したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |
レス数が200を超えています。300を超えると投稿できなくなるよ。

【ジャンルは】注目のニュース 2巡目【何でもあり】

271 名無しさんは神戸学院大 :2019/08/18(日) 17:32:02 ID:9bXvkbhE0
>>264 >>265
「ひるまずアニメ作る」 京アニ放火殺人1カ月、負傷社員は前へ
京都新聞社 2019/08/18 11:30

© 京都新聞社 事件から1カ月を迎えても多くの人が訪れる京都アニメーションの第1スタジオ(17日午後1時45分、京都市伏見区)=撮影・佐伯友章

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、男女35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1カ月を迎える。惨劇の現場から脱出した男性社員が京都新聞社の取材に応じ、瞬時に黒煙と熱風が迫ってきた状況を生々しく語った。今は、同僚と「ひるまず作り続けよう」と励まし合い、悲しみの中にも前を向き始めた。
 7月18日朝、男性は普段通りに出勤し、スタジオの2階で同僚と作画に励んでいた。突然、1階から女性の悲鳴や言い争うような声が聞こえた。「火事だ!」と叫び声が上がり、バイクのエンジン音のような「ドッドッドッ」という大きな音も響いた。わずか10秒でらせん階段と屋内階段から猛烈に煙が吹き出し、30秒ほどで「伸ばした手の先が見えないくらい真っ黒になった」。熱風と排ガスのような異臭も一気に押し寄せてきた。
 黒煙で視界が遮られる中、かすかに見える光に向かって、口に手を当て姿勢を低くして進み、必死の思いでベランダまでたどり着いた。既に飛び降りた同僚から「生きるぞ! 降りろ! まだ助かるよ!」と励まされた。地面まで4、5メートル。手すりを乗り越えてぶら下がり、転げながら着地した。周りには気を失った人、服の焼け焦げた人が倒れていた。
 腕と腰を負傷し救急搬送されたが、夜には帰宅できた。ニュースで放火事件だと知った。第1スタジオのほぼ全社員は消火・避難訓練に参加していたが、「消火器も避難経路も全く役に立たなかった」と振り返る。
 第1スタジオは全社員の約半数に当たる70人が働く京アニの中核施設。日常の風景を繊細なタッチで描く作風に憧れ、全国から集まった若者が原画や動画作成に取り組んでいた。亡くなった35人のうち8割近くが20〜30代。男性は「次世代を担うクリエーターとして大切な存在。ライバルであり、仲間であり、家族だった」と唇をかむ。
 京アニの重鎮として若手を牽引(けんいん)した監督・作画監督の木上益治(きがみよしじ)さん(61)、人気作品で監督を務めた武本康弘さん(47)ら共に京アニの発展を支えてきた同僚も犠牲になった。「僕の家でよくゲーム大会をした。酒を飲んで夜中まで騒いでね」
 取材に対応する理由は、「僕が話すことで、次に助かる命があれば」との思いがあるからという。今は仕事に復帰し、生き残った同僚と新作の製作に励む。「仕事で手を動かす方が気が晴れる。皆、同じ気持ちでは」とおもんぱかる。「容疑者に対抗する一番の手段は、ひるまずに作ること。従来通りの作品を従来通りのクオリティーで作っていきたい」。自らを奮い立たせるように語った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板