したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

映画感想スレ(4)

117 シャアダム :2019/07/28(日) 16:36:33 ID:rmiMl0oI
◆ユリシーズ (1954年 イタリア)

まずこの映画を見て思った事は、アメリカの大スターを使ってギリシアの叙事詩をなぜイタリアが制作?なぜイタリア語で?って事。
そして、原作はあの有名なホメロスの「オデュッセイア」なのに何故主人公は「ユリシーズ」なん?

前者の疑問は、まあイタリアで是非作ってみたいって言う人がいたんだろうし、是非、アメリカの大スター(カークダグラス)がユリシーズのイメージにピッタリだったということだろう。
後者は、「オデュッセイア」のパロディだから(模倣作品)だから、オデュッセイアのラテン語読みが「ユリシーズ」だかららしい。それにしても両方の名前(発音に関しても)の印象が違いすぎるw日本をジパングと呼ぶより遠いw

さて内容だが、結構原作を忠実に再現しているらしく、トロイ戦争で行方不明になった「ユリシーズ(王)」を待つイタカ王国の王妃ペネロペ(ベネロペって聞こえるが)、は多くの男性から求婚(再婚)をされていた。いつか帰ってくることを信じて、求婚の申し出を引き延ばしていたがついに結婚相手を決める競技会が開かれることになる。
一方、トロイ戦争の帰りに呪いを受けて、数々の不幸や苦難に会い、ついに遭難して浜辺に打ち上げられたユリシーズは記憶を無くして、どこかの国の王妃ナウシカア(風の谷のナウシカっぽいw)に助けられる。記憶を無くしてナウシカアの結婚相手にまでのし上がったユリシーズは、ある日海を見つめている内に、冒険の旅や苦難の日々、そして自分の正体を思い出す。
なんとか故郷イタカ国に戻ると、国王の座を狙って競技会に集まった屈強の男たちとの戦いが待っていた。
という神話ファンタジーと恋と戦いの娯楽映画でした。

感想:昔の映画にしては結構面白かった。今の映画に比べると、特撮シーンは劣るかも知れないが、ポセイドンの息子の巨人で一つ目男はキョロキョロ動く目がリアルで気持ち悪いほどでしたwあと、魔女やモブ侍女が美人ばかりでイタリアが頑張って超美人ばかり集めたんだなあって大変目の保養になりましたwストーリーも次から次に困難や戦いが待ち受けて、飽きさせない。初期のSFXしかなかったこの時代に凄い映像だなあって感心しました(もちろんCGやVFXなどありません)。
はっきり言って楽しいそしてちょっとだけ哲学的な作品でした。
ブドウを踏んだだけでワインになるところは・・まあいいじゃんそういう不思議ブドウなんだよw(神話の時代なんだから、魔法使いや女神やセイレーンもいるんだしそっちの方が不思議だろう)。ラストの戦いは迫力あって締めに相応しい満足度。カークダグラス(鋭い眼光を持つ毅然とした二枚目って感じな俳優ですね)ってあんまり知らないけど、息子がマイケルダグラス(ウォール街で有名。最近では「アントマン」の博士)かあ。俳優一家なんだね。

ちょっとエロいけど、ワクワクドキドキ出来てみんなで観れる娯楽映画でした(ちょっと戦いが血なまぐさいけど、今の子供なら大丈夫かなw)。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板