板情報 | コンピュータ ]

デジタルカメラ総研 会議室

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 各種おぼえがき(73) / 2 : 雑談など その8(148) / 3 : 【APS-C】ソニーEマウント総合スレッド【35mmFF】その2(28) / 4 : どんなクルマに乗っていますか? その2(349) / 5 : ソニーのα7RIIIのボディでニコンのシフトレンズPC-E45mm(2) / 6 : 新型が出ますね part5(482) / 7 : ストロボ(303) / 8 : 【ミラーレス】フジフィルムX Series総合スレッド【レンズ一体型】(183) / 9 : Raw現像ソフト(6) / 10 : ニコン機CF(コンパクトフラッシュ)の終焉?(8)
11 : 【ミラーレス】マイクロ4/3総合スレッド【一眼?】Part2(265) / 12 : 目測シェア(19) / 13 : 雑談など その7(497) / 14 : 【ペプシ?】ソニーEマウント総合スレッド【成田?】(494) / 15 : アルカスイス規格のクイックシュー(11) / 16 : 最近のレンズへ苦言(10) / 17 : 雑談など その6(500) / 18 : ZeissとSchneider(3) / 19 : またキャノン党になりました(39) / 20 : コンパクトデジタルカメラ(139) / 21 : 新型が出ますねpart4(490) / 22 : 露出モードの操作性(103) / 23 : どんなクルマ乗っていますか?(500) / 24 : 雑談など その5(500) / 25 : ニコンD4・D800 / D800E(454) / 26 : 写真のブログを始めました!(2) / 27 : どんなクルマ乗っていますか?part2(53) / 28 : 3D/ステレオ写真Part2(1) / 29 : 新型が出ますねpart3(500) / 30 : 雑談など その4(500) / 31 : 充電池の持ち具合は通常・・・(34) / 32 : ライティング機材総合(33) / 33 : ペンタックス645D(仮称)(15) / 34 : D700(114) / 35 : 【ミラーレス】マイクロ4/3総合スレッド【一眼?】(500) / 36 : デジカメ画像編集用のモニタ(73) / 37 : フォトマスターについて(82) / 38 : 【マイクロ】OLYMPUS E-P1【一眼】(79) / 39 : Photoshop(106) / 40 : デジタルカメラの画素数は誇大表示(15) / 41 : ミノルタの凋落(35) / 42 : D3とD2Xを比較する(44) / 43 : 新型が出ますねpart2(500) / 44 : 雑談など その3(500) / 45 : D700延命策(80) / 46 : 【かんたん写真塾】(4) / 47 : コンデジ遠隔撮影について(8) / 48 : α900について(164) / 49 : DX-17-55とVR18−200について(21) / 50 : 【ユニット】リコーGXRスレッド【交換式】(149) / 51 : ミラーレス機の呼称について(7) / 52 : また画素が増えました(27) / 53 : デジスコ(24) / 54 : Quantum製品復活(2) / 55 : マクロ(マイクロ)レンズについて(17) / 56 : モノクロフィルム(21) / 57 : 代用レンズのブランドイメージ(20) / 58 : 体感シェア(2) / 59 : AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED生産中止(9) / 60 : シュナイダーのシネレンズ(1)  (全部で89のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 各種おぼえがき (Res:73)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1M-KEY :2008/01/03(木) 16:09:44
モニター関連(2007年6月)
EIZO CG241W 参考価格¥188,790
direct.eizo.co.jp/cgi-bin/omc?req=monitor/ce/digestcg241w/index.html
NEC LCD2690WUXI 参考価格¥215,460
www.nec-display.com/products/display/model/lcd2690wuxi_bk/index.html
MITSUBISHI RDT261WH 参考価格¥158,000
www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/rdt261wh/index.htm

SAMSUNG XL20 参考価格¥158,000
DELL 2407WFP-HC 参考価格¥105,000
参照:miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/

58M-KEY :2018/03/13(火) 23:55:51
ソニーストアでの販売価格
α7 III:229,880 円+税
α7 II:149,880 円+税
α7:99,880 円+税
α7R III:369,880 円+税
α7R II:278,880 円+税
α7R:販売終了
α7S II:298,880 円+税
α7S:209,880 円+税
α6500:149,880 円+税
α6300:99,880 円+税
DSC-RX100M5:119,880 円+税
DSC-RX100M4:99,880 円+税
DSC-RX100M3:79,880 円+税
DSC-RX100M2:59,880 円+税
DSC-RX100:57,124 円+税
DSC-RX10M4:189,880 円+税
DSC-RX10M3:149,880 円+税
DSC-RX10M2:144,880 円+税


59M-KEY :2018/03/22(木) 00:11:42
2004年11月:コニカミノルタα-7 DIGITAL発売
2005年1月:オリンパスと松下電器、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラの共同開発で合意
2005年7月:コニカミノルタとソニー、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラの共同開発で合意
2005年11月:ソニーDSC-R1発売
2006年1月:コニカミノルタ、デジタル一眼レフカメラ関連の一部資産をソニーへ譲渡
2006年7月:パナソニックDMC-L1発売
2006年7月:ソニーαの一号機であるα100発売
2008年10月:α900発売
2008年10月:マイクロフォーサーズ一号機DMC-G1発売
2010年6月:ソニーEマウント一号機NEX-3発売


60M-KEY :2018/03/27(火) 23:46:35
シンクロ電圧
auto 140 約330V    サンパック
auto 20SR 約330V    サンパック
auto Zoom 3600 約330V    サンパック
auto 22SR 約8V      サンパック
auto 36SR 約8V      サンパック
auto 25SR 約8V      サンパック
auto PRO 120JTTL/120J 約8V      サンパック
auto 544 約8V      サンパック
auto 622 super 約8V      サンパック
auto DX8R 約8V      サンパック
auto DX12R 約8V      サンパック
B3000 約8V      サンパック
B3000S 約8V      サンパック
B3600DX 約8V      サンパック
PZ4000AF 約8V      サンパック
PZ5000AF 約8V      サンパック
G4500 約8V      サンパック
G4500DX 約8V      サンパック
PE-160M 約330V    松下
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


61M-KEY :2018/07/04(水) 18:49:51
RX100:2012年6月15日発売 28-100mm(eq.)F1.8-4.9 初値\62,860(最安値\37,700)

RX100M2:2013年7月5日発売 高感度強化、チィルト式モニター、アクセサリーシュー 初値\67,400(最安値\47,579)

RX100M3:2014 5月30日発売 24-70mm(eq.)F1.8-2.8 自撮り可能モニター、内蔵EVF、NDフィルター 初値\85,499(最安値\55,499)
      (廃止:アクセサリーシュー)

RX100M4:2015年7月31日発売 4K動画、スーパースローモーション、S-Log2 初値\116,518(最安値\74,187)

RX100M5:2016年10月21日発売 AF強化、24fps 初値\116,520(最安値\82,000)

RX100M6:2018年6月22日発売 24-200mm(eq.)F2.8-4.5、AF高速化、タッチパネル、モニター可動範囲拡大
      4K HDR、S-Log3 初値\147,847(最安値\134,850)(廃止: NDフィルター、PlayMemories Camera Apps)

RX100M5A:2018年7月13日発売 連続撮影可能枚数の増加、高感度強化、AF強化、メニュー画面変更 税別11万円前後      
      (廃止:PlayMemories Camera Apps、マイフォトスタイル、Eye-Fi対応)


63そに太郎 :2018/09/23(日) 06:43:48
「28-70mmF4」とか「24-120mmF4 」とか 見たこともないが。。。


64M-KEY :2018/09/24(月) 10:51:43
ソニーFEレンズ発売年月日(訂正版)
2013年10月 28-70mmF3.5-5.6
       24-70mmF4 ZA
       70-200mmF4 G
       35mmF2.8 ZA
       55mmF1.8ZA

2014年9月 16-35mmF4 ZA
      28-135mmF4 G PZ

2015年3月 24-240mmF3.5-6.3

2015年4月  28mmF2
       35mmF1.4 ZA

2015年6月  90mmF2.8 Macro

2016年2月 24-70mmF2.8 GM
      85mmF1.4 GM 

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


65M-KEY :2018/10/28(日) 01:10:50
TOKINA opera 50mm F1.4 FF:φ80.0×107.5mm 950g フィルター径φ72mm
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM:φ85.4×99.9mm 815g フィルター径φ77mm
Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM:φ81.0×71.5mm 518g フィルター径φ67mm
Carl Zaiss Milvus 1.4/50:φ83.0×83.8mm 840g フィルター径φ77mm
Carl Zaiss Otus 1.4/55:φ92.4×125.3mm 970g フィルター径φ77mm
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G:φ85.0×70.0mm 385g フィルター径φ72mm
HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW:φ80.0×106.0mm 910g フィルター径φ72mm


66M-KEY :2018/11/04(日) 00:33:12
2005年7月:コニカミノルタフォトイメージングとソニーがレンズ交換式一眼レフデジタルカメラの共同開発での合意を発表
2005年11月:サイバーショットDSC-R1発売
2006年3月:コニカミノルタホールディングスのカメラ事業、フォト事業からの撤退
2006年6月:α100発売
2007年11月:α700発売
2008年2月:α200発売
2008年3月:α350発売
2008年10月:α900発売
2009年6月:α380/330/230発売
2010年6月:NEX-5/3発売
2010年9月:トランスルーセントミラー機のα55発売


67M-KEY :2019/02/04(月) 23:42:59
ライカSL
16-35mmF3.5-4.5
24-90mmF2.8-4
90-280mmF2.8-4
35mmF2
50mmF1.4
50mmF2
75mmF2
90mmF2

ライカTLレンズ
11-23mmF3.5-4.5
18-56mmF3.5-5.6
55-135mmF3.5-4.5
18mmF2.8
23mmF2
35mmF1.4
60mmF2.8MACRO


68M-KEY :2019/02/13(水) 01:51:50
1995年7月:EOS DCS3発売 198万円
1998年3月:EOS D2000発売 198万円
1999年9月:NikonD1発売 65万円
2000年7月:FUJIFILM Finepix S1 Pro発売 37.5万円
2000年10月:OLYMPUS E-10 発売 19.8万円
2001年11月:OLMPUS E-20発売 22万円
2002年3月:EOS D30発売 35.8万円
2002年5月:CONTAX N DIGITAL発売 80万円
2002年6月:Nikon D100発売 30万円
2002年11月:Canon EOS-1Ds発売 約95万円
2003年5月:Kodac DCS Pro14n発売 約70万円
2003年9月:EOS KissD発売 約12万円
2003年10月:OLYMPUS E-1発売 約20万円
2005年8月:EOS 5D 発売 約38万円
2007年11月:Nikon D700発売 約33万円


69M-KEY :2019/04/22(月) 18:00:33
標準ズームスペック比較

RF28-70mm F2 L USM:φ103.8 × 139.8mm 約1430g フィルター径95mm

EF24-70mm F2.8L II USM:φ88.5 × 113.0mm 約805g フィルター径82mm
EF24-70mm F4L IS USM:φ83.4 × 93mm 約600g フィルター径77mm

EF24-105mm F4L IS II USM:φ83.5 × 118mm 約795g フィルター径77mm
RF24-105mm F4 L IS USM:φ83.5 × 107.3mm 約700g フィルター径77mm

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR:φ88.0 × 154.5mm 約1070g フィルター径82mm
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S:φ89 × 126mm 約805g フィルター径82mm
NIKKOR Z 24-70mm f/4:φ77.5 × 88.5(沈胴時)mm 約500g フィルター径72mm

SONY FE 24-70mm F2.8 GM:φ87.6 × 136mm 約886g フィルター径82mm
SONY FE 24-105mm F4 G OSS:φ83.4 × 113.3mm 約663g フィルター径77mm
SONY FE 24-70mm F4 ZA OSS:φ73 × 94.5mm 約426g フィルター径67mm

Tamron 28-75mm F/2.8 Di III RXD(A036):φ73 × 117.8mm 約550g フィルター径67mm


70M-KEY :2019/07/15(月) 01:43:54
既発売&ロードマップにより明らかになっている35mmフル用レンズ

SIGMA L
14mmF1.8 20mmF1.4 24mmF1.4 28mmF1.4
35mmF1.2 35mmF1.4 40mmF1.4 45mmF2.8
50mmF1.4 70mm Macro 85mmF1.4 105mmF1.4 
135mmF1.8 14-24mmF2.8

Panasoic L
50mmF1.4 16-35mmF4 24-70mmF4 24-105mmF4
70-200mmF2.8 70-200mmF4

LEICA SL
35mmF2 50mmF1.4 75mmF2 90mmF2
16-35mmF3.5-4.5 24-90mmF2.8-4 90-280mmF2.8-4

Canon RF
35mmF1.8 50mmF1.2 85mmF1.2 85mmF1.2 DS
15-35mmF2.8 24-70mmF2.8 24-105mmF4
24-240mmF4-6.3 28-70mmF2 70-200mmF2.8
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


71M-KEY :2019/07/22(月) 23:39:46
フジXレンズ発売日
2012/1:XF18mmF2 R、 XF35mmF1.4 R、XF60mmF2.4 R Macro
2012/9:XF14mmF2.8 R、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
2013/4:XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
2013/6:XF27mmF2.8、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
2013/9 :XF23mmF1.4 R、XC50-230mmF4.5-6.7 OIS
2013/12:XF10-24mmF4 R OIS
2014/1: XF56mmF1.2 R
2014/6:XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
2014/9:XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR、XF56mmF1.2 R APD
2015/2:XF16-55mmF2.8 R LM WR、フィルターレンズ XM-FL S
2015/4:XF16mmF1.4 R WR
2015/5:XF90mmF2 R LM WR、XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II 、XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II
2015/10:XF35mmF2 R WR
2016/1:XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
2016/8:XF23mmF2 R WR
2017/1:XF50mmF2 R WR
2017/9: XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
2018/1:XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
2018/7:XF8-16mmF2.8 R LM WR
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


72M-KEY :2019/09/11(水) 15:09:37
ハッセルXシステムレンズ
35-75mmF3.5-4.5:\588,620
21mmF4:\467,640
30mmF3.5:¥470,970
45mmF3.5:¥194,400
65mmF2.8:¥357,480
80mmF1.9:¥622,080
90mmf3.2:¥373,698
120 mmF3.5:¥547,230
135mmF2.8:¥528,120

フジGFレンズ
32-64mmF4:¥261,954
100-200mmF5.6:\237,654
23mmF4:\295,974
45mmF2.8:\198,774
50mmF3.5:¥121,014
63mmF2.8:\174,474
110mmF4:¥315,414
120mmF4:¥305,694
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


73M-KEY :2019/09/11(水) 15:09:38
ハッセルXシステムレンズ
35-75mmF3.5-4.5:\588,620
21mmF4:\467,640
30mmF3.5:¥470,970
45mmF3.5:¥194,400
65mmF2.8:¥357,480
80mmF1.9:¥622,080
90mmf3.2:¥373,698
120 mmF3.5:¥547,230
135mmF2.8:¥528,120

フジGFレンズ
32-64mmF4:¥261,954
100-200mmF5.6:\237,654
23mmF4:\295,974
45mmF2.8:\198,774
50mmF3.5:¥121,014
63mmF2.8:\174,474
110mmF4:¥315,414
120mmF4:¥305,694
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 雑談など その8 (Res:148)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1M-KEY :2017/02/09(木) 00:43:16
あえてスレッドを立てるまでもない話題はコチラへ
(前スレが500レス近くになったので新スレを立てました)
前スレ「雑談など その7」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/computer/13313/1460874004/

134綾紫 :2018/10/13(土) 17:58:39
今日は子供の運動会だった。ざっと見て

ニコン:キャノン:オリンパス:ソニー=1:1:0.5:0.7

ぐらいの感じだったが、パナソニック・富士は見掛けなかった。


135M-KEY :2018/10/15(月) 18:09:16
ペンタックスが・・・

小学校の運動会だと、だいたいキヤノンとニコンが同数程度で若干キヤノンが多く、
その7掛け~半数でソニー、オリンパス、パナとフジとペンタは時々見かける
という印象で同じですね。
でも保育園だと、デジタルスチルカメラはほとんど見かけなくなりました。
ムービーはカムコーダーを使っている人も居ますが、スチルはほぼスマホです。


136M-KEY :2018/10/16(火) 01:44:30
α7RIIIバラシURL
https://kolarivision.com/sony-a7r-iii-dissasembly-teardown/
https://kolarivision.com/sony-a7r-iii-weather-sealing-examination/

D850バラシURL
https://kolarivision.com/nikon-z7-dissasembly-teardown/


137一見さん :2018/10/20(土) 20:04:55
>>135 遅レスです
 個人的に、携帯やスマホで写真を撮る姿が好きになれません。何か上手く言え
ないのですが、被写体を粗末にしているように見えてしまうんです。まあ、単純
に自分が携帯やスマホが嫌いっていうことなのだとは思いますが。


138カメラマニア :2018/10/20(土) 23:21:32
同感、 SNSへの投稿は仕方ないが、それでも被写体を冒涜しているように感じる
る。
記録とかコミュニケーションの手段であって写真ではないと声を大にして言いたい。


139綾紫 :2018/10/21(日) 16:23:24
>>130
自動しわ消しソフトですが、Portrait proというのが良さそうでポチりました。使い込むのは届いてからです。
地道な作業の繰り返しが仕上がりはいい、との事ですが、綾紫がやるといかにもレタッチした、という感じで逆効果です。
なおパッケージ版とダウンロード版があり、後者が少し安いのですが、Mac専用です。Windowsユーザーは前者を選びましょう。


140M-KEY :2018/10/21(日) 18:41:34
スマホというか、携帯電話にカメラ機能がついた頃は違和感を持っていましたが
今や世界中で使われるカメラで一番多いのがスマホになってしまい、認めざるを得ない状況です。
でも、スマホの画面で見ると一見充分に見える画質も、実際には1型センサー機と比べれば全然及びません。
それに気づき、デジタル一眼レフにステップアップする人も居ます。
そして、カメラ小僧からステップアップした人より巧かったりします。
報道の分野なんて、もう専門のカメラマンは突発的事件での即時性では無力化しています。
しかし、iPhone XS Maxなんて15万円!
下手なパソコンより高価だと感じましたが、私が一番最初に買った携帯電話は諸々20万円でした。


141M-KEY :2018/10/21(日) 18:42:20
レビュー期待しています。


142一見さん :2019/01/01(火) 13:48:16
新年明けましておめでとうございます。なかなか写真を撮りに行く余裕のない
生活を送っていますが、今年は少しでもカメラをぶら下げて出かけられればと
思っています。管理人さん、訪問者の皆さんにとって、今年がよい年になりま
すように。


