したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

集団生活に関するスレッド

14 名無しさんは神戸学院大 :2019/06/24(月) 02:24:54 ID:2lO5v6Pw0
>>13
容疑者逃走に住民「こんな近くに」 地検は謝罪
毎日新聞 2019/06/23 13:27

© 毎日新聞 事件を受け、厚木市内の中学校に設置された体育館の開放を中止する掲示物=神奈川県厚木市で2019年6月21日午後5時33分、滝川大貴撮影

 何度も着替えた上に散髪して外見を変え、逃走を続けた男が4日ぶりに逮捕された。横浜地検による身柄の収容を拒んで逃走した神奈川県愛川町の小林誠容疑者(43)。刃物を持って逃げたこともあり、自宅や立ち寄った場所の一帯の学校が休校したりイベントが中止されたりするなど地域社会にも影響が及んだ。潜伏先の近隣住民らは「こんな近くにいたとは」と驚いた。
 小林容疑者が潜んでいたのは、同県横須賀市森崎の静かな住宅街にあるアパートの一室で、知人の幸地大輔容疑者(38)=犯人蔵匿容疑で逮捕=の部屋だった。近所に住む無職男性(64)は23日朝、物音で異変に気づいた。見ると、大勢の捜査員が警棒などを手に、幸地容疑者の部屋を取り囲んでいた。捜査員の一人は男性に「危ないので家から出ないでください」と促した。
 午前6時半ごろには、部屋から「この人は関係ない」と叫ぶ声がし、女性の泣き声も漏れてきた。「ドアを開けてくれ」。神奈川県警の捜査員が部屋に向かって説得すると、数分ほど後に小林容疑者が姿を見せた。刃物を振り回したり抵抗したりするそぶりはなく説得に応じた容疑者。その場で公務執行妨害容疑の逮捕状が緊急執行された。
 一連の場面を見ていた無職男性は「怖かった。心臓が止まるかと思った」と語り、別の近隣住民の男性(67)も「騒ぎは工事の音かと思っていた。こっちまで来ていたとは」と驚いた。
 19日夜、小林容疑者の逃走車両が見つかった厚木市内のアパート付近の住民の間でも安心する声が広がった。孫と同居しているという女性は「孫の保育園が休みになり、外も出歩けず大変だった。明日から日常が戻ってくるので安心した」と話した。
 逃走の際の地検や県警の対応は後手に回った。地検が今回の事態を報道各社などに公表したのは逃走から3時間以上過ぎた午後4時半ごろで、県警が容疑者確保に向けた緊急配備を実施したのは逃走から4時間以上過ぎた午後5時46分だった。地検の竹内寛志次席検事は23日午前8時過ぎ、小林容疑者逮捕について説明する際に「地域住民、学校関係者、全国の皆様にご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と述べ、深々と頭を下げた。【池田直、洪玟香、岩崎信道】


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板