したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

2004年米国大統領選スレ

1 デモクラット :2003/12/18(木) 21:19
おりーぶの木さんとの個人メールで話題に上ったので、立てることにしました。
年が明ければ予備選が始まりますし、前近代的な暴力政治を繰り返す頭の悪い現職大統領に天罰が下るかもしれませんし。
大統領選の記事やコメントをご記入くださいませ
(「ご記入くださいませなんて、オーナーを差し置いて申し訳ありません」)。

5355 チバQ :2019/03/07(木) 11:15:36
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000587-san-n_ame
民主候補「急進左派」が主流 穏健派は危機感 米大統領選
3/6(水) 20:35配信 産経新聞
 【ワシントン=住井亨介】2020年11月の米大統領選に向けた民主党の候補指名を目指す顔ぶれが「左傾化」の兆しを見せる。すでに14人が名乗りを上げたが、国民皆保険や税制の格差是正を訴える急進左派的な候補が目立ち、2016年大統領選の同党候補、クリントン元国務長官(71)やブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が出馬を取りやめるなど穏健派には厳しい展開となっている。

 「父からは豪華な高層ビル、カジノ、ゴルフ場を造る大金を受け継がなかった」。民主社会主義者を自称するバーニー・サンダース上院議員(77)は2日に開いた初の選挙集会でこう語り、トランプ大統領を当てこすった。

 サンダース氏は16年大統領選で国民皆保険や公立大学授業料無償化を掲げて注目され、民主党の候補指名をクリントン氏と最後まで争ったが、今回、急進左派的な主張を掲げるのはサンダース氏だけではない。

 エリザベス・ウォーレン上院議員(69)は超富裕層の資産に課税する「富裕税」を提唱。同党の議員有志が先月発表した、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするため米国内の電力を再生可能エネルギーでまかなうなどの急進的な環境保護政策案「グリーン・ニューディール」には複数の候補が賛同する。

 ハーバード大の世論調査(2月19〜21日)では「民主党は社会主義を支持している」と見る米国民が64%にも上るという結果が出た。こうした動きをみて、トランプ氏は民主党の顔ぶれを「社会主義者」と批判し、支持者は喝采を送る。

 各種世論調査では近く出馬を判断するとみられる穏健派のバイデン前副大統領(76)が一番人気だが、サンダース氏が2位、ウォーレン氏が4位と存在感を示す。ブルームバーグ氏は急進左派が勢いづく中で候補指名を勝ち取るのは困難と判断して5日に不出馬の意向を表明。同氏は「党が急進的になれば大統領選で勝利する可能性は低くなり、(トランプ氏に)次の4年間を譲り渡す」と懸念する。穏健派が共通して警戒するのは左傾化による無党派層離れだ。

 そのため世論調査で3位につけるカマラ・ハリス上院議員(54)は国民皆保険を支持しつつも「私は民主社会主義者ではない」とし、エイミー・クロブシャー上院議員(58)はサンダース氏が訴える公立大学授業料無償化を支持しないと表明するなど、差別化に必死になっている。

5356 チバQ :2019/03/10(日) 20:11:06
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-35133943-cnn-int
米歌手T・スウィフト、もっと政治的発言増やす 次期大統領選控え
3/9(土) 17:56配信 CNN.co.jp
米歌手T・スウィフト、もっと政治的発言増やす 次期大統領選控え
テイラー・スウィフトさん
(CNN) 米国の人気女性歌手テイラー・スウィフトさんは9日までに、次期米大統領選を2020年に控え、「自らの影響力を使う責任を自覚している」とし、大統領選へ向けた活動を強める考えを示した。

米誌エルへの「私が約30年の人生で学んだ30の事柄」と題する寄稿の中で述べた。スウィフトさんは数カ月後に30歳となる。

スウィフトさんは「政治の面で自分の声を見い出している」とし、十分な時間をかけて国民の日常生活に響く法案に署名する政治制度や政府の形態を勉強したと指摘。「我々の最大の弱者を危険にさらす多くの問題を目撃した」と指摘し、「声高に変革の実現を助けなければならないと感じる」と訴えた。

また、政治問題については事情を十分に把握したと主張し、今や自らの約1億1400万人のフォロワーに語りかけるのに十分な資格があると考えているとも述べた。「みえみえのベールをかぶせる形のメッセージで人種差別や恐怖感を植え付けるのは我々の指導者に求めていることではない」と暗にトランプ大統領を批判。「手助けするため私はより以上のことをする」とし、「我々には来年、大きな競争がある」とも続けた。

スウィフトさんは昨年11月の米中間選挙のテネシー州の連邦上下両院選挙で民主党候補を支持する政治的な意見の表明で話題を呼んだ。半面、政治的に保守的な立場にあるファン層からは批判もされていた。選挙では上院選候補が落選、下院では当選していた。

スウィフトさんは当時、政治的な立場表明を避けてきた自らの人生を認めながらも、過去2年間における個人的な生活や世界での幾つかの問題に直面し考えが変わったと主張していた。

5357 チバQ :2019/03/10(日) 20:14:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000070-asahi-bus_all
カナダ首相、司法介入疑惑で打撃 否定するも支持率急落
3/9(土) 22:36配信 朝日新聞デジタル
カナダ首相、司法介入疑惑で打撃 否定するも支持率急落
トルドー首相の司法介入疑惑を巡る構図
 カナダのトルドー首相が大手建設会社の贈賄事件に介入しようとしたとの疑惑が持ち上がり、苦境に立っている。トルドー氏は「不適切なことはしていない」と否定するが、元閣僚が介入を認め、側近が辞任に追い込まれた。閣僚を男女同数にしたり、難民受け入れに積極的だったりと、リベラルな政策で国際的に認知されるトルドー氏。この問題を受けて支持率は急落し、10月までにある総選挙への影響も必至だ。

 問題になったのは、カナダの建設会社SNCラバランが、2011年まで続いたカダフィ政権下のリビアで贈賄を働いたとされる事件を巡る対応だ。有罪になると公共事業を10年間受注できなくなるため、同社は罪を認めて罰金などを払う代わり、裁判を打ち切る司法取引を希望。司法当局は裁判を続けることを決めたが、トルドー氏や首相秘書官らが当局に取引に応じるよう働きかけたとされる。

 政権にとって大打撃なのは、1月までトルドー内閣の法相兼司法長官を務めたウィルソンレイボールド氏が「介入があった」と証言したことだ。カナダ紙が同氏が事件をめぐって首相から圧力を受けていたと報道。同氏は内閣改造で格下の退役軍人相に横滑りしたが、2月12日にはこのポストを辞任していた。

 同氏は2月末に下院司法委員会に出席し、昨年9〜12月、首相や周辺の計11人から「司法取引をしなければSNC社の経営が悪化し、従業員の雇用に影響する」と働きかけを受けたと証言。同社が従業員を多く抱えるケベック州で、トルドー氏が「選挙が迫っている」と述べたとし、政治目的の介入だったことを示唆した。要求に応じなかったため、内閣改造でポストを奪われたとも主張した。

朝日新聞社

5358 チバQ :2019/03/10(日) 20:24:45
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000057-jij-n_ame
バイデン氏に根強い支持=激戦の民主、本人は熟慮-米大統領選
3/10(日) 14:32配信 時事通信
バイデン氏に根強い支持=激戦の民主、本人は熟慮-米大統領選
バイデン前米副大統領=2月16日、独ミュンヘン(AFP時事)
 【ワシントン時事】来年秋の米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、ベテランのジョー・バイデン前副大統領(76)が支持率トップを走っている。

 バイデン氏はまだ出馬を表明していないが、リベラル色の強い候補が目立つ中で、中道派の期待を集めているようだ。

 民主党では先週、ブルームバーグ前ニューヨーク市長、クリントン元国務長官、ホルダー元司法長官ら「古参組」が相次いで不出馬を表明した。指名争いは既に14人が名乗りを上げ激戦を繰り広げており、ブルームバーグ氏は「民主党の指名を得るのは困難」と早々に白旗を揚げてみせた。

 こうした中、バイデン氏はほぼ一貫して支持率トップを維持している。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、各種調査の最新の平均値は約29%で、2位のサンダース上院議員(20%)、3位のハリス上院議員(12%)を上回る。

 バイデン氏の武器は上院議員を36年間、オバマ政権の副大統領を8年間務めた豊富な経験と知名度だ。サンダース氏やウォーレン上院議員ら左派が目立つ中で、中道派のバイデン氏には「民主党の地盤以外でもトランプ氏に対抗できる候補」と期待する声がある。

 一方、来年の選挙後に78歳になる高齢がネックであることに変わりはない。バイデン氏は先月下旬、「指名を得られる確かな見通しなしに、人々の時間や労力を無駄にしたくない」と心境を語っており、なお熟慮している。

5359 チバQ :2019/03/10(日) 22:24:01
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022200398&g=int
米ノースカロライナ州で再選挙=下院議席、共和陣営に不正
2019年02月22日10時08分


 【ワシントン時事】米南部ノースカロライナ州の選挙管理委員会は21日、昨年11月の中間選挙で大規模な不正投票の疑いがあった下院第9選挙区について、選挙のやり直しを命じた。米メディアが伝えた。
 同選挙区は共和党候補が約900票差で民主党候補を上回ったが、不正の申し立てを受け、3カ月以上たっても結果が確定していなかった。共和党陣営の運動員が、有権者の家を回って不在者投票の用紙を回収し、本人に代わって投票していたという。(2019/02/22-10:08)

5360 チバQ :2019/03/13(水) 16:45:35
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000024-jij-n_ame
「左派のトランプ大統領」=民主29歳女性議員に異例の注目
3/13(水) 7:09配信 時事通信
「左派のトランプ大統領」=民主29歳女性議員に異例の注目
米民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏=10日、テキサス州オースティン(AFP時事)
 【ニューヨーク時事】昨秋の米中間選挙でニューヨーク選出の下院議員に初当選した民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏(29)が異例の注目を集めている。

【図解】トランプ政権2年の出来事と支持率(2019年1月)

 プエルトリコ系の家庭に生まれ、バーテンダーから最年少の女性下院議員に転身。「民主社会主義者」を自任する急進左派的で、型破りな姿勢から「左派のトランプ大統領」と評する米メディアもある。

 「富を生み出しているのは労働者。会社のトップじゃない」。オカシオコルテス氏は週末、南部テキサス州オースティンのイベントで、穏健派批判や民主社会主義の主張を展開した。米メディアによると、イベントには民主党の有力議員らが参加していたが、中でも来場者数の多かったのが同氏の参加した会合で、ウォーレン上院議員ら次期大統領選の立候補者を上回った。

 選挙区はニューヨーク市の移民が多く暮らす地域だ。中間選挙の民主党予備選では、地元ブロンクス区を中心に草の根運動を展開して若者らの支持を獲得。ベテラン現職議員に勝利し、民主党内で勢いを増す急進左派の新星として一躍有名になった。掲げるのは「メディケア・フォー・オール(米国版国民皆保険)」や、富裕層の増税、公立大学の授業料無料化といった政策だ。

 米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが昨年11月、第2本社の設置先にニューヨークを選んだ際には、一部の地元住民から同社への税優遇措置などに批判が出たため、反対派の急先鋒(せんぽう)に立った。設置計画は今年2月、撤回に追い込まれ、同氏は「市民がアマゾンの強欲と労働者搾取を打ち負かした」と宣言。民主党のクオモ州知事やデブラシオ市長は誘致推進派で、党内対立も浮き彫りにした。

 「気候変動対策をしなければ世界は12年以内に終わる」と懸念するオカシオコルテス氏は2月、急進的な温暖化対策「グリーン・ニューディール」決議案を共同提案した。電力需給を100%再生可能エネルギーに切り替えるとともに、インフラ投資で温室効果ガスの排出をなくし、雇用も創出するとうたった。ただ具体的な計画は盛り込まれず、保守派は「不可能」と批判している。

