板情報 | 学問/人文/科学 ]

山崎ゼミ掲示板

スレッド作成

タイトル:  
名 前: E-mail:
内 容:

ローカルルール

(鷙雹
報告内容を期限までに書き込むこと
⊆遡筺Π娶時
誰に宛てた質問・意見なのか明記すること
その他
週一程度で掲示板を確認すること

みなさんでより良い掲示板にしていきましょう!

1  【2024年度】春セメスター ゼミ報告内容  (Res:44)
1河嶋直    :2024/04/01(月) 13:35:53  
このスレッドでは、2024年度秋セメスター内でのゼミ報告の内容を書き込んでください。ご自身がゼミでどのようなことを報告するのか、アドバイスを求めたいことは何かを書き込んでいただくようお願い申し上げます。

このスレッドでのルールは以下の通りです。
 ・報告者は報告の「報告前日の午前11時59分まで」に自身の報告内容を書き込むこと。
  (例)ご自身が「木曜日」に報告の場合→書き込み〆切は「水曜日の午前11時59分」まで。
 ・報告の順番に変更がある場合はこのスレッドで報告するのではなく事前に先生に連絡すること。

以上のことを守っていただきますようよろしくお願いいたします。

当スレッドでの書き込みの主目的は「研究内容を事前に知ってもらうこと」です。事前報告もゼミ報告の一つであり、また「始まり」でもあります。如何に努力した成果と研究内容への愛を相手に「魅せる」かがキーとなってきますので、くれぐれも忘れず書き込んでいただくようよろしくお願いいたします。

基本的な内容は以下の通りです。
①主要参考文献
②主要史料
③報告内容(概要や意義・問いなど)
38中川美祈    :2024/07/05(金) 00:36:52  
お疲れ様です。
7月6日(土) 3限に発表する中川美祈です。
報告内容は以下の通りです。

①主要先行研究
•松田法子「温泉場の私娼とその空間―昭和初期熱海における酌婦と芸妓―」佐賀朝・吉田
伸之編『シリーズ遊郭社会2 近世から近代へ』、吉川弘文館、2014 年、231-257 頁
•初田香成「白山―東京の三業地」佐賀朝・吉田伸之編『シリーズ遊郭社会 2 近世から近
代へ』、吉川弘文館、2014 年、201-229 頁
•眞杉侑里「明治期『上毛新聞』にみる私的売春イメージ」『立命館大学人文科学研究所紀
要』、103 号、2014 年、71-112 頁
•寺澤優『戦後日本の私娼・性風俗産業と大衆社会―売買春・恋愛の近現代史―』有志館、
2022 年
•人見佐知子「明治初年の大阪における遊所統制と『再編公娼制』」大阪歴史学会編『ヒス
トリア』、大阪歴史学会、2008 年、215-241 頁
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
39三木詩織    :2024/07/05(金) 14:37:25  
お疲れ様です。掲示が遅れてしまい申し訳ありません。
7月6日2限に報告する三回生の三木詩織です。報告内容は以下の通りです。

① 主要参考文献
・井上和子「大阪における戦後のセツルメント運動と学童保育」『大阪女子短期大学紀要』第10‐12巻、43‐54頁
・二宮衆一「学童保育実践の特質とその構造―「生活づくり」の歴史的変遷をたどりながら」『現代日本の学童保育』日本学童保育学会編旬報社、2012年、169‐195頁
② 主要史料
・白畠美智子「うちかて学童いきたいわ」『燃える放課後』大阪保育研究所、あゆみ出版、1983年、11-41頁
・横田晶子「大阪の学童保育のあゆみ」『燃える放課後』大阪保育研究所、1983年、
・「学童保育のハンドブック」全国学童保育連絡協議会編、一声社、1995年
・「新版学童保育のハンドブック」全国学童保育協議会編、一声社、1998年

③ 報告内容について
学童保育は、近年ようやく制度化された制度です。高度経済成長期から発展してきたそれは、近年ようやく研究が進んできた段階ですが、歴史研究に関してはまだまだ進んでいるとは言えません。本報告では、学童保育がどのように形成されてきたのかを、地域、家族に注目して考察していきます。
今回の発表では高度経済成長期の学童保育の始まりからを考察していくが、今後は現代の学童保育にまで言及していきたいと考えています。しかし、まだまだ史料の目途が立っているものが少なく、また内容の浅さを感じているので、皆さんの御意見をいただけると幸いです。よろしくお願いします。
40下山菜々子    :2024/07/06(土) 17:19:45  
お疲れ様です。7月6日(土) 2限に発表する下山菜々子です。報告内容は以下の通りです。

遅くなってしまい、申し訳ございません。
①主要参考文献
・中野光 『大正デモクラシーと教育』新評論、1990、93―105頁
・阿部彰 『文政審議会の研究』 風間書房、1975、251-279頁、274-307頁
・海後宗臣 『臨時教育会議の研究』 東京大学出版、1960、916-955頁
・廣嶋 龍太郎 「大正期における森文政の評価」『明星大学教育学研究紀要』
明星大学教育学研究室、2009

②主要史料
「各種調査会委員会文書・臨時教育会議書類・二ノ一速記録綴自第一号至第十号」JACAR(アジア歴史資料センター)(1917年10月27日)Ref.A05021030500、(第211画像)各種調査会委員会文書・臨時教育会議書類・二ノ一速記録綴自第一号至第十号(国立公文書館)
₂ 『東京朝日新聞』1917年10月29日2面 「愛国精神養成」
₃JACAR(アジア歴史資料センター)(1917年10月6日)Ref.A05021030500、(第116,117画像)像各種調査会委員会文書・臨時教育会議書類・二ノ一速記録綴自第一号至第十号(国立公文書館)
₄JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A05021030500、(第222,223画像)像各種調査会委員会文書・臨時教育会議書類・二ノ一速記録綴自第一号至第十号(国立公文書館)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
41鈴木琴葉    :2024/07/08(月) 19:20:26  
7月11日2限に発表する鈴木琴葉です。報告内容の予定は以下の通りです。

主要参考文献
青木枝朗訳『ヒュースケン日本日記』(註の部分)岩波書店、1989年
庭野吉宏「ヒュースケンという人物」『東日本英学史研究:日本英学史学会東日本支部紀要』10、日本英学史学会東日本支部事務局、2011年、69-72頁
O.スタットラー著、金井圓ら訳『下田物語(上)』現代教養文庫、1983年
O.スタットラー著、金井圓ら訳『下田物語(中)』現代教養文庫、1983年
O.スタットラー著、金井圓ら訳『下田物語(下)』現代教養文庫、1983年

主要史料
ヒュースケン著、青木枝朗訳『ヒュースケン日本日記』本文、岩波書店、1989年
フェルディナンド・フォン・リヒトホーフェン著、上村直己訳『リヒトホーフェン日本滞在記』2013年
オイレンブルク著、中井晶夫訳『オイレンブルク日本遠征記 上』雄松堂書店、1969年

ヒュースケンについての研究をしたいと考えており、今回中心となっているのは先行研究で触れられていた「仲間たちからも愛された」という部分の掘り下げです。複数の記録から、評価を調査しました。どのように研究するかという部分についての方針が定まっておりませんので、ご助言いただければ幸いです。
42小林希颯    :2024/07/09(火) 19:35:05  
7月11日2限に発表する小林希颯です。
スレッドへの投稿が遅くなり申し訳ございません。
報告内容の予定は以下の通りです。

①主要参考文献
・和田悠・井上惠美子「1990年代後半~2000年代におけるジェンダーバックフラッシュの経過とその意味」『多文化・共生コミュニケーション論叢』6号、横浜:フェリス女学院大学多文化・共生コミュニケーション学会、2011年、29‐42頁

・堀川修平『「日本に性教育はなかった」と言う前に ブームとバッシングのあいだで考える』柏書房、2003年
・松下清美・玉江和義「性教育の現状と課題~性教育の歴史的変遷に着目して~」『宮崎大学教育文化学部紀要.芸術・保健体育・家政・技術』25・26号、宮崎:宮崎大学教育文化学部、2012年、9‐20頁

②主要史料
史料はありませんが使うかもしれません

③報告内容について
日本の性教育について国会での討論の内容を掘り下げながら研究をしたいと思っています。なかでも1990年代は政権交代があり政府も不安定な中、フェミニズムやジェンダーフリーの風潮から性教育にもとめられるものも変化しました。また2000年代の東京においては学校現場での性教育に対して政府や都庁からバッシングが行われました。このことから性教育には政府などによる政治の意向が大きく関わっている点に研究の意義を見出しました。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
43梅野友翔    :2024/07/09(火) 21:13:14  
7月11日4限に発表する梅野友翔です。報告内容の予定は以下の通りです。

遅くなってしまい、申し訳ございません。
①主要参考文献
石橋知也・柴田久「1960年代の福岡市政の変遷にみる都市戦略のあり方に関する史的考察」『土木学会論文集D1(景観・デザイン)』Vol70,1,p1-15、2014。
小島大輔「福岡市の国際都市づくりにおける1995年ユニバーシアード大会の意義」『大阪成蹊大学紀要』8,p93-104,2022。
小島大輔「ユニバーシアード大会が福岡市の都市政策に与えた影響」『地理科学』78(3),p143ー151,2023。
久保隆行「地方中枢都市のグローバル化:「札仙広福」35年間の軌跡と展望」『都市政策研究』18,p71-96,福岡アジア都市研究所,2017。
佐々木喜美「福岡の都市文化史ー1961年~2005年まで」九州大学,2006,博士論文。

②主要史料
福岡市役所「福岡市総合計画書ー基本計画ー1960」(福岡市、1961)
福岡市役所「福岡市総合計画書ー基本計画-1966」(福岡市、1966)
福岡市役所「福岡市総合計画書ー基本計画ー1981」(福岡市、1981)
福岡市役所「福岡市総合計画書ー基本計画ー1988」(福岡市、1988)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
44森倉ことな    :2024/07/09(火) 23:43:14  
7月11日(木)4限に発表する森倉です。
スレッドへの書き込みが遅くなってしまい申し訳ございません。
今回の発表内容は以下の通りです。

① 主要参考文献
・宍戸實『軽井沢別荘史 : 避暑地百年の歩み』住まいの図書館出版局、1987年。
・宮原安春『軽井沢物語』講談社、1991年。
・小林收『避暑地軽井沢』櫟、1999年。
・岡村八寿子『祖父 野沢源次郎の軽井沢別荘地開発』株式会社牧歌舎、2018年
・内田青蔵「リゾート軽井沢の知られざる仕掛け人--野澤源次郎と橋口信助」『別冊太陽 : 日本のこころ』128号、2004年、16-20頁
・前田一馬「近代〈軽井沢〉の成立に関する歴史地理学的研究 : 別荘地の拡大による「季節的な都市」の誕生」、博士論文、2022年

②主要史料
・本多静六 述『輕井澤遊園地設計方針:本多林學博士口述筆記』出版社不明、1911年、
・監修・解題 内田青蔵『雑誌『住宅』〔復刻版〕』第1巻、柏書房株式会社、2001年
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
名前:   E-mail(省略OK)
2  【2024年度】諸々ノ御知ラセ  (Res:11)
1河嶋直    :2024/03/01(金) 11:48:50  
このスレッドでは主にゼミ運営や報告などに関して、先生や各役職からのお知らせを掲示するスレッドです。ゼミでのイベントのお知らせやゼミ報告の順番、ゼミ内での提出物の連絡などゼミに関する重要なお知らせが掲示されますので、皆様こまめにチェックしていただきますようよろしくお願いいたします。

上記のように書かせていただきましたが、ゼミ運営に関することでなくても、「これはゼミの皆にシェアしておきたい」と思われるようなことがありましたら気軽に書き込んでいただければ幸いです。このスレッド内では特別なルールはありませんが、役職からの連絡につきましては、担当役職名とお名前を冒頭に示していただけると幸いです。

では、よろしくお願いいたします。
5山田渚紗    :2024/04/16(火) 11:15:59  
お疲れ様です。4回生の山田です。
4回生の発表順に変更がございましたので、お知らせします。
5月2日2限 橋本→山本

です。
よろしくお願いいたします。
6山田渚紗    :2024/04/25(木) 00:35:08  
お疲れ様です。4回生の山田です。
3月27日の補講について、お知らせいたします。遅くなってしまい、申し訳ございません。

日時:3月27日(土)10:00-
場所:zoom(URLは後ほど送ります)

発表者は、発表前に必ずレジュメを先生方に送信するようお願いいたします。
7山田渚紗    :2024/04/25(木) 15:59:02  
【訂正】

お疲れ様です。4回生の山田です。
4月27日の補講について、お知らせいたします。遅くなってしまい、申し訳ございません。

日時:4月27日(土)10:00-
場所:zoom(URLは後ほどmanabaにアップされます。ご確認お願いします)

発表者は、発表前日に必ずレジュメを先生方に送信するようお願いいたします。
8大西知明    :2024/04/25(木) 18:22:43  
報告お疲れ様です。三回生の大西です。
昭和期の聖地開発に関して、関西の主要私鉄から見るという、面白い観点だと感じました。伊勢における動向を探るのであれば、名古屋方面とのアクセスも見ておいた方が良いのではないかと感じました。というのも、当時から名古屋都市圏は大きな都市であり、そこからの参拝客はどのような経路をたどったのか、一日で聖地巡礼したのであれば、どこで時間を使ったのかを見ることによって、滞在時間(その地域に落とすお金)も見えてくるのではないかと感じました。また、地域振興という観点で見るのであれば、門前町の古くからある商店や飲食店などに、帳簿などを見せていただくのも良いのかもしれないと思いました。
9鬼木翔大    :2024/05/02(木) 21:19:34  
お疲れ様です、3回生の鬼木です。
3回生の発表日程が無事に決定しましたので、掲載させていただきます。
協力してくださった3回生の方々、お忙しい中、本当にありがとうございました!
10鬼木翔大    :2024/05/02(木) 21:33:21  
画像のURLを含む書き込みができないようなので、ゼミLINEにて送らせていただきます!
11丸山彩    :2024/05/09(木) 23:07:18  
教員の丸山です。

授業内でもアナウンスしたように、5月16日(木)12:20-50に開催されるライスボールセミナー(オンライン)にて、丸山が発表をします。
題目は「明治期の京都における演奏会」です。

2限のゼミ後の昼休みの開催なので、ゼミの教室にて視聴できる場を設けます。
お昼を食べながら、ライスボールセミナーを覗いていただけると幸いです。

オンライン開催のライスボールセミナーは、本来事前登録制で、zoomウェビナーにログインしたことで、後日生協の電子マネーがチャージされるシステムになっています。
今回は、ゼミ生限定で、事前登録なしで、当日参加リストに名前・学内アドレス・生協の組合員番号を書いていただくことで、電子マネーをチャージしていただけるという配慮をしてくださることになりました。
気が向いた方は教室に残って視聴してください。なお、事前登録して教室以外の場所から参加していただいても問題ありません。

以上、よろしくお願いします。
名前:   E-mail(省略OK)
3  【2024年度】山崎ゼミ自己紹介  (Res:31)
1河嶋直    :2024/04/01(月) 13:27:49  
このスレッドは2024年度山崎ゼミのゼミ生自己紹介のスレッドです。3・4回生共にお互いを知り、交流を深めていただくためですので、書き込みの方、よろしくお願いいたします。

自己紹介内容とその量は基本的に自由ですが、以下の内容は掲示していただきますようよろしくお願いいたします。
 ・名前【※必須】(要ふりがな)
 ・回生【※必須】
 ・出身【※必須】
 ・研究内容【※新4回生は必須】
 ・ゼミ内役職【※新4回生は必須】

また、自己紹介で書き込む内容が思い浮かばない方は以下をご参考ください。
 ・趣味
 ・サークル、クラブ活動紹介
 ・研究したいテーマ
 ・出身地紹介
 ・自己アピール(皆に知ってもらいたいこと)
 ・4回生の先輩方に相談してみたいこと

など、上記に示しましたが、あくまでも参考ですので、どうぞご自由にお書きください(必須項目は書き込みお願いします)。

では、よろしくお願いいたします。
25小林希颯    :2024/04/25(木) 21:47:56  
小林希颯(こばやしののか)
 ・回生 3回生
 ・出身 京都府亀岡市
 ・研究内容 性教育について研究したいです
 ・趣味 ガチャガチャ
よく中身がおっさんと言われることが多いのですが、自覚はありません。よろしくお願いします。
26上殿浩明    :2024/04/25(木) 23:12:01  
・名前 上殿浩明(ウエドノヒロアキ)
・回生 3回生
・出身地 三重県
・研究テーマ 床次竹二郎
・趣味 野球観戦(特にMLB)

よろしくお願いします。
27山田渚紗    :2024/04/25(木) 23:51:07  
名前】山田渚紗(やまだなぎさ)
回生】4回生
出身】兵庫県
研究内容】原爆映画と社会状況
役職】ゼミ長
音楽】back number

3回生の皆さん、山崎ゼミへようこそ!
これから一緒に研究を進めながら、楽しいゼミ生活にしましょう!
よろしくお願いします!
28橋本明日香    :2024/04/25(木) 23:59:34  
・名前:橋本明日香
・回生:3回生
・出身:愛知県岡崎市
・研究内容:神戸居留地と英国人
・所属部活:邦楽部(三味線弾いてます)
・趣味:たまごっち育成

みんなと仲良くしたいです!よろしくお願いします!
29下山菜々子    :2024/04/26(金) 12:24:48  
・名前:下山菜々子
・回生:3回生
・出身:静岡県伊東市
・研究内容:日本の教育が、天皇制形成に及ぼした影響について研究できたらなと思っていましたが、最近は特攻隊にも興味があります。迷ってます。
・趣味:ランニング、料理、読書

インスタでご飯投稿したりしてるので良かったらフォローしてください^ ^
30渡邉凪紗    :2024/04/26(金) 22:56:36  
・名前:渡邉凪紗(わたなべなぎさ)
・回生:3回生
・出身:新潟県
・研究内容:明治期の文化や民俗学に興味があります
・サークル等:立命館大学応援団吹奏楽部でチューバ吹いてます
・趣味:寝ること、フィギュアスケートを観ること、漫画を読むこと

美味しい食べ物を食べて寝ることが人生の生きがいです。よろしくお願いします!
31川田竜史    :2024/04/27(土) 16:19:39  

・名前:川田竜史(かわだりゅうじ)
・回生:4回生
・出身:東京都
・研究内容:現代の龍馬像についてやってます
・サークル等:登山サークルに入ってました
・趣味:カラオケ、文房具、登山
・ゼミ内役職:副ゼミ長、会計

皆さんこんにちは。川田です。
3回生の皆さんは緊張するところもあるかもしれませんが、このゼミは基本的に皆さん優しいと思うので、不安なところなどあれば何でも聞いてみてください。よろしくお願いします!
4回生の皆さんは就活や試験、卒論作業と忙しい一年になるかと思いますが、皆で助け合って頑張っていきましょう!
皆さんよろしくお願いします!
名前:   E-mail(省略OK)