したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

私が見つけたPCの裏技

38闇夜の鮟鱇★:2007/10/11(木) 12:08:21 HOST:50.net220148170.t-com.ne.jp
  ●●●Vine Linux その入り口の入り口●●●(3/4)

他にも、幾つか注意すべき点がありますが……
表示装置がありふれた品でない場合、自動検出に失敗するので、
その時は、Generic LCD(液晶)かGeneric CRT(ブラウン管)を選択し、
800×600等と自分のPCの解像度を指定する必要があります。

もう一つのポイントは、起動選択で用いるLiloの設定なんですが、
linuxとwindows(又は『その他』)が二つ並ぶ窓で、既定のOSとして、
上段のWindowsのCBにチェックを入れた方が良いでしょうね。
何と言っても慣れるまでは、windowsを使うことの方が多いですからね。

linuxに入りたい時は、起動中に出る画面で左上隅の文字を打つ分けです。
設定でミスをしてやり直す時は、例の『制×別×削』キーで再起動できます。
こうして入設をスタートすると、私の第2PCの場合で、
XPが約25分かかるのに比べ、約10分で完了します。


それから、linuxを入れる場合、画面がずれることも多いようですね。
当初の私は、書き込み可能なCDDがなかったせいもあって、
Vineの3.1版というのをいじっていたんです。
これならFDからの起動も可能なんですが、
その代わり、SATA型のHDDへの対応が不完全なので、
第2PCでは、HDDを認識できませんでした。

それで仕方なく、第2PCでは4.1版に変えたんですが、
実際に入れ換えてみると、CDからの入設は遥かに易しいですし、
入設された内容も、4.1版の方がずっと進歩してますからね、
今更、3.1版をいじることは全く推奨できません。

その3.1版を使っていた時のことなんですが、
FDからHDD内のisoデータを指定すると、
『condaを起動中……』とか出るので、当初の私は、
このソフトの名前を、ずっとcondaだと思い込んでいました。(^^;)
後から、画面のズレを修正する方法が分かって直した結果、
本当はanacondaという名前であると知ったわけですけどね。


まあ、condaでもanacondaでも似たようなものですが、
恐らく後者はanaがあるから、雌なんでしょうね。(^^;)
で、その画面の直し方なんですが、
CRTの場合、前面の下にボタンがあるでしょ!?

CRT付属のマニュアルに従ってそのボタンを使うと、
画面のズレや歪みを直せる分けですね。
不思議なのは、ここで画面を直しても、
windowsの画面には全く影響しないことです。(*^^)v

この辺から後の話は、幾らでも詳しいことを書いたサイトがありますから、
そちらに譲ることにしますが……結局、私が思うに、
日本人が書く説明の最大の欠点というのは、入り口の入り口、
つまり一番、基礎的な部分がしっかり書かれていないことなんですね。
ですから、私なんかもその最初の一歩でつまずいて、いつも苦労する分けで、
それで、今回はlinuxに関してその入り口の入り口を書いてみたんです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板