したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

書き込みテストスレ

1 名無しさん :2017/11/17(金) 20:09:26 ID:ikAhhirA
投稿のテスト用

77 :2018/11/13(火) 17:34:47 ID:W7A/me0I
あるある

78 <スパムは削除されました> :<スパムは削除されました>
<スパムは削除されました>

79 名無しさん :2018/11/15(木) 21:22:22 ID:zn4nr8uQ
あまりサキュバスを増やしすぎると反旗を翻されるから調整がむずかしそう

80 名無しさん :2018/11/15(木) 22:18:50 ID:tXTvJviQ
力と統率に優れたオーガの軍勢、魔術と搦め手に秀でた不死者の軍勢、諜報戦では右に出る者のいない淫魔の軍勢……みたいに
部門ごとに分かれてそうな印象の魔王軍。んでやっぱり味方をも虜にしてしまいかねない者達を何の警戒もしないとも考えにくいし
意図的にねじ曲げられた情報を伝えられるのも死活問題だから魔王軍の中でもかなり警戒されるんじゃないかなとか。まぁあくまで俺の妄想だけども。

81 TEST :2018/12/13(木) 15:00:49 ID:6Qr/wH7k
と♡と♥と♪

82 名無しさん :2019/01/19(土) 05:20:14 ID:zpPtvs9k
ガタンゴトンガタンゴトン……

しんとした車内に電車の走る音が響き渡る。

今日はセンター試験本番だ。満員電車の中でさえ、受験生のピリピリとした空気が漂っている。

かくいう俺も受験生だ。でも俺は他の受験生よりも少しだけ落ち着いているように思える。それは……

「修司君、他に忘れ物ない?忘れるのはカイロだけにしてよねー」

彼女の菜穂が手を握ってくれているからだ。繋いだ手から伝わる暖かさが自分の心まで届いているような気さえする。

菜穂とは高2の秋に、文化祭の出し物を一緒に担当したことをきっかけに仲良くなった。

彼女が出し物を一生懸命に準備していた姿に俺は心を惹かれた。

そんな俺は文化祭の終わり際に告白し、彼女と付き合うことになった。

それから今に至るまで順当に関係を積み上げてきた。

83 名無しさん :2019/01/19(土) 05:25:37 ID:zpPtvs9k
車内はお互いがはぐれそうになるくらい窮屈だ。

はぐれないように俺は繋いだ手をぎゅっと握りしめた。それに応えるかのように、菜穂も握り返してくれた。

それだけで少しほっとする。そのとき


すりすり……すりすり……


前にいる同じ高校の制服を来たポニーテールの女子が体を妙に規則的な動きで押し付けてきた。

電車の揺れでたまたま体が擦れ合っただけなのだろうと思った俺は少し体をひねった。

しかし意に反して前の女子はそれを追うかのように体を擦り付けてくる。


すりすり……すりすり……


明確な意思を感じ取ったのと同時に、それが自分の股間を狙っていることにも気づいた。

隣に菜穂がいるのに……こんな大事な日に……

倒錯的なシチュエーションであることを自覚するにつれ、昂ぶってしまう。

試験会場まで、いや次の駅で人の乗り降りがあるまでは耐えないと。

無心でいようとしたときに、ポケットに入れておいたスマホが振動した。

もぞもぞしている自分を心配した菜穂がLIMEで連絡をくれたのだろう。

気遣いのできる彼女の優しさに安堵した俺は大丈夫と返信しようと思い、急いでLIMEを開いた。そこには

84 名無しさん :2019/01/27(日) 00:54:03 ID:3Ll4g0pc
test❤

85 七道一味 :2019/01/28(月) 23:08:42 ID:3oLN2Ey2
お久しぶりです
「色仕掛けに耐えるRPG ラブパラダイス」が本日Dlsite様にて
予告開始されました!
発売予定時期は2月下旬となっています
後日Fanza様でも予告開始する予定です。

これまでのアップデートに加えて一部のキャラクターは
劣勢時に選択肢を表示してくるようになり、その他UI等に
細かい改良を加えていますので
既に過去版をプレイされた方、初めてプレイされる方も
興味があれば是非体験版のダウンロードをお願いします。

86 名無しさん :2019/01/29(火) 04:48:07 ID:IFhUi77w
制作お疲れ様です、好きな作品なので生存報告嬉しいです!

87 七道一味 :2019/01/29(火) 16:09:48 ID:c3PTrvGs
FANZA(旧DMM.com)様でも予告が29日に公開されました。
こちらでは体験版以降のサンプル画像も確認することができます。

88 名無しさん :2019/01/29(火) 20:09:06 ID:lwfMKF2U
あなたが神か

89 名無しさん :2019/01/30(水) 08:40:57 ID:KTeNwPr.
ラブパラダイスだけど
戦闘中のメッセージもSキーか決定キーで高速化できるようにしてほしいな
今のままだと微妙に遅く感じる

90 名無しさん :2019/01/30(水) 19:09:38 ID:TYF1fNMM
ツクールは通常の倍速くらいで読むのに支障がないから
メッセージスピードは早めがいいですね

91 名無しさん :2019/02/01(金) 02:02:51 ID:OvSfDWNY
ラブパラダイスは敵一人に対して複数のHシーンあるといいんだけどなぁ
後からでもいいから追加アプデ検討してください

92 七道一味 :2019/02/01(金) 14:00:19 ID:elaqvr.U
戦闘中メッセージ高速化は発売時には対応出来ると思います
Hシーン追加は売り上げ次第かな……あまり期待はしないで頂けると有難いです。

93 名無しさん :2019/02/02(土) 22:34:13 ID:UKDTVOoo
どいつもこいつも現行の音声作品ライターってやつはどうも分かっていない
なら、依頼すればいい、そうだろ?

94 名無しさん :2019/02/18(月) 18:25:18 ID:mWief3Is
ss書きたいけどプロットばかりで結局ぜんぜん完成しないジレンマ

95 名無しさん :2019/02/19(火) 17:46:10 ID:3BE6WjuQ
まずは短めの1話完結を目指してみるとか(それで完成するとは言ってない)。
もしくは開き直って状況説明も何もなしにいきなり自分の好きなシチュから唐突に書き始めてみるとか。
そのプロットというのだけでも見てみたい人はいるのだ、俺とか。

96 名無しさん :2019/02/19(火) 19:22:12 ID:hscAQzic
今考えているのは、淫魔界に迷い込んだ勇者の末裔が脱出までの奮闘を描いた作品
最初に勇者を発見したサドっ気の強い淫魔と協力しつつ現世を目指す
数々の誘惑に耐えるために彼女から訓練(よく誘惑に負ける)も受けつつなんとか進んでいく

みたいな感じ(プロットが完成しているとは言っていない)

97 名無しさん :2019/02/19(火) 20:36:13 ID:3BE6WjuQ
わぉ、それはまた面白そうな設定。
それだと、最初の区切りとしてはとりあえずドS淫魔と出会って脱出を決意するところまでって事になるのかな。
そもそもなぜ迷い込んだのか、(たぶん)敵である淫魔が協力する理由、あとこの時点で脱出法が分かっているのか否かとか
勇者の末裔だと普通の人と何か違うのかとか、そのへんの肉付けでどんな感じにも持って行けそう。

淫魔がSということは勇者の末裔君は本人は自覚していないけど実はMというのは確定的に明らか(偏見)。

98 名無しさん :2019/02/20(水) 06:37:35 ID:T3De2yzA
協力する理由は、ありがちな設定でなんの捻りもないけれど、勇者の血筋だから不思議なパワー()を持っていてそれを狙っているとかですかねえ
そのパワーを使いあわよくば淫魔界からの現世への進出も企んでいる
協力するからと言って近づきつつ独占に近い状態に仕立て上げたりちょっと策士っぽい淫魔だったり

やはりと言うか彼女の思惑通り、訓練と称した誘惑は成功、勇者の末裔くんは彼女の体に依存していくのであった
「これは訓練なんだから、おっぱい吸ったり腰を動かしたりしたら駄目なんだからね」

99 名無しさん :2019/02/20(水) 12:01:54 ID:b6g.cFCo
いやー、個人的見解だけどむしろ最初はありきたりな展開で考える方がよいかと。一見斬新に見えるものでも単純化したらよくある設定の組み合わせだったりとか
あると思うし、それは悪いことではないと思うし。

そうなると勇者パワーの正体は、本来の使い方ではないけれど応用すると淫魔界と人間界を繋ぐことができるとか、もしくは淫魔の力を増幅させて今までは大きく
干渉できなかった人間界に淫魔が存在することができるようになるとかそんなのかな。そのために、初エンカウントした時に圧倒的な淫技で勇者くんの魂ごと
その力を取り込もうとしたけど勇者本人も自覚していなかったプロテクトがかかっていることに気付いて、でも諦めきれないからそれならと訓練と称して
少しずつ魂を自分の色に染め上げようという魂胆を胸に抱えて同行を申し出る、とか(なおプロテクトのくだりは、その時点で勇者君はめちゃめちゃに搾られて
意識が混濁していたので勇者君は知らない)。勇者君も、土地勘が全くない淫魔界を当てもなくさまようよりは(とりあえずは)敵意がなくてしかも
訓練()に付き合ってくれるナビゲーターがいる方がいいと考え、同行することにしました、とか。淫魔はよほどのことがない限りは同族とは
戦闘(H的な意味で)をしてはいけない暗黙のルールを定めておけば勇者君がひとりで道中の淫魔と戦わなければならない(H的な意味で)理由にもなるし。

……そして訓練(?)の効果で、確かに淫魔界をうろつく野良淫魔からの誘惑や接触を受けても意思を保てるようにはなったけど、実はその裏で
訓練の相手からの誘惑には段々と逆らえなくなっていっているのに勇者本人は(繰り返される訓練のなかで何かが変だとは思いながらも)気付けずに
違和感を抱えながらもズルズルと淫魔に都合のいいカラダに仕立て上げられていくのだ……

100 名無しさん :2019/02/21(木) 21:13:36 ID:RfZS59/I
まさに思っていたとおりの設定だ!文字に起こそうとするとなかなかうまく伝わらなくて…
訓練と称した誘惑は完全に個人的趣味でこれだけはどうしても入れたかったw
ともあれおかげさまでプロットから少し進みそう ありがたや

101 名無しさん :2019/02/21(木) 21:37:32 ID:dcnm1Vbw
かくいう自分も、最近の妄想ネタでココの設定をどうしようかと悩んでいる場面があったり……
舞台はファンタジーでも現代でもどっちでもいけるかと思ってるんだけど、ある街があって、そこでは強い女尊男卑な風土が根付いていて、それというのも
男があまりに性的な勝負に弱い(この世界では性的勝負が認められている)ために男は女に頭が上がらず(むしろ快楽で服従させられている者もいる始末)、
女もそんな男の醜態を見続けてきたために男を見下すようになっている、とかそんなの。で、実はその女尊男卑な風土を引き起こした元凶というのが夢の中に住む
1人の淫魔の仕業で、その街で寝ると男は夢の中で快楽調教(短時間だけど夢魔をはね除ける意思がないと快楽に弱くさせられる)、女は逆に淫魔直伝の性技を
夢の中で教えられて強くなる(素質がある者は更に特殊な技も使えるようになったりする)。この現状を打破し男の地位を向上させるために主人公が頑張る、という
妄想話なんだけど、フワフワしている世界観をどうするかとか最初に主人公をどんな風に絡めていくかとか考え始めたらキリが無くなって結局まとまらない君的な。
ちなみにその淫魔は現実世界の女の誰かの意識に住んでいるからそいつを見つけ出して思い知らせてやるというのが仮の設定。

102 名無しさん :2019/02/22(金) 15:52:29 ID:egkSgFsg
舞台は中世ファンタジーの方がやりやすそう、魔法とかも使えるし自由度が高くてカスタマイズしやすい。
主人公君は戦争で親や姉妹兄弟を失い女兵士に逆レイプされるなど悲惨な過去があり、いずれはその復讐を遂げるため特別意思が強くて、興味を持った女たちが心まで屈服させるため襲いかかってくる。とか良さそう(個人的な趣味が混じってるけど)
孤独な身で無償の愛(に見える快楽調教)を相手に心が突然ポッキリ折れてしまう危うさも同時にあるので負けたときの情けなさとか、復讐を諦めてしまう背徳感もありますねぇ

103 名無しさん :2019/02/23(土) 10:48:39 ID:mwds.bv2
過去に死別って設定は自分的にはちょっとアレなんですけど、でも何かしらの(主に性的な)理由で過去に嬲り者にされた経験があったりというのはよいですね!
過激な逆レイプで男としてのプライドをへし折られたか、快楽に屈して醜態をさらしてしまったか……いずれにせよそういう過去があれば女性上位社会に
断固として立ち向かっていく理由にもなるし、色仕掛けにも簡単に屈しない(少なくとも他の男たちよりは)意思の源にもなるし。そしてそんな、軟弱な男達の中で
強固に抵抗し立ち向かってくる主人公は当然、女性達の目にも留まりやすいわけで……ふむふむ、よさげだ。貴重なご意見どうもです!

104 七道一味 :2019/03/11(月) 19:47:29 ID:HgVkyBnQ
予定より遅れてしまいましたが、
「色仕掛けに耐えるRPG ラブパラダイス」本日DLsite様にて
販売開始されました!
現在FANZA様にも販売申請中です。

105 名無しさん :2019/03/11(月) 19:48:17 ID:11sH1VUI
>>104
おめでと。

106 七道一味 :2019/03/12(火) 13:47:42 ID:WV9Q3ATQ
「色仕掛けに耐えるRPG ラブパラダイス」
本日10時にFANZA様での販売が開始されました
どうやら向こうのサービスで価格が20%OFFになっている
様子なのでアカウントを持っている方はFANZA様で購入された方が
お得かもしれません
お得かもしれません。

107 七道一味 :2019/03/12(火) 13:49:26 ID:WV9Q3ATQ
最後に2度同じ事を言っているのは入力ミスです……

108 名無しさん :2019/03/12(火) 22:49:56 ID:0G.8tDoM
ラブパラダイス、色仕掛けRPGの頃から好きだったから楽しみにしてました。
カットインとか敗北後良いですね。各キャラ好きになりました。
メイド店長が結構年上感出たのと、割と早く終わってしまったのがちょっと残念ですが、好きなゲームになりました。
次回作期待してます。悪魔編とかサキュバス編とか。負けると別の意味で世界滅びそう。

109 名無しさん :2019/03/16(土) 20:58:22 ID:tqkNZLGk
 ニチャリ……と、女が自身の豊満な胸を摺り合わせるたびに、その谷間に囚われた俺のペニスからは我慢汁が絶え間なく湧き出し、零れ落ち、潤滑剤となって
自身を苛む巨乳の感触を更に鮮明に伝えてしまう。地面に横たえられ、腰から下を女に押さえ込まれただけで、俺のカラダは意思に関係なく女に
屈服してしまったかのように、まるで抵抗することができない。この状況を打破しようとカラダに力を込めた瞬間、女は見極めているかのように谷間の乳圧を
強めて俺を仰け反らせ、体力だけを無駄に消費させられてしまう。そして次第に、起き上がろうとする意思までもが我慢汁となり、カラダからどんどん
抜け出ていくような気さえする。
「――男は、ペニスの欲求を抑えることは出来ない」
 突然、俺の耳に別の、言い聞かせるような囁きが聞こえてくる。未だ女の豊満な双丘の間に囚われ、嬲られ続けているペニスに意識を向けさせられていた俺に
不意に現れた女による甘い囁きはいとも容易く意識の深層へ染み渡ってしまう。
「――そしてペニスは、おっぱいには絶対に勝てない」
 なおも囁かれ続ける女の声。同時に、ペニスはその囁き声の示すことを証明するかのように、白く柔らかな胸の谷間で弄ばれ、我慢汁を垂れ流し続ける。
パイズリにより絶え間なく送られ続ける快楽、部屋の熱気、脳に染み込む女の声……その全てが俺の意識を混濁させ、混乱させ、いつしか女達によって
射精を我慢「させられている」ことにも気付かず、そうして剥き出しにされた心のプロテクトを、言葉と快楽で丁寧に剥がされていく……
「――だから男はいつまでも」「そう、どんなに鍛練を重ねても」
 二人の女の声が、脳内にこだまする。もはや何も考えられなくなった思考の中に、それが唯一の真実であるかのように言葉が綴られる。

「「男は女に、絶対に勝つことは出来ない」」

 二人の言葉が、白紙となった脳内に刻まれる。同時に、ペニスを弄んでいた乳圧が急激に強まり、ジワジワと蓄積していた快楽が弾け、そして――

 ビュルルッ!! ビュクッ、ドピュドピュ〜〜っ!

 女達の言葉を肯定するかのように、女の胸に負けてペニスが勢いよく射精を始める。女達に教えられた通りのことを頭とカラダの両方に
身をもって教育され、そしてその事実がもたらす快楽を教えられてしまった俺は、その後の生活でも女に弄ばれ、翻弄され、敗北する快楽を
無意識にカラダが求めてしまうようになるのだが、それはまた別の話……



……とかそんなシチュでの妄想でした(雑談スレの27コメの人)。
自分の文章、なんかダメダメだな……

110 名無しさん :2019/03/18(月) 00:42:11 ID:FmYbTiZ.
ラブパラダイスおめでとう
じっくりやらせてもらうわ

111 名無しさん :2019/05/06(月) 11:03:06 ID:jmWARoFI
≪クイーンサキュバスを倒した!≫

あぁん......
......流石は聞きしに勝る勇者様ね,魔王軍四天王たる私がここまで一方的な敗北を帰するなんて

ねぇ、この後どうするの?
.......止めを刺す......?
勿論それが勇者の務めだから、やりたいのならやればいいわ

.........でも勿体無いと思わない?

私はクイーンサキュバスよ?
至上の快楽を与えるサキュバスの頂点。
つまり、この世で最も気持ち良いセックスが出来る相手

私を倒したら、二度とないチャンスを逃す事になるのよ

.......白々しい反応しちゃって.......
要するに、私とエッチしない?って事

冗談じゃない?.....当然の反応ね
でも考えても見て?

勇者様はこれだけのワンサイドゲームで私クイーンサキュバスを倒したわけで
きっとこの結果は何度やっても変わらないと思うの

だから、今回はクイーンサキュバスとエッチして負けて......
堪能して満足したら、その後の二回目でちゃんと止めを刺せばいい.....
ね?良いアイディアでしょ?

.......ふふっ、迷ってる様ね

ほら見て、このカラダ.....
サキュバスは何度か見てるでしょうけど.......クイーンともなれば違うでしょ?
これを貴方の好きに出来るのよ?
私とエッチ....エッチしよぉ?

112 名無しさん :2019/05/06(月) 11:03:36 ID:jmWARoFI
≪勇者は射精してしまった!≫

流石に今度は少し時間がかかったわね
.....何回射精したのかしら?

どう?勇者様。世界を忘れてするクイーンサキュバスとのエッチのお味は
最高でしょう?

.....目の焦点が合ってないし、口元も涎垂らしながらにやけてる様だし....
ここらが限界かな?

これだけの精を20発近くも放てるなんて、流石は勇者と言うべきか

まぁ、コンテニューされる前にやる事やっておきましょうか

.....はぁ〜い
意識が朦朧としているとこ悪いですけど、勇者様〜?
私が持ってる小さな輪っかの様な物.......なんでしょうかぁ〜〜

正解は、勇者様が装備していた「精霊の指輪」でしたぁ

全状態異常状態変化を防ぐとかいう、ふざけた性能のアクセサリ-
サキュバスにとっては天敵同然のコレに......
......私の魔力を注いであげれば.....

≪精霊の指輪はサキュバスリングに変異してしまった!≫

はぁい、精霊の加護をクイーンサキュバスの加護に上書き。
これで魅了も混乱も防げなくなりましたぁ〜〜〜

なぁに、その顔?
まさか本当にセックスするだけと思ってたの?
わざわざ2回も負けてあげる訳ないじゃない

はい、指輪は返してあげる
またおいで、お馬鹿な勇者様

≪勇者は敗北してしまった.....≫

113 名無しさん :2019/05/06(月) 11:04:31 ID:jmWARoFI
≪クイーンサキュバスを倒した!≫

..........実力は本物みたいね
状況は悪くなったはずなのに、私を二度も負かすなんて

....まぁ前回よりは緊張感あったけど
で、どうする?今度こそ私に止めを刺す?

......それとも.......

また私とエッチしちゃう?

.......一度ヤっちゃったもんねぇ
普通の冒険者でもサキュバスと交わう快感が忘れられなくなる男って多いの

否定しても無駄だから
お顔真っ赤で目が泳いでる時点で丸わかり
勝ったんだからさっさと止めさせば良いのに、快感がチラついて躊躇ってるんでしょ

安心してね、私は負けたわけだし
尊重されるべきは勇者様の意志

世界の平和の為に憎き四天王に止めを刺すか、それとも再びクイーンサキュバスとパコパコするか.....
どちらか好きな方を選んでねぇ


≪勇者は射精してしまった!≫

もう好き、好きよ。
お馬鹿さんで学習能力ゼロの勇者様だ〜いすきっ!!

二度も同じ誘惑に嵌ってヘコヘコ腰振って、クイーンサキュバスに何発も何発もぴゅっぴゅして
勇者とかカッコ付けても、そこらの男となんら変わらないじゃない

さてと....
前回は装備品をダメにされちゃったけど、今度は何されると思う?
.....うぅん、何されてる....の方が正しいわね

今度はね、レベルドレインされてるの
男が苦労と努力で積み上げてきた経験値を、吸い上げられて私の力に出来る技
名前位は聞いた事あるでしょ?

そう、射精する度に勇者様の経験値が私に奪われてるの
さっきのが確か5発目だから.....既にかなりレベルダウンしてるはず

.....やめて?

別に止めてあげても良いけど....
そう言いながらも腰を打ち付けてもねぇ、説得力ないと思わない?

大丈夫大丈夫
勇者様の精力とレベル的に、搾り尽くしてもレベルはそれなりに残るから
思う存分ぴゅっぴゅしてね

≪勇者は敗北してしまった....≫

114 名無しさん :2019/05/06(月) 11:05:07 ID:jmWARoFI
≪クイーンサキュバスに982のダメージ!≫

私としても初めての経験、三度も同じ相手にここまで追い込まれるなんて

勇者の意地ってヤツ?
この短期間にドレインされた分レベル上げして、更には新しい技や術まで習得しておくなんて
能力的には前回よりも強くなってる
反省して、今度こそ不覚は取らないと気合入れたみたいね

......まぁ計算外だったのは........
私の方も前回よりパワーアップしていた事かしら?

沢山ぴゅっぴゅしてくれたおかげでレベルが上がったのに加えて
勇者様の魔力を取り込む事が出来たから、勇者様からの魔法ダメージ半減と

かなり拮抗した勝負になったわね
互いに後が無い位にボロボロ
先に一撃入れた方が勝ち........

.....まぁ、勇者様への止めならこの技が相応しいかな?

≪クイーンサキュバスの周りに魔力が集まっていく!≫

勇者様ぁ〜〜、よぉーく聞いてねぇ

今私が唱えてる術はね、カウンター技なの
通常攻撃をされると、足元に展開した魔法陣が起動して私と攻撃者をピンクの闇で包んでしまう

そうなったら......おしまい

装備もアイテムも消滅、スキルも全消去、ステータスはレベル1の状態で固定されて
クイーンサキュバスの作り出した特殊空間に連れ込まれ、誘惑技フルコースを味あわされてしまう
とってもとっても恐ろしい技よ

だから、今の私に通常攻撃なんて......「絶対に」.....しちゃ駄目だからね

勿論真面目で正義感の強い勇者様は、そんな技「絶対に」受けたりはしないだろうけど.....
だって力入れて鍛え直して、やっとこさ追い詰めたんだもんね

クイーンサキュバスなんて二度も堪能したんだから、もう十分
きっと「コンテニュー」すればやり直せるなんて「絶対に」思わないはず

.......その誘惑技フルコースが、どれだけ魅力的に感じてもね.....

だから勇者様?.....通常攻撃なんて、「絶対に」しないでくださいねぇ.....

115 名無しさん :2019/05/06(月) 11:05:54 ID:jmWARoFI
≪勇者は射精してしまった!≫

はぁい、もう何度目か分からないぴゅっぴゅですねぇ〜
お馬鹿で学習能力ゼロのドスケベ勇者様ぁ〜、気持ち良かったですかぁ?

この空間はステータスが初期状態になるだけで、レベルの数値は正常のままだったけど
これで晴れてレベルも1になりましたね〜

十分あった勝ちの目を自滅で潰して、それで得たのがこの射精.....
さぞや気持ちの良い物なんでしょうねぇ

ほぅら、止まってるわ。もっと腰を動かしなさい
この空間はオスの精力を活性化させて無尽蔵に射精せる様になってるからね
経験値は空っぽでも、おちんちんは空っぽにはならないのよ

......ん〜〜っと.....今度はどうしようかしら
無尽蔵と言っても精神が持たなくなればコンテニューで空間から出てっちゃうわけだし....

.....ふふっ
ずっと奪ってばかりだったから、今度は逆にしてみましょうか

勇者様、私の乳首が目の前にあるでしょ?それに吸い付きなさい

....んっ.....素直ね.....
誘惑技で魅了状態になってるから、当然だけど

そうよ、今迄はぴゅっぴゅだったけど今度はちゅうちゅうするの
私の母乳を沢山飲みなさい

私はサキュバスの頂点のクイーンだから、サキュバス系の専用技は全部使えるの
これはマザーサキュバスの専用技「サキュバスミルク」
サキュバスの栄養たっぷりの母乳を飲ませて、急速にレベルを上げる事が出来る技

普通は他の魔物を急速成長させる為に使うけど....
勇者様はどうしようも無くて可愛いから、特別に飲ませてあげる

また負けに来るために、レベリングする手間が省けるでしょ?

≪勇者は敗北してしまった....≫

116 名無しさん :2019/05/06(月) 11:06:32 ID:jmWARoFI
≪勇者の攻撃!≫
≪しかし下級サキュバスAには当たらなかった!≫

サキュバスA「......おにーさんって本当に勇者?
さっきから攻撃が空ぶってばかりだけど....」

サキュバスB「四天王とも戦える程の実力って話らしいけど
この動き見てると、とてもそれだけの強者とは思えないですね」

サキュバスC「つーか目線がキモイんだけど
あたしらのカラダをチラチラと.....胸とか脚とか....アソコとか....
ニオイから違うのは分かるけど、なんか反応が童貞っぽいんだよね」

サキュバスA「はーい、童貞勇者様〜。
これ、プレゼントですよぉ」

≪下級サキュバスAのテンプテーションキッス!≫
≪勇者は魅了されてしまった!≫

サキュバスC「誘惑技使われると露骨に動き鈍くなるし」

サキュバスB「それにレベル差考えると、下級サキュバスの誘惑技で魅了に出来るのもおかしな話なんですよね」

サキュバスA「いーよいーよ、細かい話は
今代の勇者様は、私達みたいなしたっぱの下級サキュバスにも負けちゃう男だったって事でしょ?
勇者の精を吸えるなんて滅多にない機会だし、とっとと搾り取ってあげようよ」


≪勇者は射精してしまった!≫

サキュバスC「あぁっ.....すっごい.....これが勇者の精!?」

サキュバスB「一人に三発づつ、計九発。これで打ち止めでしょうか
回数も勿論、濃さも量も味も並みの男とは比べ物にならない精でしたわ。流石は勇者と言うべきか」

サキュバスA「確かコンテニューってやつで安全な場所に転生するんだっけ?
聞こえてますか勇者様〜、コンテニューしたら....また私達に負けに来てね〜」

≪勇者は敗北してしまった.....≫

117 名無しさん :2019/05/06(月) 11:07:07 ID:jmWARoFI
あら、いらっしゃい勇者様
久しぶりね

ねぇ勇者様、貴方下級のサキュバスに負けたらしいじゃない?
ここに来るつもりの道中で遭遇して、手も足も出ずに搾り取られちゃったとか.....
前回から間が空いてると思ったら、そんな事があったなんて
情けない話よね、世界を救う勇者ともあろう男が

武器を構えて.....まだ戦う気?
下級サキュバスにも負ける勇者が、生意気にもクイーンサキュバスに勝つつもりなの?

貴方はね、もう≪サキュバスに弱い≫状態
それも最上級のレベル5よ

クイーン様に何度も搾られて、サキュバスへの負け癖が身も心にも染みついちゃったの
物理攻撃すればへっぴり腰、魔法使えば色気に惑わされて詠唱が乱れる
負ける事を望んでいるから、回避は緩慢、誘惑技放たれれば全身で受け止める.....
だから本来勝負にもならないハズの、下級サキュバスのあの娘達にもボロ負けしてしまう
そんな勇者様が、私に勝てるわけないでしょ

.......
これだけ無様を晒しておいて、まだ勇者としての意地が残っている様ね
いいわ、相手してあげる

これが最後よ。今の勇者様がどういう状態か、思い知らせてあげる

118 名無しさん :2019/05/06(月) 11:08:20 ID:jmWARoFI
≪クイーンサキュバスの攻撃!≫
≪勇者に622のダメージ!≫

どう?勝てたはずの相手にこうもボロボロにされる気分は?
最初は立場が逆だったのにね

何度も同じ手口で負け続けて、とうとう今回は実力で負けちゃった
最上級のクイーンとはいえサキュバスに完封されるとか....最高の屈辱じゃない?

これが今の勇者様
どれだけレベル上げて装備とスキルを揃えても、相手がサキュバスとなれば絶対に勝てなくなる

さてと....今回も搾り取ってあげようかな

ん?....今ピクッって反応したね......やっぱ期待してたんだ
そうだよねぇ....クイーンサキュバスの元へ通い詰める理由なんて、エッチな事したいから以外に無いよね
自分は勇者だから.....何度も何度も挑む事に言い訳効くもんね

違う?へぇ....そうなんだぁ
じゃあ止めは凄くいった〜い魔法で刺してあげるね
今日は無理矢理にでもって気分じゃないから、サキュバスなんかとシたくないってオスはお望み通りにしてあげる

..........ん?どうして黙っちゃったのかしら?
否定しないの?
ひと思いに止め刺される方が勇者らしいじゃない

.........ほぅら、やっぱりクイーンサキュバスとエッチしたかったんだ

あぁん、そんな顔しないで。人間のオスなら当然の事よ
サキュバスの快楽を知ったオスは皆病み付きになるからね、まして頂点であるクイーン様と交わればもう再起不能になってもおかしくないわ
勇者だから.....そう言えるだけで貴方は頑張っているって事よ

勇者様、私の胸にいらっしゃい
抱きしめて、よしよしして、甘やかしてあげるわ

今迄のエッチは一方的な物だったでしょ?
だから今回はらぶらぶなエッチにしたいの
互いが互いを愛し合う、とってもステキな.......ら・ぶ・ら・ぶ・エッチ

≪勇者はクイーンサキュバスに抱き着いてしまった!≫
≪クイーンサキュバスの淫魔の抱擁!≫
≪勇者は淫魔の呪縛を植え付けられてしまった!≫

.......本当に......お馬鹿な勇者様で助かったわぁ
こんな見せかけの甘い言葉にホイホイつられてしまうんだもの

はい、これで勇者様はクイーンサキュバスに絶対勝てなくなりました
絶対服従、絶対魅了、未来永劫クイーンサキュバス様の為だけに生きる奴隷

貴方がしっかりしてれば世界が救われる道はあったのよ?

クイーンサキュバスと交わりながらも狂わずにいて
≪サキュバスに弱い≫も矯正する手段は幾らでもあるし
勇者様は他の種族の魔物を倒して、サキュバスだけは軍隊や冒険者に任せるって手もあった......
でもでも勇者様は世界を背負っている事も忘れて、目の前にぶら下げた快楽に飛びついちゃった

お馬鹿で、学習能力ゼロで、ドスケベな、本当にどうしようもない勇者様
勝てる相手に何度も何度もわざと負けるうちに、最終的には本当に勝てなくなっちゃった勇者様

あぁん、乳首に吸い付いちゃって.....
前回のミルクがおいしかったんでちゅかぁ〜?

思う存分飲みなさい
貴方はこれから私達サキュバス族の為、存分に戦って貰うんだからね
サキュバスミルクを沢山飲んで、レベルを上げましょうね

うふふふっ......あははははははっ


≪勇者は敗北してしまった...≫
≪淫魔の呪縛によりコンテニュー位置がクイーンサキュバスの元に固定されました≫

勇者はクイーンサキュバスに敗北、淫魔の呪縛を植え付けられ彼女の手駒へと変えられてしまった

その後大幅にレベルが上がった勇者は魔王や他の四天王を討伐
邪魔者を排除したのち、サキュバス族の人間社会侵略に尽力した
侵略当初は「裏切者」と人間から認識されていたが
次第にサキュバスの価値観と思想が浸透しまさに「勇者」として敬われることとなる

119 名無しさん :2019/05/12(日) 23:26:20 ID:Et9Cqc5k
前に>>23を書いた者です。
投げるだけ投げておいて一年くらい放置しっぱなしだったのに気づいたのでちょこちょこ直して足して、完成させました。
ここの住民の好みから言うとちょっと背徳感不足かもしれないけど、良かったら読んでね。

120 名無しさん :2019/05/12(日) 23:29:37 ID:Et9Cqc5k

『今宵
 月の光が満ちる時
【女神のアメジスト】
 を頂きに参じます
 JK大怪盗 より♡』





「JK大怪盗......ねぇ」

可愛らしい装飾の予告状を手にしながら一人で呟く。
顔を上げると、360度、見渡す限りのモニター群。
俺は集中力と観察眼を買われてこの監視室に配属された。
そして現在時刻21時37分。
予告状がただのイタズラじゃなければいつターゲットが来てもおかしくない頃合いだ。
一応、もう一周監視カメラの確認でもしておくか。

「A-1、よし。A-2よし。A-3、よし......」
「......G-1、よ.........はぁ!?」

俺としたことが図らずも間抜けな声をあげてしまった。
けどこれは仕方がない。ブラウスにネクタイ。チェックのミニスカートに紺のハイソックス。極めつけは無造作に腰に巻かれたカーディガン。モニターの向こうには、女子高生という記号がそのまま歩いていたのだから。

「ほ、本当にこの子がターゲットなのかよ......」

未だ半信半疑のまま、改めて目をやる。うん、どっからどう見ても制服で女子高生だ。
一体この格好でどうして中まで入ってこれたのかはサッパリだが、そこから先はもうこれまでと同じようには進ませない。
上下左右に埋め込まれたカメラのお陰で頭の天辺から足の先まで丸裸。高精度のマイクはどんな小さな音も聴き漏らさない。
この子には悪いが、万一にも逃れる術はない。そんなことを考えてる時だった。

「はぁ、あっつ......汗かいちゃってるし、少し脱ごっかな......」

女の子はそう言うとおもむろにブラウスのボタンを外し始める。
ひとつひとつボタンを外す度、しっとりとした肌が少しずつ露になっていく。
しゅり、ぱさ......という衣擦れの音がやけに大きく聴こえて、思わず生唾を飲み込みそうになる。

「んっ......はぁぁ......っと」

いくらかボタンを外し終えると、背中で手を組み、艶っぽい吐息を漏らしながら前にぐーっと伸びをする。
その反動で真っ白な二つのふくらみがブラウスの隙間から溢れてきそうになる。彼女は、それほどの巨乳の持ち主だった。

「うわー、おっぱいの奥までベタベタ......」

組んだ手をほどくと、汗が滲んだ巨乳にゆっくりと指を這わせていく。
ほっそりとした人差し指が大きなふくらみを伝う小さな雫を拭う。
同時に指にどけられたネクタイが谷間へと沈み込んでいく。

「う...............っ」

気づけば俺はその光景に夢中になっていた。
いつのまにか女の子の胸のことばかり考えていた。
どうせ俺が一報入れればこの子はすぐに捕まる。
それを建前に彼女が映るモニターだけを食い入るように見つめていた。

「ぷっ」

不意に、女の子が笑い出す。にいっと意地悪く口を三日月のように曲げてカメラに近づいてくる。
......何かがおかしい。明らかに彼女と目が合ってる。画面越しの筈なのに。向こうからは見えていない筈なのに......

「くす くす」

女の子は着崩したブラウスを左右からひっぱって、挑発するように谷間を見せつけてくる。
一歩、また一歩と歩く度にピンクの可愛らしいブラから巨乳がこぼれ落ちそうになる。

ぽよんっ、たぽっ...ぽよんっ、たぽっ。

わざとらしくゆっくり歩いてみせたり、身体を揺らしながら歩いてみせたり。
俺がその動きに見とれているうちに、女の子とカメラの距離は殆どなくなっていた。
そして彼女は、キスでもするかのようにレンズに唇を近づけて――――

121 名無しさん :2019/05/12(日) 23:33:29 ID:Et9Cqc5k
「えっち......♡」

......そう、囁いた。俺に向かって。間違いなく。確実に。

「なっ......」

焦りと快感が入り交じった、ぞくっとした何かが背中を駆けていく。
薄々勘づいてはいたが......やっぱりこの子、ただ者じゃない。
そろそろ、上に......連絡を、しない、と......

「ダメ......♡ 通報しないで? ね、おねがい♡」

通報用のボタンに手を伸ばそうと、腕に力を入れた瞬間だった。
女の子は甘ったるい声を出しながらカメラにその巨乳を押し付け始める。
白くて柔らかそうな素肌がひしゃげて歪んで広がっていく。
ネクタイが乳肉と乳肉の間に完全に埋もれてしまう。
俺は力を入れることすら忘れて、ぼーっとそれに見惚れることしか出来なくなる。

「そうそう......♡ いいこ、いいこ......♡ おっぱい、見たかったんだもんね......♡♡」

女の子は優しい言葉遣いで俺をあやしながら、巨乳をカメラに押し付けるのも止めない。
勢いの弱い波のように不規則なリズムでむちっ、むちっとつぶれるそれで俺の頭の中はいっぱいになってしまう。
見ているだけで恍惚として、何かを考えることも出来なくなって、女の子の声に逆らう気もなくなっていく。

「ね、少し待っててくれてたら、おにいさんのお顔におんなじことしてあげる。だから、そのままじっとしてようね......♡」

122 名無しさん :2019/05/12(日) 23:34:44 ID:Et9Cqc5k
「おまたせ、おにいさんっ♡」

本来なら、うぃん......という自動ドアの無機質な音がする筈なのに、今の俺にはそれが聴こえなかった。
それくらい彼女の声だけを待ちわびていた。

「ふふ。ちょっと寂しい思いさせちゃったかな?」

鈴を振ったかのような声はマイク越しに聴くより遥かに可憐で、既に散々俺を虜にした筈の巨乳はモニタ越しに見るよりずっと魅力的だった。
それだけじゃない。じわっとした汗の熱気が女の子特有の甘い匂いと混じって俺の肺を浸蝕していく。
呼吸のペースがどんどん乱れて戻らなくなる。

「わぁ......♡ 『ふーっ♡ ふーっ♡』って、息、すっこぐ荒くなってる...♡ もうがまんできなくなっちゃったんだ......♡」

女の子はそんな端から見たら変態としか思えない俺の姿を目の前にしても、顔をしかめることもせず。
むしろ愉しそうに、にへぇ、とだけ笑って。

「いいよ。ほら、いつでもおいで......♡」

そう言ってゆっくりと両腕を俺に向けて伸ばす。
俺はその中心へとゾンビのようにふらふらと引き寄せられてしまう。そして、そのまま。

「あ、あ......あ!」

ふにゅううううううう。
ブラウスの隙間に入り込む。深い谷間に頭から沈んでいく。
女の子が俺の背中辺りを優しく手繰り寄せると、顔がふくらみとふくらみにすっぽりと包み込まれてしまう。
それだけで全身からふにゃああっと力が抜け落ちていく。
柔らかい。いい匂い。暖かい。安心する。幸せ。

「くす、あーあ......♡ おにいさんの心も身体も、ぜーんぶわたしに盗まれちゃった♡ すっかりふぬけになっちゃったー♡」

女の子は少し意地悪な調子で喋りながらも、優しい手つきで頭を撫でてくれる。
髪と髪の間に指が滑り込んでくる。つむじを掻き分けられる感触に、嬌声じみた溜め息が止まらなくなってしまう。

「だらしなーい声......♡ でもしょうがないの。わたしに盗まれちゃった男の人って、みんなそうなっちゃうから......♡」

優しい手つきに心を奪われている間。頭を撫でている手とは別の手が、背中を通りすぎて、腰の周りを通りすぎて。

「だからね、代わりにこうやって......えい♡」

いつのまにかガチガチに勃起していたその先端を、下着越しに指でつん、とつつかれる。
それだけでじいいいいんとした快楽が波のように広がって腰が抜けそうになる。

「盗まれてからっぽになった心に、身体に。わたしに甘やかされる心地よさを染み込ませてあげるの。しっかり植え付けてあげるの......♡」

射精してしまったんじゃないかと思うほどの大量のカウパーが、後から後からじわじわと溢れてくる。
あまりの気持ちよさに思わずよろけてしまいそうになっても、女の子が抱き寄せて支えてくれる。また顔が谷間に戻ってきてしまう。
どうやってもこの幸せから逃げることができなかった。

「もー、倒れちゃだめだよー? まだまだこれからなんだから。もっと気持ちよくなりたいでしょ? なりたいよね♡」

女の子は俺に密着したまま器用に下着を脱がせていく。びくんっ、と馬鹿みたいな勢いで跳ねながらペニスが飛び出す。

「ふふ、んふふふふ......♡ 『びくーんっ♡』って、いいお返事だね♡ すーぐきもちよーくしてあげるからねー♡♡」

「ん、んんぅっ.........!」

カウパーでぬるぬるになった亀頭をざらりとした何かが包んだ。
顔が女の子の胸に包まれてるせいで見えないけど、この感触は、もしかして......!

「あ、気づいた? そーでーす......♡ これ、さっきまでずーっとわたしのおっぱいを包んでたブラジャーでーす♡」

「んっ......! んんっ!!!」

そう女の子に囁かれて、異常な速さでペニスが跳ね始める。
俺もこの子もひとつも動いていないのに、ペニスだけがびくびくと暴れ続けて、ざらざらした生地と擦れて......!
あ、だめだ止まらな............っ!!!

123 名無しさん :2019/05/12(日) 23:35:17 ID:Et9Cqc5k

どくどくどくどくどくっっ!!!


一気に射精感が込み上げてきて、それからはあっという間だった。
あっけなく射精が始まってしまう。ブラの中にどろりとした生ぬるい精液が広がっていくのが分かる......

「それじゃあこれからこのブラジャーで、ごしごし♡ くちゅくちゅ♡ しちゃうんだから♡ おにいさんはがまんでき......って、え? あれ......? えええーーっ!?」

女の子も俺の変化に気づいたのか、調子外れな声をあげる。
俺の体から手を離し、おそるおそるといった感じでブラジャーを持ち上げていく。

「つ、包んだだけでいっちゃったの......? うそ......あ、ほんとだ......♡」

谷間から顔が解放されると、声のする方へと視線がひとりでに動く。
可愛らしいピンク色のブラの内側をゼリーみたいな濃い精液の塊が汚していた。
女の子はそれを目にしても怒ることも嫌がることも責めることもせず、可愛らしく、いやらしく笑って。

「わ、ブラジャーあっつー......♡ おにいさんのせーえきでどろどろだ......♡ そっかぁ、出しちゃったんだぁ......♡ 上も下もおっぱいに包まれて、すぐがまんできなくなっちゃったんだぁ......♡」

そうつぶやいてから、ずい......と身体にしなだれかかってくる。
俺の心を盗んだ幸せの塊が胸板にぐいぐいと押し付けられる。
鼓動がまだまだ速くなる。多分彼女にもそれが伝わってる。

「へへ、こんなに出したばかりなのにすごくドキドキしてる......♡ もしかして、これからされるコト気づいちゃってる? 期待、しちゃってる......?♡」

思わせ振るように一際強く。極上の柔らかさが、むにゅうと効果音付きでたわむ。
俺の身体と彼女の身体の間でその存在をひっきりなしに自己主張してくる。
女の子はそのまま、俺に密着したまま、自分の胸に指を伸ばす。

「............♡♡♡」

ぷち、ぷち。くす、くす。しゅり。
残ったボタンが外されていく音と、鈴のようなくすくす笑いと、ネクタイをするりとほどく音。
その全てが鼓膜と脳裏にこびりついて離れない。
ごくりと喉が勝手に鳴る。なのに口から涎が零れそうになる。いつのまにか唾液が止まらなくなってる。
期待が溢れすぎて脳の処理が追い付いてない。追い打ちをかけるように一糸まとわぬ二つのふくらみが俺の身体で潰れる。
処理落ちどころかショートして使い物にならなくなる。

「おにいさんのせーえき、もっとも〜っと盗んであげる♡ おにいさんのだいすきなおっぱいで、残ってるのぜんぶからっぽにしてあげる......♡」

乳首が身体を甘くなぞりながら下がっていく。
胸から腹に。下腹部を通り過ぎて、そのまま。ゆっくり、ゆっくり。そこに近づいていく。
もう少し。もう少しで触れてしまう。精液にまみれながらも、少しも小さくなっていないそこに触れてしまう。

「それじゃ、どろどろになってるこ〜こ♡ たあっくさん甘やかしてあげるね♡」

124 名無しさん :2019/05/12(日) 23:35:55 ID:Et9Cqc5k

にゅうん............っ♡



湿った音を奏でながら、ぴっちりと閉じた肉が根本まで飲み込んでいく。
強く密着されてるのに全然嫌な感じがしない。
ふかふかした何かに包み込まれて、腰から先が熔けてなくなっていく。

「もー......♡ メロメロになっちゃうのはまだ早いぞ〜? ほ〜らっ......♡」

背中の方に手を回され、身体がぎゅっと抱き寄せられる。
腰が勝手に持ち上げられて、竿が柔らかい乳肉の中を掻き分けていく。
肌色の沼にずぶずぶ沈んで戻れなくなる。それが幸せで仕方がない。

「どう? こーやって甘やかされちゃうと、おちんちんがおっぱいのことどんどん好きになっちゃうでしょ〜......♡ このまま、おっぱいのなかでおもらしするのだいすきな甘えんぼおちんちんに作り替えてあげるからね......♡」

すりすりすり、むにゅり。
女の子が動く度に谷間の奥で精液まみれの亀頭がやさしく舐められる。
その度に淡い射精感が波を打つ。けど下半身の筋肉が緩みきっていて少しも力が入らない。
刺激そのものは強くない筈なのにまるで我慢が出来ない。
長い絶頂の予感が近づいてくる。逃げようがなかった。

「ん、はぁぁ......♡ おにいさん、またイキそうなんだぁ......♡ でも、がまんしないでいいからね......♡ おっぱいの一番奥におちんちんをぎゅ〜......♡ ってくっつけて、とろとろでふわふわのお射精、しましょーねー......♡」

脇腹の辺りに軽くしゃぶりつかれて、ぞくぞくした快感が腰になだれ込んできて。
そのタイミングで甘ったるく囁かれたのがトドメだった。



「うっ......♡ ああああっ......♡♡♡」

とくっ......とくっ......♡ とくん......っ♡♡ とろぉ......っ............♡♡♡



尿道口を柔肉に塞がれたまま射精が始まる。勢いを殺された精液が胸の隙間からどろりと漏れ出す。
本来なら数秒で終わる筈だった射精が何十秒にも長引く。それがたまらなくってつい握り拳を作ってしまう。

「ながーくイくのって、きもちいけどちょっとつらいよね......でも、力は入れちゃだ〜め......♡」

それを女の子の手にほぐされる。手のひらが重なって指が絡んでくる。
弱々しく握り返すと、ふにゃりとした笑顔で応えてくれる。
幸せでだめになる。だめになりたくなってしまう。

「いいんだよ、だめになっても......♡ 一回でもわたしのおっぱいの中でいっちゃうと、男の人はみ〜んなだめだめになっちゃうから......♡ おにいさんがそうなっちゃうのも、しょうがない......しょうがない......ね♡」

欲望を見透かされて受け入れられ、心が満たされて。
そうして隙だらけになった身体を不意打ちのように。どろどろの谷間にたぷたぷとあやされて。それで、また。



「ひ......あ♡♡♡」

とぷ―......................っ♡♡♡



前の射精がまだ終わっていないのに次の射精が始まる。
ゆるゆると精を放つ心地よさがずうっと続く。
まどろむような強い恍惚感がいつまでも身体から抜けない。

「あーあ......♡ おもらしぐせ、ついちゃった......♡ おっぱいに甘やかされると、おもらしがまんできないカラダになっちゃったー......♡」

からっぽになった脳内に女の子のいじわるな言葉が溶け込んで、自分の一部になっていく。
与えられる快楽が物事の優先順位を塗り替えていく。
こうして彼女に骨抜きにされている自分しか想像出来なくなっていく。

「わたしに夢中になってるおにいさんが可愛くて、ちょっとぞくぞくしちゃうよー......♡ そのまま、夢中になったまま、最後まで出しきっちゃおうね......♡」

むちむちの乳肉を竿にたっぷりとまとわりつかされ、そのままもったいぶるようにして時間をかけて引き抜かれる。
まただらしない声が漏れてしまう。声と一緒に尿道に溜まっていた精液が引きずり出される。

「ん......♡ これで全部かな......♡ いっぱいでたね......きもちよかった?♡」

ぬるま湯のような余韻に浸っているところに、そう問いかけられる。
とろけた頭を精一杯振って返事をすると、女の子は心の底から愉しそうな顔で笑って。
いやらしく光る谷間から、精液を零しながら囁いた。

「それじゃあそろそろ、女神のアメジストの場所、教えてほしいな......♡」

125 名無しさん :2019/05/12(日) 23:36:45 ID:Et9Cqc5k
『昨夜、都内の高層ビルに保管されていた宝石、通称"女神のアメジスト"が盗み出されました。警察の捜査では、相当な手練れの犯行との見かたが強まっており――――』




「ふふ。昨日はありがとね♡ ......でも、本当に良かったの? わたしの専属オペレーターになるだなんて......♡」

「ううん、迷惑なんかじゃないよ......♡ おにいさんがサポートしてくれるなら百人力......だよ♡」

「だから......これからよろしくね、おにいさん.....じゃなくて。オペレーターさん♡」

126 名無しさん :2019/05/15(水) 14:20:28 ID:LcVP6rv6
最高です…!続きを待ちわびていたけど、パイズリが大変によかった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板