143M-KEY :2019/01/02(水) 01:02:11
2日になってしまいましたが、皆様新年おめでとうございます。
今年は年号も変わるし、CNの35mmフルミラーレスも本格的に展開するので
カメラ業界もデジタル化以降の「時代の変わり目」になると思います。
その変化の波に押し流されないように精進していきたいですし、同時に
皆様のご多幸をお祈りします。

1959年 ニコンF、アサヒペンタックスS2、オリンパスPEN発売
1976年 キヤノンAEー1発売
1987年 EOSシリーズ発売
1999年 ニコンD1発売
2008年 マイクロフォーサーズ一号機DMC-G1発売
2013年 α7/7R発売
2018年 ニコンZ7/6、EOS R発売


144綾紫 :2019/01/06(日) 22:14:17
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/interview/brand/1160264.html

ジッツオの取材記事です。ジッツオは今、マンフロットの傘下ですが、

>マンフロットでもツイストロック(ナットロック式)の三脚を出していますが、それはジッツオと違うチームに作らせたりします。

とあって、敢えて異なる製品として開発している様子がうかがえます。日本企業でしたらラインナップ統一を考えるでしょうけど、彼我の文化の差を感じました。


145M-KEY :2019/02/04(月) 23:53:48
ジッツオの普及価格ラインは完全にマンフロに任せる感じですね。
マンフロの仕上げが良くなりました。
トヨタもダイハツやスバルには,一定の個性を残しており
これと共通する部分はあると思います。


146ガット :2019/08/20(火) 13:39:58
ご無沙汰しております。

もうご存知かもしれませんが、面白い記事だと思いましたのでリンクを貼らせていただきます。

https://gigazine.net/news/20190708-aberration-problem-solved/

球面収差ゼロのレンズの登場が期待されますが、断面図を見る限り、実際に製造するのは難しそう。


147ガット :2019/08/20(火) 13:41:27
ご無沙汰しております。

もうご存知かもしれませんが、面白い記事だと思いましたのでリンクを貼らせていただきます。

https://gigazine.net/news/20190708-aberration-problem-solved/

球面収差ゼロのレンズの登場が期待されますが、断面図を見る限り、実際に製造するのは難しそう。


148M-KEY :2019/09/02(月) 09:03:27
主点以外の光束はどうなるのでしょう?
あんなグニャグニャなレンズで、ちゃんと像を結ぶなんて
にわかに信じられません。
奥深いですね。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 【APS-C】ソニーEマウント総合スレッド【35mmFF】その2 (Res:28)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1M-KEY :2017/01/05(木) 11:16:53
ソニーのミラーレスタイプレンズ交換式デジタルカメラのスレッドです。
(前スレが500レス近くになったので新スレを立てました)

公式
http://www.sony.jp/ichigan/

前スレ【ペプシ?】ソニーEマウント総合スレッド【成田?】
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/computer/13313/1273589228/

14 ガット :2018/03/22(木) 17:14:45
連投失礼。

α7RIII、今の所大きな不満がありませんが、気になったのはセンサーにゴミがつきやすいと感じること。
最近のカメラ、あまりゴミ取りに神経質になることはなかったのですが、これはブロワーが必携な感じ。

あと、電子水準器がもう少し正確だとありがたいです。


15M-KEY :2018/03/22(木) 22:51:55
α7R III、純正Aマウントアダプター使用時にもAF/MFの切り替えが出来ないのが難点です。
α7 II と違ってSSMやSAMレンズでも充分なAF速度なだけに残念です。
結局、AマウントレンズよりもMFのニッコールを使う方が快適だったりします。

センサーのゴミににかんしては,D800もかなり目立ちます。
画素数の多さも関係しているでしょうけど、シャッター効率を上げる為に赤外フィルターと結像面が近いのかもしれません。
絞り込んで撮る時は、レンズ交換の度にブロワーを使って自衛するしかなさそうです。

電子水準器はファインダーでは邪魔だし視認性が悪く、オリンパス方式の表示の方が優れているし
精度も手持ちなら充分なんですが、三脚併用でシフトレンズを使う時は、もう少し上げて欲しいですね。


16M-KEY :2018/04/15(日) 00:21:32
ソニ-FEマウントレンズ
10mmF5.6 V
12mmF5.6 V LAOWA 12mm F2.8 Zero-D
15mmF4.5 V LAOWA 15mm F2 Zero-D
Batis 2.8/18
FiRIN 20mm F2
Loxia 2.8/21
Batis 2/25 Loxia 2.4/25
28mm F2
35mm F1.4 ZA 35mmF1.4 V Loxia 2/35 35mm F2.8 ZA
40mmF1.2 V
50mm F1.4 ZA Loxia 2/50 50mm F1.8 50mm F2.8 Macro
55mm F1.8 ZA
65mmF2 V
85mm F1.4 GM 85mm F1.8 Batis 1.8/85 Loxia 2.4/85
90mm F2.8 Macro G OSS
100mm F2.8 STF GM OSS
Batis 2.8/135

12-24mm F4 G
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


17ガット :2018/04/16(月) 10:03:16
α7R3を導入して3ヶ月経ちましたが純正のレンズは一本も購入していません。
キヤノンやその他のレンズで必要な焦点距離は揃っているので危急の必要のある
レンズは今の所なし。

コシナの12mmは購入予定ですがソニーのレンズではないし。
オールドレンズを楽しんでいる人を含め私のようなユーザーは結構いそう。
ボディーの販売数に対してレンズの出荷本数、ソニーは他社に比べ少ないかも。


18M-KEY :2018/04/17(火) 12:33:11
私もα7R IIIに純正のFEレンズは使っていません。
85mmF1.8はAF/MFの切り替えの為に装着するのみで
試し撮りくらいしかしていません。
α6300が修理に出ている間は、APS-C用のレンズをクロップで使っていましたが、
修理後は、主にコシナ10mmとシグマ12-24mm、PC-E45mmで使っています。
いずれ買うつもりだったFE12-24mmの前にPC-E19mmが欲しくなってきました。
クロップ時のシフトと×1.2クロップをファームアップで追加してもらいたいです。


19岩清水 :2018/06/25(月) 03:29:27
デジカメジンにα7のEVFは良くないと書いてる人がいましたが、α9のはいいですね。
ただ気になったのは20コマ連写時にブラックアウトフリーではあるのですがEVFのフレームレートが落ちてしまうのが気になりました。
ニコン1-J5では10コマと20コマでもフル動画でしたので、αもまだ改善すべきところはありそうです。


20M-KEY :2018/06/25(月) 11:17:56
>>19
糸巻き収差の人ですね。
私はソニー機のEVFの歪曲収差は気になりません。
でも、フレームレートは「まだまだ」だと思います。

α9のブラックアウトフリーが話題になっています。
被写体によってはブラックアウトフリーの恩恵があるでしょうが
フィードバック面ではブラックアウトがあっても
リアルタイムライブビューなら問題ないと考えています。
ただ、ソニー機の場合はデフォルトの設定だと、EVFに撮影画像が
割り込んでくるので邪魔、撮影後画像の確認をOFFにしています。

オリンパス機の場合は、
シャッター半押しを維持している間は撮影画像の表示がなく、
シャッターボタンをリリースしたら撮影画像の確認ができるので便利です。

実際の撮影では一眼レフとミラーレス機が混在することがあります。
被写体を見るときは光学ファインダーとEVFの違いを意識することは
少なく夕日のような高輝度の被写体を撮る時とか、
撮影画像を確認する時に、一眼レフだとファインダーで見えないので
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


21M-KEY :2018/07/25(水) 01:16:05
EマウントvsXマウント

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ:Φ62.6 x 44.2mm (収納時)135g フィルター径52mm
XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II:ø62.6 × 65.2mm 195g フィルター径58mm
XF16-55mmF2.8 R LM WR:ø83.3 × 106.0mm 655g フィルター径77mm
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS:ø65.0 × 70.4mm 310g フィルター径58mm
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR:ø75.7 × 97.8mm 490g フィルター径67mm
XF16-80mmF4 R OIS WR:不明

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS;φ64.7×29.9mm 116g フィルター径40.5mm
E 18-55mm F3.5-5.6 OSS;φ62.0 x 60.0mm 194g フィルター径49mm
E 16-70mm F4 ZA OSS:φ66.6 x 75mm 308g フィルター径62mm
E 18-135 mm F3.5-5.6 OSS:φ67.2 x 88 mm 325g フィルター径55mm


22ガット :2018/08/17(金) 03:02:25
ジッツオがついにL字ブラケットを出しました。
第一弾はαR7RIIIとα9用のようです。

https://www.manfrotto.it/l-bracket-per-fotocamere-sony-serie-7r-iii-9

私はα7RIIIにはRRSのを使っていますが、本体の電池室の蓋を外してL字ブラケット底面に
付け直す方式で電池室へのアクセスはすこぶる良いです。
ジッツオも同じ方式のようですね。

ただ、いまだにアルカ互換を謳わないのは老舗の意地なのか、商標で引っかかるのか。


23ガット :2018/08/17(金) 03:50:10
失礼しました!
よく見るとジッツオのは、ボディー底面を全部カバーするものではなく、
電池室のところは切ってあって、オリジナルの電池室の蓋をそのまま使う仕様でした。
この方式だと引っかかりが出来るのでRRS方式の方が好みかなあ。


http://www.reallyrightstuff.com/Alpha-a7RIII


24M-KEY :2018/08/19(日) 22:27:46
>>23
RRS方式は延長グリップの役割も兼ねていますね。
マンフロのソニー用よりはジッツオの方が良さそうですね。
RRSの銀一価格が尋常じゃないのが・・・
SmallRig-A9専用ケージ-L-ブラケットキットあたりの金額なら妥当だと思います。


25ガット :2018/08/22(水) 11:54:40
>>24
>>RRS方式は延長グリップの役割も兼ねていますね。

手の大きな人でα7のボディーが小さいと感じている人は延長グリップとしても有用だと書いているのをどこかで読みました。

国内のRRSの価格は高いですね。3脚なんてジッツオより高いし。
私はメーカーのサイトで直接注文しています。対応も良く出荷は迅速です。


26M-KEY :2019/05/28(火) 16:17:54
先月、瞳AFにバージンアップしたα7R IIIですが、
EVFから目を離しても平面モニターの表示に移らなかったり
単写モードでのレリーズボタンのキレが悪く意図しない連写になったりで
修理に出そうと考えていましたが、ファームアップが発表されたので試してみました。
http://support.d-imaging.sony.co.jp/www/cscs/firm/?mdl=ILCE-7RM3&lang=jp&area=jp
といってもファームアップ発表直後はバグが怖いので、一週間ほど様子見。
結果、上記の症状は治まり快適になりました。
今までも「動作安定性の向上」というファームアップは何度かありましたが、
これほど効果が明確なのははじめてです。


27M-KEY :2019/06/18(火) 17:22:35
やはり、α7RIIIのレリーズボタンのキレは改善しきっているとは思えず修理に出しました。
レリーズボタン内部の接点の磨耗が認められたという事で交換。
(修理代は5年ワイド保証の適用で無料)
症状としては、この前に修理したα6300の動作不良
(フォーカスエリアの選択が出来なくなる時がある)とは違いますが、
レリーズボタンの接点の磨耗という原因は同じでした。
α6300の約2年に対してα7RIIIは約14ヶ月と早く症状が出ましたが、
ショット数では同等なので、この辺りが設計上の耐久性なんでしょうか?
シャッターユニットの耐久性は話題になりますが、連写を多用すれば
レリーズボタンの使用頻度は1/10以下に減るケースのあるので、
おそらく、ソニーの想定外の使い方をしたんでしょう。
ニコンでは、そうしたトラブルは経験していないので、
この辺が「経験値の差」なんだと感じました。


28M-KEY :2019/07/17(水) 01:42:56
α7RIVが海外発表されましたね。
リーク写真ではダイヤルが増えてように見えましたが
実際にはリアダイヤルの軸が隠れていたのが露出しただけで
ボタンの数、配置も大きくは変わっていません。
露出補正のロックはどうなんでしょう?
USB3.0、EVFの解像度の向上、画素数が約1.5倍は妥当ですが、
α7RIIIの画素数でも持て余しているので・・・
ついにメディアスロットがメモステに対応しなくなりましたが
もう,メモステをメインで使っている人は居ないでしょうから
2つともUHSIIt対応になって利点の方が大きいでしょう。
果たしてメニュー内のスロットナンバーと物理位置の齟齬は解消された?

APS-Cのα9はどうなったんでしょうか?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 どんなクルマに乗っていますか? その2 (Res:349)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1M-KEY :2015/07/05(日) 23:01:47 ID:ZZCjj5020
ジャンルにもよりますが、撮影行為にはクルマも重要な機材の一つとも言えます。
皆様どんなクルマに乗っていますか?
そして、そのクルマを選んだ理由とそれまでの遍歴、メンテナンス方法など・・・
(前スレが500レス近くになったので新スレを立てました)
前スレ どんなクルマ乗ってますか?
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/computer/13313/1207478832/

335一見さん :2018/06/20(水) 20:40:29
ご無沙汰しています。

公式サイト、混雑しているようで上手く見られませんでした。別サイトで見ま
したが、やはりジムニーにはああいう無骨なデザインがふさわしいなと思いま
した。「タフ&ニート♪」と歌いたくなる私は初老です。
https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1127/862/html/002_o.jpg.html


336M-KEY :2018/06/22(金) 01:42:40
新ジムニー発表同日に新型フォレスターが発売されたのですが、
話題性でいうとジムニーの圧勝ですね。
フォレスターはいい車なんだろうけど,斜め上に行っちゃった感じで
逆にジムニーは少し寄り添ってくれた印象です。


337一見さん :2018/06/24(日) 08:10:02
フォレスター、発表前に会社のイメージが悪くなるような報道もありましたからね。
タイミングも悪かったかもしれません。でも、三菱のときほどバッシングが広がらな
いのは、大御所トヨタとの関係があるからなんでしょうかね。メディアの忖度も相当
のものだなって思っています。


338M-KEY :2018/06/24(日) 09:58:09
スバルの場合、トヨタの傘効果もあるでしょうけど
そもそも,問題となった「燃費」に期待する人が少ないという部分もあると思います。
30年くらい前にも、当時の運輸省の審査に出した車両が,
書類よりも軽量なので錘りを仕込んでいたという事件がありましたが、
周囲は逆に「さすが航空機メーカー、軽量化に長けている」と感心していました。
完成品検査の偽装問題も、国家資格でなく社内資格の有無というあたりに
ある意味職人気質の「スバルらしさ」の一端を感じました。
実際、スバルの完成車の品質には問題はありませんでした。
でも経年変化でのオイル漏れは何年経っても直りませんし、
10年持たないラジエーターは日産系からトヨタ系にサプライヤーが
変わって改善されたんでしょうか?

しかし、北米重視で国内事情を無視した商品開発に偏重に加え
軽自動車の自社開発の中止による内製サンバーの生産終了など
私も含めて、長年スバルに乗ってきたユーザーが「買うものが無い」と
難民化し、既存ユーザーのスバル離れが起きています。
これは、対米輸出に依存しすぎて,円高で業績が悪化した
1980年代後半を思い出して、少し不安になります。


339岩清水 :2018/06/25(月) 03:02:30
M-KEYさんこんにちは。こちらでは初めましてになります。
今の前はインプレッサWRXワゴンに乗っていました。パワーがあって高速安定性、静粛性に優れていました。
しかしMTのラインナップがWRX-stiのような尖った車種しかなくなったのでもうスバル車に魅力ないですね。
今は前の型のMTのデミオに乗っています。困っているのは鉄道写真を撮るのに基本的には軽で通る
ような狭い道をよく通るので5ナンバーが限界です。しかし最近の車はみんな3ナンバーになりつつあって
5ナンバーより10cm以上幅が広いのでそういう道を通れません。コンパクトですらマツダなら3ナンバーに
しかねません。ミニだって3ナンバーですからもはやミニで無いですね。


340M-KEY :2018/06/25(月) 11:46:27
>>339
そうですね、最近の「コンパクトSUV」と呼ばれる車種は幅が広過ぎだと思います。
当地には森林鉄道の跡が林道になっている箇所が多いし、
それ以外でも2トントラック前提で整備されている所が多く、
そうした道路では、全幅が1800mmに近くだと通行困難、
場合によっては物理的に不可能だったりします。
街中でも古くからの駐車場の大半は5ナンバー前提なので不便です。

私は初代テラノから初代と二代目のフォレスターを乗り継いできましたが、
三代目以降のフォレスターが大きくなったので、いく先が無くなり
散々悩んで、今はサクシードに乗っています。
やっぱり、4/5ナンバーに収まる全幅だと取り回しが楽ですね。
ただ、地上高が低いのとタイヤ径が小さいので、
底を打ったり路面横断排水溝を横切るときは気を遣います。

というわけで新型ジムニーの1500に4ドアのロング仕様を待望しています。


341すばらー :2018/06/25(月) 20:18:19
ジムニーの高速安定性ってどうなんだろう?


342M-KEY :2018/06/25(月) 23:07:57
>>341
車体のディメンションから、ジムニーがインプレッサに及ばないのは明らかですが、
一般路での法定速度内でジムニーが著しく安定性に欠けるという事はありません。

実は、テラノの前にジムニー1300に乗っていました。
当時の軽自動車規格のジムニーは2サイクル550ccの4速ミッションだったので、
高速道は「事実上走れない」シロモノだったので1300を選びました。
(現行の660ccターボなら高速道でも遵法の範囲であれば問題ないハズ)
そのジムニー1300で、名阪国道を使って「大阪ー鈴鹿」の行き来はしていましたし、
何度か東名高速を使って東京にも行きました。
法定速度+◯km/hの流れにも充分に乗る事は可能でしたが、
名阪国道の天理手前の下りでカーブが連続する部分では少し緊張しました。
ま、幌モデルだったので「静粛性」はカケラもなかったのですが・・・

日常的に高速道を数百キロ走るような使い方ならジムニーは不向きですが
林道を含む一般路中心で、MTが選択できるという意味では選択肢になり得ます。
(その意味でも初代や二代目のフォレスターは理想に近い車種でした)


343すばらー :2018/06/26(火) 21:51:11
1800mmの幅を問題にしているようだが、初代のフォレスターと比べると片側3cm。
手のひらを当てたくらいの増量でしかないし、ミラーtoミラーでは変わっていない。
初代で通れるなら現行でも通れる。


344ガット :2018/08/23(木) 16:52:42
ホンダのN-VANが話題になっていますね。
久しぶりに欲しい!と思わせてくれる車です。


345M-KEY :2018/08/24(金) 01:07:55
新型ジムニーもそうですが、道具としての使いやすさを重視したクルマは魅力的ですね。


346ガット :2018/08/27(月) 14:01:43
運転席以外があそこまでフラットになると荷物の輸送だけではなく他に何か面白い使い方ができそう。
撮影機材の他にデスクとPCを備え付け、移動デジタル暗室なんて面白いかも。


347M-KEY :2018/08/29(水) 07:17:40
車内泊にも良さそうで、移動基地として活躍できそう。
サスを1インチリフトアップして、大径タイヤを履かせ地上高を確保したら
林道などにも安心して入っていけると思います。


348一見さん :2019/04/22(月) 21:22:51
ご無沙汰しております。今日、ようやく夏タイヤに交換してきました。ブリザック
VRXは効きがいい分減りが早いのか、3シーズンでプラットフォームが出てしま
いました。夏タイヤのレグノも今シーズンが限界っぽい感じです。最悪、夏冬タイ
ヤを同時に入れ替えなんてことに…(泣)

10年経過したギャランフォルティススポーツバックですが、大きなトラブルもな
く元気に走っています。金銭的に厳しいのはいつものことですが、魅力的な代替車
が見つからないので、新しく買う夏冬タイヤが限界を迎えるまでは乗り続けること
になりそうです。


349M-KEY :2019/04/24(水) 03:11:16
フォルティス・・・
ギャランなのかランサーなのか?
ランエボの最終型と同型だけど実質的にはギャランの後継。
三菱の国内向けのセダンでは一番新しい車種なのに、もう10年経っているんですね。
まだ後継車種があるスバルの方がマシなんですが、それでも代を追うごとに大型化して
代替候補にならなくなっています。
新型RAV4も、クルマとしてはいいんでしょうけど、国内で乗るにはデカ過ぎですね。
タイヤ、最近は安価なPB品やアジア製が幅を利かせていますが、やっぱり不安です。

サクシード、新車装着タイヤは2シーズン約2万キロで交換となりました。
新車外しの10型プリウスホイール+B250が格安で入手できたのですが、
純正のナットとセンターキャップで1万円以上かかってしまい、買い物としては微妙。
B250の経年変化が心配でしたが、一ヶ月経過の今のところ問題ありません。
今度は幅が広いので(155/80R14→175/65R15)3シーズン保つと期待。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 ソニーのα7RIIIのボディでニコンのシフトレンズPC-E45mm (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1yfg :2018/12/05(水) 12:54:48
ソニーのα7RIIIのボディでニコンのシフトレンズPC-E45mmを使いたいのですが,どのアダプターが使えますか。Commlite CM-ENF-E1PROで試しましたが,動作しません。
おたすけください

2M-KEY :2018/12/08(土) 18:35:06
その組み合わせで使っていますが、動作しています。
待機時間が長くなると1枚目は絞りがついて来ないことがありますが
2枚目以降は問題ありません。
でもPC NIKKOR 19mm f/4E EDは絞りが連動しませんし、
AF-S 20mmF1.8GはAFがまともに作動せずMFで使っています。
他にもAFが連動しても動体には実用でないモノが多くあります。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 新型が出ますね part5 (Res:482)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1M-KEY :2015/10/25(日) 00:30:21 ID:P7b3zCUM
前スレが500レス近くになったので新スレです。
あたらしく発表/発売したカメラやレンズ、アクセサリー等の話題は
とりあえずコチラへ(状況により機種専用スレッドを立てます)
前スレ <新型が出ますねpart4>
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/computer/13313/1398870177/

467綾紫 :2017/11/07(火) 21:45:11
>>466

EM=ニコマートEL(ELW・EL2もあったが)の次
FG=FEの次(FFは避けたため)

という話は聞いた事がある。安易なネーミングには違いはないが。


468綾紫 :2017/11/07(火) 22:16:30
>>466

>だが、上で問題にしてるいるのは命名ではなく
>直接の後継機が出なくて難民を出している点だ。

そうそう、困った事だ。α7sみたいなのを渇望していても、出る気配がない。だが一縷の望みはある。
ヒントはD1HとD1X。共に、1000万画素のセンサーを採用していたが、センサーの結線によりD1Hは
250万画素、D1Xは500万画素となっていた。従ってハード的なビニングで少画素の利点を
享受できるのなら、ソフト的な事後処理(リサイズ)でも可能であり、多画素機も一概に
忌むべきものでもないかもしれない。専門家にしか分からない世界だが。


469M-KEY :2017/11/08(水) 02:01:06
>>466
直接の後継機が出なくて買い替え先が無いのと
ナンバリングの非合理は、表裏一体です。
ここで問題になっているのは、D700ユーザーの買い替え先が無い点です。
同様に、D7000→D7100→D7200と来たユーザーの受け皿もありません。
ナンバリング上はD750やD7500なんですが、内容上はクラスダウンで
買い替え候補にはならないのです。

個人的に深刻なのは、ズームマイクロの後継が出ない事なんですが・・・


470M-KEY :2018/08/29(水) 09:42:54
NIkonZ
外観の意匠や画質については、これからとしても
仕様や価格から、どこにターゲットを置いたのか疑問があります。
他にも書きましたが、Z7のシングルスロットとX=250sec、
F1.8だけど、描写性にすぐれたけっして安くないレンズ・・・

ミラーレスによる新マウントの利点は、
1)短焦点レンズの小型軽量化
2)大口径レンズの設計自由度の高さ
この二つが大きいのですが、今回リリースされた3本のレンズは
いずれにも当てはまりません。
Fマウントでは小型化の難しかった20mm以下の広角レンズは
ズーム単焦点とも用意する、少なくとも年内リリースすべきですし
F1.8単焦点は5万円前後の「撒き餌」とし、その上でF0.95~1.2の
超弩級レンズの開発発表で期待をあおってほしかった。

現状だとD850を買った人は、それに満足したままですし
ソニーαに移った人を呼び戻す事も困難です。


471M-KEY :2018/09/02(日) 00:24:02
EOS R
https://www.nokishita-camera.com/2018/09/eos-r.html
さすがキヤノン、そつなくまとめてきた感じです。
シャッタースペックやメディアスロット数は不明ですが、
( X-1/180sec UHS-Iシングルスロットの可能性高し)
少なくともレンズラインナップはニコンより納得。
これに12-24mm(14-28mm)があれば、ローンチとしては充分。

パナソニックからも35mmフル機が出るようですし、
Z7とあのレンズロードマップで良しとしたニコンが心配です。


472一見さん :2018/09/02(日) 15:17:49
 デザインは個人の嗜好に過ぎないと思うのですが、NikonZシリーズのデザインは
取って付けた感があるというか、落ち着きがないというか、デジカメ初期のマビカ
を彷彿とさせます。EOS Rのリーク画像?の方は無難にまとまっていて、安心して
使えそうな感じを受けました。
 所詮は機械、機能が高ければいいという考え方もあるのですが、値段が値段なの
で長く使いたいと思えるような形になるといいなと思っています。


473M-KEY :2018/09/03(月) 09:14:33
>>472
もともとニコンのデザインには期待はしていないし、
撮っているときは自分のカメラは見えないので、
特に落胆もなかったのですが、いろいろ盛り込みすぎて
とっちらかってしまった印象です。
せめて「Nikon」の銘板は垂直にして欲しかったです。
でも、最大の問題は「意匠」ではなく「仕様」です。
シングルスロット、X=250sec、シンクロターミナルレス、
縦位置に対応しないティルトモニターなど
一世代前のソニー機をターゲットにしている部分と
インパクトのないレンズラインナップです。
なんとなくフォーサーズ登場時のオリンパスを彷彿させる
というか、その時のオリンパスよりも杜撰な印象。

ソニーαをメイン使用機としながらも、
いつでもニコンに戻れるようにしていましたが、
これで安心してソニー機材を拡充できます。
D800が使えなくなったらZ6かD750後継は買いますが
それより上のクラスのニコン機は今後買わないと思います。


474ガット :2018/09/03(月) 17:21:48
キャノンがセンサーシフト式手ぶれ補正を搭載しなさそうなのは意外でした。
PS-Eには依然としてαを使う方が有利です。
私の方もしばらくはキャノンに戻る必要を感じません。
ニコンもキャノンも「なぜミラーレスなのか」をまだはっきり理解してないのかな。
そんなはずはないと思いたいですが。


475M-KEY :2018/09/04(火) 00:31:59
電子先幕シャッターのミラーレス機の場合は、一眼レフよりも
圧倒的にブレのリスクが少ないので、センサーの放熱重視で
センサーシフト式ブレ補正を搭載しないという選択はアリだと思います。
それよりキヤノン機はシンクロスピード軽視の傾向が強いのが気になります。

ニコンはソニーαが支持を集めた理由をまともに精査していなさそうですが、
キヤノンは理解した上でワザとハズしているような気がします。


477M-KEY :2018/09/07(金) 00:34:04
α7 III 約22.5万円
2420万画素  ISO100(50)~51200(204800)
4K 30p/24p
マウント内径:46mm フランジバック:18mm
メディアスロット:UHS-I/MSDuo+UHS-II
ファインダー:0.5型236万ドット0.78倍
バッテリー:NP-FZ100(7.2V 2280mA)ファインダー使用時610枚
シャッター:1/8000-30秒、バルブ X=1/250sec
10fps(AF/AE追従)圧縮RAW:約89枚
電子先幕シャッター サイレントシャッター フリッカーレス撮影
瞳AF センサーシフト手ぶれ補正
W 126.9 x H 95.6 x D 73.7mm 650g