5361 チバQ :2019/03/14(木) 13:25:34
https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20190314025.html
米民主党の若手オルーク氏、2020年大統領選に出馬へ=関係筋
2019/03/14 10:09ロイター

米民主党の若手オルーク氏、2020年大統領選に出馬へ=関係筋

 3月13日、米民主党の若手、ベト・オルーク前下院議員が2020年大統領選への出馬を決めたことが、同氏の陣営に近い関係筋の話で明らかになった。写真はテレビ番組に出演するオルーク氏。2月にニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

(ロイター)

[エルパソ/ワシントン 13日 ロイター] - 米民主党の若手、ベト・オルーク前下院議員が2020年大統領選への出馬を決めたことが、同氏の陣営に近い関係筋の話で明らかになった。

オルーク氏(46)は昨年11月の中間選挙でテキサス州選出のテッド・クルーズ共和党上院議員の対立候補となり、敗れたものの善戦したことから知名度が一気に上昇した。

関係筋によると、オルーク氏は東部夏時間14日午前7時半(日本時間午後8時半)にソーシャルメディア上のビデオ投稿で正式に立候補を発表する見通し。

同氏は発表後、20年2月に民主党の最初の予備選が開かれるアイオワ州を訪れる計画。

オルーク氏とトランプ大統領はメキシコと国境を接するテキサス州エルパソで2月の同じ日に開かれた別々の集会に登壇し、ともに大勢の聴衆を前に国境の壁建設を巡り全く異なる見解を示した。

トランプ氏はこの集会でオルーク氏について「素晴らしいファーストネームを持っているがそれ以外は何もない若者だ」と揶揄(やゆ)した。オルーク氏はトランプ大統領が移民について「誤った恐怖」をあおっていると主張した。

最初に同氏の出馬を報じたテキサス州のテレビ局KTSMによると、オルーク氏は同局宛てのテキストメッセージで自身の地元エルパソについて「ベストな状態にある米国の最も良い例だ」と称賛した。

次期大統領選に関するこれまでの世論調査でオルーク氏は一貫して、出馬を表明あるいは取り沙汰されてきた10数人の民主党候補のなかで支持率上位に食い込んできた。ただ、出馬するかどうかをまだ明らかにしていないバイデン前副大統領と前月に立候補を決めたバーニー・サンダース上院議員の支持率は下回っている。

*内容を追加しました。

5362 チバQ :2019/03/15(金) 13:16:05
https://mainichi.jp/articles/20190314/k00/00m/030/271000c
「オバマの再来」 米民主党・オルーク氏 大統領選出馬へ
毎日新聞2019年3月14日 20時43分(最終更新 3月14日 21時46分)
【ワシントン高本耕太】米民主党のベト・オルーク元下院議員(46)が14日、2020年大統領選に立候補する意向を表明した。若者を中心に出馬を期待する声が高まっていた。公表した動画で「国家にとっての危機が、皆にとっての希望の時かもしれない」などと述べ「全員参加の社会」形成を訴えた。

 昨年11月の中間選挙では、共和党が地盤とする南部テキサス州の上院選で同党現職候補に小差で敗れた。だが、移民に寛容な姿勢を強調する演説などが注目を集め、「オバマ(前大統領)の再来」などと呼ばれ、全米規模で知名度が高まった。

 メキシコと国境を接する同州エルパソの市会議員を経て、13年から同州選出の下院議員を3期務めた。中間選挙では、個人献金を中心に史上最高の8000万ドル(約88億5000万円)を集めた。

 政策的には、国民皆保険や大学無償化を訴えるバーニー・サンダース上院議員(77)、「反ウォール街」を掲げるエリザベス・ウォーレン上院議員(69)らと類似点があり、差別化も課題となりそうだ。30日にエルパソで集会を開き、出馬を正式表明する。

https://www.sankei.com/world/news/190314/wor1903140043-n1.html
【米大統領選】民主若手有望株のオルーク氏が出馬表明
2019.3.14 21:56国際米州
Twitter
反応
Facebook
文字サイズ
印刷
ベト・オルーク元米下院議員(AP)
ベト・オルーク元米下院議員(AP)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米民主党の若手有望株と目されるベト・オルーク元下院議員(46)が14日、来年の大統領選への出馬を表明した。物腰や演説の口調などがオバマ前大統領や故ロバート・ケネディ元上院議員を連想させることから若者を中心に人気があるものの、昨年の連邦上院選(テキサス州)で現職のテッド・クルーズ氏に敗北しており、大統領選を勝ち抜く底力があるかどうかが試される。

 オルーク氏はメキシコ国境に近い南部テキサス州エルパソ出身で、市会議員などを経て同州選出の下院議員を2013年から3期6年務めた。政治的立場はリベラル派と評されるが、個々の政策での立場は必ずしも明確でなく、「イメージ先行」との見方も強い。

 14日に発表したビデオ声明では「経済と民主主義、気候(変動)の相互接続的な危機に取り組む」と表明した。

 政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、民主党からの出馬を表明または出馬が見込まれる候補の支持率を調べた各種世論調査の平均では6位につけ、1位のバイデン前副大統領に23ポイント以上の差をつけられている。

5363 チバQ :2019/03/17(日) 15:01:16
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASM3J24T9M3JUHBI00D.html
サンダース上院議員、浴室で7針縫うけが 選挙活動続行
2019/03/16 11:56朝日新聞

サンダース上院議員、浴室で7針縫うけが 選挙活動続行

サウスカロライナ州で15日、大きなばんそうこうを額に貼って、医療制度に関して発言するサンダース氏=AP

(朝日新聞)

 2020年米大統領選の民主党候補者指名争いに立候補したバーニー・サンダース上院議員(77)が15日朝、宿泊先の浴室で、ガラス製の扉の角に頭をぶつけ、7針を縫うけがを負った。病院で処置を受けた後、予定通りに選挙活動を続けているという。

 米メディアによると、サンダース氏は病院で処置を受けたという。同氏の広報担当は「医師からは健康で大丈夫との診断結果を受けた。約20人の識者との朝食会にも参加するなど、すべての日程をこなしている」と強調した。

 77歳のサンダース氏は先月、大統領選に向けて2度目の挑戦を宣言。複数の州を精力的に回っている。(ワシントン=土佐茂生)

5364 チバQ :2019/03/19(火) 15:09:52
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASM3G45G1M3GUHBI013.html
候補乱立の米大統領選 「未来のオバマ」は流れ変える?
2019/03/19 14:25朝日新聞

候補乱立の米大統領選 「未来のオバマ」は流れ変える?

米テキサス州エルパソで演説する民主党のベト・オルーク前下院議員=2019年2月11日、タラ・フィッツマーティン撮影

(朝日新聞)

 昨年の米中間選挙でテキサス州から旋風を起こした民主党の「新星」ベト・オルーク前下院議員(46)が、2020年大統領選の民主党候補者指名争いに向けて立候補することを表明した。支持者から「未来のオバマ(前大統領)」などと待望論が強まっていた。候補者が乱立するなか、ダークホース的な存在として流れを一気に変える可能性がある。

 オルーク氏は14日朝、ソーシャルメディアのビデオ投稿で「我々一人ひとりから最高のものを引き出し、分断された国の統合を目指す前向きな選挙戦を行う。私たちはテキサスで、その力をすでに見ている」と述べ、正式に立候補を表明した。20年2月に、全米で最初に指名者争いの予備選・党員集会が開かれるアイオワ州を近く訪れる計画で、選挙戦を開始する。

 オルーク氏はメキシコとの国境の町、テキサス州エルパソを地盤として6年間、下院議員を務めた。昨年11月の中間選挙で上院へくら替えを目指し、16年大統領選で共和党候補者指名争いに出馬した大物テッド・クルーズ上院議員を相手に大激戦を繰り広げた。

 中間選挙ではテキサス州254郡全てを車で回る草の根選挙を展開。分断をあおらず、情熱的に政策を訴える姿勢や、選挙戦の様子をSNSで公開したことなどから人気に火が付いた。

5365 チバQ :2019/03/19(火) 15:10:18
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASM3M242LM3MUHBI001.html
米大統領選へ民主5人目の女性 ジルブランド氏出馬表明
2019/03/19 12:50朝日新聞

米大統領選へ民主5人目の女性 ジルブランド氏出馬表明

18日、米ミシガン州であった交流会で話をする民主党のキルステン・ジルブランド上院議員。2020年大統領選の民主党候補者指名争いに立候補した=AP

(朝日新聞)

 2020年に予定される米大統領選にむけた民主党の候補者指名争いに、キルステン・ジルブランド上院議員(52)が17日、立候補することを表明した。出馬を正式に表明した女性の連邦議会議員は5人目だ。

 ジルブランド氏は、17日に出したビデオメッセージで「国歌は米国を『勇気の国』と呼ぶ。勇気は嫌悪を広げない。真実を曇らせない。壁をつくらない」と述べ、メキシコ国境に巨大な壁を建設する方針のトランプ大統領を批判した。その上で、「我々には大きな、大胆な、勇気ある決断をする指導者が必要だ。だから大統領選に立候補する」と語った。

 同氏は、ニューヨーク州選出。24日に地元でトランプ氏が所有するホテルの前で演説して、選挙活動を本格化させる予定だ。

 今回の民主党候補者指名争いに名乗りを上げた女性議員はほかに、カマラ・ハリス(54)、エイミー・クロブシャー(58)、エリザベス・ウォーレン(69)の各上院議員とトゥルシ・ガッバード下院議員(37)。コリー・ブッカー(49)、バーニー・サンダース(77)両上院議員、ベト・オルーク前下院議員(46)らも立候補を表明した。ジョー・バイデン前副大統領(76)も近く決断するとみられる。(ワシントン=土佐茂生)

5366 チバQ :2019/03/29(金) 00:11:53
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011859511000.html
特別検察官「トランプ陣営のロシアとの共謀確認できず」
2019年3月25日 6時43分

アメリカのトランプ大統領をめぐるロシア疑惑で司法長官が捜査結果の概要を記した書簡を議会に送付しました。最大の焦点となっているトランプ陣営とロシアとの共謀は確認できなかったとしていて、トランプ大統領は先ほど「完全な潔白が証明された」と主張しました。

アメリカのロシア疑惑を巡ってバー司法長官は24日、疑惑の解明にあたったモラー特別検察官の捜査結果の概要を記した書簡を議会に送付しました。

公表された書簡によりますと、2016年の大統領選挙でロシアがトランプ大統領の誕生を後押しするためサイバー攻撃などで干渉したとされる疑惑について、特別検察官は「トランプ陣営やその関係者がロシアと共謀したり協議したりしたことは確認できなかった」と結論づけたということです。

またトランプ大統領が捜査を妨害したという司法妨害の疑惑については、「特別検察官はどちらとも結論を出さなかったが、完全な潔白が証明されたとはしていない」としています。

ただ司法長官は書簡のなかで「捜査結果を精査し省内で検討した結果、司法妨害の十分な証拠は得られていないと結論づけた」としています。

これについてトランプ大統領は、先ほど記者団に対して「ロシアとの共謀はなかった。司法妨害もなかった。完全な潔白の証明だ。大統領がこのような捜査を受けなければならなかったのは国家の恥だ。私を引きずりおろそうとする違法な試みは失敗した」と述べました。

これに対し議会下院の司法委員会の委員長を務める野党・民主党のナドラー議員は司法長官が「司法妨害の十分な証拠は得られなかった」と指摘したことに疑問を呈したうえで、「モラー特別検察官はトランプ大統領を無実とはしていない」と強調し、今後、司法長官を議会に呼んで追及していく構えを明らかにしていて、トランプ政権と野党の攻防は一層激しさを増すことが予想されます。

