したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

没ネタ投下スレッド

1 名無しさん :2005/04/10(日) 20:57:02 ID:EGTFaGMo
書いてたキャラを先に投下された
書いては見たが矛盾ができて自分で没にした
考えては見たが状況からその展開が不可能になってしまった

そんな行き場のなくなったエピソードを投下するスレッドです。
没にした理由、どこに挿入する筈だったのかを添えて投下してください。

2 </b><font color=#FF0000>(wh6UNvl6)</font><b> :2005/04/20(水) 22:38:05 ID:Hw7b583Y
宗介とかなめがクルツの死を悲しみつつ商店街を歩いている時、
彼らと一時別れた祥子・しずく・オドーの三人はまじめに食料を探していた。

「BBは何処にいるんでしょうか…?火乃香さんのことも気がかりです」
誰にともなくしずくはつぶやいた。
今、自分は商店街の端にある酒屋の中で食料を探している。
しかし意識はこのゲームに参加しているはずの知人の方へと向けられる。
「そもそもザ・サード管理下にある私達をどのように連れ出したのでしょう…痛っ!」
思考に集中していたため、足元にあるわずかなへこみに足をとられて転倒。
(何してんでしょう私…あら?)
転倒し、視線が低くなったおかげでカウンターと床のわずかな隙間に取っ手が見えた。
「何であんなところに取っ手が?何か隠し物でも有るのでしょうか?」
(こういう時は、とりあえず報告しましょう)
しずくは店を飛び出した。
オドーには気がかりな事があった。
「恐ろしい、恐ろしい民族だな。日本人とは…」
原因は先ほどからの千鳥と宗介の様子だった。
宗介に出会ったのもつかの間、いきなり千鳥は宗介に蹴りを入れ、
空腹を指摘されるとバックで顔面を殴打した。
しかも彼女にはそれが日常らしく、彼女は普通の高校生だという。
「ならば、ならば普通の高校生は日常的に強力なツッコミを入れることになる」
日本で暮らす事になった自分の唯一の血族である、
ヒオ=サンダーソンのことが猛烈に心配だった。
(あの娘は、あの娘は本当に大丈夫だろうか…!)
そんなオドーの心を吹き飛ばすように声が聞こえた。
しずくが自分を呼んでいる。
「ここです、オドーさん」
「分かった、分かった。私がカウンターをどかせば良いのだな」
パチンッ!
指が鳴り、カウンターが斜め上から打撃され横にスライドする。
「やっぱり、扉です」
そこには頑丈そうな鉄扉が床にすえつけられていた。
「鍵が、鍵がかかっているな。ではこのアンチロックブレードとやらでこじ開けるか。
しずくは、祥子を呼んできてくれ」
「はい、そろそろ八百屋のシャッターを開けてくれている頃ですね」

3 </b><font color=#FF0000>(wh6UNvl6)</font><b> :2005/04/20(水) 22:39:26 ID:Hw7b583Y
---数分後---

三人は扉が封じていた物を見ていた。
「地下室…ですか?良く見つけましたねこんな所」
「そうなんです。怪我の功名というかなんというか」
しずくは転倒したことは隠して、しかし何処と無くうれしそうだ。
「まず、まず私が入ろう。何が有るかわからんからな」
オドーに続いて祥子・しずくも地下室に入ってゆく。
地上の光と懐中電灯の光だけが頼りだ。
しかも入った地下室は思ったより広く乱雑に物が置いてあり何が有るのか良く分からない。
「えっと、ここにスイッチが在りますね」
次の瞬間部屋に光がともりそこになにがあるかがはっきりとした。

「ここは、地下室?」
見渡すと冷蔵庫、テレビ等があり、窓がない以外は
普通のマンションの一室と代わらないような部屋だった。
「これは、これは休憩するにはもってこいの場所だ。」
「それではこちらに集合しましょうか?」
「そうするとしよう。しずく、千鳥と軍曹を呼んできてくれ」
しずくが去った後、オドーと祥子だけが残された。
「さて、さて我々は本題に入ろうか」
「何のことです?私に問題でも?」
「なかなかの、なかなかの演技力だった。しかし貴様は軍曹に注意を払いすぎだ。
 不自然なほどにな」
「当然です。あの人は、会ったばかりの私を殺そうとしました」
「あくまで、あくまでしらを通すつもりか?ならばこちらにも考えがある。」
そういうとオドーは指を鳴らした
見えない力が祥子を押し付けた。
「ぐっ!なんですかこれは!?」
床にへばりつきながら祥子は口を開いた。
「これが、これが私の力だ、手加減はしているが。」
「…」
相当な力で押し付けられる、体が潰れそうだ。
「時間が、時間が無いのでな。駆け足で質問させてもらおうか」
喋らなければ殺される、そう察した祥子は真実を話した。


「そういう、そういうことか。要するに人探しの途中か、危ない橋も渡ってきたようだな」
「はい…」
祥子は全て真実を話したが、一つ嘘をついた。
彼女の殺人は全て相手が襲ってきてそれに立ち向かった結果とした。
オドーの指が扉をさす。
「止めはしない、彼らが、彼らが来ないうちに行くといい」
「私は敵となるかもしれないのに…なぜ?」
「簡単な、簡単なことだ。獅子身中の虫などいらぬ、だが自ら進んで殺す気もない。
 私はこんな下らんゲームには反対なんでな」
「そうですか・・・では、私はお言葉道理に行かせてもらいます」
銀の剣を握りしめ、踵を返す。
地下室から去り行く祥子にオドーは声をかける。
「探し人が、探し人が見つかったら戻ってきてほしい。
 共に脱出法方を考えよう…」
祥子の返事は聞こえなかった…。
しずくに呼ばれた宗介達は少し遅れて地下室にやってきた。
飲料水確保に手間取っていたらしい。
宗介は祥子が居ないことに気づき、
「大佐、あの女は何処に?野放しにすると危険ぐはぁ!…何をする千鳥」
「うるさい!ったくあんたはどーしてそうネガティブな方向へ話を持ってくのよ!」
「しかし、常に最悪の状況を考えて行動しなければ最悪の事態に陥る、この前とある国の…」
オドーは二撃目を叩き込もうとする千鳥を制し、
「もうよい、もうよいのだよ軍曹。彼女は人探しの途中だった、群れるより
 単独の方が動きやすい。だから別れた、過去のことはこの際忘れろ」
「…了解しました」
場に漂う気まずい雰囲気を壊すため、しずくが口を開いた。
「じゃあ私達はこれからどうしましょうか?」 、
「そうだな、とりあえず、とりあえずは食事を取るとしよう。
 そのあとはこの後の行動の検討。私と軍曹の腕の見せ所だな」
さらに宗介をを見て、
「軍曹、軍曹は何か意見があるか?」
「ハッ、進路を決めるのは次の放送の後からのほうがよろしいのではないかと。」
「ふむ・・・そうだな、それでは、それではそうするとしよう」
「そんじゃあ今からはあたしの出番ね、しずくも手伝ってくれる?」
「ええ。」
二人はキッチンへ向かっていく。
「さて、いっちょやりますか!」

4 </b><font color=#FF0000>(wh6UNvl6)</font><b> :2005/04/20(水) 22:42:45 ID:Hw7b583Y
【C3/商店街/11:00】
【正義と自由の同盟】
残り88人

【相良宗介】
【状態】健康
【装備】ソーコムピストル、スローイングナイフ、コンバットナイフ
【道具】荷物一式、弾薬
【思考】大佐と合流しなければ。

【千鳥かなめ】
【状態】健康、精神面に少し傷
【装備】鉄パイプのようなもの(バイトでウィザード/団員の特殊装備)
【道具】荷物一式、食料の材料。
【思考】早くテッサと合流しなきゃ。

【小笠原祥子】
【状態】健康
【装備】銀の剣
【道具】荷物一式(毒薬入り。)
【思考】オドーに借りができた。祐巳助けてあげるから。

【しずく】
【状態】機能異常はないがセンサーが上手く働かない。
【装備】エスカリボルグ(撲殺天使ドクロちゃん)
【道具】荷物一式
【思考】BBと早く会いたい。

【オドー】
【状態】健康
【装備】アンチロックドブレード(戯言シリーズ))
【道具】荷物一式(支給品入り)
【思考】協力者を募る。知り合いとの合流。皆を守る。

他人のNG判定作品を改造したもの、結局全部無しになってしまい
これも日の目を浴びることなく。

許してくれるならこれをさらに変えてオリジナルとして投下するつもり。

5 名無しさん :2005/04/20(水) 23:18:14 ID:D7qZuQnc
ここに移してくれた人に感謝します。
手間をはぶいてくれてありがとうございます。

6 </b><font color=#FF0000>(ImLUsV8k)</font><b> :2005/04/23(土) 02:00:12 ID:AKR/4Nq.
もう一月ほど前のことになる。

竜堂終のデイパックには、
「月と貴女に花束を」の「久遠の月」を入れようと思っていた。

あれは持ち主の命を削って、真の力を発揮させるマジックアイテムだったはず。
ピンチになったら竜化して大暴れして、そして苦しんでくれるだろうと思っていた。
そして、それが誰かに渡ってもリナが竜破斬を全力で撃てたりして面白いかな、と思った。

月花のアイテムを出して良いか?と議論スレで聞いたその2分後
終で話が進行してしまった。

ギギナと被せようとも思っていたが、それも水の泡と消えた。
「西海白竜王」対「竜殺しのドラッケン族」ってすごく熱いとは思わないか?

まあ、その段階で消してしまったから、もうその文は残っていない。
ここに落とせるようなレベルの文でもなかったから、
残しておいたりしないでよかったとも思う。

7 1/4 :2005/04/24(日) 18:34:42 ID:EGTFaGMo
悠二はその異様な物体を恐怖に竦みながらも観察していた。
「ふもーーふぉもふぉもふぉもっふぉも」
どうやら笑っているようだ。それにあの姿には見覚えがあった。
『ボン太くん…だよな?』
そう、ある遊園地のマスコットとして局地的に有名なキャラクターの着ぐるみである。
ボン太くんはずずい、と悠二に迫ってきて肩に手を置いた。
『うひぃぃぃぃぃいいぃいい!』
竦んで声が出ないため心の中で悲鳴をあげる。
銃を取り出そうかとも思ったが、この分厚い着ぐるみに弾丸が通用するかどうかあやしかった。
そうでなくても狙撃銃では至近距離では扱いにくい。
銃器の素人である悠二には成す術はなかった。
まな板の上の鯉状態で悠二が硬直していると、ボン太くんはくるりと悠二に背を向けて
腰の辺りを後ろ手にたたいた。どうやら背を叩きたいが手が届かないようだ。
その意味を悠二はあごに手を当てて考える。
逃げるなら今しかないのだが、どうも相手に敵意はないようだ。
いや、それでもこの圧倒的な威圧感に心臓は握りつぶされそうなのだが。
そしてボン太くんの腕を挙げたり下げたりするしかないジェスチャーでようやく気付く。
『脱がして……欲しいのか?』
一人では絶対に脱ぐことはできず、観客を白けさせない為に脱衣機構は外から見えないように
されているため知らない人にはおいそれと手を出すこともできない。
しかし幸い自分は着ぐるみの脱衣機構は知っている。
以前、父の知り合いの頼みでヒーローショーのアシスタントをしたことがあったのだ。
この手の着ぐるみは構造的にどれも大差はない。
この異様にシュールな光景から逃れられるのならここは脱がすべきだろう。
そう判断し、悠二はボン太くんスーツを脱がしに掛かった。
そして悠二はこの判断を早速後悔することになるのだった。

8 1/4 :2005/04/24(日) 18:35:23 ID:EGTFaGMo
上半身部分を脱がせ、ボン太くんのマスクをはずす。その途端……
「をーーーーほっほっほっほっほほほほほほほほほほほ」
「坂井悠二!貴様はこんなところで何をしている!」
「うわぁっ」
突然響き渡った哄笑と叱咤に驚いて悠二は思わず尻餅をつく。
そして知っている声がしたことに再び驚愕した。
「あ、アラストール!?」
「おや、アラストールの知り合いかえ?」
そういって小早川奈津子は悠二の顔を覗き込んだ。
『ひぃっ』
思わず仰け反ったが奇跡的にも声はでなかった。
もし悲鳴を上げていたらその瞬間殺されていたかもしれない。そんな威圧感を感じてしまう。
「うむ、先ほど話した我とシャナが保護しているものだ」
「ふぅーん、そうかえ。なかなか可愛い顔をしているねぇ」
悠二の背筋に蟲が這い回るような怖気が走る。
「をーーーーーーほっほっほっほっほっほっほっほっほ
 分かったわ!邪魔者を蹴散らし、麗しの大日本帝国に帰還した暁には
 あたくしの美少年牧場の末席に加えてあげてもよくってよっ。よくってよ!
 をーーーーーーーほほほほほほほほほほほほほほほほっほほほほほほほほほほほほほほほ」
逃げる。
悠二の決意は瞬時にして固まった。
震える手足を強引に意志の力で押さえつけ、小早川奈津子に話しかける。
「あ、あの…すみません。お話は、その、とても有り難いんですけど
 まずは着ぐるみを完全に脱ぐか再び着るか致しませんか?
 僭越ながらお手伝いさせて頂きます」
「坂井悠二?」
アラストールは怪訝な声をあげるがこれは悠二の作戦だった。
この短いやり取りで小早川奈津子の性格を把握した悠二はわざとへりくだることで油断を誘ったのだ。
彼女は着ぐるみを上半身だけ肌蹴させた状態で、下半身はいまだに着ぐるみの中だ。
「良い心がけね。あたくしは小早川奈津子。天使のなっちゃんとお父様には呼ばれていたわ。
 奈津子様でもいいけど、特別に女王様と呼ばせてあげても良くってよ!」
もはや何の脈絡もない。

9 3/3 :2005/04/24(日) 18:36:50 ID:EGTFaGMo
「この服はあたくしの戦闘服。空調機能もついていて快適だわ。
 あたくしはこれを着て戦場を駆ける。つけるのを手伝いなさい。
 その後、わたくしの奴隷として仕えるのよ!をーーーほほほほほほほほ」
「あ、ありがとう…ございます……奈津子さま」
いやだ、と叫びそうになるのを懸命に堪え、悠二は奈津子の後ろに回る。
そして再びボン太くんスーツを着ようと彼女が屈んだ瞬間に
首にあるペンダントのチェーンのホックを外し、アラストールを掴んで一目散に逃げ出した!
「な、何のつもりだ?坂井悠二!?」
「あーもう、少し黙ってろよ!あいつが危険なヤツだってことくらい分かるだろ!
 逃げるんだよ!そしてシャナと長門さんを探す!!」
「む、うむ。」
後ろの方では悠二の逃亡に気付いた小早川奈津子が追いかけようとしたが
着ぐるみに足を取られて無様に転んでしまっていた。
「うぬ、卑劣な!」
着ぐるみを完全に脱がせなかったのは時間稼ぎのための悠二の目論見だった。
しかし小早川奈津子は瞬時に体勢を立て直すと一度経験をつんだとはいえ、
驚くべき速さでボン太くんスーツを装着し、悠二を追いかけ始める。
ここに決死の追いかけっこが始まった。

【F-5/森/1日目・6:58】
【残り88人】

【小早川奈津子】
[状態]:絶好調
[装備]:ボン太君量産型(脱衣不可能)
[道具]:デイバッグ一式
[思考]:1.坂井悠二を追う。2.竜堂終と鳥羽茉理への天誅。3.正義のための尊い犠牲をこの手で
【坂井悠二】
[状態]:健康。
[装備]:狙撃銃PSG-1 コキュートス
[道具]:デイバック(食料、水なし)
[思考]:1.この場から離れる 2.長門さんとシャナの捜索

10 名無しさん :2005/04/25(月) 18:20:48 ID:SSW2U736
ガユス動かそうと思って書いたけど、途中で書くの飽きたからポイ捨て。
ってかされ竜まだ六巻まで読んでないし。



 屋上に出て、いきなり狙撃された。
 しかし、日頃ギギナの剣を避け続けている俺の反射神経が、危機を察知して体を動かしたため、弾丸はきわどいところで鼻先をかすめていった。
 日頃の研鑽に感謝だ。これからもからかおう。生きて帰れたら、の話だが。
「さて……」
 とりあえず何をするにしても、魔杖剣と咒式弾がないと話にならない。
 異世界の美女と美少女にまで眼鏡の付属物呼ばわりされるのは嫌だし。
 幸いにして、俺の魔杖短剣<贖罪者マグナス>と咒式弾の場所は分かっている。あとは取りに行くだけ。
 屋上に出て安全なルートを探ろうとしたところで、向かいのビルから狙撃されている。
 相手は、ビルに入る前に撃って来たのと同一人物だろう。あれから随分時間も経っているはずだが、まだ屋上で粘っていたらしい。暇な奴め。そんなに暇なら川原のゴミ拾いでもしてろ。赤の他人を狙撃するよりよっぽど喜ばれるぞ、うん。保証する。
 こんな時でも戯言を思い浮かべてしまう咒式士の業を軽く呪いつつ、考える。
 屋上には狙撃者のせいで出れなかったが、途中の階の窓から見るに、特に危険はないように思える。
 とはいえ生体強化系咒式も使ってない人間の視力で、遠く離れた箇所で物陰に隠れている誰かを見つけることなんて不可能だろう。
 危険はある。それもたっぷり。
 それでも行くのかと自分に問えば、
「行くしかないか」
 俺の近接戦闘能力は高くない。

11 Make a Pledge to Survive その1 :2005/04/28(木) 20:10:00 ID:Hw7b583Y
オドー生存または飯を食う時間があったらこっちだった。
結局はもう片方を投下したわけだが。

「よし、とりあえずメニューはこんなものね。」
紙にメニューを書き意気込む千鳥、その量はかなりのものだ。
「こんなに食べるんですか?」
「え、いや、その…ほら、どうせなら夜の分まで作っちゃお〜かな、みたいな。」
あは、あはははははと乾いた笑い声を漏らす。
本当はよく考えもしないで作ったなどと言えるはずがない。
「ああ、確かにいい考えですね。」
真意を知ってか知らずかしずくが同意する。
「よし、じゃあ早速始めましょうか!」
気合十分、腕を捲り上げながらかなめが言った。

彼女たちに料理を任せている間、宗介とオドーはこのゲームについて考えていた。
「軍曹、君は、君はこのゲームの規模についてどう思うかね。」
「はっ…このようなことを黙認させようとするならば
最低でも一つの国家規模、最悪の場合世界規模の組織が絡んでいる危険性が。」
そう言いながらも宗介は頭の中でこの考えを否定していた。
仮にそんな組織があるとしたらミスリルの情報網に必ず引っかかるはずである。
それに仮に隠しとうせたとしてもそもそもこの島にどうやってあれだけの人数を連れてくるのか、
目の前で死んだガウルンがどうしてこの島に来ていたのか、
彼の常識では計り知れない力が働いている気がする。
『魔法とでもいうのか…ナンセンスだ。』
彼はラムダドライバのことを思い出した、あの装置はまさに魔法のようだが
それでもまだ確実な理論のうえに成り立っているらしい、
その理論を理解できるものは限られているが。
「軍曹、君は、君は本当にそう思っているのかね?」
見抜いているかのようにオドーが言った。
「・・・・・」
宗介は沈黙する。
「軍曹、笑わずに、笑わずに聞いてくれ、
私はこのゲームの規模を世界を遥かに超えていると思っている。」
オドーが切り出した。
「と、申されますと?」
「一つの世界では収まらないのだよ。根拠は君と、君と私の世界の違いだ、
私の世界に君の言う《アームスレイブ》なるものは存在しないのだよ。
そしてこれはおそらくだが、君の世界に私のようなものは存在しないはずだ。」
「…肯定です。」
認めたくはないがといった調子で宗介が答えた。
「つまり、つまり我々はこれから未知の相手と闘わなければならないのだ、
彼女の前でやるのは気が引けるかもしれんが…敵と判断したら躊躇わず殺せ。
でないと我々は生き残ることは出来ん。」
冷たい響きの言葉が告げた。
「了解しました、サー。」
宗介も冷たく答える。
またカシムと呼ばれたあの頃に戻ることになるかもしれないと思いながら。
ちょうどそのときキッチンから千鳥としずくが現れた、手は料理で塞がっている。
「できたわよ〜、ほら、テーブルの上さっさと片付けて。」
「おお、こいつは、こいつは旨そうだ。」
この話は終わりといった感じでオドーはテーブルを片付けながら言う。
「まだキッチンにあるから持ってくるの手伝って。」
「分かった、軍曹、軍曹行くぞ。」
「ハッ!」
オドーの後に宗介がついていく、そんな二人を見て千鳥は
『なんだか、親子みたいね。』
とか思っていた。

12 Make a Pledge to Survive その2 :2005/04/28(木) 20:10:50 ID:Hw7b583Y
テーブルの上には料理が所狭しと並べられている。
それぞれのグラスにはオドーのみブランデー、他の3人のにはジンジャエールが入っている。
「大佐、よろしいのですか?このような状況でアルコールを摂取するのは…。」
宗介が言った、自分の仲間には酒飲みが多くそれをたしなめるのは彼の役目だった。
(ただテッサは彼が勘違いしているだけなのだが。)
「固いことを、固いことを言うな軍曹。
それにこうして皆と会えたのだ、こういう節目は酒に限る。」
オドーが言った、その言葉に宗介と千鳥はクルツのことを少し思い出した。
『もしクルツがここにいたら、奴も同じようなことを言っただろうな。』
少し悲しそうな目をした宗介を千鳥は見過ごさなかった。
「しずく、もう1つコップ取って。」
「え?はい。」
意図が分からないしずくだがコップを渡す。
そのコップに千鳥はブランデーを注いだ。
「これは誰の、誰のぶんだ?」
オドーが尋ねる。
「…私たちの友達に、酒と女が大好きな人がいたから…。」
千鳥が答える。
オドーとしずくもその意味を悟った。
「そうか…それは、それは済まなかった。」
「大丈夫よ、こういうの好きな人だったから、むしろもっと騒ぎましょう。」
千鳥が微笑みながら言った。
「自分もそう思います大佐、騒ぐほうがやつへの供養になるかと。」
宗介も同意する。
「そうか…では、我々の、我々の出会いと、
帰らぬ友に…必ず、必ず生き延びるという誓いをこめて、乾杯!」
カウンターの上に置かれたコップに向けて、皆がグラスを掲げた。

【C3/商店街/11:15】
【正義と自由の同盟】
残り88人

【相良宗介】
【状態】健康
【装備】ソーコムピストル、スローイングナイフ、コンバットナイフ
【道具】荷物一式、弾薬
【思考】大佐と合流しなければ。

【千鳥かなめ】
【状態】健康、精神面に少し傷
【装備】鉄パイプのようなもの(バイトでウィザード/団員の特殊装備)
【道具】荷物一式、食料の材料。
【思考】早くテッサと合流しなきゃ。


【しずく】
【状態】機能異常はないがセンサーが上手く働かない。
【装備】エスカリボルグ(撲殺天使ドクロちゃん)
【道具】荷物一式
【思考】BBと早く会いたい。

【オドー】
【状態】健康
【装備】アンチロックドブレード(戯言シリーズ))
【道具】荷物一式(支給品入り)
【思考】協力者を募る。知り合いとの合流。皆を守る。

13 Make a Pledge to Survive  </b><font color=#FF0000>(wh6UNvl6)</font><b> :2005/04/28(木) 20:11:43 ID:Hw7b583Y
トリップ付け忘れてた。

14 森の中、物部景の決意 </b><font color=#FF0000>(mruv2jXQ)</font><b> :2005/04/30(土) 00:22:02 ID:JdwCcAMg
 ラノベロワ最初のかぶり作品。
 まさか第一話とかぶるとは思わなんだ。
 

(……状況は厳しい)

 物部景は沈痛な面持ちでこの馬鹿馬鹿しい現実を受け入れた。
唇の端を強く噛みしめ、拳に力を込める。
 否応なく全身が緊張し、心臓の鼓動が速くなる。
 
 100人以上による殺し合い。

 ラリったジャンキーの戯言だってここまでぶっとんではいないだろう。
 人を殺せば殺人罪だ。
 現代日本でそのような催しを行うなど不可能以外の何物でもない。
 しかし、現在景がいる場所は日本ではなく、同様に殺人者を裁く法もない。
 あるのはただ冷酷な現実だけだ。

 荷物を渡され門をくぐると一瞬の酩酊感。
 酔いから醒めたときには既に森の中だった。
 その場で素早く確認した支給品はホルスターに入ったナイフだった。
 刀子に似た、薄い刃のナイフだ。
 頼りないちっぽけなナイフが、文字通り、景の生命線となる。
 胸の位置でホルスターを固定。
 ナイフを納め、景は移動を開始した。

15 森の中、物部景の決意 </b><font color=#FF0000>(mruv2jXQ)</font><b> :2005/04/30(土) 00:22:46 ID:JdwCcAMg
 それから既に1時間が経つ。
 依然として辺りは鬱蒼とした森だ。
 木々が密集していて、例え昼間でも光はほとんど入らないだろう。
 足元には根が縦横無尽に這い回っており、足元に注意を払いながらも、景は何
度もつまずいていた。
 暗い視界と足場の悪さに苦労しながらも、身を低くして移動を続ける。

(他の参加者について。島の全体像。食料と水。行動の拠点。把握しなければな
らないことは多い……)

 歩きながらも思考は休めない。
 考えて考えて考えろ。
 自分に命じる。
 思考することこそが今の物部景の最大の武器だ。
 簡単に死ぬ気はない。自分に誰かを殺せるとも思えない。まずは落ち着ける場所
を探す。情報を整理する。全てはそれからだ。

16 森の中、物部景の決意 </b><font color=#FF0000>(mruv2jXQ)</font><b> :2005/04/30(土) 00:24:06 ID:JdwCcAMg
 ふと。
 濃い緑の匂いに、あの王国を思い出す。
 そこから繋がる連想に、思わず足が止まる。

 もしカプセルがあったなら。
 もし《影》を使えたのなら。

 ……状況は、幾分マシになるだろう。
 《影》は幾多の悪魔持ちを葬ってきた最強の剣だ。
 景の手足のごとく動き、景の統制の下敵を討つ。
 例えこちらから他者を傷つける気はなくとも、襲い掛かってくる者はいるかもしれ
ない。身を守る武器として、《影》は、ナイフなどよりもはるかに頼れる存在だ。

「僕は……」
 景は止めていた足を再び動かした。
 無愛想に引き締められていた唇が、自然と笑みをつくる。
 胸の中に生まれたのは、わずかな寂しさを伴った、穏やかな感情だった。
  
 もう、夜の時間は終わったのだ。
 自分と傍若無人な幼馴染が、大勢の力を借りて閉会の幕引きをした。
 彼女は眠りにつき、カプセルは消え、自分もただの少年に戻った。
 
 だから。

「今ある力で、足掻くだけだ」
 もう一度、幼馴染の笑顔を見るために。
 
 静かに。力強く。
 景は東へと歩を進めた。

17 森の中、物部景の決意 </b><font color=#FF0000>(mruv2jXQ)</font><b> :2005/04/30(土) 00:24:57 ID:JdwCcAMg
【残り117人】

【F-3/森林地帯/1日目・01:00】

【物部景@Dクラッカーズ】
[状態]:正常
[装備]:刀子に似た薄刃のナイフ
[道具]:なし
[思考]:落ち着ける場所を探す/東へ移動中

18 名も無き黒幕さん :2005/05/01(日) 05:00:46 ID:vgwsycBk
没り投下。

 ミズー・ビアンカは眠っている。苦悶の表情を浮かべ、汗をかく。
 新庄はタオルで流れる汗を拭いてやり、一息つく。
 ……ガユスさん、大丈夫かなあ。
 咒式士、龍理使いと自称する彼は、自身の武器を入手しに行き、ここには居ない。
 ひとまず偵察の為に屋上に行くと言っていたから、安全なルートを確認したら戻ってくるはずだ。
 ……戻ってくるよね?
 まさか一人で向かったりはしないだろうと、新庄は思う。
 ガユスは聡い人間だ。ビルの中を移動するぐらいはともかく、単独で島を移動するような真似はしないだろう。
 現状で、自分達の最大の武器は“剣”だ。大概の攻撃を防ぐ事が出来、攻撃にも使える。
 が、実を言えばそれ以外に武器はない。
 隻眼の男が落としていったナイフはある。が、新庄は後衛砲手であるし、ガユスも近接戦は『それなりにこなせる』程度であるという。
 新庄はミズーの汗をぬぐった。
 赤髪の彼女こそが、三人の中で最も秀でた近接戦技能者だ。
 その彼女も、今は気絶している。
 新庄は困ったような表情でミズーの顔を見て、

19 名も無き黒幕さん :2005/05/01(日) 05:01:39 ID:vgwsycBk
「死なない……よね?」
 一つ呟き、天井を見た。こちらを照らすのは蛍光灯の光だ。
 その光は弱く、頼りない。
「……はぁ……」
 息を吐いた瞬間、ミズーが動いた。
「っ!」
 跳ね起き、動きの結果で痛みを感じる。
 左肩の傷口を押さえてうつむくミズーに、
「ミズーさん!?」
「平気……」
 押し殺した声でミズーが言う。
 そのまま動きを止めて少しして、ミズーが傷口から手を放した。
 血のにじんだ包帯を見て、新庄は眉を寄せた。
「ごめんね。鎮痛剤とかあれば良かったんだけど、なくて」
「平気よ。大分、楽になってきたから」
 答えて、ミズーが周囲を見回した。視線の先を見て、新庄は言う。
「あ、ミズーさんが気絶してる間に、使えそうなもの集めたんだけど」
 床に毛布を敷いただけのミズーの寝床の周り、幾つもの物品が転がっている。
 缶詰。タオル。食器。斧。救急箱。ロープ。蝋燭。懐中電灯。マッチ。糸。輪ゴム。

20 名も無き黒幕さん :2005/05/01(日) 05:02:48 ID:vgwsycBk
 色々とあるが、全てを持っていく事はできない。
 それらを見回す中、ミズーの視線がある箇所で止まった。
「……そこの斧は、どこから持ってきたの?」
「火事の時に使うみたい。武器にはならなくても、何かに使えるかと思って」
 新庄は意外に軽い手斧を持ち上げ、ミズーに手渡した。
 ミズーは右手でそれを受け取り、軽く振ってみる。
 すっぽ抜けた。
「あ」
「きゃっ」
 ミズーの手を離れた斧は縦回転の動きを持ちつつ新庄の横を通過。そのままドアへと向かう。
 と、ドアが開いた。入ってきたのは眼鏡の男。
「あー!」
 新庄の叫びに、ガユスが飛来してくる斧を視認した。
「おおおっ!?」
 全力で背を反らしたガユスの上、胴のあった部位を斧が旋廻して飛び去った。
 続いて響いたのは、刃が壁に突き刺さった鈍音。
 静まり返った室内、動くのはのろのろと体勢を元に戻すガユスだけだ。
 気まずい沈黙の中、ミズーが言った。
「……何処へ行っていたの? ガウス」
「ミズーさん、それ磁力」
「名前ぐらい覚えてくれ……」
 脱力してガユスはへたりこみ、新庄は溜息をついた。

21 名も無き黒幕さん :2005/05/01(日) 05:04:31 ID:vgwsycBk
「……人の名前を覚えるのは苦手なのよ」
 気まずそうに、ミズー。ガユスは手を顔に被せ、
「てっきり、状況無視した寒い冗句かと思った」
「言わないわよ」
「ところで俺はガユスの弟のガユセです。いつも兄がお世話になっています」
「え、……そ、そうなの?」
「新庄、名簿を見てみなさい」
「新庄、ボケにボケで返すとは流石だな」
「からかわないでよっ!」
 軽く怒気をこめて叫ぶと、ガユセ(嘘)が両手をあげた。
「すまんすまん。新庄が純情だから、つい」
「それで、ガユス。何処へ行っていたの?」
 ミズーの問いに、ああ、とガユスは答えた。
「俺の魔杖剣と咒式弾……説明はしたよな? それがある場所が分かったんだ」
「えっと、この地図」
 新庄が手渡した地図にミズーはざっと目を通し、
「詳細な地図ね。数字は何?」
「最後の紙に、文字がある。それと対応してるらしい」
「……私の知っているものは、特にないわ」
 ミズーは地図を返し、言う。
「一人で取りに行ってきたの?」
「いいや。まずは屋上から道を確認しようと思って向かったんだが」
 そこでガユスは言葉を切り、なにやらジェスチャーをして、
「狙撃された。いや当たってないから心配しなくてもいい新庄」
「良かった……」
 新庄はほっと胸を撫で下ろす。
「弾の飛んできた方角から推測すると、東南のビルから狙撃してるみたいだ」
「なら、このビルを背にして動けば問題ないわね」
 ミズーの言葉にガユスが頷き、思い出したように口を開いた。
「言い忘れてたがこのビル、俺達の他にもう一人いるぞ」
「え? ……ど、どこに?」
「二階だ。どうも怪我をしてるらしい」
「じゃあ、助けに行かないと――」
「――放って置きましょう」
「……ミズーさん?」
 静かに放たれたミズーの言葉。
「わたしもガユスも怪我をしている。これ以上足手まといが増えても不利になるだけよ」
「ミズーに同意」
「なん、で……」
 何故、と新庄は思う。
 何故、そういう事を言うのか。
 何故、見棄てるのか。
「だ……駄目だよ! もしかしたら、ボクらの知り合いかもしれないし……」
「その可能性はあるけどな……」
 複雑な表情でガユスは呟く。
「――では、こうしましょう」
 顔色を曇らせる新庄に、ミズーが提案する。
「まず、会いましょう。誰の知り合いでもないのなら、包帯と消毒液でも渡して恩を売っておく。相手が信用できて同行したいと言うなら連れていく」
「そ――」
 それなら、と言おうとした時だ。
「――相手が襲ってきた時は?」
「!」
 新庄はガユスを見る。眼鏡の奥に覗く彼の瞳は、冗句を言っているものではなかった。
 新庄の動揺を無視して、ミズーは答えた。
「動けなくなるまで痛めつけるか、殺すか。どちらにせよ、武器を持っていたら奪う」
「二人とも……なんで、そんなこと……」
「新庄」
 新庄の額に指を突きつけ、ミズー。
「わたしを信用しないで」
「…………?」
「わたし達は元々赤の他人よ。互いのことを良く知らない。いつ裏切るかも分からない。だから、信用してはいけない」
「ミズー、さん……」
「今は協力している。でも、裏切るかもしれないのよ? わたしも、ガユスも」
「そうだな。咒式士を手放しで信用すると寿命が縮まる」
 口々に言う、二人。
 うつむき、唇を噛み、新庄は呟いた。
「……でも」
 でも、の言葉を皮切りに、言う。強く。
「ボクは、信じたいよ……!」


【B-3/ビル一階/1日目・09:10】

【ミズー・ビアンカ】
 [状態]:左腕は動かず。
 [装備]:グルカナイフ
 [道具]:デイバッグ(支給品一式、支給品の地図にアイテム名と場所がマーキングされています)
 [思考]:1.二階の人物との接触。2.フリウとの合流
【新庄・運切】
 [状態]:健康
 [装備]:蟲の紋章の剣  救急箱
 [道具]:デイバッグ(支給品一式、支給品の地図にアイテム名と場所がマーキングされています)  部屋で発見した詳細地図
 [思考]:1.二階の人物との接触 2.佐山達との合流 3.殺し合いをやめさせる
【ガユス・レヴィナ・ソレル】
 [状態]:右腿は治療済み。戦闘は無理。疲労。
 [装備]:リボルバー(弾数ゼロ) 知覚眼鏡(クルーク・ブリレ)
 [道具]:デイバッグ(支給品一式、支給品の地図にアイテム名と場所がマーキングされています)
 [思考]:二階の人物との接触。

《メッセージ:三人の信頼度があがりました》

22 名も無き黒幕さん :2005/05/11(水) 00:20:13 ID:f.0Fr1Nk
天候を変化させようって案が出てたから、参加者に伝えるためじゃなくて
書き手さんに現在の天候を探しやすくするつもりで書いたもの。
主催者側が出るのは不味いので結局没ネタに。

気象精霊天気予報その1

ミリィ「ミリィ」
ユメミ「ユメミの」
二人『気象精霊的天気予報ー』
ミリィ「って、緊急出動で呼び出しといて何をやらせるのよ、まったく」
ユメミ「まぁまぁ。とりあえず、これからの天気をお知らせするねぇ」
ミリィ「一日目13:00から18:00まで、A-1からG-4の地域で豪雨でしょう」
ユメミ「この予報は100%的中するので皆注意してねぇ」
ミリィ「私達が操作するからね。……何をやってるの? ユメミ」
ユメミ「宴会の準備をするのぉ。新しい亜空間通路通って疲れたからぁ」

パコン!!

ユメミ「いったぁ〜!」
ミリィ「仕事が先! ほら、計算しといてね」
ユメミ「わかったわよぉ。でもぉ、お酒飲みながらでも別にいいよねぇ」
ミリィ「はいはい。参加者にケガさせないように注意してね」
ユメミ「それぐらいわかってるわよぉ」

ミリィ「それでは皆、頑張ってね」
ユメミ「頑張ってねぇ」

【1日目・13:00〜18:00の間、A-1からG-4の範囲が豪雨になります。】

23 タイムアウト・ビースト(彼女の喪失) :2005/05/15(日) 19:34:06 ID:9HUQQCw6
先を越されたんで投げ捨てとこう。


 D-1、公民館。
 そこの玄関の前に、二人はいた。
「ガユスさんは――」
「まだ来てないようね」
 新庄の言葉にミズーは言い、コンクリートの床に腰を下ろした。
 先の放送では。
「ガユスの名は、呼ばれなかった」
「うん……だから生きてる、よね」
「ええ。だから待ちましょう」
 うん、と新庄は頷いた。剣を下に置き、ミズーの隣に座り込んだ。



 この時、二人は自分達が疲労していた事に、気付いていなかった。
 ゆえに、二人の死角から近付いていた者に、気付いていなかった。
 それが、二人が道を違える原因となる事に、気付いていなかった。



 ――いつだって、その瞬間はこともなくおとずれる。
 その瞬間の始まりは、たった一つの鈍い音でしかない。
 “きゅぼっ”と音を立てた熱線が、新庄の肩をかすめた。
「な――」
 に、という声を発する前に、現れたのは。
「――待っていた――」
 手に銃を持った隻眼の男。建物の影から抜け出るように、その男は現れた。
 新庄は剣を拾おうと、ミズーは立ち上がり迎え撃とうと、それぞれ動く。
「この時を待っていた! ミズー・ビアンカ!」
 だがその動きは絶望的なまでに遅かった。
 男――ウルペンの拳はミズーが立ち上がるよりも早く新庄の頬を捉え、
「っ――!!」
 殴り飛ばした。
 地に殴り倒された新庄を見やることもせず、ウルペンは足元の剣を離れたところに蹴る。
 その時にはミズーの念糸が炭化銃に繋がれていて、

24 タイムアウト・ビースト(彼女の喪失) :2005/05/15(日) 19:35:45 ID:9HUQQCw6
「ウルペン!」
 名を呼ぶと同時に思念が流し込まれ、それより一瞬早く手放した炭化銃が宙で火球に変じた。
 舌打ちもせず、ウルペンは腰に差したナイフを手に取って構え、後ろに跳び退りながら念糸を紡ぐ。
 紡がれた念糸が自分に繋がれるのにも構わず、ミズーは斧を構えた。
(剣ではない……)
 斧。剣とは違う武器。形状的に見て、投げるに適しているとはいいがたい。だが、
(この距離――)
 知らない距離。必中を予感できず、まともに投げれるかどうかも判らない。だが、
(念糸の技量では)
 負けている。しかも既に念糸を繋がれ、一呼吸で水分を奪い取られる状態。だが、
「新庄は関係ないでしょう!?」
 殴り倒されて気絶したのか……気配が全くわからない少女の名を叫び、ミズーは右腕一本で斧を投擲した。
 横回転で投擲された斧は、当然の様にウルペンを仕留めなかった。
 だが容赦の無い金属の刃は、彼の右腕を斬り落としていった。
「お……!」
 鮮血が砂地を染め、繋がれていた念糸が消える。痛みで集中を失ったのだろう。
 ウルペンの――蒼白の顔がこちらを見据えた。声無く口を開き、搾り出すような叫びが来る。
「――無様な!」
 侮蔑するような、それは叫びだった。
 流れ出る血に構わず、ウルペンが駆け出した。どうしようもない、彼の憤怒が大気を満たす。
「俺の呼びかけに答えろミズー・ビアンカ! 俺の信じた確かたるものを――」
 彼の左手。血を浴びて黒ずんだ刃がある。誰かを殺したか、傷つけた刃が。
 それを、ウルペンは構えた。記憶にある――最後の、イムァシアの廃墟での構え。
「――確かであると、信じるために!」
 彼の言葉の一つ一つを受け止めて、ミズーは念糸を紡いだ。
 銀の糸が、炎の意志を持って伸びる。
 それよりも早く、刃は飛んだ。刺さる。
 鉄が肉を穿つ感覚。
 胸に突き立った刃を見て、ミズーは体温が冷めていくのを感じた。
「本当に無様だ、ミズー・ビアンカ」

25 タイムアウト・ビースト(彼女の喪失) :2005/05/15(日) 19:36:53 ID:9HUQQCw6
 ウルペンの声が飛んでくる。それは酷く――遠い場所のように感じられた。
 霞む視界が、下がる。膝をついたらしい。放った念糸は当然の様に消え失せている。
「二度目の最後。だが結果が違う、か。俺は泣かずに逝けたが……」
 声は、既に聞こえなかったのかもしれない。鐘の音が聞こえていたから。
 遠く、遥かな彼方でイムァシアの弔鐘が響く。
 胸に突き立つ刃に圧力がかかった。
 ウルペンが、刃の柄を踏んでいる。
「……お前はどうなのだろうな。あの娘の為に、泣くか?」
 あの娘。
 それが誰を指しているのか――フリウ・ハリスコー、マリオ・インディーゴの名前を順に思い浮かべて――ようやく思い出す。
 新庄・運切。
 薄れる意識を無理矢理に集め、彼女の事を思い出した。
 無力な少女だった。あの剣がなければ生き残ることなど到底無理なほどに。
 意思の強い少女だった。純真な少女だった。少年でもある少女だった。
(わたしが殺されたら……新庄は?)
 切れ切れの思考が、それを想像した。
 瞬間――
 獣が起きた。
「――あ」

26 タイムアウト・ビースト(彼女の喪失) :2005/05/15(日) 19:40:23 ID:9HUQQCw6
 ウルペンを跳ね飛ばし、ミズー・ビアンカは飛び起きた。
 跳ね飛ばされたウルペンが何かを喋る。だが聞こえない。
 胸に突き刺さっていた刃を引き抜き、右手で構える。
「ああああああああああっ!!」
 絶叫の響き渡った刹那、ミズーの手から刃が消えた。
 飛来という過程を無視したかのように、刃は――
「……獣か……」
 ウルペンの胸に刺さっている。
 音も無く、糸が切れた人形のように倒れる、男。
 敵が倒れても獣の時間は終わらない。
 痛み。出血。疲労。
 すべてを無視して獣となったミズーは動く。
 その視線の先には――

「ミズー、さん……?」

 顔に青痣を浮かべた、新庄・運切がいる。



この後、獣の瞬間状態のミズーは新庄に襲い掛かる。
新庄は蟲の紋章の剣の障壁で防ぐが、ミズーは無数の念糸を紡ぎ、障壁を作る“虫”の一匹一匹に繋げて焼却。
新庄に切りかかろうとした瞬間に意識が戻り、終わクロ1上の人狼のような死に様で死亡。
最期の台詞は「――いきなさい」。
あとは新庄とフリウを合流させて、新庄からフリウのミズーの遺髪を渡させるつもりだった。

ふー。すっきり。

27 <管理者より削除> :<管理者より削除>
<管理者より削除>

28 名も無き黒幕さん :2005/05/23(月) 14:58:52 ID:hNdeEao2
ミズ―に「私たちのルールを決めましょう」と言わせたかった…
ミズーをウルペンかフリウに会わせたかった
ミズーにギーアをあげたかった
ミズーにスィリーと会わせたかった
ミズーをオーフェン(以下略

29 ムンク没ネタ ◆eUaeu3dols :2005/05/26(木) 01:19:24 ID:S9PygSVg
11時55分。
ピピピピピピピピピピ……
テッサがセットした携帯電話の素っ気ない目覚まし音が鳴り響くと、
シャナはパチリと目を覚まし、即座にベッドから身を起こした。
「……おはよう」
「あ、シャナさん……」
「あら、おはよう。寝起きが良いのね」
「寝てられるわけないじゃないっ!」
言葉の端に有った軽い言葉にシャナが噛みつく。
「……悪かったわ。茶化せる事ではないわね」
ダナティアは素直に謝罪した。
テッサは別人のように引き締まった顔で。
リナは何も感じない様子で待っていた。
正午の放送を。

シャナは内心で怯えていた。噛みついていなければ不安だった。
そう、寝ていられるわけが無い。
この島がどれだけ危険な場所かは6時間前に既に証明されている。
リナとテッサの死んだ知人、ゼロスやクルツの話など最たる物だ。
物理的器が仮初めの物でしかない、紅世の王の如き強大な魔族も。
ただの人間だが、精密無比な狙撃の腕を持つ戦いのプロフェッショナルも。
等しく死んだ。
この島の何処かで、6時間以上前に殺された。
ならば、坂井悠二が生き残っている保証など何処にも無い。
ダナティアから聞いた、アラストールがコキュートスから生存を確認した話も、
7時まで……既に5時間も前の話なのだ。
(だいじょうぶ。悠二なら、きっと……きっと!)
頑なに信じる。
彼は大丈夫だ。彼なら、大丈夫だ。
何の力も無いくせに、少し優れた目と機転、後は僅かの勇気だけで、
紅世の従の企みを見通し、圧倒的強者相手にも助けが来るまで凌いだ事がある、
坂井悠二ならきっと大丈夫だと信じようとする。

30 ムンク没ネタ ◆eUaeu3dols :2005/05/26(木) 01:20:37 ID:S9PygSVg
リナは、そんなシャナを見て、ぽつりと呟いた。
「――人の死なんて、呆気ない物よ」
「!!」
打ち砕かれた。
たったそれだけ、その一言だけで。
「悠二は死んでない! 生きてる! きっと生き延びてる!」
「どうしてそう思うの?」
喪失感と嫉妬から来る苛立ちが、リナに少女を追い打ちさせる。
「悠二は……だって、悠二は……」
凄いから、と。
まだ未熟で、戦いになっても敵を倒せないだろうけど、時々凄いから。
彼よりずっと強い自分が、何度も助けられているから。
「あたしとガウリイは、元の世界じゃ魔王を倒した事も有ったわ」
唐突に、リナが言った。
「魔王は、強さで言えば薔薇十字騎士団の連中なんて相手にならない程に強かった。
魔王の配下でも彼らよりずっと強かった。
この刻印みたいに、発動するだけで死ぬ仕掛けを組み込まれた事も有った。
それでも、幸運も有ってだけれど、あたしもガウリイもそれらに打ち勝った」
「………………」
話している内に、沸々とリナの心の奥底から鬱屈した感情が湧きだしてきた。
なのに……自分が憎んでいるのか、それとも悲しんでいるのかすら判らなかった。
「そんなに激しい戦いを続けてきたのに。
……あたしが見た死は、どれもこれも呆気ない物ばかりだったわ」
「……言うな。話すな」
自らの中に封印されていた魔王を目覚めさせてしまったルーク。
彼が堕ちたのは、彼の仲間で、あたしとガウリイのような関係だった女性が死んだから。
その死は、彼女はそれまで戦ってきた敵に比べればとてもちっぽけで、
傷を負った時にもまだ助かると、助けられると思っていた。
「人は、前兆すら無く唐突に、呆気なく死ぬわ」
「言うなぁ!!」
シャナにも判っていた。そもそも、坂井悠二は“人ですら無い”のだから。
体内に蔵された秘宝“零時迷子”を奪われれば、それだけで細り消え去るトーチだから。

31 ムンク没ネタ ◆eUaeu3dols :2005/05/26(木) 01:22:13 ID:S9PygSVg
この後に放送が来て、リナが静かに虚無感に包まれたりする他、
リナの暴走を危惧して釘を刺すダナティア、
リナとシャナで確執少々、それらにテッサを幾らか絡めて、という話だった。
4人娘の心理描写を重視したお話。
移動まで組み込むつもりが無かったし、そもそもまだ書き始め状態だったし、
◆Sf10UnKI5Aさん爽やかにGJですよ〜。

32 アマワ黒幕化計画 :2005/06/20(月) 22:13:16 ID:TU177Bgk
 ……新庄君。
 胸中の呟きに応えるように、眼前の少女は一つの動作を行った。
 抱擁をねだるように、両腕を開いたのだ。
「――――」
 佐山は目を細め、胸に手指を突き立て、彼女に歩み寄り、
「――不愉快な物真似はやめたまえ」
 腹に蹴りを入れた。
 かは、と息をついて身を崩した“それ”を、佐山は再度蹴りつける。蹴り足に込める力は容赦のないものだ。
 声と瞳に冷徹さを乗せ、佐山は言う。
「私以外の者が新庄君の姿形を真似て良いと思っているのかね? ――肖像権の侵害だよそれは」
「新庄・運切は奪われた」
 “それ”の姿が歪んだ。歪み、たわみ、広がり、縮み、既知であり、そして未知である姿を取る。
 “それ”が言葉を放つ。指向性なく放たれる音は、どこから響いているのか判別不能だ。
「奪われたのなら……私が使っても問題はあるまい?」
 胸の軋みを無理矢理に押さえ込み。
「――君は、何だね?」
 佐山は問いを発した。声音に込める意思は敵意に他ならない。
 “それ”は答えた。
「私は御遣いだ。これは御遣いの言葉だ」
「御遣い? 何の遣いかね?」
 隠せぬ苛立ちを怒気へと変え、佐山は声を放つ。
「証明だ……証明してみせろ」
「何を」
 “それ”は答えた。簡潔に。
「心の実在を」
 “それ”の言葉はもはや、己のうちから響いているようだった――どこから聞こえるのか、“それ”が実在するのかすら分からない。
 違和感を感じつつ、声を出す。
「それに答える代償は何かね?」
「新庄・運切を返そう」
「……彼女は死んだよ。私の知らぬ間に、私の知らぬ所で、私の知らぬ者の手によって」
「君は彼女の死を証明できない。ならば彼女は死んでいない」
「言葉遊びだ。ならば言おう。この場には君と私しかいない。私は君を認識しない。ならば君は存在しない」
「先ほどの不恰好な物真似を、かね? ――不要だよ。それは新庄君ではない」
「確かに君の言うように、新庄君が生きている、という可能性はある。だがね、私は聞いたのだよ。――彼女の死と、彼女の言葉を」
「今ならば判る。“吊られ男”君には感謝をせねばならないね」
「然るべき行動には然るべき代価を」
 一息。
「それが交渉だ」
「去るがいい、私の知らぬ者よ。――私は君を必要しない。君とは契約できない」

33 ◇E1UswHhuQc :2005/06/20(月) 22:16:13 ID:TU177Bgk
というわけでとりあえず佐山vsアマワとかやってみて投げ。

真っ当な思考回路をしてる自分にはこんなキのつく連中は書けませんでした。まる。

34 名も無き黒幕さん :2005/07/16(土) 14:27:13 ID:gze6IUQc
 ハック神父が、「放置されてる食料をいただくだけでも神の教えに反する」
 と考える人になったっぽいので没。 


 気絶から立ち直った後、ハックルボーン神父は、城の厨房に向かった。
 栄養補給は活動の基本だ。おろそかにしては、神の愛を充分に伝えきれない。
 厨房の中からは、幾つかの食材に混じって、パンと葡萄酒が出てきた。
(もう二度と、私が負けるわけにはいかない)
 神に祈りを捧げた瞬間、神父の全身から七色の聖光がほとばしった。
(神よ、感謝します)
 それを受けたパンと葡萄酒は……祝聖されていく、聖別されていく。
 聖なるパンは神の体であり、聖なる葡萄酒は神の血だ。
 神父は大きく口を開け、迅速に聖餐をたいらげた。
(これで準備は万端)
 穏やかな微笑みを浮かべながら、彼は外を目指して歩きだした。

35 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 :2005/07/22(金) 19:47:05 ID:x0jj.buk
あちゃあ。後一日おいてから試験投下に落とそうと思ってたら先越されてるや。
と、言うわけで没ネタの方に落とします。
内容としては神野は詠子を手伝わないことの確認。
神野が異界議論の結果に異界発生時の効果を変える。
詠子ロワ内に戻るといった話。
悠二を出す必要性0だけどすぐ死んじゃうからいいかなと。

36 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 1/7 :2005/07/22(金) 19:47:55 ID:x0jj.buk
 進路を決めると後は動くだけ。
 坂井悠二は慎重に歩を進める。
 ただ、先ほどから体がおかしい。眩暈がする。時々物が二重に見える。
 それは水の煌き。研磨され鏡のような石。そして水面。
 自身の変化に戸惑い小さな水溜りの側に座りこむ。
「どうなってるんだろう。僕の体は」
 悠二は考え込む。先ほどの制限の解除の影響だろうか。
 いや、それでも二重に見えるのは特定の物。その特徴はなんだろうか。
 水の煌き。研磨され鏡のような石。そして水面……
「まさか……鏡?」
 脳裏に浮かぶは合わせ鏡の物語。鏡、鏡……水鏡……
「異界の形成が始まっているのか? 何故僕に見える? まだ2日目になってないのに」
 あの話と内容が違う。何故……いや、僕が物語を拾ったのはどこだった?
 そのときに拾った物はなんだった?
「水……ペットボトルの水」
 ガラスの剣を水で洗った時血の落ちが異様に早かった。
 そしてかすかな鉄錆の匂い。これが意味することは、あの水に何かが入っていたということ。
「この現象は、あの水に……血が混ざっていたのか……?」
 ふと水面を見る。そこは相変わらず二重に見え、
 平衡感覚が歪むような強烈な眩暈を襲われて目の前の景色が"ぐにゃり"と歪んだ。
        
「うぁ…………」

 動けない、体が傾く。

 ぱしゃ!

