したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【他】『心音サイフォン・質疑・成長スレッド』

1 『音仙』 :2016/05/14(土) 23:27:00

【供】『心音サイフォン』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1463235536/2

――あなたは『音仙』の言っていたことを思い出す。

---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/質疑】
#1.特別な才能が目覚めた方には……その『能力の詳細』をお教えします。
#2.まずはそれに従って……キミ自身の解釈で、
   自由に活動してみるのがいいのではないでしょうか。
#3.もしキミの解釈が通用しない時が来たら、あるいは疑問に思われたなら。
   その時にこそ……ここを、再訪することになるでしょう。改めて聴き直すために。
---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/成長】
#1.キミが『大きなこと』を成し遂げたと思ったら、また来てください。そして、それを教えてください。
#2.もしかすると、キミの『才能』にも何か変化があるかもしれません……ないかもしれません。
    確かめるために……改めて、奥底を聴き直してみましょう。
#3.大きなことの基準はお任せしますが、変化は……基本的に、期待はしないでくださいね。
#4.もちろん……望んで死地に飛び込むことだけが、『大きなこと』ではありません。
    平穏な日常の延長であれ……キミにとって心を震わせる人生の契機であれば、あるいは。
#5.それと、無償です。賄賂も、受け取りません。
---------------------------------------------------------------------------------

もしその上で『聴き直し』を望むなら……その旨を伝えると良いだろう。

※質疑について補足※
・スタンド供与時に『能力詳細』をお渡しします。
・基本的にはこの『能力詳細』を参考にしてPCを動かして下さい。
・詳細を逸脱、無視しない範囲ならば、細部の認識は『PLの解釈』に任せます。
・解釈は自由ですが、認識が食い違った場合は『判定者』のそれが優先されます。
 つまりセルフバトルなら『相手PL』解釈が、GMがいるなら『GM』解釈が優先です。
・『質疑』は、主にこの認識の食い違いを正す(再発を防ぐ)事を目的とします。
・一度でも板上で稼働したPC以外の『質疑』は、原則受け付けません。誤記などは対応します。

※成長について補足※
・金銭は受け取りません。金銭による成長はありません。
・基準は供与者の『主観』です。
・おおむねですが、高危難の方が『どちらかといえば』成長が近いです。

2 遊部『フラジール・デイズ』 :2016/08/07(日) 10:00:07
遅ればせながら、『ベソ』が貴方に多大な恩を授かった事を
『私』が代表として代わりに今一度お礼を言わせて貰いますわ。
 それと、別に私達が居た事は隠し立てていた訳ではございませんのよ?
私も『ベソ』も。そして他の皆さんも有りの侭の姿で、元の正しい状態へ
生まれ変わりたいと思ってるのですから・・・。
 御免なさいね、こんな無駄話をしちゃって。それでは質問させて頂くわ。

1:基本情報5の記述から顧みて考えたのですけど。
例えば私達の中で、ベソとかは知らず知らずの内にスタンドを誤って使うかも知れないのよ。
ですので『無機質無感動の状態ながらも危険な命令、私の指示した内容は穏便に拒絶する』
設定とかも作れるのかしら?前提として、『私』が命令したと言う事を守秘する形になりますけどね。

2:基本情報3:7を読ませて頂きましたが。これは、要は『フラジール・デイズ』にも
『睡眠』の概念があると言う事かしら? 長時間、肉体に負担をかける『役割』が
あれば、その分体力的な浪費もあるから解除の時間も狭まる、と言う考え方で良くて?

3:基本情報9の肉体の再現なんですが。これは部位が破壊した場合の血液や臓器の
露出などの再現、また生理的な反応(涙・汗・尿etc)なども完璧に行ってくれるのかしら?
 また、これらはスタンドが解除されると共に同じく解除されると考えて宜くて?

4:『役の設定』なのだけど、これは予め携帯の短縮ダイアル見たいに
『数字英数〜〜』見たいに、緊急を要する時でも直ぐにスタンドへ役割を
演じさせる事は可能なのかしら?

5:【望まぬ相手の指名】は、上記4と併合させて無線機などで本体が
距離を離れた状態でも能力の発動は可能かしら?

6:【望まぬ相手の指名】は私、遊部 玲実本体も『対象』に出来る?
それが可能だとして、この場合『解除』は発動中も口頭で可能なのかしら?
もしくは、予め役割の解除の条件(本体がスタンドと同じ部屋から出たら演技を解除)
を決めたりなどしなければ、自然と解除を待たない限りそのまま
望まぬ相手の指名が本体になったまま演技を続けるのかしら?

3 遊部『フラジール・デイズ』 :2016/08/07(日) 15:57:48
>>2続き

1:『フラジール・デイズ』に関してなのだけど。本体と別行動していて
敵の攻撃を受けて破壊され強制解除となった場合。その強制解除
になるまでの敵との交戦の記憶は保持してるのかしら? それとも
破壊されて再発現される場合。その交戦から前までの記憶は完全に
消去されてる・・・と考えるべきかしら?

2:【望まぬ相手の指定】7ですが。『干渉不可』の解除で『弾き合う』場合。
 その弾き合う方向は、決まってるのかしら? それとも、そのつど状況により
右寄り、もしくは左よりにスタンドと対象が重なってれば、それと相反する形に
弾き合う・・・と解釈するべきかしら?

4 『音仙』 :2016/08/07(日) 17:29:15
>>2-3(遊部『フラジール・デイズ』)


     キィ
         ィ

   イ
      ン

「……人の心は、まさしく複雑怪奇ですね。
 ああ、ええと、無駄話は私も好きなので……ご安心を。
 それでは質問に、ひとつひとつ、お答えしましょうか……」

>1:基本情報5の記述から顧みて考えたのですけど。
>例えば私達の中で、ベソとかは知らず知らずの内にスタンドを誤って使うかも知れないのよ。
>ですので『無機質無感動の状態ながらも危険な命令、私の指示した内容は穏便に拒絶する』
>設定とかも作れるのかしら?前提として、『私』が命令したと言う事を守秘する形になりますけどね。

「『フラジール・デイズ』に伝わるなら……
 そのような『複雑な設定』を、演じさせる事は出来るでしょう。
 当然ですが、キミが命令した事を守秘する『設定』も、必要です。」

「【演技をしていない無機質・無感情状態に見せかけつつ、
  『危険な命令』や『●●』を受けた場合は穏便に拒絶する。
  また、この設定を受けている事を、絶対に誰にも口外しない。】」

「…………と、いったところ、でしょうか。
 全ては『フラジール・デイズ』に『設定』が伝わるか、それ次第。
 ああ、それから当然ですが、『スタンドを解除すれば役の設定も解除されます』。」

>2:基本情報3:7を読ませて頂きましたが。これは、要は『フラジール・デイズ』にも
>『睡眠』の概念があると言う事かしら? 長時間、肉体に負担をかける『役割』が
>あれば、その分体力的な浪費もあるから解除の時間も狭まる、と言う考え方で良くて?

「どちらかと言うと後者に近いですね……起きていられなくなると眠ってしまいます。
 これはこのスタンドにとっての、『持続時間』に等しい概念と言えるでしょう……
 つまり極度の疲労が、望まぬ睡眠……それによる解除を招く可能性はあります。
 もっとも、【役を演じる】の6番にあるように、スタミナは人間並にあるので……
 『人間が起きていられなくなる程の疲労』を溜めなければ、そこに問題はありません。
 よほど長時間、激しい演技を求めない限りは、このようなことは起こりえないのでは……」

>3:基本情報9の肉体の再現なんですが。これは部位が破壊した場合の血液や臓器の
>露出などの再現、また生理的な反応(涙・汗・尿etc)なども完璧に行ってくれるのかしら?
> また、これらはスタンドが解除されると共に同じく解除されると考えて宜くて?

「全て、その通りですね。内臓や血液、生理現象など、再現は完全です。
 もっとも……生理現象については、『設定』しない限りは起こらないでしょう。
 起こらない事によって、このスタンドが体調不良に陥ることも……ありません。」

>4:『役の設定』なのだけど、これは予め携帯の短縮ダイアル見たいに
>『数字英数〜〜』見たいに、緊急を要する時でも直ぐにスタンドへ役割を
>演じさせる事は可能なのかしら?

「『フラジール・デイズ』に、問題なく『設定』が伝わるなら……
 その設定を『伝達するための手段』は……問われません。
 暗号や、メモを見せる、あるいは無線越しなど、『設定』は付与できます。」

「ただし……『フラジール・デイズ』に意味が伝わらなければ意味はありません。」

5 『音仙』 :2016/08/07(日) 17:29:59

>5:【望まぬ相手の指名】は、上記4と併合させて無線機などで本体が
>距離を離れた状態でも能力の発動は可能かしら?

「『望まぬ相手が誰なのか』がちゃんと伝わるなら、これも可能です。」

>6:【望まぬ相手の指名】は私、遊部 玲実本体も『対象』に出来る?
>それが可能だとして、この場合『解除』は発動中も口頭で可能なのかしら?
>もしくは、予め役割の解除の条件(本体がスタンドと同じ部屋から出たら演技を解除)
>を決めたりなどしなければ、自然と解除を待たない限りそのまま
>望まぬ相手の指名が本体になったまま演技を続けるのかしら?

「本体を『望まぬ相手』にする事だけは、出来ませんね。
 キミだけは常に、『演者』と同じ舞台から降りられません。」

>1:『フラジール・デイズ』に関してなのだけど。本体と別行動していて
>敵の攻撃を受けて破壊され強制解除となった場合。その強制解除
>になるまでの敵との交戦の記憶は保持してるのかしら? それとも
>破壊されて再発現される場合。その交戦から前までの記憶は完全に
>消去されてる・・・と考えるべきかしら?

「『フラジール・デイズ』自体に記憶の連続性はありません。
 発現時に有する知性・知識は、常に『発現時の本体』と同一。
 発現中に記憶した事も、解除と共に忘れてしまいます……
 よって、意識の喪失などで強制解除された場合、
 その時点で『スタンド側しか有していない記憶』は全て消えます。」

>2:【望まぬ相手の指定】7ですが。『干渉不可』の解除で『弾き合う』場合。
> その弾き合う方向は、決まってるのかしら? それとも、そのつど状況により
>右寄り、もしくは左よりにスタンドと対象が重なってれば、それと相反する形に
>弾き合う・・・と解釈するべきかしら?

「相反する形、という認識でいいと思います……
 少なくとも、キミ自身の意思での方向決定は出来ません。」

6 『音仙』 :2016/08/07(日) 17:37:35
【基本情報】
1.実体化している人型のスタンド。一般人にも見え、干渉される。
2.このスタンドの姿かたちは『発現時の本体』をコピーする。服装も同じ。持ち物は複製されない。
3.完全自立型。『本体とは独立した意思』を持ち、通常のスタンドのような『操作』は不可能。
  →解除の権限は本体にある。ダメージフィードバックは無いが、本体側の気絶はスタンドの解除に繋がる。
4.『演技』していない状態でも最低限の自衛と本体への追随は行うが、自発的行動はない。
5.意思はあるが感情は平坦で、無機質・無感動。
6.発現時の知性・知識(=記憶)に関しても、『発現時の本体』と同等。本体が知らない事は知らない。
7.自発的に発言はしないが、『演技』中でなくても話を振られれば会話は可能。無味乾燥で事務的。
8.スタンドが睡眠含め気を失うと即座に解除。解除時に致命傷を受けていると『一週間』発現できない。
9.部位の破損などは、解除してから『一晩』睡眠を取れば修復されている。解除しただけなら、そのまま。
10.内部含め肉体の再現は完全だが、皮膚の所々には継ぎ目のような物が見える。『化粧』でごまかす等は可能。
11.涙や汗など生理現象は、後述の『設定』で発生させない限りは無い。限りなく人間に近い人形のようなもの。

【役を演じる】
1.本体が『役の設定』を与える事で、このスタンドは設定通りの『演技』を開始する。
2.『演技』中のスタンドは『状況』と『役の設定』に沿って自発的に、人間のように自己判断し、行動する。
3.例えば『言うことを聞いてくれる設定の役』を与えれば言った通りに動く。生意気な役なら本体に反発もする。
4.本体に不可能な設定は与えられない。習得していない言語や道具の習熟、また人外のスペック・能力など。
5.『特定の状況への反応を決めておく』など、『役の設定』を細かくすれば意のままに受け答えさせる事も可能。
6.人間と同じくスタミナの概念(持続力:C相当)はあり、疲労しきると演技や動作が乱れる可能性はある。
7.与えた『役』の解除は、その旨をスタンドに伝えれば無条件で可能。解除後は本体の元に帰還するよう動く。

【能力の制限】
1.同時に与えられる『役』は一つ。また、能力を使う事を意識した上で説明する必要がある。
2.『役』の設定が矛盾を起こしている場合、難しい場合は、不可能と判断されたり、演技が甘い事がある。
3.不可能な役は拒否する。後から不可能性が生じた場合は、『役』が解除され、本体の元に戻って来る。
4.『役』の設定の説明は、一方的では成立せず『スタンドに伝わるように』行う必要がある。
5.スタンドに伝わるならば、口頭に限らず『筆記』や『暗号』などの手段で伝達しても良い。

※完全自立型としてのメタ的な部分※
1.場スレなどの判定者がいない場では、このスタンドはPLが『NPC』として自由にロール出来る。
2.ミッションなど、GMや判定者が存在する場では、原則的にGMが『NPC』としてこのスタンドを動かす。
3.そのため、ミッションなどでは、なるべく『GMに伝わるように役の設定の説明を行う』必要がある。
4.GMがそれを望むならば、ミッションやバトルであっても、場スレのようにPLに『ロール権』を与えてもよい。
5.そうする場合、このスタンドに与えられた『役』の設定的に不自然と断定できる行動があれば『失敗』させて構わない。

【望まぬ相手の指定】
1.『役を与える』際、それに併せて『演技の舞台に上げない対象』(以下『対象』)を本体が指定できる。
2.『対象』とする相手を名指しする、または『対象』を指さすなどで、指定対象をスタンドに理解させる必要がある。
3.『対象』と演技中のこのスタンドは、互いを五感で『認識』出来ない。また『干渉』も出来ず、触れてもすり抜ける。
4.お互いの『持っている物』も同じように、相互に認識・干渉不可。手を離れれば影響下を外れる。
5.お互いの『触れているだけの物』は認識、干渉できる。例えば、扉の開閉など。
6.お互いに存在を忘れたりするわけではなく、位置を察して投擲を命中させること等は可能。
7.『対象』とこのスタンドが重なっている際に『干渉不可』が解けると、『パスCC』で弾き合う。
8.弾き合うのは『重なり合う状態』から脱するためであり、方向はランダム(GMが決定する。)
9.このスタンドの『本体』に限り、望まぬ相手に指定する事は出来ない。

7 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2016/08/12(金) 00:28:37

ご無沙汰しております。
ここを訪れた時は、自分に負けてしまいそうになっていましたが、お蔭様で少し強くなれたような気がしています。
今でも時折挫けそうになることもありますが、それでも生きていく決心を固めました。
今日は一つ質問を持ってまいりました。
どうかお答えいただけると幸いです。

【基本情報】
5.本体のナイフの扱いに関する動作は、これを持っている限り『パス精CBB』と扱う。

とありますが……たとえば左手に『スーサイド・ライフ』を持っていて、右手に果物ナイフを持っている場合、
右手の動作も左手と同等になると考えてよろしいでしょうか?

それから、この紙袋の中には私が庭で栽培したラベンダーを入れてきました。
ご迷惑でなければ、私の気持ちとして、ここに置かせていただきます……。

8 『音仙』 :2016/08/12(金) 01:04:40
>>7(小石川文子『スーサイド・ライフ』)

「ああ……ええ、ご無沙汰しております。
 私の力がキミの……支えにでもなるなら。
 エエ、それは……何よりの事だと、思います」

「ラベンダー……良い花ですね。
 私の同居人に……いえ、『同居花』というのでしょうか?
 ともかく、その、ネ。部屋に置いておきましょう……ありがとう。」

「さて――質問の答えですが……」

>【基本情報】
>5.本体のナイフの扱いに関する動作は、これを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
>とありますが……たとえば左手に『スーサイド・ライフ』を持っていて、右手に果物ナイフを持っている場合、
>右手の動作も左手と同等になると考えてよろしいでしょうか?

「これは私の伝え方が……よくなかったですね。
 この【詳細】で言うナイフとは、『スーサイド・ライフ』そのものの事です。」

「一般的なナイフについては……範疇外になりますね。
 紛らわしい物言いで、どうもどうも……申し訳ないです。」

9 『音仙』 :2016/08/12(金) 01:06:42
己の部位を『切り離す』事で、それを遠隔操作できるナイフ。
解除時に切り離されたままの部位は崩れ、切断面から元通り『生え代わる』。

『スーサイド・ライフ』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

『部位』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

【基本情報】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手にだが、持ち替えなどは可能。
2.刃の強度は『パワーB』のラッシュを無抵抗で浴び続けると破壊される程度。
3.ダメージフィードバックは利き腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
4.斬れ味はよく研がれた包丁並。自分の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。
5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
6.自傷の際の切断に至らない切りこみは、刃を離せば何事も無いように消えるし、出血や痛みもない。
7.ナイフを解除せずに『切り離す』能力を解除することは可能だが、部位を個別に解除することは不可能。
8.能力の持続時間は『2時間』ほど。射程や同時に切り離せる数は後述。

【遠隔操作/性質】
1.このスタンドで切り離した『自分の部位』は、遠隔でも自分の身体の一部のように操作できる。
2.同時に切り離しておける部位の数は『5個』まで。複数の部位を同時に操る事は、自分の身体でそれが可能である程度に可能。
3.部位の定義は『体の一部であること』以外は本体次第。なお、『切り離した部位からさらに部位を切り離す』ことは出来ない。
4.部位が受けた感覚は、通常通り本体にも伝わる。また、部位の位置は常に感知していられる。
5.スペックは部位問わず『パス精DCC』。スタンドに干渉可。射程は本体から『10m』。その半分の『5m』まで浮遊出来る。
6.切断した部位にこのスタンドを持たせることも可能。いずれかの部位の『2m以内』なら、射程外にはならない。
7.切り離した切断面はガラス質な赤い平面状になっており、中は見えない。面と面を合わせる事でくっつけ直す事が可能。
8.部位側の切断面が破壊されると、その部位は操作できなくなり、また後述の『再生』の時間が伸びる。
9.体側の切断面が破壊されると、後述する解除時の『再生』が起きなくなる。

【遠隔操作/解除後】
1.能力を解除する、あるいは意識が途絶えるなどで強制解除された際、切り離されたままになっている部位は、即座に灰のように崩れて消える。
2.同時に、体側の『切断面』から、その部位が元通りに生え代わって再生する。再生しきるまで、生存に最低限必要な以外の機能は失われる。
3.再生時間は『40秒』。指のように小さな部位は『20秒』。部位側の切断面が破壊されていた場合は、その倍かかる。
4.同時に複数の部位が再生する場合、全ての部位は同時に再生する。時間は、『全ての再生部位の合計分』かかる。
5.重要な器官などが『崩れた』としても死亡はしない。ただし生存以外の機能は損なわれるため、頭部が崩れた場合は再生しきるまで思考すらできない。
6.切り離す前からついていた破壊や傷、影響は、部位が消えて『再生』しても引き継がれる。切り離してからの物は全て消える。
7.たとえスタンドをナイフごと完全に解除しても、この『再生』に関しては必ず発生する。強制解除された場合ですらも。
8.再生中の部位の断面は、切断面と同じくガラス質な赤い平面状になる。そこを破壊されれば、再生は途中で止まってしまう。

10 『音仙』 :2016/12/09(金) 03:46:38
>蛇喰 正義『ドラゴノート』

『そらの異邦』より
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1454252126/334

先日の『非日常』の中で――
『ドラゴノート』についての認識が深まった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

一本の和槍のヴィジョンのスタンド。
本体の周囲の無生物を『竜鱗』で覆う。
このスタンドの穂先は『竜鱗』を容易く貫く。

『ドラゴノート』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(1m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:B

【基本情報】
1.和槍のスタンド。柄は利き腕、穂先は手にダメージフィードバックを有する。
2.槍を手に持った状態で発現され、手放すと『3秒』で解除される。持ち替えや片手持ちは可能。
3.槍の長さは柄が『2m』、穂先が『20cm』ほど、計『220cm』。
4.太刀打ちは柄の穂先側『30cm』程。この部分は赤い鱗に覆われている。
5.柄の強度は、『パB』をまともに受けると折れる程度。太刀打ち部分は『パB』にも数発は耐える。
6.穂先は鉄並の強度、生物の肉体程度ならば容易く突き刺さる鋭利さを有する。
7.刺突に向いた形状ではあるが、斬撃でも『ナイフ』程度には斬れる。
8.穂先は後述する『竜鱗』、および『竜鱗に覆われている無生物』を硬度を無視して裂き、貫ける。
9.この槍を握っている限り、本体は『パB』として扱われる。

【竜鱗:発現と解除】
1.槍を持っている時、本体の周囲の『無生物』は、表面を『竜鱗』で覆われる。
2.能力の範囲は、本体の任意で、半径を1m刻みで調整可能。最大で『半径5m』まで。
3.調整には、一呼吸ほどの間が必要。
4.『スD』以上で動き続けている物に対しては、竜鱗は発生しない。
5.覆われた無生物が『スD』以上で動く、または『範囲』から出ると即座に竜鱗は剥がれ落ちる。
6.剥がれた時点で『覆われている』とは見做さない。剥がれてすぐ、竜鱗は完全に解除される。
7.また、破壊されて物体上から剥がれ落ちた場合も、同様に解除される。
8.解除された場合も、再び無生物が範囲内で動きを止めたなら、竜鱗はそれを覆う。
9.射程を『0』にする事で、実質発現を『オフ』にする事は可能。個別での解除などは不可能。
10.『実体化していないスタンド』『不定形物』、『生物の衣服・それに準ずる物』は、竜鱗に覆われない。

【竜鱗の性質】
1.竜鱗は、実体化したスタンド物質。深い緑色で、岩のような質感。尖っていたりはしない。
2.『パB』以上で破壊・引き剥がし可能。『パC』でも道具などを用いれば砕ける可能性がある。
3.竜鱗自体に重さは無く、また、無生物を覆った際の分厚さの増加は『2cm』程度。
4.極めて熱に強く、不燃性。まず焼ける事は無い。また、一般的な電気は通さない性質。
5.先述したように、竜鱗は『ドラゴノート』の穂先には硬度を無視して抵抗なく引き裂かれ、貫かれる。
6.これも先述したように、竜鱗に覆われている状態の無生物もまた、項目5の状態になる。
7.覆う時、対象の形状を保ちはするが、可動部や機能性は考慮されず表出している全面が覆われる。
8.二つの密着している物体は、鱗によってまとめて覆われるため、実質『接合』に近い状態となる。

11 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2016/12/27(火) 20:59:01

お聞きしたいことができたので、再度うかがわせていただきました。
『部位』の定義は、どのようなものなのでしょう?
基本的には、本体である私自身よりも小さいものが『部位』だと解釈していますが、
もし本体と『部位』が同じくらいの質量であった場合は、どちらが『部位』として扱われるのでしょうか?
たとえば、『上半身』と『下半身』に分けた時や、『右半身』と『左半身』に分けた時は、どうなるのでしょう?
よろしくお願いいたします。

12 『音仙』 :2016/12/27(火) 23:27:45
>>11(小石川文子『スーサイド・ライフ』)

>『部位』の定義は、どのようなものなのでしょう?

「……エエト、基本的には」

>【遠隔操作/性質】
>3.部位の定義は『体の一部であること』以外は本体次第。

「……以前お聞かせした通りです、が。
 ほとんど同じサイズ、質量の場合に……
 どちらが『一部』となるのか……すみません。
 これはその、私が聞き逃しておりました、エエ……」

「これについても……『自由』です。
 本体の任意で、部位の指定を行えます」

「上半身を部位にし、飛ばす事も……
 下半身を部位にし、先行させる事も可能です。
 両方を部位にする、ということは、エエ、出来ません」

「また、切り離した後から……
 部位がどちらかを変えたりも出来ません」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

己の部位を『切り離す』事で、それを遠隔操作できるナイフ。
解除時に切り離されたままの部位は崩れ、切断面から元通り『生え代わる』。

『スーサイド・ライフ』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

『部位』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

【基本情報】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手にだが、持ち替えなどは可能。
2.刃の強度は『パワーB』のラッシュを無抵抗で浴び続けると破壊される程度。
3.ダメージフィードバックは利き腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
4.斬れ味はよく研がれた包丁並。自分の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。
5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
6.自傷の際の切断に至らない切りこみは、刃を離せば何事も無いように消えるし、出血や痛みもない。
7.ナイフを解除せずに『切り離す』能力を解除することは可能だが、部位を個別に解除することは不可能。
8.能力の持続時間は『2時間』ほど。射程や同時に切り離せる数は後述。

【遠隔操作/性質】
1.このスタンドで切り離した『自分の部位』は、遠隔でも自分の身体の一部のように操作できる。
2.同時に切り離しておける部位の数は『5個』まで。複数部位の同時操作は、自分の身体でそれが可能である程度に可能。
3.部位の定義は『体の一部であること』以外は本体次第。『切り離した部位からさらに部位を切り離す』ことは出来ない。
  部位と本体の質量が概ね同じ場合、『どちらを部位扱いするか』は切断時に『任意』。切断後の変更は不可能。
4.部位が受けた感覚は、通常通り本体にも伝わる。また、部位の位置は常に感知していられる。
5.スペックは部位問わず『パス精DCC』。スタンドに干渉可。射程は本体から『10m』。その半分の『5m』まで浮遊可。
6.切断した部位にこのスタンドを持たせることも可能。いずれかの部位の『2m以内』なら、射程外にならない。
7.切断面はガラス質な赤い平面状になっており、中は見えない。面と面を合わせればくっつけ直す事が可能。
8.部位側の切断面が破壊されると、その部位は操作できなくなり、また後述の『再生』の時間が伸びる。
9.体側の切断面が破壊されると、後述する『再生』が起きなくなる。

【遠隔操作/解除後】
1.能力を解除する、意識が途絶えるなどで強制解除された際、切り離されたままの部位は、即座に灰のように崩れて消える。
2.同時に、体側の『切断面』から、その部位が元通りに生え代わって再生する。再生しきるまで、生存に最低限必要な以外の機能は失われる。
3.再生時間は『40秒』。指のように小さな部位は『20秒』。部位側の切断面が破壊されていた場合は、その倍かかる。
4.同時に複数の部位が再生する場合、全ての部位は同時に再生する。時間は、『全ての再生部位の合計分』かかる。
5.重要な器官が『崩れ』ても死亡はしないが、生存以外の機能は損なわれるため、頭部が崩れた場合は再生しきるまで思考すらできない。
6.切り離す前からの破壊や傷、影響は、部位が消えて『再生』しても引き継がれる。切り離してからの物は全て消える。
7.スタンドをナイフごと完全に解除しても、この『再生』に関しては必ず発生する。強制解除された場合ですらも。
8.再生中の部位の断面は、切断面と同じくガラス質な赤い平面状になる。そこを破壊されれば、再生は途中で止まってしまう。

13 遊部『フラジール・デイズ』 :2017/01/14(土) 21:23:13
遅れましたが、明けましておめでとう御座います。『レミ』です
 今年も、色々とご相談出来る事はさせて頂きたいと思います。

質問なのですが、『フラジール・デイズ』は『指定』によって
一人を舞台外とし、その間のスタンドの行動などを認識出来ないようにする
と言うので間違いないですね?
 具体的に聞きたい事なんですが。説明にあった
【望まぬ相手の指定】
4.お互いの『持っている物』も同じように、相互に認識・干渉不可。手を離れれば影響下を外れる。
との部分を読ませて頂いてのご質問ですが。
 つまり、『フラジール・デイズ』が触れてる物体。恐らくスタンドの手で最低
持てるサイズの物体に触れてる間は『スタンドコーディング』と同等として
『フラジール・デイズ』が持ってる道具は、他のスタンドに干渉可能。と考えて良いでしょうか?

今年も前年同じく冷え込みますので、お体には何卒お気を付けください。

14 『音仙』 :2017/01/14(土) 22:57:08
>>13(遊部『フラジール・デイズ』)

「明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします。
 時間が経つのは……あまりに、早いですね。
 つい前、お雑煮だったのに……ええ、相談に乗りましょう」

> つまり、『フラジール・デイズ』が触れてる物体。恐らくスタンドの手で最低
>持てるサイズの物体に触れてる間は『スタンドコーディング』と同等として
>『フラジール・デイズ』が持ってる道具は、他のスタンドに干渉可能。と考えて良いでしょうか?

「さて、これは結論から言えば……『NO』です」

「触れている物も、能力に巻き込まれる。
 これは舞台への、『小道具』の持ち込み。
 それを可能にする……という事を意味します」

「反面……『小道具』に、新しい性質を付与は、しません。
 ですのでスタンドに干渉できない物なら、できないまま。
 『フラジール・デイズ』はあくまでも演者……ですので、ええ」

15 『アルカトラズから連れ出して』 :2017/01/17(火) 01:03:29
質問です。
・『フラジール・デイズ』について
視聴覚共有、DFの有無

・『スーサイド・ライフ』について
5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
この効果は『ナイフを持ったまま走る』などのナイフを使用しない行動にも適応される?

16 『音仙』 :2017/01/17(火) 06:27:50
>>15(『アルカトラズから連れ出して』)

>・『フラジール・デイズ』について
>視聴覚共有、DFの有無

完全自立型のため、どちらも『無い』。
情報共有がしたいならば会話が必要。

★参考
【3.完全自立型。『本体とは独立した意思』を持ち、通常のスタンドのような『操作』は不可能。
  →解除の権限は本体にある。ダメージフィードバックは無いが、本体側の気絶はスタンドの解除に繋がる。】

>・『スーサイド・ライフ』について
>5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
>この効果は『ナイフを持ったまま走る』などのナイフを使用しない行動にも適応される?

原則として、『されない』。
ナイフの扱いに関わる動作に限られるので、
切りつける際の踏み込みなどには適応される。

17 『アルカトラズから連れ出して』 :2017/01/17(火) 21:13:25
>>16
ありがとうございます

18 遊部『フラジール・デイズ』 :2017/01/17(火) 23:15:43
続けまして、質問させて頂きます。

『フラジール・デイズ』に関して、遅効性の毒物や神経に作用する薬物を
摂取した場合に関し。これは解除してから再発現すればリセットされると
考えて問題ないでしょうか?

19 水平線のラダマンテュス :2017/01/24(火) 00:07:25

『トリップ・トゥ・ノーウェア』に関し、幾つか質問させて頂きます。

1『本の虫病』ですが。
これに関しては、人間以外の生物に関しても疾患が生じると考えて問題ないでしょうか?

2本による汚損ですが。これは、多数の本を汚す 傷つける事によって
ショックの度合いが比例して増したりする事はあるでしょうか?

3『針』部分のDFは、利き手の指部分に相応する?

20 『音仙』 :2017/01/24(火) 00:43:07
>>19(『トリップ・トゥ・ノーウェア』)

>1『本の虫病』ですが。
>これに関しては、人間以外の生物に関しても疾患が生じると考えて問題ないでしょうか?
『生じる』。
当然ながら人語で書かれた本は読めないが、
症状に突き動かされ読書を始めれば苦痛は収まるし、
『没入』さえすれば、『本との対話』で内容を理解出来る。
これは人間が『読めない言語の本』を読む際に近い。

>2本による汚損ですが。これは、多数の本を汚す 傷つける事によって
>ショックの度合いが比例して増したりする事はあるでしょうか?
『ない』。
本を汚した、という事実が重要なのであり、
一度にどれだけの数を汚した、というのは無関係。

>3『針』部分のDFは、利き手の指部分に相応する?
針部分は切除出来るパーツであり、DFは存在しない。

21 『音仙』 :2017/01/24(火) 00:43:44
蜂に似たヴィジョンを有するスタンド。
針を刺す事で、生物に『本の虫病』を発病させる。
その病は本を読まない者を苛むが、読書を助ける。

『トリップ・トゥ・ノーウェア』
破壊力:E スピード:B 射程距離:A(80m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:E

【基本情報】
1.蜂に似た虫型のスタンド。射程内ならば飛翔する事が可能。
2.視覚のみ本体とリンク。ダメージフィードバックは『利き手』に来る。
3.完全に破壊されると、利き手が治療されるまで発現不可。
4.大きさは掌に乗る程度。具体的には頭の先から尻まで『14cm』ほど。
5.針の長さは『4cm』ほど。金属質でパCの全力ならば破壊可能。針にDFはない。
6.針による刺突は生物相手なら硬くても貫通するが、痛みのみで傷にはならない。
7.生物を突き刺した時、針をスタンドの尾部から『切り離す』ことが出来る。
  針は生物の体に刺さったまま残り、除去されると解除される。任意解除も可能。
8.切り離した針は『10秒』待てば再び生えてくる。同時に存在できる『針』は『4本』まで。
9.強制・任意問わずこのスタンド自体が解除されれば針や『本の虫病』は解除される。
10.切り離した針の射程は『250m』まで。持続時間は『3時間』まで。

【本の虫病】
1.針が『2cm以上』刺し込まれている『知的生命体』はこの状態になる。
2.針が刺さっている限り続き、抜けてからも『15秒』は続く。
3.複数の針が同時に効果を及ぼしている時、後述の『痛み』のみ重複する。
  二本ならば同時に二本の針に刺されるような、三本ならば……といった具合。
4.『本』の定義は、『装丁・製本されている』ものであること。
5.また『公式的に装丁・製本された事がある物』に限り『電子書籍』も範疇内。
6.『漫画』や『画集』など、本の内容が文章でなくても範疇内。
7.読書をやめれば苦痛は即座に再発する。痛みの広がりも再開する。
8.途中から読み始めてもいいが、逆から読むなど『真面目に読む気がない』と不可。
  逆に、真面目に読む気があるなら『読めない言語』の本でも読んでいる内に入る。

【病状一覧】
1.本の虫病の患者には『本』を読んでいない時、これらの病状が発現する。
2.常に『針で肌を刺されるような痛み』を感じる。
  痛みは刺された箇所から徐々に広がっていき、およそ『1分』で全身に回る。
  先述した通り、この症状のみは効果を及ぼしている針の数に従い悪化していく。
3.『本』の破壊や損壊を『知らない人をいきなり本気で殴る』程度に躊躇う。
4.『読書』を邪魔する存在に対し『いきなり本気で殴られた』程度の憎悪を覚える。
5.『読書』すれば症状が治まると理解し、可能な限り『本』を読もうとする。
6.2〜5の病状は、どれも完全に精神的な物であり、ストレスにはなるが我慢は可能。
7.自らの手で『本』を汚損させてしまうと、精神ショックで一瞬心身が硬直する。
  DFがある場合は、スタンドの動作も硬直する。スタンドでの破壊の場合も同様。

【薬効一覧】
1.本の虫病の患者は『本』を読む際、これらの薬効を感じる。
2.個人差はあるが、読書行為に強い精神的うるおいを覚える。
  本の出来や展開にも左右されるが、良い本なら何度読んでも衰えない。
3.『本』を読む際、『本』の展開、世界に没入する深さが強まる。
4.集中を乱されなければ『2ページ』読んだ辺りで非常に深く『没入』出来る。
5.非常に深い『没入』中は、本と自分以外、この世界には存在しないようにすら感じる。
  優れた本・好きな本への『没入』では、まるで本の世界に入ったかのような感覚も味わえる。
6.理解出来ない語で書かれた本ですら、『没入』状態なら理解し、読める。
  種族の垣根すらそこになく、(存在するなら)異種族語の本すら読める。
  これを、患者は『本と対話した』『本が内容を語ってくれた』ように感じる。
7.なお、中毒性や常習性などは無い。

22 常原ヤマト『ドリーム・ウィーバー』 :2017/01/31(火) 16:15:20
『ドリーム・ウィーバー』について、いくつか質問です。

・裁縫道具は、『ステンド物質』という認識でよろしいでしょうか。
・自スタンドや他人のスタンドを『手縫い化』することは可能ですか?
・裁縫用アイロンや裁縫用コテなどの『本来電源を要する裁縫道具』は、
 使用時に別途電源を準備する(コンセントに繋ぐなど)必要がありますか?
・皮革の加工道具(レザークラフト用の道具)は、一般的な『裁縫道具』として発現可能ですか?
 例:皮包丁、木槌、錐、ノミ

23 『音仙』 :2017/01/31(火) 18:22:34
>>22(常原)
>・裁縫道具は、『ステンド物質』という認識でよろしいでしょうか。
その認識で『正しい』。

>・自スタンドや他人のスタンドを『手縫い化』することは可能ですか?
条件を満たしているなら『可能』。
本体との手縫い化のフィードバックはなく、
手縫い化しても解除を制限したりは出来ない。

>・裁縫用アイロンや裁縫用コテなどの『本来電源を要する裁縫道具』は、
> 使用時に別途電源を準備する(コンセントに繋ぐなど)必要がありますか?
電源を要する器具は電源が『必要』。
道具が本来以上の性能を持つことはない。

>・皮革の加工道具(レザークラフト用の道具)は、一般的な『裁縫道具』として発現可能ですか?
> 例:皮包丁、木槌、錐、ノミ
『一般的な手縫いに用いる道具』の範疇ではないため、『不可能』。

24 『音仙』 :2017/02/01(水) 00:34:01
>>23(訂正)
大変失礼しました、一点訂正します。

>>・自スタンドや他人のスタンドを『手縫い化』することは可能ですか?
>条件を満たしているなら『可能』。
>本体との手縫い化のフィードバックはなく、
>手縫い化しても解除を制限したりは出来ない。

この部分は訂正し、以下のようにさせていただきます。
以後、このような事後の変更がないよう注意いたします。
ご迷惑をおかけしました。

>・自スタンドや他人のスタンドを『手縫い化』することは可能ですか?
他者のスタンドは条件を満たしているなら『可能』。
『ドリーム・ウィーバー』自身の手縫い化は『不可能』。
(本体である常原は『可能』)

本体との手縫い化のフィードバックはなく、
手縫い化しても解除を制限したりは出来ない。

25 『音仙』 :2017/02/01(水) 00:37:39
お伽噺を思わせる小柄な人型のスタンド。
『裁縫道具』を発現し、加工した物を『手縫い製』に変える。

『ドリーム・ウィーバー』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(20m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:B

【基本情報】
1.小学生程度の背丈の人型のスタンド。
2.ダメージフィードバックと視聴覚のリンクを有する。
3.一般レベルの『手縫い』に用いる『裁縫道具』を手から発現可能。
4.裁縫道具の発現は『5秒に1つ』程度が目安。解除は遠隔・個別で可能。
5.裁縫道具はスタンド物質。持続時間は『1時間』。射程はスタンドから『40m』。
6.同時に発現しておける量は『このスタンドのパワーで持てる量』まで。
7.『糸』を除き、裁縫の材料(布など)は発現不可能。布やボタン、ジッパーなど。
8.指貫き、裁縫用接着剤、針山などの『裁縫の補助道具』は、発現可能。
9.収納容器などは発現できない。このスタンド自身が『生ける裁縫箱』。

【手縫い化/発動条件と制限】
1.裁縫道具および後述の『布地』を用いて『加工』した物を『手縫い製』に作り替える。
2.加工とは『目に見える変化』の付与。縫う、切る、後述の『布地』を裁縫ボンドで貼り付けるなど。
3.チャコペンシルによる線引きや、待ち針による仮止めなど、『加工の準備』では意味をなさない。
4.発動の条件となった加工部分が除かれる・直る(糸ならば抜糸など)と、手縫い化は解除される。
5.能力射程は裁縫道具と同じくスタンドから『40m』。持続時間は『1時間』。任意解除可能。
6.同時に『手縫い化』させておける対象の数は『4つ』まで。
7.壁や地面など、大きすぎる物は加工部分を中心に『2m』の範囲が手縫い化する。
8.本体含む生物や、他者のスタンドも手縫い化することが可能。『ドリーム・ウィーバー』自身は不可。

【手縫い化/性質】
1.『0.3mm』(厚紙や段ボールほど)より薄い物は『布地』に変化する。
2.厚い物だと、外側が『布地』に、内部は『詰め物』に置換され『ぬいぐるみ』になる。
3.どちらの場合でも、元々の外見的な特徴や『加工』のあとは残る。
4.布地や詰め物の素材は、一般的な手縫いに用いられる範囲で自由に設定できる。
5.手縫い化された物は実体化したスタンド物質になる。
6.手縫い化された物が備える機能は損なわれず、自壊もしない。
7.材質の強度や重さといった、素材としての性質は布地や詰め物相応になる。
8.『ぬいぐるみ』や『布地』は他の布地や糸での修繕が可能。
9.解除時には即座に元の素材に戻る。受けた破壊や異物の混入、加工などは残る。

【手縫い化/例示】
1.生物の場合、皮が布地に、血や骨、内臓などの内部器官が詰め物に置換される。
2.骨折などは無いが痛みはあり、部位を壊されれば動作への支障はある。頭が飛べば意識が飛ぶ。
3.部位がちぎれても糸で縫い付ければ動かせるが、応急処置に過ぎない。
4.詰め物が抜けても解除しない限りは機能停止はしない。形を保てず動作困難にはなりえる。
5.水道管や電線は、問題なく伝導でき、ライターなど熱を伴う道具が自らの熱で焼けたりもしない。
6.手りゅう弾など、自壊を機能の内に含む道具については、問題なく自壊する。
7.拳銃や刃物などは、使用は出来るが、素材は変化しているため殺傷性や耐久性などは損なわれる。
8.『ぬいぐるみ』を水(液体)に沈めた上で解除した場合――
  A:水が染み込む無生物なら、内々にまで相応の量の水が染み込んだ状態になる。
  B:染み込まない無生物なら、内部に元から水が入り込んでいたかのようになる。
  C:生物なら、水分を大量に(吸った分だけ)摂取したような状態になる。

26 常原ヤマト『ドリーム・ウィーバー』 :2017/02/01(水) 00:58:21
>>23-25
確認しました。回答に感謝します。

27 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2017/04/12(水) 18:56:18
ガリガリシャリキュルキュルシャッガリガリギャリ……

 「瘡蓋のような腐葉の擦れ合う、静かなるジャズが耳を打つ……」

「私が……『普遍』か。…………随分、久しく交え無き表現で。
 何処か可笑しくて、それでいて。これを表現するとなれば『喜び』でしょうか」

「返事が遅れまして大変申し訳ありません……春の到来を告げる山谷の音響が
貴方様の心を少しでも上向き、良き日々が描かれる事を願います」

・リヴィング・イン・モーメント自体は破壊されると三日間同時発現数が減るようですが
彼らが展開する『水槽』が破壊された場合。この再発現に何かしらタイムラグはありますか?
また『水槽』やスタンドは、どの程度の時間継続して発現出来ると考えて良いでしょう?

・一般的な『水槽』と言うのは、砂利や水藻などのものが存在します。
勝手な想像ですが、液中に幾つかの余分な個体を『水槽』に入れる事は可能でしょうか?

・↑の質問に並列しますが、ソフトボールサイズの水槽のスタンドに
ビー玉サイズのスタンドを入れる。などの事は可能ですか?

・水槽の中の液体は、その性質で破壊はされないとの事ですが。
例えば、塩素ガスを発生する混合液体を発生前に水槽内に入れた場合。そのガスが発生する前の
状態を維持した状態を解除されるまで水槽内で維持する……と考えて宜しいですか?

・水槽を維持したリヴィング・イン・モーメントは空中を本体の半径30m内に限り
ス精CC(描写するとなると、ある程度小回り利くラジコンのようなイメージ?)で
空中を移動出来る。と解釈して問題ないですか?

・思ったのですが。ロケットエンジンの燃料など、危険性の高い液体は容易に発露しないよう
密閉された容器に入れられています。何とか切除なり試みて出入り口を作れば良い事だと思いますが
そのような密封された液体からリヴィング・イン・モーメントを水槽モードで外に出す場合は
容器を破壊して取り出す手段しか今のところ方法はないと考えるべきでしょうか?

28 『音仙』 :2017/04/12(水) 20:09:06
>・リヴィング・イン・モーメント自体は破壊されると三日間同時発現数が減るようですが
>彼らが展開する『水槽』が破壊された場合。この再発現に何かしらタイムラグはありますか?

「水槽の再展開に『タイムラグ』は存在しません。
 即座に……周囲に液体があれば、再展開できます。
 もちろん……金魚が強制解除されなければ、の話です」

>また『水槽』やスタンドは、どの程度の時間継続して発現出来ると考えて良いでしょう?

「コンディションにもよりますが……『2時間』程度なら、問題ないでしょう」

>・一般的な『水槽』と言うのは、砂利や水藻などのものが存在します。
>勝手な想像ですが、液中に幾つかの余分な個体を『水槽』に入れる事は可能でしょうか?

「例えば金魚鉢などは、金魚だけ……という事も、多いのでは。
 とはいえ、液体の中の異物を特別にはじき出す能力は無いので……
 もし、水槽を形成する範囲に異物があれば、それは入るでしょう。
 当然、水槽より巨大な異物に阻まれるなら……水槽は、形成できません」

>・↑の質問に並列しますが、ソフトボールサイズの水槽のスタンドに
>ビー玉サイズのスタンドを入れる。などの事は可能ですか?

「実のところ、これは『可能』です……エエ。
 奇妙な絵面ではありますが、それもまた『特別』です」

「……ただ、先の質問と併せて補足しておきますが、
 その……『液体』以外は通常通り、水槽を傷つけます。
 水中の小石程度なら水槽を破るほどではないでしょうが、
 危険物を入れるならば……頭にこの話を入れておくべきです」

>・水槽の中の液体は、その性質で破壊はされないとの事ですが。
>例えば、塩素ガスを発生する混合液体を発生前に水槽内に入れた場合。そのガスが発生する前の
>状態を維持した状態を解除されるまで水槽内で維持する……と考えて宜しいですか?

               キ
                   ィィ

「これは……ノイズと共に、排除してしまっていました……すみません。
 水槽内の液体は……水槽がある限りはですが、最初の状態を保ちます。 
 つまりこの場合……そう。水槽が無くならない限りは、液体は反応し合いません。
 もちろん、外的な要因があった場合……混入物が原因の場合などは、話は別ですが」

>・水槽を維持したリヴィング・イン・モーメントは空中を本体の半径30m内に限り
>ス精CC(描写するとなると、ある程度小回り利くラジコンのようなイメージ?)で
>空中を移動出来る。と解釈して問題ないですか?

「問題ない解釈です……ただし水槽は儚いので、衝突にご注意を」

>・思ったのですが。ロケットエンジンの燃料など、危険性の高い液体は容易に発露しないよう
>密閉された容器に入れられています。何とか切除なり試みて出入り口を作れば良い事だと思いますが
>そのような密封された液体からリヴィング・イン・モーメントを水槽モードで外に出す場合は
>容器を破壊して取り出す手段しか今のところ方法はないと考えるべきでしょうか?

「車の燃料タンクのように出入り口があれば、そこから出せるでしょう。
 完全に密封されている物なら、キミの認識通り、破壊は必要になります……」

29 『音仙』 :2017/04/12(水) 20:11:07
玩具の金魚のような小さな群体型のスタンド。
液中に発現し、周囲の液体を集め『水槽』を形作る。

『リヴィング・イン・モーメント』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(30m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:D

【基本情報】
1.玩具の金魚のような、『瓶ラムネ』の中のビー玉ほどの大きさのスタンド。
2.群体型であり、同時に発現出来るのは『6体』まで。持続時間は『2時間』ほど。
3.ダメージフィードバックは存在しない。視覚のリンクのみ存在する。
  複数の金魚の視界を得る場合、複数のテレビの同時視聴に近い感覚。
4.本体が液体、または液体の入った容器に触れる事で、液中に発現される。
5.通常の発現は不可能。液中から出れば強制解除される。液中なら操作は自由。
6.強制解除された場合、『30秒』は同時発現可能数が1つ減った状態になる。
7.液体が毒物や高温など生存が困難な性質でも、このスタンドは問題なく行動可能。
8.金魚が解除されると、対応する『水槽』も解除される。
9.金魚が完全に『破壊』されると、その後『3日間』は同時発現可能数が1つ減る。

【水槽】
1.金魚が触れている液体を球状に集め、『ビー玉』〜『ソフトボール大』程のサイズに固定。
2.その際、球の外層に薄さ数mmのガラス質の膜を形成される。これで『水槽』が完成する。
  なお、異物をはじき出すような効果は持ち合わせていないので、異物は混入し得る。
3.異物や空間自体の広さなどの影響で、水槽を形成する隙間が無ければ当然形成は不可。
4.水槽は中の金魚、および液体ごと、自由に操作する事が可能。
  また、水槽自体は動かさずに水槽の中の金魚を操作することも可能。
5.空中に浮かべる事も可能。何らかの理由で金魚が空気中に出ると当然、強制解除。
6.水槽の中の液体が何らかの理由で消え、金魚の所在が『液中』でなくなっても強制解除。
7.金魚・水槽が解除されても当然、中の液体は残るため、その場に飛び散る。
8.水槽のガラス膜は薄さ相応の脆さ。ただし中の『液体』の温度・性質では破損・変質しない。
9.水槽内の液体は、外的な要因がない限り、水槽が形成された時点での状態を保つ。
10.水槽が完全に破壊された場合、ガラス膜は数秒だけその場に残り、その後解除される。
11.水槽に触れ、その中に追加の金魚を発現し、水槽の中で水槽を形成する事も可能である。

30 常原ヤマト『ドリーム・ウィーバー』 :2017/04/13(木) 23:06:24
『ドリーム・ウィーバー』について質問です

・物体の一部のみを『手縫い化』することは可能?
・『裁縫道具』の強度は、一般的なものと遜色ないのか

・生物の一部が完全に切り離されたとして、部位を『手縫い化』し元の位置に縫い付ければ、
 元の通りとまでは言わないまでも『動作』する?
・生物の一部が完全に切り離されたとして、部位を『手縫い化』し
 元の位置と違うながらも似た場所に縫い付けた際、意図した『動作』は行えることがある?
 (例:右腕の断面に左腕を縫い付けたら、動かせるか)

31 『音仙』 :2017/04/13(木) 23:56:26
>>30(常原ヤマト『ドリーム・ウィーバー』)

>・物体の一部のみを『手縫い化』することは可能?

一部のみの手縫い化は『不可能』。
現在の所、加工の対象は対象『全体』に限る。

>・『裁縫道具』の強度は、一般的なものと遜色ないのか

基本的にはその認識で構わない。
が、ソースが提示された道具ならば、それに準拠する。

>・生物の一部が完全に切り離されたとして、部位を『手縫い化』し元の位置に縫い付ければ、
> 元の通りとまでは言わないまでも『動作』する?

手縫い化を解除しない限りは、問題なく動く。
解除してしまえば、糸で縫い付けただけの状態。

>・生物の一部が完全に切り離されたとして、部位を『手縫い化』し
> 元の位置と違うながらも似た場所に縫い付けた際、意図した『動作』は行えることがある?
> (例:右腕の断面に左腕を縫い付けたら、動かせるか)

これについては、『行える』。
手縫い化時の身体は、非常に『適当』と言える。

また、他人の部位であっても近い部位の場合、
手縫い化している限りは拒絶反応もなく動かせる。
ただし、別種の部位では無意味であるし、
同じ部位でも、形状などがあまりに異なると動かない。
人型の存在の腕なら、人型の存在にしか繋げない、など。

なお、何らかの能力を持つ部位を誰かにつなぎ直しても、
その部位の持つ能力を対象が使える、となる可能性は低い。
(『ケース・バイ・ケース』ではあるが原則不可)

32 『音仙』 :2017/04/13(木) 23:56:49
お伽噺を思わせる小柄な人型のスタンド。
『裁縫道具』を発現し、加工した物を『手縫い製』に変える。

『ドリーム・ウィーバー』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(20m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:B

【基本情報】
1.小学生程度の背丈の人型のスタンド。
2.ダメージフィードバックと視聴覚のリンクを有する。
3.一般レベルの『手縫い』に用いる『裁縫道具』を手から発現可能。
4.裁縫道具の発現は『5秒に1つ』程度が目安。解除は遠隔・個別で可能。
5.裁縫道具はスタンド物質。持続時間は『1時間』。射程はスタンドから『40m』。
6.同時に発現しておける量は『このスタンドのパワーで持てる量』まで。
7.『糸』を除き、裁縫の材料(布など)は発現不可能。布やボタン、ジッパーなど。
8.指貫き、裁縫用接着剤、針山などの『裁縫の補助道具』は、発現可能。
9.収納容器などは発現できない。このスタンド自身が『生ける裁縫箱』。
10.裁縫道具の強度は一般的な物に等しい。現実に存在する商品がソースならそれに準拠。

【手縫い化/発動条件と制限】
1.裁縫道具および後述の『布地』を用いて『加工』した物の『全体』を『手縫い製』に作り替える。
2.加工とは『目に見える変化』の付与。縫う、切る、後述の『布地』を裁縫ボンドで貼り付けるなど。
3.チャコペンシルによる線引きや、待ち針による仮止めなど、『加工の準備』では意味をなさない。
4.発動の条件となった加工部分が除かれる・直る(糸ならば抜糸など)と、手縫い化は解除される。
5.能力射程は裁縫道具と同じくスタンドから『40m』。持続時間は『1時間』。任意解除可能。
6.同時に『手縫い化』させておける対象の数は『4つ』まで。
7.壁や地面など、大きすぎる物は加工部分を中心に『2m』の範囲が手縫い化する。
8.本体含む生物や、他者のスタンドも手縫い化することが可能。『ドリーム・ウィーバー』自身は不可。

【手縫い化/性質】
1.『0.3mm』(厚紙や段ボールほど)より薄い物は『布地』に変化する。
2.厚い物だと、外側が『布地』に、内部は『詰め物』に置換され『ぬいぐるみ』になる。
3.どちらの場合でも、元々の外見的な特徴や『加工』のあとは残る。
4.布地や詰め物の素材は、一般的な手縫いに用いられる範囲で自由に設定できる。
5.手縫い化された物は実体化したスタンド物質になる。
6.手縫い化された物が備える機能は損なわれず、自壊もしない。
7.材質の強度や重さといった、素材としての性質は布地や詰め物相応になる。
8.『ぬいぐるみ』や『布地』は他の布地や糸での修繕が可能。
9.解除時には即座に元の素材に戻る。受けた破壊や異物の混入、加工などは残る。
10.手縫い化中の生物の身体は、非常に『適当』なものとなる。
  両腕を切り離した上で、互い違いに繋ぎ直しても問題なく動作するほど。
  他人の腕ですら動かせるが、『解除時』には当然縫い付けただけの状態になる。
  ただし、全く異なる部位をつなぎ合わせた場合は、当然のように動かないし、
  形状の類似性が必要――例えば人型の存在には、人型の存在以外の部位は動かせない。
11.『何らかの能力を持つ部位』を別の対象につなぎ直しても、
  その能力をつなぎ直された対象が使える可能性は『原則ない』。

【手縫い化/例示】
1.生物の場合、皮が布地に、血や骨、内臓などの内部器官が詰め物に置換される。
2.骨折などは無いが痛みはあり、部位を壊されれば動作への支障はある。頭が飛べば意識が飛ぶ。
3.部位がちぎれても糸で縫い付ければ動かせるが、応急処置に過ぎない。
4.詰め物が抜けても解除しない限りは機能停止はしない。形を保てず動作困難にはなりえる。
5.水道管や電線は、問題なく伝導でき、ライターなど熱を伴う道具が自らの熱で焼けたりもしない。
6.手りゅう弾など、自壊を機能の内に含む道具については、問題なく自壊する。
7.拳銃や刃物などは、使用は出来るが、素材は変化しているため殺傷性や耐久性などは損なわれる。
8.『ぬいぐるみ』を水(液体)に沈めた上で解除した場合――
  A:水が染み込む無生物なら、内々にまで相応の量の水が染み込んだ状態になる。
  B:染み込まない無生物なら、内部に元から水が入り込んでいたかのようになる。
  C:生物なら、水分を大量に(吸った分だけ)摂取したような状態になる。

33 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2017/04/21(金) 18:48:12
>>29

 ギャリッ キュルキュル シャッ ガリガリカリ…

「閑古鳥の足跡の如く、夕闇に生じた影法師の中に
ふと見つめ合った何かの穴。それは自然薯の跡か、または地竜がひょこっと
悪戯に出てきたものかしら……」

 「回答有難う御座います。では、また一筆…」

・これは、最初に気づく点であるべきだったかも知れません。
『水槽』は、その……『実体化』されてるのでしょうか? 記載してない以上
非実体化なのかも知れませんが。そうなると、色のついた液体が水槽と化した場合
一般人には、どのように見えるのかと言う点も少し気になるものでして……。

・墨汁など、完全に暗色の液体で『水槽』を作る事もあると思います。
『リヴィング・イン・モーメント』ならば、それでも完全に液体の中から外観の可視も
可能でしょう。そして、液体の暗明色に関わらずスタンドの可視に問題はなく、そこからの
外の光景の可視も、液体の暗明色に関係なく本体と同程度で外が暗ければスタンドの視界も
同レベルの視界と考えて問題ないでしょうか?

・こう言う事は余り常人の思考としては逸脱してますし、余り書く事ではこざいませんが。
スタンドと言うものを扱う以上、このような場面もあるかと思いますので……。
 ……死体などにも、それが未だ死して間もない場合中に液体もあると思います。
死体は、『リヴィング・イン・モーメント』を発現させる器となりえますでしょうか?

34 『音仙』 :2017/07/04(火) 00:49:32
>>29(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

>・これは、最初に気づく点であるべきだったかも知れません。
>『水槽』は、その……『実体化』されてるのでしょうか? 記載してない以上
>非実体化なのかも知れませんが。そうなると、色のついた液体が水槽と化した場合
>一般人には、どのように見えるのかと言う点も少し気になるものでして……。

「『水槽』は……液体から構成されたもの、ですので、エエ。
 液体に準拠します……希少ですがスタンドの液体なら、非実体でしょう」

>・墨汁など、完全に暗色の液体で『水槽』を作る事もあると思います。
>『リヴィング・イン・モーメント』ならば、それでも完全に液体の中から外観の可視も
>可能でしょう。そして、液体の暗明色に関わらずスタンドの可視に問題はなく、そこからの
>外の光景の可視も、液体の暗明色に関係なく本体と同程度で外が暗ければスタンドの視界も
>同レベルの視界と考えて問題ないでしょうか?

「『液体』は……『金魚』の視界を妨げません。
 液体以外は無関係で、深い闇は見通せません」

>・こう言う事は余り常人の思考としては逸脱してますし、余り書く事ではこざいませんが。
>スタンドと言うものを扱う以上、このような場面もあるかと思いますので……。
> ……死体などにも、それが未だ死して間もない場合中に液体もあると思います。
>死体は、『リヴィング・イン・モーメント』を発現させる器となりえますでしょうか?

「単刀直入に言うと……それは、なりえます。
 死体は、単に『液体の入った器』と扱われるようで……
 キミにとってどういう意味を持つかは、知り得ませんが」

35 『音仙』 :2017/07/04(火) 00:53:24
玩具の金魚のような小さな群体型のスタンド。
液中に発現し、周囲の液体を集め『水槽』を形作る。

『リヴィング・イン・モーメント』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(30m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:D

【基本情報】
1.玩具の金魚のような、『瓶ラムネ』の中のビー玉ほどの大きさのスタンド。
2.群体型であり、同時に発現出来るのは『6体』まで。持続時間は『2時間』ほど。
3.ダメージフィードバックは存在しない。視覚のリンクのみ存在する。
  複数の金魚の視界を得る場合、複数のテレビの同時視聴に近い感覚。
4.本体が液体、または液体の入った容器に触れる事で、液中に発現される。
  生物は『容器扱い』出来ないが、『死体』であれば問題なく可能である。
5.通常の発現は不可能。液中から出れば強制解除される。液中なら操作は自由。
6.強制解除された場合、『30秒』は同時発現可能数が1つ減った状態になる。
7.液体が毒物や高温など生存が困難な性質でも、このスタンドは問題なく行動可能。
8.金魚が解除されると、対応する『水槽』も解除される。
9.金魚が完全に『破壊』されると、その後『3日間』は同時発現可能数が1つ減る。
10.金魚の視界は、液体には遮られない。

【水槽】
1.金魚が触れている液体を球状に集め、『ビー玉』〜『ソフトボール大』程のサイズに固定。
2.その際、球の外層に薄さ数mmのガラス質の膜が形成される。これで『水槽』が完成する。
  ガラス膜は液体を元に構成されるため、実体化の有無など性質は液体に準拠する。
  なお、異物をはじき出すような効果は持ち合わせていないので、異物は混入し得る。
3.異物や空間自体の広さなどの影響で、水槽を形成する隙間が無ければ当然形成は不可。
4.水槽は中の金魚、および液体ごと、自由に操作する事が可能。
  また、水槽自体は動かさずに水槽の中の金魚を操作することも可能。
5.空中に浮かべる事も可能。何らかの理由で金魚が空気中に出ると当然、強制解除。
6.水槽の中の液体が何らかの理由で消え、金魚の所在が『液中』でなくなっても強制解除。
7.金魚・水槽が解除されても当然、中の液体は残るため、その場に飛び散る。
8.水槽のガラス膜は薄さ相応の脆さ。ただし中の『液体』の温度・性質では破損・変質しない。
9.水槽内の液体は、外的な要因がない限り、水槽が形成された時点での状態を保つ。
10.水槽が完全に破壊された場合、ガラス膜は数秒だけその場に残り、その後解除される。
11.水槽に触れ、その中に追加の金魚を発現し、水槽の中で水槽を形成する事も可能である。

36 『音仙』 :2017/07/17(月) 23:52:37
>神原 幸輔『ストロンガー・ザン・アイアム』

能力詳細に記述漏れ(=語弊)がありました。
以下に、訂正したバージョンを置いておきます。
申し訳ございません、ご迷惑をおかけします。

★記入漏れ事項
→スタンドは視聴覚を持ち合わせている。
 ただし、これは本体とリンクはしていない。
 本体の鍛錬を確認するための物と思われる。

―――――――――――――――――――――――――

『トレーニング器具』を発現する半自立型スタンド。
器具を利用した者の『スペックの変化』は打ち消される。

『ストロンガー・ザン・アイアム』Stronger Than I Am
破壊力:B スピード:B 射程距離:E(1m)
持続力:D 精密動作性:C 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.半自立型。本体が鍛錬しどんどん強くなることを望んでいる。
  視聴覚を持ち合わせているが、本体とリンクはしていない。
3.あらゆる『トレーニング器具』を発現する事が出来る。
4.発現の方法は器具の種類により異なる。具体的には後述。
5.同時に発現しておけるトレーニング器具の数は『3つ』まで。
6.トレーニング器具の射程距離は『8m』で、持続時間は『10分』まで。
7.トレーニング器具の個別の任意解除は、スタンドから『2m』以内なら可能。

【トレーニング器具】
1.肉体を鍛えることを主目的とする道具・器具・機械を差す。
2.『プロテイン』『ステロイド』『スポドリ』など、飲食物や薬品は範疇外。
3.トレーニング器具は、このスタンドが手で触れた所に発現する。
  持ち上げに『パB』を要する物や、設置して用いる物はこの方法に限られる。
4.『パC』で持ち上げられる小さな物は、接触を介せず手中に発現出来る。
5.人間が装着する器具の場合、対象に触れることで、装着させた状態で発現出来る。
6.『パB』以上を持ち上げに要する器具は、発現に『3秒』以上の接触が必要。
7.いずれの方法であれ、発現は『5秒に1つ』程度のペースで可能。
8.射程外に出る、使用できない程に破壊されるなどした器具は即座に解除。
9.器具を用いた対象に起きている『スペックの変化』は、上下を問わず解除される。
10.『パB』でも持ち上げられないような重すぎる・大きすぎる器具は発現不可能。

37 斑鳩 翔『ロスト・アイデンティティ』 :2017/09/17(日) 03:25:23
貴方が目覚めさせた『奇跡』だと『僕達』は思ってる
だから成長性が無くなるまで『完成』させる事にしたよ、『変化は期待できない』のは知ってるけど

スタンド使いの『重力』が、僕に『奇跡』を運んでくれる
同時に来る『悪意』も『奇跡』への踏み台に出来るように、成長しなくては。

成し遂げた事……を順にあげてみる



1.月夜の下『幸運』に出会って、『友人』になった ――僕に協力者が出来た とても嬉しかった。

1.森の中で『僕と同じ精神の少女』を『同じ顔の少女』から助けた ――僕は文句ばかり言ってた気もする。

1.学生寮を見に行った ――何か凄いのとすれ違った気がする。

1.『ギャング崩れ』4人相手に3人で『喧嘩』しに行った ――すごく情けなかったけど諦めはしなかった。



多分かなり遠いけど……向かっていればいつかは『完成』するだろうから。

――それと『ロスト・アイデンティティ』についての質問もあるよ。

11.このスタンドの鎖同士は触れさせて意識すれば『連結』させられる。
   連結部は鎖の輪と輪が融合したようになり、連結器などは発現されない。

これの『鎖』の単位は『リング一つ』なのか、ある程度の『長さ』が必要になるのか
それとも全く別の『鎖』を持ってくる必要があるのか。

3.鎖を解除した部位には、黒い影のような外見である事以外、
  全く同じ部位(右腕なら右腕)のヴィジョンが重なって発現される。

それと……この状態で『スタンド会話』が出来るのかって事
僕のは纏うタイプだけど、頭が有るなら内緒話が出来るに越した事はないから。

38 『音仙』 :2017/09/17(日) 04:10:06
>>37(斑鳩)

いつも通り洋室に通され、安楽椅子の向かいに案内される。
暖色系の彩の部屋。ラベンダーが一輪飾られている。
常温で無音の部屋には――熱帯魚の跳ねる音と、エアの音。

                 ――♪

それから、向かいに座る女の首の、ヘッドホンから幽かな音。
その『音仙』と名乗る女は、灰色の髪の奥に覗く目を細める。

「目覚めさせたのは私です。けれど……歩むのはキミです。
 成長の道は……意識せずとも、少しずつ進んでいくもの。
 そして意識するには、あまりにも……エエ、あまりにも、
 果てしない、果てしない……ですが、それもまた道ですよね」

彼女は遠い目をしていたが、どこか楽しんでいるようでもあった。

「私は止めませんから、ネ。どうか後悔のない道を歩んで……
 そして、私に聴かせてください。君の足音を。心の音を――――」

あの時は見えなかった、彼女の『スタンド』が見える。
背後に立つ、『音響機器』が集合して構成された『樹木』の像。

この向かい合う椅子は、その木陰―――――――――――――

「――――はい、聴き終わりました。ありがとう。
 とても良い音です……ふふ、奇縁というのでしょうか。
 『厄介事』もあったようですが……良縁にも出会えたようで。
 同じ力という共感は、時に時間を超えた絆を生みます……エエ
 この町には……キミ以外にも多くのスタンド使いが住んでいる。
 私が目覚めさせた方以外にも……ね。だからこそ可能性は広い」

「……それで、その。スタンドには成長は見られませんね、残念ながら。
 ですが……少しずつ、音は変わりつつある。それは間違いありません。
 より多くの……より濃密で、刺激的な経験……人生を揺るがす経験。
 死地か否かを問わず……大きな経験は、一般的に心を動かしますから。
 繰り返していれば、いずれ……『ロスト・アイデンティティ』は変わるはず」

「ああ……ただし、過度な期待はしませんよう……ね?
 あ、そこのカステラは……キミも食べていいのですよ。
 私も好きなんですが、ネ。一人では食べきれないので……」

『音仙』はそこまで話すと黙り込んで、机の洋菓子を『斑鳩』に勧めた。
口に運ぶためのフォークは、その傍に数本、容器に立てられている。
それから、彼女自身それに手を伸ばし、質問にゆっくりとした調子で答え始める。

39 『音仙』 :2017/09/17(日) 04:11:57
>>37(斑鳩)

>11.このスタンドの鎖同士は触れさせて意識すれば『連結』させられる。
>   連結部は鎖の輪と輪が融合したようになり、連結器などは発現されない。
>これの『鎖』の単位は『リング一つ』なのか、ある程度の『長さ』が必要になるのか
>それとも全く別の『鎖』を持ってくる必要があるのか。

「……これは、リング一つでも問題ありませんね。
 そして、一本の鎖の両端を連結させるような事も可能で、
 ですから、別の鎖をわざわざ持ってくるような必要は、ありません。
 むしろ……『キミのスタンドの鎖』以外は連結出来ないので、ご注意を」

>3.鎖を解除した部位には、黒い影のような外見である事以外、
>  全く同じ部位(右腕なら右腕)のヴィジョンが重なって発現される。
>それと……この状態で『スタンド会話』が出来るのかって事
>僕のは纏うタイプだけど、頭が有るなら内緒話が出来るに越した事はないから。

「スタンド会話は……出来ない、と明言していない限りは可能です。
 ほとんどのスタンドに備わっている、いわば……共通点ですので、ね」

「……だいたいこんなところですかね。次の方がいらっしゃるまで、
 ごゆっくり……ああ、いえ。私の夕食までには、お引き取り願いますが」

                「それまででしたら、ごゆっくり……」

40 『音仙』 :2017/10/22(日) 00:39:58
>小石川PC
詳細に一部能力の実情が伝わりにくい部分があったため更新させていただきます。
以後、こちらの能力詳細をご利用いただければ幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
己の部位を『切り離す』事で、それを遠隔操作できるナイフ。
解除時に切り離されたままの部位は崩れ、切断面から元通り『生え代わる』。

『スーサイド・ライフ』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

『部位』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

【基本情報】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手にだが、持ち替えなどは可能。
2.刃の強度は『パワーB』のラッシュを無抵抗で浴び続けると破壊される程度。
3.ダメージフィードバックは利き腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
4.斬れ味はよく研がれた包丁並。自分の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。
5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
6.この包丁で自傷すると出血や痛みはなく、切断に至らない切りこみは刃を離せば何事も無いように消える。
7.この包丁で自分自身の部位を切断し、『切り離す』事で後述する能力が発動する。
8.能力の持続時間は『2時間』ほど。射程や同時に切り離せる数は後述。
9.ナイフを解除せずに『切り離す』能力を解除することは可能だが、部位を個別に解除することは不可能。

【遠隔操作/性質】
1.このスタンドで切り離した『自分の部位』は浮遊し、遠隔でも自分の身体の一部のように操作できる。
2.同時に切り離しておける部位の数は『5個』まで。複数の部位を同時に操る事は、自分の身体でそれが可能である程度に可能。
3.部位の定義は『体の一部であること』以外は本体次第。なお、『切り離した部位からさらに部位を切り離す』ことは出来ない。
4.部位が受けた感覚は、通常通り本体にも伝わる。また、部位の位置は常に感知していられる。
5.スペックは部位問わず『パス精DCC』。スタンドに干渉可。射程は本体から『10m』。その半分の『5m』まで浮遊出来る。
6.切断した部位にこのスタンドを持たせることも可能。いずれかの部位の『2m以内』なら、射程外にはならない。
7.切り離した切断面はガラス質な赤い平面状になっており、中は見えない。面と面を合わせる事でくっつけ直す事が可能。
8.部位側の切断面が破壊されると、その部位は操作できなくなり、また後述の『再生』の時間が伸びる。
9.体側の切断面が破壊されると、後述する解除時の『再生』が起きなくなる。

【遠隔操作/解除後】
1.能力を解除する、あるいは意識が途絶えるなどで強制解除された際、切り離されたままになっている部位は、即座に灰のように崩れて消える。
2.同時に、体側の『切断面』から、その部位が元通りに生え代わって再生する。再生しきるまで、生存に最低限必要な以外の機能は失われる。
3.再生時間は『40秒』。指のように小さな部位は『20秒』。部位側の切断面が破壊されていた場合は、その倍かかる。
4.同時に複数の部位が再生する場合、全ての部位は同時に再生する。時間は、『全ての再生部位の合計分』かかる。
5.重要な器官などが『崩れた』としても死亡はしない。ただし生存以外の機能は損なわれるため、頭部が崩れた場合は再生しきるまで思考すらできない。
6.切り離す前からついていた破壊や傷、影響は、部位が消えて『再生』しても引き継がれる。切り離してからの物は全て消える。
7.たとえスタンドをナイフごと完全に解除しても、この『再生』に関しては必ず発生する。強制解除された場合ですらも。
8.再生中の部位の断面は、切断面と同じくガラス質な赤い平面状になる。そこを破壊されれば、再生は途中で止まってしまう。

41 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2017/10/22(日) 00:53:24
>>40

了解しました。
お手数をおかけしますが、認識の誤解を防ぎたいので、変更部分を指摘していただけますでしょうか。
また、基本情報6および7の「包丁」という部分は「ナイフ」と考えてよろしいでしょうか。

42 『音仙』 :2017/10/22(日) 01:13:31
>>41(小石川PL)
包丁はナイフが正しいです。このレスに付記した詳細はその部分を訂正した版です。
変更点は基本情報6,7による能力発動までのプロセスの明確化と、
遠隔操作/性質1に切り離した部位は浮遊する旨を明示した点です。

43 『音仙』 :2017/10/22(日) 01:14:03
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
己の部位を『切り離す』事で、それを遠隔操作できるナイフ。
解除時に切り離されたままの部位は崩れ、切断面から元通り『生え代わる』。

『スーサイド・ライフ』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

『部位』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

【基本情報】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手にだが、持ち替えなどは可能。
2.刃の強度は『パワーB』のラッシュを無抵抗で浴び続けると破壊される程度。
3.ダメージフィードバックは利き腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
4.斬れ味はよく研がれた包丁並。自分の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。
5.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
6.このナイフで自傷すると出血や痛みはなく、切断に至らない切りこみは刃を離せば何事も無いように消える。
7.このナイフで自分自身の部位を切断し、『切り離す』事で後述する能力が発動する。
8.能力の持続時間は『2時間』ほど。射程や同時に切り離せる数は後述。
9.ナイフを解除せずに『切り離す』能力を解除することは可能だが、部位を個別に解除することは不可能。

【遠隔操作/性質】
1.このスタンドで切り離した『自分の部位』は浮遊し、遠隔でも自分の身体の一部のように操作できる。
2.同時に切り離しておける部位の数は『5個』まで。複数の部位を同時に操る事は、自分の身体でそれが可能である程度に可能。
3.部位の定義は『体の一部であること』以外は本体次第。なお、『切り離した部位からさらに部位を切り離す』ことは出来ない。
4.部位が受けた感覚は、通常通り本体にも伝わる。また、部位の位置は常に感知していられる。
5.スペックは部位問わず『パス精DCC』。スタンドに干渉可。射程は本体から『10m』。その半分の『5m』まで浮遊出来る。
6.切断した部位にこのスタンドを持たせることも可能。いずれかの部位の『2m以内』なら、射程外にはならない。
7.切り離した切断面はガラス質な赤い平面状になっており、中は見えない。面と面を合わせる事でくっつけ直す事が可能。
8.部位側の切断面が破壊されると、その部位は操作できなくなり、また後述の『再生』の時間が伸びる。
9.体側の切断面が破壊されると、後述する解除時の『再生』が起きなくなる。

【遠隔操作/解除後】
1.能力を解除する、あるいは意識が途絶えるなどで強制解除された際、切り離されたままになっている部位は、即座に灰のように崩れて消える。
2.同時に、体側の『切断面』から、その部位が元通りに生え代わって再生する。再生しきるまで、生存に最低限必要な以外の機能は失われる。
3.再生時間は『40秒』。指のように小さな部位は『20秒』。部位側の切断面が破壊されていた場合は、その倍かかる。
4.同時に複数の部位が再生する場合、全ての部位は同時に再生する。時間は、『全ての再生部位の合計分』かかる。
5.重要な器官などが『崩れた』としても死亡はしない。ただし生存以外の機能は損なわれるため、頭部が崩れた場合は再生しきるまで思考すらできない。
6.切り離す前からついていた破壊や傷、影響は、部位が消えて『再生』しても引き継がれる。切り離してからの物は全て消える。
7.たとえスタンドをナイフごと完全に解除しても、この『再生』に関しては必ず発生する。強制解除された場合ですらも。
8.再生中の部位の断面は、切断面と同じくガラス質な赤い平面状になる。そこを破壊されれば、再生は途中で止まってしまう。

44 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2017/10/22(日) 02:18:32
>>42
ありがとうございます。
了解しました。
以後は、こちらを能力詳細として使用させていただきます。

45 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2017/10/24(火) 21:44:34
まずは供与ありがとうございました。

『パイオニアーズ・オーバーC』について質問です。

01. 落下しながら、泳ぐことで、重力+泳ぎのエネルギーで急降下することは可能?
02. 重さのほぼない『炎』や『ガス』などを、包むように『泡』を発現することは可能?
03. 空中や炎の中を泳いだ際に、泳ぐ音は発生する?それとも無音?
04. 泳ぐスピードは、普通に歩くよりも遅い?同じぐらい?歩くよりも疲労しやすかったりする?
05. 油やコールタールのような、粘る液体中でも自由に泳げる?
06. 空気、液体、炎、電気には『流れ』がある時があるが、これに乗って泳ぐことは可能?
07. 人を乗せて泳ぐことは可能?
08. コーティング中の生物やその持ち物はスタンドコーティングされている?スタンドに接触可能?
09. コーティング中の生物から離れた持ち物はコーティングを解除される?
10. .コーティング中の生物の持ち物は不定形物の悪影響を受けない?
   例:コーディングされた生物が、ガソリン中を泳ぎつつ、ライターに火を付けたらどうなるだろう?
11. 泡の破裂威力は破壊力Cのパンチを周囲に放つ程度という理解でよいでしょうか?
12. 泡のスペック『パス精ECB』は、ほとんどパワーはなく、常人の投擲程度のスピードで、かなり精密な動きができるという理解でよいでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

46 『音仙』 :2017/10/24(火) 23:02:10
>>45(石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』)

当スレ>>1より
・一度でも板上で稼働したPC以外の『質疑』は、原則受け付けません。誤記などは対応します。
というルールになっていますが、記述漏れが数点含まれていたので今回は対応します。ご迷惑をおかけします。

>01. 落下しながら、泳ぐことで、重力+泳ぎのエネルギーで急降下することは可能?
実際のプールで可能な程度には可能。

>02. 重さのほぼない『炎』や『ガス』などを、包むように『泡』を発現することは可能?
その場に炎やガスが満ちているなら、空気の代わりに包まれるため、強制的にそうなる。

>03. 空中や炎の中を泳いだ際に、泳ぐ音は発生する?それとも無音?
空気を扇ぐ程度の音はするので、完全な無音ではない。

>04. 泳ぐスピードは、普通に歩くよりも遅い?同じぐらい?歩くよりも疲労しやすかったりする?
実際の水泳と同じ。歩くより速いかどうかは泳ぎ方によるが、走るより速くはならない。疲労はしやすい。
参考として、通常のプールにおける50m自由形の世界記録は『20秒91』とされている。

>05. 油やコールタールのような、粘る液体中でも自由に泳げる?
可能。粘らずに泳げる。

>06. 空気、液体、炎、電気には『流れ』がある時があるが、これに乗って泳ぐことは可能?
可能。流れるプールの要領であり、流れに乗るなら加速する。

>07. 人を乗せて泳ぐことは可能?
不可能。実際のプールでそうであるように、人を乗せて泳げば普通に沈む。
コーティングされていない人間を乗せるということは『数十キロの重り』を乗せてプールに入るのと等しい。

>08. コーティング中の生物やその持ち物はスタンドコーティングされている?スタンドに接触可能?
スタンドコーティングされている。

>09. コーティング中の生物から離れた持ち物はコーティングを解除される?
手放せばコーティングを解除される。再度確保しても、コーティングは戻らない。

>10. .コーティング中の生物の持ち物は不定形物の悪影響を受けない?
   例:コーディングされた生物が、ガソリン中を泳ぎつつ、ライターに火を付けたらどうなるだろう?
コーティングが行われた際に持っていたものは悪影響を受けない。されてから持った物なら、受ける。

>11. 泡の破裂威力は破壊力Cのパンチを周囲に放つ程度という理解でよいでしょうか?
その認識で問題ない。

>12. 泡のスペック『パス精ECB』は、ほとんどパワーはなく、常人の投擲程度のスピードで、かなり精密な動きができるという理解でよいでしょうか?
その認識で問題ない。

47 『音仙』 :2017/10/24(火) 23:13:36
不定形物の中を泳ぐ人魚のスタンド。破裂する泡を放ち、操作出来る。
また、生物に纏わせこのスタンドと同し『不定形を泳ぐ』能力を与える事も可能。

『パイオニアーズ・オーバーC』Pioneers Over C
破壊力:D スピード:C 射程距離:C(7m)
持続力:D 精密動作性:B 成長性:B

【基本情報】
1.人魚を思わせる、美麗で中性的なヴィジョン。下半身は『魚』のそれ。
2.上半身は各部にヒレがあるが、戦いなどで有利にはたらく訳ではない。飾り。
3.実在する特定の魚の形質を有するわけではない(外見は有利にならない範囲で自由)
4.全身が『石鹸水』のように微妙にぬめっており、乾かない。多少掴まれにくいが、掴みにくい。
5.ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
6.半自立型だが、勝手に役立つ事を話したり、役立つことをしたりはしない。
※言語を話すかどうかや性格は任意。いずれにせよ『役立つ話』をさせるような使い方は出来ない。

【泡】
1.両目から涙のように『泡』を出す事が出来る。泡が出て目から離れるまで一呼吸ほど必要。
2.泡は最初『シャボン玉』サイズで零れ、目から離れると『ビーチボール』サイズになる。
  スペースが無い場合、泡は大きくなり切らず、小さく弾け消える。威力はない。
※泡が膨らむ際、周囲の不定形物が空気で無い場合は、それを内部に包み込む。
3.目から離れた泡は『操作』が可能で、2つの泡が出ていると次の泡を出す事は出来ない。
※後述のコーティングに使用している分の泡はこの個数制限には含まれず、別途で制限がある。
4.泡一つは問題無いが、2つ同時の操作は他の動作への集中を妨げる。無操作の泡は止まる。
5.泡の操作スペックは『パス精ECB』で、物を乗せる、運ぶなどはほぼ不可能。任意解除は出来ない。
6.任意のタイミングか、無生物と衝突すると破裂。威力は『破壊力C』相当。
  触れている物、およびシャボン玉一つ程度に近い物までは威力に巻き込まれる。
7.あまりに小さすぎる(小石未満)無生物との衝突では破裂しない。
8.泡が生物と衝突した場合は、後述のコーティングが発生するため破裂は起きない。
※意識すればあえてコーティングしない事も可能。いずれにせよ生物には接触で破裂しない。
9.泡の射程距離は『7m』で、泡の持続時間は『1分』程度。それを超えると破裂する。
10.この泡もスタンドと似た性質を持ち、不定形物によっては破裂せず、動かされもしない。

48 『音仙』 :2017/10/24(火) 23:13:46
【コーティング】
1.泡が生物に命中した場合、泡は弾けず、生物の全身を包みコーティング出来る。
※よって、以下この状態をコーティングと呼ぶ。
2.これによりスタンドと同様に全身が微妙にぬめる。服や、髪の毛などもぬめる。
3.コーティング、およびその過程が生物に悪影響を及ぼす事はない。
4.コーティングは『7分』持続する。持続中に重ね掛けは不可能。任意解除は可能。
5.射程は通常の泡と同じくスタンドから『7m』まで。離れると泡は消え、下記の特性も失われる。
6.同時にコーティングしておける生物は『2体』まで。この数は、出しておける泡の数とは別。
7.生物のその時点での持ち物も同時にコーティングされるが、手放すと解ける。
8.コーティングされた物体はスタンドに干渉できる。

【ぬめりについて】
☆このスタンド、および泡が命中してコーティングされた生物は以下の能力を有している。

1.気体、液体、炎、電流など『不定形物』の中を『水中』と同じような感覚で『泳ぐ』事が出来る。
  自在に空中制動の効く『自由飛行』ではなく、動作して『泳ぐ』のであり、速度も人間の水泳並み。
2.『不定形物』から直接にダメージを受ける事もない。毒等の影響も受けない。
  誤って体内に吸い込んでしまう事も無い(コーティングが自動で体内に入らないようにしてくれる)
3.泳ぐ副産物として、プールで水に対して行う程度に、不定形物を手で掬ったり、払ったり出来る。
4.この能力の基準においては、『砂』等極度に細かいものでも固体は『不定形物』ではない。
5.不定形物中は例えるなら『プール』。それが空気中でなければ息継ぎは必要(特に酸素のない水中や火中)
6.浮いているには労力が必要。何もしなければ重力通り沈む。浮く気と動きがあれば浮ける。プールと同じ。
※このスタンドについてはデフォルトで多少浮いているため、特に動かない分には意識も動きも不要。
7.水中とは違う点として、動きに重い抵抗がかかったりはしない。通常のスペックを発揮できる。
8.抵抗を感じないからと言って泳げないことはなく、泳ぐ分には水中並みの速度が出る。
※この『抵抗感は無いが普通に泳げる』のは水中でも適応され、不思議な感覚だがそういうもの。
9.不定形物に『流れ』がある場合、逆らう形で動くのは抵抗ががかる。逆も同じで、『流れるプール』の感覚。
10.泳ぐ技能を持たない人間、いわゆる『カナヅチ』な人物ではコーティングされようが不定形中を泳ぐことは不可能。

49 遊部『フラジール・デイズ』 :2017/11/02(木) 20:46:44
すみません、お忙しいと思いますが。いま現在スタンドバトルで
少し質疑が必要な事が生じましたので。ご質問させて頂きます。

簡潔に述べると、いま現在『フラジール・デイズ』と挟み撃ちの状態で
『デマーケイション』の使い手スミノフPCと闘い、『デマーケイション』は
自動操縦で、『舞台外指定』をしているフラジール・デイズを阻害しようと行動してます。

この時、自動操縦中の『デマ―ケイション』は。相互不干渉状態の
『フラジール・デイズ』を認識可能なのでしょうか?

50 『音仙』 :2017/11/02(木) 22:11:05
>>49(遊部『フラジール・デイズ』)

>・基本的にはこの『能力詳細』を参考にしてPCを動かして下さい。
>・詳細を逸脱、無視しない範囲ならば、細部の認識は『PLの解釈』に任せます。
>・解釈は自由ですが、認識が食い違った場合は『判定者』のそれが優先されます。
  つまりセルフバトルなら『相手PL』解釈が、GMがいるなら『GM』解釈が優先です。

このルールから、詳細から読み取れない細部は一旦判定側に任せているが――――

『デマーケイション』側の詳細
>2.浮遊している間、狗の髑髏は自動操縦で常に自分の周囲を見回しており、
>  『半径5m』に『喧嘩の部外者』を発見すると一直線に体当たりする。
>  発見には視覚と嗅覚を用いているが、これは本体にフィードバックはされない。
>  また、強い光や何も見えない暗闇、凄まじい匂いなどがあると発見は阻害され得る。

『フラジール・デイズ』側の詳細
>1.『役を与える』際、それに併せて『演技の舞台に上げない対象』(以下『対象』)を本体が指定できる。
>2.『対象』とする相手を名指しする、または『対象』を指さすなどで、指定対象をスタンドに理解させる必要がある。
>3.『対象』と演技中のこのスタンドは、互いを五感で『認識』出来ない。また『干渉』も出来ず、触れてもすり抜ける。
>4.お互いの『持っている物』も同じように、相互に認識・干渉不可。手を離れれば影響下を外れる。

これらから判定すると、『本体とは独立した五感』で部外者を察知する狗の髑髏は、スミノフPCを舞台外に指定した『フラジール・デイズ』に反応する。
狗の髑髏は自動操縦型スタンドであり、本体の『スミノフ』とは別の認識能力を有する。ゆえに、個別に『対象』にする必要があると考えられる。
当該スレッドの遊部PCのレスを読む限りではら他に舞台に現れた『自動操縦の狗の髑髏』の存在を認識し、フラジールに指示する余地はなかったのではない、ように見えた。

これはGM判定などではないため、判定は遊部・スミノフ両PCに任せる。

51 『音仙』 :2017/11/02(木) 22:12:15
×当該スレッドの遊部PCのレスを読む限りで『はら他に』舞台に現れた〜
〇当該スレッドの遊部PCのレスを読む限りで『新たに』舞台に現れた〜

52 遊部『フラジール・デイズ』 :2017/11/02(木) 22:28:38
>>50-51

 畏まりました。引き続きバトルで疑問があった場合
今後は、こちら側の解釈で行いたいと思います。回答有難うございます

53 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2017/11/18(土) 20:13:57

「……男は、椅子に腰かける。砂地を硯が研ぐような極小の騒々しさが
一室に満たされ、そして消えた。……申し訳ありません
 両腕が、何分いま少々不自由なものでして…………手が十二分に動けば、ただただ
筆でいまの心境を綴りたいと思いますが」

 「――前口上がよ、長い男ってのは嫌われるぜ?
あぁ、これ。つい、この間のジョーの旅行土産の星ぶどうクッキー
それと、ちょいとした水仙模様のタオルも追加で買ったんだとよ。貴方宛てにな
 俺の名前はヤジ、ジョーの相棒。
まぁ、今日は自己紹介と顔見せだけって事で。後は若い二人でよろしくってな」

 バタン……。

 「……えぇ、とても騒々しく。それでいて想像容易い内面の男でして、彼は……。
それで、その……彼も言いましたが、つい先日程に『奇妙』な『旅行』をしまして。
 正直に言えば、この胸に過ったものが。感情と言える程の流動かは、皆目つきませんが……。
…………貴方は、人々の奥底の音に耳を傾けるプロフェッショナルであらせられる」
 

  「お時間が宜しければ、いま私の中に蠢く律呂を聞いて頂けないでしょうか」

54 『音仙』 :2017/11/18(土) 23:55:16
>>53(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

                 バタン……

ドアが閉まると沈黙が部屋に満ちる。
遅れて、小林の耳はエアポンプの音をジワリと拾い始めた。

・・・・・・それが馴染んだ頃に、『音仙』は口を開いた。

「…………エエ、お土産ですか、ありがとうございます。
 もちろん、その。彼の才能の有無に嘘はつけませんので、
 もし……彼もその椅子に座る予定があるなら、それはお許しを」

              「……ああ、時間は大丈夫です」

彼女の背後には、『音響機器』の塊が『大樹』のように聳える。
小林が腰を下ろした椅子もまた、その枝葉の作る木陰にある。

「……準備はお済みですか?」

旅で得た経験が何という感情の名を名乗り、
『何か』に繋がるのかは――――これから分かる事。

55 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2017/11/19(日) 09:51:38
>>54

 (グランギニョル     ジェルマン天童
    ハーヴェスタ・オブ・ハーツ   怪盗)

 「――えぇ 問題ありません」

 (あの時に、確かに私の心の中に何かが過った。
それが『ジョジョ』と言う指針に触れるものであったのか
 または私の原点に遡る何かであったのか……
いや、何であれ……それを知れる事は『祝福』なのだろう)

 小林は、静かにその空間に佇む。

56 『音仙』 :2017/11/19(日) 15:57:41
>>55(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

               キ
                  ィィィィーーーーーーン

「――――聴き終わりました。ありがとう、まず、その。
 結論から言いますが……キミの能力に変化はありません。
 これは、キミに何かが不足しているのではなく……必然です。
 世に存在する多くの『特別な才能』が、そう簡単には変わらない。
 いわば、人の心の『主題』のように……『一度や二度』の契機では」

「それこそ……命を賭すようなものでもなければ、近道はないということです……
 とはいえ、心の声には変化が見られます。それほど……遠くはない、のかもしれません。
 もっとも、私は聴くだけ。『奏者』であるキミこそが……キミの心の声の本質を知る者です」

                「ですが、いち聴衆としては……今回の経験は、
                 キミの心に望ましい一節を奏でた。そう思います、エエ」

スタンド――『リヴィング・イン・モーメント』に成長、すなわち『進化』はない。
然し『小林』の心は違う、と『音仙』は笑む。前に進む事が出来たという事なのだろうか。

そして、『兆し』はあるという事。人生において『無意味な一節』など存在はしないように、
温泉旅館で起きた数奇なる一夜の出来事は、何かに活かされる時が必ず来る――――はずだ。

57 宗像征爾『アヴィーチー』 :2018/01/14(日) 18:53:03

扉が開き、数日前にやって来た男が再び姿を現した。
作業用の長袖ジャケットとカーゴパンツを着て、ポケットから染みのついた手袋がはみ出ている。
足元はセーフティーブーツだ。

「仕事帰りに寄らせてもらった。
 汚い格好ですまないな。
 早速だが、俺の才能について幾つか質問がある。
 少々多くなるが、手の空いている時で構わないので、答えて貰えると有り難い」

・人型の射程距離は正確には何mか?
・手甲は右腕だけにあると考えていいのか?
・右腕にも『手』はあるのか?
・切り離す際は、腕の付け根から切り離すと考えていいのか?
・『ノコギリザメ』の強度および耐久性はどの程度か?
・手甲とノコギリの強度と耐久性はどの程度か?
・障害の蓄積は可能か?
 (二度攻撃を受けているとして、三度目に攻撃を受けた時に能力を発動し、三回分の障害を一つの障害として相手に与えることは可能か?)
・『ノコギリザメ』の発現中は、常にノコギリが回転していると考えていいのか?
・まだ追尾途中でも、本体が能力を解除すれば追跡を中断して戻ってくるのか?
・人型を発現させる際のノコギリの長さは任意で決められるのか?

「俺はここで待たせてもらう。
 椅子は使わなくていい。
 俺が座ると汚れるし、他の客が来た時に使う方がいいだろうからな」

それだけ言うと、男は壁に背中を預けて目を閉じ、そのまま押し黙った。

58 『音仙』 :2018/01/14(日) 20:33:32
>>57(宗像征爾『アヴィーチー』)

「服装などは……気になさらないでください。
 ええ、ドレスコードなど、定めておりませんし、
 ……長話はともかく、答えさせていただきましょう」

           キィィィーーーーーーーーン

>・人型の射程距離は正確には何mか?
『1m』。

>・手甲は右腕だけにあると考えていいのか?
その認識で問題ない。『手の甲』という意味なら当然左手にも存在する。

>右腕にも『手』はあるのか?
五指を有する手は存在する。分離中は引っ込むように消える。
※元の供与文で『ノコギリを装着した人型』と表現されていたため。

>切り離す際は、腕の付け根から切り離すと考えていいのか?
その認識で『正しい』。

>・『ノコギリザメ』の強度および耐久性はどの程度か?
『パワーBの直撃に一、二発なら耐える』程度。

>・手甲とノコギリの強度と耐久性はどの程度か?
ノコギリ部分は現実に存在する『鉄製のノコギリ』並みの強度。
手甲部分に関しては、特別な強度などは存在しない。

>・障害の蓄積は可能か?
 (二度攻撃を受けているとして、三度目に攻撃を受けた時に能力を発動し、三回分の障害を一つの障害として相手に与えることは可能か?)
傷害や損害を受けた(事を認識した)際が発動条件。よって気づいている傷害をスルーした上での意図的な後出しは困難。
例外的にはなるが、1〜2度目の攻撃に気づかず、3発目の攻撃を受けた時点でそれまでの傷害にも気づいた場合ならば『可能』と言える。

>・『ノコギリザメ』の発現中は、常にノコギリが回転していると考えていいのか?
『分離』が完了した時点から回転は始まる。

>・まだ追尾途中でも、本体が能力を解除すれば追跡を中断して戻ってくるのか?
その認識で『正しい』。

>・人型を発現させる際のノコギリの長さは任意で決められるのか?
その認識で『正しい』。

59 『音仙』 :2018/01/14(日) 20:38:31
☆概要☆
『ノコギリザメ』の意匠の右腕を持った人型スタンド。
なんらかの相手による傷害(損害)をスイッチに、右腕を自動操縦スタンドの『ノコギリザメ』として分離することができる。
分離した『ノコギリザメ』は『シャークトレード』(悪徳交換)を強制し、等価以上の傷害(損害)を相手に与えるまで暴れまわる。

『アヴィーチー』(人型)
破壊力:B スピード :C 射程 :E(1m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

『ノコギリザメ』
破壊力:A スピード :B 射程 :A(100m)
持続力:A 精密動作性:E 成長性:C

☆基本☆
1.『ノコギリザメ』の意匠の右腕を持った人型スタンド。
2.右手の手の甲辺りから、先端が丸型で両刃の『ノコギリ』が生えている。
※ノコギリ部分の強度は鉄製のノコギリ程度。手は存在する。
3.人型状態では『ノコギリ』は任意で伸び縮みできる。長さは0〜1m。伸縮のスペックは『パスBC』。
※発現時の長さも任意。
4.本体との視聴覚のリンクはない。
5.右腕以外は本体へのダメージフィードバックを持つ。
6.右腕に本体へのダメージフィードバックはない。
7.右腕は完全破壊されても10分ほどで完全再生する。ただし、『ノコギリザメ』の存在中は再生しない。
8.右腕が戻っていない状態で解除は出来ない。必ず追尾を終了させる必要がある。

☆ノコギリザメ☆
1.人型スタンドの右腕を根元から分離することで生まれる自動操縦スタンド。
※分離の際手の五指などは引っ込むように消える。
2.発動と同時に口吻の『ノコギリ』は、高速で回転を始める。破壊力:Aはこの『回転ノコギリ』によるもの。
3.非常に低知能だが、自我を持っている。(例:シアーハートアタック)
4.目が悪く、匂いによって相手を認識する。痛覚はない。聴覚もない(聞く耳を持たない)
5.その特性上、『知能』や『視覚』や『匂い』の面で騙されることがある。
6.ただし『ノコギリザメ』は己の嗅覚を信頼しているため、嗅覚以外への騙しの効果は安定しない。
7.『シャークトレード』(悪徳交換)の強制が能力。詳細や条件などは以下。
8.分離から後述の『追尾』の開始までには、『一呼吸』程、匂いの探知に要する間が存在する。
 よって敵の目の前で切り離した場合でも、『即座に引き裂く』ような状態になる事はない。
9.分離できるのは発動条件を満たした場合のみ。
10.破壊力Bの攻撃に1〜2発は直撃を耐える強度がある。

☆発動条件
1.何らかの相手により、本体もしくは本体の所持品が傷害や損害を受けた事を認識した際に発動できる。
2.ダメージフィードバックの関係上、このスタンド自身の傷も本体の傷と認識される。
3.基本的には物理的な損害が条件だが、金銭的な損害も発動条件として含まれる。
4.本体が傷害(損害)を受けたことを認識することがスイッチなので、ある程度、過去の事象に対しても発動可能。
 例:家に帰ったら花瓶が割れていた。
   →花瓶が割れたのは過去だが、本体が認識したのは家に帰った時なので発動可能。
   →匂いに基づいた追尾を始める。
    (ただし、低知能であるので、必ずしも犯人に行きつくとは限らない。
     特に嗅覚への誤魔化し、誘導などを疑う事はほとんど『出来ない』レベル)
5.ただし『認識したのに意図的に無視した傷害』を後からまとめて発動条件にするなどは不可能。

☆追尾条件☆
1.傷つけた相手に対し、等価以上の傷をつけようと、追尾する。
2.追尾中のスピードは時速60km(スピード:B)ほど。小回りはあまり効かない。(精密動作性:E)
3.警察犬並の嗅覚によって追尾する。その追尾は一直線であり、暴走的。
4.傷害(損害)の内容を呟きながら追尾する。このつぶやきはスタンド音声。

☆終了条件☆
1.傷つけた相手に対し、等価以上の傷をつけることで追尾は終了する。
 精密動作性:Eなので、少しやりすぎてしまうことがある。
2.傷つけた相手が等価以上の傷や価値あるものを差し出すことで追尾は終了する。
 なお、これらの価値の判断は本体ではなく、『ノコギリザメ』が判断する。
3.本体の意思による解除で、追尾は終了する。
4.追尾が終了した『ノコギリザメ』は一直線かつ暴走的に本体の元へと戻る。
5.完全に破壊される、または動けない状態が5秒続くといった理由で強制解除されると、終了する。
6.完全破壊や消滅といった要因を除く強制解除の場合、『4〜5秒』もすれば右腕は再発現する。

☆ロール上の注意点☆
1.『ノコギリザメ』は自動操縦かつ低知能の自我があるので、判断に困った場合はGMもしくは第三者に判断を委ねること。

60 宗像征爾『アヴィーチー』 :2018/01/15(月) 17:05:51
>>58

「よく分かった。感謝する。
 最後にもう一つだけ聞かせてくれ」

・ノコギリの回転が止まるタイミングは、『ノコギリザメ』となった右腕が元通り人型と合体した時だと考えていいのか?

61 『音仙』 :2018/01/15(月) 17:17:30
>>60(宗像)
その認識で『正しい』。

62 神原 幸輔『ストロンガー・ザン・アイアム』 :2018/03/22(木) 23:59:24
成長の確認がしたい

「やぁ。ちょっと腕が大きくなったかも」

『それはトレーニングの賜物だがな』

・対話した
優しそうな人だった
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453647870/242-257

・闘いをした。
トレーニング器具の発現ばかりしていたがその状況に合わせて器具を出し、扱ったように思える。
一応半自立のスタンドとの合わせ技も出来た。
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1482053460/149-905

活動は少ないが一応申請します。

63 『音仙』 :2018/03/23(金) 13:18:18
>>62(神原 幸輔『ストロンガー・ザン・アイアム』)

「エエ、腕は太くなったように……見えますよ」

「ですが……『力』の成長は、残念ながら。
 キミが悪いとか、経験の質が悪いとか、
 そういうことではなく……そういうものなのです。
 多くのスタンド能力は、成長が前提ではないから」

          キィ…

女が腰掛ける安楽椅子が揺れる。
指が空間にとりとめもなく、円を描く。

「悪漢の撃退などは……十分大きな経験です。
 けれど、その、一度や二度で成長を勝ち取れるのは、
 極限的な命のやり取りや……ああ、人生観の変革のような、
 そう……私自身、それほど実例を挙げられない『経験』くらい」

「とはいえ……繰り返せば到達するでしょう。
 少しずつですが、変化は起きつつある……
 あるいは、ほんの小さな物かもしれませんが。
 こうした『活動』を、繰り返せば……『形』になるかと」

               「……そういったところです」

スタンドに今、『成長』はない――しかし、その兆しは見えつつある。
劇的な変化が待ち受けているとは限らないが、『研鑽』は裏切らない。
この先も『戦い』や『非日常の日常』を歩むならば、萌芽の時は遠くないのだろう。

64 杉夜 京氏『DED』 :2018/07/08(日) 20:24:57
(まだミッション参加は決まっていませんが、確定してから
質疑応答して滞らせるような真似は避けたいので余り活動してないですが
お願いします)

 フゥ……。

「今度さ……金が大きく入る仕事が出来るかも知れないんだ」

「金さえあれば……お袋を介護付きの旅行もさせてやるし……トイレや
浴槽も障碍者用に作り変えてやれる……俺さえ、頑張れば」

「だから、ほんのちょっとさ……俺の質問に答えてくれよ。なぁ?」

・スタコンで344さんが言ってたんだが。この能力を俺本体にかければ
(全力の殴打が必要だが、服を掠めるように本体を攻撃するとか、全力で殴打
しても頑丈な物体の端を俺が握ってるとかして)
『壁や天井』も歩けるようになるんだろうか? 若しくは、供与の
調整によって、そのような拡大解釈は無理と考えて良い?

・例えば、自分が高層ビルに居るとする。そして、高層ビル外で飛行するモノに
殴って能力を掛ける。この場合射程外にあるだろうビル外の地面に飛行物は
能力に掛かり地面に落下する? それとも、一番近い高層ビルの床へと落下する?

・慣性を失いその場で『ストン』と落ちる
これは、どのような高所からの落下であっても能力を掛ける事が成功すれば
地面が突起状で剣山のようになってない限りはダメージなく着地出来ると考えて良い?

・例えば既に地面に密接している50m程のロープを殴りつけ『撃墜』化を施す。
その時、50m先でロープを踏んでる生物へ伝播されるとして。それは一瞬の
速度で伝播する? もしくは幾らかのタイムラグが発生する?
 または、既に地面に転がってるロープは床に固定されてるものと認識されて
『撃墜』化は不可能だろうか?

・『全力の殴打』で『撃墜化』だが。これは全力で殴打すると自動的に撃墜化
となるのか、または撃墜化をイメージして全力で殴る事で能力が作動する任意なのか
そこだけ出来れば教えて頂きたい。

・爆弾などの飛散する物は、撃墜化が掛かってる場合どうなるのだろう。

65 『音仙』 :2018/07/08(日) 23:37:00


・スタコンで344さんが言ってたんだが。この能力を俺本体にかければ
(全力の殴打が必要だが、服を掠めるように本体を攻撃するとか、全力で殴打
しても頑丈な物体の端を俺が握ってるとかして)
『壁や天井』も歩けるようになるんだろうか? 若しくは、供与の
調整によって、そのような拡大解釈は無理と考えて良い?

・例えば、自分が高層ビルに居るとする。そして、高層ビル外で飛行するモノに
殴って能力を掛ける。この場合射程外にあるだろうビル外の地面に飛行物は
能力に掛かり地面に落下する? それとも、一番近い高層ビルの床へと落下する?

・慣性を失いその場で『ストン』と落ちる
これは、どのような高所からの落下であっても能力を掛ける事が成功すれば
地面が突起状で剣山のようになってない限りはダメージなく着地出来ると考えて良い?

・例えば既に地面に密接している50m程のロープを殴りつけ『撃墜』化を施す。
その時、50m先でロープを踏んでる生物へ伝播されるとして。それは一瞬の
速度で伝播する? もしくは幾らかのタイムラグが発生する?
 または、既に地面に転がってるロープは床に固定されてるものと認識されて
『撃墜』化は不可能だろうか?

・『全力の殴打』で『撃墜化』だが。これは全力で殴打すると自動的に撃墜化
となるのか、または撃墜化をイメージして全力で殴る事で能力が作動する任意なのか
そこだけ出来れば教えて頂きたい。

・爆弾などの飛散する物は、撃墜化が掛かってる場合どうなるのだろう。

66 『音仙』 :2018/07/09(月) 00:09:48
>>64(杉夜)

「大きな仕事、ですか……その、スタンドを使った?
 ……ええと、応援していますよ。キミの『後援者』として。
 だから、その。出来れば、『敵』には……ならないでくださいね」

「……それでが」

音仙はやや伏し目がちに、何かを悟ったような口調で諭す。
その言葉を運ぶように杉夜の耳元に『つた』が伸びてくる・・・

                 キィィィ ・ ・ ・

>・スタコンで344さんが言ってたんだが。この能力を俺本体にかければ
>(全力の殴打が必要だが、服を掠めるように本体を攻撃するとか、全力で殴打
>しても頑丈な物体の端を俺が握ってるとかして)
>『壁や天井』も歩けるようになるんだろうか? 若しくは、供与の
>調整によって、そのような拡大解釈は無理と考えて良い?

「あくまで『浮遊』しないだけで……『重力を無視する』わけではないので。
 つまり、『90度の傾斜の坂』を、歩いて登るようなものですが、それが可能なら。
 例えば……壁に手を添え、四つん這いで登ると言った事なら、可能かと思います。
 もちろん極めて肉体的な負担は大きいですが、少なくとも『転落』はしませんので」

「天井についても、頭に血は登りますし、重力で下に引かれますが、
 『不可能』とは言い切りません……『落ちる』事は無いのですから、ね」

>・例えば、自分が高層ビルに居るとする。そして、高層ビル外で飛行するモノに
>殴って能力を掛ける。この場合射程外にあるだろうビル外の地面に飛行物は
>能力に掛かり地面に落下する? それとも、一番近い高層ビルの床へと落下する?

「『着陸』させるのではなく、『墜落』ですので……これは、地面に落下します。
 そして、その途中で……キミから50m離れたことで能力は解除されますから、
 基本的には再度飛行出来るでしょうし……出来なければ、そのまま重力に引かれます」

>・慣性を失いその場で『ストン』と落ちる
>これは、どのような高所からの落下であっても能力を掛ける事が成功すれば
>地面が突起状で剣山のようになってない限りはダメージなく着地出来ると考えて良い?

「墜落のパワーは『なし』ですので、『墜落死』はまず無いですね」

>・例えば既に地面に密接している50m程のロープを殴りつけ『撃墜』化を施す。
>その時、50m先でロープを踏んでる生物へ伝播されるとして。それは一瞬の
>速度で伝播する? もしくは幾らかのタイムラグが発生する?
> または、既に地面に転がってるロープは床に固定されてるものと認識されて
>『撃墜』化は不可能だろうか?

「触れているなら、一瞬で『伝播』しますよ」

>・『全力の殴打』で『撃墜化』だが。これは全力で殴打すると自動的に撃墜化
>となるのか、または撃墜化をイメージして全力で殴る事で能力が作動する任意なのか
>そこだけ出来れば教えて頂きたい。

「そこは、任意です。そうする理由があるなら、撃墜しない事も選べますよ」

>・爆弾などの飛散する物は、撃墜化が掛かってる場合どうなるのだろう。

「……爆弾の場合、とさせていただきますが、通常通り爆発して飛散します。
 全体から脱落したパーツや、跡形もなく壊れた物は能力から解き放たれるので。
 あくまで『地面に縛り付ける能力』であって、『形を保つ能力』ではない……という事です」

67 『音仙』 :2018/07/09(月) 00:17:49
真っ黒に煤けた機械仕掛けの人型。
触れた物体の『飛行』を禁止する能力。
このスタンドの拳で殴打されたものは、
地面(床)から離れる行動の一切を制限される。
またこの能力は『撃墜』された物質に触れる事によって『伝播』する。

『ドッグ・イート・ドッグ』 Dog Eat Dog
破壊力:B スピード:B 射程距離:E(能力射程:C)
持続力:A 精密動作性:C 成長性:A

◆『ドッグ・イート・ドッグ』詳細

・『ドッグ・イート・ドッグ』(以後『DED』と表記)は人型。
 全身が真っ黒に煤けた機械仕掛けの容貌。
 
・『DED』の射程距離は『2m』。
 ダメージ・フィードバックあり、五感を共用しない、
 典型的な『近距離パワー型』スタンド。

・『DED』が『全力』で殴打した物体は、生物・非生物問わず、
 『ジャンプ』などの『地面から離れる行動』の一切を制限される。

・殴打しても能力を発動しないという事も一応可能。

◆『撃墜』※
(※『DED』の殴打による行動制限を『撃墜』と表記)

・対象に『撃墜』を施すには『DED』による『全力』の殴打が必要。
 『撃墜』の対象は生物・非生物・スタンドは問わない。
 『撃墜』を施せる最小サイズは小石程で、最大サイズは2tトラック程。
 能力射程距離は『50m』。射程から出る事で解除される。

・同時に『撃墜』を施せる最大数は『3つ』。
 解除は一瞬で行えるが個別の解除は不可能。全て同時に解除される。

・『撃墜』は本体に行使する事が可能である。

・『重力を無視する能力』ではないため、壁を上ったり天井を歩いたりは『困難』。
 重力や傾斜、身体の上下反転など行動に悪影響を及ぼす要因が多すぎるため。

・『撃墜』を施された物体は、一瞬でも床から離れる行動を行えなくなる(『飛行』と表記)。
  『撃墜』の強制力は非常に強力であり、受動的・能動的問わず物体が『飛行』する寸前に、
  まるでその場に『溶接』されてるかのように接地面が離れなくなる。  

・『飛行』とはその全面が地面と一瞬でも離れる行動の事を指し示す。
 よって、ある程度の速度なら『走る』などの行動も可能。

・跡形もなく破壊されたもの、または本体から引きはがされたパーツなどは能力対象外。

・既に『飛行』している物体に『撃墜』を施した場合、対象は慣性を失いその場で『ストン』と落ちる。
 また『撃墜』された生物が『投擲』などで『飛行』を行った場合も、
 投擲物はその手を離れた瞬間にその場に落ちる。
 飛行物を『撃墜』する際のパス精は『なしCC』。

・『アドバルーン』や『つり革』などワイヤーや鉄棒などで結果的に床に固定されているものに、
 『撃墜』を行使するのは不可能である。(取り外す必要がある)

・また『撃墜』化現象は『伝播』する性質を持っており、『撃墜』化したものに触れた物体も『撃墜』を施される。
 更にその『伝播』した物体に触れた物体にも『撃墜』化が伝播してゆき、『50m』の射程内に広がっていく。
 この性質は本体にも制御する事が不可能であり、また『伝播』する場合に限り最大行使数は『∞』となる。
 なお、伝播は『一瞬』で広がる。ただし『地面』のようなそもそもサイズ的に能力行使が出来ない物体は当然伝播もしない。

68 杉夜 京氏『DED』 :2018/07/20(金) 21:25:43
メインチャットにて、原案者の硯様から

『ドッグ・イート・ドッグ』の固定する能力はあくまでも『浮く』
寸前の所で自動で発動するもので、床に落ちているものを『拾う』
といった行為は問題なく可能です。
 拾ったものを投擲したり手放したりすると慣性を失い
その場で『ストン』と落ちますが、あくまでも『浮く』『飛ぶ』行為を
制限する能力なので決して物体を固定する能力ではありません。

と書かれていましたので。これが共通事項の認識と捉えて頂いて
構わないでしょうか? 使用してるPCとしても其の認識で構いません。

69 『音仙』 :2018/07/20(金) 22:04:56
>>68(杉夜 京氏『DED』)

>『ドッグ・イート・ドッグ』の固定する能力はあくまでも『浮く』
>寸前の所で自動で発動するもので、床に落ちているものを『拾う』
>といった行為は問題なく可能です。
> 拾ったものを投擲したり手放したりすると慣性を失い
>その場で『ストン』と落ちますが、あくまでも『浮く』『飛ぶ』行為を
>制限する能力なので決して物体を固定する能力ではありません。

供与者もこの認識です。
拾うという動作は『落ちている物を手でつかんで持ち上げる』ため、
撃墜が施された物が『飛行』する瞬間はありません。よって問題なく拾えます。
また、その後投げた、手放した場合の挙動についても、硯PLの認識で問題ありません。

70 『音仙』 :2018/07/20(金) 22:11:55
真っ黒に煤けた機械仕掛けの人型。
触れた物体の『飛行』を禁止する能力。
このスタンドの拳で殴打されたものは、
地面(床)から離れる行動の一切を制限される。
またこの能力は『撃墜』された物質に触れる事によって『伝播』する。

『ドッグ・イート・ドッグ』 Dog Eat Dog
破壊力:B スピード:B 射程距離:E(能力射程:C)
持続力:A 精密動作性:C 成長性:A

◆『ドッグ・イート・ドッグ』詳細

・『ドッグ・イート・ドッグ』(以後『DED』と表記)は人型。
 全身が真っ黒に煤けた機械仕掛けの容貌。
 
・『DED』の射程距離は『2m』。
 ダメージ・フィードバックあり、五感を共用しない、
 典型的な『近距離パワー型』スタンド。

・『DED』が『全力』で殴打した物体は、生物・非生物問わず、
 『ジャンプ』などの『地面から離れる行動』の一切を制限される。

・殴打しても能力を発動しないという事も一応可能。

◆『撃墜』※
(※『DED』の殴打による行動制限を『撃墜』と表記)

・対象に『撃墜』を施すには『DED』による『全力』の殴打が必要。
 『撃墜』の対象は生物・非生物・スタンドは問わない。
 『撃墜』を施せる最小サイズは小石程で、最大サイズは2tトラック程。
 能力射程距離は『50m』。射程から出る事で解除される。

・同時に『撃墜』を施せる最大数は『3つ』。
 解除は一瞬で行えるが個別の解除は不可能。全て同時に解除される。

・『撃墜』は本体に行使する事が可能である。

・『重力を無視する能力』ではないため、壁を上ったり天井を歩いたりは『困難』。
 重力や傾斜、身体の上下反転など行動に悪影響を及ぼす要因が多すぎるため。

・『撃墜』を施された物体は、一瞬でも床から離れる行動を行えなくなる(『飛行』と表記)。
  『撃墜』の強制力は非常に強力であり、受動的・能動的問わず物体が『飛行』する寸前に、
  まるでその場に『溶接』されてるかのように接地面が離れなくなる。  

・『飛行』とはその全面が地面と一瞬でも離れる行動の事を指し示す。
 よって、ある程度の速度なら『走る』などの行動も可能。
 (この場合の『地面』には、地面に接している人間や物体も含む。
  そのため人間が『撃墜』された物を拾うなどは問題なく可能である)

・跡形もなく破壊されたもの、または本体から引きはがされたパーツなどは能力対象外。

71 『音仙』 :2018/07/24(火) 03:22:18
>太刀川叶『スマザード』
誤植が見つかったため、以下の点を修正し、
能力詳細をこちらで更新させていただきます。
気付かずに投稿してしまい大変申し訳ございません。

【誤】
6.同時発現可能数は『7体』まで。射程は『本体から30m』で、浮遊は『3m』まで。
  同時操作も7体まで可能だが、7体を超えて同時操作する場合精密動作性は『E』になる。

【正】
6.同時発現可能数は『7体』まで。射程は『本体から30m』で、浮遊は『3m』まで。
  同時操作も7体まで可能だが、5体以上同時操作する場合精密動作性は『E』になる。

72 『音仙』 :2018/07/24(火) 03:22:30
本体が設定した特定の単語を発した者の口から這い出る太刀魚。
背びれは極めて鋭利。発現条件ゆえに高いスペックと長射程を併せ持つ。

『スマザード』
破壊力:B スピード:B 射程距離:B(30m)
持続力:D 精密動作性:D 成長性:B

【基本情報】
1.まず『設定』を行う必要がある。『設定』は『三文字以上の単語』を宣言する事である。
  文字数は十文字までの範囲で自由だが、現時点では長ければ強いというわけではない。
2.宣言内容は『メール欄』もしくは『暗号スレ』または『判定者にのみ伝える』ことで、
  このPCのPLと中立の判定者以外が知り得ない状況にしておくことを『推奨』する。 
  ミッションGMに知らせるかどうかは任意だが、GMから要求された場合は原則従う事。
3.『設定』を行ったこと自体は必ずレス中で明記する事。後出しは『無効』となる。
4.もし『暗号スレ』等を用いた場合、設定した『言葉』を誰かが発したなら、
  このPCの本体が暗号を開示した上で、このスタンドの『発現』を可能とする。
5.設定できるのは意味を成す三文字以上の単語のみ。また、固有名詞も選択できる。
6.発言と単語で『文字列』が一致したなら、その発言のニュアンスは問わない。
7.『言葉を発する』の定義は『台詞』にその言葉が含まれることである。
  思考や効果音、PLの連絡、および地の文は一人称視点でも定義に含まれない。
8.スタンドを発現できるのは対象が設定した単語を発したレスの『返レス時』に限る。
9.射程内の『設定』の言葉が発されても、本体が聴いていなかった場合は発現できない。
  耳で直に聞く必要はなく、スタンドが有する聴覚でも可。拡声器などを介しても可。
  また、『録音』などリアルタイムではない形で聞いた場合や射程外の場合は発現不可。
10.一度設定した単語は、『3分間』または本体以外の誰かが発してしまうまで変更できない。

【発現】
1.誰かが設定した単語を発言し、本体が発現を選んだなら、対象の口から前方に飛び出すように発現する。
  この『飛び出す』動きにより、タチウオが操作可能になる地点は対象から『1m』ほど離れる。
2.発現をヴィジョンでつかむなどで阻止する事は出来ない(口から出終わるまで相互に干渉不可能)
  また、操作は口から出てから可能。発現開始から操作可能までは『一呼吸』ほどラグがある。
3.発現時、対象には設定した単語を再度自発的に発せないようにする。
  発しようとしても発せず、更に喉に裂くような痛みが走る。
  これはそのタチウオが破壊、射程外などで解除されれば治る。
4.操作のパワーは高いが、魚に出来ないような動きは基本的に出来ない。
  口に咥えさせる、身体に載せる等で小さな物であれば運搬する事は可能。
5.ヴィジョンは、本体と視聴覚のリンクを有する。ただし視界の精度は悪く、『白黒テレビ』に近い。
6.同時発現可能数は『7体』まで。射程は『本体から30m』で、浮遊は『3m』まで。
  同時操作も7体まで可能だが、5体以上同時操作する場合精密動作性は『E』になる。
7.ヴィジョンは50cmほどでタチウオに酷似し、耐久もタチウオ相当で貧弱。
  上部に存在する背ヒレが『太刀』のように鋭利で、これを武器とする。
8.任意解除はいつでも可能。一般的な『魚』が死ぬほどのダメージや射程外等でも強制解除される。
9.ダメージフィードバックは本体の『指』に来る。利き手ではない側の小指→親指、その後利き手の小指と薬指。

73 斑鳩 翔『ロスト・アイデンティティ』 :2018/09/03(月) 01:46:34

「――どうも、こんにちは
 その、好みは聞くのを忘れたので、此方を」

「羊羹です、和菓子の
 えーっと…確かたぶん…『お口にあえばいいのですけど』」

(……まあ 『世話になった人に会いに行く』と言ったら
 祖母が勧め それをそのまま持ってきたのだけど……

 今考えるとチョイス古くないかな
 大丈夫かな、コレ)

「――よし!会話の…基本…が出来たかな!うん!」

「あ、1人満足してしまった……要件を済ませますね」


     「『再聴/成長』です」


「最も、危険な事とかはあまり、した事と言えば、只々、この町で思い出を重ねただけ
 ゲームセンターや公園での新しい出会いとか、釣り場での『怪談ラジオSP/スリープ・トゥギャザーが見てる』とか」

(…朧気だけど、警官も見かけたんだっけ、何を話してたんだか…)

「……あ、友人から僕の『奇跡』を見つけたと思った事も、有ったのですけど
 どうも…その、違ったようで、僕にできるのは、諦めない事だけで」

(或いは、スタンドと言う『奇跡』を見なければ、僕は諦められたのだろうか……)
(……いいえ、いいえ 僕はまだ『幸福』だ 時間が無くても 諦めない事が出来る。)


「――うん、今はきっと、諦めていません」。

「あ、食べきれなかったら次の人とかにどうぞ、その羊羹
 味は保証できますけどね」   ニッ

74 『音仙』 :2018/09/04(火) 21:28:34
>>73(斑鳩 翔『ロスト・アイデンティティ』)

「ああ、こんにちは…………和菓子が好きなんですか?
 その、私も、どちらかと言えば『甘党』ですので。
 折角ですので少し切り分けて……キミも一切れ如何ですか?」

              「……ああ。いえ」

「どうもありがとう、と……先に言っておくべき、でしたね」

              キ

                 ィィィィーーーー
                          ーン

「ね、斑鳩さん」

「『ロスト・アイデンティティ』は――――『過去』に失った者。
 それゆえにか、単なる偶然か、『未来』には大きな可能性があります」

        『ズ
           ズ』

斑鳩は知覚する――――

「成長というには、とても小規模で……キミの求める『奇跡』でもない。
 ですが『実証』されたのは……あきらめなければ、少しは前に進めること」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ロスト・アイデンティティ』の『微成長』

――今までは鎖を引き出せなかった『胴体』から、
最長1mだが新たに鎖を引き出せるようになった。
この鎖を引き出す際は胴体の任意の位置に触れて、
意識しながら『引き出そうという動作』をする必要がある。
よって普段からは垂れておらず、15mの合計にも含まれない。

『ロスト・アイデンティティ』
破壊力:C スピード:C 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:B 成長性:A→B

この能力は『次の成長』があれば別の形に変化する可能性が高い。
ただし『ロスト・アイデンティティ』は成長を前提とはしておらず、
これ以上の成長にはより大きな『経験』が確実に必要となるだろう。

推奨→
『危難BB以上か、それ以下の複数のミッションにおける明確な活躍』
or
『<極めて>重大な人生体験(要:それに関するログの提出)』

またはその両方。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「これはいわば『きざし』……今はまだ目覚め切っていませんが……
 さらに奥に聴こえる、キミの中に眠る心の声が『二つ』あります。
 …………一つは『統一』を。もう一つは『解放』を叫ぶ声。
 おそらくはキミの『こころを束ねる』鎖という側面と、
 反対に鎖に束ねられた、キミの中の『異のこころ』……影という側面、
 どちらにせよ……これ以上は『日常』を重ねるだけでは到達しないでしょう」

            「それが流血であれ、落涙であれ……昂揚であれ、ええと、その、
              『死線』とか『悲劇』とか……あるいは『熱愛』ですとか、
                なんにせよ、大きく『心が動く』『非日常』がなければ、ね」

                         「…………あまり、無理だけはしないように」

75 『音仙』 :2018/09/04(火) 21:29:16

幾重もの鎖に縛られた、纏うタイプのスタンド。
その鎖の先端を四肢と首から少しだけ垂らしており、
これを伸縮・切り離し・連結させる事が任意で可能。

この鎖は単なる道具ではなく己を縛る枷でもあり、
自ら鎖を解除する事で、部位に『影の部位』が重なる。

『ロスト・アイデンティティ』
破壊力:C スピード:C 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:B 成長性:B

【基本情報】
1.纏うタイプのスタンド。両腕、両脚、頭部に鎖が巻かれている。
2.両手首、両足首、首から、『10cm』ほど鎖の先が垂れている。
3.これら垂れている鎖は5本で合計して『5m』まで伸長できる。
  1本だけを5m伸ばす事もできるし、5本すべて1m伸ばす事も出来る。
4.伸長した鎖を縮める事も出来る。伸ばすも縮めるも、スピードはC相当。
5.鎖は切り離す事が可能である。
  切り離せる量は、合計して『15m』まで。
  切り離された鎖に関しては伸縮は不可能になる。
6.切り離された鎖をさらに切り離す事も可能。
  その場合、鎖のどこか一部に触れておく必要がある。
7.切り離した鎖の射程距離は『20m』で持続時間は『30分』
8.切り離した鎖は、実体化したスタンド物質である。
9.遠隔でも鎖の任意解除は可能。
  本体の気絶など意識喪失によっても解除される。
10.鎖の強度は現実のそれと同一。
11.このスタンドの鎖同士は触れさせて意識すれば『連結』させられる。
   連結部は鎖の輪と輪が融合したようになり、連結器などは発現されない。
★1.
胴体からも鎖を引き出せる。これは最長1mで、普段は垂れていない。
胴体の任意の箇所に己の手で触れ、引き出す動作をすれば引き出せる。
その他、切り離し、連結、任意解除等に関しては腕脚頭の鎖と変わらない。

【部位の分裂】
1.両腕、両脚、頭部に巻き付く鎖は任意で解除する事が可能。胴体は今は不可能。
2.解除した部位の鎖は、切り離している分も含めてすべて解除される。
3.鎖を解除した部位には、黒い影のような外見である事以外、
  全く同じ部位(右腕なら右腕)のヴィジョンが重なって発現される。
4.この黒い影の部位のヴィジョン(影の部位)はスタンド体であり、非実体化。
  発現時から本来の部位に重なっている通り、本来の部位と干渉しあわない。
5.影の部位のスペックは、スタンドを纏っている本来の部位と共通である。
6.影の部位は、本来の部位とは完全に独立した操作が可能。
  実質その部位が二つあるのと同じであり、同時操作の負担は無い。
7.影の部位の可動域は本来の部位に等しい。関節なども本来の部位と同じ。
8.影の部位には、対応する本来の部位へのダメージフィードバックがある。
9.影の頭部は視聴覚も備えており、独自の思考も備える。
  両頭部の思考は常時互いにフィードバックされ、支配権は本体にある。
10.他の部位の鎖を巻きつける事で、元の状態に戻す事が可能。
  この場合巻き付けた鎖を起点にその部位を縛る鎖が復元される。
   ただし巻き付けてから鎖の復元までには『10秒』ほど時間がいる。
11.スタンド自体を解除して再発現すれば、
   再度全ての鎖が巻かれた状態になっている。

76 降神志一『プラガーシュ』 :2018/09/16(日) 01:48:01
ねぇ、今なんで僕が目をつむってるか分かる?
怖いからだよ、怖いんだ。
なんていうんだろう、急にそういうことを言われて混乱してるのもあるし、そういうものがあるっていうのを分からされそうになってる。
何事もやってから言う事を言うべきなんだろうけど、聞かせてくれないかな?

1.彼らが物を運ぶのが困難(基本の3)ということは改造に使うもの(基本の7)を運んでくるというのはフレーバーとしての描写という認識でいい?

2.腕の改造は実体化したスタンドだが、これは『プラガーシュ』が発動している間は常時発動している?

3.改造によって肉体の見た目は変化している?

今僕の体はどうなってる?

77 『音仙』 :2018/09/16(日) 09:55:30
>>76(降神志一『プラガーシュ』)

キミの困惑も、極めてもっともです……エエ。
キミには『プラガーシュ』を知る権利がある。
教えましょう……動き出す為に必要なことは、ね。

>1.彼らが物を運ぶのが困難(基本の3)ということは改造に使うもの(基本の7)を運んでくるというのはフレーバーとしての描写という認識でいい?

部分的に正しい、ですね。
彼らが使うものを運んで来るのは……どこからともかく、しかもその材料が何なのかも、よく分からない。
少なくとも鉄ですとか……カーボンですとか、そういう現実味のある材料ではありません。
いわば『彼らの帰還のための物質』を運んで来るので……彼らの力でも問題なく運べる、ということです。
……つまり、材料以外でも、『紙』や『布一枚』のように重さがほぼ無い(パEで軽く持てる)ものなら運ばせる事は出来ます。

>2.腕の改造は実体化したスタンドだが、これは『プラガーシュ』が発動している間は常時発動している?

その認識で問題ありません……もっとも、見た目の変化はありませんので、発現と不発現の区別は付きづらいですが。

>3.改造によって肉体の見た目は変化している?

見た目の変化はありません。
偽装のためか、あるいは今、見た目の必要を彼らが感じていないのか……

78 降神志一『プラガーシュ』 :2018/09/16(日) 23:37:51
>>77

ありがとう。
気を抜けない状態というのは分かった。
どうやら本気なんだな。
本気で僕は、宇宙ロケットに、人間じゃないものに改造されそうになってるんだな……
ありがとう、ありがとう……ございます

79 『音仙』 :2018/09/16(日) 23:57:52
>>78(降神志一『プラガーシュ』)

…………どんな『スタンド』でも、それがキミの『スタンド』であるなら、
制御できる可能性はありますが……運命にあらがうのは『義務』ではない。
それでも……私は、キミが進み続けようとするなら、出来る限りの手助けはしますよ。

                     ・・・では、行ってらっしゃい。

80 宗像征爾『アヴィーチー』 :2018/10/12(金) 17:59:51

『ノコギリザメ』の挙動について質問したい。
『ノコギリザメ』と『攻撃対象』の間に高低差が存在する場合も、基本的には一直線に進むと考えていいだろうか?

81 『音仙』 :2018/10/12(金) 19:40:51
>>80(宗像征爾『アヴィーチー』 )
>2.追尾中のスピードは時速60km(スピード:B)ほど。小回りはあまり効かない。(精密動作性:E)

一般的な例を上げれば、可能な限りは余計な動きはせず『直進』で向かう。
ただし「定規で引いた線」のように直線的な動きしかしないわけではなく、高度調整や障害物回避は行う(精Eの範囲)

82 宗像征爾『アヴィーチー』 :2018/10/12(金) 20:50:28
>>81
言い換えると『ノコギリザメ』が直進するのは、一直線に進むのが目標までの最短ルートであると、『ノコギリザメ』自身が判断している為と考えていいだろうか?

83 『音仙』 :2018/10/12(金) 23:34:42
>>82(宗像征爾『アヴィーチー』 )
>3.非常に低知能だが、自我を持っている。(例:シアーハートアタック)
>3.警察犬並の嗅覚によって追尾する。その追尾は一直線であり、暴走的。

鮫が自立した意志を有し、一直線の軌道を描く以上、その認識で間違いない。
ただし、それが(障害物などを蹴散らすことになったとしても)最速だからそう判断したからという以上に、
『スペック上まともに曲がれないから』『低知能ゆえ曲がるなどの意味を感じないから』という事情も介在する。

84 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2019/01/06(日) 23:11:29
ヤジ「うぃーっス 音仙の別嬪さん 今年も明けましておめでとう
これ、俺とジョーから年明け祝いの紅白饅頭で、中身はそりゃゴマ蜜よ へへ

ちょいと俺からの質問なんだが。スタンドによっては実体を持つ鏡とかだと
一般の人間でも、鏡像で本来は見えないスタンドを認識出来たりするだろ?
 ジョーの『リヴィング・イン・モーメント』の場合。水槽って言うスタンド
物質に液体を内包するから、限りなくガラスに近いスタンド物質として生成
されてるから。その水槽越しなら他のスタンドを認識出来る可能性も
あるんじゃねーかって、俺の理論で考えて見たんだが……まぁ、要は俺が
何時までたってもジョーにとっちゃあスタンド戦じゃあ片棒担げないのが
ちょいと悲しいのと、親友の能力の利便性がもっと広がれば良いと考えての
質疑応答なんだ。今年も一年 ジョーを頼むぜ!」

85 『音仙』 :2019/01/07(月) 00:18:47
>>84(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

「ああ、どうも……マ、座って下さい。
 ゴマ蜜団子、東北旅行の帰りでしょうか?
 エエ、ありがたく受け取らせてもらいます」

       「……」

「『スタンド使い』にしか『スタンド』は見えない。
 これは『ルール』ですし……まあ、そうですね。
 スタンドは往々にしてルールより優先されるもの、ですけど」

「残念ながら……『リヴィング・イン・モーメント』には、
 そのような『能力』はないので……不可能、でしょうね。
 スタンド物質越しならスタンドが見える、という事もない。
 今ある範囲の力で、『出来る事』を探すのが良いかと」

     「……」

「片棒を担ぎたいのであれば……
 キミも『足を踏み入れる』のが、
 最適ではないでしょうか……ねえ?
 もう、『踏み返せない線』の前までは来ているのだし」

          「マア、『強制』は絶対、しませんけどネ。
           絶対に片棒を担ぐ手が生まれる保障なんて無し」

                     「それでは……今年も、よろしくお願いしますね」

86 成田 静也『モノディ』 :2019/02/05(火) 22:24:51
どうもお久しぶりです音仙さん。お茶を出してくれると言っていたので
こちらで茶菓子を用意しておきましたのでどうぞ。
音の方はスタンドのおかげでだいぶ安定してきました。
改めてありがとうございます。

で来た目的なんですが少しオレの『モノディ』にいくつか疑問がありましてね

1.拳で殴っても音核は抜くことができますか?
(手を握ったり既に物を持った状態で音核を抜き取れるのか)

2.抜き取った音核を別人に付与できるか?
例)人物Aから抜き取った音核を人物Bに飲み込ませて人物Bの口から
人物Aの声を出させる。

3.『相手の声』の音核を飲み込んだ時、『モノディ』は相手の声で
自由に会話をできるのか、それともただ単にスピーカーのように
相手の発しようとする声を口から流すだけなのか?

4.動物などから抜き取った音核を『モノディ』が飲み込んだ時、
その声を使って同種の動物と会話するようなことができますか?
例)スズメの声から奪った音核を使って人間の言葉を翻訳してに他のスズメに簡単な命令をする。

最後にオレのスタンドは成長してますか?

よろしくお願いします。

87 『音仙』 :2019/02/05(火) 23:32:25
>>86(成田 静也『モノディ』)

「ああ、どうも……成田くん。キミは気が利きますね。
 エエ、私としても嬉しい限りで……この茶菓子も好みですし」

あの時は見えなかった、『音響機器』の塊のような樹。
騒々しげなそのヴィジョンは、極めて静かに、成田に蔓を伸ばし――――

              「すぐ、お茶を入れますので。
               ……その間に。質問に答えますね」

   キィィーーーーン ・ ・ ・

>1.拳で殴っても音核は抜くことができますか?
>(手を握ったり既に物を持った状態で音核を抜き取れるのか)

手を握っている分には問題ありませんが、
手の中に容量が無ければ……ええと、
つまり大きな物を持っていたりすれば、抜けませんね。ええ。

>2.抜き取った音核を別人に付与できるか?
>例)人物Aから抜き取った音核を人物Bに飲み込ませて人物Bの口から
>人物Aの声を出させる。

その、『音核』を飲む事による『発音能力』の奪取は、
このスタンド固有の能力で……今のところ他人には付与出来ません。
人物Aの音核をBの口に押し込んで、そのままAが話せば、
疑似的に『Bの口の中からAの声がする』という状態には、出来ますけど。

>3.『相手の声』の音核を飲み込んだ時、『モノディ』は相手の声で
>自由に会話をできるのか、それともただ単にスピーカーのように
>相手の発しようとする声を口から流すだけなのか?

これは……エエ、『前者』ですね。
対象の持つ『発音能力』を、キミの意志で自由に扱えます。

>4.動物などから抜き取った音核を『モノディ』が飲み込んだ時、
>その声を使って同種の動物と会話するようなことができますか?
>例)スズメの声から奪った音核を使って人間の言葉を翻訳してに他のスズメに簡単な命令をする。

『音の内容を理解出来る能力』ではないので、あの、『スズメ語』は扱えませんね。
ただ、何かしらの方法で『スズメ語』がわかるなら……奪った『スズメの声』は、それを完璧に発声できます。

>最後にオレのスタンドは成長してますか?

『モノディ』は成長性の高いスタンドですが……ええ、そうですね、まだです。
『まだ』……つまり、それなりの修羅場を超えるなり、経験を積むなりすれば、成長の芽はありますね。

88 成田 静也『モノディ』 :2019/02/06(水) 00:43:47
>>87

回答ありがとうございます。

成長の方は期待していなかったですが
これからも頑張って積み上げていきます。

…そろそろ戦いも覚悟しなきゃいけないころ
かもしれませんし…

89 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/02/10(日) 00:29:42
『コンコン』

「…失礼致します」
「オレの『シヴァルリー』に関して、いくつか質問をさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

ドアを開けて、竹刀袋を背負った学生服の青年が現れた。
伏し目がちの表情で歩みを進めて、床に正座した。
…最初に会った時の、声が聞こえるギリギリの距離よりも、心なしか近付いているようだ。
そして懐から何らかのメモを取り出した。

・『殺傷力』を奪う時、『刃』はどの辺りまで含まれますか?
 (本当に刃の部分だけか、『柄』などの付属品も含まれるのか)
・『殺傷力』を奪える『刃』のサイズ上限はどの程度までですか?
・サイズ上限を超えた場合、奪う『刃』の部分を絞ることで『殺傷力』を奪えますか?
・『殺傷力』を奪う時の『刃』が『シヴァルリー』のどこに飛ぶかは指定できますか?
・『殺傷力』を奪う時、戻す時の『刃』は生物に命中した時点でダメージを与えて、即座に消えますか?
・奪った『刃』、戻した『刃』をあえて『シヴァルリー』に干渉させることはできますか?
・『手刀』など、本来手に持たない『刃』はどうやって扱いますか?
・手に持って扱う際に、順手か逆手、どちらかで選んで刃を発現することはできますか?
・『視界内』で『射程内』ではあるが、一部分、あるいは全部分が隠れている『刃』から『殺傷力』は奪えますか?
 (『鞘』に入った刀、バッグにしまった『ナイフ』など)

「…あとこれは、『シヴァルリー』とは関係がないのですが…」

・あなたは他の『スタンド使い』に対して、その『能力』や『条件』を知ることはできますか?

90 『音仙』 :2019/02/11(月) 00:01:21
>>89(鉄 夕立『シヴァルリー』)

「どうぞ…………」

落ち着いた、細い女の声が返ってきた。
戸を開けると……目元にかかる灰色の髪の奥から、その目が覗いていた。

「エエ…………ちょうど、魚の餌やりも済んだところでして。
 お茶の相手が欲しかったので……それがてら、聞かせていただきますね」

指はティーセットを指し示し……奇妙な『機械の蔓』が、椅子を整える。
音仙・藤原しおんのスタンドは『音響機器』を寄せ集めた『大樹』として佇む。

>・『殺傷力』を奪う時、『刃』はどの辺りまで含まれますか?
 (本当に刃の部分だけか、『柄』などの付属品も含まれるのか)

「ナイフや刀で試してみました? 答えはそう、ご存知の通り……
 エエ、そうです。『柄』なども殺傷力を奪われているんです。
 刃……という言葉がややこしくしてしまっていますね、これは」

>・『殺傷力』を奪える『刃』のサイズ上限はどの程度までですか?

「これについてはサイズというより……『重さ』基準です。
 『シヴァルリー』が手に持って持ち上げられる限りです、ネ」

>・サイズ上限を超えた場合、奪う『刃』の部分を絞ることで『殺傷力』を奪えますか?

「これは、残念ながら……無理です」

>・『殺傷力』を奪う時の『刃』が『シヴァルリー』のどこに飛ぶかは指定できますか?

「基本的には……ええと、『最短距離』で飛びますね。
 例えば背中に回り込ませたりは……させられないという事です。
 ……ですが、自然な範囲であれば多少の狙いはつけられるようですね」

>・『殺傷力』を奪う時、戻す時の『刃』は生物に命中した時点でダメージを与えて、即座に消えますか?

「生物を貫通出来たなら、あるいは掠めただけならそのまま飛んできます。
 もし骨にでも阻まれてしまったら、その場合は霧散……という事です」

>・奪った『刃』、戻した『刃』をあえて『シヴァルリー』に干渉させることはできますか?

「これについては、『殺傷力を奪う』能力ですので…………
 幸か不幸かそういう『自傷』は、出来ませんね。
 キミも傷付くし……殺傷力はすぐに戻ってしまうから、
 望ましくはないでしょう。『シヴァルリー』にも……私の気分も」

>・『手刀』など、本来手に持たない『刃』はどうやって扱いますか?

「これは特殊な例ですが……例示したように例えば靴なら足に装着されます。
 そして手刀の場合……このスタンドの『手』に重なるような形になります。
 元の手のサイズ問わず、このスタンドの手に重なるように…………ね」

>・手に持って扱う際に、順手か逆手、どちらかで選んで刃を発現することはできますか?

「自然に刃物を扱うような構えであれば、発現時の握り方は自由……ですね」

>・『視界内』で『射程内』ではあるが、一部分、あるいは全部分が隠れている『刃』から『殺傷力』は奪えますか?
 (『鞘』に入った刀、バッグにしまった『ナイフ』など)

「これは、全部分の場合は不可能です。刃が見えていませんのから……
 一部の場合は、それが刃物なのが明確であれば奪えるでしょう、エエ」

>・あなたは他の『スタンド使い』に対して、その『能力』や『条件』を知ることはできますか?

「…………『心』に根付いた能力なら、出来るはずです。
 そう、キミたち……私が目覚めを手伝ったスタンド使いたちは、
 多かれ少なかれ心の奥底に秘められた声がスタンドの原点です……が。
 ……例えば『才能を後から植え付けた』ようなスタンドに対して、
 私の能力で100%『聴き取れる』のかは……未知数、ですね」

「…………あいまいな答えですが、お気に召します?」

音仙はティーカップを二つ紅茶で満たしながら、そのように尋ねてきた。

91 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/02/11(月) 00:57:07
>>90

「あっ・・・」「も、申し訳ありません」
「お構いなく」

来客に対してお茶を用意する彼女の姿に、自分の無知を恥じた。
友人の家を訪ねるのは訳が違う、これが大人の『訪問』への対応なのだろう。
手土産の一つでも持ってくるべきだった。今度は自分のお気に入り、『黒蜜安倍川餅』でも持ってこよう。

(ただ、紅茶に合うだろうか…そうだ、緑茶のティーパックも持ってこよう)
(この人が、緑茶が嫌いでなければいいが)

目を伏せて思案しつつ、彼女の言葉へと耳を傾ける。



「・・・・・・・・・・・・・・・」



「把握しました。『柄』については確かに試してみていまして、同様に吸収できましたが、
 これは本来起こりえないエラーなのかと不安に思い、訪ねてみました。…が、杞憂だったようで、何よりです」

紅茶を一口飲み、まずは答えを心にしっかりと書き記す。続けて、口を開いた。

「すみません、もう少々お付き合い下さい」

・『棒』と『刃』を繋ぎ合わせて『槍』にした際も、『棒』を柄とみなして吸収できますか?
・奪った刃、戻す刃の『柄』の部分に触れる限りは、斬撃は起きませんか?
・手に持っている時ではなく、奪った刃と戻す刃の幽体のようなものは、一般人に見えたり干渉したりできますか?
 仮に不可能の場合、こちらから見せたり干渉させることは可能ですか?
・飛来する場所指定は、大まかに『頭』や『手や足』ぐらいなら可能…でしょうか?
・手に持って扱う際に、その発現時にパワーやスピードは存在しますか?
・殺傷力を奪われた刃や柄は、鈍器としても扱えない、という認識で大丈夫ですか?
 また、攻撃力はなくともパワーで押さえつけるような使い方は可能ですか?

「ありがとうございます」
「仮にその人が、『生まれつきのスタンド使い』であるならば」
「『可能』。…そういう認識で、問題ないでしょうか」

92 スミノフ『デマーケイション』 :2019/02/11(月) 16:44:46
よう、久しぶり元気?
俺なら相変わらず元気いっぱいだぜ。
この間のサメのぬいぐるみよかったよ。
猫ちゃんも喜んでたぜ、俺ははしゃぎ過ぎて足怪我しちゃったけど。

なんだっけ、成長?
そういうのしてねぇか聞きてぇんだけど。

夢の中で戦った
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049803/99-145

これは……まぁ、いいか。
特に言うことはねぇ。

仕事した
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1511075107/108-747

いろいろやった気がすんだけどなぁ

よろしく頼む。

93 『音仙』 :2019/02/11(月) 18:25:34
>>91(鉄 夕立『シヴァルリー』)

紅茶は、インスタントの味だった。

「ええ、良いですよ。お望みの分だけ、続けましょう……
 キミの『シヴァルリー』はどちらかというと、難解ですから、ね」

机にはほかに飴の袋だとか、
クッキーの缶が置かれていて、
部屋の内装も相まってどことなく洋風だ。

が、部屋の隅には『お茶の缶』見えるし、
緑茶もけっこう、喜ばれるかもしれない。

>・『棒』と『刃』を繋ぎ合わせて『槍』にした際も、『棒』を柄とみなして吸収できますか?

「『今だけ刃に連結しているもの』は、刃とは見なされませんね。
 柄は、元から『そういう刃として作られたもの』である必要があるんです」

>・奪った刃、戻す刃の『柄』の部分に触れる限りは、斬撃は起きませんか?

「柄は形でしかありませんから……斬撃は起こりませんね。
 もし起こったら、手に持って扱うのも相当危険ですし……そういう事です」

>・手に持っている時ではなく、奪った刃と戻す刃の幽体のようなものは、一般人に見えたり干渉したりできますか?
 仮に不可能の場合、こちらから見せたり干渉させることは可能ですか?

「幽体のようなものですが……これは、一般人にも見えますし、干渉も出来ますね。
 いわゆる実体化したスタンド物質……というものでして、
 幽体なのに実体化というのも、なんだか妙な話ですが……ええ、そういう事になります」

>・飛来する場所指定は、大まかに『頭』や『手や足』ぐらいなら可能…でしょうか?

「よほど不自然な軌道でなければ、部位単位くらいなら指定できる……でしょうね」

>・手に持って扱う際に、その発現時にパワーやスピードは存在しますか?

「『現れる』ような形なので……そうした勢いはありませんね。
 何か……障害物がある時に押しのけて発現させたりは、出来ません。
 もちろん布や粉塵のような極めて軽いものなら、障害にはなりませんけど」

>・殺傷力を奪われた刃や柄は、鈍器としても扱えない、という認識で大丈夫ですか?

「間違いありません。『峰打ち』も、十分人を殺せますからね……エエ。
 そのような形での殺傷力も、『シヴァルリー』は許さない……ようです」

>また、攻撃力はなくともパワーで押さえつけるような使い方は可能ですか?

「これについては……能力の限界といったところでしょうか。
 刃物は力こそ失っていても『物理的な形』は残っていますので、
 それを使って何かを押さえつける事は出来てしまうようですね。
 あくまで『押さえつけ』や、あるいは『拘束』といった……
 『ダメージ』を伴わない『制圧』は可能、という事のようです」

>「ありがとうございます」
>「仮にその人が、『生まれつきのスタンド使い』であるならば」
>「『可能』。…そういう認識で、問題ないでしょうか」

「そうですね……エエ。妙な注射を打たれて目覚めたとか、
 何かに触れて傷付いてから目覚めたとか……そういった、
 明らかに外的な心当たりがなければ……恐らく、分かりますよ」

94 『音仙』 :2019/02/11(月) 19:25:32
>>92(スミノフ『デマーケイション』)

「ええ、おかげさまで……
 憂いが一つ、無くなりましたからね」

            コト

ティーカップを片付けながら、笑んで答えた。

「『元気』で本当に良かったと思っていますよ。心を聴かせるまでもなく、本当に。
 猫も含めて……ええ。生きて終わるならそれに越した事はないですから。
 キミも……もう、すっかり元気に歩けているようですし。流石、ですね。
 エエ、その、すみません……皮肉というもののやりとりが、あまり得意ではなくて。
 心を聴いて本音のほどを知りたい気持ちもありますが……それは、よしておきましょう」

「聴くのは……キミの『デマーケイション』の声だけです」

      キィィィィーーーーーン・・・

           キィィィィーーーーン ・・・

「その、結論から言いますが、『成長』は……まだ、ですね。
 ですが……確かに近づいていますし、方向性も分かりますよ。
 あと一回……ないし二回も『修羅場』を超えれば、確実でしょう」

「縄張りを作る『髑髏』の強化」

      「『発現部位』の多様化」

             「『片腕』や『片脚』への『集中発現』」

「…………この辺りのいずれかに、育つのではないでしょうか。
 私は方向を作るものではないので、キミの『喧嘩』次第ですね」

95 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/02/11(月) 21:30:17
>>93

「…ありがとうございます」

「あなたのお話を聞いていると、まるで『シヴァルリー』にも自らの意思があるようですね…」

メモを取りながら、独り言のように呟く。
ひとまず、『シヴァルリー』に関しての質問はこの辺りでいいだろう。
後は家に帰り、情報を精査して、扱い方のパターンを色々な状況に合わせて考えておく。
…もっとも、この女性が以前に言ったように。自分の周りの人間に、危険なことなど生涯起こらず、
『シヴァルリー』で戦うことなど一度もないかもしれない。それなら、それでいい。

「では、最後に『三つ』だけ質問を」


「目覚めた『スタンド』が、本体の意思に従わず『暴走』するようなことはあり得ますか?」

「そして『暴走』した『スタンド』に対して、あなたの『スタンド』は身を守る力を備えていますか?」


「それと」

「…苦手な和菓子はありますか?」

96 『音仙』 :2019/02/11(月) 22:41:40
>>95(鉄 夕立『シヴァルリー』)

「『スタンド』にはいろいろ『制限』があるでしょう?
 キミがしたいことが、出来なかったりもするでしょう。
 それを『シヴァルリーの意思ゆえ』とするのは……
 少し『ロマンチスト』な考え方かもしれませんが、
 嫌いではない解釈ですし、どこかしっくりくる気もします、ね。」

          フゥーー ・・・

「例えば『本体に逆らう』ような性質を有している、
 ……『明確に意思があるスタンド』もありますから、エエ。
 そういうものを考えると、『ありえない話』でもないですし」

          「と、少し長話が過ぎました。
           その、3つの質問に答えましょう」

「ひとつ。『暴走』は――――ありえなくはありません。
 『完全自動操縦型』のスタンドは『勝手に動く』ので、
 それを暴走と呼んでもいいですし……極めて稀ですが、
 本体を襲う事が能力である、というスタンドもありますね」

饒舌にスタンドのことを語る藤原しおん。
『詳しい事には良く舌が回る』タイプなのかもしれない。

「ふたつ。見ての通り……私の『ウィスパーズ』は、木です。
 『身を守る』には、あまり向かない能力と言っていいでしょうね。
 その、もちろん、『私の身だけ守る』……『自衛』は出来ますけど」

          「……『正当防衛』と言った方がいいですかね」

    シュル  ルルル

              『ポン』   『ポン』

        ザ  ザザ    ザ―z______ッ ・・・

樹から伸びる蔓が、ゆりかごのように『音仙』を包み、
いくつか『スピーカー』のような形状の『花』をつけていた。

「みっつ。特にありませんよ……エエ。
 あんみつでも、わらび餅でも、くずきりでも、
 何でも持ってきてください……食べますから。ね。
 ああ、逆に聴きますが、キミはどんな洋菓子が好きです?」

「買い置きしておきますよ……その、ものによりますが」

そして、その蔓を縮めながら藤原は穏やかな笑みを浮かべた。

97 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/02/12(火) 00:40:48
>>96

>「『スタンド』にはいろいろ『制限』があるでしょう?
> キミがしたいことが、出来なかったりもするでしょう。
> それを『シヴァルリーの意思ゆえ』とするのは……
> 少し『ロマンチスト』な考え方かもしれませんが、
> 嫌いではない解釈ですし、どこかしっくりくる気もします、ね。」

「・・・・・なるほど」
「いえ、その『解釈』はオレも好きです」
「それならば例えどんな『制限』があろうと、納得できると思います」

メモをしまいながら、相好を崩す鉄。もっとも、目は伏せたままだが。
スタンドの『暴走』もあり得るという話に、頷く。
つまり、仮に暴走した場合『音仙』は自分の身を守ることができるが、『本体』の安全は定かではない、ということだ。
もしあの先輩がこの人と会うことを選んだなら、自分も同席させて頂こう。

「・・・・・・・・・・・・・・・」


「全て『把握』しました。ありがとうございます」

興味深そうに『ウィスパーズ』を眺める。個人的に、デザインがなかなかカッコいいと思った。
植物の曲線的で生物的なフォルムに、機械感の融合したヴィジョン。
もちろん、現時点での一番のお気に入りは『シヴァルリー』だが。

「いえ、そんな、こちらがお世話になっているのですから」「本当にお構いなく」

(とはいえ、ここで全く答えないのも無礼だし、次に来ることはないと言っているようで、申し訳ないな…)

「………『洋菓子』ですか。うぅん…」

「…」

「………」

「……………『プレッツェル』でしょうか」

かなり悩んだ末に、答えを出す。洋菓子はシンプルな味付けなのが好きだ。塩味とか。
そしてティーカップの中身を飲み干すと、立ち上がる。

「詳細なご説明、重ねてありがとうございました、藤原さん。またいずれ、よろしくお願いします」

『ペコリ』

直角に頭を下げた後、去りゆく前に『音仙』と目を合わせる鉄。
斜めに切られた前髪の下、色素の薄い灰色の瞳が一瞬だけ視線を交差させ、再び床へと向けられた。

「失礼いたします」

扉の前で振り向き、最後にもう一度礼をすると、鉄はドアの向こうへと消えていった。

98 『音仙』 :2019/02/12(火) 01:08:39
>>97(鉄 夕立『シヴァルリー』)

「『プレッツェル』……キミはけっこうお洒落ですね。
 エエ、次にキミが来るまでには……用意しておきます」

           「では……また、いずれ。
             その時まではここから、
              キミの活躍を聴いていますね」

         ギィィ…

                 バタン


「……『プレッツェル』」

        カチ  カチ

                「あの甘いやつですか……」

99 スミノフ『デマーケイション』 :2019/02/14(木) 01:36:37
>>94

本音?
あぁ、猫殺すぐらいなら俺を雇ってくれってな。

へぇ、そんな風になる可能性があるんだな。
面白いじゃねえか。
じゃあ、また今度なんかあったら尋ねるぜ。
修羅場を抜けて参上するつもりでいるよ。

じゃあな。

100 『音仙』 :2019/02/14(木) 01:52:15
>>99(スミノフ『デマーケイション』)

「…………私も、きっと彼も、
 殺したくて殺そうとしたわけではない。
 といっても……その選択を取る事自体、
 褒められた物ではないのでしょうけど」

   ザザ    ザザ――――z_______........

                   「…………ああ」

「……キミを雇う時も……いつか、来るかもしれませんね。
 あ、社交辞令ではなく……骨のある使い手は、需要がある。
 自慢はしませんが……私の元には『修羅場』も集まりやすい。
 キミだけ贔屓するわけではないですが、その時はぜひよろしく」

「『デマーケイション』は比較的素直な力です。
 底なしの応用性……とは無縁なのですが、
 キミが望むのであれば……力は尽きないでしょう」

                       「それでは……また」

       ギイーーー

                バタンッ

101 『音仙』 :2019/02/14(木) 16:48:40
視認した『刃』から殺傷力を奪い、なまくらにする。
奪った殺傷力は、その『刃』の形を成して手に発現出来る。

奪う際にも殺傷力が刃の形を成してこのスタンドに飛来し、それを吸収する。
その飛来経路に無生物があっても透過し、生物がいれば容赦なく切り裂く。

『シヴァルリー』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(2m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:B

【基本情報】
1.人型。本体とのダメージフィードバックを有する。また、視覚のみ有する。
2.このスタンドの視界内に存在する『刃』から、『殺傷力』を奪う事ができる。
★鞘などで刀身全体が隠れている刃からは奪えない。
 一部が隠れているだけなら、奪える。
★常に刃全体から奪う事になる。一部分だけ奪ったりは出来ない。
3.刃の定義は『パワーD相当以上の鋭さ』を持つ刃物であることか、
  実際に何かに『切り傷』を付けた、または『切断』『両断』したのを見ること。
★柄などの一体化した付属品も刃の一部とみなされるが、
 一時的な付属品、例えば後から結びつけた棒などは含まれない。
4.『紙』や『手刀』などは刃物でないため通常は刃ではないが、
  後者の条件を満たしたことを視認すれば、その瞬間から刃物扱いできる。
5.殺傷力を奪われた刃物は、何に命中してもダメージを与えられない(パワー:なし 相当になる)
★これは打撃などに用いても同じ。ただしダメージを伴わない拘束、押さえ込みなどには使用出来る。
6.同時に刃の殺傷力を奪っておけるのは『4つ』まで。持続時間は『10分』で、能力射程は『20m』。
7.一度殺傷力を奪い、解除して殺傷力が戻った刃から再度奪うには『1分』のクールタイムが必要。
8.スタンドそのものが解除された場合、蓄えていた殺傷力は霧散し、『一呼吸後』に刃の殺傷力が回復する。

【殺傷力を奪う過程】
1.奪った殺傷力は、幽体のように刃から抜け出し、
  その刃の形でこのスタンドに切っ先を向けて飛来する(パスBC)
★スタンドのどの部位に飛来するかは、不自然な軌道でなければ選択可能。
★殺傷力の刃は実体化したスタンド物質であり、一般人も視認・干渉可。
2.途中にある無生物は透過し、生物には命中。このスタンドに触れると吸収される。
  壊される、生物の体に阻まれるなどすれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復する。
★生物に命中し、貫通した場合などは霧散せずそのまま進む。
3.能力の任意解除は可能。解除した瞬間、奪っていた殺傷力は刃に戻っていく。
4.戻っていく際も、幽体のようにスタンドから抜け出して、
  刃に切っ先を向けて飛び(パスBC)、刃に触れれば吸収される。
5.無生物は透過すること、そして生物には通常通り当たるのも同じ。
  途中で阻まれれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復するのも同じ。
6.刃から飛び出した、または刃に戻ろうとしている時の殺傷力は、『パC』の全力打撃で霧散させられる。
7.霧散した場合の刃の殺傷力回復は、飛来の過程が無い。

【手で扱う際の殺傷力の刃】
1.奪っている殺傷力は、このスタンドの中に蓄えられており、いつでも内容を把握出来る。
2.奪っている殺傷力を元々の『刃』の形で、このスタンドの手に発現し、扱う事が出来る。
  ただし確実に手で持つものでない(例えば刃が着いた靴など)場合、該当する部位に現れる。
★発現に勢いはないため、障害物を押しのけながらの発現は出来ない。
★発現時の刃物の持ち方は、ちゃんと保持できているなら自由。
3.同時に発現できる刃は『2つ』まで。視認していれば任意解除可能。
4.この殺傷力の刃は『スタンド体』で、一般人には見えず、干渉もされない。
5.投擲したり、人に渡したりもできる。この場合の射程は『4m』。超えると霧散する。
6.刃に『スタンド能力』など特異な効果がある場合、それは殺傷力の刃にも備わっている。
7.なお、無生物を透過する効果はない。『扱う』為に形を強く与えているのが原因と思われる。
8.手で扱っている際の殺傷力の刃の強度は、元となった刃に準拠する。

102 空織 清次『エラッタ・スティグマ』 :2019/02/16(土) 22:34:10
『心音サイフォン』の供与形態について質問させてください。


・『心音サイフォン』では『音仙』との出会いによって己に眠る『スタンド』の能力を自覚する、
 という供与形式が採られているものと理解しています。

 ここでは
 『以前から能力に目覚めていたが自覚がなかったスタンド使い』だとか
 そもそも『生まれついてのスタンド使い』などは設定不可能?


※ ミッションを行う際に、今後このような設定を導入で使うかもしれないため。

103 『音仙』 :2019/02/16(土) 22:49:37
>>102

>・『心音サイフォン』では『音仙』との出会いによって己に眠る『スタンド』の能力を自覚する、
> という供与形式が採られているものと理解しています。

ここでは
『以前から能力に目覚めていたが自覚がなかったスタンド使い』だとか
そもそも『生まれついてのスタンド使い』などは設定不可能?

104 『音仙』 :2019/02/16(土) 23:01:21
>>102(空織PL)

>・『心音サイフォン』では『音仙』との出会いによって己に眠る『スタンド』の能力を自覚する、
> という供与形式が採られているものと理解しています。

明言はしませんが、その理解で問題ありません。

>ここでは
>『以前から能力に目覚めていたが自覚がなかったスタンド使い』だとか
>そもそも『生まれついてのスタンド使い』などは設定不可能?

現状では志願時に『明示・示唆する』ことで設定可能です。
例としては『ウィッシュフル・シンフル』(>>97)などがあります。

後からそうだったことにするのが可能か、という意味では『不可能』とします。
これは『志願文』や『供与文』と設定との間に著しい『矛盾』が生じる可能性があり、
過去に遡って全スタンドに生じるそうした『可能性』に対応するのが困難なためです。

ただ、生まれつきのスタンド使いをはっきり作れるシステムは必要に感じたため、
『心音サイフォン』で利用出来る『新しい志願システム』として考えさせて頂きます。

105 空織PL :2019/02/16(土) 23:13:06
>>104

回答と迅速な対応に感謝します。
今後のご活動のますますの発展を
ささやかながら応援しております。

106 矢貫 湊『ノーバディ・アンダースタンド』 :2019/02/17(日) 10:36:52
 
能力発動時のイメージと能力範囲について、
以下何点か御教示頂けますと幸いです。
 
 
1.凹凸のある『地面』を対象に『敷き物』を発現した場合、
 『敷き物』は凹凸に沿う形で発現されると考えて宜しいでしょうか。
 
2.『空間』に『敷き物』を発現する場合、地面と『平行』にのみ発現できるのか、
 それともある程度『斜め』での発現も可能でしょうか。
 
3.『地面』を対象に『敷き物』を発現した際の『潜り込み』について、
 『破壊力C』で持ち上げられる障害物については、
 『敷き物』の『厚さ』分、『持ち上げられる』という理解で宜しいでしょうか。
 
4.『空間』に『敷き物』を発現した時の挙動ですが、
 【『敷き物』自体は一瞬で発現される】
 【発現の際、障害物を『パスCC』で押しのける】
 【『パスCC』で押しのけられない障害物が存在する場合、そもそも発現できない】
 という理解で宜しいでしょうか。
 
5.『敷き物』の『強度』や材質等による『性質』は、
 実在のそれと同様と考えて宜しいでしょうか。
 
6.『敷き物』は、『スタンド物質』と考えて宜しいでしょうか。
 その場合、実体、非実体、どちらになりますでしょうか。
 
7.『敷き物』のイメージの確認の為、以下の発現可不可をお教え頂けますでしょうか。
 
 ・スノコ
 ・人工芝
 ・ステンレスラインマット
 ・点字マット
 ・フローリング板
 
 
以上です。
お手数おかけ致しますが、ご返答頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

107 『音仙』 :2019/02/17(日) 11:38:31
>>106(矢貫 湊『ノーバディ・アンダースタンド』)

>1.凹凸のある『地面』を対象に『敷き物』を発現した場合、
> 『敷き物』は凹凸に沿う形で発現されると考えて宜しいでしょうか。

その考えで『正しい』。
 
>2.『空間』に『敷き物』を発現する場合、地面と『平行』にのみ発現できるのか、
> それともある程度『斜め』での発現も可能でしょうか。

原則、『地面と平行』にのみ。
意図的に角度を付けるという事は出来ない。
 
>3.『地面』を対象に『敷き物』を発現した際の『潜り込み』について、
> 『破壊力C』で持ち上げられる障害物については、
> 『敷き物』の『厚さ』分、『持ち上げられる』という理解で宜しいでしょうか。

その理解で『正しい』。
天井に阻まれるなどの理由でも、『持ち上がらない』なら発現出来ない。
 
>4.『空間』に『敷き物』を発現した時の挙動ですが、
> 【『敷き物』自体は一瞬で発現される】
> 【発現の際、障害物を『パスCC』で押しのける】
> 【『パスCC』で押しのけられない障害物が存在する場合、そもそも発現できない】
> という理解で宜しいでしょうか。

その理解で『正しい』。
 
>5.『敷き物』の『強度』や材質等による『性質』は、
> 実在のそれと同様と考えて宜しいでしょうか。

その考えで『正しい』。
 
>6.『敷き物』は、『スタンド物質』と考えて宜しいでしょうか。
> その場合、実体、非実体、どちらになりますでしょうか。

『実体化したスタンド物質』。
 
>7.『敷き物』のイメージの確認の為、以下の発現可不可をお教え頂けますでしょうか。
 
 ・スノコ
 ・人工芝
 ・ステンレスラインマット
 ・点字マット
 ・フローリング板

↑上記は『フローリング板』以外可能。

『床に敷く物である』
『人間が上を歩くものである』
に加え、
『設置に工事などの作業を要さない』
『床材そのものではない』
のも条件と言える(例外もありえる)

108 『音仙』 :2019/02/17(日) 11:46:10
表が赤、裏が緑の敷き物を発現できる。
赤面は衝撃や加重に強いが緑面は度を越して弱く、
それどころかそれらを倍増させて反対側に通してしまう。
このスタンドが敷き物に触れれば、いつでも表裏を逆転させる事が可能。

『ノーバディ・アンダースタンド』
破壊力:C スピード:C 射程距離:C(8m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージと視聴覚のリンクを有する。
2.空間または床・地面を手で払う動作で、敷き物を『瞬時』に発現できる。
  壁や天井には発現出来ないし、『敷いた状態』以外での発現も出来ない。
  空間に敷くとしても、地面に平行な形でのみ発現できる。
3.破壊力Cで持ち上がらない物が置かれた場所には、発現出来ない。
  破壊力Cで持ち上がる物の場合は、敷き物はそれの下に潜るように敷かれる。
★これにより、障害物は敷き物の厚さ分持ち上がる。その分のスペースが無い場合も発現出来ない。
★地面に多少凹凸がある程度なら、それに沿う形で発現出来る。
4.空間に敷く場合、『パスCC』で障害物を押しのけながら瞬時に発現。
  この破壊力で押しのけられない物がある場合、そこには発現できない。
5.手で払った箇所を、敷き物のどの部分にするかは任意。ただし位置次第では自分も押しのけられる。
6.破壊力Cでは持ち上げられない重さ、サイズの敷き物は発現出来ない。また、サイズは現実に存在する範囲。
7.同時に設置できる敷き物は『3枚』まで。射程は『スタンドから30m』。
★敷き物は実体化したスタンド物質。性質は実在する敷き物に等しい。
8.ござ、ホットカーペット、ランチョンマットなども発現出来る。
  定義は『床に敷いて、上に人が乗るためのものか』どうか。
★なおかつ『床材ではない』『設置に工事など作業を要さない』こと。
9.ホットカーペットの起動など、敷き物の機能は電源など無しで作動させられる。
  ただし遠隔起動などが出来るわけではなく、操作は直接行う必要がある。
10.敷き物の面積の半分以上が汚れる、破れるなどすると、解除される。切れ端などは即座に解除。
  なお、任意解除は視認していれば可能。
11.空間に敷いた場合も床に敷いた場合も、『高さを変える』ような動かし方は出来ない。
   横に滑らせる事が出来るが、高さだけは『パC』で固定されており、無理に動かそうとすると破れかねない。

【レッド】
1.敷き物の表面は赤、裏面は緑で、このデザインは変えられない。
2.敷き物にスタンドの手で触れると、いつでも表裏の色を入れ替えられる。
  カーペットが裏返しになるのではなく、色とその性質が裏表逆になる、というだけ。
3.赤い表面は衝撃や荷重に強く、反対側の床や空間にそれらを通さない。
4.具体的には『破壊力C』までの衝撃をほとんど『無い(破壊力E相当)』かのように遮断する。
5.これによってか、空間に敷いた赤い敷き物の上は何の問題もなく歩ける。沈んだりもしない。
6.破壊力Bについては、『破壊力C相当』にまでは弱められる。Aには効果無し。
7.仮に表面から敷き物が破れても、その一撃だけは弱められる。
8.加重は一律『半分』にまで軽減する。100kgの人間が乗っても『50kg』分しか伝わらない。

【グリーン】
1.逆に緑の裏面は、極めて衝撃や荷重に弱く、反対側に倍増して伝える。
2.裏面から破壊力D以上で攻撃される、または『約10kg』以上の加重がなされると、一発で穴が空く。
3.そして裏面から表面へ突き破る攻撃の破壊力をワンランク上に引き上げる。重さの場合単純に『倍』になる。
4.破壊力Eは攻撃とみなされず、穴も開かないし倍増もしない。
  ただし仮に破壊力Eで穴を開ける方法があるなら、その時は『D』に上昇する。
5.倍増は持続せず、裏面を突き破った攻撃や動作が収束すれば、即座に元に戻る。
  重さの場合、突き破った物が接地するなど、何らかの理由で勢いを失うまで続く。

109 矢貫 湊『ノーバディ・アンダースタンド』 :2019/02/17(日) 12:00:49
>>107
早速の御回答、有難う御座いました。

110 一抹 貞世 『インダルジェンス』 :2019/03/02(土) 08:19:02
「お久しぶりですね。お元気でしたか?」

「わたしは素敵な方との出会いがありました。血生臭い親善試合とか」

「たぶん、スタンド使いとしては初歩の初歩だと思いますが…」


宗像征爾さんとの出会い
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453647744/268-284

妖甘&道具屋との親善試合で宗像さんとタッグを組む。
捨て身の一撃で妖甘から『鍵』を奪取。
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1505148798/70-188

宗像征爾さんと再開
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453647744/458-469


「『成長』とやらには程遠い筈ですが確認だけでもよろしくお願いします」

「ついでに質問の方もよろしいでしょうか?」


・『悪感情』の沈静化は自分自身に使えますか?

・対象に指先で軽く触れる程度でも『悪感情』の沈静化は発動しますか?

・特に指定せず『悪感情』を全て『沈静化』した場合はどうなりますか?

・犬猫などの生き物に『悪感情』の沈静化は通用しますか?

・破壊された『慈悲の刃』の復活は何時間で出来ますか?

・破壊された『慈悲の刃』は即座に消滅しますか?

111 『音仙』 :2019/03/02(土) 09:10:45
>>110(一抹 貞世 『インダルジェンス』)

「エエ、元気ですよ……ここは花粉もありませんから。
 キミも元気そうで何よりです。スタンド使いとしても、
 実戦を経験しているという時点で『初歩』は抜けています。
 力を持っていても、それを振るう機会のない人は多いので。
 勿論……無いなら無いに越したことはないんでしょうけど、
 『成長』……より上の『力』を目指すなら、キミの行動には意味がある」

              キィィィーーーーーーーーーーーン ・・・   

「『インダルジェンス』も、比較的『成長性』はある方ですので。
 もう少し修羅場を潜れば、『微成長』するかもしれませんね。
 エエ、例えば……『刃をより長く伸ばせるようになる』などは、
 かなり『ありそう』な話ではないでしょうか……あくまで、予想ですけど」  

「ああ……話が、長くなってしまいましたね。質問に答えますよ」

>・『悪感情』の沈静化は自分自身に使えますか?
>・犬猫などの生き物に『悪感情』の沈静化は通用しますか?

対象は『生物』。感情を持つなら、本体や人間以外も『含まれる』。

>・対象に指先で軽く触れる程度でも『悪感情』の沈静化は発動しますか?

手で触れているので、『発動する』。

>・特に指定せず『悪感情』を全て『沈静化』した場合はどうなりますか?

能力詳細通り、判定側が考える『悪感情』が、全て『鎮静化』される。

(★明記が無い、判定者が指定を理解出来ない場合、『悪感情全般』を対象とする。
  あらゆる悪感情に効果があるが、本体の意図しない悪感情も緩和されかねない)

>・破壊された『慈悲の刃』の復活は何時間で出来ますか?

完全に折れたなら、対応する前腕の骨が治るまでは復活できない。
多少の欠け、ヒビなどは『12時間』経過すれば治る。

>・破壊された『慈悲の刃』は即座に消滅しますか?

小さな破片などは消えるが、完全に折れた刃は残留する。
スタンドを解除するタイミングで、消滅する。

112 『音仙』 :2019/03/02(土) 09:13:32
手で触れた者の悪感情を、触れている限り『鎮静』する。
また手の甲から『刃』を伸ばし、『苦痛を伴わない』斬撃が可能。

『インダルジェンス』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(1m)
持続力:B 精密動作性:A 成長性:B

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.手で触れた本体含む『生物』の『悪感情を落ち着かせる』ヴィジョン特性を有する。
3.焦り、不安、緊張、苛立ちといった『悪感情』に類するものを軽減する。
  どこからどこまでが『悪感情』かは、一般的な常識の範疇。
(★判定側が『悪感情』だと判定できるものに限られる)
4.軽減の度合いは相手の精神・性格次第でもあるが、好転は確定。
  多くの場合『指定した悪感情』は、振れている限りは和らげられる。
5.触り続ければ効果は持続し、手を離せば潮が引くように解除される。
6.明確に差し迫った危険への、正常な危機感を損なわせるほどの効果はない。
7.恐怖心や緊張、不安から危険への対処が遅れるのを防ぐことは出来る。
8.表層的な感情を和らげるだけで、根本から消すわけではない。
  →原因が残っているなら手を離せば再発し得る。
9.好感情を植え付けるわけでもない。
  不信感は緩和出来るが、無条件の信用はさせられない。
10.どういった悪感情を緩和するのかは、ある程度指定できる。
  判定者がいる場合、『悪感情』の種類を明記する事を推奨する。
(★明記が無い、判定者が指定を理解出来ない場合、『悪感情全般』を対象とする。
  あらゆる悪感情に効果があるが、本体の意図しない悪感情も緩和されかねない)
11.なお、鎮静効果に依存性などは無い。非常にクリーン。

【慈悲の刃】
1.このスタンドは、両手の甲から刃を伸ばす事ができる。
  伸び方は真っ直ぐ伸ばした腕と平行する形。片腕のみの展開も可能。
2.刃の長さは『15cm』まで伸縮可能。幅は手首程度。厚さは包丁並み。
  硬さは鋼鉄並み。切れ味は『パB』相当。両刃。伸ばしても重みなどは無い。
3.刃の伸縮は『パスBC』で行われる。伸ばしながら刺す・切る事も可能。
4.刃のダメージフィードバックは、完全に折れた場合のみ前腕の骨に来る。
  ★前腕の骨が治るまでは、刃も折れた状態になっている。
  ★やや欠けた、ひびが入った程度なら、『12時間』もすれば元に戻る。
  ★完全に折れた場合のみ、その折れた刃はスタンドを解除するまで消滅しない。
5.この刃による攻撃は、対象の苦痛や、斬られた(刺された)感覚を伴わない。
6.機械などでも、切り付けた傷に対する『感知』機能が働かない。
7.出血や、肉体の損傷はする。あくまでも感覚がないだけ。
  また視認や切り付ける音など触覚・痛覚以外の感覚では感知できる。
8.刃の展開中も上記のヴィジョン特性は持続するが、刃部分に『沈静効果』はない。
9.切り傷が完治するまで苦痛はない。
  ただし傷口の痛覚が消えているわけではない。
  切り付けた傷に苦痛がないだけで、その部位を殴られるなどすれば痛い。
10.すでに苦痛を感じている部位(負傷部位など)を切り離す事で、
   痛みの原因を身体から取り除く『切除手術』のような事が可能。
   苦痛を感じない性質はメスにも適するが、当然出血や部位喪失は相応に危険。

113 一抹 貞世 『インダルジェンス』 :2019/03/02(土) 11:22:15
>>111
「宗像さんが居たから勝てたような試合でした。
 スタンド使いとの戦いも悪くないものですね。
 相討ちと情けない結果でしたが…」

「誰かに必要とされる『価値』が手に入るまで。
 私は頑張ろうと思います。捨てられないように」

回答に感謝です。ありがとうございました。

114 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2019/03/03(日) 07:28:57

「お〜〜〜い!!しおんちゃ〜〜〜ん!!
 よばれてないけど、ヒマだからきたよ〜〜〜!!
 そういやチョットまえに、ヨコチョーで『ドクターみたいなスタンド』みかけた。
 ひろいよのなか、にてるヒトっているもんだね〜〜〜ヒトじゃねーけど。
 あ、コレおみやげ」

      ポンッ

「『チョコドーナツ』と『カップケーキ』と『シナモンロール』!!
 このまえイズミンの『オススメのざっかや』でかったヤツ。
 しかし、このみるからにウマそうなオカシをナゼ『ざっかや』でかったのか??
 そこがポイント!!フッフゥ〜〜〜、しおんちゃんナンデかわかる??」

「じつは、コレは『セッケン』なのだ!!
 ヤギのミルクやココナッツオイルをつかった『しっとりうるおいセッケン』!!
 プチギフトにもサイテキらしいから、しおんちゃんにあげる。
 だまってだしたらゼッタイわかんないぜ、コレ。
 わたしがハラへってたら、かじってたな!!」

「――――で、さいきんどう??なんかオモシロいコトとかあった??
 わたしは、まぁソレナリだけど。ハナシきく??アレとかコレとか」

シアイした
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1454252126/561-652

シロウサギをおっかけた
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1505148798/32-68

サイバーなアトラクションをタイケンした
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1511075107/2-107

コモリしたりした
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1454252126/768-981
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1534589466/2-332

「いったアトでナンなんだけどさ、ベツに『キタイ』とかしてないからきにしないでいーよ。
 『ヒマだったからアソビにきた』ってのもカッコつかないからしゃべっただけだから。
 マエしおんちゃんにきいたカンジだと、『のびやすいタイプ』じゃないっぽいし。
 そういえばハナシかわるんだけどさぁ、
 ちかいうちにまた『あたらしいウサギ』がみつかりそうなんだよね〜〜〜。
 わかんないけど、なんかありそうなヨカンがビュンビュンしてるっていうか」
 
「いわゆる『アリスのカン』ってヤツ。
 きょうきたのは、『フシギのセカイ』にたびたつマエのゴアイサツついでってコトで。
 ――――そんじゃ、また!!」

115 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2019/03/03(日) 16:36:20
>>114

「あ!!こんなんもあったっけ??
 いや、コレはいわなくてイイか。ま、そんなカンジで!!
 カザミンとメルにもヨロシクいっといてよ」
 
              「――――そんじゃね!!」

しおんちゃんたちとパーティーした
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1511075107/748-756

116 『音仙』 :2019/03/03(日) 20:55:26
>>114-115(夢見ヶ崎)

「はい、どうも…………『ドクター・ブラインド』に似たスタンドですか。
 心当たりは……無いでも、ないですね。言いませんけど。
 トラブルなどにはならなかったようで、何よりです。
 イエ、他意はありませんけれど……スタンド使い同士ですからね」

                 コトッ…

「さあ、お茶を入れましょう……と。
 『イズミン』は前にも聞いた気がします。
 キミの友人でしたね、覚えてますよ」

「それで、ああ、これは……『アロマキャ』んん……
 ……ええ、『石鹸』ですか、ええ、そうですね。
 お茶菓子は、こちらで用意しましょう。本物のドーナツでも」

「ああ、こちらから特別面白い話はないので……聴きますね」

           キ

                ィィ ・・・

「……改めて、キミの『音』は良いですね。
 多くのスタンド使いと、そうではない人間と交わり、
 この町に奏でられる音を……豊かにしてくれている。
 戦い、冒険、日常。『アリーナ』にも、深く関わっていますね?
 あれは付き合い方次第では……キミにより多くの冒険をくれるでしょう。
 ただ……あまり深入りすると、楽しくない面も見えてきます、けど。
 それもまた、キミにとっては魅力ある『不思議』なのかもしれませんね」

「それで――――――ええ、『成長』はありません。
 経験値では、キミに並ぶスタンド使いは……その、
 少なくともここで目覚めた中では多くないのですけど。
 キミの言う通り、スタンド自体が『伸びやすい』方ではないので」

「ですが…………そうですね、その『不思議の世界』での活躍次第では、
 兆しは見え始めるかもしれませんし……ええ、場合によっては、
 ということもありえるでしょう。もちろんキミなら、そんなものなくても、
 不思議を存分に楽しんでくるでしょうけど……知っておく意味はあるでしょ?」

           「もちろん、あの二人にも伝えておきますよ。
            それじゃあ……キミのカンが本当なら、どうかご無事で」

117 小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』 :2019/03/11(月) 23:50:52
いつもお世話になっております。ミッションに現在参加しており
一つだけご質問して頂きたい事がありますので宜しくお願いします。

・『水槽』に出来る液体の定義ですが。これはジャムやスライムなどの
粘液状のものも含まれますでしょうか?

118 『音仙』 :2019/03/12(火) 16:17:57
>>117(小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』)

>・詳細を逸脱、無視しない範囲ならば、細部の認識は『PLの解釈』に任せます。
>・解釈は自由ですが、認識が食い違った場合は『判定者』のそれが優先されます。
> つまりセルフバトルなら『相手PL』解釈が、GMがいるなら『GM』解釈が優先です。
>・『質疑』は、主にこの認識の食い違いを正す(再発を防ぐ)事を目的とします。

ミッション中は、GMの暫定解釈に任せていただいて問題ございません。
ただ、今質問いただいたものを後から再度質疑に来ていただくのは手間かと思いますので、今回はこの場でも回答させていただきます。

>・『水槽』に出来る液体の定義ですが。これはジャムやスライムなどの
>粘液状のものも含まれますでしょうか?

金魚が中を泳ぐのに支障が出るレベルの粘性が想像できるため、含まれない。
多少とろみや粘りがあっても『ポタージュスープ』程度なら問題ないが、
明らかに金魚の動きを阻害するレベルであれば液体とはみなされなくなる。

119 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/03/28(木) 01:05:44
こんばんは、今回は質問だけで失礼します。

・『爪』や『牙』などの刃物は、ひとまとめに『殺傷力』を奪えますか?それとも一本単位ですか?
・『殺傷力』を奪った『刃物』が傷付いたり解除されたりした場合、蓄えた『殺傷力』もなくなりますか?
・奪った『殺傷力』の内容を把握する点に関して、それが『スタンド』だった場合、『能力』も把握できますか?

120 『音仙』 :2019/03/28(木) 12:29:45
>>119(鉄 夕立『シヴァルリー』)

>・『爪』や『牙』などの刃物は、ひとまとめに『殺傷力』を奪えますか?それとも一本単位ですか?
爪や牙の形状次第。ケースバイケース。
『それ一本で刃の役割を果たすのか?』が基本的な基準。
例えばはっきり五指が分かれた人間の爪の場合、一本単位になる。
反面牙の場合『1本の牙だけで切り付ける』ような事は困難なため、
ひとまとめで奪える可能性が高い。極めて長い牙が1本だけある場合などは一本単位。

>・『殺傷力』を奪った『刃物』が傷付いたり解除されたりした場合、蓄えた『殺傷力』もなくなりますか?
『殺傷力』は帰る場所である刃を失ったとしても、無くなる事はない。
ただし解除した際に『戻っていく』過程が無くなり、その場で消滅するようになる。

>・奪った『殺傷力』の内容を把握する点に関して、それが『スタンド』だった場合、『能力』も把握できますか?
刃そのものにスタンド能力がある場合は、その能力の概要を把握出来る。
刃に何かしらの能力が付与されている場合は、付与されている分の効果だけ把握出来る。

121 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/03/28(木) 21:21:42
>>120
理解しました。回答に感謝します。

122 生駒駿介『スヌーピィ・トラック』 :2019/04/13(土) 20:54:15

自身の傍らに姿を現したヴィジョンを見て、男は驚いた表情を浮かべた。
それが落ち着くと、口元に薄い笑みを浮かべる。
何かしらの合点がいったような笑いだった。

「なるほど――『噂』は本当だったってワケだ。
 実を言うと、俺は貴方の事を聞いて来たんですよ。
 ウチの店で、たまたま『客同士の会話』を小耳に挟んだもんで」
 
「『カフェ』とか『バー』ってのは話し合いの場所として使われる事も多い。
 そこで働いてると、『ちょっとしたネタ』が自然と耳に入ってくるって寸法でね。 
 いや、お陰さまで納得できました」

「しかし、これは『記事』にはなりそうもないですね。
 『一般人』には信じてもらえないし、『持ってる人間』にとっては周知の事実だ。
 伝える意味がない」

「しかし――『収穫』はありましたよ。
 『ガセネタ』じゃなかった事が証明されたワケですしね。
 何より、『使える相棒』が手に入った」

「――『感謝』しますよ。
 本当に心からね。
 この力、大いに役立てさせてもらいます」

足元に控える『相棒』を自らの意思で消し、操作できる事を確かめる。
やがて椅子から立ち上がり、出口に向かって歩き出した。
その途中で足を止め、『音泉』に向き直る。

「そうそう、帰る前に一つだけ。
 些細な事なんですけど、どうにも気になるもんで。
 俺の『相棒』は、『オオカミ』だと思って良いんですかね?」
 
「俺自身が『群』から離れた『一匹狼』だってのもあるし。
 どうも動物の知識についちゃあ、まだまだ素人なもんで。
 『犬』なのか『狼』なのか、そこの所をハッキリさせときたいと思いまして」

「いや、もし『人に説明する時に何て言うか』って事でしてね。
 『犬』と『狼』じゃあ、似てるようでだいぶ違うでしょ?
 コイツの外見は――まぁ、俺の見立てでは『オオカミ』かなと、そう思うワケで」

※『犬型』というのは便宜上の呼び方であり、
  ヴィジョンはあくまで『オオカミ』であると解釈して宜しいでしょうか?

123 『音仙』 :2019/04/13(土) 21:58:02
>>122(生駒駿介『スヌーピィ・トラック』)

「人の口には戸が立てられませんからね。
 エエ……記事にしてもかまいませんけど、
 キミの『見立て』通り、あまり意味はないでしょうね」

「礼には……及ばないこともないですが、
 恩や貸しだとは思ってもらわなくっていいですよ」

「私から……何かキミに『ネタ』を提供することがあっても、
 それを追わなければならない……そんなことはありませんし、
 私の『仲間』という認識もいりません。敵対は、しないことを祈ってますけど」

           「……ああっ」     

「見ての通り……『オオカミ』で間違いありませんよ。
 そう、『犬型』という編集は、語弊があったかもしれませんね」

           キィィーーーー ン ・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

唾液と肉球の汗、二種の『マーキング』を追跡する。
二種の液が混合・接触すると、追跡の域を超えた『悪臭』が生じる。

『スヌーピィ・トラック』
破壊力:C スピード:C(B)射程距離:B(50m)
持続力:B 精密動作性:C   成長性:D

【基本情報】
1.オオカミ型のスタンド。鋭い牙と爪を持つ。ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
2.嗅覚に優れている。まじりあう匂いから特定の匂いを『かぎ分け』たり出来る。
  本物の犬と同じで、遠くの匂いを嗅げる、というわけではない(3〜4m範囲程度)
3.口からは唾液、四肢の肉球からは汗を分泌することができる。
  これらはスタンド物質で、このスタンドのみ感知できる匂いを有する。
  唾液はほぼ水に近い液状で、勢いは『パスEC』。汗は僅かに粘性があり肉球で触れた場所に付着。
4.これら分泌液の射程は本体から『3km』。持続時間は『12時間』ほど。任意解除自由。
5.取り込んだ場合、歩いた道、途中で触れたものなど、すべてに匂いの痕跡が残る。
  付着しているだけの場合は、通った経路がなんとなくわかる程度に残り香がある。
6.この『移った匂い』に関しては、移ってから『1時間』せずに解除される。
7.このスタンドは『分泌液の匂い』に限り、どれほど離れていても嗅ぎつけ、
  スピード『B』で匂いのもとに向かって『自動追跡』を行える。
  自動追跡は『操作が不要』なだけで操作不能になるわけではなく、
  あえてスピードを緩める事や、追跡の中断と再開などは自由自在。
8.追跡の際は『分泌液そのものの匂い』を最短距離で追うが、
  道などに『移った匂い』を逐一辿るようにして追うこともできる。
9.同時に複数の対象をマーキングすることもできるが、
  匂いは『唾液』と『汗』で二種のため、それ以上の対象をマーキングするのは困難。

【混合液】
1.唾液と汗を『混ぜる』と、その部分からすさまじい『悪臭』が発生する。
2.この悪臭を放つ混合液はスタンド物質ではなくなり、一般人でも感知することができる。
3.臭いの傾向としては『腐肉』のそれを非常に強くしたようなもの。
4.唾液と汗自体の接触でも起きるが、それぞれを『取り込んだ』者同士の接触でも起きる。
5.また、唾液を取り込んだものにこのスタンドが肉球で触れることでも、
  その逆に汗を取り込んだものに牙や舌で触れることでも発生させられる。
6.この悪臭は『10分』ほど持続し、水などで液を流せばもう少し早く落ちる。

124 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/04/26(金) 23:22:03
こんばんは、念のために確認をさせて下さい。

・『奪う刃』『戻す刃』の『生物のみ干渉』は、『スタンド』に対してはどう働きますか?

125 『音仙』 :2019/04/26(金) 23:42:48
>>124(回答)
生物へのダメージフィードバック、またはフィードバックが無い代わりに独立した意志などを有する『スタンド』は『生物』と見なす。

126 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/04/26(金) 23:47:09
>>125
回答頂きありがとうございます。

127 塞川唯『クリスタライズド・ディスペア』 :2019/05/06(月) 21:58:03
『クリスタライズド・ディスペア』に関して質問です。

>ガラス細工の『鳥』のようなヴィジョンのスタンド。
とあり、体を擦ると『ガラスの羽毛』がつく当スタンドですが、
そもそものヴィジョンとして、質感が『ガラス』であるというヴィジョン特性を持つのでしょうか?
つまり、攻撃によって割れたり欠けたり、触れた質感がガラス的である……等。

それとも、見た目のみ『ガラス細工』状であり、特攻によって核が割れるだけで、
質感自体は通常のスタンドと同じ(ヴィジョン特性なし)でしょうか?

よろしくお願いします。

128 『音仙』 :2019/05/06(月) 23:36:08
>>127(塞川唯『クリスタライズド・ディスペア』)

能力詳細より――――

>1.ソフトボール大の『ガラス細工の鳥』のヴィジョン。
>3.強度は『ガラス』程度。破壊された場合、一日経てば再び最大まで回復させられる。

このスタンドは『ガラス細工の鳥』である。
強度がガラス的であり、見た目もガラス的。
よって実質的に前者の認識で正しい。
ただし特に実体化などはしていない。

129 塞川唯『クリスタライズド・ディスペア』 :2019/05/06(月) 23:52:25
>>128
回答ありがとうございました。

130 彩木ミサオ『レインボウ』 :2019/05/11(土) 19:54:57
「はッ」

………気づくと手に、一本のスプレー缶を握っていた。
ストリートの芸術家たちが使う「壁画用のエアゾールペイント」のスプレー。
色は今、自分の中で燃えている創作への熱を写したかのようなシグナルレッド。

スプレーを手に取った瞬間、自分の中で歯車がかみ合ったように感じた。
『レインボウ』のヴィジョンが、ミサオと重なる――――

「これが、自分(ボク)にとって最もなじむ絵筆の形……!」

            『 シュ ゴォ――z_ッ 』

――ピンク・ブラウン・ゴールド・ミラー調・迷彩ディープオリーブ・血のり・ベンタブラック。
自分がそう欲すれば、思い通りの『色』が手の中に現れる!
酸素・アロマ・ホイップクリーム!…………出るんだ!?

「ンアアァガ――((シュワワアァ))――甘ァーい!イチゴフレーバーだ」
「そうか……平面の画布の広さだけの問題じゃない。『色』はもっとある!
 壁の凹凸・景観・空気の匂い・日差し・騒音・時間による劣化……。
 瞬間を切り取るだけが絵じゃない……周囲の『生きた色』と合わさって初めて完成!」

「もちろんッ。描く場所はちゃんと選ぶよ……汚して回るのが好きなわけじゃない」

「でもそっちのテーブル、イエローのストライプを足すとカワイイと思うんだな。どうだろう?」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
供与ありがとうございます。能力の詳細について質問です。

・ストローノズルみたいなアタッチメントがセット販売されているスプレーは、
 「アタッチメントを装着した状態」で発現することも可能?

・スプレーが解除される「壊れた」の基準はどの程度?
 ノズル故障などで噴出不可能になるレベルなのか、あるいは穴が開いて漏出したらアウト?

>7.スプレーは内容物を含めて『実体化スタンド物質』。視界内なら任意解除可能。
・噴出した内容物は個別解除可能?
 例えば「一缶のスプレーから描いた複数の絵を任意のものだけ解除」するとか。

131 『音仙』 :2019/05/11(土) 23:41:00
>>130(彩木ミサオ『レインボウ』)

「家具はその、私もこだわりで選んでるので…………その。
 このままでいいです。こういう色合いが好きなので…………ええ」
 
            シルシルシルシル・・・

「『暖色』は……『心』が落ち着きますから。私も、キミたち、ここを訪れる者も」

そして気づくと――――自分の耳のそばから、縮んでいく『蔓』が見えた。
イヤホンのコードのような、『スピーカーの花』を咲かせたその蔓は、
『音仙』の背後に聳える『音響機器』で無理やり組み上げた『大樹』から伸びている。

「ああ・・・キミには私の『ウィスパーズ』さえ、キャンパスになるのでしょうね」

「あ、いえ、その。決して塗ってほしいって意味ではないので……
 描く場所は選ぶ。キミのアーティストとしての『哲学』……信じてます」

        ――――『画材』だけではない。違う『レイヤー』で世界が見える。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
>・ストローノズルみたいなアタッチメントがセット販売されているスプレーは、
> 「アタッチメントを装着した状態」で発現することも可能?

『そういう形で市販されているスプレー』なら可能。

>・スプレーが解除される「壊れた」の基準はどの程度?
> ノズル故障などで噴出不可能になるレベルなのか、あるいは穴が開いて漏出したらアウト?

前者。スプレーの種類次第でもあるが、基本的には微細な穴ならなら問題ない。
穴が開いたことで正常に内容物を噴出できないようになっているなら、アウト。

>7.スプレーは内容物を含めて『実体化スタンド物質』。視界内なら任意解除可能。
>・噴出した内容物は個別解除可能?
> 例えば「一缶のスプレーから描いた複数の絵を任意のものだけ解除」するとか。

これについては、『精密A』の範囲で個別解除可能。
視界内に入っているスプレーの内容物の解除に特に制限などはない。
ただし、精密Aでも認識できない粒子一粒レベルでの解除などは流石に不可能。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

132 彩木ミサオ『レインボウ』 :2019/05/12(日) 00:32:59
>>131
(塗らないの?という顔をしてマゼンダカラーのスプレーを下ろす)

「場所を選ぶってのは、別に尻込みでも自分への縛りではないよ。
 描きたい場所、描くべき場所への『こだわり』の話さ」

「……時には誰かのキャンパスにはみ出しちまうかもしれないし、
 描く気が起きなくても手癖で筆を走らせることはよくあるから、絶対ではないけどね。
 もう食事や入浴と同じ、生活の一部だから……たまに省くことはあっても切り離されることはない」

「絶対の『哲学』ではないけど、そうだね……それを見つけるのを当座の目標にしてみるのもいいかな?」

「気が変わって模様替えしたくなったら呼んでね?ありがとう、また来るよ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
回答ありがとうございました。

133 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2019/05/19(日) 08:35:17

「みなさん、こんにちは!!『アリス・イン・なやみソーダンしつ』のおじかんです。
 きょうも、しちょうしゃのかたから、シツモンのおハガキをいただいております!!」

「え〜〜〜、こんかいは『ほしみちょう』の『ゆめみがさきサン』からですね。
 いつものように、まずはシツモンのないようをごらんください!!」

『ドクター・ブラインド』の『移植』は、切り傷一つにつき一つの感覚を『移植』できる?
一回の攻撃で、同時に複数の感覚を『移植』することは可能?
たとえば五指の『爪』で切る事で、一度の攻撃で五つの切り傷を同時に付け、
五つの感覚を一度に『移植』することは出来る?

「――――というシツモンですね!!
 では、『スピリチュアルアドバイザー』の『しおんセンセー』にこたえていただきましょう。
 センセー、どうぞ!!」

134 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2019/05/20(月) 00:04:13

「――――よし!!『リハーサル』は、こんなモンでイイな!!
 スタジオのジュンビできた??では、『ホンバン』はいりま〜〜〜す。
 3、2、1……みなさん、こんにちは!!『アリス・イン・なやみソーダンしつ』の――――」

135 『音仙』 :2019/05/20(月) 01:00:06
>>133(夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』)

「……ええと、ハイ。『スピリチュアルアドバイザー』……の『藤原しおん』です」

              「……これは、ですね」

       キィィン

「ええ、お答えいたします」

>『ドクター・ブラインド』の『移植』は、切り傷一つにつき一つの感覚を『移植』できる?
>一回の攻撃で、同時に複数の感覚を『移植』することは可能?
>たとえば五指の『爪』で切る事で、一度の攻撃で五つの切り傷を同時に付け、
>五つの感覚を一度に『移植』することは出来る?

「『対象を爪で傷つけたとき』が、『移植手術』の発動条件。
 『切り傷一つごとに一つ』ではなく、『切り傷を付けたときに一つ』。
 それゆえに……エエ、『一度の一撃で五の爪痕をつけた』としても、移植は一つですね」

「――――それでは、『スピリチュアルアドバイザー』の『藤原しおん』がお送りいたしました」

136 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/05/23(木) 01:15:11
こんばんは。今回も質問をさせて頂きます。

・『戻す刃』は『実体化したスタンド物質』とのことですが、
 『シヴァルリー』も『自傷』ではなければ通常通りに干渉できますか?

137 『音仙』 :2019/05/23(木) 01:30:18
>>136(鉄 夕立『シヴァルリー』)

>・『戻す刃』は『実体化したスタンド物質』とのことですが、
> 『シヴァルリー』も『自傷』ではなければ通常通りに干渉できますか?

