したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大阪の歴史、伝統文化に関するスレ02

1 nakano-shima★ :2011/01/04(火) 14:35:48 ID:???0
【過去スレ】
大阪の歴史、伝統文化に関するスレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6501/1201947832/

2395 undefined :2017/06/11(日) 21:43:00 ID:H89tWGz60
犠牲者2800人忘れない 第3次大阪大空襲72年法要
2017年06月08日
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/graph/article.html?id=20170607-OYTNI50068

太平洋戦争中、大阪市北東部を中心に約2800人が犠牲になったとされる「第3次大阪大空襲」から72年を迎えた7日、同市旭区の常宣寺じょうせんじで、慰霊法要が営まれ、遺族ら約50人が参列した=写真=。

 砲兵工廠こうしょうが近くにあった同区の城北公園では、1945年6月7日の大空襲で避難した多くの市民が戦闘機の機銃掃射などで亡くなった。法要では、読経に続き、参列者が焼香をして静かに手を合わせた。大空襲を体験したという東浦栄一さん(88)は「あの経験は決して忘れられない。後世に伝えていきたい」と話した。

2017年06月08日

2396 undefined :2017/06/11(日) 21:43:01 ID:H89tWGz60
犠牲者2800人忘れない 第3次大阪大空襲72年法要
2017年06月08日
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/graph/article.html?id=20170607-OYTNI50068

太平洋戦争中、大阪市北東部を中心に約2800人が犠牲になったとされる「第3次大阪大空襲」から72年を迎えた7日、同市旭区の常宣寺じょうせんじで、慰霊法要が営まれ、遺族ら約50人が参列した=写真=。

 砲兵工廠こうしょうが近くにあった同区の城北公園では、1945年6月7日の大空襲で避難した多くの市民が戦闘機の機銃掃射などで亡くなった。法要では、読経に続き、参列者が焼香をして静かに手を合わせた。大空襲を体験したという東浦栄一さん(88)は「あの経験は決して忘れられない。後世に伝えていきたい」と話した。

2017年06月08日

2397 undefined :2017/06/11(日) 22:08:48 ID:H89tWGz60
歌人・石上露子しのぶ 富田林
2017年06月11日
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20170610-OYTNT50091.html?from=yartcl_blist

◇旧杉山家住宅で生誕祭

 富田林市出身の女流歌人・石上いそのかみ露子つゆこ(1882〜1959年)を顕彰する「石上露子生誕祭」が10日、生家にあたる同市の旧杉山家住宅(重要文化財)などで行われ、多くの市民が訪れた。

 露子は「明星」などで短歌や詩、小説を発表。中央歌壇から注目されたが、親の言いつけで結婚を強いられ、創作活動も禁じられた。愛情を注いだ2人の息子に先立たれ、不遇のまま生涯を閉じたとされる。

 活動期間の短さから広く認知されていない露子の業績と人柄を知ってもらおうと、一般社団法人「露香会」などが、露子の生まれた6月に生誕祭を開いており、今年で7回目。

 この日は、かなわぬ恋を題材にした代表作「小板橋」が、琴の演奏にのせて披露され、露子の写真パネルに花が手向けられた。その後、参加した市民たちは中庭で、着物姿の女性らが点たてた茶を味わいながら、在りし日の露子に思いをはせていた。

2017年06月11日

2398 undefined :2017/06/11(日) 22:26:46 ID:H89tWGz60
大和政権支えた「陶邑(すえむら)」大量生産の須恵器展示 18日まで狭山池博物館
http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100039-n1.html

古墳時代に朝鮮半島から伝わった陶質の土器、須恵器の国内最大の産地として知られる、堺市南部一帯の「陶邑(すえむら)」を紹介した企画展が、大阪狭山市池尻中の府立狭山池博物館で開かれている。大和政権を産業面で支えた陶邑の生産態勢などがうかがえる。18日まで。

 陶邑は堺・泉北地域を中心に、大阪狭山市や和泉市にかけて東西15キロ、南北9キロに広がり、古墳時代中期(5世紀前半)〜平安時代前期(9世紀中頃)に須恵器を大量生産。約850基の窯跡が確認されている。

http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100039-n2.html

企画展では、堺市南区の府立大型児童館「ビッグバン」建設に伴って発掘された、高蔵寺(たかくらでら)13号窯跡(5世紀中頃)出土の須恵器など約50点を展示。同窯跡は陶邑中心部に位置し、須恵器を焼いた窯(長さ約14メートル)が当時に近い状態で残っていた。会場には、貴人用とみられる食事を盛る高杯(たかつき)、壺を置く大型の筒形器台などが並んでいる。

 同窯跡は、仁徳天皇陵古墳(全長486メートル)など巨大古墳が次々に築かれた時期と重なる。府教育庁文化財保護課の渡辺昌宏主任専門員は「陶邑は大和政権を産業や経済面で支え、日本の焼きものの古里でもあることを知ってもらえれば」と話す。入館無料で月曜休館。問い合わせは同館((電)072・367・8891)。

2399 undefined :2017/06/11(日) 22:30:43 ID:H89tWGz60
【都市を生きる建築(98)】
「開港150年」大阪に建つモダン…水辺で生き抜いてきた知恵も 商船三井築港ビル、天満屋ビル
http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100011-n1.html

今年は1868(明治元)年に大阪港が開港して150年ということで、7月を中心にさまざまな催しが予定されている。当時の物流は水運が主役で、あらゆるものと人、そして文化が海を渡って大阪港に集められ、大阪の市街地へと入っていった。1903(明治36)年には陸地から突きだす槍(やり)のような築港大桟橋(さんばし)が完成し、九条の花園橋まで大道路が整備されて(現在のみなと通)、大阪市で初の市電が開通した。大阪港は海外に向かって開かれた大阪のフロンティアであり、港湾事業で大いに栄え、通りにはモダンな建築が建ち並んだ。

 現在は中央突堤と呼ばれる大桟橋の跡のたもとに、当時の面影を今に伝える近代建築が2棟並んで建っている。1933(昭和8)年に建てられた商船三井築港ビルと、1936年の天満屋ビルだ。

 商船三井築港ビルは、大阪の海運を担っていた大阪商船(現在の商船三井)が建て、船員の待合所として使われていたという。大阪商船といえば、大阪を代表する近代建築であった、中之島のダイビルを建てたことでも知られる。こちらは小ぶりなサイズであるが、外壁に貼られたクリーム色のスクラッチタイルと、正面中央の装飾が特徴的だ。もともとは凸型の外観で、両肩の仕上げの異なる部分は後からの増築。サントリーミュージアムがあった頃までは、地下に大阪有数の現代アートのギャラリーがあり、1階にはデザイナーがオフィスを構えるなど、築港のクリエーティブシーンの一翼を担っていた。その後解体の危機が訪れるが、テナントの有志や市民の保存を願う声が届いて活用が決まり、現在は1階で飲食店が営業を続けている。

http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100011-n2.html

天満屋ビルは地元の有力者が建てたもので、天満屋はその屋号を引き継いだもの。こちらも色違いの茶色いスクラッチタイルで、大きなガラスの開口と幾何学的な構成がモダンだ。現在は陽光がたっぷりと注ぐ部屋にカフェが入居し、ゆったりとした時間を刻んでいる。

 いずれも地上2階建てにみえるが、実は竣工(しゅんこう)当時は3階建てだった。港区と大正区は昔から地盤が低く、台風などの水害に何度も悩まされてきた。それが戦後の復興事業によって、街の道路が約2メートル嵩(かさ)上げされ、それ以前に建てられた建築は1階が土中に埋まってしまったのだ。現在の玄関はいずれもその後に新たに設置されたもので、天満屋ビルの足元には、かつての1階が覗(のぞ)いている。

 そうした目で築港の街を見回してみると、戦後に建てられたビルのなかにも、階段を4、5段上ってから玄関に入る建物が多いことに気付く。水辺で生き抜いてきた建築の知恵だ。(高岡伸一/建築家・大阪市立大学講師)

2400 undefined :2017/06/12(月) 18:32:55 ID:CYEo8K3o0
8月、朝席スタート 天満天神繁昌亭
2017年6月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170608/20170608025.html

 上方落語協会は8月から、大阪市北区の天満天神繁昌亭で毎週火曜日朝から朝席を実施すると発表した。また7月3日からの第1週昼席で、桂枝女太(58)が来場者からお題を三つずつ上げてもらい、中入り前にお題を盛り込んだ創作落語を即席で披露する「三題噺(ばなし)」に1週間通しで挑戦することも併せて公表した。


「朝から晩まで繁昌亭で落語を楽しんでいただくのがわれわれの願い」という桂文枝会長(73)。まずは入場料千円の深夜、乙夜寄席を考案した。そしてさらに、朝席をスタート。

 担当主任の笑福亭銀瓶(49)は「昼席でまだ出番がない若手を開口一番に起用。昼席なら中トリクラスをトリに起用して、本舞台でそれぞれ勉強してもらう」と説明する。出演者は5人で、午前10時開演、当日券1800円。9月以降の開催は、客の入りを見て決定するという。

 三題噺は昨秋に桂三金が同様に1週間取り組んだ。枝女太は「以前びわこ放送ラジオで同様の試みをしたが、高座で15分近い創作落語に仕上げるのは至難の業。兄弟子の文枝会長にヒントをもらうなど助けていただいて…」と神妙だ。

 担当の笑福亭仁智副会長(64)は「神戸の繁昌亭オープンの準備が着々と進んでいる。大阪の繁昌亭10周年の1カ月は前年比3割増しのお客さまに来ていただいた。協会員も増えたし、常に挑戦する姿勢を忘れず落語に取り組んでいってもらいたい」と意欲を見せた。

2401 undefined :2017/06/12(月) 18:39:44 ID:CYEo8K3o0
12日は「恋人の日」 愛染さんで恋絵馬お目見え
2017年6月11日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170611/20170611029.html

 12日は「恋人の日」-。“愛染(あいぜん)さん”の呼び名で親しまれる大阪市天王寺区の愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)(山岡武明住職)で、12日から期間限定で新たな授与品「恋絵馬」(100円)がお目見えする。古来、恋愛成就や縁結びの“パワースポット”として知られる寺院とあって、関係者が「さらに幸せになってもらいたい」と思いを込め、愛らしいハート形絵馬の準備を進めている。授与は29日まで。

「恋人の日」はブラジルの風習。恋人同士が、縁結びの聖人・聖アントニオの命日の前日に互いの写真を入れた写真立てを贈り合うことにちなみ、全国額縁組合連合会が1988年から事業活性化の一環として取り組んでいる。

 長年多くの恋人たちが足を運んでいる同院では、この記念日に着目し今年初めて企画。大阪の夏祭りの幕開けを飾る伝統行事「愛染祭」(大阪市指定無形民俗文化財、30日〜7月2日)も間近に控えており、そのPRも兼ねた。

 参詣者は恋絵馬を購入後、相合い傘の左右に自分と好きな人の名前、裏面に愛の誓いの言葉や希望を書いて奉納する。近年は外国人観光客の参詣も急増していることから、案内板には英語表記の説明文も加えた。

 奉納された恋絵馬は愛染祭初日の30日に炊き上げられる予定。山岡住職は「多くの方に幸せを願っていただき、本尊の愛染明王の御利益によってご縁が結ばれることを祈念します」と話している。

 問い合わせは電話06(6779)5800。

2402 名無しさん :2017/06/12(月) 21:59:22 ID:1FwjtmIM0
http://www.geocities.jp/marco4321ice/

2403 undefined :2017/07/24(月) 19:45:26 ID:TlsjoTz.0
夏本番、天神祭始まる 古式ゆかしい神事で
2017年7月24日 12:48
http://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/170724/20170724025.html

 水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が24日朝、市中心部を流れる堂島川のほとりで、古式ゆかしき鉾流神事とともに幕を開けた。
 
 951年に始まった天神祭では当初、天満宮近くの浜から川に鉾を流し、流れ着いた場所に菅原道真の御神霊を祭った。この際、御神霊を乗せた船を、人々が多くの船で出迎えたのが、天神祭で行われる船渡御の起源とされる。

 この日の神事には神職や氏子の代表ら約100人が参列。みこの舞などに続き、神職を乗せた斎船が川にこぎ出した。

2404 undefined :2017/07/24(月) 20:17:31 ID:TlsjoTz.0
住吉さん 夏本番 厳かに神輿洗神事
2017年7月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170719/20170719022.html

 大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)の夏祭り「住吉祭」を前に、大みこしを海水で清める「神輿洗(みこしあらい)神事」が17日、同大社近くの住吉公園で盛大に執り行われた。輿丁(よちょう)と呼ばれる担ぎ手約150人によって勇壮な担ぎ出しが繰り広げられ、見守る市民が間近に迫る夏祭りムードを一足早く満喫した。

 この日は午前中から大阪住吉漁業協同組合の奉仕による「汐汲舟(しおくみぶね)」が出され、大阪湾沖合の海水が採取された。夕刻には、神事の行列の先払いを務める「供奴(ともやっこ)」に続き、獅子舞、大みこしの一行が境内を出発し、かつての住吉浜に位置する同公園斎場まで巡行。薄暮の中、神職が厳かに大みこしを海水ではらい清めた。

 大阪の夏祭りを締めくくる住吉祭は30日〜8月1日に斎行。31日午後5時から「夏越祓(なごしのはらえ)神事」、1日午後3時頃からは「神輿渡御」があり、千人を超える渡御列が堺市の御旅所・宿院頓宮(とんぐう)まで練り歩く。

2405 undefined :2017/07/24(月) 20:18:43 ID:TlsjoTz.0
みこしや獅子舞、北新地 練り歩く 天神祭
2017年7月22日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170722/20170722041.html

 天神祭のかつての陸渡御コースをみこしや獅子舞の行列が巡行する行事が21日、大阪キタの繁華街・北新地でにぎやかに繰り広げられた。
 
 伝統的な装束姿の大行列が都心部を練り歩く天神祭本宮(25日)の陸渡御は、かつて北新地にまで及んでいたが、道路整備や交通量の問題で現在は途絶えている。そこで、渡御コースの復活や地域のにぎわいづくりにつなげようと、天神祭を支える団体「講」のうち、天神講獅子と鳳(おおとり)講が2009年から北新地巡行に取り組んできた。

 この日は北新地の関係者も含め約200人が参加。街灯がきらめくビルの谷間に鳳凰(ほうおう)をいただくみこしを躍動させ、軽快な祭りばやしの中で獅子舞や傘踊りを繰り広げた。鳳講の宮本善樹講元は「巡行が夏を乗り切る力となり、地域の活性化につながれば」と思いを込めていた。

2406 undefined :2017/07/24(月) 20:22:31 ID:TlsjoTz.0
空から陸から水上から 今年も「天神祭生中継」
2017年7月23日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170723/20170723025.html

 テレビ大阪は36回目となる「天神祭生中継」(25日夜6時55分)の概要を発表した。司会は14年連続の西川きよしさん(71)と5年連続7回目のハイヒール・リンゴさん(55)とモモコさん(52)のおなじみトリオ。船渡御列の行き交う大川に近い同局本社には、これも恒例になった萬田久子さん(59)と今年はおかに上がっての出演となる三田村邦彦さん(63)、初出演の村井美樹さんが浴衣姿で加わり番組を盛り上げる。

 
担当の羽柴康晴プロデューサーによると、“舞い上がれ!水都彩る天空絵巻”と題し目玉企画は三つ。

 まず『空編』で、系列キー局テレビ東京から中継ヘリコプターを導入。奉納花火水都祭が川面を彩る大川の上は大阪空港への定期航空便着陸コースになり、ヘリ進入禁止のためキタやミナミ、さらにあべのハルカスなどの上空を飛行しながら大都市に上がる花火とのコラボ映像を追う。

 次に『陸編』で、携帯電話電波を使った移動中継システム。天神祭当日は、大川周辺に100万人を超える人出が予想され、通常のテレビカメラ中継は雑踏の中でほぼ不可能。そこでアナウンサーやリポーターが天神橋筋商店街や繁華街に出没し、スマホで特ダネ映像を狙う。

 最後は同じ地上派デジタル内で通常は使わないサブチャンネルによる放送。メインチャンネルは西川さんらトリオによる司会で祭りのうんちくをはじめとするトークを交えて放送するが、サブチャンネルの映像は船渡御と花火など天神祭の雰囲気をふんだんに盛り込み、過去の大阪をテーマにした歌謡曲を流し、「大阪らしいプロモーションビデオの感覚で」と張り切る。

 昨年サブチャンネルでマニアックな花火解説で視聴者を驚かせた漫才師で花火評論家でもある笑い飯哲夫さん(42)によるトークは、今年はメインチャンネルに昇格して昨年以上の切れ味で花火のノウハウを説明する。

 忘れてはならない『水上編』は、船渡御列を縫っての船上からで、今年はおなじみの斉藤雪乃さんに、小塚舞子さんが新たに加わる。

 番組提供スポンサーで奉納花火実行委の一翼を担うフジオフードシステムは、天神橋筋3丁目にある同社スイーツブランド「はらドーナッツ」で、テレビ大阪のキャラクター・たこるくんとコラボした『たこるドーナッツ』を販売。数量限定で『たこるドーナッツ』ミニトートバッグ付きドーナツ8個入りセット(880円)を天神祭当日まで販売。

 司会の西川さんは「天神祭は日本三大祭りの一つでけた違いの人出。大川端にお集まりの皆さんもなかなか祭りの全体像はつかみにくい。その点、テレビなら涼しいご自宅でゆっくり花火や船渡御をご覧いただけます。サブチャンネルを後で見返せば2度楽しめますよ」とベテランらしい説明ぶり。

2407 undefined :2017/07/24(月) 20:37:08 ID:TlsjoTz.0
天神祭前夜祭 熱気包む ステージで祭り再現
2017年7月24日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170724/20170724027.html

 大阪天満宮の天神祭(24、25日)のハイライトを楽しむことができる「天神祭前夜祭inOBP」(実行委員会主催)が23日、大阪市中央区の大阪ビジネスパーク(OBP)内ツイン21のホールで開かれた。高層ビル群に囲まれた近代的な建築物を舞台に、迫力のある踊りや鳴り物の演奏が繰り広げられた。

 
天神祭を通じて地域の交流を深めようと、大阪ビジネスパーク協議会と大阪天満宮でつくる実行委が開いている。1986年から続くイベントで今年で32回目となる。

 イベントには天神祭の陸渡御に実際に参列する「講社」が参加。おはらいの清祓(きよはらえ)式の後、催(もよおし)太鼓やだんじり囃子(ばやし)、獅子舞など次々と熱気あふれるステージが披露された。

 同実行委員長の舟越照代・大阪ビジネスパーク協議会事務局長(65)は「日曜日の開催だったが思った以上に来場者が多かった。地域に定着していると感じる。つながりを深めるためにこれからも続けたい」と話した。

2408 名無しさん :2017/07/26(水) 16:19:19 ID:qyBlkDVA0
「模擬原爆」空襲犠牲者を追悼
07月26日 
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170726/4552471.html

72年前の昭和20年7月26日、長崎の原爆と同じ型の爆弾に通常の爆薬をつめた「模擬原爆」による空襲を受けた大阪・東住吉区で、当時の空襲の犠牲者を追悼する式典が行われました。
「模擬原爆」は、アメリカ軍が、長崎に投下した原爆と同じ型の爆弾に、通常の火薬をつめて、昭和20年7月26日に大阪に投下したもので、7人が死亡し、73人がけがをしました。
大阪・東住吉区にある「模擬原爆」の慰霊碑の前では、26日追悼式が行われ、模擬原爆の体験者や、東住吉区や泉佐野市などの小中学生、それに広島と長崎の被爆体験者、およそ150人が参加しました。
式では、模擬原爆が投下された午前9時26分に黙とうがささげられ、空襲で亡くなった人たちを追悼しました。
模擬原爆による空襲を体験した92歳の龍野繁子さんは、「追悼式に出席したり、学校を訪れて自分の体験を話したりすることによって、若い世代の人たちに模擬原爆について語り伝えていきたい」と話していました。
東住吉区の中学校の生徒は、「日本の各地に模擬原爆が落とされたことは、知らなくて驚きました。
平和についてみんなと考えを共有したい」と話していました。

2409 名無しさん :2017/07/30(日) 11:32:25 ID:5kGVTHw60
http://www.sankei.com/west/news/170730/wst1707300002-n1.html
【井上章一の大阪まみれ】
失われたアメリカ文化が大阪で保存されていた!
 ビリケンは、大阪・通天閣のマスコットである。足の裏をなでると、御利益がある。そんな評判もあって、おおぜいの人がここにはやってくる。とりわけ、受験生には人気があるという。
 これを、大阪のシンボルだと考える人も、すくなくない。そう言えば、新世界を舞台として、『ビリケン』という映画がつくられたこともある(一九九六年)。二〇〇五年には、「なにわの文化・観光交流大使」となってもいる。その称号とともに、東京へもちだされたことは、記憶に新しい。
 大阪を代表するキャラクターとしても、ひろくみとめられている。その点では、「くいだおれ太郎」なみになっていると言うべきか。ただ、あの人形とちがい、国際的な舞台では、まだ活躍をしていない。私は、アメリカへいって、その存在感をアピールしてほしいと、考えているのだが。
 とうとつに、アメリカをもちだし、読者はとまどわれたろうか。これには、訳がある。
 ビリケンは、もともとアメリカではやりだした愛玩人形だとされている。シカゴのさる彫刻家が、女性らしいけれども、発案した。夢のなかにでてきた精霊を、彼女がそのまま造形したのだと、言われている。通天閣の説明によれば、一九〇八年のことであったらしい。
http://www.sankei.com/west/news/170730/wst1707300002-n2.html
 なぜか、幸運のシンボルとして、ひところアメリカでヒットした。日本にも、もちこまれている。
 大阪では、旧ルナパークの開園にさいし、これを園地でまつることとなった。園内にもうけたビリケン堂へ、千客万来の招福人形として、しつらえたのである。招き猫や福助にかわる、その舶来版として。一九一二年のことであった。なお、今の新世界は、このルナパーク跡地にひろがる界隈である。
 ルナパークは、一九二三年に閉鎖された。以後、ビリケンは行方がわからなくなる。今のビリケンは、その代替品。戦後に再建された通天閣が、往時をしのぶためにあつらえた像である(一九七九年)。一時は下火になっていた人気も、この復活でよみがえった。
 アメリカでも、二十世紀のなかばごろまでは、そこそこ愛玩されていたという。アメリカ映画の『哀愁』(一九四〇年)にも、マスコットとして登場する。しかし、今はすっかりわすれられているだろう。
 だからこそ、私は大阪のビリケンに渡米をすすめたい。うしなわれたアメリカ文化が、大阪で保存されていたことを、しめすために。(国際日本文化研究センター教授)

2410 名無しさん :2017/07/31(月) 20:39:39 ID:zgdI6lyY0
http://www.sankei.com/west/news/170731/wst1707310072-n1.html
仁徳天皇陵含む百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産国内候補に 大阪府

文化審議会は31日、平成31(2019)年の世界文化遺産登録を目指す候補として、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を選んだ。来年2月までに政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出し、31年夏のユネスコ世界遺産委員会で審査を受ける見通し。
同古墳群は堺市の百舌鳥古墳群と、大阪府羽曳野、藤井寺両市に広がる古市古墳群の総称。古墳群は、国内最大規模の「仁徳天皇陵古墳」(堺市、全長486メートル)や応神天皇陵古墳(羽曳野市、同425メートル)をはじめ、古墳時代最盛期の4世紀後半〜5世紀後半に築造された49基で構成する。全長200メートルを超える前方後円墳は全国に約40基あるが、11基が立地する。
堺市など地元自治体は、古墳群について、「天皇陵を中心に、約1600年前の姿を今に伝えている」などととして推薦を求め、これまでに25、27、28年の3度、文化審議会で審議されたが、いずれも見送られていた。
このため、今回は「仁徳天皇陵古墳」をはじめ、大小さまざまな形が存在する古墳群は他に例がないとする「多様性」をアピールしたことが結果に結びついたとみられる。

http://www.sankei.com/west/news/170731/wst1707310072-n2.html
この日の文化審議会では、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田の3県)、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)の2件も審議対象とされたが、今回は見送られた。

2411 undefined :2017/08/06(日) 15:56:07 ID:Dgr72iNc0
百舌鳥・古市の古墳楽しむVR 地元博物館でツアー開始
2017年8月1日 11:07
http://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/170801/20170801044.html

 世界文化遺産の推薦決定から一夜明けた1日、百舌鳥・古市古墳群の地元にある堺市博物館で、バーチャルリアリティー(VR)技術で百舌鳥古墳群を上空から眺めることのできる疑似体験ツアーが始まった。

参加者はヘッドマウントディスプレーをつけ、上空300mからの映像で、国内最大の大山古墳(仁徳天皇陵)や周囲の風景を楽しめる。CGで、約1600年前の大山古墳の壮麗な築造当時の姿も再現している。

家族で訪れた仙台市青葉区の男性(44)は「仁徳天皇陵の周囲を歩いただけでは全体像が見えないけど、VRだと手に取るように分かる」と興奮した様子だった。

2412 名無しさん :2017/08/06(日) 16:11:36 ID:Dgr72iNc0
豪華な渡御列 沿道沸く 「住吉祭」神輿渡御
2017年8月2日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170802/20170802027.html

 大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)の「住吉祭」伝統の神輿(みこし)渡御が1日、盛大に執り行われた。千人を超える渡御列が堺市堺区の御旅所「宿院頓宮(とんぐう)」を目指して練り歩き、大阪各地で約1カ月の間に斎行された夏祭りシーズンを締めくくった。

渡御には、明治時代に奉納され昨年大改修が完了した「大神輿」を中心に、神馬(しんめ)や枕太鼓、船みこしといったさまざまな奉仕者が参列。紀州街道を南下し、地元商店街のアーケード内などを通過するたび、沿道の人々から声援や拍手が沸いた。

 このうち大神輿の一行は、「平楽」が語源と伝わる「べぇら、べぇら」の掛け声とともに、住吉大社を象徴する反橋(そりはし)を豪快に渡って境内を出発。大阪と堺の境界となる大和橋上では、担ぎ手が大阪側から堺側へ交代する「神輿受渡式」が執り行われ、勇壮な姿が終始注目を集めていた。

2413 名無しさん :2017/08/06(日) 18:17:33 ID:Dgr72iNc0
境内に灯籠、お盆の準備進む 四天王寺
2017年8月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170803/20170803031.html

 大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺で、間もなく迎えるお盆供養「盂蘭盆会(うらぼんえ)」(9〜16日)の準備が着々と進んでいる。連日の炎天下、境内の随所では灯籠(とうろう)などの取り付け作業が行われ、早くも荘厳なお盆の雰囲気に包まれている。

諸堂には象徴的な「献灯灯籠」が整然と飾られており、その数は例年3千灯を超えるという。六角柱の本体がわずかな風を受けてなびく姿が美しさを引き立たせている。

 お盆中の日没後は、迎え火・送り火の役目のほか、故人の供養・感謝などさまざまな意味を込めて点灯され、日中と異なる幻想的な光景が繰り広げられる。

 このほかお盆中は先祖供養の「万灯ローソク」が連日点灯されるほか、伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸さんを招いた盆踊り大会(11、12日、午後7時半〜)などを予定している。

2414 undefined :2017/08/06(日) 18:32:14 ID:Dgr72iNc0
境内でオペラ「椿姫」 坐摩神社 10月芸術祭
2017年8月5日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170805/20170805052.html

 都心の神社境内を舞台にしたオペラ公演「せんば鎮守の杜(もり)芸術祭2017」が10月7日、大阪市中央区の坐摩(いかすり)神社で開催される。午後6時開演(開場は30分前)。入場整理券3500円(当日券3800円)。

地域住民や神社にゆかりがある人々でつくる実行委(幡地賢二郎委員長)が主催。音楽を楽しむ文化と環境の創造を目指して開催しており今年で12回目となる。プロ声楽家による趣向を凝らした演目が好評で、今年はジュゼッペ・ベルディのオペラ「椿姫」(1853年)を選んだ。

 当日は、関西を代表する若手実力派の西影星二さん(テノール)がアルフレード役、斉戸英美子さん(ソプラノ)がビオレッタ役で出演。アルフレードの父・ジェルモンは大阪音楽大教授の田中由也さん(バリトン)が務める。

 日中は同会場で、音楽・文化団体のほか若手オペラ歌手が出演する演奏会「せんば鎮守の杜音楽祭2017」(正午開演、入場無料)を開く。

 7月29日には同神社で実行委の結団式があり、出演者など関係者約30人が参集。成功と安全祈願の正式参拝や当日の全体の流れの打ち合わせなどを行い、出席者がいっそう結束を固めた。

 委員長2年目の幡地さん(69)は「昼の部から地元ぐるみで盛り上がることができるように仕掛けていきたい」と奮起。名誉実行委員長の同神社・渡邉紘一宮司は「皆さんのおかげで公演が定着し大変ありがたい。若手の方の出演もあり、今年も新たな期待を寄せている」と話した。

 チケットの問い合わせは電話06(6251)4792、同芸術祭事務局(同神社内)。

2415 undefined :2017/08/06(日) 19:45:22 ID:Dgr72iNc0
世界遺産へロマン感じて 大阪・近つ飛鳥博物館で百舌鳥・古市古墳群展
http://www.sankei.com/region/news/170728/rgn1707280068-n1.html

31日の国の文化審議会で、世界文化遺産登録の候補(国内推薦)に選ばれるか注目が集まっている「百舌鳥(もず)・古市古墳群」の魅力を広く発信しようと大阪府河南町の「府立近つ飛鳥博物館」で夏季企画展「百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に!-この夏、きみは古墳を知る-」が開かれている。月曜休館で9月10日まで。

 文化審議会に合わせ、地元から機運をさらに高めようという意味もある。企画展では古市古墳群に関する出土品や複製品などを中心に約210点が展示されている。

 会場では「津堂城山古墳」(藤井寺市)から出土した石棺の蓋のレプリカ(長さ約3メートル、幅約1・2メートル)や「栗塚古墳」(羽曳野市)から見つかった家形埴輪(はにわ)などのほか、ブロック玩具「レゴ」製の仁徳天皇陵古墳といったさまざまな品々が並べられている。

 同博物館は「(出土品は)百舌鳥・古市古墳群の謎を解明する重要な史料。この機会に足を運んでいただき、昔の人々の営みを考えてほしい」とPR。期間中は子供向けに「博物館バックヤードツアー」や「こども勾玉(まがたま)づくり工房」などのイベントが行われる。イベントや講演会に関する問い合わせは同博物館(電)0721・93・8321。

2416 名無しさん :2017/08/06(日) 20:13:08 ID:/NrfrGio0
http://www.fujisan.co.jp/product/12791182/new/
2017年9月号 (2017年08月04日発売)
歴史のif もし戊辰戦争で幕府軍が勝っていたら首都は大坂、共通語は大坂弁になっていた
前衆議院議員 村上政俊
「秘密の藩民SHOW」>>明治維新によって生まれた47都道府県は、律令国家の66ヵ国の組み合わせを基本としながら人為的な線引きの要素も強い。
典型は大阪府だ。摂津国の1部、和泉国、河内国を人為的に合併した経緯から、今でも旧国のカラーの違いは根強く、府としての一体性は乏しい。(アフリカの国境みたい:引用者)

2417 名無しさん :2017/08/12(土) 22:50:11 ID:iGeVFPVQ0
大阪うめきた:梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体
3 / 35

毎日新聞
8 時間前
シェア





https://mainichi.jp/20170812k0000e040226000c
 JR大阪駅北側の再開発区域「うめきた」(大阪市北区)に江戸〜明治時代にかけてあった「梅田墓(ばか)」の発掘調査で、200体以上の埋葬人骨が見つかった。梅田墓は、江戸期に庶民の間で流行した盆行事「大坂七墓巡り」の1カ所に数えられ、近松門左衛門の「曽根崎心中」や井原西鶴の「好色二代男」にも登場するが、面影を伝えるものは残っておらず、実態はよくわかっていない。過去の工事で墓石などが出土した例はあるが、学術的な発掘調査で墓の一端が明らかになるのは初めてで、当時の大阪の都市の様相や葬送文化を知る上で貴重な発見だ。
 うめきた2期区域の再開発事業に伴い、今年2〜6月、大阪市教委の指導で大阪文化財研究所が明治期の地図から墓域と推定される約3000平方メートルの一画を含む、約700平方メートルを発掘調査した。
 調査では、きれいな盛り土の層に整然と並ぶ棺桶(かんおけ)に入った状態で土葬された人骨が見つかった。一方、火葬されて骨つぼごと穴に投げ込まれたような状態で見つかったものや、骨つぼに入れられず、同じ場所に何層にも重なって埋葬された痕跡も確認されるなど、多様な埋葬形態が明らかになった。棺桶に納められた人骨の周囲からは、とっくりのミニチュアや六文銭などの副葬品も見つかった。
梅田墓は江戸初期、天満周辺に点在していた墓の一部を旧曽根崎村に集め(現在の大阪駅前第1ビル周辺と推定)、都市化に伴って1680年代に調査地付近に移転したと伝わり、1900年代初めごろまで機能していたとみられる。
 調査地の北端と南端の計3カ所からは、墓域を区画した石垣も確認、北側の石垣は墓石を転用して築かれていた。墓地が造られる前の土層からは17世紀末ごろの磁器が出土した他、見つかった墓石には1674〜1825年の没年が刻まれており、地誌や古地図で墓があったとされる時期と矛盾しなかった。また、南北の石垣の外側からも人骨が見つかり、墓域は従来の推定より広範囲にわたっていたことがわかった。
 調査した大阪文化財研究所の岡村勝行・東淀川調査事務所長は「江戸期の大阪では、火葬が大半だったとする史料が残されているが、土葬もかなりあったことが明らかになった。多様な埋葬形態は、時期の違いや貧富・身分の差によるものかもしれない」と話す。今後、見つかった人骨の男女比や年齢層、栄養状態などの分析を進める予定といい、謎多き墓の実態解明が期待される。【林由紀子】
「歴史の一端解明」 古川武志・大阪市史料調査会調査員(日本近現代史)
 七墓巡りには、肝試しの意味合いや、子どもの大人への通過儀礼的な一面もあったようだ。全て回ると自分の葬式は晴れるとも言われ、文学では心中の場面などで象徴的に描かれた。開発で失われる歴史の一端が発掘調査で解き明かされ、記録される意義は大きい。

2418 undefined :2017/08/13(日) 21:10:01 ID:ebkLAfWQ0
京橋空襲は問う 14日に若者組織が2人芝居
2017年8月8日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170808/20170808022.html

 72年前の終戦前日、空襲に見舞われた京橋を題材にした「未来へのメッセージ」が、空襲があった日の14日、大阪市都島区の会場で開かれる。戦争をテーマに京橋版にアレンジした舞台などで、主催者は「未来の日本を考える機会に」と来場を呼び掛けている。

主催は、若者による地元特性を生かした活性化に取り組む「京橋地域活性化機構」(鷲見慎一理事長)ら。

 同機構などによると、京橋の空襲は1945年8月14日に当時の京橋一帯(現在の大阪ビジネスパーク付近)にあったアジア最大級の陸軍砲兵工廠(こうしょう)を狙い、米軍が爆弾を投下。近くの京橋駅のホームなどを直撃し、身元が判明しただけでも二百数十人が命を落とし、実際の犠牲者は500人とも600人ともいわれている。

 その空襲を伝える被災者慰霊碑がJR京橋駅南口側にあり、記憶の風化を防ごうと1955年から毎年8月14日に慰霊祭が営まれ、遺族や関係者らが平和への誓いを新たにしている。

 「未来-」で上演する舞台は、東京の「演劇集団アトリエッジ」が手掛ける『流れる雲よ』の京橋版にアレンジした2人芝居。主人公が基地に持ち込んだラジオを聴いていると流れる放送が未来の放送で、京橋の空襲や日本の敗戦を伝えるものだと気付き…といった内容。舞台の前には空襲など戦時中の地域の歴史の説明がある。

 72年の経過の中で戦争体験者も減り、戦争への実感も薄らぐ中、舞台を通じて問いかけることで「感情も入りやすく、わかりやすいのでは」と企画した同機構の鷲見理事長(35)。空襲が忘れ去られる危惧と語り継ぐ必要性を感じるとともに、日本を取り巻く情勢不安など「現在、未来の日本を考えるきっかけづくりにし、若い人に見てもらいたい」と訴える。

 未来-は14日、京橋グランドスペース(都島区東野田町3丁目、大京ビル2階)で午後1時開演。50席限定で参加費は千円。申し込みは同機構のホームページなどで。

2419 undefined :2017/08/13(日) 21:27:03 ID:ebkLAfWQ0
万の炎、先祖しのぶ 四天王寺盂蘭盆会
2017年8月10日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170810/20170810029.html

 大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺(森田俊朗管長)で9日、お盆行事「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が始まり、朝から多くの参詣者が先祖供養に訪れている。


五重塔をはじめ講堂、金堂を配した境内・中心伽藍(がらん)では、夕刻から先祖の霊名を記したろうそく(万灯ろうそく)約1万本を一斉にともす「万灯供養」があり、幻想的な明かりが夏の夜空を照らしている。

 この日の伽藍内では、日没前から幼児や高齢者まで幅広い年齢層が続々と参詣。回廊沿いに設けられたそうろく台の前で故人の思い出を語り、ゆらめく炎にじっと手を合わせる家族連れや、同寺僧侶の読経とともに伽藍内を練り歩く法要の列に加わる人々など、随所で先祖をしのぶ光景が見られた。

 このほか、1日で千日続けてお参りしたのと同じ功徳が授かるという「千日詣(まい)り」(10日まで)もなされ、境内・六時堂は多くの人々でにぎわった。

 万灯供養は16日まで行われ、点灯は午後6時15分ごろ〜同9時(15日は午後5時40分ごろ〜同10時)。

2420 undefined :2017/08/13(日) 21:28:38 ID:ebkLAfWQ0
大阪護国神社で清掃 「日本会議」会員と家族ら
2017年8月11日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170811/20170811032.html

 大阪市住之江区南加賀屋1丁目の大阪護国神社で境内の清掃活動が行われた。参加者は、ごみ拾いや草取りに汗を流した。


活動は「英霊にこたえる会大阪府本部」と「日本会議大阪」が企画して6日に実施。15日の終戦記念日に同神社で執り行う例祭を前に毎年実施し、今年で13回目を迎えた。

 「清掃活動をひとつのきっかけとして、護国神社がどういう神社であるかを語り継いでいくことも大切」と日本会議大阪の丸山公紀事務局次長。この日は日本会議大阪の会員とその家族ら約30人が参加した。

 門真市から参加した橋本輝明さん(43)は、年老いた両親に変わり、3人の子どもを連れて2年ぶりに参加。「時間がたつと戦争のことを忘れてしまうので、子どもたちのためにも良い機会なる」と話していた。

2421 名無しさん :2017/09/08(金) 00:34:37 ID:GjXushS60
大阪とサカ族
https://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/35471712.html

ついでにお話しておくと鹿児島方言では
「サエギル」という動詞を「セキッ」と発音する。
この方言が「セキッ所=関所」と動詞から名詞を生み出したのである。
その「サエギル」のサエは
「塞の神」と書いて「サイの神」と読むサイが、「サエ」と訛ったたものである。
この字を「サイ」発音するのは「韓音(中国の発音)」である。
「サエギル」という言葉は、古日本語にはなくて、
「塞」という漢字が入ってから生まれた「合成語」だということが分る。
中国には西域の異民族を「塞」と呼んだ文献がある。
この「塞」はもう一つ「ソク」腸閉塞(ちようヘイソクなど)という発音がある。
「塞奴」は「ソクド」と読めるから今の「ソグド人」に一近い発音になる。
『魏書倭人章』にもこれに関連した官名が出てくる。
魏の帯方郡使として当時の倭国へやってきた「塞曹掾史・張政」である。
「塞曹」とは「塞奴」担当官という名だからソグドが話せた可能性がある。
そういう役人を帯方郡に置いたり、それを倭へ派遣したのをみると、
魏人は倭人を「塞族」として分類していた可能性がある。
<塞族>はギリシャ人が「スキュタイ」と呼んだ人々であるが、
「スキュ」はギリシャ訛りで「タイ」は人という意味である。
同じ名を印度北部では「シャーキャ」と発音する。
釋迦(シャカ)はこれに対する当て字である。
鹿児島方言は「シャカ」を「サカ」と発音するが、
日本では「塞」の字を古来「サカ」と発音する。

大阪の「サカ」は敵をサエぎるもの「城塞」の意味か。
あるいは「城塞(サカ)を作る連中という意味か。
民族名の「塞」であろうか?。
今、仁徳天皇陵のある「堺」は「サカが居る土地」という
意味以外には考えられないから「民族名」が一番有力に見える。
それだと江上波夫氏の『騎馬民族説』を立証することになる。
どの意味にとっても「オーサカ」の語源は「倭塞」だったのである。
そして鹿児島の「大隈=倭住」からの移住地は
「大隈」「大住」「和泉=倭住」という地名として
大阪一体に今なお残っている。
薩摩半島の「出水と川内」というセットになった都市の名が、
大阪では「和泉と河内」というセットになった二大国の名として、
拡大した形で命名されていて、倭国の移動と、その前身が何だったかを、
よく分るように証言している。

 ※出典:加治木義博「言語復原史学会・邪馬壹国大移動:30」

2422 名無しさん :2017/09/08(金) 00:46:57 ID:GjXushS60
大阪上空:小型ヘリコプターによる空撮サンプル
https://www.youtube.com/watch?v=svrn0CrjoDU

コメント欄から抜粋
難波の宮水都
5 か月前
そもそも現文明の大元のシュメール文明を築いたシュメール人は
アジア系であり、その後ヒッタイト帝国を築き、のちに中央アジアの遊牧国
スキタイとなる。スキタイ人はサカ族のことであり、古代ギリシャではスキタイ
をサカイと呼んでいた。その後彼等は日本に渡り、古墳時代を形成する。
サカ族は釈迦(シャカ)の大元であり、古代インド南部からスリランカにかけて
弥生文明を築き、スキタイとはまた別のルートで日本に渡来している。
だから古代タミル語と日本語は膠着語などが全く同じなのだ。
シュメール文明の叡智を築いたサカ族の本拠地は堺の仁徳古墳を
見ても分かるように古代大阪である。だから反日欧米系のメディアを
支配しているユダヤ系は大阪叩きに必死なのだ。
サカ族の本拠地大阪だからこれだけの合理性がある街づくりが
古代からされてきたのだ。

NIGHT VIEW of OSAKA Ogawa AIR & SVS
https://www.youtube.com/watch?v=RfzUABWR5v0&amp;feature=youtu.be

時空の栞 -4K Osaka NIGHT VIEW- Timelapse 大阪夜景
https://www.youtube.com/watch?v=gAFlXZi4u0s

大阪都心夜景ドライブ 御堂筋・梅田・難波・天王寺 Osaka Urban Night Drive
https://www.youtube.com/watch?v=aRPqEjGTnPM
コメント欄から抜粋
last ery
2 年前
日本全国旅して回った事あるけどオシャレな街は日本中にたくさんある。
でもオシャレでかっこいい街は大阪しかない。

2423 名無しさん :2017/09/08(金) 22:21:57 ID:IeoONghA0
>>2416はここ
http://www.fujisan.co.jp/product/12791182/b/1528757/

2424 名無しさん :2017/09/10(日) 12:16:37 ID:1fPvI8sM0

日本人奴隷の存在に激怒した愛国者・豊臣秀吉
岩田温2015年08月21日
http://blogos.com/article/129458/

豊臣秀吉の名前を聞いて、何を思い浮かべるだろうか?
 織田信長の草履を暖めていた話だろうか? 
一夜にして築いたと伝えられる墨俣城だろうか?
 それとも、朝鮮出兵の話だろうか?
これらの話は有名だが、豊臣秀吉に関しては、多くの国民
に知られていない逸話があり、こちらの方が、非常に重要
だと考えている。詳しくは『人種差別から読み解く大東亜戦争』
を参照して欲しいが、簡単に書いておく。

それは、豊臣秀吉が、日本における奴隷制の強烈な反対論者
だったという事実だ。
 奴隷制というのは、日本の内部の話ではない。
戦国時代、多くの大名たちが欧米人との間で奴隷貿易
を行っていた。これも教科書に記載されていない重要な事実だ。
 多くの日本人が奴隷として売りとばされ、哀しい想いをしていた。
これに関して、豊臣秀吉は激怒し、キリスト教の宣教師に対して詰問する。

「予は商用のために当地方に渡来するポルトガル人、シャム人、
カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその
祖国、両親、子供、友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国
へ連行していることも知っている。
それらは許すべからざる行為である。よって、汝、伴天連は、
現在までにインド、その他遠隔の地に売られて行った
すべての日本人をふたたび日本に連れ戻すよう取り計らわれよ。
もしそれが遠隔の地のゆえに不可能であるならば、
少なくとも現在ポルトガル人らが購入している人々を放免せよ。
予はそれに費やした銀子を支払うであろう。」

2425 名無しさん :2017/09/10(日) 12:17:41 ID:1fPvI8sM0

私自身、この秀吉の言葉を知ったのは、奴隷について
一生懸命研究するようになった後だ。多くの日本人は、
愛国者であり、日本人を奴隷とすることに断固として
反対した秀吉の姿を知らないはずだ。
 先に引用した言葉を何度も読み返してほしい。
 私は非常に真面目で、同胞を想う秀吉の愛国心、同胞愛が
滲み出たよい言葉だと思う。
何故、教科書では、こうした豊臣秀吉の功績を記載しないのだろうか。
 伴天連追放令が出されたことだけを取り上げれば、
まるで秀吉がキリスト教を弾圧しただけのような話に聞こえるが、
この伴天連追放令の前段階で、キリスト教徒たちによる
奴隷売買に秀吉が激怒しているのだ。
こうした事実を記さなければ、「伴天連追放令」に至る理屈が理解できないだろう。

人種差別の歴史は根深いが、私たち日本人の先祖が奴隷として
売りとばされていた事実を多くの国民は知らない。

こうした過酷な事実を知ることは、大きく日本史を眺める際に重要なことだろう。

教科書で「南京事件」「慰安婦」の問題が取り上げられることは
多いが、こうした豊臣秀吉の功績については、問題にすらされていない。

どうか、一人でも多くの国民に、秀吉の素朴な愛国心と同胞愛
を知っていただきたいと思う。

南蛮貿易と日本人奴隷 〜日本人女性50人で火薬1樽〜【CGS ねずさん 日本の歴史 7-1】
https://www.youtube.com/watch?v=RS5Io8aQfWw

豊臣秀吉がザビエルの陰謀から日本を守っていなかったら・・・
https://www.youtube.com/watch?v=ywjmoebmRnI

2426 名無しさん :2017/09/10(日) 18:31:05 ID:WnonV80A0

日本人の人権を守りぬいた豊臣秀吉
https://www.youtube.com/watch?v=4mG5aHtw5b4

2427 名無しさん :2017/09/10(日) 18:42:20 ID:WnonV80A0

秀吉が朝鮮出兵した真実
https://www.youtube.com/watch?v=7iGilu17pos&amp;t=9

2428 名無しさん :2017/09/12(火) 00:48:46 ID:XZnka.Z.0
http://www.geocities.jp/marco4321ice/Osaka.html#top

2429 名無しさん :2017/10/10(火) 08:16:34 ID:qyBlkDVA0
七代目笑福亭松喬
襲名披露公演 大阪松竹座で
毎日新聞2017年10月8日
http://mainichi.jp/articles/20171009/k00/00m/040/014000c

 上方落語の本格派、笑福亭三喬(さんきょう)さん(56)が8日、七代目笑福亭松喬(しょきょう)を襲名し、お披露目の公演が大阪松竹座(大阪市中央区)で昼夜にわたり開かれた。

 松喬さんは兵庫県西宮市出身。4年前に亡くなった先代(六代目松喬)の一番弟子で、戦後の上方落語復興を先導した六代目笑福亭松鶴(しょかく)の孫弟子にあたる。襲名披露の口上には桂ざこばさん、桂文枝さん、笑福亭鶴瓶さんらが並んだ。松喬さんはトリで登場し、昼の部では、落語家を目指すきっかけとなった演目「初天神」を披露。「師匠の名を継ぐのはプレッシャーもありますが、一落語家としては限りない喜びです」と語った。襲名披露公演は来春まで、全国14カ所で行われる。

2430 名無しさん :2017/12/05(火) 08:07:00 ID:qyBlkDVA0
18年2月に春団治襲名公演 道頓堀の大阪松竹座で
2017/12/4
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24214010U7A201C1AC1000/

 松竹芸能などは4日、落語家、桂春之輔さん(69)の四代目桂春団治襲名披露公演について、2018年2月11日に大阪・道頓堀の大阪松竹座で開催すると発表した。

 公演は昼夜2部制。口上には昼の部が柳家小さんさん、桂文枝さんら、夜の部は柳亭市馬さん、桂文珍さんら人気落語家が顔をそろえ、上方落語の大名跡復活を祝う。〔共同〕

2431 名無しさん :2018/10/12(金) 21:36:02 ID:JlEMDSZI0
>>2416
https://www.news-postseven.com/archives/20170812_601539.html
戊辰戦争で幕府勝利ならば大坂が首都、大坂弁が共通語に

2432 名無しさん :2018/10/30(火) 21:08:38 ID:NvEUoxdY0
http://www.sankei.com/west/news/181030/wst1810300003-n1.html

【萌える日本史講座】大阪・狭山池の石棺は天皇の墓だった  2018.10.30 10:00
飛鳥時代に築かれた狭山池(大阪府大阪狭山市)でかつて発掘された水路用の巨石は、その大きさや形容から古墳時代の大王クラスを葬った石棺とみられている。府立狭山池博物館の西川寿勝学芸員が、巨石の特徴をもとに、さらに製作時期を絞り込み、被葬者に迫る説を打ち出した。仏教伝来で知られる欽明天皇、聖徳太子の弟の来目(くめ)皇子らが候補という。狭山池の巨石は、古墳から運び出した石棺を水路に転用したと考えられているが、古墳を特定する研究はほとんどないという。同館の特別展「王者のひつぎ」(11月25日まで)で紹介されている。(小畑三秋)
■改修工事で思わぬ発見

 狭山池は周囲約3・4キロで、川をせき止めたダム形式のため池としては国内最古。奈良時代の僧・行基(ぎょうき)や、東大寺再興で知られる鎌倉時代の僧・重源(ちょうげん)らが大規模に改修した。

 巨石は、大正時代末〜昭和初めと、昭和末〜平成初めに行われた堤防の改修工事で計20点以上見つかった。多くが長方形で、最大のものは長さ2・6メートル、幅1・3メートル、高さ約1メートル。内部がくり抜かれ、遺体を納める石棺の本体とみられる。水路にするため、石棺の前と後ろの壁面を削り取って「U字溝」の形にして利用。家の屋根の形をした石材もあり、5〜6世紀の古墳にみられる「家形石棺」とされている。
重源の功績を記した鎌倉時代の文献には、「狭山池に石の樋を築いた」と記載。出土した巨石は、重源の時代に複数の古墳から掘り出されて水路に転用したとみられ、「狭山池石棺群」と呼ばれる。

 家形石棺は近畿の巨大古墳に多く「王者のひつぎ」と呼ばれる。西川さんは、狭山池では長さ2メートル以上の大型のものが半数以上あることに着目し、「大王クラスの古墳から掘り出された可能性が高い」と推測した。

 2メートル以上の家形石棺は、欽明天皇の墓ともいわれる巨大前方後円墳、丸山古墳(奈良県橿原市、全長318メートル)、金銅製の冠など豪華な副葬品が見つかった藤ノ木古墳(同県斑鳩町、直径50メートル)など天皇や皇子クラスの墓に多い。

2433 名無しさん :2019/01/08(火) 21:00:25 ID:ylDuNnHU0
真田山旧陸軍墓地の補修費を国が予算計上
1/8(火) 0:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00585306-kantelev-l27

関西テレビ

大阪市の真田山旧陸軍墓地について吉村市長は国に修復と保全を求めていて、国は全国の軍用墓地の補修費を大幅に増やした予算案を計上しました。

大阪市天王寺区にある真田山旧陸軍墓地は、戦争で亡くなった軍人や捕虜など1万5千人以上が埋葬されていて、国有地として大阪市が管理しています。

墓石は老朽化が進んでいるものの、個人の名前が書いてあるため市の公金で修復することが難しく、吉村市長は国に国立墓地に変えた上で歴史の遺産として保存計画を立てるよう求めていました。

政府は国立墓地にするかは決めていませんが、全国の軍用墓地の補修予算を現在の年間約300万円から5年間で約5億円に増やす予算案を計上しました。

【大阪市・吉村洋文市長】
「国のために命をおとした先人の墓地なので、きちんと国が整備していくことは重要」

吉村市長は、今後も史跡として国立墓地にするよう求めていくとしています。

2434 名無しさん :2019/01/08(火) 21:02:00 ID:ylDuNnHU0
「難波は映画上映発祥の地」 市立中央図書館でエッセイスト・武部好伸さん講演 /大阪
1/7(月) 21:06配信
みんなの経済新聞ネットワーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000056-minkei-l27

 映画興行発祥の地として知られる大阪をテーマにした講演会「映画のはじまり、みな大阪」が2月9日、大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4、TEL 06-6539-3302)で行われる。(なんば経済新聞)

 「新修大阪市史」(本文編・史料編)、「大阪市の歴史」などに書かれていることや、大阪市史編纂所の歴史情報を紹介するセミナー「探そう!大阪市の歴史魅力」の第13回企画として行う同セミナー。

 当日は、エッセイストの武部好伸さんを講師に招き、大阪が従来言われてきた映画「興行」発祥の地としてだけでなく、映画「上映」も発祥の地だったことを説明する。「『大阪の歴史』86号 日本に初めて映画を持ち込んだ男 大阪の実業家、荒木和一」(2017年、大阪市史編纂所刊)、「大阪『映画』事始め」(2016年、彩流社刊)を中心に解説する。

 1897(明治30)年1月、京都の実業家・稲畑勝太郎がフランスから持ち帰ったシネマトグラフと呼ばれる映写機を使い、京都電灯の中庭(現在は関西電力変電所と旧・立誠小学校にまたがる場所)で試写を行ったのが、日本初の映画上映という。稲畑は同年2月15日、難波の南街会館(現在のTOHOシネマズなんば)で有料上映会を開催。これが映画興行の発祥とされ、1階エレベーター乗り場の壁面には記念の碑文が掲げられている。

 武部さんは、心斎橋の西洋雑貨商・荒木和一が1896(明治29)年12月に米国で購入したという映写機「ヴァイタスコープ」を当時の福岡鉄工所(現在のなんばパークス)内、現在の難波中交差点辺りで試写を行ったとし、それが日本における最初の映画上映だと位置付けている。

 開催時間は14時〜16時(開場13時30分)。定員は300人(当日先着順)。入場無料。

2435 名無しさん :2019/01/09(水) 12:20:13 ID:NrdB.GxU0
今宮戎神社で宵戎 商売繁盛願い参拝 大阪
1/9(水) 11:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000023-ytv-l27

読売テレビ

 大阪の今宮戎神社の十日戎が、9日から始まり、商売繁盛を願う参拝客で賑わっている。

「商売繁盛で笹もってこい」

 商売繁盛の神様、「えべっさん」で知られる十日戎は、9日が宵戎。大阪の今宮戎神社の境内では、金烏帽子に千早姿の福娘たちが「吉兆」や大判小判などの縁起物を、手際よく福笹に結び付けていた。今宮戎では、3日間で、90万人の人出を見込んでいる。

2436 名無しさん :2019/01/09(水) 14:43:42 ID:NrdB.GxU0
大坂本願寺を再現…北御堂ミュージアム開館
2019年01月09日
https://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20190109-OYO1T50007.html?from=oycont_top_txt

 大阪のメインストリート・御堂筋みどうすじの名前の由来になった大阪市中央区本町の北御堂きたみどう(浄土真宗本願寺派本願寺津村別院)に、「北御堂ミュージアム」が9日、開館する。本願寺や北御堂が大阪の政治や経済、文化などと関わってきた歴史を紹介する。

 施設改修を機に、貸し展示会場などの約300平方メートルを改装した。

 北御堂は、1597年(慶長2年)、この地に坊舎が建てられたのが始まり。約600メートル南の南御堂(真宗大谷派難波別院)とともに、御堂筋の名の由来とされる。

 ミュージアムには、織田信長に対抗し焼失した大坂本願寺(石山本願寺)と周囲の当時の姿を、文献などから再現した模型(1000分の1サイズ)を展示。壁には40メートルにわたり、第1回府議会(1879年)が北御堂で開かれたことなど、大阪の成り立ちから現代までを解説している。掛け軸や古文書など約20点も並べる。

 無料。原則無休で、開館は午前10時〜午後4時。問い合わせは津村別院(06・6261・6796)。

2019年01月09日

2437 名無しさん :2019/01/14(月) 13:12:02 ID:NrdB.GxU0
「盆梅と刀剣展」 大阪天満宮、2月9日から
2019年1月12日
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/travel/6501/1294119348/l50

 大阪市北区の大阪天満宮(寺井種治宮司)で梅の銘木や刀剣を集めた「てんま天神梅まつり〜盆梅と刀剣展」が2月9日から始まる。書院造り百畳敷きの境内参集殿を会場に、樹齢約200年の古木や各種銘木を紹介するほか、祭神菅原道真と縁があった歴史上の人物ゆかりの刀剣を展示予定。午前9時半〜午後4時半(入場は同4時まで)。3月3日まで。

刀剣展示のうち入れ替え分は次の通り。

 【前半】(20日まで)肥前国忠吉(初代)▽肥前国住近江大掾忠広(2代)▽肥前国出羽大掾行広(初代)▽肥前国行広(2代)。

 【後半】備前国住長船与三左衛門尉祐定▽平安城住大隈守平広光▽帝室技芸院宮本包則▽帝室技芸院菅原包則。

 15日には関連行事として「篠(しの)笛」玲月流初代森田玲氏と門下生(午後1時〜)▽「講談」旭堂南陵氏、「舞踊」西川梅十三氏(同3時〜)を予定。

 展示拝観料は高校生以上700円、中学生以下400円、団体(10人以上)600円。

 このほかに会期中は境内で骨董(こっとう)市(12〜17日)▽アートクラフト展(18〜24日)▽陶器市(18〜24日)-など多彩な催しを予定。問い合わせは電話06(6353)0025、天満宮社務所。

2438 名無しさん :2019/01/16(水) 20:10:15 ID:NrdB.GxU0
どやどや!!護符取り合い 四天王寺に熱気
2019年1月15日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190115/20190115029.html

 大阪市天王寺区の和宗総本山四天王寺(森田俊朗管長)で14日、天下泰平や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する伝統の奇祭「どやどや」が執り行われた。男子高校生約600人が参加し、もみくちゃになりながら護符(お札)を取り合った。

 どやどやは、元日から2週間続く「修正会(しゅしょうえ)法要」の結願(けちがん)日に行われる。どやどやの名前の起源は諸説があるが、「牛王宝印(ごおうほういん)」という護符を取り合う際に参詣者があふれ返った様子からとされるものや、互いの近況を尋ねる際の「どうや」から来ているものなどが有力だという。

 多くの参詣者が見守る中、清風高と清風南海高の生徒が「わっしょい」と元気な掛け声で境内・六時堂前に集合、水を浴びながら気持ちを高めていった。堂内の天井から護符がまかれると、必死になって手を伸ばしていた。

 護符を手にした生徒らは誇らしげな表情を見せ、「最高です」などと喜びを口にした。

 終了後は魔よけの「牛王宝印楊枝(ようじ)」の授与が行われ、参詣者の長い列ができた。

2439 名無しさん :2019/01/16(水) 20:22:03 ID:NrdB.GxU0
炎に無病息災祈る 生国魂神社で左義長神事
2019年1月16日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190116/20190116027.html

 大阪市天王寺区の生国魂神社(中山幸彦宮司)で15日、小正月伝統の火祭り「左義長(さぎちょう)神事」(とんど焼き)が盛大に執り行われた。日の出頃から、古い正月飾りのたき上げを実施。多くの参拝者が高く上がった炎に手を合わせ、無病息災などを祈願した。
境内の一角には、大勢の住民らが持参した大量の破魔矢やしめ縄、お札などが集められ、早朝、神職が拝殿から厳かに運んだ御神火を移すと勢いよく燃え上がった。

 地元在住の自営業の男性(65)は「いい正月が過ごせた。今年は特に忙しくなると思うが、忙しいぐらいがちょうどいい」と笑顔だった。たき上げは昼頃まで続き、住民らが代わる代わる火に当たっていた。

 このほか、一年の邪気をはらう恒例の小豆がゆの接待所も設けられ、参拝者に好評。正月を締めくくる素朴な味を堪能していた。

2440 名無しさん :2019/01/17(木) 20:06:47 ID:dfb3bRCo0
https://www.sankei.com/west/news/190117/wst1901170036-n1.html
【維新150年】外交官が見たOSAKA
大阪メトロ谷町九丁目駅から高津宮(こうづぐう)に向かった。谷町筋から西へ1本入った中寺町は文字通り寺院が連なる町。大相撲春場所の頃には、界隈(かいわい)の寺を宿所とする力士の姿も見られる。
 めざす正法寺(大阪市中央区中寺)は“高津さん”の参道の手前に見えた。幕末、大坂(大阪)に入った英国のハリー・パークス公使ら同国代表団のために幕府は正法寺など4つの寺を提供した。パークスの有能な部下で通訳のアーネスト・サトウが宿泊した本覚寺は、通りをはさんで東のマンションあたりにあった。
すでに幕府の機能は大坂(大阪)城にあり、英国のほか、フランス、米国、オランダの代表団も中寺町周辺に宿所=臨時公使館を置いた。大坂は外交の舞台となり、初めて見る異国人に街はざわめいていた。
   
× × ×
 慶応2(1866)年12月、徳川慶喜が「最後の将軍」となり、幕府は4カ国の公使に大坂城で会談すると通知した。第2次征長戦争で敗れ、大坂開市・兵庫開港問題で外国と朝廷とのはざまに立つ慶喜が、「積極的開国」で外国に友誼(ゆうぎ)をアピールし、併せて朝廷と薩長を牽制(けんせい)する狙いだったのだろうか。
 会談の事前準備でサトウが同僚3人と大坂に入ったのは翌年の慶応3年1月12日。その回想録「一外交官の見た明治維新」(坂田精一訳、岩波文庫)にサトウが綴(つづ)る。
 《大坂(オーザカ)の町に着いた。大きな木橋(天満橋)を渡り、左へ折れ、右へ曲がり、長い街路を通ってようやく本覚院(寺)に着いた》
 一行には護衛の兵士が付き、宿舎では外国係の役人の歓待を受けたようだ。食卓に葡萄(ぶどう)酒が置かれ、トイレには石けんとオー・デ・コロンも用意されていた。
PR
 翌日、早速、大坂一の繁華街、心斎橋筋に散歩に出かけたが、そこには異様な風景が広がる。
 《黒山のような人々が異国人の姿をひと目見ようと、後ろからぞろぞろついてきた。暗くなるまで本屋や呉服屋をひやかしながら歩き回った》
https://www.sankei.com/west/news/190117/wst1901170036-n2.html
将軍と外国公使の会談は3月末から4月初めにかけて行われた。パークスら英国代表団は3月25日、大坂城本丸御殿白書院で初めて慶喜に謁見(えっけん)した。
 このときの慶喜の印象をサトウは「日本人の中でも最も貴族的な容貌をそなえた一人で立派な紳士であった」と称賛した。洋式の晩餐(ばんさん)の卓上でもきわめて慇懃(いんぎん)で、パークスが壁に飾られた三十六歌仙の絵をほめると、慶喜はその1枚を贈ったという。
 サトウは大坂を拠点に多忙な日々を送った。兵庫開港が勅許され、川口と神戸の居留地が決まると、その準備のため幕府役人と交渉を重ねた。長崎で英国水兵が殺害されたイカルス号事件では、幕府最高幹部や前土佐藩主の山内容堂、長崎奉行らと折衝。この間、大坂で諸藩有力者と交流し、特に薩摩の西郷隆盛らとは緊密な関係を築いていた。
 大阪城公園の玉造口にある「市民の森」。かつて玉造口定番(じょうばん)=城代を補佐する当番の大名=の下屋敷がその一角にあり、大政奉還から1カ月後の慶応3年11月下旬、英国公使館は中寺町から、この広大な屋敷に移った。ちなみにフランス公使館は今の大阪家庭裁判所付近にあったとされる。
 城外とはいえ、本丸御殿まで徒歩数分という、大坂でも超一等地に移ったのは幕府の英仏への期待の表れだった。それは、政権を返上したとはいえ、引き続き新体制の中心となって日本を統治し、外交を継承するという慶喜の意思の表れだったのかもしれない。
 その慶喜が王政復古のクーデターを受けて都落ちした12月12日、サトウは京橋口で騎馬の一隊を迎える。
 《日本人はみなひざまずいた。私たちはこの転落の偉人に脱帽した。慶喜は黒い頭巾をかぶり、顔はやつれて物悲しげであった》
 年が明けた1月3日の夜、サトウは伏見方面に大きな火の手を見る。慶喜が城を脱出したことを知るのは7日朝。2日後、城からのぼった白煙が黒煙の雲に変わるころ、公使館は群衆の略奪に遭っていた。
PR
 サトウは大坂で幕府の最期を目撃したのである。(今村義明)

 アーネスト・サトウ(1843〜1929年) 英国の外交官、日本研究家。文久2(1862)年8月、駐日公使館の通訳として横浜に着任し、幕府や諸藩との交渉で活躍。日本語が堪能で、的確な情勢分析、情報収集力は高く評価された。横浜の英字新聞に発表した「英国策論」は日本語に翻訳され、その後の明治維新にも影響を与えたとされる。明治28年、駐日特命全権公使。

2441 名無しさん :2019/01/20(日) 18:24:11 ID:NrdB.GxU0
20日、難波八阪神社「綱引神事」
2019年1月17日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190117/20190117034.html

 大阪市浪速区の難波八阪神社(粟辻勲宮司)で20日、年頭恒例の「綱引(つなひき)神事」(大阪市指定無形民俗文化財)が執り行われる。

 同神社の祭神スサノオノミコトが八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、民衆の困苦を除いたという故事に基づく伝統行事。江戸時代に出版された「摂津名所図会(ずえ)」などにも紹介されている

 午前8時から神事を斎行。文化財保持者である綱引神事保存会(竹立威三雄会長)が奉仕し、細縄を幾重にもより合わせ、オロチに見立てた全長約30メートルの大綱を制作する。

 完成後は大綱を抱えて綱引きを行うほか、神社周辺の氏地を巡行する。一般参拝者も工程を見学可。

 問い合わせは電話06(6641)1149。

2442 名無しさん :2019/01/20(日) 18:40:42 ID:NrdB.GxU0
「お弓神事」で景気向上祈願 御霊神社
2019年1月18日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190118/20190118027.html

 大阪市中央区の御霊神社(園文夫宮司)で17日、「お弓神事」が厳かに執り行われた。平安時代の宮中行事で大的を射る「射礼(じゃらい)」にちなむ年頭行事。都心の静寂な境内で古式ゆかしく弓の作法が披露され、多くの参拝者が矢の行方を追った。

 本内周辺は古くからの一大商業地であることから、当たり矢で景気向上も祈願したとも伝わる。

 近隣の大阪ガスの弓道部所属の2人が奉仕。本殿でおはらいを受けた後、境内に設けられた直径約70センチの的を狙い、1人が3本ずつ矢を放った。矢が的に立つと、見守る人々から歓声と拍手が沸いた。

 拝殿内の神事では、弓を持った神職が矢を射る所作を繰り返す四方邪気ばらいのほか、みこによる弓神楽も奉納された。

 園宮司は「今年は変化の多い年になると思われるが、皆さんには平穏に過ごしていただきたい」と話した。

2443 名無しさん :2019/01/20(日) 19:34:52 ID:NrdB.GxU0
長原遺跡の出土品・さまざまな埴輪から知る、古代大阪の展覧会
1/19(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00056191-lmaga-l27

 大阪市内の大規模な遺跡「長原遺跡」(大阪市平野区)に着目した展覧会が、1月26日より「大阪歴史博物館」(大阪市中央区)でおこなわれる。

 大阪の古代遺跡といえば、堺市や羽曳野市の巨大な前方後円墳が有名だが、長原遺跡も大規模なもの。発掘調査は昭和49年(1974)から始まった。その結果、200基を超す規模の古墳群や多彩なモノ作りを行った集落(居住域)の存在が明らかに。本展では墓葬・生活・生産に注目し、約450点の資料で大阪の古墳時代を振りかえる。

第1章では長原古墳群を特徴づける形象埴輪や円筒埴輪を一堂に展覧。国指定重要文化財に指定されている「船形埴輪」を中心に、近畿地方で出土した主な船形埴輪も展示する。第2章では古墳時代中期から後期(4世紀後半〜6世紀)に形成された長原遺跡の全貌を4期に分けて紹介。第3章では古墳群に葬られた人々が暮らした集落跡としての長原遺跡を紹介する。

大阪の歴史は豊臣秀吉が大坂城を築いた近世以降がクローズアップされがちだが、実は古代にも豊かな文化が広がっていた。本展を通してその実相を確認して。期間は3月17日まで、料金は大人1000円。

文/小吹隆文(美術ライター)

2444 名無しさん :2019/01/20(日) 19:38:26 ID:NrdB.GxU0
徳川家光ゆかりの「釣鐘」、立ち退き危機から一転…“救世主”現る
1/18(金) 19:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00026193-mbsnews-l27

 大阪城の近くにある徳川家光ゆかりの釣鐘。この鐘がわけあって立ち退きの危機に瀕していましたが、その後、“救世主”が現れてピンチを脱したようです。

 ビルやマンションが建ち並ぶ大阪市中央区釣鐘町の一角に「時報鐘」はあります。1日3回、コンピューターで制御された棒が自動で動き、鐘を鳴らします。

 「朝8時には鳴るので、鳴ると、あ、8時なんやなと思う」(近所の人)
 「お寺の鐘あるでしょ、あれと違うね。静かないい音ですよ」
 「朝と昼と夕方。大切ですよこの音は」

 地元の人にも愛されるこの釣鐘を守っているのは、地域の保存会の会長・梅本憲史さんです。

 「これはみなさんの持ち物だから、みんなが守っていかないといけない。だから、これからも大事に大事にしてあげてくださいね」(大坂町中時報鐘顕彰保存会 梅本憲史会長)

 「時報鐘」の歴史は古く約380年前、江戸幕府の3代将軍・徳川家光が大阪城を訪れた際、大阪の地代、いまで言う固定資産税を永代免除としました。これに感謝した町民が記念に鐘をつくったと伝わっていて、釣鐘は明治時代に入ると寺や博物館などを転々としました。その後、梅本さんら地元の要望もあり、1985年にいまの場所に戻ってきました。しかし、歴史的価値の高いこの釣鐘が存続の危機に直面していました。

 「唐突に出てきて買い取れとか言われても、ちょっと私どもにとっては寝耳に水」(梅本憲史会長・2017年)

 釣鐘のある土地を所有する大阪市内の不動産会社が3年前、事前に通知した上で、保存会と大阪府を相手に土地の明け渡しを求めて提訴したのです。鐘が町に戻ってきた当時の土地の所有者と保存会との間では「土地は無償貸与する」との協定が結ばれていて、大阪府が保存会の連帯保証人となっていました。その後、2010年に今回の不動産会社が協定を引き継いで土地を購入。不動産会社は鐘のある17坪の土地の買い取り手を探しましたが見つからず、年間約17万円の固定資産税をこれ以上負担するのは困難として提訴する事態となったのです。そんな釣鐘に突如、“救世主”が現れました。

 「(土地を)買い取りますと、私どもにとっては願ってもないことだった」(梅本憲史会長)

 去年、鐘の窮状を知った大阪市内の会社経営の男性が保存会に鐘のある土地の買い取りを申し出てきたのです。そして去年11月、不動産会社が男性に1500万円で売却することを条件に和解が成立しました。

 「本当に頼もしい限りですね。庶民が徳川さんの善政をみなさんに知っていただこうということではじまった鐘なんでね、今になって固定資産税でまた苦労せなあかんのは皮肉な話」(梅本憲史会長)

 守られた鐘の音。保存会の梅本さんは男性と一緒に知恵を絞って長く守っていく方法を考えていきたいとしています。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
大大阪モダン建築 / 青幻舎

これらの建築を知らずに、大阪の街を語ることはできません。 橋爪伸也監修、高岡伸一・三木学編著。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板