したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

プロ野球スレ

1 おりーぶの木 :2003/09/10(水) 13:03
立てますた。

2567 チバQ :2017/10/26(木) 22:18:52
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20171026ddlk01050028000c.html
<プロ野球>日本ハム本拠地移転構想 新球場、2案困難を正式表明 運営新会社設立へ /北海道
00:00毎日新聞

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想で、球団の前沢賢・事業統轄本部長が25日、札幌市内で報道陣の取材に応じ、市提案の2候補地の協議継続は困難だという認識を正式に表明した。前沢氏は「札幌市が誘致活動を終えるか、新候補地を提案いただけるかの岐路に立っている」と述べた。

 市提示の豊平区の八紘学園周辺と北区の北海道大学構内の2候補地は、球団と条件面で折り合えず、月内にも協議が打ち切られる見通しとなっている。

 また、候補地として再浮上した南区の道立真駒内公園については、市に提示されれば検討する考えを示した。ただ三谷仁志・事業統轄副本部長は「年内に提案していただかなければ、(一定の結論を来年3月に出すとした期限に)間に合わないのではないか」とも述べた。市は同公園を冬季五輪の会場候補地に位置づけ、招致を優先するとしている。

 この日は球団と北広島市の協議もあり、土地使用料や税などの減免措置について、北広島市から具体的提案があったという。

 一方、球団は移転構想実現のため、来年中にも運営のための新会社を設立する方針。運営に必要な技術やノウハウを持つ他企業とも連携する。【野原寛史】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/sports/mainichi-20171026k0000e050169000c.html
<日本ハム>新球場移転 札幌市の2案困難と正式表明
09:06毎日新聞

<日本ハム>新球場移転 札幌市の2案困難と正式表明
日本ハムの新本拠地候補
(毎日新聞)
 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想で、球団の前沢賢・事業統轄本部長が25日、札幌市内で報道陣の取材に応じ、市提案の2候補地の協議継続は困難だという認識を正式に表明した。前沢氏は「札幌市が誘致活動を終えるか、新候補地を提案いただけるかの岐路に立っている」と述べた。

 市提示の豊平区の八紘学園周辺と北区の北海道大学構内の2候補地は、球団と条件面で折り合えず、月内にも協議が打ち切られる見通しとなっている。

 また、候補地として再浮上した南区の道立真駒内公園については、市に提示されれば検討する考えを示した。ただ三谷仁志・事業統轄副本部長は「年内に提案していただかなければ、(一定の結論を来年3月に出すとした期限に)間に合わないのではないか」とも述べた。市は同公園を冬季五輪の会場候補地に位置づけ、招致を優先するとしている。

 この日は球団と北広島市の協議もあり、土地使用料や税などの減免措置について、北広島市から具体的提案があったという。

 一方、球団は移転構想実現のため、来年中にも運営のための新会社を設立する方針。運営に必要な技術やノウハウを持つ他企業とも連携する。【野原寛史】

2568 チバQ :2017/10/26(木) 22:19:11
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/sports/mainichi-20171025k0000e050322000c.html
<プロ野球>日本ハム、新球場2案打ち切りへ 真駒内再浮上
10月25日 14:53毎日新聞

<プロ野球>日本ハム、新球場2案打ち切りへ 真駒内再浮上
日本ハムの新本拠地候補
(毎日新聞)
 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想で、札幌市提示の豊平区の八紘学園周辺と北区の北海道大学構内の2候補地の協議が、今月末にも打ち切られる見通しとなった。球団関係者や札幌市関係者が毎日新聞の取材に対し認めた。近く札幌市と球団が今後の協議方針を話し合うが、市側がいったん否定的な見解を示した南区の道立真駒内公園を再検討する動きがあり、北広島市提案のきたひろしま総合運動公園と合わせ、協議対象となる可能性が出てきた。

 現在の本拠地・札幌ドームからの移転先として札幌市は4月、八紘学園周辺と北大構内を提案。このうち八紘学園周辺は、球団側が希望する広さや周辺環境などを理由に「不可能」とした。北大構内は学内の反発や法的制限が厳しく、協議は進展していない。一方、協議が進む北広島市の総合運動公園は、交通アクセスの確保などの課題が残っている。

