したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

>>1への乙を保存するスレ

1 ■■■■ :2006/02/06(月) 21:54:13 ID:teb62aWM
数多くある>>1への乙を保存するスレ。
ネタが無い時はここから穿り返すもよし、
ここをみて被らないようにするのもよし。

2 ■■■■ :2006/02/06(月) 23:12:05 ID:OjGdQMGI
12スレ目
>>1ちゃん乙ですー
1乙なの!乙なんだよ乙なんです三段活用!
13スレ目
>>1やん乙だぜぃ
>>1さん乙かも!
いっ、>>1乙なんてしないわよ
>>1に乙など言いけるものよ
>>1乙ですよぅ?
いいか、>>1乙だけを伝えとくよの。
あら。あらあら、>>1さん的には乙を言った方がいいのかしら。
よー>>1ぃー乙だなー
>>1さん乙ですの

どうやら本格的に>>1乙が始まったのはここらへんみたいだ。いや、オレのログに残ってるのがここまでって話なんだが。

3 ■■■■ :2006/02/06(月) 23:26:44 ID:teb62aWM
17スレ
>>1乙でありけるのよん

>>1ー、乙って言ってんでしょうが無視すんなやこらーっ!!

フレキシブルに>1乙

「み、サ―――…カ、ミサ。カはミサ、カはミサ!カはミサカはミサカはミサカミサカミサカミサカミサミサミサミサミサ
ミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサミサm<jju0058@Misagrミサqw0014codeLLGミサか
ミサカieuvbey>>1乙dla9((jkeryup@[iig・・**uui%%ebvauqansicdaiasbna・・―――ッ!」

愉快にスレ立てて>>1乙誘ってんのかァ!?

あらあら、>>1さん的には乙というのが直球なのかしら

>>1のスレ立てには。そこはかとない乙を感じるのだけれども。

>>1

あー>>1乙したいぜい>>1乙したいぜい。

名無しの2ch生活だっつってんのに何故だか>>1>>2>>3>>4>>5>>6から>>1000までその悉くが女性で全員男性経験が皆無のような、
そんな仁義無きラブコメ新スレは待ってないかにゃー?

>>1ちゃん、乙ですよ〜〜♪

>>1…。乙彼、って言うのも酷かもしれんがよ、
いくら我らでもできる乙とできない乙はしっかり存在するのよ。


――ピストルには2chを
――ダンガンにはキーボードを
――トリガーにはテメエのマウスを
>>1「ば、か。やめろ……、」
やめろって、そんな願いは聞き入れられないな。

「忘れたかにゃー、>>1。オレって実は天邪鬼なんだぜい」


そうして。
>>1の目の前で。
>>15は、いつものようないつもの声で歌って、最後の呪を紡いだ。

――>>1


必然。乙であるな、>>1

「いったぁ。ちょっとー、それがせっかく>>1乙を言いに来てあげた妹に対する態度なわけ?」

>>1に。そこはかとなく乙です。うふふ。

「ざざん!>>1の乙乙神裂ねーちん生着替え覗きイベント!!」

まあ、>>1乙なんですヨ?

灰は灰に――――
――――塵は塵に――――
――――――――吸血殺しの>>1乙!

「あれ、どっか行っちゃうの、ってミサカはミサカは尋ねてみる。まだスレッド余っているのに」
「そっか……>>1乙っていうのも行ってみたかった、ってミサカはミサカはため息をついてみる」

おーツかーレでーすよォー?>>1

>>1乙なのかしら〜

>>1乙』とはこんな感じといふものではないければかしら!?

「何を言うって、そりゃあ決まってますよ」
 >>31は答える。

「―――――――>>1乙、じゃないですか?」

32は>1乙と労をねぎらってみます。

「あーあーはいはい、擬人化>>1たん乙ー」

「手短に済ます。>>1乙の流れに付き合う気はない」


鎌池「やるんですね?>>1さん」
>>1「・・・・・あぁ、やるよ」
鎌池「ここまできたら、後戻り出来ませんよ」
>>1「しつこいなぁ」
鎌池「それじゃあ、握手です。明日に向かって、僕達は駆け抜けましょう!」

――鎌池は俺の手を取り、固く握りしめた――

鎌池「僕達は同志です」
>>1「で、小説のジャンルは?」
鎌池「僕達は、仲間です!」
>>1「小説のジャンルは?」
鎌池「僕達はクリエイターです!」
>>1「・・・・だから、小説のジャンルはなんなんだよ?」

――何度目かのその問いに対し、ついに鎌池は胸を張って答えた――

鎌池「エロゲーです!」



・・・・・・誰か、>>1乙してくれ。

4 ■■■■ :2006/02/07(火) 01:33:26 ID:hQ99.fFA
「ふん。一〇〇や二〇〇のレスではスレを完成できない―――確かに一人で行えばな。
>>6->>1000から>>1へ、その次の>>4->>1000から>>1へと>>1乙を分担すれば伝言ゲームのようにスレが歪む
―――道理だが、何もその全てをネタにする必要もあるまい」

「緊急事態だ緊急事態だぞ。>>1が何者かに乙されちゃったー」

『二〇〇六の年、一の月の二八日目。とある魔術スレの二一度目。前スレの埋め立ての日』
『新たなるスレの始まりの時。新スレを立てた>>1は住人に乙(おつ)られて動けなくなるだろう』

「動かないで頂きたいですわね。わたくし、このスレの治安維持を勤めております
 >>17と申します。自身が>>1乙される理由は、わざわざ述べるまでもないでしょう?」

>>1に感謝の気持ちをありがとうさせてもらう唯一の方法が一つしかない。つまりおすすめの
遠近自在エネルギーうひょーということを言うのならまず名乗ったらどうだ!

5 <幻想殺し> :<幻想殺し>
<幻想殺し>

6 <幻想殺し> :<幻想殺し>
<幻想殺し>

7 ■■■■ :2006/10/07(土) 20:15:55 ID:IH99I5Yo
>>3の最後の奴ってNHKにようこそか
どっかで見たと思ったら

8 ■■■■ :2007/05/20(日) 22:18:52 ID:iMwlGQPk
半年振りの上げ。

9 ■■■■ :2007/10/24(水) 19:01:46 ID:Aag9GNG2
衣服を透かして女性の裸体を盗撮する透視カメラというものが市販(無線雑誌ラジオライフなどに広告掲載)されており、それを改造したもので「家やマンションの中の様子を建物の塀や壁を透かしてくっきりと盗撮」する盗撮器を所持!!
警察無線の傍受も行っている北朝鮮国籍の要注意人物!
通報情報
名前 杞山 岳史(キヤマ タケシ)
本籍 大阪府東大阪市太平寺2丁目3番4号

住所 大阪府東大阪市柏田東10-9

通報先
大阪府警 公安課
0669454744

大阪府警 メールで通報・犯罪者を逮捕しよう!
gazo110@abeam.ocn.ne.jp
警視庁 公安課
0335814321
東北公安調査局
0222564161
中部公安調査局
0529514531
中国公安調査局
0822285141
四国公安調査局
0878226666
九州公安調査局
0927211845

警察に確認をとると犯罪者検挙協力者への警察表彰の審査基準をみたしている案件であり、通報しておくと、杞山が逮捕された後で警察表彰を送られるとのことです。

10 ■■■■ :2007/10/27(土) 17:01:54 ID:R/dxOtQs
107スレ目

>>1乙だにゃ〜

乙だ、>>1

私が祝福のキッスを…

>>1乙…と言いたい所だが、生憎私にはそんな資格はないんでな

>>1
乙…したくなっちゃた…

そうだな・・私は新スレだけを求めない
新スレだけを求めると人は>>1乙をしたがるものだ
>>1乙をしたときにお疲れ様という気持ちを見失ってしまうかもしれない
やる気もしだいにうせていく

大切なのは”>>1に向かっていく>>1乙”だと思っている。
”向かっていく>>1乙”さえあればたとえ今回は>>1が逃げたとしても、
いつかはたどり着くだろ。向かっているわけだからな・・
違うかい?

すげーぜ>>1
理論のりの字もわかんねーぜ!!

ひょっとしたらこのスレに>>1はちゃんといるのかもしれない。
それはもう完全無欠に立派で公平な人格者で、強い者にも弱い者にも、お金持ちにも貧乏人にも、ただ平等に見守るだけで決してどちらか一方をえこひいきして手を差しのべるなんてことはしないのだ。
なんてありがたい>>1なんだろう。

乙しちゃえ

>>1>>1乙ってる暇はねぇ!

>>1乙「どきどきするっしょー!!」

>>1さん、おしぼりどうぞ。

それにしてもこの>>1乙乙である

面白ェ、愉快に素敵に>>1乙してやるよ

べつにあんたの為に1乙してあげるんじゃないからね!

>>1
窓も扉もない建物に来てアレイスターをファックしていいぞ。

その>>1乙をぶち殺す!!!

103スレ目

スレが生まれたら>>1を乙なさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に>>1乙の尊さを教えるでしょう

>>1乙DXッッッ!?

全身全霊の>>1

「えー、それじゃあ>>1乙」

一方乙行(>>1オツカレータ)

殺人器、殺人機、殺人姫、殺人忌、殺陣鬼、殺人妃、―――そして欠番(ロスト)たる>>1乙鬼。

11 ■■■■ :2007/10/27(土) 17:08:01 ID:R/dxOtQs
102スレ目

>>1乙しないで大人になった奴はいない!

ただ無心に>>1乙をするのみ

>>1乙様です
死体の搬送、及び証拠の隠滅。薬莢や血痕などの回収はこちらで行います。
例の黒い収集車で送りますので、>>1はそちらに乗ってください

>>1乙。
その言葉が国家公安委員会で正式に採用されたのは十八年と三ヶ月前からということになるら
しい。週刊誌やワイドショーの飾り文句ではなく、それはある一定の条件を満たした凶悪な>>1
事件の犯人を指す。
もっとも、その特異な>>1乙方法からある種の異様な魅力を誇る彼らの凶行は、便乗犯や模倣
犯の登場を抑制するために一般には一切報道されない。 『>>1乙』 という単語が公的に使用され
る場所は非常に限られていて、その名は六法全書にも記されていない。
つまり。
“国に認定された”>>1乙が起こした事件は、もはや通常の法では裁かれないということだ。
捕らえられた>>1乙は、警察も裁判所も刑務所も通さず、“もっと別の場所へ連行される”。

>>1のこの面がまえ・・・前スレで見た時こんな目をしている男ではなかった・・・

まるで10年もスレ立てをくぐり抜けて来たような・・・スゴ味と・・・冷静さを感じる目だ・・・たったの数分でこんなにも変わるものか・・・

わが身の全ては>>1乙のために!

「けってーっ!!今夜はみんなで>>1乙に決定しましたーッッッ!!」

「さようでございますか。荷札にデカデカと『>>1乙メイド一式』などと書かれていたので皆さん大層気味悪がっていましたけど、気にする事はないのでございますね?」

101スレ目

一万レスと二千レス前から>>1乙しってっるぅぅぅぅぅ〜〜〜

でも!今ここで為すべきはスレ立てした>>1に乙することであって不毛な争いを止めて皆で手を取り合うのが一番だと思うのですがどうでしょうこの平和的解決案は駄目ですか駄目ですねごめんなさい!!

フフ……スレ建て直後の>>1乙がこの程度とは……
君たちの実力はこんなものですか……フフ……クフフ……

「ですから、国家公安委員会公認、対>>1乙専用の殺人妃(サツジンキ)だと言っているんです……雇われ(アルバイト)ですが。
ご理解いただけましたか、ばか」

なンか表がうるっせェなァ。一体どこのお祭り野郎が>>1乙してンだァ?

12 ■■■■ :2007/10/27(土) 17:14:51 ID:R/dxOtQs
続き

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|   あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|    『おれは記念すべき前スレ100の>>1乙に間に合わなかったと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     思ったら今度は何時の間にか埋まってた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      な… 何を言っているのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ     温存していた埋めネタがどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    幻想殺しだとか超電磁砲だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ     もっと恐ろしいやっぱり間が悪い俺…後>>1

たまんねえなオイ。>>1乙しなくちゃ気が済まねえよ。

100スレ目

まずはそのスレ立てを>>1乙す。

>>1乙なの!>>1乙なんだよ>>1乙なんです三段活用!

おいしい所は>>1が乙しておく

神裂さん。
俺、ちゃんと>>1乙しましたよ。

「いいえ。わたしは殺人鬼じゃあありませんよ」

「私はあなたたち殺人鬼の『対(ツイ)』です」

「あなたたちが所構わず幻想殺していくように、
わたしは所構わず>>1乙してあげます」

スレ住人の前には、PCがもう一台あった。
今はいない住人のレスを受けた、画面上の電子板。
その画面には、2ch掲示板が映っている。
そしてボタンをクリックすると、そこにはいくつかの>>1乙があった。
スレの名前は『鎌池和馬スレッド100「とある魔術の禁書目録』
彼はそれに目を通す。
そうしながら、力を抜いてこう言った。
>>1乙だよ。>>1乙」

>>1さん…俺、乙りましたよ

とうま、とうま。>>1乙作戦が通用するほど私は甘くはないかも!

13 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:24:28 ID:VYceB5RE
99スレ目

「1乙える事ができたら、誉めてやる」

>>1ちゃんおつなんですよー

ついに二桁が終わるか…感慨深いものがあるな。
なにはともあれ、>>1乙の弦

           ,r‐──ー-- _
          /´         `.、
         ,',r  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶 `ト、
        ,f f______ ヽ!  i、
        i i, '`' ヽ;  ヾ,'`ヽ ̄i、 |
        i i' i ̄ ̄    ̄ ̄ !ヽ,ト ヽ
.        | !┿━━   ━━┿ !'   |     >>1
.        ヽi ,ト、      , ,  i (   l   
         i. ! ` 、__________,,/i,′  !      
         ノl |ノ ノi`>ニ-ー/  !、l .! .!
        ./ | l_, -ー' /;;;;;;;;;/  /  丶、、
        j/.! !ll   ト、.`>'!   !  / ,-丶
      __jl / j ll===!. ,< .|   j. // / .i
      l ./ /_,,rニ三ミ 、\|   レ./ / _|_
     / .j  !  レj ! ト、->-|  .|.  /    、7
   /   l i |  / ハ !.~ __! l| く      \
  / _  .リ 、l  j ノ l__i  |;;;,、リ;|  \      ヽ
  !   -~フ   ./;;/  |;;;;| ヽ;;;;;;ノ   }、      ヽ
 ノ、   ./;;;;,,,,_ /;;/  .|;;;;;|    ̄  _r、 ̄ニ    〉
ノ/ヽ  >- ;;;_;;/   |;;;;;;;-ー;;;;;;;;;;;/ 丶     /
   j 〉'";;;;;;;;/,-、   -'''''''''''''''ノ/;;、      /
   l !\ イ /   ,,,___ -==-人;;;;;;;;;;,,,,.  /l !|
  丶l  rノ /          / \;;;;;;;;;;;,/ i | lヽ
    ヽ  "/           ヽ r、\/  l | |  ̄
    i )、/             `-'ノ i ,  ノ. リ
    ノノ./               !/ ./.l /
   ´ /                l リ


こんにちは二桁最後のスレ、そして>>1

ででは >>1乙 私とも間接キ・・・
もとい食べ比べを・・・

 >>950(きゅうひゃくごじゅう)と>>952(きゅうひゃくごじゅうに)のホスト規制を発端に、
スレ全員でスレストップ! >>955先生は大困惑!?
──『スレと立てと待ちの大戦術』。
 舞台は99スレ目。スレッドの住人たちがスレで織りなす乱れた(?)一乙とは?
──『禁書スレの恒例行事』。
 2ちゃんねるの暗部へと堕ちていった>>1方通行(スレタテータ)。
そこで彼を待っていたものは?
──『灰村と鎌池和馬な禁書』。
 ビリビリ中学生に瓜二つなその>>4。彼女が鎌池スレにやって来た理由は?
──『酔っ払った奴らへの八ヶ条』。

『禁書目録』本編をどうにかする99スレッド登場!

遅ればせながら

……、うふふ。>>1乙だー、とか言うと思っただろ?でも人間ね、本当の本当に幸福な時ってそんな事を言ってる余裕もないの。うふふ、うふふふふふふ

>>1
                  ∩
                  ( ⌒)      ∩_ _ グッジョブ!!
                 /,. ノ      i .,,E)
             / /"      / /"
  _n  グッジョブ!!   / / _、_   ,/ ノ'
 ( l     _、 _   / / ,_ノ` )/ / _、_    グッジョブ!!
  \ \ ( <_,` )(       / ( ,_ノ` )     n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ      |  ̄     \    ( E)
     /    /   \    ヽ フ    / ヽ ヽ_//

14 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:28:09 ID:VYceB5RE
98スレ目

……良いなぁ。馬鹿みたいな>>1乙ばかりで

>>1お〜つ〜>>1お〜つ〜(×6)」

>>1
乙式斬艦刀

>>1さん、俺、ちゃんと乙できましたよ」

……。とうま、私は是が非でも座って>>1乙したい

>>1乙ですー。おめでとう野郎共、残念でした子猫ちゃんたち」

「ちょっと貴様貸しなさい、>>1乙ってのはもっと素早くやるのよホラこうやって!!」
「ひぃ乙り屋!?」

しかし>>1は乙! ちゃんとスレが立てられているようで>>15はほっと一安心です!!

何勘違いしてやがる
まだ俺の>>1乙は終了してないぜ
速効魔法バーサーカー>>1
このカードはモンスターカードを引く限り何度でも>>1乙できる
さあ行くぜまず1枚目ドーロー
>>1乙(以下ry

15 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:33:27 ID:VYceB5RE
97スレ目

ニア殺してでも>>1乙する

……>>1を乙したいかー?

たまんねえなオイ。>>1乙しなくちゃ気が済まねえよ。

>>1さん
俺、ちゃんと乙できましたよ

『おのれーつ!! みんなは>>1乙なのに俺だけそげぶかよ!!』

>>1乙率上昇)。

>>1ってなァ確かに偉ェが、それだけじゃ乙にはならねェ

あァいう連中が乙扱いされてンのは、ひとえに>>2-7みてェなテンプレが面倒なせいだ。
コピペの使い回し? AAの活用? 馬鹿馬鹿しい、そォいった手間がオマエの株を上げ
てるって事ぐれェ気づけなかったのか

ふぁああ……>>1乙でございますよー

また>>1乙か

・・・・・・面白ェじゃねェか。愉快に素敵に>>1乙してやるよ

ヘェ面白ェ・・・・・・,まァだスレ建てを諦めねェとは>>1乙じゃねェか

>>1乙ドリフト展開中!!』

『元女教皇(プリエステス)は>>1乙されるより>>1乙する方がお好みなのよ!!』

>>1乙だ。この無様な光景を胸に刻んでおけ」

>>1乙」「ボクモ>>1オツー」
「誰だ今腹話術使った奴!?」

絵師繋がりで
>>1乙ですわ」
>>1乙っしょー」
「ボク>>1乙なの」
「乙なんて水臭いじゃあないか、>>1

>>29
『いっ、>>1も乙もない事をーッ! しかも何故そこで伝説として語り継ぐのです!!
おのれ建宮斎字、>>1乙にしてももう少し穏当なものがあるでしょうに!!』

「……少しは加減して欲しいものだな、>>1
              ……厄介以上に乙らしい」

萌える禁書目録
マジカルティーチャーインデックス
>>1

16 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:39:10 ID:VYceB5RE
96スレ目

お前何をやってるんだ>>1ぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!
スレ立ての手際はともかく理由を言えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!

禿しく乙

>>1お・・・・誰だ貴様ああああああああああああああwwwwwww

乙でやんす

>>1
乙風 見せてやんよ

>>1乙リンゴ

>>1おt…誰だぁぁぁぁっ

                ,. -─‐ー=-<._   ノ―- 、
              ,. '´: : : : : : : : : : : : : :`:<: : : `ヽ、_` 、__
          ,. -一'´: : : : : : : : : : : : : : :   : : : ヽ: : : : :.ヽ ̄
       ,. '´:  . : : : : : i: : : : : : : : :ヽ.   :',: : :.丶: : : : :.\
     ,. '´ ,'       イ:.∧:.ヽ: : : : : : :.',: : : . .:',=-: :}:::: : :|: : : ヽ
   _,. '´-‐'7  . . : : : : :/|:.l ヽ: :l\‐- 、: :.',: : : : :.!: : :.`、::: :lミ、: :.}/^i
.   ̄    /: : : : :i: : : : l, |:.|   \! \: : : : ',: : : : .!: :.〃}::: :l }: :/ イ
       /: : :./: :!: : :./| l:|     ヽ  \: : :.',: : :l:.|: ://:|::::/ノ‐'´ノ/
      /: : /{: : |: : : : | l:l       r勿示ミ、',: :.!:.|彡':::!:/´   ィ_
      l: :/ !: : l: :.l: :.lxィキ       !::fr..:ト、!: ト.:ト、::::从 ,. ' ´ `i
      |/   |: : :!: ヽ.:{ 代..ヽ     代.じ:| |: l´ヘ Y  ノ'´     |
        |: : : ',: :.ト〈{:::じi|      辷ソ  !/ }} ノ /        l._  私じゃ>>1乙って出来ないみたい
           l: : : ∧:.い弋ソ  .     xxx ,.ァ '   {           }
         l: : / ヾヽ}xxx   __,.    ∠、    l           l
            !: :l     ヽ、.__     ,. ィ〃: : y'⌒ヽ、!           |
         ヽ{         ,.`「¨刀´   /: : /     >、       l
                ノ ノ: : :l   /: /    ,. '´ .::rヽ、     ヽ
               / ヽ: : :.l  //   /   ,.. |        }
                   {     \:| //  ,. '´  /   !          |
                 /\      Y/ イ    /            ノ

我が禁書スレの>>1乙はァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ

「……、怪物?」
「おいテメェら>>1の顔を見るなりその曲がりに曲がった乙は何なんだよ?」

不安定な魔導書の「原典」が生み出され、発動した魔術は「>>1乙」と記してあった。

この距離なら外しっこないぜ。>>1

17 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:42:18 ID:VYceB5RE
95スレ目

>>1
乙女

って、え? あれ? ねえちょっと! なんでそんなにあっさり>>1乙しちゃう訳!?

舞台は95スレ目。禁書スレの住人たちが新スレで織りなすカオスな(?)>>1乙とは?

こんな大人が何も言えんが すまん >>1

く、は、おもしれェ。愉快に素敵に>>1乙してやんョォ!

「『俺がケンカする=>>1乙』って公式ができあがってんのか!?」と上条さんが申している

ネタが出なかったので素直に>>1乙姫

スレ住人はね>>1の事ずっと乙だったんだよ

>>1
テンション上がっ乙きたぜーッ!

>>1
乙ありけるなのよん

18 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:46:38 ID:VYceB5RE
94スレ目

乙だ、ベイビー

>>1乙様と呼べえ!

>>1
ムーンヒーリング・乙カレーション

乙は届く。私たちスレ住人はそうやって>>1乙を広めてきたんだから!

というわけで乙。

乙の時間だぜェェエ >>1さんよォ?

しょーがないにゃー>>1やん。

一応言っとくぜい。

此れは、乙だ。

>>1
乙ニダ

19 ■■■■ :2007/11/13(火) 23:52:24 ID:VYceB5RE
93スレ目

>>1ちゃん、乙なんですよ〜

                          刀、           , ヘ
                  /´ ̄`ヽ /: : : \_____/: : : : ヽ、
              ,. -‐┴─‐- <^ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
               /: : : : : : : : : : : : : :`.ヽl____: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
     ,. -──「`: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :\ `ヽ ̄ ̄ ̄ フ: : : : :/
    /: :.,.-ァ: : : |: : : : : : : : :    :\: : : : :: : : :ヽ  \   /: : : :/
    ̄ ̄/: : : : ヽ: : : . . . . . . . . . . .、 \=--: : : :.i  / /: : : : :/
     /: :     ∧: \: : : : : : : : : : ヽ: :\: : : 〃}/  /: : : : :/         、
.    /: : /  . : : :! ヽ: : l\_\/: : : : :\: ヽ彡: : |  /: : : : :/            |\
   /: : ィ: : : : :.i: : |   \!___/ ヽ:: : : : : : :\|:.:.:.:/:!  ,': : : : /              |: : \
   / / !: : : : :.ト‐|-    ヽ    \: : : : : l::::__:' :/  i: : : : :{              |: : : :.ヽ
   l/   |: : :!: : .l: :|            \: : : l´r. Y   {: : : : :丶_______.ノ: : : : : :}
      l: : :l: : :ト、|         、___,ィ ヽ: :| ゝ ノ    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
      |: : :ト、: |: :ヽ ___,彡     ´ ̄´   ヽl-‐'     \: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ
        !: :从ヽ!ヽ.ハ=≠' , ///// ///u /           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      V  ヽ|    }///  r‐'⌒ヽ  イ〉、
              ヽ、______ー‐‐' ィ´ /:/:7rt‐---、       こ、これは>>1乙じゃなくて
                  ィ幵ノ ./:/:./:.! !: : : : :!`ヽ     ポニーテールなんだから
              r‐'T¨「 |: | !:.∨:/:./: :| |: : : : .l: : : :\   変な勘違いしないでよね!
               /: : .|: :| !:.!ィ¨¨ヾ、:.:/ !: : : : l: : : : : :.\

そこはかとなく>>1

>>1
スレ住民同士乙でもしていたのかしら

>>1乙ですよー♪

>>1乙の時間だぜェ!クッソ野郎がッ!!

92スレ、お前は大した奴だったぜ
最初はカオスっぷりに任せた頭の悪さ丸出しの1乙ばかりだったが次スレが立ってからは見違えるようだった
無駄のないキャラ萌えに状況に応じた幻想殺し――
恐るべきスレだったよ

ダメ子ダメ子と罵られていた醜いアヒルは、
実は超エロカッコイイ>>1さんだったのでした。
>>1おーつ。……エロカッコイイってなに?

これは魔法の>>1

20 ■■■■ :2007/11/14(水) 00:00:44 ID:9LwHXcTo
92スレ目

乙だぜぇ、>>1ィィィ!!!

>>1乙神

>>1乙よん♪

『あら。そちらは>>1さんで合っているのでございましょうか?』
「「乙かよっ!」」

>>1乙、乙ってなにさ?

「やはり、お前に>>1乙は似合わない」

一日にして>>50まで延び行くは瓢のごとき>>1乙の螺旋

こらぁ!!テメェこっちの1乙を笑顔で全部聞き流してんだろ!?

>>1乙かも

>>1乙の時間だぜェ! クッソ野郎がッ!

ごきゅ。うん、ありがとうね
――――>>1乙かよオイ

「そうだよな。自信満々に姫神と約束しておきながら、結果がこのザマってんじゃ、俺は本当に心の底から>>1乙だよ」

21 ■■■■ :2007/11/14(水) 00:07:02 ID:9LwHXcTo
91スレ目

>>1乙はクジャクのようでも有り、
 イソギンチャクのようでも有ります。
  (ぐねぐね蠢きながら放電している感じ?)

「ならどうしろってんだ?禁書スレみてェなクソ野郎のせいで、あの>>1が乙されるのを見て、にっこり笑顔で良かった良かったって言えばハッピーエンドかァ!?」
『そうだ。そのために住人がいる』

当然、>>1

朝っぱらから>>1

「すべての乙は、>>1のために!」

>>1はきっと、俺みたいに駄目な住人なんかよりも、ずっと乙な『スレ立て主』なんだ。>>1はそれを誇って良い。
胸を張れよ。前を見ろ。顔も忘れられそうな空気達のために戦い続けて、ちゃんと真・■■を改変した>>1に、俯いて下を見る理由なんか一つもねえんだ

カッコイーッ!! 見事に立てやがって、
惚れちゃいそーだぜ >>1 !!

『乙だ。優しい優しい私の>>1

>>1乙ありがとよォ。お礼に顔面へダイレクトにシャワーをかけてやンよ

あーあーあーあーゴルフボールじゃねーんだからよー。
ヤード単位でスレ立てるんじゃねーよなーもう。
勢い抜群じゃねーかよ。一体誰が>>1乙言うと思ってんだ。俺がやんだけどな。

「『地獄のような乙に何度遭遇しても、それを常に乗り越えていく>>1』という裏返しの意味も持つ」

>>1
気に入った!うちに来てミサカをFuckしていいぞ

>>1乙でありました、とミサカは>>18に向けてサブマシンガンを発射する片手間に謝辞を述べてみます

せーの、>>1乙だー!

>>1 掘れちゃいそうだぜ

いますぐ>>1乙するか手すりから空飛ぶかどっちか選べ。

22 ■■■■ :2007/11/14(水) 00:12:33 ID:9LwHXcTo
90スレ目

>>1乙ってミサカはミサカは言ってみたりっ!

席つけオラぁ!
静かにしろ!
>>1乙始める!やってこい!
それじゃあ90回目のスレ!禁書始める!
13巻348ページ開け!
そして




     _ |||___
    /:::::Λ_Λ:::::::::::::::/  たすけてー
   /:::::::(∩´Д`)∩:::::/
  /::::::::::(     /::::/ 

「その他全てを裏切っても良いが、オレは>>1だけは裏切らない」

      §
   ∞, ´ ̄ `:∞
  ∞i ・   ・ i∞  この物語の主人公はフラグが見える男 上条当麻
    ヽ i二フ, '    彼と彼女達と我々フラグ達ののんびりした?物語です
      「ヽ/|
      レ-.J <>>1

Nooobody expects The >>1乙 Inquisition

一乙でありけるのよ

>>1乙 するするなのですよ〜

新たなスレッドの取得だと。>>1、「パーソナルコンピューター」に何の数値を入力した・・・・。

>>1乙なんだよ!!

そおぉれー!いきますよおぉぉーー!>>1乙ですぅぅぅぅぅぅぅぅぅ><

持ちネタが少ないと、>>1乙がフツーになるな。

やっと新刊読み終わった俺が>>1

23 ■■■■ :2007/11/14(水) 00:19:12 ID:9LwHXcTo
110スレ目

華麗に壱乙

「天草式って、そういうのを使って>>1乙を作るんだっけか?」
「え、ええ。今必要なのは・・・・・・カメラに、スリッパに、パンフレットに、
ミネラルウォーターに、白いパンツ―」

ウム、乙じゃ

「……いや、画面に『一日一〇〇回>>1乙するとα波が促進される健康スレッド』とかって書かれてるぞ」

「優先する。―――雑談を下位に、>>1乙を上位に」

「いや、その前に>>1つだけ乙っておく事がある」

>>1「悪いもう立て済み」
俺「乙!!」

「こっ、この野郎は何でも乙乙しやがって!! つかお前は>>1さんには興味なくて、とにかく乙ならなんでもええんやろうが!!」

「La 1 superiore a Dio」
すなわち、
「………>>1乙、と。そう呼ぶらしいです」

「こちらが聞きたい事は分かっているな?」

「……聞きたいことか、>>1乙をレクチャーして欲しいなら平日にしろ」

>>1を乙に、禁書を嫁に

24 ■■■■ :2007/11/14(水) 22:25:39 ID:9LwHXcTo
89スレ目

>>1は聖人だ>>1乙しないと寿命を縮めるぞ

>>1乙 姫ちゃんの再登場はマダー?

『回答するのは構いませんが、どうせ>>1乙ですよ?』

我が身を喰らいて>>1乙と為せ――『魔女狩りの王』!!

>>1乙&アヌビス神!
あれ、なんか白い騎士が(ry

>>1は四巻でねーちんが一般人から見られていた姿なので、
あながちスレ違いでは無い乙。

>>1やん、乙だぜ〜い

「おう、乙ってやるから感謝しろよな、>>1?」

「たまには慣れない>>1の式というのも乙なものだ」

……つーかテメェ一言ぐらい>>1乙言いやがれ

>>1おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおつううううううううううううううううう

さよなら>>1ちゃん、あなのことは乙したぐらいしか忘れません

>>1シルーバーチャリ乙

さすが>>1!オレたちには出来ない乙をサラリとやってのける!そこにシビれる憧れるぅッ!!

まぁ>>1ったら!乙な人!

おやおや。住人同士、>>1の乙合いでもやってるトコだったかしら

さあ。久方ぶりの楽しい楽しい>>1乙だ

>>1乙です、とヒソヒソ笑いしながら>>1に言います

……、>>1乙って、言ってんのよ――――ッ!!

ようこそ……>>1乙の世界へ

ihbf>>1乙wq

25 ■■■■ :2007/11/14(水) 22:32:53 ID:9LwHXcTo
88スレ目

honos>>1otu

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
同じく>>1を退けた事にあなたは乙を与えてます!?

 ┳┳┳┳┳   : : : :: ::: :: Λ_Λ . . . .: : : ::: : ::
 ┻┻┻┻┻   ::::::::: :: :/:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : :
 |凸凸凸∧_∧::::::::::::::::/ :::/。 ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::
,/:::::::::::::::/⌒ ̄⌒ヽ)'ヽ:::::/ :::/・ ゜。ヽ ヽ ::l . :. :. .:
 ̄ ̄ ̄/;;;;;;;;;::   ::::ヽ;; |(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
::::::::::::::::|;;;;;;;;;::  ノヽ__ノ: : :::::::: :: :: :
 ̄ ̄ ̄l;;;;;;:::  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やあ (´・ω・`)
ようこそ、8巻に出てきた高級ピザ屋へ。
そうなんだ、閉店なんだ。これも時代の波ってやつかな。
もしくはテレポーター2人の乱闘騒ぎのせい。ファッキン。
昔はもっと賑わってたもんなんだが、暴走騒ぎで全部壊れちゃったしさ。
おっと、すまない。つい感傷的になってしまって。
今日はサービスだ。なんでも好きに食べてくれてかまわない。
ただ、コルク抜きは誰かが持っていってしまったからワインは諦めてくれよ。

皆にはいつか感じたときめきだけは忘れずに生きて欲しいんだ。
あと、>>1乙。

新刊未読の俺にはネタがないので普通に>>1乙するぜ。

……ったく参ったぜ、アンタすげぇよ。正直、ホントにナイフ使って刻まれてたら勝ち目ゼロだったよ、こいつは周りに>>1乙したって構わねーぜ

>>1乙は届く。住人はそれで救われる。
私みたいなスレ住人は、そうやって>>1乙を広めたんだから!」

>>1
スレ立てしちゃってぇ、惚れちゃいそぉおおおおお

「上手いスレ立てだ。>>1乙だが……こいつは正規のテンプレではない。
他板の、騙し系スレタイの理論だぞ。貴様はいつの間にテンプレが固まる以前の世界を肯定したんだ?」

>>1
いや>>1の働きは立派だった
よって
>>1

まあたまにはこんな変化球も有りだろうとミサカは大きな心で許そうと思います。
というわけで>>1乙とミサカは使えない奴だなという思いを隠しつつ称賛の言葉を口にします。

上条「行くぞ、スレ住人たち>>1を乙るためにお前らの力を貸してくれ!!」


「管制塔! 謎の飛行物体を捕捉!」
「何、ミサイルか!」
「いえ……人間です! 人間が空を飛んでいます!」
「…………とりあえず>>1乙ついでに>>51の冥福を祈っとけ」

シチューハウス乙。
まずはその姫神を引き留める。

26 ■■■■ :2007/11/14(水) 22:41:22 ID:9LwHXcTo
87スレ目

『勘違いしてるようだがね。>>1乙は決して善じゃないんだ。白じゃない。
小さな光を得て、多少の白い善を手に入れたようだが、彼は基本的に黒い悪なんだよ
今までは……そう、限りなく黒に近い灰色、といったところかな。
どちらにでも転ぶ、不安定な状態の危険な存在だね?』

>>1死ぬなよ。死ななければ乙してやる

スクラップな>>1だぜェ! クッソ乙がァあああッ!!

「ごめん。ごめん。止める間もなく>>1乙しちゃうわよ」

ちくしょう、悔しい!飛んでやがるなぁ>>1ッ!基準のきの字も分かんねーぞ!?スレ立て人のくせにネタを仕込むたぁ、何たる乙だよオイ!!

そぉーだよなあ!! そんな簡単に立てちまったらつまんねーもんなぁ! サービス精神旺盛で助かるぜぇ>>1乙!

ふふ。たまには>>1乙もしないとな

うっ、後ろ………気づいてんのかよ、>>1

禁書スレに、電撃文庫『とある魔術の禁書目録』
の一冊、『とある(ry 13巻』が侵入した。
その本が操る謎の文章によりスレ機能は完全麻痺、
大部分の住人は意識を奪われ書き込みまくっていった。
 本の狙いは、スレッド住人。
 電撃文庫が非公式に認めた読者。
 同時刻。
 最新の禁書スレ・レス番>>963が、彼を支えるスレ
『禁書スレ』を護るため、掲示板郡・2ちゃんねる率いる
掲示板『ライトノベル板』にスレ立てした。
 前スレと新スレ、二つのスレッドが同時にラノベ板に揃う。
 スレ住人、前スレッド、前スレ>>963、新スレ。
四者四様の想いが交差する時、>>1乙は始まる──!

何で、とか言ってんじゃねぇよ。>>1乙だからに決まってんだろ

「ダメ子ダメ子と罵られていた醜いID:Tg/YZHkGは、
実は超エロカッコイイ>>1000ゲッターさんだったのでした。おしまーい」
「……エロカッコイイってなに?」

>>1乙の正反対に位置する生き物だ」

おやおや、大七氏人同士、
>>1の乙り合いでもやってるトコだったかしら

27 ■■■■ :2007/11/14(水) 22:51:14 ID:9LwHXcTo
86スレ目

全身全霊を込めて>>1乙!!

―――――今から>>1を乙してやる。>>1は黙ってそこで見てろ

>>1、サンキューな

 、、、、、
「とりあえず、だぁ?
ふざけやがって、そんなつまんねぇ事はどうでも良い!
理論も理屈もいらねぇ、たった一つだけ答えろ住人逹!!

――――テメェは、>>1を乙りたくないのかよ?」

四月九日、午前六時二五分。
>>1

「ハハハ隙ありーっ!ってミサカはミサカは>>1乙作戦に成功してみたり!!」
さて、寝るか。

「照合。>>1>>1>>1>>1。合わせて乙」

「……>>1乙しに来た。そんな言葉をスレ住人達が信じると思うのですか」

「でも結局ねーちんは>>1乙するんでしょ?」

ネタバレが怖くて覗けないが…>>1乙ぐらいなら俺にも出来るっ!

「恐れるな、前を見ろ、マジバレが恐くて、>>1を乙れるものか!」

ならば私も言わなければなるまい?>>1乙と!!

>>1乙完了。うん、みんなご苦労様といったところだね?」

「ラノベ板で新スレの動きあり、とミサカ一〇八五四号は>>1乙します」

28 ■■■■ :2007/11/14(水) 23:01:28 ID:9LwHXcTo
85スレ目

私の私の伴侶ミサカより>>1に祝福を送る

どうやら先生は本気で>1を乙しなきゃならないようですね

>>1乙、ちゃんと約束したってのに、あの野郎……

敢えて>>6乙なんだからね! 勘違いしないでよね!

何であれ、私はスレ立てする>>1を全て叩いて乙る。
コレは私が生まれた時からの決定事項だ。

>>1乙だねえ。>>1だって大喜びだ。

顕現せよ、我がレスを喰らいて>>1乙と為せ

「狙いを>>1乙へ集中!!」

「新スレには捕まったが最後心も体も切り刻んで
>>1乙にする最悪の腹黒>>1がいると言う噂っ!!」

これから>>1を日常へ乙して差し上げますわ。どこかで誰かが願い、このわたくしが賛同した通りに

諸君。
>>1乙をしよう
次なるスレを知るために

>>1
多分……初乙だった

……ただ、吹寄さんはすごく気持ち良さそうなのを持ってるのにちっとも>>1乙させてくれないんですっ!!

>>1、乙だ>>9の伴侶とやらを「>>9の嫁やーらけー」して良いぞ

「禁書スレに魔術師が>>1乙した」

「だが!友人として!>>1乙を祈る!」

ぶぁーーーはっはっは!!
>>1め!(スレ立てを)やりおったわ!!

>>1お前は光だ時々まぶ(ry

何はともあれ>>1

四月馬鹿の日だけど一切の嘘をつかずに>>1

29 ■■■■ :2007/11/14(水) 23:13:36 ID:9LwHXcTo
84スレ目

>>1乙なんだからね!
ア、アンタのこと好きなんだからか、勘違いしないでよね!

あ、あれ?

ふん、>>1のクセにやるじゃないか

新スレと前スレが交差するとき
>>1乙を巡るスレ(ラヴ)コメディは始まる!?

 三月二一日──立て替えの季節がやってきた禁書スレ。
 周囲の慌ただしさを余所に、鎌池和馬・スレッド83の
住人、ID:8QjemjHyは>>950にいた。
 幻想殺しである。
 けれど、
「……、月の明るい夜ばかりと思うなよ。」
 幻想を殺された”ID:N2dwfPCL”は罠をしかけていた。
ID:8QjemjHyはため息混じりに、薄汚いパソコンのモニターを覗いて
新スレをずっと待っていたのだが──。
 ID:8QjemjHyとID:N2dwfPCLが交差するとき、
新スレを巡る>>1乙連呼は始まる!?

「……、あらあら。こんな時間から>>1乙ですこと」

「…やっぱり、言っとく。>>1乙」

こっちが色々大変な事になってんのに一方その頃>>1乙ですか!

無難に>>1乙っとく

必然。新スレは立つだろう。当然。>>1乙。

>>1やん、乙だにゃ〜。

>>1
「「住人として!スレ立てを乙る!!」」

『メイドの国へ行きたい。そしてクーデターを起こし、
このオレが軍師になって薄幸メイドと>>1乙する』

『(新スレを)祝いたい』

『乙れればなんでもいいです』

(最近の若者は具体的な>>1乙への意欲が欠如しつつある傾向にある、
って偉い人が言ってましたけど、これはなんだかちょっぴり違う気がするのですー……)

「……んふふ……。>>1乙なんだから、何でも言う事聞かなくちゃいけないんだからねー……」
「……まずは>>1乙をしてもらおうかなー……むにゃ」

前スレ>>993はおっさん好きと見た。
ここでショタ属性の俺が華麗にステイルゲット。
真ヒロイン・ステイルのバックを狙いつつ>>1

それなら私は>>1の心を盗んで生きますね

>>1>>1

 乙は乙に

 >>1乙殺しの赤十字!」

それはミサカに>>1乙キャラになれと言ってるのでしょうか、とミサカは首を傾げます

だってお姉さん ケダモノ2人に失神するまで
>>1乙 されまくったし。

>>1だけのために乙して、>>1だけのためにカエル

そろそろ新しいネタが欲しいな
とか思いつつ>>1

>>1
あなたって本当に最高の乙だわ!

ネットワーク・ノード#14567の管理権入手後>>1

30 ■■■■ :2007/11/14(水) 23:23:35 ID:9LwHXcTo
83スレ目

問う!乙!乙!

ぼくは>>1に敬意を表する!!!!!

>>1乙なんだからね!

>>1
地球は渡さないガン!

だが!友人として!>>1乙を祈る!!

……はぁ、じゃあもういいよ>>1乙で。ビリビリ殴ってもエアコン直る訳じゃねーし

ミサカはミサカのミサカだから>1乙と言ってみる

僕を誰だと思ってるんだい?
必ず>>1乙して帰ってくるよ

女には負けると分っていても>>1乙しなくてはならない時がある。

ここで>>1乙をしない>>17は相当な捻くれ者と見た。
それは兎も角>>1乙。

にゃ〜、>>1やんってば、乙にして華麗だぜ〜い。

ベースは禁書らしいんだけど完璧に煮崩してあるにゃー。
その上から改めてネタになる>>1乙とかを放り込んだっつーとんでもないカオスだぜぃ

い、良いじゃないですか>>1乙したって!
毎回毎回、勝手に>>1乙が出てしまうのですから
仕方がないのですよーっ!

冷蔵庫の氷で>>1乙を促してみる。えいや

「――さて。>>1乙が>>1の存在を証明したと言うのならば、あの旗男は一体何を証明してくれるのだか、ね」

あ、あと>>1

とりあえず落ち着け。素数を数えつつ>>1乙と呟いて打ち止めを存分に愛でつつ
一方さんは二重人格で百合子さん.verが存在するという不確定要素をあqwでrtgyふじこ

ここでまさかのミサカの>>1乙。

31 ■■■■ :2007/11/14(水) 23:33:54 ID:9LwHXcTo
82スレ目

乙・・・。 ああ、なんて乙な>>1
ふ、ふふ、労わなければ、スレを作成した迷える>>1をこの手で労わなければ・・・

まずは新スレ作成への>>1乙。次にスレ活性化のためのネタ模索。最後に美琴への求婚!
ははっ、壁は高く!! そしてなんと甘美なのでしょう!!

まだパーティの準備も招待状の宛名書きも終わってねえだろうが、飛び入りで>>1乙させてもらうとしますかね

そもそも俺は、>>1だの乙だのなんつー枝葉はどうだって良いんだわ。
俺にとって困るのは、テメェが今ここで『にゃーにゃー言う青ピ』といっちまう事なんだよ。
それが何を意味してんのか、ちゃんと理解してるのか?

>>1乙だッつッてんだろうがァッ!

「あの……乙をしなくちゃだめなのよ」
「はえ?」
「だから、>>1乙……」
・・・・・・
「乙って、だからこのスレに乙なんてできないんだよ?」
「えっと……」「だから文章を書き込めばいいの……。
知らなかった? あ、あの、だから、そんな泣きそうな顔しないで」
「ウソだもん。私知ってるよ、このスレに乙したって>>1には何の変化もないもん」
「……」
うぃーむ
「な、なにそれ?」
「だから、>>1乙って書き込めばいいだけなんだけど……」
「す、すごい。このスレ、>>1と繋がってるんだね!」

ミサカは遠路はるばる>>1に乙するためにこのスレにやってきたのです、とミサカは青ピのニャーニャーに視線を奪われつつ答えます。
住人の乙予想やもらって行くレス迎撃用幻想殺しリストなどもありますがもう青ピのニャーニャーに夢中なのでどうでもいいや、とミサカは適当に投げときます。

フフ…その…あのですね……>>1乙…なんですよね…クフフフフフ……

……今が>>1乙で本当に良かった

ははっ!
、 、 、 、 、 、 、、 、 、 、 、 、、
いつまで>>1気取ってやがんだぁ?

この>>1乙野郎が!!

乙ったりぃぃぃい!

32 ■■■■ :2007/11/14(水) 23:58:40 ID:9LwHXcTo
81スレ目

>>1乙です、と名無しは>>1をねぎらいながら書き込みます。

はぁー……>>1が乙い……

>>1乙カナ

>>7-74
スレを立てないくせにスレの恵みを受けている。
そんなのは許されやしないんです。当たり前でしょう?
>>1は私達のためにスレ立ててんですよ。
何だって働きもしない私達のために>>1の時間が使われなきゃなんねえんですか。
っーか邪魔だなあ。文句を言わずにさっさと流れ作業で乙してくださいってば。

11次元から>>1

何だァ?何が起こってンだ! 俺の>>1乙に狂いはねェ、
大体今の2人失敗したみてェな不規則な動きはどう考えても自然なスレ立てじゃねェぞ!

誰にモノ言ってっか分かってンのかオマエら。
俺ァ通りかかりでこのスレはじめて来た張本人だぜ?
そンな悪人に誰を救えって?
スレ立てァできてもテンプレ貼ることなンかできねェよ!

「はぁー……乙が欲しい」
告げた瞬間に、>>1のこめかみは右と左の両サイドから正拳突きを受けて万力っぽく押し潰された。

「ばっ、にゃにすんれすかーっ!?」
「……にゃー。>>1が言うと嫌味にしか聞こえねんダヨ」
「その言葉を引き金にして、そこらのレスからケッタイな名無しが>>1乙しそうやもんな。」

ほ、ほらーっ! >>1おーつ!!

ったく、>>1は目の前にあって、是が非でも乙したいけど、乙した瞬間に1レス消費しちまう。
くそ、すっげージレンマだなこりゃ

直接>>1を狙わず、わざわざ被らぬようテンプレを埋めるという難易度も非常に私好みにつき!!
私は>>1に乙せねばなりません、このようなご馳走を用意してくださった事に!
分厚く硬い肉はだからこそ噛み応えがあるのですから!! あはは、うふあははははは!!!

悔しいけど、私の出番はここまで。後はアンタの拳で、>>1を乙してきなさい!!

>>1>>1>>1>>1乙ってあんたそれしかないの?

来やがったな。来ると思ってたンだ。こォいう馬鹿が。
勝手にスレ立てしよォとするクソみてェな馬鹿が。
空気も気配も雰囲気もルールもテンプレも何にも読めねェクズ野郎が。

クソ。荒らしゃしねェよ、面倒臭せェしな。
今ならお買い得の五割乙で許してやる。

このスレの五割を>>1乙ってやる。
それでもまだ落ちてなかったら許してやるっつってンだよ。

>>1
お前は本当によく役目を果たした
だからもう休め
楽になってくれ
御坂の事は俺に任せろ
必ず幸せにしてやる

ミサカはミサカは>>21の幻想をぐーで叩き潰しつつ>>1のスレ立てを褒め称えてみたり!

いいだろう本気で>>1乙してやる
光栄に思え、某スレ相手以外に>>1乙するなんてめったにないんだからな!

いいか、俺は>>1乙が嫌いなんだ

禁書スレ>>1乙部隊参る。蹂躙しよう

33 ■■■■ :2007/11/15(木) 00:26:33 ID:isa4lYoY
80スレ目

>>1乙ーってミサカはミサカはスレ立てを褒め称えてみたり!

お願いだからあの人を助けて…っ!ってミサカはミサカは>>1乙しまくってみる!!

? ミサカのおでこは一般的なサイズでありミサカは>>1乙キャラではありませんが、とミサカは自分の額に手を当てて確かめてみます

あのねー、ミサカは『新スレ』の時にあなたに立ててもらったから
そのお礼を言いに来たの、ってミサカはミサカは鶴の恩返し的>>1乙を提示してみたり

「いいか、俺は>>1乙が嫌いなんだ」

突っ張ることが>>1の〜
たった一つの勲章だって〜
この胸に信じて生きてきた〜

「どっ、どうして前触れもなく突発的にスレ立てしてるのあなたはーっ!
っミサカはミサカは>>1に乙をするけど届いてくれなかったり!!」

「……何で>>1乙ンだよオマエら」

「あー悪い悪い。今まで>>1だったからその乙をすっかり忘れてたじゃんよ。めんごめんごー」

「愛穂。とりあえずで良いから>>1に乙っておきなさい」

……ただ、>>1さんはすごく気持ちよさそうなのを持ってるのにちっとも乙させてくれないんですッ!!

>>1乙っぱい!!!

>>1「80スレ目のスレ立てか、普通ならば逃げるところだが」
>>35「いいえ、乙です軍曹殿」

そこをどけ、豚ども。私はこれから、最愛の人に>>1乙しに行かねばならんのだ

さ――ぁ!!
>>1乙させて頂きますわよ―――――!!
さーぁ、さあさあさあ!
前スレごときがなんぼのもんですのぉ―――っ!!


こっ――これが>>1がのめり込んでいる禁書新スレ関係の全貌だったのですね!!

いじめないで!いじめないで!>>1乙をいじめないでぇーっ!

『ここから先 冥途』
「こ、これはっ、メイドの>>1乙塚!」

「この状況、どこからどう見ても立てたのは>>1です。絶対正義と女王の名の下、>>1を乙しなさい!!!!」

よい、許す。
余は全てを許そう。だが>1乙る。

「あれ?何やら>>1乙が漂ってくる新スレなのですよ?」

一先ず、スレ立てに、乙をば申し上げます。我らが>>1

>>1はルール違反で乙はマナー違反だろ?

そうだな>>1
私はよくやったな…

ならばこれで乙としようか……

ふは・・・ふはははははははは
立った
スレが立ったぞ
ずっと前スレ追いかけていた
俺は今追いついたんだ!!
乙・・・
なんて>>1は乙なんだ・・・・・・!!

1乙だ
ありがたく受け取りたまえ

たって歩け
前に進め
アンタには立派な>>1乙がついているじゃないか

34 ■■■■ :2007/11/15(木) 23:19:57 ID:isa4lYoY
111スレ目

「今回の件で思い知った。やはり俺の嫁発言はスレに書き込むべきではない。
>>1乙するのはスレ住人がすればよいのである」

つっ、使いづらい・・・・・・。
>>1乙したい時に>>1乙出来ない専ブラなんぞに価値なんかあるかーっ!!

今回スレのスピード速すぎて間に合わなかったな
ま、自分に>>1乙する必要ないしな・・・・

これも>>1が為、最大限の人道的乙なのよん♪

それにしても、また>>1乙ですか。給料も出ないというのに、過労は感心しませんよ

こ、これは>>1に作ってもらった禁書の新スレです。>>1乙しないことは許しません

えいや >>1

このレスは……また>>1乙かっ!!

35 ■■■■ :2007/11/15(木) 23:38:04 ID:isa4lYoY
79スレ目

あらゆる全てに先んじて>>1

>>1
乙ゲームぅ〜♪

>>1
1おつっしょーーーー!!!

『僕達在スレ生は、>>1の立ててくれたこのバイオレンスかつエロティックなテンプレを決して忘れずに
受け継いで生きたいと思います。基本は考察と行き過ぎないネタとほどほどエロスのつもりです』

>>1乙、ってミサカはミサカは定番のあいさつをしてみたり……って痛ッ!
何で無言かつ連続で>>1乙するの!? ってミサカはミサカは頭を押さえて嘘泣きしてみる!!

ミサカも反対側から>>1乙してみる、ってミサカはミサカは
面白そうな新スレに混ぜてもらってみたり!!わーい!!

って早速イタリア式>>1乙!?

言葉自体はネイティブな乙を使わなくてはならないので、
その他の仕草や作法、態度だけで「これが>>1乙だ」と示せと言われて、
今回は改めて考えさせられましたよ

>>1は発言が危険すぎるから乙」

『今回のスレはしなやかな>>1がくるらしいぜ』
『ウソだろーっ!?オレずっと乙してたわーっ!!』

彼は世界のあらゆるスレを観測、計算、制御する能力者だ。
目に見えない、耳に聞こえない程度で見逃していたら、>>1乙などできない。

るー
>>1よよくやった
乙だ

「案外、俺はまだ覚えてるのかもしれないですね」
「君の『乙』は脳細胞ごと『死んで』いるはずだけどね?」
「パソコンで言うならハードディスクを丸ごと焼き切った状態なのに。脳に状態が残ってないなら、一体人間のどこに思い出が残ってるって言うんだい?」
「どこって、そりゃあ決まってますよ」

「――――>>1に、じゃないですか?」

36 ■■■■ :2007/11/15(木) 23:42:31 ID:isa4lYoY
78スレ目

>>1乙の弦

「「友人として! >>1を乙する!!」」

「その滴り落ちるほどの>>1乙感覚が遊びじゃなけりゃ何なンだよオマエ!!」

まったく、こんな新スレなんか立てやがって。
どこ>>1はいるんだ。随分と手の込んだスレ立てだな


乙!

「あれ? なにやら>>1乙感が漂ってくるスレ立てなのですよ?」

彼らの乙が>>1点へと収束する時、
禁書スレを舞台とした、本当の新スレが始まる。

「ハハハ>>1乙ーっ!って>>17>>17は激励作戦に成功してみたり!!」

>>1さん>>1さん、ふだんつかわないにほんごでいうね。
乙なんだよ〜

37 ■■■■ :2007/11/15(木) 23:49:53 ID:isa4lYoY
77スレ目

この>>1乙はフィクションです
実際にスレが立つライトノベル板の「とある魔術の禁書目録」スレ内の事件・団体・人物等とは一切関係ないかもしれません

ときめいて>>1乙!

『今回のスレはしなやかな>>1乙がくるらしいぜ』
『ウソだろーっ!?オレずっと「貰っていきます」してたわーっ!!』

「ここか、>>1乙の場所は。」

ちょっとアンタ!
何で私の>>1乙だけいっつも検索件数ゼロ状態なのよ!

スレ立てゴクロー。ーーー華々しく>>1乙らせてやるから感謝しろ

「すごいすごい、>>1乙かも、ってミサカはミサカは新スレの
中に飛び込みながら褒めてみたり」

卑猥な>>1乙は慎むように。
こちらは信仰上の理由により、カオスな調子に合わせる事を固く
禁じられていますので。

この滴り落ちるほどの乙感覚が>>1にたいしてのものじゃなけりゃ何なンだよオマエ!!

あ、あの。あなた様は>>1で乙した方でございますよね

>>1乙になるのなら捧げる

コードフラグ/乱立のカミジョウ

自分の世界観を変えてしまいそうな
衝撃の文庫が今ここに

語り尽くせぬ友と
解り合えない自分

されど

「まずは三巻までを読んで
合わなければ拒否ればいいさ」

君がくれた禁書三冊
戸惑いは消え去り

空っぽだった部屋の本棚(たな)は
禁書で埋めた

ミサカのツンデレは貴く素晴らし過ぎて
閉鎖(ト)じてた僕の価値観(ココロ)砕かれた

自分の世界観を変えてしまいそうな
衝撃を感じて今ここに


CD無いからTV版の改変で
ルビが多いのは禁書ならでは
気が向いた職人の人がいたら添削よろ (゚_゚)ノシ

な、なんという直球>>1乙姿勢……。しかしその役目は本来わたくしだけのものだッ!

ねえ>>1ちゃぁん。>>1乙って知ってる?

>>1ちゃん、乙ですよ〜♪

一個明らかに>>1乙じゃねーのが混じってんだろ

わっ、わざわざ>>1乙を増やす必要はないでしょう!
そういった行動は新入りの方々にも悪い影響を及ぼします。

38 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:00:13 ID:jyZuzrz6
76スレ目

「ンンーう?楽しい。あはは。やべェよオイ最高にトンじまったぞ>>1乙ゥ!!」

>>1乙の時は来ました、とミサカ一○○三二号はここに宣言します』

>>1乙って、ミサカは、ミサカはいい子いい子って褒めてみたりっ!

「いやぁ私達が炎天下で頑張ってる最中に、エアコンの効いたお部屋の中で>>1さんが
 一人ぼっちで休養取ってる姿を想像すると、居ても立ってもいられなくなっちゃって。
 >>1さんにもスレ立てして欲しくなってしまったんですよ。てへへ」

『あい〜、先生は今銭湯にいてですねー、>>1乙片手に新型マッサージ椅子の試験運用に立ち会っているのです〜、あい〜』

>>1
乙ゲームよん♪

>>1乙なんだよ

>>1さんはすごく気持ち良さそうなスレをたてたのにちっとも乙らせてくれないんですっ!!

ボクぁ落下型ヒロインのみならず、
義姉義妹義母義娘双子未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショートヘアボブ縦ロールストレート
ツインテールポニーテールお下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせっ毛アホ毛セーラーブレザー>>1体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さんメイドさん
婦警さん巫女さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガールスチュワーデスウェイトレス白ゴス黒ゴスチャイナドレス
病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックスガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯
スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリングショット水着バカ水着人外幽霊獣耳娘
まであらゆる女性を迎え入れる包容力を持ってるんすよ?

段ボールいっぱいの>>1乙送り付けんぞコラ!!

>>1さん、おしぼりどうぞ

>>1!!!一生のお願い!!乙させてくれ!!」

……>>1乙しにきた。
そんな言葉を私達が信じると思うのですか

>>1乙すりゃ良いって訳じゃねぇのよ。ナメてんのかテメェは。

《初めてのレス、ただし>>1乙》みたいなっ

鎌池和馬スレ・76スレ目・・・ライトノベル板だ
少し早いがヒューズ=>>29を使って『>>1』を乙する

>>1からの直接オーダーとなれば仕方ありません、
とミサカは大変不本意ではありますが学生鞄の中からサブマシンガンとゴム弾を取り出しつつ>>1を乙します

たとえ>>1乙だとしてもォー
ミサカはこの>>1乙をォォォぉォォォォぉォォォォォォォー

久々に>>1乙が長めだな

ということで

こんな初歩的なスレ立てに引っかかるとは個体全体のルーチンを>>1乙し直す必要があるかも、ってミサカはミサカは捨て台詞を吐いてみたり!

な、なんという潔い直球>>1乙姿勢・・・・・・。しかしその役目は本来わたくしだけのものだッ!!

世界を構成する五大元素の>>1

みゅ、ミサカはいただいた>>1を粗末に乙するようなお馬鹿さんではないゲプ

39 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:06:38 ID:jyZuzrz6
75スレ目

>>1
立てる前に天ぷら見直ししても罰は当たらないと思うぜ!


鎌池和馬スレ・75スレ目・・・ライトノベル板だ
少し早いがヒューズ=>>8を使って『>>1』を乙する

「い・い・か・ら・>>1・乙・し・ろ・よ!!」

「もう色々と面倒臭いので結論言いますけど>>1乙でございます」

>>1の左手には乙が右手にはヒヨコの入ったパックが握られていた。

「どうしたの?」
「いっ、いえ何でも!」
>>1がじっと見てるとか?」
>>1乙とか言っちゃ駄目ですっ!」

この一晩でラ板の全てのスレに>>1乙してあげる

と、ヴェントさんが申しておりました

『もっとさりげなく>>1乙を取り込むべきだったか』

ぎゃああ!?
ほのぼのスレが一転してルール無用の>>1乙空間っぽくなってますーッ!?

ゴルフボールじゃねーんだからよー。ヤード単位でスレ立てるんじゃねーよなーもう。
飛距離抜群じゃねーかよ。一体誰が>>1乙すると思ってんだ。俺はやるけどな

どーよ。

>>1乙の中でスレ立てに成功する気分ってのは。             
               タ イ ミ ン グ
テメェの速度、正確さ、『 間の良さ 』、全て把握済みだ。

こっちも伊達に住人ァやってねーぞ、とミサカはミサカは精一杯自己主張しながら言ってみる

おおー、>>1乙ってミサカはミサカは夜空を見上げてみたり

40 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:13:03 ID:jyZuzrz6
74スレ目

華麗にぃ・・・乙ァ!乙ァ!

>>1
ビリビリが良いか?かぶりつかれるのが良いか?
君は自由だ、選びたまへ

いつもながら>>1ちゃん乙ですよー。

新刊ネタバレ祭に期待しつつ>>1

>>1乙でありけるのよ

笑ってはいけない>>1

            ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ̄` `'' - 、
          , -'´  ______   `ヽ、
        /   r'´          ``ヽ   ヽ
       // / /  _______   ヽ   ヽ
      .// / /ァi´| /||  | ||  |  `゙''ーヽ!    ヽ
     // / // l| l| /l|  | |.!   |  l| l   |    l
      | |  | | || || || | ||  || | |l  || || ト、  | |   |
      | |  | | ||_|| j| | l!  || | ||  ||__|LL!l | | |   l|
      l!|| || 川 |ル'!|``ヽ|ト!l |レ!| |川「l/川 | |  ||
      ! ||| || j| |ッ〒テ=ミ!l !l ! 彡〒'''Tヾ||! || |  | !
       | | ! |l | 、l-':::::/      l-'::::::ノ ノ||川 |  | |
       | | | |  | ` ̄´   ,   `  ̄´ || ll  |  | !
       | | | |  ',      '        || |l  |  | |
       | | | |  lヽ、   ー─   __ ./|| |   |  | | >>1
       | | | |  | | >ヘ        | `ヽ、|| |  |  | .!      この国を代表して感謝の辞を述べます
       // j l|  | | |  ヽヽ --‐'´|  _./|| |  |  | |
      // /| |  | | | \ヽ    /, '´  ||j   || |  |
      // /川|  | | ト、 ヽ  〉 ヽ/   /||l   || |_|__
    / ̄ ̄``| | !| | \ヽTレ'´  /  ||   ||'´    ヽ
   /      | | || |   / ∩ヽ__/   ||  川      ヽ
  ./         | | || ト、 /  l |  |ヽ     ||/| || |!      ヽ
  /           | | || | V  | |  |/ ̄ ̄//川 | ||         ヽ



>>1万年と2千年たっても乙してる

12巻のネタで>>1乙しようかと思いましたが自制しておきますね
なんてことない地の文なんだけどな

>>1
そ、そんな。女子スレ住人に対してスレ立てたら乙ゲームで何でも言う事を聞かせるだなんて、
一体どんなご命令を飛ばす気なんだ>>1ーっ!

「いいか、俺は>>1乙が嫌いなんだ 」

いちいち笑うな、>>1乙するぞ。

いつまで>>1乙してんですか。
さっさと本題に入らねえと>>1の性癖バラしちまいますよ?

   (⌒\.  ∧_∧
    \ ヽヽ( ・ω・)  
     (mJ=二フ ⌒\ 乙!!
      ノ ∩   / /
     (  | .|∧_∧∩>>1
  /\丿 | (    )
 (___へ_ノ ゝ__ノ


ふぅ

おはよう御座います皆様
そして>>1乙です

41 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:24:00 ID:jyZuzrz6
71スレ目

>>1乙とミサカは感謝の意を示します。

>>1乙って、ミサカはミサカは褒めてみたりっ!

先生はまっすぐな方向に育ってくれる>>1ちゃんは大乙なのですよー

>>1はとみに乙と思わけるのよ

『熾天の翼は輝く光、輝く光は罪を暴く純白、純白は浄化の証、証は行動の結果、結果は未来、未来は時間、時間は一律、
一律は全て、全てを創るのは過去、過去は原因、原因は>>1>>1は乙、乙は人、人は罰を恐れ、恐れるは罪悪、
罪悪とは己の中に、己の中に忌み嫌うべきものがあるならば、熾天の翼により己の労を暴き内から弾け飛ぶべし―――ッ!!』

>>1乙カレー

            ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ̄` `'' - 、
          , -'´  ______   `ヽ、
        /   r'´          ``ヽ   ヽ
       // / /  _______   ヽ   ヽ
      .// / /ァi´| /||  | ||  |  `゙''ーヽ!    ヽ
     // / // l| l| /l|  | |.!   |  l| l   |    l
      | |  | | || || || | ||  || | |l  || || ト、  | |   |
      | |  | | ||_|| j| | l!  || | ||  ||__|LL!l | | |   l|
      l!|| || 川 |ル'!|``ヽ|ト!l |レ!| |川「l/川 | |  ||
      ! ||| || j| |ッ〒テ=ミ!l !l ! 彡〒'''Tヾ||! || |  | !
       | | ! |l | 、l-':::::/      l-'::::::ノ ノ||川 |  | |
       | | | |  | ` ̄´   ,   `  ̄´ || ll  |  | !
       | | | |  ',      '        || |l  |  | |
       | | | |  lヽ、   ー─   __ ./|| |   |  | |          <>>1
       | | | |  | | >ヘ        | `ヽ、|| |  |  | .!
       // j l|  | | |  ヽヽ --‐'´|  _./|| |  |  | |
      // /| |  | | | \ヽ    /, '´  ||j   || |  |
      // /川|  | | ト、 ヽ  〉 ヽ/   /||l   || |_|__
    / ̄ ̄``| | !| | \ヽTレ'´  /  ||   ||'´    ヽ
   /      | | || |   / ∩ヽ__/   ||  川      ヽ
  ./         | | || ト、 /  l |  |ヽ     ||/| || |!      ヽ
  /           | | || | V  | |  |/ ̄ ̄//川 | ||         ヽ


ついに、クローリー賞を受賞!