『戻す』場合の殺傷力の刃は『元の刃』に触れたときのみ『吸収』される。
よって、『シヴァルリー』での接触については通常通りに干渉『できる』。

138 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2019/05/23(木) 07:30:51
>>137
回答に感謝します。

139 八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』 :2019/05/30(木) 00:15:04
「これが、あたしの中から出てきたもの……。
 なんだか、不思議な気持ちです。『才能』というものが、あたしにもあるって認められたのが、初めてで……。
 これは……そう、照れ臭い、面映ゆい……あぁ、もっと単純な気持ちです。
 あたし、『嬉しい』んですね…………」

意思の通りに動く、自分のものでない肉体……精神体とでも呼称した方がいいのでしょうか。
動脈と静脈を思わせる赤と青に覆われた、あたかも剥き出しの臓物じみた奇矯な風体。
ともすれば醜猥とさえ思える様相はしかし、それが確かにあたしの内より生じたものだと得心の得られるものだった。
だって、あたしの中身がきらきらした綺麗なものだなんて、考えられない。
だからこそ、あたしの中身が思い描いた通りの醜いものであったことが、少しだけ嬉しかったのだ。

「でも、すみません。あたし、なにぶん初めてなもので、なにも分からなくて……。
 もし、よろしければ、もう少しだけ聴いてくださいませんか……?」



質問をお願いします。

・『憑依』する対象にはこちらから能動的に触れる必要がありますか?
 受動的な接触……それこそ『殴られた』その瞬間に相手の拳に『憑依』することはできますか?
・『憑依』はどの程度迅速に行われますか?
 触れた瞬間に一瞬で潜り込むように『憑依』するのか、それとも徐々に染み込むように『憑依』して行くのでしょうか?
・遠くにある対象に『憑依』させた腕を任意解除して戻そうとした場合、その腕は対象から飛び出てスタンドへと飛んでくるように戻ってくるのですか?
 あるいは、解除した瞬間に腕から先が出現するようにして元通りになるのでしょうか。
・『憑依』および任意解除は、スタンドが拘束されている状態でも行うことができますか?
 例を挙げれば、こちらの腕をがっちりと掴まれている状態で、地面もしくは相手の手に『憑依』して拘束を逃れることはできますか?
 また、『憑依』した対象が同じくスタンドによってがっちりと握り込まれている状態でも、任意解除は通常通りに可能でしょうか?
・生物を『憑依』の対象にした場合、その位置や状態は把握出来ますか?
・『憑依』対象の状態の把握はどの程度まで詳細にできるのでしょうか?
 例えばピストルに『憑依』することで弾倉内の残弾数を把握したり、鍵のかかった金庫に『憑依』することで中に入っているものを把握出来たりはしますか?
・ピンポン玉程度の小さな対象にも、ヴィジョンの全身を『憑依』させることは出来ますか?
・触れた物体の一部だけに『憑依』する際、対象部位に触れている必要はありますか?
 例えば相手の右手に触れた状態で能力を発動し、左手のみに『憑依』することはできますか?
・『憑依』させる対象のサイズによって必要な部位の量が変わりますが、例えば物体の『表面のみ』を覆うように『憑依』することで、必要な部位を節約することはできますか?
 想定しているシチュエーションだと地面に『憑依』させた場合なのですが、この場合は全身を『憑依』させた場合、5平方メートルぶんの面積に『憑依』できるのでしょうか?
 あるいは、基準サイズが立方体のため、もっと広い範囲に渡って『憑依』させることが可能なのでしょうか。
・半分こになる『打撃』とは、一般的に文章化した際に打撃と描写されるもののみに限られて、
 刃物での切断を目的とした攻撃ですとか、銃撃ですとかを恣意的に『鋭利な金属板による打撃』や『銃弾による打擲』などと
 迂遠に表現することで『打撃扱い』にすることは不可能でしょうか?
・『憑依』対象が燃焼した場合、そのダメージは『打撃』ではないので引き受けられませんが、『憑依』対象の状態を把握する効果により、燃焼しているということ自体は把握できますか?
・『憑依』対象の50%以上の破損及び部位の動作不可能による強制解除が起きた場合は、1分間の再発現制限は課されますか?
・『打撃の把握』と『憑依対象の状態の把握』はどちらも同様に高い制度なのでしょうか?
・ワープロの打鍵ないようすら把握できるほどとなると、地面に『憑依』して『歩行による地面への打撃』に集中することで、
 足跡の主の体格や進行方向、足のサイズや靴底の形状により性別の特定なども可能でしょうか?

140 『音仙』 :2019/05/30(木) 00:42:19
>>139(八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』)

「キミのこころですからね――――
 キミが嬉しいと思うなら、それは間違いなく正しいですよ」

「それで、エエ……構いませんよ。
 結果は単純ですが、過程が比較的『ややこしい』才能です。
 それと……その、いくらか、『編集』を間違えた所もありましたので」

                  キィーーーーーーーーーン   

>・『憑依』する対象にはこちらから能動的に触れる必要がありますか?
> 受動的な接触……それこそ『殴られた』その瞬間に相手の拳に『憑依』することはできますか?

こちらから触れる、必要がありますね。

>・『憑依』はどの程度迅速に行われますか?
> 触れた瞬間に一瞬で潜り込むように『憑依』するのか、それとも徐々に染み込むように『憑依』して行くのでしょうか?

特に記載がないように……何か減少を伴うわけでもなく、『一瞬』です。

>・遠くにある対象に『憑依』させた腕を任意解除して戻そうとした場合、その腕は対象から飛び出てスタンドへと飛んでくるように戻ってくるのですか?
> あるいは、解除した瞬間に腕から先が出現するようにして元通りになるのでしょうか。

後者が正しいです、エエ……出現に勢いなどはないので、それを利用して『攻撃』は出来ませんから悪しからず。

>・『憑依』および任意解除は、スタンドが拘束されている状態でも行うことができますか?
> 例を挙げれば、こちらの腕をがっちりと掴まれている状態で、地面もしくは相手の手に『憑依』して拘束を逃れることはできますか?
> また、『憑依』した対象が同じくスタンドによってがっちりと握り込まれている状態でも、任意解除は通常通りに可能でしょうか?

どちらも、可能ですね。『スタンド自体の解除』は『拘束の法則』に従いますが、
このスタンドの『物体への憑依』は『そういう能力』で……拘束より優先されます。

>・生物を『憑依』の対象にした場合、その位置や状態は把握出来ますか?

これは、私の『誤編集』です……位置や状態を把握できるのは、無生物には限りませんね。

>・『憑依』対象の状態の把握はどの程度まで詳細にできるのでしょうか?
> 例えばピストルに『憑依』することで弾倉内の残弾数を把握したり、鍵のかかった金庫に『憑依』することで中に入っているものを把握出来たりはしますか?

対象自体の、『物理的』な状態だけが把握できます。接触しているものや、内臓データなどはわかりませんね。

141 『音仙』 :2019/05/30(木) 00:42:29
>・ピンポン玉程度の小さな対象にも、ヴィジョンの全身を『憑依』させることは出来ますか?

部位問わず、最小サイズはピンポン玉程度ですから……できますよ。

>・触れた物体の一部だけに『憑依』する際、対象部位に触れている必要はありますか?
> 例えば相手の右手に触れた状態で能力を発動し、左手のみに『憑依』することはできますか?

エエ、その必要があります……ので、そのたとえは『できません』ね。

>・『憑依』させる対象のサイズによって必要な部位の量が変わりますが、例えば物体の『表面のみ』を覆うように『憑依』することで、必要な部位を節約することはできますか?
> 想定しているシチュエーションだと地面に『憑依』させた場合なのですが、この場合は全身を『憑依』させた場合、5平方メートルぶんの面積に『憑依』できるのでしょうか?
> あるいは、基準サイズが立方体のため、もっと広い範囲に渡って『憑依』させることが可能なのでしょうか。

『5平方メートル分』ですね。どれだけ大きく範囲をとっても『基準サイズの立方体』までしか入らない、という事です。

>・半分こになる『打撃』とは、一般的に文章化した際に打撃と描写されるもののみに限られて、
> 刃物での切断を目的とした攻撃ですとか、銃撃ですとかを恣意的に『鋭利な金属板による打撃』や『銃弾による打擲』などと
> 迂遠に表現することで『打撃扱い』にすることは不可能でしょうか?

これは、不可能ですね。どう認識するかではなく、『対象が受けたダメージの種類』が問題ですので。
そのあたりは……まあ、ケースバイケースな部分も、あるとは思いますけど(※GM判定次第だが原則、不可)

>・『憑依』対象が燃焼した場合、そのダメージは『打撃』ではないので引き受けられませんが、『憑依』対象の状態を把握する効果により、燃焼しているということ自体は把握できますか?

ええ……できますよ。

>・『憑依』対象の50%以上の破損及び部位の動作不可能による強制解除が起きた場合は、1分間の再発現制限は課されますか?

『限界に達したから』こその強制解除ですので……再発現までの制限は、距離や時間によるものと同じく、課されますね。

>・『打撃の把握』と『憑依対象の状態の把握』はどちらも同様に高い制度なのでしょうか?

ええ、同様に高いですね。

>・ワープロの打鍵ないようすら把握できるほどとなると、地面に『憑依』して『歩行による地面への打撃』に集中することで、
 足跡の主の体格や進行方向、足のサイズや靴底の形状により性別の特定なども可能でしょうか?

進行方向や靴底の形状、踏み込む力は、把握できれば容易に特定できますが……そこからの人物像のプロファイリングは、キミの考え次第ですね。
例えば、その、ハイヒールを履いてソロソロ歩く『その筋の方』とかも、いるわけですし……ね?

142 繁在家 美知『ウィアー・ローリング・オン』 :2019/05/30(木) 13:25:05
「あー・・・なんとも、私らしい、というか・・・。
 ぐるぐる、ぐるぐる、『堂々巡り』。回っている間に周りの景色だけが『変わっていく』――」

「いやいや、愚痴を言いたいわけじゃないんです。
 『純粋』に『感謝』しています。私がちょっとネガティブなだけで」

「うまく付き合いながら、まあ、なんとなく、やっていきましょう・・・」


※質問※
1:『回転』のスペックをあえて弱めることは可能?
2:両手で同時に殴る、ラッシュ、あるいは本体自身に対して等、『殴る』ことが出来れば、何個まで『回転』させられるだろうか。
3:『回転』した際になにかに『ぶつかる』ことで、『回転』している物が損傷する事はありえる?
4:『回転扉』のように回転させる場合、その『サイズ』『形状』は『最大』〜『最小』の範囲で自由に決められる?

143 『音仙』 :2019/05/30(木) 13:45:08
>>142(繁在家 美知『ウィアー・ローリング・オン』)

「マア、その、私が作った、というわけでもないですしね。
 目覚めさせたのと、聴かせたのは私ですけど……
 ですから、エエ。あ、愚痴ではない……それは、よかったです」

              キィィィーーン

「では……上手に付き合うための、『ヒント』をいくつか」

>1:『回転』のスペックをあえて弱めることは可能?

あえてやろうとするなら『可能』だが、『殴る』勢いと同じく『パスCC』が下限。
スピードDでゆっくり回転させて動きを封じる、などは不可能。

>2:両手で同時に殴る、ラッシュ、あるいは本体自身に対して等、『殴る』ことが出来れば、何個まで『回転』させられるだろうか。

『3つ』まで。

>3:『回転』した際になにかに『ぶつかる』ことで、『回転』している物が損傷する事はありえる?

回転それ自体が対象を損傷させることはないが、
回転によってまたは回転中に何かに衝突すれば、損傷はありえる。

>4:『回転扉』のように回転させる場合、その『サイズ』『形状』は『最大』〜『最小』の範囲で自由に決められる?

可能。かつ設定の自由度は、『精密動作性C』の範囲。

144 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2019/05/31(金) 00:06:20

「こんにちは、『音仙』さん。美作です。お久しぶりね」

「お蔭様で、あなたに教えてもらった力の使い方が少しだけ分かってきたわ。
 まぁ、それは良いとして……」

「えっと――今すぐ必要って訳じゃないんだけど、少し聞いておきたい事が出来たの」

「私の『プラン9』に『強度』みたいなものはあるのかしら?
 たとえば、『どの程度の力が加わったら壊れる』とか、そういう事なんだけど。
 もし壊されたとして、『出し直し』に掛かる時間があれば、それも教えてくれると助かるわ」

「――うん、それくらいね。また気付く事があったら寄らせてもらうと思うから。
 その時は、どうぞ宜しく」

145 『音仙』 :2019/05/31(金) 04:09:44
>>144(美作くるみ『プラン9・チャンネル7』)

「ああ――――どうも、お久しぶりです。
 『ご活躍』は聴き及んでいます……エエ。
 もちろん、すべてではありませんけれど。
 ストーキングのような真似はしてませんから、
 そこは、その、安心してもらえれば……はい」

       キィィーーーン

「……さて、質問に答えますが」

「『プラン9・チャンネル7』は、ほぼ『象徴』に近いヴィジョンです。
 私などはこれを、『象徴ヴィジョン』と呼んでいたりしますが、
 要はヴィジョンは『能力の象徴』でしかなく、干渉力を持たないタイプですね」

「マア、『プラン9』については……『象徴』というには、
 『ヴィジョンありき』の能力ではあるので、
 同じくくりかは少し、怪しいところではありますが。
 ただ、それらとの共通点として……ヴィジョンは『壊しても無駄』なんです」

「キミの場合、まあ、一定の衝撃を受ければヴィジョンは霧散してしまいますが、
 すぐに……そうですね、『一呼吸』もせずに再び構成されます。特に意識せずともね」

「これが答えです……それでは、また。どうぞ『猛暑日』にはお気を付けて……」

146 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2019/05/31(金) 04:51:55
「ゴボッ…ゴホッ…死闘中の一抹です。死にそ…
 『1分』も保たないと思うので質問を」

・『慈悲の刃』は苦痛を伴う傷も与えられる?

・『慈悲の刃』で負わせた傷を後から痛むようにできますか?
 可能なら個別ではなく一斉に?

・他人のスタンドに触れた状態から使い手の
 悪感情の『沈静化』は可能でしょうか?

147 『音仙』 :2019/05/31(金) 14:54:55
>>146(一抹 貞世『インダルジェンス』)

「エエ、死闘の様は流石に聴こえていませんが……
 声色で分かります…………簡潔に行きましょうか」

>・『慈悲の刃』は苦痛を伴う傷も与えられる?

現状では、『不可能』。

刃は苦痛を『伴わないようにできる』ではなく、常に『伴わない』。
それゆえ刃を使って攻撃する際に誤って苦しめてしまうような事は無いのだが、
もし苦痛を与えたいのであれば、徒手空拳での攻撃に切り替える必要がある。

>・『慈悲の刃』で負わせた傷を後から痛むようにできますか?
> 可能なら個別ではなく一斉に?

同様に、『不可能』。

>・他人のスタンドに触れた状態から使い手の
> 悪感情の『沈静化』は可能でしょうか?

本体とダメージフィードバックがあるスタンドなら可能。
ただし、独立した感情のあるスタンド相手の場合、
スタンドの感情のみ沈静化して、本体には伝播しない。

148 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2019/05/31(金) 16:55:50
>>147
「ありがとうございます。生き返ったら会いに来ますね。
 こちらの世界に帰って来れたらの話ですが」

149 八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』 :2019/06/01(土) 01:22:43
「ありがとうございます……もう少しだけ、いいですか……?」

・『憑依』対象の部位や範囲を、『憑依』後に変えることはできるでしょうか?
 例えば対象の右手に触れて能力発動。まずは右手だけに『憑依』した状態になり、その後全身に憑依。さらにその後に左手のみに『憑依』、というように対象範囲の変更はできますか?
・『憑依』の範囲は真四角形に限らず、縦長の長方形だとか円形だとかにすることもできるのでしょうか?
・生物の状態把握に関してですが、これはあくまで関節がどう曲がっていて足がどう伸びているか、どんな怪我をしているかなどの物理的な状態や位置、
 それがどんな打撃を受けたかなどが分かるということであって、その生物の体調や体内の組成、互換の情報などは分からないということでよろしいでしょうか?
・『憑依』の発動は足や頭、胴体など、腕以外の部位での接触によっても可能でしょうか?
・実際に対象に触れた体の部位以外を『憑依』させることは可能でしょうか?
 例えばスタンドの右手で触れた対象に、左足を分離して『憑依』させることは可能でしょうか?
・実際に意味がある行為かは甚だ疑問ではありますが、自分自身、あるいはスタンド自身に『憑依』を行うことはできますか?
・『半分こ』は打撃のダメージのみが分割されるということですので、例えば対象がラッシュを受けて吹っ飛ばされた場合でも、吹っ飛ばされるという効果が本体にフィードバックはしないということですよね?
・このスタンドには『骨』に相当する概念はありますか?
 例えば何かに『全身の骨』のみを『憑依』させることで、関節の可動域に囚われない挙動を行うことは理論上可能でしょうか?

150 『音仙』 :2019/06/01(土) 01:43:18
>>139(八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』)

>・『憑依』対象の部位や範囲を、『憑依』後に変えることはできるでしょうか?
> 例えば対象の右手に触れて能力発動。まずは右手だけに『憑依』した状態になり、その後全身に憑依。さらにその後に左手のみに『憑依』、というように対象範囲の変更はできますか?

『不可能』。
憑依の位置を変えたいならいったん解除して再度触れること。

>・『憑依』の範囲は真四角形に限らず、縦長の長方形だとか円形だとかにすることもできるのでしょうか?

『可能』。
基準は計算がわかりやすいよう立方体にしているが、自分で決める範囲は自由。

>・生物の状態把握に関してですが、これはあくまで関節がどう曲がっていて足がどう伸びているか、どんな怪我をしているかなどの物理的な状態や位置、
> それがどんな打撃を受けたかなどが分かるということであって、その生物の体調や体内の組成、互換の情報などは分からないということでよろしいでしょうか?

その理解で『正しい』。
姿勢や動きなどから体調を推察することは、できるかもしれない。

>・『憑依』の発動は足や頭、胴体など、腕以外の部位での接触によっても可能でしょうか?

『可能』。どこでもいい。

>・実際に対象に触れた体の部位以外を『憑依』させることは可能でしょうか?
> 例えばスタンドの右手で触れた対象に、左足を分離して『憑依』させることは可能でしょうか?

『可能』。触れた部位を介して、憑依させる部位を送り込むようなイメージ。

>・実際に意味がある行為かは甚だ疑問ではありますが、自分自身、あるいはスタンド自身に『憑依』を行うことはできますか?

『不可能』。自分と自分は、痛みを分かち合えない。

>・『半分こ』は打撃のダメージのみが分割されるということですので、例えば対象がラッシュを受けて吹っ飛ばされた場合でも、吹っ飛ばされるという効果が本体にフィードバックはしないということですよね?

『痛み』だけではなく、打たれた『衝撃』は純粋な打撃の一要素であり、ダメージの一部として感じる。
そのうえで、『吹き飛ぶかどうか』は『対象』と『自分』では重さが違うため、一概には言えない。
『半分にしてもまだ人間が吹き飛ぶレベルのパワー』でラッシュでもされれば吹き飛ぶ可能性はあるが、
対象が吹き飛んだなら無条件で吹き飛んでしまう、というフィードバックの仕方はしない。

>・このスタンドには『骨』に相当する概念はありますか?
> 例えば何かに『全身の骨』のみを『憑依』させることで、関節の可動域に囚われない挙動を行うことは理論上可能でしょうか?

通常のスタンドにないように、このスタンドにも『骨』というヴィジョン特性はない。

151 八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』 :2019/06/01(土) 02:02:20
「なる……ほど……。自分のこと、少しずつ分かってきました。
 それでは、こういうのは、どうなのでしょう……?」


・顔を分離して『憑依』させた場合、ヴィジョンから感覚器が失われるので視覚や聴覚の共有も失われますか?
・ヴィジョンの『表面以外』の部位を全て『憑依』させることで、外見上はそのまま変化はないが実際には皮一枚の張子状態になることはできますか?
・ヴィジョンの腕をスプリング状になるよう、肉抜きをする形で分離して『憑依』させ、実質的に腕を伸ばすという活用はできますか?
・右手を『憑依』させた後に、本体の右腕を切断した場合はどうなるのでしょうか……?

152 『音仙』 :2019/06/01(土) 03:06:42
>>151(八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』)

>・顔を分離して『憑依』させた場合、ヴィジョンから感覚器が失われるので視覚や聴覚の共有も失われますか?

その認識で正しい。

>・ヴィジョンの『表面以外』の部位を全て『憑依』させることで、外見上はそのまま変化はないが実際には皮一枚の張子状態になることはできますか?

『中身だけをくりぬく』ような形での分離は不可能。
一般的にスタンドヴィジョンには骨がないように、『表皮』という概念、部位もないため、
『表皮以外を部位として指定して憑依させる』という事は出来ない、というのが厳密な答え。

>・ヴィジョンの腕をスプリング状になるよう、肉抜きをする形で分離して『憑依』させ、実質的に腕を伸ばすという活用はできますか?

不可能。
仮に部位をスプリング状に分離させても、『伸びる』わけではない。
また、憑依は『部位』単位で、このようにヴィジョンを自由に変形させる用途は困難。

>・右手を『憑依』させた後に、本体の右腕を切断した場合はどうなるのでしょうか……?

本体の該当する部位が消えれば、スタンドのその部位も消える。よって、解除される。

153 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2019/06/01(土) 11:23:37

「こんばんは、仕事帰りに来させてもらったわ。
 早速なんだけど、ちょっとだけ聞かせて欲しい事があって」

「『プラン9』のヴィジョンに『干渉力』はないって話だったけど、
 その辺りについて詳しく教えてもらいたいの。
 つまり、それは――何だったかしら。
 そう、『能動的な干渉』が出来ないという意味だと受け取って良いのよね?」

「たとえば、小石が飛んできたとするでしょう。
 その小石を、『プラン9』のヴィジョンを盾にして防ごうとしても、
 『能動的干渉』じゃないから『すり抜ける』。
 そういう解釈で正しい?」

「あとは――『人型』に手を上げられた場合は、どうかしら。
 『人型の拳』と『私』の間に『プラン9』を挟んで、
 ほんの少しだけダメージを和らげるような使い方も、同じ結果になると思って良い?」

「そういう使い方をするスタンドじゃない事は分かってるつもりなんだけど、まぁ一応ね。
 私から見て『プラン9』は凄く『デリケート』なイメージだと思ってるから、
 『干渉力』の問題がなくても難しいんでしょうけど」

「とりあえず、こんな所ね。また何か思い浮かんだら、お邪魔する事にするわ」

「――それから、これはお土産。
 星見街道の『キャラメル専門店』で買ってきたの。
 フレーバーは『ラムレーズン』と『オレンジピール』ね。
 私のオススメよ」

154 『音仙』 :2019/06/02(日) 09:29:39
>>153(美作くるみ『プラン9・チャンネル7』)

「どうも――――最近、よくお会いしますね。嬉しいです。
 では早速ですがこちらもお答えしましょう……ああ!
 いいですね、キャラメルは私も結構好きです。
 ……歯にくっつかなければ、もっと好きなのですけど」

「それで……そうですね。
 『プラン9』で何か攻撃を防ごうとか、
 あるいはこちらから『攻撃させる』とか、
 そういう事をしても『何も起きない』……」

「『すり抜ける』ようにも見えるでしょうし、
 ケースバイケースで……なにかこう、
 違う見え方をすることもあるでしょうね」

(※描写は『GM次第』だが、原則似たような結果になる)

「……では、また何かあれば、いずれ。暑くなって来ましたから、体調にはお気をつけて」

155 八重樫 梅子『デビルズ・アコンプリス』 :2019/06/03(月) 06:53:15
「ありがとうございます……なんとなくですけど、分かってきたような気がします。
 ああでも、やっぱり、実際に使ってみないと……分からないですよね……。
 使ってみます。使って……えへへ、使ってみたいです……」

156 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2019/06/11(火) 23:00:49

   pi

    「――もしもし、私です。『美作くるみ』」

  「この前は答えてもらって、どうもありがとう。
   急ぎじゃないんだけど、もう一つ聞いておきたい事が出来たの」

  「『プラン9』の話す内容は、どれくらいの『音量』なのかしら。
   私の隣に立っている『誰かさん』にも聴き取れる程度と思って良い?
   この場合の『誰かさん』っていうのは、勿論『使い手』の事なんだけど」

   「おっと、そろそろスタンバイしなきゃ。これから『オンエア』だから。 
    それじゃ――どうぞ、番組共々よろしくお願いします」

                                pi

157 『音仙』 :2019/06/11(火) 23:56:08
>>156(美作くるみ『プラン9・チャンネル7』)

「どうも――――『しおん』です。ああ、美作さん……」

「聴いて教えるのは、私の趣味ですから。
 それで……その件ですが、『聞こえます』。
 キミにしか聞こえない、という能力でもないですし、
 近くにいれば聞こえるでしょう……とはいえ、
 大音量というわけでもありません、普通に話す程度ですね」

「それでは――――また」

        「番組のほう、楽しみにしておりますよ……はい」

158 アウラ『ミ・パライソ』 :2019/06/12(水) 21:12:54

 ミ(僕に)  ミ・パ(僕ノ名前)

ミ・パライ ソ(代わりに伝えてくれて 感謝)

ミ ミ(質問 したい)

・僕(スタンド)が発現した『閉所』に出来る
『ステンドグラス』風の見た目。これは見た目だけで強度などは変わらないと
考えて大丈夫かい?

・生物の死体などに出来た空洞は『閉所』扱いになる?

・手で包み込んだ『閉所』は無理だとして。ハンカチなどで作った簡易な袋
大き目の衣類のポケットの中やスペースのある鞄などは『閉所』扱いになる?

159 『音仙』 :2019/06/12(水) 22:15:18
>>158(アウラ『ミ・パライソ』)

>・僕(スタンド)が発現した『閉所』に出来る
>『ステンドグラス』風の見た目。これは見た目だけで強度などは変わらないと
>考えて大丈夫かい?

その認識で『正しい』。

>・生物の死体などに出来た空洞は『閉所』扱いになる?

死体であれば、条件さえ満たしていればなる。

>・手で包み込んだ『閉所』は無理だとして。ハンカチなどで作った簡易な袋
>大き目の衣類のポケットの中やスペースのある鞄などは『閉所』扱いになる?

条件を満たしているならば、『閉所』になる。
ポケットの場合、フラップは閉めておくべき。

160 ディーン『ワン・フォー・ホープ』 :2019/06/16(日) 13:02:11

「こんにちはー。『おはなしのお姉さん』、いますかー?
遊びにきましたー。ディーンも一緒だよー」

テクテク

「この前のカステラおいしかったですー。
あっ、お魚だー!キレイ!水族館みたい!」

トスッ

《……さて、ヨシエがアンタの魚に夢中になってる間に俺の用事を済ませちまうか。
少しばかり付き合ってくれ》

・スペックは破スCB。これは俺と装着者の両方だと思っていいのか?
・装着中、俺はスタンドを身に纏っている。そこから元の姿に戻った場合、『リード』も解除されるのか?
・俺が強制操作している人間に意識はあるか?その人間の意志で何かをする事は出来るか?例えば叫ぶ、とかな。
・装着者の受けるダメージは本体も受ける。なら、本体の受けるダメージは装着者も受けるのか?
・装着中に、外部から『リード』を引っ張って引き抜く事は出来るか?

《こんな所だ》

《これは質問とは関係ないが……アンタが俺の考えを理解してくれたのは助かった。
出来るヤツが出来る事をする。それぞれの役割ってヤツさ》

「あたしはヨシエっていうんだよー。お魚さんは、なんて名前ですかー?」

《『魚と会話が出来るヤツ』も地球の何処かにはいるかもしれないし、な》

161 ディーン『ワン・フォー・ホープ』 :2019/06/16(日) 21:17:25
>>160

《ああ、最後にもう一つだけ聞かせてくれ》

・装着中に『リード』は操作できるか?

「――お魚さんも『カステラ』好きですかー?」

《俺達にとっちゃ『早死』の元だな。
『糖分ジャンキー』から抜け出せなくなって身を持ち崩すヤツも――。
いや、子供の前では止めとくか……》

162 『音仙』 :2019/06/16(日) 23:52:19
>>160-161(ディーン『ワン・フォー・ホープ』)


「エエ、いますよ…………こんにちは。ヨシエさん。
 魚、お好きですか? ……『名前』は付けていませんね、その、数も多いですし。
 ……いえ、数が多ければつけなくていいわけではないですけど、エエ、まあ、その」

《…………さて》

《それでは、質問に応えましょう……ああ、お気になさらず。
 それこそまさに『適材適所』……私は、私にできる事をしただけ、ですよ》

           《……感謝を拒みはしませんけどね》

「ああ、魚は……カステラは食べないんです、ですから……人間だけで、独り占めしましょう」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>・スペックは破スCB。これは俺と装着者の両方だと思っていいのか?

《キミの『光の紐』と、装着者のスペックですね。キミ自身は『チワワ相当』です。
 ええと……チワワの身体能力? 人間より突出して高くはないのではないでしょうか……?》

>・装着中、俺はスタンドを身に纏っている。そこから元の姿に戻った場合、『リード』も解除されるのか?

《『光の紐』は、残りますね》

>・俺が強制操作している人間に意識はあるか?その人間の意志で何かをする事は出来るか?例えば叫ぶ、とかな。

《意識は残りますが、肉体の操作はできないですね。叫ぶのも、基本的には無理でしょう》

>・装着者の受けるダメージは本体も受ける。なら、本体の受けるダメージは装着者も受けるのか?

《これは……誤解を招きましたね。『スーツ状』になっているキミ本体は、
 装着者が受けるダメージは基本的に、一緒に受ける事になる、という意味です。
 仮にきわめて器用に装着者の内部にだけダメージを与えるような攻撃なら、
 スーツであるキミはダメージを受けませんし、逆に外皮一枚を切る攻撃なら、
 キミというスーツだけが切られ、装着者は傷つきはしない……という事になりますね》

>・装着中に、外部から『リード』を引っ張って引き抜く事は出来るか?

《これは、不可能です》

>・装着中に『リード』は操作できるか?

>9.装着者が手を繋いだ側の腕には、『光の紐』が巻きついている。
>  根元は手の甲に接続されており、体の一部のように自由に扱う事ができる。
>  ただし、先端は手のような形状ではなく、普通の『紐』に近い。

《出来ますね……リードではなく、『光の紐』ですけど》

163 ディーン『ワン・フォー・ホープ』 :2019/07/03(水) 22:19:32

ガチャリ

     トテ
       トテ
         トテ

            ポスッ

《『コレ』を手に入れて一番最初に便利だと思ったのは、『ドアを開けられる事』だな。
 ヨシエが学校に行ってるから、今日は俺だけさ》

《この前は色々と勉強になったよ。理解が深まったっていうのか?
 自分の能力について、あれから俺なりに考えてみた。
 それで一つ思い付いた事があったんで、また聞きに来たってワケさ》

シュルルルル

《『コレ』は『光の紐』って話だが、明かりの代わりとして使ったり出来ないか?
 ぼんやり照らすくらいでも、暗い所なら役に立つと思ったんだ》

《さて――『質問』は終わったが、それとは別に『頼み』がある》

      ペタンッ

《邪魔じゃなければ、少し休ませてもらえると助かるな……。
 ここは涼しくて居心地が良い。何しろ外は暑いんだ……》

《ああ、それから――》

《ついでに『水』くれないか……。そこの『魚が入ってるヤツ』以外で、な》

164 『音仙』 :2019/07/03(水) 23:10:26
>>163(ディーン『ワン・フォー・ホープ』)

「……………………ああっ、どう」

    《どうも、急に犬の足音が来たので、
     少し驚きましたが……ようこそディーン》

         《では早速ですが……試しましょうか?》

   シュル シュルル

       『カチッ』

《さて、今『蛍光灯』を消して部屋を暗くしました。
 すると、キミの『ワン・フォー・ホープ』は……
 エエそうです、ぼんやりと光って見えると思います。
 照らすのには相当近付けないと無理でしょうが、
 暗闇でも迷わず、手に取ってもらうことは出来ますね》

   『カチッ』    

《水ですか――ええ、構いませんよ》

        スゥッ…

《その代わりに、私の所まで取りに来てください。
 キミの顔の下まで、届けに行くのも億劫ですし、ね。
 別に撫でるとかそういうつもりはありませんから……》

        《ええ、夏ですしね、なにせ。
         暑苦しくなってしまいますし……
         冬でしたら話も、変わってきますけど……》

165 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2019/07/17(水) 19:48:12
お久しぶりです……これ、駅前で売り出されていた新発売の
マスカット入り羊羹です。
 不思議な夢を最近見ました。宜しければ菓子のつまみにでも語りましょう。

僭越ながら、ご質問させて下さい。

1:9.水槽内の液体は、外的な要因がない限り、水槽が形成された時点での状態を保つ。
このリヴィング・イン・モーメントの状態保存は。実質水槽内の液体は時止めの状態と
同じ状態と考えたほうが宜しいでしょうか? となれば、混入された水中でも持続するマッチ
時計などの器具に関しても水槽内に内包されれば、その物体は内包した状態で停止する解釈で
問題はありませんでしょうか?

2:操作に関する事ですが。上空に浮遊させていた水槽の操作を任意で放棄した場合
その水槽は引力の法則に従って自然落下するでしょうか?

3:水槽内の中に水槽を作成可能。これは水槽と水槽を密着するように作成させる事で
著しく水槽の耐久力を増させる事は可能ですか?

4:自分の意志でブリキ金魚のヴィジョンの色やデザインを変更させる事は可能ですか?

5:群体型のこのスタンドはDFが存在しませんが、私が意識混濁などを除き肉体が動けない程の
重傷でも液体で発現、水槽の状態で自由に動かすのに支障ありませんが?

6:このスタンドは『触れる』。手で触れた状態での発現が自然ですが
仮に両手が壊死する程の負傷でも一本の指程度は形状が保っていれば、そこから
スタンドを発現するのは問題なく出来ますか?

166 『音仙』 :2019/07/18(木) 00:49:21
>>165(小林 『リヴィング・イン・モーメント』)

「エエ…………おひさしぶりですね。
 手土産ですか、どうもご丁寧に。マスカット……の羊羹?
 キミはやはり、洒落ていますね……志す道が道だけに、でしょうか。
 ありがたくいただきながら……そうですね、語りましょうか」

「もっとも、エエ……私はもっぱら『聴き手』ですけど、はい……
 ……夢、ですか。夢は……専門外ですが、エエ、やはり聴くことくらいは出来ますよ」

         「それと、答えることも……ね」

>1:9.水槽内の液体は、外的な要因がない限り、水槽が形成された時点での状態を保つ。
>このリヴィング・イン・モーメントの状態保存は。実質水槽内の液体は時止めの状態と
>同じ状態と考えたほうが宜しいでしょうか? となれば、混入された水中でも持続するマッチ
>時計などの器具に関しても水槽内に内包されれば、その物体は内包した状態で停止する解釈で
>問題はありませんでしょうか?

『液体』は、形成された『瞬間』の状態を保つ。
時計など、混入物は液体ではないため、通常通りに動く。
また、>>28の回答通り、混入物が原因の場合液体も変化を起こす。

>2:操作に関する事ですが。上空に浮遊させていた水槽の操作を任意で放棄した場合
>その水槽は引力の法則に従って自然落下するでしょうか?

水槽は水中ないしは空中に浮いているのが通常のため、落下はしない。

>3:水槽内の中に水槽を作成可能。これは水槽と水槽を密着するように作成させる事で
>著しく水槽の耐久力を増させる事は可能ですか?

不可能ではないが、水槽はミリ単位の薄いガラス。
層を重ねても、『著しく』耐久力が増すとは限らない。

>4:自分の意志でブリキ金魚のヴィジョンの色やデザインを変更させる事は可能ですか?

記載のない範囲でならデザインは自由。
ただし、風景に溶け込む迷彩など有利なデザインには出来ない。

>5:群体型のこのスタンドはDFが存在しませんが、私が意識混濁などを除き肉体が動けない程の
>重傷でも液体で発現、水槽の状態で自由に動かすのに支障ありませんが?

意識に問題が無ければ、操作は可能。
操作については、傷の痛みなどで鈍る可能性はある。状況次第。

>6:このスタンドは『触れる』。手で触れた状態での発現が自然ですが
>仮に両手が壊死する程の負傷でも一本の指程度は形状が保っていれば、そこから
>スタンドを発現するのは問題なく出来ますか?

発動条件は『触れる』こと。
手に限定しておらず、身体的な状態にも特に制限はない。
よって、壊死していようが傷付いていようが、意志があれば発現させられる。

167 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2019/07/23(火) 05:59:36
「お久しぶりです。冗談抜きに『1分』保たない命懸けの死闘から生還しました。
 お土産は冷風扇です。エアコンで冷え過ぎる奇妙な季節のお供にどうぞ」

「今回は洒落にならない戦いでした。リーダー格が逃亡中ですので
 気をつけてくださいね。夢の中に来ますよ? 本当ですからね?」

他のスタンド使いも多かれ少なかれ似たような死闘を潜り抜けて来たのだろうか?
正直、あの地獄ホモタッグより厄介なスタンド使いは勘弁していただきたい。
前回の宇宙姉弟が手緩い部類だと思い知らされた気分だ。

「だが、得たものは多い。『過去』は己自身。『痛み』こそ伴うが捨て去る事は自己の否定に繋がる。『過去』に生きる段階は終わり、今を生きる段階に進む。それを宗像さん、小林お兄さんが教えてくれた…」

「あっ、歳上にタメ口を…! そ、それはそうと『慈悲の刃』の刀身に変化はありますか?
 ほぼルンバにボコられてましたが。小林さんのヤバさが上回ってましたけど…」

『三界輪廻と終わる世界』Feat.『悪霊の名は――――』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1520861887/92-390

「私にも知り合いが! 爽やかな先輩さんです!
 情報交換は良いものですね。能力は天敵ですが」
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453647870/696-712

168 『音仙』 :2019/07/24(水) 00:04:08
>>167(一抹 貞世『インダルジェンス』)

「――――――お待ちしておりました、エエ、無事で何よりです。
 お土産も、ありがたく受け取っておきましょう。今夏もそろそろ本番ですね。
 キミ自身、熱中症やクーラー風邪にはお気をつけて…………さて」

「戦いは聞こえてはいませんでしたが、今聴こえているキミの心の声が物語っています。
 『スタンド使いは多かれ少なかれ死闘を経験する』……というよりは、
 成長を望むような強い『好奇心』『野心』の持ち主は、それを経験するもの。
 あくまで日常に生きる限り……それほど大きな事件には見舞われないとは思います。
 もちろん、不慮の事故というのは、誰にでもあるものですが……エエ、長くなりました。
 ともかく。キミが今回経験した戦いは、恐らく相当にヘビーなものだったのでしょうね」

       キィィィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

「『過去』は捨てられない……ですが、
 『過去』に縛られては前には進めない。
 『停滞』が成長を生むことは、まずない」

「キミはそういう意味では――――ええ、一つ前に、進めたのではないでしょうか?」

                  『ジャキン』

        「『慈悲の刃』……そう、伸ばしてみてください。
         『10cm』……『15cm』……まだ、もう少し」

        『ジャキンッ』

「――――『20cm』まで、伸びていますね。
 その『刃』の届く範囲が、キミの『慈悲』の手が届く範囲。
 成長というにはあまりにささやかですが、役に立つ場面はきっと、あるでしょう」

「…………もっとも、『鉄火場』に飛び込むだけが人生ではないですけど。
 『力を得たからと言って、誰もがヒーローになる必要はない』。
 キミの……あるいは鉄くんの人生ですし、私は止めませんが、
 案外、いつでも……進んだ道の『後戻り』というのは出来るものです。
 いざというときに手を引き戻してくれる人との繋がり……そういうものが、あれば。
 エエ、スタンド使い同士でも、知り合いは多くいるに越したことはないでしょうね……」
 
             「とまあ、『年上』らしい真面目な話はこのあたりにして。
              …………冷たいものでも、食べていきますか?
              かき氷か。アイスクリームか。簡単な物ならすぐ用意できますよ」

169 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/07/24(水) 00:12:31

  ガチャ…………

「先日お会いした比留間です。
 まさか、こんな『力』が実在するとは思いもしませんでした。
 ここに来て、あなたと言葉を交わすまでは――ですが

「ここ数日、あなたが引き出して下さった能力について考えていました。
 何しろ初めての経験で、なかなか難しいものですね」

「幸か不幸か、まだ力を振るうような機会には恵まれていませんが――
 今後のために幾つか聞いておきたい質問を持参しました」

「まず、表を翳して『カード』を『兵士』に変えない事は可能ですか?
 それとも、表面を翳すと意識せずとも必ず『兵士』に変わるのでしょうか?」

「また、ダメージフィードバックの目安について、より詳しく教えて頂きたいのです。
 『4分の1』という事でしたが、もし『一体の兵士』が破壊された場合、
 私が受けるダメージは、どの程度のものになるのでしょうか?
 こればかりは『試してみる』という訳にもいきませんので」

「それから、裏向きのカードに触れた人物と『言い当て』を行う人間は、
 同一人物でなければなりませんか?」

「これは仮の話なのですが……五枚の『カード』を裏向きに設置して、
 その全てに誰かが同時に触れた場合は、どうなるのでしょうか?」

「現時点での質問は以上になります。お時間を取らせて恐縮です。
 それでは、またいずれ――――」

170 『音仙』 :2019/07/24(水) 00:13:54

手で触れた者の悪感情を、触れている限り『鎮静』する。
また手の甲から『刃』を伸ばし、『苦痛を伴わない』斬撃が可能。
★微成長により、刃の長さが『20cm』まで伸長可能となった。

『インダルジェンス』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(1m)
持続力:B 精密動作性:A 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.手で触れた本体含む『生物』の『悪感情を落ち着かせる』ヴィジョン特性を有する。
3.焦り、不安、緊張、苛立ちといった『悪感情』に類するものを軽減する。
  どこからどこまでが『悪感情』かは、一般的な常識の範疇。
(★判定側が『悪感情』だと判定できるものに限られる)
4.軽減の度合いは相手の精神・性格次第でもあるが、好転は確定。
  多くの場合『指定した悪感情』は、振れている限りは和らげられる。
5.触り続ければ効果は持続し、手を離せば潮が引くように解除される。
6.明確に差し迫った危険への、正常な危機感を損なわせるほどの効果はない。
7.恐怖心や緊張、不安から危険への対処が遅れるのを防ぐことは出来る。
8.表層的な感情を和らげるだけで、根本から消すわけではない。
  →原因が残っているなら手を離せば再発し得る。
9.好感情を植え付けるわけでもない。
  不信感は緩和出来るが、無条件の信用はさせられない。
10.どういった悪感情を緩和するのかは、ある程度指定できる。
  判定者がいる場合、『悪感情』の種類を明記する事を推奨する。
(★明記が無い、判定者が指定を理解出来ない場合、『悪感情全般』を対象とする。
  あらゆる悪感情に効果があるが、本体の意図しない悪感情も緩和されかねない)
11.なお、鎮静効果に依存性などは無い。非常にクリーン。

【慈悲の刃】
1.このスタンドは、両手の甲から刃を伸ばす事ができる。
  伸び方は真っ直ぐ伸ばした腕と平行する形。片腕のみの展開も可能。
2.刃の長さは『20cm』まで伸縮可能。幅は手首程度。厚さは包丁並み。
  硬さは鋼鉄並み。切れ味は『パB』相当。両刃。伸ばしても重みなどは無い。
3.刃の伸縮は『パスBC』で行われる。伸ばしながら刺す・切る事も可能。
4.刃のダメージフィードバックは、完全に折れた場合のみ前腕の骨に来る。
  ★前腕の骨が治るまでは、刃も折れた状態になっている。
  ★やや欠けた、ひびが入った程度なら、『12時間』もすれば元に戻る。
  ★完全に折れた場合のみ、その折れた刃はスタンドを解除するまで消滅しない。
5.この刃による攻撃は、対象の苦痛や、斬られた(刺された)感覚を伴わない。
6.機械などでも、切り付けた傷に対する『感知』機能が働かない。
7.出血や、肉体の損傷はする。あくまでも感覚がないだけ。
  また視認や切り付ける音など触覚・痛覚以外の感覚では感知できる。
8.刃の展開中も上記のヴィジョン特性は持続するが、刃部分に『沈静効果』はない。
9.切り傷が完治するまで苦痛はない。
  ただし傷口の痛覚が消えているわけではない。
  切り付けた傷に苦痛がないだけで、その部位を殴られるなどすれば痛い。
10.すでに苦痛を感じている部位(負傷部位など)を切り離す事で、
   痛みの原因を身体から取り除く『切除手術』のような事が可能。
   苦痛を感じない性質はメスにも適するが、当然出血や部位喪失は相応に危険。

171 『音仙』 :2019/07/24(水) 00:31:15
>>169(比留間彦夫『オルタネイティヴ4』)

「千客万来――――ですね、ようこそ。お待ちしておりました」

            バタン

「『オルタネイティブ4』。
 なかなか珍しいタイプの能力ですので、
 キミの疑問もごもっともなものばかり。
 エエ、今のうちに教えておかなければ……
 いざというときが、いつ来るかもわかりませんものね」

            キィィィィ――― ン

>「まず、表を翳して『カード』を『兵士』に変えない事は可能ですか?
> それとも、表面を翳すと意識せずとも必ず『兵士』に変わるのでしょうか?」

「変えない事も可能です。ブラフなどには、使えるかもしれませんね……」

>「また、ダメージフィードバックの目安について、より詳しく教えて頂きたいのです。
> 『4分の1』という事でしたが、もし『一体の兵士』が破壊された場合、
> 私が受けるダメージは、どの程度のものになるのでしょうか?
> こればかりは『試してみる』という訳にもいきませんので」

「変な言い方ですが、『体の四分の一が壊れるのではなく』、
 『体が壊れる四分の一のダメージを受ける』ような認識ですね。
 破壊の手段にもよりますが、例えば頭を吹き飛ばされたなら、
 キミの頭部も4発受ければ吹き飛ぶようなダメージを受ける。
 そのような認識で、いいのではないでしょうか……試すわけにも行きませんが」

>「それから、裏向きのカードに触れた人物と『言い当て』を行う人間は、
> 同一人物でなければなりませんか?」

「これは、別人でも構いません。メリットでありデメリットでもありますね」

>「これは仮の話なのですが……五枚の『カード』を裏向きに設置して、
> その全てに誰かが同時に触れた場合は、どうなるのでしょうか?」

「『制限枚数』を超える数のカードが同時に兵士になる場合については、
 『どのカードを兵士にするか』を自分の意志で決定できます。
 ただし『兵士に出来るのに、兵士にしない』事は出来ませんので、
 その例の場合はジョーカー1枚といずれかのスート2枚は必ず兵士になります。
 そして兵士にしなかったカードは、触れられてもめくれずにその場に残りますね」

「――――といったところでしょうか。また何かあれば、いつでもここへ。
 それと……アイスクリームを持っていきませんか? 箱買いしたんですが、食べきれなくて」

172 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2019/07/24(水) 05:06:49
>>168
「私はヒーローに向かないですよ。悪役も無理ですね。
 人の『痛み』を暴き、視て、突き立てる程度が関の山」

「『事故』はスタンド使いに付きもの。『覚悟』をするしかないです。
 鉄先輩も、私も帰る場所があれば大丈夫。宗像さんが心配ですが…」

僅かな成長を遂げた『慈悲の刃』を見上げ満足そうに微笑む。
いつも最後に頼っていた隠し札の成長は喜ばしいことだ。

「アイス? 食べます食べます! 最後に食べたのは、あっ、何でもないです。
 持ち帰れるなら最高です。箱買いしたんですよね…? ね?」

「中学生になったし、私も友達を増やしますよ。
 では、またお会いしましょう。アイスは貰って行きますよ…」

173 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/07/24(水) 23:28:30
>>171

「使わなければいけないというものでもありませんが、
 せっかく得た力を使わずじまいというのも惜しいですからね。
 機会があれば、活用してみたいと考えていますよ。
 その際は、また立ち寄らせて頂きます」

「ああ、そう――忘れていました。
 帰る前に、もう一つだけ宜しいでしょうか?」

「『ジョーカー』についてですが――
 『ジョーカー』の予想を外された際には、
 任意の図柄を浮かび上がらせる事が出来るのは、既にお聞きしました」

「仮に、『ジョーカー』を『偽のハートの兵士』に変えたとします。
 その後で、『本物のハートの兵士』を発現させる事は可能でしょうか?
 つまり、外見上は『ハートの兵士』が二体存在しているという状況になる訳ですが……」

「アイスは一つだけ頂きましょう。
 残った分は、あなたと『彼』にお譲りしますよ」

「こういうアイスクリームを見ると、子供の頃を思い出しますね。
 私は、特に『ラムレーズン』が好きでした。
 何となく『大人の味』のようなものが感じられる所に憧れていました。
 妙なもので、いざ成人してからはお酒には縁遠くなって――――」

「つい話し込んでしまいました。
 余計な話は、これくらいにしておきましょう。
 では、失礼します」

「ところで――――先程お話したのは『本当の話』ですよ。
 あまり信憑性がない事は自覚していますが……」

174 『音仙』 :2019/07/25(木) 01:14:21
>>172(一抹 貞世『インダルジェンス』)

「己の『分』を知るスタンド使いは、きっとうまくやっていけますよ。
 ま、分不相応な野心や向上心も力をはぐくむものですが……
 キミがキミの思う道を歩めているなら、それに越したことはありませんね」

             「…………エエ」

「『入学祝』にはささやかですが、アイスは好きに持って行くといい。
 キミの人生に幸があることを、陰ながら祈ってますよ。それでは、また」

>>173(比留間彦夫『オルタネイティヴ4』)

「切れる『カード』は、一枚でも多いほうが良いですからね。
 もし仮に…………一生切ることが無いとしても、
 己の内に秘める『切り札』の選択肢は、余裕を生む。
 と、まあ……人生について語るには私もまだ未熟ですが、
 スタンド使いとしては先達ですので、ご容赦ください、ネ」

「それで――――」

             キィィィン

>「仮に、『ジョーカー』を『偽のハートの兵士』に変えたとします。
> その後で、『本物のハートの兵士』を発現させる事は可能でしょうか?
> つまり、外見上は『ハートの兵士』が二体存在しているという状況になる訳ですが……」

「ええ、可能です。それもまた一つの『ウソ』として、敵を欺く手になるでしょうね……」

「私は……『ラムレーズン』は、どうも匂いが苦手でした。
 キミとは逆かもしれませんね、エエ、そう。お酒の匂いが、どうもね。
 マア、逆とはいっても、私も今もお酒にあまりこだわりはないのですけど……
 真面目な子供だったと、自覚しています……いつでもまた、話に来てくださいね」

                「ウソでも本当でも……口達者な人と話すのは、楽しいから」

175 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2019/09/05(木) 21:59:10
残暑も過ぎ去り・・・秋の気配こそ未だ芽吹かずも、涼風と梅雨空が
相まみえ、浅葱と藍色の子等が我々の頭上にて踊る時節と表現するべきでしょうか……。
大通りで新改装の。確か名前はカリフォルニアと呼称される洋菓子店の
シフォンケーキが、マスカットに良く合いましてね。紅茶味ですが、どうぞ

ご質問させて頂きます……。

1:『水槽』に異物を入れた際、その異物の重量関係なしに水槽は
元々のスペックのス精CCで動かせますか?

2:例えば私の両方の眼球が著しく損傷及び強い光源等で失明に
近い状態と仮定しての話ですが……。近距離型スタンド等でしたら
本体の視覚がダメージあればスタンドにも影響あるのでしょうが。
私のように群体型の場合は、スタンド自体が第三の目として
その情報を脳で処理する形ですので。本体の眼球がダメージあっても
スタンドからの情報処理に影響は無いと考えて良いでしょうか?

3:GMの判定によって難しい解釈でしょうが。例えば原作の
第三部に出たゲブ神のようなスタンド液体を、私のスタンドで
『水槽』にした場合。ゲブ神は水槽を破壊可能でしょうか?
 若しくは内包してる場合は操作は不可能になりますか?

176 『音仙』 :2019/09/06(金) 14:46:14
>>175(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

「キミは……とても『詩的』な人ですね。
 私にはまだまだ暑さの煩わしい、この季節も……
 キミの世界には、とても美しく映っているのでしょう。
 ああ……あのお店ですね、知人から噂だけは。
 エエ、ありがたくいただいておきましょう……では」

1:『水槽』に異物を入れた際、その異物の重量関係なしに水槽は
元々のスペックのス精CCで動かせますか?

「水槽の元のスペックで……その異物を運ぶことになります。
 水槽に入れた物の重さを踏み倒せる、という効果は、ありませんね」

2:例えば私の両方の眼球が著しく損傷及び強い光源等で失明に
近い状態と仮定しての話ですが……。近距離型スタンド等でしたら
本体の視覚がダメージあればスタンドにも影響あるのでしょうが。
私のように群体型の場合は、スタンド自体が第三の目として
その情報を脳で処理する形ですので。本体の眼球がダメージあっても
スタンドからの情報処理に影響は無いと考えて良いでしょうか?

「『視聴覚リンク』ですので……『視覚を失った』なら、
 スタンドの視覚もまた喪失することになるでしょう。
 もっとも、『目隠し』や本体のみ暗所にいる……
 本体の状況のせいで見えない場合なら問題ありません」

3:GMの判定によって難しい解釈でしょうが。例えば原作の
第三部に出たゲブ神のようなスタンド液体を、私のスタンドで
『水槽』にした場合。ゲブ神は水槽を破壊可能でしょうか?
 若しくは内包してる場合は操作は不可能になりますか?

「……スタンドの能力次第、かと。『ケースバイケース』と、言わざるを得ませんね」

177 リカオン『アタランテ・オーバーチュア』 :2019/09/19(木) 12:52:21
あぁ……そうか、君が私の『群れ』の先導の片割れか。
ようやく、しっかりと目にする事が出来たよ。有難う

感謝のついでに、2,3質問させて欲しい。もっとも2,3で終わりはしないが。

・日本の法に認められたあらゆる『狩猟道具』。wikiだと.銃器、網、罠は勿論として
スリングショットは法で明確に禁止にもなってないけど、これはどうだろう?
それと、狩猟の為の解体ナイフなどは発現出来そうかな? 私の片割れの能力なら
余り使う機会は少ないものだけど。

・ライフルなどの照準器では、大体2000m位スコープで見る事も出来るけど。
能力射程以上の視界を得る事は可能だろうか? また、こう言ったスタンドの
射撃音などは、普通の銃の音量と同じ程度に広範囲のスタンド使いには音源が
捉えられる認識で構わない?

・『狩猟道具』が破壊、強制解除された場合。再発現は短時間で可能?

・『加工品』だけど、人も動物の一種だからね。やはり含まれる認識かな?
また、獣の形をしたスタンド等は? 

・『加工品』だが、例えば鹿を剥製とする場合。その向きや体勢は
こちらの任意で作成する事は出来る?

・『加工品』は、食料として作成する場合。包装などされず
調理された品がそのまま仕留めた地点に野晒しな状態で発現する?
 出来れば、紙皿か何かに置かれて欲しいけど。

・『加工品』は実体化スタンド?

・>持続時間は『30時間』に及ぶ。射程が持続時間を超えると強制解除
もしかして、これは本体である私が睡眠など休息しても持続される?

178 『音仙』 :2019/09/20(金) 00:46:21
>>177(リカオン『アタランテ・オーバーチュア』)

「キミの才能は……『自由じゃない』がゆえに強い。
 興味深い音を聴かせてくれたお礼代わりに、
 キミも知らないキミの『深奥』……聴いて差し上げますよ」

>・日本の法に認められたあらゆる『狩猟道具』。wikiだと.銃器、網、罠は勿論として
>スリングショットは法で明確に禁止にもなってないけど、これはどうだろう?
>それと、狩猟の為の解体ナイフなどは発現出来そうかな? 私の片割れの能力なら
>余り使う機会は少ないものだけど。

「禁じられていないので、発現できますね。
 銃を差し置いて扱う必要は……エエ、無いとは言い切れない。
 解体ナイフは……これも、法とスタンドが許す範囲で発現可能です。
 万一……距離を詰められた時には、役に立つかもしれませんね」

>・ライフルなどの照準器では、大体2000m位スコープで見る事も出来るけど。
>能力射程以上の視界を得る事は可能だろうか? また、こう言ったスタンドの
>射撃音などは、普通の銃の音量と同じ程度に広範囲のスタンド使いには音源が
>捉えられる認識で構わない?

「ええ。狩猟用ライフルに、狩猟のための装着する照準器の範囲でなら、
 射程を超えたからっていきなり風景が見えなくなったりはしませんよ。
 それと射撃音も、射程を超えたからっていきなり消えたりはしません。
 射程距離はスタンドの発現したものが、スタンド体として存在を残せる距離のこと……
 その存在が及ぼす物理的な影響、音ですとか匂いですとかは、原則は射程に縛られません」

>・『狩猟道具』が破壊、強制解除された場合。再発現は短時間で可能?

「同じ道具を出してるわけじゃあないので……可能ですよ。
 ただ、道具の発現については『10秒に1つ』位が限界なので、
 銃を発現しては解除して弾幕を張る、といった芸当は不可能です。
 持久戦が得意な分、一般的な『器物発現』タイプに比べれば多少遅いですね」

>・『加工品』だけど、人も動物の一種だからね。やはり含まれる認識かな?
>また、獣の形をしたスタンド等は? 

「……『生かし生かされる世界』では、『人間』もまた『動物』。
 ええ、キミの考え通り……仕留めたのが人間でも、『加工』出来ます。
 獣の形をしたスタンドは、『実体化している』のが前提として……
 そのうえで……そこはもう、スタンドにもよるのではないでしょうか?
 通常通りダメージのフィードバックがあり、獣が死ねば本体も死ぬなら、
 加工するもなにも『仕留めた瞬間に解除される』ことになるでしょうし……ね」

>・『加工品』だが、例えば鹿を剥製とする場合。その向きや体勢は
>こちらの任意で作成する事は出来る?

「あまりに不自然でなければ……『可能』です。
 剥製への加工は、『体勢選び』も含めて加工ですし、ね。
 討たれた姿勢のままの剥製なんて、あんまり見ないでしょう?
 イエ、剥製に詳しいわけではないんですけども…………」

>・『加工品』は、食料として作成する場合。包装などされず
>調理された品がそのまま仕留めた地点に野晒しな状態で発現する?
> 出来れば、紙皿か何かに置かれて欲しいけど。

「紙皿は……『加工品』に必要なものでは、ありませんからね。
 少し『野性的』が過ぎるかもしれませんが、『野ざらし』ですよ。
 『毛皮』を『下に敷く』形で加工すれば、代用にはなる、か……と」

>・『加工品』は実体化スタンド?

「エエ、元の物体が実体のあるものなら……間違いなく、そうなりますね」

>・>持続時間は『30時間』に及ぶ。射程が持続時間を超えると強制解除
>もしかして、これは本体である私が睡眠など休息しても持続される?

「キミが寝てしまえば、スタンド自体が解除されます。
 気絶なども同じですね……つまり、答えは『いいえ』です」

179 リカオン『アタランテ・オーバーチュア』 :2019/09/21(土) 20:27:40
>>178

自由じゃない、か。けど、鳥は空を舞えるけど海の美しさは知れない
魚は逆も然り、地上に住む者達もそうだよね。
 突き詰めれば生きとし生ける者は全て何かしら縛られている。
でも、私は君と出会えたし 片割れとも、ようやくこうして支え合えるんだ。
これに勝る喜びや無しだよ。
回答有難う、引き続きお願いするよ

・『加工品』について、もう少し掘り下げたい。
仕留めた獣が原材料であるなら、例えば牛であるなら
牛の皮で作った袋にチーズや牛乳を入れると言う風に発現出来る?
また、遺骨ダイヤモンドのような物も作成可能だろうか?

・少し意地の悪い質問になるけど構わないかい? 私が海でニシンを捕獲する。
それを『シュールストレミング』として加工するとする。
こう言う腐敗と言うか醗酵が最高のポテンシャルの品って物凄い臭い状態で
発現されるのかな? それとも缶詰内だから激臭なのであって、私の
スタンドで仕留めた限りでは普通に美味しくて匂いはそんなにきつくない?

・パソコンとかには記載されてないが、私がこれから巡り会うであろう
生物の中には、今まで見た事ないものや絶滅危惧種や既に絶滅した生物も
居るかもしれない。その場合、本来は存在しないが、加工としては可能であろう
その生物での衣類や加工食品を作成するのは可能でしょうか?

180 『音仙』 :2019/09/21(土) 23:35:27
>>179(リカオン『アタランテ・オーバーチュア』)

>・『加工品』について、もう少し掘り下げたい。
>仕留めた獣が原材料であるなら、例えば牛であるなら
>牛の皮で作った袋にチーズや牛乳を入れると言う風に発現出来る?
>また、遺骨ダイヤモンドのような物も作成可能だろうか?

「前者については、可能です。……もちろん、乳が出る牛に限りますが。
 それと、牛乳は可能ですがマヨネーズは無理です。『二次加工品』ですので」

「後者……『遺骨ダイヤモンド』に関しては、明確に『ノー』ですね。
 確かに動物を加工して作るものではありますが……なぜか。
 シンプルな話で……キミは『加工業者』でなく『猟師』なので。
 もう少し細かく? そうですね、エエ、まあ……言ってしまえば単純ですが、
 遺骨ダイヤは……今ネットで調べましたけど、『炭素を抽出』して作るそうで。
 要は、そうした『特殊な技術』『一般的でない装置・機械』が必要な加工は不可能です」

>・少し意地の悪い質問になるけど構わないかい? 私が海でニシンを捕獲する。
>それを『シュールストレミング』として加工するとする。
>こう言う腐敗と言うか醗酵が最高のポテンシャルの品って物凄い臭い状態で
>発現されるのかな? それとも缶詰内だから激臭なのであって、私の
>スタンドで仕留めた限りでは普通に美味しくて匂いはそんなにきつくない?

「いえいえ、そう意地悪でもないですよ。
 シンプルに、『発酵が進みすぎていない』、本来の食べごろの状態が『最高』です。
 缶に入れて面白半分に過剰に発酵させた状態は、『最高』ではないですね。
 ……ちなみに、シュールストレミングはその最高の状態でもそこそこ臭いそうですケド」

>・パソコンとかには記載されてないが、私がこれから巡り会うであろう
>生物の中には、今まで見た事ないものや絶滅危惧種や既に絶滅した生物も
>居るかもしれない。その場合、本来は存在しないが、加工としては可能であろう
>その生物での衣類や加工食品を作成するのは可能でしょうか?

「あり得る範囲でなら、可能ですよ。
 ……ふふ、『リョコウバト』の肉でも獲れたら、差し入れてくださいね」

181 リカオン『アタランテ・オーバーチュア』 :2019/09/25(水) 23:53:54
>>180

ふむ、ダイヤは駄目か。乙女の端くれとしては少々残念と感想述べるよ。
絶滅してない時代に赴くのであれば、間違いなく君に贈るとも。
例え巡り合っても、狩り時でないし その生命(いのち)が生きる定めで
あれば生かすのが私の役目だからね。

・発現出来る罠は、日本の法律で許される範囲であるなら。例えば箱状の
囲い罠であれば、地面に接触してない場所でも発現は可能? そして
これは網でも同様だろうか?

・銃器は手放せば強制解除されるので、それ以外の狩猟道具の話になるのだが
これが私を襲おうとする存在が無理に鹵獲して使用した場合も同様に
強制解除されると考えて良い?

・道具の任意解除の視界に収めるのは。ガラス等の遮蔽物
ライフルのスコープ等の道具を介しても問題ない?

182 『音仙』 :2019/09/26(木) 00:22:01
>>181(リカオン『アタランテ・オーバーチュア』)

>・発現出来る罠は、日本の法律で許される範囲であるなら。例えば箱状の
>囲い罠であれば、地面に接触してない場所でも発現は可能? そして
>これは網でも同様だろうか?

「空間に罠を固定する……ということでしょうか?
 イエ、それは……不可能ですね。
 そういう現象は、彼女の力の範疇外ですので」

>・銃器は手放せば強制解除されるので、それ以外の狩猟道具の話になるのだが
>これが私を襲おうとする存在が無理に鹵獲して使用した場合も同様に
>強制解除されると考えて良い?

「キミ以外の人間には扱えません、が……
 解除されるのは、銃について手放した場合だけですね。
 ほかの道具と違い、銃は『射程が手の中に限られる』形です。
 鹵獲した他人が使おうとすると、『作動しない』……という事になりますね」

>・道具の任意解除の視界に収めるのは。ガラス等の遮蔽物
>ライフルのスコープ等の道具を介しても問題ない?

「可能ですよ。ただし『防犯カメラ』や『写真』では、収めたことになりません」

183 リカオン『アタランテ・オーバーチュア』 :2019/09/26(木) 09:10:43
>>182

>空間に罠を固定する……ということでしょうか?
・御免っ 聞き方が悪かった!
例えば、猪に鹿を捕獲する箱罠を発現するとして。それを私の頭上の位置に
箱罠の出入り口が入るように宙で出現させるのは可能か聞きたかったんだ。
ヒッチコックのように、全方位から思わぬ奇襲があるかも知れないからね。
こう言う事が出来たら、咄嗟に罠の防壁で命拾いが出来る。

>鹵獲した他人が使おうとすると、『作動しない』……という事になりますね
・↑は因みに、解体ナイフ等でも同様?

・発現出来る猟銃は、狩猟する為に扱う物であるなら暗視スコープ
フラッシュライトなどの付属器具も一緒に発現可能?

184 『音仙』 :2019/09/26(木) 11:28:09
>>183(リカオン『アタランテ・オーバーチュア』)

>例えば、猪に鹿を捕獲する箱罠を発現するとして。それを私の頭上の位置に
>箱罠の出入り口が入るように宙で出現させるのは可能か聞きたかったんだ。
>ヒッチコックのように、全方位から思わぬ奇襲があるかも知れないからね。
>こう言う事が出来たら、咄嗟に罠の防壁で命拾いが出来る。

「道具は設置状態で発現されるわけではないのですが、
 何もない空中に突如出現させられるわけでもなく、
 スタンドの手から、発現される形になります。
 よって、そのような防御がしたいのであれば……
 あらかじめ、頭上に手を構えさせておくしか無いでしょうね。
 その状態から罠の出入り口を頭上側に向けて発現する事は、可能ですので」

>・↑は因みに、解体ナイフ等でも同様?

「ピンと来ない、かと思われますが……同様ですね。
 ナイフの機能、すなやい斬れ味が全く発揮されません。
 もちろん、鈍器にはなるでしょうけど……ね」

>・発現出来る猟銃は、狩猟する為に扱う物であるなら暗視スコープ
>フラッシュライトなどの付属器具も一緒に発現可能?

「銃で言えば弾丸、スリングショットであれば玉。
 あるいは……元々スコープが付いているライフルなど、
 機能を果たすための最低限は『付属』として一緒に発現可能ですが、
 本来付いていない場合は、2つ目の狩猟道具としての発現が必要ですね」

185 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2019/10/01(火) 00:33:48

「やあ、『音仙』さん」

「お土産が無くて申し訳ないけれど、次には持ってこれると思う」

「次が有れば、だけど」

「質問が有るんだ、どうも僕の力では及ばない事のようだから。」

※脚部の鎖を解除し、四本の脚で『走ったり』『跳んだり』する場合
 その際のスぺックはスタンドの如何なるスぺック相当か。

 明確な高さ、速度などが有れば知りたい。

「『ビルの屋上をパルクール』とか『スパイダーマンごっこ』だとか、あまり、想像したくないのだけど」

「どうも困りそうだから、お願いします。」

186 『音仙』 :2019/10/01(火) 01:46:32
>>185(斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』)

「お久しぶりです――――エエ、お気遣いは、無くても。
 あれば嬉しいだけで……義務のようには、思わなくていいんですよ」
 『次』があることのほうが、よほど嬉しいんですから……ネ」

「さて、それではお答えしましょうか……よく、耳を澄ませて」

                   キィィィーーーーーーーーーーーーーーン ・・・

>※脚部の鎖を解除し、四本の脚で『走ったり』『跳んだり』する場合
> その際のスぺックはスタンドの如何なるスぺック相当か。
> 明確な高さ、速度などが有れば知りたい。

『スピードB以下、Cよりは上』相当。
あいまいだが、『スCには勝てるがスBには届かない』程度である。

明確な高さ、速度については『状況次第』。
スタンドの『スピードB』が『時速何キロか』が確定でないように、
数値化してこの場で示せるものではないが、基準としては・・・

スピードB→『垂直飛びで2mの跳躍』
        『小型二輪並みの速度』(※)

というものがルール上存在し、
人類の世界記録が『1.2cm』〜『1.3m』とされるので、
環境が常識的なら、大まかに言えば『1.5m』ほどは跳べるものと思われる。
走行速度についても、おおむねそのような基準(※)となる。

※・・・ルール文であえて小型が指定されているため、その法定速度『時速60km』を想定。
    人間の現代での世界チャンピオンには勝りえるが、小型二輪の法定速度には追い付けない。
    すなわち『ウサイン・ボルト』の最高速度とされる『時速40km前後』は超えてもおかしくないが、『時速60km』を超える事はない。

187 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/16(水) 22:11:49

「こんばんは、『音仙』さん。
 少し質問が出来たもので立ち寄らせて頂きましたよ」

「そういえば、最近『占い師』の方にお会いしましてね。
 私も占ってもらったんですが、見事に看破されてしまいましたよ
 どうやら、なかなか『当たる』ようで――――
 おっと、世間話はこれくらいにしておきましょうか」

「まず『伏兵』についてですが、
 人間以外の生物が触れても『黒い兵士』に変わりますか?
 それから、本体である私が触れた場合はどうなるのでしょう?」

「また、『伏せたカード』を力で剥がす事は難しいとお聞きしました。
 それでは、『カード自体』を破壊される事は有り得るでしょうか?」

「質問に関しては以上です。
 ただ、それとは別に『お願い』がありまして…………」

片手を懐に入れる。
抜き出した手の中には『五枚のカード』があった。
『オルタネイティヴ4』を発現したのだ。

「ちょっとした『ゲーム』に付き合って頂けませんか?
 『能力』のテストをしてみたいのです。
 十分に理解するには、やはり実際に試すのが一番かと。
 私には、まだ他に『スタンド使いの知人』がいないもので」

その言葉には、多少の『嘘』が混じっていた。
正確には、『スタンド使いの知人』はいるのだ。
ただし、自分がスタンド使いだと他者に明かした事はない。

「承知して頂けるなら、『オルタネイティヴ4』の一枚を伏せます。
 その『図柄』を言い当てて下さいませんか?」

188 『音仙』 :2019/10/17(木) 22:55:14
>>187(比留間彦夫『オルタネイティヴ4』)

>「まず『伏兵』についてですが、
> 人間以外の生物が触れても『黒い兵士』に変わりますか?
> それから、本体である私が触れた場合はどうなるのでしょう?」

「『生物』ですので……人間以外も含まれます。
 また、『ダメージフィードバックがあるスタンド』も含まれますね。
 キミ自身が触れた場合は……残念ながら、何も起きません」

>「また、『伏せたカード』を力で剥がす事は難しいとお聞きしました。
> それでは、『カード自体』を破壊される事は有り得るでしょうか?」

「これは、あり得ますね。無造作に置いていたなら……
 キミのスタンドの脅威を知る相手なら壊すのを狙うでしょう。
 エエ、それを逆手に取って……狙わせるのも、また一興でしょうね」

「……さて」

              『シュルルルル』   
                          『ルルル』

女の背後に立つ『音響機器の大樹』――――
そこから伸びる『コード』のような蔦が、『音仙』の周囲に先端を漂わせる。

「私も『能力』を使うべきでしょうか……
 未知の相手が大半を占める、対スタンド使いの『実践』として?
 それとも、あくまで『使い手』を相手に……試したいだけか」

「どちらにしても……構いませんよ。とても、面白い話ですから……エエ」

189 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/17(木) 23:54:08
>>188

「大変参考になりました。
 それから、乗って頂いた事に感謝を」

「では、失礼して――――」

    ガタ
             シャッ
                      スッ
       
椅子を軽く引いて、そこに腰を落ち着ける。
五枚のカードを扇形に広げ、流れるような動作で一枚を引き抜く。
その一枚のカードが、テーブルの上に伏せて置かれた。

「お分かりとは思いますが、争いがしたい訳ではありません。
 先程も申しましたが、ちょっとしたテストのようなものです。
 どこまで予想を当てられるか、または外させる事が出来るか。
 それを試したいのです」

「ただ、一般人相手に試すのは混乱を招きますし、
 見ず知らずのスタンド使いでは『攻撃』と見なされる恐れがある。
 余計なトラブルを避けるために、
 『顔見知りのスタンド使い』である貴女にお願いしたのですよ」

「『能力』の使用に関しては、お任せします。
 ただ、『それ』を使われると『どうしようもない』面は否定しませんが」

『音仙』――どこか謎めいた彼女の『能力』について、
詳しくは知らない。
しかし、心の声を聴く事が出来るのは分かる。
『オルタネイティヴ4』も、そうして目覚めたのだから。

「一応『ゲーム』ですから、
 最低限のルールを決めておきたいのですが構いませんか?」

「私がカードを伏せ、貴女に触れて頂く。
 出てくる『黒い兵士』の図柄を予想して下さい」

「証明のために、何を伏せたかは『ここ』に書いておきます。
 一枚伏せる度にテーブルの隅に置いておきますよ」

    ビリッ

懐から革製の手帳を取り出し、ページを破り取る。
その紙面に、『伏せたカードの表面』を万年筆で書き付けた。
紙片を二重に折り畳み、
中身を見えなくしてからテーブルの片隅に置く。

「書いた内容は、『このゲームが終了した後』で御確認下さい。
 途中で、『ブラフ』を使う可能性がありますので。
 一枚ずつ確認するというのは、どうか御勘弁願います」
 
「『オルタネイティヴ4』は『五枚』ですね。
 最終的に『三枚当てられたら私の負け』――――
 という事ではいかがでしょう?」



【何を伏せたかは『暗号スレ』に順次書いておきます。
 ただ、途中でブラフを使う可能性がありますので、
 全てが終了した後で確認して頂ければ幸いに思います】

190 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/18(金) 00:55:15
>>189

「エエ、いい考えです……私も争うのは嫌ですし、
 一般人にも見えるとはいえ……事情を知らなければ、
 本気で興じてくれる人は少ないでしょうから……ネ」

女は眠たげに伏せていた目を半開きにし、カードを眺める。

「ルールを……一つ付け足しましょうか。
 『ウィスパーズ』の能力……『心の音』は聴きません。
 それは、出来るからといって……あまりにつまらない」

               フフ…

「その他の用法は……使う余地を残しますが、
 ま、『ウィスパーズ』は『中距離以遠』の力です。
 この、『心』が触れあうような距離では……
 出来ることは、そう多くはありません」

         『シュルル』

「せいぜい自衛程度……ささやかな。
 もちろん、その必要はないでしょうし」

   『シュルルル』    

         しまう
「あくまで……『解除』のが、億劫なだけ、ですので……ふふ」

幾本もの蔓が樹木から伸び、背後から『藤原しおん』を包む。 
何か意味があるのだろうか。それとも――――『ブラフ』か。

「…………あとは、エエ、キミの提案したルールで。
 あの……それと、これは先に言っておきますけど……
 私、『頭脳戦』はさほど、得意ではないので……ふ、お手柔らかに」

               「……それでは、始めましょうか。比留間さん」

191 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/18(金) 01:25:25
>>190

「正直に言うと、助かりましたよ。
 『心』を読まれるのは非常に困りますからね。
 誰でもそうでしょうが、私の場合は特に」

「言い忘れてしまいましたが、
 一つの予想が終わったら、
 その時に出ている『兵士』は解除させて頂きます。
 そして、『同じカード』は二度と出しません。
 ご存知のように、当てられた場合は、もちろん消える訳ですが……」

「私も得意という訳ではありませんからね。
 いわゆる『下手の横好き』という奴でして」

    ニコ

「では――――どうぞ」

テーブルの上にあるのは、表面の分からない『一枚のカード』。
片隅には、その『図柄』を書いた紙片が置かれている。
彼女が『カード』に触れたなら、そこに『黒い兵士』が現れるだろう。

「私なりに色々と考えてみたのですが――」

『ジョーカー』の使い方――
 それは『オルタネイティヴ4』の中でも、
 重要な位置を占めていると考えています」

「温存しておくべきか、それとも裏を掻いて最初に出すべきか……」

「これが『悩み所』でして。
 その辺りを掴みたいというのが、このゲームの『一番の目的』です」

192 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/18(金) 01:38:50
>>191

「こだわりがあるので訂正しますが……『聴く』ですね。
 『読心能力』ではなく……『心の音を聴く』能力。
 『だからどう』というわけでは、ないですけどね……エエ」

「……さて」

女は熱帯魚の泳ぐ水槽を横目に、薄い笑みを浮かべた。
カードを凝視するでもなく・・・『蔓』を何かに使うでもない。

「『ジョーカー』……」

「俗に、ですが……『切り札』とも……訳しますね。
 これがあるからこそ、キミの『オルタネイティヴ4』は、
 『全枚数』を活用できる……まさに理解通り、『重要』なカード」

「それに翻弄され、『道化』になるリスクも、ありますけど……」

            スゥゥーーー ・ ・ ・

「これから考える事は、多い……『1枚目』くらいは、
 難しく考えずに決めます。そうですね、『スペード』で」
 
               ピト

細い指先が、無遠慮に裏面の中心に触れる。

「これで……出てきた兵士が『解除されれば』、正解。
 されなければ……『正しい図柄』が浮かび上がりますが、
 もしかするとそれは、『ジョーカー』の偽りの図柄なのかもしれない」

「……もっとも、私の予想は『スペード』で変わりない、ですけどね」

現れるであろう『黒い兵士』の、予想を告げる。藤原には、タネも仕掛けも存在しない。

193 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/18(金) 18:25:39
>>192

「失礼しました。
 今後は間違いのないように気を付けますので、お許しを」

「さて…………」

          シュンッ

「『スペード』――――ですか?」

         ――――フッ

指先が触れた瞬間、『黒い兵士』が現れる。
だが、その姿が見えたのは一瞬だけだった。
次の瞬間、『兵士』は煙のように掻き消える。

「『正解』です。見事にやられてしまいましたよ。
 やはり貴女は手強い方だ」

「それでは――――次は『これ』にしておきましょう」

            スッ

再び『一枚のカード』がテーブルに伏せられた。
『表面の図柄』を書いた紙も、一枚目の紙片の上に置かれる。
自分が出した『カード』を見下ろしながら、おもむろに口を開く。

「おっしゃる通り、まさしく『切り札』ですね。
 私も、そう思います」

「だからこそ、『ジョーカー』を当てられるのは相当な痛手ですからね。
 私としては、何としても避けたいと考えている訳でして」

「かといって、温存しすぎるのも良くない。
 『枚数』が減った後では、
 『偽り』の効果は大きく落ちてしまいますから」

「ですから――――
 どちらかというと『早い段階』で出すのが良いんじゃあないかと。
 今ちょうど、そんな事を考えていましてね」

             ニコリ

「――――どうぞ」

194 『音仙』 :2019/10/19(土) 10:51:37
>>193

「いえいえ……誰でも、間違える事はありますよ。
 特に、『知らない事』については……当たり前に。
 だから『知ってる事』を増やすのが重要なんですね。
 ふふ……私の『ウィスパーズ』の原点も、あるいは、
 そこなのかも……百聞では足りないなら、『千聞』を」

消えた黒い兵士に、穏やかな笑みを向けた。

「あら……これは、『偶然』ですよ?」

      ニコ…

「『1/5』ですから、こういう事は起こり得ます。
 純粋に『数』で押したいのであれば…………エエ。
 相手に『図柄当て』の性質を『教えない』ような、
 ある種スタンドの本質から遠い立ち回りも…………
 ふふ、1つの『知略』と言えるのかもしれませんね」

果たして、どうなのだろうか?
何らかの手段で『知っていた事』なのか…………
それとも、本当にただの『1/5』に過ぎないのか。
心を聴く女のスタンドは何ら動きを見せていない。

「良い、話術です…………ああ、とても迷ってしまう。
 『ジョーカー』の言い当ては『解除』に繋がる以上、
 キミにとっても、敵にとっても意識せざるを得ない」

       スゥー………       ピト

「ですが…………そうですね、ここは『ダイヤ』を。
 私は、慎重で。『ジョーカーを2枚目で使う』と、
 もし当てられれば残りの『3度』は単なる『運試し』になりかねない」

「そういうのは…………『面白くない』のではないかと、愚考しました。
 ふふ、嘘を愛するキミであれば……とはいえここで『ジョーカー』を使い、
 もし私が外した場合の『快感』は、それこそたまらないでしょうから……
 そちらを取ったとしても、何も不思議はない。つまり今回も、『運試し』
 ま、そもそも『ジョーカーじゃなければ何なのか』は、完全に運ですよ……ネ」

「さて…………どうでしょうか」

比留間の顔を見ながら…………スタンドはやはり動かず、
彼女の指先が『カード』に触れ、そして予想を口にした。

195 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/19(土) 18:30:18
>>194

「『図柄当てを教えない立ち回り』――――ですか。
 確かに、おっしゃる通りですね」

「相手や状況によっては、
 そちらの方が有効になる場面もあるように思います。
 『強化』は魅力的ですが、
 必要のない場面でリスクを背負う事はありませんね」

「『駆け引き』の手段として、大いに参考になる御意見です。
 お蔭様で、また一つ勉強させて頂きましたよ」

    ニコ

「『ダイヤ』…………ですね?」

        ――――シュンッ

伏せられた『カード』に代わって、『黒い兵士』が姿を現す。
しかし、先程のように解除されない。
『兵士』の胸には、『ハート』のスートが刻まれていた。

「正直な所、内心は冷や冷やし通しでしたよ。
 二回連続で当てられてしまったら、
 もう後がなくなってしまいますからね」

「これで『一対一』ですか。
 どうにか追いつけたようで一安心しましたよ」

               フッ

テーブルの上から、『兵士』が消えた。
もちろん任意解除したのだ。
残った三枚の『カード』から一枚を選び出し、抜き取る。

「では――――『三枚目』をどうぞ」

               スッ

これまでと同じく、『カード』が静かに伏せられる。
また、折り畳まれた紙片がテーブルの隅に置かれた。
それから、先程のように『カード』の上に視線を落とす。

「最初が『スペード』で、さっきが『ハート』でしたね。
 つまり『スピード』と『射程距離』の『強化』は消えた訳ですか」

「残る『強化』は『破壊力』の『クラブ』か『精密性』の『ダイヤ』か……。
 ケースバイケースですが、
 荒事において決定打に成り得るのは、
 やはり『破壊力』の割合が大きいでしょうかね?」

「もし、これが『ゲーム』ではなく『実戦』だとしたら…………
 『破壊力』の強化は是非とも獲得したい『報酬』ですね」

196 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/19(土) 23:45:12
>>195

「スタンド戦闘は、それ自体が『情報戦』――――
 そこにさらなる『情報量』を注ぎ込むキミの能力は、
 使い方次第では非常に恐ろしい効果を発揮する、かと」

「どんどん勉強してください……ふふ。
 『強いスタンド使い』が多いに、越したことはない」

現れた兵士を見上げ、消えたそれに合わせて顔を下げた。

「ああ……」

落胆した声色に、嘘はないだろう。
心が聴けなくても、卓を挟んだ『比留間』にならそれが分かる。

「二度連続……偶然で当たるのは、出来すぎていますもんね。
 これで『互角』――――いえ、キミに『有利』になったと言えるでしょう」

「残りカードは三枚ですが……『可能性は四択』。
 『ジョーカーを使った場合』と『使っていない場合』を、
 私は並行して考える必要がある……こうなると、難しい」

                      フイ フイ

彼女の迷いを代弁するかのように、
蔓先が揺れ……揺れ…………

「三枚目は」

             『ポンッ』

                        スゥ  ・・・   

その先に『スピーカー』を備えた花が開くとともに、指先がカードに触れた。

「『ジョーカー』で。どうでしょうか……君は今、『ジョーカー』に触れなかった。
 ダイヤとクラブにだけ……あえて説明をしたのは、『思考誘導』のため?
 ふふ、この『杞憂』も狙い通りであれば実に……見事ですね。それはそれで、楽しい」

「あるいはもしキミが今さっき、『二枚目』に使ったのが、
 『ジョーカー』だったら……最高に、爽快な気分でしょう。ネ……」

その声は彼女の口から――――少し遅れて、重なるように『花』からも聞こえる。
それに意味があるのだろうか。それとも何の意味もない……『混乱』を狙った行動、だろうか?

197 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/20(日) 01:33:48
>>196

「ええ、確かに私は『ジョーカー』に触れませんでした。
 その点については、おっしゃる通りです」

「この『カード』は――――」

          シュンッ

卓上に『黒い兵士』が実体化する。
胸に刻まれているのは『菱形』のマークだ。
解除はされなかった。

「――――『ダイヤのカード』です」

「『クラブ』を出そうか迷ったのですが、
 念の為に『ダイヤ』を選ばせて頂きました。
 まだ選ばれていない『クラブ』よりも、
 既に指名されている『ダイヤ』の方が、
 宣言される確率は低いのではないかと考えたもので」

「何の根拠もありませんが、もし自分が同じ立場なら、
 『直前と同じカード』は心理的に選びにくいと感じました」

    フゥ――――ッ…………

「残りは『二枚』――――ですね」

                     …………スッ

深呼吸すると同時に、『ダイヤの兵士』が消えた。
残り二枚となったカードの内、『一枚』を抜いてテーブルに伏せる。
紙片も同じく片隅に置かれた。

「何か賭けている訳でもないのに、
 実際にやってみると想像した以上に緊張するものですね。
 これが『実戦』でなくて幸いだったと、心から思いますよ」

「まず強制解除された『スペード』は確実に正解です。
 三回目の『ダイヤ』が『ジョーカー』でなかった事も間違いない」

「考えられる可能性としては、残る二枚の中に『ジョーカー』がある。
 もしくは、『ジョーカー』は既に使っている」

「しかし、枚数が多い時ほど有効な『ジョーカー』を、
 ここまで使わずにいる事は考えにくい」

「そうなると――――」

「いえ…………この辺りで止めておきましょう」

「では――――どうぞ」

198 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/20(日) 02:36:23
>>197

「あぁ……考えすぎでしたか、どうも、そういう節があって。
 しゃべりすぎてしまうのも……考えすぎてしまうからなのかも?
 単に『もう使ってるから無意識に言い忘れた』だけかも、知れないのに」
 
「ま、私に限らず……勝手に『騙される』事は、よくあります。
 考えすぎたり、前提を間違えていたり……『勘違い』ですね」

「これは、騙す側にも困るもの……相手が『今、どう考えてるか』を探るのも、
 実戦では重要かもしれませんね。今回は……そこまでの時間は無いですが」

                「さて……」

           スゥ…

『四枚目』に手を伸ばす。
触れずに、『比留間』の目を見据える。

「キミの思考は……『論理的』ですね。
 確かに、二度連続で『ダイヤ』とは言いづらい。
 間違いありません……私も、そう思います。
 ……『直前と同じカードは選びにくい』」

         フゥ ・・・

「その言葉も『誘導』だとすれば――――?
 私が『言葉の裏を読む』タイプであると分析し、
 そのような罠を仕掛ける事も可能でしょうから、
 あるいは……その可能性もあるのかもしれない」
 
「もしかするとさらに深く……『捻くれた』私を読み、
 選びにくいと言えば『選んでくる』と読んできたか。
 ……フフ、『騙される』というのも、たまには悪くない」

                   ぴと

「今度こそ、『ジョーカー』では……?
 これを外せば、私の負けですがね。ふふ」

199 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/20(日) 03:39:05
>>198

「先程の『三枚目』ですが――『考えすぎ』ではありません。
 よく気が付く相手であれば、
 『ジョーカーに触れなかった部分』を突っ込んでくる」

「――そして、貴女は『よく気が付く方』だと理解していますので。
 『ダイヤ』を出したのは、
 万一『ジョーカー』が選ばれなかった時の『保険』です」

    ニコリ

「では…………」

          ――――シュンッ

『四枚目のカード』が『四体目の兵士』に変化する。
現れた兵士は卓上に佇んでいる。
胸にあるのは『クラブ』のスートだ。

「『誘導』は――――否定しません」

「貴女なら、『まだジョーカーを握っている』と考えるのではないかと」

「しかし、最終的には『賭け』である事に変わりはありませんでした」

            フッ――――

静かに佇む兵士が、煙のように消え去った。
手の中に残ったのは『最後の一枚』だけだ。
おもむろに、それをテーブルの上に伏せる。

「一枚目の『スペード』、三枚目の『ダイヤ』、四枚目の『クラブ』」
 この『三枚』が消えました」

「残る可能性は『二つ』だけ。『ハート』か『ジョーカー』か」

「もし宜しければ、最後までお付き合い願えませんか?」

「ここに残った『最後のカード』。
 その『図柄』を予想して頂きたいのです」

「この経験を今後の『糧』にするために――――是非とも」

蔓の先に芽生えている『スピーカー』を備えた花を見つめる。
彼女が『能力』を使ったとは考えていない。
使われたとして分かるかどうかは定かではない。
ただ、彼女は自ら宣言した『ルール』を守る人間であると考えている。
決して長い付き合いがある訳ではないが、
その点に間違いはないと感じる。

200 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/20(日) 19:46:00
>>199

「ああ、流石…………『本業』の方は違いますね。
 スタンドという分野では先達でいるつもりでも、
 それ以外ではそうはいかない……だから面白い。
 そこまで、読まれていたのであれば……エエ。
 この負けも…………『悔い』は無い、と言えますよ」

「……さて」

         『シルルル…』

「もちろん、喜んで。これは勝ち負けを決めるためじゃなく、
 キミの『テスト』としてのゲーム……負けたくらいで臍を曲げて、
 途中で投げ出すのは……ふふ。私としても、もったいないです」

まさしくコードのように『蔓』が木に巻き戻り、
先端の花は、散るように崩れて、解除される。

散る前と、散った後で、何一つ変わったものはない。
能力は……発動していなかった、ということなのだろう。

「最後は…………エエ、やはり『ジョーカー』に、しましょうか。
 これは、そうですね、逆算のような考え方になりますが…………
 この最後に……5枚目にジョーカーを出す意味は、複数あります。
 温存していたか……ジョーカー『無しで』戦う訓練のために。
 あるいはより直感的に、スートを揃えてからジョーカーを出したい、
 そうした『本能』的な話も……全く無意味な考察ではないでしょう」

       クル

毛先を指で巻くように弄りながら、思考を語る『藤原』。

「逆に、ジョーカーを2枚目に出す動機は、私には読めませんでした……エエ。
 強いて言えばスペードを当てられた焦り、くらいでしょうか?
 もっとも、キミくらいの方が……焦りで策を決めるとは思えないですから。
 …………あるいは、キミが運否天賦を『活かす』タイミングを読み切っていた、か」

        ピト

やがてその手が、カードに触れる。

「……実戦では、より多くの要素が……
 キミにも、キミの敵にも付加されます。
 射程が遠ければハートを選ぶかもしれない。
 敵がキミより速ければ、強ければ、細やかなら。
 ……こうした形で『試しておいた』ことは、
 必ずキミの『糧』になるでしょう…………ネ」

あとは……答えが出るだけだ。
最後に、ジョーカーを残していた。それが藤原の選んだ答え…………果たして、その結果は。

201 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/20(日) 21:20:59
>>200

「『本業』ですか?『司法書士』ですよ。
 そういえば、貴女にはお話していませんでしたね」

「いえ、お褒め頂いた『意味』は分かっています。
 『そちらの方』は――
 『趣味』と言いますか『生き甲斐』と言いますか……」

「ありがとうございます。
 私としても、最後までやり切りたいもので」

    ニコ

「机上の『ゲーム』と『実戦』は違う。
 まだ私には経験がありませんが、
 想像の及ぶ限りの理解はしているつもりです」

「貴女のおっしゃる通り、
 相手の力や周囲の状況によって『手』を変える必要が出てくる。
 そちらの経験も、いつか機会が訪れるかもしれません」

「その時のために、今回の経験は大いに参考になりました」

『実戦』で試したい気持ちが全くないというと『嘘』になるだろう。
しかし、自分は他者と争う事を好まない。
積極的に『機会』を求める気は、今の所はなかった。

「『ジョーカー』――――ですね?」

            シュンッ

『黒い兵士』――最後の一体が姿を現す。
胸には『ハート』のスートが刻まれていた。
その事実は、先に発現していた『ハートの兵士』が『偽り』であり、
『二枚目』に出したカードが『ジョーカー』だった事を意味する。

「『二枚目』に『ジョーカー』を使った動機は、幾つかあります」

「たとえば『A・B・C・D・E』の『どれかに印を付けて下さい』と言うと、
 多くの人が『C』を選ぶ。
 全ての確率が平等なように見えて、
 実際は『C』が選ばれる確率が他よりも図抜けて高い。
 人間の心理というのは『真ん中』を選びやすいそうでして」

「だから、『三枚目』が『最も危険』だと考えました。
 次に危ないのは『最初』と『最後』です。
 『真ん中』が選ばれやすいのと同じ理由で、
 『始め』と『終わり』というのは心理的に選ばれにくい」

「ですが、『裏を読む相手』なら――――
 逆に『一枚目』か『五枚目』に『ジョーカー』が来ると考え、
 不意打ちで指名するかもしれない。
 だから、『一枚目』には『ジョーカー』を出しませんでした」

「相対的に『安全』だと思えたのは、『二枚目』と『四枚目』です。
 しかし、『四枚目』に出したのでは、
 『ジョーカー』の持つ旨味を活かし切れない」

「以上が、私が『二枚目』に『ジョーカー』を出した理由です。
 『ジョーカーを出した』ような事を口にしながら、
 『本当にジョーカーを出す』のは勇気が必要でした」

「ただ、もし『ジョーカーだ』と言われてしまうと非常に困りますから。
 だから『ジョーカーを出した』と口にしたのです。
 相手が『シンプルな思考』の持ち主なら『逆効果』ですが…………」

「――――貴女は、そうではなさそうに見えましたから」

202 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2019/10/20(日) 21:53:11
>>200

「『司法書士』……ということは『法』に明るいんですね。
 不勉強なもので……エエ、あまり私にはなじみのない分野です。
 以前『お聴きした』時は……『深奥』を聴くことに夢中でしたので、
 こうした形でキミの人生を聞くのは……なかなか、興味深いです」

「私達はスタンド使いですが……
 ふふ……スタンドだけが、人生じゃないですものね。
 あるいは、スタンドにつながった精神だけが……
 その人間をあらわすものではないように……」

藤原はぽつぽつと言葉を紡ぐ。
それから――――現れた『兵士』を見た。
本物の『ハートの兵士』――――『騙されていた』。

「ああ…………きれいに、やられてしまいましたね」

全ての蔓が、木の中へと収納されていく。
枝葉が作り出す木陰だけが今、『大樹』の創り出すもの。
 
「『二枚目』、なるほど……そう説明されれば、実に『妥当』です。
 私としても……勉強になりました。スタンドを使う事に慣れても、
 こうした『智謀』の能力は……なかなか、身につかないものですから」

          ニコ・・・

「そうした意味でも……とてもとても、楽しい時間でした。
 私と遊んでくれる人は、けっこう……少ないですから……ネ」

203 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2019/10/20(日) 22:32:00
>>202

「もし今後、『登記』や『訴訟』などで法的な書類作成が必要の際は、
 我々の事務所にご相談を頂ければ。
 もっとも、私が見た所、そんな必要はなさそうですね」

    ニコリ

「こちらこそ非常に楽しく、
 そして『意義』のある時間を過ごす事が出来ました。
 改めて感謝を申し上げます」

             ガタ

「いつの間にか、随分と長居をしてしまったようですね。
 いつまでもお邪魔している訳にもいきませんし、
 お暇させて頂きましょう」

                    ヒョイッ

そう言って、椅子から立ち上がる。
同時に、『ハートの兵士』がテーブルから飛び降りた。
テーブルの片隅には、五枚の紙片が重なった状態で残されている。

「では、失礼致します。
 そうそう、今は『射程距離』が『20m』になっている筈でしたね。
 帰る道中で、その点も少し試してみる事にしますよ」

    スッ――――

「それでは」

別れの挨拶を告げ、一礼する。
そして、出口の方に向かって歩いていく。
その姿が扉の向こうに消える直前、
本体の足元を歩く『ハートの兵士』が立ち止まり、
『藤原しおん』に『敬礼』した。

204 『音仙』 :2019/10/20(日) 23:10:39
>>203

「さあ……どうでしょう、私も普通に人間ですからね。
 スタンドの世界は『法』の通じない世界ですが、
 本体が人間である以上……縛られる部分もある。
 今後そうした悩みが出てきたら、キミを贔屓にしましょう。
 法に強い友人は……ちょっとあまり、思いつきませんしね」

             ニコ…

「エエ、では……またいつでも。
 いろいろ試してみると良いですよ……
 その、もちろん、他人とトラブルにならない範囲で」

             「……ふふ」

                      スゥ

敬礼に小さく手を振り返し――――それから『紙片』を見て、笑みを浮かべた。

205 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/10/27(日) 18:43:19

             パタタタタタッ

「コンニチハ。イラッシャイマセ。オカエリナサイ」

    ズギュンッ――

「『音仙』さん、いかがお過ごしですか?
 私自身も、私の『ハロー・ストレンジャー』についての理解が深まったように感じましたわ」

「今日は幾つか補足したい部分がありますの。
 お答えを頂きたいですわ」

・要するに両腕は『翼』になっていると考えてもよろしいかしら?
・『蹴爪』の大きさや鋭さなどは如何ほど?
・ヴィジョンが傷付いた場合、修復の時間や条件はどんなものでしょう?
・ヴィジョンを出しっ放しにしたとして、大体どれくらい維持していられますの?
・『鳥語』は『他の鳥』――たとえば『カラスやハト』には通じますかしら?
・『リアルタイムの再現』の『その場にいる人間』というのは、実際に目に見える範囲内にいる必要があるのでしょうか?
・『過去の再現』の場合、『鳥の特徴』は残ると考えてよろしくて?
・『過去の再現』の場合も、『一つの言葉につき短い再現』という認識で正しいかしら?

「七つ目と八つ目の質問は、実際にやってみる方が早いですわね。
 しばらく前に、駅前で拾いましたのよ。
 『小鳥のスタンド』を持つ人間でしたわ」

「『マァ ワタシニ ニアウモノガ アレバ デスケドネ』」

(ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453647631/844)

「どうです?能力を使ってから使い終わるまで、
 客観的に見て、どのようになるかを解説して頂けますかしら」

206 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/10/27(日) 22:30:12

「そうそう、もう一つありましたわ」

・『蹴爪』が生えている位置を教えて下さいますか?

207 『音仙』 :2019/10/27(日) 23:33:29
>>208-209(ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』)

「冬が近づいてきたので、防寒に力を入れております。
 キミは……羽毛があるので、私よりは寒さをしのぎやすい?
 それとも、その、インコは『寒さ』に弱い……のでしたっけ?
 いずれにせよスタンドを発現している間は、問題ないでしょうけれど」

                     キィィィーーーーーーーン

「それでは……お答えしていきましょう」

>・要するに両腕は『翼』になっていると考えてもよろしいかしら?

「手指などは、存在しますね。
 翼のような骨格ではなく、『腕に羽毛が生えそろっている』形になります」

>・『蹴爪』の大きさや鋭さなどは如何ほど?
>・『蹴爪』が生えている位置を教えて下さいますか?

「『かかとの上のあたり』と言えば、分かりやすいですかね。
 大きさは、ちょうどキミの足の『中指』ほど……
 鋭さは『肉』を切るには十分で、骨を断つのは難しいでしょうね」

>・ヴィジョンが傷付いた場合、修復の時間や条件はどんなものでしょう?

「『一晩』眠れば元に戻っていますね。
 ダメージフィードバックがないスタンドは、
 この点も有利です……エエ、キミの怪我に影響されないので」

>・ヴィジョンを出しっ放しにしたとして、大体どれくらい維持していられますの?

「『2時間』は問題なく持続しますね。それ以上は、コンディションにもよるでしょう」

>・『鳥語』は『他の鳥』――たとえば『カラスやハト』には通じますかしら?

「通じる鳥もいれば、通じない鳥もいるでしょうね。
 基本的な鳥とは、話せるのではないでしょうか……」

>・『リアルタイムの再現』の『その場にいる人間』というのは、実際に目に見える範囲内にいる必要があるのでしょうか?

「同じ場を共有する人間……『声を張り上げずとも肉声が届く範囲』とお考え下さい」

>・『過去の再現』の場合、『鳥の特徴』は残ると考えてよろしくて?
>・『過去の再現』の場合も、『一つの言葉につき短い再現』という認識で正しいかしら?

>「どうです?能力を使ってから使い終わるまで、
> 客観的に見て、どのようになるかを解説して頂けますかしら」

「――――能力を使った時、キミは『瞬時』に『その女性』の姿に変化しましたね。
 そして『言葉を言い終え』……時間経過。ハイ、元に戻りました。これも『瞬時』。
 私はその女性を知っていますが……似てはいましたが、『見分け』は付きました。
 なぜなら『鳥の器官』が残っているため……『ではなく』、再現精度の問題です。
 鳥の器官については、『過去の再現』の場合でも問題なく『隠す』事が可能ですね。
 その相手を知らない相手に化けるのであれば、これでも問題はないでしょう……エエ」

208 『音仙』 :2019/10/27(日) 23:42:27
頭部に本体を格納する『実体化した人型スタンド』。
鳥語を人語に翻訳出来るが、あえて『鳥語で人語を再現する』ことで、
その再現もとになった人間の姿を、このスタンドのヴィジョンに再現できる。

『ハロー・ストレンジャー』
破壊力:C スピード:B 射程距離:E(格納)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:B

【本体】
1.本体は『羽衣セキセイインコ』である。
2.飛行能力を有するが、パワーは人間より著しく低い(概ね『E』相当)
3.インコの中でも知性が高く、人間社会の文化をある程度以上把握できている。
4.鳥の言語を理解できるが、相手の鳥次第では理解できない(GM次第)

【基本情報】
1.人型のスタンド。発現した瞬間、本体はこのスタンドの頭部の中に格納される。
  格納される頭部の中は、外的要因がない限り『羽衣セキセイインコの生息に最適』な環境を保つ。
  外部が高温、低温、および何らかの危険な状態にあっても、これは変わらない。
2.格納された瞬間から、本体はこのスタンドの体を操り、目や耳、五感で周囲を知覚するようになる。
  視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚は把握できるが、ダメージフィードバックが無いため痛覚は無い。
3.スタンドは実体化している。ダメージフィードバックは存在しない。スペックは『パス精CBC』。
  損傷などは本体の負傷状況とはリンクしておらず、本体が一晩眠れば原則的には再生する。
4.外見は『20代の人間女性』に見える。ただし背の首回りに『羽衣』があること、
  両腕は通常の人間と同じ形状だが『羽毛』に覆われていること、両足のかかとの上に『蹴爪』があること等、
  数か所が『鳥風』になっていることが異質。蹴爪の大きさは足の中指に等しく、肉なら容易く引き裂ける。
5.衣服も『羽毛』で形成される。服のデザインは、スタンドを発現しなおせば変更する事も可能。
6.腕の羽毛、および首周りの羽衣により『5m』ほどまでの高さからなら『滑空』し『軟着陸』出来る。
7.実体化した人型は人間に近い質感だが、『内部構造』などは存在しない。『実体化したスタンド』に過ぎない。
8.羽衣の辺りからいわゆる『インコ臭』がする。悪臭ではないが特徴的なので、『人間じゃない』とバレる可能性はある。
9.連続で発現し続けられるのは『2時間』〜長くて『3時間』ほど。
 
【発話】
1.このスタンドには『翻訳』能力があり、『人語』と『鳥語』を自由に発話し分けることが出来る。
2.本体の思考をそのまま『人語』として出力できるし、従来通り『鳥語』として発する事も出来る。
3.そして、あえて鳥語で人語を『再現する』事も出来る。これは後述する『能力』にも関わる。
4.人語と鳥語の発し分けは、『単語単位』で切り替え可能。一文字ごとに切り替えたりは出来ない。

【再現】
1.鳥語で今迄に聞いた人語を『再現』(要:ソースとしてURL)することで、
  その言葉を発した人間の姿をヴィジョンで『再現』することが出来る。
  ただし最初の再現についてのみ『単語一語』ではなく、『2つ以上の単語で構成された発話』を再現する必要がある。
  再現を行っている時、羽衣、羽毛、蹴爪などといった鳥の特徴を残す器官も一時的にスタンドのヴィジョンから消失する。
2.その場にいる人間など『リアルタイム』での再現の場合、ヴィジョンが服装なども含め、ほぼ100%その人間の姿に変化する。
3.その場にいない人間の言葉、つまり過去に聞いた言葉の再現の場合、『限りなく似ているが、よく知ってる人間にはバレる』程度の再現率。
4.見た目のうち、『外からは見えない部分』は、『その場にいる=肉声が張り上げずとも人間』の場合のみ再現できる。
5.言葉を一つ再現するたびに、短時間だけ再現できる。同じ言葉を連続で再現しても伸びないが、別の言葉を再現すれば伸びる。
6.メタ的に言えば、『毎レス1つ以上は対象の言葉の再現を挟んでいれば』その相手の姿を維持し続ける事が出来る。
  また、『単語2つ以上で構成された発話』を再現した場合は、次の1レスは再現を挟まなくても維持する事が出来る。
  但し、極端に経過時間の長い、または短いレスであるとGMが判断する場合は、GMの裁量で変動させてもよい。
7.同じ発話を再現に複数回使用する事は出来ない。『一旦再現を途切れさせた場合』は、『30分後』には再利用が可能になる。
8.におい、スタンド能力、特殊な体質、持病、雰囲気、口調など、見た目と無関係な部分は再現できない。ただし『声』だけは真似られる。

209 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/10/28(月) 23:20:11
>>207
どうもありがとう。よく分かりましたわ。
もう幾つか、お尋ねさせて頂きますわね。

・ヴィジョンがダメージを受けても出血はないと考えて正しいでしょうか?
・ヴィジョンの髪色や目の色などはどうなっているかしら?

私も防寒対策は万全にしております。
先日、『バードヒーター』を買って来た所ですの。
素晴らしい品ですわ。便利なものですわね。
ただ、そこから離れられなくなるのが欠点ですけども……。

210 『音仙』 :2019/10/28(月) 23:35:00
>>209(ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』)

>・ヴィジョンがダメージを受けても出血はないと考えて正しいでしょうか?

「ええ、その通りです」

>・ヴィジョンの髪色や目の色などはどうなっているかしら?

「色合いは、そうですね……キミに似ています。
 能力に関わる部分では、ありませんけど」

★設定は自由とする。

「へえ……ああした鳥用のグッズは、しっかり鳥にもありがたいものなのですね。
 人間の自己満足……あるいは健康なだけで邪魔だったりはしないようで、安心しました。
 マ、私は鳥は飼ってませんが……そうですね、あの水槽の魚がヒーターを本当に喜んでいるのか、
 ほんの少し悩むことがありますから…………けれど、生きるのに便利なら、ありがたいのでしょうね」

「少なくとも私には……この『人間ヒーター』……
 もとい足元ヒーターは、とてもありがたいですし……」

211 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/05(火) 22:17:58

    ガチャ

「こんにちは――――『ハーピー』ですわ」

「…………いえ、『ブリタニカ』でしたわね。
 ここでは『秘密』にする必要も意味もない。
 先程まで『街』にいたもので、つい間違えてしまいました」

「また一つ、お聞きしたい事が見つかりましたの」

「五メートルの高さから滑空して地面に降りるのは問題ないですわね?
 それでは、十メートルの場所から滑空して、
 五メートルの場所に着地する事は出来ますか?」

「本体の私は傷付かないとはいえ、
 『試してみる』のは無謀すぎますし……。
 お答えを頂きたいですわ」

           ゴソッ

「それから、これをどうぞ。旬の林檎です」

「この間、私も『学校の近く』で食べました。悪くない味でしたわ」

212 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/08(金) 00:56:57
>メール欄

213 『音仙』 :2019/11/08(金) 01:50:57
>>211-212(ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』)

「ああ、どうも――――そちらの名前も、『聴いて』おりますよ。
 必要に応じて顔を、名を使い分けるのは、人間もよくやること。
 キミの『観察眼』と『知恵』には、驚かされるばかりです……ブリタニカさん」

「さて……と」

         キィィィーーーーーーーン 

>「五メートルの高さから滑空して地面に降りるのは問題ないですわね?
> それでは、十メートルの場所から滑空して、
> 五メートルの場所に着地する事は出来ますか?」

「エエ、これも可能です。
 『5mの高低差なら大丈夫』という事なので……
 同じように、15mから10m、20mから15mも可能ですね」

          ス…

「リンゴ……そういえば、旬は今頃でしたか。
 ふふ、ありがとうございます……いただきましょう」

                   トン

「またいつでも……ここはいつでも開いております。いらしてくださいね」

214 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2019/11/23(土) 20:34:00

  「大変ご無沙汰しております……。
   覚えておいででしょうか?小石川です」

  「今日は、少しお話をさせて頂きたいと思い……
   この場所へ足を運びました」

  「――聴いて頂けますか?」

小人達と
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1454252126/81-177

廃校にて
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1459695075/601-809

奇妙な集まり
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1454252126/406-550

冬の出来事
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049904/182-387

  「……私の心持ちは変わっていません」

  「『彼』と交わした『約束』を、これからも守り続けるつもりです」

  「その『きっかけ』を与えて下さったことに……
   改めて心からの感謝を申し上げます」

215 『音仙』 :2019/11/25(月) 04:45:26
>>214(小石川文子)

「……………………………『スーサイド・ライフ』」

「キミの心の中からそれを聴き出してから、
 とても……長い時間が経った気がしますね。
 キミはその時間の中で多くの使い手と出会い、
 いくつもの『事件』や『謎』を超えてきた。
 私の元で生まれた『スタンド使い』の中でも、
 間違いなく…………傑出した一人と言えるでしょう」

        キィィィィーーーーーーーーー ・・・

「…………」

「さて」

    ィィィ

       イィィィイイイイイイイ

            ィィィーーーーー  ・・・・・・

「………………」

「少しだけ……イエ、それはもう埋まろうとしている。
 キミは『次の段階』に進む時が来ている……
 今日、今すぐではありませんが……本当にもうすぐ」

       ニコ…

「小石川さん……きっと、必ず…………『またいらしてくださいね』」

216 花菱蓮華『スウィート・ダーウィン』 :2020/03/17(火) 23:15:11

「よお、ちょいといいかい?
 急ぎじゃあないんだが、少し聞いときたい事があってよォ」

「『偽死弾』をスタンドに当てたら、
 その影響が本体に伝達されるってのは分かってる。
 もし『本体とダメージが繋がってねえヤツ』にブチ込んだら、
 どうなっちまうのかねえ?
 例えばだけどよ、ソイツが自分の意思や感覚を持ってるんなら、
 それで惑わせたり出来ねえもんかと思ってなァ」

「あとは……『スタンドで作られたモノ』とかな。
 そういうモンが『偽死弾』で壊せるかどうか知っときてえ。
 『実体化』してるんなら、
 無生物と同じように出来るんじゃねえかと考えてるけどよォ」

「そんぐらいだな。
 手ぶらってのも何だし、土産を持ってきたから置いて帰るぜ。
 『チョコレートケーキ』だ。『六切れ』入ってる」

「ああ――忘れるトコだったが、『一切れ』が『辛いヤツ』だ。
 『ロシアンルーレットケーキ』だとよォ」

217 『音仙』 :2020/03/18(水) 03:40:25
>>216(花菱蓮華『スウィート・ダーウィン』)

「ああどうも……お久しぶりです。
 エエ、かまいませんよ。
 難しい問いでもありません……私にはね」

        キィィィーーーーン ・・・

「『スタンドが意志を持つ場合』は……
 『スタンドにだけ偽死を与えられます』
 もちろん、相手次第で特例はあるでしょうが……ね」

「そして『意志を持たず、かつダメージフィードバックのないスタンド』や、
 『スタンドが作り出した物体』などは……無生物と、同様になります。
 『偽死が効かない相手は、無生物と同じ』……そう考えても良いでしょう」

                スッ…

「手土産……これはご丁寧に。
 ただ、その……イエ、ありがたく……いただいておきましょう」

                       キィィ ――――――  ・・・

「……キミもどれが外れかは、知らないのですね。まあ、それは、そうでしょうけど」

218 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/03/30(月) 00:17:02

「――どうも、『成長の確認』に来ましたよ。」

千切れたマフラーを元にした赤いスカーフ、黒のライダーズジャケット
軍人風に短く整えた頭髪は、瞳と同じく真っ黒そのもの。

「……まあアレから色々在りましたけどね、夏祭りでデートしたり音楽室でお茶したり理科室でホタテ食ったり」
「湖で釣りしてー、後輩と窓からフライハイしてー、メイド(?)に不法侵入されて、カナリアに林檎あげて」
「ターボ少女と追いかけっこしたり、交通事故現場目撃したり、剣道少年と一緒に喧嘩したり」

「……うん!言ってて解るけど前に言われた事の『条件』まるでクリアできてないな!」

改めて羅列してみると、この町はだいぶ愉快な事件起り過ぎである、どうにも口角から苦笑が漏れる

「むしろ寮の部屋に帰った時に、知らない内に放置してた衣服やら下着まで奇麗に皺ひとつなくアイロンがけされているという恐怖が増えただけだコレ。」
「あとはカウンターで殴り返してきたイイ根性した先輩と……『同じような事情』の友人が増えたくらいですね、彼の方がよっぽどマトモそうですけど。」

「……それと。最近夢見が悪かったのと、何故か100万円が転がり込んできた事くらい…?」

こうして思い返すと『思いで』はちゃんと作れているのだ
それが僕の求める『奇跡』へ届けば万々歳、届かないというなら諦めて放り投げ、別の道を探すのみ、五年前からずっとそうしてきた筈。
何処までも合理的に、回り道等考えず。前へ前へ……例えそれで死んでも その時は自分がそこまでだったという話

他人の迷惑になると解っていても、自分に嘘をつかないのなら歓喜の中で死んでいける……筈だ、その時になって見なければ解らないが
存外、自分というのはあっさり死ぬかもしれない、多少の応用に頼って戦えたとしても、それが通じず、或いは失敗すれば、死ぬのは理不尽でなく道理だろう。

「――失礼、騒がしくして……あ、此方八女の玉露と虎屋の羊羹です、お口に合えば それでは。」

219 <削除> :<削除>
<削除>

220 『音仙』 :2020/03/31(火) 02:09:46
>>218

「――――どうも、キミの『音』が聴きたかった頃でした。
 それに、羊羹も……食べたかった。エエ、どうもありがとう」

                  フフ…

「さて。軽く『耳に入れて』はおりましたが……エエ。
 とても、色々な経験を積んでいらっしゃる。
 日常の中で……『人間関係』を育みながら、
 『初めての体験』も、いくつも積んでいる……
 かけがえのない『思い出』『仲間』……ですがそれは、
 そう、キミの考え通り、『人生を変える』ものではない」
 
「イエ、もちろん積み重ねればいつかは……変わるでしょうけど。
 ですがスタンドの成長には、往々にして『爆発的変化』が求められます」

     キィ

         ィィィ

               ぃぃーーーーーーーーー

「それが……『積み重なった今の先にあるのか』それとも『ある日に突然で合うのか』」

「『成長』の時は読めないのですよ、良くも悪くも……ネ。
 能力が変わる……『強くなる』とかではなく『変化する』には、
 変わりたいという気持ちと同じくらい、『想像を超える』何かがいる。
 そういうものなのです……それを『意図して望む』のは、だから難しい」

    「一人で望んで成し遂げる『心変わり』では足りないほどに。
     ……それにしても。『100万円』は羨ましいですが……夢、ですか。さて」

                       ィィィィイィイイイイイイ  ・・・

「例の…………いや? なんでしょう、キミ……『何か』……イエ。
 ハッキリと分からない、音かどうかすら……『不思議』ですね、『不条理』だ」

             「……はて、さて」

「一応聞いておきます。最近…………何か、おかしな存在に出会った覚えは?」

221 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ :2020/03/31(火) 03:43:43
>>220

(この人も羨ましいとかがあるのだなあ…当然か。)

「?……『いいえ』 恐らく、会っていたとしても」

「それこそ、『夢のように』忘れているでしょう。」

「……何故そんな事を?」

222 『音仙』 :2020/03/31(火) 20:53:10
>>221

「………………そうですね、少なくともキミが会ったり、見聞きしたわけではない」

藤原しおんはそう言うと、指先を斑鳩の胸に向けた。
か細い指には『コードの蔦』が絡まり、『マイクの花』を咲かせ、
そこから雑音を響かせる……そして萎れ、蔦もまた巻き戻るようにして消える。
  
「いえ、キミの心に…………『由来が分からない』音が、少しだけ、ありましたので。
 勿論心の変化の系譜、その全てを読み取ることは私には出来ませんけど、
 ……『ロスト・アイデンティティ』を『変える』までには至らずとも、
 何か……名残を残す程度には『響かせた』これが、果たして『何なのか』」

意味深な笑みを浮かべていたが、それはやがて困ったような顔に変わる。

「…………………私の知らないスタンド使いも、この町に増えつつありますのでね。
 それは自然な成り行き。喜ばしいことです……しかしその分、『分からない事』も増えていく。
 その影響かもしれません。誰かのスタンドを、既に受けていた……のかも。
 ああ、ご安心を。今現在まで何か、悪い影響が残ったりはしてませんので」

「…………さて、私の用も終わりです。お茶でも……飲んで行かれますか?
 エエ、もちろんペットボトルの麦茶とかじゃなく……キミの持ってきてくれたソレを」

223 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/04/12(日) 16:02:15

 「はい!音仙さん質問!質問が有ります!」
 「せわしないのは今すぐ許してください、実験中だったので!」

11.このスタンドの鎖同士は触れさせて意識すれば『連結』させられる。
連結部は鎖の輪と輪が融合したようになり、連結器などは発現されない。

 「って書いてありますけど『鎖の輪と輪』を重ね合わせるように連結もとい融合できますか!」

 「あと鎖の塊を振り回した『遠心力』で投擲した場合、スペック(パス精)はどの程度になりますか!」
 
 「……あ、他にも聞きたい事は多々あるんですけど前者の質問の可否で大分変わるので。今はこれだけで。」

224 『音仙』 :2020/04/14(火) 13:58:59
>>223(斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』)

                     キィィィィィーーーーーーーーーーーーーン ・・・

「………………成る程」

>「って書いてありますけど『鎖の輪と輪』を重ね合わせるように連結もとい融合できますか!」

「これは……『連結部は融合します』が、『鎖の輪全体が融合』はしません。
 つまり、キミの考えたことをすると……上下に二つ重ねた鎖と鎖の、
 接触部同士が、連結を念じた瞬間に『接着』されたように繋がり、
 また、それに『接着面』などは存在せず……『融合したようになり』ます。
 そう……『二つの鎖の輪が融合して、一つの輪になる』わけではないですね。
 『輪と輪が連結する』……つまりつながるのに必要なごく最低限の部分だけが、融合します」

>「あと鎖の塊を振り回した『遠心力』で投擲した場合、スペック(パス精)はどの程度になりますか!」

「これは、『遠心力次第』……と言えるでしょうね。
 『鎖を振り回す事で特別な効果が生じる能力』ではないため、
 キミの知るままの『ロスト・アイデンティティ』のスペックに基づいた上で、
 あとは鎖の長さ、物の重さ、回転数、勢い、状況に左右されるでしょう。
 細かい計算式とかは、私も知りませんし……キミも『感覚』でいいとは思いますが」

「場合によって(※GM次第)は投擲物の速度が『人間を超える(スB)』になる事はあるでしょうね。
 参考までに……『ハンマー投げ』は『7kg』の鉄球を、『時速100km』で飛ばすそうですし、
 『バイク(スB)』の走行速度に並ぶか超えるなら、それは極めて『強力』と言えるのでは……」
 
「『鎖の遠心力』……それを活かそうと考えられるキミの発想は、とても『強い』。
 『実際には不可能』とはいえど、『鎖の融合』による『体積の変化』を用いた、
 いくつもの『必殺』の発想も目を見張るものがある。私自身、それは『想定外』でしたから……
 キミの、『ロスト・アイデンティティ』を活かすに十二分の『応用力』……私も、僭越ながら『質疑』にてそれを手伝いましょう」

                    「つまり……分からない事や気になる事があれば、なんでも、いつでもどうぞ」

225 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/04/14(火) 17:17:36
>>224

 「ふむ…………」

 「こうなると融合状態が前提になる『即座の防御壁生成』『圧力増加による炸裂弾』『圧縮高温化による溶鉱炉』『それに伴う溶鉄の応用』はほぼ不可能か……」
 「参ったな、汎用性がた落ちだぞ、鉄球の投擲攻撃自体、基本の武器は威力、速度でなく弾数だし…一度の射撃数も精々同時に5発くらいが限度だな。」

 「んー……よし」

 「右手から伸ばした鎖の先端を、鉄球状に形成した際にさらに鎖を伸ばそうとした時、鉄球内の鎖を伸縮できます?」
 「それと全身を覆う鎖の密度の問題ですけど、全身の鎖を融合させて穴の無い鎧として形成する事は?」
 「後は……そうだなコレが一番の問題だな、鎖を接続しようとして、互いの鎖の通貨途中で接続を止めて、その鎖を分離させた場合鎖は外に弾かれます?それとも内に引き寄せられます?」
 「弾かれ方とそのパワー次第でうまくいけばコイルガンもどきが作れるな、目指せ弾速マッハ6.5。」

226 『音仙』 :2020/04/14(火) 18:14:35
>>225

>「右手から伸ばした鎖の先端を、鉄球状に形成した際にさらに鎖を伸ばそうとした時、鉄球内の鎖を伸縮できます?」

「鉄球……ええと、『鎖が球状になるように連結した』状態でしょうか。
 『球状にした部分』の内側に『空洞部』があるなら、そのスペースに伸ばす事は可能です。
 スペースがない状態で伸ばし続けて『内圧』を高める……といった事は、出来ませんね」

>「それと全身を覆う鎖の密度の問題ですけど、全身の鎖を融合させて穴の無い鎧として形成する事は?」

「頭部と両手足、また胴体から、合計で『5m』……
 『5m』で全身の表面積を隙間なく埋め、なおかつ、
 体がちゃんと動くような鎧に形成するのは『困難』だとは思います。
 ……不可能、と言い切りはしませんが、使いどころの難しい応用かと。
 『チェインメイル』のような物を作る事は、出来るかとは思いますがね」

>「後は……そうだなコレが一番の問題だな、鎖を接続しようとして、互いの鎖の通貨途中で接続を止めて、その鎖を分離させた場合鎖は外に弾かれます?それとも内に引き寄せられます?」

「『鎖と鎖を連結させている最中に、連結を中断する』場合、
 それは……『連結を解除させる』のと、特別な違いは起きません。
 どちらの場合も、鎖同士は『互いに離れる』ように、つまり『外に』弾きます。
 ただ、能力の肝はあくまで『連結』の方……連結解除に、特筆するような威力はありませんが」

227 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/04/14(火) 22:21:01
>>226

 「んーんー……鎧はやっぱり難しいな、関節部を分離して動かそうとしても……『纏うタイプ』とはいえやっぱり防御能力は度外視するべきか」
 「チェインメイルって言っても打撃には弱いし、仮想敵のスタンド使い大体素手だし、刃物防げても刃物持ってるスタンドのパワーBとかだと折れちゃうし、骨とか。」

 「そして爆弾の路線は完璧に捨てるべきですね近距離相手の迎撃を別に考えるか、足と射程で近づけないか。」

 「分離も其処までパワーが無い…斥力誘導式弾体加速構造体『チェーン・バレル』とか考えてたけど無理臭いなー」
 「融合無理ですって言われた時のムカデ砲の如く弾頭の分離を繰り返して加速を繰り返し、理論上は音速を突破する自信作だったんだけど。」

 「それじゃあ…『一度分離した1mの鎖を1m伸ばした右手首から伸びる鎖に再び接続しました、伸縮はどの部分とどれほどの距離できます?』」
 「『伸縮は一度に一か所までですか?それともいくらでも?』『伸縮の速度はスCで理解してます、ならパワーは?人の首絞め落とせます?もしくは千切り落とせます?』」

 「……続けて貰って有難いですけど今のところこのくらいですね、回答次第では別の応用見つけるんでまだ増えますけどね!」

228 『音仙』 :2020/04/15(水) 00:33:44
>>227

>『一度分離した1mの鎖を1m伸ばした右手首から伸びる鎖に再び接続しました、伸縮はどの部分とどれほどの距離できます?』

「キミに繋がる、切り離されていない鎖は、自由に伸縮可能ですよ。切り離して再度繋げた鎖も同じです」

>『伸縮は一度に一か所までですか?それともいくらでも?』

「特に制限はありませんが、『5本の鎖』……いえ、今は『6本』なので、強いて言えば『6か所』という事になりますかね」

>『伸縮の速度はスCで理解してます、ならパワーは?人の首絞め落とせます?もしくは千切り落とせます?』

「『ロスト・アイデンティティ』の基準値(パC)に同じですね、千切れはしないですが『絞める』には十分かと」

229 百目鬼小百合『ライトパス』 :2020/04/18(土) 09:06:04

「――――やってるかい?
 この間はアタシの話を聞いてくれてどうも。
 その時に、
 いくつか『言ってない事』があったんじゃないかと思ってねぇ」

「例えば壁に『線』を引いたとして、
 その『線に触れているもの』も、
 『地面の線』と同じように移動させる事が出来るかどうか、
 話したっけねえ?」

「それと、壁に『縦の線』を引いて、それに触れたものを、
 『上向き』に動かせるかどうかってのもあったね」

「あとは……『線』とアタシの間に『何か』がある時、
 その『何かの上』に乗る形で、
 アタシ自身を移動させる事が出来るかどうかも、
 話してなかった気がするねえ」

「ン、こんな所か……。
 どうも物覚えが悪くなっちまってね。
 全く、年は取りたくないもんさ。
 もし、また何か思い出す事があったら寄らしてもらうよ」

230 『音仙』 :2020/04/19(日) 19:57:13
>>229(百目鬼小百合『ライトパス』)

「エエ……キミの話は興味深い。どうぞおかけになって。
 ……そうですね、私としてもそれらは『聴いていない』。
 さあ……どうか、ご遠慮なくお話ください。私が『聴き耳』になりましょう」

>「例えば壁に『線』を引いたとして、
> その『線に触れているもの』も、
> 『地面の線』と同じように移動させる事が出来るかどうか、
> 話したっけねえ?」

「ああ、初耳です……『壁に引いた線』も、『地面』のそれと変わりはない、と。
 ただ……壁の場合は普段以上に『途中で逃れられる』可能性は高いでしょう。
 重力がある以上、跳躍しない限り触れ続ける事になる地面に対し、
 壁はほんの少し離れる動きをすれば、それで十分なのですから……ネ。
 無生物に対して用いる分には、その不安は無用ではありますけど……」

>「それと、壁に『縦の線』を引いて、それに触れたものを、
> 『上向き』に動かせるかどうかってのもあったね」

「それもまた『可能』……ですね」

>「あとは……『線』とアタシの間に『何か』がある時、
> その『何かの上』に乗る形で、
> アタシ自身を移動させる事が出来るかどうかも、
> 話してなかった気がするねえ」

「それは……エエ、可能なのですね。一応は。
 ただし、無策に行えば99%、振り落とされるだけの結果になるでしょう。
 特急電車の上に生身で立つようなもの……足をソレに強く固定して、なお危険。
 こればかりは、慣れでどうにかなる速度でもありませんし……扱いの、難しい手札ですね」

231 百目鬼小百合『ライトパス』 :2020/04/23(木) 03:44:36
>>230

「ハハ、付き合ってもらってどうも。
 こうしてアンタと喋ってる間に、また一つ二つ思い出したよ」

「アタシの『正道』なんだけどねぇ。
 それが『光の線』だってのは前に話したね。
 具体的な『明るさ』でいうと、
 どんなもんかっていうのは言ってたかねえ?」

「あとは……『線』は『真っ直ぐ』じゃなきゃならないかどうか。
 アタシが『曲がった事』が嫌いだからって、
 『直進』と『後退』しかした事ないって訳じゃあないしねぇ」

  カキンッ
          シボッ

                 フゥゥゥゥゥ――――…………ッ

「ええと、まだ何かあったかねえ……。
 ああ、そうそう……。これを聞いとかなきゃいけなかった」

「火を付けた後で申し訳ないんだけど、ここ『禁煙』かい?
 最近は何処に行っても吸える場所が少なくてねぇ……。
 おっと、つい愚痴っぽくなっちまったよ」

232 『音仙』 :2020/04/24(金) 00:03:49
>>231

>「アタシの『正道』なんだけどねぇ。
> それが『光の線』だってのは前に話したね。
> 具体的な『明るさ』でいうと、
> どんなもんかっていうのは言ってたかねえ?」

「『導きはしても、照らせるほどではない』……
 暗闇でも目立ち『どこにあるか』を見分けるには十二分ですが、
 光の線をもって、暗闇を照らすには不十分な程度……でしたね。
 キミ個人では『社会悪』を駆逐しつくすことは出来なくとも、
 その正道たる生き方で、多くの人間を助けてきたように……」

>「あとは……『線』は『真っ直ぐ』じゃなきゃならないかどうか。
> アタシが『曲がった事』が嫌いだからって、
> 『直進』と『後退』しかした事ないって訳じゃあないしねぇ」

「ええ、それも伺いました。キミの経験通り、『曲線』も描ける、と」

「ああ、おタバコはご自由に。私も……見ての通り、
 あまり、『健康』な人間ではありませんが……
 それは『健康志向ではないから』という部分も大きい。
 今は、換気もしていますので……煙くなるのも、ご心配なく」

「……私自身は、吸いませんケドね。肩身の狭さには、同情してます」

233 『天翔怒牙』vs『皇帝之意思』 :2020/05/09(土) 07:11:28
斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』に関する質問

>>224
>>「あと鎖の塊を振り回した『遠心力』で投擲した場合、スペック(パス精)はどの程度になりますか!」
>「これは、『遠心力次第』……と言えるでしょうね。
> 『鎖を振り回す事で特別な効果が生じる能力』ではないため、
> キミの知るままの『ロスト・アイデンティティ』のスペックに基づいた上で、
> あとは鎖の長さ、物の重さ、回転数、勢い、状況に左右されるでしょう。
> 細かい計算式とかは、私も知りませんし……キミも『感覚』でいいとは思いますが」

◇疑問
・これに関し、このような解釈が出てきているが、可能か?

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1588614433/45
> (それが摩擦、抵抗、質量の無い『鎖』なら?……冗談みたいな話だが、現実にそれがここに在る。人間の見果てぬ夢、不可能と断言された叡智)
> (もしこのスタンドを真似ようとしても、『茨』や『糸』では難しいだろう、自分のスタンドのように『スタンドを任意で切り離せて』『実体化で重心位置を調節可能で』『自身が有る程度操れる』都合のいい前提が必要なのだから。)
> (例え今のように、構造体が手首に収まる僅か数cmであろうと……『スタンド』という『あらゆる物理法則を無視し、慣性100%の高率で動く回転運動』と『そこから質量の無い鎖を切り離す事で、保持された慣性を失う事なく』)
> (理論上は……光速に至るほど質量が増大する以上は、光速を超えるまで回転の速度は上がるだろう――これが僕達の『無限の回転』だ。)

◇要点
・摩擦、抵抗、質量の無い『鎖』である。
・あらゆる物理法則を無視して、慣性100%の効率で動ける。
・光速まで加速できる。もしくは超える。

◇疑問点
・質量のない『鎖』はそもそも回せないのではないか?
・物体を加速させるのは、力であり、加速度である。質量がない『鎖』に、力をかけることはできるのか?
・そもそも、その鎖を『回している手の状態』はどうなっているのか?
・光速まで加速できる、のはあり得ない。『拡大解釈』の限度を超えている。
・スタンドのルール:『移動のルール』にスタンドはある程度、重力に縛られる記述がある。
 ttps://wikiwiki.jp/stand0wiki0/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB#m9d76e8e

◇こちらとしての解釈(提案)
> 『鎖を振り回す事で特別な効果が生じる能力』ではないため、
> キミの知るままの『ロスト・アイデンティティ』のスペックに基づいた上で、
・ここに重点を置く。
 『鎖』もまた『ロスト・アイデンティティ』の像の一部、体の一部も同然の存在。
 よって、『鎖』を扱う際には像の一部、体の一部を扱うのと、同じだけの負荷・法則が適用される。
 ゆえに、『ロスト・アイデンティティ』のスペックを大幅に上回る現象は、発生しえない。

234 『音仙』 :2020/05/10(日) 01:17:11
>>233(斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』)

>『鎖』もまた『ロスト・アイデンティティ』の像の一部、体の一部も同然の存在。
>よって、『鎖』を扱う際には像の一部、体の一部を扱うのと、同じだけの負荷・法則が適用される。
>ゆえに、『ロスト・アイデンティティ』のスペックを大幅に上回る現象は、発生しえない。

この解釈がおおむね正しい。該当する行動は『不可能』。
もちろん『理論上光速には達しない』というだけであり、
『鎖を回転させ続ける事で遠心力を高め、高速で投射する』事は『可能』。
ただし効果はあくまで『パス精CCB』という『ロスト・アイデンティティ』のスペックに準拠する。

>・摩擦、抵抗、質量の無い『鎖』である。
>・あらゆる物理法則を無視して、慣性100%の効率で動ける。

まず前提として、『ロスト・アイデンティティ』の鎖に、『特別な効果』は無い。
『スタンドの鎖』ではあるが、質問にもある通り『スタンド』にも多少なり『物理法則』は関わる。
確かにスタンドに実体は無いが、質問通り『質量も抵抗も無い』ならまず『普通には振り回せない』し、
振り回す鎖が何かに当たったとしても一切の威力が発生しない、という事になってしまう。
『能動的に何かに当てる』事が出来る以上、振り回すそれは『空気』に触れており、『摩擦や抵抗』もある。

>・光速まで加速できる。もしくは超える。

また、スタンドの行動のスペックは『破壊力・スピード・精密動作性』に基づく。
もちろん、工夫によって『スペックの範囲内』で効果的な行動を取る事は『推奨』される。

例えばだがボールを投げるにあたって『遠心力』を活かすなら『スCの範囲内で』速くなるし、
行動の説得力次第では『スBで適当に手投げする』よりも『効果的』と判定されても不思議ではない。

しかし、振り回し続けると『光速に達する』というのは明確に『スペックの範囲外』。
高い精密動作性により、『人間がただ鎖を振り回し続ける』よりは速くなるかもしれない。

235 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2020/05/16(土) 00:56:55

お久しぶりです……蝶が舞い すっかりと桜を愛でる暇もないまま
夏の火照りを感じる今日この頃です。
 マスカットはちみつシロップ漬けを、土産として持ってきました。
クロワッサンなどと共に添えて召し上がってくだされれば、と。

ご質問させて頂きます。

1:『シェル構造』というものがありますよね? 
卵の上に人が乗っても、割れない……私が空中に一塊で浮遊させた
リヴィング・イン・モーメントを一時的に足場に出来たりしないものか
考えた次第でして……可能でしょうか?

2:以前、水槽の中に水槽を作り耐久力を増させられるか? と言う具合に
質問をいたしましたね。
 あの話の延長線となり、申し訳ないのですが……私のスタンド六体で
一つのソフトボール大の『水槽』に五つのスタンドで水槽の壁を発現して
厚みを作るとしますね。
 この場合、普通に五体解除したら五つの水槽の壁も解除されますか?

3:…………思ったのですがね。この『水槽』の球体は謂わば『真球』でしょうか?

236 『音仙』 :2020/05/16(土) 15:16:12
>>235(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

「エエ、お久しぶりですね。キミの顔を見られて何よりです。
 お元気そうで……ああ、『お土産』のセンスも、健在ですね。
 食卓の色どりに、ありがたくいただきましょう……
 パンは切らしていますので、ヨーグルトか何かに添えて。
 イエ……別に、ダイエットをしてるわけではないですよ」

「……とまあ、話はさておき。お答えしますね」

>1:『シェル構造』というものがありますよね? 
>卵の上に人が乗っても、割れない……私が空中に一塊で浮遊させた
>リヴィング・イン・モーメントを一時的に足場に出来たりしないものか
>考えた次第でして……可能でしょうか?

「下に……『床』がない空中であれば、
 確かに『生卵に乗る実験』のように、複数の泡を一塊にしておけば……
 ほんのわずかな間なら『割れない』事もあり得ます。
 が、あの実験では『静かに、均等に』足を降ろす事が必要なように、
 高所からの落下など、勢いの付いたキミの体を受ければ割れるでしょうね。
 それに、『泡の持つ破壊力(D)』では……人の体重は支えきれないので……
 ごく、わずかな時間……しかも『ゆっくり、丁寧に』なら、乗る事は出来ます」

>2:以前、水槽の中に水槽を作り耐久力を増させられるか? と言う具合に
>質問をいたしましたね。
> あの話の延長線となり、申し訳ないのですが……私のスタンド六体で
>一つのソフトボール大の『水槽』に五つのスタンドで水槽の壁を発現して
>厚みを作るとしますね。
> この場合、普通に五体解除したら五つの水槽の壁も解除されますか?

「『水槽』は、それを作った金魚を解除すれば、解除されますね」

>3:…………思ったのですがね。この『水槽』の球体は謂わば『真球』でしょうか?

「『真球』というものはこの世に存在しない、そうです……本で読みました。
 この世ならざる力が生み出すキミの『水槽』も……『真球』とは、言えないですね。
 でも、とてもきれいな球形には見えます。いびつさで困る事は、無いと思いますよ」

237 『同心与力』vs『世中金哉』 :2020/05/22(金) 07:12:04
氷山あきは『エド・サンズ』についての質問です。

>【捕具】
>3.捕具の射程距離は『15m』。発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど。持続時間の限界は特に存在しない。
『捕具の発現速度』について、詳しく知りたいです。

①「発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど」というのは、どの時間を指していますか?
 A.『捕り具1を発現開始』してから『捕り具2を発現開始』するまでの時間
 B.『捕り具1を発現完了』してから『捕り具2を発現開始』するまでの時間

②捕具自体の発現時間はどの程度ですか?
捕具には最大数メートルの大型のモノがある、と分かっています。
 A.最大数メートルの捕具であっても、小さい捕り具であっても、発現時間は一瞬で統一。
 B.最大数メートルの捕具であっても、小さい捕り具であっても、発現時間は4秒で統一。
 C.最大数メートルの捕具と、小さい捕り具では、発現時間に違いが出る。

238 氷山『エド・サンズ』 :2020/05/22(金) 09:28:06
>>237
申し訳ありません 『エド・サンズ』について追加で質問をお願いします

【発現できる捕具について】
・発現できる『捕具』は『江戸時代』までに実在したものとのことですが
江戸時代以前に存在したものや 1860年代までに海外で使用されていた捕具は発現できますか?

・wikipediaの捕具の記事には ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E5%85%B7
臨時に捕具として利用した道具として『投網』・『煮えた粥』・『竜吐水』などがありますが
これらを発現させることはできますか?

・『弓と矢』のような複数のパーツに分かれた捕具を発現させた際に使用枠は何個分になりますか?
例:弓と2本の鏑矢、2本の紡錘矢を作成したとき
①すべて1セットとして作成されるため 使用枠は1個
②『弓』と『矢』というカテゴリで作成されるため 使用枠は2個
③『弓』と『鏑矢』、『紡錘矢』のカテゴリのため 使用枠は3個
④5個・・・・現実は非情である

・車内などの閉鎖空間にいるときに梯子などの大きな捕具を発現させるとどうなりますか?
①発現できない ②窓を突き破って発現する


【『大捕物』について】
・『大捕物』を本体である氷山を対象に発現させることはできますか?

・また、『大捕物』は複数個を同時に発現できますが
通常の『捕具』と『大捕物』を同時に使用することはできますか?

・『大捕物』発現の対象についてですが次のうち対象にできないのはどれでしょうか?
①氷山は『犯罪行為』を目撃したが『エド・サンズ』は見ていなかった相手
②現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度も高い相手
③現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度が低い相手
④完全に見ず知らずの一般人
⑤協力者のスタンド使いのスタンドの手の中

・『大捕物』で『捕具』を発現させる際に次のような形で発現させることはできますか?
①鉤縄などを突起が手のひらに向くような危険な状態で持たせる
②捕縛縄を手首などに巻き付かせるような状態で発現させる

239 『音仙』 :2020/05/22(金) 22:06:22
>>237-238(『エド・サンズ』)
>>【捕具】
>>3.捕具の射程距離は『15m』。発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど。持続時間の限界は特に存在しない。
>『捕具の発現速度』について、詳しく知りたいです。

>①「発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど」というのは、どの時間を指していますか?
> A.『捕り具1を発現開始』してから『捕り具2を発現開始』するまでの時間
> B.『捕り具1を発現完了』してから『捕り具2を発現開始』するまでの時間

指しているのは『B』。
他の器物を発現するスタンド同様『捕具』を出す事自体は瞬間的だが、
発現の『間』が約4秒あり、矢継ぎ早に捕具を出し続けることは出来ない、という事。

>②捕具自体の発現時間はどの程度ですか?
>捕具には最大数メートルの大型のモノがある、と分かっています。
> A.最大数メートルの捕具であっても、小さい捕り具であっても、発現時間は一瞬で統一。
> B.最大数メートルの捕具であっても、小さい捕り具であっても、発現時間は4秒で統一。
> C.最大数メートルの捕具と、小さい捕り具では、発現時間に違いが出る。

A。最大3m前後あるとされる『四方梯子』など大型の捕具も、発現自体は『一瞬』で可能。
より具体的には、『人間一人の手で扱える重さ』の範囲であれば問題ない。
なお『人間が一人では持てない・扱えないもの』は『捕具ではない』と見なす。

>【発現できる捕具について】
>・発現できる『捕具』は『江戸時代』までに実在したものとのことですが
>江戸時代以前に存在したものや 1860年代までに海外で使用されていた捕具は発現できますか?
 
江戸時代『まで』なので、江戸以前の日本国内の物は使用可能。
反面海外で用いられた物は、『エド・サンズ』の能力の範疇外となる。
(彼は『時代劇』の存在である)

>・wikipediaの捕具の記事には ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E5%85%B7
>臨時に捕具として利用した道具として『投網』・『煮えた粥』・『竜吐水』などがありますが
>これらを発現させることはできますか?

『不可能』。
発現出来るのは『捕具』を用途とするもので、
ごく稀に捕物に使う事もあった他の用途の品は、
捕物に使ったとしても『捕具』とは考えない。

>・『弓と矢』のような複数のパーツに分かれた捕具を発現させた際に使用枠は何個分になりますか?
>例:弓と2本の鏑矢、2本の紡錘矢を作成したとき
>①すべて1セットとして作成されるため 使用枠は1個
>②『弓』と『矢』というカテゴリで作成されるため 使用枠は2個
>③『弓』と『鏑矢』、『紡錘矢』のカテゴリのため 使用枠は3個
>④5個・・・・現実は非情である

弓矢など『組み合わせないと捕具と見なされない』物については、
セットが組み合わさった状態を『一つ』として発現することが可能。
弓矢の場合では、『矢が一本番られた弓』を1個とカウントする。
その上であえてバラして発現するのであれば、④ということになる。

備考だが、『エド・サンズ』自身はどんな捕具でも並の精度で使える。
ただ本体をはじめ、他の人間にそれらの取り扱いの心得を与える効果はない。

>・車内などの閉鎖空間にいるときに梯子などの大きな捕具を発現させるとどうなりますか?
>①発現できない ②窓を突き破って発現する

これは①であり、発現が出来ない。
物体を押し除けての発現自体が出来ないため、
大型の捕具の発現には十分なスペースが必要。

240 『音仙』 :2020/05/22(金) 22:06:32
>【『大捕物』について】
>・『大捕物』を本体である氷山を対象に発現させることはできますか?

可能。

>・また、『大捕物』は複数個を同時に発現できますが
>通常の『捕具』と『大捕物』を同時に使用することはできますか?

スタンドの手に発現しながら、周囲の人間にも同時に……というのは『不可能』。
スタンドに手に既に発現している状態から『大捕物』を行う事や、その逆可能。

>・『大捕物』発現の対象についてですが次のうち対象にできないのはどれでしょうか?
>①氷山は『犯罪行為』を目撃したが『エド・サンズ』は見ていなかった相手
>②現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度も高い相手
>③現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度が低い相手
>④完全に見ず知らずの一般人
>⑤協力者のスタンド使いのスタンドの手の中

①②④⑤。
①は視聴覚リンクがあるため、かなり考えにくいが『一応ありえる』。
詳細にあるが『捕具を無理やり持たせる』ような効果はないため、
④については理解を得た上でなければすぐに取り落とされかねない。
②で敵の『手を塞ぐ』のに用いる場合も、状況を選ぶ。

>・『大捕物』で『捕具』を発現させる際に次のような形で発現させることはできますか?
>①鉤縄などを突起が手のひらに向くような危険な状態で持たせる
>②捕縛縄を手首などに巻き付かせるような状態で発現させる

どちらも不可能。

241 『同心与力』vs『世中金哉』 :2020/05/23(土) 12:52:16
氷山あきは『エド・サンズ』についての質問です。

①捕具に『投卵子』というものがあります。
 中身を抜いた卵殻に、目潰し用の粉などを詰めたものです。
 投げつけて、『破壊されることを前提にした捕り具』なのですが……

 能力詳細では
>5.同時発現可能数は『5つ』まで。破壊されたり射程外になった物は、即座に解除される。
 とあるように、『破壊されたものは即時解除』と定義されています。

このような『破壊されることを前提にした捕具』はどのように扱われるのでしょうか?

 A.投げつけて、『投卵子』が割れた時点で、解除される。(目潰しとしてほとんど意味がない)
 B.投げつけて、『投卵子』が割れて、粉をばら撒いた後で、解除される。(多少意味のある目潰し)
 C.投げつけて、『投卵子』が割れて、粉をばら撒いた後でも、任意解除まで、粉などは解除されない。(かなり意味のある目潰し)

242 『音仙』 :2020/05/23(土) 23:02:24
>>241(『エド・サンズ』)

>①捕具に『投卵子』というものがあります。
> 中身を抜いた卵殻に、目潰し用の粉などを詰めたものです。
> 投げつけて、『破壊されることを前提にした捕り具』なのですが……

> 能力詳細では
>>5.同時発現可能数は『5つ』まで。破壊されたり射程外になった物は、即座に解除される。
> とあるように、『破壊されたものは即時解除』と定義されています。

>このような『破壊されることを前提にした捕具』はどのように扱われるのでしょうか?

> A.投げつけて、『投卵子』が割れた時点で、解除される。(目潰しとしてほとんど意味がない)
> B.投げつけて、『投卵子』が割れて、粉をばら撒いた後で、解除される。(多少意味のある目潰し)
> C.投げつけて、『投卵子』が割れて、粉をばら撒いた後でも、任意解除まで、粉などは解除されない。(かなり意味のある目潰し)

特例的な事例。『B』が近い。
スタンドが指す『破壊』の定義は『用途を果たせない損壊』だが、
破壊されなければ用途を果たせないものは、『果たし終えてから』解除される。
粉末であれば眼鼻や口に入るなり、命中せず風で霧散するなどして、その後消える。
(炸裂で生まれる『粉の飛散』という現象が完了するまでは、残る)

243 斑鳩 翔 :2020/05/25(月) 00:11:38

*nock nock*

 どうも、音仙さん 斑鳩です、確認に来ましたよー

 …………右腕が〜〜〜あるッ!オレテナーイ!
 あ、此方の紙袋はコーヒーのキリマンジャロ数杯分と抹茶のロールケーキです。お口に合えば。

 ぼかぁコーヒー嫌いなんですけどね、爺さんが豆にまで凝るタイプで。
 臭いは兎も角味はなー 毒にしか思えないんだよな……でも茶だとケーキの抹茶の風味が濃すぎるからな……。

 あ、確認の方は
 『全身に重量物の鎖を纏っている場合、それによる自身のスタミナに悪影響等があるか』
 『伸縮可能な起点は最大6との事でしたけど接続された一本の鎖につき1つずつか』
           
 それと
 『鎖同士の接続時に【鎖同士の側面が溶接のように接続する】【2つの鎖】を一つの鎖にする】【その両方(一つの鎖の中の二つの輪が、接触部分で溶接されたようになっている)】
 の3つが選択式か、自動的なチョイスか、或いは同時使用可能か?』の三本ですね。

 それと、コレ『皇帝』相手の戦闘記録です。
 一応成長の確認も 男子三日合わざれば何とやら?

 【帰ってきたセクションX-IIからの挑戦状『天翔怒牙』vs『皇帝之意思』】
 (ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1588614433/1‐100)

 ……右腕ですか?ええまあちょっと 『愚かな事』を でも不思議ですね、やってる事は極論、チンピラと殴り合いでも変わらないんですけど。
 実のところ、久しぶりに清々しい気分なんですよ こんな気分5年ぶりで。

 ――いいもんですね、胸を張って対等に戦えるっていうのは。 【人生に必要な物は二つ、親友とライバルだ なんてな。】

 ま、多分勝ったから負けた相手に恥じないように調子に乗って言えてるんですけどね!会話のオチー!

244 『音仙』 :2020/05/25(月) 01:31:08
>>243(斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』)

「コーヒーですか…………祖父さん、良い趣味をしてらっしゃる。
 ケーキも良いですね、抹茶味は好きです……ありがたくいただきますね」

>『全身に重量物の鎖を纏っている場合、それによる自身のスタミナに悪影響等があるか』

「体から伸ばしておける『5m』分なら、負担はほぼありませんね。
 切り離していない鎖は纏うヴィジョンの一部、とも言えますから……
 鎖の重量を重荷に感じず、キミのスペックを十分に発揮できるでしょう。
 あくまで『感じない』というだけで、質量は存在する……のは前にお答えした通り」 

「しかし切り離した鎖は『実体化スタンド物質』で、既にヴィジョンの一部ではない。
 『15m分』をフルで、例えば『チェインメイル』などにして身に纏えば、重荷になるでしょうね」

>『伸縮可能な起点は最大6との事でしたけど接続された一本の鎖につき1つずつか』

「エエ、その認識で間違いないです。
 一つの鎖の中で二か所を伸ばす起点にしたりは、出来ませんね」
           
>『鎖同士の接続時に
>【鎖同士の側面が溶接のように接続する】
>【2つの鎖】を一つの鎖にする】
>【その両方(一つの鎖の中の二つの輪が、接触部分で溶接されたようになっている)】
>の3つが選択式か、自動的なチョイスか、或いは同時使用可能か?』

「自動的に、【鎖同士の側面が溶接のように接続する】のが正解です。
 前にお答えしたように、『連結部は融合します』が、『鎖の輪全体が融合』はしません」
 
             きぃぃぃーーーーー  ・・・

「『成長』は、まだですね……良い『勝負』ではありました。
 それは間違いないでしょう。ですが……『死線』ではない。
 それに、『人生を大きく変える』には、その『一歩目』といったところ」

「『セクションX』は、キミにとって良い出会いです。……『天翔怒牙』。
 『エンターテインメント』集団の彼らから受ける影響は、大いに意味がある」

245 小石川文子『スーサイド・ライフ』 :2020/05/31(日) 09:03:10

  「……こんにちは」

        スゥッ……

  「『旅行』に――行って来ました……」
   
  「今……『戻った』所です」

  「『旅のお土産』はありませんが……」

  「せめて『お話』でも――と……」

  「――『聴いて』頂けますか?」

幻の町
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1552052081/1-753

  「私の心持ちは変わっていません」

  「いえ……」

  「『想い』は――」

  「『約束を果たす』という想いは……より強くなりました」

  「『必ず叶えたい』と――そう思います……」

246 『音仙』 :2020/06/02(火) 01:15:27
>>245

          キ

             ィイィィィ

                   ィィィーーーーーーーーーー

「初めに―――――――」


     ィィィイ

「キミがここに来た時。キミには深い迷いと、悩みがありました。
 私はそれに導かれ、『スーサイド・ライフ』を聴き出しましたね」

                ィィィ   ・  ・  ・


    『シャラッ ・・・』


「今……こうして再び、キミに『新しい音』を聴き出せる。
 そのことをうれしく思います……エエ、あの時とは違う。
 キミの言う通り……芯は変わらないまま、強くなった。
 キミは迷い、悩み、そしていつも優しく……しかし『甘く』は無い」

「現実をかみしめるがゆえに、誰よりそれに傷ついたものを『慈しむ』。
  ――――『傷つき』『傷つけられ』それでも、最後まで他をいたわる『心音』」

                         『 ・・・ シャラッ 』


「もう、見えるでしょう? ――――エエ、『第二の刃』」

「己を斬るだけではない……『他を斬る』刃、しかし『やさしい刃』です。
 傷を癒すわけではない、命を吹き込むわけでも……『断ち切り』『殺さない』」

               「さあ、お聴き下さい。
                その刃の名は……『ビー・ハート』」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

成長した小石川は――――『二振り目の刃』を有する。
元々の『スーサイド・ライフ』との同時発現しての二刀流も可能だが、
スタンドエネルギーが分散するためか、速度については常人並になる。

その刃は、一振り目、元々の刃と違い自身を容易く斬る機能は無い。
特別な能力が発揮されるのは、『他の生命体』を斬り付けたとき。
どれだけ刺しても斬りつけても血は出ず、痛みもなく、刃を離せば元通り。
そしてこの性質を以って対象の『部位』を『切断』することで、能力は発動する。
その斬撃で『切断』に成功すると、切り離した部分を小石川が『操作』出来る。

能力を解除する際、切り離されていた部位は崩れて消え、
切断面から切り離す前と等しい、元通りの部位が生えてくる。

――――即ち、『スーサイド・ライフ』の能力を『他者』に使用できる。
死を伴わぬ『自刃』の対となるのは、敵さえも傷付けず御する『不殺』の刃。

名は、『ビー・ハート』。

『スーサイド・ライフ』Suicide Life
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C→D

『ビー・ハート』Be Hurt.
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:D

『操作』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                         小石川 文子『スーサイド・ライフ』→『成長』。

247 『音仙』 :2020/06/02(火) 01:34:43
己の部位を『切り離す』事で、それを遠隔操作できるナイフと、
他の生命体の部位を『切り離す』事で、同じく遠隔操作できるナイフ。
解除時に切り離されたままの部位は崩れ、切断面から元通り『生え代わる』。

『スーサイド・ライフ』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:D

『ビー・ハート』
破壊力:C スピード:B 射程距離:D(2m)
持続力:C 精密動作性:B 成長性:D

『操作』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(10m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:―

【共通】
1.『ナイフ』のヴィジョンを持つスタンド。後述する二振りが存在する。
2.刃の強度は『パワーB』のラッシュを無抵抗で浴び続けると破壊される程度。
3.本体のこのスタンドの扱いに関する動作は、このスタンドを持っている限り『パス精CBB』と扱う。
4.二刀を同時に発現することもでき、その場合については『パス精CCB』と扱う。
5.斬れ味はよく研がれた包丁並。
6.能力の持続時間は『2時間』ほど。射程や同時に切り離せる数は後述。
7.ナイフを解除せずとも遠隔操作の全解除は可能だが、部位ごとに個別に解除することは不可能。

【スーサイド・ライフ】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手にだが、持ち替えなどは可能。
2.ダメージフィードバックは利き腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
3.自分の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。
4.このナイフで自傷すると出血や痛みはなく、切断に至らない傷は刃を離せば何事も無いように消える。
5.このナイフで自分自身の部位を切断し、『切り離す』事で後述する能力が発動する。

【ビー・ハート】
1.刃渡り『25cm』、全長『35cm』ほど。発現は利き手ではない手にだが、持ち替えなどは可能。
2.ダメージフィードバックは利き腕ではない側の腕。破壊されれば治るまでは発現できない。
3.『他の生命体』の体に限り、豆腐のように容易に斬れる。スタンドは、ダメージフィードバックを有するなら対象となる。
4.このナイフで他の生命体を傷付けても出血や痛みはなく、切断に至らない傷は刃を離せば何事も無いように消える。
5.このナイフで他の生命体の部位を切断し、『切り離す』事で後述する能力が発動する。

248 『音仙』 :2020/06/02(火) 01:44:55

【遠隔操作/性質】
1.これらの刃で切り離した『部位』は浮遊し、遠隔で、まるで自分の身体の一部のように操作できる。
2.同時に切り離しておける部位の数は、両の刃で『合計5個』まで。
  複数の部位を同時に操る事は、自分の身体でそれが可能な程度には可能。
3.部位の定義は『体の一部であること』以外は小石川次第。持ち主次第、ではない。
  なお、『切り離した部位からさらに部位を切り離す』ことは出来ない。
4.部位が受けた感覚は、痛み、視聴覚など、全て通常通りその部位の持ち主に伝わる。
  また、部位の位置は、小石川には常に感知していられる。持ち主には位置の感知は出来ない。
5.部位を操作するスペックは『パス精DCC』。
  それ以上や以下のスペックを持つ生命体・スタンドの部位であっても、そのスペックになる。
6.スタンドの部位については、発動に必要な部位を操作していても、『能力の発動』は行えない。
7.操作している部位はスタンドに干渉可。射程は本体から『10m』。その半分の『5m』まで浮遊出来る。
8.『本体の部位』には、このスタンドの刃を持たせることが可能。
  また、刃は本体の部位のうちいずれかの『2m以内』なら射程外にならない。
9.『スタンド使い』が部位に纏うスタンド、保持する器具型スタンドなどは、部位の切り離しで解除されない。
  また、対象自身の体に纏っている/持っている限り、切り離して遠隔操作しても原則『射程外』にならない。
  (★『スーサイド・ライフ』は射程2mだが、本体のいずれかの部位が2m以内なら解除されないのと同じ)

【遠隔操作/切断面】
1.切り離した切断面はガラス質な赤い平面状になっており、中は見えない。面と面を合わせる事でくっつけ直す事が可能。
2.部位側の切断面が破壊されると、その部位は操作できなくなり、また後述の『再生』の時間が伸びる。
3.体側の切断面が破壊されると、後述する解除時の『再生』が起きなくなる。

【遠隔操作/解除後】
1.能力を解除する、あるいは意識が途絶えるなどで強制解除された際、切り離されたままの部位は、即座に灰のように崩れて消える。
2.同時に、体側の『切断面』から、その部位が元通りに生え代わって再生する。再生しきるまで、生存に最低限必要な以外の機能は失われる。
3.再生時間は『40秒』。指のように小さな部位は『20秒』。部位側の切断面が破壊されていた場合は、その倍かかる。
4.同時に複数の部位が再生する場合、全ての部位は同時に再生する。時間は、『全ての再生部位の合計分』かかる。
5.重要な器官などが『崩れた』としても死亡はしない。ただし生存以外の機能は損なわれるため、頭部が崩れた場合は再生しきるまで思考すらできない。
6.切り離す前からついていた破壊や傷、影響は、部位が消えて『再生』しても引き継がれる。切り離してからの物は全て消える。
7.たとえスタンドをナイフごと完全に解除しても、この『再生』に関しては必ず発生する。強制解除された場合ですらも。
8.再生中についても、断面が露出している部分は、切断面と同じくガラス質な赤い平面状になる。そこを破壊されれば、再生は途中で止まってしまう。

249 小林『リヴィング・イン・モーメント』 :2020/06/02(火) 23:55:09
ペタ ペタ

「……ん、あぁ すみません。どうも顔面が一時削られたような
感触が残ってる気がして」 ニコ……

「少々ご質問と……今までの軌跡を少し明確にしたくて参りました」

1:対戦の中で指摘された事です。
『リヴィング・イン・モーメント』には『遠隔解除』は可能ですか?

2:水槽のガラス膜、これは破壊されれば。詳細通り、粉砕し
飛び散った部分の鋭利な部分が接触した箇所は、ガラス同等に傷つき
そして突き刺さっていれば接触してるガラス膜は数秒後に発現してた
液体として戻る認識で間違いない?


「……最近は、色々ありましてね。
私の親友が良く口にするアリーナと言う場所の武闘者に挑みましたし
(『刹那生命』vs『大海笑』【ミ】『闘饗事変』)
猫と謎掛けを、私を含めて三人で挑戦したり
(※『黄昏のS』【ミ】『フリー・ミッションスレッド』 その3)

……それと、薄っすらとですが。何処か現実とは違う場所で
誰かと一緒に、闘ってた気もします。白昼夢のようなものかも知れませんが」

「……どうしても、最後の事については思い出せません。
音仙さん。貴方でしたら、何かその取っ掛かりについても……
僭越ながら、お力を貸して貰って宜しいですか?」

250 『音仙』 :2020/06/03(水) 00:25:20
>>249(小林『リヴィング・イン・モーメント』)

「ああ……どうも。そうですか、『アリーナ』で戦ったんですね。
 キミの『リヴィング・イン・モーメント』は……真正面からの、
 かつ決まった戦場での、『公正』な戦いは不得手。
 とはいえ……その『不得手』の中で積んだ経験も意味はあるでしょう。
 謎解きについても、スタンドを用いたものではなかったようですが、
 敵の能力の謎を解く……それが『スタンドの扱い』に繋がる部分はある」

「『スタンドの成長』は、していませんけど……キミ自身は強くなっていく。
 逆に言えば、スタンドの成長には『死の覚悟を伴わない敗戦』や……
 『スタンドを用いない頭脳戦』だけでは、まだ、数が足りないのでしょうね。
 まあ、使い手のキミの成長は……『スタンドが強くなる』事と同等に、重要な事ですが」

>1:対戦の中で指摘された事です。
>『リヴィング・イン・モーメント』には『遠隔解除』は可能ですか?

「エエ……以前の『旅館』の一件でも、使った手ですね。つまり『可能』です。
 通常のスタンドには出来ない事ですが、キミのスタンドには出来ますね。
 解除による液体の飛散……それを武器とするゆえの、特性なのかもしれません。
 キミにはっきり伝えていなかったのは……私の『編集』ミスですね、すみません」

>2:水槽のガラス膜、これは破壊されれば。詳細通り、粉砕し
>飛び散った部分の鋭利な部分が接触した箇所は、ガラス同等に傷つき
>そして突き刺さっていれば接触してるガラス膜は数秒後に発現してた
>液体として戻る認識で間違いない?

「エエ、その認識通りです。
 『水槽が完全に破壊された場合、ガラス膜は数秒だけその場に残り、その後解除される』
 意味するところは、数秒間の間にガラス膜の破片が刺さったりすることは、有り得ます。
 そして能力が解除されれば……ガラス膜たらしめていた物が無くなるので、液体に戻りますね」

「……白昼夢? 夢について、最近よくお話を聞きますね。
 いえ、キミではないのですけど。……もちろん構いませんが、
 専門分野ではありませんので……ご期待には、沿えないかも」

251 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2020/06/03(水) 19:55:58
>>246

  「――……」

思いがけず『右手』に現れた『もう一つの刃』。
鋭利な刃先に視線を落とし、物思いに耽る。
この力の『意味』を――考えていた。

  「ありがとう――ございます」

『ビー・ハート』を解除し、刃を精神の鞘に収めた。
ふと、両手の『指輪』を見つめる。
それらと合わさるかのような『二振りの刃』を、
心の中に感じていた。

  「少しだけ……」

  「お話をさせて頂いてもよろしいでしょうか……」

1:『ビー・ハート』で自分自身を斬ると、どうなるでしょうか?

2:『ビー・ハート』の外見は、
  『スーサイド・ライフ』と同じと考えてよろしいでしょうか?

252 『音仙』 :2020/06/03(水) 22:16:24
>>251(小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』)

「『礼』は、私が言うべきなのでしょう――――あらゆる意味で」

「エエ、ぜひお話を……」

>1:『ビー・ハート』で自分自身を斬ると、どうなるでしょうか?

通常の刃物で切ったように、『斬れる』。

>2:『ビー・ハート』の外見は、
>  『スーサイド・ライフ』と同じと考えてよろしいでしょうか?

似ているが『見分け』はつく。
見た目の詳細などは、利便性を高めない範囲で自由。

「そう……『己を斬る事も出来る』。
 『ビー・ハート』は、キミに、それを『赦し』ています。
 ……あるいは『今ならばそれが出来ても、問題はない』。
 それもまた、キミの『成長』を反映した……特性なのかもしれません」

253 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2020/06/03(水) 22:57:18
>>252

『己を斬る事が出来る』――通常の刃物であれば、
ごく当然のこと。
しかし、『スーサイド・ライフ』には『不可能』なことだった。
そして、『ビー・ハート』は、それを『可能』にする。

  「『それが出来ても問題はない』……」

無意識の内に、その言葉を繰り返す。
両方の目を閉じ、また開く。
表情には、何事かを悟ったような色が浮かんでいた。

  「――少しだけ……分かったような気がしました」

  「この力の『意味』が……」

          スッ

椅子から立ち上がり、静かに出口へ向かう。
外へ出る直前に足を止め、その場で振り返った。
『スーサイド・ライフ』、
そして『ビー・ハート』を引き出した『彼女』を見つめ、
居住まいを正して深く頭を下げる。

  「……お世話になりました」

254 『音仙』 :2020/06/03(水) 23:11:04
>>253

「―――――スタンドの成長は、人の心に密接にかかわります。
 私自身、『ウィスパーズ』と共にここまで歩み、こうして根を下ろした。
 ……ですが、その『かかわり』をどう解釈するのかは、各々次第」

                   『シュルル』

背後に聳える『音響機器』の樹が、
蔦を伸ばし、その先に小さな『花』が咲く。
『音仙』が指先で撫でると、それは消える。

……長く伸びた髪の隙間から覗く双眸が、細まる。

「行ってらっしゃい。
 願うなら……キミの心音が、より美しく奏でられますよう」

255 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/06/12(金) 22:35:03
セイ、ハロー。

……毎年恒例の筈なのに、慣れた事が無いんだよな『梅雨の季節』。

それはそれとして聞きたい事が出来て
『5m分の鎖の総重量はいくら?』と言う事を。

いままでフィーリングとノリと気分だったけどやっぱり知っておいた方が良いかなと誰かに言われた気が。

するような…しないような…あ、今回はそれだけです。お待ちしております。

256 『音仙』 :2020/06/12(金) 23:15:06
>>255(斑鳩 翔『ロスト・アイデンティティ』)

「残った食べ物が、カビやすい季節……
 食べて行かれますか? 『シフォンケーキ』」

>『5m分の鎖の総重量はいくら?』

「キミので具体的に測った訳ではないですが、
 だいたい……『1mにつき1.5kg前後』なので、7.5kg前後」

「重さは感じますが……不都合なほどではない、という塩梅でしょう。
 15mフルだと『18kg前後』にもなるので、マア……重荷にはなります」

257 『音仙』 :2020/06/12(金) 23:16:01
>>256
×『18kg』
○『22.5kg』

258 斑鳩 翔 『ロスト・アイデンティティ』 :2020/06/12(金) 23:41:14
>>257

――これはどうも
う〜ん……こんな感じの控えめな甘さなら紅茶がよく合うんですけどね。グッドテイスト。

ふむふむ……5m換算で約8㎏
という事は前の質疑と合わせて僕は右手に鎖を5m巻き付けてのヘビーパンチャーになれますね。
約8キロのジャブ&ストレート ……換算幾つだろう。C以上B以下?

目指せ1RK.O勝ち。回答感謝します。

259 神藤 莉多『ミザリー・フィースト・デイ』 :2020/06/20(土) 16:10:13
質問です。

1.『祝花』及び『繁茂後の花』は食べられますか?食べる方法はありますか?
2.もし食べた場合、カロリーはありますか?太りますか?
3.美味しいお出汁の出る『花』があった場合、煮出して出汁を取ることはできますか?
4.その道に明るい人が見た場合、『実物の花』と『能力で生み出した花』の見分けはつきますか?
5.スタンドヴィジョン頭部の『胡蝶蘭』の色は決まっていますか?

6.『毒性』以外の、『花』自体が有する特徴については実在のそれに準ずると考えて構わない?
7.『実在の花』であっても、『花束』『フラワースタンド』として利用されているものでないと発現できない?
  都度そのソースを示す必要はある?
8.『フラワースタンド』の強度は、実在するそれに準じると考えて構わない?
9.『祝花』発現時、実在するデザインの限りにおいて、『花』以外の『葉』『茎』等も再現されると考えて構わない?

お手数お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

260 『音仙』 :2020/06/20(土) 17:31:17
>>259(神藤 莉多『ミザリー・フィースト・デイ』)

>1.『祝花』及び『繁茂後の花』は食べられますか?食べる方法はありますか?
能力詳細より――――
【3.花は質感こそ本物の植物風だが、花そのものに毒性などは付与できない】

質感こそ本物の植物『風』、つまり本物の植物でなく、『造花』が近い。
よって、『食べられない』。
無理に食べても噛みちぎれば破壊の範疇に入る可能性が高いため、解除される。

(『あらゆる種類の花で、花束やフラワースタンドを作り、生物に繁茂させるスタンド』というより、
 『生物に繁茂する花束やフラワースタンドを作り、そのデザインを自由に決められるスタンド』である)

>2.もし食べた場合、カロリーはありますか?太りますか?
食べられないので食べない方がいいが、仮に無理に消化器まで運んでも栄養は無い。

>3.美味しいお出汁の出る『花』があった場合、煮出して出汁を取ることはできますか?
取れない。味は存在しない。また、煮込んだ時点で破壊される可能性が高い。

>4.その道に明るい人が見た場合、『実物の花』と『能力で生み出した花』の見分けはつきますか?
再現性は極めて高く(精A)、見た目での判別はまず不可能。
特徴的な芳香のある花で、対象が匂いまで熟知していれば、
『匂いがしない』事によって判別できる、という可能性はある。

>5.スタンドヴィジョン頭部の『胡蝶蘭』の色は決まっていますか?
『白』を想定しているが、こだわりがあれば『ピンク』『青』などでも構わない。
ただし、『頭部の胡蝶蘭の色を変える能力』は無いので一度決めたら原則その色で固定。

>6.『毒性』以外の、『花』自体が有する特徴については実在のそれに準ずると考えて構わない?
見た目、触った時の感触などといった『質感』は『実在する花』に等しい。
『芳香』『味』『毒性』『虫を寄せる』『時間帯で花の向きが変わる』など、花ごとの特性は無い。

>7.『実在の花』であっても、『花束』『フラワースタンド』として利用されているものでないと発現できない?
  都度そのソースを示す必要はある?
『実在の花』であれば、特別にGMが求めない限りソースは不要。

>8.『フラワースタンド』の強度は、実在するそれに準じると考えて構わない?
その認識で正しい。

>9.『祝花』発現時、実在するデザインの限りにおいて、『花』以外の『葉』『茎』等も再現されると考えて構わない?
実在するデザインの限りで、それで正しい。

261 神藤 莉多『ミザリー・フィースト・デイ』 :2020/06/23(火) 22:09:47
>>260
遅くなりましたが、回答有り難うございます。お手数おかけ致しました。

262 成田 静也『モノディ』 :2020/07/14(火) 23:36:18
「どうもお久しぶりです・・・」

「よくわからないのですが最近、妙な夢みたいなモノを見てまして、
沢山のスタンド使いの人たちと一緒に何かに挑んで…」

「その中で『オレが何か致命的な失敗をした』そんな気がするんです。」

「これから本格的に危険な事に首を突っ込むことになるでしょうからその前に
オレのスタンド・・・『モノディ』に何か変化や兆し無いかを診てもらいたいのです。」

263 『音仙』 :2020/07/16(木) 00:22:15
>>262

「ああ……どうも、お久しぶりです。あの後、お変わりはなく?」

          「……夢?」

「『妙な夢』……『夢見が悪い』『白昼夢』。
 ねえ、キミで三人目です、夢の話を私にするのは。
 あ、いえ、同じ話ばかり……という愚痴ではなく、
 むしろ、自責……というものでもない、のですが、
 その……キミもですが、『その事が私にはよく聴こえない』」

「――――夢は幻でなく、現実。
 人の『こころ』に密接にかかわるものです。
 私は造詣が深くない分野ですが……
 『夢の出来事』であれ、それが印象深ければ、
 深層心理の奏でる残響として、内容も聴ける事が多いのに」

           「キミたちのそれは――――『聴こえない』。
            『この世界の出来事ではないかのように』」

   「しかし『何かが響いた』という、事実は確かにある」

「……『モノディ』も目立つ変化はありません。
 マア、スタンドの変化と言う物自体、そうそう起こるものではないにせよ、
 兆しというものさえ……ゼロではありませんが、これといったものは、あまり……」

「こうなると……『致命的な失敗』をしたというその夢は、『現実』では無かったのでしょう。
 夢の記憶は、あいまいなもの。あるいは…………少し、私の方でも調べる必要は感じます。
 とはいえ、『失敗をした』という『自認』は『本物』。その積み重ねは、キミを強くするかと……エエ」

(♪『パラレルミッション』での経験は、起きる結果から、原則『危難EE相当』で考えます。
  ミッション内で起きたPCの心情に大きな変化をもたらす経験についても、『パラレル』である関係上、
  その記憶は『音仙』が観測できる、ひいては板のリアル時空のPCにはほぼ『反映されない』と考えております)

264 成田 静也『モノディ』 :2020/07/16(木) 00:40:26
>>263

「そうなのかな…まだイマイチピンときませんが、これも糧に頑張ってみたいですね。」

「それとそんなに『夢』を見た人がいるんですか?しかも貴女に『聴くことができない』なんて…」

「もしかしたらただの夢じゃあなくて何者かの『スタンド』が関わっているのかも・・・」

「これほど強烈な夢を見せる事が出来るならば『音仙』さんももしかしたら…」

「まあないとは思いますが念のため気を付けてくださいね。」

「ではまた、次は何か茶菓子か茶葉でも持ってきますね。」

265 『音仙』 :2020/07/16(木) 01:19:18
>>264

「誰、とは言いませんが……キミ以外で二人。
 もしかすると関係があるのかもしれませんし、
 ないのかも……曖昧で申し訳ありませんが、
 キミたちを引き合わせるべきかも『曖昧』です」

「スタンド……その可能性は、それなりに高いですね。
 『夢のスタンド』という『概念』は……存在はします。
 ただ、その人の能力とは明らかに違う現象……
 もしスタンドなら、完全に、『未知』の能力になるでしょうね。
 そして……『未知』は、どれほど強力な戦士でもたやすく葬ります。
 ましてや私程度、目を付けられればひとたまりもない、かも……」

「……言っていて、怖くなってきてしまいました。
 エエ、ぜひまた……私の様子でも、見に来てください。
 私としても、キミの『成長』には興味がありますし……
 ああ、スタンドだけではなく、『キミ自身』の面でも、ね」           

           「手土産は……もちろん無くても構いませんが、
            もしいただけるなら……『麦茶』が、嬉しい季節です。
            では、お気を付けて……いってらっしゃい」

266 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 00:48:26
こんばんは。今回も質問だけで失礼します。

・『殺傷力』を奪った刃を傷口で押さえ込んだ場合、引き抜く時にダメージが発生するであろう時も
 パワー:なしとなりますか?それともダメージは一切発生しない中で、抑え込む力と引き抜く力のぶつかり合いになりますか?

・『殺傷力』を奪った刃が切れ味だけでなく、『殺傷力』のあるスタンド能力を
 付加されていた場合、その『殺傷力』も奪うことは可能ですか?

267 『音仙』 :2020/07/17(金) 01:27:53
>>266(鉄 夕立『ジヴァルリー』)

>・『殺傷力』を奪った刃を傷口で押さえ込んだ場合、引き抜く時にダメージが発生するであろう時も
> パワー:なしとなりますか?それともダメージは一切発生しない中で、抑え込む力と引き抜く力のぶつかり合いになりますか?

刃自体の殺傷力はゼロになるが、
刃を持ったり引いたりする腕の力は失われない。
この場合は、後者の方が正しい。

>・『殺傷力』を奪った刃が切れ味だけでなく、『殺傷力』のあるスタンド能力を
> 付加されていた場合、その『殺傷力』も奪うことは可能ですか?

刃やスタンドの特性次第で、ケースバイケースだが、
原則的には『刃自体の殺傷力』とは『別』と見なし、
同時には奪うことが出来ないケースが多い物と思われる。
刃の殺傷力を高める、といった能力である場合ならば、
殺傷力ごと、結果的にまとめて奪える可能性は高い。
原則的には、GMの提示する判定が『正しい』物とする。

268 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 02:03:18
>>267

回答感謝します。続けて質問します。

・例えば刃物の上に雪が積もっていたり、ゼリー状のもので包まれていた場合は、
 殺傷力を失った刃で退かそうとすると、どうなりますか?
 
・殺傷力を失った刃で人間を押す時に、片足が地面に縫い止められていて移動がダメージになる場合、押す事は可能ですか?

・外傷はないものの、移動することにより内臓や三半規管などが損傷する場合、こちらも押すことは可能ですか?

269 『音仙』 :2020/07/17(金) 02:16:29
>>268

>・例えば刃物の上に雪が積もっていたり、ゼリー状のもので包まれていた場合は、
> 殺傷力を失った刃で退かそうとすると、どうなりますか?

刃の殺傷力がなくとも、腕の動きだけで崩れる分についてはどかせる。
殺傷力の奪取は、刃の動きで発生するあらゆる破壊を否定する、というわけではない。
(当てても殺傷力が一切発揮されず、鈍器にならないが、振るう事はできる)

>・殺傷力を失った刃で人間を押す時に、片足が地面に縫い止められていて移動がダメージになる場合、押す事は可能ですか?

殺傷力を失った刃自体が対象を傷付けるわけではないので、『可能』。

『シヴァルリー』は刃から殺傷力を奪い、なまくらにするだけで、
なまくらにした刃を介した押し合いなどに伴う『位置移動』などによって、
二次的、三次的に発生するダメージを無効化する、というわけではない。

>・外傷はないものの、移動することにより内臓や三半規管などが損傷する場合、こちらも押すことは可能ですか?

損傷は殺傷力を失った刃とは無関係に起きるものなので、可能。

270 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 02:30:19
>>269

成る程、理解しました。

・まとめると、パワー:なし相当というのは刃を振るった一瞬のみで、
 その後の押し引きでは『殺傷力』を奪った刃でも殺傷せしめる、という認識で間違いないですか?

・その場合、最初からダメージにならない速度でゆっくりと振るえば、いきなり刃で押す事は可能ですか?

271 『音仙』 :2020/07/17(金) 03:07:44
>>270

>・まとめると、パワー:なし相当というのは刃を振るった一瞬のみで、
> その後の押し引きでは『殺傷力』を奪った刃でも殺傷せしめる、という認識で間違いないですか?

『殺傷力を奪った刃』をいくら当てても、刃そのもので殺傷することはできない。
斬撃に限らず、鈍器にさえならない。これを指して『パワー:なし』相当としている。
(喉にどれほど強く押し付けても、気道を塞いで窒息させたりは出来ない)

が、殺傷は出来なくとも刃は実体と質量のある物質なので、振るったり押し付けたり自体はでき、
その『刃を押し付けた結果、相手が勢い余って崖から落ちる(後ろにある地雷を踏む)』など、
刃自体ではなく、刃を介した押し引きなどによって生じる殺傷までは、無効化出来ない。
(刃越しに相手の腕を押さえ、その腕が相手の気道を圧迫すれば窒息の可能性はある)

>・その場合、最初からダメージにならない速度でゆっくりと振るえば、いきなり刃で押す事は可能ですか?

可能。
それを相手の側から押し返すことも可能。

272 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 16:53:38
>>271

・殺傷力を失った刃で窒息させることはできない、とありますが、例えば喉に『殺傷力』を奪った刃を当てて、
 そのまま壁まで押し付けて喉を窒息させようとした場合、途中で押す力がなくなる感じですか?
 それとも押す力はそのまま存在して、ただ窒息というダメージが存在しない感じですか?

273 『音仙』 :2020/07/17(金) 17:13:15
>>272
後者の認識が正しい。
刃で殺さなくなるが、刃を扱うものの腕力を喪失させる効果は無い。

274 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 17:30:43
>>273

成る程、理解しました。

>>269
 >>・外傷はないものの、移動することにより内臓や三半規管などが損傷する場合、こちらも押すことは可能ですか?
 >
 >損傷は殺傷力を失った刃とは無関係に起きるものなので、可能。

 と合わせて考えると、押すことで『既に起きている破壊』が原因の損傷は発生するが、
 押すことで『直接の死』に繋がる損傷は発生しない、という認識で正しいですか?

275 『音仙』 :2020/07/17(金) 19:15:39
>>274
その認識で正しい。

276 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/07/17(金) 21:25:57
>>275

回答に感謝します。ありがとうございました。

277 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2020/08/14(金) 22:07:33

                    「アツい!!」

            「から!!」

    「きた!!」

ヘアアレンジしてやった
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049904/687-732

しにかけたっていうかしんだっていうか
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1520861887/92-391

「しおんちゃん、『ネッチュウショウ』とかヘーキか??
 うっかりしてるとブッたおれるから、きをつけようね〜〜〜。
 わたしも、こないだやっちまったからな〜〜〜」

「でも、しおんちゃんって、きほん『インドアは』だっけ。
 こんなカイテキだったら、ソトでたくないのもわかるな!!
 ココで3じかんくらい、ひるねしてイイ??」

「おもったんだけどさ、こんなにアツかったら、
 チキュウもネッチュウショウになるんじゃないの??
 いや、チキュウがネッチュウショウになってるから、
 こんなにアツいのか??」

「チキュウもクーラーつければイイのに。
 デンキダイきにしてんのか。
 たしかに、『チキュウせんようのクーラー』って、
 ケタはずれにデンキつかいそうだし…………」
 
「ソレはおいといて――――――『イロイロ』あった!!
 まえきたとき、『ヨカンがする』っていったじゃん??
 ソレがあたってさぁ〜〜〜」

「『ユメのセカイ』にいったんだけど、
 ソコでナンダカンダあったんだよ〜〜〜。
 さすがの『アリス』も、
 こんどばかりはマジで『しぬ』かとおもったな!!」

「しかも、わたし『2かいめ』だぞ。
 『ユメのセカイに2かいもいくヤツ』なんているか??
 フフフフフ、ココにいるぜ!!」

「あ、『1かいめ』はコレ」

ユメのセカイ・パート1
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049904/392-474

「あとは…………『アリーナ』にでかけて、
 かるくチャチャッとひねってやった!!
 さいしょはチョットだけてこずったけど、
 『タネ』がわかればなんてコトないヤツだったな!!」
 
「しかも、わたし『2かいめ』だぞ。
 『アリーナに2かいもでたヤツ』なんているか??」

「まぁ、ソレはワリといるか!!」

「――――――いじょう!!ほうこくシューリョーです!!」

278 『音仙』 :2020/08/16(日) 01:39:47
>>277(夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』)

「ええ、いらっしゃい……お待ちしておりました。
 麦茶でも……お飲みになりますか。
 あるいはオレンジジュースか、コーヒーか。
 この部屋は『適温』に設定して貰っていますが、
 それでも『水分補給』の重要性は、変わりませんね。
 ……ああ、昼寝なら、奥のソファを使っても良いですよ」

「季節は『夏』真っ盛り……
 キミはいつも元気に見えますが、
 だからこそ熱中症には本当に気を付けて。
 倒れたキミを助けてあげられる手段は、
 私にはありませんから…………」

「その……心配、しましたよ」

               キィィィィィイ  ――――――  ン ・・・

「さて……ともかく。聴き終えましたが、『夢』ですか。
 ……近頃、その言葉を耳にすることが増えましたね。
 それも、そう、決まってネガティブな音の中で」

「キミの経験したそれも……きわめて『危険』な出来事です。
 ですが、だからこそ、それを切り抜けたキミの心音は研ぎ澄まされている。
 あるいは……打倒にはっきりとした『攻略』を必要とする能力者との戦いも、
 キミを『スタンド使い』として、一つ上のステージに押し上げたのでしょう」

「もっとも、大きな『変化』というものは、『まだ』ありませんが。
 とはいえ以前よりは格段に『近づいている』……変調の兆しを感じます。
 ……『光を得る』前のキミの心が生んだ『才能』が、光溢れる世界の『アリス』に追い付くように」

                 「何をすれば確実に変わる、というものではありませんが……ネ」

279 塞川唯『クリスタライズド・ディスペア』 :2020/09/14(月) 23:46:26

「よお。
色々思うところがあって、『近況』ってモンを纏めてみたぜ。
私のセンスの問題もあるんだが……
こと『スタンド戦闘』においては、どーしても力不足を痛感するぜ。
毎回毎回矢面に立ってる奴を見ると、特になァ」

「ただ、私は今『夢の中にいる』らしいから………。
あんたに、ちゃあんと『直接会う』必要があるなら、また出直すけどな」



『アポなし泥棒御用なり』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/95-350

刑事の『立石』の依頼、『連続空き巣事件』の解決を、
『仲介屋』である『曳舟』の仲介により受諾。
『スタンド使い』の『鉄』と協力して、一連の事件の犯人を特定。
犯人である『加佐見』のスタンド『スロウダイヴ』を打倒し、『加佐見』を自首させた。

2人目の被害者であり『加佐見』の本命である『切江』の『謎』は看破できたが、
『加佐見』の心中を推し量ることはできなかった。


【個】『アポロン・クリニックセンター』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453646843/113-130

『連続空き巣事件』の解決後、報道により『切江』が死亡、『立石』が重傷を負ったことを知る。
『切江』が『鉄』の妹を襲った『通り魔』と関係があること、
『切江』が全身を切り刻まれて死んだ事から、『鉄』の『通り魔探し』に協力を申し出た。
心根は実直ながらも、『スタンド』の行使に躊躇のない『鉄』に危機感を抱く。


『凍える刃』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/351-690

『通り魔』を探す『鉄』が突き止めた手がかり、
『コンサートホール』の『ピアノ』を『鉄』と二人で調べに向かうと、
そこには『鉄』の妹を襲った犯人、『蛇尾川』の姿があり、交戦。
『パラモアー』、『B4』を筆頭に複数の『スタンド』を使用する、『蛇尾川』撃破のサポートを行った。
『通り魔探し』に関しては幾つか助言をした程度にとどまった。
現在は『蛇尾川』の差し金により『夢』の世界に引きずり込まれた。

280 『音仙』 :2020/09/15(火) 02:59:27
>>279(塞川 唯『クリスタライズド・ディスペア』)

「――――――『星見町』は全域、私の『射程圏内』」

        「エエ、『騒動』はすべて『聴こえて』います。
         ……キミの『活躍』も、危機もすべて。
         助けに入れないのは、もどかしい思いです」

「そして――――私の『ウィスパーズ』は、
 『夢の中』には根を張っていない。
 今、キミの『心の声』を、聴き取る事も『出来ない』。
 ああ……『夢』。これほど私を悩ませる言葉もありません、ね」

「……キミは『クリスタライズド・ディスペア』を十分に『使いこなせて』います。
 『直接戦闘』のみに特化した能力では無くも、『戦い』の中で磨かれている……
 今キミがどこで、何と出会おうとしているのか……いつかキミから直接、聴きたい」

                        「『無事』の帰還を、せめて祈ってます」

281 『音仙』 :2020/09/15(火) 03:04:43

塞川は『クリスタライズド・ディズペア』の『熟練』により、
当初は本体動作に伴う精度を保ったスタンド操作は『1体』のみだったが、   
現在は『2体』の『鳥』を本体が動きながらにして十全に操作する事が可能である。
また、スタンド操作に集中する限りは『3体』を同時に操作し、より多角的な行動が可能。
なお、これはスタンドそのものの『成長』ではないため、成長性に変化はない。

『クリスタライズド・ディスペア』
破壊力:E スピード:B 射程距離:B(12m)
持続力:E 精密動作性:C 成長性:B

【基本情報】
1.ソフトボール大の『ガラス細工の鳥』のヴィジョン。質感が『ガラス』なのは『ヴィジョン特性』。
2.群体型。3体まで同時発現が可能。総数は『10体』。
3.強度は『ガラス』程度。破壊された場合、一日経てば再び最大まで回復させられる。
4.それぞれの個体にダメージフィードバックは無い。視聴覚はある。
5.頭部が破壊された場合、強制解除。翌日まで総数がその分減ってしまう。同時発現数は変化しない。
  逆に、頭部以外が全て破壊されても強制解除はされない。ただし羽も脚も無いと全く動けない。
  任意解除した場合は再発現できるが、一日経過するまでは損傷が残っている。
6.5体目から;9体目が破壊された時に、本体の心臓に痛みが走る。
  無視できないほどではないが、『少し思考が止まってしまう』程度であり、隙になり得る。
7.10体目が破壊された時点で、心臓にダメージフィードバックし、破壊される。
8.同時発現している『3体』の同時操作は、一切混乱せずに可能。
  『本体が動きながら』でも、『2体』までを問題なく操作し続ける事が出来る。
  ただし本体動作と同時に3体を操作する場合、スタンドが『精密動作性D』に低下してしまう。
9.地面を歩かせる場合は『スC』になる。
  また、空中であれ物に身体を擦りつけながらの移動はワンランク遅くなる。
10.パワーは低いが、鋭利な爪や嘴などに速度を乗せれば柔らかい物は傷つけられる。

【ガラス化】
1.スタンドヴィジョンを能動的に『擦り付ける』ことで、そこに『ガラスの羽』を植え付ける。
2.ガラスの羽が植えつけられた部分は、『ソフトボール大』程度の厚さまで『ガラス化』する。
  それ以上に分厚いものの場合、途中までがガラス化し、内部構造が外から見えるようになる。
  植え付けてからガラス化までには『1瞬』の間があるため、『即座に除去する』なら免れる。
3.ガラス化したものはガラスのように透け通り、またガラスの強度になる。熱への耐性なども同じ。
4.ガラス化しても機能は失われない。生物の場合意識、痛覚、触覚等も残るし、身体も動かせる。
5.ただし、強度や質感に依存した機能は失われる。柔軟性、手触りなどがこの範疇。
6.ガラス化出来る数は制限が無く、また、生物も無生物も対象に出来る。
7.ガラス化の任意解除は、本体や鳥の視界にそれが入っているなら可能。
8.ガラス化したものが自重で崩れたりはしないし、自分が発する熱で溶けるなどもない。
9.対応する鳥が破壊され、解除されても、ガラス化は解除されない。
  本体が気絶するか、発現している全個体の解除時には解除される。
10.能力射程は本体から『30m』で、持続時間は『5分』。これを超えると即座に解除される。
11.ガラス化が解除されても、ガラスの時についた傷などは残る。

【特攻】
1.このスタンドの頭部には核がある。頭部を破壊されないと強制解除されないのはこのため。
2.このスタンドから『能動的』に『固いもの』にぶつかることで頭が砕けた場合、
  ぶつかったものに『核』を触れさせることが出来る。これを『特攻』とする。
  なお、受動的に(相手の動きありきで)ぶつけた場合、核は砕け散り『特攻』は成立しない。
3.『特攻』の成功時、ぶつかられたものは一瞬で全体が『ガラス化』する。この場合、『分厚さ』は関係ない。
4.ぶつかられたものが持っている物や乗っている物はガラス化しないが、着ている、纏っている物はする。
5.『特攻』によっても、一般的な『自動車』よりも大きなものをガラス化させる事は出来ない。
6.また、砕けるのが前提条件であり、柔らかいものにぶつかっても特攻は成立しない事が多い。
  そのため、生物を『特攻』でガラス化したいならば敵の反撃や、部位の見極めが前提となる。
7.特攻の場合ガラス化するのは『もの単位』であり、小さなものに特攻してもガラス化するのはそのものだけ。
  周囲が巻き込まれてガラス化したりはしない。また、あまりに大きすぎるものの一部だけをガラス化したりも出来ない。
8.大きすぎるものに固定されたものやはめ込まれたもの(建物の『戸』など)は、独立した『もの』としてガラス化させられる。

282 空織 清次『エラッタ・スティグマ』 :2020/10/05(月) 23:34:23
『エラッタ・スティグマ』について質問。
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453050315/146


【糸の放出・縫込み】

・放出する『糸』はスタンド物質?
 であれば『実体化』はしている?

・『放出中』、『糸切れ後』、『性質復元後』のいずれかのうち、
 糸の『個別解除』は可能?
 それとも放出した『糸』の射程と持続時間は無限?

・『糸の放出』は、最大で『五指』+『手のひら』の合わせて『六本』を
 同時に放てるという認識でよい?
 たとえば『任意の指(または手のひらのみ)から一本だけ放出』などは選べる?
 『分解』についても同様に、『触れている人差し指の分だけ分解』は選べる?

283 『音仙』 :2020/10/06(火) 06:23:26
>>282(空織 清次『エラッタ・スティグマ』)

【糸の放出・縫込み】

>・放出する『糸』はスタンド物質?
> であれば『実体化』はしている?

放出後、『糸の性質』を保っている間は、実体化スタンド物質である。
『元となった物体の性質を取り戻す』と、元の物体の性質に従う。

>・『放出中』、『糸切れ後』、『性質復元後』のいずれかのうち、
> 糸の『個別解除』は可能?
> それとも放出した『糸』の射程と持続時間は無限?

『糸』は元々は実体を持った通常物質を分解し、再構成した物であるため、
スタンドのように『解除』して『消す』ことはどのタイミングでも不可能。
逆に言えば『射程』や『持続時間』による解除の概念もなく、半永久的に残る。

>・『糸の放出』は、最大で『五指』+『手のひら』の合わせて『六本』を
> 同時に放てるという認識でよい?
> たとえば『任意の指(または手のひらのみ)から一本だけ放出』などは選べる?

同時に放てるし、任意の部分だけを選んで放つ事も可能。

> 『分解』についても同様に、『触れている人差し指の分だけ分解』は選べる?

こちらも可能。

284 空織 清次『エラッタ・スティグマ』 :2020/10/06(火) 20:15:01
>>283 (『音仙』供与者)

手厚い回答に感謝。
申し訳ないが、追加で補足的な質問をさせて頂きたい。


【糸の放出・縫込み】

>放出後、『糸の性質』を保っている間は、実体化スタンド物質である。
>『元となった物体の性質を取り戻す』と、元の物体の性質に従う。

であれば、通常物質に『糸の刺繍』を施したり糸を巻きつけたりした場合、
その物質は『性質復元』までの間だけ、『スタンドに干渉可能』になる
(いわゆる『スタンドコーティング』される)ものという認識でよい?

285 空織 清次『エラッタ・スティグマ』 :2020/10/06(火) 20:47:22
>>284 (自レス・追加質疑)

申しわけない、たった今別の質問が思いついてしまった。
さらに追加での質問をお許しいただきたい。


>【糸の放出・縫込み】

>2.元の素材が何であれ、このスタンドから離れるまでは『糸』としての性質を保つ。
>  このスタンドから『1m』以上離れ、一呼吸ほど経つと『元になった物体』の性質を取り戻す。


・長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い『糸』を利用していると、
 糸の先端から半分は『エラッタ・スティグマ』から『1m以上離れて』いるが、
 同じ糸のもう半分はヴィジョンの『1m以内』にある、という状況がありうる。

 この場合、『性質復元』はどの範囲で発生する?
 (糸の一部でも『1m』を超えると、まるまる一本全体が元の性質を取り戻す?)

286 『音仙』 :2020/10/06(火) 21:26:09
>>284-285(空織 清次『エラッタ・スティグマ』)

【糸の放出・縫込み】

>>放出後、『糸の性質』を保っている間は、実体化スタンド物質である。
>>『元となった物体の性質を取り戻す』と、元の物体の性質に従う。

>であれば、通常物質に『糸の刺繍』を施したり糸を巻きつけたりした場合、
>その物質は『性質復元』までの間だけ、『スタンドに干渉可能』になる
>(いわゆる『スタンドコーティング』される)ものという認識でよい?

『刺繍した部分』や『巻き付けた部分』に限れば、それで正しい。

>>2.元の素材が何であれ、このスタンドから離れるまでは『糸』としての性質を保つ。
>>  このスタンドから『1m』以上離れ、一呼吸ほど経つと『元になった物体』の性質を取り戻す。

>・長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い『糸』を利用していると、
> 糸の先端から半分は『エラッタ・スティグマ』から『1m以上離れて』いるが、
> 同じ糸のもう半分はヴィジョンの『1m以内』にある、という状況がありうる。
> この場合、『性質復元』はどの範囲で発生する?
> (糸の一部でも『1m』を超えると、まるまる一本全体が元の性質を取り戻す?)

『性質復元』はこの場合発生しない。
糸一本の全部分がヴィジョンから1m以遠になると発生し、
一部でも1m以内にある場合については、糸の性質を保つ。

287 空織 清次『エラッタ・スティグマ』 :2020/10/06(火) 21:36:00
>>286 (『音仙』供与者)

迅速で明瞭な回答に感謝する。
どうもありがとう。

288 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2020/10/20(火) 21:48:20

「どうも、こんにちは。毎度お世話になっております」

「お陰様で『研究』は着実に進んでおります。
 いずれ『進化と繁栄の鍵』を手に入れ、
 それを足掛かりとして更なる『飛躍』を…………」

「つい話が逸れてしまいました。
 一つ確認しておきたい事が御座います」

「『ハロー・ストレンジャー』を発現した瞬間、
 私はスタンドの中に格納されます。
 その時、『嘴に咥えている物』とか『足で掴んでいる物』は、
 どのようになっているのでしょうか?」

「では、またいずれ――――」

        シュンッ

       「マタネ バイバイ サヨウナラ」

                      バサバサバサァッ

289 『音仙』 :2020/10/20(火) 23:54:48
>>288(ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』)

「アア、どうも……ご無沙汰しております。
 もっとも、私の方は一方的に、
 キミの活躍も聴き及んでましたが……
 エエ、そうですね、本題に入りましょうか」

「シンプルに答えると、
 『操縦席に異物の持ち込みは禁止』。
 ……キミが部位問わず『持っている物』は、 
 全て発現したその場に取り落とします。
 例えば『ごく小さな何か』を隠すために使う……
 そうした用法は少なくとも現在は不可能、ですね」
 
「ただ、キミは『着ない』でしょうけど……仮定として、
 キミの『衣服の一部』については持ち込めます。
 何かの理由で、衣装を着て発現したとして……
 それが発現と同時に脱げる、という事は無い、ですね」

「それでは……また。
 次に来る時のため、何かキミ用の『歓迎の品』を買っておきましょう……」

290 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/11/02(月) 19:11:10
こんばんは、質問をさせて下さい。

・『奪った刃』『戻す刃』『手に持つ刃』のそれぞれから殺傷力を奪うことはできますか?
 (能力対象中の刃に、再度能力を行使することはできますか?)

291 『音仙』 :2020/11/02(月) 19:50:20
>>290(鉄 夕立『シヴァルリー』)

・『奪った刃』『戻す刃』『手に持つ刃』のそれぞれから殺傷力を奪うことはできますか?
 (能力対象中の刃に、再度能力を行使することはできますか?)

原則、いずれも『不可能』。
『シヴァルリー』の能力で生じた『殺傷力の刃』からは、殺傷力を奪えない。

292 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/11/02(月) 22:05:36
>>291

回答に感謝します、ありがとうございます。

293 霜降 寒夜『ヘパティカ』 :2020/11/05(木) 20:44:43

「 お邪魔 しまぁす…」
       「 暖かい………」

「最近 ランニング終わると、汗ですごい寒くなっちゃって…」
「…もう11月かぁ…いい『タイミング』、かなぁ。
  …と思って 分からないコトをまとめといたのを、聞きに来ました…」


【基本情報】
・氷像状態のヴィジョンを『解氷』する方法は『目撃』のみと考えて良い?
・氷像状態のヴィジョンは、『氷』や『氷像』のように、冷たく、硬く、実体化していたりする?

【凍結】
・『氷』の性質について。滑りやすいですか?あと、具体的に何度ぐらいとかあります?
・『ヴィジョン』のみ解除し、『氷』を解除せず残す事は可能?

・転がる缶のように、地面の上で転動する物体を『氷』に閉じ込めた場合の、物体の挙動。
 動き続ける?凍り付いて停止する?
・バイクのように、『機能』で動いている物体を『氷』に閉じ込めた場合の、物体の挙動。
 機能が停止し、『急ブレーキ』をかけたようになると考えて良いですか?

・意識を持たない『スタンド』や、『スタンド物質』を『氷』に閉じ込める事はできますか?

【解氷】
・『氷』が解けたのを『目撃』した際に、スタンドに攻撃を行わせない事は可能ですか?
 またこの時、『このスタンドの氷』の『解氷』は起こりますか?

・対象へ接近する際や本体の元へ復帰する際の『軌道』について。
 ある程度、大きく逸れないぐらいのルートを指定して辿らせたり、
 障害物を避ける方向をあらかじめ決めておいたりする事って可能ですか?

・対象へ接近する際や本体の元へ復帰する際の『姿勢』について。
 例えば、『真正面を向かず、若干右側を庇いながら突撃』とか、
 『敵を見据え、背中を向けずにバックステップで復帰』…といった感じで、姿勢を指定することは可能?

・『自動操縦』中、ヴィジョンを解除する事は可能?

・爪や牙を当てないように、優しくタッチ…みたいな『手加減』や、
 大ぶりで大雑把に、周りを巻き込むような『範囲攻撃』って指示できます?
・攻撃や妨害、障害を、わざと『回避』しないように接近、攻撃をさせる事は可能ですか?


・『一撃』って…こう、『一瞬で、一回』って感じ…?…ええと、
 …その、例えば相手にバツ印の傷を刻んでやるッ…ってなった時でさ…
 『片手で十字を切る様に』 だったら…こう…

   ↓シュッ

   十 →シュバッ  …これは一撃じゃないんだよね…?

 それでさ…、 『かかったなアホが!稲妻十字空烈刃!』

ドグァ
     ×
       ァ ァアッ!
             …みたいな、同時に両腕を振るう動きって…『一撃』?

294 『音仙』 :2020/11/05(木) 22:06:15
>>293(霜降 寒夜『ヘパティカ』)

「ああ、ようこそ……
 キミの暮らしぶりも、聴こえて来ていますよ。
 『運動』で持久力を養うのは良い事ですが、
 風邪をひいては本末転倒……どうか、お部屋は暖かく」

「キミは……紅茶はお好きですか?
 砂糖とミルクにレモン、ジャムもありますよ。
 あるいは緑茶やコーヒーも。どれも出来合いですけど、ネ」

【基本情報】
>・氷像状態のヴィジョンを『解氷』する方法は『目撃』のみと考えて良い?

その認識で正しい。
ヴィジョンの氷はヴィジョンの一部であり、
能力で発生する触れれば解ける氷とは『別』。

>・氷像状態のヴィジョンは、『氷』や『氷像』のように、冷たく、硬く、実体化していたりする?

していない。

【凍結】
>・『氷』の性質について。滑りやすいですか?あと、具体的に何度ぐらいとかあります?

性質はごく一般的な『氷』相応。
温度は『マイナス18℃』ほどのイメージ。
一般の冷凍庫で作る氷がその程度の温度のため、
本体の氷のイメージがそうなった……の、かもしれない。

>・『ヴィジョン』のみ解除し、『氷』を解除せず残す事は可能?

不可能。
ヴィジョンの解除は『能力射程外』の発生に近い。

>・転がる缶のように、地面の上で転動する物体を『氷』に閉じ込めた場合の、物体の挙動。
 動き続ける?凍り付いて停止する?

凍結後、慣性が残る間は動く。

>・バイクのように、『機能』で動いている物体を『氷』に閉じ込めた場合の、物体の挙動。
 機能が停止し、『急ブレーキ』をかけたようになると考えて良いですか?

その認識で正しい。
慣性は残るため、『急ブレーキ』のようになる。

>・意識を持たない『スタンド』や、『スタンド物質』を『氷』に閉じ込める事はできますか?

前者は不可能。
後者は可能。

295 『音仙』 :2020/11/05(木) 22:06:26
【解氷】
>・『氷』が解けたのを『目撃』した際に、スタンドに攻撃を行わせない事は可能ですか?
 またこの時、『このスタンドの氷』の『解氷』は起こりますか?

可能だが、その場合『解氷』も起こらない。

>・対象へ接近する際や本体の元へ復帰する際の『軌道』について。
 ある程度、大きく逸れないぐらいのルートを指定して辿らせたり、
 障害物を避ける方向をあらかじめ決めておいたりする事って可能ですか?

軌道の指定は『攻撃の種類』に含まれず、不可能。

>・対象へ接近する際や本体の元へ復帰する際の『姿勢』について。
 例えば、『真正面を向かず、若干右側を庇いながら突撃』とか、
 『敵を見据え、背中を向けずにバックステップで復帰』…といった感じで、姿勢を指定することは可能?

姿勢の指定は『攻撃の種類』に含まれ、可能。

>・『自動操縦』中、ヴィジョンを解除する事は可能?

不可能。

>・爪や牙を当てないように、優しくタッチ…みたいな『手加減』や、
 大ぶりで大雑把に、周りを巻き込むような『範囲攻撃』って指示できます?

『攻撃の種類』に含まれ、かつスペックの範囲なら可能。

>・攻撃や妨害、障害を、わざと『回避』しないように接近、攻撃をさせる事は可能ですか?

軌道の指定と同様の理由で、『不可能』。

>・『一撃』って…こう、『一瞬で、一回』って感じ…?…ええと、
> …その、例えば相手にバツ印の傷を刻んでやるッ…ってなった時でさ…
> 『片手で十字を切る様に』 だったら…こう…

>   ↓シュッ

>   十 →シュバッ  …これは一撃じゃないんだよね…?

> それでさ…、 『かかったなアホが!稲妻十字空烈刃!』

>ドグァ
>     ×
>       ァ ァアッ!
>             …みたいな、同時に両腕を振るう動きって…『一撃』?

「たとえ神速の『ヘパティカ』であっても……
 腕を二度振る、これは彼の主観で『二撃』でしょう。
 しかし、エエ、まさにキミの考える通りです。
 『両腕を一度に振るう』……これは、『一撃』と言えます」

296 霜降 寒夜『ヘパティカ』 :2020/11/05(木) 23:33:03
>>294-295
「 暖かい…ありがとう…」

「あったかい紅茶は、ミルクとお砂糖をたくさん入れたのが好き…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 カチャ…

「…カレンダーで、」

「 『10月23日』から…『11月6日』…明日だね…
  …の間を、『霜降(ソウコウ)』って言うんだってね…」

「『霜降』が終わって、明後日からは『立冬』…冬が始まる…」
「…冬眠前の熊じゃないけど ご飯ちゃんと食べて あったかいの着て 備えなきゃ…」

「 …って思って。」
「お姉さんも、寒さに気を付けて …ちゃんとご飯食べてる?」

 …スタッ
    バサリ 

「また…何か『備え』が必要になったら…よろしくお願いします。」

297 『音仙』 :2020/11/16(月) 02:24:43
>>296(霜降 寒夜『ヘパティカ』)

「エエ、『冷え』や『寒さ』は健康の大敵です。
 キミのように、忍耐強い人でも……」

          コポポポポ ・・・

「春の雪解けまで待ち続けては、風邪をひいてしまう。
 ぜひ、たくさん暖かいものを食べたり、飲んだりしてください」

        「私も、ミルクを多く入れるのも好きですよ、エエ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「『霜降』……
 キミは博識ですね。初めて知りました。
 私は……あんまりよく食べる方ではないですケド、
 そうですね、今夜は『シチュー』でも作ってもらいます。
 キミに、心配をかけてはいけませんからね……エエ」

         「いつでもお待ちしております。……良い冬を」

298 風歌 鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2020/12/01(火) 07:55:24
「いい音を、か。ゴーゴー唸る掃除機の音の何がいい音だ」

「だがまぁ、社会のゴミらしいアタシらしい才能なんだろう。風に吹かれて何処へやら……高く高く遠くへなんざ夢のまた夢で、いつかは社会の屑籠に落ちるんだろうがよ」

「だが、たしかに無抵抗じゃあ終わらねえ良い才能だ。ゴミにも、ゴミなりの意固地ってのがあるからな……ゴミでそいつを見せれるのは、悪くねぇ」

「それで、意固地をどこまで見せれるかについて質問があるんだが、いいかい」

1.「ゴミ」の定義に付いて
「本体」が所有する物品を「その場」で廃棄して風に乗せられるゴミとして扱う事は可能ですか?
そして、所有する何かを「廃棄する」行動そのものに質量無視のスタンド能力を発動させる事は可能でしょうか
(例。手に持ったゴミを風で打ち出す。)

2.「渦」の作成について。
渦の作成限界は、手の数と同じ二つと考えるべきですか?


以上です。

299 『音仙』 :2020/12/02(水) 03:15:51
>>298(風歌 鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

「『ストラディヴァリウス』で奏でる音色だけが、名演ではありません。
 人の暮らしの中にもあるいは……というのは私の意見に過ぎませんけど、ネ」

「キミは決して、流されるだけのチリではない。
 『社会のゴミ』……あまり好きな言葉ではないですが、
 キミの自認がそうならば、私に口出しの資格はない。
 後はキミが、キミの生きる営みの中で、貫くか……あるいは変えるか」

「道を決めるための『質問』は、なんでもお答えしますよ。エエ……」

>1.「ゴミ」の定義に付いて
>「本体」が所有する物品を「その場」で廃棄して風に乗せられるゴミとして扱う事は可能ですか?

『可能』。

>そして、所有する何かを「廃棄する」行動そのものに質量無視のスタンド能力を発動させる事は可能でしょうか
>(例。手に持ったゴミを風で打ち出す。)

『不可能』。
廃棄の『途中』である物体は、まだゴミとは看做さない。
手から捨てた際の『落下中の物』も、同様の理由で不可。
上の質問と合わせて言えば、『廃棄』した後、
床や地面に『落ちた瞬間』からが能力対象にできる状態。

なお、『本体自身』をゴミと見做す場合は、
その時の所有物もまとめてゴミとして風に乗せられるが、
所有物のサイズが『自転車程』を明らかに超える場合や、
微生物等を除く『生物』が含まれている場合については、
本体のみが風に乗り、それら対象外の物品は乗らない。
(本体のサイズは『風に乗せられる大きさ』の制限に含まない)

>2.「渦」の作成について。
>渦の作成限界は、手の数と同じ二つと考えるべきですか?

詳細記入漏れ申し訳ございません。
『二つ』で正しいが、片手につき一つずつではなく、
例えば二つとも右手から発生させる事も可能。

300 風歌 鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2020/12/02(水) 07:31:50
>>299

「ありがとうよ。なるほどね。堕ちきって初めて『ゴミ』か」

「考えてみりゃあそうだよな。『流れ星』だって地面に落ちたら石ころだが、落ちてる途中はキレイだもんな……」

「『勉強』になった。一瞬だけ『吸引』出来るかもなんて思ったが、『エアダスター』であって『掃除機』じゃねえんだから出来るわけねえし……使ってる内に『疑問』や『思い違い』もまたするかもしれねえ」

「その時はまた来るよ……『アタシの道』の先にあるこの場所が、『渦巻き』みてーに、今よりも『巻き上がった』場所にあるか、それとも『単に一周した』場所にあるのかは、わかんねーけどな」

301 『音仙』 :2020/12/03(木) 00:51:49
>>300

「エエ、『着地』するまでは、どうなるかは分かりません。
 ……『スタンド能力』は自分のものでも、
 自分だけでは確かめきれない部分も多い。
 何か分からないこと……気になる事があれば、いつでもどうぞ」

「それでは、また。
 ――キミの旅路が、少しでもキミの望む形になる事を祈ってます」

302 風歌 鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2020/12/05(土) 00:24:58
追加で質問です

1. 渦の『同時発生』による『神砂嵐』モドキは可能ですか?
2. 本体は突風の直撃や『渦』による擬似飛行、飛翔、跳躍が可能であると認識してますが『スタンド』はどうなるのでしょうか。本体に引きずられる形での移動を行うのか、スタンド自体も『本体』と同程度に影響を受けるのか。受ける場合、スタンドに抱かれる形での飛行も可能なのかどうか
3. 5mの射程範囲に渦を発生させる条件の『地面』は『平面』ではなく、『下』から起こる渦に限定されると考えてよろしいでしょうか? 壁の側面や天上から『渦』を起こす事は出来ないと考えてよろしいでしょうか?
4. 渦発生の『その場で風を起こし続ける』は、『渦を起こす位置に突風を打ち込む』ではなくて、『渦を起こすことを意識しながら「深呼吸」の間は動かず、どこにでも構わないので突風を放ち続ける』という解釈でよろしいでしょうか
5. 上記の質問が前者の場合、『風が届かない場所(遮蔽されているなど)の内側』には風は起こせないと考えてよろしいですか?
6. 『拾う動き』をされた途端に『ゴミ』でなくなる事による質量の復活は『本体』である風歌にも作用しますか(例としては『捕縛』による攻撃意図を向けられ、行動に移された瞬間など)

質問が多くなって申し訳有りません。
お手すきの時に返答お願いいたします。

303 『音仙』 :2020/12/05(土) 02:06:06
>>302(風歌 鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

>1. 渦の『同時発生』による『神砂嵐』モドキは可能ですか?

『渦』は単なる『風速の強い風』でしかないので、
『ワムウ』のように『破壊空間』を作り出す事は出来ない。

>2. 本体は突風の直撃や『渦』による擬似飛行、飛翔、跳躍が可能であると認識してますが『スタンド』はどうなるのでしょうか。
>  本体に引きずられる形での移動を行うのか、スタンド自体も『本体』と同程度に影響を受けるのか。受ける場合、スタンドに抱かれる形での飛行も可能なのかどうか

『このスタンド』は『移動』しない(『ゴミではない』のではなく、『能力上の制限』)
風の射程が5mでスタンドの射程も5mなので、これによって『射程外』に出る事もない。

>3. 5mの射程範囲に渦を発生させる条件の『地面』は『平面』ではなく、『下』から起こる渦に限定されると考えてよろしいでしょうか? 
>  壁の側面や天上から『渦』を起こす事は出来ないと考えてよろしいでしょうか?

現時点では、『下からの渦』のみ可能。

>4. 渦発生の『その場で風を起こし続ける』は、『渦を起こす位置に突風を打ち込む』ではなくて、
>  『渦を起こすことを意識しながら「深呼吸」の間は動かず、どこにでも構わないので突風を放ち続ける』という解釈でよろしいでしょうか

『前者』の認識が『正しい』。

>5. 上記の質問が前者の場合、『風が届かない場所(遮蔽されているなど)の内側』には風は起こせないと考えてよろしいですか?

その認識で『正しい』。

>6. 『拾う動き』をされた途端に『ゴミ』でなくなる事による質量の復活は
>   『本体』である風歌にも作用しますか(例としては『捕縛』による攻撃意図を向けられ、行動に移された瞬間など)

前提として、『質量が無いように風に乗るようになる』だけで、『質量が消える』わけではない。
また、『拾う動きをされているもの』はゴミと見なさず、『風』に乗せられないが、
『風に乗っている最中』については、乗り続けている限り、『拾う動き』をされても『ゴミ』と見なされ続ける。

304 御影憂『ナハトワハト』 :2020/12/05(土) 04:43:47

(※ナハトワハトによる能力詳細を見た限り。
4.体の他の部分は闇に同化させたまま、一部位だけを実体化させる事が出来る。
  この場合、その部位のみは通常通り視認でき、また干渉も出来る。
との記述から。それ以外、実体化しない場合は相互不干渉が働き
相手の姿、行動によって発生する物音等も認識出来ないと判断します)

質問です。
ミッション内で上記の判定が出されている。
今後にも関わるため、この通りであるかどうかを確認したい。

305 『音仙』 :2020/12/05(土) 05:18:50
>>304(御影憂『ナハトワハト』)

『ナハトワハト』の能力は……

>1.他者から姿が視認不可能になり、スタンド・通常物質問わず相互に干渉不能となる。
>4.体の他の部分は闇に同化させたまま、一部位だけを実体化させる事が出来る。
>  この場合、その部位のみは通常通り視認でき、また干渉も出来る。

・実体化させた一部位以外、『他者から視認不可能』
・実体化させた一部位以外、『相互に干渉不能』

なので、『こちらから他者を視認出来ない』事はなく、
また聴覚に関しては、能力の範疇に含まれていない。
よって『ナハトワハト』発動中の御影PCの側から、
相手のことが認識できないというのは『正しくない』。

306 『朝山』 :2020/12/05(土) 19:45:30
心音サイフォン様の質疑回答、ミッション内で確認させて頂きました。
こちらの方で、能力詳細を見た上でフラジール・デイズのような形だと
捉えて誤解した事を、まず謝罪させて頂きます。

あと、他に『ナハトワハト』様の能力内で気になる事を代わりに質疑させて頂きます。

1:『ナハトワハト』が闇の中で能力を発動中は。その暗所空間での視界は
明るい場所での視界と変わりないと言う認識で間違いありませんか?

2:相互干渉不可能の状態で、干渉不可能の存在と重なるような状態で
一部位の実体化及び、能力を解除するような行動を行った場合は
すり抜けの強制解除の状態のようにスBで其の生物の一番近くに弾かれるのか
または別の処理となるのか。

3:すり抜けで配管などを移動中、本体が身に着けてるバックなども携行して
発現は可能だと思うので、そのバックを外した場合の処理もスBで一番近くの
出口への放出と言う処理となるのか。

307 『音仙』 :2020/12/05(土) 20:20:21
>>306
判定ミスについては誰にでもあることですので、
どうかお気になさらないでいただければ幸いです。

>1:『ナハトワハト』が闇の中で能力を発動中は。その暗所空間での視界は
>明るい場所での視界と変わりないと言う認識で間違いありませんか?

その認識で『正しい』。
暗闇を狩場とする『ナハトワハト』は、
発現中『暗闇でも問題なく周囲を視認出来る』
詳細記述漏れ誠に失礼しました。

>2:相互干渉不可能の状態で、干渉不可能の存在と重なるような状態で
>一部位の実体化及び、能力を解除するような行動を行った場合は
>すり抜けの強制解除の状態のようにスBで其の生物の一番近くに弾かれるのか
>または別の処理となるのか。

『そもそも実体化出来ない』が正しい。

>3:すり抜けで配管などを移動中、本体が身に着けてるバックなども携行して
>発現は可能だと思うので、そのバックを外した場合の処理もスBで一番近くの
>出口への放出と言う処理となるのか。

霧状化している『すり抜け中』には、
バッグなども併せて霧状化しているため、
それだけを外したりは出来ないというのが正しい。

308 御影憂『ナハトワハト』 :2020/12/31(木) 19:20:23

「…………こんばんは」

        ボソッ

「一つ『教える』というか『聞きたい』というか…………。
 お互いの認識に『違い』が無いか確認したい…………」
 
「『明かり』…………弱くしてもらえる…………?」

             ボソッ

「今…………私は手の中に『100円玉』を握っている…………。
 見ての通り…………
 『ナハトワハト』は既に発現済み…………。
 そして…………その状態で全身を『闇と同化』する…………」

         ボソッ

「さて…………『どうなるでしょうか?』」

309 『音仙』 :2020/12/31(木) 20:37:29
>>308(御影憂『ナハトワハト』)

「答えは『無音』…………エエ、コインは落ちない」

「と、答えだけでは部分点ですね。
 途中式も答えると……『既に持っている』なら、
 キミの持つ『かばん』や『スマートフォン』、
 厳密に言えば少し違いますが『衣服』と同じく、
 『闇に溶ける』際に、一緒に溶けてしまうからです」

「ゆえに手放す事も不可能ですが、
 逆に言えば『手放さずに済む』……でしょう?
 どちらが望ましかったのかは、『聴きません』けどね」

310 御影憂『ナハトワハト』 :2020/12/31(木) 20:48:14
>>309

「…………『正解』」

     ボソッ

(やっぱり『把握』されてる…………)

(『音仙』…………敵じゃないけど…………)

(もし敵になったら…………『厄介』…………)

「じゃ…………また、その内に…………」

           ――――――パタン

311 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 19:38:46
『コンコン』『ガチャ』

「新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願い致します」

紙袋を手に、一人の少年が扉を開けてやってきた。深々と頭を下げる。

「新年のご挨拶も兼ねて、私事が一段落つきまして、そのお礼も合わせてお邪魔させて頂きます」
「こちら、個人的な好物の『信玄餅』です」

そう言って紙袋を差し出す。

312 『音仙』 :2021/01/12(火) 20:19:56
>>311

「ああ――――明けましておめでとう。
 『私事』については、私からは聞きません。
 語らうべき相手とは、十分に語らったでしょうし、
 私も……ある程度の顛末は、聴き及んでいますし」

「それを話に来たのであれば、
 もちろん、聞き耳にはなりますケド」

扉の中には、勿論『藤原しおん』がいる。
新春であれ何も変わりは無い部屋だ。
熱帯魚の、ポンプの音だけが鳴っていた。

「これはご丁寧に。……『和菓子』には、『お茶』が良いですよね」

例の『機械の蔓』――『音響機器の蔓』が複数伸び、
差し出された信玄餅の『紙袋』を受け取るとともに、
向かいの『椅子』が引かれ、『茶葉の缶』が取られる。

藤原自身は椅子に座ったまま動かない。
鉄の『性質』を理解して近付くのを控えているのか、立つのが嫌なだけか。

313 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 20:52:55
>>312

「お気遣い、ありがとうございます。…便利な『スタンド』ですね」

率直に言ってしまうと、意外と少しものぐさな面があるのだろうか、などと思ったりもしたが。
当然それを口にはしない。ひょっとしたら、自分が知らないだけで彼女は足が悪いのかもしれないし、
常に『スタンド』を動かす訓練を怠らないようにしているのかもしれない。
何にせよ、勧められた椅子に座る。

「いえ、お話が早いようで何よりです。大変に辛く、険しい道のりではありましたが。
 こうして五体満足で乗り越えられ、かけがえのない仲間も得る事ができました」
「その為の『力』を授けて頂いた『音仙』さんには、感謝をしております」

それも彼女の『スタンド』によるものなのか。あるいは、『タダヒト』さん達と知り合いなのか。
凡その顛末を知っている─────のではなく聴いている、と彼女は言った。
その言葉からして、前者が近いと予想している。改めて、思う。底の知れない人だ。

「この度は、その『力』…オレの『シヴァルリー』の状態も、今一度確認をして頂ければ、と思いまして」
「もっとも、何か不足を感じているわけではありません。ただ、これからもオレはまた
 戦いに身を投じることになるかもしれません。その時に、後悔をしないように」

あえて口にはしないが、己が身体に取り憑いた『蛇尾川』のこともある。
それが『スタンド』に影響があるのか、あるとしてどんな影響なのかは分からない。
ただ、いざという時に刀が刃毀れしていては戦いにならない。その為の手入れをお願いしたい、という意図もある。
彼女は何が起きたか大体理解しているようだが、その為に必要なことがあれば、話しておきたい。


『アポなし泥棒御用なり』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/96-350
『凍える刃』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/351-690
『ブラック・エピタフ』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1601890582/2-100

314 『音仙』 :2021/01/12(火) 21:50:25
>>313(鉄 夕立『シヴァルリー』)

「私の『ウィスパーズ』は、無敵ではないですけど……
 『成長』を繰り返している分、『利便性』はちょっとしたもの」

「あ……少し『不躾』でしたが、その、許してください、ネ」

   カタ ン…

『お茶』を淹れながら、余剰の『蔓』は縮んでいく。

「ええ、まず……キミが、おおむね無事でよかった。
 私が『スタンド』を目覚めさせられるのは、
 『スタンドの眠っている人間』に限ります。
 そして眠っている人間は『使えない』のに『惹かれ合う』」

                  ・ ・ ・

「『この件』が起きるより早く、目覚めさせていてよかった。
 ……実際のところ、私自身、自分の『能力』には感謝しました」

『鉄』の座る席にもすでに『コップ』は置かれていた。
というより、ほとんど常に置かれているのだろうが。

「とはいえ切り抜けられたのは、キミの『手腕』あってこそ、でしょう。
 『戦い』の仔細までは知りませんが、『シヴァルリー』を以てしても、
 すべての人間が、キミのように切り抜けられたとは限りません……」

       「だから――――今一度聴きましょう。キミの心の囁きを」

                     シュルルル
                           ルルル

言葉と共に、『音仙』は『背後』に視線を遣る。
『音響機器』で構成された樹の『木陰』に、この『テーブル』であると、分かる。

315 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 22:39:44
>>314

「あ、いえ、お気になさらず…」
(ただ単に面倒だったようだ…)

目をテーブルに落としたまま、静かに頷く。
何か勝手に色々と理由を考察してしまったが、想像よりこの人は人間離れしていないのかもしれない。
纏う雰囲気や、心の音を聴くという表現、何より『スタンド』を目覚めさせるという
得意な『スタンド』の持ち主であるだけに、俗人とはかけ離れた存在だと思っていた。
少しだけ、安心できた。─────しかし。

「『眠っていても』、スタンド使いに遭遇する可能性が高い、のですか」
「それは確かに危険ですね。『スタンド使い』は良識のある人間ばかりとは限りませんから」
「ちなみに『眠っている』人間に、あなた以外にも分かるような特徴はあるのですか?」

もしあるならば、声をかけて積極的にこちらへ連れてくるべきだろうか。
自衛の為の力は、持っておくに越したことはないだろう。数々の戦いを経て、自分も痛感している。

「恐縮です。最初に目覚めた時は、刃物を扱うこの力。些か自分の手に余るかもしれない、と思いましたが」
「幸運にも、自分にはそういう気性があったようです。いざ戦いとなれば、躊躇なく『スタンド』で戦うことが出来ました」

戦わずに済むならそれが良い。だが、それだけで終わらない時もあるのだと痛感した。
ならば、必要な時に必要な力を振るう。それが『シヴァルリー』、『武』を担うものだ。
コップを持ち、ゆっくりとお茶を静かに啜る。

「・・・・・それは?」

『音仙』、藤原さんのスタンドの陰にあるものに目を向ける。一体、どういう仕組みなのだろうか?

316 『音仙』 :2021/01/12(火) 22:49:38
>>315

「私は、『そう考えてます』……
 学説と言うほどの話でもないですが、
 マア、その、私自身の経験に由来する事です。
 端的に言えば、私も『生まれつき』の能力者ではないので」

「そして『見分け方』はありません。
 私も、『聴く』までは……ここに来ても、
 スタンドに目覚めず帰った方はいます。
 『数奇』な運命の中で生きている方も、
 ごくごく普通の、平均的な人生を歩む方も」

鉄の質問に穏やかな調子で答えながら、
『茶』と『菓子』の準備は進められていく。
中には、『日本茶』と合うとはあまり思えない、
洋菓子の一種――――『プレッツェル』も見受けられた。

「……『戦う力』は時に『暴力』と混同され、厭われます。
 ですがキミがそうであるように、力は力。暴力とは『振るい方』」

「私も……講釈をするほど、人間性に優れたものではありませんケド」

テーブル、いす、そして向かい合う『音仙』と『鉄』も、
すべてが『ウィスパーズ』と呼ばれるスタンドの『木陰』にある。

「ここが『木陰』であることに意味がある、それだけです。
 テーブルにも椅子にも、もちろん食べ物にも仕掛けはありません」

そして『飲食』の準備が整った頃、半ば髪に隠れた目が『鉄』を見据えた。

「――――では、今再び『聴き』ましょう。
 場合によっては、時間もかかりますが……準備はよろしいですか?」

317 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 23:14:18
>>316

「…あなたも、後天的に目覚めたのですか」
「それは、突然に?あるいはオレのように、誰かの協力を得て、でしょうか?」

テーブルの上に並べられた菓子の中にある、『プレッツェル』。覚えていてくれたのだ。
いや、実際あの時は好きな洋菓子を訊かれて、あまり食べたことのない菓子の中で
そういえばこの前妹からもらった『プリッツ』は美味しかったな…という記憶から引っ張り出した名前だったが。
何にせよ、ありがたいものだ。小さく頭を下げ、先に『プレッツェル』に手を伸ばし、頂く。
しげしげとその特徴的な形を見つめた後、小さく食べてみる。…美味い。

「こういった場所を訪れ、何かを変えようとした人間にのみ、『目覚める』機会があるのでしょうね」
「かく言うオレも、これは自分にはどうしようもない事だと諦めていたら、『シヴァルリー』に目覚める事もなかったでしょう」

やはり、『眠っている』人間の見分け方はないようだ。覚悟していた事であるが故に、衝撃はない。
それならば、これから自分が生きていく中で、何かに抗いたくとも力を持たない人間に会った時。
この場所を、勧めよう。何も変わらないかもしれない。それでも、希望は少しでもあった方がいい。

「…一連の事件を通じて、色々なことを知りました。この街では、想像よりも数多く事件が起きていること」
「そしてそういった犯罪に手を染める人間は、必ずしも想像するような『悪党』ではなく、
 日常の中で偶々足を踏み外し、そちら側へと落ちてしまった者もいること」


>    「私の所属する『三課』は、
>     『窃盗犯』を主担当としている」
>    「スーパーの『万引き』、『空き巣』や『ひったくり』は、
>     この町の何処かで、毎日起こっている」


>      「ああ、自首するよ」

>      「このスタンド能力を、使わずに生きてきた」

>      「――――だが、いざ使ってみれば、このザマだ」

>      「慣れないことを、するべきじゃあ、なかったよ……」

「オレも例外ではありません。常に自らの行いに気をつけて、これからも邁進していく所存です」
「よろしくお願いします。今日は家族へと遅くなる旨を伝えてあるため、問題ありません」

そう言って深く頭を下げ、今度はしっかりと『音仙』さんの瞳を見返す。
彼女は真剣に望んでいる、自分も同じく真剣に望まねば失礼だ。ましてやこれは自分がお願いした事なのだから。

318 『音仙』 :2021/01/19(火) 22:06:56
>>317(鉄 夕立『シヴァルリー』)

プレッツェルはごく平均的に、美味だった。
包装からして既製品ではあるのだろうが、
だからこそ過度な気遣いの重みも無い。

「――――それは『後者』ですね。
 私もかつて、この能力を『供与』されました。
 そう、『何かを変えようと』……
 エエ、ごく些細な望みではありましたけど」

『藤原しおん』は『ウィスパーズ』を見上げる。
 
「勿論『今の形』になるまでには……
 幾度か、『成長』を重ねた結果ではあります。
 あくまで、『能力の成長』ですけど……ネ。
 人間的に私が成熟しているかとは、別の話です」

「それは私以外のスタンド使いにも……きっと全ての人に言える事」

そして『音仙』は、『鉄』の言葉と視線に頷く。

「私は、その、カウンセラーではありませんが……経験から言って、
 人生の中で『力』を磨いても、『心』は削られるかもしれない。
 『心』は磨かれても、ええ、『力』が追い付かないことだって多い。 
 『苦境』を超えた者すべてが、失う物より多くを得られるとは限らない」

「キミは強く、そして優しい。きっとこれからも……エエ。
 ですが、『強さ』『優しさ』が常に正解を導くとは限りません。
 むしろ、『できてしまう』からこそ『踏み外す』線もある。
 だからこそ……己を顧みることの出来る、その『意志』を」

           キィィィィィィィ  ―――――――
                              ン

                    「これからも、どうか、保ち続けて」

319 『音仙』 :2021/01/19(火) 22:56:43
>>317(鉄 夕立『シヴァルリー』)

          ィィィィィ――――――――――  ・・・


「さあ、『聴こえ』ましたよ。
 キミの中に響く、新たな音……
 紛れもなく『新たな領域』ですが、
 どちらかと言えば『出力の強化』ではなく、
 手札を増やし……戦い易さを高める形と、言えます。
 過度な『殺傷力』ではなく、その新たな手綱」

「即ち『殺傷力』を『統合』――――『研ぎ澄まし』て『太刀』と為す」

              『シャ 
                    キン』

「『シヴァルリー』……『セッション』」
 
「『個』を『殺す』ようにも思える能力ですが、
 『セッション』という名前が示す通り、
 むしろ、『まとめ上げる』と言うべきでしょう。
 勿論、キミ自身の気質がどうこうというわけではありませんよ」

           「あとはキミが『後悔』をしないように……
             私から出来るのは、これを聴かせる事だけ」

                         キィィィィィィィ  ―――――  ン

「それと、ここで祈っているくらいでしょうか。
 ……如何なる壁が現れても、キミの道はキミのもの。この先も、お気を付けて」 

                               「また……行ってらっしゃい」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

『成長』した『シヴァルリー』は、新たな『戦い方』を有する。

奪っている『殺傷力』が『2つ以上』ある時に発動できる『第二の能力』。
それらを1つに『統合』し、『研ぎ澄ます』事で、一本の『刀』を形成する。

刀に特別な能力は存在せず、統合した分の『蓄積枠』も使ったままだが、
統合した数に応じた『切れ味』と『刃渡り』を有しており、
2つで『脇差』、3つで『太刀』、4つで『野太刀』に相当する。
『4つの殺傷力』を『二振りの脇差』にすることも、可能。
雑多な殺傷力を、『使い勝手』に優れた『武器』に変えられる強みがある。

その『刀』そのものに先天的な名は無いが、
『統合』の性質は、『セッション』とも称される。

『シヴァルリー』Chivalry
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(2m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:B→C

『シヴァルリー・セッション』Chivalry Session
破壊力:C〜A スピード:―  射程距離:D(4m)
持続力:B  精密動作性:―   成長性:―

――――――――――――――――――――――――――――――――――
                            鉄 夕立『シヴァルリー』→『成長』。

320 『音仙』 :2021/01/19(火) 23:08:19

視認した『刃』から殺傷力を奪い、なまくらにする。
奪った殺傷力は、その『刃』の形を成して手に発現出来る。
奪う際にも殺傷力が刃の形を成してこのスタンドに飛来し、それを吸収する。
その飛来経路に無生物があっても透過し、生物がいれば容赦なく切り裂く。

『シヴァルリー』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(2m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

奪った殺傷力は複数『統合』して『研ぎ澄ます』事で、
それらを一本の『刀』の形に変えた上で手に発現する事も出来る。

『シヴァルリー・セッション』Chivalry Session
破壊力:C〜A スピード:―  射程距離:D(4m)
持続力:B  精密動作性:―   成長性:―

【基本情報】
1.人型。本体とのダメージフィードバックを有する。また、視覚のみ有する。
2.このスタンドの視界内に存在する『刃』から、『殺傷力』を奪う事ができる。
  鞘などで刀身全体が隠れている刃からは奪えない。一部が隠れているだけなら、奪える。
  常に刃全体から奪う事になる。一部分だけ奪ったりは出来ない。
  また『爪』や『牙』などの刃物は、『一本で刃物足り得る』場合は一本ずつ奪い、
  並んだ牙のように、一本ずつ斬ることが困難である場合はまとめて奪うことができる。
  刃にスタンドなどで後天的に付与された『殺傷力』を奪えるかはケースバイケース。
  『刃の切れ味を高める』物なら刃の殺傷力ごと奪え、『刃そのものと無関係と断定できる』場合は奪えない事が多い。
  後述の、『シヴァルリー』が生み出す『殺傷力の刃』から『殺傷力』を奪う事は出来ない。
3.刃の定義は『パワーD相当以上の鋭さ』を持つ刃物であることか、
  実際に何かに『切り傷』を付けた、または『切断』『両断』したのを見ること。
  槍の柄などの一体化した付属品も刃の一部とみなされるが、
  一時的な付属品、例えばただの包丁に後から結びつけた棒などは含まれない。
4.『紙』や『手刀』などは刃物でないため通常は刃ではないが、
  後者の条件を満たしたことを視認すれば、その瞬間から刃物扱いできる。
5.殺傷力を奪われた刃物は、何に命中しても『刃物自体によるダメージ』を与えられない(パワー:なし 相当になる)
  これは打撃などに用いても同じ。ただし刃物を扱う腕などのパワーや、
  刃を振るう行為自体のスペックが失われるわけではないため、
  ダメージを伴わない押し込み、拘束などには使用出来るし、
  刃で押された人間が釘を踏んだり、または元々負っていた傷が広がって傷つく事はある。
6.同時に刃の殺傷力を奪っておけるのは『4つ』まで。持続時間は『10分』で、能力射程は『20m』。
7.一度殺傷力を奪い、解除して殺傷力が戻った刃から再度奪うには『1分』のクールタイムが必要。
8.スタンドそのものが解除された場合、蓄えていた殺傷力は霧散し、『一呼吸後』に刃の殺傷力が回復する。

【殺傷力を奪う過程】
1.奪った殺傷力は、幽体のように刃から抜け出し、
  その刃の形でこのスタンドに切っ先を向けて飛来する(パスBC)
  スタンドのどの部位に飛来するかは、不自然な軌道でなければ選択可能。
  この殺傷力の刃は実体化したスタンド物質であり、一般人も視認・干渉可。
2.途中にある無生物は透過し、生物には命中。このスタンドに触れると吸収される。
  壊される、生物の体に阻まれるなどすれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復する。
  生物に命中し、貫通した場合などは霧散せずそのまま進む。
3.能力の任意解除は可能。解除した瞬間、奪っていた殺傷力は刃に戻っていく。
4.戻っていく際も、幽体のようにスタンドから抜け出して、
  刃に切っ先を向けて飛び(パスBC)、刃に触れれば吸収される。
  この時『シヴァルリー』は刃を吸収しないため、通常通りに干渉する事が可能。
  ただし、『自傷』することは出来ない。
5.無生物は透過すること、そして生物には通常通り当たるのも同じ。
  途中で阻まれれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復するのも同じ。
6.刃から飛び出した、または刃に戻ろうとしている時の殺傷力は、『パC』の全力打撃で霧散させられる。
7.霧散した場合の刃の殺傷力回復は、飛来の過程が無い。

321 『音仙』 :2021/01/19(火) 23:08:30
【手で扱う際の殺傷力の刃】
1.奪っている殺傷力は、このスタンドの中に蓄えられており、いつでも内容を把握出来る。
 『刃物』にスタンド能力が付加されている場合はその部分だけ、
 『刃物』そのものがスタンドの場合は能力の概要を把握できる。
2.奪っている殺傷力を元々の『刃』の形で、このスタンドの手に発現し、扱う事が出来る。
  ただし確実に手で持つものでない(例えば刃が着いた靴など)場合、該当する部位に現れる。
  発現に勢いはないため、障害物を押しのけながらの発現は出来ない。
  発現時の刃物の持ち方は、ちゃんと保持できているなら自由。
3.同時に発現しておける刃は『2つ』まで。視認していれば、任意解除可能。
4.この殺傷力の刃については『スタンド体』。一般人には見えず、干渉もされない。
5.投擲したり、人に渡したりもできる。この場合の射程は『4m』。超えると霧散する。
6.刃自体に『スタンド能力』など特異な効果がある場合、それは殺傷力の刃にも備わっている。
7.なお、無生物を透過する効果はない。『シヴァルリーで扱う為』に形を強く与えているのが原因と思われる。
8.手で扱っている際の殺傷力の刃の強度は、元となった刃に準拠する。
9.元となった『刃物』が消失した場合でも、奪った『殺傷力』に影響はない。
  ただし解除時の『戻っていく』過程は経ず、その場で消滅することになる。

【セッション】
1.奪って、かつ手に発現はせず『蓄えている』状態の殺傷力が『2つ以上』の時にのみ使用が可能になる。
  使用は強制ではなく、使用時には一呼吸ほど、精神を統一する必要がある。
2.『2つ』〜『4つ』の殺傷力を『統合』して『研ぎ澄ます』事で、『一振りの刀』に形成して手に発現する。
3.この刀は『統合した殺傷力分』の『蓄積容量』を使っている。
  『4つ』統合した刀の形成時には、それ以上殺傷力は奪えない。
4.『同時に発現している刃の数』としては刀一本としてカウントされるので、
  『3つ』統合した刀の形成時に、他の殺傷力を刃として手に発現する事は可能。
5.スタンド体である事や、射程など、基本的な性質は、通常の『手で扱う際の殺傷力の刃』に等しい。
5.刀の切れ味と刃渡りは、統合した殺傷力の数に応じて変わる。
  (消費した殺傷力の切れ味やサイズ、形状、付与されている能力は、刀のそれに影響しない)

      【切れ味】     【サイズ】
  『2つ』 C相当       脇差  (約50cm、一尺六寸)相当
  『3つ』 B相当       太刀  (約80cm、二尺六寸)相当
  『4つ』 A相当      野太刀 (約110cm、三尺六寸)相当

6.この能力の切れ味におけるC相当は、『破壊力Cで破壊できる物を切れる』を意味する。
7.『4つ』蓄積している時、『4つ』統合して一振りの野太刀にするだけでなく、
  『2つ』統合して作成する『脇差』サイズの刀を『二振り』作成する事も出来る。
8.解除時は刀は『霧散』する。統合していた殺傷力は元の刃に戻っていく過程を経ず、一呼吸後に再生する。

322 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/20(水) 00:51:21
>>318-319

『音仙』さんも誰かから『スタンド』に目覚めさせてもらったと聞いて、内心で少し驚いた。
個人的な感覚だが、『スタンド』を引き出す『スタンド』というのは、
どこか他のスタンドと一線を画す存在だと認識していた。
だが、それはたまたまそういう能力であった、というだけで
実際は自分達のような人間と、そう変わらない人なのかもしれない。
そんな彼女が『変えたいと願ったもの』、興味がある。もっと言ってしまえば、ここに至るまでの過去の内容を。
だが、流石にそれはプライバシーに関わる問題だろう。ここで性急に問い訊ねる事ではない。

「・・・・・藤原さんのお言葉を、胸に深く刻ませて頂きます」
「そして新たなる力─────『セッション』。感謝致します」
「この力を用いて、また新たな壁を切り開き道を作り出せるように。精進致します」

ゆっくりとお茶を飲み干し、立ち上がる。
新たな力に溺れぬよう、また振り回されぬように。自分に出来ることと言えば、ただ訓練するだけだ。
斑鳩くんを始め、友人や仲間、また日々を平和に暮らす人が、困った時に助けられるように。

「ありがとうございました」

深く頭を下げて、背を向けて入り口へと歩き出す。─────。
途中で一度足を止めて、振り向いた。

「・・・ちなみに、藤原さんは何が『カワイイ』と思いますか?」

323 『音仙』 :2021/01/20(水) 01:37:06
>>322(鉄 夕立『シヴァルリー』)

藤原しおん、という女について多くは分からない。
なぜ『スタンド使い』になろうとしたのか。
なぜ『供与』する力を得て、それをしているのか。
彼女はどこから来て、どこに向かう存在なのか。
それが知るべき事なのかどうかも、分からない事だ。

「私は『教師』や『牧師』でもありませんので、
 言葉をどう受け止めるかはお任せします。
 ……望むなら、それがキミの助けになれば」

茶の味がゆっくりと口の中に広がり、
それが喉を通って、体を満たす。
『新たな力』も同じように浸透していく。
『シヴァルリー』の一部として、既に『成った』。

「エエ、こちらこそありがとう。
 ……『カワイイ』? ええ、まあ、そうですね。
 悩みます、けど…………そう、『熱帯魚』?」

立ち去る夕立に、目を細めていた『藤原』だが――

               ス

「『プレコ』などは……好きで、そこの水槽にも何匹かいますね。
 ああ、いえ、『アクアリウム』にすごく詳しいわけではないのですが」

視線を向けた先には、『エアポンプ』の音。そこに泳ぐ、色とりどりの魚たち。

324 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/20(水) 01:51:13
>>323

「成る程。『プレコ』…というのですね、この魚の種類は」
「熱帯魚…特に『プレコ』は『カワイイ』。参考になりました、ありがとうございます」

もう一度身体を『音仙』さんへと向けて、頭を下げる。
成る程、確かに小さい生き物は可愛らしい。とはいえ魚に馴染みはなかったが、
女性の感覚からすると、こういうものも『カワイイ』の範疇のようだ。見識が深まった。

「それでは、お互いにお元気で。また何か困り事などありましたら、すぐにご連絡を頂ければ」
「…失礼致します」

そして、ドアを潜り抜けた。
あの人は、自分達兄妹を救ってくれた。だから、きっとこれからも、また誰かを助けてくれるのだろう。
それならばあの人を守ることが、また誰かを救うことに繋がるはずだ。

「何にせよ、また鍛錬だな」

『シヴァルリー』を発現し、その姿をしばし眺めた後に解除する。そうして歩き出した。
この能力を活かす機会は、実はこの後、生涯訪れないのかもしれない。鍛錬も無駄になるかもしれない。
けれどそれは最も喜ばしい事だろう。それはこの街が、ずっと平和なままだったのだろうから。

325 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/20(水) 18:58:36
「そら……?」「……ソラ……」「藤原ソラ……だと……?」

「いいね!気に入ったよ
 まっさらで空っぽなゼロからのスタートにピッタリだ、スケールもでかいし」
「お姉さんは私のゴッドマザーだね
 あのさ…ママとかお母さんって呼んでいい?いや、駄目なら別にいいんだけど…」

「そうだ、少し質問があるんだけど」

・身体能力に補正がかかるらしいけど、ジャンプ力が増したりスタイリッシュな動きが出来るわけではない?
・『冠』が破壊された場合、再発現にはどうすればいい?
・雲の上に乗った状態でステッキによる再調整を行ったとして、どこまでも高く引き上げる、または下げる事は可能?
 あくまで最初に『浮上』させた位置を基準としての再調整しか出来ない?
・『氷点下』の核が0度以上になった場合どうなる?

「どうしたいか…か
 今はフリーの状態だからな、気の向くままに動いて記憶の手がかりを探すのもいいか」
「と言っても、フリー過ぎて家も金も無いのは問題だな…」

「……あんたに親こうこ…、いや、恩返ししてみるのもいいかな?」

326 『音仙』 :2021/01/21(木) 08:08:55
>>325(ソラ『ステインド・スカイ』)

「呼び方は……キミに任せます。
 ですが、私に『その役目』が出来るかと言えば、
 正直に言ってあまり、その、自信はありません。
 …………だから、『駄目』とは言いませんが、
 その事で、いつかキミは傷ついてしまうかもしれない」

「……『名付け親』として、キミの事を見捨てはしませんが」

        「……『親』のように、
         無尽無償の愛は注げない、かも」

>・身体能力に補正がかかるらしいけど、ジャンプ力が増したりスタイリッシュな動きが出来るわけではない?

スピードが『B』になっているため、
スタンドのルールに基づき『跳躍』力は増す。
(『スピードB』の『垂直跳び』は『2m』)

ただし精密動作性は上がっていないため、
曲芸のような動きが無条件で出来る訳ではない。

>・『冠』が破壊された場合、再発現にはどうすればいい?

破壊から『一昼夜』経過すれば、再発現可能。

>・雲の上に乗った状態でステッキによる再調整を行ったとして、どこまでも高く引き上げる、または下げる事は可能?
 あくまで最初に『浮上』させた位置を基準としての再調整しか出来ない?

『最初に浮上させた位置』を基準にしての再調整しか、現時点では出来ない。

>・『氷点下』の核が0度以上になった場合どうなる?

普通の雲になり、『雪が降らなくなる』。
雲自体が解除されたりはしない。
逆に普通の雲の核が0度を切った場合は、雪が降る。

「『私』が……キミにしてほしいのは、
 住むところと、食べ物を得る方法を決める事ですね。
 ここは、打算があるとかではなく……心配なので」
 
「とはいえ『子供の一人暮らし』は世間が認めない。
 普通に家を借りる、というのは困難でしょう。
 仮に……『普通ではない不動産屋』がいるとしても、
 食い扶持も、まともな者は子供を労働力にはしない。
 私だって、キミに労働をさせたいとは思わない」

    「屋根と食事……もちろん見つかるまでは、
     私がひととき『提供』する事は可能です。
     ……何かを返してくれ、とは言いませんが、
     『ずっとそれを続ける』のは、難しい」

          「……難しい事が、多いですね」

327 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/21(木) 18:43:54
「うん…分かったよ
 それでも自分にとっては、名前をくれたあんたは親みたいなもんだし、勝手に呼ばせてもらうね」

「それで、もう少し質問があるんだけど…」

・水中で『浮上』させた場合はどうなる?
・液体や気体を『浮上』させる事は出来る?
・再調整する時、スピードを緩やかに調整する事は出来る?
・雲に乗る場合、雲はどれくらいの重量耐えられる?
 例えば石ころ程度の物を核にした雲の上に乗る事は出来る?

「子供はいつか親離れしなきゃいけないからね…
 少しの間衣食住を与えてくれるだけで有難いよ
 いつか自力で生きていく方法を見つけるからさ、それまでお世話になるよ」

「恩はいつかたぶん、おそらく、きっと返すよ
 …お母さん」

328 『音仙』 :2021/01/22(金) 00:06:39
>>327(ソラ『ステインド・スカイ』)

「『呼べ』とも『呼ぶな』とも、言い切れない。
 ……どうか許してください。
 それでもそう呼んでくれるというのなら、応えます」

「それで、質問の答えですが……」

>・水中で『浮上』させた場合はどうなる?

『水面まで』浮上させるなら可能。
『水面に到達できない』浮上は、
天井に当たる場合などと同じで不可能。

>・液体や気体を『浮上』させる事は出来る?

固体ではないものは、浮上させられない。

>・再調整する時、スピードを緩やかに調整する事は出来る?

腕を振るう速度次第なので、可能。

>・雲に乗る場合、雲はどれくらいの重量耐えられる?
  例えば石ころ程度の物を核にした雲の上に乗る事は出来る?

本体が乗る場合、どんな雲にでも乗れるし、本体の重量には常に耐えられる。

「キミを直接、『守る』事は……あまり出来ません。 
 外を出歩くなら、気を付けて。『スタンド使いは惹かれあう』
 もちろん、それが『手がかり』に繋がる事も、あるでしょうが……」

       「月並みな事を言えば、無事である事。
         そして記憶を取り戻す事が『恩返し』に、なりますよ」

329 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/22(金) 18:55:34
>>328
「ありがとう、心得たよ
 じゃあちょっと、出かけて来るかな
 何か面白い物があったらお土産にでも持って来るかな
 行ってきます、ママ」

330 小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』 :2021/03/11(木) 22:20:50
随分長いこと会ってなかったような気がしますね。

本当なら、土産に私の気に入っているマスカット大福でも用意して
久しく会話をしたいのですが、少し急ぐ場所がありまして。ですので、その所用が
済ませた後にでも、また来ようかと思いまして……その前に2、3質問を。

1:『水槽』状態のスタンドが、本体の射程外に出た場合の強制解除ですが。
この場合は一瞬で水槽のガラス膜も液体に解除され飛び散る形と考えて宜しいですか?

2:『水槽』内の液体は、水槽時点での性質を保有したまま変質しない。
(※混入した物体は例外)この性質ですが電気・光・音なども保有可能でしょうか?
また、水中に入れても燃え続けるマッチのようなものを保有した小さな水槽に
可燃性の強い液体の内包した大きな水槽を掛け合わせて小さな水槽を解除した場合は
大きな水槽は解除してから瞬時に発火するのでしょうか?




(※これは、こちらで質疑する事ではないのですが……以前参加させて頂いた
とある夢ミは強制終了となった事で管理スレの質疑応答も踏まえ
私の早合点による落ち度ですが、記憶は全て喪失と言う形のロールを取ってましたが
別の感想戦で確認したところ、記憶していて特に問題ないとの事でしたので
『思い出す』と言う事に関して問題ないでしょうか?)

331 『音仙』 :2021/03/11(木) 23:10:28
>>330(小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』)

「キミの活躍は『耳に及んで』いましたが、
 確かに……顔を合わせるのは、久しぶりかも。 
 エエ、『何があったか』は後で聴かせてください。
 そう、つまり、話に来れるよう……心から息災を」

>1:『水槽』状態のスタンドが、本体の射程外に出た場合の強制解除ですが。
>この場合は一瞬で水槽のガラス膜も液体に解除され飛び散る形と考えて宜しいですか?

水槽が解除されても、元となった液体は消えない。
よってその認識が正しい。

>2:『水槽』内の液体は、水槽時点での性質を保有したまま変質しない。
>(※混入した物体は例外)この性質ですが電気・光・音なども保有可能でしょうか?

液体以外の混入物は通常通り作用するので、
それ単体では『不可能な可能性が高い』。
ただし液体が帯電しているのは保有可能。
(『液体そのものの性質』になるため)
具体的な状況によってはケースバイケース。

>また、水中に入れても燃え続けるマッチのようなものを保有した小さな水槽に
>可燃性の強い液体の内包した大きな水槽を掛け合わせて小さな水槽を解除した場合は
>大きな水槽は解除してから瞬時に発火するのでしょうか?

小さな水槽の中身にもよるが、原則その認識で正しい。

>(※これは、こちらで質疑する事ではないのですが……以前参加させて頂いた
>とある夢ミは強制終了となった事で管理スレの質疑応答も踏まえ
>私の早合点による落ち度ですが、記憶は全て喪失と言う形のロールを取ってましたが
>別の感想戦で確認したところ、記憶していて特に問題ないとの事でしたので
>『思い出す』と言う事に関して問題ないでしょうか?)

ロールは供与者の領分ではないので、ご自由に。
『音仙』の『ウィスパーズ』は万能ではないので、
思い出せていなかった事を聴けてなくても矛盾は生じない。

332 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 19:33:10
しばらくぶりだな。ちょっとは『ゴミ』じゃなくなった気もするが、アタシは『まだまだ』『ゴミ』だ。

と、世間話をしに来た訳じゃねえ。質問がある。
「今更?」な質問なのかもしれねーけどよ、改めてってやつだ。

「突風による質量無視の吹き飛びは『本体』のみに適応されると説明があったが、その吹き飛びのDFは発生するのか?」

いや、『吹き飛び』事態がダメージを生まねーのは解ってる。ようするに、『スタンドも一緒に同方向に吹き飛ぶのか、それともスタンドはその場に留まるのか』だな。
アタシは今まで『留まる』と解釈してたんだが、ひょっとして勘違いをしてるんじゃねえかと思って、確認をしに来たんだよ。手間かけて悪いが、よかったら教えてくれ

333 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 20:01:02
前の質問に答えてもらってないのに申し訳ないんだが、ついでに思いついた事があるから聞いてくれ。

「『渦の移動』って、可能か?」

まずアタシが思ったら渦が移動できたり……これはまぁ無理だと思ってるんだが。
だが、例えば。『渦』を発生させた、『床』を移動させる事が出来たら、『発生位置』の移動に伴って『渦の移動』は起きたりしないか? 
具体的な例を出すなら、『エレベーターに渦を発生させたらエレベーターの移動に伴って渦も動くのか』的な感じだ。

それと『渦』を発生させられる『地面の定義』は『位置』は関係なく『(だいたい)平面なスペース』でいいんだよな? 
『アタシ(本体)』より下の位置からしか発生させられない 的なのはないよな?
あ、言っとくけど『下から昇る渦』しか発生できないのは解ってるぜ

なんかせわしなくて済まねえな、よかったらこっちにも答えてくれ。

334 『音仙』 :2021/03/16(火) 22:24:34
>>332-333(風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

「ああ、お久しぶりです。……キミは、以前より良い顔をしてますね」

「ただ……心に染み付いた『価値観』は、
 少しずつ変えていくしかありません。
 でもね……『変わること』を望むのであれば、
 それ自体が、とても、良い傾向だと、心の底から思いますよ」

「さて、それでは……答えます。
 ああ、それと、この『質疑』はキミの『権利』ですから……
 問いの数が多くても、頻度が高くても、一つも間違いではない。
 『向き合った』結果とも言えるでしょう……あ、節度は、ありますが」

>「突風による質量無視の吹き飛びは『本体』のみに適応されると説明があったが、その吹き飛びのDFは発生するのか?」

「いいえ、これは『しません』……
 『留まる』という、キミの認識で合ってます。 
 吹き飛ぶのは、『ゴミ』を自認する、今のキミだけです」

>「『渦の移動』って、可能か?」

「まず、キミの思う通り『任意で操作』は不可能です。残念ながら」

「そして『エレベーター』の例ですが……『動きます』ね。
 ただし、ええと、例えばの話をしますが……
 『床の上に敷いているカーペット』があるとして、
 そのカーペットの上に渦を発生させたとしましょう。
 エエ……カーペットが移動しても、渦は移動しません。
 『敷き物』や、『床に置いてある物』ではなく……
 『床自体が動いた場合』であれば、渦は動く、という意味です」

        「……分かりやすい例えになっていましたか?」

>それと『渦』を発生させられる『地面の定義』は『位置』は関係なく『(だいたい)平面なスペース』でいいんだよな? 
>『アタシ(本体)』より下の位置からしか発生させられない 的なのはないよな?
>あ、言っとくけど『下から昇る渦』しか発生できないのは解ってるぜ

「エエ、これは、その認識で正しいですよ。
 段差の上にでも、風が届けば『渦』を作ることは可能です」

335 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 23:17:58
>>334
質問に答えてもらってありがとうよ
実のところ、『色々』試してみたい事があってな、その為に必要だったんだよ。特にスタンドが巻き添え食うか食わないかは。
床と『位置』は……もしかしたら、ビルとかで喧嘩とかするかもしれねえしな。その時になって聞きに来るより、今聞いたほうがいいと思ったんだよ。
それじゃあ、改めてだがありがとうよ。いつかは、アタシが『ゴミ』を名乗らなくなる日が来たら、あるいはまたなんか分かんなくなったら来るよ。じゃあな

336 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2021/04/03(土) 23:38:52

>本体の声を収音し、音響機器から出力する。
>出力に使用した機器は本体の『ファン』になり、『情報』を貢ぐ。

基本的な事で大変恐縮ですが、PLはこの能力を、
『本体がプラン9を通して機器に語りかける』→『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』
という流れだと考えています。
この解釈は正しいでしょうか?

337 『音仙』 :2021/04/04(日) 00:03:57
>>336(美作くるみ『プラン9・チャンネル7』)

>>本体の声を収音し、音響機器から出力する。
>>出力に使用した機器は本体の『ファン』になり、『情報』を貢ぐ。

>基本的な事で大変恐縮ですが、PLはこの能力を、
>『本体がプラン9を通して機器に語りかける』 →『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』
>という流れだと考えています。
>この解釈は正しいでしょうか?

能力詳細の記載より――

>背中のマイクは、本体の声のみを拾う。どれ程周囲がうるさくても問題ない。
>拾った声は、本体から半径『120m』に存在する『音響機器』からリアルタイムで出力できる。
↑ 『本体がプラン9を通して』

>本体の声を出力した機器は、条件を満たせば本体の『ファン』になる。
>本体が機器に『ねだる』ことで、機器が持つ価値あるもの――
>すなわち、その機器の『情報・記憶』を本体に貢がせる事が出来る。
>ねだる方法は、意中の『ファン』化した機器を出力対象にし、
>機器に対して『欲しい情報』を語りかけるように出力すること。
↑『機器に語りかける』

>機器が貢いだ情報は言語化され、スタンド音声としてスタンド側の『スピーカー』から出力される。
↑『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』

よって、概ねその認識で間違いありません。

338 空織PL :2021/04/04(日) 01:17:25
『プラン9・チャンネル7』について質問です。


【基本情報】
>4.拾った声は、本体から半径『120m』に存在する『音響機器』からリアルタイムで出力できる。

>6.音声を出力する機能を持つ機械であれば、音響機器と認定される。
   叩けば音が出るなど、物理的な方法で音を鳴らす(楽器のように)のは範疇外。

>7.ラジカセや音楽プレーヤーに限らず、スマホ、パソコン、音声案内(ナビ)機器なども含まれる。


 上記から、『プラン9』は
 本体の音声を射程内にある他人の『スマホ』から出力することが
 可能な能力だと認識しています。

・このとき、スマホから出力される本体の音声は
 『普通の通話音声』のように感じられる?
 (なんか普段のスマホの通話音声とは違うぞ、という違和感を受け手は覚える?)

・このとき、本体の『スタンド音声』を音響機器から出力することはできる?

339 空織PL :2021/04/04(日) 01:19:47
>>338
(メール欄はまちがいです。失礼しました)

340 『音仙』 :2021/04/04(日) 13:59:39
>>338(『プラン9・チャンネル7』)

> 上記から、『プラン9』は
> 本体の音声を射程内にある他人の『スマホ』から出力することが
> 可能な能力だと認識しています。   

『正しい』です。

>・このとき、スマホから出力される本体の音声は
> 『普通の通話音声』のように感じられる?
> (なんか普段のスマホの通話音声とは違うぞ、という違和感を受け手は覚える?)

音声はスマホのマイクを利用して出力されるため、
『普通の通話音声』のように感じられます。

>・このとき、本体の『スタンド音声』を音響機器から出力することはできる?

できます。

341 空織PL :2021/04/04(日) 19:20:14
>>340
………できるのか!
どうもありがとう。胸のつかえがとれました。

回答に感謝。

342 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/08(木) 07:24:27
先生、お久しぶりです。
『リルトランク』を供与してくださってありがとうございます。

あの、『リルトランク』と生活していて疑問が生じたのですが、質問させていただいてもよろしいでしょうか…?

『リルトランク』の『枝の付属物』について2点伺いたいのですが、
たとえば香りの強い『花』を咲かせた場合、『花』は『付属物』の射程である『枝から3m』を越えられないと認識しているのですが、
花から発生した香りも同様という認識で合っているでしょうか…?
(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』の射程を参照するのか)

また、『木の枝』が消えた場合、『付属物』も消えると認識しているのですが、『付属物』が起こした影響(匂い等)も消えるのでしょうか?
(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』が消えた場合消えるのか)

匂いは揮発した物質が周囲に変化をもたらしているものという認識でおります。
物理的な破壊が行われた場合はもちろん不可逆だとは思うのですが、枝の成分で変化が起きた場合は可逆性はあるのでしょうか?

343 『音仙』 :2021/04/08(木) 11:42:56
>>342(七篠 譲葉『リルトランク』)

「『疑問点』を残したままでいれば、
 いつかそこに躓くかもしれません。
 ……いつでも聞きに来てくれて、いいんですよ」

>たとえば香りの強い『花』を咲かせた場合、『花』は『付属物』の射程である『枝から3m』を越えられないと認識しているのですが、
>花から発生した香りも同様という認識で合っているでしょうか…?
>(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』の射程を参照するのか)

「これは、キミの言う通りの解釈になります。
 付属物の付属物……たとえば花を咲かせたとして、
 その匂いも『付属物の一部』として考えます。
 だから、『付属物の射程』を参照するようです」

「あと……その、少し『先生』らしいことを言いますが、
 全てのスタンドがそう、というわけではありません。
 中には『匂いは射程を超える』ものもあります。
 あくまで『リルトランク』の性質、と言えるでしょう」

>また、『木の枝』が消えた場合、『付属物』も消えると認識しているのですが、『付属物』が起こした影響(匂い等)も消えるのでしょうか?
>(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』が消えた場合消えるのか)

「付属物から発されたものは基本的には消えます。
 よって、その空間に匂いは残りませんが、
 一度食された果実が消えないのと同じで、
 嗅いだ匂いが記憶から消えたりは、しませんね」

>匂いは揮発した物質が周囲に変化をもたらしているものという認識でおります。
>物理的な破壊が行われた場合はもちろん不可逆だとは思うのですが、枝の成分で変化が起きた場合は可逆性はあるのでしょうか?

「それと枝の匂い成分によって、
 例えばですが何か中毒症状が出たり、
 また……ええと、発火したりした場合、
 解除によって原因となる匂い成分が消えても、
 中毒症状が治ったり、火が消えたりはしませんね」

344 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/08(木) 12:12:21
>>343
先生、ありがとうございます!
やはり、と腑に落ちました!

香りが消えてしまうのは残念ですが、言い換えれば消したいときに自由に消せるということで、それはそれで便利かもしれません!
また、もし疑問点が出ましたら、訪ねさせていただきます。
本当にありがとうございました!

345 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/12(月) 07:48:41
先生、また失礼します。
『リルトランク』の能力で合っているか不安になって…また、教えてくださいませんか…?

お聞きしたいことが2つありまして、
まず1つは『リルトランク』で生み出した『木の枝』は『30m』の射程外に行ったら消えてしまうのか。
もう1つは『リルトランク』や他のスタンドは『木の枝』による『毒』や『薬』の効果があるのか。です。

前者は…この間、お友達に『リルトランク』で作った『みかん』を枝のままあげたんです…。もしかしたら消えちゃったんじゃないかなって後から考えて不安になって…。
後者は、この間図書館で本を読んでたら、すごい毒の木を見つけてしまって、「もしこの木を『リルトランク』が出してしまったら近くにいると毒を吸っちゃうんじゃないかな」って不安で…。

もしよければ教えていただきたいです。
お願いします…!

346 『音仙』 :2021/04/12(月) 13:12:59
>>345(七篠 譲葉『リルトランク』)

「分からないことを開き直るなら良くないですが、
 分からないことを聞く事を、謝る必要はありません。
 それはむしろ『褒められる事』だと、思います……
 ああ、いえ、私が褒めるべきですね、この場合は」

     「ええと……いい心構えだと、思いますよ」

>まず1つは『リルトランク』で生み出した『木の枝』は『30m』の射程外に行ったら消えてしまうのか。
>前者は…この間、お友達に『リルトランク』で作った『みかん』を枝のままあげたんです…。もしかしたら消えちゃったんじゃないかなって後から考えて不安になって…。

「残念ながら、消えますね。
 お友達も驚いたかもしれませんが……
 『友情』……いわゆる絆があるなら、
 それくらいで切れるものではないでしょう」

>もう1つは『リルトランク』や他のスタンドは『木の枝』による『毒』や『薬』の効果があるのか。です。
>後者は、この間図書館で本を読んでたら、すごい毒の木を見つけてしまって、「もしこの木を『リルトランク』が出してしまったら近くにいると毒を吸っちゃうんじゃないかな」って不安で…。

「よく勉強をしているようで……ふふ、感心します。
 ただそれは、まあ……毒の種類によるでしょうね。
 『枝』とその副産物は『実体化スタンド物質』ですが、
 スタンドは『呼吸』をしているわけではない……あ、
 いえ、少なくとも『リルトランク』はしていないので、
 吸引する事が危険、という毒なら問題はないでしょう」

「しかし……触れるだけで症状のある猛毒であれば、
 それは、『リルトランク』も受けてしまうはすです」

347 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/12(月) 13:38:07
>>346
先生、ありがとうございます!

やはり『木の枝』、消えてしまったんですね…。
今度会ったらお詫びをしたいと思います。

『毒』についても承知しました。
樹液が危険なものや枝そのものに毒がある場合は触れさせないように気をつけたいと思います。

まだまだ自分の子のこととはいえ、わからないことだらけです…。
先生にもお手間をおかけしますが、もしまたわからないことがあれば伺いに参ります!
ありがとうございました。

348 岸崎 澄『エステラ』 :2021/04/22(木) 22:29:20
お忙しいところすみません。
質問です。
 
1.『星海』に視覚的特徴はありますか?
 もしある場合、それは本体以外からも認識できますか?
 
2.『星海』は、『エステラ』を発現した時点での位置に固定されますか?
 本体を中心に追従しますか?
 
以上です。
お手数おかけいたしますが、よろしくおねがいします。

349 『音仙』 :2021/04/22(木) 23:06:29
>>348(岸崎 澄『エステラ』)
 
>1.『星海』に視覚的特徴はありますか?
> もしある場合、それは本体以外からも認識できますか?
 
ありません。
あくまで『浮かぶ無生物』を星に見立てた呼称で、
星が輝くなどの視覚的な特徴は、一切ございません。

>2.『星海』は、『エステラ』を発現した時点での位置に固定されますか?
> 本体を中心に追従しますか?
 
特別な理由が無ければ追従します。
『エステラ』のいる、その空間こそが『星海』です。

350 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/23(金) 16:43:10
(ちょっと無茶な志願かと思ってましたが咲かせてくださりありがとうございます!)

やっぱりおねえさんは聴き上手だねぇ〜
お礼にうちの血あげるね!(手首を傷つけ器に血を注ぐ)
うちの血、薬にもなるからきっと美容にもいいよ、髪ももっときれいになると思うよ(鈴蘭にそんな効果はありません)

うちの事もっと詳しく教えてほしいんだけど
・やっぱりお風呂入ったりトイレ行ったりしなきゃいけないんだよね?うち人間だもんね
・花(本体?)はどこまでやられたら死んじゃう?切られたりしても、うち(スタンド?)から抜かれたりしなければ生きてられる?
・うち(人の方)が傷ついたら、花と同じように日光浴と睡眠で再生する?
 やっぱり人間だから花みたいにはいかない?
・『日光を浴びない』生活は、どれくらい続いたら枯れちゃうかな?
・殴られたり切られたりした時に咄嗟に血に毒を混ぜるとかは出来ないんだよね?
・一度体内で毒液作ったら、解除は出来るんだっけ?
・うちの毒で殺す事は出来ないっていうけど、それは1回の服毒では死なないけど
 複数回飲めば致死量に達するかな?
・うちの毒でやられたらどれくらいで治るんだっけ?

351 岸崎 澄『エステラ』 :2021/04/23(金) 18:58:09
>>349
ありがとうございます。
たくさん助かりました。

352 『音仙』 :2021/04/23(金) 21:19:14
>>350(りん)

「ああ、ええ、まあ、そういう『能力』ですので、ネ。
 いや……えっ、ちょっと、何をしてるんですか。
 『毒』……ああ、まあ、確かに薬にはなりますが……」

        「人体は、すずらんと違って、
         簡単に治る物では、ないのですし……」

>・やっぱりお風呂入ったりトイレ行ったりしなきゃいけないんだよね?うち人間だもんね

「食事を取る以上……ええ、トイレは、まあ。
 同じく……『汗』や『老廃物』が出る以上は、
 お風呂についても、入る事はおすすめします。
 マア、水浴びくらいでもしないよりはいいでしょうが、
 花のように、良い香りだけを保てるわけではないのでね」

(※特別な必要が無ければ描写しなくてもいいのは他PCと同様)

>・花(本体?)はどこまでやられたら死んじゃう?切られたりしても、うち(スタンド?)から抜かれたりしなければ生きてられる?

「両断されたとしても、根が繋がっているなら生きられます。
 ただ……完全に両断されてしまった場合については、
 再生するまでに『一週間』かかってしまうようですが……ね」

(※詳細作成時の把握漏れ。大変申し訳ございません)

>・うち(人の方)が傷ついたら、花と同じように日光浴と睡眠で再生する?
> やっぱり人間だから花みたいにはいかない?

「その手首の傷も含めて、『再生しません』……
 包帯と消毒をしてあげますから、こっちに来てくださいね」

>・『日光を浴びない』生活は、どれくらい続いたら枯れちゃうかな?

「あまり深く考える必要はないでしょうね。
 例えば……窓のない地下室で監禁されたとして、
 数日程度であれば問題はありませんので……
 キミが普通に生活を送っている分には、何も起きませんよ」

>・殴られたり切られたりした時に咄嗟に血に毒を混ぜるとかは出来ないんだよね?

「急に殴られれば、『すずらん』を意識する間すらないでしょう。
 ですが、殴られる瞬間を予期できているのであれば、
 そのタイミングに合わせて毒を混ぜる事は、可能でしょう」

>・一度体内で毒液作ったら、解除は出来るんだっけ?

「エエ、可能ですよ」

>・うちの毒で殺す事は出来ないっていうけど、それは1回の服毒では死なないけど
> 複数回飲めば致死量に達するかな?

「致死量……という概念自体がありませんね。
 『死ぬところまでは行かない』というのは、能力の一環……なのでしょうか?」

>・うちの毒でやられたらどれくらいで治るんだっけ?

「これは、症状によりますね。
 数日の安静が必要な症状なら、数日の安静が必要でしょう」

353 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/24(土) 09:11:26
>>352
あいたたた…
手当までしてくれるなんて、おねぇさんほんと優しいね!
ありがとう!うちの血が欲しくなったらいつでも言ってね
おねえさんのためならいくらでも血を流すから

(回答ありがとうございました
 早速場スレに特攻しかけて、頑張って殺されてきたいと思います!
 死に花咲かせてやりますよ)

354 『音仙』 :2021/04/24(土) 11:18:29
>>353(りん)

「ああ、私のためを思ってくれるなら……
 どうかキミが、世界に傷付けられませんように」

>【フューネラル・リース】
>3.活動の回数、または重大な経験によっても、詳細が判明する可能性はある。
>  心当たりがある場合、活動ログを『心音サイフォン』質疑スレまで提示する事。
>5.死亡後に『必ずうまくいくとは限らない』。結果死亡するだけの可能性もある。
>  (※実際に決まっている詳細上で、発動はするが不発するというパターンがある)

改めてご留意ください。

355 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/24(土) 16:40:54
(殺してもらえなくて悔しいので、今度こそ散華するために質問します)

何度もごめんねぇ、おねえさん
今日はうちの特製鈴蘭茶を持ってきたから
これを飲みながらうちの事もっと教えてほしいな

・うち(人間)と花って病気になったりするんだっけ?
・一応聞くけど……うちの花って毒、あるんだよね?
・うちの作った毒はうちには効かないけど
 うちの作った奴じゃない、他の鈴蘭の毒はうちに効くんだっけ?

356 『音仙』 :2021/04/24(土) 20:36:17
>>355(りん)

「鈴蘭茶…………………………あぁ、その……ええ。
 すみません、『ハーブティー』を入れてしまいまして」

「お気持ちだけ、受け取っておきますよ。
 質問には『お代』も、不要ですし……ね?」

>・うち(人間)と花って病気になったりするんだっけ?

「身体は、他の人間同様、なる時はなるでしょうね。
 花の病気は……かかりはするようですけど、
 損傷時と同じく、日光浴と睡眠で治ります。
 かかる時間も、病巣次第……負傷の場合と同じですね」

>・一応聞くけど……うちの花って毒、あるんだよね?

「エエ、特に何も言っていないところについては、
 通常の『すずらん』と全く同じですからね。
 キミ自身は平気でしょうけど……
 他人には、触れさせない方が良いでしょうね」

>・うちの作った毒はうちには効かないけど
> うちの作った奴じゃない、他の鈴蘭の毒はうちに効くんだっけ?

「鈴蘭の毒、それ自体が効きませんね。
 その一環として、キミの生成する毒も効きません」

357 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/25(日) 08:56:35
>>356
あっ、そっかぁ
鈴蘭茶飲んでもらえないのは残念だけど、ハーブティーも美味しいよね!
おねえさんはお茶淹れるのうまいねぇ〜、尊敬するよ
また来ると思うから、その時は今度こそ鈴蘭茶飲もうねぇ〜

(回答ありがとうございました、また咲(き)きにくると思うのでその時はよろしくお願いします)

358 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/29(木) 18:07:36
また気になる事が出来てきたんだけど
何度もしつこくてごめんね?いやほんと…

・この花って、切られたら切り離された方はどうなっちゃうのかな?
時間経過とか離れると消えたりとか、そういう事ない?
・後、花はスタンドに干渉出来るの?

あ、そういえば、今度鈴蘭茶飲む約束してたけど、今日は切らしちゃってるんだ、ごめんね
代わりにお茶請けの鈴蘭のおひたしがあるんだけど……、これおねえさんが食べたらやばいんだっけ……?
…食べる?

359 『音仙』 :2021/04/29(木) 18:50:02
>>358(りん)

「疑問が浮かぶのは、キミがしっかり考えてるから。
 そして私の最初の説明が足りなかったからです。
 少なくともそこには、何も謝る事はありませんよ」

「そして……キミの薦めてくれるものを、
 喜んで食べてあげられないのは……………
 もったいなくて……ええ、寂しい事では、ありますが」

>・この花って、切られたら切り離された方はどうなっちゃうのかな?
>時間経過とか離れると消えたりとか、そういう事ない?

「消えませんね。
 体調の悪化を……受け入れるのであれば、
 切って使うことも不可能ではないでしょう。
 リスクに見合うかどうかは、怪しいですけどね」

>・後、花はスタンドに干渉出来るの?

「可能、なようですね。能力の一環でしょうか」

「……食べれば、こうして答えられなくなるでしょう。
 私はカステラでも食べさせていただきますから、
 おひたしは、申し訳ないけれど、キミの方で。
 …………お茶は、緑茶? 紅茶の方が好きですか?」

360 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/29(木) 19:10:51
>>359
ありがとうねぇ〜
それとごめんねぇ〜、今度はお姉さんが食べられそうな物持ってくるから
おねえさん死んじゃったら嫌だもんね
うち紅茶のが好きだけどおひたしには合わないかな……

361 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 19:35:52
質問をお願いします

・『小人』や『山犬』の具体的な大きさとしては『園芸用のドワーフ人形』くらいでしょうか?
・作成した『小人(山犬)』に乗ったり、ソリを引かせて本体を移動させる事はできますか?
・地面に触れる事で、地面に埋まった状態で『小人(山犬)』を作ることは出来ますか?
 また、その際に地面の上からではわからないようにこっそりと作る事は出来ますか?
・掌が触れてから、『小人(山犬)』が出来るまで深呼吸一回程度のライムラグがありますが、
 その間に手を離しても正常に『小人(山犬)』は完成しますか?
・何らかの手段(例えば誰かに持っていかれるなど)で
 『小人(山犬)』が射程距離外に出た場合、どうなりますか?

362 『音仙』 :2021/05/02(日) 19:55:45
>>361(八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』)

>・『小人』や『山犬』の具体的な大きさとしては『園芸用のドワーフ人形』くらいでしょうか?

その認識が正しいです。

>・作成した『小人(山犬)』に乗ったり、ソリを引かせて本体を移動させる事はできますか?

通常、スタンドで本体を移動させるのは不可能ですが、
このスタンドは『土』という外的要因を介すためか、
直接乗っての移動、ソリを引かせるともに『可能』です。

>・地面に触れる事で、地面に埋まった状態で『小人(山犬)』を作ることは出来ますか?
 また、その際に地面の上からではわからないようにこっそりと作る事は出来ますか?

不可能です。

>・掌が触れてから、『小人(山犬)』が出来るまで深呼吸一回程度のライムラグがありますが、
 その間に手を離しても正常に『小人(山犬)』は完成しますか?

完成します。
触れてから、なので『触れ続ける』必要量はありません。

>・何らかの手段(例えば誰かに持っていかれるなど)で
 『小人(山犬)』が射程距離外に出た場合、どうなりますか?

汚泥になります。
仮に『山犬』でこれが発生した場合については、
スタンドの射程外にも関わらず、『大岩』が発生します。

363 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 20:30:10
>>362
回答ありがとうございます

364 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 21:08:43
>>362
申し訳ありません、追加でもう一つ質問ですが

・『山犬』をその場に待機させて、本体が自分の意思で射程距離外に離れたり、
 『山犬』を拘束して上記の行動を起こす事は出来ますか?

365 『音仙』 :2021/05/02(日) 21:49:27
>>364(八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』)

>・『山犬』をその場に待機させて、本体が自分の意思で射程距離外に離れたり、
> 『山犬』を拘束して上記の行動を起こす事は出来ますか?

可能です。

366 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 21:51:24
>>365
ありがとうございます

367 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/05/05(水) 11:14:05
よう、久しぶりだな。
経験は積んでるんだが、『精神』の成長はまだしてねー気がするから、そっちとはまだ『暫く』縁が無さそうだ。
で、今日の質問なんだが……アタシの能力、今の所、『二つ』の解釈があってな

まず一つ目は、最初のアリーナでの勝負。

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453729532/430

ここでアタシはスタンドを『渦の上』で発現させて、直後に突風で『アタシ(本体)』を突風でぶっ飛ばす事で『スタンドもアタシの飛翔に追従させる』って事で、勝ちの目を掴んだ。

で、2つ目。

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1595597487/373

ここでは、『渦』の生成中は動けねーし、状況を見たら渦を出してる間はスタンドも消せねーって事になる。


ある程度の裁量は『その場』で決まるのは解ってるんだが、これちょっと『アタシがどんな風に戦うのか』にも関わってくるから、ちょっと『正解』を聞いておこうと思ってな。

1.「渦は生成中も生成後もスタンドの移動は可能」
2.「渦は生成中(一呼吸)の間はスタンド移動不可、生成後は移動可能」
3.「渦は生成中、生成後。『渦』がある間は移動不可、スタンドヴィジョン消失不可。ただし、本体の外的要因(例:突風)による移動には追従可能」
4.「3と同一だが、外的要因による追従不可能。渦の発生地位からの強制移動は渦の消滅を意味する」

こんなパターンが浮かんだんだが、この中にあるにしろないにしろ、正解を教えてくれたら助かるぜ。

368 『音仙』 :2021/05/05(水) 23:31:55
>>367(風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

「お久しぶりです。
 ……経験はうそをつきません。
 間違った経験をしてしまう事はあっても、
 そのすべては間違いなく、キミの心音を変えていく。
 ……もっとも、キミの想像通り、大きな変化はまだでしょう」

          キィィィ ――――― ン

「正解は、『2』です。
 渦の生成の間はスタンドは移動不可、
 そして、生成後はすぐに移動可能になります。
 その場で噴射し続ける必要がありますが、
 作った後に噴射し続ける必要は、ありませんからね」

369 黒野士信『スピン・オフ』 :2021/05/05(水) 23:53:29
稼働歴が出来ました⇒ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049803/356-389
ですので質疑応答をお願いします。

1.『紐』を取り付け『栞化』の機能を付与した物体はスタンドに干渉可能になる?
ちなみに自分の解釈は『なる』です。

2.火の点いたライターを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:『栞化』しても火は出ている
 B:『栞化』すると火は消えるが、解除すると火が出た状態に戻る。
 C:『栞化』すると火は消え、解除すると火が消えた状態で戻る。
 D:本体の自由に設定できる。
 E:その他。
ちなみに自分の解釈は『B』です。

3.水の入ったコップを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:『栞化』すると中の水は消え、解除すると現れる。
 B:『栞化』しても中に水は入ったままで、『栞』を傾けると溢れる。
 C:『挟む』方向によって異なる挙動を示す。
 D:本体の自由に設定できる
 E:その他
ちなみに自分の解釈は『A』です。

4.シャンプーボトルのヘッドを押して『今まさにノズルからシャンプーが出る直前』で、そのシャンプーボトルを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:その状態から『栞化』を解除すると、その瞬間、自動的にシャンプー液がノズルから出る。
 B:その状態から『栞化』を解除すると、ニュートラルな状態のシャンプーボトルに戻り、シャンプー液は自動で出ない。
 C:本体の自由に設定できる
 D:その他
ちなみに自分の解釈は『A』です。

5.金属製の物体を『栞化』した場合、基本的にある程度の『切れ味』を持つ?
ちなみに自分の解釈は『持つ』です。

6.何かアドバイスが有ればお願いします。

370 『音仙』 :2021/05/06(木) 00:08:36
>>369(黒野士信『スピン・オフ』)

>1.『紐』を取り付け『栞化』の機能を付与した物体はスタンドに干渉可能になる?
>ちなみに自分の解釈は『なる』です。
 
『なる』。

>2.火の点いたライターを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:『栞化』しても火は出ている
> B:『栞化』すると火は消えるが、解除すると火が出た状態に戻る。
> C:『栞化』すると火は消え、解除すると火が消えた状態で戻る。
> D:本体の自由に設定できる。
> E:その他。
>ちなみに自分の解釈は『B』です。

『B』。

>3.水の入ったコップを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:『栞化』すると中の水は消え、解除すると現れる。
> B:『栞化』しても中に水は入ったままで、『栞』を傾けると溢れる。
> C:『挟む』方向によって異なる挙動を示す。
> D:本体の自由に設定できる
> E:その他
>ちなみに自分の解釈は『A』です。

『A』。

>4.シャンプーボトルのヘッドを押して『今まさにノズルからシャンプーが出る直前』で、そのシャンプーボトルを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:その状態から『栞化』を解除すると、その瞬間、自動的にシャンプー液がノズルから出る。
> B:その状態から『栞化』を解除すると、ニュートラルな状態のシャンプーボトルに戻り、シャンプー液は自動で出ない。
> C:本体の自由に設定できる
> D:その他
>ちなみに自分の解釈は『A』です。

『A』。

>5.金属製の物体を『栞化』した場合、基本的にある程度の『切れ味』を持つ?
>ちなみに自分の解釈は『持つ』です。

金属次第だが、ある程度は『持つ』。
ただしそれは『刃を得るから』等ではなく、
『紙のように薄い金属だから』に過ぎない。

>6.何かアドバイスが有ればお願いします。

バトルと、wikiでの行動意図の方拝読いたしました。
判定の基準や是非などはPLによっても変わりますので、
一概に私からアドバイス出来ることはありません。
あの場面における『投了』の決断についても、
鮮やかでなくとも最後まで戦うという選択肢と、
どちらが優れている、というものも無いと思います。
その上で一つだけ言うなら、序盤の手際良い準備や、
決着に至るまでのロールなどとても好みだったので、
早速スカイモールに出られてるみたいで、嬉しくなってます。
バトルでも場スレでも、これからも動いてくれたら嬉しいです。

371 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/05/06(木) 21:59:42
>>368
「ありがとうよ、これで新しい『策』が考えられそうだ」

「もっとも……賢しく考えてるだけじゃ、自分は変えられねんだろうがな」

「変わるためにも、この奇妙な街でもっと頑張ってみるぜ」

372 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/06(木) 22:12:56
かなり、今更な確認ではあるのですが
今まで、八瀬PCが場スレで活動する際に『山犬』に対して
『何らかの意思のようなもの』があるのかも?というようなロールを行っていたのですが、
このまま、『何らかの意思のようなもの』がある、という風に動かしてもいいでしょうか?

『山犬』にそんなものはないという事であれば、
今までの件については、八瀬が遠隔操作でそのように振舞っていただけ、という事にしていきたいと思います・・・

373 『音仙』 :2021/05/06(木) 22:23:41
>>372(『山犬』)
『操作』は常に可能で、また利益や不利益を齎すこともありませんが、
『山犬』には、何らかの意思が宿っている?としてくれて構いません。
なお、これは『半自立』や『完全自立』とも異なる概念になります(詳細不明)

374 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/06(木) 22:26:01
>>373
回答ありがとうございます
これで安心して活動できます

375 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/05/09(日) 21:12:02
あー、えっと、こうやって質問するのは久しぶりかな?
ちょっと聞くけど

・核に出来るのは最小でピンポン玉程度らしいけど
 この、ティッシュみたいにピンポン玉より小さいけど横幅がある物はどうなんの?
・『0度以下の無生物』を核にした場合、それって外的要因で温度が0度以上になる事はあんの?


質問とは関係無いけど、今日は母の日だね
それで、まぁ、カーネーション……持ってきたんだけど……いる?

376 『音仙』 :2021/05/09(日) 22:56:31
>>375(ソラ『ステインド・スカイ』)

「元気に暮らしているようで、何よりです。
 便りが無いのは、良い便り。
 そういう言葉もありますしね。
 さて、答えさせて貰いますが――――」

>・核に出来るのは最小でピンポン玉程度らしいけど
> この、ティッシュみたいにピンポン玉より小さいけど横幅がある物はどうなんの?

「基本的には不可能、という事になりますね。
 ただし、それを『丸めた』らピンポン玉サイズになる……
 それくらいのサイズでの話であれば、対象にする事が出来ます」

>・『0度以下の無生物』を核にした場合、それって外的要因で温度が0度以上になる事はあんの?

「外的要因、が何を指すかによりますが、十分にあり得ますね。
 ただ、雪を降らせ続ける『0℃の雲』に核自体覆われますから、
 気温のような、生半可な理由ではならないでしょうね」

「母の日……エエ、そうでした。縁が無いもので。
 ……それも去年までは、という事になるのでしょう。
 私は『肉親』ではありませんが、『名付け親』である事は事実。
 キミがそう呼んでくれるなら。その花を断れるはずはない」

               ス ・・・

『ウィスパーズ』の『木陰』で、
藤原しおんの手がカーネーションを受け取り、
それで口元を隠すようにしながら。
 
「ありがとう『ソラ』……来年のキミの『命名日』に、何かきっと、お返しを」

377 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/05/10(月) 18:30:23
>>376
あぁ、うん、こちらこそ、ありがとう
お返しとかいいけど、記念の日だし覚えておくよ
じゃあ、また会いに来るからね……

378 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/05/17(月) 23:51:51
私のこの『魔法使い』について教えてくれてありがとう。
この前すこし使ってみたんだけど………
けっこう疑問がわいたから更に教えてほしくて、来てみたよ。
十分に理解できていないところもあるから、
おかしな質問があったらごめんなさい。

『球体について』
1:ふたつの『球体』の硬さは『金属に近い』という表現から
 『鉄球』くらいかなと思っているんだけど、それで大丈夫?
2:『破壊』はどのくらいのレベルから発現できないほどの『破壊』となる?
3:『空中固定』する!と思ってからどのくらいの時間で『固定』される?
4:『固定力:C』についてすこし想像がつきづらいのだけど、
 『破壊力:Cの全力の殴打で動くレベル』くらい?
 たとえば私や、私のスタンドが空中に止めた『球体』にしがみついたり、足場にするなんて事は難しい?
5:『固定』が外されたあと、再度『固定』するのにタイムラグはある?
6:能力オン時、『球体』が『光の塊』となるらしいけど、これは結構明るいもの?
 『午前3時』の真っ暗闇を再現した時、どの程度目立っちゃう?

『再現について』
1:『再現』の時刻にそこに何が存在したかなどは、
 実際に『オン』にしない限りまったく分からない?
 たとえば漠然と『当時はこういうものがあった』とか、
 そうでなくても『今あるものが邪魔で当時のものは発現できない』とか、
 逆に『今ある「これ」はその時刻にはなかった』とかが
 事前になんとなく分かる………なんて事はないかな?
2:『半径1m』の球状の『能力範囲』だと人間やそれなりに大きなものだと
 よほどピンポイントに発現させないと、全体を収めるのは難しいと思うんだけど、
 『効果範囲内』にあるものの『一部分』のみしか入っていない場合、どんな事が起きる?
3:>2.今いる生物と、出現する無生物の位置が重なるなら、その無生物はそもそも出現しない。
 >(過去の存在は、今の存在より優先されないらしい)
 この一行目は、『今いる生物』と『当時の無生物』を比較して、
 『無生物は発現しない』と述べているけど、二行目をみるに、この組み合わせがいくら変わっても
【『今の存在』が同座標にあれば『当時の存在』は発現しない】という事で大丈夫?
4:>D『当時は無かったが、今はそこにあるもの』:一時的に消える。生物はその場に残る。
 という事だけど、『一時的に消えたもの』は『時が止まったよう』に
 その機能が止まるのかなと思っているけど、その認識であっている?

●相談●
ここからは『能力発動の運用』についての相談です。
たとえばGMが居ない普段の場スレなどで
『過去にこういう事が起こっていた』と私が設定して
能力発動してよいものなのでしょうか。
また、私が関与していない前回分の場スレを熟読した上で、
たとえば『PCの秘密』や『重要な情報』などに関与しない
あたりさわりのない内容でしたら、『3時から6時に起こっていた』と勝手に設定して
『能力発動』時に絡めていっても良いものなのでしょうか。
もちろんケースバイケースなのでしょうし、
本来、臨機応変に自分で決めていった方がいいのでしょうが、
どこまで『過去』を私が設定していいものか、
よろしければ『運用』に関する『指針』のようなものをご助言下さればありがたいです。

379 『音仙』 :2021/05/18(火) 00:46:03
>>378(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

「目覚めさせるのも、答えるのも、
 私にとって損のある事ではありません……どうぞお好きなだけ」

>『球体について』
>1:ふたつの『球体』の硬さは『金属に近い』という表現から
> 『鉄球』くらいかなと思っているんだけど、それで大丈夫?

「エエ、硬さはその通りです」

>2:『破壊』はどのくらいのレベルから発現できないほどの『破壊』となる?

「ヒビや多少の欠け程度なら問題はありませんが、
 球形を損ねるレベルで大きく欠けたら、破壊扱いとなります」

>3:『空中固定』する!と思ってからどのくらいの時間で『固定』される?

「意識した直後、になりますね。
 意識と完全に同時ではないので、ご注意ください」

>4:『固定力:C』についてすこし想像がつきづらいのだけど、
> 『破壊力:Cの全力の殴打で動くレベル』くらい?
> たとえば私や、私のスタンドが空中に止めた『球体』にしがみついたり、足場にするなんて事は難しい?

「空間に、『破壊力Cの力で固定されている』
 ……ですので、大体その認識で正しいです。
 しがみつくことは不可能ではないですが、
 乗るのは……野球ボールでする玉乗りのような物です。
 まあ、スタンドなら精度もあり、集中すれば或いは?
 キミ自身がやるのは……やめた方がいいと思いますよ」

>5:『固定』が外されたあと、再度『固定』するのにタイムラグはある?

「『気付いてから深呼吸をゆっくりする』
 ……だいたいそれくらいの、タイムラグはありますね」

>6:能力オン時、『球体』が『光の塊』となるらしいけど、これは結構明るいもの?
> 『午前3時』の真っ暗闇を再現した時、どの程度目立っちゃう?

「夜空の月のように、それなりには目立ちます。
 ただし、暗闇を照らすわけではありませんが……」

>『再現について』
>1:『再現』の時刻にそこに何が存在したかなどは、
> 実際に『オン』にしない限りまったく分からない?
> たとえば漠然と『当時はこういうものがあった』とか、
> そうでなくても『今あるものが邪魔で当時のものは発現できない』とか、
> 逆に『今ある「これ」はその時刻にはなかった』とかが
> 事前になんとなく分かる………なんて事はないかな?

「それは分かりません……漠然とでも。
 この能力をフルに活用するなら、
 その場所の一定の知識か、調査が必要でしょうね」

>2:『半径1m』の球状の『能力範囲』だと人間やそれなりに大きなものだと
> よほどピンポイントに発現させないと、全体を収めるのは難しいと思うんだけど、
> 『効果範囲内』にあるものの『一部分』のみしか入っていない場合、どんな事が起きる?

「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
 そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
 ……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
 固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
 ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

>3:>2.今いる生物と、出現する無生物の位置が重なるなら、その無生物はそもそも出現しない。
> >(過去の存在は、今の存在より優先されないらしい)
> この一行目は、『今いる生物』と『当時の無生物』を比較して、
> 『無生物は発現しない』と述べているけど、二行目をみるに、この組み合わせがいくら変わっても
>【『今の存在』が同座標にあれば『当時の存在』は発現しない】という事で大丈夫?

「ああ、ごめんなさい。こは、『二行目』が『ノイズ』になっていますね……
 【今の無生物】と【当時の無生物】の場合は、【当時の無生物】が勝ちます。
 【今の生物】【今の無生物】どちらでも、実態のない【当時の生物】は重なって発現します。
 【今の生物】と【当時の無生物】の組み合わせでのみ、発現が起きません」

>4:>D『当時は無かったが、今はそこにあるもの』:一時的に消える。生物はその場に残る。
> という事だけど、『一時的に消えたもの』は『時が止まったよう』に
> その機能が止まるのかなと思っているけど、その認識であっている?

「エエ、正しい認識ですよ」

380 『音仙』 :2021/05/18(火) 00:46:18
>●相談●
>ここからは『能力発動の運用』についての相談です。
>たとえばGMが居ない普段の場スレなどで
>『過去にこういう事が起こっていた』と私が設定して
>能力発動してよいものなのでしょうか。

星見板の世界観としてあまりに突飛でなければ、問題ありません。
(それが世界観として適切か判断しかねる場合は非推奨です)
能力を起点に物語が展開されるとすれば、望外の喜びでさえあります。

>また、私が関与していない前回分の場スレを熟読した上で、
>たとえば『PCの秘密』や『重要な情報』などに関与しない
>あたりさわりのない内容でしたら、『3時から6時に起こっていた』と勝手に設定して
>『能力発動』時に絡めていっても良いものなのでしょうか。

時間帯が明らかに矛盾しないのであれば問題とは言いませんが、
描いていないだけで時間帯のイメージはある可能性もあるため、
はっきりと『3時から6時』であると分からない場合については、
『痕跡』を知ることが出来た、という程度に止めるのが無難に思います。

381 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/05/18(火) 21:41:01
>>379-380
返答、本当にありがとう。
それですまないんだけど、さらに質問ができたからさせてもらうね。

1:『球体』の位置は視認できてなくても漠然と分かったりはしない?

2:>「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
>そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
>……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
>固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
>ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

との事だけど、『半径一メートルの球体の範囲内』からはみ出た
『一部分の断面』は、外からどんな形で見えているのかな?
『断面図』が見えたり、それが『容器』だったりしたら『中身』が溢れちゃったりする?

3:『球体』を中心に能力が発現するわけだけど、
『球体自体』と『当時の無生物』が重なった場合は
『今の無生物』である『球体』が消えちゃうって事になる?
そうなると『球体』が消えて能力も解除される……なんて事になったり?

382 『音仙』 :2021/05/19(水) 14:17:34
>>381(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

>1:『球体』の位置は視認できてなくても漠然と分かったりはしない?

「これは、ある程度はっきり分かります。
 聴かせ忘れていましたね、すみません……」

>2:>「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
>>そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
>>……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
>>固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
>>ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

>との事だけど、『半径一メートルの球体の範囲内』からはみ出た
>『一部分の断面』は、外からどんな形で見えているのかな?
>『断面図』が見えたり、それが『容器』だったりしたら『中身』が溢れちゃったりする?

「断面は、ぼんやりとした光に覆われ見えず……
 容器の中身は、見えない壁に阻まれるように、溢れませんね」

>3:『球体』を中心に能力が発現するわけだけど、
>『球体自体』と『当時の無生物』が重なった場合は
>『今の無生物』である『球体』が消えちゃうって事になる?
>そうなると『球体』が消えて能力も解除される……なんて事になったり?

「球体は無生物ですが、この場合のみは特例となります。
 のの場合に限り、さながら『幻』のように……
 実体を無くした球体が、無生物と『重なった』状態になりますね。
 一部だけが無生物と重なるなら、その部分だけがそうなります」

383 氷山『エド・サンズ』 :2021/05/20(木) 00:41:00
「こんにちわー 『音仙』さん、いらっしゃいますかー?」

「『さんずさん』を目覚めさせてもらってから色々な事がありまして
 近況報告をしようかなーって・・・・凄いお久しぶりですけど」

スタンド使いを目覚めさせる存在『音仙』
謎の多い彼女の所へ、以前訪れた少女が一人、やってきた
その隣には意思を持つスタンド・・・・『エド・サンズ』の姿もある

『マア、チョット聞イテヤッテクレヤ 俺達ノ思い出話ヲヨォ・・・』



「『音仙』さんは『アリーナ』っていう組織があるの知ってます?
 いやー、ちょっとしたことからスタンド使い同士の戦いをする事になりまして・・・・
 ははは・・・・結果は散々なものだったんですけどね
 エキセントリスさんっていうお金が大好きな人にぼろ負けしちゃいました」

『不甲斐ネェ・・・・ 金の亡者ミテーナ奴ニ負ケチマッテ悔しいゼ・・・・』


【ミッション】『同心与力』vs『世中金哉』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1588614433/106-171
『アリーナ』にて初めてのスタンドバトルを行う
敵のステルス能力に歯が立たず、結果は惨敗だったものの、
その戦いの中で氷山は自分が望むものの片鱗を見る


「あとは、街の色んな所で他のスタンド使いの人と会ったり、うっかり警察に捕まって任意同行されたり、
 学校で妖怪に会ったり、悪いサンマ売りのお兄さんを懲らしめたり!」
『色ンナ連中ニ会ッテキタナァ・・・・』

「あ、それと・・・・・『音仙』さんは『エクリプス』っていう悪の組織の事知ってます?
 昔、色々な悪さをした人たちで、今はもう壊滅してるみたいなんですけど・・・・
『エクリプスの悪霊』に関わる事件に巻き込まれまして・・・・」


【ミッション】『その夕立に雨傘を』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/691-994
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/1-142
『エクリプスの悪霊』達と『夢の世界』で戦う
仲間達の協力を得て、現世への復活を画策する『アダージョ』と『太門』を倒した
その戦いの中で氷山は『アダージョ』の持つ精神の強さ、
『他者の悪意に負けない自己愛』、『自分の欲に対して真摯で正直に生きる姿勢』に敵意だけでなく、敬意を持つ
そして、自身の中の欲望・・・・『非日常の戦いを通して「良き終わり」を見たい』という心を明確に自覚した


「『あの人』は、本当に・・・・本当に悪い人で、私の友達を傷つけた酷い人なんですけど、
 それでも、周りの悪意に決して負けないその精神力は本当に凄い・・・・強い人でした」

『ハッ! 悪党ハ悪党ダ! ドンダケスゲーヤツダロウガ、俺ハ好きニハナレネェナ!』

「その流れで、また『アリーナ』の人と戦って・・・・
 明智さんっていう、ちょっと嫌味な人なんですけど、『悪霊事件』で戦った『あの人』の被害者で、
 色々と大変な目にあったんですが、戦いの最後には・・・・そう、凄い爽やかな・・・・私が求める『光景』が見えたような・・・
 そんな気がしたんです」

【ミッション】『最悪の相性』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453729532/440-568
『アリーナ』での決闘の中でかつてのアダージョの被害者、明智と闘う事となる
戦闘の中、明智の受けた心の傷が明らかになり、自爆覚悟の攻撃を仕掛けられるが、
それを下し、戦いの果てに至る最高の光景を垣間見た


「それで・・・・私はどうも、そういうもの・・・・そういう『光景』を見るのが好きみたいで・・・・
 危険だとわかっていても止められない・・・・そんな心が自分の中にあるみたいです」

   『・・・・・・アア』

「多分、これからも飛び込んでいくんでしょうね
 この街の裏側・・・・・ 人々の魂がぶつかり合う『戦いの場』に・・・・それを求めて
 ・・・・・まあ、そんな『近況報告』ですね」

384 『音仙』 :2021/05/24(月) 23:53:00
>>383(氷山『エド・サンズ』)

「ああ……少し出かけようかとも思っておりましたが、
 キミが来たなら、ここにいて正解だったのでしょうね。
 ご活躍はかねがね、『聴いて』おりましたが――――
 キミ自身、いえ、キミ達自身から、聴いてみたいと思っていた」

              シュルル
                 ルルル

「エエ……『アリーナ』とは私自身、浅くはない関係があります。
 ……付き合い方を考えるべき集団でこそありますが、
 そこでの見えられる体験という物は、間違いなくあるでしょうね。
 例えばそれは、価値観の異なる者との『闘技』――――
 拳で語る、なんて漫画みたいな話ではありますケド、
 知らない世界を知るという意味では……他にない場ではあるでしょう」

         ピタ

「ですが、日常の経験もまた繰り返し、繰り返し、積み重なり、積み重なり。
 いい事も、悪い事も、キミの心を少しずつ動かしていく……
 スタンド使いとスタンド使いは惹かれ合う。『日常と非日常』その両方の中で」

                  ――――― ・・・

「かつてこの町を……脅かした犯罪集団、『エクリプス』。
 中でも最悪の存在……『その男』の名は、私でさえ、『聴いた』事はあります。
 その復活を阻止したのは紛れもない『偉業』でしょうが、
 あるいはキミの強さは、彼の中にさえ、『受け止める』余地を見つける点、
 そうした『心の在り方』の中にこそ、あるのかもしれません―――――」

         キィィィィイィイ

「――――そしてそれが、一人の人間の命を救い、そして魂の尊厳をも救った」

                   ィィィィィイイイイイイイイ

「私には、出来ない事です。ですが、どこか危うさも秘めている。
 だからこそ……『キミ』の中に燃える正義が、きっととても大切なんでしょうね。
 一つだけ…………確かなことを言えるとすれば、キミ達を出会わせて良かった」

                       ――――――――― ン

「さて、聴き終わり…………そして今。キミにも『聴かせ』ました。
 キミの心情も、そして、もう一人、『半自立』の意志を持つキミの心も。
 
            ――――――『変わっている』 いえ、『進んでいる』」

「一つは、『エド……いえ、『サンズさん』から、『氷山さん』に対しての。
 一つは、『氷山』さんから、『サンズさん』に対しての――――
 あくまで私の解釈でしかありませんが、『双方向の前進』とも、言えるでしょうね」

           「……近況報告に来ただけ、だったのかもしれませんケド。
            この音を聴いて、キミに聴かせずにはいられなかった。
            ああ、勿論、話がまだあるなら、喜んで聴かせていただきますよ……」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

与力には同心達が、同心には岡っ引き達が、そして岡っ引には下っ引達が協力した。
星見町を凌駕する『百万都市』において、天下泰平、江戸の治安を担った『彼ら』は、
決して、神話や冒険譚の英雄の如く、己一人で、まして身一つで戦いはしない。

・・・本体である『氷山あきは』に対してのみ、『大捕物』が特殊な性質を帯びた。
一つ、捕具を手に持って発現するだけでなく、『装着状態』で発現する事が可能である。
一つ、その捕具を身に着ける限り、『氷山あきは』は『エド・サンズ』と乱れ無き『同時行動』が出来る。

あくまで彼は彼のままであり、変化や進化を起こしたわけではないため、
彼自身の名には、変化や追加などは無い。『信頼関係』の、新たなる舞台である。

『エド・サンズ』
破壊力:B スピード:C 射程距離:D(3m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B→C

岡っ引や下っ引はあくまで『町人』であり、武士の誇りで戦ったわけではない。
落伍者や罪人が多かったともされるが、それは決して人手不足だけが理由ではない。
当時を生きた彼らの思惑は、あくまで蛇の道は蛇の打算に過ぎなかったとしても・・・
悪を『縛り』『砕く』だけでなく、彼らをも『受け止める』事の意味は、いつの世も存在する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                        氷山『エド・サンズ』→前進。

385 『音仙』 :2021/05/24(月) 23:54:36
江戸期の『捕り物』に用いられた『捕具』を発現する。
発現はスタンドの手だけでなく、射程内の『味方』の手にも行える。
戦いを経て、『氷山あきは』に対してのみ、手ではなく装着しての発現も可能。

『エド・サンズ』
破壊力:B スピード:C 射程距離:D(3m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.半自立型。後述の能力制限を除けば『操作』は自由に行える。
3.性格は勧善懲悪を重んじ、真面目で峻厳。一方で情深く、本体を『妹分』のように見る。
4.本体があまりに悪辣・非道な操作を行う場合でも、現時点では操作を受け付ける。
5.『エド・サンズ』自身はどんな捕具でも並の精度で扱える。

【捕具】
1.『江戸時代』までに『実在』した、『捕具』『捕物道具』と呼ばれる道具を手に発現出来る。
補足:江戸時代以前の日本の捕具も発現できるが、海外の捕具は発現できない。
2.火薬を用いる『銃』の類は、捕具に含まれていても発現出来ない。『投擲』で扱う物や『弓』は可能。
3.捕具の射程距離は『15m』。発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど。持続時間の限界は特に存在しない。
補足:捕具の発現は一瞬だが、クーリングタイムが『4秒』必要となる。
4.捕具は任意解除が可能。触れる必要は無いが、視界に収めておく必要はある。
5.同時発現可能数は『5つ』まで。破壊されたり射程外になった物は、即座に解除される。
補足1:弓矢などのセットで使われるものは『矢が一本番えられた弓』がセットで『一つ分』となる。
補足2:投卵子のように『破壊』されなければ用途を果たせないものは『果たし終えてから』解除される。
炸裂で生まれる『粉の飛散』という現象が完了するまでは残る。
6.捕具の位置を把握できるような効果は無い。
7.大きさの制限としては人間一人が手で扱える程度までは捕具として認められる。大型の捕具も発現は一瞬。
例としては最大3m前後あるとされる『四方梯子』など
ただし、捕具を展開するスペースのない閉鎖空間では発現自体ができない。
8.『投網』・『煮えた粥』・『竜吐水』のような臨時で捕物に使われた道具は発現できない。

【大捕物】
1.スタンドから半径15m圏内、かつ視界内の『人間』に限り、その手に直接『捕具』を発現させられる。
2.これを行うには、対象の『手が空いている』必要がある。何かを持った手には発現させられない。
3.この発現には相手の許可は不要だが、『持つ気が無い』なら発現と同時に手から地に落ちるだろう。
補足:また、危険な状態で相手に持たせたり、捕縛縄を手首に巻き付けた状態で発現させることはできない
4.この方法で手に捕具を発現させた人間は、『スタンド使い』のようにスタンドを視認したり、スタンド会話が可能。
5.捕具の射程はあくまでこのスタンド側が中心であり、対象がスタンドから15m以上離れれば解除される。
6.この方法で発現した捕具も任意解除可能。解除されると、対象は元通りスタンドを知覚できなくなる。
7.このスタンドが『犯罪行為』を目撃し、擁護する余地も無い(GMが判定)者は対象に出来ない。
8.この方法での発現に限り、『1度に複数個』の捕具を発現出来る。ただし、『1人につき1つずつ』。
9.下記の人物は対象に取れる。
①本体である氷山
②氷山は『犯罪行為』を目撃したが『エド・サンズ』は見ていなかった相手
③現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度も高い相手
④完全に見ず知らずの一般人
⑤上記の対象となるスタンド使いのスタンドの手の中
10.下記の人物は対象に取れない
①現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度が低い相手

【氷山あきはとの大捕物】
1.大捕物の対象の内、『氷山あきは』に対しては手にではなく、『装着箇所』に直接発現出来る。
2.たとえば『鎖帷子』をいきなり着た状態にしたり、『陣笠』を被っておいたりも出来る。
  今まで通り、そうした装着タイプの捕具を手に持って発現させる事も、勿論可能である。
3.これは氷山あきはへの『大捕物』に限り、『エド・サンズ』自身の捕具発現では不可能である。
4.大捕物で己に発現した捕具を身に着けている際、『氷山あきは』の動作は『エド・サンズ』の操作を阻害しない。
  すなわち、『完全自立型』に相応する、『完全な同時行動』が可能。スタンドが自立操作になるという訳では無い。

386 氷山『エド・サンズ』 :2021/05/25(火) 00:21:09
>>384

「あっ、もしかしてタイミングが悪い時に来ちゃいましたか?
 音仙さんでもどこかに外出する事ってあるんですね?」

  『ソリャア人間ダカラヨ・・・・買い物トカ、家ニ帰ッタリトカ
   ソーユーノモアルンジャネェカ?』

『音仙』を目の前にし、氷山の心の音が聞き取られる・・・
氷山本人には何をしているのかはわからない・・・・だが悪いようにはならないだろう、と考えていた

「『アリーナ』と音仙さん・・・・ちょっと意外な繋がりですね
 音仙さんみたいな穏やかな人はちょっと血の気の多い感じの『アリーナ』とは
 関わりなんてないのかと・・・・」

         キィィィィイィイ

「『受け止める力』と・・・・ 」

       『「正義ノ心」・・・・?』

「ええ・・・・私も『さんずさん』と会えて・・・・」
『アア・・・・俺モ「あきは」ト出会エテ・・・・・』

   「『本当に良かった』」

「そう思っています・・・・」
『マア、コイツハマダマダ「ひよっこ」ダカラ、俺ガ支エテヤラネエト、イケナイシナ!』

「もう! でも・・・・これからもよろしくお願いしますね、『さんずさん』!」

387 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/05/25(火) 01:29:39
「お久しぶりですね、音仙さん。
 お土産は『アルモニカ』の音色と手作り豆腐アイス。
 きな粉と餡蜜はパックの上にテープで貼り付けておきました」

「最近は……色々な人達と知り合ったり、また死んだかと思ったら生きてて、保健所職員に轢かれたりとか」

「思ったより『孤独』じゃない…」


水と生きるために進化した…らしい石動先輩と神社の巫女様に遭遇しました。『鵺』より石動先輩の方が謎の生物っぽいですよ…
【個】『烏兎ヶ池神社』【場】
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1549033452/208-236


「氷山先輩はアダージョの心に寄り添って救いを与えました。あれは私には無理だった…」

「私は彼女のようにやれなかった。けど…」

┌─────────────────────
│「『悪』に堕ちてでも、闘い続ける――――」
└─────────────────────


┌───────────────────────────
│だが、死の最中で尚、死闘が出来るとは思わなかったぞ……
└───────────────────────────

「あれほど死闘に飢えた太門が最後の最後、朗らかな表情で満足気に生き絶えたのは…」

「正しい死を与えてやれたのかもしれません」


偶然にも先輩たちと対処した『悪霊』憑き。
相性の良い氷山さんと『さんずさん』を酷使しつつ、7人〜9人を『慈悲の刃』で斬り払うことに成功。
続いて斑鳩先輩と一騎当千の太門を相手し、決死の束縛を受けたところを斬首。
【ミ】『その夕立に雨傘を』
危難:BC 理不尽度:B
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/691-994

「私のスタンドならば、『悪』に堕ちる前に救えるかもしれないと…『タカ』の最後の言葉です」

「『悪』の居場所は『悪』にしか作れない。
 ならば、私が『悪性』を絶って社会に戻してあげたい。 畜生より人間である方が良いはずだ」

「そのためには色々と頑張っていきますよ。こう見えて死んでも死なないので…」


夕立先輩に約束通り『慈悲の刃』を届けるものの、蘇ったアダージョの『サンダー』と『ゴールデン・イヤリング』の前に死亡
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/2-142

「えぇ、やっぱり宗像さんは良い人です。
 人を殺そうが私は彼のことが好きです」

「いつか、宗像さんの『アヴィーチー』が人を殺さなくて良くなるように…」

宗像さんとの交流part4。『エクリプス』の屍の上に今の平和が有るように、宗像さんの『アヴィーチー』の積み上げる『地獄』が善き場所に到達すると信じたいものです。
【交流】『アポロン・クリニックセンター』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453646843/163-176

「『唐突な卒塔婆』『塞川さん』『オットセイ』『さんずさんカロリーDF問題』『ブラコンハラスメント』『保護者大激怒』『アスリート体質』」

「つまり、タダ飯です」

【ミ】『飽食狂時代』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/143-253


「色々な方々が居ましたけど『陽』の気を
 振り撒く例の方が気になります」

「遭遇したら消滅しちゃうかもしれない…」

【交流】『牛に引かれて星羅の集い』
内気なスタンド使いの御影さん。ホームレス少女の風歌さんと遭遇。
氷山先輩と再開できましたが…誤解の連鎖で…えぇ、過去に警察の厄介になっただけですからセーフです…
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1540228313/352-421


「スタンドを使う野良犬の友達ができました! 『オジロ』って名前の賢い子です!」

「今でも『蝙蝠』の死体を届けてくれますよ。
 お返しに雀の唐揚げを置いて布教してあげなきゃ…!」

「オジロを抱き泣く岩川さんの過去は分かりません。以前の私なら『無駄』な時間だと、不要な『痛み』と切り捨て『鎮静』したはず…」

「私は彼女に時間が必要だと判断しました。岩川さんが犬への憎悪を振り切るにはまだ時間が必要だと思います。『きっかけ』を得たなら後は大丈夫です、きっと」

スタンドを使う野良犬『オジロ』を巡って保健所の主任『岩川』さんと戦うことに。
スタンド使いにしては優しい成り立ての七篠先輩と『オジロ』治療の際に知り合いました。
優しい彼女にとっては良い経験となったかもしれません。先輩として導けたかと言えば…
【ミ】『真白の牙』 危難:CD
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1601890582/280-400

388 『音仙』 :2021/05/25(火) 23:21:15
>>387(一抹 貞世『インダルジェンス』)

「ええ、お久しぶりです。今日はいい日ですね……お土産もありがとう。
 豆腐のスイーツは、良いですよね。
 ああ……以前いただいた冷風扇も、そろそろ役に立つ季節が来ます。
 ……暑さを避けたくなったらここに来てくれても構いませんが、
 今のキミなら、ここより、行くアテというものはたくさんありそうですね」

            シュルルル

「そう。スタンド使いとの出会い、交流……そして『戦い』。
 ……『アダージョ』を真の意味で『討った』のは彼女でしょうが、
 聴いただけの私が考えても、『キミたち』の活躍もあっての、事でしょう。
 もっとも、キミも流石に無事では済まなかったようですが…………
 魂に刻まれたのは、傷だけでなく、先へと歩む足跡も、でしょうね」

「無条件の明るさや正義を持つ、太陽のような存在がいるのと同じで……
 『悪の世界』を必要とする者は、光と影のように確かに存在はする。
 あるいは……『悪を犯さざるを得なかった者』も、確かに、存在する。
 だからこそ、『悪』を『悪のまま』受け止める事と同じくらい、
 ――――『悪を払う』キミの能力と、それを望む精神性は、尊いものに思えます」

「それは何も殺人罪や、テロといった『大きな罪』だけではなく……
 己の価値観、憎悪という感情に振り回されてしまう人間に対しても、
 大いなる『贖宥』として働く。それを処方するために相応しい心も、キミにはある」

                 ――――――― ・・・

「…………………とはいえ、残念ながら。
 これは仮初とは言え、『一度死んだ』がゆえかもしれませんし、
 既に一度、軽微なものとはいえ段階を経ているからかもしれませんが、
 キミの成長が……『スタンドの成長』に、今すぐ直結はしなかったようですね」
 
「しかし……音は再び、変わりつつあるのは間違いない。
 その方向性としては、恐らく『より深い鎮静』……或いは、
 今後次第ですが、『慈悲の刃』がより『当てやすく』なる形、か。
 恐らく、そこに至るまでは、もう…………そう、遠くはないでしょう。
 新たな段階に至るまでの、『あと一歩』……それが良いものになる事を、祈ってますよ」

                      一抹 貞世『インダルジェンス』→『今回、成長は無し』

389 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/05/25(火) 23:51:34
>>388
「えぇ、本格的な猛暑で死にそうな時は夕立先輩のお家
 …やっぱり七篠先輩のお部屋に避難する予定です」

「『目標』を打ち立てたのですから時間は掛かれど、
 何時かは辿り着くはず…」

「『インダルジェンス』の行き着く先が分かって一安心
 過程で恐ろしい不運に見舞われるのも慣れたものです」

「食料確保の時間ですし、先客さんの邪魔にならない
 ように帰ることにします。では…!」

390 りん『フューネラル・リース』 :2021/05/30(日) 16:28:13
「痛、いたた……」

頭に鈴蘭を咲かせ、包帯を巻いた少女が『音仙』の元を訪れた

「こんにちは音のおねえさん
 えへへ、ちょっと怪我しちゃった
 少し休んでれば治ると思うけど、病院行った方がいいかな?」

「おねえさん、あのね、うち……怖い事があったんだ……」

少女は、りんは『死』を間近にした、ある体験を話した
【場】『自由の場』 その2ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1621051851/62-81

「おねえさん、わたし…うちは
 『人間』だよね?
 『生きてる』よね?」

縋りつくような、不安そうな涙の滲んだ目で『音仙』を見つめ
震えた声で尋ねる

お願い、否定しないで



               「うちって『何』?」

391 『音仙』 :2021/05/30(日) 21:15:38
>>390(りん『フューネラル・リース』)

「……『包帯』を……こっちで、取り換えてあげましょう。
 それで、ここで少し、休んで行ってくれても構いません。
 なにせ……少なくともここには、キミを傷つけるものはない。
 奇異の目で見るものもいないし、理解に辿り着いていないものもいない」

               シュルル

「…………あるとすれば」

音仙――――『音のおねえさん』の背後には、
音響機器で組み上げられた『樹』のヴィジョンが浮かぶ。
そこから伸びる『蔓』が、『りん』に向く。

「…………私はキミについて、キミより少しだけ深く『知っています』。
 …………それを、隠しても、いつか自分で気付く日は来るのでしょう」
 
「キミは…………ああ。キミは、どこかで『一度死んだ』。
 なぜ? いつ? ……それは『分からない』。
 聴く事は出来ない。出来なかった。キミの『特別な才能』を。
 ……いずれにせよ、その死は、キミの『たましい』の消滅を意味しなかった。
 だから……『りん』、という人間は、どんな形でも、間違いなく今ここにいる」

音仙も、『りん』の能力――――『フューネラル・リース』を『知らない』。
『どのようなメカニズムで生き返るのか』或いは『死を否定するのか』。
一度死んでよみがえった、その事だけだ。『それは人間なのか?』

         「考えて」「話し」「食べて」「歌い」「奏で」「遊ぶ」

「……そして。生きたいと思っている。……『生きた人間』としか思えません。
 でも、キミの存在の『全て』は、今の私には分からない。それでも…………」

『それは何か恐ろしい物なのかもしれない』――――そう思っていた。
だが、これまでに聴いて来た彼女の『声』は。
間違いなく……生を謳歌する『人間の魂に満ちている』。
それこそが、『フューネラル・リース』の本質なのだろう。

「……ああ」

「キミがこの答えで心の底から安心できるのか、私には分からない。
 私には突き詰めれば、キミの心を傷つける能力しか、ないのかもしれませんが……」

せめて今、このひと時だけでも、安らかでいてくれれば……そう思わずにはいられない。

392 りん『フューネラル・リース』 :2021/05/31(月) 08:56:01
>>391
「えへへ、ありがとう
 やっぱりおねえさんは優しいな…」

音のおねえさんの傍に座り込み、彼女のやる事に身を委ねる

「うちよりうちに詳しいなんて、やっぱりおねえさんは凄いなぁ……
 うち……『死んだんだ』……そうなのかなって思ってたけど、やっぱりなぁ……
 あはは……」

涙を流しながら、切ない笑顔を浮かべるりん

「けど、うちは今『生きてる』し、うちが『人間』だと思えば…
 うちは『人間』なんだ……
 うちはこれからも、『自分は人間』だって、信じるよ」

我思う、ゆえに我あり

「おねえさんは、うちの事よく分かっててくれるね…
 分かっててくれる人の傍にいるのって、凄く安心する……
 だから、ちょっと、休ませてもらうね………」

そう言うとりんは、静かに目を閉じ、しばしの休息についた
その顔は、信頼しきった人間に身を預け、安らかな表情をしていた

393 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2021/05/31(月) 19:14:04
>>392(りん)

「他のたくさんの人達との繋がりが、
 積み重ねる人と人との交流が、
 『答え』に至る道の一つだとしても……
 キミが人間として、生きている道の中で、
 その事に疲れた日は、休んだって良い。
 あるいは、時には答えを求めなくたって良い」
 
「……いつでも、ここに来てくれて良いですからね」

部屋の水槽の、エアポンプの音と共に、
ぽつぽつと、ゆっくりと言葉を掛けながら、
傍で目を閉じる少女を、ただ見守っていた。
それ以上の事は、何もなかった。出来なかった……

394 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/06/06(日) 02:28:45
この前は質問に答えてくれてどうもありがとう。
この町にはどうにも『スタンド使い』という存在が多いようで、
場合によっては戦う事なんかもあるかもしれない。
そういうわけでさらにわいてきた疑問にもぜひ答えてほしいな。

1.『球体』の『固定』というのは、どんなに勢いがあっても『急停止』できるものなの?
2.『固定』を解除する事で、『固定』前にかかっていた勢いは再度復活する?
3.『過去再現』の『無生物』は『実体化スタンド物質』という事で『一般人』に視えたり、
 『写真』に撮ったりできると思うけど、『生物』の場合、
 『象徴ヴィジョン』に近いという事はもしかして視えたり撮ったりは不可能?
 (スタンドはさすがに視えないし写真にも映らないあつかいだと思うけど)。
4.『生物』の衣服も『生物』あつかいだと思うけど、手に持ったものもやっぱりそう?
 運転しているバイクや車なんかはどうかな。
5.スタンドは『生物』あつかいだけど、『スタンド物質』は『無生物』あつかいのようなので、
 この能力で『外に持ち出せる』対象という事でいいんだよね?
 持ち出す場合、『スタンド物質』の射程や『特殊能力』はどうなるのだろうか。
 また、『器具型スタンド』とかは『無生物』の対象範囲?
6.『炎』なども再現可能なようだけど、この止まった炎には
 熱や延焼を起こす能力があり、スタンドにも効果がある? また『帯電』なども再現可能?
7.火がついてたり、(可能なら)帯電した無生物をそのまま持ちだす事も可能?
 その場合、『固定』を外した時点でそれらの状態が『進行しはじめる』事となる?
8.『再現』した食事を食べる事も可能だよね?
 その場合、射程外に出たり能力解除したらカロリーゼロ?

395 『音仙』 :2021/06/06(日) 21:55:06
>>394(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

>1.『球体』の『固定』というのは、どんなに勢いがあっても『急停止』できるものなの?

「基本的には、そうなります……が、
 勢いが継続的に付加され続けていて、
 それが固定力より上なら、停まりません。
 例えば、『超人的』な力(パB)の者が、
 手に取って運んでいる場合など……ですね」

>2.『固定』を解除する事で、『固定』前にかかっていた勢いは再度復活する?

「これは、しません」

>3.『過去再現』の『無生物』は『実体化スタンド物質』という事で『一般人』に視えたり、
> 『写真』に撮ったりできると思うけど、『生物』の場合、
> 『象徴ヴィジョン』に近いという事はもしかして視えたり撮ったりは不可能?
> (スタンドはさすがに視えないし写真にも映らないあつかいだと思うけど)。

「ああ……すみません、語弊がありました。
 干渉できない性質は、所謂象徴ヴィジョンのそれですが、
 一般人に見えるものであれば、通常通り視認も撮影も可能です」

>4.『生物』の衣服も『生物』あつかいだと思うけど、手に持ったものもやっぱりそう?
> 運転しているバイクや車なんかはどうかな。

「衣服や手荷物は、生物扱いのようです。
 乗り物まで行くと、無生物扱い……つまり、
 身に付けているかどうかが基準なのでしょうね」

>5.スタンドは『生物』あつかいだけど、『スタンド物質』は『無生物』あつかいのようなので、
> この能力で『外に持ち出せる』対象という事でいいんだよね?
> 持ち出す場合、『スタンド物質』の射程や『特殊能力』はどうなるのだろうか。
> また、『器具型スタンド』とかは『無生物』の対象範囲?

「スタンド物質は原則、通常物質同様に持ち出せます。
 能力は『作用』はしますが、『発動』は出来ない……つまり、
 発現後は常に何かの能力を発しているスタンド物質ならそれは作用するのですが、
 オンオフが必要な場合は、大元のスタンドがいないため、使えません」

「そして、器具型のスタンドは大抵はダメージフィードバック……
 ああ、ええと、本体にダメージが伝わる作用がありますから、
 その場合には無生物とみなす事は出来ないでしょうね」

>6.『炎』なども再現可能なようだけど、この止まった炎には
> 熱や延焼を起こす能力があり、スタンドにも効果がある? また『帯電』なども再現可能?

「これは……止まった炎は熱くはありますが、
 それ以上燃え広がる事は、ないようですね。
 止まった電気もまた、触れると痛いですが、
 触れた所以外に電気が流れる事はありません」

>7.火がついてたり、(可能なら)帯電した無生物をそのまま持ちだす事も可能?
> その場合、『固定』を外した時点でそれらの状態が『進行しはじめる』事となる?

「これは可能ですし、性質もその認識通りですね」

>8.『再現』した食事を食べる事も可能だよね?
> その場合、射程外に出たり能力解除したらカロリーゼロ?

「食べる事はもちろん可能ですが……
 解除して無かったことに、とはいきません。
 これは不思議な話ではあるのですが……
 スタンドの出す食べ物は、こうなりがちですね」

396 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/06/06(日) 23:31:20
>>395
なるほどねェ。だいぶ理解が進んだよ。
教えてくれてありがとう。また、なにかあれば確認にきます。

397 『音仙』 :2021/06/06(日) 23:34:46
>>396(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

「エエ、いつでもまたどうぞ…………
 お茶菓子くらいは出させていただきますから、ね」

398 『Electric Canary Garden』 :2021/06/07(月) 00:09:35

ある日、『りん』宛ての郵便物が届いた。
送り主は『星見FM放送』。
何かの手違いか、何故かここに送られてしまったようだ。
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1619194604/30

(※りんPCが訪れた際に渡して頂けると幸いです)

399 『音仙』 :2021/06/07(月) 22:31:12
>>398(『Electric Canary Garden』)

「…………」

『どこにも届くはずの無かった』それを、
『ここに届けた』のは『友人』の一人だった。
『風見亜角』の『能力』には、良く助けられている。
彼自ら『りん』の下に『届け』なかったのは、
ここに届けてくれただけ親切と思おう。

          スッ

『中身』が食べ物ではない――――
つまり常温保管で問題ないものと知ると、
それを『机』の端にそっと置いておいた。
来たらすぐに渡せるように――――

或いは、こうしておけば、あのおそろしく、儚く、健気な少女が、
『次にまた訪れる』事を、保証してくれるような気がしたから。

400 氷山『エド・サンズ』 :2021/06/09(水) 00:01:44
「最近はとくに暑い日が続いていて、もう夏も近いんだなーって感じですよね
 私もこないだ、銭湯で長湯していたら体調を崩しちゃって
 ・・・・『音仙』さんも気を付けてくださいね」

「ところで、いくつかお聞きしたい事が」

・氷山への『大捕物』で『装着』を選択する場合、
 『捕縛縄』などを腕や足に巻き付けた状態を『装着』として発現する事は出来ますか?

・『装着』状態で同時行動を行う際に、『エド・サンズ』と背中合わせになって、
 感覚共有で全方位の視覚を確保しつつ、自身の背中側の敵に対処するというような、
 頭で処理するのがかなり難しそうな事も出来ますか?

・氷山への『大捕物』で手に出した『陣笠』を改めて普通に着装した場合、
 同時行動の能力を使う事はできますか?

・『陣笠』や『鎖帷子』を『装着状態』で出す際に、
 紐などをしっかり閉めない半脱ぎ状態で出す事は出来ますか?

・『弓』や『さすまた』などの武器型の『捕具』を『装着状態』として出す事はできますか?

・火薬を使った銃の類を出す事は出来ないという事ですが
 『捕火方』という、筒の形をしていて、点火によって先端から激しい煙と火花が散る『捕具』を出す事は出来ますか?

401 『音仙』 :2021/06/09(水) 02:11:31
>>400(氷山『エド・サンズ』)

「ええ……長袖でいられる季節も、既に過ぎてしまったのでしょうね」

「銭湯――――――― ……そう、ええ、気を付けます。
 とはいえ、私は出不精ですし、クーラーも躊躇いませんので、
 キミの方こそ、熱中症には気を付けてくださいね」

>・氷山への『大捕物』で『装着』を選択する場合、
> 『捕縛縄』などを腕や足に巻き付けた状態を『装着』として発現する事は出来ますか?

「これは出来ませんね。
 使う側としての状態が装着であって、使われる側の状態では発現出来ないようです。
 マァ、『サンズさん』も、キミを捕縛するのは本意ではないのでしょうしね……」

>・『装着』状態で同時行動を行う際に、『エド・サンズ』と背中合わせになって、
> 感覚共有で全方位の視覚を確保しつつ、自身の背中側の敵に対処するというような、
> 頭で処理するのがかなり難しそうな事も出来ますか?

「ええ。むしろ、それこそが同時行動の真髄とも言えますね。
 思考もまた行動。本来ならキミの処理能力や、同時行動の困難さで不可能な事が、
 独立した思考を持つスタンドとの連携さながらに可能となる……キミの新たな武器です」

>・氷山への『大捕物』で手に出した『陣笠』を改めて普通に着装した場合、
> 同時行動の能力を使う事はできますか?

「大捕物として出した捕具を装着しているなら、使えますね」

>・『陣笠』や『鎖帷子』を『装着状態』で出す際に、
> 紐などをしっかり閉めない半脱ぎ状態で出す事は出来ますか?

「これは……『捕らわれる形での発現』が出来ないのと同様、出来ないようですね。
 キミへの『装着発現』は、あくまでキミの身を守り、キミが共に戦うためのもの、なのでしょう」

>・『弓』や『さすまた』などの武器型の『捕具』を『装着状態』として出す事はできますか?

「防具だけでなく、武器型の捕具でも可能なようです……ね」

>・火薬を使った銃の類を出す事は出来ないという事ですが
> 『捕火方』という、筒の形をしていて、点火によって先端から激しい煙と火花が散る『捕具』を出す事は出来ますか?

「これは不可能なようですね。ソレは捕具というよりは、『忍具』だからでしょう。
 以前の話と併せて言えば、『臨時で捕具として使われたもの』に分類されるようです」

402 氷山『エド・サンズ』 :2021/06/10(木) 23:58:13
>>401

「この部屋はいつ来ても快適でいいですね!」

『ア〜〜、余計ナお節介カモシレネェガ、アンマリ外ニ出ネェノモ身体ニ悪イト思ウゼ
 若イ奴ハモット外ニ出テダナァ・・・・』

「言い方が爺くさいですよ、『さんずさん』」

403 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2021/06/21(月) 20:19:56

今日、久方振りに『ここ』を訪れた。
初めて訪れた時も、その後も、
バッグの中には常に『鎮静剤』を忍ばせていた。
『スーサイド・ライフ』に本体を傷付ける事は出来ない。
だからこそ、『鎮静剤』が必要だった。
自分にとって、なくてはならないものだった。

  「――……ご無沙汰しております」

しかし、『今』は違う。
自分自身を傷付ける事の出来る『第二の刃』がある。
それが『鎮静剤』を手放した理由の一つ。

  「また『これ』をお持ちしました……」

          スッ

  「……覚えていらっしゃいますか?」

話を始める前に、持参したものをテーブルに置く。
以前(>>7)持ってきた自宅の庭で栽培した『ラベンダー』。
あれから、長い時間が経ったように感じる。

  「今日は……『お尋ねしたい事』があって参りました」

  「切り離した『私の手』から――
   『ビー・ハート』を発現させる事は可能でしょうか?」

  「『スーサイド・ライフ』で切り離した部位は、
   『スーサイド・ライフ』を解除すれば消え、
   『ビー・ハート』で切り離した部位は、
   『ビー・ハート』を解除すれば消える……」
 
  「……そういった認識で間違いないでしょうか?」

404 『音仙』 :2021/06/22(火) 00:33:50
>>403(小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』)

「エエ……お久しぶりです、小石川さん。
 それは……いつ頃だったでしょうか?
 以前にもいただきましたね。
 生憎、花の命は長くはないもの……
 前のそれは、もう、枯れてしまいましたが」

        コト

テーブルに置かれた鮮やかな花に目を細める。

「枯れて、咲いて、繰り返しこそ花なのでしょう。
 ………………私個人の感想を言うなら、
 また、咲いているところを見られて良かった」

所感を述べると、質問に耳を傾け、
その答えをゆっくりと話し始めた。

>「切り離した『私の手』から――
>『ビー・ハート』を発現させる事は可能でしょうか?」

「ええ、可能です……
 キミがまた『荒事』に巻き込まれた時には、
 とても強力な武器の一つになるでしょうね」

>「『スーサイド・ライフ』で切り離した部位は、
> 『スーサイド・ライフ』を解除すれば消え、
> 『ビー・ハート』で切り離した部位は、
> 『ビー・ハート』を解除すれば消える……」
> 「……そういった認識で間違いないでしょうか?」

「こちらも、キミの考えている通りです。
 能力解除は、それぞれの刃に対応していますね」

405 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2021/06/22(火) 23:29:11
>>404

花は種を残し、種は花になる。
それは一つの循環。
人と人の関わりにも似ている部分があるように思えた。
今の自分にも、
『出雲』や『イズ』や『笹暮』から受け取ったものがある。
いつの日か、私が誰かに渡す種が、
その人の心に花を咲かせる事もあるのだろうか。

  「よく分かりました……」

返ってきた答えを頭の中で反芻し、小さく頷く。
『荒事』――いつかまた身を置く機会が訪れるかもしれない。
それでも自分のすべき事は変わらない。
『未来』のために、前を向いて生きる。
そう決めたのだから。

  「……また参ります」

  「――ありがとうございました」

挨拶と共に頭を下げて、静かに部屋を後にする。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板