したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第98話☆

1 名無しさん@魔法少女 :2009/04/04(土) 13:25:44 ID:7HzUR6lY
魔法少女、続いてます。

 ここは、 魔法少女リリカルなのはシリーズ のエロパロスレ避難所の2スレ目です。


『ローカル ルール』
1.リリカルあぷろだ等、他所でのネタを持ち込まないようにしましょう。
2.エロは無くても大丈夫です。
3.特殊な嗜好の作品(18禁を含む)は投稿前に必ず確認又は注意書きをお願いします。
  あと可能な限り、カップリングについても投稿前に注意書きをお願いします。
【補記】
1.また、以下の事柄を含む作品の場合も、注意書きまたは事前の相談をした方が無難です。
  ・オリキャラ
  ・原作の設定の改変
2.以下の事柄を含む作品の場合は、特に注意書きを絶対忘れないようにお願いします。
  ・凌辱あるいは鬱エンド(過去に殺人予告があったそうです)

『マナー』
【書き手】
1.割込み等を予防するためにも投稿前のリロードをオススメします。
  投稿前に注意書きも兼ねて、これから投下する旨を予告すると安全です。
2.スレッドに書き込みを行いながらSSを執筆するのはやめましょう。
  SSはワードやメモ帳などできちんと書きあげてから投下してください。
3.名前欄にタイトルまたはハンドルネームを入れましょう。
4.投下終了時に「続く」「ここまでです」などの一言を入れたり、あとがきを入れるか、
   「1/10」「2/10」……「10/10」といった風に全体の投下レス数がわかるような配慮をお願いします。

【読み手 & 全員】
1.書き手側には創作する自由・書きこむ自由があるのと同様に、
  読み手側には読む自由・読まない自由があります。
  読みたくないと感じた場合は、迷わず「読まない自由」を選ぶ事が出来ます。
  書き手側・読み手側は双方の意思を尊重するよう心がけて下さい。
2.粗暴あるいは慇懃無礼な文体のレス、感情的・挑発的なレスは慎みましょう。
3.カプ・シチュ等の希望を出すのは構いませんが、度をわきまえましょう。
  頻度や書き方によっては「乞食」として嫌われます。
4.書き手が作品投下途中に、読み手が割り込んでコメントする事が多発しています。
  読み手もコメントする前に必ずリロードして確認しましょう。

『注意情報・臨時』(暫定)
 書き込みが反映されないトラブルが発生しています。
 特に、1行目改行、且つ22行以上の長文は、エラー表示無しで異次元に消えることがあるそうです。
 投下時はなるべく1レスごとにリロードし、ちゃんと書き込めているかどうか確認をしましょう。

前スレ
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_避難所☆
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12448/#2

951 名無しさん@魔法少女 :2009/05/30(土) 17:03:36 ID:ypqjhtEM
次スレ立てました。
会議室の話の結果如何に関わらず必要だと思いましたので

魔法少女リリカルなのは総合エロ小説99話
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12448/1243670352/

952 名無しさん@魔法少女 :2009/05/30(土) 18:38:01 ID:XuCbxBzY
>>947
GJです。久しぶりの凌辱に歓喜。
次は是非スバティアか、ヴォルケンで

953 名無しさん@魔法少女 :2009/05/30(土) 22:22:22 ID:HAYb1Jng
GJ!
凌辱はいい、心が躍る

次はリベンジに来たエリオのアナルバージンブレイクですね、わかります

954 B・A :2009/05/31(日) 03:33:45 ID:.TlDHdrw
夜分遅くに投下いきます。
vivid読んで妄想が暴走中w

注意事項
・エロです
・ユーノ×ヴィヴィオ
・vividネタ
・ロリ分は余りない
・タイトルは「聖王と司書長のvividなSEX」

955 聖王と司書長のvividなSEX :2009/05/31(日) 03:34:18 ID:.TlDHdrw
ある日の無限書庫の午後、自分に与えられた執務室で事務仕事に追われていたユーノは、
キリの良いところで作業を中断して、壁に備え付けられた時計の針に目をやった。

「そろそろかな?」

展開していた仮想ディスプレイを消し、机から立ち上がって紅茶の用意を始める。
執務室には炊事場が設けられていないので、安上がりなティーパックになってしまうが、
お湯を注ぐと仄かに漂う茶葉の香りを嗅げば強張っていた肩の緊張が自然と抜けていった。

「茶請けはクッキーで良いかな」

小皿に買っておいたクッキーを盛りつけ、2人分の紅茶をティーポットに用意して待つこと数分。
スライド式の扉が開く独特の音と共に執務室の扉が開くと、ランドセルを背負った金髪の女の子が部屋に駆け込んできた。

「ユーノくん、こんにちわ」

「こんにちわ、ヴィヴィオ」

少しだけを息を乱しながら微笑むヴィヴィオに、ユーノは優しく笑みを返す。
ヴィヴィオが無限書庫に入り浸るようになって以来、すっかりお馴染みとなったやり取りだ。
ただ、どういう訳か今日のヴィヴィオはいつもより舞い上がっており、テンションが高かった。

「どうしたんだい、学校で何か良いことでもあったの?」

「わかる? ふふっ…………ジャーン!」

ユーノの問いに破顔したヴィヴィオは、抱いていたウサギのぬいぐるみを高々と掲げて見せる。
すると、そのぬいぐるみはまるで意思が宿ったかのように独りでに動き出すと、
ユーノに向かって手を振った。

「う、動いた?」

「これね、ヴィヴィオのデバイスなんだよ。セイクリッドハートって言うの」

「これが? へぇ、最近はこんなタイプもあるんだ」

感心しながら、ユーノは好奇心からウサギのぬいぐるみを突いてみる。
額を小突かれたぬいぐるみは少し大げさな仕種で驚くと、痛覚があるかのように額に手を当てる。
どうやら、かなり精巧なAIを搭載しているようだ。ぬいぐるみ型であることいい、
ひょっとしたらマリエル技師官の特注品かもしれない。

「おめでとうヴィヴィオ。遂に念願のデバイスだね」

「うん。ママからのプレゼントなの」

自らのデバイスを抱きしめながら、ヴィヴィオは嬉しそうに微笑みを浮かべる。
前々から自分専用のデバイスを欲しがっていたヴィヴィオではあったが、
彼女の母は基礎の過程を修めるまではデバイスを持たせないという方針であった。
だから喜びも一塩なのだろう。

「それでね、ユーノくんに見てもらいたいものがあるんだ」

「僕に? 何をだい?」

「えへへ…………クリス、お願いね」

小さく舌を出してヴィヴィオが一歩下がると、ぬいぐるみは小さな手で敬礼を返し、
ヴィヴィオの足下に三角形のベルカ式魔法陣が浮かび上がる。

956 聖王と司書長のvividなSEX :2009/05/31(日) 03:34:59 ID:.TlDHdrw
「セイクリッドハート、セットアップ!」

室内の空気が揺れ、虹色の魔力が渦となってヴィヴィオを包み込む。
思わず腕で目を庇ったユーノが後退りながら前を見ると、
そこには小さな小学生ではなく17歳前後の美しい少女が立っていた。
その隣には、ウサギのぬいぐるみがどこか得意げに胸を張りながら浮遊していた。

「どう、ユーノくん?」

魔力の渦が治まると、少女はクルリと一回転してみせる。
容姿に反して声音はどこか舌足らずで、自分がよく知る女の子と似ているような気がする。
そういえば、髪の色も同じだし瞳も深紅と翠のオッドアイだ。
髪型と衣装はその娘の母親のものによく似ている。
そこまで考えて、ユーノは目の前にいる少女の正体に思い至った。

「ひょっとして、ヴィヴィオ?」

「えへへ、ヴィヴィオの聖王モードだよ。ねえ、綺麗になった?」

「う、うん…………綺麗だ」

「本当? やったぁ!」

綻ぶように笑みを浮かべたヴィヴィオは、その場でぬいぐるみと共にジャンプして喜びを表現する。
その仕種は小学生の時と大差なく、どこか神々しい美しさに惹き込まれていたユーノも笑みを禁じ得なかった。

(やれやれ、中身は小学生のままか)

胸中に微笑ましさを覚えながら、ユーノはティーポットの紅茶をカップへと注いでいく。
紅茶とお菓子を楽しみながらヴィヴィオの宿題を手伝うのが、最近のユーノの日課であるからだ。
だが、ヴィヴィオは変身を解かずに抱きついてくると、猫のように目を細めながら顔を擦り寄せてくる。

「わあ、ユーノくんの顔が近い」

いつもと違う目線にヴィヴィオは驚きの感想を漏らす。
一方、抱きつかれたユーノは胸に当たる柔らかい感触に動揺してしまい、しゃっくりのような声を漏らしてしまう。

(ヴィヴィオ、胸が……………)

聖王となったヴィヴィオのプロポーションはモデル顔負けであり、はち切れんばかりの乳房は
スポンジのように押し潰されながらその弾力でユーノの理性を削ぎ落としていく。
このままでは不味いと感じたユーノはヴィヴィオを遠ざけようとしたが、
魔力で腕力を強化したのかヴィヴィオの腕はがっちりと固定されていてビクともせず、
逆に軽々と持ち上げられて奥のベッドへと運ばれてしまう。

「ユーノくん、可愛い」

「ヴィヴィオ、何を…………」

「今日はね、このまましてあげようって決めてたんだ」

妖しい笑みを零しながら、ヴィヴィオはズボンのファスナーを下ろして僅かに膨らみ始めている肉棒を取り出し、
唾液をたっぷりと含ませた口で先端から齧り付いた。飲み込まれた肉棒はヴィヴィオの舌に転がされ、
生暖かい粘膜に擦られて血流が増大していく。瞬く間に逞しく勃起した肉棒は、
ヴィヴィオが支えずとも天井に向いてそそり立っていた。

「もう、大きいからこの姿でも口に入り切らないよ」

「うぅ………ごめん」

「謝らなくて良いよ、だってこんなに大きいんだもん」

ヴィヴィオは手にした肉棒を愛おしそうに頬擦りすると、再びフェラチオを開始する。
裏筋を丹念に舐め上げ、鈴口は舌先で小突いて齧り付く時は唇を吸う。
更に空いている手は根元の球袋をやんわりと扱きながらユーノを射精へと導いていく。
だが、もう少しで限界を迎えそうになる寸前でヴィヴィオはフェラチオの手を休めると、
唇に唾液を滴らせながら肉棒を吐きだした。

957 聖王と司書長のvividなSEX :2009/05/31(日) 03:35:41 ID:.TlDHdrw
「まだ射精さないでね、今日はユーノくんが喜ぶこと一杯してあげるから」

切なそうに見上げるユーノに微笑み、ヴィヴィオは着ているバリアジャケットを解除して一糸纏わぬ姿となる。
露となった2つの果実は瑞々しいまでの弾力をアピールし、重力に誘われてプルプルと震えている。
少し丸みを帯びたお尻はユーノ好みの安産型で、すっきりとしたくびれには余分な肉が一切ない。
正に女神のような美しさだ。

「ユーノくんが隠していた本で見たんだ。男の人ってこういうのが好きなんでしょ?」

言うなり、ヴィヴィオは傅いてそそり立つ肉棒を自身の胸で挟み込んだ。
たちまち、ユーノの口から声にならない悲鳴が漏れる。
吸いつく様な柔らかさは包み込んだ肉棒を飲み込み、肉の圧迫が肉棒を押し潰さんとしている。
未体験の感覚にユーノの昂ぶりは益々高まっていき、僅かに顔を出した肉棒の先端からは
テカテカと輝く先走り液が滲みだしていた。
手や口で扱かれるのとは明らかに違う、全体を隈なく揉まれる愛撫。
拙いが故に乳房の動きは不規則で、八方から襲いかかる快楽にユーノは奥歯を噛み締めて快楽に耐えるしかなかった。

「ヴィ、ヴィヴィオ…………」

「射精して良いよ。ヴィヴィオのお顔にいっぱいかけて」

はにかむように頬を染めたヴィヴィオがとどめとばかりに乳房を持ち上げると、
釣られるように熱い迸りが尿道を駆け抜けていく。
勢いよく噴き出した白濁液はヴィヴィオの美貌を白く汚し、ヴィヴィオが仰け反った拍子に肉棒が乳房の圧迫から解放される。
すると、支えを失ったユーノの肉棒はまるで振り子のように震えながら白濁液を四方に飛び散らせ、
ユーノは太ももを痙攣させながら絶頂の波に呑まれていった。
惨事が過ぎた頃には、間近で射精の迸りを受け止めたヴィヴィオの顔から胸にかけて真っ白な精液が雫を垂らしていた。

「いっぱい射精たね」

「ううぅ………」

射精の余韻と美女とはいえ中身は幼女に弄ばれたショックでユーノは放心気味に天井を見上げていた。
だが、ヴィヴィオはそんなユーノを挑発するように四つん這いになると、両手で愛液の滴る肉ビラを広げて
厭らしく腰を振って見せる。

「ユーノくん、こっちにも欲しいなぁ」

白い臀部が何度も視界を横切り、広げられた媚肉が別の生き物のように収縮を繰り返す。
そんな光景を見せつけられれば、否が応にも劣情は再熱を始める。
射精したばかりだというのにユーノの肉棒は即座に起立し、鉄のような固さを取り戻した。
更に大人となったヴィヴィオが物欲しそうに腰を振る姿に理性の限界を迎えたユーノは、
飢えた野獣のようにヴィヴィオに圧し掛かると、濡れそぼった秘所に肉棒を押し込んだ。

「ひゃっ!? ユーノくん、まっ………」

「はぁ、はぁ、待たない………こんな、こんな厭らしい体………我慢できるわけないだろう」

「いやぁ、激しい」

「こうされたかったんだろ? ほた、お待ちかねのおチン○ンだよ、変態幼女さん」

「へんたい………ヴィヴィオ、へんたいなの? ひゃぁっ、ああぁぁっ!!」

膣壁を押し広げられ、子宮口に肉棒を叩きつけられながらヴィヴィオは快楽に身を震わせる。
容赦のないユーノの言葉責めで被虐の心に火が点いたのか、肉棒を締め上げる膣はうねる様に絡みつき、
根元深くまで飲み込まんと貪欲に腰が振るわれる。さながら犬が交尾をする時のように
ユーノがヴィヴィオの体を押さえつけると、とめどなく愛液が流れて肉棒の潤滑を更に増していく。
肉棒を掬うように押し込むと、押さえつけられた膣が持ち上がった反動で余計に膣の締まりは強くなっていった。

958 聖王と司書長のvividなSEX :2009/05/31(日) 03:36:36 ID:.TlDHdrw
「あう、ああん………き、きちゃう………えっちぃのきちゃううぅっ!!」

「お、う、ううっ、ヴィヴィオ、射精す!」

「射精してぇ、ヴィヴィオに………変態小学生にぶっかけちぇ……くひぃ、いふぅ、あっあああ………ああうんんっ!!!」

四肢を痙攣させながら、ヴィヴィオは絶頂の頂へと上り詰める。
同時に限界を迎えたユーノは肉棒を引き抜くと、真っ赤に充血した肉棒を扱いてヴィヴィオの背中に
熱い奔流をぶちまける。それすらもヴィヴィオにとっては快感なのか、可憐な唇からは淫らな喘ぎが零れながら
ビクビクと腰が震えていた。

「あう………ああ………」

ベッドの上に倒れ伏したヴィヴィオの体が、元の小学生のものへと戻っていく。
どうやら、変身した状態で激しい運動を行ったため、魔力切れを起こしたようだ。
荒い呼吸を繰り返すヴィヴィオは、それでも微笑みを浮かべながら背後のユーノに問いかけてくる。

「ユーノくん、気持ち良かった?」

「うん。気持ち良かったよ、ヴィヴィオ」

優しく囁いたユーノは、艶やかな金髪を撫でながらヴィヴィオの矮躯に寄り添う。
擦るように押し付けられた肉棒の感触に、ヴィヴィオは疲れた体を強張らせた。

「けど、僕はこっちのヴィヴィオも味わいたいな」

答えを待たず、三度勃起した肉棒をヴィヴィオの小さな肉壺へと宛がう。
今度は、幼女の嬌声が室内に響き渡った。




                                                         おわり

959 B・A :2009/05/31(日) 03:37:31 ID:.TlDHdrw
以上です。
本編にユーノが登場する前に書いておきたかった。
vividのおかげでヴィヴィオネタがいっぱい思い浮かんだよ。

960 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 07:10:26 ID:ArrdTlhI
なんというスーパー水橋タイム!GJ!

961 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 12:01:22 ID:EvbxNVEo
GJ!実に実用性の高いエロだ。

司書長、なのはさんにばれたら頭冷やす所じゃ済まないぞ!

962 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 13:04:33 ID:OvcRcOe2
そこはなのはさんも参加だろJK

963 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 13:44:13 ID:yj/b4bQU
おいおい。
参加はセインに決まってるだろ。水橋的に

964 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 14:08:43 ID:.TlDHdrw
是非、音声化して欲しいな。

965 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 16:32:49 ID:WRuOfFl6
水橋さんが死んじゃうw

966 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 21:35:54 ID:KTroIm4U
>「もう、大きいからこの姿でも口に入り切らないよ」

いつもは幼女と(性的に)戯れていたと申すか。

●<このペド司書長め!

967 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 22:32:16 ID:tEXlULN2
どっちが先に関係を持ちかけたが気になるw

968 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 22:53:02 ID:bWHwZbFU
とりあえずなのはさんのバスターとフェイトそんのザンバーでぬっ殺されくださいw>ユーノ

969 名無しさん@魔法少女 :2009/05/31(日) 23:43:54 ID:ylwmz3TM
バスター?HAHAHA、ブレイカーだろjk。GJでしたっ!

970 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 00:17:58 ID:agfdCvhE
バスター(カートリッジ無し)程度なら止めそうだな、司書長

971 亜流 :2009/06/01(月) 04:20:26 ID:IIt21RPQ
>>959
書こうと思ってたら先越されてしまったw GJですw

>>961-965
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84476.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84477.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84479.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84480.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84481.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org84482.jpg.html

というわけで、気分転換に考えてたSSがかぶってしまったので
SS(文)ではなくSS(絵)でイメージを表現してみました。
作成時間4時間ちょい。
文のほうはまた今度時間が空いたら書いて投下します。

972 亜流 :2009/06/01(月) 04:30:35 ID:IIt21RPQ
pass書き忘れ

PASS:ybs

以上です。
失礼しました

973 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 08:20:51 ID:hTekBUCA
>>972
なんという水橋ワールドw GJ!!

974 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 10:13:07 ID:T5CSYMYo
音声だけ聞いたら一人でいたしてるようにしか聞こえないっていうw
両氏ともGJ!!

975 暗愚丸 :2009/06/01(月) 12:00:19 ID:cCX.y7rU
ども、約一年ぶりの暗愚丸です。
フタフェイの続きが今頃仕上がったので投下します。

注意
陵辱、フタなり、ガチレズ、拘束、SM(系)、精神崩壊(?)、アナルがあります。

そう言うのはいらないという方はNG登録お願いします。
それでは、『FATE in The dark fate』 七章、始めます。

976 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:03:15 ID:cCX.y7rU
 いつもの集合場所に真っ先に来たフェイトは、そのすぐ後に来たすずかの様子に首を傾
げた。
「おはよう、すずか。そのカバンどうしたの?」
 学校指定のカバン以外になぜか大きなスポーツバッグを肩から提げているすずかが、楽
しげな笑みを浮かべ。
「今日は、一杯してくれるんですよね? その時に使うモノを持ってきたんです」
 そんなすずかに苦笑を向けるフェイト。
 今日は放課後一杯すずかと一緒にするつもりだけれど、本当の目標は別。
 ……その中身で、今日の目標――アリサで遊ぶのも良いかなと、フェイトはそんな事を
考える。
「でも、そんなのを学校に持ち込んで大丈夫かな?」
「はい、フェイトちゃんだから気付きましたけど、他の人には解らないようにしてますか
ら」
 どうやって? と、問い掛けようとして、思い出した。
 闇の書事件の後、自分となのはのことを告げたとき、教えてくれたすずかの秘密のこと
を。
 その力で、人を惑わすこともできると、寂しげな表情で口にした事を。
「あ、すずか、おはよう。フェイトも」
 不意に背後からかけられた声に、フェイトはすずかと同時に振り返る。
 その声音に、暗い色を感じ取って、内心で嗤いを浮かべていた。
「おはよう、アリサ」「おはようございます、アリサちゃん」
 ほんの一瞬、すずかに気付かれないようにしながら、アリサがこちらを睨み付けてきた。
 その嫉妬に狂った瞳に、フェイトはただ微笑みを返す。
 もう、成功は間違いない。そんな確信を得ると同時、小さな疼きを感じた。
 上手く言葉では説明できない、そんな疼きに内心で小首を傾げる。
「すずか、今日放課後暇だったら、遊びに行かない? 翠屋で新作ケーキが出るんだって
さ」
 こちらの様子には頓着せず、アリサがすずかに笑いかける。
 その笑顔に必死な色合いを感じて、フェイトはまた薄く笑う。
「アリサちゃん、ごめんなさい。放課後はちょっと用事が……」
「あ、そう。ま、しょうがないか。アンタもいろいろ忙しいだろうしね」
 すずかとアリサの掛け合いを聞き流すフェイトの目に、なのはとはやての姿が映った。
「フェイトちゃん、アリサちゃん、すずかちゃん、おはよー!」
 ブンブンと手を振りながら声を出すなのはに、片や楽しげ、片や呆れ気味の苦笑を浮か
べるすずかとアリサ。
 フェイトも笑みを浮かべて軽く手を振ってみせる。
 もう少しでなのはを愛する事ができる。そう思うだけで、胸の奥にある疼きが弱くなっ
た。
「フェイト、あとでちょっと話があるんだけど?」
 そんな事に気を向けていたフェイトは、背後からかけられた言葉に内心で嗤う。
「ん? それじゃ、放課後で良いかな?」
 振り返りながら呟くフェイト。
 目の前に立つアリサの口元に微笑みが浮かび、けれど目が全く笑っていない様子に、今
まで感じたことのない感情がわき上がる。
 ……それは、嘲りと蔑みの混じった侮り。
「じゃ、放課後」「理科室で待ってるよ」
 アリサの言葉を遮って、場所を勝手に決める。
 自ら飛び込んできたアリサの愚かさを侮蔑しながら、ただ静かに笑っていた。


「フェイトちゃん」
 昼食を終えて、屋上を後にしたフェイトは、背後から呼び止められて振り返った。
 そこにいたのは心配そうな表情のなのは。
「フェイトちゃん、大丈夫?」
「何が?」
 なのはが心配してくれている、そのことに胸の奥がさざめいた。
 けれど、それを表に出さず、フェイトはなのはをじっと見つめる。
 今、この瞬間、なのはが意識を向けているのはフェイトのことだけ。
 それが、嬉しかった。
「最近、フェイトちゃんなんかおかしいよ。その、私と一緒に帰ってくれないもん」

977 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:04:38 ID:cCX.y7rU
 そう言いながら、唇を尖らせるなのは。
 とくんと、心臓が脈打つ。
「フェイトちゃんがしんどかったり辛かったりする時は、いくらでも頼ってくれて良いん
だよ?」
「そう?」
 あまりにも優しすぎる言葉に、堪えきれなくなる。
 一歩、なのはに向かって歩み出した。そのまま、なのはを抱き締めるために。
「うん、友達だもん」
 けれど、それより早く、優しげな微笑みと共に告げられた言葉に、胸の奥に痛みが走る。
 所詮、なのはにとって、フェイトはただの友達。
 解っていたはずなのに、哀しくて苦しくて辛くて痛い。
「そうだよね、友達だよね」
 辛うじて、感情を押し殺したまま微笑みを浮かべるフェイト。
 そんな風に言われることに、耐えられない。耐えきれない。
「明日はお休みだから、一緒にお出かけしよ?」
「……あんまり、出かけたい気分じゃないから、私の家でお茶会でもしない? アリサや
すずかやはやてと一緒に」
 なのはの誘いを断りながら、フェイトは語を繋いだ。
 明日、ユーノを嬲った上で、なのはを奪い返す。
 なのはの全てを自分のモノにする。
 そのために、今はアリサを完全に落とす事だけを考えながら、ただ微笑みを浮かべる。
「うん、それ良いね! 久しぶりだもんね、みんなでお茶会って」
「そうだね」
 嬉しそうに楽しそうに笑うなのは。
 その全てを奪う一瞬を脳裏に描いて、フェイトは嗤った。




 こんこんと鳴った音に、ピクリと肩が震えるのを見ながら、フェイトは視線をドアに向
けた。
 はやてに命じて張らせている結界があるから、アリサ以外の人間がここに来ることはあ
り得ない。
 ガラスに映るシルエットもアリサのモノで、フェイトは微笑みながら口を開く。
「開いてるよ、アリサ」
 がらっと音を立てて戸が開く。
 教壇の前に立っているこちらに向かって、足音荒く歩いてくるアリサ。
 強烈な怒りを顔に浮かべて、アリサがこちらの少し手前で立ち止まった。
「フェイト」
 もし、視線で人を傷つけられるなら、全身細切れにされて殺されてもおかしくないほど、
強烈な怒気を視線に込めてアリサが睨み付けてくる。
「あんたに、一つ聞きたいことがあるんだけど」
 そんなアリサの様子がおかしくて、フェイトは口元に笑みを浮かべるだけで、アリサの
言葉を待つ。
 ぎろっ、ともう一度アリサが睨め付けてくる。
「アンタ、すずかに何したわけ?」
 それでも、押さえた声音で問い掛けてきた。
 わざと呆けた表情を浮かべて、小首を傾げてみせる。
 同時に、舐めしゃぶられて、思わず動きそうになった体を辛うじて押さえた。
「一体何のこと?」
「っ! ……すずかが、一昨日の昼休みからずっとおかしくなってる。アンタと同時に五
時間目サボってからね。アンタが何かしたんでしょ」
「そんなことだけで、私のせいにするんだ?」
 呟きながら、それだけのことで見抜いたアリサの気持ちに、笑みが浮かぶ。
 どれほどすずかを見ていたのか、それがよくわかったから。
「そんな、ことだけ? それだけあれば十分よっ!」
 アリサが叫んだ瞬間、膣口に指が触れて、ぴくんっと腰が動いた。
「……フェイト?」
 そのまま、ぬるぬると中にゆっくり入ってくる中指。
 やっぱり、入れられるより、入れる方が心地良いなとそんな事を思いながら、フェイト

978 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:05:56 ID:cCX.y7rU
は気持ちよさに口の端を弛めた。
「んっ、ふふっ……、アリサ、そんなにすずかの事が好きなの?」
 唐突なこちらの問い掛けに、アリサの訝るような表情が消える。
 同時に喉の奥まで飲み込まれた。ぞくりと股間で湧いた熱が、脊髄を通って脳に達する。
「す、すずかは友達だから、心配するのは当たり前でしょっ!」
「ふふっ、嘘はいけないよ、アリサ。特別なら、特別だって、ちゃんと言わないと、取ら
れ、ちゃうよ」
 油断するとあえぎ声を漏らしてしまいそうで、一言一言、細かく息継ぎしながら言葉を
はき出すフェイト。
 けれどその事に不審を抱いた様子もなく、アリサが俯いて唇を噛み締める。
「……い」
「え? っ!」
 びくんっと、肩が勝手に震えてしまった。
 膣の中ほどにある、俗にGスポットと呼ばれる場所を刺激された瞬間、閃光のように快
楽が飛び込んできた。
 自分自身、達しなかったのが不思議なほどの快感に、腰が勝手にかくかくと前後する。
 そのたび、亀頭をなめ回され、頬の裏側に擦られ、上口蓋を叩く感覚が、更に心地よさ
を倍加させた。
 けれど、俯いたままのアリサがその事に気付いた様子はない。
「……さい、……るさい、うるさい……、うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいう
るさいうるさっっっい!!」
 顔を上げたアリサが叫び始めた。
「何が嘘はいけないよっ! 何がとられちゃうよっっっ! アンタだってあいつになのは
取られたくせに! 自分ができてないくせに! うるさいうるさいうるさいわよっ! そ
んな事はどうでも良いのよ! すずかを返して、すずかを返しなさいよっっっ!」
「ん、はくっ!」
 必死で叫び続けるアリサの言葉を聞いている最中、予想外の衝撃に声が漏れた。
 膣口だけでなく、菊座まで一気に中指が埋め込まれたのだ。
 直腸を抉られることよりも、先端を残して引き抜かれる際の排泄にも似た快感に全身が
粟立った。
「…………フェイ、ト?」
 怒りと不信感のない交ぜになった表情を浮かべるアリサ。
 もう、アリサの様子を気にする事なんて、できなかった。
「んくっ、ふぁっ! んぅっ、や、も、もう、ふふっ……ん」
「何、してる、のよ?」
 アリサの戸惑いながらの問い掛けも無視して、フェイトは腰を動かし始めた。
 喉の奥にまで突き込みながら、胎と直腸をかき回される快感に身を任せる。
 伸ばした手で頭を掴んで、強く腰へと引き寄せる。
 ……けれど、アリサに彼女の姿は見えていなくて、だからフェイトが唐突に淫蕩な動き
を始めたことを理解できないでいる。
「フェイト! 何してるのっ! 説明しなさいよっっ!」
 僅かに表情に怯えを浮かべて、アリサがまた叫び出した。
 その狂態を尻目に、フェイトは更に動きを早めていく。
 喉の奥を突かれてえづきそうなはず。
 なのに、のど輪を締めて先端を刺激してくるのが心地良い。
 内側をぐりぐりとかき回されるのも気持ちよくて、我慢できなくなる。
「ん、もう、出るっ! でるよっ!」
 思い切り腰を突き出しながら頭を思い切り押さえつけて。
「フェイトっっ!」
 アリサの怒声を聞き流しながら、フェイトは精を解き放った。
 同時に、魔法の効果が解ける。
「……え?」
 呆然としたアリサの声音。
 それまで周囲の光景を歪めていた幻影魔法が解けて、こちらの股間に顔を埋めているす
ずかの姿が露わになった。
 素肌の上に、ブラカップの無い赤い革のビスチェとガーターをつけ、首輪を巻き付けて
いるすずかが、恥ずかしげに、けれど嬉しそうに見上げてくる。
 その首輪から伸びるリードを掴みながら、微笑み返すフェイトも一糸纏わぬ艶やかな姿。
 こちらを指さしたアリサが、打ち上げられた魚のように口を虚しく開閉させる。
「ふふっ、ありがと、すずか。気持ちよかったよ」

979 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:06:29 ID:cCX.y7rU
 嬉しげに口元に微笑みを浮かべたすずかが、そのまま脇に身を躱す。
 床に広がる愛蜜の水たまりを見ながら、口元に笑みを作った。
 同時、そびえ立つ擬根が目に入ったのだろう、アリサの顔色が青く変わる。
「フェイト……」
「ふふっ。これね、魔法で付けたんだよ、すずかもこれ凄い気に入ってくれてるんだ」
 言った瞬間、アリサが拳を握り締めるのが見えた。
 けれど、それに気付かないふりをして、フェイトは微笑み続ける。
「最初はね、ちょっと辛そうだったけど、中に出したらもう自分からおねだりするくらい
でね。フェラも自分から進んでしてくれるんだよ」
「フェ……イト…………」
 地獄のそこから響くような暗く重い声音。
 それを放ったアリサが、凄まじい視線で睨み付けてくる。
 手近に凶器があれば、確実に襲いかかって来るであろう敵意を受けながらも、フェイト
は微笑みを浮かべたままリードを引っ張った。
 無言のまま、すずかが立ち上がる。
 同時に、その太ももをつっと液体が這い下りていくのが見えた。
「すずかっっ! こんな変態に関わってんじゃないわよっ! 帰るわよ、とっとと着替え
てそんなの外しなさいよ!」
 すぐ傍に近寄ってすずかの首輪に手をかけようとするアリサ。
 その手を、すずかが無言のまま弾いた。
「……すず、か?」
 呆然とした表情で見つめるアリサに、すずかが微笑みを浮かべて、そのまま抱きついた。
「っ!?」
 ほんの一瞬、アリサの表情に浮かんだ喜悦を、フェイトは確かに見て取った。
 きっとそれはすずかも同じ。
 だからだろう。
 すずかが右手をアリサの背中に回して、左手で後頭部を押さえ込みながら、唇を重ねた
のは。
 困惑、恐怖、慕情、期待、様々な感情が綯い交ぜになった表情を浮かべるアリサ。
 ただ抱き締められているままだったアリサが、不意に大きく目を見開いた。
「んっ!?」
 すずかが、唇を割って舌を突き込んだのだろう。
 同時に、先程放った精を口中に注ぎ込んだのだと言うことも、解っていた。
「んんーーーーっっっ!?」
 慌てた様子でアリサがすずかをふりほどこうと体を震わせる。
 そんな事をしても無駄なのにと思いながら、フェイトは教壇の上に片膝を立てて座り込
んだ。
 裸のお尻に感じる教壇の硬さと冷たさに少しだけ眉をひそめて、けれど、二人の痴態か
ら目を離さない。
 徐々にアリサの抵抗が弱まっていく。
 見開いた目が、戸惑いながらもどこかとろけた様子に変わっていくのを見ながら、フェ
イトは一人笑みを浮かべた。
 アリサもすずかも、互いのキスだけでそうなったと思っているだろう。
 けれど、それはフェイトの放った精を飲み下した故。
「ん……ちゅ……」
 もう抵抗はない。
 すずかもそう思ったのだろう。アリサを抱き締めていた両手をそっと外した。
 実際、アリサは抵抗するどころかただされるがまま、身動ぎ一つしない。
 ちゅぷちゅると、舌が絡み合い唾液を交わし合う音が響く中、すずかの右手が腰裏に回
って、ぶら下げていたモノを手に取った。
 そのまま、だらりと下げられたアリサの両手へと、手を伸ばして後ろ手に纏める。
 間髪入れず、カチャリと鉄が噛み合う音がした。
「っっ!? んぅっ!」
 途端に、アリサが暴れ出して、すずかがその体を押し離した。
 手錠で後ろ手に拘束されているアリサが、床に倒れ込んだ。
 辛うじて顔だけを上げたアリサがすずかを――そして、アリサから見てその後ろにいる
フェイトを睨んでくる。
「す、すずかっ! 何してるのよ、こんなの、外して! 外しなさいよ!」
 その姿に、ざわっと背筋に虫が走る。
 このまま、割り込んでアリサを犯したい。抵抗できない状況で、悔し涙を流すアリサを

980 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:07:00 ID:cCX.y7rU
嬲りぬきたい。
 その思いに苦笑して、フェイトはただ二人のその後をじっとみつめていた。
「アリサちゃん、これから可愛がって貰うんだから、それくらい良いでしょう? それに、
良い物を飲ませてもらったんだし」
 すずかの言葉に、アリサの顔から血の気が引く。
 自分が何を飲まされたのかを思い出したのだろう、いきなりしゃがみ込んで口を大きく
開けた。
「ぉえっっ、う゛、えう゛」
「……アリサちゃん、何してるの?」
 必死に吐き戻そうとえずくアリサに、冷たい声がかかる。
 ゆっくりと腰を落としたすずかが、アリサの前髪を掴んで強引に顔を上げさせた。
「痛っ! 痛いっ! やめて、すずか! なんでこんな」
「アリサちゃん。どうして、フェイトちゃんのくれた物をはき出そうなんてするの?」
 髪を引っ張られる痛みよりも、すずかの行為そのものにアリサが涙をにじませているの
が見て取れた。
 涙目で見上げるアリサに、微笑みながらすずかが床に座る。
「やめてすずか、こんなのやめてよ……」
「アリサちゃんが悪いんだよ? フェイトちゃんのくれたのをはき出そうなんてするアリ
サちゃんが」
 アリサに向けていた視線を、こちらに向け直してくるすずか。
 その顔に媚を浮かべて、軽く頭を下げる。
「ごめんなさい、フェイトちゃん。アリサちゃんはまだ自分の立場が解ってないみたいで
すから、ちゃんと躾ますね?」
「うん、すずかの好きにして良いよ」
 二人の様子を眺めながらフェイトは笑う。
 とても面白いモノが見れそうな予感がして。
「うふふ、それじゃアリサちゃん、脱ぎ脱ぎしましょうね?」
「や、やめっ! っ〜〜〜〜!」
 強引にアリサの体を仰向けにさせてすずかが制服の胸元に手を伸ばした。
 ぷつぷつとすずかがボタンを外していくたび、アリサが悔しげにこちらを睨んでくる。
 けれど、わざとらしく口元を弛めてフェイトは見つめていた。
「うふふ、アリサちゃんらしいブラ。だけど、これだとせっかくのおっぱいが型くずれし
ちゃうよ?」
「っ!」
 すずかの呟きで、アリサの顔が真っ赤に染まる。
 ここから見えるアリサの胸は、飾り気のない青いスポーツブラで覆われていた。
「へぇ、アリサってもっとHな下着付けてると思ってた」
「うるさいっっ! 変態なアンタに言われたくないわよっっ! 痛っ!」
 アリサの暴言に、すずかが手を伸ばしてまた前髪を掴んだ。
 そのまま強引に引っ張って、体を起こさせる。
「アリサちゃん……。フェイトちゃんにどういう口の利き方してるの? 本当に自分の立
場が解ってないんだね」
 視線を絡めて告げたすずかに、アリサが涙を目尻にためた。
「もう、やめて、やめてよ、すずか。いつもの、やさしいすずかに戻ってよ」
 必死の懇願。
 そう言った様子のアリサに、すずかが笑顔を見せて。
「アリサちゃんが、悪いんだよ?」
 スポーツブラを引きちぎった。
「っ!? いやぁぁっっ!」
 同時に、年齢のわりには豊かな胸がぶるんっと大きく震えながら解放された。
 真っ白な肌とは対照的な薄紅梅色の乳首が見えて、その先端が僅かに盛り上がっている
のが見える。
「アリサちゃん、うるさい」
 同時にアリサが上げた悲鳴が、部屋の中に響いて消えるよりもはやく、すずかの不愉快
そうな声がそれをかき消した。
 正座をしたすずかが、アリサをうつぶせにしながら自らの太ももの上に乗せた。
 何を考えているのかが理解できて、ほくそ笑えみながらアリサの後ろ側を、右目の前に
映し出した。
 ばっ、とスカートをめくったすずかが、そのままずるんっと、ブラとおそろいの青いシ
ョーツを引きずり下ろした。

981 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:07:30 ID:cCX.y7rU
 真っ白で大きな尻と、ほころびはじめた陰部が露わになる。
 ほんの僅か、膣口のあたりの大陰唇がテカっていて、疑似精液とキスの効果が現れてい
るのが見て取れた。
「やめてっっ! すずか、こんなのやめてよっっ!」
 涙目のままアリサが顔を上げてすずかに視線を向けようとする。
 けれど、それを許さないかの様に、手を伸ばしたすずかがアリサの顔を前に向けさせた。
 嗜虐の笑みを浮かべるすずかに、思わず苦笑が浮かぶ。
 せっかくだからその笑みを見せつければいいのに。そうしたとき、きっとアリサが浮か
べる表情は見物だから。
 そんな事を思っていたから、いきなりこちらを睨み付けて叫んでくるアリサに驚いてし
まった。
「フェイトっっ! 止めさせてよっ! すずかにこんなヒドいことさせないでよっ! す
ずかを元に戻して、戻しなさいよっっ!」
 けれど、そのことに反応するよりも早く、すずかが呟いて手を振り上げた。
「いづっっ!?」
 肉を叩く派手な音が響き、右目の前に映っていた真っ白な尻にすずかの手が振り下ろさ
れていた。
 ゆっくりと離れるすずかの手。
 その跡が手の平の形に真っ赤に染まっていて、かなりの力で叩いたのだと理解できた。
 バルディッシュがラウンドシールドを展開するほどの力を持っているのだ。
 すずかの一撃は相当の苦痛だったはず。
「痛い、痛いよ……、やめて、すずか」
「アリサちゃんが悪いんだよ。フェイトちゃんにあんな言い方するアリサちゃんが」
 言うが早いか、口元を嬉しげに歪めたすずかの手がまた振り上がった。
「あ゛っ! あ゛づっ! いぎっ! ぐっ! うぐっっっ! う゛ぅっっっ!」
 バチン、バジンッッ、ビチンッッッ、と、どんどんすずかの手にこもる力が強くなって
いく。
 もう言葉も言えずに歯を食いしばるアリサの姿に、けれどその表情とは裏腹に陰唇が潤
んでいく様子に、フェイトは強い欲情を覚えた。
「う゛あっっ! や、やめっっ! ゆるっっ! ゆるしっっ!! すずかっ! すずかっ
っっ! も、あぎっっっ! いぐっっっ!」
 白かった尻たぶが、真っ赤に染まっていく。
 その光景にゾクゾクと背筋が震えた。
 今すぐ、アリサの後ろに回って強引にその膣腔を抉り抜きたい。
 けれど、初めてはすずかに譲ると決めていたから、我慢せざるを得なくて。
 二〇回を数えたところで、すずかの手が止まった。
「はー……はー……」
 痛みと悲鳴を上げるのが相当辛かったのか、肩で息をするアリサ。
 苦しさと痛さ故だろう、表情も辛そうに歪んでいて。
 なのに、秘処は潤いを増し、今にもこぼれ落ちそうになっていた。
「うふふ、アリサちゃんって変態だったんだね」
 呟いたすずかが、白魚のような指をすっとを伸ばしてアリサの秘処を撫で上げた。
「ふぁっ!?」
「お尻叩かれて、とろっとろに濡らすなんて、マゾだよね」
「ち、違っ!」
 弁解するように叫んだアリサの目の前に、すずかがアリサの愛蜜に濡れた指先を突き出
した。
 突き出された人差し指と中指は、愛液がまとわりついてテカっている。
 顔を真っ赤にするアリサの前で開かれた指の間を、粘液が糸を引いた。
「これでも、まだ否定するの?」
 ぶんぶんと首を左右に振るアリサに、苦笑を浮かべたすずかがこちらに視線を向けてき
た。
「フェイトちゃん、あのカバンを取ってくれませんか」
 言われて立ち上がったフェイトは、アリサがこちらを睨んでいることに気付いた。
 すずかの態度の差に嫉妬しているのだとすぐに読み取れて、見せつけるように擬根をひ
くつかせると途端に目をそらした。
 すずかが特別に思っているのはアリサなのだと、突きつけられたときどうなるのか、本
当に見物で。
 だから、教壇の裏に回って、すずかのカバンを引っ張り出した。
 両手で持ち上げないといけないほどの重さに辟易しながら、フェイトはすずかの傍にま

982 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:08:01 ID:cCX.y7rU
で歩いていく。
「はい、これ」
 そう言って差し出したカバンを、すずかが片手で軽々と受け取る。
 アリサの後ろ側にカバンを置いて、その中を漁り始めるすずか。
「も、もういいでしょ。もうやめてよ、すずか」
 辛うじて声を上げたアリサが、哀れっぽい表情をすずかの方に向けた。
 あの強気なアリサの浮かべる気弱げな表情は、今すぐ貪りたいと願うほどに蠱惑的で。
 そんなフェイトの気持ちを知ってか、すずかがこちらに視線を向けてきた。
 三十センチほどの鉄の棒を二本、取り出してこちらに見せてくる。
 犬に着ける革製の首輪が先端にくっついている鉄の棒。
 その棒の輪が付いてない側を繋げあって、両端に輪を持った一本の棒へと変化させるす
ずか。
 それが何のための道具か理解できて思わず口元がゆるむ。
「ふふっ……」
「な、何がおかしいのよっ!」
 同時に、アリサが悔しげな表情でこちらを睨んできた。
 一瞬すずかに目配せをしてから、アリサに向けて笑顔を向けた。
「アリサが凄い変態だってわかったから」
「だ、誰がっ!」
「お尻叩かれて濡らすなんて、変態以外の何者でもないと思うけど?」
 凄まじい表情でアリサが何かを言おうとして、いきなり戸惑いを顔に浮かべた。
「や、なに!? すずか、何してるの!?」
 棒の端にある輪を、右膝に巻き付けて固定したのだ。
 そのまま、強引にアリサの両足を大きく開かせる。
「や、やめてっ! すずか、こんなのやめてよっっ!」
 必死で懇願するアリサ。
 けれど、すずかの力に敵う訳なんてどこにもなくて。
 強引に開かされた足の間にある棒のもう一方の輪を、今度は左膝に巻き付けた。
 これでどうやっても足を閉じることは出来ない。
「フェイトちゃん、フェイトちゃん、ほらよく見て下さいね」
 凄く楽しげな声音で、すずかが強引にアリサの体を起こし、そのまま、机の脚に立てか
けた。
 強引に割り開かれた両足、大きくて真っ白な乳房と色づいて硬くしこっている乳首。
 なめ回すような視線でアリサの全身を視姦して、最後にもはや違えようもなく濡れきっ
ている股間に視線を向けた瞬間。
「見るなぁっっっ!」
 アリサが吠えた。
 あまりの声の大きさに、思わずびくりと肩が震えた。
「アンタは見るなっっ! この変態っっ! 最低のクズっっ! すずかに悪戯して、こん
なことまでさせてっっ!! ふざけんじゃないわよっっ! アンタなんか、アンタなんか
死んじゃっっっっっっ!?」
 そのまま罵詈雑言を口にしかけたアリサの顔が、いきなり明後日の方向に向いた。
「……アリサちゃん?」
 その原因。
 すずかが、大きく振り抜いた平手をそのままに、アリサを睨んでいた。
 アリサの叩かれた頬が、手の平の形に赤く染まっている。
「誰が、フェイトちゃんにそんな事言って良いって言ったの? ねえ、なんでそんなこと
言うの?」
 アリサの前にぺたんと座ったすずかが、先程のように前髪を掴んで強引に振り向かせる。
 普段とはまるで正反対な二人の様子は見ているだけでも楽しくて、ひくりと擬根が勝手
に動いた。
「すず……か?」
「ねえ、アリサちゃん。まだ解らないの? フェイトちゃんは特別なんだよ? 凄く気持
ちよくしてくれるんだよ? なのに、なんでアリサちゃんは受け入れようとしないの」
 少し位置をずらして、フェイトは二人のやりとりを――特にアリサの表情を――しっか
りと見つめた。
 呆然としていたアリサの目尻にまた涙が溜まっていく。
「すず、か…………すずかぁ……」
「アリサちゃん?」
 すずかの声に戸惑いが混じる。

983 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:08:32 ID:cCX.y7rU
 アリサが、ぽろぽろと涙をこぼし始めたのだ。
「ぐすっ、えぐっ……なんで、…………なんで、いじめ……るの? すす、かは……ひく
っっ……、私のこと、嫌い……なの。アタシ、ぅ……う、アタシ、すずか、好き、なのに。
こんなに、すずかの、こと、愛してるのに……う、う、うぁぁあああああんっっ!」
 そのまま、まるで幼子の様に泣き出した。
「うぁあああっっっ! ひどいぃ、ひどいよぉっ! すずか、好きなのに……私、こんな
に好きなのにぃっ! なんでっ! こんな、ひどいことするのっ! えぐっ! そんなに、
アタシのこと嫌いなの!? すずか、すずか、すずかぁぁ! うぁぁああああんっっっ!
 あ゛〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっ!!」
 きっと、すずかが頬を張り飛ばしたことが、そして、フェイトを特別だと言ったことが、
アリサの心を折ったのだろう。
 そのショックの大きさに耐えきれなくて、幼児退行してしまったのだ。
 そうでもなければ、アリサがこんな涙も鼻水も垂れ流すようなみっともない泣き方をす
るはずがない。
「アリサ……ちゃん」
 けれど、それを見つめているすずかの口元に、至福の笑みが浮かんでいた。
 ……もし、なのはがそう言う目で自分を見てくれていたなら、きっとフェイトも同じ笑
みを浮かべただろう。
 だからただ見ている事しかできなくて。
「私も、アリサちゃんのことが好きだよ」
「うそだ、そんなのぜったいうそだよっっ!」
 泣き叫びながらそれでも声を上げるアリサ。
 醜魁なその泣き顔は、フェイトには鬱陶しささえ感じさせるモノだけど、すずかにはま
ったく別だったらしい。
 笑みを湛えたまま顔を近づけて、唇を重ねた。
「ん……」「っ!?」
 ぼろぼろと涙をこぼしていたアリサの目が、驚きに大きく見開かれた。
 すぐに唇を離したすずかが、そのままアリサと見つめ合う。
「大好きだよ、アリサちゃん。だからたくさんいじめてあげたいの。アリサちゃんが私の
特別だって感じたいから。アリサちゃんにも感じさせたいから」
 優しい笑顔で呟いたすずかが、そのままアリサの顔をなめ回し始めた。
 こぼれた涙を、鼻水を、舐めとりすすり上げていくすずか。
 その光景はどこまでも欲情をそそってきて、けれど手を出せないことが少しだけ苦しい。
 そんなフェイトの心を知りもせず、すずかがカバンから何かを取り出した。
「大好きだよ、アリサちゃん。私のハジメテは上げられないけど、アリサちゃんのハジメ
テは貰ってあげるね」
「すずか、すずかぁ……」
 ぼろぼろと涙をこぼし続けるアリサの目の前に、すずかが突き出したもの。
 革製のパンツの股布と前に――フェイトのモノと同じくらいのサイズの――バイブがつ
いたペニスバンドに、流石に少しフェイトは呆れ顔になってしまう。
 あれで、自分を貫くつもりだったのだろうかと思うと、唐突に背筋がぞくりと震えた。
「ほら、アリサちゃん」
 すずかが突き出した股布部分のバイブを、アリサの口元に突き出す。
 恥ずかしげに目を伏せたアリサが、それでもゆっくりとバイブに舌を這わせていく。
「ん……れろ……ちゅ…………んぅ……」
「うふふっ、アリサちゃん可愛い」
 すずかが呟いた瞬間、上目遣いを向けていたアリサの目尻が嬉しげに下がった。
 同時にそのバイブを口いっぱいにほおばって、頭を振り始めた。
 あまりにも背徳的な光景に我慢が出来なくなって、フェイトは擬根に手を伸ばして擦り
始める。
 早く貪りたい。
 そう思う心を宥めながら、二人の様子をじっと見つめるフェイト。
「ん、もういいよ」
 すずかがゆっくりとアリサの口元からバイブを引き抜いた。
 てらてらと唾液で濡れ光るバイブに、嬉しそうな微笑みを浮かべたすずかがペニスバン
ドをはき始めた。
 股布に着いているバイブが、すずかの濡れそぼっている秘処に触れる。
 ちゅくっと言う音がしたかと思うと、ゆっくりとそれを飲み込んでいく。
「んっ……、ふぅ、ふふ……、おっきい……気持ち良いよ」
「す、すずか、だいじょうぶ? いたく、ない、の」

984 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:09:02 ID:cCX.y7rU
「ん、気持ち良いよ。ん、うふふ」
 にっと笑ったすずかが、ペニスバンドを完全に装着してアリサの前に立った。
 メリハリの付いた女らしい体の股間からそそり立つバイブという姿は、卑猥で淫蕩なも
のに見える。
 見ているだけというのは、少々寂しくて、けれど自分で慰めるのは何となく勿体なくて、
フェイトは二人の様子をじっと見つめた。
「だから、アリサちゃんにも入れてあげるからね」
「……こわいよぉ」
 すずかの優しげな微笑みに、アリサの怯えたような声。
 表情も強張っているけれど、その瞳に期待するような色が見て取れた。
 きっとそれはすずかも同じ筈。
 そう思っているフェイトに見せつけるように、アリサを床の上に寝転がらせるすずか。
 そのまま、M字状にアリサの太ももを押さえつけて、すずかがバイブの先端を秘処に押
しつけた。
「すずかぁ……、おねがい。やさしく……やさしく、して、ね?」
 もうこちらには一切視線を向けようとしないアリサの姿に、悔しさと寂しさを感じなが
らフェイトは自分の擬根に指を這わせた。
 びくんっと、肩が震えるほどの気持ちよさが全身に襲いかかってくる。
「ええ、優しく……」
 そう言いながら、すずかが腰を少し進める。
 陰唇をかき分け、膣口の位置を確かめたのだと見えた。
 身を強張らせたアリサが、それでもすずかの浮かべる優しい笑みに安心したような笑顔
を浮かべた瞬間。
「なんてしないよ」
「いぎっ!?」
 呟いたすずかが、一気にアリサの陰門を貫いた。
 全く何の容赦もなく、限界まで一気に埋め込まれて、アリサが大きめを見開いた。
 それが気持ちよさではなく、苦痛故だということが、なぜかフェイトには理解できた。
「うふふ、アリサちゃん可愛い」
「す、すず、か……、なん、で? やさし、く、して……」
 息も絶え絶えになんとか言葉を放つアリサ。
 けれど、紅潮しきった頬も、潤み始めた瞳も、明らかに欲情していて。
 もっと続けて欲しい、そう思っているのが見て取れた。
「何で? って」
 呟きながら一気にバイブの先端ギリギリまで引き抜いて、最奥まで一気に叩き込んだ。
「い゛っ! い゛だい゛、や、やめ」
 かなりの痛みに涙をアリサが涙を零していく。
 それを見ながらすずかが口元に笑みを浮かべた。
「アリサちゃんは、痛いのが気持ちいい変態でしょ? だから痛くしてあげてるんだよ。
ほらっ……ほらほらっ!」
「痛っ! や、やだぁっ! こんな! こんなの、やぁっ!」
「嘘ついちゃ、ダメ」
 すずかの腰が激しく動き始めて、拘束された全身をアリサが激しく痙攣させる。
 痛みに悲鳴を上げているのに、口の端から涎を零しながら舌を突き出して、快楽を感じ
ていることを見せつけてきた。
「うふふ、まだ、まだこれから……んくっっ!」
「ひぅっ!? や! 何これ!? おなかっ! うごいてる、うごいてるよぉっっ!? 
恐い、すずか、こわいよ、これ恐いよぉ」
「だいじょ、うぶっ! これ、気持ち、いいんくっっ! だから、ふぁっ、アリサも、き
もち、んっ、よく、なろう?」
 すずかが腰を引いて、激しくうねっているバイブの竿がアリサの膣口から垣間見えた。
「ひっっ!? や、こわい、こわいこわいこわいよぉっ! ひぎっ! んぐっ! ぅく!
 や、こわい、こわいよぉ」
「大丈夫っ、もっと、痛くなって、ふぁんっ! 気持ちよく、なってっ!」
 泣き叫び始めるアリサに対して、すずかが激しく強烈なピストン運動を開始した。


 ……これで、すずかとアリサがフェイトのすることに口出ししてこないことは確実で。
 だから、放置しても良かったけれど、我慢が出来なくなっていた。
 痛みに泣き叫び、けれど心地よさに身を任せているアリサ。

985 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:09:33 ID:cCX.y7rU
 自分も貪りたかった。
 自分の手で慰めるだけじゃ満足できなかった。
 だから、拘束したままのアリサを騎乗位の様に上に乗せ、思い切り強く腰を突き上げる
すずかの傍にちょこんと座った。
 アリサは悲鳴と嬌声をあげながら、こちらに視線を向けてこない。
 それが何となく腹立たしい。
「んぐっっ! ひぅっ! ふぁっ! ひゃんっ!」
「フェイト、ちゃん。どう、したん、ですか」
 すずかも、膣内をバイブでかき回されているのだ。快楽に心を奪われたようなとろける
笑みを向けてくる。
「私も、したいな」
「あんっ……ひっ! ふぁっっ! すずかぁ、いいよぉっ! 痛いの、苦しいのっ! け
ど、それがいいよぉっっ!!」
「……んー、まだ、アリサちゃんっっ、は、離したく、ないんで、すけど」
 荒い息を付きながら返ってきた言葉。
 それはフェイトも解っていて。
「うん、だからね」
 耳元に唇を寄せる。
 全くこちらに注意を向けず、悲鳴を上げ続けるアリサにちらりと視線を向けた。
「アリサのお尻で、ね。いいかな?」
 一瞬だけ、最初にした時の様な鋭い目つきを向けてきたすずかが、口元に苦笑を形作る。
「……アリサちゃんのハジメテは全部、私のモノにしたかったんですけど」
「ん、解ってるけど」
「はぁ、んくっっ! すずか、すずかぁ、好き、大好き」
 すずかの手を取って擬根へと導いた。
 きゅっと握り締められて、思わず腰が浮く。
「私も、我慢できないんだ。お願い」
「しょうがないですね」
 呟いたすずかがアリサを抱き締めて立ち上がった。
「ふぁぁぁあああっっっ!?」
 同時にアリサが悲鳴を上げた。
 最奥に押しつけられる感触が強すぎたからだろう。
 苦しげな表情を浮かべるアリサの股間からは、僅かにピンクがかった愛蜜がこぼれ落ち
ていく。
 ゴクリと唾を飲み込んだ。
「うふふ……。はい、どうぞ」
 怪しげな微笑みを浮かべるすずかに、笑顔を返して、アリサの背後に立った。
 ひくひくと動いているココア色の窄まりに、いきなり擬根の先端を押し当てる。
「んくゅっ!? な、なに!? なにするの!?」
 やっと、アリサの視線がこちらを向いた。
 さっきまでの勝ち気さが全く感じられない、艶に濁った瞳。
「ふふっ、私も混ぜてもらおうと思ってね」
「い、で、でもそこきたない゛っ!?」
 アリサの声なんて全く無視して、一気に擬根を根本まで押し込んだ。
 強烈な締め付けを強引に割り開いて突き込む感触に、やっとアリサをむさぼることが出
来ると言う快楽に、涎が零れた事を自覚する。
 同時に後ろから手を伸ばして、アリサの豊かな乳房をわしづかみにした。
「アリサちゃん、可愛い。もっと動いてあげるね」
「や゛、や゛め゛っっ」
 苦しげな声音。
 肉壁越しに感じるバイブの振動。
 掌に感じるふくらみと手の甲に感じるふくらみ。
 たまらなかった。
「いぎぃっっ! うぐっっ! あぐっ! うぁっっ!」
「ふふっ、アリサって、変態だねっ。もう、お尻、気持ち、良いんだ」
「へ、へぇっ。アリサちゃん、らしいね。ふぁっ! んっ! ほんと、すごい変態」
 すずかと目配せして、アリサの左右の耳にそれぞれ唇を寄せて、罵言投げつけた。
 途端に根本を思い切り喰い締められて、フェイトは唇を噛んで漏れない様堪える。
 もっと、むさぼりたかった。
「罵られて、喜ぶ、なんて、アリサって、マゾ?」

986 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:10:05 ID:cCX.y7rU
「そうです、ね。ふっ、くっ、ふぁっっ! でも、ちょうど、いぃ……かも」
「いぎっっ! ち、違う! ちがうのぉ、アタシ、マゾなんかじゃぁ、あひっ!」
 思い切り鷲づかみにした乳房を握り締める。
 フェイト自身、同じ事をされたら激痛で泣き叫ぶくらいの強さで。
「んぎっっ! や、やだっっ! そ、それ止めっっ!? やっ! す、すずかっっ、それ
恐いっっ! 痛いよ、こわいよっっ!」
 すずかの右手がアリサの股間に伸びていた。
 きっと、クリトリスでも弄っているのだろう。
 アリサの悲鳴混じりのあえぎ声とすずかの甘い啼泣に、鼓動が少し早くなる。
 もう、我慢できない。
「ひぁっっ! あくっっ! や、やだ、なにかくるっっ! しろくなっちゃうっっ! あ
たままっしろになっちゃうっっ!」
「んっ! 私も、もうそろそろっ!」
「ふ、ふふっ、私もだよ」
 びくびくとすずかとアリサの体が震えて、フェイトも限界まで高まっていて。
 ぎりっと、アリサの乳首に爪を立てるのと同時に、強烈な締め付けに我慢できなくなっ
た。
「いぎぃっっ! んぐぅっっ! ぅぁああああっっっっっ!!」
「ふぅんっ! イク、イッちゃぅううっっっっ! ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ!!」
「イクよ、すずか、アリサっ! んっっ、出るっっ!!」
 ビクンと、すずかとアリサの体が震えて、間髪入れずフェイトもアリサの中に精を解き
放つ。
『――――――――っっ』
 まるで時間が止まったような奇妙な感覚のあと、ゆっくりとフェイトは擬根を引き抜く。
 締めることさえできなくなったのか、開いたままのアリサのアヌスから、白い液体がぽ
たりぽたりとこぼれ落ちてくるのが見えて。
「すずか、交代」
「っ……、フェイト、ちゃん?」
 不思議そうな声のすずかから、強引にアリサを奪い取った。
「ふふっ、遊んであげるね」
「……ぇ?」
 不思議そうな表情を浮かべるアリサの膣腔に、一気に擬根を突き込み、
「ひぁっっ!」「んくぁっっ!?」
 予想外の衝撃に悲鳴を上げた。
 胎の奧にまで来た衝撃は、振り返るまでもなくすずかが突き込んできたからだと理解で
きた。
「うふふっ、いいですよね、私も気持ちよくなりたい、です。気持ちよくしたいんです」
 そんなすずかの声が、どこか遠くから聞こえてくる。
 擬根を埋めながら秘処を貫かれる感触。
 声も出せないほどの心地よさを感じながら、フェイトは動き始めた。




 身支度を整えながら、フェイトは視線をそちらに向けた。
 五回戦目に突入しているすずかとアリサに、よっぽど好きあっているんだなと思う。
「すずか、あんまり遅くならないようにね」
 さっきまで自分が装着していたペニスバンドを、アリサに着けさせた上で自分を犯させ
ている。
 そんなすずかに一応声をかけた。
「んっ、あふっ。はい、フェイト、ちゃん、は帰るん、ですね」
「はぁはぁ、すずか、すずか、すずかぁ」
 こちらには全く視線すら向けず、すずかをむさぼり始めるアリサに、思わず苦笑しなが
らフェイトはすずかを見つめた。
「うん。あ、明日家に来てくれる?」
「え、あ、はい。かまいっ……ませんよ」
 アリサの動きに眼を細めつつ頷くすずか。
「その時はアリサも連れてきてね」
「はい、んくっ」
「はぁはぁ、はぁはぁ……」

987 『FATE in The dark fate』 :2009/06/01(月) 12:10:49 ID:cCX.y7rU
 やっぱりこちらを見ようとしないアリサに苦笑しながら、背中を向けるフェイト。
 これで、お膳立ては整った。
 明日、ユーノを堕としてしまって、それをなのはに突きつければ、なのはの全てが自分
のモノになる。
 だから、これでいい。


 歩き出したフェイトは、胸の奥にある奇妙な痼りには、気付かなかった。

988 暗愚丸 :2009/06/01(月) 12:17:47 ID:cCX.y7rU
前回レス下さった皆様、ありがとうございました。

今回は、eraの助手調教を眺めているような感じなので、ちょっとばかり実用性が足りない気がします。
なにはともあれ、話的にはあと二回で終わりなので、せめて今年中にあと一回、投下できれば良いかなと思わないでもなかったりします。



司書様、『FATE in The dark fate』五章で、ちょっと情けない失敗があったので、
http://www1.axfc.net/uploader/File/so/24501.txt
↑の中身と差し替えをお願いてもよろしいでしょうか。
お手数をおかけしてすみません。


今回もお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
それでは、失礼します。

989 暗愚丸 :2009/06/01(月) 12:18:59 ID:cCX.y7rU
えと、上のファイルですが、PASSはnanohasanです。
どうかよろしくお願いします。

990 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 15:06:23 ID:c9R4NQaE
>>988
暗愚丸氏、超久しぶりだwガチSMGJ!!
>話的にはあと二回で終わりなので、せめて今年中にあと一回
3年越しの完結待ってますぜ。

991 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 21:21:19 ID:3YqX4gpI
超お久しぶりの更新乙です!

いやぁ、待ってましたよ、このSS。
長いこと連載していた今作も残るところあと二話!
エロもさることながら、この物語がどう終着を迎えるか気になって仕方ありません。
次回もまったり待ちます。

GJでした!

992 名無しさん@魔法少女 :2009/06/01(月) 23:23:23 ID:v38B/M1Y
>>988
うおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
暗愚丸氏がきているぅぅ!
感動した!猛烈に感動した!
GJ!!

993 名無しさん@魔法少女 :2009/06/02(火) 12:25:00 ID:qqvSH5vY
>>988
GJでした。アリサがガン泣きするところが最高だった。

994 名無しさん@魔法少女 :2009/06/02(火) 12:46:27 ID:1v7teZgU
一年ぶりの更新GJ!

もう続きは絶望的だと思ってただけに嬉しいです。
次回も首を長くして待ってます。

995 名無しさん@魔法少女 :2009/06/02(火) 15:15:18 ID:bRGblecc
ふぅ…
暗愚丸氏GJ!これは映像で見たいですね
とりあえず愚息がおさまりつかないので二回目やってきます!

996 名無しさん@魔法少女 :2009/06/02(火) 21:28:48 ID:iS3fh/9g
ヒャッハァ!暗愚丸氏ktkr!
いや、正しく『エロパロ』でした。GJGJ。
完結した時、フェイト達がどうなってるのか恐ろしくて仕方が無いが、楽しみに待ってます。
次の更新も気長に待っていますぜ。

997 名無しさん@魔法少女 :2009/06/02(火) 21:59:25 ID:uqTpzq12
>>988
うおおおおお、ずーっと待ってたぜ…!
期待通りにエロエロでGJです!!!

998 名無しさん@魔法少女 :2009/06/03(水) 20:26:14 ID:S3WV8kKk
埋め埋め

999 名無しさん@魔法少女 :2009/06/03(水) 20:37:19 ID:.R1cNuAU
次スレ逝くぜ!

1000 名無しさん@魔法少女 :2009/06/03(水) 20:38:22 ID:SsINrKyk
うめ




■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板