したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ミ】『星屑のサラウンド』

1 『朝山』 :2019/02/11(月) 18:55:27
―――私としては確かなことは何も知らないが
星の光景は私を夢見させてくれる。
                       『ゴッホ』

―――――――――――――――――――――――――――――

★ここは『朝山』がGMのミッションを行うスレです。

887 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/13(土) 23:38:02
>>886

すみません、書き方で語弊がありました。

正確に言うと、レクイエムのハガネが西の方角で戦闘してる辺りから
怒声に近い声で、車のある元来た道まで走れ。と言う形の描写です。

それを受けて、レクイエムのハガネが戦闘する地帯まで向かうか。
此処まで来るのに移動手段としてたキャンピングカーのある場所まで
向かうかのレスは任せます。

888 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/13(土) 23:45:35
>>887
では、キャンピングカーの方まで走ります。

889 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/14(日) 23:15:31
>>888

 ――『ソレ』は『浸食』を惑星の生き物たちに対し粛々と行っていた。
ウイルスのように機械的に、ただただ同化と言うプロセスを全ての対象に
作動させて同化を続けていく。最初は人、それが過半数を超えれば
別の種類の生物、果ては虫 植物……やがては無機物へと。

ただ、その中で一つ問題が生じた。

ソレは『貴方』だった。何の問題もなく浸食を行い変わりない同化の
プロセスが妨げられ、どれだけ試みても成功しない。
 そして、貴方の発言を聞いて『全体』は思った。

       ――コレは『除去』しなくてはいけないものだ、と。


――――――――――――――――――――――――――――


『……ッ! ヘリの音……でしょうか?』

 
   ――ババババババッッ

それは、貴方達のいる天文台より東側。街のある方角から聞こえた。
空を見上げれば、未だ距離は遠いものの幾つかの民間用なのかも知れない
ヘリがこちらへ向けて飛んできている。

 更に両隣の森のほうの茂みからも音が聞こえ、姿を現した生物達が居た。

猪……熊……狐……鹿……山犬。ありとあらゆる森に生息していたであろう
星見町の生き物達が姿を現している。
 本来ならば決して同じ場所に共同しないであろうソレ達は、貴方を視認
するや否や、走り出そうと身を低めている……。

 『――ッ!! 急いでッッ!!』

 キャンピングカーまで 残り『50m』

無数の生き物達、否 無数の生き物で『あった魂亡き残骸達』は
貴方をこの町から決して出す事なく、この世界から肉体を破壊させ
抱えている真実を表に出さないようにしたいのだ。

ハガネは、まだ遠方で戦っている。此処まで戻るのには時間が掛かる……。

890 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/15(月) 00:00:08
>>889

「ここまで来て――――――止めさせはしないッ!」

まず最前提として、走る。『50m』は『10秒未満』で十分に駆け抜けられる。
準備に『筆記』の時間がかかる『インク』をヘタに使うより、走る方が早い。
が、『10秒以内に追いつかれる』という事は十二分にありえる。
茂みから奇襲を受ける事もあるだろう。『無策で走る』のは、死ぬ。
ゆえに、走るだけではなく……『走りを補助するための手段』を用いる。

――――――『捕獲された赤いサソリ』(>>550)。

インクにより『それ』を再現し、即使用する。
『肉体出力のドーピング』を以て、この『苦境』を乗り切る。
反動による肉体の停止は、殺される事による永遠の停止より万倍マシだ。

50mを走りきったなら、即座にキャンピングカーに乗り込み『遠州灘』を目指す。

891 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/15(月) 22:40:19
>>890

  シャシャッッ    ――ズギュンッ!

アリーナにあった『赤いサソリ』 発現と同時にサソリは貴方の腕
絡みつくようにして尾の針を突き刺す。
 少しだけの痛みと共に、体の内側から迸るような熱が広がっていく。
今の貴方は短距離の世界大会に出場しても負けない程の運動能力を肉体に帯びている。

 タタタッ   バンッ!!

『成功』だ。間一髪に近かったが、キャンピングカーに乗り込み扉を閉めた。
少し遅れて、多数の獣達が体重をかけて体当たりを仕掛けて車体が大きく揺らぐが
頑丈な車を一度で大破させるのは難しい。何度も連続して攻撃を行い破壊される前に
『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』が運転席のキーを回しアクセルを踏み抜くと
急発進を行った。それでも構わず攻撃を続けようと獣達の幾つかは纏わりつこうと
必死に車体に爪を突き立てるが。そこは自立スタンドが運転テクニックで振りほどき
『遠州灘』へと目指して走る。
最初に『遠州灘』から天文台に着くまでの時間は約『20分』程度だった。
20分……今は限りなく気が長く感じる時間でもある。

後方を見れば、大多数の獣達が道を犇めくようにして貴方達を追っている。
上空のヘリも、着実とだが距離を狭めているのが視認出来た。


            ド――ゴォォォォ……!!

その時、天文台の方面から爆発音が轟いた。
 音源のほうを見てみれば、段々離れていく天文台近くの森林が
大きく炎上しているのが確認出来た。それと共に、貴方のレクイエムから
何か欠けていくのが実感出来た……。
(※レクイエムのハガネがロスト。これにより、成田とハガネの召喚は不可)

『遠州灘……あのボートが例え、先回りして壊されても私の能力なら問題ありません。
だけど、もし奴等が待ち構えていたら……いえ、弱気になってはいけませんよね』

貴方達は走る。『未来』へ 希望の種火と言う情報を届けなくてはいけない。

892 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/15(月) 22:47:56
>>891

「……待ち伏せは『無い』方が不自然なくらいよ。
 そうでなくても、ヘリコプターには追い付かれる。
 当時の目的地までに最低であと一戦は『あるもの』
 そう考えておいた方が、準備はしやすい……………」

20分。
限りなく『長い』……つまり『準備が出来る』。

「『時間を掛ければ火力を出せる』人が2人いる。
 ボートを壊してもいい、って考えれば……決まりね」

        スラスラ

「…………貴方の『怒り』を、私の力にさせて」

――『斑鳩』を呼び出しておく。

目的地に着くまでに彼に『攻撃』の準備をして貰えば、
到着後の敵はおそらく、『一掃』する事が可能だろう。
また、最悪の場合『ヘリ』への対空火力も彼なら放てる。

それ以外では『手製の爆弾(>>840)』を一つほど、再現しておく。

893 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/15(月) 23:05:33
>>892

斑鳩『ロスト・アイデンティティ』を招来させる事に対して
問題はありませんが。能力に関しては、主に弾丸のような正確無比の
鎖弾は可能として、鎖の爆弾(ボール・ブレイカー)なり
溶解炉程の高温の鎖攻撃(アッシュ・ローズ)などは質疑で不可能と
されたと思うので、攻撃は主に鎖弾や鎖鞭などでの行動で動くと思いますが
それでも宜しいですか?