サンダース報道官「大統領は完全潔白」
バー司法長官が議会に提出した書簡を受けて、ホワイトハウスのサンダース報道官はツイッターに「特別検察官はいかなる共謀も妨害もなかったと結論づけた。捜査結果によって大統領が完全に潔白であることが証明された」と書き込みました。

そのうえで「アメリカとトランプ大統領にとってすばらしい日だ。2年間にわたる野蛮でヒステリックなトランプたたきを経て、大統領と支持者の
正しさが完全に証明された」としています。
トランプ陣営「民主党はうそをついてきた」
また、来年のアメリカ大統領選挙に向けた準備を行っているトランプ大統領の陣営は声明を出し、「民主党はありもしない犯罪を主張して2年間にわたって陰謀に満ちた混乱のジェットコースターに連れ込みアメリカ国民にずっとうそをついてきた。トランプ大統領は経済を刺激し、国民をより安全にするため熱心に取り組んでいる」として疑惑の解明を求める野党・民主党を強く非難しています。
FBI前長官「多くの疑問がある」
ロシア疑惑の捜査のさなかにトランプ大統領から解任され、司法妨害の疑いを示唆していたFBI=連邦捜査局のコミー前長官は捜査結果が公表されたあと、ツイッターに「多くの疑問がある」と投稿し、疑惑は完全に解明されていないという見解を示しました。
民主党「司法長官は中立ではない」
野党・民主党は上院トップのシューマー院内総務とペロシ下院議長が共同声明を出し、バー司法長官の書簡について、「答えたことと同じくらい多くの疑問を生じさせた。モラー特別検察官の報告書は司法妨害の疑いについて大統領に罪がないとはしていないので、報告書の全文と関連の文書を速やかに公開することが必要だ」と述べました。

そのうえで、バー司法長官が書簡の中で「司法妨害の十分な証拠は得られなかった」と指摘したことについて、「バー司法長官は捜査に対してこれまでも偏った立場だったので中立的ではなく、報告書に対して客観的な決定をする資格はない」と批判しました。

また、バー司法長官の書簡を受け取った議会下院の民主党のナドラー司法委員長は24日、ツイッターに「モラー特別検察官は大統領に罪がないとはしていない。近いうちにバー司法長官に下院司法委員会での証言を求める」と投稿しました。
司法長官「どこまで公開か速やかに判断」
モラー特別検察官の捜査報告書をどこまで公開するかについて、バー司法長官は議会に通知した書簡の中で「人々の関心の高さは認識しており、法令や規則に基づき可能なかぎり報告書を公開したいと考えている。今後、法令に従って公開できない部分を特定する作業を進め、どこまで公開できるか速やかに判断したい」としています。

5367 チバQ :2019/03/29(金) 00:12:31
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032700828&g=int
トランプ米大統領、対決路線加速=オバマケア全廃に言及
2019年03月28日07時10分



トランプ米大統領(中央)=26日、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は、自らの罪を立証できなかったロシア疑惑の捜査結果を受け、一段と強気に出ている。26日には政権1年目に頓挫したオバマ前政権の医療保険制度改革(オバマケア)見直しに再び取り組む方針に言及。来年の大統領選に向け、野党民主党との対決色を強める構えだ。

「共和党はまもなく『医療(保険)の党』となる。見ているがいい」。
 トランプ氏は26日、政局の転機を捉えるかのように、こう宣言した。トランプ政権は2017年にオバマケア全廃に取り組んだものの、共和党内の造反に遭うなどして失敗。制度自体は存続している。
 司法省は25日、オバマケアについて「全廃されるべきだ」との立場を表明。与野党が鋭く対立するオバマケア廃止公約をトランプ政権が追求すれば、20年大統領選で争点化するのは確実だ。
 民主党からは即座に反発の声が上がった。大統領選に出馬表明しているハリス上院議員は「トランプ政権は何千万もの国民から医療保険を取り上げようとしている」と非難した。
 一方、オバマケア廃止の争点化は、トランプ氏弾劾の可能性が遠のいた民主党にとって「政治的プレゼント」(米メディア)になる可能性もある。疑惑追及偏重から政策本位の対決へ軌道修正を迫られており、渡りに船という見方からだ。
 民主党執行部は26日の非公式会合で、医療保険制度改革などの政策課題に、より力点を置く方針を確認。ペロシ下院議長は共和党議員の多くがオバマケアの存続を求めていると指摘し、「米国民に対して、声を大にして問うまたとない機会だ」と訴えた。

5368 チバQ :2019/03/30(土) 21:41:52
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000017-jij_afp-int
米大統領選 根強い人気のバイデン氏を不適切な行為で女性元議員が告発
3/30(土) 13:22配信 AFP=時事
米大統領選 根強い人気のバイデン氏を不適切な行為で女性元議員が告発
米ネバダ州ラスベガスで、選挙運動の一環で行われた集会でジョゼフ・バイデン米副大統領(当時)を紹介するルーシー・フローレス氏(左、2014年10月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】2020年米大統領選の民主党候補選びで支持率トップを走っているジョゼフ・バイデン(Joe Biden)前副大統領(76)が29日、ネバダ州議会の元議員から、5年前の選挙運動の際に頭にキスをされるなど不適切な行為を受けたと告発され、非難にさらされている。

【写真】当時の国防長官の妻の肩をもむジョゼフ・バイデン氏

 2014年にネバダ州副知事に民主党から立候補した同州議会のルーシー・フローレス(Lucy Flores)元議員(39)は米誌ニューヨークマガジン(New York Magazine)で、選挙集会のステージ脇で順番を待っていた際にバイデン氏が背後から肩に手を置き、体を寄せて髪の匂いを嗅いだことを明らかにしている。

 フローレス氏は「屈辱を覚えた」と当時を振り返り、「バイデン氏はその後、私の後頭部にゆっくり派手なキスをした」と続け、「何が起きているのか頭で処理し切れなかった。恥ずかしさとショックで混乱した」「とにかく、私から離れてあっちに行ってということばかり願っていた」と述べている。

 この告発がバイデン氏の正式な出馬表明にどう影響を及ぼすのかは今のところは不明で、側近の発言についての報道によれば、同氏は今後の予定を来月には発表するとみられている。

 バイデン氏の広報担当者、ビル・ルッソ(Bill Russo)氏は29日、バイデン氏は当時、フローレス氏の出馬を「喜んで」支持していたことを認める一方で、告発された内容通りの事実があったかどうかは記憶にないと述べた。

 バイデン氏の女性に対する無遠慮で過剰なスキンシップは、ここ数年たびたび話題に上り、同氏は上院議員の宣誓就任式などで議員らの妻や母、娘を不自然に触り、2015年にはアシュトン・カーター(Ashton Carter)元国防長官の妻の肩をもんだとして批判を受けた。【翻訳編集】 AFPBB News

5369 チバQ :2019/03/31(日) 18:29:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000012-jij-n_ame
「モラー後」の攻撃対象探る=トランプ大統領、過激発言一段と
3/31(日) 7:23配信 時事通信
「モラー後」の攻撃対象探る=トランプ大統領、過激発言一段と
29日、米フロリダ州オキーチョビー湖畔で演説するトランプ大統領(AFP時事)
 【ワシントン時事】ロシア疑惑の捜査で「潔白」が証明されたと主張するトランプ米大統領が、過激な発言を一段と強めている。

 支持者に戦う姿勢をアピールし続けるため、モラー特別検察官の次の攻撃対象を探し求めている節がある。

 「メキシコがそれ(不法移民)を止めないのなら国境を閉鎖する。遊びではない」。トランプ氏は29日、メキシコ国境を閉鎖する可能性に言及した。

 トランプ氏は捜査の結論が公表された翌25日、オバマ前政権が導入した医療保険制度改革(オバマケア)を完全撤廃する方針も表明。29日には「オバマケアは大惨事だ。われわれはもっと良いものをつくる」と訴えた。

 攻撃的な発言で支持者の共感を得ようとするのは、トランプ氏の見慣れた政治手法だ。昨年の中間選挙では、政権に立ちはだかるモラー氏の捜査もトランプ氏の標的の一つだった。

 そのモラー氏の捜査報告書をめぐり、トランプ氏は「美しい結論」と評価する側に回った。最近の発言からは、2020年大統領選に向け、「支持者を奮い立たせる激しい言葉」(米メディア)を探し求める姿が浮かぶ。

 ただ、過激な発言に実体が伴うかは定かでない。トランプ氏はこれまでも国境の閉鎖に言及したことはあるが、実際に踏み切ってはいない。オバマケアをめぐっても代替案を示しておらず、「ただ廃止するだけでは、米国民に大きな害をもたらす」(与党共和党議員)と困惑が広がっている。

5370 チバQ :2019/03/31(日) 22:24:56
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000028-mai-n_ame
オルーク元下院議員が本格始動 米大統領選の民主党指名候補争い
3/31(日) 18:06配信 毎日新聞
オルーク元下院議員が本格始動 米大統領選の民主党指名候補争い
大統領選立候補を正式表明した演説後、支持者と言葉を交わすオルーク氏=エルパソで30日、高本耕太撮影
 【エルパソ(米南部テキサス州)高本耕太】2020年米大統領選に向けた民主党の指名候補争いで、ベト・オルーク元下院議員(46)が30日、地元の南部テキサス州エルパソで開いた集会で出馬を正式に表明し、選挙戦を本格始動させた。トランプ大統領の「恐怖や分断を利用する」政治手法を批判。「私たちは何においても、まず米国人だ」と述べ、米社会の結束を訴えた。

 昨年の中間選挙の上院選で現職有力議員に肉薄、一気に注目を浴びたオルーク氏は、ソーシャルメディアを駆使した草の根選挙を展開する戦略で、陣営によるとこの日は全米1000カ所超で支持者が演説中継の「観戦パーティー」を開いた。エルパソ市中心部の演説会場にも数千人が集まり盛り上がりをみせたが、オルーク氏には政策の具体性がないとの批判もある。

 演説を聞いたエルパソの学校事務、シルビア・モラレスバイエスさん(56)は「今は有権者が何を望むのか、声に耳を傾けている段階。少し長い目で見るべきだ」と語った。

5371 チバQ :2019/04/02(火) 17:12:20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000059-jij-n_ame
バイデン氏に「セクハラ」非難=続く告発、擁護の声も-米大統領選
4/2(火) 14:11配信 時事通信
バイデン氏に「セクハラ」非難=続く告発、擁護の声も-米大統領選
女性の肩に両手をかける当時のバイデン米副大統領(左奥)=2015年2月、ワシントン(AFP時事)
 【ワシントン時事】2020年米大統領選への出馬に意欲を見せる民主党のバイデン前副大統領に対し、セクハラを受けたという告発が続いている。

 女性が性被害を訴える「#MeToo(私も)」運動が盛んな中、スキンシップを重視する同氏のスタイルに厳しい視線が注がれている。

 ネバダ州の女性は先週、数年前の選挙集会でバイデン氏から後頭部にキスされたと告発。「ぞっとした。一刻も早くその場を離れたかった」と語った。バイデン氏は「敬意をもって耳を傾ける。私の本意ではなかった」と釈明に追われた。

 1日にはコネティカット州の別の女性も「私の顔を引き寄せて、鼻と鼻をこすり合わせた」と「不適切な行為」を訴えた。

 バイデン氏が女性に示す親密な態度は、「政治的資産」(米メディア)と好意的に受け止められてきた面もある。かつて同氏に背後から肩に両手をかけられた写真が「セクハラでは」とネット上で話題になった女性は、今回のセクハラ告発を受け、「私を励まそうとしてくれた」と擁護した。

5372 チバQ :2019/04/02(火) 17:13:09
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-35135127-cnn-int
バイデン氏の「不適切な接触」、2人目の女性が告発
4/2(火) 16:01配信 CNN.co.jp
(CNN) 2020年米大統領選の民主党候補として出馬が確実視されているバイデン前副大統領から、かつて不適切な接触行為を受けたとする2人目の女性が名乗り出た。

コネティカット州選出議員のスタッフを務めていたエイミー・ラッポス氏が1日、地元紙に語った。

ラッポス氏は、2009年に同州グリニッジで開かれた資金集めのイベントで、当時副大統領だったバイデン氏に頭をつかまれたと話している。同氏はラッポス氏の首に手をまわして引き寄せ、鼻をこすり合わせてきたという。「引き寄せられた時は口にキスされるのかと思った」と、ラッポス氏は振り返る。

バイデン氏をめぐっては先週、14年のネバダ州副知事選の民主党候補だったルーシー・フロレス氏が、当時の選挙集会で髪にキスされたと告発して波紋を呼んでいた。本人は31日の声明で、不適切な行動をとった認識は全くないと反論した。

ラッポス氏はこの件へのバイデン氏の対応に失望して、自身も告発に踏み切ったと述べた。

ラッポス氏は同紙とのインタビューで、バイデン氏が本当に男女平等を掲げるなら、出馬をやめて女性候補の支持に回るべきだと主張。すでに出馬を表明しているほかの男性候補も撤回し、女性を大統領にするべきだと語った。

バイデン氏は今月中にも大統領選への出馬を正式に表明する見通し。同氏に近い関係者は、こうした告発が出馬の意向に影響を及ぼすことはないとしたうえで、まだ最終的な決断には至っていないと述べた。

5373 チバQ :2019/04/03(水) 15:55:52
https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3219038.html
米シカゴ、初の黒人女性市長誕生へ 決選投票制する
2019/04/03 13:43AFPBB News

米シカゴ、初の黒人女性市長誕生へ 決選投票制する

米イリノイ州シカゴの投票所外で記者会見を行うローリ・ライトフット氏(2019年4月2日撮影)。(c)Kamil Krzaczynski / AFP

(AFPBB News)

【AFP=時事】全米3位の人口を誇るシカゴで2日、市長選の決選投票が行われ、ローリ・ライトフット氏が黒人女性として初の当選を果たした。

 開票がほぼ終了した時点での初期集計によると、ライトフットは同じくアフリカ系女性の対立候補トニー・プレックウィンクル氏に得票率74%対26%と大差をつけ、勝利を手中にした。

 ライトフット氏は同性愛者であることを公表しており、連邦検事や弁護士としての経歴を持つ一方、選挙で選ばれて公職に就いた経験はない。1837年以降、シカゴではこれまで市長に当選した黒人および女性候補は1人ずつしかいなかった。

 ライトフット氏は記者団に対し、「市民はこれまでとは違った何かの到来を待ち望んでいる。そういったものに選ばれるということは感動的だ」と抱負を述べた。

 人口270万人を抱える大都市のシカゴでは昨年、ギャングによる暴力事件で550人以上が死亡。有権者は次の市長に対し、経済格差や銃犯罪といった問題に取り組むよう意思を示した形となった。 【翻訳編集】AFPBB News

5374 チバQ :2019/04/05(金) 09:42:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000555-san-n_ame
米大統領選、民主党一番人気のバイデン元副大統領が「セクハラ疑惑」 出馬に踏み切るか注目
4/4(木) 18:18配信 産経新聞
 【ワシントン=黒瀬悦成】来年の米大統領選の民主党候補指名争いで一番人気とされるバイデン前副大統領が、複数の女性から過去に「体を触られた」「後ろから髪の毛のにおいをかがれた」などとして追及され、窮地に立たされつつある。バイデン氏は現時点で指名争いに名乗りを上げておらず、出馬について「数週間以内に決断する」としているものの、突然の「セクハラ疑惑」浮上は出馬の是非をめぐる判断に影響を及ぼす可能性もある。

 バイデン氏の「セクハラ」に最初に声を上げたのは、ネバダ州議会のルーシー・フローレス元議員。フローレス氏は3月29日、米雑誌への寄稿で、2014年の自身の選挙運動の応援に訪れたバイデン氏に「後ろから髪のにおいをかがれた上、後頭部にキスされた」と明らかにした。

 これに対し、バイデン氏は3月31日の声明で「不適切な行動をとったことは一度もない」と釈明。しかし4月1日には、2009年10月に行われたコネティカット州選出の下院議員の資金集めの会合で同議員の側近を務める女性がバイデン氏に無理矢理引き寄せられ、鼻と鼻をこすり合わされたと主張した。

 その後も、同様の被害を受けたと訴える女性がさらに2人出現。バイデン氏は3日、ツイッターで「今後は他人との距離に気を遣うようにする」と事実上謝罪し、事態の収束を図った。

 バイデン氏は、急進左派的な政策を唱える若手候補がひしめく民主党の指名争いで、中間層や無党派層を取り込んでトランプ氏の再選を阻止し得る「経験豊富な中道穏健派」として出馬待望論が少なくない。

 バイデン氏が東部ペンシルベニア州生まれで「庶民派」のイメージが強いことも、次の大統領選で白人労働者層の票がカギを握る同州や中西部ミシガン、ウィスコンシンなどの重要州をトランプ氏から奪還できるとの期待を高めている。

 しかし、バイデン氏が女性の体に触ったり過度に接近したりする「癖」は以前から広く知られており、さらなる「被害者」が訴え出てくる事態も想定され、同氏は引き続き苦しい対応を迫られそうだ。

5375 チバQ :2019/04/05(金) 17:56:11
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000059-asahi-int
ラストベルト出身の民主党議員、立候補へ 米大統領選
4/5(金) 17:49配信 朝日新聞デジタル
 2020年米大統領選の民主党候補者指名争いに向けて、オハイオ州選出のティム・ライアン下院議員(45)が4日、立候補することを表明した。トランプ氏を熱狂的に支持する白人労働者層が多い中西部の「ラストベルト」(さびついた工業地帯)出身が強みだ。これで民主党の候補者は17人となった。

 ライアン氏は米メディアとのインタビューで「(中西部の)ペンシルベニア西部やオハイオ、ミシガンで誰がトランプ氏に勝てるのか。私は労働者との話し方を知る革新候補だ」などとアピールした。

 トランプ氏は16年大統領選で、オハイオやペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンなど中西部の激戦州で、接戦を制したことが、大統領選の勝利につながったとされる。このため20年大統領選では、中西部でいかに支持をトランプ氏から奪い返すかが、民主党勝利のカギとされている。

 今回の民主党候補者指名争いでは、バーニー・サンダース(77)やカマラ・ハリス(54)ら各上院議員のほか、ベト・オルーク前下院議員(46)らが立候補を表明。世論調査でトップを走るジョー・バイデン前副大統領(76)も近く決断するとみられている。(ワシントン=土佐茂生)

朝日新聞社

5376 チバQ :2019/04/08(月) 17:08:39
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040800199&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit
米国土安保長官が辞任=トランプ氏、不法移民対策で不満
2019年04月08日13時02分


ニールセン米国土安全保障長官=3月27日、ホンジュラスの首都デグシガルパ(AFP時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は7日、ニールセン国土安全保障長官の辞任をツイッターで発表した。トランプ氏はこれまで、中米からの不法移民対策をめぐって同長官に不満を表明し、更迭の観測が浮上していた。


 米メディアが報じたニールセン氏の辞表によると辞任は7日付。この後同氏は、引き継ぎなどのため10日まで職務を続ける考えを示した。同氏は辞表で「退くのは今が潮時と判断した。次の長官が、国境の安全確保の障害となる法律を見直す上で、議会や司法の協力が得られることを願っている」と述べた。トランプ氏は国土安保省傘下の税関国境警備局のケビン・マカリーナン局長が長官代行に就くと明らかにした。

5377 チバQ :2019/04/09(火) 15:42:59
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000035-asahi-int
民主のスウォルウェル下院議員が立候補表明 米大統領選
4/9(火) 12:49配信 朝日新聞デジタル
民主のスウォルウェル下院議員が立候補表明 米大統領選
エリック・スウォルウェル下院議員=AP
 2020年にある米大統領選の民主党候補者指名争いに向けて、カリフォルニア州選出のエリック・スウォルウェル下院議員(38)が8日、立候補することを表明した。

 スウォルウェル氏は8日の米CBSの番組で「米国は泥沼状態だ。外国からの脅威を解消できず、国民の生活をよりよくできていない。こうした問題を解決する用意がある」と述べ、出馬する考えを明らかにした。

 同氏は13年から下院議員を務め、現在は4期目。民主党の若手下院議員約50人で、00年以降に成人や社会人になる「ミレニアル世代」に向けた政策を検討するグループを主導している。選挙戦では、銃規制を政策の中心に掲げるという。

 今回の民主党候補者指名争いでは、バーニー・サンダース上院議員(77)や、カマラ・ハリス上院議員(54)、ベト・オルーク前下院議員(46)らが正式に立候補を表明。世論調査でトップを走るジョー・バイデン前副大統領(76)も近く決断するとみられている。(ワシントン=土佐茂生)

朝日新聞社

5378 チバQ :2019/04/10(水) 19:44:16
https://www.sankei.com/world/news/190409/wor1904090012-n1.html
米大統領選、民主に18人目の候補 スウォルウェル下院議員
2019.4.9 20:03国際米州

2月、米東部ニューハンプシャー州での行事に出席したときの民主党のエリック・スウォルウェル下院議員(AP)
2月、米東部ニューハンプシャー州での行事に出席したときの民主党のエリック・スウォルウェル下院議員(AP)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米民主党のエリック・スウォルウェル下院議員(38)=西部カリフォルニア州選出=は8日、来年の米大統領選の同党候補指名争いに出馬すると表明した。大統領選での民主党の立候補者はスウォルウェル氏で18人目。

 スウォルウェル氏は中西部ミネソタ州生まれで、2013年から下院議員を務めている。

 CBSテレビの深夜の政治コメディー番組で出馬を表明した同氏は「米国は泥沼状態に陥っている。私が問題を解決する」などと訴えた。

5379 チバQ :2019/04/15(月) 10:31:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000014-jij-n_ame
37歳同性愛市長が出馬表明=支持率急上昇で注目-米大統領選
4/15(月) 8:44配信 時事通信
37歳同性愛市長が出馬表明=支持率急上昇で注目-米大統領選
米インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジェッジ市長=14日、サウスベンド(AFP時事)
 【ワシントン時事】2020年米大統領選の民主党候補者選びで、インディアナ州サウスベンド市の市長で同性愛者のピート・ブティジェッジ氏(37)が14日、正式に出馬表明した。

 同氏はほとんど無名だったが、1月に出馬の意向を示してからは「切れ者」と注目が集まり、支持率が急上昇している。

 「『米国を再び偉大に』とは、別の話をするために私はきょうここにいる」。

 ブティジェッジ氏は14日、ラスト・ベルト(さび付いた工業地帯)の一角に位置するサウスベンド市で、トランプ大統領の選挙スローガンを引き合いに出馬を表明。「過去の政治と決別し、全く異なるものに向かって歩きだすときだ」と訴えた。

 ブティジェッジ氏はアフガニスタン戦争に従軍経験があり、大統領選で同性愛を公表した初の主要政党候補とされる。8カ国語に堪能なほか、ピアノもプロと共演する腕前という。

5380 チバQ :2019/04/15(月) 10:32:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000003-jij_afp-int
同性愛公表の若き市長ブーティジェッジ氏、米大統領選の選挙運動開始
4/15(月) 8:40配信 AFP=時事
同性愛公表の若き市長ブーティジェッジ氏、米大統領選の選挙運動開始
米インディアナ州サウスベンドで開いた2020年米大統領選の選挙集会で、テキサス州オースティンのスティーブ・アドラー市長(中央左)から聴衆に紹介されるサウスベンドのピート・ブーティジェッジ市長(中央右)。ブーティジェッジ氏はこの日選挙運動を正式に開始した(2019年4月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】米インディアナ州サウスベンド(South Bend)市長で同性愛者だと公表しているピート・ブーティジェッジ(Pete Buttigieg)氏(37)が14日、2020年米大統領選の選挙運動を正式に開始し、混戦状態の民主党候補指名争いに加わった。

【関連写真】演説するブーティジェッジ氏

 ブーティジェッジ氏はローズ奨学生(Rhodes Scholar)として英オックスフォード大学(University of Oxford)に留学し、アフガニスタンで従軍した経験もある、生まれ故郷のサウスベンドで2期目を務める左派寄りの市長。

 サウスベンド市は鉄鋼や自動車産業などかつての主要産業が衰退し地域経済が打撃を受けたいわゆる「ラストベルト(Rust Belt、さびの地帯)」にある。2016年の大統領選挙では、同じくラストベルトに位置するミシガン州やウィスコンシン州などの有権者がドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の勝利を助けた。

 サウスベンド市立て直しの功績を認められているブーティジェッジ氏は、自らをあらゆる政治的立場の有権者と話ができる実行力のある改革者だとしている。

 同氏はサウスベンド市内の、かつて組み立て工場だったが現在はハイテク産業の拠点になっている場所で集まった支持者らを前に、「私の名前はピート・ブーティジェッジです。『ピート市長』と呼ばれています。インディアナ州サウスベンドの誇りある息子として、米国大統領選挙に出馬します」と表明した。

 同氏は「私がここにいる理由は、『米国を再び偉大に』とは違う物語を語るためです」とトランプ氏の大統領選でのスローガンに言及。「今回は選挙に勝つことだけが大事なのではありません。時代に勝つことが大事なのです」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

5381 チバQ :2019/04/15(月) 22:42:10
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20190415k0000m030180000c.html
同性愛公表のブティジッジ氏が立候補 米大統領選民主党指名争い
2019/04/15 20:40毎日新聞

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた米民主党の候補者指名争いで、主要候補中で最年少の中西部インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジッジ市長(37)が脚光を浴びている。「古い政治と決別するときだ」と世代交代を強調し、1カ月間で無名に等しい存在から有力候補の一角に躍り出た。ブティジッジ氏は14日、地元の集会で立候補を正式表明。この集会は注目を集め、全米400カ所で「観戦パーティー」も開かれた。

 ブティジッジ氏は衰退した人口10万の小都市のトップに29歳で就任、経済再建に成功した。米ハーバード大や英オックスフォード大で学び、アフガニスタン戦争で従軍経験を持つ。3月のテレビ対話集会での落ち着いた振る舞いが一気に評価を高め、自伝本が書店で品切れになるなど、人気が急上昇している。同性愛を公表していることでも知られる。

 地元サウスベンドでの集会でブティジッジ氏は「時計の針を巻き戻すことはできない。過去の幻想に偉大さを探すことはやめよう」と「米国再建」を掲げるトランプ政権を批判し、気候変動対策や医療保険制度拡充を主要政策に据える考えを示した。

 ワシントン近郊、南部バージニア州ビエナの住宅で開かれた支持者のパーティーには約30人が集まり、飲み物を口にしながらブティジッジ氏の出馬演説に耳を傾けた。陣営は集会を前に「観戦」に自宅を提供する「ホスト」をウェブサイトで募集。訪れる人の連絡先を把握することや演説中にソーシャルメディアに投稿するよう求めることなど、細かいガイドラインを用意した。今回の予備選で多くの陣営が用いる手法で、各地の有権者情報の把握や候補の評判が口コミで広がる効果を狙う。

 「ピート市長の魅力を知ってほしい」と今回のパーティー会場に自宅を提供した教師のバレリー・ジョーペックさん(49)は「草の根の支援をより多く集めた候補が有利になると思う」と話した。

5382 チバQ :2019/04/16(火) 22:48:15
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000025-asahi-int
トランプ氏に初の挑戦者 元州知事が共和党の指名争いへ
4/16(火) 10:22配信 朝日新聞デジタル
トランプ氏に初の挑戦者 元州知事が共和党の指名争いへ
2020年大統領選の共和党候補者指名争いに立候補表明したウェルド氏=16年9月、ロイター
 2020年の米大統領選に向け、マサチューセッツ州のビル・ウェルド元知事(73)が15日、共和党の候補者指名争いに立候補することを表明した。トランプ大統領に挑戦する同党の候補者は初めて。再選を目指すトランプ氏の圧倒的な優位は変わらないが、さらに別の挑戦者を誘う引き金になる可能性がある。

【写真】2020年大統領選の共和党候補者指名争いに立候補表明したウェルド氏=19年2月、AP

 ウェルド氏はこの日、CNNの番組で「過去2年間、ホワイトハウスがやってきたことがさらに6年間も続くなら、政治的な悲劇だ。私は共和党を心配している」とトランプ政権を批判し、トランプ氏に挑戦する考えを明らかにした。

 ウェルド氏は1991年から6年間、民主党の強い同州で共和党知事として2期務めた。その後、同州から上院選に出たが敗れた。16年には、政府の役割の極小化を求めるリバタリアン党に在籍していた。

 トランプ氏は共和党内で90%近い支持率を維持している。また、15日には1〜3月に約3千万ドル(約33億6千万円)もの政治資金を集めたことを発表。民主党候補者でもっとも集めたサンダース上院議員の約1800万ドルの倍近くを集めるなど、圧倒的な強さを誇っている。

 共和党ではこのほか、前回の大統領選にも立候補したケーシック前オハイオ州知事や、ホーガン現メリーランド州知事の出馬が取り沙汰されている。(ワシントン=土佐茂生)

5383 チバQ :2019/04/17(水) 19:37:09
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-35135901-cnn-int
イスラム教徒への差別、米国民の82%が認識 黒人や同性愛者上回る 
4/17(水) 18:10配信 CNN.co.jp
イスラム教徒への差別、米国民の82%が認識 黒人や同性愛者上回る 
モスクで祈りを捧げるイスラム教徒の人々
(CNN) イスラム教徒について、米国民の82%が「差別に直面している」と考えていることが17日までにわかった。ヒスパニック系や同性愛者などを上回り、最も高い割合となった。米シンクタンクのピュー・リサーチ・センターが調査結果を明らかにした。

アフリカ系(黒人)が少なくとも何らかの差別に直面していると答えた人の割合は80%だった。

米国内のイスラム教徒をめぐっては、初の女性イスラム教徒の下院議員(民主)であるイルハン・オマール氏がイスラム教徒は「2流市民」として扱われているとの見方を示したことに対し、トランプ大統領がツイッターで、オマール議員発言の様子や2001年の米同時多発テロの映像とともに、「我々は決して忘れない!」と投稿するなど論争が起きている。

今回の調査によれば、民主党支持か民主党寄りの無党派層の4分の3がイスラム教徒に対して多くの差別があると回答した。これは、2013年の56%から上昇した。一方、共和党支持か共和党寄りの無党派層では13年の31%に対し34%と、ほとんど同じ割合にとどまった。

今回の調査ではまた、ユダヤ人が多くの差別に直面していると回答した人の割合が2016年に比べて大きく増えた。今回の調査では24%がユダヤ人が多くの差別に直面していると答えたが、これは2016年の調査から11パーセントポイントの増加だった。

今回の調査は3月20日から25日にかけて米国内の成人1503人を無作為に選出して固定電話もしくは携帯電話でインタビューした。誤差の範囲はプラスマイナス3パーセントポイント。

5384 チバQ :2019/04/24(水) 13:22:41
https://www.sankei.com/world/news/190423/wor1904230020-n1.html
米大統領選にイラク帰還兵のモールトン氏 民主19人目
2019.4.23 17:23国際米州
Twitter
反応
Facebook
文字サイズ
印刷
米大統領選に出馬表明した民主党のセス・モールトン下院議員=2月、米ワシントン(AP)
米大統領選に出馬表明した民主党のセス・モールトン下院議員=2月、米ワシントン(AP)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米民主党のセス・モールトン下院議員(40)=東部マサチューセッツ州選出=は22日、来年の大統領選に出馬するとABCテレビの番組で表明した。米メディアによると、民主党の大統領候補指名争いに名乗りを上げたのは19人目。トランプ大統領が当選した2016年大統領選の共和党候補指名争いでは17人が出馬したが、今回は当時を上回る激戦となりそうだ。

 モールトン氏はハーバード大を卒業後、01年に海兵隊に入隊。イラク戦争に計4回派遣され、武勲を認められて「青銅星章」などを授与された。15年から同州6区選出の下院議員を務める。ABCの番組では「米国史上最も国を分断させた(トランプ)大統領を倒し、米国を再び団結させたい」と訴えた。

 モールトン氏はまた、同じく同党候補指名争いに出馬表明済みのティム・ライアン下院議員(45)=オハイオ州選出=らと「世代交代」を主張。民主党が下院を奪還した昨年の中間選挙後はペロシ下院議長の就任に反対を唱えた。

 モールトン氏が候補指名を勝ち取る公算は現時点で小さいとみられるが、有力候補とされるバイデン前副大統領(76)やサンダース上院議員(77)らベテランではなく、30〜40代の若手を大統領に選ぼうという機運の盛り上げに寄与する可能性がある。

 同党指名争いに名乗りを上げた現職の下院議員はモールトン氏で4人目。過去に下院議員から大統領の座を獲得したのは、1880年に当選したガーフィールド大統領(81年に暗殺)の1人しかいない。

5385 チバQ :2019/04/25(木) 19:08:52
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20190425k0000m030175000c.html
米大統領選 民主の本命・バイデン氏が出馬へ 25日表明動画公表
2019/04/25 18:52毎日新聞

米大統領選 民主の本命・バイデン氏が出馬へ 25日表明動画公表

ジョー・バイデン氏=AP

(毎日新聞)

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた民主党の候補者指名争いで、ジョー・バイデン前副大統領(76)が25日、立候補を表明する動画を公表する。同党で想定される候補がほぼ出そろった形だ。バイデン氏は意向表明前から、各種世論調査で支持率のトップに位置してきた。主要候補20人が名乗りを上げる混戦のなか、指名レースの中心となる見通しだ。

 東部デラウェア州選出の上院議員を36年務めた後、09〜17年のオバマ政権で副大統領。外交や司法分野の政策で豊富な経験を持つ。他候補の多くが急進左派的な主張を展開し、貧困層対策やマイノリティー(社会少数派)層の権利向上に力を入れるなか、バイデン氏は「中間層の復興」を中心政策に据え差別化を図る。民主党の伝統的な支持層である労働組合にも浸透している。

 今回の予備選ではブルームバーグ前ニューヨーク市長やクリントン元国務長官ら中道系が相次ぎ「不出馬」を表明。バイデン氏への勢力結集の環境を整えてきた。今後は党支持者に大きな影響力を持つオバマ前大統領の支援をどこまで得られるかが焦点となる。

 飾らない性格から「アンクル・ジョー(ジョーおじさん)」の愛称を持ち、全国区の知名度を誇るバイデン氏だが、失言の多さでも知られる。先月には複数の女性から「不適切なスキンシップ」を告発された。上院司法委員長だった1991年の最高裁判事候補の指名公聴会で、セクハラを訴えた女性に十分な告発機会を与えなかったとの批判も再び蒸し返されており、76歳の高齢と相まって「古い世代」との評価も消えていない。

 立候補した過去2回の予備選ではいずれも初期に敗退していて、実力を疑問視する声もある。

5386 チバQ :2019/04/29(月) 00:25:55
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000053-kyodonews-int
トランプ氏、激戦州入り 米中西部ではや舌戦本格化
4/28(日) 15:13配信 共同通信
トランプ氏、激戦州入り 米中西部ではや舌戦本格化
27日、米ウィスコンシン州グリーンベイの支持者集会で演説するトランプ大統領(共同)
 【グリーンベイ共同】トランプ米大統領は27日、大統領選の重要激戦州である中西部ウィスコンシン州のグリーンベイで来年の再選を期した支持者集会を開き「共和党は決して米国を社会主義にしない」などと訴え、民主党への批判を繰り返した。対決する民主党もサンダース上院議員ら乱立する候補者が相次いで同州入りしており、中西部を舞台に舌戦が早くも本格化してきた。

 ウィスコンシン州は2016年の前回選挙で、トランプ氏が1ポイント以下の僅差で対抗馬のクリントン候補を破り、当選の最後の決め手となった。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042600805&g=int
序盤はベテラン2人先行=民主党指名争い-米大統領選
2019年04月27日07時33分


左からトランプ米大統領、バイデン前副大統領、サンダース上院議員(AFP時事)

 【ワシントン時事】来年11月の米大統領選に向けた野党民主党の公認指名争いは、25日に出馬を正式表明したバイデン前副大統領(76)が、世論調査の支持率で一歩先行している。リベラル層の支持を受けるサンダース上院議員(77)が追い、レース序盤戦はベテラン2人を中心に展開しそうだ。
 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた世論調査の平均値を見ると、バイデン氏の支持率は出馬表明前から30%前後を維持。上院議員を経てオバマ政権の副大統領を8年間務めた知名度と経験を生かし、優位な状況で指名レースに参戦した。
 支持率20%台前半で追うのがサンダース氏だ。2016年大統領選の党指名争いで、若年層の支持を背景に旋風を巻き起こした草の根ネットワークは健在。今年1〜3月に小口献金だけで、バイデン氏を除いた他候補を上回る1820万ドル(約20億円)を集めた。
 上位2人は民主党支持層内での人気も高い。ともに白人男性で、米モンマス大の世論調査チームは「候補選びでキーワードといわれてきた人種や性の多様性は、民主党支持者にとってそれほど重要でないようだ」と分析している。
 一時は上位2人に迫る勢いだった黒人女性のハリス上院議員(54)は、ここに来て伸び悩み気味。リベラル派の旗手で女性のウォーレン上院議員(69)らと共に、支持率5〜10%前後で3位グループを形成している。
 そんな中、ほとんど無名だったインディアナ州サウスベンド市のブティジェッジ市長(37)が、巧みな弁舌で急浮上。昨年の上院議員選で保守地盤のテキサス州で善戦して注目を集め、支持率3位につけていたオルーク元下院議員(46)は、ブティジェッジ氏のあおりを受ける形で、やや後退している。

5387  チバQ :2019/05/01(水) 05:22:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000039-mai-n_ame
バイデン前副大統領が初演説 「傷ついた中流階級を取り戻す」 ペンシルベニア州で

4/30(火) 18:30配信��
0
��

��

米ペンシルバニア州ピッツバーグの選挙集会で演説するジョー・バイデン前副大統領=AP

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選の民主党候補指名争いで、ジョー・バイデン前副大統領(76)が29日、東部ペンシルベニア州ピッツバーグで出馬正式表明後初めての選挙集会を開いた。バイデン氏は「労働の尊厳」をテーマに演説。民主党の伝統的支持基盤である労働組合に焦点を絞り「傷ついたミドルクラス(中流階級)を取り戻す」と訴えた。

 ペンシルベニアは16年の前回大統領選で、鉄鋼産業などに従事する労働者ら従来の民主党支持者の多くが共和党候補のトランプ大統領の支持に流れた。今回も選挙の行方のカギを握る重要州の一つだ。バイデン氏は演説で「20年にトランプ大統領を倒せるとしたら、それはこの地で起こる」と強調。連邦レベル最低賃金の時給15ドル(約1670円)への引き上げや富裕層を優遇する税制の見直しなどを公約に据える考えを示した。

 一方、トランプ氏は29日朝からツイッターに、バイデン氏が副大統領を務めたオバマ前政権が「仕事をしなかったから、私が今ここにいる」などとバイデン氏を攻撃する投稿を繰り返した。16年の前回選では中立的な立場を取った消防士組合がバイデン氏推薦を表明するなど、自身の支持層が切り崩されているとの強い懸念がある模様だ。

5388  チバQ :2019/05/01(水) 05:27:59
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000557-san-n_ame
ローゼンスタイン米司法副長官が辞表 5月11日に退任へ

4/30(火) 18:09配信��
0
��

 【ピッツバーグ=黒瀬悦成】2016年米大統領選にロシアが干渉した疑惑の捜査を監督していたローゼンスタイン司法副長官が4月29日、トランプ大統領に辞表を提出した。5月11日に退任する。ローゼンスタイン氏の後任にはジェフリー・ローゼン運輸副長官が既に指名されている。

 ローゼンスタイン氏は17年4月に副長官に就任。同年5月にコミー連邦捜査局(FBI)長官がトランプ氏に解任された直後、ロシア疑惑を独立捜査する特別検察官にロバート・モラー元FBI長官を指名した。

 また、トランプ氏が司法長官代行にマシュー・ウィテカー氏を任命した昨年11月以降は、ロシア疑惑の捜査の監督役を退いていた。

 ローゼンスタイン氏は、疑惑の捜査が終結し、報告書が今月18日に公表されたのを受け、自主的に退任したとみられている。

5389 名無しさん :2019/05/02(木) 01:08:07
MMT推進派のAOC(アレクサンドリア・オカシオ・コルテス)の記事まとめ

>>4992-4993
>>4995
>>5009-5010
>>5040-5042
>>5183
>>5202
>>5205
>>5209-5210
>>5220
>>5223
>>5225
>>5325
>>5340
>>5360

5390  チバQ :2019/05/04(土) 13:18:03
https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3223255.html
バイデン氏が最有力、米民主党の大統領候補指名争い 世論調査

2019/05/01 11:09��

��
米ペンシルベニア州ピッツバーグで開かれた集会で演説するジョゼフ・バイデン前副大統領(2019年4月29日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP
(AFPBB News)

【AFP=時事】2020年米大統領選へ向けた民主党候補の指名争いで、バラク・オバマ政権下で副大統領を務めたジョゼフ・バイデン氏が最有力候補となっている。米CNNが4月30日に発表した世論調査で明らかになった。
 民主党の候補指名争いは20人が名乗りを上げる乱立状態だが、CNNの調査によると、バイデン氏は民主党員および同党寄りの有権者合わせて39%の支持を得て、その他の候補者を引き離している。前回3月の調査よりも支持率は11%伸びている。
 2番目につけたバーニー・サンダース上院議員でも支持率15%で、バイデン氏との差は大きい。また急進的なエリザベス・ウォーレン上院議員、インディアナ州サウスベンド市長で若手のピート・バティジーグ氏、テキサス州選出の下院議員だったベト・オルーク氏の支持率はそれぞれ8%、7%、6%との結果が出た。
 バイデン氏は先週、選挙活動を開始。30日には民主党予備選の初戦となるアイオワ州で2日間の初遊説に乗り出した。
 バイデン氏はキニピアック大学が行った調査でも、民主党員および民主党寄りの有権者から38%の支持を得てトップとなっている。同調査では以下、ウォーレン氏が12%、サンダース氏が11%、バティジーグ氏が10%の支持率となっている。
 しかし、CNNの世論調査からは、来年2月の民主党予備選開始まで、まだ時間があると有権者が考えていることがうかがえる。回答者のうち、現在支持する候補者に投票すると答えたのはわずか36%で、64%は心変わりするかもしれないと答えている。
  CNNの世論調査は1007人を対象に世論調査会社SSRSが実施。キニピアック大学の調査は、民主党員および民主党寄りの有権者419人を含む全米の有権者1044人を対象に実施された。 【翻訳編集】AFPBB News

5391 チバQ :2019/05/08(水) 21:29:48
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000503-san-n_ame

米大統領選 民主党を悩ます「1972年の悪夢」
5/8(水) 10:00配信 産経新聞
 4年に一度の米大統領選で、11月の本選の投開票を翌年に控えた本当の序盤戦にあたるこの時期に、誰が両党の候補に指名されるか、あるいは最後に誰が勝つかについての「専門家」の予想ほど当てにならないものはない。

 例えば現在、民主党の候補指名争いで支持率トップを走っているのは、先月25日に出馬表明したバイデン前副大統領だ。

 しかし、筆者が直接取材した大統領選でいえば、2008年選挙では同じ時期、民主党候補はクリントン上院議員(当時)、共和党はジュリアーニ前ニューヨーク市長(同)が本命視されていた。

 一方で、最終的に選挙を制したオバマ氏に対しては「米国で黒人大統領は時期尚早」との下馬評がずっと根強かったし、共和党候補になったマケイン上院議員(同)についても07年の間は資金集めに苦しみ、「早晩撤退する」との見方が大勢を占めていた。

 こうした歴史に照らせば、バイデン氏の前途も決して安泰ではない。とはいえ、議会誌ヒルと調査会社「ハリスX」が今月3〜4日に民主党支持者を対象に行った世論調査では、バイデン氏を本選候補に推すとの回答は46%に上り、2位のサンダース上院議員14%を引き離すなど、バイデン氏が幸先の良いスタートを切っているのも事実だ。

 興味深いのは、サンダース氏を筆頭とする「急進左派」に位置づけられる候補が乱立し、民主党全体の左傾化が指摘される中で、いわゆる中道穏健派とされるバイデン氏がこれほどの人気を集めていることだ。

 こうした現象の根底には恐らく、1968〜72年の民主党にとっての「悪夢」の再来に対する強い恐怖があるのだろう。

 民主党は1968年大統領選で左派を退けて党主流派のハンフリー副大統領(当時)を本選候補に立てたものの、共和党のニクソン氏に僅差で敗北した。

 怒った党内の左派勢力は72年大統領選でリベラル派のマクガバン上院議員を本選に送り込むことに成功するものの、マクガバン氏は50州のうちマサチューセッツ州を除く49州で得票数が現職のニクソン氏を下回るという惨敗を喫した。

 一連の流れは、2016年大統領選で民主党のクリントン氏が「特別代議員」と呼ばれる党有力者の後ろ盾を得て左派のサンダース氏と同氏の支持層を押さえ込み、本選に臨んだもののトランプ氏に惜敗した構図と非常によく似ている。

 前回選挙での党主流派への反発からサンダース氏を軸とした左派勢力の動きが活発化している点も1972年とそっくりだ。

 一方でバイデン氏の人気が高いのは、民主党支持者の間で72年の失敗から学び、確実にトランプ氏を倒せそうな候補を選ぼうとする機運も同時に存在していることを示している。

 とはいえ、バイデン氏は今後、党内の左派勢力からの猛攻撃にさらされるのは確実だ。これまでの失言や76歳という高齢、女性へのセクハラ疑惑など、攻撃材料はいくらでもある。

 最初に書いた通り、誰が最終的な勝者となるのかを現時点で予想するのは難しい。ただ、少なくともトランプ氏にとって理想的なのは、72年の「ニクソン再選」を再現できる候補が勝ち上がってくることであるのは間違いない。(ワシントン支局長)

5392 チバQ :2019/05/10(金) 19:58:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000006-jij-n_ame
米国防長官にシャナハン代行=ボーイング経営陣から転身-大統領が指名へ
5/10(金) 5:50配信 時事通信
米国防長官にシャナハン代行=ボーイング経営陣から転身-大統領が指名へ
シャナハン米国防長官代行=ドイツ・ミュンヘン、2月15日(AFP時事)
 【ワシントン時事】サンダース米大統領報道官は9日、トランプ大統領がシャナハン国防長官代行(56)を次期国防長官に指名する意向であることを明らかにした。

 昨年末にマティス長官がトランプ氏との「意見の相違」を理由に辞任して以降、シャナハン氏が代行を務めていた。就任には上院の承認が必要になるが、一部議員には軍歴や政治経験のないシャナハン氏の指導力を不安視する声もある。

 報道官は声明で「シャナハン氏は過去数カ月間にわたり、国防総省を率いる上で十分過ぎる能力があることを証明した」と強調。「国家に対する卓越した貢献と指導力に基づき、トランプ大統領はシャナハン氏を国防長官に指名する意向だ」と表明した。

 これを受けてシャナハン氏も声明で、「上院で承認されれば、引き続き国家防衛戦略の積極的な履行に尽力する。強力な軍を維持し、国の安全を守ることに専念し続ける」と決意を示した。

 国防総省によると、シャナハン氏はマサチューセッツ工科大で機械工学と経営学の修士号を取得。1986年に米航空大手ボーイングに入社し、ミサイル防衛システム関連や民間機部門の副社長のほか、サプライチェーン戦略を統括する上級副社長を務めた後、2017年7月に国防副長官に就任した。

 マティス氏の右腕として国防総省の組織改革などを担当。マティス氏は昨年12月、シリア駐留米軍の撤収を強行しようとするトランプ氏に反発して辞任を表明した。トランプ氏は後任人事にめどが立たないまま、マティス氏の辞任時期を当初予定より2カ月早め、シャナハン氏を長官代行に任命していた。

5393 チバQ :2019/05/10(金) 19:59:46
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000011-asahi-int
米国防長官にシャナハン氏指名へ 元ボーイング副社長
5/10(金) 8:08配信 朝日新聞デジタル
米国防長官にシャナハン氏指名へ 元ボーイング副社長
シャナハン米国防長官代行=ワシントン、ランハム裕子撮影
 米ホワイトハウスは9日、トランプ大統領がシャナハン国防長官代行(56)を国防長官に指名すると発表した。上院の承認を経て就任する。シャナハン氏は、マティス前国防長官が昨年末、シリアからの米軍の撤退に反対し、辞任したのに伴い、今年1月から国防長官代行を務めていた。


 ホワイトハウスのサンダース報道官は「国のための優れた仕事と指導力を示したことから、大統領はシャナハン氏を国防長官に指名する意向だ」と発表。シャナハン氏は「指名を名誉に思う。軍の近代化に全力で取り組む」と述べた。

 シャナハン氏は、米航空機大手ボーイングに30年超勤め、ミサイル防衛システムなどの軍事装備や航空分野などを担当し、上級副社長も務めた。2017年、トランプ政権から国防副長官に指名された。トランプ氏が意欲を示す武器輸出や宇宙軍創設を推し進め、トランプ氏からの評価が高いとされるが、軍や外交など政府部門で働いた経験は少ない。(ワシントン=渡辺丘)

朝日新聞社

5394 チバQ :2019/05/15(水) 11:57:06
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190515/k10011916421000.html
22人が立候補表明 米大統領選の民主党の指名争い 大混戦に
2019年5月15日 7時44分

来年のアメリカ大統領選挙に向けて、アメリカ西部モンタナ州の知事が立候補を表明しました。これで民主党の候補者指名争いに名乗りを上げたのは22人になり、まれにみる混戦もようとなっています。

アメリカ西部モンタナ州のスティーブ・バロック知事は14日、ツイッターにビデオ声明を投稿し、来年の大統領選挙への立候補を表明しました。

声明でバロック知事は「アメリカでは誰もが成功するチャンスを与えられていると信じているが、そんな機会はもはやほとんどの国民には存在しない。だからこそトランプ大統領に勝たなければならない」と述べ、格差の是正などを訴える考えを強調しました。

民主党の候補者指名争いにはこれで22人が名乗りを上げたことになり、前回2016年の大統領選挙で共和党から17人が立候補したのを上回り、まれにみる混戦もようとなっています。

各種の世論調査では、オバマ政権で副大統領を務めたバイデン氏が抜群の知名度を背景にトップの支持を集めていて、前回の選挙でクリントン氏と最後まで民主党の候補者指名を争ったサンダース氏が続いています。

ただ、両候補とも高齢で、新鮮味に欠けるとの声もあり、決定的な本命候補の不在が候補者の乱立につながっています。

来月には民主党の候補者によるテレビ討論会も行われる予定で、政権奪還を目指す民主党の候補者選びの行方に関心が高まっています。

5395 チバQ :2019/05/15(水) 11:59:06
https://www.businessinsider.jp/post-190574
2020年の米大統領選で民主党候補になりそうな有力候補ランキング トップ13
Grace Panetta
May. 14, 2019, 04:30 AM POLITICS
2020年の米大統領選に向け、これまでに20人以上が名乗りをあげている民主党候補の座をめぐる戦いは、近年まれに見る競争の激しい、予想の難しいものとなりそうだ。

これらの候補者のうち誰が戦いをリードしているのか、INSIDERでは世論調査を実施した。

ランキングを作るにあたっては、INSIDERの世論調査とモーニング・コンサルト(Morning Consult)が実施した調査の結果をまとめた。

その結果、現時点では元副大統領のジョー・バイデン氏、上院議員のバーニー・サンダース氏、上院議員のエリザベス・ウォーレン氏が戦いをリードしていることが分かった。

2019年5月10日現在の最新ランキングから、上位13人を見ていこう。

入山章栄教授に聞いた「知の探索」を得るための2つの方法
Sponsored
入山章栄教授に聞いた「知の探索」を得るための2つの方法

一覧表示

スライドショー
13位 起業家、アンドリュー・ヤン氏
アンドリュー・ヤン氏

アンドリュー・ヤン氏。

AP Photo/Seth Wenig

12位 ハワイ州選出の下院議員、トゥルシー・ギャバード氏
トゥルシー・ギャバード氏

トゥルシー・ギャバード氏。

YouTube

11位 2018年の中間選挙でジョージア州知事に立候補した、ステイシー・エイブラムス氏
ステイシー・エイブラムス氏

ステイシー・エイブラムス氏。

Lawrence Bryant/Reuters

ロイターによると、アメリカ初の黒人女性知事を目指して、2018年の中間選挙でジョージア州知事選に立候補し、僅差で共和党候補に敗れた民主党のステイシー・エイブラムス氏は5月9日、2020年の大統領選への立候補を検討していることを明らかにした。

10位 元住宅都市開発長官、フリアン・カストロ氏
フリアン・カストロ氏

フリアン・カストロ氏。

Jae C. Hong/AP

9位 ニューヨーク州選出の上院議員、カーステン・ギリブランド氏
カーステン・ギリブランド氏

カーステン・ギリブランド氏。

Paul Sancya/AP Images

8位 ミネソタ州選出の上院議員、エイミー・クロブチャー氏
エイミー・クロブチャー氏

エイミー・クロブチャー氏。

AP Photo/Charlie Neibergall

7位 ニュージャージー州選出の上院議員、コリー・ブッカー氏
コリー・ブッカー氏

コリー・ブッカー氏。

Randy Shropshire/Getty Images for The Human Rights Campaign

5396 チバQ :2019/05/15(水) 11:59:56
6位 インディアナ州サウスベンドの市長、ピート・ブティジェッジ氏
ピート・ブティジェッジ氏

ピート・ブティジェッジ氏。

Bebeto Matthews/AP Images

5位 テキサス州選出の元下院議員、ベト・オルーク氏
ベト・オルーク氏

ベト・オルーク氏。

Charlie Neibergall/AP

4位 カリフォルニア州選出の上院議員、カマラ・ハリス氏
カマラ・ハリス氏

カマラ・ハリス氏。

Chip Somodevilla/Getty Images

3位 マサチューセッツ州選出の上院議員、エリザベス・ウォーレン氏
エリザベス・ウォーレン氏

エリザベス・ウォーレン氏。

Hollis Johnson/Business Insider

2位 バーモント州選出の上院議員、バーニー・サンダース氏
バーニー・サンダース氏

バーニー・サンダース氏。

Hollis Johnson/Business Insider

1位 元副大統領、ジョー・バイデン氏
ジョー・バイデン氏

ジョー・バイデン氏。

Associated Press/Nati Harnik

5397 チバQ :2019/05/15(水) 20:21:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000038-mai-n_ame
民主党予備選にモンタナ州知事 米大統領選へ立候補表明
5/15(水) 17:22配信 毎日新聞
民主党予備選にモンタナ州知事 米大統領選へ立候補表明
2020年米大統領選に向けた民主党候補指名争いで立候補を表明した西部モンタナ州のスティーブ・ブロック知事=AP
 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた民主党候補指名争いで、西部モンタナ州のスティーブ・ブロック知事(53)が14日、立候補を表明した。選挙資金規制の強化を公約の柱に掲げる。同日公表したビデオで「トランプ大統領を倒し、大口献金が市民の声をかき消す腐敗した制度を打倒しなければならない」と訴えた。同党予備選の主要候補者は22人目となった。

 ブロック氏は州司法長官などを経て13年、知事に就任し現在2期目。長官時代から企業・団体の献金や政治活動を規制する立場で知られる。モンタナは16年の前回大統領選で、共和党候補のトランプ氏が得票率20ポイントの大差で勝利した州。ブロック氏は「自分に同意する人たちだけと対話していても物事は進まない」と述べ、低所得者・障害者向け公的医療保険「メディケイド」の拡大など、知事としての超党派協力による政策実現能力もアピールした。

5398 チバQ :2019/05/15(水) 21:02:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000061-reut-n_ame
米ジョージア州民主党のエイブラムス氏、大統領選出馬を検討
5/10(金) 11:17配信 ロイター
米ジョージア州民主党のエイブラムス氏、大統領選出馬を検討
 5月9日、2018年米中間選挙のジョージア州知事選に米国初の黒人女性知事を目指して出馬した民主党のステイシー・エイブラムス氏(45、写真)は、2020年大統領選への出馬を検討していることを明らかにした。写真はジョージア州アトランタ で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Lawrence Bryant)
[ロサンゼルス 9日 ロイター] - 2018年米中間選挙のジョージア州知事選に米国初の黒人女性知事を目指して出馬した民主党のステイシー・エイブラムス氏(45)は9日、2020年大統領選への出馬を検討していることを明らかにした。

同氏はインタビューで、民主党予備選への立候補を検討しているかと質問され、「イエス」と答えた。

民主党の候補者氏名争いにはすでに22人が名乗りを上げている。

エイブラムス氏は昨年のジョージア州知事選で共和党のブライアン・ケンプ氏に僅差で敗れた。

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20190419006/
米大統領選立候補の中国系起業家「当選したら全国民に毎月1000ドル配る」―米メディア
レコードチャイナ 2019年4月19日 07:20
米大統領選立候補の中国系起業家「当選したら全国民に毎月1000ドル配る」―米メディア
米CNNは14日、2020年の米大統領選に立候補している華人起業家のアンドリュー・ヤン氏が「当選したら全国民に毎月1000ドル(約11万円)を配る」ことを掲げていると伝えた。写真は米ドル。(Record China)
米CNNは14日、2020年の米大統領選に立候補している華人起業家のアンドリュー・ヤン(楊安澤)氏が「当選したら全国民に毎月1000ドル(約11万円)を配る」ことを掲げていると伝えた。17日付で、米華字メディア・多維新聞が報じた。

記事によると、米大統領選に中国系の立候補者が出るのはこの50年間で初めてのことだという。民主党の候補者であるヤン氏は「この国の政治家が目指すべきは、今後オートメーション化によって取って代わられる職業を保護することではなく、国民の生活をより良くすることだ」と述べ、「人工知能に対抗するために、全国民に毎月1000ドル払う」とした。

ヤン氏はアマゾン社が200億ドル(約2兆2300億円)を稼いでいる一方であちこちの実店舗が閉店していることを例に挙げ「人々が人工知能の領域に次々とお金をつぎ込むのを止めるのは難しい」と懸念する立場を示した。しかし、世間からは「共産主義社会に突入させようというのか」「こんなことを言うやつが当選する見込みはないだろう」といった批判が挙がっているという。
記事によると、1975年生まれのヤン氏は米国の起業家であると同時に、起業を支援する非営利団体ベンチャー・オブ・アメリカ(VFA)の創設者でもある。大統領選に立候補した際、主な目標として「成人以上の全ての米国民の収入を増やすことによって、急速に進む自動化に対応し、労働市場に挑戦すること」と述べていた。(翻訳・編集/岩谷)

5399 チバQ :2019/05/15(水) 21:08:48
民主党 主な候補

ジョゼフ・バイデン元副大統領(76)【>>5390 39%】白人/男性/中道

バーニー・サンダース上院議員(77)バーモント州選出【>>5390 15%】白人/男性/左派>>5346

エリザベス・ウォーレン上院議員(69)マサチューセッツ州選出【>>5390 08%】白人/女性/左派
カマラ・ハリス上院議員(54)移民2世/女性 
  ジャマイカとインドからの移民の間に生まれた
ベト・オルーク 元下院議員テキサス州選出(46)>>5362>>5364>>5390 06%】白人/男性/中道
ピート・バティジーグ インディアナ州サウスベンド市長(37)【>>5390 07%】白人/男性/中道/同性愛者
  (ブティジッジ・ブーティジェッジ・ブティジェッジ の表記もあり)>>5379-5381

コリー・ブッカー上院議員(49)ニュージャージー州選出 黒人/男性/左派
エイミー・クロブシャー上院議員(58)ミネソタ州選出 女性/中道>>5333
キルステン・ジルブランド上院議員(52)ニューヨーク州選出/女性 >>5310>>5365 「#Me Too」運動を主導
フリアン・カストロ元住宅都市開発長官 ヒスパニック/男性>>5305-5306
ステイシー・エイブラムス ジョージア州知事選落選 黒人/女性
トゥルシ・ガッバード下院議員ハワイ州選出(37)ヒンズー教徒/女性
アンドリュー・ヤン アジア系/男性


その他
ティム・ライアン下院議員(45)オハイオ州選出>>5375
エリック・スウォルウェル下院議員(38)カリフォルニア州選出 >>5378
セス・モールトン下院議員(40) マサチューセッツ州選出>>5384 イラク帰還兵
スティーブ・ブロック モンタナ州知事(53)>>5394>>5397
ジョン・ディレニー元下院議員(55)メリーランド選出

5400 チバQ :2019/05/16(木) 17:55:29
https://www.cnn.co.jp/usa/35137037.html
2020年の米大統領選、デブラシオNY市長が出馬表明へ
2019.05.16 Thu posted at 12:55 JST

ニューヨークのデブラシオ市長が大統領選への出馬を表明するという/Jose Luis Magana/AP

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨーク市のデブラシオ市長が、16日午前にも2020年の大統領選への出馬を表明する見通しであることがわかった。事情に詳しいアイオワ州選出の民主党議員がCNNに確認した。

デブラシオ氏が出馬すれば、大統領選の候補者の総数は23人となる。大統領選は1回目の投票が約9カ月後に実施される予定。

デブラシオ氏はABCテレビの番組に出演後すぐアイオワ州とサウスカロライナ州に移動し、選挙活動を行うとみられる。

ニューヨーク市長として2期目を務める同氏は、この数カ月大統領選出馬について検討し、党員集会が早期に行われるアイオワやニューハンプシャーといった州を訪問してきた。

政治的には、かねてからトランプ大統領や共和党への対決姿勢を鮮明にしていることでも知られる。17年11月、2期目の市長当選を祝うパーティーの席上でトランプ氏に対し「ニューヨークの価値観と争って勝利することなど不可能だ。大統領」とメッセージを送った。

またアラバマ州で今週、中絶をほぼ全面的に禁止する法案が議会を通過した際には、ツイッターで「不道徳で非合法的」と非難。アイビー知事に対し、法案への拒否権を発動するよう呼びかけた。

5401 チバQ :2019/05/16(木) 20:12:29
https://www.sankei.com/world/news/190516/wor1905160022-n1.html
【米大統領選】デブラシオNY市長が出馬表明へ
2019.5.16 10:08国際米州
Twitter
反応
Facebook
文字サイズ
印刷
ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)
ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米NBCテレビは15日、ニューヨーク市のデブラシオ市長(58)が16日に大統領選の民主党候補指名争いへの出馬を表明すると伝えた。同党候補指名争いへの立候補者はデブラシオ氏で23人目となる。

 デブラシオ氏はニューヨーク市マンハッタン生まれで、同市議会議員などを経て2014年1月に市長に就任した。現職の同市長が大統領選に出馬するのは1972年のジョン・リンゼー氏以来。

 市長としては教育改革に取り組むなどして黒人層などに人気があり、全国的な知名度も一定程度はあるものの、ニューヨーク市民の間ではデブラシオ氏が大統領選に出馬するのは「市民を無視した行為だ」として反対論が圧倒的に多い。

 クイニピアック大が今年4月に実施した世論調査では同市の有権者の76%が出馬に反対したとしている。

5402 チバQ :2019/05/20(月) 15:40:14
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000013-jij-n_ame
民主指名争い、バイデン氏に勢い=「勝てる候補」訴え-20年米大統領選
5/20(月) 7:09配信 時事通信
民主指名争い、バイデン氏に勢い=「勝てる候補」訴え-20年米大統領選
18日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアで演説するバイデン前副大統領
 【フィラデルフィア(米ペンシルベニア州)時事】2020年米大統領選に出馬表明した民主党のジョー・バイデン前副大統領(76)が勢いを見せている。

 再選を目指す共和党のトランプ大統領に「勝てる候補」というアピールを前面に出し、民主党支持者の期待を集めている様子だ。

 「もし分断を深め、憎悪をまき散らす大統領がお望みなら、私は必要ない。トランプがいるじゃないか」。出陣式と銘打った18日のペンシルベニア州フィラデルフィアでの選挙集会。バイデン氏は民主党の候補者指名争いを無視するかのように、トランプ氏との対決構図を打ち出した。

 オバマ前大統領の副大統領を8年間務めた知名度や親しみやすい人柄から、バイデン氏が民主党候補者の支持率トップを譲ったことはない。先月25日の出馬表明後は、さらに約10ポイント上げ4割前後に上昇。2位のサンダース上院議員とは、今やダブルスコアに開いた。

 その勢いを支えているとみられるのが、トランプ氏に勝てる候補としての期待だ。キニピアック大が15日発表した世論調査では、本選で直接対決した場合、バイデン氏がトランプ氏を11ポイント差で破るという結果が出た。

 トランプ氏打倒をバイデン氏に託す声は演説会場でも目立った。共和党支持者だがトランプ政権に批判的なジム・ピータースさん(67)は、「バイデン氏なら共和党や無党派の一部からも支持を得て、トランプ氏をやっつけてくれる」とバイデン氏を応援する理由を説明した。長年バイデン氏を支援する女性(64)は「多くの女性候補が出ているが、彼女たちがトランプ氏に勝てるとは思わない」と語った。

 ただ、トランプ氏と戦う前に、バイデン氏が乗り越えなければならないのが、1年以上も続く党の指名争いだ。党内で発言力を増す急進左派は最近、バイデン氏の地球温暖化対策を「何十年も行動を拒んできた政治家(の案)」(オカシオコルテス下院議員)と酷評した。バイデン氏は「失言癖」でも知られ、候補者討論会が始まる6月以降、真価が問われそうだ。

5403 チバQ :2019/05/21(火) 18:05:17
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000541-san-n_ame
トランプ氏、激戦州のペンシルベニア州で今年初の演説 民主バイデン氏を強く意識 米大統領選
5/21(火) 14:16配信 産経新聞
トランプ氏、激戦州のペンシルベニア州で今年初の演説 民主バイデン氏を強く意識 米大統領選
トランプ米大統領(黒瀬悦成撮影)
 【ワシントン=黒瀬悦成】来年の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領は20日、選挙の行方を左右する「激戦州」である東部ペンシルベニア州モントーズビルで今年初の支持者集会を開いた。同州フィラデルフィアでは民主党の候補指名争いで先頭を走るバイデン前副大統領が18日に初の大規模集会を開いたばかり。各種世論調査ではバイデン氏の人気はトランプ氏を上回っており、トランプ氏からはバイデン氏を意識した発言が目立った。

 トランプ氏は演説で、自身が大統領に就任以降、雇用が劇的に改善し経済も好調だと指摘した上で、「これでどうやれば選挙に負けるというんだ」と述べ、勝利への自信を表明した。

 一方でトランプ氏は、「中国はバイデン氏に大統領になってほしいと思っている。米国から多額の金を搾取できるからだ」と述べ、自らの中国に対する厳然とした政策が米国の製造業の再生につながると強調。また、「バイデン氏は『中国は競争相手ではない』と言った。米国経済に大打撃を与えたのに」などと批判し、同氏への対抗心をむき出しにした。

 バイデン氏は同州スクラントン生まれで、選対本部もフィラデルフィアに設置するなど、同州や中西部のミシガン、ウィスコンシン両州などの鉄鋼業や製造業が衰退した「ラストベルト(さび付いた工業地帯)」を重視する選挙戦略を鮮明にしている。

 また、対中姿勢に関する先の「失言」を軌道修正するため、18日の集会での演説では中国のハイテク覇権や不公正な貿易慣行に対する懸念を表明した。

 対するトランプ氏は2016年の前回大統領選で伝統的に民主党の地盤とされてきたこれらの州を制して勝利したものの、各州での民主党候補のクリントン元国務長官との得票率の差は1ポイント未満で、今回も確実に勝てる保証はない。

 トランプ氏としては中国との貿易戦争を勝ち抜いて米国経済を名実ともに再建できるのは自分だけだと強調し、来年の大統領選の「主戦場」であるラストベルトの有権者をつなぎ止め、再選を確実にしたい考え。さらにはバイデン氏を「スリーピー(眠そうで活気のない)・ジョー」とあだ名をつけるなどして個人攻撃を強め、追い落としを図る構えだ。

 トランプ氏はこの日の演説の最終盤、バイデン氏が東部デラウェア州に移って上院議員を務めたことを念頭に「バイデン氏は君たちを見捨てて他の州に行った。君たちの雇用の面倒をみなかった」と述べた。

5404 チバQ :2019/05/22(水) 15:35:19
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190517-OYT1T50215/
ジム通い役所来ず、NY市長出馬表明に「職務全うしろ」
2019/05/17 22:18
無断転載禁止
 【ニューヨーク=橋本潤也】2020年米大統領選の民主党指名候補争いで、ニューヨークのビル・デブラシオ市長(58)が16日、出馬を表明した。名乗りを上げた23人目の候補になったデブラシオ氏に対し、地元から非難の声が一斉に上がる異例の事態になっている。

 2期目のデブラシオ氏は、就学前教育の拡充などに取り組み、トランプ大統領の移民政策に批判的な姿勢も示してきた。ただ、ジム通いに熱心で役所に顔を見せないことや、特定企業の献金に依存していること、歴代市長に比べて存在感が薄いことなど批判も根強い。

 市内では16日、警察官でつくる組合が「自分の職務を全うしろ」などとデブラシオ氏を非難するデモを早くも実施した。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)も「ニューヨークで目立てないのに、なぜ全米で目立てるのか。トランプ氏に勝てないばかりか挑発すらできない」と酷評した。米キニピアック大の調査では、市内の民主党支持者の73%が出馬に反対しているという。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板