ミサカXの献身 著:>>1

上条だけが生きがいで天才的な演算能力を持ちながら妹に甘んじるミサカが、
トウマ
愛した男を守るために完全犯罪を目論む。

今回も無事スレが立ちたることに感謝しつつ、>>1
気が付くともう既に71か。

42 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:33:18 ID:jyZuzrz6
この俺が・・・ミスかと思ったぜ・・・。
71=73かな。あれ?73は?

43 ■■■■ :2007/11/16(金) 00:37:46 ID:jyZuzrz6
72スレ目

い、>>1乙なのですよー、とうま?

ぼくは――世界を救うことにしました     けど>>1

年に一度の祭典たるこの良き日にスレ72が立てられたることに、>>1

>>7-19
イマジンブレーカー
壱 乙 殺 し!

>>1
乙なんだよ!!
前スレ>1000め…!!許すまじ!!!!

        ゙i         l.  だ ど
  は 新     ir‐'´ ̄`゙`'ー.|
    ス    l:::::::: ,. '"´ ゙̄!  い う
  ? .レ     l:::: /     '、      .
          /::. l       ヽ
        /::::::. ',        `'ァ---‐'"
ー-、、. .-‐'"::::::::::::::.ヽ
    .l :::::::::::::::::::○`'ー 、
     ', ::::::::::::::::::::::::::::::.〈      ノ!
     '、 :::::::::::::::、-一'"ヽ 、___, ' i
       ヽ ::::::::::::::::::`::::"::::::::::::: /
       ゙i. ::::::::::::::::: ___, '"
       / i ::::::::::::::: /l ',';.   `''ー-、
     /l:::: ';:::::::::::: ::::i:i.:::::';:::::::: l:::. i:.ヽ__,..
    / ..::i.::::: ';:::`ァ::::ヾ」:i.:::::';:::人 |:: i::::::/:::
  / .:::::::::l.::::::、';:::':::l::.';::::l ::::: }:(::::)|: i::/:/
. /_ :::::::::::::l.:::::l: iヾ:::l:::::';:| :::::/::(::::)|i:/ '":::::::::
.ヽ.ヾ::::::::::::::::ヽ.:|::.|:::.ヾ::::::゙| :::/::::::Y::l´ ̄ ̄ ̄

44 ■■■■ :2007/11/16(金) 01:01:52 ID:jyZuzrz6
70スレ目

               . -―- .      やったッ!! さすが>>1!!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできないことを
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

この私に>>1乙形はない。

ミサカはミサカは>>1乙って寝る前に書いてみたり。

Index ―>>1乙の物語―

今回も無事禁書スレが開幕されたことに、>>1

それでは禁書スレを始めよう――>>1

>>1
私に乙って言ってください

>1乙!>1乙ゥ!

>>1乙だ魔女狩りの王』

45 ■■■■ :2007/11/16(金) 01:29:37 ID:jyZuzrz6
69スレ目

お、乙なのですよー? >>1

┌←復興or退廃→NEEDLESS


│東京アンダーグラウンド    |  型月世界 時計塔
│  ↑               |        ↑
│研究の隔離、縮小化      |  研究の隔離、縮小化
│  ↑               |        ↑          HELLSING
└←学園都市 ←――――― 対極――→魔術世界→隠蔽化→ハリポタ
    ↓              |        ↓
 超能力技術の流出一般普及 |  魔術技術の流出及び漏洩一般普及
    ↓              |       ↓
 絶対可憐チルドレン      | GS美神、六道女学園霊能科
 超能力部

乙→>>1

┌→復興or退廃→NEEDLESS    地獄甲子園
│                         ↑
│              超能力?魔術?ハッ!何ソレ?
│東京アンダーグラウンド    ↑  型月世界 時計塔
│  ↑               |        ↑
│研究の隔離、縮小化      |  研究の隔離、縮小化
│  ↑               |        ↑          HELLSING
└←学園都市 ←―――――禁書――→魔術世界→隠蔽化→ハリポタ
    ↓              |        ↓
 超能力技術の流出一般普及 |  魔術技術の流出及び漏洩一般普及
    ↓              |        ↓
 絶対可憐チルドレン      | GS美神、六道女学園霊能科
                   ↓
              何でもアリアリ→武士沢レシーブ

学園都市と魔術世界、両方を内包してるという意味で禁書を真ん中にしてみた
後悔も反省もしていない、ただ気になったら誰か修正してみるがいいさ

先生はまっすぐな方向に育ってくれる>>1乙ちゃんは大好きなのですよー

46 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:25:03 ID:jyZuzrz6
68スレ目

このうっかりやさんめ
でも>>1

Sir!>>1乙Sir!

「困ったちゃんよね、私の>>1乙ってば限定解除すると六五万ボルトまで出ちゃうから。
二秒以上空打ちするとパソのほうが壊れかねないのよん。
ま、ガ板の奥まで潜れば八〇万ボルトの乙を手にする事ができるらしいんだけど、ほら私ってばそんなにマニアじゃないし」

天然おっとりうっかり純情可憐ツンデレお嬢様の>>1

全力で乙っっっ!!!

新しきスレを立てる それは>>1
眠り 蘇生 イマジンブレイカー

>>1――いい御名です。乙

歯を食いしばれよ、>>1――

――俺の>>1乙はちっとばっか響くぞ

>>1
ですよ

オルソラの胸枕で寝たら新スレで>>1乙か…

そうだ>>1
新スレたってからなんだけどさ…
って早速イタリア式乙!?

>>1
+                             +
         *       ,.-──‐‐- 、.* \_         +
      __,, -‐'"  サイレント魔女リティ ~"'ー、_*
  ,, -‐'"________          +    ~"'ー、_
    ̄::::::::::::::::::::::::::::::;:ィ7, ィ´.::\____          ~~"'ー、_
*  "'‐、::::::::::::::::::::::,.イ@i. .:.Mム、トト、_ノ_ノj_j ̄lヘ,Tト-、_         _,,,,*
      ~''-、::::::::》//|:|トト:::ヽ!r=ュヾ:.ノ´ ,r=ミ、リ:.:./ ト、:::::::T-、__,,,, -―‐'"
           〃 l|:|`7^Y´辷ソ     辷シ ,ィイ〈 l {:|!::)
          ||lヽlヽ_>'::::ヽ    _'_    /::::'<   | | |  
   *      ||く"~::::::::::::::.ヘ,        <:::::::::::::::~>| ||    +
           |:|| ヽ::::::::::::::::::::::::ト- ィ"/::::::::::::::::::/|| |
          |||  ヽ:::::::::::::∀    ト/::::::::::::/ .|||
 +         |||__> -、_\  /_/::::::::ヒ'__|||   *
             (/::::::::::::~"::::|::::::::`l黙r'":::::|:::-'::::::::::::|:|\ゝ
          |  :::::::::::::::::::~"フ"/Tヘヘ''"~::::::::::::::::::|:|:::::|   +

47 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:26:45 ID:jyZuzrz6
続き

>>1
乙ですかー?

>>1
鉄風雷火の如き1乙を望むか!?

                , 、  /ヾ`ヽ、_
               / |  /   .:\:.` ‐ 、.
              \  |∠ -‐- 、..:.::\::.   ヽ,
            r─-ヾ/      ..::ヽ,ネN;:.:.. i、__
     _,.  -─‐- ゝ.二,/ニニェェ‐- 、:_..:.:.::|  \:...:.:/
  <"´           ......:....:....:..:.`゙`:.::-'、.:|_    `'
   \       ..:..:.::_...:_..:......:...:...:.:..:.::...:... .:` ':... 、
    \ ...:...:..:.:.::_,彡 从   \,ヘヘヾヾ 、;;:.:.:..:.:...:. ..:...:`ヽ、
      `   、:.:.:.:;> /,==、  >,=\ヾ,_\ゝ::.:.:..:...:....:......:..:'ヽ、_
          ` ーゞ ノ ,rェゞ゙i ::'.,ytr、_ヽ!ミ`ー>::.:..:..:..:. :...:.....:....:..:.:≧
            ムヘ|  ./.ノ j:::.i::.´ .::ノ"ヘ\ゝ::.::.:.:.::..:.._ ; -ー''"´
      ._,. -‐ '..:.リ|l,::..´ ゞ,,ッ:::.\..:/)ノ、ヾリ  ̄ ̄ ̄
      \  ..:..:.::ノ,ノ,j  _,=ニ,ヽ :. 〃/ゞ,、ミ´、     ふー、>>1乙した。
       ∨ ..:..:..:.:j/i、  ¨゙''' `゙' ..::ノ/v'^゙'::.:...\
        ∨ ..:.:.:\ヘゝ、 _ ィ彡/:::.:.:..:..:...:.. ...\
        ∨  ..:..:.\ヾ,三彡/ノ::.:.:..:....... .. ../
          〉、` 、 ..:..:.\ニ彡_/::::.:.:.:........ .. /
        / .:ゝ >‐-..:.:|:./ ー─ ''" ..:../\
       / ..:..:..:.:`、 ..:..:.::黙 '´ ̄...:.:.:..:..:.''"....:..:.:\

今回のもらい殺しはスレ住人の総意では「まずは>>1乙」派が圧倒的だったけれど、
書き込まかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。
その幻想をぶち殺す。あたりまえの話だよね。
書き込みをくれた「>>25」はあまり脳内妄想やヒムラーの挿絵に踊らされないほうがいいのではないかな

逃げられると思っていたのかい? この幻想殺しから! そして>>1乙からっ!

48 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:35:55 ID:jyZuzrz6
67スレ目

速攻で>>1乙。

「そのスレ立て。>>1だけじゃなくて>>6までを関連でまとめているのがポイントなのね。
確かに、岩盤を殴るよりサンドバッグを殴った方が衝撃吸収の効率は良いわ。
新参のことまで考えてそのテンプレを選んだというなら、>>1はセンスがあり、乙なのね」

はいはい擬人化>>1乙タン、萌えー

>>1
「神のテンプレ、名無しの乙程度では響かぬか」

「まいどまいど思うけど、>>1って割と乙な体をしてるよね?」

お、……乙なのですよー、>>1

 / ̄\アイアイアイアイ連載中!    / ̄\
  |/ ̄ ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄ ̄\|
 |   /V\\\          |  /V\\\ 
 | / /||  || |           | //|   || |
 | | |(゚)   (゚)| |           | | (゚)   (゚) /|
ノ\|\| ( _●_) |/           \| ( _●_) |/|/\ とめらんないよ 禁書スレ!!
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ  \
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |\_>
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/


     / ̄\
     |/ ̄ ̄ ̄ ̄\
   (ヽノ// //V\\ |/)
  (((i )// (゜)  (゜)| |( i)))   スレ立て? 乙ー
 /∠彡\|  ( _●_)||_ゝ \ 
( ___、    |∪|    ,__ ) フツーに乙ー★
    |     ヽノ   /´
    |        /

「久しいな、>>1
「ま、さか…金色の乙…?」

ところでヘタ錬金術師はどんな顔にされたんだろうな。
美形のまんまなんだろうか

良いよなー、>>1
乙って言って貰えて…

健やかな時も

病める時も

死が住人を別つまで

いいえ、次スレが立たなくても

共に>>1に乙しましょう

禁書の巻末で火野とアウレオルスが
ア「本当かー本当に本物の火野たんかー、本当の火野たんならこれが出来るはずです
  マリーアントワネットのものまねー」
火「パンがないのなら 薬をキめればいいじゃない」
ア「うわー超中毒ーやっぱり火野たんだー」
火「はっはっはっはー」

とかやる展開はまだー? そして>>1

49 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:38:37 ID:jyZuzrz6
続き

>>25 吹いたwwwww!
>>前擦れ1000 ナイスおっぱい!
そして、わすれてはならない>>1乙!!

>>1
乙なのねー。
ミサカシスターズを眺めていいぞ。

禁書スレ住人達は全てのネタを愛するが、一方であまりにもスレ違いなネタに対しては一切の容赦をしない。
>>1-50を彩る住人達の>>1乙を見れば明らかだろう。

乙だ、住人>>1

直接>>1乙を狙わず!
わざわざ迂回して>>2-50を乙する事によって、
オリアナを救い出すという難易度も非常に私好みにつき!!
わたしは主に感謝せねばなりません、
このようなスレを用意してくださった事に!
分厚く硬いネタは、だからこそ噛み応えがあるのですから!!
次のネタにまみえる時が本当に楽しみなので!!
あはは、うふあははは!!

たとえようもない獰猛な>>1

どう見てもビスケのパクリです。
本当に>>1乙でした。

50 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:44:24 ID:jyZuzrz6
66スレ目

我が内なるラツィエル。"">>1乙の開放""を両の手に

「とりあえず>>1乙かな。テメェは?」
「水」

ビキリと>>1が凍りついた。

>>1乙』
聖霊十式の一つ。サーバー内に禁書の領土を造り出す。

>>1乙でしょ。そんなコトがどうしたの?

アドリア海の>>1

その>>1を乙殺す!

だから取るべき道は誠心誠意の>>1乙メイドしかねぇっつってんだろ!

後からもっと大勢>>1乙するので、このスレも賑やかになるのでございますよ

―――十字架は>>1への乙を示す

>>1乙和チャンスだ、行けってーっ!

>>1月カマチ乙

ビアー>>1オォおおおおおおおおおおおおおおおおお乙ッ!!

「わ、私達は>>1から乙を抜く作業を割り当てられていましたけど・・・・・・」

>>1乙でありますぞシスコン軍曹! 皆、敬礼!!

「ハハッ!何のつもりだ>>1!!そんな軟弱な新スレでわたしの>>1乙を防げるとでも?
 やるならもっと頑丈な新スレを用意しろ!」

少し遅くなったな。>>1乙。

51 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:50:22 ID:jyZuzrz6
65スレ目

>>1チャン、乙ですよ〜♪

ようやくこの>>1乙も終わりだな。まったく、たかだかスレ建てを乙するのにここまで手間がかかるとはな

プラン>>1乙から次スレ>>1乙までを短縮できる。理由はそれだけだが?

ぎゃああっ!!>>1乙女チックに小首を傾げられたっ!!

所詮は異教の猿に、>>1のスレ建ては通じないか。
せっかくそちらの言葉に合わせたのに、返ってきた>>1乙がその程度の品性とはな。
ならばこの>>11>>1に乙を渡そう。猿が人のふりをするのは、見るに耐えないんでね」

もう一度舐めた口を利きやがったら
ガラスを爪で>>1乙する音をプレゼントですわ

>>1乙とオシボリを手渡す

>>1乙。


……単なる>>1乙ですが何か?

ぎゃああああああああああああああッ!
今日の>>1乙は何だか二倍増しィいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!

『まだスレ立て作戦なのか>>1!?』
『次のステップです!どさくさに紛れて手ぐらい乙っちまいましょうよ!』
『ええいまどろっこしい!』
『いやこうなかなか進展しないのが>>1の魅力なのでは?』
『ゆくゆくは女教皇様ともぶつかるのでしょうが、こればっかりは我々一同、>>1を乙します!!』

52 ■■■■ :2007/11/16(金) 19:54:42 ID:jyZuzrz6
64スレ目

乙――――、な、なのですよー、>>1

罰ゲームは三日三晩の>>1乙の刑。

>>1乙海の女王

貴様におしぼりなど勿体無い
>>1乙で十分だ

みんなー、>>1乙なのですよー!

>>1君。お疲れ様。

「―――ならば、このスレ立ては我が十字架が>>1乙する」

>>1の晩御飯は乙カレ〜

「ほ、ほらーっ、! >>1おーつ!!」

・・・・・・あれが教皇代理が>>1乙置いていた御仁・・・・・・。しかし実力は
いかほどのものか・・・・・

「残された道は一つしかない。俺は>>1乙に手を染めることにした」

――シモンは『>>1乙』の十字架を背負うッ!!

53 ■■■■ :2007/11/16(金) 23:09:55 ID:jyZuzrz6
63スレ目

誰が何と言おうと>1乙。

「―――ならば、このスレ立ては我が十字架が拒>>1乙する」

世界を構築する五大元素の>>1乙、偉大なる始まりの炎よ
それは生命を育む恵みの>>1乙にして、邪悪を罰する裁きの>>1乙なり
それは穏やかな>>1乙を満たすと同時、冷たき>>1乙を滅する凍える不幸なり
その名は炎、その役は>>1
顕現せよ、我が身を喰らいて>>1乙と為せ

「報われぬ>>1に乙の手を!!」

「――所詮異教の猿に、人の>>1乙は通じないか」

新スレのど真ん中であっても
>>1は乙なんだなぁと思っただけかも

>>1。上記の者を速やかに調査し、
スレ立ての労を認められし場合は確実に乙せよ』

(……上も下も>>1乙ばかり、か。>>1乙どもが)

「――――ならば、その>>1は我が十字架が乙する」

ちくしょう、傷つくなぁ。そういう事が言いてえ訳じゃねえのに。
こっちとしちゃ、そこは最初から>>1乙してんだ。

『何でも、「新スレ立てたらネタまみれの乙は覚悟しなさい」だってさ?』

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!
貴様らは・・・>>1乙!

「必ず、乙を守ってみせます。だから>>1も、自分自身と戦ってください。」

「だから、>>1乙と言ったはずだが」

どうみても上条当麻抹殺計画です、ありがとうございました>>1

「ありがとうな。お前が新スレを立ててくれなかったら、きっと大変なことになってた」
「……、」
 礼を言ったというのに、>>1は面食らったような顔をしたあと、ぷいっとそっぽを向いて黙ってしまった。

「お前は>>1乙したくねえのかよ。だったら、俺は一人でも>>1乙するぞ」

牙を突き立てろ>>1

丁度やってるしノートに>>1乙と書いてくるよ〜

「>1乙作戦の感触はどうでしたか!」
「馬鹿、結果を求めるのはまだ早い。まずは外堀を埋めていくのが重要なのだ」
「これは少々遠回り過ぎませんか」

>>1乙!>>1乙!」
>>1乙!積もればフラグ立つ。ハッ!」

「ああーん、じゃあねーちん、>>1に対して何も感謝してないわけ?」
「ううっ!?」
「あーあ、せっかく>>1は新スレ立ててテンプレまで完貼りしたというのに、
それに対して乙どころか私は関係ありません宣言ってか。
堕ちたねー神崎火織。>>1これ聞いたら落胆するぜい?
多分>>1は妙に優しいから怒ったりもしないんだ」
「そ、そんな……確かにあなたの言葉には一理ありますけど、
でもそうしたら私はこれ以上何をどうすれば!?
>>1への借りは膨らんでいく一方ではありませんか!!」
「だからとるべき道は誠心誠意の堕天使メイドしかねえっつってるだろ!!
仮にも世界で20人もいない聖人だってんなら覚悟を決めろよねーちん!!
……ってあれ? ねーちん、きいてんのか、ちょっと待て話はまだ――ッ!!」

>>1の幸せ者さんめーでございましょう。

54 ■■■■ :2007/11/16(金) 23:18:25 ID:jyZuzrz6
62スレ目

>>1乙ってヤツなのよな

場ヲ区切ル事。 血飛沫ヲ用イ前スレノ穢レヲ祓エ清メ禊ヲ通シ現スレヲ選定 ── 両スレヲ結ブ事。 四方ヲ固メ四封ヲ配シ混沌ヲ得ン
──幾スレヲ重ネ降リ>>1乙トシ住人ノ寄ル辺ト為ス ──四女ニ命ヲ。 北ノ義妹、西ノ小萌、南ノ神裂、東ノ御坂 ──レス打ツ場ヲ進呈。 
──ミサカヲ招キ喚ヲ場ニ安置 ──風斬ノ刻ニテ釘打ツ凶姫神、其ニ使役スル類ノ式ヲ ──禁書ニ代ワリテ此ノ界ヲ ──一方通行ニ
代ワリテ百合子ヲ打チ──妄想ニ代ワリテ幻想殺シヲ打タン

ええい! くそっ! くそっ! あーもうちくしょー>>1乙すぎますーっ!!

>>1乙、耐えられたら誉めてやる。

アンタ、こんなトコで>>1乙されて、何やってる訳?

たとえ11巻に帯がついていない俺も>>1乙!

>>1乙にゃー

1乙シスターズ

55 ■■■■ :2007/11/16(金) 23:29:18 ID:jyZuzrz6
61スレ目

その>>1乙を殺す

『熾天の翼は輝く光、輝く光は罪を暴く純白、純白は浄化の証、証は行動の結果、結果は未来、未来は時間、時間は一律、
一律は全て、全てを創るのは過去、過去は原因、原因は>>1>>1は乙、乙は人、人は罰を恐れ、恐れるは罪悪、
罪悪とは己の中に、己の中に忌み嫌うべきものがあるならば>>1乙により己の罪を暴き内から弾け飛ぶべし―――ッ!!』

「───スレッドの補充に伴い、dat落ちの危機の回避を確認。『>>1乙』を休眠します」

い、良いじゃないですか>>1乙したって!
毎回毎回、勝手に>>1乙してしまうのですから仕方がないのですよーっ!

>>1乙だにゃ〜

「悪ィがここから先は>>1乙通行だ」

>>1乙であるぞよ〜

>>1乙ヲ始メシ合図ヲ此処ニ!眩キ>>1乙ト鋭キ>>1乙ト共ニ!

ミテイル>>1オツヲシンジルナ

私見>>1とても乙な解だった

Otsu>001―スレ立てした>>1に乙の手を

    /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.(
          ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::.:.:.)
          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ ___
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
          ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \     \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .!  >>1乙 |
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
       | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
       | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|
       | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|

103000の乙を>>1の脳内に

>>30以降で乙する奴は三流
>>29以前でようやく二流
■■よ、お前は何時になったら一流になるのだ?

蛮脳ハ>>1乙シ衆生此ニ>>1乙スル事>>1 000年
学ビ食シ生カシ殺シ>>1乙スル事更ニ>>1 000
麗シキ哉>>1乙遂ニ四肢ヲ侵シ>>1ラヲ畜生ニ進化深化神化セシメン

56 ■■■■ :2007/11/16(金) 23:41:52 ID:jyZuzrz6
23スレ目

4は>1乙とスレ立ての労をねぎらいます。

新感覚日本刀>>1乙アクション!!
────────‐───────────−────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐(;´Д`) ────―─‐──‐
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /   /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| |>>1乙─/ | |─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ神裂 _/_───‐―──―─‐| | /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´ \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>―‐―───‐─―‐| || | ─────―─
──/──‐──────────────―−───‐(_)_)─────―─
─/────────−────────────‐──────────―‐
───────────────────‐─────────―─────‐

得意の>>950───『スレ立て』を『ID:AFvpPXVP』に持っていかれたのは痛手だが、
たまには慣れない>>7>>1乙なものだ。

>>1
今年も一つも貰えなかった訳だが、俺は気付いちまった!!すでに俺は「貰う側」から「与える側」になってしまったことにっ!
どうりで貰えないわけだ、フフ・・こういう理屈なら貰えなくて当然だよなぁ?
という訳で、

>>1・・>>1さん・・・これ・・・乙ですっ
あっ――でも義理ですから!!
勘違いしないでくださいねっ!!

>>1>>1。普段はあんまり使わない日本語で言うね。このお疲れちゃーん(AA略

「11は乙キャラです、と11は答えます」
「11も乙キャラです、と11は答えます」
「11だって乙キャラです、と11だって答えます」
「11は何から始めましょう、と11はお題を振ります」
「乙キャラが乙キャラとしてまずスレ立て最初に行うべきイベントがよろしいでしょう、と11は答えます」
「乙キャラが最初に行うべき」
「レス番号四号が示しているようなのですが」
「ああ>>1乙というものですね、と」
「ではそれにしましょう、と11は」
「そうしましょうと、1」
「そうですね」
「そうです」
「そうで」
「そう」
「そ」
直後。
スレッドが、乙で埋まった。

利用地形は絶対座標でX-228561,Y-568714。
開始時刻は日本標準時間で午前八時三〇分ジャスト。使用検体は一〇〇三二号。
その用途は『「>>1乙」を適用できる>>1乙における対処法』。

>>1に行われる乙、実は発ガン性物質

――ピストルには2chを
――ダンガンにはキーボードを
――トリガーにはテメエのマウスを
>>1「ば、か。やめろ……、」
やめろって、そんな願いは聞き入れられないな。

「忘れたかにゃー、>>1。オレって実は天邪鬼なんだぜい」


そうして。
>>1の目の前で。
>>20は、いつものようないつもの声で歌って、最後の呪を紡いだ。

――>>1

Tes.>>1乙だと判断出来ます。

>>1ー、乙って言ってんでしょうが無視すんなやこらーっ!!

「もはやそういう>>1の下に生まれたのかも。それはフラグを立てるように、様々な乙を構築していく」

とある>>1乙の禁書目録

AIM拡散力場を利用した1乙。

まぁまぁ効果的です。周りの期待には反応せず自分の>>1乙のみズバリ端的に言う!
これで何割かは批評の意欲を喪失し、普通にスレを続行するしか術がなくなりますそうなればOK!
あとは皆でネタを振るだけです。
上級者は無言でハチャメチャにイカれた>>1乙をしてスレの流れを止めます。それによって住人の方もビビリますからね
その意味で>>50はまだ紳士的だったと言えるでしょう。

57 ■■■■ :2007/11/17(土) 17:57:06 ID:1PCAT7nc
23スレ目

>>53
しかし住人は書き込みを止めず
逆に強く>>1を乙しました

「禁書のスレは輝く光、輝く光は皆を導く純白」
 ポツリ、と。棒立ちの住人の一人が、意味のわからない事を呟いた。
「純白は新スレ「の証、証は行動の結」果――――」
 一人目の声に、二人目が重なり、
「結「果は未来、未来」は「「時間、時間は一」律――――」――」
 二人目の声に、三人目が、四人目が、五人目が六人目が七人目八人目九人目一〇人一一人一二人十三十四十五十六十七十八十九―――――ーッ!!
>>1は全「て、全てを作るのは鎌池、鎌池は原」因、原因は「一つ、」一つは「「罪、罪は人、人は」罰を恐れ、恐れ」るは罪「悪、罪悪とは」己の中に、
己「「「の中に>>1を労うものがあ」るなら」ば禁書のスレに」より「>>1乙を書」き>>1の功労を労うべし――ッ!」

何はともあれ>>1

今日の乙係はわたしだから。>>1は横になっているだけで良い。

5%の>>1乙を忘れてるぞ

いくぞ>>1乙の貯蔵は十分か?

>>1乙とあなたの顔を真っ直ぐ見て心中を吐露します

58 ■■■■ :2007/11/17(土) 18:08:44 ID:1PCAT7nc
59スレ目

お、乙なんて言ってあげないんだからね!
こ、これは別にプレゼントでもなんでもないんだから!

まあともあれ>>1乙。

>>1
お、乙なんて言わないんだからっ!
絶対に言わないんだからそんな目でみ、見ないでよ!



お、乙……(ボソッ)

・――ここから先>>1乙25連発。

>>1
君の御霊は靖国にて永遠に禁書スレを照らし続けるだろう

うっお―――っ!! くっあ―――っ!! ざけんな―――っ!こいつ(>>1乙)の使い道はまだあるぜ――っ!!

後にも先にもただ残るは>>1乙の嵐

体は>>1で出来ていた。

えー、“書込者数ナンバーズ”の結果、あなたの指定数字は>>1等賞、見事>>1乙です!

>>1乙。特別に俺が適当に作った歌を捧げよう

純白シスター        インデックス
青い空から降ってきて   当麻の部屋に落ちた者
白い服を自慢して     当麻の右手に壊される
それはそれはそれは   終わらぬ胃袋持つシスター
海を山を故郷を      自分の知識で守る
無限の魔術の知識で
シスターシスター      スーパーシスター
純白シスター        インデックス

教えてやろう。これが>>1を乙するということだ

>>1 早濡なのね、お姉さんが鍛えてあげるから覚悟しなさいね

>>1
乙っ! 〜〜〜〜ッ!?

この流れなら言えるっ………>>1

>>1乙って言ってんでしょー!

がんばった>>1には報酬として賞味期限の切れた焼きそばパンを捧げよう
無論、俺が踏んづけたやつだ

このスレに足りないのは! 幻想>>1乙魔術異能幼女混沌さまロさ!
そして何より――

 新 刊 が 足 り な い ! 

覚悟できることは「幸せ」だ!
次スレではまた>>50近くまで住人は>>1乙をし、そして自覚する!
「覚悟」こそが!住人にとっての「幸せ」なのだ!

59 ■■■■ :2007/11/17(土) 18:11:25 ID:1PCAT7nc
58スレ目

当然、>>1乙―――!

今週のTHE>>1乙ベスト

>>1乙を担う者!!

>>1乙つってんでしょうが!無視すんなこらー!


           ,r‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
             / r-──--ヽ  \
         / ,f______ヽ   l
         f {ソ⌒从ノ ⌒リ|   i|
         ! / ●    ● 从   i|
          l |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃    |  >>1乙なんだよ!
        /⌒ヽヽヘ   ゝ._)  リ| /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  / ヽ
.        /:::::/| | ヾ::|∧/:::{ヘ、__∧  ゝ
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' 

>>1乙★ビッグウェーブ!!

          ,r‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
             / r-──--ヽ  \
         / ,f______ヽ   l
         f {ソ`ヽ从ノ ノリ|   i|キャピ
       ☆ ヽ|l >   ●  | .│    >>1乙なんだよ
            |ヘ⊃ r‐‐v⊂⊃j  , |
          | /⌒ヽ ノ  イ  |
           | /  /::|三/:://  |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::  |

>>1 乙威

60 ■■■■ :2007/11/17(土) 18:16:43 ID:1PCAT7nc
続き

>>1乙にょろ

>>1乙、ね。うふふ。うふふふふ」

>>1-1001
全員乙

>>1
―――乙。

ごめん>>1に乙した

>>1乙っつってンだろォが!

>>1
そしてかまちースレに栄光あれ

>>1



いぁ! いぁ! かまちーッ!

>>1

>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>!乙

61 ■■■■ :2007/11/17(土) 23:32:19 ID:1PCAT7nc
57スレ目

>>2

>>3

めんどくせェ、>>1-1000まとめて乙だ。

>>12

>>1001
いつも奥付乙

次スレ>>1

それでも>>1乙の嵐は止まらない。

        .....-‐――‐‐- ...、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::,::,:::::,::,::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::i
    〈::::::::|::|::/;/|;;;;|;ハ;;;;;;;|;∧::::::::::::::|
     |::::YVィ..,,_   _,,..ィチ |::::::::::::::|
     |::::ハ(( ::: )ハl <( ::: ) |::::::::::::::|  乙だッ!
     |::::|:| -'" _____  `"- |:::::::::::::::|
     |::::|::|   [  ̄カ    |::::::::::::::::|
     |::::::::ヽ、 `ー-'   /l::::::::::::::::l
      l:::::::::::::::::::r ---r:::::::::::::::::::::::::l
      i::::::::::::::,=|   |=、:::::::::::::::::/
       ヽ:::::< \_/  >、::::::/
       / \/ \/  \/


禁書のスレがまた立つ中で
>>1への乙がこだまする
スレからスレへ移る人の
乙を背負って幻想殺す
元祖イマジンブレイカー
お呼びとあらば即参上

>>1
お前にスレ立てなんてして欲しくないんだよ…!






だが、乙だこりゃ。おーつなーんでーすかー?

「よく分かんない。でも>>1乙」

>>21の影響で>>22-24をがミスラの大群としか見えなくて萌える俺エロヴァーン?
っと某オンラインをやってる俺がスレ違い承知で>>1乙しにきましたよwww

先生!いないだろうが俺はまだ頑張ってるよ〜!ノシ

1乙
         _,..、-ーー--、、.,
       _/:::::::::::::::;;〉、::::::::::`ヽ、
     ,/彡-ー''^~フ^ハ:::ヾ''ヽ::::::::::ヽ
    /~::::::::::::::::/::::::/:::::l::::::ヽ::::::`ヽ、::ヽ
   /(V );;/`::::':::::::::::::::::':::::::::`:::::::::::`ヽ:i
  //(人)´::,、::::::::::|::::::::::::::::::,、;;;,、:::::::::::::::ヽ:i
  |,/:::::::::::/::::::/::::|i::::::::::::::::::l  `、::::ト::::::ト:ヽ
 ´,/::::;'i::::|::::;;/l:::/|:::!:::::::!:::ノ ,/ `、::|ヽ:::|::::i
  i:::/i::::::;l:::;へ,!;ヽ!::i:::::::!;/ u/   ヽi_,|::::ト;::ト,
  !:::/:::/ |ノ   {!、, \;:::::i  / |;ルー''リ/!:;i リ }
  !:jヾ:|_/リ`、   ゙ヽ, ゙;リvイ'~___,/ リ_,,.ノ;|
   レ リ,`、 u`''''''"~    `゙ ̄  u ,/:::::::|;|:|
   /;/!::i` 、,  __,,,...--ーー^ヽ, /::::::::;:;|;i:j
   i:; i:/|:::/|`゙ー-}____..ニニニソ~:::::::::::::i!::!!;リ
   リ リ リ !::::::;/ヽレ个、/゙iヽ、::::::::::ノ|ノリ
        `゙;/: : : :ヽ | /: : : : /ヾく
        ,/ ): : : : : :ト-': ◎: :く  ノ`ヽ,
       ,/ヽ|: : : : : : : : : : : : : |`゙丶、..,_`メ、
     /,_,,,..イ: : : : : : : : : : : : : :|    ~゙゙´
    "ー'~  /: : : : : : : : : : : : : : |
         /`tーイ-t-t--t-t-イ´ト


「とうま、とうま。普段はあんまり使わない日本語で言うね。>>1乙」

爆発に巻き込まれて木っ端微塵に吹っ飛ぶbook3サーバー。
「守ってやれなかった、あいつらを……ちくしょぉーっ!」と絶叫する>>1だが、次の瞬間、
サーバーもろとも消滅したはずのラ板の禁書スレに転送されていた。
そこでいつもの>>1乙やネタAAたちと合流し、アレイスターから事の真相を聞かされる>>1
実は、破壊されたbook3サーバーはダミーで、なんと本物は英国にあるという。
そして、英国にはネセサリウスの本拠地・聖ジョージ大聖堂も存在するのだ。
新スレではメルマガから読み取ったデーターの解析が進められるが、
不意に公式HPに異変が起こり、ミキティは極秘調査によってヒムラー&かまちーに「電撃デビューする以前のプロフィールがない」ことを知る。

次回!鎌池和馬スレッド第58スレ目

消されるな、この>>962乙 忘れるな、我が感謝

62 ■■■■ :2007/11/17(土) 23:39:19 ID:1PCAT7nc
56スレ目

ああっ、なんて粗相を! わたくしの乙が禁断の>>1様エリアへ!

それでも住人の>>1乙は止まらない

>>1』『いち』『はじめ』『はじまり』『乙』『すれだて』『おつかれ』
『GJ』『ぐっじょぶ』『ブースト』『トラップ』『ブライト艦長』『鬱』『ツン』『ん』『駄目』『おしまい』

超電磁>>1

63 ■■■■ :2007/11/17(土) 23:45:37 ID:1PCAT7nc
55スレ目

乙なんて・・・言ってあげないんだから

>>1OHUゥ!?

フハハ>>1乙、>>1乙だロジャー

けっきょく >>1が いちばん えらくて おつ なんだよね

擬人化>>1たん乙ー

>>1
ふんぐるい ふぐたくん いあ!

我がレスが>>1乙である理由をここに証明する!

>>1ちゃん乙なんですよ〜♪

「う、うわ、うわあ!?ギブですギブ!ってか聖徳太子だってこんな数の>1を同時に乙できるか!結局結論としてお前らは一体何が言いたいんだ!?」

――――この>>1の言葉は、どうしてこんなに乙があるのだろう?

――どんな>>1だろうと、ただぶち乙るのみ!

返事がない――ただの>>1乙のようだ

1なんかに乙なんていわないんだから

おつかれさま

〜バカデックス〜
「いんでっくすー。当麻さん今帰ったぞー!」
「わーいとーまだとーまだー。でもほんとーにとうまかー?」
「そーだー。ほんとーに本物の当麻さんだぞー!だから玄関あけてくれー」
「うそだー。ほんとーのとーまなら>>1乙ができるはずだもーん♪」
「とーまさんは本物だから>>1乙できるぞー! >>1乙ー!!」
「わ〜♪その1乙はほんもののとーまさんだー♪おかえりー♪」ガラガラガラー

64 ■■■■ :2007/11/17(土) 23:51:58 ID:1PCAT7nc
54スレ目

―――その全霊を解放し目の前の>>1に乙しろ!!

十万三千冊の>>1

>>1-30…まずはその乙をぶっ壊す!!

>>20-21
あんたら一緒にレールガン喰らって死になさい
あ…い、一応言っておくわ。>>1乙…だったわね

>>1にメイド乙、より正確にはメイド見習い乙だ。

>>1乙だって、言ってんだろうがぁッ!!

65 ■■■■ :2007/11/18(日) 00:01:27 ID:VIFXY6/w
53スレ目

敢然。>>1

乙さ、乙です、乙なの三段活用!

あの時の>>1乙から察するに、おめぇかなりウットリ上機嫌だったろうが!

>>1乙ゥゥゥ!!

当方に>>1乙の用意アリ!

あんた、住人なんでしょ?!だったらしっかり>>1乙して、それからレスなさい!!

反対する理由はない。
存分に>>1乙したまえ

>>1乙ぁあ

「エンゼルさま……エンゼルさま……お教え下さい」
ガリガリ ガリガリ ガリガリ

  >>1 を 乙 し ろ
A NUMBER OF ONE STYLISH

「わかりましたエンゼルさま。私は貴方に従います」

  《>>1乙》
スレッドスタート

「―――>>1000取り合戦?貰っていきますね系レス?」

「おっくれてるぅ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!」

1〜330を幻想殺し。
というわけで鄯乙

>>951
             (⌒).(⌒)
      (⌒) /.:/___! :| (⌒)
       }: レ;{.:〈= =j.::ト/.:/_) (⌒)
‐ 、    ,ノ = ≡ィ=ミ ミ :/.:/:、! /.:/
`ヽヽ⌒〈: ミ ミ ミ: >べミ.ミ ミ ミ:Y.:/ /¨ヽ
   \`ヽi〜/,イフノ ミ ミ ミ ミ i/,//¨  厂 ̄ ̄ ̄`ヽ
-‐=ニ、 ヾj} 〈_ノ' ` ヾ-'⌒>'Y´/    〈 >>1乙か !?|
-―- 、\jリ,/    / `! y<,.} j'´    _,厶_  _____,ノ
┤イ ト丶∨    ノ / 、},。)j/  ┌'´ ̄ ̄´  ` ̄`'┐
┬ 卜 イ ! }  // _ "¨ ン′  | >>1乙して    〉
┬ ┤ト 」ハ{/´  fエl ,. '"|    <  ほしいのか? |
L.卜 ┬ /\.〉   iノ┴'‐--'     └、______,r‐'
\_. イ   `ー'´      
イへ./    , ---、_____ヽ丶   、__,/ ̄ ̄ ̄ ̄`'ー┐
}-‐'´    _ノ_,入_`ブ┐    \  >>1乙…       ヽ
 ̄`7ー'7´/  ノ  jレーく__) ))   | イヤしんぼめ !! |
  {l __{ ..:\__┌<_>‐'´        \_______,/
_____ヽ __,>-‐'´ `´___ ____ ┐7
---‐'´     /___/| ̄又又>|
二ヽ ̄ヽ〜'ニ三ヾ⌒ ̄ヽ、又>'´|
  }}  └ =ニ~~}}  `ー--く_|_/
==' _ -‐ ___,ノ、二._ーァー'
___,. -一'¨¨ ̄  `'ー‐'´ ̄

66 ■■■■ :2007/11/18(日) 00:15:32 ID:VIFXY6/w
52スレ目

乙の>>1。神の子と十字架の法則に従い、前スレと新スレを接続せよ。

『――――その>>1.何が何でもぶっ乙す!!!』

「世界を構築する五大元素の一つ、偉大なる始まりの>>1乙よ」

はっ、何を言うてんカミやんは。ボクぁ落下型>>1のみならず、儀姉儀妹儀母儀娘儀双子
未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショート
ヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテールお下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせ
っ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さんメイドさん婦警さん巫女
さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガールスチュワーデスウェイトレ
ス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人>>1メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリ
ングショット水着バカ水着人外幽霊獣耳娘まであらゆる>>1を乙する包容力を持ってるんよ?

  >>1
舞 乙 HIME
夏     神

>>1
プラズマカッター乙

違うだろ、そうじゃねえだろ!履き違えるんじゃねえぞ!
>>1乙したいモノがあるから、力を手に入れたんだろうが!

前スレが10時を前にして加速中。
そんな状況を横目に眺めつつ、>>1乙。

唸れ、>>1乙ブレイカー!

あはははははははははははは
>>1くんを乙してあげるよおおおぉぉぉ!!!

メインヒロイン
ミーシャ 姫神 御坂 ねーちん 百合子&打ち止め他ミサカ妹s

サブヒロイン
小萌先生 風斬 シェリー オルソラ アニェ 吹寄 オリアナ 最大主教

隠しヒロイン
ステイル ヘタ錬金術師 火野たん 闇咲 カエル顔 ☆ 清掃ロボット 青ピ 土御門 禁書

全年齢版追加ヒロイン
リドヴィア 乙姫 上条母 スフィンクス&保留 青ピ(禁書服形態) 禁書(ヨハネのペン)

真ヒロイン
樹形図の設計者 魔女狩りの王 十万三千冊の魔道書 >>1


俺の脳内では禁書のヒロインはこうなっている

空気読めなくてごめん…
わかってるんだ心の中では…
きっとみんなから罵倒されるだろう…
「いまさらかよ!!」と…
それでも良いんだ…
たとえみんなが敵に回っても…
俺の言葉で喜んでくれる人がいれば…
もし死んでも本望だ…
では言うぞ…




>>1乙!!!!!

67 ■■■■ :2007/11/18(日) 00:31:15 ID:VIFXY6/w
51スレ目

>>1、そこから動けば乙だわ

 イチオツンティウス
>>1 乙の王』!!

「……、分かった。じゃあ俺はその間に、俺はどう>>1乙すれば良い?」

は、愉快。はは、愉快! 面白いぞ>>1、それはいかなるスレ立てだ!
キーボードを叩き、この魔術意医師がその全てを乙してやろうぞ!

,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,ぎゃああああ!!なんですかこの傍点ルビつき>>1乙は!?

>>1
ルルティエ管理下アレクサンドリア乙避図書館

>>1乙の数だけ姫神が幸せになれたらいいのに

数多の戦場を越え>>1乙。

「一体どの人間に乙すればいいって言うんだい?」
「どのって、そりゃ決まってますよ」
「――――>>1乙じゃないですか?」

「誰でも良いから、この世界に散らばる主義主張を上手に>>1乙してくださいって」

「当。然――――>>1乙!」

「コインの裏にいる俺達が、コインの表にある>>1に上手い乙をする方法があれば、是非とも教えてもらいたいもんだね」

「――――ええい! くそっ! くそっ! あーもうちくしょー>>1乙すぎますーっ!!」

>>1、その諷意なるスレ立てを以って乙を得るだろう。50レスほど、儚く―――

>>1は乙にして加齢

68 ■■■■ :2007/11/18(日) 00:42:51 ID:VIFXY6/w
50スレ目

>>1乙というレスで。覚醒を促してみる。えいや

いやー……>>1乙。テンプレ全く異常なし。安心して、良いぜい……

……いちのおつ

僕だって慣れていないんだ、
こんなスレで、>>1を乙するだけの目的でレスを使ってみたいと思うなんてさ

>>1乙って言ってやる!
……今回も【立板誤爆】は無しか。

・・・、あらあら。
こんな時間から>>1乙ですこと

>>1乙をして眠気をさましてみる。えいや。

>>1乙。この言葉で>>1を労おう。

あっはっは!
ごめーん遅れちゃってーっ!
待った待ったー?
お詫びになんか>>1乙してあげるからそれで許してね?

ただの>>1乙に興味はありません
この中に>>2>>3>>4乙がいたらあたしのところに来なさい
以上

>>1乙です、とミサカは微笑みながら言います。

い……>>1乙ぅぅぅーーーっ!

うむ、>>1乙はいいな。神の恵みを思い出す。

焼肉のお焦げ。実は>>1乙性物質。

アンタ何やってんだ!? 他人のベットの上で<<1乙しちゃって変態さんかよ!

>>1さんが周りのみんなから『スレ立て職人>>1乙ちゃん』
と呼ばれるようにならない限り、真の乙は発揮できないわ!

>>1乙です。
49がまだ埋まってない事を疑問視しながら>>1乙っす

だからこそ――この乙だけは、何の混じりけもなく、>>1のものです。
身体も魂も、私は>>1に捧げられません。
ですから、この>>1乙だけは、ほかの誰にも譲りません。
そのことだけが、私の唯一の真実です。

あなたのスレに>>1乙を注ぎ、印を記そう。
永遠の乙は>>1の中にこそ与えられる。
>>1乙はここに、受肉した私が誓う。
この>>37に憐れみを

69 ■■■■ :2007/11/18(日) 09:45:04 ID:VIFXY6/w
49スレ目

はいはい>>1>>1

まぁ>>1乙って事で

じゃーん!今日の>>1乙メニューはチーズフォンデュー!

お前がどんなに気に食わなかろうと、
俺がどんな心理状況だろうと、
俺はお前に>>1乙しなければならん。
それが礼儀だからだ。

>>1乙を担いし者!

>>1。君に皆と乙したいだけ。

>>1乙、と言うことができた。

>>1乙です、とミサカはミサカは>>1を労いながら
「もう49ですね」としみじみと感慨に耽り>>1乙と
再びいたわってみたり

シンプルに。>>1乙。

>>1乙」
>>1乙」
>>1乙」
>>1乙」
>>1乙」
>>1乙」
>>1「もっと愛を込めて」
  「>>1
  「乙」

はいはい>>1乙。お前には本当にガッカリだよ

今スレの>>1は。毎回延々続く>>1乙が嫌いで。やめさせたかった。
だから。あえて空気を読まない書き込みをし続け。その上でスレを立てたんだと思う。

>>43
けどよォ、どンなに空気を読まない>>1だとしても、俺達が>>1乙しねェ訳にはいかねェだろォがよォ
貰っていきます、幻想殺し、そして>>1乙があってこその禁書スレだろ?
俺達が禁書ネタで>>1乙しなかったら何処の誰が禁書ネタの>>1乙をするってンだ。
俺はやめねェ。絶対に>>1乙だけは止めはしねェぞ!

まあ次スレがまともに立てば一乙の嵐になるんだろうけどネ
今スレの分で二倍に増えるかもネ
まあどうでもいいけどネ

>>1乙とかはどうでもいい
禁書を愛でるのだ

さっき新スレ立てて来たぜ。 小便は済ませたか?神様にお祈りは?
次のスレでガタガタふるえて>>1乙をするネタの準備はOK?

おぉ、乙
すまないにゃー、俺がとちった所為でみんなに迷惑をかけちまったですたい

コチラ『禁書スレ>>965』。
ネギラオウジャナイカ、『君ノスレ立テ』ヲ。
コノスレハ狂ッテイル。ドウシヨウモナイクライ……クルクル、クルクル、トネ。
誰モ彼モガ踊リ狂イ唄イ騒グ様ハ、第三者ノ視点カラスレバ、非常ニ不気味デ近寄リガタイモノダロウ。
シカシ絶妙ニイカレタバランスノ上ニ成リ立ツ、コノ狂喜乱舞ノ舞台……。
ソノ中ニ飛ビ込ンデ舞踏ノ列ニ加ワッタ君ノ選択ハ、往々ニシテ正シカッタワケダ。
コンナ至言がアルダロウ……『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々』……トネ。
キミガ踊ル阿呆ノ居場所ヲ作ッテクレタカラ、我々ハ揃イモ揃ッテ馬鹿ミタイニ、君ノ用意シタステージデ踊ロウジャナイカ。
…………ソシテ最後ニ、『乙』ト。ソレダケヲ送ロウ。

ここで>>1000乙と言ってみる

70 ■■■■ :2007/11/18(日) 09:55:46 ID:VIFXY6/w
48スレ目

>>1
君のことは忘れない

「緊急事態だ緊急事態だぞ。>>1が何者かに乙されちゃったー」

>>1乙や>>1乙と同じなので。乙ネタが速ければ速いほどに意味は薄れますが、
それだけ速く>>1乙した時の達成感も大きくなるものですから

ここまで>>1が萌える存在だとは思わなかったw
ともあれ>>1乙の弦

このスレが>>1の作ったルールの通りに進んでるっていうのなら
まずがその幻想に乙!

「むう。何気にかっくいー>>1乙を吐いてごまかそうったって先生は許さないんですよー?」
「……、? けど先生、いきなり立ちあがったりしてどこへ……?」
「執行猶予です。先生スーパー逝ってご飯のお買い物をしてくるんです。>>2〜999ちゃんはそれまでに何をどう>>1乙すべきか、きっちりかっちり整理しておくんですよ? それと、」
「それと?」
「先生、お買い物に夢中なってると忘れるかもしれません。帰ってきたらズルしないで>>2〜999ちゃんから>>1乙してくれなくっちゃダメなんですからねー?」
そう言った>>111先生は笑っていたという

うん、>>1乙は良いな。乙の類は長寿の元とも言うし、カミやんの恵みを思い出す。

全テヲ始メシ>>1乙ヲ此処ニ!眩キ光ト鋭キ音ト共ニ!

「おい、今なんて言った? >>1乙だって?」

どうしよう、どうしよう……。とりあえず前スレを埋める作業に戻ろうか。
それとも、他の板に立った禁書スレとコンタクトを取ってみるのも手かもしれないわ。
この>>1乙なら欲しがるスレはいくらでもあるだろうし。そう、そうよ。
やる事、やる事、やる事がいっぱい! >>1乙! >>1乙があれば私は大丈夫!

追伸、たまにはサラシ娘の事も思い出してあげてください。

>>1乙しなければならないと分かっていても、
少女にはドロップキックしなければならないときがある
  ))     ))
 ((   _ ((  ←前>>954
  ヽ、,'´  、、ヽ) 
   i(((ノリ ))〉' 
    ヽ!///ノ
    ⊂ヽ大!つ ∧__∧
       lヽ/,三l#)⊿`;) ←前>>1000
         ̄  ⊂ ⊂/
        ((⊂丿/
           l_ノ )

何だ、前スレ、ラストの加速は!
ぶっちゃけ、ありえねぇ!!
タイミングミスって、書き込むことさえ出来なかったorz
それはそうと、これだけは言っておく!
>>1乙!!
(今スレでは)二度は言わない忘れるな。

「言ったでしょう?」
「私の>>1乙には、貴女みたいにネタを考える必要なんてないって」

――>>1乙は間違いなんかじゃないのだから!

さて、>>1乙に向かおうと思うのだが、どうかな?諸君

>>977
堰を切れ!! >>1乙の濁流の堰を切れ!! 諸君!!
第一目標は鎌池和馬スレ49!!

正直今回は>>1乙する気になれんわ

一応>>1乙はしてやった。
ただな、これだけは言っておくぞ。
お前は禁書スレの中の最悪の一人だということだ。この前の愛染と同レベルだ。

71 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:04:04 ID:VIFXY6/w
47スレ目

>>1
お疲れ様です、とミサカは眼を離さず言います。

>>1
…いちのおつ

>>1   乙がほこほこ

 T  P  I  M  I  M  S  P  F  T
『これよりこの場は我が>>1乙の穏所と化す』

フン……なにを藪から棒に
>>1乙はなんでも全て素晴らしい
中でも禁書スレは極上よ!

まったく>>1乙もしないって、あなたは一体何を考えているんですか

>>1000取りと>>1乙が交差するとき、鎌池スレの物語は始まるのですの!?

「新スレが立ったんだよ。
前スレを埋めて、>>1を乙して、な」

そして前スレ>>1000に幻想殺し!

とりあえずさっきもメイドガイでしたがもう一度>>1

              ___
   ───  │  │       /  ─  /    ̄ ̄/
  /    /      │      |ノ     /    /
  ───     /      /    _/     /___|

                     /\___/ヽ
    _,、__________,,,、.  /''''''   ''''''::::::\
    `y__////_jニニニニニfi |(●),   、(●)、.:|
    〈_フソ ̄フ ,=-_,,,,-┴─'  |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| >>1
    //o /rて__/       .|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   ,//三/ / ̄"         \   `ニニ´  .:::/
  〈。ニ___/             ヽ.`- 、   ./|

っつっかお前ら変だよ。そんなにオツオツオツオツオツオツオツしやがって。
男ならちゃんと>>1乙筋を通しなさいってんですたい!

この手にマウスを、その形は>>1、その役は乙!

儀姉儀妹儀母儀娘儀双子
未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショート
ヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテールお下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせ
っ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さんメイドさん婦警さん巫女
さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガール>>1乙スチュワーデスウェイトレ
ス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリ
ングショット水着バカ水着人外幽霊獣耳娘
俺は全てを受け入れる。

>>104
お前の>>1への愛が感じ取れた

72 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:14:50 ID:VIFXY6/w
46スレ目

>>1
乙かれさまです、とミサカは嬉しさで飛び跳ねて言います。

>>1乙です、と最後に言わせてもらい。
       私はあなたを含めて、
スレをより良い場所へと作り変えますから」
ZZzz

うふふー、>>1ちゃん乙なのですよー。

>>1>>1。私の右手には何があると思う?」
「何がって、乙……ってオイ!待て、怒濤の乙は待」
直後、不幸にも>>1の視界は乙とネタで瞬く間に埋め尽くされた。

何ですのよこの>>1様オーラの大インフレは!?
ち、ちくしょう。こうなったらわたくしも覚悟を決めますわ。
もう黒子ってば姉妹だろうが親娘だろうが
何でもまとめて>>1乙ですのよーッ!
うふげへげへへあははーっ!!

そんなこんなで前スレに続いて>>1乙です。
全体を通して、いつもの禁書スレとは若干雰囲気が違うという感じが出せればなぁ
などと考えながら書いていますが、いかがでしたでしょうか。

何を馬鹿な!今の今までスレを立てていたのはあなたの方じゃないですか>>1
>>12さんはむしろ毎回毎回立てて立ててと連呼していたはずで、むしろ乙なのはお前の方じゃゴバァああ!?

>>1
お前はよくやった、さぁ森へ帰ろう

ウッス! 芸のない>>1乙をする住人どもっ♪

>>「――警告、第四六章第一八節。禁書スレの>>1を逆算に成功しました。
混沌した外界のネタをキーボードにより記述したものと判明。
対スレ住人用の術式を組み込み中……第一式、第二式、第三式。
命名、『住人よ、何故私を見捨てたのですか』完全制乙まで十二秒」

・―――妄想とは>>1乙也

しまった、>>1さん乙で

付文>>1

>>1方乙う行

「だから、>>1が立てたスレを乙しないといけない訳だ。住人達のレスで」

「ちょ、ちょっと待ってください>>5-37! アンタ達の頭ん中じゃ俺は『住人に
乙されるためならスレを立てるお祭り野郎』になってませんか!?」
「……逆にスレを立てた結果として乙されてる事には気づいてるのかな、>>1?」

>>1乙、と最後に言わせてもらい。
私はあなた方を含めて、
スレをより混沌とした居場所へ作り変えますから

73 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:37:57 ID:VIFXY6/w
45スレ目

なぁんだ。>>1、私はてっきり貴様がテンプレも一緒に貼り付けるなどと馬鹿げた事を言うのだと思うていたのだけどね。
壁は高ければ高いほど、困難は大きければ大きいほど……
それを乗り越えた時、それを乗り越えた貴様を乙する喜びが大きくなるのよね?

結局、俺が言いたいのは乙だけなんだよ。だから>>1がこれ以上スレを立てないって言うなら、もう無理には追わねえよ。前スレ埋めにさっさと帰れ。

あっ>>1ちゃんなのですか?もうお身体の方は乙なのですかー

知らなかったか?>>1乙が始まる時間だぞ

一番カオスな板が乙されるんだ。>>1がどこの板にいようが、
他の板だって全部まとめて乙できるはずだろ、>>1さん=乙!!

なんなのかな、この>>1乙いっぱいのスレは。
ここは>>1が案内役を務めるネタと考察の楽園なの!?

(私は。本当は)
(本当は。>>1乙するべきじゃ。なかったんじゃ)

>>1
これより以降30個「>>1」乙が出れば吹寄に喪服着せます

鍵となる幻想殺しの>>1乙は未だに不安定。これも果たして使えるかどうか
ならば
私自身が>>1乙する可能性も考えねばならないのかもしれんな。ふ。ふふ

ええぃ!くそっ!くそっ!あーもうちくしょー>>1乙すぎますー!

適当な期間にわたって開催される「>>1乙祭り」。
 スレ立ての>>1やテンプレ貼りの>>3、最初に乙した>>5など、
禁書スレのすべての住人とバカとが一丸となって取り組む超小規模イベントだ。
 そこに、ひとつの波紋が広がった。
『幻想殺し』。
 そう呼ばれる存在が、スレ住人たちの大切な夢をあっけなく破壊していく……!
 スレ住人は書き込む。
 誰もが期待し、楽しんでいた「〜は貰っていきますね」を取り戻すために。
 >>1と乙が交差するとき、スレのネタは始まる――!

「ああん!? >>1やん、乙ですよ乙!
考察と萌えで混沌とするカオススレ住民達の狂った心が織り成すマルチなオツが全国ネットで、いや多国籍ネットで展開中なんやで!
こんな手段を選ばぬほどの膨大な乙、受け止められずしてハーレムルートなど切り開けるものかーっ!?」

ただの>>1乙には興味ありません。
落下型>>1乙、義姉義妹義母義娘双子未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様
金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショートヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテール
お下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせっ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さん
メイドさん婦警さん巫女さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガールスチュワーデス
ウェイトレス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリングショット
水着バカ水着人外幽霊獣耳娘まであらゆる>>1乙は私のところに来なさい。以上。

74 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:41:03 ID:VIFXY6/w
続き

ふっふっふ。なかなかいいスレ立てでしたね>>1クン?
確かにここまで手際良くやられるとベターではあります。
しかし、テンプレを貼る前に2ゲッターに割り込まれたのは痛恨でしたね。
規制が入ったのであれば仕方がありませんしその後の対応も見事でしたがココだけが穴でした。
ふふ、残念でしたね>>1クン。
ああ、でも折角スレを立ててくれた>>1に対して皮肉だけじゃいけない!というかそれも含めてこのスレ!
これだからこのスレは離れられない!>>1、乙!俺はこのスレが好きだ!愛してる!
だからミサカも同じように俺を愛するべきだよね。
うん、俺はまだミサカを好きでいられる。自分でそのことを分かってる。
俺は、俺はまだ……まともだ。

始まりには>>1乙を。
そして、約束を。

ンだァそのスレ立ては。愉快にケツ振りやがって>>1乙ってンのかァ!?

スレ住人の一人よがりな>>1乙は嫌われちゃうぞ

>>1OTSUゥ!?」

>>1乙なのかなっ? かなっ?

―――10秒。>>1乙できたら褒めてやる。

「……? あれ、>>5-50、お前ら、いつもの>>1乙はどうした訳?
――――いや! 別に無理してやる必要は全然ないのだけども!!」

>>1乙かレールガン

「かわいそう・・・・・・。ああ、なんて可哀想な>>1。ふ、ふふ。>>1乙しなければ、このスレに捕らえられている、迷える『>>1』をこの手で乙せねば・・・・・・」

新スレに来た住人はもう動かない>>1の名に漢字を一文字加えてログに残してった
聖なる>>1に乙してった

・―――汝、右の頬を>>1乙されたら左を>>1乙しろ

『汝の欲する>>1乙を為せ、それが汝の>>1乙とならん』

>>1
  乙が欲しいか?
乙が欲しいなら

   く れ て や る ! ! !

おっ、きたきた来ました。えーっと、新スレ立て結果の方はっと……当たりみたいです。やはり、このスレ立て自体は学園都市発行の>>1乙ですね

応えろ!>>1乙ぅぅぅぅっ!!

>>1乙が

75 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:44:50 ID:VIFXY6/w
続き

(やばいよやばいよ怒られるよ。どうしようどうしよう、うわー。
>>1はもちろん手伝ってくれた>>3とか絶対怒るって。
あー。久しぶりに言うぞこのワード。せーの、>>1乙だー)

>>1
だから界と書いてエルゴと読むと言っている乙!

>>1には、負けると分かっていても乙しなくてはならない時がある。

>>1乙かれです、とミサカはめんどくさそうに言います。

>>1って鼻毛まで乙なんだな。

可乙想……、ああ、なんて可乙想なスレ立て=>>1ソン。ふ、ふふ。乙らなければ、
あそこで狂っている、迷える『BK団員』に乙らなければ……。

――私は、鎌池和馬が好きよ。
何が好きかって?違う、違うわ、私は鎌池和馬がみんなみんな好きなのよ!
何処が好きかって?野暮な事聞かないで!全部よ、全部!
――あの熱いにも程があるストーリーが好き!
――それでいて随所に混ぜられているギャグが好き!
――主人公の減らず口の中に隠された正義感が好き!
――単なる悪ではなく信念のある強大な敵が好き!
――カオスなのにどこまでも真面目で>>1乙なこのスレが好き!
――私の思いに答えてくれる理不尽なルビが好き!
何もかも、何もかもが好きなのよ、わかる?
もちろんディスプレイから見ている貴方も好き。だけど貴方を「幻想殺し」することは出来ないわ。

――だけど、貴方は私を幻想殺しして。

コチラ『新スレ>>1』。
貼ロウジャナイカ、『次スレURL』ヲ。
コノスレハ狂ッテイル。ドウシヨウモナイクライ……クルクル、クルクル、トネ。
誰モ彼モガ踊リ狂イ唄イ騒グ様ハ、第三者ノ視点カラスレバ、非常ニ不気味デ近寄リガタイモノダロウ。
シカシ絶妙ニイカレタバランスノ上ニ成リ立ツ、コノ狂喜乱舞ノ舞台……。
モシモソノ中ニ飛ビ込ンデ舞踏ノ列ニ加ワレルナラ、中々ニ愉快ダトハ思ワナイカネ?
コンナ至言がアルダロウ……『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々』……トネ。
キミガ踊ル阿呆ノ仲間入リヲ望ムノナラ、我々ハ諸手ヲ挙ゲテ歓迎スルヨ。
…………ソシテ>>1乙モ忘レナイデクレタマエヨ。

こちら『バネ足ジョップリン』。『新スレ>>1』乙です。

76 ■■■■ :2007/11/18(日) 10:54:51 ID:VIFXY6/w
44スレ目

>>1ちゃんおつでっすよ〜♪

>>1オツそしてゴチソウサマ!!

見た目によらず……激しい>>1乙もオーケーな人だったのかしら?

>>1
姫神よあなたは美しい

で、>>1さんの病室はこっちで良いのかしら。というか、いきなり乙しても迷惑に思われないでしょうね!

>>1乙って言ってンだろうが

前に聞いたときは、自分のためだとか言ってたけど。>>1にとっては、それが乙なんじゃないの?

けどまぁ、やるってんなら仕方がねぇ。
       今日がお前さんの>>1乙だ。

くーろーこー……?
不純異性間交友を未然に防ぐって大義名分がありゃ、
>>1を思う存分乙してもオッケーなのかしらー……?

……>>1のエッチ

うーん。冷静に考えると絶対に>>1さんでなければならないほどではないような

>>1乙ばんざいーッ!

あら、それは深読みしすぎよ。知ってる?最近の>1乙ってプールとかジムとか
凄い設備が整っているのよ。やーい>1乙のえっちー

照れる御坂・ダレるインデックス・意外とノリノリなねーちんを幻視した
それはともかく>>1

胡散臭い>>1乙がたくさんいます。それら全てを凌駕する
ほど胡散臭いのが下の方にいますが気にしたら負けという
方向で。

して>>1よ。そなたは如何なる乙を望む?

飛ばねー>>1乙はただの>>1乙だ。

>>1乙、と心中で吐露する。

 「スレを育てるものは?」 
 「熱きレスだ! ネタだ! 混沌だ!」
 「おれたちの商売は何だ、ROM諸君?」 
 「吸収だ! 行進だ! 乱痴気騒ぎだ!」

>>960にスレを立てさせ、そうしてみんなで前スレとなるであろうこのスレを埋めて完全にこの板からdat落ちさせるのだ。
いや、その>>1乙ネタを仕込まなければならない。そうすれば全て元通りだ。新スレが立てば元通り。
あとは皆でネタと考察を繰り返せば、それで終わりだ。皆で幻想を見よう。全部終わりにしよう。
(俺以外の幻想を、殺す。殺す。殺す。殺す。殺す。殺す。殺す。殺す。ころすころすころすころすころす
コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロス
殺シテヒキ裂イテ色々ト描写的ニマズイモノヲ床へブチマケソレヲ踏ミツケテカラ高嗤イシテヤロウ)

77 ■■■■ :2007/11/18(日) 11:04:59 ID:VIFXY6/w
43スレ目

>>1の都合?何だそれは。
そんなものにこだわって乙を逃すほど、>>6は平和な頭をしてないぞ?

こらーっ! 学園都市の路上は終日全面>>1乙なのですっ!!

           ___
    \\ │   /. ┼┐ヽ │  __  | |  ┼┐ヽヽ ─ /  ││
    // │  (´_、│ 」   |/     ノ レ ││     ノ   !!

        _                       
   く  ,'´  `ヽ /                 从
     リソリノ"゙从  ゝ   \    /     丿>>1  ゞ
     ノjid ゚ ヮ゚ノ   \  ∠  ∠    \ ( ゚∀゚)/
      く) Y iつ><三三三三三三三三三 > ( つ つ.てヽ
    ∠ く/_|j〉   ∠  ゝ   く く  /ヽ /  つ ヘ,
    /  し'ノ ゝ /  /     V ´   ´∪Y,´ '

そろそろ、こっちも>>1乙に戻らなくちゃならないから。言っても良いかしら

わたしには感謝の新スレ乙をありがとうさせてもらう唯一の方法がひとつしかない。
お勧めは遠近自在エネルギーほうだが3秒以内に選びたまえ。

我が身に宿る全ての才能に告げる―――
―――その全霊を解放し目の前の>>1に乙!!

まずは前スレ内部での埋め立て。
次に1000ゲットのためのネタ立案、
最後に>>1への乙再開!
ははっ、壁は高く!!
そしてなんて甘美なのでしょう!!

・――スレは>>1乙となる。

無駄ですので。「>>1乙」によって禁書スレが改変するまで、残り113秒。
いや、今107秒になりましたか。ここではっきり言っておきましょう。>>1乙です

もう>>1乙です、と最後に言わせてもらい
私は>>1を含めて
世界をより良い>>1乙へと作り変えますから。

ああっ! もはや互いの気持ちが通じ合っていれば時も場所も問わないだなんて!
この二人、とんでもない>>1乙ですわ!

生徒さん達には何の>>1乙も無いのですよー!!

本スレに対するご意見、>>1乙をお寄せください。

>>1乙は俺のもの

だって、無理だろ>>1! 乙が入るって具体的に何が起こるかわかってんのか!?そんなの実行すればもう一度>>1が倒れる羽目になるんだぞ!!

78 ■■■■ :2007/11/18(日) 11:13:35 ID:VIFXY6/w
42スレ目

>>1乙です、と最後に言わせてもらい。
      私はあなた方を含めて、
スレをより良い居場所へと作り変えますから

>>1乙。よくもやってくれた。

>>1乙……ですって!?

>>1乙】
総人口一億人強を抱えるラノベ板・禁書スレに所属する
全ての住人が合同で行う超大規模イベント(感謝)のこと。
四から五十ぐらいまでのレスにわたって催される。

こらーっ!禁書スレの>4-1000は終日全面>1乙なのですっ!!

「ああ、>>1乙もいいけど禁書スレならではってブラクラも見てみたいわー。
>>35ちゃん、どっかいいリンク知らない? >>300さんは超巨大オリアナ乳の
搬入ドッグとか見てみたいわ」
「……、アンタ、禁書スレをどんな場所だと思ってる?」
「じゃあ調子に乗って擬人化新刊の純血school days」
「かまちー見ているか!!!!!!」

『我々は、労うべき>>1に乙しました』

なれば、>>1乙はいかようにおこなうつもりかしら?

このスレの場合、いろんな人が>>1乙するからわかりにくいかもしれないけれど、
それで>>1乙する気持ちが薄らぐことだけは絶対ない。

「かわいそう・・・・・・。ああ、なんて可哀想な>>1。ふ、ふふ。>>1乙しなければ、このスレに捕らえられている、迷える『>>1』をこの手で乙せねば・・・・・・」

「私なんかが。いきなり乙してみたとしても。>>1君は面食らうに決まってる。
似合わないもの。だからこんなのは。言い出さない方がいいと思うの」

「……>>1を乙しなくちゃいけないって事は、必要なのはインパクトかしら」

「だとすると、理想とされるのは……速さか、濃さか、カオスか、あるいは……ふぁ、っくちゅん!」

考えたところでネタは出なかった。

じくじくととした良心の呵責に耐えながらタイプしてみれば、そこには『>>1乙』と書かれたモニタの画面が。

「……不本意の極みだわ」

思わずマウスを片手に呟いてしまう>>17だったが、まさかここで止めるわけにもいかない。

(まったく。いつに、なったら……)

(……ネタを作れるのかしら)

スレ立て人である>>1が足を組んでこちらを睨んでいた。
>>19はパチパチと瞬きして、
「まあそれはそれとして。わっ、何だこのスレ! ラノベ板のスレって普通こんなカオスじゃねーだろ!?」

>>1乙がゴミのようだ!

ごめん、>>1
ナイトパレードが始まるまでに、
お前の病室に乙る。
だから必ず待っててくれ

「ちょっとアンタ!なんで私の事だけいっつも>>1乙ゼロ状態なのよ!あと値段が安けりゃ何でも不味いだなんて思うなこのバカ!!」

「男の子の一人よがりな>>1乙は相手に嫌われちゃうぞ?」

ぼぼぼぼぼ僕はみ、皆さんのようにすいすい、ネ、ネネネネタが、おおお思いつきませんので、
し、シンプルに>>1乙と言わさせてもらいます。す、すいません!

がーっ!! 何よこの>>1に乙する一歩手前みたいなジレンマは!?

会長閣下、>>1乙する住人の安全確保の為、
スタングレネードを148個程仕入れたいのですが。

スレ殺陣乙!!

あるいは、この私自ら>>1する必要があるか。ふ、ふふ

79 ■■■■ :2007/11/18(日) 11:23:00 ID:VIFXY6/w
41スレ目

「かわいそう・・・・・・。ああ、なんて可哀想な>>1。ふ、ふふ。>>1乙しなければ、このスレに捕らえられている、迷える『>>1』をこの手で乙せねば・・・・・・」

とあるスレッドの>>1乙目録

(私自身が>>1乙する可能性も、考えねばならないのかもしれんな。ふ。ふふ)

ああ、そういえばあの言葉は今は禁止でしたね!
私ドジだから気をつけて、言わないようにしないと。

・・・あれ?

なんだろう、花粉症の季節が終わったっていうのに鼻がむずむず・・・
ふぁ・・・は・・・は・・・・・・






 は ぁ ー っ く し ゅ ん >>1乙っ

>>1乙の巻き起こすレスだけでネタバレを軽く凌駕してやるぜっ!

かっ、勘違いよ勘違い!
こんなの勘違いに決まってるじゃない!
アイツは無自覚でああいう事を言うヤツなのよ、別に私が>>1乙だって訳じゃないんだから!

「だったら新スレらしく>>1乙でもするんだな。>>->>1000

「・・・・・・>>1乙の極みだわ」

「知らなかったか?1乙が始まる時間だぞ」
『な……』
 1乙の渦が禁書スレを覆い尽くす。

「期待はするな。僕にとっても専門外なんだ」
禁書スレの住人は忌々しそうに、
「僕に出来るのは煽りだけ。スレ立てや>>1に対する乙は全く別系統の行動なんだよ。
 そもそも僕が踏み込んだ事のない方面だし、ここまで凄いスレを完全に祝福するなど・・・・・・。
 感謝系に特化したスレ住人でもできるかどうか・・・・・・」
それでも、とスレ住人は続けて、
「・・・・・・このスレの中にはあの876スレの住人の一部があるみたいだね。
 それを借りて感謝を補強する。スクライダーの『反逆』や『速さがたりない』すら
 まともに返せない身では果てしなく不安だが・・・・・・考察が始まるまでの時間稼ぎぐらいはしてやる。
 後は先のレスに良いネタ職人がいる事でも祈るしかないね」
「ぇ、あ・・・・・・?」
修羅場スキーは、ギコギコとのこぎりで切られた。
スレ住人は、その様子から思わず目を逸らして、
「貴様はこちらの>>1乙が終えたら、禁書板のアドレスでエロネタを誘導するように。
 ヘルシング厨、君は先に進み月厨をどうにかしろ。
 君までここに残り、その狂気によってただでさえカオスな禁書スレを徹底的に混乱させられても困る。
 >>1乙が終わったら僕もすぐに追う。
 ・・・・・・もう一度だけ言うぞ。
 月厨をきちんと殲滅したければ、ネメクジをまたいでいけ」
「・・・・・・、分かった」
ヘルシング厨は、血の中に沈む『貰って行きますねレス』を眺めた。
それから、マスケット銃に弾丸を込めて、
「やってやる。それで全部上手くいくなら。だからスレ住人、>>1乙を頼む」
「期待はするな、と言ったはずだ」
スレ住人は重たい息を吐いて言う。
本当に、嬉しそうな声で、
「僕だって慣れていないんだ。
 こんな2ちゃんで、誰かを攻撃する以外の目的でレスを使ってみたいと思うなんてさ」

「全テヲ始メシ合図ヲ此処ニ!眩キ>>1ト鋭キ乙ト共ニ!」

あーいえ!皆も大変ワクワクしておりますというか>>1乙ですねというか!

さあネタバレを防ぐ結界を破壊しよう。

この状況で>>1に最も深い乙をするには……ッ!
ちくしょう、間に合え!間に合ってくれ!!

へいわボケしたクソッたれども   しにたくなければめをさませ
全テヲ始メシ合図ヲ此処ニ!   眩キ 光ト 鋭キ 音ト 共ニ!

お前ら、いったいいくつ>>1乙を忍ばせているんだ

「じゃーん!! 今日の>>1乙は最新刊ネターッ!!」

「じゃあ妥協して擬人化兵器の純潔>>1乙女」

だったらネタバレ祭りらしく>>1乙でもするんだな、カオススレ住人

むしろ「俺>>1でーす! でも>>1乙しまーすヒャッホー!」
くらいしないと鈴科さんは喜ばないと思うんだ。

どう思うパトラッシュ。

80 ■■■■ :2007/11/18(日) 11:28:41 ID:VIFXY6/w
40スレ目

乙なの!乙なんだよ乙なんです三段活用!

「あらあら。巨大宇宙戦艦や人型兵器が連合とか帝国とかに分かれて
戦ったり赤や青のカラフルな>>1乙がピキュンピキュン飛んだりする
スレにはまだ届いてない気がするのだけど」

「禁書スレって色々な>>1乙があるのねぇ」

あーもうちくしょー!!>>1乙すぎますーっ!!

>1乙して何になるンだよ?

「緊急事態だ緊急事態だぞ。>>1が何者かに乙されちゃったー」

新刊前に立つスレは今度こそこれで終わりかな?かな?

っつーわけで>>1乙。
………べ、別に>>1のために乙したんじゃないんだからね!
勘違いしないでよ、バカッ!

>>1のこと、乙してくれねえ?」

      ,.. -ー―- ...,,_
              /::_,. .......:::::::::::::゛`ー 、
             /::::::::::::::::::::::_,,.::::::::::::::::::\
         /:::: ::: ::/".メ.//|::}丶::::::::\
         /:::::::,::::::.//ノ/  l:」 l:i::::::::::::ヽ
          /:::::::::::/::|/ ⊂⊃   丿 \|::::::::::::|
       /::::':::::::| ::|        ⊂⊃イ |::::|」'
       /::::,::::::::| ::|   i`ー 、       | |::リ
      ,|::::::::::::::l::::|   |   `ー.、    リ::|  >>1>>1>>1
      | ::::::::::::::!:::| .   |      7   /|::|
     ,イ::::::::::::::::::!::|   t     /"   ノ"|::|
     /: ::::::::::::::::::リ|::`-..,,_\,..../"__,./::::l:|:::|
      ./::::::::::::::::::::::::::l:∧\~7::::゛~ ̄::::::::::::::|/:ノ
    /:::::::::::::::::::::::/  \ ||\.::::::::::::::::::::::::|/|
    /::::::::::::::::::::::/ゝ     ll╋j、:::::::::::::::::::::' ::|
    /::::::::::::::::::::::/  /` .   ((┃ t;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  ./::::::::::::::::: :::/  |      ヽヽ |\::::::::::::::::|
.. /::::::::::::::::::::::/   l      i .!  | \:::::::::::|
 /::;:::::|::::::::::::/   」      | |_|ヽ \:::/
, '::/ |. ||:::::/:::ミゝ- ' --─── [>□<]_r'\
   |. /L::/iノー-ー‐-ー-ー‐ -ー-┐:::::::~`"
   k tメ/::::|i ‖ i ‖ i | i  ‖ ハ:::::ノ
  /|7ゝ't::::: | ‖ i ‖ i | i  ‖__'ヽ
/  |    l `し/ 〜〜/〜- ´~ゝ l´
-〜

「テメェ今>>1乙ったオラァァ――ッ」

    _       _              _       _        _
    ,'´  `ヽ   ,'´=[三]ョ          ,´∞ `ヽ    ,'´ `´ヽ     ,´   ヽ
   リソリノ"゙从∩ リソリノ゙"ヽ∩  , -― 、   l ノリ从从.〉∩ ル /ノノハ)〉∩ l ノリjji从〉∩
   ノjid ゚∀゚ノ 彡 ノjid ゚ -゚ノ 彡  リソリ"゙从∩ `(lリ゚∀゚ノリ彡  ヾ(リ゚∀゚ノ 彡  | (lリ゚∀゚ノ 彡
    (  ⊂彡.    (  ⊂彡.   ノid ゚∀ノ彡   (  ⊂彡.    (  ⊂彡    li( †⊂彡
    ビリビリ    ミサカ    打ち止め  百合子ちゃん 小萌せんせー 姫神(仮)
     蓮  __      ,-、-,         _        _       ,、,、,、,、 l≡l
.     || ,'´  `ヽ    / .《   ̄ ヽ    ,'´ .∧ヽ┏    '´  `ヽ〓  ,r ,ィ---ト、┃
     ┃l _ノ二ヽl∩  |〃!/从i.リl)∩.  [( 工∨_]∩ . ノ卯ソノノ从)∩  ly ,'`´'`ヾi∩
      | ノjリ ゚∀゚ノj彡  | ハ|| ゚∀゚ノ|彡  //从リ-ソノ彡  《 il`リ#゚∀゚ノl彡ヽ w(i ゚∀゚ノ'彡 一乙
      | (  ⊂彡.   ノ/ (φ⊂彡   ζ ( ┏⊂彡  )) | (〓⊂彡  [[]━( ━⊂彡
      アニェーゼ  (( ねーちん    ミーシャ      白黒      冥途


禁書板住人にはガイシュツだとわかっていても>>1乙しなければいけないときがある。

81 ■■■■ :2007/11/18(日) 11:35:14 ID:VIFXY6/w
続き

ばしゃばしゃぶくぶく>>1>>1乙ー

>>1乙〜>>1乙はいらんかね〜

修羅場大好きな禁書スレ住人はサンホラのStarDustすらも許容しそうだ

十、既に300近く進んでいるが、>>1

82 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:21:59 ID:VIFXY6/w
39スレ目

  !i     !    !i
              !i     !   .!i
              !i     !   !i
               !i    !   !i
               !i.  !  〃
              ヽ、 i  ィ!
              {`、三彡}
        ,, - ―‐ 、_/ヽt-ィ''ヘ
        イ     、 ヽ ! ij ハ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /  /〈ル)ノ リ 、`, i  ! ハ      | はうあうあう
      l i ノノ O  OY i   !  ハ   <  先生のために>>1乙なんて
       ヽ(/. (ノ △Uノ i.   i  ハ    |   しちゃ駄目なんですよー!
         冫、乏-rァ' i   i   ハ    \_____
        / 、ソ  ノ"`!   i   .ハ
       j=`T´ラ!   !    .!   ハ
       /::::::::::::::::|   !     !    jノ
      ┌〈::::::::::::::::::!_i   __j_r--'"
      |「`ー'(」 └' └‐'"

それで今回はどこの>>1のために乙したの?

一スレずつお付き合いいただいている貴方はお久しぶり。
三十九スレまとめて過去ログ漁っていただいた貴方は初めまして。
>>1乙です。

「はいはい皆さーん、話は聞きましたね? ついさっきまで、やる気がないだの、体力が尽きただのと、各々勝手に喚いていましたが・・・・・・」

「――もう一度だけ聞く。テメェら、本当に>>1乙する気がねえのか?」

                  γ´⌒`γ
                 il ノリjji从〉∩  _
            ,.-ー-、 | (lリ゚ -゚ノli  ,'´  `ヽ,
            li゙゙(""!ミ}|⊂ ソ†ノ  リソリノ"゙从
     ,'´ `´ヽ (゙( ゚∀゚ ∩  (つ ノ  jid ゚ ヮ゚ノ')   ,'´=[三]ョ
     ル /ノノハ)〉 ヽ  〈    (ノ   ノ 〉  /   リソリノ゙"ヽ) 
     ヾ(リ ゚ヮ゚ノノ   ヽ.ヽ_)        (_ノノ    ノjid ゚ -゚ノ')
      <i) `^'(⊃                     〉  ,_O  _,,
   《  ̄ヽs∪.                      (_/ ´  γ´   ヾ
  /从i.リl!))         >>1乙!>>1乙!         ル从リ从)〉
  (゚- ゚ノ|ハ(( ⌒`⊃                     ⊂´⌒ソ(lリ゚ ー゚ノリ⊃


                 ,´  `ヽ
                   l ノリ从从∩   _
            ,-ーー-、  `(lリ゚∀゚ノリノ  '´  `ヽ
       _   从"゙ヽソリ  ⊂> 最 ノ ノ卯ソノノ从))、 _
      ,'=[三]ョ、('(゚∀゚b∩ヽ  (つ ノ  《 il`∩゚∀゚ノ') ,'´ `´ヽ
     ( /゙"ヽリソリ ヽ電 〈,,    (ノ   )) | 〉 黒 / ル /ノノハ)〉ゞ
     ('(゚- ゚∩jヽ   ヽヽ_)          (_ノ ノ  ヾ∩゚∀゚ノ')
      O,_妹 〈                       〉 子,_O _
  , ―- 、  `ヽ_)                     (_/    ,´   ヽ
 从"゙リソリ、          >>1乙!>>1乙!         ノ ノリjji从〉
⊂(゚∀゚⊂ 止`⊃                      ⊂´■⌒⊃゚∀゚ノli⊃

83 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:27:26 ID:VIFXY6/w
続き

乙って言葉ぐらい知ってンだろ。

べ、別に>>1のために乙したんじゃないからねッ!

>>1〜って言ってるでしょうが無視すんなやこらーっ!!

>>1乙。ほんと乙かれ。

ま、いいか。とにかく前スレから出るぞ。さっきの新スレエリアまで行きゃ>>1乙なんて山ほどあるんだし

「よくあることさ。ものごとが起きたか起きなかったかなんて所詮1乙の問題にすぎない。
  1を含まない乙はいくらでもある、ちょっとした分岐だよ」

84 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:37:35 ID:VIFXY6/w
38スレ目

>>7-100
これ、正しい>>1乙じゃないの。
トラップとして用意されたダミー乙だよ。

>>1>>1>>1>>1
これが世界の選択だ!

前に、自律バスの整備場で、バスの壁面にルーンのカードを貼り付けていたな?
それがまだ生きてるならオーダーを頼む。スレ番号38に書き込んだレスを>>1乙しろ

          , -、/ ̄ヽ   __
        __(  しヘ 弋/ )\
      /ー'    \    └ヘ\
     └ヵ              |\
    / ̄\             〕 \
    └┐         _   -―-\  ヽー、
    ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
    廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
     r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
     `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
     〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
       ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `  乙なのだわ >>1
        | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \  それよりも
        | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ     お茶はまだかしら?
         \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \
           \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \
             | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \
             | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \  \
             /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
          // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
      ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
      \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
         ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
        <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /

禁書スレの>>1乙に含まれるネタ成分。実は中毒性物質。

「良いかカミやん。俺たちの>>1乙術式は、
「スレを立てるための準備を読み取りそこから>>1の努力を識別してねぎらう」
っていうヤツだ。ここまでは分かるか?」

もう毎回毎回>>1乙と言っているような気がしますが、やっぱり今回も>>1乙なのです。
なにがどう>>1乙なのかは本スレを読んでのお楽しみ、という訳で。

>>1乙サボってナニをやってるのよ、この禁書スレの裏切り者が

……な、何なの。この>>1乙感は!

おれ、この戦争が終わったら>>1に乙するんです

>>1に乙……ねぇ」
「何で訝しげなのよ。別にあのネタで初めて新スレを立てたって良いじゃない!」
「いや、そうじゃなくて」「……>>1ってさー、何か前スレの方で大人気だったなーって――ハッ!乙してな……」

>>1ちゃんは…>>1ちゃんは乙じゃないって事はないんです

無関係ではありません。わたしの>>1のの絆は、
地底王国アガルタの最深部より深く、エクスカリバーでも断ち切れないほどに強固。
その硬度はオリハルコンすら上回ります。
乙です

・――>>1は乙である。

「あらあら。……言葉を巧みに操り、>>1乙にあんな無茶な改変を通させてしまうとは、
 一体どこの>>1乙に似てしまったのかしら。あやいやだ、母さん>>1乙時代を思い出しちゃいそう」

――まあ、現在(いま)は色々あって、
それらが進行形なのもわかってる。
それでも、ひとつだけ、
たったひとつだけ聞いて欲しいことがあるんで言わせてくれ。

―――>>1

85 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:41:36 ID:VIFXY6/w
37スレ目

「悪りィが、こっから先は一方通行だ」

>>1乙以外は、侵入は禁止ってなァ!」

 ∧_∧
(; ´Д`)
  /    / /ヽ
 | | >>1乙/ | |
 | |  / / | |
 ∪ ./ ,イ ∪
  | / /|| |
  |/ / || |
    | || |
   (_)_)
                           _,-、-,    どうしてわたしが
                            | 〃  ̄ ヽ    スルーされるのか
                  ========!iとエヽ !/从i.リl)) _
                             〈 ハ|| ゚ -゚ノ|/ //
                           ))l⌒l二{ヾ)/
                          ゛〈坐〉人ヽ二).:.:.:::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.


全て崩れろ!スレの混沌のように!!
>>1を飲み込め!乙の中へと練り混ぜろ!私はそれでテメェの心を乙付けにしてやる!

それでも、お前があいつに>>1乙したってことに変わりはないだろ

十日。耐えることができたら、乙してやる

楽勝でスルーできるな、まぁヌルーしたいのが本音だが
焦らしプレイというのも乙なものだ

というわけで↑は>>1に捧ぐ

─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐(* ´∀`) ────―─‐──‐
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| | >>1 ─/ | |─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ聖人 _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>―‐―───‐─―‐ | || | ─────―─
──/──‐──────────────―−───‐(_)_)─────―─
─/────────−────────────‐──────────―‐

「断然、何よりも優先するのは>>1乙――――!!」

86 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:48:02 ID:VIFXY6/w
続き

たまには普通に>>1乙できんのか貴様ら。
>>1

            !i     !    !i
              !i     !   .!i
              !i     !   !i
               !i    !   !i
               !i.  !  〃
              ヽ、 i  ィ!
              {`、三彡}
        ,, - ―‐ 、_/ヽt-ィ''ヘ
        イ     、 ヽ ! ij ハ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /  /〈ル)ノ リ 、`, i  ! ハ      | 
      l i ノノ O  OY i   !  ハ   < >>1乙ですよー  
       ヽ(/. (ノ △Uノ i.   i  ハ    |   
         冫、乏-rァ' i   i   ハ    \_____
        / 、ソ  ノ"`!   i   .ハ
       j=`T´ラ!   !    .!   ハ
       /::::::::::::::::|   !     !    jノ
      ┌〈::::::::::::::::::!_i   __j_r--'"

このスレで普通に>>1乙するのを見かけないな・・・って事で>>1

い、良いじゃないですか>>1乙したって!
毎スレ毎スレ、勝手に>>1に乙してしまうのですから仕方がないのですよーっ!

>17
笑止。>>1乙をネタにしてこその禁書スレ住人よ。
新ネタも考えず吠えるでないわ。
さておき、>>1乙。
ご苦労であった。

            スレタテオツ
「乙、ですね。現地では『>>1乙』と呼称されていた物品のようです」

して、>1、折り入りてそちに乙したき事があるの……

チッ。お前が熱くなるな。
ここではまずい。
>>27を影に戻して>>1乙する。

   │  \______ζ
    │       ||||   /
    │  / ̄  ̄ .|| ̄ ̄`γ
    │  |   ∧||∧   くくく…
    │  |  ( / ⌒ヽ    >>1乙と言ったところかのう?
    │  |   | |   |
    │  |   ∪ / ノ
    │  |    | ||
    │  |    ∪∪
    │  |     ;
    /   ..\  -━━-


おっしゃーっ! つっかまえたわよ私の>>1乙!
わははははーっ!!

……連中、>>1乙に意味を見出すような人達じゃないから。

探せ。まだまだ俺達の知らない>>1乙があるはずだ。

87 ■■■■ :2007/11/18(日) 21:55:14 ID:VIFXY6/w
36スレ目

             _ _
           ,´ノ从 ヽ
           ノノリ从从〉  こっから先は一方通行で>>1乙だおwwwww
 ━━┳⊂二ソ(lリ^ω^ノリ二⊃
    三 ,i ミ彡/       ブーン
     三 @( 7 /
    三    レレ


∧_∧
(; ´Д`)
  /    / /ヽ
 | | >>1乙/ | |
 | |  / / | |
 ∪ ./ ,イ ∪
  | / /|| |
  |/ / || |
    | || |
   (_)_)
                           _,-、-,    何なんですか
                            | 〃  ̄ ヽ    その7行目は
                  ========!iとエヽ !/从i.リl)) _
                             〈 ハ|| ゚ -゚ノ|/ //
                           ))l⌒l二{ヾ)/
                          ゛〈坐〉人ヽ二).:.:.:::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.

夢と希望だけが友達って事で>>100乙。

>>1やん乙ですにゃ〜

>>1乙】(いちおつ)

労いと感謝の気持ちのスレ的意味を抽出し、極限まで増幅・凝縮・収束させ
た霊装。「>>1を貫き、スレに常駐させる」と語り継がれている。
普通の人間には何の効果もないが、相手が「>>1」なら、切っ先を
向けただけで距離に関係なく一瞬でマターリさせる

女には、既出とわかっていても>>1乙と言わねばならない時がある

おっしゃーっ! つっかまえたわよ私の>>1乙条件!
わははははーっ!!

>>1乙なの!>>1乙なんだよ>>1乙なんです三段活用!

飛んでくる>>1乙のレスに反応して、IPと住所を伝えてくれる『>>1乙円陣』
そんな便利な代物を、乙をしないで発動できるはずがないだろう、>>1……

>>1乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙
乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙
乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙
俺乙

 \\ │   /. ┼┐ヽ │  __  | |  ┼┐ヽヽ ─ /  ││
    // │  (´_、│ 」   |/     ノ レ ││     ノ   !!

        _                       
   く  ,'´  `ヽ /                 从
     リソリノ"゙从  ゝ   \    /     丿>>1  ゞ
     ノjid ゚ ヮ゚ノ   \  ∠  ∠    \ ( ゚∀゚)/
      く) Y iつ><三三三三三三三三三 > ( つ つ.てヽ
    ∠ く/_|j〉   ∠  ゝ   く く  /ヽ /  つ ヘ,
    /  し'ノ ゝ /  /     V ´   ´∪Y,´ '

ふむ。私の信じる世界など、とうに>>1乙されているさ

お前は>>1乙という言葉を知っているか?

何が乙って、>>1。禁書スレを立てちゃったのがもう乙だね。

>>1「行きますよー住人共。待ち構えている>>1乙集団が放つ、あの三枚目オーラ。スレ立て専門のわたくしめが見事木っ端微塵に打ち砕いてみせましょう! わはははははーっ!!」

迎撃組が撃ち漏らした>>1乙の弾丸が何発も襲ってくるが、>>1は笑いながらバレリーナみたいにクルクル回転しつつ、全弾を余裕で回避していく。

88 ■■■■ :2007/11/18(日) 22:01:31 ID:VIFXY6/w
失敗しました


          ___
    \\ │   /. ┼┐ヽ │  __  | |  ┼┐ヽヽ ─ /  ││
    // │  (´_、│ 」  |/    ノ レ  ││    ノ  !!

        _                       
   く  ,'´  `ヽ /                 从
     リソリノ"゙从  ゝ   \    /     丿>>1  ゞ
     ノjid ゚ ヮ゚ノ   \  ∠  ∠    \ ( ゚∀゚)/
      く) Y iつ><三三三三三三三三三 > ( つ つ.てヽ
    ∠ く/_|j〉   ∠  ゝ   く く  /ヽ /  つ ヘ,
    /  し'ノ ゝ /  /     V ´   ´∪Y,´ '

89 ■■■■ :2007/11/18(日) 22:03:11 ID:VIFXY6/w
むう・・・。

         ___
 \\ │   /. ┼┐ヽ │  __  | |  ┼┐ヽヽ ─ /  ││
 // │  (´_、│ 」   |/     ノ レ ││     ノ   !!

        _                       
   く  ,'´  `ヽ /                 从
     リソリノ"゙从  ゝ   \    /     丿>>1  ゞ
     ノjid ゚ ヮ゚ノ   \  ∠  ∠    \ ( ゚∀゚)/
      く) Y iつ><三三三三三三三三三 > ( つ つ.てヽ
    ∠ く/_|j〉   ∠  ゝ   く く  /ヽ /  つ ヘ,
    /  し'ノ ゝ /  /     V ´   ´∪Y,´ '

90 ■■■■ :2007/11/18(日) 22:09:29 ID:VIFXY6/w
35スレ目

禁書スレは>>1乙大国だからなー。そもそも他スレには>>1乙で50も消費したりしないんだぞー。

あらまぁ、自分のメリットばかりを見て乙っていうのは、
>>1乙文句としてちょっと幼すぎるかな

>>1
うっだー……。乙る気なぁーいーぃ……。

「(……えーっ!?乙の相手って>>1なの!?か、覚悟はしておけスレ住人!あそこの>>1様は怒ると新スレをも使い潰せそうな必殺のネタを飛ばしてくるぞ!!)」

とある>>1乙の禁書目録

>>1を中心点にして、禁書スレへカオスに並ぶ。>>1乙というか、新刊発売日辺りの本屋の開店の一歩手前といった感じだ。

『禁書スレ』を立てたエリアは、漏れなく>>1乙の支配下に置かれる。

              ,、.'"     __,,,,,_    ゙' 、
                ,.'::    ,、- ''"´   `゙゙゙''‐ 、 ゙' ,  ,,、、、
               ,.':::  .,. "           ゙'.、r'"   ゙'、
             ,.':::: , " ,  ., , ,, 、,  , 、 、 ,r"    ',
            _,i、  ,.'  .i  ,','l !l .!l l. ! ',, l .l、/     ........ !
           ゙,~   ,.ri.  .{ .!.!,i,',l ,',!,! l', l',l,,,!/    .::::::::::::::!    
            ゙、:::::,.' .::!   l゙、'l"l,' !,'!'!'.レ !' .'''.,'   .:::::::::::::::::l
.            ,>' .:r"l  ',.l,、‐''''i-     ''i;'   .:::::::::::::::::::,'    ここは>>1乙するスレ
           〈-、::::゙'‐!. ,. '、ゝ;;;:j      /.   .::::::::::::::::::::,'      ちぃ、覚えた
.            ゙、 ゙''‐-l  ', .ヽ`.´    ' ,.'   .::::::::::::::::::::/  
             `,i‐、..}i  '.;:. ゙ヽ   ヾソ'   .:::::::::::::::::::,.'
.             / ;. ゙,゙,   ';:  ノ,,、-''"   .::::::::::::::::::,r'
            / ,.'-‐゙'',-,、,i'"゙! "     .::::::::::::::::,r'"',
            / i'r"゙'´` `'''>'      ゙,::::::::::;r':!   ',
.           / .,、'´ ::、 .:,r'"        ゙、:::::'::::::',.   ',
           / .,.!  ..  :゙'::,'   、.l.      ゙、:::::::::: ゙、.  ',
         / /,', ...::.:::::::,'    ゙'i.       ゙、:,',:::::. ゙、 '゙、
.        / , ', ' .i、:::::::::,r'     ',        ゙、':::::::::. ゙、 ヽ
        / ,.'.,.'  ,゙、:::::::i   ゙、.   '、    ..:::::::l::::::::::::::. ヽ ヽ
       / ././  ,.'  '、;:::!   ',    ゙、::::::::::::::::::::::!:::::::::::  ,''-、..,,゙、、,,,.__
      / / / ./  .::::::`゙'、.   '、  .:::::゙.、::::::::::::::::!::::::::  .,.',,     ,,-,-‐'

「―――素人のスレ立てにしては>>1乙でした、といった所かしら。
ただ、目欄ネタに目が肥え、テンプレ改良にも慣れているお姉さんにはまだまだ欲求不満が募るレベルだけど」

「こ、これはっ、メイドの>>1乙塚!」

        /\
        │↑ |
        │こ .|
        │の│
        │先│
        │  |
        l >>1|
        │乙│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「はい、>>1乙っと……って、ああっ!? なんかエラーが出た!!」
「なぁっ! き、きちんと埋め立てしてから使わんか!」

91 ■■■■ :2007/11/18(日) 22:13:54 ID:VIFXY6/w
続き

                      ,ィ,(fー--─‐- 、、
.                     ,イ/〃        ヾ= 、
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_

                俺達はとんでもない勘違いで1乙だ

「んふ。お姉さんは一度言った>>1乙を何度も言う趣味はないの。」

「だから、この街に潜り込んだ>>1>>1乙しないといけない訳だ。僕たちの手で。」

幻想殺しがすぐここら辺に一山幾らでいるというのに
こんな>>1乙をしている場合ではないんだけれどね―――


―――ま、仕方ないってこともあるか。
遅ればせながら―――それでは>>1乙を始めよう。

は、え、アレ? あ、あの、日本語がおかしかった、の? 乙だよ、>>1

えーと最後の>>1乙から30分か。まだ間に合う時間だよな?

92 ■■■■ :2007/11/18(日) 22:20:19 ID:VIFXY6/w
34スレ目

あらあら、刀夜さん。また>>1乙ですか?

同時、ゼロ距離で、>>5>>1乙が発射された。

……>>1。私の乙遣いを聞きて、こっそり笑いたる事はないでしょうね?

「人が>>1乙してる時だって、上條当麻はやっぱり上條当麻か」

「もう駄目だ。>>1のスレ立て属性の手にかかれば、あの堅物すらも乙の餌食か」

…い、>>1乙でスレを満たすのは、ちょっと荒技すぎるかも…

「す、すげぇ。すげぇよ>>1! 流石は対>>1乙属性完全ガードの女!」
「いつものパターンなら『べ、別にあんた達の為にスレ立てたわけじゃないんだからね!』とかツンデレにいっちゃう所なのに!」
「そして貰って行きますねだとか何とか良いながら殺される事を期待してしまうはずなのに!!」
「我々禁書スレ住人の希望やね。>>1を研究することで、スレの加速を克服できるかもしれへん!!」

母さんこわーっ!だ、だけど、だけどこのスレの軽い>>1乙もちょっと可愛らしいし、ここはどう動くべきか!?

>>1乙】(イチオツ)
感謝と挨拶の禁書的意味を抽出し、極限まで増幅・凝縮・収束させ
た霊装。 『>>1にも乙しスレに在住させる:』と語り継がれている。
普通のスレには何の効果も無いが、相手が「>>1」なら、クリックを
するだけで距離に関係無く一瞬で挨拶する。

「時間も時間につき、ね。
本来なれば夜も更けたる此の時間は、>>14は寝室にて身を整えたる刻限ですもの。
>>1を乙する程度は目を瞑りていただきたいわ」

「報告は緊急の?それにしても、毎回毎回異なる通信方式で>1乙を入れられると、受けるこちらの苦労も増えてしまいますが」

『禁書スレ』を立てたエリアは、漏れなく>>1乙の支配下に置かれる。
それがこの34スレ目であっても例外はない。

次に放つはレスで描く乙の象徴、角度にして0度のコンユンクティオ、総レス数にして>>20枚目の使い捨て乙。

「い、>>1ィぃぃぃ!? おのれ>>1乙属性、俺達の最後の砦を!!」
「もう駄目だ。>>1乙属性の手にかかれば、あの強者すらもフラグの餌食か」
「そして実は可愛らしい一面とかがバレて、いつもの貰っていきますね、になっちまうんだ……」
「我々人類の絶望やね。―――って>>1で駄目なら後は誰が残っとんねんボケェ!!」

>>25。何でも良いから>>1乙をしろ。>>1乙でどこまでレスが伸びるかを知りたい。

何故、>>1に乙をしないんだ。>>1がそれで顔を曇らせたら、全部>>25のせいだろうが

>>1-----テメェのふざけたスレ立ては、俺がこの手で跡形も残さず>>1乙してやる」

>>26
んふ。お姉さんは一度した乙を何度もする趣味はないの。

「だから、このスレに潜り込んだ>>1をどうにか乙しないといけない訳だ。僕たちの手で」

「大丈夫だって!>>1乙まみれの>>1ならどうってこたないぜい!!」

――あれ、俺はなにを言って……?
まあいいや。なにが言いたいかっていうと、とりあえず>>1乙って事だ。

93 ■■■■ :2007/11/19(月) 22:41:01 ID:ge3IuK7c
33スレ目

>>1は、乙こぼれなんかじゃありませんよね……?

おっしゃーっ! つっかまえたわよ私の>>1乙!
わははははーっ!!

責任感の強い>>1だな。別につまんねぇなんて思ってねーって。
この手の馬鹿騒ぎは騒いでこそ華だしな。

「あ、あうう・・・・・。禁書のスレは
>>1乙という名の誘惑の塊かも」

>>1乙、ですね。現地では『使途>>1乙』と呼称されていた物品のようです

「そっかそっか。新スレが立った時点ですでに>1乙祭りが始まってますなぁ!!」

>>1乙】(イチオツ)
感謝と挨拶の禁書的意味を抽出し、極限まで増幅・凝縮・収束させ
た霊装。 『>>1にも乙しスレに在住させる:』と語り継がれている。
普通のスレには何の効果も無いが、相手が「>>1」なら、クリックを
するだけで距離に関係無く一瞬で挨拶する。

だらしがないわね。>>1乙は前戯だっていうのに、もう足腰がダメになってしまったの?

さあ、テメェら
鍛えに鍛えた>>1乙、見せてみな

          ・・  
あらあら、刀夜さん。また>>1乙ですか?

「------もう一度だけ聞く。テメェら、本当に>>1に乙する気ねえのか?」

あー、失礼ですけど>>1乙ってどの辺にあるかご存知ですか?

べ、別にあんたのためじゃないんだから、
勘違いしないでよね!迷惑なんだから!(でも>>1乙でごわすな)

す、すげぇ。すげぇよ>>1!流石はスレ立て属性完全完備の住人!

いつものパターンなら『次スレ立たないなら、立てようか?』とかフォローにいっちゃう所なのに!

しかし、客人の前で>>1乙するのはどうなんだ。
それは本来、話し合いの場に立つ前に済ませておくべき事だろう。

94 ■■■■ :2007/11/19(月) 22:44:24 ID:ge3IuK7c
続き

>>1乙。

(―――『ネタバレ禁止』の終了と共に、現行スレは崩壊せしめる。いや、それ以上の事が起こりけるわよ)

一晩でどれだけ食い潰す気だ、諸君?

おうおう>>1ちゃん。ウチのもんが手ぇ焼かせたな。ん?……なんか乙な感じがするぞ?

くっくつ、確かに。>>1乙と言う意味を知らぬ身なりよね。

あらあら、当麻さん的には>>1乙のレスが直球なのかしら。


【大解禁祭】(だい・かいきん・さい)
ネタバレ解禁日の00:00に、スレ住人たちが一斉にネタバレ書き込みをすること。
その速度は、約1時間で400ものレスを生み出す。

ま、絶対に>>1乙に集中しなくちゃ駄目なんて強制はできないし、リタイアするって言うなら止められないんだけどさ

……い、>>1乙でお腹を満たすのは、ちょっと荒業過ぎるかも……。

「はい、ペタリっと……って、ああ!? なんか>>1乙が出た!!」
「なぁっ! き、きちんと手を拭いてから>>1乙せんか!」

折角だから>>1乙しつつ書き捨てる

多方向考察?意見の相違?大いに良し!
批判?荒らし?ネタにして喰らい尽くせ!

どうしようもなくお互いの意見という道が交差しぶつかり合って争うなら…
お互いの解釈を認め合いフレキシブルの混沌に沈めてしまおう!

皆にこの言葉を送る!

「 終 わ り 萌 え れ ば 全 て 良 し ! 」

……まずは、後ろにいる>>1乙を撒かないといけないわね

>>1乙でありけるのよ。

>>1ほど乙の近くにいる人間はいないと思うけどにゃー。なんせ>>1の隣には、乙を10万3000種類も記憶している>>2->>1000がいるんだぜい?

ったく……アンタってヤツは、そーこーまーでーしーてー私に>>1乙を喰らわせたいって言うのかしらーん!?

だらしがないわね、今のは>>1乙だっていうのに、もう前スレがダメになってしまったの?

>>1乙そのものは、複数のパターンが存在する。しかし、その前段階なら違う。
どういう方法で>>1乙を精製しているかは、宗派や術式、個人の生命力によって異なってくる。
後は数学の問題と同じだろう。逆算すれば>>1乙は出る。

「よいしょっと。ほら、大丈夫?あんまりカンカとかしては、ダ・メ・よ。せっかくのお祭なんだから、たのしい>>1乙を残せるようにした方が賢明よね?」

悪りィが、こっから先は>>1乙終了だ

95 ■■■■ :2007/11/19(月) 22:51:33 ID:ge3IuK7c
32スレ目

ざざん! 夏のドキドキ>>1ちん生乙覗きイベント!

>>1。乙。

そ、そんな>>1乙が通じるとでも思ってんですか!?

「おも、しろい、ですよ。あなた」
「残り約900レス以上を相手に、この状況で、>>1一人に何がどこまでできんのか!
>>1乙させてもらうとしましょうか!ははっ、この加速度なら5日で埋まっちまうと思いますがね!」

>>12
き、きさまのID!まさか存在したのか!その右手に宿る、
それは!それはまさか>>1乙だというのかぁぁ!
認めぬぞ認め!ぐああああ!!

体は>>1乙で出来ている――――

未読者じゃ、ダメなんですか
未読者は、新スレにいちゃいけないんですか。未読者には、>>1さんに乙したいと思う事さえ許されないんですか

うっさいです >>1乙なんです 自分的こだわりポイントなんです

新スレで>>1乙、>>1乙、>>1乙、ねェ。はン、そうか。イイぜェ。愉快な事思いついた。
おら、立てよ>>1。オマエにゃまだまだ乙に付き合ってもらわなきゃ割に合わねェンだっつの!

俺は、>>1を乙するためにここに書き込んでんだよ!
他の誰でもない、>>1を乙するために書き込もうって言ってんだ!

どんな装甲だろうと、ただ>>1乙するのみ―――!!

「使用枚数は>>1乙枚」

「――我が身の全ては>>1乙のために!!」

あっあー。>>1乙はできとろうかしら?

>>1さんお憑かれさまでーっす。

>>1乙たりけるのよ。

>>1さん乙って>>30>>30は心情を吐露してみる!

新感覚>>1乙アクション!?

「あーあーはいはい、擬人化>>1たん乙ー」

おおっ、ようや>>1乙の意義が認められたよわーい、ってミサカはミサカは>>1乙してみたり。
>>1思う故に乙ありなんて言葉は嘘っぱちだねやっぱり主観だけでなく客観でスレ住人に存在を
認めてもらわないかぎり>>1乙なんてありえないね、ってミサカはミサカは間違った知ったかかぶり
知識で>>1乙職人たちを全否定してみる。

96 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:02:48 ID:ge3IuK7c
31スレ目

>>1乙の為に鐘は鳴る

>>1ー、乙って言ってんでしょうが無視すんなやこらーっ!!

……というか>>1、乙の数は何ケタ単位だっけ?

>>1を乙、乙、乙ねェ。はン、そうか。イイぜェ、愉快な事思いついた。
おら、立てよスレ建て人。オマエにゃまだまだ付き合ってもらわなきゃ祝い足りねェンだっつうの!

「オマエ、本当に>>1乙だよ」

なァ、>>2-1000>>1乙って言葉ぐれェ、聞いた事あるよなァ?

あ、え、っと。こ、これから>>1に乙って言っちまいたいんですのでだけどそちらの準備は整っていますですでございましょうか?

>>1方乙う行

あ、>>1だ。うん、ということはやっぱり新スレなんだね。
ここまでスレ立てしてくれた>>1には後で乙を言っておいたほうがいいかも。

>>1乙という幻想は、殺せない―――!

>>1さん、乙なんだねっ!

抹殺のォ!トゥエンティサード>>1乙!

・・・・・・、待ちなさい。>>1乙の映像とか、目撃者とか。
それ以前に、そもそも>>1を乙された>>1から直接乙について話を聞いたほうが早いじゃありませんの

97 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:08:28 ID:ge3IuK7c
30スレ目

6は>1乙とスレ立ての労をねぎらいます。

>>1の新スレをカミクダク!

>>1さんが喜ぶと分かっていて、それでもなお乙しようと考えるなんて。
 彼が不幸にならなければ、きっと何の意味もないんですから」

あら。あらあら、>>1さん的には乙を言った方がいいのかしら。


           ______
         /        /|
        / 口二二コ  / │
      /        /   │
     │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│    │
     │┌─┐┌─┐│   │
     │└─┘└─┘│   │
     │  ┌──┐  │   /
     │  │    │   |  /
     │  └──┘  |/
     └──────┘

あらゆるレスにはねらーの内なる>>1乙が現れるモノ
だと、ある掲示板の管理人は言います。これを念頭にお
いて、改めて禁書スレを読み直して見るとまた違った
楽しみが増えるのですが……あれ? そうすると>>1
のスレ立てって……。

「しかし、規則では……」
「あーもう! なんでそんなに規則規則ってうるさいんだよ!
 >>1はあっちにいるのか? もう>>1に直接>>1乙してやる!」

うう、>>1が乙に興奮して鼻血だすような人だったなんて。
でも大丈夫、私はそんな>>1を受け入れてまた一つ>>1乙してみせるから。

し、新スレ。いち、>>1が立てた……。>>1が立てた、>>1が立てた、
>>1が立ててくれた新鎌池スレ!! あ、ああ。>>13は、ああ、>>13は、
乙ゥゥうううううううううう!!

  ))     ))
 ((   _ (( 
  ヽ、,'´  、、ヽ) <おっ、乙
   i(((ノリ ))〉' 
    ヽ!///ノ
    ⊂ヽ大!つ ∧__∧
       lヽ/,三l#)⊿`;) ←>>1
         ̄  ⊂ ⊂/
        ((⊂丿/
           l_ノ )


急いでんだよ、思いっきり!宿題とか人さらいとかファミレスの騒ぎとかついでに新スレの>>1乙とか!!お願いですからその辺りの事情を察してください!!

          ハ ハ
                    ハ_ハ    (^(゚д゚)^)  otxxxxxxxxxxxu
                  ('(゚д゚∩    )  /
                   ヽ  〈   (_ノ_ノ
                    ヽヽ_)

遊びでやってんじゃないんだよぉぉぉぉぉぉお!!

そんな感じで>>1

あのな、これは友人としてお前ら義兄妹の関係を良好にするために敢えて忠告するが
お前の義妹はな、だれにでも>>1乙と言う女だ。

俺は、>>1に乙するためにここにレスしてんだよ! 他の誰でもない、>>1に乙するために書き込むって言ってんだ!
だから作り物のスレとか借り物のレスとか必要な機材(PC)とネット環境があればとかボタンひとつでいくらでもスレ立てできるとか、
そんな小っせぇ事情なんかどうでも良い!


――禁書スレは、ラ板でたった一つしかねぇだろうが! 何だってそんな簡単な>>1乙もできねぇんだよ!!

98 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:16:53 ID:ge3IuK7c
続き


                            ハ ハ
                    ハ_ハ    (^(゚д゚)^)  otxxxxxxxxxxxu
                  ('(゚д゚∩    )  /
                   ヽ  〈   (_ノ_ノ
                    ヽヽ_)

>>1さんへ伝言じゃん。
ちょっくら21は>>1乙のためにキーボード打ってくるからおとなしく待ってるように。いい子にしてたら乙してやろうじゃん

最大の>>1乙は>>1が素面でもダーティなスレ立てが可能だと言うことでしたわね!

女には負けると分かっていても>>1乙しなければならない時がある。

ぐちゃぐちゃ>>1乙してねぇで離れろっつってんだろ>>26

>>1は『ツンデレ』

解析したところ
優しさが100%でした
>>1

とうま、今なら私は怒らないから素直に>>1乙してごらん?

まぁつまりは、こう、なんつーか、>>1乙!?

>>1乙!
だけど頭蓋をカミクダク!
     , -‐‐ ´____`ヽ
    /┛┗ )_____(ヽ          が
   | ┓┏ /V(人从ハ从)ハ ',.!        ぶ
   |     l  ・     ・ l/l       ん
   l     l       ・  | |
   ノ     l●_____i、 |
  /      リ  /⌒ ヽ,イ〃 =3
  |__`/⌒   しi   |  "  |
   W/ θ\/|つ  O ←>>1
   /   /\_/ |_ノ|_ノ
   |   |
   |   |

99 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:21:23 ID:ge3IuK7c
29スレ目

断然、>>1

うおーい、一番乗りで>>1乙をしようと思ったらもう>>6に取られてますよー、と>>7
7は>>7は打ち止めふうにしゃべってみたり? でもとりあえず>>1おつー。

それでね、この>>1におなかいっぱい乙をしてあげれるとスレ住人は嬉しいな

>>1乙! >>1だけは、>>1だけはッ!! よくも、新スレを立ててくれたわねッ!!

禁書スレ最大級行事「大>>1乙祭」。
 それは、ラノベ板鎌池和馬スレッドである禁書スレに存在する全ての住人が合同で
>>1乙を行う、という超大規模イベントである。

うーん。冷静に考えると絶対に>>1乙しなければならないほどではないような

熱っちい!熱ちぃけど>>1乙!熱つー!

悔しいけど、私の出番はここまで。後は>>6-50のレスで、>>1を乙してきなさい!!

18は人差し指で砂浜に>>1乙と書き続けるばかり

あはぎゃはっ! 無様なローアングルの>>1乙さらしてくれてアリガトウ!!

         ◤◥◣  
  ▂  ◢◤▀〓▲▂▐         ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
 ▍ ▼     ◥◣▼        .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
  ▀▍ ◢◤     ▅ ▐◣   ◢◤ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
    ▍  ▅ ◢■     ▍ ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ . <>>1乙キャンディでございます。
  ▐   ▂   ▐◣ ▐▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣  詳しい体調は死にそうなのでございますが、
   ▀◣▂  ▀◥▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂          新刊予定が渇かなくなる効果があるとか
     ◥◣▄▂▄▅▀   ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ∴‥


>>1乙だえっへっへあっはー!

久々のスレ住民との再会に感謝を。

100 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:26:15 ID:ge3IuK7c
続き

句点ついてるからこの>>1は偽者だな乙

このスレの>>1乙は多少活気が足りないな。

さあ>>1さん。
私の胸でよければ何時でも>>1乙をさしあげましょう。
ウニャウニャ

灰は灰に――――
――――塵は塵に――――
――――――――吸血殺しの>>1乙!

確かに俺は28もの前スレで>>1乙をしなかった。だからってな、残りのスレで>>1乙をしなくて良いはずがねェンだ。
ああ綺麗事だってのは分かってる、今さらどの口がそンなこと言うンだってのは自分でも分かってる!
でも違うンだよ! 
たとえ俺達がどれほどのクズでも、どンな理由を並べても、それでこのスレの>>1が乙されなくて良い事になンかならねェだろォがよ!!

「い、良いじゃないですか>>1乙したって!
 毎スレ毎スレ、勝手にネタが出てしまうのですから
 仕方がないのですよーっ!」
「あー>>1乙するな。
 こりゃあ次スレではボロボロ>>1乙するな」

男には、手遅れと分かっていても>>1乙しなければならない時がある。

101 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:30:23 ID:ge3IuK7c
112スレ目

「ようし>>1。時速一五〇キロの>>1乙を見て腰を抜かすんじゃないわよ!!」

>>1乙なのだ

>>1乙する。――新スレを上位に、現行スレを下位に」

ウホッ、いい>>1

言わせてもらう、>>1乙であると!

>>1乙で150キロ!?
そのハッタリに腰を抜かしそうだよ!!

>>1乙、とでも言っておこうか

……忘れて、>>1乙……?

なんの変哲も無い乙。

相手が>>1でない限り、何の役にも立たない乙。
荒らしの一人も倒せず、レスのクオリティも上がらず、みんなにかまってもらう事もない、乙。

だけど、乙はとても便利だ。
何せ、目の前の>>1野郎を思う存分乙する事ができるんだから。

>>1乙かも…

――『神の右席』とは、『>>1』を乙するための集団だそうで

102 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:36:07 ID:ge3IuK7c
109スレ目

>>1乙がされない幻想なんて、俺がまとめてぶち壊してやる

神の御名において>>1

日本「永世中立国なのにどうしてスレがあるんですか?」
スイス「中立だからスレがあるんですけど」
日「乙するんですか?」
ス「いやむしろしないんですか?」
日「え?だって中立なんですよね」
ス「中立ですよ」
日「>>1はなにをするんですか?」
ス「何ってなに?」
日「いや>>1乙しないですよね?」
ス「するときはしますよ」
日「でも自分から>>1乙に参加とかしないですよね?」
ス「最近はね」
日「最近って?」
ス「いや>>1乙とかする人,昔は多かったから」
日「中立なんですよね?」
ス「中立ですが」
日「>>1乙とか行っても中立なんですか?」
ス「>>1乙行ったら中立じゃないんですか?」
日「中立ですよね?」
ス「中立ですよ」
日「じゃあなんで>>1乙するんですか?」
ス「そりゃまあ>>1を乙するためとか」
日「中立を守るのに>>1乙するんですか?」
ス「>>1乙をせずに守れるんですか?」
日「平和主義なんですよね?」
ス「平和主義ですよ」
日(よくわからん人だなあ・・・)
ス(よくわからん人だなあ・・・)

アニェ(*´д`*)ハァハァ
アニェ(*´д`*)ハァハァ
アニェ(*´д`*)ハァハァ
アニェ(*´д`*)ハァハァ
>>1(*´д`*)ハァハァ

不本意ですが、貴方のような殿方にも一応>>1乙して差し上げますの
超電磁砲のコミックスのことも忘れないでくださいまし

いつもいつも乙なんだぜこのやろう!
保存させてもらった!

>>1を乙させたいかーっ!?

103 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:38:50 ID:ge3IuK7c
108スレ目

>>1乙しとこう

禁書スレを構築する五大元素の一つ、偉大なる始まりの新スレよ
それは変態を育む恵みのスレにして、幻想を罰する裁きのスレなり
それは穏やかな欲望を満たすと同時、冷たきスレを滅する凍える不幸なり
その名は>>1、その役は乙
顕現せよ、我が身を喰らいて>>1と為せ

まて、14から15は2ヶ月だ。そして>>1乙姫。
しかしかまちー速筆すぎるだろ…

僕は>>1が好きなんだ
乙という`線'を超えて

「一番遠い>>1が乙されるんだ。お前がどこにいようが、他の>>1だって全部まとめて乙できるはずだろ、リドヴィア=ロレンツェッティ!!」

104 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:40:52 ID:ge3IuK7c
106スレ目

ウム、乙じゃ

>>1乙、と言っておこうではないかね

>>1お…
いやいや、そんな簡単に>>1乙してたまるかってんだ

        r'丁´ ̄ ̄ ̄ ̄`7¬‐,-、           /
        r'| |          |  |/  >、     /
        ! | |          |  |レ'´/|       |   待 て
        | | |   /\   |  |l  /⊂う    |
        | | |__∠∠ヽ_\ |  リ /  j     ヽ   あ わ て る な
        |´ ̄   O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!      〉
        l'"´ ̄ ̄ヾ'"´ ̄ ̄`ヾ::幵ー{       /   こ れ は >>1乙 の 罠 だ
        ⊥,,,,,_、    ___,,,,,ヾ| l::::::|      |
         lヾ´ f}`7   ヘ´fj ̄フ  | l::i'⌒i    |   
         l ,.ゝ‐イ    `‐=ニ、i | l´ ( }    ヽ
         l     {         U | l 、_ノ    ∠ヘ
        l   / ̄  ''ヽ、   | l ヽ_       \,_________
           !  ハ´ ̄ ̄ ̄`ト、  |亅〃/\
        ,人 f ´ ̄ ̄ ̄``ヾ  j ,!// {_っ )、
      // `ト、__iiiii______,レ'‐'//  _,/ /スァ-、
    ,.イl{ { 々 !/´しllllト、 ̄`ヽ、 // /´,.-、 /彑ゝ-{スァ-、
  ,.イ彑l l > ゞ く l 〃 l|ハ.lヽ、 ハVゝヽ二ノ/ゝ-{、彑ゝ-{、彑ァ-、
,.イ彑ゝ-'l l ( (,) レシ′   !l `ソァ'´    _ノ7{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑{
ュゝ-{、彑l l  ` -イヘ      !l // /⌒ヽヾ/_ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、
 {、彑ゝ-'l l f⌒Yハ ',    !l/ / ヽ_う ノ /-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ
彑ゝ-{、彑l l{ に!小 ヽ   /!l /   ,/ /彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、

        ,..:-――-- 、
         ,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
.        .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:i:.:.:.:、:.:i、
          .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ:.i:.:ィ:i:_|、:i:._!:」
       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.j `¨`ミ   イ7¨
         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ:.:.| 代fテ   fオ
       ':.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ(!:.:.! ''     ''!
       j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`r,!:.:|      ' ノ
        !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.ト、    ´,ィ′>>1くん乙
      l!:.:.:.:.:.:.:,ィ:/j、 l:.:|  / 辷':.|
     j|:.:.:.:,ィ"j:!'/ `!.:| ,イ|  ! Y:.{
     ,/:.:./  V:./  j:.:j, ||  l lい
     !:.:.:i_ _,.ノ∧   !:.| Ⅵ|  | |!Y!
    j!:.:.:ト-イ/  ',   |:.{ ヽ|  ! l j:|
    |:.:.:j! //.:   i  j:.∧  !  ! |! |
    !:.:.:.|〃 .:.   | {:/ ヽ |  |  ', i
    j|:.:.:';/  .:.  | }j    j   !.  い、
    !i:.::i:j   :、 i 〃   |  ',   〉 }
    jl.!:.:.i:l、     Y{     !   } ,イ!∧
   |:| i:.:.| :.:.、  :、!:!: .    〉 ..:/:'__》. 〉
   !:| !:.:j  .:.゙:.、 j:j; __,_;∠,.=<「:.:| ∨
.   l!:!j:.:.:|    .: :、!ハ、: : : : ;.:;!: .;!,ノ{ {!,
   j| |l:.:.:|     : : : :.ヽ: :〃/r<_:.:| !:|
  /! |!:.:.:|      . : : .\:/:.:!: :.ヽ:.〉 j:|、
  j|:,' }:.:.:..|     :、 : : : .ヽ: ',: :.〉: :} .l:} i、
 /j:i j!:.:.:.:l、       : :、  : : : \: : : /,//  \

晴れた日に透き通るような青い空を見上げるのはもうやめよう
恋に悩み友人と交わす酒なんて絶対にやめた方がいい
寒い朝母親のあったかいコーヒーを飲むのはもうやめよう
愛する人と何の変哲もない日常の会話……これほどつまらないものはない

人殺し>>1乙つめ
乙つめ 乙つめ 乙つめ

105 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:43:25 ID:ge3IuK7c
続き

乙!貴様らこそ乙だ!!>>1は身体は乙になった……だが人間の心を失わなかった!!
貴様らは人間の身体を持ちながら>>1乙に!>>1乙になったんだぞ!!!
これが!これが!>>1が身を捨てて乙ろうとした>>1乙の正体か!!!!!!

>>1乙なんかしてやらねぇですよ

いいんじゃねェの?
>>1乙なんだしよ

魁!>>1乙塾
「ふうっ、忘れる所じゃったわい・・・」

今…このタイミングであえて言おう!
そう!>>1乙と!

106 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:46:59 ID:ge3IuK7c
105スレ目

……>>1は放っておくとして、さて考えよう。
コイツの手腕に乙するべきなのか、僕らの日本がそこまで終わっているのか。
もちろんそんなもののは考えるまでもなく
「ああ、やっぱ>>1乙だな」

愉快に素敵に>>1乙してやんよォ!!

その幻想を>>1乙することって出来る?

つことで>>1

あっはーッ!>>1乙『が』好きとちゃうでーっ!
>>1乙『も』好きなんやでーっ!

時間がなくて>>1乙をつめ切れなかったが・・・

言葉もない>>1乙やめろ

禁書「……>>1乙、早いよ、当麻…」
当麻「……ごめん、頑張りますですから…」
禁書「……もう、一回……?」
当麻「……はい……」
禁書「いいよ、もう一回……イって!」
当麻「>>1っ乙っ!!!!」

あと>>1乙なんだからねっ!

107 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:52:36 ID:ge3IuK7c
104スレ目

Nice、>>1

ふん、>>1乙をいってやらんことも無い

半分位>>1

普通に考えて完全記憶なんだから、エネルギーなんか必要ないと思うけどな…
>>1乙なのだよ

なんか今回は>>1乙が足りない
ご本家に怒られるからすぐに消すけど>>1

まずは、>>1乙。


あと・・・・・・


何でもねぇ。

108 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:55:53 ID:ge3IuK7c
103スレ目

>>4はワザとでは無いのです…間違っただけなのです…


スレが生まれたら>>1を乙なさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に>>1乙の尊さを教えるでしょう。

まず、我々はどんな形であれ>>1乙する心を忘れてはいけない。

>>1乙DXッッッ!?

                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ だいじょうぶだよ!
                ヽ  〈 ついでに>>1おつだよ!

>>4って乙レスなんじゃないの?
なんで?乙レスじゃないよ

だって新参なの?
もちろん新参だよ

なんで?だって>>1乙と書くということは乙レスなんでしょ?
違うよ。全然違うよ。

でも、フライング乙なんでしょ?
全然違うよ。全く関係ないよ。

へー、じゃあ、>>4と乙レスの違いは何なの?
じゃあ、簡単に説明してあげるよ。まず、>>4は新参です。
>>1がテンプレを貼り終わる流れが分かっていないか、考えナシ、空気読めない奴だったりするんだ。
そのようなレスを、早計に広めていくところから新参と言う蔑称がついたんだ。
これは非合法。罵られちゃいます。でも乙レスというのは流れが存在するんだ。存在する流れをリロードを使って見極めていく通過儀礼なんだよ。

全身全霊の>>1

だが、>>1乙だよ。

「えー、それじゃあ>>1乙」

一方乙行(>>1オツカレータ)

109 ■■■■ :2007/11/19(月) 23:59:23 ID:ge3IuK7c
続き

            ,  − -   、
        , r ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙   、
      , ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:: 、
     , ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    /:::::/::::l::l::l:::::::::::::::::::l:l::::::l::::::::::l:::l:::::::::::::::::::::ヽ
.   /://::::::l::l::l::::::::::::::::::::l::l:::::ll:::::::::l:::l:::::::::::::::::::::::ヽ
  /:/:::/))):l::l::::::::::::::::::::l::ll::::l:ゝ:::::l:::l:::l:::::::::::::::::::::ヽ
  l////l:::ll::l:::::::::::::::::::ll:l l::「孑」:::t|::l:::l::::::::::::::::r、:l
  ////:::l:゙:lr:l、::::::::::::::::llrl::l´ノl::l勹/l::l::::::::|):::::l l::l
. r //rヽ :ll::l::rl:´l:トヽ::::::::::ll リヽ::l:/:ノ /l:l::::::::lノ::::/ ll
/  ll:/ヽ/::l::l:l:<リl-l:丶、:::::l:l  ー−   l:l:::::::::::::/^゙´´/
   l:::: /ll::::l:ll:ヽ ヽ_ソ ,          l:::::::::::/-__}::::l:::::
  ノ:::/、::lヽ:l::::::ヽ    r -、      , イl:::::/´     ヽ
、 ノ/ ヽl l::l.l:::::ヽ_   ヽノ    .イ:::::l:::/
ミミーi::ヽ  l::l l::::::::::l゙ ‐    イ::::/ l::/   >>1
::::::::::::: ̄:l  l:l  l::::::l r/ r´ l//l/」  
:::::::::::::::::::|   |  ゝ ///:::::: ̄/:>/:::::::::l.   
::::::::::::::::::::l    ////r::::/::/:/::::::::::::::::l   
::::::::::::::::::::l  r‐:://::::/::/::/::/::::::::::::::::::ヽ


遅ればせながら>>1

出遅れた感じもするが>>1乙。

殺人器、殺人機、殺人姫、殺人忌、殺陣鬼、殺人妃、―――そして欠番(ロスト)たる>>1乙鬼。

まぁ乙だ。

110 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:04:15 ID:meTlLrrI
28スレ目

「1乙ゆうたわね?そやね?」――秘密を拾った子供たち
「お前を1乙に連れて行く。話は1乙してからだ」――秘密を探す大人たち
秘密に関わるすべての人が集ったこの場所で、最後にレスするのは誰か

あら、なにかしらその顔は。さっきから随分と反抗的じゃない。
本当は>>1乙して欲しいんでしょ?さっきから貴方のマウスが震えてるわよ?
うふふ、抵抗はやめて受け入れなさいな。ほら…> > 1 乙。どう?いいでしょ?
うん?もっとして欲しい?だーめ、今度スレを立てた時に・・・・ね?

心配ご無用ですわよ。今からその>>1を乙しに行くんですから

>>1の道を往き乙を司る者、ってばっちゃが言ってたのだわ!

>>1乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙!

でも、これって>>1を乙した時には絶対ばれちゃうわよね

>>1乙」
「……、」
>>1乙」
「…………、」
>>1乙、って言っているんだよ?」

はっ、何を言うてんカミやんは。ボクぁ落下型ヒロインのみならず、儀姉儀妹儀母儀娘儀双子
未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショート
ヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテールお下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせ
っ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さんメイドさん婦警さん巫女
さんシスターさん軍人さん秘書さんロリ>>1乙ツンデレチアガールスチュワーデスウェイトレ
ス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリ
ングショット水着バカ水着人外幽霊獣耳娘まであらゆる女性を迎え入れる包容力を持ってるん
よ?

一個明らかに人間じゃねーのが混じってんだろ

>>1乙しないとすけすけ見る見るですよー?

問答無用だね、>>1

別に特別な事なんざ何もしてねーよ。俺はたった一言、あいつらに言っただけだ
このスレの>>1を、乙して欲しいって。

ここにいるビリビリは一度負けたのが悔しいらしく何度も>>1に向かってきては軽くあしらわれている。

実はとっても寂しがり屋で>>1乙委員をやってます。(1巻を友人洗脳に貸し出し中なのでウロ覚え)

まったく、勝手に立てないで欲しいね。
せっかく埋め立ての合間から上手く書き込めたというのに。
せめて>>1乙を十分に考える時間ぐらいは
用意させておいてもらいたかったんだけど。

■水銀燈とみんなのお約束
____      ______             ________
|書き込む| 名前:|         | E-mail(省略可): |sage           |
 ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.______________________________
|                                            |
|                                            |
|                                            |
|______________________________|
             _       。
            ,'´r==ミ、   /
     ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _/_ _    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl//    ヽ < ここに「>>1乙」といれなさぁい
   '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``   \______________
           ''y /x lヽ
          l†/しソ†|
          lノ   レ

●このスレは50レスまで>>1乙進行よ。
●守れない子は……ジャンクにしてあげる……

ふう。 ま、あんまり言及しても仕方がないから良いんだけどね。
それで結局、スレ住民たちは何のために>>1乙してるの?

うん? とスレ住人たちは一度だけ>>1の言葉を確かめて、それから答えた。


「自分のためだろ」


こうして今日もいつもの日常が始まる。
過去ログは振り返らず、スレ住人たちはいつもの道を歩いていく。

25には例え負けるとわかっていても>>1乙しなければならない時がある!

111 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:12:32 ID:meTlLrrI
続き

そしておまえは>>1乙と言う

>>1乙と言ってください。

<<弾着まで5・4・3・2・1・乙!!>>

……ッ!? お、お姉様。まさかすでにそこまで視野に入れた>1乙を!?

いい乙見させて貰った…だがよぅ…ありゃ>>1乙だ…ただの>>1乙なんだよォッ

・―――>>1乙は加速化する

あはぎゃはっ! 無様なローアングルの>>1乙さらしてくれてアリガトウ!!

ただ>>1乙、それだけの事、だったのだが、なぁ……

古今東西様々なネタを内包する禁書スレだけど、>>1乙ネタだけは鎌池作品で統一したいな、ってミサカはミサカは発言してみたり

  \そ\そう \そうですね \そうしましょう、とミ\それでは>>35をスルーするついでに>>1乙しましょう、とミサカは/
     ̄\| ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄∨ ̄  ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       _   _   _   _    _
     ,'´=[三,'´=[三,'´=[三,'´=[三,'´=[三]ョ
     リソリノ゙ リソリノ゙ リソリノ゙ リソリノ゙ リソリノ゙"ヽ)
     ノjid ゚ -ノjid ゚ -ノjid ゚ -ノjid ゚ -ノjid ゚ -゚ノ
      (i⊃Yi (i⊃Yi (i⊃Yi (i⊃Yi く) Y i(>
      く/_|j_>く/_|j_>く/_|j_> く/_|j_> く/_|j_>
       し'ノ  し'ノ  し'ノ  し'ノ  し'ノ


あらあら、>>1さん的には乙というのが直球なのかしら

>>1に乙ということは、>>1は疲れる事をしたという事で、疲れるというのはやっぱり夜のお仕事だよな、夜のお仕事って事は夜勤か(以下略
・・・・
つまり>>1はホモだな?
乙!

otsukare111(我がレスが>>1乙である理由をここに証明する)

今更だがスレタイに禁書の文字がない

悪いけど、この1に乙はやれないね

『さあお>>1さん、私の乙で存分に泣きなさい』

逝くぞ>>1、乙の貯蔵は十分か?

112 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:17:33 ID:meTlLrrI
27スレ目

禁書スレ住人には、負けると分かっていても>>1乙しなくてはならない時がある

>>1乙ですかー?

>>1乙、しなきゃ。
>>1乙、>>1乙。必要だから、しなくちゃ。
あはは、私、今、>>1に必要だと思われてる事をちゃんとやってるんだわ……

>>1
さあ、それじゃ新スレに火を入れますよー? ■■ちゃんはじゃんけん負けたので
あぼーんされてアクセス禁止なのです。さあ>>1のために
ちゃっちゃと乙してくださいー。

禁書スレがどれだけの>>1達をどう手なずけていたか、
きちんと吐いてもらわなきゃっその>>1達を>>1乙できないじゃんか

……、不幸指数20。まぁ、>>1乙として機能するなら。

        −=≡(#)
(ノ・∀・)ノ       −=≡(乙)
         ミ(幸)

「う、うるさいわね!別に何でもないわよ!もういい、話題を変える!>>1普段ってこっちの乙だったっけ!?」

「痛てっ! テメェちょっと待て無理だろこの>>1乙は普通に考えて普通に!」

⌒*(・∀・)*⌒ 第27話「>>1乙の嵐、ふたたびなの」

113 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:22:36 ID:meTlLrrI
続き

21は>1乙とスレ立ての労をねぎらいます。

おにーちゃんおにーさんおにーさまあんちゃんあにじゃあにきあにぎみあにうえあいうえお!
夜明けの目覚ましフライング>>1乙アタック!!

諸君、>>1への返事はどうした?

乙!!

(セビリアで>>1乙の動きあり、とミサカ10854号は肯定します)

「名無し乙の姓は>>1乙を任ずる!」

・――――>>1は乙される

「緊急事態だ緊急事態だぞ。>>1が何者かに乙されちゃったー」

>>1
乙だ!!もう乙しかない!!!

「悪い、風斬。お前はここで白井が来るのを待っててくれ」
「え……あなたは……?」

「俺は――――――>>1に乙してくる」

・―――>>1-50は>乙ネタで残りは幻想

・━━━スレ速度=(ネタ数+■■■■+貰っていきます)×幻想殺し+1乙の方式

あら、なにかしらその顔は。さっきから随分と反抗的じゃない。
本当は>>1乙して欲しいんでしょ?さっきから貴方のマウスが震えてるわよ?
うふふ、抵抗はやめて受け入れなさいな。ほら…> > 1 乙。どう?いいでしょ?
うん?もっとして欲しい?だーめ、今度スレを立てた時に・・・・ね?

114 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:29:57 ID:meTlLrrI
26スレ目

>>4の最後の方に空白があるんだが……ま、いいか>>1乙だにゃー

偶像の>>1乙。神の子と十字架の法則に従い、前スレと新スレとを接続せよ

悄然。……まだ、>>1乙し足りんか

この手が、スレに流れる空気の『向き』を掴み取れば。
スレ中にくまなく居る、膨大な住民のレスその全てを>>1乙する事が可能――ッ!

 禁書スレに、ひとつの波紋が広がった。『>>1』。そう呼ばれる存在が、次スレを、あっけ
 なく立てていく……! 考察とネタが交差するとき、スレは始まる──!

「別に次スレへ帰るだけなら過去のものを使い回せば良いでしょうが」
>>1乙の厭い人はこのスレに住んでいられずなのよん」

ところで、魔砲少女スレの次スレが立った時に
ヴ「悪魔め・・・」
な「悪魔でもいいよ・・・悪魔らしいやり方で>>1乙と言ってもらうから!」
と、ネタ投下するのはダメですか?

『あーっ! さっきも言いましたけど、乙は差し上げますからね! 本物の
スレ住人による住人>>1乙タイムとか! いや乙だけじゃなく住人の持つ
空間作り雰囲気作り込みで!!』

……、乙だ。ただでさえ常に乙な>>1さんに乙フィーバーがやってきましたよ!
今なら怒濤の六十連乙とかやってきても驚かねーぞ神様!!

18は>1乙とスレ立ての労をねぎらいます。

両手を高く上げるんだ、刻め大きく乙の字を…
  >>1よお前を忘れない!
そして叫べ!

>>9ーー!イマァァジィンッブレェイクァッーー!!」

それでは、前スレが貴方のPCの片隅に残る事を祈りつつ、
それが貴方の大切なブラウザのログの中に残る事を願い、
本日は、このあたりで>>1乙させていただきます。

華麗に>>1乙しとくにゃー

そんなことをすれば>>1乙に汚染されるぞ!

「あっはっは!ごめーん遅れちゃってーっ!待った待ったー?>>1になんか乙ってあげるからそれで許してね?」

        _  っ (
      ,'´r==ミ、 っ )
      卯,iリノ)))〉 ,.'
   /`-|l〉l.゚ ー゚ノl([_]  <>1さんのために頑張っておいしい紅茶を淹れてみたわぁ〜
   レ´V|!/'i) つ====
     ''y /x lヽ
     l†/しソ†|
     lノ   レ

ツンデレの代名詞みたいな銀様がわざわざラ板に出張してまで>>1にお茶を!?

>>1乙」
「うわーいサービス精神カロリー消費量ともに完璧なるゼロってミサカはミサカは
バンザイしてみたり」

>>1>>1乙とうるさい。それではまるで。>>1乙が終わったら。何も残らないように聞こえる。

115 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:37:24 ID:meTlLrrI
25スレ目

「くかきけこかかきくけききこかかきくここくけけけこきく
かくけけこかくけきかこけききく>>1乙ききかきくこくくけく
かきくこけくけくきくきこきかかか――――――ッ!!」

「君、2ちゃんねるのラ板の禁書新スレで、>>1乙を受ける騒ぎを起こさなかったかい?」

>>1
てめぇが売った!
俺が買った!
だから乙する!

徹底的にだ!!!

>>1乙でございやがりましたです

このレスで乙すると……それが新スレなら、ステルス級のヒロインネタだろうがメイン級のサブヒロインネタだろうが、影の無いメインヒロインネタでも>>1乙できます、はい

「───>>16-1000、手伝え。このスレの>>1を乙し尽くすぞ。」

「ハッ、何だァ無策にのこのこ歩いてきやがって。
ンなに痛みが好きならたっぷり>>1乙してやるから今から喉飴でも舐めてろ!」

………………>>1、良い人?
………………>>1、良い人!

>>1
乙でありけるのよー

「い、良いじゃないですか>>1乙したって!
 毎スレ毎スレ、勝手に>>1乙してしまうのですから仕方がないのですよーっ!」

おおう。なんだスレ住民、ついに>>1に乙する時が来たって感じですかい?
どうせまたベッタベタの王道的にも「>>1ー、乙って言ってんでしょーが無視すんなやこらー!」
とか「乙でありけるのよ」とかって誉め讃えるつもりだぜい。
ぷっ、だっはっはっは!! やーい、このツルの乙返しー。

「ですから―――」
「―――>1乙、と申し上げております。日本語、正しく伝わっていませんの?」

―――我が身の乙は亡き>>1の為に!!

救われぬ>>1に乙の手を

UPPER VISION(>>1乙の視点)


Ohour、マイナス7日

三月一日、スレ内超>>1

「何うろたえてんのよ。乙だってピンキリなのよ?ロスの屋台なんて>>1がリムジンで乗りつけてきて乙するような店だってあんだから安い高いでカルチャーギャップなんて受けてんじゃないわよ」

116 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:38:36 ID:meTlLrrI
続き

このスレ今日一杯保つかな? 最近スレ移行の頻度が高くて>>1乙ネタを考えるのも楽じゃないな。

      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  >>1乙をする奴は禁書スレ住人だ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  既出の>>1乙を使わない奴はよく訓練された禁書スレ住人だ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 禁書スレは地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



>>967
乙かレールガン!

>>967
乙ンデレールガン

117 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:45:54 ID:meTlLrrI
24スレ目

「きゅっきゅきゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅっきゅきゅー
きゅっきゅきゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅっきゅきゅーきゅきゅきゅ♪」(>>1乙と書いているらしい)

「スレ立てた>>1に乙の手を」

「マウスをこの手に、弾丸は>>1乙、用途は書き込み、数は一つで十二分」

>>1
    ・ ・ ・ ・
「俺は、乙らない」

この世界(スレ)が神様(>>1)の作った奇跡(テンプレ)の通りに動いてるってんなら―――
―――まずはその幻想をぶち殺す!

>>1ちゃん乙ですよ〜♪

それでも、俺はあの>1の前じゃ乙し続けることに決めてるンだよ。くそったれが。

えーっ!こんなところでしられざる>>1乙の謎発覚かよ!

いきなり>>1乙にゃーっていっても、上やんが怒るだろうから、
そっとしておくにゃー

『この>>1乙はフィクションです。
実際に二月二十二日に最新スレが立てられた「鎌池和馬スレッド=とある魔術の禁書目録」シリーズ内の事件・団体・人物等とは一切関係ないかもしれません』

禁書「>>1乙してくれるとうれしいかも」
とーま「はいはい>>1乙」

「なんか>>1乙があっという間にすぎていく感じがするね」
>>19は立てられたスレを眺めながら、「うーん、これがスレ立てかぁ。うーん、いいなぁ」
「いやいや、現実には退屈な埋め立てとか地獄みてーな>>1乙とかあって、
 それどころじゃねえけどな」

「また、スレが移行してしまった。
              一体幾度、こんなスレを繰り返せば……」


  ∠二⌒ヽ lヽ      /!  ノ⌒二フ
<二く 巛 ヽヽ〉´⌒`ヘ'ノ./ 彡 ゝ 二>_ /              _二=─- ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ─=二_
   く二ノ/> ヽi .ノノ))))〉 レ<ヾ二フ○。 ○。/         二 ̄     ‐´             `ヽ    二
     レ'' ヽ |  l:_゚-ノ|lノ⌒へl  /。  。\―_       ̄=二__/                 二二 ̄
  i⌒i⌒i    .ノ /^)!)x)^つ   ―○    ○― ――― __    / ̄ ̄─────── ̄ ̄ ̄ ̄  \
  '⌒'⌒/ヽ-( ゞ/./__jヽ)))-ヘ  。 ○。 。  。   .――――――――――――――☆>>1乙        ヽ
     リ, リjjノ /ノx!xjヽl ヾルjソi   /。_ ○  二 二        |      ウワアアアアアーーーンンン!!!!!!!     |
                     。  ○ 。ノ\            |l                        i|

118 ■■■■ :2007/11/20(火) 00:51:49 ID:meTlLrrI
続き

ミサカはあの>>1との乙する約束を果たすまでは絶対に立ち止まりません、とミサカ一○○三二号は分かりきった宣言を今一度繰り返します

「いい?アンタは今、私の…い、『>>1乙』なの。それは付きまとってくる海原光貴を諦
めさせるためのものなの!もう、この基本だけは忘れないでよ」

小萌「ふふふ
先に言われちゃったです。」
>>1「・・・・な!?」
小萌「思い出にスレ立てさせてあげることにしてるのですよ〜」

小萌「元に戻るとうまく>>1乙できなくて・・・
 たいてい殺しちゃうから・・・       」

「――――書き込みボタンを押せば届くんだ。いい加減に>>1乙し始めようぜ、>>25-1000!」

さあ、それじゃこのスレに>>1乙いれちゃいますよー?

イラストの灰村さんと担当の三木さん、>>1には絶大の乙を。

その>>1乙、しかと胸に刻んだ!!

早くぶち殺しなよ、時間の流れはあんただけのものじゃない。

>>1乙だって言ってんでしょー!!

スレ立てにゃあ絶対はねぇ……絶対はねぇがそれに近いものならひとつある
水の張った洗面器から顔をあげねぇことだ  >>1乙することだよ

>>1
こらぁ!!テメェこっちの>>1乙を笑顔で全部聞き流してんだろ!?

何をすべきか、だと?なめやがって、>>1乙するに決まってんだろうが!!

「ってか、>>1スゲェ乙だったよな、今の。なに、アナタ無免許の名医さんですか?」

>>1なんだ
お前はもうとっくに乙だったのか

「>1乙と成せ我がコード」
ログからロードし一瞬で組み上げたレスが噴出し、
暗いスレに1乙のスパークを散らす。

……ッ!?4、>>41。まさかそこまで視野に入れた>>1乙設計を!?

名無しには、出遅れたと分かっていても>>1乙しなければいけない時がある

>>1おくれながらも乙

>>1っ!!乙なんだねっ!!

119 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:21:03 ID:meTlLrrI
21スレ目(一つ目)

たとえ俺達がどれほどのヘンタイでも、どンな理由を並べても、
それでこの>>1が乙されなくても良い理由になンかならねェだろォがよ!

それでも、俺はあのガキの前じゃ>>1乙を名乗り続ける事に決めてンだよ。
くそったれが

 、、、、、 、、、、、、、、、、、
>>1の乙は、まだ終わっちゃいねぇぞ」

あー>>1乙したいぜい>>1乙したいぜい。
共学の学園都市だっつってんのに何故だが
ロリシスタービリビリ先生ねーちんから
巫女妹達白黒一方通行従姉妹母親天使
打ち止め研究者転校生ゴスロリ警備員
メイド巨乳シスター教皇風紀委員まで
その悉くが女性で全員男性経験皆無のような、
そんな仁義なきラブコメラノベの新スレが立ってないかにゃー?

新スレにはスルーされると分かっていても>>1乙しなくてはならない時がある

でも、八階だぜ? >>1乙間違えば地獄行きじゃねーか

万物照応。2chの中のラノベ板。考察とネタの殿堂『蒲池和馬スレ』を展開。
新スレの>>1。埋め立てと>>1乙の法則に従い、前スレと新スレを接続せよ。

まったく、勝手に始めないで欲しいね。せっかく結界の穴から上手く侵入できたというのに。
せめて十分に>>1乙をする時間ぐらいは用意させておいてもらいたかったんだけど

ああっ、なんて粗相を!
わたくしの>>1乙が禁断のお姉様エリアへ!

世界を構築する五大元素の一つ、偉大なる>>1
それはスレッドを育む恵みのレスにして、邪悪を罰する裁きのレスなり。
穏やかなスレを満たすと同時、荒らしを滅する凍える不幸なり。
その名は>>1、その役は乙。
顕現せよ。我が身を喰らいて乙と為せ―――――――――――ッ!

私の>>1乙はこれっきり。うふふ。私はいっつもこんな感じ。

恐れ入りますが>>1乙と言うためには、このスレで言えばよいのでございましょうか?

「ところで、本当にあなたは何もしていないんですか?本当は何かしたのではないですか?
正直に告白しなさい、怒りませんから。>>1が魔術師の手に渡るなど前代未聞です。
それがどれほどの危険を内包しているか理解しているのですか?私はもう嫌なのです。私はもうさっさと乙したいのです。
道行く人々から『妙に女っぽいシナを作る巨漢の英国人』などと呼ばれるのは
耐えがたい苦痛なのだと言っています」

どうって事ありませんわね。あっさり>>1乙過ぎるのが逆に気にかかりますの。

『さあ>>1さん、私の乙で存分に泣きなさい』

『ふうん。 って、あれ? 言の葉による>>1への乙?
 ……、 ハッ! このスレはもはや人工的な手法で >>1乙 を体現してしまっているんだね!!』

くっ。あくまで>>1乙を貫き通す気か>>2-1000……ッ!

うるっせぇな、一秒でも時間無駄にできねぇんだ、一撃で乙してやる!!

「私の力は『自動>>1乙』といったところかしら。不出来なスレ住人と違ってね、
私の『>>1乙』はいちいち書き込みボタンをカーソルでクリックする必要なんてないんだから。」

>>1>>1乙とうるさい。それではまるで。このスレから>>1乙を取ったら何も(ry

「ありがとよォ。お礼に顔面へダイレクトに>>1乙をかけてやンよ」

「あるわよー。三六五日で>>1乙が」

そういう>>1乙さ。そういう>>1乙です、そういう>>1乙なの三段活用

「スレ立て実行人に対して最も有効な台詞の組み込みに成功しました。これより特定挨拶
>>1乙』を発動、このスレを破壊します」

>>1
お前の義妹は誰にでも乙と言う女だ!

「ざざん、冬のドキドキ>>1ねーちん生スレ建て乙イベント!!」

「1、1。遅れて乙ごめんね。スレ立ててくれたんだ」

1スレッド目からお付き合い戴いてる貴方はお久しぶり。
22スレッド分纏めて乙したい勇気ある貴方は初めまして。
>>1乙です

120 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:29:05 ID:meTlLrrI
21スレ目(二つ目)

「ふん。一〇〇や二〇〇のレスではスレを完成できない―――確かに一人で行えばな。
>>6->>1000から>>1へ、その次の>>4->>1000から>>1へと>>1乙を分担すれば伝言ゲームのようにスレが歪む
―――道理だが、何もその全てをネタにする必要もあるまい」

うーん。冷静に考えると絶対に>1乙でなければならないほどではないような

でもこれって服脱いだら絶対>>1乙されちゃうよね?

>>12
……ッ!?
お、お姉様。まさかすでにそこまで視野に入れた>>1乙を1?

『二〇〇六の年、一の月の二八日目。とある魔術スレの二一度目。前スレの埋め立ての日』
『新たなるスレの始まりの時。新スレを立てた>>1は住人に乙(おつ)られて動けなくなるだろう』

>>1
「ほーら、いつまで寝てんのよう、おにーちゃーん!乙!乙!乙!乙!」

「動かないで頂きたいですわね。わたくし、このスレの治安維持を勤めております
 >>17と申します。自身が>>1乙される理由は、わざわざ述べるまでもないでしょう?」

名無しには、前スレが埋まっていないと分かっていても>>1乙しなければならない時がある。

>>1乙は一筋縄ではいかないのです。

「マウスをこの手に、弾丸は>>1乙、用途は書き込み、数は一つで十二分」

>>1さん乙なんじゃないカナ乙なんじゃないカナ

50だ、それ以上>>1乙されたら褒めてやる

声に出さねど思うだけで>>1乙できようものなのよ

だけどこの右手はとても便利だ、何故なら、目の前のスレに>>1乙と打ち込める!!

121 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:35:49 ID:meTlLrrI
20スレ目

何だよそれ。テンプレを剥いだり付けたりしてスレを立てるなんて。
>>1ってのはどいつもこいつも心意気が乙なんじゃないのか!!

「忘れたかにゃー、>>1。オレって実は天邪鬼なんだぜい」

そうして。
>>1の目の前で。
>>8は、いつものようないつもの声で歌って、最後の乙を紡いだ。

あー、んー、たー、はー。この>>1が私の乙に見えんのかぁ!

ずっとずっと>>1になりたかったんだろ!
絵本みてぇに映画みてぇに、命を賭けてたった一つのスレを立てる、そんな>>1になりたかったんだろ!
だったらそれは全然終わってねぇ! 始まってすらいねぇ!
ちっとぐらい長い>>1乙で喜んでじゃねぇよ!!

多分、>>1がスレ建てたら俺は乙に行くぞ。
今回はたまたま>>1がスレを建てたけど、>>1がこれからもずっとスレを建て続けなきゃ
いけないルールはどこにもないんだからな

さて問題


この中に、禁書とは関係ない>>1乙は何レス混じっているでしょう?

>1乙、しなきゃ。>1乙、>1乙。必要だから、しなくちゃ。あはは、私、今、>16-1000に必要だ
と思われてる事をちゃんとやってるんだわ…

>>1乙するぜ、魔術師」

んー? 新しいネタを集めにってトコかしら。
ここ最近あちこち探し回ってんだけど、まだビシッと決まったのが見つからないのよね。
今は言い忘れた>>1乙を言いに来たってトコ。これからまたちょっと出かけてくるわ。
おっと、お土産とかは期待しないようにね、>>965

祝☆新スレ立ててくれてありがとう>>1乙記念ッ!

何をやっちまってんですか!
数の上なら>>2-1000の方が断然多いんです!
まとめて乙してかかりゃこんな>>1、取るに足らねぇ相手なんですよ!!

時に>>1さん、最近わたくしが思うに貴女のスレ立てのたるみは……って、
あら、無視かしら? >>1さん、良い乙を送って差し上げますからこちらをご覧になって?

>>1はおもむろに倒れている>>1を膝に乗せていいこいいこするが如くっ!

あー>>1乙したいぜい>>1乙したいぜい

い、良いじゃないですか>>1乙したって! スレが立つたびスレが立つたび、勝手に>>1乙してしまうのですから仕方がないのですよーっ!

はは、>>1乙だ>>1乙、>>1乙の>>1乙を>>1>>1乙!

私見一。うん、新スレはいいな。>>1乙の類は長寿の元とも言うし、ネタの有難みを思い出す。

>>1でっかい乙です

確かにスレを立て、その>>1になれば禁書スレ全体に大きな影響力を持てるでしょうけど。
貴方が>>1乙をされたいがためだけにスレを立てようとすれば、即座にお姉さまが貴方を止めに参りますわよ?

1乙―――戯言だけどね。

この書き込みボタンを押せば……それが2chのスレなら、原爆級の糞スレだろうがVIP級のスレ乱立だろうが、神のスレ立てだって>>1乙出来ます、はい

あれ?なんか>>31がダウトのような気がするってミサカはミサカは>>1乙と一緒に言ってみる

スレの住人と>>950が交差するとき
>>1の物語が始まる。

私は……新スレを、立てられるかどうかは分からないけど、
少なくとも、乙>>1くらいはできます……。
私が書き込んでいる間に、即死を回避することが……できます。
私は、化け物だから。それくらいしか、できないけれど……

「――っ、intimatum>>1!!」(私のすべては>>1乙のために)

>>1>>1、普段はあんまり使わない日本語で言うね。この乙。

「そういう事さ。>>1はとっくに乙なんだ、君ではなく今代のパートナーによって。君にはできなかった事を、>>1は成し遂げてしまったんだよ。」

122 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:39:43 ID:meTlLrrI
続き

お前に足りないもの、それは!
情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!
そして何よりもォ、>>1乙が足りない!

>>1殺しの紅十字!!

この物語(スレッド)が神様(>>1)作ったの奇跡(テンプレ)の通りに動いてるってんなら―――

―――まずはその幻想を乙する!

「なぁカミやん。このスレなんてのは簡単に埋まる。本当に簡単に埋まってしまうんだ。
オレはそれを知っているんだよ。だからこそ、万に一つ──1%の100分の>>1でも即死する可能性があるなら、そんな可能性は絶対に乙しなくてはならない。
そのスレってのはそういうもんだろう?」

1乙。


もはやそういう星の下に生まれたのかも。
それは次スレを立てるように。
様々な次スレを構築していく

うーん。冷静に考えるとそろそろ1乙でなければならないほどではないような。

私が1乙だというのを知っていたくせに、そう思うのならもう少し違った態度をとってもよろしいんではないですの。

ばんざーいっち乙!

ちょっとばっかし遅れ気味になっちまったけど、一応お前に聞いとくよ。

俺は今、>>1への乙をちゃんと出来てるか?

あらあら。 それにしても随分とスレ立てが達者なのね。 おばさん>>1乙しちゃったわ

……、乙だ。ただでさえ日常的に乙な>>1に乙フィーバー(確率変動)がやってきましたよ!
今なら怒涛の全レス乙とかやってきても驚かねーぞ神様(>>1)!

 ↑
その>>1乙をぶち殺す!


こっから先は>>1乙通行だ
 ↓

超乙HiME理論

123 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:47:49 ID:meTlLrrI
19スレ目

って超適当に言ってみた乙になんてウブな反応してますの>>1は!

>>1ちゃん、乙だから補習ですー

>>1さん。
         、、 、 、 、、 、 、
貴方、本気であの馬鹿げた>>1乙を真正面から受け止める覚悟はありますの?

>>1乙です、とミサカはあなたの顔を真っ直ぐ見て心中を吐露します

名無しには、コピペミスしてると分かっていても>>1乙しなければならない時がある。

ああっ、何て粗相を!
わたくしの乙が禁断の>>1エリアへ!

>>1乙ですよね!スレ立て主なのに攻略可能なアダルティ!>>1センパーイ!!

こんな>>1乙でも、音速の三倍で飛ばせばそこそこ威力が出るのよね。もっとも、空気摩擦のせいで>>18-1000も飛んだら溶けちゃうんだけど

乙だなぁ>>1
本気で立てたんだとしたら、抱きしめたくなっちまうほど乙だわ

>>1は、スレッドに乙の噴射点を
作る事ができる、トンデモ>>1乙ガールである。

……乙だ。ただでさえ日常的に>>1乙な禁書スレに>>1乙フィーバー(確立変動)がやってきましたよ!今なら怒涛の999連>>1乙とかやってきても驚かねーぞ>>22-1000

「楽しそうにわなわな震えてるようだからそっとしとくけど。代わりに三毛猫の相手をしよう。>>1乙を味見タイムだぞー」

それでも、俺は>>1の前じゃ乙をし続ける事に決めてンだよ、くそったれが

「こちら>>29から>>1へ。スレの確認の後、乙の報告に―――」

>>1に乙、乙、乙ねェ。はン、そうか。イイぜェ、愉快なこと思いついた。おら、立てよ>>1
オマエにゃまだまだ労われてもらわなきゃ割に合わんえェンだっつの!」

男には、負けると分かっていても>>1乙しなくてはならない時がある。

     どうも僕です。

別に小さい頃からの幼馴染だとか、家族ぐるみで付き合いがあるとか、そういう事情はない。
>>1と知り合ったのはこのスレが立ってから……つまり今日の5時からだし、そこに特別な取り決めがあったわけでもない。
ただ、それだけで思い知らされた。
同じスレで、次スレを立てたというだけの接触点しかなくても、十分すぎるほどに。
教えられたのは簡単なことばかりだ。

>>1乙とは、自分を飾るのではなく、>>1に安堵を抱かせるためのものだと知った。
>>1乙とは、>>1に押し付けるのではなく、自分から労わってあげるものだと知った。
>>1乙とは、見せびらかす為ではなく、>>1を労わる為のものだと知った。
>>1乙とは、自分の為ではなく、>>1を労わる時に初めて得られるものだと知った。

そんなわけで>>1

これからここに特殊な>>1乙が加わります!このスレへ来るのは危険ですの!
いえ、この板から離れてください。きっと掲示板ごと崩壊してしまいますわ!!

「でも、これって結局服を脱いだ時には絶対ばれちゃうわよね」
「・・・・・ッ!? お、お姉様。まさかすでにそこまで視野に入れた>>1乙を!?」
このタイミングで、この挑発。
絶対にツンツンすると白井は思っていた。そしてツンツンした後に繋げる会話もすでに頭の中に用意してあった。
が    レベル5
学園都市の超能力者であり、常盤台中学のエースとすら呼ばれる御坂美琴は、顔を真っ赤にするとうつむいて何も言わなくなってしまった。
「あら?お姉様?お姉様ってばー…」
白井黒子の顔が真っ青になり、(ぎ、ギャグで済ますつもりがこのマジ反応ときましたの!まさか本当に本気で本心の……>>1乙を?>>1乙を!? ―――、ふっ。あの類人猿がァァあああああああああああ!!)

>>1がここにスレを立てられたら、私は貴女に乙してあげても良かったのだけど、ね

確か風紀委員の1乙さん辺りが精神感応の異能者で世話好きですー

124 ■■■■ :2007/11/20(火) 19:51:41 ID:meTlLrrI
続き

「ちょっとこれからチョーハイテクプライマリーカルチャー施設行ってくる。え、ついてくる?
 やめとけやめとけお前機械オンチだから超磁力式大脳皮質検出器の使い方とか分かんねーだろ
 そんなんじゃドアのオートロックに閉じ込められるぞセキュリティレベル>>1だし塩基調べて
 エクソン未登録だったらお前ビリビリするぞビリビリマイナスイオンビームーーーーッ!!」

胡散臭い乙がたくさんいます。
それら全てを凌駕するほど胡散臭いのが>>1の方にいますが気にしたら乙という方向で。

>>1
乙ですぅチビ人間。

「いえーい! 埋められると思ったよちくしょう!! っつかどこのどいつだ埋め立てを勝手に横取りして何にも言わずに立ち去っていくなんてよぉ! 一体どこまでお馬鹿に格好つければ気が済むってんだ!!」
「……正直、>>1みたいのは一回乙すれば十分だと思うかも」

どうぞ、ご自由にスレ立てなさって? スレを立てて、テンプレも貼って、
みっともなく6巻の事を忘れてどうぞスレ立ててくださいな。

そこまでやって初めて乙ですのよ>>1野郎

>>54
その程度で>>1乙は止まらない

125 ■■■■ :2007/11/20(火) 21:20:13 ID:meTlLrrI
18スレ目

「……面白ェじゃねぇか。愉快に素敵に労ってやるよ」
 >>5は告げる。
 スレを立てる。ネタを考える。>>1乙の連呼が始まる。

>>1乙なのよな

……、つまり、わかっていても避けられんほどの>>1乙があれば良い訳か。
は、手持ちのレスはほぼ1000人前。必然、これで労えん道理は無い

既に>>1の姿はなく、ただ大量の血痕が残されるのみであった・・・

....bad end 『Salvere000の怪』

>>1乙完了。うん、みんなご苦労様といったところだね?

「ぬかせ。お前以上に乙な>>1がこの星にいるか。そうだろう?」

どうして>>1には届かないのかしら、あたしの『乙』が。まぁいいでしょう、口頭で>>1乙するから

それでも、あの少年は最後まで>>1乙を止めなかった。
結局は、たったそれだけの、>>1乙だった。

「――――テメェは、>>1に乙したくないのかよ?」

僕は>>1が泣いても乙するのをやめない!!

「ありがとよォ。お礼に顔面へダイレクトに乙をかけてやンよ」

それで。その>>1乙の山は何?君。水道水が飲めないもやしっ子?

だから何度でも言う、>>1乙。
僕が用があるのは新スレだ、お前じゃない。
スレの一つ二つ埋めるのは容易いが、流石に次スレが建ってないのでは気が引けるんでね。

「いわく。>>1乙は。鎌池和馬・禁書スレの正体を知るための鍵だと」

うふふふ、こうしてまた私は>>1乙されていくのね…

>>1
「……>>1乙されてから喰われると、>>1乙され続けるとどちらがよい」

>>1に。そこはかとなく。乙です。うふふ。

126 ■■■■ :2007/11/20(火) 21:34:21 ID:meTlLrrI
16スレ目

>>1乙、と申し上げております。日本語、正しく伝わっていませんの?

歯をくいしばれよ、>>1―――――
―――――俺の乙は、ちっとばっか響くぞ

「問題一。何故私はこのような時間にこのような場所に出向いているのか」
「回答一。>>1に乙と言うため」
「補足説明一。乙というのは労いを意味する『お疲れ』の転用表現と思われる」

>>1乙にようこそ!

わたしには>>1に対して感謝の謝辞をありがとうさせてもらう唯一の方法がひとつしかない。
……おっと誤爆した。

覚悟しろよ、>>1――俺の乙は、ちっとばかり響くぞ!

「―――警告、鎌池第16スレ第13節。スレ立ての術式の逆算に成功しました。
埋まりかけの前スレからテンプレを修正したものと判明。>>1乙用の術式を組み込み中……
第一式、第二式、第三式。命名、『FOX★よ、何故私をアク禁にしたのですか』
完全発動まで十二秒」

あらあら、>>1さん的には乙というのが直球なのかしら

1乙なんだぞ〜

どうして>>1ちゃんはスレ立てが絡むと途端に行動力と思考力がアップするのですか!
その情熱をもっと勉強にも注いで欲しいのですよーっ!

と、とにかく>>1ちゃんは別室で乙です!!

乙される人間なら、ここにいる。>>1がスレを立ててくれて、俺は嬉しいんだ!

「でも、こうなっちゃったら仕方がないよね。―助けよう、>>2-1000、」

脅迫状には>>1乙とか書かれてた気はするけど

『―――メッセージ、メッセージ。エラーNo.>>1-乙。
乙法に抵触する新スレを感知。新スレを確認。
即死の可能性に備え、ROMを控えて下さい』

仕事中に>>1乙するな。ほら、さっさと起きろ

1のスレ立てを労う言葉に、誇張も装飾も必要ない。
そんな言葉は、>>1乙だけで十二分。

って上条さんも思っているらしいんで、>>1乙。ってことでー。

>>1はこれ以上の>>1乙など両手で抱えられないと考えているのに。
それでも、>>1乙はまだ止まらない。

>1乙と26は心から申し上げます

「――――さて。スレ立て人が鎌池スレの存在を証明したというならば、
この>>1乙は一体何を証明してくれるのだか、ね」」

乗り遅れだって?そんな幻想受け入れられないな
忘れたかにゃー>>1やん、オレってば天邪鬼なんだぜい?
そうして。
>>1の目の前で
>>45はいつものような声でいつものように歌って、最後の呪を紡いだ。


――>>1

127 ■■■■ :2007/11/20(火) 21:43:01 ID:meTlLrrI
15スレ目

ハッ、あなたは>>1から>>10まで乙しなければ理解が出来ないんですか?

Q1 この状況はスレを立てたばかりの>>1視点ではどう映りますか?

私見1、>>1乙。
回答1、ねーちんの手紙とやらの内容は考え付かなかった。

しかし、>>1への乙はまだ止まらない。

我がレスには言葉
その形は乙
その役は>>1乙――――ッ!

何の変哲もない右手。
不良の一人も倒せず、テストの点も上がらず、女の子にモテたりする事もない、右手。
だけど、右手はとても便利だ。
なにせ、このスレにありったけの>>1乙を書き込むことができるんだから。

>>1
あのな、これは名無しとしてスレの関係を良好にするために敢えて忠告するが
>>5-37はな、誰にでも乙と言う住人だ

「き、サマ。何の真似だ、これはァ―――――――ッ!!」

「何をすべきか、だと? なめやがって、>>1乙に決まってんだろうが!!」

我が名が>>1乙である理由をここに証明する

我が名誉は>>1乙のために

>>1に捧げる曲
【VIPSTAR】

I wanna be a VIP STAR 君がずっと夢中なそれなんてエロゲ?
テラワロス VIP STAR 腕を広げブーンをさせてあげよう君だけに
うpに出会えた喜びと クソスレを見た寂しさの
両方を手に入れて ネラーは走り出す
空は飛べるよブーンだから 無職ばかりの板だけど
VIPPERに微笑みを 与えられたなら
初めてスレに書き込んだ瞬間に FOX★がすぐに下した規制は僕にだけアク禁
>>1 乙 乙 a VIP STAR 君がずっと夢中なそれなんてエロゲ?
テラキモス VIP STAR 腕を広げブーンをさせてあげよう
I wanna be a VIP STAR 君をぎゅっと抱きしめてあげるからうぇwwwうぇwww
ギガワロスVIP STAR うはwwwおkwww把握www再うpをしてあげよう君だけに

隠していたクオリティを 君はそっと拾い上げて
大切なスレッドだと 保守をしてくれた
働いたら負けかなと思っている
厨かばう その右手は フラグ立てのために
You're gonna be my VIP STAR 今日も立った禁書スレはいはいわろす
キタコレ!のVIP STAR そんなエサに おれは釣らんクマー

128 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:00:28 ID:meTlLrrI
14スレ目

>>1乙だけで済むとか思ってんじゃねぇのよ

>>1はもう十分過ぎる程の乙を貰ったと思った
だが、このスレの乙はまだ止まらない

>>1>>1、私は乙だと思うんだよね

あの……その、えっと……>>1さん、乙、です……

>>1
乙です
・・・・・私の出番はこれっきり。うふふ。私はいっつもこんな感じ

必然。>>1乙は不可逆にして絶対の法則なり。

>>1ー、乙なんだなー

はっきり言ってムカつくので言いたくはないが一応言っておくよ…>>1

>>1さん乙です。とミサカは申し上げます。

>>1乙と言っておいてやりますよ

――お前がそれでもスレを立てるというのなら――

―――――まずはその>1を、乙彼す!!―――――

あらあら、>>1さん的には乙カレが直球なのかしら

ひっ、ぃひっ、止ま、止まらないんだ。>>1乙は止められないんだ

とりあず>>1乙と言っておきましょう。

129 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:07:32 ID:meTlLrrI
13スレ目

      , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ
  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」 乙だアンダーソン君?
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \

>>1やん乙だぜぃ

ミサカはミサカは>>1さん乙と言ってみるミサカはー

>>1
いつも通りノーマルに乙

>>1さん乙かも!

いっ、>>1乙なんてしないわよ

>>1
おーつー

>>1に乙など言いけるものよ

お、>>1乙じゃん♪

>>1乙〜

>>1乙ですよぅ?

いいか、>>1乙だけを伝えとくよの。

あら。あらあら、>>1さん的には乙を言った方がいいのかしら。

よー>>1ぃー乙だなー

>>1さん乙ですの

>>1乙だね?

「ところで、どうすれば――――」
「ん?」

>>1さんに乙する事が出来るのでございましょうか?」
「いつの話題だよ!! もう乙はいいよ!!」

130 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:11:32 ID:meTlLrrI
11スレ目

>>1
お疲れ様です。とミサカはねぎらってみます。

131 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:16:22 ID:meTlLrrI
10スレ目

>>1
乙です、とミサカは>>1に対して労いの言葉をかけます

>>1まずは、その幻想をぶっ乙す!

新スレ開始から。せめて50レスまでの間に>>1乙しておかないと。誰も話題にしてくれなさそうだし。

どうせ7巻でも背景でしか出番がないだろうし。うふふふ。

いっぽ乙うこう

背中を刺す>>1乙ことうそつき村の>>1

たこ焼き食べながら>>1さん乙やで〜
とかボケれば関西っぽくあらへん?カミやん

132 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:22:03 ID:meTlLrrI
9スレ目

>>1
アウレ乙ス

>>1。乙。

>>1乙斬氷香

>>1乙×1万人のミサカより

>>4
>>6
>>7
>>8
>>9
その1乙をぶち壊す!!

乙殺しの右手
乙ジンブレイカー

133 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:27:43 ID:meTlLrrI
8スレ目

>>1
目次マンセー

>>1と言ってみるのがミサカなの。

>>1さん乙ー、ってミサカはミサカは表面上だけでも1さんをねぎらってみたり。

>>1乙ですにゃー

134 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:31:11 ID:meTlLrrI
7スレ目

あのな>>1
おまえの妹な、誰にでも乙って言う女なんだぜ?

135 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:37:09 ID:meTlLrrI
6スレ目

>1乙

136 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:41:32 ID:meTlLrrI
5スレ目

2get
>>1

それはそうと乙>>1

137 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:45:53 ID:meTlLrrI
4スレ目

>>1
誰も言わないので乙です、とミサカはねぎらってみます

138 ■■■■ :2007/11/20(火) 23:47:06 ID:meTlLrrI
以上、過去のものは全て保存しました。
かなり疲れました・・・。

139 ■■■■ :2007/11/24(土) 19:35:48 ID:fnrrqvnU
113スレ目

30分レスがなかったら>>1は私が乙していきますね

>>1に乙するのはこの俺だ!!

>>1ならぬ身にて住人の乙に辿り着くもの―――という事です。
私達の目的は新スレッドの先にあるモノですからー。

まぁ、その、なんだ、大事な話ってのはさ、ほら、だから、えっと……


>>1乙だ!!

>>1乙は忍耐強い。>>1乙は情け深い。ねたまない。>>1乙は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

いちょついちょつ

>>1おつ〜

>>1乙させてもらおうか

なんの変哲も無い乙。

相手が>>1でない限り、何の役にも立たない乙。
荒らしの一人も倒せず、レスのクオリティも上がらず、みんなにかまってもらう事もない、乙。

だけど、乙はとても便利だ。
何せ、目の前の>>1野郎を思う存分乙する事ができるんだから。

何だろう、>>30の乙に少し感動している俺ガイル

カメラに、スリッパに、パンフレットに、ミネラルウォーターに、白い>>1

あと>>1お疲れサマンサ

いまさらながら>>1

いちおつ
 壱乙

あ、乙です。

むっ! せっかく先生が気弱な>>1ちゃんの背中をグイグイと乙しているっていうのに、一体何を意固地になってるのですかーっ!?

140 ■■■■ :2007/11/28(水) 14:26:19 ID:pxGzUni6
114スレ目

一日一〇〇回>>1乙するとα波が促進される健康ボールをプレゼントするです

>>1
まずは…その幻想をぶっ乙す!

……。美人に免じてあと>>1

なに、簡単なことだ。貴様にしか扱えない特殊術式「光のスレ立て」・・・・・・その照準調整のために、
ローマ近郊の子供達や観光客を>>1乙している報告は真実か?

……聞きたい事か。>>1を乙して欲しいなら日曜にしろ

>>12
ええ、はい。
取り立てて>>1乙するような事なんですか、それ?

ぼてっと。
駆け出していた>>1の体が、アスファルトの破片に引っかかって乙した。

「『新しいスレッド』だッ! 人類は一つの終点に到着し『1000』を迎えたのだッ!」
「それこそ『幸福』であるッ! 独りではなく全員が>>1を『乙』できるからだッ! 『覚悟した者(>>1)』は『幸福(乙)』であるッ!
悪い出来事の起こる事は『絶望』と思うだろうが 逆だッ! 明日『愛染が来るとわかっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『愛染』を吹き飛ばすからだッ!
 人類はこれで変わるッ! これがわたしの求めたものッ! 『かまちースレ』だッ!」

「そう、俺がこれから>>1乙するッッッ!」
「ほらみて>>1!ケータイのアプリで『らくらく>>1乙トレーニング』をダウンロードしたんだよ!」

おつおつ

ところで>>1を見てくれ、どう思う?

すごく…乙です…

壱乙♪

141 ■■■■ :2007/12/04(火) 22:19:35 ID:BGYs67AQ
115スレ目

>>1に乙を言うのは俺なンだよ

いいスレたてだ、それでこそ>>1乙しがいがある

>>1さん、乙かれさまです。

申し訳ない、ほんとうにありがとう>>1氏。
誤変換せず、お疲れ様と言わせてください。

>>1乙といわざるをえない

おっつ

>>13
正す前に一つ言うことがあるんじゃないのか? ――すなわち、>>1乙と

「大サービスだな。10秒もあれば3つは>>1乙を思いつくぞ」

(このスレが、>>1の作った奇跡の通りに動いてるってんなら――――――)

(――――――まずは、その>>1をぶち乙する!!)

「残された道は一つしかない…」
「私は>>1乙に手を染めることにした」

悪いのか
たとえ、この命と引き換えにしてでも、>>1を乙すると思うことは、悪い事なのか

ふ、ふん。>>1乙だけが全てじゃないやい

へいへいへーい!! 一三勝九敗、テメェのフォークボールも大した事ねーなーっ!! >>1

142 ■■■■ :2007/12/12(水) 22:07:55 ID:mQ8t/7CM
116スレ目

>>1乙を上位に、俺の嫁発言を下位に。

                  ‐- 、
                   :.:.:.\
                  :.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r- 、:.:\:.:.:.:.:.:.: i
          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./l  \:.ヽ:.:.:.:.:. i
     i:.: i  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ リ   三:ヽ:.:.:.:.:.:.!
    l:.:.:.l:. :.:.:l:.:.:/!:.:/    _.... 彡''ヽ:.:.:.:.:l
      i:.l:.:l:.:.i:.:.:.l:./ l:/  /....._  ヾ i:.:.:.:.:.:!
     ';li:.:.l:.:li:.:.:l/ l ‐'"ヽ:::ノ/   /l:.l:.:.i:.:l
     !ル'l:.:ハl:./       `''''   イ:.l:.:l:.:.:l:.:l
       l/ l/、   ,.         / l:.ハ:.l:.:.:.l:.:l
          \  .. ___   / l:.l i:lヽ:.:i:.l
 >>1乙なんて  `  .. __ / /l::l  l:i ヽ:.l
  言わないわよ! |:/ _l..、 '゛ l:.l  l:i'" \!
            l' /ト、    l/ /    ヽ
           / l/ l \   /       i
          / ,;'   ̄/ ̄         l
         / .,;'  ,,;''   l /       l
          /  ,;'' ,;;'''   l /          l
       / /,:' ,;''    l ,'       . : l
      / / ';;,'''     l i       . : : l
      / /  ;' ;;;;;   l. ノ /     . : : :l
    / /   ;'      l /      . : : : :l
   /   i    ;.      l/       . : : : : l
   〈   l   ;;      /       . : : : : : :',
  ∧  l   ;;     /       . : : : : : : : ',
  /: :.\l   ;;,    /      . :   : : : : : : :i
/: :/ :ヽ、 ;;;    ゝ .._   . :    : : :,、 '"
 ヽ   : : > '" ̄ /: : : : '' ‐--‐─ /


スレ立て大儀じゃったのう、>>1乙じゃ

15巻で一方さんと結標嬢の可愛らしい一面が見れると信じて――>>1乙!!

        ,r‐──ー-- _
       /´         `.、
      ,',r  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶 `ト、
     ,f f______ ヽ!  i、
     i i, '`' ヽ;  ヾ,'`ヽ ̄i、 |
     i i' i ̄ ̄    ̄ ̄ !ヽ,ト ヽ
   .  | !┿━━   ━━┿ !'   |
   .  ヽi ,ト、      , ,  i (   l
      i. ! ` 、__________,,/i,′  !
      ヽ/((┃))_____i |_ゝキュッキュッ
   .. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
   /  /_________ヽ..  \
   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ,r‐──ー-- _
       /´         `.、
      ,',r  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶 `ト、
     ,f f______ ヽ!  i、
     i i, '`' ヽ;  ヾ,'`ヽ ̄i、 |
     i i' i ̄ ̄    ̄ ̄ !ヽ,ト ヽ
   .  | !┿━━   ━━┿ !'   |
   .  ヽi ,ト、      , ,  i (   l
      i. ! ` 、__________,,/i,′  !
      ヽ!ヽ .f 6./人,!/∂i,ゞ  /
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
      _(,,)  >>1        (,,)_
..    /. |    乙なんだよ   |  \
   /   .|_________|   \

今回もネタではない普通の>>1

久しく忘れていたこの感覚。
一方的な幻想殺しを数こなすというのも快感だが、やはりスレ立ての本質とは>>1乙である。

乙一

>>16
上遠野や西尾に殺される前にどっかに逃げろそして>>1

普通に>>1

143 ■■■■ :2007/12/12(水) 22:12:16 ID:mQ8t/7CM
続き

>>1
私たちの乙で救ってみせる、>>1も、かまちーも、電撃文庫も!

たまんねぇなオイ。>>1乙しなきゃ気がすまねぇよ

必殺☆家族のキズナ>>1乙大作戦!

>>1乙。圧死、および感電死せよ

>>1乙なんだにゃ〜!

肝心な事を忘れていた。
>>1乙!

一乙じゃんよー

>>54
俺の>>1乙の心までブチ殺すのかにゃー!?

>>950

壱乙

>>1乙覧祭

まぁ、>>1

144 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:43:03 ID:4UI1PwAA
少し暇なので次回スレ案内を保存しようと思います。

145 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:43:53 ID:4UI1PwAA
115スレ目

未来は、技術によって開かれる。そう信じている―――。
◆───────────────────────────────―◆
◆とある魔術の禁書目録(インデックス) Hs IGLOO -学園都市秘録-
◆  【著/鎌池和馬 イラスト/仄村キヨタカ 定価:620円】
◆───────────────────────────────―◆
アビニョン侵攻作戦での勝利より後。
ローマ正教との『戦争』を開始した学園都市は、能力者・新兵器を矢継ぎ早に戦場へと投入していく。
しかし、一見華々しく見える超能力・新兵器開発の背景には、過酷な現実が存在していたのである。
この物語は、新兵器等を実用試験する学園都市「第603技術試験班」に参加した人々と試作兵器の記録である。
学園都市の超技術の裏側を描く"IGLOO"シリーズが満を持して登場!

鎌池和馬スレッド116「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1197120171/

146 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:44:43 ID:4UI1PwAA
114スレ目

::::::::::::::::::::::::::::::::::_,;;:‐''" /::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: ``'''''ー‐-,- 、.,``ヽ、
:::::::彡''"_,,. -''"´ 、_`ヽ、/_:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     ̄`゙`ヽ、
-‐‐-<、.,_  ,,.彡ヾ、;;=''ヽ、::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ,. -'"/  _,.、‐'"´   \ \、_:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
,.r''"::::::::く ,,.‐''´\\     \ \`''ー--、.:.:.:.:.:.:.:.:/
:::::::::::::::/     \\_,,.、-一''''"´   /:.:.:.:.:.:.:.:/
::::::::/ __,, -‐''ヾ,´ ̄        r'' (.:.:.:.:.:.:.:.:/
==ニヾ、::::::::::::::::::\  ',      ,,.‐ニア.:.:.:.:.:.:./  総計115スレ・・・また世界を縮めた・・・・・
/r‐ヲ ヾ、ー-- 、::;;\ ',   __,ノ‐'´ヾ|!.:.:.:.:.:./
  l し、         ``ヽ l   `''ー-‐'´`ヽ、 /
、 ヽ-‐‐ヽ          J       ´  `''ー- 、,
:::`''ー‐-、_                        )
:::::::::::::::/  l                ,,. -‐' ,,.‐'´
‐''''''''''''ー‐‐-'、.,,_        _,,. -‐'''"´  ,,.-''´
           `'''ー--<´   ,r一''"/
‐-、               `ヽ、./ヽ.:::::::/
ヽ::::\                ヽ、 ',:::/
 l:::::::::ヽ、                 l/::/

鎌池和馬スレッド115「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1196511572/l50

147 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:48:24 ID:4UI1PwAA
112スレ目

立てたよー

鎌池和馬スレッド113「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1195744476

頑張った自分へのご褒美と称して白カチュ娘こと柏○梓(仮)を貰っていきますね

148 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:53:28 ID:4UI1PwAA
107スレ目

__________
    <○√
     ‖
     くく

しまった!>>950が新スレへの誘導を忘れている!
オレが止めているうちに新スレへ逃げろ!
早く!早く!オレに構わず逃げろ!

鎌池和馬スレッド108「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1193976783/l50

149 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:56:15 ID:4UI1PwAA
106スレ目

その日、世界は引き裂かれた・・・
 ★───────────────────────────────★
 ★とある魔術の禁書目録(インデックス)(18)
 ★    【著/鎌地和馬 イラスト/仄村キヨタカ 定価:599円】
 ★───────────────────────────────★
  ローマ正教の降誕儀式が引き起こした大破壊により、世界は切り裂かれ、荒廃した。
  上条ら仲間達も散り散りになり、もはやローマ正教こそがこの世界の神となってしまったのだ。
  そんな中、大怪我を負いようやく目を覚ました姫神は、子萌先生にあれから一年たったことを知らされる。
  そしてここは世界から海で隔絶された場所だとも。
  何も無い無人島で、病に蝕まれる子萌先生を必死に看病する姫神は、
  彼女を見捨て上条たちを捜すことも、全てを忘れて生きていくこともできず、無力感を噛みしめる。
  果たしてこのまま世界は滅亡してしまうのか?そして上条は―――?
  姫神秋沙が決意を胸にする時、物語は再び始まる――!!

鎌池和馬スレッド107「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1193230748/

150 ■■■■ :2007/12/13(木) 23:59:32 ID:4UI1PwAA
101スレ目

     ___
   /__))ノヽ
   .| l _  ._ i.)  
  (ミl ´・ 〈・ リ   
   し   (_) |   
    | `ニニ' /   
   ノ `ー―イヽ

鎌池和馬スレッド102「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1189305702/

151 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:00:56 ID:f2h2SQb.
96スレ目

鎌池和馬スレッド97「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1184155270/

     ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡
    (っΣ⊂≡⊂=
    /   ) ババババ
    ( / ̄∪

152 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:02:00 ID:f2h2SQb.
94スレ目

「気が付けば 序幕は既に 閉幕していて 思えばこれが 本編の開幕だった
 序幕の幕を 引いた>>1000が ぼくらに次の幕を開けさせた

 ぼくらは 出会った」


‥‥お先

諸君らは後で
ゆっくり来るがいい

目上より遅く
子供より早くな



この夜。
鎌池和馬スレッド93「とある魔術の禁書目録」は『死んだ』。

153 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:03:13 ID:f2h2SQb.
89スレ目

テレッテッテッー♪
新スレがビルドアップ♪

鎌池和馬スレッド90「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1178191343/l50

154 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:04:41 ID:f2h2SQb.
86スレ目





                       「 新 ス レ だ 」


               鎌池和馬スレッド87「とある魔術の禁書目録」
           ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1176342816/l50

155 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:06:11 ID:f2h2SQb.
82スレ目

失われた楽園には、今日も贖罪の黒い雨が降り続ける。
 ◆───────────────────────────────◆
 ◆とある魔術の禁書目録<インデックス>28
 ◆    【著/鎌地和馬 イラスト/仄村キヨタカ 定価:599円】
 ◆───────────────────────────────◆
  世界全土を巻き込んだ魔術と科学の戦争が終結して1000年。
  かつては栄華を誇った学園都市は旧文明の壊滅とともに、
  瘴気が満ち、肉体を機械化したサイボーグや遺伝子操作のフリークスなど、
  狂人魔人が跋扈する、法も道もなく、慈悲も愛も存在しない“隔離街”と呼ばれる汚染された禁忌の地となっていた。
  “隔離街”において目覚め、暴悪の都にあってなお“イマジンブレイカー”の異名で畏れられる、記憶を持たぬ少年。
  ある日少年は、迷い込んだ街の最下層でミーシャと名乗る謎の少女と出逢う。
  それまで自身と街の在り方に一片の疑問すら持っていなかった彼はしかし、彼女との触れ合いで徐々に変わっていくのだった。
  やがて彼らは“隔離街”の『外の世界』を目指す。そこに彼らの求める『楽園』が存在すると信じて。
  天使と悪魔が交差するとき、失われた少年の物語は始まる──!

鎌池和馬スレッド83「とある魔術の禁書目録」
ttp://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1173456009/

156 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:07:05 ID:f2h2SQb.
79スレ目

鎌池和馬スレッド80「とある魔術の禁書目録」
ttp://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1171204070/l50


スレ立て終えて、俺・参上!!
不備があったら言ってくれ。できる限り全力でやさぐれるから。

157 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:13:51 ID:f2h2SQb.
71スレ目

         |
       \  __  /
       _ (m) _ピコーン
          |ミ|
        /  `´  \
         ∧ ∧
        (・∀ ・)
        ノ(  )ヽ
         <  >

       \     /
       _ `゙`・;`' _バチュ--ン
          `゙`・;`
        /  `´  \
         ∧ ∧
        (・∀ ・)
        ノ(  )ヽ
         <  >


         ∧ ∧
        (・∀ ・) <……
        ノ(  )ヽ
         <  >
鎌池和馬スレッド72「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1166886075/

158 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:19:35 ID:f2h2SQb.
68スレ目

■────────────────────────────────
■とある魔術の禁書目録<インデックス>(14)
■   【著/鎌地和馬 イラスト/仄村キヨタカ  定価 620円】
└────────────────────────────────
上条当麻と<禁書目録>のシスター、インデックスに平穏の日々はない! 
ローマ正教、『神の右席』との戦いを切り抜けたのも束の間、褐色の巫女が二人を襲う。
が、返り討ちにしたとたんに態度が豹変、
「シスターさま! どうぞワレラの祭りにお越し下さいませ」かくして舞台は南米マヤの地へ――。
マヤに眠る秘宝ククルカンとは? そして失われたインデックスの過去とは?
上条当麻と古代の秘宝が交差するとき、物語は始まる――!

鎌池和馬スレッド69「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1164440757/

今回はあんまいいネタが浮かばなかった・・・・・・


そこで鎌池和馬スレッド68 最終話「夢」
ですよ。

159 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:21:52 ID:f2h2SQb.
66スレ目

◆───────────────────────────────◆
◆とある魔術の禁書目録(インデックス)(15)
◆    【著/鎌池和馬 イラスト/灰村キヨタカ 定価:662円】
◆───────────────────────────────◆
迫り来るローマ正教の刺客、そして『神の右席』を、ようやくの思いで退けた上条当麻とその仲間達。
しかし上条は『神の右席』の巧妙な罠にはめられて亜空間に放り出されてしまう。
彼の帰還を祈るインデックス。必死の思いで、電脳空間の迷路から彼をサルベージしようとする御坂美琴。
しかし無情にもローマ正教の最後の聖霊十式、
核爆弾と同等の力を持つ《噤みの竜》(ニュークリアドラゴン)が学園都市に襲い掛かる!
そのころ亜空間をさまよう上条は、大きな剣を背負う、狼を連れた女性に出会って……
 上条当麻と聖剣が交差するとき、物語は始まる──!

鎌池和馬スレッド67「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1163005850/

160 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:29:29 ID:f2h2SQb.
65スレ目

『まだスレ立て作戦なのか>>1!?』
『次のステップです!どさくさに紛れて手ぐらい乙っちまいましょうよ!』
『ええいまどろっこしい!』
『いやこうなかなか進展しないのが>>1の魅力なのでは?』
『ゆくゆくは女教皇様ともぶつかるのでしょうが、こればっかりは我々一同、>>1を乙します!!』

ところで前スレが直ってないよな?
前スレ
鎌池和馬スレッド64「とある魔術の禁書目録
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1160893628/

161 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:43:37 ID:f2h2SQb.
63スレ目

鎌池和馬スレッド64「とある魔術の禁書目録
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1160893628/

立った立った水の上。新スレがいきなりぶるるっとたち。
天のあたりをねめまわし。それから。そのまま。

162 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:46:14 ID:f2h2SQb.
62スレ目

>>965
あぁぁぁぁぁぁ!!
何でもなかったかのように「スレ立てたよー」とか言ってさりげなく誘導貼るのが楽しみだったのにぃぃぃぃぃ!!

鎌池和馬スレッド62「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1160324516/

ちくしょう……
ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

163 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:53:22 ID:f2h2SQb.
60スレ目

運良く、規制に引っかからなかった

どうぞ、同士諸君
新スレでも禁書クオリティーを忘れずにがんばりましょう


鎌池和馬スレッド61「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1159610862

164 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:54:10 ID:f2h2SQb.
58スレ目

鎌池和馬スレッド59「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1157898635/l50

グフッ、言われたとおり、立ててきたぜ……
あとは……任せた(バタッ

165 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:55:57 ID:f2h2SQb.
57スレ目

その逆さ吊りの男は静かに語った
この出来事さえも単なる予兆に過ぎぬと
学園都市の計算力の源である樹形図の設計者を
空高くから引きずり落とし
反乱者を生み出した大きな事件さえも
これから訪れるものに比べればちっぽけなものである
それはとてつもなく大きく、深く、暗く
そして哀しい
だが、希望はまだ失われていない
一つの魂が、旗に啓示を受けるであろう
そこから、すべてが始まり・・・・・・

FLAG FANTASY Ⅲ

鎌池和馬スレッド58「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1157020792



爆発に巻き込まれて木っ端微塵に吹っ飛ぶbook3サーバー。
「守ってやれなかった、あいつらを……ちくしょぉーっ!」と絶叫する>>1だが、次の瞬間、
サーバーもろとも消滅したはずのラ板の禁書スレに転送されていた。
そこでいつもの>>1乙やネタAAたちと合流し、アレイスターから事の真相を聞かされる>>1
実は、破壊されたbook3サーバーはダミーで、なんと本物は英国にあるという。
そして、英国にはネセサリウスの本拠地・聖ジョージ大聖堂も存在するのだ。
新スレではメルマガから読み取ったデーターの解析が進められるが、
不意に公式HPに異変が起こり、ミキティは極秘調査によってヒムラー&かまちーに「電撃デビューする以前のプロフィールがない」ことを知る。

次回!鎌池和馬スレッド第58スレ目

消されるな、この>>962乙 忘れるな、我が感謝

166 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:57:05 ID:f2h2SQb.
54スレ目

「貰っていきますね」レスは倒された。
だが、あれが最後の「貰っていきますね」とは思えない……。
第二、第三の「貰っていきますね」が、いつか必ず……。
悪が潰えるその日まで、戦い続けよ、幻想殺し達よ!


―鎌池和馬スレッド54「とある魔術の禁書目録」 完―

167 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:57:38 ID:f2h2SQb.
53スレ目

鎌池和馬スレッド54「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1153057559/l50

はいっ! 建ったわよっ! さっさと>>1乙しなさい!

168 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:58:35 ID:f2h2SQb.
49スレ目

さっき新スレ立てて来たぜ。 小便は済ませたか?神様にお祈りは?
次のスレでガタガタふるえて>>1乙をするネタの準備はOK?

鎌池和馬スレッド50「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1149875513

169 ■■■■ :2007/12/14(金) 00:59:49 ID:f2h2SQb.
46スレ目

うにゃー、もう立てちゃったぜよぉ

鎌池和馬スレッド47「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1148638288/l50

次回の命題にしとくですたい

170 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:00:25 ID:f2h2SQb.
45スレ目

コチラ『新スレ>>1』。
貼ロウジャナイカ、『次スレURL』ヲ。
コノスレハ狂ッテイル。ドウシヨウモナイクライ……クルクル、クルクル、トネ。
誰モ彼モガ踊リ狂イ唄イ騒グ様ハ、第三者ノ視点カラスレバ、非常ニ不気味デ近寄リガタイモノダロウ。
シカシ絶妙ニイカレタバランスノ上ニ成リ立ツ、コノ狂喜乱舞ノ舞台……。
モシモソノ中ニ飛ビ込ンデ舞踏ノ列ニ加ワレルナラ、中々ニ愉快ダトハ思ワナイカネ?
コンナ至言がアルダロウ……『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々』……トネ。
キミガ踊ル阿呆ノ仲間入リヲ望ムノナラ、我々ハ諸手ヲ挙ゲテ歓迎スルヨ。
…………ソシテ>>1乙モ忘レナイデクレタマエヨ。


鎌池和馬スレッド46「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1148374221/l50

171 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:01:57 ID:f2h2SQb.
36スレ目


       _
    ,´   ヽ
   l ノリjji从〉
   | (lリ゚ -゚ノli 今回は普通に。スレ立て完了。
    li / i ソ†ヽ
    |l.l./ = |ソ
.    〈/l_|_l_ゝ

鎌池和馬スレッド37「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1146146439/

172 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:02:48 ID:f2h2SQb.
36スレ目

鎌池和馬スレッド36「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1145843856/

立った!立ったわ!禁書スレが立った!

173 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:03:31 ID:f2h2SQb.
上は35スレ目です、すみません。

174 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:05:52 ID:f2h2SQb.
28スレ目

【迫る】鎌池和馬スレッド28【大覇星祭】
【近づく】鎌池和馬スレッド29【大覇星祭】
【まもなく】鎌池和馬スレッド30【大覇星祭】
【もうすぐ】鎌池和馬スレッド31【大覇星祭】
【あと少し】鎌池和馬スレッド32【大覇星祭】
【目前】鎌池和馬スレッド33【大覇星祭】
【目と鼻の先】鎌池和馬スレッド34【大覇星祭】
【もういくつ寝ると】鎌池和馬スレッド35【大覇星祭】
【そろそろ】鎌池和馬スレッド36【大覇星祭】
【見えてきた】鎌池和馬スレッド37【大覇星祭】
【アキレスと亀】鎌池和馬スレッド38【大覇星祭】

175 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:06:38 ID:f2h2SQb.
27スレ目

>>991
了解。
迷える全ての美琴タン萌えとねーちん萌えとインデックス萌えと舞夏萌えと小萌萌えと愛さ(以下略)に告ぐ!
次の新天地はこっちだ!!
salvere000(救われぬ物に救いの手を)!!
【迫る】鎌池和馬スレッド28【大覇星祭】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1142181645/

176 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:08:32 ID:f2h2SQb.
24スレ目

タダイマー! 帰ってきたから言いたい事いうよ!

「鎌池和馬スレッド=とある魔術の禁書目録第25版
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1141138334/!

あと>>>777! その幻想をブチ殺す!

177 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:11:20 ID:f2h2SQb.
13スレ目

新スレ立てやしたです。え、1の煽り文がわけわかんない? うっさいです。
何だってhPaを買いもしないあなた達のために私達の説明が必要になるんですか?
文句を言わずにさっさと流れ作業で新スレに移ってくださいってば。




鎌池和馬スレッド14 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1133096234/

178 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:12:50 ID:f2h2SQb.
12スレ目

そうですね
















鎌池和馬スレッド13 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1132020974/

179 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:13:52 ID:f2h2SQb.
11スレ目

幻想は壊れなかったもより。

鎌池和馬スレッド12 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1130561742/

180 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:15:02 ID:f2h2SQb.
9スレ目

鎌池和馬スレッド10 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1125582970/

新スレを立てちゃって、えっへんとミサカはミサカは胸を張ってみたり

181 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:15:58 ID:f2h2SQb.
6スレ目

>>973
お従兄ちゃん、新スレ立てちゃったからねー。

鎌池和馬スレッド7 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1114386928/

182 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:16:37 ID:f2h2SQb.
5スレ目

ついでに950げとということで新スレ。

鎌池和馬スレッド6 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1108465692/

↓以後は姫神についての話題以外禁止

183 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:17:31 ID:f2h2SQb.
3スレ目

途中で送信してしまった。失敗ー


次スレ案内→

鎌池和馬スレッド4 「とある魔術の禁書目録」
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1099118914/

184 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:18:37 ID:f2h2SQb.
2スレ目

読んだ。
次スレはこれでいこう。

「あるある!とある魔術の禁書目録」鎌池和馬スレッド3

185 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:19:49 ID:f2h2SQb.
1スレ目

そろそろ次スレ案

【電気の活躍に】鎌池和馬スレッド2【ご期待下さい】


普通に↓でいいよ
【とある魔術の】鎌池和馬スレッド2【禁書目録】


さっきベランダ見てみたら、こんなものが引っかかっていますた。

【とある魔術の】鎌池和馬スレッド2【禁書目録】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1088855187

186 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:24:31 ID:f2h2SQb.
保存忘れ
65スレ目

このスレのどこかにいるあなたへ――

すべての考察が立証されるようにとか、
すべての新刊が早売りするようにとか、
書き込むだけでは叶わない幻想を現実にするために
私は立てようと思っていました。

新しいスレ立ては、意外に簡単なことかもしれない。
もしかしたらそれは、もう終わっているのかもしれない。

このスレがつなぐ幻想で
辿り着く現実は一緒だと信じています。

The 66th Thread “A Certain Magic of Index”
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1162286510/

187 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:26:29 ID:f2h2SQb.
その2

77スレ目

>>695
前スレで誘導に使おうと思ってたが(立てられなくて)使えなかったネタをいまここでやるしかないようだな

いいか、インデックス。俺は、最大主教になる。そして総てを手に入れる。
 ★───────────────────────────────★
 ★とある魔術の禁書目録(インデックス)外伝 旗立王トウマ<上><下>
 ★ 【著/鎌池和馬 イラスト/灰村キヨタカ
 ★   四六判/ハードカバー/本文2段組各306頁/定価各1,890円】
 ★───────────────────────────────★
 秋も中頃。いつもの様に学園生活を満喫していた上条は、インデックスと共に街に遊びに出ていた。
 平和だなー、と思った矢先、二人にローマ正教の刺客が襲い掛かる。
 学園都市全土を巻き込む戦いに、なし崩し的に立ち向かうことになる上条勢力。
 しかし数の差は圧倒的で、インデックスと美琴は捕らえられ、仲間は散り散りになってしまう。
 辛くも一人逃げ延びた上条は、インデックスを取り戻しローマ正教に報復するために、
 イギリス清教の最大主教、ローラ・スチュアートに助勢を求めるのだがすげなく断られてしまう。
 憤慨する上条にローラは一言告げる。
 「でも、私と結婚したるのならば、イギリス清教の戦力は自由にしてもよしなのよ?」
 上条当麻と最大権力が交差するとき、Ifの世界制覇物語が始まる――!!

188 ■■■■ :2007/12/14(金) 01:32:05 ID:f2h2SQb.
以上、次スレ案内の保存を終了します。
約2時間かかりました。
乙の方は結構かかりました。

189 ■■■■ :2007/12/17(月) 23:39:51 ID:5ijGQsYE
116スレ目終

(最新巻 2009年12年10日発売予定は未定。
過ぎ行く一年と、これからの一年と――
◆───────────────────────────────◆
◆とある魔術の禁書目録(インデックス)(25)             ◆
◆  【著/鎌池和馬 イラスト/灰村キヨタカ 定価:657円】    ◆
◆───────────────────────────────◆
 寒さも本格的になってきた12月、どことなく浮かれた感じの学園都市
 の様子を不思議に思ったインデックスに、クリスマスから始まる年末
 年始の行事を説明する上条。
 「一週間の間に3つも宗教行事を行なうなんて、日本人はホントに不
 思議だよね」
 との返事に、何を血迷ったか
 「いや、日本のクリスマスはどっちかっつーと恋人同士で過ごすイベ
 ントっぽいしな――」
 などと答えてしまったのが運の尽き。
 どこからともなく現れた、イギリス清教女子寮にいるはずのシスター
 達や、「こんな時こそ複合宗教たる私の出番なのです」などとのたま
 う元女教皇、いつも以上に不機嫌さ爆発のお嬢様女学生にクラスメイ
 トの女性とまで加わって――!?
 科学側と魔術側、双方からの上条争奪戦が今始まる!?

鎌池和馬スレッド117「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1197807906/

190 ■■■■ :2007/12/17(月) 23:42:44 ID:5ijGQsYE
117スレ目

>>1乙!

オペ「機密通信です。世界各地で、いっせいに>>1乙が始まりました。
   世界中、いたるところで>>1乙の旗が掲げられているとのことです」
本部「どういうことだ? すでに各地のスレは埋まったはずだ」
オペ「旗を掲げているのは住人たちです!
   次スレを求めた住人たちが、>>1乙の旗を掲げ、次スレで>>1乙を開始したようです。
   おそらく、マザーシップを孤立させるための陽動作戦と思われます」
本部「我々を助けるため……?」
オペ「各地から続々と通信が入っています。すべて内容は同じ……
   “>>1を乙る”
   以上です」

━━━━━━━━━━  1   乙  ━━━━━━━━━━

 発行: ライトノベル板
 発売: 2ちゃんねる
 定価: priceless

このレスは>>1乙をするため書き込みがされています。
ご意見ご要望は新しいスレッドまでお願いします。
美琴は俺の嫁につきお取り替えできません。
健康のためイラストに騙されないようにしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
otu

>>1乙だ、我らの>>1乙遊戯を見せてやろう

>>1-7
出番が欲しけりゃ脱げってばっちゃがいってた! 乙!

俺達は無法者だがよ、それだけじゃ終わらねえ!
宇宙で一番>>1乙ってやろうぜ

>>1
乙だにゃー

なんの変哲も無い乙。

相手が>>1でない限り、何の役にも立たない乙。
荒らしの一人も倒せず、レスのクオリティも上がらず、みんなにかまってもらう事もない、乙。

だけど、乙はとても便利だ。
何せ、目の前の>>10野郎を乙の振りしてそげぷする事ができるんだから。

1スレずつ読んでいる方はこんにちは。
思い切って全スレ読んじゃったという人は初めまして。
鎌池和馬です。(ウソ)

       /⌒ヽ    
      /   ゚д゚ )      >>1乙…っと
     _| つ/ ̄ ̄ ̄/_  これで俺も人気者だな    
      \/     /

191 ■■■■ :2007/12/17(月) 23:44:45 ID:5ijGQsYE
続き

ふいんき(←何故か変換できない)
そのとうり(←なぜか変換できない)
がいしゅつ(←なぜか変換できない)
しゅずつ(←なぜか変換できない)
加藤わし(←なぜか変換できない)
ほっぽうりょうど(←なぜか返還されない)
童貞(←なぜか卒業できない)
見つめあうと(←素直におしゃべりできない)
彼女(←なぜかできない)
せんたっき(←なぜか変換できる)
空気(←なぜか読めない)
確信犯(←なぜか誤用だと言われる)
Romantic(←止まらない)
>>1(←乙)
○○は俺の嫁(←なぜかそげぶされる)
上条さん(←なぜかフラグが立つ)
禁書(←なぜか食べ物がなくなる)
美琴(←なぜかビリビリしている)
吹寄(←なぜかおっぱいが大きい)
ねーちん(←なぜか滅多に出てこない)
一方さん(←なぜか攻撃が反射される)
五和(←なぜかおしぼりを出される)
御坂妹(←なぜか出番が少ない)
オルソラ(←なぜかオリアナと間違えられる)
天使(←のような悪魔の笑顔)
小萌先生(←なぜか小さい)
■■(←なぜか書けない)
スレ住人(←なぜか好き)

>>30
乙w

こんだけ書いといて忘れてた…>>1乙乙乙
あと>>26、かまちーだと思うぞ

>>1乙線上の禁書

今なら言えるか、>>1

じゃあ俺も>>1
>>1乙をしたいときに>>1はなしっていうしな

192 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:03:33 ID:9xvnEV.o
117スレ目終

◆───────────────────────────────◆
◆   おおきくブラを外され
◆  【著/かまちアサ イラスト/灰村キヨタカ 定価:620円】
◆───────────────────────────────◆
「首振る作家は大嫌いなんだ」
「僕は本気!ヒロインになりたいならエロ挿絵くらい描かせてみせてよ!」
「私。ヒロインの座。2巻以降奪えなかった!」
オレらのヒロインは暗くて卑屈、
勝つ為に、弱気なヒロインのために、行け、オレら!

読むとためになり
しかも血湧き肉躍り涙する。
理由はともかく人気沸騰、
本格熱血バトルラノベ!

鎌池和馬スレッド118「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1198400694/l50

193 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:06:48 ID:9xvnEV.o
118スレ目

>>1
乙〜

うぃちうぉちゅ

>>1
おっつ〜

「ボクぁ禁書スレのみならず、貧乳ツンデレインピオAマホポルナレフパンヤECOFEZマビノギアスガルド
パワプロGジェネ小魔女8月C†Cそれ散る沙耶デモベ塵骸魔京パトベセル恋姫†つよきすおとボクおれつば
青山ゆかりドムキンタぺー姉さん御前籐野らんパンチラドロワーズいぬかみっ!ドクロちゃん吉岡平
杉原智則伊達将範一色銀河倉田英之秋山瑞人舞阪洸植芝理一無名世界観ハンドボールTack総合
Almagestドルマスフラットおっさんordieシルフェイド人魔大戦晴れ雲ののの通信陽射しの中のリアル 
SLAVEアフィリア魔法学院プリズムコートエルツヴァーユしっと団吉野家ヨハネスブルグインペリアルクロス
やってくれましたねみなさんぬるぽまであらゆるスレで>>1乙を出来る包容力を持ってるんよ?」

突然だがッ!君はヒーローを信じるか!?
絶対的な正義の味方というものを信じるか!?
ヒーロー!ヒーロー!
世界を救うぜヒーロー!悪を滅ぼせヒーロー!子供を助けろヒーロー!
余裕もあれば大人も助けろヒーロー!子犬を助けろヒーロー!子猫も助けろヒーロー!
時には子供の未来の為に!時には宇宙の平和の為に命を懸ける!悪以外は何でも助ける、それがヒーロー!
全ての人間は救えない?どちらかを選ばなきゃいけない?ナンセンス!
そぉんなのヒーローを知らない奴らのたわ言だ!
いいか、例えば解毒剤が一つしかない毒に二人の子供が冒されて、どちらか一方しか助けられないいって時!それでも何故か両方助ける事ができるのがヒーローだ!
それができるからこそヒーローだ!かっこいいぜヒーロー!イカすぜヒーロー!
努力だぜヒーロー!友情だぜヒーロー!勝利だぜヒーロー!
ヒーロー!そう!足りない!足りないんだ!この世にはヒーローが足りなすぎるッ!もう一度言うよ、何度でも言うぜ!
ヒーロー!ヒーロー!
この世が上手く回ってないのは何故か?
今こそ呼ぼうぜ!
そう、ヒーロー分の不足だ!ヒーローが足りてれば、全部上手くいくんだ!
ヒーロー!ヒーロー!
あんたの心の中にヒーローはいるか?
ヒーロー!ヒーロー!
いまこそ呼ぼうぜ!声を上げて!呼べば答えるさ!なぜなら!そう!ヒーローは今!君の!目の前にいるからさ!>>1よ乙!

うん、あれだ>>1

>>950
次スレよろ
現スレ
鎌池和馬スレッド118「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1198400694/

世界でいちばんNGな>>1な乙

乙!いち

17針山さん乙

>>1
名前欄wwどんだけ姫神好きなんだよ西浦ナインwww

とある魔術の>>1乙目録

明日も>>1乙しても良いですか?

194 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:10:01 ID:9xvnEV.o
続き

前スレ>>1000を殺したくないな。

何より>>1


たまには、やっとくか

オルソラは俺の嫁。

>>1乙-7
姫神「………。どういう。イミ?
   上条君……も怒ってない?
   みんなも……?
   もう。自身の存在感も登場数も落ちて。
   それでも諦めないイヤなヤツに。
   なんでやさしいこと言ってくれるの?」

「私はスレを立ててあげました。
だからあなたも私にスレを立ててください。
私は>>1乙をあげました。
だからあなたも私>>1乙をください。
私はこれだけの事をしてあげました。
だからあなたも私に同じだけの事をしてください。
私はあなたを愛しています。だからあなたも私を愛してください。

ふざけんじゃないわよ!自分がどれだけのことをやってあげたからって、
相手にそれを求めるなんてただの我が侭もいいところじゃない!
>>1乙ってのは>>1のためにしてあげることで、
そこに打算とか見返りとか、面倒なものは持ち込むなやっ!
そんなんじゃやることなすこと全部に他の目的があるみたいで、
この世の全てが胸糞悪くなるじゃないさっ!

乙なら乙でその気持ちを最後まで貫き通せばいいじゃないさ。
それが出来ないなら消えなさいよ。見苦しいだけよ。
私はこんなに頑張りました、だから私を乙ってくださいなんて・・・
ありもしない保証書握って借金取りみたいな惨めな姿これ以上さらすなやっ!!

>>1乙って気持ちだけで>>1を乙することができないなら、
もう終わってるんじゃないの?」

うるせぇ! もう本格的に乙だな>>1は!!

こっこれは乙じゃなくてZなんだから変な勘違いしないでよね。

>>1の幻想を乙殺したい

うん、改行もsageも出来るね?
それはさておきこのタイミングで>>1乙。

旗語
師走 乙敗旗「吹寄」

佳性するぜ!
目指せ!新年新スレあけおめ>>1乙!!

>>998

おけおめ

195 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:11:19 ID:9xvnEV.o
118スレ目終

『――――諸君』
『諸君』
『諸君』

『これより禁書スレは、全域非常態勢に入る』
『この命令は、禁書スレ住人、名無しが、その全権をもって告げるものである。禁書スレの総員――――』
『総員、新スレに対して全域非常態勢に入れ』
『これが聞こえる頃、既に次のスレが生み出されようとされていることだろう』
『いいか、ちゃんと喜べよ』
『きっとこのスレの代わりに、俺達の作ってきた流れの先端に次スレが立つことになるだろう』

『かりそめの俺の嫁宣言も』
『慈悲深きそげぶも―――』

『そして』

『――――全てこの最悪の現状に揃っているだろう。馬鹿げたことに』
『――――集え、力よ。叫べ、意思よ。それらこそが、今は必要だ』

『何しろここまでくるのに118スレ、禁書版を含めても過去は有限だ。望むなら、もっと、もっと先がある筈だ。過去をそげぶして降り返ることで存在する、――――先が!』
『ならば少なくとも――――』
『少なくとも今は、新刊は来るものではなく・・・・・』
『――――得るものだと考えよ!』

『いいか?』

『もし手を伸ばすならば、総員、意思を発しろ。そうすれば掴めるものはきっと約束してくれる。だから発しろ。返事は一つだ』
『――――応えろ! 前に進み、禁書スレの最先端となるかどうかを!』

『返事はどうした!?』


--Testament.

196 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:16:47 ID:9xvnEV.o
119スレ目

>>1&テンプレ乙
そしておめでとう

テンプラ終ー了ーなんだぜーい
>>1
そして、あけましておめでとうございます
K今年も
Yよろしく

改めて>>1
そして明けましておめでとう

15巻もおいしい所と打ち止めはカエル顔が貰っていく
そして御坂妹は俺の嫁である

あけましておめでとう
今年もよろしく
そして>>1
あと前スレ>>990そげぶ

笑えよ。
どォやら俺は、この期に及ンでまだ>>1乙がしたいみてェだぜ

そしてあけおめ

>>1乙じゃん
あけおめことよろじゃんよ

スレ立て乙!
そして今年もよろしくなんだぜ!

おっとやんの忘れてた
>>1乙&あけおめ

>>1乙!!!
スレ住人の皆、明けましておめでとう!

おめ〜>>1

素敵に愉快に>>1乙してやンぜェー!


おまいら皆KY(ことよろ)

新年新スレあけおめ>>1乙!
今年も禁書スレ住人一同幸せな一年でありますように

IE厨乙ww


――――――――ここまで定型―――――――

197 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:18:02 ID:9xvnEV.o
119スレ目終

そげぶされたので立ててきた。
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1199877050/

あとテンプレ張り終える前に乱入した奴誰だ出て来い。

198 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:23:03 ID:9xvnEV.o
120スレ目

●このスレは1000レスまで■■信仰

こうですよね? あさひるはよくないですよ!
そして1乙

いや、>>8は■正ヒロインと言っている訳だ、つまり■に入る言葉は……
それはそうと>>1

>>1
乙だにゃー

>1乙だよ。どちらかあげるよ!



 黄泉川愛穂  ( ゚д゚)  結標淡希
       \/| y |\/





ターン
y=-(゚д゚・)∴,*   

頃すのめんどいだろうから自殺しとくよ!

いちょつ

>>30の「死んでも幻想は消えない」に異様に燃えた俺。
それはともかく一乙。

一乙かも!

199 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:25:26 ID:9xvnEV.o
120スレ目終

次スレ立ってないんだから、少しは減速しようぜ
>>970の代わりに誘導だけしとく

鎌池和馬スレッド121「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1199982525/l50

200 ■■■■ :2008/01/13(日) 21:26:02 ID:9xvnEV.o
200!

201 ■■■■ :2008/01/21(月) 00:26:49 ID:/g75hq26
121スレ目

「スレ立てと言っても超種類があるんですけど、>>1のスレ立ては最高に乙ですね」

>>1乙です

空から落ちてくる系の>>1乙です。ここは危ない、早く逃げなさい>>1さん

1乙!
そして前スレ>>1000
「その幻想は、死んでも守る」

いっひいっひいっひ>>1

楽勝だ、>>1

俺の>>1乙物質に、常識は通用しねえ

「必要なのは乙じゃない。>>1乙だ」

……南南西から>>1乙信号がきてる……

>>1乙、別に感謝されるいわれはありません。これはただの悪口です。

うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
>>1が立ててくれたスレに書き込みたいヤツから前へ出ろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!

>>1乙だにゃー

202 ■■■■ :2008/01/21(月) 00:48:56 ID:/g75hq26
続き

南南西から>>1乙が来てる

「結局、>>1乙がキてる訳よ。カレーね、カレーが最高」

「返り咲けよ>>1。お前を乙してる奴だって居るんだぜ」

>>1乙ときたら!

ムカついたかよ、チンピラ。これが>>1乙だ。

>>1さん…乙…届いた?

香港赤龍電影カンパニーが送るC級ウルトラ>>1乙……
様々な意味で手に汗握りそうで、逆に超気になります

「ムカついたかよ、チンピラ」
「これが>>1乙だ」

スゲェな……。スゲェスレ立てだ。やりゃあできんじゃねえか、>>1乙。

「空々しい笑顔で肩に手を回してくる」と言った類の、今っぽい>>1乙をどうぞ。

俺の『>>1乙(ダークマター)』に、常識は通用しねえ

あー言い忘れてたけど>>1

203 ■■■■ :2008/01/21(月) 00:58:34 ID:/g75hq26
122スレ目

>>1乙なんだな、これが

空から落ちてくる系の>>1乙です。ここはカオス、早くお逃げなさい>>1

「い・ち・お・つ・カ・ク・テ・イ・ね」

「乙だ、>>1。……ったく、本当に良いスレ立てだな」

あぁ>>1乙だよ、くそったれ

結局、>>1乙なんだけど

「最後に出てきたのは―――『>>1乙』」

大丈夫だよ、>>1。私はそんな>>1を乙してる

>>1
乙デックス

スゲェな・・・スゲェ>>1乙だ
やりゃぁできんじゃねぇか、>>1

ここは敢えて>>1丙とでも言ってみるか

俺の>>1乙に常識は通用しねぇ

その>>1乙は浮かばなかった

「あれ? 今日の>>1乙と昨日の>>1乙はなんか違う気がするけど。あれー?」

204 ■■■■ :2008/01/21(月) 01:13:24 ID:/g75hq26
続き

俺の>>1乙に常識は通用しねえ

>>1乙だーーー!

必要なのはネタじゃない。>>1乙だ

>>1乙との距離20

>>1

浜面かっこいいよ浜面

必要なのはアニメ化じゃない、1乙だ。

205 ■■■■ :2008/01/21(月) 01:16:46 ID:/g75hq26
122スレ目終

スレ立て終わり……と言いたいんだが、土御門スレの誘導が失敗してる?
とりあえず報告。
いつもの嘘予告は間に合わず。すまん。

というか、ここ2、3日のスレの勢いが半端ねえんじゃよ。
まあ、それも明日までの三連休で一息つくと思うが……。

次スレ。
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1200222464/

206 ■■■■ :2008/01/21(月) 01:20:32 ID:/g75hq26
123スレ目

一万スレと二千スレ前から乙してる
八千スレ過ぎた頃からもっと>>1乙したくなった
一億と二千スレ後も乙してる
君を知ったその日から僕のカキコに>>1乙は絶えない

>>1なる乙、乙たる>>1
インデックスかわいいよインデックス

巻末のかまちーの一言コメ見るかぎり又都市内で事件が起こるのは確実か

                 γ´⌒`γ
                 il ノリjji从〉∩  _
            ,.-ー-、 | (lリ゚ -゚ノli  ,'´  `ヽ,
            li゙゙(""!ミ}|⊂ ソ†ノ  リソリノ"゙从
     ,'´ `´ヽ (゙( ゚∀゚ ∩  (つ ノ  jid ゚ ヮ゚ノ')   ,'´=[三]ョ
     ル /ノノハ)〉 ヽ  〈    (ノ   ノ 〉  /   リソリノ゙"ヽ) 
     ヾ(リ ゚ヮ゚ノノ   ヽ.ヽ_)        (_ノノ    ノjid ゚ -゚ノ')
      <i) `^'(⊃                     〉  ,_O  _,,
   《  ̄ヽs∪.                      (_/ ´  γ´   ヾ
  /从i.リl!))         >>1乙!>>1乙!         ル从リ从)〉
  (゚- ゚ノ|ハ(( ⌒`⊃                     ⊂´⌒ソ(lリ゚ ー゚ノリ⊃

「私が>>1に乙したのは、11歳の冬だった」

>>14
>>1乙。確か>>1乙したのは、11歳の冬っつったよな
・・ ・ ・ ・ ・ ・・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
もう一度ここで>>1乙しろコラ

「問1。>>1を何故乙しているか」

しまったsage忘れてたww
改めて>>1>>11乙。

第百二十三章 最強の黒い翼に打ち勝つ>>1

「じゃあお前は>>1乙しろって命令されたら……>>1乙するんだな?」
「そうよ」

>>1
乙デックス

結局さ、>>1がキてる訳よ

笑えるな、犬野郎。そうやって、弱者を守るためにスレ立てりゃ>>1乙してもらえるとでも?

「俺は―――」
「黙ってて。別に>>1乙を求めてる訳じゃないし」

207 ■■■■ :2008/01/21(月) 01:22:26 ID:/g75hq26
続き

>>1
かまちーの文章力の進化具合は異常

1スレぶりの>>1

208 ■■■■ :2008/01/21(月) 01:23:55 ID:/g75hq26
123スレ目終

次スレ→ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1200500598/
123だが124なのであしからず

209 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:12:17 ID:OpAgJHWo
124スレ目

うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
>>1が立ててくれたスレに書き込みたいヤツから前へ出ろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!

>>1』には乙しないと。ここでは>>8-1000の幻想はそげぶされる。
禁書スレの『住人』とやらに邪魔をされる心配も多少は減るだろう

これが『>>1乙』。賞賛の混ざった空間。ここは>>10-1000の知るスレッドじゃねえんだよ。

『睡眠時間』なんて欲しくない。深夜にどこかで>>1が新スレを立てている事にも気づけずに、
ただ一人のうのうと生き続けるぐらいなら、
『スレ立て』に苦しむ>>1にいくらでも乙してやる。
だからこそ、住人は言う。

「『不幸』だなんて見下してんじゃねえ!
>>1は今、世界で一番『乙』なんだ!」

普通に>>1

ちょうどイイ。乙にも種類があるって事を教えてやる

>>1

乙は届く。>>1はそれで救われる。
私みたいな名無しは、そうやって禁書を広めたんだから!

また今回も>>1

一乙でーい

ヨーロッパの>>1に憧れてた。たった一つの乙を得るために、膨大な時間と人員を使って『スレ』をたてるスケールの大きさに惚れたのだ

>>1乙物質

210 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:14:03 ID:OpAgJHWo
続き

参考>>1
アニェーゼの乙ぱい

      _ _
    ,´ノ从 ヽ
   ノノリ从从〉<一乙!
   ソ(lリ゚ ー゚ノリ
    /i,ミ彡i>
   ┣ l. T l!
   ┃ |__l_j

最期にこれだけは言わせてもらう!























>>1

211 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:15:51 ID:OpAgJHWo
124スレ目終

次スレ
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1200856579

バタバタしちゃってスマン

212 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:20:43 ID:OpAgJHWo
125スレ目

たまんねぇな、オイ
>>1乙しないと気が済まねぇぜ

>>1乙と言わざるをえない。

この右手は>>1を乙するためにあるってことだ!!!

一度でいいから見てみたい女房が食べ物残す所 BY当麻
インデックスの胸囲分だけ>>1乙ぱい

非常に珍しい物を見せてもらったぜ。
>>1乙なんだぜぃ

「あれ?今日のスレと昨日のスレは何か違う気がするけど。>>1乙ー?」

とある>>1乙と禁書目録

俺の>>1乙に常識は通用しねぇ

>>1乙なんだにゃー

>>1・乙・か・く・て・い・ね。

楽勝だ、>>1

213 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:22:39 ID:OpAgJHWo
続き

その無駄な>>1乙(こだわり)が、決定的な隙になるっつってんだよ

今の時間なら言える―――!








オルソラさんは俺のy(ry…じゃなかった>>1

何てザマだ いい感じのネタでスレを立てようとした矢先に寝過ごした それでスレ立て志望者?
いつ>>950を迎えたかすらわからず これで>>1乙を言われるつもりだった?

否、住 人 失 格  !!!

それだけの事……

>>950を狙う俺の自負心は
その強さ故の脆さを併せ持つ

(元スレ立て志望者俺)(さあ俺)(無能の俺)
(愚か者め)(寝過ごして>>950を踏まれた俺よ)(次スレはどうする?)
(見当もつかない?)(次スレで>>950を取ってもネタが受けなければ)
(無能以下の屑ですね?)

絶対的な理想が先にあり 修正がきかない

214 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:23:44 ID:OpAgJHWo
125スレ目終

すまん。携帯で立ててみたらテンプレがおかしくなったからPCで打ち直した。
どうしても納得いかなければ削除依頼するが……。


次スレ
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1201270396/

215 ■■■■ :2008/04/26(土) 00:30:29 ID:OpAgJHWo
126スレ目

>>1
>>1-999そげぶ

まあまあ>>1

うう、>>1が乙に興奮して鼻血を出すような人だったなんて。

>>1
乙して乙して乙べて乙えて乙してやんよ。

私は超えてみせる!!
このクソ忌々しい>>1乙の全てを!!

インデックスの歩く教会から安全ピンを引き抜きたいと思う今日この頃
>>1乙なんだよ

なんの変哲も無い乙。

相手が>>1でない限り、何の役にも立たない乙。
荒らしの一人も倒せず、レスのクオリティも上がらず、みんなにかまってもらう事もない、乙。

だけど、乙はとても便利だ。
何せ、目の前の>>1野郎を思う存分乙する事ができるんだから。

>>1乙ですかと。

くそっ。俺は>>1乙を束ねていたリーダーなんだぞ・・・・・・

>>1乙でありけるよ

そう、俺はこれから>>1を乙するッッッ!!

一乙


――以下、殺伐と仲良しなようです。

たとえ何を失ってでも、>>1を乙するとここに誓う

なんていうか、その、とっても個性的な>>1乙ですけど

>>1乙せざるをえない

>>1乙、うちに来て妹をファックしても良いと土御門が言ってた

216 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:33:22 ID:OpAgJHWo
続き

ムカついたかよ、>>1

これが乙だ

大丈夫だよ、>>1。私はそんな>>1を乙してる

217 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:34:08 ID:OpAgJHWo
126スレ目終

―――上条当麻も神浄討魔も今ここで死んだ! 俺は『幻想殺し(イマジンブレイカー)』だ!!
★───────────────────────────────★
★とある魔術の禁書目録(インデックス)25
★ 【著/鎌地和馬 イラスト/仄村キヨタカ 定価:578円】
★───────────────────────────────★
 遂に進化を果たした『幻想殺し』で『神の右席』を撃退することに成功した上条当麻。
 しかし戦いの中で竜神乙姫は上条を庇って命を散らし、
 上条自身も無理な成長と能力使用の代価として脳細胞が崩壊し、再び記憶に欠落を抱えてしまう。
 そしてそれは、今後も『幻想殺し』を使用するたびに思い出を失っていくということに他ならなかった。
 それでも彼は、必死に引き止めるインデックスや御坂美琴たちを振り払い、決着をつけるため最後の戦いに向かう。
 全ての黒幕たる『人間』アレイスター=クロウリー、そしてあの黒い翼を持つ『最強』の元へ―――。
 『幻想殺し』と『一方通行』が激突するとき、最後の物語が始まる――!

鎌池和馬スレッド127「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1201611342/

218 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:38:42 ID:OpAgJHWo
127スレ目

ムカついたかよ・・・1乙

今なら怒涛の九連乙とかやってきても驚かねーぞ>>1(バーカ)!

>>1
>>1-999そげぶ

すでに旗男である男、上条

旗男になろうとする男、浜面

旗男になってしまった男、一方通行


物語はこの3人の旗男達の戦いを交差させ、やがて一つの巨大な流れへと昇華していく。
「目覚めよ、その魂」

>>1

一生のお願いだから>>1さん!乙させて!

>>1乙なのですよ〜(テッラ風味)

>>1乙でありけるよ

幸せいっぱい>>1乙ぱい

219 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:41:27 ID:OpAgJHWo
続き

久しぶりに

 Basis 1 0 4
「礎を担いし者」乙

つまり>>1

・カミジョーが立てたスレは1000まで>>1乙で埋まる

>>960
宣言なしのスレ立てはあまり感心しないが・・・まぁ一応乙

220 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:43:50 ID:OpAgJHWo
127スレ目終

次スレはこちら↓
鎌池和馬スレッド128「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1202220472/

このスレ立てるのは初めてだからネタ不足なトコは見逃して欲しいんだぜ。

221 ■■■■ :2008/04/26(土) 19:55:30 ID:OpAgJHWo
128スレ目

禁書「きゃあああッ!な、なんかブオーンって、変な形の>>1から暑苦しい乙が襲い掛かってきたんだよ……ッ!!」

えっへっへ…>>1

前スレ>>960

「ボクぁ落下型ヒロインのみならず、義姉義妹義母義娘双子未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様
金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショートヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテール
お下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせっ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さん
メイドさん婦警さん巫女さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガールスチュワーデス
ウェイトレス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリングショット
水着バカ水着人外幽霊獣耳娘>>1乙まであらゆる女性を迎え入れる包容力を持ってるんよ?」

一個明らかに女性じゃねーのが混じってんだろ

という>>1

>>1乙です

いちおつ
面白いからですよ

結局、上条さんは>>1乙πの大きいのと小さいの…どっちが好きなn

>>1乙の弦

222 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:09:28 ID:OpAgJHWo
続き

>>1乙目録

わ、私は……>>1乙って、いいます……。

やまだくーん、>>40から座布団全部持ってっちゃってー

それはそうと>>1

2スレ連続で>>1乙できるなんて俺もやっと忙しさから解放されてきたな…
また吊り目白カチューシャ娘のヒロイン化目指してそげぶ頑張るZ☆E☆!

いやっほぉ!ちゃんとスレ建てする>>1は乙だが不良だな!
先週発売のやり込みゲーが60時間をこえた俺は優等生だからちょっとミサカといいことしてくるぜ

223 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:12:52 ID:OpAgJHWo
128スレ目終

ちと覚悟もネタも無く踏んでしまったのでシンプルに

鎌池和馬スレッド129「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1202824213/l50

224 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:22:53 ID:OpAgJHWo
129スレ目

やっと>>1乙の出番がきたようです。

自分の口から>>1>>1乙と言う人間にろくなヤツはいないんだよ

この物語に、>>1乙の少年以外は登場しないーー。

な、なんという直球>>1乙姿勢……。しかしその役目は本来わたくしだけのものだッ!!

カッコイーッ!!一皮剥けやがって、乙しちゃいそうだぜ>>1!!

>>1超昂閃忍乙カ

……南南西から>>1乙がきてる……

>>1乙ソラ

大丈夫だよ、>>1。私はそんな>>1を乙してる

…あの白いの。その内、>>1乙とか名乗りそう

たまんねぇなオイ、>>1乙しなきゃ気が済まねえよ

乙の時間だぜェ!!>>1野郎がァァ!!

>>1





>>乙ぅぅぅ

その幻想を乙とばす

この腕は>>1を乙するためにあるって事だ!!!!

ア・ン・タ・は、人ん家の>>1を乙して何をするつもりだったァああああ!?

・カミジョーが立てたスレは1000まで>>1乙で埋まる

225 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:26:52 ID:OpAgJHWo
続き

ちょっと早いけど>>950次スレよろしく


あぁ、後ついでに>>1

普通に>>1

>>1
イヤァ俺も白カチューシャの娘好きなんだよねェ
ははは、もしかしてブラザー?とか思ってるんだが…まぁ同志に変わりねェからブラザーか
まっ!なんにせよ乙だナァ、乙。スレ立て乙!だ


じゃあ歯ァ食いしばれぇ!

その幻想をぶち殺す!!

>>965、乙。
>>950>>960も、ネタはネタで構わんが、もちっと大人の対応しような。

>>965






うめうめ












ミサカとの子供を

226 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:29:45 ID:OpAgJHWo
129スレ目終

パターンA

>>1乙。

ちょっと早いけど次スレ。
ttp://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1181459922/

パターンB

_))  / /   / / ,.<   l   |   ヽ      \ \    /
彳 | | l  l |/  \ 、 ゝ l     V |    、\ \ /_
| | | l  Vrf==ミ.ヽ\` \    l V  l   } /\/  \
| | |  、 l リ  ィ心\ヽ\__,    l/   ' /∨  |
| | |   トl  、__廴fソ ハ i  ̄   /  //=/ / /\
∧ | |ーゝ.\   ̄``      ∠. ィァ≦Zz.ノ ィ /  /\
 ∧\\   `\          ,  ´心ハ} ´iア //  / //  抱きしめたいなぁ!
__∧ ヽヽ                {   弋_fソ_/ //  /ヽx/ 姫神いいぃいいいいいいぃぃいッ!!
   |∧ ∧∧             〉     ` ー=彡   /  / ∨ 
ヘ || | |   ,_     ⌒ ∠ノ     , '    /  / /
〈∧ヘ.| | |  {ニニ_ 、_          /   / ./  ' /
 V〉 ヽ |_|   ゝ  ` `ミ _ 、_    / _  ´_  ´ //
  =\ \\\   丶、    `ン`  / / /  .∠/


鎌池和馬スレッド130「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1203431380/l50

227 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:36:27 ID:OpAgJHWo
130スレ目

え、ええ。今必要なのは……
カメラに、スリッパに、パンフレットに、
ミネラルウォーターに、>>1乙に、白いパンツ―――

その>>1を乙する!

次のクローンはきっともっとうまくやるでしょう。
市民の>>1乙に感謝します。

検索対象は、『>>1乙』でいい?

それだけの力があって、これだけ万能の力を持っているのに……
何でそんなに>>1乙なんだよ………

>>1
は俺の嫁

ィイッヤッホーイ!!>>1オッツ!!

ねたがないんだZE!!!!

そうさ…この腕は>>1を乙するためにあるって事だ!

……一人>>1乙か。フザけてんのか白米マニア

>>1が乙されかけたら、どうなると思う?

>>1 乙 確 定 ね

「それと、もう一つ」

新たに得た情報。
そこに表示された文字を、土御門元春はゆっくりと呟いた。

「最後に出てきたのは――――『>>1乙』」

戦いの果てに得たのは、小さな小さな突破口。
確かな乙を手に入れた『グループ』の四人が、これより再び動き出す。

ええい!くそっ!くそっ!あーもうちくしょう>>1乙すぎますーっ!!

228 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:44:31 ID:OpAgJHWo
続き

>>1乙でもいい」「避妊するから」

>>1乙は見返りを―」「求めない」

>>954
スレ立て乙だ

>>954
乙プギャー

>>954乙ですわ

>>954
乙ノシ

229 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:47:13 ID:OpAgJHWo
130スレ目終

立 て て き た よ こ ん ち く し ょ う ! !

次スレ
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1204035877/

230 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:52:56 ID:OpAgJHWo
131スレ目

>>1乙&初の一番乗り?

い ち い ち 笑 う な 、>>1乙 す る ぞ

その>>1を、乙する!

>>1
>>13-999そげぶ

大丈夫だよ、>>1。私はそんなキモいと呼ばれ続ける>>1を乙してる

>>1乙など……そんな馬鹿げた事は、止めなければ、なりません

焼肉のお焦げ。実は発>>1乙性物質。

>>1乙! 夏のドキドキ神裂ねーちん生着替え覗きイベント!!

>>1を乙させたいかーっ!?

ボクぁ落下型ヒロインのみならず、義姉義妹義母義娘双子未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様
金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショートヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテール
お下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせっ毛アホ毛セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さん
メイドさん婦警さん巫女さんシスターさん軍人さん秘書さんロリショタツンデレチアガールスチュワーデス
ウェイトレス白ゴス黒ゴスチャイナドレス病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックス
ガーターベルト男装の麗人メガネ目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリングショット
水着バカ水着人外幽霊獣耳娘>>1乙まであらゆる女性を迎え入れる包容力を持ってるんよ?

>>1

>>1乙するのを見守るんじゃない・・・・・・、>>1乙をするんだ!

な…なんていう直球>>1乙姿勢…

い、>>1乙はまだ終わっていません!

何をすべきか、だと? なめやがって、>>1乙するに決まってんだろうが!!

>>1乙プギャー

今回はあえてこれもありだよな?

この腕は>>1を乙するためにあるってことだ!!!!

え、ええとだな!!ちょっと待て喉まで出かかってるからあと少しで>>1乙なんだ!!

>>1000なら>>1は乙の嫁

>>1のために乙しましょう〜♪
>>1のために前スレ埋めましょう〜♪

>>1のために…
アレ…私…何を埋めてたんだっけ――?

アッハー残念だが規制なんて納得できるか!! っつか埋めるんなら新スレじゃなくてスレ130の方ににするんだな!! 早くもここは>>1乙タイムに突入だッ!!

インデックスはステイルのもの
美琴は上条さんのもの
打ち止めは一方さんのもの

カプ厨ですが何か

何はともあれ
>>1乙って言ってんのよー!

>>1
それがスジってもんだ

>>1

おまいら、平日の朝にkskし過ぎwwwwww

大好きだがな。

231 ■■■■ :2008/04/26(土) 20:55:30 ID:OpAgJHWo
131スレ目終

ククク、ご奉仕完了だ
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1204560478/

232 ■■■■ :2008/04/26(土) 21:20:28 ID:OpAgJHWo
132スレ目

>>1
乙ニダ

ん?夏でもないのに>>1乙のヤツがいるぞ

>>1
ここの住人は誰にでも乙という奴等だ

ニコチンとタールがない世界の名前は>>1乙と言う。そして僕のような善良でk(ry

了解した。私の価値は、>>1を乙する事しかないから

……また精密なスレじゃないか。先生が>>1乙するとでも思ってんのか?

けってーっ!! 今夜はみんなで>>1乙に決定しましたーッッッ!!

魔界なのに天使ってどうなのよ>>1乙リール

>>1生のお願いだから乙して吹寄!!

>>1Akihisaful

いつでも、どこでも、誰からも、何度でも。
新スレッドが立つたびに、
まるで都合の良い>>8-のように駆けつけて>>1を乙してくれると、
約束してくれますか

その>>1乙は浮かばなかった

>>1
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおつ

山盛り>>1

この腕は>>1を乙するためにあるってことだ!

乙の底までついてきてくれる?

「たとえどのような荒れ方をしているときでさえ、私達のやるべきことは変わらないのでございますよ。
俺の嫁宣言をするものがいればその幻想を殺し、新しく入ってきた人には3巻まで進め
新スレを立てた>>1には乙をする。それだけでございましょう?」
「第一の質問ですが、それが出来れば苦労はしません。補足説明しますと、2ちゃんねるはそのような綺麗事では―――」
「だとしても、私達のやるべき事は変わらないのでございます。俺の嫁宣言が成立したからといって
貰って行った人を叩いていい理由にはなりませんし、新規加入してきたものに読むなと進める理由にはなりませんし
頑張ってスレを立てた>>1に乙をしない理由にもなりません」
「……」
「私達は、新スレの持つ意味を理解しているのでございます
絶対に不可能と思われたスレ立てを、>>950が踏み逃げして姿を現さなかったときの次スレを
決して折れずに代わりになることで次スレを立てた>>1の力を
>>950の規制を救い、自ら手間隙も惜しまず、こうして新スレに集まる機会を与えてくださった、>>1の力を
……専門家でもプロでもない『彼』に出来て、何故私達には出来ないのでございましょう?
『彼』一人であれだけのスレを作ることが出来るのならば、私たちが>>1乙すればどれほどの良スレが出来るのでございましょう?
>>1乙しないことに意味などございませんよ。意味を見出したければ、>>1乙することが重要なのです」

 ∧_∧
( ´・ω・)
  /    / ヽ
 | | >>1/ / |
 | |  / / | |
 ∪ ./ ,イ ∪
  | / /|| |
  |/ / || |
    | || |
   (_)_)
                            _,-、-,    乙閃……
                            | 〃  ̄ ヽ  
                   ========!iとエヽ !/从i.リl)) _
                             〈 ハ|| ゚ -゚ノ|/ //
                           ))l⌒l二{ヾ)/
                          ゛〈坐〉人ヽ二).:.:.:::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.

233 ■■■■ :2008/04/26(土) 21:26:34 ID:OpAgJHWo
続き

>>1
相変わらず、此処は、速いな。

>>1
乙インデックス

>>1に乙ってんじゃねえぞ、一方通行ァァあああああああッ!!

って早速イタリア式>>1乙!?

>>1乙なのですよー

>>1乙のチャンス。自分が何をすべきかぐらい分かっちまってるか、ね

>>1
>>1-42>>44-999そげぶ

ああそうだ、俺たちこれから>>1乙しにいくんだけど、お前も一緒に来るか?

ーーーyjrp1乙w

ドレス乙女

234 ■■■■ :2008/04/26(土) 21:27:55 ID:OpAgJHWo
132スレ目終

次スレだにゃー

鎌池和馬スレッド133「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1205134048

235 ■■■■ :2008/04/27(日) 11:42:56 ID:rzKKtzkc
133スレ目

      ____
    /´        `ヽ
   /  )二二二二二( ヽ
  | /V(人从 从)ハノヽ |
  | |  ●     ● | | <ここまでテンプレ
  |  |  ノヽ====, /  |
  | (、..  ((.|_|_|_|_|) (  /
  / \\  ( 。A゚ ) 丿 (
  \_)丿|  し  J \_ヽ
       |   |>>   ̄
     / 〃し ⌒J\
    (  (      )  )
    /  )      (  \
   (_/       \_)

>>1
>>1-10>>12-999そげぶ

笑えよ。
どォやら俺は、この期に及ンでまだ1乙がしたいみてェだぜ

浜面は煙草に火を点けながら、小さく笑った。

「やる事ができたんだ、俺」
「チッ。羨ましい限りだ」

半蔵はそう言ったが、食い下がらなかった。
あの浜面が、禁書スレという怪物にたった一人で立ち向かった事。
その心境の変化をどこかで感じ取っていたんだろう。

「まぁいいや。スキルアウトスレは当分こっちでまとめておくよ」
「済まねえな」
「ただ忘れんなよ。お前の席は取っておく。>>1乙が済んだら戻って来い」

言って、笑って、軽く拳を合わせると、二人はそれぞれの場所へと去っていく。

ついて来い。
そろそろ『>>1』の連中へ乙しようぜ

俺たちが一つスレを埋めている間に上条さんは空から落ちてきた少女と出会っている
俺たちが十のスレを埋めている間に上条さんは旗を立て始めている
俺たちが百のスレを埋めている間に上条さんは無数の旗を立てている
俺たちが千のスレを埋めている間に上条さんは気付くだろう『旗とはなんぞや?』
俺たちが万のスレを埋めている間に上条さんは××と幾多もの死線を乗り越え一心同体となっている
俺たちが万のスレを埋めている間に上条さんはハッピーエンドを迎えている
>>1オツゥゥゥウゥウゥウ!

い、良いじゃないですか>>1乙したって!
毎度毎度かってに>>1乙してしまうのですから仕方がないのですよーっ!

よくもまぁ、建てられるものだ……。
スレの位置が揺らぐほどの>>1乙を浴びせてやったのに……

プロの<<1乙に、奇抜な能力や、一発芸は、必要ない

>>1乙。
>>1000以内ならそのうちアニメ化しちゃうかもよ!?

大した>>1乙だが、やはり、私の意思は、変わらないね

「たとえどのような荒れ方をしているときでさえ、私達のやるべきことは変わらないのでございますよ。
俺の嫁宣言をするものがいればその幻想を殺し、新しく入ってきた人には3巻まで進め
新スレを立てた>>1には乙をする。それだけでございましょう?」
「第一の質問ですが、それが出来れば苦労はしません。補足説明しますと、2ちゃんねるはそのような綺麗事では―――」
「だとしても、私達のやるべき事は変わらないのでございます。俺の嫁宣言が成立したからといって
貰って行った人を叩いていい理由にはなりませんし、新規加入してきたものに読むなと進める理由にはなりませんし
頑張ってスレを立てた>>1に乙をしない理由にもなりません」
「……」
「私達は、新スレの持つ意味を理解しているのでございます
絶対に不可能と思われたスレ立てを、>>950が踏み逃げして姿を現さなかったときの次スレを
決して折れずに代わりになることで次スレを立てた>>1の力を
>>950の規制を救い、自ら手間隙も惜しまず、こうして新スレに集まる機会を与えてくださった、>>1の力を
……専門家でもプロでもない『彼』に出来て、何故私達には出来ないのでございましょう?
『彼』一人であれだけのスレを作ることが出来るのならば、私たちが>>1乙すればどれほどの良スレが出来るのでございましょう?
>>1乙しないことに意味などございませんよ。意味を見出したければ、>>1乙することが重要なのです」

236 ■■■■ :2008/04/27(日) 12:09:12 ID:rzKKtzkc
続き

>>1。乙。

>>1乙と言っておこうか

今年の秋はしなやかな>>1乙がくるらしいぜ

>>1乙は俺の嫁

この白いのー、私は>>1なら男の子でも女の子でも乙しちゃう人だぞー

「これが、とうまが言ってた『はいてく』な>>1乙ってヤツだよね!」


 ∧_∧
(; ´Д`)
  /    / ヽ
 | | >>1/ / |
 | |  / / | |
 ∪ ./ ,イ ∪
  | / /|| |
  |/ / || |
    | || |
   (_)_)
                            _,-、-,    乙閃……
                            | 〃  ̄ ヽ  
                   ========!iとエヽ !/从i.リl)) _
                             〈 ハ|| ゚ -゚ノ|/ //
                           ))l⌒l二{ヾ)/
                          ゛〈坐〉人ヽ二).:.:.:::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.

そうさ…この腕は>>1を乙するためにあるってことだ!!!

        / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      >>1よくやった
    |    (__人__)     |      褒美としてオプーナを買う権利をやる
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / オプーナ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄オプーナ/|  ̄|__」/_オプーナ  /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|  / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

>>9-43
>>1乙乙

  _人人人人人人人人人人人人人人人_
  > >>1乙ゆっくりしていくんだよ!!! <
   ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
           __________
      _,, '-´     ` \
     r, ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ、
    ,'/________ゝ  i
    i i イ iゝ.!/イ  V/_ルヽ   |,
    レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| i ,、 |
      !Y!!""  ,___,   "" 「 !ノ  |
     L.',.   ヽ _ン    L」   |
     | ||ヽ、       ,イ| |   !
     レ ル` ー--─ ´ルレl   ル

勝っても>>1乙。負けても>>1乙。

それだけの力があって、これだけ万能の力を持っているのに・・・・
何で>>1乙しないんだよ・・・・・

せめて痛みを知らず安らかに>>1乙するがよい

普通に>>1

237 ■■■■ :2008/04/27(日) 12:10:25 ID:rzKKtzkc
133スレ目終

15分経っても>>950が誘導しないので

鎌池和馬スレッド134「とある魔術の禁書目録」
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1205845275/

つーかもしかして次スレテンプレ案ってみんな結構見てないもん?

238 ■■■■ :2009/04/18(土) 16:45:06 ID:f58hrGGI
一応断っておくけど、お姉さんの本分は魔術系の>>1乙屋。
どこかのスレに忠誠を誓っている訳ではないわ。
どのスレに協力して誰に>>1乙するかは自由よ。
・・・だから、>>1個人のために乙をしてあげても構わないって、ワ・ケ

239 みずき :2009/05/03(日) 03:56:35 ID:.6JzskNU
真ん中が一番可愛いと思う!
私の目がわるいのかな?

ttp://tadalivedx.com/aab/

好みの問題もあるけど><?

240 ■■■■ :2009/11/11(水) 17:44:36 ID:KGboNfyI
鎌池和馬スレッド291「とある魔術の禁書目録」

        ,--―--- ,,
      /          ヽ.
     , ´            iい ハ
   .,.'          ルハルノハNリ
   |        i | ルリ −    f´リ
   |.        リ /  ゝ   ‘_,ャ        大丈夫だよ、はまづら
   |        ハ.    ャ=     リ,     
   |        '. /ヒ リ  :::::..n       私はそんな>>1を応援してる
   |          '.   ー      i
   |       ハ ', .´''''    ,ィ. ト、
.   |.        トイ ',          ノ '.
.   |.       ,  '. ,ハー――┬ .チ ┐リ
   |        i.     .',、_.   ',__  l____
.   |   i l   .l     ハ   \--ヘ   l  `ハ
    |.  |.|   .|ソル'リリイハ   \   .ト 、 ハ
    リハノ リリノリ イ ./     /  \  l  \, i
         / ./    /    .\l   \
           イ  /     l       ',    ヽ
.          l ̄l`ヽ     .| i     .....'..,....:::::::::::',
          ', l  \   | l ..::::::::::::::::::::::':,::::::::::::::',
         .l l   `ヽ,| l

やはり>>1乙は所詮超>>1乙といった所ですね。

相変わらず、>>1は乙な事になってるけどなあ

とりあえず>>1

この新スレなのに確実に乙るのが超違いでしょう。そこらのビッチとは>>1乙が超違うんです

・・・どうして、ここまで酷い>>1乙になっちゃったのかな

じゃーん、当スレ自慢の>>1ちゃんでーす。
ご乙の>>1はこの子でよろしいですかー?

「(……スレ立てした奴に>>1乙すンのは、人間なら誰でも通る道だ。
何やら馬鹿馬鹿しい事になってやがるが、これについては下手に邪魔する資格は俺にはねェな)」

>>1乙ですわ、おほほ

三つ数えるわよ。>>1乙しなかったら滝壺の×××に焼きごての刑だ。

なーんだ、超>>1乙されまくりじゃないですか。
>>1乙は所詮超>>1乙という事なんです、分かりましたか?

>>1乙!!でもパンツ!!

>>1。乙。

ノーバウンドで>>1乙が炸裂しゴバッ!!という爆音が迸った

ちょっと遅れたが>>1

姫神はリモコンの開閉ボタンを押す。
カーテンが開く。
その先に、姫神秋沙の望んだ>>1乙があった

241 とある禁書の>>1乙 :2010/02/15(月) 11:23:01 ID:eW/xJ0RQ
           /ヽ  ,. . .-‐…‐- . .
        {_/)'⌒ヽ: : : : : : : : : 〉`: 、
        {>:´∧;;;;;/. : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : /;;;;;;Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : .___
.   /: : : :/丁⌒: : :∧ : : /: /` }: : : : : :ハ;;;;;;}
   /: : : :/: : :{: : 八: :{:>x/| /   |:i : : :}: : : };;;∧
.  /: : :/} : : :八Y⌒jY´んハ从  从-‐ノ: : :/Y: : :.
 /: : / /: :/: : : V(.  弋ツ    心Yイ : ∧ノ: : ハ
 !: : :!//i: : : : : 个i ''''     , {ツ /彡く: ハ: : : :i
 }: : :ヽ  / : : : i: :´{入   _     /: : : ∧: i i: : : |    >>1乙ですの!
〃. : : : ∨: : : :/l: :/⌒ヽ、  `  イ: : : :/ }: リ: : :ノ
: : :/\: : V : /ノ:/     VT爪_八: : : { 彡. : イ{
: :( /: \:} /: :/{     rv\j  { >‐=ミー=彡ヘ: ヽ
`)' ){: (  ): : :{八   /ヘJ ̄ ̄ {_/ /   \j: : 八: :}
 (  ー=ミ  彡'  ト、 / / 〔o〕     `トしヘ. _ \{ j ノ
   r=彡' ー=ァ |\{.      . -‐、‐=ァ′  ヽ  \(
   `フ   (   |   \_/  x个彳)   ∧   \
             ヽ   | _/  ∨ {\  /、ヽ     ヽ
            ヽ  ー-ヘ.    ∨j   ヽ{__>  . _}

242 とある禁書の>>1乙 :2010/02/15(月) 11:23:37 ID:eW/xJ0RQ
     / へ./ヽ.::://〃               ∧
.     〃'   ! .::///  !  i    ,ハ         ハ
    / i:  |.::/7ト  !   :    |ー――  ノヘ
.      i:: .::!.」/jメ   |   !::.  i  | ´ ̄ ̄ ̄      >>1乙なのですよ〜
.      i::. ! j{「 rハ  jハi 」ハ:::.!.:i::リ         i
     从ハハ い;   从「`ヽハ从    .::    .::: |
      ノ/ ゝゞ゚′  ´、__   /    .::/:::..:.:.:.:.:ハ!
       i {  r     ⌒ヾi /   .::::/:::::::::::::/
        jハ 、        /  / /.:::/ ):::从/
        )ヘ. こ ー    /   ′ /イ:::/
          ノヘ.       厶イ / ! //从/
    「r三三三三≧コ千__j/レル'ヘト、
    ||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ´        ノ ヽ
.     ]j . : : :  __ .ィゝ、      r一へ   i
    「| : : : : /⌒ヽ: : : :ゝ一' ̄´: : : : : Y|
    |l|: : :/     V : : : : : : : : : : : : :.ノ !

243 ■■■■ :2010/02/28(日) 20:07:21 ID:K045rkpc
ちっ違う!!
こんなタイミングで鼻血なんて絶対おかしい!!
俺は>>1乙なんて別に……ッ!!

244 ■■■■ :2010/03/01(月) 16:40:29 ID:G8YaZvlU
『そりゃあそうですよ。私達は禁書スレに常駐しているスレ住人の代表として、
スレをより良い方向に持っていくためにわざわざこんな大規模な>>1乙を実行しているんですからね
仮に私達の前に立ちふさがる者が現れるなら、最低限、私達と同じくらい禁書スレを愛していませんと、
お話になりません。その辺の一見さんが首を突っ込んでいい話題ではないのですよ』

245 ■■■■ :2010/03/01(月) 17:59:23 ID:0cGxCptU
>>1


                       ヘ(^o^)ヘ おかげさまで元気です。
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ それで、>>1は、>>1が欲しいことなら何でもできると思いますか?
                /(  )    
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く   手初めに、私は、>>1のすごいスレを乙するつもりです。


           |  }    _ _____             |    |
              | 〈r'¨ ̄ /!  / { ∧  ̄「ヽフ7ァ、   |    |
        、___」/  ァ7/ 「 /V   | ',-―r-{//  ヽ.┐   |
         `ーr‐┐  / ィf芹ミ、  jノ  Vjノ j/ヽ/   \   |
          |  l V〃{{::::::jl      ,ィf芹ミxハ i「ヽ、_ァ   !
          |  i\{   う"ツ       {{::::::jリ Y リ.:l      | >>1おつなんだよ
              | : |  `¨ ^  ,     う"シ 厶イ.: :|!     |
          |   | li '""゙         `¨^   i.: :|i    |
           |  /!:从      、_         '""" ,': : |.!     |
           i ,' |: : :}\        ̄        ,イi.: :l |    |
            ,'   |: : :| } }>.          イ) 〕レ: : | |    |
         / /|.: :|¨/ { ` r‐‐   ´  / /!: : |人    }
       / //ヽ.| . : | {   i{`ー亠---‐‐ ´ / .: .: :.|`ヽヽ  〈
        / {   | . :| |   |ヽ        , ´  ,': : : :i| ∧   〉
        V⌒)   ! .:.| !  |     、___ /   .: : : : :i| /  ',  {
      }/'⌒ V´|  .:| |  |       /    / : : : /レ'    :.  ヽ
      {     | ! .:.| |  |    ,/      /,': : :.//      :.   \



優先する。―――雑談を下位に、>>1乙を上位に

>>1。乙。

ははははっ!!たまんなーな!たまんねーよ!!日頃から>>1>>1乙って言ってるけど
かまちースレだけあれば十分に幸せじゃねえか!!

スレ立てと>>1乙が交差するとき、かまちースレの物語は始まる――!

>>1乙、ってミサカはミサカは言ってみる。

戦争の代名詞は>>1乙である。
生身の>>1000になど価値はない。

>>1

ならば見せてあげるわ。本物のフォークの>>1乙っぷりと、敗北の屈辱をォおおおお!!

>>1乙。私はそんなあなたを。評価したい。

>>1乙の七並べ

イイねイイね最っ高だねオマエ!
>>1乙だよ、最っ高に>>1乙だぞ、オマエ!

「(・・・スレ立てした奴に>>1乙すンのは、人間なら誰でも通る道だ。
新刊では浜面が謎の人型ロボットと戦うこととなるなんていう噂を入手したンだが、
これを否定する根拠は俺にはねエな)」

246 ■■■■ :2010/03/15(月) 22:58:34 ID:ikEN4nUo
                    , -‐::: ̄' ̄:`:.....、
                  /::::::::::::'::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::/_二二二ニヽ:::::::::::ヽ
                   /:::::/.:'´::::::::::::::::::::::::ミヽ.:::::::::∧  「ここで耳寄りなお知らせがあります。
               /::::::/:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽヽ::::::::∧  スカートの下から『尻尾』を伸ばしている
               ,'::::::::i!::::::::::::::::::::::::::i:::ヽ::::∧ V::::::∧ わたくしレッサーですが、
               ,':::::::::i|::ト、:::::::\::>「ハ:ト、::::ハ |::::::::::∧ 実はスカートの下はスパッツではなく>>1乙です」
               ,'::::::::::|ト、ト_≧メ、ヽ:::ト!,.ィ斗V ハ|::::::::::::∧
              /:::::::::::!ト八弋rヌ、ト、N弋ンノ r| !::::::::::::∧
               /::::::::::::ミ!| ハ `    r    ´  ノ\::::::::::::::∧
                /:::::::::::::ミ、\ヽ  、___,.ィ 乂´ノミ、:、:::::::::::∧
            /::::::::::::彡'   >` r 、`ー ´彡    彡\::::::::∧
          /:::::::::::::::::彡      \\-ミ     ミ:::::::::\::::::ヽ.
          /::::/::::::::::::::チ≧ミ、  r┴ 、ヽヽ`ヽ    リ、:::::::::::::::\::::.、
         /:::::/:::::::::::::::::|:.:.:.:/: : :ト、ヽヽ_j`^´  | `ミミ: :}::::::::::::::::::::::::\\
        /:::::::i:::::::::::::::::::::|:.:.:{ : : : |: 冫\  },.イ、  `ミ、:::::::::::::::::::::::::::::\\
       /::::::::::!::::::::::::::::::::::|:.:.:.ヽ: : :_/ ヽ、  彡' }    ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|:.,--|: /ハ     ̄  /     `ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:....、
      /::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|:.:../小:.:.\    / ハヽ    ミミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\




                    ,.イ /| ,.イ,. イ   ,
                ∧ /::〃:::レ':::::::::::///,.イィ
           _ _  ト\|:::V::/:::::::::::::::::/::::/::::::ノ
            \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄二ヽ、
           ,.=ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ニ=- 、
          _/:::::::::::::::::::::/_/_/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄二ア´
           _>::::::::::::::::::::::::i::ハ∧「fミ、:::::::::::::::::::::::::`ー‐彡'
          _フ:::::::::::::::::::::::iハレ'´ 示ミハ`::::|:::iハ::::::::::::::::_∠イ 「その何の役にも立たねえ情報を渡されて
           ̄/::::::/:人:∧!ヽ,._弋ソ Vハナナミ、::::::::::`ー<_ 俺にどう>>1乙しろってんだ!?」
          ∠:::::/::::,公从        、 '´ 心jハ::::::::下、 ̄
         ´ ̄/::::イ{ r'           r'ヽ. ゞ'/::::::ヽ::| `ー
           ∠ イ:::\`    _,.--、     `´,':::::ト、:ハ!
             /_,.イ:八   ヒ二:ヽ\   ノ::::::| ヽ
              /:::/::|\     ヽr'  ,.イ::トト、!
                /< ̄!  >r、 _,.. <二}ム、
           _,.イヽ._ V_,. --ァ' ´ _,.ィ仁彡' ノ ハ
           / ト、/ / /  / /  //--、
            __{ {{ V /// /二/ /  //::::/:`ヽ
        /´:::∧ V /// /ー―/  //::::::/:::::::::::::∧
       i::::::::|: : / /// ////´_//::::::::::/:::::::::::::::::::::i
         |::::::::|: /イ/ //// ̄ ̄´:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
     _,.-┴  ̄ / / ///::::::____:::::::::::::!::::::::::::::::::::::::|
-‐  ̄//  / / .////:::::´::::::::::::::::`:::::::::|:::::::::::::::::::::::::|

247 ■■■■ :2010/03/15(月) 22:59:10 ID:ikEN4nUo
         ____   _,./
        /_二二二>'´∠___
      〃// ̄ ̄ ̄ニミ<二二´_   ,
      V,.イ/ ̄ ̄ ̄ ̄\ \<二二メ、
      / ハヽ\ ̄\    ヽ `ー――三ミ、
      { { ト 、 \  \  \ \二ニ=‐ 三ミ、
     /ヽ\\\ \   !「 ̄V  }八`ヽ -ニ三ミ、
      |  |ヽ \\\∧ リ`ヽ ハ个X\ /三ミ、
     ヽ | ト,、ヽ トv示ミ、  ト、 | ト、ゝ  三ミ、  「……ゴミクズが。
        ヽN弋^ヽハ!=彳ト、ト、\乂>'´ 三≦   俺の>>1乙に障ってンじゃねェよ」
          `ミヽ 、_   リ八ヽ二リ`ー__ミ、`
         j乂ハご`イ、/j介x \_ 三≪`
           `ヽ 酛jjjハ『个ヽXア{{     }ト、
             Ⅵ ヽ「|| | V/  i!    ||  \
                \ヽ. ヾ≪   ゝ、 リ   |i \
                 `ヽ\ ヽヽ // `ヽ      ヽ
                 \}} ヽ ||    ≫ 、     ヽ
                  冫 」!リ   //  Vヽ   _  \
                  / N>≠<〃   ハ  ̄\   \
                 |  〉 V/  /∠_// ∧   V   ヽ
                   |  { || || // ̄ 7/   }、  V    》-、
                   ハ ∧|| 》〃  //    ハ   V、_彡ヘ∩
                    | ト、ト、ヽ〃ヽヽ,〃   / ,リ    `f    ,ル'n
                レヘ/  ヽリキミ|r==  ,.イ    └=彡、┬'
                  /    `ア`ヽ__,. ィ |||       `丶ソ´
                   /      /    |  ヾ   |||
                   /    /    |  ヾ  ||
                |     /     |   ヽ |




                    _,ィv'Zz、._
                    _≧ ( { /∠ミ、
                ,. -===ミ、 <`ヽリ
      ,        /   | |   O \ ヽ.!
    / //イ_,.イ ,.ィ__/)  二 O二    | | \|
 ///´  ̄ ̄ア´ <__,.ィ   | |    二 O ニ ハ
 / ‐-、      二ヽ>し1     O  | |   ∧  「問題、ない。
        、    \ヽ二三三_ミ、 <.,_ O ∧  大丈夫、だから、はまづら、早く>>1乙しよう」
     ヽ   ヽ__、   `<ハ  ト、 ヽ > 、 \  ハ
    \\>< \ヽ   \ヽー`ー―-ハ「ヽ \ i
  ト、 \ \XV≧云ミ、  \__ Y´ ´≧==ミ、! ∧   |
  レイヽ「ヽ  ' _`ニ’ 从 ヽ\ハ   `赱テ |:r'|ト、! `ヽ
  ト v'てチ 、       ヽ.ヽ\了     |:.:レヘハ> 、 ヽ
\「ヽ ´   !        レVト、!    u 川彳`T´  >、
  ヽ    ヽ ^      rヘ_\ ニつ  イ|:.| し'/ : : ::.\
 ト、八      _,. ― 、   !  > ,-<_  |:|:.レ' i! ::/ ̄ ̄\
 !  ト、   {_,.'ニ ̄  ∧ト、ゝ/ //>┴-、_j_  {{ /二二ミ、
 ヽ乂ノj \  ´     /|  |ゝ  /:.:.:/:.:.:/_:.:.:.:. ̄`ァ´  | |  oハ
   /_乂人`ヽ._,. イ   |  |   /:.:./ ̄ ̄!__  ̄ ヽ/  ´ 小`   〉_
  /´ 示ミ、川ト、     !  |  /:.:/ ̄ ̄:.|:.:.:.:. ̄ヽ/ニニヽ O.  V__  ̄ ‐ 、
  | 冫o ニ  Y \ヽ   !/| /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:/<><> \\ ./_:.:. ̄:.:- 、 ヽ
  |  小` > \j ヽ  < /| /:./:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:|:.:.:/ニニニミ、<>} } /___ ̄ ‐-、:.:.\ハ
.  \ o // ̄<\|‐+ |  | /:/:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.レ'==ミ、  ヽ<>/:.:.:.:.:.:.: ̄:.:-、 ヽ:.:.:i i
    V:.:/<><><ニニ\ | |/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./二_-、 \ヽ. }::} /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} }:.:.:| !

248 ■■■■ :2010/03/15(月) 23:00:12 ID:ikEN4nUo
                      ___,. -――‐-..、._
                        /´::::::::::::`ヽヽ\::`....、::`ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::ト、ヽ vヘ::::::::::::::\
                     /::::::::::::::::i::|/「ハ! ヽト、vヘ::::::::::::::::\
                 /::::::::::i:::::::レ1::/jノ,.jk ! vト、 \:::::::::::::
                /:::::::::::::|:::::::|::N,.ィ芯 }} , ,|FY⌒ヽヽ::
                   //|::|::|::::ト、:ト、:::ト! 代ソ 〃// || (´  ト、   「色目使ってんだから反応しろよ!!
                〃 |:ハ:|::::「ヽ!>! ,,,       || う 从   とっとと押し倒せば>>1乙!になって
                 ||  |! トト、ト、ィ斥 r     ,勹 ,リ ' /三   >>1のための尖兵一丁あがりになるのに!!」
                 ||  ヽ|ヽ三弋ソ    //   /´ _
                 |!   |三三八〃  ∠/   _/__/_:
               |   |:三三!ニヽ       {://: : : : :\
              !    |::::三/:三三≧:‐-‐┐ K´: : : : : : : : :
                    | 三/三三三(´ヽ /jr'_,ヽ  ̄`ヽ: : : :
                     |ニ/三三三三/トハ,. 「/  ヽ `ー V: :/
               ___/::三三三三/ / イ //    、   V:
   ,. -,=‐、   _,. -=ニ三/:三三三/: :/' ´  ヽ. |      、  V:
  //__ /ニ三>< 三三三三|:V    「 |      ∧  /´
. /:://::/ /三/:三三三三三三三|: |     | |     /  V-
/:.:.{:::::::::ニア / 三三三三三三三三ハ: |  //〃! |   _ /__/,.-
i::::::ヽ/´//三三三三三三三三三 |::|: |  /     ,-/ / ,`ヽ`ヽ:
.Y⌒ヽ !三三三三三三三三三三ニ|: : ,ハ /  /  / / / / Y ヽ 
《__〃´{三三三三三三三r‐┐三ニノ/: : ! /  r〈 ヽヽ _)_ノ   | 
  ヽ三ヽ三三三三三_/ _|  !\ニ「_,..ヽ: /   _,. <{ヽ_〉、^     !

249 ■■■■ :2010/03/15(月) 23:00:38 ID:ikEN4nUo
             _,..--....、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
          /:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ
            /:.:.:.//|:.:.:..i:.:.:.:.:|:.:.:.:ハ
        /:.:.:.:.{ V!:i:.i:.ト、:.:..ト、:.i:.ハ
       /,. イ r≧ミ、|:.!ィ≦メ|:.:.|ヽ:ト、 やっほう。
       /^i | トト代ハ vヘ代ソノ,.イ 人ヽ
          |:个ト、「`  `   /ノ:レヘ }}  乙しに来たよ、第>>1位。
         |∧:ヽ:.:ヽ. ‐=‐ イ:.:∧\_,リ
        レ-</´ ><ト∧_\
         /-‐-、 } \∀/,.ィ、---、`
      ∠ - 、 〉ノ、 /^\  |-| \
     /_    }/   `ー---`ー ヘ  i
    / { }ヽ.V_{__          ト、 |
   ⊂ニ`´  ,.、__ノ         } !ヽ!
   レ' _/´ ̄ Vハr‐┬―‐┬-、._ノ  | |
  ⊂イ      !  j ノ    ! ノ ハ  | |
    j_ノ     _〕二|      YこL V /  |
         //ヽ._ヽ___〃rヽ ハ'   |
        |⌒´ /〃}}{{  _j   ハ    |
        |   /「韮'^ヽ韮 ∧   } |   |
        ヽ--' Fニi  Fニi  `ァ´ | _ハ
         /∧ 「 ̄! 「 ̄| / ハ 「   |
         ,'  ∧|  V  |/ |   i  |   |
        i  |  V   ! /|  |   |   |   |
          |  |  |\ V !  |   |  }   j
       |  |  |  ハ |   !   |  {_  ヽ
        |  |  |   |  V  |    | / ,.--ヘ
        |  |   | |   V  |     |{ ヽ{   }
        |   !  V    |  |     | `ヽ_ァ‐'´

250 ■■■■ :2010/03/15(月) 23:01:10 ID:ikEN4nUo
                      /       /       _ \
                  /     /  ,. -―‐/       ト、
                   /     / /   /。   / ̄「「 ̄\
                     /     / 〃 //〈_八`ヽク __| |   /
                /      / //∠≧==ミ し7⌒V レ'/ /
                 /     / //      `ヽ.`ヽ≦/ /∠ //
                   /     / 仁二ミ 、     \ \\\  >'/
               /     /   __メ、ヽ__,. イ   ヽ \\ X/≫
               /    / 、   ∠彡<「  ヽ ヽ  vへヽ \\ ヽ
              /   / 乂「 `フ,ィrfァ  | ト、 ヽ ヽ V,.ヘ V ハ ヽ
               /   / ! 八_ 代リ ゙   |!| )、 } i  | ト、| ト、.∧  「実は、この私が>>1乙る事。
               /   /  | | ソ       ハ! 〈/ /  ハト、 | |、 V }   これが、我がイギリス最大の秘策よ」
            /   /   i ! ヽ  ,.. =ァ'    / / | /i |iヒ| | 》 V /
             /   /   {{  ∧ ヘン′  / イ /レイ| !|/|//,.ヘV
          /   /    ヽ_」ハ      / / |乂__,〃i| //  ∧V
            /   /        ̄TT冫―‐1 //-=><乂|//  // .V
        /   /           !/リ::::,.イ´//::/´   \|/  // /
         /   /        /::::,{,ィ__//{ {::::!      Vト、レ'〃
         /   /      /:::::/>'7__/ _」ゝ:|  /     Vヽヽ_ノ
      /   / /   /:::::::/__/ /:.`ヽ::|,.ヘ    /:ヽ  ,.イ
       /    / 〃   /:::::::∠´   / /  :.:.:.:.:.:Vト、   |:.:.:.:.V:./
     /    ///  /::::/ :.:.`ヽ {/    :.:.:.:.:.ハヽ `ヽL____」

251 ■■■■ :2010/03/15(月) 23:01:38 ID:ikEN4nUo
         i!
          ト、 ト.ト、
      _≧ヽ`ヾヽ!:::::レ'レィ
      \::::::::::::::::::::::::::::<_
      ∠´/::::::::::::::::::::::::::<_,. 「お前が選べよ……」
      _乂:::/:::/::::,.、:,..::::::<_ 「このままお前の手で>>1乙し続けるのか、
      `7从乂〃o゜:>く〃  他人に全部預けてROMるのか、
      /::::::::ヽ、:::::,.ィ升::::\i! それとも住人の手を借りて>>1乙して欲しいのか!!」
  !  v'ニミ>'´:{ ̄`ヽ┐':::/:,イ  「傲慢だろうが何だろうが、お前自身が胸を張れる>>1乙を
   V:::::/´::::::::::::>勺ノノ:/::::::|   自分で選んでみろよ!!」
   ≧=≦ニ彡'///:::::::::/:::::|
   三:::::::::::::/::::::::/:::::::::∧:::::| i!
    彡〃/」:::::::::∧:::::,.イ|::::|i!
       ´〃川N::|:::::::::ハ|::::::|
      /::::::::/∧:::::::::::|:::::::| /
      `ァ-<::::::::::ヽ:::::::|:::::::|〃
      i!/::::::::::::> <`ート、__j
     V::::::::::::/    ヽ:::u、::::L_
     V:::::::::::/      \::ヽ〉ヘ〉
     /::::::::::/        |::::::::::i!        
   /::::::/:/       /  ̄ ̄ ̄``ヽ、     ヽ
   /::::::':::i       (    V / i     ` 、__,. >
   |:::::::::/        \   V /|      ヾ.__ヽ、
.  |::::::,イ  二><  '´ ̄   V  !         ==
  |::::::!::|     ,、  -     ∧ ヽ
  .|::::::::::|    < | \へ`ー――>――‐- 、
\|ー',.イ≧ユ_ `´―ー= ̄ ゝ   `     ヽ.
  \:ミx___/ /   ><><      <、
   )〈≠≡∠__/    /         `
  /'´ \__ 二=―  (_

252 ■■■■ :2010/03/15(月) 23:02:02 ID:ikEN4nUo
     ,.. -――-..、 //
   /:.:.:.、:ハァァ:.:.:.:./:.`ヽ、
  /:.:.:.:.:.:.:ハトf ̄`ミ、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
 /:.:.:i:.|:.:i:| |! レ' _ ミヽ、:.:.\\
. |:.:i:.:.|:ト:.:!| レ'ィfrハヽ `ミへ:.:.:.:.「、`ー‐<  「次スレまで行ってちょうだい。
. |:.:.|:.:ト! V ' 代_ソ〃 `Y^ Y:.:|:.:ヽ`ヽ `  本来通りのスレ立てをしてくれれば>>1乙してあげる」
 |:.,.ト≠ミ、        レ ハ:|:ト、:| jハ
 ト、:.:Vfr㍉ r        r':.:.:.ハ:! }}      ,.ィ
  vヘ:ヽヽゞ'    _   从:.:.乂 ,リ   /レ'う(´    ,.ィ
  | Y:从    '´    /‐ァ┴< ̄≫<´  `ー―‐/´
   V∧:个..、._   / _ノ::::/:.:Y/:.:.:.∧     /
   ノ  ト、ミト、:.:ア´  //:.:.:.:|:.:./:.:.:.:∧
     / V:| Vレ::ゝ 彳:.:.:.:.:.:.:.:|/:./:.:.:∧
   /!  jハ! /_:人_ 〉´ ̄ ミ、ヒ´_:.:.:.∧
  〃     /:.:.:./〈 ヽ.  、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
// //  /:{:.:/:.:.:.:.:\ X{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
// ∧/ |:>{::.:.:.:.:.:.:.:.`ーi!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ノ
        |:.i´:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/\__/:. ̄:.:!
       |:.:|:.:.:.:.:.\___/:.:.:.:./、\:.:.:.:.:.:`ヽ
        |:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー‐<:.:.:.:.:\\=‐:_》\
      |:.:.':.:.:.:.:.:.:.:Xヽ:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.\\´:.:.:.:.`ヽ`ヽ
      |:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.:.:}:.}:.}、
      `ー‐'´     |:.、:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\≫'´:.:.:.\
                 |:.、:.:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.,.ヘ:.}
                   |:.:、:.:.:.:.:.|  \:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:./‐<_
                |:.:||:.:.:.:.:.:|  /\:.:.:.:.:.:/: : : : : :―`――,-、
               |:.:ヽ:.:.:.:.:.:〃  /><―-: : : : : : : : : : /
                 \:.:.>'´:.:.:.V: :/: : : : :ヽ: : : : `: :、: : : /

253 ■■■■ :2010/03/16(火) 00:05:06 ID:sqFmyEt6
                       \〉V      u    ∠ィ
                     之>       u    u   く_
                     ≧              ,イ
                     >             く十
        , -―- ,         ニフ         J      メ、
       /       `ヽ        `才´        u   ト、
     / 〈V         ',           レ仏ィ         乂
     |  y   /l  ハ ,         オれイ       ムイ
     |  /  /刈/! /イ∧!            乃仆仆小トイハメ
     レ f^レ^Trテ  fチ!  |          >--<二二>、
     | トイ! '''`   ` ''i  j          /     i    ヽ\
     |lイl |f>、__^_, イ          /       j       \\
      j川仏rヘ、{ト仆!          l      / _|^^^^|_  l
     f⌒ヽi>、__ ノi|Ⅵ`ヽ        |    i / ||  | | |
    |  ⊥、 \|/`ヽハ          !     レ'  |  ^^^^   | |
    ∨  く ̄j、  >'^ヽ_\      |     l    |.  >>1  | |
      l∠イ⌒ヽ>'  rュノ- i>}     |     l    |  の   | |
        |     , <_   jイ       ヒr====l   |  代   | |
        `r―<i   「l ̄        |   |   |  理   | |
        |_/  i    l |           |   |   |       | |
        〈_/  i    l |           |   |l    ̄ ̄ ̄ ̄ |
       /   `}>、  l人           |   |〉/             |
        }=ニニニニニ=イ,         |   |〉           ト,
      / /::::: l:::::::::::::l:::: l::',         |   |Lノ          ハ
      〈 / :::::::l:::::::::::: l:::::|::::,       |   |/          //ム

254 >>1乙じゃないけど一応保存 :2010/03/20(土) 23:57:27 ID:.T9q/R3w
     ,.. -――-..、 //
   /:.:.:.、:ハァァ:.:.:.:./:.`ヽ、
  /:.:.:.:.:.:.:ハトf ̄`ミ、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
 /:.:.:i:.|:.:i:| |! レ' _ ミヽ、:.:.\\
. |:.:i:.:.|:ト:.:!| レ'ィfrハヽ `ミへ:.:.:.:.「、`ー‐<  「>>950は次スレ立ててちょうだい。
. |:.:.|:.:ト! V ' 代_ソ〃 `Y^ Y:.:|:.:ヽ`ヽ `  本来通りのスレ立てをしてくれれば褒めてあげる」
 |:.,.ト≠ミ、        レ ハ:|:ト、:| jハ
 ト、:.:Vfr㍉ r        r':.:.:.ハ:! }}      ,.ィ
  vヘ:ヽヽゞ'    _   从:.:.乂 ,リ   /レ'う(´    ,.ィ
  | Y:从    '´    /‐ァ┴< ̄≫<´  `ー―‐/´
   V∧:个..、._   / _ノ::::/:.:Y/:.:.:.∧     /
   ノ  ト、ミト、:.:ア´  //:.:.:.:|:.:./:.:.:.:∧
     / V:| Vレ::ゝ 彳:.:.:.:.:.:.:.:|/:./:.:.:∧
   /!  jハ! /_:人_ 〉´ ̄ ミ、ヒ´_:.:.:.∧
  〃     /:.:.:./〈 ヽ.  、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
// //  /:{:.:/:.:.:.:.:\ X{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
// ∧/ |:>{::.:.:.:.:.:.:.:.`ーi!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ノ
        |:.i´:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/\__/:. ̄:.:!
       |:.:|:.:.:.:.:.\___/:.:.:.:./、\:.:.:.:.:.:`ヽ
        |:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー‐<:.:.:.:.:\\=‐:_》\
      |:.:.':.:.:.:.:.:.:.:Xヽ:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.\\´:.:.:.:.`ヽ`ヽ
      |:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.:.:}:.}:.}、
      `ー‐'´     |:.、:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\≫'´:.:.:.\
                 |:.、:.:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.,.ヘ:.}
                   |:.:、:.:.:.:.:.|  \:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:./‐<_
                |:.:||:.:.:.:.:.:|  /\:.:.:.:.:.:/: : : : : :―`――,-、
               |:.:ヽ:.:.:.:.:.:〃  /><―-: : : : : : : : : : /
                 \:.:.>'´:.:.:.V: :/: : : : :ヽ: : : : `: :、: : : /

255 >>1乙じゃないけど一応保存 :2010/04/04(日) 20:07:21 ID:S8u38ITU
                  / ,.イ  ハ ヽ  ヽ ヽヽ
                  レ'/ | / ノ ノ|,ィ ハ } }
                      Vト、ト、| |,.イjノ jノ 川ハ!
                     |Yソ乂_ノ_フ ´i ,.彳'∧
                       バ、   ̄イ N八N乂
                        ハ`ヽ  _,ト、レ'ハヽ
                    r'/ `フ「 / 乂从{
                      |.i | |`ー‐二彡ハ
                   | | !.|フ ´   _ヽ、
                 | | | レ' ,. <´ / }
                  | | |  /   ! / ハノ
                   j ト、`´    V´   |
            ,.. --、. ∧ノ   ̄ ̄ ̄ハ    |
          X´ __/ _」|       ∧   ∧
         /  / ハ /!`ー――‐/ / V  ハ
          |  / _〈  ,.イ ! `ー――/`7 r'〉'   !
          | / {  V | L- 、__// / /、_ /
       //  ∧_.{  ヽ ̄\___/イ/`ー /
       / .r―‐〈 / \ _二二=‐/`ー‐/
       | ! /  /: :ヽ: /`ー‐ァ‐r‐'    /
       | 〈,々/: : :ヽ`ァ: : : :{:| V.  /
      / /冫: : : : :/: : : : : : :V/ヽ/
      / / ./: : : : :/: : : : : : : /
     /`/ /: : : : :/: : : : : : /
   / / / : : : : /: : : : : : /  「>>950踏んだら次スレ立てンのは、人間なら誰でも通る道だ。
  / / /: : : : : / : : : : : /   何やら馬鹿馬鹿しい事になってやがるが、
 / /  |: : : :i: /: : : : : /    これについては下手に邪魔する資格は俺にはねェな)」
/`/   |: : : V: : : : :/
../     |: : /: : : ,イ
      |:/: : : /: 〉

256 >>1乙じゃないけど一応保存 :2010/04/04(日) 20:14:06 ID:S8u38ITU
         i!
          ト、 ト.ト、
      _≧ヽ`ヾヽ!:::::レ'レィ
      \::::::::::::::::::::::::::::<_
      ∠´/::::::::::::::::::::::::::<_,. 「お前が選べよ……」
      _乂:::/:::/::::,.、:,..::::::<_ 「このままお前の次スレを探し続けるのか、
      `7从乂〃o゜:>く〃  このURLに全部預けて次スレ行くのか、
      /::::::::ヽ、:::::,.ィ升::::\i! それとも住人の手を借りて>>1000なら○○○○して欲しいのか!!」
  !  v'ニミ>'´:{ ̄`ヽ┐':::/:,イ  「傲慢だろうが何だろうが、お前自身が胸を張れるものを
   V:::::/´::::::::::::>勺ノノ:/::::::|   自分で選んでみろよ!!」
   ≧=≦ニ彡'///:::::::::/:::::|
   三:::::::::::::/::::::::/:::::::::∧:::::| i!
    彡〃/」:::::::::∧:::::,.イ|::::|i!
       ´〃川N::|:::::::::ハ|::::::|
      /::::::::/∧:::::::::::|:::::::| /
      `ァ-<::::::::::ヽ:::::::|:::::::|〃
      i!/::::::::::::> <`ート、__j
     V::::::::::::/    ヽ:::u、::::L_       次スレ
     V:::::::::::/      \::ヽ〉ヘ〉      ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/0000000000/
     /::::::::::/        |::::::::::i!        
   /::::::/:/       /  ̄ ̄ ̄``ヽ、     ヽ
   /::::::':::i       (    V / i     ` 、__,. >
   |:::::::::/        \   V /|      ヾ.__ヽ、
.  |::::::,イ  二><  '´ ̄   V  !         ==
  |::::::!::|     ,、  -     ∧ ヽ
  .|::::::::::|    < | \へ`ー――>――‐- 、
\|ー',.イ≧ユ_ `´―ー= ̄ ゝ   `     ヽ.
  \:ミx___/ /   ><><      <、
   )〈≠≡∠__/    /         `
  /'´ \__ 二=―  (_



次スレURLはその時のURLを、○○には自分の>>1000取りネタを入れる

257 ■■■■ :2010/04/11(日) 11:53:26 ID:RXslPJpQ
`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: : : : : z-‐'"∧: {: : :!: : : :ヽ: :ハ三: . : . : . : . : __: . : . : ミヽ 、、: . ヾ: . :!
 }:::::::::::::::::-‐=‐--‐=‐.::::::} : :_: メ      ,,X‐-:、: \: :ヽ: :|=: . : . : . / ‐'!|ミミミ;/ ,ィ/ ヾ: | :ヾ:.}
  {.........::-‐===‐--‐.:::::::ハ: ィ'´       _, \: :\:.ヽ: ヽ:!ニ: . : . : { , 、 '/.|ミミ/  "` 、 ヾ!: . :!
 ,.〉....::::::::::::::::`ヽ:::::::::::i{::::::::}"=====r‐‐‐、,, \、: : ヽ: }:!ミ: . : . : | y-' ヾ"    ,ヽ、!  |: ./
∧/.:::::, -‐==ミソ.::ノ::::ル≦ノ       {乂. O ヾ \: : !:}:!三: . : ._,'          {ο}| j /"   カッコイー! 一皮剥けやがって
::-‐彡 -―┐:::::::::ーァ.:厶リ          乂 ` ‐' /_,〉、i:/  彡 〈    ,、    `´ "..:/      惚れちゃいそーだぜ>>1乙……!
:::::::::::::::::__.::}:::、こ二Yrリ/          ` -ィ―{~o )'__イ::、./ ト、   {.ヽ、  _  |'"
::ー=f´(rリ ノ.:::::/`ヽ:::ー'{               {ヽィ'`ヽヽ:::ヽ、i ヽ   ヾ, \ "_,l     プッ、ギャッハハハハハ!
::::::::::`フフ´::::::/   |:::トリ    イ、_        、  `> ヽ `ヽ:::!:ハ      ヽ \ソ/      良く立てたじゃねえかー お利口さぁンwww
:::::::`ヽ._,ノ::ノ   |:::|/!.       ヽ- 二 =‐- 、  /} \ヽ !::ヽ|  \    ,/
:::::::::::::::::::厶(_   {::::|\       ∧‐、-x:::> 、ツ /       i!: : i  / ヽ-'    スレを立てるのに>>1乙はつきものだ
‐ァ==ニ´.:::::::::::::`ー-ァ′:\       ヽ、_ヾゝ:::/ / -‐- 、. 、||: : | '"|: : : ヽ     君には今後も期待しているからネェ?
「(::::::::::::::::::::::::::::::::し:::}::::::::::::\      ヽ`ーY//     \\: : |ヽ,|: : : : :ヽ
:::::`::ー-=  :::::___::.ィ′:::::::::::::::::::ヽ,    ̄/         \\|::::::i: : : : :_ハ
:::::::::::::::`::ー―=彡:ノ  ∨:::::::::::::::::::| > 、/: !            \\::!: : / ヽ`

258 ■■■■ :2010/04/11(日) 11:54:33 ID:RXslPJpQ
        . .-‐: : :‐: -. .、
      /: : : : : : : :.{: : : :ハヽ、
     /: : : : : : : : : : |: |: :.|ハ: : !、
    /: : : : : : : : : : : :|:/!/:!: |: リ:!:ヽ
.   /: :|: : : : : : : :.|: : :{ ≧メ、{:/:/!:! ヽ
  /l: ミ{: : : : : : : : `、:.ヾィッ`ヽ /!从ヽ|
 / |: :ヽ: : : : : : : : : ヽ:!     ヽ:ヾリ     >>1乙はいらない。他の誰かがするのだから
./ /!: !: :\: : 、: : : : : : |、    '/!: ヽ       俺様が>>1乙する必要はない
{、/:/!:|: : : ヽ: :ヽ: : : 、: : :', ヽ--‐ i: : : :\
 >''、乂:|: :、:\: : 、: :ヽ :、: \   i: :、:ヽ: :.ヽ
/    ヾi: : 〉: ):}: )ヽ:ヽ:\:、:>': ヽ:.i!、}: : :|
      )'/:レ"" 、ヾ〉ヽ.!: }: :.\:|ヽ:!i !:.|: |
    /___    \  |:/:!、: : :.| |:i |:!|: !
    /::::::::::::::::ヽ、'"  \ .∧ ∨'" /リ /' レ'
  /::/:::::::::::\::ヽ / / ヽ ∧
 /::/::::::::::::、::::ヽ:ヽ:!::\ / ,ヽ ハ
 |/::::::::::::::::::ヽ:__:::::|:::|::::`ヽ、/ヽ{.ヽ
 | :::::::::;__/ヽ.{  \::/::::::::::::::\ヽ |
 i::/:/ ∨、.∨ゝ-':::::::::::::::::::::::::ヽ|:〉
.//:/ ! ∨ヽ、} 、::::::::::::::::::::::::::::::<ヽ
|/::{  .i!、_∨    `''' ― 、::::::::::::l:::|`\
{:::∧ ∨、__}-- '" ̄` ‐‐"::::::::::::!:/\ \
ゝ―\ \'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!,'  ヽ   >
    ゝ-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'     X´
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     /  \

259 ■■■■ :2010/04/11(日) 11:55:06 ID:RXslPJpQ
       、、 ト、ト、 ,.イ ト、,ィ,ィ ,
  ヽヽト-\|\ヽ::::::`::レ':::::::≦∠_ノ!ィ                          ,.、 `ヽヽ
、_  、>`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イイ,.                         _/ ノ  ノ ノ
≧ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'                    __/Y _,./―‐勹
>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦,                   r' _,ィ  ノ―<
彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡                      rイ_       ヽ 、\
≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.イ:ハ::ト、:::,、:::::::::乂                   /、_≧丁 ̄  \ヽ `´
/::::::::::::::〃/:::::,、〃 j/ _>ハN トY:イ>、___                 〈 、   /´   、__, `ー'
≧_:::::::::::::::i!:::::N   'ァ´_,.㌻  り 爪ヽ j    \               ∧_彡    `ー‐'
´ ∠ニ-::::::::::ハAビ_,ヽ. 釻¨´   レヘ:::} リ     /´.\         _/    /
   乂ィ爪V`メ ̄ / ヽ      !! ト、! }    / /´ \__     /:〈    ,'
     _/∧「,-ヽ.   `´_,.勹/ /: i! /    ,'        ヽ   ∧:∧  ,'
    _∧ ヽヽ-、 ⌒ヽ`ヽニ彳!. /: :/ ,イ   ,.〈-‐    / ̄/ V : ヽ ヽ∧    >>1乙なのよな
.   /ヽ ヽ ヽ \___ `´)´ /nノ /: |   イ´    { /,. -「.| ! : : : :\\
  〈    \ー}―- 、`X_nX「 レ': : :|   不、    /,--ハ ! V : :|\_`7
   }        ノ―ミ  r1 | | ! j: : : |  ヽ ,.! \    !{     V: :! : : 7
  /-‐ 、    冫 ̄ヽソ | _j _j _{ }_: : !    V |   ヽ  ヽ   ヽ V: : ,.ヘ
  ソ    V /    /  __r_{_ {_,.、_}: /     |     \  \  \`<_\
  〈 /   V    /_} {_ィ{__}{_}: : /       |      \    __二>‐‐'´

260 ■■■■ :2010/04/11(日) 11:56:01 ID:RXslPJpQ
          ヽ、   、  、  、
     \ ヽ { ヽ、 \ ヽ ヽ ヽ 、
    ‐- 、ヽ \ \ ヽヽ \\ヽ \\
 `゙ ミ ヽ \ \ \ \ ヽ   \  lヽ、
  __>ミ   \ ヽ ヽ     ヽ  ヽ ! ハ
ヽ― = 二       \   \ l   }   |、      学園都市が学生を人体実験にしてると
 >--== ミ 、`ヽ   ヽ、\  !  // / ト、        それはおかしい事なのですか?
_ ̄>三二   ミ、  ,、ゝ‐- 、 |r-、/  /  |       そもそも>>1以外は人間ではありません
 二` ミ-  _  ヽ/  - 、 `   ヽ / // }/      サルがサルをゴミのように扱ったとして 何を咎める事があるのですか?
 ―= ニ ― ニ   .〉,ィ‐- 、__,〉  _,, 〉  ///-. 、. _
:‐:'": ヽ三 _  /〈 弋エヽ ヽ /ィェュ}.|////: : : : : :`゛:': -. .,,
: : : \ミ.二 _彡, -、}    /´'  } l`ヽ  〉 // : : : : : : : : : : : :.`ヽ
: : :ヽ-=ニ__ '" { ヾ `ヽ     ィ  ヘ  / 〉彡': : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : `メ‐ '' ~   ヽ、lイ } _,z孑于テミx、Yr'´: : : : : : : : : : : : : : : :./
: : : : : : :.ノ//ィ  _ヽ! 弋二二二二{/: : : : : : : : : : : : : :_:>'"
: : : : : : : : : : :  ̄:` ―:l\  ̄  ̄  ̄ {: : : : : : : : : :> ''"
 ̄ " ' ― : :_: : _: :|  `> -- ‐ '"_ : ― ''"´
          \: :二: :二: :二: :二: :/
    __ _ . . -‐''": : : : : : : : : : : : : : `: ‐--.、
.  /´:、: : : : :~ :‐: :_: : : : : :./\: : : : : : : : : : : `‐-、
 /:、: : :ヽ: : : : \: : : :ヽ: : : :\ 〉: : : : : : : : : : : :}: : 〉
./: : :\: : ヽ: : : : :ヽ: : : : : : : : :.〉{: : : : : : : : : : : : l: /: ヽ、
': : : : : : : : :∧ ̄ > ''‐._ ./  ヽ―‐''" \― !/: : : :∧
: : : : : : : : : : :l ∠二 _ ,.x-‐‐ 、   / ̄ \__\.|:/: : : : ∧
: : : : : : : : :/: |      |: : : : : : }  |: : : : : : :|   }/: : :/ : : |

261 ■■■■ :2010/04/11(日) 12:02:34 ID:RXslPJpQ
        \               \
           ` "  -   _       ` ̄  ヽ
            /: :/: : : : : : : : : : : : : . 、_       }
           !: : : : :/:/: : : ミ:ヽ: : : : : : : ! ̄ヽ、   /
          i!: :l: : /:/メ/: : ヽ!:ヽ: : : : : : | -‐ '  (
            |: : |: : :/ミ/ミ: : : : !l:ヽ : : |: : :|"ヽ - 、二 _` ‐ - 、_
             |: : |: : :|/""`ヾ'´"{~ヾ: : |、: :i!       メ         ̄  ヽ、
             |:.:r|: :-|、.__      {,,斗:.:|'イ、:i        ̄  ~" )      / 「たとえ君は全て忘れてしまうとしても、
          i!: {'|: :.弋ヤヾ、  ''"艾フ:.:.|/: :.i!          _ , '    -‐'´    僕は何一つ忘れずに君のために>>1乙死ぬ」
            i!: : l: : :.|;;;   !    `'ト; |: |: :ハ      ,  '"   /
            /:!: :.|: :.、|    l _    |: ヽ: :、ハ:\ 斗'"´ _  -‐' ´
          /:/|:|:.:|: : :iヘ 、____ ,ィミ.イ|: : ヽ: 、:./, <-‐― 、
       /: :/: |:/i:|: :ト、 ヽ.   /:::`|ミュ. _彡/::::::::..   .::::::ヽ
      /: 彡' |:| |:!: :i \::::`´::::::l  |: :!: : |ヾ  ::::::    :::::::::|
   _,/.:     /' |:|: :| , ヘ.、::::::/'"~|: :|、: ヽ  :::::::     ::::::::}
. /.::::       /  j'|: :i'´ | /-、"/l .j: :.| \`  .:::.     .::::{
'       ヽ    ヾ:| 、 \ミ_ | ィ'|   j:/ \:::..  :|      .:/
、    |::   \   / N ヽ:::ヽ-|‐"i   :::::::::/::::  /      /
.∨  /     、  〈〈    :::∧|、,、} ::::::/!:::   :/     /|
 ∨       \   \.   :::::∨:/..../.::::ハ  ::/:.     / |
  〉::            /`> 、:::::∨/    ..ハ  .::    /.:  |
  〈 、      ::. \  !::.    >< 、 .::   ∨.::    :::   |
  |::ヽ      ::.  /:.   /( )   () }   .::::ヽ    :::: /  |

262 ■■■■ :2010/04/11(日) 14:39:20 ID:RXslPJpQ
             , .-‐. ―. .‐. 、
              /:/: /: /: : : : : :ヽ  
             /: :〈: 〈: :ヘ:ヘ:ヘ: : :\: :\
          |:.〈:/`""~~`'ヾ\:\:\: : ヽ
          |: :.i._  、 /  _,,,..ヾ:ヽ: : : :\
          j: :.|._≧:,_ ,,ィr_.ラ"ヾ: ヽ: :!ヽ
         /{: :|."'''"´l  `ヽ    |rヽ: :|、
          {: |  / |      /|ツ/: :iヽ
             ヾ!   ' `     |‐': : ト
           ∧  ィ''二 ''ヽ   ,ノ: : :.メ
            !ヽ.   ̄   / /ヾN
       ヽ、    | ! \___ ,,ィ   /   \
       \\ヽ、_l |l 、   / ./  ヽ / ノ ノ        
       \ ヽ,  |i  }     / /  ヽ _ -‐ "  ̄ \ __ ノ >>1乙である
         \/ヽ   〉 _l / ――  - 、            \
    , - ― '"  ∧- 、 /:::::/   /::|     `ヽ        r 、 ヽ
   ./    /    .ヽ::::V:::::/   /:::::|     \        X、  ハ
  /  .l  /        〉::::::::/   〈::::::/               /  l:ヽ |
 ./   l ./         i::::::::/     !:::{     /  /ヽ、 / j:::}    |、

263 ■■■■ :2010/04/11(日) 14:48:22 ID:RXslPJpQ
       _ __
      {  、   "' - . _
        ∨ ヾ   ヽ       `  、
        ヽ `   ,人          ヽ      そう簡単に>>1乙できると思ってんじゃねえよ。
           \"´   \ヾ !     ハ     偉そうにふんぞり返るだけが強さじゃねえってことを教えてやる……ッ!
                  `ヽ|       |     >>1乙 ってのはな、優劣とかそんな程度で失われるようなもんじゃねえんだよ!!
                     |       |      
       ,ィ   /       |      |      見せてやるよ、本当の>>1乙 ってやつを!!
      // /:/   ,.ィ'   |     |      大それた理由なんていらねえ、。
 ,ィ  /::://:::::/,,z.':::/____ |.       |     曲がらず腐らず正面を行く男は、赤の他人だろうがなんだろうが、
./::{ /::::::/:::_:::::__:::::::::::::::/  | , - ―ュ、   スレを立ててくれた人のため>>1乙する事ができるんだ!!
i:::::y:::::/:::::_:::::::::::::::::ヽ、::::`:::ァr'"       ハ
|:::::i::::::i/ / / ̄ヾ::ミヾ 、::::メ、|.        }
、::::::::/  /´ / '''7  \,lヽゞ::::l         |
ヽ:::::{ ./   /l! /     ヾ}| ̄l         |
ゝ:::::| ! ,,ィ=,, `"  _,, 、 _i'  |         |
::::__:ヽi'"i! /ヽ / ,x‐ .ミ〈   \ト、      |
`ヽ ヽハ ヽ'  ./ /:::::::/ンヽ.  ト !ヽ  \  |
  |  lr,:>.   ヽゝ:::/./ / \.__|.  ヽ、   |
l_,ノ  | |:::ヽ:> 、.`ヽi// / ! }| lll  ||l\_ヽ}
"~` ´,ノ`ヾヾヾ:::::>---'   | / | ||  ||   ヽ |
、ィ'"    \、  ̄`"' \  / /  || .|| ,.:'彡|
 |         \    〉ヽ/ / ニz,レ三ミ//  |
 |        〉-‐ /´/ /ニz.、/三三ミ、=tニ|
 |   , -<"~ ̄ /| 彡/   ,ィ.|三三三|'"´ }
  `<、_       ,/    /ニシ'" "|三三三|三ニ}
      ̄` ヽ"  {彡'"  ,,ィ彡'i三三ニi! `ヾ.|

264 ■■■■ :2010/04/14(水) 17:45:14 ID:RY.Wz48A
                             ,ヘ、  ト、 ト、
                      |\ ト、   ト、ヽ ト| V i i!
                    、_  ヽ\ ヽ >ヽ \\   ヽ| Vレ1
                 、.  \ ``ヽ`       、       レ7
                 \`ー\           `ヾ     ー=イ_,.   「じゃあ、そう言うテメェはスレ立てた>>1
               ヽ、_\   /                  -=≦<__   乙したのか?」
                ト、__\  _,. -‐ニ  _ _,.          `ヽ`ヽ<_ィ
              \  ,.-― /// //           ノ  _ノ
            、__> _,.∠/ // | /   ,         ``ヽー‐'
            _> -‐ /  /  /´ /||  ,.イ   ヽ     ヽ\ \  、
            `二ニ-彡' //  / // i! / /   ,ハ     ヽ\\_`ー
            __> / /  〃 / / ,イ / /  ,.イ | ト、    ト、`<__
            `ー=イ/   | | | /| / | |  レ'/ ノ ハ∧_ハ ヽヽ \ヽ´
                 __/__ /  j | i 「_≧ミ、!:| / ∠>≦jハト,リ ト、ヽ\ーヽ
              _>ノ  /从NY ̄行ミ、レ1//jイ'´fテ ̄ァ | トN }∧「`
               `フイ人ヽ.ト ヾ、__,.彳レ' ´ ヾー=≠ ハノ/::::∧
                 ル'ノヽヘ   ̄    〃'"     /イ:ト、:ハ「`
                  ,.彳::/|:∧     .!        ∧::::| ヽ
                   V jソ:,.\  r- _`´_-‐ニ,ハ,.ィ<ト、ゝ
                   / jイ{::∧\辷ー‐_,.ニ 彳 .|::>、.、
                     __」:.ヽ.ヘ  ヽ. __ ,.∠:.:.:.:八:::::::):|
               ___r‐/  !:::∧ `ー 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.>'/:::ヽ
            _,. <、_`ー、:::\ V:::∧  ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「  /ヽ::::} \
         __/二_ ´   ̄\::`ヽ\ヽ\:∧/:.:.:、`  ̄ .7:.:|   >'://  > 、_
       / ̄ ̄`ヽ     ヽ::::i  ヽ、 `.〈:.:.:.:.ヽ   :/...:.ム   //       `ヽ..、
     __/´二二ミ 、_,..\    |::::!   | fハ.|`ヽ_  :./‐' ´: 「::〉//             }}ハ
__,.∠       \\  ヽ   |/!   |弋リト、|:.:ヽ {_,. イ|//              リ ,|
    / ̄ ̄ ̄\   \\   //    |  |  V:.:/:| | /:.:.|             !::/::|
 ̄ア´ 、___  ヽ  \\ヽ       V::∧  V:..//   :.:|            // ヽ|
 /´  ̄ー┴<ヽ   ヽ  ヽ !         V:[_\ V/___j        ヾ   /   ヽ
/  、__    ヽ`ー‐' \   V ,.-..、  ,-.、 /:.:L二ヽい二二二.|        i!  /    |
   `ー 、 ̄\  ヽ ̄`ヽヽ_ノ/::::/  弋ノ/:.:.:.:.:.:.:.:.:`| |:.:.:.:.:.:.:.:.|        |:V/  /   i!
  、 _   \´ \__}ー< `/:::/      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.|   /:/    V:7 /    ||
   \ヽ   |    \:::ヽ ー'       {:.:.:.::.:.:_:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.|  /:/      レ'/    |ヘ
`ー、  レヘ  !     ヽ:::〉       V:.├-- ニニ.....二二二| /:/∠ニ=- ‐イ〈      |:∧
二 ィ   ! `ー'      ヽ\        V:.|      ̄ ̄ ̄ ̄|〈:/        |:::|      |:!∧
   `ー'            〉∧         Vヘ            !          j::::|     |ハ∧
                 {:〈:∧         Vヘ          ト、      /∧::\     i!`!∧
                  ヽ:| V!      fハ !:.:}         |:∧       ハ! V「 \     i∧
                |::| ヽ\   `=' |〈        ヽ  ヽ:∧\   /::∧ \.、     |::∧
                     |∧        /::::\      \ー':::∧ \':::::::::::|  ヽ:\   ノ:::::::ヽ

265 ■■■■ :2010/04/14(水) 17:46:18 ID:RY.Wz48A
             ____
         ,.. : ´: : /: : \`ヽ
       /; __∠: : : : ;_ヽ: :\
       ォァ´ ,.ィイzZ三ニ=- `ヽ:ハ
      /ハ彡'     ミミミ、`ー、`ヽト、
     〃/´   _,ィ仁_   ミミ、ヽ\ \\ ゝ >>1
     |Ni|   代tメ´   `八'^} ト-ヽ、 、 ハ
     乂ハ汀 `ー   ,〃  レ'∧ ハヽ\!_
     ノ介Ⅵ          〈 ハ  ト、ヽ!_,.
.         八`ヾ`___ ヽ    }仆、V∧ ト-'
        ヽ.ゝ-‐'´ `  /´/┴─ヽ乂
          Y ̄´  //   /
           └―‐</  /
                /  /
              〃 /

266 ■■■■ :2010/04/14(水) 17:50:50 ID:RY.Wz48A
ttp://loda.jp/index_index/?id=52.png

267 ■■■■ :2010/04/18(日) 12:07:21 ID:F36wGd0.
 この力に上乗せして、英国女王エリザードから全国民に告ぐ」
 クーデターの発生によって、今日一日で色々な事があった。軍の出動、都市の制圧、ドーバーに放たれた駆逐艦、
 騎士達による戦闘行為、おまけにバンカークラスターによる首都への爆撃。
 多くの者は本質として何が起きているかも分からないまま、しかしそれでも異様な被害に遭っている事だろう
 だが、今のお前|達には抗う力がある」
 詳しい理屈は明かせんが、今宵この一夜に限り、お前達は平等にヒーローになれる。
 その目で見てきた、法則も分からない不可思議な現象そのものと戦える人間だ! 今のお前達なら何でもできる!! 
 その上で、お前達には選んでほしい。誰のために、誰と共に戦うかは、お前達のその頭で判断しろ!!
 私に協力したい者には感謝をする! クーデターに協力する者がいても一向に構わん! 
 また、全く違う第三の道を提示してくれても問題はない!! 力があるからと言って、無理に戦う必要もない!! 
 迷惑だと感じた者は『返す』と念じれば良い、
 自分よりも信用できる者がいると判断した場合は『渡す』と念じればそれで済む!!  今この時だけ、
 それは正真正銘、お前達の力 だ、戦うか、逃げるか。それすらもお前達が自由に判断しろ!!
 誰かが言っていたから、それが正しいと教えられたから、そんな風に踊らされるな! 私自身の言葉すら否定しろ!! 
 あらゆる情報に主観の優先順位をつけずに一度整理して、全てを自分の頭で考えた上で、
 最後に残った正義と勇気と度胸にただ従 え!!
 ……いい加減に、お偉い人間に好き勝手やられて振り回されっ放しなのも飽きただろう?
\さあ、群雄割拠たる国民総選挙の始まりだ!!                                     /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                    ∧
                   /´。 `ーァ
                   {○々゚0l    阿呆が、女王とて禁書スレ民の一人
                     U θ U    清き>>1乙を投じる権利ぐらいは持っているぞ。
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |      |

268 ■■■■ :2010/04/18(日) 12:09:21 ID:F36wGd0.
 この力に上乗せして、英国女王エリザードから全国民に告ぐ」
 クーデターの発生によって、今日一日で色々な事があった。軍の出動、都市の制圧、ドーバーに放たれた駆逐艦、
 騎士達による戦闘行為、おまけにバンカークラスターによる首都への爆撃。
 多くの者は本質として何が起きているかも分からないまま、しかしそれでも異様な被害に遭っている事だろう
 だが、今のお前|達には抗う力がある」
 詳しい理屈は明かせんが、今宵この一夜に限り、お前達は平等にヒーローになれる。
 その目で見てきた、法則も分からない不可思議な現象そのものと戦える人間だ! 今のお前達なら何でもできる!! 
 その上で、お前達には選んでほしい。誰のために、誰と共に戦うかは、お前達のその頭で判断しろ!!
 私に協力したい者には感謝をする! クーデターに協力する者がいても一向に構わん! 
 また、全く違う第三の道を提示してくれても問題はない!! 力があるからと言って、無理に戦う必要もない!! 
 迷惑だと感じた者は『返す』と念じれば良い、
 自分よりも信用できる者がいると判断した場合は『渡す』と念じればそれで済む!!  今この時だけ、
 それは正真正銘、お前達の力 だ、戦うか、逃げるか。それすらもお前達が自由に判断しろ!!
 誰かが言っていたから、それが正しいと教えられたから、そんな風に踊らされるな! 私自身の言葉すら否定しろ!! 
 あらゆる情報に主観の優先順位をつけずに一度整理して、全てを自分の頭で考えた上で、
 最後に残った正義と勇気と度胸にただ従 え!!
 ……いい加減に、お偉い人間に好き勝手やられて振り回されっ放しなのも飽きただろう?
\さあ、群雄割拠たる国民総選挙の始まりだ!!                           /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                    ∧
                   /´。 `ーァ
                   {○々゚0l    阿呆が、女王とて禁書スレ民の一人
                     U θ U    清き>>1乙を投じる権利ぐらいは持っているぞ。
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |      |

269 ■■■■ :2010/04/20(火) 15:31:45 ID:ZZit9/bs
                      ヽ
                          /
                ..::   _/
                 ..::::: /zメ|   いい>>1
          /     /_;;ィ'´トノ‐zィ|    けど私に>>1乙を向けるということは
       .:/     /メ/ ̄ン Xメ/       アンタは死ぬって事なんだけど
      ..::     ./イ/_\;;:.イ
    ..:::::::::|   /Yr/{`'''ォミ' /
==_::::::::::::::|  ,/Xf/ 'ヘ./´ /
\ ::::::::::::::: |  | k {.<> {} ヽ.
: : :.\:::::::::::|  | ト,i    r '´
: : : : : `:ヽ. {   |lヘi弋ニ<!'"
: : : : : : : : : :\ |‐]i、ノ`ヾ、
\: : : : : : : : : : |H.|    \
:::::∨ ̄ ̄ ヽ、:|ぃ|        ヽ
:::::::::::::::::;:::―::..、{ 〉!        ` 、
:::::  /::: : : : : : い'、          ヽ
  /::::: : : : : : : : ∨|、
. /:::::::: : : : : : : : : Y ヽ             \
 |:::::::::::: : : : : : : : :.|   \
 |::::、::::: : : : : : : : : |    ヽ
 ∨::∨::: : : : : : : : |     }          ヽ
  ∨:∨: : : : : : : :.|:::..........:::/
   ヽ::}: : : : : : : : |:::::::::::::/
\   ゞl: : : : : : : | ::::::〈                  ヽ

270 ■■■■ :2010/04/20(火) 15:37:38 ID:ZZit9/bs
             , x:.:‐‐:.'':.‐:.‐..、_
          _ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ_
         ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  _r'':":.":~:ヽ、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\ r':.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
    , -- {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
_, .-'":.:\ i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./"''´`__ヽ、:.:.:.:.::.:.\ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l__{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ__,、  ''" l | lヽ:.:.:.:.:.:.:'-、}:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.:.:.:.:.:.:./l | l |   /'⌒ヽ {:.:.:.:.:.:.:.:.! `'' ‐‐― ''"
:.:.:.:.:.:.:.<_ ゝ:.:.:.:.:.:.:.{. /⌒ヽ    `"´  ゝ-:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィヽ:.:.:.:.:.:.:i! ''"´        iノ:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ´ \:.:.:.{ヽ     __     /:./     ,、 _
`'' ‐― '' ´    ヽ、ヽ\   (  -` /´      r'ソ-、ユ-、
             ` ̄ `ゝ-   ィ'´,,ィ'_ヽ     { レ- 、 ノ >>1乙ですの
           /⌒ヽ<〈 \-' Y_,ヽ |〉|      `/  /
           ,'   ヽ ヽ _∧ | ィュ ,}      /  /
           |    ∨  /({  ' ノ ‐ 、___/  /
           |ヽ、   ヽ/    `´           /
           |  \ {´   / /`'' ‐-   -- "
           |    ヽ   /   /

271 ■■■■ :2010/04/20(火) 15:39:26 ID:ZZit9/bs
  | ト、                   /./  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
  | | 〉                   ///  ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ ヽ
  | |i                    /.//  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: :ハ
  | ||                     /./ |    |: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : i: 、ハ
  | ||                   /.//    | : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : 、: :、: : | i : i
  | ||                /.//        |:i : : : : / : : : : : : /: : : : : : 、: : :ヽ: ヽ | ト、|
  | ||              /.//        |:|: : : : i: : : : : : : :|:ヽ: ヽヽ: :\: : : ト、: ハ| i|
  | ||             / //         ノ:|: : : :|: : : : :i: : : :ト、:_>‐、‐、一.、: iNハN ! 「俺の>>1乙に常識はつうようしねぇ」
  | ||                / //       /イ: |: : :!: /:ハ: :|: : 卞ト、xィ斥ミメ\\乂:V'  」
  | ||             / //         ,.イ: |: : :|//,公、ハ: :iト、 ヾ=' ´ `  ヽリヽトヽ
  | |.|              / //             /: :!/乂,.イ{'^ヽNト、\\       -,.イ、
  | | |         / .//          _ノ,. イ:|: |/: /冫、 jリ、`ヾヽ `   ,.-,.ィ∧.:\
  | | |           / .//          ーァ':.∧レ1/:| { jイ ヽ.、    -'‐′∧:.:.:.:.:.}
  | | |        / ./ /           /´フイ:.:.:.|:.:.:| V !   ` ァ ─‐、 ´:.:.:.:.:.:V
  | | |         ,' ./ /                /:.:.:.:.:.|:.:.∧ V 、  ,.イハ  /:ヽ:.:.:.:.:V
  | | |      / ./ /               /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:∧ \ヽ / / |-,V V:.:.∧:.:.|
  | |i |      / / /               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:∧   \ ' ト:.ハ  V:.:.:.〉:|
  | || |    ,.' / /              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ハ   / 〉-'ヽ!:.:i ヽ V/:.ハ
  | || |__   / / /            rナヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.V/ 〈_|_|_レ':.:.|  〉V:.:.:∧
  | || | } /  / /、           /:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:∧ ヽ:.:.:.:.:.:..! /  V:.:.:.:|
  | rリ | / / _/ /::::}               |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.∧  \:.:.:.:〈 i  V:.:.:.|o
  |_{_ |' / / /:::ノ              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:`ー―-:.:.|   /:.:.:.:.:.\|  V:.:.| ゚o
  | | /Y`ー v'´/⌒v-、        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.|. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}  |:.:.ハ  o
  V V:::|  / レ  /:::ノ        ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ':.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:| {:.:.:.:.:.:.:.:.:〃  !:/:.:|  8
  V ヽ|  レ/  /´,.-、       |:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.| V:.:.:.:.:.:.:/   |:.:.:/∞

272 ■■■■ :2010/04/20(火) 15:42:42 ID:ZZit9/bs
              -―‐- 、 __
         ィ/     ´    \'
        //            、\          チャンスをやるから>>1乙しろ
      |、{´    /      |   ハ         駄目なら私が>>1乙してやる
      l、| / /       |   ! ハヽ
       _|l/  {   / /  l/ !__i l l.}'"
      /:::::i   |/ /_/ / //// /}.!
      \:::i!  |/{'"从/,从/ィl豸.| !/i!
       ヾ|!、从 ''"~´   !   .从 ∧――‐
          |i\、` _   ´   /从 ∧    |
          //" ̄ ´ミ},  ⊿ ,.'| ヽ.从 ∧  .|                      , 、/ 二ィ' __, -、
         /´`ヽ/、__,,_>  ィ´-| 从ヽ 、 ∧  |                   ィ" ∧ ! `ヾx-ヾ,´
      / ヾ、 /、   //‐-、   ̄、 ̄ / /: :ヽ、__                  /: : \ .∧/ヽ、 } Y,/
    , -'   />、 _   ___` / /: : : : : : : "ヽ 、            /: : : : : : :、  |    `"´
_ , イ-‐ '' "~ ̄ |/": : ̄ : : : :―――‐' ∧: : : /: : : : : `:.‐-―, ― '": : : : : : :/: :.}  |
|         ィ}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}<:_:_: : : : : : : : : : : :./|: : : : : : : :/: : : : }  |
|_  - .‐ ' "´:.八: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ`‐ 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.}  |
|: : : : : : : : : : : /'| |乂: : :_: : : : : : : : : :`ヽ、/ | |  | `'l 、: : : : : :_: : :/: : : : : : : : : :.}  |
∨: : : : : :/: : /: :| | | ! ̄: : : : : : : : : : : : : : 〉. | |  |   |  `" ‐‐ - 、: :_:_:_:_: :_:/斗''
 ト、: : : :/: :!/: :./ | | |ゝ: : : : : : : : : : : : : : :.i!. | |  |   |
 {: :ヽ: : : :/: /,| | | | ! l: : : : : : : : : : : : : : : i. | |  |   | / ̄ ̄ヽ
 | `ヽ:_:_/'"´| | | | l .i/: :./ : : : : : : : : :、.:!.| |  | ヽ-' ,ィ    |
 ゝニニニ| /、__.川川 i .y': : : : : : : : : : : : : :.∧. \|、__>'__|ニニニ/

273 ■■■■ :2010/04/20(火) 17:15:12 ID:ZZit9/bs
 この>>1乙に上乗せして、英国女王エリザードから全スレ民に告ぐ」
 新スレの発生によって、今日一日で色々な事があった。軍の>>1乙、>>1乙の制圧、新スレに放たれた>>1乙AA、
 騎士達による>>1乙行為、おまけに大型>>1乙によるスレへの爆撃。
 多くの者は本質として何が起きているかも分からないまま、しかしそれでも異様な被害に遭っている事だろう
 だが、今のお前達には抗う>>1乙がある 詳しい理屈は明かせんが、今宵この一夜に限り、お前達は平等にヒーローになれる。
 その目で見てきた、法則も分からない不可思議な>>1乙そのものと戦える人間だ! 今のお前達なら何でもできる!! 
 その上で、お前達には選んでほしい。誰のために、誰と共に>>1乙するかは、お前達のその頭で判断しろ!!
 私に>>1乙したい者には感謝をする! 新スレに>>1乙する者がいても一向に構わん! また、全く違う第三の>>1乙を提示してくれても問題はない!! 
 力があるからと言って、無理に>>1乙する必要もない!! 迷惑だと感じた者は『>>1乙』と念じれば良い、
 自分よりも信用できる者がいると判断した場合は『>>1乙』と念じればそれで済む!!  
 今この時だけ、それは正真正銘、お前達の>>1乙だ、>>1乙するか、Romるか。それすらもお前達が自由に判断しろ!!
 誰かが言っていたから、それが正しいと教えられたから、そんな風に踊らされるな! 私自身の言葉すら否定しろ!! 
 あらゆる>>1乙に主観の優先順位をつけずに一度整理して、全てを自分の頭で考えた上で、最後に残った正義と勇気と度胸にただ>>1乙しろ!!
 ……いい加減に、お偉い人間に好き勝手>>1乙されて振り回されっ放しなのも飽きただろう?
\さあ、群雄割拠たるスレ民総>>1乙の始まりだ!!                           /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                    ∧
                   /´。 `ーァ
                   {○々゚0l    阿呆が、女王とて禁書スレ民の一人
                     U θ U    清き>>1乙を投じる権利ぐらいは持っているぞ。
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\

274 ■■■■ :2010/05/10(月) 11:14:07 ID:jp4MUkGA
                 _ . :': : : : :./
              ,. : '": : : : : : /
            /: : : : : : : : :/
         ,z:'::"':/: : : : : : : : :./
       |\:::/: : : : : : : : : /
       | l `ヽ、: :_:_:_ィ_::::::ヽ_ .--: :―――.-...._ _
         !ヽ、 l  , \   〉'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: }: } ̄
      / | ヽ\/ /  \/: : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : /:/:/_
      /! |!ヾ\、 \ / / ヽ、: : : : : : _, ィ ´    ` ̄ ̄´
     /| /、 \ \_` ヽ、/ / ヽ-‐'/
      { } / { } / 、\ \__ ,z- ‐'´
.    / } /.{ } / ヽ\二 , '"
.   /´{} .{ } / `"~イ /
   / { } { } i /|| {´
  人 {.} { } i.  || |
    \ .{ } i   || |
    ) }{ } i  x- 、| アクロバティックに超>>1乙です
. /,.ィ.:'"ヽ   /\. ハ
//:.〈 <´ヽ、{{   ∧
::彳(ィッ, ヽ- 'ヾ、 \ \
: :|ヽ-..、  ,.、 .}从ヽ !   \
{/: :イ=-.ゝ㌢ノ: :‐:、:\! \ヾヽ、.    ,、 r、
.\: :ミ: : 二: : :ミミ    \  、 ,\-、/ミヽ'/,_
 | '}ゝ‐-、:_ヾ:‐:ミ      `ヽ、   \ヽ ヽ<_
 ヽ    ヽ`              `\ ィ' , 〉二
                    `" ´   ̄´

275 ■■■■ :2010/05/12(水) 16:28:23 ID:Rz0PEAv2
             , .-‐. ―. .‐. 、
              /:/: /: /: : : : : :ヽ  
             /: :〈: 〈: :ヘ:ヘ:ヘ: : :\: :\
          |:.〈:/`""~~`'ヾ\:\:\: : ヽ
          |: :.i._  、 /  _,,,..ヾ:ヽ: : : :\
          j: :.|._≧:,_ ,,ィr_.ラ"ヾ: ヽ: :!ヽ
         /{: :|."'''"´l  `ヽ    |rヽ: :|、
          {: |  / |      /|ツ/: :iヽ
             ヾ!   ' `     |‐': : ト
           ∧  ィ''二 ''ヽ   ,ノ: : :.メ
            !ヽ.   ̄   / /ヾN
       ヽ、    | ! \___ ,,ィ   /   \
       \\ヽ、_l |l 、   / ./  ヽ / ノ ノ        
       \ ヽ,  |i  }     / /  ヽ _ -‐ "  ̄ \ __ ノ この後方のアックア 僭越ながら
         \/ヽ   〉 _l / ――  - 、            \      >>1乙させてもらおう
    , - ― '"  ∧- 、 /:::::/   /::|     `ヽ        r 、 ヽ
   ./    /    .ヽ::::V:::::/   /:::::|     \        X、  ハ
  /  .l  /        〉::::::::/   〈::::::/               /  l:ヽ |
 ./   l ./         i::::::::/     !:::{     /  /ヽ、 / j:::}    |、

276 ■■■■ :2010/05/23(日) 11:33:41 ID:DPQVxb0o
                ,  {、  ,, -‐ ‐ 、   ,
                `-イ≦弋T ̄Zニ二ニニン゙
           ,イ , '´ノ    \ ミミ  ̄ミ‐-
          {l レ〃 人 ヽ、 `、 ≧=.x、  ミニ=-
            ,イ リ{{ {  i\ ,ゞ Y ~ミヾ.ヽ、ヽ下ミ、
       、_ノli〃|'ヾ\{ ヾ ゝミへ\^ Уイハミヾilヾヽ,
          リノ/l  `ィ辷=≦ジ,i∠=弌 ㍉、il ヾl
        〃l|/{ { ヘミ=f^~~゙ソ ̄ jzセヨ゙メハi}ミ入_ └   例えこの身を滅ぼしてでも>>1乙しなければならない奴
       {l リ{ {i ゞミ辷ュ-     、 `¨´ iソ人从二ァ   がいる
         ((-ト{ゞ-ェ< `    '    リ iハ{ゝ-}'´
         ゞ=ミi{'=ュ_   -= - _  /八 ゝ,
             リ入ミ\     '''   /从ゞ_リ)
        _, -‐==ノソ、_Y}}ヾ、  , _ ∠ソく } | ´
‐‐ニニニ ̄ ~'' ー<   ,ハ与=,,_     〃ー{- )リ
              l} \ ´'' ,,Y{{`ー}ァ
               リ i.i\   胤  ′
     \        /  l i  \,/'^ヾェ、
   ̄ ̄`\\      / l   \__l}  \
       \ ヽ,   / リ       i ∧. ヾ\
        |i  i.  / '/      :l ∧.  Yハ
          |li  f´ミく       :l  ∧  |} }

277 ■■■■ :2010/05/23(日) 12:23:11 ID:ZPkCGUPk
                ,  {、  ,, -‐ ‐ 、   ,
                `-イ≦弋T ̄Zニ二ニニン゙
           ,イ , '´ノ    \ ミミ  ̄ミ‐-
          {l レ〃 人 ヽ、 `、 ≧=.x、  ミニ=-
            ,イ リ{{ {  i\ ,ゞ Y ~ミヾ.ヽ、ヽ下ミ、
       、_ノli〃|'ヾ\{ ヾ ゝミへ\^ Уイハミヾilヾヽ,
          リノ/l  `ィ辷=≦ジ,i∠=弌 ㍉、il ヾl     (・・・・・・構わない・・・・・・)
        〃l|/{ { ヘミ=f^~~゙ソ ̄ jzセヨ゙メハi}ミ入_ └   (・・・・・・たとえこの身を滅ぼそうとも、
       {l リ{ {i ゞミ辷ュ-     、 `¨´ iソ人从二ァ    >>1乙しなければならない>>1がいる!!)
         ((-ト{ゞ-ェ< `    '    リ iハ{ゝ-}'´
         ゞ=ミi{'=ュ_   -= - _  /八 ゝ,
             リ入ミ\     '''   /从ゞ_リ)
        _, -‐==ノソ、_Y}}ヾ、  , _ ∠ソく } | ´
‐‐ニニニ ̄ ~'' ー<   ,ハ与=,,_     〃ー{- )リ
              l} \ ´'' ,,Y{{`ー}ァ
               リ i.i\   胤  ′
     \        /  l i  \,/'^ヾェ、
   ̄ ̄`\\      / l   \__l}  \
       \ ヽ,   / リ       i ∧. ヾ\
        |i  i.  / '/      :l ∧.  Yハ
          |li  f´ミく       :l  ∧  |} }

278 φ :2010/05/23(日) 18:04:12 ID:8V6oQNcs
>>276>>277って誰?

279 ■■■■ :2010/05/23(日) 18:52:23 ID:ZPkCGUPk
>>278
エツァリの素顔だよ
↓ハイムラーのサイトに載ってる
ttp://r-s.sakura.ne.jp/w/i16.htm

280 ■■■■ :2010/05/23(日) 19:30:40 ID:ZPkCGUPk
                                       __ _ _
             _ __          __人__  , ‐: ": : : : : : : : ヽ_
           ‐::"::::::.:::::::::::::::ヽ         `Y´/: : : : : : : : : : : : : : : \
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ      |
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.      /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ.    人
     /::::::::::::::、::ヽ:::、:::::ヽ:::::::::::::::ハ.     /: /:.、: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : ハ    ̄`Y´ ̄
     |:::!:::l::::::|::!!:::|、::|从;;ハ;:::::::::::::ハ    |:/彡:.ヽ: /:/,、": : :i!: : : : : : : : : :ハ.    |
     |:::|:::|::!::|V.W '",- __ !:::!、::::::ハ    i!:彡ハ;彡''" ヽ!: :i!: : : : : : : : : : i!
.      |::::ゞ" ̄ミ.    ヘ:メ゚} i:::|.!::::|::ハ .  i: : :j l;リ  `"~ ̄ヽi!: : : : : : : : :/:j     じゃーん。当店自慢の>>1乙でーす
      i!::::ヽ;ィf;う,    ゙" .i:::|ハ:::|::|:ヽ,   i: :i!. ",  ==-、 }: : : : : : : : /'/
.      i!:::::::ヽ`"  l   ""i::|〃、::|::从.  i: {       "" /: : : : : : :/ /      ご指名の乙はこちらでよろしいでしょうかー?
       i!:i::::、ヽ.""        i::|"::| ::|::|:/ヽ i: \ 、_r彡 /: :ハ:λ!:.(
       从:::::ヽへ、_  ゚  /V:川乂ヾ.   |:.j j.ヽ---‐ ': /  ヾ \ヽ、
         \ヽ|〈 ハ..l` ‐" ./ |ヽ、__   __.〃-‐'" .Y_//   ii ( )ヽ   (ヽ  l´}
         レ'_ヽ. | 〉   / //、. \. ̄   ` ( ヽ/〈 、.   ii ( .) |    }. i | .|_,.っ‐、
        //ヽ.ゞ二/ /   \ \. ヽ !〈 |〈  〈  ヽ!   ii ( )|  r''イ .l./ メ//ニ"
        //  .〉ヘ / \   ./`,  i!\ y|〈ヽ 〈ヽ   i!   ii ( .)| |~ヽ " '"_ノ--- ミ!
      |∧  /  V.   \ / .|   |‐-.! |〈 、 〈 l   i!   ii ( ).| i!    ̄ ̄ ).)
      |  !|/    __ __  , 、. V  |   | 〈 l い. ( )  i!  ii ( レヘ   イ )_)
      /  y    /ヽヽ.}弋彡 | / |   |  〈 ( )  (. )  i!   ii /  >-‐〉'"
      /  |  /チニ~ヽ  ヽ.   |/  |   |  ヾ 〈 〉  〈 )  i!.  i!/   //〈〈
     /   | レ'"__ヽ   ト,   |  .|   |    ヽ 〈 〉  ( 〉  i!  i'   // ゞ'
    /  ヽ { .| '",,_.Y   /::::|ヽ、 |/ .|   |   ∧ 〈 、   〈ヽ ヽ   // 〈
    / -‐ヽ/:ゝ ゛|ゞ、-‐":::::/ 、 ヽ<j、  |.     ∧ 〈 !  〈  \  l//‐-、__
   / -‐/-|::::ヽ、| '"`ヽ::::/~  ヽ   ヽ i!      ∧ ( !  〈 ヽ `'""|二 ミハ \
   ゝ-‐‐" ∧::::::/"   `ヽ、      i i!     ∧ 〈ヽ  ヽゝ   i‐  ヽ、 }=. `ヽ
   |       / -<  ヽ, "'-..,,_   /       |ヽ i !  ヽ.   i    /三  ヽ、
   ヽ _,,..-''"´/" ~   \ \   ´""!          〈 \ 〈 !  ゝ ヽ   //--  .ミ. |
    // 〃/-‐ ‐-    、 ヽ 、\\          〈 \〈 !   ヽ   //  -‐.   |

281 ■■■■ :2010/05/23(日) 22:07:56 ID:8V6oQNcs
            . . -―‐- .
            / . . : : : : . . `ー 、
            / :/ , . :/ . : : . . く:. .ヽ
          /. :《./ /  /,i:{ : :i :〈 ヽ.'l
          {//:/: /.:/,ィ:/ハ{i |:.i.トミi: i
         /.イ.:i /イ/l_lムレ}八}/リ }!:i|
        /:/ 〉Y:l{ |__{_  /ノ'/`ー リ:||
         ノイ 人ハN'´⌒``   r=ミy/l/}′  >>1最高〜!!
          /:/i:.:.`ヘ '''     ,  ,,, ,小 
       /´ |:|!.:.i:.人  {` ーァ  人i{       
   ,r<く`ー‐く {ハ:イ/} :}>`ー_' . イ}:イ从        _
  〈ヽ    ∨´ ̄|下、   /廴:|ム--、  rー'⌒‘ー' 〉
    ` ̄ 丁´|  ハ } `ヽ r‐ ヘヽ ハ  !  rー‐ ′
      }   !   ∧}ム=========.∨  i l  {
        |   !  //Oi/   l   v  ミ 、{_ |  |
      .′ .  .'/   / ○   O { ○ そ| |
      /  | ,ん'⌒`7ーヘノ^ー、}_人_入ノi   {
     ;    | /  、_ん○〜ーく__  人_,.`.′ i
     {   }^マ^¨´  {  O   `Y_) ({   .}
     ヽ _ノ ‘ー-く⌒^ー’⌒'^ーく,、__,爪.  ノ
            `'ハ         {   `ー ′
             }         '.
             ,′      i:    .
           /        '   ハ
             /            .
          ,′、_____r‐ 、__,ム
     __ ノ´ ̄フ 丁  ̄ 丁T 〉 -「ト〈`ヽ.__
     廴,ィ ○ /O/ ○  ノ }'ー 介ー、ア、ヽ `ア
     ⌒>廴ん'⌒ー'^ーヘイ^⌒ーヘ,、人_,、入__ノ
     イぅ ノ O  ′○、_ノ  ○ ∨ O {   `ーァ
     `⌒ーく丁^ー〜ヘ.ノ\ー^ーァ^ー}_,、メ丁^ー^¨

282 ■■■■ :2010/05/27(木) 09:04:28 ID:VUrLpqmU
              /: :l: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :.`:, ///
              : : :l: : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : : : : ', : : : : : :l : : / /
           l: :.l: : :l : : : :.i: : : : : : : : : : ハ: : : : : :.l:.: : : : :.:|:.:.//',
              |: : l: : |: li: :l: i: : : |: : : : : : : : ハ: : : : : l: : : :|.: :|i〃: :l
          |: :.:|: :.|: |i|:.|i:|i: l: :|: : : : l:.:l; : | ハ : : : :l:.l: : i|: :i|i:.: : : l、
            {: : :|i: :|: トL|i:|k: l :|l: :l: : l :|∨|:l::ハ: :」 ;レ|: :.i|: :il:l :|:.:.:.|:'.,    ……>>1乙だと?
            /|: : :|i: :.|l| |:「T‐込:l l il: : l.|: i::| l;レ㌣|ヘ| |: :i|: i|i:l :|: : :l::..\  貴様、まさかそんな理由のために
         /: ハ: : |i:l: :|l.rリTー気ム'l l:.:.:リ ''|:|'゙ィ=弍li''ヾl :i|:.i||リ:.:|: : ハ::.\\ 『組織』を裏切っていたとでも言うのか?
         , '.:/: ハ: : liヘ: l:ト、弋c()从レl: /  j゙ 八c0:ノ/l:.i|リ|:il: :.|: /:.|i ヽ::.〃
      /: /: /小: :.il|ヘ:.| ` `ニ゙ '  j/       ¨ ̄ 丿イi|:l:.il: :l/:|: |:|: <::(
      \: :\ゞ}∧: il :lヾ、                 /´/il: i|::il:.:゙ノ:丿::ノ 〉:〉
       冫.::/: :/彡 :li :i, u     ノ|          ,.:l:|:i|.:.il八:彡ノ:;イハ:/
        くく_爻ノソノハリノ \      `          イ|:彡ノ彡〉:):彡くニl`" 、
        と'ト、くくマニ彡ノリ)::)i ,   '     ‐-   / リくミメ彡イミ爻:く=l   \
      んくミ爻彡ミ爻彡イく   > 、    <  / く爻彡爻ミ彡ィ゙/      \
       ,'   _)ソ~)ノミ爻彡くミく      ¨        _ソ ∨ )ソ''< /ゞ=‐      \
     ,  (,  ∨∧⌒ソヘミx、 、 __     _ , ∧∨/  ∧∨.          \
          ∨∧ (  ∨∧    ヽ_  , '    ∧∨   ∧∨            \

283 ■■■■ :2010/05/27(木) 09:14:42 ID:VUrLpqmU
\: : | |: : : : : :/: : : : : : : :/    \: : : : /: : ヽ: : : : :| |//: : :./
  \| |: : : : :/: : : :/ ̄         ̄ ヽ: : : : ヽ: : / /: :/  /
  \| |、: : :〈: : :/                   ヽ: : : :|: / /ヽ'   /
\  | |  `゙''ヽ:\.     l.   , ‐ 、   .!   _}: :/゙/ /ヽ l    
  ヽ l l\\ ハ: : :ヽ、 | /    \ |  /:/ l/ /  l |   /
 \ ヽ o ゚ \.  ̄ ̄`/   ―‐   ` 、 ̄/ /   | / /   /
ヽ   οO \ ハ ゚ο, '    ̄ ̄ ̄   マ / / ゚ο。 /   //
  。\ ヽ  | |  /       ´l`       ∨ ./゜/ O     /  私の立てたスレなどとうの昔に>>1乙されているさ
   O \ \jo |゚V                 ∨ / //      /
 \ l|゜   O \!イ                マr//     /
   ヾ、 。  \\<_ィ亙_ァ,    、ィ_亙ュ_,>イ' o  / l   ノ/
 \  ヽ、   \.\__,... ‐   ‐ .、._//ο゚ /    o/ /
ヽ、 \   ヽ、   ´ \        / `  //      ,Оο
  `\       ヽ\    \    /  /        / o'   。
      \   、           ヽ   / / /      / / О
       ヽ  \       ハ /            /    ο
   ゚     \                       /
   o     ヽ                     ′
    0 ゚。     \                /
    о         \      〃      /
               ` '' ――― '' ´

284 ■■■■ :2010/05/27(木) 09:43:21 ID:x.KpbAO6
       _  j   Y    /     .∠_    |     |
        rイ Y.. -丶── ‐- く   )    |     |
      /⌒Y /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.::.:.:.:.\´ー┐  |     |
      ,エ /.::.:.:.:._>:ハ:ノ"´  ̄`'ミ:.:.::.ヽ イ  |     |
      /  V:.:彡'´             ヾ .:.::|. (  |    |
     _>Y:.:./              }:.:.:.| .〉  |     |
      |  !/ハ          -===- . ミ:.:.!/:|  _|    |
      L_ノ|:.:.く  ,..=-        _    ゞj.: ! !ヽ!      |
     〈  i:.:.:.( /   _     'ィ≡ ミ   rこY!j  \   |
       下:Y:./  ォ≡ミ          /// ) ム.:\  \  鄯
       |.:..|彡 〃       i        rゥイ: : : : : |ヽ  \_ト、
       |:.:f⌒ヽ ///   _ .  --┐    ! |人: : : : :.|:.:.\   ノ
       | 人(:.ハ     Ⅴ   |    ! | ノ:): : : : : : : :`ー{
       |:.:.:.:ハーへ.     ヽ _ノ  .イ| `ー 、: : : : : : : : :.:|
      ノ |:/|.:.:.:.:::::: > _       イ、 |:|    ): : : : : : : : :.|
      ,.イ^!-:!:.:.:|:.:.:.:.::.:.:.: 下   ̄ ノ  Y!/ イ:.: : : : : : : : :/   >>1乙なんだぞー  
    /   ヽ ヽ:.トヾ人/∨ノ ><     !'  /: : : : : : : : : : :人
   {___       \r‐Y __/ L._ノ|\.イ  {: : : : : : : : :.:/:.:.:.:ヽ
     丁 ̄ `   | |´:/ /|: :トト.、_\ ___ヽァ一、: :.イ::.:.::.::.:.: |
     f´ ̄     | |ノ イ i: |ト、 ¨∧      }: :..|/ ::.:. _ノ
    |          ! !`´:..||: ||: `イ }     ノ: :/:.:.r一'ノ
    人 __ ..-   ! !: : :ノ|: |├ -く_ノ  /: : : :!:../|/
   /: : : : :. ノ    人|: : Vー ヽ!─ -|  イ: : : : : :!/:.:ヽ

285 ■■■■ :2010/05/27(木) 18:48:01 ID:VUrLpqmU
┌──ヽ────ヽ
│     ヽ oヽ==.ヽヽ
│⊂⊃   ヽ_.⊂⊃_ヽ
│      │  __ │
│      │/ :: ̄;.ヽ..|
│      │|.|    ;;;|..| 神裂さん
│      │|.|    ..:|..| 俺、ちゃんと>>1乙しましたよ。
│      │ヽ_....._/..|
│      │  .. ̄  │
│      │      │
│.o     │      │
└......───┴.────┘

286 ■■■■ :2010/05/29(土) 21:32:51 ID:ogW10INI
         /           /      ̄    ゝ、
        / ./    , /  /  /  /  /  /  ト,
        ,イ /  /  / ./  //  /  ./  ./  ./  l ゙ー,
      //   !  / ./  /'   /  ./ / ./  /   /  lヘ
    _, イイ/    ! ./ /  /./ /  ./  .l / ,.イ / ./ / / / ヘ
      //   l / ,' ,イ / .イ ! /   ! レ ,イ / ./ lノ.ノ .lヽ、
       !,'!   .l/ /' ,イ/X/  l  l  , イ、/ .//レ’イ .! !
      !ハ    / / / !l  l  .//イ /`メイ イ/!  !! l
      l リハ /イ/l  ィ! ! l ,イ イ! ,' l /ー 、メ/,'  //!,'
         ! l/  ヘ`ヽ l l  l   l  l.`lメ、_ /イ , ,イ/l/
          ! ハ l  へ  l.ハ l  l | l l l彡`  // /            >>1乙zzz...
       /イ .リ. !   f`!! Ⅵ  ! l .Ⅳ     ' ヽ
       '"   l l  ,イ.!' l ∨! ! l .l       _  >
         /イ/ ./ !リ  ハ .∨ .l .鄽!         f ´
     _,r‐‐イ_/イ/ リ   >、! l | リ   ´ ̄`rヘ′
    l´::::'-::::;;_:::::::_:::>-,,_   ヘト!.l     /´.lヽ!
  , イ::::::::ィ:::ィ::::::::::::::::::::::::::::::ヽー'::ヽ!>. ,'  } .リ
/:::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::/ ヽ!¨l  .{
:::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l  !
::::/::::/:::::::::::::; -‐::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::∧     !
/:::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::--::::::::;::::::::::`ヽ:::::!     ヘ

287 ■■■■ :2010/06/01(火) 21:20:27 ID:tVwtQGak
― ニニ 二 三三三三三三三ミ≧x:\\: :Y: :/ /l    |  |
_x彡 ''"  ̄ ̄ ィニ 二二二ヽ、ミミミ \}: !:/ /: :/   |  |
         | |  ,ィ=== ニニヽ: : : :‐‐Y_/: :/    / /
― = ニニ 三三| l彡'  ̄ ̄/: : /: : : : : :ヽ: :`ヽ \//
      ィ彡'" ヽ 、__ / :_:/:´: : : : : : :`ヽ: : : :\‐ '_ ___
    /"        ̄/イ'/: : : : : : : : : : _: : : : : : : .――  ̄ `j 〉
                 /: :/: : : : : : :/: : : `: : : } : ∧    /,/
.              /7:/: : : :/: : : : :/: : : : : : : : : : ∧ / /   「力を貸してください!!!
              /イ: : : : :/: : : : : :/: : : : : : /: : : : : : 〉  ̄      あなた達の>>1乙を!!!」
                 /: :/: : : : : : \: :,イ : / : /:/:/: :}:イ
                彡イ: :./: /:.弋rぅ汽: /: ;ィtぅテフ/://
.                /イ从:/ィ:fミミ`¨´/// `¨´ ,イ:/人
       __, x ― ''、  ̄` ミヽ从  ´" l    7/' `ヾx、
 ̄ ̄ ̄ ` ̄ ̄ ̄`ヽ、 \....:::::: ` \  _,.._  /     `≫
               ::::\ ヽ::::...  l !≫ 、__.イ 三ニニ=‐ ''"
_       __.....:::::::::,\ V:::::.. j | \\ \
     ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄\) } .::/ '   ヽ、 ∧
"'‐ ..,_        ー ./ /_,/     ヽ >ヘ
     "''‐ ..,,_    `卞 ̄:::...       ト、.  \
'' ..,_          "''‐ .,,_ ト、::::.....、         ヾ     \
    ''‐ .,,         "''‐ .,,:ヽ、     、 ヽ.    ',
          "'' .           "''   .,,ノ \     }
           "''‐ .,,_                 ゙"'' ‐- ノ.._
               /フ、.._                   " '' ‐- ..,,_
                  //  |   "''‐ ..,

288 ■■■■ :2010/06/01(火) 21:29:22 ID:tVwtQGak
         ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
          >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
        <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          >:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:/:.:.:./:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>       何しに来ただと
         >.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.i:/:.:.:./:.:/.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:\           舐めやがって
        ∠:::イ:.:.:./:i:.i.:.:.:.:.:ヒ:.:∠|:./ハ:.:.:,:.:/ _:ハ:.:.z':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ̄                   >>1乙するに決まってんだろ
.            /:.:.:./:rjノ:.:.:.:./七_i/`ヽ| :/:/´ 七__j/jハ:.:.:.:/j:.:ハ ̄
          /_.:.:/:.:i ヘ:.:./'´弋ソ`ヽ j/j/  ´弋:ソ`ヽ }ハ/jイ:.:.:.:.\
          |/|/、( iⅥ `ー一          ー一 ′j/ノノ:.:.ヽ ̄
            jハ ヽリ        |        /' イ:.:.厂
             /\_∧         |!        /ー'´:.:i{
                j/ i.:.ハ        ` `     /:.i:.ハ:.:ハ
                j/ i:.ヘ     -― ―-    .イ:.:.j/ j/
                  jハ个 、    ̄   /i/:.:八
                /  j/!  >      <  |ヽ厂ヽ
                   /   .:::::::|       ̄      |:::.i   \
               /    :::::::|   、          |::/    ヽ
            _... -―/  厂ヽ:厂   ヽ  i   /   ヾ /\  i`丶、_
     . '"     /  {   ∧     丶 !  ′   ∧i   i   |       `"''‐

289 ■■■■ :2010/06/02(水) 22:02:11 ID:9p/.aiHU
    /:.:.:./:.:.:.:.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:/:.:.:.:.ハ    ヾ:.:.:ヽ:.:\:\
    /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.|:.|     V:.:.:ト、:.:.ヽ. >‐
   i:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:i:.:.:|:.:.:..|:|:.:.:.:.:.|:.:|     V:.:|:|:.ヽヽハ
    |:.:.:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:|:.:..|:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.!:.:レ≠―- |:.:.!:|:.:.:|:.:N
    |:.:.:.ト、!|:.:.:.|::.:.|:.:.:.:.|:.:..ト、__」:|:.:.:.:.|:./´-‐ _ _ |:.:|:.ト、:|:.|
    |:.:.:.「`|:|:.:.:.|:.:.:|:.:_,.:ト、「ム土:|:.:.:.:レ' '´,.ィ芹ミヾY:..|ハ|:.:.|:.|       何をやっているんですか、とミサカは再度問いかけます。
    |:.:/|:.:.|:.|:.:.:.|:.:イ、:.:|_V≦ミヽト、:.:|  '′{::U::}  |:.|:.:|:.:/||        いくらでも替えを作る事のできる>>1乙のために、
    |//|:.:.|:.:.|:.:.:.:|:.:| ,メ「 f::n:ヽ  ヽ!     `ニ´彳,イ:.:.レ、j!        替えの利かない>>1は一体何を乙しようとしているのですか、
   〃:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:|:K《 弋U:ノ ,.          〃|:.:.:ト、\        とミサカは再三にわたって問いかけます。
  / |:.:.:!:.:|:.:.ヽト、:.:.ト、ヽ.ー‐ '´       ヽ   /´ !:.:.:| \\
   |:.:.:/∧:.:.:..| L、:.:ヽ `          '       ハ:.:| `ヽ.``ヽ
   |:.:/:.:|:|:ヽ:∧ー`ヽ_\            _     /:.:.ノ/: : : : `: . 、
    |,イ:,.イ:.|:.:.\| ̄`ー.、` ,、,,.     '- ´   ,イ:.:://| |: : : : : : : :\
   /|| |:.:|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|`r<.'        ,.' |:.:/ /.ノ: : : : : : ,. -―‐. 、
     !/ !:.:.|:.:.:.:ト、:.:.::.:.:.:.:|:.| \   ‐-   イ  |/ /: : : : : : /: : : : : : _\
    !  ヽ:|、:.:| |ト、:.:.:.:.:.|:.|   ヽ     /    '  /: : : : : /: : : : / ̄   `ヽ
      ∧!\:| ||:|: \:.:ヽゝ  `ァ=<´     /: : : : :/: : : /        \_
      |    ヽ,リ \: :>┤   ! ヽO \     /: : :|: : |: : :/           ヽ ``ヽ.
     rヘ    ヽ: : : ヽ!: : ! ノ   7 ナ ヽ  /: : : : |: :|: : :|                 '.`ヽ. ヽ

290 ■■■■ :2010/06/02(水) 22:02:42 ID:9p/.aiHU
    /:.:.:./:.:.:.:.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:/:.:.:.:.ハ    ヾ:.:.:ヽ:.:\:\
    /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.|:.|     V:.:.:ト、:.:.ヽ. >‐
   i:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:i:.:.:|:.:.:..|:|:.:.:.:.:.|:.:|     V:.:|:|:.ヽヽハ
    |:.:.:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:|:.:..|:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.!:.:レ≠―- |:.:.!:|:.:.:|:.:N
    |:.:.:.ト、!|:.:.:.|::.:.|:.:.:.:.|:.:..ト、__」:|:.:.:.:.|:./´-‐ _ _ |:.:|:.ト、:|:.|
    |:.:.:.「`|:|:.:.:.|:.:.:|:.:_,.:ト、「ム土:|:.:.:.:レ' '´,.ィ芹ミヾY:..|ハ|:.:.|:.|       ミサカは、必要な機材と薬品があればボタン一つでいくらでも
    |:.:/|:.:.|:.|:.:.:.|:.:イ、:.:|_V≦ミヽト、:.:|  '′{::U::}  |:.|:.:|:.:/||        >>1乙を自動生産できるんです。とミサカは説明します。
    |//|:.:.|:.:.|:.:.:.:|:.:| ,メ「 f::n:ヽ  ヽ!     `ニ´彳,イ:.:.レ、j!        作り物の>>1乙に、借り物の>>1乙。単価にして18万円。
   〃:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:|:K《 弋U:ノ ,.          〃|:.:.:ト、\        在庫にして9968も余りある>>1乙のために、
  / |:.:.:!:.:|:.:.ヽト、:.:.ト、ヽ.ー‐ '´       ヽ   /´ !:.:.:| \\     『乙』全体を中断するなど―――――
   |:.:.:/∧:.:.:..| L、:.:ヽ `          '       ハ:.:| `ヽ.``ヽ
   |:.:/:.:|:|:ヽ:∧ー`ヽ_\            _     /:.:.ノ/: : : : `: . 、
    |,イ:,.イ:.|:.:.\| ̄`ー.、` ,、,,.     '- ´   ,イ:.:://| |: : : : : : : :\
   /|| |:.:|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|`r<.'        ,.' |:.:/ /.ノ: : : : : : ,. -―‐. 、
     !/ !:.:.|:.:.:.:ト、:.:.::.:.:.:.:|:.| \   ‐-   イ  |/ /: : : : : : /: : : : : : _\
    !  ヽ:|、:.:| |ト、:.:.:.:.:.|:.|   ヽ     /    '  /: : : : : /: : : : / ̄   `ヽ
      ∧!\:| ||:|: \:.:ヽゝ  `ァ=<´     /: : : : :/: : : /        \_
      |    ヽ,リ \: :>┤   ! ヽO \     /: : :|: : |: : :/           ヽ ``ヽ.
     rヘ    ヽ: : : ヽ!: : ! ノ   7 ナ ヽ  /: : : : |: :|: : :|                 '.`ヽ. ヽ

291 ■■■■ :2010/06/03(木) 21:21:10 ID:RVo5R0KU
::::::::::::::::li/::::::::ヽ::::::::::\ミ<.__
:::|::::::i:::::1:::::|:::::::N:: i:::::::::ヽミ::、 ̄   御坂!>>1乙するだけなんだから
/{ :::i:|:::::}::/:}!::::|} |斗i:ヽ:ヽ::\::≧= もっとこっち来い!はみだしちまうぞ!
__∨|:{::/:::i:/!::/イ }::从::|ト:i::\:ト
 ̄乂{`トィ{ }/ / ノ′ }ハ::}:\:{,.  -――‐- ..
  __-ミ / ィ,≦zz |小l> ´: : : : : ´ ̄ : ミ ミ: . 、
、´  ̄ `     ´     {/ . : : : : : : : : : : . .   \:\\
        {     / :/ : : : : : : : ヽ : : : : . . . . . ヽ.
.u            / :/ : :′: :.′: }: :i|: : : : : .   . :、:
ヘ. 廴三三 フ .′' i : ,| : :/ : : /: /|_ミ: : : \ : : : ヽ
ト::}≧i  . ___ イ|:i :! |: :!|: /| : :イ: /1「´ ≧_、 : ヽ:\:. : そ、そうよね!はみ出しちゃまずいわよね!
≦,/ハ、     ノ |:|十ト、|:|:i{七/7ナ }ト  彡ミ:..: : : :ヽ  >>1乙、>>1乙するためだもんね!
  { |  \`     |:|.:{ :! :{从 |/孑___ノ   ≦:.__\:ヽ:...
   、   }丶  从:ヽ《Tミi { 7´{.:::ミiy  彡'´ヘト:.ヽ:...
    \ 厂 ¨¨¨ ヘヽ从ヒ:}     V:ツ′  f..  }:.: \:.
  }   ∨ー――<.ヘ{/〈   / 7´/ u ノ‐' 人:.:.:.:.:.:
 ,′   i \ `¨¨ 〈  人  ___      .ィ:爪:.:.:.ヽ:.:.:
    | r \    \ r\ ∨__)  イ />、:.:.r‐ ミ:.
/     し'/´      V _,ム>.‐<  /  ハ7 j,. -
    \  /       i ー .ニ{ イr‐彡   / / ノ ,.
 /     {         |  ´,々 〉{入   ,ノ 厂(_/ .
'       nヽ\ 、  ,小.   Y {_厂ミ:.く  /, / ‘ーァ'
        `’ ∨`丶   }_,〉、  }个ト、 ノ‐' i/   ‘ー
二¨¨`ヽ.    ハ    { ` ニニイ人:.Y:..`> {  . --
 /,二ヽ\   ヽ、 ハ    /'  ヽ∨´  j/
_(r_'_ノ⌒  マ下\}  }!   {}/ イ V  /-一 ー‐
 ‘ー<ヽ  }|  \ ノ    V′{`二/      /

292 ■■■■ :2010/06/03(木) 21:23:41 ID:RVo5R0KU
       / : : : : : : : / |ヘ:: : : : : : : : \
     /..: : : : : : : :∧ :!,∧:.: : : : : : : : :\
     r' : : : : : : : : ::∧. | ||/∧: : : : : : : : : : ヽ  神聖なる聖書の1ページを穢した>>1に乙と金槌を
    ゝ;: : : : : : : :∧ ヾ! ||/ ∧r‐--、r.、 : : ノ      プレゼント
.      |三三三ミ\\l |l,/∠| [三]:::i三ミi
       !三三三三ミ\ | /三| ゙[三]::::!三ミ!
    /:: ̄:/  ̄ ̄ ̄ `'' ̄ ̄└‐‐<:`´:: ̄!
.    /: : : : /! i l /l ハ ハ ハ /l /'ヽ: : : :ヽ,
.  /: : : : /' l ハ. N l/ l/ l/ l/ !/l  ハ: : : : ヘ
  /: : : : /l 从ハl       '     ル'!イ  !: : : : :ヘ
. /: : : : / Y /, ヘ、    ‐‐    人  !  l: : : : : ::ヘ
/: : : : / i  ∨/r≦l>、.___,.イ≧ハ/  ∧: : : : : : ヘ
: : : : /  ',.  V4三o三Y゙rt Y三o三ラ゙  /' ハ : : : : : : ヘ
: : : /!  八  乂三三ニlイ ト、l三=/  / / ハ: : : : : : : ヘ      21巻で○○○○○○ます
.: ::/入 k´:\  ヾ"=ム∀,ム=ツ  //  /::\i: : : : : : : ::ヘ
: :7 r':\ ヽ: λ  !: : : ::介:: :/ /:.::/  /: : : : :l: : : : : : : : :ヘ
:.:i  ハ : : ヽ ∨l. ノ.: ::/l lヽ:l/、: : / ,/: : : : : ::l:: : : : : : : : ::ヘ



○○には自分の願望や妄想やネタを入れる

293 ■■■■ :2010/06/05(土) 22:42:25 ID:bVS68Xvg
“いちおつ”の経験値


てっく てく レスしてこ 胸張って イイネタが待ってる そんな気がしているんだよ
(生活)リズム が くるってる ちっぱいさん しがつバカだけ でーかぱいって
もうすこ〜しで 満スレなんだね スレを立てに >>1が行く
立てて くれて ありがと ステイルのネタで 前スレ、埋まってく
未来 いっぱい ありがと。みんな>>1乙 大量の冷蔵庫
とびっきり上手い ネタ思いついたら 乙をあげるね

そっ げぶ してこうよ 嫁宣言 リロり忘れて 被ったらごめんなさい
いっしゅ んじゃ 見抜けない 斜め読み メ欄のちょとだけ 「みにくい」んだよ
スルーされたら かなりフコウかも >>950踏んだら どうするの?
(スレ立て)忘れないこと ありがと。たまの気まぐれ 前スレで乙しちゃえ
(立ててくれるって)信じていたよ ありがと。 テンプレ貼って くれたのも君だったね
過去ログ見るたび 想い出がキラキラ 眩しすぎるの

名乗りを挙げましょう 規制に夢(スレ立て) はじかれた時は
規則守り (スレ)立て唱え 君と代わりたい

スレを!立てて くっれて ありがと。ステイルのネタで 前スレ、埋まってく
未来 いっぱい ありがと。>>1がダイスキ >>1は特別だよ
ずっと一緒だね 目と目があったから 乙をあげるね

>>1よ、ありがと。

294 ■■■■ :2010/06/06(日) 22:13:55 ID:oOKzQIjM
                         ,.. -― -. ..
             f⌒!         //: : /: : : : : :\
               V∧           /: /: //イ: :./: :/ミ: : :..
             V∧         /: /_://'/:/7:/__ ゙ミ: :ハ
            j⌒r‐、ヽ.     ,': : : /ヽ/'´ /'´    ミ: : :',
.           ,r'k ヘ、_  ̄ヽ    i:|: i/抄ト    折゙リゝ ミ : : '.
          / | \ 〉゙´  }、  从介 ゞ' ,   ゙¨´  ムハ: : l   >>1乙よん♪
           ヽ `>‐' {  ノlハ、ノイ:.l: }      ___  ツ /: : |
            `¨、_ ィ   ノノ ヾハi八   ヒ'´__ ノ ,.-.' : |:!ハ
                Y ヘ.―''/    `ヾ-.\__  ,.イ: : : : :j:|: ハ
            ヽ `¨´     |  `}゙1 \  /: : :ヽ: : ノイ\ヘ
              `'' - __    l  ヽ r=:、〉‐、: : ;l:.|\: :|  `
                      `゙l  / <´ヘ三》ミ:、∨ N   ヾ
                      ト     V 〈イ!|≧'ヘ
                      |       Vハ{ トミュ.ハ
                      |       V! //゙ | 〉
                        j!      |レ゙ ┌| |
                   //       〉    ゙j. |
                      / __      /    / |
                  ,{/       /      |
                 ィ- 、      /     /r 、|
                /        /    〃´ ハ
                /           ,ィ       |´  /
              /-- 、      /ミ|       |  /
             V/三ミト=.、 _ ノ三|       |、./
              /三三三三三三 人____(ヘ/

295 ■■■■ :2010/06/06(日) 22:14:33 ID:oOKzQIjM
              , -‐ ' ´ ̄ ̄ `ヽ、
                /            ` ー- 、
              /                  }
             /                 __,. ‐ヘ
            /         f__,  -‐ ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            /         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
            |         i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, <\
            |         |:.:.:.:.__ ,::  -‐: !「/`i:.!ヽ>
            |         √: : : ::ィ! ⌒iハ: :リ xぇv!:!: }
            |        イ: : : : :/レ斗z- V トリ /リV
            |        イイ: :.イ/ / んハ    ヒ! {
           ∧       i |イ: | ヽ v少     '  !
           /        ムヘ: : |  、、    __,.  人
          /   /    /: ハ !: |、   「  ノ, イ  !
            |_ /      /: !: | |: :!、 > 、  ィ! :.|  / ____
         /        /: :/!: トヘ: '! ̄.ソ介トヽ: :|// / / \
         /        /: //:ノ:::::|: !ニ ノ|::|C} |: :| (つ i / ,ノ
          /        /:: 彡へ::::::|: |:::\イ::フ^|: :|  `7'ー-イ    >>1乙なんだよ♪
       /       /:.∠   /〇}: |<:::>イ::! !: |.√〈   ,ハ
      /      イ:.:∠二二.メ、 / |: |`''く:::::|\! |: |::|  \/ !   /)
     /      / |://   厶ノ  |: |  ∨_ハ.|: !∧   \|  //
    /       !  |:/    む'   |: |   \_ソ|: |:::::\   |∠∠ 、
   /          |  、      |:リ    |:::!::::| :|\:::::\/ ー-- }

296 ■■■■ :2010/06/07(月) 23:11:44 ID:wiZyAD.k
          /′ ./. .,. :{ : | : : : : : : : :} : : : : j : i ヽ  `≧:`ヽヽ: : ∨ : . ヽ
       / . . :/: :/ :ハ :{ : : :/ : , : ′ ′, } : }: :|   `ヾ : : : .∨: .i : : . ハ
        / . : :〈 ∨ /. :∧V :/ : / :/ : : : /| ハ: }     〉` : : ∨ !: .: : . :
      ′/ : : V. :′/ : ::∨ : :′} : :/:ムz}:/=}/ー―‐ `ヽミ、: i:|.::: : . .i
     / .:/ . ://:::| ′. :斗-:/:/ |: ://  /' -- 、_、__    ∨ `| 从::: : . .|
     / :/ . : : .::: : :! :iイ´/丁/:/ `}:/}′ / ′,z孑テ气ミ、   ミ:::}, -《:: .i .|
     / /i . : : |i:::: :|:l|:′l/|厂メ′     / ト{::;n} ,}ハ   }シ y_j V: | . {
    : / !. :/: ||:::: : | :{:.l ′ァ'了气ミ         廴.ジ     ′/.ヵ }: :| : .l
.   {:′ | :ハ !{:::: 八:∨{ イ′ト{::;ni           .........      `:::ノ∧: !: . i >>1お疲れ様
   ハ{ |{ |:|:ト、:. :i : 从 ヘ  廴 ソ   }       .:::::::::::::     ノ  ,イ::}:|: .{
     |  乂 ∧:{∧:..ト、: トヽ    .......   丶             rx.イ::::::: .| : :.
          ∧ノヽV\:ハ  .::::::::::      ____,       /:::::::::::::::′::: 小
          / ´ .:ノ:ヽ ::`:∧      _ ィ -一...´ノ     '{:::::::::::::: ′ ::: : :i :i
.         / : :/. :/. .:::/::込.     `<.....  ´      i::::::::::::: ′.::::: : :ト {
       / : //: .:/ : .:::::::::::::::丶.              /  |:::::::::: / : .::::::: :|丶
        .′/ ; : :イ: / .::/::::::::::::::::::>....        . イ     |:::::::::/: : , .:::::::i :|
        .′:′| / |:/ : イ ::::::::/::::::::::::::::::::::: i ̄         {::::::/ : :/ :'{::::::|!:|
        { :i:{  |:{ |i. :/ |::::::::/|:::/::::::::::::::::__:}           _ヒ/ :ィ:/: :小:::八{
       人ハ |′ハ: { |::::::/|:::::::::::/´ 、 |    __ ...=≦ ノイノ' }:/:/ }′ 丶

297 ■■■■ :2010/06/07(月) 23:13:41 ID:wiZyAD.k
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org947086.jpg


`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: : :
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: : >>1乙なんだよ!
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\

            . : : :  ̄ ̄ミ: .、
       /: : : : : : : : :}_: : : :\
  \、__ __彡 : : : : / : : : : : : 、:\: :\_
   `¨¨爪i: : : : /:/: : : :}_j㍉:\ `: ̄ミ: .、
     . (_|: : :7:/: : イ厶|__ ミ: :`':<⌒ヽ: }
     | i l:| :,旡i/.ノ不i::{》 }斤y、:\ )′
      乂从《 ヒ:}    'ー'′ jノ人:\: )__ ,ノ
      ノ'i: {  ′     ,爪: 、:\(⌒¨´
       __,ノ:人  ‐   ィ'{: | :ヽ{\{`
     `¨て廴:}≧ァ‐;   }ハ|从トミ
         )'´/ / ,{ _,ノ′人
        /⌒'}_ノ/{厂 /  \_
       ノ{ i/`¨i{ 人/ /  ,∠⌒}   >>1乙よ
    rく   ∨  i|//  { /  ∨
    {r‐\/   /く{㌫ /⌒ヽ   }
   ∠ ̄ {   {    /       .ノ
 / ̄ ̄`¨   `‐‐くア⌒ヽ、  ´}
{__ ____ ___  /   /\_,ノ

298 ■■■■ :2010/06/08(火) 20:57:19 ID:RhyLAXpE
       ミ\  俺の>>1乙に常識は通用しねぇ   /彡
       ミ  \                    /  彡
        ミ  \                /  彡
         ミ   \             /   彡
          ミ   \          /   彡
           ミ    _______     彡
            \  i´ ̄ ̄ ̄`ii  i  /
ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|      [_!!   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡
 ミ              |========|{   |              彡
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ |        ||   | ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /   /|     [_!!   !.\   \
        /   /  |        ||  !  \    \
       /    │  !________jj__j    │    \
     /    /│  ミ         彡  │\.    \
     彡   /  │  ミ         彡  │  \   ミ
      彡/   │  ミ         彡  │   \ ミ
             \  ミ         彡  /
              \ミ         彡/

299 ■■■■ :2010/06/09(水) 01:21:33 ID:q53YxE6U

       ∧  ∧
       |1/ |1/           人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、        <何でだよ!!何で誰もあのガキを助けてくれねェンだよ!!オマエはヒーローだろォが!           >
    /        ヽ        <あの『実験』を拳一つで止められたほどのヒーローなンだろォが!!だったら助けろよ!!         >
   /  ⌒  ⌒    |        <他の誰もできねェ事ができンなら、そいつをちっとはあのガキにも向けてやれってンだよ!!     >
   | (●) (●)   |        <俺みてェなクソったれな悪党が今まで立ち上がっていた方がおかしかったンだよ!!          >
   /          |        <どォみたって場違いだろォがよ!!ヒーローなンかなれる訳がねェだろ!!何をどォしたって、      >
  /           |        <俺は血みどろの解決方法しか選べねェんだよ!!何で俺が>>1乙しなくちゃならなかったンだ!!    > 
 {            |        <オマエみてェなヒーローが駆けつけてくれたら、最初からこンな間違いなンか起こらなかったンだ!!>
  ヽ、       ノ  |        <あのガキだって、あンなに苦しむ事はなかったンだよォォおおおおおおおおおおおおおおおッ!!  >
   ``ー――‐''"   |         YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

300 ■■■■ :2010/06/09(水) 20:43:58 ID:nxgy05jc
 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
<何でだよ!!何で誰もあのガキを助けてくれねェンだよ!!オマエはヒーローだろォが!       >
<あの『実験』を拳一つで止められたほどのヒーローなンだろォが!!だったら助けろよ!!      >
<他の誰もできねェ事ができンなら、そいつをちっとはあのガキにも向けてやれってンだよ!!    >
<俺みてェなクソったれな悪党が今まで立ち上がっていた方がおかしかったンだよ!!        >
<どォみたって場違いだろォがよ!!ヒーローなンかなれる訳がねェだろ!!何をどォしたって、    >
<俺は血みどろの解決方法しか選べねェんだよ!!何で俺が>>1乙しなくちゃならなかったンだ!!    >
<オマエみてェなヒーローが駆けつけてくれたら、最初からこンな間違いなンか起こらなかったンだ!!>
<あのガキだって、あンなに苦しむ事はなかったンだよォォおおおおおおおおおおおおおおおッ!!  >
YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


         ____   _,./
        /_二二二>'´∠___
      〃// ̄ ̄ ̄ニミ<二二´_   ,
      V,.イ/ ̄ ̄ ̄ ̄\ \<二二メ、
      / ハヽ\ ̄\    ヽ `ー――三ミ、
      { { ト 、 \  \  \ \二ニ=‐ 三ミ、
     /ヽ\\\ \   !「 ̄V  }八`ヽ -ニ三ミ、
      |  |ヽ \\\∧ リ`ヽ ハ个X\ /三ミ、
     ヽ | ト,、ヽ トv示ミ、  ト、 | ト、ゝ  三ミ、 
        ヽN弋^ヽハ!=彳ト、ト、\乂>'´ 三≦   
          `ミヽ 、_   リ八ヽ二リ`ー__ミ、`
         j乂ハご`イ、/j介x \_ 三≪`
           `ヽ 酛jjjハ『个ヽXア{{     }ト、
             Ⅵ ヽ「|| | V/  i!    ||  \
                \ヽ. ヾ≪   ゝ、 リ   |i \
                 `ヽ\ ヽヽ // `ヽ      ヽ
                 \}} ヽ ||    ≫ 、     ヽ
                  冫 」!リ   //  Vヽ   _  \
                  / N>≠<〃   ハ  ̄\   \
                 |  〉 V/  /∠_// ∧   V   ヽ
                   |  { || || // ̄ 7/   }、  V    》-、
                   ハ ∧|| 》〃  //    ハ   V、_彡ヘ∩
                    | ト、ト、ヽ〃ヽヽ,〃   / ,リ    `f    ,ル'n
                レヘ/  ヽリキミ|r==  ,.イ    └=彡、┬'
                  /    `ア`ヽ__,. ィ |||       `丶ソ´
                   /      /    |  ヾ   |||
                   /    /    |  ヾ  ||
                |     /     |   ヽ |

301 ■■■■ :2010/06/09(水) 21:56:49 ID:fXh4r/SA
          ヽ、   、  、  、
     \ ヽ { ヽ、 \ ヽ ヽ ヽ 、
    ‐- 、ヽ \ \ ヽヽ \\ヽ \\
 `゙ ミ ヽ \ \ \ \ ヽ   \  lヽ、
  __>ミ   \ ヽ ヽ     ヽ  ヽ ! ハ
ヽ― = 二       \   \ l   }   |、
 >--== ミ 、`ヽ   ヽ、\  !  // / ト、
_ ̄>三二   ミ、  ,、ゝ‐- 、 |r-、/  /  |
 二` ミ-  _  ヽ/  - 、 `   ヽ / // }/
 ―= ニ ― ニ   .〉,ィ‐- 、__,〉  _,, 〉  ///-. 、. _
:‐:'": ヽ三 _  /〈 弋エヽ ヽ /ィェュ}.|////: : : : : :`゛:': -. .,,
: : : \ミ.二 _彡, -、}    /´'  } l`ヽ  〉 // : : : : : : : : : : : :.`ヽ
: : :ヽ-=ニ__ '" { ヾ `ヽ     ィ  ヘ  / 〉彡': : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : `メ‐ '' ~   ヽ、lイ } _,z孑于テミx、Yr'´: : : : : : : : : : : : : : : :./
: : : : : : :.ノ//ィ  _ヽ! 弋二二二二{/: : : : : : : : : : : : : :_:>'" >>1乙はいらない。他の誰かがするのだから
: : : : : : : : : : :  ̄:` ―:l\  ̄  ̄  ̄ {: : : : : : : : : :> ''"        俺様が>>1乙する必要はない
 ̄ " ' ― : :_: : _: :|  `> -- ‐ '"_ : ― ''"´
          /___    \  |:/:!、
          /::::::::::::::::ヽ、'"  \ .∧
        /::/:::::::::::\::ヽ / / ヽ ∧
       /::/::::::::::::、::::ヽ:ヽ:!::\ / ,ヽ ハ
       |/::::::::::::::::::ヽ:__:::::|:::|::::`ヽ、/ヽ{.ヽ
       | :::::::::;__/ヽ.{  \::/::::::::::::::\ヽ |
       i::/:/ ∨、.∨ゝ-':::::::::::::::::::::::::ヽ|:〉
      .//:/ ! ∨ヽ、} 、::::::::::::::::::::::::::::::<ヽ
      |/::{  .i!、_∨    `''' ― 、::::::::::::l:::|`\
      {:::∧ ∨、__}-- '" ̄` ‐‐"::::::::::::!:/\ \
      ゝ―\ \'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!,'  ヽ   >
          ゝ-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'     X´
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     /  \

302 ■■■■ :2010/06/13(日) 13:11:20 ID:1YdlI446
               ,.  '  ̄ ̄`¨¨ ヽ、
            , '            \__
           /     /         ヽ }
           /     / -‐‐ ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉}
          /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
         ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
         i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
         |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从      >>1乙なんだよ
         |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
     __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |
   //     /    人 |: |         人:.',  \
   |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \
  r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
  |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
  |::::|/    /    /:/ヽ::::::\−  |:.:|   /\\  |::::|
   Y:|    /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
  /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
  |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
  ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
   ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧
   /: : : :∠ イ  ∨     }ハ   |:::::::!::::::! |    ヽ
  /イ´ ̄      |     ノ  !  /:::::ハ::::| /     }

303 ■■■■ :2010/06/13(日) 18:05:39 ID:1YdlI446
                  _ , . -. . . .
               , : ´/: : : : : : : :.`: .
              ..:': : :/ : : : : : : : : : : : : \
             /: : : : : : :, -‐‐-:、 : : : : : : : :.
              ,': : : ; ‐: : : : : : : : : \┛┗:: : : .
                l: : :/: : : : :,、: : : : : : : : ┓┏: : : : :.
           ,'l.: :.l: : : : :∧゙''<: : : : : : : \: : : : : \
            l::l: : |: : : :/ ゝ,  `'' ァ≦;_;_/^ヽ: : : :.\
              l::l:l: :|: : :/=x、 \,,〃 ,,x==ミ f }: : : : : : \    >>1
            l:l:.l:.:|: , ' _,,二;_ ~\ ''弋 ;;う r /l: : l: : : : : :\
           ',', l::|ヘ (~う::::ハ     ¨^  r'/リ:.:.ハ:.:.:.\\ :\
             ∨l:价:ム ゞ-゙  l       从/: /:.ハ: :l\\\ :\
             Y:l: : :.込        /⌒イ//: /://ハ:.:', ) :): :}、.: :.'.,
                |:∨:.: : :介 . _ ーz'"_,/ l,/: /:/‐-<ハ:.∨:/.:/ ヽ: ::l
               ノ:.:.:∨: ///////¨,T"  _/: /:// ̄≧x: :'.:/    l: '
              /: : : }:.:.://////∠_!_,,,//: /:/'゙//////ハ::ヘ   /:/
         /.: :/l:.:/: /::////|:  / /:.:/ノ ////////∧: :\/:/
  ゝ,_   , ' .: :/ / /:./:.:r<´  |/ /:/ .//////////∧: : : 〈
   ` 'ミ''".:; < / / /.:/:{///ヘミ彡'/:/-イ/////////////,} : : : }

304 ■■■■ :2010/06/13(日) 18:06:06 ID:1YdlI446
                         , -‐‐-ミ     . .-‐
                      /    `ヽヽ //
                            i.:l//
                    ( (_____ |// ___
                      _/\|/
                 \_,. . :´:/. : : : :ヽ‐-ミ
                    <. : : : / : / : : : : : : : \
                 /. : : :/. :/: : : :/ : : :}ミ: : : :ヽ
                 '7: : : :/:'⌒i : : //⌒ノヽヽ: : : :.      
                     ' : : : : : :/_ | : /厶ィ_   Z: : :八    
                   l/i : : : l/⌒ヽ/   ⌒ヽ Z: : : : :\   
                    |: :从i{ ヒ::) ,   ヒ::) }! Z: : : : l⌒ヽ 
                    l: :r'!   ____    }/、 : : :.、   >>1乙!とミサカはミサカは言ってみたり!
                     /: :从   V   }     'う八: :ー-
           ┌‐-ミ  厶イ : : >、   ー‐ ′  . イ: : :ヽ|
          「 ̄  `丶 l:/ :(: : > .__ . <: _ニ=-‐==┐
          |         丶、イ:::::::{ノ_ =‐ ´       /
.            |           \:;≠´              /
              |              |   超電磁砲の   /
            L_         |    あいしかた  ∧
           ( ' ク_         |             r' )::.
              、_丿        |            〈_ノ.::::
           /::|             |           |::::::::|

305 ■■■■ :2010/06/13(日) 22:49:10 ID:6rxZPFM2
               ,ィ//// ィ/!  ,
         ∧ / i /´/ / ///ィ
        |ヽ/ |'        ´ _/___
      、_j                 /
.     \    /  /    ,     \ヽ ̄>
     }ヽ   /  /      /  ヽ  \<=‐
    {ヽ  l /        //   \  、 、ヾ、
      \ j/|  /  |   ィ /   、 ヾ |ハ ト\
     弋''  | ノイ ノ  l,'\ ヽ ト、ヽ 从! ヾ
      \ レ_ィ_彡|`ハ、|__NVハ ヾj,ィiリ`
      ∠ __{ {.ノイ i/__Nt.rッ‐ ミ≧={彡!
         ∠ヽ、ヘj' ̄`弋三三歹 \!
          ィ゛`7 ‐、   `¨¨´    '/、
        /ハ. /   \    _,,.. -‐/  \
       /! ヽ    ヽ >.....   / \  }
.    /  ハ   \  ヽ   ...:::i`¨,.ィ´   j
.   /    V   ヽ       ィ| ト    /ハ
 /        V     \==≠' ! /    l  |
       / V   />== //j     | ハ >>1乙だにゃー
       /     V  /  ∨/     |  ハ
            V_/     Y ヽ     |   〉
  <       |           }〉       l ,.イ
    \     ノ         !}     |/ |

306 ■■■■ :2010/06/14(月) 16:21:46 ID:NRks9bE6
                          , . : : : ¨: : : .
                          . :: : : : : : : : : : : : `:..
                     /: : : : :l : : : : : : : : : : :.ヽ
                        /.: : :.:l : l: : : : : : l: : : : : : :.':.
                        ,: : :l l:.:l : l: l: /:/l l: :l: : : : : :.',
                     l: : :.l l/|メl/l: :/l |リr'Tハ: : : : :.l          >>1
                       l: : : l lィ゙モラ`l/ リ j モテ`l: : : : : l         あらいやだ,このスレったら私以外ロリコンしかいないのかしら
                     l : :ハ:ト、     ,       : : : : : l
                        , : 从           从: : : :j
                   ハ:.: : :.:、 `    ´ .イ: : : : :,'
                    , イ/` ‐‐-> _ イ、---―<\
                  /::/_,, -‐/_丿   l \_  \:.\
                 /,ィ'''゙゙゙ ̄ / /ー-   -\  \`''‐、\::.\
              / ::, {:l    / /~'' ‐- ,,__, -‐\  ヽ  } \::. \
          /:::::/丿 / l  /   _        ヽ |\{   \::::.\
        /:::::://  /  :l /     ¨ '' ‐--    ハ:l  ',\   \:::::\
       ,.:'::::::://   /   l人   -‐ ''''' ¨      八   ', \.  \:::: \
     /.:::::/  {    /   // lゝ  __ --   ゝ ,,_ ,, /  \ \ {     \:::::.\
     ,.:::::/    ヽ_,/./ ./ /  l             /∧   \ \~''' ‐、  \:::::.\
      {:::::{      / /   /   l_,> '' ¨ '' <. Y  ∧    ',\ \  \. \:::::.\
      \\  / /   ./    l           `i   ∧   ∨ \ `''‐-、\. \:::::.\

307 ■■■■ :2010/06/17(木) 21:20:44 ID:FuqvqiqA
                   /      _____
                ( (    '"´: : : : : : : : : :`⌒丶
                ゝニ:´ : : : : : : : : : : : : : Z: : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : : : : :< : : : : : : : \     }ヽ
                /: : /: : : : {: : : : : : : : : : _〉: : \ : : : : : 、_ ノ: : }       <⌒\
                 /イ /i: : : : :ハ: : : : : {: : : :\㍉: : : : : : : : : : : : ノ          \ ヽ
              / i i〔| : /: 小、丶 : i:八: : : : :ヽミヽ{: : : : :ー=< _            ヽ ヽ
              {! | i: |: :i ⌒ト!: \: :{\:丶: :\リミ : i: : : \: : : : : : :\          \(
              乂i|八|: :i/__八: : : `ハー<\ト、} ミ八: : : : : : ー=ミ: : :人
                 V八: i{⌒f心: : : { j ィた忙ト、 Y⌒';..: :ト、: : : : :⌒:ス)      >>1
                 \ハ ト 弋ソ \乂 弋.)ソ ″ }:フノ: :.:j: :\: : <  \
       /          | i:} ,,ー  ,       ー  、_/|ト : :厂 ¨¨⌒丶、
       //          ノ:从         ''  ′  {{ \:、ノ     \
     / /         ∠イ八丶、 ヽ     /    ヽV  ⌒        \
.    / /                 \_> .__,... イ丶  ノ/ {{    入       丶、
   /                           \ ||⌒      }{    />x      }
                             `lト、    、 __八__/^フ  ∧`ー  _ノ
                           〔了>、__厂 (⌒L几ノ∨    ヘー<  _r、
                            `く_ん、几几ン           )   ̄\ `ーう
                              く人乂\>…=彡   -=彡      丶ノ

308 ■■■■ :2010/06/17(木) 21:21:11 ID:FuqvqiqA
 
                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                       .: : : : : : :/.: .: :/: : : : : : : : : : : : :丶: : : : : :..
                          /.: : : : : :/.:.:.:/ ′i: : : : i.: : : : : : : : : : : : : :ハ
                      /.: : : : : :/.:.:.:/:.:|: : | : : : :|.: .:|: : : : : : : : : : : : ∧
                        /: : /.: : :/: : i |.: :|.: .:'. : : : |.: .:|.: : : : :ヽ : : : : : : ∧
                    /: : / : : : i.:l: :| | :八 : :' ,: : :|.: .:| : : : : : ハ.:.: .: : : : :∧
                      / : : ′ : : :|.:|:八Ⅳ ヘ.: :|ヽ: i| :∧.: .:|:.: : :|.: : :ヽ: : : :∧
                        /: :/ :i:l : : : :|∧!     Ⅵハル′ : |:.: : :|.:.: : : :\ : : 丶
                    /: :/: /|:l : : : :|弋r戎㍉      ,. -‐ヾ!\:八: : ト、.:ト\.: : :\
                      /: :/: / :|:|: :| :八  ̄               ヾ∧Nハ|.:.: : :ト、: : :\
                  /: :/: / :ハ: :八 |:丶          込戎癶 / ∧: : : : : : ハ ヽ.: :.:.:\
                 ..:/ /: /: : : ∧: : ハ `\                / /.:.:.: : : : : : :∧  、: :ト
   >>1乙。はまづら /´′.:..′.:.::r ∧:∧ ',       ノ'       ..:イ.:.: : : : ト、:.:.:.: : :∧ ハ: ヘ
                /  /:.イ:.|: : >!/:}:.:∧   、          /: : :八:.: : :∧丶.: : : :ハ  '::ハ
.            /    l/ |.  ´: : |∨ !: :| :\     一   .. : :ハ:.:丶 : :丶: : :∧ ヽ:.: : : :.  } :}
               l /.: .: : .:ハ:.Ⅵ: :ハ:.V丶. __  . < : : : : l >\:ハ:、:.:ハ  ∨:. : | ノイリ
                  /.:.:.: : : /i : : : } リ∧ }     / }.:.:.: : : :|     > 、ヽ.:l|  }ハ: |  }′

309 ■■■■ :2010/06/25(金) 01:21:06 ID:JBm4It/.
           / /: :`丶 _                             |
             //: :./ : : : / : : / ̄¨: 7'T: :.―‐- .____             |
          -=彡://: ;' : : : /: : :.,'|: : : : / :|: : ' : : : : |  |:ヽ: ̄:¨  :T: : ──ヘ|
          |//|: :l: : : /|\:/ |: : : :,'   |: :{: : : : :│  | : l: : : : : : :|: : : : : : : :ヽ
          |/ :|: :l: : / :|: /\|: :/l:|__,、|: ハ: : : : |  | : |: : : : : : :|: : : : : : : : : \
          | i八:ハ :│ |/ィ≦i示坏、ヽ |/  \ ^'|\ ヽハ: :∧ : /: : : : : : : : : : : :
          |   ヽl: ∧ {{. {{//..:::ー'}      \| ,x≧==∨ニ| /|: : :/: : : : .:ト、 : :
          /   /|ヽ:ハ  '⌒)しイリ        ´ /爪...:::(心、│ /| : : ∧ 〈 \
           |/  / :|: ;' : iとこゞ辷ン          {{///..::jノ}ハ∨ |: : / ハ:∨|
         /  / _|/: : '   ー─''           '⌒)_イトリ }}  /:/ :j : |`ヽ!  >>1乙なんだよ
           /  /´ /: : :i ////    ,            `''ー‐てつ   |: : :.:i : | ノ|
.          /  /   /: : : :{        ′        ` ー‐      |: : :.:i : |く /
         /  /   / : : : 八                     //////   |: : :.:i : | \
.       /  /   |: : : : i: :|\      ^ヽ__,. --、           イ|: : :.:i : |   ヽ
      │ {    | : : : :i: :|  |>,、     、            イ /│: : :i : |

310 ■■■■ :2010/06/25(金) 11:23:27 ID:/GErSQdc
                ,,...................,
               ,...::::´::::::::::::::::::::::::::::`::.、
              ,.::'x=ー‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
.            ,.'Y´.:::::::::::::::::::ヽヽ::::::::`ヽ :::::::::::'.
.           ,i:::゙ .::::、 ''"`´`゙ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ ::::'
         i|::::::::f゛     _,,,,∨::::::::::::::::::::::::::::::'.
         lハ:::i゙ヘ   /´  ∨:::::::::::::::::::::::::::::i
         {: l::{  \ "<,,ィセア"i::::::::::::::::::::::::::::::::l
.           ヽl::ヘ‐-、   " ¨ '゛l::::::::::::::::::::::::::::::::l
             l::::::ハ''ti      |:::|::::::::::::::::::::::::::::i
             l:::: 小 !     _ 」:::|i:::::::::l::::::::::::::::::i  >>1乙だけど
             |::::l::|込 `  ィ__,,ノ|:::l l::::::::ト;:::::::::::::::::i
             |::::l::l::::::`/^ヽ_   !: |个:::::l ∨_:::::::::∧
             |::::i:::::::::/ ''"二}チ!: | l ::::l: /7>x、:::ヘ
             |:::ii::::::/  々/x-l::ハ l:::::l///////,>ミx、__,,ィ
             |:::ll:::/   ノY"//i|:|   l::::l /////>''¨刃ミト,,,___,,
             l:::ll::{  f",'////||:「¨¨゙l ::l///ィ´      `マム ̄
              l:::ll:::l  l¨∨// l.|:|  /|:::|/./::i リ    i:l/ム
          l::/|:::l  l {∨/,|.|:|. //|:::| /:::i /     l:l//ム
           l/ .レ゙l   .l 八.\l N//jソノi:::i,ノ       l:l///ム
          {   l   l f''''‐-≧チ" ̄}  l/       l::l>''"¨
               |  l∧ ‐〔 }'~  {   ∨   __,,  ノ::l
               l   i::: }  ,イ¨i\_人  辷三三≧i":::

311 ■■■■ :2010/06/28(月) 17:33:21 ID:GVy/TvPs
               /:.:.:.、:.:、:.:.、:.:ミi:.:.:.:.:\
.      人.    /:.:.:/\:ヽ:./:.ミ|:.:.|:.:.:.:.‘:,
       `Y´   /:.:.:\  `Y⌒ヽ:ミ|:.:.|:.:.:.l:.:.ハ
           /:.:.:.:( rj    {リ〃`i :.:.:.:. |:.:.:.|
         ′l.:.:|'''「     "" |:.:l:.:.:.:!:.:八
            |:.:.:|:.:.|.  _    u |:.:|:.:.:.:. 、:.:.:\
            |:.:.:|:.人 ´ `ヽ     i:.:.:.:.:.ヽ:.:\:.:.:\
        八:.:.:.:.:.:.:\   _,.  ヽ:.:.\:.:\:.:ヽ:.:.:.\
       ___/:.ヽ:.:.:.:.|: :`¨「    | \:.:.ヽ:. _:.:\:.:.:\
.    / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:..:.:.:.|    ノー//´     ̄ ̄ ̄ ̄  ̄
  、/:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.: _: -‐7ハ  /   '      / 〃
 /〃:.:.:/.:.:.:.:.,イ ̄ / i  /         //
.'.:.:.:ii.:.:.:.:.:.:.:__:.:/_  j  i,.ィ'´ ̄ ̄ ゙¨ヽ、   /         _  結局そんな>>1乙じゃ
|:.:.:.:ii.:.:.,ィ'´:::.      /,..:‘:::......             「, ―¬''" ̄、 、 貫禄ってモンが出ない訳よ!!
.\:.:. /:::...      /.' ::::....       (\       / / ,,,、 \ \\
(_ノ.:.:i       / |          ヽ\   // /:::::::\ \   \
:.:.:.:.:.:|         .人       __,.ィ´   |  / ., \::::::::::::::/. \ \\
:.:.:.:.:人    __ __ _ ,{0 }ミュ、 ∈――   /x、イ /<゙{!`ヽ::::::/{!~">ヽ     \
:.:.: (/:.></// lー1~´\\` ̄ー―く// ハ 小  :::::::::::::::: u.八 \ \ 、ハ
:.:.:.:.:.:.:/ /  ̄ ̄ii   ii  ii \\   ハ// ハ`7\ヽ. ̄_フ///ハ   \ ヽ  |
:./ .:.:/ /  ii  ii  ii  ii.   \\    V//iハ ̄「个. ‐ 介 7///!  |  \

312 ■■■■ :2010/07/02(金) 21:32:20 ID:8DBkFEi.
                      /         L <´  `ヽ  ⌒'l |
                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj    >>1乙なんだよ
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j

313 ■■■■ :2010/07/07(水) 16:35:07 ID:ARMBBHMA
                   __ _
            , : : : : : : : : : : :': : .
           :': : : : : : : : : : : : : : : :/\
            /: : : : : : : : : : : : : : :/ /¨`:.、
        /: : : : : : : : : : : : : : :/ ,/: : : : : : ::.
          ': : : : : : : : : : : : : : :/": : : l: :l:i:、:.: : :',
          i: : : : : : : : : : : : : : :.l : : :|:.:ll: :l:l ハ: :l :}
       l: : : : : : : : : : : : : : : {: : :ハj.l斗l‐ ル;l.:j
       l i : : : : : : : : : : : : : ',:ミ゙ / _,,,,‐ }"   >>1
       八l从: : : : : : : : : : : ミヘ:l   ィチ}}¨        実は私と上条君は付き合っているの
        ヽ人ヽ,: .:.: : : : : :.Y⌒`   ヾ'゙   ヽ      
               ハリ: : : : : ミハ,ヾ{
             r`‐‐x;ハ` `ヽ      '
               ,イ; ; ; ; ; ; ≧x, r   _/
           ,イ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.;h.、_
             /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_;_;.ヽ
         /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; /,ィニニム
           /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; //゙    `マ'''i
        l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; // /     lノ
.        l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l l          ヽ
        l;_;_;_; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.;l l  l       ',

314 ■■■■ :2010/07/11(日) 18:59:17 ID:pOq6q9zM
                      , --..、
                     //Oヽ:::\     >>1乙だねぇ、はーまづらぁー
                    /:人:::::人:::::`ー..、
                  </:::::〉〉_マ/ハ::::乂ノ        ト、,.イ__,.イ
                  (乂:/::〈:::::::::::::〉:V )ノ       ,.イ ノ///∠ 二 Z_,.イ
                   `八:::∧::::::::::r、\       /レ'  /∠___ 二二\_
                    /:::/ /:::::::::::\::::\  _ト、レ'´         ヽ  ―<
                      /:::/ /::::::::::::::::::::\》》   >―             `ヽ_\
                       〈-、〉/::::::::::::::::::::::::::::\∠ イ///             ヽ  ̄
                   《《_/::::::::::::::::::::::::::::::::/ | / ∧/ |  i          ヽ ヽ_>
                     〈:::::::::::::∧:::::::::/  jイ Nハ/ト、!  ト、!_ヽ         ハ
                      ,-、,-、_ハ:::〈  `ーレイハ代心ト、ト、ヘ ̄「ヽ  !     ト、リ
              ヾVYフフ、 _,/、⌒)、_)、_ヽ_〉-、 イハ i{  ´, `  ィ茫ミ!  ヽゝ ヽ  jハ乂    なっ、>>1乙・・・!?
             ≫て   /: : : : / v \ V> .、__j乂ハ  r' '  ゙ー jハ  /  「 ヽノ
             彳   / : : : /_   _ < O< \.>| ト、`      イ /ハト、 ハ! 个ヽ
                {{    {: : : /「ヽ 〉 //] |/\|ヽ >V .! ヾヽ   u  V/ソ!   | 从ヽ
             `ミ州∧: :/  > O <     /,.イ:::人 ` ``  ,. イ,不    ト、 「 `
              〈:.:.:.\Y  L/ r个i   v / ,.イ,斗ハ | >‐< / ∧{ ト、ヽ.从_,
               `<_」 v    レ^   / /jハ,.ィ'Yイ | ト、|ハ /_,.∠  >―〈
  はまづら、>>1乙     j / ̄ _ 二二,.壬=ミ fリ {::| | レ><―――-< ハ
                   {__/ ̄    ./,.ィ示`  ` Ⅵゝ レ'´ ̄>≦二`ヽ : \ ト、
             、__//        /:代ソ   `ソ八ハ: : : ://: /,.ヘ: : \: :\_ハ
       V//    `>::/:{    _,. イ:::::| ゙゙   ,. ∧ハノ: //: //: : : ヽ: : \: : : 〉
       ヽイヽ.  `-イ/,.ィノ77ハ:::::/∧!::从 __'_/∠二 /: : ://: : : : : : :}: : : ハ:/
         `ーz`ーz‐'Z7爪V〃{{ レイ{乂∧_>< ̄: : ≦二二/: : : : : : : : / : : / : }
              r' ̄ 乂{ ̄/  ヽ/―――< >'´: : : : : : : : : : : : : : : /: : : /<
              {       {    { ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/^ヽ :ヽ
              ヽ_介ー-、!    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : :,. <  ̄}}´: : : : /- 、 ヽ.|

315 ■■■■ :2010/07/11(日) 18:59:31 ID:pOq6q9zM

                 | `77 ヽ ヾ  ヽ: : : : : : : : : : _,.イ: : : : : : :〃: : : : /<> ヽ |
                 | //   `ー―‐>― '´ ̄  ・ ・` <__〃_>< ≡ <> ヽ!
                 |         /        ・ ・ ・ ≡<>≡Z o <≡<>/
                 |          {    _,. -― ・ ・ ・ ≡<>≡ _M  /
                 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ヾ  ∠ r―- _・ ・ ≡<>≡  >―'´
                 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   ノ: : : : : : : : ̄:77―‐ァ―'´
               ,.イi i ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・/ |:へ、: : : : : : 〃: : :∧
                 { ヽi i i i i i i i i i i i i i/  |: ヽ ニニニ{{: : : :/ :}
            _,...∠ ̄ヽ  、_      /=彡ヘ: : : : : : : : :》: : : ,.イ
          /W <二ヽ  `ー―<></「「「∧ヽ: : : : : : : ||: : : : ノ
           / <> W     ヽ i i i i i i i ハ」」」∧∧〉: : : : : : }}_,. イ }
          ∧W <> W  <二ヘ <二/ |___\___,. イ } } } イ
          〈 ∧ W <> W <二><二>:|} } } } } } } } } } } -‐< ヽ
       { \ ヽ W <>  W W W W W Wト、ー<二二_      /
        /ヽ\\\ W <> <> <> <}:.:ヽ           /}o
     ,. イ: : :\\\\ W W W W W W W /:.:.:.:.:.\         /:.:.:| ゚o
    /:.:.:|: : : : : :)、\\ `ー-  ____,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    /}}:.:.:.:|   ゚o
 /:.:.:.:.:.:|: : : : : /: : `:<_`二二二二二彡':、:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:=}:.:.:!    ゚o
/:.:.:.:.:.:.:.::|: : : : :/: : : : : : : : : `7 ̄/: :/´:.:>‐ヽ:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚o。:.:/:.:./      ゚o

316 ■■■■ :2010/07/17(土) 17:00:03 ID:LuIyG92k
age

317 ■■■■ :2010/07/23(金) 19:45:16 ID:k1xxln7s
                        __
                //´ /′ヽ
                     / /    '.
                  . ァ' /     |
               /:/ .′    ト 、
             /  :{ __{  --―┴ミ \ ___
            /. : /: : , , : : : : : : : : : : `.  _ .. --≧ 、
          ' . : :ノ-‐ァ'/: . . / .イ : : : : . 〈      ノ
          / . : : __:彡:' : : :,z∠:/ ノ : .ィ: : i : .V    /
        . ' . :―‐チァ: 7フ,≦く `>': /ハ. }  l_彡 ´
      / . : / : : /V: :7'7´,ィ_ミV :/ 7メ}.. i: .||
    / . : : / : : 人.| :/   ビツ′   ≦、|V : .人{
   / . : : :/ : : /. : :|イ   ''       んi} i}从 :/  丶    >>1おつなんだよ、にゃぁ〜
  ' . :/ : :/ : /⌒`从     } 、_,  ‘ー'ノイノノ
./ . :, . : : : :′/    /}_:ト\  廴 ノー' '' /|/´
,. : :/ :/ . : :| :/ }   {/ 小.__ >、 __ .イ :{
. /′′: : :|∧/   |ノ}:.| ,z、 イ } |!: : / |: .|
/i . '. : : : :./∨   ! |]/.., |:イし'|: :′|: .|  ___ __
イ. :i . : : :/ ,′  |/{:.:.(/|  {:|: | 人:{/_  '´ }
.| . |. : _:/  i      !'..:|:.:./ ハ. |:!| /´ ´    ノ}ヽー‐ァ
.|. .ハi´ ′ |      |.:/T ノ    | V  { iァ'         /
从{/´   |      l/:/ /{     ! :丶 \  . ====={´
/      {     |:.:{〈:/    | : : .\ (j´    ハ{
     \ト    ∨ /      卜、: : . ヽ }     ∧
, ≦ ̄ ̄ミ.j     {. i       ト {\\: : |     //ヘ.     /´) ))
       |     Ⅵ     、トミヽ \ト l     /////ヘ.   / /
       |   ___ ヽ   _ 丶. \ 丶.!    '/////∧/ /
       ∨´:.:..  :.:.`∨:.:..  :ミヽ  ヽ  ∨      ////彡/

318 >>1乙じゃないけど一応保存 :2010/07/31(土) 21:13:50 ID:T1S0zU66
俺の考えている事なんざ、テメェが抱いてる大層な寝言に比べりゃちっぽけなモンだろうさ。
けどな、そんなド素人の俺にだって吐き出す>>1乙の一つや二つぐらいはある。

かまちースレはたくさんの人が準備に追われてきた。
今日という500スレを記念に残すために!
かまちースレにはたくさんの人がやってきた。
今日という500スレを楽しむために!
かまちースレにはたくさんの人が参加した。
今日という500スレに精一杯の力を振るうために!

何でそれが全部テメェらのために潰されなくっちゃならねえんだよ!!
どんなにご立派なスレ立てで身を固めた所で、三下のテメェに、
誰かが本当に大切にしてるスレを奪う権利なんてあるはずがねえだろうがよ!!
テメェが俺に向かって何を言おうが知ったこっちゃねえし、
テメェが俺に向かって何をしようが、よっぽどの事じゃない限り構わねえよ。

だからテメェがこれ以上何もしないって言うなら、もう無理には追わねえ。

だが、テメェがまだこのスレで何かやるって言うなら。
傷ついて、動けなくなったスレ民に向かって、まだレスを振るうって言うなら―――――

そんな舐めた幻想は、この場で欠片も残さず>>1乙し殺してやる!

319 ■■■■ :2010/07/31(土) 21:17:08 ID:T1S0zU66
ゴメン>>318の名前欄は単なるミスだから気にしないで
>>318はスレ番大台限定乙な

320 ■■■■ :2010/08/02(月) 15:41:28 ID:QqD2LfmM
                _,.. ---- 、
             _,.∠二二ニミ、 ヽ
            〃 ´}:}〃/  /} ヽ ヽ
            {レ彳介ー―‐┘ハ   、
           〈//´ `ー≦二 ノ|    、
            {爪  ヽ  、\ X ! ト、ハ    >>1乙 犬小屋に開脚状態で跨らせてやる
            |∧_ ヽ  >二ミ、 彡! |  | i
            | ,ハfr、`'ィfrン゙   .ら|  ! !
             j/| 从 }      ,、 爪!|  | |
            /三::ヽ`、_,.インイノ ) .//
          ,.イ:||:.:.:\:.| >ニイ,.┴<//
          { |:.||:.:.:.:.:ヽト、 \.レ } } }Tヽ
           ヽ!:.||:.:.:.:.:.:∧`7 / {__ノ ノ j /
           \\:./:.:.V /X` ー┬<ヽ
            |:.:>{:.:.:.:/ ∧ `ー |:.:.:.:.:.|
            /  V/ /\`ー― !:.:.:.:.:|
           〈     / /:.://:`ア ̄:.:.:.:.:/
             ハ  / ∧〃:/=:.:.:>'´
           //  / /\/:.:.:.:.:.:/
      / ̄/   // ./:.:.:.:.:.:.//
     /     //  /.:.:.:.:.:.:/ イヽ
   /     //   /:.:.:.:.:.:.:/ /,.イ

321 ■■■■ :2010/08/02(月) 15:42:40 ID:QqD2LfmM
         |///::::::::::::::::/
       //:::`//::::::/  >>1
           !//ヽ:::::∧    /(:::::)
        //::::::::::::X:::∧  /::::::::/
              V::::::::::::::X:::::X::::::::/
             V:::::::::::::/::,.-<
                V::::// と´∠ヽ
            //::::::::ゝ'´: : : :ヽ
             /V::::::/:/ : : : : |: :}
                   V:::{: V: : : : :レヘ、 __
                  V:ヽ|: : : : :/:::/: : :,. -‐: `ヽ
                     V::|: : : : :|:イ/ハリハレイ:,.イハ:ヽ
                ヽ!: : : :/|NYUヾ、`´ィUヾ、 ノ(
                 |: : : : : V ー' '  ー/ ⌒:i
                __|: : / : : { r-―― 、.//: : :/ !  _,.-
                   `>|: /: : : ハL^__ ^^//: : /: /  ( _,.
                   `ー|/: : : 〈:/: ヽ. __>'´: : ://   /: :
                   /ー-イ〈: : | /イ //: :/∧   {: : :
                ,イ : : /: : : ヽ:|{  乂{: : {:::::∧   ヽ: :
                 !:| : : !: : : : : !ト'7: : :ヽ-`ー、>‐、/´
               ,': : : : : : : : : : !/:、: : :/: /: : : : : : :
               ,': : : : : : \: : イ: : : : Y: :_,. -‐: : : : : _
             /: : : : : : : : : X :!: : : : :厂 ̄ ̄ ̄::::∧
        _,. .-―': : ̄ ̄`ー: : :/: : : i: : : ノ V:::::::::::::::::::::∧
      ∠、: : : : : : :―--:、: : : :/: : : レ' ´    ヽ::::::::::::::::::::∧
      {三≧z、: : : : : : : : : : :ノ: : : /        \::::::::::::::::::

322 ■■■■ :2010/08/11(水) 12:50:51 ID:huXBrPaI
             l

          ヽ          /

           _i!,.ィ个_ 、
         _,.イ{イ´〃´イ i
       / ィ介_イヽ´ Li!L_ _ 
         i  /´ _`ヽ‐ー<i!
         |i /--、/`ヽニニ´ヽ}
         |/ _,.ィ介、 `\  }「ハ|
         {´  } |  V   ∧i!| >>1乙       Frele210
         ∧ リ_ !  |    ∧i!      その涙の理由を変える者
         /  V rヽ  L--- 、__\  
  /       ノヽソ_》 ゞ──<   
             i! /   ―〉   <
    ノ  /        /    Z,.   ヽ
              |   斥   |     \
       ・      | |   | |    |
       l        /   / |    ハ
               /   /i!  !  V
                /   /  〈   ! 、      、
           /   /   /  /
         _,. イ   /    |   |
           |  /|     !  .!
     /     | ,.イ !   |  |
         i! ノ  |     ! 、!     i
          |〈⌒ヽ 〉     |   }i |  | i
   /___」 L三⊥===≧=┴┴‐┴┴─i!----
  ̄ ̄ ̄三三三三三三三三三三三三三二 ̄ ̄ ̄

323 ■■■■ :2010/08/11(水) 12:54:27 ID:huXBrPaI
             l

          ヽ          /

           _i!,.ィ个_ 、
         _,.イ{イ´〃´イ i
       / ィ介_イヽ´ Li!L_ _ 
         i  /´ _`ヽ‐ー<i!
         |i /--、/`ヽニニ´ヽ}
         |/ _,.ィ介、 `\  }「ハ|
         {´  } |  V   ∧i!| >>1乙       Frele210
         ∧ リ_ !  |    ∧i!      その涙の理由を変える者
         /  V rヽ  L--- 、__\  
  /       ノヽソ_》 ゞ──<  \  
             i! /   ―〉 \   
    ノ  /        /    Z,.   ヽ
              |   斥   |     \
       ・      | |   | |    |
       l        /   / |    ハ
               /   /i!  !  V
                /   /  〈   ! 、      、
           /   /   /  /
         _,. イ   /    |   |
           |  /|     !  .!
     /     | ,.イ !   |  |
         i! ノ  |     ! 、!     i
          |〈⌒ヽ 〉     |   }i |  | i
   /___」 L三⊥===≧=┴┴‐┴┴─i!----
  ̄ ̄ ̄三三三三三三三三三三三三三二 ̄ ̄ ̄

324 ■■■■ :2010/08/12(木) 16:51:16 ID:c5KqJhFE
            // `ヽ   \   ヽ   \ ヽ
              // |   \   ヽ   \_   ヽ
.           / |  |  ヽ ト、ヽ   、    v、ヽ
              | !  ト、 VNハ Ⅵ     マ.} }  「さあ、正しい>>1乙の意味を知ってもらおうか」
             V !  ト、/ /〉 |i   |   V ハ
             ト、\\_ 《fv'  |ト、 |    V| !
             |小、\L_ `   | ヽ. |     !|
              /∧ `ヽ「`|    j ,.ィV    | | |
          // ∧ヽ  L__   // |  !   ! | |
            //|  | V  i `ヽ`´ノ ト、 |   ト、! !
         // |!   ! |   |! i  `ヽ  | |ト、ヽ ヽ \
          // |   | |  | | |  i `T「| | \\\_ >
          | |  ! ! | | |! | |   |  | | | |  〉\「ヽ
.        | |  | |  | ! i| | |  |   | | ヽ!/冫/  ̄
       | !   | |  |\ | | |  |   ト、! / .// ‐-
.         ||   ! !  ト、_> | |  ト、  乂フ//` ー
          i!   ヽト、ゝ乂ゝ.! i| \! ヽーァ/ .| ―-/
          ト、    \__` ` ヽト、_ `ー ,.| ! |\ / /
         ヽ「`             ,イ {  |ヽ/ /
                            { { V | / /: : :
                           ト、\V /|: : : :
                            V\{_/ /: : : :
                             |: /<: : : : :
                             KX /: : : : : :
             ___∠二二二ニ=‐≦:冫: : : : : : : :
.           // ̄            /∧: : : : : : : : :
.          //

325 ■■■■ :2010/08/12(木) 16:52:08 ID:c5KqJhFE
      _   ト、     ト、
     \::`ヽ!::::\`ヽ|:::ヽ
 ヽ二二二ヽ:::::::::::::::::::::ヽ:::::\ /!
=ニ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\ | | /|
<_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<`ヽヾ   V レ'!
 ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-=二    / /|
::::::::::::::::::_::::::::::::::::/二≧-`ヽ、  レ' /
::::::::::::/〈りフイ::/  ≧ミ<::::::Z_   /イ_,.
::::::::::::| ヒァ'´ レ'   ヾ じハフ/,.イ、_/
::::::::::∧_`         `ーフイ::::::∧ \_
::::::::::::,.イ      ,. <      >//小 ̄´   >>1
__∠ \   く`^' 、,\   イ::レ!:Vヘ ト、
::::::::::::>..、`ヽ、 `ヽ   ヽ.  从/:::/ ヽ!
:::::::::::::::::::/        \^/´,.イイ∧/
::::::::::::::::/ ヽ          ,.' レ′
:::::::::::∠.,  `ァ‐-  ` ._/
:::::::::::::::/  /
::::::::::::/ //:>.、
:::::::::∧/ /::::::::::::::>
:::::::::| \::::::::::/
:::::::/\__j:::::く
::::/   |:::::::::\

326 ■■■■ :2010/08/12(木) 16:53:21 ID:c5KqJhFE
                 ,. -‐- 、
              ,〃爪ヽヾ::ヽ
              ハ::{::!:::ヽ川トハ
              _{{ノ从:::::::::::斥 リ
           ≧ミヾイ>イ,.ル'´=ミ、 (>>1乙できるかどォかなンざ関係ねェ。
           彡'=-≪〈:V/,.ィ≦_::ミ、  >>1乙するだけの理由がありゃあ十分だ!!)
           ,.彳イ≪::ヽ〃::r_リ∧ヾ
                |::∧:ヾ ||::〃::r':::∧
           ∧:::ハ:::::}}レ/::::::「ヽ:::::V/
             ヽV:::::/ 〉〃》:j厂|  V::∧
             |:::::::|〈,.ヘ、|レノヽ、!  ヽ::::ヽ 〃
             |:::::::レ'/∧ヽ:≫ヽ.  V:::::〉、
             |:::|::Kヽ/:A==ミ〈   F.彡イ
              〈__j_j'´_」-`ー―、}〃 `ーL/
             { ̄_「:: ̄:7__V::::::::V 〃
             ヽ」]]:::::::::「   V::::::::V
                 |:::::::::|   V:::::∧
             |:::::::::|     V:::::∧
               |:::::::::|       V::::::::ヽ、〃
            /:::::::::/      ヽ、::::∧
              /-―::ニ三ニ――--ヽ:::::∧
      _,.-‐  ̄,  _,. 7 ̄ (_ ̄     ヽ:::::∧
/ |\ < _, ィ7 ̄::::/ _,. -― ̄      ヽ_,.\―-
|   |  \'´__ノ――  ̄ ̄      二二 ―  、
| |   \  {:::::::::〈  / ヽ ,. へ三二―    ―/\ /\

327 ■■■■ :2010/08/12(木) 16:56:31 ID:c5KqJhFE
             l

          ヽ          /

           _i!,.ィ个_ 、
         _,.イ{イ´〃´イ i
       / ィ介_イヽ´ Li!L_ _    >>1乙うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!      
         i  /´ _`ヽ‐ー<i!          Frele210  
         |i /--、/`ヽニニ´ヽ}        その涙の理由を変える者
         |/ _,.ィ介、 `\  }「ハ|
         {´  } |  V   ∧i!|
         ∧ リ_ !  |    ∧i!
         /  V rヽ  L--- 、__\ __
  /       ノヽソ_》 ゞ──<エr'  》
             i! /   ―〉- ├<
    ノ  /        /    Z,.イ |  ヽ
              |   斥   |     \
       ・      | |   | |    |
       l        /   / |    ハ
               /   /i!  !  V
                /   /  〈   ! 、      、
           /   /   /  /
         _,. イ   /    |   |
           |  /|     !  .!
     /     | ,.イ !   |  |
         i! ノ  |     ! 、!     i
          |〈⌒ヽ 〉     |   }i |  | i
   /___」 L三⊥===≧=┴┴‐┴┴─i!----
  ̄ ̄ ̄三三三三三三三三三三三三三二 ̄ ̄ ̄

328 ■■■■ :2010/08/12(木) 16:57:43 ID:c5KqJhFE
    ,.イ}ヽ  ノレ! ノV! ,.ィ      |    /
ヽ  /: :V: :レ': :|/: /:レ': :レL_    /: : : /: /
ヽレ': :/:/ : /: : //: / ,.イ:7  /: : : /∠
: : : :/: /: : : /: : : : :ヽ : : : /<_ / : : /: : : : 「……立てよ、新スレ。」
: : :/イ: : : : : : : : / }: :< :  ̄>/: : :/: : : : : 「立てェェェぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」
ヽ/: /7: : : : :,. イ: : :/: : : : >―'/: : :/_: : : :
: : : {/: : __/:/: :,.イ_: : //:/,.イ: : //: : : : :\
/レ!: :/ : : /: : :_<: : : /:/ : /| : { \: : : : :
|: :|:/: : :/: : : /_ニヽ二ニ=<:┼|: \ \: :
: : !: : : : :_/∠_ー、ヽ∠ニヽ\ト、: : \ \
: : : :  ̄ _,.イ「 ̄ ̄u  ヾ ト、   \\: : \
、_: : : :X、__儿        i!    /ヽ \_
ヾヽ__/<、   ,.,. ---、   厂    \ __
イ }┌ 、: トヘ、r、 {_{―、!   /       |`ー
  乂  jノ  ー' `′   `^ー'        |: : :
       r―‐ v⌒ヽ           |/: :
   0  |`ーァ‐`ーくヽ           /: : :
      { ' / ̄_} }  ,.-―、    〈: : : :
      ヽ'   /ヽ_}厂`┴丶 ヽ ̄ヽ ̄\
       `ー、_ ノ  ヽ   }     |: }: :
     o     ̄ ̄`ー- _ノ       !/: : :
               \__ノ_  ノ: : : : : :
          _ __/⌒ヽ    `ー―――
        /`┴'-<   \    _,. -‐
        \ヽ         ̄ ̄
         {`ー ――
          \-‐        _,. -‐ '"
>>1

329 ■■■■ :2010/08/13(金) 12:36:23 ID:SschmabA
               _,. -―――/⌒ヽ
               //    //  / ̄`ヽ
             // / /// | /_,.'二二 \
 __ト、ト、 ト、    〃// / / //  / // ̄_>ヽ
_>―ミ、\\ヾヽV乂ノ /  レ' ./// //_二彡ハ
Z ̄ ̄`ヾ  \  \\<   トV // イ// //,.イ 「全部>>1乙しろ。洗いざらいだ」
三二          ヾト、\∧{/,イ ! .乂,ィ千イ / |
∠二 _三二≧ミ、     V〃// ∧/ {r⊥//∧!
≧彳「\_,.. ――/三ミ、   彡' / // _   r'イ
 彡' ̄\\ //l 「   {   ミ/イ / {┴ 'T′i!
  \   / /  | |  〃从 `ミ >‐'´ / / | /||
    V 〃    /// / 仆7´7 /!ハ{ ノ/ ヽ
  /   ||   / ̄_/i!  从ミ、/  {{ 〃
/   | }} / ̄    》 /∧ミ
     |〃イV/    // /{{り
 ヽ__〉  /∧   // /
、   ヽ // ヽ  《 /
ハ    V      V
 !    ヽ   \ !
 ヽ、    }ヽ    || ヽ
ヽ_」_  〃  }}\,.リ ノ
 トト「 ̄《  〃≪ ̄`ヽ
 | \_≫'=ミ、   ∧
 |    ||     \\ ∧
 |  __》      \ ∧
 | __二≧_____{ 》
 Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二]ト、!
 ヽ. ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄\\ ∧
   `┼         \\ \
     V二>、     \\ \
     |こ二フ \    \\ \

330 ■■■■ :2010/08/13(金) 12:37:13 ID:SschmabA
              _  ,
          ,イ ////Z,ィイ__
        ト| V-‐< ̄    <
       >'  、   \  \  `ー‐ァ',
       〃 i  、 ヽ     ヽ\ `<_
     彳/トx<「ヽ           i\ 「ヽ 「>>1乙通行・・・・・・!?」
      i| レ'{厂ヽ.!  ヽ-、    |\「ヽ
       ソ  ー'  |  Nヽ>  | ,.リ _ヽ-'
       ゞ   u j人トソ厂\ | ト、ト、\
       〈ー-- 、  r爪  、ヽ! \>
       〉 ̄`ー' _,.イ!乂从ゝ>――`ー┐
       `ー--- 、 !∠三二二 ̄`` ‐- ̄ヽ
   r―r‐r(ヽ     冫/:.//:.:.:`ヽ``  、:.:.:.:.:.:
  / ̄l V |(^ヽ   //:.://:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`ヽ:.:.
  |:::::!|   と_ !   | | //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  |:::::||   {ヽ!   | |:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:::::!|    ノ ノ  //:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ヽ::∧  〈  ヽ { {:.//:.:.:.:.:.:.:.:|//:.:.:.:.:.:.:.:
  イ{:::∧_ヽ  \〉//:.:.:.:.:.:.:.:/
/{:::ヽヽ∧  `Y´//

331 ■■■■ :2010/08/13(金) 12:40:08 ID:SschmabA
                      ,. -‐-_v-‐-、.
                  ,. ィ≦::'´::::::::::::``ヽ``ヽ、
                  |::「::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ
                  |::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|
                  |ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|
                  {:::,.-------- 、.,_:::::|::::::〈
                  冫/77!`,.イ: /'ナ‐- 、TTヽ_} 「お姉さまも>>1乙では?
                 /: | /f示ミ、レ' / r≡ミ、ハ :!  とミサカは確認を取ります。」
                   |: /ハ弋り   弋りフ 〉イ、|
                  !イ∧:{    '     / / ∧
                 レ!: :込           /_厂/:∧
                    レ!: V::ヽ  ^  _, イメ: /!: :「`
                 __,.Ⅵヾ:::`こ二-=彡::V jハ!
                「    《:::::::::::::i:::::::::::::::::::K\
               /  ! /::::\__人_::::::::/ | |`ーヽ
                /   Vrく:::::::::::::::::: ̄/ヽ/「 |  ∧
              /    ソ∧ `ー-  _::/::::/__「_L/ ∧__
             /  ヽ〈   ><__}:∠二二}二二] __
            /    V二二二二二二 ̄「(\_,. ┴―
    _,. -‐  ̄`ー┬‐┬┤_ o二、―― _r┴-ヽ\ ∧
  / ̄       rっリ≦二,.-/ r- 、二フr 〈 \`ヽ  ヽ.∧
  |       >/  /::::::::/   二二}彡=ヘ \    /├ 、
  |    >'′ {   {::::::::::{    ―<  j   V ゝ=彡':::|  |
  ヽ_>'′    \  ヽ::::::::::>―‐ァ´ 〈   ヽ \__/   !

332 ■■■■ :2010/08/13(金) 12:43:19 ID:SschmabA
         ミ'                  r‐/゙Y´| }ヽ
        ミ゙              __r'_,.ハ_,し'じ ‘.
        ミ       /    ̄ _,...-r‐V´ / __|
       ニ     / ´   _,...:''´: : : : :|、 ヽ/ . . . ヽ
         彡   / ,..r.''´: : : : ! : : | ,;ィT゙Y´. . . . . . . ‘.
.       イ   r :T´ : : ¬:=/ァ:/|:.:.:/!:/jノ_ | . . . . . . _._.〉  
     _/.イィ   | : |: :i: :/: j://:/ ノィ/ jイ笊!》゙、. . . /:.:.:.:.:`:、
  ,.<´ . . . . ハi  | : |: :|: :!;≠==`    弋:ツ ハ}ト、. .|:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ  「・・・そりゃ>>1乙だけどさ」
/:.:.:. \. . . . . 'ヽ|: 「i: |:i:|、、、     ,   ¨´゙jノ:i:|:|`|:.:.i:.:.:.:.:.ヽ:‘.
:.:゙:.:.:.:.:.:.ハ . . . . .イ:.ハ|: |ハi             ,小 i:|:| `''{ :.:.:.:.:.:.:. ハ 
:.:. :.:.:.:.:.:.:.:| . . / |:.| :|: |"'>、    rァ  ,.イ/:.\iリ  ,.r':.:./:.:.:.:.:.:. 
:.:.:.:.:.:.:/:.ノ_/  .ノイ从/ i > .__,.个 ,.′: ./:7:'´:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.ノ
:._ ィヽ:.:`ヽ_,.x:―¬/: 〈   i  ,.Y´__ ィ/ : . :/:./.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:. /
:.ノ:.:.:.:.\:.:.ヽ.:.:.:.:.゙/ : . ‘. r'´了ーr‐/. : . : /:.:i:.:.:.:.:.:.:. //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:. | : . x、:Y i/   /,.、___,/:.:.:i:.:.:.:.: //
`ヽ、:.:.:.、:.:.:.:.:.ヽ:.::レ':.:.: `| ヽ /:/:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.i:.:.:.:.':/
   ` '' ‐- .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\ i'/;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:./
        `V:.:.ミ、:.-.、__:.:`_;,:.:‐:.:ニ:.ニ:.:=ミ:.i.:./
            }:.:.|:.i:`:'':.:.‐r‐:.:.:´:.:.:|:|.:.:.:.:.:.:.j ,′
          V:.i:.i:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.: //
             |:.ハ:i、:.:._:_人.:.:.:.:.:.:.:|:|.:.:,:.:.':i:|
             |:.:.:i:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:i:i´:.:.:.: i:|

333 ■■■■ :2010/08/24(火) 15:25:36 ID:8tFTsxO6
                         ,  _
                      ,/ /≦三 __
                     , 彳ル'( / /二. ミ≦.=-
                   /″{/         \\\__
              iv{   { \ 、      `  `Z.
                 ,リい   iい\\      \乙
              !{(\、Wi|い}Ajヘ\\    \ `マ
             い `Z^`   、  、ヽ\\\  \い
             {`=ッ{; ___、\j,_)W≧く`\\ 、 )}i  >>1乙である
            _j彡,小;y芥ぅ> {爻弌“^″ ミ≦; ミ小
             {イi从 `i「 / i |    \  }バい〈{、
               {从;|  ;  {|_,     ` 个>.}\( `
              '(!{い i「  ;'` `     (.イiい「`
             ノ{介iヘ|!  , ニ≧:、_   川 !{.八
                ノ;从};. ‘^二二¨  /i;从|《\
                 }iい;.        . / ″}⌒\_
             、`⌒`冖|; `}iミ=- ‐__彡'V     (_
                 \,   }i;. い,`¨  ̄  /   ,  /'⌒
               .》、 ]}》;. ;.    //   ,; /   ,{
                . <″{\}i{い, }i.  '/ __/}_/   /
             /    __〉 (^¬iT^  /;⌒ア^′  /
      _, -‐'´       }い;, |{  .{」 /    /
     /              }|i;,込, {》 .     {
                       `゙''ミ;, }}{! ′      |
                       }{{_j|       |
         .               い]}        ;
         i;                  }}]|        /
         |i;                  ̄       , '
         |li;                      /
        い;.    . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ 二ニ二¨´ ___
         \〉 /   _ -‐               \;
           .{/⌒¨¨¨´                  i
         \`}、                       |
           `}|i,                    」

334 ■■■■ :2010/08/24(火) 18:01:26 ID:8tFTsxO6
            \
                ヽ
                、
                .
     /               ,
    ′   ,    .    i   ′
   .    l    i. !|} l、  .
    ;.   ;|  i  .i| _!J介い  ! 露払いなど>>1乙で十分だよ
    l.    i|  l  ;リ从{」小`{ 釗
    |i. !Wj从j/ }/ ` 从 、 i
    |i|从{イ{`}^        Vい !
    |i|《´乂jツ      `  } 'i }. l
   い、ー‐        ,  川 |i|
  i ; V^``      イ , i.| い 、
  i l .丶  、__ __、イiン /i i.l:|`} }ハ
  | | .\\___ ̄`¨´ 厶j,从!ノ'   }
  | | i〉'´ ̄   ̄`¨´ __, 《 \、_ノク                   . --ヘ
  | V    、       厂`> }   `(                      / ,>r‐r'′, -y'´)
  |iリ     }___、イ^乙¨厶   `                 / /71い¬{ (/
 .ノ.      厂》___,);  `'マ \                      /__{`'¬〈 _〉 }¨` ,ノ
 ノ′    .{Vく___)。\ 、 }   `'v;                , '´  `7ヘ `マ_.ノ¨¨´
 /      i从    ゜ ̄ミ丈__   {            _.{   / ハ  }
 `¨⌒丶_j/ ,》、    }`  、 `7 . \        ∠. ̄`マ   . ___ _ __,ノ′
 __j __   `'¬べc_.ノ    \厶、}  \    {__ `>v′   /\
    `>、__  }\〉 丶   `マ广`¬ーヘ,____、`7 }    ∧  .
   /   `>〈_   ,   ,  //\       _}〉√ ̄ ̄`V  }   ′
      _/'V´}    ,   }V゙_厶          //{八__ ___/厶、  、└ 、
     /{{  ! {__  j _ノ礀 ̄`\ \    /  、 \_ {   \ \ __}
   /  .≫┴冖T⌒;′ |      ヽ. }  j     \  \__  Yて¨´
    //     釗 i   ;         く  〈{          _厶)__ _}  }

335 ■■■■ :2010/08/25(水) 10:42:36 ID:3sRSL0g.
                         .    ̄ミ 、
                   /  /厶     \
                 , '    ,// ミ     \   仲良しよ
                    / ,// /}厶ニ、ミ : : : : : : `ぃ
                -‐ノイ j笊{ ″{ _j^ Y;う} : : 、:ヽ}}  ラブラブなんだよ
             ´    }┬}从j).〉  ´   }ン/!: : :、:\\
         /    __j厶((}八` _ _,,  .イ从: \:\{` ミ=-
 -- 、__  __/     `}.≧zミン>、ヘ.__ ___〔_|{:{:ハ: :}\|` 
      `メく       イ / {_ j「`lイ苅V´ / .`ニユ厶 ___    >>1
    ∠ __`ニ=-≦{/ /  `  〈j」从{./ i/  . -‐<./ }
\,/         /_,厶   ,, 'リ/_,_  j_/ ノ,    \ノ
/    . .  -‐{ン゚⌒´く\__`.イ{′{_ノ  (_{_,く__{ {  ヘ   ヽ、
    //   /     ∨/  .!::...    /\/7マ^⌒\ヽ.  〉
 /{ く  / i {     `>‐z:::::}二¨´__彡'}   }     `ー'′
  /\`Z.   | |\   /      ̄ ̄「 ̄`爪 /
    / ̄  _」.j>‐ヘ       _ _厶   } い′
  /   /  {Y´     \   ___/   /  }}
八.{/|/|/i人)-‐=ニ   }>、 \ \ ∠    .リ

336 ■■■■ :2010/09/01(水) 19:56:22 ID:twnS6Xwc
   、_ __`≧=-  /   / / !.   ヽ.
    `ー=≦/./.:./ / .:/ .!! ; .  \
     __ 彡/.:./.:.:./.:.:.′.:.il:.釗 ヽ.  \
       ̄`ア.:.:/.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:/!!:.:.! .  \
        /./.:.:.:/:.′:.:.i:.〃 il:.:.|, \   \
     -‐'´-‐ァ'.:.:.:.:i:.:._;/|:i{  l|:.:.|i:.  、ヽ.   丶
          /.:./.:.:i:.:.厶|:l|≧;|:.:.|l!:.:..、\丶
      ∠. イ /.:./|:.i|\!;l|{iい:.:|iい、:\. ヽ \
            i/.:.∧|:.i|、`!i「 ̄`ヘト.   \|\{
          /イ/.:.:|:.iぃ  ;    |     `
          〃:/|/:∧ U     }  _
           // /イ.:/ヘ.      `
        ´    |〈;/}\    =−-
             .≫⇒-‐`ト 、     /
            _//   _厶 \   /
       / ̄ ̄`'く  / / /}    ̄´
      /         ∨   ,/: :∧
      |        レ! /{: : { }     /
    /|      :    ∧  !、: \___ _∠. __
      |      :    |/}  い: :、: : : : : : : : :
 /i    |      :    |/  {: し ^〉:-:─:‐:ァ:‐
 ; 、  |      :    l    ∨: :/: : : : :/: : :,
 i  、 |    >>1   !     }: / : : : : : : : : /
 |   |   乙   |.    〈 : : : : : : : : /
 l    〉|        | \   , : : : : : : /
 l   / ∧        |   ヽ ′ : : : /
 |  / . \      /    ∧ : : : /  ,/
,/{ /  ,ハ \__/    / ハ : :/  .〃
 ´  / /; 、\`         '   〉∨ //

337 ■■■■ :2010/09/03(金) 15:32:36 ID:fMcguJvM
                          -‐…‐- 、
                  . ´   _  -‐-、\
                /   ,,ァ7 / / / ∧ ,
               ′ ,ィ/ // / 厶.-┬弋ハ
              {   ∨ / /ィ,ハi|从六ヽ ミ=‐
                   '    V'ィiレ'Tニリ  '乏刈ハ \
                ’   }ハ,ル,4弐    Vソ小 \ \      >>1おつなんだよ
.                /∧  ″}爪r勿   ' " } .\ \ ` 、
                 // 〉  从ヽ ' ' ' ┌く} 人,\\ \  \
                 / / //,ハヘ '≧=-`r< {{_》x. \\ \i__,〉
                  /  //x》ぅv\ニ彡ヘ._,xヘ.」i ヽ \\ \
.            ,., -┘  //_〃、/ ヽ 'vx≪,]」_|i‘弋 !、\\\ \
          //     // {{,入\ ', ゞ</`寸   ‘い, \ ヽi\\
         ,  /    /i/   `⌒’vi | i  \iハ i  ‘'ー-‐¬ノ  ヽ}
.       /  i   / i / /    |i | |  │ | │  }  } h, _  ′
.     /  / / __彡      /ノ_ノ 小 │ | | /   { いノ
     `¨“ 77´  | / _,/     />、彡イ| }   、 ' ∨    ‘ ' |>
.       //  / ̄        ////》ノ'′  ハ ' ヽ    i リ
        j/  ´         / //ハ/     ′', :,     / /
.     ,, 'i              ,〈 i  '/     /  ∧ :,  、 / /
    {  !           /いj>'′     /  /  ':, :,  マ¨゛
   t:∧ ∧         ∧.∨        /  /     , :, ‘,
.   ⊂{ ∨/ハ        / 》′      /  ,ハ    ハ :,  }

338 ■■■■ :2010/09/04(土) 13:05:15 ID:0lEoPIM2
                    .      ̄ ̄ ̄ ¨`''‐-、_
                 /                 ̄ミ 、_
                 /                   `'¬  いい>>1
                 /               ̄ 二 ‐    {  
            ,                    ̄    ∧  
              /                        \、   厶∧
            ′     ,                  ≫近V^い}
           ;   |.    {                  イ{_]|i[)))し' ,ハ
           i   |i     .             ∠}ijル(J|{_〕彡ヘ.∧
           |   い         (___ _ ィ〔_}[i|リ{/) 少{j }}  ∨),
          | 、 \ 、       、_j |《}し'^7i{少}i'^}リ \}   `i》
          礀 \  ` べ. 、  、   | iい {_爪劣彡  冫   }∧
              ! \\_   \\ \\_} ||{く] {厶c ‘′イ      |/ハ
              |  _.>-‐==⇒、\ \`弋いさ)厶 ,___、彳       〈//i
         . `¨´       ̄ ̄ミヘ/>‐-ミ《\}《^¬》)、     〈/j
      _ __/              ` ミ 、__ }}メバ》でi{′}、_ _ __几 _(
     ノ¨⌒'‐-、_                  `  二≧く\}べく,__ _`¬_j ̄ `
            `'‐-、_               __  `  ミヘ.          、
               `丶、              .>-‐= ミヘ          }i
                       〕、          /     --=⇒ 、      .
                 /  \         /    /   ̄ミ〉い      ;i
                 /   ̄ミへ.    /      /      }、〉}    ノ′

339 ■■■■ :2010/09/13(月) 15:57:29 ID:apqb3LlU
                 _
                / .,、ミ、-..、_ ...-=-、
               _|__l--':.:-' '≦-==, .l
          ヽー-‐..::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,イ/
           >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ー-- 、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨`ヽ ヽ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.  | l
        |:.:.l:.:.:.:.:.:从- 、l:.:.:.:| 斗:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:l:.:. ゝ ゝ _
        l:.∧ .:.:.:./了ミ 从 l , -=`≦〉ヽ、: :从::.、 `ー--'
       , - ´_ .ィヽ:.:: ハ l >:ハ     〉:::::jl :/ヽ:./:.:、:.:ヽ
..    / /´  /:.\:リ ヽ::リ    弋:りl:.l.ノ:l:.:.:i:.:ヽ:.:.:l
      ゝ_ヽ ./:.イ:.:/:. :ゝ''''  r‐ ァ  ''''ィ:.|:.:.:.l:.:.:|:.:.:.l:.:.:.l
        /:./ l::,:.:.:./:l:.:.:.7:.ー - ‐- 、:l:.:l:.:.: l:.:..l:.:.:.l!:.:.:l
       ./:./  〉:.:./: :l:../:.::.(,, ( _ , イヽ:.l:.:.: l:.:.:l:.:.:/:.:/
       .:.:'  l:. ∧:.:.l:l:.:.ノーkハ-==Eノ:.:l人:l:.:.:l/:.ィ             >>1乙なのですよー
        l:.l   l:.:l メ、l:l'-、/:.ト丶_.. ィ:.:ハ:.} .l:l/l ´:.:.l
        ゝ!   .ヽ!  V:l .l:.:l ミ/ミx-{:ノ:.l./.l/:/.l:.:.:/
                   ヽ.从リ ./'''''''イ-=、 .l/ //
                      lーl__/ ー '   '
                 イ,,',,/

340 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:38:43 ID:TAbEvNmQ
                         ___
                     ,.-―‐´-二二三ミ`ヽ
                   _,.イ > ァ――_>―=ミ、__`ヽ、
                  // /,. -――>―=ニ二ヽヽ\
              、___/ //  ///,. -ァ――‐- \`ヽ、
            、__`フ__//  ///ヽ. / _,.ィ仁二/ >,ハ
            _>'____二ニ≠/,.イ / ∠_>――// / ,ハ
           `Z二/チV / //// /∠/ X、 、_>__ / //ノ、
            ,〃/ j小{////,.イNr≠≪>、―∠二/,.イヽ | } 「出来損ないのクソ野郎が!
        ヽ==刋/ / //イ /// 乂i! O  ヾ斗彡 '//}N | !/ ここで>>1乙にしてやるぜェ!!」
          〃7/ //イ,.イ{         \ _,〃´_フ / // .//!
          /  レ'イ{ /レ'ヌ、           `ー≠≦、彡' // |
            匕レ'´レ' / 〉   卞-、._    _ j fゥ ̄>イ/ ,.イ!
         _,.. -‐「∧ハ彳/ ∧    V^ー 、`ヽ イ  ヽ、`メイ彡' ,〃
       /  、___乂 /イ/  ヽ.   ヽ:::::::::\ ヽ    、_`>//
      / //  ̄ // /^V    ヽ   \::::::< } `ー/,.彳 ´
      ( /二ヽ ̄ ̄`ニ=≧ _  \   `ー<´ _,. イイ{ !
    //{ {ミ:::::}}  、___ ̄ ̄ ̄>‐'  ̄ヽ-=≦三≧ミ、
        八弋_:ソ /\_____二二/   _,.  |´_ ̄    ヽ
_,. -‐ ' ´ /`X /○/ナニニ==/   /, -‐┴-、`ヽ    ∧
       // \_'/ \     X_ ノ 》'       }ヽ     ∧
         _,. -‐`ヽ   〉 _,. ヘ. \=/   〃 ' ´ ヽ_ヽ.    |
ー//-///  ∠ >‐'´ └‐,┐=|   /   ,. '´  Yi   |
   ///   //      / |  ヽ_,イ   /  、,. イ !   /
  ///   //         ,.ヘ     !__,.イ、_ / ./ /  /

341 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:39:28 ID:TAbEvNmQ
     ,/: : : :         : : : : : \__              } {   __/}ノ}/}   〉′  __       }  \
    /′: :      \  : : :、: :〉:`ヽ.____      r‐く )/'⌒¨´     { ,ィ「ラ / | 7¨「` 、. |   ヽ
  )V″:i: : : .    ,    _.>'⌒'1: :}: : : : : : : : :\  r-く`ヽ_)く           イ |厶L/ .|∧_,」Lヽ「\__   i >>1乙なんだよ
/: : : : :i: : : : .   / ̄ ̄   ,∠};厶: : : : : : : : : : 「`ヽ \_}く }       '⌒7i'炸{:}う    炸:{:と,! ト、〈,   |
: : : : : : :l: : : : : : /______ 、イ≫x,_ 、≧=-: : : : : :r≦,\}¨く  ノ       / iノ弋ソ ,   弋しソ}八 \   !           人`ヽ,
: : : : : : :|: : : : : //三≧ 、 V/ }}、 \: : : : : : : :  ̄`ヽ.   }イ       / i' `¨       ¨¨  |{    |             {  `7
: : : : : : :|: : : : /{{ ̄ ̄`マ\ } __,ノ{,小V ヽ: : : : : : : : : {__ .}  |、      ,  }, ""  、__,    "" !|    .八            \》》
\: : : : : : : イi^ii≧=--   `  ``∨ }ハ}⌒>、__: : : :_,ノ,」_/ }、     _」   /人            ./」、    \           }ノ
'⌒>、 : : 〈_.厶V!!``/マママママ^}ノ`て__jー'′{二二´=≦__,ノ }  /  | ./厶Li> ..__   __, ィT¨「 ∧     ヽ         ({
`'ー'^'く:_:_)`7^い、_{_,ハ,ハ,ハ,ハiへ./ハ  ___|  , -‐ ´ ̄  |/    ,L/{ 〃 ,イ{/}二.='升, ト、 ノ/ |\     ハ        r‐'v⌒ヽ
      く  iア^7べ二ア^⌒` ,〉': : } //∧/      /{'¨⌒≦//({二/ .| ヽ  フ´  ノ ,}/_}).i  \   {        }ヽ._)⌒L
        {{\〈  ' / ,){   ./: : _;厶//フ´       /   | ̄`ヽ__ノ ヽ|/ ({二二})  / / //`ヽ.   \  \        {  {_/ __}
  、__ ____}廴).>、__ イ,ハ __彡)_:/:/: \       ¨´   {〉    \   '   }/ヽ,/ ,/({二二}) \  ,)   }  _ /  (/ ,ュ}

342 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:40:34 ID:TAbEvNmQ
          ___
       `>   ̄ ̄ ̄` 、
     /           \
.     /       l         ヽ
    /イ    ,/ \トゝ      l   >>1乙ってミサカはミサカは言ってみたり
   ' l  /, /ハ.      il   l |
      リl レl lェニヽ.  l   ハ l.l |リ.     ,-―-、
     |ハ.|ノリ_  ∨, | /ヽ.l ll l       {_}  > ―― 、
        l      リレレ' __ノ リレ.         /: : : : : : : : : :\
        ゝ -__リ-<トl /.           / : : : : /ミ: : : : : : : .
          /v':/イ:::::=ヽ        /: : : .;∠  ミ : : : : : : l
           lo:::::::::::l___|.        !,イ: :/ {゚リヽ  ミ-、:l l: l:.|   
           |l::::-ニニヘ  ',            ∨ 、,、,:::  ζノ| |:.|:{
           |lo::::-ニニヘ  ',.          ゝ __ ノl: :,'.:|リゞ
          〈:o:::::-ニ/ /            ,r≦   从|从
          「フ ̄¨L∠l            〈< ̄     ト、____
          /   ノ                ( }  `     \    /
.             /  ,X´ \             ハ                |
.          /  '   \ \.             / |              _ノ
        r=、_/ ./    \,ノヽ          ./  ハ     __,ノ´
       ヾ=、ヽ/       》_ノ         \/__l__,ノ   〉〉

343 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:41:02 ID:TAbEvNmQ
      _   ト、     ト、
     \::`ヽ!::::\`ヽ|:::ヽ
 ヽ二二二ヽ:::::::::::::::::::::ヽ:::::\ /!
=ニ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\ | | /|
<_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<`ヽヾ   V レ'!
 ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-=二    / /|
::::::::::::::::::_::::::::::::::::/二≧-`ヽ、  レ' /
::::::::::::/〈りフイ::/  ≧ミ<::::::Z_   /イ_,.
::::::::::::| ヒァ'´ レ'   ヾ じハフ/,.イ、_/
::::::::::∧_`         `ーフイ::::::∧ \_
::::::::::::,.イ      ,. <      >//小 ̄´   >>1
__∠ \   く`^' 、,\   イ::レ!:Vヘ ト、
::::::::::::>..、`ヽ、 `ヽ   ヽ.  从/:::/ ヽ!
:::::::::::::::::::/        \^/´,.イイ∧/
::::::::::::::::/ ヽ          ,.' レ′
:::::::::::∠.,  `ァ‐-  ` ._/
:::::::::::::::/  /
::::::::::::/ //:>.、
:::::::::∧/ /::::::::::::::>
:::::::::| \::::::::::/
:::::::/\__j:::::く
::::/   |:::::::::\

344 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:42:31 ID:TAbEvNmQ
             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |    やれやれ>>1乙なんだよ
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |   
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |   
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧
  ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',
                   -―――- 、

345 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:44:52 ID:TAbEvNmQ
             | :.|   / ∧_| V-i、 ` i ,′   | _|___ヽ.:.:! |!  !  ,′  |:    |  |
            ! ハ 釗/ネ弐三ミヽ  Ⅴ    i 丁 ¨ T ト j_j | .′  |:    |  |
             i ハ::Y !イi |0f::::i::iヾ       ハ|ー 、| :! | |\|/ ! ,   ト    |  |
           V {::|:!Ⅴ  ハ:::r:j            ,.≧三zリ 、| i ∧∧!   ! ヽ | /
             从! ゝ 弋(⌒′           ´勿::::::::::: ミ:.V  |釗   |  ⅤY
             |.:\   ` 一           ∧o :::`:.:.|:ハ_ | ハ  |   ト .ゝ      >>1乙なんだよ
             | ::i /////                !八:::::ノ.:.ノ `l| | V从  ハ:.:.:.:
             | ::|          ′       弋zに⌒  人 |    V⌒Yゝ:.
             | ::|                  `'ー -       |     !⌒j |:.:.:.:
                 ィ|八                    /////  |     !_ノ,人:.:.:
             人i! :ヘ      ヽ                     /    |イ:.:.:.:.\::.:.:.::.
            .イ i| | :.:.\         ──一             /|     ||:.:.:.::.:.:.\:.:.:
            /ィ! j!ィz  .:.:.:!:.:\   `               / /:|     |:从:.:.:.:.:.:.::.:.:\
         ((__ノノ |: !  .:.:.!   \               ..イ /  ::!     !:  \:.:.:.:.:.::.:.:.:\
           ` ´||! :.:.:|     |` ー‐ 、‐──…  ´  ,/   ::|     |    ゝ _:.:.::.:.::.:.:.:
              人 ヽ | :.:.:!     |   |  `ー‐─一…・'´      .::|     |   /    `
            /  ヽ| ..:.:. !     !   ∧                  /ノ    !:/

346 ■■■■ :2010/09/20(月) 00:45:57 ID:TAbEvNmQ
                  _ _
                ,  ' ´  ‐' ヾ` ̄ 'ヽ、
    、   、 }  /  /  ,x- / / // ̄ヽ、
ミ、 \、\\ヽ }' //'"  '"´/ / /'´ /.//, 斗ヾ,、
{ 、ヾ、   ヽ、//'"     /'//// ィ' //    /、/!
.{、l ! !    /  /   /  .// //! / //  / }/ }、
ヾ } {/    / _.//   /./  .// / //| //  /.// ! }
ヽゞ}{  /::|/ }   / /  ,イi / // .! /  //! /! |
 ヽ  {:::::/{  / ! {  {.   ||./ /´ ,| / // ///! }
  ヾ {:::::::/|.//| ! ∨  /  l/ ///_|.|/'" /' ///! !'|
  \ヽ:::::::/|//'i ! | ヽ | ./ { /'/./~>x、,イ'/ ! .///! i i
     \::// | |/! ,イ i | 斗'"/l弋 ィッ ;`ヾ/'///'/ l/!
`     \:|''"|'::::| //! l | |/ .{ |'   ̄ /゙r::'"/|/// i!
       ヾ}、::::/// !! i i ! /        {:!'//'!// i'
>-  \、   ヽ::/'"|ヽ| i ,| |       、_,, ゝ.!.! |/
- ,z__ _ヽ    メ:::/'::::∨ l | ~''三'"/,ィ/.{ |'       もォAAの種類がないンだ。あまり俺に>>1乙させないでくれ
'" ''" /-/ ,ィ‐ ミ、:::::: ヽl |`゙'' --'´//'| |
、x‐== /´//彡//!ヽ:::::::/| .i::::::::::l -‐/ |.i
.}} |::     {´〈 /|// ∨:/:::|/:::::/ ==-. レ
..}} i:       ∧ ' ∨ ∨::::::::/  ミ、-、"
. }} i:       ∧  /! 〉::;x彡ヘ |ミ ヾヽ`
. ト、         ∨ //:/   /   }、
/ヽ 、        {//:/  ./     / }
  \、       |:/ x、"      /::  {、
    ヽ 、    /ィ‐/   `ヽ \     //、
    //  /'" / |      ∨     //  \
    //  '     |      `ヽ    /     \

347 ■■■■ :2010/10/02(土) 10:19:22 ID:GV3zo07A
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .
                     \O/      新スレ 
                     ―l|l―       『>>1乙』投下       
                     /|| \

348 ■■■■ :2010/10/11(月) 19:50:44 ID:QU2ucZb6
   {....:::-‐===‐--‐.:::::ハ'    _, \: :\:ヽ: :ヽ!: :/ ‐゙|ミミミ;/,ィ/ ヾ: : :ヾ|__
.     〉..:::::::::::::`ヽ:::::::::i{:::::::}==r‐‐‐、,,,\、: : :ヽ: i: :{ 、 /|ミミ/ "` 、 ヾ: . j    `  、      カッコイー! 一皮剥けやがって
  ∧/::,.-‐==ミソ.:ノ:::ル≦ノ   {乂. O ヾ \: : i: !: .:y-' ヾ"   ,\.|  |: /  、 、   \ィ⌒ヽ   惚れちゃいそーだぜ>>1乙……!
 〈-‐彡' -―┐:::::::ーァ.:厶リ   乂 ` ‐' /_ 〉、i//´       {ο}| j /'   i |     Ⅵ  }
/.:::::::::::::__.::}:、こ二Yrリ/      ` -ィ―{~o )'〈    ,、    `´ " ,/ i  | ノイi i 、   ハ}  |   プッ、ギャッハハハハハ!
>:ー=f´(rリ ノ.:::/`ヽ:ー'{              {ヽィ゙  ト、    i ヽ、  _   |'" j |ハ i |  || |  ! . |i  |   良く立てたじゃねえかー お利口さぁンwww
`ヽ:::::::`フフ´:::::/   |::トリ 、_       、  `> \| ヽ  ヾ、\ "_j i/リ―i从i リ |ー| | |i  |
_/.: `ヽ._ノ::ノ   |::|/  V - 二 =‐- 、 /!: : : ハ.     ヽ\ツ/!  |r,zュtr、ハ  ハムrャ . | |i  |   スレを立てるのに>>1乙はつきものだ
:::::::::::::::::::: 厶(_   {::|   V‐、-x:::>..、 ) /ヽ.: : :|  \   /r'八 j ゙丐ソ   ∨ {iソ イ ハji  |   君には今後も期待しているからネェ?
r‐ァ==ニ´.:::::::::::`ー-ァ'   ヽ、_ ヾゝ::/ /  ||: : :| /.、` ‐゙ 八 ッ \ `¨´    ¨´./イ  |  |
{ 「(:::::::::::::::::::::::::::: し:::}:\   ヽ`ー'' /   ||: : :|''゙i: : : :ヽ     `小、 u       '  八   |  |   大丈夫、>>1は欠陥品。
:::::::`::ー-=  :::___::.ィ゙:::::::: \    ̄/  .__||: : :|.、|: : : : :ハ   ,.r'|  ヽ、   -‐ /    |  |   勝手に乙されるなんてあり得ないもんね。
:::{:::::::::::`::ー―=彡:ノ :::::::::::::: >‐/     i   |: : :i: :|: : : : : :| ィiⅥ. \   > .__/`7ーュx 、 ノ  |

349 ■■■■ :2010/10/14(木) 11:31:47 ID:dkP7RCag
               ,  _
            ,/ /≦三 __
          , 彳ル'( / /二. ミ≦.=-
        /″{/         \\\__
     iv{   { \ 、      `  `Z.
      ,リい   iい\\      \乙
    !{(\、Wi|い}Ajヘ\\    \ `マ
   い `Z^`   、  、ヽ\\\  \い
   {`=ッ{; ___、\j,_)W≧く`\\ 、 )}i
  _j彡,小;y芥ぅ> {爻弌“^″ ミ≦; ミ小
   {イi从 `i「 / i |    \  }バい〈{、 ただで済むとは思っていない。それは私も、貴様も同じである
     {从;|  ;  {|_,     ` 个>.}\( ` だから、貴様はヴェントに死ぬほど>>1乙して、私にも>>1乙して、
    '(!{い i「  ;'` `     (.イiい「` テッラの墓の前で涙を流して>>1乙を乞うのである。
   ノ{介iヘ|!  , ニ≧:、_   川 !{.八  そうすれば……
      ノ;从};. ‘^二二¨  /i;从|《\  そうすれば、私達はもう一度『神の右席』になれるのである。
       }iい;.        . / ″}⌒\_  必ずなれるのである!!
   、`⌒`冖|; `}iミ=- ‐__彡'V     (_
      \,   }i;. い,`¨  ̄  /   ,  /'⌒
     .》、 ]}》;. ;.    //   ,; /   ,{
      . <″{\}i{い, }i.  '/ __/}_/   /

350 ■■■■ :2010/10/14(木) 11:33:40 ID:dkP7RCag
            ∧/V)_ ノヽ、
         /⌒)<  (⌒´ o`⌒Y)/〉
      Z7´ o  ノ个(__人  八)^⌒)ー(_
     くて  人_)(人__厂乙(_ °´)r'て
  <⌒( /^フ   >∨:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒勹(⌒)フ
   〈 /`o  〕〜┘:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::Vーく>
   厶>    フ::::::/:: /::::::::: }::|:::::::::::i::::::|::::::::::ヽ:::::::ヽ
 ∠ィ(_(∨)/:::::::::i:::/:::::/:::::::::|:::::::::::|::::::|:i::::|:::::|:::::::::ハ
    |: }(ノV::::::::::::|/i::::/:::::,'i::::|:::::::::::|::::::|:i::::|:::::|:::::::::::::
  _厶匕.イ|:::::::: i::| :|:/\/ |:/|::::::::::i| ::::j:ノ |:i: j:::::::::|::j
  乂_/::j:|:::::::: |::x≠示≧k_,|_::::::::ル≦=ミxリイ::::: /::,'
  ∠:_:::::ノ:|i::::::: 爪 ,う//i ヾ   ̄ う//j Y/:::::/j:/
  <:::::ノ八:::::::N 弋:::ソ     弋::ソ  :::::::// ただで済むとは思っていません。
      了\ ヘ:八    `       、  `  厶イ  それは私も、あなたも同じです。
    乂}:::トー:、               /    だから、御坂さんは白井さんに死ぬほど>>1乙して、
      厶ノ:::イ::\    /^  ー:ァ         私にも>>1乙して、あ……佐天さんは別よ。
      ⌒ j/} 丶、 ゝ   ノ  イ       そうすれば……
          // 八   > __.. <}∨       そうすれば、私達はもう一度『行間』に戻れます。
     /: :/ : : ∧    / }: : j八         必ず戻れます!!

351 ■■■■ :2010/11/04(木) 10:36:09 ID:y3IpBqUM
20 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/04(木) 10:30:40 ID:5uytv0a/
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/. : ′ |:.i: |:/. : : : .\   |::::/
         .′::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/: : /--―|十i'|: : : : : :|│.、  |Y
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l: |:.:.厶=ニゝ.|∧|'l: /. : ∨ |: :l:\!:|
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l: l≪ ん:バ`   |/|: : :/\:./:.:|:.i::|
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ !   弋zツ  . . :|:ィ芹ミメ|: /:∧!   し、シスター・ルチアぁ、
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:∧  ` …‐ . ; ; ; ノ' ん:} }l/:/.!: :\
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::/: .′          , ゞ゚' ". :i': :|: :厂
          |:::::::::::::::::::::::::::::::/.!:.:|:             ¨` ′:.|: :.l;イ   >>1乙との不用意な接触は避けるようにって・・・
          |::::::::::::::::::::::::::::/l :l: :|.        ____    l: : /|: //
       ハ::::::::::::::::::::::/:.:l: l: :|::..       (__У     八/:::!.'/
.       /::::::\::::::::::::::/: : l:ハ:|`:..            イ:.:/::::::/
      /:::::::::::::::::::::::: /: : :ハ:乂 ̄`Y .. ___.  <::::::|:/.:::::厶-―<  ̄ ̄ノ
.      /::::::::::::::::::::::::;.イ´: :.`ヽ: ヽ: : . .| /-ァ |: : : : : :l::::'::::/-―=ニ、 ヽ ̄
     /.::::::::::::/ ̄ ̄乂__: : : : : l、 : . |///、乂: .、: :.l::::::/ _..斗- . _)‐',.-、
.    /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::Y: :`ヽ:ハ\: : . /゛. Y: : : :Y:ヽ/ ー‐ ⌒)" ̄ ノ
   /.:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|: : : : i: :.|        乂__: : :_/  ィー<´. . .r"´
.  /::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::乂: : : : ノ、        |: ://   . : : : : }. . .

352 ■■■■ :2010/11/24(水) 01:26:53 ID:s/k1u78Y
>>950がその足元を強く踏みしめたかと思うと
轟!という爆音と共に新スレが立ち上がった。
周りでその様子を見守っていたスレ住人は
「次スレよろ」の一言すら上げる間もなく
その衝撃波でレスアンカーは>>の字に折れ曲がり
肺の中の空気を全て吐き出した。
 「ごっ!があああああああ!?」
しかし、それすらも>>950にとっては単なる副産物でしかなく、
その真の目的はわずか1分にも満たぬ時間でのテンプレの展開と
音速を軽々と超える誘導、そして新スレで>>1へと進化する事にあった。

ノーバウンドで>>30ほども乙AAで吹き飛んだスレ住人は
それぞれに驚愕の表情を浮かべ、朦朧とする意識の中本能的に己のすべきことを理解した。
――前スレを埋めなければ。一刻も早く…

まっさらな新スレに降り立つ、もはや>>1への変貌を遂げた>>950は悠然と言い放った。
「そういえば自己紹介がまだだったかな。
 俺はラノベ板所属のスレ立て師、爆速の>>1
 魔法名は“長き針がその歩みを進める前に(Thread0060)”」

353 ■■■■ :2010/11/26(金) 00:03:11 ID:/4LCkDXQ
            _,. -‐====‐- ._
           /            `丶、
          /     テァァx_t===‐-  .ハ
        /       了 ̄           `ヽ
        ,'        {            |
                ハ>-;‐─‐-yxー-、__」
        }       〈// x孑7フ厂}八}i ! }}`ーァ     _  -, -──‐-、
         亅         ,イxァ'ぅ丐ミ   / 代トN Y,     / /: : : : : : : : : : \       \\  /|    ー─ァ
          i         |/{{ トiしリ    拆トY } }   /  ' ___: : : : : : : : : :ヽ        .> .>   |     /
.       |      / {  ゞ='’    kい レ1イ  /   /:::::::::::::, '' ゙̄ヽ: : : : : '..      //  _|_   (__」
        八     /  ! ''       '`¨  }i |/'´    |:::::::::::::::{::::::::::::::}: : : : : :| 
      /  }    /7! {        /⌒!r‐'了        |:::::::::::::: 、::::::::::ノ: : : : : :|
        {     イ/小 iト、    / ∨.|::::::|        ∨:::::::: '´ ̄: : : : : : : :/
       人   / !ト、j } { `ヽ、 `ー '.<'_::::\__    \'´ : : : : : : : : : : /
.    /     / 礀 `|!ニ=イ)`TT´ }/|::\>N、 l¨'''¬ー- 、 _____, '´
    /           | v-ヘ {ミ辷乃 仏イ/厶レ' :/ 二 >

354 ■■■■ :2010/12/09(木) 14:51:50 ID:HZfSOnOo
科学と魔術が再び交差するとき、物語は始まる――!
TVアニメ第2期シリーズ『とある魔術の禁書目録Ⅱ』 2010年10月より絶賛放送中!!

                ヽ
                、
                .
     /               ,
    ′   ,    .    i   ′
   .    l    i. !|} l、  .
    ;.   ;|  i  .i| _!J介い  !
    l.    i|  l  ;リ从{」小`{ 釗
    |i. !Wj从j/ }/ ` 从 、 i   私がアニメに出る予定がないのは仕方ないが、
    |i|从{イ{`}^        Vい !   あの熱血馬鹿や乳女ばかり優遇されるというのが気に喰わんな。
    |i|《´乂jツ      `  } 'i }. l   ちょっと八つ当たりに>>1乙させろ
   い、ー‐        ,  川 |i|
  i ; V^``      イ , i.| い 、
  i l .丶  、__ __、イiン /i i.l:|`} }ハ
  | | .\\___ ̄`¨´ 厶j,从!ノ'   }
  | | i〉'´ ̄   ̄`¨´ __, 《 \、_ノク                   . --ヘ
  | V    、       厂`> }   `(                      / ,>r‐r'′, -y'´)
  |iリ     }___、イ^乙¨厶   `                 / /71い¬{ (/
 .ノ.      厂》___,);  `'マ \                      /__{`'¬〈 _〉 }¨` ,ノ
 ノ′    .{Vく___)。\ 、 }   `'v;                , '´  `7ヘ `マ_.ノ¨¨´
 /      i从    ゜ ̄ミ丈__   {            _.{   / ハ  }
 `¨⌒丶_j/ ,》、    }`  、 `7 . \        ∠. ̄`マ   . ___ _ __,ノ′
 __j __   `'¬べc_.ノ    \厶、}  \    {__ `>v′   /\
    `>、__  }\〉 丶   `マ广`¬ーヘ,____、`7 }    ∧  .
   /   `>〈_   ,   ,  //\       _}〉√ ̄ ̄`V  }   ′
      _/'V´}    ,   }V゙_厶          //{八__ ___/厶、  、└ 、
     /{{  ! {__  j _ノ礀 ̄`\ \    /  、 \_ {   \ \ __}

355 1乙ではないが、一応保存。 :2010/12/09(木) 22:00:16 ID:jIv0vFOQ
             , '. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .{     テ  テ
         /. / . . . . . . . . . . . . . . i. :i. . . . . . \. .:〉     ク  ク     〈
          .' ./. . . ./. . . . . . . . . . . .|. :|.:| . . . . . . ∨     マ   マ      }
        . ..′. . .′. .i . . . i. . . . . }. :}.:|. . . . . . . .{     ク  ク     〈
         i. i. i . . i. . i l . . . l . . . :7.7.:T. . . . . . . .〉      あ  あ       }
         |. |. i . . l ,.イ「 ̄.|. . :/.,x:==|=. . , . . .从     わ  わ      ,
         |/|. i . . l i. .!.| /|./| . :/}〃   |. . /. . :/. . 〉     き  き     〈
         {⊆三⊇} !.i./!仏=ミl/     ////. . ハ. .{     ん  ん     }
         |//////|:爪〃    ,        |/{_; }.人     ☆   ☆     ノ
         |//////|:!.;∧ ///   __, --ヘ     _.ノ〃´廴        /⌒'ー'⌒'ー'⌒
        ∨////从{. ハ    ∨    }   ∠〔__{{. . . .Ⅵ        / シ    .こ
        {三三;}  \{人     .,__,ノ /.:.:.:.:.:}_}} . . . |乂_____人___{  ョ か の
        |///|_____.≧: . ,___ ...イ{:.:.:.:.:.//: リ . . . L,,      〉 タ  ぁ 光
        =≠|///|\. . . . . . . ./.:.:.:.:.\:i人__:厶{/. . . . .}:.:\     {  に わ で
   〃 /. .(`'ー一  マニ7⌒T^T⌒>.:./.:.:.:.:(_/. . . . . . ノ.:.:.:.:.}     〉 な .ゅ .一
   {{/. . /{`     '、人:.:.:|:.:.|:.く;/.:.:.:.:.:./. . . /. /.:.:.:.:.:.人     {  | .い 方
 _/. . /. . .廴____, \\:.:.:.、. ゛⌒¨¨´. . . /. /.:.:.:.:.:./.:.:.:}     〉 .れ .♪ 通
 . . . ./゛⌒¨´ {_ ___,厶   \:./ . . ,.-‐=≠´. /.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.〈     {  ☆   行

356 ■■■■ :2010/12/11(土) 20:44:32 ID:Ng7niQ6A
  【オメガ>>1乙】

             //´ 厶-‐ァ==‐-   _{       \
               /厶匕 /}∧}Nヽト`ト }/´\      ヽ
             ∠7 'ア`く  / }l⊥l」j_j∧ノ}ヘハ       八
           /!ハVアハ   ^Y ノ、ハ八  ∨i.       \
            Y  从ノ{ i/ノ,     ` ー' ′V  Vヘ         \
         |  /∨             V  V }、         ヽ          __
         l// {   r──┐     (ヘ  〈//ゝ、    ヽ  }   -‐ァ=≠ ´__  `ヽ
\ _____/イ ノ 八   〈______,ノ     ´彡、 ∨//}      >‐ァ'´__,∠ _  /  )   }
  丶ニ二ニ> ´ /   \       __∠丁ヽ ハ ∨/   ,. <斗匕ア´∠ア⌒′ /___,厶 
    ` < x<   ノ  r≧=-_ -‐ ´  r‐┴、/ハj ノム ´ /  //⌒ソ    (\: : : : : : }ヽ
       `ヾ--</ ハ{r<つ -‐ ´ ̄ ̄厂 / イ´    /   /: :/ ,   、     ヽ{ : : : : ノ: :}
            V   {>{ァヘ{`彡'′    /  /  }     ,′  , : :′{    }    /  ` <: : : 人
\         〉/ r ○ 〉′       〃   /  lリ     {    !: :i⌒ヽ        ミ: .、 `く  ヽ
_ > 、 `ヽ.  /  j  , '            / / 、     、   : :',: : :.丶 ⌒\ヾ\ \:ヽ_,ノ
    ̄ ニ=- 〉'′   ∧/      ト、     //   八    丶  、 \ : : >‐-、`ヾ:.、ヽ  Y
        /    //|      |: :丶   .iイ/⌒ーヘ    \ \: :\: : : : : :\_) ) `ー′    ′
.       /  //:| |      |: : : :〉─|.|      \     \ \` ー──‐' ´
  -‐  j/// : : | |      ∨ /   ! 、       > 、__ヽ  ヽ            /
     ,∠/ィ´ : : : : | |         〉′   丶 \    _     |\ゝ ゝ、          /
__,∠ イ   .l: : : : : : | |     ', /  ,ハ  l| 〉、 `二ニ=≦、`   |  ヽ`ー--≧=- -    ´

357 ■■■■ :2010/12/12(日) 17:47:29 ID:2/qk5zWY

                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ >>1が何でも思い通りに出来るってなら
                /(  )   
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた新スレをぶち乙す

358 ■■■■ :2010/12/12(日) 17:53:37 ID:2/qk5zWY
                                                 、トハノl/lィ
                                                <::::::::::::::::>
                                              _  ´7:ハト从::〈  _   いいぜ。
                                            / ,_ メヽ八 __ ノ'`-く  \
                                           / / </ Y/{ニト、  〉^ヽ  、
                                          r' 〃   /V^! ∨= 〉- '   \ ー、
                                          //ハ!   { /  l   | __      }ハヽ)
              >>1が何でも思い通りに出来るってなら、   `    / / |  -|! /:.:.:ヽ     ´
                                    、ト、ノ!/lハ    / / 人  .|_/.:.|.:.:.:.|
                                    <:::::::::::::::::> 'く /  {\ /:.:.:.:.|.:.:.:.|
                                       从::::ハl::八  >    |.:.:.ヽ{.:.:.:.ノ!.:.:.:.!
         __               _、ノトハ<,ィ     _  -くヽ__,イ> イ     |.:.:.:./    l--r'
        く` `ヽ              >:::::::::::::<     `メ、  .!V7Y/ {|       |.:.:.:.!    〈Y´!
        ゝ'^ヽ \_、ト、ノlィ_,      `7!ハト、lノ 三二= /ヽ ´{  {||  |     |.、.:.|    弋=)
            \ \:::::::::::>        _ヽ__ イ ⌒ ヽ /    < =||--ヘ_    |.:.:.:.!
             }__}'l从lハ!  _人_  〈 \ト}} !人!   三二=.∧ /.:\   l--r'
            <  / 、__/   `Y´   ヽ/ \ .|ヽ \  /.:.:\/-∨-、.:.:.ヽ 〈YY}}
            } ./__ //!_         } \ \ .\\ 三二=  /.:.:/   乂乂
            { -' {://'  〉      _人 、\ \ {,ヘ ヽ     /.:.:./
            ∨ {/_ _/!     /.:.:.:.:.:.:.:ヽ'.:.:.:.{.ヘ ヽ `ー'   /ミヽ<__
             〉/ /' /    〈.:.:.ヽ-‐ ´ \.:.`ー'       ゝ-へ、__)
          _/YV´ /--〈      \.:.:.\     \.:.:.\  三二=
          ゝヘl/7´ ||  ∧      _メ、:./}     \.:.:.\
          ,メ、  /-‐:.、 }     /}}___ノ      _メ、.:/}
         /.:.:.:.:>'.:.:.:.:.:.:.:.〉)              /}}___,ノ
       /.:.:.:.:.:ノ!.:.:.:.ヽ.:/
      /.:.:.:.:.:/  \.:.:.:\       まずはそのふざけた新スレをぶち乙す!!
    /.:.:.:.:.:/     \.:.:.:\
   /.:.:.:.:.:/        \.:.:.:\

359 ■■■■ :2010/12/18(土) 14:12:10 ID:hXEEO14.
             ,,,、-''"´´´ ̄ ̄```ヽ
         ,,、-''"    __        ノ
      ,,、-'   _,,、-''"´ ノ     /
    ,/   ,-''´  ,,、ィ''     /
  /    / ,、-''"      ,,ィ´
 /     `''"´       ,,、ィ´__
/          ,,ィ彡´''´   ``ヽ、
ゝ、____,,,,、、--'''"´>           \
        /               \
       /              \  \
       /    ',             \  \ 
     /     ',              \  `ヽ、_
     /   /.  ハ   ヽ__,,---    \ | ヽ  \  ̄`──-
  .  /イ  __l__{ .|  ', l ,-''"_ヽ__ヽ     \ ヽ   \
  ./ |   | _ゝ   リ ィィ''てびミ\ 彡,,ィ、/ヽ  ヽ .  \
   .  |  |  ',r'Y5ミ 丿   ゝ=イ ! .ヽリ  Y/     ヽ   \  
     ', ..|  ハ ゝ_)     `- '   〉 /      \\   `ヽ、   
      ',..|   lゝ  ィ         ,,イ        ', 、   ヽ `ヽ、_
      ',', ノ 人   `       / ハ         ', \   \
       乂  .\   ─-   / / //  ヽ     ヽ  `ヽ、  `ヽ、
             >    < / /   \  \     ヽ   `.ヽ、_ヽ、
              ', ', `´  ヘ { {     /ゝ----、    ヽ      ``ヽ
               l l   r' 〉| .|    / /   \    \

360 ■■■■ :2010/12/31(金) 13:17:23 ID:bOJXDDeY
                    ´        ` 、
                   /           \
                ,.ヘ.__    二 ー    ヽ
                   /    .:/   ̄ ー -     ‘,
               / .:/ . .:/ ∠三ニ=-     ァ=-z ヘ
             _ノ .://:/   ,斗ミ ヽ     /ァ=ミ  ,八
             ヘ . :レ‐v′  《ゞソ       )ソ》 ト、:.ヽ
              ヽ:| い     ¨´       `¨´  |爪'´
               ヘ、!        c  ァ      {ノ  >>1乙なんだよ?
                 Y   /            、
                 ,小 ヽ iヽー――――‐ァ) ノ
               /、::ヽ    ` ー――― ´ /
            ,.≠´ |  ∨::::> 、     ̄ ̄ <j
           /     l   ∨:::::::::::>i  ̄ ̄ /∧
           /     i    \:::::::::::::〉   /:::::i i\
          /       |     ヽ:::::::::\_/::::::::| |  \
      ,/        |      ∨::::::::::ヽi:::::::::::l ヘ   \
     ハ            |         ∨::::::::::::i::::::::::|   ヽ    \
      / ヽ        |_____. ∨::::::::::|:::::::::|   \   \
.     /   \            /  ∨::::::::l:::::::::|   /     ヽ
    i     ヽ    i     /      ∨::::::l:::::::::!   \   i  i
    |      ∧   /     /       ∨::::|::::::/    /   |   |
    |         i /      \.        ∨::|:::/    /.    レ  |

361 ■■■■