したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

新記事

1 亀山信夫 :2005/08/30(火) 05:09:38
本日届いた『財界にっぽん』10月号に、藤原博士と正慶教授との対談「躾て『けじめ』を持つことは、賢く生きる上での基本です」という記事が掲載されていましたのでお知らせ致します。また、同記事の中に珪水さんのことが紹介してあり、しかも記事の中の大きなウェイトを占めていました。珪水さんからは数日前にお電話をいただき色々と近状報告を行いましたが、近く上京された折りにても再会し、パソコンと目の疲れ、洗濯、アイロン台などのことについて語り合えればと思います。ただ、記事中で藤原博士は「アイロン台」としか言及されて下りませんでしたので、将来同記事が単行本化されるときは、できるものなら以下の珪水さんの言葉を追記していただければ幸いです。

珪水さん曰く
・アイロン台は市販のものではなく(様々な有機物が入っているので)臭わない木の板を見つけ、バスタオルを2枚程度重ねてアイロンがけをすること。
・熱でウィルスを殺すので風邪が直るのである。
・気が向いたら自分でアイロンがけをすること。


ホームページ【宇宙巡礼】管理人・亀山信夫

141 安倍ジェクシオン :2013/05/30(木) 22:58:51
「アベジェクシオン」でググってみたところ、こういう書き込みがございました。(本文が長過ぎるので2回に分けて全文転載)

その1
===============================================================================================================================
沖縄県民の皆様からすれば、今度は、日本に対して上手く騙されたふりをして、尖閣諸島を払い下げる見返りとして、この場所に老人介護施設を作って、これをご老害の慰安所あるいは、極悪人の流刑地代わりということで、石原慎太郎とご一緒に、竹島に上陸騒動を引き起こした韓国の前大統領を仲良く、島流しということで、喜んで悪人同士で仲良く、流刑生活を送らせるあげるということにでもして、石原慎太郎には、そっと静かに老後生活を送らせてあげるようにすれば良いだけのことですよね。
アメリカに対しては、普天間基地の全面返還や辺野古移設を諦める見返りとして、今度は、辺野古の美しい海沿いに、戦争等による孤児院も予て、沖縄県民の皆様の子供たちをはじめ、家族と共に沖縄県に来られた米軍兵士の子供たちも自由にご利用して頂けるような、認定こども園あるいは保育園と、ベトナム戦争の際にベトナム人役までさせられたベトナム村に、ご老害の慰安所も兼ねた老人介護施設も作れば、これらに必要な人材ということであれば、それこそ日本が従軍慰安婦問題を逆手に取って、中国や韓国、ベトナム等から、慰安婦代わりということで、介護ヘルパーや保育士としての人材として、日本全国各地で、幾らでも活躍して頂く機会を与えてあげるように、喜んで受け容れてあげるようにすれば良いだけのことですよね。

142 安倍ジェクシオン :2013/05/30(木) 23:00:15
その2
===============================================================================================================
韓国が、これと同じことをするなら、自民党にいる稲田朋美や高市早苗、片山さつき等の、使い物にならない間抜け議員連中を、今度は、従軍慰安婦問題の代償を予て、慰安婦代わりということで、介護ヘルパーとして、韓国の被害を受けた高齢者の皆様とご一緒に、戦時中に慰安所を勝手に作った中曽根康弘を韓国に喜んで送り出して、そっと静かに被害者の皆様とご一緒に老後生活を送らせてあげるようにしてあげれば良いだし、これなら、ベトナムをはじめ、北朝鮮やモンゴル、ロシア、台湾にとっても良いお手本にもなるし、モンゴルを沖縄県に置き換えれば、内モンゴル自治区を台湾に置き換えると、中国国内のチベット自治区やウイグル自治区、満州等の周辺民族にとっても良いお手本にも繋がるし、こうした周辺民族自治区が政治的には中国から離れて行くことになる代わりに、経済的には、あくまでも一つの中華思想というものにインテグレートされて、中国経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る社会となって、経済的にはあくまでも一つの中国ということを前提とすれば、EU全体にとっても良いお手本にもなるし、日本としては、喜んで反面教師になってあげることで、これが結果的に日本の国益になるばかりでなく、韓国や北朝鮮の国益にもなるし、ロシアやモンゴルの国益にもなり、ベトナムをはじめとする東南アジア諸国全体の国益にもなるし、台湾を含む中国全体の国益にもなれば、アメリカの国益にもなるし、ロシアの国益にもなることが出来れば、誰も損することは無く、誰もが得することが出来て、EUを中国の立場に置き換えて、イギリスを日本の立場に置き換えれば、ドイツを中国に置き換えて、フランスやイスラエルを韓国やベトナムの立場に置き換えた上で、日本がトルコやサウジアラビアの立場に立ってあげれば、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来て、国際社会全体の平和と安定に繋がり、資源の浪費も回避し、食糧自給率の向上をはじめ、廃棄物の減少にも繋がり、地球環境全体への恩返しにも繋がって行くことで、日本が全人類の救世主として高く評価されるほどの素晴らしい運命を選択することになるのなら、日本経済は、もう幾らでも喜んで衰退させ、アベジェクシオンを喜んで破綻させ、グローバル競争からは喜んで撤退し、韓国や中国、北朝鮮に喜んで敗北してあげることで、幾らでも喜んで身を縮めて、ヘタレ込んで、全人類から邪魔されない様に、幾らでも喜んで、恥を忍んで、ただひっそりとヘタレ込んで、静まり返った社会に変えて行くことで、日本の1%を喜んで没落させる代わりに、最低賃金水準を底上げして、底上げした一定の水準のところを生活保護受給額の上限とするようにして、一定の範囲内に貧富の格差を縮小させ、この中で、共に自立して、幸せに暮らすことが出来るだけの社会福祉国家となって、これだけを誇りとして、対米従属からそっと静かに離れながらも、日本全体を地球市民社会の中に、喜んでひっそりと埋没させてしまうことで、この地球市民社会の象徴として君臨するのが天皇陛下であることに誇りを持って、この権威を高く尊重して天皇制を存続していくことで、成熟した素敵な大人の国として、ただひっそりと自立して行くようにして参りましょう。

http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/483.html#c14

143 千々松 健 :2013/06/09(日) 13:56:39
先ごろ、米中首脳会談が持たれたパームスプリングスは、博士が以前住んでおられた場所ですね。
砂漠のオアシスのごとき避寒地でゴルフ場も沢山あり、有名人の夢の地であるようです。
ランチョ・ミラージュのサニーランズ豪邸のお話も見つけました。
「ニューリーダー」1990年5月号
fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/summit.html

144 ABC :2013/06/09(日) 22:02:05
fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/summit.html

145 宇宙巡礼HP管理人A :2013/06/24(月) 19:28:25
『ニューリーダー』 2013年6月号

【ご案内】「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記記事を収録しました。どうぞご覧下さい。

対談・民主主義の危機と属領政治(下)

覇権主義破綻の歴史の相似象
基礎的な政治の原則とは何か

藤原 肇 (フリーランス・ジャーナリスト/慧智研究所所長)
本澤 二郎 (ジャーナリスト/元『東京タイムズ』政治部長)
fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201306.html

146 宇宙巡礼HP管理人A :2013/10/04(金) 00:53:35
【新記事のHP掲載のご案内】「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記記事を収録しました。どうぞご覧下さい。

『月刊ザ・フナイ』2013年2月号 水素原子の生命活性化作用とシリカ・エネルギー水の威力
―世界の秘水 (elixir vitae (エリクシールヴィテ))が伝えるコロイド現象と原子転換
   藤原肇 慧智研究センター所長/構造地質学専攻 理学博士
   唐津義博(からつよしひろ) 霧島倶楽部 シリカ研究所 所長
 fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/funai201302.html

147 宇宙巡礼HP管理人A :2013/10/05(土) 01:05:11
【新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『月刊ザ・フナイ』2013年3月号
 生命力を生み出す結晶パワーとプラトン立体の秘密
   ギリシャ文明の自然観と数学が示す宇宙の秩序
 fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/funai201303.html

148 宇宙巡礼HP管理人A :2013/10/13(日) 02:16:29
Twitterに 藤原 肇 bot.(@924808) というアカウントができましたのでご紹介いたします。
藤原さんの著書や各誌への寄稿から、140字以内の文章を抜粋したものが、Twitter上に一定間隔
で自動配信されます。 自動配信の文章選択等のサジェスチョンがありましたら、掲示板かTwitter上でお
知らせください。

149 宇宙巡礼HP管理人A :2013/10/13(日) 02:20:19
追伸:Twitterの 藤原 肇 bot.(@924808)アカウントはこちらです。 
→ https://twitter.com/924808

152 宇宙巡礼HP管理人A :2013/10/17(木) 08:27:26
藤原 肇 Twitter UPDATE; 
アカウント名は、”藤原 肇 un pèlerinage” https://twitter.com/924808 に変更しま
した。
アカウントIDは @924808 (『間脳幻想』の書籍番号から採番) で変わりはなく、
現在、2時間おきに順調につぶやいております。

なお、背景の図柄には、ルネサンス期イタリアの画家ラファエロ・サンティの
”アテナイの学堂” http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Raffael_058.jpg を使用し、

また、PC使用時に出るバックグラウンドの図柄には”ハッブル宇宙望遠鏡”が捉えた銀河群”の写真を採用しました。
http://hubblesite.org/gallery/album/the_universe/pr2004007b/large_web/

153 宇宙巡礼HP管理人A :2013/11/05(火) 09:35:23
『月刊ザ・フナイ』 2013年10月号

【新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の対談記事を収録しましたのでお知らせ致します。
    
     強権政治の病理とメディアの堕落  
         ―― 暴走する狂乱政治に盲従する”マスごみ”

    藤原肇 本澤二郎

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/funai201310.html

155 宇宙巡礼HP管理人A :2014/06/16(月) 19:44:57
【新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「論文」欄の「Articles」に下記の記事を収録しましたのでお知らせ致します。

”Landmark visit by Japanese crown prince”
by Stuart Alan Becker  
18 June 2012 The Phnom Penh Post

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/paper/ppost2012/ppost201206.html

156 宇宙巡礼HP管理人A :2014/07/11(金) 02:11:42
【新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の対談記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『月刊ザ・フナイ』2014年6月号   シリカ(珪素)の不思議 第3回

水の惑星ガイアの生命を統御する水とシリカの力

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/funai201406.html

157 一色 :2014/08/10(日) 13:26:52
藤原さんが行っている対談の最新記事の一部が、インターネット上に紹介されて注目されています。
http://www.asyura2.com/14/senkyo169/msg/614.html


158 宇宙巡礼HP管理人A :2014/08/17(日) 09:16:28
【最新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の対談記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2014年7月号

特別対談
太平洋を結ぶ国際政治と経済戦略
二一世紀冒頭のアジア南部における地政学的な潮流(上)

スチュアート・アラン・べッカー ミャンマー・タイムス 営業局長
藤原 肇 フリーランス・ジャーナリスト、慧智研究所長

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201407.html

159 村山 :2014/08/21(木) 14:55:03
本澤二郎さんが藤原さんの記事について紹介しています。
興味深いコメントだと思いましたる
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52078620.html

160 宇宙巡礼HP管理人A :2014/09/02(火) 09:22:08
【最新記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の対談記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2014年8月号

特別対談
太平洋とインド洋を結ぶ国際政治と経済戦略(中)
二一世紀冒頭のユーラシア大陸周辺における地政学

スチュアート・アラン・べッカー ミャンマー・タイムス 営業局長
藤原 肇 フリーランス・ジャーナリスト、慧智研究センター所長

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201408.html

161 宇宙巡礼HP管理人A :2014/10/09(木) 09:09:53

【最新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の対談記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2014年9月号

特別対談
太平洋とインド洋を結ぶ国際政治と経済戦略(下)
二一世紀冒頭のカンボジアを巡る地政学

スチュアート・アラン・べッカー ミャンマー・タイムス 営業局長
藤原 肇 フリーランス・ジャーナリスト、慧智研究センター所長

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201409.html

162 村山 :2015/02/24(火) 09:52:20
藤原さんの対談に関連した記事がネットに出ていました。
http://www.asyura2.com/15/kokusai10/msg/147.html

163 宇宙巡礼HP管理人A :2015/03/12(木) 11:35:22

【英訳記事のHP掲載のご案内】
「宇宙巡礼」HP「論文」欄に下記の対談記事の英訳版を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2014年8月号

特別対談
太平洋とインド洋を結ぶ国際政治と経済戦略(中)
二一世紀冒頭のユーラシア大陸周辺における地政学

スチュアート・アラン・べッカー ミャンマー・タイムス 営業局長
藤原 肇 フリーランス・ジャーナリスト、慧智研究センター所長


"New Leaders Magazine" August issue 2014



Special talk

-The situation of international politics and economic strategies in the Pacific and Indian ocean [a serial in three installments,#2]-

The geopolitics in the peripheral area of the Eurasian Continent at the beginning of the 21st Century



Stuart Alan Becker (Myanmar Times, Senior Business Development Officer)
Hajime (Jim) Fujiwara (Freelance journalist, Director of Cosmic Wisdom Research Center)


fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201408ENG.html

164 一色 :2015/07/21(火) 20:00:02
藤原さんの最近の記事の一部が引用されて出ています。
オリジナルの記事は「ニューリーダー」の七月号です。
http://www.asyura2.com/13/hihyo14/msg/743.html

165 宇宙巡礼HP管理人A :2015/07/26(日) 06:46:16
【最新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2015年7月号


【ドローン事件】白日の下に晒されたお粗末な安全保障理念
未来の芽を摘む蛸壺発想

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201507.html

166 asa :2015/08/04(火) 19:04:48
オバマ大統領は合同記者会見で
「日米防衛協力の指針として、地元住民の負担軽減を目指し、
沖縄を含む地域の米軍基地を、移転する努力を強めていく」と表明。
「海兵隊を沖縄からグアム島に向けて、移転させることを
推進する義務を確認した」

この2点こそが、アメリカのオバマ大統領にとっての主訴であるとするならば
共通することは、オバマ大統領は、普天間基地の移設先は辺野古にするとは
一言も語っていないということに気づけば、この気づきこそが、キャリアコンサルタント
から見た本質的な見立てであり、沖縄県にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、
沖縄県にしてみれば、基地のない平和な島を取り戻すということを目標に置くことで
そのための手段として、中国ならびに台湾と共に、日米両政府に対して、辺野古移設を
速やかに中止してもらうことこそが、アメリカにとってのメリットになり、中国にとっての
メリットにも繋がるばかりでなく、日本全体にとってのメリットにも繋がることに
なるのではないか、ということでどんどん訴えていくことになっても何ら問題ではないことは
明らかなことではないかと見破れば、これだけでも
自民党の官房長官が、この辺野古移設を、このまま進めても何ら問題ない、という発言そのものが
、この官房長官が、自らボロを出してくれたに過ぎないのではないかという
のが、キャリアコンサルタントから見た、この自民党そのものに対する本質的な見立てそのものであり、
中国やロシアにしてみれば、もうお見通しのことであることは当たり前のことだし、
これこそ、核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた日本の外務省からして
アメリカにしてみれば、バレバレであるにも関わらず、これがバレるのではないかという不安や葛藤が、この
ような自民党と運命を共にすることを選択したまでのことではないかということならば
アメリカからしてもおみとおしのことではないかと見破れば、

「すでに海兵隊の一部が極秘で台湾に移転を開始しており、
沖縄のトラブルの外に立つ形で、米軍の極東戦略は動いている。
だが、目先のことしか理解できない日本の外務省や首相官邸は、
全くピントはずれの対応しか出来ず、アジア・ウォッチャーの
特派員たちから嘲笑を買っている。」という事実からして、
これを裏付ける動かぬ証拠ではないかと見破れば、これだけでも
別に大して驚くようなことではないし、これが何処まで進んでいるのか
については、アメリカに聞いて見ないと分からないところではありますが
想定外どころではなく、むしろ、想定内であることくらいならば、お見通し
のことであるにも関わらず、これに全く気づいていないのか、気づかれないよう
にして、これをごまかそうとしているに決まっているのではないかと
いうのが、キャリアコンサルタントから見た本質的な見立てではないかと見破れば
、中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、そっと静かに腹の底で嘲笑って
いるくらいのことならば、簡単にお見通しのことでもあれば、さすがに怒りなんて
言うものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言い様がありませんね。

エイジハラスメントというドラマではありませんが、このドラマの主人公の女性を
中国人女性スパイにでも置き換えれば、中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして

この自民党のみならず外務省に対して、五寸釘をぶち込んでやろうか、ということで
幾らでも揺さぶってくることくらいのことならば、簡単に出来ることだし、
キャリアコンサルタントとして、これからの若い世代の学生については、この
ドラマの中での出来事を、卒業し就職してから、これと似たようなことがあった場合に
どうすればよいのか、ということの教訓として、このドラマを見ながら、自らの自己理解の
や仕事理解に繋がる目標と方策に置き換えて、一つのロールモデルとして楽しみながら見て
貰っても大いに結構なことかも知れませんね。
同時に、この新人女性を中国人女性スパイに置き換えれば、この上司である女性課長を
今度は、日本の中堅女性社員の皆様にとっての一つの良いロールモデルとして楽しみながら
見たりするのも良いのではないかと考えられますね。

167 宇宙巡礼HP管理人A :2016/04/04(月) 20:52:05
【最新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の記事を収録しましたのでお知らせ致します。

『ニューリーダー』 2016年3月号

〔地政学〕その統括と展望①
東南アジアに残るソフト・パワーの足跡
宇宙に広がる世界秩序の新フロンティア

168 宇宙巡礼HP管理人A :2016/05/01(日) 03:49:54
【最新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の記事を収録しましたのでお知らせ致します。『ニューリーダー』 2016年4月号

『ニューリーダー』 2016年4月号

【地政学】その統括と展望②
ジェオポリティクスの世紀からアストロポリティクス時代に

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201604.html

169 asa :2016/05/01(日) 11:48:02
早速記事を拝見致しました。
非常に興味深く、特にアストロポリティックスという言葉こそ、自分も初めて聞く言葉でしたが
国際社会全体の多極化の流れという変化の中では、非常に重要なところであることは間違いありませんね。


藤原 その通りです。歴史感覚を研ぎ澄ますだけでなく、数理発想の訓練を受けて鍛えた頭脳によって、未来と運命が決定して行くので、そうした人材の育成が決め手になります。結局は教育に舞い戻ったが、人材が活躍する場を作ることが重要で、やはり「人は石垣、人は城」になりました。 (続く)

これも一つには、私たち日本人が自ら解決すべき課題となるヒントとするならば、歴史認識とキャリア教育というものを兼ねて

戦前の日本でミッドウェー海戦で敗北直後に、山本五十六連合解体司令長官が相談者として、キャリアコンサルタントに相談に来られたことを想定し
この時のキャリアコンサルタントが、アメリカのクランボルツであれば、このクランボルツを指導レベルのキャリアコンサルタントとした場合に
この山本五十六連合艦隊司令長官が、自らが責任もって戦争を終わりにしたいというのが主訴であったとするならば、これを実現するために
以下のことを、実際に考えてもらうというのはいかがでしょうか?

課題1 このミッドウェー海戦の敗北という出来事そのものが、偶然が齎したものであり、決して山本五十六連合艦隊司令長官の責任ではないこと
   歴史的な転機の始まりのきっかけと捉え直せば、山本五十六連合艦隊司令長官の立場として、とるべき行動として、どのようなことが想定される
   のでしょうか?

課題2 この山本五十六連合艦隊司令長官が取るべき行動に対する阻害要因というものは、何処にあったと考えられたでしょうか?

課題3 この阻害要因というものを、リスク要因として、これを私たち日本人が自ら解決すべき課題とするならば、この課題を解決するため
    の具体的目標と方策を挙げて下さい。

課題4 もしも、この時点で、戦争を終わりにすることが出来たとすれば、その後の日本の歴史はどのように変わっていたと考えられるでしょうか。

170 宇宙巡礼HP管理人A :2016/05/27(金) 05:32:16
【最新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記の記事を収録しましたのでお知らせ致します。


『ニューリーダー』 2016年5月号
【地政学】その統括と展望③

二一世紀型の人材育成と叡智力の探求
宇宙に広がる世界秩序の新フロンティア

fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader201605.htm

171 千々松 健 :2016/06/19(日) 23:22:37
12世紀のイブン・ハルドゥーンというアラブの思想家については以前聞いていたのですが、19世紀アメリカの知性のチャールズ・パースは知らずにいました。
早速に松岡正剛の千夜千冊でチェックしましたところ、要するに「●▲■の超三段階論」を100年前に既にイメージしていた人物なのでした。
『最高度の実在は記号によってのみ到達される』その『記号:Sign』とはモード、テクスト、プロセス、仮説及び図表や図像も含めたものというのですからすごい。
帰納・演繹・アブダクション(仮説形成)の三つの推論が連続性を持つ「関係の論理学」というのは、図にすれば●▲■の三項関係になります。
そしてパースのアブダクションはその中では「逆行列的推論」に類似するはずです。
http://8w1hflkm.jp/123universJ.pdf
2016.6.19

172 宇宙巡礼HP管理人A :2017/06/11(日) 03:20:24
【記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。

『財界 にっぽん』 2002.06月号  [『賢者のネジ』に収録 ]
 大杉栄と甘粕正彦を巡る不思議な因縁

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai200206.html

173 村山 :2017/08/22(火) 17:41:22
出たばかりの「財界にっぽん」の十月号に、藤原さんの記事が出ています。題名は「断末魔を迎えた安倍ゲシュタポ内閣の悪足掻き」です。内閣官房の気候と働きについての記事はまだ存在せず、
どの雑誌にもこれだけ整理されている分析はなかったので、きっと注目される歴史に残る取材記事だと思います。
でも残念ながら、記事の欄にその記事が公開になるまで一か月もあるので、早く読みたいと思う人は電話で注文すれば、送ってもらえるそうで番号は(03)-5577-5018です。

174 宇宙巡礼HP管理人A :2017/08/28(月) 10:03:36
【記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。

「財界にっぽん」 2017 9&10月号

特別寄稿
断末魔を迎えた安倍ゲシュタポ内閣の悪足掻き

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai201709.html

175 吉田 :2017/08/29(火) 22:48:03
藤原さんが「財界にっぽん」に発表した記事について触れたものが、「阿修羅」のマスコミ欄でダントツでトップになっている。多くの人の関心を集めているのは確実であり、そんな時にタイムリーに記事が公開されたのは素晴らしい。
マスコミ アクセス数ランキング(24時間)
  2017/08/29 21:45更新
…もっと見る
断末魔の安倍内閣の正体が遂にU-TUBEで全世界の日本人に配信された…紫式部(5,878)
【角川書店】角川春樹の神がかり経営術の危険な末期症状【幸福の科学】…提供人D(1,147)
ネットで暴露された徳光24時間マラソン“噴飯”全裏側(日刊ゲンダイ) …赤かぶ(351)
【QVCの売り女、生オンエア中に涙目w】生放送の通販番組でハプニング、電…pas(203)

176 村山 :2017/09/28(木) 12:12:53
本澤さんが書いている「日本の風景」というサイトに、「財界にっぽん」に掲載されている、藤原さんの記事について書いてあった。
<その一部の張り付け>
<創価学会の源流は「大日本皇道 立教会」?>
 この世は欺瞞に満ち満ちているのかもしれない。正直者は馬鹿を見ることになる。騙しの世界の、現在の第一人者が安倍晋三なのだろう。日本国民も、本日の安倍・違憲解散にNOと叫んでいる。
月刊誌「財界にっぽん」11月号の藤原原稿が、またまた話題を提供している。安倍支援の創価学会の源流が、これまで聞いたこともない「大日本皇道 立教会」という、その証拠写真を掲載した。右翼研究者の分析を期待したい。

<児玉誉士夫と牧口常三郎!>
 12人が映った問題の記念写真に、創価教育学会創立者の牧口常三郎と児玉誉士夫が、共に顔をそろえているという説明がついている。牧口は立派な髭をたくわえ、児玉は黒髪が頭部全体を覆っている。
この中に二代会長の戸田城聖もいる、というのだ。
 どうみても、名前からして右翼・国粋主義を連想させる。
 普通の国民も、ほとんどの創価学会員も、この写真に衝撃を受けるのではないだろうか。これが事実であれば、天皇制国家主義路線をひた走る安倍路線を支援するのも、不思議ではない。
 そういえば、昨日、韓国では8月14日を「慰安婦記念日」とすると決めた。歴史認識の重要さを裏付けている。安倍効果であろう。
<同和行政は公明党の縄張り?>
 藤原原稿では「同和行政は公明党の縄張り」と決めつけている点も、門外漢にとって、意外な指摘である。確かに国交大臣は、なぜか公明党の指定席である。
この利権の巣である役所を、よくぞ自民党が手放すものだと感心してみていたのだが、藤原説では「同和行政」が関係している、といのだ。
 関西人はピンとくるかもしれないが、関東人にとってよくわからない。

 国交大臣を歴任した公明党の冬柴鉄三の、次男が経営する「かき鉄」という店に安倍が訪れている写真も出ている。店の便所手前に、安倍と小泉進次郎の色紙が並んで飾っており、その写真も掲載されている。
<佐川答弁監視役は大石秘書官>
 もう一枚の写真も注目を集めそうだ。あの大嘘付きのため国税庁長官に出世した、佐川の国会答弁をする背後に、監視役の警察出身・大石秘書官が目を光らせているではないか。
 国家秘密警察・ゲシュタポ内閣を象徴しているようで、不気味だ。

 記者会見もできない佐川は、いまどうしているのか

177 宇宙巡礼HP管理人A :2017/10/07(土) 16:09:53
【新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。

「財界にっぽん」 2017 11月号

特別寄稿 第2弾                     '
無能と嘘で国家信用破壊した自公体制の罪と罰

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai201711.html

178 宇宙巡礼HP管理人A :2017/10/13(金) 11:48:13
【新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。

『ザ ・ フナイ』 2017年 11月号

【特別寄稿】                      
世界に立ち遅れ存在感を失ったニッポン       
―― 経産官僚と公安警察に支えられた自公政権のツケ

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/funai201711.html

179 宇宙巡礼HP管理人A :2017/11/06(月) 18:13:15
【新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。


『財界にっぽん』 2017年 12月号
 

特別寄稿 第3弾                     '
翼賛体制の悪魔に挑む日本の選択

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai201712.html

180 宇宙巡礼HP管理人A :2018/03/07(水) 01:29:59
【新記事のHP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記を収録しましたのでお知らせ致します。

『財界にっぽん』 2018年 4月号

特別寄稿                      
日本を破壊したゾンビ政治と愚民化のための言論統制

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai201804.html


なお、「財界 にっぽん」の消長については、2018年3月1日付の下記の本澤氏の
ブログに、きわめて残念な結果となったことが紹介されております。

悲報!反骨雑誌が撃沈<本澤二郎の「日本の風景」(2900)

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52204189.html

181 宇宙巡礼HP管理人A :2018/03/19(月) 22:00:23
【記事HP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記記事を掲載しましたのでお知らせ致します。

『加州毎日』掲載記事 1989.5.10〜1989.5.15、1989.11.28から1989.12.21.
『平成幕末のダイアグノシス』第六章に収録

 「アメリカから読んだリクルート事件の深層」

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/heisei6.html

182 植民地 :2018/03/22(木) 12:16:47
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%BC
中野ジロー ウィキペディア

◆元創価学会 男子部 班長(牙城会 会員)。
◆暴走族・関東連合 中野ブラックエンペラー創立者 初代リーダー。
元・住吉会 幸平一家系組員(旧 池田会出身)に28年間所属し、後に除籍という形で
正式に離脱。

社会派漫画家・森哲郎の次男。政治団体「愛心会」会長。妻はAV女優の水無潤。
2005年から物書きの世界に入り、以後、「実話ドキュメント」「実話劇画マッドマックス」
「実話時代」などの雑誌に連載を持ち、取材記事、漫画原作も多く手がける。
「実話劇画ナックルズ」では取材記事も手がける。

■会員証の写真 『裏社会 噂の真相』 (著) 中野ジロー
https://books.google.co.jp/books?id=ccRdDAAAQBAJ&amp;pg=PT112

http://dailycult.blogspot.jp/2010/05/blog-post_5884.html
やや日刊カルト新聞 2010年5月18日火曜日
元後藤組組長がつづった、創価学会とヤクザ

コメント欄より
-----
匿名 2013年10月1日 17:16

創価学会暴力団が企業のPCをテンペストで盗聴してるんですよ。
入札妨害はするし、俺たちは朝鮮人で日本人より上だとか言ってる事が意味不明で。
静岡県は狂ってますね。創価学会暴力団は

「警察を理解してる、この親父(60代の男が発言)俺ら見破られてない、それこそ楽勝」
だとか「非常に楽勝(70代の女が発言)」だとか警察がハッキングを推奨してると
こちらの抗議に対し発言しており、

暴力団と創価と警察が一体となって犯罪を犯しているとの主張でした。

学会員の警察が居ると主張しており、明らかに国家に反する姿勢でした。
山口組系○○組みだとかマルボウ対策しっかりやらない静岡県警は暴力団同様癌です。
企業が暴力団と創価学会に威力業務妨害されてるんですよ、
ハッキング被害も受理しないし、捜査もしないし静岡県警はどうなってるんですか?
-----

>> http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/koumei/1339131311/65-70

183 言論封殺 恐怖政治 :2018/04/01(日) 13:49:00
 
>>182 最下段は以下だが、正しく飛ばないので、URLコピペで

TV番組の中の赤青黄 おーぷん2ちゃんねる掲示板 創価・公明板
http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/koumei/1339131311/65-70

186 一目山隋徳寺 :2018/04/22(日) 02:22:20
知る人ぞ知る、少数本格派の為の雑誌として出版界に異彩を放ってきた、かの『財界にっぽん』が、奇しくも、藤原さんの記事 “特別寄稿 日本を破壊したゾンビ政治と愚民化のための言論統制“を掲載した2018年 4月号をもって、国税当局の処断で廃刊の憂き目を見たという報に接し、その出来事とそれに先立って同紙に藤原さんが特別寄稿した切れ味のするどい記事の数々の内容を合わせて振り返った時に、私の頭に浮かんだのは『1984』の中の次のセリフでありました。

"Who controls the past controls the future: who controls the present controls the past,"

物事や歴史の本質や構造や全体像を掴む上で、鍵となるジグソーパズルの一片のような貴重で不可欠な情報や真実というものがあるが、それらは偶然に残ることは稀であり、誰かが意思を持ってインテリジェンスを働かせて掴みとり、かつ記録して残す工夫をしなければ、それらは歴史の闇に容易に消えてしまうものではないでしょうか。

その意味で、これらの記事の筆者である藤原さんはもとより、被弾し倒れた『財界にっぽん』は、当代を生きる人々に問題の本質を掴む手掛かりを提供しているのみならず、後世の人々に“平成幕末の暴政とその大団円の舞台裏”について、歴史の本質を掴む上で欠くことのできない重要な手掛かりを残すという大きな功績を果たしていることは明白であると思われます。


なお、最近、試しにネット上を見てみたところ、本記事に触発された下記の情報発信を見かけましたので、皆さまのご参考として、ここに紹介して記録しておきたいと思います。

安倍晋三、加計考太郎・・・同じ血流による支配の終わり
ー カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp


◆特集:モリカケ三大スクープの威力!
モリ・カケ戦争最終局面3
加計孝太郎は岸信介の子だった!?
ー 青山貞一 独立系メディア E-wave Tokyo
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-morikake114.html

187 宇宙巡礼HP おしらせ :2018/04/29(日) 01:00:25

おしらせ

1. iPhone や iPad 利用時の文字化け解消
従来、iPhone や iPad からの ホーム・ページ【宇宙巡礼】へのアクセスの際は、文字化けが発生しておりましたが、この度、全般的な文字化け対策方法を導入し、【記事】【著書】【Twitter】【復刊】【語録】【論文】【図表】内の コンテンツ について、iPhone や iPad からもご利用いただけるようになりました。


2.『賢者のネジ』の電子テキスト(全文)採録 他

ホーム・ページ 『宇宙巡礼』内の【復刊】(名著の復刊) コーナーに、『賢者のネジ』の電子テキスト(全文)を採録しましたので、おしらせいたします。

また、
【記事】欄の 『財界 にっぽん』 2002年6月号
大杉栄と甘粕正彦を巡る不思議な因縁
には、同記事が 『賢者のネジ』の第八章へ採録された際に章末に追加された下記の(基本参考資料) への 参照リンクを付加しました。

(基本参考資料)
(A)「戦時宰相論」 中野正剛

(B)「小泉純一郎の破廉恥事件における日本のメディアの腰抜け」 藤原肇

(C)「二つの亡国時代における日本版『離騒』の顕現」 若月弦一郎 (評論家)

188 asa :2018/05/06(日) 13:30:12
久しぶりに投稿します。

この記事の中にございました、

「しかも、国会答弁における?とデタラメは、ミッドウェー海戦の惨敗に似て、
大本営発表による?と隠蔽で、虚報が蔓延した時代にそっくりだ。
その理由はメディアが完全に堕落し、事実を伝える任務を完全に放棄して、
政府の宣伝機関になり果てたために、国民が無知に気づかなかったからだ。」

ということが主訴なのだといったところで、このミッドウェー海戦の敗因その
ものが、国民性の欠陥が潜在的な要因であることは、軍事的な戦略や戦術面での
ことは軍事評論家や軍事専門家でないので、何とも言えないところではあるものの

山本五十六連合艦隊司令長官が、管理監督者の立場として、「もはや、これが潮時なの
ではないか」ということが主訴であったとするならば、もしもクランボルツが指導レベルの
キャリアコンサルタントに置き換えれば、「この国民性の欠陥そのものが、潜在的な要因で
あったとしても、戦前の日本が自ら招き入れた結果そのものであることは、管理監督者の立場
である山本五十六連合艦隊司令長官に置かれましては、必ずしも自己背金とは言えないところも
ございますので、どうぞご安心下さい」ということで、そっと静かに暖かく見守っていくことで

このミッドウェー海戦の大敗そのものが、「戦前の日本にとっての終わりの始まりのきっかけで
あることは、決して偶然とは言えないところに深い意味があり、このような戦前の日本にまんまと
騙されてしまった当時の大日本帝国臣民もまた、自ら招き入れてしまったことが、この
国民性の欠陥によるものだとすれば、故小室直樹博士にとっては、私たち日本人にとっての極めて重大な
構造的欠陥が、このミッドウェー海戦による敗因であることを、見事に証明してくれた
ものであるのかも知れないということも、真実として見透かせば、私たち日本人自らの解決すべき課題
として、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり」、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということもまた、
一つのきっかけにもなるかもしれないし、これが多極化の流れの中での環境変化によるものであるとしても
「国破れて山河あり」ということもまた、これまでの歴史的な転機の繰り返しの中から、偶然が齎した一つのきっかけ
ととらえれば、この見返りとして、全人類からのご褒美として「憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜る」ことになれば
一つの好機ともいえるのかも知れないし、逆に「憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする魂胆」こそが
全人類にとっては、これほど迷惑極まりないものは何処にもないことは、このような魂胆にもまんまと騙されているのを
ごまかしたいがためにアメリカの言いなりになるだけの自民党そのものに対する本質的な見立てそのものかもしれないと
いうことも真実として見透かせば、日本国民全体としては、「このような自民党にまんまと騙されているだけの
支持者の皆様に置かれましては、必ずしも自己責任とは言えないところもございますので
どうぞご安心下さい」ということで、そっと静かに暖かく見守りながら、国際社会全体にも、良いロールモデルとして
そっと静かに示していくことで、ロシアのプーチン大統領ではありませんが、「安倍総理なんか誰が相手にするものか」という
心境もまた、思わず共感してしまうところであると同時に、「歯舞諸島と色丹島につきましては、近いうちに日本に返還しますので
日米両国民の皆様に置かれましては、どうぞご安心下さい」ということで、そっと市うz化に暖かく見守っていきたいくらいの心境も
また、思わず共感してしまうところであることは、これが結果的に、日露双方にとって相互メリットを齎すwin-winの
関係になるばかりでなく、日米双方にとっても相互メリットを齎すwin-winの関係にも繋がるかもしれない
という見通しもまた、中国にとっては、これが核心的利益を担保するものとなることで、日中双方にとっての相互メリットを齎す
win-winの関係にも繋がる可能性を見通せば、日本がドイツやイギリスをロールモデルとすれば、アメリカを戦前の日本に置き換えれば
これを逆手に取れば、イギリスが朝鮮王朝の二の舞にならないように、そっと静かに暖かく見守っていくこともまた
誇りとして、多極化の流れの中に名誉ある孤立化をして、良いロールモデルとして示していくことにすれば
反って、これほど素晴らしいこともないのかも知れないとも考えられるのですが?

189 宇宙巡礼HP管理人A :2018/07/10(火) 13:26:27
【記事HP掲載のご案内】

「宇宙巡礼」HP「記事」欄に下記記事を掲載しましたのでお知らせ致します。

『タケヤマレポート』1995.02.20掲載記事 
『地球発想の新時代平』第一章に収録

 「サイエンス軽視と阪神大震災」

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/takeyama199502.html

190 宇宙巡礼HP管理人A :2018/09/17(月) 16:56:11

2018年9月 藤原 肇 最新刊 出版のおしらせ

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌

上記の最新刊(Kindle版)が発売されましたので、おしらせいたします。

Kindle版 価格 ¥1,080

https://www.amazon.co.jp/dp/B07HDP78DR/ref=sr_1_28?s=books&amp;ie=UTF8&amp;qid=1537169826&amp;sr=1-28&amp;refinements=p_27%3A%E8%97%A4%E5%8E%9F+%E8%82%87


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板