したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

123 Awake 10話(7/9) :2013/10/09(水) 01:30:56
 ドラキュラが虚空に顔を向け遠くを見つめると一気に土埃の戦場が眼前に広がった。
ヒューはその情景に瞬時に身構えたが、彼のすぐ横でターバンを巻いたムスリム兵が、落馬し
た騎士と思しき豪壮な鎧を纏った者の首を蛮刀で刎ね飛ばし快哉をあげていた。
 首を断たれた肉体からは噴水のように血液が噴き上がったが、近くにいる彼の衣服に一
切付かなかった事から幻覚だと認識したものの、どうドラキュラが自分に対して手を打ってく
るか見極めるために言葉を挟まなかった。
「しかし、同じく虜囚と為った弟のラドゥ――奴は美男公などと綽名されていたが、その
実は後宮に入り浸った上おぞましい事に、己の身体を娼婦のように異教徒に委ねる背徳者
となり果てていた」
「……」
「其れだけでも非難されるべきであろうに恥知らずにも、故国に帰った我に対してオスマ
ンの手先となって刃を向けおった」
 場面が変わった。凄惨な戦場はノイズのような砂塵が辺りを覆い砂粒によって掻き消さ
れ、目の前に現れたのは無数の騎士を引き連れた馬上の美丈夫だった。
 だが、豪奢な鎧を身につけていても遠目からも解るくらい華奢な身体は、象牙細工のよ
うに脆そうだった。

「……何が言いたいか、お前には解るな……? 目的も手段も選ばず実を手に入れた人間
に自由など無いのだ」
――ネイサンの事を言いたいのか。状況は似ているかもしれないが少なくとも現在の奴は自分
の身を守れるくらいの力はある。詭弁に惑わされるな。

「そうであろう? ラドゥが勝ち得た我が領土は結局オスマンの領土と為り、弟弟子とて
お前を打ち倒した上で勝ち得た名誉と実では有るまい」
「……与えられた実と名誉ということか?」
――しまった! 精神の楔を取り除いていない状態で不確定な事象を肯定する声を漏らし
てしまった。撥ね退けなければ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板