板情報 | 音楽/芸能/芸術/ファッション ]

肉汁サイドストーリー

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 『コバルトの季節』感想スレ(13) / 2 : 善の者倶楽部(47) / 3 : 『あ、無情』感想(4) / 4 : 『 、恋をする』感想(10) / 5 : あめぞうのことを知ってほしいです(2) / 6 : 『さる沢』感想(16) / 7 : 役者面会ってどうしたらいいのかね(24) / 8 : 『セメント・モリ』感想(21)
  (全部で8のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード


1 『コバルトの季節』感想スレ (Res:13)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1肉汁サイドストーリー :2024/03/13(水) 16:03:49
トリップ忘れました

2024年4月27日~28日、ときわ座にて上演された『コバルトの季節』の感想を書いて下さい!
匿名・記名自由です。
ネタバレ有りの場合、「ネタバレ注意」と書く等のご配慮だけお願い致します。

SNSに掲載する可能性がありますので、嫌な方は「SNSダメ」とご記入をお願いします。

それでは張り切ってGOGOGOGOGOGOGOGOGO

7名無しさん :2024/04/29(月) 11:14:24
27(土) 19:00の回を観ました。
ロケーションのよさもありますが、開演5分前〜開演あたりの画が篦棒に良くて、小津映画のワンシーンみたいな感動がありました。居間がフレームのように切り取られてて、その外側にケータがいる構図の美しさ……
あと、2階や階段を行き来する生活音が上から聞こえるのもよかったです。ひとんちに上がり込んで生活を覗き見てるような臨場感がありました。

序盤はそういった画づくりとか、演出の妙が前面に出ていたように思いました。後半は画があまり変わらないのもあって、あまり演出的な良さを感じられなかったのが少々残念ではあります。
それに対して、俳優のひとたちは序盤なんか噛み合いがよくない感じがしたというか、メーコ役の星澤さんが抑えた演技体なのに対して窪寺さん・小林さんの演技(声量?)がやや過剰なように見えてしまって、ちょっとガチャガチャした印象でした。中盤以降はそんなことなかったのですが。
いい瞬間はいっぱいあったんですが、なんか個人的にはいまひとつノリきれなかった感じがしました。


肉サイが出してた劇の成分ほどには明るくないし、情報量も多くなかったかなぁ、と思いました。
劇中の3人が家族(きょうだい)っていいね、と思えるようになる過程がいまひとつ分からなくて、もしかしたら劇のなかで描かれてない部分でそう思えることがあったのかもしれないけど、なんか劇だけをみていいね! とは思えなかったというか、抜け落ちてる部分が多くない? と思いました。ただ、これは個人的に親きょうだいに対して特に感情がないからかもしれない……
あと頑なにTwitterって呼んでるのはあまり好きじゃないです。
お疲れさまでした。


8名無しさん :2024/04/29(月) 20:42:04
まずは、またるんげさんの作品に触れることが出来て本当に嬉しいということを伝えたい。戻ってきてくれてありがとうございます。

秋姉妹、兄弟構成も違うし複雑な事情も私にはないのになんだか懐かしい香りがずっとしていて、ものすごく実家に帰りたくなりました。
ふとした時に普段はこういう人だからで流せるところが引っかかってぶつかり合って言わなくてもいいこと口に出して傷つけあって家族って、兄弟ってそういう喧嘩しますよね。ある種の甘えなんだろうな。

文字だけで見たら悲しいバックボーンにありながら、独特のテンポ感で生きているケータのキャラクターでだいぶポップに飲み込めました。
追い出されちゃうのも、お父さんはケータには会いに来ないんだよもケータじゃなかったらもっと悲壮感漂ってたと思う。最後ケータが泣くところで胸がギュッとなって涙腺が熱くなった。

帰り道に連れと「秋夫婦」はこういう話かなって妄想トークが出来たのですごく楽しかった。

るんげさんの作る芝居は派手なことはしていないのにいつもミュージカルみたいで耳が楽しい。そしてそれにしっくり馴染む各役者の声がいい。人選がいいのか、音楽でいうところの編曲やアレンジがいいのか…。小劇団の芝居が好きなんじゃなくて、るんげさんが書く芝居が好きで肉汁サイドストーリーが好きなんだと毎回わからされます。
また次どこかで会えることを楽しみにしてます。ありがとうございました!


9名無しさん :2024/04/30(火) 13:01:16
ケータ君はもう少し痩せているべきじゃなかったかなと思います。


10るんげ :2024/05/02(木) 00:46:21
>>9
全然そんなことはないと思います


11るんげ :2024/05/02(木) 00:46:58
少なくとも、「べき」てことはない!


12名無しさん :2024/05/02(木) 20:54:21
>>9

これにるんげさんが返信してる(作と演出のるんげさんなら、ですけど)のはちょっとアレかなと思いますが、私も、少なくとも人の容姿についてこうあるべき、ということは無いと思います。


13名無しさん :2024/05/05(日) 18:19:25
何がアレなのかわからん
昭和生まれならなんならもっと肉ついてていい
いつなのかぼかしている話しなぶんよかったんじゃない

紙に実際に書いていたんですね
台本にある通りのことを書いていたんでしょうか


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 善の者倶楽部 (Res:47)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2018/08/18(土) 01:24:40
善の者たちが肉汁サイドストーリーについて語ったり、肉汁サイドストーリーじゃないものについて語ったりする場

善の者倶楽部会員証を持っている人も、持っていないけど自分は善の者であるもいう自負がある人も!

みんなでオフ会とか企画してるとかわいいね����������


それでは張り切ってGOGOGOGOGO

41肉汁サイドストーリー :2022/03/04(金) 22:46:57
トリップ忘れたのかなしい


42カリフラワーの家 :2022/09/22(木) 00:31:23
『あ、無情』のフライヤー?チラシ?が、手抜きにしか見えないです。
センスないッス、みたいな言い訳も正直見苦しいですよ。
フライヤーを軽視しているとしか思えないので残念です。
お客さんに失礼と感じるので、観にいく気が消えてしまいました。


43カリフラワーの家 :2022/09/22(木) 00:31:56
『あ、無情』のフライヤー?チラシ?が、手抜きにしか見えないです。
センスないッス、みたいな言い訳も正直見苦しいですよ。
フライヤーを軽視しているとしか思えないので残念です。
お客さんに失礼と感じるので、観にいく気が消えてしまいました。


44肉汁サイドストーリー :2022/10/19(水) 04:31:54
>>43
仮チラシの方でしょうか?ごめんなさい!
本チラシはどうでしょうか?


45肉汁サイドストーリー :2022/10/19(水) 04:38:26
仮チラシというか、特報画像でした、すみません


46肉汁サイドストーリー :2024/03/19(火) 17:48:10
善かい?


47名無しさん :2024/04/26(金) 10:26:18
もうすぐ本番だね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 『あ、無情』感想 (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1肉汁サイドストーリー :2022/10/19(水) 04:27:30
トリップ忘れました

2022年10月22日~23日、ひらやないえにて上演された『あ、無情』の感想を思うがままに書いて下さい!
匿名・記名自由です。
ネタバレ有りの場合、「ネタバレ注意」と書く等のご配慮だけお願い致します。
観客の皆さん同士でお話とかも勿論OK!

それでは張り切ってGOGOGOGOGOGOGOGOGO

2肉汁サイドストーリー :2022/10/22(土) 09:54:09
お知らせです。
10/22(土)は、アリコ役の冴島學が体調不良につき公演不参加、代役として作と演出のるんげが出演します。


3名無しさん@あ、無情 :2022/10/26(水) 01:32:39
 公演場所は、平屋の、ひらやないえ、かと思って、行ってみたら、実は、にかいないえ、で意外性を感じた。

 2階も使ったら、さらに空間が広がるかなとも思ったが、さらに観客は動き回らなくてはならず、収拾がつかなくなってしまうので、止めたのかも知れないけれど、観客回遊型公演は、風変わりで面白かった。以前、テント、個人のアパートの一室、一軒家、団地等の公演を観たことがあったが、観客が回遊するスタイルは、初めて観たかも。

 ストーリーと、この、「一軒家という特殊舞台」と、どちらが先だったのか、はたまた、肉サイが、モチーフにすることを好む、聖書のどこかの一節と関係性があったのか、考え、タイトルも、『あ、無情』で、『あゝ無情』でも、『無常』ともしなかった理由は、何故か?と思った。

 2ヶ所で起きている事を、両方が見渡せる場所で、一所懸命、シンクロして聞いていたが、会話の内容を聞いていると、片方が急なら、もう一方は緩、片方が寒なら、一方は、暖といった内容の会話を、事が起きている場所を敢えて離して、展開することで、この集団が壊れつつあることのバランスを取っている様に感じた。

 昔に比べて、人間関係が希薄になっていると言われ、コロナが一層、それに拍車を掛けてしまったが、新たな職業?として、誕生した、表面的な人間関係をサービスする、レンタル〜(本作では、彼女)を使うことで、また、敢えて、登場人物以外の、家族の姿を匂わせないことで、人間関係的なものが、この稀薄になっている現状への憂いを表現していたのかと思った。

 その様な、稀薄な集団でも、アリコは、ちゃんと記録を付けることで、この空虚な活動に意味を持たせようとしていたのは可哀想だったし、ラジオを活用した活動の活性化を提案したが、所詮、ラジオも空を飛び伝わって来る、実態を伴わないものにすがる虚しさを感じた。

 ミキは、兄姉妹間を上手く繋ごうとする蝶番的なムードメーカー的な役割だったが、無邪気さ故に、人に、特に、ブラックな存在であるシュウに、良い様に扱われてしまう頼りなさと悲しさを感じた。

 リイカは、今のZ世代像を具現化した存在で、SNSの扱いにも長け、とにかく、「今が大事」な言動が、全体的に見て取れ、自分が行なっていることの裏にある大きな危機には、気付いていない、意に介していないところが、心配でもあり、護りたい存在だと思ったが、兄弟間では、余りそういう素振りが見えなかった?のは意外で、終幕の先に、また別のドラマがあるだろうと思った。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4名無しさん :2022/10/28(金) 21:26:17
ミキくんは頭が弱いみたいな設定だったけど、頭が良いと思った。どんな状況でも人の話を聞くし、わからない事を1つ1つ具体的に聞くあたりが賢いと思った。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 『 、恋をする』感想 (Res:10)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1肉汁サイドストーリー :2022/03/02(水) 17:00:43
トリップ忘れました

2022年3月4日~6日、荻窪小劇場にて上演された『 、恋をする』の感想を書いて下さい!
匿名・記名自由です。
ネタバレ有りの場合、「ネタバレ注意」と書く等のご配慮だけお願い致します。

それでは張り切ってGOGOGOGOGOGOGOGOGO

4ぬらり :2022/03/05(土) 23:29:45
あと、右側ペアは、上下みたいなものが反転しててわかりやすかったけど、左側ペアと真ん中ペアの一見害が全くなさそうな方も、ちょっと不穏な感じが垣間見えた気がしました!!美しい女装の方が外界では怪訝な目を向けられることが多いかもだけど、劇中では1番まともでした。当たり前だけど、目の前の人間には、見えていない部分があるなあ!


5名無しさん :2022/03/06(日) 00:55:57
肉汁サイドストーリー『、愛する』も数年後にみたいね


6おろし生しょうが :2022/03/06(日) 15:29:06
ストーリーの面白さ、では少し物足りなかったのですが登場人物への感情移入というか、同情やヘイトの向かせ方の流れがキレイでそこがとても気持ちよかったです
荷物持ち君達にも何かあるんだろうなと思っていたので刺した下りは衝撃を受けました
でも彼らが最後まで一番美しかったように思います

ちよかには最後のアレが救いになってくれたのかな……トヨキは今後どう生きていくんでしょうかね


7名無しさん :2022/03/06(日) 20:02:28
わざとだと思うけど、肝心なシーンで役者さんの表情が見えませんでした。
観る側に想像してほしいからでしょうか?


8名無しさん :2022/03/07(月) 12:37:41
>>7
そう、明らかに意図的に見せてもらえないところはもどかしくてそれが良かったりもした
けど全体を通しても客席より舞台がかなり低い位置にあるのに座りの芝居が多くて単純に見づらいというのは良くない、というか演出が意図したものでないストレスが客にかかってしまっていたように思えて惜しかった


9名無しさん :2022/03/08(火) 14:52:44
試すことがやめられず支配や服従でしか本当と思えない時期あったなと遠い目になった。鞄持ち君とのんなはファンタジーとして、他2組は年齢的にも関係性的にもセックスが起きる気がするんだけど良くも悪くもそんな描写から逃げてた印象。
それはいいとしてもう少し生き死に、狂気を感じさせる迫力が増せばララランドオチもより鮮やかだったのでは。
ビートルズや中島みゆきを歌うシーンはとても演劇的で素敵。ケンちゃんは中途半端に可愛いだけって感じあるので、もう少し生々しい不器用さがあってほしい。いっそ喋れないくらいの。
のんなとても綺麗だったので猫背が勿体無さ過ぎた。鞄持ちくんも嫌味がなくて凄いのに上手いだけ感が勿体無い。トウキが落ち込むときもう少し落ち込んでほしい。電子レンジどうやって壊したんだろう。
地獄をなぞっているだけじゃなくもう少し曝け出してほしい。
キャスティングも試みも素晴らしかったので更に上を求めてしまったが全体的に良い作品。


10名無しさん :2022/03/13(日) 23:49:19
※ネタバレ有

『さる沢』で肉サイのファンになり、今回2年ぶりの公演ということでずっと楽しみにしていました。
そして、今回の『 、恋をする』もとてもお気に入りの劇になりました。

感じたことがたくさんあったのでこの1レスに文章としてまとめられる気がしません…。
なので、拙い文ですみませんが感じたまま書かせていただきます!

・ちよちゃんとケンちゃんのやり取りの第一印象は「宗教みたい」だったけど、逆に、世間一般で当たり前のように言われている「恋愛」のほうが大きな宗教なのかもしれないとも思った

・ケンちゃんの気持ちもちよちゃんの気持ちもわかるから「じゃあ、好きな人とはどうやってかかわって生きていけばいいんだろう」と考えさせられるし、それは今後の人生のなかでゆっくりと答えを見つけていけばいいのかな

・ノンナさんと鞄持ちくんは一見、今回の3カップルのなかで唯一うまくいっている(お互いに何か悲しみや悔しさなどを感じずに関係を成立させている)ように感じられたけど、あの2人は「自分が愛されることに慣れていない」「人から自分に向けられた愛を受け取ることが怖い」のかなと思った。特にノンナさんが顕著かなと。これまでの人生のなかで、人を好きになることで悲しい思いをしてきたことがあったから、傷つかないために期待しないという考えを選んだのかな

・ノンナさんと鞄持ちくんは2人とも自分のことが好きではなさそうだった。まず自分を好きにならないと人を好きになることは難しいんだなと思った
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 あめぞうのことを知ってほしいです (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1a :2020/11/25(水) 05:34:54
下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします
ttp://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
ttp://tiyu.to/1ch_08.html

↓私の掲示板です
ttps://9207.teacup.com/aaaa/bbs
ttp://jbbs.shitaraba.net/internet/25518/

2肉汁サイドストーリー :2022/10/19(水) 04:30:50
あめぞうのことを知っていきましょう


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 『さる沢』感想 (Res:16)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2019/11/17(日) 11:49:36
2019年12月12日~15日、ギャラリーマジェルカにて上演された『さる沢』の感想を書いて下さい!
匿名・記名自由です。
ネタバレ有りの場合、「ネタバレ注意」と書く等のご配慮だけお願い致します。

それでは張り切ってGOGOGOGOGOGOGOGOGO

10名無しさん :2019/12/15(日) 18:21:13
自称選ばれなかった人間なのだが、登場人物の倫理観が常軌を逸しており、あまり共感できなかった
猿は障害者のメタファ?
あと絵描きはマスかきだろうか
髪型が亀頭っぽかったし


11タカシ :2019/12/15(日) 20:25:26
"ネタバレ有り"
父はずっと暗い。暗い話の効能は反面教師、疑似体験による開放か。父の分からなさは理不尽の象徴になる、理不尽は喋らない。さるはマスコットか、生来の楽観は幸福である。
姉妹はよく喋る。姉は独善的、妹は臆病。父はどちらも選んでいないが、姉妹はどちらも自分でない方を選んだと"思い込む"。選ばれないという事象に囚われる。悲嘆がピーク。観察者の調整ではなしが転がる、デウスエクスマキナ。救いのない話にはあーだこーだ言いたくなるが、さるはこう言う"もう今日は眠ろう"さるかわいい。


12名無しさん :2019/12/15(日) 22:17:52
ねたばれ?

父は話の本筋からは部外者で、
とにかく選ばれたい姉妹と
誰も選ばない選ばれようともしない男と
偽物でも選んで選ばれてみたい猿との話だったように思います。

ある意味ピュアに本物を求め続けたのは姉妹だけれど、愛情に飢えきっている人達が何とか現実で幸せになろうとしたとき、きっと一番現実的なのは猿みたいなやり方なのかな、とか思いました。
たまたま機会があった人を、選んだことにして選ばれたことにして、「これは本物なんだ」と思い込むこと。
偽物でもいいから幸せになってみたかった猿と、本物を求め続けた姉妹と、そうした事から離脱している男の話で、なんか、みんな、求めてるものが全っ然噛み合わねぇなぁ…と思いながらみてました。
田舎の伝承、というの、なんかすごくわかる気がします。昔話に都会も田舎もくそもないですが、そもそも選ぶ選択肢が極端に少ない、田舎の空気感がはびこっている気がしました。

面白かったです、ありがとうございます


13名無しさん :2019/12/16(月) 00:08:20
ここはもう、本編観た人が、覗くとこなんだろーなと、勝手に思ってネタバレあり、ですよ、で、す、よ〜〜あ〜い、とぅいまっって〜〜〜ん!!!

会場は、音楽も演劇もいけるフリースペースだったけど、山道の場面で上方に姿が消せるし、場の転換で横にも捌けられるし、スペースの選び方がとっても上手で、この芝居にうってつけな場所だったなー

華美なセットも衣装も無かったけど、それが却って、観劇の醍醐味たるイマジネーションの喚起につながった。観劇中、目の前に、険しい山道、沢沿いに鬱蒼と天に伸びるりんごの木、藁葺きの古民家が浮かんでいた。観客が息を殺して観る中、閉鎖的な山村に静かに響く鳥の鳴き声が微かに聞こえていた。(何もキメてません)

嫁の繊細でしなやかな手の動き、姉の感情をコントロール出来ない、時に爆発するセルフィッシュな稚拙さ、父のだらしなく欲望が皮をかぶっているようなどうしようもなさ、猿の裏表ない、もはや姉の代替などではなく、本当に妹を愛している所作、第三者的立場で、何も知らないようでいて、実は全て見通している画家。どの演技表現も、さいっっこうだったよ、演者の皆さん。

さて、本作は、東北(山形)の民話がベースになってるのだけど、猿が出て来る昔話って、大抵、猿が狡賢で、でも最後は、猿が悲惨な酷い目に遭っておしまいっついうパターンが多いけど、この話の猿は、どこまでも無垢で、悲しく、切ない存在だった。

どこへ行っても嫌われていた猿は、ただ、人間の嫁をもらって、受け入れられる、という実感をしたかっただけだったんじゃないかな。青い花を取るため、沢崖の上へ上へと登って行けと、娘にけしかけられた意味も、途中で分かって、でも猿は、自ら花を取りに行ったんだよね。へへっって笑った時、足元が崩れる音がしたあの場面、涙出たわ。

そもそもの元凶は、父の優柔不断さが招いた
ことで、インモラルな実娘との関係の引き金だって、絶対自分が最初に引いたもので、それを悔やんでの自死とも言えるけど、やはり、人の道に外れたがために、神から受けた罰だったんじゃないかとも思う。これは肉汁サイドストーリーの得意技、直接的ではない聖書モチーフかなと思った。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


14名無しさん :2019/12/16(月) 17:27:07
毛量の多い座組みだなって思いました


15いぶきうどん :2019/12/16(月) 22:57:23
※ネタバレあり

全体を通して猿が魅力的なキャラクターだと感じました。皆から嫌われる存在である彼が「おなかはすいていないか」「もう眠ろう」(台詞うろ覚えです、すみません)とお嫁さんにやさしくできるのは、ずっと一人で生きてきて、そうやって自分自身を慰めてきたからなのかな。気味の悪さを感じさせつつも話が進むにつれてやさしさや可愛らしさを感じさせるバンナイさんの演技もナイスでした。
でもお嫁さんの立場からすれば誰でもいいから好きになりたいっていう人に好かれても別にうれしくないのもよくわかります。そりゃそうだよな〜〜〜。

あとは最後の、猿が青い花を摘みに行くシーンが、悲しくも美しくて好きです。演出も良かった。

私は普段演劇をよく観るというわけではなく、高校のクラスメイトの所属していた児童劇団?以来の観劇だったのですが、物販の台本をネット(ブースとか?)で買えたらいいな〜と思います。私が終演後にぼーっとしていて買わずに出てしまったから、というのもありますが、やはり普段演劇を観ない人が劇場やギャラリーに行くハードルは高く、そこで台本をネットで買えたら敷居が低くなる(台本が面白かったから次の公演は行ってみよう!となる)のではないか?と思ったからです。


16名無しさん :2019/12/17(火) 10:20:31
全体を通して楽しめた作品。
登場人物たちにとっての選ぶ・選ばれるの基準(解釈)はまちまちだから登場人物たちのやりとりが噛み合っていないのがもどかしい。しかもそのワードを多用しすぎていたせいか言葉遊びをしているように感じてしまった。テーマであるはずのワードが軽く思えてしまい残念だった。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 役者面会ってどうしたらいいのかね (Res:24)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2018/12/01(土) 00:30:14
今んとこ思ってるとか聞いたことあるやつ

【長所】
もともと好きな役者と直接話せる
芝居を見て気になった役者と直接話せる
役者に直接作品の感想を伝えられる

【短所】
内輪感がウザい
役者って友達とばっか喋るじゃん
うるせえ
いたたまれない
混む
切り上げどころわかんない


今後どうなるのが理想とか、そもそも役者面会やめろとかあったら忌憚なく色んな意見下さい!
別に肉汁サイドストーリーのシノギにおいて、とかじゃなくていいです
小劇場演劇全体の話として!!

匿名だからなんだって言えるね
特定個人/団体の中傷はやめようね

18肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2018/12/02(日) 09:53:39
>>6
役者さんがお客さんにプレゼント渡すってことですか?
確かに女優さんには「ご来場ありがとうございましたのお土産」をお客さんに渡すって人もいますね。
自分のファン特典なのかな……?それだと役者面会の場はファンを離さない(?)という意味では有効かもしれませんね。

>>7
るんげ個人の考えなんですが、感想言っていいと思います!「待ってる」というのもその通りです。
その感想で芝居がぶれる(要は付けられた演出から外れる)ようならそれはその役者が悪いと思います。
仮令「くっだらねえ~~~~」というヤジが飛んでもしっかり見せたかったものを見せるのが役者の仕事よ……

>>8
友人知人関係者とはまた別に会えるけど、お客さんと話せる機会ってあんまりないから重要度はお客さんの方が高いと思います。
話しかけていいんですよ!がんばて…!

>>9
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


19肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2018/12/02(日) 10:12:02
>>11
後半わかる!!前半は人とか日によるかな��
単に次の予定が迫ってるかもしれないし。
でも、いつも面会で感想くれる人がくれないとちょっと不安になるってのはあるかもですね

>>12
そう勇気!!勇気が出ないんですよ…るんげは全く知らん人に面会で声かけたのは今まで一人しかいません。
その時はその人があまりにも素晴らしかったので激頑張った!!!

>>13
他の人の動線に関わっちゃうからではないでしょうか?
帰る人のために空けたりしなきゃだから焦る、みたいな


20名無しさん :2018/12/02(日) 12:41:23
わたし比較的若い女の役者ですけど、言い分を箇条書きさせてもらうと、

・お客さんにご挨拶はしたいので面会はあってほしい
・友達も大事なお客さんだからご挨拶はしたい

・一人一人と楽しくお喋りはしたいけど、限られた時間でなるべくたくさんの人にご挨拶もしたい
・そもそも何人の人が自分を待ってくれてるのかわからない(顔のわからないお客さんもいるから)

・不平等になるのはいやだからお見送りのみが無難なのかもしれない

・物販買った人だけが喋れるスタイルは理にかなってるけどちょっとありがとうだけ言いたい時は不向き…

などなど一長一短すぎて全然最適なスタイルが思い浮かばないです。いいとこ取りができればいいのだけれど。。むずかしいね!


21名無しさん :2018/12/02(日) 14:01:02
最近終演後にチェキ会をやる公演が増えてきたけど、そうなるとチェキいらん挨拶だけするって人が何もできなくなります…


22名無しさん :2018/12/02(日) 16:44:29
役者仲間が複数人で来ると通路を塞いだり閉館ギリギリまで面会したりとマナーが悪いのが多い


23観劇する一般人 :2018/12/02(日) 17:59:27
劇団毎に違いますが、役者面会は身内感が強いところは居づらくて、推している役者さんと少し話すと速攻帰ります。
話が長いオマイツ(お前いつもいるなの略。現場によく来る熱心なファンのこと)もイラつきます。
何度か、関係者やオマイツが私が話している途中、推しに割り込んできてイラついたこともあります。

役者面会は、地下アイドルみたいにチェキ会方式にしてほしいと思っています。

関係者はチェキは買わないから身内感は出ない。そもそも、関係者は楽屋やLINE、終わった後に居酒屋などで役者と話をする機会がいくらでもあるのだから、役者面会は一般人と役者が話しをする場にして欲しいです。

役者とのチェキは、一般人にとっては観劇の思い出ができるし、役者も収入が入るから皆WinWinの関係になると思います。
話が長い人対策は、剥がしやタイマーを活用すれば(大体1~2分)大丈夫です。


24名無しさん :2018/12/03(月) 01:42:47
「面会は関係者のみ」っていうのがよくわからないんですが
友人知人も客もだめなのに1回共演しただけの役者なんかが面会してるの見ると何なんだろって思います


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 『セメント・モリ』感想 (Res:21)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1肉汁サイドストーリー ◆niku/u/5ZA :2018/08/18(土) 01:15:23
2018年8月24日~26日、ARAKAWA DustBunnyにて上演された『セメント・モリ』の感想を書いて下さい!
匿名・記名自由です。
ネタバレ有りの場合、「ネタバレ注意」と書く等のご配慮だけお願い致します。

それでは張り切ってGOGOGOGOGOGOGOGOGO

15名無しさん :2018/08/27(月) 23:24:53
瀬戸君が可愛すぎる。
あんなに甲斐さん好き好きやってるのにあの存在感の希薄さ最高。
そして好きなのは好きなのに肉欲的なものは一切感じられなかったのがさらに尊くて泣ける


16名無しさん :2018/08/28(火) 14:37:53
ネタバレ注意?

演劇をたくさん観るようになると、聖書とか色々知っておいた方が
より楽しめるのかなぁと感じていました。いやしかし、それでも面白かったです。
カインとアベルの話は、ちょっと前に連ドラになっていた(でも観ていない)ので
なんとなくわかっていて、でも阿部くんについては、
『アルジャーノンに花束を』みたいなのかな、とも勝手に思っていました。
知恵をつけることで周囲に及ぼす影響、関係性が変化して
疑心暗鬼にさせてしまうのが切ないなぁと感じていました。

俳優の皆さんは好演でした。
瀬戸くん役の方がいい味を出されていたと思います。

あの環境、舞台で行うということが、
作品にとっても意義のあるものだったのではないかと感じます。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


17名無しさん :2018/08/28(火) 14:40:39
肉汁サイドストーリーさんはもっと評価されていいと思いました。
今回のような作風、とても好きでした。
場所を変えて色んな作品を観たい。


18名無しさん :2018/08/28(火) 14:44:10
もらった塩飴が美味しかった。
とても面白かったし、景色も良かった。


19名無しさん :2018/08/28(火) 16:12:58
舞台上にみんながひとつずつ罪を重ねていき、最後には瀬戸と罪のかたまりがとりのこされ、そこから瀬戸と罪のかたまりの芝居が始まり、終わることがなかった


20名無しさん :2018/08/29(水) 17:42:54
伊武ちゃんが「うーん、家族かな。」
というところ、なるほど「天の父」ってヤツやなとなりましたね。


21あゆじす :2018/08/29(水) 20:03:05
目の前で起きているのに実体がない、ゆうれいの群像のように感じました。
それゆえに、頭ではわかっても喉にひっかかって取れない物体を感じました。
たとえば人殺しをしている兄弟たちは、ほんとうに人殺しをしていたのでしょうか。
いや、もちろんしていたんでしょうけど。そういうシーンがないことが、普段はなんとも思わない”設定”という不文律のシャープネスを下げている。
悪い意味でないですが、説得力がない。説得力がないはちがうな、なんでしょう、実体がないという言葉がやはりしっくりとくるように思います。
すべてが無視されているし、すべてに無視されているよう。簡略化された相関図と文脈を手放しに感動していいものか二の足を踏む思いがあります。
これも悪い意味ではありませんが。
風の吹くステージで役者さんの輪郭がぼやけて向こうの景色が見えていましたが、本当に役者さんたちは肉体を伴って実在している”この世のもの”でしたか?
あらゆることに自信が持てなくなりました。見えちゃいけないものが見えてしまったような後味の悪さと不安にずっと襲われています。
大丈夫ですか????


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード