したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

架空戦記系ネタの書き込み その112

11 名無しさん :2019/10/03(木) 22:29:28 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
88艦隊の続き、相変わらずの駄文と自分の趣味入りまくって原作成分大分抜け始めている、まとめ掲載大丈夫です

戦後憂鬱鋼鉄のキメラ

「敵航空基地並びに湾岸砲台沈黙!潜水艦と魚雷艇はほぼ駆逐しました!」
「敵航空隊の攻撃は全て直援機によって阻止、艦隊に被害なし」
「弾着観測機指定位置に到着!弾種溜弾装填完了、各艦共に砲撃に移れます!」
「よし、我々の砲撃を妨げる者は誰もいない!熊野郎に思い知らせてやれ!全艦砲撃開始!」
「シナノ砲撃開始しました!」
「よし、こちらも負けてらないな、ジャパニーズに見せてやれ!サルヴォー!ファイア!」

白い肌をした主要な幹部達がCICではなく艦橋にいる中で、この艦に殆どいない黄色の肌をした男、黛治夫(※1)
はこの戦艦から放たれる6門の砲撃とそのかつて乗り込んだことのある大和以上の震動をどこか嬉しそうな顔をしていた。

「やはり、砲撃はいいものだな」

現世界では最強の砲を搭載しており、世界最強と言える戦艦に乗っている彼は先の赤い熊率いる義勇艦隊が
新生日本海軍に蹴散らされた海戦(※2)に参加出来なかったのは悔しかったが、あの終戦のどさくさに満州と
樺太と半島の北を掠め取った強盗熊に一泡や二泡吹かせられるのだ、悪い気はしない

最初はけったいな艦だと思ったが、こうのっていると愛着が沸くな、信濃で指揮をとっている藤堂(※3)は最後まで嫌そうな顔をしていたが…
後方を見ると自分が乗っている艦の姉ともいえる存在が18吋砲を容赦なくウラジオストクのソビエト海軍基地に叩き込んでいた
上空の星のマークのついたジェット戦闘機F2Hと日の丸を付けた烈風(※4)が上空の警護に周り、万が一に備えていた…
日米英合同艦隊通称タスクフォースα(※5)による「オペレーション・ブロークンハンマー」(※6)は最終段階に入ろうとした
その旗艦である戦艦フロリダ…本来なら戦艦甲斐と呼ばれる戦艦は自身に搭載された世界最大の巨砲を赤い大地に叩き込んでいた。

戦艦甲斐、大和型戦艦4番艦として建造されたものの、太平洋戦争勃発したせいで建造は遅れに遅れ、一時は解体も叫ばれたが
結局は解体されず終戦後は船体のみ完成していた所を賠償艦として姉妹艦である信濃と共にアメリカに引き渡された(※7)
信濃は当初米太平洋艦隊最大の戦艦ヴァージニアとして運用されていたが、日本の再軍備が承認されることと日米友好の為に返還されることになった(※8)




■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板