したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

雑談&連絡スレッド

1 boro :2003/03/18(火) 22:48
特にこれといって話題のないときは
こちらに書き込みをお願いします。
また、管理人(boro)へのご要望も
こちらにお願いします。

3734 ゼロ :2015/07/31(金) 18:36:02
「報道されている海外作品についてはまったく知らないものです」

っていう反応はおかしいでしょ。

「確かにこうして見るとすごく似てますね。偶然とはいえよく似てる。デザインがシンプルなのでどこかの会社のロゴに似てしまうかもしれないと思っていたら実際そうなってしまいました。これじゃあ、問題あるんで作り直します」

っていう反応でないとおかしいでしょ。

盗作疑惑のある東京五輪のエンブレムでオリンピックやるつもりなんですかねえ。「盗作」でないと証明できない限り「疑惑」はつきまとう。あーやだやだ。

3735 ゼロ :2015/08/10(月) 21:52:02
http://www.nikkansports.com/general/news/1518748.html

五輪エンブレム、ゴリ押しすれば悪いイメージ

20年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴと似ていると指摘された問題で、デザインしたアートディレクター佐野研二郎氏(43)が5日、都内で会見し、盗作疑惑を「全くの事実無根」と否定した。

 デザイン界は今回の騒動をどう見るか。国際的にも活動する関係者は、日刊スポーツの取材に、「変えられないと突っ走ったとしても、わだかまりを持つ人が1人でもいるデザインが、平和の祭典と呼ばれる五輪のエンブレムにふさわしいのだろうか」と指摘した。

 「ベルギーは、芸術へのモラルを重んじる国。デザイナーや劇場には、一線を越えているという意識があるのだろう」と話す。五輪の公式エンブレムであり、裁判になっても「佐野氏が負けることはないだろう」と述べる一方、「ごり押しすれば、ダーティーなイメージが残る。デザインを選んだ審査員も含め、日本全体の責任といわれる可能性もある」と懸念を示した。

 佐野氏の主張には、個人的見解として「Tを強調したいなら、なぜLに見えるような部分を付けたのだろう」。ベルギー側は「フォントが同じ」と主張するが「フォントが全く一致することは、ほとんどない」という。

・・・オリンピックのためにも日本のためにも佐野氏のためにも作り直した方がいいと思う。

3736 ゼロ :2015/08/12(水) 21:51:00
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000004-jct-soci

J-CASTニュース 8月11日(火)19時44分配信

佐野研二郎氏デザインにまた「盗用」指摘 今度はトートバッグ、焼き目や模様、細かな傷も「一致」

自身がデザインを手がけた2020年東京オリンピックの公式エンブレムにベルギーのデザイン会社から「盗用」を指摘された佐野研二郎氏だが、他の作品にも「盗用」騒ぎが浮上している。やり玉に挙がったのは、サントリーが2015年7月7日から8月31日まで開催しているキャンペーンの景品のトートバッグだ。ネットユーザーが、デザインに使われたフランスパンとよく似た写真を掲載する個人ブログを発見。ブログ主も「確かに一致しててビックリしました」と認め、騒ぎが広がっている。

・・・「盗用」してもばれないだろうという考えがあるとしか思えない。探せばまだ出てくるかもね。。。騒ぎが大きくならないうちにオリンピックのエンブレム作り直した方がいいって。

3737 ゼロ :2015/08/13(木) 22:26:18
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/13/0008301413.shtml

佐野氏バッグ 著作権問題で中止

2015年8月13日

 サントリービールは13日、東京五輪・パラリンピックのエンブレムを制作した佐野研二郎氏のデザインによるトートバッグをプレゼントする「オールフリー」の『夏は昼からトート』キャンペーンについて、一部の賞品を取り下げると発表した。デザインをめぐっては「ネット画像の無断使用では」といった指摘がネット上で広がっていた。サントリーは佐野氏から取り下げの申し出があった、とし、佐野氏も同日、公式サイトで取り下げを報告した。

 “絶対もらえる!”“佐野研二郎氏デザイン”をうたい、大々的にキャンペーンを繰り広げていた『夏は昼からトート』プレゼント。30種類のトートバッグの中から好きなデザインを選べる仕組みだったが、うち8種類のデザインを取り下げ、13日現在、サントリーのHPには「全22種類!」という文字が記されたものに変わっている。

 佐野氏側は公式サイトで「現在、ネット上などにおいて、著作権に関する問題があるのではないかというご指摘が出ており…」と説明。「このような状況を受けまして、いくつかのデザインについての取り下げをお願い致しました」とした。

・・・・・オリンピックのエンブレムの「盗用」疑惑がなければ、サントリーの画像無断使用の指摘もなかったんじゃないかと思う。

3738 ゼロ :2015/08/14(金) 18:38:06
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150814-00000025-nnn-int

佐野氏デザイン賞品似ている…米デザイナー

日本テレビ系(NNN) 8月14日(金)12時35分配信

 東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムを制作した佐野研二郎さんがデザインしたキャンペーン賞品の一部を、サントリーが取り下げた問題で、アメリカのデザイナーが「自分の作品とよく似ている」と答えた。

 サントリーでは、佐野さんがデザインしたトートバッグをプレゼントするキャンペーンを行っているが、佐野さん側の申し出で一部を取り下げると発表した。

 そのうち、水着姿の女性のデザインについて、ロサンゼルスのデザイナー、マクフェトリッジさんが13日、NNNの取材に応じ、3年前に発表したデザインに似ていると感想を語った。

 マクフェトリッジさん「とても似ている。デザイン業界では私の水着の女性の作品はよく知られている」

 その上で、マクフェトリッジさんは、「デザイン業界では他人の影響を受けながら作品を作っている」として、佐野さんに対し、法的手段をとる考えはないことを明らかにした。

・・・・・「疑惑」は「確信」になってしまうかもですね。

3739 ゼロ :2015/08/15(土) 07:39:27
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000001-asahi-spo

佐野氏謝罪「スタッフが第三者デザイン写す」 景品問題

朝日新聞デジタル 8月15日(土)0時17分配信

 2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムを手掛けた佐野研二郎氏がデザインを監修したサントリービールの景品が発送中止になった問題で、佐野氏は14日、スタッフが第三者のデザインを写して使ったことを明らかにし、謝罪した。代表を務める事務所のホームページで声明を出した。

 佐野氏は「第三者のものと思われるデザインをトレースし、そのまま使用するということ自体が、デザイナーとして決してあってはならない」とし、社内の連絡体制やスタッフ教育が不十分だったと認めた。サントリーには佐野氏からデザインの取り下げを伝えた。

 ただ、東京五輪のエンブレムはスタッフとの共同制作でなく、個人応募だったと強調。ベルギーの劇場のロゴマークとの類似が指摘されているが、改めて盗用を否定した。

 20年大会組織委員会は「(景品のデザイン問題は)他社の案件で組織委とは無関係である。エンブレムについては、問題は全くないとする立場に変わりはない」との考えを示した。

・・・・・スタッフが勝手にデザインを写したかのように報道されてますが、だとしても佐野氏はこのデザインに対し責任があるわけだから最終的に出来上がった時点でそういったことは確認すべきでした。オリンピックのエンブレムもでかい仕事だけど、景品のデザインの仕事とはいえ、あのサントリーの仕事をスタッフ任せにしちゃうんだからどんだけすごいデザイナーなんだよ。

3740 ゼロ :2015/08/15(土) 22:41:08
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150815-00000210-fnn-int

佐野氏デザイン取り下げ 米国のデザイナー「法的手段も検討」

フジテレビ系(FNN) 8月15日(土)16時47分配信

デザイナーの佐野 研二郎氏が飲料メーカーのキャンペーン賞品を取り下げた問題で、アメリカのデザイナー2人がFNNの取材に応じ、うち1人は「法的手段も検討する」と話した。
ジョージア州のデザイナー、ベン・ザラコーさんは、佐野氏が取り下げたサントリービールのキャンペーン賞品の1つで、「BEACH」と書かれたデザインについて、およそ15年前に、自分が制作したものと完全に一致すると指摘する。
ベン・ザラコーさんは「全てが一致する。文字の間隔も、わたしがあえて変えた文字の太さも同じだ」と話した。
ザラコーさんは、佐野氏に説明を求めたいとしたうえで、「もし、佐野氏が盗作でお金をもうけていたのなら、法的手段を取りたい」と述べた。
一方、泳ぐ女性のデザインを制作したカリフォルニア州のジェフ・マクフェトリッジさんも驚きを隠さない。
ジェフ・マクフェトリッジさんは「トレースされたように見えるね。特に足の部分が」と話した。
マクフェトリッジさんは、模倣について、「とんでもないこと」としているが、今回、法的手段をとる予定はないとしている。

・・・・・そういうことする人だということがだんだんわかってきましたね。これで、かなり「確信」に近づいてきましたね。中国や韓国に対してパクリ批判とかしている場合じゃねえよ。

3741 ゼロ :2015/08/16(日) 22:07:07
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150816-00000169-sph-soci

「黒猫」デザイナーが佐野氏に苦言「ご自身に甘い」

スポーツ報知 8月16日(日)18時19分配信

「黒猫」デザイナーが佐野氏に苦言「ご自身に甘い」

 2020年東京五輪公式エンブレムを手掛けたデザイナーの佐野研二郎氏(43)がデザインを監修したサントリーのキャンペーン賞品の一部にデザイン模倣があった問題で16日、デザイナーの俣野温子氏が自身のブログで問題に対しての見解を示した。

キャンペーンでは、賞品30種類のうちインターネット上で「既存のデザインに似ている」との指摘が多かった8種類が13日に取り下げられた。この8種類には含まれなかったが、「No.25」の黒猫のイラストが、俣野氏がデザインした「ひょっこり黒猫」に酷似しているのではないかという指摘もネットで上がっていた。

 俣野氏はデザインについて「私が描いたのはすでに20年以上前。以来ずっとポケットから黒猫の顔が半分出ているデザインの商品は数え切れないほど作ってきました」と愛着の強いオリジナルデザインであると強調。同時に、「『ひょっこり黒猫』に影響があるものとも思えませんのでただ静観していようと思っています」と法的手段などに訴える意思はないことを示した。

 その一方で、佐野氏に対する不信感も示した。取り下げた賞品は「明らかに逃げ場のないものに絞られていた」と指摘。自身の作品も含め、デザインやモチーフが似ているものに関して問題と認めていないことに、「この認識に対しては多少異論があります」とした。

 模倣しているとの特定は、難しいとした上で「ある意味コピペ(コピー&ペースト)よりも悪質かもしれませんが大多数の方が一目見て似ていると判断したものがコピーと判断されます」。自らの見解を述べると同時に「この流れのなかで、まだ一部分しか認めないという佐野さんの認識は少しご自身に甘いようにも思えます」と苦言を呈した。

・・・・・次々と出てくるねえ「酷似」デザインが。。。佐野氏の代表的なデザイン作品というものがどういうものなのか見てみたい気がする。「オリジナリティあふれる」誰もが認める作品がなければ、オリンピックのエンブレムのデザインの仕事はとてもじゃないが、させないと思うので是非そのデザインを見てみたいですね。

3742 ゼロ :2015/08/16(日) 22:22:36
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150816-00000085-sph-ent

テリー伊藤氏、デザイン模倣問題で佐野氏を批判「通用しない」

スポーツ報知 8月16日(日)13時5分配信

 演出家のテリー伊藤氏(65)が16日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前10時)に出演。2020年東京五輪公式エンブレムを手掛けたデザイナーの佐野研二郎氏(43)について「こっち側はやりました、こっち側はやってません、では通用しない」と痛烈に批判した。

 番組中、佐野氏がデザインしたサントリーのキャンペーン賞品の一部が取り下げられた話題になると、出演者から批判の声が一斉にスタジオ中を飛び交った。元衆院議員のタレント・杉村太蔵(36)が「佐野研二郎デザインと大々的に銘を打っている。いざ問題があったら職員がやったというのは通用しない」と口火を切ると、テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が「コピーライター」と続いた。

 実業家で元ライブドア社長の堀江貴文氏(42)も「手を抜きすぎ」とあきれかえった様子で語ると、俳優の坂上忍(48)は「ここまで行くとケチついたレベルを通り越してる。バレなきゃいい、みたいな」と語った。

 テリー氏は「場合によっては五輪エンブレムを辞退する可能性が高い。今回の件でかなり汚点をつけましたよ。その時点でこっち側はやりました、こっち側はやってません、では通用しない」と厳しく言及。最後に「正直言って、五輪エンブレムは無くなると思います」と見解を示した。

・・・・・ついこの間、「STAP細胞」があるないで大問題になった日本で今度も同じような騒ぎになってなんでって思う。「STAP細胞はあります」って何度連呼してもないものはない。「盗用」してないって何度連呼しても「疑惑」はつきまとう。

3743 ゼロ :2015/08/19(水) 09:50:56
http://www.asahi.com/articles/ASH8L3HSDH8LOIPE00J.html?ref=yahoo

佐野氏事務所作成のシンボルマーク調査へ 東山動植物園

2020年東京五輪のエンブレムをデザインした佐野研二郎氏の事務所が関わった東山動植物園(名古屋市千種区)のシンボルマークが、コスタリカの国立博物館のロゴマークと酷似しているとの指摘が寄せられ、同園が、手掛けた会社に調査を求めていたことがわかった。

 東山動植物園は、12年にシンボルマークの作成やPRを手掛ける民間事業者から公募した。六つのグループから共同提案した3社を選び、13年4月にマークが決定した。3社のうちの1社によると、デザインは佐野氏のデザイン事務所と契約し、作成されたという。

 数日前、同園は「シンボルマークが中米コスタリカの国立博物館のロゴと似ているとネット上で話題になっている」と電話で情報提供を受けた。ネットで確認したところ、六つのつぼみを表す円を6本の線がつないだ緑色の形の「植物の妖精」が、同博物館の円の中にあるマークと似ているとの指摘だったという。

 このため17日、共同提案をした東京都内の会社に調査をするよう求めたという。この会社は朝日新聞の取材に対し、「調査中なのでコメントはできない。結果は名古屋市に速やかに報告したい」と話した。

・・・・・「パクリ屋ケンちゃん」ってどう? だめか。。。

3744 ゼロ :2015/08/19(水) 12:33:58
http://girlschannel.net/topics/449322/

米デザイナーが佐野研二郎氏提訴へ 予告通り自身考案の五輪ロゴも公開

ザリコー氏が15日に予告しデザイナーとしての“戦い”を挑んだ五輪ロゴの「独自案」が、フェイスブックで公開された。イラストは、赤い丸の下に波が描かれたもの。その下に「TOKYO2020」の文字がシンプルな書体で記されている。

・・・ザリコー氏の五輪ロゴで描かれた「波」ですが、これって日本人なら誰でも目にしたことのある葛飾北斎が描く「富嶽三十六景」の「波」でしょう? マジ・ガチでバカにされてます。

3745 ゼロ :2015/08/19(水) 18:59:35
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000002-jct-soci&p=1

佐野研二郎氏の「ピンタレスト削除」騒動 真相はどうだったのか事務所にすべて聞いてみた

J-CASTニュース 8月19日(水)15時24分配信

2020年東京五輪のエンブレムを手がけたデザイナーの佐野研二郎氏(43)が画像共有サービス「Pinterest(ピンタレスト)」を使用していた可能性が高まったとして、インターネット上で騒ぎになっている。

2015年8月5日の記者会見では、ピンタレストについて聞かれた際「見ていない」と答えていたとされたが、ネットの人々の「捜査」により佐野氏のアドレスの登録情報が見つかった。その後、本人のものと思われるアカウントが削除されたため、騒動はより大きくなった。

■「このメールアドレスはすでに使用中です」

 ピンタレストは、お気に入りの画像をウェブ上の「ボード」に張りつけてストックしたり、趣味の合う人のボードをフォローしたりできるサービス。世界中のロゴデザインも数多く投稿されており、デザイナー界隈でも注目を集めている。

 佐野氏が手がけた五輪エンブレムについて「盗作」だと指摘しているベルギー人デザイナーは「(エンブレムと酷似している)劇場ロゴはピンタレストで頻繁に共有されている」とし、佐野氏が事前にネット上で見た可能性があると主張している。そのため5日の会見でもピンタレストに関する質問がぶつけられた。

 スポニチアネックスの一問一答記事では、記者がベルギー人の主張を伝えた上で「『ピンタレスト』というサイトは見たことがあるか?」と質問し、これに佐野氏が「見ておりません」と答えたと報じた。

 すると「本当にピンタレストを見たことがないのか」と疑った人々が8月15日ごろからネット上で「捜査」をスタート。ネット上で公開されていた佐野氏のメールアドレスを使ってネット民が登録を試みたところ「このメールアドレスはすでに使用中です」というメッセージが表示されたことから、大騒ぎになった。

 また「捜査」の渦中には、佐野氏のものとみられるアカウントが途中で別の名前になり、まもなくして退会するという動きがあった。そのためネットニュースやまとめサイトが断定的な見出しをつけて紹介するなどして、騒動に拍車をかけた。

・・・オリンピックのエンブレム「盗作疑惑」から「疑惑」が消える日も近いのでは?

3746 ゼロ :2015/08/20(木) 21:13:55
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150820-00000675-fnn-int

アメリカのデザイナー、ロゴマークめぐり佐野 研二郎氏を提訴へ

フジテレビ系(FNN) 8月20日(木)20時20分配信
デザイナー・佐野 研二郎氏の「そっくり騒動」をめぐり、舞台は法廷へと移る可能性が出てきた。
アメリカ・コロラド州在住のデザイナーのジョシュ・デバイン氏は、「弁護士に提訴すべきか相談している」と話した。
デバイン氏が提訴を考えている相手は、2020年東京オリンピックのエンブレム騒動などで、渦中の人となっている佐野 研二郎氏。
問題となっているのは、群馬・太田市に現在建設中の「おおたBITO太田市美術館・図書館」のロゴマーク。
佐野氏がデザインし、7月発表されたもの。
デバイン氏は、「(佐野氏の作品は)わたしのものから派生して、つくったものに見える。似ているところが多く、特に丸や線の使い方が似ている」と話した。
次々に浮上する疑惑。
キャンペーン賞品のトートバッグをめぐっては、スタッフの盗用があったことを認め、一部の商品を取り下げた。
さらに、愛知・名古屋市の東山動植物園のシンボルマークと中米コスタリカの国立博物館のロゴマークも似ていると指摘されるなど、事態は過熱の一途をたどっている。
佐野氏は、オリンピックエンブレムの会見以降、沈黙を続けている。.

・・・・・人の作品を「盗用」して何が面白いんですかねえ? それで認められても「盗用」だから嬉しくないですよね? デザイナーだったらオリジナルな作品で認められたいと思うはずですよね? なんで自分独自の作品を作んないんですかねえ。「盗用疑惑」のある作品が次々と出てきてますが、どれも同じ人によるデザインとは思えないほど、それぞれのデザインに共通性というかその人らしさがないですよね。簡単に言うとそれぞれ違う人によるデザイン作品にしか見えない。それは「盗用」だから?

3747 ゼロ :2015/08/22(土) 22:05:38
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150822-00000857-fnn-soci

デザイナーの佐野 研二郎氏、ロゴ問題で反論

フジテレビ系(FNN) 8月22日(土)18時50分配信
佐野 研二郎氏が手がけたロゴが、自分のデザインに似ているとして、アメリカ人デザイナーが提訴を検討している問題で、佐野氏はFNNの取材に文書で回答し、「一定の要件を満たすデザインはたくさんある」と反論した。
今回、文書で回答した佐野氏は、群馬・太田市の公共施設のロゴをめぐる問題で、黒い丸と直線で形成したようなデザインについて、「その要件を満たすデザインは、今、名乗りを上げておられるアメリカのデザイナー以外にも、制作されている方は、世の中にたくさんいらっしゃると思います」としている。
そのうえで、「それが、誰か特定の人のアイデアとして認められ、ほかの人が使えないということであれば、デザインの世界では、できないことがほとんどになってしまうと思いますし、わたしはそうではなく、ほかの誰が使っても、問題のないものだと思います」と反論した。
一方、東京オリンピックのエンブレムについては、「わたしから、使用しないよう、お願いすることは考えておりません」とし、さまざまな意見や批判に対しては、「誤解もあるようですので、丁寧な説明を今後もしていきたい」とコメントしている。

・・・・・

>それが、誰か特定の人のアイデアとして認められ、ほかの人が使えないということであれば、デザインの世界では、できないことがほとんどになってしまうと思いますし、わたしはそうではなく、ほかの誰が使っても、問題のないものだと思います。

開き直り? それともそういう考えは前からあったのか? ある意味、佐野氏の言うことも分かるけど、佐野氏のデザインを見る限り「やりすぎ」だと思う。単なる言い訳にしか聞こえない。

3748 ゼロ :2015/08/28(金) 15:14:13
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000037-asahi-pol

女子教育「コサイン教えて何になる」 鹿児島知事、撤回

朝日新聞デジタル 8月28日(金)12時0分配信

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、27日に開かれた県の総合教育会議で、女性の高校教育のあり方について、「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」と述べていたことが分かった。知事は28日の定例記者会見で「口が滑った。女性を蔑視しようということではない」と発言を撤回する考えを示した。

 総合教育会議での発言は、25日に公表された全国学力・学習状況調査の結果について、知事の目標設定を問われた場面だったという。知事は28日の記者会見で「サイン、コサイン、タンジェントの公式をみなさん覚えていますか。私もサイン、コサインを人生で1回使いました」と釈明した。

・・・・・>「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」

反論する気にもなれない。こんなこと言って数千万の年収もらってんだからいいよね。うらやましいです。

3749 ゼロ :2015/08/28(金) 17:33:53
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000008-tospoweb-spo&pos=2

【五輪エンブレム盗作疑惑】佐野氏の原案もパクリ? 審査委員代表の釈明発言が火に油

東スポWeb 8月28日(金)10時3分配信

【五輪エンブレム盗作疑惑】佐野氏の原案もパクリ? 審査委員代表の釈明発言が火に油

 有名デザイナーの佐野研二郎氏(43)が手がけた2020年東京五輪のエンブレムをめぐる盗作疑惑問題が、またまた奇妙な展開になってきた。エンブレムの審査委員代表を務めたグラフィックデザイナーの永井一正氏(86)が「公表されているデザインは佐野氏の応募作を一部修正したもので、原案はベルギーの劇場のロゴに似ていなかった」と発言。どうやら疑惑を晴らそうとしたようだが、ネット住民にしてみればツッコミどころ満載なうえに佐野氏の発言とも矛盾が生じ、結局は火に油を注ぐ事態を招きかねない。
審査委員代表を務めた永井氏によれば、佐野氏の“原案”は東京の頭文字「T」を強調した図案だった。

「(盗作されたとする)リエージュ劇場の『L』を想起させる右下のパーツはなかったが、複数回にわたって、デザインを練り直す中で、『L』にも見えるデザインが盛り込まれた」(永井氏)

 修正されたのは、商標権に抵触するおそれがあったからという。

「(佐野氏の“原案”は)国内外の商標を確認した際、似たようなものが既にあったため、元のイメージを崩さない範囲でパーツを一部動かすなどして何度か微調整したもの」とし、「コンセプトも成り立ちも(リエージュ劇場とは)まったく違う」と永井氏は盗作疑惑を否定した。

 まるで、別のものに似ていたから修正したらリエージュに似てしまった。だから佐野氏はパクっていない、と言っているようだ。だとしたら、修正しなければ危ないデザインをなぜ選んだのか? 選考はデキレースか、との疑問が再燃する。

 加えて“原案”がリエージュ劇場のデザインと似ていなかったとすれば、なぜ今月5日に行った会見で公開しなかったのかも不可解だ。

・・・・・「STAP細胞」問題のように再実験してその結果が分かる問題であればいいが、この「エンブレム盗用疑惑」問題、最後には責任のなすりつけ合いになるんじゃないか? 「コンセプトが違う」って言われてもそれまでに佐野氏が手掛けたデザインの「酷似」から察するに「盗用疑惑」はつきまとう。

3750 ゼロ :2015/08/29(土) 19:54:41
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000030-mai-spo

<東京五輪エンブレム>ベルギー劇場側 スイスでも提訴用意

毎日新聞 8月29日(土)15時1分配信


 【ブリュッセル斎藤義彦】2020年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギー・リエージュ劇場のロゴと似ているとして同国で裁判になっている問題で、劇場側の弁護士が27日、毎日新聞に対し国際オリンピック委員会(IOC)本部のあるスイスでも提訴する用意があることを明らかにした。また、大会組織委がエンブレムの原案を公表したことについて「裁判には重要ではない」と述べ、あくまで現在のデザインの類似性が焦点だとの見解を示した。

 劇場の代理人を務めるベレンブーム弁護士は27日、「どんな原案があったとしても、公式採用されたデザインが劇場ロゴの著作権を侵害していることが問題だ。裁判でも制作の経緯は重視されないだろう」と述べた。

 また「最終案を作る際、オリジナルである劇場のロゴをまねた可能性がある」とも主張。商標登録については「公立の劇場には関係ない。著作権侵害が問題だ」と指摘した。

 そのうえで「劇場側の修正要求を拒否しているのは理解できない。類似しないようエンブレムを修正すれば裁判は終わる」と、IOCに妥協を促した。

 現在、デザイナーを含む劇場側はベルギーで裁判を起こしているが、別の代理人のモタル弁護士は、スイスで訴訟をする意味について、ベルギーでの裁判が仮に勝訴しても国内での効力しかないためだとしている。

 モタル弁護士は、IOCの対応を見て「段階的に(訴訟準備を)進める」として、時期は明示しなかった。

 劇場側は、差し止め要求をIOCが受け入れず、エンブレム使用を続けた場合、スポンサーが使った場合も含め、使用1回につき5万ユーロ(約670万円)支払うよう求めている。弁護士はこうした支払いに実効性を持たせるためスイスでの提訴を検討している。

・・・・・>商標登録については「公立の劇場には関係ない。著作権侵害が問題だ」

>「劇場側の修正要求を拒否しているのは理解できない。類似しないようエンブレムを修正すれば裁判は終わる」

いやあ、実にマトモなこと言っています。「コンセプト」だの「原案」だのとアレコレ言い訳せずに作り直せばいいんですよ。「コンセプトが違う」が通用するわけがない。だってデザインって見えているモノそれだけだから。このまま納得させずにこの「疑惑」エンブレム使う気でいるんですかねえ?

3751 ゼロ :2015/08/30(日) 21:25:07
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000157-sph-soci

佐野氏五輪エンブレム、原案も「パクリ」と批判噴出

スポーツ報知 8月30日(日)18時8分配信

 デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した2020年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴなどのデザインに似ていると指摘された問題で、大会組織委員会が28日に公開した佐野氏のデザインの原案に対して、インターネット上で、「パクリの元ネタがあった」などと批判が噴出している。

http://netgeek.biz/archives/47348

 「元ネタ」とされていのは、13年11月に東京・銀座で開催された、タイポグラフィ(活字を用いて組版、印刷、製本などを行う技術)の巨匠「ヤン・チヒョルト」の展覧会で使用されたロゴ。元ネタで使われている三角と長方形と円のパーツの形や配置は、原案と似ている。色は、原案の円が赤だったのに対して、元ネタは黒となっている。


 またネット上では、当時、佐野氏とみられる人物が「展覧会いくべしいくべし。ヤン・チヒョルトもやばい」などとツイートした画像が掲載された。

 佐野氏は14日、複数のデザイナーとともにデザインしたサントリーのキャンペーン賞品が模倣だったことを認めていることもあり、今回の「元ネタ発覚」について、ネット上では「パクリ常習犯!」、「エンブレム白紙撤回しろ」などと抗議の声が相次いでいる。

 エンブレムを巡っては、ベルギーのリエージュ劇場とマークを手がけたデザイナーが国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める訴訟を起こし、9月22日に初公判が開かれる予定。

・・・・・こちらの原案についても「偶然の一致」「コンセプトが違う」とか言うんだろうか。

「デザイナー」という肩書きやめて「パクリエーター」とかいう誰が考えたか分からないけどピッタリの肩書にしたほうがいいんでは? そうすれば、ああ「パクリエーター」がやったんだったら仕方ないよな。「はい、白紙」で終わり。

3752 ゼロ :2015/09/01(火) 15:05:31
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000095-spnannex-spo

佐野氏デザインの五輪エンブレム使用中止へ 組織委が方針固める

スポニチアネックス 9月1日(火)12時55分配信

 佐野研二郎氏(43)がデザインした2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたことが1日、分かった。決定した五輪公式エンブレムを見直すのは極めて異例の事態となる。

1日午後、大会組織委員会や東京都などの代表者で構成する臨時の調整会議が開催され、今後の対応を協議する。

 7月24日に発表された佐野氏のデザインを巡っては、ベルギーの劇場ロゴのデザイナー、オリビエ・ドビ氏が差し止め訴訟を起こしたほか、佐野氏が提出したエンブレムの活用例の写真がインターネット上の個人サイトから転用されている、デザインの原案が別の展覧会のポスターの一部に似ているなどといった疑惑が浮上するなど問題が続出していた。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/01/gazo/G20150901011046830.html

 佐野氏は五輪エンブレム以外の作品についても8月14日に、複数のデザイナーと共同制作したサントリービールのキャンペーン商品に、他作品の模倣があったことを認めて謝罪。事務所のスタッフが佐野氏の管理の下で作成し、自身の作品ではなかったとしている。

 会議には組織委の森喜朗会長、遠藤利明五輪相、東京都の舛添要一知事、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席する見通し。

・・・・・当然の成り行き。まずはひと安心。

3753 ゼロ :2015/09/01(火) 23:28:29
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00050089-yom-soci

「国民の理解得られない」…新エンブレム公募へ

読売新聞 9月1日(火)19時0分配信

2020年東京五輪の大会エンブレムがベルギーの劇場のロゴマークに似ていると指摘された問題で、大会組織委員会は1日、五輪、パラリンピック両方のエンブレムの使用を取りやめることを発表した。

 同日夕の記者会見で、組織委の武藤敏郎事務総長は「エンブレムはベルギーのマークとは異なるものだが、使い続けることに国民の理解が得られない」と理由を説明した。組織委は今後、新たなエンブレムを再公募する。

武藤事務総長は取りやめを検討するきっかけとして、アートディレクター・佐野研二郎氏(43)の応募段階の原案を公表した8月28日の記者会見後、その原案が13年に都内で開かれた展覧会「ヤン・チヒョルト展」のポスターに類似しているとの指摘があったことを挙げた。佐野氏が組織委に提出したエンブレムの活用イメージ2点が、インターネットの個人サイトにあった羽田空港や渋谷駅前の画像を無断で流用したとの指摘もあったため、組織委は1日午前、佐野氏と面談し、説明を求めた。

 佐野氏はポスターとの類似について、展覧会に行ったことは認めたが、「どういうものだったか記憶になく、模倣していない」と説明。個人サイトからの流用は認め、「公開前に権利者の了解を得るのを怠った」と釈明したという。

・・・・・>佐野氏はポスターとの類似について、展覧会に行ったことは認めたが、「どういうものだったか記憶になく、模倣していない」と説明。

「模倣している」と誰も立証できないことをいいことに「模倣していない」と言っているに過ぎないと思う。デザイナーなんだから一度でも見たデザインだったら普通は覚えているはず。憶えていないとすれば「偶然の一致」になるはずだが、それにしてもあらゆるデザインで「偶然の一致」が多過ぎる気がするが・・・。佐野氏にとって今回の件で汚名返上、名誉挽回するにはかなりの努力が必要だろうね。

3754 ゼロ :2015/09/02(水) 07:38:24
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150902-00000014-jnn-soci


東京都、エンブレム関連ですでに4600万円余り発注

TBS系(JNN) 9月2日(水)6時18分配信
 2020年東京オリンピックの公式エンブレムが白紙撤回となったことで、様々な影響が出ています。東京都は、このエンブレムを使用したポスターなどの発注がすでに4600万円余りに上ることを明らかにしました。

 アートディレクターの佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムをめぐっては、ベルギーの劇場のロゴに似ているとの指摘があり、佐野氏は盗作を否定したものの、1日、組織委員会が使用中止を決定しました。

 「国民の皆さんに大変心配をおかけし、関係者に大変申し訳ない」(組織委・武藤敏郎事務総長)

 これを受けて、東京都庁ではポスターなどの撤去作業が始まりました。また、このエンブレムがあしらわれた組織委員会の公式ホームページも、招致の際に使用されたエンブレムを使ったものに差し替えられました。

 東京都は、このエンブレムが入ったポスターやのぼり旗などの発注がすでに4600万円余りに上ることを明らかにしました。都の担当者は「速やかに契約の解除を進める」としていますが、すでに納品されるなど業者への支払い義務が生じているものも多く、無駄になった負担金については組織委員会に補償を求めることも検討するということです。

 舛添都知事は「組織委員会には早急に事態打開を図っていただくことを期待する」などとコメントしています。(02日00:03).

3755 ゼロ :2015/09/02(水) 07:50:29
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172893

【佐野氏「エンブレムにつきまして」全文】深くお詫び、限界状況と思う

スポニチアネックス 9月1日(火)22時57分配信

 1日に使用中止が決まった2020年東京五輪エンブレムのデザインした佐野研二郎氏(43)が同日、自身のデザイン事務所のホームページで「エンブレムにつきまして」として経緯の説明と、騒動の謝罪を行った。更新された内容は以下の通り。
【エンブレムにつきまして】

 私は、東京オリンピック・パラリンピックの大会の成功を願う純粋な思いからエンブレムのコンペティションに参加致しました。エンブレムがフラッグに掲げられ、世界中の人に仰ぎ見られている光景や、金メダルに刻まれたエンブレムを強くイメージしながら伝統的かつ新しい日本、東京を表現すべく大胆に、そして丁寧にデザイン致しました。

 このような国をあげての大切なイベントのシンボルとなるエンブレムのデザイン選考への参加は、デザイナーにとっては大舞台であって、疑いをかけられているような模倣や盗作は、原案に関しても、最終案に関しても、あってはならないし、絶対に許されないことと今でも思っております。模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます。

 しかしながら、エンブレムのデザイン以外の私の仕事において不手際があり、謝罪致しました。この件については、一切の責任は自分にあります。改めて御迷惑をかけてしまったアーティストや皆様に深くお詫びいたします。

 その後は、残念ながら一部のメディアで悪しきイメージが増幅され、私の他の作品についても、あたかも全てが何かの模倣だと報じられ、話題となりさらには作ったこともないデザインにまで、佐野研二郎の盗作作品となって世に紹介されてしまう程の騒動に発展してしまいました。

 自宅や実家、事務所にメディアの取材が昼夜、休日問わず来ています。事実関係の確認がなされないまま断片的に、報道されることもしばしばありました。

 また、私個人の会社のメールアドレスがネット上で話題にされ、様々なオンラインアカウントに無断で登録され、毎日、誹謗中傷のメールが送られ、記憶にないショッピングサイトやSNSから入会確認のメールが届きます。自分のみならず、家族や無関係の親族の写真もネット上にさらされるなどのプライバシー侵害もあり、異常な状況が今も続いています。

 今の状況はコンペに参加した当時の自分の思いとは、全く別の方向に向かってしまいました。もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました。組織委員会の皆様、審査委員会、制作者である私自身とで協議をする中、オリンピック・パラリンピックを成功させたいとひとえに祈念する気持ちに変わりがない旨を再度皆様にお伝えしました。また、このような騒動や私自身や作品への疑義に対して繰り返される批判やバッシングから、家族やスタッフを守る為にも、もうこれ以上今の状況を続けることは難しいと判断し、今回の取り下げに関して私自身も決断致しました。

 今後につきましては、私の作品や仕事を通じて少しでも皆様の信頼を取り戻すべく日々の仕事に専念するしかないと思っております。

 図らずもご迷惑をおかけしてしまった多くの方々、そして組織委員会の皆様、審査委員会の皆様、関係各所の皆様には深くお詫び申し上げる次第です。上記事情のゆえ今回の判断に関しましてはどうか御理解くださいますようお願い申し上げます。

・・・・・エンブレムについて「模倣や盗作は断じてしていない」とのことです。最後まで認めなかったということですね。

3756 ゼロ :2015/09/02(水) 17:35:09
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00010000-khks-soci

雑誌掲載の佐野氏作品 横手市のチラシと酷似


河北新報 9月2日(水)8時50分配信

横手市で開催されたイベントのチラシ

http://gogotsu.com/archives/11008


 20年東京五輪公式エンブレムの使用中止問題で、デザインを担当した佐野研二郎氏(43)が、秋田県横手市で12年にあったイベントのチラシと酷似したデザインを雑誌に発表していたことが1日、分かった。同日、インターネット上で指摘が相次いだ。

 チラシは12年6月3日に同市であった「デザインであそぼう第3弾 団扇(うちわ)展」のPR用。横手駅前商店街振興組合などが主催し、組合が秋田県の男性デザイナー(35)に発注した。デザイナーは同年5月15日、チラシのデザインを自身のブログに掲載した。
 佐野氏のデザインは、同年5月24日発売の雑誌「Hanako(ハナコ)」1019号(6月14日号)に掲載された。佐野氏が広告デザインを提案する企画で、京都に本店のある老舗扇子店の広告として考案した。同店によると、店の広告には使用していない。雑誌掲載前に店名の使用許諾を与えたという。
 二つのデザインはどちらも漢字の「涼」を水色の明朝体で表現。佐野氏の作品は、横手のチラシにあるうちわが扇子になっているが、やや斜めの「涼」の配置、色調が似ている。秋田県のデザイナーは「佐野氏の作品をネットで見て、似ていることに驚いた」と語る。
 Hanakoを発行するマガジンハウスの知的財産室の担当者は、掲載された佐野氏の作品の写真提供はできないとした上で「ノーコメント」と話している。

・・・・・こういう盗用が通用するならデザイナーとかいう職業は成り立たないよね。「この書類、コピーしといて」という感覚で、多少は絵心のある社員に「このデザイン、パクっといて」と言ってやらせておけばいいだけだからね。

3757 ゼロ :2015/09/02(水) 17:36:45
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000063-sph-soci

佐野氏母校・多摩美大ポスターも盗用疑惑

スポーツ報知 9月2日(水)11時57分配信

次々とデザインの盗用疑惑が出てくる佐野氏に、今度は母校でもあり、現在教授を務める多摩美大のポスターでの疑惑が発覚した。

インターネット上などで話題となっているのは、佐野氏が手掛けた「MADE BY HANDS.」と題された大学の広告ポスター。タイトル通り、人間の手をモチーフにさまざまなデザインと組み合わせてシリーズ化されている。同大のホームページ(HP)によると、佐野氏が代表を務めるデザイン会社「ミスターデザイン」に所属し、大学の後輩でもあるデザイナーとともに制作したもので、ニューヨークADC金賞、ロンドンD&AD金賞など、さまざまな広告賞を受賞しているという。

 HPでは100種類近いデザインが紹介されている中、盗用疑惑が上がっているのは犬の影絵のポスター。影絵の部分が、約5年前に書かれた個人ブログに掲載されている犬を作った両手の写真をシルエットにしたものと酷似していると指摘されている。
また、右手でメガネをつまむようにしているポスターのメガネが、メガネ量販店「Zoff」の商品を紹介する2012年2月のネット記事の写真を盗用したもので、フレームに書かれた文字を消して使用しているとの指摘も。ユーザーから「写真が使われているのではないか」との問い合わせがあったというサイト運営者は「現在までに多摩美術大学および佐野研二郎氏からの連絡は来ておりません」としている。

 多摩美大はこの日、「担当者が終日いないため、佐野教授の件に関しては何もお答えできません」とコメント。同大の公式HPは、この日夜になって「2020年東京五輪公式エンブレムに総合デザイン佐野研二郎教授のデザインが選出されました」とのニュースリリースを削除した。

・・・・・母校の多摩美のポスターで盗用疑惑! しかもその多摩美で大学教授までしているとは。

3758 AE35 :2015/09/04(金) 21:27:07
こういう裏で、誠実にデザインを作り続けていても日の目を浴びず、毎日の生活もやっとでバイトをしながら創作活動をしているデザイナーも多くいるのでしょうね。

3759 ゼロ :2015/09/05(土) 22:48:07
2年前に発売された佐野氏の『7日でできる思考のダイエット』がアマゾンの本部門で1714位と売れているようです。数日前にブックオフでも見かけたのでパラパラとめくって見たらパクリ疑惑のある「auリスモ」のデザインが載ってました。「思考のダイエット」言い得て妙です。

これだけ疑惑のある多くの作品が世に出ているにもかかわらず、ずっと最前線で活躍されているのが不思議。デザイン・広告業界ではこれくらいのパクリは何とも思っていない?

3760 ゼロ :2015/10/06(火) 23:08:07
名張毒ぶどう酒事件の奥西死刑囚の再審がかなわず病死。

なんとも無念ですね。

一審の津地裁では無罪判決だった。アメリカの陪審制度では一審で無罪判決が出れば検察側が控訴できないことになっているが、日本では控訴できてしまう。裁判員制度でも同じく控訴できることになっているはず。一審あるいは二審が無期懲役という判決で最高裁で死刑判決というのは過去にはあったとは思うが、戦後に限定すれば、無罪判決が出てその後、死刑が確定した死刑囚はおそらく他にいなかったんじゃないかと思う。

確たる証拠もなく、状況証拠のみで有罪になっているが、その状況証拠が同じ毒殺事件である和歌山毒カレー事件の林真須美やさいたま県本庄市での保険金殺人事件の八木茂と比べても、およそ「状況証拠」とは呼べないような希薄な証拠。奥西の「自白」によれば、「三角関係を清算するために妻と愛人2人とも殺害した」ということになっているが、妻と愛人ともに殺害するという事件っていままで聞いたことがない。

しかも、再審が認められた後に却下されるという裁判も聞いたことがない。

5件目の死刑確定後再審無罪事件になってほしいですね。


帝銀事件の平沢貞道も再審が行われず病死。平沢の養子になった武彦氏も亡くなっているので、こちらの再審請求は難しいと思うが、どうなんでしょう。

狭山事件の石川一雄氏の再審はどうなるんでしょうね。こちらは無期懲役ですでに出所してますが、生きているうちに再審してあげてほしいと思う。

3761 ゼロ :2015/11/01(日) 18:54:04
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000068-spnannex-ent

作家の佐木隆三氏が死去 78歳 「復讐するは我にあり」で直木賞

実際の連続殺人事件をテーマにし、映画化もされた「復讐するは我にあり」で1976年に直木賞を受賞した作家の佐木隆三(さき・りゅうぞう)さんが10月31日午前8時40分、下咽頭がんのため、北九州市の病院で亡くなった。78歳だった。葬儀・告別式は11月2日に近親者のみで行う。

・・・・・・・・・・・・自ら法廷に出向いて傍聴を重ね、時には加害者に会って取材をした上で創作するイメージのある作家でした。追悼番組としてテレビで緒方拳主演の映画「復讐するは我にあり」を放送してほしいです。

3762 ゼロ :2016/01/19(火) 18:41:59
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160119-00000023-ann-soci

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E3%82%8A%E3%81%B0%E3%81%81%E3%81%AD%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%80%82

復興費横領 懲役6年「大雪りばぁねっと。」元代表

テレビ朝日系(ANN) 1月19日(火)11時54分配信
 岩手県山田町の復興支援事業を巡り、業務上横領などの罪に問われているNPO法人の元代表の男に盛岡地裁は懲役6年の判決を言い渡しました。

 業務上横領と破産法違反の罪に問われているのは、NPO法人「大雪りばぁねっと。」の元代表・岡田栄悟被告(37)です。岡田被告は、山田町から委託された東日本大震災の復興支援事業費の一部で事業と関連のないマンションなどを購入し、5300万円余りを横領したなどの罪に問われています。19日の判決で、盛岡地裁は「被災者の生活再建に使われるべき公的資金を私的流用した悪質な犯行で、主導的に関わった被告の刑事責任は特に大きい」と述べ、岡田被告に懲役6年を言い渡しました。

・・・・・・・・元代表・岡田栄悟、一度見たら絶対に忘れない顔してます。見た目で人を判断してはいけないとはいえ、見た目ばかりではなく、態度やしゃべり方も威圧的。絶対、友達にはなりたくないタイプ。

3764 ゼロ :2016/03/02(水) 21:08:33
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160302-00000544-san-soci


「盗んだ制服で女子高生の姿を空想して…」元キンコメ高橋被告、初公判で起訴内容認める 東京地裁

産経新聞 3月2日(水)14時5分配信

 高校に侵入して女子生徒の制服を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われたお笑いコンビ「キングオブコメディ」=解散=の元メンバー、高橋健一被告(44)=東京都大田区=の初公判が2日、東京地裁(菅原暁裁判官)で開かれ、高橋被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 高橋被告は黒い上下スーツと白いシャツ姿で入廷。起訴状朗読時に裁判官から証言台の前に立つよう促されると、検察官と傍聴席、裁判官に深々と一礼した。裁判官から職業を尋ねられた際は、消え入りそうな声で「無職です」と答えた。

 検察官が明らかにした供述証拠によると、高橋被告は調べに「20年前くらいから(窃盗を)やっていた」「制服で自慰行為したり、女子高生の姿を空想したりしていた」と供述したという。

 起訴状によると、高橋被告は平成27年4月、東京都世田谷区の都立高校に侵入し、部活中の女子生徒3人が更衣室に置いていたブレザーやスカートなど制服25点を盗んだ。また26年12月、江東区の都立高校に侵入し、女子生徒5人のブレザーなど44点を盗んだとしている。

 これまでの警視庁などの調べでは、高橋被告の自宅からポリ袋約70袋に入れられた制服など600点以上が押収されている。

・・・・・・・・・・・芸人として売れ出した頃のコントで新幹線?の中で高橋の相方がセーラー服を着て登場し、高橋にサインを求めるシーンがあったけど、このセーラー服も盗んだモノなのかな。

3765 ゼロ :2016/03/04(金) 22:53:26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000560-san-soci

舞鶴事件無罪の中被告 女性殺人未遂罪で懲役16年判決 大阪地裁

産経新聞 3月4日(金)19時2分配信

 大阪市内で平成26年、勤務先だったホテルの女性経営者にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)の裁判員裁判の判決公判が4日、大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭裁判長は「凶悪で残忍な犯行だ」として懲役16年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 公判で中被告はわいせつ行為を否認し、ナイフで攻撃してきたのは女性の方だと正当防衛を主張したが、長瀬裁判長は被害女性の証言などを踏まえ「被告の方が先に攻撃を加えた。女性がいきなり刺してきたとか、女性が自ら服を脱いで裸になったという被告の供述は、不自然かつ不合理で信用できない」と指摘。性欲を満たす動機でわいせつ行為に及んだと認定した。

 量刑については「ナイフでめった刺しにし、女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせた。犯行の結果は殺人未遂の中でもかなり重い」とする一方、女性が一命を取り留めたことなどから懲役16年が相当とした。

 中被告は20年5月に京都府舞鶴市で起きた女子高生殺害事件で逮捕、起訴されたが、26年7月に無罪が確定した。

 判決によると、中被告は26年11月、大阪市北区のホテルで女性(39)を刺し、わいせつ行為に及ぶなどして約1カ月のけがを負わせた。

・・・・・・・・・・誰もが思う。無罪が確定した舞鶴事件はやっぱりそうなんじゃないのと。

3766 ゼロ :2016/03/22(火) 22:46:25
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000576-san-soci

舞鶴事件で無罪の中勝美被告、別の事件で懲役16年判決が確定 弁護側も控訴せず

産経新聞 3月22日(火)20時48分配信

 大阪市内で平成26年、勤務先だったホテルの女性経営者(39)にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)を懲役16年とした大阪地裁判決は、期限の18日までに弁護側、検察側双方が控訴せず、確定した。

 中被告は20年5月に京都府舞鶴市で起きた女子高生殺害事件で逮捕、起訴されたが、26年7月に無罪が確定していた。

 殺人未遂事件の公判で、弁護側は「ナイフで攻撃してきたのは女性の方だ」と正当防衛を主張したが、大阪地裁は「被告の方が先に攻撃した」と退けた。

 4日の地裁判決によると、中被告は26年11月、大阪市北区のホテルで女性を刺し、わいせつ行為に及ぶなどして約1カ月のけがをさせた。

舞鶴事件で新たな証拠でも見つかればいいのにと思う。その証拠次第では再審「有罪」の可能性もなくはない。。。ってことはないか。

3767 りさぼん :2016/04/18(月) 15:42:50
1979年に起こった、女子高生暴行殺人事件について
無限回廊に載せていただけないでしょうか?
今年の2月に 別冊週刊新潮 60周年記念創刊号復刻 に詳しく載っていますが
私自身、この事件について初めて知り、ネットで調べたのですが
全く出てこずに、怒りと、この犯人は出てきているのでは?という疑問があり
少しでも皆さんに知ってほしいと思います。
車で、大学生とデートをしていた女子高校生が通りかかった男に
二人とも監禁され、女子高生が暴行殺害されています。
1979年11月23日に起こった事件のようです。
よろしくお願いいたします。

3768 boro :2016/04/18(月) 21:25:49
りさぼんさんへ

雑誌のタイトルから推測するなら、創刊当時からの
大きな事件を取り上げてはいると思いますが、
上記の事件については知りませんでした。

とりあえず『別冊週刊新潮 60周年記念創刊号復刻』を
取り寄せて読んでみたいと思います。

では。

3769 りさぼん :2016/04/19(火) 01:48:30
boro様
書き込みを見ていただけて、ありがとうございます。
何の落ち度もない被害者が、あまりに簡単に殺されてしまったことに
恐怖を感じました。ネットに載っていない事にも。。
名古屋のアベック殺害事件に似た理不尽すぎる事件です。
取り寄せていただけるとの事、ありがとうございます。
感謝いたします。

3770 boro :2016/04/21(木) 22:41:25
りさぼんさんへ

上記の事件を読んでみました。

犯人の男は高一のときに少女暴行事件を起こし少年院へ。その後、窃盗や傷害。さらに強盗未遂で服役。出所して約1ヶ月半後に桐生市で山林で今回の事件を起こしたようですね。私も名古屋のアベック殺害事件を思い出しました。アイスピックで脅されていたとはいえ、相手は一人。何とかならなかったのかというのが正直な感想。犯人が逮捕されたとき、殺された女子高生の彼氏である大学生のその男がほとんど無傷だったことで非難されている。「普通」なら間違いなく、大学生も殺されているはず。女子高生を暴行、殺害した後は大学生の車で犯人が運転して桐生市内へ。その後、犯人は何を思ったか大学生に運転をさせている。大学生は機転をきかせて警察署のある裏手に車を止めて警察署に駆け込み、犯人はその場で逮捕されている。逮捕された男は「俺がやっちまったことに間違いがねえんだから、それでいいじゃねえか」と言っていたとか。結局、裁判で無期懲役が確定する。

あくまでも憶測ですが、前の強盗未遂事件で服役後に出所したものの仕事が見つからず、生活するのもやっと。で、これなら三食付きの刑務所の方がずっと楽。そう思った男は刑務所に戻るべく事件を起こした。といったところだと思います。でも、前科三犯あって今回の事件で人一人殺害しているので死刑になっていてもおかしくなかったはず。一生、刑務所暮らしでもいいし、死刑になっても構わない。そう思ったのかもしれない。

理不尽で残虐な事件であることには間違いないですが、出所後の社会復帰システムがうまく機能していれば、今回のような事件が起きなかったかもしれないと思うと何ともやりきれないですね。

無限回廊で取り上げることについては考えさせてください。

では。

3771 m :2016/09/17(土) 13:42:40
boro様、はじめまして。
亡くなった夫が生前、無限回廊というサイトを作ったのは自分だ、権利は売った…ということを話していました。実は夫の死後、夫は多重人格者だったのでは?と思わざるをえない事実がいくつか発覚しています。
突然の、このような内容の書き込みをお許しください。上記に書きましたような夫が話した内容は、真実ではないですよね?

3772 boro :2016/10/20(木) 21:20:39
mさんへ。「sage」だったこともあり、今になって1ヶ月も前に投稿があったことに気づいたところです。

サイト「無限回廊」を作ったのは私・boroです。これは間違いありません。

2000年に事件に関するサイトを作るきっかけになったのは元々、重大事件に興味があったことに加えて

1990年代後半に特異な事件が多く発生したことで自分自身、それらの事件について

詳しく知りたいと思い、事件物の書籍を読み漁ったこともあったかと思います。

制作当初、暇だったんでしょうね。これが一番の理由w

では。。。

3773 倫理的廃止論者 :2016/11/02(水) 20:27:29
>3771
boroさんに自分を重ね合わせていたんでしょうかね?
ご冥福をお祈りいたします。

>3772
boroさんいつもお疲れ様です。
勝ってなお願いになってしまうのですが、一つ提案をさせて下さい。
不適切と判断された書き込みを削除されることがあるかと思います。
都合の悪い書き込みなので削除した?
とも受け取られかねないので、削除理由について記載して頂ければと存じます。

3775 ゼロ :2017/08/30(水) 21:35:05

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00529717-shincho-soci

世界的ジャズ・トランペット奏者、日野皓正が男子中学生をビンタする驚愕動画

74歳の世界的ジャズ・トランペット奏者が、4カ月にわたって中学生のビッグバンドを指導。そして1夜限りで夢の共演を果たす――この企画なら、人気も当然だろう。

「せたがやこどもプロジェクト2017《ステージ編》 日野皓正 presents “Jazz for Kids”」は世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂)で毎年8月に開催され、今年で13年目を迎える。

 8月19日に開かれた『日野皓正 Quintet Live』も話題となったが、やはり本命は翌20日に開かれた『Dream Jazz Band 13th Annual Concert』だ。公募で集まった世田谷区立中学の生徒たちが日野皓正氏など一流のミュージシャンから指導を受けた成果を発表するのだから、人気を集めないはずがない。

 今年も数百人の観客がシアターを訪れ、ビッグバンドの奏でるジャズに聞き惚れた。演奏者の中学生にも最高の夏休みが保証されていたはずのイベントは突然、暗転する。公開中の動画を見て頂きたいが、本番も本番、観客の前でドラマーが演奏している真っ最中にもかかわらず、ただならぬ雰囲気を漂わせながら、日野氏がステージ上を歩いていく。

 日野氏はドラマーの背後に回り込むと、スティックを取り上げる。ジャズのエンターテインメント性は高い。何より演奏を楽しんでいた観客が、これから暴行事件が起きるとは予想できるはずもない。何か面白いハプニングが起きていると誤解し、笑い声が上がるのが極めてリアルだ。

 スティックを日野氏は放り投げるが、ドラマーが手で叩き続け、観客の誤解も解けない。再び笑い声が起きるが、日野氏がドラマーの髪の毛を鷲�拙みにしたあたりから、シアター中を困惑が急速に広がっていく。

 ドラマーの顔のあたりで、日野氏の手が2回ほど動く。ビンタをしているとしか思えない。更にドラマーに向かって「なんだ、その顔は!」と罵倒するに至って、演奏中であるにもかかわらず、世界的ジャズミュージシャンが観客の目の前で中学生に暴力をふるうという異常な状況を記録した動画だと分かるのだ。

・・・・・・・・・・・・世界的ジャズトランペット奏者? 日野皓正が?

日野が世界的なジャズトランペット奏者だったとは知らなかった。
単なるマネごとしてるおっさんかと思ってたよ。それは言い過ぎか。
中学生が悪いとはいえ、大勢の人の前で往復ビンタはやりすぎだよ。
本番で目立とうとするやつがいるかもしれないという想定は
なかったんですかねえ。アマチュアなんだし。自分の指導は
ちゃんとできなかったことがこういうことになったともいえるのでは。

3776 ゼロ :2017/09/02(土) 22:47:13
日野が「アントニオ猪木のビンタより痛くないですよ」とかインタビューで言っていたけど
映像見る限り、かなり力入ってたような気がする。それにアントニオ猪木のビンターがどれほどのものかしらないでしょ?

ずっと前から思っていたことだけど、デイジー・ガレスビーのマネしてほっぺたふくらませてマイルス・デイヴィスっぽい曲をトランペット吹くのやめてほしい。
なんかはずかしい。。。

3777 ゼロ :2018/03/04(日) 22:57:16
女子レスリング五輪4連覇の伊調馨選手(33)に日本レスリング協会の栄和人強化本部長がパワーハラスメントをしていたとする告発状が提出された問題について。

なんのための練習かと言えば試合に勝つための練習であって、練習を満足にするためが目的ではないはず。結果的には満足な練習ができなかったけどオリンピック4連覇しているわけでそれでいいとならないのが不思議。練習が満足にできたとしてもそのことで安心してしまい、試合に勝てなかったかもしれないとは思わないんでしょうか?

試験勉強と試験に合格することと同じような気がする。満足に勉強させてもらえなかったけど試験に合格したんだから何も文句は言わない。ってなるよね、普通。

3778 ゼロ :2019/05/10(金) 00:14:07
2019.5.8 大津市での園児2人死亡事故について。

交差点では青信号になったら直進あるいは左折車が先に入り右折車が後に入ることになっている。このことをほとんどのドライバーが知っているにもかかわらず、守らずに信号が変わったその瞬間に直進車よりも早く交差点に入り、右折する車をよく見かける。地方に行くと多い。右折する車が自分の車以外にない時でも先に右折したりする。直進車より先に右折して運転がうまいとか思われたいんだろうか? 得した気分になりたいんだろうか? こういう車がいるから直進車が青信号に変わってすぐに発車できなかったりするんだよ。こういうわけ分からない運転するバカにパッシングしたことあるけど、ただ単に迷惑そうな顔するだけ。ルールくらい守れよ。

3779 ゼロ :2019/07/08(月) 21:51:56
何が悪いって特殊詐欺グループが一番悪い。
人を騙して得たお金で芸人呼んでどんちゃん騒ぎかよ。
いい気なもんだよな。

芸能プロも仕事に見合ったまともな報酬を出していない。
芸人が事務所通さずに報酬を得たい気持ちも分からなくはない。

そもそも芸能プロは昔は暴力団ともつながりがあったり、
暴力団が経営してたりしてたんだよなあ。芸のあるヤツを
引っ張り込んでみんなの前で芸させてお金を得ていた。

今は事情が事情だけに完全につながりをなくそうとしている。
「過渡期」では問題が起きても仕方ないと言ってしまえばそれまでだ。

3780 ゼロ :2019/07/17(水) 18:11:35
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010009-houdoukvq-soci

 タレントの紅蘭(29)は週刊新潮の取材に応じ、事実婚の関係にあるラッパーのRYKEYこと下田ムトアリッキー(31)と“離婚”する考えを明らかにした。

 RYKEYは現在、「容疑者」でもある。7月4日の午後7時40分ごろ、東京・世田谷区で知人の20代男性と30代男性に暴行。怪我を負わせたとして警視庁に現行犯逮捕されたためだ。

 思い返せば3年前にも紅蘭へのDVで逮捕され、覚せい剤の使用も発覚。1年間、服役した過去も持つ。

 17年、RYKEYと紅蘭の同棲を週刊新潮がスクープ。彼女は取材に応じた後、Instagramに《週刊新潮さんがお家に尋ねてきたよ 記者の方にお時間とってもらい 聞きたいことを全てお話ししたら記事になりました! 》と投稿したことも話題をよんだ。

 昨年12月には第1子の誕生などもあって、事実婚に踏み切った。「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系列・火曜19:56〜)などで夫婦円満をアピールし、多くの視聴者から注目を浴びていた。

 こうした経緯を踏まえれば、「紅蘭が離婚」と聞いて、RYKEYの逮捕が大きな影響を与えたはずと思う人も少なくないだろう。

 ところが、事実は違うという。紅蘭は週刊新潮の取材に対し、以前から離婚を考えていたことを明かした。
.

「付き合い始めて4年が経ちますが、実はことある毎にリッキーと別れようと思っていました。今までずっと、彼からのDVに脅える日々を過ごしてきたんです」

 夫が振るう凄絶な暴力を、紅蘭は以下のように振り返った。

「私に包丁を突きつけてきたり、携帯も壊され3回くらいバキバキに割れたこともあった。直接的な暴力より家の中の物を壊したり、凄い剣幕で罵詈雑言を浴びせてくる。言葉の暴力が酷かったんです」

 実はRYKEYが7月4日に暴力を振るった「知人」は、紅蘭の担当マネージャーが経営するアパレル会社のスタッフだったのだ。紅蘭は「怪我を負わせてしまい申し訳ない」と心から謝罪する。

 7月18日発売の週刊新潮は、紅蘭の独占手記を一挙、掲載する。ちなみに、紅蘭の父親である草刈正雄(66)は、娘が入籍していたものと誤解しており、今回の“離婚”で“事実婚”と把握、安堵の息を漏らしたという。

「週刊新潮」2019年7月25日号 掲載

・・・・・・人を見かけで判断しちゃいけないけど、DVとか覚醒剤やってたとか聞くとやっぱり見かけ通りだっだなあになっちゃう。

3781 ゼロ :2019/07/21(日) 21:11:55
7月21日に投開票が行われた参議院選挙・比例代表で、日本維新の会の鈴木宗男氏(71)が当選確実です。

>もういいですw

3783 ゼロ :2019/12/15(日) 22:19:10
フジテレビ「日曜THEルアル!」を観ましたが、、、。

https://www.asahi.com/articles/ASJ7C563DJ7CPTIL02C.html

中勝美受刑者が死亡 舞鶴事件で無罪、別の事件で服役中

2016年7月11日20時38分

2008年に起きた京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で無罪が確定した後、別の殺人未遂事件で実刑判決を受け、服役していた中勝美受刑者(67)が死亡したことが11日わかった。関係者によると、大阪医療刑務所(堺市)で同日朝、死亡が確認されたという。中受刑者は高校1年の女子生徒(当時15)を殺害したとして09年4月に逮捕され、京都地裁は11年に無期懲役の判決としたが、大阪高裁は翌年、「目撃証言は信用できない」として逆転無罪を言い渡した。最高裁は14年7月、検察側の上告を退け、無罪が確定した。しかし釈放後の14年11月、大阪市内で当時38歳の知人女性をナイフで刺したとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、大阪地裁が今年3月に言い渡した懲役16年(求刑懲役25年)の実刑判決が確定していた。


テレビ番組では逮捕された男(中勝美・放送では名前を明かさず)が裁判で無罪になったと放送されたようですが、その後、他の事件で殺人未遂事件を起こし有罪になったことは放送されていなかったと思う。本当に舞鶴の事件は関与していなかったのか誰もが思う疑問。2度目の殺人未遂での事件のときに舞鶴の事件のことも徹底的に調べ上げたら白状したかもしれないと思うのは俺だけ?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板