したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

政界再編を妄想するスレ

1 とはずがたり :2008/09/25(木) 04:13:53
姉妹スレ↓
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1036550420/l50

569 とはずがたり :2017/11/27(月) 22:44:03
>>568
 野党崩壊の功労者

 18年前にそっくりな状況があった。金融危機に直面した小渕政権が時の自由党の政策を丸呑みして自自公連立を組んだ。

 当時、自由党だった小池氏は経済企画政務次官として政府入りした経験を持つが、その後、小渕首相の急死をきっかけに自由党が連立残留を巡って分裂すると、小池氏は二階俊博氏らと政権に残り、自民党に合流して小泉政権で出世の階段を登った。

 「希望の党には自民党と組みたがっていた民進党保守派出身者が多い。改憲大連立となれば反対派が離党してそういう保守派だけが残り、最終的には自民党への合流に向かうのではないか。小池氏は野党第一党を崩壊させた功労者として自民党に復党、希望の党は自民党小池派に衣替えし、小池氏は、次は自民党総裁選で首相の座を狙うことになる」(同前)

 「政権選択」のつもりで反自民の希望の党に投票した有権者の1票が、小池氏の自民党総裁就任への踏み台になるわけである。

 小池氏は公約に、全国民に毎月一定額の生活費を支給する「ベーシックインカム」などをあげていたが、それも自身の野望のために国民にチラつかせた“撒き餌”だった可能性すらある。

 民主党代議士経験を持つ政治評論家・木下厚氏は別のシナリオが考えられるという。

 「自公が過半数を維持しても、自民党が多少なりとも議席を減らせば党内で安倍降ろしが始まる。そういう状況で、小池氏が希望の党は首班指名で石破茂氏や野田聖子氏に投票すると宣言して自民分裂を仕掛ける可能性をみておくべきです。

 失敗しても、希望の党は自民党反主流派とのパイプを誇示して与党に揺さぶりをかけられるし、自民分裂で石破政権ができれば小池氏は都知事を辞任し、民間人枠で副総理格の外務大臣か官房長官に就任することも可能です。衆院に鞍替えするのは次の衆院選か、あるいは補欠選挙でもいい」

 “自分ファースト”な素顔を見せ始めた小池氏なら、こんな奇策もやりかねない。

 ※週刊ポスト2017年10月27日号

570 とはずがたり :2017/12/05(火) 17:32:56
旧民進再編妄想。国会スレより転載

実際は民進の小川・有田・真山は共同提案に乗ると決めたけど大塚等民進執行部は長島ら希望と組んで乗らないと決めたらしい。

真山は江田系って事で,枝野・有田・岡田・大串vs大塚・古川・玉木・長島の対立構造が仄見えてきた。長島は法案に賛成すらしてるので更に異端と云えるのかも知れないけど。

更に,枝野・赤松・愛知閥・古川・玉木のラインもあるので長島以外は繋がれそうな感じすらない訳でもないんじゃがw

それにしても新聞記事をツイッターで補完して新聞が書き逃した事を補って読み込める時代になったという事か。一々やってたら切りないし記事の曖昧さも浮き彫りになるし購読者減るしで新聞も大変な時代になってきたのかも知れないけど。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1253266707/895-896
希望、立憲提案の「共謀罪廃止法案」参加見送りへ(朝日新聞)
長島昭久?認証済みアカウント
有田芳生?認証済みアカウント

571 とはずがたり :2017/12/05(火) 19:09:01

政策のすりあわせをしていけば共斗に後ろ向きな枝野は勝手だと云ふ輿論が出て来て,そうなれば枝野も決断出来るだらう。

連合、野党連携へ「フォーラム」設立 政策論議の土台に
http://www.asahi.com/articles/ASKD53GK4KD5UTFK005.html?iref=line
岡本智2017年12月5日12時05分

 連合の神津里季生(こうづりきお)会長は5日午前、東京都内で開いた中央委員会で、立憲民主党、希望の党、民進党など野党5党の国会議員による政策論議の土台となる「連合フォーラム」を来年早々にも立ち上げる意向を表明した。衆院選を経て分裂した野党勢力の再結集を図る狙いがある。

 神津氏は「支援する議員一人ひとりに重きを置き、政党の枠組みに縛られないフォーラムを設立し、政策の実現を目指す」と説明。先の衆院選で連合が推薦した立憲、希望、民進、社民、自由各党の衆院議員99人のほか、民進の参院議員46人の参加を念頭に置く。中央委員会には立憲の枝野幸男代表、希望の玉木雄一郎代表、民進の増子輝彦幹事長らが出席した。

 野党連携が進まない現状を踏まえ、連合はフォーラムに野党議員を集めて労働政策の実現などを目指しつつ、2019年の参院選に向けて連携や再編を模索する考えだ。「すぐに野党再編はできなくても、そこにつなげる時間稼ぎのための仕掛け」(労組幹部)という。(岡本智)

民進系3党共闘、まず国会で 選挙協力は難題
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1253266707/898
2017/12/4 22:44

 立憲民主、希望、民進の野党3党が国会での協力を探り始めた。9日までの今国会中に公文書管理法改正案などの議員立法を共同提出する。…

 ただ、連携の思惑は微妙に異なる。

 立憲民主は日本維新の会を除く野党6党での枠組みを重視する。野党がバラバラでは政府・与党に対峙できないとの危機感がある。一方、保守色を打ち出したい希望には「立憲民主主導に見られたくない」(党幹部)との警戒感もある。

 一方、民進は国会での協力を積み重ね、2019年に控える統一地方選や参院選に向けた選挙協力の足がかりにしたい考えだ。

 民進は4日の常任幹事会でまとめた今後の党再生に向けた指針の素案では地域での3党の連携を打ち出した。各都道府県連の役割を「友党の輪をつくり、発展させる」と明記。具体例として地域政党や地方議会での統一会派などの結成を挙げた。

 民進の最大の支持団体である連合も3党の連携に期待感を示す。

 「漁夫の利を与党に与えないことが最も望まれる」。神津里季生会長は4日、都内で立憲民主の枝野幸男代表に訴えた。

…民進の閣僚経験者は「連携機運の醸成にはもう少し時間がかかる」と話す。

572 とはずがたり :2017/12/09(土) 09:04:12
地域新党模索の愛知に続いて神奈川でも何か出来る様だ。

https://twitter.com/edaoffice/status/939131433972514816
江田憲司(事務所)?認証済みアカウント
@edaoffice
フォロー中 @edaofficeさんをフォローしています
その他
幸い、神奈川立憲のトップは阿部知子さん、希望が本村さん、無所属・民進が私。仲良し3人組で何らかの「枠組み」「運動体」を年明けには作ろうよと。有意義な会でした!(ちなみに、中央では、とりあえず、分断された同志の懇親を深めようと「ブリッジの会」を22名の国会議員で発足させました。)

573 とはずがたり :2017/12/09(土) 09:05:46
愛知ネタを此処にも転載しとこう

6438 名前:とはずがたり[] 投稿日:2017/11/11(土) 08:32:25
面白い。新政みえ的な存在となるだろう。
三重,愛知と来たら次は静岡も期待したい。工業労働者从って連合系議員も一杯ゐる県だ♪民進と希望と立憲の分立も確定的だ。
後はどこかなあ。

民進、愛知で地域政党 年内設立、県議と名古屋市議
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017111102000059.html

 衆院選で分裂した民進党の愛知県連に所属する県議と名古屋市議が、二〇一九年春の統一地方選を見据えて、年内に地域政党を設立する。立憲民主党、希望の党、無所属へと割れた衆院選の影響を受けないように、地域政党が公認する候補として統一選を戦う狙いがある。

 同県は“民主王国”と呼ばれ、県議は百二人中三十二人、名古屋市議は七十三人中十七人を占める。地域政党はこの四十九人を中心に立ち上げる。政党名は「愛知民主」が候補に挙がっており、代表に塚本久県議(名古屋市北区、十期)が就く見通しだ。

 県内には、名古屋市外の三十市町にも、県連所属の計五十三議員がおり、統一選までに他市町の議員にも参加を呼びかける。

 衆院選の後、党代表となった大塚耕平県連代表(参院議員)や連合愛知の佐々木龍也会長は、地方組織や議員を分断させないため、「愛知独自の枠組み」の必要性に言及していた。連合愛知は地域政党の発足を支持する意向で、全国的なモデルとなる可能性がある。

 愛知県議会では、県議三人が民進を離党し、衆院選で躍進した立民に入党する方針を示している。地域政党は今後、こうした立民や希望に党籍を移した議員も受け入れる構えだ。

 地域政党は政治資金規正法上の政治団体に相当し、公職選挙法が規定する政党要件を満たした国政政党とは異なる。国政政党の党籍を持っていても、地域政党の公認で地方選に立候補することができる。

 全国的には、名古屋市議会の「減税日本」や東京都議会の「都民ファーストの会」、三重県議会には、連合三重が仲介する形で民主、自由、社民党系の県議が結成した「新政みえ」がある。

574 とはずがたり :2017/12/09(土) 09:10:25
>>572
と迄は云はないとは云ってるけど云ったも同然で,こりゃ寧ろ云ひ過ぎやろw
口語で文語仮名遣ひは遣り憎ひなw

https://twitter.com/edaoffice/status/939131155583926273
江田憲司(事務所)?認証済みアカウント
@edaoffice
フォロー中 @edaofficeさんをフォローしています
その他
一時は希望は「ノアの箱舟」で天国に連れていってもらえると思っていたら、実はその行き先は地獄だった、とまでは言わないが、、といった感じで。いずれにせよ、中央でなかなか #野党連携 が進まない現状では、まずは神奈川からその先駆的なモデルを示そうよと。「平成の自由民権運動を神奈川から!」

575 とはずがたり :2017/12/09(土) 09:22:28
>>572
神奈川限定ではなく全国のってことみたいだ。勘違い。。

希望の大串派の14人(だっけ?)中何人這入ってるのか知りたいところ。

576 とはずがたり :2017/12/09(土) 16:30:21
読売は統一会派から更に合流迄踏み込む。保守スレに名無しさんが貼ってくれてるけどこっちにも貼り付け。

11/30の古川氏の地方組織作らんってのは合流睨んでるというかもう水面下で交渉してたってとこなんだな。
此処でもう民進との合流に具体的に動いてると気付かないとあかんかったか。

その流れの中で共謀罪の足立と長島の合意と破棄http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1253266707/901は有ったと云う流れ。

民進・希望、統一会派を検討…将来的な合流視野
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00050108-yom-pol
12/9(土) 9:01配信 読売新聞

 民進党と希望の党が、衆参両院で統一会派の結成を検討していることが8日、わかった。

 両党の複数の幹部が明らかにした。将来的な合流も視野に、来年の次期通常国会に向けて幹部同士の協議に入る方針だ。

 希望の玉木代表は8日、統一会派結成について「選択肢としてはあり得る」と前向きな姿勢を示した。国会内で記者団に語った。

 民進は今年10月の衆院選を前に、民進、希望、立憲民主の3党に分裂した。民進の大塚代表は選挙後、3党の再結集を模索したが、独自路線を掲げる立民の枝野代表は消極的な姿勢を示している。これを受けて民進は、希望との連携を優先する方向にかじを切ったとみられる。

希望と民進、統一会派なら「母屋に戻れば」維新・馬場氏
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1474100634/2442
2017年12月8日19時31分

希望の党ショック! 支持率崖っぷち たった1%の希望…“小池フィーバー”見る影もなし
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1474100634/2437
2017.12.8 21:47

希望・玉木代表、統一会派結成も“選択肢”
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1474100634/2436
12/9(土) 1:18配信 TBS News i

希望、都道府県組織設けず
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1474100634/2411
11/30(木) 19:52配信

 希望の党の古川元久幹事長は30日、先の衆院選で落選した同党公認候補者との意見交換会で、党として全国一律に都道府県連組織をつくる考えがないことを明らかにした。

577 とはずがたり :2018/01/27(土) 19:29:02
こっちにも転載しておく。

4623 名前:とはずがたり[] 投稿日:2018/01/27(土) 19:28:14
野党再編妄想

概ね俺の見立てで8Gある。

岡田…無会:岡田・野田・江田
大串…希望民進左派:大串・寺田・山井
小川…民進参院左派:小川・杉尾・小西
大塚…民進参院主流派:大塚・増子
玉木…希望民進右派:玉木・古川
細野…希望チャタメン衆院:細野・長島
松沢…希望チャタメン参院:松沢・中山夫妻
枝野…立憲:枝野・福山

こいつらの組み合わせを適当に展望
Aは立憲に関する軸。Bは希望に関する軸。Cは大串と玉木が離れないで民進と再編するケース。

A1<立憲へ大合流パターン>…岡田・大串・枝野・小川
A2<親立憲民進合同(立憲入党期成同盟)>…枝野/岡田・大串・小川
A3<同じく小川抜け駆け>…枝野・小川/岡田・大串

B1<希望チャタメン新党>…細野・松沢
B2<穏健保守路線>…大塚・玉木・細野 →増子辺りが構想してるのはこんな感じっぽい。大塚は連合の意向を受けて否定的だが。

C1<玉木大串分党認めず・大串も離党決断できず>…大塚・玉木・大串 →この場合細野はどんな形であれ党を離れる事になりそう。
C2<岡田希望民進合流容認>…岡田・大塚・玉木・大串 →先日頓挫した統一会派構想をチャタメン切りで実現

Aが成立した時,そのカウンターパートはBに対応して,
B2大塚・玉木・細野/松沢
B1大塚・玉木/細野・松沢
从ってAの3種類×Bの2種類=6種類が有り得る。

Cに関してはB1が必ず成立し,
C1に対しては
A2’<民進縮小>枝野/岡田・小川
A3’<岡田独自路線>枝野・小川/岡田
が成立。
C2に対しては
<旧民進対立憲包囲罔>枝野/岡田・大塚・玉木・大串/細野・松沢
の成立となる。

A1は現段階では枝野が拒否しそうな感じもする。A2orA3が濃厚でこれは小川が民進参院纏め切れればA2で交渉(で,拒否??)の流れで,止められなくなると年末年始の流れ参加の再来でA3となる。どっちもありそうだけどA2よりA3の方がありそうかな?

現時点でなんかB2が成立しそうな感じ(細野・長島・増子・大串の言動の印象)もあって,
(Ⅰ)●枝野・小川/●岡田・大串/●玉木・大塚・細野/松沢
もしくは
(Ⅱ)●枝野/●岡田・小川・大串/●玉木・大塚・細野/●松沢
が成立か。

二番目にありそうな分岐点としては,大串が離脱出来ず岡田も立憲への合流を一先ず諦めるケースでその場合は
(Ⅲ)●枝野・小川/●岡田・大塚・玉木・大串/●細野・松沢

(Ⅳ)●枝野/●岡田・大塚・小川・玉木・大串/●細野・松沢
が有り得る。

この4パターンぐらいかな。(Ⅱ)に関しては大塚と増子が別れて
枝野/岡田・小川・大串・大塚/玉木・増子・細野/松沢
となった方が自然かも。

けど一応(Ⅰ)〜(Ⅳ)が基本構図と読んでみる。
①ⅠorⅡ又はⅢorⅣの違いは小川や小西が主体性をもって参加させろと我が侭いってるのがどこまでやせ我慢できるかによる。
②同じくⅠ又はⅡorⅢ又はⅣの違いは岡田・大串が非チャタメン希望と一緒にやってくと決断するかどうかに依存。
ポイントはこの2点がどう出るか,かな。①は選挙考えるとなし崩しになりそうだけどまだ先で決断できないとなると小川等は立憲への合流を踏み止まるかも。②は岡田・大串・古川・増子の間で妥協が成立しそうな気もする。
Ⅳ≒Ⅲ>Ⅱ≒Ⅰぐらいの確率かなあ。。

578 さきたま :2018/01/28(日) 11:47:34
>>577
非常に綿密な分析ですね。
大変面白いです。
私としては当面(Ⅲ)が希望ですが、細野は松沢にはついて行かなさそうのが残念です。

579 とはずがたり :2018/05/11(金) 19:42:45
なんとかIの変形版が成立しましたね♪(主眼は枝野と岡田のブロックであるから後は多少違っても俺的には的中w)

細野は兎も角少なくとも長島は松沢に参加表明
●枝野・小川/●岡田・大串/●玉木・大塚/・松沢

結局
●枝野・小川/●岡田・大串/●玉木・大塚/細野(特に塊は今の所形成してない)/松沢

580 とはずがたり :2018/05/11(金) 19:45:34

トッキー惚れ申した。
是非次は愛媛1区から立って野党指導者に。
枝野中村か中村枝野かは解らないが連立政権樹立しよう。

国民民主や細野Gは中村新党に雪崩を打って馳せ参じるであろう。実際両者の生き延びる道はそれくらいしか思いつかない。。

581 とはずがたり :2018/05/11(金) 19:48:35
2012年の憶測記事w
再びなるか!?(;´Д`)

ある大物知事 橋下氏と小沢氏の橋渡しで永田町入り?
https://dot.asahi.com/wa/2012092601061.html?page=1
2012.4.24 17:05週刊朝日#橋下維新


 4月16日、ある大物知事が東京・永田町にやってきた。向かった先は衆院第1議員会館地下1階の会議室。集まった民主党の小沢一郎元代表のグループ議員約30人を前に講演した。内容は「地方分権のさらなる促進を」というオーソドックスなもの。だが、「なぜいま小沢派に」と、他グループからはいぶかる声が……。

 愛媛県の中村時広知事(52)と聞いて、ピンとくる方はよほどの政治通だ。三菱商事勤務後、愛媛県議を経て1993年に日本新党から衆院議院初当選。99年から松山市長を3期途中まで務め、2010年に知事となった。

 その中村氏が、小沢氏が会長を務める「新しい政策研究会(新政研)」で講演することが決まり、永田町の「事情通」や「関係者」たちは色めきたった。今や国政を左右しかねない勢いの橋下徹大阪市長(42)が「とにかく痛快な人」と心酔しているからだ。

 中村氏は09年の政権交代直前に、中田宏横浜市長(当時)らとわずか5人で立ち上げた「首長連合」の一人で、「既存のものを壊すのが大好き」という橋下氏と同タイプの政治家。その橋下氏への影響力も並ではない。

「政治資金の集め方や、府県と県庁所在地の首長を同時に掌握するメリットなどを教えた」(中村氏をよく知る閣僚経験者)

 松山市長を任期途中で辞職して知事選に当選。同日選となった松山市長には息のかかった候補者を押し上げた。また県議会や松山市議会に「維新」と名がつく会派を立ち上げており、愛媛と大阪の政治地図は驚くほど酷似している。

 ちょうど橋下氏が「小沢先生の行動は筋がとおっている」などと小沢氏を絶賛した後なだけに、「小沢氏と橋下氏の橋渡しにきたのでは」との疑心暗鬼が党内外に広がっている。

※週刊朝日 2011年5月4・11日合併号

582 とはずがたり :2018/10/08(月) 12:10:51
橋下徹氏の政界復帰は2019年の参院選出馬が有力視 小沢一郎氏合流で新党を結成か
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12151-101088/
2018年10月08日 10時10分 週刊実話
新党のキーマン「小沢代表」
(提供:週刊実話)

先の自民党幹部らが指摘するように、橋下氏の政界復帰は2019年の参院選出馬が有力視される。

「今度の総裁選でも証明されたが、自民党の中ですら石破支持の地方党員票が45%もあった。つまり、半数近くが安倍一強にノーの審判を下した。安倍首相に降りかかった森友、加計学園疑惑は自民党内でさえ怪しいと見ているし、それを完全に払しょくできていないのが安倍政権の実情。これで来年の統一地方選、参院選が戦えるのか。それでも安倍自民党が強いままなら、元凶は国民が全く期待しない野党にあるというのが橋下氏の論理です」
 そう語るのは、橋下氏周辺関係者だ。

「だが、このままでは自民党もダメになり、日本の政治は地盤沈下を引き起こす。もう放っておけない…。自分が出て、維新の会より真剣で必死な野党をもう一度作り上げたいという野望がふつふつと湧き上がってきた。それが進次郎批判と『政権奪取論』出版となったのでしょう」(同)

 では、橋下氏の国政参戦への具体的スケジュールと方向性はどうなるのか。

「年末までは対米関係、北朝鮮情勢、世界経済の動きを見定め、来年4月の統一地方選で判断する。そこで安倍政権がもたついているようなら、新党結成へ動く」(維新関係者)

 そして、来年夏に行われる参院選の2カ月前までには「政権交代可能」な新党を目指すという。
「日本維新の会は橋下新党に吸収。当然、松井府知事とは一蓮托生です。他の主要メンバーとして考えられるのは、辛坊治郎(元読売テレビアナウンサー)、サイバーエージェント藤田晋社長、島田紳助氏、盟友で加計学園の獣医学部のお膝元である中村時広愛媛県知事などなど。本気で政界再編を巻き起こすなら、サプライズで自由党の小沢一郎代表も合流するかもしれませんよ」(同)

 橋下氏は『政権奪取論』の中で「自民党は静、強い野党は動を求め、日本には二つ必要」と唱えている。
「これこそ、剛腕・小沢代表の考えと一緒。二大政党制で自民党の受け皿となりうる強い新党を立ち上げるキーマンとして、小沢代表ほどうってつけの人はいない。沖縄県知事選で自由党の玉城デニー氏が勝利すれば、その機運はいっきに高まる」(野党議員秘書)

 政界再編でも殴り込み。

583 とはずがたり :2018/10/08(月) 12:30:55
間違ってsageてもた。

まあsageでも十分な記事やが

584 とはずがたり :2018/10/28(日) 15:34:44
「二階さん、入れてくれませんか?」国民民主・篠原議員、勉強会で二階氏に驚きの直談判 ザワつく出席者「マジかよ…」と失笑も
https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/181022/soc1810220002-s1.html
2018.10.22 注目記事を受け取る

 国民民主党の篠原孝元農水副大臣(70)が、自民党の二階俊博幹事長(79)に「自民党入り」を直談判するという、衝撃的現場に記者は遭遇した。旧民主党時代から歯にきぬ着せぬ物言いで知られた当選6回の古参議員だが、一体どういうつもりなのか。低支持率に悩む国民民主党から大量離党があるのか。

希望の党 自民党

 都内のホテルで18日朝、政治評論家、鈴木棟一氏が主宰する勉強会があり、二階氏の講演が行われた。多数の与野党議員も耳を傾けていたが、篠原氏が質疑応答で次のように切り出した。

 「高校の同級生に『もう10人や20人、引き連れて自民党に移れば?』といわれたんです。そうなったら二階さん、入れてくれませんか?」

 約160人の出席者はザワッとした。二階氏は余裕の表情で続けた。

 「大丈夫ですよ。同じ国会にいるわけでしょ? 野党だって、さほど違いはないんですから」

 篠原氏は「野党は深刻なんです。展望が開けなくって…」とつぶやき、うつむいた。会場からは「国民民主党二階派か?」「マジかよ」など、驚きと失笑が漏れた。

 記者は翌19日、真意を聞くため、篠原氏を直撃した。

 篠原氏は「国民民主党には、二階さんのような懐の深い政治家がいない。旧民主党では、輿石東(あずま)元参院副議長(82)や、鹿野道彦元農水相(76)らが『重し』になっていた。今は抑えの効かない人ばかり。常に日が当たる所にいなければという議員ばかり。組織のマネジメントもできていない。そんな党を憂えて聞いたんだ」と語った。

 玉木雄一郎代表(49)ら、党執行部への痛烈なパンチだ。

 国民民主党は衆参60人以上の政党だが、政党支持率は1%にも届かない。離党者も相次いでおり、19日も長浜博行元環境相(60)が離党届を提出した。

 篠原氏は続けた。

 「自民党の補完勢力だった旧希望の党と、国民民主党が同じだと、見られているのが歯がゆい。旧希望の党の連中が民進党を乗っ取っただけなのに…。本当なら穏健保守層を巻き込み、保守中道リベラルを結集しないといけない」

 批判の矛先は、立憲民主党の枝野幸男代表(54)らにも向いた。

 「野党第一党が率先して、野党各党をまとめるべきだが、引っ込み思案なのはダメだ」「やはり自由党の小沢一郎代表(76)らのような『重し』がないと…。野党共闘で共産党と組んだっていい」

 野党の絶望的状況が、よく分かった。(報道部・村上智博)

585 とはずがたり :2018/11/08(木) 01:02:17
前原+小沢+橋下は面白い組み合わせだが一回会食したぐらいで(定期的に会食するようになったとしても)騒ぎ立てると余計に相手の存在感を引き出す事になる。
とはいえ橋下が維新潰して友愛系・前原系・自由党系と組むならカネ持ってる民進党後継の国民党や小沢がいると仕掛けは可能ではあるな。

橋下徹氏、小沢一郎代表と会食 前原誠司氏がつなぐ?
https://www.asahi.com/articles/ASLC755WHLC7UTFK00Q.html?ref=tw_asahi
2018年11月8日00時16分

 大阪市長などを務めた橋下徹・日本維新の会前代表は7日、東京都内で自由党の小沢一郎代表、国民民主党の前原誠司・元外相と会食した。橋下氏は2015年末に市長を退任。政界復帰を自らは否定し続けているが、野党内には待望論がくすぶる。かつての政権交代の立役者、小沢氏との接近は臆測を呼びそうだ。

 橋下氏は今年9月に出版した近著で、自民党の1強政治の弊害を指摘し、「自民党に対する強い野党が必要」として野党勢力の結集を呼びかけている。維新ばかりでなく、他の野党の一部にも「絶対に政界に戻ってくる」(国民幹部)との期待感がある。

 小沢氏も野党勢力の結集を訴えてきた。関係者によると、小沢氏は橋下氏の動向に強い関心を示しているという。橋下氏は著書で、小沢氏について「かつて自民党の中枢で権力闘争に揉(も)まれ続けてきた人であり、権力の本質について一番理解されている」と評している。前原氏は橋下氏、小沢氏それぞれと定期的に会食してきた。昨年の衆院選で民進党の旧希望の党への合流を主導して以降、政界の表舞台から遠ざかっていたが、今回は橋下氏と小沢氏の関係をつなぐ役割を担ったとみられる。

586 とはずがたり :2018/11/15(木) 10:42:26
枝野の野党界の覇権(ちいせいなw)に対する反撥や対抗がこれからも出てきて脚引っ張るであろうが,一貫してリベラルと改革保守の野党2党体制・全面協力論の俺としては国民民主と維新を小沢と橋下でぶっつぶして立憲と対等に協力出来る存在に出来たら面白い。

自由 小沢代表 橋下徹氏との会談公表 手腕を評価
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181113/k10011709371000.html
2018年11月13日 19時54分

自由党の小沢代表は、先に、橋下徹前大阪市長と会談したことを明らかにし「政治家の非常に大事な要素を備えている」と評価しました。

自由党の小沢代表は、13日の記者会見で、先に、橋下徹前大阪市長と、国民民主党の前原元外務大臣も交えて会談したことを明らかにしました。

そして、小沢氏は「橋下氏と久しぶりに会った。前原氏のあっせんもあって食事をしたが、特別、生臭い話は何もしていない」と述べました。

そのうえで、「橋下氏は、国民の心を捉えてアピールできる人物で、政治家の非常に大事な要素と資質を備えていると思う」と述べ、橋下氏を評価しました。

587 名無しさん :2019/01/08(火) 22:05:16
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000006-asahik-pol
「多弱」野党の進むべき道は――政界の重鎮2人に聞く
1/7(月) 7:30配信 有料 朝日新聞デジタル

 安倍晋三首相が政権復帰してから6年を超え、自民1強の状態が続いている。与党の強引な国会運営などの弊害が指摘される一方、野党は「多弱」の状態だ。夏には参院選があるが、最大野党の立憲民主党は政策や理念を強調する「単独主義」をとり、野党共闘に距離を置く。与党に対抗する野党の役割は何なのか。与野党いずれも経験した政界の重鎮に聞いた。

 ■理念と協調、バランスを 対案よりも徹底的に批判 河野洋平・元衆院議長
 ――野党が政権与党に対抗するために何が足りないと思いますか。
 いまの野党の最大の課題は、選挙に弱いところにある。……
本文:3,539文字

588 とはずがたり :2019/02/10(日) 10:40:34

国民民主が維新に秋波=「橋下新党」待望論も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000014-jij-pol
2/10(日) 8:33配信 時事通信

 支持率低迷にあえぐ国民民主党内で、日本維新の会との連携を模索する動きが浮上している。

 統一会派や合流、維新「創業者」の橋下徹前代表をトップに迎える新党構想などがささやかれているが、実現するかは不透明だ。

 国民は1月、自由党との合流を目指し、衆参両院で統一会派を結成した。国民の参院ベテランは「自由党との合流は第一歩。いずれは維新とも一緒になる」と野党再編に意欲を示す。既に水面下で維新側に打診し、一部幹部から前向きな反応を得ているという。

 前回衆院選で、国民の前身の旧希望の党と、維新が比例代表で獲得した票を合計すると、立憲民主党を上回り、2016年参院選の比例で旧民進党が得た票も超える計算だ。

 ただ、維新側には国民との連携に慎重論がある。憲法改正推進など独自色が薄れるためだ。国民側も維新に接近すれば立憲、共産両党との選挙区調整が難しくなるのは避けられない。

 一方、橋下氏は昨年9月の民放番組で「野党が一つになるために(維新は)なくなればいい」と発言。同11月には国民の前原誠司元外相の仲介で橋下氏と自由党の小沢一郎代表が会談し、国民の党内で「橋下新党」への期待感が広がった。

 国民の玉木雄一郎代表と小沢氏は7日放送のインターネット番組で、橋下氏と対談。玉木氏が「発信力がある」と橋下氏を持ち上げ、小沢氏も「全野党をまとめるリーダーに」と国政進出を促したが、橋下氏は「(おだてるのは)やめてください」とけむに巻いた。

 橋下氏と最近接触した国民幹部は「彼は安倍晋三首相とは戦わないだろう」との見方を示し、待望論過熱にブレーキをかけた。

589 とはずがたり :2019/02/10(日) 20:40:40
石破に離党しろと云ってる人が居て,国民党が橋下担いで石破の自民党離党を目指すのはまんま二度目は喜劇として(byマルクス)なんだけど,閉塞感から妄想してみる。ふ〜む,立憲とはぶつかるけど国民とはあんまぶつからないのかも。

水月会
http://www.suigetsukai.org/member/
石破 茂:鳥取1区
山本有二:高知2区 広田:無所属
鴨下一郎:東京13区 北条:立憲(落選)
伊藤達也:東京22区 山花:立憲
田村憲久:三重4区 藤田:希望(落選)
後藤田正純:徳島1区
古川禎久:宮崎3区
赤澤亮正:鳥取2区
平将明:東京4区 井戸:立憲(落選)
齋藤健:千葉7区
八木哲也:愛知11区
福山 守:比例四国(旧徳島1区)
田所 嘉德:茨城1区 福島:国民民主(支部長)
神山 佐市:埼玉7区
冨樫 博之:秋田1区 寺田:立憲会派
門山宏哲:千葉1区 田嶋:立憲会派・情報労連
山下貴司:岡山2区 津村:国民民主
石﨑 徹:新潟1区 西村:立憲
舞立昇治:鳥取島根県選挙区(鳥取県)
中西 哲:全国比例区(高知県)

【自民党大会】石破茂氏、首相の民主政権批判演説に不快感
https://www.sankei.com/politics/news/190210/plt1902100011-n1.html
2019.2.10 13:54政治政局

 自民党の石破茂元幹事長は10日、都内で開かれた党大会で安倍晋三首相が「悪夢のような旧民主党政権に戻すわけにはいかない」と訴えたことについて「過去の政権を引き合いに自分たちが正しいと主張するやり方は危ない」と批判した。党大会後、記者団に語った。

 石破氏はまた、首相と石破派を除く6派閥の事務総長が6日に首相公邸で会食したことに対して「意図は分からないが堂々とやるべきだ。(公邸)裏口から(各派事務総長が)入る姿勢はいいとは思わない」と述べ、不快感をみせた。

590 とはずがたり :2019/02/11(月) 10:24:37
>>588
それぞれ誰かなあ〜。参院の保守系三羽烏は増子(1947生・衆院3期・参院3期)・桜井(56生・参院4期)・榛葉(67生・参院3期)だけどベテランというと増子かな。桜井も十分ベテランだし榛葉さんももう3期目なんだなあ。

>国民の参院ベテランは「自由党との合流は第一歩。いずれは維新とも一緒になる」と野党再編に意欲を示す。既に水面下で維新側に打診し、一部幹部から前向きな反応を得ているという。

>橋下氏と最近接触した国民幹部は「彼は安倍晋三首相とは戦わないだろう」との見方を示し、待望論過熱にブレーキをかけた。

591 とはずがたり :2019/02/15(金) 19:20:23
【特別寄稿】スクープ!国民民主・自由両党は「ポスト安倍」にあの「橋下徹」氏を担ぐ!? 小沢氏が橋下氏に政界復帰を熱望!? 玉木雄一郎・国民民主党代表の「ぶっちゃけ」本音トーク全1時間を全部書く!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/441388
2019.2.5

 衆参両院での統一会派結成に踏み切った国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎代表が、通常国会初日に有楽町街宣演説をしたのが1月28日。

 その3日後の1月31日、橋下徹・前大阪市長がホスト役をつとめるAbemaTVの冠番組『NewsBAR橋下』に両代表がゲスト出演、対談をした。収録場所は、テレビ朝日本社に近い六本木三丁目のBARスタイルのスタジオだった。

 都心がみぞれ交じりの風雨に見舞われた31日午後9時すぎ、玉木代表と小沢代表と橋下氏が次々とスタジオ入りをするところを直撃したが、「何を話すのですか」の問いかけにほとんど無回答状態。玉木代表は笑みを浮かべただけで、直前に出演が決まった小沢代表も「僕は聞いていない」と言うだけ。

 橋下氏に至っては、収録スタッフが事前に「私人ですから」と写真撮影と取材禁止を要請。別の場所でメイクと着替えを済ませた橋下氏が乗ったワゴン車が入口前で止まると、車中の同乗者が人垣を作ったところで、最後尾に座っていた橋下氏がスタジオ入りをした。有名芸能人や大物政治家と同等以上の自称「私人」である。それでも「橋下さん、何を話すのですか」と声をかけたが、無言のまま振り返ることもなくスタジオ入りした。

 対談の収録時間は午後9時40分から午後10時40分で、生放送ではなく、1週間後の2月7日夜に放送予定。スタジオ内への立入は禁止されていた。

 収録後、「どんな話をしたのですか」との質問に無回答のまま車に乗り込んだ小沢代表とは対照的に、玉木代表に同じ質問をすると、「いやあ、面白かったよ。小沢さんが(橋下徹さんに)しきりに働きかけていたよ」と答え、スタジオ近くの飲食店を借り切っての囲み取材に応じた。

 店内のカウンター席とボックス席が約10名の記者たちでほぼ満席状態となる中、ボックス席奥に座った玉木代表が収録内容を約40分、熱っぽく語っていった。若干、アルコールが入ったこともあってか、高揚感あふれる口調で「今日は三人で会ったことがニュースだ!」「まあ、時代を動かして行こう!」と語り、囲み取材が終わった後もカラオケで、昨年テレビドラマの主題歌や挿入歌で大ヒットした、シンガーソングライターの米津玄師やあいみょんの歌を何曲も披露するなど、約20分の独演会で、終始上機嫌だった。

 『週刊現代』2018年11月24日号は、国民民主党の内実を次のような書き出しで伝えている。

 「国民民主党の議員たちは、いま取り憑かれたように一冊の本を読みこんでいる。ある幹部議員は4度読んだと言っていた。

 ある3回生議員は、何十という付箋を貼り、フレーズを暗唱していた。

 〈今は安倍一強が長く続いているが、現在の選挙制度はひとたび与党に信頼失墜が起きれば、いつでも政権交代の風を吹かせることができる〉『政権奪取論』という新書である。

 国民民主党は、結党半年にして政党支持率が0.8%だ。瀕死の党の議員たちが、バイブルとして崇めるのがこの本だ。

 彼らの救世主こそが、本の著者・橋下徹である」

週刊現代2018年11月24日号「安倍首相・衆参ダブル選の可能性と、気になる『橋下徹氏の動向』」(現代ビジネス、2018年12月12日)

592 とはずがたり :2019/03/03(日) 15:01:55

辻元を参院議員と間違えるようなデイリー新潮大丈夫か?

野党共闘のために「小沢一郎」が“反原発棚上げ”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190228-00557351-shincho-pol
2/28(木) 5:58配信
デイリー新潮

長い雌伏のときを経て……

 永田町で数年ぶりに“小沢政局”なる言葉が囁かれるようになったのは、先月下旬のこと。小沢一郎代表率いる自由党と国民民主党が合流に向け交渉を行うと発表したのだ。

「その後、一旦“合流”は後退し、参院統一会派で落ち着いたのですが、今月になって再び合併交渉を本格化。目下、政策のすり合わせ協議を行っているんですよ」(野党担当記者)

 政策なき離合集散は「野合」と批判されて久しい。小沢氏にそんな忠告をすることは、釈迦に説法なハズなのだが、

「ご存知の通り、自由党は即時原発ゼロを掲げ、反原発の旗手である山本太郎参院議員も抱えている。ところが国民の方は、支持母体の連合が脱原発に慎重なだけでなく、電力総連の組織内候補までいて、原発ゼロを明言するわけにはいかない。そこで、小沢さんが取った手は、“脱原発棚上げ”だったのです」(同)

 実際、第1回政策協議が行われた後、小沢氏は、

「“国民民主と自由党では表現が多少違うだけで殆ど違いがないんだ”と強弁し、原発政策の違いに目を向けようとしなかった」(同)

 さらに、この“棚上げ”は他の野党との共闘にも影響を与えているといい、

「この14日には市民連合と野党各党とで共闘へ向けた政策協議が行われたのですが、ここでも原発政策は棚上げに。立憲の辻元清美参院議員が部屋の外にまで聞こえる声で“原発政策が入っていないじゃないの”と叫んでいました」

 どんな声も、馬の耳に念仏だったか。

「週刊新潮」2019年2月28日号 掲載

593 とはずがたり :2019/03/13(水) 14:32:12
会派統一と引き替えに鹿児島の候補者ゲト?!

国民民主、社民に衆院会派の合流打診
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000602-san-pol
3/11(月) 21:12配信 産経新聞

 国民民主党の玉木雄一郎代表は11日、社民党の又市征治党首と国会内で会談し、衆院の国民民主党・自由党統一会派(39人)と社民党会派(2人)の合流を打診した。又市氏は回答を避けた。社民党は参院では立憲民主党と会派を組んでいる。

 会談では参院選改選1人区の候補者調整についても協議し、又市氏は鹿児島選挙区で社民党候補を野党統一候補にしたい考えを伝えた。国民民主党は同選挙区で新人の擁立を内定しており、今後、社民党候補への一本化の可否を検討する。

 会談には国民民主党の平野博文、社民党の吉川元(はじめ)両幹事長が同席した。

594 とはずがたり :2019/06/12(水) 23:07:45
【政界徒然草】自民・石破氏誘う国民民主党の窮状 野党の首領に「今は無理でも将来は」
2019.6.12 01:00プレミアム
https://www.sankei.com/smp/premium/news/190612/prm1906120006-s1.html

 自民党の石破茂元幹事長に対し、野党から合流を促す動きが出ている。特に国民民主党は深刻な支持率の低迷に悩むだけに、論戦力も知名度も高い石破氏はのどから手が出るほど欲しい存在だ。石破氏は離党を否定するが、過去には自民党を離れて新党結成に参画したこともある。政権交代を実現するには石破氏を含めた自民党の切り崩しが必須との指摘も多い。自民党内で孤立を深める石破氏に熱いまなざしが向けられている。

 5月中旬、国民民主党の玉木雄一郎代表の後見人を自任する亀井静香元金融担当相は、東京・赤坂の行きつけの料亭「外松」で玉木氏と石破氏を引き合わせた。亀井氏は、自民党内で存在感が低下している石破氏に奮起を促したという。

 亀井氏の持論は、石破氏を中心とする自民党のグループと玉木氏のグループを合流させ、自民党に対抗する勢力を作ることだ。亀井氏は2月24日付産経新聞のインタビューで、玉木氏に「首相指名選挙で石破氏に勝手に投票すれば自民党は割れる」という、政界再編を起こすための戦術を伝えたと明かす。

 国民民主党に加わった元自由党代表の小沢一郎氏も5月14日のBS番組で、亀井氏の考えについて「一つの戦術としてはあり得る」と同調してみせた。

 石破氏に共感を抱く旧民主党系議員は少なくない。

 昨年9月の自民党総裁選では、他党ながら玉木氏や国民民主党の大塚耕平共同代表(当時)らが相次いで石破氏への支持を表明した。旧希望の党が平成29年の衆院選を戦った際には、国会での首相指名候補の1人に自民党の石破氏が浮上したこともある。国民民主党の渡辺周元防衛副大臣らも民進党時代、石破氏と時折、安全保障に関する勉強会を開いていた。

待望論の3つの要因

 石破氏が人気を集める理由の一つが論戦力だろう。旧民主党の松井孝治元官房副長官は昨年8月28日、自身のフェイスブックで、石破氏について「野党勢力待望の中軸になられては。野党第一党の党首になれば、国会論戦に緊張感が戻るのではないかと真剣に期待する」と投稿した。


 石破氏が安倍晋三政権に異論を辞さない姿勢をみせることも、野党には親和性が高い。国民民主党の若手議員は「プロの野党議員として石破氏と一緒に安倍政権に対峙(たいじ)したい」と語る。

 もう一つの理由が、深刻な支持率低迷に悩む国民民主党の現状だ。党内のベテラン勢からは「国民民主党は参院選後に立憲民主党へ吸収されるだろう。自民党が割れない限り、政権交代可能な野党勢力は作れない」と異口同音に漏らす。

 また、当選4回の玉木氏を始め、国民民主党には当選回数の少ない議員が多い。閣僚や政権与党の要職を長年務めた石破氏に、経験値の低さを補完してもらう狙いもあるようだ。

595 とはずがたり :2019/06/12(水) 23:07:56
>>594
 野党が秋波を送るのは、石破氏が自民党内で求心力を落としている足元を見ているという一面もある。

 石破氏は、安倍首相に挑んだ昨年の総裁選で、スローガンに「正直、公正」を掲げた。これが「安倍首相への個人攻撃」と批判を浴び、石破氏や石破派(水月会)は内閣改造や党役員人事で冷や飯を食わされた。

 今年3月には若手議員が石破派を退会した。派の人数は石破氏を入れても総裁選の立候補に必要な20人に届かない19人に落ち込み、自民党内での存在感は衰える一方だ。


 その一方で、石破氏は立憲民主党の山尾志桜里衆院議員と憲法講演で同席したり、国民民主党の前原誠司元外相と鉄道番組で共演するなど、野党議員との人脈は維持している。

実現の見通しは霧中

 もっとも、石破氏に離党の意志はない。5月21日のBS番組で自民党離党の可能性を問われ、「自民党は野にあるとき、谷垣禎一総裁(当時)のもと、こんな党になりますと徹底的に反省し、党の綱領も変えた。その自民党を作るのが私の使命だ」と一蹴した。


 石破氏は平成5年、自民が下野した際に離党し、小沢氏らと新進党を結党した。しかし、新境地で小沢氏との安全保障観の違いが分かったといい、9年に自民党に復党した。石破氏は当時の判断について「青い鳥はいなかった…」と表現し、離党の過去を悔いる。

 仮に石破氏が玉木氏らと合流しても、石破氏が複数の自民党議員を連れ出すという亀井氏の構想は実現しそうにない。自民党は衆参両院で過半数を超える勢力を保持し、安倍内閣の支持率も高水準を維持している。石破派のベテラン議員は「石破氏が野党と合流しても、誰もついていかないだろう」と語る。


 ただ、こうした石破氏らの態度は国民民主党も織り込み済みだ。

 同党の関係者は「低迷するわが党は石破氏を受け入れられる状況にない」としつつ「政局は変わり得る。石破氏の頭の片隅に、われわれと一緒になれるという選択肢を刻むことが大事だ」とも語る。

 石破氏が政界を揺り動かす日は来るのか来ないのか。

(政治部 奥原慎平)

596 とはずがたり :2019/06/21(金) 20:23:43

https://twitter.com/konahiyo/status/1142023552436039680
naoko ??りっけん
@konahiyo

亀井静香
「解散しないのは、大連立の動きがあるから必要なくなった」

#報道1930

これがどれほど信憑性がある話かは疑問だけど、小沢さんとそういう話をしていることは確かみたいね。

3:56 - 2019年6月21日

597 とはずがたり :2019/06/21(金) 22:50:21

数ヶ月前からいってたのか。尚更怪しいやんけw

https://twitter.com/ixabata/status/1142066745617702912
軍畑先輩
?

@ixabata
フォロー中 @ixabataさんをフォローしています
その他 軍畑先輩さんがnaoko ??りっけんをリツイートしました
亀井の国民民主党を念頭に置いた「大連立」は昨日今日言い始めたことじゃなくて数ヶ月前から言ってるんでそこまで真に受けなくてもいいかと

598 とはずがたり :2019/06/22(土) 18:01:20
>枝野氏と福山哲郎氏(立憲民主党幹事長)は、民主党時代に何度もペアでマニフェストを作成されているが、その特徴は、サブマリン的手法にあった。政策立案は徹底して水面下、少人数で行ない、選挙期間直前になって初めて表に出す。

政局再編はあるか、自民党若手議員の“可能性”
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/6508
2019年06月21日 公開
松井孝治(慶應義塾大学総合政策学部教授)

野党が夏の選挙戦を有利に進めるためには、具体的な政策を打ち出して一体感を得ることが重要である。だが、いくつかの課題が障壁となっているという。それは何か。慶應義塾大学総合政策学部教授で元内閣官房副長官の松井孝治氏が説く。

※本稿は月刊誌『Voice』(2019年7月号)、松井孝治氏の「真の野党再生論」より一部抜粋・編集したものです。

立憲民主党幹部の“秘密主義”
…野党が自民党に代わる政策理念と政策軸を示せれば、参院選でも次期総選挙でも一人区でかなり善戦する可能性はあると思う。しかしいまの野党は無理はしないだろう。

立憲民主党の枝野幸男代表は、マルクス主義の二段階革命論ではないが、第一段階では政権交代を欲張るよりも、野党の盟主としての立場を確立し、第二段階で勝負する。

次の選挙では野党第一党としての地位を確固たるものとして、そのまた次の選挙に向けたことを考えているのだと思う。

枝野氏と福山哲郎氏(立憲民主党幹事長)は、民主党時代に何度もペアでマニフェストを作成されているが、その特徴は、サブマリン的手法にあった。政策立案は徹底して水面下、少人数で行ない、選挙期間直前になって初めて表に出す。

事前にマニフェストの内容が漏れると、他党に真似されたり、内部で批判が起こって収拾が付かなくなったりするからである。枝野・福山両氏は、次の選挙に向けてもその手法、秘密主義を踏襲すると思われる。

ただでさえ旧民主党系政党は凝集力が弱く、対立軸や政策理念を打ち出して内部で揉めると、遠心力が働く。ダブル選挙の可能性もあるなか、党の内部分裂は避けなければいけない。

だから選挙ギリギリの段階になるまで、立憲民主党は公約を打ち出すことはないだろう。合理的戦術ではあるが、これでは支持層のウィングは広がらないし、党内に政策理念が根付かない。

一方、国民民主党は支持率の低迷により焦燥感に駆られたのか、今年4月に小沢一郎氏を取り込んだ。

しかし、合従連衡の象徴である小沢氏が、国民民主党の政策を丸呑みして合流したことで、政策的に何をしたいのかむしろわかりにくくなった。きわめて残念なことに、国民からすれば「また始まった。数を集めれば政策はいかようでもいいのか」という印象だろう。

政局のうねりは自民党の若手議員から?
先述のとおり、世の中にうねりを起こすために、野党がめざすべきは、穏健保守から中道、そしてセンターレフトまでを基軸に置いて、社会的に寛容度と包摂性の高い政策を打ち出していくことだと考える。

経済では「脱成長」を軸にしてしまうと、社会に夢や活力が欠けるし、そもそも社会保障が維持できず生活の質も維持できなくなるから、「持続可能な成長」を志向する。

そういった社会を実現するためには、官だけに依存しない互助的な地域共同体を構築せざるをえないし、従来型の官が保障する社会保障を絶対視する高齢者にとっては多少厳しいこともいわざるをえない。

こうした点も含めて、野党は、この際、分裂や紛糾を恐れず、基本政策を党内で議論し直し、もう一度政権公約を練り直すべきなのではなかろうか。

2009年から12年に民主党がマニフェストで失敗して以来、じつはどの政党も本格的な政権公約策定に踏み出せていない。

与野党問わず有能な若手議員には、広く政権公約づくりの議論が行なわれないことへの不満もあるという。与党事前審査の必要性を力説するならば、本来行なうべきは草の根からの政権公約の議論であることは明らかであろう。…

599 とはずがたり :2019/07/22(月) 08:47:00

杉並を山本太郎,新潟の鷲尾のところを蓮池に譲るのはもう参院選書記から想定している。後はどの位譲れるかな〜。

れいわの山本代表 次期衆院選「政権を取りに行く」
2019/07/22 07:42毎日新聞
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20190722k0000m010105000c.html

 「れいわ新選組」から比例代表で出馬し落選した山本太郎代表は、22日未明に開いた記者会見で、次期衆院選に関して「(自身が候補者として)出るしかない」と述べた。一方、立候補する選挙区などについては「一番話題を呼べるような形でやりたい。戦い方は決まっていない」と話した。

 山本氏は次期衆院選に関し、他の野党との連携をにおわせた。「政権を取りに行くので、100人ぐらい(候補者を)立てないといけない」と明言しつつ、「この100という数字には野党共闘(の選挙区)も入ってくるので、立てる場所、立てない場所も話し合いで出るだろう。そういうのを一切考えない場合は100人擁立しなければいけない、ということだ」と話した。

 また、れいわが「政党要件」を満たしたことにより、今後の選挙で政策などの周知がしやすくなるだろうとの見方を示した。そのうえで、「衆院選で大きな議席を手にし、キャスチングボートを握るということまで認識していかなければならない」と自信を示した。【青木純】

600 とはずがたり :2019/07/22(月) 18:12:41
https://twitter.com/marseille1945/status/1153230062956630016
まる??りっけん??
@marseille1945
れいわ新選組さんとは早急に話し合いの場を持たなければいけないかなと、私は思っています」(立憲民主党 福山哲郎幹事長)
午後6:07 ・ 2019年7月22日

601 名無しさん :2019/07/23(火) 01:00:15
連戦連勝の与党から連戦連敗の野党に移りたい議員はいないでしょうね
損得勘定を抜きで考えても、共産党と組んで護憲運動するために野党になるかというと、
それなら自民党内で野党をやっていた方がいいだろう

逆にチャンスがあれば与党入りしたい国民民主系の議員はそれなりにいると思う

602 とはずがたり :2019/07/23(火) 13:10:08
共産委員長、「れいわと協力」
国会運営や国政選挙で
https://this.kiji.is/525979949963510881?c=39546741839462401
2019/7/22 19:16 (JST)
c一般社団法人共同通信社

 共産党の志位和夫委員長は22日、党本部で記者会見し、参院選比例代表で2議席を獲得し政党要件を満たした「れいわ新選組」(山本太郎代表)に関し、国会運営や国政選挙で連携する考えを明らかにした。「手を携えて日本の政治を良くする。協力関係を強めたい」と述べた。

 れいわが主張する消費税廃止などを念頭に「私たちの政策と共通する」と指摘。山本氏が参院選で共産候補を応援したことも「非常に感謝している」と語った。

603 とはずがたり :2019/07/23(火) 13:19:40
野党共闘、波乱含み=立憲主導に不満も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000018-jij-pol
7/23(火) 7:14配信 時事通信

 参院選で躍進した立憲民主党は野党第1党としての足場を固め、次期衆院選に向けて野党共闘を強化したい考えだ。

 しかし、党勢低迷が続く国民民主党や、傘下組織の「股裂き」に苦しむ連合の中には、立憲主導への不満もあり、共闘の行方は波乱含みだ。

 立憲の福山哲郎幹事長は22日、国会内で記者団に「立憲は議席を増やした。期待をしっかり受け止めて安倍政権に対峙(たいじ)していきたい」と述べた。

 立憲は17議席を得て改選前から8増やしたが、国民との合計は23議席で、前身の旧民進党が2016年参院選で得た32議席を大きく下回った。

 連合の神津里季生会長は22日、立憲の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表と個別に会談。参院選結果に強い危機感を示し、「このままずるずる行くわけにはいかない」と旧民進党勢力の再結集を促した。玉木氏はこの後、記者団に「このままの体制で衆院選を迎えるのがいいかどうか、総括した上で野党間で話し合う必要がある」と語り、再結集に意欲を示した。

 だが、立憲執行部は国民との合流になお否定的だ。枝野氏は21日の記者会見で「政党と政党の合併にはくみしない」と強調。参院選では、国民の榛葉賀津也参院幹事長の選挙区に立憲が新人候補を擁立するなど、しこりを残した。

 国民内には自民党や日本維新の会との連携に活路を見いだそうとする向きも少なくない。国民を支持する民間労組からも「政策実現のため与党との関係強化を図るべきだ」との声が上がる。

 玉木氏ら国民執行部は当面、野党共闘路線を維持する方針だが、立憲との関係修復が不調に終われば、「脱共闘」へかじを切る可能性も否定できない。神津氏は22日付のブログに「そもそもの政治との向き合い方から問い直していかなければならない」と記し、政治への関与の在り方を見直す可能性を示唆した。

604 とはずがたり :2019/07/23(火) 13:20:18

立民・福山氏、れいわと国会でのサポート体制協議する考え示す
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3731736.htm

 21日に行われた参議院選挙で、れいわ新選組から2人の重い障害をもつ候補者が当選したことを受け、立憲民主党の福山幹事長は、国会でのサポート体制について早急に協議する考えを示しました。

 れいわ新選組の舩後靖彦さんは、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病ALSの患者で、特殊な機器や文字盤を使って会話をしています。また、同じく当選した木村英子さんも重度の障害があり、2人とも議員活動には様々なサポートが必要になるものとみられます。

 立憲民主党の福山幹事長は22日、記者団に対し、国会での2人のサポート体制について、早急にれいわ新選組と協議する考えを示しました。

 「重い障害を持たれた方が当選をされていますので。どういう形で、国会が、国会での活動がスムーズにできるようになるのかについては、これは、協力、サポートをしていかなければいけないと思っておりますので。れいわ新選組さんとは早急に話し合いの場を持たなければいけないかなと、私は思っています」(立憲民主党 福山哲郎幹事長)

 参議院によりますと、国会内では車いす用のスロープや身体障害者用のトイレなどはすでに整備されていますが、近く2人から直接話を聞き、どのような要望があるか確認するということです。

605 とはずがたり :2019/07/23(火) 14:04:20
院選 「れいわ新選組」に野党から連携模索の声[2019/07/23 06:13]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000160249.html

 21日に投開票された参議院議員選挙で、山本太郎代表率いる「れいわ新選組」が2議席を獲得した勢いを受け、野党から連携を模索する声が相次ぎました。

 国民民主党・玉木代表:「早いうちに一度お話をさせて頂きたい。まずは、お話をしてコミュニケーションを深めたい」
 共産党・志位委員長:「ともに手を携えて、良い日本を作るために力を合わせていきたいというのが私たちの願い」
 また、立憲民主党の福山幹事長は「政権の批判票をれいわが受け止めた。国会でどういう活動をするか注視したい」と述べました。今後、野党としてどのように連携していくのかが注目されます。

606 とはずがたり :2019/07/23(火) 14:29:34
https://twitter.com/seiji_ohsaka/status/1153536384281411584
逢坂誠二 立憲民主党(りっけん)
@seiji_ohsaka
次の衆院選挙で乱立する野党間の調整をどうするかも大きな鍵だ。野党候補が乱立すれば与党を利することになる。野党候補を絞り込むために、予備的な選抜過程を公開し、事前に民意を汲み上げることも一案だろう。法的な予備選挙の仕組みではないが、参院の複数人区にも利用できるかもしれない。
午後2:24 ・ 2019年7月23日

607 とはずがたり :2019/07/30(火) 17:58:27
新党国民民主党とれいわと仲間たちか!?

早くもゴタゴタで…国民民主に「れいわ新選組」との合流案
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/259394
公開日:2019/07/30 14:50 更新日:2019/07/30 14:50

 参院選で敗北した国民民主党。案の定、ゴタゴタが起きている。参院サイドが日本維新の会との統一会派結成に動いたことに対し、衆院サイドが反発しているのだ。「国民民主」の看板では選挙を戦えないと分かったこともあって、さらに離党者が続出しかねない状況だ。

「解散総選挙」を控える衆院サイドからは、「こうなったら一大ブームを起こした、れいわ新選組と組むべきだ」「共同代表という前例もある」という声も出始めている。

 すでに「国民民主党」と「れいわ新選組」は、互いに共闘を呼び掛けている。玉木代表は「率直に意見交換したい」とラブコールを送り、山本代表も「野党が1つになることが望ましい」と結集を呼び掛けている。
広告


 国民民主との合流は、れいわ新選組にもメリットがあるという。

「山本代表は、次の衆院選には100人擁立すると宣言しています。無党派層から支持され、短期間で4億円の寄付金を集めたとはいえ、100人擁立するには20億円は必要でしょう。さすがに20億円を集めるのは大変です。候補者100人の大所帯となればサポートする人も必要です。その点、国民民主にはカネがある。組織もある。人もいます」(国民民主関係者)

 自由党時代、山本太郎氏と“共同代表”をつとめていた小沢一郎氏が“結集”に一役買うのではないか、という見方も流れている。すでに玉木代表は、水面下で小沢・山本氏との三者会談を準備中だという。


 この先、野党結集は進むのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

「自由党の解党後も、山本代表と小沢さんは、連絡を取り合っています。2人の関係は深い。れいわ新選組を立ち上げる時も報告しています。ポイントは、野党再編について意見が一致していることです。山本代表本人は『野党がまとまり、大きな受け皿となれるなら、れいわはやる必要がないと思っていた。それができなかったから行動した』と語っています。本人は、野党結集の起爆剤となるつもりです。一方、小沢さんは、まず国民民主を強くしてから、再編を拒絶する枝野立憲に合流を迫るシナリオを描いている。れいわ新選組と国民民主が結集した後、立憲民主と合流する戦略だと思います」

 12月総選挙説も流れている。野党は結集するなら急いだ方がいい。

608 とはずがたり :2019/07/30(火) 19:32:08
めんつゆ+みりん+酒+ごま油+砂糖で適当につくったらそれっぽくできた♪

天麩羅はラムー

!めんつゆで天丼のタレ!
https://cookpad.com/recipe/5636699

609 とはずがたり :2019/07/30(火) 22:15:10
国民党と一緒になるのが見えてきたな〜。社保・立憲の消費税8%減税+原発即ゼロvs国民・れいわの消費税5%+原発漸減vs社民の消費税5%・原発即ゼロの三つに分裂か?共産は原発即ゼロとしても消費税は5%に載るかな?
>選挙戦で掲げた「原発即時禁止」については「そこに強い打ち出しを持ったら、多分、野党全体で固まって戦うことが難しい」と指摘。「電力系(の支持層)の力を借りながら議席を確保している人たちもいる」とも述べ、野党共闘の条件とすることには慎重な姿勢を示した。

山本太郎氏 次期衆院選の野党共闘、消費税5%は絶対条件
毎日新聞2019年7月30日 21時38分(最終更新 7月30日 21時48分)
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190730/k00/00m/010/280000c

毎日新聞のインタビューに答えるれいわ新選組の山本太郎代表=参院議員会館で2019年7月30日、山下浩一撮影
 れいわ新選組の山本太郎代表は30日、毎日新聞のインタビューに応じた。次期衆院選の野党共闘について「マスト(絶対条件)は消費税5%への減税。ここが担保されないと一緒にやれない」と述べ、消費税率5%への引き下げを共通政策に掲げることを求めた。政権交代を目指す考えも示し、全国で「独自候補100人」を目指すと強調した。

 山本氏は、野党共闘について「野党で力を合わせながら今の政権からの交代を目指す道を選ぶならば、足並みをそろえられる部分はそろえることが重要」と前向きな姿勢を強調。次期衆院選で「政権を取りに行きたい」とし、定数465に対して候補者の擁立目標を100人とした理由について「野党共闘の余地を残さないとだめだ。半分以上立てると言ったら『おまえらだけでやるのか』という話になる」と語った。

 選挙戦で掲げた「原発即時禁止」については「そこに強い打ち出しを持ったら、多分、野党全体で固まって戦うことが難しい」と指摘。「電力系(の支持層)の力を借りながら議席を確保している人たちもいる」とも述べ、野党共闘の条件とすることには慎重な姿勢を示した。

 来年の東京都知事選では「候補が乱立すれば当然、組織票を固めている方々を勝たすことになるから柔軟に対応していく」と独自候補にこだわらない考えを示した。【浜中慎哉】

610 とはずがたり :2019/07/31(水) 11:34:19
>>609
参院選でこども国債等左派ばらまき寄りに寄った玉木執行部なので消費税5%さえ呑めれば共同代表で合併だな〜。増子など保守系がそれを忌避してるとなるとそれはそれで見識となる。

小沢一郎氏が動くか? 早くもゴタゴタ国民民主に「れいわ」との合流案
https://news.livedoor.com/article/detail/16852958/
2019年7月30日 15時0分
日刊ゲンダイDIGITAL

 参院選で敗北した国民民主党。案の定、ゴタゴタが起きている。参院サイドが日本維新の会との統一会派結成に動いたことに対し、衆院サイドが反発しているのだ。「国民民主」の看板では選挙を戦えないと分かったこともあって、さらに離党者が続出しかねない状況だ。

参院で維新に統一会派打診 国民民主は補完勢力まっしぐら

「解散総選挙」を控える衆院サイドからは、「こうなったら一大ブームを起こした、れいわ新選組と組むべきだ」「共同代表という前例もある」という声も出始めている。

 すでに「国民民主党」と「れいわ新選組」は、互いに共闘を呼び掛けている。玉木代表は「率直に意見交換したい」とラブコールを送り、山本代表も「野党が1つになることが望ましい」と結集を呼び掛けている。

 国民民主との合流は、れいわ新選組にもメリットがあるという。

「山本代表は、次の衆院選には100人擁立すると宣言しています。無党派層から支持され、短期間で4億円の寄付金を集めたとはいえ、100人擁立するには20億円は必要でしょう。さすがに20億円を集めるのは大変です。候補者100人の大所帯となればサポートする人も必要です。その点、国民民主にはカネがある。組織もある。人もいます」(国民民主関係者)

 自由党時代、山本太郎氏と“共同代表”をつとめていた小沢一郎氏が“結集”に一役買うのではないか、という見方も流れている。すでに玉木代表は、水面下で小沢・山本氏との三者会談を準備中だという。

 この先、野党結集は進むのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

「自由党の解党後も、山本代表と小沢さんは、連絡を取り合っています。2人の関係は深い。れいわ新選組を立ち上げる時も報告しています。ポイントは、野党再編について意見が一致していることです。山本代表本人は『野党がまとまり、大きな受け皿となれるなら、れいわはやる必要がないと思っていた。それができなかったから行動した』と語っています。本人は、野党結集の起爆剤となるつもりです。一方、小沢さんは、まず国民民主を強くしてから、再編を拒絶する枝野立憲に合流を迫るシナリオを描いている。れいわ新選組と国民民主が結集した後、立憲民主と合流する戦略だと思います」
 12月総選挙説も流れている。野党は結集するなら急いだ方がいい。

611 とはずがたり :2019/08/06(火) 22:26:43

>大阪や京都などで衆院小選挙区の独自候補擁立を目指す意向も示した。

れいわ新選組
山本太郎代表インタビュー 京都、大阪の小選挙区も擁立 衆院選、維新の牙城崩したい /京都
https://mainichi.jp/articles/20190806/ddl/k26/010/447000c
毎日新聞2019年8月6日 地方版

 7月21日投開票の参院選で2議席を獲得し、政党要件を満たした「れいわ新選組」の山本太郎代表(44)が毎日新聞の取材に応じ、4月の政治団体としての旗揚げから、京都選挙区で当選した共産党の倉林明子氏を7月12日に京都市で応援した経緯などを語った。年内に衆院解散・総選挙があるとみて、「消費税を5%に減税」を掲げて野党結集による政権交代を目指すという。大阪や京都などで衆院小選挙区の独自候補擁立を目指す意向も示した。【篠田直哉】

 ◆なぜ党名を「れいわ新選組」に?

 --4月10日に旗揚げする時、「選挙まで約3カ月。自分のこだわりで決めると団体名が浸透しないまま終わる」と考えた。「だれでも知っている」を主眼に新元号の「れいわ」。さらにグループ名をと、歴史上有名な新選組にした。「新しい時代に選ばれる者たち」の意味を込めている。


ピンク地で「れいわ」の文字と猫の肉球をあしらったマークを名刺に刷り込んでいる
 「体制側の党名だ」との突っ込みは来ると予想した。でも、維新(日本維新の会)の名で政権べったりの人たちもいるし、「れいわの時代の新選組の守る対象はこの国全ての人」と考え、「れいわ新選組」と自分で決めた。新選組には血なまぐさいイメージもあると思ったので、自分の好きな猫の肉球をビックリマーク代わりにつけた。

 東京の巣鴨で、街中で「令和」「れいわ」の文字を見て、「れいわ」に抵抗感を持っていたスタッフは「使った理由が分かった」と。「いける」と思いを強くした。

 ◆京都での倉林氏応援の経緯は?

 --改選数2で、野党の2人を当選させたいところだが、自民党現職が1位確定のようだった。倉林さんは参院議員の同期で、中小企業が消費税の滞納差し押さえで苦しむ問題について国会質問で効果的な答弁を引き出し、差し押さえを止めた。私の「仕事ができる人」リストに入っている。

 ◆立憲民主党の増原裕子氏を応援しなかったのは?

 --その方をよく知らなかった。大阪の(共産公認の)辰巳孝太郎さんの応援を打診した時、確か「倉林さんも」と話が来て連携した。(立憲から依頼は)なかった。

 ◆首相を目指すなら、まず野党第1党の立憲との連携が今後の課題では?

 --万年野党で消費税廃止を言い続けるのでなく、まず「消費減税5%」で合意できるなら手を組む。野党が塊になるだけでは勝てない。政策が大事。だれもが1日1回払う消費税は「自分のこと」。選挙が近づいてくる空気になれば話し合いはあるだろう。

 政権が野党壊滅に導きたいならば(解散総選挙は)消費増税の悪影響が出る前。秋以降、年明けにかけて悪影響が出る前か、来年の東京オリンピック直後か。いずれにせよ、すぐ準備しないといけない。

 選挙期間中はテレビにほぼ映らずネットや草の根運動だったのに地域によって票が出ているところがある。私自身は落選し、宿舎や議員会館の引っ越しなどで今は時間がないが、選挙区ごとに詳しく分析して秋にどう回るか考える。

612 とはずがたり :2019/08/06(火) 22:26:55
>>611
 ◆地方組織はどう整備するのか?

 --今はまだない。各地域の活動はボランティアでやっている。秋から全国を回って、つながっていきたい。

 ◆次期衆院選にどう臨む?

--小選挙区はどれだけ回るかで結果が如実に出る。全国で100人の候補者は十分調整できる。全国では近畿ブロックが一番定数が多いし、関西は外せない。当然、大阪や京都の小選挙区で立候補する形になる。重複立候補すれば選挙区で落としても比例代表で当選する可能性はある。全国で選挙区が280以上ある中、戦略は難しいが、大阪の「維新盤石」の状況は崩したい。

やり直しできる社会に
 ◆京都アニメーション放火殺人事件の容疑者を巡り、維新創始者の橋下徹氏が「1人で死んでほしい」と発言し論議になった。

 --今の社会を言い当てた言葉。多くの人の生活が厳しく、「あなたが頑張らなかったから」と自己責任の空気がはびこる現在、突飛な言葉に聞こえず、なじんでしまう。

 しかし、追い詰められ自暴自棄になる人にそんな言葉を発したら大惨事は止められない。絶対に許されるべきではない多くの人を巻き込んだテロ事件で、なぜそんな状況に陥ったかを背景を掘り下げないといけない。その作業を続けてみんなで考えなければ、またこの先も起きる恐れがある。

 「何とかして一緒に生きよう」という社会にしたい。今は失敗が許されない恐怖感がある。「何度でもやり直しができる社会」にできないものか。1回失敗すれば元の軌道に戻れず破滅的な考え方が生まれ、追い詰められていく状況は人を壊す。競争原理を最大化した悪影響が出ている。

 ◆政策面で今後の重点課題は?

 --例えば子供の貧困対策。給食の無償化は現実的な課題だ。個々の学校給食の無償化は重要と思う。子ども食堂がなくて良い社会にしないといけない。

 消費税をやめるだけでも効果は大きいし、最低賃金を上げてもサポートができる。貧困は相対的でわかりづらい。生活を底上げし、所得が少ない人に給付する。大胆に投資し、企業の内部留保を出させて消費を喚起していく。消費税をなくし、税制改革をしながら累進性も高めていく。大至急やらないといけないと旗揚げした。

 ◆寄付が4億円余集まった。

 --これから党の体制をつくっていくと、自転車操業の手前のようになるかも知れない。実際はまだ資金が全然足りない。寄付疲れが心配だが、次の選挙は近いと思う。ぜひとも協力と寄付を、と粘り強く呼びかけたい。

613 とはずがたり :2019/08/10(土) 21:15:38

れいわ・山本代表、次期衆院選で道内擁立検討 「出会い次第」
08/10 05:00
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/333844

 れいわ新選組の山本太郎代表は北海道新聞の単独インタビューに答え、次期衆院選について「北海道の候補擁立も、いい出会いがあれば可能性がある」と述べ、公認候補擁立を検討する考えを明らかにした。支持拡大に向け、9月から道内を皮切りに全国で街頭演説や意見交換会を行う意向も示した。

 山本代表は今後2年程度のうちに行われる次期衆院選での道内の候補擁立について「いい出会いがあるかないかにかかっている」と説明。状況次第で道内に支部を置くことも検討する。

 立憲民主党など野党各党との共闘は「選択肢を極力少なくし、固まりになって政権交代を目指すのは合理的だ」と意欲を表明。自身の出馬選挙区は未定としつつ「野党が連立して政権交代させるスタンスになるなら勝敗を度外視して『捨て石上等』の気持ちで挑む」と述べ、注目区で与党側と争う可能性に言及した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010000-doshin-pol

 れいわは各地での街頭演説で、聴衆から質問を受ける「街頭記者会見」という形式を取っており、山本氏は9月から約2カ月間かけて全国を回る予定。「最初は北海道に行こうと言っている。札幌だけではなく(道内の)他の地域も回りたい」と話した。

北海道新聞

614 とはずがたり :2019/08/14(水) 17:22:58
>ただし、政策の一致が必要だ。消費税5%(に戻す)減税で一致できるなら共闘に積極的に参加したい。
8%に減税なら消極的に参加でええよな。原発だって電力総連に配慮できるんやから。

山本氏インタビュー要旨=れいわ新選組
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081000329&g=pol
2019年08月11日07時15分

 れいわ新選組の山本太郎代表のインタビュー要旨は次の通り。

 -野党共闘は必要と言っていたが。
 衆院小選挙区は全国で289カ所。その中で選択肢が増えれば増えるほど不利になるのは野党の方だ。野党共闘が深化していかないことにはいつまでたっても政権交代など起こらない。
 -衆院選に候補者100人擁立と宣言した。
 それは(れいわ)単独でやる場合だ。野党が共闘していくなら協力する。ただし、政策の一致が必要だ。消費税5%(に戻す)減税で一致できるなら共闘に積極的に参加したい。
 -自ら野党共闘を働き掛ける考えは。
 ほかの野党から、れいわも含めて(共闘を)と言ってもらっているので待ちの段階だ。恐らく選挙が近づくまで動きはないだろう。
 -小沢一郎氏と話をしているか。
 やりとりはないが、自民党の考え方を熟知している軍師は小沢氏しかいない。野党の中には小沢氏を敬遠する人もいるが、いい意味で利用させてもらうのは非常に重要だ。
 -安倍晋三首相の憲法改正へのスタンスは。
 一言一句変えてはいけないとは思っていない。ただし、現行憲法も守っていないのに(首相が)改憲を言い出すことは非常に危険だ。今、国民の多くが困窮状態にあることに鑑みれば、(生存権を規定した)憲法25条なんて守られていない。寝言は寝てから言ってほしい。
 -沖縄の米軍基地問題についての考えは。
 普天間飛行場の閉鎖はもちろん、(辺野古の)新基地は必要ない。米海兵隊には米本土に帰ってもらう。その場合、(在沖米軍)駐留経費の日本側負担に相当する額を一定期間、(日本が)持ち続けると約束する。沖縄の負担軽減のためには努力や話し合いが必要だ。
 -自民党の小泉進次郎氏をどう思うか。
 (新幹線の車中で)向こうから話しかけてくれた。自民党議員の人たらし的な要素を十二分に持っている。小泉氏から声を掛けられてうれしくない人はほぼいない。

615 とはずがたり :2019/08/15(木) 22:09:18
2019.8.15 木曜日 03:59
【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時〜)
https://www.tbsradio.jp/399025

https://twitter.com/BunzoKotake/status/1161894932467998720
小竹文蔵
@BunzoKotake

「れいわ」船後議員ヤバいね。

→「子供の頃から、潜在意識の領域、さらに深く無意識の領域にまで存在する「差別意識」を除外する倫理・道徳教育は必要と考えています」で(差別意識は)「日本が弱体化するために GHQ が導入した教育や文化が要因と考えています」だと。

この「れいわ」船後議員が、6年間の最も重要な政策課題として「教育」を挙げているのは、嫌な予感しかしない。

「現在日本の差別意識は、日本を弱体化しようとしたGHQの政策が原因」で「国民の潜在意識の領域から教育し直す」ってヤバすぎる。

「れいわ」船後議員の「差別意識はGHQの教育が原因」発言もアレですが、「自民党ホームページにも改革などの左傾化した言葉がある」から「その根底には安倍政権が野党に対して柔軟な態度で接するという思いがあるような気がします」って認識もおかしい。
この7年間、国会の何を見てたのかと思う。

616 とはずがたり :2019/08/19(月) 09:47:14
818 名前:とはずがたり[] 投稿日:2019/08/09(金) 23:37:31

れいわの神奈川県の衆院候補者1名確定か!?

藤沢だそうなのであべともこ女史の後継的には良さそうだけどれいわではねえ。。山本太郎の名代として菅とか小泉の選挙区に挑戦して欲しい。。

https://twitter.com/rinkoaihara/status/1159518556091895808
相原りんこ(今は灰の中だけどね)
@rinkoaihara
離党しました。

どこまで書いていいのやら…と、悶々と悩んでいたのですが、選挙中から結構吐露していたので今更隠すことでもないかと。
ご一読いただけましたら幸いです。
さすがに一部は有料ということでスミマセン…??

https://note.mu/tomoko_aihara/n/n63f3422d693e
ご報告
相原りんこ
2019/08/09 02:05

去る7月31日付けで離党届を提出しました。

社民党支持者の方、また、社民党ありきで相原を応援してくださった方たちには申し訳ありません。

落ち目の社民党から逃げ出すように見えるかもしれません。それでも、私は「党に居続けてもやりたいことはできない」&「中の人たちと一緒にはやっていけない」という結論を出しました。

参院選2019で私が掲げた公約の主なものは、「消費税減税5%→廃止をめざす税制改革」「暮らしを守る最低保証年金制度の創設」「労働法制の改善・強化?賃上げ?賃上げによる痛みを伴う事業者への支援(構造改革と財政出動)」などでした。

無論私が勝手に公にしたわけではなく、事前に県連の最高責任者や幹事長、所属する藤沢総支部の代表らと話し合いの場をもった上での公約です。

しかしながら、これらは何としても選挙区で候補者を擁立したかった県連が「どうせ落選するんだから」という軽い気持ちで受け入れただけであり、特に反緊縮に対する理解は全くと言っていいほど浸透していないのが現実でした。選挙中、遊説先の受け入れ支部に、高圧的に説教されたことを苦々しく思い出します。薔薇マークの何たるかを知らずに認定を受けている者、また薔薇マーク認定を断る者もいることや、政策に関わる機会をまったくもたない己の立場を考えた時、反緊縮を訴え続けることの難しさを痛感します。

護憲の精神は共通のものですが、自衛隊を含めた国防に対する考え方も大きく乖離しています。更に言えば、立憲民主党や連合との関係性が私にはよく理解できず、納得できるものではありません。

この「どうせ落選するんだから」については、相原に投票してくださった皆さんのみならず、選挙区内外から応援してくださった皆さん、そして戦略的投票行動を選択したために投票できなかった旨わざわざお知らせくださったたくさんの方々にお詫びしなければなりません。

加えて、複数区である神奈川で、「どうせ落選する」ことを前提に野党票を割ったことはお詫びのしようもなく、結果的に「どうせ落選する選挙」をさせられたことも相俟って、離党の決意が固まりました。…

824 名前:とはずがたり[] 投稿日:2019/08/19(月) 09:45:47
統一会派を拒否したけど会派立憲とれいわを繋ぐ役割指向?!

「護憲に存在意義」「れいわと共闘も」吉田前社民党首インタビュー
https://mainichi.jp/articles/20190817/k00/00m/010/379000c?pid=14516
毎日新聞2019年8月17日 22時33分(最終更新 8月17日 23時23分)

 7月の参院選で、社民党は比例の得票率が2%を超えるか、当選者を2人以上出さなければ、政党要件を失っていた。辛うじて得票率2.09%を得て危機は脱したが、一方で「れいわ新選組」など新興勢力も躍進した。かつては最大野党だった社民。令和という新しい時代にどう存在意義を発揮するのか。比例当選で3年ぶりに国政復帰した大分県出身で社民前党首の吉田忠智参院議員(63)に聞いた。【白川徹】



――今回はれいわ新選組やNHKから国民を守る党など新しい政党が誕生した。社民の存在意義が相対的に薄まる心配はないか。

 ◆れいわとN国に共通するのは「ワンイシュー」だということ。非常に分かりやすい。特にれいわは社民の政策にエッジを利かした政策を打ち出した。見事な戦略だった。若い人を引きつけていて、見習うべきところがある。協力共闘を考えるなら、社民にとって一番近い政党だと思う。

 ――それはれいわが立憲よりも社民に近い政党だという意味か。

 ◆立憲とれいわは社民にとって等距離。立憲とれいわの間に社民がいる感じだ。れいわとの共闘もありうる。



617 神奈川一区民 :2019/08/19(月) 20:36:00
>>616
れいわと社民党が選挙協力することは
ありそうですよね。
組織のないれいわと組織のある社民。
相互補完しそう。

618 とはずがたり :2019/08/23(金) 17:14:03
全く違う方向にはなってるし小沢一郎の存在感も皆無だけど,まあ今後はどうなることやら。

支持率1%の国民民主党が軍資金持参で合流!? れいわ“山本新党”の黒幕
掲載日時 2019年08月21日 18時00分 [政治] / 掲載号 2019年8月22・29日合併号
https://wjn.jp/article/detail/0907998/

 7月の参院選で野党第一党の立憲民主党が改選議席から倍増に近い17議席を獲得したのとは対照的に、玉木雄一郎代表率いる国民民主党は改選議席8を割り込む6議席で敗北した。

 もはや支持率1%の国民民主の看板では次の総選挙を戦えないとして、空中分解寸前。そんな折、山本太郎前参院議員率いる『れいわ新選組』と国民民主党の合流話が急浮上している。

 「参院選後、玉木代表ら幹部は“無所属議員など合わせると8議席を確保した”と自画自賛したが、党内は参院選直前に離党届を出した山井和則国対委員長代行をはじめとする離党予備軍がゴロゴロいる。今回の参院選挙は『勝者なき選挙』と評される中、1人気を吐き、勢いがあるとマスコミで大注目なのが比例で約230万票、2議席を得た『れいわ新選組』です。山本氏は個人でも100万票近く獲得し、政界関係者の度肝を抜いた。フェードアウト寸前の国民民主とれいわの合流話のキーマンは小沢一郎氏です」(政治部記者)

 小沢氏と山本氏は自由党で共同代表だった間柄。小沢氏周辺関係者が語る。
「小沢氏は、山本氏と密に連絡を取っています。れいわの躍進を受けて、山本氏は“次の衆院選で100人擁立する”と豪語している。れいわ旋風を考えたら“100人擁立”は夢物語ではない。ただ、100人を立候補させるには、少なくとも20億円の選挙資金が必要なうえ、スタッフも相当な人数を抱えなければならない。そのカネと人の双方を持ち合わせているのが国民民主党。国民民主は政党助成金50億円、旧民進党時代からの軍資金100億円が眠っているとされます」

 政治評論家が続ける。
「山本氏は合流を視野に動き出したと聞きます。玉木代表も山本氏を共同代表に取り込み、例えば、『れいわ国民新選組』と看板を掛けかえて政権奪取を狙う選択肢も考えているようです」

 近々、玉木代表、小沢氏、山本氏の3者による極秘会談情報も駆け巡っている。
「カネと組織と人気を手に入れた“山本太郎新党”ができれば、立憲民主党も何らかの形で連携するでしょう。細川護熙首相誕生時の非自民連立政権が再び実現する可能性はある」(自民党関係者)

 細川政権の黒幕も小沢氏だったが、この流れにNHKから国民を守る党の立花孝志代表らが加われば、「自民党をぶっ壊〜す!」ことも夢じゃない!?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

オオカミ少女と黒王子 DVD (初回仕様) - 廣木隆一


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板