Nikon Z6 約24.5万円
2450万画素  ISO100~51200(204800)
4K 30p/25p/24p
マウント内径:55mm フランジバック:16mm
メディアスロット:XQD
ファインダー:0.5型369万ドット0.8倍
バッテリー:EN-EL-15b(7.0V 1900mA)ファインダー使用時310枚
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


478M-KEY :2018/09/07(金) 10:38:30
NikonZの仕様を見ていて気付いた点
D850につづいてある[1:1(24×24mm)]も便利なんですが、
D800系やD750で便利だった[1.2×(30×20mm)]がなくなっています。
Z6には[5:4(30×24mm)]もありません。
ま、それほど重要な機能でなく、トリミングで対処できるのですが・・・


479ガット :2018/09/07(金) 14:01:31
フジのX-T3はボディー内手ぶれ補正非搭載できましたね。
Tシリーズは操作系に無駄なところがなく、タイトにまとまっているところが気に入ってますので
フジの決定は支持したいです。

ただ、ボディー内手ぶれ補正の便利さも否定はできません。特定用途になってしまいますが、
α7の手ぶれ補正のおかげで、光量の少ないところで三脚を使わずにシフトレンズを使えるようになり
建築物撮影での領域が大幅に広がり、その恩恵を享受しています。
もちろん、正式に取材を申し込んで、堂々と三脚を立てて撮影するという方法が正道なのでしょうけれど。


480ガット :2018/09/07(金) 15:37:44
>ま、それほど重要な機能でなく、トリミングで対処できるのですが・・・

クロップした比率の画面を撮影時に確認できるとかなり便利ですけれどね。
ソニーはその辺全く無視ですね。


481M-KEY :2018/09/07(金) 18:10:19
Z6にかんしては FX、DX、1:1があるので、及第点ですが
ソニー機にも、せめて「1:1」は欲しいです。

「クロップした比率の画面を撮影時に確認できる」
という観点ならクロップ部分をシフトできえば万全ですし、
オリンパスのデジタルシフトよりも処理は簡単で画質劣化も
少ないハズなんですが、どこのメーカーも実装しませんね。

手ブレ補正ですが、それが原因かどうかは不明なものの
手持ちのOSS付きのソニーEマウントレンズ5本中3本が
故障し、AF/絞り/OSSが作動しなくなりました。
ボディよりはレンズの方を永く使うし、予備のボディは持っても
同じ焦点域のレンズを複数持つ事は少ないし、回転ブレも含め
ブレ補正の進化の反映も考慮すれば、ボディ側で手ブレ補正を
する方が合理的だと思います。
そうすれば、用途に応じてブレ補正の有無をボディで選択できます。


482ガット :2018/09/15(土) 16:42:32
M-KEYさんのような方にソニー機の開発時のテスターをしていただきたいです。
クロップ部分のシフトはどこかのメーカーに実現して欲しいですね。

ニコンZ発表から少し経って思うのは、本当にニコンがミラーレスに参入する必要があったのかどうかということ。
自分もニコンのミラーレス機を楽しみにしていた一人でしたが、発表されてみると、ニコン自身がFマウントを
否定してしまっていたりして、どうもふに落ちない感が拭えません。

時代の流れとはいえ、精密な工芸品のような一眼レフというジャンルをもう少し維持できなかったのか。

ニコンがシェアを落とした理由の一つがニコンのミラーレス機の開発の遅れとその隙を突いたソニーのミラーレス
の抬頭が理由だとだと誰もが思っていますが、本当にそれが1番の理由なのか。

いずれにしても主戦場をアウエーに移したことによってニコンの今後の前途多難を思わざるを得ません。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 ストロボ (Res:303)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1メーラン :2005/10/26(水) 13:38:03 ID:rKb3PGbE
私はストロボはSB80DXを使っていますが、D-TTLとi-TTLではかなり違うのでしょうか?

289Opt_light :2018/02/15(木) 20:25:51
>>288

Cactusも製造元はGodoxなんで、SonyのGodox弾きに掛からないといいですね。


290M-KEY :2018/02/16(金) 00:09:09
>>287
現在、ニコン、ソニー、オリンパスを使っていますが
TTL調光の「当たり」はニコン≧ソニー>オリンパスという印象です。
METZのTTL調光が純正並みに正確でも、価格が純正並みなら
修理が早い純正の方がいいのでは?という気がします。
色にかんしても直射はほとんどしないし・・・

というかケンコーのMETZの情報がそっけなさすぎ
せめて操作部の写真くらいは載せて欲しいです。


291Opt_light :2018/02/16(金) 08:17:48
>>290
ソニーがストロボのTTL調光でオリパナの上ってことはないな。
そうだと言うなら、よほどオリの外れを引いているってことになる。
何故かと言うと昆虫写真家の海野氏が厳しい条件下で検証しているから。
ソニーとキヤノンなら、キヤノンの方がTTLの調光精度は上。
オリとキヤノンならオリが上と検証している。
飛翔中の昆虫はTTL任せで撮るしかないが、ニコンとオリパナ以外は外すことが多いという結果だよ。


292M-KEY :2018/02/16(金) 13:22:12
>>291
ほぼフラッシュ光だけになる撮影だどTTL調光の精度はオリンパス>ソニーでしょうけど
バウンスを使ったミックス光だと、ソニーの方がオリンパスよりも思い通りになる事が多いです。
マクロライトは以前はサンパックをマニュアルで使っていましたが、
故障が多くて、LEDのリングライトを使っています。
オリンパスはボディ6機種、フラッシュ3機種使って来たのでハズレ個体の可能性は低いハズです。

たしかにα900+HVL-F58AMの場合は調光精度は良くなかったので、
マニュアル主体で使っていましたが、Eマウントになってオートでも満足できる事が多くなり
ニコンと同じ感覚で使えるようになりました。
でも、α6300+ニッシンi40では、一度テスト撮影して補正必要があるのは事実です。
キヤノンは銀塩のEOS-1NやEOS 5時代に使っていましたが、調光精度以前の問題でした。
デジタルになっても高感度特性の問題で一時期はキヤノンを併用しましたが
その時は、クリップオンのスピードライトは買っていないのでよくわかりません。
でも、他人の撮ったデーターを見るとミックス光源時のAWBに難を感じます。


293 ガット :2018/02/16(金) 18:29:42
>289
CactusはTTLをサポートしていないのでセーフなのでしょうかね。

同社HPのソニー用トランスミッターV6IIsの説明には

「ソニーのフラッシュシステムは特別なタイミングが要求されるため、
V6II(TX)によるソニーフラッシュ(RX)でのトリガーができません。
ソニーのフラッシュをサポートするにはソニーのカメラと組み合わせる必要があります。」

とありました。フジもそうでしたがソニーのフラッシュ制御プロトコルも複雑そう。


294M-KEY :2018/02/17(土) 01:18:04
TTL調光にかんしてですが、銀塩時代は露光時にフィルム面の反射を利用していたのですが
デジタル機の場合はセンサー面の反射が使えないのでシャッター先幕をグレーとし
ミラーアップ後のプリ発光で調光する方式になりました。
でも、ミラーアップ後=絞り込み状態で、微弱なプリ発光での調光精度が低く
ミラーダウン時、すなわちレリーズ直後の絞り開放状態でのプリ発光に改め、
注意深く見るとファインダーでプリ発光が確認できるようになりました。
さて、撮像センサーを使って測光するミラーレス機の場合、フラッシュ光も
撮像センサーで測定している訳なので、銀塩時のように露光時にリアルタイムで
測光し、適性露出になった時点で発光を止める事ができそうな気がしますが、
私の知り得るかぎり、デジタル機はすべてプリ発光しています。
Opt_lightさんは、フラッシュの事情に詳しいようですが、
この辺りにかんしての情報はお持ちですか?


295Opt_light :2018/02/19(月) 03:27:17
>>294

現状、一眼レフ、ミラーレス問わず、デジタルのTTL制御=プリ発光ありで間違いない。

> 露光時にリアルタイムで測光し、適性露出になった時点で発光を止める事が
> できそうな気がしますが

これは、FP発光の時に画面に露出ムラを作ることになるから、グローバルシャッターが完全に一般化するまでは無理。
それと、ソニーはデジタル移行化してから、コニミノタからストロボTTL調光のシステムを引き継いでいるから、銀塩時の
露出時のリアルタイム調光のアルゴリズムは全く技術移転されてないし、ノウハウも知らんでしょ。
コニミノタもデジタルに関係ない知的財産権はソニーに渡してないから。
露出時リアルタイム調光のノウハウは、銀塩時代から一眼レフでTTL調光やってたところでないと過去のデータや資産
はないでしょう。
オリンパスは相当遅くまで顕微鏡カメラ用のストロボのTTL調光をOMシステムとの組み合わせで残していたから、まだ
記録はあるだろうし、ニコンはSU-4式スレーブに未だに銀塩時代のTTL調光のやり方をを残している。こういうところは、
グローバルシャッターで銀塩時代のリアルタイム調光をする場合に有利だろうね。


296M-KEY :2018/02/20(火) 01:25:21
>>295
解説ありがとうございます。

グローバルシャッターの実現にあと一歩なのでFP発光も不要になるし、リアルタイム調光の復活に期待したくなります。
ひょっとしたら、ニコンのミラーレス機はHSS以外では、リアルタイムTTL調光かも?という期待が・・・


297Opt_light :2018/08/18(土) 10:43:03
>>296

Nikon Rumorsの記事で2019年にZ Speedlightというものを出すという記事があります。

https://nikonrumors.com/2018/08/17/nikon-z-mirrorless-roadmap-2018-2019.aspx/


これが銀塩時代の露光時にリアルタイムで測光し、適性露出になった時点で発光を止めるTTL調光を
リファインして復活した方式になるかもしれませんね。
間違いのないところは、SB-500の様なAF補助光を紺赤外線で格子状パターンを照射するのはなく、
白色LEDを使ったものにして、動画用照明にも使えるようにすることでしょけど。


298M-KEY :2018/08/19(日) 23:02:11
Z Speedlightが調光の制御も一新するのだと期待したいですが
単にZシリーズ用に小型化したスピードライトだったら・・・
とはいえ、SB-900の後、ニコン純正のスピードライトを買っていません。
よさこい用にDi866mK2のアウトレットを買ったばかりです。
これについては後ほど。


299M-KEY :2018/08/24(金) 01:49:44
Di866mK2についてですが概ね満足しています。
が残念な点が二つ・・・
一つは、せっかくのバッテリーマガジンで迅速な交換が可能なんですが
バッテリーを抜くと本体の電源が切れます。
電源SW が長押しタイプなので、そのままバッテリー交換したら
電源が切れたままで、バッテリー交換の度に電源スイッチの操作が必要です。
SB-5000のような物理的なスイッチだったらよかったのに。
もう一つはヘッドのロックがないので撮影中に意図せずに
発光部があさってに向いてしまう点、
これは後発のDi700などでは改善されているのですが、
こんどは、Di866などとバッテリーマガジンが変更されており
共用できないという問題が出てきます。
あと、Di700系の背面表示が日中晴天下では見づらいです。
Air Rにかんしてはゴドックスよりも安定している印象ですが、
新マシンガンストロボのMG10は機能的には
ゴドックスAD200より優れていそうなんですが、巨大。

なかなか満足できる機材に出会えません。


300綾紫 :2018/09/02(日) 17:10:02
>>299

Prophotoは? 高すぎ?


301M-KEY :2018/09/03(月) 00:09:45
Profoto A1の10万円どころか、純正上位機の6万円弱も高価過ぎだと感じています。
それにA1はオンカメラで使うには大き過ぎだと思います。
オンカメラならDi700Aの背面表示部が高輝度下でも見やすくなって、
電源スイッチが物理的になれば、それで満足です。
オフカメラのバッテリー式はゴドックスのAD200は理想に近く、
オプションで単三型電池やAC駆動可能なら即買いです。


302ストロボ業界 :2018/09/14(金) 22:10:55
一番遅れてる業界です 30年前からあまりすすんでません


303Opt_light :2019/02/10(日) 20:09:41
国内では、コメット、プロペット、サンスターが生き残ってますが、
海外では、BOWENS、Multibitzがいつの間にか倒産して消えてます。
大型ストロボは、中華メーカーの石鹸が著しく、欧州ではBroncolor、
Profoto、Elinchromeの3社、北米では北米市場しか考えてないAilien Bees
とか一部のメーカーがあるのみです。
電波式ワイヤレス制御については米国や欧州は、FCCやCEマーキングに
対応しないとメーカーや輸入代理店が処罰されたので中華メーカーも
規制を遵守してましたが、かえってそれが地場メーカーを駆逐した模様です。
日本は電波法に合致してなくても輸入販売可能なので、急速に中華ストロボが
普及しましたが、総務省も思い出したように取締をやりだして、結果として、
ケンコートキナーやトキスターがサポートするGodoxや沖縄のOmnivasが
サポートするJINBEIの様な技適取得品が出てきたので、合法製品に集約が
進んでいるように思います。レンタルスタジオでも技適未取得品の使用を
禁止するところが出てきましたし。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 【ミラーレス】フジフィルムX Series総合スレッド【レンズ一体型】 (Res:183)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1M-KEY :2016/11/04(金) 11:41:19
フジフィルムX Seriesの話題はコチラへ
X100シリーズなどのレンズ一体型や中判ミラーレスのGFX、S◯-ProもOKです。

168ガット :2017/08/27(日) 11:49:45
X-T2Sが噂されています。
この機種でフジもついにボディー内手振れ補正を導入するとか。
またX-E3も要望が強く継続の模様。

個人的には換算200mm相当の135mm/2.8が出ないか期待していますが、需要は少ないでしょうね。


169M-KEY :2017/08/30(水) 01:03:22
個人的には広角~中望遠中心のフジXに手ぶれ補正機能なんて不要だと思いますが
市場的には「必須の機能」なんでしょうね。
50-140mmF2.8があるから、135mmF2.8は厳しいかもしれませんが
135mmF2とか180mmF2.8なら可能性はあるかも?

フジの販売台数からみると、現行の5ラインは多過ぎの感があります。
「X-Pro系」のハイブリッドファインダーに必要性が理解しかねますが
ココはフジのアイデンティティとして譲れないところなんでしょうか?


170ガット :2017/08/30(水) 15:33:05
カメラの筐体も大きくなりそうなので、手振れ補正付きあり、なしでこの先も併売してくれるといいんですが、
それは望みすぎか。

F値2.0の135mmは魅力的なんですが、フジは最近レンズをコンパクトにまとめるということにあまり気を
使わなくなったのでかなり大きく重くなりそう。おっしゃる通り、出てくるとすればF値は2.0でしょうね。

>現行の5ラインは多過ぎ

さらに中判のGFXも。
最近はGFXの方に開発ソースが割かれてしまっているせいか、APS-C用レンズの開発スピードが落ちて来たなあと
感じています。あと必要なのは魚眼とシフトレンズでしょうか。かなりご要望をいただいています、とフジの人が
言ってましたが、出してくれたらありがたいです。

私もハイブリッドファインダーは今ひとつ魅力がわからないのですが、銀塩レンジファインダー機から来た人には
支持されるのでしょうね。


171ガット :2017/10/13(金) 14:37:37
よく考えたら(よく考えなくても)フジがGFXにビューカメラアダプターを用意したので、
Xマウント用シフトレンズは作らないでしょうね。作ったとしてもえらく先のことになりそう。
とうわけでキャノンのTS-E導入決めました。
ミラーレス完全移行はしばらくしない、(できない?)と腹をくくらざるを得ません。
三脚など含めた機材全体の重さを考えるとため息が出ます。


172M-KEY :2017/10/14(土) 00:05:47
フジに限らず、ミラーレス機にはシフト/ティルトレンズが用意されませんね。
ソニーEなら、EFやNikonF-Gの接点連動のアダプターがあるのですが
フジX用のアダプターは今のところ出ていないようです。
ミラーボックスがなく構造的には有利なハズなので、サードパーティから
光学系共通で各社マウント用のレンズが出ても良さそうなんですけどねぇ・・・


173Hikaru :2017/12/10(日) 18:00:11
XT2の新ファームウエァV3.0にUPした結果です。
最も期待していたAFの高速化ですが、きちんと計測すれば差があるのかもしれませんが
体感的にはあまり差は感じられませんでした。但し50-140/2.8 と 100-400/4.5-5.6 の2
機種は食いつきが良く速度も少し速くなったような「感じ」、気のせい?のレベルです。

X RAW STUDIO は当分Mac専用のようで、WIN用は当分お預けのようです。


174M-KEY :2017/12/10(日) 22:40:36
EOS-FujiXの接点付きアダプターが来年発売されると
焦点工房のCE0がfacebookでコメントしていたので期待!


175ガット :2017/12/22(金) 16:38:59
シフトしてパースを出さないで撮った建築物はフォトショでパースを修正するのと違いやはり精神的にいいです。
もっと早く導入すればよかった。TS-E24mmは17が出た時にリニューアルされていますが、その描写は文句の
つけようがないです。
というわけで情報ありがとうございます。焦点工房のアダプター期待です。


176M-KEY :2017/12/27(水) 18:25:18
フォトショの変形は元の縦横比が狂う可能性が高いのが難ですし、
余白部分の切り取ると実際の画角が狭くなるし、
変形による解像度の低下というデメリットもあります。
私は建築撮影はシグマ12-24mmやコシナ10mmで撮ってトリミングしています。
計算上は12mmでTS-E17mmの最大シフト量とほぼ同等です。


178ガット :2018/04/24(火) 14:11:49
以前K-KEYさんからご紹介のあったキャノンEF-FUJIXのアダプターが発売されるというので早速予約しました。
FUJIXは望遠単焦点が弱いので、このアダプターを待っていた人は多いと思います。
好きなレンズEF200mmF2.8をフジで使えるのはありがたいです。


179ガット :2018/04/24(火) 14:12:53
すみません!HNの綴り間違えました。


180M-KEY :2018/04/25(水) 00:35:36
>178
さすが行動が早い!
フジXは「望遠単焦点が弱い」どころか
80マクロしかなく、ロードマップでも200mmF2があるのみなので
EFの100mmF2や135mmF2、200mmF2.8などが使えると面白そうです。
やっとキヤノンからも本気のミラーレスがでるようですが、時すでに遅し?


181ガット :2018/04/25(水) 14:05:52
案の定予約殺到でいつ納品できるかわからないと連絡がありました。
レフ機とミラーレス機を併用する方が増えてますね。

保険でキヤノンのボディーをキープする人はまだまだ多いでしょうけれど、
ミラーレスのアドバンテージをダイレクトに享受してしまうと、私のように
ボディーは必要ないという人も出てきそう。

気がつけばフジXの足りない焦点距離を補うためにEFレンズのカタログ眺めて
いたりします。


182M-KEY :2018/07/23(月) 13:48:04
XF8-16mmF2.8 R LM WR発売
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1310.html
これは35mmフル用の12-24mmF4よりも魅力的です。
さすがにXF200mmF2は一般的なニーズは少ないのですが、
XF33mmF1 R WR、XF16mmF2.8 R WR、XF16-80mmF4 R OIS WR
と魅力的なレンズが続々と・・・


183ガット :2018/08/17(金) 02:47:46
フジXもだいぶ魅力的なシステムに育って来ましたね。
ハズレのレンズがほとんどなく安定感があります。

現在コシナの12mmF5.6にハマっていまして、やっと広角レンズの使い方を理解し始めたところです。
高画素機でトリミングを前提にすれば十分シフトレンズの代用になり、軽くて小さいので使い勝手が良いです。

ただ、風景で角形フィルターを使用できないのが唯一不満の残るところ。
米国でどこかがワイドヘリアーシリーズ専用のフィルターアタッチメントを作ったと伝え聞きましたが、
今の所探しきれずにいます。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 Raw現像ソフト (Res:6)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1綾紫 :2018/04/16(月) 03:25:16
最近、ライブ撮影、つまり暗所・ストロボなしの高感度撮影をする事があり、
D5300+18~55/3.5~5.6 VR IIを使っていますが暗く、ノイズ対策を考えています。

その1つとしてSigma 17-70/2.8-4 Contemporaryを購入した他、以前買っていた
50/1.4Gも持ち出し始めていますが、別の攻め口としてRaw現像ソフトの使用も
考えています(これまではjpg撮って出し)。

そこでDxO・NX-D・RawTherapee・SilkyPix・IrfanView・XnView・FastStone・
UfRawを試しています。

ノイズ対策としてはDxOが有名で、確かに効果はありますし、意外と強力なのが純正
NX-Dで、設定によってはDxO以上になるようですが、逆に振るわないのがRawTherapeeです。
RawTherapeeはネットでは好評のようですが、ノイズ除去の能力は低く、ビュワー系ソフト並です。
SilkyPixは加もなく不可もなく、といった感じです。UfRawはGIMPのプラグインですが、単体でも
動きます。結果は無茶苦茶です。

まだ設定条件を追い込めていないので何とも言えないのですが、概ねこんな
所で間違いないでしょうか。

2M-KEY :2018/04/17(火) 12:00:12
情報ありがとうございます。
最近はRAWはもっぱらCameraRawですが、最近の機種の高感度特性は優秀なので特に困っていません。
高感度特性に困ってSilkyPixを使っていたD2X時代とは雲泥の差。
ニコン純正のソフトは使い勝手が悪くて暫く使っていませんが最近は改善されたのでしょうか?
RawTherapeeはノイズ除去というよりもデフォルトで補正の入るRAWデータの解析の意味合いが強そうです。


3綾紫 :2018/05/10(木) 04:06:55
>>2

ご返事有難うございます。

>ニコン純正のソフトは使い勝手が悪くて暫く使っていませんが最近は改善されたのでしょうか?

永らくRaw現像から離れていたので悪いかどうか分かりません。しかしNX-Dと同じエンジンを採用しているとされるSilkyPixに比べ、余計な操作が要らない気がします。

連休前後、また少し触った感想です。

・DxO
単にノイズリダクションに強いというより、解像感を維持しつつ、ノイズを目障りでなくす知恵に恵まれている。

・NX-D
ノイズを真面目に消すが、解像感も道連れにする。

・UFRaw
穴場。露出やコントラスト、発色は非常に調整しづらいが、ノイズと解像感の両立の筋は良さそう。


4綾紫 :2018/06/17(日) 16:10:33
結局、DxO、注文しました。破産し、国内代理店も受付中止になっていましたが、
復活しています、

他にAdobe Lightroom・Photoshopも検討しましたが、
前者ははっきり言って素人には訳の分からないソフトである上、
Adobe全般として体験版の有効期限が短く、後者は試せないままでした。

Capture Oneは早い(グラボを有効活用できる)のが取り柄ですが、
使い難さはLightroomよりややまし、といった程度で、値段も高く
買う気がしません。

SilkyPixはレンズ補正を自動的に行わない様子でしたので、候補から
外しました。


5M-KEY :2018/06/19(火) 00:08:44
情報ありがとうございます。
私もPhotoshopはずっと使っていますが、 Lightroomはよくわかりません。
DXOは余裕がある時に試用してみます。


6Opt_light :2019/01/30(水) 12:58:43
>>4
Silkypix+DxO Viewpointをセットで使うといいかも。Viewpointの歪曲補正はかなり優秀。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 ニコン機CF(コンパクトフラッシュ)の終焉? (Res:8)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1Hikaru :2017/09/02(土) 11:19:41
ニコンの最新機種D850が発売されますが、記録メディアはXQDと
高速、大容量のSD系のカード、SD系カードが以前より飛躍的に高速
大容量になってきたので、CF系メディアの影がすっかり薄くなりました。
D5はCF系もありますが、ミドルクラス以下は高速機はXQD+SD系、新製
品でCF採用機種は無くなりました。

10数年も前の話、コダック14NPro用に当時一般人が唯一入手可
能な当時としては超大容量のSimpleTech製産業用1GCFを6万円位で
買ったのが懐かしいです。ここ1年先まで程度の期間にD5s的な機種
が出なければ、もうニコンからCF採用の機種は出ないのでは?

それにしてもXQDの本家ソニーがスティルカメラにXQDを採用しな
いのは気になります。

2M-KEY :2017/09/03(日) 11:16:09
事実上は、もうCFは過去のメディアになっていると言っても過言ではないでしょう。
現状のGF採用機はキヤノンの上位機のみで、それも他メディアとのダブルスロットです。
私自身も現役で使っているカメラでCF機はD800のみですし、
メインはSDスロットを使っており,CFはバックアップ用です。
D3が生きている頃でも32MB以上の高速CFは同容量で同程度のスピードだと
およそ5割高と、コスト面で買うのを躊躇していました。
XQDは同容量のCFの倍くらいの価格ですが,転送スピードが早いのと
ピン折れの心配がないというメリットがあり、CFよりも購入障壁は低いです。
(ソニーの採用意欲のなさとレキサーの市場からの撤退が心配ですけど・・・)
現状のキヤノンの上位機はGFと他メディアのダブルスロットですが、
今後、CFスロットを持った新製品はニコンに限らず出ないのでは?
CFastとXQDに分かれたのは残念です。


3Hikaru :2017/09/04(月) 07:31:38
私もD810とD1無印、14NPro以外ではCFを使う機種は無くなりました。
D1無印はコレクションアイテムとして所有、実使用はないです。14NPro
は今でもたまに使いますが、これもあくまで遊び、実質D810だけです。

以前はコンデジもCFでしたので、512M、1G、4G程度の今となっては低速
なCFや8G、16G、32GのCFもあり、結構残っています。
最近はノートPCにCFスロットルは無く、USBメモリーが使い勝手が良いので、
外部メモリーとしても使いづらいです。
M-KEYさん、皆様は残ったCFをどうされていますか?

機械式な磁気円盤を回転させるHDDの16MBを買ったのが30数年前、ギガ単位
のHDDが出始めたのが20数年前、その頃CFは未だ512MB程度が一般人が入
手出来る大容量CFでした。速度も読み込みで45倍速程度、それが今ではSD系の
カードでも100G超、速度も300MB/秒、撮像素子はカシオが初めてデジカメを
世に出した時は35MP程度、フジやオリンパスが140MPの撮像素子を積んだ時は
結構話題になりましたがそれから僅か1/4世紀、今では4KMP、5KMPのDSLR
があり、この分野の進歩の速さに驚かされます。
長くなり、申し訳ありません。


4M-KEY :2017/09/04(月) 09:26:10
去年まではD3やD300が現役だったので、CFも現役として使っていましたが、
今は16GBがD800に入っているだけで,あとは使っていません。
予備機として待機のD300と時々使うα900には8GB、
持っているだけのE-330には4GB、α-7Dに2GBが入っているのと
カードケースに16GBと8GBが2枚ずつはいっているので全部でしょうか?

1GB以下のCFは、10年くらい前にメキシコから来た留学生にD200と
セットでプレゼントしましたが、128MBとか256MBのCFが引き出しから
出て来たりします。

SDは2GB以下でも、USBメモリ代わりに使ったり、
前に書いた,こども達の体験イベント用に使っていますが
CFは「お店プリント」くらいしか応用ができませんね。


5綾紫 :2017/09/10(日) 09:50:45
D700ユーザーですが、CF TypeIIは使えなくなっていました。
CF TypeIIとは厚みのある規格で、マイクロドライブがそうでした。
今から思えば、終わりの始まりでした。


6無名の新人 :2017/09/10(日) 10:03:02
>撮像素子はカシオが初めてデジカメを世に出した時は35MP程度、フジやオリンパスが140MPの撮像素子

MP=メガピクセルの意味なら 仰天するほどの高画素機だが...


7M-KEY :2017/09/10(日) 11:25:19
この場合のMPは「万ピクセル」ですね。


8Hikaru :2017/09/11(月) 17:11:24
>6

ご指摘、有り難うございます。誤記です。35万画素、140万画素のつもりでした。

>7
フォローして頂き、有り難うございます。
D810を使わなくなった時、高速の32Gや64Gが数枚無駄に、嘗てはコンデジ
にも使っていたので1G、2G、4GとかD300までのDSLRに使っていた8G
16Gがごろごろしています。
どうしたものか?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード