したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

「部室」板/4

1867 神の子さん :2016/10/19(水) 11:22:55 ID:Zsk7ECE2
1850 :クリ:2016/10/18(火) 19:17:28 ID:6hRUvSRg
観衆から見たら、どうでもよかったら、そのような無名な子役などは、舞台の邪魔になるから
演出家は、使いません。

1幕目は でませんでしたが、2幕、3幕で、無名のバレー団の
孫達を、演出家が、ちょくちょく舞台に、出させていたということは、出たことで、

舞台が明るくなり、舞台が華やかさを増し、、出させただけの効果があると
演出家が、判断したからだと思います。実際に、出たら、華やかになりました。

生で、観劇したものでないと、これは、想像だけでは、わからないことです。
オーケストラも なんとか楽団が、生演奏していましたしね。

ずっと年上の俳優座の子役の子は、1幕目の最初と、3幕目の最後の場面に主に、出ていました。。
台詞もありませんでしたが、
出ただけで、貞淑な妻には、こんな子供がいるのだというストーリーがわかりますから、
その子役の子は、大切な役を演じたのです。

2幕、3幕で、無名のバレー団の孫達を、演出家が、ちょくちょく出させていたということは、
出たことで、舞台が明るくなり、舞台が華やかさを増し、、舞台が いきるからだと思いました。
実際、生で、観劇したものでないと、これは、想像だけでは、わからないことです。

孫は、宣伝用のパンフレットにも名の載らない、ちょい役だったと言いたいのでしょう、あなたは。
はい、ちょい役ですよ。でも、人生の1ページに、いい体験をさせてもらったと
「ありがとう」はすごい言葉だねと言って、
孫は孫なりに、感謝しているのですから、いちいち、ケチつけなくてもいいじゃないですか。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板