894 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/15(月) 23:18:07
>>893(回答)
能力が黒羽視点で不明瞭かつリソースが必要らしい『アリゼ』や他のスタンド使いに比べ、
斑鳩PCは数分準備をすれば確実に一定以上の火力を出せる点で優れるため、行動に変更は無いです。

895 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/17(水) 23:21:50
>>894(回答感謝)
>>892(レス遅れ失礼しました)

     スラスラ   キィィ――ンンッ

 『……変な感覚だよね。自分だけど自分じゃないって言う感じ
まるで他人の家で、その衣服を少し拝借して着ているような、そんな風に』

 『――口よりも手、だ』 ジャラジャラ

レクイエムより招来した『斑鳩』 ロスト・アイデンティティを発現すると
共に鎖での投擲攻撃の用意をし始める。

ヘリのパラパラパラ……と言う音は次第に大きくなってる。後もう少し(1レス)
でキャンピングカーに追いついても可笑しくない速度だ。

『私が見た限り、ヘリは四台程こちらへと飛んでいます!
例え爆弾が降り注がれたとしても、合図さえしてくだされば直ぐに
回避しますよ!』

ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトはハンドルを制御しながら告げる。

周囲の木々や茂みの間隔が次第に薄まり、もう少しすれば
星見駅の線路が見える距離だ……。

896 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/18(木) 21:00:16
>>895

「車の中からじゃ取れる手は少ない……運転に期待してるわ」

窓の外は、見ておく。

『空爆』や『機銃掃射』は考えたくないが、
理屈だけで判断出来る敵では無いのは分かっている。

また念のため、ドアはすぐ開けられるようにしておく。

897 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/18(木) 22:18:05
>>896

  ブゥゥゥゥゥ―――ッ

『線路を横切れば、あと十分もすれば遠州灘に到着します!
海に出るまでにヘリも何とか対処すれば奴等の手から逃れ……』

   ウゥゥ……。

星見駅の線路、木々の視界が開け其処まで凡そ200mかそこらで
キャンピングカーの速度が急速に緩まった。
 ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトに変調が起きた訳ではない。
レクイエムの斑鳩も、少し乾いた音色で感想を紡ぐ。

『・・・僕は良悪関係なしにパニックホラーは見てきたけど。
実物のこんな有様を見ると稚拙な感想も言えないね』


 ――線路が『新幹線と大多数の武器を掲げた群衆』で封鎖されてる。
全長400mもある頑丈な車体がレールの上で停車され、そこに
ぎゅうぎゅう詰めであらん限り乗り込んでいたのだろう。もはや
慣れしたんだと言って良い笑顔を浮かべる、数えるのも馬鹿らしい人数が
刃物や鈍器を構えて貴方たちのキャンピングカーを待ち受けている。
 不幸中の幸いは、遠距離で放てる小火器を携えているような自衛官などの
奴等は居ない事だけだろうが。中には警察官の姿も入り混じっている為
拳銃などを携行してる者もいるだろう。
 そもそも、無数にいる集団の波で突撃されれば。幾ら頑丈な車両に乗っていても
このままでは覆いつくされて数の暴力で文字通り圧死されかねない。

 空も問題だ。ヘリ達が密集している、そして今は未だ点ほどにしか
見えないが何かが投下されたようなものが辛うじて視認出来た。

『迂回……出来るでしょうかっ。いや……しなくてはっ!!』

運転するスタンドは必至になってハンドルを回し何処か抜け穴が無いか
探すものの、奴等がそれを許すとも思えない。

発現した爆弾、レクイエムの斑鳩。
ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトと貴方の『インク』

これで何とか奴等の悪夢めいた猛攻撃を切り抜けるなり何なりの
手段を思いつかなければならない……!

898 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/19(金) 23:28:56
>>897

何度目のピンチだろう? もはや『心が動く』ものではない。

まず、一切迷わず爆弾を投げつける(ス精CC)
狙うのは『警官』、かつ一番前に出ている者だ。
即断できないなら狙いやすい位置でいい。投げる。

「斑鳩さん、鉄球を『掃射』してあいつらの『先頭』を崩して!
 全員を殺すのは無理、先頭集団を崩して『足止め』するッ!」

口だけじゃあない、手も動かす。『インク』で――――

爆弾を作り、投げる。
爆弾を作り、投げる。
爆弾を作り、投げる。

滅ぼすつもりの小手調べ。『ただの人の群れ』……いや『笑いの群れ』に、
次々投じられる『爆弾』と『鉄球乱射』を処理できる手があるなら、早期にその手札は『引きずり出す』。

899 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/21(日) 22:47:45

>一切迷わず爆弾を投げつける(ス精CC)

これは助手席の窓を開いてと言う形で宜しいですか?

900 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/22(月) 01:10:49
>>899
その認識で構いません。開けるのはごく僅かにします。

901 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/22(月) 22:44:37
>>900(回答感謝)

>斑鳩さん、鉄球を『掃射』してあいつらの『先頭』を崩して!

「崩す? いや、違うね ――崩すじゃなく 毀(こわ)すんだ」

 ジャッッ   ヴュュ゛ゥゥオォッッ――ッ!!

>手も動かす。『インク』で――――

      ボガンッ  ボガン゛ッ  ボガンッッッ゛!!

レクイエムの斑鳩は扉を半開きにすると、そのロスト・アイデンティティの
鎖弾を斉射させ、迫りくる集団の前線の頭を吹き飛ばし永遠に沈黙させる。

更に、インクによる爆弾の投擲。それによって更に集団の一部が吹き飛ぶが……・。

 タタタタッッッ!!  ガンッガンッ!!

『……ッ このっ……離れろ!!』  キィィ――ドンッ!!

質量が余りにも多すぎる。新幹線に詰め込まれるように乗り込んでいた
何百もの集団を殲滅させるには、鎖弾やインクの爆弾だけでは処理出来ない。
 奴等にとって自分達の命を惜しむような恐怖や忌避は存在しない。
ただただ貴方(黒羽)をこの世界で全て同化させる為の障害として駆除する。
その一念のみで動いている群れは、キャンピングカーに辿り着く矢先に
鈍器を振り翳して攻撃を繰り返す。
 ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトも応戦して車を操縦して
車体に攻撃する者達へと逆に当てる事で幾人かを振り払うが確実に
キャンピングカー自体にダメージが入っている。

『大丈夫ッ……例えタイヤが壊されても私の能力で直ぐに修復出来ます。
このまま、新幹線を迂回して海のほうまで』シュゥゥゥ……ッッ!!

『え? なに、上から……』


     ――ゴシャアアアアンッッ!!!


……車の屋根の方面から、何やら風を切る音が聞こえたと共に
貴方達が何が落ちてくると認識したのと同時にフロントガラスが大きく変形し
そして一つの塊がガラスを突き抜けて嵌ったのを見た。

それは元人間であったであろう肉塊だ。遅れて気づくのは、それが
恐らくヘリから落ちてきたであろう存在だと言う事だ。
 常軌を逸しているのは、随分前から起きてる現象だが。もはや
表現するのも烏滸がましい程に、奴等は貴方を、魂ある生物が自由に
行動しようとするのを何としてでも阻止している。

『……ぅ……ぁ』

「ちっ……考えられる中で最悪なパターンの一つだね」

不幸は連動する。高度何百mからの場所から車体を貫く勢いで振ってきた
人間の塊の激突だ。ガラスは大破し 更に運転していたスタンドはその
衝撃を受けて一時的かも知れないが脳震盪のように体をぐったりさせている。

 ガンガンガンガンッッ!! 

「……僕(俺)を解除して、その伸びてる彼女を発現すれば
車は修復出来る。けれど、そうすると今度はどうやってこの取り囲む
スピルバーグ作品な奴等を駆除するかって言う問題が出てくるけど」

斑鳩は、キャンピングカーの出入口を強固にしつつ貴方に告げる。

状況は絶体絶命だ。ヘリからの人間爆撃が再度起きなくても未だ
100かそれ以上の奴等である集団がキャンピングカーを包囲するように
囲んでおり、各々の武器で外装を無理やりにでも破壊して開こうとしている。

爆弾や、斑鳩の攻撃では焼け石に水だ。だからと行って集団を殲滅させられる
であろうハガネは、もう呼び出すのは難しい……。

902 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/24(水) 23:34:34
>>901

「こんッ……………な、事……で!! まだ諦められないッ」

『手札』は、敵に敵わない。
無限に拡大する能力は、無限のリソースを生む。
人間爆弾をやらかす『発想』まで備えるなら、
やはりこの場に留まるのだけは『死ぬしかない』手だ。
つまり、『戦力を傘増しして防衛優先』は『無い』。

「斑鳩さん……可能性が高い方に『賭ける』わ」

巨大な車体は動く事が『防衛』になる。そちらに賭けるしかない。
再現するのを、『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』に切り替える。
防衛のためには毎回『ドアや窓を開ける』必要があることを考えれば、
今『武器』なりなんなりを再現し、攻撃している余裕はとても無いだろう。

903 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/25(木) 21:15:03
>>902

斑鳩『わかった、それじゃあ また後で』 シュンッ

 シャシャッ―――zノァ キィィィンッッ!!

『……変な感覚ですね。倒れてる自分を見るって言うのも
えぇ、わかってますよ黒羽さん。無駄口を叩く余裕なんてないですものね』 ズギュンッ

レクイエム・インク・斑鳩を解除し。再度招来するのは『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』

モノクルを回し、キャンピングカーから抜き出したフィルムに対し手で弄ると
一つの部分を切り抜くようにした後に挿入する。
 すると、どうだ? 一瞬にして大破したフロントガラスは勿論、著しく変形していた
車のドアに関しても元通りになった!

『これで、再び動かせ……ッ』

      ――ガンッッ!!  ㇷ゚シュゥ――ッ

『……ッると言いたい所でしたが、敵も馬鹿ではありませんね』

キャンピングカーが走行が問題なくなったと同時だった。車外の窓を見れば
鋭利な刃物らしきものを持った幾人かの奴等達が一斉にタイヤを狙い破壊した。

『けど、何故瞬時にタイヤを狙える判断を。
――! そうかっ、私の能力を成田氏や斑鳩氏は理解していた。彼等が同化した時に
その記憶を持ってるならば、どう動くのかを予測して動けてる……!』

絶体絶命のピンチは、幾らか延命が出来たものの好転はしていない。

車は多少持ち直せる状態まで戻ったが、再びタイヤが破壊された。
レクイエムのウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトならば幾度かもしかすれば
破壊された車を何度が元通りの状態に出来るかも知れない。だが、二の舞は見えている。

囲まれてる奴等をどうにかしなければ、車は動かせない……ッ!

904 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/26(金) 11:50:35
>>903(確認)
破壊されたタイヤは『ナイフで刺されて破裂』したと認識して良いでしょうか?

905 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/26(金) 22:30:26
>>904(回答)

正確には鈍器、長物の刃物など持った幾人かによってタイヤをバーストさせた
と言う形。ナイフで刺して破裂したと言う認識でも問題はない

906 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/27(土) 00:48:24
>>905
回答に感謝します。

>>903

「――『ニュース』は力ね、改めて『確信』したわ」

『刃でタイヤがハレツした』。
そう書いて(スB)、爆弾投擲に用いていた隙間から、
車外へ出す……『片腕』で出す。そしてすぐ引っ込め、
即座に『窓』を閉じる。無理なら窓から離れるでも良い。
もっとも、先の『破裂』で車内には被害がなかったため、
『それ』は『遮蔽物』があれば然程の被害は無いのだろう。

「車の『死亡事故』にはもちろん『轢かれた』とか、
 『横転した』『追突した』『転落した』…………
 つまり『運転』が原因となるものが『有名』だけれど」

――――『タイヤの破裂(バースト)』。
それは、ただ空気が抜けるのとは訳が違う。

「タイヤの『破裂事故』も、恐ろしい……年間で10件以上の重軽傷者を出し、
 人を『即死』に至らしめることもままあるそうよ。もちろん『専門家がやっても』……ね」

お手製の爆弾よりも、ずっと洗練された『兵器』――
本物の『手榴弾』に匹敵すると謳われる、殺傷力。
そうでありながら『爆炎』や『破片』の破壊力でなく、
ただ『風圧』により、人間を簡単に殺傷する『大事故』。

それを引き起こしてでも『車を止める』選択は、
彼らの『無知』……『傀儡』ゆえの『強さ』だろう。
もちろん敵は無数、数名の犠牲は問題ないだろうが、
それが『連続』すれば……車の周囲の『駒』は、減るはずだ。

907 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/27(土) 22:11:37
>>906

 シャシャシャッッ・・・ボォンッ ボォンッッ!!

黒羽 灯世は『聡い』 その機転による応用で、現状で有効に至れるであろう
文章)の爆発(タイヤ破裂)を再現させる。

ニュースでも取り上げられる、死傷者も稀に出す事故の再現。予測通り
幾らかの者達を巻き込み、その爆風で動けなくなる奴等も出るが……。

 タタタッガンガンッッ゛!!

『ッ黒羽さん このままじゃあジリ貧です! 過去の改変が出来る程度の間は
出来ますが、敵が多すぎる……多すぎるんです!』

 今の構図は、軍隊アリに包まれんとする丸まったアルマジロと言うところか。

ある程度の者達を払う事は出来る。だが、それを押しのけるように鈍器を
持った集団がタイヤを、外壁に対し息つかぬままに攻撃を連続して行ってる。

レクイエムで招来されたウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトは何とか
貴方の攻撃の間を縫って、無事な状態のキャンピングカーを再度動かして
奴等を突破しようと試みるも、動こうとする寸前で攻撃が繰り出されると言う
悪循環が続いてる。敵はフロントガラスで見る中でも未だ人の海を形成してる。

 ヒュゥゥゥ―――!!

『ッまた頭上から音が。伏せてっ 黒羽さん!!』

 また、人間爆弾だ。直撃すれば、キャンピングカーの屋根なり
ガラスに再度大きな損傷を残すのは間違いない。
それに余りに時間を掛け過ぎては、天文台で襲い掛かって来た獣達なり
町から増援が来るのも想像に難くない。

……何か大きな一手が必要だ。この状況を好転するに相応しい大きな一手を。

908 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/29(月) 00:09:58
>>840

伏せていては『間に合わない』だろう。
車に人が落ちてくるだけで『死にはしない』だろうが、
揺れによって頭をぶつける、なんてこともありえる。
伏せても好転はしない。『前進』のため、窓の外へ記事を放つ。

「なら『殲滅力』を上げるしかないわ……
 本当は『エクリプスの舟』での、保険に考えていた。
 これの『残弾』は、そう多くはないんだから」

        シャッ

『ハガネが群れをなぎ払う(>>840)』

                ロスト
レクイエムのハガネは『喪われた』した。
だが、それは『ハガネの行動再現』には関係ない。
これは『普段のゴースト・ストリーズ、ソレと同様の能力』
その事はくしくも、先の失敗(>>842)こそが証明している。
行動再現は、レクイエムの『召喚』とは、関係ない。

もっとも、『ゴースト・ストーリーズ』は一つの事実に一度切り、一発切り。
また、再現に過ぎない以上『味方を巻き込む』危険性も常に存在した。
しかし、もはや出し惜しんでいる場合でも、車の周囲を気にする必要もない。

909 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/29(月) 23:47:50
>>908

貴方(黒羽)は、鼠達を崩御へと導いた『ハガネの薙ぎ払い』を再現させた。
確かに、あの時の破壊力を見れば。この包囲網の奴等を一時的に切り開く要因となれる。
そう……なれる筈だが。

   ――ドォォゴォォォンンンッッッ!!

二つの大きな衝撃音が聞こえた。一つは、窓の向こうから見える貴方が再現させた
ハガネの薙ぎ払いの行動。

そして、もう残るほうは『頭上から屋根を突き抜けた元は人であった肉塊』だ。

ゴースト・ストリーズの再現は忠実な再現。鼠達を殲滅させる時の再現は少なくとも
ハガネは頭上からの攻撃でなく前方から襲来する生物達に向かってスタンドを振るってたであろう。

それ故に、再現のハガネがキャンピングカーの屋根に振り落ちてきた奴等を防ぐ事は出来ない。
貴方は、直撃ことせぬものの。その余波による大きな衝撃を受けて転倒する。
 レクイエムのウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライトも蹈鞴を崩して似たような体勢となる。

『くッ……か、改変……改変を。いま車を修理』 ブルルルゥゥ 『……ッく』

窓の向こう側から、大多数の車両が線路に沿って走ってくるのが辛うじて起き上がろうと
体を起こす貴方にも認識出来た。
 今のハガネの再現で、幾らか敵は減った。それでも、未だ敵が走り寄ってくる音が
周囲に響き渡っている。……このままでは、どう見積もっても一分足らずで奴等の群れに
覆いつくされるのが目に見えている。

910 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/30(火) 00:20:24
>>909(確認)
『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』の能力詳細から『切り取り』に時間は掛からないと認識しているが、
伏せていた彼女も黒羽以上に深刻なダメージを受け、現在は『切り取り』が行えない状態……という認識で正しい?

911 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/30(火) 00:53:30
>>910

衝撃により『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』も転倒を受け
『切り取り』を満足に出来る状態でなかったと認識して貰って良い。
次レスからは『切り取り』も可能である。

ダメージに関しては黒羽も『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』も
転倒により幾らか四肢に痛みを覚えるものの、我慢すれば通常の行動は可能。

黒羽のほうに関しては、『サソリ』の影響もある為。常人以上の運動能力は
いまも健在している。

912 黒羽 灯世『インク』 :2020/06/30(火) 01:49:05
>>911
回答に感謝。

>>909

「そうよ、改変をお願い……っ! 『車』……!」

「やっぱり出し惜しみは出来ないわね」

『ハガネがサルたちを蹴散らした(>>850)』

敵が寄ってくるまでに書いて準備しておく。
今すぐ使っても無駄撃ちになる可能性が高いだろう。
もっとも、窓の外に既に迫る敵がいるなら使っておく。
数匹の猿相手の攻撃だったので、『敵が多すぎ』ても効果は薄いはず。

913 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/06/30(火) 23:00:27
>>912

 ズギュン  ――キィィンッッ

『改変完了、けど また直ぐに奴等に……ぇ? 何もしてこない??』

怒涛の襲撃、ソレに変化が起きた。『奴等の車に対する攻撃が止んだ』
諦めた? そんな筈はない。そして、直ぐにその答えは前方を見れば明らかとなる。

『……ッ』

フロントガラスの向こう側から多くの自動車が走って来ており……。
それと共に、その中に混じっているのは『大型タンクローリ』だ。
中身が空っぽな筈も無いだろう。それが時速120 130……と言う具合に
こちらのキャンピングカー目掛け突っ込もうとしている。

『ば、バック・・・く、黒羽さん、後ろからも……!』

奴等によってキャンピングカーが立ち往生となった時間。そのタイムロスによってだろう
天文台のあった方角、走って来た方角から多くの生き物達が迫っている。
前方は、大型熊なり狼にしがみつくように重火器を背負った人間も入り混じっている。

『逃げ場がありませんっっ! 右側は新幹線による壁! 前方からはタンクローリ!
左側にある森林地帯を抜けようにも、木々で阻まれるし。後ろは後ろで奴等の大群ッ』

このままでは終わる。バックしようにも迫る奴等が襲い掛かれば、質量で遅かれ少なかれ
キャンピングカーが急停止を余儀なくされタンクローリが突撃される。
右や左に逸れて逃げるのも困難、だからといって前方へ走るのは自殺行為に近い。

……希望があるとすれば、タンクローリが突っ込んだとして。その爆発にも耐えうる術を
見つけるか。もしくは、聳え立つ新幹線と言う障害物を乗り越える策であろう。

914 黒羽 灯世『インク』 :2020/07/01(水) 02:12:58
>>913

「…………!?!?」

タンクローリー。
いつの間に来ていたのだろうか――――
今更『逃げる』には時間が足りない。

「――――――最期まで、『賭ける』しかない」

自身の能力さえ正確な把握は出来ていない状況。
取れる策は全て『賭け』の側面を持つことになる。
まして『他の能力』を当てにするなら、余計にだ。

(タンクローリーの『大爆発』が起こってしまえば、
 この大集団はほぼ間違いなく『私たちもろとも壊滅する』
 逆に言えば、爆発をしのげば『この場は切り抜けられる』)

             (『生き残る事だけ考える』)

「不幸中の幸いか、『肉』はある……『アリゼ』さん、貴女のスタンドに賭ける」

『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』を一時ひっこめ、
>>791『防御力に優れ』 >>821『2人くらいなら収容できる』防壁を作れる、『アリゼ』を呼び出す。

「これで耐えきれるかは分からない……でも『何もしない』訳にはいかない」

                  「私たちはずっと、『そういう風に』やって来たのだから……ッ」

915 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/07/01(水) 22:06:30
>>914

――ブロォォォォオオオオオォォ゛ォ゛ッッッ゛

タンクローリが猛スピードで突進をキャンピングカー目掛け迫る。
周りにいる人間達、いや『スマイリー・スマイル』の群れは貴方や元芦田のスタンドが
乗車する周囲を動かない。突撃に対し、車から降りて逃げようとすれば瞬時に取り押さえるなり
攻撃を仕掛けて爆発に万が一でも逃れないようにする為だ。

 タンクローリ接触まで、10 9 8 7 6 5 ……。

――――――――――――――――――――――――――

『直ぐ私を消せ。簡潔に言うぞ ――私の能力では無理だ』

シャシャッ――zノシャッ、と招来された『アリゼ』
それは瞬時に状況を見抜くと、貴方に険しい顔で告げた。

『ピンク・クリーム69は確かに防御能力は高い。だが、忘れてないか?
あんた【達】を包み込む事は出来るかも知れんが、私は間に合わない。
私は幾ら傷ついても良い。けど、もう残ってるのはあんたと【気絶してる娘】なんだ』

……そう。此処には貴方(黒羽)と、もう一人 否 一体。
未だ覚醒出来てないが『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』が居る。

アリゼは自身が既に視認であると理解してる。そして、これ以上誰かを犠牲にしてまで
自分と黒羽のみ生かすと言う選択肢は望まないらしい。

『それに、私の能力でも。タンクローリの大爆発となると完全に衝撃を消しきれるか
今からスタンドで栄養吸収し成長させても博打でしかない。
 キャンピングカーも巻き込んで連鎖的に此処ら一帯周囲は火の海になる。
衝撃であんたが気絶しても、私が気絶しても。そうすりゃお陀仏だ。
 だから、もっと【確実な生還】を考えるんだ。
……ハガネも、他の奴等も。あんたを遠くだけど、直ぐ近くで応援してるから』

要約するならば、自分の能力ではタンクローリの自爆攻撃を防ぎ切る自信はない。
自分を解除し、もっと有効な手を編み出せと発破と共にアリゼは言った。

確かに、今すぐにでも迫る火薬庫となった奴等が操作する爆弾車両を
アリゼ一人で貴方と元芦田のスタンドを守り抜けるかは一かバチだ……。

なら……何を呼び出せばいい?

916 黒羽 灯世『インク』 :2020/07/02(木) 03:46:47
>>615

「…………………………………『そう、それは仕方ない』」

『アリゼ』を解除する。
『感情』は、抑えて来た。

(最前提は『スタンドを知っていて、私の味方であること』
 全能に近い存在でも『私の味方じゃない』なら無意味だし、
 『私の味方』でも、スタンドが『不明瞭』なら意味がない。
 たとえば『オペラ』をここに呼び出したとしても意味がない。
 『協力してくれる』可能性はゼロではないかもしれないし、
 『大爆発から三人を守る能力』という可能性もゼロではない。
 でも……意味がある可能性があるとして、それは『賭け』。
 それなら今すぐアリゼを呼び戻して『守らせる』のと変わらない)

ベリルの死を通り過ぎても。
芦田の命を切り捨てても。
小林とアリゼを救えなくても。
ヤジを殺しても。
ハガネを見殺しにしても。

(考えるのよ……『止める』のは意味がない。
 『斑鳩さん』じゃ守るのは無理、『芦田さん』ももちろん無理。
 『ベリルさん』も身を守るような能力ではないし、
 『ソイル』や『グレイシャー』の能力は『賭け』の範疇を出ない。
 少なくともグレイシャーについては『物理実体』は遮れないし、
 『ソイル』も、瞬時に物体を引き込めるようには思えなかった……)

『死別』は黒羽には『未経験』ではないが、
それでも、何もかも『殺して』ここまで来た。
『窮地なら誰もがそうできると信じていた』。
黒羽灯世は改めて、自分が『上』だと確信した。

「ああ」

――――だから『泣き言』は、言わない事にする。
上位の実力者である自分なら『5秒』で正解を出せる。

「『非常事態』から脱出する手段は、『非常口』に決まってるじゃない」

『非常脱出口(>>706)』と書く。

あの時はまだ、『使えた』。なら再現しても『使える』。
行先は『遠州灘』だ。再現が出来次第、『ウェア・ディド・ウィ・ゴー・ライト』を引っ張り、入る。

917 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/07/03(金) 23:10:20
>>916


 ――キーン コーン カン コーン
    キンコン カーン コーン。

……終鈴の鐘の音。貴方は未だ半覚醒だった。
 此処は……? あぁ、そうだ『清月学園』だ。

辺りを見回すと人気は無く、貴方は一人だけで視聴覚室等の
PCの置いてある椅子に寄りかかっており、その画面上には作業途中の
貴方が作成していた記事が休止画面から移行した中に移っていた。

そう言えば、自分は未だ作業が残ってるからと。部活の他のメンバーが
帰る中で居残り、仕上げの為に残っていたのだ。

夕暮れの色合いが窓から差し込んでいる。そろそろ帰ったほうが良いだろう。

――カサッ。

携行してる学生カバンを提げ直そうとすると『宝くじ』が落ちた。
 以前、大通りで取材などしてた時。誰かしらに、どうせ当たらないからと
押し付けられるように貰ったものだった筈だ。

……後日、貴方は自分自身が『250万』の大金を得た果報な学生と
ローカル記事の一面に載る程の幸運を得る事になる。

だが、望外の喜びと裏腹に。貴方は、ふと

自分自身が、何か大切な成し遂げなくてはいけないものを亡くしたような。
そんな『虚無感』もフッと時々感じるのだった。

黒羽 灯世『インク』⇒『250万』get!
危難BB相当の経験値 get!

918 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/07/03(金) 23:27:20
>>916

シャラシャァ――zノッシャ  キィィ……ンンッ。

『インク』によって描く非常脱出口。アリーナの何者かは不明ながら
一度きり使用可能だった物体。どこでもドアのように便利な代物は
瞬間的に遠州灘へ行くのも遥かに用意だろう。
 発現は問題なく可能だった。後はドアノブに遠州灘と囁き開くだけ。

ガチャッ!! ……見えたのは『何の変哲もないキャンピングカーの内装』

貴方の脳裏に、記憶がフラッシュバックする。
>>714
『恐らく飛ばされてきたであろう[扉]は直ぐ近くにあったものの、そこから奴等が入り込んでくる
ような予感は無い。二人に離れてくれと命じた芦田が、へぇへぇと気のない台詞で下がり開けたドアの
向こうは学生寮の他の者の居室に通ずるだろう廊下が見えた事から、あの[スタンド扉]は三人を
こちらに送ったと同時に閉められた瞬間には、次元を捻じ曲げた出入口としての機能が消えたのだろう』

そうだ、あの『スタンド扉』は学生寮の『扉』とリンクしていた。

遠州灘には……『スタンド扉とリンク出来るような扉』は存在してなかった。
モータボート等は、あるものの。それが扉の備え付けてるようなものか貴方は明確に確認してない。

蒼褪め、別の行き先を唱えようと扉を閉める間にも……。

 ――ブロオオオオオォォォッッッ    ――ガッッッッ゛ッ゛!!!!

背後からの轟音、衝撃により体が宙に浮かぶ感覚。

後は、何が起きたか理解出来なかった。
 吹き飛ぶように、天井に体が打ち付けられる激痛と視界が回る中で最後に
貴方が見たのは、罅割れたフロントガラスから生じる閃光と、タンクローリが盛大に
破壊されされ、燃え盛る爆炎がこちらへと迫る映像のみだった。



黒羽 灯世『インク』 ⇒『死亡』

919 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/07/03(金) 23:37:59
場所:???

 ――ジジジ

?「……盗聴機器が完全に途絶えました」

オペラ「そう、野鼠ちゃん。頑張ったのだけどね
私も、もう少し頑張ったら手助けぐらいしようかと、気紛れを考えたけど」

?「アレ等の能力に関して、組織へと送信しますか?」

オペラ「…………どうしましょうかね。
――いま、この瞬間。私のみが、奴等の命運がどうなるか主導権を握ってる。
これを、海の中を泳ぎ静観する組織や。未だ息を潜め希望を求めてる世界に
居るだろう残る群れに、私が送るだけでも世界の定めが変わっていく……。

野鼠ちゃん。いえ 『黒羽』ちゃん。

聡いつもりの彼女が最後に私を世界の命綱にしようとしたのは。
上位と貫禄の羽織を纏った意地かしら?

……ねぇ ザ・カード・チート」    

 ブォンッ  『何でしょう、今代の主様』

オペラ「賭けましょうか、世界の明日を。貴方の黒太陽タロットで
一枚のみ、捲りましょう。
 それによって、私が希望の種を撒くか、撒かないか」

  
          ――ペラッ


劇の支配人は運命(札)を捲る。星の瞬きに 世界が終わる日に


オペラ「そう、つまり  ――答えは



―――――――――――――――――――――――――


 『星の瞬きに 世界が終わる日に』  完

920 『星の瞬きに 世界が終わる日に』 :2020/07/04(土) 00:13:19

『星(輝ける魂)』を吸いつくし、やがては『惑星』を
『笑い(虚無)』へ変えるスタンド

『スマイリー・スマイル』

破壊力:-  スピード:- 射程距離:E(現在はB)
持続力:∞ 精密動作性:-  成長性:?(測定不能)

本体は、恐らくアルカラ山脈の『堕ちたら天国も地獄にも行けない』裂け目に居る。
死亡後の発動による自動操縦型。同化した順から、その同化した生物の知識を有するが
感情の伴った記憶の認識が出来ない為、肉親など近い関係の非同化の生物には別の
存在であると看破されるリスクもあるが。この能力の場合、それより先に浸食される
メリットがデメリットを完全に上回っている。
能力の発動は、推測となるが裂け目に堕ちた本体が何かしら運命の悪戯により発動した為
このような予測不可能な力を得たが、本体自身も元々人間として何から大切な部分が
欠落していた可能性は非常に高い。
この能力である笑顔と笑い声(※人にはそう見えるだけで、実際は本当の笑顔でも
笑い声でもない、全く別の形のものであると思われる)を『毒』と仮称し
その『毒』の進行のトリガーは模倣〉聞く>見ると言う形で進行速度に差が出る。
また、『毒』は蓄積していき通常のスタンドによる精神や肉体の治癒では解毒不可能。
代わりに、完全な解毒は出来ないものの『感情を伴った涙』の摂取のみ初期状態までの
中和を可能とする。一般人参加も可とした理由は、この解毒方法が大きく含まれる。

作中では、既に世界の半数が『スマイリー・スマイル』により浸食されてる為
本体であるだろう存在を破壊して能力の解除を行う等しての解決は実質不可能。
生存ルートは作中でも仄めかしたように、エクリプスの拠点とする海中を移動する
箱舟と謂われた移動型の能力や、或いはルートによって出た可能性もある
きらきら星の異次元の工場など。浸食を回避出来るセーフティゾーンに逃げる以外に
現時点で方法は無い。その後、PCが獲得した能力を中和する方法が世界に蠢く
『スマイリー・スマイル』の殲滅。または能力を解明し、吸収され狭間に飲み込まれた
魂を解放出来る未来を暗中模索しつつ、今は箱舟で足を休めると言う次第でエンディングとなった。

作中では、魂の捕食による肥大化の成長で霊長類から哺乳類、鳥類にまで支配が及んでいた。
それ以上日数が嵩めば、節足動物や原生生物。果ては植物や無機物にも同化する可能性もあったが
斑鳩・成田 そして黒羽PCの奮闘により、世界の明日の命運は未だ暗雲は大きく膨らんでるものの
完全に闇に閉ざされていると言うわけでも無い……。

921 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/07/21(火) 00:16:24

星の女「……」 パラッ パラッ

星の女「うん? あはは ようこそいらっしゃいました。
こんばんわ、それとも、おはようございますでしょうか?
あはは まぁ、戯言はさておき」

星の女「少しだけ、お話をしましょう」

星の女「貴方の悩み 貴方の望み 貴方の生き様
何であれ呟きたい事 普段は抑圧している心を……」

(備考※基本的にどのようなミッションをしたいかなど
かっこ内で記入してくれれば良い。また、それと共に
参加したいPCの設定の掘り下げなど希望する場合
星の女と会話すれば、開催するミッションでその設定を
加える可能性もある。ただ単に挨拶だけして 別れて
かっこ内でバトルしたい、推理系をしたいと記すだけでも構わない)

922 両角 晶『アモン・デュール』 :2020/07/22(水) 21:14:14
>>921
いつも通り眠ったはずだ。眠ったはずだったのだ。

「……なんだ、ここは?」
いつもの『獣の悪夢』にしてはなにかが奇妙だ。

「そこのお嬢さん……ここはどこでしょうか?」
『星の女』に話しかける。

【希望】
バトル希望。とりあえず戦ってみたい。

【キャラ設定】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453644099/100
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453050739/102
※『産まれなかった妹』がいるという設定を掘り下げてもいいし、掘り下げなくてもいい。

【スタンド詳細】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453644099/101-102
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453051228/179
※【『本体』に『血』を通わせ、『戦闘』を行った時】に隠された『秘密』があるようだ。

923 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/07/22(水) 22:19:07
>>922(ご意見感謝)

その空間は全てが闇。だが、10数メートルの半径にある地面や
佇んでいる髪の毛や瞳が星空のような女は、明瞭に認識出来ると言う
異様さも認識出来る空間だった。貴方を除き存在する、その星のような彩を
宿す女は、一つの椅子に座って机で何か書物を捲ってたが。貴方が声を
かけると顔を上げ、嬉しそうに微笑を浮かべて本を閉じて話し始める。

星の女「あはは ようこそ、おいでなさってくれました」

星の女「此処は『微睡み』 貴方が普段見る悔恨が映し出す心象の欠片なり
ストレスによって脳が見せる無意識の映像とも酷似してるが、掛け離れてる……。
あはは まぁ、此処も只の『夢』ですよ。起きたら 全て忘れ去られる」


星の女「――歓迎しますよ 両角 晶さん。
貴方の経歴なり、進んできた軌跡は……とても関心寄せられるものがある。えぇ」

星の女「もう少し、話すゆとりがあるのでした。私に聞かせてくださいな
今 貴方自身が望む ささやかな事 それ以外でも、なんでもね」

(※バトル希望了承。
期間は出来る限り短期間で終わるほうが望ましい? 
舞台としては星見町の幾らか自身の能力以外でも応用出来る場所
『例:廃工場など何かしら道具が寄せられそうなど』を好むか?
個人でミッションに挑みたいか、複数人でも構わないかなど
細かい部分で要望があれば、それ等の事情も踏まえシナリオを作成いたします)

924 両角 晶『アモン・デュール』 :2020/07/22(水) 22:54:33
>>923
「……???」

「失礼、お嬢さん。
 僕の名前を知っているということは、どこかでお会いしたことがあるのでしょうか?」

「職業柄、一度会った人は忘れないようにしているのですが……
 正直、貴女のような奇妙な方は初めて見ました。
 僕のささやかな望みはそうですね……貴女の名前をお伺いしても構いませんか?」

(希望は以下になります。
 期間:できれば短期間がよい。長期間でも大丈夫。他の方がいるならそちらに合わせる。
 舞台:できれば廃工場など、能力を使える物品があるとよい。他の方がいるならそちらに合わせる。
 人数:できれば複数がよい。他の方がいないようなら単身でもよい。)

925 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/07/23(木) 07:59:36
>>924

星の女「私の名ですか? そうですねぇ、以前は星羅と名乗った事もあります
破滅の使者等と、大仰な名を付けられた事もあります。
けど、私にはさして自分の呼称は。戯言の範疇にあたりましてねぇ あはは」

とりあえず、寛いでくださいな。と、貴方に対し謎と奇妙さ そして不気味さも
纏わせつつ。指を鳴らし、柔らかそうなソファーなり
貴方好みのテーブルや、飲み物に食べ物等も望めば出してくれるだろう。

星の女「うん……まぁ『整いました』
もう少し、待ち人達の席を設けても良いのですが。余りに輝きが多すぎても
視点がぶれるのでね。うんっ、何の事ですって?
あはは いえ、こちらの話。少々 未来(さき)の事についての有意義さを
伴った建設的会話、と言う奴ですね。あはは」

星の女「はてさて、私はもう少し貴方が打ち明けたい事があれば付き合いますよ。
その意思も無いのでしたら、ただ私から視界を外し瞼を閉じれば
直ぐに貴方を必要とする世界。現実のほうへ帰れますのでね」

(複数人 短期間 応用出来る舞台への希望 了承。
1〜2人程度のミッション。一人のみでも進行は問題ない形でシナリオは
7月の末頃にでも開催したいと思います。
このまま、こちらで何を応答する事なく黙って去って頂いても構いません。
何かしたい事、聞きたい事などもあれば お付き合いします。
こちらでの記憶については、持ち帰る事が出来ない事だけお願いします)

926 両角 晶『アモン・デュール』 :2020/07/23(木) 20:45:26
>>925
「星羅さんですか。また夢で逢えたら、よろしくお願いします。」

「僕が打ち明けたいこと……特にはないかな。」

「それでは、おやすみなさい……。」
ただ瞼を閉じて現実へと戻る。

(よろしくお願いします。特にこれ以上したいこともないので、ここで去ります。)

927 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/11/17(火) 23:05:20
星の女「……ふむっ」 パラッ パラッ

星の女「遊園地などにご招待するのも良いかも知れませんね」

一人の女が星屑が散りばめられたような夜空のみが包み込む空間で
安楽椅子へと腰かけて雑誌を読み耽っている……。

928 俵藤 道標『ボディ・アンド・ソウル』 :2020/11/20(金) 21:30:12
>>927

何だここ。


まぁいいヤ。…今この瞬間、俺はこの夜空の下にいる…夢も現も違いやしない…
…むしろ夢の方が好ましいな……目を覚ませば忘却の彼方…
…余計な記憶を背負わずに済むってもんさ…



「…あー…良い夜ですね?」

「そのォ…迷い込んじゃった。…ここ、俺居ていい感じ?」
「メーワクだってんなら…帰るが。帰って寝て忘れる。」

(これ飛び込んでいい感じのヤツですか?)
(違うぜ!って感じだったら申し訳ない。撤退して寝ます。)

929 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/11/21(土) 00:33:47
>>928

「おぉ! よくぞ、いらっしゃいました」 バタンッ

「一拍お待ちを、どうぞ お寛ぎくださいな」 パチンッ

雑誌を少し勢いつけて閉じた女性は、にこやかに指を鳴らすと共に
座り心地が良さそうなソファーを不思議な空間に出現させ、テーブルにも
貴方好みの飲料水と菓子を皿一杯に盛り付けて促す。

「ちょうど、お暇をしてたんですよ」

「宜しければ私の雑談にでも付き合ってくださいな……そうですね
今、何か差し障りない軽い悩みや、望みなどあれば聞きたいかと」

(参加有難う御座います。次回開始ミッションにて『優先権』を贈呈します)

(また、このかっこ内で戦闘や謎解きなどの希望。その他に何か
やりたい事があれば記入して頂けるとGМとしては有難いです)

930 俵藤 道標『ボディ・アンド・ソウル』 :2020/11/21(土) 01:39:16
>>929

「…や、気をつかわせちゃって申し訳ェ…」

 >パチンッ
    ガシャア(金属音)

…うわ…カフェイン入り缶飲料がやたら山盛り出てきた…何で…?趣味悪ぅ…
カフェイン中毒か何かなのかこの人…真夜中に起きてるために頑張ってるのかな…

俺的にはありがたいけど。頂いちゃお。 カシュ


「悩み、望みィ…」
「…まぁ……せっかく貰った『モノ』を…こう、使い切れてる気がしないんだよな…」

   ギシィ…

「例えるなら…舗装された道路を法定速度で転がしてる時…みたいな…宝の持ち腐れ感?」
「サーキットとかの無制限にブッ飛ばせる道とか…夜道、山道、獣道とかの悪路…
 …そういう道でこそ、車の限界が見えて来るワケ…」


「…俺と『モノ』の、そういう悪環境での試運転、まだやってねえなぁ…って。」
「サーキットなんて高望みは言わないケド…砂利道ぬかるみでも見えるモノはあるはず…」

「…なんかそういう、『道』との出会い、ねえかなぁ…って、ぼんやり。」
「…それこそ遊園地にでも行って、ゴーカートとかコーヒーカップにでも乗ってみるかぁ…?」

(プロフィール
 ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453050739/96)
(能力詳細
 ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453050315/148)

(・当方、正直申し上げますと全く不慣れなものでございまして。
 バトル一回ミッション一回のド初心者でごぜえやす。だからこう…サクッとしたミッションだと嬉しいです…)

 (・『振り返ってはいけない小道』とか『ノトーリアスBIG』とか『カツアゲストリート』みたいな…
  道多いな。そういう『謎』に巻き込まれたいです。)
 
 (・いや全く…こう…ミッションへの…『自動車』の持ち込み…って、許されるものなのか?

 …持ち込みがしたいって訳では無いんすよ。そりゃあ活用できるなら活用したいもんだが、
 それってアレじゃん、ジョニィPCが「俺はジョッキーだから日常ミッションでも馬を持ち込むぜー!」
 とか言い出したら嘘だろ承太郎!?ってなるじゃん?いや自分はなる。なってる。
 俺は走り屋だからミッションに車を持ち込むぜー。嘘だろ承太郎。

 別に自分のスタンドって車の存在を前提とするわけでも無いし、
 むしろ愛車無しでの立ち回りって今後も必須の技能だろうから、
 それを練習したい。車を持ち込みたいって訳じゃ無いんですよ。
  
 …ただそのォ……フレーバー的な奴で十分なんだ…
 …1シーン…導入の一レスぐらい…自分の車に乗りたいなァ〜〜!って欲望なんです。)

931 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/11/21(土) 11:41:38
>>930

「ほぅほぅ、つまり貴方は『レーサー』としての逆境を
自身のマシンと共に乗り越えつつ相手に勝ちたい、と」

「お話を私なりに噛み砕くと、そう言う訳ですね。
いえいえ、別に無理なご注文と言うわけでは御座いません。
命を賭けた戦いをしたいとか言われたら、それはちょっと困りましたけど。
むしろ、そう言った相手をご用意……いや、もっと相応しい言葉があります。
そう言った貴方と同じ欲望(苦しみ)を抱える者と引かれ合うように
整えるのが、まぁ 神たる私の役目と言えば宜しいかと。
あはは まぁ神なんて言ってますが、貴方の為に目覚めた時に眠気スッキリの
飲料水と後を引かない甘味のケーキや茶菓子位しか用意出来ない神ですがね。
あはは まぁ、戯言です。戯言 はい」

そう、あどけない笑い声混じりに。星のような瞳と髪をした女は一度閉じて
自分の隣に置いていた雑誌を再び手に取る。
 
「……ふむ、それじゃあ一つ尋ねますが」

「――貴方は『悪魔』を御存知で?
『デヴェル・シックスティーン』ならぬ『デヴェル・シックス』を?」

そう、星の女は雑誌の一つのページを貴方に見せつけるようにして聞いてくる。

↓画像
ttps://ameblo.jp/bank-jp/entry-12615892583.html

932 俵藤 道標『ボディ・アンド・ソウル』 :2020/11/21(土) 14:19:04
>>931

「…そんな積極的な話でもないさ…
 レースである必要もねえし、テメェのマシンである必要もねえし、勝つ必要もない…」

「ただ…オレと『ボディ・アンド・ソウル』…貰いモノの名前さ…が、どこまでやれるのか…
 それを確かめる事ができる、道とか、出来事とか…相手とか……」


「…まぁ、そうだよ。姉さんの言う通り、『逆境』との出会いさ…
 『逆境』を乗り越えようとあがいて、自分を磨きたい…」



ケーキ齧ろ。
   ガジガジ…

「んあ…『悪魔』ぁ?知らん…レーサー自称しときながら恥ずかしい話ですけど。」

首を伸ばして覗き込む…

「……。16気筒…富豪向けって感じのエンジンだな…5000馬力…560㎞/h…モンスターって感じ…」
「雑なロマンだよな16気筒…現実的じゃないけど、やっぱ妙に胸が高鳴りを…」


「……え車両重量2.3k!?16気筒っつったらブガッティな所はあるがあいつは1.9kまで抑え込んでたぞ、
 500㎏も差があるようだけどこれいったい何でこんな重いんだよ……速くしようと出力上げて、それで
 重量増えて遅くなるからまた出力を上げて。そうやってブクブク膨れ上がっていった結果か。こんなん
 タイヤが耐えられる訳ないじゃんか。ハンドル切った瞬間に路上でクルクル回るでかいコマの完成。カ
 ーブは想定してませーんドラッグレース用でーすとでも言いたいんだろうがだったらアクセル入れた瞬
 間の挙動を良くするためになおさら軽い方がいいだろうが。そもそも純粋に速さを求めるんなら別にエ
 ンジンに拘る必要ないと俺は思うねそれこそジェットエンジンでも積みゃいいじゃねーか。それじゃ飛
 行機じゃねーか?そうだよ飛行機だよスピードメーターに現れる数字だけ追っかけてる連中はとっとと
 車降りて飛行機のライセンス取りに行きゃいいんだ俺たちレーサーが求める速さってのはそういう事じ
 ゃねえだろまっすぐ走るだけならロボットでも出来る本当の速さってのはカーブでの位置取りとか地面
 に応じた適切なハンドリングとかそういう瞬時の判断を俺たちドライバーが……………………」

 

「…………ハイ………興味あります……スイマセン…………」スン…

 16気筒には勝てなかったよ…

933 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/11/21(土) 19:39:55
>>932

俵藤は雑誌に掲載された怪物馬力の車の情報に目を通すと
熱中して口早に自分の趣味を混ぜて感想を述べる。
『走り屋』なら無視出来ない内容なのだから当たり前。そんな貴方の
熱のある空気に、あはは と軽やかに笑いつつ星のような女は呟く。

「最高時速は560km、そしてエンジンは自動車の域を軽く無視した
エンジンの搭載。浪漫溢れますが、貴方のおっしゃる通り
実用性・利便性において全くこの車は大衆が好むレースに不相応。
その感想の通り『カーブなどのコース』に適してない直線コースのみ
走れれば恩の字と言うのが『デヴェル・シックスティーン』」

ですが、と少しわざとらしくタメを作ってから燕尾服の胸元を整え
彼女は蠱惑的な微笑と共に告げる。

「ですが……この車が最高速度を維持したまま
『急なカーブ及び高度なドライビングテクニックが要求される道』を
走る事が可能な車両及びレーサーを。
私は1名だけ知ってます。
その人物のあだ名こそ……」

――『デヴェル・シックス』。そう抑揚つけた調子で名を唱える。

「……無謀と思えても、挑戦したくありません?」

「貴方の愛車、大体64馬力程の『EP2M1カフェラッテ』が
5000馬力、カーブでのクラッシュと言うリスクを問題視しない
『デヴェル・シックス』を見事に差し押さえ一位の冠をとる。
まぁ あははは。中々難しいし事故も怖いでしょうから
もし自信がないのなら、遊園地の設置してるロデオマシーンが
暴れてるのを何とかする難事件でもご用意しますよ」

――『デヴェル・シックス』の力の正体を暴き、超えて一位を取れ。

そう言った『試練(ミッション)』を所望とあらば用意しようと
星の女は告げる。拒否する事も可能であろう

934 俵藤 道標『ボディ・アンド・ソウル』 :2020/11/21(土) 21:50:31
>>933

「…この、サイボーグのイノシシみてえにファットなクルマを
 …御すドライバー…?」

マシンスペック見る限りは…不可能。
ドライバーの腕とかじゃねえ…設計思想の話だ…曲がれる『ワケが無い』。


「…が、現世に実在すると…路上の都市伝説とかじゃなく…?」

「馬鹿みてえな車に馬鹿が乗ってやがるぜ…『デヴェル・シックス』…」
「そして馬鹿みたいな怪物に、馬鹿みたいな挑戦…」

缶飲料を啜る…馬鹿みたいな話だぜ…

 ズズ…

     ニィ―――――…

「……いいじゃんか…」

「…姉さん…そりゃあ……、
 俺みたいな、速度でしか自分を癒せない馬鹿には、拒めやしない魅力的なお話だぜ…」

「…『自信』ァ?馬鹿が…俺の意思なんぞ関係ねえ…
 『速いヤツ』がいる…走り屋が勝負を挑む理由なんて、その程度で十分なのさ…」


 …グシャアァ

飲み終わった缶を握りつぶし、夜空みたいに底の見えない女の眼を見る…
こいつこそ悪魔か何かじゃないのか?何考えてんだ…

…俺的にはありがたいけど。『話』に乗ろう。

935 『微睡め輝き 星屑にて』 :2020/11/21(土) 23:19:24
>>934

>俺みたいな、速度でしか自分を癒せない馬鹿には、拒めやしない魅力的なお話だぜ…

>『速いヤツ』がいる…走り屋が勝負を挑む理由なんて、その程度で十分なのさ…

「――流石
この微睡みの中に呼ばれる『資格』を貴方は備えてる。
嗚呼 とても素晴らしい その口上だけでも、貴方『本物』であるかもと
期待と躍動感で、私の中にある唯一の感慨も見て分かる形で奮えます」

ね? と。一層と夢の中で貴方に話しかける未知な女の瞳と黒い髪の中に散りばめられた
星屑のような輝きが強まるのを認識した。

その輝きを見ると共に、俵藤 道標の意識が急速に引いていく……。

「私の名、それこそ『戯言』 悪魔 邪神 破滅の紡ぎ手
色々と批難の轟きを受けつつも、望む事は今も昔も未来も変わらず。
人の中に埋もれてるかも知れぬ無色の礫が、夜空に輝く星となるか観測する事。

――それでは来るべき日まで、今一度安息を貴方に……」


(了承 ミッション開始まで今暫くお待ちを。現在参加していたミッションの
感想戦終了次第、希望のミッションを行いたいと思います)

936 俵藤 道標『ボディ・アンド・ソウル』 :2020/11/22(日) 00:17:15
>>935

「『本物』だと、『価値』が生まれちまう…『価値』は、『重さ』だ…」
「…『バッタもん』のが好みだな、俺は……安いし、軽いから……」


嫌な輝きだ…夜の山道ですれ違う対向車のハイビームみたいな…
目を向けていれば眩さで視界を失い、道を見失う。気を張らなきゃ崖下へ真っ逆さま…
かと言って目を逸らすと正面衝突の大事故だ…


…視界から色が消えていき、意識もホワイトアウト…
…目を開こうと抵抗するが…叶わず…
…手の中の空き缶の感触も薄れ…
…安息…
……



(ロールプレイにお付き合い頂き、感謝。撤退します。報せを寝て待ちます。)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板