したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ジョジョ×東方ロワイアル 第八部

1 ◆YF//rpC0lk :2017/12/27(水) 20:28:42 ID:gcTLuMsI0
【このロワについて】
このロワは『ジョジョの奇妙な冒険』及び『東方project』のキャラクターによるバトロワリレー小説企画です。
皆様の参加をお待ちしております。
なお、小説の性質上、あなたの好きなキャラクターが惨たらしい目に遭う可能性が存在します。
また、本企画は荒木飛呂彦先生並びに上海アリス幻楽団様とは一切関係ありません。

過去スレ
第一部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1368853397/
第二部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1379761536/
第三部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1389592550/
第四部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1399696166/
第五部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1409757339/
第六部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1432988807/
第七部
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12648/1472817505/

まとめサイト
ttp://www55.atwiki.jp/jojotoho_row/

したらば
ttp://jbbs.shitaraba.net/otaku/16334/

393 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:00:55 ID:DAf9RJjQ0


「石仮面をこの世に産んだのは、お前か? サンタナ」


 恐らく違うだろうと、あたりを付けながらもDIOは疑問を抱かずにはいられない。
 石仮面は、とてもではないが今の人類に作り出せるような技術から構築された代物ではない。
 オーパーツに近似する、理解を超えた高度な発明だ。医学的に人間の脳の大部分は、まだまだ解明に至れていない未知の領域だと聞く。
 完全に解明するには途方もない時間が掛かるだろうと言われるが、石仮面の発明者は脳を知り尽くした末にアレを産んだのだ。
 そして眼前のサンタナには、知性はあれどどこか幼稚な行動理論が垣間見える。
 到底、石仮面を開発したような天才には見えない。

「…………」

 サンタナの無言は、DIOの疑惑に対する否定の意。
 であるならば、はてさて。残すところはカーズかエシディシか、ディエゴの報告には『ワムウ』なる男の名もあった。
 是非とも、拝顔の栄に浴したいものだ。言うならば、今のDIOが在るのは石仮面を作りあげた天才のおかげでもあるのだから。
 謁見し、一言ばかりの感謝の意を示し、吸血鬼の更に上位種である力を存分に味見した後……その生首に石仮面でもコーディネートさせ、屋敷の便所にでも飾ってやろう。

「サンタナよ。私をお前の同胞に会わせてはくれないか?」
「会ってどうするというのだ」

 DIOの振り撒く言葉の種は、適当に躱しながら。
 馬鹿の一つ覚えみたいに、サンタナは踵から爆ぜらせながら駆ける。
 十二分に速い初速を生み出してはいたが、白蓮の速さに慣れていたDIOの前では脅威とまでは言えない。
 結果、何者をも呑み込む肉の拳は、本命に届くことはない。遠距離から鋼玉も撃ち込んではみたが、どう繰り出しても常にDIOの傍に立つスタンドが弊害となるのだ。

 ザ・ワールドの膝打ちが、サンタナの突進力へと反発するようにして、その顎の中心から捉えた。
 即座に粉砕されるべきである顎は、やはり弾力性を揃えた構造が全ての衝撃を逃がす。

「興味があるからな。かの石仮面を作り出した天才とは、果たして如何程に高慢ちきな輩なのか、とね」
「…………」

 口に出す事は憚られたが、サンタナのDIOへの認識は、主──カーズに向ける認識と一致していた。
 即ち……DIOとサンタナは『似た者同士』であるかもしれない、という感想だ。
 DIOという男は、一見紳士的に振舞ってはいるが、所々でその居丈高な本質を隠し切れていない。
 邪人カーズを気飾れば、そのままDIOが生まれるのではないかという程に両者は似通っている。
 であれば、カーズの従者であるサンタナからすれば、DIOを相手取るというのはどうにも遣りづらい。


「……少し、試してみるか」


 不穏な呟きと共に、サンタナの構えが変わった。
 変わったというよりかは、猪突猛進の具現であった今までの浅略的スタイルに、僅かな画策を持ち寄った『構え』らしい構えが加わった、というべきか。
 が、相も変わらず跳躍からの襲撃。互いにダメージが中々通らない泥仕合への予感に、DIOは半ば呆れ気味にスタンドを構える。

「試していたのは私の方だよ。少々、拍子抜けであるがね」

 化け物の攻撃を馬鹿丁寧に回避する必要は無い。
 スタンド使いにとって、非スタンド使いへの対処が如何に容易となりやすいかが、この万能な盾の働きを見れば明らかである。
 宙から注がれるサンタナの襲撃を、ザ・ワールドの全身が食い止める。そこから発生するカウンターの隙は、蓄積を重ねれば化物の膝をも着かせるダメージの起点となるだろう。

 無駄無駄。
 お決まりのセリフを響かせる、その瞬間。


 DIOの左腕が、胴体から削ぎ落とされていた。


「グ……ッ!?」


 想定外の負傷に悶える。
 サンタナが直接、DIO本体に飛び道具か何かを射出した訳ではない。
 奴は正面からザ・ワールドに飛び掛かり。
 効かぬと分かっている拳を、振り抜いた。
 その結果としてスタンドの左腕に一線を入れられ、本体の腕にもダメージフィードバックが作用したのである。

(何か……腕の中から『刃物』のような物が顔出したのが一瞬見えた。スタンドではない)

 攻撃の正体は不明だが、どうやら敵にはスタンドにも直接干渉可能な攻撃の手段があるらしい。
 単に無意味な突進を繰り返していたわけでなく、こちら側の意識に『無策』だと思い込ませる意図があったのだ。
 化け物なりに、浅知恵を使ったというわけか。

394 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:02:18 ID:DAf9RJjQ0


「いいぞ。配られたカードは全部使え。生半可な闘争心で、このDIOを半端に煽るなよ」


 激痛を意にも介さぬ調子で、DIOは妖しく笑む。
 殺戮を振り撒く二つの内の、一本が削がれたのだ。吸血鬼にとって腕の欠損など、大した損害とはならないが。
 しかし、この一秒の狭間では、あまりに致命的な戦力の半減。
 サンタナは、その隙を見逃さない。
 今の攻撃は致命傷を逸らされたが、連撃を叩き込むのに充分な隙は与えた。



「         ム…………ッ!?」



 サンタナにとって、DIOへ肉薄するまでの僅か一秒は。
 DIOにとっては、悠久に等しい時の刻みだ。

 今。
 サンタナが抜き身の刃で、世界の腕を斬り裂き。
 脇目も振らずに抜き去った、一秒未満の間に。

 ───後方へ置き去りにした筈のザ・ワールドが、眼前で右拳を握り締めていた。

 全くの無防備であった顔面に鋼の砲丸が撃ち抜かれ、意識の外から打撃を喰らったサンタナの体は、床に二度三度とバウンドしながら木製の机に叩き付けられた。
 今の“不意打ち”にしても、やはりDIOのスタンドは単なる超スピードではない。
 これは他の同胞にすら備わっていない、スタンド独自の特異性だ。
 能力バレを恐れてか。術の使用は最低限に抑えられているようだが、発動があまりに突発的。
 予知も対処も困難だ。気付けば攻撃されているようなまやかし、肉を喰らう暇すら与えてくれない。
 基本的に接近させてくれないのだ。サンタナとて多彩な形態で獲物を喰らう能力持ちではあるが、それらの芸風は直接的な肉弾戦メインである。
 肉片を飛ばして喰らうなどという小細工も、この男相手に果たして通用するのか。

 無残にも両断され、ガラガラと崩れ落ちる横長のテーブル。その下から、サンタナの巨躯がすっくと立ち上がる。
 じわじわと疲弊が溜まりつつあるのが実感出来る。このまま泥臭いファイトを続行した所で、自身の敗北する姿が鮮明に見えつつある。
 やはりというか、DIOの方にはダメージらしいダメージは見られない。
 たった今、体内に仕込んだ『緋想の剣』でたたっ斬ってやった奴の左腕も案の定、元の肉体に帰っていた。

 ふう、とサンタナは小さく嘆息する。
 成程。この敵は、最早ただの吸血鬼には収まらない。
 カーズが危険視するのも頷ける。よくぞまあ、これに単騎で挑ませてくれと懇願できたものだ。
 この挑戦に至るまでも長き葛藤はあったが、過去の自分を顧みれば、些か浅慮であったと思う。


 ───少なくとも……『流法』の獲得を経ていなければ、この段階でサンタナは絶望に塗れていたかもしれない。

395 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:02:49 ID:DAf9RJjQ0


「……時にDIO。お前は本物の『鬼』を見た事はあるか?」


 DIOの『世界』の真価もそうであったが、切り札とは迂闊に見せびらかすものではない奥の手。その上、長所と同じほど短所も見付かる形態変化なのも心得ている。
 故にサンタナは、今の今まで使用を躊躇ってはいたが。


「フム。残念だが……“此処”でも、鬼はまだ無いな。
 それとも貴様がそうなのかね? サンタナ君」


 この期に及んで舐められていると分かったなら。
 ここらでもう一丁、ハードルを超えねばなるまい。


「悪いが……オレは『成り損ない』に過ぎん。
 今はまだ、という意味だが」


 自然に浮き出た言葉は、まるでその存在に焦がれるような。
 間違いではない。好きに酒を食らい、自由に謳う彼女達へ焦がれたからこそ、サンタナはこの流法を獲得したのだから。
 そして、生物の頂点に立つべき闇の一族の『成り損ない』としてのサンタナが、自らを卑下するようにこの言葉を告げたのは、果てしなく大きな前進をも意味している。

 鬼の……ひいては『妖怪』の成り損ない。
 同時に、『柱の男』としての成り損ない。
 今やサンタナは、この中間に立つアンバランスな半端者でありながら、新たな自己を会得する旅の中途にいた。


「オレはこの流法に名を付けた。
 ───『鬼』の流法という」


 静かに告げた化け物は、今までとは異なる姿を招き寄せる。
 鬼の象徴とされる大角を生やし、敵を威嚇せしめ。
 額に萃められた極大の妖力は、『堕ちた化け物』から『這い上がる鬼人』へと変貌させる。
 隆々しい筋肉の鎧は、幾重にも強度を重ねたままに、体積のみを萎縮させ。
 地獄の釜から溢れ出たような血液の滾りは、肉体運動を異常な域まで加速させる。


 冠するは、鬼の異名。
 対するは、吸血鬼の帝王。


「DIO。お前は言ったな。“カードは全部使え”と」
「言ったとも。どうやら“鬼札”のお出ましのようだ」


 鬼人が不敵に、帝王を指差した。
 露骨な煽情に、帝王はあくまで余裕を保つ。


「“半端な闘争心で煽るな”とも、抜かしたな」
「ああ。暑苦しいのは、せめて意気込みだけにしておけ」


 前哨戦は終いにしよう。
 ここからは、僅かな時間で明暗が定まる。
 明暗──暗闇ばかりの『奈落』など、闇の一族の本来には似つかわしくないのかもしれない。
 そうだ。一族が目を背けた命題とは、カーズの説いた『夢』が……正しい本能の在り方だったのだ。
 星の胃袋で細々と暮らしてきた一族の弱腰に、カーズもエシディシもいい加減、嫌気が差してきたのだろう。

 だから、主たちは奈落から飛び出した。

 極めて矛盾するような話だが。
 太陽を───光を目指してこそ、我々は真に輝けるのではないか。

 帝王へと飛び掛る間際に、サンタナが一瞬だけ……脳裏に浮かべた『夢』を仰いだ。

 その『夢』は奇しくも、カーズの目指した究極生命体の姿と……一致していた。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

396 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:03:34 ID:DAf9RJjQ0
『聖白蓮』
【午後 15:59】C-3 紅魔館 中庭


 紅魔館の敷地、その中央部に位置する小洒落た中庭。
 そこは館主が厭う日光を遮らない、陽に恵まれた土の園。怠け癖のある門番が毎日愛でていた庭園。
 花壇の住人にマンドラゴラが混ざっている事に目を瞑れば、悪魔の館にそぐわぬ女々しい場所であった。

 それも、命の芽吹く春の話。
 現在ここは、色彩が失せ、生命の肌を突き刺すように寒々とした風情と化していた。
 まるで、自然の檻。
 仄暗く、頑なに落ち続ける冬の白羽は、紅の館を白銀へと変えつつある。


「─────────………………。」


 白の絨毯に坐する聖白蓮。
 その形は禅を組み、厳しい自然と一体となる精神統一法の基本。
 バイクスーツとは防寒仕様の作りであるが、経緯が経緯だけに、その下には何も着込まれていない。
 格好と気温を考えれば、雪の直上で身動ぎ一つ見せない彼女の精神は、真に落ち着いた状態にあると言える。


「来ましたか」


 瞑想のさなかである白蓮が、唇のみを開けて語る。
 会話の相手は、静かに姿を現した。


『……その坐禅は、これよりこの土地へ流される血への懺悔。
 そう受取ってもいいのか?』


 雪上を這う白蛇───ホワイトスネイク。
 さくさくと、雅趣に富む足音を鳴らしながら、白蛇は僧侶と対峙した。

『それとも、やはり邪念は振り払えないかな?
 君ほどの大僧正でも、側近の死は重いものか』

 白染めされた土に残る足跡は二人分。
 白蓮と、ホワイトスネイクのもの。
 プッチ本体のものは無い。ここに現れたのは、スタンドのみ。
 そうでしょうね、と。白蓮は口に出さずとも、当然の帰結を心で唱えた。
 本体がのこのこ姿を現したならば、それは果樹園の時と同じ結果にしかならない。
 プッチは絶対に姿を現さない。スタンド戦に疎い白蓮でも、遠隔スタンド使いのイロハはある程度想像出来るところにある。

 あの時と違い神父は正真正銘、白蓮を殺すつもりでこの場に現れた。
 殺意で身を固める決意。
 神父のそれはきっと、今日この日よりもっと……もっと昔に、とうに済ませてきた儀式なのだろう。

 彼に比べ、白蓮は。


「……懺悔。……後悔。
 何れも、私の心の中で色濃く渦巻いているのは事実です」
『人間とは、そういうものだ』
「もう随分昔に、人は辞めたつもりでしたが」
『君は振りまく暴力こそ化け物染みてはいるが、私の目から見た本質は“人間”に見えるがね』


 淡々と交わされる会話。
 本来二人は、言葉によって人々を救う立場にいる者。暴力などという力に依り沿うべきでない。
 それを得ているからこそ、穏やかな気質で互いに語り掛け、説き合う。

「私が、人間。……否定は出来ないでしょう」
『随分と素直だね』
「そして───DIOもまた、人間に見えます」
『……そう思うかい』

 ホワイトスネイクの無機質な口が、真一文字に噤む。
 獲物を喰らう蛇のように貪欲で、白濁で、作り物めいた角膜。水晶体の見当たらない、薄らとした瞳が白蓮を中心に捉えていた。
 こんな剥製じみたスタンドでなく、プッチ本人の表情と相対したい白蓮だったが、それは叶わない。
 坐禅を極め、会話の間にも磨かれた集中力で以て神父本体の視線や息遣いを探ってはいたが、すぐ近くには感じられない。相手は白蓮に対し、相当の警戒を敷いているようであった。

397 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:04:23 ID:DAf9RJjQ0


 四秒か、五秒かの無言が続く。
 白蓮は未だ、坐禅を崩さない。
 神父も、続く言葉を待つのみ。


「貴方は、DIOをどう思っているのですか?」


 白蛇の貌は人らしい色を灯さない。
 しかし、スタンドの向こう側で操るプッチの相貌はその時、確かに感情が灯されたように思う。
 瞼を閉じ、瞑想状態にある白蓮の感覚が、その僅かな動きを感知した。

 スタンドでなくプッチ自身の心が、水晶に照らされる輝きのように、ほんの一瞬だけ───穏やかに鎮まった。


『DIO、か。
 私にとって、彼とは…………』


 雪を透き通らせる白蛇が、静かな空に耽る。
 まるで大切な『親友』を想う人間のように。
 まるで愛する『恋人』を憂う少女のように。
 まるで尊敬する『師』へ従う弟子のように。
 まるで崇拝する『神』へ祈る聖者のように。



『私は、DIOを──────。』



 一際冷めた風が、二人の間をひゅうと駆け抜けた。
 耳元を掠めて吹き去った寒風は、神父の言葉を上から塗り潰す程に鋭い。

 それでも、白蓮の耳には確かに届いた。
 嘘偽りないであろう神父の告白は、真の儘に、その尼が聞き遂げた。


「……奇妙な関係、なのですね。貴方と、彼は」


 やがて、白蓮の瞼がそっと見開かれる。
 柔らかな言葉で紡ぎ出された相槌に混ざる感情は。

 エンリコ・プッチへの、憐憫だった。

 白蓮が知るDIOという男の背景は決して多くない。
 スピードワゴンからの人伝で、まず〝悪〟の化物だという漠然とした話を聞かされ。
 実際にDIOを目の前にし、その話には何ら誇張の無い、どころか想像を遥かに超える邪悪の化身だという確信を得た。
 かつてスピードワゴンが、ディオを一目見て『生まれついての悪』と断じたように。
 白蓮もそれに続くことが出来た。DIOは“環境によって悪と成ったのではない”という更なる確信へ。

 しかし、ホワイトスネイクを介して感じ取ったプッチ神父の感情や告白を垣間見て、白蓮の認識に若干の齟齬が生じる。
 これでも多くの人間と触れ合い、人が持つ他人への意識を察する術を育んできた住職だ。
 懐疑を厭う性格が災いとなり、常人であれば目を背けたくなる程の醜悪な裏切りを経験した身であろうとも。

 プッチの、DIOへと向ける視線に。
 悪意や欺瞞は勿論、打算や不実の一切も混ざっていない事が、よく解ってしまう。

 いや、一切というのは言い過ぎたかもしれない。
 人間は、他人との関係に少なからず見返りを求めるものだ。神父とて例外ではない。
 少なくとも彼はDIOに、大きな大きな『期待』のようなものを抱いている。

 まるで『夢』を魅る少年のように。

 そしてDIOの側も、同じようにプッチへと何らかの期待を掛けていた。先に交わされた二人同士の会話や呼吸を見て、白蓮も漠然とそれを感じていたのである。
 この関係性を指して『奇妙』だという感想を抱いた。
 DIOとは間違いなく〝悪〟そのものだが、両者の関係という『絆』は言うなれば、何処にでも転がっているような平々凡々とした繋がりにも見える。

 ありふれた日常こそが、幸福。
 忙しない環境を生きることに必死の人間達は中々それに気付くことも少ないが、平凡さとは至上の有り難みなのである。
 本来であれば、DIOとプッチの関係は模範とすべき正しい姿勢だ。
 しかし。DIOは、黒すぎた。
 水は方円の器に随う。人は、環境や付き合う相手によって良くも悪くもなる諺だが。
 DIOという歪んだ器に魅せられたプッチは、彼の器へと注いだ水を覗き込み、歪に曲がりくねった自らの姿を水鏡越しに見てしまったのかもしれない。

 実に客観的な評価ではあるが、エンリコ・プッチという人間はDIOとは違って、環境で〝悪〟に染まった人間なのだろう。
 白く、純真な少年だったプッチは。
 血塗られた巡り合わせと、『神』の悪戯という環境に放り込まれ。
 徐々に……徐々に黒雫が垂らされる。
 歪んだ器に垂らされた最後の漆黒は、DIOとの出逢いによりじわじわと清水を染め上げていく。
 最早その水面には、純真だった頃のプッチの姿は映ってなどいない。

 然して、ここに一組の吸血鬼と神父の関係が誕生した。
 彼らに起こった背景など、白蓮には知る由もない。
 それでも。神父の本質に、今は亡き『純』の痕跡を見た白蓮は、彼に対して思い浮かべたのだ。

 憐憫、という一重の情を。

 この憐れみの気持ちを口や態度に出すのは流石に非礼に値すると、白蓮は敢えて『奇妙な関係』とぼかすような言葉を選んだが。
 どうやら神父は同情に類する彼女の意中を、白蛇の瞳を通じて汲めたらしい。
 彼は三歩ほど足を進め、その場へとゆっくり座り込んだ。坐禅を組んだ白蓮と同じ目線へ同列するように、胡座を掻いて仄めかす。

398 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:05:39 ID:DAf9RJjQ0


『───人間は後天的に〝悪〟を識るか〝道徳〟を識るか。
 貴方の中にある『悪』は……果たしてどこから生まれたのか』


 白蛇が坐して放った言葉は、かつて白蓮がプッチへと尋ねた文句をそのまま復唱した内容。

『君は確か、以前私にこう言ったな』
「如何にも」
『その言を借りるのなら。
 私の本来とは、性善説の下に生まれた一個の〝善〟であり。
 破滅の折、DIOという引力に寄せられ、心に〝悪〟を生んだ……と、なるな』
「別段、珍しい事例でもありません。
 語弊があるのであれば、お詫びします」
『いや…………概ね、その通りだ』

 雪に組み座る白蛇は、予想外なことに肯定を示した。
 以前に会話した時、プッチはまるで“自身が正しい道を歩んでいる”かのように、独善的な視点で語っていたからだ。
 我こそが正義だ、と言わんばかりに。鼻高くする訳でもなく、誇らしげに振る舞うでもなく。
 自分の信念を信じ切って疑わない。当たり前みたいに宣言していた。

 だが彼は今、白蓮の言葉に同調する意図を白状した。
 DIOを悪だと認め、彼に引き寄せられた我が心すらも染まってしまった。
 それを肯定する言葉を吐いたのだから、虚を突かれた白蓮は僅かに目を丸くする。

『DIOは“悪の救世主”と呼称される事もある。自分の部下からに、だ』
「悪の、救世主?」
『そうだ。彼を心から慕う悪人も少なくない。
 面白い事に彼自身も、自分を〝悪〟だとハッキリ断言している』

 つまり、DIOは悪人正機。
 昨今では、自らの正義を神輿に担いで争いを止めない愚かな人間が増幅してきているものだが、DIOのような人物は少し珍しい。

「成程。では、貴方は?」

 気になるのはDIOではなく、プッチの方だ。
 彼はどう見てもDIOとはタイプからして異なり、先述したように歪んだ正義感を揮う人物だと白蓮は思っている。

『例えば……殺人を犯す者が裁判に掛けられたならば、そいつは誰から見ても〝悪人〟に間違いないだろう。
 そして私も、命を奪う側の人間であるのは自覚している。そういう意味で、さっきは君の言葉に肯定したのだ』
「その言い方では、まるで“別の視点から見れば必ずしも悪とは限らない”……と、そう言っているようにも聞こえますが」
『白蓮。君は正しいよ。世の中の殆どの人間は、私の行為を見れば〝悪〟と罵り、殺到しながら指弾しようとする筈だ。
 歪められた報道の向こうの安全地帯で、民衆という弱者の立場をいい事に“これは正義の糾弾だ”などと、自己満足を満たす為のみにのうのうと正義の真似事を行う』

 裏を返せば、白蓮も所詮はその民衆の一部。
 その程度に過ぎないと、言外に指摘されたようだった。

『だが……君の、そして世間一般での〝正しさ〟という象徴は、別のマイノリティー……或いは声を掲げる力すら無い“真の”弱者から見れば、絶大な〝悪〟に映ることもある』
「一理、ありましょう。私共の仕事とは、それら偏った均衡を可能な限りまで釣り合わせる事ですので」

 白蓮の即答には、確固とした信念がある。
 人も妖も等しく救う『絶対平等主義』を謳う彼女の目的こそ、腐敗の一途を辿る妖怪社会の消滅を防ぐ、彼女なりの手段なのだから。

 元より同意を欲しがって語ったつもりなど白蓮には無いが、ホワイトスネイクは彼女の目的を聞くが否や、首を横に振った。
 呆れているというよりは「そんな事が出来るものか」という、にべもなく決め付ける様な態度であった。

399 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:06:17 ID:DAf9RJjQ0

『“可能な限り”と君は今、言ったが……。所詮、それが君たちの限界だよ。
 “出来るだけは頑張ろう”と、初めから完遂を目指そうとせず、不可能なハードルには予め布を被せる。
 半端な意志で、半端な目標を達成し、半端な信仰を得て生の糧にする。
 それでも幻想郷などという狭き庭なら、それなりの結果は期待できるだろうがな』
「揚げ足を取るのは止めて頂きたいですね。我々は仏教という形で〝正しさ〟を広める……もとい、説いております。
 そして手段は違えど、幻想郷の至る派閥や有権者達も、最終的な理想は皆同じ地点に在ると信じてます。
 貴方がたから見ればこの囲いは実に狭く、脆く見えましょうが、此処が私達の住む国なのです」


『成程。では聞こう。
 その幻想郷を遍く統べる派閥者とやらの理想に、人間側の意志は本当に在るのか?』


 今度は、即答出来なかった。


『お前は本当に、“人間”と“妖怪”の目指す最終的な理想──つまりは〝正しさ〟が、同じ地点に存するとでも信じ切っているのか?』


 人間と妖怪は、互いに手を取れる。
 白蓮はそれを信じて、人々を導いている。
 だが幻想郷のシステムは、彼女の思想とどうあっても剥離してしまう。
 両派が反目し合ってこそ成り立つバランスの囲いなのだから。
 妖怪にとっても、人間にとっても、絶対的な不平を強いて縛るこの世界に、誰もが納得出来る〝正しさ〟など───


『“迷った”な。聖白蓮』


 ホワイトスネイクの手刀が、白蓮の目先にまで肉薄する。
 居合抜きの形で不意を討つ攻撃に、その尼は坐禅の形を僅か足りとも崩さずに受け入れた。

 ───必殺の能力を秘めた手刀は、寸で止められる。

 指先に殺意が込められていない事を見抜いていた白蓮は、この行為が単なる威嚇や茶番でない事を悟り、彼の次なる言葉をじっと待つ。


『白蓮。君はあまりに永い刻の中に封じ込められていたようだ』


 それは恐らく幻想郷縁起で知見を得た、聖白蓮の背景を指した言葉。
 敵の手にあの妖怪大図鑑がある事を素知らぬ白蓮に、相手が如何にして自分の過去を知ったのかという疑問はあったが、それは今重要ではない。

『君は人々を導く為に聖職を担っているという話だったが……そのわりには人の世に明るくない』
「心外ですが、貴方の言いたい事は理解できます。確かに私は千年もの間、魔界へと封印されていました。
 印が解けた直後には、直ぐに幻想郷に降り立ったものなので、実際の所は俗世に精通しているとはとても言えません」

 従って白蓮の知識は、殆ど千年前の日ノ本で止まっているようなものだ。
 幻想郷は隔離された世界。
 現代の。今の娑婆の情勢について、彼女が見聞を広める術はほぼ失われていた。仕方のない事だと言える。

『十年や二十年程度でさえ、人心は大きく推移するぞ。ましてや千年だ。
 幻想郷では知らないが、“外”では想像だに出来ない変貌が、歴史の節目の度に起こっている。
 節目というのは、言い換えれば“戦争”の事さ。規模に大小はあれど、人類の馬鹿げた争いだけは昔から常に絶えない』
「……何を仰りたいのでしょう」
『不可能だと言いたいのだ。もはや“正しい手段”などに頼っていても、この世は変わらない。人も同じだ。
 そもそも〝正しさ〟とは、環境によって清くも醜くもなる曖昧な標に過ぎん。
 お前のようなちっぽけな女がいくら寄せ集まった所で、たちまち人間達の〝悪意〟に蹂躙されるのがオチだ』


      トクン……


 白蛇の言葉に、白蓮の澄み渡っていた精神に初めて明確な“揺らぎ”が生じた。
 小さな揺らぎは極小の波紋を生み、瞑想によって静かに保たれていた心の水面を僅かに揺らす。
 四辺から零れた一雫が心の外殻を伝い、白蓮の肌に湧き滲む流汗となった。

400 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:07:21 ID:DAf9RJjQ0


『今───動揺したのか? 聖白蓮』


 獲物の隙を捉えた蛇が、チロチロと舌を出しながら頭を前屈みに低くした。
 目と鼻の先で手刀を構えたホワイトスネイクの姿をそのように錯覚した白蓮の背に、冷たいモノが過ぎる。

 不覚にも彼女は、一瞬ではあるが気圧された。
 『人間の悪意』というキーワードに、白蓮という女の過去に打ち立てられたどうしようもない楔が呻きを上げてしまった。
 かつて信頼し合っていた人間達から裏切られた悲痛な過去。どうあっても、古傷は癒えたりしない。

『例えば……“肌の色が違う”だとか“産まれたばかりの我が子の死を受け入れられない”だとか。
 自覚・無自覚に関わらず、人間は反吐の出る悪意をバラ撒きながら生きている』

 白蓮とは対照的に。
 プッチの“古傷”は、彼という人間性を大きく歪めた。
 湖に打ち上げられた妹の遺体を前に、生まれて初めて『人殺し』をも為す覚悟を固めた。
 誰を憎めばいいのかすら分からなかった。発端が何なのかも、殺された妹の為に何を為せば善いのかも、何一つ分からない。

 しかし彼は、弟のウェスとは全く違って。
 憎悪に走ることは無かった。
 憎しみよりも遥かに大切な───命を懸けてでも掴むべき『真理』を目指そうと決心したからである。

 目指した場所は邪道。
 殺人をも厭わない手段は、世間からは〝悪〟だと罵られ、木槌を振り落とされることも理解している。
 故に、当時のプッチではまだ力不足であった。弟の記憶を封じたはいいものの、きっとこの先、巨大な困難が待ち受ける。この身一つでは、成す術もなく運命に叩きのめされてしまうのは目に見えていた。

 だから力を求めた。
 物理的な力でなく、概念的なパワーを。
 その為に、かつて礼拝堂で出会った奇妙な男───DIOとの再会を願う。


 この時、彼は〝悪〟へと成った。
 エンリコ・プッチの、悪のルーツだった。


『過去から生まれる恐怖に打ち勝つ困難こそ、人間に課された試練だ。
 白蓮。君は私とよく似ている。私も今では、人類を“真の幸福”へ導く事を使命だと心得ているからだ』

 人間の生んだ悪意の犠牲者となった過去を持つ、エンリコ・プッチと聖白蓮。
 何の因果か、二人は共に聖職へと携わりながら、それぞれの意志・手段で幸福を目指した。
 憎悪に囚われず、かつて自らを陥れた人間達をも含めた『救済』。正気の沙汰ではない覚悟であった。


『幻想郷などという世界の片隅でしか生きていない。
 私とお前を隔てた境界とは文字通り、その大結界とやらだ。
 お前達が言うところでの“正しさで世を導く”という夢物語は、この宇宙では到底通用しない、カビの生えた理想論でしかない』


 最早、正しさという理屈を武器に世界を変える事は不可能。
 若くしてそれを痛感したプッチは、心に従うままに〝正しさ〟を捨てた。
 その様は白蓮から見れば狂気的でもあるが……やはり憐れだという感情が先行してしまう。

 〝悪〟の中に見出した〝真理〟など、どうあっても世の中に綻びしか生まないというのに。


「悪を受け入れ、支配によってこの世の乱れを抑える……。
 貴方の『覚悟』の正体……正しき目的とは、そんな暴虐の彼方に在る真理なのですか」
『支配ではない。そんなモノよりも遥かに崇高で、果てしない“力”を得た者のみが、それを可能にするのだ』


 やはり、プッチと自分は絶対に相容れない。
 先程彼は、自分達はよく似ていると言ったが……白蓮にはとてもそうは思えなかった。
 あたかも達観した目線で物事を説き、白蓮を隔壁の内に見下すプッチは、あまりに独善的に映る。
 自分の行いを悪と自覚してはいるようだが、数多の屍の上に打ち立てる“より大切な目的の為ならば”という小を殺して大を生かす本音の奥には、世界で最もタチの悪い『正義』が顔を覗かせている気がしてならない。


 矛盾するような言い方だが。
 彼は自分が悪だと気付いていない、最もドス黒い悪だ。

401 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:08:13 ID:DAf9RJjQ0



「それでは伺いましょう、プッチ神父。
 ───貴方が目指す『最終目的』とは、何でしょうか」



 男は以前、白蓮に向けてこう言い放った。
 本当の意味で人を救うのは『天国』───過去への贖罪なのではなく未来への覚悟だ、と。
 白蓮には未だ推し量れずにいる。

 彼の言う『天国』とは、結局のところ何なのか?
 プッチとDIOの二人は、何を企んでいるのか?




 地面が僅かに揺れた。
 地下に広がる空間で行われている、DIOとサンタナの激闘の余波だろうか。
 中庭の窓の庇に積もった雪が、振動によりぱらぱらと落ちてゆく。

 未だ白蓮は坐を象った姿勢で、今にも襲いかからんとする白蛇の構えを丸腰で待ち受けていた。
 既に絶命必至の間合い。
 敵の攻撃が白蓮の鉄壁を容易く通過する能力に対し、白蓮からの攻撃は全く無効化するというのだから、この距離が如何に彼女の不利を語っているかは、幼子が見たって理解出来る。



『天国とは、時の加速により宇宙が一巡を迎えた“先”にこそ存在する。
 それこそが、全人類が手にするべき真の幸福であり、私とDIOのみが実現可能な〝正しさ〟なのだ』



 荒唐無稽としか思えない文節の連なりが、新雪の中に透ける白蛇の唇から、白い息と共にフッと吐き出された。
 言葉の意味を咀嚼するより早く、白蓮の洗練され尽くした感覚に危険信号が発される。

 時間の止まっていた白蛇の手刀が、生命を吹き込まれたかの如く始動した。

 今度は、本気の殺意。
 スタンドに漲った筋肉の動きを直視するより、息の根を止めんとする邪悪な害意を肌で感じた。
 真横に薙ぐ白き一閃を無抵抗に受けていれば、白蓮とて魂ごと分離されていたろう。
 が、ホワイトスネイクの動きはあのDIOのスタンドに比べると劣る。
 白蓮は坐りながらにして、足を組んだまま攻撃を躱した。
 首を後方に引かせただけの、軽い回避。白蛇の手刀は彼女の髪の毛一本攫う事すら叶わず、虚しく宙を切った。

 当然。殺意を込めたスイングは一振で終わらない。
 ガっと膝を立て、土と雪を蹴りながら白蛇が前のめりとなる。
 重心を地へ伸ばして安定させ、今度は両腕での突き。
 これもまた、全てが空を切る。
 坐禅、つまり胡座を掻いたような不安定の体勢で、上半身のみを紙切れのようにヒラヒラ舞わせた白蓮に、刀の切っ先すら入らない。
 空振り三振バッターアウト。打者の力足らずなどという事は決してないが、ただ其処に鎮座するだけの硬球にバットはまるで掠らない。

 白蛇はいよいよ立ち上がり、覆い被さるようにして尼へと飛び掛る。
 両腕を大きく広げ開け、躱す隙間すら与えずに三方から潰そうと。

 パサ

 ダイレクトの瞬間、雪をはたいたような軽薄な音が響く。
 その音は、まさに雪をはたいただけの衝撃。白蓮が静かに両掌を揃え、雪を被った地面を叩いた音。
 ただのそれだけの行為に、彼女の体は宙へ浮いた。
 座ったままの姿勢で空を浮き、左右と前方から迫り来る攻撃を、残った後方の逃げ道へと跳んで躱した。これが弾幕ごっこなら、難易度イージーもいい所といった低級弾幕だ。

 粉飛沫と化した雪を振り撒きながら、フワリ浮く女が声を投げた。

402 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:08:37 ID:DAf9RJjQ0


「貴方は弥勒菩薩にでも成るおつもりですか」


 宙空で姿勢を解き、ようやく坐禅を崩して両足で着地する。
 説の時間は終わり。不本意の気持ちもあったが、やはり彼らは言葉では止まりそうもない。

 白蓮が再び戦闘態勢に入る。
 目に見えて暴の空気を吐き出した彼女を前にし、白蛇も本気で身構えて、言った。


『数億、数十億年というレベルの話ではない。
 この宇宙を一度、直ちに終わらせるという次元の世界だ』


 白蓮の出した『弥勒の世』は、一説には56億年以上も先の未来の話。
 人間世界に弥勒菩薩が現れ、一切衆生を救い、世界を理想郷にするという仏教の思想。

 何十億年、という次元にすらない宇宙の終焉。
 プッチは。DIOは。
 それを人為的に起こそうとしている?
 如何な強大な魔法──禁術を行使したとしても、それ程の大掛かりな規模の術など聞いた事がない。
 スタンド、という異能はそんな事まで現実に移せるのか?

