したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

実現報告Part25

39 幸せな名無しさん :2020/02/07(金) 14:11:32 ID:U1NJAW8M0
私が子供の時から、今まで患ってた病気が、なおりました。
20年以上薬を飲んでましたが、1月の検査後
薬終了、通院終了になりました。


7、8年ぐらい前に、薬の飲み忘れが多く(検査でばれる)先生に良く注意されていた。

ある日『病気治す、治してやる!』と強く思って、
その時の担当の先生に思いきって話したら『今日は、どうしたの?やっとやる気になったね!(笑)』と言われ、
しかしその半年後、通ってた病院の科がなくなるので大きな病院に、転院。

転院後、新しい先生に
『薬があってないねぇ〜あなたの症状にはこの薬じゃないんだけどなぁ・・何でこれのんでたのかなぁ・・?』

病気と、症状が、180度位変わる。
症状、薬共に軽くなる。
最初に言われてた病気でも、
種類が違うものになる。

そしてその年にちょうど認可された薬が、
私の症状にぴったりのものがあり、その薬を飲むことになる。
副作用等ほぼなし。

そんなことを忘れ、去年、
役所での手続きの時に手帳の申請の事を言われ、
『もうどうせ一生付き合ってくものだから色々、公的な助けを得よう!』と楽しむ気満々になり、手帳申請、取得。

その後の診察で、
『状態5年ぐらい良いから、薬を減らしましょう』
減らして問題なし。
『薬をやめてみましょう』
検査に異常がなかったので、無事通院終了

なんか流れが今思えば潜在意識的な流れだなと思い出したので、報告させてもらいます。

正直、治すためにしたことって『治してやる!』って思って先生に話した・・ぐらい。
あと、去年位に手帳申請したことで、
ようやく自分の病気を自分が認められたのかな?と、思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板