したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

〜〜官職市場〜〜つわものどもが夢の跡

45 輔漢の流浪の民 :2015/08/01(土) 01:47:58
闘騎坂の戦い
魔玉との連戦で三日三晩の一騎打ちを戦った蕎序であったが、なよたけの物腰の静蘇との一騎打ちを受ける。
ここでは五日五晩、さらにジルジンクスという武将とも五日五晩の一騎打ちを繰り広げた。
勝敗はつかず、さすがに疲弊した蕎序は輔漢城へと帰っていった。

日本史城の戦い
霊帝派と国交を持った日本史官位スレに激怒し、蕎序は日本史官位城に武田騎馬軍団と示し合わせて出兵。
二ヶ月にわたってこれを包囲して城下を荒らしまわった。日本史官位城の群臣の間に動揺が発し、
責任をとって吏僚三人が辞任するという大事件に発展した。
さらに愉快犯的婆沙羅大名の本間賢輔に援軍要請をしたため、本間まで日本史城を荒らしだし、日本史城は荒廃を極めた。
百戦錬磨の蕎序の前に日本史板朝廷は為す術もなく、ただ日本史支城に避難し、震えて待つ他はなかった。

自治の大乱(第一次三戦世界大戦)
元々は強引にIDを導入しようとした自治厨とこれに対して話しあおうと称した金宰陽や可児坊の反乱にことを発した大乱である。
自治厨は強引に他板の自治スレにおける自分たちの議論で全て完了したとする立場でIDを導入しようとした。
また、自治新党自体を潰しにかかり、これに対して可児坊や金宰陽、ロコドールやロコ三郎がその強引な手法を批判している。
ただこの頃のロコ家はロコドールとロコ三郎しかおらず、ロコドールに至ってはほとんどロコ家の活動をしていなかったので
全く力はなかった。こうして自治新党を強引に他板自治スレに統一した自治厨であったが、この出来事に対しては反対の声が大きいくらいであった。
このことは別の確執を呼び、自治新党と自治厨の間で激闘が繰り広げられ、やがて自治新党によって自治スレは統一されることになる。
これに激怒した蕎序は自治スレに乗り込み、自治新党の主であった学徒出陣の登場を待ったが現れず、遂にその強行処置の対抗手段として、
異民族VIP族から蛮族を誘引させ、三戦板に誘引させて三戦板中のスレッドを攻撃する自体に発展してしまい、
その境遇に同情していた沖田などはこれを止めようとしたがその言葉も虚しく、遂に攻撃の火蓋が切られたのである。
また、可児なき三戦で第一の勢力を誇っていた永井尚志も蕎序の臣下となってこれに加担したため、旧可児、旧魔玉家で永井に仕えていた
者達の間にも大きな混乱をもたらした。そうして三戦全土を手中に収めた蕎序であったがこれに気付いた将軍雷音によって包囲され、
まあcの退き口によって辛くも逃げ延びたがその勢力の大半を失ってしまうことになる。また、雷音を殺害したはいだらーらは自らを自治三傑と称し、
この功績を奪い取ったのであった。これ以後は自治三傑の天下となる。

自治州大虐殺
大乱以後、自治三傑が三戦を支配することになったが、三戦板のID導入を本格的に進めようとして単独で反対にまわった魔玉坊と対立、これを
よってたかって袋叩きにした。このことだけではないが、元々はいだらーや向こうの888は気性が荒く、彼ら自治三相の反対派を嘲弄するレスが
自治における議論レスの減少を誘発し、最終的にはID導入は議論のみでは導入することは出来ないと説得されるとうやむやで終わる玉虫色の結果となった。
これらのことで批判を受け、これに懲りた自治三相は自治スレへの出席率が格段に落ち、互いに馴れ合いの道に走るようになる。

自治四相の失脚
自治三傑は、互いに行き場を失い、その政治は腐敗、はいだらーとビジオタは難民板大使館に、向こうの888はピンク難民板で毒苺らと慣れ合うようになり
政治は腐敗していった。さらに元は雷音の実績を横取りした自治三傑であったが、さらに何をしたか意味不明な郭周牙を加えて自治四相と名乗るなど
迷走が続く。また、はいだらーはビジオタを大衆の面前で公然と侮辱するようになり、それに耐え切れなくなったビジオタが下野。
そして彼らの凋落を決定的にしたのは三戦志であった。これは彼らが作った妄想の物語であるが、三戦民で作ろうとの計画であったのに対し、
自治四相を設けたり、果ては関係のないコテの誹謗中傷まで始め、三戦民の意向も軽視したものであったため各所で不満が爆発。
やがては彼らの批判へとつながっていた。

三戦自治統一戦争
まあcが長年続いた自治厨と自治新党の対立を収め、旧自治厨を批判要望板へ追放。 自治新党を最高し中興の祖ともてはやされた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板