したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

エイズは捏造である可能性が否定できない。

1 名無しさん :2008/04/30(水) 13:46:51
オバマ氏はエイズ捏造説に対し強い反発を示したが
それなら以下の疑問に答えてほしい。

答える事ができないならエイズはやはり捏造であると
推察できる。

2 名無しさん :2008/04/30(水) 13:47:23
アフリカ等の発展途上国ではエイズの感染者数が
人口の数割を占めるに至っており、しかも先進国水準で見れば
国民の大半が貧困層なので、プロテアーゼ阻害剤などの治療薬を購入する
経済的余裕がない。更にアフリカ発とされるエイズ感染が発見されてから
既に25年も経過している事実とエイズ感染から死亡までの期間が
10年以内とされている事実の双方を同時に考えてみると、人口の数分の1が
エイズ感染者とされているアフリカ等の途上国の人口が本来は急激に減り始めていないと
エイズ疫学の説明がつかないが、未だに人口が増加しているのは矛盾している。

この矛盾は、エイズが「架空の概念」であり実態がないものであると考えないと
説明が付かない。

3 名無しさん :2008/04/30(水) 13:47:57
エイズは原因ウイルスが分離可能で発見されて25年も経過しているのに
「コッホの3原則」すら満たせていないのは不可解。そもそも分離したウイルスは
ノロウイルス同様、実験動物には病原性を示していない。また高い致死性を持つと
されているので人体を対象とした臨床試験も行えない以上、
何故、「分離したウイルス」が「疾病」の原因と言えるのか
個体レベルでの根拠が実は全くない。其の一方で、遺伝子レベル、
細胞レベル、組織レベルの原著論文は質、量ともに膨大なのは不可解である。

4 名無しさん :2008/04/30(水) 13:49:08
エイズとは何か?(仮説演繹法的な考察)

1.架空の存在。実体はない。
  (一説に軍事機関が遺伝子工学技術で作った生物兵器であるという概念が
   書籍化されているが、それは間違い。エイズは物体としては初めから存在しない)

2.エイズとはミーム(思想)である。思想の政治利用である。またそういった意味での軍事兵器である。
  (この点、ノロウイルス、ロタウイルス、鳥インフルエンザウイルス、ピロリ菌と酷似している)

3.「世界標準の軍事兵器」としての位置付けのエイズの捏造目的は
   ①増え続ける世界人口の抑制と②組織的かつ大規模な行政大量暗殺である。
  (この点も、ノロウイルス、ロタウイルス、鳥インフルエンザウイルス、ピロリ菌と酷似している)

4.主に途上国において増え続ける世界人口の抑制のための「エイズと称するミーム」活用の第一手段は
  コンドーム着用奨励や無制限な異性接触回避の意識付けを行政や市民団体が行う事
  を通した「避妊」による出産率低下運動である。

5.主に途上国において増え続ける世界人口の抑制のための「エイズと称するミーム」活用の第二手段は
  国連等の「人道」援助を通したエイズ特効薬(プロテアーゼ阻害剤等)を通した事実上の大量毒殺である。
  プロテアーゼ阻害剤は副作用が激しく、エイズによって死亡するのではなく、プロテアーゼ阻害剤の毒性
  によって死亡するのが、「エイズの毒性若しくは病原性の実体」である可能性が否定できない。
  この場合、医薬品を与える現場の医師にすら「本当の背景」を教えていないと推察できる。

5 名無しさん :2008/04/30(水) 13:49:53
害エイズ問題は確かにここで論じたレトロトランスポゾン問題と共通点
がございます。

(共通点1)輸血(血液製剤)等においてレトロトランスオゾンが感染しうる事
(共通点2)当該問題を公の場で世界で始めて問題点を指摘したのは九大関係者である事
(共通点3)それに対し東大閥を中心とした官僚陣が激しい不快感を示した事
(共通点4)問題点が指摘された後も血液製剤等に含まれるレトロトランスポゾンが
      放置されているため、国民全体の中にかなりの感染者が出、その結果、
      死亡者が発生している事が予測される事
(共通点5)以上の状況を踏まえれば厚生労働省の関係高級官僚などから
      いつ逮捕者がでてもおかしくない事。薬害エイズ事件では実際、逮捕者も出た事。

以上の根拠により、薬害エイズ問題とはレトロトランスポゾン問題であると置き換えても
不自然ではない状況にあると認識しています。しかしながら、それだけの認識を示した論文やマスコミ報道は
現在、全くなく、未だにエイズはトランスポゾンではなくウイルスであるとして
扱われているのは非常に不可解です。

6 名無しさん :2008/04/30(水) 13:50:35
また、仮にエイズが、薬害エイズ問題においては、実はレトロトランスポゾン問題の隠語であったと仮定しても
如何に示すように、高い感染率が報告されてから久しいアフリカ諸国の人口が始まっていない以上
やはり、現在、報告されているエイズの致死率と感染者数は根本的な捏造があると考えざるを得ず、
ノロウイルスや鳥インフルエンザウイルス同様、基本的にはミーム(思想)に過ぎないと考えるのが
論理的に矛盾が少ないと考えますが、この点、先生はいかがお考えでしょうか?




アフリカ等の発展途上国ではエイズの感染者数が
人口の数割を占めるに至っており、しかも先進国水準で見れば
国民の大半が貧困層なので、プロテアーゼ阻害剤などの治療薬を購入する
経済的余裕がない。更にアフリカ発とされるエイズ感染が発見されてから
既に25年も経過している事実とエイズ感染から死亡までの期間が
10年以内とされている事実の双方を同時に考えてみると、人口の数分の1が
エイズ感染者とされているアフリカ等の途上国の人口が本来は急激に減り始めていないと
エイズ疫学の説明がつかないが、未だに人口が増加しているのは矛盾している。

この矛盾は、エイズが「架空の概念」であり実態がないものであると考えないと
説明が付かない。

7 名無しさん :2008/04/30(水) 13:51:14
修正:

また、仮にエイズが、薬害エイズ問題においては、実はレトロトランスポゾン問題の隠語であったと仮定しても
如何に示すように、高い感染率が報告されてから久しいアフリカ諸国の人口「減少」が始まっていない以上
やはり、現在、報告されているエイズの致死率と感染者数は根本的な捏造があると考えざるを得ず、
ノロウイルスや鳥インフルエンザウイルス同様、基本的にはミーム(思想)に過ぎないと考えるのが
論理的に矛盾が少ないと考えますが、この点、いかがお考えでしょうか?

8 名無しさん :2008/04/30(水) 13:55:47
エイズを考える

1.業績が事実ならば何故、ギャロやモンタニエにノーベル医学生理学賞が出ないのか?
  *プリオンではコッホの3原則を満たさずにノーベル賞が出ている。
  *純粋な学問活動ではない捏造工作の場合、不可解なノーベル賞(プリオン、ピロリ菌、RNA干渉)が出たり、
    あるいは「表面上の巨大な業績」と比較して不自然な形で逆に出なかったりするのではないか? 
2.ノロウイルスで見られたようなミーム政治利用の兆候がエイズ報道でも確認できる
3.国立遺伝学研究所・長崎大学医学部・秋田大学医学部等の
  国内外のウイルス研究機関はロタウイルスにおいて100%の捏造を行っている模様。
  エイズで同様な事態が起こっていても不自然ではない。
4.エイズは実は全国民IC管理規制や同性愛規制を目的としたミームである可能性はないか?
  其の場合、エイズの実態はない事になる。
5.エイズが捏造されたものであるという説は従来からある。PNASでも議論されているという未確認情報がある。
6.そういった場合、薬害エイズ問題とは何か?今回のレトロトランスポゾン感染症との共通性があるのが気になる。

9 名無しさん :2008/04/30(水) 13:56:34
エイズが捏造だった場合、その理由は何か?

(最大の可能性)
避妊具着用奨励や「安易な性交渉」回避奨励による人口増加抑止:

 ・国連合同エイズ計画(UNAIDS)等を通して
  特にアフリカでのコンドーム着用の奨励が積極的に行われている。
  特にケニアやコートジボワール、マラウイ、ジンバブエなどでは
  国をあげてコンドーム使用の徹底、不特定多数の異性との接触を控えるよう啓発活動が行われている
  http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20070111/col_____sha_____003.shtml
 ・これは「成長の限界」を記したローマクラブが重要視している人口抑制には確かに有効である。
 ・ロタウイルス捏造、ピロリ菌捏造の目的も人口抑制にある模様。
  地球全体での人口増加抑制が国際社会最大のテーマの一つになっているのは間違いなく
  考えられるあらゆる手段で人口増加抑制が行われていると見られる背景がある。

10 名無しさん :2008/04/30(水) 13:57:10
国連人口基金事務局長トラヤ・A・オベイドが
ピーター・ピオットUNAIDS(国連合同エイズ計画)事務局長、
アン・ヴェネマンUNICEF(国連児童基金)事務局長と共に
「世界エイズ報告書2006」の発表に加わっている。

この報告書は、HIV/エイズ問題に関する各国の取り組みについて、
現在までのところ最も包括的に全体状況を取りまとめた文書。

この事実は、エイズ問題は実は人口問題として国際社会は捉え
積極的な働きかけを行っている事を意味し、そして国連の人口問題の最大の課題は
人口増加抑制に他ならないのは周知の事実である。という事は
国連人口基金はエイズ問題への関与を通して、人口抑制を行っている事の傍証
になりうる。そしてそのためのコンドーム着用奨励と安易な性交渉の回避の奨励であると
考えれば、全てに矛盾しない。

エイズはやはり実在しないのではないか?

参考文献
http://www.unfpa.or.jp/3-1past/200605.html

11 名無しさん :2008/04/30(水) 13:57:46
エイズの特効薬とされる「カプトプリル」などのプロテアーゼ阻害剤
の副作用は激しい。この副作用によって逆に組織的に殺害していた可能性はないか?

同じような手法が明らかに使われている例として腎不全誘発剤、
脳梗塞誘発剤、放射線照射などがあり、日本では秋田など北日本でかなりの数の国民が
副作用の行政悪用によって大量虐殺されている模様である。
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=sci&vi=1170024269

同じような手法がプロテアーゼ阻害剤についても
組織的に使われていても不自然ではない。其の場合、エイズ感染者数とされた人数が増え
その結果としてプロテアーゼ阻害剤を購入できずに医療機関にもいけない貧困層が増えると
その割合だけはプロテアーゼ阻害剤による副作用死を逃れる事ができたため
患者数が米国で拡大した1996年以降はエイズ死亡率が低下した可能性はないだろうか?
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/beyond-discovery/hiv/closeup/closeup01.html

12 名無しさん :2008/04/30(水) 13:58:29
エイズウイルスHIVがノロウイルス同様、
人間にしか病原性を示さないのは不可解である。

架空の病原体ならこの矛盾が説明可能となる。

また、エイズはアフリカで100〜200年程前の獣姦等の体液交換から
発生したとされているが、獣姦にせよ猿に噛み付かれる事によっておこる
予期せぬ体液交換にせよ、そういった事は有史以前から頻発しているはずであり、
何故、100年前までは当該疾病の概念すらなかったのか不可解である。
突然変異で説明が付く範囲なのか疑わしい。

13 名無しさん :2008/04/30(水) 13:59:05
エイズ・アフリカ起源説の根拠は、近隣結合法などを用いた分子進化系統解析であるが
ロタウイルスやノロウイルスで見られるように国立遺伝学研究所などの
一流機関の分子進化学者は平気で進化系統樹を捏造する。

よって分子進化系統樹は盲目的な根拠にはならない。

14 名無しさん :2008/04/30(水) 14:00:54
マスコミ露出(政治色)が激しいウイルス病の多くは捏造であるのが現実。
エイズも其の点、例外ではないかどうか慎重な検証が求められる。

1.プリオン(BSE感染体)の捏造 →  SPF養豚に偽装した人間養殖犯罪の推進目的
1.ノロウイルスの捏造     →  思想統制ミーム(国民の大規模な思想統制のため)
2.ロタウイルスの捏造      →  途上国の人口調節(ワクチン接種を通した大量のこども殺し)
3.ヘリコバクター・ピロリの捏造 →  タバコ中の胃癌毒物工作の隠蔽  
4.2005年のインフルエンザ大量死(超過死亡)の捏造 → アスベスト問題の隠蔽
5.鳥インフルエンザの捏造     → 思想統制ミーム(国民の大規模な思想統制のため

15 名無しさん :2008/12/14(日) 17:54:50
自分もエイズなんてものは本当は存在してないんじゃないかと疑うことがあるが、
一般の人はだませたとしても、医療関係者までだますことは不可能ですよね、どう
考えても。それともぜんぶがグルだとでも?

16 :2008/12/15(月) 03:29:38
>医療関係者までだますことは不可能

浅はかな考えだ。医療関係者ほどの馬鹿は
あまりいない。

彼らは権威主義だ。よってノーベル賞で騙せば
全ての学界は騙せて、診断基準も騙せる。

医師は生態学的に物事を見る訓練がなされておらず、
その上で厚生省による圧力もある。

傲慢な医師ほど
騙されやすい職種はない。

17 L(481) :2008/12/18(木) 04:46:30
恐らくは医師であろう貴方はまだ、わかっていないようだが、

医師を騙すには、以下の検査機関の数値を
変えてやればよい。免疫やPCRの検査データをいじって
医師に出せば、医師は「診断基準」に基づいてエイズの判定を
機械的に下す。

しかし「診断基準」自体が、統合失調症と同じく架空で、
疾病自体も感染症基準を満たしていない事が現実である
疑惑が強い事に未だに気がつかない医師ほど、
現場では優秀とされているケースがあるのではないか?



酵素抗体法(ELISA)又は
ゼラチン粒子凝集法(PA)といった
HIVの抗体スクリーニング検査法の結果が陽性で、

かつWestern Blot法又は蛍光抗体法(IFA)といった
確認検査法の結果も陽性であった場合、

または抗原検査、ウイルス培養、PCR法などの
病原体に関する検査(以下、「病原検査」という。)
によりHIV感染が認められた場合

血清免疫グロブリンの高値に加え、
リンパ球数の減少、CD4陽性Tリンパ球数の減少、
CD4陽性Tリンパ球数/CD8陽性Tリンパ球数比の減少
といった免疫学的検査所見

18 L(481) :2008/12/18(木) 10:26:56
医療問題は訴訟が頻発するので
医師個人で疾病を捏造する事は出来ない。

しかし診断基準に沿って
厚生省が検査機関の数値をいじれば
医師の責任はなくなる。医師もそれが
本当の数値だと信じて疑わない。

年金データを改竄できた厚生省が
動くと言う事は
それが出来ると言う事。官僚の力は
絶大だ。検査機関が反抗する事はできない。

免疫データ、遺伝子診断データ等の結果が揃えば
医師はエイズと診断せざるを得ない。

そういったシステムのカラクリも見抜けない人物が
地元の医師会では有力で、大きな収入を得ている。
また指導医にもなりやすい。政府にとって扱いやすいからだ。

19 名無しさん :2008/12/20(土) 22:50:24
>>17
医師だなんてとんでもない。僕はあなたの話でさえ難しすぎてまったく
わからない。ただ、自分の周りの身近な人でエイズになったとか、エイズで
死んだとかいう話を聞いたことが無いから何か変だなという気がしてるだけで。

21 L(481) :2008/12/21(日) 15:55:35
>医師だなんてとんでもない

貴方の発言と、当方知人の医師の発言とが
綺麗に内容一致したので、とりあえず
医師と仮定しました。

現実に、エイズである事を証明する検査データが出ているので
医師は欺けないというのが、その内科医の主張です。しかし、
逆を言えば検査データを改竄すれば医師は騙せると言う事です。

厚生省は年金データを改竄した事を公式に認めています。また
当方が分析した死亡率データも明らかに改竄の形跡がありました。
厚生省のクラスで改竄するなら大がかりとなり、タイムマシンも
使ってきていると考えないと説明できない現象も起きています。

従って、厚生労働省が、個別の患者の検査データをいじる事は
十分にありえます。そしてエイズ診断基準を国際的にユダヤ勢力が
決めていれば、十分に現場の医師は騙せます。

>エイズで死んだ
>とかいう話を聞いたことが無いから
>何か変だな

しかし、エイズは存在しないので、患者はなかなか死なない。
よって医師が薬を盛って対象者を殺しているのが現実と考えます。
すなわちプロテアーゼインヒビターの副作用が毒薬として
機能している場合、患者は医師の薬を飲めば死ぬ。しかし
貧乏でエイズ薬を変えない連中は、なかなか死なない。

そう考えれば米国で初期のエイズ死亡率が非常に高かったのに対し
大衆に患者が増えてくると、逆に死亡率が減っている現象を
説明可能となります。実際、他の病気でも副作用で殺していると
考えないと説明がつかないデータが多数出ています。同じミームでしょう。

またアフリカなどの貧乏な途上国でエイズ感染者がかなり昔から多いのに
なかなか人口が減らない国が多い。これもエイズが虚構でないと
説明がつかない現象です。

22 L(481) :2008/12/21(日) 15:59:43
反論歓迎。医師歓迎。Ph.D歓迎。

全員、論破できると思います。

23 L(481) :2008/12/21(日) 16:06:45
政府の
エイズ捏造の目的は

1.人口抑制

2.ピンポイントでターゲット殺害
  (エイズ薬で殺す)

3.ピンポイントでターゲットの社会的抹殺
  (エイズはガチホモの変態が罹患するという印象操作し
    会社や家庭におれない社会環境を整えた上で
    政府が睨んだ国民をエイズに仕立てあげてしまう。)

と推察できます。

24 imoutomoe :2010/06/18(金) 05:03:06
通りすがりの者ですが
もしエイズが捏造であったとして国連などが捏造するメリットは?

・人口抑制説

この説が正しいなら
エイズの感染者割合の多いとされている国と
人口抑制の対象となっている国は合致するはず
そして中南アフリカのエイズ感染者は世界の大半を占めています。
しかしアフリカは高地(海抜高度200m以下が約10%)や乾燥地が多く
農業に向かない土地が多いので人口が増えることが困難です。
ようするに人口が増えるにもすぐに食料問題で頭うちになる。
だから中南アフリカの人口を抑制するメリットが小さい。
もし人口抑制するならアジアの方がよろしいかと
そして先進国では少子化で頭を悩ませている。
また人口抑制自体は特にエネルギー問題においてメリットはあるが
こんな手のこんだやり方するぐらいなら大量に核でも落としとく方が簡単で隠蔽もしやすいだろ

ようするになにが言いたいかというと目的は人口抑制とは考えられない。

・大量殺戮の隠蔽説

さまざまな国や団体が隠蔽する動機がみあたらない

31 名無しさん :2013/12/04(水) 10:02:04
確かに医師は文法ロジックに騙されやすい。
ガン死者が増えている、だからガン検診を受けましょう?
ではお医者さんに聞きますが、ガン死者が凄い勢いで増えている要因は何ですか?
環境がそんなに凄い勢いで悪化していますか?
がん死者数の増加とがん検診者数の増加のリンクを見れば、ガンの治療、抗がん剤の投薬による死者数増加であることは一目瞭然なのにそれに気付かない。
医者になれるような人は異常な素直さ、疑問を持たない習性があると思います。
エイズの死に方が抗がん剤の副作用の死に方と似ているということに疑問が持てない。

32 名無しさん :2015/11/09(月) 15:31:17
これかな?
ttp://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:ORalZHbwvsMJ:www.geocities.jp/renaissais/mm/hiv.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

34 名無しさん :2016/04/04(月) 11:35:18
透析がない本日、私がやるべき事は

1)(現在、ネカフェに頼っている)通信環境の復旧
2) ハローワークでの就職相談
3) 障碍者就職支援組織での就職相談
4) 長田の自宅から徒歩圏にある透析病院の視察
5) 自炊のための食材購入

の5つである。

35 名無しさん :2016/04/04(月) 14:53:50
看板は?
第一印象大事だよ

36 名無しさん :2016/04/04(月) 14:54:29
>ガン死者が凄い勢いで増えている要因は何ですか?

昔は誰でも医療に掛かれる環境ではなかったので、
全部の人が死因など明らかではなかったのだ。

子供たちの結婚など考慮して、家系に癌を持つものがいるとみなされるのを嫌らい、
遺族から死因は心不全とするように頼まれるのだ。しかし、癌の研究にデータベースを組むようになって、
実態が明らかになってきたことも、増加の一因ではないかと思われるんだ。

その他、医療全体の進歩から癌治療が遅れを取っていれば、死因が癌に帰することが多くなるのだ。

しかしながら、教授の趣旨は間違ったことではないのだ。

37 名無しさん :2016/04/04(月) 20:51:43
Uさん、食事はちゃんととってるのかな。

38 <削除> :<削除>
<削除>

39 <削除> :<削除>
<削除>


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板