 意外に軽い音を残して底の浅いはずの水溜りに悠二は沈み込んだ。

 ――鏡は死者の国につながっている

 その脳裏には物語の一文を浮かべながら。

37 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 2/7 :2005/07/22(金) 19:48:51 ID:x0jj.buk
「……ここはどこだ」
 気がつくと悠二は見知らぬ建物の前にいた。
 確か強烈な眩暈がして、水溜まりに落ちて
「これは……灯台?」
 しかし何かがおかしい。まるで左右が反転しているような……
「ここは……まさか異界」
 悠二の声は驚きを表す。しかし心はただただ冷静に、さざ波すら立たない。
 そう、それはまるで自分が危険な状態にいるときのように冷静だった。
「異界……自分を自分で認識しなくてはならない世界。僕は……」
 悠二は自分という存在を認識する。その行為はすでに慣れたものだった。
 悠二は存在の力を感得している。自分という存在を自分だけで認識することは難しくなかった。
 自分という存在を落ち着け、次に悠二は気配を感じ取ろうとする。
「灯台の上に誰かいるのか?」
 零時迷子が自分以外の誰かの存在を感じ取る。
「よし、行こう」
 異界について知っておく必要がある。そしてそこにいるのが誰かはなんとなく分かってもいた。

 そこには一人の女性がいた。その様子は落ち着いていて、そして童女の無垢さを持っていた。
 その女性は唄を詠う。その唄は合わせ鏡の物語。その唄を詠い続ける。

38 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 3/7 :2005/07/22(金) 19:50:06 ID:x0jj.buk
 その様子は日常という場所であるならただの唄に聞こえただろう。
 ただ、この場、この雰囲気においてはただ違和感だけが生じている。
 悠二がその様子をただ見、聞いている。悠二は詠い終えるのを待っていた。
 女性は詠い終わる。そしてなんともなしに女性は振り向く。
「こんにちは、今は"道しるべ"君……かな」
「あなたが、十叶詠子さんですね」
「うん。そうだよ。私からの招待状、受け取ってくれたんだね」
「物語の事? それとも水の事?」
「物語は異界の招待状。水は魔女になるための補助教材かな」
「そっか。だから僕はここに来れたんだね」
「やっぱりできそこないになるのはかわいそうだからね。良かった、あなたは魔女になれたんだね」
 二人はこの異界においてまるで日常会話と同じように話す。その会話の内容は異常に満ちていたが。
 しかし二人は気軽な日常会話のように話している。
「僕は魔女なのかな。ま、元から人間じゃなかったけど」
「"道しるべ"君は自分の物語を持ってる"人"だよ。
君は、君と関わった人たちを導くの。まるで灯台の灯りのようにね」
「そうだね……今僕はこの異界に皆を導こうとしてる。この世界から脱出するために。
君はどう思う? できると思うかな」
「それは言えないかな。この世界皆の"必然"は私の"必然"に影響してしまうから」
「そっか、それじゃしょうがないか。それで皆を呼ぶ準備は終わったのかな?」
「うーん。こっち側でやることは終わったよ。後は皆に招待状を配るだけ」
「少し安心したよ」
 異界発生の準備が終わった事を悠二は理解する。これで脱出の希望が繋がる。そう悠二は考える。
 だが、次の詠子の言葉の意味を悠二は理解できなかった。
「ただ『彼』が介入するかもしれないの」
「『彼』?」
だれがこの異界に介入などできるのか。その思いが悠二に疑問を放たせた。
「挨拶ぐらいはしてもいいんじゃないかなあ。ね」
 しかし自分以外に誰かに掛けられた言葉に、さらに意味を捉えかね悠二は首を捻る。

39 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 4/7 :2005/07/22(金) 19:50:49 ID:x0jj.buk
 その問いに"闇"が答えた。
「それぐらいはいいだろうな」
「こんにちは」
 それは悠二の鋭い感覚において『負の方向性』として伝わった。
 恐ろしいほどの圧迫感に悠二は思わず身をすくめる。
「……あ、あなたは?」
「神野陰之。君には『負の方向性』に見えるのかな」
「……」
 喉が掠れる。これ以上の声が出せない。ただその巨大な『負の方向性』に圧倒され、
今は自分を自分として存在することだけで精一杯だった。
 そんな中、詠子は全く調子が変わらない。ただ事実を確認する。
「邪魔するのかな」
「望まれれば」
「そうだね」
 たったそれだけの会話。これだけで今は彼らは協力関係にないことを確認する。
「本当は残念なんだけどねえ」
本当に、純粋に残念そうに詠子は言う。そしてその口調のまま詠子は告げる。
「これで、さよならだね」
「さようなら"魔女"よ」
 そして神野は消える。その強烈な存在感を残して……

40 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 5/7 :2005/07/22(金) 19:51:31 ID:x0jj.buk
「"道しるべ"君、大丈夫かな?」
「うん、もう大丈夫」
 詠子の調子は変わらない。神野にあの『負の方向性』に相対しても変わらない詠子の様子に、
悠二は彼女が狂人であることを認識することになる。
 ただ、自分も少しずつおかしくなっていくのかもしれない。
 この世界にいるということはそういうことなのだろう。
 後ろ向きな思考を振り払い、悠二は今やるべきことを確認する。
「そろそろ僕は戻ろうかな。探さないといけない人もいるし」
「そっか。私も戻らないとね。いつまでもここにいたら『彼』に失礼だよね」
 そう言って詠子は無邪気に微笑みを見せる。
 詠子の微笑みにつられ悠二も微笑み、そして現界に戻るため後ろを向く。
「あ、そうだ。一つおまじないしてあげる。ちょっといいかな」
 その戻ろうとする悠二の背中に詠子は何気なく呼び掛ける。
「え、うん。いいけど」
 悠二が返事をしながら振り向くと、すでに詠子は目の前にいた。

 悠二の頭に温かい物が絡みつく。
「え、ちょっと」
 少しだけ動揺する悠二に構わず、まるで母親が子供にするように優しく抱きしめながら詠子は詠う。

   身は大地に縛られる
   魂は鏡に縛られる
   心は何にも縛られず
   願いを叶えに道示す

 詠子は優しさに満ちた声で詠う。異界において違和感を感じるほどに。
(……アタタカイ)
 その唄を聴きながら、悠二は温かさと共にまどろみ意識が闇に落ちた。

41 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 6/7 :2005/07/22(金) 19:52:15 ID:x0jj.buk
「あれ、ここは……」
 そこは灯台の頂上。そこで悠二は目を覚ます。
「ああ、僕は異界から還ってきたのか」
 すでに周りには詠子はいない。眩暈も治まり普通に動くこともできる。もう大丈夫だろう。
「早く港に行かないとな」
 悠二はふと外を見る。そこに詠子の後ろ姿が見えた気がした。
 数秒後、悠二は外に出るため視線を戻す。

 悠二は灯台に括り付けられた反射鏡に字を見つけ、それをなんともなしに読んでいく。

 そこには全ての"鏡"の怪談が血色で描かれていた――――



【A-7/灯台頂上/1日目・13:55】
灯台の頂上に全ての鏡に関する怪談が描かれています。

【坂井悠二】
[状態]:健康(感染)/制限並程度に緩和
[装備]:狙撃銃PSG-1、水晶の剣(オフレッサーの遺留品)
[道具]:デイパック(支給品一式、地下水脈の地図 (かなり劣化)、
保存食10食分、茶1000ml、眠気覚ましガム、メロンパン数個)
[思考]:1.シャナ、長門の捜索。2.異界に耐性ある人に物語を知らせる。3.北回りに港C-8に移動
[備考]:悠二のMAP裏に零時迷子のこと及び力の制限に対する推論が書いてある。
ただし、制限の推論が正しいかは不明。
IAI製缶詰はC-3のスーパーの奥に放置されました。
水晶の剣が、魔女の水により洗い浄めらた事による影響の有る無しは不明。
制限が他の参加者と同程度に緩和され、感知能力がある程度復活しました。

42 合わせ鏡の物語〜悠二の章〜完結編 7/7 :2005/07/22(金) 19:53:23 ID:x0jj.buk
【十叶詠子】
[状態]:健康
[装備]:魔女の短剣、『物語』を記した幾枚かの紙片
[道具]:デイパック(支給品一式、食料が若干減)
[思考]:多くの人をさかしまの異界に連れて行く。

おまじないは特に意味を設定してません。(この後、悠二死にますし)
悠二についてはクビキリロマンチストに続きます。



ふー。すっきりした。

43 名も無き黒幕さん :2005/08/02(火) 00:11:22 ID:1GtPWHOs
クエロが起きる前に贖罪者マグナスをこっそり返して弾丸だけ調べた事にして……
という方向で書いていたが、問題点に気づいて軌道修正。
……クリーオウの前で剣と弾丸を調べるって宣ってたし。
修正するだけだから今の所は没ネタではないけど、ここに書き捨て。

44 レインボウ・ビーム(溶ける身体) :2005/08/03(水) 18:37:13 ID:RNzazAXc
 というわけで、傷ついたウルペンに草でできた獣が巻き付いていた。
 その全身が彼の疲労を喰らい、空気中へと逃がしていく。
「ふむ? 草精霊とでもいうのか。愛らしいものだ」
 鼻先に触れると、その物体は草の感触に反して本物の獣のように体を揺らす。
 その姿を見、ウルペンは帝都での己の生活を振り返る。
 郊外の一軒家。貞淑で美しい妻。
 幸福と言っても決して大げさではあるまい。だが付け加えるならば、
「あとはこの愛らしいペットが居れば完璧ではないか……!」
 その激しい思いは炎に似ていた。身体の隅々に飛び火し、延焼していく。
 草の獣を小脇に抱えて喜びのあまり野原を駆け回ろうとすると、
「やくそく! やくそく!」
「……何?」
 獣が喋った。これが獣の瞬間というものだろうか。
(違う。まあ、どうということもないが)
 そう一人ごちると、2匹に増殖した草の獣が再び言葉を発した。
「やくそく! はじめてのやくそく!」
 4匹に増え、8匹に増え、16、32、飛んで256匹によって約束の一語が輪唱される。
 約束。契約。未来精霊との契約。未来から放たれた言葉は必ず果たされる。( ゚д゚)アマワー。
「――約束などという言葉は、もはや皮肉にしか聞こえんな!」
 ウルペンの目から七色の念糸が飛び出した!
「やくそqあwせdrftgyふじこlp」
 それを受けた草の獣たちの身体は…溶けていく、溶けていく。

【ウルペン】
[状態]:七色
[装備]:なし
[道具]:デイパック(支給品一式)
[思考]:( ゚д゚)アマワー


ごめん。

45 足なんて飾りです :2005/08/24(水) 22:52:16 ID:9PeVQCyI
なっちゃん撃退→商店街で休憩→人の居るところへ→公民館だ!

公民館のドアがゆっくりと開いた。
中にいた全員──臨也、子荻、ガユス、ベリアルがはっと振り向いた。
ゆっくりと開いたドアから全てを閉める言葉が響いてきた。
 オヒラキ
「閉塞にきたぜ──策士」

間髪いれずに子荻のライフルが火を噴いた。その冷静な顔は恐怖で固まっていた。
ライフル弾は微妙なところで軌道を逸れ、哀川潤近くの壁に突き刺さった。
「今宵の超絶勇者剣は血に飢えているぞ…!」
彼女は初速800Mにも達するライフル弾を刀で軌道をそらしたのだ。
「あ──」
ここは公民館の部屋。窓はあるが自分より哀川潤が近い。逃げ場はない。自分の無策に絶望した。
子荻は信じられないような顔をして再度撃った撃った撃った弾かれた弾かれた弾かれた。
撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って
撃って撃って撃って撃って撃って撃って狂って狂って狂って狂って狂って狂って──
そんなに弾は無かったため、実際は僅か数発で弾切れを起こしたのだがそれでも彼女はボルトアクションを繰り返していた。
「な、なんやあのねーちゃんは」
「……そんな……ありえません。こんな、死に掛けのはずなのに、戯言です。
 策は無くとも、この位置から弾くなんて、想定外です──最悪です」
「どうした? もう終わりかよ」
その言葉と共に哀川潤の仲間が入ってきた。
アイザック、ミリア、シロを抱いた高里、そしてフリウ。
フリウとベリアル、あとガユスの視線が合った。

46 足なんて飾りです :2005/08/24(水) 22:52:56 ID:9PeVQCyI
「あ──」
「あかん!」
咄嗟に鬼火を作り出し、哀川潤の視界を遮る。
同時にベリアルは窓を突き破り逃げ出していた。
(なんであの鬼ッ子が──!)
近くにいたら今度こそ殺される。振り向かず呼吸も忘れて走り去った。
「待──」
「待ってくれ。君はフリウだな?」
ガユスがフリウに話しかける。
「ミズーの言葉を伝えたい」
「ミ…ズーの?」
「おいそこのメガネと優男、てめぇらは『乗った』のか?」
哀川潤が臨也とガユスに問いかける。
こっちに好奇心を抱いたような視線を送りつつ首を横に振る臨也。
「いや、俺はこのフリウの知り合いのミズーって人に世話になった。彼女の意志は尊重したい」
「そうかそうか──どうした策士。てめぇは人を駒のように使うんだろ? こいつらは駒を降りたぞ。
 てめぇの策なんて精々理屈常識だ。30秒やるから逃げてみろよ──策を使って、な」
「──っ!」
「カウント始めるぞ。ああお前ら出口開けろ。あとてめぇらあたしの仲間に手ぇ出したら殺すからな。いーち、にーい」
萩原子荻は逃げ出していた。外に、地図は持ってきている。デイパックにはまだライフル弾が入っている。
逃がした事を後悔させてやる。いったん隠れて、罠を仕掛け、今度こそ眉間を打ち抜く。走っているが公民館からは大声が聞こえてくる。
「じゅーご! じゅーろく! 飽きてきたな。やや飛ばしてにじゅーなな!」
走った。走った。走った。隠れ場所を。身を完全に隠せてある程度スペースがあり逃げ道が多数確保できるところ。
そう考えを巡らした瞬間地面とキスしていた。
足先の感覚がない。見ると石が──一抱えほどの石が足を潰していた。

47 足なんて飾りです :2005/08/24(水) 22:53:38 ID:9PeVQCyI
そんな。
ひどい。
理不尽だ。
私は。
策など。
通用しない。
相手がいることを。
ようやく理解した。
目が白くなってくる。
最後に聞こえた言葉はこうだった。<諦めずにもがいて見せろ>

はっと起きた。
生きている。しかし場所が移動させられている。
コンパスと地図と周囲の景色を見る。おそらく──D-3.
何で哀川潤が殺さなかったのか。その理由はすぐ分かった。
いま14:58分。禁止エリアまで後二分。
少し先に学校が見えている。あと少し走れれば抜けられる──
何で足が動かないのだろう。

【萩原子荻 死亡】

48 まえがき :2005/09/10(土) 17:25:05 ID:2SF39t2A
 ドクロちゃんの六巻を読んでいるうちにどうしても夜仮面が書きたくなったので
ちょいとネタとして書いてみました。
 勿論、桜くんはラノロワに参加していないので、おもいっきり『もしも』の話になりますが、
どうしても読んでほしかったので没ネタスレに投下します。
 『おもしろかった』『つまらなかった』『こんなんいくら没ネタだからって投下するんじゃねぇ』『氏ね』
 などなど、なんでもいいので感想をいただけると幸いです。

49 夜の支配者 :2005/09/10(土) 17:26:50 ID:2SF39t2A
上げてしまったスマソ

放たれた弾丸は、一直線にドクロちゃんへと向かいます。
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「ドクロちゃん!!」
 
 その瞬間、僕の中で何かが弾けました。

〈ボスッ! ボスボスッ!〉
 その凶悪な鉛の玉は、何か白いものに阻まれドクロちゃんまで届きません。
「なっ!?」
 弾丸を撃った張本人である少年は、ソレをみて驚愕の声を上げました。その白いものとは――
「ふ、布団?」
 そう、床に敷き詰められていた幾枚もの布団たちが、まるで要塞のゴトク、ドクロちゃんを包み込んでいたのです。
「――布団隠れ・零式……」
 声と共に部屋を覆っていた硝煙が晴れ、積み重なっていた布団がバサバサッと地に落ちます。
 そしてその向こうに現れたのは、驚愕に目を見開くドクロちゃんと――
「桜、くん?」
「ノー」
 そう答えたのはアイマスクをつけた一人の紳士。その名も――
「アイム、夜仮面」
「夜仮面様っ!!」
 彼――夜仮面はドクロちゃんににっこりと笑って見せました。

50 夜の支配者 :2005/09/10(土) 17:28:08 ID:2SF39t2A
「夜……仮面?」
「そう――」
 夜仮面はビッと少年を見据え、シュババッ! とスキなく構えます。
「布団の上なら常勝無敗――!!」
 そう、今の僕は、
「夜の帝王〈ばっ! しゅばばばっ!〉“夜仮面”! 寝ない子、だれだ!?」
 今、布団の上に舞い降りた一人の紳士、“夜仮面”。
 彼の姿に一瞬動揺したものの、少年は「チッ」と舌打ちし夜仮面に銃を向けます。しかし――
「遅いッ!」
 夜仮面が床に落ちた枕を拾うほうが一瞬早く、
「喰らえっ!『夜ブゥゥゥゥメランッ!!』」
 そして一瞬早いまま、その手の枕を投げました。
 放たれた純白の枕は吸い込まれるように少年の手に当たり、彼の銃を弾きながら後方へと流れていきます。

51 夜の支配者 :2005/09/10(土) 17:29:33 ID:2SF39t2A
ッ――!!」
 しかし少年も、その程度では怯みません。腰からナイフを引き抜き、夜仮面へと走りました。
 少年は一瞬にして夜仮面へと近づき――――しかしそこまででした。
 後方から、速度を数倍に加速させて帰ってきた『夜ブーメラン』が少年の右肩にクリーンヒット! 彼を地に這わせたからです。
「今だ! ドクロちゃん逃げて――」
 夜仮面は後ろを振り向いて言いましたが、しかし彼女は消えていて、窓の外には全力で走るドクロちゃんの姿が。
「――ってもう逃げてる!? は、薄情者―――――!!!」
 叫ぶ夜仮面。しかし下からの殺気を感じ取り“夜神経超融合”〈ブレイク〉を発動、間一髪で弾丸を避けます。
「チッ!」
 ホルスターから新しい拳銃を引き抜いていた少年は起き上がりながら後ろへと下がります。
「なかなかやるじゃないか……」
 殺意をみなぎらせる少年に、夜仮面は不敵な笑みを浮かべて言いました。
「本気を出さなくてはいけないようだなッ!!」
 夜仮面は吼え、姿勢を低くします。
 彼の覚悟を悟ったのか、少年も銃口を夜仮面へと向けます。
「行くぞ!! 奥義――」
 少年が発砲。
 同時に、夜仮面が爆発的なスタートダッシュをきりました。
「ミッドナイト・パーティ!!」
 弾丸が床に着弾、床を抉り木の粉を撒き散らす頃にはもう、夜仮面はそこにいません。

52 夜の支配者 :2005/09/10(土) 17:31:41 ID:2SF39t2A
 漆黒の“夜オーラ”を纏った夜仮面を止めることは、もはや誰にもできません。彼が超高速で部屋を駆け巡ると、そこに異変が生じます。その異変とは、
「なっ! 竜巻!?」
 少年が叫びますが、時すでに遅し。巻き起こった夜色の竜巻は敷き布団を、枕を、少年を、掛け布団を次々と宙に巻き上げました。
 部屋の中で散々暴れまわった竜巻は徐々に小さくなってゆき、順番に落ちてくる敷布団、枕、少年、掛け布団。
 そこで少年は自分の置かれている状況に気付きます。
「!!」
 そう、少年は布団の中で寝る寸前の状態にされていたのです。
「フフッ “おやすみなさい”(ゲーテナハト)、少年」
 呟き、夜仮面は窓の外へと消えていきました。
 残されたのは少年一人のみ。
 しかしその少年も、布団のあまりの気持ちよさに、そのうち静かな寝息を立て始めました。

 そのとき一階の植え込みに、二階だったのを忘れて窓から飛び降りた僕が気絶していたのは、また別のお話。

53 名も無き黒幕さん :2005/09/11(日) 00:50:57 ID:4X8OOs9Q
>>48-52
GJ。個人的には面白く読ませてもらった。
ただこれ、敵の少年って誰? 最初はキノかと思ったけど違うっぽいし。

54 名も無き黒幕さん :2005/09/17(土) 21:20:50 ID:iqg/Nvbc
グランドワロスw

>53
自分もキノだと思っていたが…違うのか?

55 名も無き黒幕さん :2005/09/21(水) 20:58:31 ID:fmBZ14cE
本企画では全体的にドクロちゃんが不憫だよな。
ぜんぜん撲殺してねえ!

56 名も無き黒幕さん :2005/09/27(火) 18:19:57 ID:ylx2tbwg
ドクロちゃんが活躍できないのはギャグ路線だからだと思われ
手刀で鉄を切り裂く、水鉄砲で岩を砕くetcとかかなり強いんだけどな

57 名も無き黒幕さん :2005/10/22(土) 12:45:31 ID:RB9CPqq.
小ネタか毒吐きか没ネタか、どこに書くか迷ったがここに。

佐山が悠二の死体からPSG−1を回収しててくれれば、
銃口でもってベルガーを交渉の場に着かせられたのになあ。
前の話で完全否定されちゃったし。

58 名も無き黒幕さん :2005/10/22(土) 15:52:02 ID:aE2NJB4s
佐山の目的を考えればあれで正解。
銃で始めた交渉は、銃でしか決着しないぞ。

59 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:05:39 ID:Z8LiZ8TM
 平和島静雄の肉体には異常がある。
 本来なら抑制されるはずの『力』が、どういうわけか無制限に出てしまうのだ。
 彼は己を制御できなかった。激怒した瞬間に、自分の筋力を抑えきれなくなった。
必要以上の、限界に達するほどの『力』が発揮され、彼自身の体が真っ先に壊れた。
 怒りを爆発させるたび、彼の体は何度も壊れた。繰り返される破壊と再生の中で、
やがて静雄の肉体は、彼の生き方に合わせて成長の仕方を変化させていった。
 強固で強力で強靱な、池袋最強の体が作りあげられた。
 それでも静雄は、自分の『力』が嫌いで嫌いで仕方なかった。
 彼の『力』は多くの相手を恐怖させる。静雄自身、自分の『力』に怯えていた。
 様々な人間が、彼のそばから離れていった。守りたかった相手が去り、好きだった
相手が去り、わずかな例外を除いて、たくさんの人々が彼の前からいなくなった。
 故に彼は、自分の存在を心底から認めることができず、苦悩していたのだった。
 だが、その忌まわしい『力』は今、大事な友人を守るために必要なものとなった。
 ただ嬉しくてたまらなくて、静雄は満面の笑みを浮かべる。

60 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:06:28 ID:Z8LiZ8TM
 城の外に出た静雄は、腹から抜いた神鉄如意を杖がわりにして道を歩いていた。
 大怪我をしている上に血が足りないので、ゆっくりとしか移動できない。
 腕時計の針は12:05を指している。まだ城門からほとんど離れられていなかった。
 周囲は草原で、見通しがいい。ところどころに幾つか岩があるが、数は多くない。
 幸か不幸か、静雄の視界内に人影は見えなかった。
 ずれてきたサングラスを元の位置に押し上げ、額の汗を拭いながら静雄は思う。
(万が一あの赤毛野郎がセルティと会っちまったら、何の根拠もないくせにセルティを
 襲うような気がするな)
 一言も喋らずヘルメットを外さない黒ずくめのライダー。それが普段のセルティだ。
一見しただけでは、危険な不審人物だと思われても不思議ではない。
 実際にはヘルメットまで奪われてしまっているので、大概の参加者が誤解しそうな
外見になってしまっているわけだが、そこまで詳しく静雄は知らない。
(セルティのことだから、『顔を見せろ』って言われたら馬鹿正直にヘルメット取って
 自分がデュラハンだってバラしちまうかもしれねえ。『きっと話せば解ってくれる』
 なんて呑気に考えてるとしたら、ちょっと危ないかもな。正義の味方にでもなった
 つもりのバカが相手なら、何か勘違いしてケンカ売ってきそうじゃねえか?)
 この場にセルティがいれば、『私の心配をしている場合か!』と反論するだろう。
静雄の腹に穿たれた傷は深い。このままでは、そう遠くないうちに間違いなく死ぬ。
(市街地には人が集まってくるはずだ。当然、情報も集めやすいよな)
 まずはセルティと合流した方がいい、と静雄は判断した。
 今から港町へ向かい、C-6の小市街を経由し、道に沿って都市部へ行く予定らしい。
 静雄は宣言するように、決意を込めてつぶやいた。
「とりあえず襲ってくる奴は殺す。それを邪魔する奴も殺す。ついでに臨也も殺す」
「待て、哀れな迷える子羊よ」
 言った途端に、誰かが背後から現れた。
「あぁ?」
 こめかみに血管を浮かべて静雄が振り返ると、そこには傷だらけの巨漢がいた。
 静雄よりも少し遅れて目を覚まし、彼を追ってきたハックルボーン神父だ。

61 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:07:35 ID:Z8LiZ8TM
「さぁ、安らかに眠るがいい。その魂、この拳で天上へ送り届けよう」
 全身が怪我だらけなのに、神父は微笑している。実に楽しげな殺害予告だった。
 救うべき罪人を発見できた喜びで、ついつい頬が緩んでしまっているらしい。
(神よ、感謝します)
 ハックルボーン神父は、思わず聖歌を口ずさみたくなるくらい上機嫌だ。
 静雄と神父の視線が交錯する。今にも二人の中間で火花が散りそうな雰囲気だ。
「おいおい、おっさんよぉー。手前、今さりげなく万死に値すること口走ったよな?」
 穏やかな口調で笑いながら静雄は言う。しかし、鋭い視線が殺意を表現していた。
 沸点は低いが冷めるのも早い――静雄はそういう怒り方をする。どんなに怒っても、
ちょっと気が変わればどうでもよくなる。例外といえば、せいぜい折原臨也が何かした
ときくらいだろう。けれど、冷めるのが早くても沸点は低いのだった。改めてケンカを
売られれば、改めて怒るし改めて暴れる。
「そうか、リターンマッチがお望みか。そうかそうか、殺す」
 いつ昏倒してもおかしくない怪我人だという自覚は、一瞬で吹っ飛んだようだ。
「恐れることはない。神はすべてを赦される」
 厳かな声で語りかけながら、神父は拳に力を込める。もう既に臨戦態勢だ。
「なんで手前はそんなに偉そうなんだ? 『自分は絶対に正しい』って顔しやがって。
 何様だ? 何様のつもりだ? 救世主気取りか? ああ?」
 静雄が神鉄如意を構える。再び興奮状態になったせいで、また痛覚が麻痺している。
「神を疑うなかれ。神は常に正しい。そして、神の愛を伝えることこそ私の使命」
 平然と答える神父を見て、静雄の怒りは溶岩のように煮えたぎっていった。
「なあ、おっさん。俺は暴力なんか使わずに生きていたかったんだ。それなのにこんな
 ふざけた『ゲーム』に巻き込まれるし、手前らバカ野郎どもが俺を怒らせやがるし、
 この刻印とかいうのがある限り『さぁ殺し合え』とか言ってる連中を殺そうとしても
 先に俺が殺されるし、そう考えたら滅茶苦茶ムシャクシャしてきてなぁー。とにかく
 今から手前は殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す……!」
 神父は優しげな笑顔のまま、鬼のような形相の静雄を凝視している。
「私は救いたい。この島で苦しんでいる者たちも、この殺し合いを企てた者たちも」
「意味不明なこと語ってんじゃねえぇぇぇっ!」
 静雄と神父の第二回戦が始まった。

62 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:08:32 ID:Z8LiZ8TM
 ハックルボーン神父の肉体には異常がある。
 痛みや苦しみを感じることが彼にはできなかった。そのように生まれついていた。
 苦痛を感じない体質であるが故に、他人の苦痛を理解することなく彼は成長した。
十人以上の人々を惨殺したのは、あるいはそれを理解するためだったのかもしれない。
 十三人目を殺したとき、奇跡が起きた。昇天していく魂と同調した彼は、神を見た。
歓喜の涙を流しながら、己のすべてを神に捧げようと彼は決心した。
 それ以来、ハックルボーンは神と人々のために尽くしてきた。
 過酷な鍛錬は聖職者のたしなみ。脆弱な肉体では神の愛を伝えきれない。
 彼が苦痛を感じるのは、救うべき者を昇天させながら同調する、そのときだけだ。
 ハックルボーンは廃教会を修繕し、聖書をひもとき、一日も欠かさず朝晩にミサを
行った。訪れる者の悩みを聴き、彼らのために祈り、彼らを苦痛から解放した。
 ハックルボーン神父は、超弩級聖人の称号に相応しい信仰心を持っている。
 先刻、神父は己の未熟を恥じ、今度こそ皆を救ってみせると神に誓った。
 万人に神の救いを。それこそが神父の願いだった。

63 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:09:21 ID:Z8LiZ8TM
 戦闘開始と同時に神父が動いた。一瞬の間に、静止状態から全力疾走してみせる。
傷だらけの巨躯が、砲弾のごとく猛然と静雄に突っ込んでいく。
 対する静雄は、大槍を軽々と持ち上げ、両手で横方向に一閃した。神鉄如意の穂先が
地面と水平に弧を描く。何故か一本足打法だった。
「!」
 とっさに足を止めた神父めがけて、神鉄如意が飛んでくる。静雄の腕力と遠心力で
勢いよく放り投げられた大槍は、熊でも殺せそうな威力を想像させた。
「……!」
 神父は躊躇なく回避を選んだ。急な制動で崩れていた体勢を利用し、背中から地面に
倒れ込む。神父の鼻先を凶器が通過し、大槍の生んだ風が神父の顔をなでた。
 神鉄如意は城壁まで飛んでいって突き刺さり、後には素手の二人だけが残った。
 大の字に寝ていた神父が素速く起きあがる。その間、静雄の追撃はなかった。
 静雄は左手で腹を押さえ、片膝をついて神父を睨んでいる。呼吸が荒く顔色が悪い。
脂汗が頬を伝い、顎の先から落ちる。怪我人が無茶をすれば反動が凄まじくて当然だ。
痛みを無視して動けても、傷が消えてなくなるわけではない。
「ちっくしょおおおおおおおおおッ!」
 失われた体力を気力で補おうとするかのように、大音声で静雄が叫ぶ。弱った体に
力がみなぎっていく様子を、静雄は必死に想像する。
(まだだ、まだ俺は立てる! こんなところで終わってたまるかぁぁぁッ!)
 死相の出た顔の中で、見開かれた目だけが生命力に満ちあふれている。
(あのとき私が救っていたならば、あのような苦痛を味わわせずに済んでいた)
 自責の念に表情を曇らせながら、神父は再び説得を試みる。
「迷う必要はない。どんな悪人であろうとも、神は分け隔てなく愛してくださる」
 力が抜けていくことより、手足が震えることより、その言葉が静雄を苛立たせた。
「俺も、臨也も、同じくらいに、か? あの赤毛野郎や、手前と、同じくらいに、か?
 そんな、ふざけた愛なんざ、誰が、欲しがるかよ!」
 呼吸が乱れ、声が途切れがちになる。けれども静雄は闘志を捨てない。
 神父は悲しげにかぶりを振り、眉間にしわを寄せて、両の拳を強く握った。
(愛を疑い、救いを拒むか。なんと哀れな……今すぐにでも救わねばなるまい)

64 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:10:07 ID:Z8LiZ8TM
 捨て身の反撃を警戒しつつ、神父は猪のごとく走りだす。
 その動きを目で追うが、静雄は動けない。動くことができない。
 うずくまる静雄の姿を見据え、神父が弔詞を唱えて駆ける。
「あなたに――」
 間合いに入るまで、あと三歩。
「神の――」
 拳が頭に届くまで、あと二歩。
「祝福あれ!」
 死が確定するまで、あと一歩。
「ああああッ!」
 立った。静雄が立った。
 神父の拳がまばゆく光る。静雄を救えと響いて唸る。
 聖光は静雄のサングラスに遮られ、目潰しにならなかった。
 反射神経と動体視力を駆使して、静雄は左拳を突き出す。
 神父の拳が静雄の拳に打ち払われた。
 左拳を引き戻すと同時に静雄は一歩前進し、右拳を放つ。狙う場所は、神父の顎。
「っ」
 静雄の拳が神父の頭突きで迎撃された。
 一歩後退した神父が、半身に構えて腰を落とす。体当たりをするための挙動だ。
 しかし、そのときには静雄が一歩前進しており、神父の肩に蹴りを入れていた。
「!」
 神父の体勢が崩れる。ほんのわずかに隙が生まれた。
 静雄の平衡感覚が一瞬だけ狂い、連続するはずだった蹴りが微妙に遅れる。
 今度の蹴りは、軌道上に腕を差し出され、受け止められた。
 蹴りの衝撃によって、二人の距離が遠ざかる。
 両者が呼吸を整え、再び身構えるまでに一秒が経過。
 静雄が瞬時に突進し、神父の腹に拳を叩き込む。技でも何でもない、ただの殴打だ。
だが、それで充分に強い。普通の人間に直撃させれば、悶絶か失神かの二者択一だ。
 静雄が神父よりも重傷でなければ、この時点で静雄の勝ちだったはずだ。
 神父は両腕を振り上げていた。両の掌が固く組み合わされ、鉄槌のように落下する。
攻撃されながらの反撃だった。避けられるだけの余裕が静雄にはない。
 聖光効果が残像の尾を引き、神聖和音に続いて、鈍く重い音が鳴る。

65 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:11:15 ID:Z8LiZ8TM
 静雄の頭上で交差された両腕に阻まれ、神父の一撃は止まっていた。
「あぁぁああぁぁぁあぁぁあああぁあぁぁあ――――ッ!」
 静雄の咆哮が大気を鳴動させる。靴が地面にめり込むほどの大打撃を、池袋最強の
体が堪えきった。けれど両腕からは痺れが消えない。拳の打撃力が半減した。
 静雄は全身の筋力を使い、神父の両手を跳ね上げる。酷使された四肢が悲鳴をあげる
ように震え、再び片膝をつく。揺れる腕には、まだ力が戻らない。
(こんな程度か? これくらいのことで死ぬような奴なのか俺は? ああ!?)
 神父が蹴りを連発する。草原の上を転がって、静雄は靴の裏をかわし続ける。
(違うだろ!? まだまだ俺には、やり残したことがあるだろうがよぉー!)
 異様に凹んだ足跡が、歪な点線を大地に穿っていく。どの蹴りも致命的な破壊力だ。
足音に重なって、聖なる光と音が発生している。
 痺れた両腕を無理矢理に動かして、腹筋に開いた穴から血を滲ませながら、静雄は
全力で立ちあがった。
 神父の拳が、聖光効果と神聖和音を撒き散らしながら静雄を狙う。
 静雄が背後に跳躍し、着地した直後に右後ろへ、さらに左後ろへと退いていく。
(ちッ! こんな痺れた腕じゃ殴っても効きゃしねえし、蹴りは隙がデカすぎる!)
 跳躍。空振り。跳躍。空振り。跳躍。空振り。
 光と音によって周囲が浄化され、戦場は清らかな空気に包まれた。無駄に爽やかだ。
(ああくそ、何かねえのか!? この状況をどうにかできる何かは!?)
 そのとき静雄の視界の隅に、求めていた物が見えた。
 何の変哲もない岩だ。高さは成人男性の腰くらいだろうか。かなり硬そうに見えた。
 静雄が岩を見て口の端で笑い、怪我人だとは思えない勢いで移動し、高く跳んだ。
「!」
 岩を踏み台にした跳び蹴りが、神父の顔面に命中する。
 動きの止まった神父の胴を、着地した静雄が抱え込んだ。
「うおりゃぁぁぁぁぁッ!」
 静雄は神父を、岩に向かって自分ごと押し倒す。
「「…………!」」
 神父の額と、静雄の脳天が、硬そうな岩に激突した。

66 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:11:57 ID:Z8LiZ8TM
 空は青く、雲は白く、倒れた二人は動かない。そんな時間が過ぎていった。
 やがて、かすかに神父が揺れる。無造作に神父を押しのけて、静雄が嘆息した。
いくら静雄とはいえ非常に疲れたのか、這いずるように身を起こし、岩にもたれて
空と雲を眺める。脳天から血が流れていて、後頭部を赤く染めていた。
 ふと思い出したように、静雄は足元の巨躯を一瞥し、面倒くさそうにつぶやく。
「……このおっさん、どうするかな」
 神父は生きていた。気絶しているだけで、怪我が全体的に増えた以外は変化もない。
 今ここで殺しておいた方が世のため人のためになりそうな雰囲気ではある。
(でも、ひょっとして殺しても死なないんじゃねえか……?)
 確かに、尋常な生物ではないような気配がしないでもない存在だった。
(だとしたら試すだけ時間の無駄だな。また襲ってきたなら、また殴り倒しゃいいか)
 友人にデュラハンがいたりすると、未知の生命体くらいでは驚かなくなるらしい。
 静雄は大きく深呼吸し、怪我の痛みに顔をしかめながら立った。
「セルティを探しに行かねえとな」
 そう言って道の方へ歩きだそうとして、静雄は意識を失った。

 そして、神父が目覚めたときにはもう、平和島静雄は息絶えていた。
(神よ……私は、彼を救うことができませんでした……)
 膝をつき、両手を組んで神父は懺悔した。聖罰によって古傷から血が噴き出す。
(もう二度と、誰かを救えぬまま死なせたりはしない)
 静雄の亡骸を前にして、神父は無力な己に怒り、救えなかった魂を哀れんで泣いた。
「万人に神の救いを」
 誓いの言葉は、以前よりも重く大きく響いた。


【037 平和島静雄 死亡】
【残り ??人】

67 守る力と救う力 :2005/10/25(火) 12:18:13 ID:Z8LiZ8TM
【G-5/北西部の草原/1日目・13:00頃】

【ハックルボーン神父】
[状態]:全身に打撲・擦過傷多数、額から出血
[装備]:なし
[道具]:デイパック(支給品一式)
[思考]:万人に神の救い(誰かに殺される前に自分の手で昇天させる)を

※神父はこの後「421:神将と神父の閃舞」を経て「422:死色の抱擁」で死亡します。
※城門付近の城壁に宝具『神鉄如意』が突き刺さっていますが、神父は回収しなかった
 と思われます。上記の2話では、神父が宝具『神鉄如意』を持たずに戦っています。
※静雄の死体と荷物(支給品一式と山百合会のロザリオ)は放置されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、静雄が神父と戦って死ぬ話でした。静雄が神父に殺される話ではないつもりです。
『「俺の神父TUEEEEEEEE!」な話にならないよう書いた上で静雄を死なせること』が
目的だったと言って、信じてもらえるかどうか……それだけが気になります。

68 名も無き黒幕さん :2005/10/25(火) 17:04:51 ID:.P5ml7Hc
>>59-67
お疲れ様。上手いと思いますよ、GJ!
「ブラッドジャケット」も「デュラララ!」もよく読み込んでるのが伝わってきますし、
キャラらしさを活かした描写もできてて面白い。

真に惜しむらくは、書き上がりが遅かったことだけですね。残念。

69 名も無き黒幕さん :2005/10/25(火) 18:34:35 ID:RB9CPqq.
>67
>以上、静雄が神父と戦って死ぬ話でした。静雄が神父に殺される話ではないつもりです。
>『「俺の神父TUEEEEEEEE!」な話にならないよう書いた上で静雄を死なせること』が
>目的だったと言って、信じてもらえるかどうか……それだけが気になります。

そういうこと言うと、『所詮展開ありきじゃん』とか言われますよ。黙ってるが吉。
俺も経験者なんで。

70 タイトル無し :2005/10/27(木) 00:26:08 ID:ZVgXzSyo
「えー、これから書き手の皆さんにはメフィストを殺しあってもらいまーす」

それを聞かされたメフィストの刻印から、七色の光線が飛び出した!
メフィストの体が、溶けてゆく、溶けてゆく…………

71 名も無き黒幕さん :2005/10/27(木) 16:25:34 ID:J1I4idLA
>>70
どこで笑えばいいのかさっぱりわからんのだが。

72 名も無き黒幕さん :2005/10/28(金) 13:22:57 ID:ebISFUiE
教会やらかなめやらの没ネタ。
ライトすぎるかなーと思って考えてる間にあの投下が来た。

1:メフィスト達、宗介をふんじばって教会へと向かう
2:美姫に出会い、捕虜交換に来たのだとのたまうダナティア。
  敵対者であり仲間であるテッサの死の一員となった宗介より、
  千鳥かなめの方を選ぶのは当然だろうという建前。
  美姫は最初は交換する理由は無いというが、宗介の首とならどうかと返す。
  宗介もそれが認められるならそれで頼むと言う。
  首五つの約束は最早不可能、俺の首一つでかなめを手放してくれと。
  美姫笑い、宗介を前に出すように言い、かなめも前に出す。吸血衝動を強めて。
3:美姫はこの時点で如何なる結果に終わろうと手放すつもり。
  メフィスト達はいざとなったらメフィストが美姫を、終がアシュラムを牽制し、
  ダナティアが止めるという算段をする。
  かなめが自害しようとする事でそれが実現しなくても美姫が満足するのを狙う。
4:かなめ、吸血衝動に苦しむ。宗介、血を与えようとする。
  かなめ、それを止めようと苦心する。
  美姫、おまえの生はもはやその衝動から逃れられないという。
  死ねば、という思考に流れそうになるも……
5:かなめ、自分の腕に牙を突き立てる。
  どっちかなんてふざけないでと言い放つ。
  美姫は笑い、ならばこの島でその生き方を証明してみせよと言う。

…………という、ネタ段階だったネタを埋葬。

73 名も無き黒幕さん :2005/10/30(日) 03:10:48 ID:JJoUko3U
72の人と同じように没にした話の供養。
同じようにとは言うが、プロット見た限りでは72のほうが面白そう。「ライトすぎる」というほどのことはなかったと思うのですが

アシュラム対ギギナ(第二稿 仮題「竜殺したちの剣舞」)
1.城を後にしたギギナ、戦う相手を求めて港町方面へ向かう。
  罠を回避しつつとおりがかかった教会でアシュラム発見。
  アシュラム「……魂砕きか……」
  ギギナ「おまえの剣か? これは」
  アシュラム「かつて、それを振るっていたこともあったが……それだけのことだ」
2.アシュラムに対し、自分と戦うことを要求するギギナ。
  「オレの役目は主を守ること。貴様との戦いに興味など無い」
  「なら、無理にでも理由を作ってやる。貴様を倒した後、“主”とやらにこの刃を向けると言えばどうだ?」
  ヒルルカと荷物をその場に置き、魂砕きを大地に突き刺して突進するギギナ。
3.第一ラウンド開始。
  ほぼ互角の戦いを演じるアシュラムとギギナ。
  しかし、身体能力のおよび武器の練度の差(青龍刀ではね……)でアシュラムが徐々に追い詰められていく。
  横薙ぎの一撃をかわし、間合いを詰めてとどめをさそうとするギギナ。
  その一撃が届く前に石突で相手を突いて距離を再びとろうとするアシュラム。
  なにを思ったか、ギギナは後方に跳躍し魂砕きをアシュラムに向かって投げつける。
  そのあまりにも(人間として)非常識な攻撃をぎりぎり避け損ね、左腕にかすり傷を負うアシュラム。
  魂砕きの効果が洗脳の解除につながり、一瞬隙のできるアシュラム。
  しかし、ギギナは攻撃をしてこない。それをいぶかるアシュラム。
  「……何のつもりだ」
  「このままではつまらないからな。その剣を取れ」
  「……いいだろう」
  アシュラムの戦意再燃。
4.第二ラウンド開始。
  当然、身体能力の差は埋まりようが無いし、屠竜刀を手にしたギギナにはがある。
  一方のアシュラムも影纏い+魂砕きの最強装備。独力ではないが最強の幻獣にして魔獣たる老竜や古竜を葬ってきた。
  互いに振るう一撃一撃が必殺の威力を持っている。それをかわしつつ戦闘は続いていく。
  フェイントの後、再び横薙ぎの一撃をかけるアシュラム。
  第一ラウンドと同様にそれをぎりぎりで回避し、止めを刺すつもりのギギナ。
  しかし、アシュラムの攻撃の鋭さは前回以上。完全な回避は無理とはいえ、致命傷にはならないとばかりにそれを体で受け止める。
  たしかに、肉を裂いた一撃は内臓には達しないかったが、ギギナの精神に衝撃を与えて気力を消耗させる。
  振り下ろす太刀筋がわずかに鈍る。
  生じた隙に魂砕きを振りぬいたまま右肩からタックルするアシュラム。まともにそれを受けて倒れるギギナ。
  漆黒の大剣が風を切り裂いてギギナの首に迫り……そこで止まる。

74 名も無き黒幕さん :2005/10/30(日) 03:11:53 ID:JJoUko3U
5.「何をしている。止めを刺せ」
  「この剣は魂砕きとよばれている」
  「それがどうした。嬲る気か、貴様」
  噛み付くギギナ。苦笑するアシュラム。
  「そんなつもりはないのだがな……刃を受けてその由来は分かっただろう」
  「何が言いたい」
  「礼だよ。この剣の効果を知った上でもう一度戦う機会をやろう。これで五分のはずだ。ただし……」
  時間をおいて、と言おうとしたアシュラムの目の前でギギナの傷が回復していく。
  「私の準備は万全だ」
  「失われた気力まで回復できたとは思えんな。それに、オレにも都合がある」
  どうしても先に決着をつけたい相手がいることを説明するアシュラム。
  ギギナはごねるが、誇りをかけて誓わせることで一応納得しヒルルカを連れてその場を去る。
6.六時。地下への階段を下りていくアシュラムがいた。
  その手には魔神王の剣にして、その不滅の魂すらをも破壊した漆黒の魔剣が握られている。
  『誇りか……今のオレにはそのかけらも残ってはいないが、約束は果たそう。それまで生きていられたならな』
  『だが、その前にあの女と決着をつける。そうしなければオレはどこにも行くことができない』
  『……これもまた、あの女への“礼”かもな』
  もし、美姫と、そしてあの銀髪の剣士と戦い、それでなお生き残れたとして自分はどこへ行くのか。
  答えは無い。しかし、生きている限りは敗者ではない。
  身に纏う影よりも、手にした刃よりも、その髪よりもなお暗い闇の中へとアシュラムは進んでいく。

  了

この後、美姫戦。それで生き残れば同じ場所でギギナ戦。それまでにピロテースとの“再会”があってもいい。

ここの多くの人は反対意見をお持ちのようですが、「王達の聖戦」を再読した限りでは
僕は、アシュラムの腑抜け状態はパーンとの戦いや女性陣の説得でしか解消できないとは思っていません。
その性質も「過去と向き合うのが怖い」という類のものではなく目的を見失っているだけと解釈しました。
そんなわけで、試験投下してみて反応を見ようともくろんでいたのですが、何故か図書館でされ竜が人気で予約してもなかなかまわってこない。
もたついている間にギギナがネトレーを拾ってしまうわ、オーフェンと一緒に行動しそうになるわ。
とどめに最近投下された話で
1.「六時」のタイムリミットを過ぎてしまった。
2.アシュラムに対する解釈が違いすぎて後に続けようとしても不自然になる。
3.ギギナとオーフェンが分かれた直後でないとギギナがここにくるのが不自然すぎる。
4.魔界都市もフルメタも未読なのでその後に責任が持てなさ過ぎる。
というわけで完全に没。さらば幻の四作目、三作目とともに眠るがいい。
ああ、嘆くべきはエントリー作品に対する自分の未読率の高さと時間の無さと遅筆さ加減よ。剛力招来風雲児でも何でもいいやい。

取り乱したようで、失礼。
もっとも、この自分の文章力ではどっちにしろ試験投下どまりだったんでしょうけれど

75 名も無き黒幕さん :2005/10/30(日) 03:29:14 ID:JJoUko3U
没ネタに修正を出すのもむなしいけれど
>74の「ギギナにはがある」の「は」と「が」の間に入るのは咒式。
書けない理由のもう一つに「咒式を使用した戦闘を書けるか不安」というのもありました。

76 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:38:23 ID:qP3EC.QQ
 俺はオーフェン。隣に飛んでるのはスィリー。
 なんだかよく分からんが、開始して面倒な奴や面倒な奴や面倒な奴をやり過ごして、いまこの倉庫っぽい建物の前に居る。
 まぁ長く生きてれば死にそうな目にあったりすることも有るだろう。それが人生だ。
 そんな事より今はクリーオウを探しているんだ。
 さっきギギナと出会って協力を約束してもらったものの安心できるわけが無い。
 捜索を再開して近くの倉庫に来たわけだ。
 しかしねぇ。何十人も死んでるのに、クリーオウが1人だけで生き残れるとも思わんが。
 考えるに、何人かの徒党を組んでて、そこに組み込まれているのではないか。
 とは思うものの、特にその徒党の場所に心当たりが無いのでとりあえず城に来た。
「ここか……なんか所々へこんでないか?」
「うむ。人間という奴はとかく権力を形で表そうとする。それもまた人生。
権力が大きいものは奇抜で大きなものを作ろうとするわけだな。
要するに人間の人生なんて蜂の一生とあまり変わらん」
 とりあえずスィリーを近くにあった蜂の巣に投げつけた。途中で戻ってきたが。ちっ。
 中に入る。霧の湿気を十分に含んだ生ぬるい空気があたりを漂っている。雨に濡れた肌は少し寒い。
 と、いうかなんというか。
「どこのアホが室内で焚き火をしたんだ?」
「暗闇を恐怖したものを例え自分の部屋にさえ放火する。
未知への恐怖で死ぬより炎で焼かれ死ぬことを選ぶわけだ。
そんなことでその想像力のない馬鹿者の死体はどこだ?」
 知らねぇよ。
 それにしても無茶をする。まるであの。ボ、ボボ、ボル──なんだっけか?
 そう。ドーチンの兄を思い出す。そうかアイツの仕業か。あの福ダヌキめ。空気まで汚染しやがって。借金に追加しておいてやる。
 しかし真ん中で燻っている焚き火跡以外異常は無さそうだ。誰かいた証拠だが。
 とりあえず辺りが薄暗いので鬼火を出す。

77 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:39:07 ID:qP3EC.QQ
「……我は生む小さき精霊」
「む? なんだ? 精霊使いか?
まず挨拶をせねばな。いや俺がではなくその精霊が俺に」
「黙れ」
 スィリーに冷たい返事を返すと俺は無言で倉庫内を探索しだした。
 見るからに散らかってる。まるでクマが争ったようだ。主柱にヒビまで入っている。
「いないな」
「探し人がそう簡単に見つかっては存在理由に関わるだろう。
見つかってしまった探し人はもはや探し人では無くなるのだ」
「そうかよ」
 ため息をつく。この精霊はいつまで憑いてくるつもりだろうか。
──ぴぴるぴるぴる
「ん? なんか言ったかスィリー」
「かなり無口なほうのこの俺が無駄口を叩くと思うのか」
 でも今変な擬音が──
「ぴぴるぴー───っ!」
 その瞬間俺の視界は暗転した。足元がいきなり吹き飛んだのだ。
 空中を二回点半捻りで回っている間はやたら昔の事が思い出された。
 そういえば走馬灯を見るのも何度目かな…とかなんで俺はトトカンタのノリなんだろうな…とか考える時間すらあった。
 それでも構成を思い浮かべるのはトトカンタでの異常な経験のおかげだろうか。
「我は跳ぶ天の銀嶺っ!」
 綺麗に正座の姿勢で着地。すると目の前に大穴が空いていた。ぽっかりと。
 正座したまま眺めていると大穴からバット、手、わっか、顔の順で少女が這い上がってきた。
「あれぇ? お兄さんなにしてるの?」
「……人生について色々と考えたいことがあるので休ませてくれないか」

78 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:39:53 ID:qP3EC.QQ
 少女は首をかしげて頬に指をやり、いいよと答えた。
 俺はその場にぐったりとうつ伏せになり、地面についた額の冷たさを感じていた。
「このお兄さんどうしたの?」
「若者も人生を考える時期に為ったのだろう。まさしくモラトリアム」
「疲れたんだったら、ボクが目をぱっちりさせてあげるよ!」
 むくり。起き上がった。
 目の前にはバットを構えた少女。ありがとう常日頃の経験。
「なぁんとなく性質は分かったけど、あえて聞こう。君は誰だ」
「ボクは三塚井ドクロ! 天使なの!」
「嘘だが」
「嘘同盟か」
 スィリーが付けたし俺が補足する。
「違ぁうもん! ボクちゃんした天使だもん! そういうお兄さんは何なの!」
「俺はオーフェン。魔術士だ」
「嘘?」
「嘘同盟だな」
 ドクロが付けたしスィリーが補足する。なんかむかつく。
「じゃあお兄さん手品やって見せて。ボクは天使の力で同じ事するから」
「手品──ってまぁいいけどよ。我は放つ光の白刃」
 熱衝撃波が近くのガラクタを打ち砕く。
 ドクロも違うガラクタの近くに立ちバットを構える。

79 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:40:57 ID:qP3EC.QQ

 ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪

 轟音を出してガラクタを近くの柱ごと無数の破片に分解。埃が立ち上りドクロは親指を立てて笑顔を見せる。
「ほらほら、ボクだって天使なんだから──」
「我は癒す斜陽の傷痕」
 俺の壊したガラクタが組み合わさって元の形を作る。
 ドクロはむっとした顔になり、再びバットを構えた。

 ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪

 おが屑のレベルまで分解された木片が一箇所に集まり、形を作っていく。
 構成は特に見えなかった。じゃあ魔術じゃないってことだが。
「──なんだこりゃ」
 出来上がったのはそこら辺に居そうな少年が、胸に大穴を空けて天を仰いでいる木像だった。
 ちなみに元のガラクタはハンガーと掃除機を合体変形させたような、どこかで見たことのあるものだったが。
「あれ?」
「出来てないが」
「何だこれは。超進化か? 超進化なのか?」
「そうだった! ボク、エスカリボルグが無いと上手くいかないの。お兄さん、ボクのバット知らない?」
 エスカリボルグ? しずくが持ってたバットの名前だったか?
 ……場所を教えていいものか。迂闊に信用するってのもな。
 いや、あのバットだけ俺が預かっとけば特に危険じゃない──か? 宮野はやたら尊大そうだったが、結構場慣れしていた。
 意味不明な所はあるが、敵対しているわけでも無い。というか俺に憑いてこられても困る。

80 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:41:50 ID:qP3EC.QQ
「なんでバットを探すんだ?」
「そこにバットがあるからだよ!」
 意思疎通失敗。しかし慣れている。
 ため息を一つ吐き話しかける。
「……そのバットを俺にくれればエスカリ何某とやらの場所を教えてやらんことも無い」
「          ぃぃょ」
「なんだその間はっ!」
 渋々といった体で釘バットを渡してくる。
 ずしっとしたかなり重いバットだ。こんなもん片手で振り回してたのかよ。
 とりあえず武器は押収。デイパックも持ってないようだし、服にも小型武器を隠せるスペースは無さそうだ。
 これで大丈夫だろと思い、宮野たちの場所としずくが持ってることを教えてやる。
「じゃあ代わりにこれ持って行っていい? なんて名前なの?」
 ドクロがスィリーを掴んで俺に問いかけた。天使だ。
「名前という概念が曖昧になってきつつあるとか感じた秋の午後。
スィリーなどと呼ばれたりもするが好きに呼ぶがよい」
「じゃあ脳漿丸!」
「スィリーって名前気に入ってんだ。いや本当に。というか精霊権が無視されているような。強制連行か?」
 ダッシュで倉庫から出て行った。あーりーがーとー、とドップラー効果で遠ざかりながら。
 ……まぁなんとなくキースみたいな雰囲気の奴だったから心配要らないだろう。何とでも為るタイプだ。
 スィリーが居なくなっただけマシだと思おう。あと武器も手に入ったし。
「思ったより重いけど、バランスがいいな」
 もらった棘バットは振りやすく、十分武器になりそうだった。コミクロンが変なもの作ってたら粉砕してやろう。
 とりあえずスイング。もう一度。ばごっ。

81 後継者に愚神を天の御遣いに語り部を :2005/11/18(金) 23:42:32 ID:qP3EC.QQ
「──?」
 ドクロが砕いた柱とは別の、あらかじめヒビが入っていた主柱にジャストミート。
 少しの抵抗のあとバットは柱を抉りぬいた。細い支柱が崩れる。建物が軋む音が聞こえた。
「嘘だろ?」
 そして俺に天井が降ってきた。

「我は─────!」

 なんでこんな目に遭うのだろうか。
 砕けたガレキの中心に立ち尽くして人生を振り返る。天井はなんとか吹き飛ばしたが。
 倉庫は完全に倒壊。自分の立っている場所と、目の前のドクロが出てきたトンネルだけが残っている。
 ため息と共に立ち去ろうとすると放送が聞こえた。今度こそ聞き逃さないようにせねば。
「──以上だ」
 今の俺の表情を誰かが見たら、どう思っただろうか。

【E-4/倉庫/1日目・18:00】

※倉庫が崩壊しました。
  ドクロちゃんの掘ったトンネルが地下のどこかから倉庫まで続いています

82 メロンパン ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:43:54 ID:RVQymlpQ
霧が流れる。
何も見えない濃密な白。
だが、純白ではない白。
夕焼けの前の僅かなこの時間、うっすらと赤い光が混ざり、世界は薄紅に染められる。
夜の時間はまだ訪れていない。
放送の時間はまだ来ていない。
その僅かな間隙は、参加者達に憎み争う機会を与えていた。

薄紅の霧を白い光と唸る音が引き裂く。
薄紅の霧の中を一台のモトラドが走り抜けた。
赤い炎をまき散らして火の鳥がそれを追う。
火の鳥はその紅の瞳でモトラドを睨み、鳴き声をあげた。
「死ね! 死ね! 死ね!」
怨嗟の声と共に炎の礫が迸り、火の鳥のクチバシがモトラドを襲う。
モトラドは左右に蛇行して続けざまに飛び交う礫をかわすと、
その間に追いついた火の鳥のクチバシを巨大な鋏で受け止めた。
クチバシは優美な刀だった。
火の鳥は長い赤髪と赤い目と炎の翼を持つ少女の姿をしていた。
炎髪灼眼の討ち手は憎しみと悲しみと怨みと絶望を篭めて叫ぶ。
「悠二を殺したおまえを! 生かしてなんかおくものか!!」
その叫びだけが少女を支えていた。
零崎人識はシャナの剣戟を凌ぎながら叫びを返す。
「だから謝ったんじゃねえか。ごめんなさいってよ!」
「ゆるせるわけがない!」
火の鳥と化した少女は全速でモトラドを追走し剣戟を繰り返す。
モトラドの運転手・零崎人識はモトラドを走らせながら振り返りその猛撃を受け流す。
圧倒的腕力は体勢の悪さに意味を失い、高い技量は感情の乱れに曇りその真価を見失う。
一方の零崎はその技量で不安定な体勢を補い、守りと逃げに専念していた。

83 メロンパン(2/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:45:16 ID:RVQymlpQ
背後からの剣戟を零崎の鋏が受け止め、その力をモトラドに流し距離を離そうとする。
させじと道のすぐ右の林に逸れ、林立する木を蹴って推力に継ぎ足し加速する。
林が切れる最後の一蹴りで一気に加速。翼で空気を打ち更に加速、右に並ぶ!
右から襲うシャナの剣戟がモトラドを押し止め間合いを取り返した。
更にその勢いのまま上方に周りこみ剣戟を落とし込む。零崎が受け止める。
そのまま押し込む。
炎の翼から来る上方からの推力によりギリギリと刃が迫る。
零崎は薄笑いを浮かべて言い放つ。
「ハッ、そんなに殺したいってか!」
『ふと思ったんだけどさ……お前ってもしかして人を殺したいだけじゃねぇのか?』
「ッ!!」
その“二言”が内にある不安を呼び覚ましシャナの剣戟を鈍らせる。
次の瞬間『右折する道を直進した』モトラドが跳ね、反動でシャナは弾かれた。
零崎は即座にハンドルを握り直しモトラドの安定性を回復。
更にアクセルをフルスロットル。道を外れたのを気にせずシャナを引き離す!
「くそ、待て!」
シャナは慌てて炎の翼をはためかせ追撃に移る。
本来の力に程遠い炎翼の最大速度はモトラドにやや劣る。
だが地形の影響を殆ど受けないのは大きな優位だ。
霧で殆ど先が見えないとはいえ、相手はモトラドの快音を響かせている。
回り込むのは容易――
「一つ忠告しといてやるぜ、赤髪!」
――そう考え速度を上げようとした瞬間、零崎の声が響いた。
「禁止エリアにご用心、だ!」
「え? …………しまった!?」
その時ようやくシャナは自分達が走る場所に気づいた。
道の右脇の林が切れ、緩やかに右折する道から外れ直進した。
ここはF−6エリアの北端、13時に発動したE−6禁止エリアのすぐ脇だ。
50m足らず北に進めばそれだけで、刻印は参加者の命を等しく奪う。
「くれぐれも自殺したりすんなよ。佐山の奴、それでも怒りそうだからよ!」
「うるさいうるさいうるさい!!」
「ハハッ、殺人鬼が復讐者を心配するなんてまったく……傑作だぜ」

84 メロンパン(3/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:45:56 ID:RVQymlpQ
零崎はエルメスを更に加速させる。
真っ暗闇の中でライトも付けずに切り立った絶壁の端を走る如き暴挙。
だが、禁止エリアは正確に東西に走っている。
F−8から真西へ真っ直ぐに走り続け、林が切れてからの速度は丁度時速90kmに保った。
林が切れてから秒速にして25mで真西へ25秒、F−5の東北端に到着。
そこでハンドルを右に切り90度の直角右折。
禁止エリアを肌に感じる錯覚を覚えながらE−5の東端を北へと走り抜ける。
命が惜しくないかの様に高速で、目印も無く最短経路を走破した。
「ふう、死屍一杯だったね」
「はは、それじゃ死んでるじゃねえか。危機一髪だろ」
「そうそう、危機一髪」
エルメスとの掛け合いを響かせて、零崎は霧の中を走り去った。
この暴挙によりシャナが零崎に追いつく手段は今度こそ完全に失われた。
霧の中モトラドの音はする。大雑把な方向も判る。
だが、その間には確実に禁止エリアが挟まっている。
飛び回りながら戦ったシャナは完全に方角を見失っていた。
追えば追いつく事さえできずに死ぬ。
かといって遠回れば絶対に追いつけない。
「ハァ…………ハァ…………」
そしてシャナにとっても、もう零崎を追う余力は残っていない。
使いすぎた存在の力は疲労を生んだ。
何か『力の素となるもの』を摂取すればすぐに回復するだろうが、
そうでなければ休息を取るしか手が無い。
そしれそれ以上の要因。
腹部の散弾銃の欠片が大きく暴れ回り内蔵を傷つけた。
もっともその傷は前の時より更に早く塞がっていく。
だがそれに伴い、疲労と再生はシャナにある要求を突きつける。

    血を啜れ

「うるさい」

85 メロンパン(4/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:47:19 ID:RVQymlpQ
治りゆく傷はシャナを蝕む。
「うるさい」
進みゆく呪いはシャナに囁く。
「うるさい」
血を吸え。
血を啜れ。
血を飲め。
血を求めよ。
「うるさいうるさいうるさい!」
おまえにはもうそれしかないのだからと。
「ハァ……ハァ……おい、シャナ……」
「うるさい!!」
「シャナ!」

ハッと振り返ると、そこには僅かに息を切らせるベルガーが立っていた。
「ベルガー……」
「ったく先走りやがって。危うく見失う所だったじゃねえか」
「………………」
沈黙するシャナ。
「……エルメスは取られ、逃げられたか。踏んだり蹴ったりだな」
「ごめん」
「謝る事じゃない。それより」
ベルガーは袂に抱えたマントの包みを示した。
「……早く埋葬してやろう」
「――――っ」
シャナは唇を噛み、頷いた。
噛んだ唇はすぐに離した。
血の味を感じたら、それだけで心が折れてしまいそうだから。

86 メロンパン(5/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:48:13 ID:RVQymlpQ
「ああ。シャナの捜し人だった坂井悠二は……死んだ」
ベルガーが携帯電話に向けて会話する。
その会話の一部にシャナはビクリと体を震わせた。
ベルガーはシャナを見下ろし、その様子を観察しながら言葉を紡ぐ。
「そっちには埋葬を済ませてから向かうよ。放送の後になるな」
シャナは俯き歯を噛み締めている。何かに耐えるように。
(裏を返せば、まだ抗う意志は有るって事だ)
それが保てる時間はずっと短くなったかもしれないが、まだ零にはなっていない。
それを確認して、ベルガーは通話を続ける。
「それから、悠二を殺したのは零崎という奴だ」
電話の向こうから問い掛けが返り、ベルガーはそれに答える。
「いや、自己申告だ。おどけた調子だったが謝りに出てきた。
 佐山御言という男の脱出&黒幕打倒同盟に入ったらしい」
電話の向こうに返事を返しながらもその視線はシャナに向いたまま。
「佐山は本気だろうな。奴と一緒に居る宮下藤花という娘も危険は無さそうだった。
 零崎がどうかは判らないな。
零崎はエルメスを奪って逃走……方角からしてそっちで見かけるかもしれない。
シャナにとっては吸血鬼より憎い相手だ。見かけたら気を付けてくれ。
零崎の特徴は――」
零崎の姿が脳裏に浮かび、シャナは歯を噛み締める。強く。強く。
「佐山は全ての参加者を纏め上げようとしている。
 殺人者とそいつに復讐しようとする奴でも纏めようって太っ腹さだ。
……奴にそれが出来るかは判らないね。
 俺達は埋葬の後でそっちに帰る。何かあったらまた電話するよ、じゃあな」
シャナが今にも口の何処かを噛んで――出血して血を飲んでしまいそうに見えたから、
ベルガーは早々に話を切り上げると電話を切った。
「行くぞ、シャナ」
「……うん」
シャナは死体の包まれた包みをしっかりと抱き締める。
悠二の死体を埋葬するにしても、この平原では都合が悪い。
だからせめて人気のない森。南西の森の入り口に埋める事にした。

87 メロンパン(6/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:49:05 ID:RVQymlpQ
「ここで良いだろう。……たまたま、他にも墓が有るみたいだしな」
そこには既に一つ、死体が埋葬されていた。
その静かさ、地面の開け方や光景が、人を葬るのに適して見えるのかもしれない。
薄紅から闇に染まりゆく霧さえも、そこでは全てを包む優しさに満ちて見えた。
「……降ろすぞ」
「うん」
二人でそっと、病人を扱うように丁寧に、坂井悠二を包んだマントを地面に降ろす。
「…………あっ」
その時、二人の身長差と緊張がちょっとした失敗を生みだした。
少し傾いた包みから、何かがころりと転げ落ちたのだ。
一瞬『悠二だった一部』が転げ落ちたのかと緊張し、すぐにそれが勘違いだと気づく。
それは奇跡的に血に濡れてすらいなかった。
包みから転げ落ちた小さな包みを拾い上げ、ベルガーは首を傾げる。
「悠二の荷物だな。これは……」
シャナは驚愕に目を見開く。
別に有って絶対におかしい物というわけではない、それは……
「メロンパン、か?」
「…………私の、好物」
「……そうか」
ベルガーは包みを確認すると、シャナにメロンパンを差し出した。
重いほどに想いが詰まったそれを、そっとシャナに委ねる。
「食べるか?」
シャナは、震える手を伸ばして。
坂井悠二からの最後の贈り物を受け取った。

(……今の内に、遺品を整理しておくか)
シャナがメロンパンを食べている今の内に、それを済ましてしまいたい。
「他の遺品も、整理しておくぞ」
シャナに向けて一言だけ断ると、悠二の入った包みから悠二のデイパックを取りだした。
血に濡れ、悠二の体もろとも大きく引き裂かれたデイパック。
細切れにされたわけではないのだから、中には無事な物も入っている。
だがそれでも、メロンパンの包みが無事だったのは運が良いと言うべきなのだろう。

88 メロンパン(7/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:49:46 ID:RVQymlpQ
(本当にこれは『幸運』な『偶然』なのかね)
佐山の言葉はあの時は少々極論に思えたが、今の状況が本当に偶然なのか、
そして本当に僅かでも幸いが混じっているのかは疑問に感じざるをえない。
疑問に感じた所で、自力で答えを出す材料も答えてくれる者も居はしないのだが。
ベルガーは静かに、そして速やかに遺品の整理を続ける。
デイパックには他にも幾つかのメロンパン――しかしこれは袋が破れ、血に濡れていた。
それにそれなりの量の支給品とは違う保存食と、眠気覚ましのガム。
ペットボトルはお茶の物に替わっていた。
どうやら坂井悠二は大量に食料を調達できる場所を通ったらしい。
島の中央西よりの市街地のどこかだろうと目星をつける。
保存食は血に濡れてない物もあった。
(死人さんの食べ物まで頂くのは気が引けるんだが……)
食料を調達できなくなる事も十分に考えられる。
血に濡れた物など大半を引き裂けたデイパックに戻し、幾らかは頂く事にする。
(それから……なんだ、これは?)
小さなスーパーのビニール袋の中に畳んで束ねてあった紙束を取り出す。
紙束は一枚と3つの紙束に分けられていた。

一枚は地図。しかし、それには薄ぼんやりと別の事が記載されている。
(……地下水脈の地図か)
酷く劣化してまともに見えないが、どうやらこの島の地下には空洞が広がっているらしい。
もしかすると地下通路や、それ以外の人工施設も有るのかもしれない。

紙束の一つ目は『物語』についての数枚の記述。
坂井悠二の信じる通りならば、刻印の無力化に繋がる……『かもしれない』。
(……さて、役に立つのかね)
僅かに“何かに憑かれたような”狂熱さえ感じさせる説明は、しかし最後に警告を付けていた。
『次の紙に物語の本体を記載します。危険性は上に書いた通りです。』
(まあ、持ち帰った後で相談するか)
ベルガーは『物語』の本体は読まずに次の束に進んだ。

二束目。

89 メロンパン(8/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:51:05 ID:RVQymlpQ
この束は最も枚数が多い。
その内容は、世界への考察と、脱出への足掻き。
坂井悠二が書き残した、ゲームとの戦いの記録だった。
このゲームが始まってから自分がどんな道筋を辿り、どんな人間と出会ったのかという事。
城に現れたディードリッヒの事。自らの中にある零時迷子の事。
魔界医師メフィストと出会い、他の参加者より一つ多く施されていたという制限が外された事。
血だまりの中から拾い上げた水晶の剣の事。
(水晶の剣?)
死体の周辺にそんな物は見かけなかった。
佐山の武器は槍で、零崎は奇怪な鋏だ。
宮下藤花という少女は非武装で……武器を持っている様子は無かった。
(どこかに隠していたのか? それとも……坂井悠二があそこに着く前に手放したのか?)
少し疑問が湧いてその後を適当に流し読みしたが、関連する記述は見当たらなかった。
二束目をよく読み込もうとした時……三束目の見出しが目に飛び込んだ。
『※:この島の外について。』
(な……に……?)
二束目に比べれば少ない枚数の三束目の見出しにはそんな文字が踊っていた。
『二束目で書いた通り、僕はどうやら他と比べても過剰らしい制限が掛けられていた。
 更に後で気づいた事だけれど、その制限により僕はもう一つ封印されていた。
 いつの間にか体内に入っていた誰かの血が見せる物だ。
 今思えば、廃屋で手に入れたペットボトルの水に僅かに同じ物を感じていた。
 参加者の誰か……多分、そこに一緒に置いてあった『物語』の製作者の物だ。
 学校で出会った空目恭一の話から推測するなら“魔女”十叶詠子の物だと思う。』
記述は続く。
『その二つを封じていた制限が、ドクター・メフィストにより外された時の事。
 過剰な封印の反動からか、一瞬だけ凄く色んな物が見えた。』
ゲームの深層にある真相を抉りだす禁断の記述。
『だけど、ドクター・メフィストにも話せなかった。これを書く前も迷った。
 この事が“多くの参加者を絶望させて破局を加速させる”ように思えたから。
 それでもこのゲームの参加者達の中に希望が有る事を信じ、
 そして希望を知っている人に届く事を祈って、僕はその全てを記載する。』
ベルガーは最後のページをめくろうとし……ふと、背後のシャナを振り返った。

90 メロンパン(9/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:51:49 ID:RVQymlpQ

      * * *

「………………」
シャナは受け取ったメロンパンの包みをじっと見つめ……ややあって、包装を破いた。
芳ばしい網目が入った、果汁の入っていないタイプのメロンパン。
ぴりぴりと開いた破り目からメロンパンを出すと、外側のクッキー部分を少しずつ囓る。
奇跡的に完全な気密を保った上に潰れてもいなかったメロンパンは、
シャナの大好きなカリカリという食感をしっかりと残し、
口の中に入ってすぐにメロンパン特有の甘い香りが鼻腔まで立ちこめた。
この香料臭さの無い自然な甘い香りもシャナが重視するポイントだ。
咀嚼すれば甘い味が口内いっぱいに広がって、香りと相まった適度な甘さを堪能する。
よく噛んで呑み込むと、今度は食べた所から覗いたパン生地にかぶりつく。
しっとりとしたパンが生み出すモフモフという食感が返り、
柔らかで落ち着いた甘みとパン生地の香りが口の中に広がった。
そのままメロンパンの円を直線に削るようにモフモフとした生地の部分を食べる。
その後でまた、カリカリとしたクッキーの部分を囓るのだ。
『こうすることで、バランスよく双方の感触を味わえる』
得意ぶって悠二にメロンパンの食べ方を講釈した時の事を思いだす。
(早く、食べないと)
本当はもっとゆっくり味わって食べたいけれど、こんな霧の中では、パンはすぐに湿気てしまう。
二口、三口、四口……もう、湿気出した。
どういうわけか、しょっぱさまで混じり始めている。
(潮風のせいだ)
ここだって海の近くだ。きっとそうに違いない。
湿気始めたメロンパンが不味くなってしまわない内に食べてしまおうと、
カリカリ、モフモフと、囓って、かぶりついて、メロンパンを平らげていく。
(いつもみたいに、笑顔で)
だってメロンパンを食べている時はいつも笑っていられた。
“育ち故郷”である天道宮に居る頃に養育係であるヴィルヘルミナがくれていた頃から、ずっと。

91 メロンパン(10/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:52:31 ID:RVQymlpQ
(笑って……)
“育ち故郷”である天道宮を出た時のメロンパンも、旅立つのだと笑う事が出来た。
悠二と出会う御崎市に辿り着くまでの戦いの日々でも、メロンパンを食べる時は笑う事が出来た。
御崎市について、悠二に出会ってからは……
もっともっと、心の底から満足感を溢れさせて笑っていられた。
幸せの象徴だ。
今、こうしてメロンパンを食べている間は笑ってないと嘘だ。
(だから、私は泣いてなんかいない)
そう言い聞かせる。
湿気たのは霧のせいで、しょっぱいのは潮風のせいだ。
(ぜったいに、涙なんかじゃない)
「う……うう…………」
せっかくの、悠二に貰った、悠二が残してくれた、とびっきりのメロンパンなのに、
もうカリカリでもモフモフでもなくて、味も香りも何も判らなくなっている。
だけど残すなんて出来るわけがない。
もう悠二は居なくて、だからこれが悠二がくれる、最後の――
「……う…………ひっく…………」
ビショビショにふやけてしょっぱくなってしまったメロンパンを、必至になって呑み込む。
顔の表情を出来る限り笑顔にしようと引きつらせる。
「私は……泣いてなんか……」
口に出して自分に言い聞かせようとしたその時、脳裏に声が響き始めた。
「あ……」
『059テレサ・テスタロッサ――』
「やだ…………」
知っている名前が混じり、読み上げは進む。
呆然となる頭はその内容を理解できないのに、言葉は脳裏に焼き付いていく。
『082いーちゃん――』
「や…………」
呼ばれる事が判りきってる、その名前が呼ばれた瞬間……
『095坂井悠二――』
「やだあああああああああああああああああああああああああぁっ!!」
決壊した。

92 メロンパン(11/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:53:13 ID:RVQymlpQ

ベルガーは、途中でメロンパンを食べながら泣き出すシャナに気づいていた。
(この涙を止める事なんてできやしない)
だから今は泣かせてやるしかないと、そう思って見守り続けた。
……この島は残酷だった。
始まった放送は、ベルガーからも余裕を奪い去った。

『006空目恭一――』
(悠二が学校で出会ったという奴か)
死者の連名は順々に続き
『059テレサ・テスタロッサ――』
「な……っ!」
このゲームが出会ってからそれなりに長く同行した少女の名と
『095坂井悠二 096マージョリー・ドー――』
「………………」
もう判りきってる死者やそうでない死者の名を連ね
『116サラ・バーリン ……以上――』
第一回放送を超える数の名を並べ、死者の羅列は終了する。
その後に禁止区域が流れ、放送は終わった。

(ダナティア・アリール・アンクルージュは何をしていた)
ベルガーは声に出さずに呟く。
判ってはいる。
彼女が身を挺してでも仲間を助けようとする人間だ。
その彼女が生き残りテッサが死ぬのはそれ相応の理由が有ったのだろう。
だからそれを責める事にはなんの意味も無い。
そして、目の前には一つ重要な事柄が転がっている。
死者を悼むその前に、ベルガーはシャナを見下ろした。
シャナは俯いて地面と……悠二の死体の包みを、じっと見つめていた。

93 メロンパン(12/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:54:00 ID:RVQymlpQ
(そう。悠二は、死んだんだ)
裂かれた死体を見て。
殺人者に遭遇して。
遺品を手にして。
放送を聞いて。
完膚無きまでにそれを理解した。理解させられた。
(悠二が……死んだんだ……)
何よりも大好きだった少年はもう居ない。
そこにある残滓さえ、日を経れば全て消えてしまう。
紅世の関係者以外の全ての記憶から消え、死体や戸籍も消えていく。
後には何も残らない。
(そんなの、イヤだ)
悠二の死体が包まれたマントを見つめ、不意に心の奥から声が響く。
――血を啜れ。
(……いっそ、それでも良いのかもしれない)
もしも悠二の血を吸えば、悠二の何かを残せるだろうか。
もしも悠二の血を吸えば、その力で零崎を捜し出して殺せるだろうか。
それは彼女、フレイムヘイズが戦ってきた悪、紅世の従に等しい行為。
フレイムヘイズになるものとして生まれ、フレイムヘイズになる事を選び、
フレイムヘイズとして生きてきた彼女にとって死よりも最悪の行為。
だが同時に、一人の少女であるシャナは彼を求めていた。
強く、同時に弱いシャナの、その弱さはその行為を求めていた。
(アラストールの声は聞こえない。
 テッサは死んでしまった。
気高く、強さを感じたダナティアでもテッサを守れなかった。
ダナティアの大切な仲間だというサラも死んだ。弔詞の詠み手も、死んだ)
だけど、悠二は埋葬するべきではないだろうか。
一人で埋めるのは可哀想だ。
せめてここに居る誰かと一緒なら、……そう思った時、墓標が目に映った。
『朝比奈みくる』

94 メロンパン(13/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:54:47 ID:RVQymlpQ

それは同情すべき、しかしあまり関わりのない話だった。
「あたくしはその少女を守れなかった。
 あたくしが少し離れた間にあの子は殺されてしまったわ」
ムンク小屋に女ばかりが残った後、なにかと会話を交わしていた時の事だ。
「SOS団の朝比奈みくるという娘よ。
 ……彼女とその仲間4人は既に半数が死んでしまったけれど」
悠二の事しか頭になかったあの頃にその名前が記憶に残った理由は些細なものだ。
「どんな子だったか? ……おっとりしていて優しくて子供なのに胸が大きかったわ」
(吉田一美みたいだ)
シャナは、元の世界で悠二を巡り競っていた恋愛のライバルを思い出した。
それは単なる連想だ。
無関係で、意味のない連想に過ぎない。
「…………やだ」
なのに、悠二の遺体をここに埋めることがどうしても許せなかった。
「取っちゃ、嫌だ」

死んで同じ場所に……という思考すら出来なかった。
シャナは悠二が消えて何も残らなくなる事を知っていた。
なにより死に殉ずるという思考はフレイムヘイズの物だった。
使命のためならば死ぬ事も良いだろう。
しかし、悠二を求める心は少女の想いだ。
そこに死に殉ずるという思考は想像すら出来ない。
いや、想像できたとしても意味はなかっただろう。
今のシャナは諦める形の死しか選べない。
そんな死を選ぼうとすれば、“もっと心地よい”吸血衝動に流れてしまう。
シャナは袋小路へと追いつめられた。
遂にシャナは悠二を包んだマントに屈み込み……

「――シャナ。おまえは、坂井悠二を二度殺すのか?」
まだ、僅かに食い下がった。

95 メロンパン(14/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:55:37 ID:RVQymlpQ

「二度、殺す……?」
悠二はもう死んでいる。なのに何を……
「悠二の遺志が残っている」
「遺志……?」
ここにはアラストールもダナティア皇女も居ないが、まだダウゲ・ベルガーが居た。
「こいつは、誰かに殺された場合の事さえ考えていた」
ベルガーは“二束目”を取り出すと、シャナに投げ渡した。
「このゲームを打破するために出来る事は無いか。
 そう考えて……死ぬまでに自分が考えた事、通った道筋すら、
そのレポートには全部書き込んである」
「ぇ……!?」
このゲームが始まってから死ぬまでの間に、悠二がどんな道筋を辿り、
どんな事を考え、どんな人と出会ったかが、全て記載されたレポート。
物語と禁断の記述以外の全てが記載された二束目。
「悠二が何を考え、何を託したかはそれを読めば判るはずだ。
 ……答えを、見つけだせ!」
それは悠二から遺された何かと、ベルガーの言葉。
その二つはシャナに浸み入り、最悪の結果を……僅かに半歩だけしかずらせなかった。
それは一歩だけ足りなかった。

「…………ありがとう、ベルガー。でも……ごめん」
シャナはベルガーの思いやりに感謝すると同時に、怖れた。
今さっき、自分は完全に吸血衝動に身を委ねていた。
もう耐えられず……ベルガーの血をも求めてしまうかもしれなかった。
悠二以外の誰かに助けられるのも恐かった。
悠二を失って苦しんでいるのを悠二のせいだと言ってしまうようで嫌だった。
「悠二は置いていく。……でもベルガー。ここには埋めないで」
「……ああ、判った。別の場所に埋めておこう」
シャナは辛うじて、それを認めた。
だけど、レポート一束じゃあまりに心細かった。
だから……

96 メロンパン(15/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:56:40 ID:RVQymlpQ
「ダメだ! 待て、シャナ!」
悠二の遺体に近づこうとしたベルガーの一瞬の隙を突いて、
日が暮れた霧の中、シャナは信じがたい速度で駆けた。
狙いは一つ……坂井悠二のデイパック。
理性的判断などではなかった。
単に悠二の物を一つでも多く持っていきたかった、それだけだ。
シャナは半ば裂けたデイパックを僅かに残された中身ごと抱えると、飛んだ。
跳躍ではない、真上への飛行だ。
炎の翼を翻し、出来るだけ上空へと飛びあがる。
「くそったれ!」
ベルガーは歯噛みし、耳を澄ました。
幾ら炎の翼をはためかすとはいえ、日が暮れた霧の中ではその姿は見えない。
音だけで判断するしかないのだ。
だが森の中ではそれさえも叶わず、未だ晴れぬ霧は全てを覆い隠していた。
シャナから零崎を包み隠したように、ベルガーにシャナを追う術は何もない。
最後に破れ血に濡れたメロンパンの包みを一つ落とし、シャナは何処かへと飛び去った。

     * * *

悠二のデイパックの中に残っていたのは、血に濡れた食料だった。
袋が破れ血を吸い込んだメロンパンが4つ。
同じく袋が破れた、血に濡れた保存食が5食分。
(これ……全部、悠二の血…………)
悠二の何かを求める想いと煮え滾る吸血衝動が混ざり合いつつあった。
僅かに正気を取り戻した心は吸血を否定する。だけど……
(でも、死人の血なら……?)
かつて出会った“屍拾い”ラミーを思い出す。
死者の力だけを集め、世界に影響を与えない無害な紅世の従。
(あんな風に、誰にも迷惑をかけなければ、それでいいじゃない。
 フレイムヘイズの役目は世界の歪みを正す事で化け物を狩る事じゃない)
弱った心に、その甘えが染み込んでいった。

97 メロンパン(16/16) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:57:47 ID:RVQymlpQ
シャナは取りだしたメロンパンの包みをじっと見つめ……ややあって、包装を破いた。
芳ばしい網目が入った、果汁の入っていないタイプの……赤く濡れたメロンパン。
ぴりぴりと開いた破り目からメロンパンを出すと、外側のクッキー部分を少しずつ囓る。
包装が破れ斑模様に血を吸ったメロンパンは、カリカリという食感を僅かに残してくれた。
口の中に入ってすぐに濃密な血の匂いが鼻腔まで立ちこめた。
濃密すぎる血の香りは、それが悠二の物だと思うと……悲しく、なのに愛おしかった。
咀嚼すれば血の味混じりの甘い味が広がって、自分が何を食べているのかが判らなくなる。
よく噛んで呑み込むと、今度は食べた所から覗いたパン生地にかぶりつく。
しっとしとしたモフモフという食感に時折ニチャニチャという嫌な響きが混じる。
柔らかで落ち着いた甘みと濃厚で鉄の味のする血の香りが口の中に広がった。
そのままメロンパンの円を直線に削るようにモフモフとした生地の部分を食べる。
その後でまた、カリカリとしたクッキーの部分を囓るのだ。
『こうすることで、バランスよく双方の感触を味わえる』
得意ぶって悠二にメロンパンの食べ方を講釈した時の事を思いだす。
今ではカリカリにもモフモフにも血の嫌な、なのに気にならない食感が混ざる。
悠二はもう居ないけれど、悠二の血の味はシャナを甘く慰めてくれた。
(まるで悠二がギュッとしてくれているみたいで……)
ふと気づくと手が真っ赤に染まっていた。
口元も血だらけだった。
メロンパンに付いていた血が付いたのだ。
それだけだと判っていて、でも……悲鳴をあげた。

シャナはまだ、メロンパンを笑いながら食べてはいなかった。

     * * *

少しだけ、別の話をしよう。
坂井悠二の、最後の不幸についての話だ。
坂井悠二の最大の不幸は、シャナに巡り会う事も出来ず殺された事だろう。
だがその不幸には、死後にもう一つ追記される事となった。
それは、悠二のシャナの為に想いと優しさを篭めて遺した物が、
少女を奈落に突き落とす最後の一押しとなった事だった。

98 メロンパン(報告) ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 00:58:31 ID:RVQymlpQ
報告1:
【F-5周辺/??/1日目・18:10】
【シャナ】
[状態]:吸血鬼状態突入。憎悪・怒りなどの感情が増幅。吸血痕と理性はまだ有り。
[装備]:贄殿遮那
[道具]:デイパック(支給品一式(パン6食分・水2000ml))
    悠二の血に濡れたメロンパン4個&保存食5食分
    悠二のレポートその2(大雑把な日記形式)
[思考]:せめて人を喰らう事はしないように
[備考]:内出血は回復魔法などで止められるが、体内に散弾片が残っている。
     手術で摘出するまで激しい運動や衝撃で内臓を傷つける危険有り。
     吸血鬼の再生能力によっても自然治癒するが、その分だけ吸血鬼化が進む。
     ほぼ吸血鬼状態突入。吸血鬼化はいつ完了してもおかしくない。

【F-5/森/1日目・18:10】
【ダウゲ・ベルガー】
[状態]:平常。
[装備]:鈍ら刀、携帯電話、黒い卵(天人の緊急避難装置)
[道具]:デイパック(支給品一式(パン6食分・水2000ml・保存食5食分・眠気覚ましガム))
    PSG−1(残弾ゼロ)、マントに包んだ坂井悠二の死体
    悠二のレポートその1(異界化について)
    悠二のレポートその3(黒幕関連の情報(未読))
[思考]:マンションに連絡/悠二をどこか別の場所に埋葬し、その後マンションへ戻る。
    シャナを助けたいが……見失った。
 ・天人の緊急避難装置:所持者の身に危険が及ぶと、最も近い親類の所へと転移させる。
 ※携帯電話はリナから預かりました


報告2:

【E-5/森/1日目・18:00頃】
【零崎人識】
[状態]:全身に擦り傷 疲労
[装備]:自殺志願  エルメス
[道具]:なし
[思考]:港に戻るかそのまま佐山を捜すか
[備考]:記憶と連れ去られた時期に疑問を持っています。

99 メロンパン ◆eUaeu3dols :2006/01/19(木) 01:00:13 ID:RVQymlpQ
>>82-98
一部再利用するかもしれないけどとにかくボッシュートだうりゃー

100 名も無き黒幕さん :2006/01/19(木) 01:08:57 ID:.hR5T4JM
>99
危うく泣かされそうになった。超GJ。
シャナの選択が俺の考えてたのと同じ(悠二の血を吸う)だったから感動もひとしお。
もしこっちが……と思ってしまうなあ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板