したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【他】『心音サイフォン・質疑・成長スレッド』

391 『音仙』 :2021/05/30(日) 21:15:38
>>390(りん『フューネラル・リース』)

「……『包帯』を……こっちで、取り換えてあげましょう。
 それで、ここで少し、休んで行ってくれても構いません。
 なにせ……少なくともここには、キミを傷つけるものはない。
 奇異の目で見るものもいないし、理解に辿り着いていないものもいない」

               シュルル

「…………あるとすれば」

音仙――――『音のおねえさん』の背後には、
音響機器で組み上げられた『樹』のヴィジョンが浮かぶ。
そこから伸びる『蔓』が、『りん』に向く。

「…………私はキミについて、キミより少しだけ深く『知っています』。
 …………それを、隠しても、いつか自分で気付く日は来るのでしょう」
 
「キミは…………ああ。キミは、どこかで『一度死んだ』。
 なぜ? いつ? ……それは『分からない』。
 聴く事は出来ない。出来なかった。キミの『特別な才能』を。
 ……いずれにせよ、その死は、キミの『たましい』の消滅を意味しなかった。
 だから……『りん』、という人間は、どんな形でも、間違いなく今ここにいる」

音仙も、『りん』の能力――――『フューネラル・リース』を『知らない』。
『どのようなメカニズムで生き返るのか』或いは『死を否定するのか』。
一度死んでよみがえった、その事だけだ。『それは人間なのか?』

         「考えて」「話し」「食べて」「歌い」「奏で」「遊ぶ」

「……そして。生きたいと思っている。……『生きた人間』としか思えません。
 でも、キミの存在の『全て』は、今の私には分からない。それでも…………」

『それは何か恐ろしい物なのかもしれない』――――そう思っていた。
だが、これまでに聴いて来た彼女の『声』は。
間違いなく……生を謳歌する『人間の魂に満ちている』。
それこそが、『フューネラル・リース』の本質なのだろう。

「……ああ」

「キミがこの答えで心の底から安心できるのか、私には分からない。
 私には突き詰めれば、キミの心を傷つける能力しか、ないのかもしれませんが……」

せめて今、このひと時だけでも、安らかでいてくれれば……そう思わずにはいられない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板