したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

漫画・ライトノベル以外の書籍スレ

10 修都 ◆7VC/HIVqJE :2017/02/12(日) 11:25:20 ID:MDyIz2QM
内藤朝雄「学校の秩序分析から社会の原理論へ」
 農耕以前の人類は平和だったのかそうでなかったのか→アフリカやヨーロッパの発掘人骨は殺害率が比較的高いが、縄文時代の人骨群では殺害の形跡はきわめて少ない
 人類はどんなときにも暴力的、どんなときにも平和的というような存在ではなく、条件によってはきわめて暴力的になる存在ではないか
 現代市民社会の秩序は、暴力による秩序の強力な阻害条件となっている→監獄や民族紛争、捕虜収容所などでは暴力などによる秩序が発生することがある
 日本の学校も、市民社会の秩序を除去し、暴力による秩序を露出させるモデル現象の場である→同年齢の人々をひとまとめにし、移動を禁じ、強制収用する場
 生徒は、自発的なものであるから服従ではなく支配でもない、という支配に自発的に服従しなければならない
 いじめ→いじめを行っているのは自分の行為、自分の感情であるにもかかわらず、それは何かのしわざ、何かにさせられているような感覚になる
 いじめは、市民社会の秩序が劣位となり、暴力による秩序が圧倒的優位へと転じているものである
 いじめでは、被害者が自殺してもその死が軽く扱われ、さらに他の生徒がいじめられることがある→外部の市民社会の秩序を無視して、自分たちの暴力による秩序が貫かれる
 いじめを行う生徒たちも普通の子どもたちである→それが、学校という閉鎖空間で集団生活をするうちに暴力による秩序を圧倒的優位とし、市民社会の秩序を劣位状態にする
 いじめを行った生徒たちは暴力による秩序が優位の学校を卒業し、市民社会の秩序が優位である社会に出ると、あれは何だったのだろう?という感覚になる
 日本の19歳未満の若者による殺害率は極めて低いが、その若者たちが学校では被害者を死の寸前まで追い詰め、時には死なせるいじめを行う
 →このことは逆に考えれば大きな希望である→条件を整えれば暴力に満ちた状態から平和な状態に変えることは出来るのではないか


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板