したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【注意!】小説ネタバレ感想・誤字脱字指摘掲示板 part2

1 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2014/03/13(木) 21:26:55 ID:eiT/cJKc
ネタバレになるご感想や誤字脱字のご指摘などありましたらよろしくお願い致します。
小説を読んでおられない方がうっかり覗いてしまわないように強制sageに設定しています。
前スレッドはこっちです。
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/movie/2409/1154345612/l50

601 アム :2021/04/25(日) 00:04:07 ID:???
>>600
大変申し訳ありません…。
今度からこちらの方に書かせて頂きます
ご返答ありがとうございます

毎回新作の度に世界観が広がってくのを楽しんでおります
勝手に作中のカイストの原点を想像したりして楽しんでいるくらいシリーズが大好きです!
はい!またお待ちしてます!

602 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/04/25(日) 21:44:34 ID:rUghmCqU
>>601 アムさん。
 いえいえ、お気になさらずに。カイストのシリーズを気に入って下さりありがとうございます。
 そろそろメインエピソードを進めたいのですが、まだ詰めるべき設定と書いておくべきエピソードもあって、いつまでかかるやらです。
 なんとか生きている間に完結させたいので、不老不死の研究開発をよろしいえ何でもないです。

603 karasutengu :2021/05/31(月) 01:38:14 ID:cN.q32no
こんにちは狂気太郎さん、今年も相変わらず良い小説を書いていただいてありがとうございます。

今度書いた重井는はとても重い感じでした.

それで本当に面白かったです. モースラとトウクの戦いは苦痛を感じ、息詰まる思いが本当に面白かったです。

それにしても、歯を削る痛みが一番痛いってことは…ある程度、共感できますね。

604 karasutengu :2021/05/31(月) 01:56:18 ID:cN.q32no
ところで、お聞きしたいことがたくさんあるのですが、今一番気になることがこれです。

カイストと言っても、 すべてが可能な訳ではないと思います。 (詳しくはよく分かりませんが。。。)例えば時間を戻したり、死んだ人を生き返らせたり。 こういうのは、カイストも 不可能なんじゃないかと思います。

ところがですね。 絶対正義執行教団、文明管理委員会を見ると気になるのがあります。 少なくとも一つの惑星の人間が滅びず、みんなが幸せになる世界を実現するのも、カイストには出来ないのでしょうか?

これについて少し気になることが、カイストになるということは、仏教でいう解脱のようなものと似ているのではないかと思います。 それなら、人間がカイストになることを目指す社会があれば、それから一つの惑星の人間がすべてカイストになれば、宇宙文明に入っても人間は滅びないかもしれないじゃないですか?

ああ、最後にハイエルマイエルが理想都市ナバラを見たらどう思うか気になります。 果たして正しいと思うのか、それとも間違っていると思うのか、とても気になります。

605 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/06/01(火) 21:22:04 ID:VqLzauyQ
>>603-604 karasutenguさんkarasutenguさん。
 こんばんは、『重い枷』を重く面白くお読み下さりどうもありがとうございます。
 時間を戻すこと、死人を生き返らせることについては、条件を限定すれば可能かと思います。時間を戻すことについては時間・空間の範囲を限定し、更に、予め録画しておくみたいに状態を記録しておき、改めてその時の空間を再構築するようなことは可能かと。ただ、その空間内の魂の所在・状態まで再現出来るかはなかなか難易度が高そうです。
 死んだ人を生き返らせるのは、その死人の魂を確保して、その魂が重篤なダメージを受けておらず、適当な生身の肉体を用意してそこに魂をぶち込めばまあ生き返ったことになるのではないでしょうか。その際に少し加工しておけば従順に命令を実行するアンデッドに……ネクロマンサーかな。
 限定された空間内で皆が幸せな世界の実現については……そうですねえ。おそらくは、人間の精神のバランスの問題になってくるのではないかと思っています。幸せというものがどのように維持出来るのか。慣れていくと麻痺していくし欲望は果てがないし感覚は歪んでいくし、では外からそれをコントロールして維持させるのは、本当に幸せといえるのかとか……。
 静止した半永久的な幸せは難しく、しかし変化の中で幸せを維持するのも難しく……いやはや、幸せって何なんでしょうね。
 理想都市は……そうですねえ。住民がそれを望んだ結果としてそうなっているのなら、別に罰するほどでもないと考えるかも知れませんね。
 なんとなく適当に考えたところそんな感じです。しかし作者が正しいとは限りませんので、あまり真に受けないで下さいね。
 それでは、感想をどうもありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願い致します。

606 karasutengu :2021/08/23(月) 08:24:21 ID:LQH3LhXU
こんにちは、狂気太郎さん、カイストシリーズを読んでいて気になることが出てきたので質問させていただきたいのですが。

作品のあらすじや, 私の感想とは違う質問ですが, 本当に気になるので知りたいです.

狂気太郎さんが一番好きなカイストシリーズの登場人物と嫌いなキャラクターは誰ですか?

そして個人的に好きなこととは別に、文章を書く時一番面白いキャラクターは誰なのかも知りたいです。

それと狂気太郎さんがBorderlandsシリーズを言及されていて、数週間前にBorderlands 3を買ってみたのですが本当に面白かったです! Mozeとアイアンベアで楽しく撃ったら、ストレスが吹き飛ぶような気分でした。

607 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/08/23(月) 21:28:05 ID:xtlJkFzo
>>606 karasutenguさん。
 こんばんは。一番好きなキャラクターは……そうですねえ……自由であることから、フロウになりますかねえ。ただ、それが伝わるのは彼が主人公の話を書いてからの話になりそうです。
 嫌いなキャラクターは今のところ特に思いつかないのですが、今後登場する予定の『黒穴』と呼ばれるカイストになるかも知れません。でも登場するのはいつになるやらです。
 後書くのを楽しみにしているのは呪殺神サネロサですね。
 ボーダーランズ3を楽しんで頂けて良かったです。ただ、良い武器が欲しくて難易度を上げると途端にやたらめったら敵が硬くなって私は疲れてしまいました。後からレベル上限が上げられると集めていた武器が無意味になるのも徒労感があり……。なかなか丁度良いゲームというのはないものですね。

