したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

日本語のローマ字綴りについて

17 シュシュシュ :2006/09/17(日) 21:15:08
例えば「シュ」という発音は英語では sh と綴りますが、フランス語では
Chopin(ショパン)の例から分るように ch と綴るのが普通です。
ドイツ語では、Einstein(アインシュタイン)のように s だけで
「シュ」の発音になることもあります。要するに、ヘボン式は英語の
方式に合わせただけで、他の言語の表記方式には合っていないんですよね。
Chiba だって、フランス人は「シバ」と読むかもしれないし、ドイツ人は
「ヒバ」と読むかもしれません。

逆に、御嶽山(おんたけ)を Ontake と書くと英語圏の人には「オンテイク」
と読まれるかもしれません。訓令式でもヘボン式でも駄目です。結局は、
どちらの方式だろうと、「ローマ字の読み方ルール」を知らない人には
ちゃんと読んでもらえないのです。この点では、ヘボン式も訓令式も
同じであって、決してヘボン式が英語圏の人に優しい方式とは言えない。

……といった辺りがヘボン式を嫌ってる人のポイントだと思いますよ。
カナモジ主義とかローマ字国字主義とかは直接は関係ないと思いますよ。

あと、外務省がヘボン式推奨、文部省が訓令式推奨で反発しあっているので
統一されないという噂を聞いたことがあります。都市伝説かもしれませんが。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

アイヌ先住民族、その不都合な真実20 / 展転社

同和利権、在日利権に匹敵するアイヌ利権を鋭く切り込む好書。どこがおかしいかを 分かりやすく斬り込んでいます。筆者は旭川市の病院の理事長さんです。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板