 だが……白蛇の口から轟くプッチの声色は、迫真に迫っている。
 奈落の闇から吹き出す、身も心も凍えそうな谷風。そんな冷気を孕んだ声だ。
 どうやら冗談を言っているつもりではないらしい。


「私は、それを許容する訳にはいきません!」


 男の語る理想は幻想の都でも類を見ない、末恐ろしき野望だ。
 宇宙を終わらせる、という終末は、具体性を得ない計画であるにも関わらず。
 超人の異名を取った大魔法使いをも、震撼させた。
 そこには、バトルロワイヤルという波瀾の枠内に留まらない、スケールを飛び越えた邪心が牙を研いでいる。


『いいだろう。私とお前……どちらの“運命”がより正しい結末に引き合うか。
 試してみるのも良いかもな』


 これは、双方の理解を得る為の戦争などではない。
 元よりそういう覚悟で立ち寄り、向き合う両者は。
 片や、膨れ上がる巨悪の断罪を決意した、善の拳。
 片や、運命に翻弄された男の歪み切った、悪の拳。


「貴方は『救済者』ではなく、哀しく歪んだ『破壊者』です───プッチ神父ッ!」
『ならばどうするね? ひとつ言っておく。
 お前に私は“殺せない” ───聖白蓮』


 善悪の彼岸に立った二人が、飛沫を撥ねらせ交差した。
 賽の河原にてぶつかる、善と悪の幕引きに相応しい紅魔の舞台は。
 ただただ、飛び交う演者たちを嘲るように見下ろしていた。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

403 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:09:17 ID:DAf9RJjQ0
『秋静葉』
【夕方 16:08】C-3 紅魔館 一階個室


 白のシーツに包まう静葉へと覚醒を促したのは、小刻みに揺れる床の微振動だった。
 地震だろうか、と虚ろな思考を浮かべながらも静葉の意識は、今しがた見ていた『夢』らしき光景への没頭から抜け出せずにいる。

 DIOの影。そう表現する他ない存在から、幾つもの『声』を囁かれ続けた。
 その声は、静葉の頭の中を掻き回してやまない『殺した者達の声』よりも一層妖しく響き、彼女が持っていた倫理観に溶け込むようにして、いつの間にか消えていた。


 ───代わりに、死者達の『声』は未だに頭へと響き続けている。


 この声は『痛み』だ。
 分不相応の身で殺戮を働いた、静葉が受け入れるべき痛みなのだ。
 痛みは、拒絶するものではない。それはきっと楽な道には違いないが、静葉の望む未来には通じていない。
 自らを苦しめる声の幻聴と、これから先どう折り合いを付けるか。或いは、付ける必要性すら無いのかもしれない。

 声に潰されたら、それまで。
 ゲームに優勝し、妹を蘇生させるという願いは、そういう暗澹とした生き方を選ぶということ。


「今……何時だろ…………」


 客室だからか、この部屋にも館主の嫌う窓は備わっている。
 そこから漏れる黄金色の陽光は、空に広がる乱層雲の隙間から僅かに差し込まれた、希望を思わせる光の筋に見えた。
 つまり、もう夕刻。
 時計の針は16時過ぎを指していたが、部屋に入るなり時刻を確認せずそのままベッドへと倒れ込んだ為、自分がどれほど寝入ってしまったかの判別が付き辛い。実際の所は一時間程度なのだが。

 しかし、随分と深く睡眠を貪った感覚が残っている。
 悪夢のような眠り心地だったにも関わらず、また現在進行形で頭の声は止まないに関わらず、身体に蓄積されていた疲労はすっかりと抜け落ちていたのだ。
 このゲームにて、比較的安全な睡眠が取れる環境を確保できたというのは、間違いなく幸運に違いない。
 肉体的な休息が重要なのは勿論、いつ寝込みを襲われるか用心しながら横になるというのは、メンタル面においても多大な負荷をもたらすからだ。

 見た事もないような豪勢なベッドを心中惜しみつつ、そこからモゾモゾと抜け出した静葉は、同じく立派な装飾の備わったドレッサーの前まで歩んだ。
 鏡面に映る自分の顔は、相変わらず酷いものだった。
 地獄鴉に灼かれた左半分の顔面は健在であるし、ノイローゼの患者みたいに表情には生気が無い。(これは単に寝起きだからかもしれない)
 一番の懸念である箇所……『心臓』には、ハッキリとは分からないが当然のように『結婚指輪』がぶら下がっている感覚もある。
 考えてみればたった33時間しかない制限時間の内、必要とはいえ不意の睡眠に浪費してしまったのは迂闊だとすら思え、段々と焦燥を覚えてくる。

 そもそもたった33時間そこらで、雑魚オブ雑魚神の紅葉神に「俺を倒せるほど強くなれ」と無理難題を押し付けるあの狂人も大概だ。
 まともにやったって敵う訳がないのは身に染みており、多少経験値を掻き集めてレベル上げをした所で、雀の涙にしかならない。

404 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:10:19 ID:DAf9RJjQ0

 では、強くなるとはどうなる事か。
 私は既に、夢の中で答えを貰っている。
 その為に何を成すべきかも、理解していた。

 今までそれは、『感情を克服すること』だと信じて戦い抜いてきた。
 間違ってはいない。でも、感情を克服するというのは、感情を捨て死人同然となってでも……という意味ではなかった。
 死人が、命ある者に勝てる訳がない。
 それを、教えて貰った。
 感情とは、決して捨ててはならない『自己』の一部なんだって。


 ───『愛すべきは、その未熟さだ。未熟さこそが自分の最大の魅力で武器なのだと、胸を張るといい』


 彼は戸惑う私にこう言ってくれた。
 こんなどうしようもない自分の事を認めてくれたみたいで、少しだけ嬉しかった。


 ……もう一度、会ってみたいな。





「にゃあ?」


 鉢のまま這って動いたのか。そこらに転がしたままだった気がする猫草が、いつの間にか窓際で日向ぼっこを楽しんでいた。


「ふふ。……あんたは良いね。悩みとか、これっぽちも無さそうで」


 愚痴のような独り言を零し、上機嫌らしい猫草の頭をもにもにと撫でてやった。
 たまに凶暴だけども、もしかすれば愛くるしいペットなのかもしれない。
 しかし私にとって“これ”は、人殺しの道具だ。
 自分に懐く生物として愛でるというのは、誤りなのだろう。


「……なんだか、外が騒がしいな」


 だとしても。
 すぐに訪れる、次の波瀾までの僅かな間だけでも。

 癒しを求めて“この子”と触れ合う時間を作るというのは、弱者である私にとっては……代えがたい『ひととき』のように感じた。

            ◆

405 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:10:56 ID:DAf9RJjQ0

『マエリベリー・ハーン』
【夕方 ??:??】?-? 荒廃した■■神社


 私は、か弱い存在でしかなかった。
 此処にはとても頼りになる男の人と、浮世を渡るに長けた強い女の人が多くいる。
 そんな中で、私っていう存在はちょっと境目が見れる程度の、普通の女の子でしかない。

 だから、かな。
 爪も牙も持たない弱者の私にとっては……こうして紫さんと普通に会話できる今は、代えがたい『ひととき』のように感じた。


「DIOは消えたわ。少なくとも、この世界からは」


 私と紫さんは、町の風景が見下ろせる神社の石段に腰を落としていた。
 クラスの友達と学校帰りに喫茶店で駄弁るような、そんなノリで。
 こんな事をしている場合じゃないような気もするけど、紫さん曰く「此処は時間流の進行が緩慢」らしく、こんな事をするべき場合なのだとか。

 ……時間にルーズ?な所は、何だか蓮子にも似てる。

「じゃあ、蓮子の『肉の芽』も……!」
「残念だけど、消えたのはあくまでDIOの気配。
 此処からじゃあ、あの芽は取り除けないわ」

 いやにあっさり退いたのが少し気になるけど……と付け加えて、紫さんは一瞬だけ目を細めた。

 それにしてもゾッとする話だわ。さっきまで朦朧だった私へと延々囁いていた蓮子の正体が、DIOだったなんて。
 もしも紫さんが来てくれなかったら……そこまで考えて私は、かぶりを振った。せっかく助かったんだから、そうならなかった場合のifなんて考えても詮無いことよ。

 その紫さんがどうやってここまで来れたかだけども、なんでも私の『SOS信号』をキャッチしたから、らしく。
 はて。私には全く身に覚えがないし、支給品の中に防犯ブザー的な物も無かった。
 キョトンとした表情で本人へ尋ねても「乙女のヒミツよ(はーと)」などと、ウインク混じりにはぐらかされた。私の顔でそれをやるのはやめて欲しい。


「紫さん。所で、あの……」


 強引に話題を逸らし……というより、いつ切り出そうか図り兼ねていた事柄があった。
 阿求のスマホに配信されていた『殺人の記事』……その真贋について。
 あの写真に載せられていた人物は、確かに紫さんだ。そっくりさんでも影武者でもなく、今私と会話している彼女本人だというのが私には理解できる。
 更に『被害者』の一人に幽々子さんの従者がいた、という話を私はおずおずと伝えた。どうやら紫さんは、その記事については詳しく知らないらしかったから。

「そう……そんな記事が出回っているのね」
「はい。幽々子さんも内容を知っています」
「で、貴方はその記事……信じてるのかしら?」

 悪戯心を芽吹かせる少女のような。
 真を追求する誠実な大人のような。
 相反する年格好と善悪の含みが、この人の表情に浮上した気がした。
 虚実を混ぜこぜに溶かして周囲を欺く形態を目撃し、彼女が人間でなく妖怪だという確固たる事実を再確認させられる。

「い、いえ! 勿論信じてません!」

 だから私は少し怖くなって、やや早口で答える。
 当然、紫さんを信頼している気持ちに変わりはない。

 でも、次に返ってきた言葉は……私が期待していた内容とは違っていた。


「───残念ながら、事実よ。半分は、だけど」


 静寂の中にガラス玉が落とされたような音が聴こえた。
 不吉な響きは、鼓膜の奥へと驚くほどすんなり入り込んで。
 私は、声を失った。

406 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:11:52 ID:DAf9RJjQ0


「その記事を私は見てないから何とも言えないけど……私から言える事実は『二つ』。
 魂魄妖夢と星熊勇儀の命は、私が奪った。
 もう一人……人間の男の方は違う。そっちは完全な捏造ね」


 悪びれる様子や、開き直る様子は微塵もない。
 真実を語る彼女の表情は、平然としているみたいだけど。

 私には、どこか『痛み』に耐え忍んでいる苦悶の顔にも見えた。
 それを見て、ちょっぴり安心する。
 やっぱりこの人は、そんな非道を働くような人じゃないと分かったから。

「あら……『人殺し』を前にして、随分お気楽な面構えじゃない?」
「貴方は、人殺しなんかじゃありませんよ」
「随分と知った風ね。一応、人間を攫いもする妖怪なんだけど」
「知ってますよ。貴方の事でしたら」
「さっき、ちょっと怖がってたクセに」
「……バレちゃってました?」
「そりゃそうよ。貴方は『私』なんだもん」

 あはは。うふふ。
 純朴と鷹揚の笑いが飛び交う、微笑ましいやり取り。
 記事のことは杞憂だった、だなんて、幽々子さんの状態を考えればとても言えないけれど。
 その拗れは多分、紫さんと幽々子さんの間でしか解くことの出来ない、複雑なもつれ。
 私と紫さんは、もしかするとただの他人ではないのかもしれないけど。
 幽々子さんの親友である『八雲紫』は、『私』ではない。
 だから、二人の間に『私』が入っては駄目。
 そう思う。

 あぁ。何だかやっぱり、友達ってイイわね。
 そんな事を考えていたら、途端に自分の親友に逢いたくなってきた。


「マエリベリー。幽々子の事は───……〝私〟がきちんと伝える。
 あの子も何だかんだ強い子だから、きっと大丈夫。
 だから、心配しなくていいわ」


 ……?
 気のせい、かな。今、紫さんの言葉のどこかに強い『違和感』というか……妙なニュアンスを感じた気がする。
 言い淀むかのような、若干の迷い……?


「それより、今は貴方のことよ。私のこと、でもあるんだけど」


 不意に感じた私の違和感を強引に拭い去るように、紫さんが話を前に進めた。
 蓮子に早く逢いたい……。私が浮かべたそんな気持ちを掬い取り、本題へ急ごうとこちらに目配せする。

「DIOは貴方に言ったそうね。貴方が『一巡後』の私だと」

 一巡後。
 言葉の意味は正直、よく分かっていない。
 でももし……この場に蓮子が居たなら、彼女はきっと嬉々としてその謎を暴こうとするだろう。
 だって、それが私たち秘封倶楽部なんだから。

「まず確認しておくわ。DIOの語った話は、恐らく事実でしょう」
「どうしてそう言えるんですか?」

 とは返したものの、実際の所、私自身もDIOの話を信じかけてきている。
 少なくとも私と紫さんが魂のどこかで繋がった存在なのだという事は、心で理解出来ているから。
 でもそれは蓋然性としては乏しい理屈。“なんとなくそんな気がする”程度の拙い根拠だ。
 対して紫さんやDIOには、何かしらの裏付けがあるみたいで。

 何食わぬ顔でこの人は、続けて言った。


「だって私、貴方の話にさっき出てきた『スティール・ボール・ラン』なんてレース、初耳だもの」


 スティール・ボール・ラン。
 私だってよく知っているワケじゃないけど、少なくとも私の住んでいる世界の史実には、その単語がちっちゃく並んでいる。
 あのDIOも興味津々みたいな顔で尋ねてきたから私も気になっていて、さっき紫さんと会話してる時に何気なくその話を出した。
 彼女は一瞬だけ考えに耽けるような、神妙な顔付きをしたっきりだったけど、その時は特に突っ込まれることなく場を流された。

407 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/10/13(土) 19:12:24 ID:DAf9RJjQ0

「これでも外と内の情勢はそれなりに把握しながら賢者やってる身よ。
 そのレースの開催が西暦1890年だとして、歴史の教科書に載る程度の知名度なら、この私が今の今まで全く見聞きすらしなかったなんて有り得ない」
「つまり私と紫さんは、幻想郷と外界なんてレベルの区切りではなく、そもそも全く異なる『別世界』に住む存在って事……ですか?」
「貴方の話を聞く限りだと、可能性はかなり高くなったわね」

 狐に摘まれたような話だった。
 とは言え、参加者同士の連れてこられた年代が違うって話は既に聞いていたから、スケールとしては大差無いのかもしれないけど。

「でも……もし別世界の人同士だとして、一巡後っていう概念がよく分からないんですけど」

 オカルト……所謂SFの世界では、例えば『並行世界』なんて単語はよく聞くし、私もどちらかと言えば信じてる側の人間だ。
 パラレルワールドといえば、所謂『超ひも理論』にも通ずる考え。ズバリ蓮子の専攻する理論だから、彼女ならこういう話も目を輝かしながらすんなり受け入れられるんだろうけど。
 ……あれ? じゃあ蓮子が私の能力の謎に心当たりがある風だったのは、私と紫さんの関連性に超ひも理論(並行世界)をある程度結び付けられていたから?
 うーん、専門って訳じゃないから私には何とも言えないし、本人を目の前にした今となってはどうでもいいとも言える。

 だけどDIOは『一巡後』と述べた。それはつまり、横ではなく縦に繋がった次元の並行世界。
 ちょっと発想が突飛というか……どうしてそういう結論に至るのかが不明瞭だ。

「そうね……外の人間には、ちょっとその辺のメカニズムは理解し難いのかもしれないわね」

 馬鹿にしたニュアンスではないだろうけど、ちょっとムッとした。
 これでもオカルトを扱う(メンバー全二名の)サークル代表片割れだ。蓮子程じゃないけど、その手の心得なら一般大衆よりも精通してる自信はあるもの。

「───って顔してるのが丸わかりよ、貴方。もう一人の私とはいえ、まだまだ青いわねえ〜」

 ここぞとばかりに扇子を広げて口元を隠す紫さん。
 今度は確実に馬鹿にしてますわよってニュアンスを(扇子の奥では釣り上がっているであろう口元と共に)申し訳程度に隠しながらも、実態は隠し切れていない。
 ……妖怪って、皆こうなのかしら。清廉だったり、おどけたり、本当に掴めない人だ。


「まま。ジョークはこの辺にしといて」


 前置きを終え、紫さんはこほんと咳払いして次へ移る。


 ここから私が聞く話は、まるで青天の霹靂を実現させたような。
 常識では考えられない……『夢』を見ているみたいな話ばかりだった。


「まず初めに───この宇宙は、主に『三つの層』から成り立っているの」


            ◆

408 ◆qSXL3X4ics :2018/10/13(土) 19:13:47 ID:DAf9RJjQ0
ここまでです。
次で終わりを予定しています。

409 名無しさん :2018/10/14(日) 16:40:49 ID:9VDuzoG.0
投稿お疲れ様です


長かった紅魔館の乱戦もついに決着か!?
どういう展開になるか気になって仕方がないです、続き楽しみに待っています

410 名無しさん :2018/10/14(日) 22:16:00 ID:WUWbCklM0
投稿お疲れ様です
>「まず初めに───この宇宙は、主に『三つの層』から成り立っているの」
よもやここで霊夢も言っていた物理・心理・記憶の層の理論がでてくるとは…

411 名無しさん :2018/10/16(火) 19:24:30 ID:Id1vJPcY0
投稿お疲れ様です
バトルの決着が参加者の生死に直結しそうなものばかりでどれも続きが読みたいッ

412 名無しさん :2018/10/19(金) 22:30:34 ID:SbNRb2DY0
投稿お疲れ様です
DIOと柱の男の初激突。どのような決着を迎えるだろうか

413 名無しさん :2018/10/23(火) 21:09:41 ID:PtMgM8Cs0
今、サンタナが熱い




……………………元々熱風だけど

414 名無しさん :2018/11/07(水) 19:15:04 ID:ZnWljzA60
進行ペースに目標を立てた方がいいんじゃあないか?

415 名無しさん :2018/11/08(木) 11:47:16 ID:UzwY.sTI0
>>414
黙って待つってのができねぇのかテメエはよォ〜

416 ◆qSXL3X4ics :2018/11/20(火) 03:53:34 ID:mCm9debw0
予定していた長さを大幅に超えてしまい、次で終わりだと宣言した矢先で本当に申し訳ないのですが、あと一度分割させた方が良いと判断しました。
本文の方はあらかた終えていますが、一先ずという形で投下します。

417 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 03:57:26 ID:mCm9debw0
『DIO』
【午後 15:54】C-3 紅魔館 地下大図書館


 “変わった”

 火色の後ろ髪を目まぐるしく逆巻かせたサンタナの新形態を目撃し、DIOは実感と共に冷静な解析を終えた。無論、今までとは明らかに毛色の異なる奴の風貌を指しての印象でもあるが。
 特段と“変わった”部分は、見た目以上に戦闘への器用さだ。


「鬼人『メキシコから吹く熱風』」


 二桁にも上ろうかという数の爆炎が、形を保ちながら火矢の如く揃えて撃ち出された。
 大衆の喝采と何ら違わない喧しい音色を放出させつつ、弧を描いて一斉に射られた炸裂花火は、『世界』のみでカバー出来る範疇を追い越した。
 横に広がった弾幕は、DIOが誇る無敵の矛と盾を悠然と抜き去り、その本体の心臓を捉えて飛ぶ。

「ムンッ!」

 吸血鬼の動体視力と跳躍力で、その身に迫る全ての高温弾幕が空を切り、散った。床を蹴り上げ宙を駆け。デカい図体を掲げる重力の次なる足場は、壁。
 DIOは図書館の壁に“立ち”、地上からこちらを見上げる鬼人を忌々しげに見下ろした。

 戦闘への器用さ。つまりはあの形態、サンタナのパフォーマンスの幅が格段に増幅したことに繋がる。奴が『鬼』の流法とやらに転化した瞬間、颯爽と弾幕が飛び交うようになってきたのだ。
 以前までの闘牛を相手取る様に一辺倒とした近接戦から、ミドルレンジの遠距離武器が加わった。ただのそれだけで、攻撃の応用というものは恐ろしいくらいにバリエーションが富む。
 グーしか出さない相手がパーの札を手にした様なもの。こちらがパーを出し続ける限りまず負けは無いが、リスクを避けた無毒の駆け引きで白星を期待出来るほど安い相手ではなさそうだ。
 冷や汗をかこうが危険を顧みず、時にはバクチに打って出て、駒に頼らず王自ら敵を捻り潰す。

 それこそが『真の戦闘』だ。

(だが……それは『一か八か』ではない。オレの求める『天国』に、運任せは必要ない)

 この世で唯一の帝王たるDIOが望む、この世で最大の力。
 まさにそれが───『引力』と呼ぶに相応しい、千万無量の絶大なるパワー。
 賽の目で『六』を望めば『六』が現れるような、不確定の未来すらも自身の決定に引き寄せられるほどの圧倒的な引力。
 万物の理すらも味方にし、不都合な運命を叩き潰す事こそが、男が到達すべき理想郷であった。


「サンタナ。君は何故、その形態を手にするに至った?」


 壁へと直立不動したままの状態で、こちらを見上げる鬼人に問い掛ける。
 サンタナは黙して語らず。元々饒舌な生き物では無かったが、意図して沈黙を貫いている──というより、DIOとの会話を避けているように見えた。
 この無愛想な態度にDIOは不服を覚える。一方的に喧嘩を仕掛けられ、意思の疎通すら拒絶されるとは。幻想郷の異変解決においてはよく見られる光景であるが、何かしらの戦う理由が聞きたい所だ。白蓮に対して、DIOが探ったように。

 しかし男は先程、彼なりの答えを既に示している。
 サンタナが、サンタナにとって必要なモノを取り返す為……と。
 DIOはじっくりと襲撃者を観察する。睨め付けるように覗き、心の隙間に手を差し込むのだ。
 相手が放った数少ない言葉や挙動から推察し、逆に何故押し黙ろうとするかも仮説を立ててみよう。


「私が石仮面により吸血鬼の力を願った理由とは、『必要』であったからだ。相応の力を手にするには、秤の釣り合う理由が必要となる。リスクもな」


 DIOの言葉に耳を貸そうともしないサンタナが、傍に立つ本棚へ手を掛けた。大容量に貯蔵する書物の数々を含め、それは相当の重量を占めていると一目に分かる物であるが。
 丹念に床へ固定された巨大な本棚は戒めごと外され、鬼人の腕力により軽々と持ち上げられる。紅魔の魔女が後生大事に蓄えてきた由緒ある本たちが、バラバラと派手な音を立てて舞い落ちない内に、

 ───壁に立つDIOに向かって、棚ごとブン投げた。

418 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 03:59:07 ID:mCm9debw0


「力とはとどのつまり、『勝利』する為に得るものだ。君のその『鬼』のような異形も発端は同じなのだろう?」


 目前に迫る巨大な塊を、何一つ狼狽えること無く『世界』の拳で爆ぜらせる。一点から粉砕された本棚は敵への突進力を失い、無惨にも無数の木片と化した。
 代わりに、本棚の内臓を担う書物たちは一斉に吐き出され、埃の煙幕に紛れながら辺りに飛び舞う。
 敵の狙いがコンマ数秒ほどの撹乱・目潰しだとDIOが悟った時、地上からこちらを見上げていたサンタナの姿は既に消失していた。


「君は恐らく……孤独だった。
 何も与えられず、何も得られず。
 そこに不満を覚えていた嘗ても、過去の幻像。
 気が付けば君は〝善〟も〝悪〟も持たない……〝無〟の兵となっていた。
 その感情の起伏の薄さを眺めれば理解出来るさ」


 夥しい数の書巻、洋書、文献、図鑑、教材、禁書……書という書が、視界を埋め尽くす弾幕と化してDIOへと降り注いだ。
 子供がオモチャ箱をひっくり返したように雑な投擲。それ自体に攻撃能力はさほど無い。従って、本の雨あられなど気に留める必要ナシ。
 敵の動きのみに集中したDIOの視界では、周囲がスローモーションの様に緩慢となって見えている。
 ゆっくりと、疎らに飛び交う本と本の隙間。煙幕の奥が点滅と同時に光り、揺らめいた。
 またもや炎の弾幕。自分の位置を誤魔化す狙いか、一箇所からでなく数点から撃たれた火炎は、宙に舞う書物達を食い散らかしながらDIOへと迫る。


「人間を。或いは吸血鬼を。
 狩っては喰い、狩っては喰い……空腹を満たす為だけの、虚空の人生。
 腹に溜まるのは枯れた肉と、無味の糧。
 空虚と孤独に押しやられ、いつしか君は渇望する事すら忘れてしまった空蝉へと堕ちた」


 DIOは炎が苦手である。
 それは吸血鬼の体といえど熱には……という話でなく、彼の過去──三度経験した敗戦の記憶に『炎』が大きく絡んでいるから。
 だからではないが、男はまずこの火炎の回避に専念した。まだまだ稚拙と言える炎の弾幕は、集中力を欠かずに挑めたDIOによって完璧に見切られてしまう。
 重力に反発する全身を強引に動かしているにも関わらず、固い壁の上をスイスイと歩き回るDIOの足捌きは流麗の一言に尽きた。
 スケートリンクを舞う氷精。男にとってのリンクが氷上でなく壁上だということを差し置かずとも、その所作一つ一つには美しさすら感じ取れるほどだ。
 当然、付け焼き刃で得た弾幕などDIOには欠片も掠る筈はなく。火の粉が燃え移り、赤々と熱を吹く蔵書の数々を生み出すだけというあられもない結果となった。


 瞬間、DIOの目の前にサンタナの『左腕』が現れる。
 目の前に飛んで来たのは奴の腕のみで、本体は見当たらない。肉体を分裂させただけの実に浅い策だ。
 スタンドを前へと回らせ、叩き落とそうと構えるも。
 遠隔操作された片腕の中から先程と同じように『刃物』が突然飛び出し、『世界』の心臓を狙った。
 この武器──緋想の剣はスタンド貫通の威力を誇る、一癖ある得物だ。叩き落としから真剣白刃取りへと瞬時にして対応を変えたDIOは、妖しく輝く切っ先を紙一重で止めることに成功する。


「しかし君は今日。
 おそらく生まれて初めて、“得る為”の戦いに身を焦がそうとしている。
 大花火を上げる筒の導火線は、既に着火されているようだ」


 不可思議な事が起こった。
 煙に紛れていた鬼人の殺気がなんの脈絡もなく、DIOの背後に唐突として萃まったのである。

 背中に、奴が居る。

 しかし解せない。目潰しの撹乱に若干気を取られてはいたが、地上に立っていたサンタナがこの一瞬で背後に回った事に気付かぬほど集中は欠いていない。
 振り返る暇など与えてくれるわけが無い。『世界』もDIOの前方におり、咄嗟の対応は不可能。隙丸出しとなった吸血鬼の首を掻っ切る非情の一撃が、背後より穿たれる。

 ───が、そこにあった筈のDIOの首は、既に影も形も消え失せている。

 まただ。この予兆無しの動きが、鬼人の決定的な一撃を必ず虚空へ逸らしてくる。
 絶好の好機をまたも外したサンタナは、DIOがやる様に足首を壁に突き刺して固定し、焦る心中のままに敵の姿を探した。

419 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:01:38 ID:mCm9debw0


「未だ味わった試しの無い『勝利』の味に酔うが為に……このDIOへと挑んだのではないかな? いや、そうである筈だ。
 私に勝つ為、ではない。茫漠とした君自身の『運命』へと勝つ為に、だよ。
 全てを終えた後に呑む美酒は、さぞや美味いだろう。尤も、私は酔いどれが大嫌いだがね」


 無性に響く声の主は背後や頭上の死角からでなく、遥か前方でこれみよがしに腕を組んでいた。
 壁に立つDIOとサンタナの視線が、10メートルの距離を跨いでぶつかる。

 ───ナメられている。

 幾度も訪れた、勝負を決するチャンスを一向に突き詰めようとしないDIOに対し、サンタナが身を震わせるのはごく自然な感情であった。
 サンタナはワムウの様に、闘いに礼儀や美風を持ち込む気質ではないが、此方が一世一代の大勝負を仕掛けているのに対し、DIOはと言えば不遜な態度で邪険にしマトモに取り組もうとすらしていない。

 サンタナの苛立ちは募る一方である。

 この10メートルという距離は今までの戦闘間合いから言って、奴のスタンド『世界』の影響範囲外である事までは学習している。
 加えて鬼の流法には弾幕がある。奴を相手取るなら、この区間を維持していれば一先ずは脅威とはならない。


「人が成長するにあたって、勝利することは限りなく重要だ。
 しかし、それ以上に『敗北』が人を根源的に強くするファクターとなる。
 君は今日だけで果たして何度敗北した?
 奈落に堕ち、這い上がった分だけ確実に強くなっている筈だ」


 吸血鬼の頭が後方にククッ……と仰け反った。
 距離を開けたまま訝しむサンタナ。何かする気なのだと、身構えた瞬間……


 ───DIOの唯一開かれている右眼から、凄まじい速度の光線が射出された。


 眼球から圧縮された体液を超高速で撃ち出し、敵を貫く特技。帝王はかつてこの技を生涯唯一の“好敵手”に放ち、殺害に成功している。
 後に別の吸血鬼から『空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)』と名付けられたこの技を男が使用したのは、実に100年前の闘い以来であった。
 一見すれば強力無比な遠距離技であるが、スタンド戦においてはそうとも限らない事が、この技の使用をDIOが躊躇していた理由である。
 連発は不可能であるし生み出す隙も少なくない。殺傷力こそ抜群だが、スタンド相手には容易く防がれる……という諸々の点で、まだ銃を携帯した方がマシだという結論に至ったのだ。

 しかし相手にスタンドという盾が備わっていない場合でなら、この技も大きく有効だ。


「君は初め、自分の名を大きく叫んだ。その名乗りには、きっと深い意味があるのだろうね。
 名前には言霊という不思議な魔力が宿るのだから」


 果たしてDIOが不意打ちで披露した空裂眼刺驚は、10メートル先の壁に立つサンタナの脳を見事粉微塵とさせた。
 光線はそれだけに留まらず、彼が立ち止まっていた壁や柱も纏めて斜めに切断し、図書館ごと真っ二つにしかねない程の巨大な亀裂を入れた程だ。

 それほどの破壊を叩き込まれても、サンタナの身体はそこから崩れ落ちずにいた。
 違う。粉砕したと思っていた鬼人の頭部は、内部から炸裂するように肉片ごと霧散させ、光線を直前で躱していた……というのが真実であった。
 闇の一族の特徴として、骨肉をも畳むレベルの異様な肉体変化があるが、今サンタナが見せた霧散は肉体変化どころの技ではない。
 もはや『霧』と化す領域にまで身体を分解させている。あれでは攻撃など当たらない筈だ。

420 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:02:34 ID:mCm9debw0


「何だろうな…………そう、なんと言うか。
 君は『面白い』人材かもしれない。凄く……面白いよ。
 空っぽだったが故にか、吸収するのも早そうだ。
 いや……物事を、という意味で、物理的な食事の方の意味ではない」


 頭部を霧化させ、攻撃を回避したサンタナが。
 今度は体全体をも霧状とさせ、そこから消えた。
 先程、DIOの背後を容易に取れた手段も同じ技によるものだろう。
 あれも『鬼の流法』とやらの恩恵か? 以前よりも輪をかけて変則的だ。
 滅多に披露しない必殺技を躱されたにも関わらず、帝王は感心するように唇を吊り上げる。

 瞬間、霧状となった鬼人が猛烈な勢いで突っ込んで来る。
 ただの回避に終わらず、そのまま移動・攻撃に繋げられる幅広い形態は脅威の一言だ。速度も充分に伴っている。
 迎え撃たせた『世界』は、当然の様にすり抜けられてしまう。勿論狙うは、DIO本体への絶望的な一撃だろう。

 ヒットの直前、霧が集結して人型へと戻った。
 鬼人の構えはシンプルにして強大。

 ───握り締めた右拳を一瞬、DIOの体躯並に巨大化させ、殴り抜けるという暴虐だ。

 どこぞの波紋使いは『ズームパンチ』などという、関節を外して腕を伸ばすように見せかけて殴る子供騙しを好んでいたが。
 目の前のこれは錯覚ではなく、実際に拳が巨大になっている。受ければ重傷は免れそうにないが、そもそもパワー以前にこのサイズの皮膚と接触すれば全身を捕食されかねない。

 さて。カラクリは何だ?
 先の霧状化といい、体積をこれ程まで極端に増減させる事は人体の理屈に合わない。風船ではあるまいし。
 吸血鬼というよりは、どちらかと言えばスタンド使いや妖怪じみた『種』がありそうだ。

 仮説を立ててみた……が、まずは避けなければ。
 いや。身を捻って躱すまでもない。


 これまでの中で、最も巨大な爆破音が空間を歪ませた。鬼人がその規格外なパワーで『壁』を殴りつけ、大穴を開けた振動音だ。
 生物に命中したならば、ミンチと同時に一瞬にて取り込まれる凶暴さ。『鬼喰らい』と称すべき、恐ろしき攻撃。

 ───サンタナの拳は、壁になど打った覚えはない。目の前に居たはずのDIOは消え、代わりに身代わりとなったのは部屋の壁である。
 今度はDIOが避けた訳ではない。拳を打ったサンタナ自身が何故か位置を変え、標的を別の対象へと移された。

 やはり奴のスタンド……瞬間移動などではない。
 まるで───世界を支配するかの如く、自由自在にこの空間を捻じ曲げているみたいだ。


 パチ パチ パチ パチ パチ……


 背後から、耳に障る拍手の音が届いた。
 振り返ることすら億劫だ。だが、いつまでも無残な姿へと変貌した壁の穴など眺めていても仕方ない。
 諦めるようにしてサンタナは、音のする方向へと首を曲げる。


「いやいやいや。やはりだ……やはり君は面白い」


 余裕のままに君臨する帝王の姿。
 相も変わらず、サンタナに対し殺意を向けようとしない。

421 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:03:20 ID:mCm9debw0


「パワーも然ることながら、そうまでして私を喰い殺そうとしてくる『執念』に感服したよ。
 この“白熱の攻防”で、君の想いの根源も何となく理解してきた。あまりに純粋な渇望だ」


 今や完全に遊ばれている。鬼の流法をしても、根本的に次元が違う。
 成程、改めて理解した。スタンド戦というものは、単なるパワーの強弱で勝負が決するものでは無いという事を。


「だがサンタナ。君は『不運』だ。恐らく、仲間や主従に長らく恵まれていなかった。
 君の持つ潜在能力を効率よく引き出してくれる指導者に、出会えなかった。嘆かわしい事だ」


 どう倒せば良いのか。
 今のままのサンタナでは、解を導き出すことは不可能とすら思えた。
 マトモな取っ組み合いでは自分に分のある相手。敵もそれを理解しているからこそ、マトモには組み合わない。


 では、どうすれば。


「だが、それも今までの話。
 私ならばその不安を解消してあげられる」


 どうすれば、この吸血鬼を倒せる。

 どうすれば……ッ





「───私の『仲間』にならないか? 〝サンタナ〟」





「ふざけるなッッ!!!!」





 ここが限界だった。
 今まで敵の言葉に返答の意思すら見せなかったのは、会話したくなかったからだ。
 言葉を交わしていれば……自分の中の何かが変えられてしまう。DIOが吐き出す言葉には、そんな魔性の魅力があったのだから。
 敢えて無視し続け、暴流に身を任せる。これが最も自分を傷付けない、最良の近道だと思い込もうとしていたからだ。

 だが──────


「さっきから聞いていれば、ごちゃごちゃと上から目線で……!」
「おや、嬉しい言葉だ。てっきり私の語り掛けは、全て右耳から左耳へすっぽ抜けているものかと諦め掛けていた頃なんでね」


 既にDIOはスタンドすら解除し、サンタナと友好的な関係でも築こうとしているのか、無警戒に歩み寄ってくる。
 その態度も、その言葉も、全てがクソに寄り付く蝿のように鬱陶しい。奴の一挙手一投足が、何もかも苛立たしかった。
 今まで誰にも……それこそ本人にすら不明であった心の内に、土足で上がり込んで来るこの男がサンタナは嫌いだった。他者に対し、こんなにも明確な嫌悪感を抱いたのも初めての事だ。
 これを良い兆候と捉えるか、悪い兆候と捉えるか。その判断を下すに足る人生経験が、サンタナには不足している。


「……ッ、オレは……DIOッ! 貴様を殺しに来たのだッ! これ以上ふざけた事をくっ喋るな!!」
「それは違う。君は私を殺しに来たのではない。運命へ『勝ち』に来たのだ。
 蔑まれ、奈落に転がる自分の運命を覆す、ただ一つの勝利を得る為にここへ来た。
 私を殺すというのは単なる一つの手段に過ぎない」


 どこまで。
 この男は、どこまでオレの心を覗くのだ……!
 何故……オレを『理解』しようとする!?
 どうしてオレを『仲間』に欲しいなどとぬかせる!?
 そんな言葉は、同胞からすらも掛けられた試しがない……!


「一つの手段? 違うッ!
 オレに残された手段は、最早それしかないのだッ!
 ここで貴様を殺し、主から認められるッ!
 そうしてオレはもう一度、証明しなければ───」

「───私なら」


 猛る声を遮るようにして、DIOが。
 とうとうオレの眼前にまで歩み、足を止めた。


「私なら……君が再び『在るべき場所』へ返り咲く手段を、きっと用意できるだろう」


 伸ばされる腕は、友好の証。
 握り合う掌は、信頼の証。
 だとするなら。
 オレは目の前に差し出された、裸の腕を───

422 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:04:34 ID:mCm9debw0







「ほざくな。誰が吸血鬼の下なんぞに」


 払い除けた。

 DIOの腕に殺気の類は込められていなかった。
 不意を打って殴りつけても良かったし、握り返すフリをして喰えば全て丸く収まったろう。
 どういうわけか、それを行う気になれなかった。

「下、か。別に侍らせるつもりは無かったが」
「同じ事だ。たかが吸血鬼にオレの心は理解出来ん」
「究極的にはそうかもしれないがね」

 開き直った様子でDIOは払われた掌を引っ込め、やれやれと軽く首を振った。
 こうなる事はあたかも予想していた、とばかりに半笑いを作りながら。

「個人の抱える葛藤や痛みは、所詮他人とは共有出来ない。
 だが『干渉』し、和らげる事は出来る。君はそれを望まないかもしれないが」

 当然だ。相手が敵なら尚更の事。
 虫酸の走る輩だ。体の良い話を建前に置きながら、本音ではオレを使う気満々の癖して。

「お前がオレのメンタリストになるとでも? ……馬鹿馬鹿しい」
「いや。その様子なら君には言葉など必要無いだろう。だがこれもまた『引力』かな。偶然にも君と似たような境遇に陥った者がいる。私も先程少し話しただけだがね。
 白状してしまうと、彼女との会話を済ましていたからこそ、君の背後にある『闇』をある程度予想出来たに過ぎないのだよ。人と人の共通点ってヤツだ」
「…………関係、ない」

 そうだ。コイツが何を話そうと、誰と引き合わせようと。
 関係などあるか。オレはこの男を殺しにここまで来たのだから。


 ───だが、毒気を抜かれた。


「おや。鬼の流法とやらは終いかい?」
「……興が削がれた」

 ワムウみたいな台詞を吐く。切羽詰まった状況を顧みれば、興などで動く訳が無いというのに。
 流法が解かれ、ドっとのしかかる重みを内身に隠しながらDIOへ背を向ける。
 やはり持続時間は長くない。コイツにマトモに闘う気がない以上、これ以上は不毛だった。

 だが、背を向けてどうする。
 今やオレ自身、先程までの昂りが嘘のように静まり返っている。焼け石に冷水を、掛けられすぎた。

「お帰りかね」
「……お前の顔を、見たくない」
「世知辛い事だ。戻る場所があるのなら止めはしないが」

 痛い所を突く奴だ。分かってて言っているのだろう。
 そうまでして、オレを引き止めたいか。
 〝サンタナ〟の価値を、他の誰でもない……こんな吸血鬼なんぞに見定められる、など。

「君さえ良ければだが、会って欲しい人材がこちらにもいる」
「……オレに、大人しく応じろと?」
「好きにすればいい。気に入らないようなら喰っていいし、力は全く以て脆弱な少女だ」
「さっき言ってた奴か? 毒にも薬にもなりそうにないが、オレに何のメリットがある」
「少なくとも、君はこのままノコノコ戻る訳にもいかないんじゃあないかな?
 会って君がどう感じるかなど誰にも分からないし、ならばメリットが無いとも言い切れない。意地の悪い方便の様で、少しズルい言い方かもしれんがね」

 方便、というのは言い得て妙かもしれない。
 DIOという男は、方便で相手を絡み取り、望むがままの道にまで誘い込むようなタチの悪い芸達者だという事がよく分かった。
 こと今のオレにとっては最悪の相性だ。

 さて。この申し出をオレはどう受け取るべきなのだ?
 正直、揺れている自分がいること自体に驚愕せざるを得ない。
 コイツは我々からすれば舐め腐った傲慢さだが、皮肉にも今のオレはそういった誇り高いプライドを失った、謂わばマイナスの立場だ。

 だからこそ、言葉に揺さぶられる。
 だからこそ、心中では無視できずにいる。
 オレの精神が弱いという、何よりの証明だ。


「……少し、ここで頭を冷やす。
 そいつをとっとと連れて来い」


 出した結論は、身を任せる事であった。
 なるように、なれ。そんな身も蓋もなく出たとこ勝負の、受動的な成り行きに。
 しかしそれは決して従来みたいに主体性を持たず、無心が儘……という意味ではない。
 己に芽生えた確固たる意志が、自分から急流に身を投げたのだ。端から何も思考を産まず、ただ河の底で蹲るだけだった今までとは異なる考え方だった。

「嬉しいよ。彼女の方も、君とは多少『縁』がありそうでね」
「何だっていい。オレはオレのやりたいようにやらせてもらう」

 すっかり肩も透かされ、オレはドスンとその場へ胡座をかいた。
 DIOの側もやはり害意は無いのか、はたまた本気の本気でオレを誘う腹積もりなのか。乱れた衣服を几帳面に正し、脱ぎ捨てられていた黄のマントを肩へ掛けてこの場を気障に離れる。

423 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:07:07 ID:mCm9debw0


「おっと、そう言えば……?」


 出入口に足を向けていたDIOが、唐突に振り返った。
 なるべくならコイツの言葉をこれ以上耳に入れたくないのも事実なので、オレも心底気だるげな表情で視線を返す。

「一つだけ、聞きたい事柄があったのを思い出した」
「……?」
「先程の戦闘で君が見せた、身体を霧状に分散させる技。アレは元々君の持つ能力か何かか?
 無粋だが、気になった事があれば“昼”も眠れないタチでね。種明かしをお願いしたいのだよ」

 何かと思えば、そんな事。
 あの技は夢中で“再現”したものだが、以前のオレでは到底真似できない芸当だ。他の同胞であろうと、同じく。

「……能力の種明かしを望むのはお互い様だろう。答える義務がオレにあるのか?」
「フフ……すっかり嫌われ者か。まあ、拒否して当然。誰しも手の内など知られたくはないからな」

 そうとも。それが知れれば誰もこんな苦労などしていない。

「だから少し、推察してみた」
「お得意の当てずっぽうか」
「そう言うなよ。自説をひけらかすのも私の趣味みたいなものだ」

 この余裕がオレとDIOの違いなのだろうか。早くも友達気分でいるのか、DIOは床にバラ撒かれた古本を興味無げに拾い上げ、実に適当に中身を開きながら颯爽と自説とやらを語っていく。

「私たち吸血鬼も肉体をバラバラにされた程度なら本来は再生できる。
 その応用で君は細胞をマイクロレベルにまで分解させ、大気中にて再構成させた」
「口で言うなら簡単だな」
「無論、簡単どころの話ではない。が……幻想郷にはかつて、それが出来る『鬼』が居たようだ」

 驚きを通り越して、呆れてくる。
 どうしてDIOがあの小鬼を知っているかはどうでもいいが、その博識さがあの異様な分析力に磨きをかけているらしい。

 密と疎を操る程度の力。
 闇の一族の持つ能力と、奴を取り込んで得た莫大な妖力を掛け合わせて構築した、簡易版能力と言った所か。
 再生力に関して異常な力を発揮する我々の力は、小鬼の操る『分散』と『集合』の能力とは非常に相性が良かったらしい。
 悔しいがDIOの予測は殆ど正解だ。霧状になったり、一部分を巨大化させる能力は、闇の一族の力の延長線に過ぎない。
 あの小娘から得た力が、それらを助長し発展させたのだ。これで尚、未完成な所は自覚もしているが。

 人は幻想に干渉され、現実を形作る。
 あの本に綴られていた理が、此処ではオレに味方した……といった所か。

「サンタナ。君は恐らく、まだまだ伸びる。渇きとは、人を無際限に強くするものだからね」

 男が背中越しに語る言葉は、馬齢を重ねただけのオレよりも遥かに豊富で重厚な歳月を生きた……老練家を思わせるアドバイス。
 しかし半端に残った種としての矜恃が、奴の言葉など真に受けまいと腹の奥でもがいている。
 それはそうだろう。少なくとも以前のオレならば耳を傾けることなく、空の心を揺すぶられる事なく一蹴していた。

「……オレの主は、お前ではない。カーズ様だ」
「君の渇望から生まれた『性』は、そんな形だけを取り繕った忠義で慰められるのか?」

 主の名を出すオレの声色に含まれた、ほんの些細な機微でも感じ取ったのか。
 オレの、主たちへ捧ぐ忠義心が、体裁を守るだけの荒廃した忠義だという事にDIOは気付いてしまっている。

「埋められん。ひとたび遠のいた威光を再び手にするには途方もない努力と、チャンスを懐に引き寄せる『引力』が必要なのだ」

 DIOは。
 オレにとってのカーズの立場に、なり変わろうとでもしているのか。

「私はただただ……君を惜しいと思う。
 この先を決めるのは君自身だが、私とて頼りになる『仲間』が欲しい切迫した状況でね。出来るなら良い返事を期待しているよ」

 ……違う、らしい。
 オレを、オレの能力を、惜しいのだと。
 去り際に放った一言は、またしてもオレの心を誘う蜜の味を占めていた。


「では、また。件の少女には話を通しておこう。
 蓮子。……それと、青娥もだ。上に戻るぞ」

424 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:09:50 ID:mCm9debw0

 奴の部下らしき──戦闘に巻き込まれないよう端で備えていた黒帽子の女と、一体何処に潜んでいたのか、ヒラヒラの服装をした妖しげな女が上から降り、共にDIOに付き添って行った。
 奴にも部下がいる。そいつらは何故、DIOに従うのか。
 尊敬か。支配か。興味か。いずれにせよ、今のオレに理解出来よう筈もない。



 残ったのは、オレ独り。
 今までの喧騒が嘘のように、辺りは静まり返っている。


「───オレは、奴を殺しに来た……筈だったがな」


 醜態以外の何者でもないが、このまま撤退するのが無難だ。
 実際、一刻も早くここから去りたい気持ちで一杯だった。
 それを、やらない。気力が湧かない。
 何故か。
 DIOという男の魔力が、オレを捕らえて離さない。
 それは同時に……オレの未来から訪れる、また別のオレの姿が。
 ふとした時に、瞼の裏に浮かんでくるからなのかもしれない。


 火に飲まれ、半分が灰となった本が傍に落ちている事に気付いた。
 何となしにそれを手に取り、読める部分をパラパラと捲ってみても……内容は、全く頭に入ってこなかった。
 手持ち無沙汰と感じているのは、迷いが生じているからだ。


 オレは今、途方もない『選択』を強いられていた。


            ◆


「感心しないな、青娥。君にはメリーの護衛を命じた筈だったが」


 臆面もなくしゃあしゃあと背後を付いてくる邪仙の顔は屈託なくニヤニヤしたそれであり、彼女の良好な御機嫌が窺えた。
 その機嫌の根源など簡単に想像はつく。彼女の気質を考えれば、非常に心震わせる『見世物』をタダで観られたから、以外に無かろう。

「気付いておられたなんて、DIO様も一言言ってくだされば……。でもその点は本当にお詫びのしようがありませんわ。
 不肖、青娥娘々……居てもたってもいられず。気付けばその足は、一散に会場の陣取りへ泳ぎ出し。その手は、一心に貴方様への応援の鼓舞へ回り出し。
 ……あぁ、淑女としてお恥ずかしい限りです」

 言葉とは裏腹に、青娥の表情からはお恥ずかしさや申し訳なさ、必死さといった感情は見当たらず。ハッキリ言って癪に障るのだが、実のところ私は大して怒りなど抱いていない。

「元々、予想済みだったさ。君の軽薄な行動はね」
「まあ、人が悪いですわ。……と言っても“そうだろう”と私自身思ったからこそ、こうして堂々と抜け出たんですけども。
 ───メリーちゃんと八雲紫。あの二人を、会わせてみたかったのでしょう?」

 邪仙の胡散臭い笑顔が、一層影を増して黒ばむ。やはりこの女は相当に鋭いようだ。普段の奔放とする姿も偽りではなかろうが、腹に一物二物抱えた曲者である事を再認識出来た。
 部下としては正の部分も負の部分も持ち合わせる、組織を掻き混ぜるタイプのイレギュラーだ。そこがまた、彼女独自の素晴らしさだとも思うが。
 なので青娥の命令違反に関しては咎などあろう筈もない。そんな事よりも遥かに重要な計画がある。

 メリーと八雲紫を会わせる。
 それこそが私の目的の一つであり、眠りについたメリーを一旦は手元から離した理由だ。
 ディエゴの支配から解き放たれた八雲紫は、きっとメリーの奪還に戻ってくる。思ったより随分早い帰還ではあったものの、私の予想はズバリ的中したようだ。
 奪還の際、私が傍に居たのでは向こうも警戒を敷いてくるであろう事も踏まえ、敢えて部屋に置いてきた。青娥を護衛に命じたのは一応の体裁であり、興奮した彼女がすぐさま護衛対象を放置して来ることも計算済みだ。
 まあ、私のその予想すらも邪仙が読んでいたことはやや慮外ではあったが。

「……理想としては、二人を会わせるのはメリーを支配下に置いた“後”の方が都合が良かったがな」
「紫ちゃんが館に戻ってくるタイミングが、想像より早すぎたという事ですね」

 既に肉の芽内部で二人が出会った以上、恐らくメリーの陥落自体は難しくなった。傍にいる八雲紫がそれをさせないだろう。
 が、それならそれで構わない。優先順位はあくまで、メリーの『真の能力』……その羽化にある。
 きっかけは恐らく、メリーと八雲紫の邂逅。二人が『一巡後』の関係という予想が正解ならば、この引力にはきっと意味がある。

425 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:11:01 ID:mCm9debw0


「───DIO様」


 後ろを歩く蓮子が、少々困惑気味といった様子で私に声を掛けた。言わんとする内容には予想も付くが。

「肉の芽の事だろう? 蓮子」
「はい。芽に侵入してきた相手は、八雲紫のようです。……申し上げにくいのですが、これでは今すぐメリーを堕とす事が困難になりました」

 蓮子の肉の芽の内部という事は、私の中という事でもある。初めにメリーと竹林で会話した記憶が私にもあるように、現在蓮子の肉の芽で何が起こったかは朧気ながら把握出来ている。
 と言っても、それは紫が現れた時点までだ。意識のみとはいえ彼女が見張る今、メリーとの間で何が起こっているかは私とて知る手段が無い。
 尤も、芽の中の『私の意識』を退かせたのは敢えてだ。全てはメリーの能力を円滑に引き出す為の舞台作り。彼女らにとって、私という観客すら邪魔者以外の何者でもなかろう。

「肉の芽の中で起こっている事柄については、流れに任せよう。定められた方向に反発するエネルギーというのは、気難しい運命からは排除されてしまいがちだからね」

 八雲紫は、メリーの覚醒に必要不可欠な要因であるのは間違いない。
 逆を言えば、紫の価値とはそれ以外に無い。長く生かしておけば、必ず大きな障害となる筈。


 早めの始末も、考えておかなければ。



「ところで〜。さっきDIO様が撃った『目ビーム』……隠れて見ていた私に危うく直撃しそうだったんですけど!」

 光線によって千切れたであろう羽衣の端を見せつけながら、青娥が不満げに頬を膨らませた。どうせ安物だろうに。
 もう10センチほど右を狙っていれば、そのお喋りな口ごと削ぎ落とせたろうか……と、私は冗談半分真剣半分に思いふけながら、プッチが待つ上への階段を登って行った。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
『聖白蓮』
【夕方 16:07】C-3 紅魔館 食堂


 神父服を纏った男が、無様に転がっていた。
 横転した椅子の背もたれ部に何とか肩を掛け、息も絶え絶えといった様子で睥睨する男の姿は、相対する白蓮から見れば滑稽には映らなかった。

 荒い呼吸が示す通り、彼は重傷を負っている。たった今、白蓮が痛め付けた傷だ。
 足を折られ、腕を折られ、アバラを折られ、とうとう立つこともままならない症状で口を動かす男の表情に浮かぶは、どういう訳だか不敵の色。
 白蓮の嗜虐心が今の満身創痍な神父を作った訳では決してない。免れなかった戦いの中、彼の殺意を伴った抵抗の結果として、男はこうして虫の息となっているに過ぎないのだから。

 容易に、とまでは言わないが、こうもあっさりと男が追い込まれたのは、プッチと白蓮の力量差を考えれば至極当たり前と言えた。
 邸内に身を潜ませながらの攻撃とはいえ、壁という壁を破壊しながら猛烈な勢いで本体を索敵する白蓮を止めるには、ホワイトスネイクでは過ぎた強敵である。
 猛追する白蛇をいなし、奥に長く伸びた食堂ホールに身を隠した神父を発見するのに、大した時間は掛からなかった。
 そうなってしまえば、均衡していたように見えた戦況など器から溢れ出した水の様に儚く、止め処無いものである。元々負傷も多かったプッチでは、結果として成す術もない。

 病院送りは確実である負傷と引き替えに神父が得た僅かな戦果と言えば、白蓮の体力と、取り分け厄介な得物『魔人経巻』の強奪くらいだ。
 割に合わない結果。

「……どうした。早く、やれ、よ……白蓮」

 だと言うに、男の苦し紛れに放った間際の台詞は、諦観や虚勢とは程遠い場所からの───挑発するような一言である。

「……その台詞は、私を試している……おつもりですか?」

 サーベル状に尖った独鈷を右手にぶら下げ、白蓮はプッチを見下ろしながらくたびれたように言う。
 魔人経巻を奪われた今、以前までの常識外れな速攻は発揮出来ない。攻撃の合間に詠唱を挟む必要があるからだ。
 が、それもこの戦況なら些事でしかない。右手の武器をプッチの胸へと、ケーキにナイフでも入れるようにストンと差し込めば、それだけで決着する。

「試す……? それは、違う。
 急かしている、だけさ。勝負は君の勝ち……だ」

 プッチは戦いの前に、こう言った。
 聖白蓮では私を殺すことは出来ない、と。

 確かに、白蓮は甘かった。
 それは彼女が戒律上、決して殺生を行わない人物である事をプッチが理解していた事も含まれるのだし、現にこうして彼女は未だにトドメを刺そうとしない。
 白蓮が本気でプッチを無力化させるつもりであれば、戒律など捨てて殺すべきである事も自分で理解出来ているだろうに。

 単に、決心の時間を要しているだけだろうか。
 又は、彼女に人殺しなどやはり荷が重いのか。
 どちらにせよ、と男は思う。
 こうなる未来も、初めから『覚悟』していた。
 だからこそ、プッチの顔には恐怖の片鱗すら浮かばない。

426 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:11:46 ID:mCm9debw0

「……ジョルノが、さっきから見当たらないな。
 息の根を止めるトドメだけは彼に任せようという魂胆ならば、聖女が聞いて呆れるが」

 気にはなっていた。一緒だったジョルノ・ジョバァーナの姿が無かったことに。
 隠れた陰から不意打ちの可能性も考えたが結局音沙汰は無いし、そもそもプッチにはジョルノの位置が『感知』出来る。すぐ近くには居ない事が分かっていた。
 今更彼の行方を尋ねたって無益な行為だ。女に叩きのめされ、録に動けぬ体たらくとなった今では。

「最初に申した筈です。私は……聖女でも何でもない、と」
「その、ようだ。……君はやはり、人を導くに足る覚悟を有していない」

 人が敗北する原因は……『恥』の為だ。
 人は恥の為に死ぬ。
 あの時ああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと……後悔する。
 恥の為に人は弱り果て、敗北していく。

 つまり。

「つまり……人は未来に起こる不幸や困難への『覚悟』を得る力を持たないから絶望し……死ぬのだ」

 荒い息を整えながら、白蓮がプッチの前に立った。
 手には独鈷。弱々しい魔力ながら、殺しには充分な威力を保った形状を漲らせる。
 見上げる神父の顔は……覚悟を決めていた。

「それは……貴方自身の体験談ですか? プッチ神父」

 後悔が人間を弱らせ、死なせる。
 ある町で神父に起こった悲劇は。
 確かな後悔を、青年へと齎した。

「そうでもある。しかし私のそれは、既に過去の話だ」

 一人の吸血鬼との出会いが、青年を後悔の呪縛から解き放った。
 天国。親友となった吸血鬼が呟いた其の場所に、いつからか神父は夢を見た。
 其処は、この世の全ての人間が『未来』を一度経験し、覚悟を得られる理想郷。

 加速する時の中……宇宙のループを経て元の場所へと帰り着く。
 予め予定されている未来。目指した場所とは、其処のこと。

 故に、今のプッチに後悔は無い。そう呼べる感情など、過去に置いてきた。
 妹を失った残酷な運命すら、神父を上へと押し上げる糧へと移り変わった。

「君には無いモノだ。過去を乗り越えられないままに迷う、未熟な君には……ね」

 まるで『勝利者』は、手も足も出せず立つ事すら出来ずにいる神父の方なのだと。
 まるで『敗北者』は、武器を振り上げ男の心臓を狙っている聖白蓮の方なのだと。

 悟ったように嘲る男の貌が、裏側に隠された真意を如実に表していた。

 恥、の為。
 後悔。
 聖白蓮には、振り払えるわけのない邪念がある。
 寅丸星への後悔が、未だ腹の底で疼く。
 神父が指しているのは、その事に違いなかった。
 曇ってしまった心眼が、白蓮の最後のラインを割らせる。

 命を、奪う。
 邪気も萎縮も漂わない、彼女の最後の覚悟。
 それは───
 『神父らを生かしては、きっとまた後悔する事になる』
 『無関係である穢れなき生命達が、消えてしまう』
 そんな未来を危惧し、自らの手を穢すことも厭わない覚悟。
 地獄にも堕ちてやらんとする覚悟が、泥のように重たらしい彼女の腕を動かした。

 この覚悟を固めた時点で、私は清らかではなくなってしまう。
 もう誰かを導く資格など、失ってしまう。
 それでも、と。
 邪心を持つ神父を止めるには、その生命の脈動をも止めるしかないと彼女は判断する。


 独鈷の切っ先が、神父の臓腑を穿つ寸前。
 男の額から、見覚えのある───煌めく『円盤』が半身を覗かせたのが、

 白蓮に、見えた。


 攻撃が、ほんの一瞬……緩む。



「やはり最後には、『ジョースター』が私に味方した」



 神父が邪悪にほくそ笑んだ。
 額から飛び出た『ジョナサンのDISC』を見せ付けながら。
 致命的な動揺を抑えきれなかった白蓮の額に、白蛇の牙が噛み付いた。


 戦いは終了した。
 女の両眼から、生命の灯火が尽きて。


            ◆

427 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:12:31 ID:mCm9debw0

『マエリベリー・ハーン』
【夕方 ??:??】?-? 荒廃した■■神社


「三つのUですか?」
「層ね。層。───『三つの層』よ」


 雨上がりに掛かる虹景色をバックに、紫さんはそう言った。聞き慣れない単語を耳にしたからか、私もつい変な返しをしてしまったけれど、紫さんは冷静に訂正を入れながら『この世の理』について語り始める。

「この世には──いえ、あの世にもだけど。『異界』と呼ばれる数多くの世界が存在しているの」

 異界。普通の人間ならばそんな言葉を聞いた所で、変な顔となるか、一笑にふせるのかもしれない。
 勿論、我が秘封倶楽部はその限りではない。
 私にとっては、特に。

「冥界、地獄、天界……といった具合にね。そして異界には何らかの特殊な条件か力が無いと行き来出来ない。
 さて。貴方にも身に覚えがあるんじゃないかしら?」

 それは、日常の中に隠れる非日常。
 別の言葉では『結界』とも。

「貴方は過去に幻想郷を訪れている。それも何度か。幻想郷は、貴方にとっての『異界』となるわけね」

 紫さんの言う通り、私は自分の能力によって幻想郷に赴いたことがある。
 いえ、あの時は其処が幻想郷だなんて知る由もなかったかもしれない。ただ元の世界とはちょっぴりだけ違う場所の不思議な土地、程度の認識だったと思う。
 そんな体験があるからか、紫さんの話は特に引っ掛かる事なくスムーズに受け入れられている。
 少なくとも、ここまでは。


「ここからの内容は……マエリベリー。
 ───物凄く『重要』な話になる。心して聞きなさい」


 そう前置きする紫さんの顔つきが、僅かにシリアスなものへと澄まされる。
 思わずゴクリと唾を飲んでしまった。この人はユーモアも備えた多様な女性であったから、そのギャップに余計に空気が強ばる。


「この世界は三つの層から成り立つ。
 まず、生き物や道具などがある物理法則に則って動く『物理の層』よ」


 曰く、物体が地面に向かって落下したり、河の水が流れたりするのがこの層だと。
 万物が万物たる所以。私たち人類は永い時間を掛けて、この物理法則と呼ばれる真理を解明してきた。そしてそれらの探究は、これからもずっと続くのだろう。


「二つ目は『心理の層』。心の動きや、魔法や妖術などがこの層に位置付けされる」


 曰く、嫌な相手に会って気分を害したり、宴会を開いてわだかまりを解いたりするのがこの層だと。
 先程の物理の層とは真逆で、こっちは精神的な働きで構成される世界らしい。未解明の領域という意味では、物理の層と然して変わらない。私からすれば目に映らない分、心理の層の方がミステリアスな域の様に思える。

「大抵の妖怪はこの『物理の層』と『心理の層』の理だけで世界を捉えているから、歴史が繰り返したり、未来が予定されているといった戯れ言を言うものよ」
「歴史が……繰り返す?」

 何気なく述べられた“歴史が繰り返す”という言葉に、私は多少引っ掛かりを覚えた。その疑問を解消するべく、紫さんは自らの説明に補佐を加えながらフォローしていく。

 曰く、ご存知の通り(それほどご存知でもないのだけど)妖怪とは長命な生き物。永き寿命を生きる彼らからしてみれば、人間の百年にも満たない活動は、生まれてから死ぬまで同じ事を延々繰り返している様に見えるのだと。
 付け加えるなら、人間の人生がある一点の時期にまで辿り着くと、そこを起点にして再び過去と似たような行動を繰り返し始める。
 生まれて十年、三十年、六十年目といった一定の周期を迎え、記憶の糸は一旦途絶える。彼らの歴史は巻き戻り、再び同じ様な行動を始めてしまう──様に見えてしまうらしいのだった。妖怪達からの視点では。
 よく『歴史は繰り返す』といった言葉を聞く。私の中のイメージだと、その手の言葉を使うのは頭髪もすっかり薄れ立派な白髭をたくわえた、村の長老といった肩書きがよく似合うヨボヨボのお爺さんだ。
 永い時を生きた者からすれば、確かに人間の歴史なんて繰り返しループされている様に見えるのかもしれない。
 紫さんが語る話は、つまりはそういう人と妖の視点の違いから覗いた世界の片側を指していた。

「勿論それは真理ではない。あくまで妖怪側から覗いた、人類の歴史の一側面というだけ。
 実際は違うわ。未来が予定されていて、人々がループを繰り返しているなんて事象は“有り得ない”のよ」

 ハッキリとした否定。そんなワケがあるものかといった具合に、紫さんは凛として紡いだ。
 その理由というのが───

428 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:13:55 ID:mCm9debw0


「三つ目の世界の層。それが『記憶の層』。
 この層の働きこそが、世界のループを拒んでいるの」


 曰く、万物が出来事を覚えるのがこの層だと。
 これは今まで出てきた二つの層と違い、ピンとは来ない。『物理』と『心理』は人間のごく身近な環境に確固として漂う理だけども、三つ目の『記憶』とは果たしてどういう事なのか?
 流石の私も首を捻りながらクエスチョンマークを頭上に浮かべると、紫さんは何処からともなく(本当に何処から?)正四角形の物体を一個、取り出して見せた。

「何ですか、それ?」
「見ての通り、賽子よ。極々普通で、種も仕掛けもございません」

 どちらかと言えば賽子本体より、何処にあった物なのかが気になるのだけど、ここは『夢』の世界のようなもの。ただ念じれば具現化出来るのだとすれば、種も仕掛けもないのは本当だろう。気にしたら負けなんだ、きっと。

「例えば、この賽子を一回振って『一』が出たとします」

 紫さんは袖を抑えながら屈み、手に持つ賽子を石段の上へと軽く落としてみせた。
 出た目は……『一』。偶然か必然か、宣言された目の数とピタリ一致。

「それではマエリベリー。質問よ。
 もう一度この賽子を全く『同じ条件』で振ると、賽の目はどうなると思う?」

 付加された条件とは『賽子の初期条件を前回と完全に一致させたなら』という内容。
 つまり位置、角度、力の入れ具合も全く一緒にするという条件で再び振ると、賽子はどうなるという問い掛けだ。
 私は凡そ直感で問題に答えることにした。

「前回と同じ目になる、ですか?」

 別段、おかしな解答にはなっていないと思う。合理的に考えれば、そうなったって何の不思議もない。

「なるほど。じゃあ、試してみましょう。これからさっきと全く同じ条件で、この賽子を振ります」

 ふわりと紫さんの腕が舞った。
 舞ったというのは無論比喩であり、地に落ちた賽子を拾い上げ、もう一度袖を抑えながらそれを構える彼女の姿が、残像を残しながら緩慢に動いたように錯覚したからだった。


 果たして、賽子の目は私の出した答えとは異なり───『六』の目をひけらかしていた。


「残念。結果は前回とは違ったわね」


 ……いやなんか、納得いかない。
 というのも当たり前の話で、普通に考えれば「そりゃそうでしょう」と不貞腐れたくもなる当然の結果だ。
 まず『賽子の初期条件を前回と完全に一致させる』という条件が極めて困難だと思うし、確かに今の紫さんの挙動は最初に投擲した動きをトレースさせている様には見えた。
 だからといって、実際どうかなんて分かりっこない。というか、そんな神技が人為的に可能なのだろうか。なにか、専用の装置のような物があればまだしも。

「貴方の不満顔は尤もでしょうけど……実際に今、私は確かに一回目の投擲を完璧にトレースしたわよ?」

 自己申告なんかで「したわよ?」とか自信満々に言われてもなあ。

「いえいえ。この程度の単純計算なら、我が未熟な式神ならともかく、私に掛かれば充分可能よ。
 位置、角度、力の入れ具合も完璧に計算した結果として、この賽子は『六』の目を弾き出したのですわ」

 正直、半信半疑だけど……そんな技巧が可能か不可能かなんて話題はどうでもいい。
 重要なのは『全く同じ条件で振ったに拘らず、前回と異なる目が出た』という結果。紫さんが言いたいのは、その事だろう。

「前回で『一』が出たという事実を、“この賽子が覚えている”以上、同じ確率になるとは限らない。
 何故なら『記憶の層』がループを拒む性質を持っているから。万物に蓄積された記憶が、過去のある一点と完全に一致する事はないの」

 曰く、物理の層が物理法則で、心理の層が結果の解釈で、記憶の層が確率の操作を行う感じで、相互に作用して『未来』を作るのだと。
 この世の物質、心理は全て確率で出来ていて、それを決定するのが記憶が持つ『運』だと紫さんは付け加えた。

 この事実は、『未来が予め予定される事は有り得ない』という結論へと結ばれる。
 理由は、万物に宿る記憶の層の性質上、世界は決してループすることがない、という理論。
 これこそが、紫さんの持論だという。

429 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:16:08 ID:mCm9debw0

「じゃあ……紫さんは一体どっち側なんですか?」
「……と、言いますと?」

 実にして要領を得ない質問が口から飛び出してしまったものだと、言い終わって後悔してしまう。
 この話を一通り聞いて、私は少し混乱している。当たり前だ、いきなりこんなスケールの理論をさも当然の表情で聞かされたならば、普通は受け入れたりしない。
 でも私はどういう訳だか、紫さんの話を疑おうなんて思いもしなかった。そして一方で、彼女の立場に確かな疑問が生じ、今みたいに曖昧な質問を投げ掛けてしまう。

「最初に貴方は『妖怪側から見た人間の歴史はループを繰り返している』と仰いました。
 でも……言うまでもなく貴方自身がその『妖怪側』の視点の筈であり、でも一方においては歴史のループを否定しています。
 じゃあ紫さんの立場は、果たして『何処から』覗いたモノの視点なのかなって……」

 八雲紫という女性は、賢者とはいえ妖怪だと聞かされた。
 長命な妖怪であるなら彼女自身が例に出したように、人間達の歴史は滑稽な反復行動に見えているんじゃないだろうか?
 それこそが私の抱いたちょっとした疑問だった。でも彼女は「何だそんなこと」とでも言いたげな面貌に変わり、こう答えた。

「賢者として幻想郷を囲うにあたり、様々な人脈・妖脈が必須となる懸念や課題も多々出てきます。
 一例として、八雲の者はとある“頭の良い人間の家系”と代々、良好に及ぶ関係を結んできました。あまり世間には公言せず、秘密裏に……という形ですが」

 それが───稗田の一族。
 その名前を聞いて、私の脳裏に阿求の健気な姿が自然と浮かんだ。
 この世界で出来た私の友達、稗田阿求。今思い返してみると、あの子はスマホに写った紫さんの写真に対し『八雲紫様』と敬称を付けていたように思う。

「その頭の良い人間は、体験した記憶を全て本に書き留めて代々受け継いできた家系なの。
 だから永く生きてきた妖怪にも、記憶の少ない人間にも判らない世界が見えてくるんでしょうね」
「じゃあ紫さんが今語った論は元々、阿求──彼女から伝え聞いた話で……?」
「というより、遥か昔に彼女の一族の者とそういった議題を交わした記憶があるわね。
 表沙汰にはされていないけど、稗田は独自のパイプを用いて時折、妖の者と接触する。幻想郷のバランスを取るって名目だけど、腹の内では人間側を優位に立たせる為に。
 結果として稗田家は様々な視点から歴史を俯瞰する術を得て、現在までの人里の特異な位置付けに立場を構えているのよ」

 ……何だか、私が想像していた以上に阿求という人間は大物だったみたい。
 力は私と大して変わらないどころか、人並みに悩み、躓き、それでも懸命に歩もうとする格好はどこまでも一般的な『人間』を体現しているというのに。

 人間側でありながら、裏では妖怪達とのコネクションを密かに繋げる稗田家。
 妖怪側でありながら、特異な人間達へと協力関係を築き世界の理を見る八雲。

 同じ妖怪でも、八雲紫という存在は格別に異端らしかった。
 異端ゆえに、通常では見えない世界の裏側が見えてくる。
 理の陰で蹲る深淵の幕を、まるでスキマを覗くかの様に。

「だから私は少々特殊。無論、立ち位置としては妖怪側なのだけど。
 幻想郷のバランスを保つ為には、人間との架け橋を担う役割がどうしたって必要なのよ。良くも悪くも、ね」

 そう言って彼女は西方の彼方に沈み往く陽光と、尚も途切れることの無い七色の架け橋、そしてその奥に煌めく七星の連なりを順に眺めた。


「……と、まあそんなこんなで、この世には今話した『三つの層』があり、宇宙を成り立たせているのよ。ここまでは理解できたかしら?」
「あ、はい。……何となくは」


 一呼吸を置いて、紫さんがこちらへと振り返る。
 未だ空に残る優雅な黄昏色が、その流麗な金色の髪に溶け込むように絡む様は、まるでキラキラと光る海辺の砂粒を思わせた。
 どこを取っても美女たる要素が有り余る程に存在感を醸す紫さんに見惚れる一方で、私の頭の冷静な部分では、今の話がほんの前置きに過ぎないことを理解している。

「でも、紫さん。今の『三つの層』の話は、一体何処に繋がるんですか? 元々、私と紫さんの住まう『世界』の違いについて説明されていた筈ですけど」
「うん。貴方、思った以上にずっと賢くって柔軟な頭をしてるみたいね。流石は私」

 どうやら彼女は一々茶化さなければ話を前に進められない性格をしてるらしい。やっぱりこの人、回りくどいわ……。

430 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:17:34 ID:mCm9debw0

「今の話の、特に『記憶の層』のくだりを下敷きにしておいて欲しいのだけれど。
 DIOの言う『一巡後』……つまり私から見た貴方達の世界は、別の宇宙である可能性が非常に高い」

 別の宇宙。それはつまり、銀河の果て同士にある別々の地球……という意味ではなく。

「SF的に言うなら……平行宇宙という言葉がしっくり来るわね。
 それもただの平行宇宙ではなく、私の知る世界に存する事象線上が一旦は終焉を迎え、宇宙が行き着く所の特異点に辿り着いた──その『先』に生まれた『新世界』……それが貴方達の世界」

 一巡後とは宇宙が究極の終わりにまでとうとう辿り着き、夜明けと共にまた新たな宇宙が誕生した先の世界を云う。
 実に……実に巨大なスケールで展開された話を、私が持つ知識を総動員させて頭の中で組み込んでいく。

 紫さんが話したような内容に、昔見た本だったか……とにかく私は覚えがある。
 確かアレは、そう。

「それって例えば……『サイクリック宇宙論』、とかですか?」
「あら、よく知ってるわね。そうね……人間達の理屈だと、それに近いかもね」

 サイクリック宇宙論。
 宇宙は無限の自律的な循環に従うとする宇宙論。
 例えばかのアインシュタインが簡潔に考えを示した振動宇宙論では、ビッグバン(誕生)によって始まりビッグクランチ(終焉)によって終わる振動が永遠に連続する宇宙を理論化した、とか云々かんぬん。
 こういう専門的な知識はまたもや蓮子のお家芸だから、私では上手く言語化出来ないけど。
 要するに『この宇宙は既に誕生と終焉のサイクルを幾度となく繰り返して生まれた後の宇宙である』みたいな理論だったと思う。

「私の住む地球が……そうね。例えば『50回目に創造された宇宙』と仮定しましょう。
 一方でマエリベリー。貴方達の住む地球は『51回目の宇宙』の次元、という論が私やDIOの仮説なのです。
 尤もそれは52回目かもしれないし100回目なのかもしれないけど、そこは重要じゃない」

 私の口は、情けなくも半開きになっていたかもしれない。
 こんな壮大な、都市伝説の域を遥かに超える奇説をさも当然のように聞かされているのだから無理からぬ事だ。
 さっき引き合いに出したナンタラ宇宙論だって、別に学者間で決定的な根拠などある訳もなく、世間的にはトンデモ論に位置付けられる突飛説に過ぎないのに。

 でも───だからこそ面白いし、胸が高まる。
 何故って? そんなの私がこの世の謎を暴く『秘封倶楽部』の一員だからに決まってるじゃない!

「でも紫さん。幾ら別々の宇宙の世界だからといって、新宇宙が生まれる度に『地球』そっくりな惑星までもが新たに生まれるものですか?」

 私達の地球だけが知的生命体の住む星なのだとは別に思わない。
 でも紫さん達の話を聞く限りでは、彼女達の住む地球と私の住む地球は酷似している。例のレースの存在など、要所では微妙に食い違っているみたいだけども。

「あら。私と貴方の存在自体が、貴方の疑問に完璧に答えているのではなくて?」

 と、紫さんはこれ以上ないくらい美麗な笑顔を私へと向けてきた。首を傾けながら微笑む美女の絵は、同性の私すらをも虜にさせかねない程の破壊力を秘めていて、思わず返答に窮してしまう。

「ま、理屈じゃあないみたいよ。原初の成り立ちっていう構造なんて。
 宇宙の果てを知らないように、たかだか幻想郷の一賢者である私如きではそんな謎、知らないものね」

 開き直ったような素振りで、紫さんはぷいと視線を外した。知らないものねと言いつつ、実はこの人は何もかもをも知っている上で、敢えて含んだ言い方をしてるんじゃないかしら、とたまに訝しげずにはいられない。
 それに『理屈じゃあない』というのも真実で、私と紫さんがただの他人じゃないという奇妙な確信が私の中にあるのだって、きっと理屈じゃあないのだから。

431 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:19:13 ID:mCm9debw0


「あ、もしかして」


 ここまでを考えた時、私にはある考えが閃いた。
 先程にも出た『記憶の層』とやら。この層が、私と紫さんの間で繋がる『奇妙な確信』に一役買ってるのではないか、という考えだった。
 物が過去の出来事──それも宇宙が一巡してしまうくらいに途方もない過去すら──を覚えているのが『記憶の層』だとすると、私と紫さんが出会ったことによってその層がある種の『シグナル』を発している、とは考えられないかしら。

 厳密には違うのだろうけど、分かりやすいようにここでは敢えて『前世』という言葉を充てさせてもらう。
 紫さんが私の前世である事は、この世界の記憶の層に刻まれる『マエリベリー・ハーン』が無意識下で覚えている。
 だからこそ私は彼女に並々ならぬ親しみを感じていて、逆に紫さんも私からのシグナルを受け取っている。私が立て続けに祈っていた『SOS信号』とやらも一種のシグナルで、紫さんはそれをキャッチしてここまで来た。
 私は前世の記憶を無意識の内に覚えている。記憶の層が物だけでなく人の意識にも適用されるというなら、充分に信憑性のある仮説じゃないかしら、これって。

 素人なりだけど、当事者なりでもある拙い意見。私がこの考えを紫さんに話すと、彼女はそれはそれは嬉しそうに頷き、愛用の扇子をパタンと閉じた。

「私が言いたかった事はまさにそこよ、マエリベリー」
「宇宙は終わりを迎え、また新たな宇宙が新生される。そして新たな地球が生まれる。でも……」
「ええ。記憶の層の話は、ここに繋がるの。新宇宙が創造されたとして、その事象が必ずしも歴史のループとはならない。一見これらは繰り返された宇宙規模の歴史の様に見えるけども、それは大きく違う」
「何故なら、私と紫さんの様に『似ているけども別人』といった事例や、前の地球には無かった『SBRレース』の存在が、歴史の繰り返しを否定している他ならぬ証左……ですね」
「そういうこと。では何故、似た地球が生まれながらこのような露骨な差異が現れるか……?
 それが『記憶の層』の働き。たとえ宇宙が終わろうとも、層に刻まれた幾多の記憶がループを拒もうと反発作用を起こす」
「そして記憶の深層に眠る無意識下での化学反応が、私と紫さんの魂に『共感』の信号を齎した」
「記憶の層とはつまり、物事ひとつひとつが歩んできた夢想の歴史。そしてこの宇宙全体が記憶する壮大な書物そのもの。
 原始からの全ての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶概念──アカシックレコードの様なモノなの」


 紡がれる言葉の数々が私の瞳に真実となって映り、まるで踊りを舞うように煌めいた。


「私とマエリベリーが出逢った。その事実に大宇宙の意思が関し、引力となって互いを引き合わせたのなら。
 これこそが『運命』でしょう。そして、この運命には必ず『意味』があると私は考えます」


 それらはとても美しい言葉が羅列する唄のように聴こえ、同時に儚さをも纏っていたように……私は感じた。


「私がマエリベリーと出逢えた事に『意味』があると言うのなら。
 その意味を、私達は考えなければならない」


 ここまでは、単なる余興。
 最後の本題とも言うべき言葉が次に続いて、私は己の存在意義へと疑を投げる事となる。

432 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:20:17 ID:mCm9debw0

「ここで一つ、過去を振り返ってみましょう。
 貴方は……如何にして結界を越える事が出来るのかしら?」


 賢者の問い掛けは、とても単純な内容で。
 私の原点へと立ち返る疑問を孕んでいた。


「それは『時』だったり、『場所』だったり。
 貴方の能力が発動し異界へ足を運ぶには、そんな条件が必要だった筈よ」


 私の能力。境目が見える程度の力について、根底的な謎。
 紫さんが言うように、私が『境界』を越えるには幾らかの条件が必要だった。
 私と彼女が出逢えた事が運命だとするのなら。
 その運命に意味があったとするのなら。
 引き合わせた『引力』とは、物理的にはそもそもどういった力か?


「貴方自身も、薄々感じてたんじゃなくって?」


 薄々、とは思っていた。
 今までの紫さんの話を聞いていて……ひとつ、筋が通らない事がある。
 というよりも、この筋が通ってしまえば……到底信じられないような、とんでもない事実が生まれてしまう。
 心のどこかで見ないようにしていた、私自身の謎。


 単純だ。
 それは私の『真の能力』について。


「今まで不思議に思わなかったかしら?
 『私と貴方が過去に出会った事がある』。それ自体の不整合性──矛盾について」


 そう。矛盾なのよ。
 言うなら、私と紫さんは表裏一体の存在。
 自分の前世の存在と会話している今現在そのものが、既に道理に沿ってないのだ。
 しかし事実として、私は過去にも幻想郷へと赴いた事がある。子供の頃には、紫さんらしき女性にも会っている。紫さん本人も、私と会った事があるとまで漏れなく発言している。食い違いは、無い。

 違う宇宙に生きる自分自身へと、私は遭遇しているのだ。
 現在の、この特異過ぎる状況の話ではない。
 過去の、日常生活の中で、だ。
 そこに疑問を挟むことさえ出来たのなら、真実など思いの外、単純で、簡単で。


 ───途方もない、現実だった。



「結果から述べると……マエリベリー。
 貴方の真の力は、言い換えたなら……


 ───『宇宙の境界を越える能力』、って事になるわね」



 そういう事に、なってしまう。
 だって紫さんが住む幻想郷が、私とは違う宇宙の場所ならば。
 過去に其処へと到達した経験のある私は、宇宙を越えたことになってしまうのだから。
 意図しない所ではあったけど、私は自らの能力を使って『禁断の結界』を乗り越え……また別の平行宇宙に存在する地球へと辿り着ける。
 一巡前だろうと、一巡後だろうと、無関係に。



 それが、私。
 マエリベリー・ハーンの、本当の能力。



            ◆


 この時点でのメリーではまだ知り得ない事実が『二つ』ある。
 無力でしかなかった少女の力はまさに。
 DIOとエンリコ・プッチの二人が焦がれ、求めてやまない境地であったこと。
 今在る宇宙を終わらせてまで欲した、全く新しい新世界──『天国』へと、その少女は扉を開いて行くことが出来る、神の如き力の片鱗を有していた。

 そしてもう一つ。
 まだまだ不安定なその力は、もう一人の自分──八雲紫との邂逅を経て、深層下で目覚めつつあるという事。


 冷たいままであった蛹は今、誰も見たことのない羽を彩った蝶へと羽化しようとしていた。

 邪悪の化身が握ろうと企む操縦桿は、まさに───


            ◆

433 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:21:24 ID:mCm9debw0

『エンリコ・プッチ』
【夕方 16:10】C-3 紅魔館 食堂


 天国への階段──ステアウェイ・トゥ・ヘブン──


 かつてDIOが目指し、別の未来においては“後継者”エンリコ・プッチが到達した新世界。
 時の加速を経て、神父は其処への螺旋階段を駆け巡り……『天国』を実現させた。

 そして、今。
 其処へ到れる唯一つの螺旋階段。
 望み、焦がれた『天国』への階段を。
 気の遠くなる程に長い階段を経る必要すらない、秘宝の如く隠された近道が存在するのなら。

 其の『扉』とは、何処にあるのか。
 其の『鍵』とは、誰が握っているのか。


 天国への扉──ヘブンズ・ドアー──


 とある吸血鬼は。遥か東方の小さな島国にて──その少女と運命的に出逢った。
 天国への扉。その『境界』の向こう側に、男の望む楽園は広がっているのだろうか。

 扉の『鍵』は、二つ。
 鍵となる女は、鏡写しの様に似通った形をしていた。


 天国より創られし楽園──メイド・イン・ヘブン──


 理想郷は、すぐそこに在る。


(DIOは理解していたのだ。『あの少女』が天国への鍵となる、大いなる可能性だと)


 神父は心の中で、ゆっくりと唱える。
 神へと祈るように、友を讃える想いを。


(我々の勝利だ、DIO。今日という素晴らしき日を、私は生涯忘れないだろう)


 その少女と巡り逢えた幸運を。
 その少女と巡り逢えた引力を。
 その少女と巡り逢えた運命を。

 この素晴らしき世界──The World──を、DIOと共に祝福しよう。

 What a Wonderful World...


「私達の望んだ天国。それが今日、叶う」


 もしも……未来に起こる不幸が確実な予知となって、人々の脳裏を過ぎったとしても。
 運命の襲来に対し『覚悟』出来るのならば、それは絶望とはならない。
 覚悟は絶望を吹き飛ばすからだ。


「私が創り上げる宇宙とは、そういった真の幸福が待ち受ける世界なのだ」


 そんな世界が、もしも存在するのならば。
 人々が『前回の宇宙』で体験した出来事を、そのまま『次の宇宙』にまで“記憶を保持したまま”持ち越す事が可能ならば。
 言うなら『記憶の層』と呼べるような事象があり得、人類全てに根付いた記憶が無意識的に未来を予知出来る世界を生み出せたなら。
 
 例えば──あくまで例えであるが。
 産まれてくる息子の死という運命を、母親は覚悟して迎えることが出来るのなら。
 そうであるなら、きっと。
 息を引き取った息子を、他人の健やかな赤子とこっそり取り替える愚行など……決して行わない。
 エンリコ・プッチとウェス・ブルーマリンのような、呪われた運命に取り憑かれる非業者も……次第にいなくなり、完全に枯渇するだろう。

 神父には、そんな奇跡が可能だった。
 いや、可能だと疑ってもいなかった。

 親友DIOの遺した意志と、骨と、日記を読み取り。
 プッチは、そう解釈した。

 そしてそれこそが、親友DIOが夢見た天国だとも。
 プッチは、そう解釈した。

 未来は予定されている。
 歴史は繰り返される。
 プッチは、そんな奇跡を望んだ。

434 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:23:50 ID:mCm9debw0


「まことに儚く、諸行無常……です」


 鮮やかであった瞳の色を無に薄めながら、女は虚空へと力無げに呟いた。
 穏やかながら隆々としていた生気は、消滅へと限りなく近付いている。
 彼女の生存がもはや絶望的だという確たる証明が、その覇気の無さに現れていた。

 それも止むなし。
 ホワイトスネイクから円盤を抜かれた者であるなら、如何な超人であろうと賢者であろうと、魂を強奪される事と同義。すなわち死だ。
 白蓮が覗かせてしまった僅かな隙の起因は、神父が予め額に潜ませておいた『ジョナサンのDISC』。トドメの刹那、彼女はその光景を目撃し陥ってはならない思考に囚われた。

 ───もしこのまま神父を貫いたなら、彼と一体化しているジョナサンの円盤はどうなる?

 分かりはしない。しかし最悪……神父の死に釣られて円盤も“死ぬ”のではないか?
 生まれた躊躇はそのまま硬直と化し、神父が貪欲に窺っていた反撃の隙を生んだ。

「今の台詞は……君が求めた理想への皮肉か?
 それとも……永久不変の幻想を憂う、胸の内に抱えた本音か?」

 叩き折られた右足を庇いながら、プッチは荒い呼吸で何とか立ち上がる。
 白蓮を下に見る為に。
 否。彼女よりも更に『上』へと昇る為に。

「貴方達の……『夢』の、話です」

 女の視線だけが、プッチを捉えていた。
 小さく掠れた声が、しんと冴え澄んだ食堂ホールの全域に反射したようであった。

 白蓮の生命線であるDISCが奪われたにもかかわらず、仰向きのままに倒れた彼女の声帯から萎んだ声が捻出された理由。それは、魂の痕跡が際の所で器を動かしているだけに過ぎない。
 かつて空条承太郎が娘を庇い、白蛇から額の円盤を奪われた時も同じだった。直ぐに昏倒する様など見せず、ゆっくりと眠りにつくように、次第に意識を失う事例もある。

 ただのそれだけ。
 聖白蓮は抜け殻だ。じきに意識は絶える。
 失われた円盤を在るべき場所に戻せば蘇生はするだろう。
 それを、目の前の男は決して許さない。
 神父が最後の力を振り絞り、スタンドの右腕を相手の心臓に狙い付けている構えが、殺意の証明。
 今やプッチに、瀕死の女なぞと禅問答を交わすつもりは無い。

「君の危惧した通り、さ。
 私のDISCは、体内に入れたままその者が死ねばDISCも消滅する」

 プッチの命と共に、ジョナサンの命をも喪う。
 男が白蓮に用意した天秤とは、そういった謀略を含んでいた。

「だが全ては無駄だ。君の判断で無事に済んだジョナサンのDISCはこれより、皮肉にも君の体内に仕込まれる。実の所……処分に困っていたのだよ、コイツは」

 フラフラとした様子で、男は宿敵の意志が篭った円盤を眼下へと見せ付ける。
 物理的な破壊が困難なDISCを効率よく消し去る術。神父は、白蓮の肉体を利用する手段を考案した。
 実に簡単な事だ。壊せないならば、目の前の死に掛けに“連れて行って”もらえば良い。

 不意に男が膝をついた。
 女に差し込もうと手に持っていた円盤が、コロコロと床を転がる。
 両者とも体力はとうに限界だった。格好を付けようと立ち上がる姿勢すら保つことが難しい。全く情けない醜態だと、男は自嘲せずにはいられない。
 しかし既に制した女ほどではない。歩行もままならない状態だが、スタンドの腕を練り上げる体力程度は残っていた。
 女を超人たらしめる肉体強化の魔法は、とっくに途絶えていた。すなわち、彼女の肉体的強度は常人にまで戻っている。魔人経巻も無いのでは完全に打つ手はないだろう。
 だが、やはりプッチの肉体も同様に悲鳴を上げている。このまま時を待ったとしても男の勝利は揺るがないが、別行動中のジョルノの警戒も忘れてはならない。尤も、首のアザの反応はここより近辺には無いが。


 その事に僅かなりの安堵を抱いてしまったからだろうか。
 プッチにとっては完全なる慮外者の接近に、気付くのが遅れた。



「ヘイ、お二人さん。立てないならば、肩でも貸すかい?」



 軽薄な声の主は、神父の属する一味の仲間であり。
 白蓮にとって見れば、顔も知らない赤の他人。それどころか新手のスタンド使いという認識でしかない。
 突如として姿を現したカウボーイがこの場に立つ、そもそもの因果を辿ったなら。


 かの住職の無邪気な身内が叫んだ最期の山彦が、全ての始まりだったのかもしれない。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

435 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:25:45 ID:mCm9debw0
『ホル・ホース』
【夕方 16:05】C-3 紅魔館 二階客室

 どれだけの時間を無為に浪費したのか。ホル・ホースには計りかねた。
 時計を見やると、あれから30分の時間が経過していた。これを多いと取るか少ないと取るかは判断に困るところだ。

 あれから──突如スキマから現れた謎の美女がよく分からない理屈で寝床に入ってから──護衛を任された男は何をするでもなく、ただ部屋の中で待機するだけの時間を過ごした。
 無防備な姿でベッドに横たわる女は、曲がりなりにも美女と形容するに有り余る美しさを誇っている。男の欲を刺激する美貌と肉体をふんだんに手にした女が、息一つたてずに目の前で眠っているというのだ。
 オプションとして隣には、娘か妹かと見紛いかねない程に似た容姿の少女が同様に眠っていたが、こちらはホル・ホースの守備範囲からは外れていた。
 女とはやはり、相応に経験を蓄えた齢が放つ独特の魅力。大人の女性であることが、ホル・ホースのストライクゾーンである。
 従って八雲紫は彼から見ると、是非ともモノにしたい条件をクリアした、およそ完璧な美女である。

「見た目はモンク無しだし、中身だって許容範囲なんだがねぇ」

 手持ち無沙汰に『皇帝』を弄りながら、彼女への評価を冷静に口から零す。
 「おイタは駄目よ」と媚び声で釘を刺された以上、目の前に置かれた妖しい果実を齧ろうという悪戯心などホル・ホースには湧かない。
 毒があるかも、とかそんな理由は無きにしも非ずだが、それ以前に彼は女の扱いに関しては意外と紳士な事を自称している。
 寝込みを襲うといった野蛮な手口よりも、正当な手順を踏んでの行為を望む男である。この世の多くの女性がムードや雰囲気を重視するものだとも理解しており、そうであるなら女性側の気持ちを尊重してあげたいというのが、誰に問われた訳でもないが彼のモットーだった。

 以上の至極尤もな理由で、彼が八雲紫に手を出すことは無い。当人が望まない限りは。
 第一にして、女癖のある彼であろうと、今の状況で色に溺れるほど現実が見えてない訳でもない。下手をすれば返り討ちにあって死ぬ、なんて事も普通に起こり得る。

 よって、この男は暇を持て余していた。

(……さっきから建物全体が響いてやがる。DIOのヤローが戻ってきたら、オレァなんて説明すりゃいいんだ?)

 予想以上に長く、紫の意識が戻らない。
 待機中に気付いたことだが、よく考えればこの部屋にはDIO達がいずれ戻ってくるに違いない。
 その時、ベッドに眠る彼女達を訝しんだDIOは、きっと現場責任者のホル・ホースに説明を要求するだろう。その場は誤魔化しきる自信はあるし、そもそもホル・ホースに現段階で過失は見当たらないので、誤魔化す必要すら無いかもしれない。
 が、面倒だ。少なくとも紫から(一方的に)任された護衛の任務は、あえなく失敗する未来が見える。

 とっとと目を覚ませ。さっきから浮かぶ言葉はそればかり。
 いよいよとなれば彼女を見捨てる決断も視野に入れてきた頃、外野の『騒音』が間近に迫ってくるのを、男の耳が捉えた。
 敢えて考えないようにしていたが、これは戦闘音だ。それも、この部屋からそう遠くない場所で。
 では、何者との戦闘か? それを考えずにはいられない。

「まさか、だよな」

 その『まさか』であった場合、ホル・ホースには選択が迫られる。
 捜し求めていた人物がこの館に侵入しているのは分かっている。だが『彼女』は既にDIOと交戦している可能性が高く、そこにホル・ホースが割って入れば──最悪、DIOに粛清されかねない。
 馬鹿げた選択だ。『彼女』と自分には、直接的な関係は皆無だというのに。
 それでも、あのサイボーグ野郎から自分を救った恩人の少女の影が、頭から離れようとしない。


 戦闘音が、止んだ。


(……終わったな。様子を見に行くくらいなら……バチは当たらねーか?)


 チラとベッドの女二人を一瞥する。
 起き上がる気配すらない。部屋を出れば、紫の頼みごとに反する。


 (様子を……見るだけだぜ)


 男は壁に掛けていた相棒のカウボーイハットを手に取り、音も無く部屋から退出した。
 約束を破るという行為が女をどれほど不機嫌にさせる起爆剤となるかを、深く理解しつつも。

            ◆

436 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:27:29 ID:mCm9debw0

『命蓮寺か、たしかお前が住んでるとこだったな。で、その聖様とか言う奴はそんなに強いのか?』

『もちろん! 聖様は阿修羅みたいに強くって、お釈迦様みたいに優しいんだから! それにね、それにね!───』


 確かあの声のデカいガキンチョは、聖白蓮の事をそう評価していたか。
 オレの知る住職サマのイメージは、そこに転がっている女の着こなす恰好とは大きくかけ離れていた。詳しくねーが、寺の住職っつーのはバイクスーツみてーなスタイリッシュなのが普段着なのか?
 いや、偏見は良くねー。住職でもバイクくらい乗るだろーし、だったらこんなボディラインの強調されたスーツだろうが着るだろう。
 つか、想像以上にべっぴんの姉ちゃんというか……エロいな。本当にこのチチで住職か? こりゃさっきのスキマ女並みに上玉じゃねーの? いやいや、ンなこたーどうでもいい。
 ……それより、生きてんのか? お陀仏ってんじゃねえだろうな。


「お前は……ホル・ホース、か」


 長テーブルに腰掛け肩で息をする神父服の男が、背後に立つホル・ホースを振り返って言った。
 脈絡なく現れたホル・ホースには、今目の前で苦しそうにしている神父の顔に見覚えがある。さっきエントランスでDIOと共に居たプッチとかいう男。
 となればDIOもどこか近くに居るのかも知れない。迂闊な行動は自らの首を絞めるだろう。


「素晴らしいタイミングで現れてくれた。そこに落ちている円盤を彼女の額に嵌め込み……ホル・ホース。

 ───聖白蓮を……撃て」


 肉体の負傷が激しいのか。プッチは呼吸するのも一苦労といった様子で、ホル・ホースに指示を飛ばす。
 足元には神父の言うように一枚の円盤が光っていた。先程聞こえた会話から察するに、件の『ジョナサンのDISC』だろう。
 腰を屈めて手に取ったそれは通常の円盤と違い、グニャグニャした手触りがなんとも奇抜だ。ホル・ホースはこれが、白蓮が追っていた重要な物品だという事を心得ている。
 これを相手の額に挿したまま命を奪えば、円盤ごと消えるという事も聞いた。

 合点がいった。プッチは、白蓮とジョナサンの二名を同時に殺害するつもりか。

「どうした、ホル・ホース。DIOからは君が極めて優秀な銃士だと聞かされている。
 見ての通り、私は多大なダメージがある。“君”にやって欲しいのだ」
「……ああ、なるほど。そういう事ですかい」

 状況は、極めて厄介。
 ここで白蓮を撃つのは容易い。見たところ彼女は反撃する様子など微塵も無いし、言われた事を行動に移せば神父やDIOからは小遣い程度の信頼くらいは貰える。
 しかし、その前に彼女とは一言二言交わすべき言葉がある筈だ。何よりもその事を最優先として、今の今まで会場中を彷徨っていたのだから。
 その努力が、全部パァとなる。それだけならまだしも、響子の気持ちを最悪な形で裏切る結果となる。


 何よりも、女は撃ちたくない。美人であるなら、尚更。


「神父様。DIOのヤロ……DIOサマは今、どちらですかい?」
「彼は地下に現れた下賎な敵と交戦中だ。尤も、時間の掛かる仕事にはならないだろう」
「そうですか」

 神父の目の前で、白蓮と言葉を交わすことは可能だろうか。
 危険はある。ホル・ホースとプッチは現状、仲間の括りに纏められており、そうなると白蓮は建前上──敵だ。リスクの芽がある以上、考え無しに水を撒くと後の開花が怖い。
 それにプッチとて、ホル・ホースがNoと断れば自ら動くだろう。少し疲れたから仕事を代わってくれないか、程度の代役なのだ、これは。


 本当に、極めて厄介なタイミングで顔を出してしまったものだ。オレとしたことが。
 周囲を確認する。白蓮が破壊した痕であろう壁の大穴以外、密封されたホールであり人目は無い。

437 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:29:07 ID:mCm9debw0

「人は誰しもがカンダタとなりうる。そんな世の中で白蓮……君がやろうとした行い。そしてやろうとしなかった行いは、誰にも責められるべきでない。
 地獄に堕ちてでも私を殺害しようとした決意は称賛しよう。だが、やはり『覚悟』が足りなかった。
 ジョースターを道連れにしてでもとは考えず、垂れ下がった一本の蜘蛛の糸を彼に分け与えようとした。皮肉な話だが……君の敗因はそれだ」


 銃を構えて白蓮に狙いを付けるホル・ホースの背後。
 プッチは最後に語った。

 人は恥の為に死ぬ。
 聖白蓮はこれより、己が抱いた『迷い』という名の恥によって殺される。
 このような悲劇を生まない為にも、プッチは夢を創りあげようと手を染めているのだ。
 理解を求めようとは思っていない。彼の理解者は、唯一の友人だけで事足りた。
 未来が予定されてさえいれば。
 自らに訪れる困難を全人類が予め覚悟出来れば。
 聖白蓮は、こんな末路を辿ることも無かったろうに。


「感謝しよう聖白蓮。
 君の迷いが私に勝利をもたらし人類を幸福に導く礎となる、『天国』の為の運命に……感謝しよう」


 その言葉が、エンリコ・プッチが世に遺した最期の言葉であった。



「じゃあオレが“こうする”未来は……覚悟出来ていたかい? 崇高なる神の代弁者さんにはよォ」



 倒れた白蓮を貫く未来はいつまで経っても到来せず、唐突に背後を振り返ったホル・ホースがプッチの心臓に銃口を向けた。


「そんなに天国へ行きてぇなら、オレが連れてってやるぜ」


 パンと、不気味な程に静かな破裂音が一発だけ轟く。


 〝善〟も〝悪〟も無い。
 崇高な目的など芥程も考えていない。
 今撃つべきクソッタレの邪魔野郎はこの神父だという、単なる直感。
 神も運命もどうだっていい。
 信じるは己の経験とカン。それに従って、引き金を引いただけ。
 迷いなんか、あるか。
 人を撃つ覚悟など、どれだけ昔に済ませたかも覚えていない。


 僅かな震えも起こさず、〝白〟にも〝黒〟にも属さない、只々無機質な〝灰〟の弾丸が───神父の臓腑を、正確無比に穿った。


 赤黒い血飛沫が神父の空いた胸から散った。
 弾丸が背へと貫通することは無かった。銃士の卓越した技術が、心臓を通過した一瞬のタイミングを狙って弾丸を解除するという神業を成功させたからだ。
 これで死因となる弾丸痕は胸の一つのみ。なるべく死体には目立つ傷を付けたくなかった。
 血の溜まり場に沈んだプッチの遺体をホル・ホースは慎重にうつ伏せの形へと覆した。焦げ付いた風穴が神父の胸と床との間に隠れる。一目では『銃殺』とは気付かないだろう。無論、少し遺体を検分すれば即座に見抜かれるだろうが、やらないよりかは随分とマシだ。
 『犯人』がこの自分だと気付かれるのは、勘弁願いたい所だった。こんな雑な工作にどれほどの意味があるかなど分かったものでは無いが、後から本格的に死体遺棄へ移せばどうとでもなる。

「返り血は……よし、掛かってねえな。
 オイ! 聖の姉ちゃん、まだ意識はあるよな?」

 ホル・ホースはそれきりプッチの殺害など忘れた過去のように、ピクリとも動かない白蓮の元へ駆け寄った。
 真っ先に呼吸を確認する。今にも途絶えそうな程に弱々しい。


「あ、なた…………どうし、て…………?」


 虚ろだった女の視線が、僅かに彷徨った。小さいが、声もしっかり届いた。
 この瞬間、ホル・ホースが胃の奥に今までずっと溜めていたドロドロとした気持ちがとうとう溶け始め、解消された。
 長かった。アレは今日の朝方……いや、まだ日も出てない時間帯だから、ちょうど半日くらいか。
 山彦が吼えた瞬間を、まだよく憶えている。必死に耳を閉じようとした気もするが、隙間からヌルりと侵入してきた少女の最期の雄叫びは、ホル・ホースをひどく動揺させた。
 本当の所は、寅丸星が逝く前に辿り着くべきだった。それに間に合わなかったのは誰のせいでもなく、運が無かっただけ。そう思おうと努力した。

438 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:32:34 ID:mCm9debw0


「オレの名はホル・ホース。聖白蓮だな? アンタをずっと捜してここまで来た」


 最悪の事態には間に合ったらしい。正直、聖白蓮の生存も半ば諦めかけていた所だ。余計な死体が一つ生まれてしまったが、彼女さえ無事ならば後は共にトンズラこくなりすればいい。
 教誨師を撃つという非道の罪にも、さほど心は痛まない。この神父に怨みは無いが、まあ『運』が無かったんだろうと切り捨て、女との会話を優先した。

「わたし、を……?」
「そうとも。響子の嬢ちゃんに頼まれ……たわけじゃあねぇんだが、オレなりのケジメだ」

 響子。その名前を出した時、白蓮の瞳に色が灯った。
 懐かしい響きに寄り掛かるように、灯った瞳をそっと閉じ……涙を流した。

 優しい涙だな、とホル・ホースは思う。
 この綺麗な一雫を間近で見れただけでも、今までの苦労が全て救われたとすら感じた。

「そ、ぅ、ですか……。あの娘は、貴方と……」
「オレもあのガキに救われたクチさ。響子ちゃんは本当にアンタと、その……寅丸星の事を最期まで想っていたぜ」

 一瞬、口ごもった。その響子を殺害した張本人の名前を出す事に。
 幼い少女へあまりに惨い運命を用意してくれたもんだと、ホル・ホースは今更ながらに歯痒くなる。

「星から、事の顛末は聞いております。彼女も、その罪を償おうと改心してくれましたが……」

 今度は白蓮が口ごもる。
 改心した矢先の……悲劇を思い出してしまったから。

 沈黙が場を支配した。
 遣りきれない思いがあって当然。
 幽谷響子も、寅丸星も、聖白蓮も、ホル・ホースも。
 誰一人として救われない結末を経験したのだから。


 逸早く沈黙を破ったのはどちらだろうか。殆ど同時だったように思う。
 ホル・ホースは彼女らほどの悲惨を迎えてはいないし、本来のひょうきん者の性格が一助になったからか。
 聖白蓮は当事者であり少女らの家族のような位置付けであったが、同時に命蓮寺の長たる立場だからか。
 この沈黙に意味は無い。黙祷するならば、然るべき時と場所を用意すればいい。
 やがて、どちらからともなく口を開け……先んじてホル・ホースが、うっかりしていたとばかりに立ち上がった。

「……とと。いや、話は後回しだ。アンタ、例の円盤を抜かれたんだろ?」

 今、額に戻してやるからな。
 男はそう言って慌てて神父の遺体をまさぐり、程なくして白蓮の物らしき円盤を発見した。


「見っけたぜ。これだろ? お前さんの───」


 嬉々の表情で、ホル・ホースは白蓮に確認を取るために振り返った。





「───そこに居るのはホル・ホースか。聖白蓮も居るのか?」





 五臓へ沈む重い声差しに、全身が硬直する。
 金縛りとは今の状態を指すのかもしれない。
 あまりに理不尽なタイミングに、唾を吐きたくなった。
 白蓮との再会を遂げた気の緩みが、ここに更なる絶望を呼び込んでしまったのだ。


「倒れている人物は白蓮と───我が友人、プッチのものか」


 最悪は、黄昏を喰らう宵闇を顕現したように、音も無く忍び寄っていた。
 扉の開閉音があれば、このだだっ広い食堂ホールだ。直ぐに気付く。
 侵入経路は、白蓮の破壊した壁の大穴。

 そこから一人、二人……三人。


「それで? ホル・ホース。お前は一人、ここで何をやっている? 死体のすぐ傍で」
「ディ……DIO、様……っ」


 DIO。
 霍青娥。
 宇佐見蓮子。

 突如に現れた三人を前にし、然しものホル・ホースとはいえ絶望の暗幕が心を覆った。
 背中からどっと嫌な汗が噴き出す。心臓が鎖にでも縛り付けられたように、きゅうと苦しい。

439 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:36:12 ID:mCm9debw0

(み、見られたか……!? 神父を撃った所を……!)

 焦燥が体内の血の巡りを加速させる。浮かび上がった最悪の予想は、取り敢えず頭の冷静な部分で否定させた。
 銃殺のシーンを見られたにしては、登場のタイミングがやけに遅い。ホル・ホースとて目撃者には最大限気を配っていたのだから、ひとまずは見られていないと判断した。
 つまり、まだ弁明の余地は充分にある。問題はこの男がきちんと誤魔化されてくれる迂闊者か、だ。

 カツカツと優雅ったらしく靴音を立てながら歩み寄るDIOの表情に警戒色は皆無だ。ただ、当然ながら訝しんでいる。
 クソ。せめて白蓮のDISCを戻した後に現れてくれれば、まだ逃走の余地はあったろうに。
 それならば、この状況を大いに利用して誤魔化す。白蓮には悪いと思いつつも。

「オレがこの部屋へ辿り着いた時には、既にこの状況が仕上がってたんでさァ。どうやら……『相打ち』のようですぜ、こりゃ」

 自身の用心深さがここで活きた。念の為プッチの遺体に工作しておいて助かった。
 パッと見では神父の死因が銃殺とは分からない。都合の良い事に、白蓮の付近にはサーベル状の武装が一本転がっているのだから、相打ちと言われても信じてしまえる。
 何と言っても、ホル・ホースには動機がない。聖白蓮を捜してこの館まで辿り、彼女を救う為にはそこの男が邪魔だったなどとDIOに分かるわけがない。

(……だなんて都合良く考えるオレはオメデタ頭か〜!?)

 DIOという男はホル・ホース以上に用心深い男だ。世界中から部下や用心棒を集め、エジプトなどという果てに身を隠し、アジトも定期的に移動する。
 そんな周到な奴が、こんなお粗末な工作で納得してくれるだろうか?

「先程、銃声の様な音が一発聴こえた。アレは何だ?」

 ホラなクソッタレ!

「す、少なくともオレじゃあありません。二人の戦いの音が、発砲音のように聴こえたのでは?」

 苦しい! 苦しいぞこの野郎!
 どーすんだこの後始末! チクショウ、やるんじゃなかったぜこんな事なら!

「フム。……で、お前が手に持つ『それ』は?」

 膨れ上がる威圧を伴いながらいよいよホル・ホースの目の前まで来たDIOは、男が左手に持つ円盤を目敏く指摘する。
 言われて気付いた。白蓮のDISCを持ったままである事に。

「こ……コイツは」

 駄目だこれ以上は誤魔化しきれない。
 覚悟を決めなければ。DIOはきっと、うつ伏せに倒れる神父の遺体を詳しく検分する為に座り込むはずだ。遺体との位置関係からして、それはオレに背後を見せながら屈む事となる。
 そいつはこれ以上無くデケェ隙となる筈だぜ……!

「ああ神父様、なんと痛々しいお姿に……おいたわしや、よよよ……」
「DIO様……心中お察しします。私が身代わりになれたならどれほど良かったか……」

(だが……後ろのオンナ共が邪魔くせえ! チックショー、妙にヒラヒラした青い女は知らねーが、アヌビス神持ってる奴が最高に厄介だ……!)

 DIOとは少し離れた後方に、部下の女が二人いる。青い髪をかんざしで留めた女は肩に掛けた羽衣みてーな布で口元を押さえ、大袈裟なくらいに悲壮感を表現していた。(どう見ても嘘泣きだが)
 黒い帽子の女の方は、青い女と比べればホンモノっぽい悲壮感を漂わせながら神父を見つめていた。反応自体は二人共似た様なモンだが、どこか対照的でもある。
 隙丸出しのDIOを奇跡的に一発で仕留められたとして、残りの……特にアヌビス神の方はオレの『皇帝』じゃあどうにもならねえ。

 ……待てよ? この円盤を聖の姉ちゃんに嵌めれば、復活してくれんじゃねえか?
 そうに違いねえ。だったら彼女にも協力して貰って、この場を力技で何とか……!


「ディ……オ……」


 あまり芳しいとは言えない策をホル・ホースが脳内でこねくり回していた時だった。
 唐突に、倒れていた白蓮の口が開いた。

「ほう。DISCを抜かれた状態で、まだ喋る元気があるか。大した生命力だ、聖白蓮」
「プッチ、神父を……刺した、のは…………殺めたのは…………この、わたし、です」

 もはや力を揮うことすら出来ずにいる白蓮が最後に示してみせた行為は、偽ることであった。
 それも、殺生という最悪の罪への偽り。
 死に掛けていながら、罪を被る事への迷いはその瞳に映らない。

「真に罪深きは、この聖白蓮……です。
 尼で、ありながら、明確な殺意……伴って、人様を……殺め、まし……」

 この期に及んで、このお優しい住職サマは……生き意地汚いオレなんぞを庇っているのか、と。
 ハットの下で、ホル・ホースは唇を強く噛んだ。男として、なんて情けない野郎なんだと。

440 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:41:43 ID:mCm9debw0

「寺に勤める尼が神父を殺す、か。確かに大罪だな」

 ひ弱な告白をDIOが素直に信じ込んだかは不明である。
 しかし窮地のホル・ホースにとって、この上ない救いの手が垂れ下がった。
 この糸にぶら下がらないという選択は、無い。
 逃せば、死ぬのだから。

「犯した罪に、偽りなど……申しません。
 全ては……『覚悟』の、うえ…………です」

 女の眼に震えは無い。
 違えた真実で他者を欺く。
 よりにもよって、殺生の戒で。
 その行為は、嘘をついてはならないという領域の不妄語戒を破る行いでもある。
 
 白蓮は決してホル・ホースとは視線を合わさない。
 ホル・ホースの方は、白蓮のその行為から目を背けまいと、逆に視線を外そうとしない。
 そこに不自然さは無く、極めて細々とした偽りの告白が場に流れるだけであった。
 この嘘により、ホル・ホースの命は助かるのかもしれない。しかし、白蓮の命は粛清という形で確実に奪われる。
 またしても、自分は女に庇われて一命を取り留めるのだ。


「プッチは私の友であった」


 寂しげもなく、そこにある事実を告げるだけのようにして、DIOはただ伝えた。
 今度はDIOの告白だった。白蓮はどうあれ、男の告白を聞く義務がある。身内の喪失を嘆く彼女にとって、友を亡くしたという感情は分からなくもなかった。
 しかしDIOのそれは、名状し難い表情と共に無味の声色で広がった。

 男は、エンリコ・プッチの事をどう思っていたのか。
 本当に、誰もが持つような唯の友だと思っていたのだろうか。
 プッチ本人と深く言葉を交わした白蓮は、薄れゆく心中でそれを疑に感じた。失礼な事だと思いながらも。


「ホル・ホース。聖白蓮を撃て」


 DIOのただ一言だけの告白は終わり、非情な命令が飛んだ。命じられた男は、深いハットの下で僅かに目を見開く。
 わざわざホル・ホースに命じた理由を察せないほど、彼は鈍感な男ではない。
 ホル・ホースは大した逡巡もなく皇帝を右手に顕現させ、倒れる白蓮の額に銃口を狙い済ました。


 震えは、なかった。
 ならば、迷いは。


「どうしたホル・ホース。君の腕前ならば、なんの難しいことも無い筈だ。
 君と彼女は全くの『無関係』なのだからね」


 ああ、その通りだ。
 無関係。無関係なんだ、元々。
 女は撃たないっつーポリシーはあるが、テメェの命が掛かっているとなっちゃあ話は別だろうが。
 彼女だって、こうなる事を分かってあんな嘘を吐いた。
 だったら、その良心にあやかろうじゃねえか。
 これにて全部元通り。丸く収まる話だろう。

441 黄金へ導け紫鏡之蝶 ──『絆』は『夢』 ── :2018/11/20(火) 04:51:36 ID:mCm9debw0


「早く撃てよホル・ホース。君が撃たずとも、どの道彼女はここで死ぬのだぞ?」


 うるせえな。分かってんだよ、ンなこたァ。
 だからこうして素直に銃を構えてんだろーが。
 どの道、死ぬ。そうだ、死ぬんだよどの道コイツは。
 誰が手を下すかの違いだこんなモンは。笑わせるぜ。
 もしDIOを裏切り聖を助けたところで、オレはどうなる?
 莫大な恩赦金でも出るのか? 寺から。
 出ねーだろ。なんの金にもならねー話だろ。
 たとえ出たとして、オレはそっからどうすりゃいい?
 撃たねーっつー事は、DIO一派を敵に回すっつー事だろ。
 撃つっつー事は、何だ? オレを庇った女が一人死ぬだけっつーこったろ。
 だから言ったじゃねーか。この女はどの道、死ぬ運命なんだ。不憫だとは思うがよ。
 ああもう、クソ。これじゃオレが殺すみてーだろ、彼女を。
 いや、オレが殺すっつー話だがよ。違うだろ、これは。


「ホル・ホース。これが最後の警告だ。
 聖白蓮を、撃ち殺せ」


 何でこんな事になっちまってんだ? マジで何でだ?
 オレが何した? 何も悪い事やってねぇよな? 人生の話じゃねえ、今日の事を言ってんだ。
 寧ろ、滅茶苦茶人助けみてーな事やってきてんだろ、今まで。
 それか? だからなのか?
 人なんざこれまで散々ブッ殺してきたオレが急に人助けやり始めたもんだから、ツケが回ってきたとか、そんなんか?
 神父なんか殺すもんじゃねえぜ、やっぱり。因果応報っつー力はあンだろーな、この世にゃ。
 あー、何か初めて人を殺した時も確かこんな感じだったよな。
 あん時ァ、腕がクソ震えてたのを覚えて……いや、どうだったかな。
 どうでもいいか、昔の事はよォ。それより今だ。
 早く撃てよオレ。DIOのクソ野郎が背後で睨んでやがるぞ。
 わざわざオレなんぞに撃たせやがって。忠心でも試してやがんのか? 性格悪すぎだろコイツ。
 撃ちたくねェなあ。女には世界一優しいんだぜ、オレはよォ。
 腕震えてねえよな? 汗も掻いてねえよな? ……大丈夫みてーだ、流石に。


 情けねえ。
 マジで情けねえぞ、男ホル・ホース。

 …………。

 ……覚悟、決めたぜ。
 撃てばいいんだろ、撃てば。

 こうなりゃ、ヤケだ。
 オレの皇帝ならやれるさ。
 一発で楽にしてやるぜ。
 降下中の鷹だって目をひん剥く早業だ。
 見てやがれ。潰れたその片目で見えるならな。






 今度こそ脳みそ床にブチ撒いてやる。
 死ね、DIO。

442 ◆qSXL3X4ics :2018/11/20(火) 04:54:39 ID:mCm9debw0
投下終了です。
ラストパートの方も近日投下予定です。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa