへへ……♡ イッちゃったね♡ でもぉ……まだまだヤるよ♡」

メスガキ「しょんな……♡ ほんとにおかしくなっちゃう……♡」ピクピク

ふたなり「そうだ♡ メスガキちゃん、さっきここ♡ 責められてたよね♡」キュッ

メスガキ「ひあっ♡」ビクッ

 硬く尖った乳首を摘ままれ、メスガキは身体を跳ね上げる。

ふたなり「うわ♡ すっごい感度♡」

314 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:19:03 ID:eAm2Sn2U
メスガキ「やめてぇ……♡」

ふたなり「コリコリするとおまんこの中がピクピクしちゃうね♡ えっち♡」コリコリ

メスガキ「ふああ……っ♡」ピクピク

ふたなり「ねぇ、メスガキちゃん……♡」

メスガキ「…………?」

ふたなり「コリコリしながら腰動かしたら♡ どうなっちゃうんだろう……?♡」ボソッ

メスガキ「…………! やだっ! やめてっ! ほんとに!」

ふたなり「やめませ〜ん♡」コリコリパンパン

メスガキ「〜〜〜〜〜〜ッ♡♡♡ あ゛あ゛あ゛!!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「す、すご♡ メスガキちゃん、えっちすぎるよ!♡♡」パンパン

メスガキ「やあああああああああああッ♡♡♡」ビクンビクン!!

315 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:19:53 ID:eAm2Sn2U
 事後。

メスガキ「馬鹿! ほんと馬鹿! 最低! 性欲獣!」グスッ

ふたなり「ごめんってば〜! 許してよ、メスガキちゃん〜!」

メスガキ「…………」グスングスン

ふたなり「うう、メスガキちゃんに嫌われちゃった……。もう生きていけない……」ガックリ

メスガキ「べ、別に嫌いにはなってないけど……」グスッ

ふたなり「ほんと!?」

メスガキ「でもしばらくえっち禁止だから……!」ムスッ

ふたなり「ええ〜〜〜〜〜〜!!!!」

メスガキ「あと乳首も禁……。たまにしかダメだからね!!」

ふたなり「え? たまにだったらいいの?」

メスガキ「っ! う、うるっさい!!!!!!!」


第2おちんぽ 完

316 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:20:32 ID:eAm2Sn2U
〜次回予告〜

 新種のおちんぽ獣に対抗するため、修行することを決意したおしとやかちゃん!
 1人で実家に帰ったけどなんだか険悪な雰囲気で……!?
 え!? クリアするまで外には出られない修行場!?
 それって大丈夫なの〜〜〜〜〜!?

 次回! おちんぽ3本目『修行☆ にゅるにゅる触手責め!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

317 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:22:09 ID:eAm2Sn2U
キャラクター紹介

名前:ふたなり
性別:ふたなり
年齢:14
身長:153cm
髪型:サイドテール(セミロングくらい)
髪色:栗色
カップ:C
【ABILITY】≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ
膣内での絶頂感を精液に移し、射精することで体外へ排出する能力。
これによりおちんぽ獣にイカされても敗北アクメを回避することが出来る。
基本的に自動で発動する能力だが、乳首など膣内以外で絶頂させられた場合は意識して発動させる必要がある。
また、メリットはないがわざと能力を不発に終わらせることも可能。
発動限界数は体内の精液が尽きるまで。精液が尽きた状態で絶頂させられると敗北アクメとなる。

318 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:23:28 ID:eAm2Sn2U
名前:メスガキ
性別:♀
年齢:8
身長:134cm
髪型:ウェービーロング(長さは腰付近まで)
髪色:クリームイエロー
カップ:AA
【ABILITY】≪主導権≫イニシアチブ
一方的に責められる状況や拘束など、不利な形勢を覆す能力。実態は身体能力の一時的な強化。
優位な状況を取り戻すと能力が解除されるが、不利な体勢のままでいれば強化状態を持続させられる。
舌戦など精神的な攻防に対してもこの能力は発動する。挑発や誘惑行為と組み合わせれば効果は絶大。
任意で発動できず、単体にしか効果を掛けられないのが弱点。タイマン向け。

319 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:24:09 ID:eAm2Sn2U
名前:おしとやか
性別:♀
年齢:16
身長:165cm
髪型:ハーフアップロング(前髪は真ん中分けのぱっつんで、1本だけ飛び出してる)
髪色:藍色
カップ:E
【ABILITY】≪異常感度≫エクスタシー
全身の感度を爆増させる。常時発動型能力。
あまりにも感度が高いため、強い刺激では限界を振り切ってしまい逆に絶頂出来なくなる。
さらに激しい痙攣により拘束を無効化したり、身体の一部をバイブのように振動させたり出来る。
空気の流れや風を肌で感じ取り、隠れた敵や罠を感知することも可能。触れることで敵の弱点も感じ取れる。
弱点は弱い刺激でイキやすくなってしまうこと。

320 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/24(日) 16:24:54 ID:eAm2Sn2U
名前:新人ちゃん
性別:♀
年齢:13
身長:149cm
髪型:セミロング
髪色:コーラルピンク
カップ:B
【ABILITY】≪????≫??????
不明。

321 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:23:23 ID:XTRlGSw.
おちんぽ3本目『修行☆ にゅるにゅる触手責め!!』


 おしとやかは東右曲都・種練馬区にある実家に帰ってきていた。 ※とうきょーと・たねりまく

おしとやか(ふたなり様、待っていてください……!)

おしとやか(私、パワーアップを果たしてきますので……!)

 新種のおちんぽ獣は愛撫を多用してくる。
 これはおしとやかにとって相性最悪の敵なのだ。

おしとやか(私の固有能力≪異常感度≫は……)

おしとやか(強い快感ではイキにくくなりますが、弱い快感ではイキやすくなってしまう……)

おしとやか(つまり愛撫攻撃には激弱……。今のままでは足を引っ張ってしまうのですわ……)

おしとやか「だから! 修行をして新たな力をゲットするのですわー!!」ビシッ

322 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:24:02 ID:XTRlGSw.
おしとやか「ただいまですわー!!」ガラッ

おしとやか母「あらあら。お帰りなさい、おしとやかさん」

おしとやか「お母さま! お久しぶりですわー!!!」

おしとやか母「ええ。貴女がおちんぽハンター協会の試験に行った日以来……ですね」

おしとやか「今や私は特A級ですわ!! お母さま、褒めてくださいまし!」フンスッ

おしとやか母「褒める……? 何を勘違いしていらっしゃるのかしら」

おしとやか「へ?」

おしとやか母「貴女の悪評は耳にしているんですよ、おしとやか」

おしとやか「悪……評……?」

323 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:24:46 ID:XTRlGSw.
おしとやか母「最終試験に落ち、性処理係を経てからのハンター抜擢……」

おしとやか母「発情した獣のように同性を追い回す変態行為……」

おしとやか母「挙句の果てにいつも8歳の子供と喧嘩しているようですね」

おしとやか「う……」

おしとやか母「おしとやか家の娘としてなんと情けない……」

おしとやか母「これじゃあ亡くなったお父様に顔向け出来ません」

おしとやか母「恥を知りなさい、おしとやかさん」

おしとやか「恥を知るのはそっちですわー!!!」

おしとやか母「!?」

324 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:25:24 ID:XTRlGSw.
おしとやか「なにがなんでもおちんぽを倒すのがハンターの心得です!」

おしとやか「確かに私はお家の名誉を穢したかも知れません!!」

おしとやか「けれどそれは全ておちんぽと戦うためなのですわ!!」

おしとやか「それを理解しようともせず娘を否定する、お母さまこそ、恥を知るのですわー!!」ビシッ

おしとやか母「……むかーっ!! 今日という今日は許しませんよ! おしとやかさん!!」

おしとやか「べろべろば〜っ! 許さなくても結構コケコッコーですわ〜っ!」

おしとやか母「出ていきなさい! 貴女は今日限りで破門です!!」

おしとやか「なら私はお母さまを逆破門しますわ!!」

おしとやか母「もう顔も見たくありません!!」

おしとやか「それはこっちの台詞ですわ!」

おしとやか&母「ふんっ!!!」

325 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:26:01 ID:XTRlGSw.
おしとやか「とは言え困りましたわね。実家で修行が出来なくなってしまいましたわ」

おしとやか「おしとやか流の奥義を身に着けるにはおしとやか家の道場で稽古しないといけないのに……」

???「お困りのようですね」

おしとやか「あっ! 貴女は!! 委員長さんじゃありませんの!」

委員長「どうもこんにちは」

おしとやか「どうしてこんなところにいるんですの?」

委員長「通りがかりにさっきの喧嘩を見てしまいまして」

委員長「ご学友のおしとやかさんがお困りならなにか力になれないかな、と」

おしとやか「うう……持つべきものは友達ですわね……!」

委員長「おしとやかさんは……おしとやか流の奥義を身につけたいんですよね?」

おしとやか「ええ」

326 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:26:51 ID:XTRlGSw.
委員長「そうかと思って、わたくし奥義書をギってきました。これを使って修行しましょう」

おしとやか「ええっ!? 盗んできたのですか!? いけませんわ!!」

委員長「いえ、おしとやかさんに渡すのですから盗みではありませんよ。結果的に」

おしとやか「そ、そうなのでしょうか……」

委員長「そうなんです。結果的に」

おしとやか「では……まあそれはいいとして。修行場所はどうしましょうか……」

委員長「それならいい場所がありますよ。女庭の湯というところなのですが」

おしとやか「女庭の湯!? 伝説の超高級温泉施設じゃないですか! そんなところ行けませんわ!」

委員長「いえ、大丈夫です。わたくしそこのチケットもギってきましたので」

おしとやか「あの、委員長さん、捕まったりしませんよね?」

委員長「大丈夫です。結果的に」

327 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:28:13 ID:XTRlGSw.
 〜女庭の湯〜

おしとやか「こ、ここが女庭の湯……!」

委員長「伝説の遊園地としまえんの隣にある伝説の温泉施設です。ゆっくり過ごしましょう」

おしとやか「いいえ、ゆっくりはしていられません! 私は奥義を習得しませんと!」メラメラ

委員長「そうですか……。ではこちらへ」スタスタ

おしとやか「……? そっちは壁ですわよ?」

委員長「隠し扉です。奥義書を持っている者だけがこの先に進めるんですよ」ギィ

おしとやか「……!! なるほど、秘密の特訓場ということですわね」

委員長「一度入れば奥義習得まで決して出られませんよ。覚悟はいいですね」

おしとやか「いいですわー!!!」ダッ

328 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:28:44 ID:XTRlGSw.
 〜女庭の湯 隠し温泉〜

おしとやか「こ、ここは……!」

委員長「ここが女庭の湯の秘密特訓場。媚薬の湯です」

おしとやか「う……♡ 強制的に身体が発情してしまいますわ」キュンキュン

委員長「あれを見てください」

おしとやか「あれは……?」

 委員長が指差した方向には触手の壁があった。

委員長「発情状態であの触手壁を登り切るのが修行の内容です」

おしとやか「なるほど。途中で絶頂したら落とされてしまう、というわけですのね」

委員長「落とされるだけでは済みませんよ」

おしとやか「え?」

委員長「あれは捕獲したおちんぽ獣で作られた触手です。つまり絶頂してしまったら……」

おしとやか「に、妊娠してしまいますの……!?」

329 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:29:20 ID:XTRlGSw.
委員長「ええ。ですからまずは発情状態に慣れるところから始めなくてはなりません」

おしとやか「ですわね。万全の状態に持っていかないと、ですわ」

委員長「おしとやかさん、わたくしが修行のお手伝いをします」スルリ

 制服を脱ぎ捨てながら委員長が言う。

委員長「こう見えてわたくしもおちんぽハンターなんですよ。まだA級ですけどね」

おしとやか「そ、そうだったんですの……!?」

委員長「ええ。ですからこれはわたくしの修行でもあるんです」

おしとやか「なるほど……」

委員長「じゃあレズえっちして快感に慣れていきましょうか。ふふふ……」サワッ

おしとやか「ひゃっ! そんないきなりっ! びっくりしちゃいましたわ♡」ゾクゾク

委員長「ふふふ……。おしとやかさんの突起、既に起立してしまってますね……♡」サワサワ

330 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:30:31 ID:XTRlGSw.
委員長(なんて言いましたが、実はこれわたくしの能力なんですよね)

 ≪起立着席≫チャイム。
 触れた対象を強制的に勃起させたり萎えさせたりする能力である。
 血流を操っているので使いようによっては凶悪。

おしとやか「こ、こんな簡単に硬くしてしまうとは……。これが媚薬温泉の効能なんですわね……」

委員長(わたくしの能力です)

委員長「では……責めていきますね♡」モミッ

おしとやか「ひうっ♡ 揉まれるの気持ちいいですわ♡」ビクビク

委員長「おやぁ? どうやらレズ責めをされるのに慣れているようですが?」モミモミ

おしとやか「んっ♡ そ、それはっ♡ 同僚ハンターに気になる人がいてっ♡」

委員長「やれやれ、噂は本当だったんですね。あのおしとやかさんがレズ堕ちしてたなんて」

331 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:31:35 ID:XTRlGSw.
おしとやか「違いますわ……。確かに私はレズですの」

おしとやか「ですが女性なら誰でも良いわけじゃありません……」

おしとやか「私がお慕いしているのはふたなり様ただ1人!」

委員長「ふたなり……確かニュースになってた両性具有の特A級ハンターですね。なるほど」

委員長「でしたらこういうのはどうでしょう?」グンッ

 委員長は≪起立着席≫を使い、自身の陰核を勃起させる。
 能力によって限界以上に勃起したその陰核はまるでペニスのように大きくなっていた。

おしとやか「それは……? 委員長さんも両性具有でしたの!?」

委員長「うふふ。それはどうでしょう?」ズブッ

おしとやか「あっ♡ 挿入ってきましたわぁ♡」ビクンビクン

委員長「ふふふ、挿れた途端にすごい痙攣ですね。起立したいのか着席したいのかどっちかにしてくださいよ」

332 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:32:12 ID:XTRlGSw.
おしとやか「そんなこと言ってぇ♡ 委員長さんも腰がへこへこしてますわぁ♡」ビクビク

委員長「ふえぇっ!? こ、これはその! ちょっと快楽が強すぎて」ヘコヘコ

おしとやか「ふふふ……この勝負、貰いましたわー!!」ズチュズチュ

委員長「ああっ♡ 勝手に動かないで下さいっ♡ そもそもこれは勝負じゃっ♡」ビクビク

おしとやか「おらーっ!!」ズチュズチュ

委員長「ひええっ♡」プシャアアアッ!!

おしとやか「ふぅ……♡ 中々良かったですわ、委員長さん♡」ビシッ

委員長「そ、それはどうも……♡」

おしとやか「さて、ある程度は発情状態にも慣れましたが……」

委員長「触手壁を登るにはまだまだですよ♡ もっと快感に慣れていきましょう♡」

おしとやか「あらあらですわ。すっかりレズ堕ちしてしまったようですわね」

委員長「わたくしは元からレズです」

333 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:33:02 ID:XTRlGSw.
委員長「はふぇ……♡」ビクビク

おしとやか「さて、ざっと何回かえっちをしたのでもう発情に関しては無問題ですが……」

 おしとやかは横目で触手壁を見る。

おしとやか「……やはり、私の≪異常感度≫では厳しいですわね」

 単なる触手ならまだしも、壁になっているというのが厄介だった。
 登るという行為がある以上、責めではなく触手が偶然擦れてしまう可能性も十分ある。
 そうなれば計らずとも≪異常感度≫の弱点を突かれてしまう形となってしまうのだ。

おしとやか「弱い快楽に対する抵抗をなんとか身につけないと……ですわ」

委員長「そう、それこそがこの修行の本質なのですよ」

委員長「まあ本来は強い刺激に耐える修行なんですけどね。おしとやかさんの場合は真逆になります」

おしとやか「ふーむ、ですわ」

おしとやか「ま、考えていても仕方ありませんわ。とりあえず登ってみましょう」

334 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:33:50 ID:XTRlGSw.
委員長「とりあえずって……。忘れたんですか? 登頂に失敗したら妊娠するんですよ」

委員長「無策で挑戦するなんて愚の骨頂です」

おしとやか「そうですわね。確かに委員長さんの言い分は正しいですわ」

おしとやか「ですがおちんぽ獣との戦いで策を練っている時間なんてありません」

おしとやか「無策でもなんとかしなければならない。それがおちんぽとの戦いなのですわ」

委員長「そうは言っても……」

おしとやか「それに、気付きません?」

委員長「…………?」

おしとやか「この、媚薬温泉ですわ。これは恐らく、ただの媚薬ではありません」

おしとやか「気が付かない内に女を蝕む……性質の悪い媚薬ですわ!」

335 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:35:37 ID:XTRlGSw.
 おしとやかの推察は当たっていた。
 この媚薬温泉の効能はただ発情させるだけではない。
 徐々に女性の身体を蝕んでいき、取り返しのつかないところまで性感を引き上げる効力もあったのだ。

おしとやか「大抵の女性は触手壁へ登ることを足踏みするはず」

おしとやか「その隙に媚薬温泉が身体を蝕む……。これは巧妙な罠なのですわ!」

委員長「なるほど……。そこに気付くかどうかも、修行の内容ということですか」

委員長「流石は特A級と言わざるを得ないですね。いいでしょう、触手壁に挑みましょう!」

おしとやか「おおー、ですわ!」

触手壁「うねうね」ウネウネ

おしとやか(とは言ったものの、やはり慎重に行きませんと)

 触手壁の触手は特殊な性質なので、力を加えると硬質化する。
 なので触手を掴めば全身を支えられるし、踏んだ触手は足場になるのだ。

336 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:38:22 ID:XTRlGSw.
 ≪異常感度≫で絶頂を避けるため、おしとやかはわざと激しく犯されるように登っていく。
 その後を委員長がついてきていた。

おしとやか「ふーっ♡ ま、まだ余裕ですわね♡」ビクビク

委員長「わたくしもしばらくは耐えられそうです。頂上までは25メートル♡ 頑張りましょう!」

おしとやか「ボルダリングで鍛えたクライム能力……見せてあげますわーっ!」シュバババ

委員長「奇遇ですね。わたくしも以前ボルタリングをやっていたんです」シュバババ

 残り15メートル付近。

おしとやか「壁を25メートル登るってだけでもキツそうですわね」

委員長「それなら大丈夫ですよ。媚薬温泉には疲労回復の効能もあるので」

おしとやか「なるほど疲労でダウンする心配はない、と」

委員長「快楽にだけ気を付けましょう……ああんっ♡」ビクッ

おしとやか「大丈夫ですの? 委員長さん」

委員長「ま、まだまだ♡」

337 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:39:46 ID:XTRlGSw.
>>336
一行目ミスです
×≪異常感度≫で絶頂を避けるため、
〇≪異常感度≫での絶頂を避けるため、

338 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:40:53 ID:XTRlGSw.
 残り5メートル付近。

委員長「ひゃああああっ♡♡」ビクビク

おしとやか「もう少しですわ! 委員長さん、耐えて下さい!」

委員長「も、申し訳ありません♡ わたくし、もうダメそうです♡ 後は頑張ってください♡」

 そう言い、委員長は触手を掴んでいた手を離す。

 触手壁から落ちても地面に激突することはない――。
 何故なら落下の途中で触手に捕らえられてしまうからだ。
 そうなれば後は好き放題に犯されるだけ。当然妊娠もしてしまう。

委員長(申し訳ありません。おしとやかさん、そして――――)

おしとやか「ダメですわ!!!!」ガシッ

 落下する直前でおしとやかが委員長の手を掴む。

おしとやか「諦めてはいけません!! どんな時も諦めないのがおちんぽハンターですわ!!」

委員長「お、おしとやかさん……」

339 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:41:38 ID:XTRlGSw.
委員長「――――≪起立着席≫チャイム!!」

 委員長は能力を発動し、勃起していた自身の乳首と陰核を元に戻す。
 さらに、

委員長「触手を硬質化! 動けなくなるまでガチガチにします!」

おしとやか「おおっ! ですわ!」

委員長「なんでこんな簡単なことに気が付かなかったのでしょう。こうすれば楽勝でしたね」

触手壁「動けんわ」ガチガチ

委員長「触手はそれ自体が陰茎のようなもの――。わたくしの≪起立着席≫が効かない道理は無いのです」

 委員長は硬質化した触手を足場に、一気に頂上まで駆け上がった。

委員長「これでクリアです! さ、おしとやかさんも!」

おしとやか「――ええ!」

340 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:42:22 ID:XTRlGSw.
 おしとやかも動かなくなった触手を足場にして頂上まで登ろうとする。
 ――が。

おしとやか(これで良いのでしょうか?)

 脳裏に疑問が過ぎる。

おしとやか(委員長さんは自身の能力を使って修行をクリアしました)

おしとやか(ですが……それに乗る形で私もクリアするのは、良いのでしょうか?)

委員長「どうしたんですか、おしとやかさん! 早くしないとわたくしの能力が解けてしまいます!」

おしとやか「…………ふっ」

おしとやか「自身の力だけで突破してこそ……修行なのですわー!!」

委員長「だ、ダメです! わたくしが動きを止めてた分、触手の動きは激しくなるはず!」

委員長「能力が解けた瞬間一気にイッてしまいますよ!?」

おしとやか「上等ですわ! 激しい責めには慣れっこです!」

 その瞬間、触手の硬質化が解け、動き出した!!

341 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:43:08 ID:XTRlGSw.
触手壁「にゅるにゅるにゅるにゅる!!!」

おしとやか「――――ぐっ♡」ビクビク

おしとやか(気持ちいい……ですが、これなら耐えられますわ♡)

触手壁「にゅるんっ」

おしとやか「おうっ!?♡♡♡」ビクン!!

 離れた場所から伸びてきた触手が僅かにおしとやかの膣を擦った。
 与えられた快感は微弱――。

 だが、それこそがおしとやかにとっての致命傷!

おしとやか「おっ♡ おおおっ♡ ああああああっ♡♡♡」ビクンビクン

 快感のスイッチを入れられたかのように痙攣し始めるおしとやか。

委員長「おしとやかさんーっ!!」

おしとやか(耐えるっ♡ 耐えきってみせますっ♡)ビクンビクン

342 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:43:46 ID:XTRlGSw.
悪魔(イケ! イッて堕ちてしまえ、おしとやか!)

天使(気持ちよくイキましょう! 昇天するのです!)

おしとやか(くっ……! 心の中の天使と悪魔が両方アクメしろと囁いてきますわ!)

おしとやか(ですがおしとやかは負けません! 快楽を耐えきるのですわ!!)

触手壁「にゅるるるるにゅるるるにゅるにゅる」

おしとやか「おっ♡ お゛お゛っ♡」ビクンビクン

委員長「ああっ、おしとやかさんの喘ぎ声がはしたなく……! ここまでなのですか!?」

おしとやか(快楽を――――耐える)

おしとやか(――――耐える?)

おしとやか(違う、私がすべきことは――――)

343 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:44:56 ID:XTRlGSw.
触手壁「にゅるっ!?」

おしとやか「…………」

 触手に全身を責められながらも、動き出すおしとやか。

委員長「無防備のまま登りきるのですか……!? 無茶ですよ!」

おしとやか「…………」

触手壁「にゅるにゅるにゅるにゅる!!」

 頂上へ逃げようとするおしとやかをいっそう激しく責める触手壁。
 彼女の弱点である弱い責めも織り交ぜたスペシャルアクメ攻撃だ。

 しかし――――。

おしとやか「…………効きませんわ」

触手壁「!?」

 おしとやかは絶頂しない。

おしとやか「――――登頂っ!!」

 そして頂上へ辿り着く。

344 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:45:26 ID:XTRlGSw.
委員長「やりましたねっ! 2人揃って修行クリアです!!」

おしとやか「ふぅ……中々大変でしたわね」

委員長「ですがおしとやかさん、最後の責めは一体どうやって防いだんですか?」

おしとやか「あ、それはですね――――」

???「乗り越えたようね、おしとやかさん」

おしとやか「え?」

 声の先にいたのはおしとやか母だった。

おしとやか「お、お母さま!? どうしてここに……」

おしとやか母「今回の件は全て私が仕組んだことだったのです」

345 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:46:06 ID:XTRlGSw.
委員長「まあ、そういうことです」

おしとやか「あっ! 奥義書やチケットを盗んだっていうのは嘘だったのですね!」

おしとやか母「ええ。私が委員長さんに渡していたのです」

おしとやか「どうしてそんな遠回りなことを……」

委員長「喧嘩しちゃったから気まずかったそうですよ」ボソッ

おしとやか母「……こほん。まあ、その、さっきはごめんなさいね。おしとやかさん」

おしとやか母「久々に会ったものだから、どうも素直になれなくて……」

おしとやか「……ぷっ。それはこっちも、でしたわ! ごめんなさい、お母さま」

委員長「ああ、親子の愛っていつ見ても素晴らしいですね」

おしとやか母「――立派になりましたね。おしとやかさん」

346 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:46:53 ID:XTRlGSw.
おしとやか「お、お母さま…………!」

おしとやか母「貴女は立派な私の一人娘です。もうこれからはお家のことなんて考えなくていいですよ」

おしとやか母「貴女は貴女の思うまま、自由に胸を張って生きていくのです」

おしとやか「いいえ、私はどんなことがあってもおしとやか家と、お母さまのことは忘れません!」

おしとやか「これからもお家のため、自分のため、そして大切な人のためにおちんぽと戦いますわ!」

おしとやか母「ふふふ、ありがとう。おしとやかさん。貴女のような娘を持てて私は幸せです」

おしとやか母「貴女の想い人――いつか家に連れてきて下さいね?」

おしとやか「はい!! ですわ!!!」

委員長「これにて一件落着ですね。陰で働いた甲斐がありました」ピース

347 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:47:30 ID:XTRlGSw.
おしとやか母「では次の修行に参りましょうか。以降は母も参加します」

おしとやか「え? 修行ってこれで終わりじゃないんですの?」

委員長「何を言っているんですかおしとやかさん。まだひとつめが終わったばかりです」

委員長「修行は48個目までありますよ」

おしとやか「へ?」

おしとやか母「次は搾乳の修行です。特殊な薬を使って母乳を出しますよ」

おしとやか「へ?」

委員長「頑張りましょう、おしとやかさん」

おしとやか母「全部終わるまで外へは出られませんからね」

おしとやか「えぇ〜〜〜〜!?」

第3おちんぽ 完

348 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:48:02 ID:XTRlGSw.
〜次回予告〜

 メスガキちゃんとのデート!!
 でも思わぬ敵に遭遇して……!?
 射精が出来ない状態で一方的に攻撃されちゃう〜〜〜〜!?

 次回! おちんぽ4本目『デート☆ 指で大ピンチ!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

349 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 00:48:37 ID:XTRlGSw.
名前:委員長
性別:♀
年齢:16
身長:151cm
髪型:編み込みハーフアップ(ロング)
髪色:黒
カップ:B
【ABILITY】≪起立着席≫チャイム
陰茎や陰核などに触れることでそれらを自在に勃起させたり萎えさせたりする能力。
血流を操る能力なので、貧血状態の相手に使えば一瞬で失神させたりも出来る。
興奮状態の味方を落ち着かせるのにも便利。
自分自身に能力を使用した場合、陰核を両性具有のように肥大化させることが可能。

350 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:22:17 ID:69y0mhKA
おちんぽ4本目『デート☆ 指で大ピンチ!?』※敗北ルート有り


 駅にて電車を待つふたなり。

ふたなり(今日はメスガキちゃんとデートだ)ワクワク

 新種のおちんぽ獣に対抗するため、2人はえっちな本を買って勉強することにした。
 しかしただえっちな本を買うだけじゃつまらない、というふたなりの強い要望により、デート形式で勉強することとなった。
 それぞれが別の本屋でえっちな本を買ったのち、あらかじめ待ち合わせた場所で落ち合う。
 その後は色々デートっぽいことをして最後はホテルで夜の勉強をするのだ。

ふたなり(うへへ……♡ 早くメスガキちゃんに会いたいな♡ 早く電車来ないかな♡)ワクワク

 ふたなりが購入した本は、生意気幼女屈服わからせマガジンVol.45。
 わりと最悪なチョイスであった。


 一方その頃。待ち合わせ場所。

メスガキ「ふたなり、遅いな……」

 メスガキがチョイスした本は昔サンデーに連載されてた初恋ゾンビの単行本。
 趣旨がちょっと違うよメスガキちゃん。

351 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:23:14 ID:69y0mhKA
電車「グモッチュイーーンボゴゴゴゴゴ」プシュー

ふたなり(あ、電車来た! 結構混んでるな……)

 乗客に押されるように車内の端まで移動するふたなり。

ふたなり(ちょっと苦しいけど……メスガキちゃんに会えると思えばなんのその♡)

ふたなり(がまんがまん♡)

???(おや? あれは確かおちんぽハンター協会の……。こんなところで見かけるとは偶然だな)

ふたなり(……? なんか視線を感じる……)

車掌『えー、おちんぽJR線、発射します。ドピュッ。揺れにお気を付けください』

ふたなり(わわっ、揺れるっ。気を付けなきゃ)

352 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:24:01 ID:69y0mhKA
 発車から数分。

ふたなり「…………っ!?」ゾクッ

ふたなり(後ろ、触られてる……!? 痴漢!?)

痴漢んぽ「ククク、まさか電車内におちんぽ獣がいるとは思わなかっただろう」ヒソヒソ

ふたなり(!?)

痴漢んぽ「俺は新種おちんぽ獣の痴漢んぽ様だ。このゴールドフィンガーで堕としてやるぜ」

 そう言うと痴漢はふたなりの下着を横にずらし、人差し指を挿入してきた。

ふたなり(……くっ♡ ゆび……♡ 挿れられちゃった……♡)

痴漢んぽ「ククク、おちんぽばかり挿入しているから細長い指の感触には不慣れだろう」クチュクチュ

痴漢んぽ「このまま蕩けさせてやる……!」クチュクチュ

ふたなり(うっ♡ こんなのすぐイカされちゃう……♡)

353 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:24:40 ID:69y0mhKA
ふたなり(で、でも大丈夫。私の≪等価絶頂≫があればいくらイカされても……)

ふたなり「!?」

幼女「ふえぇ……」

ふたなり(こ、こんなところに子供が!?)

 身長差で今まで気付かなかったが、ふたなりの前には幼女が立っていた。
 幼女の顔はちょうどふたなりの股間部分の高さに位置している。

ふたなり(こ、これじゃ……)

ふたなり(≪等価絶頂≫で射精したらこの子にかかっちゃう……!!)

ふたなり(射精を封じられた……!!)

痴漢んぽ「なんだか分からんが俺様が有利な状況らしいな」クチュクチュ

354 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:26:42 ID:69y0mhKA
ふたなり(指でイカされても敗北アクメにはならない……)

ふたなり(けど、指イキした直後に即おちんぽ挿入されたら……そのまま敗北アクメさせられちゃうよ♡)

ふたなり(そうなったらおしまいだよぉ……♡)

痴漢んぽ「フフフ、そろそろ第二段階だ……!」ズニュッ

 さらに深く、痴漢が指を差し挿れた。
 人差し指の第二関節までが膣内へ侵入する。

ふたなり「うぐっ♡」ビクッ

痴漢んぽ「声が漏れているぞ。周りにバレてもいいのか?」ボソッ

ふたなり「くっ……」ギリッ

痴漢んぽ「そうだ、しっかり歯を食いしばっておけ。フフフ……」クチュクチュ

355 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:27:21 ID:69y0mhKA
ふたなり(次の駅で降りれば……反撃できるはず)

ふたなり(それまで耐える……!)

痴漢んぽ(ふっ、愚か者め。痴漢の流儀は耐える女を陥落させること)

痴漢んぽ(他のおちんぽ獣のように暴力的な性交で女を堕とすのではない)

痴漢んぽ(ゆっくりと確実に心から壊していくのが俺様のやり方なのだ!)

ふたなり「……んっ♡ はぁっ……っ♡」ビクビク

痴漢んぽ(ほ〜れ、快楽に耐えられなくなってきた自分が情けなく思えてきただろう)クチュクチュ

痴漢んぽ(膣壁を擦れば擦るほど心の壁が崩れていく。貴様の自尊心はあと少しで崩落するぞ!)クチュクチュ

ふたなり(く、指なんかに負けるわけには……♡)ビクビク

356 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:31:11 ID:69y0mhKA
痴漢んぽ(とどめだ……! 指の根本まで挿入する!)ズプッ

ふたなり「っ!!!!♡♡♡」ビクン!!

痴漢んぽ(そして膣内で指を曲げる!!)グイッ

ふたなり「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(イ、イカされた……!! そんな……!!)

幼女「? おねーちゃん、どうしたの?」

ふたなり「な、なんでもないよ……♡」ビクンビクン

 幼女へのぶっかけを防ぐため≪等価絶頂≫の発動も出来なかった。
 ふたなりは完全に膣アクメしてしまったのだ。

痴漢んぽ「ふっ、ここまでか。後はイキまんこをおちんぽで小突いて決着だ」

ふたなり(ダ、ダメ……♡ まだ絶頂が治まってないのに……♡ 挿入されたら即イキしちゃう♡)ビクビク

???「待て」

 不意に、痴漢の腕が何者かに掴まれた。

357 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:33:33 ID:69y0mhKA
痴漢んぽ「なっ、なんだテメェ!?」

???「見ていたぞ、貴様――この子に痴漢をしていただろう」

痴漢んぽ「な、なんの根拠があってそんなこと……!!」

???「見ていた、と言っただろう。貴様の指に付着しているその液も見逃してはいない」グイッ

痴漢んぽ「いででででで!! う、腕を掴んだまま動かすな!」

???「ペロっ……これは愛液! さて、動かぬ証拠が出た訳だが」

痴漢んぽ「クソ……!!」

車掌『到着〜。お降りの際は足元と股間にご注意ください〜』

痴漢んぽ「しめた!!」

 駅に到着し、車内のドアが開く。
 その瞬間に痴漢は腕を振り払い、逃げていくのだった。

痴漢んぽ「あばよ!」タッタッタ

???「ふん、逃げられたか……」

358 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:34:06 ID:69y0mhKA
ふたなり「あ、あの! おかげで助かりました」

???「君、特A級ハンターだろう? そんな体たらくで大丈夫なのか?」

ふたなり「うっ……すみません。あの、貴女もハンターなんですか?」

真面目♀「いいや、私はただの真面目♀。おちんぽハンターでは無いよ」

ふたなり「一般人なのにおちんぽ獣相手に物怖じしないなんて……。あの、ハンターになる気は?」

真面目♀「残念だけど私はおちんぽハンターになるつもりはないよ」

真面目♀「見たところ、おちんぽハンター協会のレベルは低いみたいだしね」

ふたなり「うぅ……」

真面目♀「じゃあ私は失礼する。……近いうちに、また」スタスタ

ふたなり「? さようなら、またっ!」ペコリ

359 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:34:43 ID:69y0mhKA
 そして。

メスガキ「あっ! ふたなり! 遅かったじゃない! 全くもー」

ふたなり「メスガキちゃん……」

メスガキ「……? どうかしたの?」

ふたなり「このままホテル行かない?」

メスガキ「ふえっ!? ち、違うでしょ! まずはデートするって……」

ふたなり「いいよいいよ、まずはホテル行って、そのあとデートにしよ!」グイッ

メスガキ「ちょっ、引っ張んないでっ! ちょっと!!」

ふたなり「ホテル♡ ホテル♡ ホテルっ♡」ドキドキ

メスガキ「どうしちゃったのよー!!」

 痴漢にイカされてからふたなりは発情したままだったのだ。

360 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:35:28 ID:69y0mhKA
 ホテルの部屋に入るなり、壁ドンされるメスガキ。

メスガキ「ちょおぉ……♡ なによ、これぇ……♡」ドキドキ

ふたなり「ふふふ♡ 照れてるメスガキちゃんのお顔♡ よく見えるね♡」

メスガキ「見るなぁ……♡」ドキドキ

ふたなり「真っ赤になっちゃってかわいい♡」

メスガキ「ううう……♡」カアア

ふたなり「じゃあ、このままシちゃうね?」モゾッ

 メスガキのスカートの中へ手を忍ばせる。

メスガキ「ま、待って……せめてベッドで……!」

ふたなり「だーめ♡ 今日は立ったままするの♡」モゾモゾ

361 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:36:34 ID:69y0mhKA
 ふたなりはさっき自分がされていたように、下着をずらしメスガキの膣内へ指を挿入する。

メスガキ「あっ♡ えっ、ゆ……ゆび?♡」

ふたなり「今日は指……♡」クチュクチュ

メスガキ「なっ♡ なんでっ♡ あっ♡ あっ♡」ビクビク

 おちんぽではなく指が挿入されたことに疑問をもつメスガキだったが
 すぐに快楽で脳内が埋め尽くされる。

ふたなり「これ……♡ メスガキちゃんも弱いんだね♡」クチュクチュ

メスガキ「んっんんっ♡ イ、イキそうっ♡ 指でイカされたくないっ♡」

ふたなり「イクのやだ?♡」

メスガキ「ちがうっ♡ イクならっ♡ ふたなりのおちんぽでイキたいっ♡」ビクビク

ふたなり「そうなんだ♡ 私のおちんぽでイキたいの?♡」

メスガキ「〜〜〜〜〜っ♡」コクコク

ふたなり「だ〜め♡」グイッ

メスガキ「イッ♡♡♡ んやあああああ♡♡♡」プシャアアアッ!!

362 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:37:14 ID:69y0mhKA
メスガキ「は……ひぇ……♡」ヘナヘナ

 腰が抜け、崩れるようにその場にへたり込むメスガキ。

ふたなり「指なんかにイカされちゃったね♡ メスガキちゃん♡」

メスガキ「ひ、ひどいよ……♡ わ、わたし……おちんぽでイキたいって言ったのに!♡」

メスガキ「無理やり指でイカせるなんてぇ……! うぇぇぇぇ……!!」グスグス

ふたなり「わわわ! ご、ごめんメスガキちゃん! な、泣かないで!」アセアセ

メスガキ「ふたなりなんて大っ嫌い!!!」

ふたなり「」グハァ

メスガキ「…………でも」

ふたなり「?」

メスガキ「……このあといっぱいおちんぽでイカせてくれるなら、ゆるす」グスッ

ふたなり「!!!!!!!!!!!!!!!」ギンギン

363 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:37:52 ID:69y0mhKA
ふたなり「ごめんねっ♡ ごめんねメスガキちゃんっ♡」パンパン

メスガキ「お゛っ♡ ダメっ♡ まだっ♡ まだゆるさないっ♡」ビクビク

メスガキ「もっとイカせてくれないとゆるさないからぁっ♡」ビクンビクン

ふたなり「わかった♡ もっと激しくえっちするから♡ ゆるして♡」パンパン

メスガキ「ゆるしてほしかったらっ♡ もっといっぱい突け♡ ぐりぐりしろっ♡」ビクビク

ふたなり「うん♡ たくさん気持ちよくなって♡ メスガキちゃん♡」パンパン

メスガキ「はぁっ♡ はぁぁ……っ♡ ね、ねぇ♡ 乳首も♡ こりこりしなさいっ♡」ビクビク

ふたなり「いいの!?♡ じゃあ、コリコリしながら犯しちゃうね♡」コリコリ

メスガキ「あっああ、あ゛っ♡♡♡ こ、こわれちゃうっ♡♡♡ イグゥゥゥ♡♡♡」ビクンビクン!!!!

メスガキ「だいすきっ♡ ふたなりっ♡ だいすきっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「私もっ♡ 私も大好きだよっ♡ メスガキちゃん♡」パンパン

364 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:38:30 ID:69y0mhKA
教官♀「――――で、メスガキは全治1週間アクメと」

ふたなり「イカせすぎちゃいました。申し訳ありません……」

教官♀「…………馬鹿者ぉ!! 休暇中になにやってんだ!!」

ふたなり「ご、ごめんなさ〜いっ!!」

教官♀「罰としてトレーニング1000セットだ! それとな!!」

ふたなり「後で教官♀の部屋ですか?」

教官♀「う、うむ……。察しがいいな」

ふたなり「まあ、このやりとり何度もやってますし」

教官♀「メスガキにしたのと同じように……頼むぞ♡」

ふたなり「は、はい……」

 その後、教官♀も全治1週間アクメをキメるのだった。


第4おちんぽ 完

365 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/25(月) 22:39:51 ID:69y0mhKA
〜次回予告〜

 不覚をとった痴漢型おちんぽ獣にリベンジしに行くよ!!
 でもメスガキちゃんはダウン中。おしとやかちゃんもまだ帰ってきてない!!
 けど1人じゃないよ!! 力を合わせて頑張ろう!!

 次回! おちんぽ5本目『リベンジ☆ 路地裏の攻防!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

366 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:23:39 ID:lUzHB4Y2
おちんぽ5本目『リベンジ☆ 路地裏の攻防!!』※敗北ルート有り


教官♀「という訳で前回お前が取り逃した痴漢型おちんぽ獣の討伐任務だ」

ふたなり「はい。というか教官♀さん、大丈夫なんですか? 全治1週間アクメしちゃってましたけど」

教官♀「ああ……足腰ガクガクだが問題ない。私は裏方だからな」ガクガク

ふたなり「タフですね……」

教官♀「メスガキはまだダウン中。おしとやかの奴は実家に戻ると行ったきり行方不明だ」

ふたなり「ってことは今回の任務は私1人だけで行くんですか?」

教官♀「いや、相手は不意打ちとはいえお前をイカせたほどのおちんぽ獣だからな」

教官♀「補佐役を1人つけることにした」

ふたなり「補佐役……。一体誰なんだろう?」

367 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:24:15 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「という訳でよろしくお願いします! ふたなり先輩!」

ふたなり「新人ちゃん! よろしく!!」

教官♀「痴漢型おちんぽ獣は〇〇町の路地裏に逃げ込んでいるらしい。2人とも油断するなよ」

ふたなり&新人「はい!!」

教官♀「では、いざ行け! おちんぽハンター!!」

ふたなり「頑張ろうね! 新人ちゃん!!」

新人ちゃん「が、頑張ります! 先輩の足を引っ張らないように……!」

ふたなり(緊張しちゃってかわいいなぁ)ギンギン

 数時間後。
 2人は痴漢型おちんぽ獣が逃げ込んだという路地裏に到着する。

368 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:24:58 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「なんだか薄暗くて嫌な感じの場所ですね……」

ふたなり「気を付けてね、新人ちゃん。おちんぽ獣はどこから現れるか分からないから」

新人ちゃん「は、はい……!」

ふたなり「それにしてもこう暗いとおちんぽ獣を見つけるのにも一苦労だね」

新人ちゃん「あ! 先輩!! あそこを見て下さい!!」

ふたなり「え!?」チラッ

新人ちゃん「わ、私のあそこじゃなくて指を差してる方です!!」

ふたなり「……あ! あれはこの前の痴漢型おちんぽ獣!!」

痴漢んぽ「ちいいぃっ!!! 見つかったかぁーっ!!」ダッ

ふたなり「あ! 逃げるなー! 待てー!!」ダッ

新人ちゃん「待ってくださーい!!」ダッ

369 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:25:31 ID:lUzHB4Y2
ふたなり「ふぎゃっ!!」バタッ

 躓いて転んでしまうふたなり。

新人ちゃん「先輩! だ、大丈夫ですか!?」

ふたなり「いたた……ドジっちゃった。ごめん、おちんぽ獣……見失っちゃった」

新人ちゃん「いえ、おちんぽデバイスのマップによればこの先は行き止まりです」

ふたなり「なら追い詰められるね! 急ごう!」

新人ちゃん「はい!」

 そして。

ふたなり「あれ? 確かに行き止まりだけど……」

新人ちゃん「おちんぽ獣の姿が見当たりませんね……」

ふたなり「うーん? どういうことなんだろう?」

370 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:26:48 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「あっ!! 見てください! ここの壁!!」

ふたなり「穴が開いてる! きっとおちんぽ獣はここを通って逃げたんだ!」

新人ちゃん「でも罠かも知れません。ここは私が先に行きます!」

ふたなり「そんな! 危険だよ、新人ちゃん!」

新人ちゃん「いえ、私はこんなことでくらいしかお役に立てませんから……!」スルリ

 穴を通り抜ける新人ちゃん。

新人ちゃん「……問題なく通り抜けられました。罠ではないみたいですね」

ふたなり「あ、あれ?」グイグイ

 通り抜けられず、穴にハマるふたなり。

新人ちゃん「せ、先輩?」

ふたなり「ハマっちゃった……」

371 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:27:28 ID:lUzHB4Y2
ふたなり「い、いや! これは私が太ってるとかじゃなくて! 新人ちゃんがスレンダーっていうか!」

新人ちゃん「わ、分かってます! 先輩! 先輩は普通体型、いやむしろ痩せてる方です!!」

ふたなり「うん、そうだよね!? うん、うん……」

ふたなり(でも落ち込むなぁ……)

新人ちゃん(というか先輩……明らかに胸の部分がつかえてる)ペターン

ふたなり(はぁ…………)ガックリ

新人ちゃん(はぁ…………)ガックリ

痴漢んぽ「フハハハハハハ!!!」

ふたなり「!? お尻側で声がする!!」

新人ちゃん「あのおちんぽ獣……穴から逃げたんじゃなくて隠れてたの!?」

372 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:28:02 ID:lUzHB4Y2
痴漢んぽ「俺様の指テクを舐めてもらっては困る!」

痴漢んぽ「ドリルフィンガーで地面に穴を掘り、身を潜めていたのだ!」

ふたなり「に、人間業じゃない……!」

痴漢んぽ「おちんぽ獣だからな!!」

痴漢んぽ「さて、このままやり過ごそうと思っていたが予定変更だ」

痴漢んぽ「どうやら壁にハマって動けないらしい。無防備な下半身を責めてやるぜ!」サワッ

ふたなり「あっ!! ちょっ!! 触られてる!!」

新人ちゃん「せ、先輩!!」

ふたなり「やだーっ!!」ジタバタ

痴漢んぽ「フハハハハ、暴れても無駄だ!!」

373 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:28:38 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「せ、先輩! いま引っ張ります!!」グイッ

ふたなり「いたたたたたたたたた!!!」

新人ちゃん「だ、ダメだ……! こっち側からじゃ抜けない!!」

新人ちゃん「どうにか向こう側に戻らないと! 私、向こうに繋がる道を探してきます!」ダッ

ふたなり「あっ、待って! 1人にしないで!!」

痴漢んぽ「フハハ、仲間に見捨てられたようだな!」

ふたなり「違うよ! 勝手なこと言わないで!」

痴漢んぽ「ふん、邪魔がいなくなったのは確かだ。さて、ゆっくり確実に責めてやろう」クチュ

ふたなり「あっ♡ 指が……♡ 好き勝手しないでぇ!!」ビクッ

374 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:29:19 ID:lUzHB4Y2
痴漢んぽ「フフフ、この前触られたことを思い出したか? 既に膣内がとろとろになっているぞ!」

ふたなり「うぐ……! この前のようにはいかないんだから!!」

痴漢んぽ「ふん、助けが入らなければ堕ちてた癖に生意気な」

ふたなり「こ、今度は負けない……!」

痴漢んぽ「前よりも状況は悪いのに、か? いいだろう、耐えれるものなら耐えてみろ!」

 無防備なふたなりの膣内に指が挿入される。

ふたなり(挿入ってきたぁ……♡ って、うわっ♡ に、2本!?)ビクビク

痴漢んぽ「電車内での2本挿れはリスクが高いからやめていたが、今回は周りを気にしなくていいからな」

痴漢んぽ「思う存分責めてやるぜ!」クチュクチュ!!

ふたなり「わひゃぁ♡ う、うう♡ 受ける快感が倍増してる……♡」ビクビク

ふたなり「ダメっ♡ もうイカされるッ♡」ドビュッ!!

375 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:31:02 ID:lUzHB4Y2
痴漢んぽ「ふっ、これで終わりだな」

ふたなり「ふ、ふん……♡ 私だって今回は全力なんだからね……♡」ビクビク

痴漢んぽ「なっ!? まだ堕ちていない!?」

痴漢んぽ「って、うおっ!? お前、なんでおちんぽがついてるんだ!?」

ふたなり「いま気付いたの!?」

 ふたなりの固有能力は≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ。
 膣内での絶頂を射精に変換し、敗北アクメを回避する能力なのだ。

痴漢んぽ「仕組みはよく分からんが敗北アクメを回避する能力か……」

ふたなり「いくら指が強くても無駄だよ!」

痴漢んぽ「馬鹿め。どんな能力にも限界はあるはず。それが訪れるまで責め続けるのみだ!」クチュクチュ

ふたなり「あっっ♡」ビクン

ふたなり(た、体内の精液がなくなればこの能力は使えなくなる……♡)

ふたなり(新人ちゃんが助けに来るまで……なんとか耐えないと♡)

376 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:31:56 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「待っていてください! ふたなり先輩!!」タッタッタ

 ふたなりを救う為、路地裏を駆ける新人ちゃん。

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!!」バッ!!

新人ちゃん「おちんぽ獣……! こんな時に!!」

おちんぽ獣「ひっひっひ、お嬢ちゃん……。こんな暗がりを1人で歩いてたら危ないぜぇぇ……」

新人ちゃん「…………」

おちんぽ獣「俺みたいなおちんぽ獣に襲われちまうからなぁ!!!!」バッ!!

新人ちゃん「とうっ!! 新人手コキ!!」シコシコ

おちんぽ獣「うぐああああああっ!! 射精すりゅううううう!!」ビュルルルッ!!

新人ちゃん「私だってB級ハンター……! 1人でだって戦える!!」

???「ほう……」

377 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:33:01 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「っ誰!? って、きゃあああああ!?」

 そこにいたのは全裸にコートだけを羽織ったおちんぽ獣だった。

露出んぽ「私は新型おちんぽ獣。人呼んで露出魔の露出んぽ」

露出んぽ「お嬢さん、露出に興味はあるかね?」

新人ちゃん「あ、あるわけないじゃないですか!! 早くそれをしまってください!!」カァァ

新人ちゃん(……あれ? おちんぽなんて見慣れてるはずなのに、なんで私こんなに恥ずかしく……?)

露出んぽ「どうやら私の能力が効いているようだね」

 上位のおちんぽ獣は固有能力を持っていることがある。
 露出んぽが持つ能力は≪性癖感染≫オープンワールド。
 自分の性的趣向を相手にも付与するフィールド系能力だ。

露出んぽ「さあ、君も脱ぎたまえ。私と共に素肌で世界を感じ、気持ちよくなるんだ」

新人ちゃん「お、お断りです!!」

378 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:33:55 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「嫌がるのは最初の内だけだ。皆、いずれ快楽に抗えなくなる」

新人ちゃん「私は快楽になんて負けません!」

露出んぽ「もう負けているさ。足元を見てみたまえ」

新人ちゃん「…………!?」

 足元を見ると、新人ちゃんのニーソックスがいつの間にか片方脱げていた。

新人ちゃん「な、なんで……!?」

露出んぽ「君の身体が露出に堕ちたがっているんだ。全て脱いだ時が敗北の瞬間さ」

 対象に露出癖を付与し、無意識の内に全ての衣服を脱がせてしまう――。
 そうして無防備になったハンターを犯し敗北させるのが露出んぽの戦い方なのだ。

新人ちゃん「くっ……! なら、脱げちゃう前に貴方を倒します!」ダッ

露出んぽ「出来るのかな?」スッ

新人ちゃん「き、消えた!?」

露出んぽ「いつから私が露出していたと思い込んでいた?」

379 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:34:54 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「露出魔は常に露出している訳ではない。ここぞという時に露出をするのだ」

露出んぽ「隠れて、潜んで、興奮が最高潮まで高まった時――」

露出んぽ「その時、全てを露出し、解き放つ――」

新人ちゃん(これは……私に脱衣をさせている能力とは別!)

新人ちゃん(――――多重能力者!!)

 ごく稀に複数の能力を持ったおちんぽ獣やおちんぽハンターが現れることがある。
 露出んぽも2つの能力を保持していた。

 性癖を感染させる能力。
 そして――。

露出んぽ(――≪認識阻害≫ノイズ)

 自身の姿を正しく認識出来なくする能力。

新人ちゃん(相手は多重能力者。対して私は……無能力者)

新人ちゃん(どうすれば勝てるの……!?)

380 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:35:30 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「また一枚……」

新人ちゃん「くっ、いつの間にかもう片方のニーソックスまで……」

露出んぽ「興奮が高まるにつれ、一枚一枚確実に……君は脱いでいくのだ」

新人ちゃん「変身衣装を全て脱衣してしまったら……。妊娠が防げなくなる……」

露出んぽ「その通り。だが安心したまえ。私は獲物を妊娠させない主義でね」

露出んぽ「私は女性を孕ませたいのではない。露出の同志を増やしたいのだよ」

新人ちゃん「わ、私を露出魔にするつもりなの……!?」

露出んぽ「怖がらなくていい。受け入れ、さらけ出すんだ。ありのままの姿を」

新人ちゃん「そ、そんなのイヤ! 露出魔になんてならない!」

露出んぽ「そうは言っても……ほうら」

新人ちゃん(……!! 手袋が……!!)

381 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:36:39 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「やれやれ、変身衣装というのは装飾具が多くて困るよ。脱がせるのも一苦労だ」

新人ちゃん「くっ……!」

 新人ちゃんの変身衣装は、
 白手袋・ニーソックス・スカート・チューブトップ・ミニポンチョ・その他色々。

新人ちゃん(既にニーソックスと、手袋片方は脱がされた……! 早くしないと……!)

露出んぽ「観念したまえ。恐らく君は無能力者なのだろう? 勝ち目はないよ」

新人ちゃん「だったら――――距離を取る!」ダッ

 走ってその場から離れる新人ちゃん。

新人ちゃん「能力の射程外まで出れば……! 脱衣を止められるはず!!」

露出んぽ「それも無駄だ。私はこの路地裏を知り尽くしている。撒くのは不可能だよ」

露出んぽ「ほら――また一枚脱げた。これで両方の手袋がなくなった」

382 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:37:20 ID:lUzHB4Y2
 新人ちゃんが走り出してから数分。

露出んぽ「一枚……二枚……どんどん脱げていく」

新人ちゃん「くっ……!!」

露出んぽ「いくら走っても無駄だというのに、まだ逃げるつもりかね」

新人ちゃん「はぁはぁ……! あ、諦めない!」ダッ

露出んぽ「露出魔はスピードも命だ。私からは逃げ切れんさ」

新人ちゃん「…………くっ!」

 そして、とうとう足を止めてしまう新人ちゃん。
 もはや衣装はスカートしか残されていない。

露出んぽ「さて、お楽しみの時間だ。敗北アクメさせてあげよう。君も露出魔になるんだ」スタスタ

 露出んぽの声が近づいてくる――が、その姿はやはり見えない。

露出んぽ「とどめの瞬間なら姿を現すと思っていたのか? だとしたらあまりにも浅慮と言わざるを得ない」

露出んぽ「露出魔は決して気を抜かない。極限の緊張感が私の武器であり――――」

383 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:38:16 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「うおっ!?」ズルッ!!

 その瞬間!!
 露出んぽは何かに滑り、その場に倒れた!

露出んぽ「な、なんだこれは!? 滑るぞ!!」

新人ちゃん「どうやらかかったようですね――――!」

露出んぽ「な……!? これは……パンツだと!?」

新人ちゃん「愛液の上にパンツを設置し、足が滑るように細工していたんです」

新人ちゃん「転んだ拍子に土埃が上がるのが見えましたよ。そこにいるんですね」

露出んぽ「ぐ……!!」

 位置を悟られたことにより露出んぽの≪認識阻害≫が強制解除される。

露出んぽ(≪認識阻害≫は強力だが、解除されやすく再発動も難しい……!!)

露出んぽ(だが問題はそこではない!!)

384 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:39:12 ID:lUzHB4Y2
露出んぽ「何故だ……! 何故貴様はパンツを脱いでいた……!」

露出んぽ「私の能力は……対象を無意識に脱衣させる」

露出んぽ「しかし心の深層にまでは踏み込めない。無意識でも、決定的な脱衣は後回しにする……」

露出んぽ「何故、貴様はスカートよりも先にパンツを脱いで――――はっ!!」

新人ちゃん「気付きましたか?」

露出んぽ「そうか。私の能力ではなかった……! 貴様、意識的に脱いだなっ!?」

新人ちゃん「その通りです。私は途中から意識的に脱衣をし、あちこちに罠を仕掛けていました」

新人ちゃん「あとは簡単です。人は勝利を確信した瞬間に一番油断する。そこをハメるだけなので」

露出んぽ「ふっ……。気を抜かないなんて言っておきながら、油断していたのか。私は」

露出んぽ(認識を阻害されていたのは――私の方だった、ということだな)

385 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:39:52 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「さあ、とどめです――!!」

露出んぽ「――――認めよう。私の敗北を」

露出んぽ(まさかこの私が……露出に敗れるとはな。ふふふ、素晴らしい最期だったよ――)

新人ちゃん「おりゃあああああああ激手コキぃぃぃぃぃぃ!!!」シコシコシコシコ

露出んぽ「うぎゃあああああああああああ!!!!」ドピュドピュドピピューッ!!

新人ちゃん「勝利!!」ピース

新人ちゃん「……!! そうだ、早くふたなり先輩のところへ向かわないと!!」ダッ

新人ちゃん「ふたなり先輩――――!! 無事でいてください!!」

新人ちゃん「っと、その前に脱いだ服をまた着ないと……」

386 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:40:26 ID:lUzHB4Y2
痴漢んぽ「おらおらおらーっ!! 掟破りの4本責めーっ!!」グリグリ

ふたなり「んぎぃぃぃぃぃぃぃ♡♡♡」ドビュビュビュルーッ!!

新人ちゃん「ふたなり先輩!! 助けに来ましたよ!!」

痴漢んぽ「あん?」

ふたなり「はひ……♡ 新人ちゃぁん……♡」

新人ちゃん「もう好き勝手はさせません! 成敗します!!」

痴漢んぽ「へっ、馬鹿が!! 特A級ならまだしもテメェなんかにゃ負けねぇよ!!」

新人ちゃん「やってみなければ分かりません!!」

痴漢んぽ「俺様のドリルフィンガーで堕としてやる!! くらえっ!!」ギュイーン!!

387 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:41:34 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「とうっ!! 回避っ!!」シュタッ

痴漢んぽ「へっ、中々やるじゃねぇか。だがいつまで避けられるかな?」ギュイーン!!

新人ちゃん「何度やっても無駄ですよっ!! ほーら、こっちです!」シュタッ

痴漢んぽ「くそっ!! 舐めるんじゃねぇ!! 当たりさえすればお前なんか……っ!!」ギュイーン!!

新人ちゃん「あなたの攻撃なんて当たりませんよっ!! ほら!」シュタッ

痴漢んぽ「捉えた!! そこだ!!! くらえッ!!!!」ギュイーン!!

 ついに痴漢のドリルフィンガーが新人ちゃんを捉え、その膣内に命中する。
 あまりの衝撃に新人ちゃんは壁に叩きつけられてしまった。

新人ちゃん「ぐっ……ぐふっ♡♡♡」プシャアアアッ!!

痴漢んぽ「へっ、一撃でイキやがって。折角助けに来たのに情けないメスだぜ、なぁ?」ヘラヘラ

新人ちゃん「さ、作戦……成功です……♡」ガクッ

痴漢んぽ「あ? あっ!!」

388 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:42:14 ID:lUzHB4Y2
新人ちゃん「わざと……攻撃を食らったんですよ♡ 壁を……背にしてね♡」

痴漢んぽ「しまった……! 壁にヒビが……!」

新人ちゃん「あなたのドリルフィンガーは一瞬で穴を掘って隠れられるくらい強力……」

新人ちゃん「だから……利用してやろうって♡ 思ったんです♡」ビクビク

 ドリルフィンガーの衝撃で壁が崩れていき……
 穴にハマっていたふたなりが開放される!!

ふたなり「ありがとう新人ちゃん……。後は私に任せて!!」

痴漢んぽ「く、クソがぁっ!! ヤッてやる!! 壁にハマってなくてもお前なんか!!」

ふたなり「対等な条件で戦うのはこれが初めてだね♡ 私の本当の実力教えてあげる♡」

痴漢んぽ「クソッ!! クソッ!! 負けてたまるかぁぁぁぁ……っ!!!」

 ――――。

389 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:43:25 ID:lUzHB4Y2
 そして。

新人ちゃん「おっ♡ んぎっ♡ や、やめてくださいっ♡ んひゃあっ♡」ビクンビクン

ふたなり「ごめん、新人ちゃん♡ ずっと責められてたからっ♡ 興奮治まらなくてっ♡」パンパン

痴漢んぽ「」死ーン

 戦いが終わるや否や、ふたなりは新人ちゃんを犯し始めていた。

新人ちゃん「ふっ♡ ふたなり先輩のおちんぽっ♡ かたすぎますぅ♡」ビクンビクン

ふたなり「新人ちゃんのおまんこもっ♡ イイ♡ イイよっ♡」パンパン

新人ちゃん「ひゃあ♡♡♡ あっ♡ ありがとうごっ♡ ざいますっ♡」ビクビク

ふたなり&新人ちゃん「ふあああああああああ♡♡♡」ビクンビクン

 こうして任務は無事に終了し――――

新人ちゃん(ふたなり先輩……♡ 大好きです♡)

 新人ちゃんはふたなりの虜にされてしまうのだった。

第5おちんぽ 完

390 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 02:43:58 ID:lUzHB4Y2
〜次回予告〜

 悩む新人ちゃんに声を掛けたのはメスガキちゃん!!
 新人ちゃんを強くするために稽古をつけてあげることになったんだって!!
 メスガキちゃん優しい!!

 次回! おちんぽ6本目『稽古☆ スパルタなメスガキちゃん!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

391 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:01:47 ID:5eD8XKMc
おちんぽ6本目『稽古☆ スパルタなメスガキちゃん!!』


教官♀「全く……新人をレイプするなんて特A級の風上にも置けん」プンプン

新人ちゃん「あの、ふたなり先輩は……?」

教官♀「死なない程度の罰を受けてもらっている。当然だな」

新人ちゃん「そ、そうですか……」

教官♀「全くもう……。私というものがありながら……」ブツブツ

新人ちゃん(ふたなり先輩が発情しちゃったのは私が足を引っ張ったからなのに……)

新人ちゃん(先輩に悪いことしちゃった。お詫びの品を買って持っていこう)

 こうして新人ちゃんはおちんぽハンター協会の購買へ向かった。

392 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:02:21 ID:5eD8XKMc
武器屋♀「いらさい〜。いいの揃ってるよ〜」

新人ちゃん「あの、特A級のふたなりさんが好きな食べ物とかってあります?」

武器屋♀「ふたなり? ああ、あの娘なら……えー、なんだっけ? わがらん!」ケラケラ

新人ちゃん「そうですか……」ショボーン

メスガキ「今ふたなりの話してた?」ヒョコッ

新人ちゃん「あ! メスガキ先輩!!」

メスガキ「あら、新人ちゃんじゃない」

新人ちゃん「あの……メスガキ先輩に少しお聞きしたいことが……!」

メスガキ「ふふん、なにかしら?」

393 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:02:55 ID:5eD8XKMc
メスガキ「お詫びの品?」

新人ちゃん「はい。この前の任務で私……足を引っ張ってしまって」

メスガキ「馬鹿ね〜。そんなのいらないわよ。油断したあいつが悪いの!」

新人ちゃん「でも……」

メスガキ「もー! どうしてもお詫びしたいなら、とっておきを教えてあげるわよ!」

新人ちゃん「とっておき?」

メスガキ「強くなればいいのよ! 強くなって今度はあんたがふたなりを助けるの!」

メスガキ「そうすればそれが一番のお詫びと恩返しになるでしょ!」

新人ちゃん「……! そうですね! メスガキ先輩の言う通りです!!」

メスガキ「じゃ、私が稽古つけてあげよっか」

新人ちゃん「へ?」

394 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:03:27 ID:5eD8XKMc
 〜ホテル〜

 ベッドの上で全裸で向かい合う2人。

メスガキ「こんな場所でごめんね? ハンター同士のセックスは原則禁止されてるからさー。秘密だよ」

新人ちゃん「わ、私、特A級とホテルに……!」ドキドキ

メスガキ「……ねぇっ、聞いてる?」

新人ちゃん「ひゃい!!」ビクッ

メスガキ(あちゃー、緊張してるな。こりゃ)

新人ちゃん「ふふふふふふ、ふつつかものですが、よよよよよよろしくお願いしまひゅ」

メスガキ(ちょっとほぐしてやるか♡)サワッ

新人ちゃん「ひゃ!!! め、メスガキ先輩の手が!! 私の身体に!!!」

メスガキ「んふふ♡ かわいがってあげる♡」サワサワ

395 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:04:08 ID:5eD8XKMc
新人ちゃん「ひゃああ……♡」ビクビク

メスガキ「まだ腰撫でてるだけなのに感じちゃった?♡」サワサワ

新人ちゃん「メスガキ先輩の触り方……えっちですよぉ♡」ビクビク

メスガキ「だってえっちに触ってるもん♡」サワサワ

新人ちゃん「ひっ♡ んん……♡ はぁ……♡」ビクビク

メスガキ(かわいい〜♡ もっとイジめたい♡ たのし〜♡)ドキドキ

新人ちゃん「んあ…………♡」

メスガキ「ねえ……♡」

新人ちゃん「?」

メスガキ「これからもっとえっちなとこ……♡ 触っちゃうね?♡」

新人ちゃん「!!」ドキッ

396 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:04:54 ID:5eD8XKMc
メスガキ「ほらほら♡ 指♡ 気持ちいいでしょ♡」クチュクチュ

 新人ちゃんは休みなく膣内を責められていた。
 室内に何度も淫らな水音が響き渡る。

新人ちゃん「ひゃっ♡ あっ♡ やっ♡ すごいですっ♡」ビクビク

メスガキ「どこを擦られると気持ちいいのか、私知ってるんだ〜♡」クチュクチュ

新人ちゃん「ああっ♡ イクっ♡ イッちゃいます♡ せんぱいっ♡」ビクビク

メスガキ「ねえ♡ 私、特A級だけどさ……♡ まだ8歳だよ?♡」クチュクチュ

新人ちゃん「!!」

メスガキ「8歳の子供にイカされちゃっていいの? お・ね・え・ちゃ・ん♡♡♡」クチュッ!!

新人ちゃん「やめっ♡ そんなっ♡ あああぁぁぁぁ……っ♡♡♡」プシャアアアッ!!

メスガキ「あーあ♡ なさけな〜い♡」クスクス

新人ちゃん「…………♡」ビクビク

397 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:05:37 ID:5eD8XKMc
メスガキ「ねえお姉ちゃん♡ こんなすぐイッちゃってたら稽古にならないよ♡」

新人ちゃん「ご、ごめんなひゃい……♡」ビクビク

メスガキ「次はちゃんと我慢してね♡ じゃ、乳首弄っちゃおうか♡」スリスリ

新人ちゃん「ひゃっ!?♡」

メスガキ「手のひらで乳首すりすりされちゃうのどう?♡」スリスリ

新人ちゃん「はっ♡ はぁっ♡ ……っ♡」ビクビク

メスガキ「息するだけで精いっぱい?♡」スリスリ

新人ちゃん「はふっ♡ こっ♡ これっ♡ やばいです……っ♡」ビクビク

メスガキ「ん〜?♡ どうやばいのかちゃんと言ってくれないと〜♡ わかんな〜い♡」スリスリ

新人ちゃん「あっ♡ ああっ♡」ビクビク

398 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:06:14 ID:5eD8XKMc
新人ちゃん「ぷにぷにの手で擦られるとっ♡ すごく気持ちいいのにっ♡」ビクビク

新人ちゃん「もどかしくてっ♡ ギリギリでイケなくてっ♡ おかしくなりそうですっ♡」ビクビク

メスガキ「すりすりだけじゃイケないよね♡ もっとして欲しい?」スリスリ

新人ちゃん「イカせてっ♡ イカせてください♡」ビクビク

メスガキ「でもこれ稽古だよ?♡ 我慢しなきゃ強くなれないよ?♡」スリスリ

新人ちゃん「いいっ♡ 強くなれなくていいっ♡ だからイカせてっ♡」ビクビク

メスガキ「強くなれなくていいの?♡ ふたなりを助けるんじゃなかったの?♡」スリスリ

新人ちゃん「…………!」

新人ちゃん「ひどい……♡ メスガキ先輩ひどいです……♡」ビクビク

メスガキ「んふふ♡」スリスリ

399 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:06:50 ID:5eD8XKMc
メスガキ「すりすりおしま〜い♡」

新人ちゃん「ああ……♡」ビクビク

新人ちゃん(結局イカせてもらえなかった……♡)

メスガキ「次はクリ弄ってあげるね!」

新人ちゃん「!!」ビクッ

新人ちゃん(やった♡ クリ♡ クリなら♡ すりすりでもイケる♡ やった♡)ドキドキ

メスガキ「つんつーん♡」ツンツン

新人ちゃん「ひゃふっ!?♡♡」ビクビク

メスガキ「つんつんつーん♡」ツンツン

新人ちゃん「あ、ああ……♡ つ、つんつんやめてぇぇぇ……!!♡」ビクビク

メスガキ「なんで?♡ つんつんされるだけじゃイケないから?」ツンツン

新人ちゃん「すりすりぃ♡ すりすりしてぇ♡♡♡」ビクビク

400 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:07:39 ID:5eD8XKMc
メスガキ「え〜?♡ だってぇ♡ さっきはあんなにすりすりいやがってたじゃ〜ん♡」ツンツン

新人ちゃん「あああ♡ あああああ♡♡♡ おねがいっ♡ おねがいしますっ♡」ビクビク

メスガキ「いやがったりお願いしたりぃ……♡ メスガキよくわかんなーい♡」ツンツン

新人ちゃん「ひぃぃぃ♡ いじわるっ♡ わかってるくせにぃぃぃ♡♡♡」ビクビク

メスガキ「はぁぁぁ……♡」ゾクゾク

新人ちゃん「イカせてっ♡ イカせてぇぇっ♡♡♡」ビクビク

メスガキ「だからぁ♡ ふたなりを助けたいんでしょ♡ イッちゃっていいの?♡」ツンツン

新人ちゃん「もういいっ♡♡♡ ふたなり先輩なんてどうでもっ♡ だからイカせてっ♡」ビクビク

メスガキ「…………は? ふたなりがどうでもいい?」ピキッ

新人ちゃん「……ふぇっ?」

401 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:08:15 ID:5eD8XKMc
新人ちゃん「んぎぃぃぃぃぃ♡♡♡ イグゥゥゥゥゥ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

メスガキ「ほらほらッ! イキたかったんでしょ!! たくさんイケてよかったじゃないッ!!」グチュグチュ!!

 メスガキは先程とは打って変わったように新人ちゃんを絶頂させまくっていた。

メスガキ「ほらっ! もっと指でほじってあげるッ! だらしなくイケッ!!」グチュグチュ!!

新人ちゃん「いぎぃぃぃぃぃぃ♡♡♡ もうやめっ♡ やめてぇぇぇぇぇ♡♡♡」ビクンビクン

メスガキ「ふたなりなんてどうでもいいんでしょっ!! だったら忘れさせてあげるからっ!!」グチュグチュ!!

新人ちゃん「やだっ♡ やだぁぁ♡♡ ごめっ♡ ごめんなさいぃぃぃ……♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「ふーっ♡ ふーっ♡ イッちゃえ!! 雑魚まんこイッちゃえ!!」グチュグチュ!!

新人ちゃん「お゛お゛お゛♡♡♡ 〜〜〜〜〜゛ッ!!!」プシャアアアアッ!!

メスガキ「ふーっ♡ …………あ゛!! やりすぎちゃった……」

新人ちゃん「」ビクビク

402 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:08:59 ID:5eD8XKMc
新人ちゃん「う、ううん……。あれ? 私……気絶しちゃってた?」

メスガキ「あ、起きた」

新人ちゃん「わあっ!? め、メスガキ先輩!?」

 新人ちゃんが目を覚ますと、添い寝するような形でメスガキが横たわっていた。

メスガキ「ごめんね? ちょっと我を忘れてイカせすぎちゃった」

新人ちゃん「いえ……私が未熟でした。すみません」

メスガキ「気にしないで。今度は優しくしてあげるね」サワッ

新人ちゃん「あ……♡」

新人ちゃん(また触られて……♡ イカされちゃう……♡)

新人ちゃん「う……ううっ♡」ビクッ

メスガキ「きもちいい?」

新人ちゃん「ふぁ……ふぁい♡」

新人ちゃん(さっきと全然違う……♡ こんな優しいイカせ方もあるんだ……♡)トロン

403 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:09:33 ID:5eD8XKMc
メスガキ「乱暴にしちゃってごめんね」スリスリ

新人ちゃん「ひあ……♡ イ、イク……♡」ビクッ

新人ちゃん(腰撫でられただけでイッちゃうなんて……♡ でも幸せ♡)

メスガキ「もう稽古とかいいから……。あとは思う存分楽しんでね」モミモミ

新人ちゃん「あ……♡ おっぱい気持ちいい……♡」ビクビク

メスガキ「新人ちゃんかわいい♡ すき♡」モミモミ

新人ちゃん「わたしも……♡ メスガキ先輩だいすきです……♡」トロン

メスガキ「じゃあ、ふたなりは?」

新人ちゃん「も、もちろん好きですぅ……♡」

メスガキ「ならよし」モミモミ

新人ちゃん(いま一瞬素に戻ってなかった……?)

404 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:10:13 ID:5eD8XKMc
メスガキ「もっと甘えていいよ♡ はい♡ 私のおっぱい吸ってね♡」

新人ちゃん「わ……♡ んちゅっ♡」チュー

メスガキ「んっ♡ 気持ちいい♡ 新人ちゃん上手♡」クチュクチュ

 メスガキは自分の乳首を吸わせながら新人ちゃんの膣内を指でかわいがる。
 俗にいう授乳手マンである。

新人ちゃん(し、幸せっ♡ 幸せすぎるっ♡ 上も下も幸せでいっぱいだよ……♡)トロン

メスガキ「びくびくしちゃってかわいいね♡ もっとびくびくしちゃおうか♡」クチュクチュ

新人ちゃん「んっ♡ んんっ♡ んむーっ♡」ビクビク

メスガキ「ああ……♡」ゾクゾク

新人ちゃん「ぷはっ♡」

メスガキ「おっぱいおいしかった?」

新人ちゃん「う……うん♡」

405 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:11:02 ID:5eD8XKMc
メスガキ「じゃ、最後にいっぱい気持ちよくなっちゃおうか」モゾモゾ

 メスガキちゃんは掛け布団をかぶり、もぞもぞと新人ちゃんの下半身の方へ移動する。

新人ちゃん「…………?」

メスガキ「隠れたままおまんこ舐めちゃう♡」ペロッ

新人ちゃん「ひゃっ♡♡♡」ビクッ

メスガキ「んむっ♡ ちゅっ♡ はぁ♡ おいひぃ♡」ペロペロ

新人ちゃん「ひゃああああああ♡♡♡」ビクッビクッ

 細長い舌で膣内を舐め回され、そして。

メスガキ「あむっ♡」パクッ

 真っ赤に膨れ上がった陰核を咥えられる。

新人ちゃん「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♡♡♡♡♡」ビクビクビクッ!!

メスガキ「れろれろ〜♡」ペロペロ

新人ちゃん「お゛お゛お゛お゛お゛っ♡♡♡♡♡」プシャアアアアッ!!

406 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:11:54 ID:5eD8XKMc
 数十分後。

メスガキ「……ぷはぁっ♡ おしまい♡ いっぱい気持ちよくなれたね♡」

新人ちゃん「ひゃ…………♡♡♡」ピクピク

メスガキ「ありゃ、目の焦点が合ってない……。またやりすぎちゃった♡」

メスガキ「………………」ムラッ

メスガキ「も、もうちょっとだけシようかな……」

 そう思い、立ち上がろうとした瞬間!

メスガキ「あっ」ズルッ

 メスガキはシーツに足を取られ、体勢を崩してしまう!

メスガキ「ぶげぇっ」ゴンッ

 そして思いっきり床に頭を叩きつけられ、メスガキは気絶するのだった。

メスガキ「きゅうう〜〜〜」バタン

407 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:12:39 ID:5eD8XKMc
新人ちゃん「あ、あれ?」パチクリ

メスガキ「」

新人ちゃん「め、メスガキ先輩!? 大丈夫ですか!?」ユサユサ

メスガキ「」死ーン

新人ちゃん「た、大変!! 協会に連絡しないと……!!」

新人ちゃん「あ、でも連絡したらえっちしてたことがバレちゃう……!」

新人ちゃん「いや、今はそんな場合じゃないよね!! 連絡!!!」

新人ちゃん「もしも〜しっ! 助けて下さ〜いっ!!!」


 その時、ドアの隙間から除く視線に新人ちゃんは気付いていなかった。

???「ふっふっふ……! 見ちゃった、見ちゃった!! 大スクープ、ッス!!」

???「これで……今度こそ協会は終わりッス……! ふっふっふー!!」

第6おちんぽ 完

408 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 15:13:13 ID:5eD8XKMc
〜次回予告〜

 え!?
 おちんぽハンター協会にライバルが出現!?
 今は人間同士で争ってる場合じゃないのに〜〜〜!!
 新しく設立された団体!
 その名は……!!

 次回! おちんぽ7本目『暴露☆ 現るおちんぽバスターズ!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

409 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:17:47 ID:6WfCPG4Q
おちんぽ7本目『暴露☆ 現るおちんぽバスターズ!!』


教官♀「ぐむむむむ…………!」

 唸る教官♀の視線の先には、一枚のビラ。
 そこにはこう書かれていた。

『おちんぽハンター協会内の爛れた関係!? 獣のように新人を犯す特A級!!』

 その文字の下には隠し撮りされたふたなり・メスガキ・新人ちゃんの性交シーンが掲載されていた。

教官♀「だからハンター同士でのセックスは禁止だと言っていたのに……!」

ふたなり「す、すみません……」

メスガキ「今回ばかりは何も言えない……」

新人ちゃん「申し訳ないです先輩……。私のせいで……」

ふたなり「新人ちゃんは悪くないよ! 悪いのは私!」

メスガキ「私もね」

教官♀「全くだ。特A級なのだから少しは自制心を持て!」

410 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:18:36 ID:6WfCPG4Q
教官♀「特にふたなりはこういうゴシップには本当に気を付けろ!」

教官♀「おちんぽ持ちに対する世間の風当たりはまだ微妙なところなのだからな!」

ふたなり「はい……。すみませんでした」

教官♀「罰として後で私の部屋に来ること! 分かったな♡」

ふたなり「いや、それもダメなんじゃ……」

メスガキ「ところでいつの間に写真を撮られたんだろ」

新人ちゃん「ホテルの時はともかく……私とふたなり先輩がシてた時はかなり危険な場所だったのに」

ふたなり「命懸けで隠し撮りしてた子がいるってことだよね」

メスガキ「そこまでして協会のスクープを手に入れたいの……? なんで?」

???「それはお前らを潰すためッス!!」

ふたなり「!?」

411 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:19:21 ID:6WfCPG4Q
記者ちゃん「一流記者の記者ちゃん……華麗に見参ッス!!」

メスガキ「あ、あんたが私たちのえっちを隠し撮りしたのね!」

ふたなり「なんでそんなことしたの!?」

記者ちゃん「ふっふっふ、それはついさっき言ったばかりッスよ」

記者ちゃん「おちんぽハンター協会! お前たちをぺちゃんこにぶっ潰すためッスー!!」ビシッ

新人ちゃん「お、おちんぽハンター協会を……」

メスガキ「ぶっ潰す……!?」

ふたなり「ど、どうして!? そんなことしたらおちんぽ獣が止められなくなっちゃうよ!?」

教官♀「そのことなんだがな……」

記者ちゃん「そこの職員さんはもう知ってるみたいッスね。ふっふっふ」

教官♀「実はおちんぽハンター協会に対するライバル団体が設立されたんだ」

ふたなり「ラ、ライバル団体……!?」

412 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:20:03 ID:6WfCPG4Q
記者ちゃん「その名は『おちんぽバスターズ』ッス!!」

記者ちゃん「おちんぽハンター協会よりも迅速に確実に!」

記者ちゃん「そしてクリーンにおちんぽ獣を倒す精鋭揃いの団体ッスよ!!」

新人ちゃん「そんな団体が出てきてたなんて……」

記者ちゃん「時代遅れのおちんぽハンター協会はもう終わりッス!」

記者ちゃん「再就職先の風俗店を探しておくことッスね!!」ワハハ

メスガキ「この……! 好き放題言いやがって……!!」

ふたなり「女の子同士で争ってる場合じゃないのに……。力を合わせておちんぽ獣と戦うんじゃダメなの?」

記者ちゃん「お、良いこと言ったッスね、おちんぽちゃん」

記者ちゃん「そうッス。お互い争ってる場合じゃないんッスよ。けど力を合わせてる場合でもない」

413 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:20:50 ID:6WfCPG4Q
教官♀「そうか。わざわざ来たのはそういうことなんだな」

記者ちゃん「察しがいいッスね。そう、お考えの通りッスよ」

記者ちゃん「おちんぽバスターズは……おちんぽハンター協会に勝負を申し込むッス!!」ビシッ

ふたなり「勝負!?」

記者ちゃん「そして勝負に負けた方の団体は即解散……! 生き残るのは片方のみッス!!」

メスガキ「ははーん、手っ取り早く潰しに来たってワケね」

新人ちゃん「そんな勝負受ける必要はありませんよ! 断りましょう!」

教官♀「そうしたいが……」

記者ちゃん「断ったらこれからもあることないこと言い触らしてやるッスよ!!」

メスガキ「この……! クソマスコミ……!!」

414 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:21:32 ID:6WfCPG4Q
教官♀「単純な戦いでどちらが残るか決められるなら、正直こっちにとっても都合は良い」

教官♀「2つの団体が好き勝手に動くようになったら……」

教官♀「潰し合うどころか、共倒れになってしまう可能性もあるからな」

記者ちゃん「そうッス。だから手っ取り早く決着をつけるッス」

教官♀「だがハンターの性技はそんなことをするために磨かれた訳ではない」

教官♀「お前の提案は断らせてもらう。我々は今まで通りおちんぽ駆除を続ける。他団体は気にせず、な」

記者ちゃん「ふーん? 後悔しないッスね?」

教官♀「ああ」

ふたなり「いえ、教官♀さん。この勝負受けましょう」

教官♀「なに?!」

415 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:22:06 ID:6WfCPG4Q
ふたなり「ライバル団体だとか潰し合うだとか……バスターズの人たちはきっと勘違いしています」

ふたなり「おちんぽ獣との戦いではそんな雑念が入り込む余地はないんです」

記者ちゃん「ふん、雑念だらけの癖してよく言うッス」

ふたなり「勝ち負けだけしか考えてないセックス。そんなのはダメなんです」

ふたなり「だからこそ戦って……本当のセックスを教えてあげましょう!!」

ふたなり「そうすればきっとバスターズの人たちとも協力し合えるはずです!!」

メスガキ「ふたなりらしいわね」

新人ちゃん「先輩、かっこいいです……!」

教官♀「そうか……。お前がそこまで言うなら分かった。勝負を受けよう」

記者ちゃん「ふんっ! 甘い考えッスね。でもそのおかげで都合が良くなったッス」

416 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:22:56 ID:6WfCPG4Q
記者ちゃん「試合は一週間後、バスターズ本部で行われるッス! 5対5のチーム戦ッスよ!」

ふたなり「5対5…………」

メスガキ「デルタちんぽチームだけじゃ人数不足ね……。おしとやかもまだ帰ってきてないし」

教官♀「他の特A級も出動できるかは微妙なところだ」

記者ちゃん「日時の変更はダメッスよ〜?」

ふたなり「問題ありません。いかなる時でも出動するのが、おちんぽハンターです!」

記者ちゃん「せいぜいほざいてろッス! じゃあ一週間後にまた会いましょうッス〜♪」スタスタ

 記者ちゃんは去っていった。

教官♀「5人か……。さて、誰を選出するか」

ふたなり「あの、教官♀さん……すみません。私が勝手に話を進めちゃって」

教官♀「いや、立派だったぞ。おちんぽハンターらしい考えだった」

417 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:23:30 ID:6WfCPG4Q
メスガキ「そうよ! あんたはどーんと胸張ってなさい!」

新人ちゃん「ふたなり先輩! 応援してます!!」

ふたなり「みんな……ありがとう!!」

???「おーほっほっほ!!」デスワー

ふたなり「あ! この声は……!!」

おしとやか「パワーアップして帰ってきたおしとやかちゃん、参上ですわ!!」ビシッ

教官♀「おしとやか! 良いタイミングで帰ってきたな!!」

メスガキ「うるさいのが帰ってきちゃったー」

おしとやか「話は聞かせてもらいました! 私も戦います!!」

418 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:24:41 ID:6WfCPG4Q
教官♀「だが大丈夫なのか? 試合ということは相手はおちんぽ獣ではない。同じ女だ」

メスガキ「あ、そっか。攻撃手段も愛撫が中心になるってことね」

ふたなり「おしとやかちゃんには不利な戦いなんじゃ……」

 おしとやかの固有能力≪異常感度≫は、強い刺激には耐えられるが
 弱い刺激には耐えられないのだ。

おしとやか「その点は安心してくださいですわ。私は修行を経て新能力を身に着けたのです!!」

ふたなり「新能力……!?」

新人ちゃん「ということは……おしとやか先輩、多重能力者になったってことですか!?」

おしとやか「ええ。今までの私とは一味違うのですわー!!」

メスガキ「あんまりそういうこと言わない方がいいよ。負けた時に恥ずかしいから」

おしとやか「ていっ!!」ペチッ

メスガキ「いたっ!」

419 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:25:15 ID:6WfCPG4Q
教官♀「選出メンバーは他の職員とも話し合って決めておく」

教官♀「それまでは全員待機! 試合に備え、身体を休めておけ!」

ふたなり「はいっ!」

メスガキ「はーい」

おしとやか「ですわっ!」

新人ちゃん「…………」

教官♀「それと……ふたなり!」

ふたなり「あ、部屋ですか?」

教官♀「うむ♡ 私の部屋で、な?♡」

ふたなり(休めない…………!)

教官♀「では解散!!」

420 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:25:54 ID:6WfCPG4Q
新人ちゃん「…………」

新人ちゃん(新人でB級、しかも無能力の私じゃ……多分メンバーには選出されない)

新人ちゃん(今まで足を引っ張っちゃったり、胸を貸してもらった分――どうにか先輩たちの助けになりたい!)

新人ちゃん(試合が行われるまでの一週間……! その間に強くなるんだ!)

新人ちゃん(そうと決まれば……!)

新人ちゃん「あのっ! おしとやか先輩っ!!」

おしとやか「へっ!? 私? なんですの?」

新人ちゃん「おしとやか先輩は今まで修行をしていたんですよね……?」

おしとやか「ええ、そうですわ」

新人ちゃん「私にもその修行を受けさせてください!!」

421 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:26:40 ID:6WfCPG4Q
おしとやか「えーと……それは無理なのですわ」

おしとやか「実は私が修行した際、激しくしすぎて修行場所の温泉施設を全壊させてしまったのです……」

新人ちゃん「えぇ……。そうですか……分かりました」ガックリ

おしとやか「いえ、落ち込まないでくださいまし! 強くなりたい貴女の気持ち、伝わってきましたわ!」

おしとやか「私が修行に付き合ってあげますわー!!」ビシッ

新人ちゃん「そ、そんな! 試合が控えてるのにおしとやか先輩の手を煩わせるわけにはっ!!」

おしとやか「甘く見ないで欲しいですわ! 新人さんの育成も華麗にこなすのが特A級ですっ!!」

おしとやか「さあっ! さっそく私の部屋に! ……いや、部屋には2人がいるからホテルに!!」グイッ

新人ちゃん「ああっ、またホテルに連れ込まれちゃうっ♡」

422 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:27:14 ID:6WfCPG4Q
 〜ホテル〜

新人ちゃん「また来ちゃった……」

おしとやか「利用したことがあるんですの?」

新人ちゃん「ええと、メスガキ先輩と一度……」

おしとやか「まっ! ひどいことはされませんでしたの?」

新人ちゃん「ええと…………」

おしとやか「されたのですね。あのちびっこは全く、もう……!」プンプン

新人ちゃん「い、いえ! その後いっぱい優しくしてもらったので!」アセアセ

おしとやか「それで? ふたなり様とはどうなの? ですわ?」

新人ちゃん「ふたなり先輩とは……その、路地裏で」モジモジ

おしとやか(新人さん、おとなしそうな顔して結構やりますわね……)

423 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:27:49 ID:6WfCPG4Q
おしとやか「では……横になってくださいまし」

新人ちゃん「は、はい」

 仰向けにベッドへと倒れる新人ちゃん。

おしとやか「おしとやか流奥義の数々をその身に受けてもらいますわ」

おしとやか「そうすることで強くなれるはずです。たぶん」

新人ちゃん「た、多分なんですか……」

おしとやか「後輩のトレーニングなんて初めてですし……ぶっちゃけよく分からないのですわ」

新人ちゃん(だ、大丈夫かなぁ……)

おしとやか「では失礼しますわ……よっと」ガバッ

 新人ちゃんの下半身に顔を近づけるおしとやか。

424 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:28:26 ID:6WfCPG4Q
おしとやか「この中に……ふたなり様のおちんぽが挿入されたんですね♡」

新人ちゃん「……ええと、はい。そ、そうですけど……」

おしとやか「くんくん……♡ ふたなり様の残り香は残っていないかしら♡」クンクン

新人ちゃん「あ…………」

新人ちゃん(おしとやか先輩って……もしかして変態さん?)

おしとやか「も、もう辛抱たまりませんわ!! 全部吸い出します!!」ハムッ

新人ちゃん「ひゃっ♡」ビクッ

 しゃぶりつくように膣へ口をつけるおしとやか。
 そして――――。

新人ちゃん「ひゃあああああああああ♡♡♡♡♡」プシャアアアアッ!!

おしとやか「じゅぽじゅぽ!! じゅるるるるる!! はぁっ♡ ぐぽっ!」ジュルルル!!

 地獄のクンニ責めが始まった。

425 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:29:01 ID:6WfCPG4Q
 そして数時間が経過した。

新人ちゃん「や゛め゛て゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛!!♡♡♡ 死゛ん゛し゛ゃ゛う゛!!♡♡♡」ビクンビクン!!

 あれからずっとおしとやかは新人ちゃんの膣内を貪っていた。
 新人ちゃんの絶頂回数は既に3桁を超えている。

おしとやか「ぐぽっぐぽっ!! じゅるるっ!! ちゅじゅるるるるる!!!」ペロペロ!!

おしとやか(も、申し訳ありません、新人さん……!)ペロペロ!!

おしとやか(…………止められねぇのですわ!?)ペロペロ!!

新人ちゃん「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッッッッあ゛ッ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

新人ちゃん(このままじゃ先輩に殺されるぅ♡ どうにか切り抜けないとっ♡♡♡)

新人ちゃん(でも私の力じゃ無理だよぉぉぉ♡♡♡♡♡)ビクンビクン

おしとやか「ちゅるるっ!! じゅぽぽっ!! じゅるるるるるじゅる!!」ペロペロ!!

426 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:29:46 ID:6WfCPG4Q
おしとやか「じゅるるるっ!! ぷっ、ぷはぁっ!! はぁはぁ……!!」ジュルリ

 息継ぎするため、一度口を離すおしとやか。

おしとやか(ここでやめないと……新人さんを壊してしまいますわ)

おしとやか(でもダメです♡ やめられません♡ もっと吸いたいのですわ♡)

おしとやか「はむっ♡」ペロッ

新人ちゃん「いぎぃ!?♡♡♡♡♡」ビクビク

 長すぎる膣内責めに対し、新人ちゃんに許された休息は息継ぎの間の数秒だけ――。
 その数秒が終わるとまた絶頂地獄に堕とされてしまう。

新人ちゃん(死ぬっ♡ ほんとに死ぬっ♡ 舐め殺されるっ♡♡♡♡♡)ビクンビクン

おしとやか(おいしい♡ おいしい♡ おいしい♡ おいしい♡ おいしいですわーっ♡♡♡)ペロペロ

427 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:30:21 ID:6WfCPG4Q
新人ちゃん(やばいぃぃぃぃっ♡♡♡ あと半分で4桁絶頂キメちゃうぅぅぅぅ♡♡♡)ビクンビクン

おしとやか「んじゅっ!! じゅるるるちゅるんっ!! じゅぷぷじゅる!!」ペロペロ

おしとやか「…………ぷはぁっ!!」

新人ちゃん(い、息継ぎ……! このタイミングでどうにかしないとっ♡)

新人ちゃん「も、もう…………!!」

おしとやか「はぁはぁ……♡ え?」

新人ちゃん「やめてぇぇぇぇーーーーーーっっっ!!!」ドンッ!!

 新人ちゃんは残っていた力を振り絞り、寝たままの姿勢でおしとやかを蹴り飛ばした。

おしとやか「あ、あら?」グラッ

 大きなダメージは受けないが体勢を崩すおしとやか。
 そして。

428 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:31:10 ID:6WfCPG4Q
おしとやか「あっ、シーツがずれて……」ズルッ

おしとやか「ぶげぇっ」ゴンッ

 転んだ拍子に頭が床に叩きつけられ、気絶するのであった。
 その姿は前話のメスガキと全く同じであった。

おしとやか「」死ーン

新人ちゃん「は……はひぃ♡ し、死ぬかと思った……♡」

 こうして、なんやかんやで窮地を乗り越えた新人ちゃん。

新人ちゃん「…………なんか、さっき妙な感覚があったような」

新人ちゃん「もしかして、能力が芽生えた……?」

新人ちゃん「いや、違う。これは、芽生えたというより――――」

 なにか不思議な感覚を掴んだ新人ちゃん。
 果たして彼女は試合までに強くなれるのか!?

 そして頭を強く打ったおしとやかの容態は大丈夫なのか!?

おしとやか「」

第7おちんぽ 完

429 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/26(火) 23:31:49 ID:6WfCPG4Q
〜次回予告〜

 ついにおちんぽバスターズとの戦いが始まったよ!!
 って、あの人がなんでここに!?
 他にも強そうな人がたくさん……!!
 でも、私たちは負けない!!

 次回! おちんぽ8本目『開戦☆ 恐るべき眼鏡っ娘』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

430 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:49:43 ID:mGiyVVT.
おちんぽ8本目『開戦☆ 恐るべき眼鏡っ娘』


 一週間が過ぎ、ついにおちんぽバスターズとの団体戦が始まろうとしていた。

メスガキ「試合はおちんぽバスターズの本部で行われるんだったわよね」

おしとやか「アウェイでの戦いですわね。気を引き締めましょう」

ふたなり「うーん、でもちょっと緊張するなぁ……」

 団体戦に参加するおちんぽハンターは5名。
 その内の3名はデルタおちんぽチームのふたなり・メスガキ・おしとやか。

 そして残る2名は――。

中二眼帯「深淵なる闇の片鱗を異端者に知らしめよう――」

 特A級ハンターの1人、中二眼帯。

オレ娘「腕が鳴るぜぇっ!!」

 そして協会のきまぐれで選出されたB級ハンター、オレ娘。

431 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:50:23 ID:mGiyVVT.
新人ちゃん「皆さんファイトです! 頑張ってください!」

新人ちゃん(あれから能力は習得できたけど……やっぱり私じゃ実力不足だったみたい)

新人ちゃん(団体戦に参加できなかった分、応援を頑張らなくちゃ!)

教官♀「お前たち、おちんぽバスターズ本部が見えてきたぞ!」

メスガキ「う……おちんぽハンター協会よりも豪華な建物じゃない」

おしとやか「既に負けた気分ですわ」

中二眼帯「――羨望の眼差しを向けざるを得ない」

オレ娘「オレ、移籍しようかな……」

ふたなり「ちょ、ちょっと! しっかりしてよ、みんな!」

真面目♀「ハンター協会の人達だね。待っていたよ」

ふたなり「ま、真面目♀さん!? どうしてここに……?」

真面目♀「どうしてもなにも、ここが私のホームだからさ」

432 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:51:10 ID:mGiyVVT.
眼鏡っ娘「ふん、のこのこやって来たようね」

クール娘「…………」

ガチレズ「うふふ……」

ロリババア「よわっちそうな奴ばかりじゃ。くふふ」

 奥からさらに4人の女子達が現れる。

メスガキ「なるほど、こいつらが敵ってわけね」

おしとやか「相手にとって不足はありませんわ!」

ふたなり「まさか真面目♀さんがバスターズの一員だったなんて……」

真面目♀「言っただろう? 近いうちにまた、と」

ふたなり「あの、以前は助けていただいてありがとうございました。けど、私たちは負けませんよ!」

真面目♀「こちらも負けないよ。どちらが勝っても恨みっこなしでやろう」

ふたなり「はい!!」

433 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:52:07 ID:mGiyVVT.
 ふたなり達はバスターズ本部内の大部屋へと案内された。

眼鏡っ娘「中央のリングを見なさい。試合はあそこで行うわ」

教官♀「審判は私がやろう。協会側に有利な裁定はしないから安心してくれ」

ロリババア「くふふ、よかろう」

ガチレズ「全員KOしちゃえばどんな裁定でも問題ないしぃ♡」

メスガキ「で、対戦者の組み合わせはどうやって決めるの?」

真面目♀「試合直前に自陣営で話し合って決め、紙に書いて提出してくれ」

クール娘「……あなた達の陣営は向こう」

 ふたなり達はあらかじめ用意されていたスペースへ案内される。

ふたなり「いよいよ試合開始だね……!」

オレ娘「よっしゃああああああ!!! 初戦はオレが出るぜぇぇぇぇッッッ!!!」

おしとやか「ちょっ! 叫んだら向こうに丸聞こえですわ!」

434 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:52:44 ID:mGiyVVT.
 〜バスターズ陣営〜

眼鏡っ娘「……向こうはあの脳筋女が出てくるみたいね」

ガチレズ「アタシはパス。ああいうタイプは好みじゃないのよね♡」

真面目♀「私は出来ればふたなりと戦いたいな」

クール娘「私は誰でも」

ロリババア「くふふ。ではわしが出よう。力押しの馬鹿なぞ簡単に手籠めに出来るからの」

眼鏡っ娘「いいえ、私が出る」メガネクイッ

ロリババア「む? まあ良いが……てっきりお主は最終戦に出るのだとばかり思っておったぞ」

ガチレズ「ね。意外だわ……“リーダー”」

眼鏡っ娘「初戦に大将が出ちゃいけないって決まりはないでしょう?」

眼鏡っ娘「まずは確実な1勝を貰い……そして圧倒的な力量差を見せ付けてやるのよ」

435 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:53:28 ID:mGiyVVT.
教官♀「では合図とともに試合開始だ。お互い準備はいいな?」

眼鏡っ娘「…………ええ」

新人ちゃん「あ、あわわ……どうしてこんなことに」

 リングに上がったのはオレ娘ではなく新人ちゃんだった。
 何故こうなったかというと……。


 〜数分前〜

オレ娘『やべぇ!!! チビにミルクやる時間だった!!!!! オレ帰らねえと!!』

ふたなり『ええ!?』

おしとやか『そういえばオレ娘さんって赤ちゃんがいるんでしたわよね』

メスガキ『えっ、試合はどうするの!?』

オレ娘『すまん!!!! なんとかしてくれ!!!! じゃあな!!!!』ダッ

 オレ娘は猛ダッシュで去っていった。

ふたなり『…………ど、どうする? 誰か代わりに出る?』

中二眼帯『そうする他ないが――契約者が5名に満たなくなるな』

436 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:54:07 ID:mGiyVVT.
ふたなり『あ、そうだ! 新人ちゃんがいるよ!!』

新人ちゃん『え!?』


 そして今に至る。

新人ちゃん「あわわ、まさかこんな形で参戦することになるなんて」

眼鏡っ娘「直前で選出者を変更するとはね。まあ問題ないわ」

教官♀「――――試合開始!!」

眼鏡っ娘「誰が相手でも……潰すだけ!!」ダッ

新人ちゃん「く、くる!! もうやるしかない!!」

眼鏡っ娘「食らえ――――! ≪定着≫フィクセーション!!」

437 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:54:44 ID:mGiyVVT.
眼鏡っ娘「!?」スカッ

 眼鏡っ娘の攻撃は空を切る。

眼鏡っ娘(外した!? この私が狙いを外すなんて……!?)

新人ちゃん「あ、危ない所でした……」ドキドキ


 観客席。

メスガキ「なるほどね……」

おしとやか「あれが新人さんが習得した……というか、習得してた能力ですわね」

ふたなり「え? 2人ともなにか知ってるの?」

メスガキ「ちょっとね……」ズキズキ

おしとやか「思い出すと頭が痛くなりますわ……」ズキズキ

438 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:55:24 ID:mGiyVVT.
新人ちゃん(これが私の能力――≪天然災害≫ディザスター!)

 ≪天然災害≫ディザスター。
 対象の注意力等を低下させ、ミスを誘発する能力。
 射程は見える範囲まで。

新人ちゃん(私は最初からこの能力を習得していた……)

新人ちゃん(けど、それを自覚していなかったから……今までは無意識に能力を発動していたんだ)

新人ちゃん(メスガキ先輩、おしとやか先輩に鍛えてもらった今なら――――!)

新人ちゃん「この能力を制御できる!!」

眼鏡っ娘「くっ、触れずに行動を制限させられる能力か……!」

眼鏡っ娘(触れて発動する私の能力とは相性が悪いってことね……!)

眼鏡っ娘「面白いじゃない」

439 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:56:06 ID:mGiyVVT.
眼鏡っ娘「…………」スッ

 眼鏡っ娘は構えていた腕を下ろし、動きを止める。

新人ちゃん「う……! こんなに早く対応してくるなんて……!」

 ≪天然災害≫は相手のミスを誘発する能力。
 つまり相手が何の行動も起こさなければ効力を発揮しないのだ。

眼鏡っ娘(見たところ、身のこなしは平凡。待ちに徹しても問題は無い)

新人ちゃん「く…………!」

 膠着状態が続く。

新人ちゃん(相手は動かない……だからといって気を抜く訳にはいかない)

 ただ立ち尽くしているだけでも疲労は溜まってく。
 緊張状態ならなおさらだ。

 新人ちゃんはじわじわとスタミナを削られつつあった。

440 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:56:59 ID:mGiyVVT.
眼鏡っ娘(私の能力なら疲労を無効化することも出来る。先に限界が訪れるのは向こう)

新人ちゃん(能力を掛けているのは私の方なのに……どんどん追い詰められてる!?)

新人ちゃん(こうなったら……無謀でもこっちから責めるしかない!!)ダッ

眼鏡っ娘「来たか……! 迎え撃つ!!」スッ

 下ろしていた腕を再び上げる眼鏡っ娘。

新人ちゃん(大丈夫……! 能力はまだ発動したまま。気を付けていれば回避できるはず!)

新人ちゃん「えーいっ!! 当たれーっ!!」シュッ!!

 眼鏡っ娘へ向かって手を伸ばす新人ちゃん。

眼鏡っ娘「させるかっ!!」バッ

 そしてそれを迎撃しようとする眼鏡っ娘。
 攻撃が命中した方は――――。

441 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:58:00 ID:mGiyVVT.
新人ちゃん「やった…………!!」

 攻撃を当てたのは新人ちゃん。
 彼女の一撃は眼鏡っ娘の眼鏡を完全に捉えていた。

新人ちゃん「眼鏡を外しちゃえば……眼鏡っ娘の魅力は半減です! これで私の勝ちですね!」

眼鏡っ娘「誰の眼鏡を外したって?」メガネクイッ

新人ちゃん「!? 外れてな――――!! きゃあっ!!」

 その瞬間、新人ちゃんは眼鏡っ娘の手足により身体を絡めとられてしまう。

眼鏡っ娘「まさかあの至近距離でも攻撃が当たらないなんてね。貴女を甘く見ていたわ」

眼鏡っ娘「でも絞め技なら外さない……!」

新人ちゃん「う、うぐぐ……」

 打撃ならば“偶然”攻撃が命中することも、回避されることもある。
 しかし絞め技や寝技に“偶然”の命中・回避は無い。
 ゆえに≪天然災害≫は無力化される。

442 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 02:58:40 ID:mGiyVVT.
新人ちゃん「ど、どうして……攻撃が当たったのに眼鏡が外れてないの……!?」

眼鏡っ娘「それが私の能力――――≪定着≫フィクセーション」メガネクイッ

 ≪定着≫フィクセーション。
 触れたものをその場に固定する能力である。

眼鏡っ娘「弱点への対策をしていないとでも思った? とんだ甘ちゃんね」

新人ちゃん「そんな……!」

眼鏡っ娘「さて、ここからはおしおきタイムよ♡」サワッ

新人ちゃん「あっ……!♡」ビクッ

 動けなくなった新人ちゃんの身体が愛撫される。

新人ちゃん「な、なにこれ……? 触られたところがずっと気持ちいい……!♡」

眼鏡っ娘「面白いでしょ。快感の定着♡」サワサワ

443 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:00:10 ID:mGiyVVT.
 眼鏡っ娘の≪定着≫は性的快感をも固定することが出来る。

眼鏡っ娘「いくつも同時に固定できるわけじゃないけど……」

眼鏡っ娘「固定した快感をどんどん更新しちゃえば、どんどん気持ちよくなっちゃうでしょ?」サワッ

新人ちゃん「ああっ♡♡」ビクッ

眼鏡っ娘「貴女に固定させた快感を10だとするでしょ。で、今から与える快感が5だとする♡」サワッ

新人ちゃん「ひっ♡」

眼鏡っ娘「そうすると、いま貴女が受けている快感は15♡ そこで≪定着≫を掛け直すの♡」

新人ちゃん「ああ……♡♡♡」

眼鏡っ娘「15で固定されたところに、また5の快感を与えて、≪定着≫の掛け直し♡ どんどん快感が大きくなっちゃう♡」

新人ちゃん「やめて……!♡」

眼鏡っ娘「もし絶頂して……それを固定されちゃったらどうなると思う?♡」

新人ちゃん「……っ! おねがいっ!! それだけはっ!!」

444 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:00:49 ID:mGiyVVT.
眼鏡っ娘「されたくなかったら、我慢するしかないよね〜♡」クチュクチュ

 新人ちゃんの膣内が激しく愛撫される。
 この間も≪定着≫の更新は行われ続けている。

新人ちゃん「んっ♡ やっ♡ もうっ♡ 耐えられないっ♡」

眼鏡っ娘「いいのかな〜? イッたら止まらなくなっちゃうよ♡」クチュクチュ

新人ちゃん「あ、ああ……! こ、降参……! 降参しますぅ……♡♡♡」ビクッビクッ

眼鏡っ娘「降参するの?」

新人ちゃん「は、はい……!」ビクビク

眼鏡っ娘「だ・め♡」クチュクチュッ!!

新人ちゃん「やっやだああああああ♡♡♡ イクッ、イクゥゥゥゥゥゥ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

眼鏡っ娘「はい、とどめの≪定着≫っと。潮吹きアクメで固定されちゃったね〜♡」クスクス

新人ちゃん「あっあああ……!!♡♡♡ とまらにゃいぃ……!!♡♡♡」プシャアアアアッ!!

445 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:01:20 ID:mGiyVVT.
教官♀「く……! 勝負有りだ!! 眼鏡っ娘の勝利!!」

眼鏡っ娘「ふふん、余裕ね」メガネクイッ

新人ちゃん「お、終わったならっ♡ とめてぇ……♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

眼鏡っ娘「うーん、どうしようかなぁ?」ニヤニヤ

教官♀「おい!! 貴様……!!」

眼鏡っ娘「はいはい、止めますよ。止めるから睨むのやめてくれない? 解除っ、と」

新人ちゃん「は……はひぃ……♡♡♡」ビクビク

教官♀「大丈夫か、新人!」

ふたなり「新人ちゃん!!」ダッ

新人ちゃん「す、すみません……♡ わたし……まけちゃいましたぁ……♡」ビクビク

446 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:01:56 ID:mGiyVVT.
メスガキ「ひどい……! あんなになるまでするなんて……!!」

おしとやか「あの眼鏡女、許せませんわ……!!」

新人ちゃん「はぁ……♡ はぁ……♡」ビクビク

ふたなり「ゆっくり休んでて、新人ちゃん。後は私たちがやるから」

メスガキ「次は私が出るわ!! あいつら許せない!!」

おしとやか「いいえ! 私が出ますわ!!」

中二眼帯「――――いいや、ここは私に任せてくれ」

ふたなり「中二眼帯さん?」

中二眼帯「――守護天使を傷つけた報いは、きっちりと付けさせる。冥府でな――!!」

ふたなり(中二眼帯さん、怒ってる……!! 相変わらずなに言ってるかはよく分からないけど……!!)

メスガキ(そう言えばこの人、意外と後輩思いなのよね)

おしとやか(正直ちょっと萌えます)

中二眼帯「憤怒に狂い咲け――――! 漆黒なる薔薇よ――!」

第8おちんぽ 完

447 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:02:28 ID:mGiyVVT.
〜次回予告〜

 初戦はおちんぽハンター協会の負けに終わっちゃった……!
 でも新人ちゃんの仇は私たちで討つ!!
 中二眼帯さん! おしとやかちゃん! 頑張ってね!! 

 次回! おちんぽ9本目『激闘☆ 明かされる新能力!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

448 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:03:35 ID:mGiyVVT.
名前:オレ娘
性別:♀
年齢:16
身長:173cm
髪型:ツンツン
髪色:赤
カップ:D
【ABILITY】≪?????≫???????
不明。



名前:中二眼帯
性別:♀
年齢:14
身長:149cm
髪型:ツインテール
髪色:深紫
カップ:A
【ABILITY】≪永氷ノ眼≫エターナルフォースジャッジメントアイズ
右眼(眼帯じゃない方)で捉えた相手の思考を凍結させ、行動を制限させる。
攻撃しようとしていた相手は攻撃行動が取れなくなり、防御しようとしていたら防御行動が取れなくなる。
見るだけで発動でき、対象を見続けている限り能力が持続する。
複数相手でも能力をかけることが可能。その場合は対象とした1体の制限を他全員に掛ける形となる。
視界から外れると能力が解除されるため、複数の敵に囲まれたり隠れられたりすると不利になる。

449 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 03:04:09 ID:mGiyVVT.
名前:眼鏡っ娘
性別:♀
年齢:14
身長:152
髪型:ショート(天パ)
髪色:パリスグリーン
カップ:C
【ABILITY】≪定着≫フィクセーション
物体や快感、他能力などを触れた場所に定着・固定させる能力。
定着の持続時間は半日ほどだが、触れてさえいればずっと定着させていられる。解除は自由。複数掛けは不可。
液体・気体には能力を発動出来ない。また、空中・水中への固定も不可能。


新人ちゃん
【ABILITY】≪天然災害≫ディザスター
対象の注意力・判断力などを低下させミスを誘う能力。有効射程は見える範囲まで。
以前までは無意識に常時発動させており、気付かず周囲を巻き込んでいたが制御が可能となった。
相手の動きに依存する能力なので様子見されると真価を発揮させづらい。
またミスしようのない確実な行動に対しては効果が薄くなる。
命中率を下げる技なので必中技には効果がないみたいな感じ。

450 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:20:52 ID:Gcv9PqYE
おちんぽ9本目『激闘☆ 明かされる新能力!!』


教官♀「これより2試合目を始める。お互い準備はいいな?」

中二眼帯「――問題無い」

クール娘「……大丈夫よ」

ふたなり「中二さーん! 頑張ってくださーい!!」

教官♀「それでは……試合開始!!」

クール娘「さっきはうちのリーダーが悪かったわね。でも、これは勝負だから」

中二眼帯「――ふ。私は内なる啓示に従い、戦うのみだ」

クール娘(やはり怒っているようね。リーダーの考え通り、という訳か)

451 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:21:28 ID:Gcv9PqYE
 〜1試合目 終了直後〜

眼鏡っ娘『終わってみれば圧勝ね。やっぱりおちんぽハンター協会なんて大したことないわ』

真面目♀『おい。あそこまでやる必要はなかっただろう』

眼鏡っ娘『分かってないわね。あれも作戦の内なのよ』

ロリババア『くふふ。初戦からこっぴどい敗北を見せてやれば敵全体の士気も下がるというもの』

ガチレズ『少なくとも冷静さは失うでしょうね……♪』

クール娘『…………はぁ、くだらない』

眼鏡っ娘『はあ? なによ、あんた』

クール娘『盤外戦術で勝って……なんだって言うの?』

クール娘『私たちは実力で勝っているから、協会に戦いを挑んだのじゃなかったのかしら』

眼鏡っ娘「……はっ、言うじゃない。なら次の試合はあんたが出なさい。大口叩いたからには必ず勝ちなさいよ」

452 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:21:59 ID:Gcv9PqYE
クール娘(相手は特A級の中二眼帯……。調べはついている)

クール娘(デルタちんぽチームの3人よりも早い時期に特A級に上がっていた実力者)

クール娘(能力は対象の行動を制限する――≪永氷ノ眼≫エターナルフォースジャッジメントアイズ)

クール娘(はっきり言って……能力だけなら最強の相手。でも私なら勝てる)

中二眼帯「――どうした? 来ないのか? ならばこちらから責めよう」

クール娘(私の能力――≪冷却時間≫クールタイムならね!)

クール娘「来なさい……。凍てつかせてあげるわ」

中二眼帯「盟約に基づいて発動する。新能力――≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスター」

クール娘「えっ、なにそれ。そんな能力聞いてない!!」

453 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:22:36 ID:Gcv9PqYE
クール娘「んひょおおおおおおおッッ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

教官♀「勝負有り!! 中二眼帯の勝利!!」

中二眼帯「――まずは1勝」

ふたなり「すごい! あれが中二さんの新能力!!」

メスガキ「性的トラウマを思い出させて強制絶頂させる……恐ろしい能力ね」

おしとやか「ふっふっふ。中二さんもなられたということですわね。……多重能力者に!!」

メスガキ「あ、そういやおしとやかも多重能力者になったんだっけ?」

おしとやか「ですわ! 私も修行によって新能力を身につけたのです!!」

ふたなり「おおー! どんな能力なの?」

おしとやか「それは実際に見せて差し上げますわ! ということで3戦目は私が出ます!!」

454 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:23:21 ID:Gcv9PqYE
 〜敵陣営〜

クール娘「はひぃ……♡」ビクビク

眼鏡っ娘「はっ、偉そうなこと言ってこのザマとはね。誰かコイツにおしおきしてやりなさい」

真面目♀「おい、そんなことする必要は――」

眼鏡っ娘「うるさいわね。おちんぽバスターズのモットーは弱肉強食」

眼鏡っ娘「弱い奴は徹底的におしおきして鍛え直してやるのよ」

ロリババア「くふふ、わしの能力はおしおき向けじゃ。任せとくれ」

ガチレズ「じゃあ次の試合はアタシが出るわぁ♡」

眼鏡っ娘「負けるんじゃないわよ、ガチレズ」

ガチレズ「安心して♡ アタシの能力にかかればぁ♡ どんな相手もイチコロよ♡」

455 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:24:01 ID:Gcv9PqYE
教官♀「お互い、準備はいいな!?」

おしとやか「よろしくてよ」

ガチレズ「うふふ♡ いつでもオッケー♡」

教官♀「では――――試合開始!!!!」

おしとやか「お手柔らかにお願いしますわ」

ガチレズ「ええ♡ おしとやかさん、戦う前に握手してくれない? アタシ、貴女のファンなの♡」

おしとやか「ふ、ファン!? 私に!? ええ、よろこんで握手しますわー!!」スッ

 手を差し出すおしとやか。

ガチレズ「あは♡ ありがとう♡ これで……アタシの能力が使える♡」ギュッ

メスガキ「馬鹿! 罠よ!!」

おしとやか「へ?」

456 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:24:49 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「――――≪百合乱暴≫リリィバイオレンス」

おしとやか「うっ!? これは!? ですわ!?」

ガチレズ「アタシの能力はね♡ 握手した相手を同性愛者(レズ限定)に変えちゃうの♡」

ガチレズ「あとはアタシのレズテクでトロトロってわけよ♡」

おしとやか「なるほど……中々恐ろしい能力ですわね」

ふたなり(というかあの能力はおちんぽ獣との戦いで役に立つの……?)

ガチレズ「うふふ♡ もう興奮が止まらないでしょ? レズの気分はいかが?」

おしとやか「……ふっ、問題ありませんわ」

ガチレズ「強がってもムダよ♡」

おしとやか「いえ、私……もともと同性愛者なので」

457 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:25:28 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「……え? 貴女、名家出身でお堅い感じなんじゃないの?」

おしとやか「それは昔の話ですわ。私はおちんぽハンターになって変わったのです! 同性愛者に!!」

おしとやか「なのでガチレズさん、貴女の能力は効きませんわー!!」ビシッ

ガチレズ「くっ……!」

ガチレズ「って、もともと同性愛者なら能力を使うまでもないってことじゃないの!」

ガチレズ「バカね♡ このままアタシの技巧でメロメロにしてあげるわっ!!」

ふたなり「ま、まずいよ! おしとやかちゃんの能力は≪異常感度≫!!」

メスガキ「強い刺激でイキにくくなるけど、弱い刺激ではイキやすくなるのよね」

ふたなり「愛撫中心のレズ責めとは相性が悪いよ!!」

458 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:27:30 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「くらえっ♡ 乳首クリ三点責めッ♡」クリクリ

 しなやかな指がおしとやかの肢体に襲い掛かる!

おしとやか「うっ♡」ビクッ

ガチレズ「勝った!!」

おしとやか「なーんて♡ ですわ」ピンピン

ガチレズ「なっ!? 効いてない……!?」

おしとやか「これが私の新能力……!!」

 ≪感覚遮断≫シャットアウト。
 神経の電流を操作することにより、一切の快楽を受けなくなる防御能力。

委員長「おしとやかさんはあの新能力で厳しい修行も乗り越えたんですよ」

ふたなり「うわあっ!? 誰ですか、あなたは!?」

459 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:28:19 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「どうやら快楽を無効化する能力みたいね……」

おしとやか「ふっふっふ。いくら攻撃しても無駄ですわ!」

ガチレズ「バカね♡ 無効化するっていっても限界はあるでしょ♡」

ガチレズ「なら、それまで責め続けるだけよ♡」クリクリ

 無効化されているにも関わらず三点責めを続けるガチレズ。

おしとやか(……確かに、私の≪感覚遮断≫には発動限界がありますわ)

おしとやか(ですが……お忘れでないかしら? 私は多重能力者なのですわ!)

おしとやか「…………んぃっ♡♡♡」ビクン!!

ガチレズ「っ!?」バシッ

 突如おしとやかの身体が激しく痙攣し、その衝撃でガチレズは弾き飛ばされた。

460 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:29:01 ID:Gcv9PqYE
メスガキ「なるほど、能力の組み合わせね」

ふたなり「どういうこと?」

委員長「≪感覚遮断≫を解除することでわざと強い刺激を受け、≪異常感度≫による痙攣で相手を弾き返したんですよ」

ふたなり「はえ〜、頭いいなぁ。おしとやかちゃん」

メスガキ「弱い快楽は≪感覚遮断≫で防いで、強い快楽は≪異常感度≫で利用するってワケね」

新人ちゃん「能力の組み合わせこそが多重能力者の強み……。流石です、おしとやか先輩」

ふたなり「あ、新人ちゃん。身体はもう大丈夫なの?」

新人ちゃん「はい……♡ 中二先輩にいっぱい介抱してもらったので♡」

中二眼帯「――美味であった」

ふたなり「いないと思ったらなにやってるんですか! 中二さんっ!!」

メスガキ(……これで特A級4人に抱かれたことになるのか、この子)

461 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:29:35 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「アタシの三点責めから逃れるとはね……♡ やるじゃない♡」

おしとやか「ふっふっふ! そちらの攻撃はもはや通用しませんわ! 観念してください!」

ガチレズ「うふふ♡ 観念するのはそっちでしょ?」

おしとやか「?」

ガチレズ「貴女の能力……どっちも防御専用じゃないの」

ガチレズ「攻撃手段がない相手なんてどうにでもなるのよ♡」

おしとやか「…………」

ガチレズ「アタシのレズ技巧の前では……どれだけ堅いガードがあってもムダ♡」

ガチレズ「今まで何人ものノンケをこの指で堕としてきたんだから♡」

ガチレズ「ま、貴女はもともとレズだったみたいだけど……」

ガチレズ「関係ないわ♡ ノンケでもレズでも平等に堕とすのが、私の流儀なの♡」

462 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:30:46 ID:Gcv9PqYE
おしとやか「……その言いようですと、嫌がる女性をもレズ堕ちさせたのでしょうね」

ガチレズ「当然じゃない♡ でも感謝してほしいくらいよ♡」

ガチレズ「そうでしょ? アタシのおかげで新境地を開けたんだから♡」

おしとやか「……心が通じ合わないレズはレズに非ず」(正直興奮するので創作上ではOKですわ)

おしとやか「貴女がやっていることは同じですわ! ――――おちんぽ獣と!!」

ガチレズ「言うじゃない。アタシに堕とされた後でも同じことがほざけるかしらね?」

おしとやか「私は負けません。教えてあげますわ。愛の尊さを――!!」ダッ!!

ガチレズ(向こうから突っ込んできた!? なるほど、能力で防御できるからごり押しってわけね)

ガチレズ「あはは♡ ムダよっ♡」グイッ

 突進したはいいものの、おしとやかはあっさり取り押さえられてしまった。

463 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:31:24 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ「イイこと教えてあげる♡ アタシが堕とした女の子の数は999人♡」

ガチレズ「防御に優れた子も、ごり押ししてくる子も、みんな堕としてきたの♡」

ガチレズ「貴女もその仲間入りよ♡ 1000人目おめでとう♡」サワッ

おしとやか「くっ♡」

 身動きが取れないまま、おしとやかはレズ愛撫による猛攻を受ける。

ガチレズ「ほらほら〜♡ いつまでガマンできるかな〜?」サワサワ

おしとやか「あっ、ひゃっ♡ んん……♡」ビクビク

ガチレズ「うふふ♡ あま〜い声が漏れだしてきたわね♡」

ガチレズ「…………あれ?」

 違和感を覚えるガチレズ。

464 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:32:01 ID:Gcv9PqYE
ガチレズ(この子、快感を防げるんじゃないの? なのになんで喘いで……)

ガチレズ(能力の発動限界が訪れた? それにしても早すぎるような……)

おしとやか「ふふふっ♡ か、かかりましたわね♡」ビクンビクン

ガチレズ「なっ!?」

おしとやか「まんまと罠にハマった、というわけですわ♡」ビクビク

ガチレズ「わ、罠!? どういうこと……!?」

おしとやか「私の膝をご覧になってくださいですわ」ビクビク

ガチレズ「…………はっ!!」

 おしとやかは拘束されながらも、膝を立ててガチレズの陰核に触れていた。

おしとやか「≪異常感度≫による痙攣。それで振動責めをしていたのですわ!」

ガチレズ(膝でクリ責めをされていた……!? でも、なんの感触も……)

465 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:33:00 ID:Gcv9PqYE
おしとやか「≪感覚遮断≫は――他者にも発動できますわ」

ガチレズ「!!」

おしとやか「何も感じないということは、気付けないということ」

おしとやか「気付いていなかったようですが、貴女はずっとクリ責めをされていたのですわ」

ガチレズ「ちょ、ちょっと待ってよ……!」

おしとやか「さて、ずーっと無防備に責められていたクリちゃん――」

おしとやか「≪感覚遮断≫を解除したらどうなってしまうのか、楽しみですわ♡」

ガチレズ「や、やめ…………!」

おしとやか「解除♡ ですわ♡」

ガチレズ「ひぎゃあああああああ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

おしとやか「あらら♡ 即イキですわ♡」

教官♀「勝負有り!! 勝者、おしとやか!!」

466 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:33:37 ID:Gcv9PqYE
ふたなり「やったね、おしとやかちゃん!!」ピョンピョン

おしとやか「やりましたわ〜っ♡ ふたなり様♡」ピョンピョン

中二眼帯「――これで白星は2つ。次の試合で勝てば決まるな」

新人ちゃん「流石は先輩方ですっ!」

メスガキ「ふふん、この勢いのまま勝ってやるわ! 次は私が出る!」

ふたなり「がんばって、メスガキちゃん!」

メスガキ「ふふーん! ふたなりの出る幕もないわ! 決めてあげる!」

おしとやか「油断して足元すくわれないように気を付けるのですわ」

メスガキ「はいはい忠告ありがと。余裕で勝ってみせるんだから!」

467 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:34:10 ID:Gcv9PqYE
教官♀「では4戦目だ。準備はいいな?」

ロリババア「くふふ……」

メスガキ「はぁ〜、私の相手はこんなチビっ子なワケ?」

ロリババア「なっ!! お、お前だってチビっ子じゃろがい!」プンプン

メスガキ「あんたがそれ以上にチビっ子だって言ってるのよ。分かる?」クスクス

ロリババア「おのれ……! 馬鹿にするでない!! こてんぱんにしちゃる!!」フンスッ

メスガキ「馬鹿になんてしてないわよ。ちっちゃいなぁって思っただけ」

ロリババア「それを馬鹿にしてると言うのじゃ!!!」

教官♀「お、おい2人とも……準備はいいのか?」

468 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:34:46 ID:Gcv9PqYE
メスガキ「あーあー、しつこいしうるさい! これだからガキんちょはイヤなのよ」

ロリババア「わしはガキんちょじゃないっ!! お前なんかよりずっと年上なんじゃぞっ!!」

メスガキ「えー? 年上ぇ? 嘘でしょ?」

ロリババア「嘘じゃないっ!!!」

メスガキ「なら悲惨ね。ババアなのに中身はガキなんて」クスクス

ロリババア「なっ……!! わしはババアでもガキでもないっ!!」

教官♀「おい、そのへんにしておけ!」

メスガキ「ぷーっ! ムキになるとこなんかまさにガキじゃない!」

ロリババア「ムキになってないっ!!」

メスガキ「あ! 涙目になってるぅ! 悔しかったんでちゅねぇw」

ロリババア「涙目になってないっ!!!」プルプル

469 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:35:40 ID:Gcv9PqYE
メスガキ「もう泣きそうじゃん! あーあ、ガキ泣かしちゃったら弱いものイジメみたいじゃん」

ロリババア「うう……! ば、馬鹿にするなぁ!!!」

メスガキ「ごめんごめん。流石に言い過ぎたわ。本当のこと言ってごめんね〜?w」ニヤニヤ

ロリババア「ああああああああああああ!!!!!」

メスガキ「うわぁ、癇癪起こさないでよ。ほんとにガキだね♡」

ロリババア「ギギギ……! うがぎゃああああああああああああ!!!!」ジタバタ

メスガキ「ねぇ、気に食わないことあったらいつもそうなの?」

メスガキ「馬鹿みたい。今までの人生ずーっとそうやってきたんだ」

メスガキ「年上だとか言ってたけど、そんなんじゃよっぽど薄っぺらい人生送ってきたんだろうね」

メスガキ「ザッコい人生だわ。ザ〜コ、ザ〜コぉ」

ロリババア「うああああああああああん!!!」ビエエエエエ

第9おちんぽ 完

470 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:36:13 ID:Gcv9PqYE
〜次回予告〜

 メスガキちゃんとロリババアちゃんの試合は意外な結果に終わって……!?
 いよいよ最終戦! 相手はあの真面目♀さんだ!
 不利な状況だけど……私は負けない!!
 さあ! ヤろう、真面目♀さん!!

 次回! おちんぽ10本目『決戦☆ 最終おちんぽ試合!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

471 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:37:11 ID:Gcv9PqYE
名前:クール娘
性別:♀
年齢:17
身長:160cm
髪型:ボブ
髪色:水色
カップ:A
【ABILITY】≪冷却時間≫クールタイム
不明。


名前:ガチレズ
性別:♀
年齢:16
身長:159cm
髪型:ロング(ぱっつん)
髪色:黒
カップ:F
【ABILITY】≪百合乱暴≫リリィバイオレンス
握手した相手を強制的に同性愛者に変える。レズ限定。
効果は時間経過で解除されるが、その前に堕とされてしまうとレズのまま固定されてしまう。
元々同性愛者である相手には何の効果も発揮されない。

472 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:38:59 ID:Gcv9PqYE
中二眼帯
【DUAL-ABILITY】≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスター
左眼(眼帯の方)で見つめた相手の記憶を探り、性的トラウマを呼び覚ます。
常人はそのまま絶頂してしまう。耐えられたとしても相手の弱点を知ることが出来る。


おしとやか
【DUAL-ABILITY】≪感覚遮断≫シャットアウト
神経を流れる電流を操作し、快感を完全に無効化する能力。
持続時間は10分程だが自由に解除と再発動が可能。最後の発動から10分経つと持続時間が最大まで回復する。
触れている相手にも発動することが可能。相手に対して使う場合は持続時間は無限(触れている限りずっと)になり、
無効化した快感が蓄積されるようになる(解除と同時に一斉に蓄積された快感が襲い掛かる)

473 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/27(水) 07:40:26 ID:Gcv9PqYE
名前:ロリババア
性別:♀
年齢:18185
身長:114cm
髪型:ロング
髪色:グレー
カップ:AA
【ABILITY】≪????≫???
不明

474 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:22:04 ID:AtOzumg6
おちんぽ10本目『決戦☆ 最終おちんぽ試合!!』※敗北ルート有り


ロリババア「うえええええええん!! もうイヤじゃあああああああ!!」ダッ

教官♀「あっ! どこへ行くんだ!」

 泣きながらどこかへ走り去るロリババア。

メスガキ「あーあ、どっか逃げちゃった」

ふたなり「これって試合はどうなるの?」

おしとやか「さあ……」

メスガキ「私の不戦勝でしょ?」

教官♀「ううむ……。そうなるな。仕方ない、ロリババア棄権のため、勝者メスガキ!!」

メスガキ「やりい!」

475 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:22:38 ID:AtOzumg6
メスガキ「いやぁ、楽勝だったわ〜」

おしとやか「ちょっとあれは可哀そうですわよ」

メスガキ「口撃はおちんぽ獣だってやってくるし、あれくらい耐えられなきゃダメでしょ」

ふたなり「というかこれで私たちの3勝だよね?」

中二眼帯「――決着」

メスガキ「なーんだ。やっぱりふたなりの出る幕はなかったわね。私の華麗な勝利で終わっちゃった」

新人ちゃん「特A級は全員勝利……。私だけ負けちゃって恥ずかしいです」

ふたなり「そんな、新人ちゃんだってギリギリまで食い下がってたし恥じることはないよ!」

新人ちゃん「ふたなり先輩……ありがとうございます! 私、もっともっと強くなってみせます!」

眼鏡っ娘「見事だったわ。おちんぽハンター協会の皆さん」パチパチ

476 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:23:22 ID:AtOzumg6
 拍手しながら現れる眼鏡っ娘。

眼鏡っ娘「やっぱり現役でおちんぽ獣と戦っているだけのことはあるわね。うちの完敗よ」

新人ちゃん「め、眼鏡っ娘さん……」ビクビク

眼鏡っ娘「ああ、そんなに怯えないでよ。試合の時は悪かったわね」

新人ちゃん「はい……」

メスガキ「何の用よ。まさか私の勝ちをなかったことにしたい、なんて言うつもりじゃないでしょうね」

眼鏡っ娘「いやいや、負けは負け。そこは素直に認めるわよ。ただ提案がひとつあるの」

おしとやか「提案?」

眼鏡っ娘「最終戦があんな感じじゃ不完全燃焼でしょ?」

ふたなり「まあ……確かに」

眼鏡っ娘「だから最後はエキシビションってことで気楽に戦わない?」

477 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:23:55 ID:AtOzumg6
ふたなり(残る相手は真面目♀さんだったよね。ちょっと気になるけど……)

眼鏡っ娘「勝敗は気にしなくて大丈夫よ。もう決着はついたし」

眼鏡っ娘「試合というよりも交流……みたいな感じでヤッてもらって構わないわ」

ふたなり(それなら引き受けても損はないのかな?)

眼鏡っ娘「どうする?」

ふたなり「じゃあ……やらせてください! 最終試合!」

眼鏡っ娘「決まりね。じゃあ準備してリングに上がってちょうだい」

メスガキ「あーあ、安請け合いしちゃって。大丈夫なの?」

おしとやか「なんだか嫌な予感がしますわ」

ふたなり「もうっ、2人とも疑り深いんだから」

478 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:24:35 ID:AtOzumg6
 〜敵陣営〜

眼鏡っ娘「出番よ、真面目♀」

真面目♀「ああ……。しかしまさかバスターズ側が敗北するとはな」

ガチレズ「面目ないわ……」

眼鏡っ娘「……ふん。最後に勝てばいいのよ。全力でいきなさい、真面目♀」

真面目♀「……? いや、最後に勝ってもこちらの負けなんじゃ」

眼鏡っ娘「いいから。あんたは何も考えずに敵を叩き潰すの。分かった?」

真面目♀「あ、ああ……」

眼鏡っ娘「ふふふ……」

ロリババア「びええええ……! ひっく、ぐすっ!」グスングスン

眼鏡っ娘「あら、あんた戻ってきたの。あとでおしおきだからね」

ロリババア「びえええええええええ!!!」

479 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:25:12 ID:AtOzumg6
教官♀「では最終試合を始める。この試合の勝ち負けは陣営に影響しないから気楽にな」

ふたなり「はい!」

真面目♀「よろしく頼む、ふたなりさん」

ふたなり「真面目♀さん、あの時はありがとうございました」ペコリ

真面目♀「うん? いいよ、当然のことをしたまでさ」

ふたなり「いえ、ちゃんとしたお礼を言えてなくてすみませんでした」

真面目♀「……謝るのはこっちの方さ。あの時は協会のレベルが低いなんて言ってすまなかったね」

真面目♀「訂正する。君たちはこれからも十分おちんぽ獣とやっていける逸材だよ」

教官♀「では――――試合開始!!」

真面目♀「おっと始まったか。それじゃあ最後も恨みっこなしでいこう」

ふたなり「はい!」

480 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:25:58 ID:AtOzumg6
真面目♀「そうだ、堅苦しいのも無しにしないか?」

ふたなり「ええと……そうだね! 真面目♀ちゃんって呼んでいい?」

真面目♀「構わないよ。私は……ふたなりちゃんって呼ぶとキャラ的におかしいかな?」

ふたなり「あはは、呼び捨てでいいよ!」

真面目♀「ありがとう、では改めてよろしく。ふたなり」

ふたなり「うん! それじゃあ……始めよう!」ダッ!!

真面目♀「……来たか! 迎え撃つ!!」

ふたなり(いちゃらぶえっちなら何度もしてたけど、女の子を相手に戦うのはかなり久しぶりかも?)

ふたなり(私の強みはおちんぽがあること! なら積極的にそれを使う!)

 腰を突き出し、おちんぽ攻撃を狙うふたなり。
 だが――。

真面目♀「甘いっ!」パクッ

ふたなり「あっ♡ く、咥えられた!?」

481 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:26:36 ID:AtOzumg6
真面目♀(目立った長所はその分対策もされやすいということだ)

真面目♀「んぐ……♡ ちゅるっ♡」

 ふたなりおちんぽを咥えたまま、舌を動かす。

ふたなり「ひゃっ♡ す、すごい♡ 口の中でぬるぬるってしてる♡」

真面目♀(これが私の秘技、真面目フェラだ!)

ふたなり「あっ♡ ダメ♡ おくちから抜かなきゃ♡ もう射精しちゃいそうっ♡」ビクビク

教官♀「ふたなり。分かってるとは思うが、この試合では≪等価絶頂≫は使えんぞ」

 ≪等価絶頂≫ザーメンチェンジはふたなりの固有能力。
 おちんぽ獣にイカされた時、射精することによって敗北アクメを回避する能力だ。

真面目♀(そう。この試合はオスイキだろうがメスイキだろうが、絶頂すればそこで敗北扱い)

ふたなり「しゃ、射精……♡ 我慢しなきゃ……♡」

真面目♀(彼女には不利なルールだが……それでも全力で相手をするのが私の礼儀だ)ペロペロ

482 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:27:24 ID:AtOzumg6
眼鏡っ娘「ふふふ……頃合いね。準備はいい?」

記者ちゃん「うしし……ばっちりッス!」

ロリババア「? なんじゃこやつは?」

ガチレズ「どうしてマスコミの方がこちらに?」

眼鏡っ娘「いいからしっかり見ておきなさい」

眼鏡っ娘「これから最高のショーが始まるんだからね……」ニィ

記者ちゃん「おちんぽハンター協会をぶっ潰すッスー!」

ガチレズ「なんだかよく分からないけど……」

ロリババア「面白くなってきそうじゃな、くふふ」

記者ちゃん「ふっふっふー!」

483 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:28:11 ID:AtOzumg6
 突如、リング上が無数のライトで照らされる。

真面目♀(っ!? なんだこれは!?)チュポン

 思わずおちんぽから口を離してしまう真面目♀。

ふたなり「ふひゃ……♡ あとちょっとでイケたのにぃ……♡」

眼鏡っ娘「最終試合は全国中継することにしたわ!」

記者ちゃん「カメラはこっちッスー!」

 大きなカメラを手に持ち、ふたなりと真面目♀を撮影する記者ちゃん。

記者ちゃん「何万人もの視聴者に見られながら戦ってくださいッス!!」

ふたなり「な、何万人……!?」

真面目♀(そういうことか……! 汚い真似を!)

484 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:29:15 ID:AtOzumg6
真面目♀「おい! 試合外からそんな羞恥責めをするなんて卑怯じゃないか!?」

真面目♀「そんなことをされて勝利を得たとしても私は嬉しくない!」

眼鏡っ娘「あんたが嬉しいかどうかなんて関係ないわ。勝てるかどうか」

眼鏡っ娘「気に食わないならわざと負ければ? 全国にあんたの痴態が公開されちゃうわよ」

眼鏡っ娘「ちなみに降参は認めないからね。リーダー権限よ」

真面目♀「くっ……!」

メスガキ「こんな試合いますぐ中止よー!」

おしとやか「ですわー!」

記者ちゃん「おや? いいんッスか? ここでやめたら協会にどんな印象が付くッスかねぇ……」

眼鏡っ娘「土壇場で勝負から逃げた腰抜け集団……かしら?」

中二眼帯「――卑劣な!」

ガチレズ「うふふ♡ 最高のショーってこのことだったのね♡」

ロリババア「くふふ、愉快じゃ! わしをコケにした連中を公開処刑してやれぃ!」

485 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:30:45 ID:AtOzumg6
眼鏡っ娘(ふふふ、この時のために真面目♀には対ペニス戦術と羞恥責め訓練を行わせていた)

眼鏡っ娘(最初の4戦は勝てれば上々だったけど、所詮は布石でしかなかった……)

眼鏡っ娘(勝利ムードで気を緩ませたところを叩き、敗北姿を全国に公開する! それが本当の狙い!)

記者ちゃん「バスターズ側の敗北は放送しないッス。偏向報道バンザイッス〜!」

眼鏡っ娘「徹底的に辱めて潰してあげるわ、おちんぽハンター協会……!」


真面目♀「く……! どうすれば……! 戦うしかないのか……!?」

ふたなり「……試合を続けよう、真面目♀ちゃん」

真面目♀「!? いいのか? そっちにかなり不利な条件なんだぞ?」

ふたなり「大丈夫。どんな状況でも戦い抜くのがおちんぽハンターだもん!」

真面目♀「……そうか。なら、全力で相手をするまで」

486 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:31:27 ID:AtOzumg6
真面目♀(勝つにしても負けるにしても速攻で終わらせる!)

真面目♀(そうすればお互い晒される痴態も少なく済むはずだッ!)

 再びおちんぽへの口淫を狙う真面目♀。
 しかし。

ふたなり「よっ、と!」ヒョイ

真面目♀「回避した――!? だが、このまま手コキ攻撃を仕掛けるッ!!」スッ

ふたなり「あぶなっ!」ヒョイッ

真面目♀(また回避された!? ならば次は足コキ――!!」

ふたなり「そこっ♡」ズブッ!!

真面目♀「ぐっ!?♡」ビクッ

 連続攻撃を仕掛けた真面目♀だったが、全て回避されてしまい
 逆にバックからふたなりおちんぽを挿入されてしまう。

ふたなり「来るのが分かってさえいれば……避けるのは簡単だよ♡」

487 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:32:31 ID:AtOzumg6
眼鏡っ娘「なんですって……! あんな回避能力、協会のデータには無かった!」

記者ちゃん「今までずっと力を隠してたってことッスか?」

ロリババア「ううむ……。あの小娘、そこまで頭が回るようには見えんが……」

ガチレズ「アタシには分かるわ。あの回避能力は女の子に追いかけられて習得したもの」

ガチレズ「つまり女の子相手にしか使えない力なのよ」

 危機察知能力。
 これはふたなりの固有能力では無い。努力と経験によって鍛えられた、ただの身体能力である。

 長年、ふたなりはおちんぽがあるせいでおちんぽ獣だと誤解され続けていた。
 誤解した人々に迫害され、追い回され――
 逃亡生活を続けていく内に彼女の神経は研ぎ澄まされていき、

 そうして手に入れたのだ。高度な回避能力を。

眼鏡っ娘「なるほど、協会にはおちんぽ獣との戦いの記録しかない」

眼鏡っ娘「だから見落としていたって訳ね……」

488 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:33:07 ID:AtOzumg6
真面目♀(挿入戦を仕掛けてきたか……! だが問題無い!)

ふたなり「はうっ♡ すごい締め付け……♡」

眼鏡っ娘「真面目♀は膣の締め付けも一級品よ。そのまま搾り取られてしまいなさい!!」

真面目♀(すぐに終わらせるっ! そうすれば痴態が晒されるなんてことも……)ズチュズチュ

 真面目♀は腰を動かし、ふたなりおちんぽを刺激する。

ふたなり「んっ♡ んひっ♡ なかっ♡ あつくてっ♡ とろとろでっ♡」ビクビク

ふたなり「すごいっ♡ 真面目♀ちゃんのおまんこっ♡ 名器だよぉっ♡」ビクビク

真面目♀(くっ、ふたなりのおちんぽも強い……! このままだと私も……!)ズチュズチュ

真面目♀(は、早く射精してくれ……! 長くは持たないっ♡)ズチュズチュ

ふたなり「むぅ……」

489 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:34:34 ID:AtOzumg6
ふたなり「真面目♀ちゃん、挿入してからずっと黙ってて……つまんないよ!」

真面目♀「へっ?」

ふたなり「私たち、もう友達でしょ! 戦いなんて忘れてさ、もっと仲良くセックスしようよ!」

真面目♀「…………」

ふたなり「あ、また黙ってる!」

真面目♀「ふふ、すまない。全力で戦うことばかりに気を取られて……大切なことを忘れていたよ」

ふたなり「えへへ、じゃあ……こっちも動くね♡」パンッ!!

 勢いよく腰を打ち付けるふたなり。

真面目♀「ひゃんっ!?♡♡」ビクビクッ

ふたなり「あ♡ 声かわいい♡」パンパン

真面目♀「まっ♡ まだこんなに動けるのか……!?♡♡♡」ビクビク

490 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:35:08 ID:AtOzumg6
ふたなり「かわいい女の子が相手してくれてるのに、先に射精なんか出来ないよ♡」

ふたなり「いっぱい気持ちよくなってね♡」パンパン

真面目♀「ひゃっ♡ こ、これはマズいっ♡ くっ♡」ビクビク

ふたなり「ああ♡ 私も気持ちいいよ♡」パンパン

真面目♀「まっ、負けてたまるかぁ♡」ズチュズチュ

ふたなり「あひっ!?♡♡♡」ビクン!!

 お互いが腰を打ち付けあい、激しい抽挿が織りなされる。

ふたなり「すっ♡ すごいっ♡ 私の我慢汁と真面目♀ちゃんの愛液で……すごいえっちな音が鳴ってる♡」パンパン

真面目♀「ひっ♡ ひゃんっ♡ や、やめっ♡ 音……鳴らさないでぇ!♡♡♡」ビクビク

記者ちゃん「あ、あいつら……もうカメラのことなんか忘れてるッス! 羞恥責めが無意味ッス!」

眼鏡っ娘「むしろ真面目♀の方が羞恥に悶えてるわね……」

491 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:35:47 ID:AtOzumg6
真面目♀「おっ♡ おおおおおおっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

ふたなり「でっ、でちゃうううっっっ♡♡♡♡♡」ドビュルルルッ!!

 ほぼ同時に2人とも絶頂し、その場に倒れこむ。

教官♀(両者絶頂!? 勝ったのはどっちだ……!?)

真面目♀「ぐ……うぐぐ……!」ヨロヨロ

 震える足を抑えながら立ち上がる真面目♀。

教官♀(先に立ったのは真面目♀……! ということは、この勝負――)

教官♀「勝者! まじめ――」

真面目♀「待ってくれ! 負けたのは――私だ!」

教官♀「!?」

真面目♀「一瞬早く……私の方がイカされていたんだ」

492 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:36:33 ID:AtOzumg6
眼鏡っ娘「〜〜っのバカ! 黙っていれば勝てたのに!!」ドンッ!!

記者ちゃん「ひええ!! 怒らないでッス、怖いッス〜!」

眼鏡っ娘「うるさい! そうだ、せめてふたなりのイキ顔をアップで映して全国に晒してやりなさい!!」

記者ちゃん「は、はいッス……」


ふたなり「はひ……♡ 気持ちよかった……♡」ハァハァ

 仰向けに倒れたまま恍惚の表情を浮かべるふたなり。
 そこに真面目♀の手が差し伸べられた。

真面目♀「勝者が寝そべったままでどうする。立ち上がるんだ、ふたなり」

ふたなり「……真面目♀ちゃん、ありがとう♡」ギュッ

 ふたなりはその手を掴み、立ち上がる。
 その後も2人は手を取り合ったまま、見つめ合い続けた。

真面目♀「完敗だ。すごく良かったよ、ふたなり♡」ニコ

ふたなり「真面目♀ちゃんもナイスファイトだったよ♡ どっちが勝ってもおかしくなかったもん♡」ニコ

記者ちゃん「ああああ〜〜〜!! これじゃ痴態じゃなくて友情物ッス!!」

493 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:37:28 ID:AtOzumg6
教官♀「ふふふ……。ここは2人の健闘を称え――」

教官♀「勝者はふたなりと真面目♀! 両者とする!!」

ふたなり「えっ、2人とも勝者!?」

真面目♀「そんな裁定でいいのか?」

教官♀「これはエキシビション。勝ち負けなんてどうでもいいだろう?」

ふたなり「やったね! 真面目♀ちゃん!!」ピョンピョン

真面目♀「……はは、あはは! 完敗だよ! 素晴らしいよ、おちんぽハンター協会!」

 ――こうして、
 おちんぽハンター協会とおちんぽバスターズの戦いは終結したのであった。

 ●新人ちゃん VS 眼鏡っ娘〇
 〇中二眼帯  VS クール娘●
 〇おしとやか VS ガチレズ●
 〇メスガキ  VS ロリババア●
 〇ふたなり  VS 真面目♀〇


第10おちんぽ 完

494 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:38:12 ID:AtOzumg6
〜次回予告〜

 新人ちゃんが行方不明!?
 大変! 探しに行かないと!!
 でも一体どこを探せばいいの……!?
 途方に暮れる中、姿を現したのは……?

 次回! おちんぽ11本目『救出☆ さらわれた新人ちゃん!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

495 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 02:38:50 ID:AtOzumg6
名前:真面目♀
性別:♀
年齢:17
身長:158cm
髪型:ポニーテール(ミディアム。ポニテは高めの位置)
髪色:ブラウン
カップ:B
【ABILITY】未習得
基本的な性技のみで戦う。

496 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:10:57 ID:3T19UHT.
おちんぽ11本目『救出☆ さらわれた新人ちゃん!!』※敗北ルート有り


 おちんぽハンター協会。B級宿舎。
 新人ちゃんは1人で自慰による特訓を行っていた。

新人ちゃん「んっ、はぁ……♡ この前の試合では私だけ負けちゃったから……♡」クチュクチュ

新人ちゃん「今度こそ足を引っ張らないように頑張って鍛えなきゃ……♡」クチュクチュ

新人ちゃん「んっ♡♡♡」ビクン!!

新人ちゃん「……ふぅ、こんなに早くアクメしちゃうんじゃまだまだだな……」

 ふと、新人ちゃんは部屋の隅に小包みがあることに気付いた。

新人ちゃん「……? なんだろ、これ? 宅配便かな?」

新人ちゃん「USBメモリ? 中身はなんだろう……」

 パソコンに差し込み、中のデータを確認する。

新人ちゃん「動画……? こ、これって……!!」

497 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:11:34 ID:3T19UHT.
 翌日。

ふたなり「えっ!? 新人ちゃんが行方不明!?」

教官♀「こら! 静かにしろ! まだ公にはなっていないんだ!」

メスガキ「今回の任務はデルタちんぽチームの3人で新人の捜索をするってことね」

教官♀「ああ。お前たち、新人と仲が良かっただろう? 行き先に心当たりはないか?」

おしとやか「うーん、ホテルしか思い浮かびませんわ」

メスガキ「私もホテルしか出てこない」

教官♀「お前ら身体だけの関係か? ふたなりは?」

ふたなり「うーん、任務の時に路地裏には行ったけど……他は分からないなぁ」

教官♀「お前ら……。まあいい。とにかく新人の捜索は任せたからな」

教官♀「あいつもそろそろA級に昇格するレベルだ。そこらのおちんぽ獣に負けたってことはないだろう」

ふたなり「だといいけど……。心配だな」

498 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:12:20 ID:3T19UHT.
 〜5話の路地裏〜

おちんぽ獣「ピギャアアアアアアア!!!」ビュビューッ!!

おしとやか「駆除完了ですわっ!!」ピース

メスガキ「おちんぽ獣はいるけど新人のいる気配はないわね……」

ふたなり「どこ行っちゃったんだろう……。大丈夫かな、新人ちゃん」

記者ちゃん「やあやあデルタちんぽチームの皆さん、こんなところで会うなんて奇遇ッスね」

メスガキ「あっ!! お前は!!」

おしとやか「奇遇だなんて白々しいですわ。こんな危険なところに何故いたんですの?」

記者ちゃん「いやぁ〜、ちょっと3人に伝えたいことがあって」

ふたなり「伝えたいこと?」

記者ちゃん「新人さんの居場所……とか」

ふたなり「!!」

499 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:12:55 ID:3T19UHT.
 〜廃墟地帯〜

ふたなり「新人ちゃん!!」

 そこには捕らえられ、拘束された新人ちゃんがいた。

新人ちゃん「すみません先輩……私、また皆さんに迷惑をかけて……」グスッ

眼鏡っ娘「ふふふ、来たわね。デルタちんぽチーム!」

メスガキ「お前っ! なにが目的だ!!」

おしとやか「もうおちんぽバスターズは解散したでしょう?」

眼鏡っ娘「ふん、バスターズだとか協会だとか……そんなものはもうどうでもいいわ」

眼鏡っ娘「これを見なさい」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!!」

ふたなり「お、おちんぽ獣……?!」

眼鏡っ娘「新型のね」

500 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:13:30 ID:3T19UHT.
ガチレズ「うふふ♡」

おしとやか「あっ、ガチレズさん!! 貴女まで悪の手先になったんですわね!!」

ロリババア「わしもいるぞい!」

メスガキ「あ、ザコだ」

ロリババア「うるちゃい!!!」

眼鏡っ娘「はいはいその辺にしときなさい。これから面白いものを見せてあげるわ」

ふたなり「面白いもの……?」

眼鏡っ娘「ガチレズ、ロリババア、能力を使いなさい」

ガチレズ「はーい♡」 ロリババア「うむ」

ガチレズ「――≪百合乱暴≫リリィバイオレンス!」

ロリババア「――≪百鬼夜行≫ナイト!」

501 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:14:10 ID:3T19UHT.
おちんぽ獣「ピギィィィィィ!!」ジタバタ

ふたなり「お、おちんぽ獣に向かって能力を……!? 一体なにをするつもりなの!?」

眼鏡っ娘「私の能力で……定着させるのよ。そうして生み出すの」

眼鏡っ娘「――――最強のおちんぽ獣をね!!」

 眼鏡っ娘はおちんぽ獣に触れ、≪定着≫フィクセーションを発動する。

おしとやか「≪百合乱暴≫の能力と……」

メスガキ「よく分からないけどロリババアの能力を、おちんぽ獣に定着させる……?」

眼鏡っ娘「それだけじゃないわ。これも追加よ」ブスッ

 眼鏡っ娘は懐から取り出した注射器をおちんぽ獣に刺した。

ふたなり「そ、それは新型ウイルスPENIS-19の改良版! PENIS-19190721!?」

ふたなり「なんで貴女がそれを……!?」

502 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:14:52 ID:3T19UHT.
おちんぽ獣「ぴ……ぎぃぃぃぃ!!!」

 2つの能力、そして改良ウイルスの定着。
 それによりおちんぽ獣の身体が突然変異を始める。

ガチレズ「≪百合乱暴≫により性別が変化し――」

ロリババア「わしの≪百鬼夜行≫によりこやつは異形化する」

眼鏡っ娘「ふふふ、見ものね」

おちんぽ?「ぴぎ……! ぴ……はぁぁ……!!」メキメキ

ふたなり「おちんぽ獣の姿が女の子に変わっていく……!?」

メスガキ「で、でもおちんぽは生えたままよ!?」

おしとやか「女の子型おちんぽ獣……!? ふたなり様と同じ、両性具有ということですの!?」

???「はぁぁ……♡ 生まれ変わった気分ね♡」

眼鏡っ娘「誕生おめでとう。貴女の名前はそうね。ふたなりサキュバスのふたサキュでどうかしら?」

ふたサキュ「悪くないわね♡ 名付けありがとう♡」

503 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:15:37 ID:3T19UHT.
ふたなり「能力を使って新型おちんぽ獣を造りだすなんて……!!」

記者ちゃん「うしし、大スクープッスね。ま、報道しないッスけど♡」ニヤニヤ

眼鏡っ娘「さあ、ふたサキュ! ふたなりを犯しなさい!」

ふたなり「や、やっぱり戦うの!?」

眼鏡っ娘「まさか逃げたりなんてしないわよね? 新人ちゃんが捕まっているもの」

新人ちゃん「うう……すみません、ふたなり先輩」

記者ちゃん「ふっふっふ、新人の敗北シーンだけでも動画を残しておいて正解だったッス」

記者ちゃん「あの無様な負け姿を全国に放映するって脅したらイチコロだったッスよw」

ふたなり「そんなことを……! ……許せない!!」

メスガキ「私たちも戦うわ!」 おしとやか「ですわ!」

ガチレズ「おっと、貴女たちの相手はぁ……♡」

ロリババア「わしらじゃ!」

504 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:16:12 ID:3T19UHT.
ガチレズ「うふふふ……♡」

おしとやか「くっ、時間稼ぎということですわね!」

ガチレズ「時間稼ぎぃ? 違うわ、貴女はここで私にイカされるのよ♡」

おしとやか「ふんっ、ですわ! 私に負けたのをもうお忘れですの?」

ガチレズ「そうね♡ 正攻法じゃ貴女を倒すのはちょっと厳しいかも♡ だからぁ♡」

ガチレズ「はいっ♡ 向こうを見て♡」

おしとやか「……?」

委員長「むぐーっ!!」ジタバタ

 そこには拘束され、おちんぽ獣に囲まれた委員長がいた。

おしとやか「なっ!? 委員長さんも人質にしていたんですの!?」

ガチレズ「そういうこと♡ あのおちんぽ獣たちはアタシの合図で動き出すから♡」

ガチレズ「抵抗はやめてね♡」サワッ

おしとやか「うっ……♡」ビクッ

505 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:16:46 ID:3T19UHT.
ガチレズ「≪感覚遮断≫なんか使っちゃダメ♡ いっぱい感じてちょうだい?♡」サワサワ

おしとやか「うう……♡ これは……ピンチですわっ!」ビクビク

 ガチレズは抵抗出来ないおしとやかの身体を焦らすように責めていく。

ガチレズ「はぁ♡ やっぱり堕とすなら格上の娘に限るわ♡ 屈服させがいがあるもの♡」サワサワ

おしとやか「くっ♡ こ、こんなっ♡ 弱い責めばかりなんてっ♡」ビクビク

ガチレズ「弱い刺激だとイキやすくなるんでしょ? もう調べはついてるのよ♡」サワサワ

おしとやか「うっ♡ くぅっ♡ や、やめなさい……♡♡♡」ビクッビクッ

ガチレズ「あははっ♡ もうイキそうなのぉ? だらしな〜い♡」クスクス

ガチレズ「イッたら向こうにいるおちんぽ獣を呼んで……敗北アクメさせてあげるわ♡」

ガチレズ「楽しみにしててねぇ♡」サワサワ

おしとやか「んっ♡ くぅぅっ♡」ビクビク

506 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:17:36 ID:3T19UHT.
おしとやか(どうにか……バレないように攻撃を……!)スッ

 気づかれないように膝を立て、ガチレズに密着させようとするが、

ガチレズ「おっと、その手には掛からないわよ♡ 何度も同じ手を食らうほど間抜けじゃないの♡」

 ガチレズは一定の距離を取った上で愛撫してくるため、上手くいかない。

おしとやか(≪感覚遮断≫による責めは気付かれにくい近距離じゃないと使いづらいですわ……!)

ガチレズ(中距離から手だけで責めちゃえばぁ♡ 負ける要素はないってこと♡)サワサワ

おしとやか「あっああ♡ も、もうダメですわっ♡ イ、イキますっ♡」ビクンビクン

ガチレズ「あははっ♡ 生意気おしとやかが堕ちるっ♡ 堕ちるのねっ♡」サワサワ

おしとやか「ひぁぁ……♡ わ、私の負けですわ♡ ですから……」ビクビク

ガチレズ「なーに?♡」ニヤニヤ

おしとやか「最後は……せめて膣内で思いっきりイカせてくださいですわ♡」

おしとやか「ガチレズさんの超絶技巧を味わって敗北アクメしたいのです……♡」

ガチレズ「うふふっ♡ 分かったわ♡」ゾクゾクッ

507 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:18:21 ID:3T19UHT.
委員長「むぐーっ!!」ジタバタ

おしとやか「そ、そうですわ♡ 委員長さんに♡ 私の痴態を見せてあげてください♡」ビクビク

ガチレズ「あははっ♡ 貴女、相当な変態ね♡ お望み通りにしてあげる♡」

 態勢を変え、委員長の正面になるようにおしとやかを向かせる。

ガチレズ「それじゃあとどめ♡♡♡」ズプッ!!

 そう言い、ガチレズはおしとやかの膣内に指を挿入する!

おしとやか「あっあああ♡♡♡ ひあああああああっ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

ガチレズ「ほらほらっ♡ 散々焦らしてあげたから強い刺激でもイッちゃうでしょ! イケッ!!」グチュグチュ

おしとやか「ええ……♡ お望み通り、イッてあげますわ♡♡♡」ビクビク

ガチレズ「……は?」

おしとやか「≪異常感度≫……! 最大出力っ!! ですわ!!」ドクン!!

おしとやか「ひ、ひぎぃっ♡ 秘技!! おしとやか・スプラッシュ!!!」プシャアアアアッッッ!!!

508 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:19:24 ID:3T19UHT.
 おしとやかの膣内から噴出された潮が……!

委員長「おおっ!?」パサッ

 委員長を拘束していた縄を切り裂いた!!

委員長「拘束が解けました!! おしとやかさん!!」

おちんぽ獣「ぴっ、ピギィ!?」

委員長「拘束がなければこの程度のおちんぽ獣……余裕ですよ。わたくしA級ハンターですからね」

ガチレズ「ちいぃっ!! これが狙いだったのね!!」

おしとやか「またしても罠にかかるなんて♡ 学習しないお方ですわね♡ これで人質はいなくなりましたわ!」

ガチレズ「ふんっ! してやったつもりかも知れないけど……この後はどうするつもり?」

ガチレズ「既にイカされた状態でアタシに勝てるのかしら?」

おしとやか「勝ってみせますわ♡ ふたなり様のために!!」

509 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:20:20 ID:3T19UHT.
ロリババア「くふふ……あの時の雪辱は晴らさせてもらうのじゃ」

メスガキ「はぁ、雪辱って。あんた言い負かされて泣き喚いてただけじゃない」

ロリババア「うっ、うるさいのじゃ!!」

メスガキ「口で勝てないから卑怯な真似して戦うなんて……ほんと情けないわね」

メスガキ「あんた何歳なの? いい歳してそんな戦い方しか出来ないわけ?」

メスガキ「あんたの人生ザコって言ったけど訂正するわ。ザコ以下よ、あんた」

ロリババア「むぐぐ……!!」ナミダメ

ロリババア「うぎゃむぐががががが!!!!」

メスガキ「うわっ、母国語出てるわよ」

ロリババア「わしはこの国出身じゃっ!!」

ロリババア「もう許さん!!!! ――――≪百鬼夜行≫ナイト!!」

510 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:21:04 ID:3T19UHT.
 能力を発動し、ロリババアの周囲から影のような何かが出現する。

ロリババア「くふふ、わしの能力は異形の僕を召喚するのじゃ。わしを護る騎士(ナイト)というわけじゃな」

メスガキ「うわ、能力が駄洒落になってるとかほんと年寄り臭いわね」

ロリババア「〜〜〜っ!! やれ!! ナイト!!」

影の騎士「…………っ!!」ダッ

 影の騎士がメスガキへと迫る。

メスガキ「異形なんて大層な呼び方してるけど……おちんぽ獣みたいなものじゃないっ!」シュッ

 影からの攻撃を避けつつ、相手の股間へ手を這わせるメスガキ。

メスガキ「ちゃんとおちんぽついてるのね♡ イカせてあげるわ♡」シコシコ

影の騎士「ああああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜ッ!!!」ドピュドピュドピューッ!!

メスガキ「ザッコ♡」

511 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:21:37 ID:3T19UHT.
???「…………っ!!」ガシッ!!

メスガキ「っ!? なにっ!?」(後ろから拘束された!?)

ロリババア「くふふ、わしのナイトが1体だけだと思い込んでいたか?」

触手「うねうね」ウネウネ

メスガキ「でも無駄よッ! 私に拘束は効かな――」

オーク「グオオ……!!」ガシッ!!

メスガキ「っ!! まだいるのっ!?」(複数相手はマズい!!)

スライム「しゃわしゃわ」

ローパー「うねうね」クネクネ

メスガキ「何体いるのよ!!」

ロリババア「無数の異形が貴様を犯す! これがわしの最強能力じゃ!」

512 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:22:34 ID:3T19UHT.
メスガキ「離せっ!!」

 ≪主導権≫を発動し拘束を解いても、すぐにまた別の相手に拘束されてしまう。

ロリババア「くふふふ、お主の能力……≪主導権≫いにしあちぶ、だったかの?」

ロリババア「どんな不利な状況も覆す能力だそうじゃが……複数人が相手では形無しじゃのう」

ロリババア「どれ、もっと増やしてやろう。――≪百鬼夜行≫ナイト!!」

オークB「グオオオ!!!」

スライムB「しゃわしゃわ」

ローパーB「うねうね」クネクネ

触手B「うねうね」ウネウネ

メスガキ「なっ!? 出しすぎでしょ!!」

影の騎士B「…………」

メスガキ「しかも一回倒された奴もまた出せるの……!?」

513 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:23:07 ID:3T19UHT.
ロリババア「それっ、生意気な小娘を懲らしめてやれい!」

 ロリババアの号令で異形達が攻撃を開始する。

オークA「グオオオオ!!!!」ズプッ!!

メスガキ「くっ!! 勝手に挿入してんじゃないわよっ!!」ジタバタ

触手A「うねうねっ!」ガシッ!!

メスガキ「離せっ!!」

触手B「うねうねっ!!」ガシッ!!

ロリババア「くふふ、無駄じゃ無駄じゃ。いくら拘束を解いても、またすぐ捕まるだけじゃ」

ロリババア「お主が動けるのは瞬きほどのほんの一瞬だけじゃのう」

ロリババア「ほれほれ、お前らも責めてやれ」

スライムA「しゃわしゃわしゃわ」

ローパーA「うねうねうね」クネクネ

514 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:23:55 ID:3T19UHT.
メスガキ「くっ♡ やめろぉ……♡ むぐっ♡」ビクビク

 オークによる挿入攻撃。
 スライムによる乳首や陰核への責め。
 ローパーの口辱とアナル責め。

 反撃しようにも触手が2体がかりで抑え込んでいるため、動くことすら難しい。

メスガキ(でも……分かったことがある)

オークB「…………」

影の騎士B「…………」

ローパーB「…………」

スライムB「…………」

メスガキ(あそこにいる奴らは攻撃どころか動く素振りすら見せない……)

メスガキ(恐らく、操れるバケモノの数には限度がある。そして……)

ロリババア「ひょほほほっ! 愉快じゃ〜♪」

メスガキ(バケモノを操るには近くにいる必要があるはず)

メスガキ(遠隔でも操れるなら、バケモノを出した後は隠れるのがベストだからね)

メスガキ(どうにか能力の射程外へ出られれば……勝機はある!)

515 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:24:41 ID:3T19UHT.
ロリババア(くふふ、勘付かれたようじゃの)

 ≪百鬼夜行≫の有効射程は半径3メートル程。
 それ以上離れてしまうと召喚した異形は姿を消してしまう。

ロリババア(さらに能力発動中は動けなくなり、無防備になってしまう……)

 そのための二重触手拘束。
 無防備状態になるのも、近い距離を保つ必要があるのも、
 相手の身動きさえ封じてしまえばデメリットにはならない。

ロリババア(同時に操れる最大数5体の内、2体を守りに使うのは少々勿体ないがのう)

メスガキ「くっ、くそっ♡ 集団で抑えつけて犯すなんて卑怯よっ♡」ビクビク

ロリババア「ひひひ、限界が近いようじゃな」ニヤニヤ

メスガキ「……こうなったら、奥の手を使うしかないようね」

ロリババア「……はん! 強がっても無駄じゃ! もうお主に打つ手はないじゃろう!」

516 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:25:21 ID:3T19UHT.
メスガキ「それは……どうかしらっ!!」ヒュンッ!!

ロリババア「ひょおっ!?」ビクッ

ロリババア(な、なんじゃ……!? これは!?)

メスガキ「思った通り能力を使っている間は動けなくなるみたいね。いい的だわ♡」ヒュンッ!!

ロリババア「ひゃんっ♡」ビクッ

ロリババア(な、なにか細長いものが攻撃してくる!? なんじゃこれは!!)

メスガキ「あーあ。出来ればこの手は使いたくなかったのよね。髪が痛んじゃうからさ」

ロリババア「…………髪じゃと!?」

 腰まで伸びるメスガキの長髪。それを使った愛撫手段――。
 細く束ねた髪を手で握り、鞭のようにしならせ打つことで遠距離愛撫を可能としたのだ。

メスガキ「この技を使わせたのはあんたで2人目♡ 誇っていいわよ♡」ヒュンッ!!

517 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:26:10 ID:3T19UHT.
 触手2体掛かりの拘束も、≪主導権≫を発動すれば一瞬だけ無効化できる。
 その一瞬でメスガキは正確にロリババアを捉え、攻撃を繰り出していた。

ロリババア「ひあっ♡」ビクッ

メスガキ「んふふ、責めが止まっているわよ。バケモノを操るのには集中力が必要みたいね?」ヒュンッ!!

ロリババア(まっ、マズいのじゃ! このままじゃ髪なんかにイカされてしまうっ!)

ロリババア「の、能力解除じゃっ!」

 慌てて能力を解き、距離をとって髪攻撃から逃れるロリババア。
 呼び出した異形が全て消えたことによりメスガキの拘束も解ける。

メスガキ「ふー。これでようやく自由になったわ」

ロリババア「ぐ、ぐぬぬ……!!」

メスガキ「それじゃ仕切り直しね。言っとくけど……もう捕まったりしないから」クスクス

ロリババア「お、おのれ……!!」

518 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:26:57 ID:3T19UHT.
眼鏡っ娘「さあ、ふたサキュ! いきなさい! ふたなりを屈服させるのよ!」

ふたサキュ「…………」

ふたなり「なんで……ここまでして私を狙うの!? あなたの目的は協会を潰すことじゃなかったの!?」

眼鏡っ娘「ふん。協会なんてどうだっていいのよ。私の目的は最初から……お前だけだ!」

ふたなり「ど、どうして……。あなたは、一体……?」

眼鏡っ娘「分からないなら教えてあげるわ。私は――――」

ふたサキュ「あは♡」ズブッ!!

眼鏡っ娘「っ!? う、うぐぅっ!?♡♡♡ な、なにをするのっ!!♡♡♡」ビクビクッ!!

 突然、背後からふたサキュに挿入されてしまう眼鏡っ娘。

ふたサキュ「ごめんね、ご主人様♡ 私、もう我慢できないや♡」パンッパンッ!!

眼鏡っ娘「あっ♡ ぐっ♡♡ お前っ♡ 私を誰だと……! あっ、あああああ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたサキュ「ごちそうさま♡」

519 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:27:47 ID:3T19UHT.
眼鏡っ娘「こ……こんなはずじゃ……♡♡♡」バタッ

 敗北アクメさせられ、眼鏡っ娘はその場に倒れてしまう。

記者ちゃん「め、眼鏡さん!! こ、これも計画の内……?」

ふたサキュ「んふ♡」

記者ちゃん「……じゃ、ないみたいッスね。あ、ちょっと待ってッス、やめっ」

ふたサキュ「いただきまぁす♡」ズブッ!!

記者ちゃん「ひああああああ♡♡♡ イクッ、イッちゃうッス〜〜〜♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「ひ、ひどい……! 仲間を敗北アクメさせるなんて……!」

ふたサキュ「仲間? 違うわね、私はおちんぽ獣で、この子たちは女。それだけよ♡」

ふたなり「それなら……あなたはここで私が倒す!!」

ふたなり(こんな凶悪なおちんぽ獣、野放しにするわけにはいかないよ!)

ふたサキュ「ふふふ……♡ かかってきなさい、おちんぽハンター!!」

第11おちんぽ 完

520 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:28:20 ID:3T19UHT.
〜次回予告〜

 立ち塞がる究極のおちんぽ獣。
 無数の能力を持つ相手にふたなりはかつてない苦戦を強いられる。

 次回 おちんぽ最終本目『ふたなりサキュバス』

 勝つのはどちらの両性具有か。

521 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 15:29:11 ID:3T19UHT.
ロリババア
【ABILITY】≪百鬼夜行≫ナイト
半径3メートル範囲に異形を召喚し、操る能力。発動中は身動きが取れなくなる。
召喚自体は無制限に出来るが同時に操れるのは最大5体まで。
呼び出せるのはオーク、スライム、ローパー、吸血鬼、地獄の番犬など多種多様。
幼少期、うっかり吸血鬼を召喚し噛まれてしまったせいで不老不死になってしまった。

522 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:37:33 ID:QZO5oHTM
おちんぽ最終本目『ふたなりサキュバス』※敗北ルート有り


眼鏡っ娘「ぐ……♡ く、くそ……♡」ビクビク

ふたサキュ「――――≪精気吸収≫エナジードレイン」

 突如、ふたサキュの尻のあたりから尻尾のようなものが現れる。
 尻尾は触手のようにうねり、倒れている眼鏡っ娘の膣内へと侵入した。

眼鏡っ娘「ぐあああああああああ!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「な、なにを――――!!」

ふたサキュ「敗北アクメさせた相手から能力を奪う――それが私の能力♡」

ふたサキュ「彼女の≪定着≫がどうしても欲しかったのよね♡」

 ふたサキュの存在は≪定着≫に依存している。
 発動時間が過ぎ――能力が解除されれば、ふたサキュはまた元のおちんぽ獣に戻ってしまうだろう。

 だが、

ふたサキュ「この能力は自身が対象なら永続的に発動が可能♡」

ふたサキュ「私自身が≪定着≫を習得すれば……もう解除される心配はないってこと♡」

523 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:38:08 ID:QZO5oHTM
ふたなり「……眼鏡っ娘さんをイカせた理由は分かった」

ふたなり「でも、記者ちゃんはどうして!」

記者ちゃん「はへぇ……ッス♡」ビクビク

ふたサキュ「ああ……。うーん、なんか邪魔だったから」

ふたなり「そっか」

ふたサキュ「さてと♡ ≪精気吸収≫のおかげで精力満々♡ 早速ヤりましょうか♡」

ふたなり(来る――――!!)

 ふたサキュがどう出てきても対応できるよう、おちんぽを構えるふたなり。

ふたサキュ「――――≪千鬼夜行≫ナイトフィーバー!!」

ふたなり「っ!?」

 だが襲い掛かってきたのはふたサキュではなく――彼女の影だった。

524 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:38:59 ID:QZO5oHTM
ふたなり「あっ! な、なにこれ!?」ジタバタ

 触手のように伸び、実体化した影に巻き付かれてしまうふたなり。

ふたサキュ「私の身体にはガチレズとロリババアの能力も宿っているのよ。忘れた?」

ふたなり「ってことは……≪精気吸収≫と≪定着≫以外にさらに2つ……。全部で4つも能力が!?」

ふたサキュ「うふふ♡ それじゃあガチレズから貰った能力の方も体験させてあげる♡」

ふたなり「くっ!!」ジタバタ

 なんとか逃げようともがくふたなりだったが、影触手によって完全に身動きを封じられてしまっていた。
 その間にふたサキュが近寄り、ふたなりの目の前で立ち止まる。

ふたサキュ「――――ん♡」チュッ

ふたなり「――――むぅ!?♡」(キス!?)

ふたサキュ(――――≪強制魅了≫チャーム♡)

525 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:39:55 ID:QZO5oHTM
 深くキスをした相手を強制的に堕とし、自分の虜にする能力。
 それがガチレズの能力の派生系――≪強制魅了≫チャーム。

ふたなり「んっ♡ んむぅっ♡」(な、なにこれ♡ 頭がふわふわしてくる……っ♡)ビクビク

ふたサキュ「んちゅっ♡ じゅるるっ♡」(もっと堕ちちゃえ♡)レロレロ

 逃げようとしても巧みな舌使いで絡め取られてしまう。
 舐められ、なぞられ、吸われ、舌への愛撫が続く。

ふたなり(ふわあああ……♡ 口の中がっ♡ 頭がっ♡ とろけちゃうっ♡)トロォ...

ふたサキュ(キスは脳に直接キちゃうでしょ♡)レロレロ

ふたなり(だめだめっ♡ これされ続けたらっ♡ 好きになっちゃうよぉっ♡)ビクビク

ふたサキュ「――――ぷはぁっ♡」

ふたなり「ふぁっ♡」

 ようやくキス責めから解放されるふたなり。
 しかし――。

ふたサキュ「完全に魅了されちゃったわね♡ 拘束もされたままだしぃ……ここからの逆転は不可能よ♡」

ふたなり「は……う……♡」ビクビク

526 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:40:51 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「――――≪精気吸収≫エナジードレイン」

 ふたサキュの尻尾の先端が開き、口のような形状になる。

ふたなり「そ、それは……♡」

ふたサキュ「これで貴女のおちんぽ責めてあげる♡ 精液も能力もぜーんぶ吸い取ってあげるね♡」

ふたなり「や、やめて……♡」

ふたサキュ「やめない♡」カプッ

 尻尾がふたなりおちんぽに吸い付く。

ふたなり「ひゃっ♡ な、中がっ♡ うねうねしてるっ!?♡♡」ビクビク

ふたサキュ「まだかぶりついただけなのに良い反応ね♡ 動かしたらどうなっちゃうのかしら……♡」

ふたなり「いやっ♡ そんなの我慢できないっ♡ ゆるしてっ♡」ビクビク

ふたサキュ「ゆるさな〜い♡ 尻尾しこしこ〜♡」シコシコ

ふたなり「ああああああひぃっ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

527 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:41:35 ID:QZO5oHTM
ふたなり「んひゃあああああっ♡♡♡」ドピューッ!!

ふたサキュ「射精しちゃったわね♡ じゃあ吸収してあげる♡」

 排出された精液を尻尾が飲み込み、ふたサキュの身体へと吸収される。
 精液を取り込むことでふたサキュは回復し、強化されるのだ。

ふたサキュ「すごく良い精気ね……♡ うっとりしちゃいそう♡」

ふたなり「うう……」

ふたサキュ「もっと、もっとちょうだい♡」シコシコ

ふたなり「いっ♡ いまイッたばかりなのにっ♡ 尻尾うごかさないでええっ!!♡♡♡」ビクビク

ふたなり「ああああっ♡♡♡ おちんぽ連続で責められるのやばすぎるぅっ♡♡♡」ドピュピューッ!!

ふたサキュ「おいしい♡ おかわり♡」シコシコ

ふたなり「ひやああああああ♡♡♡」ビクビク!!

528 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:42:11 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「イイ♡ すごくイイわ♡ 貴女の精液素晴らしいわ♡」ウットリ

ふたなり「はぁ……♡ はぁ……♡」ビクビク

ふたサキュ「ふふふ……♡ それじゃあ今度は私のおちんぽで膣内を抉ってあげる♡」ギンギン

ふたなり「ひっ♡」ビクッ

ふたサキュ「尻尾責めも止めないわよ♡ おちんぽとおまんこ両方で果てちゃいなさい♡」ズブッ!!

ふたなり「あ……っ♡ は、挿入ってくる……!♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「ほらっ! 思いっきり突いてあげるっ♡」パンッパンッ!!

ふたなり「んんんっ♡♡♡ イ、イクッ♡♡♡」ドピュピュッ!!

ふたサキュ「あはは♡ 貴女が射精すればするほど、私は強くなる♡ 最高のセックスね♡」パンパンッ!!

ふたなり「んぐぅっ♡♡♡」ドピュッ!!

ふたなり(ち……違う! こんなのは違うよ!)

529 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:42:48 ID:QZO5oHTM
 ――回想。

ふたなり『私たち、もう友達でしょ! 戦いなんて忘れてさ、もっと仲良くセックスしようよ!』

真面目♀『ふふ、すまない。全力で戦うことばかりに気を取られて……大切なことを忘れていたよ』


真面目♀『おっ♡ おおおおおおっ♡♡♡♡♡』プシャアアアアアッ!!

ふたなり『でっ、でちゃうううっっっ♡♡♡♡♡』ドビュルルルッ!!


真面目♀『完敗だ。すごく良かったよ、ふたなり♡』ニコ

ふたなり『真面目♀ちゃんもナイスファイトだったよ♡ どっちが勝ってもおかしくなかったもん♡』ニコ



ふたなり(……お互いがお互いを思いやって気持ちよくなる。それがセックス……!)

ふたなり(いくら気持ちよくたって、こんな一方的なのは……セックスじゃない!)

530 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:43:20 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「ほらほら♡ もっとイけ♡ イキまくって私に力を吸わせろっ♡」パンパンッ!!

ふたなり「あ……あなたは自分のことだけを考えてセックスしてるんだ。相手のことなんて何も考えてない」ビクビク

ふたサキュ「はぁ? 当たり前でしょ♡ 人間の女の子なんてみんな私のエサに過ぎないんだから♡」パンパン!!

ふたサキュ「分かったら観念して一滴残らず精液ひり出しちゃいなさいっ♡」パンパンッ!!

ふたなり「だ……、だめ……だよ♡」ビクビク

ふたサキュ「ん〜? 命乞い?」パンパン

ふたなり「だめだよ……♡ こんなセックス♡」

ふたサキュ「は?」

ふたなり「私が本当のセックスを教えてあげる♡♡♡」

ふたサキュ「なっ――――!?」ビクッ

ふたサキュ(こ、こいつのおちんぽ……急に大きく!?)

531 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:44:18 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ(おちんぽだけじゃない! 膣内の締め付けも半端なく……!)

ふたなり「お互い気持ちよくならなきゃダメ♡ あなたも気持ちよくしてあげる♡」ズチュズチュ!!

 触手に拘束されたまま、腰を動かし始めるふたなり。
 それによりふたサキュおちんぽが膣内で扱かれる。

ふたサキュ「なっ……!♡」ビクッ!!

ふたサキュ(な、なに!? こいつ、さっきまでイキまくってたはずなのに!?)

ふたサキュ「くっ……♡ まさか反撃してくるなんてねっ♡ でも無駄よ!」

ふたサキュ「こっちには≪精気吸収≫で得た力がある!」

ふたサキュ「先に敗北するのはお前の方だ!!」パンパンッ!!

ふたなり「うっ♡♡♡」ドビュビュッ!!

ふたサキュ「ほら! また射精した!!」

ふたなり「でちゃったぁ♡♡♡」

ふたサキュ(……!? さっきまでの射精と違う!?)ビクッ

532 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:45:02 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「精液の量も、濃さも……さっきまでとは段違い!? 一体なにをしたの!?」

ふたなり「えへへ♡ 友達のえっちな姿を思い出しただけだよ♡」ドビュビュビュッ!!

ふたサキュ(ぐっ!? ≪精気吸収≫で吸い切れない!? なんて射精なの!?)

ふたなり「まっ、まだまだ射精するよっ♡♡♡」ドブューッ!!

 ふたサキュの尻尾へと、際限なく精液が注がれていく。

ふたサキュ「うっ、うぐぐっ♡♡♡ だ、ダメ♡ 尻尾がはち切れちゃうっ♡」ヌプッ!!

ふたなり「あっ♡ 逃げないでよっ♡♡」

 あまりの射精量に危険を感じたふたサキュは、ふたなりからおちんぽを引き抜き距離を取ろうとする。
 しかし――――。

ふたサキュ「えっ?」ステンッ

 何もない場所で足を滑らせ、転倒してしまう。

新人ちゃん「拘束されていても……! 位置が離れていても……! 私の≪天然災害≫は発動できるんです!!」

ふたなり「ナイス♡ 新人ちゃん♡♡♡」

533 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:45:50 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「う、うぐぐ……! この私を汚い地面に転ばせるなんて……!」

ふたサキュ「っ!?」ビクッ

 ふたサキュの膣口におちんぽの先が当てられる。

ふたなり「今度は私が挿入する番だね♡♡♡」ギンギン

ふたサキュ「お、お前……!? 影触手の拘束からどうやって抜け出した……!?」

メスガキ「私らのこと忘れてない?」 おしとやか「ですわっ!」ピース

ふたサキュ「なっ!?」

ガチレズ「はひゃあ……おしとやか様ぁ……♡」ビクンビクン

ロリババア「びええええええええ!!!」

ふたサキュ(あっ、あの役立たずども!!)

ふたサキュ「他のおちんぽ獣はっ!?」

委員長「それなら私が始末しましたよ」

ふたサキュ「だっ、誰だお前は!?」

534 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:46:38 ID:QZO5oHTM
ふたなり「それじゃあ♡ イクよっ!!♡♡♡」ズブッ!!

ふたサキュ「ひぎっ!?♡♡♡」ビクビクッ!!

 ふたなりおちんぽが挿入される。

ふたサキュ「さっ、さっきまであんなに射精しまくってたのにっ!!」

ふたサキュ「なんでまだっ!! そんなにおっきいのっ!?♡♡♡」ビクビク

ふたなり「あなたを気持ちよくしてあげたいから♡ 愛のえっちを教えてあげたいから、だよ♡」パンパン!!

ふたサキュ「あっあっ♡ なんだこれっ♡ 私がしてたセックスとなにが違うのっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「あああ♡ 気持ちいいっ♡ 気持ちいいよぉっ♡♡♡」パンパカパンッ!!

委員長「え、えぐいえっちですね……」ドンビキ

メスガキ「え、そう?」

おしとやか「普通ですわよね」

新人ちゃん「ですよね」←拘束解いてもらった

535 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:47:24 ID:QZO5oHTM
ふたなり「とどめぇ――――ッ♪ おちんぽドリルスティングッッッッ♡♡♡」グリュンッ!!

 ふたなりはおちんぽを半回転させながら、思いっきり膣奥を抉り突いた!!

ふたサキュ「おおっおおほぉぉぉぉぉ♡♡♡♡♡」ドビュドビュドビュッ!!!!

 あまりの衝撃に大量射精しながら仰け反り大絶頂するふたサキュ。

新人ちゃん「やった!!」

メスガキ「流石はふたなりね」

おしとやか「私もああいう風にされたいですわ」

委員長「えぇ……」

ふたなり「ふぅ……♡」チュポン

 挿入していたおちんぽを引き抜くふたなり。

ふたなり「大勝利っ♡」ピース

536 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:47:58 ID:QZO5oHTM
メスガキ「なにはともあれ一件落着ね」

新人ちゃん「助けていただいてありがとうございました! そして……ごめんなさい」

新人ちゃん「私……何度も何度も皆さんに迷惑ばかり掛けちゃって……」

おしとやか「気にしなくていいですわ。悪いのはバスターズの3人とおちんぽ獣ですもの」

ふたなり「そうだよ! それに私……新人ちゃんが助けてくれたから勝てたんだよ!」

メスガキ「分かったらしゃんとしなさいっ! おちんぽハンターに落ち込んでる暇はないのよっ!」バシッ

新人ちゃん「は……はい!」

ふたサキュ「……よくも、やってくれたわね」

ふたなり「っ!?」

 その場にいた全員が振り返る。
 だがそこにふたサキュの姿はなかった。

ふたサキュ「どこを見ているの? こっちよ」

537 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:48:41 ID:QZO5oHTM
ふたサキュ「これが私の第5の能力――――≪飛行≫フライング」

 ふたサキュは背中についてる羽根をぱたぱたさせて飛んでいた。

ふたなり「まだ能力があったなんて……!!」

ふたサキュ「5つの能力の内、他者から得たものが3つ。≪精気吸収≫と≪飛行≫が本来の私の能力なのよ」

おしとやか「多重能力者、ですわね」

新人ちゃん「でも、どうして? おちんぽ獣はハンターに射精させられたら絶命するはずなのに……」

ふたサキュ「うふふ♡ ふたなり精液を吸収したおかげ♡」

ふたサキュ「たくさん射精されたから一時的にだけど≪等価絶頂≫が使えたのよ♡」

ふたなり「そんな……」

ふたサキュ「怪我の功名アクメってやつね♡」

538 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:49:25 ID:QZO5oHTM
メスガキ「で、どうするつもり? まだヤるの?」

ふたなり「……っ!」グッ

ふたサキュ「……………………やめておくわ」

ふたなり「へっ?」

ふたサキュ「悔しいけど、その数相手には敵いそうにないもの。今の私じゃ、ね」

メスガキ「逃げる気?」

ふたサキュ「戦略的撤退よ♡ もっと強い能力を奪ってから……リベンジしてあげるわ♡」パタパタ

おしとやか「ああっ! どこかへ飛んでいきますわ!!」

新人ちゃん「お、追いかけましょう!」

ふたなり「いや……協会に戻って報告しよう。今はみんなボロボロだし」

メスガキ「そうね。バスターズ残党の3人とマスコミ女も連行しないとだし」

おしとやか「って、ああああーっ!! ですわ!!」

539 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:50:12 ID:QZO5oHTM
ガチレズ「はひゃ……♡」ビクビク

ロリババア「うえええええええん!!」

記者ちゃん「ううん……♡♡♡」ビクビク

おしとやか「眼鏡っ娘さんがいませんわーっ!?」

メスガキ「ど、どさくさに紛れて逃げたの!?」

委員長「迂闊でしたね」

ふたなり「…………眼鏡っ娘ちゃん」

ふたなり(あなたは、どうして私を狙ったの――――?)


 こうして――いくつかの謎が残されたままではあるが、
 新人ちゃん誘拐騒動は幕を閉じるのであった。

540 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:51:00 ID:QZO5oHTM
 後日。

新人ちゃん「やりましたっ、先輩!! 私、A級に上がりました!!」ピョンピョン

ふたなり「やったね新人ちゃん!!」ピョンピョン

真面目♀「ふふふ、私も協会の試験を受けてA級の判定をもらったぞ」

ふたなり「真面目♀ちゃん!! 協会に移籍したの!?」

真面目♀「ああ、バスターズは解体されたからな。これからはよろしく頼む」

ふたなり「うん! よろしく!」

メスガキ「他にも移籍してきた元バスターズが結構いるみたいね」

おしとやか「最終試合の中継を見て、一般からもハンター志願者が増えているそうですわ」

教官♀「色々と騒動はあったが……潮吹いて地固まる、というやつだな」

オレ娘「オレはB級からC級に降格しちまったぜ!」

541 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:51:39 ID:QZO5oHTM
スピーカー『緊急おちんぽ警報! A級おちんぽ獣が複数出現しました!!』

ふたなり「!!」

メスガキ「出番ね」

おしとやか「参りましょう!」

真面目♀「おちんぽハンターとしては初仕事だな。腕が鳴る」

新人ちゃん「わ、私もA級初の仕事です」

ふたなり「大丈夫! みんな一緒ならどんな敵にも負けないよ!!」

ふたなり「行こうっ!! おちんぽハンター出動!!」

みんな「おー!!」


〜おわり〜

542 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:57:54 ID:QZO5oHTM
名前:ふたサキュ
性別:ふたなり
年齢:?
身長:?
髪型:ロング
髪色:ホワイト
カップ:F
【ABILITY】≪精気吸収≫エナジードレイン
下半身に生えた尻尾で対象を絶頂させることで、その対象が持つ能力を奪うことが出来る。
能力以外にも精力や体力も吸収可能。また尻尾はそれ自体が攻撃手段として使える。


・奪った能力

≪定着≫フィクセーション
眼鏡っ娘の能力と同じ。
定着は以下2つの能力を使えるようにするため発動しており、それ以外の用途では使えない。

≪強制魅了≫チャーム
ガチレズの能力の派生系。キスした相手を魅了する。

≪千鬼夜行≫ナイトフィーバー
ロリババアの能力の派生系。自身の影を伸縮させ実体化。触手のように操る。発動中も身動きは取れる。


【DUAL-ABILITY】≪飛行≫フライング
背中から生えた羽根で飛び回る。あまり高くは飛べず、速度もそこまで出ない。

543 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/28(木) 21:58:50 ID:QZO5oHTM
これにてシーズン2完結です。
読んでいただきありがとうございました。
今回はレズ中心になってしまったので、次をやるなら対おちんぽ獣をメインにするつもりです。

以降は敗北ルートを載せていきます。
クッソ無様に敗北絶頂し人生終了するふたなり達の姿をお楽しみください。

544 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/05/29(金) 02:50:27 ID:EbK2JFzQ
めちゃくちゃ面白い!!
色々センスがすごいわw
またシーズン3も期待してます

545 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:36:45 ID:cmjIzGtc
敗北ルート 第2話
『新種に全く対応できなかったらの巻』


おちんぽ獣A「くくく、膨らみかけおっぱいを揉みしだいてやるぜ!」モミモミ

ふたなり「あっ♡ こ、これが新種の責め……♡ はう♡」

おちんぽ獣B「お前は揉む胸がないな」

メスガキ「うるさいわね!!!!」

おちんぽ獣B「まあ怒るな、先っぽ摘まんでやるからよ」コリッ

メスガキ「ひぐっ!?♡」

おちんぽ獣B「ひひひ、ガキの癖に感度はいっちょ前だなぁ」コリコリ

メスガキ「や、やめなさいよぉ……♡」

ふたなり「ふぁ……♡ おっぱい揉まれてるとなんだか幸せになっちゃう……♡」

546 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:37:21 ID:cmjIzGtc
 2人はどちらも特A級ハンター。
 無数のおちんぽ獣達と戦い、幾度も死線をくぐり抜けてきた猛者である。
 だがそれは膣内に限った話――。

メスガキ「くっ、くそっ♡ こんな責めっ♡ 慣れてないからっ♡ 感じちゃうっ♡」ビクビク

ふたなり「こんなの初めてだよぉ……♡」ビクビク

 膣内以外への責めはほぼ経験がなかったため、いいようにされてしまっていた。

 そして新種のおちんぽ獣の――愛撫攻撃の最も恐ろしい点は、一方的に攻撃が出来るということである。
 これが挿入攻撃であれば、膣内の締め付けである程度は反撃出来ていただろう。
 だが一方的な愛撫では反撃はまず出来ない。ただ快楽を与えられるだけだ。

おちんぽ獣A「こっちはノーダメージ! お前らはもう息も絶え絶え!」モミモミ

おちんぽ獣B「勝負あったな!」コリコリ

ふたなり&メスガキ「ひゃあああんっ♡♡♡」ビクビクッ!!

547 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:37:55 ID:cmjIzGtc
メスガキ「し、勝負あった……? それはどうかしらね♡」

おちんぽ獣B「あ? イキってんじゃねぇぞガキがよ」コリコリ

メスガキ「こんな子供を羽交い締めにして乳首だけ責めるなんて……」

メスガキ「なさけなくないの?♡」

おちんぽ獣B「なっ、なんだとぉ……!」

メスガキ「乳首責めて勝ったつもりでいるみたいだけど♡」

メスガキ「ほんとはおちんぽ使うのが怖いんじゃないの?♡」ニヤニヤ

メスガキ「おちんぽ怯えちゃってか〜わいっ♡」ニヤニヤ

おちんぽ獣B「はっ! んなこと言って乳首責めをやめて欲しいだけだろっ!」コリコリ

メスガキ「あうっ♡♡♡」ビクン!!

おちんぽ獣B「まるわかりなんだよっ!」コリコリ!!

メスガキ「うっ、ぐぅ♡♡♡ くそぉ……♡♡♡」ビクビク

548 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:38:25 ID:cmjIzGtc
おちんぽ獣A「おらおらっ、息が荒くなってきたぞっ!」モミモミ

ふたなり「は……はひぃ……」ハァハァ

おちんぽ獣A「ちょっと胸揉んだくらいで発情するとは淫乱だな、ククク」モミモミ

ふたなり「うぅ……」ビクビク

ふたなり(気持ちいいけど……胸だけじゃもどかしいよぉ……♡)

おちんぽ獣A「ククク、一方的に揉まれてイッちまえ!」モミモミ

ふたなり「ダ、ダメ…………」

おちんぽ獣A「あん?」

ふたなり「おっぱい……もうゆるして……♡♡♡」トロォ

おちんぽ獣A「はははっ! もう堕ちたのかっ!!」モミモミ

ふたなり「せめておまんこでイカせて……♡♡♡」ビクビク

549 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:39:06 ID:cmjIzGtc
おちんぽ獣B「おらおらおらっ!! 乳首潰してやるよっ!!」グリグリ

メスガキ「あああああ♡♡♡ ちくびっ♡ ぐりぐりするなぁっ♡♡♡」ビクンビクン!!


おちんぽ獣A「ククク、揉まれただけでこんなになるなんてなぁ?」モミモミ

ふたなり「だ、だめっ♡ ゆるしてよぉ……♡♡♡」ビクッ

おちんぽ獣A「とどめだっ! 乳首イキしろっ!!」グリッ

 散々焦らされた胸へとどめの乳首責めを行うおちんぽ獣。

ふたなり「はぁうっ♡♡♡ やっ♡ だめぇっ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

 ふたなりは≪等価絶頂≫を使う間もなく絶頂してしまう。


メスガキ「にゃああああああっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアッ!!

 ほぼ同時にメスガキも絶頂させられ、その場に倒れてしまっていた。

おちんぽ獣B「へへへ、ちょろいもんだな」

おちんぽ獣A「天下の特A級ハンター様も新しい責めには耐えられなかったか」

550 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:41:30 ID:cmjIzGtc
 二人の膣口におちんぽが当てられる。

ふたなり「だ、だめ♡ いま挿入されたらっ♡」ビクビク

メスガキ「一瞬で敗北アクメしちゃう……♡♡」ビクビク

おちんぽ獣A「覚悟はいいか、特A級ハンター」ニヤニヤ

おちんぽ獣B「イキ狂えっ!!」ズブッ!!

ふたなり「うああっ♡♡♡ イクっ♡ イクのとまらないっ♡ たすけてっ♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「こんなのやだぁっ♡♡♡ ああああぁっ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

おちんぽ獣A「ククク、いいザマだぜ」パンパン

おちんぽ獣B「このまま肉便器にしてやる」パンパン

 こうして2人は新種の責めに堕ちてしまい、敗北アクメからの妊娠をキメてしまうのだった。
 さらに壮絶な乳首イキの後遺症により、まともに服も着れないほど胸の感度が高まってしまう。
 2人は今後一生、胸を露出したまま生きていくのだ。

Mission failed...

551 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:42:26 ID:cmjIzGtc
敗北ルート 第4話
『助けが来なかったらの巻』


痴漢んぽ(とどめだ……! 指の根本まで挿入する!)ズプッ

ふたなり「っ!!!!♡♡♡」ビクン!!

痴漢んぽ(そして膣内で指を曲げる!!)グイッ

ふたなり「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(イ、イカされた……!! そんな……!!)

幼女「? おねーちゃん、どうしたの?」

ふたなり「な、なんでもないよ……♡」ビクンビクン

 幼女へのぶっかけを防ぐため≪等価絶頂≫の発動も出来なかった。
 ふたなりは完全に膣アクメしてしまったのだ。

痴漢んぽ「ふっ、ここまでか。後はイキまんこをおちんぽで小突いて決着だ」

ふたなり(ダ、ダメ……♡ まだ絶頂が治まってないのに……♡ 挿入されたら即イキしちゃう♡)ビクビク

痴漢んぽ「フフフ、終わりだな」ヌププ

 ふたなりの膣内へ緩やかにおちんぽが挿入されていく。

552 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:43:22 ID:cmjIzGtc
ふたなり(むりっ♡♡♡ イキまんこじゃ耐えられないっ♡♡♡)ビクンビクン!!

痴漢んぽ「敗北アクメしたようだな……」

ふたなり(こんな勢いのない挿入……普段なら絶対イカないのにっ♡ くやしいっ♡)ビクビク

痴漢んぽ「さてこのまま膣内射精して孕ませてやってもいいが」ヌプンッ

 射精はせず、おちんぽを引き抜く痴漢。

ふたなり「く……♡ ど、どうするつもり……?」ハァハァ

痴漢んぽ「折角の獲物だ。終電まで指で弄んでやる……フフフ」

ふたなり「そ、そんな……!」

痴漢んぽ「フフフ、声を漏らさないよう気をつけろよ?」ツプッ

ふたなり「いっ♡♡♡」ビクッ

 再びふたなりの膣内へ指が挿入される。

ふたなり(さ、さっきよりも気持ちいい……!?♡♡♡)ビクビク

痴漢んぽ「敗北まんこにはキくだろう……」クチュクチュ

553 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:44:11 ID:cmjIzGtc
ふたなり(うああっ♡ またイクっ♡♡♡)ビクン!!

幼女「……?」

ふたなり(射精したいっ♡ でもっ、そしたら前にいる子にぶっかけることになっちゃうっ♡)ビクビク

痴漢んぽ「二本目も挿入してやる。どこまで声を抑えられるかな?」ズブッ

ふたなり「あっ♡♡♡」ビクン!!

幼女「おねーちゃん、だいじょうぶ?」

ふたなり「だ……大丈夫だから♡ お願い、向こうに……んっ♡」ビクビク

痴漢んぽ「二本とも根本まで挿入ったな。これでさっきのように曲げたらどうなるかな?」

ふたなり(一本だけでも負けちゃったのに、指二本でそんなことされたら……♡)ゾクゾク

ふたなり「お、おねがい……!♡ それだけは……♡♡♡」ビクビク

痴漢んぽ「やめてほしいのか? 残念だったな」ニヤ

痴漢んぽ「やめねえよ」クイッ

554 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:45:42 ID:cmjIzGtc
ふたなり「〜〜〜〜〜〜〜〜っ♡♡♡♡♡」ビクンッ!!

ふたなり「で、射精ちゃうっ♡♡♡」ドビュビュビュビューッ!!!!!

幼女「わっ!? な、なにこれぇ!?」ベトベト

 我慢しきれず目の前の幼女に大量射精してしまうふたなり。

痴漢んぽ「な、なんだこいつ!? おちんぽ持ちだったのか!? や、やべぇ!」

痴漢んぽ「騒ぎになる前にとんずらだ!」ダッ

 人込みに紛れ、痴漢は奥の車両へと姿を消す。
 絶頂の余韻で動けないふたなりは一人その場に取り残されてしまった。

ふたなり「あ、ああ……♡♡♡」ガクガク

幼女「うえええええん、顔がどろどろだよぉ……!」

乗客女A「あの子! 幼女にぶっかけ痴漢してるわ!」

乗客女B「許せない! 捕まえて駅員さんに引き渡しましょう!」

ふたなり「ち、ちがうんです♡♡♡ 痴漢されてたのは、私でっ♡♡♡」ビクビク

乗客女C「問答無用! まずはアクメさせて無力化させる!」

555 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:46:30 ID:cmjIzGtc
ふたなり「や、やめてぇ……!!♡♡♡」ビクビク

 既に敗北アクメして抵抗できない状態にも関わらず、
 ふたなりは乗客達に取り押さえられ全身を責められてしまう。

乗客女A「大人しく乳首でイッちゃえ!」コリコリ

ふたなり「ひあああっ♡♡♡」

乗客女B「痴漢おちんぽなんか足で扱いてやるわっ!」グリグリ

ふたなり「んうっ♡ そんなっ♡♡♡」

乗客女C「おまんこでたっぷり反省しなさいっ!」クチュクチュ

ふたなり「ちがっ♡ ちがうのにぃっ♡♡♡」ビクンビクン!!

 こうしてふたなりは次の駅に着くまで徹底的にイカされまくり
 駅員に引き渡されてしまうのだった。

 そして幼女にぶっかけられた精液が決定的な証拠となり、ふたなりは痴漢で有罪になってしまった。
 当然おちんぽハンターはクビ。その後、彼女は協会の性処理係として一生を過ごしたという。

Mission failed...

556 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:52:26 ID:cmjIzGtc
敗北ルート 第5話
『新人ちゃん敗北の巻』


 新人ちゃんが走り出してから数分。

露出んぽ「一枚……二枚……どんどん脱げていく」

新人ちゃん「くっ……!!」

露出んぽ「いくら走っても無駄だというのに、まだ逃げるつもりかね」

新人ちゃん「はぁはぁ……! あ、諦めない!」ダッ

露出んぽ「露出魔はスピードも命だ。私からは逃げ切れんさ」

新人ちゃん「…………くっ!」

 そして、とうとう足を止めてしまう新人ちゃん。
 もはや衣装はスカートしか残されていない。

露出んぽ「さて、お楽しみの時間だ。敗北アクメさせてあげよう。君も露出魔になるんだ」スタスタ

 露出んぽの声が近づいてくる――が、その姿はやはり見えない。

露出んぽ「とどめの瞬間なら姿を現すと思っていたのか? だとしたらあまりにも浅慮と言わざるを得ない」

露出んぽ「露出魔は決して気を抜かない。極限の緊張感が私の武器であり、露出の醍醐味なのさ」

557 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:53:36 ID:cmjIzGtc
新人ちゃん「あ、ああ……♡ 脱いじゃダメなのに♡ もう逆らえない……♡」ヌギヌギ

 完全に能力に掛かってしまった新人ちゃんは、残された衣装を全て脱ぎ捨ててしまう。
 これでもう完全に生まれたままの姿となってしまった。

露出んぽ「良い姿だ。気分はどうかね?」

新人ちゃん「すごいです♡ 外で裸になるのがこんなに気持ちいいなんて♡♡♡」ウットリ

露出んぽ「そうだろう。では、その気持ちを心に刻み込んであげよう。敗北アクメでね」

 そう言い――露出んぽは新人ちゃんの膣内へおちんぽを挿入した。

新人ちゃん「あううううううっ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

 衣装を脱ぎ捨てた状態での挿入。
 直におちんぽ獣の攻撃を食らい、新人ちゃんは即アクメしてしまう。

露出んぽ「孕ませはしない。では、共に露出ライフを楽しもうではないか!」

新人ちゃん「はい♡♡♡」ビクビク

 こうして新人ちゃんは身も心も堕とされてしまい、露出魔になってしまうのだった。
 その後、各地で全裸の新人ちゃんが目撃されるようになったのは言うまでもない。

558 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:54:15 ID:cmjIzGtc
 一方その頃。

痴漢んぽ「おらおらおらーっ!! 掟破りの4本責めーっ!!」グリグリ

ふたなり「んぎぃぃぃぃぃぃぃ♡♡♡」ドビュビュビュルーッ!!

痴漢んぽ「どうやらお仲間は助けに来ないみたいだな!」グリグリ

ふたなり「んぐぐっ♡♡♡ そ、そんなことはっ♡♡♡ ないっ♡♡♡ あぎっ♡♡♡」ドビュビュッ!!

痴漢んぽ「お前はここで敗北アクメするんだよっ!!」グリグリ

ふたなり「んへぇぇぇぇぇっ♡♡♡♡♡」ビュビュビュッピュルッ

痴漢んぽ「ククク、どうやら精液を出し切ったようだな」ヌプッ

 挿入していた指を引き抜き、今度はおちんぽを構える痴漢。

ふたなり「まずいよぉ……♡ このままじゃ♡ 新人ちゃんはやく助けてぇ♡」ビクビク

痴漢んぽ「だからっ! 助けは来ねぇんだよっ!!」ズボッ!!

ふたなり「あぐっ♡♡♡ 挿入やめてぇぇ♡♡♡」ビクンッ

559 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/29(金) 21:54:52 ID:cmjIzGtc
痴漢んぽ「イキまくったまんこをほじくるのはサイコーだぜっ!」パンパン

ふたなり「あっああ♡ あああ♡♡ イグゥゥゥゥ……ッ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

痴漢んぽ「もう敗北アクメしやがった! だがまだまだ続けるぜ!」パンパン!!

ふたなり「おっ♡ おおっ♡ そんなぁっ♡♡♡」ビクビク

痴漢んぽ「せっかく壁にハマってるんだ。公衆肉便器として他の奴にも使わせてやる!」パンパン!!

ふたなり「にっ♡ 肉便器なんて……♡ やだよぉっ♡♡♡」ビクンビクン!!

痴漢んぽ「観念しろっ! 100人は相手してもらうからなっ!!」パンパンッ!!

ふたなり「いやあああああ……っ♡♡♡♡♡」

 後日、壁にハマったまま精液まみれになっていたふたなりが救出された。
 彼女の下腹部は既にぽっこりと膨らんでしまっていたという……。

Mission failed...

560 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:16:24 ID:b8bgSvB2
敗北ルート 第10話
『エキシビション敗北の巻』


 突如、リング上が無数のライトで照らされる。

真面目♀(っ!? なんだこれは!?)チュポン

 思わずおちんぽから口を離してしまう真面目♀。

ふたなり「ふひゃ……♡ あとちょっとでイケたのにぃ……♡」

眼鏡っ娘「最終試合は全国中継することにしたわ!」

記者ちゃん「カメラはこっちッスー!」

 大きなカメラを手に持ち、ふたなりと真面目♀を撮影する記者ちゃん。

記者ちゃん「何万人もの視聴者に見られながら戦ってくださいッス!!」

ふたなり「な、何万人……!?」

真面目♀(そういうことか……! 汚い真似を!)

ふたなり「あ……ああ……♡ みんなに見られてるんだ……♡♡♡」

561 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:16:54 ID:b8bgSvB2
眼鏡っ娘「ちなみに降参は認めないからね。リーダー権限よ」

真面目♀「くっ……!」

記者ちゃん「ふっふっふー! 痴態を撮りまくってやるッスー!」

ふたなり「や、やめて……♡」ブルブル

真面目♀(くそっ! こうなったら戦うしか無い!)

真面目♀(勝つにしても負けるにしても速攻で終わらせる!)

真面目♀(そうすればお互い晒される痴態も少なく済むはずだッ!)

 再びおちんぽへの口淫を狙う真面目♀。

真面目♀「んっ!」ジュポッ

ふたなり「ひゃあ♡♡♡」ビクッ

真面目♀(すまない! 少しだけ我慢してくれ!)ジュポジュポ

562 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:17:27 ID:b8bgSvB2
 真面目♀の怒涛の口淫により、見る見るうちに射精感を高められてしまうふたなり。

ふたなり「だ、だめぇ……♡ みんなに見られてるのに、射精しちゃうよぉ……♡」ビクビク

真面目♀「んっ♡ むっ♡ んんっ♡」(このまま終わらせる!)グポグポ

ふたなり「もうむりっ♡♡♡ で、でちゃうぅ♡♡♡」ビュルルルルッ!!

真面目♀「んぐっ!? んっ、ごくっ♡」(な、なんて量だ!?)

ふたなり「は、はひゃ……♡」ペタン

 ようやくフェラチオから解放され、射精の余韻でその場にへたり込んでしまうふたなり。
 もちろんその様子もしっかり全国に放送されてしまっている。

記者ちゃん「ふふふ、いい惚け顔が撮れたッス!」

教官♀「く……! 勝負あり! 真面目♀の勝利!!」

ふたなり「まけちゃったぁ……♡」ビクビク

真面目♀「すまなかったな。だがこれで試合は終わり。これ以上痴態が晒されることは――」

眼鏡っ娘「待ちなさい」

563 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:18:06 ID:b8bgSvB2
真面目♀「? どうした? もう試合は終わっただろう」

眼鏡っ娘「いいえ……バスターズの試合ルールを確認してほしいの」

 そう言い、眼鏡っ娘は一枚の書類を差し出す。

真面目♀「な、なんだと……!? エキシビションで負けた選手は公開凌辱の刑……!?」

教官♀「そんなことは聞いてないぞ!!」

眼鏡っ娘「ちゃんと調べなかったそちらの落ち度でしょう? 止める権利はないわ」ニヤリ

メスガキ「権利なんか知らないわ! 力尽くで止めてやるわよっ!」ダッ

おしとやか「ま、待つのですわ! メスガキさん!!」

記者ちゃん「いひひ、まだ撮影中ってことを忘れてもらっちゃ困るッスねぇ」

眼鏡っ娘「いいのかしら? おちんぽハンター協会がルールを破る瞬間を映してしまっても?」

メスガキ「く……!」

眼鏡っ娘「それじゃあ、公開凌辱の始まりね♡」

564 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:18:51 ID:b8bgSvB2
真面目♀「待て、バスターズ側として提言させてもらう! 公開凌辱なんて無効だ!」

真面目♀「そんなことをする必要性はないだろう!」

眼鏡っ娘「あ〜……やっぱり貴女はそう言うと思ったわ。でも残念」

真面目♀「……うっ!?」ドクン

 突然、真面目♀は頬を紅潮させその場に膝をついてしまう。

眼鏡っ娘「前もって貴女の食事に細工しておいたの。精液を飲むと発情しちゃうようにね」

真面目♀「こ、この……! どういうつもりだ……!」ビクビク

眼鏡っ娘「貴女は確かに強い駒だけど……扱いづらくて困ってたのよね。この際ふたなりと一緒に始末してあげるわ」

真面目♀「勝者も公開凌辱するつもりか……? それこそ無効だろう……!」ビクビク

眼鏡っ娘「そうね。だから貴女はぁ……」

真面目♀「!?」ドクン!!

 その瞬間、真面目♀の脳内が真っ白になり、
 ――彼女は正気を失った!

眼鏡っ娘「公開凌辱刑の執行人をよろしく頼むわ♡」

565 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:19:32 ID:b8bgSvB2
真面目♀「あ……ああああああ!!!」ガバッ!!

ふたなり「ひゃあ!?」ビクッ

 完全に発情しきってしまい、真面目♀は獣のようにふたなりへ覆いかぶさる。
 そしてそのまま、騎乗位の態勢で自身の膣内へおちんぽを挿入する。

ふたなり「あっ♡ ああっ♡ 挿入っちゃうぅ♡♡♡」ビクビク

真面目♀「うああ♡♡♡ 気持ちいいっ♡ 気持ちいいっ♡♡♡」ズチュズチュ

 リングの中央で狂ったように交わり続ける2人。
 その様子も全国に放送され続けている。

記者ちゃん「ひぇ〜っ♡ えっちッスねぇ……♡」

ガチレズ「あんなの放送されちゃったらもう表を歩けないわね♡」

ロリババア「くふふ、無様じゃのう♡」

眼鏡っ娘「あはは! ここまで醜態を晒したら特A級も協会も全部おしまいね!」

ふたなり「やだやだっ♡ おねがいっ♡ 映さないでっ♡ いやあああああっ♡♡♡」ドビュビューッ!!

 ふたなりの懇願も空しく、彼女の痴態は余すところなく全国のお茶の間に届けられてしまった。
 それどころか切り抜きアクメ動画を動画サイトに上げられ、さらに全世界へと拡散されてしまうのだった。

Mission failed...

566 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:20:08 ID:b8bgSvB2
敗北ルート 第11話
『リベンジ成功の巻』


ガチレズ「うふふふ……♡」

おしとやか「くっ、時間稼ぎということですわね!」

ガチレズ「時間稼ぎぃ? 違うわ、貴女はここで私にイカされるのよ♡」

おしとやか「ふんっ、ですわ! 私に負けたのをもうお忘れですの?」

ガチレズ「そうね♡ 正攻法じゃ貴女を倒すのはちょっと厳しいかも♡ だからぁ♡」

ガチレズ「はいっ♡ 向こうを見て♡」

おしとやか「……?」

委員長「むぐーっ!!」ジタバタ

 そこには拘束され、おちんぽ獣に囲まれた委員長がいた。

おしとやか「なっ!? 委員長さんも人質にしていたんですの!?」

ガチレズ「そういうこと♡ あのおちんぽ獣たちはアタシの合図で動き出すから♡」

ガチレズ「抵抗はやめてね♡」サワッ

おしとやか「うっ……♡」ビクッ

567 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:20:38 ID:b8bgSvB2
ガチレズ「≪感覚遮断≫なんか使っちゃダメ♡ いっぱい感じてちょうだい?♡」サワサワ

おしとやか「うう……♡ これは……ピンチですわっ!」ビクビク

 ガチレズは抵抗出来ないおしとやかの身体を焦らすように責めていく。

ガチレズ「はぁ♡ やっぱり堕とすなら格上の娘に限るわ♡ 屈服させがいがあるもの♡」サワサワ

おしとやか「くっ♡ こ、こんなっ♡ 弱い責めばかりなんてっ♡」ビクビク

ガチレズ「弱い刺激だとイキやすくなるんでしょ? もう調べはついてるのよ♡」サワサワ

おしとやか「うっ♡ くぅっ♡ や、やめなさい……♡♡♡」ビクッビクッ

ガチレズ「あははっ♡ もうイキそうなのぉ? だらしな〜い♡」クスクス

ガチレズ「イッたら向こうにいるおちんぽ獣を呼んで……敗北アクメさせてあげるわ♡」

ガチレズ「楽しみにしててねぇ♡」サワサワ

おしとやか「んっ♡ くぅぅっ♡」ビクビク

568 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:21:13 ID:b8bgSvB2
おしとやか(どうにか……バレないように攻撃を……!)スッ

 気づかれないように膝を立て、ガチレズに密着させようとするが、

ガチレズ「おっと、その手には掛からないわよ♡ 何度も同じ手を食らうほど間抜けじゃないの♡」

 ガチレズは一定の距離を取った上で愛撫してくるため、上手くいかない。

おしとやか(≪感覚遮断≫による責めは気付かれにくい近距離じゃないと使いづらいですわ……!)

ガチレズ(中距離から手だけで責めちゃえばぁ♡ 負ける要素はないってこと♡)サワサワ

おしとやか「あっああ♡ も、もうダメですわっ♡ イ、イキますっ♡」ビクンビクン

ガチレズ「あははっ♡ 生意気おしとやかが堕ちるっ♡ 堕ちるのねっ♡」サワサワ

おしとやか「ひぁぁ……♡ わ、私の負けですわ♡ ですから……」ビクビク

ガチレズ「なーに?♡」ニヤニヤ

おしとやか「最後は……せめて膣内で思いっきりイカせてくださいですわ♡」

おしとやか「ガチレズさんの超絶技巧を味わって敗北アクメしたいのです……♡」

ガチレズ「うふふっ♡ 分かったわ♡」ゾクゾクッ

569 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:21:59 ID:b8bgSvB2
ガチレズ「ほらっ! これでどうっ?♡ 全力で手マンしてあげるわっ♡」グチュグチュ!!

おしとやか「っ!? いぎぃぃぃ!?♡♡♡ 〜〜〜〜っ♡♡♡」ビクンビクン!!

ガチレズ「あははははは!! まともに声も出せないみたいね!!」グチュグチュ!!

おしとやか「んっ、ぎっ♡♡♡ しっ♡ しぬぅぅぅぅぅっ!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ガチレズ「うふふふふふ♡♡♡ イキ地獄に堕としてあげるわっ!!♡♡♡」グチュグチュグチュッ!!

おしとやか「おっ♡♡♡ お゛お゛お゛お゛お゛……ッッッッ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアアッ!!

委員長「むぐー!」(そ、そんな……!!)

ガチレズ「あははっ! 堕ちた! おしとやかが堕ちたわ!!」

おしとやか「あ……ひぇ♡♡♡」ガクガク

ガチレズ「ほらっ! 後はあんたらの役目よっ!! おしとやかを敗北アクメさせなさい!」

おちんぽ獣「ピギィ!!」

570 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:22:34 ID:b8bgSvB2
ロリババア「それっ、生意気な小娘を懲らしめてやれい!」

 ロリババアの号令で異形達が攻撃を開始する。

オークA「グオオオオ!!!!」ズプッ!!

メスガキ「くっ!! 勝手に挿入してんじゃないわよっ!!」ジタバタ

触手A「うねうねっ!」ガシッ!!

メスガキ「離せっ!!」

触手B「うねうねっ!!」ガシッ!!

ロリババア「くふふ、無駄じゃ無駄じゃ。いくら拘束を解いても、またすぐ捕まるだけじゃ」

メスガキ「くっ♡ やめろぉ……♡ むぐっ♡」ビクビク

 オークによる挿入攻撃。
 スライムによる乳首や陰核への責め。
 ローパーの口辱とアナル責め。

 反撃しようにも触手が2体がかりで抑え込んでいるため、動くことすら難しい。

571 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:23:39 ID:b8bgSvB2
ロリババア「ひょほほほっ! 愉快じゃ〜♪」

メスガキ「くっ、くそっ♡ 集団で抑えつけて犯すなんて卑怯よっ♡」ビクビク

ロリババア「ひひひ、限界が近いようじゃな」ニヤニヤ

メスガキ「……こうなったら、奥の手を――――」

オークA「ふんっ!!」ズブッ!!

メスガキ「ひゃあっ!?♡♡♡」ビクッ!!

 不意打ちで膣奥を突かれてしまうメスガキ。

メスガキ「ちょっ……人が喋ってるのにいきなり突くんじゃ――」

オークA「ふんっ!!」ズブッ!!

メスガキ「あっ♡♡♡ またぁ♡」ビクッ!!

ロリババア「楽しいのう、楽しいのう。くふふ、くふふふふ」ケラケラ

572 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:24:09 ID:b8bgSvB2
メスガキ「くっ♡ くそ……♡♡♡」ビクビク

ロリババア「ほれほれ、どうしたぁ? さっきまでの威勢はどうしたんじゃあ?」ニヤニヤ

メスガキ「調子に乗ってんじゃ――」

オークA「ふんっ!!」ズブッ!!

メスガキ「あっ♡♡♡」ビクン!!

ロリババア「ん? 反論がないならわしの勝ちじゃが?」

メスガキ「ふざけんな! あんたなんか――」

オークA「ふんっ!!」ズブッ!!

メスガキ「お゛っ♡♡♡」ビクン!!

ロリババア「くふふ。な〜に変な顔してるんじゃあ???」クスクス

メスガキ「う、うるさ――」

オークA「ふんっ!!」ズブッ!!

573 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:24:54 ID:b8bgSvB2
メスガキ「あえっ♡♡♡♡」ビクンビクン!!

ロリババア「無様じゃのう。あんなにわしのことを馬鹿にしてたのに負けてしまって」クスクス

メスガキ「んぐっ♡♡♡」ビクビクッ!!

ロリババア「わしのことをザコ以下とか抜かしておったが……それに負けたお主はなんなんじゃろうなぁ」

メスガキ「おごっ♡♡♡♡♡」プシャァァァァァッ!!

ロリババア「ザコ以下よりも下ってことはゴミかなにかかのう?」クスクス

メスガキ「も、もうやめっ♡♡♡ んぎっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアッ!!

ロリババア「ん〜? なにを言ってるか分からないのう〜。人間の言葉で話してくれ?」ニヤニヤ

メスガキ「おっ♡ おおっ♡♡♡ ゆるしっ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

ロリババア「おおそうじゃ。ごめんなさい、と言えば許してやらんこともないぞ。どうじゃ?」

メスガキ「…………っ!! ぐ……! ご、ごめんなさ――――」

オークA「ふんんっ!!」ズブブッ!!

メスガキ「いぎゃっ!?♡♡♡♡♡ にゃ、にゃんでっ♡♡♡♡♡ あああああああ!!」プシャアアアアアアアアアア!!!!!

ロリババア「うぷぷぷっ! ば〜か! ほんとに間抜けじゃのう! うひゃひゃ!!」ゲラゲラ

574 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:25:29 ID:b8bgSvB2
ガチレズ「うふふ♡ 2人とも仲良く堕としてあげる♡」クチュクチュ

おしとやか「ひああ……♡♡♡ もうダメですわ……♡♡♡」ビクンビクン!!

委員長「ひえぇ……♡♡♡ レズ3Pで堕とされちゃいます……♡♡♡」ビクンビクン!!


ロリババア「ほれほれ〜、ごめんなさいはどうしたんじゃ〜?」

メスガキ「ごめんなっ、あぎゃっ♡♡♡ ごめっ、んぐぅっ♡♡♡ やめでぇぇ!!♡♡♡」ビクンビクン!!

ロリババア「ちゃんと謝るまでお仕置きは続けるぞ♡ くふふ♡」


おしとやか「ふ、ふたなりさまぁ……♡ おしとやかはレズ奴隷にされてしまいましたわ……♡♡♡」ビクビク

メスガキ「やあああっ♡♡♡ もうやだっ♡♡♡ やだよぉぉぉ……っ♡♡♡♡♡」ビクビク

 2人は負けてしまった……。

Mission failed...

575 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:26:09 ID:b8bgSvB2
敗北ルート 最終話
『ふたサキュに完全屈服の巻』


ふたサキュ「――――≪精気吸収≫エナジードレイン」

 ふたサキュの尻尾の先端が開き、口のような形状になる。

ふたなり「そ、それは……♡」

ふたサキュ「これで貴女のおちんぽ責めてあげる♡ 精液も能力もぜーんぶ吸い取ってあげるね♡」

ふたなり「や、やめて……♡」

ふたサキュ「やめない♡」カプッ

 尻尾がふたなりおちんぽに吸い付く。

ふたなり「ひゃっ♡ な、中がっ♡ うねうねしてるっ!?♡♡」ビクビク

ふたサキュ「まだかぶりついただけなのに良い反応ね♡ 動かしたらどうなっちゃうのかしら……♡」

ふたなり「いやっ♡ そんなの我慢できないっ♡ ゆるしてっ♡」ビクビク

ふたサキュ「ゆるさな〜い♡ 尻尾しこしこ〜♡」シコシコ

ふたなり「ああああああひぃっ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

576 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:26:41 ID:b8bgSvB2
ふたなり「んひゃあああああっ♡♡♡」ドピューッ!!

ふたサキュ「射精しちゃったわね♡ じゃあ吸収してあげる♡」

 排出された精液を尻尾が飲み込み、ふたサキュの身体へと吸収される。
 精液を取り込むことでふたサキュは回復し、強化されるのだ。

ふたサキュ「すごく良い精気ね……♡ うっとりしちゃいそう♡」

ふたなり「うう……」

ふたサキュ「もっと、もっとちょうだい♡」シコシコ

ふたなり「いっ♡ いまイッたばかりなのにっ♡ 尻尾うごかさないでええっ!!♡♡♡」ビクビク

ふたなり「ああああっ♡♡♡ おちんぽ連続で責められるのやばすぎるぅっ♡♡♡」ドピュピューッ!!

ふたサキュ「おいしい♡ おかわり♡」シコシコ

ふたなり「ひやああああああ♡♡♡」ビクビク!!

ふたサキュ「イイ♡ すごくイイわ♡ 貴女の精液素晴らしいわ♡」ウットリ

ふたなり「はぁ……♡ はぁ……♡」ビクビク

ふたサキュ「ふふふ……♡ それじゃあ今度は私のおちんぽで膣内を抉ってあげる♡」ギンギン

577 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:27:17 ID:b8bgSvB2
ふたなり「ひっ♡」ビクッ

ふたサキュ「尻尾責めも止めないわよ♡ おちんぽとおまんこ両方で果てちゃいなさい♡」ズブッ!!

ふたなり「あ……っ♡ は、挿入ってくる……!♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「ほらっ! 思いっきり突いてあげるっ♡」パンッパンッ!!

ふたなり「んんんっ♡♡♡ イ、イクッ♡♡♡」ドピュピュッ!!

ふたサキュ「あはは♡ 貴女が射精すればするほど、私は強くなる♡ 最高のセックスね♡」パンパンッ!!

ふたなり「んぐぅっ♡♡♡」ドピュッ!!

ふたサキュ「……♪ そうだわ、貴女が敗北アクメしたらぁ……吸収した精液を注いであげる♡」

ふたなり「…………え?」ゾク

ふたサキュ「わかる? 自分の精液で孕んじゃうってこと♡」パンパン

ふたなり「いっ、いや!! そんなの絶対やだ!! やっ、やめてぇぇぇ♡♡♡」ビクビク!!

578 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:27:52 ID:b8bgSvB2
ふたサキュ「イヤだったらアクメ我慢しなさい♡ ま、無理だろうけど♡」パンパンッ!!

ふたなり「ひやっ♡♡♡ やだっ♡♡♡ 自己妊娠なんてっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたサキュ「いいじゃない♡ きっと貴女によく似た変態ちゃんが産まれちゃうわね♡」パンパンッ!!

ふたサキュ「うふふ♡ 男の子でも女の子でも私がたっぷりかわいがってあげるわ♡」パンパンッ!!

ふたなり「ひっ♡♡♡ だめっ♡♡♡ だめええええっっ!!♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

ふたサキュ「あ〜あ♡ 精液尽きて敗北アクメしちゃったわね♡」クスクス

ふたなり「ああ…………♡」ビクビク

ふたサキュ「それじゃあ……お楽しみの射精ね♡」パンパンッ!!

ふたなり「ああああああっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたサキュ「自分の子を孕めっ♡♡♡」ビュビュビューッ!!

ふたなり「やだあああああああああっ♡♡♡♡♡♡♡♡」ガクガク

579 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:28:43 ID:b8bgSvB2
ふたサキュ「はい妊娠おめでと♡ 一体どんな子が産まれるのかしらね♡」クスクス

ふたなり「あ……あはは……♡ ゆ、ゆめ……♡ これはきっと、ゆめなんだ……♡」ビクビク

ふたサキュ「夢じゃないわよ♡ ほら、夢じゃこんなに気持ちよくなれないでしょ♡」ズブッ!!

ふたなり「あっ♡♡♡ ま、また挿入ってくるっ♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「≪精気吸収≫で孕んだ赤ちゃんに精気を分けてあげる♡ そしたらすぐに出産できるわ♡」

 ≪精気吸収≫で胎児を急速に成長させ、おちんぽを引き抜くふたサキュ。

ふたなり「うあ……♡ お、おなかくるしい……♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「あはっ♡ もう陣痛きちゃった?♡」

ふたなり「やだよぉ……!♡ も、もう産まれちゃう……♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「産んで子宮がからっぽになったらまた自己妊娠させてあげるわ♡」ニヤニヤ

ふたなり「ああ、あああ!! いたいぃぃぃぃ!! おまんこ裂けるぅぅぅぅ!!!」ビクビク

ふたサキュ「うーん、痛がってるのはあんまり見たくないし、≪強制魅了≫で痛覚なくしちゃうね♡」チュッ

580 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:29:25 ID:b8bgSvB2
ふたなり「ふぐっ♡♡♡ んむううううぅぅぅ♡♡♡」ガクガク

ふたサキュ「ぷはっ♡ どう?♡ 魅了の効果で痛みが快楽に変わっちゃったでしょ♡」

ふたなり「ひぎゃあああああ♡♡♡ じぬっ♡♡♡ イキ死ぬっ♡♡♡ にゃにこりぇえええ!!♡♡」ビクビク

ふたサキュ「へ〜♡ 出産の痛みが快楽に変わったらこんな風になっちゃうのね♡」

ふたなり「もっもどしてっ♡♡♡ こんなの痛いほうがマシっ♡♡♡ んぎぁぁぁぁぁ♡♡♡」ドビュビュビュルッ!!

ふたサキュ「わ♡ 産みながら射精しちゃってる!」ニヤニヤ

ふたなり「あたまがっ♡♡♡ あたまがおかしくなっちゃう♡♡♡ たすけてっ♡♡♡ だれかっ♡」ビクンビクン!!

ふたサキュ「あはははは! おもしろ〜い!」

ふたなり「あがッッッッ♡♡♡♡♡♡ お゛っ?!♡♡♡ お゛お゛お゛お゛お゛♡♡♡♡♡♡♡」ガクガクッ

ふたなり(あ…………わたし、おわる♡♡♡)

ふたなり「ッ♡♡♡♡♡♡♡ あ…………♡♡♡」

 出産が終わると同時に――ふたなりの人格は完全に消え去った。
 もう絶頂することと出産することしか考えることが出来ない。自分の名前すら思い出せない。
 だが、彼女の表情はこの上ない幸せに満ちていた――。

Mission failed...

581 ◆WI5yHe7k.. :2020/05/30(土) 00:30:20 ID:b8bgSvB2
終わりです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

582 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/14(日) 06:13:46 ID:BB93P3Aw
シーズン3全部書けたので敗北ルートが終わり次第投下していきます
あんまり長々続けてもアレなんで今回で完結させます

583 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/14(日) 06:16:56 ID:BB93P3Aw
あと敗北ルートなんですが完結後にまとめて載せるのと、各話毎に載せるのとどっちがいいですかね?
特にレスがなければいつも通りでいきます

584 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:15:01 ID:YK/hWzoQ
【おちんぽハンター シーズン3】完結編


おちんぽ1本目『発覚☆ おちんぽの始祖!!』


 時は2020X年。
 正体不明の新型ウイルスPENIS-19により全男性の九割がおちんぽ獣になってしまった!
 おちんぽ獣は見境なく女の子を襲い敗北アクメさせ、そして孕ませ射精をする!!
 このままでは世界はおちんぽ獣によって支配されてしまう!!!

 そんな中、政府はおちんぽ獣に対抗する組織を設立。
 おちんぽ獣を過度な射精により腹上死させ駆除する組織――おちんぽハンター協会。
 そしておちんぽハンター協会に属する少女のことを人はド淫乱と呼ぶのだった。

 これは数奇で淫靡な運命によりおちんぽハンターになってしまった一人の少女と、
 それを取り巻く仲間たちの物語である。

585 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:15:58 ID:YK/hWzoQ
おちんぽハンター3 完結編です。本編12話+おまけ。
少し特殊な属性・シチュエーションが出てきますので苦手な方はご注意ください。
それと今回は過去シーズンの話を読んでいないと全く分からない作りになっています。

今後も似たような題材でこういうSSを書くつもりなので感想や希望シチュ貰えたら励みになります。
あと今回はリアルの友達に頼んでメイン3キャラのイラストを描いてもらいました。
Twitter貼っていいか分からないので貼りませんが、夢神つばさって奴なので気になったら検索してあげて下さい。

敗北ルートはこれまで通り、本編終了後に載せていこうと思います。
それではよろしくお願いします。

586 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:16:43 ID:YK/hWzoQ
放送『緊急おちんぽ警報! おちんぽハンター協会近隣にA級おちんぽ獣が出現しました!!』

ふたなり「おちんぽ警報だ! メスガキちゃん、おしとやかちゃん、出番だよっ!」

メスガキ「おっけー!」

おしとやか「いきますわー!」

教官♀「よし! デルタちんぽチーム、出動だ!!」

ふたなり「いくよ――――セックス!」

メスガキ「任せときなさい――――セックス!」

おしとやか「流れる精液が女を彩る――――セックス!」

 おちんぽハンター許可証を頭上へ掲げ『セックス』と叫ぶ。
 そうすることでおちんぽハンターは変身衣装を身にまとうことが出来るのだ!

ふたなり「特A級おちんぽハンター・ふたなり☆ 参上だよっ!!」

587 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:17:26 ID:YK/hWzoQ
おちんぽ獣「ピギィィィィィィィィ!!」

ふたなり「見つけた! おちんぽ獣!!」

おしとやか「ぱぱっと退治してやりますわー!」

メスガキ「どうやら他にも何体か雑魚がいるみたいね。A級はふたなりに任せていい?」

おしとやか「私たちは雑魚おちんぽ獣を片付けますわ!」

ふたなり「分かった! ここは私がヤるね!」

メスガキ「それじゃ、後で合流ねっ!」

おしとやか「ふたなり様♡ 頑張って!」

 他のおちんぽ獣を退治しに行く2人。

ふたなり「よーし、いくよ!」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィィ!!」

588 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:18:43 ID:YK/hWzoQ
ふたなり「くらえー! 手コキ攻撃!」シコココ

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィィ!?」ビクビク

 おちんぽハンター。
 それはおちんぽ獣を交尾バトルで懲らしめる者たちの総称。

 ハンターが強制射精をさせることで、おちんぽ獣は死に至る。
 しかしただ射精をさせればいいわけではない。

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!」ズブッ!!

ふたなり「あっ♡ 挿入されちゃった♡」ビクッ

 おちんぽ獣を射精させるよりも先に、おちんぽに絶頂させられてしまうと敗北アクメとなる。
 そうするとおちんぽハンターの変身は解けてしまい、衣装による避妊効果が失われてしまう――。
 敗北アクメの先に待っているのは――強制妊娠。

おちんぽ獣「ピギィィィ!! ピギィィィ!!」パンパン!!

ふたなり「なっ♡ なかなか良いピストンだねっ♡ でもまだまだっ♡」ビクビク

 つまり、おちんぽハンターは絶頂を耐えつつ、おちんぽ獣を射精させなければならないのだ!

589 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:19:29 ID:YK/hWzoQ
ふたなり「うっ♡ イクっ♡♡♡」ビュルルッ!!

 おちんぽ獣の力任せピストンに耐え切れず、絶頂射精してしまうふたなり。
 普通のハンターならこれで敗北アクメとなる。

 だが、彼女には≪等価絶頂≫ザーメンチェンジという特殊能力があった。

ふたなり「ふぅっ♡ 射精したらスッキリした♡ さ、続きをしよ!」

おちんぽ獣「ピギィィ!?」

 敗北アクメの快楽を精液に変換し、体外へ排出する。
 つまり彼女は体内の精液が空になるまで敗北アクメを回避することが出来るのだ!

ふたなり「くらえ〜〜♡ 膣締め攻撃♡」ギュッ!!

おちんぽ獣「ピギャアアアアアア!!!!」ドピュドピュドピューッ!!

おちんぽ獣「」死

 強制射精させられ、しぼんで絶命するおちんぽ獣。

ふたなり「おちんぽ獣、駆除完了!!」ピース!

590 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:20:16 ID:YK/hWzoQ
メスガキ「どうやらそっちも終わったみたいね」

おしとやか「ふー、いい汗かきましたわー!」

ふたなり「それじゃあ報告に戻ろうか!」


 〜おちんぽハンター協会〜

ふたなり「デルタおちんぽチーム、ただいま帰還しました!」

教官♀「うむ、おちんぽ獣の駆除は無事済んだみたいだな」

後輩ちゃん「お疲れ様です! 先輩方! これタオルです」

ふたなり「あ! (新人ちゃん改め)後輩ちゃん! 出迎えてくれたんだ! タオルありがとう!」

メスガキ「気が利くわねー、ありがと」

おしとやか「ありがとうございますですわ。一家に一台、後輩ちゃんですわね」

後輩ちゃん「私に出来ることはこれくらいしかありませんから……」

ふたなり「後輩ちゃんは健気だなぁ」

591 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:21:11 ID:YK/hWzoQ
教官♀「おほん、話している最中にすまないが――少しいいか?」

ふたなり「あ、次の任務ですか?」

教官♀「いや、これについて伝えたいことがあってな」

 そう言って教官♀は試験管を取り出す。

おしとやか「それは……?」

教官♀「お前たちは先日、おちんぽバスターズ残党の眼鏡っ娘たちと交戦しただろう」

メスガキ「そうね。大元の眼鏡っ娘とふたサキュの奴は逃がしちゃったけど……」

教官♀「この試験管はその現場で手に入れたものだ」

後輩ちゃん「ええっ!? ということは、それって……」

ふたなり「眼鏡っ娘ちゃんが何故か持ってた、改良新型ウイルスPENIS-19190721!?」

教官♀「――――ああ」

592 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:22:03 ID:YK/hWzoQ
おしとやか「す、すごいですわ! それがあればワクチンが作れるのでは!?」

教官♀「いや、残念ながらワクチンを作ることは不可能なんだ。現時点ではな」

メスガキ「え、どうして?」

教官♀「新型ウイルスの基となっている、ある遺伝子があまりにも強すぎてな。どうやっても抗体が作れないんだ」

ふたなり「ある遺伝子……?」

教官♀「ああ、本題はその遺伝子についてだ。ウイルスの成分を調査した結果、驚くべき事実が発覚した」

教官♀「我々は今まで、ウイルスによっておちんぽ獣が出現したのだと認識していた」

教官♀「だが違った。このウイルスは……おちんぽ獣によって造り出されたものだったのだ!」

ふたなり「…………!!」

後輩ちゃん「え……? ってことは、元々この世界におちんぽ獣なんて生き物がいたってことなんですか?」

593 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:23:04 ID:YK/hWzoQ
教官♀「ああ。そのおちんぽ獣はそうだな……『始祖のおちんぽ獣』と呼ぶことにしよう」

ふたなり「始祖のおちんぽ獣…………」

教官♀「現時点では入手したサンプルも少なく、PENIS-19に対するワクチンは作成不可能だ」

教官♀「だが始祖のおちんぽ獣を捕獲し、おちんぽ獣になってしまった要因を突き止めれば――」

おしとやか「可能性はある、ということですね」

メスガキ「でもその始祖って奴はどこにいるのよ?」

教官♀「分からない。だが新型ウイルスを所持していた眼鏡っ娘ならなにか知っているかもしれない」

ふたなり「あの……おまんこハンター協会の跡地は調べたんですか?」

ふたなり「要人男性さんは、自分がウイルスを造り出したって言ってました」

ふたなり「ならおまんこハンター協会に始祖がいる可能性は高いと思うんですが」

594 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:23:51 ID:YK/hWzoQ
教官♀「もちろんその可能性も考慮し、調査員を派遣した」

教官♀「だが実のある報告はなにもなかった」

ふたなり「そうなんですか……」

メスガキ「元から何もなかったか、もしくは逃げられたか」

おしとやか「やっぱり眼鏡っ娘さんを探すしかないようですね」

教官♀「ああ。だが今はなんの手掛かりもない状態だ。当面は今まで通りに活動していてくれ」

教官♀「なにか情報が見つかり次第、連絡する」

ふたなり「はい!」

教官♀「では解散!! あ、それとふたなり。後で私の部屋で、な♡」

ふたなり「あ、今日はダメです。後輩ちゃんと約束があるので」

後輩ちゃん「えへへ」

教官♀「そんなぁ……」

595 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:24:42 ID:YK/hWzoQ
 〜特A級宿舎〜

後輩ちゃん「わあ! ここが特A級の宿舎……!」

メスガキ「あー、そういえば後輩ちゃんとはいつもホテルでえっちしてたもんね」

おしとやか「うう……あのホテルを思い出すと頭が痛くなるのですわ」ズキズキ

後輩ちゃん「ご、ごめんなさい。今は能力を制御できるので安心してください」

 後輩ちゃんの能力は≪天然災害≫ディザスター。
 発動することで対象の注意力や判断力を低下させ、相手を転ばせたりすることが出来るのだ。

ふたなり「それじゃあ、もう始める?」

後輩ちゃん「は……はい!」ドキドキ

メスガキ「あんた幸せ者よねー。私ら3人に相手してもらえるなんて」

後輩ちゃん「こここ、光栄です!」ガチガチ

おしとやか「うふふ♡ 緊張しないでくださいませ♡」

後輩ちゃん(む、むりだよぉ……♡)ドキドキ

596 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:25:35 ID:YK/hWzoQ
おしとやか「おしとやか流の技巧を思う存分……堪能させて差し上げますわ♡」サワッ

 おしとやかの細長い指が、後輩ちゃんの陰核に触れる。

後輩ちゃん「ひあ……♡」

メスガキ「じゃあ私はおっぱい責めてあげるね♡」モミモミ

ふたなり「もー、私が入る余地がないよー!」

おしとやか「あら♡ まだ1分と触ってないのにもうクリが硬くなっていますわ♡」スリスリ

メスガキ「おっぱいの先っぽも尖ってきちゃったね♡」モミモミ

後輩ちゃん「だってぇ……♡ 先輩方の触り方が……えっちすぎてぇ♡」ビクビク

おしとやか「この程度で参っていてはいけませんよ♡ ここからが本番です♡」クチュッ

後輩ちゃん「ふひぁっ♡ な、膣内に指がぁ……♡」ビクビク

メスガキ「下ばっか気を取られてると乳首でイカされちゃうよ〜?」コリコリ

後輩ちゃん「ひゃんんっ♡♡♡」ビクッ

597 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:26:22 ID:YK/hWzoQ
おしとやか「指だけで奥までいけそうですわ♡」クチュクチュ

メスガキ「乳首つねるたびにビクビクしてかわいい〜♡」ギュッ

後輩ちゃん「も、もうイっちゃいますぅ……♡ ひぇぇ……♡」ビクンビクン

おしとやか「はい♡ ここまで、ですわ♡」ツプッ

 絶頂寸前で指を引き抜くおしとやか。同時にメスガキも胸から手を離す。

後輩ちゃん「あ、あとちょっとでイけたのに……♡ どうしてぇ……♡」ビクビク

おしとやか「うふふ♡ だって……」

メスガキ「もうふたなりが限界みたいなんだもん♡」

ふたなり「えへへへへ♡ 後輩ちゃんかわいい♡ はやくえっちさせてぇ……♡」ギンギン

後輩ちゃん「す、すご……♡ ふたなり先輩のおちんぽ♡ すごくおおきい♡」

598 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:27:23 ID:YK/hWzoQ
ふたなり「じゃあ……♡ 挿入しちゃうよ♡」ギンギン

 ふたなりおちんぽが後輩ちゃんに押し当てられる。

後輩ちゃん「はい♡ どうぞ♡ 奥まで思いっきり挿入してください♡♡♡」ドキドキ

メスガキ「あーあ♡ あんなこと言っちゃったら大変よ♡」 おしとやか「ですわ♡」

ふたなり「それじゃあ遠慮なく……えいっ♡♡♡」ズボッ!!

後輩ちゃん「ひぎゃあああ♡♡♡」ビクン!!

後輩ちゃん(い、一気に一番奥まで……♡ こ、これやばいっ♡♡♡)

ふたなり「はぁぁぁぁっ♡♡♡ きもちいい♡♡♡ うごくね♡♡♡」パンパン!!

後輩ちゃん「あっ♡♡ まっ♡♡ 待って♡♡♡ ひやあああ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「う、うわー♡ ひと突きごとにイカされちゃってるじゃん……♡」ドキドキ

おしとやか「すごくいやらしいですわ……♡ 見てるこっちまで興奮してしまいます♡」ドキドキ

メスガキ「ねぇ、おしとやか……♡ あんたが相手じゃ不服だけど、私たちもシない?」

おしとやか「むっ♡ 失礼な言い方ですわね。でも、いいですわ♡ メスガキさん♡」

メスガキ「んふふ♡」

599 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:28:38 ID:YK/hWzoQ
おしとやか「ほらほらメスガキさん♡ こどもまんこ弄られてイッちゃいなさい♡」クチュクチュ

メスガキ「うっ♡ うるさいわね♡ あんたこそ早くイけっての♡」クチュクチュ

ふたなり「えへへ♡ それじゃあ後輩ちゃん、今から全力でパンパンしてあげるね♡」

後輩ちゃん「そんにゃあ……♡ わたし、もう限界ですぅ……♡♡♡」ビクビク

ふたなり「限界を超えちゃおう♡♡♡」パンパンッ!!

後輩ちゃん「んあああっ♡♡♡ だっだめですっ♡♡♡ イキまくっちゃうぅ……っ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり「わっ♡ わたしもイッちゃう♡ 射精すりゅっ♡♡♡」ビュルルッ!!

後輩ちゃん「んひゃあ!? ふたなりせんぱいのせいえきっ♡ あちゅいぃっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり「あはっ♡ 射精しながらピストンっ♡ きもちいいっ♡♡♡」ドチュドチュ!!

後輩ちゃん「ひゃああっ♡♡♡ イクっ♡ も、もうむりっ♡ むりぃっ♡♡♡」ビクンビクン!!

後輩ちゃん「んんんんんんんんんっっっ♡♡♡♡♡」ビクン!!

ふたなり「ふぇっ!?」ズルッ

 後輩ちゃんが大絶頂すると同時に、ベッドのシーツに足をとられよろけてしまうふたなり。

ふたなり「ふぎゃっ!!」ゴンッ!!

 そのままふたなりは転んで後頭部を強打してしまった。

600 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:29:15 ID:YK/hWzoQ
メスガキ「あ!! ふたなり!!」

おしとやか「ふ、ふたなり様!?」

ふたなり「きゅううう〜〜〜〜」ピヨピヨ

後輩ちゃん「はへぇぇ…………♡♡♡」ビクビク

後輩ちゃん(や、やっちゃった……♡ 無意識に能力発動……♡ ごめんなさい、ふたなり先輩♡)

メスガキ「ちょっと! 大丈夫?!」ユサユサ

おしとやか「起きてくださいまし〜〜!! ふたなり様〜〜〜!!」ユサユサ

ふたなり「…………」ムクッ

 無言で起き上がるふたなり。

メスガキ「あ、大丈夫だった?」

後輩ちゃん「す、すみませんふたなり先輩……。私、つい能力を……」

ふたなり「…………」

601 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:30:13 ID:YK/hWzoQ
ふたなり「おちんぽ、もっと射精したい!!」ズブッ!!

メスガキ「ふぎぃっ!? ちょっ、なんでいきなり挿入して……んぎゃっ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

 いきなりふたなりおちんぽを挿入され、そのまま一瞬でメスガキは潮吹きアクメしてしまう。

おしとやか「ふ、ふたなり様……?」

ふたなり「つぎ! おしとやかちゃん!!」ヌプッ

 メスガキからおちんぽを引き抜き、今度はおしとやかへ迫るふたなり。

おしとやか「ぼ、暴走していますわ……♡ でもそんなふたなり様もステキ♡」

ふたなり「えいっ♡♡♡」ズブッ!!

おしとやか「ひゃあああああっ♡♡♡ ふたなり様おちんぽ〜〜〜♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

後輩ちゃん「あ、あわわ……」(私のせいで大変なことに!)

ふたなり「きもちいい♡ 次は後輩ちゃん♡♡♡」

後輩ちゃん「ひぇぇ……♡♡♡」ドキドキ

 ふたなりの暴走は翌朝まで続いたという。

第1おちんぽ 完

602 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 07:30:51 ID:YK/hWzoQ
〜次回予告〜

 長期調査に出ていたあの2人が帰ってきた!
 調査の結果、正直の事実が明らかに!?
 そして新たなる強敵が一挙出現!?
 一体どうなっちゃうの〜〜〜!?

 次回! おちんぽ2本目『激戦☆ まさかの決着!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

603 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/06/15(月) 12:58:17 ID:HcI8N826
相変わらずシリアスなのかギャグなのか分からん世界観で草

604 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:14:26 ID:IdrxROWw
名前:ふたなり
性別:ふたなり
年齢:14
身長:153cm
髪型:サイドテール(セミロングくらい)
髪色:栗色
カップ:C
ランク:特A
【ABILITY】
≪等価絶頂≫ザーメンチェンジ
 敗北アクメを射精によって回避する

【PROFILE】
おちんぽ持ちの女の子。
射精しながらおちんぽ獣と戦う。
好きな人は大体全員。

【IMAGE】(絵・夢神つばさ)
https://i.imgur.com/dSfaJoT.png

605 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:15:13 ID:IdrxROWw
おちんぽ2本目『激戦☆ まさかの決着!?』※敗北ルート有り


お姉さん「ただいま帰還したわ〜」

ペドロリ「もどったぞー」

教官♀「おお、2人とも帰ってきたか」

メスガキ「あれ? お姉ちゃんじゃん。なんか久しぶりだね」

お姉さん「あ〜〜〜メスガキちゃん♡ 出迎えてくれたのね♡ 持つべきはかわいい妹だわぁ♡」ギュッ

メスガキ「うわっ! 引っ付くな! 偶然いただけだって!」

ふたなり「あ! ペドロリちゃん! 久しぶり! 身体の調子はどう?」

ペドロリ「もんだいない。この通りげんきだ」フンスッ

中二眼帯「――2人とも帰還したのだな」

おしとやか「わわ、中二眼帯さんまで! これで特A級が勢揃いですわね」

606 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:23:15 ID:IdrxROWw
教官♀「実はお姉さんとペドロリにはある任務に就いてもらっていたのだ」

ふたなり「ある任務?」

教官♀「うむ。新型ウイルスの手掛かりを探すという長期調査任務だ」

メスガキ「手掛かりっていうと、始祖のおちんぽ獣?」

教官♀「いや、それはこれから探してもらう。始祖がいることが分かったのはつい先日のことだからな」

お姉さん「私たちは今までぇ、おまんこハンター協会の残党を追っていたのよ♡」

ペドロリ「うむ」

ふたなり「へ? おまんこハンター協会の残党?」

おしとやか「おまんこハンター協会にいたおちんぽ獣は全て駆除したんじゃないんですの?」

中二眼帯「駆除できたのは雑魚と――それからふたなりが倒したボスだけだ」

お姉さん「幹部連中は決戦前に姿を消していたみたいなのよね」

メスガキ「そう言えば……確かにあの時、あの場所には雑魚の死体しかなかったわね」

607 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:25:31 ID:IdrxROWw
教官♀「幹部を追えばウイルスについても何か情報が得られるかも知れない」

教官♀「そう思って特A級の2人に極秘に任務を頼んでいたのだ」

ペドロリ「そういうことだ」

おしとやか「それで、なにか手掛かりは得られたんですの?」

お姉さん「ええ、幹部の情報を手に入れたわ」

ペドロリ「おまんこハンター協会には『四天王』とよばれるおちんぽ獣がいたらしい」

お姉さん「この資料にまとめてきたから目を通してちょうだい」バサッ

ふたなり「ええと、なになに……」

おしとやか「ものすごいスピードで女を犯す――――獣ちんぽ」

メスガキ「生意気な女を徹底的に嬲る――――わからせ」

中二眼帯「催眠術で女を支配する――――催眠んぽ」

ふたなり「超大きなおちんぽを持つ――――巨根んぽ」

教官♀「全員かなり厄介そうな相手だな……」

608 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:49:10 ID:IdrxROWw
お姉さん「それでね、四天王がなにか企んでるって情報も掴んだの」

ペドロリ「ちょうどいま、おちんぽ獣の群れが3箇所に発生しているらしい」

ふたなり「3箇所も!? 大変!」

メスガキ「四天王の強さがどれくらいか分からないけど……特A級じゃなきゃ対処は難しそうね」

おしとやか「デルタちんぽチームはいつでも出動できますわ、任せてください」

教官♀「うむ。では以下のチームで出動してくれ!」

・デルタちんぽチーム
ふたなり
メスガキ
おしとやか

・特A二人組
お姉さん
ペドロリ

・寄せ集めーズ
中二眼帯
後輩ちゃん
オレ娘

609 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:50:11 ID:IdrxROWw
中二眼帯「――後輩守護天使はA級だから分かるが、なぜ彼女が」

オレ娘「へっへへー! オレの出番だな! 降格に降格を重ねたD級ハンターの実力見せてやるぜ!」

教官♀「いや、オレ娘の能力は敵の力を分析するのに便利でな。囮に使ってくれて構わん」

後輩ちゃん(不安だ……)


お姉さん「私たちはまたコンビね」

ペドロリ「つまらん」


ふたなり「私たちもいつも通りかー」

メスガキ「まあいいじゃん。この3人の方がやりやすいし」

おしとやか「私はふたなり様がいればそれでいいですわ♡」


教官♀「では各3チーム! 出動だ!!」

610 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:50:56 ID:IdrxROWw
 そして。

ふたなり「ここが指定された場所だね」

おちんぽ獣A「ピギィィィィィィィィィ!!!」

おちんぽ獣B「ピギィィィィィィィィィ!!!」

おちんぽ獣C「ピギィィィィィィィィィ!!!」

メスガキ「うわー、確かにおちんぽ獣がうじゃうじゃいる」

おしとやか「ただ事ではありませんわね……」

ふたなり「あっ! 群れの奥に女の子がいる……!?」

メスガキ「あれは…………!!」

611 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:51:42 ID:IdrxROWw
眼鏡っ娘「ごきげんよう、おちんぽハンターの皆さん」

ふたなり「眼鏡っ娘ちゃん!?」

おしとやか「貴女! また何か企んでいますの!?」

メスガキ「ははーん、おまんこハンター協会残党と手を組んだのね」

眼鏡っ娘「ふんっ、違うわ。おちんぽバスターズがおまんこハンター協会残党を取り込んだのよ」

眼鏡っ娘「その証拠に……ほら、見なさい」

巨根んぽ「…………」

ふたなり「あれは……報告にあった四天王、巨根んぽ!?」

メスガキ「うそ……!? あの女に従ってる!? なんで!?」

眼鏡っ娘「私は四天王を支配したのよ。あんたらおちんぽハンターと、そしてふたなりを潰すためにね!」

おしとやか「む! どうしてふたなり様を狙うんですか! 理由を言いなさい!」

眼鏡っ娘「はん、あんたらに教える義理はないわ! やれ、お前ら!」

おちんぽ獣の群れ「ピギィィィィィィィィィ!!」

612 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:52:35 ID:IdrxROWw
メスガキ「くっ、流石に数が多いわね!」シココココ

おちんぽ獣A「ピギャィィィィィィィ!!」ドピューッ!!

おしとやか「後には四天王も控えています。このまま消耗させられたらマズいですわ!」シココココ

おちんぽ獣B「ピギャオオオオオッ!!」ドビュルルーッ!!

ふたなり「うん! どうにかおちんぽ獣の群れをどかして眼鏡っ娘ちゃんに近づかないと……」シココココ

おちんぽ獣C「ピギャアアアアアア!!」ドピュピュピューッ!!

おちんぽ獣D「へへへ……! おちんぽはまだまだいるぜぇ!!」

おちんぽ獣E「全員で犯してやる!!」

メスガキ「ちっ! ふたなり! ここは私とおしとやかで引き受けるわ!」

おしとやか「道を作るので眼鏡っ娘さんのところへ向かってくださいませ!」

ふたなり「わかった!」

メスガキ&おしとやか「おりゃああああああダブル手コキぃぃぃぃ!!!」シコシコシコシコ

おちんぽ獣たち「ぐああああああああああああああ!!!」ドピュドピュドピュドピュドピピューッ!!

ふたなり「……今だっ!!」ダッ

613 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:53:34 ID:IdrxROWw
眼鏡っ娘「やっぱりあんたが来ると思ったわ、ふたなり」

ふたなり「眼鏡っ娘ちゃん! もう悪いことをするのはやめて!」

眼鏡っ娘「悪いこと?」

ふたなり「おちんぽ獣を操って協会を潰そうとするなんて間違ってるよ!」

眼鏡っ娘「ふん、なにも間違ってないわ。私は強いものが支配する世界を作りたいだけよ」

眼鏡っ娘「そう、弱肉強食の世界をね!」

ふたなり「そんな……!」

眼鏡っ娘「その世界では、おちんぽ獣を支配する私こそが頂点ってわけ♡」

ふたなり「そんな世界にはさせない!」

眼鏡っ娘「なら止めてみせなさい。やれ、巨根んぽ!」

巨根んぽ「グオオオオオ……!!」ズシン

ふたなり「これが四天王の巨根んぽ……! おちんぽが私の腕くらい大きい……!!」

614 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:54:28 ID:IdrxROWw
巨根んぽ「食らえ!! 挿入攻撃!!」ブンッ!!

ふたなり「うわあ!! おちんぽが大きすぎて避けられない!!」

巨根んぽ「ふんっ!! 挿入完了だ!!!」ズボォッ!!

ふたなり「んぐぅぅぅ……♡ お、おなか苦しい……♡♡」

眼鏡っ娘「あはは! いいザマね! そのまま体内をかき混ぜられちゃいなさい!」

巨根んぽ「グハハハハ!! 俺様の巨根にかかれば特A級なんて楽勝だ!!」

巨根んぽ「このまま巨根で膣内全体を扱き倒してやるぜ!!」

ふたなり「う……ぐぐ! だ、だめ! おちんぽが大きすぎて動けない!」

眼鏡っ娘「言っておくけど巨根んぽは四天王最強よ♡ しかも改良ウイルスも投与済み♡」

巨根んぽ「俺様は特A級以上の力を持っているのだ! グハハハハハ!!」

巨根んぽ「いくぞ!! 巨根ピストン!! くらう!!」ズボズボ!!

615 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:55:19 ID:IdrxROWw
ふたなり「あぐぅぅぅぅ!? ぜ、全身が犯されてるみたいぃぃぃ♡♡♡」ビクビク

巨根んぽ「グハハハ! 俺様の巨根に突かれたら内臓の位置がずれちまうかもなぁ!!」ズボスボ!!

眼鏡っ娘「そのままとどめを刺しなさい! 巨根んぽ!」

巨根んぽ「おう!!」ズボズボ!!

ふたなり(う……♡ ピストンの速度が上がって……♡ で、でもまだ大丈夫!)

ふたなり(私には敗北アクメを回避する能力……≪等価絶頂≫ザーメンチェンジが)

眼鏡っ娘「今よ! 能力を使え!!」

ふたなり「!?」

巨根んぽ「――――≪射精封じ≫スペルマロック!!」

ふたなり「えっ?! うそっ!? 私のおちんぽ、なにかに締め付けられて……」

ふたなり(これじゃあ射精できない!?)

616 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:56:10 ID:IdrxROWw
眼鏡っ娘「ふたサキュを倒した相手に何の対策もしてない訳ないじゃない」

眼鏡っ娘「おちんぽ獣四天王にはそれぞれふたなりを倒せるように対策を施しておいたのよ♡」

巨根んぽ「グハハハハ! そういうことだ!」

ふたなり「そ、そんな……!!」

眼鏡っ娘「射精を封じたふたなりなんか怖くないわ! さあ、ヤれ! 巨根んぽ!」

巨根んぽ「おらおらおらっ!! イッちまえ!!」ズボズボ!!

ふたなり「ぐっ♡ ああっ♡ だ、だめっ♡♡♡」ビクビク

ふたなり(う、動けないし……射精も出来ない! 何もできないよぉ!)

巨根んぽ「とどめだっ!!」ズブブッ!!

ふたなり「あがっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアアッ!!

 膣奥を抉られ、とうとうふたなりは敗北アクメをキメてしまう。

眼鏡っ娘「やった♡ 遂にふたなりを倒したわ!」

617 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:56:56 ID:IdrxROWw
巨根んぽ「俺様にかかれば特A級なんてこんなもんよ! グハハハハハ!!」

ふたなり「あ……ああ♡♡♡」ビクンビクン

眼鏡っ娘「ほら、笑ってないでもっと犯してやりなさい。再起不能になるくらいにね」

巨根んぽ「グハハハハ! 了解だ!!」ズボズボ

ふたなり「ひぐぅぅぅぅぅ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

 既に敗北アクメしたにも関わらず、さらに膣内を責められるふたなり。

眼鏡っ娘「あはははは! 敗北まんこを抉られる気分はどーお?」

ふたなり「やっやめてぇぇぇ……♡♡♡」ビクンビクン!!

巨根んぽ「突けば突くほどほぐれていくぜぇ!!」ズボズボ!!

眼鏡っ娘「よーし、そろそろ孕ませてやんなさい!」

巨根んぽ「よしきた! いくぜぇぇぇぇぇぇ!!」

618 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:58:02 ID:IdrxROWw
メスガキ「なに……やってんだぁぁぁぁぁッ!!!!」ドンッ!!

巨根んぽ「うおっ!?」

 突如現れたメスガキの全力タックルにより、巨根んぽは地面へと倒された。

ふたなり「ひゃっ♡♡♡」ヌプッ

 それによりふたなりに挿入されていたおちんぽが引き抜かれる。

おしとやか「間一髪でしたわ……! あと少しでも遅かったら膣内射精されていました……!」

眼鏡っ娘「ちっ、もう雑魚どもを片付けたのか。金魚の糞どもめ」

メスガキ「よくもふたなりを……! お前ら絶対許さない!!」

巨根んぽ「ちっ、不意打ちで調子に乗るなよ。お前らも片付けてやらぁ!」

眼鏡っ娘「いや、ここは退くわよ。流石に特A級が2人相手じゃ面倒だわ」

巨根んぽ「ああん!?」

眼鏡っ娘「――退くわよ」

巨根んぽ「……ちっ! わかったよ!!」

619 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:58:49 ID:IdrxROWw
メスガキ「逃げる気!? 待て!!」

おしとやか「メスガキさん落ち着いて! 今はふたなり様を!」

ふたなり「うう……♡♡♡」ビクッビクッ

メスガキ「〜〜〜っ!! くそっ! 覚えてろよ、お前ら!!」

眼鏡っ娘「あはは! またね〜!」 巨根んぽ「グハハハハハ!!」

 眼鏡っ娘と巨根んぽは去っていった。

メスガキ「ふたなり!」

おしとやか「ふたなり様! 大丈夫ですか!?」

ふたなり「はへぇ……♡ ご、ごめん♡ わたし……負けちゃったぁ♡♡♡」ビクンビクン

メスガキ「そ、そんな……!」

ふたなり「あうう……♡♡♡」ガクッ

おしとやか「ふたなり様!? ふ、ふたなり様ーーーっ!!!」


第2おちんぽ 完

620 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 15:59:50 ID:IdrxROWw
〜次回予告〜

 ごめん、わたし負けちゃった……
 意識は戻らないし、後遺症があるかも知れないっていうし、不安でいっぱいだよ……
 そんな中、みんなは特訓することを決めて……

 次回! おちんぽ3本目『敗北☆ 意識不明のふたなり!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

621 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 16:02:01 ID:IdrxROWw
名前:教官♀
性別:♀
年齢:23
身長:166cm
髪型:ポニーテール
髪色:黒
カップ:B
ランク:元A
【ABILITY】
無し。
能力は使い続けないと力が弱くなっていき、引退後しばらくすると消滅する。

【PROFILE】
元々A級ハンターだったが、敗北アクメによって引退し協会職員となる。
敗北アクメの恐ろしさを知っているからこそ、新人ハンターには厳しく指導を行う。
好きな人はふたなり。

622 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/15(月) 16:03:14 ID:IdrxROWw
名前:後輩ちゃん
性別:♀
年齢:13
身長:149cm
髪型:セミロング
髪色:コーラルピンク
カップ:B
ランク:A
【ABILITY】
≪天然災害≫ディザスター
 相手の注意力・判断力を低下させミスを誘発させる。有効範囲は見えるところまで。

【PROFILE】
ふたなりに憧れておちんぽハンターになった少女。
力不足を実感しており、鍛錬を怠らない。
好きな人はふたなり。

623 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:11:00 ID:e8L4CsPI
名前:メスガキ
性別:♀
年齢:8
身長:134cm
髪型:ウェービーロング(長さは腰付近まで)
髪色:クリームイエロー
カップ:AA
ランク:特A
【ABILITY】
≪主導権≫イニシアチブ
 不利な状況になった際、身体能力が上昇。

【PROFILE】
同じ特A級のお姉さんは実姉。
姉を越えるために努力し、暴力技を中心に様々な技を身につけている。
好きな人はふたなり。

【IMAGE】(絵・夢神つばさ)
https://i.imgur.com/KiCkal3.png

624 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:11:58 ID:e8L4CsPI
おちんぽ3本目『敗北☆ 意識不明のふたなり!!』


 〜集中アクメ治療室〜

ふたなり「…………」スヤスヤ

おしとやか「そ、それで!? ふたなり様の容態は!?」

教官♀「……今だ意識は戻っていない。戻ったとしても復帰できるかは微妙なところだ」

メスガキ「そんな……!」

後輩ちゃん「あのふたなり先輩が敗北アクメしちゃうなんて……」

おしとやか「ペドロリさんやオレ娘さんは敗北アクメ後もハンターに復帰していますわよね?」

教官♀「ああ、敗北アクメ後もハンターに復帰している者は確かにいる」

メスガキ「なら、ふたなりも復帰できるよね?」

教官♀「……ふたなりは敗北後の膣内をめちゃくちゃに抉られていた」

メスガキ「…………」

教官♀「意識が戻るかどうかも五分。目を覚ましたとしても……後遺症は免れないだろう」

おしとやか「どうして……! こんなことに……!!」

625 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:13:00 ID:e8L4CsPI
メスガキ「許せない……! あの眼鏡女!!」

おしとやか「なにか、なにか私たちに出来ることはありませんの!?」

教官♀「今は待機しているんだ。四天王と万全の状態で戦えるように」

おしとやか「ふたなり様の傍についていることは……?」

教官♀「ダメだ。これから治療が始まる。お前達がいると邪魔になってしまう」

後輩ちゃん「邪魔だなんて、そんな言い方……」

メスガキ「いいのよ、後輩ちゃん。分かってる。教官♀だって辛いんでしょ。言葉を選んでる余裕がないくらい」

教官♀「すまない……。治療は任せてくれ。必ずふたなりを助けてみせる」

オレ娘「あ、あのさ……。オレも敗北アクメさせられちゃったから治してもらえると嬉しいんだけど」

教官♀「ああ、忘れてた。オレ娘もヤられたんだったな」

おしとやか「そちらのチームはどんな相手と戦ったんですの?」

626 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:14:00 ID:e8L4CsPI
後輩ちゃん「ええとですね。狼みたいな姿をした獣ちんぽっておちんぽ獣でした」

中二眼帯「――ああ」

おしとやか「あ、中二眼帯さん」

中二眼帯「――我が能力≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスターを使おうにも、動きが速すぎて通用しなかった」

後輩ちゃん「しばらくしたら逃げていきましたが、あのまま戦っていたらどうなっていたか……」

メスガキ「そっちも強敵みたいね……。お姉ちゃん達の相手は?」

中二眼帯「――聞いたみたが、あいつらの向かった場所には四天王らしきおちんぽ獣はいなかったらしい」

おしとやか「情報を与えないために姿を隠していたのでしょうか……」

メスガキ「ちっ、ムカつくわね。隠れたり逃げたり、卑怯な真似ばっかりして!」

おしとやか「メスガキさん、おちんぽ獣に怒る気持ちは分かりますが落ち着いてください」

メスガキ「違うわよっ! 私はおちんぽ獣に怒ってるんじゃないっ!」

627 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:14:47 ID:e8L4CsPI
メスガキ「さっきの戦いで……私は当然のように強敵をふたなりに任せてた」

メスガキ「ふたなりなら負けるはずない、そう決めつけて! 危険な目に遭わせてたっ!!」

メスガキ「一番大事な友達だっていうのに!!」

おしとやか「メスガキさん……」

メスガキ「だから、私が一番許せないのは……。自分自身なのよ……!」

おしとやか「私だって同じですわ。ふたなり様が強敵と戦うことに何の疑問に抱いていなかった……」

おしとやか「3人で力を合わせるのがチームなのに、私はふたなり様だけに負担を押し付けて……」

後輩ちゃん「もうっ! そんな考え方はダメですよ!! メスガキ先輩! おしとやか先輩!」

おしとやか「へ?」 メスガキ「こ、後輩ちゃん?」

後輩ちゃん「後悔するなんてデルタちんぽチームらしくありません!」

後輩ちゃん「先輩たちはいつだって前を向いて戦ってきたじゃないですか!」

628 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:15:23 ID:e8L4CsPI
後輩ちゃん「ふたなり先輩は……必ず敗北アクメを乗り越えて復活します!」

後輩ちゃん「だから後悔なんかしないで……今は信じるんです! ふたなり先輩を!」

メスガキ「信じる……」

おしとやか「……そうですわね。らしくありませんでしたわ」

メスガキ「うん、ふたなりがこのまま終わるなんてありえないもん」

後輩ちゃん「それでこそデルタちんぽチームですっ!」

メスガキ「そうと決まれば特訓よ! ふたなりと肩を並べられるようにね!」

おしとやか「おー! ですわ!!」

後輩ちゃん「私も参加します!!」

中二眼帯「――ふっ、私も混ぜてもらおう」

629 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:16:37 ID:e8L4CsPI
 〜訓練室〜

真面目♀「という訳で、私がコーチを務めさせてもらう」

メスガキ「……えーと、なんであんたが?」

おしとやか「真面目♀さんはA級とはいえ、身体能力だけなら特A級に匹敵するのですわ」

中二眼帯「――基礎能力を上げるには、適任の指導者ということだ」

後輩ちゃん「確かに真面目♀さんって能力無しでもふたなり先輩を追い詰めるくらい強いですからね」

真面目♀「能力無しでも、というか……私は無能力者なんだけどな」

メスガキ「なにかしらの能力さえあれば確実に特A級に上がれるのに、なんか残念よね」

真面目♀「ああ……この特訓でなんらかの能力が開花してほしい」

おしとやか(本当にこの人がコーチで大丈夫なのでしょうか……)

630 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:17:49 ID:e8L4CsPI
真面目♀「まずは自分の性交スタイルを確認しなおしてくれ」

メスガキ「私は身体能力メインで戦う、基本的な性交スタイルね」

おしとやか「私は能力とテクニックを上手いこと使う感じですわ!」

後輩ちゃん「う〜ん……私は能力メインかな?」

中二眼帯「――同じく」

真面目♀「よし、自分のスタイルを知っておくのは重要だ。それによって特訓方法も変わるからな」

真面目♀「長所を伸ばすか短所を伸ばすかも考えておくんだ」

メスガキ「それじゃあ私は後輩ちゃんに相手してもらおうかな」

後輩ちゃん「えっ、私ですか!?」

メスガキ「≪天然災害≫を使われた状態で戦えるようになれば、どんな状況にも対応できるようになりそうでしょ?」

メスガキ「もっと臨機応変に戦えるようになりたいのよ」

後輩ちゃん「なるほど……」

631 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:18:36 ID:e8L4CsPI
おしとやか「では私は中二眼帯さんとシますわ」

中二眼帯「――応じよう」

おしとやか「能力の使い方を学ばせてもらいます!」

中二眼帯「――――では遠慮なく、≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスター!!」キュイイイン!!

おしとやか「うっ!?」

 左眼で見つめた相手の性的トラウマを呼び覚ます能力。
 それによりおしとやかの過去が暴き出される――。


メスガキ『ふぅっ♡』フッ

おしとやか『ひやあっ!? み、耳は弱いんですのぉぉ〜〜〜〜♡♡♡♡♡』ビクビクビクッ!!


おしとやか(うっ♡ 以前……耳に息を吹きかけられた時の記憶が♡)ビクッ

632 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:19:33 ID:e8L4CsPI
おしとやか(そうですわ……。私はあの時、メスガキさんの耳責めに屈して最終試験に落ちてしまった)

おしとやか(ですが、今の私はもう違います! 過去の記憶を乗り越えてみせます!!)

 おしとやかは懐から髪留めを取り出すと、髪を後ろで束ねた。
 そうすることで弱点の耳が剥き出しになってしまう。

中二眼帯「――ほう。自らの弱点を受け入れるとは」

おしとやか「性的トラウマを乗り越えてしまえばその能力は無意味ですわ!」

中二眼帯「――いや、弱点が判明するから全くの無意味ではないが」

おしとやか「そうですわね」

中二眼帯「では本番といこう。――≪永氷ノ眼≫エターナルフォースジャッジメントアイズ!!」キィィィィン

おしとやか「う! もうひとつの能力!」

 右眼で見つめた者の思考と行動を制限する能力。
 視界に入れられただけで発動してしまうので、おしとやかは回避することも出来ずに食らってしまう。

633 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:20:32 ID:e8L4CsPI
おしとやか(うう……一体なにを制限されたのか。分からないのがこの能力の恐ろしいところですわ)

中二眼帯「――――ゆくぞっ! 深淵の愛撫攻撃!」シュッ!!

おしとやか「か、回避ですわっ!」(回避行動は取れますわっ!)

中二眼帯「闇より現れし死神の手!(胸揉み)」モミッ

おしとやか「うぅ〜〜〜♡」

おしとやか(防御も、耐えることも出来ますわ! じゃあ制限された行動は一体……?)

中二眼帯「盟約に基づく邪神の吐息ッ!(耳に息吹きかけ)」フゥッ

おしとやか「み、耳はマズいですわ! ≪感覚遮――――!?」

おしとやか(発動できない!? 制限されたのは、能力の発動っ!?)

おしとやか「ひやあああああっ♡♡♡」ビクビクビクッ!!

634 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:21:20 ID:e8L4CsPI
中二眼帯「――決着か」

おしとやか「いいえ♡ まだ、ですわ♡」ガシッ

中二眼帯「なっ!? 弱点の耳責めを耐えきった――!?」

おしとやか「常時発動の≪異常感度≫エクスタシーも制限されていたようですわ♡」

 おしとやかの能力≪異常感度≫エクスタシーは、
 自身の感度を爆増させる常時発動型の能力なのだ。

おしとやか「私が耳責めに弱いのは≪異常感度≫あってのもの♡ だから耐えられたのですわ♡」

中二眼帯「――くっ! 離せっ!!」ジタバタ

おしとやか「せっかく捕まえた獲物を逃がすわけありませんわ♡ さあ、反撃です♡」

おしとやか「能力がなくても私の技巧は健在――♡ 見せて差し上げますわ、おしとやか流を!」

中二眼帯「――ちょっ、ほんとにやめて!」

おしとやか「おしとやか流――――全身ペロペロ愛撫!!」ペロペロ

中二眼帯「いいいぃぃぃぃっ!?♡♡♡♡♡」ゾクゾク

635 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:22:00 ID:e8L4CsPI
真面目♀(ふーむ、いくら強力な能力があっても使いどころを間違えれば一気に形勢を覆される、と)

真面目♀(他人の戦いを見ているだけでも勉強になるなぁ)

中二眼帯「うぅ……♡ 身体がべとべと……♡」ビクビク

おしとやか「ご、ごめんなさいですわ。思ってたよりおいしくてつい……」

中二眼帯「――き、気にするな♡ 見事だったぞ、変態守護天使」

おしとやか「おおっ、あの中二眼帯さんから褒められてしまいましたわ」

中二眼帯「能力に頼りきりではいけないな。私も学ばせてもらった」

真面目♀「よし、じゃあ反省点を踏まえてもう一戦だ! 次は私も混ざるぞ」

おしとやか「はいっ! ですわっ!」

中二眼帯「え、まだするの?」

636 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:23:20 ID:e8L4CsPI
メスガキ「おりゃーーーーー♡♡♡」サワサワ

後輩ちゃん「ひゃああああああ♡♡♡」ビクビク

 一方その頃、後輩ちゃんはメスガキちゃんに捕まって好き放題犯されていた。

後輩ちゃん「ひゃっ♡ ≪天然災害≫が発動してるのに自由に動けるなんてぇっ♡♡♡」ビクビク

メスガキ「不確定要素を減らせば案外なんとかなるもんね♡」サワサワ

 メスガキは服がどこかに引っかからないようにと全裸になり、
 足を滑らせないようにぺたぺた歩くことで≪天然災害≫をほぼ無効化させたのだ。

メスガキ「後は締め技で捕まえちゃえばラクショーよね♡」サワサワ

後輩ちゃん「ひああああっ♡♡♡」

後輩ちゃん(こ、これじゃあ……前に眼鏡っ娘さんに負けた時と同じだよーっ♡)

637 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:23:53 ID:e8L4CsPI
メスガキ「おりゃっ♡ 乳首弾いちゃえっ♡」ピンッ

後輩ちゃん「んひっ♡」

メスガキ「あんたの能力は……相手の行動に依存するものだから手の内がバレると弱いのよね」

後輩ちゃん「そ、その通りですぅ……♡」

メスガキ「どうにか自分主導で使える技がないと、強敵には勝てないわよ」

後輩ちゃん「そ、そんなこと言われてもぉ……♡ どうすれば……♡」

メスガキ「自分で考えなさいっ♡ とどめの乳首コリコリっ♡♡♡」コリコリ

後輩ちゃん「あっ♡ ひゃあっっ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

メスガキ「ふうーっ、楽しかった♡」

後輩ちゃん「はうぅ…………♡」ビクビク

638 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:24:35 ID:e8L4CsPI
メスガキ「それじゃあ続けて二回戦! イッてみよー♡」

後輩ちゃん「えぇっ!? そ、そんな! 少し休ませてくだ……」

メスガキ「だ〜め♡」サワサワ

後輩ちゃん「んひぃっ!? ひ、ひどいぃっ♡♡♡」ビクビク

メスガキ「んふふ♡」コリコリ

後輩ちゃん「あひぃぃっ♡♡♡」ビクンビクン!!

後輩ちゃん(き、きっとメスガキ先輩は……能力以外の武器を教えてくれてるんだ♡)

後輩ちゃん(この愛撫攻撃を身に着ければ、私だって強くなれるはず!)

後輩ちゃん(ありがとうございます! メスガキ先輩ぃぃ♡♡♡)ビクビク

メスガキ(…………)

メスガキ(後輩ちゃんかわいい〜♡ もっとイジめたい♡)

 メスガキは好き放題えっちしたいだけで、特に何か考えているとかはなかった。


第3おちんぽ 完

639 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:25:08 ID:e8L4CsPI
〜次回予告〜

 ふたなり様が意識不明のため、今回は私が次回予告を担当しますわ!!
 次回は……とうとうオレ娘先輩さんの能力が明らかになりますわ!!
 一体どんな能力なのか楽しみですわーっ!!

 次回! おちんぽ4本目『リハビリ☆ 不穏な予感!?』ですわ!

 来週もおちんぽ☆おちんぽですわ!

640 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:25:49 ID:e8L4CsPI
名前:真面目♀
性別:♀
年齢:17
身長:158cm
髪型:ポニーテール(ミディアム。ポニテは高めの位置)
髪色:ブラウン
カップ:B
ランク:A
【ABILITY】
未習得。
基本的な性技のみで戦う。

【PROFILE】
元おちんぽバスターズ所属。
何も教えられず眼鏡っ娘に利用されていた。現在はおちんぽハンターとして活動中。
好きな人はふたなり。

641 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 00:26:35 ID:e8L4CsPI
名前:中二眼帯
性別:♀
年齢:14
身長:149cm
髪型:ツインテール
髪色:深紫
カップ:A
ランク:特A
【ABILITY】
≪永氷ノ眼≫エターナルフォースジャッジメントアイズ
 右眼で見つめた相手の思考を凍結させる。

≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスター
 左眼で見つめた相手の性的トラウマを呼び起こす。

【PROFILE】
言動がちょっとアレだが実力は本物。
動揺したりすると稀に素が出る。
好きな人はまだいない(恋とか分からない)

642 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:12:44 ID:CQbO/pio
名前:おしとやか
性別:♀
年齢:16
身長:165cm
髪型:ハーフアップロング(前髪は真ん中分けのぱっつんで、1本だけ飛び出してる)
髪色:藍色
カップ:E
ランク:特A
【ABILITY】
≪異常感度≫エクスタシー
 高い感度を利用し、痙攣で拘束から抜け出したり敵の弱点を分析したりする。

≪感覚遮断≫シャットアウト
 最大10分間、感覚を遮断する。

【PROFILE】
おしとやか家の一人娘。
実家で学んだ数々の性技でおちんぽを圧倒する。
好きな人はふたなり。

【IMAGE】(絵・夢神つばさ)
https://i.imgur.com/laJ6Rul.png

643 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:13:42 ID:CQbO/pio
おちんぽ4本目『リハビリ☆ 不穏な予感!?』※敗北ルート有り


ふたなり「う、う〜ん……。あれ?」パチクリ

教官♀「ふたなり! 目を覚ましたか!」

ふたなり「うわ! 教官♀さん!? えーと、ここは?」

教官♀「集中アクメ治療室だ。お前、2日間も眠ったままだったんだぞ」

ふたなり「集中アクメ治療室……。そっか、私……負けちゃったんだ」

教官♀「……あまり気に病むな。それより今はみんなに顔を見せてやれ」

おしとやか「ふっ! ふたなり様ぁ!!!」バンッ!!

教官♀「う、うわっ! もう来ただと!?」

おしとやか「匂いで分かったのですわ。あ、ふたなり様が目を覚ましたなって」

教官♀「お前……本当に人間なのか?」

メスガキ「ふたなり! よかった、目を覚ましたのね……」

644 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:14:29 ID:CQbO/pio
ふたなり「メスガキちゃん、おしとやかちゃん。心配かけてごめん。この通りだから」

おしとやか「謝ることなんてありませんわ! 悪いのはふたなり様ではなく、おちんぽ獣なのですから!」

メスガキ「そうよ! なんにも気にすることはないわ!」

ふたなり「うん……」

教官♀「…………。2人とも、今は席を外してくれ。ふたなりはまだ起きたばかりだしな」

メスガキ「あ、そっか。ごめん騒がしくしちゃって。またね、ふたなり!」

おしとやか「回復したら巨根んぽにリベンジですわっ!」

ふたなり「うん。2人ともありがとう。元気出たよ」

メスガキ「じゃ!」 おしとやか「ですわ!」バタン

ふたなり「…………」

教官♀「ふたなり、これからのことなんだが……」

ふたなり「言わなくても大丈夫です。自分の身体のことは自分が一番分かっていますから」

645 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:15:19 ID:CQbO/pio
ふたなり「敗北アクメ後の凌辱で……私の膣内には後遺症が残ってしまいました」

ふたなり「もう以前のようには戦えない。ハンターに復帰できるかどうかも……」

教官♀「……引退するのか?」

ふたなり「いえ、ハンターに復帰出来なかったら……その時は協会の性処理係になります」

ふたなり「それに戦えなくなっても私にはおちんぽがある。訓練相手として役立てるかも知れませんし」

教官♀「そんな……そこまで自分を犠牲にしなくても」

ふたなり「いいんです。少しでもみんなの役に立てるなら。それで」

教官♀「……くっ。とにかく今は休め。落ち着いたらリハビリを行ってもらう」

教官♀「大丈夫。お前ならきっと復帰できるさ」

ふたなり「…………」

646 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:16:03 ID:CQbO/pio
 そうしてふたなりのリハビリ生活が始まった。

ふたなり「ふっ♡ くぅぅ……っ♡ あっ♡」ビクビク

ふたなり(リハビリ用のよわよわバイブでこんなに感じちゃうなんて……♡)

教官♀「大丈夫か? キツかったらいつでも休んで構わない。まだ病み上がりだからな」

ふたなり「い、いえ……♡ まだヤれますっ♡ んんっ♡」ビクッ

ふたなり「はぐっ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

教官♀「ふ、ふたなり! 大丈夫か!?」

ふたなり「ご、ごめんなさい♡ 加減を間違えてイッちゃいました……♡」ビクビク

教官♀「ま、まだバイブを使ったリハビリは早かったかも知れないな。他の方法を考える」

ふたなり「わかりました……♡」

647 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:16:46 ID:CQbO/pio
 リハビリ2日目。

ふたなり「うう……♡」ヴィィィィィ

教官♀(ローターを使ったリハビリ。これなら……)

ふたなり「あああああっ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

教官♀「ふたなり!!」


 リハビリ3日目。

ふたなり「はぁはぁ……♡」ビクビク

教官♀(媚薬リハビリ。1日オナニーを我慢するだけなら……)

ふたなり「我慢できにゃいいいい♡♡♡」クチュクチュクチュ!!

教官♀「ふたなり!!」


 リハビリ4日目。

ふたなり「んひぇ〜〜〜〜っ♡♡♡」ビクッビクッ

教官♀「ふたなり!!!!」

648 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:17:23 ID:CQbO/pio
 リハビリ5日目。
 自由時間。

ふたなり「はぁ……。失敗ばっかり。やっぱり私はもう……」

オレ娘「よっ、元気ないな!」バシッ

ふたなり「あっ、オレ娘先輩」

オレ娘「元気なのがお前の取り柄だろっ、下ばっか見てないで前向いてろっ」

ふたなり「は、はい」

ふたなり「そういえばオレ娘先輩も敗北アクメしちゃったんですよね」

オレ娘「ああ。つってもオレはこれが初めてじゃねーけどよ」

ふたなり「あの、敗北から復帰するコツとかってあるんですか?」

オレ娘「う〜ん……」

649 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:20:10 ID:CQbO/pio
オレ娘「ぶっちゃけオレは能力でなんとかしてるだけだから何もアドバイスできんのよ」

ふたなり「能力? そういえばオレ娘先輩の能力ってなんなんですか?」

オレ娘「≪ギャグ補正≫クリアメンタルって言ってよ」

オレ娘「自分が受けた精神的ダメージや後遺症を翌日までに綺麗サッパリなくしちまう能力なんだ」

ふたなり「ああ……だからイカされても孕まされてもピンピンしてたんですね」

オレ娘「まあそういうことだ。囮とか切り込み役として使いやすいみたいだぜ」

ふたなり「いいように使われてる……」

オレ娘「おっと、チビにミルクやる時間だ。オレはもう行くぜ!」

ふたなり「あっ、はい。今度赤ちゃん見せてくださいねー!」

オレ娘「おーう! またなー!」タッタッタ

650 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:20:52 ID:CQbO/pio
ふたなり「……能力のおかげとはいえ、オレ娘先輩は敗北を乗り越えて頑張ってるんだ」

ふたなり「落ち込んだり、諦めたりなんかしてられないよね。私もがんばろう!」

ふたなり「よし! この後のリハビリもがんばろ――――」

おちんぽ獣「ピギィィィィィィィ!!!!」

ふたなり「えっ!?」

ふたなり(なんで、協会の敷地内におちんぽ獣が!?)

おちんぽ獣「ピギギィィィィィィィ!!!!」

ふたなり「い、いや! 来ないで!!」

ふたなり(見たところ上位のおちんぽ獣ではなさそうだけど……それでも、今の私じゃ!)

おちんぽ獣「ピギィィィィィ!!!」

651 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:21:28 ID:CQbO/pio
ふたなり「くっ! どうにかやり過ごさないとっ!」

 飛びかかってきたおちんぽ獣を回避するふたなり。

ふたなり(逃げようとしたら多分後ろから挿入されちゃう。誰か来るまで持ちこたえなきゃ!)

おちんぽ獣「ピギィィィ!!」バッ!!

ふたなり「っ!!」サッ

ふたなり(あ、危なかった……。うぅ、身体能力も落ちちゃってるよ……)

おちんぽ獣「ピギャギャギャ! どうやら雑魚女のようだな!」

ふたなり「く……!」

おちんぽ獣「俺様はおちんぽ界期待のホープ! 今はまだZ級だが、いつか四天王になるおちんぽ様だ!」

ふたなり「Z級って……一番弱いおちんぽ獣じゃない」

おちんぽ獣「うるせぇ!!」

652 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:21:58 ID:CQbO/pio
おちんぽ獣「そのZ級相手にビビってるお前はなんなんだ? あぁ〜ん?」

ふたなり「う……」

おちんぽ獣「ん? よく見たらお前……特A級のふたなりに似てるな?」

ふたなり「本人だよっ!」

おちんぽ獣「ウソつけっ、特A級がただのおちんぽ獣にビビるわけないだろ」

ふたなり「べ、別にビビってない!」

おちんぽ獣「ほんとか? おらっ!」ダッ

ふたなり「ひゃあっ! 来ないでっ!!」サッ

おちんぽ獣「ビビりまくりじゃねーか!!」ゲラゲラ

ふたなり「くそ〜……」

653 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:22:45 ID:CQbO/pio
おちんぽ獣「へへへ、ビビりまんこを犯しまくってやるぜ」

ふたなり(こんな奴……敗北アクメする前なら即射精させられるのに!)

おちんぽ獣「隙ありっ!!」ズブッ!!

ふたなり「しまった♡♡♡」(やばいっ、挿入されちゃった♡♡♡)

おちんぽ獣「ひひひ、思った通りの雑魚まんこじゃねぇか!」パンパン

ふたなり「ふぎぃぃ……♡♡♡」ビクビク

おちんぽ獣「歯を食いしばって耐えることしか出来ねぇみたいだな」パンパン

ふたなり「んぎぎ……♡♡ んぃぃ……♡♡♡」ビクビク

ふたなり(我慢しなきゃ……♡ こんな、Z級おちんぽ獣に負けるわけには♡)

おちんぽ獣「うはは! 反撃もしてこねぇし、こいつぁ最高のオナホールだぜ!」パンパン

654 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:23:29 ID:CQbO/pio
ふたなり「イっ♡ イギっ♡♡♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣「うおっ!? な、なんだコイツ!? おちんぽが生えてやがるっ!?」

ふたなり(よ、よかった……≪等価絶頂≫はちゃんと発動できるみたい)

おちんぽ獣「え……? ま、まさか本当に……特A級のふたなり?」

ふたなり「そ、そうだって……言ってるじゃん♡」ビクビク

おちんぽ獣「で、でもあのふたなりがこんなに弱いはずがねぇ! ほらっ!」パンッ!!

ふたなり「んぐぅっ♡♡♡」ビュルルルッ!!

おちんぽ獣「Z級のピストンだぜ? 本物のふたなりならひと突きでイクなんてありえねぇだろ」

ふたなり「はぁはぁ……♡」

おちんぽ獣「やっぱり偽物だな! てめぇ!!」パンパン

655 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:24:07 ID:CQbO/pio
ふたなり「あぐっ♡ イグゥっ♡♡♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣「……で、でも両性具有の女が何人もいるかな。本当に本物なんじゃ……」

ふたなり「だ、だから本物だって……」

おちんぽ獣「やべぇ……本物だったら俺、駆除されちまうよ」

ふたなり(……! このままいけば怯えて逃げてくれるかも!)

ふたなり「ふ、ふふ♡ 感じてるのは演技♡ 私は正真正銘のふたなりだよっ!」

おちんぽ獣「あ、あわわ……!」

おちんぽ獣「い、いや……! まだそうと決まったわけじゃねぇ!」パンッ!!

ふたなり「うひぃっ♡♡♡」ビュルッ!!

おちんぽ獣「これも演技なのか!? 演技射精なのか!?」

656 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:24:38 ID:CQbO/pio
おちんぽ獣「お、おい! どうなんだ!?」パンパン

ふたなり「おっ♡ んあっ♡ しゃ、喋りながら突かないでっ♡♡♡」ビクビク

おちんぽ獣「あ、ごめん」ピタッ

ふたなり「わ、私が本物のふたなりだって証拠を見せてあげる」

おちんぽ獣「なんだと……」

ふたなり「ほ、ほら……これを見て」

 そう言い、ふたなりはおちんぽデバイスを取り出す。
 画面にはふたなりの名前や顔写真、ハンター階級が表示されていた。

おちんぽ獣「ひっ、ひえええ!! ほ、本物のふたなりだぁぁぁぁっ!!」

ふたなり「ね? これで分かったでしょ?」(よし!)

657 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:25:26 ID:CQbO/pio
ふたなり「い、今なら見逃してあげるから……協会から帰っ」

おちんぽ獣「いっ、いやだああああああ! 駆除されたくねぇぇぇっ!!」パンパン!!

ふたなり「ひぎぃっ!?♡♡♡」ビクビク

ふたなり「なっ♡ なんで突きまくるのぉっ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

おちんぽ獣「だって! 特A級相手じゃ逃げられるわけないし……!」パンパン!!

おちんぽ獣「殺されるの覚悟でヤるしかないんだよぉぉぉぉ!!!!」パンパン!!

ふたなり「そ、そんなっ♡♡♡ あひっ♡♡♡ ちょっ、やめて♡♡♡」ビュルルッ!! ビュルッ!!

ふたなり(ウソウソウソっ♡♡♡ このままじゃZ級にまで敗北アクメさせられちゃうっ♡♡♡)

おちんぽ獣「死にたくねえええ!! 奇跡でもなんでもいいから勝たせてくれえええ!!」パンパン!!

ふたなり「んぐぅぅぅぅっ♡♡♡」ビュビュビュビューッ!!

ふたなり(せ、精液尽きちゃった……♡)

658 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:26:05 ID:CQbO/pio
おちんぽ獣「うおおおおおおおおお!!」パンパン!!

ふたなり「んひゃっ♡ だめっ♡ とまって♡♡♡」ビクビク

ふたなり(も、もう耐えられないよぉ♡♡♡ わたし、Z級おちんぽに負けちゃう♡♡♡)

おちんぽ獣「おりゃあああああああああ!!!」パンパン!!

ふたなり「イ……イク♡ も、もうイッちゃ――――」

真面目♀「させるかっ!!」バシッ!!

おちんぽ獣「うぎゃっ!!」ビュルルッ!!

ふたなり「ま、真面目♀ちゃん……♡」ハァハァ

真面目♀「危なかったな、ふたなり。あのおちんぽ獣が無駄に叫びまくってたのが幸いした」

ふたなり「あ……うん」

ふたなり(相手が小心者のおちんぽ獣で助かった……)

659 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:26:38 ID:CQbO/pio
ふたなり「ところで……どうして協会の敷地内におちんぽ獣が?」

真面目♀「ああ、それなんだが……大変なことになっているんだ!」

ふたなり「え?」

おちんぽ獣A「ピギィィィィィィ!!」

おちんぽ獣B「ピギィィィィィィィィィ!!!」

おちんぽ獣C「ピギィィィィィィィィィィィィィ!!!!」

真面目♀「っ! 新手か!!」

ふたなり「えっ!? どうして協会にこんなたくさんおちんぽ獣が!?」

真面目♀「眼鏡っ娘率いる――バスターズ残党の仕業だ!!」

真面目♀「奴ら……おちんぽハンター協会に襲撃を仕掛けてきたんだ!!」


第4おちんぽ 完

660 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:27:10 ID:CQbO/pio
〜次回予告〜

 大量おちんぽ獣の襲撃!?
 協会内は大パニック!! 四天王まで現れちゃった!
 今の私は逃げることしか出来ないし……どうすればいいの!?

 次回! おちんぽ5本目『襲撃☆ おちんぽ四天王!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

661 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:28:22 ID:CQbO/pio
名前:オレ娘
性別:♀
年齢:16
身長:173cm
髪型:ツンツン
髪色:赤
カップ:D
ランク:D
【ABILITY】
≪ギャグ補正≫クリアメンタル
 自分が受けた精神的ダメージ・後遺症などを翌日までに完全に治す。

【PROFILE】
元B級ハンター。失敗に失敗を重ね、D級にまで転落した。子持ち。
いくら酷い目に遭っても能力で回復するため、囮や偵察役として非常に便利。
好きな人は阿部寛。

662 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 08:28:56 ID:CQbO/pio
名前:眼鏡っ娘
性別:♀
年齢:14
身長:152
髪型:ショート(天パ)
髪色:パリスグリーン
カップ:C
ランク:無し
【ABILITY】
≪定着≫フィクセーションだったがふたサキュに奪われたため、現在は無し。

【PROFILE】
おちんぽバスターズのリーダー。ふたサキュを生み出した元凶。
ある理由からふたなりを憎んでおり、彼女と協会を潰そうと目論んでいる。
好きな人は……。

663 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:40:56 ID:fvn9lwsY
おちんぽ5本目『襲撃☆ おちんぽ四天王!!』


ふたなり「おちんぽハンター協会に襲撃を……!?」

真面目♀「ああ! とにかくふたなりは安全な場所に隠れていてくれ!」

おちんぽ獣A「ピギィィィィィィィ!!」

おちんぽ獣B「ピギィィィィィィィ!!」

おちんぽ獣C「ピギィィィィィィィ!!」

真面目♀「ここは私がなんとかする!」

ふたなり「で、でも! これだけの数を1人で相手するなんて!」

真面目♀「ふっ、忘れたか?」ダッ

 真面目♀はおちんぽ獣の群れへ向かっていき、一瞬で何本ものおちんぽを扱き上げる!

おちんぽ獣たち「「「ピギャアアアアアアアア!!」」」ドビュッ!! ドビュッ!! ドビュッ!!

真面目♀「私はな、お前と対等に戦った女だぞ?」

664 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:41:41 ID:fvn9lwsY
ふたなり「真面目♀ちゃん……」

真面目♀「雑魚が何匹集まったところで私は負けないさ。だから行くんだ、ふたなり」

ふたなり「うん、絶対無事でいてね! 真面目♀ちゃん!」ダッ

真面目♀「ああ!」

おちんぽ獣D「ケッケッケ!! メスが1匹逃げるつもりだぞ!」

おちんぽ獣E「逃がすものか! 捕まえてしまえ!!」

おちんぽ獣F「ピギィィィィィィィ!!」

真面目♀「邪魔はさせない!」シココココ

おちんぽ獣D・E・F「ピギャアアアアアアアア!!!」ドビュルルルルーッ!!

真面目♀(ふたなりは絶対に……立ち直って以前の強さを取り戻すはず!)

真面目♀(だからこんなところで終わらせるわけにはいかない! 私たちで守るんだ!!)

665 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:42:29 ID:fvn9lwsY
上級ちんぽ「雑魚は引っ込んでな、俺らが相手する」

おちんぽ獣「ピギッ!? A級おちんぽ獣のお通りだ!!」

真面目♀「A級おちんぽ獣か……! だが1匹だけなら敵じゃない」

上級ちんぽA「おいおい」

上級ちんぽB「誰が1匹だけだなんて言った?」

上級ちんぽC「悪いが囲んで犯させてもらうぜ」

真面目♀「くっ……!!」

真面目♀(A級おちんぽ獣が3匹も……。これは、いくら私でも)

上級ちんぽA「くくくっ、怖気づいたか?」

真面目♀「…………いいや」

真面目♀「……おちんぽハンターは、どんな状況でも諦めない」

真面目♀(そうだろ? ふたなり)

666 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:43:47 ID:Az06/gE.
 〜協会・特A級宿舎前〜

ふたなり「はぁっ、はぁっ! 特A級宿舎まで行けば安全なはず……」

ふたなり「って、宿舎の前に誰かいる……!?」

???「フフフ……貴女が来ると思って、ここで待たせてもらいましたよ」

ふたなり「だっ、誰!?」

催眠んぽ「初めまして。私は四天王の催眠んぽと申します。以後お見知りおきを」

ふたなり「し、四天王……!!」

催眠んぽ「さて、ハンターとおちんぽが出会ってしまったらヤることは一つ。分かりますね?」

ふたなり「……くっ!」

ふたなり(Z級おちんぽ獣にすら敵わなかったのに……四天王が相手なんて!)

667 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:44:48 ID:fvn9lwsY
催眠んぽ「堕ちろ――! 胸揉み攻撃――!!」シュッ

ふたなり(だ、だめ! 避けられない――――!!)

催眠んぽ(完全に捉えた! ふたなりはこれで正真正銘終わりです!!)ニヤァァ

 だが、催眠んぽの攻撃は空を切る。

催眠んぽ「なに……? この私が、攻撃を外した?」

ふたなり「これって…………」

後輩ちゃん「あ、危ないところでした……!!」

ふたなり「後輩ちゃん!!」

後輩ちゃん「なんとか間に合いましたね。≪天然災害≫ディザスターの発動!」

催眠んぽ「ふむ……。聞いていますよ、こちらの注意力を低下させる能力でしたか」

668 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:48:18 ID:fvn9lwsY
後輩ちゃん「ふたなり先輩! 今のうちに宿舎の中へ! ここは私が引き受けます!」

ふたなり「ダメだよ、後輩ちゃん! そいつは四天王の催眠んぽ! まともに戦って勝てる相手じゃないよ!」

催眠んぽ「その通りです。特A級が相手ならまだしも、ただのA級になんて負けませんよ」

催眠んぽ「眼鏡っ娘様から聞いていますよ。後輩さん、貴女は所詮……能力だけの雑魚だと、ね」

後輩ちゃん「…………っ」

ふたなり「ひ、ひどい……! 後輩ちゃんは雑魚なんかじゃない!!」

後輩ちゃん「ありがとうございます、ふたなり先輩。でも、確かに向こうの言う通りかもしれません」

ふたなり「そんな……」

催眠んぽ「フフ、認めましたか」

後輩ちゃん「だけど、それは以前までの話です!!」ダッ

催眠んぽ「向かってきましたか! ですが無駄です! A級の性技ごとき――」

後輩ちゃん「誰が性技を使うなんて、言いました?」

669 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:49:57 ID:fvn9lwsY
後輩ちゃん「――――鳩尾パンチ!!」ドゴォッ!!

催眠んぽ「ぶげぇっ!?」

ふたなり「えっ!? そ、それってメスガキちゃんの技!?」

後輩ちゃん「メスガキ先輩と特訓して習得したんです。今の私は暴力技も使えます!」

催眠んぽ「くっ、意表を突かれました。しかしやはり無駄です」

催眠んぽ「おちんぽ獣は痛みに対して抵抗があります。暴力技で倒すのは不可能ですよ」

ふたなり「いや、抵抗があるだけで完全に無効化するわけじゃない!」

ふたなり「暴力技で体力を消耗させれば、いけるよ!」

後輩ちゃん「……その通りです。だから、ふたなり先輩は宿舎の中へ」

ふたなり「え? でも……」

670 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:51:49 ID:fvn9lwsY
後輩ちゃん「いいから! 避難して下さい!!」

ふたなり「ひゃっ!?」ビクッ

後輩ちゃん「……っ! ご、ごめんなさい。大きな声を出して」

ふたなり「う、うん。大丈夫」

後輩ちゃん「……いくら特訓したとはいえ、相手は四天王。確実に勝てるとは言い切れません」

後輩ちゃん「だから万一のことも考えて……先輩には避難していてもらいたいんです」

ふたなり「そんな、万一のことだなんて……」

後輩ちゃん「〜〜〜っ!! はっきり言わないと分かりませんか!」

後輩ちゃん「今の先輩は足手まといにしかならない! 邪魔になるって言ってるんです!!」

ふたなり「!!」

催眠んぽ「おやおや、仲間割れですか? 敵の前で随分と余裕ですねえ」

ふたなり「……分かった、避難するよ。ごめん、後輩ちゃん……」

後輩ちゃん「…………」

671 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:53:38 ID:fvn9lwsY
催眠んぽ「黙って行かせると思いますか? くらえ、愛撫攻撃!!」シュッ!!

後輩ちゃん「――≪天然災害≫ディザスター!!」

催眠んぽ「ぐえっ!!」バタッ

 立ち塞がろうとした催眠んぽが能力によって転倒し、その隙にふたなりは宿舎へと駆け込む。

ふたなり「後輩ちゃん……どうか、負けないで」

後輩ちゃん「…………」

後輩ちゃん(ごめんなさい、ふたなり先輩。本当は邪魔だなんて……思ってないんです)

後輩ちゃん(特訓して、確かに私は強くなりました。でも、まだ特A級には全然届かない)

催眠んぽ「よくも転ばせてくれましたね……! 馬鹿にしやがって……! 許しませんよ!」

後輩ちゃん(――きっと、この戦いにも負ける)

催眠んぽ「A級の分際で調子に乗らないでください。一瞬で敗北アクメさせて差し上げましょう」

後輩ちゃん(ふたなり先輩を巻き込まないために、無理を言ってでも避難してもらうしかなかったんです)

672 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:55:55 ID:fvn9lwsY
後輩ちゃん「ふたなり先輩はなにも悪くありません――――」

後輩ちゃん「私が弱いのが、いけないんです」

催眠んぽ「何をブツブツ……。さあ、覚悟しなさい! 敗北アクメのね!」シュッ

後輩ちゃん「水面蹴り!!」ドカッ

催眠んぽ「うおっ!? 体勢が――――」グラッ

後輩ちゃん「≪天然災害≫ディザスター!!」

催眠んぽ「――――体勢が戻せない!? うおおおおっ!!」バタッ

後輩ちゃん「少しでも体勢を崩せば転倒は必至――。これが暴力と能力の組み合わせです」

催眠んぽ「フフフ、それでどうするつもりです? 騎乗位を仕掛けるつもりですか?」

後輩ちゃん「…………はい」

 後輩ちゃんは仰向けに倒れた催眠んぽへと跨る。

催眠んぽ「言っておきますが、いくら騎乗位を仕掛けても私には勝てませんよ。貴女ではね」

673 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:57:10 ID:fvn9lwsY
 〜宿舎内〜

ふたなり「うう……緊急ロックで扉が封鎖されちゃった」

ふたなり「これじゃあ外の様子が見られないよ……」

???『あああああっ♡♡♡』

ふたなり「っ!? 扉越しに声が……!!」

???『ひいいいいっ♡♡♡ こ、こんなっ♡♡♡ こんなのってぇぇ♡♡♡』

ふたなり「くぐもっててよく分からないけど……これ、まさか後輩ちゃんの喘ぎ声!?」

???『あああっ♡♡♡ イクっ♡ イカされるぅぅぅ♡♡♡』

ふたなり「そ、そんな……! 後輩ちゃん!! 負けないで!!」

ふたなり「くっ!! 早く扉を開けて……助けに行かないと!!」ガチャガチャ

???『ふあああああああっ♡♡♡♡♡』

674 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:58:29 ID:fvn9lwsY
ふたなり「ダメ……! 緊急ロックが解除されない……!」ガチャガチャ

???『あああっ♡♡♡ たすけてっ♡♡♡ たすけてぇぇっ♡♡♡』

ふたなり「後輩ちゃん!! 後輩ちゃーーーん!!」ドンドン

???『あ……♡♡ ひゃああ……♡♡♡ そんな……♡♡♡』

???『最初の威勢はどこに行ったんですか? 無様ですね』

ふたなり「う、ウソ……! もう、終わっちゃったの……!?」

???『よくも散々私のことを馬鹿にしてくれましたね。どうしてくれましょうか』

???『うう……♡ やめてぇ……♡♡♡』

ふたなり「……も、もしかしたら勝ったのは後輩ちゃんの方かも? くぐもっててどっちの声か分からないし」

ふたなり(お願い!! 後輩ちゃん、無事でいて!!」

675 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 13:59:45 ID:fvn9lwsY
???『これでとどめです!!』

???『ひぎゃああああああああッッッッ♡♡♡♡♡』

ふたなり「…………!!」

 凄まじい悲鳴が響いた後、まるで何事もなかったかのように静寂が訪れる。

ふたなり(ど、どっちが勝ったの……?)

ふたなり(分からない。外の様子が見れないんじゃ……)

ふたなり「…………うわっ!? 足元に水がっ!?」ピチャ

ふたなり「えっ!? これって……」

 いつの間にか扉の下部分からなにかの液体が伝って、ふたなりの足先へと触れていた。

ふたなり「愛液…………!? じゃあ、やっぱり後輩ちゃんは……!!」

ふたなり「後輩ちゃん!!! 後輩ちゃああああんっ!! 開いて、開いてよぉっ!!」ガンガン

 いくら叩いても扉は開かれない。

ふたなり「う、うう……! 私のせいで……後輩ちゃんが」グスッ

676 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 14:00:35 ID:fvn9lwsY
 その頃。協会上層部にて。

獣ちんぽ「グルルルルルル!!!」ダッ!!

メスガキ「くっ、くそ! 動きが速すぎて捕まえられないわっ!」ダッ

おしとやか「この先はおちんぽハンター協会の会長室! このまま行かせてはマズいですわ!!」ダッ

メスガキ「早くふたなりのところへ向かいたいのに……! 四天王が現れるなんてっ!!」

獣ちんぽ「グルルルルルルル!!!」シュシュッ!!

おしとやか「しまったですわ! 会長室に入り込まれてしまいました!!」

メスガキ「で、でも大丈夫よ! 会ったことはないけど会長ちゃんは元特A級ハンターって聞いたわ」

メスガキ「いくら四天王が相手でもすぐに敗北アクメするなんてことはないはず!」

おしとやか「早く助けに行きましょう!!」

メスガキ「そうね!!」

677 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 14:01:18 ID:fvn9lwsY
おしとやか「大丈夫ですかーっ!?」

 会長室へ飛び込むメスガキとおしとやか。
 そこには倒れる獣ちんぽの姿があった。

獣ちんぽ「」死

メスガキ「えっ、射精させられてる!?」

おしとやか「おおっ、四天王を瞬殺するとは! さすが会長ちゃんですわ!」

会長ちゃん「ひゃあああ…………♡♡♡」ショワァァァ

メスガキ「って、会長ちゃんもイカされてるぅぅ!?」

おしとやか「あ、相打ちですの!?」

メスガキ「い、いや……そんな様子でもないよ、これ! 誰かが2人ともイカせたんだ!」

メスガキ「それも、一瞬の内に!」

おしとやか「でも……この部屋には他に誰もいませんわ」

???「上よ、上」

678 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 14:02:28 ID:fvn9lwsY
メスガキ「上っ!?」

おしとやか「あっ、あなたは!?」

 頭上で待ち受けていたのは――――

ふたサキュ「うふふ♡ お久しぶり♡」

 かつてふたなり達と激闘を繰り広げた女性型おちんぽ獣・ふたサキュだった。

ふたサキュ「会長室、ホールみたいに天井が高いから私の≪飛行≫フライングと相性バツグン♡」

ふたサキュ「噂の四天王だって瞬殺できちゃったわぁ♡」

メスガキ「お前っ、なんでここに!? 何を企んでるのか言いなさいっ!」

ふたサキュ「騒ぎになってたからぁ♡ どさくさに紛れて強い能力を頂こうと思ったのよ♡」

ふたサキュ「私の能力――≪精気吸収≫エナジードレインでね♡」

おしとやか「絶頂させた者の能力を奪う能力――でしたわね」

ふたサキュ「うふふ♡ ここで会ったのも何かの縁♡ 貴女たちの能力も頂こうかしら?」

メスガキ「ふんっ、やれるものならやってみなさい!」 おしとやか「ですわ!!」


第5おちんぽ 完

679 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/16(火) 14:03:39 ID:fvn9lwsY
〜次回予告〜

 待ち受けていたのはまさかのふたサキュちゃん!?
 ある意味四天王より恐ろしい相手に、メスガキちゃんとおしとやかちゃんはどう戦うの!?
 そして後輩ちゃんの安否やいかに!?

 次回! おちんぽ6本目『空飛べ☆ フライングファック!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

680 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:08:55 ID:aQqpoG8Q
おちんぽ6本目『空飛べ☆ フライングファック!!』※敗北ルート有り


ふたサキュ「あんたらの能力は≪主導権≫と≪異常感度≫……」

ふたサキュ「なら拘束系の能力は使うだけ無駄ね」

メスガキ「ふふん、あんたが奪った能力はもう割れてんのよ」

おしとやか「≪定着≫≪強制魅了≫≪千鬼夜行≫……どれも確かに厄介なものではありますが」

ふたサキュ「そうね♡ 搦め手ばっかり♡ 正攻法で戦うとなるとあまり役には立たないわぁ♡」

メスガキ「拘束が効かない以上、キスが条件の≪強制魅了≫を命中させるのはほぼ不可能」

おしとやか「快感を固定させる≪定着≫にだけ気を付ければ楽勝ですわ!」

ふたサキュ「そうね〜♡ だからぁ……今奪った能力を使うことにするわ♡」メキメキ

メスガキ「なっ!?」

おしとやか「ふたサキュさんの身体が……変化していきますわっ!?」

ふたサキュ「――――≪獣化≫ビーストモード」メキメキ

681 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:09:48 ID:aQqpoG8Q
メスガキ「毛でモフモフになった……!? 犬耳まで生えてる!?」

ふたサキュ「これが獣ちんぽから奪った能力よ♡」モフッ

おしとやか「い、一体どんな能力なんですの……!?」

ふたサキュ「教えてあげ」スッ

おしとやか「!?」

ふたサキュ「る♡」ガシッ

メスガキ「えっ、今なにが――」

おしとやか(一瞬で背後を取られた!?)

 ≪獣化≫ビーストモード
 獣になることで身体能力を上昇させる。
 能力発動中は獣のようなえっちしか出来なくなる。

ふたサキュ「そして≪飛行≫フライングを発動――♡ 空中で犯してあげるわ♡」パタパタ

682 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:10:50 ID:aQqpoG8Q
おしとやか「あわわわわ! う、浮いてますわーっ!!」

ふたサキュ「うふふ♡ 落ちたら怪我しちゃうから逃げ場はないわよ♡」パタパタ

メスガキ「こらー! 下りてこーい!!」

ふたサキュ「助けにも期待できないわね♡ さて、どうするのかしら♡」

おしとやか「な、舐めないでください! このおしとやか、空中戦も華麗にこなしてみせますわ!」

ふたサキュ「いいわね♡ 犯しがいがあるわ♡」ズブッ

 空中にいるまま、ふたサキュおちんぽがおしとやかへと挿入される!

おしとやか「ふぎゅっ!?♡ こ、これはっ!?♡♡♡ 普通のおちんぽじゃありませんわっ!?」ビクビク

ふたサキュ「見てないのによく分かるわね♡ あ、≪異常感度≫で感じ取れるの? 便利ね」

ふたサキュ「そう、≪獣化≫によっておちんぽも変異したのよ♡」

683 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:11:36 ID:aQqpoG8Q
おしとやか「≪獣化≫ということは――獣のトゲトゲおちんぽということですね♡」ビクビク

ふたサキュ「ご名答♡ 一度食らいついたら離さない♡ メスを確実に孕ませるおちんぽよ♡」

おしとやか「……うくっ! トゲトゲが食い込んで腰を動かせませんわ!?」

ふたサキュ「うふふふ♡ 逃げ場はない。仲間も来れない。腰も動かない。詰みよね♡」クスクス

ふたサキュ「前から貴女の能力が欲しかったのよね♡ ヤれて嬉しいわぁ♡」

おしとやか「も、もう勝ったつもりですの?」

ふたサキュ「そっちこそ、まだ負けてないつもりなの?」

おしとやか「――当然ですわ!!」グッ

ふたサキュ「なっ!? 無理矢理にでも動くつもり!?」

ふたサキュ「そんなことしたらトゲトゲおちんぽで膣内がズタズタになるわよっ!」

684 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:12:23 ID:aQqpoG8Q
おしとやか「――――≪感覚遮断≫シャットアウト!」

ふたサキュ「なっ!?」

おしとやか「これで痛みは感じませんわ」

ふたサキュ「痛みを感じないって……怪我自体はするのよ!? 頭おかしいんじゃないの!?」

おしとやか「そうですわね……能力が切れたら、きっと激痛に苦しむことになりますわ」

おしとやか「でも負けるよりはマシ!! ですわっ!!」グチュグチュ!!

ふたサキュ「ちぃぃっ!! ≪獣化≫――――解除!!」

おしとやか「へっ!? 解除するんですの!? なら、≪感覚遮断≫も解除ですわっ!」

ふたサキュ「悪いけどリョナは趣味じゃないのよ。私は快楽で相手を堕としたいの」

ふたサキュ「よく考えれば空中にいる時点で私の優位は明らか。≪獣化≫なんて使うまでもないわ」

685 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:13:16 ID:aQqpoG8Q
ふたサキュ「ん…………♡」チュッ

おしとやか「んむっ!?」(しまった! キスされてしまいましたわ!!)

ふたサキュ(空中で捕まえてるから逃げ場は無い♡ 当てにくいキス技も簡単に命中させられるわ♡)

ふたサキュ「……ぷはぁっ♡ ≪強制魅了≫チャーム♡」

おしとやか「ふひゃあ……♡ 頭がとろけそうですわぁ♡♡♡」

ふたサキュ「このまま≪強制魅了≫しまくって堕としてあげるわ♡」

おしとやか「くっ♡ ≪定着≫フィクセーションも使っていますわね……! 快感が抜けませんわっ♡」ビクビク

ふたサキュ「大した分析力ね♡ それも≪異常感度≫の力なのかしら?」

ふたサキュ「ますます貴女の能力が欲しくなっちゃった♡」

686 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:14:05 ID:aQqpoG8Q
ふたサキュ「ほら、今度はおちんぽで責めてあげるわ♡」グリグリ

おしとやか「はぐっ♡♡♡」ビクッ

ふたサキュ「飛んでるから激しく腰は動かせないわねぇ♡ あ、でも貴女は弱い刺激でイキやすいんだっけ♡」グリグリ

おしとやか「ううっ♡♡♡ このままではマズいですわっ♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「そうだ♡ 私の尻尾でクリもくすぐっちゃおっと♡」スリスリ

おしとやか「ひゃおおっ!?♡♡♡ そ、それっやばいですわぁぁっ♡♡♡」ビクンビクン

ふたサキュ「ね〜え♡ ≪感覚遮断≫で防御しないの〜♡」グリグリ

おしとやか「う…………♡」ビクビク

おしとやか(捕まってる状態では≪感覚遮断≫を使っても悪あがきにしかなりませんわ)

おしとやか(落下して大怪我してしまいますが≪異常感度≫で拘束から抜け出すしか……)

おしとやか「…………!!」ピクッ

687 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:15:05 ID:aQqpoG8Q
ふたサキュ「落下覚悟で≪異常感度≫を使おうと思った? でもさぁ……♡」

おしとやか「…………」

ふたサキュ「貴女、この高さから落ちる覚悟はあるの? 怪我じゃ済まないかもよ♡」

ふたサキュ「さっき言った通りリョナは私の趣味じゃないからぁ♡ やめて欲しいなぁ〜♡」

おしとやか「…………≪感覚遮断≫シャットアウト」

ふたサキュ「うふふ♡ 耐える方を選んだわね♡」クスクス

ふたサキュ(≪感覚遮断≫を使ったところでどうにもならないのに♡ これで私の勝ち♡)

ふたサキュ「ほらほら♡ 発動時間が過ぎたら即イキできるように責めまくってあげるわ♡」グリグリ

おしとやか「…………」

ふたサキュ「快楽を感じなくても恐怖は感じるでしょ? 敗北アクメ前の気分はどうかしらぁ♡」グリグリ

ふたサキュ「怪我するにしても≪異常感度≫を使ってれば勝てたかも知れないのに♡」

ふたサキュ「いくら便利な能力を持っててもぉ♡ 使いどころを間違えれば無駄ね♡」

おしとやか「その言葉――そっくりそのままお返ししますわ」

ふたサキュ「へ?」

688 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:19:31 ID:aQqpoG8Q
メスガキ「おらぁっっ!!! メスガキロック!!」ガシッ

ふたサキュ「んなっ!?」

 背後からメスガキに組み付かれ、ふたサキュは拘束される!

ふたサキュ「ちょっ、なんで!? 飛んでるのに!?」

おしとやか「空中にいる時点で私の優位は明らか――貴女は先ほど、そう言いましたわ」

メスガキ「私の≪主導権≫は高低差の有利不利に対しても効力を発揮するのよ!」

メスガキ「ま、流石にジャンプする力を溜めるのに時間はかかったけど」

ふたサキュ「ば、馬鹿な!? それにしたっておかしいでしょ!」

ふたサキュ「そんな派手にジャンプしたっていうのに、私が気付かなかったなんて……!?」

おしとやか「知りませんでした? 私の≪感覚遮断≫は他者にもかけられるのですわ」

おしとやか「もちろん快感以外の感覚も遮断できます。気付けなかったのは聴力が遮断されていたからですわ」

ふたサキュ「な、なんですって……!?」

689 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:20:52 ID:aQqpoG8Q
おしとやか「いくら能力が欲しかったからって、私を先に狙ったのは悪手でしたわね」

おしとやか「空中に連れ去られていたのがメスガキさんなら、私にはどうすることも出来ませんでしたわ」

ふたサキュ「うぐぐ……!!」

おしとやか「能力――≪飛行≫の使いどころを間違えたのは、そちらですわ!!」ビシッ

メスガキ「それじゃあ羽根も極めさせてもらうわね」グイッ

ふたサキュ「なっ!? は、羽根が動かなくなったら落下しちゃうのよ!?」

ふたサキュ「3人とも落ちるわ!! 分かってるの!? 怪我じゃ済まないのよ!?」

メスガキ「うーん、私は≪主導権≫で身体能力が強化されてるしぃ」

おしとやか「私は≪感覚遮断≫で痛みを消せますわ」(怪我はしますが)

メスガキ「あんたも≪獣化≫があるしなんとかなるでしょ、たぶん」グイッ

おしとやか「さて、ふたサキュさん。この高さから落ちる覚悟はありまして?」

 そう言い、メスガキはふたサキュの羽根を押さえる。
 そして3人は落下し始めた。

ふたサキュ「ばっ、ばか! ≪獣化≫の発動には時間がかかるのよ!!! 間に合わない〜〜!!」

690 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:22:37 ID:aQqpoG8Q
メスガキ(いくらおちんぽ獣が痛みに強いって言っても、この高さから落ちたら無事じゃ済まないはず!)

メスガキ(おしとやかも無事じゃ済まないけど……それはごめん!)

おしとやか(う〜ん……流石に骨折とかしたらイヤですわね)

ふたサキュ「いや〜〜〜!!! 落ちる〜〜〜〜!!!!」

ふたサキュ「こ、こうなったら――――≪千鬼夜行≫ナイトフィーバー!!」シュインッ

メスガキ「なっ!?」

 床に激突する寸前で、ふたサキュは≪千鬼夜行≫による影触手を召喚する。

ふたサキュ「影触手をクッションにすれば! ダメージは減るはず!!」

ふたサキュ(でも、気休めにしかならなそう……)

 直後、3人は影触手へと激突した。

691 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:23:30 ID:aQqpoG8Q
メスガキ「いてっ」ガンッ

おしとやか「うぎゃあ! ですわっ!!」ガンッ

 反動で弾き飛ばされ、壁に叩きつけられる2人。

メスガキ「いてて……おしとやか、無事?」

おしとやか「な、なんとか……。影触手のおかげで私たちも助かりましたわ」

メスガキ「ふたサキュは?」

ふたサキュ「うぎぎぎぎ……! い、痛い……!!」

おしとやか「あ、拘束されていた分……一番ダメージが大きいみたいですわ」

メスガキ「ふふん! 計算通り!」

ふたサキュ「く、くそぉ…………」

692 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:24:15 ID:aQqpoG8Q
ふたサキュ「あ、あんたら頭おかしいわよ……!!」

メスガキ「ふーんだ! 負け惜しみぃ〜?」ベー

おしとやか「勝てばよかろうなのですわ!」ベロベロバー

ふたサキュ「ちっ……! 付き合いきれないわ! もういい! 帰る!」

 ≪飛行≫を使い、窓から飛び去ろうとするふたサキュ。

メスガキ「あっ! また逃げるつもり!?」

おしとやか「最後まで戦いなさーい!」

ふたサキュ「うるさいわね! あんたらと戦ってたら命がいくつあっても足りないわ!」

ふたサキュ「今度こそもっと強い能力を手に入れて叩きのめしてやるんだから! 覚えてろ!」パタパタ

メスガキ「あー、行っちゃった」

おしとやか「正直助かりましたわ。これ以上戦ってたらもっと泥沼になってたかも知れませんし」

693 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:24:52 ID:aQqpoG8Q
メスガキ「っと! こうしちゃいられない! ふたなりのところに行かないと!」

おしとやか「私は会長ちゃんを見ていますわ。ふたなり様のことは頼みます」

会長ちゃん「あへぇ♡」ビクビク

メスガキ「あ、忘れてた。そういや会長ちゃん敗北アクメさせられてたわね」

メスガキ「分かったわ! ふたなりは私に任せて!」

おしとやか「ええ」

メスガキ「ふたなりぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」ダッ

おしとやか「…………」フゥ

おしとやか「ふたなり様、どうか無事でいてくださいですわ……」

694 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:25:50 ID:aQqpoG8Q
真面目♀「くっ……!!」

上級ちんぽA「ククク、追い詰めたぞ」

上級ちんぽB「観念しろ、おちんぽハンター」

上級ちんぽC「おちんぽの素晴らしさを貴様のおまんこに教えてやろう」

真面目♀(ここまでか……)

メスガキ「邪魔よぉぉぉぉぉぉ!!! 手コキ乱舞!!」シココココ

上級ちんぽA「んひぃぃぃぃぃぃ!!」ドピュピューッ!!

上級ちんぽB「んほおおおおおおお!!!」ドピュルンバ!!

上級ちんぽC「へあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」ドビユッシー!!

メスガキ「ふたなりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」ダッ

真面目♀「な、なんだ今のは……」ポカーン

695 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:26:34 ID:aQqpoG8Q
 〜特A級宿舎〜

メスガキ「ふたなり!!」バンッ!!

ふたなり「メスガキちゃん!? どうやって扉を開けたの!?」

メスガキ「殴って開けたわ!! それより無事でよかった……!」

ふたなり「私のことはいいの! 部屋の外で後輩ちゃんを見なかった!?」

メスガキ「へ? 後輩ちゃん? 見てないけど……」

ふたなり「私のせいで後輩ちゃんが……! 四天王と……!!」

メスガキ「ちょっ、落ち着いて! 何があったのか説明して!!」

ふたなり「うわああああ……っ!!」

 その後、おちんぽ獣による襲撃騒ぎは無事収束した。
 しかし協会内をいくら探しても後輩ちゃんは発見されなかった――。

第6おちんぽ 完

696 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:27:07 ID:aQqpoG8Q
〜次回予告〜

 後輩ちゃんを助けに行かないと!!
 でも、今の私じゃ役に立てないかも……ううん、それでも行くしかない!
 周りのみんなが止めたって行くもん!
 って、え!? 決闘!?

 次回! おちんぽ7本目『決闘☆ 負けるわけにはいかない!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

697 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 01:28:08 ID:aQqpoG8Q
名前:ふたサキュ
性別:ふたなり
年齢:?
身長:?
髪型:ロング
髪色:ホワイト
カップ:F
ランク:無し
【ABILITY】
≪精気吸収≫エナジードレイン
 絶頂させた者の能力を奪う。
 現在奪った能力は≪定着≫≪強制魅了≫≪千鬼夜行≫≪獣化≫

≪飛行≫フライング
 空を飛べる。

【PROFILE】
眼鏡っ娘によりPENIS-19190721を注入され、ふたなりサキュバスと化したおちんぽ獣。
自分の欲望のままにあらゆる女の子を犯し、強い能力を手に入れようとしている。
好きな人はふたなり。

698 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:32:47 ID:f8bkKOcw
おちんぽ7本目『決闘☆ 負けるわけにはいかない!!』


教官♀「なんとか攻め込んできたおちんぽ獣は全て撃退できたか」

中二眼帯「――ああ、しかし」

メスガキ「後輩ちゃんが行方不明……か」

真面目♀「協会の敷地全てを見て回ったが後輩の姿はなかった」

メスガキ「さらわれたってこと? でも一体なんのために?」

教官♀「……協会が確保していたウイルスを覚えているか」

おしとやか「ええ。PENIS-19190721でしたわよね?」

教官♀「実はそれが奪われてしまった。奴らはウイルスを取り返すために襲撃を行ったんだ」

メスガキ「ええっ!?」

699 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:33:20 ID:f8bkKOcw
教官♀「ウイルスを奪い、それと同時にハンターがさらわれた――」

教官♀「私の予想が正しければ、奴らがしようとしていることは――」

メスガキ「や、やめてよ! そんなわけないじゃない!」

おしとやか「……いえ、恐らくそうなのでしょう。眼鏡っ娘さんは再び造ろうとしているのですわ」

おしとやか「――自らの手で、おちんぽ獣を」

ふたなり「…………っ!!」

真面目♀「なら早く助けに行かなければ後輩がおちんぽ獣にされてしまうということか?」

教官♀「……恐らく」

メスガキ「そんな……!」

ふたなり「わたしっ!! 後輩ちゃんを助けに行きます!!」

700 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:33:57 ID:f8bkKOcw
メスガキ「ふたなり!? でも……」

教官♀「まだリハビリすら終わっていない状態だろう。その身体では無理だ」

ふたなり「でも! 後輩ちゃんは私のせいで敵に捕まったんです!」

ふたなり「だから私が助けに行かないと!!」

中二眼帯「――自殺行為だ」

真面目♀「後輩は私たちが助けてみせる! ふたなりはリハビリに専念するんだ!」

ふたなり「今こうしている間にも後輩ちゃんは酷い目に遭ってるかも知れないんだよ!?」

ふたなり「じっとなんてしてられない!!」

メスガキ「ダメだって! イカされに行くようなものよ!」

ふたなり「それでも……行かないといけないんだ!!」

おしとやか「………………っ」

おしとやか「――――いい加減にしなさい!!」

701 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:34:54 ID:f8bkKOcw
ふたなり「え……?」

メスガキ「い、いま……おしとやかが言ったの?」

おしとやか「……今のふたなり様では、すぐにおちんぽ獣に無駄イキさせられるだけですわ」

おしとやか「そうなれば己の身を盾にしてまでふたなり様を守った、後輩さんの気持ちはどうなりますの?」

ふたなり「……っ! 守ってもらったからこそ! 後輩ちゃんを助けたいの!」

おしとやか「それは私たちに任せてください。ふたなり様は周りのみんなが信用できないのですか?」

ふたなり「……そんなことはないけど! でも、じっとしてるだけなんて!」

おしとやか「本当に後輩さんを助けたいのですか? 罪悪感と無力感を誤魔化したいだけではなくて?」

ふたなり「そ、そんな……そんな言い方ってないよ! 本心から後輩ちゃんを助けたいのに!」

おしとやか「今のふたなり様が何の役にも立たないのは誰が見ても明白――」

おしとやか「本当に後輩さんを助けたいと思うのなら、今は待機しているべきです」

ふたなり「…………そんなこと」

702 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:35:39 ID:f8bkKOcw
ふたなり「私が役に立たないなんて、実際に救出に向かってみないと分からないよ!」

おしとやか「……どうやら、いくら言っても無駄みたいですわね」ハァ

メスガキ(ね、ねぇ……あれ本当にあのおしとやかなの?)ヒソヒソ

教官♀(た、たぶん……)ヒソヒソ

おしとやか「……ふたなり様。貴女に決闘を申し込みますわ」

ふたなり「決闘……?」

おしとやか「ふたなり様が本当に役に立つのか、戦いで証明するのです」

おしとやか「こちらが勝ったら大人しく協会で待機すること」

ふたなり「私が勝ったら?」

おしとやか「その時は救出でもなんでも自由にしてくれていいですわ」

703 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:37:01 ID:f8bkKOcw
真面目♀「実力行使か」

中二眼帯「――今のふたなりではおしとやかに勝つのは不可能」

メスガキ「でも、それで引き下がるような子じゃないよね」

ふたなり「……分かった、決闘を受ける」

おしとやか「ルールは実戦スタイル。どちらかが動けなくなるか降参するまでの戦いですわ」

教官♀(なるほど……屈服するまでイカせて抑えつけるつもりか)

メスガキ(おしとやかは絶対に降参なんてしないだろうし……)

真面目♀(ふたなりにとってはかなり不利な戦いになるだろうな)

ふたなり「――――絶対負けない!」

中二眼帯(――それでも勝利を渇望するか。流石だ)

704 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:37:48 ID:f8bkKOcw
 〜訓練室〜

教官♀「では、さっきも言った通りルールは実戦スタイルだ。準備はいいか?」

おしとやか「ええ。早く始めてくださいですわ」

ふたなり「私も大丈夫」

メスガキ「ほ、本当に決闘が始まるのね……」

真面目♀「ふたなりが負けるところは見たくないが……今回ばかりはおしとやかを応援するぞ」

中二眼帯「――これもふたなりを守るため」

教官♀「それでは……勝負開始!!」

おしとやか「速攻で終わらせますわっ!!」ダッ!!

ふたなり(いきなり突っ込んできた!? おしとやかちゃん、本気だっ!!)

ふたなり(大丈夫。今の私でも、攻撃が来ることさえ分かっていれば――!!)サッ

705 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:38:54 ID:f8bkKOcw
メスガキ「避けた!!」

真面目♀「敗北アクメで身体が敏感になっていても回避能力は健在ということか」

中二眼帯「――そう言えば、対女性への回避能力があると聞いたな。ふたなりには」


ふたなり「反撃愛撫!!」サワッ

ふたなり(弱体化してるけど……おしとやかちゃん相手なら弱い愛撫は有効なはず!)

おしとやか「…………無駄ですわ」

ふたなり「えっ!? ≪感覚遮断≫!?」

ふたなり(発動時間に制限がある≪感覚遮断≫を最初から使い続けてるなんて!?)

ふたなり(おしとやかちゃん……攻めることしか考えてない!?)

おしとやか「≪感覚遮断≫の発動限界は10分。それまでにふたなり様を屈服させてみせますわ」

706 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:39:39 ID:f8bkKOcw
ふたなり「くっ!!」

ふたなり(攻撃が通用しないなら……回避に専念するしかない!!)

おしとやか「いつまで避け続けられますか? いくら回避能力があっても」シュッ

ふたなり「ううっ♡♡♡」ビクッ

おしとやか「特A級の攻撃全てを避けるなんて不可能ですわ」

ふたなり「……くっ♡」ビクビク

おしとやか「たった一度の愛撫でその有様。やっぱり今のふたなり様では戦力になりませんわ」

ふたなり「それでも……諦めない!」

ふたなり「最後まで戦い続けるのがおちんぽハンターだからっ!!」ダッ

おしとやか「上の口だけは立派ですわねっ!!」ダッ

707 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:40:53 ID:f8bkKOcw
ふたなり(試合開始から何分経った……? あとどれくらいで≪感覚遮断≫が解けるの……?)

おしとやか「考え事とは余裕ですわねっ!!」サワッ

ふたなり「ひゃっ♡♡♡」ビクビク

おしとやか「……もう諦めてください、ふたなり様」

ふたなり「う、うう……♡♡♡」ビクビク

ふたなり(こ、腰が抜けちゃった……♡ 立ち上がれない……♡)

おしとやか「今は休む時です。たまには私たちのことも信じてください」

おしとやか「後輩さんを助けたいって気持ちは、私たちにだって同じくらいあるのですから!」

ふたなり「う、ぐ…………♡」ガクガク

おしとやか(足を震えさせながらも立ち上がろうと……!? まだ戦うつもりですの!?)

おしとやか「本当に、言っても分からないのなら――!!」

708 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:42:00 ID:f8bkKOcw
おしとやか「下の口に言い聞かせますわ!!」ズブッ!!

ふたなり「あぐぅぅっ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

おしとやか「おしとやか流――ヘテロブレイクフィンガー!!!」グリグリ


委員長「あ、あれは禁断の性技ですよ!」

メスガキ「う、うわぁ!? あんた誰!?」

委員長「やりすぎです! おしとやかさん! ふたなりさんが壊れてしまいますよ!!」

中二眼帯「――いや、ふたなりもまだ諦めていない」


教官♀(試合を止めるべきか……!? だが、ふたなりの目はまだ――)

ふたなり「うっ♡ ああああ……♡♡♡ ま、負けない……♡♡♡」ビクンビクン!!

おしとやか(お願いですわ! これで降参してください! このままでは、ふたなり様が……!)

709 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:42:51 ID:f8bkKOcw
ふたなり「も、もう……!!」

ふたなり「負けるなんて…………!!」

ふたなり「絶対イヤああああああぁぁぁっ!!!」ドクン!!

おしとやか「!?」サッ


メスガキ「え、距離を取った?」

真面目♀「違う、無理やり押しのけられたんだ」

中二眼帯「――今のふたなりにそれが出来るほどの力は残っていないはず。何故?」


教官♀「これは……!? まさか……!?」

おしとやか「……そうですか。貴女の負けたくないという気持ちは、そこまで……」

ふたなり「――――どうしてかは分からないけど、力がみなぎってきた! これなら!」

教官♀(間違いない、ふたなりは新能力に目覚めたんだ!!)

710 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:43:52 ID:f8bkKOcw
ふたなり「いくよ、おしとやかちゃん!!」

おしとやか(どうやら自身の新能力にはまだ気付いていないようですわね)

おしとやか(新能力を得たといってもふたなり様が弱体化している事実は変わりませんわ)

おしとやか(このままイカせて、止めてみせます!!)

おしとやか「おしとやか流――――!! 乱れ分身愛撫!!」シュババハバ!!


委員長「で、出たっ!! 特殊な歩法で分身を生み出し、無数の愛撫を仕掛ける奥義!!」

メスガキ「だからあんた誰よ!?」


ふたなり「――――見えるっ!!」ササササッ!!

おしとやか「なっ!?」(全て避けられた!?)

おしとやか(身体強化系の能力……? それにしても強力すぎますわ、なにか代償があるはず)

おしとやか(考えないと……! も、もう時間が)

711 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:44:40 ID:f8bkKOcw
ふたなり「……?」

おしとやか「………………」

ふたなり(仕掛けてこない……? もしかして≪感覚遮断≫が切れた?)

ふたなり(でも、おしとやかちゃんにはまだ≪異常感度≫がある!)

ふたなり「勝負はこれからだよ! おしとやかちゃん!!」

教官♀「……いや、これで終わりだ」

おしとやか「…………ぐっ!」ガクッ

 苦悶の表情を浮かべ、膝をつくおしとやか。

ふたなり「えっ!?」

 彼女の右足首は真っ赤に腫れあがっていた。


メスガキ「あいつ……!? ふたサキュ戦で怪我してたの!?」

真面目♀「最初から≪感覚遮断≫を使っていたのは……痛みを誤魔化すためだったのか」

712 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:45:52 ID:f8bkKOcw
ふたなり「そんな身体で戦ってたなんて……! どうして!」

おしとやか「どうしても、ふたなり様を止めたかったからですわ」ガクガク

教官♀「お、おい! 立ち上がるな、おしとやか! もう試合は終わりだ!」

おしとやか「いいえ……! どちらかが動けなくなるか、降参するまでこの戦いは続きます」

ふたなり「おしとやかちゃん!!」

 痛みで全身から汗を噴き出しながらも、おしとやかは立ち上がる。
 そしてふたなりへ向かっていこうとする。

おしとやか「ふたなり様は……絶対に敗北を乗り越え、以前よりも強くなるはず……!」ヨロヨロ

おしとやか「だからこそ……! 今は戦わせるわけにはいかないのですわ……!」ヨロヨロ

ふたなり「お、おしとやかちゃん……!」

メスガキ(あのバカ……!!)

713 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:47:16 ID:f8bkKOcw
おしとやか「私は……信じているのです。ふたなり様のことを……!」

おしとやか「だから……! ここで負けるわけにはいかないのですわ……!!」

 おしとやかは力を振り絞り、呆然と立ち尽くすふたなりへ攻撃を仕掛けようとする。

おしとやか「ふたなり様を……! 止め、て……みせ……」ガクッ

 しかし伸ばした手は届かず、おしとやかはそのまま倒れて気絶してしまった。

教官♀「……勝負有りだ」

ふたなり「…………」

教官♀「医療班を呼べ!! 早く!!」

真面目♀「もう呼んでいる!!」

メスガキ「おしとやか!!」ダッ

714 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:48:23 ID:f8bkKOcw
おしとやか「……」キゼツ

メスガキ「このバカ! あんたまで戦えなくなってどうするのよ! おしとやか!」

ふたなり「…………ごめん」

メスガキ「ふたなり……! あんた、これでもまだ戦いに行くって言うんじゃないでしょうね……!?」

ふたなり「……ううん、私が間違ってた。みんな、こんな思いをしてたんだね……」

ふたなり「本当に……ごめん。ごめんなさい」

メスガキ「ぐすっ、分かればいいのよ! もうっ!!」

ふたなり「メスガキちゃん、これからのこと……任せてもいい?」

メスガキ「当然! ふたなりの分も、おしとやかの分も! 全部わたしに任せて!!」

メスガキ(私の友達2人にこんな思いさせて……! 四天王も眼鏡っ娘も許さない!!)

メスガキ(――――覚悟しろ!!! 全員ボコボコにしてやる!!)


第7おちんぽ 完

715 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 08:49:01 ID:f8bkKOcw
〜次回予告〜

 メスガキちゃんの単独ミッション!!
 後輩ちゃんの手掛かり、頼んだよ!!
 そして明かされる衝撃の事実!!
 あの2人が立ちはだかるなんて……!!

 次回! おちんぽ8本目『対決☆ わからせの魔の手!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

716 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:37:14 ID:bqLK2gos
おちんぽ8本目『対決☆ わからせの魔の手!!』※敗北ルート有り


教官♀「ということで後輩ちゃん捜索チームの編制をしようと思うのだが」

お姉さん「チームを組むよりも個別に探した方が効率良いんじゃない?」

ペドロリ「あたちもそう思う」

メスガキ「あ、お姉ちゃん! 協会が大変だったっていうのにどこ行ってたのよ!」

お姉さん「私とペドロリは独自に調査を進めていたのよ」

教官♀「個別での捜索か。しかし四天王と遭遇したら危険だぞ?」

お姉さん「大丈夫でしょ。襲撃直後なら向こうだって大きな動きは出来ないはずよ」

ペドロリ「してんのーの獣ちんぽも駆除されているしな」

教官♀「ううむ、だが……」

717 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:37:53 ID:bqLK2gos
メスガキ「珍しくお姉ちゃんと意見が合ったわね。私も個別での捜索に賛成よ」

メスガキ「ただし特A級限定でね」

教官♀「……確かに特A級なら単独で四天王に出くわしても対応できるか」

お姉さん「決まりね」

教官♀「ああ。ではA級以下はチームを編成し、特A級は単独で捜索に当たってもらう!」

委員長「真面目♀さん、同じA級同士ということでわたくしと組みませんか?」

真面目♀「ん、誰だ? まあいいが……」

オレ娘「じゃあオレも混ぜてもらおうか」

真面目♀(色物チームになってしまった……)

教官♀「四天王と遭遇しても無理に戦おうとするな。撤退を第一に考えるんだ」

真面目♀「了解!」

718 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:38:34 ID:bqLK2gos
 〜市街地〜

メスガキ(撤退を第一に、ね……)

メスガキ(悪いけどそんな風には考えられないわ。私は友達をあんな目に遭わせた奴らを許せない)

メスガキ(目に入ったおちんぽ獣は誰であろうと駆除してやる!)

???「ヒーッヒッヒ! 待っていたぞぉ! メスガキぃぃぃ!!」シュタッ

 突如、何者かがメスガキの前へと立ちはだかった。

メスガキ「お前は…………」

わからせ「おちんぽ四天王のわからせ様だ! ヒーッヒッヒィ!!」

メスガキ(こんなに早く四天王と遭遇するなんて……。まさか仕組まれてた?)

メスガキ「ふん、ちょうどいいわ。どいつでもいいからおちんぽ獣を倒したい気分だったからね!」

719 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:39:39 ID:bqLK2gos
わからせ「ヒヒヒ、四天王相手に随分と威勢がいいなぁ!? 分かっているのか?!」

メスガキ「なにをよ」

わからせ「お前じゃ俺様には勝てないってことをだよ」

わからせ「四天王はそれぞれがふたなりを倒せるほどの力を持っている!」

わからせ「メスガキ! ふたなり以下のお前じゃあ、俺様を倒すなんて不可能なんだよ!」

メスガキ「はっ! あんたがふたなりより強い? 冗談は顔だけにしておけ!」

わからせ「ヒッヒッヒィ! 格の差が分からないなら〜……分からせてやるよぉ!!」

メスガキ「――やれるもんならやってみろ!!」

メスガキ(あの図体――典型的なパワータイプね。≪主導権≫イニシアチブの良い餌よ!)

わからせ(とでも思っているのか? ヒッヒッヒィ!)

720 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:40:22 ID:bqLK2gos
わからせ「――――≪強制解除≫ブレイクダウン!!」キィィィィン

メスガキ「!?」

わからせ「おらぁ! 種付けプレス!!」ガバッ!!

メスガキ(うっ!? 押し倒された!? でも拘束されたなら≪主導権≫で――)

メスガキ「……≪主導権≫が発動しない!?」

わからせ「ヒッヒッヒィ! これが俺様の能力だよぉぉ!」ニチャア

メスガキ「……無効化系の能力か!」

 ――≪強制解除≫ブレイクダウン。
 範囲内の能力を無効化する能力。

わからせ「能力がなければお前はただのガキぃ! 種付けプレスで堕としてやるよぉ!!」

721 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:41:30 ID:bqLK2gos
わからせ「おらおらおらぁ!!」パンパン!!

メスガキ「…………ふんっ!!」グッ

わからせ「ぎぃやぁぁぁぁぁ!! なんて膣締めだぁ! こっちがイカされちまう!!」サッ

 メスガキの膣圧に屈し、たまらずおちんぽを引き抜き距離を取るわからせ。

メスガキ「悪いけど能力だけのハンターじゃないんでね〜♡」ニヤニヤ

わからせ「く、くそぉ……! このメスガキが! 大人を舐めやがって!!」

メスガキ「あんたらこそ舐めてんじゃないわよ」

メスガキ「自分の快楽のためだけに女の子を襲って、迷惑かけて、誰かを傷付けて――」

メスガキ「――頭に来てんのよ!! こっちは!!」

722 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:42:08 ID:bqLK2gos
わからせ「ひぃっ!? なんだこの気迫は!? くそっ、奥の手だ!!」

わからせ「――――≪相互理解≫リンクアップ!!」

メスガキ「2つ目の能力……!」

わからせ「いくぞぉぉぉぉ!! クンニ攻撃!!」ダッ

メスガキ「はっ、そんな隙だらけの攻撃! 簡単に避けられ――」

メスガキ(!? 速いっ!?)

わからせ「ペロペロォ!!」ペロッ

メスガキ「ひっ♡」ビクッ

723 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:42:49 ID:bqLK2gos
メスガキ「くっ! 離れろっ!!」ドカッ!!

わからせ「いてっ! ……ヒッヒッヒィ! よくも蹴りやがったなぁ!」

メスガキ(な、なに? 今の動き……。まるで別人だった)

メスガキ「身体強化系の能力……?」

わからせ「さて、どうだろうねぇ! ヒッヒッヒィ!」ダッ

メスガキ(また来たっ!! でも今度は遅いっ!?)

メスガキ「カウンター騎乗位!!」ズブッ

わからせ「ひぃっ!?」

メスガキ「どんな能力かは分からないけど、上を取ればこっちが圧倒的に有利!」

メスガキ「このまま搾り取ってやるわ!」

724 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:43:30 ID:bqLK2gos
わからせ「――――おらぁっ!!」ドチュッ!!

メスガキ「ひゃんっ!?♡♡♡」ビクッ

メスガキ(つ、突き上げられた……!? 本当にさっきとは別人じゃない!)

わからせ「ヒッヒッヒ! どんどん突き上げてやるぅ!」ドチュドチュ!!

メスガキ「あうっ♡ ま、マズい! 一旦距離を取らないとっ!」サッ

 挿入状態を解除するメスガキ。

メスガキ「ど、どういうこと……? 動きが良くなったり、悪くなったり……」

わからせ「ヒヒヒっ! 次こそわからせてやるぅ!!」ダッ

メスガキ(今度は悪い動き――。これって、もしかして?)

725 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:44:26 ID:bqLK2gos

 ――≪相互理解≫リンクアップ。
 相手の能力を使えるようになる能力。

メスガキ(私の≪主導権≫を使ってる――!?)

わからせ(ヒッヒィ! 気付いたか! しかしどうにもならんよ!)

メスガキ「だったら、こっちも≪主導権≫を使って反撃を――!」

わからせ「――――≪強制解除≫ブレイクダウン!!」キィィィン

メスガキ(っ!! 解除されたっ!?)

わからせ「こちらが不利になったら≪相互理解≫で≪主導権≫を発動……」

わからせ「有利になったら≪強制解除≫でそのまま攻める!」

わからせ「これがわからせ様の対メスガキ用コンボだぁ!! ヒーッヒッヒィ!!」

メスガキ「――だったら有利不利を感じる間もなく倒してやる!!」ダッ

726 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:45:21 ID:bqLK2gos
わからせ「ヒヒヒッ! 速攻を仕掛けるつもりか! 無駄だよぉ!!」

わからせ「確かに実力差はある。けれど四天王を瞬殺するなんていくらお前でも不可能だ!」

メスガキ「そうかしら…………ねっ!!」グイッ!!

わからせ「がはっ!?」

わからせ(こ、これは……暴力技!?)

 メスガキは一瞬の内にわからせの背後へと回り込み、絞め技を仕掛けていた。

メスガキ「メスガキ・スリーパー・ホールドだよ♡ 一瞬で落としてあげる♡」

わからせ「が……がはっ」

わからせ(く、くそっ! だがおちんぽ獣は痛みや物理攻撃に抵抗がある!)

わからせ(例え頸動脈を絞められてもすぐには落とされん! このまま≪主導権≫で脱出だ!)

727 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:46:19 ID:bqLK2gos
メスガキ「そうだ♡ 足が空いてるからおちんぽコキコキしてあげるね♡」コキコキ

わからせ「がひゅっ!?」ビクッ

わからせ(や、やばい!? 暴力と快楽の同時攻撃!? どっちから抜け出せばいいんだ!!)

メスガキ(んふふ♡ ≪主導権≫は複数の攻撃には対応できないのよね〜♡)

メスガキ(自分の能力なんだから弱点も分かるってわけ♡)

わからせ「かひゅぅーっ……!!」

わからせ(し、死ぬ死ぬ!! い、いや射精の方がマズい! 足コキから逃げないと――)

メスガキ「どっちの方が強いか、わかった?」

わからせ「がっ……」ビクッ

わからせ「」

 足コキ射精からは逃れたものの、わからせは頸動脈を絞められ失神してしまった。

メスガキ「大勝利っ!!」ピース!

728 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:47:04 ID:bqLK2gos
 〜協会〜

メスガキ「というわけで四天王を捕まえてきたわよ」

わからせ「むぐーっ!!」ジタバタ

 わからせは射精寸前の状態になるまで責められた上でガチガチに拘束されていた。

ふたなり「す、すごい……! あの四天王を捕獲するなんて」

教官♀「全く……。四天王に遭遇したら撤退しろと言っただろう。だがお手柄だ」

おしとやか「見直しましたわ、メスガキさん!」パチパチ

メスガキ「あ、おしとやか。あんた足は大丈夫なの?」

おしとやか「ええ。あの後ふたなり様と仲直りえっちしたら治りましたわ」

ふたなり「えへへ」

メスガキ「どんな身体してんのよ……」

729 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:47:49 ID:bqLK2gos
メスガキ「じゃあ捕まえたコイツに拷問でもなんでもしてバスターズ残党の根城を聞き出そうか」

わからせ「むぐっ!?」

メスガキ「じゃあギャグボールを外して……っと。眼鏡っ娘たちの居場所はどこ!?」

わからせ「いっ、言えるわけないだろぉ!?」

メスガキ「あ、そう。教官♀、ノコギリ持ってきて」

教官♀「え? ノコギリ? どうしてだ?」

メスガキ「おちんぽ獣がどこまで痛みに耐えられるのか。実験するチャンスじゃない」

わからせ「ひっ、ひぃ!?」

わからせ「わ、わかった! 言う! 全部言うから!!」

メスガキ「んふふ♡ わかればいいのよ♡」

730 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:48:57 ID:bqLK2gos
おしとやか「で? バスターズの根城はどこなんですの?」

わからせ「……お、おまんこハンター協会の跡地だ」

教官♀「なんだと!? おまんこハンター協会は既に調査済みだし、今も監視し続けているんだぞ!?」

教官♀「ウソをつくな!! おい、ノコギリ!!」

わからせ「ひぃぃっ!! ウソじゃない! 本当だ! 聞いてくれ!!」

わからせ「催眠んぽの能力だ! 奴が催眠術で調査員達の記憶を改竄してたんだよぉ!!」

ふたなり「催眠んぽ…………!? 後輩ちゃんをさらった!?」

わからせ「そっ、そうだ! ハンターをさらったのも計画の一部なんだ!」

教官♀「やはりそうだったのか……!」

わからせ「だけどA級じゃダメだって眼鏡っ娘様が言ってな! 俺様は特A級をさらいに来たんだよぉ!」

メスガキ「だから私の前に現れたのね」

731 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:49:49 ID:bqLK2gos
ふたなり「後輩ちゃんは無事なの!?」

わからせ「あ、ああ。PENIS-19190721はあと少ししか残っていないんだ。A級に使う分はねぇよ」

わからせ「けど俺様が特A級の捕獲に失敗した以上……この先どうなるかはわからねぇ」

ふたなり「……それなら! 今すぐにでも行かないと! おまんこハンター協会に!!」

おしとやか「ふたなり様」

ふたなり「あっ……。そっか、私はダメ……だよね」

おしとやか「いいえ、ふたなり様の新能力を分析してみて分かりましたわ」

おしとやか「今のふたなり様なら十分に戦えるはずです!」

ふたなり「おしとやかちゃん……!」

おしとやか「力を貸してくださいまし、ふたなり様!」

ふたなり「うん!!」

732 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:51:37 ID:bqLK2gos
メスガキ「よーし、じゃあ他の四天王の能力と弱点を全部吐けっ!!」

わからせ「ひぃぃっ!! 分かったよ、言うよぉ! 催眠んぽの能力は――」

???「瞬手コキ!!」シコッ!!

わからせ「うぎゃあああああああ〜〜〜〜っ!!!」ドピュドピュドピューッ!!

 わからせが情報を漏らそうとした直後、何者かが射精駆除をしてしまう!

わからせ「」死

メスガキ「ちょっ!? だ、誰よ!? なんでこんなこと……って、え!?」

教官♀「そうか……。協会に簡単に攻め込まれたのも、メスガキを狙い撃ちされたのも」

教官♀「催眠んぽの能力で……お前たちが操られ、手引きしていたからか!」

お姉さん「…………うふふ、その通りよ♡」

ペドロリ「…………うむ」

733 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:52:38 ID:bqLK2gos
ふたなり「そんな! お姉さんとペドロリちゃんが操られてたなんて!?」

メスガキ「一体いつの間に!?」

おしとやか「恐らく2〜3話の時点で既に催眠を掛けられていたのでしょう……」

教官♀「特A級が2人も操られてしまうなんて……!」

中二眼帯「――何事だ」

教官♀「中二眼帯! 実はかくかくしかじかで」

中二眼帯「――なるほど。ならここは私が引き受ける。ふたなり達は敵地へ!」

ふたなり「で、でも中二眼帯さん1人じゃいくらなんでも……」

真面目♀「私たちもいるぞ!」

委員長「ええ、ここは任せてください」

オレ娘「おうっ!!」

ふたなり「みんな!!」

734 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:53:24 ID:bqLK2gos
お姉さん「うふふ♡ 中二ちゃんはともかく、A級以下が何人いても無駄よ♡」

ペドロリ「そのとおり」

中二眼帯「――それはどうかな。守護天使達も強くなっている」

オレ娘「パワーアップしたオレの力を見せてやるぜぇっ!!」

委員長「さあ、授業の時間ですよ」

真面目♀「さあ、行け! ふたなり! 後輩を助けに!!」

ふたなり「――うん! みんな、絶対に負けないでね!!」

メスガキ「バカ姉のことは任せたわ!」

おしとやか「急ぎましょう!!」

 おまんこハンター協会へ!!


第8おちんぽ 完

735 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:53:55 ID:bqLK2gos
〜次回予告〜

 やめて!
 PENIS-19190721を注入されたら、後輩ちゃんはおちんぽ獣に変異しちゃう!
 後輩ちゃんが倒れたら残された私たちはどうなっちゃうの!?
 ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、おちんぽに勝てるんだから!

 次回! おちんぽ9本目『催眠☆ 災厄の突然変異!?』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

736 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:54:42 ID:bqLK2gos
名前:お姉さん
性別:♀
年齢:18
身長:154cm
髪型:ロング
髪色:クリームイエロー
カップ:H
ランク:特A
【ABILITY】
≪慈愛身体≫バブみボディ
 豊満な肉体で全ての衝撃を吸収する。カウンターにも使える。

【PROFILE】
メスガキの実姉。
エグいオナニーをすることにハマっている。
好きな人はメスガキ。

737 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/17(水) 17:55:13 ID:bqLK2gos
名前:ペドロリ
性別:♀
年齢:4
身長:93cm
髪型:ぱっつんボブ
髪色:黒
カップ:AA
ランク:特A
【ABILITY】
未習得。
初潮を迎えなければ能力は習得できない(この世界の初潮は5歳から)

【PROFILE】
特A級で最強と言われていたハンター。
今は別に最強とは言われていない。
好きな人はお姉さん。

738 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:46:08 ID:46BRZAcc
おちんぽ9本目『催眠☆ 災厄の突然変異!?』※敗北ルート有り


後輩ちゃん「う、うぅん……あれ、ここは?」パチッ

 薄暗い室内で目を覚ます後輩ちゃん。

後輩ちゃん「私、確か四天王の催眠んぽに負けて……。あれ、身体が動かない!?」

催眠んぽ「私の能力≪強制催眠≫ヒプノシスの効果ですよ。今の貴女は指一本動かせません」

後輩ちゃん「さ、催眠んぽ……! 私をどうするつもり!?」

眼鏡っ娘「今のところはどうするつもりもないけど」

後輩ちゃん「め、眼鏡っ娘さん!!」

眼鏡っ娘「催眠んぽ、わからせからの連絡は?」

催眠んぽ「……途絶えました。敗北射精したようですね」

眼鏡っ娘「あっそう。使えない奴ね」

739 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:47:03 ID:46BRZAcc
眼鏡っ娘「状況が変わったわ。後輩ちゃん、あなたにはおちんぽ獣になってもらう」

 そう言い、眼鏡っ娘は注射器を取り出す。

後輩ちゃん「そ、それって……」

眼鏡っ娘「PENIS-19190721よ。ふたサキュを作った時と同じように、あなたをおちんぽ獣にするの♡」

後輩ちゃん「い、いや……! おねがい、やめてください!!」

催眠んぽ「私の催眠が効いているから逃げることも抵抗することも出来ないはずですよ」

後輩ちゃん(ダメ……動けない! でも……)

眼鏡っ娘「それじゃあウイルス注入〜♡ つよ〜いおちんぽ獣になってね♡」

 後輩ちゃんの身体にウイルスが注入されていく――。

後輩ちゃん「う、うう……! うあああああ……!!」ビクッビクッ

740 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:48:04 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「ううううう…………!!」ビクビク

眼鏡っ娘「な、なに? ふたサキュの時と反応が違う!?」

催眠んぽ「あっ! 眼鏡っ娘様! 注射をする場所を間違えています!!」

眼鏡っ娘「えっ!? あっ! クソっ! ≪天然災害≫ディザスターか!!」

催眠んぽ「しまった……。催眠で封じたのは身体の動きだけ。能力は使えたのですね」

眼鏡っ娘「こっ、この役立たず!!」

 PENIS-19190721は性器に近い場所へ注入しなければ大きな効力を発揮しない。
 眼鏡っ娘は後輩ちゃんの陰核に注射するつもりが、間違えて首元に刺してしまっていた。

後輩ちゃん「ぐぅぅぅぅぅ…………っ!!」

 それにより引き起こされる、強い拒絶反応。

眼鏡っ娘「な、なんかマズそうね。後は任せるわ、催眠んぽ」ダッ

催眠んぽ「そ、そんな!!」

741 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:48:55 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「はあああぁぁぁぁぁぁっ!!!」シュタッ

催眠んぽ「なっ!? 動いた!? 催眠で止めていたはずなのに!?」

後輩ちゃん「ふぅ……どうやらおちんぽ獣化は避けられたみたい」

催眠んぽ「だ、だとしても何故催眠が……」

後輩ちゃん「ウイルスを拒絶するために、新能力が目覚めたんですよ!」

後輩ちゃん「新能力――――名付けて≪反災厄≫アンチカラミティです!」

 ――≪反災厄≫アンチカラミティ。
 体内から悪い影響を取り除く能力。

後輩ちゃん「これでもう、あなたの催眠は効きませんよ!!」

催眠んぽ「くっ、調子に乗らないでください! 催眠の使い方が、相手に掛けるだけとでも?」

催眠んぽ「――――≪強制催眠≫ヒプノシス!!」キィィィィン!!

後輩ちゃん「!? じ、自分に催眠を!?」

742 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:49:40 ID:46BRZAcc
催眠んぽ「自己催眠によるぅぅぅぅ……! 身体強化ですよぉぉぉ……!!」

後輩ちゃん「そ、そんな使い方が!?」

催眠んぽ「催眠マックスパワァァァァァァーーーッ!! これが私の全力モードです!!」ムキムキ

後輩ちゃん「うっ、うわぁ!? ものすごいムキムキになった!? 自己催眠すごい!!」

後輩ちゃん「だけど私だって負けてませんよ。≪反災厄≫で取り除いたのは悪影響だけ」

後輩ちゃん「ウイルスの一部は体内に残り、私を強化してくれているんです!」

催眠んぽ「PENIS-19190721の力を取り込んだとなると……いくらマックス催眠の私でも分が悪そうですね」

後輩ちゃん「その通りです! いきますっ、激手コキ!!」シュッ!!

催眠んぽ「しかしっ! 無駄ですっ!!」サッ

後輩ちゃん(避けられた!?)

743 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:50:59 ID:46BRZAcc
催眠んぽ「ウイルスによって強化されたのに、なぜ私に攻撃が当てられないのか」

催眠んぽ「疑問に思っているでしょう」

後輩ちゃん「…………」

催眠んぽ「解除されたとはいえ、貴女は≪強制催眠≫を掛けられていたのです」

催眠んぽ「その時に、貴女の思考・行動のパターンを全て読み取らせてもらったんですよ」

後輩ちゃん「!!」

催眠んぽ「いくら身体が強化されようと、思考が丸分かりなら避けるのは簡単です」

催眠んぽ「攻撃を当てるのもねっ!! くらえ、愛撫攻撃っ!!」シュッ!!

後輩ちゃん(見切れる……! これなら、避けられ――)

催眠んぽ「そっちです!!」シュッ!!

後輩ちゃん(軌道が変わった!? ダメ、当たる!!)

744 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:51:45 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「んひゃあああああ♡♡♡」ビクビク

催眠んぽ「当然、動きは読めるし弱点も丸分かりです。貴女に勝ち目はないんですよ」

後輩ちゃん「くっ、ウイルスの力を使っても……届かないなんて」

催眠んぽ「これが四天王の実力です。どうします? お得意の≪天然災害≫を使いますか?」

後輩ちゃん「――――≪天然災害≫ディザスター!!」

催眠んぽ「ハッハッハァ!! 無駄です! 自己催眠で注意力も判断力もマックス限界突破!!」

催眠んぽ「今の私がミスをするなんて!!! ありえないっ!! 愛撫攻撃っ!」シュッ!!

後輩ちゃん「んはああああっ♡♡♡♡」ビクビク!!

後輩ちゃん(≪天然災害≫も通用しない……!)

催眠んぽ「これが自己催眠の力ァ!!」

745 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:52:22 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん(くっ、ただでさえ強力な催眠能力をあんなに使いこなすなんて……!)

後輩ちゃん(それに比べて私は……)

催眠んぽ「フフフ、諦めましたか? 敗北アクメさせて永久催眠奴隷にしてあげましょう」

後輩ちゃん「……いや、まだ諦めない」

催眠んぽ「ほう、おちんぽハンターの誇りは捨てないと?」

後輩ちゃん「――――違います!」

後輩ちゃん「私……酷いこと言ったんです。だから!」

後輩ちゃん「ふたなり先輩に謝るまでは! 誰にも負けられない!!」

催眠んぽ「なにをごちゃごちゃと……。そんなの、知ったことかぁぁぁぁぁ!!」ダッ

746 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:52:57 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「――――激手コキ!!」シュッ!!

催眠んぽ「やぶれかぶれの攻撃ですかァ!! 無駄ですよ!!」

催眠んぽ「貴女の思考パターンは丸分かりだと言ったでしょう!! ほら、回避!!」サッ

後輩ちゃん「激手コキ!!」シュッ!!

催眠んぽ「何度やっても無駄ですよぉぉぉっ!!」サッ

後輩ちゃん「≪天然災害≫ディザスター、激手コキ!!」シコッ!!

催眠んぽ「ぐはっ!?」ビクッ

催眠んぽ(な、なんだと!? 命中した!? 完全に動きは読んでいたのに!!)

後輩ちゃん「やった……! 上手くいった!!」

747 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:53:53 ID:46BRZAcc
催眠んぽ「ど、どういうことですか……! なぜ攻撃が……!」

催眠んぽ「行動パターンが変化した……? いや、この短期間でそれはあり得ない!」

後輩ちゃん「あなたがヒントをくれたんですよ」

催眠んぽ「な、なにっ!?」

後輩ちゃん「あなたが自分に催眠を掛けるの見て、思いついたんです」

後輩ちゃん「≪天然災害≫を自分に使ったらどうなるのか、って」

催眠んぽ「!?」

 ≪天然災害≫は注意力・判断力を低下させ相手のミスを誘発させる能力。
 移動しようとすれば足を滑らせ転んでしまい、攻撃しようとすればあらぬ方向へ手を伸ばしてしまう。

後輩ちゃん「つまり自分の攻撃に≪天然災害≫を使用すれば、意図しない動きが可能――」

後輩ちゃん「誰にも予測できない、不規則な攻撃を仕掛けることが出来るんです!!」

748 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:54:29 ID:46BRZAcc
催眠んぽ「偶然の一撃を、意図的に引き起こすということですか……!」

後輩ちゃん「その通り、自分の思考からも外れた攻撃になるというわけです!」

後輩ちゃん「さあっ! とどめです! ≪天然災害≫ディザスター騎乗位!!」ズブッ!!

催眠んぽ「うっ!? くっ、だが!」

催眠んぽ(マヌケめ! 自らの手の内を晒すとは! タネさえ分かればこっちのものです!!)

催眠んぽ(≪天然災害≫の発動も踏まえた上で思考パターンを再構築……!)

催眠んぽ(これなら攻撃が読め――――)

催眠んぽ「ぐおっ!?」ビクッ

後輩ちゃん「直撃です♡」

催眠んぽ「な、なぜ……」ビクビク

749 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:58:39 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「自分にかかった≪天然災害≫は、≪反災厄≫によって自動的に解除されるんですよ」

後輩ちゃん「自動……つまり、自分の意思は介入しないんです」

催眠んぽ(そ、それじゃあいくら思考パターンを読んでも無駄じゃありませんかっ!)

催眠んぽ(不規則な攻撃が不規則に解除されるなんてっ! そんなの、どうしようも――)

催眠んぽ「んぎゃあああああああああああ!!!」ドビュビュビューッ!!

後輩ちゃん「勝利です♡」ピース!

ふたなり「後輩ちゃん! 助けに来たよ! って、あれ?」

メスガキ「え? 1人で脱出してる!?」

おしとやか「し、四天王が倒されてますわっ!?」

後輩ちゃん「あ、先輩方! えへへ、私だって成長してるんですっ!」

750 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:59:18 ID:46BRZAcc
 〜協会〜

お姉さん「うふふふふ……」

ペドロリ「あはははは……」

真面目♀「くっ、流石に手ごわい!!」

オレ娘「んひょおおお……♡♡♡」ビクビク

委員長「オレ娘さんがやられてしまいました」

中二眼帯「――全力で掛らねば、私達もやられる」

お姉さん「って、あれ?」 ペドロリ「ん?」

 催眠んぽが駆除されたことにより、遠隔催眠が解ける2人。

中二眼帯「――――隙を晒したっ! 今だ!」

お姉さん「へ?」

ペドロリ「ちょっ」

751 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 04:59:51 ID:46BRZAcc
中二眼帯「――――≪獄炎ノ眼≫ナイトメアバスター!!」キュイイイン!!

委員長「――≪起立着席≫チャイム!!」

真面目♀「――真面目愛撫!!」シュババババ!!

お姉さん「んひぃぃぃぃぃぃ!? な、なんなのいきなりぃぃぃ♡♡♡」ビクビク!!

ペドロリ「んひょおおおおおおおっ♡♡♡」ビクビク!!

中二眼帯「――油断するな! 攻撃を続けろ!!」

委員長「はいっ!!」

真面目♀「もう一度コンビネーション攻撃だ!!」

お姉さん「ちょっ、やめっ! んひゃああああああ♡♡♡」ビクンビクン!!

ペドロリ「ひゃめぇぇぇぇぇぇぇぇっ♡♡♡♡」ビクンビクン!!

752 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 05:00:29 ID:46BRZAcc
 〜おまんこハンター協会・跡地〜

後輩ちゃん「――というわけで四天王の催眠んぽを倒せたんです」

メスガキ「まだ体内にウイルスが残ってるらしいけど大丈夫なの?」

後輩ちゃん「はい、能力のおかげで悪影響は出ません」

おしとやか「成長しましたわね、後輩さん」ホロリ

ふたなり「うんっ、良かった」

後輩ちゃん「……そうだ! ふたなり先輩、ちょっと触らせてもらいます」サワッ

ふたなり「ひゃっ!?♡ ど、どうしたのいきなり?」ビクッ

おしとやか「あら〜♡」ニマニマ

後輩ちゃん「――――≪反災厄≫アンチカラミティ!!」ホワァァァ

ふたなり「えっ、これ後輩ちゃんの新能力……。あっ、力が戻ってくる!?」

753 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 05:01:10 ID:46BRZAcc
後輩ちゃん「敗北アクメの後遺症を取り除きました!」

ふたなり「す、すごい! 完全に元の力が戻ったよ! ありがとう、後輩ちゃん!」

後輩ちゃん「いえ、それより……あの時、ひどいことを言ってごめんなさい」

ふたなり「ううん、気にしてないよ。私、分かってるもん!」

後輩ちゃん「え……」

ふたなり「私のことを心配して、わざと強く言ったんだよね。ね、おしとやかちゃん!」

おしとやか「ですわ♡」

後輩ちゃん「???」

メスガキ「帰ったら仲直りのえっちね」

後輩ちゃん「は、はい……。良かった、ふたなり先輩に嫌われてなくて」ホッ

754 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 05:01:52 ID:46BRZAcc
メスガキ「それで、この後はどうする?」

後輩ちゃん「そう言えば、さっき眼鏡っ娘さんを見ました。まだ施設のどこかにいるはずです」

おしとやか「バスターズ残党を潰すチャンスですわね」

ふたなり「うん。眼鏡っ娘ちゃんさえ捕まえればなんとかなるはず」

メスガキ「じゃ、最奥部へ向かおう」

???「させると思うか?」

後輩ちゃん「誰っ!?」

ふたなり「この声は…………!!」

 直後、壁を突き破って四天王の巨根んぽが姿を現す。

巨根んぽ「お前らは全員ここで終わりだ! グハハハハハハ!!」


第9おちんぽ 完

755 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 05:02:26 ID:46BRZAcc
〜次回予告〜

 因縁の2人がついに激突!!
 この勝負、どっちが勝つか分からないよ!!
 えっ!? その力って……!?

 次回! おちんぽ10本目『再戦☆ 因縁の2人!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

756 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:24:25 ID:HFGYLwB6
おちんぽ10本目『再戦☆ 因縁の2人!!』


巨根んぽ「グハハハハ! 獣ちんぽもわからせも、催眠んぽまでも倒したか!」

巨根んぽ「だが所詮、他の3匹は能力頼りのカスどもよぉ!!」

巨根んぽ「この俺様の最強能力で叩きのめしてくれるわぁぁぁっ!!」

メスガキ「け、結局あんたも能力頼りなんじゃないっ!!」

巨根んぽ「うるせぇっ!! ≪巨大化≫ビッグバン!!」ゴゴゴゴ!!

おしとやか「!? 巨根んぽの身体が大きくなっていきますわ!?」

ふたなり「≪射精封じ≫スペルマロックの他にも能力を持っていたの!?」

後輩ちゃん「きゃあ!! 天井が崩れてきますっ!!」

 巨根んぽは天井を突き破るほど巨大化していく。

巨根んぽ「グハハハハハ!! これが俺様の無敵能力≪巨大化≫だ!!」

757 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:25:06 ID:HFGYLwB6
おしとやか「あ、あれだけの大きさ……! 挿入攻撃は仕掛けられませんわね」

メスガキ「っていうか向こうも挿入できないじゃん」

巨根んぽ「馬鹿め! まだ俺様の真の恐ろしさを理解できんようだな!」

後輩ちゃん「真の恐ろしさ……!?」

巨根んぽ「おらぁっ!!!」ブンッ!!

 巨根んぽは勢いをつけ、巨大おちんぽを振り回した!!

巨根んぽ「これだけおちんぽが大きければ性技など不要! 直接殺してやるぜ!!」

ふたなり「あ、危ない!!」

メスガキ「避けないとぺちゃんこにされるわ! ――≪主導権≫イニシアチブ!!」

メスガキ(身体能力を強化して、避ける!!)

おしとやか「――≪異常感度≫エクスタシーで、攻撃の流れを感じ取る!」

後輩ちゃん「ええと、ええと、≪天然災害≫ディザスター!! 攻撃を逸らす!」

758 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:25:40 ID:HFGYLwB6
巨根んぽ「ちっ、回避系の能力を持ってる奴には当たらないか。だが!」

ふたなり「うわわっ!」

巨根んぽ「≪等価絶頂≫ザーメンチェンジしか無いふたなりは避けられないはず!」

巨根んぽ「俺様のおちんぽで潰れてしまえ!!」

ふたなり「うわーっ!!」

ふたなり「なんてね♡ ――≪転化精液≫ザーメンフォース!!」シュバッ!!

 巨大おちんぽが当たる寸前。
 ふたなりは目にも止まらぬ速度で回避する。

巨根んぽ「なっ!? なんだその動きは!?」

ふたなり「これが私の新能力! ≪転化精液≫ザーメンフォース!!」

759 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:26:22 ID:HFGYLwB6
おしとやか「精液には、タンパク質・アミノ酸・亜鉛など様々な栄養素が含まれていますわ」

おしとやか「それを体内へ吸収し、熱量に変換することで身体能力を強化する」

おしとやか「それがふたなり様の新能力なのですわ!」

メスガキ「精液を代償に自己強化する能力……なるほど、≪射精封じ≫への対抗策ね」

後輩ちゃん「で、でも体内の精液を消費するんじゃ≪等価絶頂≫を使える回数が減るんじゃ?」

おしとやか「――大丈夫ですわ。今のふたなり様は無敵です」

メスガキ「そういえば、弱体化した状態でもおしとやかを上回る動きをしてたわよね」

後輩ちゃん「……! 今は≪反災厄≫で元の強さを取り戻している。ってことは……」

おしとやか「その強さは未知数! 特A級をも凌駕するはずですわーっ!!」

760 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:27:01 ID:HFGYLwB6
ふたなり「えーーーーーーいっ!!!!」シュバババババ!!

巨根んぽ「な、なんだ!? 何も見えない!? は、速すぎる!!」

ふたなり「超速――――閃光手コキ!!」シココココ!!

巨根んぽ「ぐああああああああああ!!」

メスガキ「やった!!」

巨根んぽ「――――なんてな!」ニヤッ

後輩ちゃん「えっ!?」

巨根んぽ「グハハハハ!! 俺様の≪射精封じ≫スペルマロックは自分にも掛けられるのだ!!」

メスガキ「えぇ!? そんなの反則じゃないっ!!」

巨根んぽ「いくら速くなっても性技が通用しなければ無意味!! グハハハハ!!」

巨根んぽ「いつまで俺様の攻撃を避けられるかな?」ブンッ!!

ふたなり「くっ!!」サッ

761 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:31:22 ID:HFGYLwB6
巨根んぽ「おらおらおらぁぁぁぁぁ!!」ブンブンッ!!

 激しい攻撃を繰り出す巨根んぽと、それを全て回避するふたなり。

おしとやか「くっ、この距離でも避けるのが精一杯ですわ」

後輩ちゃん「ふたなり先輩に任せるしかないの……?」

メスガキ「結局ふたなり頼りじゃ……前の時と一緒じゃない!」

メスガキ「――――私は行くわよ!!」

おしとやか「め、メスガキさん!? 危険ですわ!?」

メスガキ「もう黙って見ているだけなんてごめんなのよ。私は!!」

メスガキ「ふたなりを助けるんだぁぁぁっ!!!」ダッ!!

後輩ちゃん「メスガキ先輩っ!!」

762 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:31:52 ID:HFGYLwB6
メスガキ「おりゃああああああっ!!!」ダッ

巨根んぽ「あん? ふん、コバエか! 叩き潰す!!」ブンッ!!

おしとやか「メスガキさん! 右に避けて!!」

メスガキ「ふっ!!」サッ!!

巨根んぽ「なに!?」

おしとやか「≪異常感度≫による攻撃予測ですわ……!」

巨根んぽ「なら、当たるまで連続攻撃だ!!」ブンブンッ!!

後輩ちゃん「させません!! ――≪天然災害≫ディザスター!!」

巨根んぽ「なっ!? 攻撃が全部違う方向に!?」

メスガキ「あと一歩で――――届く!!」ダッ

763 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:32:42 ID:HFGYLwB6
巨根んぽ「調子に乗るなぁ!!」ブンッ!!

メスガキ(あ、避けられな――――)

ふたなり「メスガキちゃんっ!!」ガシッ!!

巨根んぽ「な、なんだと!? 俺様の巨大おちんぽ攻撃を受け止めた!?」

ふたなり「ふぐぐぐ……!! いま、だよ!!!」グググ

メスガキ「…………うんっ!!」

メスガキ(ダメね、私。結局みんなに助けられてばっかり。でも――)

巨根んぽ「なにをする気か知らんが、お前なんかの攻撃が俺様に効くかぁぁぁっ!!」

メスガキ(だからこそみんなを助けられる!!)

メスガキ「――――鳩尾パンチ・激!!」ドゴォッ!!

764 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:33:22 ID:HFGYLwB6
巨根んぽ「――――っ!? ぶぎゃああああっ!?」グハァ!!

ふたなり「やった!! メスガキちゃん、すごいよ!!」

巨根んぽ「ご、ごはぁっ!? ど、どうしてこんなガキの一撃が、こんなにも重い!?」ヨロヨロ

メスガキ「≪主導権≫イニシアチブ――――だけじゃない」

メスガキ「みんなが、力を貸してくれたからよ!!」フンッ

巨根んぽ「だ、だが暴力技でも俺様は倒せん! すぐに反撃を――――!!」

おしとやか「――≪異常感度≫エクスタシー♡ 発動ですわ!」ピトッ

ふたなり「おしとやかちゃん!!」

巨根んぽ「き、貴様!! いつの間に!!」

おしとやか「メスガキさんが動きを止めてくれたから、近づけましたわ♡」

765 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:34:11 ID:HFGYLwB6
おしとやか「弱点分析――――!! ふたなり様! 巨根んぽの弱点はおちんぽの根元ですわ!」

ふたなり「≪射精封じ≫でせき止めてる分、根元に快楽が溜まっちゃうんだね♡」

巨根んぽ「ば、馬鹿が! 弱点が分かっても俺様は決して射精せんぞ!!」

後輩ちゃん「射精できない、なんて……身体にとって悪影響ですよね?」

巨根んぽ「なっ!?」

後輩ちゃん「――――≪反災厄≫アンチカラミティ! ≪射精封じ≫を解除!!」

巨根んぽ「な、なんだその能力は!?」

ふたなり「みんな――――! ありがとう! いくよ、とどめ!!」

巨根んぽ「ちょっ、ちょっと待て!」

ふたなり「光速――――! おちんぽハリケーン愛撫!!」シュババババ!!

巨根んぽ「うおおおおおおお!? ね、根元で動き回るんじゃねええええええ!!!」

巨根んぽ「ぐわああああああああああ!!!」ドビュドビュドビュドビュドビューーーッ!!

766 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:34:41 ID:HFGYLwB6
おしとやか「やりましたわ!」

巨根んぽ「お、俺様がこんな奴らに……負けるなん、て」ガクッ

巨根んぽ「」死

ふたなり「やった!」

メスガキ「リベンジ成功ね、ふたなり!」

ふたなり「うん! みんなのおかげだよ!」

おしとやか「これで四天王は全て倒しましたわ。残るは眼鏡っ娘さんだけ……!」

後輩ちゃん「眼鏡っ娘さんは向こうの方に歩いていきました! 追いましょう!!」

ふたなり「うん!!」

767 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:35:20 ID:qVmogl.A
 〜おまんこハンター協会・最奥部への通路〜

眼鏡っ娘「特A級の捕獲も、後輩ちゃんのおちんぽ獣化も失敗した……」スタスタ

眼鏡っ娘「かくなる上は……」スタスタ

???「は〜い♡ ひさしぶり〜♡」

眼鏡っ娘「っ!! 誰だっ!!」

ふたサキュ「誰だとはひどいわね? 私のことを造っておいて♡」

眼鏡っ娘「お前か……。あの時はよくもやってくれたな。忘れていないわよ」

眼鏡っ娘「私の≪定着≫を返しにでも来たの?」

ふたサキュ「うふふ♡ 逆よ♡ 貴女の新能力を貰いに来たの♡」

ふたサキュ「強力なおちんぽ獣を従えてるのは……なにかの能力なんでしょ?」

眼鏡っ娘「ふん、馬鹿ね。脳みそまで快楽に染まってしまったのかしら?」

768 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:35:54 ID:qVmogl.A
眼鏡っ娘「今は急いでいるの。大人しく消えるなら見逃してやってもいいわ」

ふたサキュ「そう言って、引き下がるとでも?」

眼鏡っ娘「…………」

ふたサキュ「…………」

眼鏡っ娘「……後悔するわよ?」

ふたサキュ「そっちこそね♡」

眼鏡っ娘「ふん、かかってきなさい」

ふたサキュ「お言葉に甘えて♡ ――――≪獣化≫ビーストモード!!」メキメキ

眼鏡っ娘「獣ちんぽの能力か……」

ふたサキュ「うふふ♡ ドロドロになるまで犯してあげる♡」

769 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:36:33 ID:HFGYLwB6
ふたサキュ「≪千鬼夜行≫ナイトフィーバー!!」シュルルッ!!

眼鏡っ娘「!!」

 影触手により拘束されてしまう眼鏡っ娘。

ふたサキュ「うふふふふ♡ 動けなくなっちゃったわね♡ さあ、トゲトゲおちんぽでとどめよ♡」

ふたサキュ「いいこと考えた♡ 貴女の≪定着≫フィクセーションを使いながら犯してあげるわ♡」

眼鏡っ娘「…………」

ふたサキュ「自分の能力を使われてアヘアヘ言わされちゃうのよ♡ うふふ♡」

眼鏡っ娘「やってみなさい。……出来るものならね」

ふたサキュ「なに余裕ぶってるの? 動くことも出来ないくせに♡」

ふたサキュ「いいわ、本当に私のことしか考えられなくなるくらい気持ちよくしてあげる!」

770 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:37:06 ID:HFGYLwB6
ふたサキュ「≪定着≫フィクセーション発動――――」

眼鏡っ娘「…………!!」

眼鏡っ娘(≪全ての能力を解除しろ≫)

ふたサキュ「!?」ビクッ

 眼鏡っ娘が脳内で念じた瞬間、ふたサキュが使用していた全ての能力が解除されてしまう。

ふたサキュ「なっ……!? な、なにこれ!?」

眼鏡っ娘「思い通りにならなくて残念だったわね」

ふたサキュ「い、一体なにをしたの!?」

眼鏡っ娘(≪跪け≫)

ふたサキュ「っ!?」ビクッ

 強制的に跪かされるふたサキュ。

771 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:38:46 ID:HFGYLwB6
眼鏡っ娘「返してもらうわよ。私の≪定着≫フィクセーションを」

ふたサキュ「こ、これが貴女の新能力……!?」

眼鏡っ娘「新能力? そんなチャチなものじゃないわ」

ふたサキュ(た、確かに……これが能力だとしたら強すぎる! ありえない!)

ふたサキュ(なんなの!? この力の正体は!?)

眼鏡っ娘「さあ、覚悟はいいかしら? ハンターじゃないけど……射精駆除してあげるわ」

ふたサキュ「くっ……!!」

ふたサキュ(こんなところで終わってたまるか……!)

ふたサキュ(“俺”には……まだやりたいことが)

眼鏡っ娘「≪射精しろ≫」

ふたサキュ「〜〜〜〜〜〜っ!!!」ドビュドビュドビューッ!!


第10おちんぽ 完

772 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:39:30 ID:HFGYLwB6
〜次回予告〜

 やった! 四天王を全員射精させたよ!
 あとは眼鏡っ娘ちゃんを止めるだけ!
 急いでおまんこハンター協会最奥部へ向かおう!
 って、あそこに倒れてるのは……!?

 次回! おちんぽ11本目『精気吸収☆ 最後のえっち!!』

 来週もおちんぽ☆おちんぽ!

773 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/18(木) 15:40:22 ID:HFGYLwB6

ふたなり
【NEW-ABILITY】
≪転化精液≫ザーメンフォース
 体内の精液を吸収することで身体能力を著しく上昇させる。


後輩ちゃん
【NEW-ABILITY】
≪反災厄≫アンチカラミティ
 体内から悪影響を取り除く。

774 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:24:54 ID:a6xeS0D2
おちんぽ11本目『精気吸収☆ 最後のえっち!!』


 〜おまんこハンター協会・最奥部への通路〜

ふたなり「眼鏡っ娘ちゃんはこの先!?」タッタッタ

後輩ちゃん「はい! この方向へ向かっていったはずです!」タッタッタ

メスガキ「この奥っていうと……おまんこハンター協会のボスがいたところね」

おしとやか「またあの場所に向かうことになるとは……ですわ」

ふたなり「……あれ? 誰か倒れてる!!」

メスガキ「えっ? ……あ、あいつは!?」

おしとやか「ふたサキュさん!?」

775 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:25:30 ID:a6xeS0D2
ふたサキュ「…………」ピクピク

メスガキ「射精させられてる……」

後輩ちゃん「眼鏡っ娘さんにやられたんでしょうか……」

おしとやか「ふたサキュさんもかなりの猛者だったというのに、恐ろしいですわ」

ふたサキュ「う、うう……」ピクピク

ふたなり「!! まだ息があるよ!!」

メスガキ「気を付けて! 何か仕掛けてくるかも知れない!」

ふたサキュ「うぐ…………」ピクピク

おしとやか「いえ、もうそんな余裕すら残っていないようですわ」

ふたサキュ「ク、クク……。ざまぁねぇな……」

776 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:27:20 ID:a6xeS0D2
後輩ちゃん「……? なんか、前に見たときと雰囲気が違う……?」

ふたサキュ「俺もここまでか……。せっかく生まれ変われたのになぁ……」

ふたなり「俺……?」

おしとやか「なるほど、ふたサキュさんは元々はおちんぽ獣でした。つまり本来の性別は……」

メスガキ「男だったのね」

ふたサキュ「女の子が……好きだったんだ。自分も女の子になってみたいと思うくらいに」

ふたサキュ「だからあの眼鏡っ娘の実験に協力して、女になって……」

ふたサキュ「これから好きなだけ女の子とセックス出来ると思ってたのに……」

ふたなり「……あなたのやっていたことはセックスじゃない。ただのレイプだよ」

ふたサキュ「そう……だよな。分かっていたんだ」

777 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:28:03 ID:a6xeS0D2
ふたサキュ「会長ちゃんとヤった時も、そこの2人を相手にした時も、なにか違うと感じていた」

ふたサキュ「快感は得ていたが……気持ちいいとは思わなかったんだ」

ふたなり「だって、愛がなかったから」

ふたサキュ「ククク、そうだ。唯一、今までで気持ちいいと思えたセックスは……」

ふたサキュ「ふたなり、お前とヤってた時だけだった……」

ふたなり「独りよがりじゃダメなんだよ。セックスって」

ふたサキュ「ククク……その通りだ。死ぬ間際になってようやく分かったよ」

ふたなり「ふたサキュちゃん……」

ふたサキュ「……なあ、最期に一回だけヤらせてくれないか?」

ふたなり「えっ」

778 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:28:49 ID:a6xeS0D2
メスガキ「この期に及んでなに言ってんのよ!」

おしとやか「罠ですわ! ≪精気吸収≫で復活を狙っているのです!」

後輩ちゃん「ふたなり先輩、離れて!」

ふたサキュ「クク、もう≪精気吸収≫を使ったところで復活なんて出来ねぇよ」

ふたサキュ「まあ信じられないのは当然だわな。それなら俺はここで死ぬだけだ」

ふたなり「…………」

ふたサキュ「さ、行けよ。眼鏡っ娘はこの先だ」

ふたなり「……いいよ、シよう」

メスガキ「えっ!?」

おしとやか「ふたなり様!!」

ふたなり「大丈夫。今のふたサキュちゃんは敵じゃない。私、信じるよ」

779 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:29:30 ID:a6xeS0D2
後輩ちゃん「で、でも今は急がないといけないのに……」

ふたなり「……うん、でもこんなボロボロに射精させられたふたサキュちゃんを放ってはおけない」

ふたなり「わがまま言ってごめん。少しだけ時間をくれない?」

メスガキ「……仕方ないわね。待っててあげる!」

おしとやか「ですわね。おちんぽ獣をも見捨てない。それでこそふたなり様ですわ!」

後輩ちゃん「……分かりました。でもふたなり先輩、気を付けてくださいね?」

ふたなり「うん、ありがとう。みんな!」

ふたサキュ「クク……やっぱりイイ女だな。お前」

ふたなり「それじゃあ、いくよっ!」ズブッ

 倒れるふたサキュに跨り、騎乗位で挿入するふたなり。

ふたサキュ「挿入したな。――――≪精気吸収≫エナジードレイン!!」

ふたなり「うっ♡」

780 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:30:16 ID:a6xeS0D2
メスガキ「っ!! こいつ!!」

おしとやか「やっぱり罠でしたのっ!?」

後輩ちゃん「ふたなり先輩!!」

ふたなり「……っ!? いや、違う! これ、精気を奪おうとはしてない……!?」

ふたなり「なんだか……暖かい♡」

ふたサキュ「……≪精気吸収≫は、自らの精気を他者に分け与えることも出来る」

ふたサキュ「俺に残された力……その全てをお前にやる」

ふたサキュ「眼鏡っ娘とヤって分かった。あいつも独りよがりな奴なんだ」

ふたサキュ「だから、お前なら止められるはずだ。ふた、なり……」ガクッ

 言い終わるなり、ふたサキュは意識を失う。

ふたなり「ふたサキュちゃん!!」

781 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:30:53 ID:a6xeS0D2
メスガキ「し、死んじゃったの?」

おしとやか「……いえ、まだ息はあるようですわ」

後輩ちゃん「私、≪反災厄≫を使ってみたんです」

後輩ちゃん「ふたサキュさんは全ての力を使い果たしていました」

後輩ちゃん「そこへ≪反災厄≫を使えば、おちんぽ獣としての要素を取り除けるんじゃないかなって」

ふたなり「え? ってことは……」

後輩ちゃん「はい。無事に取り除けたので……ふたサキュさんはもう、おちんぽ獣ではありません」

メスガキ「ただの女の子ってこと?」

後輩ちゃん「はい!」

ふたなり「やったぁ!」

782 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:32:10 ID:a6xeS0D2
おしとやか「では、眼鏡っ娘さんの元へ向かいましょう……と言いたいところですが」

ふたサキュ「…………」スゥスゥ

メスガキ「気絶したこいつをここに放置ってわけにはいかないわよね」

ふたなり「誰かが残ってふたサキュちゃんを守らないと」

後輩ちゃん「それなら……私が残ります」

ふたなり「後輩ちゃんが?」

後輩ちゃん「はい。きっとこの先の戦いでは、私じゃ足手まといでしょうから」

メスガキ「そんなことないわよ!」

おしとやか「そうですわ! 四天王だって倒したじゃないですの!」

ふたなり「2人の言う通りだよ。後輩ちゃんは足手まといなんかじゃない」

783 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:33:39 ID:a6xeS0D2
ふたなり「一緒に痴漢んぽと戦った時だって、後輩ちゃんのおかげでなんとかなった」

ふたなり「ふたサキュちゃんと最初に戦った時も、最後の決め手は後輩ちゃんだった」

ふたなり「四天王に勝てたのも、いまふたサキュちゃんを治したのだって――」

ふたなり「全部後輩ちゃんのおかげだよ。足手まといだなんて、誰も思ってないよ」

後輩ちゃん「……ふたなり先輩、ありがとうございます」

後輩ちゃん「それなら……。足手まといだからではなく、私は3人を守るためにここに残ります」

後輩ちゃん「最後の戦いは誰にも邪魔させません! どんなおちんぽ獣もここで食い止めます!」

ふたなり「うん! 後輩ちゃんが後ろを守ってくれるなら安心だよ!」

メスガキ「そうね。なんたって私たちの後輩ちゃんだもん!」

おしとやか「ここは任せますわ!」

後輩ちゃん「はい! 先輩方もお気をつけて!」

784 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:34:18 ID:a6xeS0D2
 〜おまんこハンター協会・最奥部〜

ふたなり「最奥部……。あの時以来だね」

メスガキ「うん。でも眼鏡っ娘の姿は見当たらないわ」

おしとやか「他に道はないようですが……。一体どこへ?」

ふたなり「あっ! あれ見て! あんなところに階段が!!」

おしとやか「こんなところに隠し階段があったのですわね」

メスガキ「眼鏡っ娘はこの先か……」

ふたなり「行ってみよう!!」

 階段を下っていく3人。

メスガキ「うう、薄暗くてジメジメしてる……」

おしとやか「なんだか壁もぶよぶよしていて気持ち悪いですわ……」

ふたなり「一体この先には何が……?」

785 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:35:02 ID:a6xeS0D2
 〜おまんこハンター協会・地下最深部〜

眼鏡っ娘「待っていたわよ、ふたなり」

ふたなり「眼鏡っ娘ちゃん!!」

メスガキ「やっぱり待ち構えてたか」

おしとやか「なにか横におちんぽ獣らしきものもいますが……」

 眼鏡っ娘の横には動きの止まった1体のおちんぽ獣が佇んでいた。

眼鏡っ娘「このおちんぽ獣こそが全ての始まり……≪始祖のおちんぽ獣≫よ」

メスガキ「っ!?」

おしとやか「始祖……!?」

ふたなり「それって、教官♀さんが言ってた……!?」

786 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:36:29 ID:a6xeS0D2
ふたなり「でも、そのおちんぽ獣……生きてるの?」

メスガキ「確かに……微動だにしないわね」

おしとやか「死んでいますわ」

眼鏡っ娘「死んでなんかいないわ。始祖はずっと眠り続けているの」

始祖んぽ「…………」ドクンドクン

眼鏡っ娘「何千、もしくは何万年もの間ね。おかげで研究がやり放題だったわ」

メスガキ「研究……」

おしとやか「ひょっとして、PENIS-19やPENIS-19190721ですの?」

眼鏡っ娘「ええ」

ふたなり「も、もしかして更に強力なウイルスを完成させたり、とか……?」

787 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:38:30 ID:a6xeS0D2
眼鏡っ娘「残念だけど私は研究者ではないからね。元々あったウイルスを利用するので精一杯」

眼鏡っ娘「新たにウイルスを生み出すことは出来なかったわ」

おしとやか「なるほど、だから協会に攻め込んでまでPENIS-19190721を奪い返したのですわね」

眼鏡っ娘「それも無駄に終わったけどね。後輩ちゃんがあそこまで成長してるのは予想外だったわ」

メスガキ「ふふん! 私たちの後輩ちゃんだもん!」フンス

眼鏡っ娘「……そもそもね。PENIS-19とPENIS-19190721って始祖の遺伝子を薄めたものでしかなかったの」

ふたなり「え……?」

眼鏡っ娘「まあただ薄めるにしたって相当な知識と技術がなければ不可能なんだけど」

眼鏡っ娘「だから、私は始祖の遺伝子……。血をそのまま、薄めずに使うしかなかった」

 眼鏡っ娘は懐から注射器を取り出す。
 注射器の中には血が詰まっていた。

ふたなり「それ……始祖の血!?」

788 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:39:34 ID:a6xeS0D2
眼鏡っ娘「ほんの一滴。体内に混ぜただけで、私はあらゆるおちんぽ獣を従えられるようになった!」

眼鏡っ娘「危うく発狂寸前のところまでいったんだけどね」

おしとやか「な、なんて危険な真似を……」

メスガキ「正気じゃないわ!」

眼鏡っ娘「あはは! 正気じゃなくなるのはこれからよ!」ブスッ!!

ふたなり「あっ!!」

 眼鏡っ娘は下腹部に注射器を刺し、残っていた始祖の血を全て体内へ注ぎ込む!

眼鏡っ娘「ぐぐが……! ぎぃぃぃああああああああ!!!!」ビクビク

ふたなり「め、眼鏡っ娘ちゃん!!」

メスガキ「一滴だけでも発狂寸前にまでなるんでしょ!? あんなにたくさん注入したら……」

おしとやか「精神が崩壊して死んでしまいますわ!!」

789 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:40:09 ID:a6xeS0D2
眼鏡っ娘「う、うれしい誤算があったのよ……!」ビクッビクッ

メスガキ「……!! 意識を保ってる……!?」

眼鏡っ娘「ふたサキュから奪い返した私の能力……≪定着≫フィクセーションは成長していた」

眼鏡っ娘「今の私なら……始祖の血を取り入れても! 意識を≪定着≫させ続けることが出来る!」

おしとやか「な、なんですって……!?」

眼鏡っ娘「うふふふふふ♡ 周りを見てみなさい!」

ふたなり「周り……? 周りには壁しか」

メスガキ「っ!? このぶよぶよしてるの、壁じゃない!?」

おしとやか「おちんぽですわ!!」

 なんと最深部の壁は全ておちんぽで埋め尽くされていた!!

790 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:40:58 ID:a6xeS0D2
眼鏡っ娘「始祖の血を取り入れれば、全身がおちんぽになり意識すらも消えてしまう」

眼鏡っ娘「つまりおちんぽ壁になってしまうのよ!」

メスガキ「お、おちんぽ壁……!? これ、生きているの?」

眼鏡っ娘「ええ……。死ぬことも出来ない哀れなおちんぽよ」

眼鏡っ娘「うふふふ、私はこうはならない! ≪定着≫で意識を保ったまま究極のおちんぽ獣に――」

 その瞬間!
 周囲のおちんぽ壁から触手が伸び、眼鏡っ娘を拘束した!

眼鏡っ娘「なっ!? な、なんでおちんぽ壁が動いて……!? まさか、私と同化するつもりか!?」

ふたなり「な、なに? 何が起こっているの……?!」

眼鏡っ娘「うっうう、やめろぉぉ!! い、いやだ! おちんぽ壁になるなんて!!」

 触手に引き寄せられ、おちんぽ壁の中へ埋め込まれていく眼鏡っ娘。
 やがて彼女の姿は完全に見えなくなった。

ふたなり「……え? これで終わったの……?」

791 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:42:34 ID:a6xeS0D2
???「我の力を得ようとは、愚かな女だ」

ふたなり「っ!?」

始祖んぽ「――おかげで目が覚めてしまった」

 眠っていたはずの始祖が動き出す。

メスガキ「し、始祖のおちんぽ獣……!!」

おしとやか「こ、このタイミングで目を覚ますなんて……ですわ」

始祖んぽ「さて、不届き者は始末したが……。それだけではこの昂り、収まりそうにないな」

始祖んぽ「そこのお前達にも相手をしてもらおう」

 始祖がそう言うと、周囲のおちんぽ壁が動き出して逃げ場を塞いでしまう。

ふたなり「戦うしか……ない!! これが本当に、最後の戦いだ!!」


第11おちんぽ 完

792 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 02:43:46 ID:a6xeS0D2
〜次回予告〜

 始まりのおちんぽが遂に目を覚ました。
 始祖の目的。おちんぽ獣を蔓延させた理由。その全てが明かされる。
 おちんぽと人類、勝つのは果たして――。

 次回 おちんぽ最終本目『始まり』

 その始まりは、希望か絶望か。

793 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:03:24 ID:sIFtbnb.
おちんぽ最終本目『始まり』※敗北ルート有り


ふたなり「あれが正真正銘……最後の敵! 全ての始まりのおちんぽ獣!」

メスガキ「あいつを倒せば全部終わりってことね!」

おしとやか「でも触手が邪魔で近づけませんわ〜!」

触手「にゅるにゅるにゅるるるる!!」ニュルニュル

 迫りくる触手を撃退するので精一杯な3人。

ふたなり(この触手……。一本一本が四天王並に強い!)

ふたなり「出し惜しみしてる場合じゃ……なさそうだね」

ふたなり「2人とも、聞いて!」

メスガキ「うん!」

おしとやか「なにか案がありますの!?」

794 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:04:01 ID:sIFtbnb.
ふたなり「私が≪転化精液≫ザーメンフォースを使って一気に距離を詰める!」

ふたなり「その間、2人には触手を引き付けておいてほしいの!」

おしとやか「本体を狙うのですね。確かにそれなら可能性はありますが……」

メスガキ「イヤよ。またふたなりにだけ負担を押し付けるなんて」

ふたなり「負担……? そんなこと、言わないでよ」

ふたなり「私、そんな風に思ったことなんてないよ」

メスガキ「でも……」

ふたなり「2人の想いを背負って戦うんだもん。私は1人じゃない」

ふたなり「3人一緒に戦うの。だから、信じて?」

おしとやか「……分かりましたわ。ふたなり様を、信じます」

メスガキ「納得いかないけど……分かったわよ! その代わり、後でパフェ奢りなさいよ!」

795 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:05:34 ID:sIFtbnb.
ふたなり「うん! ありがとう、2人とも! それじゃあいくよ!!」

ふたなり「――――≪転化精液≫ザーメンフォース!!」シュイン!!

メスガキ「後ろは任せなさい!!」

おしとやか「ですわっ!!」


ふたなり「はああああああああっ!!!」ダッ

始祖んぽ「ほう、触手を掻い潜って来るとは」

ふたなり「さあ、1対1だよっ!!」スタッ

始祖んぽ「ふむ。この時代の女は能力を使ってセックスをするらしいな。前回よりは楽しめそうだ」

ふたなり「……前回? あなた、ずっと眠っていたんじゃないの?」

始祖んぽ「違うな。強い女が現れた時、我は目を覚ます。そしてその女を犯すのだ」

ふたなり「どうしてそんなことを……」

始祖んぽ「……我はな、最初からおちんぽ獣だったわけではない」

始祖んぽ「元々はただの人間。至って普通の男に過ぎなかった。ある一点を除いてな」

ふたなり「ある一点……?」

始祖んぽ「あまりにも強すぎたのだよ。おちんぽが」

796 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:07:25 ID:sIFtbnb.
始祖んぽ「どんな女と交わっても射精できず、やがて自慰で達することも出来なくなった」

始祖んぽ「性欲はあるのに射精は出来ない。この絶望が分かるか?」

ふたなり「そんな……悲しい過去が」

始祖んぽ「だから私は気合でおちんぽ獣となった」

始祖んぽ「そして我を射精させることの出来る女が現れるのを待ち続けることにしたのだ」

ふたなり「それなら、どうして世界中にあなたのウイルスがっ」

始祖んぽ「ああそれか。なに、研究者の男が頼み込んできたからな。戯れに手を貸しただけだ」

始祖んぽ「協力して正解だったぞ。我がウイルスによって世界中におちんぽ獣が蔓延し――」

始祖んぽ「それと戦うために、世界中の女のレベルも上がったようだからな」

ふたなり「そんな……! あなた1人のために……! 世界中を巻き込んだっていうの!?」

始祖んぽ「その通りだ」

797 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:08:19 ID:sIFtbnb.
ふたなり「みんな、みんな……あなたのせいで!」

始祖んぽ「ならどうすれば良かったんだ?」

始祖んぽ「我は絶望したまま、射精もできず死んでいればよかったと、そう言うのか?」

ふたなり「そ、それは……」

始祖んぽ「私が憎いならば射精させて倒せばいい。私が哀れなれば慈悲を以って射精させよ」

始祖んぽ「出来ぬというのなら……お前はここでおちんぽ壁に取り込まれるだけだ」

ふたなり「分かりました……! あなたは、私が! おちんぽハンター・ふたなりが射精させる!!」

始祖んぽ「その意気だ。期待しているぞ、ふたなり」

ふたなり「――――手コキ攻撃!!」シュッ!!

始祖んぽ「――――原初の愛撫攻撃!!」シュッ!!

798 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:09:07 ID:sIFtbnb.
ふたなり「んぐぅっ!?♡♡♡」ビクビクッ!!

始祖んぽ「その程度かね?」

ふたなり(い、今まで受けたどんな攻撃よりも気持ちいい……!?)

始祖んぽ「残念だ。やはり今回も射精できそうにないな」ガッカリ

ふたなり「ま、まだまだ……!!」

始祖んぽ「ならばもう一度試してみよう。――――原初の挿入攻撃!!」ズブッ!!

ふたなり「あっ♡♡♡ 挿入っ♡♡♡ やばいっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(≪転化精液≫で身体能力を強化してるのに……こんな一方的に感じさせられるなんてっ♡)

始祖んぽ「分かるのだ。何千年と生きていれば。挿入した時点で射精できるか、できないか」

始祖んぽ「正直言ってお前は――今まで相手した中では下から数えた方が早いぞ」

ふたなり「ぐうぅっ♡♡♡ なんて失礼なっ♡」(やばい、もうイキそうっ♡♡♡)ビクッビクッ

始祖んぽ「期待外れだ。このダメまんこめ」

799 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:09:45 ID:sIFtbnb.
始祖んぽ「さて、遊びは終わりだ。そろそろ敗北アクメさせてやろう」

ふたなり(そ、そんな……♡♡♡ なにも出来ずに負けるなんてっ♡♡♡)ビクビク

???「おい――――」

始祖んぽ「……ん?」

メスガキ「お前いま、なんて言った?」

おしとやか「ふたなり様がダメまんこですって……!?」

始祖んぽ「っ!?」

ふたなり「2人ともどうして!? 触手は!?」

始祖んぽ「なにっ!? こいつら、守りを捨てて犯されながらここまでやってきたのか!?」

 メスガキとおしとやかの膣内には無数の触手が挿入され、動き回っていた。

ふたなり「そんなっ!! ダメだよっ!! これじゃあ2人とも……!」

メスガキ「敗北アクメはもう逃れられないわね。でも、どうだっていいわ! そんなこと!!」

おしとやか「ふたなり様を助けるためならね、ですわ! ――≪感覚遮断≫シャットアウト!!」

800 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:10:28 ID:sIFtbnb.
 ≪感覚遮断≫により、ふたなりの身体から快感が消える。

ふたなり「お、おしとやかちゃん……!!」

メスガキ「いくわよ――――! ≪主導権≫イニシアチブからの〜〜〜〜鳩尾パンチッ!!」ドゴォッ!!

始祖んぽ「ぶげぇっ!? な、なんだこの威力は!?」グハァ

メスガキ「ふ〜! 敗北アクメ確定の状況だから≪主導権≫が最大出力で発動するわね♡」ドゴォッ!!

ふたなり「メスガキちゃん……!!」

始祖んぽ「ぶげぇっ!?」

おしとやか「私の分もやっちゃって、ですわ!!」

メスガキ「おりゃっ! おりゃっ!!」ドゴォ!! ドゴォ!!

始祖んぽ「ぶぎゃああっ!? や、やめっ!!」ビクビク

おしとやか「ふーむ、≪異常感度≫エクスタシーで分析したところ、痛みへの耐性は普通のおちんぽ獣と同じようですわ」

メスガキ「それなら殴り続ける!! どりゃっ!!」ドゴォ!!

始祖んぽ「うぎゃあああ!!」ビクビク

801 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:11:23 ID:sIFtbnb.
始祖んぽ「く、くそっ!! ならば――こうしてやる!!」シュルルッ!!

 おちんぽ壁から伸びた触手がメスガキとおしとやかを拘束する。
 さらに別の触手が激しく2人の膣内を責めだした。

始祖んぽ「イキ狂えッ!!」

メスガキ「っんぎぃぃぃぃぃ♡♡♡ イグゥゥゥゥ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

おしとやか「ひぃやあああああああああ♡♡♡」プシャアアアアアアッ!!

ふたなり「メスガキちゃんっ!! おしとやかちゃんっ!!」

 2人は敗北アクメさせられ、そのままおちんぽ壁の中へと引きずり込まれていく。

ふたなり「そんな……!!」

始祖んぽ「茶番は終わりだ……! 後は挿入したままの貴様を敗北アクメさせ、て」

始祖んぽ「っ!? うおおおおっ!?」ビクビクッ!!

ふたなり「えっ!? 感じてる……?」

802 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:15:23 ID:sIFtbnb.
 〜おちんぽ壁・内部〜

メスガキ(取り込んだのは失敗だったわね♡ ≪主導権≫で触手を抑え込んでやったわ!)

おしとやか(そして触手越しに≪異常感度≫を使い、思いっきり敏感にしてさしあげました♡)

メスガキ(ただでさえ痛みで感覚が過敏になってるのに≪異常感度≫まで使われたらどうなるかな?)


始祖んぽ「ば、馬鹿な!? 何故おちんぽ壁に取り込まれて自我を保っていられる!?」


眼鏡っ娘(馬鹿め。私の≪定着≫よ。お前なんかの好きにさせてたまるか!)

眼鏡っ娘(ふたなりを倒すのはこの私よ――――!!)


ふたなり「……今が、チャンス!! はああああああ――――っ!!」

 全ての精気をおちんぽへ集中させていくふたなり。

始祖んぽ「な、なんだと!? どこからそんな力が――――!!」

ふたなり(ふたサキュちゃんから、託されたんだ!!)

ふたなり「――――≪精気☆解放≫ザーメンロード!!」

ふたなり「対面!! ――――座位ックス!!!!」パチュパチュッ!!

803 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:16:06 ID:sIFtbnb.
始祖んぽ「うっ、うおおおおおおッ!? こ、これはッ!! 射精するッ!!!」ビクビク

始祖んぽ「遂に射精できるッ!! は、早く!! 射精させてくれッ!!」ビクビク

ふたなり「だめ♡ 女の子は、あなたの射精のためだけにいるんじゃないのっ♡」パンパン

ふたなり「あなたも動いて♡ 一緒に気持ちよくなろ?♡」パンパン

始祖んぽ「わ、わかった!」ヘコヘコ

 腰を動かす始祖んぽ。しかし――。

始祖んぽ「うわあああああダメだあああああ!! 上手く動かせないいいいいい!!」ヘコヘコ

ふたなり「おちんぽが強いからってテクニックを疎かにしてたんでしょ♡」パンパン

始祖んぽ「う、うう……」ヘコヘコ

ふたなり「でも大丈夫♡ 女の子を気持ちよくさせたいって想いは伝わったよ♡」パンパン

始祖んぽ「そ、そうか……。我は驕っていたのだな。強すぎるおちんぽを持っていたばかりに」

始祖んぽ「――――今まで、射精できなくて当然だ」

804 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:16:53 ID:sIFtbnb.
始祖んぽ「最後に気付くことが出来た。ありがとう、本当に感謝する。ふたなり」ヘコヘコ

ふたなり「うん♡ じゃあ、イッちゃおう?♡♡♡」パンパンッ!!

始祖んぽ「あっ、あああああぁぁぁ〜〜〜〜ッ!!!」ドピュドピュドピューッ!!

始祖んぽ(ありがとう……。ありがとう……!)スゥゥ...

 射精し、始祖のおちんぽ獣は塵となって消滅する。

ふたなり「やった…………!」

メスガキ「ふたなり!」 おしとやか「ふたなり様!!」

ふたなり「2人とも! 大丈夫だったの!?」

メスガキ「うん! 始祖が倒されたからおちんぽ壁も消滅したみたい」

おしとやか「……あれ? と、いうことは……」

眼鏡っ娘「私も解放されたってこと♡」

ふたなり「――――眼鏡っ娘ちゃん!!」

805 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:17:34 ID:sIFtbnb.
眼鏡っ娘「始祖の力は消えたけど――私はまだやれるわよ、ふたなり!!」

メスガキ「こ、こいつ! まだやるつもりなの!?」

おしとやか「うう、私たちは敗北アクメ後なので戦えませんわ……」

ふたなり「大丈夫。私だって、まだ戦える!」

眼鏡っ娘「あんたさえ倒せば、私はぁぁっ!!」ダッ!!

ふたなり「――来る!! いくよっ!! 眼鏡っ娘ちゃん!!」ダッ!!

眼鏡っ娘「――――≪定着≫フィクセーション!! 激烈愛撫!!」

ふたなり「――――≪転化精液≫ザーメンフォース!!」

 すれ違いざまにお互いの性技をぶつけ合う。
 勝ったのは――。

ふたなり「ふぐぅっ♡♡♡」ドビュビューッ!!

眼鏡っ娘「――――やった!!」

806 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:18:23 ID:sIFtbnb.
おしとやか「いえ、この勝負……」

メスガキ「ふたなりの勝ちね」

眼鏡っ娘「へっ!? ひっ♡ ひゃあああああ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

ふたなり「――――ふぅっ!」

眼鏡っ娘(くっ、くそ……! 始祖と戦って尚、≪等価絶頂≫ザーメンチェンジを発動できる余力があったなんて)

眼鏡っ娘「……………………」

眼鏡っ娘「……完敗ね」

ふたなり「……ねえ、なんとなくだけど分かったよ。どうして眼鏡っ娘ちゃんが私を倒そうとしていたのか」

ふたなり「ひょっとして、あなたのお父さんって――――」

眼鏡っ娘「言わないで。あんたに同情されるなんて、まっぴらごめんよ」

ふたなり「…………そっか」

807 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:19:47 ID:sIFtbnb.
ふたなり(要人さん、あなたは自分のことを誰からも愛されてないって言ってたけど……)

ふたなり(ちゃんと……愛されてたじゃないですか)


教官♀「おーい! 助けに来たぞー! 全員無事かー!?」

後輩ちゃん「ふたなりせんぱーい!!」

メスガキ「お迎えが来たみたいね」

おしとやか「さてここからが大変ですわ。今の戦いをどう報告したものか」

メスガキ「始祖も消滅しちゃったしね。ワクチンが作れるって話も振り出しかぁ」

ふたなり「ま、難しいことは後にしてさ! 今はみんなのところへ向かおうよ!」

眼鏡っ娘「私は動けないからここに置いていっていいわよ」

メスガキ「そしたら逃げるでしょ!」

眼鏡っ娘「ちっ」

ふたなり「あははっ! それじゃあ、帰ろう!!」

メスガキ「うん!」 おしとやか「ですわ!」

ふたなり「おちんぽハンター協会へ!!」

おちんぽ最終本目 完

808 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/19(金) 08:21:04 ID:sIFtbnb.
これにておちんぽハンターシリーズ完結です。
お付き合いいただきありがとうございました。
最初にも言いましたが、またこういった題材で書きたいですね。ていうか書くんだけど。

以降は敗北ルートなどを載せていきます。
クッソ無様に敗北絶頂し人生終了するふたなり達の姿をお楽しみください。

809 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/06/20(土) 03:36:29 ID:k67DNVAk
乙。面白かった

810 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:48:20 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 第2話
『助けが間に合わなかったらの巻』

巨根んぽ「俺様にかかれば特A級なんてこんなもんよ! グハハハハハ!!」

ふたなり「あ……ああ♡♡♡」ビクンビクン

眼鏡っ娘「ほら、笑ってないでもっと犯してやりなさい。再起不能になるくらいにね」

巨根んぽ「グハハハハ! 了解だ!!」ズボズボ

ふたなり「ひぐぅぅぅぅぅ!?♡♡♡」ビクンビクン!!

 既に敗北アクメしたにも関わらず、さらに膣内を責められるふたなり。

眼鏡っ娘「あはははは! 敗北まんこを抉られる気分はどーお?」

ふたなり「やっやめてぇぇぇ……♡♡♡」ビクンビクン!!

巨根んぽ「突けば突くほどほぐれていくぜぇ!!」ズボズボ!!

眼鏡っ娘「よーし、そろそろ孕ませてやんなさい!」

巨根んぽ「よしきた! いくぜぇぇぇぇぇぇ!!」

811 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:48:54 ID:QK4uQsm2
メスガキ「ふ、ふたなり!!」

おしとやか「だ、だめですわ! 間に合わない!!」

ふたなり「やだっ♡♡♡ やめてぇぇぇぇぇっ♡♡♡」

巨根んぽ「孕ませ射精だぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」ドビュルルルルッ!!

ふたなり「んぐぃぃぃぃぃぃ!?♡♡♡♡♡」

眼鏡っ娘「あははははは!! どう? 巨根んぽの大量射精のご感想は?」

ふたなり「う、うぐぅ……♡♡♡」ビクビク

巨根んぽ「グハハハハ! 子宮が破裂しそうだろぉ!」

ふたなり「ぐ、ぐるしい…………♡♡♡」

 大量射精により妊婦のようにお腹を膨らませてしまうふたなり。

812 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:49:46 ID:QK4uQsm2
巨根んぽ「そろそろおちんぽを抜いてやろう」グポッ

 巨根んぽがおちんぽを引き抜く。すると――。

ふたなり「あっ!? ひゃぐぅぅぅぅっ!?♡♡♡」ブシュゥゥゥゥッ!!

 せき止められていた大量の精液が、まるで噴水のようにふたなりの膣内から溢れ始めた。

ふたなり「あっああ♡♡♡ こ、こんなっ♡♡♡ こんなのってぇ♡♡♡」ブシュゥゥゥゥッ!!

眼鏡っ娘「あはは! 精液の噴水ね♡ 傑作だわ! あは! あはは!」ゲラゲラ

巨根んぽ「グハハハハハハ!! 無様だな、特A級!!」

ふたなり「とっ、止まってぇぇぇ♡♡♡ いやあああああっ♡♡♡」ブシュゥゥゥッ!!

 笑う眼鏡っ娘と巨根んぽの前で、ふたなりは無様に精液噴水を披露し続けるのであった。
 その後ふたなりは妊娠した挙句、大量に精液を注がれたせいで膣内がガバガバになってしまった。
 もうハンターとして戦うことは出来ない――。

Mission failed...

813 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:50:26 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 第4話
『超格下相手に屈服の巻』

おちんぽ獣「へへへ、ビビりまんこを犯しまくってやるぜ」

ふたなり(こんな奴……敗北アクメする前なら即射精させられるのに!)

おちんぽ獣「隙ありっ!!」ズブッ!!

ふたなり「しまった♡♡♡」(やばいっ、挿入されちゃった♡♡♡)

おちんぽ獣「ひひひ、思った通りの雑魚まんこじゃねぇか!」パンパン

ふたなり「ふぎぃぃ……♡♡♡」ビクビク

おちんぽ獣「歯を食いしばって耐えることしか出来ねぇみたいだな」パンパン

ふたなり「んぎぎ……♡♡ んぃぃ……♡♡♡」ビクビク

ふたなり(我慢しなきゃ……♡ こんな、Z級おちんぽ獣に負けるわけには♡)

おちんぽ獣「うはは! 反撃もしてこねぇし、こいつぁ最高のオナホールだぜ!」パンパン

814 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:51:02 ID:QK4uQsm2
ふたなり「イっ♡ イギっ♡♡♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣「うおっ!? な、なんだコイツ!? おちんぽが生えてやがるっ!?」

ふたなり(よ、よかった……≪等価絶頂≫はちゃんと発動できるみたい)

おちんぽ獣「え……? ま、まさか本当に……特A級のふたなり?」

ふたなり「そ、そうだって……言ってるじゃん♡」ビクビク

おちんぽ獣「で、でもあのふたなりがこんなに弱いはずがねぇ! ほらっ!」パンッ!!

ふたなり「んぐぅっ♡♡♡」ビュルルルッ!!

おちんぽ獣「Z級のピストンだぜ? 本物のふたなりならひと突きでイクなんてありえねぇだろ」

ふたなり「はぁはぁ……♡」

おちんぽ獣「やっぱり偽者だな! てめぇ!!」パンパン

815 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:51:38 ID:QK4uQsm2
ふたなり「あぐっ♡ イグゥっ♡♡♡」ビュルルッ!!

おちんぽ獣「くそっ! よくもビビらせやがって! てめぇはおしおき決定だ!」パンパン!!

ふたなり「そ、そんなっ♡♡♡ あひっ♡♡♡ ちょっ、やめて♡♡♡」ビュルルッ!! ビュルッ!!

ふたなり(ウソウソウソっ♡♡♡ このままじゃZ級にまで敗北アクメさせられちゃうっ♡♡♡)

おちんぽ獣「おらおらおらぁ! Z級ピストンくらえっ!!」パンパン!!

ふたなり「んぐぅぅぅぅっ♡♡♡」ビュビュビュビューッ!!

ふたなり(せ、精液尽きちゃった……♡)

おちんぽ獣「うおおおおおおおおお!!」パンパン!!

ふたなり「んひゃっ♡ だめっ♡ とまって♡♡♡」ビクビク

ふたなり(も、もう耐えられないよぉ♡♡♡ わたし、Z級おちんぽに負けちゃう♡♡♡)

おちんぽ獣「おりゃあああああああああ!!!」パンパン!!

ふたなり「イ……イク♡ も、もうイッちゃう♡ んひぃぃぃぃぃぃ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

 とうとうふたなりは敗北アクメをキメさせられてしまう。

816 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:52:18 ID:QK4uQsm2
おちんぽ獣「けっ、やっぱりクソ雑魚まんこだったな。おらっ!」パンッ!!

ふたなり「ひゃあっ!?♡♡♡ は、敗北おまんこ突かないでぇ♡」ビクビク

おちんぽ獣「雑魚の癖に特A級を騙った罰だ。俺様のおちんぽでボコボコにしてやる」パンパン

ふたなり「はぎっ♡ ち、ちがっ♡♡ わたしっ♡♡ ほんとにふたなりっ♡♡♡」ビクビクッ!!

おちんぽ獣「まだ言うか! この偽者めっ!」パンパン!!

ふたなり「ちっ♡♡♡ ちがうのにっ♡♡♡ ああっ♡♡♡」ビクビクッ!!

おちんぽ獣「本物のふたなりなら俺程度に負けるわけないだろ! 偽者って認めろ!」パンパン!!

ふたなり「うあっ♡♡ やだっ♡♡♡ ほんものだもんっ♡♡♡ イクゥゥゥ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

おちんぽ獣「なんだこいつ……。偽者の癖になんて強情なんだ」パンパン

おちんぽ獣「まあいいや。認めるまで犯し続けるだけだからな!」パンパン

ふたなり「ひいいぃぃぃぃっ♡♡♡」ビクッビクッ!!

817 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:53:00 ID:QK4uQsm2
 そして。

おちんぽ獣「どうだっ! 身の程を思い知ったか! 偽ふたなりめ!」

ふたなり「は……はひぃ♡ ごめんなさい♡ わたし、にせもののふたなりでしゅ……♡♡♡」ビクビク

おちんぽ獣「ふー、骨が折れたぜ。お前、根性だけなら特A級だな」

ふたなり「えへへ♡ くそざこの……にせふたなりのこと♡ ほめてくれて、ありがとうございます♡」ビクビク

おちんぽ獣「ククク、じゃあ最後に孕ませ射精してやるぜ!」パンパン

ふたなり「あっあっ♡ にせふたなりまんこっ♡ はらまされちゃうっ♡♡♡」ビクビク

おちんぽ獣「おらぁぁ!!」ビュルルッ!!

ふたなり「んへぇぇ♡♡♡♡♡」ビクン!!

おちんぽ獣「へへへ、ふたなりにそっくりな子を孕めよ!」

ふたなり「はひぃ……♡」ピクピク

 こうしてふたなりは超格下のZ級おちんぽに完全屈服させられてしまうのだった。

Mission failed...

818 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:53:38 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 第6話
『おしとやか空中ファックで敗北の巻』

ふたサキュ「ん…………♡」チュッ

おしとやか「んむっ!?」(しまった! キスされてしまいましたわ!!)

ふたサキュ(空中で捕まえてるから逃げ場は無い♡ 当てにくいキス技も簡単に命中させられるわ♡)

ふたサキュ「……ぷはぁっ♡ ≪強制魅了≫チャーム♡」

おしとやか「ふひゃあ……♡ 頭がとろけそうですわぁ♡♡♡」

ふたサキュ「このまま≪強制魅了≫しまくって堕としてあげるわ♡」

おしとやか「くっ♡ ≪定着≫フィクセーションも使っていますわね……! 快感が抜けませんわっ♡」ビクビク

ふたサキュ「大した分析力ね♡ それも≪異常感度≫の力なのかしら?」

ふたサキュ「ますます貴女の能力が欲しくなっちゃった♡」

819 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:54:53 ID:QK4uQsm2
ふたサキュ「ほら、今度はおちんぽで責めてあげるわ♡」グリグリ

おしとやか「はぐっ♡♡♡」ビクッ

ふたサキュ「飛んでるから激しく腰は動かせないわねぇ♡ あ、でも貴女は弱い刺激でイキやすいんだっけ♡」グリグリ

おしとやか「ううっ♡♡♡ このままではマズいですわっ♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「そうだ♡ 私の尻尾でクリもくすぐっちゃおっと♡」スリスリ

おしとやか「ひゃおおっ!?♡♡♡ そ、それっやばいですわぁぁっ♡♡♡」ビクンビクン

ふたサキュ「ほらほら♡ も〜っとグリグリしてあげるわ♡」グリグリ

おしとやか「ひぃぃぃぃぃっ♡♡♡♡」ビクビク!!

おしとやか(こ、こんなの耐えられませんわ!! ≪異常感度≫で脱出です!!)

おしとやか「――――≪異常感度≫エクスタシー!!」ビクンビクン!!

 ≪異常感度≫による全身の痙攣で、ふたサキュの拘束から抜け出そうとするおしとやか。

820 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:55:36 ID:QK4uQsm2
おしとやか「ぐぎぃ!?♡♡♡」ビクン!!

 しかし膣内でなにかが引っ掛かり、不発に終わってしまった。

おしとやか「こ、これは……!?♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「部分的にぃ♡ こっそり≪獣化≫を再発動してたの♡」

ふたサキュ「せっかく≪異常感度≫で逃げようとしたのにトゲトゲおちんぽに邪魔されちゃったわね♡」

おしとやか「そ、そんな――」

ふたサキュ「さ、今度こそトゲトゲおちんぽの餌食にしてあげるわ!」グリグリ

おしとやか「おっ!?♡ んほおおおっ♡♡♡ ひゃっ、≪感覚遮――――」

ふたサキュ「発動させてあげないっ!!」グリッ!!

おしとやか「〜〜〜〜っ♡♡♡」プシャアアアアッ!!

 ≪感覚遮断≫が発動するよりも早く、おしとやかはトゲトゲおちんぽにイカされてしまった。

821 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:56:24 ID:QK4uQsm2
おしとやか「あひぇ……♡ しょ、しょんなぁ……♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「うふふ♡ それじゃあ≪精気吸収≫で能力を頂くわ♡」ドチュッ

 トゲトゲおちんぽが引き抜かれ、代わりにふたサキュの尻尾がおしとやかへ挿入される。

おしとやか「あひぃっ♡ い、イキまんこ犯さないでっ♡ ですわっ♡♡♡」ビクビク

ふたサキュ「あはっ♡ すごい痙攣♡ ≪異常感度≫って絶頂後も発動し続けるのね♡」パチュパチュ

おしとやか「っ♡ ひぎっ♡♡ イキ死にゅっ♡♡♡ たすけてっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたサキュ「残念♡ 誰も助けには来ません♡ それじゃあ、とどめっ♡」パチュッ!!

おしとやか「おっおごぉぉぉっ♡♡♡ いぎゅうううううっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアッ!!

ふたサキュ「≪異常感度≫と≪感覚遮断≫ゲット♡ これでメスガキも犯してやるわ♡」

おしとやか「…………ひ、ひゃあ♡♡♡」ピクピク

ふたサキュ「あーあ♡ ≪異常感度≫がなくなっても敏感なままになっちゃったわね♡」

 その後、おしとやかの能力を得たふたサキュによりメスガキも敗北アクメさせられてしまう。
 特A級2人の能力を奪ったふたサキュはもう誰にも止められない。
 全ハンターがイカされ、全ての能力を奪われてしまうのも時間の問題だろう――。

Mission failed...

822 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:56:54 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 第8話
『メスガキわからせられるの巻』

わからせ「おらぁ! 種付けプレス!!」ガバッ!!

メスガキ(うっ!? 押し倒された!? でも拘束されたなら≪主導権≫で――)

メスガキ「……≪主導権≫が発動しない!?」

わからせ「ヒッヒッヒィ! これが俺様の能力だよぉぉ!」ニチャア

メスガキ「……無効化系の能力か!」

 ――≪強制解除≫ブレイクダウン。
 範囲内の能力を無効化する能力。

わからせ「能力がなければお前はただのガキぃ! 種付けプレスで堕としてやるよぉ!!」

わからせ「おらおらおらぁ!!」パンパン!!

メスガキ「…………ふんっ!!」グッ

わからせ「ぎぃやぁぁぁぁぁ!! なんて膣締めだぁ! こっちがイカされちまう!!」サッ

 メスガキの膣圧に屈し、たまらずおちんぽを引き抜き距離を取るわからせ。

823 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:57:32 ID:QK4uQsm2
メスガキ「悪いけど能力だけのハンターじゃないんでね〜♡」ニヤニヤ

わからせ「く、くそぉ……! このメスガキが! 大人を舐めやがって!!」

わからせ「こうなったら奥の手だ! ――――≪相互理解≫リンクアップ!!」

メスガキ「2つ目の能力……!」

わからせ「いくぞぉぉぉぉ!! クンニ攻撃!!」ダッ

メスガキ「はっ、そんな隙だらけの攻撃! 簡単に避けられ――」

メスガキ(!? 速いっ!?)

わからせ「ペロペロォ!!」ペロッ

メスガキ「ひっ♡」ビクッ

メスガキ(な、なに? 今の動き……。まるで別人だった)

メスガキ「身体強化系の能力……?」

824 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:58:03 ID:QK4uQsm2
わからせ「さて、どうだろうねぇ! ヒッヒッヒィ!」ダッ

メスガキ(また来たっ!! でも今度は遅いっ!?)

メスガキ「カウンター騎乗位!!」ズブッ

わからせ「ひぃっ!?」

メスガキ「どんな能力かは分からないけど、上を取ればこっちが圧倒的に有利!」

メスガキ「このまま搾り取ってやるわ!」

わからせ「――――おらぁっ!!」ドチュッ!!

メスガキ「ひゃんっ!?♡♡♡」ビクッ

メスガキ(つ、突き上げられた……!? 本当にさっきとは別人じゃない!)

わからせ「ヒッヒッヒ! どんどん突き上げてやるぅ!」ドチュドチュ!!

メスガキ「あうっ♡ ま、マズい! 一旦距離を取らないとっ!」

825 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:58:55 ID:QK4uQsm2
わからせ「させるかぁっ!!」ガシッ

メスガキ「あっ!?」

 腰を掴まれてしまい、脱出に失敗するメスガキ。

わからせ「万事休すだなぁ! ヒッヒッヒィ!!」

メスガキ「くっ、このっ……!」

わからせ「おらぁ!! 突き上げピストン!!」ドチュドチュ

メスガキ「んぐっ……♡♡♡」ビクビク

わからせ「このまま騎乗位で敗北アクメさせてやるよぉ!!」ドチュドチュ

メスガキ「ぐっ♡ そ、そんなの♡♡♡ 絶対イヤ♡♡♡」ビクンビクン!!

 優位な体勢にも関わらず、一方的に快感を与えられてしまうメスガキ。
 わからせの≪相互理解≫は他者の能力をコピーする能力。
 ≪主導権≫を使い、わざと不利な体位になることで身体能力を強化していたのだ。

わからせ「とどめだぁっ!!」ドチュッ!!

メスガキ「んんんんんんっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

わからせ「ヒヒヒ、四天王の恐ろしさ……分かったか?」

メスガキ「ひああ……♡♡♡ わ、わからせられちゃった……♡♡♡」ビクビク

826 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 05:59:31 ID:QK4uQsm2
 それから数日後。

教官♀「メスガキは未だ行方不明、か……」

ふたなり「メスガキちゃん……どうしちゃったんだろう」

おしとやか「……心配することはありませんわ。きっと後輩ちゃん探しに熱が入ってるだけ、ですわ……」

宅配便「お届け物でーす!」

教官♀「む? DVD……? 送り主は不明のようだが」(今時DVDて……)

ふたなり「きっとメスガキちゃんだよ! なにか情報を手に入れて動画で送ってきたんだ!」

おしとやか「おおっ! 早速再生してみましょう!!」

教官♀「うむ! ……再生!」ポチッ

827 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:00:30 ID:QK4uQsm2
メスガキ『ふたなり、おしとやか。見てる?』

 画面にメスガキの顔がアップで映される。

ふたなり「メスガキちゃん!」

おしとやか「よかった。無事だったのですわ!」

教官♀「ま、待て!」

 顔のアップから徐々にカメラが引いていき、メスガキの全身が映し出される。

ふたなり「…………え?」

メスガキ『ごめんね♡ わたし、負けちゃった♡♡♡』ビクビク

 メスガキの身体は精液まみれで、下腹部はぽっこりと膨らまされていた。
 さらに、何も挿入されていないにも関わらず膣内は無様に痙攣し続けていた。

わからせ『ヒッヒッヒ! ではこれからメスガキ凌辱ショーを始めるぞぉ!』

メスガキ『はい♡ わからせ様♡ メスガキのおまんこいっぱいイジめてください♡♡♡』

828 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:01:26 ID:QK4uQsm2
わからせ『おらおらぁ! 大人の力……思い知ったかぁ!』パンパン!!

メスガキ『ひぎゅぅっ♡♡♡ しゅごいっ♡ おとなちんぽきもちいいですぅっ♡♡』ビクビク

わからせ『無様だなぁメスガキ! 今の姿をお友達が見たらどう思うかな?』パンパン!!

メスガキ『あっ、あはは♡ み、みないで♡ ふたなりっ、おしとやか♡♡♡』ビクビク

わからせ『ああん!? 見ないで、じゃねぇだろ! お前の痴態を見せつけてやるんだよっ!』パンパン!!

メスガキ『ひいぃっ♡♡♡ ごめんなしゃっ♡ み、みてっ♡ メスガキのえっちなすがた見てぇっ♡♡♡』ビクビク

わからせ『イケっ!! イキ死ねっ!!』パンパンッ!!

メスガキ『あぁっ♡♡♡ イっ♡ イグゥゥゥゥゥッ♡♡♡♡♡』プシャアアアアアッ!!

わからせ『ヒヒヒ……。さあ、続けて二回戦だ!』

メスガキ『んにゃぁ……♡♡♡』ビクビク

ふたなり「そ、そんな……!」

 その後、録画が終わるまで120分もの間。
 メスガキは画面内で延々と犯され続けるのであった――。

Mission failed...

829 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:01:59 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 第9話
『後輩ちゃんおちんぽ獣化の巻』

眼鏡っ娘「状況が変わったわ。後輩ちゃん、あなたにはおちんぽ獣になってもらうわね」

 そう言い、眼鏡っ娘は注射器を取り出す。

後輩ちゃん「そ、それって……」

眼鏡っ娘「PENIS-19190721よ。ふたサキュを作った時と同じように、あなたをおちんぽ獣にするの♡」

後輩ちゃん「い、いや……! おねがい、やめてください!!」

催眠んぽ「私の催眠が効いているから逃げることも抵抗することも出来ないはずですよ」

後輩ちゃん(ダメ……動けない! でも……)

眼鏡っ娘「それじゃあウイルス注入〜♡ つよ〜いおちんぽ獣になってね♡」

 後輩ちゃんの身体にウイルスが注入されていく――。

後輩ちゃん「う、うう……! うあああああ……!!」ビクッビクッ

830 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:02:31 ID:QK4uQsm2
後輩ちゃん「はううううう…………!!」ビクビク

 後輩ちゃんの陰核が、陰茎へと変異していく。

後輩ちゃん「そんな……。私のクリが、おちんぽに……!?」

催眠んぽ「フフフ、成功ですね」

眼鏡っ娘「後は逆らわないように催眠を掛けてちょうだい」

催眠んぽ「はい。――≪強制催眠≫ヒプノシス!!」キィィィィン!!

後輩ちゃん「あ…………」クラァ

眼鏡っ娘「うふふ♡ 今度こそ最強のおちんぽ獣が完成したわ!」

後輩ちゃん(ふたなりせんぱ……い。ごめんなさ…………)ガクッ

831 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:03:04 ID:QK4uQsm2
 そして。

ふたなり「後輩ちゃん! 助けに来たよ!」

後輩ちゃん「あっ♡ ふたなり先輩♡」

メスガキ「え……? それって……」

おしとやか「おちんぽが生えていますわ……!」

ふたなり「そ、そんな! PENIS-19190721を注入されちゃったの……!?」

後輩ちゃん「その通り――――ですよっ♡」シュバッ!!

ふたなり「えっ!?」

 凄まじい速さでふたなり達の背後へ回り込む後輩ちゃん。

メスガキ「なっ!? にゃあああああっ!?♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

おしとやか「んひょおおおおおおっ!?♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

 そのままメスガキとおしとやかが一瞬でアクメさせられてしまう。

後輩ちゃん「あはは♡ 先輩に勝っちゃった♡」

ふたなり「こ、後輩ちゃん!? なにやってるの!?」

832 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:03:45 ID:QK4uQsm2
後輩ちゃん「私はおちんぽ獣になったんですよ♡ もうふたなり先輩達の敵なんです♡」

ふたなり「ち、違うよ! どんな姿になったって後輩ちゃんは後輩ちゃんだよ!」

後輩ちゃん「私に敗北アクメさせられても同じことが言えますかね?」ズブッ!!

ふたなり「あっ!?♡♡♡ 後輩ちゃんのおちんぽが……♡ んひゃあっ♡♡♡」ビクビク

後輩ちゃん「すごい♡ あのふたなり先輩が、私のおちんぽでよがってる♡♡♡」パンパン!!

ふたなり「やっ♡ やめてぇ……♡♡♡ 後輩ちゃん……♡♡♡ ひぐっ♡♡♡」ビクンビクン!!

後輩ちゃん「ほらほら♡ 反撃しないとイカされちゃいますよ♡」パンパン!!

ふたなり「だ、だめぇ……♡ 後輩ちゃんを射精駆除するなんて♡ できないっ♡♡♡」ビクビク!!

後輩ちゃん「あはは♡ じゃあ敗北アクメしちゃってください♡ ふたなり先輩♡」パンパンッ!!

ふたなり「いぎゅううううぅぅぅぅっ♡♡♡♡♡」ビュルルルルッ!!

後輩ちゃん「≪等価絶頂≫が使えなくなるまで犯してあげますね♡」パンパンッ!!

ふたなり「あっ、あああああ♡♡♡♡♡ やめてぇぇぇぇ♡♡♡」ビュルルルッ!!

833 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:04:24 ID:QK4uQsm2
眼鏡っ娘「うふふ、予想以上の成果ね。あのふたなりが手も足も出ないなんて」

ふたなり「あっあっあっ♡ 後輩ちゃん、目を覚ましてえええっ♡♡♡」ビュルルッ!!

後輩ちゃん「あははっ♡ イキまくるふたなり先輩♡ かわいいですっ♡」パンパンッ!!

ふたなり「あっ、あぐぅ……♡♡♡♡♡」ビュルッ!!

後輩ちゃん「あ♡ 精液、出し尽くしちゃったみたいですね♡」パンパン

ふたなり「もう……やめてよぉ♡♡♡」ビクビク

眼鏡っ娘「よし、それじゃあ新能力を使ってやりなさい。後輩ちゃん」

後輩ちゃん「はい♡ ――――≪災厄≫カラミティ!!」

ふたなり「っ!? なっ♡ なにこれぇ♡♡♡」ゾクゾク

後輩ちゃん「敗北アクメさせた相手をおちんぽ獣に変えちゃう能力です♡」

後輩ちゃん「ふたなり先輩もおちんぽ獣になるんですよ♡♡♡」

ふたなり「!? やっ、やだっ!! おちんぽ獣になんか、なりたくないっ♡♡♡」

834 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:05:16 ID:QK4uQsm2
後輩ちゃん「だったら甘いこと言ってないで私を射精させるべきでしたね♡」

後輩ちゃん「もう遅いですよ♡ 逆転は不可能だし、逃げることも出来ません♡」

ふたなり「やめてっ! ゆるしてっ!! やだああああっ!!」

眼鏡っ娘「あはははははは!! 無様ね!! ふたなり!!」

ふたなり「あ――――」

後輩ちゃん「私たち、これでずっと一緒ですね♡ ふたなり先輩♡」

 ふたなりのおちんぽが悪しき力に染まっていく――。

ふたなり(だめ。意識が、もう――)

ふたなり「………………」

後輩ちゃん「ふたなり先輩? 気分はどうですか?」

ふたなり「――――最高♡ ねぇ、いっぱい女の子を犯しに行こ♡」

眼鏡っ娘「やった! 特A級のおちんぽ獣が完成したわ! これで世界は私のものよ!」

 こうして、ふたなりは最凶最悪のおちんぽ獣と化してしまった。
 その後、世界中の女の子がふたなりによって孕まされてしまうのだった。

Mission failed...

835 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:06:19 ID:QK4uQsm2
敗北ルート 最終話
『始まりの巻』

ふたなり「んぐぅっ!?♡♡♡」ビクビクッ!!

始祖んぽ「その程度かね?」

ふたなり(い、今まで受けたどんな攻撃よりも気持ちいい……!?)

始祖んぽ「残念だ。やはり今回も射精できそうにないな」ガッカリ

ふたなり「ま、まだまだ……!!」

始祖んぽ「ならばもう一度試してみよう。――――原初の挿入攻撃!!」ズブッ!!

ふたなり「あっ♡♡♡ 挿入っ♡♡♡ やばいっ♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(≪転化精液≫で身体能力を強化してるのに……こんな一方的に感じさせられるなんてっ♡)

始祖んぽ「分かるのだ。何千年と生きていれば。挿入した時点で射精できるか、できないか」

始祖んぽ「正直言ってお前は――今まで相手した中では下から数えた方が早いぞ」

ふたなり「ぐうぅっ♡♡♡ なんて失礼なっ♡」(やばい、もうイキそうっ♡♡♡)ビクッビクッ

始祖んぽ「期待外れだ。このダメまんこめ」

836 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:06:54 ID:QK4uQsm2
始祖んぽ「さて、遊びは終わりだ。そろそろ敗北アクメさせてやろう」

ふたなり(そ、そんな……♡♡♡ なにも出来ずに負けるなんてっ♡♡♡)ビクビク

始祖んぽ「――――原初の子宮ぐりぐり攻撃!!」グリグリ!!

ふたなり「ッッッッ♡♡♡ あっ、ああああああああああッ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

ふたなり(こ、こんなのっ♡♡♡ 人間が受けていい快楽じゃないっ♡♡♡)

メスガキ「ふっ、ふたなり!」 おしとやか「ふたなり様!!」

 遠くで見てた2人が助けに入ろうとするが。

始祖んぽ「邪魔だ!! 触手攻撃!!」シュルルッ!!

メスガキ「んひぃぃぃぃぃぃっ!?♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

おしとやか「イギますわぁぁぁぁぁぁっ♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

 触手によってあっという間に敗北アクメ。そのままおちんぽ壁へ取り込まれてしまう。

ふたなり「そんな……♡ ふ、2人とも……♡♡♡」ガクッ

 その様子を見てふたなりの心も折れてしまう。

837 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:07:43 ID:QK4uQsm2
始祖んぽ「貴様も敗北アクメさせ、おちんぽ壁の一部にしてやろう」

ふたなり「そんな……♡♡♡」ビクビク

始祖んぽ「あの壁の中で永遠にお前は犯され続けるのだ」

ふたなり「い、いや……! 死ぬまで犯されるなんて……!!」

始祖んぽ「死ぬまで? なにを勘違いしている? 永遠と言っただろう」

ふたなり「……え?」

始祖んぽ「おちんぽ壁の一部になれば、死ぬことは出来ん。我が死なない限りな」

ふたなり「そ、それって……」

始祖んぽ「死ぬまで、ではない。お前は数千、あるいは数万年――犯され続けるのだ」

ふたなり「そ、そんな」ゾクッ

838 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:08:23 ID:QK4uQsm2
始祖んぽ「分かったら敗北アクメするといい! ぐりぐり攻撃!」グリグリ

ふたなり「あっぐうう♡♡♡ たすけてっ♡♡♡ だれかたすけてぇぇっ♡♡♡」ビクビク!!

ふたなり「いやだっ♡♡♡ 永遠に犯されるなんてっ♡♡♡ やだああああっ♡♡♡」ビクンビクン!!

始祖んぽ「我を満足させられなかった罰だ。観念しろ!」グリグリ

ふたなり「いっ♡♡♡♡♡ やらあああぁぁぁぁぁっっっ♡♡♡♡♡」プシャアアアアアッ!!

始祖んぽ「ふん、敗北アクメしたか」

ふたなり「しょんな……♡ いや♡ たすけへぇ……♡♡♡」ビクビク

始祖んぽ「触手よ! こいつもおちんぽ壁の中へ取り込め!!」

触手「うねうねうね!!」ウネウネ

ふたなり「こないでぇっ♡♡♡ おねがい、ゆるしてぇぇぇぇ♡♡♡」ビクビク

 必死の懇願も空しく、ふたなりはおちんぽ壁へ取り込まれてしまった。

839 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:09:31 ID:QK4uQsm2
始祖んぽ「無限絶頂地獄の始まりだ。我はまた眠りにつくぞ。存分に楽しむといい」

ふたなり「おっ♡♡♡ おごっ♡♡♡ イグっ♡♡♡ イクのとまらないっ♡♡♡」ビクビク

メスガキ「こっ♡♡♡ こんなのがっ♡♡♡ 永遠に続くなんてっ♡♡♡」ビクビク

おしとやか「あたまっ♡♡♡ おかしくなりますわっ♡♡♡」ビクビク

眼鏡っ娘「くっ、くそっ♡♡♡ どうしてこんなことにっ♡♡♡」ビクビク

 身動きすら取れず、ただおちんぽ壁の中で犯され続ける4人。
 おちんぽ壁の一部にされてしまうと、意識を失うことも絶頂に慣れることも、発狂することすら出来なくなる。
 ふたなり達はこれから永い時を――堪えがたい快楽と共に生きていかなければならないのだ。

ふたなり「イっ♡♡♡ イ゛ク゛っ゛♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「もういっそのこと殺してぇぇぇ♡♡♡」ビクンビクン!!

おしとやか「お゛っ♡♡♡ ふ、ふたなりさまっ♡♡♡ たすけっ♡♡♡」ビクンビクン!!

眼鏡っ娘「ぐううっ♡♡♡ くそっ♡♡♡ くそおおぉぉっ♡♡♡」ビクンビクン!!

840 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:10:08 ID:QK4uQsm2
 ――――数万年後。

メカ娘「…………くっ!! これが始祖の力……!!」

 始祖に敗北し、膝をつく未来のおちんぽハンター。

始祖んぽ「改造おまんこパーツによる責めは中々だったが、我には届かなかったな」

メカ娘「快感損傷率99%……戦闘続行、不可能。私の……負けだ」

始祖んぽ「貴様もおちんぽ壁に取り込んでやろう!!」

メカ娘「うわああああああ…………っ!!!」

メカ娘(おちんぽ壁に取り込まれてしまった!! 脱出しないと!!)

始祖んぽ「無駄だ。一度取り込まれれば、もう抜け出せん。我が死なない限りな」

メカ娘「……うぐっ!?♡♡♡ 触手がっ♡♡♡ 全身をっ!?♡♡♡」ビクビクッ

始祖んぽ「貴様も未来永劫犯され続けるがいい」

メカ娘「“貴様も”だと――――!?」

841 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:10:57 ID:QK4uQsm2
ふたなり「あっあっ♡♡♡ あひぇぇぇぇぇ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

メスガキ「んぎぃぃぃっ♡♡♡♡ もう死にゃせてぇぇっ♡♡♡♡」ビクンビクン!!

おしとやか「ふたなりさまぁぁぁぁぁぁっ♡♡♡♡♡」ビクンビクン!!

眼鏡っ娘「ぐぅぅぅぅぅぅぅっ♡♡♡ イッぃぃぃぃぃぃっ♡♡♡♡」ビクンビクン!!

メカ娘「こ、この子たちは!?」

始祖んぽ「数万年前に我に負けた女だ」

メカ娘「す、数万年前……!? まさか、それだけの時をずっと犯され続けていたというのか!?」

始祖んぽ「その通り。貴様もすぐに同じようになる。楽しみにしておくといい」

メカ娘「い、いやだっ!! こんな風になるなんてっ!! 誰か助けてくれ!!」

メカ娘「おっおおおお♡♡♡ アクメ回避不可能っ♡♡♡ 電子回路ショートイキすりゅぅぅぅっ♡♡♡」ビリビリ

 死ぬことも、狂うことも出来ず、永劫に近い時の中で果て続ける。
 彼女たちが救われる日は来るのだろうか。
 来たとしても、それは何万年後になるのだろうか――。

Mission failed...

842 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:18:10 ID:QK4uQsm2
エピローグ


 始祖のおちんぽ獣討伐の手当てとして、都内大型遊園地・としまえんのチケットを貰ったふたなり達。

メスガキ「始祖を倒した報酬がとしまえんのチケットって……」

おしとやか「めちゃめちゃしょぼいですわね。私はネズミの国に行きたかったですわ」

ふたなり「ま、まぁ何も貰えないよりかはいいじゃん! ね!」

メスガキ「うーん……そうね。こうなったら思う存分楽しんでやりましょ!」

おしとやか「ですわね!」

ふたなり「それじゃあ行ってみよう!」

???「ふふふ……我々には気付いていないようだ。今のうちに準備を進めるぞ!」

843 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:18:55 ID:QK4uQsm2
 〜カルーセルエルドラド〜

ふたなり「おー、これがかの有名なメリーゴランド!」

おしとやか「歴史を感じますわ……!」

メスガキ「故障したりしないわよね?」

ふたなり「あはは、大丈夫だよ! 早速乗ろう!」

おしとやか「よいしょ、ですわ」

メスガキ「ぐむむ、馬に足が届かない!!」

おしとやか「馬車の方に乗ったらどうです?」

メスガキ「馬がいい!!」

ふたなり「騎乗位の要領だよ! メスガキちゃん!!」

844 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:19:29 ID:QK4uQsm2
 〜ジャングルハウス〜

ふたなり「ここは小学生までしか入れないみたいだね」

おしとやか「メスガキさん、あなた遊んでいらしたら?」

メスガキ「子供扱いすんな! 全くもう……」スタスタ

ふたなり(あ、でも行くんだ)

メスガキ「わーい!!」

おしとやか「おこちゃまですわ……」

ふたなり「楽しそう……。なんか羨ましい」

845 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:19:59 ID:QK4uQsm2
 〜ミラーハウス〜

おしとやか「ふ、ふたなり様がたくさん!?」

メスガキ「うぎゃっ! 頭ぶつけた!!」

ふたなり「お、落ち着いて進まないと危ないよ!!」

メスガキ「うう……自分がどこにいるかも分からない」

おしとやか「ふ、ふたなり様……」ハァハァ

ふたなり「あ、おしとやかちゃんの鼻血で道が分かる」

メスガキ「ほんとだ! って、うぎゃっ! またぶつけたぁ!!」

846 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:20:39 ID:QK4uQsm2
 〜ミステリーゾーン〜

メスガキ「ひっ、ひいいぃぃぃっ!!」ブルブル

ふたなり「ちょっ、メスガキちゃん! 離してよー! 服が伸びちゃう!!」

メスガキ「む、無理! 怖い!!」ブルブル

ふたなり「はーなーしーてー!!」


おしとやか「……2人乗りなので私だけぼっちですわ」←じゃんけんに負けた

おしとやか「っていうかこのアトラクション。一見すると地底探索物っぽくてタチが悪いですわ」

おしとやか「なんで外観に恐竜の骨があるのに、中は和風ホラーなんでしょう……」

847 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:21:12 ID:QK4uQsm2
 〜オートスクーター〜

メスガキ「うわああああああ回るううううう!!」クルクル

おしとやか「運転難しすぎますわあああああああ!!」クルクル

ふたなり「ぶっ、ぶつかるうううううう!!」ガンッ!!

メスガキ「う、うえっ……。酔った……」クルクル

おしとやか「たすけてふたなり様あああああああ!!!」クルクル

ふたなり「むりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」ガンッ!!

メスガキ「とめてえええええええ!!」

848 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:21:54 ID:QK4uQsm2
ふたなり「いやー、サイクロンは大迫力だったね」

おしとやか「私はブレイクダンスが気に入りましたわ!」

メスガキ「ふ、フライングパイレーツにはもう乗りたくない……」ブルブル

ふたなり「さて、もうすっかり暗くなっちゃったね」

おしとやか「そろそろ協会に帰りましょうか」

メスガキ「そうね」

館内放送『ご来園の皆様、本日はエルドラド広場にて特別イベントが行われます。ぜひお越しください』

ふたなり「あっ! 特別イベントだって! 行ってみよう!」

メスガキ「うん!」 おしとやか「ですわっ!」

849 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:22:30 ID:QK4uQsm2
 〜広場〜

メスガキ「なんか椅子がたくさん並べてある」

おしとやか「ここに座って待っていればいいのでしょうか」

ふたなり「そうみたい。何が始まるのかな?」

メスガキ「ワクワクするわね」

ふたなり「……わっ!?」

 ふたなり達が座った直後、周囲の明かりが消えて真っ暗になる。

メスガキ「な、なに!?」

おしとやか「なにも見えませんわ!?」

ふたなり「トラブル!?」

850 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:23:04 ID:QK4uQsm2
メスガキ「お、おちんぽ獣の仕業かも……!」

おしとやか「危険ですからじっとしていましょう!!」

ふたなり「って、あれ? ライトがついていくよ!」

 周囲のライトがひとつずつ点いていき、最後にイベント広場のステージが照らされる。

教官♀「デルタちんぽチーム!!」

後輩ちゃん「始祖のおちんぽ獣討伐! おめでとうございます!」

 ステージの上にいたのは教官♀と後輩ちゃん。
 そしていつの間にか周りには他のおちんぽハンター達も集まっていた。

オレ娘「おめでとーっ!!」

中二眼帯「――――おめでとう」

真面目♀「おめでとう!!」

ふたなり「え、みんな!? なんで!?」

851 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:25:34 ID:QK4uQsm2
教官♀「実を言うと、お前たちを労うために今日はとしまえんを貸し切りにしていたんだ」

おしとやか「なるほど。だからネズミの国や後〇園ではなく、としまえんが舞台だったのですわね」

メスガキ「としまえんなら貸し切りにしても安く済みそうだもんね」

教官♀「ああ! 20万円で貸し切りに出来た!」

ふたなり「教官♀さん……。みんな……。ありがとうございます」グスッ

メスガキ「泣くほどのイベントかな、これ」

おしとやか「こらっ、水を差すようなことを言わない!」

オレ娘「今日は無礼講だーっ! 騒ぎまくれーっ!!」ガハハ

ロリババア「遊園地は楽しいのう!」ワイワイ

メスガキ「げっ!? あんた、なんでここにいるのよ!? 捕まったはずじゃ!?」

ガチレズ「恩赦よ」

おしとやか「えぇ……」

852 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:26:31 ID:QK4uQsm2
真面目♀「どうやらお前も出てこられたようだな」

眼鏡っ娘「ふん……。あっち行きなさいよ」

真面目♀「その様子じゃもう懲りたみたいだな。もう悪いことはするなよ?」

眼鏡っ娘「分かってるわよ。私のモットーは弱肉強食。負けた以上はあんたらに従うわ」

真面目♀「そうか。……なにか困ったら私のところへ来い」

真面目♀「元バスターズのよしみだ。面倒くらいは見てやるぞ」

眼鏡っ娘「大きなお世話。私は1人で大丈夫よ」

ふたサキュ「それよりさ、そこのカレー屋めっちゃうまいな」モグモグ

眼鏡っ娘「あ、あんた……。よく平然と私の前に出てこられるわね」

ふたサキュ「うるせえなあ。全部終わったんだからもうどうでもいいだろうが」

眼鏡っ娘「なんか性格変わってるし……」

ふたサキュ「これが素なんだよ」

真面目♀(なんだかんだ上手くやっていけそうだな)

853 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:27:19 ID:QK4uQsm2
委員長「ジンジャーエールとモツ煮追加で〜!」

ビッチ「あーしはフランクフルトー!」

兎娘「うるさいですね……」

クール娘「コーラで」

武器屋♀「まいど〜!」

記者ちゃん「思い出の写真、1枚いかがッスかぁ〜!」

お姉さん「はあ、私らって後半あんまり出番なかったわよね」

ペドロリ「なんかキャラがうまくつかめなかったらしい」

中二眼帯「――私は出番あったぞ」

お姉さん「こう、メスガキちゃんの姉としてもうちょっと話に混ざれたんじゃないかな」

ペドロリ「あやつられてオチみたいにつかわれるのはちょっとあつかいヒドいぞ」

会長ちゃん「私に比べれば皆さんはまだいい方ですよ」

854 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:28:11 ID:QK4uQsm2
ふたなり「えへへ、みんな楽しそうだね!」

メスガキ「私らももっと楽しむわよー!」

おしとやか「いえ〜いですわ〜っ!!」

後輩ちゃん「あ、あの! ふたなり先輩っ!!」

ふたなり「ん? なに? 後輩ちゃん」

後輩ちゃん「私、先輩に憧れてハンターになって……」

後輩ちゃん「先輩と一緒に戦えて……本当に幸せでしたっ!!」

後輩ちゃん「今度は私が先輩を幸せにしますっ!! だから! いつまでも一緒にいてください!!」

メスガキ「おおっ、プロポーズ!?」

おしとやか「ひゅーひゅー! ですわ!」

ふたなり「…………」

855 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:28:51 ID:QK4uQsm2
ふたなり「うん、いいよ〜」

後輩ちゃん「え!? そんなあっさり!?」

ふたなり「じゃあ、後輩ちゃんは金曜日担当ね」

後輩ちゃん「へ? 金曜日……?」

ふたなり「うん。告白してきた子、後輩ちゃんを入れて5人もいるから交代制にしてるんだ」

 月曜日:教官♀
 火曜日:メスガキ
 水曜日:おしとやか
 木曜日:真面目♀
 金曜日:後輩ちゃん
 土曜日:全員
 日曜日:休み

後輩ちゃん「えぇ……」

ふたなり「安心して! 交代制は夜だけ! 昼間は曜日とか関係なく目が合ったらえっちするから!」

856 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:29:38 ID:QK4uQsm2
おしとやか「楽しみですわ♡」

教官♀「うむ♡」

メスガキ「これ、身体持つの?」

真面目♀「まあ、ふたなりなら大丈夫だろう」

後輩ちゃん「……え? ってことは、今日は土曜日だから……」

ふたなり「うん♡ 今日は全員とえっちする日♡ それじゃあ、イクよ♡♡♡」

後輩ちゃん「え!? え!?」

メスガキ「ほら脱いだ脱いだ♡」

おしとやか「着衣のままでもいいですわよ♡」

真面目♀「ヤるからには全力だぞ!」

教官♀「一番手は私だ! 誰にも譲らん!!!」

ふたなり「もー♡ みんな落ち着いてよぉ♡♡♡」


〜おわり〜

857 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 06:31:29 ID:QK4uQsm2
全て終了です。
ここまで見てくださってありがとうございました。
感想もとてもありがたいです。

858 以下、名無しが深夜にお送りします :2020/06/20(土) 14:19:23 ID:FnyU2Z6g
乙でした
読み返したらメスガキが月給100精とかいってた

859 ◆WI5yHe7k.. :2020/06/20(土) 16:02:15 ID:zmHAj4QQ
ほんまや
通貨設定忘れてました


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板