 真駒内は札幌市が招致を目指す冬季五輪の会場候補地。新球場の候補地としてもいったん浮上したが、正式提案されなかった。秋元克広市長は今月12日の定例記者会見で、五輪優先の考えを示していた。

 球団関係者によると、今夏にあった札幌市との協議で真駒内が候補地から外れたことが話題になり、球団は9月下旬、道の担当課を2度訪れ、どのような施設が建設可能か照会した。市関係者によると、五輪招致に影響せず、市民の利用や景観を損ねない条件なら候補地として検討できる可能性が残っているといい、球団と再調整する方針だ。【野原寛史】

2569 チバQ :2017/11/21(火) 23:02:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000015-ykf-spo
わざと敗北で勝ち抜け!? 不可解な野球国際大会の新順位決定方式、東京五輪でも使うのか
11/21(火) 16:56配信 夕刊フジ
わざと敗北で勝ち抜け!? 不可解な野球国際大会の新順位決定方式、東京五輪でも使うのか
優勝を喜ぶ山崎康(右)ら日本ナイン。予選の順位決定方式には疑問が残った(写真:夕刊フジ)
 東京五輪本番まで1000日を切ってなお、野球の国際大会の順位決定方式は“ファイナルアンサー”が見つからない。

 「やっぱり、わざと負けても勝ち抜けみたいなシステムはおかしい」

 初開催のアジアプロ野球チャンピオンシップで採用された新たな順位決定方法の欠陥に、NPB(日本野球機構)関係者は首をひねった。

 3チームで予選リーグを行い、上位2チームが決勝に進出。勝率が並んだ場合は、「TQB=(得点÷攻撃イニング)-(失点÷守備イニング)」が大きいチームの方が上位と規定された。

 予選第3戦で日本は台湾を破り、通算2勝で文句なしの決勝進出。もし敗れていれば、3チームが1勝1敗で並んでいた。それでもこの試合で先攻の日本は、9回以降に2死から1点差のサヨナラ負けなら、TQBで台湾を上回り決勝進出が可能という条件だった。

 つまり同点で9回裏2死から走者を出した場合、2ランを被弾すれば日本は敗退。このリスクを確実に避けたいなら、無失点で切り抜けようと無理に勝負するよりも、3連続敬遠でわざと1点を献上し、サヨナラ負けすればよいのだ。

 もちろん、こんな決着は興ざめでしかない。前出関係者は「こちらからまた見直しを求めていくことになる」と話した。

 3月の第4回WBCでは勝率が並んだ場合、「失点率=1イニングあたりの失点数」で順位を決めたが、規定の解釈を巡り1次リーグD組で大混乱が発生。メキシコが最終戦で勝ち、当初はプレーオフ進出とされながら一転覆り、敗退が決まった。メキシコの監督は「事前に主催者側に何度も条件を確認したが、回答がなかった」と訴え、選手とともに怒りをぶちまけて大会を去った。

 こうした反省に立って導入された新方式。東京五輪でも出場6チームを2組に分けて1次リーグを実施する方針だけに、今大会は格好の予行演習の機会だったが、最適解は導き出せなかった。せっかく復活させた五輪野球の成功のため、さらに知恵を絞る必要がある。(笹森倫)

2570 チバQ :2017/11/23(木) 23:54:34
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/146731?rct=st_recommended
26年五輪、国内候補に 招致レースへ札幌始動 全国で機運醸成、課題
11/23 05:00

 2026年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市が、国内候補地として国際オリンピック委員会(IOC)の招致プロセスに参加することが22日決まった。半世紀ぶりの祭典開催へ一歩を踏み出したが、開催経費縮減や環境に配慮した大会運営の実現などに加え、いかに招致機運を全国に広げて「オールジャパン」の体制を構築できるかが鍵となる。

 札幌市の秋元克広市長は22日、東京都内で行われた記者会見で「オールジャパン」という言葉を繰り返した。「五輪・パラリンピック招致は国家プロジェクト。体制構築が不可欠だ」。年内にも始まるIOCとの事前協議では最大4565億円と見積もる経費縮減が最大の焦点となるが、来年秋以降の正式な招致レースを見据え、国の支援に対する期待感をにじませた。

 大会開催には財政支援や警備、入国など多岐にわたる国の協力が不可欠。正式に立候補した場合、19年1月までにIOCに提出する書面でそれらの円滑な実施を担保しなければならない。「オールジャパン」の機運醸成は国の支えを得るだけでなく、招致レースにおいてもIOC委員が評価するポイントの一つとなる。

 道内では、都市基盤の更新などへの期待などから、経済界を中心に招致に対する関心は高い。対照的に「全国的には、ほとんど知られていない」(札幌市幹部)のが現実だ。

 札幌市は冬季スポーツ文化を国民に根付かせた1972年札幌五輪のレガシー(遺産)を次世代に引き継ぐことを基本理念に掲げるが、全国的な支持拡大には結びついていない。20年東京五輪が経費問題で混乱したこともあり、五輪そのものに対するイメージ低下も懸念される。

 その東京五輪は、26年大会招致レースの足かせにもなりかねない。札幌市と招致活動を進める日本オリンピック委員会(JOC)には、東京大会の準備期間と招致プロセスが重なることを懸念する声が根強い。招致レースのヤマ場となる19年は東京大会の前年でプレ大会の開催も続き、IOC委員への働きかけが十分に行えない心配もある。

 IOC委員でもあるJOCの竹田恒和会長は22日の会見で、「最後の追い込みでたいへん忙しいと思う」と本音を吐露。来年の平昌(ピョンチャン)(韓国)、22年北京に続く3大会連続のアジア開催という不利な条件下、竹田会長をはじめJOCが東京大会に力を割かれれば、IOC側への招致アピールに影響が出る可能性もある。(報道センター 柳沢郷介、東京報道編集委員 渡辺徹也)

■帯広・ニセコ「飛躍の起爆剤」 広域開催の候補地 経費負担の懸念も

 2026年冬季五輪・パラリンピックの国内候補地として、札幌市の招致プロセス参加が22日正式決定され、一部競技の開催が想定される道内市町の関係者らからは、「地域を飛躍させる起爆剤になる」と実現を期待する声が上がった。ただ、経費負担や競技運営などへの懸念もあり、国際オリンピック委員会(IOC)との事前協議の行方などを注視している。

 大会は既存施設活用の観点などから広域開催となる方向で、スピードスケート会場は帯広市所有の明治北海道十勝オーバル(十勝管内芽室町)が有力。帯広商工会議所の高橋勝坦(かつひろ)会頭は「地元開催に向けてもやが晴れ、一歩進んだ感じ」とプロセス参加を歓迎。一方で、帯広市の葛西克也スポーツ振興室長は「実績やノウハウはあるが、費用面で課題が残る。帯広の規模では何億円もの負担は大きい」と、財政面を心配した。

 スキー・アルペン会場の候補地、ニセコ地域では、後志管内倶知安町が「地域を世界にアピールできる」、ニセコ町は「スキー文化を将来世代につなぐきっかけにしたい」と期待する。ただ、同地域ではワールドカップ(W杯)などの開催実績がなく、関係者から「円滑に大会を運営できるか不安だ」との声も聞かれる。

 冬季パラリンピックは1972年札幌五輪の際は始まっておらず、招致が実現すれば道内初となる。

 アルペンスキー座位で、来年の平昌大会に出場する狩野亮選手(31)=網走市出身=は「パラリンピック開催は道内のバリアフリー化にもつながる。多くの人に障害者スポーツに興味を持ってほしい」と語った。

2571 とはずがたり :2017/12/14(木) 19:35:54

来夏の千葉、東西2大会 有力校のバランス「均等に」
http://www.asahi.com/articles/ASKDC3H1HKDCUDCB00B.html?iref=com_alist_8_08
滝口信之、松島研人2017年12月14日18時00分

 来夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の出場校を決める千葉大会について、主催者の千葉県高野連と朝日新聞社は14日、県内を東西に分け、東千葉大会と西千葉大会を開くと発表した。記念大会の特例で、千葉からは各大会の優勝校が甲子園に出場する。

 今年度の県高野連加盟校は172校で、東千葉大会には今夏の千葉大会の覇者・木更津総合など88校、西千葉大会には今秋の関東大会を制した中央学院など84校が出場する予定だ。夏の甲子園の出場校が2校になるのは、第80回、第90回の記念大会以来3回目となる。

 東西の区割りは県全体を8ブロックに分けた上で、東千葉が第1(千葉市)、第6(成田市、銚子市など)、第7(館山市、茂原市など)、第8(木更津市、市原市など)で構成。西千葉は第2(船橋市、習志野市など)、第3(市川市、松戸市など)、第4(柏市、野田市など)、第5(我孫子市、八千代市など)の学校が出場する。

 過去2回と異なり、来夏は第1ブロックが東千葉大会に、第5ブロックが西千葉大会に移る。

 県高野連は区割りに際し、飛び地を作らないように分け、東西の加盟校数に大きく差を出さないようにしたと説明。秋の県大会の上位校や2007年以降の夏の甲子園出場校の数を均等にし、勢力に差が出ないように配慮したという。

 今秋の千葉大会の8強からは、東千葉に拓大紅陵、木更津総合、東海大市原望洋、千葉黎明の4校、西千葉に中央学院、習志野、八千代松陰、流通経大柏の4校が入った。

 第89回から今夏の第99回大会までの千葉大会優勝校を見ると、東千葉は4校、西千葉4校となっている。

 区割りの発表を受け、今秋の県大会を制した拓大紅陵の沢村史郎監督は「東西に分かれて試合数が1試合減ることは、投手陣の体力回復にとって大きい」と話す。「今冬はしっかりとバントや守備を鍛えて、甲子園出場を勝ち取りたい」と意気込んだ。

 今秋の県大会で準優勝し、その後の関東大会で優勝した中央学院の相馬幸樹監督は「100回大会ということで、高校野球の長い歴史を感じる。歴史の重みを感じながら、次の100年に向けて、球児の一生懸命さや爽やかさを見てもらいたい」と話した。(滝口信之、松島研人)

2572 とはずがたり :2017/12/23(土) 21:32:18
中日が松坂獲得を検討 年俸は1軍最低保障1500万円程度か
https://www.msn.com/ja-jp/news/sports/%E4%B8%AD%E6%97%A5%E3%81%8C%E6%9D%BE%E5%9D%82%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%92%E6%A4%9C%E8%A8%8E-%E5%B9%B4%E4%BF%B8%E3%81%AF%EF%BC%91%E8%BB%8D%E6%9C%80%E4%BD%8E%E4%BF%9D%E9%9A%9C%EF%BC%91%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%B8%87%E5%86%86%E7%A8%8B%E5%BA%A6%E3%81%8B/ar-BBH0dEr
デイリースポーツ/神戸新聞社
4日前

 中日がソフトバンクから自由契約になった松坂大輔投手(37)の獲得を視野に入れ、調査していることが18日、分かった。15年の日本球界復帰後は3年間で未勝利とはいえ、再生の可能性を見極めた上で最終判断する見通しだ。

 竜が「救いの手」を差し伸べる可能性が出てきた。松坂はソフトバンクとの3年総額12億円とされる大型契約が今オフで切れた。リハビリコーチとして現役復帰を目指す打診を断ったのも、現役一本で勝負したいという決意の表れだった。

 中日には復肩を手助けする環境が整っている。横浜高から西武に入団した99年に2軍投手コーチだったのが森監督。チームメートとして兄貴分だったのが友利国際渉外担当だった。さらにこのオフに育成コーチから転身した小山スカウトは高校時代の松坂の女房役だ。

ソフトバンクから自由契約となった松坂c デイリースポーツ/神戸新聞社 ソフトバンクから自由契約となった松坂
 これだけ縁のある関係者が多ければ、現在の松坂のコンディションも正確に把握できる。球団幹部は「使えない選手を獲得することはない」と話した。その基本方針に照らし、松坂が再び輝けるかどうかを慎重に見極めた上で、最終判断するとみられる。

 求めるモノは金銭ではない。3年間で未勝利の現状や年齢、本人のプライドなどを加味しても、1軍最低保障年俸の1500万円程度が現実的なライン。それでも、再びユニホームを着ることの方に価値がある。最も重要視されるのは松坂が「使えるか」ということだ。その判断に至ったときには、「竜の松坂」が正式に誕生する可能性が高い。

2573 とはずがたり :2018/01/06(土) 10:25:31
なんと。ご冥福をお祈りします。

星野仙一さんが死去 プロ野球中日・阪神・楽天で監督
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/AS99Y0DM099XUTQP03K.html
09:33朝日新聞

 プロ野球の中日、阪神、楽天の元監督で、楽天球団副会長の星野仙一(ほしの・せんいち)さんが4日、死去した。70歳だった。葬儀は近親者らによる密葬で執り行い、後日、お別れの会が開かれる予定。

 楽天によると、星野さんは2016年7月に膵臓(すいぞう)がんが判明。その後も仕事を続け、昨年、野球殿堂入りを果たした。昨年11、12月に東京と大阪であった、殿堂入りを祝うパーティーでは元気な姿を見せていたが、年末になって病状が悪化したという。

 星野さんは岡山県出身。倉敷商高を卒業後、明大へ。1969年、中日にドラフト1位で入団した。投手として82年までの14年間で、通算146勝121敗34セーブ、防御率3・60の成績を残した。73年からは5年連続で2けた勝利を挙げるなど活躍し、74年には沢村賞を受賞した。

 87年から91年、96年から2001年までの2回、中日の監督を務め、1度ずつリーグ優勝を果たした。02年からは阪神の監督を2季務め、03年にチームを18年ぶりのリーグ優勝に導いた。08年の北京五輪では、アジア地区予選から日本代表監督を務めたが、メダルを獲得できず、翌年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督は、次期候補と有力視されながら辞退した。

 11年、楽天の監督に就任。13年には創設9年目の球団を初の日本一に導き、自身としても監督通算16年目で初の頂点に。三原脩、西本幸雄と並び、3球団で優勝を成し遂げた監督となった。15年からは楽天球団の副会長を務め、新人選手の獲得などに尽力した。

2574 とはずがたり :2018/01/15(月) 12:00:28

日ハム新球場 真駒内有力候補に 球団・道・札幌市に利点
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/146041
2017/11/20 09:58 更新

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの新球場を核とするボールパーク(BP)構想で、道立真駒内公園(札幌市南区)が建設地の有力候補に浮上してきた。公園内の屋外競技場が2026年冬季五輪・パラリンピック招致の会場候補地から外れ、札幌市がBP候補地として球団に提案できる条件が整いつつある。ただ、閑静な住宅地域の開発計画には土地利用の規制緩和などが必要で、市は慎重に検討を進める考えだ。

 「球団の意向に沿って決めていきたい」。札幌市の秋元克広市長は14日の記者会見で、真駒内公園を所有する道との協議を急ぎ、正式な候補地に加える方針を示す一方、「提案できるかどうか引き続き議論が必要」とも述べ、課題があることをにじませた。

 真駒内公園を候補地とするには所有者である道の同意と協力が不可欠だ。ただ、道は老朽化が進む築47年の屋外競技場「真駒内セキスイハイムスタジアム」の建て替えを財政難を理由に見送った。これにより、五輪スピードスケート競技の会場となる可能性は消え、逆に屋外競技場を取り壊してBPを整備する選択肢が生まれた。

 高橋はるみ知事は15日の会見で「(真駒内公園を提案するかどうかは)札幌市の責任だ」とした上で、「状況が整えばわれわれも協力する」と明言した。

 道や札幌市の関係者は「真駒内案は球団、市、道の3者にメリットがある」と口をそろえる。真駒内公園は球団が示す敷地面積などの条件を満たし、集客の上での立地条件も良い。道には、老朽化した屋外競技場を民間資金で新しい施設に建て替えてもらえる利点がある。札幌市にとっては日ハム球場の市外への移転を防げて、人口減が進む真駒内地区の活性化にもつなげられる―というわけだ。

 ただ、懸念材料は少なくない。球団は3万〜3万5千人収容の球場に商業施設などを併設する構想を描くが、公園とその周辺は「住居専用地域」。現状では大規模な商業施設の建設は難しく、土地の用途変更をしたり、高さ制限などの規制を緩和したりするか、BP構想の内容を見直す必要がある。札幌市幹部は「騒音や自然環境への影響を少なくするなど、地域や住民への配慮も必要だ」と指摘する。

 交通アクセスも満点ではない。地下鉄南北線の真駒内駅からの距離は、東豊線福住駅から札幌ドームまでの2倍の2キロ前後ある。周辺の幹線道路は現在でもイベントが開催されると渋滞が起き、物理的に道路を拡幅できるかなども課題だ。

 一方、札幌市が4月に提案した2カ所の候補地の検討は現在、暗礁に乗り上げている。旧道立産業共進会場周辺(豊平区)は、球団が「周辺の土地利用がどうなるか見通せない」と否定的。北大構内(北区)は、市が「北大関係者の反対が根強い」と慎重だ。

 北広島市が提案した「きたひろしま総合運動公園」予定地は広さでは球団の希望にかなっている。ただ、既存のJR駅からは遠く、球団が求めている最寄りの新駅の開設については、現時点では見通せていない。

 球団は来年3月までに一定の方向性を出す方針。

■経済盛り上がるなら/生態系への影響心配 住民期待と戸惑い

 米国大リーグ流のボールパークは地域のにぎわいを生む一方、騒音や自然環境への悪影響などマイナス面も指摘されている。

 真駒内地区の人口はピーク(1985年)の3万4千人から3割減り、高齢化も進む。真駒内団地商店街振興会の山下晴男会長(64)は「人通りが増え地元経済も盛り上がるなら歓迎する」と話す。不動産関係者の間では「BPが整備されれば地価は上がる」との見方もある。

 ただ、公園をよく散歩する会社員阿部陽介さん(30)は「今もイベント時は一帯が混雑する。BPは要らないのでは」と戸惑う。自然保護活動に取り組む「真駒内・芸術の森緑の回廊基金」の小林保則代表(68)は「生態系への影響を考えると大規模開発は控えてほしい」と訴える。

 また、市内唯一の日本スケート連盟公認のスピードスケート競技場がなくなることに競技団体には異論もある。このため「住民や関係団体の意見を球団に伝える枠組みが必要だ」(市議)との声が出ている。(報道センター 十亀敬介、袖山香織)

2575 とはずがたり :2018/01/15(月) 12:00:46

日ハム本拠地移転なら…札幌ドーム「お得意様」失い経営転機に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010000-doshin-hok
1/15(月) 5:20配信 北海道新聞

体制の縮小は避けられず
 プロ野球北海道日本ハムが本拠地移転の検討を進める中、現本拠地の札幌ドームの先行きが懸念されている。売上高の3割を占める球場使用料を支払ってきた「お得意様」の移転で収益の柱を失うからだ。ドームを所有する札幌市は新たな活用策の模索を始めたが、施設運営体制の縮小は避けられない見通しだ。(報道センター 松本創一、柳沢郷介)

日ハム本拠地移転なら…札幌ドーム「お得意様」失い経営転機に
来場者数と経営の推移
日本ハム関連の売り上げは全体の半分程度か
 「札幌市内に同じような競技場ができると、ドームの経営はなかなか厳しい」。札幌市の秋元克広市長は年末記者会見で、管理運営を委託する市の第三セクター「株式会社札幌ドーム」(ドーム社)の経営について危機感をあらわにした。

 昨年度の札幌ドームは、日本一となった日本ハムとJIに昇格したコンサドーレの相乗効果で、総来場者数は前年度比3・1%増の312万6千人に上り過去最高を更新した。これに伴い、売上高も過去最高の41億4千万円となり、経常利益は2億8千万円だった。

 球場の使用料は1日約800万円だが、実際の支払額は非公表。広告枠の販売なども含めた日本ハムから直接得る収入は12億円程度に上るとみられる。さらに、ドーム内での飲食や物販など商業事業の売り上げ11億円についても「年間70〜80試合を行う日ハムへの依存度は相当高い」(ドーム社幹部)という。日本ハム関連の売り上げは事実上、全体の半分程度に上るとの見方もある。

日ハム本拠地移転なら…札幌ドーム「お得意様」失い経営転機に

03年度の経営状況が目安
 札幌ドームは、サッカー2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会の国内会場として建設された10施設の中で唯一黒字基調を続け、札幌市の財政支援なしに経営する「優等生」だ。開業当初からコンサドーレが本拠地とし、日本ハムは04年に東京ドームから移転。「ダブル本拠地」は経営の安定に大きく寄与し、平均で年間2億8千万円の経常黒字を出してきた。赤字となったのは大型ビジョンを更新した14年度のみ。利益剰余金(内部留保)は20億円まで積み上がるなど、財務内容も健全だ。

 しかし、今後は経営の効率化が不可欠となる見通し。移転後の経営規模を検討する上で、札幌市スポーツ局は「開業3年目の03年度の経営状況が目安となる」とみる。この年度は日ハムの本拠地となる直前で、プロ野球の試合は巨人戦など29日、売上高も現在の半分程度の22億円しかなかった。それでも約2億3千万円の経常利益を出すことができていた。

他球団の試合は日本ハムの許可が必要
 03年春時点の正社員数は40人で、今より23人少なかった。このため、現在6億円に上る人件費を縮減することも今後の検討課題となる。ドーム社は開業以来ほぼ毎年、正社員採用を続けてきたが、19年度から当面は凍結することを決めている。今後、効率化が進まず経営が悪化すれば、将来、修繕費などが支払えなくなり、市の財政負担につながる可能性もある。

 一方、市は「新たな収入源の確保」にも期待を寄せている。日本ハム移転後は、これまでシーズン中に受け入れを断っていた大型イベントやコンサートなどを誘致する余地が広がる。

 ただ、最大収容人数が5万人を超える札幌ドームを使うイベントはそう多くはない。コンサートなら「嵐」や安室奈美恵さんなどトップ級のタレントに限られる。道内で興行を手がけるマウントアライブ(札幌)の數原(かずはら)歩統括部長は「海を隔てた他県からの集客が期待できない札幌ならではの難しさもある」と指摘する。

 ドーム社の山川広行社長は「巨人をはじめセ・リーグの試合はできないのか検討したい」とするが、他球団の試合は、北海道全体を本拠地エリアとする日本ハムの許可が必要で誘致は簡単ではない。

 このため札幌市は、サッカーやラグビーの国際試合の誘致を強化したり、市民による体験型スポーツの催しなど収益性にこだわらない活用も検討する。市幹部は「札幌ドームは本来市民のためにある。多様な使われ方があっていいはずだ」と述べ、市有施設としての原点回帰を模索している。

北海道新聞

2576 チバQ :2018/01/22(月) 11:39:27
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00010000-doshin-hok
日ハムボールパーク候補の真駒内公園 住民に賛否、熱帯びる署名
1/22(月) 6:02配信 北海道新聞
日ハムボールパーク候補の真駒内公園 住民に賛否、熱帯びる署名
ボールパーク構想の候補地に浮上している道立真駒内公園。球団は大型商業施設は併設しない方針
賛成派「地域活性化のきっかけ」
 北海道日本ハムファイターズの新球場を核としたボールパーク構想(BP)で、候補地となった道立真駒内公園(札幌市南区)での建設の賛否を問う、二つの地元住民グループの署名活動が熱を帯びている。賛成派は「地域活性化のきっかけになる」と主張する一方、反対派は「自然や住環境が損なわれる」と訴えている。両グループとも3月に署名を札幌市や球団に提出する構えだ。

【自動撮影動画】カメラの前にぬうっとクマ 札幌の山林

日ハムボールパーク候補の真駒内公園 住民に賛否、熱帯びる署名
賛否の住民グループ
反対派「住環境悪化や交通渋滞」
 賛成派は昨年12月末に活動を開始。南区の会社経営者ら20人で「北海道日本ハムファイターズBP真駒内案を実現する市民の会」を設立、署名を始めた。人口減やインフラ老朽化が進む南区にとって「BPがもたらす経済効果、地域活性化効果は多大だ」とする。

 一方、公園に近い真駒内地区に住む5人がつくった「真駒内公園に日本ハムファイターズ新球場建設を反対する市民の会」は、先週末に反対署名を集め始めた。BPができると「公園の自然は破壊され、静かな住環境が悪化する。周辺道路は今以上の交通渋滞が起きる」と訴えている。

 両グループは、ホームページで活動をPRしている。「実現する市民の会」はhttp://www.fighters-bp.site/。「反対する市民の会」はhttps://makomanaipark.blogspot.jp/


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の後輩がこんなに可愛いわけがない(1)特装版

黒猫たんが可愛くないはずないっ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa