したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

リレ────(゚∀゚)────ッ!!

16 萌える腐女子さん :2005/10/27(木) 20:56:47
D以外のCで。

「ほらほら、まだあるぞ。飲むか?」
「飲むに決まってんだろ!…っきしょー……」

帰る道すがら買い込んだ酒を部屋中に並べての酒盛り。もっとも拓也は酒盛りでなく自棄酒だが。
賢次の彼に対する思いは気づいていたし、彼も賢次を慕っていた。
遅かれ早かれこうなることはわかっていたのだが心が納得しきれない。

「今頃やってんのかなぁ……」
「あ〜またそういうこと言い出す〜」
「飲むのはいいけど明日起きれなくなっても知らないからな」

拓也は友人どもの言葉を尻目にぐっとワインを飲み干すと勢いのまま電話を引き寄せた。

「邪魔してやる!」

チェックインを済ませた拓也が「何かあったら」と知らせてきたホテルの電話番号。
今頃仲睦まじくベッドにいるのかと思うと嫌がらせのひとつでもしてやらないと気が済まない。
半ば呆れ顔の友人たちはすでに止める気すら失せていた。

セレクトしてください

A.電話を無視されてさらに荒れる
B.電話の向こうから喘ぎ声が!
C.賢次たちの場面にシフト
D.結局酔いつぶれて寝てしまう
E.その他


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板