608 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/08/23(月) 21:28:54 ID:xtlJkFzo
ありゃ、話を書いてからの話……話が被ってしまいました。

609 karasutengu :2021/08/24(火) 06:50:25 ID:mVFFXEeo
ありがとうございます!サネロサはどこかで見たような気がしますが、よく思い出せません。

しかしこのようにぼんやりと記憶していて、その登場人物が現れたら以前にアップされた小説を読んで、そのキャラクターの痕跡を探すのもカイストシリーズの面白さだと思います。

フローが一番好きだそうですね、かなり驚きました。 私は狂気太郎さんが一番好きなキャラクターはフィロスでなければネスタ·グラウドだったと思っていました。

質問が長くなってすみませんが、いくつか気になることがあります。 文を読んでいると何度も知りたいことが生じます。

1. もしかしてカイストたちは創作や文化生活に関心が高い方ですか?

今まで狂気太郎さんの小説に出てくるカイストたちは、仏教やヒンドゥー教の修行者のようなスタイルが多かったと思います。

しかし、実はあんなカイストでなければ数千万年、数億年を生きながら及ばずに耐えるためには文化生活も必要ではないかと思いますが、カイストたちの文化生活はどうなのか気になります。

2. もしかしてカイストたちにも宗教がありますか?

絶対正義執行教団とバエスキアを見るとどうやら宗教が存在するようではあるのですが… これが現実の宗教と似ているのか知りたいです。

(絶対正義執行教団は神を信じる宗教というより特定の哲学に従う人たちの集まりに近いようではあるのですが…)

混沌へを見れば、カイストたちもこの世界がどうしてできているのか分からず、どんなに強くても分からないことが世界にはいっぱいありますから、宗教がないわけではないと思って。

3. カイストは一般人をカイストにしてあげることもできますか?

百億年戦争を読んでみると、カイストが一般の人を愛して結婚して、子供を持つことも全くないことではないようですが…

それなら、別れたくないので、カイストが自分の家族をカイストにする、ということも可能なのではないかと考えております。

610 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/08/24(火) 21:41:03 ID:tKjPi5MU
>>609 karasutenguさん。
 うーん。その手の質問は、本編中で語られるか、語られないうちは読者の想像に委ねるべきもので、こういう場で答えるべきものではない気がします。
 私の気のせいかも知れませんが、なんだかそんな気がしました!

611 karasutengu :2021/09/02(木) 14:42:16 ID:mVFFXEeo
小説から登場するまでは、読者の想像に任せるのですか、分かりました。 では、次の小説も楽しみにしています!

ところで、これも想像に任せるべきことなのかなと思うのだが。 前に見た殺人鬼探偵の内容が思い出されました。

---

「黒贄君。君の言葉は私には届かない。私は何万回、何十万回と思考を巡らせ、今の結論に達した。私の方針は揺るがない」

「何億回かは考えた方が良かったんじゃないですかね。完璧主義者としては」

---

絶対正義執行教団や文明管理委員会はこんな話を聞いたらどう思うか、少し気になりますね...

612 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/09/02(木) 21:42:08 ID:CsJL.SVY
>>611 karasutenguさん。
 楽しみにして下さりありがとうございます。
 絶対正義執行教団は……何兆回レベルを余裕で越えているかと……。

613 頭狂在住 :2021/09/06(月) 12:53:56 ID:ZQOFQRGE
狂気太郎さん

大学生です。

家にいる事も多くなり、鬱屈とした気分でいつか自分が死ぬ時の事や、いや惑星が急に木っ端微塵になるのではないか、国が消えたらどうしようという突拍子もない妄想に取り憑かれていた中で、「不安」に巡り合い、気持ちがスッといたしました。

グロテスクな表現は苦手なのですが、自分の頭の中にあった言語化出来ない何かが表現されていて、救われたと思います。

実験地区13の方もポチらせていただきました。

完成された世界で終わりたいという久世くんに人生経験の薄い自分ですが少し共感して、彼の今後が気になっています。
後メカニック萌えです。

こんな素晴らしい作品を書いていただきありがとうございました。

614 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/09/06(月) 20:24:50 ID:y1MGYbwY
>>613 頭狂在住さん。
 いらっしゃいませ。私の小説でスッとして下さりどうもありがとうございます。
 まあ人は必ず死ぬし文明もいずれ崩壊するし惑星も銀河も宇宙も滅ぶし年寄りの話はループするしで結局なるようにしかならないので安心ですよね。
 『実験地区13』の方もお買い上げ下さりありがとうございます。久世君はあの年にしては達観し過ぎかも知れません。でもそれは年を取った私から見てそう感じるのであって、実際は未成年でも鮮明な意識を持って生きている人はいるものですよね。というか年を取るほどに意識が濁るような……。
 彼の今後は……続編が出なければ未来は確定しないので安心ですね!
 ということで感想をどうもありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願い致します。

615 karasutengu :2021/09/19(日) 22:42:52 ID:xsU5xQM.
こんにちは、狂気太郎さん、先日、カイストシリーズの登場人物の名前やあだ名、地名や組織名などをどう理解すればいいか気になると質問させていただいたことがありますが、

日本語のニックネームの中でいくつかは、理解しにくい部分があったし、どう読めばいいか分からない単語もありました。

それで一度カイストシリーズの名前を 英語で書いてみましたが···。 果たして、これが正しいのか気になります。

ネスタ・グラウド : Nesta Groud - God of Sword, King of Swing or King of drill

特に素振り王という単語は本当に理解しにくいですが、どうやって理解しなければならないのか知りたいです。 皮肉っぽくもあり、相手を見ずに練習するように喧嘩して軽蔑するニュアンスもあるようですが。 これを日本語じゃなくて他の単語でどうやって理解したら良いか知りたいです。

フィロス : Fiross - Slash king

フロウ : Flow - Spider man

ディンゴ : Dingo - The Iron

キルマ : Kilmar - Skeleton knight

裏鋭 : Riei - Just one Niddle

トウク : Touque - Heavy Yokes

グラン・ジ : Gran Ji - Undying

ザム・ザドル : Zam Zador - The Dark Tower, Supreme Warlock

ガリデュエ : Garidue - The Eye of Hidden side

サマルキアズ : Samarkiaz - Double Face

ハイエルマイエル : Hiel Maiel - King of Light

彼 : 'The Man' - Master of Wasteland

* サマルータ : Shamartar

* ら・るーく : Ra Ruke

- 殲滅機関 : Annihilation Agency / シュクムバーズグ - shkmvzzg (?)

- 絶対正義執行教団 : Church of Absolute justice enforcement

- 文明管理委員会 : Council of Civilization Management / アジャーナ・ルカムスタ - Azanya LeKarmstar

- ガルーサ・ネット : Garsa Net

616 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/09/20(月) 18:33:04 ID:zz0AGRSU
>>615 karasutenguさん。
 うーん、名前の英語スペルは特に考えてないことが多いですし、二つ名の英訳も特に意識してません。
 なのでそれが正しいとか間違っているとかここで自信を持って答えることは出来ませんが、取り敢えず今思いつくところとしては、フィロスはFirosで、Slash kingでは意味が「八つ裂き」という意味には届かないでしょう。おそらくtear to piecesという意味が入ります。
 『鋼』のディンゴなのでおそらくはThe Steelです。キルマの二つ名は骸骨騎士ではありません。シュクムバーズグはshkmvzzgで合っています。トウクは『首枷』なのでHeavyは不要でしょう。
 『素振り王』の「素振り」をgoo翻訳で調べたらpractice swingingというものが出たので、おそらくこれが近いのではないかと思います。
 後はちょっと答えられません。

617 1+2= :2021/12/24(金) 00:14:01 ID:XvUQvR9s
ご無沙汰しております。年の瀬ですが、いかがお過ごしでしょうか。

久々に狂気さんの作品を読んでいたところ誤字らしきものを見つけましたので、ご報告に上がりました。

陰を往く人Ⅳ 1章
「奈美が何度か咳をしてみせると、伊東美希はちょっと慌てた様子で椅子から立ち上がった。」

他は「実希」となっていますが、この箇所だけ「美希」となっているようです。

618 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2021/12/24(金) 20:46:35 ID:Ki7LTeOY
>>617 1+2=さん。
 こんばんは。正月用のショートショートも一区切りついたので、長編を再開しようと思っているところです。でないと再開がズルズル遅れそうなので……。
 さて、ご指摘ありがとうございます。修整致しました。で、その後の章もざっと確認したんですが、あれっ、この伊藤実希って人、以降登場してないのかも……。
 と、という訳でどうもありがとうございました。良いお年を。

619 くんどらべったらどっぽれ名なし :2022/01/01(土) 12:57:52 ID:???
あけましておめでとうございます。
新作のショートショート読ませていただきました。
第二十六段 歩く者達への感想を書きます。
カイストの道は剣が峰を歩き続けるようなものだ、という事の話ですね。
結局、いつまでも残っているのは強迫的に高みを目指しつつける者達や、自分が何者かも忘れてしまった狂人……
そして永遠の労働者。まぁ、本人が満足していたならいいんでしょう。私も、もしカイストになれたらたまに休暇を貰ったりしつつ組織の末端でこき使われていたいです。

それから、世界の果てを見た男と地下洞窟に棲む生き物が気になります。
人間じゃなくても知性があればカイストになれるんですねぇ。

まさか『呪殺神』サネロサ?ナメクジのような彼の話は前に書きたいって言っていたし……

『旅人』も楽しみです。狂気太郎さんの新作とエルデンリングをプレイする事を楽しみにしてまた一年頑張ろうと思います。お互い、脳内やっちゃえポイントが溜まった人に殺されたりしないで生き延びられる事を願っています。

620 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/01(土) 19:38:38 ID:oFxAMvuw
>>619 くんどらべったらどっぽれ名なしさん。
 おっと、メール欄に懐かしい奇声が。
 明けましておめでとうございます。早速ショートショートをお読み下さりありがとうございます。
 組織の末端で安穏に生きようとしてたら全てロボットでいいやってことになって、我力の供給源としてだけ思考力も肉体も奪われてロボットに内蔵されるという運命もありそうですね。
 地下洞窟の生き物が気になりますか。
 ……私も気になります!
 と、ととっと、取り敢えず意志さえあれば時間をかけて知性も後からついてくるのではないでしょうか。何億年かしたら。
 サネロサは自分の意志でナメクジっぽくなった人なので違いますね。
 『旅人』は何度書き直しても不安がつきまといますのでまた暫く寝かせることになるかも知れません。でも今かかってる長編の後はカイストに注力出来ると思いますので、どうか長生きして下さいね。
 それでは、今年もエルデンしくお願い致します。感想をどうもありがとうございました。ポイントポチッいえ何でもないです。

621 ケケケケチャップ :2022/01/01(土) 22:35:57 ID:riP03Ios
狂気太郎さん。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早速ですが、お正月の短編を読ませていただきました。

全体的にギャグシーンが多くて、初笑いさせていただきました。
「死ぬ死ぬ節」で。狂気太郎さんの小説で笑いながら一年が始まり、とても幸せです。

まさか狂気太郎さんが、異世界転生物を書くとは思いませんでした。
感動のあまり「う、うわああああああああっ!!」と叫び出しそうになりました。

てっきり「あれ? 僕何かやっちゃいました?」みたいな展開を予想していたけど。

全てが流れてしまうオチには笑ってしまいました。


「やっちゃえポイント」は、色んな意味で笑いました。
あれだけ殺伐としてる世界なのに、パワハラする人はするだろうなと、リアリティがあって笑いました。


カイスト達の人生を見ていると。
夢や目標を追いかけている姿に胸を打たれます。

あれだけの強力な能力を持っているのに。
挫折や迷いがあり、消えていく者もいる。
そして、自分の道を極めていくことを選ぶ者もいる……。

儚くも美しいです。

「いずれ混沌の海で」の「友」とは誰なのでしょうか?
小説的に聞いてしまうのは、野暮なのかも知れませんが。
どうしても気になってしまいました。

これが狂気太郎さんの遺書代わりということは。
それだけに、想いが込められているように感じられました。

622 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/01(土) 23:14:37 ID:oFxAMvuw
>>621 ケケケケチャップさん。
 明けましておめでとうございます。ショートショートを早速読んで下さりありがとうございます。
 『死ぬ死ぬ節』は、読む方によっては不快になったり傷ついたりかもと思ったのですが、ま、まあ、必ず死ぬのは事実だから仕方ありませんよね。
 『神殺しの狂犬』は、まだ死んでないので異世界転移ですね。全ての場面で噛ませたかったのですが二番目の場面ではやむなく逮捕となりました。
 『やっちゃえポイント』は、ま、まあ、リアリティは無視して下さいね。風呂やトイレなどの時はどうするのだろうとか、達成ポイントの設定値の変更の仕様とか、考えていくと色々ややこしくなるので。
 『歩く者達』は、他にも色々な旅路を書きたい気持ちもあったのですが、これ以上はくどくなりそうなのでやめました。他の旅路はいずれ本編で書きたいところです。
 『いずれ混沌の海で』の「友」は、全てです。
 ……。全てです。
 ということで、感想をどうもありがとうございました。今年もよろしくお願い致します。

623 karasutengu :2022/01/02(日) 18:22:44 ID:zBC2Fh4Q
今年、狂気太郎さんの小説も楽しく読みました。 分量が少なくて残念だったが, 本当に面白かったです.

一番面白かった短編は、やっぱりやっちゃえポイントでした。 今の時代を鋭く風刺する内容だったと思います。 確かにPCとか、差別とか… する問題が最近多いですから。

でも、私はやっちゃえアクション中!では死にたくはないので、とりあえず今のような世の中でもう少し長生きしたいです。 ハハハ…

ところで、歩く者達を見て取った考えですが。 狂気太郎さんはAIに魂が存在すると思いますか?

私はAIも魂を持つことができると考えている方ではあります。

ハリウッド映画でよく出てくるネタなんですが、狂気太郎さんは個人的にどう思っているのか気になって。

624 ケケケケチャップ :2022/01/02(日) 19:46:58 ID:riP03Ios
>>622
ご返信ありがとうございます。

異世界転移でした。
女神様が早速食い殺される展開には笑ってしまいました。

カイスト達の今後の活躍が楽しみすぎます。

「友」は全てだったのですね。
……。全てだったのですね。

どうか、今年もよろしくお願いします。

625 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/02(日) 21:16:08 ID:SCxKaaUE
>>623 karasutenguさん。
 新作をお読み下さりどうもありがとうございます。来年はちゃんとした分量のものが掲載出来るといいですなあ。
 『やっちゃえポイント』が一番でしたか。ありがとうございます。今の制度はまだそうなってはいませんけれども、アメリカのBLMの暴動とか見ると既に声高に叫んだ者が勝つ時代になっているのかも知れません。って、BLMって今どうなってるんでしょうなあ。
 AIに魂があるかですか。私は魂のある生き物から子孫に魂が分け与えられるのではなく、宿ることが可能な器に魂が宿るものと考えていますので、AIが人生を楽しめるだけの器になれば、魂が宿ることもあるのではないかと思います。
 というか既にこの世界が巨大なコンピュータシミュレーション内で、私達はAIかも知れませんしね。ははははは……。

>>624 ケケケケチャップさん。
 ありがとうございます。『神殺しの狂犬』については、こういうネタはスピード・テンポが命で、丁寧に描くと途端に面白くなくなると思っております。今の時点でちゃんと面白いかどうかはさて置きまして。
 それでは、改めてよろしくお願い致します。

626 :2022/01/03(月) 23:13:13 ID:???
明けましておめでとうございます
養分のあれ43巻分を読んだんですが、これは確かにめっちゃ練られてて名作ですね……。
『想師』とか『デビル・ボード』とか、怨恨たらたら死屍累累の話でも結局みんな幸せにする作風は確かに養分っぽいと感じました。その上で第二十五段とか二十段読むと、その平等主義的なスタンスが表面的な? 甘さではなくて世界観に由来している風に思います。認知行動療法でいうスキーム(中核的信念)というか、根本的な公理・原則みたいな……
「相依性・関係性」とかのテーマで詳しい人が狂気太郎作品論評してたら読みたいんですが、書いてる途中で殺人鬼が来そうな気がします

追記
さっきあらためて養分のページを見て思ったんですが、いつの間にか改訂されてません? 大槻ケンヂへの評価は確かに……と思ってましたが実際ライブ行くとかっこいいです

627 karasutengu :2022/01/04(火) 04:43:02 ID:q.JvWIck
久しぶりに狂気太郎さんの小説を見て思い出したものですが、指喰いと腐れ風神小説の結末の部分が理解できませんでした。

---

「あなたは……あなたは、何者なんですか」

 恭子は尋ねた。もしかするとこの男こそが、最も恐ろしい存在だったのかも知れない。

「私は、情念です」

---

ここが理解できませんでした。 神楽さんが女の人の前で格好つけたかったんですか? そう思ったんですけど、 それは違うと思います。 ハハハ...

628 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/04(火) 19:37:29 ID:OtO5tCpQ
>>626 旧さん。
 明けましておめでとうございます。からくりなサーカスなあれをお読みになったのですね。名作ですよねえ……。最初の数巻とそれ以降がヒロインの年齢が変わったり不死身になったりと少し設定がずれてしまいますが、そんなことは名作の輝きを色褪せさせはしないのです。
 ああ、ただ、あの漫画を読んだのは『想師』を書いた後だったりしますが……。
 取り敢えず認知行動療法はさっぱり分かりません。
 養分は暫く前に少し書き直しました。特に『ヘルシング』についてはこちらも雑なコメントだったので、もう少し詳しく不満点を書いてたり。
 大槻ケンヂは私もライブに行ってみたいですね。引き篭もりがちなので多分その勇気はないでしょうけれど。昔村下孝蔵のライブの予定が新聞に載ってて、興味はあったけれど行かなかったことを今になって後悔しています。
 という訳で、今年もよろしくお願いします。

>>627 karasutenguさん。
 これは、ですね……。例えば恨みによってその人の性格や力が形成されていったのだとしたら、その人は「私は恨みだ」と名乗ってもいいと思うんです。
 という訳で、情念という原動力によって神楽という人間が形成されたのだとしたら、「情念」と名乗って良いと思うのです。
 つまり、まあ、かっこつけているとも言いますね。ははは……。

629 karasutengu :2022/01/09(日) 06:26:18 ID:y3SDamn.
そういえば、神楽さんが主人公の長編小説を書く計画もあったと思いますが、たぶんあの長編小説の伏線だったのでしょうか?

事実、殺人鬼探偵で神楽さんは、苦労する可哀想な人だというイメージだったので、指喰いと腐れ風神でこんな姿で出てくるのがちょっとぎこちなかったんです。

追加で気になったのは、小説で最初に登場した カイストはネスタ・グラウドです。 もしその理由があるのか知りたいです。 この前に聞いた時には狂気太郎さんがネスタ・グラウドというキャラクターが特に好きなようではなかったです。

630 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/09(日) 19:51:48 ID:D1.bQjjU
>>629 karasutenguさん。
 そうですねえ。神楽については、はた目には苦労するかわいそうな人に見えていても、本人の内面がそれだけとは限らない、ということになりますね。
 小説で最初に……というのがどういうことかと思いましたが、私のサイトに掲載した順番ということですね。短編や長編のタイトル横に書かれた執筆年を見れば分かると思いますが、執筆してから寝かせて書き直すという期間が数年単位であるものも多いので、掲載順が執筆順とは必ずしも限りません。なのでネスタ・グラウドを最初に登場させたという意識は私にはありませんでした。まあだからといって嫌いという訳ではないですけれども。

631 karasutengu :2022/01/09(日) 21:13:11 ID:y3SDamn.
あ、私はネスタ・グラウドがサイトに載った小説の中で初めて登場した特別な理由があるのかと思いました。 短いけど、とても強烈な小説だったので···。

なぜネスタ・グラウドの話をしたかというと、動物からカイストになった登場人物が今回登場したからです。 あのキャラクターは動物であるにもかかわらず、本当に人間のようでした。

反面ネスタ・グラウドは、人間であるにもかかわらず小説で描写されている内容を見ると機械のような感じがして。 結局カイストの最後まで行くためには人間性を捨てなければならないのか... と思ったからです。

もちろん最強者は[彼]でサマルキアズとハイエルマイエルの場合を見ると、人間性を捨てるのが正解ではないようですが··· とにかく今年出た小説とネスタ・グラウドの登場した小説を比べてかなり面白いと思いました。

632 karasutengu :2022/01/09(日) 21:25:51 ID:y3SDamn.
あまり鈍い刀は品物を切ることができません。

あまり鋭い刀は簡単に壊れます。

結局カイストにとっては精神のバランスをよくとることが大切なようです 敗北して怒らないと強くならないが、怒りに狂ったらそこで終わりだ…。 今回アップした小説を読んで、そんなことを考えました。

それではネスタ・グラウドはどうか。 切ることにだけ関心があり、他のことには何の関心もない。 精神のバランスが意味のないキャラクターではないかと思いました。

確かなことは, 私は ネスタ・グラウドみたいな生は生きたくないし, むしろ惨めに死んでも[七十億年の男]みたいな生を生きたいです.

話が長くなって申し訳ありません。しかしアップロードした小説を見て騒いだくなって、ハハハ…

633 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/10(月) 19:38:05 ID:PZBsY.tY
>>631-632 karasutenguさんkarasutenguさん。
 無限の時を生きる元人間がどのような精神構造になるのかを一時期は考えていたのですが、結局のところ、元人間なのだから精神なんて大差ないと思うようになりました。
 ネスタ・グラウドについては、はた目には機械に見えるかも知れませんが、本人の内面は一心不乱でエンドルフィンがドッパドッパと出ているのかも知れません。
 登場人物について色々と考えるのは読者の皆さんの自由です。ただ、作者はなるべく本編で語るべきだと思いますので、この辺にさせて頂きます。

634 毎度長文申し訳ない太郎 :2022/01/22(土) 12:48:23 ID:UhMfrdQg
こんにちは。
私もいつか小説を書いてみたいと思っているのですが、文章というより設定や世界観の不備が気になって全く書き出せません。(例えば魔法が使える世界なら、その原理とか、魔法が使えることにより発達したシステム、経済とか、その世界の貨幣制度とか政治とか……)

しかし、他者の小説を読む時は、細かい世界観などは読者にとって分からなくて当然だし、(その内描写されるかもしれないし、されないかもしれない)別段気になりません。必要な物は作中で説明されますもんね。カイストシリーズで言うとガルーサ・ネットのチャートとか、AクラスBクラスなど……

と言うことは進行上必要な部分だけ説明出来ればとりあえず書き出しても大丈夫なのかな?少し迷っています。
小説家としてアドバイス頂けたら嬉しいです!


それと、カイストシリーズを読み返して思ったのですが、
『混沌へ』はグランの一人称視点、
『百億年戦争』は三人称神視点?
それ以外は大体、三人称一元視点なのかな、と思いました。合ってますかね?

それは本題ではなくて、『重い枷』の話なんですが、あれもトウクの三人称一元視点だと思うのですが、トウクが検証士であるが故に、まるで三人称視点の小説みたいな部分があって、面白いなと思いました。相手の内面を正確に感じ取れる人物の小説って、小説としての形式がなんだか複雑になるんですね。また検証士が主役の話が読みたいです。

それともう一つ。(長くてすみません)
カイストシリーズだけでも色んな視点の書き方をしてるのは、書きたい話に対して適切だと思う視点を選んでいるのか、もしくは練習の為に変えているのですか?『借時百万年』みたいな会話だけ小説もあったし、敢えて多様な書き方をしているのかな、と思いまして……

635 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/22(土) 21:11:43 ID:x2mdWVGc
>>634 毎度長文申し訳ない太郎さん。
 こんばんは。設定はある程度固めてから書かないと後で矛盾が生じたりするものですが、まず自分で小説を書き始めてみないことには何も進まないし感触が掴めないので、最初は細かい設定の不要な舞台(現代日本とかテンプレ中世っぽいファンタジー世界とか)で短い小説から書いてみることをお勧めします。
 三人称一元視点という言葉は初めて知りましたが、検索してみましたら三人称のふりをした一人称ですね。大体その認識で合っていると思います。
 私は昔、若桜木虔氏の小説の書き方の本を読んで作法を勉強しました。同じ場面内で視点をふらつかせないことは大事な基本ですが、プロの作家でも混ざってしまう人は多いようです。
 カイストシリーズは全て神の視点の三人称に統一したいと考えたこともありましたが、やはりその時々の表現したい内容によって相応しい視点というものはありますので、縛りプレイをしている余裕はありませんでした。表に出すもので練習をしているつもりはないですね。
 『重い枷』を面白く感じて下さりありがとうございます。読み取りながら行動しているので神の視点とか他人の一人称の視点とかが混ざっております。検証士が主役の小説の予定は……うーん、今のところはなさそうです。
 とにかくは、まず書いてみることです。書いてみるとあまりの書けなさにびっくりされるかと思いますが、その上で少しずつ積み上げていくしかないです。びっくりしなかったら……天才かもしれませんね!
 あなたの執筆がうまくいくことを祈っております。

636 くんどらべったらどっぽれ名なし :2022/01/22(土) 23:46:10 ID:UhMfrdQg
>>635
返信ありがとうございます。
我力と同じで、書いて積み上げての繰り返しが大事なんですね。
これまでにも何度か、ネットなどで"とりあえず書いてみよう"という内容は目に入っていた筈なのですが……
やっぱり憧れの人から言われるのでは説得力が違いますね。実際に私がずっと熱中してしまうような小説を何十年と書いていらっしゃる訳ですから。

実は以前から幾つか、世界の設定を考えないでいいように概念的な世界のショートショートを書いてはいたのですが、(地獄のような世界に堕ちる話とか)一歩踏み出して小説として簡単な世界観から描き始めてみます。私は殺したり殺されたりする話が好きなので、それを現代社会の私に書けそうな範囲の知識で書くと大体狂った殺人物になってしまって、ちょっと避けていたんです。
私がトップクラスで影響を受けているのは狂気太郎さんの作品なので、なんだか二番煎じというか、後追いというか、パクリみたいに感じてしまって。

なんとか、自分の中の情念を込めてみます。『不安』や『セーカー』のように自分の中にあるものを書けると、やっぱり独自性が出るし、読者もそこに共感したり、惹かれたりする訳ですから。

おかげでやる気が漲ってきました。なんだか、何かが始まる様な気がするんです。今までの人生が嘘だったかのように感じてきました。遂に私にも新たな一歩を踏みゲバッ!

637 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/01/23(日) 19:34:50 ID:Ob0NhEEE
>>636 くんどらべったらどっぽれ名なしさん。
 いえいえそんな何十年というほどでは……って……三十年くらいにはなるんですねえ……。
 私の小説に熱中して影響を受けて下さりありがとうございます。まず書き上げて、暫く寝かせて客観的に自分の文章を読めるようになってから読み直して、また書き直して、という繰り返しで上達していくものと思います。
 取り敢えず異世界へのいえ何でもないです新たな一歩ですね!

638 ケケケケチャップ :2022/02/22(火) 19:40:08 ID:.ad3YuNE
狂気太郎さん、こんばんは。

「美しい人」を読ませて頂きました。
Amazonの使い方がよくわからなくて、時間がかかってしまったのですが。
手元に狂気太郎さんの紙の本がある幸福に酔いしれています。

映画の「サスペリア」を観て、予習してから挑んだのですが。

もう、あまりにも素晴らしい作品でした。
ルッキョン可愛すぎます……。

妹ちゃんとおしっこを漏らす場面で、「萌え」を感じました。
(この場面で「もしかして同一人物?」と疑ったりしました)

彼女が、関わる人を次々と殺されてしまい。
まるで死神のような扱いを受けて。
両親まで殺されて、限界まで追い詰められていくのに。
妹を守るため、周囲の死や恐怖。それを乗り越えるかのようにライブを行うのはかなり熱かったです。ものすごい臨場感を感じました……。実際に体温が上がっていましたよ。

その後の、皆殺し展開も別の意味で熱かったです。急展開だったし。破茶滅茶なスプラッターさに大興奮しました。

僕も天然だと言われ、周りからしょっちゅう怒られるので。
美少女なら笑って許されるのは羨ましいと思いました。

ルッキョン(ウッキョン?)の髪の長さと、身長が書かれていなかったのですが。
狂気太郎さんのイメージではどのくらいでしょうか?
中肉中背くらいでしょうか?
左右非対称のレイヤーカット、検索して見たのですが。ちょっとよく分からなかったです。
狂気太郎さんのイメージに近い参考画像があれば嬉しいです。ぜひ、イラストにしてみたいと思っております。

ミステリーとして、最後まで犯人が分からなかったです。

エピローグでは、高坂さんが予想外に鬼畜刑事で、「おおう……」となったけど。
関石さんが生きてて本当に良かったです。

エンディング後、いつか訪れるだろう壮絶限界バトルを想像しただけで、幸せな気持ちになれました。

639 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/02/22(火) 22:46:27 ID:g4/W2iq6
>>638 ケケケケチャップさん。
 おおっと、『美しい人』をご購読下さりどうもありがとうございます。『サスペリア』もご覧になりましたか。ただ実はサスペリアはホラーで、ミステリーなのはサスペリアパート2だったりするんですよねえ。パート2と後からつけられているだけで実際には関係なかったりもします。
 それは置いといて、ルッキョンを評価して下さりありがとうございます。ただ、彼女の容姿については細かいことはすっかり忘れてしまいました。左右非対称のレイヤーカット……?、と本気で首をかしげてたり。取り敢えず背は普通くらいではないでしょうか。
 あなたも天然でしたか。……。た、確かに美少女はお得ですね!
 巨大ミキサーの肉片が跳ね回るところとか、ヤクザ事務所襲撃とか、最後の輪切りとか、私も大好きです。
 まあ本格推理ではないので明確な証拠が作中に提示されてはおらず、犯人は分からなくても仕方ありません。その分からなさとハラハラを最後まで楽しんで頂けたのでしたら幸いです。
 エンディング後は……まあ語るつもりはありませんのでご想像にお任せします。
 『美しい人』はかなりの自信作でしたので評価して頂けるのは嬉しいです。まあ、あんまり売れませんでしたけれども。と、とと、感想をどうもありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願い致します。

640 ケケケケチャップ :2022/02/23(水) 20:51:54 ID:H/tsEAUc
>>639
狂気太郎さん、ご返信ありがとうございます。

ルッキョン本当に可愛かったです……。
天然ボケで、頭を打ってしまうところとか、いくらなんでも可愛すぎませんか。
顔が良い美少女なら、全てが肯定されるので、お得ですよね。
ま、まあ……殺人鬼のストーカーに襲われそうで怖いですが。
今現在、機材が手元にないので、時間がかかりそうですが。イラストとして再現したいと思っております。
血みどろスプラッターな場面がものすごく好きでした。どれもこれも最高でした。
「サスペリア2」もチェックしてみたいです。ミステリーはこちらの方だったんですね。
ジャーロというジャンルは初めてだったのですが。犯人も全然わからなくてハラハラしっぱなしでしたよ。
「お父さん犯人説かな?」と迷推理をしていたのですが。
ルッキョンも同じことを考えていて、僕の思考レベルは彼女と同じだったようです。
つまり僕こそがルッ……。か、顔は全然違いました……。
Amazonでしか売っていないので、注文するのが大変だったのですが。
もし、普通の本屋さんに売っていたら大ヒットしていたのではないでしょうか。
「実験地区13」の方も読み終えたので。
感想をまとめております。
こちらの方も最高でした……。

641 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/02/23(水) 21:54:23 ID:0uKsM8K2
>>640 ケケケケチャップさん。
 天然ボケでも頭は打ちどころが悪かったら死にますので用心したいですね!
 ダリオ・アルジェント監督のジャーロでは、『サスペリアパート2』『シャドウ』辺りが有名で、えっ!?となるトリックですね。
 いやあ、普通の本屋さんに置いてても作者が無名ですぐさま売れなければ撤去されてしまいますからねえ。お手数をおかけしました。
 『実験地区13』の方もご購読下さりありがとうございます。感想はどうかごゆっくりと……。

642 ケケケケチャップ :2022/02/24(木) 21:29:12 ID:p1a3vCe6
>>641狂気太郎さんこんばんは。

サスペリア2とシャドウも見たくなりました。ジャーロにはまりそうです。
普通の本屋さんに、狂気太郎さんの本がズラーッと並ぶのが夢です。

そして、「実験地区13」を読ませていただきました。
もう、あまりの素晴らしさに、余韻がずっとずっと残っています……。
読んでいる間、本当に幸せでした……。
出てくる人たち、みんな魅力的過ぎます……。

特に奇天烈変死郎さん、最初に登場した時のインパクトが強すぎて。
狂気太郎さんの兄弟(?)なのかと本気で疑ったのですが。
その裏にある、BBECのプライドの高い殺人鬼達を束ねるための努力を思うと。すごく大変な役割だったのだと思いました。
やっていることはめちゃくちゃに見えて。非常に真面目な性格だったんですね……。
(不謹慎だけど、出てくるたびに笑ってしまいました。衣装とか凝りすぎです)
彼は、ドラッグで精神状態を調節していたみたいですけど。
お腹にあるジッパーから内臓を取り出したり、自分の家族を皆殺しにしたりなど。
本当に人工的な狂人だったのか。それとも、そういう素質があったのか。
そして、年収はいくらだったのか……。
気になることが山盛りでした。

不生さんと話し合う場面は。
生まれつきの天才と、努力型の天才が対決するような熱さがありました。

荒廃した地区の描写も凄かったです。
自分は以前、介護施設で働いていたのですが。
養殖屋、ダルマ達の描写にものすごくリアリティを感じてしまいました。
手足を切り落とされても、最低限の娯楽だけは与えられる、ただテレビを見るだけの余生。
現実の介護職員も精神的に病んでる人が多いので、その雑すぎる扱い方に、「ああ、なるほどな……」と納得できてしまうんですよね……。
ここの描写は凄まじ過ぎて、狂気太郎さんの残虐描写の中でもトップクラスに怖かったです。
糞尿の臭いが漂ってくるようでした。

タコビル・シューターが撃たれながらも、抵抗をあきらめない姿は。
サムペキンパー映画の「ワイルド・バンチ」とかを連想してしまいました。
あの、「男の意地」というか「滅びの美学」みたいなところがすごくツボです。
どことなく、哀愁や儚さみたいなものを感じてしまいます……。

メカニックがまさか美少女だとは思いませんでした。
個人的にこういう引きこもりの美少女にものすごく「萌え」を感じるので。共闘展開は嬉しかったです。
まといさんに嫉妬して、いじけてる姿が、愛くるしすぎて……。
意外に獅子座なのも可愛いです。

不生さん、愛する者の存在に気付き、満たされたその後がものすごく切なかったです。
愛する人の遺品に囲まれて、老け込んでしまうなんて……。
究極の殺人鬼が最後に辿り着いたのは、人を愛することだった……。というのがものすごく分かってしまうんです。
やっぱり、人は人を愛することでしか満たされないのかなと。
人を殺しまくってきた不生さんがそこに到達するからこそ、「世界が完成された」に納得出来ました。
本当はまといさんに生きてて欲しかったのですが、最後の最後に報われて良かったです。
何故か絵本を読んでいたり、使いにくいショットガンを意地で使っていたり。
ものすごく印象的でした。

何より、久世君が、こんなことになるとは思いませんでした……。
彼はこの後、どんな「答え」を見つけようとするのか。確かな青春を感じていました。
ハンターとして成長し過ぎて、菱魅さんを唖然とさせる場面は痛快でした。
最後にでてくる、あれって、もしかして、眼球だけで、まといさんが復活しないかなと期待したのですが……。

このままいくと久世君のハーレムが始まりそうで。なんだか微笑ましく思いました。おめでとうございます。
本当に楽しい作品でした。ありがとうございました。

643 くんどらべったらどっぽれ名なし :2022/02/25(金) 18:17:57 ID:m4Lhw5dk
久世明人くんが好きです。
本編では明かされていないプロフィールがあれば(身長、体重、誕生日など)教えて頂きたいです。

644 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/02/25(金) 20:17:36 ID:EbYyNz1s
>>642 ケケケケチャップさん。
 ほげーっ、手間かけた感想をどうもありがとうございます。
 奇天烈変死郎さんはいやはや、本当に真面目な人で……。きっと年収は安いと思います。
 養殖屋のダルマは、自分は絶対になりたくないですが、なってしまうと意外と適応してしまうのかも知れません。ミキサー食もその材料が何なのか気にしなければ結構いけるかもいえ何でもないです。
 タルビル・シューターは実際には何を考えていたのかは不明ですが、最後はやっぱり、意地でしょうねえ。
 メカニックさんは、現実に引き篭もりの美少女がいたら不健康な生活で風呂も入らずブクブクと肥満体にいえ何でもないです。
 不生さんはああいう答えを得ましたけれど、究極の殺人鬼が必ずしも愛に辿り着くとは限りませんので。他の何か素っ頓狂な結論に辿り着く殺人鬼がいてもいいと思うんです。世界平和とか……。
 久世君は多少銃の腕が上がったし、精神的には覚悟が決まってしまいましたが、ハンターとして成長しまくったというほどではないです。運が悪いとあっさり死にますからね、人間は。なのでハーレムはちょっと無理そうです。
 書き上げるまで本当に苦労した作品ですが、楽しく読んで下さりありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願い致します。

>>643 くんどらべったらどっぽれ名なしさん。
 久世明人さんを気に入って下さりありがとうございます。
 ただ、隠し設定などを明かす予定はありません。隠し設定が特にないことがばれてしまいますからね!

645 ケケケケチャップ :2022/02/27(日) 21:43:00 ID:Nz7tpdxk
>>644狂気太郎さんご返信ありがとうございます。
遅くなってしまいました。

もう、いくら感想を書いても書き足りないくらいです……。
奇天烈変死郎さん、給料が安かったのに、頑張っていたんですね……。
メカニックさん、お風呂も入ってないのにその美貌は羨ましいです。
タコビル・シューターさん、顔も素性もわからないのに。意地を感じさせるのが凄かったです。
確かに、殺人鬼の中には、変な悟りを開いてしまう方もいそうですよね。
ダルマを唐揚げにすることが世界の真理だった……とか。
久世君の安否が心配になってしまいますが、なんとか頑張って生き抜いて欲しいです。
ロールランサーさんがどんな活躍をするのか楽しみだったのですが。
あっさり死んでしまい、かなり悲しかったです。
表紙にもなっていたので、まさかの展開に唖然としてしまいました……。

646 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/02/28(月) 19:11:12 ID:56d0iOh.
>>645 ケケケケチャップさん。
 いえいえ遅くないですよ。全く遅くないですからね。
 ロールランサーさんは……あっ、本当だ、表紙にいました!
 そうそう、よくありますよね。表紙のキャラがその巻の本編には全く登場しないなんてことも。
 それに比べたらロールランサーさんは良い扱いですよね!

647 karasutengu :2022/03/24(木) 17:04:05 ID:/xSoSc/Y
絶望の歌でいちばんおもしろくよんだ部分は 第四十三番 読み合いでした

コミカルな雰囲気と強烈な結末、面白いキャラクターまで短くて本当に面白かったです!

ところで、この小説を書く時、モチーフになった映画や漫画はありましたか? 私はこういう雰囲気が好きでです。

648 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/03/24(木) 22:43:01 ID:8V9g0Xng
>>647 karasutenguさん。
 ありがとうございます。自分ではなんか書く前の想像と少しずれていて微妙だったんですけれども。オチが悪戯のレベルを超えていたのもまずかったかなあ。
 で、モチーフになった作品は何かあったのかも知れませんが、もう二十年以上前に書いたものなので思い出せません。こういう駆け引きのある作品って巷にありそうな気はします。

649 くんどらべったらどっぽれ名なし :2022/04/16(土) 01:59:48 ID:/9cPp8Rk
こういうことを考え出すと味が悪いのはわかっているのですが…

ワズトーの人口1200人もそうですがカイストに出てくる土地はどこもかなり人口が多い印象です。
シウルスタ王国の王都は人口170万人なので福岡市くらい。
バハモーラは人口12万人で大牟田市くらい。
バザム神聖帝国はバザムスだけで700万人。埼玉県くらい。
それを見下ろす岩山に居城がある。
あの帝国で一番大変なのは皇帝に付き合っているカイストではなく
通勤して700万人分の事務処理をしている一般人の文官なのでは…
エトマフはどこもそんなに違和感ないかな、と。

一方で少ないなと思うのはフィロスのガルーサ商会員の殺害人数2万人。
だいたい70万年に1人ペースなのでフィロスの無差別殺戮からできるだけ距離を取っているのか…

650 狂気太郎 ◆56.MADwAFA :2022/04/16(土) 21:03:15 ID:RTCxdiy2
>>649 くんどらべったらどっぽれ名なしさん。
 サマルータの人口は約一億人を想定しています。後は文明レベルのバラつきがあるので、栄えているところはそれなりに多いのかな、と。寂れている村なんかはやはり二百人とかでいいと思いますけど。
 数字的な問題はなかなか丁度いいところが難しいです。しかし私は対策を思いつきました。
 歴史家は数字を盛る!
 ということで、取り敢えずは放置です。今後うまく修整出来そうならまとめてやってしまいたいところですけれども。
 フィロスの商会員殺害数については、フィロス警報が鳴ってるんじゃないですかね。それから『彼』みたいに歩く災害を離れて追跡する係がいそうです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる / 原書房

災害やプロパガンダから身を守る心構えを教えてくれます。 日本ももう少しこういう教育を頑張って欲しいものです。 というか勝手に広告がリセットされて前の文章を忘れました。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板