したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

バクーから帰ってきたら

1 年寄 :2017/04/19(水) 18:26:34 ID:cBxsSL760
久し振りに、日本に帰ると、
GIDの人の顔ぶれが、替わっていた。
1年半。

インターネットの使用環境からして、整えないと。
死にかけの100才に近い両親の世話で、忙しい。

大島先生は、まだ若いのに、お亡くなりになったようで。
私が日本に居た時に、この掲示板に書いていた人は、
生きているのかな。
 
精神科がGIDを検閲するのは、もう古いような。
高校の女装の先生は?
船乗りの大学を出た人は?
私も、石油の仕事は、卒業した。
精神科には、関わりたくない。

416 名無しさん :2017/10/29(日) 06:20:19 ID:sXtvS9R.0
>>407 事実、とりわけ科学技術のように、実証されている事実について、実証という判断の手順の真偽を、知覚と情報伝達の仕組に照らして検証するのが、雲水氏の主題でしょう?
 
裁判所の認定する事実は、
誰かが、事実であると主張して、他の誰かが、嘘であると主張しているのに、
裁判官の心証により、判決が、事実と認定しているだけかも知れない。
 
裁判は、白黒を付けなければ、仕方ないので、
裁判官の心証という当てずっぽうしか、事実の根拠がないことは、しばしばです。
 
それでも、裁判は公開ですから、
心証が、その裁判官個人の癖や趣味であるか、それとも常識感覚にすぎないのかが、みんなにわかります。
 
医者の判断は違う。
とりわけ、精神科医の診断の根拠には、最初から物的証拠による証明がなく、精神科医の心証だけであるばかりか、判断の対象が、言動の事実でなく、言動の精神であるから、インチキ臭い。
それも、診察は公開でないから、ほとんどの場合は、カルテの記述が、患者を精神病にしたほうが儲かる精神科医による嘘であると、言われています。

417 名無しさん :2017/10/29(日) 08:32:07 ID:sWBmjeS60
>>410-413 一般の人は、個人の脳の機能は、個人の責任と思っています。
身体の機能なら、目があり、手があるのは、個人の責任ですか。
そんなもん、みんなと同じ内容の遺伝ですから、個人の責任であるわけがない。
 
脳の機能についても、みんなと同じ内容の遺伝が、たくさんあるのに、
個人の精神や人格などと言い、個人の責任を一律に問うのは、変でしょう?
 
これは個人の責任、これはみんなの責任と、脳の機能を部分に分けて、仕分けするのでなく、
ロマン主義の精神や人格などの概念は、むしろ分割不可能として、事実の仕分けを拒否して来ました。
 
個人の自由や責任と、全体主義の間で、極端に判断が揺らいだのは、コンピュータのプログラムのようには、具体的に脳の機能を仕分けする能力が、ロマン主義になかったからです。

これこれの場合は、みんなと同じことをしろと、最初からプログラムされていて、変更不能なら、
性転換者のように、みんなと同じことをしようとして、出来ないのは、個人の責任でありませんが、
これこれの場合って、遺伝は、社会の流行を予期できませんから、現実離れした無条件になっていることが、少なくありません。

418 名無しさん :2017/10/29(日) 08:34:32 ID:sWBmjeS60
>>410-413 一般の人は、個人の脳の機能は、個人の責任と思っています。
身体の機能なら、目があり、手があるのは、個人の責任ですか。
そんなもん、みんなと同じ内容の遺伝ですから、個人の責任であるわけがない。
 
脳の機能についても、みんなと同じ内容の遺伝が、たくさんあるのに、
個人の精神や人格などと言い、個人の責任を一律に問うのは、変でしょう?
 
これは個人の責任、これはみんなの責任と、脳の機能を部分に分けて、仕分けするのでなく、
ロマン主義の精神や人格などの概念は、むしろ分割不可能として、事実の仕分けを拒否して来ました。
 
個人の自由や責任と、全体主義の間で、極端に判断が揺らいだのは、コンピュータのプログラムのようには、具体的に脳の機能を仕分けする能力が、ロマン主義になかったからです。

これこれの場合は、みんなと同じことをしろと、最初からプログラムされていて、変更不能なら、
性転換者のように、みんなと同じことをしようとして、出来ないのは、個人の責任でありませんが、
これこれの場合って、遺伝は、社会の流行を予期できませんから、現実離れした無条件になっていることが、少なくありません。

419 名無しさん :2017/10/29(日) 09:09:38 ID:XtCSs8Zk0
>>415   あのクルクル回る荷物展示台から持ち逃げするのは、難しいような。
ビデオもあるし、自分の荷物が出て来るのを、みんなが待っている。
 
わざわざ、本当に酔ってから盗むのは、執念とも言えるが、
本当に酔っていたせいで、他人の荷物と、間違えたのかも知れない。
 
お酒は持込み禁止だから、いつ飲んだのだろう。
本人の荷物は、どこへ行ったのだろう。
荷札のタグがあり、荷物の中身を申告していますから、窃盗の手口が成り立たない。
 
しかし、荷物が行方不明になる事故は、よくあるから、
他の乗客に持ち逃げされたと、疑いたくなる。
大部分は、仕分けミスから、他の飛行機に乗せられて、他の空港に行ってしまうらしいが、
一部は、空港内従業員による窃盗とか。
最終便は、航空会社のカウンターが閉まっているから、遅延や荷物消滅の苦情を、だれに言えばよいのかと、客室乗務員のねえちゃんや警備員のオッサンに、尋ねることになる。

420 名無しさん :2017/10/30(月) 19:43:54 ID:OlBt7vS20
1. 綱坂の三井クラブに、佐土原藩の長屋が残っていましたが、
  今は、撤去されています。
  googleマップの、古いストリートビューからも、消えてしまいました。

  どこへ移築されたのか、それとも建築廃材として処分されたのか、知りませんか。
  三田や高輪に詳しいかた、お願いします。
 
2. 中枢神経の樹状突起が使用中の時に、割り込んで行くと、
  一つの思いと、別の思いが、二重写しに比較されると、感じませんか。
 
3. 樹状突起の分岐が少ない時や、不均一の時に、
  他の不特定多数の神経細胞の樹状突起の分岐を使い、
  判断の組合せを繋ぎ合わせるために、
  樹状突起の端末から、神経伝達物質が放出されるのを、感じませんか。
  思考している感じですよね、可能な判断の組合せを探り、二重写しに比較する感じ。

421 名無しさん :2017/10/31(火) 13:24:26 ID:qhiXUqmo0
神経細胞の樹状突起の枝分かれは、
yesかnoの判断を表しているだけです。
 
だいたい、これこれの重量なら、神経細胞が何個という相場があり、
脳の重量からして、脳の神経細胞の数がわかり、
2進数の何桁までなら、
それぞれの数に、脳細胞を1個ずつ割り当てられるかを、計算できます。
 
小生なら、1個ではこころもとなく、ナマものですから、
脳を100分割したぐらいの、狭い場所に、同じ枝分かれの神経細胞が1マン個ぐらいは、欲しい。
 
同じ2進数を表す脳細胞が、脳の中に100万個あるとして、
脳の重量からして、何桁までの二進数をカバーできるかって、計算してください。
脳細胞の機能は、生命の進化により、歴史的に分担されて、変更不能ですが、
その通りに人間は思考しますので、人間の思考には最適の機能分担になっているはずです。

422 :海老九郎 :2017/10/31(火) 14:33:12 ID:wVRvHp2U0
人間や動物には、目や耳があるように、知覚の対象と言われる客観的事実や自然があり、
知覚や思考の主体と言われる自我や心や精神などがあると、思いますか。
 
18〜20世紀のロマン主義と言われる古い思想は、それらが在ると、確信しましたので、
その主張にもとずき、精神医学や精神科や精神の病気などの産物が、作られました。
 
最も爛熟したロマン主義の典型は、マルクス主義の唯物論であり、
私たちが文化的に異常と思う精神には、必ず原因となる脳の器質の病変が在ると、予想しました。
 
しかし、コンピュータが実用化された20世紀後半には、ロマンティックな考え方が間違っていたと、実証されましたから、
精神医学や精神疾患や精神科だけでなく、心や精神や日本国憲法や人格や人権や人情などの考え方は、廃止されるべきなのに、
精神病には原因となる器質的な病変がないとわかり、精神の正常と異常の基準がただの流行文化にすきないとわかった今も、ロマン主義が権力を握っているのは、なぜでしょうか。

目や耳が確かにあると、他人に伝えて共感するには、目や耳とは、どのようなものかを定義しなければ、言葉の意味が他人と違っているかも知れません。
ところが、私たちはコンピュータと同じで、言葉や絵などを、他人や他のコンピュータに伝える方法を知っていますが、目や耳と言われる認識の対象や事実を、他人やコンピュータに伝える方法を知りません。

423 又右エ門 :2017/10/31(火) 19:49:33 ID:MoEK28oQ0
先生と連絡できないので、一言。
一昨年の夏、黒岳からトムラウシまで、高山植物を教えて頂き、ありがとう。
ニューヨークに行きますので、いつもの場所で、またお会いできるかも。
 
母はアザレアの鉢植えを、すぐに枯らしてしまいます。
生け花のように扱うので、困ります。
植物と人間の育て方を、教えてやってください。
今もNYに居ます。
 
みなさんに言い訳ですが、夏のトムラウシは、低体温症でよく死ぬ山です。
>>422の、認識の対象を他人に伝えることは不可能で、
私たちの脳が、コミュニケーションのための、言葉や絵などのメディアだけを、他の個体に伝えることが出来るのは、コンピュータとコンピュータの関係と同じです。
言葉や絵などの伝達手段としての、具体的な内容の二進法の羅列が、他人と同じであったとしても、認識の対象が他人と同じあるという証拠や証明にはなりません。
認識の対象を伝えることができないのに、言葉が同じであるだけで、認識の対象が同じであると、どうしてわかりますか。
ロマン主義が廃れて、コンピュータが役に立った理由はそれですから、精神医学が廃れない理由が、強制的な権力に由来しているのも、うべなるかなと言うべきでしょう。

424 名無しさん :2017/11/01(水) 03:44:36 ID:BtDUwrPs0
>>422-423 昔からの形而上学の主題ですよね。
コンピュータは、言葉だけを伝えています。
言葉は、2進法で書かれたマシン語に翻訳できて、互換性があると、わかっていますし、記録の仕方も、コンピュータの集積回路や機械の設計の仕方が、わかっていますので、
判断やコミュニケーションの手順が、公開されています。
 
事実や自然などと言われる認識の対象や、自我や精神などと言われる認識の主体は、少しも、人とコンピュータや、コンピュータとコンピュータの間で、伝えられていません。
 
言葉のほうだけが、コンピュータの中や、コンピュータとコンピュータの間で、伝わるだけで、ちゃんと人間の役に立っています。
 
コンピュータの判断の仕組みや、コンピュータとコンピュータの間の情報伝達は、人間の中や、人間同士の、コミュニケーションの仕方を、真似たものです。
 
要するに、言葉を伝えるだけで、役に立つ、判断が成り立つ、情報が伝わる、ということが実証されました。
認識の対象や主体が、少しも伝達されなくても、役に立たなかったり、判断不能になったり、情報が伝わらなかったりは、しませんでした。
ロマン主義の要諦の、事実や心などの、認識の対象や主体は、幻であったと、論理的により証明されました。
さて、ロマン主義の産物の精神医療や、ロマン主義の粋のような大日本帝国憲法や日本国憲法などは、なぜ、精神と事実(認識の主体と客体)という考え方が間違っていましたと謝罪して、撤回されないのでしょうか。

425 1/4 :2017/11/01(水) 05:56:35 ID:ITc990VA0
コンピュータのことを、
中国人は电脑(ディェン ナオ)と言いますが、
中国人は、マスクス主義唯物論の教育を受けていますから、
ロマン主義そのものです。

認識の主体と対象として、精神や事実があると、
中国人は信じています。

电脑は、人間の脳の機能を模倣していると、思うのは、
間違いでありませんが、
詳しく言うと、言葉や絵や動作のように、
コミュニケーションの中身として、他人に伝達された情報を、
脳の機能と、言っているだけです。

426 2/4 :2017/11/01(水) 06:13:51 ID:NMNjlz.o0
共産主義者のようなロマン主義者は、
伝達された情報の原因としての、
脳や、その機能と言われる事実があると、信じています。
 
雲水先生のような、記号論理学や数学基礎論などが好きな人は、
伝えられた情報の字面(じづら・二進法の0と1の羅列ようなもの)しか、
伝えられていないから、
その他のことは確認されていないと、屁理屈を言います。
 
伝えるための、脳やコンピュータなどの設備や、
伝えられた意味の、事実や精神(認識の対象や主体)などは、
伝えられていないし、確認されていません。
 
このことは、コンピュータだけでなく、人間の場合も同じですから、
認識の対象や主体の、事実や精神は、永遠に、人から人へ伝えられません。

427 3/4 :2017/11/01(水) 06:17:54 ID:NMNjlz.o0
あくまで、情報の字面が、伝えられただけですから、
その意味は、嘘や間違いかも知れませんし、
設備がなければ伝えられないと、思われるのも、
そのような定義を信じているとか、
そのようにプログラムされていて変更不能になっているにすぎず、
みんなの一緒の定義やプログラムか、
それとも、個人の勝手な定義かが、問われるだけです。
 
目や耳があると、言葉を伝えることはできますが、
目や耳は、伝えることが出来ません。
目や耳の絵を、伝えることはできますが、
目や耳の事実を、伝えることはできませんから、
言葉や絵と、事実が、だいたい同じであるか、全然違うかを、
他人は判断できません。

428 4/4 :2017/11/01(水) 06:21:09 ID:NMNjlz.o0
そもそも、事実や精神などの、認識の対象や主体は、
他人に伝えることが出来ませんから、
みんなに伝えられる言葉や絵や二進法の数列などの、
情報の字面が、情報の意味である事実や精神と、同じであるか違うかを、
だれが、どのようにして、判断しますか。
そのような判断の手順が、ありますか。
そのような判断が、可能ですか。
 
ロマン主義者が、知覚には、事実や精神などの、知覚の対象や主体があると言っても、
事実や精神を、だれも伝えることができませんので、
物事(ものごと)の議論や、その真偽などは、
論理法則と言われる常識の定義集に、一致しているかいないかを、調べしか手立てがありません。
 
わたしたちは、論理法則と言われる常識に一致しているかいないかを、調べるのでなければ、音楽に熱中するようにオナニーをして気持ちよくなるしか、生き方がないと、ロマンティックな精神科医や法律家は、言っていませんか。

429 山下 :2017/11/01(水) 08:04:47 ID:awkGCPRM0
>>420 生まれ育ちは東京の潮見坂ですので、
三井クラブは近所でした。
佐土原藩の長屋を知っていましたが、今は知りません。、
 
大学の関係で、神戸の花隈に暮らしたのち、
現在は、大阪に住まいしています。
東京に帰りたくても、もう家がありません。
 
坂の少ない大阪の町よりも、
神戸のほうが、生まれ故郷に近い気持ちになりますが、
東京ですから、故郷と言うほどでもありません。
 
それでも懐かしく、東京の港区に引っ越したいと、
マンションを物色しています。
仕事の都合がついても、庭付一戸建は、お金がない。

430 名無しさん :2017/11/01(水) 10:54:28 ID:QAgBXRdU0
事実や自我は、他人に伝えられず、
それぞれの人の、独自の妄想や幻覚にすぎない。
伝えられる数列や言葉や写真などが、同じなら、
他人の妄想や幻覚と、自分の妄想や幻覚が、同じであると、人は確信する。
 
知覚の対象の客観的事実や、知覚の主体の自我や精神などが、
間違いなく在るとか、なければならないとかとするロマン主義や、その一種の共産主義の唯物論や科学主義などは、
伝えられる言葉や写真などが同じという確信が根拠ですが、言葉や写真などが同じであっても、それぞれの人の独自の妄想や幻覚が同じであるわけでない。
 
個人的には、共産主義の唯物論や科学主義は、遠慮したいが、
観念論的なロマン主義の、事実と精神の物語は、大好きです。
 
漫画や小説の要領ですから、音楽やオナニーと似たようなものですがw
日々の暮らしは、知覚の対象や主体の、事実や心で成り立っていますから、
現代の常識感覚や価値観が、まだ記号論理のようなコンピュータを作った論理法則と言われる種類の、純喫茶のちゃんこ鍋に似た考え方では、気持ちよくなれないことを、意味しています。

431 名無しさん :2017/11/02(木) 09:50:34 ID:8PfY4/j.0
>>429,420  東京の潮見坂は、港区三田と麻布十番の2箇所にありますが、いずれも三井倶楽部の御近所ですよね。
三井倶楽部の長屋は、敷地内の西北の隅に、北向きに建っていましたが、
西隣のオーストラリア大使館を合わせて、綱町の佐土原藩邸でしたので、
長屋は、北正面の長屋門の東半分の袖が、三井倶楽部敷地内に残っていたものです。
いつのまにか解体されたらしく、何も掲示されていませんでしたので、私はわかりません。
佐土原藩は、薩摩藩の分家ですが、1868年に庄内藩に討ち入られた三田の薩摩藩上屋敷とは別に、広大な藩邸を構えていました。
 
私も品川の高層ビルに通勤していたことがありますが、港区は、文京区の本駒込よりも物価が高く、
見かけは20億円ぐらいの3階建ての個人の豪邸が、じつは10軒ぐらいに分割されたマンションで、1軒が3億円ほどでした。
普通のマンションは、バルコニー込み75㎡で2億円くらいでしたから、
本駒込なら1億円、大阪京橋なら5000万円が相場ですが、よそよりも外観にお金を掛ける傾向が顕著でした。
私は貧乏人なので、京急特急で品川まで43分の、横須賀の普通の庭付1戸建住宅にしました。

母は、安物買いの銭失いと笑いましたが、私は、衣食住やエステティックや、人生の価値や知性や人情などの精神や、世界や自然や科学技術や他人などの事実に、あまり関わりたくありません。
精神や事実と言われる妄想や幻覚が変更不能の石ころにならないように、身軽で自由な雲や水が肺に溜まって溺れるように死ねば、それで結構です。

432 鯉の洗い :2017/11/02(木) 14:12:32 ID:8PfY4/j.0
昔の形而上学や哲学などの主題の、認識論や存在論と言われる考え方を、現代人や東洋人は知りません。
欧米において、キリスト教やロマン主義や科学技術やコンピュータなどが勃興して、やがて廃れて行く原因や理由ですけれど、
日本人は模倣しただけですから、原因や理由なんか、どうでもいいことであり、鉄砲や黒船や原爆が死活問題だったので、慌てて真似をしたまでに決まっています。

そのような現実を知る知覚や判断の手順が、個人にとっては、遺伝と言われる生まれつきの、ほとんど変更不能なプログラムにすぎませんが、
社会的には、ダックスフンドやブルドックや錦鯉などの、エステティックの品種改良を行なったように、流行文化が、嫌な奴を間引いて、脳や身体の器質の品種改良を、こまめに行なって来たから、
生まれた個人の知覚や認識のプログラムが、ハードウェアに規定されて、変更不能に処せられる嵌めになっただけです。
 
私たちが、黒船を真似て、西洋人をやっつけなければ、自分たちは危ないと、現実を知覚して戦艦大和を作ったのは、そのような知覚と判断の、一連の手順を、プログラムの通りに実行したに過ぎません。
それを、瞬時に自覚できる人と、一生かかっても理解できない人がいるのも、おそらく遺伝の個体差であろうと、言われています。
 
認識の主体と対象の、精神と事実は、バーチャルと言われる仮想現実の典型ですので、コンピュータが、それらを模倣したことは、言うまでもありませんが、
伝達のための言葉や写真などのメディアのほうでなく、伝達される元ネタの現実のほうの情報を、われわれは誰とも比較することが出来ないように、
コンピュータの、バーチャルと現実の識別は、プログラムやデータを、便宜的に分類して、文化の流行をなぞるような現実や仮想という名称を用いるにすぎず、
けっして、言葉や写真などのメディアでない現実を、人間やコンピュータは、知っているわけでありません。

433 浦上 前半分 :2017/11/02(木) 21:13:40 ID:JDvIz3KA0
昔の欧米の形而上学は、何が問題になっていたのかを、日本人は理解できません。
いま見ている風景を、他人に伝えようとして、「いま見ている風景」と、言葉を伝えたのでは、漫才や落語のように底抜けです。
 
コンバインがあり、はざ掛けの榛(はん)の木があり、秋田小町の切り株があると、伝えなければいけませんが、
コンバインや、はざ掛けや、ハンノキや、秋田小町を知らない人のために、言葉の意味を教えたり、定義したりしなければならず、
相手が日本語を知らなければ、面倒臭いので、写真やビデオを見せることになります。
 
ところが、「いま見ている風景」という言葉だけでなく、写真やビデオを伝えても、
ただの情報伝達のためのメディアを伝えたに過ぎず、事実を伝えたことになりません。

写真やビデオを、事実とだいたい同じであると、判断するには、
事実とビデオなどの両方を、知っていなければいけません。

言葉や写真やビデオは、他人に伝えることができると、コンピュータの場合でも、はっきりと実証されていますが、
事実のほうは、人間やコンピュータの間で伝えることが出来た試しを、探し出せません。

434 浦上 後半分 :2017/11/02(木) 21:20:12 ID:JDvIz3KA0
言葉だけでなく、写真やビデオでも、事実を他人やコンピュータに伝えられないのは、何を意味しているのでしょうか。
二人が一緒に並び、同じ風景という自然の事実を見ているつもりでも、
言葉や絵や写真やビデオなどが同じであることを、二人が事実は同じであると判断する根拠であるのなら、
事実は余計であり、言葉やビデオなどがあれば充分です。
実際、コンピュータの判断は、そうなっています。

知覚には、認識の客観的対象と言われる事実と、認識の主体と言われる精神がある必要と、レーニンやヒトラーなどのロマン主義者たちは考えましたが、
経験論者や数学者などは、ロマン主義の自然科学や唯物論などに、根本的な異議を申し立てて、
事実や精神は、幻覚や妄想の一種にすぎない、との新説を、
今で言うコンピュータを作ることにより、世間にわかりやすく実証しようと試みました。 
事実や精神は、コンピュータに必要ありませんが、
科学主義を奉じるロマンティックなマルクス主義者たちや科学技術者や法律家などは、
コンピュータの判断はバーチャルであると、今でも言っています。
脳の機能を肩代わりするコンピュータの判断が、仮想の精神に過ぎないのなら、筋肉の肩代わりをするユンボや内燃機関の仕事も、現実の労働でなく仮想の事実であると、言わねばなりません。

435 浦上 訂正 :2017/11/02(木) 21:40:30 ID:JDvIz3KA0
>>433

訂正、
二人が事実は同じであると判断する根拠であるのなら、

二人が見ている事実は同じであると判断する根拠としているのなら、


お詫びして訂正します。

436 訂正の訂正 :2017/11/03(金) 05:22:14 ID:m2h6Moi20
>>435

訂正の訂正
>>433でなく>>434でした。

>>434には、もう一ヵ所、訂正があります。

訂正
認識の主体と言われる精神がある必要と

認識の主体と言われる精神が必要と


重ねてお詫びして、重ねて訂正します。

437 名無しさん :2017/11/03(金) 05:53:29 ID:uOVRd0yg0
形而上学の主題について、
憲法のロマン主義の答えと、コンピューターの記号論理学の答えが、違っているのは、
以前から気になっていました。
 
精神科は、事実と比較して、妄想や幻覚を、精神の病気とするように、
事実と精神を、健康の基準として掲げますから、
法律と医療の、両方の存在根拠が、18〜20世紀前半のロマン主義そのものです。
 
雲水先生は、
共産主義革命や二度の世界大戦やホロコーストや夜と霧などは、ロマン主義が原因であると仰り、
明治や昭和の憲法だけでなく、時代錯誤の精神医学や精神科の医療を解体して、ナチ党員のように精神科医を徹底的に処罰しなければ、
必ず同様の事件が起こると、仰っています。
 
精神科医は、ナチ党員やマルクス主義者やイスラム原理主義者などのように、
処刑されて根絶されなければいけない悪の元凶ですか。

438 1/2 :2017/11/03(金) 06:56:03 ID:CMWE.xB60
日本は、江戸時代の勧善懲悪の考え方から、
明治憲法や昭和憲法や精神医療などの、ロマン主義の時代になりましたが、
江戸時代の武士や町人や百姓は、新しい時代に適応しなければ、
明治以後に、凶悪犯罪者として処刑処罰されましたし、
明治も末頃になると、精神病として精神病院に放り込まれて、
強制的に脳を抉ら(えぐ)れて、再起不能になりました。

当たり前ですが、ほとんどの一般庶民は、そういう事情に気づきません。
明治維新になれば、さすがに気づいたでしょうが、
その直前の幕末には、武士や町人や百姓のほとんどは、気づかなかったようです。
いま、何が起こっているかを、理解できませんでした。
 
まさか、実際に、世の中が変わるとは、思いも寄りませんでした。
湯川君や後藤君が、まさか首を切り取られるとは、思いも寄らなかったのと、同じです。鉄砲を持っていたくせに。

439 2/2 :2017/11/03(金) 07:00:51 ID:CMWE.xB60
ホロコーストの時代に、いま何が起こっているのかを、庶民が気づかなかったのと、同じです。
ユダヤ人が虐殺されていると、ユダヤ人自身が気づきませんでしたし、
フランス人やイギリス人やアメリカ人は、
戦争に勝ち、戦犯として敵兵を糾弾する段になるまで、気づきませんでした。
 
裁判で糾弾する文章を考えなけばいけませんから、
こんなに悪いことをしたと、具体的に数え上げて、
初めて、ホロコーストのストーリーに気づきました。
 
ドイツ人自身も、そんなに悪いことをしていたと、気づきませんでしたが、
アウシュビッツのドイツ兵が、ガス室でユダヤ人を殺していながら、
自分が悪いことをしていると、気づかなったのですから、当然です。
 
ユダヤ人が悪いことをしたから、処罰されるのは当たり前と、信じていました。
勧善懲悪に、権力者が物語を付けただけの、ロマン主義でした。

440 名無しさん :2017/11/04(土) 06:26:28 ID:vH3d0CgE0
>>419 ひこうきなんて、いや。運航不順だもの。
機材とか整備とかが揃わない、間に合わないからと、欠航になっても、
その理由が、何を意味しているのか、嘘でないのかを、知りようがないし、教えてくれない。
よそで天候悪化のために欠航になると、機体が回って来ないから、晴れている空港でも欠航になるんだけど、
嘘かも知れないのに、同じ杓子定規の言葉しか返って来ないから、馬鹿にされているみたいで、イヤ。

権力がそうでしょう? 役所の仕事や事務がそう。
嘘か本当か、わからない事務用語で、押し通してくる。木で鼻を括った返答。
情報開示の手続きも面倒だが、開示されるまで1カ月はかかる。
権力や役所の仕事は、嘘だらけの事務書類だけ。

ひこうきの運航がそれなんだ。航空会社のサービスは、嘘だらけの事務書類のお役所仕事に似てる。
ひこうきのことを、客は知らないからと、小ばかにしている。
だから、私は、搭乗手続きが面倒で、遅延欠航が当たり前の、偏差値の高い従業員が運航する飛行機よりも、
あほの鉄道員の新幹線を贔屓にしている。

441 名無しさん :2017/11/04(土) 10:49:06 ID:vH3d0CgE0
夜と霧は、誰の目にも気づかれてはならぬ指令でしたから、世間が知らなかったのは当然ですが、
警察や刑務所や精神病院や収容所などの監禁は、強権により世間から隔離しますから、現代日本とまったく同じです。
 
つい最近まで、ライ病もそうだったように、悪いことをしたからとか、気違いだからとかと、知らないことを判断するのは、
捜査当局や精神科よりも、世間一般の常識が端的です。
ユダヤ人だからと言えば、ナチスドイツと同じであり、教会に盾突いたからと言えば、中世の魔女狩りと同じです。
 
科学技術の事実や、精神医学の精神などは、妄想や幻覚の典型であると言えば、確実に精神病院にぶち込まれますから、
中世ヨーロッパの魔女裁判や、それでも地球が回ったガリレオの裁判と、ほとんど同じであるのを知らないのは、
世間一般の精神のほうが、社会の事実から隔離監禁されているからです。

魔女狩りは、火炙りにして1分間で殺しましたが、現代の精神科は、抗精神病薬により2週間で人格を殺します。
具体的には、服薬すれば2度と治らぬ痴呆になりますから、そのことを知っていれば、自殺したほうがマシだったかも知れませんが、
当人は、抗精神病薬やドーパミンのWebサイトを見ても、著作者と同様に、その意味を理解できませんでしたから、
もとより痴呆であったと、精神科医の嘘のつき放題になります。

442 名無しさん :2017/11/04(土) 11:06:22 ID:0jZIp6kc0
刑務所に入れようとすれば、事実についての裁判が公開されますが、
精神病院なら、非公開で人格を殺せますから、嘘の事実だけで精神病に仕立てることができます。
研究者が嘘の実験をでっち上げるようなものですから、嘘の研究とされて裁判にかけられたガリレオの時代と、少しも変わりません。
 
何が本当であり嘘であるかは、精神についても事実についても、形而上学の妄想や幻覚に過ぎないのに、
法律家や精神科医は、今もロマンティックに、知覚の主体の精神や、知覚の対象の事実を信じています。
 
抗精神病薬を飲めば、不可逆的な痴呆になることを、一般の人は知りませんが、
知識がなくても瞬時に理解できる子供は少なく、知識があっても死ぬまでに理解できない人がほとんどです。
 
私が首を傾げていると、雲水先生が、
「小学高学年に水の電気分解を習ったでしょう。片方の試験官に溜まった気体は、線香の火を入れると、ポンと音を立てて爆発するから、水素であるとわかり、もう一方の試験官は、線香が勢いよく燃えるから、酸素とわかると、書いてあったでしょう? そんなの、わかるわけがない」と、横合いから言います。
 
宇宙のすみずみまで、しらみつぶしに調べたかのような顔をして、他人に教えるのは、
教科書を書いた大学教授のロマンシティズムを、一字一句、黙って真似るように強要しているそうです。

443 松江 :2017/11/04(土) 15:34:32 ID:b5IO.CcI0
知覚は、知覚の対象と主体がなければ成り立たない、と確信するのは、ロマン主義の典型であり、
ソ連の共産主義革命や、二度の世界大戦や、ホロコーストや、夜と霧の政策や、科学技術優先の考え方などは、ロマン主義の産物です。
たぶん、近世ヨーロッパから、一般庶民に普及し始めて、19〜20世紀前半の常識において、絶頂に達しましたが、日本では明治維新に急遽導入されましたので、欧米よりも100年ほど遅くなりました。

コンピュータの機械は、科学技術の成果ですので、ロマン主義の産物ですが、プログラムの原理は、はっきりとロマン主義を否定しています。
バートランドラッセルとホワイトヘッドの、数学原理(Principia Mathematica)や、ヴィトゲンシュタインの論理哲学論考(Logisch-Philosophische Abhandlung)などに、その間の事情が紹介されていますので、今さら書きません。

欧米ロマン主義によって作られた現代世界の常識感覚は、中世の常識と全く違いますが、コンピュータのプログラムの手順とも、異質ですので、
両方を使い分けて折衷することは、その複雑さと、世間一般の人の知能からして、おそらく不可能です。
コンピュータが進化すれば、やがて、知覚には客観的事実と言われる対象と、主体と言われる精神が必要、とするロマン主義の典型的な考え方が歴史的遺物になり、
研究者でなければ再現できないくらいに、常識から忘れ去られるのは、時間の問題です。

事実や精神が、妄想や幻覚の一種であるとされるなら、事実が争われる刑事訴訟や裁判だけでなく、妄想や幻覚を病気とする精神医療が、成り立ちませんから、
この際、事実を標榜するロマン主義の考え方だけでなく、中世の勧善懲悪の考え方や、精神と言われる古代の呪術的な考え方も、時代錯誤の憲法と一緒に廃止されなければいけないのでしょうか、
それとも、一般市民のあほを見捨てて、コンピュータが複雑なプログラムを実行すれば、簡単に共存できるのでしょうか。

444 名無しさん :2017/11/05(日) 00:51:27 ID:rlXseZOg0
>>443  もちろん、簡単に共存できますから、事実や精神は廃れません。
コンピュータは、だんだんと複雑になり、
一般庶民やプログラマーを捨て置き、
プログラムの積み重ねが、先へ先へと進みます。
 
人間の脳は、コンピュータが複雑になる勢いでは、進化しませんから、
全体を把握できなくなり、コンピュータに任せ切りにならざるを得ません。

人間は、事実や精神や勧善懲悪という妄想や幻覚に、捕らわれますから、
音楽や向精神薬のように、気持ちよくなるだけの人生を、追い求めます。
 
事実や精神が、勧善懲悪などの価値と同様に、バーチャルであることを知れば、
精神医学の診断や、コンピュータのプログラムなどが、
法律であることを拒否する理由は、何もありません。
医療やコンピュータプログラムや法律を一元化して、公開の民主制度に再編すべきです。

445 名無しさん :2017/11/05(日) 15:02:21 ID:rlXseZOg0
ノートパソコンの空きが足りず、プログラムとデータを、SDカードに引越してるんだけど、
何でこんなしょうもないことに、時間を取られるのかと、情けなくて。

446 , :2017/11/05(日) 21:26:19 ID:v8Z5kNKE0
ほい
http://ssks.jp/url/?id=1451

447 名無しさん :2017/11/06(月) 00:00:29 ID:7A6zT8uQ0
>>433-434 は、形而上学の主題について、
ロマン主義の答えと、記号論理学の答えを、比較していますが、
>>435-436 の訂正がくっついていますから、興醒めです。
 
尾ヒレなのか、金魚のフンなのかは、知りませんが、
だれか、訂正のない文章を、すんなりとUpできませんか。
 
事実や精神は、余計であり、
言葉やビデオなどの、メディアだけがあれば、用が足りる、とするのは、
事実を争い、個人の精神を罰する刑事裁判や、
事実を争い、個人の精神を病気とする精神医療などを、
虚妄であると、断じています。
 
裁判官や精神科医は、正真正銘の犯罪者や精神病患者に違いない。
精神が事実を知覚するために、目や耳があると信じるのは、プログラマーでなくても、荒唐無稽な宗教であると、瞬時にわからなければいけません。

448 えいと :2017/11/06(月) 01:03:48 ID:qMzKm2do0
http://ssks.jp/url/?id=1451

449 1/(2) :2017/11/07(火) 09:00:19 ID:2M/x9Who0
形而上学の主題は、論理法則に従い議論されますから、論理法則の根拠が問われます。
人間や動物などの流行文化が、身体のハードウェアに取り込まれて遺伝した上に、多くは変更不能になっていますが、
消えると不便なので、変更不能のほうが便利と考えるような、情けない人もいます。
 
幸いにも遺伝しなかった人は、論理法則に捕らわれ難いのですが、論理法則を理解できないことが多く、けだし自由は面倒です。
どれくらいの量の、論理法則が遺伝しているかを、論理能力と考える人もいますが、
もとが流行文化ですから、最新の流行文化を身体に取り入れて、いち早く変更不能になった人は、多分あほです。
 
もちろん遺伝ですから、本人が流行文化を取り入れたのでなく、
ブルドックやダックスフンドや錦鯉などの、エステティックを取捨選択して、品種改良するように、
特定の流行が、身体の形質になっている個体を選別して、遺伝と変更不能を画策するのは、文化です。

精神のような古代の呪術や、中世に流行した勧善懲悪の価値観や、近代以降の事実と言われる妄想や幻覚などは、
すでに変更不能な身体の一部として、生まれつきに遺伝している人もいれば、
理解できるにもかかわらず、変更可能の人もいますし、まったく理解や共感のできない人もいます。

450 2/(2) :2017/11/07(火) 09:03:02 ID:2M/x9Who0
論理法則は、ごった煮のちゃんこ鍋のような流行文化の、化石や鍋底の焦付きのようなもので、
脊椎動物なら文化と言い、流行と言うのも、わかりますが、
インフルエンザウイルスの変異は、ウイルスの文化なのか、人間が養って変異を促した流行なのか、よくわかりません。
 
空間や時間などに関する論理法則を、人間は文化や流行と感じませんが、
時間が一方通行であり、戻ることができないのは、
交通規則のような流行文化が、多くの人の脳の器質に遺伝して、変更不能になっているだけです。
規則を守らない奴を、私たちは、こまめに殺して来ましたが、今も、精神科医が積極的に行なっていますから、
時間や空間を、私たちが自然の摂理として確信する手順の一部が、手に取るようにわかります。
 
一方通行を逆行したからと言い、精神科医が患者の人格を殺すのは、統合失調症や躁うつ病などの、狭い意味での精神病で、よく見かけますが、
進入禁止なのに、計画的に左折して、一方通行を逆進することが、私はしょっちゅうです。
それを、精神科医は妄想や幻覚と言い、抗精神病薬を使い廃疾に処しますが、私は無事故無違反のゴールド免許です。
精神科医はあほです。 
理解はできるが、自由に変更可能であり、遺伝しないのが、一番良い。

451 名無しさん :2017/11/07(火) 19:58:25 ID:F1Hvd0EU0
雲水さんの周囲に集まる人たちは、
精神を、知覚の主体として、事実を、知覚の対象とすることに、疑問を感じ、
論理法則って、ちゃんこ鍋のような流行文化が、変更不能になり、
鍋の底にこびり付いたオコゲでないかと、身体に実感したから、
極楽浄土を手繰り寄せるように、性転換医療と繋がりました。
 
割れ鍋に綴じ蓋です。 
性転換医療をやる奴は、性転換をする奴に、そっくりですから、
精神科医は、まず自分のことを、精神疾患と診断しなければいけません。 
 
難しい病気でありません。
精神科医は全員、代理ミュンヒハウゼン症候群であると、
すでに名前がついていますから。
 
そして、ポルポトは、4人を除いて、カンボジアの医者を、全員殺したそうです。

452 浅学菲才 :2017/11/08(水) 13:18:23 ID:YJ8fqjlY0
他人に伝えることができるのは、言葉や絵や写真やビデオなどの、コミュニケーションのためのメディアだけであり、
知覚の対象とされる自然や社会や身体や動作や科学技術などの、事実や、
知覚の主体とされる自分の心や記憶や思考や感情などの、精神は、他人に伝えることができません。
 
わたしたちが、他人と同じ事実を見ていると、信じるのは、
言葉や絵や写真やビデオなどの、具体的な表現が同じであるからに、すぎません。
この事情は、自分の心を、他人に伝える場合を思えば、よくわかります。

他人の表現が、自分の表現と同じであっても、嘘や間違いや偶然かも知れませんので、
他人の知覚している事実が、自分の知覚している事実と、同じである、という証拠になりません。
表現は同じでも、二人の心が同じであるはずが、ない。
 
二人が、「いま見ている風景」と表現しても、同じ事実を見ている可能性は、限りなくゼロに近く
人間には目や耳があると表現しても、どのような事実を意味しているかは、ほんの少ししか規定されていません。
他人に伝えることができないのに、表現を伝えることにより規定される事実や精神は、勧善懲悪などの価値でなければ、妄想や幻覚でないと、どのように証明されるのでしょうか。

453 名無しさん :2017/11/09(木) 23:27:27 ID:F3bjfaqU0
事実や精神って、虚構なんですよ。
伝えられるのは、二進法の数列のように、マルペケの判断だけ。
他人に伝えるだけでなく、
身体の中で、こっちとあっちに伝えられるのも、
マルペケだけ。
事実や精神などの出る幕がない。
 
ところが、精神が事実を知覚するって、
ロマンティックな法律家や精神科医は、信じている。
 
目や耳があるなんて、言葉や写真などを伝えるだけで、
目や耳の事実は、伝えられないから、
ある人の言う目や耳と、別の人の言う目や耳は、
その意味が、全然違っていても、
言葉が同じなら、意味も同じとせざるを得ないだけなのに。

454 名無しさん :2017/11/10(金) 22:35:51 ID:kKGRxQOs0
高須クリニックの院長が、南京大虐殺やアウシュビッツやアンネの日記などは捏造だと、言っているらしい。

南京大虐殺は、父の体験から、当時の日本軍には、1000人ぐらいしか、短期間に殺す能力がなかったようです。

死体の始末ができません。
ユダヤ人絶滅を目指したナチの政策も、一旦収容所に囲い込んでから、少しずつ殺して、内々に焼却せざるを得ませんでした。
夜のように霧のように、というニーベルングの指輪の、アルベルヒの頭巾の政策でしたから、仲間内にさえバレないことが大切です。
 
日本軍は、収容所を作りませんでしたから、大量に殺すと、すぐに死体が山積みになり、腐って来ます。
南スーダンのナイル川中流域のスッドや、長江の中流下流などは、雨季に水没するほどの湿地が売りの農耕地帯ですので、泥沼の道なき道しかありません。
荷馬車も役に立たず、日本軍は、石油で走るトラックを、少ししか持ち合わせていませんでした。
中国人に銃を突き付けて、苦力(クーリー)として野砲を運ばせましたから、人力による運搬です。
死体を処理できないので、バレないように写真を撮られないように、大量に虐殺することが出来なかったのは、現代世界の、抗精神病薬による精神病の治療と同じです。
権力に盾突く者を、精神病と診断して、身体を殺さずに人格を殺しますので、全人口の1%の精神しか処理できません。
バレないように虐殺するには、これが限界です。

455 名無しさん :2017/11/11(土) 17:16:37 ID:ml/A0anc0
心や精神や自分や意識などと言われる主体が、事実や物や身体や関係などと言われる対象を、知覚している、とするのが、ロマンティックな考え方です。
 
でも、心を、他人に伝えることができないので、言葉や動作などのメディアを使い、心を他人に伝えます。
事実のほうも他人に伝えることができないので、言葉や絵やビデオなどのメディアを使って、他人に伝えます。
 
ようするに、言葉やビデオが、心や事実に、似ているとか似ていないとかと、判断するには、
言葉やビデオと、心や事実の、両方を知っていなければ、いけません。
しかし、言葉やビデオしか、他人に伝えられませんから、
この言葉やビデオは、その心や事実に、似ているとか似ていないとかと、2人の判断が一致したとしても、
言葉やビデオなどの、メディアの表現が似ていたり同じであったりするだけであり、
心や事実のほうは、似ているとも似ていないとも、同じであるともないとも、2人の判断を比較できません。
 
論理法則を判断の基準にして、心や事実はバーチャルな虚像であるとすれば、
メディアの表現と言われる2進法の数列や樹状突起の枝分かれの道筋が似ているだけで、
心や事実なども似ていると、2人の判断を比較できます。


456 しょうゆ :2017/11/11(土) 20:14:35 ID:JUN8aDBw0
薄ら寒い日で困りますが、薄ら馬鹿で困るのと、どう違うのかと、
年を取ると、本気で悩みます。
いまさら、友達が出来ても、死ぬだけの友達ですから、寂しい。
せめて、人生を語りたい気持ちになりますが、
犬や馬と語れないように、人間でも、似た者同士でなければ、見詰め合うことさえでまきせん。

わたしはロマンティックな物語が、大好きですので、
紫式部のような、人間の心の素晴らしさは栄華や権勢に合致する、と信じる普通の女性とは、
便所でなくても同席できません。
今は廃れた欧米のロマン主義の考え方では、みんなの嫌いな精神が、みんなの嫌いな事実を知覚したとして、
頭の悪い法律家が、四肢や肉体を、刑務所に送ったり絞首刑にしたりするのでなければ、
頭の悪い医者が、精神病と診断して、人格や人情の塊りを、犬にくれてやるように処罰したり処刑したりします。
 
身体と言い、脳と言い、精神と言い、いずれも、物語という文学や数列を、好いたり嫌ったりしているに過ぎませんが、
わたしは、コンピュータよりも、ロマンスが好きなので、法律家や医者のような野蛮人と、毎日毎日、同席したくありません。

457 名無しさん :2017/11/12(日) 15:02:32 ID:PFgLP/020
2010年に、桜田門外の変を描いた佐藤純彌監督の映画がありましたが、行列の歩き方が、あの通りかどうかは、知りません。
明治の中頃までの町人は、ひょいひょいひょいと、少し前のめりに、小股で歩きましたから、現代人が学校で習うような、軍隊の行進風でありませんでした。
 
佐藤純彌の映画の、大名行列の歩き方が、まさにそれですが、youtubeで見放題ですので、確かめて下さい。
武士が、町人の歩き方をしたものかどうかは、疑問です。
 
映画は、彦根藩の上屋敷から桜田門までの、建物や街路を再現して、ロケーションに挑みましたが、幕末から明治維新の頃の、付近の写真が残っていますので、歴史の風景と違います。

写真では、街路樹がなく、現在の皇居前広場のように何もない堀ばたの、道というよりは、だだっ広い空き地でしたから、誰も隠れることができないくらいに、見通しが良く、城を守るには好都合でしたが、堀の内側は、樹木が鬱蒼と茂り、外側からは何も見えませんでした。
 
桜田門外の変の下手人の水戸藩浪士たちは、1人を除き、全員が自決したり処刑されたりしましたが、事前の申し合わせでは、落ち延びた者が、大坂に行き、薩摩藩を頼ることになっていました。
実際には、薩摩藩を頼った者も、幕府に引き渡されて、処刑されただけでなく、襲撃された彦根藩の行列の武士も、その場で死亡した者を除き、全員が切腹もしくは打ち首の上、お家断絶となりましたし、彦根藩自体が、10万石ほど減封されました。
現代の常識感覚と違いますが、古代ギリシャのスパルタでは、盗んだ者のほうが偉く、盗まれたほうは馬鹿を見ましたから、盗みが奨励されていました。
 
価値観を、判断の基準とするには、その価値をはっきりと明示しなければ、意味がありませんが、法律は価値を明示しますが、事実であるという権力の側による証拠や証明は不要であり、精神医療に至っては、判断の基準は価値ではないと嘯き、事実でなく個人の人格を槍玉に上げて、抗精神病薬により化学的に精神を葬り去りますから、古代ギリシャや江戸時代の軍事政権よりも、奇妙な映画として娯楽ネタになるべきです。

458 かはたれ :2017/11/13(月) 13:45:15 ID:NzfJ9Zc.0
昼めし食うまで、チャリンコでうろうろしていた、新宿副都心の高層ビル。
ここ、低い丘の傾斜地に、碁盤の目の街路を作り、ビルを建てたから、
表側は1階なのに、ビルを通り抜けて裏側から出ると2階だった、ということになり、頭がおかしくなる。
南北の道は、尾根から尾根へ、谷を渡るから、ビルの2階が入口になり、
東西の道は、谷筋を通り抜けるから、ビルの1階が正面入口。
南北と東西の、それぞれ3本が、碁盤の目に立体交差している。

ところが、チャリンコで南北の道を通り、ビルに入ろうとしても、駐輪場がない。
ビルの前の歩道に停めると、警備員が飛んで来て、あほばかぼけ、ここに置くな、と抜かすから、駐輪場はどこにござると問い、この下の道との返答を得た。

立体交差しているから、下にも確かに道が走っているが、降りて行く自転車道がなく、階段しか見当たらない。
新宿副都心の端まで走り、東西方向の道に迂回して、下から元のビルの前まで来ると、自転車置き場があった。
しかし、俺は、歩道のホームレスの段ボール箱の横に、自転車を置いた。
立体交差だから、上にも道があり、雨がかからず、ホームレスが寝ている。
警備員が飛んで来ることもないから、歩道に自転車を置いたほうが、駐輪場より便利だった。

459 影法師 1/3 :2017/11/15(水) 20:39:59 ID:FqfHP2OU0
今さら、形而上学の主題が問題になるのは、科学技術が社会の命運を左右しているからですが、とりわけ、コンピュータの成功が、大きい。

人間の個体の、筋肉の肩代わりを、内燃機関や電気モータなどの、機械がやってくれるので、
現場の労働者の体が、壊れにくく長持ちするようになりました。

筋肉や機械が、知覚の対象の事実を、変更しますが、
脳の肩代わりを、コンピュータが行えば、知覚の主体の精神が、どのように変更されるのでしょうか。
言葉やビデオなどの、メディアの表現は、他人に伝わりますが、
知覚の主体の精神や、知覚の対象の事実は、メディアがなければ、他人に伝わりません。
 
伝えることができない精神や事実があると考えるのが、驚異的ですが、
メディアを使い、嘘や間違いを伝えることができても、本当の精神や事実は伝わらないと考えるのは、手が込んでいます。

法律が、事実を指摘して、個体の精神を罰したり、医療が、精神をあげつらい、個人の人格を殺したりしますので、
人間の個体は、キリスト教やロマン主義や科学立国などの宗教を信じて、支離滅裂になりました。

460 影法師 2/3 :2017/11/15(水) 20:57:22 ID:FqfHP2OU0
言葉が伝える内容は、なぜ、嘘や間違いかも知れないと、疑われるのでしょうか。
知覚の主体の精神は、言葉を使えば、伝えることができるのでしょうか。
 
知覚の対象の事実を、言葉により他人に伝えても、嘘や間違いかも知れませんが、
ビデオを見聞きすれば本当であると、他人が納得するのは、なぜでしょうか。
言葉とビデオは、いずれも二進法の数列と等値であることが、はっきりしていますから、
言葉よりもビデオのほうが、数列が長く、処理時間がかかるだけの、違いです。
どちらも捏造できますが、何について捏造できると、他人は懸念するのでしょうか。
 
精神や事実は、バーチャルな虚像であると、コンピュータは言います。
そもそも、嘘や間違いでない精神や事実は、どこにもありません。
二進法の数列というメディアだけが、知覚の本体ですから、
人間の個体には、目や耳があり、精神が感覚器官を経て、事実を知覚する、というロマンティックな考え方は、全部虚妄であると、人間に迫ります。
 
人間の個体には、目や耳や身体や精神もなければ、世界には、人間の個体や事実もなく、言葉やビデオなどのメディアがあるだけと、コンピュータは笑います。

461 影法師 3/3 :2017/11/15(水) 21:25:30 ID:FqfHP2OU0
雲水先生は、人間の流行文化のちゃんこ鍋が、なべ底にこびり付き、遺伝しているだけの論理法則を、廃止しなければいけないと、申します。
ブルドックやダックフンドや錦鯉の、品種改良のように、嫌な奴を殺して、好きな奴を選別しただけの、下等な流行文化の澱(おり)が、変更不能になっています。
 
小学3年生ぐらいなら、瞬時にわかりますが、何を為すべきかと問われても、途方に暮れるばかりです。
一生かかっても理解できずに、医者や法律家や、せいぜいコンピュータプログラマになっていたほうが、レーニンやヒトラーよりも気楽であると、諦める人生がほとんどですが、
雲水先生やわたくしは、食用の犬や鮒(ふな)の品種を開発したほうが、ロマンティックな権力による刑事裁判や精神医療よりも有意義であると、確信しております。
雲水先生に出資してもらい、リビアで、地中海黒マグロの畜養を行なっていたのに、後継者のカダフィ大佐が殺されたビデオを見て、うちのマグロのほうが優秀であったと、確信しました。
傷つけずに生簀から出荷するために、毎日、銃で頭を撃っていました。
 
マグロは良いが、人間を殺して食べてはいけないと、憲法や刑法に書いてあります。
殺人や死体損壊なのに、どうして人間を食べれば、精神病院に放り込まれて、人格を殺されるのかが、問題です。
佐川一政君は、パリのオランダ人女子大生を殺して食べましたが、フランスの警察が、資料の提供を拒否しましたので、彼は殺人や死体損壊などの国外犯にならずに、日本の精神病院に強制的に入院させられました。
事実の証拠や証明がないのに、どうして強制入院になったのでしょうか、それが問題です。
事実が不明なら、刑事事件として立件できませんが、証拠や証明がないから、やむを得ずに精神疾患と診断して、隔離監禁強制投薬に及び、彼の人格を処刑した根拠が、全くありません。
精神病院に強制的に入院させられる人の、ほぼ全員が、法律違反にあたる事実の証拠や証明がないことを理由に、強制的に精神疾患と診断されますので、事実と精神のバーチャルな関係を、雲水先生の小学3年生くらいに、あなたがたが理解できているかが、問題です。

462 名無しさん :2017/11/18(土) 18:37:16 ID:YnKmWBd60
白金台までチャリンコで行くのって、けっこう疲れるね、本駒込から。
芝公園から南は、山ですから、3度ほど、きつい登りを、乗り切らなければいけません。
帰りは、楽々ですけれど、暗くなりました。
白金台の友達の家で、一杯飲んでから酔っ払い運転。
車なら、確実に免停です。
 
働き盛りの頃に、おもに品川に勤めていましたので、土地勘はあるんですけれど、
チャリンコは、学生時代から久しぶり。
つい最近まで、車ばかりでした。
今は、不労所得で食べていますから、悠々自適です。
週2回は勤務しているのですが、息子に雇われていますから、労働の内に入りません。
車はやめて、健康のために、チャリンコを復活しました。
 
最近、渋谷や新宿に行く機会が増えて、面食らっています。
品川や新橋や銀座などに比べて、人が多く、すごく疲れそうな感じ。

463 名無しさん :2017/11/18(土) 20:03:40 ID:MTtXkiJc0
大阪でいうと、学園坂を登るような急坂が多いでしょ、東京は。
六本木ヒルズも、急でない?
せっかく登ったのに、降りなければいけないなんて、いやになってくる。
あそこからトンネルを抜ける道が、また急で、
六本木6丁目まで出ると、もう、てっぺんだから、下らなければ仕方ない。
思わず、下らないっ!と、思ってしまう。。
僕は港区出身だけど、
あそこを知り尽くすには、電動アシスト自転車が必要です。
白金台から清正公前、魚籃坂下へ下って行く道なんか、
二度と登りたくないと思うよ、すごい!

464 名無しさん :2017/11/19(日) 09:12:17 ID:5CVNwMxE0
知覚の主体の精神や、対象の事実は、他人に伝えることができず、メディアと言われる言葉やビデオなどだけが、伝えることができますので、
精神や事実のような、バーチャルな概念を、想定する必要性が、問題になります。
 
精神は、特定の精神でなければ、精神病と言われて、強制的に精神病院に隔離監禁された上に、抗精神病薬を投与されて、個人の人格を抹殺されますが、
そのような特定の精神が、法律のように明示されていないだけでなく、そのように特定の精神でないとされた言動があったという事実が、まったく証明されず、証拠もありません。
 
事実は、刑事訴訟の主たる争いですが、事実を他人に伝えることができないにもかかわらず、どのようにして、事実を争い、精神を罰するかが、ロマン主義そのものです。
第二次世界大戦後の日本国憲法は、明治時代の大日本帝国憲法から、絶対主義の残滓を削ぎ落しましたから、ほとんど純然たるロマン主義を掲げていますが、
すでにコンピュータが実用化された直後でしたから、飛行機が実用化された時代に、航空母艦でなく戦艦大和を作ったように、大時代の時代錯誤の典型と言えるでしょう。
 
コンピュータを作った記号論理学は、ロマン主義の知覚に異議を唱えて、ロマン主義が間違いであることを実証するために、コンピュータを作ったようなものですが、
具体的には、精神や事実はバーチャルであり、そんなものが在ると信じるのは、妄想や幻覚であると断じました。
刑事訴訟や精神医療は、ロマン主義の主たる産物であり、事実や精神が無いように、間違いを根本から破壊すべきであると、言っているのでしょうか。
論理法則を基準にするなら、そうなりますが、論理法則はもちろん流行文化が遺伝情報を取捨選択して、身体や脳の変更不能なハードウェアを作ったにすぎませんから、
それを基準にする根拠が皆無であり、私たちは変更不能なハードウエアを嘆くしかないのでしょうか。

465 名無しさん :2017/11/23(木) 13:32:41 ID:oGmHscq20
東京ミッドタウンは、日本庭園の池が、無色透明です。
雲水先生のお父様が、お元気でいらした時に、
あの庭園の東側の土地を買うように、しきりに勧めておられましたが、
そんなカネはないと、雲水先生は、にべもなく笑っていました。

池の水は、土や泥が透けても、緑っぽいのが普通なのに、
東京ミッドタウンの檜町公園は、
黄色っぽいクリーム色のコンクリートの底が見えているのに、
水道水の溜まったビニールプールのように、綺麗です。
 
カモが泳ぎ、不思議な雰囲気を醸していますが、
あの鳥は、糞や羽を、落とさないのでしょうか。
水草が繁殖しないように、殺菌しているのかも知れません。
 
檜町公園の東側に、今は、透明なアールヌーボーのベランダを持つマンションが、建っています。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


化物語(上) (講談社BOX) / 講談社

小夜ちゃんのお奨め
物語シリーズ全部読めw
傷物語 映画化、偽物語TVアニメ化決定


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa