したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

関学 広報

1 名無しさん :2014/12/05(金) 16:37:48


99 Kwansei Gakuin University :2016/09/10(土) 21:31:53
関西学院大学 学長定例記者会見のご案内

関西学院大学は、下記のとおり学長定例記者会見を開催いたします。

■日 時:2016年9月27日(火)14時00分〜15時00分
■場 所:大阪梅田キャンパス1405教室(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階)

■日 時:2016年9月28日(水)14時00分〜15時00分
■場 所:ステーションコンファレンス東京 402B会場(JR東京駅 日本橋口直結、八重洲北口改札徒歩2分)

■出席者:村田 治・学長、 神余 隆博・副学長、 マッケンジー・クラグストン・特別任期制教授(前駐日カナダ大使)

1)マッケンジー・クラグストン 特別任期制教授 就任について
今年6月まで駐日カナダ大使を務められたマッケンジー クラグストン氏が9月20日、関西学院大学特別任期制教授に就任します。G7の国の駐日大使が日本の大学の教授に就任するのは稀なケースと思われます。クラグストン氏はカナダ外務省入省後、駐インドネシア・東ティモール・東南アジア諸国連合大使などを歴任、2012年11月から駐日カナダ大使を3年余り務められました。関西学院大学では、強みでもあるカナダ関連のプログラムや授業などの担当をはじめ、2017年度から始まる大学院副専攻「国連・外交コース」の担当など、外交官経験を生かした活躍が期待されます。

2)平成28年度文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業 関西学院大学(代表大学)採択について

3)最近の関西学院大学の動きについて

100 Kwansei Gakuin University :2016/09/26(月) 08:11:29
ICU S
関学 A
上智 B



日本学術振興会は、文部科学省が推進するスーパーグローバル大学等事業のプログラムの一環である「経済社会の発展を牽引(けんいん)するグローバル人材育成支援」について、採択された42事業の中間評価の結果を発表した。2012年度と2013年度の取り組み状況に加え、大学が積極的に記載する事項について調書提出時までのものを対象に、SからDの5段階で評価した。
「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」とは、経済社会の発展に資することを目的に、グローバルな舞台に積極的に挑戦し世界に飛躍できる人材の育成を図るため、学生のグローバル対応力を徹底的に強化し、推進する組織的な教育体制整備を行う取り組みを支援するもの。同会では、プログラム委員会を設け、この事業に関する審査・評価を実施している。
評価結果は、S評価(優れた取り組み状況であり、事業目的の達成が見込まれる)が5件で全体の12%、A評価(これまでの取り組みを継続することによって、事業目的を達成することが可能と判断される)が24件で全体の57%、B評価(当初目的を達成するには、助言などを考慮し、より一層の改善と努力が必要と判断される)が13件で全体の31%だった。
キリスト教系大学で採択されている国際基督大学(ICU)は、S評価と最高の評価が与えられた。これまでの国際的なリベラルアーツ教育の推進に加え、さらに新規性を求めた取り組みを進めていることが高く評価された。
その他にもキリスト教系大学では、関西学院大学、上智大学が共に支援対象として採択されているが、今回の中間評価では、関西学院がA評価、上智大学はB評価だった。
関西学院は、事業の波及の大きさということで、スーパーグローバルハイスクールに指定されている付属高校との連携による、質の高いグローバル人材の育成などにも注目され高評価を得た。
上智大学は、教員のグローバル教育力や、活発な広報活動について高く評価された一方で、目標達成状況ついて、当初設定した数値目標が大幅に下回った項目があることが指摘され、今後その原因について分析し、取り組みの改善を図ることが望まれるとコメントされている。
同会は今回の審査報告の中で、全般的に見て、対象学部での取り組みは順調だとしている。その一方で、同事業が対象学部以外への波及が進まない点や、外国語習得に対して意欲の低い学生のモチベーションをどのように上げていくかなどが、今後の課題だとしている。

101 Kwansei Gakuin University :2016/11/23(水) 07:31:32
★ 国立・私立一流大学22校実力ランク ★ (★はミッション四天王)
<評価項目は、社会的評価、学生生活の充実度、難関国家試験合格、グローバル化対応、入試難易度等>

ランク1  東京大学 (日本NO1、国立NO1)
ランク2  京都大学 (西日本NO1)
ランク2  早稲田大 (私大NO1)
ランク4  一橋大学
ランク4  慶應義塾
ランク6  中央大学
ランク7  明治大学
ランク8  関西学院 (西日本私大NO1)★ スーパーグローバル大学
ランク9  法政大学
ランク9  大阪大学
ランク9  北海道大
ランク9  同志社大
ランク9  立命館大
ランク14 名古屋大
ランク14 東北大学
ランク14 立教大学★スーパーグローバル大学
ランク14 神戸大学
ランク14 関西大学
ランク19 九州大学
ランク19 上智大学★スーパーグローバル大学
(「絶対トクする大学・学部選び'13」(エール出版社)108ページより )
★ミッション四天王はスーパーグローバル大学である

55: 名無しさん :2015/02/10(火) 15:38:36
★ 就職に強い大学・総合ランキング ★
<有名大学のランキング(単科大・女子大・駅弁大等は除く。)>
           (総合得点)
1.  一橋大学    85.5  (日本NO1、国立NO1)
5.  東京大学    80.9  (総合大学日本NO1)
------------------------------(以上、80点越え、文句なし)
7.  大阪市立大学  78.5  (西日本NO1)
10. 東京理科大学  76.8  (私大NO1)
14. 大阪大学    76.2  (西日本国立NO1)
15. 慶應義塾大学  76.1  (総合私大NO1)
18. 関西学院大学  74.6  (総合私大西日本NO1)
24. 横浜国立大学  71.2
------------------------------(以上、70点越え、これも上等)
40. 明治大学    65.1
45. 東京工業大学  63.7
47. 中央大学    62.9
50. 早稲田大学   62.5
61. 立命館大学   60.3
------------------------------(以上、60点越え、まあ合格点)
64. 南山大学    59.5
65. 上智大学    59.3 ←★この程度の実力www
76. 青山学院大学  57.6
79. 立教大学    57.2
82. 法政大学    56.7
112.大阪府立大学  51.2
118.九州大学    51.0
150.名古屋大学   47.8
152.東北大学    47.7
<以上、「週刊ダイヤモンド 2013/10/12」を参照>

就職は南山>上智
姉妹校にも負ける実力(笑)

102 関学百科 :2016/12/05(月) 22:29:39
兵庫県朝来市と関西学院大学(西宮市)は13日、観光振興や芸術文化、産業、学術などの諸分野で協力する包括的な連携協定を結んだ。

 国史跡・竹田城跡のある朝来市和田山町竹田地区の観光振興を考える「竹田地域ビジョン会議」では、神戸新聞パートナーセンターの紹介で同大の八木康夫・総合政策学部教授が参加。同大では今年4〜9月、学生が実地調査で竹田地区の魅力を探って今後のまちづくりについて提案する講義「都市スタイル再考-朝来市竹田城跡に頼らない観光まちづくり-」も開かれた。来年度は年間を通じての開講が決まっている。

 調印式で同大の長峯純一副学長は「実際の活動を踏まえ、協定締結に至ったのは一つのモデルケースになる。今後も地域活性化に貢献していきたい」とあいさつ。同市の多次勝昭市長は「観光や産業振興など幅広く力を貸していただければ」と述べた。

 協定の期間は2019年3月までで、以後1年ずつ更新される。朝来市が大学と包括的な協定を結ぶのは神戸大に続いて2校目。関西学院大が自治体と協定するのは西宮や三田、宝塚市などに続いて7市目となる。(長谷部崇)

103 Kwansei Gakuin University :2016/12/10(土) 16:06:34
関西学院グリークラブが全日本合唱コンクールで最高賞受賞
 第69回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)が11月19日に鳥取市とりぎん文化会館で開かれ、関西学院グリークラブが大学ユース合唱の部で金賞ならびに部門最高賞にあたる「文部科学大臣賞」を受賞しました。
 関西学院グリークラブの金賞受賞は、7年連続17回目となります。

104 Kwansei Gakuin University :2016/12/19(月) 00:46:35
関西学院大学『時計台プロジェクションマッピング2016』 西宮市


 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス(西宮市上ケ原)で12月17日と18日、同学の有志学生らが企画・実行するイベント『時計台プロジェクションマッピング2016』が開催される。入場無料。

 2014年に“関西学院創立125周年記念”として初めて実施され好評を博し、昨年は2日間で約1万人が訪れた。3回目を迎える今年が最後の上映になる。

 国の有形登録文化財に登録されている時計台をスクリーンに、学生らが制作した映像が映し出され音楽が鳴り響く。光と音で煌びやかに彩られる時計台の美しさは見もの。後半は、来場者が自分のスマートフォンを使ってメッセージや映像を投影できる「インタラクティブプロジェクションマッピング」が行われ、フィナーレを飾る映像作りに参加することができる。

105 Kwansei Gakuin University :2017/01/01(日) 07:42:47
2017年1月6日(金)
ハーバード大生と関学大生交流事業 1月6日から8日にかけて 
LINEで送る [ 編集者:広報室   2016年12月15日 更新 ]
■日時: 01月 06日 (金) 09時 30分  〜  01月 08日 (日) 16時 00分
■場所・開催地:6日関学会館光の間 7日フジタグローバルラウンジ 8日西宮市大学交流センター大講義室

 ハーバード大学(Harvard College Japan Initiative)の学生と関西学院大学の学生が1月6日(金)〜1月8日(日)に交流事業を行います。6、7日の講演会や分析会には、本学の教職員と学生は自由に参加できます。8日の公開ディスカッションには教職員と学生の他に、一般の方にもご参加いただけます。

【1月6日(金)】
10:30〜12:30
総合政策学部 村田俊一教授 特別講演 於:関西学院会館

「RISE OF SOUTH」
国際連合第二委員会において2014年に行った講演を再講して頂きます。ブータンのGROSS NATURAL HAPPINESS、バリ島のレジ袋廃止運動など発展途上国での国際協力や相互依存に関するヒントとなる講演です。なお、村田教授はハーバード大学大学院ケネディスクール管理職特設プログラム修士課程修了(組織管理学専攻)です。

13:30〜14:00
学生事例プレゼン 於:関西学院会館 光の間

14:00〜17:00
PCM(PROJECT CYCLE MANAGEMENT)分析・問題分析(ハーバード大×関西学院大学) 於:関西学院会館 光の間

【1月7日(土)】
13:30〜17:00
PCM分析(ハーバード大学生×関西学院大生) 於:フジタグローバルラウンジ

【1月8日(日)】
13:00〜16:00
オープンディスカッション「私たちが導く未来の国際社会」
       
内容:国際社会貢献活動で途上国経験を積んだ関西学院大学の学生と投資銀行・開発コンサルなど民間部門の知識を持つハーバード大学の学生が、国際協力やグローバル人材育成について互いの意見や地検を共有し、オープンディスカッションを行います。
※使用言語はすべて英語です。

106 Kwansei Gakuin University :2017/01/07(土) 18:46:40
ミャンマーからの留学生受け入れ〜日本学生支援機構大阪日本語教育センターと協定締結

107 Kwansei Gakuin University :2017/01/07(土) 18:47:13
独立行政法人日本学生支援機構大阪日本語教育センターと関西学院大学は12月13日、ミャンマーからの留学生を対象とする推薦入学に関する協定を締結しました。ミャンマーと日本の交流のかけ橋となる人材の育成が目的です。大阪日本語教育センターが国内の大学とこのような形で協定を結ぶのは関西学院大学が初めてです。

 この協定により、関西学院大学はミャンマーからの留学生を対象とする推薦入学制度を設定。大阪日本語教育センターから推薦された学生を2017年4月から毎年5名まで受け入れます。本制度における推薦候補者は、「公益信託井内留学生奨学基金」の助成金を受けて、ミャンマーでの所定の日本語教育を修了し、日本での大阪日本語教育センターにおける進学課程を修了する見込みの学生が対象となります。
 公益信託井内留学生奨学基金は、関西学院大学社会学部の卒業生で、研究用機器などを販売するアズワン株式会社の前会長の井内英夫氏が5億円を出資して設立されました。ミャンマーからの留学生に対して渡航費、学費、生活費などを支援し、妻・美佐子氏が寄付された奨学金と合わせて、今後10年にわたって約100人を支援する予定です。

 調印式で、関口雅之・大阪日本語教育センター長は「優秀な留学生を受け入れて、将来、日本とミャンマーのかけ橋となる人材を送り出したい」、村田治・関西学院大学長は「母国や世界に貢献する若者の育成に貢献することで、ミャンマーの発展に寄与できると考えている」と話しました。井内氏は「日本とアジアとの関係が強くなることが関西の発展にもつながります」と基金設立の狙いや今後への期待を話しました。

108 Kwansei Gakuin University :2017/01/07(土) 18:49:29
ヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)総裁を神戸三田キャンパスに招き、『Challenges and opportunities in implementing the new global agendas(持続可能な開発目標2030の実施に向けた課題と好機)』をテーマに講演会を開きました。
 総裁は、冒頭、関西学院大学のスクールモットーである「Mastery for Service」に触れた上で、UNDPの役割や取り巻く環境について具体的事例を交えながら解説。UNDPが2030アジェンダをはじめとする重要なアジェンダを達成するためには何が必要となるのかについて説明しました。
 350人を超える関学生、一般申込の方、関係教員で会場は満席。60分間という限られた時間の中、終始、張りつめた緊張感に包まれながらも、活発なディスカッションも行われ、
参加者はヘレン・クラーク総裁のメッセージに真剣に耳を傾けていました。
 
 講演概要については下記UNDPウェブサイト等でリリースされていますのでご覧ください。
関西学院大学は今年5月に国連開発計画(UNDP)と包括協定を締結し、今後も学生のインターンシップ、講演、共同研究、人的交流などを実施していく予定です。
 また、2017年度からは、大学院副専攻プログラムとして「国連・外交コース」が始まります。国連・国際機関で活躍する人材育成に向けての独自プログラムを用意しています。

109 Kwansei Gakuin University :2017/01/12(木) 10:46:59
大学生が発行する優秀な新聞を選ぶ第6回大学新聞コンテスト(東京五大学新聞連盟・関東学生新聞連盟主催、朝日新聞社・日刊スポーツ新聞社特別後援)のスポーツ新聞部門の表彰式が22日、東京都中央区の浜離宮朝日ホールで開かれ、最優秀賞の朝日新聞社賞に関西学院大の関学スポーツ編集部が関西勢で初めて選ばれた。

110 Kwansei Gakuin University :2017/01/17(火) 02:24:28
「企業の経理財務監査スペシャリストを目指すプログラム」ミニ講義・説明会のご案内
LINEで送る [ 編集者:大学院 経営戦略研究科   2017年1月11日 更新 ]
■日時: 01月 18日 (水) 18時 30分  〜  20時 00分
■場所・開催地:関西学院大学 大阪梅田キャンパス14階1407教室

本講義では、会計や経営を学ぶ学生や社会人の方向けに、経理の仕事とは、財務の仕事とは、経営企画の仕事とは何かを体系的に概観した後で、今日の経理財務担当役員(CFO)に求められる仕事の変化、そうした責任ある立場を目指す方々が、どのようにご自身の能力を育成していったらいいのかをお話ししていきます。また、就職活動中の学生の方にも、会社の中の仕事がよく「見える」内容にしたいと考えています。さらに、将来、経理財務担当役員あるいはCFOを目指そうという方に関西学院大学のアカウンティングスクールがどのようにプログラムを強化しているのか最新の情報をお伝えします。
会計や経営の知識を武器にして、マネジメント・プロフェショナルを目指しませんか?
<参加費無料・事前申し込み不要>

【内容】
第1部:ミニ講義
<テーマ>会計の仕事の魅力を知り、「マネジメントプロフェッショナル」を目指す
<講 師>加藤 雄士 関西学院大学経営戦略研究科教授
第2部:入試説明会
・関西学院大学アカウンティングスクール(会計専門職専攻)の特徴紹介
・2つのキャンパス(西宮上ケ原・大阪梅田)の施設・学習環境の紹介
・教育サポート・課外講座
・入試の概要
・個別相談

【問い合わせ先】
関西学院大学経営戦略研究科
TEL0798-54-6572

111 Kwansei Gakuin University :2017/01/17(火) 02:25:21
017年1月18日(水)
「会計に強い公務員を目指すプログラム」ミニ講義・入試説明会のご案内
LINEで送る [ 編集者:大学院 経営戦略研究科   2016年12月14日 更新 ]
■日時: 01月 18日 (水) 18時 30分  〜  20時 00分
■場所・開催地:関西学院大学大阪梅田キャンパス10階 1001教室

下記の通り「会計に強い公務員を目指すプログラム」ミニ講義・入試説明会を開催致します。
◆ 「会計力」を武器に自治体職員や国税専門官等を目指す学生の皆さん!
◆ 真の「会計力」を身に付けたいと願う自治体職員に皆さん!
「会計に強い公務員」にご関心のある方は、ぜひご参加ください。(参加費無料・事前申し込み不要)
                   
【内容】
◆ミニ講義
「地方公会計の基本と活用-予算編成改革の視点から-」
◆プログラムの概要説明 
 ・公務員試験合格に向けたプログラムの概要  
 ・自治体職員が会計力を身に付けるためのプログラムの概要
◆アカウンティングスクールの入試説明
◆個別相談 ※希望の方とは1対1で個別相談に応じます。

【問い合わせ先】
 関西学院大学経営戦略研究科 
 TEL.0798-54-6572

112 Kwansei Gakuin University :2017/01/21(土) 22:49:25
ランバス留学説明会[大学院生等対象] 】
■日時: 01月 25日 (水) 12時 50分  〜  13時 20分
■場所・開催地:西宮上ケ原キャンパス 大学院1号館102号教室

 ランバス留学は、関西学院の創設者ランバス院長のキリスト教精神を継承し、関西学院の教育に貢献できる人材を養成するため、関西学院の内外より将来性ある志望者を募り、これを選抜して海外に留学させることを目的としています。

2018年度留学説明会について、リンク先、添付ファイルをご覧ください。
2018年度 ランバス留学説明会ポスター2017.1
PDFファイル[ 119.06KB ]
ランバス留学について

113 Kwansei Gakuin University :2017/01/30(月) 07:24:51
国連人口基金とインターンシップ協定を締結

LINEで送る [ 編集者:広報室  2017年1月26日 更新 ]
国内の私立大学で初
 関西学院大学は1月25日、ステーションコンファレンス東京(東京都千代田区)で、国連人口基金(UNFPA)(東京事務所長:佐崎淳子氏)とインターンシップに関する協定を締結しました。国内の大学で3例目、私立大学では初となります。
 関西学院大学では、スーパーグローバル大学の事業の一つとして、今年4月に大学院副専攻「国連・外交コース」をスタートさせます。この協定で国連人口基金は、学生の国際的なインターンシップ先の一つになります。年間5人の学生を最長半年間、派遣する予定です。
 関西学院大学と国連人口基金とのつながりは、2004年度に、国連人口基金事務局長(当時)であったトラヤ・アーメド・オベイド氏に対して、関西学院大学が名誉学位を授与したことから始まりました。これを機に設立された「オベイド基金」を元に、国連人口基金東京事務所でインターンシップ・プログラムが始まり、2010年度まで7年間で合計24名の学生が参加しました。

 調印式で、村田治・学長は「混沌とする世界で国連の役割は増し、日本人の国連職員数の増加も求められています。国連人口基金と一緒に、国連や国際機関で活躍できる人材を育てたいです」などと話しました。佐崎淳子・国連人口基金東京事務所長は「インターンシップで学生は、プロジェクトの立案などあらゆる業務に携わります。多様な国籍の職員とも仕事し、大きく成長できるでしょう。関西学院大学と連携し、国際社会で活躍できる日本人の育成に寄与したいです」などと話しました。

114 Kwansei Gakuin University :2017/02/14(火) 21:20:42
理工学部情報科学科の研究特別任期制助教Adnan Sljoka(アドナン・スリオカ)博士(科学技術振興機構JST・CREST研究員)と研究グループによる論文が、科学誌「Science」に掲載されました(2017年1月20日)。

 この論文は、フルオロ酢酸デハロゲナーゼとよばれるホモ二量体酵素の機能制御における重要な側面を明らかにしたものです。フルオロ酢酸は有毒植物から得られ,強い毒性を持っていることが知られていますが、この酵素の触媒反応により、フルオロ酢酸の強い化学的結合を破壊し、スキンケアにも用いられるグリコレートを生成することが知られています。このような触媒の機能制御に大きな役割を果たしていると考えられている、たんぱく質動力学とアロステリーと呼ばれるたんぱく質内の遠隔情報伝達の役割を解明したものです。
 
 この論文のなかで、Sljoka博士は、剛性理論とよばれる数学理論に基づいた、たんぱく質の構造解析アルゴリズムを開発し、この機能解明に大いに貢献しました。これは離散数学とアルゴリズムの研究が、生化学分野における重要な謎の解明に迫る新しい知見を得ることに本質的に寄与したことを示しています。

115 Kwansei Gakuin University :2017/02/24(金) 18:33:14
関西学院大学ではエクステンションプログラムの中に、国家公務員の試験対策講座を設けています。

http://www.kwansei.ac.jp/lifelong_learning/kgldp/PDF/02_04.pdf

内容はとても良いと思いますが、関西学院大学の学生は民間企業志向が強い大学なので、国家公務員を目指す人の数自体が少ないのです。

少ないがゆえに、講座は少人数制が取られて、内容自体はとても良いと思いますよ。

116 Kwansei Gakuin University :2017/03/11(土) 15:21:43
文部科学省が実施している官民協働海外留学支援制度「官民協働海外支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第6期生に関西学院大学から5人が選ばれました。
 このプログラムは、文部科学省がグローバル人材育成を目的に2014年度から始まり、支援企業・団体からの支援や寄附をもとに、官民が連携して学生の留学を支援するもの。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を同プログラムの派遣留学生として海外に送り出す計画で、派遣される学生には奨学金が与えられるほか、事前・事後研修なども実施されます。

117 Kwansei Gakuin University :2017/03/11(土) 15:24:07
文部科学省 私立大学等改革総合支援事業において、関西学院大学は3つのタイプに申請し全て採択されました。
 本事業は、教育の質的転換、産業界・他大学等との連携、グローバル化などの改革に全学的・組織的に取り組む私立大学を重点的に支援するものです。本事業における採択は4年連続となります。
 本学の申請内容は以下のとおりです。

 ■タイプ1「教育の質的転換」
  全学的な体制での教育の質的転換(学生の主体的な学修の充実等)
 ■タイプ3「産業界・他大学等との連携」 
  産業界や国内の他大学等と連携した高度な教育研究
 ■タイプ4「グローバル化」 
  語学教育強化、国際環境整備、地域の国際化など、多様なグローバル化

118 Kwansei Gakuin University :2017/04/01(土) 20:55:23
全国のスーパーグローバルハイスクール(SGH)が研究成果を発表し合う「全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会2017 SGH甲子園」(関西学院大学、大阪大学、大阪教育大学主催、早稲田大学協力)が3月19日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで開かれました。2016年度文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業として実施されたもので、84校234チームが参加。学校関係者を含めて約2000名以上が集うなか、高校生たちは、「フェアトレード」や「多文化共生」といったグローバルな課題から、「待機児童」「AI」といったものまで、1年を通じて取り組んできたテーマについて、日本語と英語で発表しました。審査の結果、日本語部門では「ファストファッションブランドの服はなぜ安いのか」をテーマにした大阪府立千里、英語部門では「Potential to solve American’s obesity problem or food education for children」を発表した秋田県立秋田南がそれぞれ最優秀賞に選ばれました。
 SGHは2014年度から始まった文部科学省による事業で、高等学校での教育を通して、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的としています。指定された高校は、目指すべきグローバル人物像を設定して、国際化を進める国内外の大学や企業、国際機関などと連携をとり、グローバルな社会問題やビジネスをテーマに学習を行います。生徒たちは学習を通じて、社会課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力や問題解決力などの国際的素養を身につけます。
 
ポスター発表では様々なテーマのもと発表が行われました
 開会式では、関西学院大学の村田治学長が「これからの世界はさまざまな変化が待ち受けていると思います。皆さんがこれからの時代を力強く生き、日本だけではなく世界をよりよく変えるための学びがSGHであり、SGU(スーパーグローバル大学)の学びだと私は考えています。皆さん一人一人が自信をみなぎらせて、本日の発表を行ってくださることを心よりお祈りいたします」と激励しました。
 
高校生たちが意見を出し合ったグループディスカッション
 課題研究発表会では、事前の書類選考で選出された25校が成果を発表。高校や大学の教員らも加わって、生徒たちと意見交換もしました。閉会式では、最優秀賞に選ばれた千里、秋田南の両校の生徒たちがエキシビションとして改めて発表し、大きな拍手が贈られました。

119 Kwansei Gakuin University :2017/04/04(火) 08:57:58
「司法試験合格者報告会」を開催しました!

[ 編集者:大学院 司法研究科 2016年9月29日 更新 ]
平成28年(2016年)司法試験合格者による、
体験報告会を開催しました(2016年 9月28日)。

合格者15名のうち 11名、在学生(・修了生)30名強が参加。
司法試験の受験、またロースクールにおける学習方法について
合格者の体験から報告を受け、意見交換を行いました。

その後、個別相談会を実施。
法学既修者あるいは未修者、また希望する選択科目に応じて
在学生が複数の合格者に相談を行う時間を設けました。

自身の生活について振り返り、これからの学習について考えるよい機会となりました。

なお、在学生・修了生のみなさまには、
各合格者の学習方法、使用教材などについて記したアンケート回答集を
事務室にて配付しています。

120 Kwansei Gakuin University :2017/04/06(木) 09:19:16
国連人口基金(UNFPA)(東京事務所長:佐崎淳子)と関西学院大学(学長:村田治)は2017年1月25日(水)、インターンシップに関する協定を締結いたします。国連人口基金が国際的なインターンシップ協定を締結するのは、国内の私立大学では初になります。
 関西学院大学と国連人口基金とのつながりは、2004年度に当時国連人口基金事務局長であったトラヤ・アーメド・オベイド氏に対して、関西学院大学が名誉学位を授与したことから始まりました。これを機に設立された「オベイド基金」を元に、国連人口基金東京事務所でインターンシップ・プログラムが始まり、2004年度から2010年度まで合計24名の学生が参加しました。
 このたび、関西学院大学がスーパーグローバル大学の事業の一つである大学院副専攻「国連・外交コース」を2017年4月より設置するにあたり、学生の国際的なインターンシップ先の一つとして国連人口基金と協定を結びます。年間5人の学生が派遣される予定です。

121 Kwansei Gakuin University :2017/04/17(月) 07:05:02
関西学院大学は、4月にスタートした大学院副専攻「国連・外交コース」の開設を記念して、国際原子力機関(IAEA)事務局長の天野之弥氏による講演会「Atoms for Peace and Development: the work of the IAEA and how it relates to you(平和と開発のための原子力:IAEAの仕事と私たち)」(使用言語:英語)を4月13日(木)、西宮上ケ原キャンパスで開きました。会場には学生と一般の方、関係者ら162名が集まり、耳を傾けました。
 
パネルディスカッションに参加した学生
 天野事務局長は、核の軍事転用防止や原子力平和利用に向けたIAEAの取り組みや課題などを具体的な事例を交えて紹介。その後、4月から大学院副専攻「国連・外交コース」を受講している3人の学生とともに、神余隆博副学長(国連・外交統括センター長)がモデレーターとなってセッションを行いました。参加した改田孝一さん(経営戦略研究科)は「IAEAの取り組みはもちろん、国際機関へのキャリア構築についてもお話が聞けて、充実した時間になりました」と話しました。
 
会場の様子
 講演終了後、天野事務局長は「質問ひとつをとっても、事前によく勉強していることが伝わってきて学生のレベルの高さを感じた。将来の活躍の舞台は日本に限られているわけではない。世界を舞台に様々な分野で活躍して欲しい。若いうちは多少のリスクを覚悟していろいろなことに挑戦してください」とメッセージを送りました。

122 Kwansei Gakuin University :2017/05/05(金) 23:34:50
>>114

123 Kwansei Gakuin University :2017/05/11(木) 09:21:40

春学期が始まってはや2カ月。日も長くなり、春から夏に季節が移ろうとしています。
さて、CIECでは、今来週、交換留学・国連セミナー・海外フィールドワーク・
夏季外国語研修の出願を受付けています。夏休みに留学するための最後の出願機会です。
ぜひ、有意義な夏季休暇を過ごすための留学計画を立ててください。

【INDEX】
├ 1.★NEW★ 交換留学:イギリスとオーストラリアの協定大学説明会開催(5/17・18)
├ 2.★NEW★「留学の窓口」相談
├ 3.★NEW★ コーヒーアワー開催 in KSC
├ 4.交換留学(第1期募集)の出願受付中(5/10〜12)
├ 5.国連セミナー・海外フィールドワーク 追加募集(5/11〜15)
├ 6.夏季外国語研修 最終募集説明会開催(5/11 ※本日)
├ 7.大学院副専攻 国連・外交コース説明会開催(5/12)
├ 8.留学生による外国語教室"LANGUAGE EXCHANGE"開催
├ 9.2017年度 サマープログラム 日本語パートナー募集
├10.ダブルチャレンジ「インターナショナルプログラム」募集
├11.2017年度 秋学期日本語パートナー説明会実施
├12.留学プログラム写真展開催(4/7〜)
├13.CCC 2017年度パンフレット配布
├14.2017年度 国際教育・協力プログラム パンフレット配布
├15.My "GO GLOBAL!" 体験談


124 Kwansei Gakuin University :2017/05/11(木) 09:22:16
───────────────────────────────────────────

┏━┓…────────────────────────────────────────
┃1 ┃ ★NEW★ 交換留学:イギリスとオーストラリアの協定大学説明会開催(5/17・18)
┗━╋…────────────────────────────────────────
本学の協定大学であるキール大学(イギリス)とサザンクロス大学(オーストラリア)から、
現地担当者が来学し、大学説明会を実施します。大学の詳細のみならず、それぞれの国の
留学の魅力を知ることができる良い機会ですので奮ってご参加ください。

キール大学説明会
◆日時:5/17(水)12:45〜13:20(お昼休み)
◆場所:【NUC】G号館2階 G226号室

サザンクロス大学説明会
◆日時:5/18(木)12:45〜13:20(お昼休み)
◆場所:【NUC】G号館2階 G227号室

※両日とも予約不要、昼食持込み可

問い合わせ先:国際教育・協力センター

125 Kwansei Gakuin University :2017/10/24(火) 16:19:11
2017年10月25日(水)
国際学部連続講演会
- 元 アジア開発銀行 上級プロジェクトエコノミスト 近藤 敏夫 氏 -
[ 編集者:国際学部・国際学研究科 2017年10月4日 更新 ]
【 第75回 関西学院大学 国際学部 連続講演会 】

■日時: 10月 25日 (水) 15時 00分  〜  16時 30分
■場所・開催地:図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)

126 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:23:43
先週の大型台風で、各キャンパスの木々が倒されるなど身近なところでも被害がありましたが、皆さんは無事でお過ごしでしたでしょうか。
今週は、国際ボランティアの勉強会・相談会(詳細は記事4.)、交換留学の留学先大学選びの情報収集セミナー(記事5.)などのイベントの告知やレジデント・アシスタント(記事1.)やGS Networkメンバーの募集(記事6.)等、盛りだくさんの内容になりますので、見落とさないようにチェックしてください。
春休みに留学したい方は、ラストチャンス!春季外国語研修(詳細は記事7.)とCCC Cross-Cultural Workshopの追加募集を11/1まで受け付けています。有意義な春休みを送りたい方は、ぜひこの春休みに短期プログラムにチャレンジしましょう。相談はお気軽にCIECまで。

【INDEX】
├ 1. ★NEW★ レジデント・アシスタント(RA) 第1期生 募集説明会開催
├ 2. ★NEW★ 2017年度 ウィンタープログラム 日本語パートナー募集
├ 3. ★NEW★ 2017年度 日本・カナダ学生フォーラム 参加者募集
├ 4. ★NEW★ 国際ボランティア(国連ユースボランティア・国際社会貢献活動)「勉強会・相談会」【KSC】
├ 5. ★NEW★【交換留学】留学先大学選びの為の情報収集セミナー開催(10/30・11/1)
├ 6. ★NEW★ CIEC学生交流ピアサポート団体GS Networkメンバー募集(11/6〜10)
├ 7. 春季外国語研修 追加募集・説明会開催
├ 8. 英語中期留学 ゲルフ大学(カナダ)現地スタッフによるプログラム説明会
├ 9. 2018年度英語中期留学 ガイダンス 追加開催
├10. 交換留学 学生アドバイザーによる留学相談会開催(10/26・27)
├11.【重要】CCC Cross-Cultural Workshop 追加募集(〜11/1まで)
├12. 留学生による外国語教室"LANGUAGE EXCHANGE"開催
├13. 第28回カナダ研究セミナー開催(11/25・26)
├14. Instagram / Twitter始めました
├15. My "GO GLOBAL!" 体験談
└───────────────────────────────────────
略称:【NUC】西宮上ケ原キャンパス・【KSC】神戸三田キャンパス・【NSC】西宮聖和キャンパス

127 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:24:14
1. ★NEW★ レジデント・アシスタント(RA) 第1期生 募集説明会開催
└───────────────────────────────────────
RAとは、外国人留学生が滞在する寮で生活を共にしながら、外国人留学生の生活のサポートや、交流促進を行う学生のことです。日本にいながら異文化交流がしたい、英語力を磨きたい、そして何よりも留学生のお世話がしたいという皆さんにおすすめです。

▼詳細はこちら↓
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_015984.html

 RA募集説明会を開催中です。
 RAの魅力をお伝えしますので、ぜひご参加ください。
【NUC】
 ◆日時:10月30日(月)、11月14日(火) 12:45〜13:25(昼休み)
 ◆場所:G号館 223号教室

【KSC】
 ◆日時:10月31日(火) 12:45〜13:25(昼休み)
 ◆場所:Ⅲ号館 103号教室

問い合わせ先:国際教育・協力センター

2. ★NEW★ 2017年度 ウィンタープログラム 日本語パートナー募集
└───────────────────────────────────────
2018年2月に海外協定校の学生を対象にした「日本語学習コース(日本語・日本文化(ウィンター3週間))」を開催します。
開催にあたり、キャンパスツアーや授業の補助をしていただくパートナーを募集します。

 ◆申込期間:11月13日(月)〜21日(火)
 ◆申込場所:日本語教育センター事務室
      【NUC】G号館1階
    【KSC】アカデミック・コモンズ2階(CIEC事務室)
 ◆申込方法:
 「2017年度ウィンタープログラム日本語パートナー申込書」を記入のうえ、提出してください。

▼詳細はこちらから↓
http://www.kwansei.ac.jp/cjle/cjle_004674.html

問い合わせ先:日本語教育センター

3. ★NEW★ 2017年度 日本・カナダ学生フォーラム 参加者募集
└───────────────────────────────────────
第9回目となる今年度の『日本・カナダ学生フォーラム』は、" Reconsidering the Studies of the Humanities in the Age of Technology and Innovation"をテーマに、桜美林大学町田キャンパスを会場として行います。

本フォーラムでは、日本とカナダの学生が集い、世界が直面する問題について解決策を探るため、日加混合チームをベースにディスカッション、テーマ別グループワーク、最終プレゼンテーションを行います。また、専門家による講義も予定しております。
関心のある方は、募集要項にて詳細を確認しご応募ください。

 ◆実施期間:2018年 2月17日(土)〜25日(日)
 ◆応募条件:・TOEFL ITP(R)550点以上、TOEFL iBT(R)80点以上、TOEIC(R)730 点以上のいずれかを有する者
       ・JASSO成績評価係数 2.0以上の学生を優先(募集要項を参照)
       ・今年度のフォーラムテーマに強い関心を持つ者
       ・計画された旅程に沿って行動できる者
 ◆参加費:無料
 ◆申込期間:〜11月1日(水)
 ◆申込先:国際教育・協力センター

▼詳細はこちらから↓
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/news/2017/news_20171018_018406.html

▼日本・カナダ学術フォーラム ウェブサイトはこちらから↓
http://www.jacac.com/what-we-do/annual-forum/

問い合わせ先:国際教育・協力センター

128 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:24:48
4. ★NEW★ 国際ボランティア(国連ユースボランティア・国際社会貢献活動)「勉強会・相談会」【KSC】
└───────────────────────────────────────
「国際ボランティアってどんなプログラム?」「国際ボランティアに参加したいけど何から始めたらいいのかわからない…」「プログラム参加が決まったので派遣までしっかり準備をしたい」そんな皆さんをサポートするために、神戸三田キャンパス アカデミックコモンズ内にて『国際ボランティア 勉強会・相談会』を実施しています。担当教員から指導を受けながら学ぶ場です。どなたでもお気軽にお越しください。

 ◆担当教員:
 中村 明 国際教育・協力センター教授
 鍋田 肇 国際教育・協力センター教授
 ◆場所:
 【KSC】アカデミックコモンズ2階 ミーティングルーム2

▼2017年11月の実施スケジュールはこちら↓
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/news/2017/news_20171020_018427.html

問い合わせ先:国際教育・協力センター

5. ★NEW★【交換留学】留学先大学選びの為の情報収集セミナー開催(10/30・11/1)
└───────────────────────────────────────
第2期募集で出願をしている学生はもちろん、これから交換留学を考えている学生を対象に、国別の大学の特徴や、交換留学生がどのような授業を履修しているかを実際の例を見ながら説明します。
CIECウェブサイトにある情報を上手に使って、大学の絞り込みに役立てて行きましょう。

【NUC】
 ◆開催日時:10月30日(月) 12:45〜13:25
 ◆開催場所:G号館 202号教室
【KSC】
 ◆開催日時:11月1日(水) 12:45〜13:25
 ◆開催場所:Ⅲ号館 102号室

問い合わせ先:国際教育・協力センター

6. ★NEW★ CIEC学生交流ピアサポート団体GS Networkメンバー募集(11/6〜10)
└───────────────────────────────────────
国際教育・協力センター(CIEC)公認学生ピアサポート団体「GS Network」では、留学生と
関西学院大学の在学生の学内交流促進のために様々なイベントの企画・運営を行う新メンバーを
募集します。学内での国際交流イベントの企画・運営に興味がある方は奮って申込みください。

 ◆対  象:1・2年生
 ◆申込期間:11/6(月)〜10(金) 16:50まで
 ◆申込窓口:国際教育・協力センター(CIEC)
       【NUC】G号館1階 【KSC】アカデミックコモンズ2階
 ◆詳  細:教学ウェブの10/23(月)付「お知らせ」に記載

129 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:25:46
7. 春季外国語研修 追加募集実施・追加募集説明会開催
└───────────────────────────────────────
2〜3月の春休みを利用して約1ヶ月間語学を学ぶ「春季外国語研修」プログラムの中で、以下10大学の追加募集を実施します。この機会に留学して、有意義な春休みにしませんか?
出願希望者は期間内に、以下のウェブサイトを確認し出願してください。

◆追加募集大学 参加費(予定):
 【英語】
  ・カリフォルニア大学デイビス校 (アメリカ)/約59万円
  ・カリフォルニア大学アーバイン校 (アメリカ)/約64万円
  ・ダブリンシティ大学(アイルランド)/約44万円
  ・ニュー・サウス・ウェールズ大学(オーストラリア)/約56万円
  ・ケンブリッジ大学 (イギリス)/約60万円
  ・カルガリー大学(カナダ)/約49万円
  ・マウント・アリソン大学(カナダ)/約62万円
  ・トロント大学(カナダ)/約47万円
  ・ビクトリア大学(カナダ)/約48万円

 【中国語】
  ・東海大学(台湾)/約28万円

 ◆募集人数:各プログラム 若干名〜10名程度募集

 ◆募集説明会:
【NUC】
  ◆日時:本日10月26日(木) 12:45〜13:25(昼休み)
  ◆場所:G号館 202号教室

【KSC】
  ◆日時:本日10月26日(木)・27日(金) 12:45〜13:25(昼休み)
  ◆場所:Ⅲ号館 101号教室

 ◆出願期間:10月30日(月)〜11月1日(水) 16:50まで
  ※受付時間は事務室開室時間のみ [平日]8:50〜11:30、12:30〜16:50

◆参加者発表:11月7日(火) 9:00

  ◆出願手続き:1.オンライン出願・必要書類の準備
        2.本人・保証人の署名
        3.書類の提出

 ◆出願書類提出先:国際教育・協力センター
          【NUC】G号館1階 【KSC】アカデミックコモンズ2階

▼オンライン出願・必要書類の準備は、こちら↓(募集要項P.20参照)
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_010359.html
※既に2017年度春季外国語研修に参加が決定している学生は留学先の変更はできません。

問い合わせ先:国際教育・協力センター

130 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:26:17
8. 英語中期留学 ゲルフ大学(カナダ)現地スタッフによるプログラム説明会
└───────────────────────────────────────
2018年度英語中期留学について、ゲルフ大学の現地スタッフによるプログラム説明会を以下のとおり開催します。
本説明会は、現地での生活の様子や英語中期留学プログラムの内容について詳しく知る絶好の機会です。当日は、担当者から最新の情報を聞き、直接相談できる貴重な場ですので、是非ご参加ください。

 ◆日 時:10月31日(火) 12:45〜13:25
 ◆場 所:【NUC】G号館 227号教室
      【KSC】プレゼンテーションルーム(NUCと遠隔で繋ぎます)
※使用言語:英語(当日はCIECスタッフもサポートします)

▼2017年度秋学期募集説明会の日程はこちら↓
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/news/2017/news_20170920_018191.html

問い合わせ先:国際教育・協力センター

9. 2018年度英語中期留学 ガイダンス 追加開催
└───────────────────────────────────────
2018年度英語中期留学のガイダンスを追加開催します。中期留学の概要や留学先の選び方、出願時の注意点を説明します。ガイダンス実施は今回が最後ですので、是非この機会にご参加ください。

【NUC】
 ◆日時:10月27日(金) 12:45〜13:25(昼休み)
 ◆場所:G号館 326号教室

【KSC】
 ◆日時:10月27日(金) 12:45〜13:25(昼休み)
 ◆場所:Ⅲ号館 102号教室

▼参加資格や英語要件等、プログラムの詳細はこちら↓
http://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_005763.html

問い合わせ先:国際教育・協力センター

131 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:26:47
10.  交換留学 学生アドバイザーによる留学相談会開催(10/26・27)
└───────────────────────────────────────
国際教育・協力センターでは、交換留学から帰国した学生アドバイザーによる留学相談ブースを期間限定で設置しています。
どのように大学選択をした?寮はどんな感じ?どんな科目が履修できるの?実際の留学生活は?
お金はどのように持って行くの?ビザ申請はどうするの?等々、皆さんの疑問に先輩学生がお答えします。
現在交換留学選考中の皆さん、そしてこれから交換留学を目指す方にとって、先輩学生の生の声を聞くことができるまたとないチャンスです。
興味のある方はぜひ、お気軽にお越しください(事前予約不要・出入り自由)。
【NUC】
 ◆日時:10月26日(木)
     (1)10:35〜11:05 / 実施なし
     (2)12:45〜13:25 / ドイツ・アメリカ・シンガポールの大学
 ◆場所 【NUC】G号館1階 コース学習ルーム3 (119号教室の向かい)

【KSC】
 ◆日時:10月27日(金) 12:45〜13:25 / ノルウェー・台湾・マカオの大学
 ◆場所 【KSC】アカデミックコモンズ2F CIEC事務室内

問い合わせ先:国際教育・協力センター

11. 【重要】CCC Cross-Cultural Workshop 追加募集(〜11/1まで)
└───────────────────────────────────────
CCC Cross-Cultural Workshopについて、定員に空きがあるため、追加募集を行っています。
新たに募集説明会も行いますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 ◆追加申込期間:〜11月1日(水) 16:50締切
 ※定員を満たすまで先着順で随時書類選考を実施し、即日、個別に結果を通知します。

 ◆出願資格:
 1.TOEIC(R)400点、TOEFL-ITP(R)433点、英検準2級相当以上取得者
 2.事前講義を含むプログラム全日程に参加できる者(11月25日、1月27日)
  ※学校行事等での遅刻・欠席については相談可

CCCに登録していない方でも参加でき、ビジネス英語の基礎、リサーチ・プレゼンスキルを学びながらホームステイを通じてカナダの文化を体感できる、約4週間の入門プログラムです。

▼プログラム詳細、出願方法については募集要項2017 VolumeⅡをご参照ください。
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/attached/0000122648.pdf

定員に達し次第締め切りとなりますので、ぜひお早めにお申し込みください。

問い合わせ先:国際教育・協力センター

132 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:27:21
12. 留学生による外国語教室"LANGUAGE EXCHANGE"開催
└───────────────────────────────────────
留学生から外国語を教わってみませんか?
留学生による外国語教室"LANGUAGE EXCHANGE"は、留学生が講師となり言語を教える交流会です。
外国語を上手く話せなくても大丈夫。語学のレベルは問いません。
カジュアルな雰囲気の中、留学生との会話を楽しみましょう。
申込は不要ですので、興味がある方は気軽に参加してみてください。

 ◆場所:【NUC】G号館2階 フジタ・グローバルラウンジ内GSカウンター
 ◆事前申込み不要、途中参加・途中退席OK

▼スケジュール詳細はこちら↓
http://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_013778.html

問い合わせ先:国際教育・協力センター

13. 第28回カナダ研究セミナー開催(11/25・26)
└───────────────────────────────────────
関西学院大学はカナダから客員教授を毎年招聘しており、カナダ政府よりカナダ研究分野で西日本の拠点校に指定されています。その一環として1990年より毎年「カナダ研究セミナー」を開催しています。
第28回となる今年は、「Japan and Canada: Towards More Independent Foreign Policy?」をテーマに開催します。本学に在学している海外からの交換留学生も参加を予定していますので、中期・交換留学前に英語力をつけたい方はもちろん、留学からの帰国後に学内でさらにスキルアップを目指す方、海外の授業さながらの講義を経験したい方、カナダや日本の外交政策に興味のある方など、多くの参加をお待ちしています。

 ◆日時:11月25日(土)・26日(日)
 ◆場所:【NUC】G号館2階 フジタ・グローバルラウンジ
 ◆参加費:1,300円(内訳:25日の昼食代および26日の懇談会費)

▼プログラム詳細および申込はこちら↓
https://www.kwansei.ac.jp/c_ciec/news/2017/news_20171003_010955.html

問い合わせ先:国際教育・協力センター


14. Instagram / Twitter始めました
└───────────────────────────────────────
国際教育・協力センター(CIEC)のInstagram、Twitter公式アカウントが新しくできました。
留学中の学生の様子や、学内の国際交流の様子なども随時配信していきますので、皆さんぜひフォローしてください。

 ◆Twitterアカウント: https://twitter.com/kwansei_ciec/
 ◆Instagramアカウント: https://www.instagram.com/kwansei_ciec/

問い合わせ先:国際教育・協力センター

133 Kwansei Gakuin University :2017/10/26(木) 09:27:56
15. My "GO GLOBAL!" 体験談
└───────────────────────────────────────
今回のMy "GO GLOBAL!"は、海外フィールドワーク(ベトナム)に参加した国際学部の上西由夏さんの体験談をお届けします。

●留学の目的
私がこのプログラムに参加しようと思ったきっかけは、途上国を自分の目で見て、考えることで視野を広げたいと思ったことです。日本で勉強しているだけでは学べない多くのことを知ることができる良い機会だと思い参加しました。また、海外でインタビューするという貴重な経験をしたいと思いました。

●留学で得たもの
今回のフィールドワークでは、異文化を理解するといった経験を得ることができました。日本では見ることができない光景を多く見て、自分が狭い世界で生きていたことがわかりました。また友人と本気で話し合う経験をすることができました。お互いの意見や気づきを聞き、話し合ってお互いを高めあえるような関係になれました。

●これから留学を考えている人へのアドバイス・メッセージ
途上国ということで不安に思われることもあるかと思いますが、注意するべき点を守っていれば、危険なことはありませんでした。面白い発見がたくさんあるので参加することをおすすめします!!また、これからもずっと付き合っていけるような、良い友達もできるのでぜひ参加してみてください。

☆☆☆☆☆☆ 次回の配信は11月2日(木)を予定しています。 ☆☆☆☆☆☆
--------------------------------------------------------------------------------
[配信元]
関西学院大学 国際教育・協力センター(CIEC)
Kwansei Gakuin University Center for International Education and Cooperation
【NUC】G号館1階 【KSC】アカデミックコモンズ2階

134 Kwansei Gakuin University :2017/11/10(金) 20:16:03
関西学院大学は11月7日、黒田東彦(くろだ・はるひこ)・日本銀行総裁による講演会「中央銀行を巡る『法と経済学』」を、西宮上ケ原キャンパスの関学会館で開きました。金融政策を決定する日本銀行のトップの講演に、学生や教職員ら約550人が集まり、熱心に聴き入りました。
 黒田総裁はまず、日本銀行創立以来の歴史を踏まえながら、現在の日本銀行法が定める「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」という三つの役割について説明しました。そのうえで、金融緩和策の中で議論になっている国債の引き受けに関して、「財政法で禁じられている。市中から国債を買うことはあるが、直接引き受けることはない。国に対しては、多様な金融サービスを提供しているが、財政ファイナンスは決してしない」と強調。為替介入もあくまで国の代理人として財務省の指示に基づいて行っていることを説明し、「こうした役割を果たす中で、金融の安定、物価の安定を図っている」と話しました。

135 Kwansei Gakuin University :2017/11/10(金) 20:16:33
2013年から続ける大規模な金融緩和策については、「物価を2%上げること自体が最終的な目的ではなく、経済が安定的に成長し、それに伴って賃金や物価が安定的に上がっていくことを狙っている」と説明。「デフレが続くもとで、経済が健全に発展することはない。物価の安定を通じ、国民経済の健全な発展に資するということを考えている」と述べました。一方で、金融政策を決める政策委員会についても詳しく解説。政府から独立した合議体であることを強調し、「政府と十分連絡を密にし、意思疎通を図りながらも、政府から政策を指示・命令されることはない」と説明しました。
クリックで拡大画像を表示
 
 
 講演のあと、経済学部の学生との質疑応答があり、「国民の理解を得るために、どんな工夫をしているか」という質問に、黒田総裁は「現在行っている金融政策は伝統的な金融論の教科書が想定していないものであり、簡単に説明することは難しいが、今回のような大学や経済団体での講演、地方での会合など、あらゆるチャネルを通じて、何をしているか、どういう意味があるのか、どんな効果や副作用があるのかを丁寧に伝えるよう努めている」と答えました。また、地域金融機関の再編などについての質問には、人口減少・高齢化など地方の現実をふまえ、「ITなど新しい技術を使った効率化と、顧客とのリレーションシップなど、地域の金融機関ならではの強み・役割の強化の両方が大事だ」と述べました。

136 Kwansei Gakuin University :2018/02/17(土) 18:11:22
関西学院は2月14日、兵庫県立美術館・横尾忠則現代美術館とキャンパスパートナーの協定を神戸市灘区の同県立美術館で締結しました。両美術館が大学とキャンパスパートナー協定を締結するのは3例目です。
 今回の協定は、兵庫県立美術館と横尾忠則現代美術館が行う美術館を通じた芸術文化の振興と、学校法人関西学院の教育課程の充実及び地域との連携強化を図るため、相互の事業を通じた交流を行うことを目的としています。
 宮原明・関西学院理事長は「関西学院の学生や生徒、教職員は、様々な作品に触れることで、芸術を愛する心や美的センスが鍛えられる。グローバルに活躍する人材は、美的センスを持つことが大切で、大きなプラスになる。良い作品を見て、感じることをさらに啓蒙していきたい」などと話しました。
 協定に基づき、関西学院の学生・生徒、教職員は、4月から学生証・教職員証を提示すれば、両美術館で開催される各種展覧会が無料あるいは割引料金で観覧することができます。
 関西学院では、近畿各地の他の博物館、美術館とも連携を進めています。詳細は下記リンクをご覧ください。

137 Kwansei Gakuin University :2018/07/10(火) 19:53:56
関西学院大学(以下、関学大)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は10日、2017年9月から実施してきたAIに関する共同プロジェクトの成果として、「AI活用人材育成プログラム」を関学大の全学部生を対象に2019年4月に開講するとともに、関学大学生のキャリア支援を充実し満足度を向上させるために、IBM Watson Assistantを使った「チャットボット」を開発し、7月2日に運用を開始したと発表した。

 関学大と日本IBMでは、AIテクノロジーが大きく社会構造と仕事のあり方を変える中で、どういった人材を育成していくべきか、AIテクノロジーを大学の業務にどう活用していくかについて、共同プロジェクトで議論を重ねてきた。

 新たに開講する「AI活用人材育成プログラム」の最大の特徴は、AI人材を「AI・データサイエンス関連の知識を持ち、さらにそれを活用して、現実の諸問題を解決できる能力を有する人材」と定義し、文系・理系を問わずすべての学生を対象としている点にあると説明。また、IBMが実際のプロジェクトを通じて得た最新の知見から、プロジェクトのメンバーに求められる能力・資質をルーブリック(評価基準を観点と尺度からなる表として示したもの)に定めて、関学大教員と共同開発している点にあるという。

 プログラムは10科目(20単位)で構成され、AIリテラシーに加えて、AIスキル、ITスキル、データサイエンススキルおよびPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)を組み合わせた、実践的で包括的なプログラムとなっており、18単位〜20単位を取得した学生には同プログラムの修了書を発行する予定。

 授業は、プログラム開発に携わった巳波弘佳・関学大理工学部教授(同大学長補佐)とAIに関するプロジェクト経験豊富な実務家教員が担当する。PBL科目では、日本IBMの共創施設「IBM Osaka Client Experience Center」(大阪・中之島)を活用しての演習も予定する。

 また、運用を開始したチャットボットは、学生の就活支援やキャリアに関する質問に回答するサービスで、就活の進め方、ノウハウ、実績、手続き方法といった約600の質問に対応する。学生は自らのモバイル端末から場所や時間を問わずに質問の回答を得られるようになり、利便性が向上し、満足度も向上する。また、学生がチャットボットを利用することにより、キャリアセンターの職員は面接練習やエントリーシート添削などの個別具体的な業務への対応を強化できる。

 チャットボットはIBM WatsonのWatson Assistant機能を活用してIBM Cloud上で稼働しており、学生特有の短文表現や若者言葉を考慮した1万件以上のデータを学習し、学生利用に最適なチャットボットだとしている。

 AI活用人材育成プログラムおよびチャットボットによるキャリア支援は、関西学院が2018年3月に発表した、2039年を見据えた超長期ビジョン・長期戦略“Kwansei Grand Challenge 2039”にある、「真に豊かな人生」「質の高い就労」に向かうための具体的施策として推進されてきたものだと説明。今後も、関西学院の長期戦略に基づく具体的施策を、両者の共同プロジェクトとして展開していくことを検討するとしている。

138 Kwansei Gakuin University :2018/07/21(土) 20:10:22
600校の生き残り戦略・私大トップに聞く(44)関西学院大学学長・村田治氏

(2018/7/5 05:00)

■学部再編で対応分野拡大
「全ての人は平等である」というキリスト教プロテスタントの精神に基づく教育を行う関西学院大学。文系学部が多いが、理工学部の強化にも注力する。卒業生が年5000人以上の大学でトップクラスの就職率を誇り、社会で生き抜ける学生を育成する。普遍の理念を保ちつつ、時代の変化を乗り切る施策を村田治学長に聞いた。

139 Kwansei Gakuin University :2018/08/03(金) 22:20:24
関西学院大学学長・村田治氏

(2018/7/5 05:00)

■学部再編で対応分野拡大
「全ての人は平等である」というキリスト教プロテスタントの精神に基づく教育を行う関西学院大学。文系学部が多いが、理工学部の強化にも注力する。卒業生が年5000人以上の大学でトップクラスの就職率を誇り、社会で生き抜ける学生を育成する。普遍の理念を保ちつつ、時代の変化を乗り切る施策を村田治学長に聞いた。


関西学院大学学長・村田治氏


click here
―「世界トップレベルの研究」を目標に掲げています。

「キリスト教の理念もあり、国際化が進んでいるのが当学の強み。それを生かし、幸福の感性や環境問題など人類的な課題解決に取り組む。全学的な研究ブランドを三つくらいに絞り核として研究者の連携を図る。オープンイノベーションにより学外とも協力する」

―理工学部の強化に向けた手応えは。

「当学では人間の心理を製品に反映する感性工学や仮想現実(VR)を用いた視線の動きの研究など、社会や文化とつながる文理融合的な研究が多い。宇宙の研究者も増えるなど、多分野で層が厚くなっている。理工学部と総合政策学部の連携で、コミュニケーション力と自然科学知識を相互に育てる環境も整っている」

―今後の課題は。

「理学部時代は1学年100人だった理工学部だが、現在は9学科で1学年750人。学内最大の学部へと成長した。反面、細やかな対応が難しくなってきた。2020―21年をめどに新学部設立を含めた再編を行い、対応分野もさらに広げたい。世の中の変化に応じて、1―2年で教育プログラムを柔軟に変更できるようにする」

―教育機関としての姿勢も重要です。

「18歳人口の減少で大学の教育の中身が問われている。関西学院大のスクール・モットー『マスタリー・フォア・サービス(奉仕のための練達)』は、もともと社会へ出る学生にビジネスパーソンの心得を説いたものだ。自分だけでなく、他者のためにも働ける学生を送り出し続けている。知識や定型作業では人工知能(AI)にかなわない。偏差値で測れない力を育成することが重要だ」

【略歴】むらた・おさむ 85年(昭60)関西学院大院経済学研究科博士課程後期単位取得退学。89年関西学院大経済学部助教授、96年教授。02年教務部長、09年経済学部長、12年高等教育推進センター長、14年学長。17年中央教育審議会委員。経済学博士。東京都出身、63歳。

【記者の目/他者尊重の姿勢根付く】

関西学院大の根底には平等意識に基づく個人の尊重がある。学外にもその意識は強い。「誰かを奉る意識があるとオープンイノベーションが起こりにくい」と村田学長は指摘する。アメリカンフットボール部の落ち着いた対応が社会的な注目を集めた。そこで見られた他者尊重の教育姿勢は大学全体に根付いていることがうかがえた。(大阪・安藤光恵)

140 Kwansei Gakuin University :2018/10/22(月) 20:34:50
2040年を見据えた私立大学の将来像を語り合う/私大連フォーラムに村田治・学長がパネリストとして登壇
[ 編集者:広報室  2018年10月18日 更新 ]
 日本私立大学連盟主催の「私大連フォーラム2018 未来を先導する私立大学の将来像」が‪10月17日‬、第一ホテル東京(東京都港区)で開かれ、私大連副会長も務める村田治・学長が第2部のパネル・ディスカッションにパネリストとして参加、大学改革を通じた人材育成について意見を述べました。‬

 フォーラムのテーマは「2040年を見据えた私立大学の大学改革と人材育成」。第1部の講演では、義本博司・文部科学省高等教育局長や田中優子・法政大学総長らが登壇し、急速に変化する社会において、大学が果たすべき役割や機能、また将来像について話しました。

 第2部のパネル・ディスカッションには、村田学長のほかに、北山禎介・中央教育審議会会長(三井住友銀行特別顧問)、経済財政諮問会議議員や人生100年時代構想会議議員を務める高橋進・日本総合研究所チェアマン・エメリタス(名誉理事長)、私大連会長の鎌田薫・早稲田大学総長が登壇。私大連常務理事の松岡敬・同志社大学長がコーディネーターを務めるなか、大学改革を通じての人材育成などについて、「産業構造の変化が及ぼす私立大学への影響」「グローバル化と地方創生の課題」「大学の機能分化と大学間連携」を論点に、企業側、大学側のそれぞれの視点から話し合いました。

 村田学長は「産業構造の変化が及ぼす私立大学への影響」ついて聞かれ、「AIやIoTの発達にどう対応していくかは、大学にとって極めて重要な課題。AIの発達によって、日本では47%の仕事がなくなると言われていますが、新しい仕事も生まれてきますので、AIを活用できる人材の育成が今後必要になるでしょう。文理の枠を超えた横断的なプログラムの提供や、学生に人間力、価値観を身につけさせること、二つの分野で専門性を高めさせることも必要だと考えます」などと話しました。

141 Kwansei Gakuin University :2018/10/22(月) 20:38:09
関西学院大学が連携協定を結ぶのは8市目(西宮市、三田市、宝塚市、伊丹市、西脇市、朝来市、福井県勝山市)
 関西学院大学は奈良県御所市と10月12日、西宮上ケ原キャンパスで、連携協力に関する協定を締結しました。多様な分野において相互に協力し、地域社会の持続的な発展と人材育成に寄与することを目的としています。

 今後、関西学院大学からは全学部の学生が履修可能となる正課授業の提供を行い、授業履修者には御所市の中心部にある空き家や銭湯のリノベーション計画の議論、策定に参画してもらう予定です。リノベーション後には、それらの場所を活用して、多様な世代、人々をつなぐコミュニケーションの場の提供・運営に関わり、御所市の人々と共にまちづくりを支えていきます。また世帯調査や学術的な分析を行いながら、地域社会の持続的な発展に帰するための研究活動も行うことで、御所市の現状にあわせた持続可能な発展戦略を考えていきます。

 東川裕・御所市長は「約39パーセントの高齢化率、一年に約500人の人口減少など過疎化が進んでいますが、市民の力には自信を持っています。関西学院大学と一緒に御所の発展について考えていきたい」。村田治・学長は「地方創生は日本の大きな課題。御所市との取り組みは、今後の一つのモデルになりますので、今後も一緒に進めていきたい」などと話しました。

142 Kwansei Gakuin University :2018/11/02(金) 18:35:36
K.G.12GO! ~Kwansei Gakuin 125th anniversary 関西学院創立125周年記念動画
https://www.youtube.com/watch?v=vTXeeBpAsKw

143 Kwansei Gakuin University :2018/11/02(金) 18:38:13
Be a World Citizen〜関西学院創立125周年記念動画〜

https://www.youtube.com/watch?v=Rd5q4nDIB54

144 Kwansei Gakuin University :2018/11/18(日) 19:48:47
「関西発 製造業のイノベーションと海外展開」と題したシンポジウム(関西学院大産業研究所、日本貿易振興機構=ジェトロ=、産経新聞大阪本社主催)が12日、兵庫県西宮市の関西学院大西宮上ケ原キャンパス関西学院会館で開かれた。

 パナソニック子会社のロボットメーカー「ATOUN」(あとうん=本社・奈良市)の藤本弘道社長が基調講演。同社が手掛ける運動機能を補助する装着型ロボット「パワードウェア」を紹介した。海外では、「体格差や安全品質規格、文化の違いを考慮しながら展開していく」と述べ、各国の実情にあわせて事業を進める考えを示した。

 さらにジェトロの曽根一朗大阪本部長、岡山大発のベンチャー企業「C-INK(シーインク)」(本社・岡山県総社市)の金原正幸社長が特別講演。藤本氏、曽根氏、金原氏らが参加したパネルディスカッションも行われた。

145 Kwansei Gakuin University :2018/11/24(土) 19:02:42
2018年クリスマスイベント】関西学院大学

【関西学院大学】

◎クリスマスツリー点灯式 
12月3日(月)18:30〜19:00(神戸三田は 18:30〜18:50)
関西学院大学西宮上ケ原/西宮聖和/神戸三田 各キャンパスアドベントに入った翌日、西宮上ケ原キャンパス時計台の前のヒマラヤ杉などにライトを飾り付け、点灯のセレモニーと礼拝をします。

◎関西学院クリスマス礼拝-音楽で祝う降誕-
12月21日(木)17:00〜
関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 中央講堂
関西学院最大のクリスマスページェント。クリスマスメッセージを中心に、イエス降誕の物語を聖書と音楽で綴り、礼拝後は中央芝生で輪になってクリスマスキャロルを歌います。
問い合わせ:宗教センター ☎0798-54-6018

146 Kwansei Gakuin University :2019/03/09(土) 07:13:59
東京で開催の「学長セミナー」で講演
大学教育の役割などについて話す村田治学長
大学教育の役割などについて話す村田治学長

 公益財団法人大学基準協会主催の学長セミナー「大学の価値とは-学長がつくる『大学の魅力』-」が3月3日、東京・御茶ノ水の東京ガーデンパレスで開かれ、講師の一人として村田治学長が登壇しました。教学と経営の一体化や「Kwansei Grand Challenge 2039」の策定など、学長として取り組んできたことを紹介しながら、今後の日本の教育課題として、教育の個性化、授業外学修時間の増加、学修成果の可視化をあげました。

 講師として、山極壽一・京都大学総長、出口治明・立命館アジア太平洋大学学長とともに出席。村田学長は「教学と経営の総合的マネジメントの実践」と題し、本学での取り組みを報告しました。個性を伸ばす教育や正課外教育の重要性を訴えながら、「(学生たちは)大学でどれだけ勉強したか、主体的にやってきたかが問われる時代になっている」と指摘。そのうえで、今後の大学教育の役割について、「知識を身につけるのではなく、知識をどう個人が判断し、どう行動につなげていくか。価値観や世界観が重要になる。グローバル化が進み、利害が衝突する中で、それをどう調整していくか。そういった能力が最も重要とされてくるだろう」と強調しました。
 講師3名による講演の後、「魅力ある大学、価値ある大学づくりに向けて、学長はどのように取り組むべきか」をテーマにパネルディスカッション・質疑応答もあり、留学生の増加や、女性が普通に活躍できる社会の構築とともに、多様性の理解、国家予算における教育費の問題などについて議論を深めました。

147 Kwansei Gakuin University :2019/03/19(火) 07:02:57
阪急電鉄(大阪市)と関西学院大(兵庫県西宮市)は15日、西宮北口駅隣の商業ビルに新キャンパスを今春開設するのを記念し、共同制作した限定グッズを発売した。両者を象徴するカラーを取り入れた文具、日用品をそろえた。

 関学大は4月1日、同駅に直結する「阪急西宮ガーデンズゲート館」に、「西宮北口キャンパス」を新設。大学院司法研究科(ロースクール)などが入る。

 新キャンパスをPRしたい関学大に、阪急側がグッズ製作を提案。阪急が3年前から販売するオリジナルグッズ「Hankyu Densha」シリーズの売れ筋商品などをアレンジすることにした。

 ペンやノート、消しゴムなど全13アイテムを用意した。それぞれ車体の色「マルーン」と、スクールカラー「関学ブルー」を使いデザインした。同駅を中心に新キャンパスの位置を記した路線図柄のクリアファイル(216円)や、校歌「空の翼」の楽譜の一部と電車が描かれたマスキングテープ(378円)などが目を引く。

 阪急今津線の主要駅構内のコンビニ「アズナス」のほか、西宮や三田などにある関学大キャンパス内の店舗などで取り扱う。いずれも数量限定。

 阪急の担当者らは「細部のデザインまでこだわった。在校生や卒業生だけでなく、沿線利用者にも手に取ってもらえれば」。関学大広報室の松川和生課長補佐(37)は「(グッズ発売を通じて)沿線地域に住む人々に愛される大学にしていきたい」と話していた。(三島大一郎、名倉あかり)

148 Kwansei Gakuin University :2019/03/30(土) 17:24:56
2019年4月9日(火)
海外学習活動(アフリカ研究)(アジア地域の観光開発)説明会
[ 編集者:経済学部・経済学研究科 2019年3月30日 更新 ]
【 海外学習活動(アフリカン研究)(アジア地域の観光開発)説明会 】
■日時: 04月 09日 (火)  〜  04月 12日 (金)

■場所・開催地:経済学部棟2階 会議室


海外学習活動(アフリカ研究)(アジア地域の観光開発)
の説明会を以下のとおり行います。

履修を希望される方は必ず参加してください。

・海外学習活動(アフリカ研究)
日時:2019年4月 9日(火) 10:35-11:05
場所:経1

・海外学習活動(アジア地域の観光開発)
日時:2019年4月11日(木) 10:35-11:05
日時:2019年4月12日(金) 12:45-13:25
場所:経1


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板