したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

EP6 SFシリーズ

1 名無しさん :2011/07/19(火) 03:31:45
271 :SF:2007/03/17(土) 02:41:09 ID:zwL+Fkid
やっと書けたーっっ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

21もあるアホみたいな長文になってしまいました。
スレの無駄使いでごめんなさい。

途中で止まったらエラーかなんかだと思ってやって下さい。


・5Pです。
・最後はちょっと類よりです。
・中だしありです。
・潮吹きありです。

嫌な人は余裕でスルーをお願いします。

64 名無しさん :2011/08/13(土) 19:02:33
461 :5:2007/11/24(土) 00:13:43 ID:Ff326yde
━━━あきらSide━━━


さみーなー……。
こんな寒い日は鍋でも食いてーな。
だけど香織さんや彰子さん家で食わせて貰う訳にもなぁ。
旦那にぶち殺されるっつーの。
そもそもマダム達はネイルにも金かけてるから料理なんかしねーか。

あー、牧野なら作ってくれそう。つか絶対作る。
しかも美味そう。
あいつ何してんだろ。
最近顔みてねぇぞ?
この前俺も結構激しくヤッちまったし、牧野から誘ったみたいなもんだから恥じらってんのか?

俺もあれから恥ずかしくてあの店行けねーよ、ったく。
牧野に詫びって事で鍋でも作って貰うか。すげーナイスアイデアじゃね?

俺は、一通り勝手な考えをまとめて牧野を捜しにうろつく事にした。

――あー、マジでさみーな。

65 名無しさん :2011/08/13(土) 19:04:02
462 :6:2007/11/24(土) 00:21:49 ID:Ff326yde
「おいひーっ!何コレ!?幸せー。」
「でっしょー!つくしなら気にいってくれると思ってた。
この前たまたま食べにきたらすっごいおいしかったからつくしと食べたかったんだ!」
とりあえず3500円のランチで良かったー。
おごりで食べるのは気がひけちゃうもん。バイト代入ったばかりだし払えるや。
けっこう痛い出費だけどたまにはいいよね。
ムシャムシャとランチを頬張っているあたしの鞄から、携帯の着信音が聞こえた。

―ピピピピッピピピピッピピピピッ―

「あ、つくし電話なってるよ。」
「ほんとだ。……ムグッ。……もひもひ?」

「てめー!テラスにいねぇじゃねーかよ!フザけんなよ!」
「……は?何が?」
「今どこにいんだよ?」
「表参道のBlueBeadっていうパスタ屋さんだけど…。」
「絶対動くなよ!? いいな。」

――ガチャッ…プッ…プーッ…プーッ――

「……どうかした?」
「……訳わかんない。道明寺が勝手に怒鳴り散らしてた。
さっ、ご飯の続き続き。」

―ピピピピッピピピピッピピピピッ―

「また道明寺かな。もー!」

―プッ―
「もしもしッ!?」
「あ、ごめん取り込み中だった?」
「はっ、は、花沢類!?ごめん、違うの。」
「ククッ、すごい元気だね。 今何してた?」
「滋さんとBlueBeadって所でご飯食べてたよ。」
「ふーん……そうなんだ。俺も散歩してるから
もしかしたらちょっと寄るかも。いい?」
「もちろん、ランチ食べてるね。」
「うん、またね。」

――ガチャッ…プーッ…プーッ…――

「花沢類からだった……。」
「へー、珍しいね。」
「ほんと。珍しい、ちょっとビックリしちゃった。」

66 名無しさん :2011/08/13(土) 19:05:07
463 :7:2007/11/24(土) 00:24:14 ID:Ff326yde

―ピピピピッピピピピッピピピピッ―

「…つくし……これドッキリか何か?」
「……あたしもそう思う……。」

プッ 「もしもし?」
「あー、牧野?今授業受けてた?」
「西門さん? 受けてないけど……。」
「へぇー、サボリ?珍しーじゃん。」
「サボリっていうか滋さんとランチ食べてるから。」「いーじゃん♪どこ?」
「BlueBeadって所だけど……」
「あぁ、あそこのランチうまいよね。
そっか、わかったわかった。んじゃーね。」

――プツッ…プーッ…プーッ…――

「もー!落ち着いてご飯も食べれないよ。
せっかくのおいしい料理なんだから冷める前に食べちゃう!3500円もするんだから勿体ない!!」

―ピピピピッピピピピッピピピピッピピピピッ―

「――つくし…なんか私怖いんだけど……。」
「何!?なんなのよ!?」

―ピピピピッピピピピッ―

「………もしもし……?」
「おぉ、なかなか出ねーからバイト中かと思ったよ。で、今どこ?」
「…美作さん?今は…BlueBeadっていうお店でランチ食べてるけど……。」
「わかった、サンキューな。」
――プツッ…プーッ…プーッ――
「つくし人気者だねー。」
「っていうか今あたしずっと店名ばっかり言ってなかった……?」
「めちゃくちゃ言ってた。
店のCMかって位言ってたよ。」
「アハハハッ、ほんとにね。あたしも言いながら思ってた。」

67 名無しさん :2011/08/13(土) 19:07:47
464 :8:2007/11/24(土) 00:25:47 ID:Ff326yde
「それにしてもF4全員から電話ってすごいね、しかも同じようなタイミングで。
なんか用事だったの?」
「それが全然わかんない。
なんか聞きそびれたし。まぁ、いいや!ご飯ご飯!」
「F4となんかあったんじゃないの〜?
教えてよー!」
うりうり、と指先で肩を突きながら滋さんがニヤニヤと茶化した。
「なっ、なんにもないわよ!ある訳がないじゃない!」
思わず赤面してしまう。
なんかは、ある。
吹雪の中ロッジであった事も花沢類に非常階段で抱かれた事も、
道明寺と非常階段でした事も西門さんや美作さんとまでした事も
全部、桜子や滋さんには言えないでいた。
言える訳ないっつーの!
あたしは動揺をごまかすようにムグムグと口を動かした。

「あ、つくし後ろ……。」
「……んむ?」

振り向こうとしたあたしの視界が一瞬遮られたかと思うと、
首もとにフワッと柔らかいものが触れた。

「マフラー?」
「こんな寒いのに、マフラー位しなきゃダメだよ。
風邪ひいちゃうでしょ。」
花沢類があたしの首に丁寧にマフラーを結んでくれた。
「……ありがと。」
「花沢さん優しー♪ あの獰猛な誰かさんとは大違いだね、つくし。」
「――それ誰の事だよ!?滋!」
「司!!……なんでいるの?」
「俺はなぁ、ずっとずっとずーっと牧野を捜しまくってたんだよ!フラフラすんな!ボケ!」
走って来たのであろう道明寺はハァハァと肩で息をしていて
鼻は真っ赤になっていた。

「ボケって何よ、会ってそうそう!なんで捜してたのよ!?」
「それは……だなぁ……、その……。」
道明寺はチラリと滋さんを見ると言いにくそうに語尾を弱めていった。
滋さんがいたら話しにくい事?

「そっ…それよりッッ!なんでここに類がいるんだよ!猿とランチしてたんじゃねーのかよ!」
「滋って呼べって言ったでしょ!」
「うっせー猿!!黙ってろ!」
「俺?散歩してたから寄り道がてら来ただけだよ。
(ほんとは牧野に会う為に散歩してたんだけどね)」「そっ、そうかよ、だったらいいんだけどよ!」

あぁ…せっかくのランチが……。3500円が……。
ギャーギャー騒いでる間にどんどん冷えていく……。

68 名無しさん :2011/08/13(土) 19:09:00
465 :9:2007/11/24(土) 00:27:00 ID:Ff326yde
あたしがガックリと肩を落としていると、店の外に高級そうなリムジンが止まった。
それをみた道明寺が気付いたように言う。
「なぁ類、あれあきらのリムじゃね?」
「あぁ、ほんとだ。凄い偶然だね。」

―バタン―
運転手が丁寧にドアを開閉すると、中から美作さんが出てきた。
キョロキョロとガラス越しに店内を伺うと、あたしを見て一瞬頬が緩んだかと思いきや
あたしの周りの人達を見てちょっとビックリした顔をした。
そりゃそうか、結構な大人数だもんね。

「――久しぶり。」
「久しぶりだね……。」
何か美作さんと会うのはちょっと照れくさかった。
バーで会ったきりだったから……。
あー!もう、あたしってばなんて醜態をッ!。
恥ずかしくて会わす顔がなくて、F4を避け気味に過ごしてたもんだから
ちょっと気まずい……。
滋さんだけが救いだわ……。

「どーしたの? なんか美作さん顔赤いよ!つくしに会いたかったの?なんちゃって〜。」
ちょっ、滋さん!!
――だめだ、滋さんは助けにならない……。

「なっ、んな訳ないだろ!」
慌てる美作さんと顔をあげられないあたし。
道明寺が美作さんとあたしの様子を伺っているのが痛い程わかる。

そんな重苦しい空気を破ったのは脳天気な声だった。

69 名無しさん :2011/08/13(土) 19:11:03
466 :10:2007/11/24(土) 00:28:15 ID:Ff326yde
「おぉ!すげー大人数だな。まさか俺抜きでランチしてんの?ショックー。」
「西門さん!?なんでここに?」
「決まってんじゃん。牧野に会いに来たんだっつーの。」
「あっ、あたし!?」
「まぁ冗談はさておきマジでお前ら何してんの?」
「――(コイツッ!) 滋さんとランチだけど。」

西門さんはF3を一瞥すると声をかけた。
「お前らは?」
「俺は朝から牧野を捜して、走って来たんだよ!」
「俺は散歩の途中で立ち寄っただけ。」
「俺は、たまたま車で通り掛かったから…。」
「――ふぅん。ま、いいけど。」

二人掛けのテーブルなのに四人も増えたもんだから、狭くてランチも食べにくいし
長身の男がテーブルを取り囲むようにいる様は異様で周りの目を引いている。
「俺注文するわ、横のテーブル開いてるし。」
道明寺があたしの隣側にドサッと腰掛けた。

「「「じゃあ俺も。」」」
F3も何故か競うように隣のテーブルに腰掛けた。
みんなが思い思いの物を注文すると滋さんが口を開いた。
「みんなさー、25日って何してるの?」
「別に。」
「知らね。」
「さぁ。」
「……。」

「その日はつくしがリーフホテルのスウィートに泊まってるから
遊びに行っちゃえば〜?
ワイワイ騒いで過ごしたら楽しいよ!
私は参加出来ないんだけどねー。」

70 名無しさん :2011/08/13(土) 19:13:07
467 :11:2007/11/24(土) 00:30:10 ID:Ff326yde

『『『『!?』』』』

「悪ぃな、猿。俺はちょっとのぐれ用があって無理だわ。」
「司、それは【野暮用=やぼよう】っつーんだよ。
まぁ俺もちょっと女の子と約束があって無理だな。」「俺もマダームが待ってるからなぁ。」
「俺は眠いし無理……、つかダルい。」

あぁ、良かった。滋さんなんて事言い出すのかと思ったわよ。
F4がみんなこないならゆっくりスウィートを満喫出来そう。うれしーい!

「なーんだ、残念。ま、また私も参加出来る日に集まればいっか。」
「そうだよ、せっかく集まるなら滋さんや
優紀や桜子がいる日の方が絶ッッ対楽しいって!!」
「そうだよね!つくし。じゃあ25日はゆったりスウィートでリラックスしなよ。」
「うん!」

71 名無しさん :2011/08/13(土) 19:14:44
468 :12:2007/11/24(土) 00:31:10 ID:Ff326yde
╋╋25日╋╋


━━━司Side━━━


っしゃーッッ!
今日は牧野がホテルに泊まるって言ってたな。
滋が言い出した時に用事があるって言っておいて正解だぜ!
あいつらもみんな用事だっつってたし、俺は天才だな!

牧野とはあれからどうもぎくしゃくしちまってるし、ここはちょっと二人っきりでだなぁ…。
フフ……フハッハッハッ!!
牧野のやつ
『道明寺来てくれたの!?あたし嬉しいっ!』
なんつって抱き着いてくるかもしんねーな!
一応シャワー浴びていくか。
べっ、別に下心なんかねぇけどな!一応、一応だ!
マナーってやつだ。
一緒に晩飯食いてぇし5時位に行くか……。

72 名無しさん :2011/08/13(土) 19:15:38
469 :13:2007/11/24(土) 00:32:01 ID:Ff326yde
━━━類Side━━━


ふぁ〜あ……。
よく寝た。今何時?
――カチッ――
3時…か。
牧野は今ごろホテルでくつろいでるかな? 急に行ったらビックリするかな。
今日は牧野は一人で過ごしてるみたいだから、俺の独り占めだね。

ここ最近なんかワクワクしてたなぁ。
俺、やっぱ牧野の事すげー好きみたい。

早く顔みたいなぁ。そろそろ用意するか……。

73 名無しさん :2011/08/13(土) 19:16:33
470 :14:2007/11/24(土) 00:32:56 ID:Ff326yde
━━━総二郎Side━━━


あいつら怪しい……、あきらのデートと類の付き合いの悪さはいつも通りだけど
司が野暮用!? ありえねぇだろ!
まぁ何を企んでるかは知らねーけど、牧野は俺が貰うぜ。悪ぃな、司。

牧野は他の女とは違う、俺にとって必要なんだ。
スウィートで牧野と二人っきりの夜を過ごさせて貰うぜ。
ああ見えて牧野は以外と古風な女だ。品物よりも花に喜んだりするだろう。
ホテルに向かう途中に花でも用意してもらうか。

牧野、待ってろよ。
花はオマケでしかねー。お前に最高の夜をプレゼントしてやるよ。

74 名無しさん :2011/08/13(土) 19:17:14
471 :15:2007/11/24(土) 00:34:04 ID:Ff326yde
━━━あきらSide━━━


司は野暮用、総二郎はデート、類は寝てんだろ。
今日は牧野と二人きりだな。 あの夜以来だぜ。
牧野っつー泥沼にハマッてからは他の女には目もくれてねぇ。
今まで周りの事ばっか気にしながら生きてきた俺から
理性もなにもかも取っ払ってくれた女だ。
あいつはすげぇ。 俺より年下のくせに俺を簡単に包み込めるだけの器量を持ってやがる。

おふくろからわけて貰ったバラを片手にリムジンに乗り込む。
俺が女に花持っていくなんざ激レアだぜ?
これが惚れた弱みっつーやつか。
初めての経験だな。

――もう夕方か、そろそろ出るか。

75 名無しさん :2011/08/13(土) 19:18:13
472 :16:2007/11/24(土) 00:35:21 ID:Ff326yde
〜リーフホテル〜

オリーブの葉をモチーフにしたこのホテルはスタイリッシュな外観から一変、
中は女性の好みそうな
暖かみのある雰囲気になっていた。
そんな暖かみのあるロビーに四人、寒々しく肩を落とした男達がいた。

「どういう事だよ!」
「司野暮用じゃなかったの?」
「――グッ!類だってダルいとか言ってたじゃねーかよ!」
「……言ったっけ?」
「マジかよ……。」
「まあ気を落とすなよあきら、結局みんな同じ考えでいたって事なんだろ。」
「総二郎……、お前冷静だな……。」
「俺だって牧野を独り占めして最高の夜を作る予定だったっつーのにガッカリだぜ。
けど集まっちまったもんはしゃーねえよ。」
「つーかお前らみんな牧野とヤッたんだろ?
俺、ロッジの時だけだと思ってたから知った時すげぇビックリしたんだけど。」
「何ぃっ!?総二郎とあきらも牧野とヤッたんかよ!
類とヤッてたのは知ってたけどマジかよ……。」
「まぁそうショックうけんなよ司、今日は楽しもうぜ♪」
「――!?まさか、また五人でヤルつもりなのかよ!?」
「あのなー、俺だって牧野を独り占めしてぇの。
だから花まで買って来てんだよ。
けど絶対誰も譲らねぇだろ?」
「おお……。」
「だったら……ヤルしかねぇじゃん。
まぁ牧野を1番喜ばせてやれるのは俺だろうけどな。」
「何っ!? お前ら……牧野とヤッた時の事教えろよ。
知らねぇのは嫌だからな。類から話せよ。」

76 名無しさん :2011/08/13(土) 19:22:05
473 :17:2007/11/24(土) 00:36:31 ID:Ff326yde
「……俺から? まぁいいけど……。」

――ゴクリ――

「別にたいした事してないよ。非常階段で抱いただけ。
あぁ、司には見えるようにしたけどね。
後ろから突いてあげたらすごい感じてて可愛かった。」

「司、マジで!?見たんかよ!」
「……まぁな。」
「類、お前非常階段って……。野外プレイじゃねーかよ!
って店でヤッちまった俺が言えた事じゃねえな……。」
「店!?お前も何やってんだよ!」
「司、落ち着け。」
「いや、なんか一緒に呑んでたら牧野が欲情してきてさぁ。
我慢しようと思ってたんだけど普通に無理だわ。」
「牧野が…牧野が……?」
「司、勃ってんじゃねえかよ!」
「たっ、たっ!たってねーよ!!服のシワだよ!!
総二郎何言ってんだよ!」
「次は……俺か。
悪いけど普通だぜ。和室で抱いた。
着物で、牧野がすげぇ乱れて潮までふいちまうもんだから俺も理性ぶっ飛んじまったぜ。」
「潮…潮って……?」
「司、落ち着け。あと前屈みにしてろ。」
「司は?」
「俺は類と牧野が非常階段でヤッたって知ってからすげぇ嫉妬して
非常階段で……顔に出しちまった……。」
「顔射!?」
「ひでぇ!」
「……鬼畜だね。」
「いや……、……口に……。」
「「「うわぁ……。」」」

77 名無しさん :2011/08/13(土) 19:22:58
474 :18:2007/11/24(土) 00:38:50 ID:Ff326yde
「そろそろ部屋、行くか。大河原が最上階っつってたな。」
「行くのはいいけど総二郎、どうやって入るつもりだよ。」
「まぁ任せてな♪」

――ピッ、―ヴーン……――

「やべぇ、なんか緊張してきた。」
「司エレベーターの中で出すなよ。」
「出さねぇよ!!」
「ビンビンじゃねーかよ。」
「総二郎もたってんだろ!」
「つーか俺もだけどみんなたってんじゃん……。」
「類、言うな。」

――ガチンッ、―プシュー――

「着いたぜ。ワンフロアスウィートだから間違いねぇ、牧野はここだ。」
「じゃあ総二郎、頼むぜ。」
「――ああ。」


――コンコンッッ――


「失礼します。ルームサービスです。」
「ブフォッ!!」
「司、笑ってんじゃねーよ! あきら、司の口塞いでろ!」
「……怪し過ぎない?」


『ハーイ!!』
――ガチャッ――

78 名無しさん :2011/08/13(土) 19:24:45
475 :19:2007/11/24(土) 00:39:54 ID:Ff326yde
ええええええっっ!?
なんでF4がみんないるの!?
用事だって言ってなかった!?

「どう…したの?」
「俺らのお姫様に最高の夜をプレゼントしにきたんだよ。」
西門さんがあたしに花束を渡すと奥に入っていった。
「これも。すげぇいい香りだぜ。」
あたしが美作さんからもバラを受けとっているとすでに花沢類が室内で寛いでるし……。
嫌な予感……。

グイッと肩を寄せられたかと思うと、あたしの唇は塞がれていた。
「…ん…ぅ…」
道明寺がキスを終えると言う。
「この前は、悪かったな。無理矢理すぎた。
今日は……優しくするから。」

今日は!? どういう事!?まさかまた……。
あたしの質問は道明寺の咥内へ消えていった。
舌が入って来たかと思うとあたしの舌を優しくまさぐる。

…ちゅ…クチュ……
だめ…だよ……力が入んなくなっちゃう……。

79 名無しさん :2011/08/13(土) 19:36:19
476 :20:2007/11/24(土) 00:41:14 ID:Ff326yde
「司、ベッドに連れてこいよ。」

美作さんがそう言うと、あたしの足がフワリと宙に浮いた。
道明寺にお姫様だっこされたままベッドにおろされる。
有無を言わさずスルスルと服を剥ぎ取られ、下着まで脱がされてしまった。
足に、胸に、頬に手がのばされる。

「――んっ…や…ぁ……」「ん?もう気持ち良くなってきちゃった?まだまだだよ。つくしちゃん♪」
西門さんの指があたしの唇を開いて舌の上で滑らせる。
反射的に舌で西門さんの長い、綺麗な指を舐めとる。
「――そう…イイコだぜ……ッ。」

「牧野の足すげぇ綺麗。」
美作さんがあたしの太ももにキスしたかと思うと緩やかに舌を這わす。
くすぐったいのに、そのまま上がってくるんじゃないかという期待感に蜜がジワリと滲むのが分かった。

目の前には花沢類のアップがあった。
両手をあたしの頬辺りに掴むように延ばし、押し付けるような激しいキスをする。
少し冷たい花沢類の指が、耳をかたどるように触れる。
「……んっ…ぅ…」

―グチッ…チュ…チュ…―
「牧野……、俺…あんたの事、……すげ…愛してる…。覚えてて…。」
キスの合間合間に花沢類が耳元で小さく囁く。
その声が色っぽくて切なくてなんだか涙が滲みそうになった。
「…花沢…る…ぃ……ッ…。」

あたしの体が後ろから抱え起こされる。
道明寺……?
「牧野、会いたかった…。毎日お前の顔見ねぇと
耐えらんねぇよ……。」
首筋にアツい舌が触れた。
背骨にそって下りていく唇は、時折甘噛みしてあたしを高ぶらせる。
うっすら開けた瞳の端で、西門さんが冷蔵庫を開けているのが見える。

何してるの……?
聞こうとしてもあたしの唇も、舌も、今は花沢類と一つになっているから声が出せないよ……っ…。

80 名無しさん :2011/08/13(土) 19:37:01
478 :21:2007/11/24(土) 00:42:17 ID:Ff326yde
道明寺はあたしの胸にある小さな頂きを、慈しむように優しく優しく愛でる。
前の時の激しさはカケラも残っていなかった。
足を愛撫する美作さんの髪が、サラサラと太ももにあたって
敏感になったあたしの体がそれに反応する。

――クチュ…カプ…カプ…
花沢類があたしの舌を軽く吸いながら舌先に歯をたてる。
痛いようなむず痒い感覚を、貪欲に求めるように手を延ばす。
花沢類の髪に絡み付いたあたしの指先は、
スルスルと抵抗のない綺麗な髪に流されてしまう。
それでもなお、頭に腕を回し
花沢類の咥内に舌を入れた。


――パタン――
遠くで冷蔵庫の閉まる音と共に、近付いてくる西門さんの足音が聞こえる。

「いいもん見つけちゃった。」
何か企んでるような笑顔で西門さんが持ってきたのは……。

81 名無しさん :2011/08/13(土) 19:38:11
479 :22:2007/11/24(土) 00:43:33 ID:Ff326yde
ウェルカムフルーツの……苺?

「せっかくのウェルカムフルーツなんだ。いただかないと♪」

西門さんはニコッと笑うと、あたしの体の上で苺を握り潰した。
プチュッと水気を含んだ音がして、胸に、お腹に赤みを帯びた水滴が落ちる。
西門さんはいくつも苺を潰すと、あたしの体中を濡らした。

「へぇ…、イイモン見つけたじゃん。」
美作さんが足についた苺を舐めとる。
「牧野の胸にある苺も食ってやるよ。」
道明寺が胸にある、赤く色づいた実を口に含む。
「俺はイチゴミルクが好きなんだけど……しょうがないか。」
花沢類の頭がスッと下がったかと思うと、いきなり下腹部も通り過ぎて
あたしの1番感じる所へ……。

「――ッッ!…あぁ…アッ!!」
急激な快感に思わず眉をひそめてしまう。
花沢類の舌が、触れるか触れないかの弱さで割れ目をなぞる。
「牧野、ココすごい甘くなってる。
ミルクいらないね。」
「…アッ…アッ……ヤァァ…!!」

「なぁ、俺の指濡れちゃった。綺麗にしてくれる?」
西門さんの甘いトロトロの指をくわえ、イチゴを舐めとる。
―ちゅぷ……ちゅッ……
「――あー…俺、これすげぇクるわ…ッッ。
フェラ…されてるみてー。…くっ……はぁ…ッ…。」

82 名無しさん :2011/08/13(土) 19:40:09
480 :23:2007/11/24(土) 00:44:52 ID:Ff326yde
「…んぅ…チュ…クチュ……」
舌を西門さんの指先に巻き付けるように絡めて、
ジュプジュプと出し入れする。
「――くっ…!!……アッ…も…いい…ッッ!」
西門さんが慌てた様子で指を引き抜いた。
指先とあたしの口元が糸で繋がり、離れた。
「…ハァッ…ハッ…。」
西門さんが引き抜いた指で自身を握り、押さえつける。
自身の先からは透明な汁がツツ…と滴り落ちた。
「―ッ…ヤベー……ハッ…ハァッッ…。溜まってたから
もう少しで出ちまいそーだったぜ……情けねー…。」

西門さんの苦しそうに我慢する顔を見るだけで
あたしの蜜壷はズクンと疼いた。
「…牧野…溢れてる…。」足の間から花沢類があたしを辱める。
その舌は、蕾を下から舐め上げたかと思うと中に入ろうとさえする。
見なくてもわかるほど濡れているのに、指先すら入れて貰えないものだから
じれったくて腰が浮いてしまう。
「ね、なんでこんなにヒクヒクしてるの…?
…はぁ……俺まで我慢出来なくなっちゃうじゃん……はっ……。」
花沢類のあたしを見る顔も、熱に浮かされているみたいに色っぽい。

「牧野、前みたいに…舐めて。」
美作さんが自身を口元に持ってくる。
「―いい…よ……アッ…!」
硬くなった美作さんのソレを躊躇いなく口に含む。

83 名無しさん :2011/08/13(土) 19:43:45
481 :24:2007/11/24(土) 00:46:15 ID:Ff326yde
「すげ……ッッ。牧野…口ん中アツイな……。」
全部口に入りきらない分は、手で根本を優しく扱いた。
口の中でビクンビクンと時折脈打ち、先走り液が滲み出る。
「……はぁ…ハァ…ァー…ッッ…」
美作さんは眉間にシワをよせると息を弾ませる。

「お前のココ、すっげぇ硬くなってる。」
道明寺があたしの胸の実を指で、舌で刺激する。
ピン、と勃ったソコを口に含んだままレロレロと攻める。
「……んんっ…。」
ヒクヒクと動いてしまう身体を、道明寺が背中にまわした腕で抱き留めてくれる。

「――も……限界…っ、入れさせて…。
今日は…そんなもたないかも……ハァッ……。」
美作さんが口からズルリと自身を引き抜くと、花沢類と場所をかわり割れ目にあてがう。
今まで表面だけの愛撫で溢れているソコは、触れているだけの
硬くそそり立ったモノを待ち侘びていて、あたしも限界だった。

「美作さ…ん…ッッ…、お願い……奥ま…で……ア…。」
二、三度割れ目に自身を擦りつけると、最奥までグウッと貫いた。
「――あああっ!!あっ!アッ!……くぅ…ッッ!」
「――うー……ッッ!!……ハッ、ハッ…」
キュウキュウと疼き、締まっていたソコに美作さんの熱い高ぶりが押し込まれる。
グッ、グッと腰を揺らしあたしを突き動かす。

84 名無しさん :2011/08/13(土) 19:48:05
483 :25:2007/11/24(土) 00:47:36 ID:Ff326yde
西門さんが後ろに回り、突かれているあたしの足を開いた。
赤ちゃんにおしっこさせるようなポーズをとらされて、
グチュッグチュッと美作さんをいやらしく咥えているのがまる見えになってしまった。
西門さんは汗ばんだあたしの身体を抱えたまま、
今にもイキそうでフルフルしている下の蕾に指をのばした。
指で蕾を挟んだり、扱きあげたり
円を描くようにヌルヌルと押し潰す。

「アッ、アッ…ダメっ…それ……イッちゃう…ッッ!!――だめぇっ!…アアアアッッ!!」
ガクガクと身体が痙攣してピュッピュッと熱い液が溢れる。
ドクドクと蜜壷が収縮し、呼吸がおいつかない。
「あ……ッッ牧野!!……俺も…イク…っ……
…愛…してる…から…な…クッッ!!」

美作さんの腰がブルブルと震えてあたしの中に熱が広がる。
「…ハーッ……ハーッ……。」
ポタポタと美作さんの前髪から落ちる雫があたしの頬に数滴落ちた。
「…俺、もうお前以外抱けねーよ……。」
あたしにキスをするとフラフラともう一つのベッドに行き、仰向けにバサッと倒れた。

85 名無しさん :2011/08/13(土) 19:48:56
484 :26:2007/11/24(土) 00:48:57 ID:Ff326yde
「次は…俺イイ?」
「いいよ。俺最後がいいから。」
「じゃあおれは総二郎の次な。」

あたしの意見が聞かれる事もなく
西門さん→道明寺→花沢類の順番に決まったようだった。
「俺さ、帆掛船が好きなの。知ってる?帆掛船。」 西門さんはあたしの片足を自分の肩に乗せると、自身をあてがった。
そしてあたしの耳元で囁く。
「理由は……、すげぇ奥まで入るから…だぜ。」

―グイッ!!―
あたしの蜜壷の中に西門さんが入っていく。
「…あっ!……やぁッッ!!…あああーっ!」
今まで踏み入れた事のない領域で西門さんの猛りを感じる。
「…きっつ…っ……!」
「アァ!そんな……奥…はぁ…ンンッ!」
ズブズブと西門さんとあたしが擦れあう。

「すげぇエロい顔してんぜ……。」
道明寺があたしを興奮した顔で覗き込む。
髪を撫でる花沢類のソレも、お腹くっつきそうな位張り詰めていた。
どうしようもない位淫らな気分になっていたあたしは、
右手で花沢類のソレを、左手で道明寺のソレを握りしめた。

86 名無しさん :2011/08/13(土) 19:53:36
485 :27:2007/11/24(土) 00:49:51 ID:Ff326yde
「―お前っ……! ハァ…ッッ…ヤベぇって!」
「……牧…野……んっ…。」

「すげぇ眺め……ッッ…。ハ……お前…最…高…。
マジで…愛してるから……。」
西門さんが足を抱えたままあたしの中を掻き回す。
太ももまでグッショリと濡れていて声が抑え切れない。
「……ンーっ…あたし…ッッ…アッ…また…っ…」
「…イキそ?……いいよ…。ここ……イジッてやるよ……ハァッ…」

「あっ、アアッ……イ…ク…ッッ…ンンッ!」
西門さんに壷を摘まれたまままた蜜壷から汁が溢れ出る。
「…牧野…すげ…かわいい……ッッ。
俺も…出すぜ……ウッ…ッッ…!!」

―ドプッドプッ―
西門さんの張り詰めた先から次々と白濁液がでてあたしの中に注がれる。
惜しむように数回抜き差しすると、コポッとあたしの中から白濁液が溢れだした。

87 名無しさん :2011/08/13(土) 19:55:15
486 :28:2007/11/24(土) 00:50:39 ID:Ff326yde
イッた事で疎かになっていたはずの両手にある二つのソレは
ヒクヒクと先走り液が滲みでていた。

「…見てるだけで出そうになっちまったじゃねーかよ……ッ!」
道明寺が立ち上がると西門さんと交代する。
花沢類はあたしを抱え起こすと後ろから抱きしめてくれた。

「……牧野…司にヤラれてる所、今度は俺が見てあげるよ。」
花沢類が耳に舌を這わせながらあたしを煽る。
「なぁ……ここグチャグチャにしていい?」
座位の状態で道明寺に先だけ出し入れされて、あたしはおかしくなりそうだった。
「…ん…来て……ッッ…道明寺ぃっ…!」
「…おお。――こうかよッ!!」
あたしの腰を押さえつけた道明寺が、ガンガン腰を揺さぶる。
「――っ!!……ッッ!…ハッ…!」
あたしの身体は壊れんばかりに突かれてうまく声も出せないでいた。
道明寺の額にも汗が滲んで繋がっている場所からはパンッパンッと肌のぶつかる音が聞こえる。
「―道…明寺ッッ! アッアッアッ!!」
突かれる衝動に合わせて喘ぎ声が出る。

88 名無しさん :2011/08/13(土) 19:57:27
487 :29:2007/11/24(土) 00:52:36 ID:Ff326yde
「…ハッ…ハァッ……そんな顔見せられたら…ッッ…、
優しく…できねーじゃねーかよ……クッ…!」
「…ンッ、アァ…あっ…」
道明寺の限界も近づいているのか、中にある自身がより大きく硬くなっていって
あたしを追い詰める。
背中にあたる花沢類の自身も熱くなっていて、
花沢類も興奮してるのか
時折押し当てられるように腰を揺すった。


「牧野……イキそう……ハッ…。
我慢……できねー……クッ…!」
道明寺の吐息も断続的になってきて潤んだ瞳であたし訴えかける。
「…ンンッ…いぃ…よ…ッッ…あっ…ん!」
途切れ途切れに答えたのを聞いて、腰を1番深い所に押し当てると
あたしを抱きしめた。

ビクビクと中で震えた自身からは勢いよく精液が飛び出した。
お腹が満たされるような感覚さえしてしまう。
道明寺が身体を離すと力を入れなくても蜜壷から精液が溢れてくる。

89 名無しさん :2011/08/13(土) 19:59:07
489 :30:2007/11/24(土) 00:56:34 ID:Ff326yde
「……なんか俺…今、人生で1番幸せかも……はぁっ…はぁっ……。」
肩で息をする道明寺は、あたしの額にキスをするとベッドの脇に身体を沈めた。

「――今からは…俺だけの牧野だ…。」
花沢類が後ろからあたしを抱きしめる。
ギュウッとされただけでも身体が勝手に感じてしまう。
「あっ……花沢…るい…はぁ…。」
「牧野、すっごい感じてたね。生まれて初めて嫉妬した……。
牧野の中、俺の精子で洗い流しちゃってもイイ?」
優しい声で、だけどあたしを見据えて静かに囁いた。
なんだか照れくさかったあたしは返事が出来ずにコクリ、と頷いた。

「――おいで…。」
あたしの手をひくと開いているベッドに移る。
すでに腰がふらふらで、たどたどしく歩いていると
膝辺りまで精液がトロトロと伝い落ちてしまう。

花沢類はベッドであたしの濡れた足や蜜壷を拭くと、なんの前触れもなく
指をズプッと蜜壷に入れてきた。
さっきまで道明寺に攻められていたそこが、今度はピンポイントで攻められてしまった。

90 名無しさん :2011/08/13(土) 19:59:56
490 :31:2007/11/24(土) 00:57:37 ID:Ff326yde
「――あっ!?…あっ、あっ、…アアッッ!!」

―ジュプ、ジュプ、ジュプッ―

中で指を曲げると掻き出すように愛撫する。
お腹側の感じる場所に指がグッ、グッとあたりその度あたしは嬌声をあげた。
「牧野の中、グチュグチュになってるよ。 ね、なんで?」
意地悪な笑顔であたしを辱めようとする。
「……感じ…ちゃう…アッ…からっ…!」
「へー、じゃあこの白いのは何? いっぱい溢れてきてる……。」
「……せ……えき…ッッ。」
「何? 聞こえないよ、牧野……」
「精……液ッッ…ハァッ…アッ!」
「よく言えたね。ご褒美あげるよ……。」

一瞬フッと笑うともう片方の手から何かを見せた。

――また…苺…?――

91 名無しさん :2011/08/13(土) 20:00:56
491 :32:2007/11/24(土) 00:59:28 ID:Ff326yde
「――アッ……花沢類…何…してるの…?……ヤァッ…ンッ…!!」

―クプッ…クプッ…―

小ぶりの苺が二つ、あたしの中に消えた。
「入れるよ…。」
その直後花沢類の声が聞こえたと同時に、
すごい圧迫感があたしを襲う。

「…やっ…アア!!…ッッ…変に…なっちゃ…う……
ヤッ…ンンッ、アッ、アッ、アッ!」
ただでさえ大きい花沢類の自身なのに
苺が中で異物感となって、今まで感じた事のない快感に翻弄されてしまう。

「…はぁ…すご……中グッチャグチャだよ……んん…。」
「あぁっ!…アッ、…ダメ…ダメっ…!」

飲み込まれそうな深い快感が、結合部から徐々に広がって
背骨を通り、汗ばんだ足や腕に鳥肌がたつ。
その快感が頭まできた時、頭が真っ白になって意識を手放した。

92 名無しさん :2011/08/13(土) 20:01:57
493 :33:2007/11/24(土) 01:00:32 ID:Ff326yde
『…まーきの!…牧野ー!』

ハッ!?

「あ、気がついた? 牧野が失神したもんだからビックリしちゃった。
30分位たったけどもう大丈夫?」
「……え……あぁ…うん、なんか…ごめんね…。」
「牧野が大丈夫なら良かった。動かすね。」
「えっ!? 動かすって……ええ!? ……アッ、アアッ…!?」
あたしの中に……花沢類が……入ってる!?
え!?でも30分位気を失ってたって……。

あたしが感じながらも軽くパニックに陥ってるのを察したらしい花沢類が言う。
「牧野ってば失神してからもキュウキュウ締め付けて
俺の事離してくれなかったんだよ。
それに俺、イク時は感じてる牧野の顔見ながらイキたいから。」

―ズンッ、ズンッ、ズンッ―
「アッ…あぁっ……、壊れ…ちゃう……ッッ!!」
「―ンンッ……牧野…イイ……。」
ベッドの軋む音、水音、掠れた声で頭がイッパイになる。

93 名無しさん :2011/08/13(土) 20:04:37
494 :34:2007/11/24(土) 01:01:46 ID:Ff326yde
花沢類もイキそうなのか、普段の無表情からは想像つかないほど切ない表情をしている。
「…はぁ…ハッ……牧…野ッッ…もう…!」
「…ん、ンンッ…いいよ……アッ!…きて…ああぁっっ!」

「――クッ…ン…ンンッ…っ!!」
花沢類と目があった。縋るような瞳であたしを見ながら
出していく。
ブルッと身震いするとドクッドクッと射精が始まった。
「…ハッ…ハァッ…ハァッ…アッ…。」
「……ハァッ……ン…ハァッ……。」
限界まで感じまくったあたし達は、
達したあと声も出せずに抱き合ったまま眠りについた。

94 名無しさん :2011/08/13(土) 20:23:38
495 :35:2007/11/24(土) 01:03:06 ID:Ff326yde
朝、目覚めるとまだ花沢類の腕の中にいた。
花沢類はまだまだ目覚めそうになかったけど、
身体のあまりのダルさからあたしも動こうとはしなかった。

道明寺はまだグッスリ寝てたけど、
西門さんと美作さんはルームサービスの朝食を食べていた。
目を覚ましたあたしに気付くと、小声で『大丈夫?』と聞いてくれた。
その次は『愛してるぜ。』って二人共……。
どんな顔をしていいのかわからなくて、布団を被ろうとしたら
花沢類を起こしてしまった。

「………ん…おはよ……。」
眠そうに目をシパシパさせながら身体を起こすと、キスをしてきた。
「昨日、すごい可愛いかった。愛してる。」

そういいながらあたしの身体に目をやった。
昨日の名残であたしの足の間からは潰れた苺の残骸と
花沢類の白濁液がトロ…と出た。
「やっ……恥ずかしいから見ないで……。」
隠そうとしたら手を掴まれた。
「――思わぬ所からイチゴミル…
「言わないで!!」
「――ククッ……ごめんごめん。」

なんとかふらつく身体でシャワーを浴びて、洋服を着込んだ辺りで道明寺も起きた。

「おお、司おはよ。 お前も朝飯食うか?」
「……おう……。」
みんなは普通にしているのにあたしは昨夜の事をずっと思い出してしまっていて
かなり気まずいので先に帰る事にした。

「みんなごめん、先に出るね。」
と言い残すと、引き止められないうちにダッシュで部屋を飛び出した。

その後のF4がどんな会話をしたのかは知らないけど、『どうかこんな夜はもうありませんように!!』
そう願いながら帰るあたしでした。



━━━━━END━━━━━

95 名無しさん :2011/08/13(土) 20:24:50
505 :SF おまけ:2007/11/28(水) 17:47:46 ID:k0xZzE27
━━━その後の会話━━━

「みんなごめん、先に出るね!」

――ガチャ、バタン!!――



「……牧野、なんであんな元気なんだよ。俺すげー腰がガクガクなんだけど。」
「それはね、司くん。日々の経験だよ。 俺なんで全然ヘーキ♪」
「そりゃあ総二郎程ヤリまくってりゃあ平気だろーよ。」
「まぁね、っつーかなんであきらもキツそうな訳?
お姉様方のお相手してんじゃねーの?」
「――最近全然してねーよ。 牧野以外抱く気ねぇもん。
総二郎もだろ?最近夜遊びしてねーじゃん。」

「まぁ、ね。流石あきらよく知ってんじゃん。
おかげでちょっと膝がイテェわ。」
「見てればわかるっつーの。」
「まぁ俺は終わったらすぐ寝ちまってるけどな。」
「俺なんて1番に寝ちまったからお前らとヤッてんの見てねーよ。」
「俺もあきら、総二郎の後でヤッて寝ちまったから
類とヤッてんの見てねーよ。」

「なぁ、総二郎。なんでみんなすぐ寝ちまうんだろーな?」
「そりゃあ あきら、俺らが起きてたら40レスは軽く超えちまうだろ?」
「作者の都合かよ……。」
「おい、そういえば類はどこ行ったんだよ!」
「類ならシャワー浴びてるぜ?」


「あいつ……意外にタフなんだな……。」



━━━━END━━━━

96 kokoro :2011/08/30(火) 21:08:01
世の中には簡単で儲かる仕事があるもんだ(^ω^)!! ttp://tinyurl.k2i.me/Afjh

97 名無しさん :2011/09/06(火) 04:49:10
いいね(^-^)b

98 名無しさん :2011/10/10(月) 12:14:54
4人分の精液でおなかいっぱい(*´∇`*)

99 名無しさん :2012/06/20(水) 05:03:13
(*^^*)

100 :2012/12/20(木) 08:41:47
つくしのマンコは世界一

101 名無しさん :2012/12/29(土) 13:22:15
h ttp://xvideos697.blog.fc2.com/

102 名無しさん :2013/07/19(金) 23:58:40
      数日後        つくし「あ、赤ちゃんがで、できちゃったぁー」 [(誰の子だろう?)]

103 名無しさん :2014/02/07(金) 03:44:36
V

104 名無しさん :2014/05/10(土) 11:53:24
面白い!

105 名無しさん :2016/12/28(水) 15:49:25
>>12

106 名無しさん :2017/01/31(火) 10:31:28
F4と1週間籠ってやりまくったら、日常生活に戻れないんだろうな。

107 名無しさん :2017/11/18(土) 14:22:23
道明寺司の性格いじりすぎだろ(汗)2次だからって変えすぎ・・・。
こんなの道明寺司じゃないだろ・・・。これだとただの馬鹿でしかない。
原作では椿の配慮で屋敷で1泊して牧野と類がヤッちゃった!?と聞かされただけで、
牧野を諦めてNYへ行くことを決断したくらい司は、男気ある男だぞ。
まあ後で類に何も無かったと教えてもらってからは速攻帰国してきたけどさ(笑)。
で、複数の野郎とSEXなんてしてるような軽い女な牧野だと、
なおさら道明寺が牧野を愛する気持ちが冷めないと不自然だろ。
てか、誰でも寝る女って、道明寺がとくに吐きそうなほど嫌ってたはずだからな。

108 名無しさん :2017/11/18(土) 14:39:16
女からしたらイケメンに囲まれたハーレム状態を羨ましく思うのだろうが、
男ども全員ドMで穴兄弟OKなエイズ、梅毒の希望者なら問題ないだろうけど。

109 名無しさん :2017/11/18(土) 22:11:43
F4や牧野つくしが原作のイメージとはとても掛け離れており、
ヤリチンDQN男どもと、貞操観念がゆるい尻軽女にしか見えないのだが…。

110 名無しさん :2017/11/19(日) 09:39:43
たった一人の女の穴を男数人で使いまわすのか・・・キモすぎ・・・

というか牧野って『安い女ではない』というのが魅力だったのでは?

これだと最初の頃の桜子と変わらないじゃん・・・・これが牧野?

ありえないつーのッ!

111 名無しさん :2017/11/19(日) 22:01:06
もう公衆便所女と変わらんな(汗)。
他の野郎が中に出した精液でいっぱいのマ○コに、
己のムスコを入れて興奮するとか・・・このF4の男たち
頭がおかしいんじゃねえの?wwwwww
他の野郎の唾液や精液なんて汚物と同じなんだが。
そんなベトベトな女をよく抱けるよな・・・。

112 名無しさん :2017/11/23(木) 22:18:56
セックス依存症になってる牧野つくしに
順番待ちするF4が気持ち悪い・・・。

「じゃあおれは総二郎の次な。」
道明寺司が壊れすぎ・・・こんな性格じゃないだろ。
牧野をダチと共有とか100%ありえねー(汗。

原作設定を無視して、2次だからってやりたい放題だな。

113 名無しさん :2018/04/03(火) 04:43:17
>>96


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa